Categoryページはアーカイブ作成中です。
{
  "id": 681521882,
  "slug": "edtech",
  "name": "EdTech",
  "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)",
  "posts": [
    {
      "postId": 477852,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 477852,
        "slug": "abcash",
        "createdAt": "2022-03-31T03:00:35.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T01:11:30.000Z",
        "title": "金融教育サービス「ABCash」などを展開するABCash Technologiesが約12億円のシリーズC調達",
        "content": "<p>金融教育サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://service.abcash.co.jp/\" rel=\"noopener\">ABCash</a>」を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://company.abcash.co.jp/\" rel=\"noopener\">ABCash Technologies</a>(エービーキャッシュテクノロジーズ)は3月30日、シリーズCラウンドとして、第三者割当増資による総額約12億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は三菱UFJイノベーション・パートナーズ、SBIインベストメント、Aflac Ventures LLC(Aflac Ventures Japan)、SV-FINTECH Fund、Hamagin DG Innovation投資事業有限責任組合(横浜銀行、デジタルガレージ)、マネックスグループ、FFGベンチャービジネスパートナーズ。</p>\n<p>調達した資金は、データ・テクノロジーの活用強化、ブランディング強化、FinTechサービス拡大にあてる。2022年4月より高等学校で金融教育が開始されるなど社会全体での金融教育のニーズの高まりを背景に、金融教育FinTech事業の推進強化を目的とする資金調達を実施したという。金融機関や親和性の高い株主と事業レベルの連携を深めつつ「貯蓄から投資へ」という流れを加速していくとのこと。</p>\n<p>2018年2月設立のABCash Technologiesは、「お金の不安に終止符を打つ」をミッションとして掲げるFinTechスタートアップ。個人向けのお金のパーソナルトレーニングサービスのABCashと、法人向けお金の福利厚生サービス<a target=\"_blank\" href=\"https://biz.abcash.co.jp/\" rel=\"noopener\">ABCare</a>を2本の柱にしてサービスを提供している。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-33.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477852,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477852,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477852,
            "tagId": 366280963,
            "tag": {
              "id": 366280963,
              "slug": "fintech",
              "name": "FinTech / フィンテック(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477852,
            "tagId": 692508910,
            "tag": {
              "id": 692508910,
              "slug": "abcash-technologies",
              "name": "ABCash Technologies(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477852,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477817,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 477817,
        "slug": "sony-konami-smart-swimming-lesson-system",
        "createdAt": "2022-03-31T01:30:48.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T19:59:41.000Z",
        "title": "AI活用の水泳コーチングシステム「スマートスイミングレッスンシステム」を全国約100カ所のコナミスポーツクラブが導入へ",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-477924\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?w=1024\" alt=\"AI活用の水泳コーチングシステム「スマートスイミングレッスンシステム」を全国約100カ所のコナミスポーツクラブが導入へ\" width=\"1024\" height=\"587\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?resize=300,172 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?resize=768,440 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?resize=1024,587 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?resize=1536,880 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?resize=698,400 698w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?resize=400,229 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?resize=738,423 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?resize=628,360 628w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?resize=220,126 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?resize=281,161 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?resize=218,125 218w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?resize=125,72 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?resize=105,60 105w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?resize=963,552 963w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?resize=600,344 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-001.jpg?resize=50,29 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><a target=\"_blank\" href=\"https://www.sonynetwork.co.jp/\" rel=\"noopener\">ソニーネットワークコミュニケーションズ</a>は3月29日、映像とAIを活用したスイミングスクール向けコーチングシステム「<a target=\"_blank\" href=\"https://ict.sonynetwork.co.jp/sports/swimming/\" rel=\"noopener\">スマートスイミングレッスンシステム</a>」について、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.konami.com/sportsclub/\" rel=\"noopener\">コナミスポーツ</a>が導入を決定したと発表した。4月1日より「運動塾デジタルノート」の名称で、コナミスポーツクラブの「運動塾スイミングスクール」で使われる。まずは東京の本店に導入し、2023年3月末までに全国約100店舗に順次導入してゆく。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-477821 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub3-6.png?w=813\" alt=\"\" width=\"813\" height=\"501\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub3-6.png 813w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-6.png?resize=300,185 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-6.png?resize=768,473 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-6.png?resize=649,400 649w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-6.png?resize=400,246 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-6.png?resize=738,455 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-6.png?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-6.png?resize=584,360 584w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-6.png?resize=220,136 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-6.png?resize=279,172 279w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-6.png?resize=203,125 203w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-6.png?resize=125,77 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-6.png?resize=97,60 97w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-6.png?resize=596,367 596w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-6.png?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 813px) 100vw, 813px\" /></p>\n<p>スマートスイミングレッスンシステムは、撮影と動画編集、クラウドによる配信、コーチ用アプリケーションという技術で構成されている。撮影は、プールの水上と水中に設置した複数台のカメラで行われる。通常は、水面の揺れ、光の反射、屈折などにより難しいとされる泳ぐ人の画像認識と追従を独自開発のAIアルゴリズムで実現した。さらにAIは、複数の水面・水中映像から最適なものを選び出して自動編集を行い、動画コンテンツにまとめる。この映像は、プールサイドに設置したタブレットで自動再生されるため、プールから上がった生徒は、タブレットを操作することなく、すぐに見ることができる。コーチ用のアプリケーションは、レッスン中にも使いやすい画面デザインとなっていて、進級テストでは、動画とともに結果とコメントをまとめて個人用ページに配信できるようになっている。これは保護者の端末にも配信され、親子で共有できる。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/Qnb0vXC1Shs?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-477922\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub1-7.png?w=536\" alt=\"ソニーのセンシング技術・AI活用の「スマートスイミングレッスンシステム」を全国約100カ所のコナミスポーツクラブが導入へ\" width=\"536\" height=\"290\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub1-7.png 536w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-7.png?resize=300,162 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-7.png?resize=400,216 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-7.png?resize=220,119 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-7.png?resize=281,152 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-7.png?resize=231,125 231w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-7.png?resize=125,68 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-7.png?resize=111,60 111w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-7.png?resize=50,27 50w\" sizes=\"(max-width: 536px) 100vw, 536px\" />このシステムでは、レッスン前に個人ページに配信されるお手本動画での予習が可能であり、レッスン中はコーチがお手本動画を示しながら説明が行えるという特徴がある。自分の泳ぎの映像と合わせることで、生徒は自分の課題を視覚的に理解しやすく、自発的な行動が促されるという。また、上達を実感できるためモチベーションが向上し、積極的な学びにつながるとのことだ。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-477822 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub5-3.png?w=790\" alt=\"\" width=\"790\" height=\"487\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub5-3.png 790w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-3.png?resize=300,185 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-3.png?resize=768,473 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-3.png?resize=649,400 649w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-3.png?resize=400,247 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-3.png?resize=738,455 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-3.png?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-3.png?resize=584,360 584w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-3.png?resize=220,136 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-3.png?resize=279,172 279w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-3.png?resize=203,125 203w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-3.png?resize=125,77 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-3.png?resize=97,60 97w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-3.png?resize=595,367 595w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-3.png?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 790px) 100vw, 790px\" /></p>\n<p>カメラは、防水対応を施したソニーの小型リモートカメラ(SRG-XP1)が使われている。水中カメラは約4kgという軽量の4Kカメラで、持ち運ぶことも可能。これまで特別な施設でなければ水中撮影は難しかったが、このシステムなら、どのスイミングスクールでも4Kの水中映像の撮影が可能になる。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-477823 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub7.jpg\" alt=\"\" width=\"198\" height=\"132\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub7.jpg 198w, /wp-content/uploads/2022/03/sub7.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/sub7.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub7.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/sub7.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 198px) 100vw, 198px\" /></p>\n<p>スマートスイミングレッスンシステムは、2021年5月からルネサンスが運営するジュニアスイミングレッスンに導入され、現在約80店舗に展開されている。そこでは、生徒の意欲向上が見られるほか、コロナ禍で見学ができない保護者からはレッスンの様子が見られることが評価されている。スクール運営者やコーチにも支持されているそうだ。ソニーネットワークコミュニケーションズでは、指導ノウハウのデジタルコンテンツ化やレッスンの品質管理にも役に立つこのシステムを、スイミングスクールのDXを支援するソリューションとして広く展開してゆくと話している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-002-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477817,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477817,
            "tagId": 264,
            "tag": {
              "id": 264,
              "slug": "learning",
              "name": "学習(用語)",
              "description": "学習に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477817,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477817,
            "tagId": 363102461,
            "tag": {
              "id": 363102461,
              "slug": "4k-video",
              "name": "4K動画(用語)",
              "description": "4K動画に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477817,
            "tagId": 366272091,
            "tag": {
              "id": 366272091,
              "slug": "sports",
              "name": "スポーツ / アスリート(用語)",
              "description": "スポーツ / アスリートに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477817,
            "tagId": 366273892,
            "tag": {
              "id": 366273892,
              "slug": "video",
              "name": "動画 / ビデオ(用語)",
              "description": "動画 / ビデオに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477817,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477817,
            "tagId": 366274402,
            "tag": {
              "id": 366274402,
              "slug": "sony",
              "name": "Sony / ソニー(企業)",
              "description": "ソニー(Sony)は、日本の多国籍コングロマリット。"
            }
          },
          {
            "postId": 477817,
            "tagId": 366280851,
            "tag": {
              "id": 366280851,
              "slug": "image-analysis",
              "name": "画像解析(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477817,
            "tagId": 692515725,
            "tag": {
              "id": 692515725,
              "slug": "sonynetworksmartplatform",
              "name": "ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477792,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 477792,
        "slug": "progate-path-beta-test",
        "createdAt": "2022-03-30T07:03:07.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T07:03:07.000Z",
        "title": "世界に250万ユーザーを有するProgate、実務に近い経験を積めるプログラミング学習「Progate Path」ベータテスター募集開始",
        "content": "<p>世界に250万人(2022年2月現在)のユーザーを有するプログラミング学習サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://prog-8.com/\" rel=\"noopener\">Progate</a>」(プロゲート)を提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://prog-8.com/about\" rel=\"noopener\">Progate</a>は3月29日、実務のような経験が積めるという新しい学習サービス「Progate Path」のクローズドベータ版テスターの募集を開始した。Progate Path正式版の公開は、2022年内を予定している。</p>\n<p>Progateは、プログラミング学習を始めるための入口と評価され、2018年から現在までにユーザー数を4倍に伸ばしたという。しかし、Progateの次に何を学べばよいかわからない、Progateだけではエンジニアにはなれないといった意見が多く寄せられ、入口から先の学習機会の提供が課題になっていた。そこで1年以上をかけて開発したのが、この実務に近い実践的な体験が積めるプログラミング学習サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://beta.path.progate.com/\" rel=\"noopener\">Progate Path(β版)</a>」だ。</p>\n<p>演習内容には「実務で直面するような具体的な課題を用意」し、「エンジニアになるために必要な体験」を積むことができる。ユーザーは、演習内容に沿って自分で環境構築を行い、実務と同じようにローカル環境で作業を行うようになっている。Progateの独自開発によるコマンドラインインターフェイス「Progate CLI」でコードを判定し、Progate Pathに送信するため、ローカル環境でコードを書きながら、いつでも自分自身のコードが正しいかを確認できるという。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-477793 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png\" alt=\"世界に250万ユーザーを有するProgate、実務のよう経験を積めるプログラミング学習「Progate Path」ベータテスター募集開始\" width=\"983\" height=\"605\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png 983w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png?resize=300,185 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png?resize=768,473 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png?resize=650,400 650w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png?resize=400,246 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png?resize=738,454 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png?resize=585,360 585w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png?resize=220,135 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png?resize=279,172 279w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png?resize=203,125 203w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png?resize=125,77 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png?resize=97,60 97w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png?resize=897,552 897w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png?resize=596,367 596w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-4.png?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 983px) 100vw, 983px\" /></p>\n<p>応募方法は、「Progate Path(β版)」のサイト(<a target=\"_blank\" href=\"https://beta.path.progate.com/\" rel=\"noopener\">https://beta.path.progate.com/</a>)にアクセスして、「βに登録」ボタンをクリックし、必要情報を書き込む。Progateアカウントとメールアドレスの登録が必要になるが、アカウントを持っていない場合はProgate公式サイトで無料で作ることができる。</p>\n<p>参加が認められた人には、βテスト開始の際に知らせが届く。応募者が多数の場合は抽選となる。4月上旬から順次開始する予定とのことだが、応募状況によって時期は変動する場合がある。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-009-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477792,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477792,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477792,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 477792,
            "tagId": 366274510,
            "tag": {
              "id": 366274510,
              "slug": "progate",
              "name": "Progate(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477382,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 477382,
        "slug": "monoxer-1-billion",
        "createdAt": "2022-03-28T00:53:40.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T00:53:40.000Z",
        "title": "モノグサの学習プラットフォームMonoxer、累計学習回数が10億回突破―先生が作成したオリジナル問題集も30万冊以上に",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://corp.monoxer.com/\" rel=\"noopener\">モノグサ</a>は3月28日、記憶定着のための学習プラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://corp.monoxer.com/service/\" rel=\"noopener\">Monoxer</a>」(モノグサ。<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=com.monoxer\" rel=\"noopener\">Android版</a>・<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/jp/app/id1288435689\" rel=\"noopener\">iOS版</a>)の累計学習回数が10億回を突破したと発表した。また、Monoxer上で先生が作成したオリジナルのBook(問題集)の数は30万冊以上となっており、Monoxer上の小テストも5万問以上作成されたと明らかにした。</p>\n<p>現在Monoxerは、学校や塾といった教育機関を中心に、全国3900以上の教室で導入済み。2021年3月末時点でのMonoxerの学習回数は約3億回だったため、直近1年間で3倍以上に増加したことになる。また、Monoxer上で先生が作成したオリジナルのBook(問題集)の数は30万冊以上となっており、学習されている内容も、小学校・中学校・高校における漢字や英語学習、社会や理科の暗記事項を中心として、医療系の専門知識や社会人の語学学習、業務で使う知識事項の定着などの分野へ拡がっているという。</p>\n<p>モノグサのMonoxerは、あらゆる知識を確実かつ最小限の負荷で身に付けられるという「記憶のプラットフォーム」。ユーザーは、英単語・漢字・歴史・数式など、記憶したい知識をインポートすると、Monoxerが記憶定着のために最適な問題を生成。また、リアルタイムで生徒個別の学習内容を解析し、知識の定着度合いを可視化するという。さらにその情報を基に、出題する問題の難易度・頻度を生徒ごとに自動で最適化を行ってくれる。</p>\n<div class=\"embed-vimeo\" style=\"text-align: center;\"><iframe loading=\"lazy\" src=\"https://player.vimeo.com/video/473293772\" width=\"600\" height=\"338\" frameborder=\"0\" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen></iframe></div>\n<div class=\"embed-vimeo\" style=\"text-align: center;\"><iframe loading=\"lazy\" src=\"https://player.vimeo.com/video/383724819\" width=\"600\" height=\"338\" frameborder=\"0\" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen></iframe></div>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477382,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477382,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 477382,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477382,
            "tagId": 366280637,
            "tag": {
              "id": 366280637,
              "slug": "monoxer-corp",
              "name": "モノグサ(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476848,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 476848,
        "slug": "paiza-fact-finding",
        "createdAt": "2022-03-23T10:49:19.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T10:49:19.000Z",
        "title": "累計会員数50万人突破を記念しpaizaが実態調査結果を発表、女性の割合増加・最高スキルランクの年収は平均83万円アップ",
        "content": "<p>ITエンジニア向けの転職、就職、学習プラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://paiza.jp\" rel=\"noopener\">paiza</a>」(パイザ)を運営する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.paiza.co.jp/\" rel=\"noopener\">paiza</a>は3月22日、2022年3月で累計登録者数が50万人を突破したことを発表した。直近1年間の登録者増は約10万人、利用企業数は3000社を超えた。</p>\n<p>これを記念して同社は、登録者の属性や転職の動向などの実態調査の結果をまとめた<a target=\"_blank\" href=\"https://paiza.jp/pages/users/half-million\" rel=\"noopener\">特設サイト</a>を公開した。</p>\n<h2>利用者は20〜30代が中心、女性の割合は1割超</h2>\n<p>利用者は、20〜30代が中心で全体の8割を占めている。女性の割合も増加傾向にあり、現在は1割超えとなっている。また、ユーザーが経験しているプログラミング言語のランキングも公開。<br />\n<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-476850 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?w=1024\" alt=\"累計会員数50万人突破を記念しpaizaが実態調査結果を発表、女性の割合増加・最高スキルランクの年収は平均83万円アップ\" width=\"1024\" height=\"522\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png 1916w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?resize=300,153 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?resize=768,391 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?resize=1024,522 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?resize=1536,782 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?resize=785,400 785w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?resize=400,204 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?resize=738,376 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?resize=640,326 640w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?resize=220,112 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?resize=281,143 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?resize=245,125 245w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?resize=125,64 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?resize=118,60 118w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?resize=1084,552 1084w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?resize=600,306 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-6.png?resize=50,25 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-476896 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-008-010.jpg?w=686\" alt=\"累計会員数50万人突破を記念しpaizaが実態調査結果を発表、女性の割合増加・最高スキルランクの年収は平均83万円アップ\" width=\"686\" height=\"400\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-008-010.jpg 686w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-008-010.jpg?resize=300,175 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-008-010.jpg?resize=400,233 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-008-010.jpg?resize=617,360 617w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-008-010.jpg?resize=220,128 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-008-010.jpg?resize=281,164 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-008-010.jpg?resize=214,125 214w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-008-010.jpg?resize=125,73 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-008-010.jpg?resize=103,60 103w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-008-010.jpg?resize=600,350 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-008-010.jpg?resize=50,29 50w\" sizes=\"(max-width: 686px) 100vw, 686px\" /></p>\n<h2>「paizaスキルチェック」の総受験回数は1700万回超、スキルランク最高位のSランク獲得者は全登録者の3%</h2>\n<p>paizaでは、オンラインのプログラミングテスト「paizaスキルチェック」を受験することで6段階評価のスキル証明がもらえる。こうした「スキルの可視化」が転職や就職の決め手ともなる「paizaスキルチェック」の総受験回数は1700万回を超えた。スキルランクの最高位であるSランクの獲得者は、全登録者の3%だった。<br />\n<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-476851 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png?w=1024\" alt=\"累計会員数50万人突破を記念しpaizaが実態調査結果を発表、女性の割合増加・最高スキルランクの年収は平均83万円アップ\" width=\"1024\" height=\"356\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png 1820w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png?resize=300,104 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png?resize=768,267 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png?resize=1024,356 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png?resize=1536,533 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png?resize=1152,400 1152w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png?resize=400,139 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png?resize=738,256 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png?resize=640,222 640w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png?resize=220,76 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png?resize=281,98 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png?resize=250,87 250w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png?resize=125,43 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png?resize=1590,552 1590w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png?resize=600,208 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-3.png?resize=50,17 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<h2>スカウトの1人当たりの受信数はSランクが237通、応募内定率はSランクが26%</h2>\n<p>転職と応募内定率については、スキルランクが高いほど有利であることが顕著に示されている。「paiza」では、登録者のスキル証明を見た企業から登録者にスカウトのメールが来ることになっている。そのスカウトの1人当たりの受信数は、Sランクが237通ともっとも多い。また応募内定率も、Sランクが26%ともっとも高い。<br />\n<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-476852 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png?w=1024\" alt=\"累計会員数50万人突破を記念しpaizaが実態調査結果を発表、女性の割合増加・最高スキルランクの年収は平均83万円アップ\" width=\"1024\" height=\"396\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png 1820w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png?resize=300,116 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png?resize=768,297 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png?resize=1024,396 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png?resize=1536,594 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png?resize=1034,400 1034w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png?resize=400,155 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png?resize=738,285 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png?resize=640,248 640w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png?resize=220,85 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png?resize=281,109 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png?resize=250,97 250w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png?resize=125,48 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png?resize=1427,552 1427w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png?resize=600,232 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-4.png?resize=50,19 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<h2>Sランクでは、1人当たりの平均アップ額が83万4000円に</h2>\n<p>転職時に提示される年収は、65%の人がアップしている。スキルが高い人ほど額が高く、Sランクでは1人当たりの平均アップ額は83万4000円に上った。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-476853 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"395\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png 1820w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png?resize=300,116 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png?resize=768,296 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png?resize=1024,395 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png?resize=1536,592 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png?resize=1037,400 1037w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png?resize=400,154 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png?resize=738,285 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png?resize=640,247 640w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png?resize=220,85 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png?resize=281,108 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png?resize=250,96 250w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png?resize=125,48 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png?resize=1431,552 1431w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png?resize=600,231 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-5.png?resize=50,19 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-008-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476848,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476848,
            "tagId": 53797560,
            "tag": {
              "id": 53797560,
              "slug": "paiza",
              "name": "paiza(製品・サービス)",
              "description": "paizaは、ITエンジニア向け総合求職・学習プラットフォーム。"
            }
          },
          {
            "postId": 476848,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476848,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 476848,
            "tagId": 692516210,
            "tag": {
              "id": 692516210,
              "slug": "job-change",
              "name": "転職(用語)",
              "description": "転職に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476848,
            "tagId": 692516567,
            "tag": {
              "id": 692516567,
              "slug": "reskilling",
              "name": "リスキリング(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476314,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 476314,
        "slug": "monoxer-yozemi",
        "createdAt": "2022-03-18T03:26:45.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-18T03:26:45.000Z",
        "title": "代々木ゼミナールが記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer」を採用、2022年4月より一斉導入",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://corp.monoxer.com/\" rel=\"noopener\">モノグサ</a>は3月17日、記憶定着のための学習プラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://corp.monoxer.com/service/\" rel=\"noopener\">Monoxer</a>」(モノグサ。<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=com.monoxer\" rel=\"noopener\">Android版</a>・<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/jp/app/id1288435689\" rel=\"noopener\">iOS版</a>)が<a target=\"_blank\" href=\"https://www.yozemi.ac.jp/\" rel=\"noopener\">代々木ゼミナール</a>(代ゼミ)の高校生向けクラス・高卒生向けクラスに2022年度新学期の4月から一斉導入されると発表した。</p>\n<p>代ゼミは、これまで紙のプリントを活用し実施していたチェックテストをMonoxerを活用してデジタル化することで、効率化を図るという。また、Monoxerによって生徒がスキマ時間を有効活用した学習が実施できるようになる。また、担任や担任スタッフが生徒個別の学習状況データを基に、より適切な指導ができる体制を構築する。</p>\n<p>2022年度から、高校1年生となる生徒を対象とした、新課程対応の代ゼミ講座「レベル別対策講座」と連動したチェックテストが実施される。</p>\n<p>Monoxerは、代ゼミの「代ゼミ高校メイト会員」(高校生)、「大学受験科生」「代ゼミ高卒メイト会員」(高卒生向け)に提供。活用方法は下記を予定している。</p>\n<ul>\n<li><strong>代ゼミ講座連動チェックテスト、オリジナル教材の活用</strong>:入試で必要な英単語や古文単語などが覚えられる代ゼミオリジナル教材をはじめ、代ゼミ講座連動型のチェックテストをMonoxer上にBook(問題集)として搭載。知識分野の記憶定着と、代ゼミの講義内容についての理解度確認および復習が、自分のスマートフォンやタブレット端末で行える。スキマ時間を有効に活用し、効率的に学力を向上させられる</li>\n<li><strong>「学習計画機能」活用</strong>:Monoxerの「学習計画機能」により、覚えたい事項の期間を設定するだけで日次の学習計画が自動設計される。これにより、各生徒に最適化された学習計画が作成され、知識分野の記憶定着を補助する</li>\n<li><strong>「小テスト機能」活用</strong>:Monoxerの「小テスト機能」により、これまで主に紙のプリントで実践されていた代ゼミ講座連動のチェックテストをMonoxer上で効率的に実践できる</li>\n</ul>\n<p>Monoxer上で学習できる代ゼミオリジナル教材は、幅広い科目に対応しているという。具体的には、国語(現代文、古文、漢文)、数学(IA、IIB、IIIC)英語、理科(化学、物理、生物、地学)、社会(日本史、世界史、地理、倫理、政治経済、現代社会)の搭載を予定している。また教材の種類としては、インプット中心の教材とアウトプット中心の教材の2種類を用意する。</p>\n<div class=\"embed-vimeo\" style=\"text-align: center;\"><iframe loading=\"lazy\" src=\"https://player.vimeo.com/video/473293772\" width=\"600\" height=\"338\" frameborder=\"0\" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen></iframe></div>\n<p>Monoxerは、あらゆる知識を確実・最小限の負荷で身につけられる「記憶のプラットフォーム」。学校や塾といった教育機関を中心に、全国3900以上の教室で導入されているという。</p>\n<p>ユーザーは、英単語、漢字、歴史、数式など、記憶したい知識をインポートすると、Monoxerが記憶定着のために最適な問題を生成。また、Monoxerがリアルタイムでユーザーごとに学習内容を解析し、知識の定着度合いを可視化する。その情報を基に、出題する問題の難易度・頻度をユーザーに合わせて自動で最適化する。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-18-007-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476314,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476314,
            "tagId": 264,
            "tag": {
              "id": 264,
              "slug": "learning",
              "name": "学習(用語)",
              "description": "学習に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476314,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476314,
            "tagId": 366280637,
            "tag": {
              "id": 366280637,
              "slug": "monoxer-corp",
              "name": "モノグサ(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475641,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 475641,
        "slug": "2022-03-10-course-hero-scribbr",
        "createdAt": "2022-03-15T01:00:31.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-14T23:50:30.000Z",
        "title": "オンライン学習のCourse Heroが論文執筆のための校正・編集サービスを提供するScribbrを買収",
        "content": "<p>オンライン学習プラットフォームの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.coursehero.com/\" rel=\"noopener\">Course Hero</a>(コース・ヒーロー)が、アカデミック・ライティングの校正・編集サービスを提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.scribbr.com/\" rel=\"noopener\">Scribbr</a>(スクリバー)を非公開の金額で買収した。</p>\n<p>これはCourse Heroによる一連の買収で最新の案件であり、同社はこれまで、CliffsNotes(クリフスノーツ)、LitCharts(リットチャーツ)、QuillBot(クイルボット)、Symbolab(シンボラブ)などを買収してきた。そのすべては、Course Heroの評価額が11億ドル(約1300億円)となった2020年7月のシリーズB、そして<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/15/for-course-hero-venture-capital-was-once-an-unobvious-solution/\" rel=\"noopener\">36億ドル(4250億円)となった</a>2021年12月のシリーズCという、2度の資金調達によってもたらされたものだ。</p>\n<p>2012年に設立されたScribbrは、700人の編集者を擁する国際的なネットワークを持ち、校正から注記、明瞭度のチェックまで、さまざまなサービスを提供しているという。Scribbrはオランダを拠点とする企業であるため、今回の買収はCourse Heroが欧州における足場を拡大するためにも役立つだろう。</p>\n<p>全般的に見て、Scribbrが専門とするのは、Course Heroが2021年に買収したQuillbotを特に補完するものだ。Quillbotは、どことなくGrammarly(グラマリー)を連想させるような、<a target=\"_blank\" href=\"https://quillbot.com/blog/were-joining-course-hero/\" rel=\"noopener\">文章の明確化を支援するAIツール</a>である。</p>\n<p>Course Heroの<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/atgrauer?lang=en\" rel=\"noopener\">Andrew Grauer</a>(アンドリュー・グラウアー)CEOは、同社のミッションについて、学生のために極めて具体的なレベルのQ&amp;Aプラットフォームを構築することだ説明する。同社は、教師や出版社によって作成されたコース固有の教材を含む、すべての学習・教育コンテンツへのアクセスを、サブスクリプション形式で学生に販売している。</p>\n<p>このスタートアップは教科にとらわれず、つまり、ニッチな文法規則であろうと、単発の代数の問題であろうと、学生が助言を必要とするあらゆる専門分野に接続することができるようにしたいと考えている。ある意味、これは教育の未来と言えるかもしれない。学生たちは、各教科からアドバイスを寄せ集める必要はなく、しかもそれがオンデマンドの助言として得られるのだ。異なる科目で同じ生徒を支援するEdTec企業なら、生徒の理解における一貫したギャップを突き止めることもできる。例えば、ある中学生が、科目が違っても常に推論問題でつまずく傾向にあると判ったら、そのことを生徒に教えてあげることができるというわけだ。</p>\n<p>しかし、その裏返しは無視できない。ある生徒がCourse Heroに数学のヘルプを求めに来るからといって、その生徒がシェイクスピア作品の要約を求めるとは限らない。このような現実は、顧客を惹き付け、顧客にとってより有用な製品を作るというCourse Heroの想定した目標から外れてしまう可能性がある。</p>\n<p>その懸念に対するグラウアー氏の回答は、Course Hero傘下の新しい別の会社間の統合を急ぐつもりはない、というものだった。</p>\n<p>「私たちは『分散させ、個々の企業に力を与え、起業家精神を継続的に発展させよう』というテーマで始めます」と、グラウアー氏はいう。「そして、その時々に応じて、さまざまなコンテンツやツール、サービスの統合を進めて提供するようにします」。この回答は、Course Heroが買収したこれらの企業を統合して有料化し、より多くのサブスクリプションを促すのではなく、これらの企業のライフの中で、より多くのプラットフォームが役割を果たせるように、Course Heroは後方支援したいと考えていることを示唆する。</p>\n<p>2006年に会社を設立し、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/08/26/course-hero-a-profitable-edtech-unicorn-raises-rare-cash/\" rel=\"noopener\">最近になってからベンチャーキャピタルを活用して</a>コアビジネスを成長させ始めた創業者の言葉を信じると、すべての買収した企業は、それぞれの専門とする分野で独立して活動を続けていくと思われる。それ以上のことは、これからだと、グラウアー氏は筆者に語った。つまり、このEdTech企業の食欲の正体は、規模が大きくなったからわかる、ということらしい。</p>\n<p>「私たちは、比較的独立した、自律的なブランドの集まっている会社です」と、グラウアー氏はいう。「お互いの技術やサービスを融合させるすばらしい機会がたくさんあります。問題は、それらをどのようにスタック順位付けし、優先順位を決めるかということです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:ivanastar / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/10/course-hero-scribbr/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Mascarenhas、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-458639287.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475641,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475641,
            "tagId": 6292459,
            "tag": {
              "id": 6292459,
              "slug": "course-hero",
              "name": "Course Hero(企業)",
              "description": "問題と解答のプラットフォームを開発、提供するEdTech企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475641,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475641,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475505,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 475505,
        "slug": "2022-03-11-byju-raveendran-invests-400-million-in-his-edtech-startup",
        "createdAt": "2022-03-14T00:45:30.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-13T22:57:28.000Z",
        "title": "インドのEdTech大手Byju’sが約940億円調達、その半分を創業者が出資",
        "content": "<p>インドの大手EdTech企業Byju&#8217;s(バイジューズ)の共同創業者兼CEOで、社名にもなっているByju Raveendran(バイジュー・ラヴェンドラン)氏が、このスタートアップ企業に4億ドル(約470億円)を出資したと、両者が現地時間3月11日に発表した。</p>\n<p>この出資は、Byju&#8217;sが確保した8億ドル(約940億円)規模の資金調達ラウンドの一部であると、ベンガルールに本社を置く同スタートアップは述べている。</p>\n<p>Sumeru Ventures(スメル・ベンチャーズ)、Vitruvian Partners(ヴィトルヴィアン・パートナーズ)、BlackRock(ブラックロック)もこの(同社が名前を明かしていない)ラウンドに出資。このラウンドにおけるByju&#8217;sの企業価値評価は約220億ドル(約2兆7000億円)になると、この件に詳しい人物は述べている。この資金調達は、Byju&#8217;sが新規株式公開を申請すると広く予想されている時期に行われた。</p>\n<p>この新たな出資により、ラヴェンドラン氏とその家族の持ち株比率は25%になる。これはインドのスタートアップコミュニティでは珍しい例だ。</p>\n<p>「私たちは、有機的および無機的なルートで、インドと国際市場で加速度的な成長に立ち会い続けています」と、ラヴェンドラン氏は語っている。</p>\n<p>「私たちは、学ぶ人々の生涯価値を創造するという長期目標を達成することに、ずっと重点を置いています。そのために私たちは、学生が将来どのような学び、学んだことを忘れ、再び学び直すかを、想像したり想像し直したりしています。私たちの願望は、何十年も続くものを構築することです」。</p>\n<p>Byju&#8217;sは、大学や大学院レベルのコースを目指す学生向けに設立されたが、近年は学校に通うすべての学生を対象にサービスを拡大している。ユーザー数は、2021年初めに公表された約8000万人から増加し、現在は1億5000万人を集めているという。同社によれば、年更新率は86%、NPS(ネットプロモータースコア、顧客ロイヤルティ、顧客の継続利用意向を数値化したもの)は76を示すという。</p>\n<p>新型コロナウイルス感染流行が始まって以来、25億ドル(約2900億円)以上を調達してきたByju&#8217;sは、最近調達した資金のかなりの部分を企業買収に投じている。2021年は、200以上のセンターを持つ高校生向け受験指導機関最大手の<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/06/2021-04-05-byjus-acquires-indian-tutor-aakash-for-nearly-1-billion/\" rel=\"noopener\">Aakash(アーカシュ)を10億ドル(1170億円)近い金額で買収</a>した。また、Great Learning(グレート・ラーニング)、米国を拠点とする<a target=\"_blank\" href=\"/2021/07/22/2021-07-21-byjus-acquires-reading-platform-epic-for-500-million-in-us-expansion-push/\" rel=\"noopener\">Epic</a>(エピック)、子ども向けコーディングプラットフォームの<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/16/byjus-acquires-coding-platform-tynker-for-200-million-in-us-expansion-push/\" rel=\"noopener\">Tynker</a>(ティンカー)を、現金と株式取引で合わせて12億ドル(約1400億円)超で買収している。</p>\n<p><small>画像クレジット:Paul Yeung / Bloomberg / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/11/byju-raveendran-invests-400-million-in-his-edtech-startup/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Manish Singh、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/Byjus.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475505,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475505,
            "tagId": 365840503,
            "tag": {
              "id": 365840503,
              "slug": "india",
              "name": "インド(国・地域)",
              "description": "インドに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475505,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475505,
            "tagId": 681519953,
            "tag": {
              "id": 681519953,
              "slug": "byjus",
              "name": "Byju’s(企業)",
              "description": "オンライン学習プラットフォームを運営するインドのスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475016,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 475016,
        "slug": "2022-03-08-erase-all-kittens-an-online-game-that-teaches-girls-to-code-signs-distribution-deal-with-tesco",
        "createdAt": "2022-03-10T01:15:36.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-10T00:00:52.000Z",
        "title": "女の子にコーディングを教えるオンラインゲーム「Erase All Kittens」、英スーパーマーケットTescoと配信契約を締結",
        "content": "<p>英国のEdTechスタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://eraseallkittens.com/\" rel=\"noopener\">Erase All Kittens</a>(EAK)は、子どもたち、特に女の子にプログラミングを教えるオンラインゲームだ。同社はこのほど、英国の大手スーパーマーケットTescoと<a target=\"_blank\" href=\"https://secure.tesco.com/clubcard/vouchers/erase-all-kittens/UK-010051.prd\" rel=\"noopener\">流通契約</a>を結んだ。その日、米国時間3月8日はたまたま国際女性デー、女性と少女たちをグローバルに支援しましょうという年に1度の日だった。Erase All Kittensはこれまで、100万ドル(約1億2000万円)ほどのシード資金を調達している。</p>\n<p>この契約により、Tesco Clubcardの金券を使ってErase All Kittensの1年のサブスクリプションを9.99ポンド(約1530円)でTescoのウェブサイトから購入できる。Tesco Clubcardの会員は2000万人いて、そのうち660万人がストアのアプリをいつも使っている。</p>\n<p>「Erase All Kittensとチームを組むことができたのはとてもうれしいことです。少女たちをプログラミングに誘う同社の労作は、デジタルのリテラシーが日常生活で重要になってきた今の世界ではとても貴重なものです」とTesco Clubcardの広報担当者はいう。</p>\n<p>Erase All Kittensは子どもたちにプロフェッショナルなプログラミングを教えるオンラインゲームで「インターネット宇宙の魔法の世界で猫たちを救う」というアドベンチャーだ。これまでに、いくつかの賞を受賞している。</p>\n<p>EAKによると、このゲームの教材は7歳から13歳ぐらいまでの子どもたちの想像力を刺激するよう作られていて、プレイヤーは本物のソースコード使って各レベルを作ったり直したりできる。女の子と男の子の両方に向いているが、EAKの調査によるとゲームをプレイした後では女の子の95%がプログラミングをもっと勉強したくなるそうだ。</p>\n<p>同社によると、この「マリオ」のようなウェブ上のゲームは、これまで100カ国ほどの4000の学校、その16万人以上の子どもたちがプレイした。2021年はTwinkl Educational Publishingがリードするシードラウンドで100万ドルを<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/30/2021-04-29-erase-all-kittens-raises-1m-seed-round-for-mario-style-game-which-teaches-girls-to-code/\" rel=\"noopener\">調達</a>し、このラウンドにはA Black Square家族事務所のChristian Reyntjens氏や、Shazamの創業者を含むエンジェル投資家たちが参加した。</p>\n<p>CEOで共同創業者のDee Saigal(ディー・サイガル)氏は次のように語る。「プログラミングやエンジニアリングは男の子のものという大きな偏見が現在でもあります。それは本当は、女性をSTEMのキャリアから排除する性差別です。もっと多くの少女や若い女性がテクノロジーの使い方を学んで世界を作っていこうとしないかぎり、性差別は大きくなる一方です。私たちはこの問題をグローバルな規模で解決するためにErase All Kittensを作りました。このたびTescoとパートナーして全国のもっと多くの女の子たちにプログラミングと創造へ向かう気持ちを持ってもらえることは、とてもすばらしいことです」。</p>\n<p>現在のEAKは3時間から4時間ぐらいのゲームプレイでHTMLとCSSを教えている。2022年中に、Javascriptを加えた新しいレベルを作る予定だ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Erase All Kittens game</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/08/erase-all-kittens-an-online-game-that-teaches-girls-to-code-signs-distribution-deal-with-tesco/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Mike Butcher、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/eak.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475016,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475016,
            "tagId": 1343,
            "tag": {
              "id": 1343,
              "slug": "children",
              "name": "子ども / 子ども向け(用語)",
              "description": "子ども / 子ども向けに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475016,
            "tagId": 104624,
            "tag": {
              "id": 104624,
              "slug": "stem",
              "name": "STEM教育(用語)",
              "description": "Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)を統合した教育手法。Arts(美術)を追加し、STEAM教育とすることもある。"
            }
          },
          {
            "postId": 475016,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475016,
            "tagId": 366273612,
            "tag": {
              "id": 366273612,
              "slug": "england",
              "name": "イギリス(国・地域)",
              "description": "イギリスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475016,
            "tagId": 692513298,
            "tag": {
              "id": 692513298,
              "slug": "erase-all-kittens",
              "name": "Erase All Kittens / EAK(企業)",
              "description": "8歳から12歳の子ども向けに「マリオ・スタイル」のウェブゲームを開発したEdTech系スタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474948,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 474948,
        "slug": "paiza-learning-school-freepass",
        "createdAt": "2022-03-09T12:02:21.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-10T02:30:00.000Z",
        "title": "無料の動画プログラミング講座「paizaラーニング 学校フリーパス」導入校が838校に達し、累計ユーザー数が8万人突破",
        "content": "<p>ITエンジニア向けの転職・就職・学習プラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://paiza.jp/\" rel=\"noopener\">paiza</a>」(パイザ)を提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.paiza.co.jp/\" rel=\"noopener\">paiza</a>は3月8日、2019年8月から学校向けに無料提供している動画プログラミング学習サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://paiza.jp/works/lp/free_pass\" rel=\"noopener\">paizaラーニング 学校フリーパス</a>」の導入校が838校に、累計ユーザー数が8万820人に達したことを発表した。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-474954 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub6-2.png\" alt=\"\" width=\"629\" height=\"374\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub6-2.png 629w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-2.png?resize=300,178 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-2.png?resize=400,238 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-2.png?resize=605,360 605w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-2.png?resize=220,131 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-2.png?resize=281,167 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-2.png?resize=210,125 210w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-2.png?resize=125,74 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-2.png?resize=101,60 101w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-2.png?resize=600,357 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-2.png?resize=50,30 50w\" sizes=\"(max-width: 629px) 100vw, 629px\" /></p>\n<p>paizaでは、初学者向けの動画プログラミング学習サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://paiza.jp/works\" rel=\"noopener\">paizaラーニング</a>」を月額1078円(税込)で提供しているが、「paizaラーニング 学校フリーパス」は、その全内容を、小・中・高・大学・専門学校を対象に無料提供するというもの。</p>\n<p>小学校、中学校、高校では、プログラミング教育が必修化され、2024年からは国立大学の入試科目に「情報」が加わるなど、IT人材の育成が期待されているものの、学校の現場では、予算がない、プログラミング教育ができる教員の不足や知識差がある、環境構築や教材の準備が難しいといった課題を抱えている。そんな中で「paizaラーニング 学校フリーパス」の需要が高まり、直近1年では累積利用校が約450校増加したという。</p>\n<div id=\"attachment_474955\" style=\"width: 660px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474955\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474955 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub4-3.png\" alt=\"「paizaラーニング 学校フリーパス」の無償提供を可能にする仕組み\" width=\"650\" height=\"300\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub4-3.png 650w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-3.png?resize=300,138 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-3.png?resize=400,185 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-3.png?resize=640,295 640w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-3.png?resize=220,102 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-3.png?resize=281,130 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-3.png?resize=250,115 250w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-3.png?resize=125,58 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-3.png?resize=600,277 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4-3.png?resize=50,23 50w\" sizes=\"(max-width: 650px) 100vw, 650px\" /><p id=\"caption-attachment-474955\" class=\"wp-caption-text\">「paizaラーニング 学校フリーパス」の無償提供を可能にする仕組み</p></div>\n<p>paizaラーニング 学校フリーパスには、無料であること以外に、こうした課題を解決する特徴がある。ウェブブラウザーが使えるPCがあればよく、環境構築が不要であること、コンテンツが豊富で指導レベルの標準化が可能であること、生徒は自分に合った教材を選択できるので、教員が個別に教材を準備する必要がないことなどだ。</p>\n<p>「言語仕様」「ウェブアプリ開発」「ロジック力」「周辺知識」の4分野で、160レッスン、1278本の学習動画、2000題の学習課題を利用でき、動画コンテンツと演習課題は毎月追加される。また、動画にはプロの声優を起用したり、学習の進捗をRPG形式で表示するなど、楽しく学べる工夫がされている。自宅での学習も行いやすく、あらかじめ自宅で学んでから学校の授業に望める「反転学習」が可能になっている。反転学習とは、映像教材などを用いて自宅で先に学んでから学校に集まり、課題を解いたり、学習内容に関するディスカッションしたりすることを指す。</p>\n<div id=\"attachment_474953\" style=\"width: 970px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474953\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474953 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub5-1.png\" alt=\"ゲーム形式でプログラミングを学べる特別コンテンツも一部用意しており、学生に人気という\" width=\"960\" height=\"280\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub5-1.png 960w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-1.png?resize=300,88 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-1.png?resize=768,224 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-1.png?resize=400,117 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-1.png?resize=738,215 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-1.png?resize=640,187 640w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-1.png?resize=220,64 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-1.png?resize=281,82 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-1.png?resize=250,73 250w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-1.png?resize=125,36 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-1.png?resize=600,175 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5-1.png?resize=50,15 50w\" sizes=\"(max-width: 960px) 100vw, 960px\" /><p id=\"caption-attachment-474953\" class=\"wp-caption-text\">ゲーム形式でプログラミングを学べる特別コンテンツも一部用意しており、学生に人気という</p></div>\n<p>paizaラーニング 学校フリーパスが支持されるもう1つの理由に、就職支援がある。paizaラーニングは就職プラットフォームでもあり、学んだ後に「<a target=\"_blank\" href=\"https://paiza.jp/student\" rel=\"noopener\">paiza新卒</a>」に登録すれば、スキルに合った仕事とのマッチングが行える。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-010-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474948,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474948,
            "tagId": 53797560,
            "tag": {
              "id": 53797560,
              "slug": "paiza",
              "name": "paiza(製品・サービス)",
              "description": "paizaは、ITエンジニア向け総合求職・学習プラットフォーム。"
            }
          },
          {
            "postId": 474948,
            "tagId": 363277264,
            "tag": {
              "id": 363277264,
              "slug": "school",
              "name": "学校(用語)",
              "description": "学校に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474948,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474948,
            "tagId": 366273892,
            "tag": {
              "id": 366273892,
              "slug": "video",
              "name": "動画 / ビデオ(用語)",
              "description": "動画 / ビデオに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474948,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474126,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 474126,
        "slug": "leanonme",
        "createdAt": "2022-03-03T10:29:37.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-03T10:29:37.000Z",
        "title": "障がい者支援に向けたeラーニングサービスを提供するLean on MeがシリーズAエクステンションとして8050万円を調達",
        "content": "<p>障がい者支援者向けeラーニングサービスを提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://leanonme.co.jp/\" rel=\"noopener\">Lean on Me</a>(リーオンミー)は3月2日、シリーズAエクステンションラウンドとして第三者割当増資による8050万円の資金調達を実施したと発表した。これにより、シリーズAラウンド累計調達額は約3億円となった。調達した資金は、障がい者支援のためのeラーニング「Special Learning」のコンテンツ充実、サポート体制の強化、システム改良によるサービス強化にあてる。</p>\n<p>引受先は、以下の通り。</p>\n<p>・おおさか社会課題解決2号投資事業有限責任組合(大阪信用金庫およびフューチャーベンチャーキャピタル)<br />\n・京信イノベーションC2号投資事業有限責任組合(京都信用金庫CVC「京信ソーシャルキャピタル」およびフューチャーベンチャーキャピタル)<br />\n・京銀輝く未来応援ファンド2号投資事業有限責任組合(京銀リース・キャピタル)<br />\n・三菱UFJキャピタル8号投資事業有限責任組合(三菱UFJキャピタル)<br />\n・松尾義清氏(農業総合研究所取締役)</p>\n<p>2014年4月設立のLean on Meは、「障がい者にやさしい街づくり」をビジョンに掲げ、障害のある方の生きづらさを解消し共生社会の社会基盤となることを目指すスタートアップ。</p>\n<p>Special Learningは、社会福祉法人の職員や障がい者を雇用する一般企業の社員に向けたサービス。障がい者を支援するうえで必要となる知識を、動画を用いて学べるオンライン研修を提供している。日常の支援でつまずいた際に、必要とする知識・コンテンツを自ら選択し学ぶことで、実際に適切な支援が行えるようサポートするという。具体的な内容の例としては、「AEDの使い方・応急手当・防災マニュアル・移乗介助の仕方」といった安全面、「基本的人権・障害者差別解消法・虐待の5類型・運営適性委員会など」の権利面などがある。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-474130\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?w=1024\" alt=\"障がい者支援のeラーニングサービスを提供するLean on MeがシリーズAエクステンションとして8050万円を調達\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/01-3.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-008-index.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474126,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474126,
            "tagId": 40576,
            "tag": {
              "id": 40576,
              "slug": "disability",
              "name": "障がい / 障がい支援(用語)",
              "description": "障がい / 障がい支援に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474126,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 474126,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474126,
            "tagId": 366281386,
            "tag": {
              "id": 366281386,
              "slug": "inclusion",
              "name": "インクルージョン / インクルーシブ(用語)",
              "description": "インクルージョン / インクルーシブに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474126,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474126,
            "tagId": 692517463,
            "tag": {
              "id": 692517463,
              "slug": "lean-on-me",
              "name": "Lean on Me(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473432,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 473432,
        "slug": "tfabworks-akadako",
        "createdAt": "2022-02-28T12:12:37.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-28T12:12:37.000Z",
        "title": "小中学校の先生の悩みを解決するプログラミング教材、Scratch用拡張ボード「AkaDako」",
        "content": "<p>学校教育向けハードウェア教材の開発と提供を行う<a target=\"_blank\" href=\"https://tfabworks.com/\" rel=\"noopener\">ティーファブワークス</a>は2月28日、小学校でのプログラミング授業における担当教員の様々な悩みを解決することを目的に開発した、<a target=\"_blank\" href=\"https://scratch.mit.edu/\" rel=\"noopener\">Scratch</a>用拡張ボード「AkaDako」(アカダコ)の販売を開始した。本体価格は999円(税込)。</p>\n<p>2020年から小学校のプログラミング教育が始まったが、担当する教師たちには数多くの悩みを抱えている。たとえば、教材の習得が大変、授業前の教材の準備(インストール、ユーザー登録、設定など)が大変、授業中のトラブル(Bluetoothのペアリング、ダウンロードなど)の対応が大変などだ。40人学教では、先生1人がそれらに対処しなければならない。また、教材は高価なためすべての生徒に配布することはできず、授業が終わると回収することになり、せっかく生徒に興味が芽生えても、授業以外で学ぶことができない。教科書にはAIやIoTなども紹介されているが、先生の準備やスキルが追いつかない、または授業時間が短いなどの理由で教えられないといった残念な問題もある。さらに、購入した教材が使用できる単元は「電気の時間」のみと限られるため、使われずに仕舞われている時間が長い。</p>\n<p>ティーファブワークスは、これまで<a target=\"_blank\" href=\"https://www.microbit.org/ja/\" rel=\"noopener\">micro:bit</a>を中心としたプログラミング教育で学校と協力してきた経験を活かし、こうした現場の悩みを解決できるプログラミング教材「AkaDako」を開発した。これには、次の6つの特徴がある。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-473551\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-002.jpg?w=1024\" alt=\"小中学校の先生の悩みを解決するプログラミング教材、Scratch用拡張ボード「AkaDako」\" width=\"1024\" height=\"531\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-002.jpg 1040w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-002.jpg?resize=300,155 300w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-002.jpg?resize=768,398 768w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-002.jpg?resize=1024,531 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-002.jpg?resize=772,400 772w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-002.jpg?resize=400,207 400w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-002.jpg?resize=738,382 738w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-002.jpg?resize=640,332 640w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-002.jpg?resize=220,114 220w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-002.jpg?resize=281,146 281w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-002.jpg?resize=241,125 241w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-002.jpg?resize=125,65 125w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-002.jpg?resize=116,60 116w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-002.jpg?resize=600,311 600w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-002.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<ul>\n<li><strong>事前準備を限りなくゼロへ</strong>:先生も生徒も経験があるScratchを採用。アプリのダウンロード、組み立て、電源が不要(USB給電)</li>\n<li><strong>授業中のトラブルを限りなくゼロへ</strong>:Bluetoothのペアリング不要(USB接続)、Scratchで「緑の旗」をクリックするだけで設定完了</li>\n<li><strong>低コスト</strong>:本体価格は999円(税込)なので、各生徒に配布できる。安価なGroveシールド(拡張部品)にも対応</li>\n<li><strong>多くの授業で利用可能</strong>:「電気の利用」以外の理科の実験、図工、技術家庭の教材としても利用できる</li>\n<li><strong>AIと簡単に連携できる</strong>:<a target=\"_blank\" href=\"https://xcratch.github.io/index-ja.html\" rel=\"noopener\">Xcratch</a>(Scratch互換環境)、Scratch3に対応し、画像認識や音声認識などのAIを使ったフィジカルコンピューティングを簡単に学べる</li>\n</ul>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/_VxmAPBIN5M?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>ティーファブワークスでは、4月から「AkaDako」の学校、教育委員会向けに無料レンタルを開始する。また、そのコア技術をOEM提供する準備も整えているとのことだ。問い合わせは、同社の「<a target=\"_blank\" href=\"https://akadako.com/contact/\" rel=\"noopener\">お問い合わせ</a>」フォームから行える。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-473434 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub6-2.png\" alt=\"\" width=\"759\" height=\"698\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub6-2.png 759w, /wp-content/uploads/2022/02/sub6-2.png?resize=300,276 300w, /wp-content/uploads/2022/02/sub6-2.png?resize=435,400 435w, /wp-content/uploads/2022/02/sub6-2.png?resize=400,368 400w, /wp-content/uploads/2022/02/sub6-2.png?resize=738,679 738w, /wp-content/uploads/2022/02/sub6-2.png?resize=391,360 391w, /wp-content/uploads/2022/02/sub6-2.png?resize=220,202 220w, /wp-content/uploads/2022/02/sub6-2.png?resize=187,172 187w, /wp-content/uploads/2022/02/sub6-2.png?resize=136,125 136w, /wp-content/uploads/2022/02/sub6-2.png?resize=125,115 125w, /wp-content/uploads/2022/02/sub6-2.png?resize=65,60 65w, /wp-content/uploads/2022/02/sub6-2.png?resize=600,552 600w, /wp-content/uploads/2022/02/sub6-2.png?resize=399,367 399w, /wp-content/uploads/2022/02/sub6-2.png?resize=50,46 50w\" sizes=\"(max-width: 759px) 100vw, 759px\" /></p>\n<h3>「AkaDako」の仕様</h3>\n<ul>\n<li><strong>対応端末</strong>:Windows、Chromebook、Mac、Raspberry Pi</li>\n<li><strong>対応ウェブブラウザー</strong>:Chrome(モバイル版除く)、Edge(chromium版)</li>\n<li><strong>入出力</strong>USB micro-B、アナログ1系統5V(Grove端子兼用)、デジタル1系統5V(Grove端子兼用)、5V、GND</li>\n<li><strong>Grove端子</strong>:アナログ2系統、デジタル2系統、I2C 2系統</li>\n<li><strong>サイズ</strong>:縦65✕横50✕高さ12mm</li>\n<li><strong>重さ</strong>:10g</li>\n</ul>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-012-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473432,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473432,
            "tagId": 15939,
            "tag": {
              "id": 15939,
              "slug": "scratch",
              "name": "Scratch(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 473432,
            "tagId": 363277264,
            "tag": {
              "id": 363277264,
              "slug": "school",
              "name": "学校(用語)",
              "description": "学校に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473432,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473432,
            "tagId": 692508950,
            "tag": {
              "id": 692508950,
              "slug": "tfabworks",
              "name": "ティーファブワークス(企業)",
              "description": "ティーファブワークスは、micro:bit(マイクロビット)を装着して利用できるメインボード「TFW-S-M1」などを開発する日本の企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473298,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 473298,
        "slug": "2022-02-22-ewa-which-taps-into-popular-media-to-teach-languages-hits-51m-downloads-and-3-5m-maus-and-raises-its-first-outside-funding",
        "createdAt": "2022-02-26T08:45:39.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-26T08:34:14.000Z",
        "title": "人気映画やテレビ番組を活用して語学教育を行うEWAが5100万ダウンロードを達成、初の外部資金を調達",
        "content": "<p>オンラインの外国語学習は、スタートアップにとって良い商機であり続けている。そのユーザーにとって魅力的な体験は、スマートフォンに費やす時間をもっと生産的なことに使いたいと思う一般消費者の関心にもマッチしている。この分野の最新の展開の1つとして、<a target=\"_blank\" href=\"https://appewa.com/\" rel=\"noopener\">EWA</a>という言語学習アプリがある。それは、言語の取得にメディアを利用し、映画やテレビや本などからの引用を利用して学習者を新しいボキャブラリーと発音に親しませる。このアプリはこれまでに5100万回ダウンロードされており、月間アクティブユーザーは3500万に達する。そしてこのほど、初めての外部資金として270万ドル(約3億1000万円)を調達した。</p>\n<p>EWAは「E-vah(エヴァ)」と発音し、共同創業者でCEOのMax Korneev(マックス・コルニーフ)氏によると、2018年の創業以来ずっと自己資金だけでやってきたという。それでも現在の年商は3240万ドル(約37億4000万円)に達している。フリーミアムの部分は3日間のトライアルだが、TikTokやInstagramなどのソーシャルメディア上にそのコンテンツクリエイターとして広く展開しており、同社のポストで数百万のユーザーが非公式に言葉の勉強をしていることになる。英語学習用の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.instagram.com/ewa.english/?hl=en\" rel=\"noopener\">EWA English</a>だけでも、500万以上のフォロワーがいる。</p>\n<p>コルニーフ氏によると、外部資金を導入する目的は、現在、同社が直面している成長の需要に応えて拡大していくこと、またエンジニアを増員して、以前より待望していたソーシャルな要素を増やすゲーム化の仕掛けと対象言語の多様化機能を開発することだ。現在、アプリは英語とスペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語のみ対応している。</p>\n<p>シードラウンドにはDay One VenturesとElysium、それにSemrushやZynga、Nianticなどからのエンジェルや創業者、役員たちが参加した。EWAはすでにシリーズAの準備を始めており、評価額1億5000万ドル(約173億3000万円)で3000万ドル(約34億7000万円)となり、SoftBankらのVCが同社に接触している。TechCrunchは現在、SoftBankにコメントを求めている。コルニーフ氏はコメントを断った。</p>\n<p>すでに上場しているDuolingoの本日の時価総額はおよそ<a target=\"_blank\" href=\"https://finance.yahoo.com/quote/DUOL?p=DUOL&amp;.tsrc=fin-srch\" rel=\"noopener\">34億ドル</a>(約3928億9000万円)だったが、アプリを粘着性の高いもの、ユーザーは学習の流れを維持するために毎日ログインし、トップの位置を守ろうとするものにしてオンライン言語学習市場を席巻した。またリアルの世界で知ってるかもしれない人とアプリ上でリンクさせることで、自然な競争意識が芽生えて、このアプリでの勉強が習慣になる。</p>\n<p>これまでのEWAのユニークなセールスポイントは、オンラインメディアの広大な世界をその目的(言葉の学習)のために利用する、その方法だ。アプリユーザーには、有名な本を読む、人気の高い映画やテレビの抜粋を見るなどの選択肢がある。有名な台詞などは、言葉の学習の良いきっかけになり、その知識をワードゲームで強化していく。</p>\n<p>その方法は私個人的にも、おもしろいもので、私と家族がロシアから初めて米国に来たときのことを思い出させる。しかもEWAのCEOコルニーフ氏もロシア人だ。同氏によると、教材としてメディアの利用という変わった方法を選んだのは意図的だという。その方が、現代に合っているし、非常に多様な言語学習者にも伝わりやすい。</p>\n<p>「現在の独習アプリを見てみると、リアルな教室での学習の進行をコピーしたものがとても多い。はっきりいうと、それは古いやり方だし、今ではあまり効果がありません」とコルニーフ氏は語る。彼はDuolingoが行った調査を引用して、オンラインの言語コースを終了した人は全受講者の1%未満しかいないという。「人間は、楽しいこと、おもしろいことを好みます。ユーザーに、なぜEWAを利用するのか尋ねたら、楽しいからという答えが返ってきます。私たちは、エンターテインメントと教育を結びつけているのです」。</p>\n<p>言葉を学ぶために「地元のメディア」を利用したのは、私の家族だけではなかったようだ。コルニーフ氏がITの仕事をしながら別の言語(彼の場合は米国における英語)を学んだのも、その方法だった。</p>\n<p>「多くのスタートアップが、痛みを解決しようとして生まれてきます。EWAの始まりもそうでした。私の場合は字幕付きの映画を見たり、言葉に関する傍注のある本を読んだりしました。他の人たちも、そうやって言葉を身につけてきました。言葉に対す自身の方法をビジネスにできないかと考えた彼はITの仕事を辞めて、共同創業者のStepan Nikitin(ステパン・ニキーチン)氏やAnton Aleshkevich(アントン・アレシュケビッチ)氏、Stas Morozov(スタス・モロゾフ)氏らとともにEWAを創業した。</p>\n<p>EWAの社籍はシンガポールとなるが、大量のデベロッパーがロシアにいる。ロシアのスタートアップが西側の投資家から資金を調達するのは難しいため、意図的にこの形にしている。コルニーフ氏にとっては、パンデミックが幸いし、チームはリモートのワークフォースだという。同氏自身は、シンガポールとブダペストとバルセロナの3カ所を拠点としている。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://appewa.com/\" rel=\"noopener\">EWA</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/22/ewa-which-taps-into-popular-media-to-teach-languages-hits-51m-downloads-and-3-5m-maus-and-raises-its-first-outside-funding/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ingrid Lunden、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/ewa.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473298,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473298,
            "tagId": 264,
            "tag": {
              "id": 264,
              "slug": "learning",
              "name": "学習(用語)",
              "description": "学習に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473298,
            "tagId": 56130,
            "tag": {
              "id": 56130,
              "slug": "language-learning",
              "name": "語学学習(用語)",
              "description": "語学学習に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473298,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 473298,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 472387,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 472387,
        "slug": "p-standardized-test-summary",
        "createdAt": "2022-02-21T02:59:41.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-21T10:19:52.000Z",
        "title": "中高生対象の全国プログラミング共通テスト「P共通テスト」表彰式開催、試験結果サマリー・アンケート結果も公開",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.vantan.jp/\" rel=\"noopener\">バンタン</a>が運営する「<a target=\"_blank\" href=\"https://techford.jp/\" rel=\"noopener\">バンタンテックフォードアカデミー</a>」は2月19日、中高校・高専生を対象としたプログラミングの全国共通テスト「<a target=\"_blank\" href=\"https://techford.jp/special/programmingtest/\" rel=\"noopener\">中高プログラミング共通テスト</a>」(P共通テスト)成績優秀者の表彰式を開催した。同時に、成績結果サマリーと上位優秀者を対象としたアンケートの結果も公開している。</p>\n<p>バンタンは、1965年創立のスクール運営事業を展開する企業。「世界で一番、社会に近いスクールを創る」をビジョンに、ファッション、グラフィックデザイン、映画映像、ゲーム、アニメ、フードコーディネーターなど幅広く学校を運営しており、そのうちのIT専門学校がバンタンテックフォードアカデミーだ。</p>\n<p>2020年から小学校でプログラミングが必修科目となり、子どもたちの将来なりたい職業の上位にプログラマーが入るなど、この分野の人気は高まっているものの、2030年にはIT人材が全国で79万人不足するともいわれている。そこでバンタンテックフォードアカデミーは「IT業界の課題解決の一助となるべく」、第1回「P共通テスト」を1月22日に実施した。</p>\n<div id=\"attachment_472391\" style=\"width: 481px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-472391\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-472391 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub3-5.png?w=471\" alt=\"「将来の夢は?」という問いについて、75%が「エンジニアの仕事がしたい」と回答(上位優秀者へのアンケート結果より)\" width=\"471\" height=\"189\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub3-5.png 471w, /wp-content/uploads/2022/02/sub3-5.png?resize=300,120 300w, /wp-content/uploads/2022/02/sub3-5.png?resize=400,161 400w, /wp-content/uploads/2022/02/sub3-5.png?resize=220,88 220w, /wp-content/uploads/2022/02/sub3-5.png?resize=281,113 281w, /wp-content/uploads/2022/02/sub3-5.png?resize=250,100 250w, /wp-content/uploads/2022/02/sub3-5.png?resize=125,50 125w, /wp-content/uploads/2022/02/sub3-5.png?resize=50,20 50w\" sizes=\"(max-width: 471px) 100vw, 471px\" /><p id=\"caption-attachment-472391\" class=\"wp-caption-text\">「将来の夢は?」という問いについて、上位優秀者の75%が「エンジニアの仕事がしたい」と回答(上位優秀者へのアンケート結果より)</p></div>\n<p>テスト問題は、初学者レベルのDランク、新学習指導要綱レベルのCランク、標準のエンジニアレベルのBランク、現役エンジニアの上級レベルであるAランク、現役エンジニアでも時間内に回答するのは難しいとされるSランク、さらにその上のSSランクが設けられ、あえてテスト時間の1時間30分では終わらない内容にした。正答率は、Dランクが62.1%なのに対し、Aランクは6.8%、Sランクは3.4%、SSランクは1.1%と難しさを示しているが、SランクとSSランクの両方に正答する上位者もいて、そのレベルの高さが伺える。高校生部門で全国1位となったのは、児玉大樹さん。「特に終盤の問題には苦戦しましたが、それでもなんとか解くことができてよかったです」と語っている。</p>\n<h3>P共通テスト ランク別問題モデルイメージ</h3>\n<ul>\n<li>Sランク問題:現役エンジニアでも回答に時間がかかる(2問)</li>\n<li>Aランク問題:現役エンジニアでも上位レベル</li>\n<li>Bランク問題:標準のエンジニアレベル</li>\n<li>Cランク問題:新学習指導要綱レベル</li>\n<li>Dランク問題:初学者レベル</li>\n</ul>\n<div id=\"attachment_472389\" style=\"width: 577px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-472389\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-472389 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub1-7.png\" alt=\"上位者はSSランク問題、Sランク問題ともに正答(総勢約100名が受検した試験結果まとめより)\" width=\"567\" height=\"191\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub1-7.png 567w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-7.png?resize=300,101 300w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-7.png?resize=400,135 400w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-7.png?resize=220,74 220w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-7.png?resize=281,95 281w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-7.png?resize=250,84 250w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-7.png?resize=125,42 125w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-7.png?resize=50,17 50w\" sizes=\"(max-width: 567px) 100vw, 567px\" /><p id=\"caption-attachment-472389\" class=\"wp-caption-text\">上位者はSSランク問題、Sランク問題ともに正答(総勢約100名が受検した試験結果まとめより)</p></div>\n<div id=\"attachment_472390\" style=\"width: 577px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-472390\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-472390 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub2-6.png\" alt=\"Aランク以下の問題においては、Aランク・Bランクが正答率10%未満となり、新学習指導要綱レベルのCランクは約14%という結果に(総勢約100名が受検した試験結果まとめより)\" width=\"567\" height=\"319\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub2-6.png 567w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-6.png?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-6.png?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-6.png?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-6.png?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-6.png?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-6.png?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-6.png?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-6.png?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-6.png?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 567px) 100vw, 567px\" /><p id=\"caption-attachment-472390\" class=\"wp-caption-text\">Aランク以下の問題においては、Aランク・Bランクが正答率10%未満となり、新学習指導要綱レベルのCランクは約14%という結果に(総勢約100名が受検した試験結果まとめより)</p></div>\n<p>成績上位の優秀者を対象としたアンケートでは、将来エンジニアになりたいと答えた人は75%あった。また成績優秀者は、その7割以上が1日2時間以上プログラミングをしており、5割が3年以上の経験を持っていた。これらの結果から、複数年にわたりプログラミングを学習している中高生が8割を超え、エンジニア志望の割合も高いことから、新学習指導要綱が始まれば、さらにエンジニアを目指す中高生が増える可能性があるとバンタンでは見ている。</p>\n<div id=\"attachment_472392\" style=\"width: 454px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-472392\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-472392 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub4-2.png\" alt=\"プログラミングの学習時間については、2時間以上:37.5%、3時間以上:25.0%、5時間以上:12.5%という結果が得られた。上位優秀者の7割以上は、1日に2時間以上プログラミングに触れている(上位優秀者へのアンケート結果より)\" width=\"444\" height=\"250\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub4-2.png 444w, /wp-content/uploads/2022/02/sub4-2.png?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/02/sub4-2.png?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/02/sub4-2.png?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/02/sub4-2.png?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/02/sub4-2.png?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/02/sub4-2.png?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/02/sub4-2.png?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/02/sub4-2.png?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/02/sub4-2.png?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 444px) 100vw, 444px\" /><p id=\"caption-attachment-472392\" class=\"wp-caption-text\">プログラミングの学習時間については、2時間以上:37.5%、3時間以上:25.0%、5時間以上:12.5%という結果が得られた。上位優秀者の7割以上は、1日に2時間以上プログラミングに触れている(上位優秀者へのアンケート結果より)</p></div>\n<div id=\"attachment_472393\" style=\"width: 405px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-472393\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-472393 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub5-4.png\" alt=\"学習期間については、1年以上が「37.5%」、3年以上は「50.0%」という結果に。すでに複数年学習者が8割を超えており、プログラミングが若年層に浸透していることがわかった(上位優秀者へのアンケート結果より)\" width=\"395\" height=\"223\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub5-4.png 395w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-4.png?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-4.png?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-4.png?resize=281,159 281w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-4.png?resize=221,125 221w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-4.png?resize=125,71 125w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-4.png?resize=106,60 106w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-4.png?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-4.png?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 395px) 100vw, 395px\" /><p id=\"caption-attachment-472393\" class=\"wp-caption-text\">学習期間については、1年以上が「37.5%」、3年以上は「50.0%」という結果に。すでに複数年学習者が8割を超えており、プログラミングが若年層に浸透していることがわかった(上位優秀者へのアンケート結果より)</p></div>\n<p>なお、このテストでは、ITエンジニア向け国内最大の転職・就職・学習プラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://paiza.jp\" rel=\"noopener\">paiza</a>」(パイザ)が使用された。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 472387,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 472387,
            "tagId": 53797560,
            "tag": {
              "id": 53797560,
              "slug": "paiza",
              "name": "paiza(製品・サービス)",
              "description": "paizaは、ITエンジニア向け総合求職・学習プラットフォーム。"
            }
          },
          {
            "postId": 472387,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472387,
            "tagId": 692515668,
            "tag": {
              "id": 692515668,
              "slug": "vantan",
              "name": "バンタン(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471613,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 471613,
        "slug": "2022-02-14-schoolytics-is-a-dashboard-that-keeps-teachers-students-and-parents-on-the-same-page",
        "createdAt": "2022-02-16T01:00:52.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-15T23:32:20.000Z",
        "title": "教師、生徒、保護者が同じページで課題の進捗や成績を確認できるSchoolyticsのダッシュボード",
        "content": "<p>筆者が学校に通っていた頃、つまり今から1万4千年ほど前のことだが、宿題の進捗状況を記録することは、それ自体が宿題のように感じられたものだ。その一方で親たちは、学期末ごとの通知表が来るまで、子どもの全体的な進歩については、ほとんど知ることがなかった。もし、ある生徒(あるいは多くの生徒)の学力が低下するようなことがあれば、ただでさえ多忙な教師が生徒の成績表を探って、その落ち込みを確認しなければならなかった。これは現在もほとんど変わっていない。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.schoolytics.com/\" rel=\"noopener\">Schoolytics</a>(スクーリティックス)は、そんな状況を変えようとしているスタートアップ企業だ。生徒、保護者、教師、管理者のための「オールインワンの情報ハブ」として宣伝されているSchoolyticsの分析ダッシュボード(School + Analytics = Schoolytics、というわけだ)は、生徒が日々どのように過ごしているかを全員で確認できるようにし、注目すべき変化にフラグを立て、傾向の概要を提供する。</p>\n<p>Schoolyticのダッシュボードには次の4つのタイプがあり、それぞれが前段の仕様よりも広い範囲をカバーするようになっている。</p>\n<ul>\n<li>生徒用ダッシュボードでは、個々の生徒が自分の成績、今後の課題、やらなかった課題、期限内に提出した回数などの指標を把握することができる</li>\n<li>保護者用ダッシュボードでは、親や保護者が自宅にいる子どもたちの指標を確認することができる</li>\n<li>教師用ダッシュボードでは、個々の生徒の評価指標を見たり、クラス全体の課題完了率などを確認することができる。また、生徒が急に課題をやらなくなった時にフラグを立てたり、優等生名簿(課題完了率に基づく)や進捗報告書などを自動的に作成したりすることができる</li>\n<li>管理者用ダッシュボードでは、学校別、学年別の評価指標を表示したり、個々のクラスのレポートを閲覧することができる</li>\n</ul>\n<p>Schoolyticsは、Aaron Wertman(アーロン・ウェルトマン)氏とCourtney Monk(コートニー・モンク)氏によって設立された。2人は教科書レンタル / オンライン家庭教師 / 教育のメガ企業である<a target=\"_blank\" href=\"/tag/chegg/\" rel=\"noopener\">Chegg</a>(チェグ)でデータサイエンスを担当していた。モンク氏は、Teach For America(ティーチ・フォー・アメリカ)で半年以上働いた経験があり、地元の学区で教育委員会のメンバーを務めている。ウェルトマン氏は、ベイエリアにあるKIPPの学校でボランティア活動をしていた際、学校が依存しているツールの多くは、貧相で、データも生のままであることに気づいた。同氏は2020年の初めに、そのすべてを近代化する方法を考え始めた。そして、その年の終わりに、2人は自分たちがしてきた取り組みを形にして、Schoolyticsを起ち上げた。</p>\n<p>Schoolyticsは、多くの教師がすでに使用している学習管理システムからほとんどのデータを取得している。Google Classroom(グーグル・クラスルーム)だ。新型コロナウイルス感染拡大の際には、多くの教師が急いで教室や課題をバーチャル化しなければならなかったため、Classroomの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.edweek.org/technology/how-google-classroom-is-changing-teaching-q-a-with-researcher-carlo-perotta/2020/12\" rel=\"noopener\">使用率は大幅に上昇</a>した。しかし、Google Classroomでは、生徒が提出した基本的なデータを収集するためには役立つものの、それをどのようにグラフ化したり分析したりするかは、教師が考えることだ。Schoolyticsは、そのデータをフロントエンドとして提供し、手作業で行っていた重労働やスプレッドシートとの格闘を、教師のやるべき仕事から省くことができる。</p>\n<div id=\"attachment_471614\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption alignnone\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471614\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471614 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"719\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg 1539w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=300,211 300w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=768,539 768w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=1024,719 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=1536,1079 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=569,400 569w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=400,281 400w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=738,518 738w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=513,360 513w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=220,155 220w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=245,172 245w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=178,125 178w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=125,88 125w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=85,60 85w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=786,552 786w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=522,367 522w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-3.jpg?resize=50,35 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-471614\" class=\"wp-caption-text\">クラス全体の傾向を示すSchoolyticsの教師用ダッシュボード 画像クレジット:Schoolytics</p></div>\n<p>同社はまた、教師が生徒とコミュニケーションをとったり、クラス全体にメッセージを流すことができる専用の安全な場所を提供するために、<a target=\"_blank\" href=\"https://demo.schoolytics.com/c/communication\" rel=\"noopener\">内蔵型のメッセージングシステム</a>の開発も進めている。</p>\n<p>Schoolyticsを使用するための費用は、地域が負担するのが理想的だが、教師が個人的にこのツールを試用してみたいと思うのであれば、現在2つのプランが提供されている。1つは、最大10のGoogle Classroomを持つ教師を対象とした無料オプション、もう1つは最大100のClassroomを必要とする教師を対象とした月額10ドル(約1160円)からの有料オプションだ。</p>\n<p>同社は先日、Haystack(ヘイスタック)、Audacious Ventures(オーデイシャス・ベンチャーズ)、Accelerated Ventures(アクセラレイテッド・ベンチャーズ)の支援を受け、シードラウンドで280万ドル(約3億2000万円)の資金を調達したと発表した。現在、チームは約10名で構成されており、幼稚園から大学まで、500校以上の学校と取引している。</p>\n<p>ダッシュボードを実際に見てみたいと思う人のために、Schoolyticsには<a target=\"_blank\" href=\"https://demo.schoolytics.com/c/views/admin-dashboard\" rel=\"noopener\">デモ用のダッシュボード</a>が用意されており、前述の異なる役割に応じたダッシュボードが、どのようなものなのかをチェックすることができる。</p>\n<div id=\"attachment_471615\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471615\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471615 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"714\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg 1553w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=300,209 300w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=768,536 768w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=1024,714 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=1536,1071 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=574,400 574w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=400,279 400w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=738,515 738w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=516,360 516w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=220,153 220w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=247,172 247w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=179,125 179w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=125,87 125w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=86,60 86w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=792,552 792w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=526,367 526w, /wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-2.jpg?resize=50,35 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-471615\" class=\"wp-caption-text\">それぞれの子どもの詳細が表示されるSchoolyticsの保護者用ダッシュボード(画像クレジット:Schoolytics)</p></div>\n<p><small>画像クレジット:Schoolytics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/14/schoolytics-is-a-dashboard-that-keeps-teachers-students-and-parents-on-the-same-page/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Greg Kumparak、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/schoolytics-1.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471613,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471613,
            "tagId": 363277264,
            "tag": {
              "id": 363277264,
              "slug": "school",
              "name": "学校(用語)",
              "description": "学校に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471613,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 471613,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471613,
            "tagId": 692517339,
            "tag": {
              "id": 692517339,
              "slug": "schoolytics",
              "name": "Schoolytics(企業・サービス)",
              "description": "生徒が日々どのように過ごしているかを全員で確認できるようにし、注目すべき変化にフラグを立て、傾向の概要を提供、生徒と保護者、教師、管理者のための「オールインワンの情報ハブ」となる分析ダッシュボードを開発、提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471483,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 471483,
        "slug": "clipline-fundraising-3",
        "createdAt": "2022-02-15T01:58:42.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-15T01:58:42.000Z",
        "title": "動画により1対多のOJTを実現するマネジメント支援サービスClipLineがシリーズEセカンドクローズとして4.5億円調達",
        "content": "<p>動画で組織実行力を高めるマネジメント支援サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://clipline.com/service/\" rel=\"noopener\">ClipLine</a>」を提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://corp.clipline.com/\" rel=\"noopener\">ClipLine</a>は2月15日、シリーズEラウンドセカンドクローズとして、第三者割当増資による総額4億5000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、あいざわアセットマネジメント、DG Daiwa Ventures、SMBCベンチャーキャピタル、山口キャピタル。シリーズEラウンドとしては総額10億5000万円の資金調達を実施したことになる。また累計調達額は25億5000万円となった。引き続きエクステンションラウンドの実施を予定しているという。</p>\n<p>調達した資金により、ClipLineの機能を拡張し、より経営に寄り添うサービスへ進化させる。特に現場マネジメントの柱となる「店長・ミドルマネジャー支援」機能の強化および導入促進に注力する。</p>\n<p>・店舗運営に必要な情報をスコア化するダッシュボード機能の実装<br />\n・店長・ミドルマネジャーの利用シーンに即したマルチデバイスの開発<br />\n・その他の使途として、人材獲得による組織体制の強化に引き続き注力</p>\n<p>ClipLineは、動画とクラウドで多店舗展開ビジネスの生産性を改善するサービス。OJTを1対1ではなく、1対多人数へ拡張し、24時間いつでもどこでも新人が1人でトレーニングできる環境を構築し、指導者の拘束時間を削減するという。また、マネジメントをリモート化し、ミドルマネージャーの負荷削減を通じた販売管理費の抑制や、暗黙知の形式知化による店舗間での理念体現・ノウハウ共有などの実績があるそうだ。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/pigLh4SRQrE?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-15-003-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471483,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471483,
            "tagId": 294585657,
            "tag": {
              "id": 294585657,
              "slug": "clipline",
              "name": "ClipLine(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 471483,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 471483,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 471483,
            "tagId": 692517304,
            "tag": {
              "id": 692517304,
              "slug": "human-resource-development",
              "name": "人材育成(用語)",
              "description": "人材育成に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471304,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 471304,
        "slug": "monoxer-memo",
        "createdAt": "2022-02-14T02:39:40.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-14T02:39:40.000Z",
        "title": "記憶定着のための学習プラットフォームMonoxerが数式回答形式を強化、複雑な計算の学習時などに手書きメモを残せるように",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://corp.monoxer.com/\" rel=\"noopener\">モノグサ</a>は2月10日、記憶定着のための学習プラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://corp.monoxer.com/service/\" rel=\"noopener\">Monoxer</a>」(モノグサ。<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=com.monoxer\" rel=\"noopener\">Android版</a>・<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/jp/app/id1288435689\" rel=\"noopener\">iOS版</a>)において、数式回答形式をアップデートしたと発表した。複雑な計算の学習時などに途中計算の手書きのメモが残せる。</p>\n<p>また、Monoxer上でテストが実施できる「小テスト機能」において、別解の登録と選択問題形式の対応が可能になった。これまでの小テスト機能における数式の回答形式では、単一回答の登録となっていたという。今回のアップデートによって別解登録が可能となり、0.5と1/2など複数の正解が存在するケースにも対応できるようにした。数学や物理の複雑な計算問題の学習でもMonoxerを活用可能となった。また、センター試験のような選択問題形式のテスト対策にも活用できるとしている。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-471306\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?w=1024\" alt=\"記憶定着のための学習プラットフォームMonoxerが数式回答形式を強化、複雑な計算の学習時などに手書きメモを残せるように\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg 1600w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-002.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<div class=\"embed-vimeo\" style=\"text-align: center;\"><iframe loading=\"lazy\" src=\"https://player.vimeo.com/video/473293772\" width=\"600\" height=\"338\" frameborder=\"0\" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen></iframe></div>\n<p>&nbsp;</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471304,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471304,
            "tagId": 264,
            "tag": {
              "id": 264,
              "slug": "learning",
              "name": "学習(用語)",
              "description": "学習に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471304,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 471304,
            "tagId": 366280637,
            "tag": {
              "id": 366280637,
              "slug": "monoxer-corp",
              "name": "モノグサ(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 471304,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471023,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 471023,
        "slug": "2022-02-09-modal-launch-udemy",
        "createdAt": "2022-02-11T02:00:30.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-11T02:03:37.000Z",
        "title": "Udemyの幹部たちが、より良いUdemyを作るために退社した理由",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/darren-shimkus/\" rel=\"noopener\">Darren Shimkus</a>(ダレン・シムカス)氏は、企業向けの学習ビジネスであるUdemy(ユーデミー)を、5年かけて年間経常収益100万ドル(約1億1500万円)から1億ドル(約115億4000万円)にまで成長させた。だがUdemyが上場する8カ月前、シムカス氏は自分の直感を確かめるためにUdemy Business(ユーデミービジネス)の社長を辞任した。</p>\n<p>「教育業界にもたらすことができるイノベーションがあると思ったからです」と彼はいう。「しかし何を考えても、何を見てもそこにはまず自分が出てきてしまって、世界の見方も偏っていました」そこでシムカス氏は、6カ月の間、データ、人材開発、エンジニアリングの責任者たちにインタビューを行い、教育の世界で共有されている重要課題の把握につとめた。「私が気づいたのは、学習プロセスに人間的なつながりを取り戻すことがいかに重要かということでした」と彼はいう。</p>\n<p>この結果、皮肉な話だが、シムカス氏はUdemyの元CEOである<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/dennistyang/\" rel=\"noopener\">Dennis Yang</a>(デニス・ヤン)氏とチームを組み、出身母体とはまったく異なるアプローチで、世界最大の企業向け教育会社の設立に再挑戦することになった。</p>\n<p>米国時間2月9日、初めて公表された<a target=\"_blank\" href=\"https://www.modallearning.com/\" rel=\"noopener\">Modal</a>(モーダル)は、企業が既存の従業員に新しいスキルを習得させたり、専門分野を変えたりするために利用できる、グループ型の学習プラットフォームだ。シムカス氏によれば、彼とヤン氏は、Signalfire、Norwest Venture Partners、Learn Capital、Bling Capitalなどから680万ドル(約7億8000万円)の資金を調達することに成功した。</p>\n<p>この同社の最初の製品は、スタートアップ企業におけるデータリテラシーの向上に焦点を当てている。そこでは、教育対象の従業員を30人から40人のグループに分けて、非同期のプロジェクトやライブイベントを含む8週間の学習体験をさせる。</p>\n<p>カリキュラムについては、Modalは大規模に公開オンライン講座を提供するやりかたではなく、専門家とともにすべての教材を社内で開発している。</p>\n<p>「私たちは、外部講師がやってきてプラットフォーム上で何かを提供するようなモデルを採用するつもりはありません」と彼はいう。「私たちが作っているコンテンツはすべて私たちのものです」。最終的には、自然言語処理、Python、データストーリーテリングなどのスキルを教えるプラットフォームになる。</p>\n<p>同社は、売上目標、顧客数、顧客名などの情報を開示していない。古典的な企業向けB2B販売モデルで収益を上げる。</p>\n<p>ModalのビジョンとUdemyのミッションの重なりは、無視できない。両社とも、人材の流出や教育の遅れを危惧する企業に対し、スキルアップサービスを販売している。シムカス氏は「私たちはUdemyのような巨人の肩の上に立っているのです」と直接的な競争を否定する一方で、彼の認識している同社の人材システムがModalを「かなり有利にしている」とも認めている。</p>\n<p>高いレベルで見れば、Modalの製品はシンプルである。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/28/employers-are-consumer-edtechs-next-beta-test/\" rel=\"noopener\">スキルアップやスキル再構築をする企業向けの資金調達ラウンドが活発に行われていることを考えると</a>、明らかに世の中では従業員に対するリフレッシュが求められている。ここではEdTechのベテランたちは、人々が情報を理解する方法の未来に向けて、非同期学習ではなく、キュレーションされたグループベース学習というコンセプトに賭けている。</p>\n<p>Udemy出身者が、Udemyのプラットフォームからスピンアウトして、グループ型クラスのプラットフォームを構築したのは今回が初めてではない。Udemyの共同創業者であるGagan Biyani(ガガン・ビヤニ)氏は、AltMBA(アルトMBA)の共同創業者であるWes Kao(ウェス・カオ)氏と共同で開発している最新製品Maven(メイブン)のために、3000万ドル(約34億6000万円)以上の資金を調達した。シムカス氏は、Mavenはユーザー生成コンテンツに重点を置いているが、Modalは従業員やHRリーダーのために作りたいと考えているという。</p>\n<p>また、シムカス氏とヤン氏がModalを設立した数カ月後に、Udemyは「グループベースの没入型学習体験を提供するオンラインリーダーシップ開発プラットフォーム」である<a target=\"_blank\" href=\"https://business.udemy.com/corpu-acquisition/\" rel=\"noopener\">CorpU(コープ)を買収した</a>。これまでUdemyは、グループ型クラスのプラットフォーム戦略について、詳細を明らかにしていなかった。</p>\n<p>一方、シムカス氏は、パンデミック、分散型勤務、リモート・ラーニング、大規模辞職などの現在の状況が、自分のビジョンの進路にどのような影響を与えるかを考えている。</p>\n<p>彼は「2年前にはこの会社を作ることはできなかったでしょう」と語る。「人生に求めていること、そして会社に期待していることに対して、人びとが新しい価値を見出したからこそ、今この会社を立ち上げることができたのです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.com/search/photographer?family=creative&amp;photographer=Utamaru+Kido\" rel=\"noopener\">Utamaru Kido </a>/ Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/09/modal-launch-udemy/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Mascarenhas、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/GettyImages-1081261636.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471023,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471023,
            "tagId": 33950879,
            "tag": {
              "id": 33950879,
              "slug": "udemy",
              "name": "Udemy(企業)",
              "description": "米国のオンライン教育プラットフォーム。"
            }
          },
          {
            "postId": 471023,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 471023,
            "tagId": 692513619,
            "tag": {
              "id": 692513619,
              "slug": "leaving-office",
              "name": "退社 / 辞任 / 人事異動(用語)",
              "description": "退社 / 辞任 / 人事異動に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471023,
            "tagId": 692517285,
            "tag": {
              "id": 692517285,
              "slug": "modal",
              "name": "Modal(企業・サービス)",
              "description": "企業が既存の従業員に新しいスキルを習得させたり、専門分野を変えたりするために利用できる、グループ型の学習プラットフォーム、それを提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470898,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 470898,
        "slug": "lfeistech-disney-technologia-mahougakkou",
        "createdAt": "2022-02-10T11:18:42.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-15T05:13:28.000Z",
        "title": "ライフイズテック、ディズニーの世界で学べる児童向けプログラミング教材「テクノロジア魔法学校」を2週間限定で無料公開",
        "content": "<p>中高生向けのITおよびプログラミング教育サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://life-is-tech.com/\" rel=\"noopener\">Life is Tech!</a>」(ライフイズテック)を運営するエドテック企業<a target=\"_blank\" href=\"https://lifeistech.co.jp/\" rel=\"noopener\">ライフイズテック</a>は2月9日、ディズニーの世界で創造的に学べるオンライン・プログラミング学習教材「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.technologia-schoolofmagic.jp/\" rel=\"noopener\">テクノロジア魔法学校</a>」(1章〜4章)を2週間限定で無料提供すると発表した。2020年の休校期間も実施し、1万人以上が学んだものという。</p>\n<p>申し込みを受け付けは、2月16日まで。申し込みは「<a target=\"_blank\" href=\"https://lit.sh/FT2022\" rel=\"noopener\">「テクノロジア魔法学校」無料開校お申込み</a>」から行える。</p>\n<p>「テクノロジア魔法学校」は、魔法学校を舞台にしたオリジナルストーリーに加えて、「リロ・アンド・スティッチ」や「塔の上のラプンツェル」など8つのディズニー作品をテーマにしたレッスンを収録している。冒険をしながら、ウェブデザイン、ゲーム制作、メディアアートの3つのコースでプログラミングを学ぶことができる。ディズニー作品をテーマにしたタイピングレッスンもあり、PC初心者にも対応している。オンライン自宅学習では、子どもたちが飽きてしまうことが最大の課題とされているという。この教材は、「速く・深く・大量に」学べる「3秒ステップ・バイ・ステップ式」を取り入れるなどして、特に持続性を重視して作られた。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/sVq6lcXygqk?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>本来は月額2958円(税込)の有料コースなのだが、2022年2月17日から3月2日までの2週間限定で無料提供される。内容は、「テクノロジア魔法学校」入門・基礎編全76レッスン。対象は小学生以上(推奨年齢は12歳以上)。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-10-011-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 470898,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 470898,
            "tagId": 1343,
            "tag": {
              "id": 1343,
              "slug": "children",
              "name": "子ども / 子ども向け(用語)",
              "description": "子ども / 子ども向けに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470898,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470898,
            "tagId": 366272389,
            "tag": {
              "id": 366272389,
              "slug": "lifeistech",
              "name": "ライフイズテック(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470586,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 470586,
        "slug": "sendai-data-science-training-camp",
        "createdAt": "2022-02-09T12:31:17.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-09T12:31:17.000Z",
        "title": "仙台市と東北大学がKaggleを用いAI・データサイエンスの実践スキルの習得を目指す講座を開講、受講者募集開始",
        "content": "<p>宮城県・仙台X-TECH推進事務局は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.is.tohoku.ac.jp/\" rel=\"noopener\">東北大学大学院情報科学研究科</a>と連携し「データサイエンス・トレーニングキャンプ」をオンライン開催(Zoom)すると発表。受講者の募集を開始した。受講者募集期間は2月14日12:00まで。開講日程は、2月24日から3月12日。修了時には、東北大学大学院情報科学研究科による修了証が授与される。</p>\n<p>これは、AIを用いたデータ分析の手法とデータサイエンスの実践スキルを学ぶための講座だ。仙台X-TECH推進事務局は、仙台市をフィールドに、最先端IT技術と様々な産業を掛け合わせたX-TECH(クロステック)による新事業創出を推進しており、AI関連ビジネスが持続的に生まれるエコシステム「AI-Ready都市・仙台」を目指す「<a target=\"_blank\" href=\"https://lp.techplay.jp/sendaixtech/\" rel=\"noopener\">仙台 X-TECHイノベーションプロジェクト2021</a>」の一環として開催する。</p>\n<p>募集対象者は、仙台または東北に本社や事業拠点を置く企業や団体に所属する個人で、これまでに仙台X-TECHイノベーションプロジェクトのプログラムやワークショップに参加したことのある人、AIやデータサイエンスに関心の高いエンジニア(経験はスキルは不問)、またはAIビジネス創出を支援するITベンダーのエンジニア(プログラミング未経験でも可)のいずれかに該当する者となっている。</p>\n<p>講師は、東北大学大学院情報科学研究科教授の中尾光之氏と、同研究科准教授の山田和範氏。</p>\n<p>AIコンペティション・プラットフォーム<a target=\"_blank\" href=\"https://www.kaggle.com/\" rel=\"noopener\">Kaggle</a>から厳選したプロジェクト2つにおいて、参加者間で3名程度のチームを組成の上、前半(Day 1〜5)、後半(Day 5〜9)それぞれハンズオン講義+チーム活動にてビッグデータ分析を通した課題解決に取り組む。</p>\n<h3>概要</h3>\n<ul>\n<li>開講日程:2月24日〜3月12日</li>\n<li>会場:Zoomによるオンライン開催</li>\n<li>受講者募集期間:2022年2月14日12:00まで</li>\n<li>募集人数:20名(応募多数の場合は抽選)</li>\n<li>参加費:無料</li>\n</ul>\n<p>申し込みは、特設サイト「<a target=\"_blank\" href=\"https://techplay.jp/event/845009\" rel=\"noopener\">東北大学 x 仙台市 データサイエンス・トレーニングキャンプ</a>」より行う。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-013-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 470586,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 470586,
            "tagId": 832,
            "tag": {
              "id": 832,
              "slug": "python",
              "name": "Python(製品・サービス)",
              "description": "グイド・ヴァン・ロッサム氏が開発したプログラミング言語。"
            }
          },
          {
            "postId": 470586,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470586,
            "tagId": 366271425,
            "tag": {
              "id": 366271425,
              "slug": "data-science",
              "name": "データサイエンス / データサイエンティスト(用語)",
              "description": "データサイエンス / データサイエンティストに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470586,
            "tagId": 366274174,
            "tag": {
              "id": 366274174,
              "slug": "kaggle",
              "name": "Kaggle(サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 470586,
            "tagId": 674897097,
            "tag": {
              "id": 674897097,
              "slug": "tohoku-university",
              "name": "東北大学(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 469968,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 469968,
        "slug": "2022-02-03-dutch-edtech-studytube-acquires-training-marketplace-springest-and-closes-30m-series-b",
        "createdAt": "2022-02-04T09:00:11.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-04T08:39:56.000Z",
        "title": "オランダのEdTechのStudytubeがトレーニングマーケットプレイスSpringestを買収、シリーズBで約34.5億円調達",
        "content": "<p>オランダのオンライン学習プラットフォーム<a target=\"_blank\" href=\"https://www.studytube.nl/en/\" rel=\"noopener\">Studytube(スタディチューブ)</a>は、ヨーロッパの研修予約マーケットプレイス<a target=\"_blank\" href=\"https://springest.com/\" rel=\"noopener\">Springest(スプリングエスト)</a>を買収した。同時に、Energy Impact Partners(エナジー・インパクト・パートナーズ、EIP)と既存投資家のVerdane Capital(バーデン・キャピタル)が主導する3000万ドル(約34億4900万円)のシリーズB投資ラウンドを終了した。買収の条件は明らかにされていない。</p>\n<p>Studytubeは、SaaS型マーケットプレイスを通じて、中堅・大企業にオンライン学習・開発プラットフォームを提供し、サードパーティプロバイダーからコースを提供している。</p>\n<p>Springestを加えることで、StudytubeはT-Mobile(Tモバイル)、Vattenfall(バッテンフォール)、Aegon(エイゴン)、NS、Eneco(エネコ)、STORK(ストーク)など30以上の顧客を獲得し、さまざまな業界の300以上の中堅・大企業を抱えることになるという。また、ドイツ、ベルギー、北欧、英国にも進出する。Studytubeは現在アムステルダム、ベルリン、ハリコフの各オフィスで働いている180人以上の従業員を抱えており、まもなく北欧にオフィスを開設する予定だ。</p>\n<p>今回の投資ラウンドは、欧州での人員増強とさらなる戦略的買収のために実施される予定だ。</p>\n<p>StudytubeのCEOであるHomam Karimi(ホーマン・カリミ)氏は「Springestの買収により、当社のポートフォリオは瞬く間に8000以上の学習プロバイダーに拡大し、25万以上のオンラインおよびオフラインの学習製品を提供するようになりました。2021年には、合計5000万ユーロ(約65億8600万円)相当の学習製品が、当社のマーケットプレイスを通じて調達されました」。と述べている</p>\n<p>SpringestのCEOであるRuben Timmermans(ルーベン・ティマーマンス)氏は「Springestは、企業とその従業員に、最も包括的なヨーロッパのトレーニングデータベースを提供します。我々のデータベースとStudytubeのオンライン学習・開発プラットフォームを組み合わせることで、Springestを利用する組織は、コースの検索、予約だけでなく、組織の学習・開発を1カ所で簡単に整理、管理、提供することができます」。と語る。</p>\n<p>EIPのヨーロッパマネージングパートナーであるNazo Moosa(ナゾ・ムーサ)氏は「ヨーロッパのEdtech市場は、シングルポイントソフトウェアソリューションで混雑しています。Studytubeは、学習管理システム、学習体験プラットフォーム、統合オーサリングツール、学習マーケットプレイスからなる、完全に統合された学習プラットフォームを提供した初めての企業です。このため、Studytubeは他の成功したシングルポイントソフトウェアソリューションを統合するのには最適な企業となっています。優れた製品への絶え間ない注力とともに、StudytubeはヨーロッパのEdtech分野における勝者の1人になると信じています」。と語っている。</p>\n<p>Studytubeは、Docebo(ドシーボ)、LearnUpon(ラーンアップオン)、Cornerstone(コーナーストーン)、Go1(ゴーワン)と競合している。</p>\n<p>カリミ氏は「Studytubeの学習管理システムは、詳細なレポート、資格管理、複雑なビジネスプロセスの簡単な自動化など、完全に包括的であるため、競争力があるのです。このため、ヘルスケアのようなコンプライアンス重視の分野にも対応できます」と私に教えてくれた。</p>\n<p>「直感的な学習体験と同時に、スマートレコメンデーションとソーシャルラーニングを活用しています。他の多くのLMS(学習管理システム)は、ユーザーエクスペリエンスのこの側面を忘れていることが多く、彼らはインスピレーションを与えるためではなく、学習を管理するためだけに作られています」と述べている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Studytube team</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/03/dutch-edtech-studytube-acquires-training-marketplace-springest-and-closes-30m-series-b/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Mike Butcher、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Groepsfoto_1-1.jpg",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 469968,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 469968,
            "tagId": 17927,
            "tag": {
              "id": 17927,
              "slug": "saas",
              "name": "SaaS(用語)",
              "description": "SaaS(Software as a Service)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469968,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 469968,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469968,
            "tagId": 366278258,
            "tag": {
              "id": 366278258,
              "slug": "netherlands",
              "name": "オランダ(国・地域)",
              "description": "オランダに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 469968,
            "tagId": 692517175,
            "tag": {
              "id": 692517175,
              "slug": "studytube",
              "name": "Studytube(企業・サービス)",
              "description": "SaaS型マーケットプレイスを通じて、中堅・大企業にオンライン学習・開発プラットフォームを提供し、サードパーティプロバイダーからコースを提供しているオランダのオンライン学習プラットフォーム。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 469939,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 469939,
        "slug": "monoxer-4",
        "createdAt": "2022-02-04T07:38:42.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-04T07:38:42.000Z",
        "title": "モノグサの学習プラットフォーム「Monoxer」が小テスト比較分析機能公開、一夜漬けか日々の学習の成果かを判断可能に",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://corp.monoxer.com/company/\" rel=\"noopener\">モノグサ</a>は2月4日、記憶定着のための学習プラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://corp.monoxer.com/\" rel=\"noopener\">Monoxer</a>」(モノグサ。<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=com.monoxer\" rel=\"noopener\">Android版</a>・<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/jp/app/id1288435689\" rel=\"noopener\">iOS版</a>)において、「小テスト比較分析」機能をリリースしたと発表した。小テスト機能で実施したテストの結果と学習履歴・記憶度を比較分析し、データに基づいた学習プロセスの評価を可能にするもの。</p>\n<p>Monoxerの小テスト機能は、児童生徒が学んだ内容をMonoxer上で小テストにし、AIが自動採点する機能。配点や制限時間、難易度まで設定が可能なうえすべてデジタル上で行えるため、教員・指導者による紙のテストの配布・回収・集計といった手間を削減できる。また手書き入力機能から音声認識機能まで備えていることから、教員は様々な形式のテストを作成可能だ。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-469942 img-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg 3200w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=2048,1152 2048w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/02/03-3.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>新たに搭載した小テスト比較分析は、この小テスト機能の結果とMonoxer上での学習において蓄積された学習履歴・記憶度を比較する機能。記憶度、学習計画の達成率、学習計画の合計日数といった様々な学習データと小テストの結果を比較し、テスト結果と学習プロセスの相関を可視化できるという。これにより教員は、児童生徒の傾向や学習した問題の妥当性を定量的に評価できるようになる。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-469941 img-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"874\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg 1999w, /wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg?resize=300,256 300w, /wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg?resize=768,656 768w, /wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg?resize=1024,874 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg?resize=1536,1312 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg?resize=468,400 468w, /wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg?resize=400,342 400w, /wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg?resize=738,630 738w, /wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg?resize=422,360 422w, /wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg?resize=220,188 220w, /wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg?resize=201,172 201w, /wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg?resize=146,125 146w, /wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg?resize=125,107 125w, /wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg?resize=70,60 70w, /wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg?resize=646,552 646w, /wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg?resize=430,367 430w, /wp-content/uploads/2022/02/02-6.jpg?resize=50,43 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>モノグサによると、この学習履歴や記憶度と小テストの結果を比較することで、一夜漬けなのか日々の学習の成果なのかを判断でき、長期目標に対しての正しい進捗を把握できるという。さらに、学習履歴とテスト結果を紐付けると、児童生徒や保護者と結果だけでなくプロセスの共有も行えるそうだ。これにより、先生、保護者、児童生徒の三者間でより強固な関係性を築けると考えているとのこと。</p>\n<p>2016年8月設立のモノグサは「記憶を日常に。」をミッションとして掲げ、人々の知的活動の根幹を担う記憶領域でイノベーションを起こすべく、事業を推進。</p>\n<p>Monoxerでは、先生が生徒に覚えてほしい内容を登録するだけで、その内容を定着するために必要な問題が自動で作成される。児童生徒は、作成された問題をスマホやタブレットのアプリで学習し、その中で個別の習熟度・忘却度に応じリアルタイムで問題の出題頻度や難易度の調整を行うため、それぞれのレベルにあった学習を実現できるという。</p>\n<p>また、遠隔でも児童生徒の学習状況・定着度がわかるため、通学・通塾が困難な状況でも、きめ細やかな指導を行える。</p>\n<div class=\"embed-vimeo\" style=\"text-align: center;\"><iframe loading=\"lazy\" src=\"https://player.vimeo.com/video/473293772\" width=\"600\" height=\"338\" frameborder=\"0\" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen></iframe></div>\n<p>&nbsp;</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/01-6.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 469939,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 469939,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 469939,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469939,
            "tagId": 366280637,
            "tag": {
              "id": 366280637,
              "slug": "monoxer-corp",
              "name": "モノグサ(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 469939,
            "tagId": 681521883,
            "tag": {
              "id": 681521883,
              "slug": "monoxer",
              "name": "Monoxer(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 469939,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 469545,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 469545,
        "slug": "2022-02-01-gostudent-acquires-uks-seneca-learning-and-spains-tus-media-group",
        "createdAt": "2022-02-03T02:45:57.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-03T02:26:13.000Z",
        "title": "EdTechユニコーンGoStudentが英Seneca LearningとスペインのTus Media Groupを買収",
        "content": "<p>欧州のEdTechユニコーン<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gostudent.org/ca\" rel=\"noopener\">GoStudent(ゴースチューデント)</a>は、英国の<a target=\"_blank\" href=\"https://senecalearning.com/en-GB/\" rel=\"noopener\">Seneca Learning(セネカ・ラーニング)</a>とスペインの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tusmedia.com/\" rel=\"noopener\">Tus Media Group(タス・メディア・グループ)</a>を買収し、これまでこのドイツのユニコーンが手をつけていなかった分野にも進出している。Senecaはアルゴリズム学習コンテンツを提供し、Tus Mediaはオープンな家庭教師マーケットプレイスを運営している。買収の条件は明らかにされていない。</p>\n<p>買収された両社は、現在のリーダーシップチームのもと、確立されたブランド名で引き続き独立して事業を継続する。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.crunchbase.com/organization/seneca-learning\" rel=\"noopener\">CrunchBase</a>によると、2016年に立ち上げられたSeneca Learningは、これまでベンチャーキャピタルの支援を受けてこなかった。Tus Mediaも、個人所有の企業で、バルセロナを拠点とする投資家Redarbor(レダーバー)から不特定多数の支援を受けてきたのみだ。</p>\n<p>今回の動きは、GoStudentがシリーズD資金調達で3億ユーロ(約388億円)を調達した1カ月後に行われ、GoStudentが2021年にオーストリアのオールインワン学校通信ソリューションであるFox Education(フォックス・エデュケーション)を買収したことに続くものである。</p>\n<p>Seneca Learningは、英国で「フリーミアム」の宿題と復習のプラットフォームで、700万人の生徒が利用している。子どもたちは、KS2、KS3、GCSE &amp; A-Levelのコースから選ぶことができる。</p>\n<p>GoStudentのCEO兼共同創設者であるFelix Ohswald(フェリックス・オースワルド)氏は「英国はGoStudentの中核地域の1つであり、市場のリーダーとなることを目指しています。お客様のニーズに耳を傾け、当社のコアサービスにコンテンツプラットフォームを加えることは、当社にとって重要な戦略的ステップであり、学習提供のさらなる充実とポートフォリオの多様化を可能にします」と述べている。</p>\n<p>Seneca Learningの共同創業者兼CEOであるStephen Wilks(スティーブン・ウィルクス)は「フェリックスとGoStudentチームと協力することで、Senecaの無料コンテンツと個別学習体験を、世界中のさまざまな国の数百万人以上の学生に届けることができるようになります。チームは、英国での成功を基に、より多くの子どもたちがすばらしい無料教育を受けられるよう、当社の製品を世界的に展開することに興奮しています」。と述べている。</p>\n<p>2011年に設立されたTus Mediaは、400万人の生徒にサービスを提供する家庭教師のためのオープンマーケットプレイスを提供しており、スペインだけでなく、ヨーロッパやラテンアメリカのいくつかの国で教師が働いている。</p>\n<p>Tus Media Groupの創設者兼CEOであるAlbert Clemente(アルベルト・クレメンテ)氏は「GoStudentの買収により、Tus Mediaとそのすべてのブランドを新しい市場でさらに拡大し、より地理的に大きな範囲に拡大することができるようになりました」。と述べている。</p>\n<p>GoStudentのCOO兼共同創業者であるGregor Müller(グレゴール・ミュラー)氏は「アルベルト・クレメンテは、私たちがこれまでに出会った中で最も情熱的で熱心な教育分野の起業家の1人です。彼とパートナーとして協力し、互いに学び合うことで、世界No.1の学校に一歩近づくことができるでしょう」。とコメントしている。</p>\n<p>Tus Mediaの元投資家であるRedarborの創業者兼CEO、David González Castro(ダビド・ゴンサレス・カストロ)氏は、次のようにコメントしている。「2018年、私たちはTus Mediaの20%、後に30%の参加権を取得しました。GoStudentによる買収後、私たちは株式保有を離脱することになります。アルベルト・クレメンテとのコラボレーションと価値創造で達成したすべての成功を非常に誇りに思っています」。</p>\n<p>GoStudentは現在、およそ30億ユーロ(約3879億8300万円)の評価額を持っている。フェリックス・オースワルドCEOとグレゴール・ミュラーCOOにより2016年にウィーンで設立され、会員制モデルを用いて小中高生に有料のマンツーマン、ビデオベースの授業を提供している。Prosus Ventures(プロサス・ベンチャーズ)やSoftBank Vision Fund 2(ソフトバンク・ビジョン・ファンド2)などの投資家から5億9000万ユーロ(約763億2100万円)の資金を調達している。</p>\n<p>オースワルド氏は「この2社は、GoStudentにとって非常に相性の良い会社です。Senecaは、非常に優れたコンテンツ企業を築き上げました。彼らは、英国の学校のカリキュラムに合わせてカスタマイズしたコンテンツを作成し、何千人もの教師と何百万人もの子どもたちが利用していますが、これは私たちが持っていないものです。私たちは過去に一度もコンテンツを作ったことがありません。そのため、彼らは私たちに欠けているコンテンツの要素をもたらし、私たちは相乗効果を築きながら、彼らがより多くの国でビジネスを拡大するのを助けたいと思っています」と電話で述べた。</p>\n<p>さらに「Tus Mediaの側では、彼らはすばらしいSEOを駆使した会社を作りました。だから、彼らのマーケットプレイスで発生するトラフィックはすべて、マーケティング費用をかけずにSEOでもたらされるのです。これは、私たちが過去に達成できなかったことです。彼らと一緒になれば、私たちも学ぶこともできますし、彼らがより早くスケールアップできるよう支援することもできるのです」。とも話してくれた。</p>\n<p><small>画像クレジット:GoStudent</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/01/gostudent-acquires-uks-seneca-learning-and-spains-tus-media-group/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Mike Butcher、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Felix-Ohswald_CEO_Gregor-Muller_Co-Founder.jpg",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 469545,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 469545,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469545,
            "tagId": 364066619,
            "tag": {
              "id": 364066619,
              "slug": "europe",
              "name": "ヨーロッパ / 欧州(国・地域)",
              "description": "ヨーロッパ / 欧州に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469545,
            "tagId": 364312649,
            "tag": {
              "id": 364312649,
              "slug": "unicorn",
              "name": "ユニコーン企業(用語)",
              "description": "ユニコーン企業に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469545,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469545,
            "tagId": 692512799,
            "tag": {
              "id": 692512799,
              "slug": "gostudent",
              "name": "GoStudent(企業)",
              "description": "バーチャルな学習プラットフォーム上で学生と家庭教師を結ぶサービスを提供するウィーン拠点のスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 469545,
            "tagId": 692517146,
            "tag": {
              "id": 692517146,
              "slug": "tus-media-group",
              "name": "Tus Media Group",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 469496,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 469496,
        "slug": "mechanics-lab",
        "createdAt": "2022-02-02T08:22:04.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-02T11:54:28.000Z",
        "title": "ユカイ工学と共同開発、STEM通信教育「ワンダーボックス」にロボットの組み立てを通し学べる「メカニクスラボ」登場",
        "content": "<p>EdTech(エドテック)スタートアップの<a target=\"_blank\" href=\"https://wonderlabedu.com/\" rel=\"noopener\">ワンダーラボ</a>は、STEM領域の通信教育プログラム「<a target=\"_blank\" href=\"https://box.wonderlabedu.com/\" rel=\"noopener\">ワンダーボックス</a>」のための新しいトイ教材「メカニクスラボ」を、ロボティクス領域スタートアップの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.ux-xu.com/\" rel=\"noopener\">ユカイ工学</a>と共同で開発し提供を開始する。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/ZEOCqB165dM?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>ワンダーボックスは、4歳から10歳の児童を対象に、遊びを通して思考力・創造力・意欲を育てる通信教育プログラム。その教材として新たに提供される「メカニクスラボ」は、自分で簡単なロボットを組み立てることで、電池とモーターの関係を学んだり、単純な構造のため試行錯誤が楽しめたり、多くの発見や探究心が引き出されるというもの。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-469499\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub2-1.jpg\" alt=\"\" width=\"800\" height=\"535\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub2-1.jpg 800w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-1.jpg?resize=300,201 300w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-1.jpg?resize=768,514 768w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-1.jpg?resize=598,400 598w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-1.jpg?resize=400,268 400w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-1.jpg?resize=738,494 738w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-1.jpg?resize=538,360 538w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-1.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-1.jpg?resize=257,172 257w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-1.jpg?resize=187,125 187w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-1.jpg?resize=125,84 125w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-1.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-1.jpg?resize=549,367 549w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-1.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 800px) 100vw, 800px\" /></p>\n<p>ワンダーラボは、2021年12月末から2022年1月にかけて、ワンダーボックス会員向けに「メカニクスラボ作品コンテスト」を開催しており、子どもたちが自由に遊んでいる様子が見てとれる。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/MMDGMpc9z2Q?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>&nbsp;</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/main-1.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 469496,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 469496,
            "tagId": 1343,
            "tag": {
              "id": 1343,
              "slug": "children",
              "name": "子ども / 子ども向け(用語)",
              "description": "子ども / 子ども向けに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469496,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469496,
            "tagId": 104624,
            "tag": {
              "id": 104624,
              "slug": "stem",
              "name": "STEM教育(用語)",
              "description": "Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)を統合した教育手法。Arts(美術)を追加し、STEAM教育とすることもある。"
            }
          },
          {
            "postId": 469496,
            "tagId": 366276052,
            "tag": {
              "id": 366276052,
              "slug": "yukai-engineering-inc",
              "name": "ユカイ工学(企業)",
              "description": "「一家に一台ロボットのいる社会」の実現を目指す日本のロボティクスベンチャー。"
            }
          },
          {
            "postId": 469496,
            "tagId": 692509171,
            "tag": {
              "id": 692509171,
              "slug": "wonderlab",
              "name": "ワンダーラボ(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 468862,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 468862,
        "slug": "atcoder-past-2022",
        "createdAt": "2022-01-28T10:10:30.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-28T10:10:30.000Z",
        "title": "31万名超が参加登録する競技プロのAtCoder、実践を想定したプログラミング検定「アルゴリズム実技検定」実施日程を発表",
        "content": "<p>競技プログラミング(競プロ)コンテストサイト「<a target=\"_blank\" href=\"https://atcoder.jp/\" rel=\"noopener\">AtCoder</a>」などを手がける<a target=\"_blank\" href=\"https://atcoder.jp/company\" rel=\"noopener\">AtCoder</a>は1月28日、「<a target=\"_blank\" href=\"https://past.atcoder.jp/\" rel=\"noopener\">アルゴリズム実技検定</a>」の2022年実施日程を発表した。受験費用は、一般8800円/人(税込)。30名以上の団体受験の場合は7040円/人(税込)。100名以上の団体受験は6160円/人(税込)。</p>\n<p>アルゴリズム実技検定は、「アルゴリズムをデザインし、コーディングする能力」、つまり1からプログラムを作成する能力を問う、実践を想定したプログラミング検定。「知識型ではない」「受験者が得意なプログラミング言語を選べる」「アルゴリズム設計力・実装力を図る」という3点の特徴により、これまで定量的な把握が難しかったプログラミング能力を評価することが可能という。</p>\n<p>同検定は、自宅や職場からオンラインで受験でき、期間内ならいつでも好きな時間に受験できる(試験時間は試験開始から5時間)。受験を希望する者は、「<a target=\"_blank\" href=\"https://past.atcoder.jp\" rel=\"noopener\">アルゴリズム実技検定ページ</a>」から申し込む。</p>\n<p>なお、第10回試験から受験期間を約3カ月間に延長し、年間を通じていつでも受験できるように変更している。</p>\n<h3>2022年の実施日程(すべてオンラインで受験可能。試験時間は受験開始から5時間の予定)</h3>\n<ul>\n<li><strong>第10回</strong>:2022年3月5日13:00〜6月3日23:59</li>\n<li><strong>第11回</strong>:2022年6月4日13:00〜9月2日23:59</li>\n<li><strong>第12回</strong>:2022年9月3日13:00〜2022年12月2日23:59</li>\n<li><strong>第13回</strong>:2022年12月3日13:00〜2023年3月3日23:59</li>\n</ul>\n<p>またアルゴリズム実技検定では、15問(1問目=9点/2~3問目=8点/4~6問目=7点/7~15問目=6点。100点満点)の問題が出題され、獲得した点数に応じ5段階でランクが認定される(認定証が発行される)。ランクは、エントリー(25~39点)、初級(40~59点)、中級(60~79点)、上級(80~89点)、エキスパート(90~100点)。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-468865\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-003.jpg?w=1024\" alt=\"競技プロのAtCoder、1からプログラムを作成する能力を問う「アルゴリズム実技検定」実施日程を発表\" width=\"1024\" height=\"420\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-003.jpg 1408w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-003.jpg?resize=300,123 300w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-003.jpg?resize=768,315 768w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-003.jpg?resize=1024,420 1024w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-003.jpg?resize=976,400 976w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-003.jpg?resize=400,164 400w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-003.jpg?resize=738,302 738w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-003.jpg?resize=640,262 640w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-003.jpg?resize=220,90 220w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-003.jpg?resize=281,115 281w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-003.jpg?resize=250,102 250w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-003.jpg?resize=125,51 125w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-003.jpg?resize=1347,552 1347w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-003.jpg?resize=600,246 600w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-003.jpg?resize=50,20 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-468864\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg?w=1024\" alt=\"競技プロのAtCoder、1からプログラムを作成する能力を問う「アルゴリズム実技検定」実施日程を発表\" width=\"1024\" height=\"480\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg 1959w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg?resize=300,141 300w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg?resize=768,360 768w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg?resize=1024,480 1024w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg?resize=1536,720 1536w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg?resize=854,400 854w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg?resize=400,187 400w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg?resize=738,346 738w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg?resize=640,300 640w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg?resize=220,103 220w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg?resize=281,132 281w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg?resize=250,117 250w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg?resize=125,60 125w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg?resize=1178,552 1178w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg?resize=600,281 600w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-002.jpg?resize=50,23 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<h3>求められるスキル水準</h3>\n<ul>\n<li><strong>エントリー</strong>:標準入出力や、整数型、文字列型の扱い、forやifなどのループや条件分岐といったプログラミングにおける基本的なロジックについて、問題に合わせて適切に組み合わせる能力が問われる</li>\n<li><strong>初級</strong>:エントリー要件に加え、多次元配列やリスト構造などを用いた、複雑性の高く、コーナーケースも多く含まれる、実装の難しいプログラムを組む能力が要求される。<br />\nまた、四則演算や簡単なデータの持ち方の工夫、ソートなどで解決可能な計算量を改善する能力も問われれる</li>\n<li><strong>中級</strong>:初級の要件に加え、深さ優先探索や幅優先探索などを用いた複雑な全探索や、動的計画法や貪欲法・二分探索といった、高度な計算量の改善を要求する能力が問われる。例えばグラフアルゴリズムでは、最短経路問題や最小全域木などの有名な問題に対するアルゴリズム設計力・実装力が必要となる。<br />\nまた、確率や組み合わせを数理的に計算する能力も求められる。単に知識を問う問題ではなく、それらのアルゴリズムを正しく適用できるかが問われる</li>\n<li><strong>上級</strong>:中級の要件に加え、出題される典型アルゴリズムが増加し、複雑性が増加した問題への対応力が問われる。動的計画法や貪欲法においても、単純に適用できるような問題ではなく、さらに工夫が必要な問題でのアルゴリズム設計力・実装力が必要。例えばグラフアルゴリズムでは、最小共通祖先や最大流問題や最小費用流問題などのより高度な問題に対して、適切にアルゴリズムを設計・実装する能力が問われる</li>\n<li><strong>エキスパート</strong>:出題されるアルゴリズムは上級と同様。アルゴリズムの適用難易度が高い問題への対応力が問われる</li>\n</ul>\n<p>AtCoderは、日本最大級の競技プログラミングコンテストサイト「AtCoder」を運営。31万4070名(うち日本人は16万7537名)が参加登録し、毎週開催される定期コンテストには約1万1000名以上が挑戦するという。</p>\n<p>その他にも、高度IT人材採用・育成事業として、コンテスト参加者の成績を8段階にランク付けした「AtCoderランク」を利用する転職・求職支援サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://jobs.atcoder.jp/\" rel=\"noopener noreferrer\">AtCoderJobs</a>」や、IT人材のプログラミングスキルを可視化できる検定「<a target=\"_blank\" href=\"https://past.atcoder.jp/\" rel=\"noopener noreferrer\">アルゴリズム実技検定(PAST)</a>」といったサービスを展開している。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-009-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 468862,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 468862,
            "tagId": 366270844,
            "tag": {
              "id": 366270844,
              "slug": "algorithm",
              "name": "アルゴリズム(用語)",
              "description": "アルゴリズムに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468862,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468862,
            "tagId": 366271611,
            "tag": {
              "id": 366271611,
              "slug": "engineer",
              "name": "エンジニア(用語)",
              "description": "エンジニアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468862,
            "tagId": 692512008,
            "tag": {
              "id": 692512008,
              "slug": "atcoder",
              "name": "AtCoder(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 468862,
            "tagId": 692512009,
            "tag": {
              "id": 692512009,
              "slug": "competitive-programming",
              "name": "競技プログラミング / 競プロ",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 468628,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 468628,
        "slug": "tatsuno",
        "createdAt": "2022-01-28T06:34:44.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-28T06:34:44.000Z",
        "title": "eラーニングシステム「learningBOX」を提供する龍野情報システムが総額8800万円調達",
        "content": "<p>使いやすさと低価格にこだわったというeラーニングシステム「<a target=\"_blank\" href=\"https://learningbox.online/\" rel=\"noopener\">learningBOX</a>」を提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://tatsuno-system.co.jp/\" rel=\"noopener\">龍野情報システム</a>は1月26日、5000万円の第三者割当増資と3800万円の融資により総額8800万円の資金調達を行ったと発表した。引受先は、みなと成長企業みらいファンド2号投資事業有限責任組合。借入先はみなと銀行。調達した資金は、新規採用を通じた人材確保、learningBOX開発領域の拡充およびユーザーサポート体制の強化などにあてる。</p>\n<p>同社は、2016年にlearningBOXの提供を開始。登録者数は1万3000人を突破しているという。<br />\n従来のeラーニングシステムは、高い専門性が必要で高コストであったが、learningBOXではこれまでeラーニングに手が届かなかった層にも広く利用してもらえるよう、可能な限りそうしたハードルを取り払ったとしている。</p>\n<p>2012年7月設立の龍野情報システムは、「IT教育のチカラで世界を変える」を経営理念に掲げ、learningBOXを提供。同サービスを世界にも広げることまで見据えており、さらに多くの教育機会の創出の一端を担うことを目指している。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/gj3WBtV9cSk?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/01-18.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 468628,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 468628,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 468628,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 468628,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 468628,
            "tagId": 692517050,
            "tag": {
              "id": 692517050,
              "slug": "tatsuno-system",
              "name": "龍野情報システム(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 468796,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 468796,
        "slug": "mercari-r4d-phd-support-program",
        "createdAt": "2022-01-28T03:33:45.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-28T21:02:14.000Z",
        "title": "メルカリが社員の博士課程進学の支援制度開始、週休4日など柔軟な働き方のもと学費を全額支給し研究活動・学び直し支援",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://about.mercari.com/\" rel=\"noopener\">メルカリ</a>の研究開発組織「<a target=\"_blank\" href=\"https://r4d.mercari.com/\" rel=\"noopener\">mercari R4D</a>」(R4D。アールフォーディー)は1月28日、将来的に事業の発展や社会的課題の解決に貢献しうる専門領域において博士課程への進学を希望するメルカリ社員を対象に、学費や研究時間の確保を支援する新制度「mercari R4D PhD Support Program」を導入すると発表した。2022年2月より実施する。</p>\n<p>同制度は当面の間メルカリの社内制度として運用するが、今後募集対象を社外に拡大することも検討するという。募集対象の拡大により、将来的には研究機関とのネットワークの拡大や研究能力が高い学生の就職機会の創出、新たな研究テーマ・研究領域の開拓、イノベーションの活性化につなげていきたいと考えているとしている。</p>\n<h3>社会人博士支援制度「mercari R4D PhD Support Program」概要</h3>\n<ul>\n<li><strong>対象</strong><br />\n・応募条件:メルカリグループに2年以上在籍する社員で、直近の評価が一定の基準を満たすもの<br />\n・研究分野:メルカリグループのミッション達成に向けて有益であり、今後の経済発展や社会的課題の解決につながる研究テーマであれば不問。進学先は国内の大学院に限る</li>\n<li><strong>支援内容</strong><br />\n・博士課程進学時の学費支援:学費の全額支給(入学金等含む、最大年間200万円程度を想定)。原則3年間(研究内容によっては延長あり)<br />\n・研究と両立可能な業務時間の選択:時短なし(週5日間) / 80%稼働(週4日間程度勤務) / 60%稼働(週3日間程度勤務) / 休業(勤務なし)<br />\n・研究開発機関「mercari R4D」によるサポート:メルカリアプリデータなど、機密情報の研究利用手続きのフォロー。研究相談</li>\n<li><strong>選考スケジュール</strong>:初回は2022年秋季の大学院入学を想定し、2月に社内募集開始、6月頃までに内定を予定</li>\n</ul>\n<p>昨今、いったん学校を離れたあとも、生涯を通じ自身のキャリアに必要な新たな知識を学び続けていくリカレント教育への関心が高まっている。またこれら高度な専門知識の習得により、個人にとってはキャリアの新しい可能性が拓くとともに、企業にとってはイノベーションの促進や長期的な競争力がもたらされるものと期待されている。</p>\n<p>一方、日本では他の先進国と比べて社会人による大学院での学び直しの機会は少なく、特に博士課程への進学については、学費などの金銭的な負担や、働きながら研究時間を確保することが困難であることから、高いハードルがある。</p>\n<p>こうした現状を背景に、メルカリおよびR4Dは、既存の枠にとらわれず、メルカリグループのミッション達成に貢献し、広く経済発展と社会的課題の解決に資する研究テーマを持つ人材を育成・支援するために、社会人博士支援制度「mercari R4D PhD Support Program」を導入し、2022年2月より社内募集を開始する。</p>\n<p>同制度では、メルカリの事業・経営に関する専門領域において博士課程への進学を希望するメルカリ社員を対象に、在学中の学費の全額支給をはじめ、研究と仕事を両立し、個々人が最適な形で研究活動を設計できるよう、週0日から週5日の間で業務時間を選べるようになる。また、R4Dが機密情報の研究利用手続きのフォローなど、研究に必要な支援も行う。</p>\n<p>同制度を通じた学び直しの機会を提供することで、社員にとっては、メルカリに在籍しながらキャリアの再設計や新たな活躍機会の獲得が可能になる。またメルカリおよびR4Dは、これまでR4Dが扱ってきた量子情報技術、AI、ブロックチェーン、モビリティなどの研究開発領域にとらわれることのない分野に人材を派遣でき、高度な専門知識を備え、イノベーションを起こしうる多様な人材の育成を強化する。</p>\n<p>mercari R4Dは、2017年12月に設立した、社会実装を目的とした研究開発組織。R4Dは、研究(Research)と4つのD、設計(Design)・開発(Development)・実装(Deployment)・破壊(Disruption)を意味する。「テクノロジーの力で価値交換のあり方を変えていく」をコアコンセプトに、メルカリグループのサービスや事業における将来的なイノベーション創出を目指し、AI、ブロックチェーン、HCI(ヒューマン・コンピューター・インタラクション)、量子コンピューティング、モビリティなどの研究開発を行っている。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-28-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 468796,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 468796,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468796,
            "tagId": 366270834,
            "tag": {
              "id": 366270834,
              "slug": "blockchain",
              "name": "ブロックチェーン(用語)",
              "description": "ブロックチェーンに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468796,
            "tagId": 366270993,
            "tag": {
              "id": 366270993,
              "slug": "mercari",
              "name": "メルカリ / Mercari(企業)",
              "description": "メルカリはフリマアプリなどを提供する日本のスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 468796,
            "tagId": 366271299,
            "tag": {
              "id": 366271299,
              "slug": "mobility",
              "name": "モビリティ(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 468796,
            "tagId": 366280493,
            "tag": {
              "id": 366280493,
              "slug": "quantum-computer",
              "name": "量子コンピューター(用語)",
              "description": "量子コンピューターに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468796,
            "tagId": 692516568,
            "tag": {
              "id": 692516568,
              "slug": "recurrent-education",
              "name": "リカレント教育(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 468796,
            "tagId": 692517047,
            "tag": {
              "id": 692517047,
              "slug": "mercari-r4d",
              "name": "mercari R4D",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 468698,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 468698,
        "slug": "2022-01-26-singapore-based-edtech-cialfo-gets-40m-led-by-square-peg-and-seek",
        "createdAt": "2022-01-28T01:30:35.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-28T01:13:55.000Z",
        "title": "海外への大学出願を支援するシンガポールのCialfoが約46億円を調達",
        "content": "<p>大学への出願は高校生にとって、特に海外留学したい生徒にとって、とても難しい。シンガポールに拠点を置くEdTechの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.cialfo.co/\" rel=\"noopener\">Cialfo</a>は、学校情報の収集、カウンセラーと生徒とのコミュニケーションツール、留学生が1つの出願フォームで多くのプログラムを見つけて出願できる「Direct Apply」を備えたプラットフォームで、出願を簡単にしようとしている。</p>\n<p>Cialfoは米国時間1月26日、Square Pegと SEEK Investmentsが主導するシリーズBで4000万ドル(約46億円)を調達したと発表した。</p>\n<p>このラウンドには、以前に投資していたSIG Global、DLF Ventures、January Capital、Lim Teck Leeも参加した。2021年2月に発表したシリーズAの1500万ドル(約17億2500万円)と合わせて、これまでの調達金額の合計は5500万ドル(約63億2500万円)となった。</p>\n<p>Cialfoには現在、シンガポール、インド、米国、中国に170人以上の従業員がいて、世界中の約1000校の大学と提携している。提携大学にはインペリアル・カレッジ・ロンドン、シカゴ大学、スペインのIE大学などが含まれる。</p>\n<p>2017年にRohan Pasari(ローハン・パサリ)氏、Stanley Chia(スタンリー・チア)氏、William Hund(ウィリアム・フント)氏がCiafloを創業した。創業チームはTechCrunch宛のメールで、パサリ氏自身が高校生だった頃の体験が創業につながったと述べた。同氏はインドで育ち、在籍していた高校にはキャリアカウンセラーがいなかった。そのため、生徒たちは大学の出願を自分でしなくてはならなかった。</p>\n<p>パサリ氏はもともとは米国の4年制大学に進学したかったが、両親には高額な留学費用を工面する余裕がなかった。そこでシンガポールのいくつかの学校に出願し、南洋理工大学(NTU)の全額奨学金を受けた。同氏は在学中に妹や友人数人の大学出願手続きを手伝い、そこから創業のアイデアが心に芽生えた。</p>\n<p>はじめはチア氏とともに教育コンサルティング会社を創業し、ピーク時にはおよそ200人の生徒を担当した。しかし両氏はテクノロジーを活用して事業をスケールアップしたかったため、2017年に教育コンサルティング会社を売却し、その資金でCialfoを創業した。</p>\n<p>Cialfoの事業はB2Bで、学校にサブスクリプションを販売している。学校のカウンセラーが生徒をプラットフォームに招待し、保護者もこのプラットフォームを利用できる。</p>\n<p>チームはTechCrunchに対し「我々のミッションは大学に進学しようとしている100万人の生徒のジャーニーを手助けすることです。これには3つの柱が必要だと考えています。情報へのアクセス、1人ひとりに合わせたサポート、資金です。この3つが一体となって、教育の民主化を実現できます」と述べた。</p>\n<p>調達した資金はグローバルでのユーザーベースの拡大と機能の追加に使う予定で、買収の可能性も検討している。</p>\n<p><small>画像クレジット:Moyo Studio / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/26/singapore-based-edtech-cialfo-gets-40m-led-by-square-peg-and-seek/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Catherine Shu、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/GettyImages-1212900807.jpeg",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 468698,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 468698,
            "tagId": 366270944,
            "tag": {
              "id": 366270944,
              "slug": "singapore",
              "name": "シンガポール(国・地域)",
              "description": "シンガポールに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468698,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 468698,
            "tagId": 366272516,
            "tag": {
              "id": 366272516,
              "slug": "study-abroad",
              "name": "留学 / 留学生(用語)",
              "description": "留学 / 留学生に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468698,
            "tagId": 366275213,
            "tag": {
              "id": 366275213,
              "slug": "students",
              "name": "学生(用語)",
              "description": "学生に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468698,
            "tagId": 692515097,
            "tag": {
              "id": 692515097,
              "slug": "university",
              "name": "大学(用語)",
              "description": "大学に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468698,
            "tagId": 692517041,
            "tag": {
              "id": 692517041,
              "slug": "cialfo",
              "name": "Cialfo(企業・サービス)",
              "description": "カウンセラーと生徒とのコミュニケーションツール、留学生が1つの出願フォームで多くのプログラムを見つけて出願できる「Direct Apply」を備えたプラットフォームを提供するシンガポール拠点のEdTech企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467672,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 467672,
        "slug": "ms-engineer-fundraising",
        "createdAt": "2022-01-21T00:51:55.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-21T00:51:55.000Z",
        "title": "世界に通用する女性エンジニアを育成するオンラインブートキャンプ「Ms. Engineer」が7500万円のシード調達",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-467674 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?w=1024\" alt=\"世界に通用する女性エンジニアを育成するオンラインブートキャンプ「Ms. Engineer」が7500万円のシード調達\" width=\"1024\" height=\"538\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?resize=300,158 300w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?resize=768,403 768w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?resize=1024,538 1024w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?resize=1536,806 1536w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?resize=762,400 762w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?resize=400,210 400w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?resize=738,387 738w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?resize=640,336 640w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?resize=220,116 220w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?resize=281,148 281w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?resize=238,125 238w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?resize=125,66 125w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?resize=114,60 114w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?resize=1051,552 1051w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?resize=600,315 600w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-001.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" />女性エンジニアを育成するオンラインプログラミングブートキャンプ「Ms.Engineer」(ミズエンジニア)を運営する<a target=\"_blank\" href=\"https://ms-engineer.jp/\" rel=\"noopener\">Ms.Engineer</a>は1月20日、シードラウンドとして総額7500万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、NOW、iSGSインベストメントワークス、ほか個人投資家数名。</p>\n<p>調達した資金は、「Ms.Engineer事業を運営する人材の採用」「戦略的パートナーシップ提携」にあてる。これにより、スクールカリキュラムの質を向上させながら、さらに多くの女性ハイクラスエンジニアを輩出する。</p>\n<ul>\n<li><strong>Ms.Engineer事業を運営する人材の採用</strong>:Ms.Engineer事業を通じ「リスキリングの力で世界を押し上げる」というビジョンの実現に向け、人材を募集する</li>\n<li><strong>戦略的パートナーシップ提携</strong>:日本のIT業界のジェンダーギャップに課題解決に賛同する、国内トップIT企業とのパートナーシップの提携を進める。Ms.Engineer受講者に限った、実践的な就業機会や特別採用選考フローなどを提供</li>\n</ul>\n<p>Ms.Engineerは、未経験から最短6カ月で世界に通用するクラスのエンジニアを育成する、女性のためのオンラインプログラミングブートキャンプ。プログラミングブートキャンプ「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.codechrysalis.io/ja\" rel=\"noopener\">Code Chrysalis</a>」(コードクリサリス)ととカリキュラム提携を行い、エンジニアに必要なプログラミングや応用技術、世界的なハイクラスエンジニアを目指す際に必須となるコンピューターサイエンス、アジャイルの概念、ソフトスキルなどを組み込んだ高度なカリキュラムを通じ、一般的なプログラミングスクールでは学びにくい最高峰のテクノロジーを短期間で身に付けられるとしている。</p>\n<p>また、あえて女性のみの学習環境を用意することで、女性ならではのライフスタイルに寄り添った学びやすさやサポート体制を提供している。</p>\n<p>Ms.Engineer代表取締役社長のやまざきひとみ氏は、「ジェンダーギャップ解消の速度を、女性の雇用環境を改善するという手段でさらにブーストする存在になります。エスカレーターに乗りたいという意志のある女性が報われる社会を創る側にまわります」とコメント。</p>\n<p>「女性がエンジニアになるというのは、今最もそれに近い手段であり、切符です。1人でも多くの女性がその切符を手に人生を変えられるように、今回いただいたチャンスを最大限生かし、Ms.Engineerのチームとして誠心誠意で挑んでいきたいと思います」と話している。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-21-003-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467672,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467672,
            "tagId": 5043,
            "tag": {
              "id": 5043,
              "slug": "computer-science",
              "name": "コンピューターサイエンス(用語)",
              "description": "コンピューターサイエンスに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467672,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467672,
            "tagId": 366271611,
            "tag": {
              "id": 366271611,
              "slug": "engineer",
              "name": "エンジニア(用語)",
              "description": "エンジニアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467672,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 467672,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467672,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 467672,
            "tagId": 692516930,
            "tag": {
              "id": 692516930,
              "slug": "ms-engineer",
              "name": "Ms.Engineer(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467502,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 467502,
        "slug": "osaka-lifeistech-edtech-partnership",
        "createdAt": "2022-01-20T10:09:57.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-20T10:09:57.000Z",
        "title": "プログラミング教育のライフイズテックと大阪府が高校向け大阪版情報教育モデルの構築に向け連携協定を締結",
        "content": "<p>中学生・高校生向けIT・プログラミング教育サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://life-is-tech.com/\" rel=\"noopener\">Life is Tech !</a>」(ライフイズテック)を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://lifeistech.co.jp/\" rel=\"noopener\">ライフイズテック</a>と大阪府教育委員会は1月19日、高校における情報教育モデル構築に関して連携協定を締結したことを発表した。これにより、2022年度から高校の必修科目となる「情報Ⅰ」に対応したプログラミングおよびデータサイエンスの教員向け研修、学習プログラムの整備を実施する。</p>\n<h3>連携協力事項</h3>\n<ul>\n<li>府立高等学校等の情報科教員の指導力向上及び授業実践方法の研究に関すること</li>\n<li>府立高等学校等における情報教育の実施及び教材の利用に関すること</li>\n<li>先行実施するモデル校に対し、今後の情報教育の在り方の検討及び情報教育がもたらす生徒への教育効果の実証などを目的とした調査に関すること</li>\n<li>府立高等学校などにおける実践事例の他自治体などへの広報および普及に関すること</li>\n<li>前号に掲げるもののほか、甲および乙が必要と認めること</li>\n</ul>\n<p>具体的な取り組みとしては、次の3つ。</p>\n<ul>\n<li><strong>教え手の育成</strong>:教育委員会、情報部会、校長会と連携しながら、オンライン完結プログラミング教材「<a target=\"_blank\" href=\"https://lifeistech-lesson.jp/\" rel=\"noopener\">Life Is Tech Lesson</a>」(ライフイズテック レッスン)を使った教員の研修を実施。教員自らが教わる体験を通じて、情報科教員の指導力を強化する</li>\n<li><strong>学習プログラムの提供</strong>:希望するモデル校に「Life Is Tech Lesson」を提供。ライフイズテックが伴走しながら生徒のプログラミングとデータサイエンスに関する知識とスキルの習得を目指す</li>\n<li><strong>効果測定</strong>:プログラミング教育は、基礎学習・非認知能力・自尊感情を向上させるとの仮説に基づき、モデル校での生徒の意識の変化を検証する。このデータを基に授業内容の振り返りや改善を行い、大阪府のプログラミング教育のアップデートの継続を目指す</li>\n</ul>\n<p>2020年に「府立学校スマートスクール推進事業」を掲げた大阪府は、GIGAスクール構想による「1人1台端末」の配備率や、情報科担当教員の専任率が全国でトップクラスだという。この連携協定を通じてより高いレベルで情報教育を進めるため、教員の資質を向上させ、モデル校での「Life is Tech Lesson」の利用を通じた学習プログラムの整備を行うとしている。</p>\n<p>ライフイズテックは、2010年に「中高生ひとり一人の可能性を一人でも多く、最大限伸ばす」をミッションに設立したEdTech領域のスタートアップ。同社が運営するLife is Tech !は、のべ5万2000人以上が参加するITキャンプ・スクールという。</p>\n<p>またオンラインで学べるディズニー・プログラミング学習教材を開発し、2018年に日本で「テクノロジア魔法学校」を販売、2019年には米国で「Codeillusion」(コードイリュージョン)を販売し、Life is Tech USA, Inc.を立ち上げた。2019年には、新学習指導要領に対応した学校向けオンラインプログラミング教材としてLife Is Tech Lessonを提供開始。同教材は、2021年9月末時点で全国の300以上の自治体、約1650校の公立・私立学校、約32万人が利用しているという。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-20-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467502,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467502,
            "tagId": 363277264,
            "tag": {
              "id": 363277264,
              "slug": "school",
              "name": "学校(用語)",
              "description": "学校に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467502,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467502,
            "tagId": 366272389,
            "tag": {
              "id": 366272389,
              "slug": "lifeistech",
              "name": "ライフイズテック(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 467502,
            "tagId": 692515625,
            "tag": {
              "id": 692515625,
              "slug": "global-and-innovation-gateway-for-all",
              "name": "GIGAスクール構想(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467462,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 467462,
        "slug": "probate-most-popular-lesson",
        "createdAt": "2022-01-20T09:31:48.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-20T09:31:48.000Z",
        "title": "オンラインプログラミング学習サービスProgateが登録ユーザー数240万人と発表、人気レッスンのランキングも公開",
        "content": "<p>オンラインプログラミング学習サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://prog-8.com/\" rel=\"noopener\">Progate</a>」(プロゲート。<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=com.progate\" rel=\"noopener\">Android版</a>・<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/jp/app/id1335868128\" rel=\"noopener\">iOS版</a>)を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://prog-8.com/\" rel=\"noopener\">Progate</a>は1月18日、ウェブ版および同名スマホアプリの合計登録ユーザー数について、2021年12月に全世界で240万人を突破したと発表。また、2021年に実施したレッスンの人気ランキングを公開した。1位は「HTML & CSS」、2位は「JavaScript」、3位は「Python」と、3位までの順位は前年と同じだった。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-467464\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/sub1-5.png\" alt=\"\" width=\"559\" height=\"340\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/sub1-5.png 559w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-5.png?resize=300,182 300w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-5.png?resize=400,243 400w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-5.png?resize=220,134 220w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-5.png?resize=281,172 281w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-5.png?resize=206,125 206w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-5.png?resize=125,76 125w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-5.png?resize=99,60 99w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-5.png?resize=50,30 50w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-5.png?resize=216,130 216w\" sizes=\"(max-width: 559px) 100vw, 559px\" /></p>\n<p>動きが見られたのは4位以下だ。前年の4位は「Ruby on Rails5」だったが、2021年は前年5位だった「Java」が上がってきた。そして、5位には「SQL」が入った。これは、Progateの<a target=\"_blank\" href=\"https://prog-8.com/business\" rel=\"noopener\">法人契約</a>が増え、自社のデータ分析を目的にデータベース言語であるSQLを選ぼうという人が増えたからだとProgateでは見ている。</p>\n<p>またProgateでは2021年、実践的な課題に取り組む「<a target=\"_blank\" href=\"https://prog-8.com/blogs/quest\" rel=\"noopener\">Quest</a>」や、具体的な目標を立てて学習する「<a target=\"_blank\" href=\"https://prog-8.com/blogs/project-beta-release-2021\" rel=\"noopener\">プロジェクト</a>」といったコンテンツの試験導入を行った。2022年はその結果をもとに、「さらに奥深い学習」を提供するコンテンツの拡充を予定しているとのことだ。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-20-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467462,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467462,
            "tagId": 457,
            "tag": {
              "id": 457,
              "slug": "javascript",
              "name": "JavaScript(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 467462,
            "tagId": 832,
            "tag": {
              "id": 832,
              "slug": "python",
              "name": "Python(製品・サービス)",
              "description": "グイド・ヴァン・ロッサム氏が開発したプログラミング言語。"
            }
          },
          {
            "postId": 467462,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467462,
            "tagId": 366274510,
            "tag": {
              "id": 366274510,
              "slug": "progate",
              "name": "Progate(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 467462,
            "tagId": 692512010,
            "tag": {
              "id": 692512010,
              "slug": "programming-language",
              "name": "プログラミング言語(用語)",
              "description": "プログラミング言語に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467357,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 467357,
        "slug": "2022-01-18-mustard-looks-beyond-baseball-as-it-raises-another-3-75m-for-sensor-free-sports-coaching",
        "createdAt": "2022-01-19T07:30:59.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-19T07:24:40.000Z",
        "title": "センサーを使わないスポーツコーチングMustardが野球以外のゴルフやサッカーなども対象に",
        "content": "<p>ロサンゼルスのスポーツ訓練プラットフォームMustardが今週、375万ドル(約4億3000万円)の資金調達ラウンドを発表した。Lake Nona Sports &amp; Health Tech Fundがリードしたこの最新の調達は、2020年後期の<a target=\"_blank\" href=\"/2020/09/05/2020-09-04-mustard-raises-1-7m-to-improve-athletic-mechanics-with-ai/\" rel=\"noopener\">170万ドル(約1億9000万円)のラウンド</a>に続くもので、同社の調達総額はこれで600万ドル(約6億9000万円)になった。</p>\n<p>新たな投資家はMark Cuban(マーク・キューバン)氏、OneTeam Partners、Ronnie Lott(ロニー・ロット)氏、Justin Rose(ジャスティン・ローズ)氏、Major League Soccer Players Association、そしてUnited States Women&#8217;s National(Soccer)Team Players Associationで、彼らが、同社の既存の投資家たちのリストに加わることになる。すでにクォーターバックのDrew Brees(ドリュー・ブリーズ)氏や伝説のピッチャーNolan Ryan(ノーラン・ライアン)などの大物もいる。</p>\n<p>ブリーズ氏は、特別にTechCrunchに対して次のように方ってくれた。「未来のオリンピック選手やMLBのピッチャー、あるいは、自分が情熱を注いでいるさまざまなスポーツで州の高校チャンピオンになれる若いアスリートはたくさんいる。私の場合、それはフットボールだった。しかしながら残念なことに、若いアスリートは私が受けてきたようなタイプの指導を受ける機会がない人がとても多い。Mustardなら現在のような不均衡状態を解消して、エリートのトレーニングを若くて向上心に富む意欲的なアスリートに提供できるはずです。同社のミッションをサポートできることを誇りに思っています」。</p>\n<div id=\"attachment_467360\" style=\"width: 610px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-467360\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-467360 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/mus1.jpg?w=600\" alt=\"\" width=\"600\" height=\"400\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/mus1.jpg 600w, /wp-content/uploads/2022/01/mus1.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/01/mus1.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/01/mus1.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/01/mus1.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/01/mus1.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/01/mus1.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/01/mus1.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/01/mus1.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/01/mus1.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/01/mus1.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 600px) 100vw, 600px\" /><p id=\"caption-attachment-467360\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Mustard</p></div>\n<p>今回、投資家の顔ぶれが多様化したのは、指導を野球以外にも広げたいためだ。「Mustard」という奇妙な名前も、同社のルーツすなわち野球を示している(「put a little mustard」豪速球を投げる)。今後、ゴルフ、サッカー、フットボールといったスポーツを追加していく。野球と同じく、ゴルフは比較的静止した状態から動き始めるので、野球からのジャンプもやさしいだろう。同社によると、資金の一部は、対象スポーツを増やすための指導者の増員に充てたいという。</p>\n<p>CEOのRocky Collis(ロッキー・コリス)氏はプレスリリースで次のように語っている。「新しい投資家は、米国の主要スポーツ界における経験と人脈を、大きくさせるものです。我々は野球以外のメジャースポーツに手を広げることで、アスリートはどこでも、そのリソースに関係なく、上達のための個人的なレシピで学ぶことができるようになります」。</p>\n<p>Mustardは、センサーを使わずにデータを取得するアプローチをとっているため、他の製品との差別化を図ることができている。この技術は比較的参入障壁が低く、元Major League Baseball Advanced Media(MLBAM)の社員を含むチームを通じて、スマートフォンのカメラを使って与えられた動作の力学的な情報を収集する。そこから、アプリが「レポートカード」という形でフィードバックを行う。</p>\n<p><small>画像クレジット:Mustard</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/18/mustard-looks-beyond-baseball-as-it-raises-another-3-75m-for-sensor-free-sports-coaching/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/mus0.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467357,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467357,
            "tagId": 1134,
            "tag": {
              "id": 1134,
              "slug": "american-football",
              "name": "アメリカンフットボール(用語)",
              "description": "アメリカンフットボールに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467357,
            "tagId": 1693,
            "tag": {
              "id": 1693,
              "slug": "soccer",
              "name": "サッカー / フットボール(用語)",
              "description": "サッカー / フットボールに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467357,
            "tagId": 362786728,
            "tag": {
              "id": 362786728,
              "slug": "los-angeles",
              "name": "ロサンゼルス(国・地域)",
              "description": "ロサンゼルスに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467357,
            "tagId": 365961376,
            "tag": {
              "id": 365961376,
              "slug": "golf",
              "name": "ゴルフ(用語)",
              "description": "ゴルフに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467357,
            "tagId": 366272091,
            "tag": {
              "id": 366272091,
              "slug": "sports",
              "name": "スポーツ / アスリート(用語)",
              "description": "スポーツ / アスリートに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467357,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467357,
            "tagId": 692509073,
            "tag": {
              "id": 692509073,
              "slug": "baseball",
              "name": "野球(用語)",
              "description": "野球に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467357,
            "tagId": 692516901,
            "tag": {
              "id": 692516901,
              "slug": "mustard",
              "name": "Mustard(企業・サービス)",
              "description": "センサーを使わずにデータを取得するスポーツ訓練プラットフォーム。野球、サッカー、ゴフル、アメリカンフットボールを対象とするロサンゼルスの企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467117,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 467117,
        "slug": "datamix",
        "createdAt": "2022-01-18T10:16:23.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-18T10:16:23.000Z",
        "title": "データサイエンス領域スクール事業やオンライン受験システムを提供するデータミックスが総額2億3100万円調達",
        "content": "<p>データサイエンス教育や監視機能付きオンライン受験システムなどを提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://datamix.co.jp/\" rel=\"noopener\">データミックス</a>は1月17日、第三者割当増資により2億3100万円の資金調達実施を発表した。引受先はHCSホールディングス、滋慶、KIYOラーニング、Speee、IE ファスト&エクセレント投資事業有限責任組合(イノベーション・エンジン)、The Independents Angel 2号 投資事業有限責任組合(Kips)、AIX Tech Ventures、エッジ・ラボ、その他個人。</p>\n<p>調達した資金により、データサイエンスに関連するサービスを通し国や地域を越えたデータサイエンスコミュニティを形成し、個人の成長・企業の成長力強化に貢献するため、以下の点を中心に強化する。</p>\n<p>・データに基づいた、より学習効果の高いデータサイエンス教育カリキュラムとコンテンツの開発<br />\n・スクール受講生をはじめ顧客へのサービスの質向上に向けた体制強化と環境の構築<br />\n・データサイエンティスト育成プログラムなど各種サービス認知向上のための活動<br />\n・データサイエンス人材に特化した人材紹介サービスの営業および顧客サポートの強化<br />\n・オンライン受験システム「Excert」の開発・販売の加速<br />\n・人材の積極的な採用と社内の人材育成の強化</p>\n<p>2017年設立のデータミックスは、データサイエンス領域でのスクール事業や企業研修・コンサルタント事業、データサイエンスビジネス事業開発などを展開している。主として統計学や人工知能、機械学習といったデータサイエンスの手法を駆使したデータ分析により、ビジネスの戦略設計ができる人材育成を行う。企業や個人に対し、年間約2200名以上(2020年度実績)にデータサイエンス関連の教育を提供しているという。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/01-7.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467117,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467117,
            "tagId": 366271425,
            "tag": {
              "id": 366271425,
              "slug": "data-science",
              "name": "データサイエンス / データサイエンティスト(用語)",
              "description": "データサイエンス / データサイエンティストに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467117,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 467117,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 467117,
            "tagId": 692515706,
            "tag": {
              "id": 692515706,
              "slug": "statistics",
              "name": "統計学(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 467117,
            "tagId": 692516883,
            "tag": {
              "id": 692516883,
              "slug": "datamix",
              "name": "データミックス(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 466364,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 466364,
        "slug": "nara-tech-collage-lectures-aisimulation-and-programing",
        "createdAt": "2022-01-12T12:58:55.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-12T12:58:55.000Z",
        "title": "奈良高専、奈良県主催「ならAIラボ」オープンデイ・セミナーの熱流体解析シミュレーション講座とPython講座参加者募集",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.nara-k.ac.jp/\" rel=\"noopener\">奈良工業高等専門学校</a>(奈良高専)は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.pref.nara.jp/1751.htm\" rel=\"noopener\">奈良県産業振興総合センター</a>が主催する「ならAI(あい)ラボ」オープンデイ・セミナーにおいて、「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.pref.nara.jp/item/258075.htm\" rel=\"noopener\">シミュレーション(熱流体解析)の使い方</a>」と「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.pref.nara.jp/item/258078.htm\" rel=\"noopener\">Python入門講座Ⅱ</a>」の2つのセミナーをオンライン開催する。現在、参加者を募集している。参加費は無料で、定員制限はなし。</p>\n<h3>「ならAI(あい)ラボ」オープンデイ・セミナー概要</h3>\n<ul>\n<li><strong>日時</strong>:<br />\n・「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.pref.nara.jp/item/258075.htm\" rel=\"noopener\">シミュレーション(熱流体解析)の使い方</a>」1月17日13:00~15:00<br />\n・「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.pref.nara.jp/item/258078.htm\" rel=\"noopener\">Python入門講座Ⅱ</a>」2月24日13:00~15:00</li>\n<li><strong>定員</strong>:定員制限なし</li>\n<li><strong>会場</strong>:オンライン開催(申込時に配信URLを通知)。セミナー配信・質疑応答用にMicrosoft Teams、また資料や課題の配布用にGoogle Classroomを利用</li>\n<li><strong>申し込み</strong>:<a target=\"_blank\" href=\"https://r.qrqrq.com/bCJtwYhW\" rel=\"noopener\">ならAIラボ オープンデイ・セミナー 申し込みフォーム</a></li>\n<li><strong>参加費</strong>:無料</li>\n</ul>\n<h2>シミュレーション(熱流体解析)の使い方</h2>\n<p>「シミュレーション(熱流体解析)の使い方」の講師は、奈良高専機械工学科准教授の福岡寛氏、電子制御工学科准教授の中村篤人氏。最新の熱流体解析ソフトウェアを利用したシミュレーションを、講師自身の研究における事例を交えて紹介する。1月17日13時~15時開催。</p>\n<div id=\"attachment_466365\" style=\"width: 478px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-466365\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-466365 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/sub1-2.png\" alt=\"アスカ工業×奈良高専:ノズル内を流れるポリマーの挙動解析事例\" width=\"468\" height=\"423\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/sub1-2.png 468w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-2.png?resize=300,271 300w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-2.png?resize=443,400 443w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-2.png?resize=400,362 400w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-2.png?resize=398,360 398w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-2.png?resize=220,199 220w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-2.png?resize=190,172 190w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-2.png?resize=138,125 138w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-2.png?resize=125,113 125w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-2.png?resize=66,60 66w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-2.png?resize=406,367 406w, /wp-content/uploads/2022/01/sub1-2.png?resize=50,45 50w\" sizes=\"(max-width: 468px) 100vw, 468px\" /><p id=\"caption-attachment-466365\" class=\"wp-caption-text\">アスカ工業×奈良高専:ノズル内を流れるポリマーの挙動解析事例</p></div>\n<h2>Python入門講座Ⅱ</h2>\n<p>「Python入門講座Ⅱ」の講師は、奈良高専情報工学科准教授の上野秀剛氏。非情報系エンジニアを対象として、プログラミング言語Pythonのコーディングを解説する。2月24日13時~15時開催。</p>\n<p>なお同講座は、2021年6月に開催した「Python入門講習」の続きとして開催するもので、参加申し込みを行った方には、6月開催分のアーカイブを告知する。</p>\n<p>ならAIラボは、奈良県産業振興総合センターが開設した、デジタル技術の活用体験や試作が行える工房。県内産業のオープンイノベーション拠点として、先端技術導入支援や人材育成を行っている。ここで定期的に開催されているオープンデイ・セミナーでは、2021年にも奈良高専が「Python入門」と「ウィズコロナ時代のセキュリティ対策」という2つのセミナーを開催している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-009-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 466364,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 466364,
            "tagId": 832,
            "tag": {
              "id": 832,
              "slug": "python",
              "name": "Python(製品・サービス)",
              "description": "グイド・ヴァン・ロッサム氏が開発したプログラミング言語。"
            }
          },
          {
            "postId": 466364,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466364,
            "tagId": 692516796,
            "tag": {
              "id": 692516796,
              "slug": "national-institute-of-technology-nara-college",
              "name": "奈良高専(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 466355,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 466355,
        "slug": "mic-datascience-online-course",
        "createdAt": "2022-01-12T12:17:51.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-13T03:00:58.000Z",
        "title": "総務省、統計リテラシー向上を目的にデータサイエンス・オンライン講座「誰でも使える統計オープンデータ」開講",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-466420\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-001.jpg?w=1024\" alt=\"総務省、統計リテラシー向上を目的にデータサイエンス・オンライン講座「誰でも使える統計オープンデータ」開講\" width=\"1024\" height=\"262\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-001.jpg 1624w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-001.jpg?resize=300,77 300w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-001.jpg?resize=768,197 768w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-001.jpg?resize=1024,262 1024w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-001.jpg?resize=1536,393 1536w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-001.jpg?resize=1562,400 1562w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-001.jpg?resize=400,102 400w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-001.jpg?resize=738,189 738w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-001.jpg?resize=640,164 640w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-001.jpg?resize=220,56 220w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-001.jpg?resize=281,72 281w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-001.jpg?resize=250,64 250w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-001.jpg?resize=125,32 125w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-001.jpg?resize=600,154 600w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-001.jpg?resize=50,13 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.soumu.go.jp/\" rel=\"noopener\">総務省</a>は1月11日、統計リテラシー向上を目的として、データサイエンス力の高い人材を育成するためのデータサイエンス・オンライン講座「<a target=\"_blank\" href=\"https://gacco.org/stat-japan3/\" rel=\"noopener\">誰でも使える統計オープンデータ</a>」を開講した。おもに社会人と大学生を対象に、統計オープンデータを活用してデータ分析の手法を解説する。</p>\n<p>登録料および受講料は無料。申し込みは、<a target=\"_blank\" href=\"https://gacco.org/stat-japan3/\" rel=\"noopener\">講座紹介サイト</a>から行え、3月7日まで誰でも受講登録できる。</p>\n<p>同講座では、政府統計の総合窓口「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.e-stat.go.jp/\" rel=\"noopener\">e-Stat</a>」、総務省および統計センターが提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.e-stat.go.jp/gis\" rel=\"noopener\">地図で見る統計</a>(統計GIS。jSTAT MAP)、APIなどを使って統計オープンデータを活用したデータ解析手法が学べる。また週ごとに確認テストがあり、最終課題を経て修了証が発行される。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/6tn87_rGhdA?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<h3>「誰でも使える統計オープンデータ」概要</h3>\n<ul>\n<li>開講日:2022年1月11日</li>\n<li>学習時間:1回10分程度、週に5〜7回ほど、4週間</li>\n<li>前提条件:表計算ソフトMicrosoft Excelの基本的な操作ができること(簡単な計算や関数、グラフ作成などができればExcel以外でも問題ないが、講義はExcelを用いた説明となる)</li>\n<li>課題:各週の確認テストと最終課題の実施</li>\n<li>講師:⻄内啓⽒(統計家)、⼩⾕祐⼀朗⽒(不動産販売価格予測サイト「<a target=\"_blank\" href=\"https://geeo.otani.co/\" rel=\"noopener\">GEEO</a>」開発者)、総務省統計局および統計センター職員</li>\n</ul>\n<h3>各週のテーマと内容</h3>\n<ul>\n<li><strong>第1週「e-Statを使ったデータ分析」</strong>:e-Statの統計データを活⽤したデータ分析の事例を学ぶ(e-Statの機能紹介、活⽤事例紹介など)</li>\n<li><strong>第2週「公的統計データの使い⽅」</strong>:公的統計データの基本事項や読み⽅を学ぶ(公的統計の種類と体系、労働⼒調査・家計調査の基礎知識、利⽤の際のポイントなど)</li>\n<li><strong>第3週「統計GISの活⽤」</strong>:統計データと地図を組み合わせた統計GISの活⽤⽅法を学ぶ(jSTAT MAPの機能紹介、簡単にできるレポート作成、活⽤事例紹介など)</li>\n<li><strong>第4週「統計オープンデータの⾼度利⽤」</strong>:統計API機能の仕組みや具体的な活⽤事例など、統計オープンデータの⾼度な活⽤⽅法を学ぶ(統計APIの仕組み、統計オープンデータの活⽤事例、講座のまとめなど)</li>\n</ul>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-008-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 466355,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 466355,
            "tagId": 366271425,
            "tag": {
              "id": 366271425,
              "slug": "data-science",
              "name": "データサイエンス / データサイエンティスト(用語)",
              "description": "データサイエンス / データサイエンティストに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466355,
            "tagId": 366276462,
            "tag": {
              "id": 366276462,
              "slug": "open-data",
              "name": "オープンデータ(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 466355,
            "tagId": 692510495,
            "tag": {
              "id": 692510495,
              "slug": "ministry-of-internal-affairs-and-communications",
              "name": "総務省(組織)",
              "description": "日本の行政危難、総務省に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466355,
            "tagId": 692515706,
            "tag": {
              "id": 692515706,
              "slug": "statistics",
              "name": "統計学(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 466322,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 466322,
        "slug": "2022-01-10-kodland-series-a",
        "createdAt": "2022-01-12T03:00:23.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-12T02:10:34.000Z",
        "title": "子どもにデジタルスキルを教えるKodlandが約10.4億円調達、オンラインのコーディングスクールを拡張",
        "content": "<p>ロンドンに拠点を置く<a target=\"_blank\" href=\"https://kodlandschool.webflow.io/en/home\" rel=\"noopener\">Kodland</a>は、2018年に起業して子どもにコンピュータプログラミングなどのデジタルスキルを対面で教えるコースを提供し、2020年前半からはオンライン教育にシフトした。同社はシリーズAラウンドで900万ドル(約10億4000万円)を調達し、これから市場を拡大していく。</p>\n<p>このラウンドはRedseed Venturesが主導し、他にBaring Vostok、Kismet、Flyer One Ventures、ニューヨークに拠点を置くI2BFのパートナーであるAlexander Nevinsky(アレクサンダー・ネビンスキー)氏が参加した。</p>\n<p>Kodlandが提供する6〜17歳向けのリモートコースは現在、英国、アイルランド、米国、カナダ、独立国家共同体地域、マレーシア、インドネシア、アルゼンチンで利用できる。同社はそれぞれの地域に応じてローカライズしたコンテンツを提供している(同社のユーザーはおよそ40カ国に広がっている)。同社によれば、これまでにおよそ1万6000人が有料コースに申し込んだ。</p>\n<p>Kodlandは新たに調達した資金でオンラインコースの対象地域をさらに広げていく。</p>\n<p>同社のコースはグループ学習またはプロジェクト学習で、コーディングやウェブサイト構築、ゲーム制作、アニメーション、ビデオ編集といったデジタルスキルを、従来のクラスルーム形式のレッスンよりも楽しくインタラクティブに教える。同社プラットフォームが提供するオンライン教育は、自己学習ではなく講師が指導する。</p>\n<p>Kodlandによれば、同社プラットフォームには約1000人の講師がいて、市場によって雇用している場合もあればギグワーカーの場合もある。通常は、生徒15人に対して講師が1人つく。ただし個人指導も提供している。</p>\n<p>同社は、学校に対してツールやリソースを販売するのではなく、デジタルスキルの課外学習に集中しているという。その方が学校教育の複雑な導入要件に対応する必要がなく、グローバルに拡大しやすいからだ。</p>\n<p>また、クリエイターエコノミーに関して「Out of the Box」という独自のアクセラレータを設けている。これは優秀な生徒の目を「現実の」プロダクトに向けさせ、デジタルの成果物を収益化できるように特別に支援するものだ。</p>\n<p>今回のラウンドで、Kodlandのこれまでの調達金額合計は1100万ドル(約12億7000万円)となった。同社は今回調達した資金を使い、今後2年間でコースの対応言語をさらに8言語増やして市場を拡大する計画だ。プロダクト開発にも資金を投入するという。</p>\n<p>同社はTechCrunchに対し「2022年中に現在の英国やアイルランド以外にも英語圏の国に拡大し、スペイン語圏や東南アジアの国々にも拡大します」と説明した。</p>\n<p>資金の一部はアクセラレータプログラムに使われる。</p>\n<p>Kodlandは生徒たちから「大きなトラクション」を得て「最大級の成長を確実に遂げている」ことを背景に、今回のシリーズAを実施した。同社は2021年第3四半期に前年同期比6.5倍の売上を達成した。</p>\n<p>新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で、EdTechは全般に急成長した。外出や人に会うことが制限されたため、画面を見る時間が増えたからだ。保護者が在宅で仕事をしている間に手頃な価格で子どもに使わせることのできるツールを求める需要があることはいうまでもない。</p>\n<p>しかしそれは、競争が激化しているということでもある。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/2021/07/29/2021-07-28-class-a-zoom-only-virtual-classroom-nears-unicorn-status-after-softbank-check/\" rel=\"noopener\">ソフトバンクのような大手投資家が教育分野に多額の資金を投じ</a>、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/15/2021-04-14-outschool-series-c-unicorn/\" rel=\"noopener\">EdTechのユニコーン</a>各社も<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/08/2021-10-07-softbank-backed-korean-edtech-startup-riiid-acquires-langoo-to-expand-further-to-japan/\" rel=\"noopener\">活発</a>に<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/11/02/booming-edtech-ma-activity-brings-consolidation-to-a-fragmented-sector/\" rel=\"noopener\">M&amp;A</a>をしている。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/09/edtech-leans-into-the-creator-economy-with-cohort-based-classes/\" rel=\"noopener\">コホート方式の学習プラットフォーム</a>も同様にEdTechとクリエイターエコノミーをつなごうとすることで投資を集めてきた。</p>\n<p>子どもに関連するところでは、この分野の大手には以前から<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2018/05/31/roblox-follows-minecraft-into-the-education-market/\" rel=\"noopener\">Roblox</a>がある。Robloxはソーシャルゲームを活用して、プログラミング学習と収益化の可能性に対して子どもたちに興味を持たせようとしている。</p>\n<p>しかし、講師が指導するクラスで子どもたちにSTEMのスキルを教えるというKodlandの構造とやり方は、拡大を続けるEdTechの世界で認められるようになるかもしれない。</p>\n<p>同社は「国際的な子ども向けオンラインデジタルスキルスクール」として質の高い教育コンテンツという概念を保護者に売り込んでいる。4つのクラス(「モジュール」と呼ばれる)のセットは110ユーロ(約1万4000円)、全32クラスのコースは660ユーロ(約8万6000円)だ。</p>\n<p>シリーズAに関する発表の中でRedseedマネージングパートナーのEugene Belov(ユージン・ベロフ)氏は次のようにコメントした。「従来の教育機関にとって現在の急激なテクノロジーの進歩についていくのは難しいことです。そのため供給(若年層のスキルや能力)と人材に対する需要(現代の職場で求められる要件)とのギャップがしばしば発生しています。(共同創業者の)Alexander Nosulich(アレクサンダー・ノスリッチ)氏とOleg Kheyfets(オレグ・カイフェッツ)氏は、これまでの学校教育では手付かずになることが多いにもかかわらず現在のデジタルの世界では不可欠になりつつあるスキルを生徒たちに教えることで、このギャップを埋めようと熱心に取り組んでいます。成果重視のユニークなプログラムは現代の子どもたちに強くアピールしています。我々はKodlandのジャーニーを支援できることをたいへん喜んでいます」。</p>\n<p>補足資料の中でFlyer One VenturesゼネラルパートナーのVital Laptenok(バイタル・ラプテノク)氏は次のように述べた。「教育分野には現在、独占的な存在がありません。そのため多くのプレイヤーが市場に参入し、増加する教育サービスの需要に応えようとしています。顧客のリアルなニーズを理解しているプレイヤーが成長し、市場の流れを決めるでしょう。Kodlandのチームは子どもたちにとって実用的な知識と機会にしっかりと的を絞り、インタラクティブな職業教育をしています」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Kodland</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/10/kodland-series-a/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Lomas、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/Kodland-team.jpeg",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 466322,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 466322,
            "tagId": 1343,
            "tag": {
              "id": 1343,
              "slug": "children",
              "name": "子ども / 子ども向け(用語)",
              "description": "子ども / 子ども向けに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466322,
            "tagId": 1618,
            "tag": {
              "id": 1618,
              "slug": "london",
              "name": "ロンドン(国・地域)",
              "description": "ロンドンに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466322,
            "tagId": 104624,
            "tag": {
              "id": 104624,
              "slug": "stem",
              "name": "STEM教育(用語)",
              "description": "Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)を統合した教育手法。Arts(美術)を追加し、STEAM教育とすることもある。"
            }
          },
          {
            "postId": 466322,
            "tagId": 366271455,
            "tag": {
              "id": 366271455,
              "slug": "coding",
              "name": "コーディング(用語)",
              "description": "コーディングに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 466322,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 466322,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 466322,
            "tagId": 366273612,
            "tag": {
              "id": 366273612,
              "slug": "england",
              "name": "イギリス(国・地域)",
              "description": "イギリスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466322,
            "tagId": 692516785,
            "tag": {
              "id": 692516785,
              "slug": "kodland",
              "name": "Kodland(企業・サービス)",
              "description": "子どもにコンピュータプログラミングなどのデジタルスキルを対面で教えるリモートコースを提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 466247,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 466247,
        "slug": "2022-01-10-career-karma-lands-40-million-to-evolve-into-a-edtech-employee-benefit",
        "createdAt": "2022-01-12T00:45:36.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-12T00:33:50.000Z",
        "title": "学習プログラム紹介サービスCareer Karmaが企業向けに事業転換を画策、世界最大の人材紹介会社を目指す",
        "content": "<p>Career Karma(キャリアカルマ)は、コーディング・ブートキャンプを検索したことがある人なら誰でも共感するような速さで、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/12/09/career-karma-series-a/\" rel=\"noopener\">最初の数百万ドル(数億円)を調達</a>した。それは、意欲を持った学生や社会人のためのナビゲーションツールだ。Career Karmaは独自のカリキュラムを作成するのではなく、学生が自分の予算とキャリア目標に最適なプログラムを見つけられるように支援する。</p>\n<p>2018年にRuben Harris(ルーベン・ハリス)氏、Artur Meyster(アルトゥール・メイスター)氏、Timur Meyster(ティムール・メイスター)氏の3人によって設立されたこのスタートアップは、現在、行き詰まったブートキャンプの学生以外にもサービスを提供しようと意欲を高めているところだ。</p>\n<p>この数カ月の間、Career Karmaは雇用者とのパートナーシップの種をまいてきた。これによって同社は、一般消費者に向けとして始めたEdtechスタートアップが、規模の拡大にともなって雇用者から利益を得るルートを開拓した<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/28/employers-are-consumer-edtechs-next-beta-test\" rel=\"noopener\">最新の企業となった</a>。ハリス氏は現在、Career Karmaが過去数年間に構築してきたマーケットプレイスで、従業員や契約社員に職業訓練プログラムにマッチングさせるというビジョンを掲げている。</p>\n<p>この段階へ進むために、Career Karmaは米国時間1月10日、非公開の評価額で4000万ドル(約46億円)のシリーズB資金調達を実施したことを発表した。このラウンドは、Top Tier Capital Partnersが主導し、旧Google Ventures(グーグル・ベンチャーズ)であるGV、Bronze Venture Fund(ブロンズ・ベンチャーズ・ファンド)、Stardust(スターダスト)、Trousdale Ventures(トロウスデール・ベンチャーズ)、Alumni Ventures Group(アルムニ・ベンチャーズ・グループ)などが参加。既存投資家であるSoftBank(ソフトバンク)、Emerson Collective(エマーソン・コレクティブ)、Kapor Capital(ケイパー・キャピタル)、Backstage(バックステージ)、4S Bay Partners(4Sベイ・パートナーズ)、Y Combinator(Yコンビネーター)なども参加した。</p>\n<p>ハリス氏はTechCrunchによるインタビューで「第1段階は、インターネット上でナンバーワンのキャリアアドバイスサービスになること、第2段階では、世界最大のキャリアトランジショナーのコミュニティになることでした。そして今回の第3段階は、世界最大の人材紹介会社になることです」と語っている。</p>\n<p>数十億ドル(数千億円)規模のビジネスとして評価されているHandshake(ハンドシェイク)やGuild Education(ギルド・エデュケーション)と同様、Career Karmaは仲介役を担う。従業員の福利厚生として、Career Karmaは雇用者が費用を負担する従業員の受講者を得ることができ、彼らにより理想的な高度な仕事のスキルを身につけるための再教育や技能向上を提供することが可能になる。</p>\n<p>雇用主は、Career Karmaが大規模に多くの被雇用者と結びつくためのゼロコストの獲得チャネルとなるわけだ。それは同社が起ち上げ当初から取り組んでいる事業である。</p>\n<p>「ユーザー側に関しては、興味のある職業訓練プログラム、現在持っているスキル、希望する仕事を、我々の方で特定することができます」とハリスはいう。「最終的には、当社内に強力なデータベースを持つことになるでしょう」。</p>\n<p>Career Karmaの戦略変更は、そのビジネスモデルも一新する必要があることを意味する。同社はこれまで、ブートキャンプが提供するプログラムに首尾よく学生を斡旋できた場合、そのブートキャンプに手数料を請求していた。料金は通常、入学した学生の授業料の10%で、ハリス氏によればその授業料は1万ドル(約115万円)から5万ドル(約577万円)の間になるという。この戦略はインセンティブを揃えているように見えるかもしれない(Career Karmaは学生をブートキャンプに参加させることに成功した場合にのみ利益を得る)が、それは学生斡旋のパーソナライゼーションよりも斡旋を成功させるペースを重視するように圧力がかかるということでもある。企業向けビジネスは、プログラムのマッチングだけでなく、就職紹介サービスを提供することを目的に構築されるため、必ずしも同じ種類の圧力をもたらすことはないだろう。</p>\n<p>同社の企業向け事業では、新たに最適な価格戦略を検討するための人材を募集しているとハリス氏はいう。2021年、Codecademy(コーデカデミー)は、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/02/23/codecademy-series-d/)\" rel=\"noopener\">自社のサービスを企業向けに販売するために、シリーズDラウンドで同じく4000万ドルの資金を調達</a>した。数週間前には、同じ会社が<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/25/2021-12-23-codecademy-sends-it-with-skillsoft-in-a-525m-deal/\" rel=\"noopener\">5億2500万ドル(約607億円)でSkillsoft(スキルソフト)に買収されている</a>。</p>\n<p><small>画像クレジット:Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/10/career-karma-lands-40-million-to-evolve-into-a-edtech-employee-benefit/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Mascarenhas、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/GettyImages-1142274453.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 466247,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 466247,
            "tagId": 366271455,
            "tag": {
              "id": 366271455,
              "slug": "coding",
              "name": "コーディング(用語)",
              "description": "コーディングに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 466247,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 466247,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466247,
            "tagId": 674896727,
            "tag": {
              "id": 674896727,
              "slug": "career-karma",
              "name": "Career Karma(企業・サービス)",
              "description": "学生が自分の予算とキャリア目標に最適なプログラムを見つけられるように支援する学生や社会人のためのナビゲーションツール、それを提供する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 466247,
            "tagId": 692510808,
            "tag": {
              "id": 692510808,
              "slug": "recruitment",
              "name": "人材採用 / 人材確保 / 人材獲得 / 人材紹介(用語)",
              "description": "人材採用に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 465582,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 465582,
        "slug": "toushin-questionnaire%ef%bd%b0survey",
        "createdAt": "2022-01-06T11:31:20.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-06T11:33:02.000Z",
        "title": "東進のアンケートで中高生の8割以上がプログラミングは必要なスキルと認識していると判明、競プロやKaggleに取り組む中1も",
        "content": "<p>東進ハイスクールや東進衛星予備校を運営する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.toshin.com/nagase/\" rel=\"noopener\">ナガセ</a>は2021年12月29日、東進が実施している「全国統一高校生テスト」と「全国統一中学生テスト」に関連するアンケート調査(2021年10月・11月。10万7450人に調査)で、中高生の8割以上が「プログラミングは必要なスキル」であると認識していることがわかったと発表した。また、「プログラミングができる」と答えた中学1年生は半数を超えていた。</p>\n<p>「プログラミングが今後必要なスキルになると思うか」との問いに対して、「とても思う」「そう思う」と答えた生徒の割合は、中学生全体で87.3%、高校生全体で86.0%だった。中学1年生は82.2%なのに対して、高校3年生は86.6%と、全体的に学年が上がるほどプログラミングの重要性を感じていることがわかる。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-465641\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?w=1024\" alt=\"東進のアンケートで中高生の8割以上がプログラミングは必要なスキルと認識していると判明、競プロやKaggleに取り組む中1も\" width=\"1024\" height=\"716\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg 1368w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?resize=300,210 300w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?resize=768,537 768w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?resize=1024,716 1024w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?resize=572,400 572w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?resize=400,280 400w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?resize=738,516 738w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?resize=515,360 515w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?resize=220,154 220w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?resize=246,172 246w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?resize=179,125 179w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?resize=125,87 125w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?resize=86,60 86w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?resize=789,552 789w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?resize=525,367 525w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-002.jpg?resize=50,35 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>また、「どの程度プログラミングができるか」との質問に対しては、競技プログラミングやKaggle(カグル)に取り組むレベルから、助けを借りてマウス操作のプログラミングができるという初心者レベルまでの合計の割合が、中学1年生の55.3%がもっとも多かった。学年が上がるにつれてなんらかの形でできると答えた割合が減っているのだが、これは学校でのプログラミング教育の変化に対応している。</p>\n<p>2020年度から小学校でプログラミングが必修科目になったことから、現中学1年生は小学校でプログラミング教育を受けている。中学校では2021年度からプログラミング教育が始まっており、高校は2022年度から必修化が予定されている。アンケートの結果は、それにきれいに即した形となった。</p>\n<p>大学入学共通テストにも追加され、国立大が試験科目に加える方針を示しているため、プログラミングへの関心はますます高まるものと考えられるという。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-465642\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?w=1024\" alt=\"東進のアンケートで中高生の8割以上がプログラミングは必要なスキルと認識していると判明、競プロやKaggleに取り組む中1も\" width=\"1024\" height=\"785\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg 1272w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?resize=300,230 300w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?resize=768,589 768w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?resize=1024,785 1024w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?resize=522,400 522w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?resize=400,307 400w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?resize=738,566 738w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?resize=470,360 470w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?resize=220,169 220w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?resize=224,172 224w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?resize=163,125 163w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?resize=125,96 125w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?resize=78,60 78w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?resize=720,552 720w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?resize=479,367 479w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-003.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-009-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 465582,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 465582,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 465582,
            "tagId": 366274174,
            "tag": {
              "id": 366274174,
              "slug": "kaggle",
              "name": "Kaggle(サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 465582,
            "tagId": 366275213,
            "tag": {
              "id": 366275213,
              "slug": "students",
              "name": "学生(用語)",
              "description": "学生に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 465582,
            "tagId": 692512009,
            "tag": {
              "id": 692512009,
              "slug": "competitive-programming",
              "name": "競技プログラミング / 競プロ",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 465600,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 465600,
        "slug": "2022-01-05-once-upon-a-time",
        "createdAt": "2022-01-06T09:00:18.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-06T09:00:45.000Z",
        "title": "子供がディズニーに夢中になれる「おはなしヘッドフォン」",
        "content": "<p>本を読んでもらったことや、本に夢中になるために自分で読むことを覚えたことは、子どもの頃の大好きな思い出だ。ここで老人の愚痴をひと言叫ぶことを許して欲しい。「今や多くの子どもたちがこんなにもスクリーンに囲まれてしまって、昔のような体験をすることが難しくなっているのは残念だ!」。そんな中、2022年のCESで<a target=\"_blank\" href=\"https://www.onanoff.com/\" rel=\"noopener\">ONANOFF</a>(オラノフ)がStoryPhones(ストーリーフォーンズ)という製品を発表したのはうれしいニュースだった。このヘッドフォンは、オーディオ再生のために他の機器に接続することとは別に、ヘッドフォン自身の中にたくさんのオーディオコンテンツを保存することができる。妖精や魔法の迷宮に入り込むのに最適だ。</p>\n<p>同社は、発売にあたり、ディズニーとのコンテンツコラボレーションが行われることも発表した。子ども向けのストーリーコレクションでは、子どもたちが大小のスクリーンで知っているようなキャラクターの話を耳にすることができる。ヘッドフォンは、ミッキーマウス、ミニーマウス、リトルマーメイド、アナと雪の女王、ライオンキング、トイストーリー、Mr.インクレディブル、モンスターズ・インクなど、ディズニーの代表的なキャラクターやストーリーを収録して出荷される。同社は、3歳以上の子どもたちに適した厳選コンテンツのライブラリーを持っていると述べている。</p>\n<p>録音されたコンテンツに加えて、同社が「PlayShield(プレイシールド)」と呼ぶものにも対応している、これは親が自分で物語をモバイルアプリで録音し、それをヘッドフォンにロードして再生できるようにするものだ。同社は、祖父母や遠く離れた家族とつながり、ストーリーテリングを通して家族全員を近づける方法を提案している。</p>\n<p>そして、本製品にはZenShield(ゼンシールド)という機能がある。これは「リラックスできる音声コンテンツが含まれていて、興奮し過ぎた子どもたちが落ち着き、リラックスし、さらには眠ることができる」というものだ。騒がしい子どもたちのための一時停止ボタンだと思えばいいのではないだろうか。含まれるサウンドは、ピアノ音楽、海の波、雨粒の音などだ。</p>\n<p>このヘッドフォンには、敏感な小さな子どもの耳にダメージを与えないように音量を抑えるSafeAudio(セーフオーディオ)機能が内蔵されている、その結果、CES2022のイノベーションアワードの「Headphones &amp; Personal Audio」(ヘッドフォン&amp;パーソナルオーディオ)モンスターズインク部門と「Health &amp; Wellness(ヘルス&ウェルネス)モンスターズインク部門の2つの賞を受賞した。</p>\n<p>4GBのSDカードが4ドル(約460円)で手に入る時代に、このヘッドフォンは90分ほどのコンテンツをそのショボい64MBのストレージに保存することができる。なぜユーザーがアクセスできるストレージがこれほど少ないのかに私は当惑している。まあおそらく将来のヘッドフォンでは再考されるだろう。</p>\n<p>まずはイタリア、スペイン、オーストリア、スイス、ドイツ、イギリス、フランスのヨーロッパ全域で、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、英語の5言語で発売される。欧州での推奨小売価格は84.99ポンド(約1万3000円)だ。また米国では、ヘッドフォンとミッキーまたはミニーのStoryShield(ストーリーシールド)がセットになったStoryPhonesバンドルが99.90ドル(約1万1600円)となる。StoryShieldsは単品でも購入可能で、価格は7.99ドル(約930円)から14.99ドル(約1740円)である。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/tag/ces-2022/\" rel=\"noopener\"><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-462864 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"141\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg 3200w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=300,41 300w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=768,106 768w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1024,141 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1536,211 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=2048,282 2048w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=400,55 400w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=738,101 738w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=640,88 640w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=220,30 220w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=281,39 281w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=250,34 250w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=125,17 125w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1735,239 1735w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=600,83 600w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=50,7 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></a></p>\n<p><small>画像クレジット:Oranoff</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/05/once-upon-a-time/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Haje Jan Kamps、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/R3_2280-copy.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 465600,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 465600,
            "tagId": 1343,
            "tag": {
              "id": 1343,
              "slug": "children",
              "name": "子ども / 子ども向け(用語)",
              "description": "子ども / 子ども向けに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 465600,
            "tagId": 24873,
            "tag": {
              "id": 24873,
              "slug": "disney",
              "name": "Disney / ディズニー(企業)",
              "description": "ディズニーはグローバルで認知されるエンターテイメント企業"
            }
          },
          {
            "postId": 465600,
            "tagId": 34493,
            "tag": {
              "id": 34493,
              "slug": "ces",
              "name": "CES(イベント)",
              "description": "CESは、毎年1月にネバダ州ラスベガスで開催される電子機器の見本市だ。"
            }
          },
          {
            "postId": 465600,
            "tagId": 692508689,
            "tag": {
              "id": 692508689,
              "slug": "headphone-earbuds",
              "name": "ヘッドフォン / イヤフォン(用語)",
              "description": "ヘッドフォンとイヤフォンに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 465600,
            "tagId": 692516492,
            "tag": {
              "id": 692516492,
              "slug": "ces-2022",
              "name": "CES 2022(イベント)",
              "description": "Edit | Quick Edit | Delete | View\r\nConsumer Technology Association(CTA)主催。米国時間2022年1月5日〜8日までラスベガスとオンラインで開催される。"
            }
          },
          {
            "postId": 465600,
            "tagId": 692516736,
            "tag": {
              "id": 692516736,
              "slug": "onanoff",
              "name": "ONANOFF(企業)",
              "description": "キッズ用ヘッドホンブランドなどを展開するたオーディオメーカー。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 464707,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 464707,
        "slug": "2021-11-09-stoa-school-wants-to-bring-the-vision-of-the-alternative-mba-to-india",
        "createdAt": "2021-12-27T01:00:49.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-27T00:52:25.000Z",
        "title": "「オルタナティブMBA」というビジョンの実現をインドで目指すStoa School",
        "content": "<p>伝統的なMBAのディスラプション(創造的破壊)は、EdTechスタートアップのピッチとして最も多く試みられ、テストされ、微調整されているかもしれない。それもうなずける。ビジネススクールは非常に高価であり、概して、エリート教育に投資するための時間と資金のある選ばれた人々のために用意されている。</p>\n<p>そのコードを完璧に解読した企業はまだ存在しないが、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.stoaschool.com/\" rel=\"noopener\">Stoa School</a>(ストア・スクール)は臆していない。ゴアに拠点を置くこのスタートアップは、インドの成長するスタートアップシーンが広く注目される中、同国の高等ビジネス教育に代わる高品質な非認定教育機関を設立するために数百万ドル(数億円)を調達した。同スタートアップの最初の資金調達は150万ドル(約1億7000万円)のプレシードのパーティーラウンドで、Udemy(ユーデミー)とMaven(メイブン)の共同創業者Gagan Biyani(ゲイガン・ビヤニ)氏、Better Capital(ベター・キャピタル)の創業者Vaibhav Domkundwar(ヴァイバヴ・ドムクンドワール)氏、Teachable(ティーチャブル)の共同創業者Ankur Nagpal(アンカー・ナグパル)氏、NotBoring Media(ノットボーリング・メディア)の創業者Packy McCormick(パッキー・マコーミック)氏、Dunce Capital(ダンス・キャピタル)の投資家John Danner(ジョン・ダナー)氏、Zivame(ジヴァーム)の共同創業者Richa Kar(リチャ・カー)氏らが参加した。</p>\n<p>「人々はスタートアップについてもっと知りたいと思っています。そしておそらく、企業での仕事からの移行を望んでいるのでしょう」と共同創業者の<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/kunksed\" rel=\"noopener\">Raj Kunkolienkar</a>(ラジ・クンコリエンカー)氏は語り、インドのスタートアップに対する人員需要はこの1年間で40%増加していると推定する。同氏の共同創業者<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/bizaditya\" rel=\"noopener\">Aditya Kulkarni</a>(アディティア・クルカーニ)氏は、このスタートアップは自らを「スタートアップの仕事への(に就く)手段」と位置づけており、誰もが「CACとは何か、GTMとは何か、LTVとは何か」ということに精通しているわけではないと付け加えた。</p>\n<p>クルカーニ氏によると、Stoaの設立につながった最初の洞察は、インドの学生にはビジネス教育を追求する選択肢が多くないという事実にあった。Indian School of Business(ISB、インド商科大学院)に入学するか、米国に引っ越すしかないのが実情だ。同時に、クンコリエンカー氏はインドのLambda School(ラムダ・スクール)を運営していたが「インドの資金調達と資金回収のインフラは、ISA(Income Share Agreement、所得分配契約)を大規模に運用できるほど発展していない」ことに気づいた。</p>\n<p>現在、Stoaは6カ月間のパートタイムプログラムであるStoaMBAを設けており、テクノロジー関連のスキルとビジネスの基本をすべての参加者向けに組み合わせて提供している。ライブプログラミングの大部分は週末に実施され、コホート学習、ビジネスケースのハッカソン、基本的な講義と非同期学習が週を通して行われる。学生は平均して週に12時間、月に3週間をこのプログラムに費やしている。</p>\n<p>「私たちのアイデアは、さまざまなビジネス領域の完全な360度の概観を提供することです」とクンコリエンカー氏は語る。同氏の推計では、この24週間におけるプログラムの約30%が、データの扱い方や調査をより適切に行う方法など、基礎的なスキルに重点を置いているという。残りの時間は、デジタルマーケティングの役割やプロダクト戦略のヒントなど、需要のある特定の役割について深く掘り下げるために確保されている。</p>\n<p>インドのスタートアップのすべてに向けて空白のセールス職の充足を支援するほどの規模には至っていないことを同社は認識しており、現在はオペレーションとセールスの世界におけるジェネラリストを育成することに注力している。StoaMBAの現在の価格は3400ドル(約38万円)で、ほとんどの学生は前払いである。EMIベースの融資オプションを提供するためのパートナーシップをStoaは有しており、それを利用すると学生は月単位で支払うことができる。</p>\n<p>伝統的なMBAに真に代わるものとなるために、Stoaは、カリキュラムの品質保証、測定可能な成果、そして非認定のカリキュラムが生徒の生活に違いを生み出すという持続的な証明にフォーカスしていく必要がある。</p>\n<h2>非認定マインドセットの理解</h2>\n<p>求職者とそのテック業界での初めての仕事の間で最初のレイヤーになることで、Stoaは大手企業との競争を回避できるかもしれないが、このオポチュニティは最大の課題でもある。</p>\n<p>コホート1と2の間で、100人のうち40人だけがこのスタートアップのキャリアサービスを選択し、そのうちの38人が新しい役割に移行した。共同創業者たちは、60%が参加しなかったのではなく、参加した人たちの成功率を重視していたが、この不均衡は他の市場勢力を表しているのかもしれない。同社は将来的に、本格的な転職を希望する人、テクノロジーの基礎を学んで理解を深めたい人、現在の職務でのスキルアップのために単一のスキルを学びたい人に向けて、別のプログラムを作ろうと試みている。</p>\n<p>「Stoaに申し込む人の多くは、明瞭性を求めています」とクルカーニ氏。「人々はある一定の変化を望んでいます。しかしその評価に向けた最初のステップは、私がその変化を真剣に求めるかどうかにあるのです」。</p>\n<p>逸話や幸せそうな学生たちがオンライン学習の価値を示す一方で、どのブートキャンプも最終的には、規模を拡大するために投資の見返りを証明しなければならない場所にたどり着く。解雇された人や求職者がテック業界に参入する支援を行うブートキャンプのスタートアップFlockjay(フロックジェイ)は最近、B2B SaaSプラットフォームへの方向転換を進める中で、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/26/2021-08-24-flockjay-cuts-at-least-half-of-its-workforce-as-it-pivots-away-from-bootcamps-into-b2b-saas/\" rel=\"noopener\">従業員の半分を削減</a>した。過去数年間、訴訟やレイオフ、資金調達に奔走してきたLambda Schoolは、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.businessinsider.com/lambda-school-promised-lucrative-tech-coding-career-low-job-placement-2021-10\" rel=\"noopener\">その就職率に関するずさんなマーケティング戦術について精査</a>されてきた。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/26/2021-08-24-flockjay-cuts-at-least-half-of-its-workforce-as-it-pivots-away-from-bootcamps-into-b2b-saas/\" rel=\"noopener\">テック業界への就職を支援するFlockjayがB2B SaaSへの移行で従業員の少なくとも半分を削減</a></p>\n<p>このスタートアップは多様性への取り組みを促進する必要もある。共同創業者たちは現在、学生の75%が男性で、25%が女性だと推定している。インドのスタートアップにおける女性の割合が出産休暇のコストと先天的な偏見のために減少していることを考えると、Stoaは現状を助長するのではなく、現状に疑問を提起するオポチュニティを有している。キャップテーブルは主に男性が占めているようであるから、その背後に女性の代表者を増やすことが戦略に役立つかもしれない。クルカーニ氏は、Stoaは女性にスカラーシップを提供してきたが「やるべきことが確かにある」と語った。</p>\n<p>最後に、Stoaはさらに他のことも例示している。未来は非認定のコースにあると信じる起業家と、認定が高等教育において正当性を獲得する唯一の方法であると考える起業家との間の違いが大きくなっていることである。</p>\n<p>「私たちは6カ月の学位を設置していますが、インドの規制当局がそのような学位や卒業証書を受け入れることは決してありません」とクンコリエンカー氏は話す。「ここインドで認定されるものには、極めて具体的なルールがあります」。Stoaは「学位方式」を採用しない方向に向かっており、その理由はブランド、カリキュラム、そして変化と反復をすばやく行う能力をコントロールし続けたいからだと同社は述べている。</p>\n<p>その結果、Stoaのブランドは、同社の長期的な健全性において実質的に重要な意味を持つことになる。言い換えれば、一定数の人々に認証印を与えることは可能かもしれないが、規制当局のサインがなければ、企業の採用担当者はその証印を気にするだろうか、ということだ。</p>\n<p>「インドは明らかに資格主義を重んじる社会、そして文化を形成していますが、Stoaには、MBAが国全体になし得ること、意味すること、提供することを再構築するすばらしいオポチュニティを感じます」と<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/20/vibe-capital-is-a-new-venture-firm-built-for-scrappy-international-founders/\" rel=\"noopener\">Vibe Capital</a>(バイブ・キャピタル)の創業者で投資家のAnkur Nagpal(アンクール・ナグパル)氏は語っている。「同社はブランド構築と卒業生のネットワークを十分に発達させてきましたので、知識のある人たちにとって憧れのブランドになっていると思います」。</p>\n<p>On Deck(オン・デッキ)とY Combinator(Yコンビネーター)は、どちらのプログラムも卒業者の威信とコミュニティの存在を示唆するものとなっており、サービスとしてのシグナルをある程度スケールすることが可能であることを実証している。アクセラレーターはビジネスのニュアンスを理解しているインサイダーのためのものだが、Stoaはスタートアップのエコシステムに入りたい人たちを獲得できるだろうと共同創業者たちは考えている。</p>\n<p>しかし、テック業界で職を得ることは、起業よりも困難で複雑な場合もある。Stoaの次のステップ、ベンチャーが後押しするものは、希望的観測として、伝統的な門番を排除し、これまでに培ってきた同社の価値を通して教育を行うことで、その困難な状況を打開するものとなるだろう。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.com/search/photographer?family=creative&amp;photographer=Witthaya+Prasongsin\" rel=\"noopener\">Witthaya Prasongsin</a> / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/09/stoa-school-wants-to-bring-the-vision-of-the-alternative-mba-to-india/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Mascarenhas、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-1200963975.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 464707,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 464707,
            "tagId": 2254,
            "tag": {
              "id": 2254,
              "slug": "mba",
              "name": "MBA / 経営学修士(用語)",
              "description": "MBA / 経営学修士に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464707,
            "tagId": 3558,
            "tag": {
              "id": 3558,
              "slug": "jobs",
              "name": "求人 / 求職(用語)",
              "description": "求人 / 求職に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464707,
            "tagId": 365840503,
            "tag": {
              "id": 365840503,
              "slug": "india",
              "name": "インド(国・地域)",
              "description": "インドに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464707,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 464707,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 464707,
            "tagId": 692516672,
            "tag": {
              "id": 692516672,
              "slug": "stoa-school",
              "name": "Stoa School(企業)",
              "description": "インドの成長するスタートアップシーンが広く注目される中、同国の高等ビジネス教育に代わる高品質な非認定教育機関を設立、提供するインド・ゴアのスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 464609,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 464609,
        "slug": "2021-12-24-nigerian-edtech-startup-teesas-secures-1-6-million-in-pre-seed-round-to-launch-tutor-marketplace-expand-in-east-southern-francophone-africa-in-2022",
        "createdAt": "2021-12-25T07:15:34.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-25T07:05:26.000Z",
        "title": "ナイジェリアのEdTechスタートアップTeesasがプレシードラウンドで約1.82億調達",
        "content": "<p>自身の会社<a target=\"_blank\" href=\"https://imosemobile.com/\" rel=\"noopener\">Imose Technologies</a>(イモセ・テクノロジーズ)で7年間電子機器製造に携わった後、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/comm/in/osayi-izedonmwen-63096820?midToken=AQFNuEun80e6GA&amp;midSig=3jd5JtiOEV0G41&amp;trk=eml-email_accept_invite_single_01-hero-3-prof%7Ename&amp;trkEmail=eml-email_accept_invite_single_01-hero-3-prof%7Ename-null-27caqv%7Ekxads1xg%7E32-null-neptune%2Fprofile%7Evanity%2Eview&amp;lipi=urn%3Ali%3Apage%3Aemail_email_accept_invite_single_01%3BnKloMS7UT3KWJciq8t6YYg%3D%3D\" rel=\"noopener\">Osayi Izedonmwen</a>(オサイ・イゼドンムウェン)氏は、以前から温めていたアイデアを実現するために休暇を取り、ナイジェリアでビデオ授業やその他のデジタル教材を提供するEdTechスタートアップ、<a target=\"_blank\" href=\"https://teesas.com/\" rel=\"noopener\">Teesas</a>(ティーサス)を立ち上げた。</p>\n<p>立ち上げからまだ2カ月も経っていないTeesasは、160万ドル(約1億8200万円)のプレシード資金調達に成功したほど、急成長している。イゼドンムウェン氏は、この出資をもとに、新市場への進出を予定している。学習者と個人授業のチューターをつなぐマーケットプレイスの立ち上げ、製品ラインナップの拡充だ。</p>\n<p>「2021年8月頃からベータテストを開始し、11月にAndroid版を本格的にローンチしました。すでにTeesasはGoogle Playストアで15万回以上ダウンロードされており、毎週少なくとも20%ずつ成長しています」とイゼドンムウェン氏はTechCrunchに語った。</p>\n<p>Teesasのコンテンツはナイジェリアの国家カリキュラムに沿ったもので、月額6ドル(約680円)からのサブスクで、ライブと録画の両方の形式で学習者に配信されている。通常の学校の授業に加え、現地の言語クラスも提供している。</p>\n<p>「ライブ授業では、学習者が苦手とする概念を扱います。学習者は10人、15人という少人数の遠隔授業で先生と一緒に授業を受けるので、個人的な取り組みができ、授業もより厳格になります」とイゼドンムウェン氏はいう。</p>\n<p>近い将来、Teesasは12歳までの学習者向けにフルカリキュラムのモジュールを提供する予定だ。</p>\n<p>「アプリで全カリキュラムをカバーし、中学受験の準備を整えることができるため、子どもたちが対面式の授業に出席する必要がなくなる未来を予見しています」と彼は述べた。</p>\n<p>またTeesasは、2022年前半に学習者が自己発見するための準備をするライフスキルのクラスも導入する予定だ。これは、ナイジェリアではいじめが多発しており、死に至るケースもあることから、いじめ防止のための授業に加えられる。</p>\n<p>Teesasは今後、チューターのマーケットプレイスを立ち上げ、フランス語圏、東アフリカ、南部アフリカの新市場への参入を計画している。</p>\n<div id=\"attachment_464611\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-464611\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-464611 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"682\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg 1280w, /wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg?resize=768,511 768w, /wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg?resize=1024,682 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg?resize=601,400 601w, /wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg?resize=400,266 400w, /wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg?resize=738,491 738w, /wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg?resize=541,360 541w, /wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg?resize=220,146 220w, /wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg?resize=829,552 829w, /wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2021/12/Teesas.jpeg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-464611\" class=\"wp-caption-text\">Teesasは今後、チューターのマーケットプレイスを立ち上げ、フランス語圏、東アフリカ、南部アフリカの新市場への参入を計画している(画像クレジット:Teesas)</p></div>\n<h3>製品開発</h3>\n<p>Teesasの開発は2020年3月に始まり、プラットフォームの設計と開発には、インドの同業他社のEdTechを大いに参考にし、コンテンツ構成やレッスン提供のベンチマークとした。</p>\n<p>「インドに目をつけたのは、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/05/2021-10-04-indian-edtech-giant-byjus-valued-at-18-billion-in-new-funding/\" rel=\"noopener\">Byju(ビジュ)のような大企業がEdTech革命を起こしている</a>先進的な国だからです。実際に現地に行き、時間をかけてモデルを理解し、彼らがやっていることを改善する機会も探しました。そして私たちは土着的適応を試みました」と彼はいう。</p>\n<p>彼がここで触れた適応とは、その土地の芸術、食物、動物、文化的慣習、言語などを利用して、学習プロセスを補完することだ。</p>\n<p>イゼドンムウェン氏は現在、TeesasのCEOを務める傍ら、携帯電話、タブレット端末、インターネットルーター、ノートパソコンなどの電子機器の製造・組み立てを行うラゴスのテック企業、Imose Technologiesの会長も続けている。</p>\n<p>「Teesasは、アフリカの教育の未来に最も大きな影響を与えることになるでしょう。そして、その変革の先頭に立つために全力を尽くしたいと思っています。だからこそ、私はそれに完全に集中しています」と、イゼドンムウェン氏は述べ、次の計画の一部として、フランス語圏、東部および南部アフリカの新市場への参入を確認した。</p>\n<p>Imose Technologiesを設立する以前、イゼドンムウェン氏はエンジニアとしての教育を受け、石油・ガス会社のExxonMobil(エクソンモービル)に15年間勤務し、出世し、ナイジェリアのオペレーション・マネージャーだった。</p>\n<p>Teesasは、最近、新型コロナの追い風を受けて急成長しているアフリカの新興EdTech産業に賭けている投資家から資金を調達しているEdTechスタートアップの成長リストに加わった。</p>\n<p>この分野では、ケニアの<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/04/25/yc-backed-kidato-raises-1-4m-seed-to-scale-its-online-school-for-k-12-students-in-africa/\" rel=\"noopener\">Kidato</a>(キダト)と<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/09/kenyan-edtech-startup-craydel-raises-1-million-to-grow-its-higher-education-platform/\" rel=\"noopener\">Craydel</a>(クレイデル)、ナイジェリアの<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/15/target-global-leads-3-5m-pre-seed-in-nigerian-online-learning-platform-edukoya/\" rel=\"noopener\">Edukoya</a>(エデュコヤ)と<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/09/african-edtech-startup-ulesson-raises-15m-backed-by-nielsen-ventures-and-tencent/\" rel=\"noopener\">ULesson</a>(ユーレッスン)が新たなプレイヤーとして名を連ねている。</p>\n<p>Teesasのラウンドは、Tolaram Group(トララム・グループ)のアフリカマネージングディレクターであるHaresh Aswani(ハレッシュ・アスワニ)氏が主導し、アフリカに特化したベンチャースタジオであるOlivegreen Advisory Partners(オリーブグリーン。アドバイサリー・パートナーズ)やその他のエンジェル投資家が参加している。</p>\n<p>「私たちは、イゼドンムウェン氏とTeesasのチームが掲げているミッションを信じていますし、アフリカ全域で質の高い教育へのアクセスを向上させるためにテクノロジーを活用するという課題を解決するのに最も適していると確信しています」とアスワニ氏は述べている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Teesas founder and CEO Osayi Izedonmwen / Teesas</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/24/nigerian-edtech-startup-teesas-secures-1-6-million-in-pre-seed-round-to-launch-tutor-marketplace-expand-in-east-southern-francophone-africa-in-2022/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Annie Njanja、翻訳:Yuta Kaminishi)</p>\n",
        "authorId": 191889573,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/Teesas-founder-and-CEO-Osayi-Izedonmwen.jpg",
        "author": {
          "id": 191889573,
          "slug": "yuta-kaminishi",
          "name": "Yuta Kaminishi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 464609,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 464609,
            "tagId": 84569,
            "tag": {
              "id": 84569,
              "slug": "teacher",
              "name": "教師 / 家庭教師(用語)",
              "description": "教師 / 家庭教師に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464609,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 464609,
            "tagId": 366272382,
            "tag": {
              "id": 366272382,
              "slug": "africa",
              "name": "アフリカ(国・地域)",
              "description": "アフリカに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464609,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464609,
            "tagId": 692506654,
            "tag": {
              "id": 692506654,
              "slug": "nigeria",
              "name": "ナイジェリア(国・地域)",
              "description": "ナイジェリアに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464609,
            "tagId": 692516660,
            "tag": {
              "id": 692516660,
              "slug": "teesas",
              "name": "Teesas(企業)",
              "description": "学習者と個人授業のチューターをつなぐマーケットプレイスを提供するナイジェリアのEdTechスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 464596,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 464596,
        "slug": "2021-12-23-codecademy-sends-it-with-skillsoft-in-a-525m-deal",
        "createdAt": "2021-12-25T00:30:44.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-24T23:21:32.000Z",
        "title": "コーディング学習プラットフォームCodecademyをSkillsoftが約600億円で買収、統合が進む教育テクノロジー分野",
        "content": "<p>コーディング学習プラットフォームの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.codecademy.com/\" rel=\"noopener\">Codecademy</a>(コーデカデミー)は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.skillsoft.com/\" rel=\"noopener\">Skillsoft</a>(スキルソフト)に<a target=\"_blank\" href=\"https://www.skillsoft.com/press-releases/skillsoft-to-acquire-codecademy-a-leading-platform-for-learning-high-demand-technical-skills-creating-a-worldwide-community-of-more-than-85-million-learners\" rel=\"noopener\">株式と現金を合わせて</a>5億2500万ドル(約600億円)で買収され、教育テクノロジー分野における新たな統合の一例となった。</p>\n<p>Codecademyの売却は、同社が<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/02/23/codecademy-series-d/\" rel=\"noopener\">4000万ドル(約45億7000万円)のシリーズD資金調達</a>を実施し、一般消費者向けの製品展開をより企業顧客向けに提供するように方向転換してから約1年後に行われた。</p>\n<p>当時のCEOで創業者のZach Sims(ザック・シムズ)氏は、この資金を企業買収やインドでの事業展開、そして軌道に乗り始めた企業顧客向け事業の拡大に使用すると述べていた。この日、シムズ氏は「何も変わっていない」と語っているが、しかし、Skillsoftと力を合わせることで「Codecademyを独立して運営するよりも、さらに急速に拡大させることができる」と気づいた。この会社は、数多くの他のオファーを断ったと、同氏は述べている。</p>\n<p>「多くの教育企業の未来は、消費者と教育をミックスしたものであると、私は考えています。私たちは今回、消費者向けテクノロジー教育のリーダーと、企業向け教育のリーダーを一緒にすることで、新たなフルスタックのリーダーを誕生させることになります」と、シムズ氏は語る。「それは、他社が太刀打ちできないものです」。</p>\n<p>シムズ氏は、Codecademyの最新の評価額については明かさなかった。現時点では、この買収による解雇は発生していない。</p>\n<p>Skillsoftは数十年の歴史を持つテクノロジー企業で、企業や法人向けのソフトウェアと教育プログラムの構築でその名前が知られている。同社は2021年初めに、SPAC(特別買収目的会社)である<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/02/17/pandemic-era-growth-and-spacs-are-helping-edtech-startups-graduate-early/\" rel=\"noopener\">Churchill Capital(チャーチル・キャピタル)との合併を通じて株式を公開</a>した。この上場は、教育関連企業としては異例だが、その前には波乱の時期があったのだ。Skillsoftは2020年6月に<a target=\"_blank\" href=\"https://www.wsj.com/articles/skillsoft-to-go-public-in-spac-acquisition-after-bankruptcy-11602605308\" rel=\"noopener\">破産申請を行い</a>、2カ月後には「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.businesswire.com/news/home/20200827005604/en\" rel=\"noopener\">迅速に</a>」再編を行って破産から脱却した。</p>\n<p>現在、SkillsoftはB2B教育分野の大企業だ。フォーチュン1000社の75%が同社製品の顧客であり、オンライン学習、トレーニング、人材管理など、幅広い分野で製品を提供している。一方、Codecademyは、この数年間ずっとキャッシュフローが黒字であると主張している。直近では、年間経常収益が5000万ドル(約57億2000万円)と報告されており、この数字は2018年から倍増している。</p>\n<p>今回の売却は、強力なユーザーベースを成長させ、最終的にはその知名度を利用して企業との取引(およびより安定した顧客)に着地するという、消費者向けの教育テクノロジー企業によく見られる月並みな軌道をなぞるものだ。その先頭に立つのはUdemy(ユーデミー)とCoursera(コーセラ)で、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/28/employers-are-consumer-edtechs-next-beta-test/\" rel=\"noopener\">最近ではMasterClass(マスタークラス)やOutschool(アウトスクール)などの会社もそれに加わっている</a>。消費者向け教育ビジネスで最も人気の高いDuolingo(デュオリンゴ)も、パートナーシップや学校と連携して企業向け事業を展開している。</p>\n<p>Codecademyの場合、学生や社員がよりインタラクティブな環境でコードの書き方を学ぶことを長年サポートしてきたが、企業向けへの移行はまったく議論の余地のないものだった。というのも、同社は同じサービスを、従業員のトレーニングや再教育に使いたいと考える企業に販売していたからだ。Codecademyは、サービス開始から1年間で600社の有料顧客を獲得したが、その半数は銀行やコンサルティング会社、中小企業などの非テクノロジー企業だった。</p>\n<p>Skillsoftに合併されることで、Codecademyは親会社の持つB2B分野での存在感と能力を活用することができる。</p>\n<p>「私たちは、個人で学習している人も、企業内で学習している人も、すべての人のキャリア全体をサポkillsoftートできる、真にエンド・ツー・エンドの技術学習プラットフォームを構築したいと考えています」と、シムズ氏はいう。両プラットフォームを合わせると、8500万人のユーザーが学んでいることになる。</p>\n<p>Codecademyは、Skilsoftの買収攻勢の中で最も新しく、最も高価なものだ。同社は上場以来、<a target=\"_blank\" href=\"https://investor.skillsoft.com/news-events/press-releases/detail/325/skillsoft-acquires-pluma-to-expand-leadership-development\" rel=\"noopener\">エグゼクティブ・コーチング・プラットフォーム</a>のPluma(プルマ)と、ITおよびスキル開発プラットフォームのGlobal Knowledge(グローバル・ナレッジ)を買収している。</p>\n<p><small>画像クレジット:</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/23/codecademy-sends-it-with-skillsoft-in-a-525m-deal/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Mascarenhas、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-1248425768.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 464596,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 464596,
            "tagId": 264,
            "tag": {
              "id": 264,
              "slug": "learning",
              "name": "学習(用語)",
              "description": "学習に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464596,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464596,
            "tagId": 62913153,
            "tag": {
              "id": 62913153,
              "slug": "codecademy",
              "name": "Codecademy(企業・サービス)",
              "description": "学生や社員がよりインタラクティブな環境でコードの書き方を学ぶことを長年サポートしてきたコーディング学習プラットフォームを提供する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 464596,
            "tagId": 366271455,
            "tag": {
              "id": 366271455,
              "slug": "coding",
              "name": "コーディング(用語)",
              "description": "コーディングに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 464596,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 464596,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464596,
            "tagId": 681521236,
            "tag": {
              "id": 681521236,
              "slug": "b2b",
              "name": "B2B(用語)",
              "description": "B2Bに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464596,
            "tagId": 692516658,
            "tag": {
              "id": 692516658,
              "slug": "skillsoft",
              "name": "Skillsoft(企業)",
              "description": "企業や法人向けのソフトウェアと教育プログラムの構築で知られる老舗テクノロジー企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 464356,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 464356,
        "slug": "2021-12-22-despite-scrapped-ipo-babbel-sees-fast-growth-for-its-language-learning-service",
        "createdAt": "2021-12-23T08:15:49.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-23T08:01:17.000Z",
        "title": "IPOは中止になったが、Babbelの語学学習サービスは急成長中",
        "content": "<p>ベルリンを拠点とする語学学習サービスの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.babbel.com/\" rel=\"noopener\">Babbel</a>(バベル)は、2021年9月下旬にフランクフルト証券取引所でIPOを行う予定だった。しかし、IPOのほんの数日前に、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/article/babbel-ipo/language-learning-app-babbel-postpones-its-frankfurt-ipo-idUSKBN2GH23Y\" rel=\"noopener\">上場は中止された</a>。当時、世界の株式市場を非常に神経質にした中国「恒大集団」の債務危機の状況を嫌ったためだ。新しいIPOの日付はまだ発表されていいないが、BabbelのCEOであるArne Schepker(アーネ・シェプカー)氏が私にいうように、同社は引き続き市場を観察している。</p>\n<p>しかしIPOの中止は誰にとっても予想外だった。「取り組んでいたチームにとってはがっかりするできごとでした。長く熱心に働いていたからです。私たちは本当によくやっていました」とシェプカー氏は語った。「私たちは予定をこなし、正しい軌道に乗り、100人以上の関心の高い投資家に出会い、すばらしいフィードバックを得ていたのです、その最中に恒大集団の状況が明らかになり、IPO市場のほとんどが止まってしまいました。進むべきか、退くべきか。私たちは、その市場に参入すべきか否かという非常に意識的な決断に直面したのです」。</p>\n<p>シェプカー氏は、Babbelが十分な資金を持っていて、銀行に十分な現金を保有していることに加え、必要ならば製品への投資や買収を続けるための他の資金調達の選択肢があることから、同社が正しい決断を下したと確信している。</p>\n<div id=\"attachment_464365\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/wp-content/uploads/2021/12/PR_2101_SessionWithMaterial_DEUENG.png\" rel=\"noopener\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-464365\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-464365 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"728\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png 1440w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?resize=300,213 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?resize=768,546 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?resize=1024,728 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?resize=563,400 563w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?resize=400,284 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?resize=738,525 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?resize=506,360 506w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?resize=220,156 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?resize=242,172 242w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?resize=176,125 176w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?resize=125,89 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?resize=84,60 84w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?resize=776,552 776w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?resize=516,367 516w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-33-1.png?resize=50,36 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></a><p id=\"caption-attachment-464365\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット: Babbel</p></div>\n<p>同社の最も急成長しているビジネスの1つは、サービスのアプリベースの語学学習ツールを強化する「ライブ」クラスだ。2021年初めにリリースされた<a target=\"_blank\" href=\"https://www.babbel.com/live\" rel=\"noopener\">Babbel Live</a>(バベル・ライブ)は、2021年の後半には上半期と比較してサブスクリプションでは300%、収益では400%増加した。数万人の学習者を抱えるBabbel Liveは、毎月1万5000のクラスを提供しているが、シェプカー氏によれば、学習者の約25%が、ライブプラットフォームを導入ポイントとしており、残りの75%がアプリから使い始めているという。</p>\n<p>Babbel Liveと同社のB2B Babbel for Business(バベル・フォー・ビジネス)サービスは、現在、同社の収益の9%を占めている。また、ビジネス全体も好調で、11月の請求可能な売上高は2020年から30%増加して2000万ドル(約22億8000万円)を超えている。</p>\n<p>シェプカー氏によれば、そのことと、質の高い製品で定評があることが重なり、同社は優秀な教師を採用できるのだという。「私たちはイノベーションのフロンティアを押し広げ、人間の知性と人工知能を、常に最大限に活用しようとしています。このように、私たちは完全に人間依存でもなく、完全にテクノロジー依存でもないために、それが私たちのライブ教室の教師の方々にとって魅力的なのだと思います」と彼はいう。</p>\n<div id=\"attachment_464366\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-464366\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-464366 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"728\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png 1440w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?resize=300,213 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?resize=768,546 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?resize=1024,728 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?resize=563,400 563w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?resize=400,284 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?resize=738,525 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?resize=506,360 506w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?resize=220,156 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?resize=242,172 242w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?resize=176,125 176w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?resize=125,89 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?resize=84,60 84w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?resize=776,552 776w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?resize=516,367 516w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-15-13-36.png?resize=50,36 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-464366\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Babbel</p></div>\n<p>同社のB2B側をみてみると、Babbelは11月には5000人の新規企業学習者を登録し、現在1000社を超える企業と協力している。Babbelがこちらのビジネスを構築するのにはある程度の時間がかかっている、このビジネスは長い間ドイツでしか利用できず、最近イタリアに拡大したばかりだ。すぐに他のヨーロッパ市場、そして米国にも拡大することが計画されている。シェプカー氏は、企業の語学学習は語学学習市場全体の約3分の1を占めているため、これは同社にとってかなりの成長の機会であると述べている。</p>\n<p>今後のことを見るなら、Babbelチームは、さまざまなプラットフォーム間でより良い統合を行う手段を具体的に検討している。これにより、Babbel Liveの教師は、例えばクラスとクラスの間で生徒がアプリで何を学んだかを確認できる。Babbelのポッドキャスト、アプリ内ゲーム、その他の導入ポイントに加えて、同社はすでに言語学習ツールの非常に豊富なエコシステムを提供している。現在の問題は、それらすべてをよりまとまりのあるプラットフォームにするにはどのようにすればよいかということだ。</p>\n<p>「ユーザーの方々は独自の学習方法のエコシステムをつなぎ合わせる傾向がありますが、私はその状況をクリエイティブな混沌と呼んでいます。なぜなら私たちはそれを実際に行う手法を学んではいませんし、実際に統合もされていないからです」とシェプカー氏は述べている。「例えば異なる学習方法は、私が教室に足を踏み入れたときに、私がアプリで何をしていたかを知って活用することはできません。それは、学習者にとっても教師にとっても、そして語学学習会社としての私たちにとっても、エコシステムの中に見出すことができる付加価値なのです。私たちが学習者のエコシステムをまとめてあげることで、学習の旅を実際に進めて行くことができるのです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Babbel</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/22/despite-scrapped-ipo-babbel-sees-fast-growth-for-its-language-learning-service/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文: Frederic Lardinois、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/babbel-office.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 464356,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 464356,
            "tagId": 7977,
            "tag": {
              "id": 7977,
              "slug": "berlin",
              "name": "ベルリン(国・地域)",
              "description": "ベルリンに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464356,
            "tagId": 56130,
            "tag": {
              "id": 56130,
              "slug": "language-learning",
              "name": "語学学習(用語)",
              "description": "語学学習に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464356,
            "tagId": 83700,
            "tag": {
              "id": 83700,
              "slug": "babbel",
              "name": "Babbel(企業・サービス)",
              "description": "ベルリンのオンライン言語学習プラットフォーム。"
            }
          },
          {
            "postId": 464356,
            "tagId": 1014919,
            "tag": {
              "id": 1014919,
              "slug": "germany",
              "name": "ドイツ(国・地域)",
              "description": "ドイツに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464356,
            "tagId": 692509510,
            "tag": {
              "id": 692509510,
              "slug": "ipo",
              "name": "新規上場 / IPO(用語)",
              "description": "新規上場 / IPOに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 463901,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 463901,
        "slug": "2021-12-20-melbourne-based-edtech-startup-vivi-raises-20m-to-accelerate-overseas-expansion-in-race-to-reach-1m-classrooms",
        "createdAt": "2021-12-21T01:45:02.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-21T01:42:46.000Z",
        "title": "メルボルンのEdtechスタートアップViviが約22億円調達、100万教室達成に向け海外展開を加速",
        "content": "<p>オーストラリアのEdtechスタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://www.vivi.io/\" rel=\"noopener\">Vivi</a>(ヴィヴィ)は、教育インベスターのQuad Partners(クアッド・パートナーズ)から2000万ドル(約22億円)を調達した。この資金は、プラットフォームの改善、運営インフラのアップグレード、米国、ヨーロッパ、アジアでの営業・マーケティングチームの増員などに充てられる予定だ。</p>\n<p>Viviは2020年、ニューヨークのRiverside Acceleration Capital(リバーサイド・アクセラレーション・キャピトル)とオーストラリアの投資家シンジケートから<a target=\"_blank\" href=\"https://www.bloomberg.com/press-releases/2020-01-23/vivi-partners-with-riverside-acceleration-capital-in-latest-round-of-funding?sref=gni836kR\" rel=\"noopener\">430万ドル</a>(約4億8800万円)を調達しており、今回の資金調達により5年間で総額2430万ドル(約27億5700万円)を達成することになる。</p>\n<p>今回の新たな投資により、同スタートアップは、1対1コンピューティングを利用する教育者の割合が最も高い米国を中心に、世界各地への海外展開を加速させることができる。</p>\n<p>1対1コンピューティングとは、学校や大学などの教育機関において、在籍するすべての生徒が電子機器を使用してインターネットやデジタル教材、デジタル教科書にアクセスできるようにすることを指す。</p>\n<p>Viviを利用することで、講師は動画や問題集などの教材を生徒に見せ、生徒は自分の端末でその内容に注釈をつけることができる。その他にも、デジタルサイネージ、緊急放送、形成的評価、学生の健康状態のチェックなど、さまざまな機能を備えている。</p>\n<p>ワイヤレスプレゼンテーションとスクリーンミラーリング技術を世界中の4万以上の教室に提供しており、今後5年間で100万の学習スペースに到達することを計画しているViviにとって米国は豊かな市場だ。</p>\n<p>「Viviは、非常にユニークな方法で海外に需要を生み出し、そのほとんどが口コミによるものです。Viviは、ポイントソリューションから包括的な学生参加型プラットフォームへと進化し、信じられないほど定着することが証明されています」と、Viviの創業者で執行会長のLior Rauchberger(ライオ・ラウフベルガー)博士は言った。</p>\n<p>「私たちの次の大きな目標は、できるだけ早く100万教室に導入することであり、Quadとの提携はそれを確実に加速させるでしょう」。</p>\n<p>特に米国は、14000近い学区、130000以上の幼稚園から高校まで、そして5000以上の大学からなる市場を提供しており、Viviにとって引き続き魅力的な市場だ。</p>\n<p>さらに、新型コロナウイルスの大流行の結果として、米国では教育に投入される連邦政府の資金が空前のものとなり、ノートパソコンやタブレット、携帯電話を持つ生徒の数が増加している。これは、ハイブリッド学習が全米で存在感を高めていることに起因している。</p>\n<p>「現在、私たちは特に米国において、大きな追い風を活用するために迅速に動いています。学校におけるテクノロジーイネーブルメントへの注目が急速に高まり、1対1の生徒用デバイスの比率が過去最高となり、スクリーンミラーリングの指導上および管理上の利点に対する認識が高まっている中、Viviをより多くの生徒、教育者、管理者の手にすばやく届けることができることに興奮しています」と、Viviの最高経営責任者であるNatalie Mactier(ナタリー・マクティエ)氏は同社の拡大計画について述べている。</p>\n<p>Viviは、生徒が自分の画面をクラスや小グループで即座に共有し、すぐにフィードバックできるシンプルで直感的な授業参画として、2016年に発売された。しかし、スタートアップの登場は2013年にさかのぼり、オーストラリアの起業家であるラウフベルガー博士が、クライアントのためにワイヤレスプレゼンテーションソリューションを探したことがきっかけだった。</p>\n<p>あらゆるデバイスに対応するコストパフォーマンスの高い製品が見つからず、イノベーションに着手し、3年後、ラウフベルガー博士とスタートアップの専門家Simon Holland(サイモン・ホランド)氏、Papercloud Ventures(ペーパークラウド・ヴェンチャーズ)の技術指導者Tomas Spacek(トーマス・スペースク)氏とのパートナーシップでViviは誕生した。</p>\n<p>現在、Viviはオーストラリア、ヨーロッパ、中東、東南アジア、アメリカ大陸の12カ国で展開されている。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.prnewswire.com/news-releases/edtech-market-to-grow-by-usd-112-39-bn-from-2020-to-2025evolving-opportunities-with-alphabet-inc--blackboard-inc17000-technavio-reports-301412825.html\" rel=\"noopener\">2020年から2025年にかけて世界のEdtech市場は1123億ドル</a>(約12兆7500億円)増加し、そのうち46%は北米で生まれると予想されているため、ViviはAirtame(エアタイム)、Eupheus(エフェウス)、Coorpacademy(クーパカデミー)、Droplr(ドロップラー)といった競合と国際展開で競い合っている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Miles Wilson / Vivi</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/20/melbourne-based-edtech-startup-vivi-raises-20m-to-accelerate-overseas-expansion-in-race-to-reach-1m-classrooms/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Annie Njanja、翻訳:Yuta Kaminishi)</p>\n",
        "authorId": 191889573,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/VIVI.jpg",
        "author": {
          "id": 191889573,
          "slug": "yuta-kaminishi",
          "name": "Yuta Kaminishi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 463901,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 463901,
            "tagId": 363277264,
            "tag": {
              "id": 363277264,
              "slug": "school",
              "name": "学校(用語)",
              "description": "学校に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463901,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 463901,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 463901,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463901,
            "tagId": 366276375,
            "tag": {
              "id": 366276375,
              "slug": "australia",
              "name": "オーストラリア(国・地域)",
              "description": "オーストラリアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463901,
            "tagId": 674897883,
            "tag": {
              "id": 674897883,
              "slug": "melbourne",
              "name": "メルボルン(国・地域)",
              "description": "メルボルンに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463901,
            "tagId": 692516588,
            "tag": {
              "id": 692516588,
              "slug": "one-to-one-computing",
              "name": "1対1コンピューティング(用語)",
              "description": "学校や大学などの教育機関において、在籍するすべての生徒が電子機器を使用してインターネットやデジタル教材、デジタル教科書にアクセスできるようにすること。"
            }
          },
          {
            "postId": 463901,
            "tagId": 692516589,
            "tag": {
              "id": 692516589,
              "slug": "vivi",
              "name": "Vivi(企業)",
              "description": "メルボルンのEdtechスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 463778,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 463778,
        "slug": "monoxer-fundraising-2",
        "createdAt": "2021-12-20T03:10:43.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-20T03:10:43.000Z",
        "title": "記憶定着のための学習プラットフォームMonoxerを手がけるモノグサが約18.1億円のシリーズB調達",
        "content": "<p>記憶定着のための学習プラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://corp.monoxer.com/service/\" rel=\"noopener\">Monoxer</a>」(モノグサ。<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=com.monoxer\" rel=\"noopener\">Android版</a>・<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/jp/app/id1288435689\" rel=\"noopener\">iOS版</a>)を提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://corp.monoxer.com/\" rel=\"noopener\">モノグサ</a>は12月20日、シリーズBラウンドにおいて、第三者割当増資による総額約18億1000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、新たなリード投資家のGlobal Brain、またZ Venture Capital、米国セールスフォース・ドットコムの投資部門Salesforce Venturesおよび既存株主WiL、UB Ventures。</p>\n<p>2016年8月設立のモノグサは「記憶を日常に。」をミッションとして掲げ、人々の知的活動の根幹を担う記憶領域でイノベーションを起こすべく、事業を推進してきた。現在はMonoxerを提供しており、塾や学校を中心とした教育機関において3400以上の教室で活用されているという。</p>\n<p>またMonoxerでは通算8億回以上学習されており、ユーザーによって作成されたBook(問題集)の数は26万以上に上る。学習内容も漢字や英語、社会や理科の知識事項を中心に、幅広い科目や分野となっているという。Book活用範囲の広がりとともに、中国語教室などの語学教室、美容・医療系専門学校、従業員のスキルアップに力を入れる一般法人、外国人労働者の就労を支援する人材企業など、国内外の様々な組織で活用されるようになった。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-463782\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?w=1024\" alt=\"記憶定着のための学習プラットフォームMonoxerを手がけるモノグサが約18.1億円のシリーズB調達\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg 1999w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-002.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-463783\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?w=1024\" alt=\"記憶定着のための学習プラットフォームMonoxerを手がけるモノグサが約18.1億円のシリーズB調達\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg 1999w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-003.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>調達した資金は、プロダクト開発・人材採用への積極投資を行い、Monoxerの提供領域の拡張を推進する。今後は学校と塾といった横の連携に加えて、大学や専門学校、企業など縦の連携を深め、ユーザーを生涯に渡って支援するプラットフォームとなるべく、さらなる事業推進に務めるという。</p>\n<h3>調達資金の使途</h3>\n<ul>\n<li><strong>公教育への展開</strong>:公立高校で導入され、大阪府羽曳野市・岡山県津山市など複数自治体での実証でも成果が出ていることから、今後より多くの公教育における活用を推進する</li>\n<li><strong>専門学校や大学など高等教育領域</strong>:看護師・理学療法士の国家資格取得に向けた利用など、専門学校や大学での活用が進んでいることから、より広い分野での専門的な知識習得における活用を推進</li>\n<li><strong>社会人教育領域</strong>:Monoxerはリモートでの研修が可能であり、各個人のスキル・知識の定着度を可視化できるため、今の時代に合った社員育成プロセスの構築が可能という。また、近年注目が高まるリカレント教育やリスキリングにも応用できるものとしている</li>\n<li><strong>日本国外</strong>:フィリピン、インドネシア、モンゴルなど日本国外でも活用事例が増えていることから、中長期的には日本国外への展開も推進する</li>\n</ul>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-003-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 463778,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 463778,
            "tagId": 264,
            "tag": {
              "id": 264,
              "slug": "learning",
              "name": "学習(用語)",
              "description": "学習に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463778,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 463778,
            "tagId": 366272947,
            "tag": {
              "id": 366272947,
              "slug": "remote-work",
              "name": "リモートワーク / テレワーク(用語)",
              "description": "在宅勤務、テレワークをサポートする、ビデオ会議サービス、IP電話、オンラインのタスク管理システムなど、リモートワークツールやサービスの最新ニュース。"
            }
          },
          {
            "postId": 463778,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463778,
            "tagId": 366280637,
            "tag": {
              "id": 366280637,
              "slug": "monoxer-corp",
              "name": "モノグサ(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 463778,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 463778,
            "tagId": 692516567,
            "tag": {
              "id": 692516567,
              "slug": "reskilling",
              "name": "リスキリング(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 463778,
            "tagId": 692516568,
            "tag": {
              "id": 692516568,
              "slug": "recurrent-education",
              "name": "リカレント教育(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 463132,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 463132,
        "slug": "2021-12-15-educate-online-which-allows-remote-learning-at-international-schools-raises-4m-seed",
        "createdAt": "2021-12-16T00:00:26.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-15T23:41:15.000Z",
        "title": "海外の学校へのリモート留学を可能にするEducate Onlineが約4.5億円のシード資金を調達",
        "content": "<div id=\"attachment_463137\" style=\"width: 868px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-463137\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-463137 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg?w=858\" alt=\"\" width=\"858\" height=\"604\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg 858w, /wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg?resize=300,211 300w, /wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg?resize=768,541 768w, /wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg?resize=568,400 568w, /wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg?resize=400,282 400w, /wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg?resize=738,520 738w, /wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg?resize=511,360 511w, /wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg?resize=220,155 220w, /wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg?resize=244,172 244w, /wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg?resize=178,125 178w, /wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg?resize=125,88 125w, /wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg?resize=85,60 85w, /wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg?resize=784,552 784w, /wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg?resize=521,367 521w, /wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg?resize=50,35 50w\" sizes=\"(max-width: 858px) 100vw, 858px\" /><p id=\"caption-attachment-463137\" class=\"wp-caption-text\">Educate Onlineのチーム</p></div>\n<p>学生と国際的な教育機会を結びつける<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/15/2021-12-13-studyfree-an-international-student-scholarships-and-grants-platform-raises-3m-seed/\" rel=\"noopener\">StudyFree(スタディーフリー)</a>が300万ドル(約3億4000万円)のシードラウンドを調達したことを知ったのは、今週始めのことだった。しかし、さらに従来のコースに合格すること以上のものが存在する。パンデミックによって教育はリモート産業と化し、テック系スタートアップ企業はこれに対応した。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.educate-online.io/\" rel=\"noopener\">Educate Online</a>は、留学生が英国、米国、カナダの学校で勉強できるようにするプラットフォームだが、ひとひねりある。外国に移住したり、それにともなう関連費用を負担したりすることなく、すべてオンラインで、遠隔地から、フルタイムまたはパートタイムで学習することができるのだ。</p>\n<p>現在、Xploration Capital(エクスプロレーション・キャピタル)、TMT Investments(TMTインベストメント)、Flyer One Ventures(フライヤー・ワン・ベンチャーズ)、Softline(ソフトライン)、Angelsdeck(エンジェルズデック)から400万ドル(約4億5400万円)のシード資金を調達している。</p>\n<p>過去12カ月の間に、18カ国から2500人の生徒が集まり、幼稚園から高校までの学習、ESOL、キャリア模索、大学進学準備、インターンシップやメンタープログラムをカバーしているという。</p>\n<p>このプラットフォームでは、学生がキャンパス内のサマープログラムやセメスタープログラムに参加するオプションも提供している。現在、LATAM(ラテンアメリカ)、アジア、中東での展開を計画している。</p>\n<p>競合には、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.transitionsabroad.com/publications/magazine/0507/schooling_children_abroad.shtml\" rel=\"noopener\">Transitions Abroad(トランジションズ・アブロード)</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://smapse.com/how-to-choose-a-school-abroad-for-a-child/\" rel=\"noopener\">Smapse(スマプス)</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://academicfamilies.com/agents-international-student-recruitment/\" rel=\"noopener\">Academic Families(アカデミック・ファミリーズ)</a>など、まだオフライン教育に重点を置いている代理会社がある。</p>\n<p>Educate Onlineの共同創業者兼CEOであるAlexander Zheltov(アレクサンダー・ゼルトフ)氏は「Educate Onlineは2018年に設立され、それ以来、4歳から19歳までの4000人以上の子どもたちをトップスクールに斡旋してきました。新型コロナウイルスの流行後、オンライン教育への関心が高まっていたため、オンライン教育へのハードピボットを行いました。2020年には5.5倍に成長し、今後も前年比3~5倍の成長を見込んでいます」と述べている。</p>\n<p>Xploration CapitalのマネージングパートナーであるEugene Timko(ユージン・ティムコ)氏は「学校は歴史的に非常にローカルな運営をしてきました。主に海外キャンパスや現地での提携を通じて、海外に進出しているところはほとんどありません。そのため、国際的な学校教育の可能性はかなり制限されています。Educate Onlineは、既存の学校のインフラを補完する有力なオンライン層となり、現在の国境を越えた教育市場を大幅に拡大する可能性があります」と述べている。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/15/educate-online-which-allows-remote-learning-at-international-schools-raises-4m-seed/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Mike Butcher、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/Educate-Online-team-1.jpg",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 463132,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 463132,
            "tagId": 264,
            "tag": {
              "id": 264,
              "slug": "learning",
              "name": "学習(用語)",
              "description": "学習に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463132,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 463132,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 463132,
            "tagId": 366272516,
            "tag": {
              "id": 366272516,
              "slug": "study-abroad",
              "name": "留学 / 留学生(用語)",
              "description": "留学 / 留学生に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463132,
            "tagId": 692516520,
            "tag": {
              "id": 692516520,
              "slug": "educate-online",
              "name": "Educate Online(企業)",
              "description": "留学生が英国、米国、カナダの学校でオンラインで勉強できるようにするプラットフォーム、それを提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 462947,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 462947,
        "slug": "2021-12-13-studyfree-an-international-student-scholarships-and-grants-platform-raises-3m-seed",
        "createdAt": "2021-12-15T00:15:37.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-15T00:09:13.000Z",
        "title": "留学生の奨学金・助成金プラットフォーム「StudyFree」が約3.4億円調達",
        "content": "<div id=\"attachment_462951\" style=\"width: 740px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-462951\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-462951 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/sfr.jpg?w=730\" alt=\"\" width=\"730\" height=\"486\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/sfr.jpg 730w, /wp-content/uploads/2021/12/sfr.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2021/12/sfr.jpg?resize=601,400 601w, /wp-content/uploads/2021/12/sfr.jpg?resize=400,266 400w, /wp-content/uploads/2021/12/sfr.jpg?resize=541,360 541w, /wp-content/uploads/2021/12/sfr.jpg?resize=220,146 220w, /wp-content/uploads/2021/12/sfr.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2021/12/sfr.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2021/12/sfr.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2021/12/sfr.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2021/12/sfr.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2021/12/sfr.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 730px) 100vw, 730px\" /><p id=\"caption-attachment-462951\" class=\"wp-caption-text\">StudyFreeの創業者ダーシャ・クロシキナ氏(画像クレジット:StudyFree)</p></div>\n<p>コミュニティ主導のB2C SaaSモデルで、学生と国際的な教育機会を結びつける<a target=\"_blank\" href=\"https://studyfree.com/\" rel=\"noopener\">StudyFree</a>は、I2BF Global Ventures、TMT Investments、Techstarsが主導して300万ドル(約3億4000万円)のシード投資ラウンドを行った。また、PandaDocのCEOであるMikita Mikado(ミキタ・ミカド)氏とGoogleの元製品担当ディレクターAndrey Doronichev(アンドレイ・ドロニチェフ)氏が参加している。StudyFreeは現在、合計360万ドル(約4億1000万円)の資金を獲得しています。新たな資金は、コミュニティの新規メンバー獲得、新市場への進出、マーケティング、プラットフォーム開発などに充てられる予定になっている。</p>\n<p>2018年11月に創業したStudyFreeは、学生生徒や他校の卒業生の大学や大学院への入学を支援し、奨学金や助成金をリストアップする。同社によると、プラットフォームを利用している国際的な学生生徒は計1030万ドル(約11億7000万円)相当の奨学金や助成金をもらい、米国やカナダ、ヨーロッパ、アジアなどの大学で勉強している。また、奨学金付きの様々な学位のプログラムを30万件以上提供し、9万人の学生が利用している。</p>\n<p>StudyFreeのCEOで創業者のDasha Kroshkina(ダーシャ・クロシキナ)氏は「私も小さな町に生まれて国際的に勉強したため、このような機会提供が何よりも重要なことを誰よりもよく知っています。推計では、海外の国際的な教育市場は毎年150万の学生を受け入れています」と述べている。</p>\n<p>StudyFreeの主な競争相手は、ユニコーンになった<a target=\"_blank\" href=\"https://www.applyboard.com/\" rel=\"noopener\">ApplyBoard</a>と従来からあるコンサルティングエージェンシーだが、StudyFreeが傑出しているのは学生たちの独立のコミュニティがメンターとして力を貸して入学を助け、外国での勉強の経験を提供していることだ。これらの卒業生たちは、自分が助けられたことのお返しをしたいという気持ちで、新しい学生たちのためのコミュニティイベントやネットワークをホストしている。同社のサービスの収益源は、サブスクリプションだ。</p>\n<p>PandaDocのCEOであるミキタ・ミカド氏は、次のように語る。「StudyFreeは国際的な大学入学サービスの先頭に立ち、今やその世界の指導的なエキスパートになっています。過去3年の成功率は98%にも達しています。アドバイスのプロセスを入学志願の全過程を通じてデジタル化したことだけでなく、人的資本とコミュニティをプロダクトの基盤にしたことで、国際的な進学に関するコンサルティングやアドバイスに関する市場を、同社は変えてしまいました」。</p>\n<p>クロシキナ氏は、Seedstarsが7年間やってきたグローバルなスタートアップコンペで、初めての女性の優勝者でもあり、またニューヨークのアクセラレータTechstarsやバークリーのSkyYDeckでも選ばれ、Techstarsからは2回投資されている。これまでの投資家には、Acrobator VCやBas Godskaのファンド、東西ヨーロッパに投資しているJoachim Laqueur(ヨアヒム・ラクール)氏、そしてChris Adelsbach(クリス・アデルスバッハ)氏らがいる。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/13/studyfree-an-international-student-scholarships-and-grants-platform-raises-3m-seed/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Mike Butcher、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/sfr.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 462947,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 462947,
            "tagId": 175823,
            "tag": {
              "id": 175823,
              "slug": "grant",
              "name": "助成金 / 補助金(用語)",
              "description": "助成金 / 補助金に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462947,
            "tagId": 364065523,
            "tag": {
              "id": 364065523,
              "slug": "scholarships",
              "name": "奨学金(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462947,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 462947,
            "tagId": 366272516,
            "tag": {
              "id": 366272516,
              "slug": "study-abroad",
              "name": "留学 / 留学生(用語)",
              "description": "留学 / 留学生に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462947,
            "tagId": 692516501,
            "tag": {
              "id": 692516501,
              "slug": "studyfree",
              "name": "StudyFree(企業)",
              "description": "コミュニティ主導のB2C SaaSモデルで、学生と国際的な教育機会を結びつける企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 461849,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 461849,
        "slug": "kyushu-univ-learning-analytics",
        "createdAt": "2021-12-07T07:06:43.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-07T07:06:43.000Z",
        "title": "九州大学とNTT西が教育ビッグデータで成果を分析するラーニングアナリティクス全国展開、広島市立大学で共同トライアル",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-461903\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?w=1024\" alt=\"九州大学とNTT西が教育ビッグデータを用い成果を分析するラーニングアナリティクスを全国展開へ、広島市立大学で共同トライアル\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg 1657w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-001.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><a target=\"_blank\" href=\"https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/\" rel=\"noopener\">九州大学</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.ntt-west.co.jp/\" rel=\"noopener\">NTT西日本</a>は12月6日、<a target=\"_blank\" href=\"http://la.kyushu-u.ac.jp/\" rel=\"noopener\">ラーニングアナリティクス</a>(学習分析:LA)技術を標準化し全国展開する手始めとして、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hiroshima-cu.ac.jp/\" rel=\"noopener\">広島市立大学</a>で共同トライアルを行うと発表した。</p>\n<p>LAとは、試験やアンケートのみに頼らず、教育・学習に関するビッグデータなどを用いて教育の成果を分析しようという研究領域。九州大学では、2021年4月に<a target=\"_blank\" href=\"http://la.kyushu-u.ac.jp/\" rel=\"noopener\">LAセンター</a>を設立し、教育データの分析を通じて教育と学修の改善を行っている(大学設置基準上、大学での学びは「学修」としているという。平成24年中央教育審議会答申「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.mext.go.jp/component/b_menu/shingi/toushin/__icsFiles/afieldfile/2012/10/04/1325048_1.pdf\" rel=\"noopener\">新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて~生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学~</a>」)。コロナ禍により、リモート授業やオンライン留学など大学の授業のあり方が変化したが、この流れはコロナ収束後も後戻りすることはないとされる。さらにDXの推進による効果的な学修が求められるなど、新しい大学教育の形が求められている。そんな中で、LAに大きな役割が期待される。</p>\n<p>そこで九州大学は、NTT西日本と共同でLA技術を活用した「個人の主体的な学修や個別最適化された学修指導」と「特色ある学校づくり」による大学教育のDXを支援する取り組みを始めた。これを全国に展開する最初の試みとして、広島市立大学を実証フィールドとした共同トライアルを2022年4月~2023年3月の1年間行うことにした。</p>\n<p>この取り組みにおいて、九州大学は最先端のLA研究や取り組みに基づくアドバイスを行い、NTT西日本は九州大学のLAの取り組みの可視化と分析手法の標準化などを行う。さらに、NTTのAI技術を組み合わせ、電子教科書を活用したLAサービスのプロトタイプ提供、このトライアルで得られた成果や知見をサービス化なども行う。そして広島市立大学は、標準化されたLAの仕組みや電子教科書を使用して、データ収集やフィードバックを行うなどとしている。</p>\n<p>今後、広島市立大学ではトライアル後のLAの本格導入を目指し、九州大学とNTT西日本はさらなる研究とサービスの本格提供化を進め、全国の高等教育機関のDXに貢献するとのことだ。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-07-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 461849,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 461849,
            "tagId": 366271482,
            "tag": {
              "id": 366271482,
              "slug": "bigdata",
              "name": "ビッグデータ(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 461849,
            "tagId": 366273122,
            "tag": {
              "id": 366273122,
              "slug": "kyushu-university",
              "name": "九州大学(組織)",
              "description": "九州大学に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461849,
            "tagId": 692508985,
            "tag": {
              "id": 692508985,
              "slug": "ntt-west",
              "name": "NTT西日本(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 461849,
            "tagId": 692515013,
            "tag": {
              "id": 692515013,
              "slug": "hiroshima-city-university",
              "name": "広島市立大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 461849,
            "tagId": 692516416,
            "tag": {
              "id": 692516416,
              "slug": "learning-analytics",
              "name": "ラーニングアナリティクス(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 461766,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 461766,
        "slug": "2021-12-06-apple-partners-with-boys-girls-clubs-of-america-to-launch-a-new-coding-program",
        "createdAt": "2021-12-07T00:15:09.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-06T23:59:02.000Z",
        "title": "アップルが新コーディングプログラム開始のためBoys &#038; Girls Clubs of Americaと提携",
        "content": "<p>Apple(アップル)は、全米の子どもたちやティーンエイジャーにコーディングの機会を提供することを目的とした新しいプログラムを開始するために<a target=\"_blank\" href=\"https://www.apple.com/newsroom/2021/12/apple-boys-and-girls-clubs-team-up-to-offer-coding-opportunities-to-kids-teens/\" rel=\"noopener\">Boys &amp; Girls Clubs of America(ボーイズ・アンド・ガールズ・クラブ・オブ・アメリカ)と提携した</a>。Appleの「Everyone Can Code」カリキュラムを使用して、Boys &amp; Girls Clubの子どもたちやティーンエイジャーは、活動の中にコーディングを取り入れることになる。Appleによると、この新しいコラボレーションにより、生徒たちはアプリのデザインと開発の基本を学び、創作する機会を得ることができるようになる。このプログラムは、批判的思考と創造的な問題解決に焦点を当てる。</p>\n<p>この新しいプログラムは、まずアトランタ、テキサス州オースティン、ワシントンD.C.、フロリダ州マイアミ・デイド郡、ノースカロライナ州ウェイク郡、シリコンバレーなど、10の地域で開始され、その後、コーディングの機会を全国のクラブに拡大していくことを目標としている。すでに、ニュージャージー州アトランティックシティ、シカゴ、デトロイト、テネシー州ナッシュビル、ニュージャージー州ニューアークでサービスを開始している。</p>\n<div id=\"attachment_461768\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-461768\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-461768\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"738\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg 1384w, /wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg?resize=300,216 300w, /wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg?resize=768,554 768w, /wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg?resize=1024,738 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg?resize=555,400 555w, /wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg?resize=400,288 400w, /wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg?resize=738,532 738w, /wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg?resize=499,360 499w, /wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg?resize=220,159 220w, /wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg?resize=141,102 141w, /wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg?resize=239,172 239w, /wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg?resize=173,125 173w, /wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg?resize=125,90 125w, /wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg?resize=83,60 83w, /wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg?resize=765,552 765w, /wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg?resize=509,367 509w, /wp-content/uploads/2021/12/Apple_curiosity-stem-day_Stem-map_12062021_big.jpg.medium_2x.jpg?resize=50,36 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-461768\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Apple</p></div>\n<p>「Boys &amp; Girls Clubs of Americaと協力して、何千人もの学生に革新的なテクノロジーの体験を提供してきました、そして、私たちは、Swiftによるコーディングを国内のさらに多くのコミュニティに提供するためこのパートナーシップを拡大することをうれしく思っています」とAppleの環境・政策・社会的イニシアチブ担当副社長であるLisa Jackson(リサ・ジャクソン)氏は、今回の発表に関する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.apple.com/newsroom/2021/12/apple-boys-and-girls-clubs-team-up-to-offer-coding-opportunities-to-kids-teens/\" rel=\"noopener\">プレスリリース</a>の中で述べた。</p>\n<p>この最新の取り組みは、Appleの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.apple.com/racial-equity-justice-initiative/\" rel=\"noopener\">Racial Equity and Justice Initiative</a>(人種的公平と正義のイニシアチブ)を支援するCommunity Education Initiative(コミュニティ・エデュケーション・イニシアチブ)を通じたBoys &amp; Girls Clubs of Americaとの既存のパートナーシップに基づいている。</p>\n<p>Appleの「Everyone Can Code」カリキュラムの最新の拡張は、新しい「Everyone Can Code Early Learners」アクティビティガイドを含む、小学生向けの新しいリソースを<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/06/2021-10-05-apple-launches-new-coding-guide-for-elementary-school-students/\" rel=\"noopener\">発表</a>してから2カ月後に行われた。最近発表されたガイドは、Appleのカリキュラムリソースを幼稚園から大学まで拡大するものだ。「Everyone Can Code Early Learners」ガイドによって、幼稚園から小学校3年生までの生徒は、音楽、美術、科学、体育などの複数の科目を通じて、コーディングの中核となる概念の基礎を築くことができる。</p>\n<p>関連記事<br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/06/2021-10-05-apple-launches-new-coding-guide-for-elementary-school-students/\" rel=\"noopener\">アップルが小学生向けの新しいコーディングアクティビティガイドを発表</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2019/11/21/2019-11-20-apple-expands-and-updates-its-everyone-can-code-program/\" rel=\"noopener\">アップルのプログラミング体験集会「Everyone Can Code」が大幅拡張</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2020/07/11/2020-07-09-apple-expands-its-free-coding-courses-and-materials-for-educators/\" rel=\"noopener\">アップルが教育者向けにSwiftとXcodeが学べる無料のプログラミング教材を拡充</a></p>\n<p>同社は、Everyone Can Codeプログラムを年々拡大し、より多くの年齢層で利用できるようにしてきた。2019年に、Appleは学生がコンセプトを試してみることを目的としている<a target=\"_blank\" href=\"/2019/11/21/2019-11-20-apple-expands-and-updates-its-everyone-can-code-program/\" rel=\"noopener\">Everyone Can Code Puzzlesというプログラム</a>を開始した。2020年、Appleは、より高度なコーディングアクティビティを行うプログラム<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/07/09/apple-expands-its-free-coding-courses-and-materials-for-educators/\" rel=\"noopener\">Everyone Can Code Adventuresを開始した</a>。</p>\n<p><small>画像クレジット:Apple</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/06/apple-partners-with-boys-girls-clubs-of-america-to-launch-a-new-coding-program/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Yuta Kaminishi)</p>\n",
        "authorId": 191889573,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/apple-swift-header.jpg",
        "author": {
          "id": 191889573,
          "slug": "yuta-kaminishi",
          "name": "Yuta Kaminishi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 461766,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 461766,
            "tagId": 1343,
            "tag": {
              "id": 1343,
              "slug": "children",
              "name": "子ども / 子ども向け(用語)",
              "description": "子ども / 子ども向けに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461766,
            "tagId": 72646,
            "tag": {
              "id": 72646,
              "slug": "teenager",
              "name": "ティーンエイジャー / 10代(用語)",
              "description": "ティーンエージャー / 10代に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461766,
            "tagId": 366271455,
            "tag": {
              "id": 366271455,
              "slug": "coding",
              "name": "コーディング(用語)",
              "description": "コーディングに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 461766,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461766,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 461766,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 461635,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 461635,
        "slug": "scramble-robot-programing-course",
        "createdAt": "2021-12-06T11:45:35.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-06T11:45:35.000Z",
        "title": "京都府と連携、次世代ロボットエンジニア支援機構が3D CAD・ロボット分解組立講座やロボットプログラミング講座",
        "content": "<p>一般社団法人<a target=\"_blank\" href=\"https://scramble-robot.org/\" rel=\"noopener\">次世代ロボットエンジニア支援機構</a>(Scramble)は12月4日、京都府と連携し、中級以上のロボット技術を学びたい子どものためのロボット講座の開催を発表した。開催日時は、2022年1月9日が「3D CAD講座」および「ロボット分解組み立て講座」。2022年1月15日および16日が「ロボットプログラミング講座」。場所は、京都府精華町のけいはんなロボット技術センター。応募締め切りはそれぞれ2021年12月26日。</p>\n<p>Scrambleは、初心者向け講座では満足できない児童を対象に、ロボット競技会で世界一を目指す学生たちが講師を務める講座を2020年から展開。2022年も、3D CADの基本を学ぶ「3D CAD講座」と大型ロボットの分解と組み立てを体験する「ロボット分解組立講座」、ロボットの制御を学ぶ「ロボットプログラミング講座」の3つを開催する。なお、3D CADとロボット分解組み立て講座はセットで受講することになっている。</p>\n<h2>3D CAD講座とロボット分解組立講座</h2>\n<p>3D CAD講座では、企業での機械設計でも用いられる3D CADの基本的な使い方を学習する。ロボット分解組立講座では、Scramble所属の学生がロボット競技会用に作成した大型ロボットの分解・組み立をて実際に体験し、ロボットの機構や作り方について触れながら学ぶ。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/5D5OvPdHUO8?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>申し込みは「<a target=\"_blank\" href=\"https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe01NriIf6eccyfLyhA70KQW6hE6KyFJemYz74JlxOTl_ZjpQ/viewform\" rel=\"noopener\">3DCAD・ロボット分解組立講座 参加申込書</a>」から。新型コロナウイルス感染対策を行った上で開催される。上の動画は去年の様子。</p>\n<ul>\n<li>内容:<br />\n<strong>3DCAD講座</strong><br />\n・3D CAD(Fusion 360)、CAEの使い方を学ぶ<br />\n・3Dプリント用パーツのモデリングを行う<br />\n<strong>ロボット分解組立講座</strong><br />\n・ロボットコンテストに出場するロボットの構造を学ぶ<br />\n・同機構が製作したロボットの分解と組み立てを行いロボットの構造を学ぶ</li>\n<li>対象年齢:13歳~18歳</li>\n<li>応募人数:最大8名(応募者多数の場合は抽選)</li>\n<li>日時<br />\n・3DCAD講座:2021年1月9日10時~12時<br />\n・ロボット分解組立講座:2021年1月9日13時~18時</li>\n<li>会場:けいはんなオープンイノベーションセンター内けいはんなロボット技術センター(京都府相楽郡精華町精華台7丁目5−1)</li>\n<li>参加費:3D CAD講座は無料、ロボット分解組立講座は3000円(SNS投稿により1000円割引)</li>\n<li>持ち物:3D CAD「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.autodesk.co.jp/products/fusion-360/\" rel=\"noopener\">Fusion 360</a>」が動作するノートPC(Wi-Fi対応)、充電ケーブル、昼食。PCの動作環境は「<a target=\"_blank\" href=\"https://knowledge.autodesk.com/ja/search-result/caas/sfdcarticles/sfdcarticles/JPN/System-requirements-for-Autodesk-Fusion-360.html\" rel=\"noopener\">Autodesk Fusion 360 の動作環境</a>」参照</li>\n<li>応募締め切り:2021年12月26日</li>\n</ul>\n<h2>ロボットプログラミング講座</h2>\n<p>ロボットプログラミング講座では、DJIの教育用インテリジェントロボット「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.dji.com/jp/robomaster-s1\" rel=\"noopener\">RoboMaster S1</a>」を用いてロボット制御の基礎から画像処理の基礎までを2日間で習得する。RoboMaster S1は、<a target=\"_blank\" href=\"https://scratch.mit.edu/\" rel=\"noopener\">Scratch 3.0</a>およびPythonに対応している。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/Zy_y6DXgz5g?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>申し込みは「<a target=\"_blank\" href=\"https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeKqWlrOm-fqWoalPZOs9ZY4rkW7M7Z3C4Ra3oshvnJVXhDhQ/viewform\" rel=\"noopener\">ロボットプログラミング教室参加申込書</a>」から行う。</p>\n<ul>\n<li>内容<br />\n・ロボットを指定通りに走行させる<br />\n・ロボットに搭載されたカメラでマーカーを画像認識させる<br />\n・フィードバック制御を用いたマーカーの自動追従させる</li>\n<li>対象年齢:9歳〜15歳</li>\n<li>応募人数:最大6名(応募者多数の場合は抽選)</li>\n<li>日時:2022年1月15日と16日、いずれも10時〜16時</li>\n<li>会場:けいはんなオープンイノベーションセンター内けいはんなロボット技術センター(京都府相楽郡精華町精華台7丁目5−1)</li>\n<li>参加費:3000円(SNS投稿により1000円割引)</li>\n<li>持ち物:ノートPC(Wi-Fi対応)</li>\n<li>応募締め切り:2021年12月26日</li>\n</ul>\n<p>Scrambleは、日本のものづくりを担う次世代のエンジニアの育成、およびものづくり業界・文化の活性化をミッションに掲げる組織。ロボットコンテストを人材育成の場として活用し、様々なロボットコンテストに出場する学生・児童への製作費やメンター提供、ものづくりスペースの提供など多岐に渡る支援事業を実施している。また、学生・児童から現役エンジニアまで全世代のスキルアップ、初学者の参入障壁を下げる取り組み、非エンジニア層に向けた広報活動などを展開し、エンジニアに憧れてカッコいい職業に感じてもらい界隈の人口増加を狙う事業を展開している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-007-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 461635,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 461635,
            "tagId": 832,
            "tag": {
              "id": 832,
              "slug": "python",
              "name": "Python(製品・サービス)",
              "description": "グイド・ヴァン・ロッサム氏が開発したプログラミング言語。"
            }
          },
          {
            "postId": 461635,
            "tagId": 15939,
            "tag": {
              "id": 15939,
              "slug": "scratch",
              "name": "Scratch(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 461635,
            "tagId": 53449,
            "tag": {
              "id": 53449,
              "slug": "cad",
              "name": "CAD(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 461635,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461635,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461635,
            "tagId": 681521893,
            "tag": {
              "id": 681521893,
              "slug": "robomaster-s1",
              "name": "DJI RoboMaster S1(製品)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 461635,
            "tagId": 692516402,
            "tag": {
              "id": 692516402,
              "slug": "scramble",
              "name": "次世代ロボットエンジニア支援機構(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 461635,
            "tagId": 692516403,
            "tag": {
              "id": 692516403,
              "slug": "fusion-360",
              "name": "Autodesk Fusion 360(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 461621,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 461621,
        "slug": "minnano-code-attitude-survey",
        "createdAt": "2021-12-06T09:28:25.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-06T09:28:25.000Z",
        "title": "Google支援、みんなのコードが小中学校教員・生徒・保護者対象に「プログラミング教育実態調査」実施し報告書を公開",
        "content": "<p>特定非営利活動法人<a target=\"_blank\" href=\"https://code.or.jp/\" rel=\"noopener\">みんなのコード</a>は12月2日、Google支援の下、全国の学校教育における「プログラミング教育実態調査」を実施し、<a target=\"_blank\" href=\"https://speakerdeck.com/codeforeveryone/programmingeducationreport2021\" rel=\"noopener\">報告書</a>を公開した。この調査では小学校児童の7割以上が、「プログラミングは楽しかった」と回答している。その一方で、教える側の問題も明らかになった。</p>\n<p>・<a target=\"_blank\" href=\"https://speakerdeck.com/codeforeveryone/programmingeducationreport2021\" rel=\"noopener\">報告書</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"https://speakerdeck.com/codeforeveryone/programmingeducationreport2021-ele\" rel=\"noopener\">小学校教員の意識調査の単純集計結果</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"https://speakerdeck.com/codeforeveryone/programmingeducationreport2021-junior\" rel=\"noopener\">中学校教員の意識調査の単純集計結果</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"https://speakerdeck.com/codeforeveryone/programmingeducationreport2021-parents\" rel=\"noopener\">子どもと保護者の意識調査の単純集計結果</a></p>\n<p>これは、全国の小学校教員1037人、中学校教員1362人、小学校・中学校・高校の児童生徒とその保護者3000組を対象に行った定量調査と定性調査。中学校技術分野教員向けアンケート調査は、全日本中学校技術・家庭科研究会との共同で行われた。同時に、今後の日本の取り組みの参考にすべく、イングランド、オーストラリア、韓国、ケニアでのプログラミング教育の取り組みについても文献調査を行った。</p>\n<p>たとえば、こんな結果が出た。プログラミングのプロではなく、学校の先生が教えることで、児童・生徒にプログラミングへの苦手意識が芽生えるのではないかと心配する声があるものの、同調査では、小学生の73.8%が「プログラミングは楽しかった」と回答した。また、プログラミングを経験した児童生徒は、未経験の者と比較して、「将来プログラミングに関する仕事に就くか?」との質問に、小学生では2倍、高校生では3倍、前向きな回答をしていることもわかった。</p>\n<div id=\"attachment_461709\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-461709\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-461709\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?w=1024\" alt=\"Google支援、みんなのコードが日本全国の小中学校教員・児童・保護者対象に「プログラミング教育実態調査」実施し報告書を公開\" width=\"1024\" height=\"293\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg 2800w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?resize=300,86 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?resize=768,219 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?resize=1024,293 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?resize=1536,439 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?resize=2048,585 2048w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?resize=1400,400 1400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?resize=400,114 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?resize=738,211 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?resize=640,183 640w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?resize=220,63 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?resize=281,80 281w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?resize=250,71 250w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?resize=125,36 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?resize=1735,496 1735w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?resize=600,171 600w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-002.jpg?resize=50,14 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-461709\" class=\"wp-caption-text\">左端が小学生、中央が中学生、右端が高校生</p></div>\n<div class=\"slideshow slideshowify\">\n    <ol><li>\n            <div class=\"image\"><img data-thumb=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-003.jpg?w=80&amp;h=60&amp;crop=1\" data-trigger-notification=\"1\" data-scalable=\"false\" alt=\"\" data-src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-003.jpg?w=979\" data-tc-lazyload=\"deferred\" src=\"/wp-content/themes/techcrunch-jp-2015/assets/images/1x1.png\" /></div>\n            <h3 class=\"title\">Google支援、みんなのコードが日本全国の小中学校教員・児童・保護者対象に「プログラミング教育実態調査」実施し報告書を公開</h3>\n            <div class=\"caption\"></div>\n            <div class=\"credit\"></div>\n        </li><li>\n            <div class=\"image\"><img data-thumb=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-004.jpg?w=80&amp;h=60&amp;crop=1\" data-trigger-notification=\"1\" data-scalable=\"false\" alt=\"\" data-src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-004.jpg?w=917\" data-tc-lazyload=\"deferred\" src=\"/wp-content/themes/techcrunch-jp-2015/assets/images/1x1.png\" /></div>\n            <h3 class=\"title\">Google支援、みんなのコードが日本全国の小中学校教員・児童・保護者対象に「プログラミング教育実態調査」実施し報告書を公開</h3>\n            <div class=\"caption\"></div>\n            <div class=\"credit\"></div>\n        </li><li>\n            <div class=\"image\"><img data-thumb=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-004b.jpg?w=80&amp;h=60&amp;crop=1\" data-trigger-notification=\"1\" data-scalable=\"false\" alt=\"\" data-src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-004b.jpg?w=913\" data-tc-lazyload=\"deferred\" src=\"/wp-content/themes/techcrunch-jp-2015/assets/images/1x1.png\" /></div>\n            <h3 class=\"title\">Google支援、みんなのコードが日本全国の小中学校教員・児童・保護者対象に「プログラミング教育実態調査」実施し報告書を公開</h3>\n            <div class=\"caption\"></div>\n            <div class=\"credit\"></div>\n        </li></ol>\n    <div class=\"enter-wrapper\">\n        <a class=\"enter\" href=\"#\">&nbsp;<span class=\"enter-text\">View Slideshow</span></a>\n    </div>\n    <div class=\"controls\">\n        <a class=\"prev icon-arrow-left\" href=\"#\"><span class=\"is-vishidden\">Previous</span></a>\n        <a class=\"next icon-arrow\" href=\"#\"><span class=\"is-vishidden\">Next</span></a>\n        <a class=\"exit\" href=\"#\">Exit</a>\n    </div>\n</div>\n<p>子どもたちには、おおむね良好な結果となったが、その一方で教える側の問題も見えてきた。小学校では、7時間以上の研修を受けた教師による授業は、1時間未満の研修や、研修を受けていない教師によるものに対して、児童の関心度に大きな差が出た。ところが、校務や部活動などに大幅に時間をとられ、授業の準備時間がなかなかとれない(小学校教員、中学校技術分野教員で8割以上)という。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-461713 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?w=1024\" alt=\"Google支援、みんなのコードが小中学校教員・児童・保護者対象に「プログラミング教育実態調査」実施し報告書を公開\" width=\"1024\" height=\"340\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg 2103w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?resize=300,100 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?resize=768,255 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?resize=1024,340 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?resize=1536,511 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?resize=2048,681 2048w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?resize=1203,400 1203w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?resize=400,133 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?resize=738,245 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?resize=640,213 640w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?resize=220,73 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?resize=281,93 281w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?resize=250,83 250w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?resize=125,42 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?resize=1661,552 1661w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?resize=600,199 600w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-005.jpg?resize=50,17 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<div id=\"attachment_461714\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-461714\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-461714\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?w=1024\" alt=\"Google支援、みんなのコードが日本全国の小中学校教員・児童・保護者対象に「プログラミング教育実態調査」実施し報告書を公開\" width=\"1024\" height=\"389\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg 2108w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?resize=300,114 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?resize=768,291 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?resize=1024,389 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?resize=1536,583 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?resize=2048,777 2048w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?resize=1054,400 1054w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?resize=400,152 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?resize=738,280 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?resize=640,243 640w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?resize=220,83 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?resize=281,107 281w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?resize=250,95 250w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?resize=125,47 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?resize=1455,552 1455w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?resize=600,228 600w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-006.jpg?resize=50,19 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-461714\" class=\"wp-caption-text\">小学校教員</p></div>\n<div id=\"attachment_461715\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-461715\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-461715\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?w=1024\" alt=\"Google支援、みんなのコードが日本全国の小中学校教員・児童・保護者対象に「プログラミング教育実態調査」実施し報告書を公開\" width=\"1024\" height=\"539\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg 2040w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?resize=300,158 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?resize=768,404 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?resize=1024,539 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?resize=1536,808 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?resize=760,400 760w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?resize=400,210 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?resize=738,388 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?resize=640,337 640w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?resize=220,116 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?resize=281,148 281w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?resize=238,125 238w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?resize=125,66 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?resize=114,60 114w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?resize=1049,552 1049w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?resize=600,316 600w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-007.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-461715\" class=\"wp-caption-text\">中学校教員</p></div>\n<p>おもな調査結果を要約すると、以下のようになる。</p>\n<h3>小学校</h3>\n<ul>\n<li>GIGAスクール構想(全国の児童生徒1人に1台のコンピューターと高速回線を整備する文科省の取り組み)の対応でプログラミング教育が後手になる</li>\n<li>研修時間が長いほど手応えを感じる</li>\n<li>プログラミング教育の実施状況は半数弱、今後実施予定が3割</li>\n<li>児童のITやプログラミングへの関心が高まったと教員の7割が回答</li>\n<li>専門知識や指導事例が不足している</li>\n</ul>\n<h3>中学校</h3>\n<ul>\n<li>授業の準備時間を十分に確保できない教員が9割弱</li>\n<li>積極的な教員ほど生徒の反応がよい</li>\n<li>D情報の技術の実施状況は、2と3は4時間以上、1は3時間以下</li>\n<li>D2に対する課題意識が強い</li>\n<li>生徒の考え方の変化や進路選択のきっかけになった</li>\n</ul>\n<h3>子どもと保護者</h3>\n<ul>\n<li>保護者のITリテラシーが大きく影響</li>\n<li>保護者のITの関心度が学校外のプログラミング教育の機会に影響</li>\n</ul>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-06-004-001.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 461621,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 461621,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 461621,
            "tagId": 363277264,
            "tag": {
              "id": 363277264,
              "slug": "school",
              "name": "学校(用語)",
              "description": "学校に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461621,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461621,
            "tagId": 366275213,
            "tag": {
              "id": 366275213,
              "slug": "students",
              "name": "学生(用語)",
              "description": "学生に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461621,
            "tagId": 692516400,
            "tag": {
              "id": 692516400,
              "slug": "code",
              "name": "みんなのコード(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 461433,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 461433,
        "slug": "2021-12-02-stride-series-a",
        "createdAt": "2021-12-04T01:00:27.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-04T00:32:21.000Z",
        "title": "過去ではなく未来で判断、学生ローン制度をひっくり返すための手段を講じるStride Funding",
        "content": "<p>住宅ローンや自動車ローンを組もうとすると、銀行は審査用のメガネをかけて、あなたの過去を調べ始めるだろう。当然だ。ローンを返済できるかどうか、それなりに信頼できる指標となるからだ。学生ローンはこれとは少し違う。確かに過去の経歴も関係するが、多くの教育機関では、学位を取得することで将来の収入の可能性が大きく変わり、したがって返済能力も変わってくる。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.stridefunding.com/\" rel=\"noopener\">Stride Funding(ストライド・ファンディング)</a>は、現在の学生ローン制度は、金持ちが金持ちを呼ぶ仕組みを永続させるものだという理念のもと、これまでとは異なるアプローチで事業を展開しており、先に1200万ドル(約13億5900万円)を調達した。</p>\n<p>同社の中心となっているのは、教育の平等とアクセスの問題だ。これは経済的な上昇の機会を得られるかどうかの最も重要な指標の1つだ。当然のことながら、そこには特権的な要素(親がローンの支払いに協力してくれるかどうか)や、より具体的には制度化された人種差別が存在している。Stride Fundingは、向こう見ずの勇気で、現在1兆6000億ドル(約181兆円)相当のローンが残っている1300億ドル(約14兆円)規模の学生ローン業界に挑む。</p>\n<p>2019年にシードラウンドを終了して以来、Strideは学生にコミットした資金を5000万ドル(約56億6200万円)以上に増やし、Silicon Valley Bank(シリコン・バレー・バンク)などの資本提供者は数百億円の追加資金の融資を求めている。同社の主な目的は、特にこれまで融資の確保に苦労してきた集団に対して、教育をより利用しやすくすることだ。</p>\n<p>Stride Capital(ストライド・キャピタル)のCEOで設立者のTess Michaels(テス・マイケルズ)は「特に学生向け融資では、資本へのアクセスという点で大きなギャップがあります。プライベートローンの92%は連帯保証人を必要としますが、実際にアクセスできる学生は4分の1以下です」。と述べている。</p>\n<p>同社は米国時間12月3日、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.firework.vc/\" rel=\"noopener\">Firework Ventures</a>(Brigette LauとAshley Bittnerの共同設立者)が主導する1200万ドル(約13億5900万円)のシリーズA資金調達を完了したことを発表した。その他の投資家には、GSV Ventures(GSVベンチャーズ)、Slow Ventures(スロー・ベンチャーズ)、Sinai Ventures(シナイ・ベンチャーズ)の他、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.crunchbase.com/organization/juvo-ventures\" rel=\"noopener\">Juvo Ventures(ジュボ・ベンチャーズ)</a>や<a target=\"_blank\" href=\"http://www.ghco.com/\" rel=\"noopener\">Graham Holdings(グラハム・ホールディングス)</a>などのインパクトインベスターが名を連ねている。Stride Fundingのチームは、事業の中核に個人的な使命を持っている。</p>\n<p>「私の両親は米国に移住しましたが、教育は経済的流動性を得るための手段でした。教育はドアを開くものです。残念ながら多くの歴史的理由により、多くの人々、特に社会的弱者が市場から取り残されていると思います」とマイケルズ氏は語り、この違いが持てる者と持たざる者の間のギャップをさらに増幅させていることを強調した。「私は、このミッションと非常に密接に結びついていると感じています。私たちは、難民やDACA(若年移民に対する国外強制退去の延期措置)の学生、女性、社会的弱者など、本当にすばらしい、刺激的な学生たちを幅広くサポートしてきました。学生たちからはいつも励ましの言葉をもらい、これはやる価値があることだと確信しています」と同氏は述べている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Stride Funding</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/02/stride-series-a/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Haje Jan Kamps、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/Striders-Student-Collaborating.png",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 461433,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 461433,
            "tagId": 364065523,
            "tag": {
              "id": 364065523,
              "slug": "scholarships",
              "name": "奨学金(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 461433,
            "tagId": 366271748,
            "tag": {
              "id": 366271748,
              "slug": "loan",
              "name": "ローン / 融資(用語)",
              "description": "ローンに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461433,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 461433,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461433,
            "tagId": 692516384,
            "tag": {
              "id": 692516384,
              "slug": "stride-funding",
              "name": "Stride Funding(企業)",
              "description": "学生ローン制度は金持ちが金持ちを呼ぶ仕組みを永続させるものだという理念のもと、これまでとは異なるアプローチで事業を展開する学生ローンを提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 460611,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 460611,
        "slug": "2021-11-29-co-working-and-edtech-company-talent-garden-acquires-hyper-island-to-scale-online-courses-globally",
        "createdAt": "2021-11-30T05:30:15.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-30T05:12:01.000Z",
        "title": "コワーキングとEdTechのTalent GardenがHyper Islandを買収してオンラインコースをグローバルに拡大",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://talentgarden.org/en/\" rel=\"noopener\">Talent Garden</a>はイタリア、オーストリア、ルーマニアなどにあるコワーキングスペースと、オンラインとオフラインのデジタル学習コースを組み合わせたビジネスモデルで「ヨーロッパにおけるWeWorkの総会」といえるような存在だ。シリーズBの企業で(直近のラウンドは7350万ドル、約83億5000万円)、500 StartupsやSocial Capitalなどから資金を調達した。このTalent Gardenが、ヨーロッパで「デジタルハーバード大学」として知られる<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hyperisland.com/\" rel=\"noopener\">Hyper Island</a>の株式の過半数(54%)を取得して、さらに前進しようとしている。</p>\n<p>Hyper Islandは90年代に成長し始めたUXとゲームデザインを学ぶ優れたスクールとして登場して以来、テック最大手に採用される人材を多数輩出し続けている。</p>\n<p>Talent GardenとHyper Islandが手を組めば、両社のオンラインコース(そしてオフラインコースが開催される場合にはオフラインも)が今後成長していくであろうことは疑いない。</p>\n<p>例えばTalent Gardenはデジタルに関するビジネストレーニングのコースを多数提供し、毎年2万人ほどの学生が参加している。同様にHyper Islandはこれまでオンライン教育で主に知られてきたが、Talent Gardenと組むことでさらに広がっていくはずだ。Talent Gardenにもヨーロッパ各地に20カ所のキャンパスがある。</p>\n<p>Talent Gardenの共同創業者であるRasa Strumskyte(ラサ・ストラムスキット)氏は筆者に対し「当社のコースのうち60%以上はオンラインで、それ以外はキャンパスで実施しています。今後は特にオンラインに力を入れて、既存のコースを新たなマーケットに拡大し新しいコースも作っていきます」と語った。</p>\n<p>今後数年間でデジタルに関わる仕事には9700万人ほどの新たな雇用が生まれると推計され、世界のデジタル教育市場は2020年の84億ドル(約9500億円)から2025年には332億ドル(約3兆7700億円)へとコロナ禍以降で最も急速に成長する分野の1つと見られる。</p>\n<p>Hyper Islandは英国、シンガポール、米国、ブラジルに実拠点をもち、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、北米と世界的に事業を展開している。</p>\n<p>Talent GardenとHyper Islandの両社は「就職率が98%、4500以上のスタートアップとデジタルイノベーターが教員やコミュニティのメンバーとして関わる」ことで、2022年の売上は5000万ユーロ(約64億円)、1年間で教育する社会人が2万人、社会に送り出す学生が5000人と予測している。</p>\n<p>Talent Gardenの共同創業者で代表取締役社長のDavide Dattoli(ダビデ・ダットーリ)氏は次のように述べた。「Hyper Islandとの協力で我々のプロジェクトは飛躍します。重要性が高いのに細分化されているこの市場で、これまで以上にアグリゲーターとして、またゲームチェンジャーとしての役割を果たしていきます。デジタルトランジションの時代に生きる現在と未来の社会人に貢献できるように、トレーニングを提供します」。</p>\n<p>Talent GardenのCEOであるIrene Boni(アイリーン・ボニー)氏は次のように述べた。「Talent Gardenにはヨーロッパのデジタル教育市場において成長の大きなチャンスがあります。デジタル化のメリットを活用したい個人や大企業にトレーニングを提供します。これはテクノロジーの問題ではありますが、何より人的資本の上でも重要です」。</p>\n<p>ボニー氏はMcKinseyに勤務した後、ユニコーンのYOOX Net-a-Porter(現在はラグジュアリーブランドのRichemontグループ傘下)で副本部長を10年間務め、その後Talent Gardenに加わった。</p>\n<p>Hyper Islandの社長であるFredrik Mansson(フレドリック・マンソン)氏は「Talent Gardenとの協力によってリソースが大幅に増え、企業としての成長と世界に及ぼす影響の両方を加速していきます」と述べた。</p>\n<p><small>画像クレジット:Talent Gardenのチーム</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/29/co-working-and-edtech-company-talent-garden-acquires-hyper-island-to-scale-online-courses-globally/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Mike Butcher、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/LorenzoMaternini_Cofounder_IreneBoni_CEO_DavideDattoli_FounderXPresidente_TAG-1536x1024-1.jpeg",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 460611,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 460611,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460611,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 460611,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 460611,
            "tagId": 366273432,
            "tag": {
              "id": 366273432,
              "slug": "coworking",
              "name": "コワーキング / コワーキングスペース / シェアオフィス(用語)",
              "description": "コワーキング / コワーキングスペース / シェアオフィスに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460611,
            "tagId": 366273433,
            "tag": {
              "id": 366273433,
              "slug": "talent-garden",
              "name": "Talent Garden(企業・サービス)",
              "description": "イタリア、オーストリア、ルーマニアなどにあるコワーキングスペースと、オンラインとオフラインのデジタル学習コースを組み合わせたビジネスモデルを提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 460538,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 460538,
        "slug": "2021-11-29-student-media-giant-chegg-acquires-language-learning-startup-busuu-for-436m",
        "createdAt": "2021-11-30T01:30:14.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-30T01:21:41.000Z",
        "title": "オンライン学習最大手「Chegg」が語学学習スタートアップ「Busuu」を約496億円で買収",
        "content": "<p>NYSE(ニューヨーク証券取引所)に上場されている教育メディアラーニングプラットフォームのChegg(チェグ)は、2008年にヨーロッパで設立されたオンライン学習のスタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"http://Busuu.com\" rel=\"noopener\">Busuu</a>(ブスー)を約4億3600万ドル(約495億9000万円)の現金取引で買収した。</p>\n<p>Busuuのイグジットまでの調達総額はわずか1610万ドル(約18億3000万円)で、これはヨーロッパの基準でも少額であり、これまでに160か国以上で1億2000万人以上の生徒に届けたビジネスを構築したファウンダーらの強い気概を表している。Busuuは、50万人の有償サブスクライバーに12の言語でコースを提供している。</p>\n<p>Busuuの最新ラウンドは2020年5月27日で、GP Bullhoundおよび超富裕層から200万ドル(約2億3000万円)を調達した。それ以前の出資者には、Harold Primat、McGraw-Hill Education、PROfounders Capital、Martin Varsavsky(マーティン・バルサフスキー)およびJohann &#8220;Hansi&#8221; Hansmann(ヨハン・&#8221;ハンシ&#8221;・ハンスマン)らがいる(CrunchBaseによる)。</p>\n<p>Cheggのプレジデント兼CEOであるDan Rosensweig(ダン・ローゼンスワイグ)氏は次のように語った。「Busuuが加わることで、Cheggは自身のビジネスを拡大するとともに、既存ユーザーにすばらしい付加価値を与えられるまたとない機会を得ました。これによって国際市場へさらに進出し、Busuuの米国市場での成長を加速することが可能になります。Busuuのチームとは長年のつきあいがあり、カルチャー的にも非常に一致しています。彼らには本格的語学学習者向けのすばらしい学習サービスを構築した実績があり、Cheggの仲間に加わってもらうことを大変喜んでいます」。</p>\n<p>Cheggは、Busuuの2021年の通年売上を約4500万ドル(約51億2000万円)、対前年比20%増と予測している。現在170億ドル(約1兆9341億2000万円)のデジタル言語学習市場は、今後5年間で3倍に増えると予想されている、とCheggの声明に書かれている。</p>\n<div id=\"attachment_460539\" style=\"width: 534px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-460539\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-460539 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Busuu-founders.jpeg?w=524\" alt=\"\" width=\"524\" height=\"350\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/Busuu-founders.jpeg 524w, /wp-content/uploads/2021/11/Busuu-founders.jpeg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2021/11/Busuu-founders.jpeg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2021/11/Busuu-founders.jpeg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2021/11/Busuu-founders.jpeg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2021/11/Busuu-founders.jpeg?resize=187,125 187w, /wp-content/uploads/2021/11/Busuu-founders.jpeg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2021/11/Busuu-founders.jpeg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2021/11/Busuu-founders.jpeg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 524px) 100vw, 524px\" /><p id=\"caption-attachment-460539\" class=\"wp-caption-text\">Busuuの共同ファウンダーであるベルンハルト・ニーズナー氏とエイドリアン・ヒッティ氏</p></div>\n<p>2008年にBernhard Niesner(ベルンハルト・ニーズナー)氏とAdrian Hilti(エイドリアン・ヒッティ)氏が設立したBusuuは、英国・ロンドンおよびスペイン・マドリードにオフィスを構え、精緻化された語学学習モデルとプラットフォームのあらゆる面の改善を繰り返してきたことで、メリーランド大学の学者による研究で、Busuuのユーザーは2カ月間にわずか13時間の学習によって大学の1学期(通常90~105時間の授業)分の成果を上げたことが示されるまでになった。同社は無料および有料のサブスクリプション・サービスを1カ月、1年、および2年のコースで提供している。</p>\n<p>Busuuは個人利用だけでなく、企業の語学訓練にも使用されている。2020年同社は、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/01/22/language-platform-busuu-acquires-video-tutor-startup-now-plans-ipo/\" rel=\"noopener\">Verblingを買収</a>した後に、ライブ言語指導サービスを加えた。</p>\n<p>BusuuのCEO・共同ファウンダーであるベルンハルト・ニーズナー氏は次のように語った。「世界をリードするEdTech企業で、学生を第一に考えるCheggファミリーに加わることは大変光栄であり、楽しみです。このパートナーシップによって、Cheggのとてつもなく広いリーチを生かし、特に米国で当社の拡大を加速する機会が得られます。言語によって世界の全員に力を与えることが私たちのビジョンであり、当社とCheggとの新たな関係によってこのゴールがさらに早く達成されると信じています」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Busuu team London HQ</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/29/student-media-giant-chegg-acquires-language-learning-startup-busuu-for-436m/\" rel=\"noopener noreferrer\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Mike Butcher、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a> )</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Busuu_team_London_HQ_March_2020.jpg",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 460538,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 460538,
            "tagId": 56130,
            "tag": {
              "id": 56130,
              "slug": "language-learning",
              "name": "語学学習(用語)",
              "description": "語学学習に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460538,
            "tagId": 4065649,
            "tag": {
              "id": 4065649,
              "slug": "chegg",
              "name": "Chegg(企業・サービス)",
              "description": "米国の教育メディアラーニングプラットフォーム、それを提供する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 460538,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460538,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 460538,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 460538,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 460218,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 460218,
        "slug": "soracom-202111-iot-learning",
        "createdAt": "2021-11-26T09:25:31.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-27T10:39:39.000Z",
        "title": "ソラコムがIoTデバイスを無料で貸し出す「自分で学べるIoT通信講座」第2弾を2022年2月28日まで開催",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://soracom.com/ja-jp/\" rel=\"noopener\">ソラコム</a>は11月26日、無料でデバイスを貸し出し、IoTのセルフラーニングを支援する「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.lp.soracom.jp/202111-iot-learning\" rel=\"noopener\">自分で学べるIoT通信講座</a>」を2021年11月25日から2022年2月28日まで実施すると発表した。デバイスの貸出期間は約3週間。事前登録制で、参加費は無料。参加条件は「SORACOM アカウントの作成が済んでいること」「IoT通信講座体験後のアンケートに答えること」の2点のみ。社会人・学生のどちらも対象としており、IoTの技術を学習したい方、IoTのアイディアを実現したい方の参加を呼びかけている。また専門家に質問できる「IoT相談室」も講座期間に合わせて開催する。</p>\n<p>ソラコムでは、IoTシステムの開発を学ぶ方向けに、技術セミナーの開催をはじめ、IoTデバイスを購入できる通販サイト「<a target=\"_blank\" href=\"https://soracom.jp/store/\" rel=\"noopener\">SORACOM IoTストア</a>」、利用シーンごとの開発手順書「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.lp.soracom.jp/202111-iot-learning\" rel=\"noopener\">SORACOM IoT DIY レシピ</a>」を拡充し、セルフラーニングを支援している。また2021年7~8月には「IoT通信講座」を実施しており、200名以上の申し込みがあったという。今回そのIoT通信講座の第2弾を開催する。</p>\n<p>自分で学べるIoT通信講座では、初心者でも比較的学習を始めやすいデバイスを申込者に対して無料で貸し出す。今回貸し出し対象となるのは、GPSと温度・湿度・加速度を計測できるセンサーが一体となった「GPSマルチユニット」、Raspberry Piとウェブカメラがセットになった「簡易監視カメラキット」、Arduino互換マイコンボードと7種類のセンサーがセットになった「Grove IoT スターターキット」の3種類。申し込みの際に、このうちの1つを選択する。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-460220\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg?w=1024\" alt=\"ソラコムがIoTデバイスを無料で貸し出す「自分で学べるIoT通信講座」第2弾を2022年2月28日まで開催\" width=\"1024\" height=\"228\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg?resize=300,67 300w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg?resize=768,171 768w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg?resize=1024,228 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg?resize=1536,342 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg?resize=1798,400 1798w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg?resize=400,89 400w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg?resize=738,164 738w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg?resize=640,142 640w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg?resize=220,49 220w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg?resize=281,63 281w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg?resize=250,56 250w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg?resize=125,28 125w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg?resize=1735,386 1735w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg?resize=600,134 600w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-002.jpg?resize=50,11 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>これらデバイスは、学習用途に絞ったものではなく、実際にビジネスでも活用されているもので、例えばGPSマルチユニットは、車両の位置情報トラッキングや、運搬中の医療品・食品といった荷物の温湿度管理に役立てられているという。学んだ内容がビジネスにつながる可能性があるものとなるよう、配慮されている。</p>\n<p>参加者は、ステップごとにわかりやすく開発方法を解説した手順書「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.lp.soracom.jp/202111-iot-learning\" rel=\"noopener\">SORACOM IoT DIY レシピ</a>」を基に、自分で学習を進めることができる。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-460224\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?w=1024\" alt=\"ソラコムがIoTデバイスを無料で貸し出す「自分で学べるIoT通信講座」第2弾を2022年2月28日まで開催\" width=\"1024\" height=\"709\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg 1370w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?resize=300,208 300w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?resize=768,532 768w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?resize=1024,709 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?resize=577,400 577w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?resize=400,277 400w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?resize=738,511 738w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?resize=520,360 520w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?resize=220,152 220w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?resize=248,172 248w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?resize=180,125 180w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?resize=125,87 125w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?resize=87,60 87w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?resize=797,552 797w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?resize=530,367 530w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-005.jpg?resize=50,35 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>ソラコムは、IoTプラットフォームSORACOMを通じ、IoT通信とインターネットに「つなぐ」システム構築に必要なサービスを提供。SORACOMを利用することで、少ない初期費用でIoT活用のアイデアをスピーディに実現できることから、2万超の様々な業界・規模の顧客がビジネスの進化に利活用しているという。</p>\n<h3>「自分で学べるIoT通信講座」概要</h3>\n<ul>\n<li><strong>主催</strong>:ソラコム</li>\n<li><strong>参加条件など</strong>:<br />\n・社会人、学生などの条件はない<br />\n・SORACOM アカウントの作成が済んでいること<br />\n・講座体験後のアンケートに答えること</li>\n<li><strong>参加費</strong>:無料(事前登録制)</li>\n<li><strong>開催期間</strong>:2021年11月25日〜2022年2月28日</li>\n<li><strong>申し込み</strong>:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.lp.soracom.jp/202111-iot-learning\" rel=\"noopener\">自分で学べるIoT通信講座</a>公式サイトの応募フォームより行う</li>\n<li><strong>内容</strong>:<a target=\"_blank\" href=\"https://soracom.jp/iot-recipes/\" rel=\"noopener\">SORACOM IoTレシピ</a>を基に、参加者がセルフラーニングを行う</li>\n<li><strong>必要機材</strong>:IoT DIY レシピの体験に必要となるPCは、参加者が各自用意</li>\n</ul>\n<h2>貸し出し期間、発送と返却方法</h2>\n<p>貸し出し期間としては以下4種類が設定されており、貸し出しデバイスは各期間の開始日に発送する。例えば、11月25日〜12月14日の貸し出しチケットを選んだ場合は、11月25日発送となる(地域によるものの、翌日・翌々日に到着予定)。なお、発送は平日に実施しており、休日は対応していない。ただし年末年始(12月29日〜1月5日)は発送している。</p>\n<p>また返却は、貸し出し期間終了日まで行うに必要がある。11月25日〜12月14日の場合なら、12月14日必着の発送となる。この返却については、貸し出しデバイスに返送用着払い伝票を同梱しており、その伝票を使い返却する。</p>\n<ul>\n<li>2021年11月25日〜2021年12月14日</li>\n<li>2021年12月17日〜2021年1月7日</li>\n<li>2022年1月11日〜2022年1月28日</li>\n<li>2022年2月13日〜2022年2月18日</li>\n<li>デバイスは各期間の開始日に発送</li>\n<li>返却は、貸し出し期間終了日まで行うこと。同梱の返送用着払い伝票を利用する</li>\n</ul>\n<h2>3種類の貸し出しIoTデバイス</h2>\n<p>貸し出し対象のIoTデバイスは3種類で、このうちの1つを選択する。デバイスの利用にはSORACOM SIMが必要になるが、全貸出デバイスに「<a target=\"_blank\" href=\"https://soracom.jp/store/13380/\" rel=\"noopener\">IoT SIM 300MBパック</a>」が添付される。同製品は、月額330円で300MB分のデータ通信料金が含まれているというもの。300MBを超えた場合は、500MBごとに110円の追加料金で利用できる。</p>\n<h2>GPSマルチユニットSORACOM Edition(バッテリー内蔵タイプ)スターターキット</h2>\n<p>「<a target=\"_blank\" href=\"https://soracom.jp/store/5235/\" rel=\"noopener\">GPSマルチユニットSORACOM Edition(バッテリー内蔵タイプ)スターターキット</a>」は、ブラウザーの操作のみで、4つのセンサー(温度・湿度・位置情報・加速度)からのデータの収集から可視化までを体験できる製品。充電式の内蔵バッテリーにより、電源を入れるだけでどこでも使える。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-460221\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg?w=800\" alt=\"ソラコムがIoTデバイスを無料で貸し出す「自分で学べるIoT通信講座」第2弾を2022年2月28日まで開催\" width=\"800\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg 800w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-006.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 800px) 100vw, 800px\" /></p>\n<h3>IoT DIY レシピ例</h3>\n<ul>\n<li><strong><a target=\"_blank\" href=\"https://soracom.jp/recipes_index/2962/\" rel=\"noopener noreferrer\">IoTで温湿度の可視化</a></strong>:GPSマルチユニットを活用し、室内の温湿度をモニタリング。データ収集・蓄積サービス「SORACOM Harvest Data」、ダッシュボード作成・共有サービス「SORACOM Lagoon」を利用</li>\n<li><strong><a target=\"_blank\" href=\"https://soracom.jp/recipes_index/3830/\" rel=\"noopener noreferrer\">IoTでアイスの食べ時をお知らせ</a></strong>:GPSマルチユニットを活用し、温度センサーで計測。任意のメールアドレスにメールで通知する。SORACOM Harvest Data、SORACOM Lagoonを利用</li>\n<li><strong><a target=\"_blank\" href=\"https://soracom.jp/recipes_index/3401/\" rel=\"noopener noreferrer\">IoTで在席状況の自動更新</a></strong>:加速度センサーのデータを取得して活用。SORACOM IoT SIMによる通信管理、SORACOM Harvest、クラウドファンクションアダプター「SORACOM Funk」を使ったSlackへの通知連携設定(AWS Lambdaの機能を利用)などを学べる</li>\n</ul>\n<h2>IoT 体験キット〜簡易監視カメラ〜</h2>\n<p>「<a target=\"_blank\" href=\"https://soracom.jp/store/5234/\" rel=\"noopener\">IoT 体験キット 〜簡易監視カメラ〜</a>」は、Raspberry Pi 3 Model B+と、USB型ドングル「AK-020」、USBカメラをセットにした簡易監視カメラキット。ウェブカメラと温度センサー、データ収集・蓄積サービス「SORACOM Harvest Data」により観察したいものを定点観測し、撮影データの蓄積や温度データの可視化を行える。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-460222\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?w=995\" alt=\"ソラコムがIoTデバイスを無料で貸し出す「自分で学べるIoT通信講座」第2弾を2022年2月28日まで開催\" width=\"995\" height=\"620\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg 995w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?resize=300,187 300w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?resize=768,479 768w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?resize=642,400 642w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?resize=400,249 400w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?resize=738,460 738w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?resize=578,360 578w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?resize=220,137 220w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?resize=276,172 276w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?resize=201,125 201w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?resize=125,78 125w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?resize=96,60 96w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?resize=886,552 886w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?resize=405,253 405w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?resize=589,367 589w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-003.jpg?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 995px) 100vw, 995px\" /></p>\n<h3>IoT DIY レシピ例</h3>\n<ul>\n<li><a target=\"_blank\" href=\"https://soracom.jp/recipes_index/2956/\" rel=\"noopener noreferrer\">IoTで手軽な監視カメラシステム</a>:Raspberry PiとUSBカメラで定点カメラデバイスを作成。SORACOM Harvest Data、SORACOM Lagoonを利用</li>\n</ul>\n<h2>Grove IoT スターターキット for SORACOM</h2>\n<p>「<a target=\"_blank\" href=\"https://soracom.jp/store/5228/\" rel=\"noopener\">Grove IoT スターターキット for SORACOM</a>」は、7種類のGroveセンサー、LTEモジュール搭載のArduino互換開発ボード「Wio LTE JP Version」(日本仕様モデル)がセットになったIoT体験キット。Groveセンサーは、はんだ付けをすることなくマイコンボードに接続できる(はんだ付けの知識は不要)。Arduino IDEを利用した開発が可能。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-460223\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-004.jpg?w=900\" alt=\"ソラコムがIoTデバイスを無料で貸し出す「自分で学べるIoT通信講座」第2弾を2022年2月28日まで開催\" width=\"900\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-004.jpg 900w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-004.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-004.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-004.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-004.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-004.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-004.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-004.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-004.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-004.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-004.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-004.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-004.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-004.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-004.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 900px) 100vw, 900px\" /></p>\n<h3>IoT DIY レシピ例</h3>\n<ul>\n<li><a target=\"_blank\" href=\"https://soracom.jp/recipes_index/2958/\" rel=\"noopener noreferrer\">IoTでジェスチャーシステム</a>:Wio LTE JP VersionとGrove超音波距離センサーモジュールを活用。SORACOM Harvest Dataでジェスチャー結果を蓄積することで可視化する</li>\n</ul>\n<h2>IoTの専門家に質問できる「IoT相談室」(Zoomを利用)</h2>\n<p>冒頭で触れたように、講座の開催期間中には、IoTの専門家に質問できる「IoT相談室」が設けられる。Zoom ミーティングを利用する体裁になっており、各日程の参加用URLは、申し込み後のメールに記載している。</p>\n<p>IoTシステムの構築をする上で、テキストだけでは解決しない疑問点がある場合に質問でき、各レシピの動作はIoT相談室までに完了しておくことを勧めている。</p>\n<h3>「IoT相談室」日程</h3>\n<ul>\n<li>2021年12月2日17:00〜19:00</li>\n<li>2021年12月27日17:00〜19:00</li>\n<li>2022年1月20日17:00〜19:00</li>\n<li>2022年2月10日17:00〜19:00</li>\n</ul>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-26-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 460218,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 460218,
            "tagId": 14911,
            "tag": {
              "id": 14911,
              "slug": "developer",
              "name": "開発 / 開発者 / デベロッパー(用語)",
              "description": "開発 / 開発者 / デベロッパーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460218,
            "tagId": 134289,
            "tag": {
              "id": 134289,
              "slug": "arduino",
              "name": "Arduino(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 460218,
            "tagId": 2121118,
            "tag": {
              "id": 2121118,
              "slug": "iot",
              "name": "IoT(用語)",
              "description": "Internet of Things。さまざまなモノがインターネットに接続され、情報交換することによって相互に制御する仕組み。"
            }
          },
          {
            "postId": 460218,
            "tagId": 49695267,
            "tag": {
              "id": 49695267,
              "slug": "raspberry-pi",
              "name": "Raspberry Pi(組織・製品)",
              "description": "英国のラズベリーパイ財団で開発されているArmプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータ。"
            }
          },
          {
            "postId": 460218,
            "tagId": 363517900,
            "tag": {
              "id": 363517900,
              "slug": "soracom",
              "name": "ソラコム(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 460218,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 459791,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 459791,
        "slug": "monoxer-3",
        "createdAt": "2021-11-24T10:51:00.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-25T01:41:38.000Z",
        "title": "記憶定着のための学習プラットフォームMonoxerがアルファベット手書き機能を採用、塾や学校現場の早期英語学習を支援",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-459792\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?w=1024\" alt=\"記憶定着のための学習プラットフォームMonoxerがアルファベット手書き機能をリリース、早期英語学習を支援\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg 2400w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=2048,1536 2048w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2021/11/01-2.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><a target=\"_blank\" href=\"https://corp.monoxer.com/company/\" rel=\"noopener\">モノグサ</a>は11月24日、記憶定着のための学習プラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://corp.monoxer.com/\" rel=\"noopener\">Monoxer</a>」(モノグサ。<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=com.monoxer\" rel=\"noopener\">Android版</a>・<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/jp/app/id1288435689\" rel=\"noopener\">iOS版</a>)において、既存のひらがな・カタカナ・漢字に加えアルファベットの手書き学習機能をリリースした。2020年度から小学校で英語教育が必修化されており、2021年度には中学校で扱う英単語数が増加したことから、重要度が高まっている早期英語学習を効果的に支援する。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-459793 img-full\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg 2400w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=2048,1152 2048w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/11/02-1.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>Monoxerでは、塾や学校の先生が覚えてほしい内容を登録するだけで、その内容を記憶に定着するために必要な問題が自動生成される。生徒は生成されたその問題をスマートフォンやタブレットのアプリを用いて学習が行える。さらに、1人1人の習熟度・忘却度に応じてリアルタイムに問題の出題頻度や難易度が調整されるので、個人のレベルに合わせた学習が実現できるという。遠隔の状態でも生徒の学習状況や定着度を把握可能なため、通学・通塾が困難な状況においてもきめ細やかな指導を行える。</p>\n<p>今回アルファベットが追加された「手書き機能」は、文字の評価と誤答のフィードバックに力を入れている独自性の高い機能。学習者が文字を正確に認識し、綺麗な文字を書けるようになるため手書きした文字を厳密に評価するシステムを採用している。同時に、お手本とどこが違うのかを正確に学習者へフィードバックし、正しい文字を美しく書けるようサポートする。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-24-009-index.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 459791,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 459791,
            "tagId": 264,
            "tag": {
              "id": 264,
              "slug": "learning",
              "name": "学習(用語)",
              "description": "学習に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459791,
            "tagId": 56130,
            "tag": {
              "id": 56130,
              "slug": "language-learning",
              "name": "語学学習(用語)",
              "description": "語学学習に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459791,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 459791,
            "tagId": 366280637,
            "tag": {
              "id": 366280637,
              "slug": "monoxer-corp",
              "name": "モノグサ(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 459791,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 459583,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 459583,
        "slug": "2021-11-21-bytedance-is-shutting-down-edtech-business-snapsolve-in-india",
        "createdAt": "2021-11-22T23:15:13.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-23T23:25:28.000Z",
        "title": "ByteDanceがインドでのEdTech事業から撤退へ",
        "content": "<p>ByteDance(バイトダンス)がインドでのEdTech事業を停止すると、同社はインド時間11月22日に現地チームに通知したと、この件について直接知る2人の情報筋が語った。</p>\n<p>この決定は、インドのチームを欧州のEdTechチームと連携させることも検討した、数週間にわたる話し合いの結果であると関係者は述べている。関係者の1人は、全員とは言わないまでも、ほとんどの従業員が解雇されるだろうと述べている。EdTech部門は、インドで30数名を雇用していた。</p>\n<p>ByteDanceの主力製品であるTikTok(ティックトック)は、<a target=\"_blank\" href=\"/2020/06/30/2020-06-29-india-bans-tiktok-dozens-of-other-chinese-apps/\" rel=\"noopener\">2020年にインドで禁止</a>されたが、同社の少なくとも2つの事業(教育学習アプリのSnapsolveと音楽ストリーミングサービスのResso)は、インドで引き続き運営されている。ByteDanceは、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/01/28/2021-01-26-bytedance-to-cut-jobs-in-india-amid-tiktok-ban/\" rel=\"noopener\">2020年にインドの従業員の多くを削減</a>したが、同国での音楽事業やEdTech事業のために人材を雇用し続けていた。</p>\n<p>関連記事<br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2020/06/30/2020-06-29-india-bans-tiktok-dozens-of-other-chinese-apps/\" rel=\"noopener\">インド政府がTikTokなど中国企業の59のアプリを禁止すると発表</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/01/28/2021-01-26-bytedance-to-cut-jobs-in-india-amid-tiktok-ban/\" rel=\"noopener\">インド政府のTikTok禁止継続を受けてByteDanceが現地従業員を解雇</a></p>\n<p>しかし、この件に詳しい関係者によると、両ブランドとも国内では控えめな姿勢を貫いており、従業員はこれらの事業について公に話さないように忠告されているという。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/01/2021-02-25-james-murdoch-lupa-systems-leads-31-million-funding-in-india-doubtnut/\" rel=\"noopener\">Doubtnut</a>(ダウトナット)と競合するSnapSolveは、6年生から12年生(日本の高校3年生)までの生徒が、数学問題の写真を撮ってアップロードすることで、その問題の解き方を見つけることができるアプリだ。Doubtnutには、Sequoia Capital IndiaやJames Murdoch(ジェームズ・マードック)氏のLupa Systemsが出資している。</p>\n<p>ByteDanceは、最近では10月の時点でインドのEdTech事業のためにいくつかの新しい職務を掲示していた。同社にコメントを求めたが、回答は得られていない。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/01/2021-02-25-james-murdoch-lupa-systems-leads-31-million-funding-in-india-doubtnut/\" rel=\"noopener\">短い動画で数学や科学を学ぶインドのエドテックスタートアップDoubtnutが約33億円調達</a></p>\n<p><small>画像クレジット:VCG / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/21/bytedance-is-shutting-down-edtech-business-snapsolve-in-india/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Manish Singh、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/GettyImages-1354641970.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 459583,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 459583,
            "tagId": 365840503,
            "tag": {
              "id": 365840503,
              "slug": "india",
              "name": "インド(国・地域)",
              "description": "インドに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459583,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459583,
            "tagId": 366279175,
            "tag": {
              "id": 366279175,
              "slug": "bytedance",
              "name": "ByteDance(企業)",
              "description": "ByteDanceは、動画配信サービスの「TikTok」などを運営する中国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 459583,
            "tagId": 692516223,
            "tag": {
              "id": 692516223,
              "slug": "shut-down",
              "name": "閉鎖 / 撤退(用語)",
              "description": "閉鎖 / 撤退に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 458660,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 458660,
        "slug": "tebiki-fundraising",
        "createdAt": "2021-11-17T09:46:52.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-17T09:46:52.000Z",
        "title": "小売・製造・物流・介護などデスクレスワーカーが働く現場向け動画教育サービスのTebikiが8億円のシリーズA調達",
        "content": "<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2021/11/17/tebiki-fundraising/\">小売・製造・物流・介護などデスクレスワーカーが働く現場向け動画教育サービスのTebikiが8億円のシリーズA調達</a></li><li><a href=\"/2020/09/15/pinnacles-raised-300-million-yen/\">現場向け動画教育プラットフォーム「tebiki」開発のピナクルズが総額3億円調達、工場や店舗での業務効率化を目指す</a></li></ul></div>現場向け動画教育プラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://tebiki.jp/\" rel=\"noopener\">tebiki</a>」を運営する<a target=\"_blank\" href=\"https://tebiki.co.jp/\" rel=\"noopener\">Tebiki</a>は11月16日、シリーズAラウンドにおいて、第三者割当増資による8億円の資金調達を発表した。引受先はグロービス・キャピタル・パートナーズ。調達した資金は、主にチームの拡大にあて、開発・営業・カスタマーサクセス・マーケティング・デザイナーなどの全職種で積極採用を行う。</p>\n<p>tebikiは、小売・サービス・製造・物流・介護・飲食といった、デスクを持たない社員(デスクレスワーカー)が働く「現場」向けクラウド型動画教育プラットフォーム。</p>\n<p>難しいシステム操作を現場に強いるのではなく、作成から編集まで誰でも最新動画技術を直感的に使いこなせるUIを採用。現場のOJTをスマホで撮影するだけで、音声認識技術で字幕が自動生成され、シーンの削除・静止などの動画編集、音声吹き込みや図形挿入、自動翻訳が可能。また、動画閲覧データを自動分析し誰がどこまで習熟したかを可視化し、リアルタイムで教育の進捗を管理できるという。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-009-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 458660,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 458660,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 458660,
            "tagId": 366273892,
            "tag": {
              "id": 366273892,
              "slug": "video",
              "name": "動画 / ビデオ(用語)",
              "description": "動画 / ビデオに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458660,
            "tagId": 692509883,
            "tag": {
              "id": 692509883,
              "slug": "tebiki",
              "name": "Tebiki(製品・サービス)",
              "description": "小売や製造、物流、介護、飲食などの店舗や工場、現場などで働く従業員向けの教育動画プラットフォーム"
            }
          },
          {
            "postId": 458660,
            "tagId": 692510639,
            "tag": {
              "id": 692510639,
              "slug": "video-editing",
              "name": "動画(ビデオ)撮影 / 動画編集 / 動画制作(用語)",
              "description": "動画(ビデオ)撮影 / 動画編集 / 動画制作に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458660,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 458526,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 458526,
        "slug": "shimane-pref-ruby-camp",
        "createdAt": "2021-11-17T08:04:26.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-17T08:04:26.000Z",
        "title": "島根県、Rubyプログラミングを学べる25歳以下対象のオンライン合宿「Ruby合宿」参加者を募集",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-458622\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg\" alt=\"島根県、Rubyプログラミングを体験できる25歳以下対象のオンライン合宿「Ruby合宿」参加者を募集\" width=\"1024\" height=\"536\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg 1920w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg?resize=300,157 300w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg?resize=768,402 768w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg?resize=1024,536 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg?resize=1536,804 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg?resize=764,400 764w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg?resize=400,209 400w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg?resize=738,386 738w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg?resize=640,335 640w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg?resize=220,115 220w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg?resize=281,147 281w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg?resize=239,125 239w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg?resize=125,65 125w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg?resize=115,60 115w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg?resize=1055,552 1055w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg?resize=600,314 600w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-001.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" />島根県は11月15日、チームで3Dシューティングゲームを作るというプログラミングのオンライン合宿「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.rubycamp.jp/\" rel=\"noopener\">Ruby合宿</a>」の参加者募集を開始した。対象は学生や25歳以下の者。開催期間は令和4年(2022年)3月7日~11日の5日間。募集締め切りは2022年1月18日。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2021/12/16/ruby-biz-grand-prix-2021-award/\">プログラミング言語Rubyを活用したITビジネスアワードRuby biz Grand prix 2021表彰式が開催、大賞はHIKKYとヤマップ</a></li><li><a href=\"/2021/11/25/ruby-biz-grand-prix-2021-finalists/\">プログラミング言語Rubyを活用したITビジネスコンテスト「Ruby biz Grand prix 2021」のファイナリストが決定</a></li><li><a href=\"/2021/11/17/shimane-pref-ruby-camp/\">島根県、Rubyプログラミングを学べる25歳以下対象のオンライン合宿「Ruby合宿」参加者を募集</a></li></ul></div>これは、2008年から行われている、主に就職前の若者のプログラミングスキル向上を目指した企画だが、今回はコロナ禍によりオンライン開催となった。使用するプログラミング言語はRuby。数名でチームを組み、サンプルプログラムを参考に3Dシューティングゲームを作る。最終日には、発表会で各チームのプログラム作品を披露する。Ruby開発者まつもとゆきひろ氏の講演会や、島根県内のIT企業の視察、IT企業との交流会もある。</p>\n<h3>「Ruby合宿」概要</h3>\n<ul>\n<li><strong>募集期間</strong>:2021年11月15日~1月18日</li>\n<li><strong>開催日時</strong>:2022年3月7日~11日</li>\n<li><strong>会場</strong>:オンライン(Zoom)</li>\n<li><strong>対象</strong>:学生(大学、高専、専門学校、高校など。25歳以上でも可)または25歳未満(2021年4月1日時点)の求職中の方で、以下の条件をすべて満たす者<br />\n・チーム開発に興味がある<br />\n・将来、ソフト系IT産業で働きたいと考えている<br />\n・主催者が行うメールなどでのアンケートに協力できる<br />\n・安定したインターネット接続環境がある(固定回線を推奨)<br />\n(ただし、応募多数の場合は島根県在住または島根県出身者を優先)</li>\n<li><strong>参加費</strong>:無料</li>\n<li><strong>定員</strong>:30名程度</li>\n<li><strong>応募方法</strong>:公式サイト「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.rubycamp.jp/\" rel=\"noopener\">Ruby合宿</a>」より申し込む</li>\n</ul>\n<p>また2022年3月1日に、Git入門、プログラム作成のポイントについての事前講義(Zoomを利用)を実施する。詳しくは<a target=\"_blank\" href=\"https://www.rubycamp.jp/\" rel=\"noopener\">こちら</a>をどうぞ。</p>\n<div class=\"slideshow slideshowify\">\n    <ol><li>\n            <div class=\"image\"><img data-thumb=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-002.jpg?w=80&amp;h=60&amp;crop=1\" data-trigger-notification=\"1\" data-scalable=\"false\" alt=\"\" data-src=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-002.jpg?w=1024\" data-tc-lazyload=\"deferred\" src=\"/wp-content/themes/techcrunch-jp-2015/assets/images/1x1.png\" /></div>\n            <h3 class=\"title\">島根県、Rubyプログラミングを体験できる25歳以下対象のオンライン合宿「Ruby合宿」参加者を募集</h3>\n            <div class=\"caption\"></div>\n            <div class=\"credit\"></div>\n        </li><li>\n            <div class=\"image\"><img data-thumb=\"/wp-content/uploads/2021/11/sub2-4.png?w=80&amp;h=60&amp;crop=1\" data-trigger-notification=\"1\" data-scalable=\"false\" alt=\"\" data-src=\"/wp-content/uploads/2021/11/sub2-4.png?w=1024\" data-tc-lazyload=\"deferred\" src=\"/wp-content/themes/techcrunch-jp-2015/assets/images/1x1.png\" /></div>\n            <h3 class=\"title\">島根県、Rubyプログラミングを体験できる25歳以下対象のオンライン合宿「Ruby合宿」参加者を募集</h3>\n            <div class=\"caption\"></div>\n            <div class=\"credit\"></div>\n        </li></ol>\n    <div class=\"enter-wrapper\">\n        <a class=\"enter\" href=\"#\">&nbsp;<span class=\"enter-text\">View Slideshow</span></a>\n    </div>\n    <div class=\"controls\">\n        <a class=\"prev icon-arrow-left\" href=\"#\"><span class=\"is-vishidden\">Previous</span></a>\n        <a class=\"next icon-arrow\" href=\"#\"><span class=\"is-vishidden\">Next</span></a>\n        <a class=\"exit\" href=\"#\">Exit</a>\n    </div>\n</div>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 458526,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 458526,
            "tagId": 4872,
            "tag": {
              "id": 4872,
              "slug": "ruby",
              "name": "Ruby(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 458526,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458526,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458526,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 458526,
            "tagId": 692516135,
            "tag": {
              "id": 692516135,
              "slug": "yukihiro-matsumoto",
              "name": "まつもとゆきひろ(人物)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 458574,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 458574,
        "slug": "libry-fundraising-2",
        "createdAt": "2021-11-17T05:36:15.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-17T05:36:15.000Z",
        "title": "デジタル教材プラットフォームのLibryがシリーズC累計で約3.4億円調達、プロダクト開発・営業体制強化",
        "content": "<p>中高生向けデジタル教材プラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://libry.jp/\" rel=\"noopener\">Libry</a>」(リブリー)を提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://about.libry.jp/\" rel=\"noopener\">Libry</a>は11月17日、<a target=\"_blank\" href=\"https://litalico.co.jp/\" rel=\"noopener\">LITALICO</a>(リタリコ)を引受先とした第三者割当増資による資金調達を発表した。同エクステンションラウンドを含めたシリーズCラウンドの累計調達額は約3億4000万円となり、2017年のサービス提供開始からの累計調達額は8億円を超えた。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2021/11/17/libry-fundraising-2/\">デジタル教材プラットフォームのLibryがシリーズC累計で約3.4億円調達、プロダクト開発・営業体制強化</a></li><li><a href=\"/2021/07/21/libry-fund-raised/\">全国14の教科書出版社と提携、有償導入600校超の中高生向けデジタル教材・問題集「リブリー」が資金調達</a></li><li><a href=\"/2019/08/29/libry-fundraising/\">出版社の教材を便利な「デジタル問題集」に進化させるLibryが3億円調達、全国数百の中高で活用進む</a></li></ul></div>リブリーは、デジタル教材とAIドリルの特性を併せ持つデジタル教材プラットフォームで、全国の高校・中学を中心に600校以上(2021年11月15日現在)で導入されている。大手出版社・教科書会社と提携し、既存の教科書や問題集をそのままデジタル化しているため、教師と生徒が「これまで通りの教材」として利用できるという。1つの端末で複数の教材・問題集を管理できるほか、生徒ひとりひとりの学習履歴に基づいた「類似問題」「苦手問題」機能などで生徒の学習状況や理解度に合わせた個別最適化学習を実現する。宿題の配信・回収・集計を自動で行なう「宿題管理ツール」や、クラスの学習状況をExcelデータで出力できる機能など、教師をサポートする機能も用意している。</p>\n<p>日本の学校教育は、コロナ禍の影響もあり、急速にICT化が進んでいる。小・中学校では、2021年3月末までに全国97.6%の自治体でPC・タブレット1人1台環境が整備され、高校でも47都道府県のうち42自治体(89.4%)で生徒1人1台の端末整備を目標としている。そのような状況の中で、リブリーは2021年10月末時点で17社の出版社と提携。数学・物理・化学・生物・地学・英語の6科目で400冊を超えるデジタル教科書・デジタル問題集を提供している。</p>\n<p>「一人ひとりが自分の可能性を最大限に発揮できる社会をつくる」をビジョンに掲げるリブリーは、2022年4月に学習者用デジタル教科書への対応を予定。調達した資金により、プロダクト開発・営業体制を強化し、日本の教育のデジタル化を牽引する教材プラットフォームとしてさらなる成長を目指す。今後はLITALICOとの協業の可能性についても検討を開始するという。</p>\n",
        "authorId": 191889578,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-17-003-index.jpg",
        "author": {
          "id": 191889578,
          "slug": "satokosato",
          "name": "Satoko Sato",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 458574,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 458574,
            "tagId": 18458,
            "tag": {
              "id": 18458,
              "slug": "textbook",
              "name": "教科書(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 458574,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 458574,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458574,
            "tagId": 366275213,
            "tag": {
              "id": 366275213,
              "slug": "students",
              "name": "学生(用語)",
              "description": "学生に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458574,
            "tagId": 366277474,
            "tag": {
              "id": 366277474,
              "slug": "litalico",
              "name": "LITALICO(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 458574,
            "tagId": 681520457,
            "tag": {
              "id": 681520457,
              "slug": "libry",
              "name": "Libry(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 458574,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 458180,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 458180,
        "slug": "2021-11-09-south-korean-edtech-startup-mathpresso-adds-google-as-an-investor",
        "createdAt": "2021-11-16T00:45:30.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-15T23:50:19.000Z",
        "title": "学習アプリ「クァンダ」を開発した韓国のMathpressoにグーグルも出資",
        "content": "<p>幼稚園児から高校生までを対象としたAIベースの学習アプリ「QANDA(クァンダ)」を開発した韓国のEdtech企業Mathpresso(マスプレッソ)は、新たな投資家としてGoogle(グーグル)が加わったことを発表した。</p>\n<p>Googleの非公開の投資は、6月に実施されたシリーズC資金調達の一部ではないとのことで、評価額は明らかにされていない。</p>\n<p>今回の追加投資は、5000万ドル(約57億円)のシリーズCから5カ月後のことだ。6月の時点で、同社の総資金調達額は1億500万ドル(約120億円)に達していた。同社にこれまで出資した投資家には、SoftBank Venture Asia(ソフトバンク・ベンチャー・アジア)、MiraeAsset Venture Investment(未来アセット・ベンチャー・インベストメント)、Smilegate Investment(スマイルゲート・インベストメント)、Samsung Venture Investment Corporation(サムスン・ベンチャー・インベストメント・コーポレーション)、Legend Capital(レジェンド・キャピタル)などが含まれる。</p>\n<p>Mathpressoは、世界的な市場拡大と技術進歩の両面において、Googleとの相乗効果が生まれることを期待している。</p>\n<p>クァンダのユーザーの85%以上は、韓国以外の日本や東南アジアに住んでいる。ソウルに本社を置くこのスタートアップ企業は、東京、ハノイ、ジャカルタ、バンコクにオフィスを構え、英語、スペイン語、韓国語、日本語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語の7言語に対応している。</p>\n<p>Mathpressoは、1:1のQ&amp;Aサービスプラットフォームとしてクァンダを開発した共同CEOのRay Lee(レイ・リー)氏とJake Lee(ジェイク・リー)氏によって、2015年に設立された。同社は2016年に、詳細な数学の解き方や、各ユーザーのレベルに合わせてパーソナライズされた学習コンテンツを提供するクァンダを起ち上げた。2017年に追加されたAIベースの光学式文字認識(OCR)技術は、ユーザーがわからないテキストや数式の写真を撮影すると、それを認識してわずか数秒でユーザーが解き方を検索できるようにする。</p>\n<p>クァンダのプラットフォーム上では、毎日約1000万枚の写真がアップロードされているとのこと。同社の主張によれば、クァンダのアプリは4500万人以上の登録ユーザーと30億の教育データポイントを蓄積しており、50カ国で1200万人以上の月間アクティブユーザーを獲得しているという。</p>\n<p>Mathpressoは2021年初め、クァンダに新機能を追加した。それは「ひと口サイズ」の短い動画講義を無制限に提供するプレミアムサブスクリプションモデルや、オンライン学習グループのように共同学習を強化するコミュニティ機能などだ。</p>\n<p>「Googleによる投資は、Mathpressoにエキサイティングな好機をもたらし、世界中の学生にサービスを提供する当社の能力を高めることになります」と、MathpressoのCFO(最高財務責任者)であるSoo Nahm(スー・ナム)氏は述べている。「最近のシリーズC資金調達と合わせ、今回の投資によって私たちは、グローバルな市場拡大と技術的な進歩を加速させることができるでしょう」。</p>\n<p>クァンダはAndroid、iOSそしてウェブブラウザで利用できる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Mathpresso</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/09/south-korean-edtech-startup-mathpresso-adds-google-as-an-investor/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Kate Park、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Press-Release-Mathpresso-Attracts-Investment-from-Google.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 458180,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 458180,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 458180,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458180,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458180,
            "tagId": 366271514,
            "tag": {
              "id": 366271514,
              "slug": "korea",
              "name": "韓国(国・地域)",
              "description": "韓国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458180,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 458180,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 458180,
            "tagId": 681521042,
            "tag": {
              "id": 681521042,
              "slug": "mathpresso",
              "name": "Mathpresso(企業)",
              "description": "幼稚園児から高校生までを対象としたAIベースの学習アプリ「QANDA(クァンダ)」を開発する韓国のEdTechスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 458045,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 458045,
        "slug": "2021-10-07-entity-academy-edtech",
        "createdAt": "2021-11-15T02:15:42.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-15T02:10:58.000Z",
        "title": "テック系の職を目指す女性にトレーニングやメンターを提供するEdTechスタートアップEntity Academyが約113億円を調達",
        "content": "<p>近年、女性がテクノロジーの世界に大きく進出してきたが、雇用者数、報酬、そしてプロダクト開発において、真に公平な状況に到達するまでにはまだ長い道のりがある。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.entityacademy.com/\" rel=\"noopener\">Entity Academy</a>は、女性にデータデサイエンス、ソフトウェア開発などの領域のトレーニングやメンタリングを提供し、最終的にはジョブコーチングを目指すEdTechスタートアップだ。同社は、事業の堅調な成長を背景に、その比率を高めようという野心を抱き、1億ドル(約113億円)を調達した。</p>\n<p>この資金は、Entity Academyの授業料(通常1万5000ドル[約169万円])を受講者が調達することへの支援に充てられる。同資金の出資者で自身もスタートアップである<a target=\"_blank\" href=\"https://leif.org/\" rel=\"noopener\">Leif</a>(レイフ)は、EdTechプラットフォームに金融サービスを提供し、学生たちが所得分配契約(ISA、学生が就職するまで学費ローンを返済する必要がない制度)を利用できる機会を創出している。</p>\n<p>Entityの創業者でCEOのJennifer Schwab(ジェニファー・シュワブ)氏は、2016年以降、外部からの資金調達を事実上行わずに事業を構築してきた。しかし今回の資金調達で、VCの主導による同社初の、より伝統的な株式投資ラウンドの先駆けを得たと同氏は語る。</p>\n<p>Entityはeラーニングコンテンツ自体を制作するのではなく、Springboard(スプリングボード)やLambda School(ラムダ・スクール)、Columbia University(コロンビア大学)などのプロバイダーから提供されるデータサイエンス、ソフトウェア開発、フィンテックエンジニアリング、テクノロジーセールスのオンラインコースを、24~33週の「ブートキャンプ」スタイルのコースに集約している。(大学からのコースは機関が作成したものがそのまま提示される傾向にあるが、他のコースはEntity自身が受講者に合わせてカスタマイズしている)。</p>\n<p>Entityのテクノロジーへの関わりは、同社のカリキュラムがテクノロジーにフォーカスしていることに留まらない。EdTechスタートアップから想像されるように、Entityもまた、戦略とビジネスを構築するために収集されるデータに大きく基礎を置く。</p>\n<p>このデータは、過去や現在の受講生からのフィードバックや受講生の成果だけではなく、他のチャネルにも基づいている。同社の「コンテンツ部門」のEntity Mag(エンティティ・マグ)は、かなり興味深いことにソーシャルメディア上で急速に拡散し、Instagram(インスタグラム)やFacebook(フェイスブック)で110万人を超えるフォロワーを獲得しており、エンゲージメント(将来の学生も含まれるだろう)に向けた別の切り口の主要チャネルとなっている。</p>\n<p>Entityはこれらすべてを使って、提供するコースやカリキュラムの内容、またその学習を補完する最良の方法についてキュレートする。Entityのコースには現在、テック業界で働く人々による対象を絞ったメンタリングや、求職に向けたキャリアコーチングも含まれている。</p>\n<p>Entityのスイートスポットは枝分かれしている、とシュワブ氏はインタビューで語っている。</p>\n<p>その分岐要素は、新規の女性(典型的には19~23歳)と、新しいキャリアに再挑戦するかキャリアを再考する女性(典型的には30~39歳)である。どちらのカテゴリーの女性も、テック系の仕事や、より技術的なプロモーションを考えたいが、そのための専門知識が不足していることを認識し、Entityを訪れている。その多くは大学で人文科学やその他の非技術系科目を学んでおり、概して、技術的な役割への扉を開くための文字通りの再訓練を提供するような職場環境でのサポートを得られていない。</p>\n<p>加えて、これらの女性の多様性の組み合わせも存在し、そのコホートに異なる種類の課題を提起しているが、課題に取り組む手助けをするEntityにとってはそれが大きな推進力にもなっている。19~23歳のグループの約55%は有色人種の女性であり、30~39歳では62%を占める。Entityは「ラップアラウンド(包み込み)」戦略と同社が表現するように、このような女性たちすべてに対して、テック系の仕事に就く上でのそれぞれの課題に対処するツールを提供することを目指している。</p>\n<p>「受講生の多くは、過去にSTEMプログラムを追求したことがないと思います」とシュワブ氏は述べ「そのため、私たちは一からスキルセットを構築しています」と続けた。</p>\n<p>受講生の約80%が授業料を支払うために何らかの融資を受けており、Entityがそのための手段を強化している背景がうかがえる。</p>\n<p>2016年以降、ほぼすべてが女性である400人余りの受講生が同社のコースを修了している。しかし、当初はかなり短期間のプログラム(6週間)として開始され、すべて対面式で費用は5000ドル(約56万円)であった。現在では8カ月間のコースが多数存在し、すべてがバーチャルとなっており、費用も人数も増大している。シュワブ氏によると、さらに300人が同社のコースを受講中で、来年は1500人になる見込みだという。</p>\n<p>Entityの成長は、EdTechの拡大、そして「Future of Work(未来の働き方)」のトレンドと密接に結びついている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、eラーニング業界に思いもよらない、大きな苦労をともなう期待を生じさせた。教育者はリモートでのかつてない需要に突如として直面し、それを支援するためのツールを各企業が構築してきた。この需要は、従来の学習環境のバーチャル化の必要性のみならず、パンデミックのために多くの人々が自ら進んで、あるいはやむを得ず、自分たちの生活で何をすべきかを再考するようになったことにもよるものだ。オンライン教育は、他にほとんど何もできないときに何かをするための重要な手段の1つになっている。</p>\n<p>Entity自身のストーリーは、これらのストーリーラインの両方に適合する。</p>\n<p>同社は、シュワブ氏が自身のキャリアの初期にErnst &amp; Young(アーンスト・アンド・ヤング)でアドバイザーを務めていたときの経験をもとに、ロサンゼルスで設立された。</p>\n<p>「私の当初の目標は、女性のキャリアに対する考え方をグローバルに変革することでした。Ernst &amp; Youngに入社した当時は女性のメンターがいなかったことから、女性をより良くメンターする方法について考えるようになったことが原動力となりました」とシュワブ氏は回想する。同氏は「(馴染みのある場所とは違う)島にいるような感じ」はそれ自体は良くないことだとしながらも、それは(同氏のキャリア上経験のなかった)教育と職業斡旋に向けての漸次的な進化であり、メンタリングと並行して行われたのは「女性がテック系の仕事に就かない理由を(別の理由として)特定した」からだと言い添えた。</p>\n<p>2016年に同社がそのコンセプトを最初に具現化したのは、ロサンゼルスの1920年築の建物に設置された実店舗型の学習センターとしてであった。それは説得力を持つセールスだった。学習期間が短く、対面式であるため、完了率は96%で、終了時にはコホートの90%以上に仕事がもたらされた。「個人としての直接的なアカウンタビリティははるかに大きなものがあります」とシュワブ氏は語っている。</p>\n<p>パンデミックは、当然ながらEntityをそのモデルから引き離したが、同時に規模拡大のレバーにもなった。2020年にラスベガスの新本社からバーチャルプログラムとして再スタートした際には、受講者数が増加し、コース期間が延長された他、より長期の契約を反映して授業料も増大した。</p>\n<p>その一方で、完了率が低下するというマイナス面も生じており、同社が改善に取り組むべき優先事項の1つであるとシュワブ氏は述べている。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/03/30/progate-path-beta-test/\">世界に250万ユーザーを有するProgate、実務に近い経験を積めるプログラミング学習「Progate Path」ベータテスター募集開始</a></li><li><a href=\"/2022/03/28/monoxer-1-billion/\">モノグサの学習プラットフォームMonoxer、累計学習回数が10億回突破―先生が作成したオリジナル問題集も30万冊以上に</a></li><li><a href=\"/2022/03/23/paiza-fact-finding/\">累計会員数50万人突破を記念しpaizaが実態調査結果を発表、女性の割合増加・最高スキルランクの年収は平均83万円アップ</a></li></ul></div>同社のプログラムのメンターは、バーチャル化によって拡大した事業の別の側面だ。当初、メンターは全員無給のボランティアで、より多くの女性が業界で優位に立てるように手助けしたいと思っていたか、より便宜的に学生との接触を雇用のための資金源として利用していた。この点についても、オンラインのエンゲージメントとともに進化している。</p>\n<p>「今ではメンターに報酬を支払い、プロのモデレーターを雇って、メンター主導のディスカッションを一定のペースで進めています」とシュワブ氏。講演者は奨学金や保育料を寄付することが多いという。受講生グループ向けの講義にフォーカスしているメンターや、通例的には受講生が学ぶ技術的科目に関連している個別対応に従事するメンターなど、現在Entityのネットワークには約250人のメンターが在籍している。シュワブ氏によると、この数字は来年には500人に倍増することが見込まれている。</p>\n<p>同社が学びを提供する領域への求職の側面については、おそらくこれまでのところあまり発展していないのだろう。Entityのウェブサイトの下部には、Entity Academyは伝統的な教育に取って代わるものではなく、補完的なものであるという注意書きとともに「仕事の斡旋を保証するものではない」と小さな文字で書かれている。</p>\n<p>しかしながら、オポチュニティのポテンシャルもそこには感じられる。その意味では、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/07/01/the-mom-project-raises-25m-for-its-job-site-aimed-at-women-returning-to-work/\" rel=\"noopener\">The Mom Project</a>(ザ・マム・プロジェクト)のように、雇用市場における女性の大きな格差だけではなく、それに対処するための仕組みがあまり整っていないという事実に焦点を当て、明確に女性層をターゲットにするオポチュニティに目を向けている企業もある。ありがたいことに、状況は変わりつつあるようだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:AleksandarNakic / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/07/entity-academy-edtech/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ingrid Lunden、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/GettyImages-874016084-1.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 458045,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 458045,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 458045,
            "tagId": 366271611,
            "tag": {
              "id": 366271611,
              "slug": "engineer",
              "name": "エンジニア(用語)",
              "description": "エンジニアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458045,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 458045,
            "tagId": 366274307,
            "tag": {
              "id": 366274307,
              "slug": "career",
              "name": "キャリア(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 458045,
            "tagId": 366278139,
            "tag": {
              "id": 366278139,
              "slug": "woman",
              "name": "女性(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 458045,
            "tagId": 692508216,
            "tag": {
              "id": 692508216,
              "slug": "mentor",
              "name": "メンター(用語)",
              "description": "メンターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458045,
            "tagId": 692516095,
            "tag": {
              "id": 692516095,
              "slug": "entity-academy",
              "name": "Entity Academy(企業)",
              "description": "女性にデータデサイエンス、ソフトウェア開発などの領域のトレーニングやメンタリングを提供し、ジョブコーチングを目指すEdTechスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 457855,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 457855,
        "slug": "2021-11-11-framework-raises-2m-seed-to-create-an-on-demand-business-school-aimed-at-startups",
        "createdAt": "2021-11-13T02:00:23.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-13T00:29:45.000Z",
        "title": "忙しいテック系起業家のためのオンデマンドビジネススクール「Framework」",
        "content": "<p>ビジネス教育は、率直に言って、<a target=\"_blank\" href=\"https://startupgenome.com/article/state-of-the-global-startup-economy\" rel=\"noopener\">3兆ドル(約340兆円)規模</a>の世界的なテクノロジー系スタートアップ経済の活況に追いつくことが難しい状況にある。高成長企業は時間に追われており、それらの経営者も同様だ。だが、彼らに提供される授業は長くて退屈なものも多く、その質もさまざまである。理想を言えば、ビジネス教育はもっとオンデマンドで、ターゲットを絞り、実践的で、バイトサイズ(ひと口で食べられるサイズ)であるべきだ。</p>\n<div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/03/30/progate-path-beta-test/\">世界に250万ユーザーを有するProgate、実務に近い経験を積めるプログラミング学習「Progate Path」ベータテスター募集開始</a></li><li><a href=\"/2022/03/28/monoxer-1-billion/\">モノグサの学習プラットフォームMonoxer、累計学習回数が10億回突破―先生が作成したオリジナル問題集も30万冊以上に</a></li><li><a href=\"/2022/03/23/paiza-fact-finding/\">累計会員数50万人突破を記念しpaizaが実態調査結果を発表、女性の割合増加・最高スキルランクの年収は平均83万円アップ</a></li></ul></div>\n<p>つまり、それが<a target=\"_blank\" href=\"http://useframework.com/\" rel=\"noopener\">Framework</a>(フレームワーク)という企業の考え方の基本だ。同社は「オンデマンドのビジネススクール」を実現するために、200万ドル(約2億3000万円)のシードラウンドを実施した。このEdtechプラットフォームによると、2022年のローンチに向けて、現在すでに2500人以上が予約リストに登録されているとのこと。</p>\n<p>そのアイデアは次のようなものだ。Frameworkの会員は、Slack(スラック)、ASOS(エイソス)、Flo Health(フローヘルス)、Netflix(ネットフリックス)といった企業の技術管理者から、1単位15分の「フレームワーク」や、週に一度の「オフィスアワー」ライブセッションを通じて、直接学ぶことができる。メンバー同士で1対1のコネクションを作ることもできる。これは「snackable(間食のように、気軽に楽しめる)」なコンテンツと呼ばれたりする。</p>\n<p>Frameworkは、欧州を中心とした世界のエリートテック系起業家のプライベートネットワークであるFounders Forum(ファウンダーズ・フォーラム)が作った9カ月間の「無料の代替MBA」と呼ばれるFounders Academy(ファウンダーズ・アカデミー)からスピンアウトした会社だ。</p>\n<p>同社は、Learn Capital(ラーン・キャピタル)のシードファンドであるLearnStart(ラーンハート)、Evio(エヴィオ)、Atomico(アトミコ)やAda Ventures(エイダ・ベンチャーズ)のエンジェルプログラムからも支援を受けている。何人かのエンジェル投資家も参加しており、その中にはlastminute.com(ラストミニット・ドット・コム)やMADE.com(メイド・ドット・コム)の共同創業者であるBrent Hoberman(ブレント・ホバーマン)氏、Ada Health(エイダ・ヘルス)共同創業者のClaire Novorol(クレア・ノボロール)氏、Monzo(モンゾ)の元COOであるTom Foster-Caster(トム・フォスター・キャスター)氏、Lendable(レンダブル)の共同創業者であるVictoria van Lennep(ヴィクトリア・ヴァン・レネップ)氏、NetflixのHRディレクターであるAaron Mitchell(アーロン・ミッチェル)氏などが含まれる。</p>\n<p>Frameworkの共同創業者であるAsha Haji(アシャ・ハジ)氏は、次のように述べている。「私たちのミッションは、世界中のスタートアップやスケールアップのための頼りになる学習コミュニティを構築することによって、新世代のテックリーダーを育成することです」。</p>\n<p>同じく共同創業者のRiya Pabari(リヤ・パバリ)氏は「有色人種の2人の女性創業者として、VCコミュニティからもっと注目されるべきなのに過小評価されている創業者たちのために、旗を掲げるチャンスでもあります」と付け加えた。</p>\n<p>ハジ氏は電話で私にこう語った。「長時間式の学習は、スタートアップ企業で働くほとんどの人にとって、時間的な負担が大きいために利用できません。私たちがやっているのはマイクロラーニングです。本当に毎日やること、実践的な質問をすることが大事です。コンテンツだけでなく、コミュニティも充実しています。お互いに1対1で関わることができます」。</p>\n<p>Founders Forumの共同設立者であり、Frameworkの投資家でもあるブレント・ホーバーマン氏は次のように述べている。「Frameworkのバイトサイズのレッスン、実用的なチートシート、魅力的なコミュニティ機能は、業界が待ち望んでいたモダンな学習プラットフォームであり、リヤとアシャはそれに命を吹き込む強力なコンビです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Framework / Framework founders, Riya Pabari and Asha Haji</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/11/framework-raises-2m-seed-to-create-an-on-demand-business-school-aimed-at-startups/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Mike Butcher、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Framework-founders.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 457855,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 457855,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 457855,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 457855,
            "tagId": 692509463,
            "tag": {
              "id": 692509463,
              "slug": "incubation",
              "name": "インキュベーター / インキュベーション(用語)",
              "description": "インキュベーター / インキュベーションに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 457855,
            "tagId": 692516071,
            "tag": {
              "id": 692516071,
              "slug": "framework-3",
              "name": "Framework(企業・サービス)",
              "description": "Slack、ASOS、Flo Health、Netflixといった企業の技術管理者から、1単位15分の「フレームワーク」や、週に一度の「オフィスアワー」ライブセッションを通じて、直接学べる「オンデマンドのビジネススクール」、それを提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 457099,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 457099,
        "slug": "yondemy",
        "createdAt": "2021-11-09T08:53:25.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-09T08:53:25.000Z",
        "title": "5〜15歳対象のオンライン読書教育「ヨンデミーオンライン」のYondemyが1億円調達、教材拡充・保護者向けアプリを開発",
        "content": "<p>児童向けオンライン読書教育の習い事サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://lp.yondemy.com/\" rel=\"noopener\">ヨンデミーオンライン</a>」を提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://lp.yondemy.com/\" rel=\"noopener\">Yondemy</a>は11月9日、第三者割当増資による総額1億円の資金調達を実施したと発表した。引受先はXTech Ventures、D4V、W ventures、F Ventures。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/02/11/2022-02-09-apple-launches-its-own-book-club-strombos-lit-in-the-apple-books-app/\">アップルが独自のブッククラブ「Strombo’s Lit」を米国などのApple Booksアプリ内に立ち上げ</a></li><li><a href=\"/2021/12/25/2021-12-23-the-amazon-glow-is-a-somewhat-buggy-blast/\">【レビュー】Amazon Glow、本当に会話相手の存在を感じる小型プロジェクターは楽しいがまだ粗削り</a></li><li><a href=\"/2021/11/15/2021-10-04-inkitt-inks-a-59m-investment-wants-to-turn-its-data-driven-self-publishing-platform-into-a-multi-media-powerhouse/\">データサイエンスでストーリーを分析・編集し人気作品を生み出す自費出版プラットフォームの独Inkitt</a></li></ul></div>調達した資金は、ヨンデミーオンラインへの開発投資と人材採用にあて、児童UX・保護者UXそれぞれの改善と組織体制の強化へと活用する予定。具体的には、児童向けウェブアプリにおける新機能開発や動画コンテンツなどの教材拡充、保護者向けウェブアプリの開発、今後の組織拡大を見据えた人材採用などへと投資し、事業基盤・経営基盤を強化することで、中長期的な成長を加速する。</p>\n<p>ヨンデミーオンラインは、5~15歳を対象とした月額定額制のオンライン読書教育の習い事サービス。「児童それぞれの興味・読む力に寄り添った選書指導」「『本の楽しみ方』などが学べるチャット形式の対話型学習コンテンツ」「ゲーミフィケーションやコミュニティを活かしたモチベーション設計」の3点を特徴とする。</p>\n<p>また同サービスの「AI司書ヨンデミー先生」では、好み・興味に合わせるだけではなく自然にステップアップしていけるように本を薦めるという。独自分析した1000冊以上の児童書データについて、ヨンデミー講師の選書ノウハウを再現した独自開発アルゴリズムにより活用しているそうだ。これにより、読む前の本を手に取るきっかけ作りから、読んだ後のコミュニティでの感想シェアや親子の会話まで、児童の読書体験サイクルを一気通貫で支え、習慣化をサポートする。</p>\n<p>さらに、学校では教わることのない本の楽しみ方や感想の書き方を学べるレッスンを提供。レッスンは選択式のクイズ形式になっており、文字入力の必要がない上24時間いつでも受講可能。読書をより楽しくするため、読んだ本の表紙や獲得したバッジを蓄積することで読書へのモチベーションを高めるゲーミフィケーション要素も備える。ヨンデミー生同士による感想シェアにより、読書意欲を刺激すると同時に、新たな本との出会いも生み出すとしている。</p>\n<p>2020年4月設立のYondemyは、「日本中の子どもたちへ豊かな読書体験を届ける」というミッションを掲げる、現役東大生によるスタートアップ。「読書を習う」という新しい文化を広めるとしている。習い事の選択肢として「読書」が当たり前にある社会を作ることで、読書教育を通じて日本中の児童を「自立した読み手」へと育て、1人1人の一生にとって読書がかけがえのない武器となることを目指す。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/001-9.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 457099,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 457099,
            "tagId": 2364,
            "tag": {
              "id": 2364,
              "slug": "book",
              "name": "読書 / 本(用語)",
              "description": "本 / 読書に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 457099,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 457099,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 457099,
            "tagId": 366273018,
            "tag": {
              "id": 366273018,
              "slug": "gamification",
              "name": "ゲーミフィケーション(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 457099,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 457099,
            "tagId": 692511412,
            "tag": {
              "id": 692511412,
              "slug": "yondemy",
              "name": "Yondemy(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 457099,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 456808,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 456808,
        "slug": "2021-11-07-edtech-startup-brightchamps-comes-out-of-stealth-mode-with-63-million-funding",
        "createdAt": "2021-11-08T03:15:04.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-08T03:11:01.000Z",
        "title": "今後、成功のために必要なプログラミングなどのスキルを教えるインドのBrightChampsが約58億円調達",
        "content": "<p>インドのEdTechスタートアップBrightChamps(ブライトチャンプス)はK12(幼稚園から高校3年生まで)の学校から取り残された学習のギャップをなくそうとしている。このほど同社は、新たな調達ラウンドで5100万ドル(約58億円)を獲得したことを発表した。1年前にゴア州拠点の同社が10カ国以上への進出を目標に開業して以来、総調達額は6300万ドル(約72億円)になった。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/03/31/aeonretail-instavr/\">イオンおよびイオンスタイル全店舗・約360店でVR従業員教育を導入、140カ国5万社が採用するInstaVRを活用</a></li><li><a href=\"/2022/03/31/sony-konami-smart-swimming-lesson-system/\">AI活用の水泳コーチングシステム「スマートスイミングレッスンシステム」を全国約100カ所のコナミスポーツクラブが導入へ</a></li><li><a href=\"/2022/03/28/labot-isa-platform/\">ISA採用プログラミングスクール運営のLABOT、教育機関の「学費の出世払い」導入を支援するISAプロバイダー事業発表</a></li></ul></div>Premji Investがリードしたこの調達ラウンドで5億ドル(約568億円)近い評価額を得た同スタートアップは、東南アジア、米国、カナダを含む10カ国以上で子どもたちにプログラミングなどのスキルを教えている、と<a target=\"_blank\" href=\"https://brightchamps.com\" rel=\"noopener\">BrightChamps</a>の共同ファウンダーでCEOのRavi Bhushan(ラヴィ・ブーシャン)氏がTecnCrunchのインタビューで語っている。</p>\n<p>自宅で教育を受け、不動産ポータルのPropTigerで最高技術責任者を務めたブーシャン氏は、世界の学校はこの時代で成功するために重要なスキルを子どもたちに教えていないという。「これはインドの問題ではありません。世界中の学校が、Microsoft Wordでテキストのスタイルを変更する方法をテクノロジーの名目で教えていません」。</p>\n<p>数十万人以上の登録生徒を集めて黒字化を達成し、年間経常利益が1000万ドル(約11億円)に近づいている同社は「『多人数教育』の武器を作ることで破壊の波をリードして、インドを最新デジタル教育の最大輸出国にしようとしています」とGSV Venturesのマネージング・パートナー、Deborah Quazo(デボラ・クアゾ)氏が声明で語った。GSVはTechCrunchが報じた同社の以前のラウンドをリードした。</p>\n<p>全世界で1000人以上の教員がBrightChampsに参加して子どもたちを教えている、とブーシャン氏は言った。「子どもたちは、自分の好きな現地語を選んで学習することができます」と彼は言い、現在提供内容の拡大を進めていることを付け加えた。近くカリキュラムに財政分野を追加する予定だという。</p>\n<div id=\"attachment_456809\" style=\"width: 690px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-456809\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-456809 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/brightchamps-india-deck.jpg?w=680\" alt=\"\" width=\"680\" height=\"379\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/brightchamps-india-deck.jpg 680w, /wp-content/uploads/2021/11/brightchamps-india-deck.jpg?resize=300,167 300w, /wp-content/uploads/2021/11/brightchamps-india-deck.jpg?resize=400,223 400w, /wp-content/uploads/2021/11/brightchamps-india-deck.jpg?resize=640,357 640w, /wp-content/uploads/2021/11/brightchamps-india-deck.jpg?resize=220,123 220w, /wp-content/uploads/2021/11/brightchamps-india-deck.jpg?resize=281,157 281w, /wp-content/uploads/2021/11/brightchamps-india-deck.jpg?resize=224,125 224w, /wp-content/uploads/2021/11/brightchamps-india-deck.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/11/brightchamps-india-deck.jpg?resize=108,60 108w, /wp-content/uploads/2021/11/brightchamps-india-deck.jpg?resize=600,334 600w, /wp-content/uploads/2021/11/brightchamps-india-deck.jpg?resize=337,187 337w, /wp-content/uploads/2021/11/brightchamps-india-deck.jpg?resize=50,28 50w\" sizes=\"(max-width: 680px) 100vw, 680px\" /><p id=\"caption-attachment-456809\" class=\"wp-caption-text\">TechCrunchが入手した以前の投資家向けプレゼンテーションのスライド。出資者の中にはFlipkartの共同ファウンダーであるBinny Bansal(ビニー・バンサル)氏の投資会社およびBEENEXTもいる</p></div>\n<p>ブーシャン氏は、スタートアップのこれまでの成長はすべて既存資源によるもので投資家から調達資金は使一切っていないと語った。「私たちは顧客から得た資金のみで成長しています」と彼は言った。</p>\n<p>BrightChampsは過去1年間、インドで最も話題になったスタートアップであり、この国最大級のEdTech巨人から買収提案があったという情報もTechCrunchは掴んでいる。</p>\n<p>先週、TechCrunchが調達ラウンドを確認するために接触したあと初めて話した時、会社は事業内容と資金調達について2020年発表するつもりだったが、国がパンデミックと戦っている時に節目を祝いたくなかったので延期したと語っ。</p>\n<p>ブーシャン氏は、BrightChampsに寄せられた買収提案についてはコメントを拒んだ、スタートアップは非常に長期的なビジョンで作られており、短期的利益は目指していないと語った。「教育は、おわかりのように、私の子ども時代からの情熱なのです」と同氏は付け加えた。</p>\n<p>BrightChampsが事業展開しているカテゴリーには大きな空白地帯がある、と新規資金の使い道を尋ねられたブーシャン氏は語った。「1つの分野は、子どもたちが相互に学び合う可能性です。いくつか実験も終えています。次はピアツーピア体験を提供するつもりです」と彼は話し、最終的に子ども向けStack Overflow(スタック・オーバーフロー)のようなプラットフォームを作りたいと付け加えた。「オリンピックやテック・ハッカソンを主催することも考えています」と彼は言った。</p>\n<p>BrightChampsは、共通のミッションと感性をもつ会社を買収する機会もうかがっている。</p>\n<p>「BrightChampsは開業から1年以内に、分野で最も成長の早いEdTech会社の1つになりました。世界に広がる人材を活用してパーソナライズされた体験を提供し、学習方法を超差別化するその独自の能力によって、BrightChampsはデータの力と学習を組み合わせることで結果を差別化できることを証明しようとしています」とPremji InvestのマネージングパートナーであるT Kurien(ティー・クリエン)氏が声明で語った。</p>\n<p><small>画像クレジット:BrightChamps</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/07/edtech-startup-brightchamps-comes-out-of-stealth-mode-with-63-million-funding/\" rel=\"noopener noreferrer\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Manish Singh、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a> )</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/brightchamps.jpg",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 456808,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 456808,
            "tagId": 365840503,
            "tag": {
              "id": 365840503,
              "slug": "india",
              "name": "インド(国・地域)",
              "description": "インドに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456808,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456808,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 456808,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456808,
            "tagId": 692515990,
            "tag": {
              "id": 692515990,
              "slug": "brightchamps",
              "name": "BrightChamps(企業)",
              "description": "K12(幼稚園から高校3年生まで)の学校から取り残された学習のギャップをなくそうとしているインドのEdTechスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 456644,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 456644,
        "slug": "2021-11-05-guardians-collective-wants-to-make-parenting-easier-or-at-least-less-alone",
        "createdAt": "2021-11-06T02:15:16.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-06T02:11:01.000Z",
        "title": "家族と幼児教育者をつなぎ、子育ての多様な支援も行うラーニングポッドサービス「Guardians Collective」",
        "content": "<p>子育てを楽にする技術的なソリューションの必要性に異議を唱える人はほとんどいないだろうが、その需要に実践が追いついていないのは明らかだ。子育ては大変で、子どもがボタンを誤って食べてしまったときや、リモートでの授業の間うつ病の初期症状が出たときなど、さまざまな瞬間にサポートが必要だ。親が直面する問題の多様性は、顧客サービスにとって悪夢のようなものなのだが、それこそが創業者のSaurabh Kamalapurkar(サウラブ・カマラプルカール)氏がGuardians Collective(ガーディアンズ・コレクティブ)を構築することに強い思いを抱く理由だ。</p>\n<div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2021/11/06/2021-11-05-guardians-collective-wants-to-make-parenting-easier-or-at-least-less-alone/\">家族と幼児教育者をつなぎ、子育ての多様な支援も行うラーニングポッドサービス「Guardians Collective」</a></li><li><a href=\"/2021/08/20/2021-08-18-kaipod-learning-thinks-learning-pods-are-here-to-stay/\">KaiPod Learningは今後も「ラーニングポッド」が定着すると考えている</a></li></ul></div>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.aboutgc.com/\" rel=\"noopener\">Guardians Collective</a>では、少人数の家族を集め、その家族と早期学習・開発プログラムでの勤務経験があるか、州の認可を受けてデイケアを運営している専門家である幼児教育者とを引き合わせる。この会社の使命、そしてより大きな目標は、正式なデイケアに頼らざるを得なかった家族にとって、幼児教育者をより身近な存在にすることだ。同社は早朝や深夜も含めたピア・ツー・ピアの学習を、サポート付きで提供している。</p>\n<p>米国時間11月5日、Guardians Collectiveは、Impact America Fund(インパクト・アメリカ・ファンド)とGary Philanthropies(ゲイリー・フランソロピー)が参加し、Reach Capital(リーチ・キャピタル)がリードした、350万ドル(約3億9700万円)のシード投資ラウンドを発表した。</p>\n<p>私の見解では、Guardians Collectiveは、新型コロナウイルス(COVID-19)の流行初期段階から話題となった「ラーニングポッド」というトレンドに新しい風を吹き込んでいる。マイクロスクール、パンデミック・ポッド、スモールグループ・ラーニングと同義のこの言葉は、学校での学習を代替または補完する目的で、個人指導員とペアを組む同年齢の子どもたちの小さな集団を指す。この傾向は、低所得層の生徒にとっては脅威であり、結果的に学習教材へのアクセスにさらに大きな格差が生じることになると批判されている。</p>\n<p>Reach Capital(リーチ・キャピタル)で投資を担当したChian Gong(チアン・ゴン)氏は、Guardians Collectiveは単なる学習ポッドではなく、他の保護者とのWhatsApp(ワッツアップ)グループでもないと考えている。</p>\n<p>「WhatsAppはすでに知っている人同士をつなげるものですが、Guardians Collectiveでは3〜5家族と幼児教育者が安全な空間に集まり、他では聞けないような質問をすることができます」とゴン氏は言った。「何千人もの子どもたちと接し、同じ年齢の子どもを持つ他の家族との対話を導くことができる教育者の知恵や洞察力、共感を得ることができるのです」。</p>\n<div id=\"attachment_456646\" style=\"width: 348px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-456646\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-456646\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/PS3-1.png\" alt=\"\" width=\"338\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/PS3-1.png 768w, /wp-content/uploads/2021/11/PS3-1.png?resize=169,300 169w, /wp-content/uploads/2021/11/PS3-1.png?resize=576,1024 576w, /wp-content/uploads/2021/11/PS3-1.png?resize=225,400 225w, /wp-content/uploads/2021/11/PS3-1.png?resize=400,711 400w, /wp-content/uploads/2021/11/PS3-1.png?resize=738,1312 738w, /wp-content/uploads/2021/11/PS3-1.png?resize=203,360 203w, /wp-content/uploads/2021/11/PS3-1.png?resize=124,220 124w, /wp-content/uploads/2021/11/PS3-1.png?resize=97,172 97w, /wp-content/uploads/2021/11/PS3-1.png?resize=70,125 70w, /wp-content/uploads/2021/11/PS3-1.png?resize=34,60 34w, /wp-content/uploads/2021/11/PS3-1.png?resize=311,552 311w, /wp-content/uploads/2021/11/PS3-1.png?resize=206,367 206w, /wp-content/uploads/2021/11/PS3-1.png?resize=28,50 28w\" sizes=\"(max-width: 338px) 100vw, 338px\" /><p id=\"caption-attachment-456646\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Guardians Collective</p></div>\n<p>ゴン氏は、このプラットフォームの魅力は、専門知識、コンテンツ、コミュニティが一体となっていることだと考えている。ベンチャー企業が出資する幼児分野のスタートアップであるWinnie(ウィニー)は、親が近くのデイケアや幼稚園を探すのに利用できるチャイルドケアのマーケットプレイスだ。KaiPod Learning(カイポッド・ラーニング)は、ホームスクールをしている子どもたちに、地元の、補完的で、社会的な学習拠点を提供するために、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/20/2021-08-18-kaipod-learning-thinks-learning-pods-are-here-to-stay/\" rel=\"noopener\">数百万ドル(数億円)の資金を調達した</a>。</p>\n<p>これらのスタートアップ企業は、それぞれ実行方法や戦略が異なるが、子どもたちの能力を高めるためのリソースへのアクセスを提供するという点では同じビジョンを持っているようだ。</p>\n<p>Guardians Collectiveの戦略には、より多くの幼児教育者にプラットフォームに参加してもらうことも含まれている。ほとんどの州では、デイケアセンターを運営するためにはライセンスを取得する必要があり、その価格や偏見が、実際にそのプロセスを踏める人に影響を与えることを考えると、これは政治的な問題だ。このスタートアップは、免許を持っていないが何世代にもわたって子どもたちをサポートしてきた人たちと、品質保証のバランスをどうとるかを考えているところだ。</p>\n<p>「多くのシステムでは、これらの人々を教育者とは呼びません」とカマラプルカール氏はいう。「しかし、彼らはただのおむつを交換する人なのではなく、教師でもあるのです」。教師の組織は、非同期型の仕事に参加するという考えに同意しており、Guardians Collectiveでは、40人の教育者を募集したところ、数日で470人の応募があった。</p>\n<p>これまでにデトロイト、ニューオーリンズ、アラスカ、ナバホ・ネイション、オクラホマ、カリフォルニアのセントラルバレーなどで暮らす家族がGuardians Collectiveのアプリを利用している。カマラプルカール氏は、顧客の半数以上が低所得者であると述べている。このスタートアップでは、利用したい家族に手頃な価格を提供するために、スライディングスケールを用いたサブスクリプションモデルを採用している。</p>\n<p>ベンチャー企業の資金を得たGuardians Collectiveは、ユーザーの維持と新たな成長への期待のバランスを取る必要がある。ベイエリアでは700以上の家族が同社のプラットフォームを利用しているが、2020年初頭からの全国的な成長率は16倍に達している。また、ユーザーの維持率は94%で、平日は94%のユーザーが毎日アプリを利用しているとしている。</p>\n<p>カマラプルカール氏が注目している大きな指標は、家族が何について話しているのか、どこで会話が行われているのか、メッセージの何パーセントが有益な方法で回答されているのか、という捉えどころのないものだ。</p>\n<p>「規模の拡大とは、利用者の数だけでなく、利用者にとって私たちのサービスが何を意味するのかということです」と彼は語った。</p>\n<p><small>画像クレジット:Lisitsa / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/05/guardians-collective-wants-to-make-parenting-easier-or-at-least-less-alone/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Mascarenhas、翻訳:Yuta Kaminishi)</p>\n",
        "authorId": 191889573,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/GettyImages-1134471963.jpg",
        "author": {
          "id": 191889573,
          "slug": "yuta-kaminishi",
          "name": "Yuta Kaminishi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 456644,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 456644,
            "tagId": 1343,
            "tag": {
              "id": 1343,
              "slug": "children",
              "name": "子ども / 子ども向け(用語)",
              "description": "子ども / 子ども向けに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456644,
            "tagId": 303577,
            "tag": {
              "id": 303577,
              "slug": "childcare",
              "name": "育児(用語)",
              "description": "育児に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456644,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 456644,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456644,
            "tagId": 692514810,
            "tag": {
              "id": 692514810,
              "slug": "kaipod-learning",
              "name": "KaiPod Learning(企業・サービス)",
              "description": "在宅で学ぶ子どもを対面式の補習ラーニングポッドとつなぐサービス、それを提供する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 456644,
            "tagId": 692514811,
            "tag": {
              "id": 692514811,
              "slug": "learning-pod",
              "name": "ラーニングポッド / マイクロスクール、パンデミックポッド(用語)",
              "description": "同じ年齢層の子どもが少人数で集まり、そこに指導員がついて、学校教育の代替または補完を目指す学習グループ。ラーニングポッド、マイクロスクール、パンデミックポッド、少人数グループ学習などは同義。"
            }
          },
          {
            "postId": 456644,
            "tagId": 692515978,
            "tag": {
              "id": 692515978,
              "slug": "guardians-collective",
              "name": "Guardians Collective(企業)",
              "description": "ピア・ツー・ピアの幼児学習を、サポート付きで提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 454569,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 454569,
        "slug": "lifeistech-fundraising",
        "createdAt": "2021-10-26T02:59:17.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-20T00:44:22.000Z",
        "title": "中高生向けIT・プログラミング教育サービス「Life is Tech !」が25億円のシリーズD調達",
        "content": "<p>中高生向けIT・プログラミング教育サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://life-is-tech.com/\" rel=\"noopener\">Life is Tech !</a>」(ライフイズテック)を手がける<a target=\"_blank\" href=\"https://lifeistech.co.jp/\" rel=\"noopener\">ライフイズテック</a>は10月26日、シリーズDラウンドにおいて、第三者割当増資による総額25億円の資金調達を発表した。海外機関投資家から約20億円、クレディセゾンから約5億円という。累積調達額は約55億円となった。</p>\n<p>同社は、「中高生ひとり一人の可能性を一人でも多く、最大限伸ばす」をミッションに掲げ、2010年7月に設立したEdTech企業。Life is Tech !は、2021年9月末時点でのべ5.2万人以上が参加するITキャンプ・スクールとなったという。</p>\n<p>また2019年には、GIGAスクールや拡大するEdTechおよびプログラミング教育を背景に、学校向けオンラインプログラミング教材「<a target=\"_blank\" href=\"https://lifeistech-lesson.jp/\" rel=\"noopener\">ライフイズテック レッスン</a>」を提供開始。全国のプログラミング教育の格差をテクノロジーを通じて是正する同教材は、提供から1年余りで、全国の300以上の自治体、約1650校の公立・私立学校、約32万人に利用されているそうだ(2021年9月末時点)。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/2021-10-26-006-001.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 454569,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 454569,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 454569,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 454569,
            "tagId": 366272389,
            "tag": {
              "id": 366272389,
              "slug": "lifeistech",
              "name": "ライフイズテック(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 454569,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 454569,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 454460,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 454460,
        "slug": "2021-10-20-doyobi-a-singapore-based-edtech-startup-focused-on-teachers-gets-2-8m-seed",
        "createdAt": "2021-10-26T01:00:48.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-26T00:12:38.000Z",
        "title": "シンガポールのエドテックDoyobiは教師を通じて子供たちのSTEM教育に貢献",
        "content": "<p>EdTechブームは主に学生を対象としているが、教師も学ぶ者の1人だ。シンガポールを拠点とするプロフェッショナル開発プラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.doyobi.com/\" rel=\"noopener\">Doyobi</a>(ドヨービ)」は、教育者がSTEM科目(科学・技術・工学・数学)を教えるための新しい魅力的な方法を提供したいと考えている。このスタートアップ企業は米国時間10月21日、Monk&#8217;s Hill Ventures(モンクス・ヒル・ベンチャーズ)が主導したプレシリーズAの資金調達で、280万ドル(約3億2000万円)を調達したことを発表した。</p>\n<p>今回のラウンドには、Tres Monos Capital(トレス・モノス・キャピタル)、Novus Paradigm Capital(ノーヴァス・パラダイム・キャピタル)、XA Network(XAネットワーク)の他、Carousell(カルーセル)の最高経営責任者であるQuek Siu Rui(クエック・シウ・ルイ)氏、Glints(グリンツ)の共同設立者であるOswald Yeo(オズワルド・ヨー)氏とSeah Ying Cong(シーア・イン・コン)氏、Grab Financial Group(グラブ・ファイナンシャル・グループ)の代表であるReuben Lai(リューベン・ライ)氏などのエンジェル投資家が参加した。</p>\n<p>Doyobiのプラットフォームには、教師向けのトレーニングや生徒のためのインタラクティブなコンテンツが含まれており、現在は東南アジア、中東、アフリカの10カ国以上で約2000人の教師に利用されている。その中でも特に大きな市場は、インドネシアとフィリピンの2カ国だ。Doyobiは、教育プラットフォームであるLeap Surabaya(リープ・スラバヤ)やCoder Academy(コーダー・アカデミー)の他、HighScope Indonesia(ハイスコープ・インドネシア)、Mutiara Harapan Islamic School(ムティアラ・ハラパン・イスラミック・スクール)、Stella Gracia School(ステラ・グラシア・スクール)などの私立学校と提携している。</p>\n<p>Doyobiは2020年、STEMに特化した教育プログラム「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.saturdaykids.com/\" rel=\"noopener\">Saturday Kids</a>(サタデー・キッズ)」からスピンオフして設立された。共同創業者兼CEOのJohn Tan(ジョン・タン)氏は、8年間運営してきたSaturday Kidsでは、世界中にSTEMスキルを学ぶ必要のある子どもが何百万人もいるにもかかわらず、年間数千人の生徒にしかリーチできていなかったと、TechCrunchに語った。</p>\n<p>「学校で教えられていることと、子どもたちが将来の仕事に備えるために必要なこととの間には、大きなギャップがあります。好奇心、想像力、共感力は、読み書きや計算のスキルと同様に重要です」と、タン氏は述べている。「教師は学習成果を形成する上で非常に大きな役割を果たしているのに、ほとんどのEdTechイノベーションは教室にいる教師を完全に対象から外してしまっています」。</p>\n<p>多くの政府が、経済成長におけるSTEMスキルの重要性を理解しているにもかかわらず、カリキュラムにSTEMスキルを組み込むことに苦労していると、同氏は付け加えた。Doyobiは教師を通して生徒にリーチすることで、この問題を解決したいと考えている。</p>\n<p>Doyobiは、ライブビデオレッスンなどの教師向け啓発トレーニングに加えて、教育者が子どもたちと一緒に使える独自の仮想学習環境を構築した。これには、新しいスキルの実社会への応用、インタラクティブメディアの使用、Scratch(スクラッチ)を使ったコーディングプロジェクトなどが含まれており、生徒が授業で学んだことを強化することができる。DoyobiはTeachers As Humans(人間としての教師)というオンラインコミュニティも運営しており、そこでは教育者がピアサポート(同じ立場にいる人同士の相互サポート)を受けられる。</p>\n<p>Doyobiは今回調達した資金を使って、教育者向けのコースを増やしたり、生徒向けのビデオ、クイズ、プロジェクトなどの教材をさらに充実させていく予定だ。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.hk/search/photographer?family=creative&amp;photographer=Karl+Tapales\" rel=\"noopener\">Karl Tapales </a>/ Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/20/doyobi-a-singapore-based-edtech-startup-focused-on-teachers-gets-2-8m-seed/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Catherine Shu、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/GettyImages-1336807111.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 454460,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 454460,
            "tagId": 53622,
            "tag": {
              "id": 53622,
              "slug": "southeast-asia",
              "name": "東南アジア(国・地域)",
              "description": "東南アジアに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 454460,
            "tagId": 84569,
            "tag": {
              "id": 84569,
              "slug": "teacher",
              "name": "教師 / 家庭教師(用語)",
              "description": "教師 / 家庭教師に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 454460,
            "tagId": 104624,
            "tag": {
              "id": 104624,
              "slug": "stem",
              "name": "STEM教育(用語)",
              "description": "Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)を統合した教育手法。Arts(美術)を追加し、STEAM教育とすることもある。"
            }
          },
          {
            "postId": 454460,
            "tagId": 366270944,
            "tag": {
              "id": 366270944,
              "slug": "singapore",
              "name": "シンガポール(国・地域)",
              "description": "シンガポールに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 454460,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 454460,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 454460,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 454460,
            "tagId": 692515826,
            "tag": {
              "id": 692515826,
              "slug": "doyobi",
              "name": "Doyobi(企業・サービス)",
              "description": "教育者がSTEM科目(科学・技術・工学・数学)を教えるための新しい魅力的な方法を提供したいと考えているシンガポールを拠点とするプロフェッショナル開発プラットフォーム。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 454385,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 454385,
        "slug": "minecraft",
        "createdAt": "2021-10-25T12:11:38.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-25T12:11:38.000Z",
        "title": "SDGsが募集テーマのMinecraftカップ2021全国大会の第2次地区ブロック審査会が11月開催",
        "content": "<p>Minecraftカップ全国⼤会運営委員会は10月21日、「<a target=\"_blank\" href=\"https://minecraftcup.com/\" rel=\"noopener\">Minecraftカップ2021全国大会</a>」日本各地の地区ブロック予選(1次審査)を通過した代表選手による2次審査会を開催すると発表した。11月7日より全国を5ブロックにわけて行なわれ、内容は1次審査通過者のプレゼンテーションと審査員による質疑応答となる。その模様はYouTube「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.youtube.com/c/MinecraftCup\" rel=\"noopener\">Minecraft カップ</a>」にて生配信される。審査基準と日程は以下の通り。続く最終審査会は2022年1月30日にオンラインでの開催を予定している。</p>\n<h3>作品募集テーマ「SDGs時代のみんなの家、未来のまち」</h3>\n<p>以下の3つのうち、1つ以上のSDGsの目標を取り入れてワールドを制作する。</p>\n<ul>\n<li>3:すべての人に健康と福祉を</li>\n<li>7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに</li>\n<li>15:陸の豊かさも守ろう</li>\n</ul>\n<h3>審査基準</h3>\n<ul>\n<li><strong>構想力</strong>:既存の枠にとらわれない発想で作品テーマを構想できているか</li>\n<li><strong>調査力</strong>:テーマに対して様々な調査を行えているか</li>\n<li><strong>技術</strong>:プログラミングやレッドストーンが活用されているか</li>\n<li><strong>計画力</strong>:計画を立てて取り組むことができるか</li>\n<li><strong>作品完成度</strong>:上記をふまえて総合的に作品のクオリティが高いか</li>\n</ul>\n<h3>開催日時</h3>\n<ul>\n<li><strong>関西・中国ブロック</strong>:11月7日14:00〜16:00(予定)</li>\n<li><strong>北海道・東北・その他ブロック</strong>:11月13日14:00〜16:00(予定)</li>\n<li><strong>四国・九州・沖縄ブロック</strong>:11月14日14:00〜16:00(予定)</li>\n<li><strong>東京ブロック</strong>:11月21日14:00〜16:00(予定)</li>\n<li><strong>関東6県・中部ブロック</strong>:11月28日14:00〜16:00(予定)</li>\n</ul>\n<p>Minecraftカップ2021全国大会は、「ひとりひとりが可能性に挑戦できる場所」をコンセプトに「<a target=\"_blank\" href=\"https://education.minecraft.net/ja-jp/homepage\" rel=\"noopener\">Minecraft: Education Edition</a>」(教育版マインクラフト)を用いて子供たちにプログラミング教育やデジタルなモノ作りに触れる機会を創出し、子供たちのプログラミング思考の熟成を目指して開催されているイベント。7月12日よりエントリーの受付を開始し、エントリー総数3087人のうち、チーム・個人を合わせて484作品が集まった。</p>\n<p>1次審査は<a target=\"_blank\" href=\"https://minecraftcup.com/work/hokkaido-tohoku/\" rel=\"noopener\">北海道・東北・その他</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://minecraftcup.com/work/kanto6-chubu/\" rel=\"noopener\">関東6県・中部</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://minecraftcup.com/work/tokyo/\" rel=\"noopener\">東京</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://minecraftcup.com/work/kansai-chugoku/\" rel=\"noopener\">関西・中国</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://minecraftcup.com/work/shikoku-kyusyu-okinawa/\" rel=\"noopener\">四国・九州・沖縄</a>の5ブロックに分かれており、10月8~22日までブロックごとの相互投票によって行なわれた。それぞれの作品も公開されている。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-454388\" src=\"/wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"742\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg 1472w, /wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg?resize=300,217 300w, /wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg?resize=768,557 768w, /wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg?resize=1024,742 1024w, /wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg?resize=552,400 552w, /wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg?resize=400,290 400w, /wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg?resize=738,535 738w, /wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg?resize=497,360 497w, /wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg?resize=220,159 220w, /wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg?resize=141,102 141w, /wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg?resize=237,172 237w, /wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg?resize=172,125 172w, /wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg?resize=125,91 125w, /wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg?resize=83,60 83w, /wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg?resize=762,552 762w, /wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg?resize=506,367 506w, /wp-content/uploads/2021/10/03-1.jpg?resize=50,36 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>2次審査会は、地区ブロック担当のMicrosoft認定教育イノベーター(MIEE)によって行なわれる。内容は1次審査通過者による3分以内のプレゼンテーション動画配信と、2分間の質疑応答によって審査されその模様はYouTubeでリアルタイム配信される。結果は後日公式サイトにて発表される。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone wp-image-454393 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?w=858\" alt=\"\" width=\"858\" height=\"1024\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg 2012w, /wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?resize=252,300 252w, /wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?resize=768,916 768w, /wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?resize=858,1024 858w, /wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?resize=1288,1536 1288w, /wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?resize=1717,2048 1717w, /wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?resize=335,400 335w, /wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?resize=400,477 400w, /wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?resize=738,880 738w, /wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?resize=302,360 302w, /wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?resize=184,220 184w, /wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?resize=144,172 144w, /wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?resize=105,125 105w, /wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?resize=50,60 50w, /wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?resize=463,552 463w, /wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?resize=308,367 308w, /wp-content/uploads/2021/10/07-1.jpg?resize=42,50 42w\" sizes=\"(max-width: 858px) 100vw, 858px\" /></p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/001-12.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 454385,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 454385,
            "tagId": 637,
            "tag": {
              "id": 637,
              "slug": "microsoft",
              "name": "Microsoft / マイクロソフト(企業)",
              "description": "マイクロソフトは、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 454385,
            "tagId": 20586534,
            "tag": {
              "id": 20586534,
              "slug": "minecraft",
              "name": "Minecraft / マインクラフト(製品・サービス)",
              "description": "Microsoftが提供する全世界的に人気のサンドボックスビデオゲーム。"
            }
          },
          {
            "postId": 454385,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 454385,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 454385,
            "tagId": 681521545,
            "tag": {
              "id": 681521545,
              "slug": "sdgs",
              "name": "SDGs(用語)",
              "description": "SDGsに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 454385,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 454322,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 454322,
        "slug": "switcheducation-kousei-hight-microbit-study-materials",
        "createdAt": "2021-10-25T03:10:50.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-25T03:10:50.000Z",
        "title": "スイッチエデュケーションが佼成学園と高校「情報Ⅰ」向けmicro:bit用教材を開発、2022年3月販売へ",
        "content": "<p>スイッチサイエンスの子会社として科学技術分野の教育・教材開発・販売・出版などを行う<a target=\"_blank\" href=\"https://switch-education.com/\" rel=\"noopener\">スイッチエデュケーション</a>は10月21日、教育向けマイコンボード「<a target=\"_blank\" href=\"https://sedu.link/microbit-top\" rel=\"noopener\">micro:bit</a>」(マイクロビット)を使った車型ロボット教材を、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.kosei.ac.jp/\" rel=\"noopener\">佼成学園</a>と共同で開発していることを発表した。佼成学園の「情報の科学」授業に試験的に導入し、教材の最終調整を行った後、高校での「情報」必修化に合わせ、2022年3月中の発売を目指している。</p>\n<p>同製品は、micro:bitを搭載した車型のロボットで、高校の「情報Ⅰ」の学習に対応している。別売りのセンサーやサーボモーターなどのオプションパーツが追加可能。授業で使える説明書が付属する。暫定価格は税込4980円(micro:bitは別売)。</p>\n<p>佼成学園では、これを使って以下のカリキュラムを実施している。</p>\n<h3>佼成学園で導入中のカリキュラム</h3>\n<ul>\n<li>題材として、飲食店で今後普及するであろう「配膳ロボット」を設定</li>\n<li>配膳システムに必要な機能(店内を周回する、指定されたテーブルにモノを運ぶなど)を課題として設定</li>\n<li>実際にレストランのミニチュア模型内で動かし、設計した通りに動作するか確認する</li>\n<li>課題を1つずつクリアしていくことによりプログラミング的思考を身に着ける</li>\n<li>micro:bitのプログラミングには<a target=\"_blank\" href=\"https://micropython.org/\" rel=\"noopener\">MicroPython</a>(Python 3の一種)を利用</li>\n</ul>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/oz844SpsG8U?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>上の動画では、オプションパーツのラインセンサーとサーボモーターを使用している。下の写真はラインセンサーとサーボモーターを装備したもの。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-454328\" src=\"/wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"914\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg 1888w, /wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg?resize=300,268 300w, /wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg?resize=768,686 768w, /wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg?resize=1024,914 1024w, /wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg?resize=1536,1372 1536w, /wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg?resize=448,400 448w, /wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg?resize=400,357 400w, /wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg?resize=738,659 738w, /wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg?resize=403,360 403w, /wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg?resize=220,196 220w, /wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg?resize=193,172 193w, /wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg?resize=140,125 140w, /wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg?resize=125,112 125w, /wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg?resize=67,60 67w, /wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg?resize=618,552 618w, /wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg?resize=411,367 411w, /wp-content/uploads/2021/10/sub2-7.jpg?resize=50,45 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/2021-10-25-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 454322,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 454322,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 454322,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 454322,
            "tagId": 366276830,
            "tag": {
              "id": 366276830,
              "slug": "electronic-kit",
              "name": "電子工作(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 454322,
            "tagId": 692510565,
            "tag": {
              "id": 692510565,
              "slug": "switch-education",
              "name": "スイッチエデュケーション(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 454322,
            "tagId": 692515813,
            "tag": {
              "id": 692515813,
              "slug": "microbit-2",
              "name": "micro:bit(製品)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 454322,
            "tagId": 692515814,
            "tag": {
              "id": 692515814,
              "slug": "micropython",
              "name": "MicroPython(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 453777,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 453777,
        "slug": "tech-runway-programming-school",
        "createdAt": "2021-10-21T05:02:30.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-21T05:02:30.000Z",
        "title": "NPO法人CLACKが困難を抱える高校生対象に完全無料のプログラミング教室を大阪2拠点で開講",
        "content": "<p>NPO法人<a target=\"_blank\" href=\"https://clack.ne.jp/\" rel=\"noopener\">CLACK</a>は10月20日、経済的に困窮する、あるいは何らかの生きづらさを感じる大阪市と堺市の高校生を対象に完全無料のプログラミング教室「Tech Runway」を開講するにあたり、参加者の募集を開始した。授業は11月27日から3カ月間、週2回対面で行われる。パソコンの貸与、交通費の支給(800円まで)もある。<a target=\"_blank\" href=\"https://techrunway.jp/\" rel=\"noopener\">応募はこちらから</a>。</p>\n<h3>「Tech Runway」概要</h3>\n<ul>\n<li><strong>募集人数</strong>:新大阪6期生15名、堺1期生10名</li>\n<li><strong>実施期間</strong>:2021年11月27日〜2022年2月19日</li>\n<li><strong>応募条件</strong>:高校生もしくは高校生年代の人。指定された曜日に3カ月、週2日間通える人(テスト期間などは除く)</li>\n</ul>\n<p>応募多数の場合は、経済的に困窮している人、生きづらさを感じている人、プログラミングに触れる機会がないひと、「何か新しい一歩を踏み出したい」人が優先される。</p>\n<p>CLACKは、困難を抱える高校生のためにプログラミング教育とキャリア教育を提供する非営利団体。代表で創設者の平井大輝氏は、自身が経済的な困窮や両親の離婚を経験し、厳しい高校生時代を送っている。その体験がもととなり、プログラミングを通じて高校生たちを支援する活動を開始した。「Tech Runway」という名前には、「ITの力で高校生一人ひとりがワクワクした未来に飛び立つための、きっかけや環境を提供する」という思いが込められている。</p>\n<p>学習指導要領の改訂に伴い、高等学校では2022年から共通必履修科目「情報I」が新設。また2025年の大学入学共通テスト(旧センター試験)には、新教科としてプログラミングを含む「情報」の導入が公表されている。</p>\n<p>しかし、経済的理由でパソコンに触れる機会がない高校生たちもあり、恵まれた高校生たちとの教育格差が心配される。プログラミングのスキルを習得できずに、進路選択の幅が狭まってしまう恐れもある。そうした危惧から、CLACKでは2018年より、困難を抱える高校生150名以上に無料のプログラミング教室を開いてきた。大阪では今回で6期目となる。堺は今回が初めて。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/2021-10-21-005-001.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 453777,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 453777,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 453777,
            "tagId": 366275213,
            "tag": {
              "id": 366275213,
              "slug": "students",
              "name": "学生(用語)",
              "description": "学生に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 453777,
            "tagId": 692515744,
            "tag": {
              "id": 692515744,
              "slug": "clack",
              "name": "CLACK(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 453660,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 453660,
        "slug": "2021-10-19-magnilearn-uses-ai-to-help-students-learn-new-languages-raises-2-8m",
        "createdAt": "2021-10-20T23:40:09.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-20T23:40:07.000Z",
        "title": "AIを活用して生徒の外国語学習を支援する日本でも人気のMagniLearnが約3.2億円調達",
        "content": "<p>言語を学ぶのは簡単ではない。だから生徒を助けようとするスタートアップがたくさんあるのも当然だろう。個人で学習し学校のシステムとは関係のないスタートアップもあれば、学校への導入に挑戦するスタートアップもある。最近この市場に参入したのがイスラエルを拠点とする<a target=\"_blank\" href=\"https://www.magnilearn.com/?lang=ja\" rel=\"noopener\">MagniLearn</a>だ。同社はAIを活用し、生徒の学習状況に応じて1人ひとりに合うレッスンを提供する。</p>\n<p>同社は米国時間10月19日、シードラウンドで280万ドル(約3億2000万円)を調達したと発表した。このラウンドをリードしたのはクラウドファンディングプラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.ourcrowd.com/\" rel=\"noopener\">OurCrowd</a>」のインキュベーターであるLabs/02とインドのReliance Industriesで、イスラエルのInnovation Authorityや多くの個人投資家も参加した。</p>\n<p>MagniLearnの共同創業者でCEOのLana Tockus(ラナ・トックス)氏は「精密にパーソナライズするので、2人の生徒のレッスンが同じになることはまったくなく、生徒は可能性を存分に伸ばすことができます。当社のAIアルゴリズムがリアルタイムで動的に練習問題を作成するので、レッスンは生徒の進捗状況に応じて進化します。練習問題は生徒1人ひとりが挑戦するのにまさにぴったりのレベルで、時間を最も有効に使えます。アルゴリズムが学習者の回答を理解し、正確なフィードバックを学習者の母語で提供します」と説明する。</p>\n<div id=\"attachment_453662\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption alignnone\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-453662\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-453662\" src=\"/wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"505\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png 2048w, /wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?resize=300,148 300w, /wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?resize=768,378 768w, /wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?resize=1024,505 1024w, /wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?resize=1536,757 1536w, /wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?resize=812,400 812w, /wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?resize=400,197 400w, /wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?resize=738,364 738w, /wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?resize=640,315 640w, /wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?resize=220,108 220w, /wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?resize=281,138 281w, /wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?resize=250,123 250w, /wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?resize=125,62 125w, /wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?resize=122,60 122w, /wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?resize=1120,552 1120w, /wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?resize=600,296 600w, /wp-content/uploads/2021/10/MagniLearn-Productivity.png?resize=50,25 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-453662\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:MagniLearn</p></div>\n<p>現在は日本、韓国、イスラエルでこのサービスが利用されているが、トックス氏は今回調達した資金でアジアパシフィック地域で拡大していく計画だと述べた。現時点ではMagniLearnのプロダクトは英語教育に特化している。</p>\n<p>コロナ禍で学校のシステムはたいへんなストレスを受けたと同社はいう。しかしトックス氏は、MagniLearnが外国語教員を置き換えようとしているわけではないと述べている。「我々は1人ひとりに合わせたデータドリブンのインサイトを通じて教員と生徒が学習効率を最大化できるようにしたいと考えています。グローバルなエコノミーに参加し、収入を倍増させ、自分と家族により良い未来を約束するために英語を必要とする世界中の生徒に対して、チャンスの扉を開くことになるでしょう」(トックス氏)。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/MdzHJIvWaik?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p><small>画像クレジット:Catherine Falls Commercial / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/19/magnilearn-uses-ai-to-help-students-learn-new-languages-raises-2-8m/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/GettyImages-1184216905.jpeg",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 453660,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 453660,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 453660,
            "tagId": 56130,
            "tag": {
              "id": 56130,
              "slug": "language-learning",
              "name": "語学学習(用語)",
              "description": "語学学習に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 453660,
            "tagId": 366271656,
            "tag": {
              "id": 366271656,
              "slug": "israel",
              "name": "イスラエル(国・地域)",
              "description": "イスラエルに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 453660,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 453660,
            "tagId": 692515731,
            "tag": {
              "id": 692515731,
              "slug": "magnilearn",
              "name": "MagniLearn(企業)",
              "description": "AIを活用し、生徒の学習状況に応じて1人ひとりに合うレッスンを提供するイスラエル拠点の企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 453541,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 453541,
        "slug": "mixi-shibuya-juniorhigh-club-activity",
        "createdAt": "2021-10-20T07:01:31.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-20T07:01:31.000Z",
        "title": "ミクシィが渋谷区立中学校の「パソコン部」支援で講師派遣やコンテンツ提供、スクリプト言語LuaやPythonに取り組む",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://mixi.co.jp/\" rel=\"noopener\">ミクシィ</a>は10月18日、渋谷区立中学校の部活動を地域の企業や団体で支える取り組み<a target=\"_blank\" href=\"https://shibuya.schoolweb.ne.jp/weblog/files/1320123/doc/39446/236409.pdf\" rel=\"noopener\">シブヤ「部活動改革」プロジェクト</a>に参画すると発表。2021年11月から試験的に開始される初年度では、渋谷区立中学校全生徒が既存部活動に加えて参加できる合同の部活動「パソコン部」の立ち上げに協力し、講師やコンテンツの提供を行う。</p>\n<p>渋谷区立中学校では、少子化によって、たとえば2021年度にサッカー部がある学校が8校中4校であったり、学校によって希望する部活動がなかったり、運動部では部員が少なくてチームが組めないなどの問題が生じている。そこで渋谷区は、2021年度「シブヤ『部活動改革』プロジェクト」を立ち上げ、地域の企業や団体の協力によるサッカー部、ダンス部、将棋部など9つの部活動を11月より開始することにした。</p>\n<p>ミクシィは、渋谷区立中学校において授業や放課後学習の形でプログラミング教育を2019年度より支援しており、合同部活動としての「パソコン部」においては、まずは2021年11月と2022年2月の2回、それぞれ3日間のプログラミング教室を開催する。11月は、スクリプト言語<a target=\"_blank\" href=\"http://www.lua.org/\" rel=\"noopener\">Lua</a>を使ってゲームのプログラミングを学び、実際にアクションゲームを作ってプレイできるところまでを行う。2022年2月は、プログラミング学習ソフトを使って<a target=\"_blank\" href=\"https://www.python.jp/index.html\" rel=\"noopener\">Python</a>を学ぶ。</p>\n<div id=\"attachment_453544\" style=\"width: 2570px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-453544\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-453544 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png\" alt=\"プログラミング学習ソフトの画面イメージ(Lua)\" width=\"2560\" height=\"1440\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png 2560w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=2048,1152 2048w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/10/sub1-9.png?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 2560px) 100vw, 2560px\" /><p id=\"caption-attachment-453544\" class=\"wp-caption-text\">プログラミング学習ソフトの画面イメージ(Lua)</p></div>\n<div id=\"attachment_453543\" style=\"width: 1914px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-453543\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-453543 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png\" alt=\"プログラミング学習ソフトの画面イメージ(Python)\" width=\"1904\" height=\"1240\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png 1904w, /wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png?resize=300,195 300w, /wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png?resize=768,500 768w, /wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png?resize=1024,667 1024w, /wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png?resize=1536,1000 1536w, /wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png?resize=614,400 614w, /wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png?resize=400,261 400w, /wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png?resize=738,481 738w, /wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png?resize=553,360 553w, /wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png?resize=220,143 220w, /wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png?resize=264,172 264w, /wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png?resize=192,125 192w, /wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png?resize=125,81 125w, /wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png?resize=92,60 92w, /wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png?resize=848,552 848w, /wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png?resize=564,367 564w, /wp-content/uploads/2021/10/sub3-4.png?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1904px) 100vw, 1904px\" /><p id=\"caption-attachment-453543\" class=\"wp-caption-text\">プログラミング学習ソフトの画面イメージ(Python)</p></div>\n<p>ミクシィでは、プログラミング学習の他にも同社のリソースを用いた支援を検討しており、「ESG活動における次世代育成や地域への貢献活動の新しい取り組みとして、渋谷区の部活動改革に協力してまいります」と話している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/2021-10-20-007-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 453541,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 453541,
            "tagId": 832,
            "tag": {
              "id": 832,
              "slug": "python",
              "name": "Python(製品・サービス)",
              "description": "グイド・ヴァン・ロッサム氏が開発したプログラミング言語。"
            }
          },
          {
            "postId": 453541,
            "tagId": 21517,
            "tag": {
              "id": 21517,
              "slug": "lua",
              "name": "Lua(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 453541,
            "tagId": 363277264,
            "tag": {
              "id": 363277264,
              "slug": "school",
              "name": "学校(用語)",
              "description": "学校に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 453541,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 453541,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 453541,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 453541,
            "tagId": 692512444,
            "tag": {
              "id": 692512444,
              "slug": "esg",
              "name": "ESG(用語)",
              "description": "Environmental, Social and corporate Governance(環境、社会、ガバナンス)。多様性、取締役会の構成、労働者関係、サプライチェーン、データ倫理、環境への影響や法的要件といった問題に関する原則をまとめたもの。"
            }
          },
          {
            "postId": 453541,
            "tagId": 692515721,
            "tag": {
              "id": 692515721,
              "slug": "%e3%83%9f%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%a3",
              "name": "ミクシィ",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 453324,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 453324,
        "slug": "askul-mdash-approbation",
        "createdAt": "2021-10-19T12:38:28.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-19T12:38:28.000Z",
        "title": "アスクルが「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」賛同、大学など教育支援で事業課題やデータ提供・指導員で協力",
        "content": "<div class=\"slideshow slideshowify\">\n    <ol><li>\n            <div class=\"image\"><img data-thumb=\"/wp-content/uploads/2021/10/2021-10-19-009-001.jpg?w=80&amp;h=60&amp;crop=1\" data-trigger-notification=\"1\" data-scalable=\"false\" alt=\"\" data-src=\"/wp-content/uploads/2021/10/2021-10-19-009-001.jpg?w=1024\" data-tc-lazyload=\"deferred\" src=\"/wp-content/themes/techcrunch-jp-2015/assets/images/1x1.png\" /></div>\n            <h3 class=\"title\">アスクルが「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」賛同、協力企業として大学などの教育を支援</h3>\n            <div class=\"caption\"></div>\n            <div class=\"credit\"></div>\n        </li></ol>\n    <div class=\"enter-wrapper\">\n        <a class=\"enter\" href=\"#\">&nbsp;<span class=\"enter-text\">View Slideshow</span></a>\n    </div>\n    <div class=\"controls\">\n        <a class=\"prev icon-arrow-left\" href=\"#\"><span class=\"is-vishidden\">Previous</span></a>\n        <a class=\"next icon-arrow\" href=\"#\"><span class=\"is-vishidden\">Next</span></a>\n        <a class=\"exit\" href=\"#\">Exit</a>\n    </div>\n</div>\n<p>事務用品の販売などを手がける<a target=\"_blank\" href=\"https://www.askul.co.jp/kaisya/\" rel=\"noopener\">アスクル</a>は、10月19日、内閣府、文部科学省、経済産業省が創設した「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度」に賛同し、経済産業省の「MDASH SUPPORTERS」の協力企業として大学などの教育プログラムの開発、実施の際に事業課題やデータの提供、指導員の派遣を行うと発表した。</p>\n<p>「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度」は、内閣府、文部科学省、経済産業省が連携して、これらの分野の教育を奨励するための認定制度。大学院を除く大学、短期大学、高等専門学校の教育プログラムを認定し、支援するというもの。「MDASH SUPPORTERS」とは、「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」を支援する賛同企業や団体のこと。富士通、ソフトバンク、NTT DATAなどの大手企業が名を連ねている。</p>\n<p>アスクルでは、「MDASH SUPPORTERSとして、数理・統計学を学ばれた若い方々の力が社会で発揮され、日本の競争力が高まることを期待し、本プログラムに協力してまいります」と話している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/2021-10-19-009-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 453324,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 453324,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 453324,
            "tagId": 366271425,
            "tag": {
              "id": 366271425,
              "slug": "data-science",
              "name": "データサイエンス / データサイエンティスト(用語)",
              "description": "データサイエンス / データサイエンティストに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 453324,
            "tagId": 366272141,
            "tag": {
              "id": 366272141,
              "slug": "math",
              "name": "数学(用語)",
              "description": "数学に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 453324,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 453324,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 453324,
            "tagId": 692515705,
            "tag": {
              "id": 692515705,
              "slug": "askul",
              "name": "アスクル(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 453324,
            "tagId": 692515706,
            "tag": {
              "id": 692515706,
              "slug": "statistics",
              "name": "統計学(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 452401,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 452401,
        "slug": "clipline-fundraising-2",
        "createdAt": "2021-10-13T10:52:15.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-13T10:52:15.000Z",
        "title": "動画で組織実行力を高めるマネジメント支援サービスClipLineが6億円調達、店長・ミドルマネジャー支援機能を強化",
        "content": "<p>動画で組織実行力を高めるマネジメント支援サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://clipline.com/service/\" rel=\"noopener\">ClipLine</a>」(クリップライン)を提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://corp.clipline.com/\" rel=\"noopener\">ClipLine</a>は10月13日、第三者割当増資による総額6億円の資金調達を発表した。引受先は、既存投資家のインキュベイトファンド、シンガポールのベンチャーキャピタルAxiom Asia Private Capital。累計調達額は21億円(資本性ローンを含む)となった。同社は、引き続きシリーズEエクステンションラウンドの実施を予定しているという。</p>\n<p>調達した資金は、より経営に寄り添うサービスとしてClipLineを進化させるため、「店舗運営に必要な情報をスコア化するダッシュボード機能の実装」「店長・ミドルマネジャーの利用シーンに即したマルチデバイスの開発」など特に現場マネジメントの柱となる「店長・ミドルマネジャー支援」機能の強化に注力する。その他の使途としては、人材獲得による組織体制の強化を挙げている。</p>\n<p>同社は、2014年10月より、動画とクラウドで多店舗展開ビジネスの生産性を改善するものとして、サービス産業に向けClipLineの提供を開始。2021年9月末時点で約1万5000店舗、40万人に利用されているという。</p>\n<p>ClipLineにより、OJTを1対1ではなく、1対多人数へ拡張し、24時間どこでも新人が1人でトレーニングできる環境を構築でき、指導者の拘束時間を削減するとしている。またマネジメントをリモート化し、ミドルマネージャーの負荷削減を通じた販売管理費の抑制や、暗黙知の形式知化による店舗間での理念体現・ノウハウ共有などの実績もあるという。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/yVNFTRuDzI4?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-010-001.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 452401,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 452401,
            "tagId": 294585657,
            "tag": {
              "id": 294585657,
              "slug": "clipline",
              "name": "ClipLine(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 452401,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 452401,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 452373,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 452373,
        "slug": "exseed-offers-appsheet-study-materials-of-appsheet-for-students",
        "createdAt": "2021-10-13T10:00:12.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-13T10:02:12.000Z",
        "title": "中高生向けに「はじめてのAppSheet」、エクシードがGoogleのノーコードツールAppSheet用教材を11月から提供開始",
        "content": "<p>子ども向けプログラミング教室「<a target=\"_blank\" href=\"http://www.tfe.tokyo/\" rel=\"noopener\">Tech for Elementary</a>」(TFE)の運営などを行う<a target=\"_blank\" href=\"http://www.exseed-inc.jp/\" rel=\"noopener\">エクシード</a>は10月13日、中高校生向けにGoogleのノーコードツール「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.appsheet.com/\" rel=\"noopener\">AppSheet</a>」が楽しく学べる教材「はじめてのAppSheet」を、TFE向け教材として2021年11月より提供開始すると発表した。</p>\n<p>TEFでは、「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションのもとで、映像授業をベースとしたプログラミング教室を、フランチャイズ事業として展開している。そこでは、ビジュアルプログラミング言語「<a target=\"_blank\" href=\"https://scratch.mit.edu/\" rel=\"noopener\">Scratch</a>」の他、その次の段階として本格的なテキスト形式のプログラミング言語を使ったアプリ開発なども教えているが、プログラミング言語へ歩を進める生徒は全体の2割前後しかいないという悩みを抱えている。</p>\n<p>その原因としては、プログラミング言語が難しい、教えられる講師が少ない、追加の授業料を払える保護者が少ない、中学生になると勉強や部活で忙しいといったことが考えられる。そこでエクシードは、Scratchと本格的なプログラミング言語をつなぐ中間的な存在として、GoogleのAppSheetを採り入れ、ノーコードでの本格的なアプリ開発のための映像授業を開発した。</p>\n<p>AppSeetは、GIGAスクール構想で導入されている端末のうち約40%を締めるChromeOSで利用できるスプレッドシート「Google Sheets」との親和性がよく、無料で使えるなどの点で選ばれた。本格的なアプリやインターフェイスが構築でき、テキスト形式のプログラミング言語や「情報」科目への興味につながること、さらに、将来の進学や就職にも役立つことが期待されている。</p>\n<div id=\"attachment_452393\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption alignnone\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-452393\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-452393\" src=\"/wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg\" alt=\"中高生向けに「はじめてのAppSheet」、エクシードがGoogleのノーコードツール「AppSheet」用教材を11月から提供開始\" width=\"1024\" height=\"724\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=300,212 300w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=768,543 768w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=1024,724 1024w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=1536,1086 1536w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=566,400 566w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=400,283 400w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=738,522 738w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=509,360 509w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=220,156 220w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=243,172 243w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=177,125 177w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=125,88 125w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=85,60 85w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=781,552 781w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=519,367 519w, /wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-002.jpg?resize=50,35 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-452393\" class=\"wp-caption-text\">GIGAスクール構想で導入されている端末のOSシェアは、ChromeOSが40.1%、Windowsが30.4%、iOSが29.0%となっている。その他には、AndroidとMacOSを含む。文部科学省「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.mext.go.jp/a_menu/other/mext_00921.html\" rel=\"noopener\">GIGAスクール構想の実現に向けた端末の利活用等に関する状況(令和3年7月末時点)について(速報値)</a>」</p></div>\n<p>エクシードは今回の教材提供を、「中高生という時期において、テクノロジー教育が断絶してしまうのではという危惧、危機感と、DX人材や市民開発者の早期育成を民主化することで、IT人材の量的確保に貢献できるのでは、という希望が伴ったもの」だとと話している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-009-001.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 452373,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 452373,
            "tagId": 800,
            "tag": {
              "id": 800,
              "slug": "windows",
              "name": "Windows(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 452373,
            "tagId": 15939,
            "tag": {
              "id": 15939,
              "slug": "scratch",
              "name": "Scratch(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 452373,
            "tagId": 324281,
            "tag": {
              "id": 324281,
              "slug": "ios",
              "name": "iOS(製品・サービス)",
              "description": "iOSはAppleが提供するスマートフォン向けオペレーションシステム。"
            }
          },
          {
            "postId": 452373,
            "tagId": 22536748,
            "tag": {
              "id": 22536748,
              "slug": "chrome-os",
              "name": "Chrome OS(製品・サービス)",
              "description": "Googleが設計、提供するOS。"
            }
          },
          {
            "postId": 452373,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452373,
            "tagId": 366275213,
            "tag": {
              "id": 366275213,
              "slug": "students",
              "name": "学生(用語)",
              "description": "学生に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452373,
            "tagId": 692506398,
            "tag": {
              "id": 692506398,
              "slug": "appsheet",
              "name": "AppSheet",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 452373,
            "tagId": 692509750,
            "tag": {
              "id": 692509750,
              "slug": "no-code",
              "name": "ノーコード(用語)",
              "description": "ノーコード開発に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452373,
            "tagId": 692515624,
            "tag": {
              "id": 692515624,
              "slug": "exseed-inc",
              "name": "エクシード(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 452373,
            "tagId": 692515625,
            "tag": {
              "id": 692515625,
              "slug": "global-and-innovation-gateway-for-all",
              "name": "GIGAスクール構想(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 452283,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 452283,
        "slug": "ipa-quantum-computing-practical-course",
        "createdAt": "2021-10-13T04:30:12.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-02T10:41:21.000Z",
        "title": "IPAが「量子コンピューティング技術実践講座(ゲート式)」の参加者募集を開始",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.ipa.go.jp/\" rel=\"noopener\">IPA</a>(独立行政法人情報処理推進機構)は10月13日、量子コンピューティング技術の普及と啓発を目的とした「<a target=\"_blank\" href=\"https://mitoutg.connpass.com/event/226602/\" rel=\"noopener\">量子コンピューティング技術実践講座(ゲート式)</a>」の開催を発表した。量子コンピューティング(ゲート式)について学びたい、おもに学生や社会人を対象に、量子コンピューティングの研究開発に携わる専門家を講師に招き、全3回の日程で行われる。参加費は無料。申し込みは、<a target=\"_blank\" href=\"https://mitoutg.connpass.com/event/226602/\" rel=\"noopener\">connpassのページ</a>より登録。申し込み締め切りは2021年10月25日午後6時。</p>\n<p>講演では、量子コンピューティング(ゲート式)の基礎を学ぶ。内容は、専門家による講演、「未踏ターゲット事業」修了生による実例講演、量子プログラムコンテストなど教育機会の紹介、ツールやユーティリティに関する包括的な講義などとなっている。最後に受講者は、自身で行うプロジェクトを想定したプレゼンテーションを行い、講師が講評する。「量子コンピューティングの最新事例に関する知識やプロジェクトアイデアを創出する方法が学べます」とのことだ。</p>\n<h3>開催概要</h3>\n<ul>\n<li><strong>日程</strong>:<br />\n第1回 2021年11月5日18:30~21:00 オンラインによる講義形式<br />\n第2回 2021年12月3日18:30~21:00 オンラインによる講義形式<br />\n第3回 2022年1月16日10:00~18:00 オンラインでのプレゼンテーション</li>\n<li><strong>定員</strong>:30名(応募多数の場合は抽選)</li>\n<li><strong>参加費</strong>:無料</li>\n<li><strong>応募条件</strong>:オンライン受講できるインターネット環境とPCを用意できること。第1回から3回まですべて参加できること(Pythonによる基本的なプログラミングの経験が前提とされている)。一部だけの受講は不可</li>\n<li><strong>講師</strong>:<br />\n佐藤貴彦氏(慶應義塾大学量子コンピューティングセンター 特任講師)<br />\n鈴木泰成氏(日本電信電話コンピュータ&データサイエンス研究所研究員)<br />\n渡辺日出雄氏(日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所 部長、工学博士)</li>\n<li><strong>申し込み方法</strong>:<a target=\"_blank\" href=\"https://mitoutg.connpass.com/event/226602/\" rel=\"noopener\">connpassのページ</a>より登録を行う。締め切りは2021年10月25日午後6時</li>\n</ul>\n<h3>アジェンダ</h3>\n<ul>\n<li><strong>第1回</strong><br />\n・量子コンピューティング技術における課題と取組み(渡辺日出雄氏)<br />\n〜本領域の課題と取り組みのオーバービュー<br />\n・未踏ターゲット修了生講演<br />\n・量子コンピューティング教育に関する取組み(佐藤貴彦氏)<br />\n〜量子プログラムコンテスト、入門用教育に関する事例紹介</li>\n<li><strong>第2回</strong><br />\n・未踏ターゲット修了生講演(矢野碩志氏/真鍋秀隆氏)<br />\n・量子コンピュータ利用環境に関する課題(鈴木泰成氏)<br />\n〜ツールやユーティリティに関する包括的課題</li>\n<li><strong>第3回</strong><br />\n・受講生によるプロジェクト案プレゼンテーション(佐藤貴彦氏、鈴木泰成氏、渡辺日出雄氏)<br />\n・講評</li>\n</ul>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/2021-10-13-004-indexb.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 452283,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 452283,
            "tagId": 832,
            "tag": {
              "id": 832,
              "slug": "python",
              "name": "Python(製品・サービス)",
              "description": "グイド・ヴァン・ロッサム氏が開発したプログラミング言語。"
            }
          },
          {
            "postId": 452283,
            "tagId": 14911,
            "tag": {
              "id": 14911,
              "slug": "developer",
              "name": "開発 / 開発者 / デベロッパー(用語)",
              "description": "開発 / 開発者 / デベロッパーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452283,
            "tagId": 32744,
            "tag": {
              "id": 32744,
              "slug": "ibm",
              "name": "IBM(企業)",
              "description": "IBMに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452283,
            "tagId": 204635,
            "tag": {
              "id": 204635,
              "slug": "ipa",
              "name": "IPA(独立行政法人情報処理推進機構)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 452283,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452283,
            "tagId": 366280493,
            "tag": {
              "id": 366280493,
              "slug": "quantum-computer",
              "name": "量子コンピューター(用語)",
              "description": "量子コンピューターに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452283,
            "tagId": 692508987,
            "tag": {
              "id": 692508987,
              "slug": "ntt-east",
              "name": "東日本電信電話 / NTT東日本(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 452283,
            "tagId": 692509320,
            "tag": {
              "id": 692509320,
              "slug": "keio-university",
              "name": "慶應義塾大学(組織)",
              "description": "日本の私立大学。"
            }
          },
          {
            "postId": 452283,
            "tagId": 692510805,
            "tag": {
              "id": 692510805,
              "slug": "keio-university-quantum-computing-center",
              "name": "慶應義塾大学量子コンピューティングセンター",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 451802,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 451802,
        "slug": "ipa-it-passport-national-exam-renewal",
        "createdAt": "2021-10-11T05:26:49.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-02T10:41:32.000Z",
        "title": "IPAが高校「情報Ⅰ」の共通必須科目化に伴いITパスポート試験の内容を改訂",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.ipa.go.jp/index.html\" rel=\"noopener\">IPA</a>(独立行政法人情報処理推進機構)は10月8日、令和4年(2022年)度から高校で「情報」が共通必履修科目となるのに伴い、ITパスポート試験の出題範囲や「シラバス」の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jitec.ipa.go.jp/1_00topic/topic_20211008.html\" rel=\"noopener\">改訂実施</a>を発表した。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/about/range.html\" rel=\"noopener\">ITパスポート</a>(iパス)とは、「ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識」を証明するための国家試験。開始は2009年。2021年8月末までの間に約131万人が受験し、約59万人が合格している。</p>\n<p>日本国民のデータリテラシーに関する幅広い知識を身に付けさせることがiパスの狙いだが、学校教育においては、言語能力、問題発見、解決能力などに加えて情報処理能力も教科横断的に育てる旨が新学習指導要綱に明記され、さらに令和4年度からは、高校で「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1416746.htm\" rel=\"noopener\">情報Ⅰ</a>」が必須履修科目として新設されるなど、プログラミング的思考力、情報モラル、情報活用能力を育てる教育の充実がはかられることになっている。</p>\n<p>そうしたなか、IPAは、高等学校学習指導要領「情報Ⅰ」にもとづいて、iパスの出題範囲と、ここでは試験の合格を目指した学習指針に利用できる資料を意味する<a target=\"_blank\" href=\"https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/about/range.html\" rel=\"noopener\">「シラバス」(ver6.0)</a>の見直しを行った。内容は次のとおり。</p>\n<ul>\n<li><strong>期待する技術水準</strong>:高校の「情報Ⅰ」にもとづき、プログラミング的思考力、情報デザイン、データ利活用などを追加</li>\n<li><strong>出題範囲およびシラバス</strong>:高校の「情報Ⅰ」に関連する項目、用語例を追加</li>\n<li><strong>出題内容</strong>:プログラミング的思考力を問う擬似言語を用いた出題を追加。情報デザイン、データ利活用のための技術、考え方を問う出題を強化</li>\n</ul>\n<p>試験時間、採点方法、合格基準に変更はない。また、擬似言語を用いた出題について、擬似言語の記述形式やサンプル問題が公開されている。実施は2022年4月の試験からとのことだ。</p>\n<h3>iパスに関する公開資料</h3>\n<p>○<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jitec.ipa.go.jp/1_13download/youkou_ver4_7.pdf\" rel=\"noopener\">「試験要綱」Ver. 4.7</a><br />\n○<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jitec.ipa.go.jp/1_13download/youkou_ver4_7_henkou.pdf\" rel=\"noopener\">「試験要綱」Ver. 4.7(変更箇所表示版)</a><br />\n○<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jitec.ipa.go.jp/1_13download/syllabus_ip_ver6_0.pdf\" rel=\"noopener\">「ITパスポート試験 シラバス」Ver. 6.0</a><br />\n○<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jitec.ipa.go.jp/1_13download/syllabus_ip_ver6_0_henkou.pdf\" rel=\"noopener\">「ITパスポート試験 シラバス」Ver. 6.0(変更箇所表示版)</a><br />\n○<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jitec.ipa.go.jp/1_13download/shiken_yougo_ver4_3.pdf\" rel=\"noopener\">「試験で使用する情報技術に関する用語・プログラム言語など」Ver.4.3</a><br />\n○<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jitec.ipa.go.jp/1_13download/ip_programming_sample.pdf\" rel=\"noopener\">「ITパスポート試験 プログラミング的思考力を問う擬似言語のサンプル問題」</a></p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/2021-10-11-003-001-1.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 451802,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 451802,
            "tagId": 457,
            "tag": {
              "id": 457,
              "slug": "javascript",
              "name": "JavaScript(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 451802,
            "tagId": 832,
            "tag": {
              "id": 832,
              "slug": "python",
              "name": "Python(製品・サービス)",
              "description": "グイド・ヴァン・ロッサム氏が開発したプログラミング言語。"
            }
          },
          {
            "postId": 451802,
            "tagId": 1017,
            "tag": {
              "id": 1017,
              "slug": "java",
              "name": "java",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 451802,
            "tagId": 14911,
            "tag": {
              "id": 14911,
              "slug": "developer",
              "name": "開発 / 開発者 / デベロッパー(用語)",
              "description": "開発 / 開発者 / デベロッパーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 451802,
            "tagId": 204635,
            "tag": {
              "id": 204635,
              "slug": "ipa",
              "name": "IPA(独立行政法人情報処理推進機構)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 451802,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 451802,
            "tagId": 692514115,
            "tag": {
              "id": 692514115,
              "slug": "c-language",
              "name": "C言語(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 451739,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 451739,
        "slug": "2021-09-28-the-new-era-of-education-is-high-tech-and-high-touch",
        "createdAt": "2021-10-11T01:15:57.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-11T00:18:38.000Z",
        "title": "【コラム】ハイテクとハイタッチのハイブリッドがパンデミック後の教育新時代を築く",
        "content": "<p>パンデミック渦の教育におけるテクノロジーの役割について、これまで多くの議論が繰り広げられてきた。それもそのはずである。デジタルソリューションは、不確実な状況下や休校のような事態にも、学校コミュニティが学習を継続することを可能にしたからだ。</p>\n<p>しかしEdTechの台頭は大きな課題と向かい合わせの状態でもある。2020年3月にパンデミックで学校が閉鎖されて以来、教育機関は生徒がコンピューティングデバイスやインターネットにアクセスできるようにするための投資を行ってきた。</p>\n<p>テクノロジーに不慣れな教師たちが即席の仮想教室でリモート授業を行う方法を学び、テクノロジーに精通するようになった。しかし、デジタル学習がここまで進展したにもかかわらず、教室での対面式授業という社会的側面が中断された結果、2020年から2021年の学校年度を終えた生徒の読解力と数学の成績は平均で4〜5カ月遅れていることが<a target=\"_blank\" href=\"https://www.mckinsey.com/industries/public-and-social-sector/our-insights/covid-19-and-education-the-lingering-effects-of-unfinished-learning\" rel=\"noopener\">McKinsey &amp; Companyの最近の調査</a>で明らかになった。</p>\n<p>教師がソフトウェアを使って、指導を差別化したり個人に合わせて行ったりすることができるようになり、デジタル学習の可能性は見えてきた。しかしここで終わらせてはいけないのである。この1年半の間に「テクノロジー」は「バーチャル」とほぼ同義語になり、多くの子どもたちはデバイスの向こう側で孤独を感じ、仲間や教師とのつながりを求めていたのである。</p>\n<p>私たちは今、これまでに学んだことを活かして教育の新時代の到来を告げるべきなのである。それは、テクノロジーを有意義に活用しながらも、人とのつながりを中心とした教育であり、魅力的なソフトウェアとすばらしい教師のどちらか1つを選ばなくて良い教育である。この秋新学期が始まるが、これからは最高のテクノロジーと最高の教室体験を融合させていくことが重要なのである。</p>\n<p>HMHは先に、毎年恒例の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hmhco.com/educator-confidence-report\" rel=\"noopener\">Educator Confidence Report</a>の結果を発表した。今回の結果はパンデミック後の教室の特徴を示す重要な洞察を描き出している。</p>\n<p>全米各地の第一線で働く1200人以上の教育者が回答したこの調査。楽観的な見方は減少しているものの(自分の職業の状況について、やや肯定的または肯定的な見方をしていると回答した教育者はわずか38%)、学習テクノロジーの習得と恩恵に対する自信は上昇しているようだ。</p>\n<p>私たちは今、デジタルに関して見通しの段階から証明する段階へと移行しているのである。</p>\n<p>激動の1年ではあったものの、テクノロジーに対する教師の現状への見解は、デジタルソリューションをより目的を持って利用するための道を開く明るい材料となった。</p>\n<p>教育関係者のEdTech活用に対する自信は、7年前にこの調査を開始して以来過去最高となっており、66%の教員が自分の能力に非常に大きな自信を持っていると答えている。多くの教育関係者がその理由として、2020年3月に「窮地に追い込まれた」経験があったからこそだと答えている。現在ではほぼ満場一致で95%の教師がEdTechの効果を実感しており、77%がパンデミック後もより効果的に教育するためにテクノロジーを活用したいと考えている。</p>\n<p>重要なのは、教師がどのようなメリットを感じているかということだ。81%の教師が、生徒のエンゲージメントの向上、差別化された個別指導、教育コンテンツへの柔軟なアクセスの3つの利点のうち少なくとも1つを報告しており、これらはいずれも生徒を中心としたものである。</p>\n<p>テクノロジーがより大きな役割を果たし、より効果的になっているにもかかわらず、教育者たちはデバイスやインターネットへのアクセス不足など、アクセスや効果を妨げる重大な障壁が依然として存在すると報告している。57%の教育者が、生徒がテクノロジーに積極的に関与していないことが大きな障壁になっていると指摘しており、また半数以上の教育者が、デジタルリソースを授業に組み込む計画を立てる時間がないことが最重要課題であると答えている。</p>\n<h2>生徒の心の健康が教育関係者の最大の関心</h2>\n<p>教育と学習の中心にあるのは、教師と生徒の間に築かれ育まれる強い結びつきであり、それが学業や社会性の成長の基盤となり学習意欲を高めるということは、誰もが認識していることだ。私たちはこのつながりを断ち切り生徒を孤立させるようなテクノロジーによって、この重要な関係を曖昧にさせてはならず、今回の調査データはそれをしっかりと証言している。</p>\n<p>教育関係者の58%がパンデミック後に生徒の社会性と情動のニーズが高まることを懸念しており、そのニーズには2021年も引き続き高い関心が寄せられている(これは教師自身の給与や生徒が遅れをとることへの懸念を上回る数字である)。そして82%の教育関係者が、工夫凝らし、完全に統合された社会性と情動の学習(SEL)プログラムが効果を表すだろうと考えている。</p>\n<p>「パンデミック後の教育モデル」への移行を開始するためには、テクノロジーの力と従来通りの教室での学習を融合させた、ハイテクとハイタッチ、つまり人間らしい触れ合いが互いに補強し合う、両世界の長所を活かしたアプローチが有効になるだろう。</p>\n<h2>教育者たちのユニークな経験から見えてくる、未来の教室の姿</h2>\n<p>テクノロジーだけでは教育の新時代を切り開くことはできない。コミュニティ志向かつ人間のつながりを重視したマインドで、デジタルソリューションを活用していくことが重要だ。</p>\n<p>HMHでは、孤立ではなくエンゲージメントを促すEdTech・エコシステムを目指している。単なる「ガラス画面の下の1ページ」ではなく、教師が指導を差別化できるような実用的なデータや洞察を提供するソリューションを提供し、教育者の負担を増やすのではなく、むしろその能力を拡張して、生徒の社会性と情動のニーズに集中する時間を与えるイノベーションを目指している。</p>\n<p>教育関係者らが、こういった目標を達成するためのテクノロジーの潜在性を信じているということは、はっきりとわかった。82%の教育関係者が生徒1人ひとりに合わせた学習が将来の学習と教育を変えると考えており、75%の教育関係者が、指導と評価を1つのプラットフォームで行える技術ソリューションが、この変革に不可欠であると考えている。</p>\n<p>この1年でEdTechの可能性は飛躍的に高まっているが、教室の未来は単にハイテクだけではなく、ハイタッチでもあるのだ。</p>\n<p>教育関係者にパンデミック後に最も楽しみにしていることを尋ねたところ、その答えは明らかで「学生コミュニティと一緒にいられること」だった。80%が学生と直接交流できることを、74%が学生のエンゲージメントが高まることを、63%が学生間のコラボレーション機会があることを心待ちにしている。</p>\n<p>対面式学習とデジタル学習をめぐる熱い議論は、デジタルかアナログかという極端な対立を生み出す短絡的なものになりがちだ。しかしこれが対極にあるものという考えをやめ、相互に補完し合うものだという考えを受け入れることができたら、私たちは最大の成功を手に入れることができるだろう。</p>\n<p>2020年私たちは多くのものを失ったが、同時に重要なものも手に入れた。そしてこの勢いを継続することは可能である。私たちは社会として、目の前の健康リスクを評価し、職場や地域、そしてもちろん学校も含め、ますますハイブリッドな世界を進んでいく必要がある。</p>\n<p>私たちが本格的に校舎に戻るとき、テクノロジーとイノベーションを駆使しながらも、その中心にある教師と生徒のコミュニティによって永遠に定義される、新しい学習の時代の到来を告げる準備ができていると私は信じている。</p>\n<p>編集部注:本稿の執筆者<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/jacklynch_\" rel=\"noopener\">Jack Lynch</a>(ジャック・リンチ)氏は、Edtechのベテラン。学習テクノロジー企業<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hmhco.com/\" rel=\"noopener\">HMH</a>のCEO。</p>\n<p><small>画像クレジット:Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/28/the-new-era-of-education-is-high-tech-and-high-touch/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Jack Lynch、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/GettyImages-1294218659.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 451739,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 451739,
            "tagId": 363277264,
            "tag": {
              "id": 363277264,
              "slug": "school",
              "name": "学校(用語)",
              "description": "学校に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 451739,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 451739,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 451739,
            "tagId": 366273907,
            "tag": {
              "id": 366273907,
              "slug": "column",
              "name": "コラム(用語)",
              "description": "コラム記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 451560,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 451560,
        "slug": "2021-10-07-softbank-backed-korean-edtech-startup-riiid-acquires-langoo-to-expand-further-to-japan",
        "createdAt": "2021-10-08T08:30:19.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-08T08:27:21.000Z",
        "title": "ソフトバンクが支援する韓国EdTechスタートアップのRiiidがLangooを買収して日本での拡大を目指す",
        "content": "<p>韓国に本社を置きAIを活用するEdTech企業の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.riiid.co/\" rel=\"noopener\">Riiid</a>が、日本のディストリビューションパートナーである<a target=\"_blank\" href=\"https://corp.langoo.ooo/\" rel=\"noopener\">Langoo</a>を買収して日本での事業拡大を目指す。</p>\n<p>Riiidは直近のラウンドである<a target=\"_blank\" href=\"/2021/05/25/2021-05-24-riiid-ai-education-softbank/\" rel=\"noopener\">2021年5月のシリーズD</a>でソフトバンク・ビジョン・ファンド2から1億7500万ドル(約195億8000万円)を調達し、その後この買収を実施した。Riiidはこの資金で海外進出をさらに加速していくと述べていた。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/05/25/2021-05-24-riiid-ai-education-softbank/\" rel=\"noopener\">韓国のRiiidはソフトバンクの支援を受けてAIベースの学習プラットフォームをグローバルに拡大する</a></p>\n<p>Riiidの日本でのパートナーであるLangooは、TOEIC対策アプリのSANTAを日本のiOSのApp Storeで提供している。SANTAの後継アプリであるRiiid Tutor(リドチューター)は、Riiidが日本のiOSのApp StoreとGoogle Playストアで公開している。Riiidによれば、Riiid Tutorアプリは韓国と日本で250万人以上のユーザーにダウンロードされたという。日本で公開された2019年4月に、Riiid Tutorアプリは公開から1週間でAndroidの教育アプリの売上トップになった。</p>\n<p>Riiidの共同創業者でCEOのYJ(Young-Jun)Jang(チャン・ヨンジュン)氏は「Riiid Tutorを日本で成功させてきたLangooの卓越した能力が買収の主な理由です。Riiidの強みは、地域や言語、分野に関わらずあらゆるところで我々のテクノロジーを生かせるスケーラビリティと能力です。今回の投資によって我々は日本市場をさらに広く獲得していきます。この買収はRiiidのAIテクノロジーを世界のマーケットに広め、世界中の学習者を支援する無機的戦略の第一歩です」と述べた。</p>\n<p>Riiidの広報担当者はTechCrunchに対し、日本は最大の教育市場の1つで旧来型の対面の教育システムに今も依存している日本のEdTech業界には大きな成長の可能性があると述べた。担当者はさらに、日本市場に浸透した後は中央アジアや東アジアなど他の海外市場へ進出していくと述べた。</p>\n<p>矢野経済研究所の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.yanoresearch.com/en/press-release/show/press_id/2702\" rel=\"noopener\">レポート</a>によると、2020年の日本のリモート学習業界は前年比22.4%増の約2880億5000万円規模と推計されている。</p>\n<p>Riiidは今回の買収を通じて日本のユニットを立ち上げ、日本におけるマーケティング、セールス、B2B事業開発を進めていく方針だ。日本市場でのリモート学習に取り組む。</p>\n<p>同社は日本でTOEICや英会話指導のサービスを提供してカスタマーベースを広げていくという。</p>\n<p>Riiidは米国の拠点としてシリコンバレーにRiiid Labsを開設し、2020年以降、グローバルマーケットに積極的に進出している。広報担当者によれば、ベトナムと台湾でもユーザーを獲得し、最近ではインドを拠点とするAIベースのEdTech企業と<a target=\"_blank\" href=\"https://indiaeducationdiary.in/edtech-startup-basicfirst-joins-hands-with-riiid-labs-to-offer-students-ai-driven-test-assessment-solutions-for-jee-neet-exams/\" rel=\"noopener\">提携</a>した。さらにカナダにも研究開発拠点を開設する予定だという。</p>\n<p>TOEIC対策のモバイルアプリだけでなく、エジプト、トルコ、UAE、ヨルダン、サウジアラビアで2021年前半に<a target=\"_blank\" href=\"https://connecme.com/\" rel=\"noopener\">ConnectMe Education</a>との提携でACT対策のモバイルアプリを<a target=\"_blank\" href=\"https://www.intelligentcio.com/me/2021/03/26/riiid-labs-and-connecme-launch-ai-enabled-act-test-preparation-mobile-app/\" rel=\"noopener\">リリースした</a>。2021年にはKaplanとの提携でGMAT対策のベータ版を発表し、まず韓国市場をターゲットにする。2022年第1四半期には教員に形成的評価と学習のプログラムを提供するAIベースのソリューションであるRiiid Classroomをリリースする計画だ。Riiid Classroomの主な機能には、個人のパフォーマンスの分析、生徒1人ひとりの弱点に応じた授業の提案、ドロップアウトの分析、タスク管理などがある。</p>\n<p>RiiidはK-12、高等教育、企業向けにAIベースのオンライン教育ソリューションを提供している。2014年に創業し、韓国、米国、英国、カナダ、ブラジル、ベトナムにおよそ210人の従業員がいる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Riiid / Riiid</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/07/softbank-backed-korean-edtech-startup-riiid-acquires-langoo-to-expand-further-to-japan/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Kate Park、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/Riiid_2.jpeg",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 451560,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 451560,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 451560,
            "tagId": 366271514,
            "tag": {
              "id": 366271514,
              "slug": "korea",
              "name": "韓国(国・地域)",
              "description": "韓国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 451560,
            "tagId": 366274559,
            "tag": {
              "id": 366274559,
              "slug": "softbank-vision-fund",
              "name": "ソフトバンク・ビジョン・ファンド / SoftBank Vision Fund(企業)",
              "description": "2017年5月にソフトバンクが設立した超巨大VCファンド。設立時の10兆円の規模は前代未聞。"
            }
          },
          {
            "postId": 451560,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 451560,
            "tagId": 692513642,
            "tag": {
              "id": 692513642,
              "slug": "riiid",
              "name": "Riiid(企業)",
              "description": "AIを利用して学生のテスト対策学習などをパーソナライズするサービスを提供する韓国の企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 451011,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 451011,
        "slug": "2021-10-05-apple-launches-new-coding-guide-for-elementary-school-students",
        "createdAt": "2021-10-06T00:00:46.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-06T03:23:04.000Z",
        "title": "アップルが小学生向けの新しいコーディングアクティビティガイドを発表",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.apple.com/jp/education/k12/teaching-code/\" rel=\"noopener\">Apple</a>(アップル)は、新しい「Everyone Can Code Early Learners」アクティビティガイドを含む、小学生向けの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.apple.com/newsroom/2021/10/apple-unveils-resources-for-elementary-school-coding-and-inclusive-app-design/\" rel=\"noopener\">いくつかの新しいリソース</a>を公開した。この新しいガイドは、Appleのコーディングカリキュラムリソースを幼稚園から大学まで拡張する。今回のロールアウトは、教育関係者や家庭が早い段階で生徒にコーディングを紹介できるようにすることを目的とした、テックジャイアントの「<a target=\"_blank\" href=\"/2019/11/21/2019-11-20-apple-expands-and-updates-its-everyone-can-code-program/\" rel=\"noopener\">Everyone Can Code</a>」イニシアティブの一環だ。</p>\n<p>Appleの教育・エンタープライズマーケティング担当副社長であるSusan Prescott(スーザン・プレスコット)氏は、声明の中で次のように述べた。「コーディングとアプリデザインは、アプリ開発者になるかどうかにかかわらず、学生が批判的かつ創造的に考えるために必要なリテラシーです。Appleは現在、幼稚園から大学までの学習者向けにコーディングリソースを提供しており、みなさんにインクルーシブでユーザーが利用しやすい、すばらしいアプリの設計に挑戦してもらいたいと考えています」。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2019/11/21/2019-11-20-apple-expands-and-updates-its-everyone-can-code-program/\" rel=\"noopener\">アップルのプログラミング体験集会「Everyone Can Code」が大幅拡張</a></p>\n<p>「Everyone Can Code Early Learners」ガイドでは、幼稚園から小学校3年生までの生徒が、音楽、美術、科学、体育などの複数の科目を通じて、コーディングの中核となる概念の基礎を築くことができる。例えばAppleは、生徒たちがダンスの動きを通してコーディングコマンドについて学べるとしている。また、社会性と情動の学習のために、心を落ち着かせるためのテクニックを生徒たちに話してもらう課題もある。</p>\n<p>またAppleは、教育関係者に、新しい1時間のインクルーシブ「アプリデザイン」アクティビティセッションを試してもらうよう勧めている。この新しいレッスンは、アプリをデザインする際に、インクルージョンとアクセシビリティの重要性を忘れないよう、教師が生徒に指導することを支援しようとするもの。セッションは基本的に、生徒がアプリの作成方法について批判的に考えることを促すようになっている。このレッスンでは、生徒たちが情熱を持って取り組める問題を特定し、その解決策を計画することを助ける。</p>\n<p>Appleは、同社のSchoolworkアプリの中で「イグジットチケット」と呼ばれるアンケートツールのサポートも追加している。これは、教育者が授業中または授業後に生徒の反応やエンゲージメントを測るための質問を行い、生徒の様子を確認するための方法だ。また、教師は生徒のSchoolworkアカウントをより簡単に作成できるようになった。</p>\n<p>「Everyone Can Code Early Learners」ガイドは、Swift Playgroundsアプリ内で利用できる。このガイドは、英語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ノルウェー語、スペイン語で提供を開始しており、今後さらに多くの言語に対応する予定だ。Appleは、Everyone Can Codeプログラムを長年にわたって拡大し、より多くの年齢層が利用できるようにしてきた。2019年、Appleは「<a target=\"_blank\" href=\"/2019/11/21/2019-11-20-apple-expands-and-updates-its-everyone-can-code-program/\" rel=\"noopener\">Everyone Can Code Puzzles</a>」という、生徒がコンセプトを試してみることを目的したプログラムを提供開始した。2020年、同社は「<a target=\"_blank\" href=\"/2020/07/11/2020-07-09-apple-expands-its-free-coding-courses-and-materials-for-educators/\" rel=\"noopener\">Everyone Can Code Adventures</a>」という、より高度なアクティビティを行う新しいプログラムを公開した。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2020/07/11/2020-07-09-apple-expands-its-free-coding-courses-and-materials-for-educators/\" rel=\"noopener\">アップルが教育者向けにSwiftとXcodeが学べる無料のプログラミング教材を拡充</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Apple</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/05/apple-launches-new-coding-guide-for-elementary-school-students/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/apple-everyone-can-code.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 451011,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 451011,
            "tagId": 1343,
            "tag": {
              "id": 1343,
              "slug": "children",
              "name": "子ども / 子ども向け(用語)",
              "description": "子ども / 子ども向けに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 451011,
            "tagId": 366271455,
            "tag": {
              "id": 366271455,
              "slug": "coding",
              "name": "コーディング(用語)",
              "description": "コーディングに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 451011,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 451011,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 451011,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 450954,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 450954,
        "slug": "arschool-fundraising",
        "createdAt": "2021-10-05T10:56:49.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-05T10:56:49.000Z",
        "title": "児童向け探究型プログラミング教室のアルスクールが2250万円調達、プログラミング教材「アルスパーク」開発",
        "content": "<p>探究型キッズプログラミング教室「<a target=\"_blank\" href=\"https://arschool.co.jp/\" rel=\"noopener\">アルスクール</a>」を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://arschool.co.jp/aboutus\" rel=\"noopener\">アルスクール</a>は10月4日、総額2250万円の資金調達を発表した。引受先は、リード投資家の日本ベンチャーキャピタル、またラッコ、ZEIN、そのほか国内企業および個人投資家。調達した資金は、教室の展開を行うアルスクール事業の拡大、プログラミング教材「<a target=\"_blank\" href=\"https://arspark.jp/\" rel=\"noopener\">アルスパーク</a>」の開発、マーケティングおよび人材の採用に投資する。</p>\n<p>アルスクールは、探究学習、アクティブ・ラーニングでプログラミングを学び、プログラミングスキルだけでなく様々な非認知能力を向上させる、新しい形のプログラミング教室という。児童の「おもしろい!」を大切に、少人数制でそれぞれに合わせたレッスンを提供。エンジニア、起業家、アーティスト、どんな未来にも大切な、テクノロジーを使って価値を創造するスキルを伸ばすとしている。</p>\n<p>2018年の設立以降、自由が丘校、中野TCS校、中野校、恵比寿校、福岡西新校の5教室とオンライン校の計6校を展開し、のべ400名以上の児童が参加したという。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/IJZfuvPGKos?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>また同社は2021年8月、実際に児童とプログラミングを学んできた経験をもとに、児童が楽しめ、かつ教室事業を運営する方が使いやすいプログラミング教材アルスパークの提供を開始した。Scratch(スクラッチ)をベースに、徹底的に学びやすくした教材という。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/kEPklgIWH_M?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>&nbsp;</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/2021-10-05-011-001.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 450954,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 450954,
            "tagId": 15939,
            "tag": {
              "id": 15939,
              "slug": "scratch",
              "name": "Scratch(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 450954,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 450954,
            "tagId": 692515521,
            "tag": {
              "id": 692515521,
              "slug": "arschool",
              "name": "アルスクール(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 450739,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 450739,
        "slug": "2021-10-04-indian-edtech-giant-byjus-valued-at-18-billion-in-new-funding",
        "createdAt": "2021-10-05T01:30:26.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-05T00:51:52.000Z",
        "title": "インドのEdTech大手Byju’sの最新ラウンドでの評価額は約2兆円",
        "content": "<p>国際的な事業展開を進め、また積極的にM&amp;Aの機会を模索しているインドのEdTech大手Byju&#8217;s(バイジュース)が、大型の新規投資ラウンドの一環として3億ドル(約333億円)を調達した。</p>\n<p>調査会社ToflerがTechCrunchに提供した資料には、今回のラウンドでのByju&#8217;sの評価額は180億ドル(約2兆円)とあり、2021年6月の165億ドル(約1兆8338億円)より増えている。<a target=\"_blank\" href=\"/2021/06/13/2021-06-12-ubs-investment-makes-byjus-the-most-valuable-startup-in-india/\" rel=\"noopener\">165億ドルという評価額</a>で、Byju&#8217;sはインドのスタートアップエコシステムにおける中心的な存在であるフィンテック大手Paytm(ペイティーエム)を追い越した。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/06/13/2021-06-12-ubs-investment-makes-byjus-the-most-valuable-startup-in-india/\" rel=\"noopener\">オンライン学習大手Byju&#8217;sがインドで最高評価額のスタートアップに、UBSなどから資金調達</a></p>\n<p>Oxshott Capital Partnersが新ラウンドをリードし、XN Exponent、Edelweiss、Verition Master Fund、IIFL、Time Capital Advisorsなどが参加した。</p>\n<p>今回の投資は、Byju&#8217;sの評価額を210億ドル(約2兆3333億円)に押し上げそうな大型の投資ラウンドの一環だとTechCrunchは理解している。</p>\n<p>Byju&#8217;sの広報担当は現地時間10月4日、コメントを却下した。</p>\n<p>今回の資金調達は、Byju&#8217;sが2022年のIPO(新規株式公開)に向けて投資銀行とやり取りしている中でのものだ。TechCrunchが8月に報じたように、一部の投資銀行はByju&#8217;sが<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/08/24/bankers-chase-byjus-for-ipo-valuation-pegged-up-to-50-billion/\" rel=\"noopener\">2022年に上場する場合の評価額として最大500億ドル(約5兆5505億円)</a>を提示した。Byju&#8217;sの創業者でCEOのByju Raveendran(バイジュー・ラヴェンドラン)氏は9月のインタビューで「IPOはあり得る」と認めていた。</p>\n<p>パンデミックが始まって以来180億ドル(約2兆円)を調達した同社は、その資金のかなりを企業買収に使った。2021年初めに同社は、センター200カ所超を抱え、最大の高校生向けコーチング機関の1つであるAakashを10億ドル(約1111億円)近くで買収した。Byju&#8217;sはまた、Great Learningと米国拠点のEpicを、それぞれ現金と株式による10億ドル超の取引で買収した。そして9月には<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/16/byjus-acquires-coding-platform-tynker-for-200-million-in-us-expansion-push/\" rel=\"noopener\">キッズコーディングプラットフォームのTynkerを2億ドル(約222億円)で買収した</a>ことを明らかにした。</p>\n<p>ラヴェンドラン氏は9月、Byju&#8217;sが引き続き合併・買収の機会を模索していると述べた。こうした買収により、同社は積極的にサービスを拡大し、より有意義な方法で海外マーケットにうって出ることができると語った。</p>\n<p>Byju&#8217;sは大学レベルや修士レベルのコースを追求している学生をサポートしており、近年はあらゆる学年の生徒向けにサービスを拡大してきた。Byju&#8217;sアプリの家庭教師はピザやケーキなど実生活にあるものを使って複雑な問題を教えている。</p>\n<p>インド政府が数カ月にわたってロックダウンを敷き、学校を閉鎖することになったパンデミックにより、Byju&#8217;s、そしてUnacademyやVedantuなど他のオンライン学習スタートアップは成長を加速させた。</p>\n<p><small>画像クレジット:Paul Yeung / Bloomberg / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/04/indian-edtech-giant-byjus-valued-at-18-billion-in-new-funding/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Manish Singh、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/Byjus.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 450739,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 450739,
            "tagId": 365840503,
            "tag": {
              "id": 365840503,
              "slug": "india",
              "name": "インド(国・地域)",
              "description": "インドに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 450739,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 450739,
            "tagId": 681519953,
            "tag": {
              "id": 681519953,
              "slug": "byjus",
              "name": "Byju’s(企業)",
              "description": "オンライン学習プラットフォームを運営するインドのスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 450690,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 450690,
        "slug": "2021-09-22-the-casualties-of-chinas-education-crackdown",
        "createdAt": "2021-10-04T07:30:53.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-04T07:06:28.000Z",
        "title": "中国の教育弾圧の犠牲者たち。企業が閉鎖に追い込まれる中、何百万人もの学生、親、教師が前進への道を模索",
        "content": "<p>中国のEdTech企業は、2021年の初めまではウォール街やベンチャーキャピタルの寵児となっていた。しかし今では、次の始まりを見据えるだけの支払い能力を持ち続けることができるだろうかと思案している。</p>\n<p>一連の包括的な規制の中で、中央政府は何十億ドル(約何千億円)もの価値がある教育と試験準備産業に破壊的な打撃を与えた。この値は、国の都市部の中流家庭のスケジュールと財布の両方の総体価値である。</p>\n<p>最もインパクトのある<a target=\"_blank\" href=\"http://www.gov.cn/xinwen/2021-07/24/content_5627132.htm\" rel=\"noopener\">政策</a>は2021年7月に導入されたものだ。そこには、国の中核的な公立学校のカリキュラムに特化し、成功を左右する高校や大学の入学試験に照準を合わせた営利目的の個別学習指導サービスの禁止が含まれている。また、生徒が授業に参加できる時間への制約も設けられており、平日の授業時間は午後9時までに制限され、週末は課外授業のみが認められるとしている。</p>\n<p>この規制は、中国の大手EdTech企業に壊滅的な影響を及ぼしている。New Oriental Education and Technology Group(NYSE:EDU)の株価は前年同期比で86%下落し、ライバルのTAL Education Group(NYSE:TAL)の株価は、2月に史上最高値を付けて以来93%以上下落した。そうした企業の収益の50%から80%近くが個別学習指導、つまり現在は禁止されている活動からのものだ。その経営陣たちは、10億ドル(1000億円)規模のタイタニックを沈む前に立て直すという不本意な課題に直面している。</p>\n<p>7月に打ち出された営利目的の個別学習指導の禁止措置は多くの注目を集めたが、世界で最も人口の多いこの国では、教育を受ける意味を再構築することを意図した政策が絶えず氾濫している。以前は大きな優先順位を与えられていた英語教育が、今では行政のカリキュラムの中で後回しにされている。オンラインでの外国人教師の雇用が<a target=\"_blank\" href=\"https://www.globaltimes.cn/page/202108/1230903.shtml%23:~:text=VIPKID%25252C%252520a%252520Chinese%252520one%25252Don,which%252520has%252520banned%252520teachers%252520based\" rel=\"noopener\">禁止</a>されたことで、国内で最も人気のあるEdTech企業の中でも、彼らがどうやって生き残るのかについて案じるところが出てきている。親と家庭教師が直接協力し合ってこの規則を回避しようとするケースに備えて、規制当局はオンラインやホテル、カフェ、個人宅などの未登録施設での個別指導も禁止した。</p>\n<p>私たちが今、目にしているのは、関係者すべてにとっての広範な混乱の様相である。子どもの教育の未来のための計画を練り直す親たち、アンダーグラウンドに移動する教育者たち、そして限られた時間と資本を使い果たす前に企業のビジネスモデルを徹底的に見直すことに必死になっているEdTech起業家たち。教育をめぐる需要と供給の経済力はほとんど変わっていない。今問題となっているのは、規制がこれらの力をどのように振り向けようとしているかである。</p>\n<p>中国語には無数にあると思われるような慣用句の組み合わせが存在するが「上有政策、下有对策」大まかに訳すと「統治者は規則を作り、臣下はその抜け道を見つける」という表現ほど、政治経済の議論に一貫して適用できるものはほとんどないだろう。最近の規制がこの国の教育産業を覆しつつある中、多くの人々が今問いかけているのは、その抜け道をどのような形で、どこで見つけることができるかということだ。</p>\n<h2>中国の子どもたちの競争の危機</h2>\n<p>今日の中国では一様に、取り締まり、抑圧、規制改革が継続的テーマとなっているが、最近の教育政策の大部分は、中国の人口危機のレンズを通して理解することができる。5月に発表された2020年の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.bbc.com/news/world-asia-china-57067180\" rel=\"noopener\">国勢調査データ</a>により、多くの悲観論者が予想していた以上に出生率の低下が深刻であることが明らかになっており、家族への負担を取り除き、ベビーブームを促進することに対し、当局者たちの緊迫感が高まっているようだ。</p>\n<p>すべての子どもたちが成功できるわけではない。それでもその親や、しばしば高齢の2組の祖父母を扶養することを期待されている子どもたちは、非常に競争の激しいシステムのなかに置かれている。多くの家族は、子どもたちがそのペースについていけるように、増え続ける時間とお金を投資しなければならないという義務感にとらわれ、身動きが取れないと感じるようになっている。北京に住む母親のYi(イー)氏(仮名)はこう説明する。「私は何百万という親の中の1人ですが、子どもが優秀になる助けになることを期待して、子どものための特別な教育に多額のお金を投じてきました。しかし、誰もがこうした教育を受けていれば、結果として以前と変わらないということになるでしょう。ただ家族の経済的負担が大きくなり、子どものストレスが増大するだけです。ですから、私はこれらの学校を閉鎖するという政府の決定を支持します」。</p>\n<p>中国の人口危機はまた、同国の指導者たちに対し、職業的および技術的な熟練労働者が不足する可能性を示しており、世界で支配的地位にある製造業超大国の長期的な存続を脅かしている。教育政策の立案者たちは、この国のエリート大学における数少ない貴重な場所を確保しようと奮闘する親や子どもたちへの圧力を緩和することを追求しながら、教育制度の見過ごされがちな部分を<a target=\"_blank\" href=\"http://en.moe.gov.cn/documents/laws_policies/201902/t20190214_369281.html\" rel=\"noopener\">より強調</a>し、改革することによって、職業訓練や職業の魅力を高めることも目指している。</p>\n<h2>EdTech崩壊後の破片の拾い上げ</h2>\n<p>米国上場のEdTech大手企業の価値が一夜にして消えていくのを目の当たりにして、米国の金融メディアは当然のことながら業界の将来に関する問題に焦点を当ててきた。しかし、そのような企業とそこに留まっている従業員たちの運命は、他の企業よりも依然として楽観的に見える。</p>\n<p>流動資産のライフラインにアクセスできないより小規模な企業にとっては、破綻が唯一の選択肢となっている。それは、かつて北京や上海の高級ショッピングモールの主軸を担っていた、高級語学研修センター<a target=\"_blank\" href=\"https://thepienews.com/news/staff-students-owed-millions-wall-street-english-shuts/\" rel=\"noopener\">Wall Street English</a>の中国子会社にも当てはまる。新型コロナウイルスの感染拡大、そして英語を母国語とする人々の採用と定着を難しくしている渡航制限といった継続的な衝撃に揺れる中、これらの新しい規制は救済資金を提供し得る顧客と投資家の両方に脅威を与えている。その余波を受けて、同社は突如として事業を閉鎖した。</p>\n<p>このような突然の廃業は、特に経営破綻が絡んでいる場合、従業員にとって特に深刻な問題となる可能性がある。中国のホワイトカラー産業では、レイオフは実際のところ、中国の労働法のために退職した従業員にとっては小さな棚ぼたに等しい。ほとんどの場合、従業員は1カ月分の給与に、その従業員が当該企業で働いてきた各年の1カ月分の給与を上乗せした額の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.lehmanbrown.com/insights-newsletter/china-labour-law-hiring-firing-china/\" rel=\"noopener\">退職手当</a>を受け取る。従業員を迅速かつ最小限の摩擦で解雇しようとして、企業がさらに寛大なパッケージを提供することは珍しくない。</p>\n<p>しかし、企業が突然の崩壊に直面したとき、従業員も顧客も一様に責任を負わされることになる場合が多い。Wall Street Englishで10年以上営業の仕事をしてきたある女性は「船がゆっくり沈むときは、たくさんの救命ボートが利用できます。しかし時として、ボートがあまりにも速く沈むために、救命ボートに乗ることさえできないこともあります」と説明する。彼女のケースでは、会社の破産手続きが進む中で、自分の在職期間がささやかな支払いの最前線へと導くことを彼女は望んでいる。しかし、米国に上場しているあるEdTech企業の退職金は2000人民元(約3万4400円)にすぎないとうわさされており、自分が受け取るべき未払い賃金を受け取ることさえできたら自分は幸運だと思うだろう、と彼女は話している。</p>\n<p>バーチャルで教えていた欧米の教育者にとっては、混乱が支配的なテーマになっているようだ。北京に拠点を置くオンライン教育のスタートアップ、Whales Englishで働いていたあるイギリス人教師(私たちは彼を「Ed(エド)」氏と呼ぶことにする)は、約3週間の不安の嵐のような状態を経験した。同社は、海外のフリーランスの教師を雇って中国の子どもたちにリモートの英語クラスを提供している多くの企業の1つだが、7月の規制はもはや法律に準拠していないことを物語っていた。</p>\n<p>エド氏によるその出来事の説明によると、同社は7月28日まで拡大、広告、雇用を続けていたが、その後経営陣は新しい教師の雇用をすべて停止すると発表した。8月7日までに、Whales Englishはすべての新しいコースを中止し、すでに始まっていて支払い済みのものも終了することになると教師たちは知らされた。また、親たちは前払いしている授業をできる限り利用しようと急いだため、教師たちは自分たちのスケジュールを可能な限り解放するよう促された。</p>\n<p>この頃、北京本社のスタッフの約3分の2近くがレイオフされたといううわさが流れ始め、会社の意向に反して、親や教師がWhalesのオンラインプラットフォームを迂回するための緊急時対策を講じ始めたとエド氏は話す。8月18日、エド氏が当局からの最新の命令があるのではないかと感じたことに呼応するように、すべての授業が直ちに中止されることがエド氏と他の教師たちに伝えられた。</p>\n<p>会社の一貫性のない情報伝達に苛立ちを感じながらも、エド氏は自分の恩恵を尊重している。彼の報告では、自分の仕事に対して適時に全額が支払われ、すでに転職して日本の学校で教師の職に就いているとのことだ。</p>\n<p>中国の有名なEdTech企業の1つであるVIPKidの教師向けの、1万4000人以上のメンバーからなるFacebookグループでは、エド氏のようなストーリーがありふれた光景となっている。しかし多くの教師にとって、中国のEdTechプラットフォームが提供する柔軟性と規則性は簡単には代替できない。新型コロナウイルスのパンデミックが親にさらなる育児のプレッシャーを与えていることから、教育や教職の経歴を持つ多くの人々は、こうしたプラットフォームを利用して生計を立て、子どもと一緒に家で過ごしてウイルスにさらされることを制限している。同等の仕事を見つけるのは難しいかもしれない。</p>\n<p>だからといって、教師たちが何もしようとしていないわけではない。抜け穴がある一貫性のない執行は、不法な性売買や不法移民労働と違わず、個別指導や他の教育サービスのグレー市場を生み出している。需要は変化していないものの、規制によって大企業はこのようなビジネスに直接関与することを避けざるを得なくなった。そのため、取引はアンダーグラウンドで行われ、労働者(この場合は教師)には法の保護なしにフリーランスになる以外の選択肢はほとんどない。</p>\n<h2>親、行政そしてチャイニーズドリーム</h2>\n<p>教育弾圧に対する親たちの反応は、富と階級に沿ったものだった。以前と同じような課外補習を続けながら規則に公式的に準拠するために、教育技能と資格を持った在宅「ナニー」についての<a target=\"_blank\" href=\"https://www.sohu.com/a/488174519_161795\" rel=\"noopener\">報道</a>がすでに流れ始めており、月に3万人民元(約51万6500円)という額が支払われているという。例によって、新たな抜け道が見つかるのを待つだけということだ。</p>\n<p>中国の裕福でつながりの深い家庭の多くにおいて、新しい規制は子どもたちの教育計画をほとんど変えてはいない。この記事のために話を聞いた何人かの親たちの間では、長い間、中国の教育制度を回避することが主な目的の1つとなっていた。これは中国に数多くあるインターナショナルスクールの1つに受け入れられることで達成され得るものだ。そこでは国際バカロレア(IB)カリキュラムが、国の厳しい入学試験を回避して海外の大学に入学するための準備を整えている。</p>\n<p>成功と特権の恩恵により、子どもたちを海外の学校に行かせることができた人たちもいる。場合によっては、これは自分自身と彼らの富を移動させることも意味する。「より多くの親にとって、海外で勉強させることが最善、あるいは唯一の選択肢のようです」と引退した元企業幹部のGao(ガオ)氏(仮名)は説明する。同氏は現在米国に住んでおり、娘も米国で学んでいる。</p>\n<p>最も裕福なエリート層から中産階級の層まで、共通のテーマがあるようだ。中国が歴史的に経済の奇跡を成し遂げた時代に成人した親たちにとって、社会的にも経済的にも進歩することは、可能であるとみなされるだけでなく、単に仲間と歩調を合わせるという観点から期待されるものでもあった。そして進歩が期待されるなら、停滞は失敗を意味する。停滞が失敗であれば、後退は破滅的である。</p>\n<p>経済成長が鈍化し、習近平国家主席が「共同繁栄」を掲げ、高等教育より職業訓練と産業訓練が強調されている中、一部の親たちは、自分たちの夢が中国の新しい戦略に反することを認識しつつある。「行政の広範な目標があるにしても、自分の娘が高等教育を受けられなくてもいいと思えるでしょうか?答えはノーということになります」と上海在住の母親、Li(リー)氏(仮名)は率直に語った。「考え方を変えるには時間がかかります。少し利己的かもしれませんが、それは真実です。私は教育の平等を強く支持していますが、それは私の子どもが幸運な子どもの1人となる場合に限られます」。</p>\n<p>お金の話ばかりしていると、ある言葉が表すものに対する子どもの機会を逃してしまうことを多くの親が心配していることは、あまり具体的に見えてこない。倫理、向上心、教育、社会階級を含む「素质(素養)」という言葉である。北京の教師Guo(クオ)氏(仮名)にとって、娘のために心配しているのはこの要素だ。「社会は職業労働者を必要としており、そうした人は大学に通う人よりも多くのお金を稼ぐことができることは承知しています。ですが、たとえ娘の収入が少なくなるとしても、私は彼女に大学に通って欲しいと思います」。彼にとって、自分の子どもが受ける教育や将来の収入は、彼女が成長する社会の中では副次的なものだ。「(専門学校生は)怠惰、喫煙、飲酒、不品行で知られています。娘が学校で作る友達は、彼女が一生持つ友達になります。私は娘に質の高い友達を持って欲しいのです」と彼は続けた。</p>\n<p>中国の規制当局が教育だけでなく、国の最も困難な課題に対処するために多くの中心的な機関を見直す中、かつて抱いていた期待が今は根本的に変化する必要があることを多くが認識しつつある。しかし、あらゆる不確実性の中にあって、変化しそうにないことは、自分自身、家族、そして野望を前進させる意欲と工夫である。結局のところ、当局は絶えず規則を作り、国民は常にその抜け道を見いだすであろう。</p>\n<p><small>画像クレジット:VCG / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/22/the-casualties-of-chinas-education-crackdown/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Elliott Zaagman、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/GettyImages-1336246571.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 450690,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 450690,
            "tagId": 1343,
            "tag": {
              "id": 1343,
              "slug": "children",
              "name": "子ども / 子ども向け(用語)",
              "description": "子ども / 子ども向けに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 450690,
            "tagId": 364665489,
            "tag": {
              "id": 364665489,
              "slug": "china",
              "name": "中国(国・地域)",
              "description": "中国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 450690,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 450690,
            "tagId": 366275213,
            "tag": {
              "id": 366275213,
              "slug": "students",
              "name": "学生(用語)",
              "description": "学生に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 450595,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 450595,
        "slug": "2021-07-27-boldvoice-y-combinator-pre-seed",
        "createdAt": "2021-10-04T02:30:45.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-04T02:23:37.000Z",
        "title": "英語を母国語としない人がその発話能力を確立し自信を持てるようにするBoldVoice",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/anadalakra/\" rel=\"noopener\">Anada Lakra(アナダ・ラクラ)</a>氏と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/ilyausorov/\" rel=\"noopener\">Ilya Usorov(イリヤ・ウソロフ)</a>氏は米国に移住した当初、自分たちの声を伝えることに苦労した。彼らは英語を知っていたし、理解していた。しかし、話す時になると、アクセントがハードルになった。例えばウソロフ氏は、ロシア生まれの両親が自らを主張しようと奮闘し、そのことが仕事の機会を制限してしまうのを目にした。一方、エール大学に入学したばかりのラクラ氏は、自分の発言をもう一度と言われてしまうことが頻繁にあった。</p>\n<p>「自分自身を明確に表現することができるだろうか?理解してもらえるだろうか?影響力を持てるようになるだろうか?」とラクラ氏は自問したことを振り返る。「自分のアクセントの発音により、完全な自分ではないように感じさせられました。そして私は、自分のパーソナリティをいくらか失ってしまいました」。</p>\n<p>これは、米国に住む約6500万人の英語を母語としない人々の多くが、程度の差こそあれ経験した問題だろう。2人は、仕事や信頼、人間関係を築く上でアクセントが障害になると考え、共同創業者として協力してソリューションを構築した。</p>\n<p>ラクラ氏とウソロフ氏はこのほど、英語の発音を洗練させるアクセントコーチングアプリ「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.boldvoice.com/\" rel=\"noopener\">BoldVoice</a>」をローンチした。ニューヨークに拠点を置くこのスタートアップは、現在Y Combinatorの2021年夏バッチを通過中で、プレシードラウンドで約60万5000ドル(約6600万円)を同アクセラレーターとXFundから調達した。</p>\n<h2>ハリウッドがEdTechの要件に適合</h2>\n<p>BoldVoiceは特定のユーザーを念頭に置いている。紙の上で英語を学んだが、人との会話や交流に助けを必要としている非ネイティブの英語話者だ。</p>\n<p>同スタートアップは、従来俳優を支援してきたハリウッドアクセントのコーチが指導する短編ビデオを使ってコンテンツを配信している。カリキュラムは3つの「P」を軸にした構成だ。「Posture(姿勢)」は、英語の「R」をスペイン語の「R」と比較しながら身体的な感覚をサポートする。「Phonology(音韻論)」は母音と子音。「Porosity(多孔度)」はアクセントの音楽性である。これまでのところ、プラットフォーム上には2人のハリウッドアクセントおよび方言コーチ、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.roncarlos.com/\" rel=\"noopener\">Ron Carlos(ロン・カルロス)</a>氏と<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/dialectsnow?lang=en\" rel=\"noopener\">Eliza Simpson(エリザ・シンプソン)</a>氏が在籍している。</p>\n<p>「俳優が新しい役のアクセントを覚えるのと同じ方法を基にこのアプリを構想しています。すぐに覚える必要があるような環境で修得する方法です」とラクラ氏。「自宅で学ぶ人に同じ統制とプロセスを提供したいと考え、音声言語と方言の訓練を受けたハリウッドアクセントのコーチや、言語学の学位を持つアドバイザーを採用しています」。</p>\n<p>同社は短編ビデオにとどまらず、今後は製品に人工知能(AI)を組み込むことを計画している。ユーザーが音声を練習すると、BoldVoiceが音声サンプルを記録してアルゴリズムに入力し、時間の経過とともに、ユーザーの苦手な分野に合わせたエクササイズを推奨できるようになるというものだ。同社は現在、オープンソースソフトウェアを使用しているが、将来を見据えて独自のAIアルゴリズムの開発を進めている。リアルタイムのフィードバックは偉業と言えるだろう。</p>\n<div id=\"attachment_450596\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-450596\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-450596 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"613\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg 2048w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=300,179 300w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=768,459 768w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=1024,613 1024w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=1536,919 1536w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=669,400 669w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=400,239 400w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=738,441 738w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=602,360 602w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=220,132 220w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=281,168 281w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=209,125 209w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=125,75 125w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=100,60 100w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=923,552 923w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=600,359 600w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=50,30 50w, /wp-content/uploads/2021/10/Product-Screen.jpg?resize=216,130 216w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-450596\" class=\"wp-caption-text\">BoldVoiceプロダクト</p></div>\n<p>サインインのプロセスはいたってシンプルだ。ユーザーは、アクセントの確実性に関する目標の設定、英語の習熟度の説明、母国語の特定の他、改善したいと思う場面(職場から社会環境まで)を指定する。また、1日10分間の発音練習をするよう求められるが、拒否することもできる。</p>\n<div id=\"attachment_450598\" style=\"width: 259px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-450598\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-450598\" src=\"/wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-07-27-at-10.43.09-AM.png?w=136\" alt=\"\" width=\"249\" height=\"550\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-07-27-at-10.43.09-AM.png 718w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-07-27-at-10.43.09-AM.png?resize=136,300 136w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-07-27-at-10.43.09-AM.png?resize=464,1024 464w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-07-27-at-10.43.09-AM.png?resize=696,1536 696w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-07-27-at-10.43.09-AM.png?resize=181,400 181w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-07-27-at-10.43.09-AM.png?resize=400,882 400w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-07-27-at-10.43.09-AM.png?resize=163,360 163w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-07-27-at-10.43.09-AM.png?resize=100,220 100w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-07-27-at-10.43.09-AM.png?resize=78,172 78w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-07-27-at-10.43.09-AM.png?resize=57,125 57w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-07-27-at-10.43.09-AM.png?resize=27,60 27w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-07-27-at-10.43.09-AM.png?resize=250,552 250w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-07-27-at-10.43.09-AM.png?resize=166,367 166w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-07-27-at-10.43.09-AM.png?resize=23,50 23w\" sizes=\"(max-width: 249px) 100vw, 249px\" /><p id=\"caption-attachment-450598\" class=\"wp-caption-text\">BoldVoice(TechCrunchによるスクリーンショット)</p></div>\n<p>受講者にはサブスクリプションを通じてアクセス可能なレッスンプランが提供される。料金は月額10ドル(約1100円)または年額70ドル(約7700円)で、1時間あたり200ドル(2万2000円)にもなるプライベートアクセントコーチによる個人指導よりも利用しやすいと謳われている。現在、無料の体験版は1週間の無料試用版のみとなっている。</p>\n<p>BoldVoiceは1カ月ほど前にサービスを開始して以降、1000人のユーザーを獲得している。ユーザーの大半はインドや中国出身、あるいはスペイン語を話す人々だ。同社はこれらのコアユーザーを中心に「極めてパーソナライズされた」コンテンツの作成にフォーカスしており、それに向けて相当な仕事に取り組むことになりそうだ。インドでは、1万人以上が<a target=\"_blank\" href=\"https://indianexpress.com/article/india/more-than-19500-mother-tongues-spoken-in-india-census-5241056/\" rel=\"noopener\">121の言語を</a>使用し、憲法で<a target=\"_blank\" href=\"https://www.babbel.com/en/magazine/what-languages-are-spoken-in-india#:~:text=The%20Indian%20constitution%20recognizes%2022,%2C%20Malayalam%2C%20Konkani%20and%20Kashmiri.\" rel=\"noopener\">22の言語が公式に認められて</a>いる。</p>\n<h2>フクロウが見ている</h2>\n<p>BoldVoiceは、Edtechサブセクターにとって重要な時期に、言語学習スタートアップの混み合った市場に参入しようとしている。言語学習のユニコーン企業Duolingoが今週上場予定で、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/19/duolingos-ipo-could-cast-golden-halo-on-edtech-startups/\" rel=\"noopener\">他の消費者Edtech企業</a>に黄金の光を投じるかもしれない。同社はすでに、株式公開を控えて<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/26/duolingo-boosts-ipo-price-target-in-boon-to-edtech-startups/\" rel=\"noopener\">予想価格帯を引き上げて</a>おり、自信に満ちた動きだ。BusuuやBabbelなどの企業も、言語学習の領域を切り開くことに成功している。</p>\n<p>しかしラクラ氏は、既存の語学学習アプリがアクセント市場で勝利したとはまだ思っていない。同氏は、言語を学ぶことは語彙や文法を暗記することであり、アクセントを学ぶことは舌の訓練を通して口を鍛えることだと説明する。BoldVoiceが注力している後者は、他の企業にとってはまだ優先度が低いように思われる。</p>\n<p>同氏の認識は正しいようだ。Duolingoは、読み書きのリテラシーに優れているが、その発音への取り組みに関する有効性の研究はまだ発表されていない。Duolingoは初期に、ユーザーが会話を練習するのを助けるチャットボットをローンチしようとした。しかしこの機能は要望が高かったものの、ユーザーの80%が使わなかったために失敗している。同社CEOのLuis von Ahn(ルイス・フォン・アン)氏はこの反応について、消費者に会話の練習をさせることの難しさを浮き彫りにしたものだと考えている。</p>\n<p>Duolingoは現在、音声認識テクノロジーに関連するチームへの投資に加え、M&amp;Aの機会も視野に入れている。BoldVoiceも同様にバイトサイズのコンテンツと上昇機運を有しており、Duolingoの動機づけのミッションに対して、自社の自信のプロダクトを持ち込むことになるかもしれない。</p>\n<p>補完的ではあるが競争の激しい環境は別にして、BoldVoiceの前に立ちはだかる課題は、センシティブな分野で活動することにあるかもしれない。発声[発話]能力というのは、アイデンティティに欠かせない要素だ。BoldVoiceは人々を助けることと、<em>人々を</em>形作るものを消し去らないことのバランスを取る必要がある。</p>\n<p>ラクラ氏は、バランスを取ることができると考えている。ユーザーに対する彼女の認識は絶えず進化し続けている。</p>\n<p>「人前で話すときのヒントや、会議への参加方法、丁寧にフィードバックする方法などについて、さらに情報を得られたらすばらしいという意見がユーザーからすでに寄せられています」と同氏はいう。これらの要望はすべて、プロフェッショナルな英語環境でどのように文化的、言語的に英語を使用するかに関するものだ。そしてBoldVoiceは、コーチと協力して、発音を超えて、ケイデンス、プロジェクション、イントネーションに至るコンテンツを生み出そうとしている。</p>\n<p>「私たちはBoldVoiceを、人々が適切な方法で話すのを助けるだけでなく、自分のいうことすべてに自信を持てるようにするツールにしたいと、強く思っています」。</p>\n<div id=\"attachment_450599\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-450599\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-450599 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/10/photo2.png 2048w, /wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?resize=1536,1025 1536w, /wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?resize=187,125 187w, /wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?resize=550,367 550w, /wp-content/uploads/2021/10/photo2.png?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-450599\" class=\"wp-caption-text\">BoldVoiceの共同創業者であるイリヤ・ウソロフ氏とアナダ・ラクラ氏。</p></div>\n<p><small>画像クレジット:Bryce Durbin / TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/27/boldvoice-y-combinator-pre-seed/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Mascarenhas、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/speech-recognition.png",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 450595,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 450595,
            "tagId": 3205,
            "tag": {
              "id": 3205,
              "slug": "english",
              "name": "英語(用語)",
              "description": "英語に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 450595,
            "tagId": 56130,
            "tag": {
              "id": 56130,
              "slug": "language-learning",
              "name": "語学学習(用語)",
              "description": "語学学習に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 450595,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 450595,
            "tagId": 692515487,
            "tag": {
              "id": 692515487,
              "slug": "boldvoice",
              "name": "BoldVoice(企業・サービス)",
              "description": "英語の発音を洗練させるアクセントコーチングアプリ、それを提供するニューヨークに拠点のスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 450084,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 450084,
        "slug": "meti-supports-digital-clubs-of-highschools",
        "createdAt": "2021-09-30T03:23:33.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-02T10:42:43.000Z",
        "title": "経済産業省が中学高校のデジタル関連部活の活性化に向け支援を検討開始、パソコン・プログラミング・ロボット・AIなど",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-450135\" src=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg\" alt=\"経済産業省が中学・高校のデジタル関連部活の活性化に向け支援を検討開始、パソコン部・プログラミング部・ロボット部・AI部など\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg 1040w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-001.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><a target=\"_blank\" href=\"https://www.meti.go.jp/\" rel=\"noopener\">経済産業省</a>は9月29日、デジタル技術に精通した人材を育てるため、中学校と高校のパソコン部、プログラミング部、ロボット部、AI部などのデジタル関連の部活動を活性化・高度化させ、生徒のデジタルスキルの向上をはかる目的で、産業界を中心としたデジタル関連部活の支援のあり方を検討すると発表した。</p>\n<p>経済産業省は、10月に「デジタル関連部活支援の在り方に関する検討会」を設置し、教育界、産業界の有識者、デジタル庁、総務省、文部科学省、文化庁などが参加して論議を進め、2021年度内に提言を取りまとめる予定としている。</p>\n<p>中学高校では、デジタル技術に高い関心と能力を有する生徒たちが集まっているものの、顧問の教師にプログラミングはじめ専門知識や経験がないことが多く、そのために活動は限定的となり、十分な指導ができないのが現状とされている。一方、産業界には、CSR(社会的責任)の意識の高まりや、将来の日本の競争力を見据える立場から、中学高校のデジタル関連部活を支援したいという意欲がある。2020年に経済産業省が発表した「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2020FY/000236.pdf\" rel=\"noopener\">中学・高等学校等の IT 関連部活への支援に関する調査研究</a>」報告書によれば、調査対象となった企業の約半数が、そうした支援を行いたいと答えた。また、「教育委員会や学校と産業界をつなぐ仕組みを作ってほしい」という声も産業界から出ているとのことだ。</p>\n<p>10月5日に第1回検討会が開かれ、12月、3月にもそれぞれ開催される予定。第1回の<a target=\"_blank\" href=\"https://wwws.meti.go.jp/interface/honsho/committee/index.cgi/committee/42306\" rel=\"noopener\">傍聴予約はこちらから</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://prtimes.jp/a/?f=d82634-20210929-a165d20a3fdc4e34163104ead01e9558.pdf\" rel=\"noopener\">委員の名簿はこちら</a>で公開されている。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-450136 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2021/09/sub3-1.jpg\" alt=\"経済産業省が中学・高校のデジタル関連部活の活性化に向け支援を検討開始、パソコン部・プログラミング部・ロボット部・AI部など\" width=\"876\" height=\"448\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/09/sub3-1.jpg 876w, /wp-content/uploads/2021/09/sub3-1.jpg?resize=300,153 300w, /wp-content/uploads/2021/09/sub3-1.jpg?resize=768,393 768w, /wp-content/uploads/2021/09/sub3-1.jpg?resize=782,400 782w, /wp-content/uploads/2021/09/sub3-1.jpg?resize=400,205 400w, /wp-content/uploads/2021/09/sub3-1.jpg?resize=738,377 738w, /wp-content/uploads/2021/09/sub3-1.jpg?resize=640,327 640w, /wp-content/uploads/2021/09/sub3-1.jpg?resize=220,113 220w, /wp-content/uploads/2021/09/sub3-1.jpg?resize=281,144 281w, /wp-content/uploads/2021/09/sub3-1.jpg?resize=244,125 244w, /wp-content/uploads/2021/09/sub3-1.jpg?resize=125,64 125w, /wp-content/uploads/2021/09/sub3-1.jpg?resize=117,60 117w, /wp-content/uploads/2021/09/sub3-1.jpg?resize=600,307 600w, /wp-content/uploads/2021/09/sub3-1.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 876px) 100vw, 876px\" /></p>\n<div id=\"attachment_450139\" style=\"width: 979px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-450139\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-450139\" src=\"/wp-content/uploads/2021/09/sub2-1.jpg\" alt=\"経済産業省が中学・高校のデジタル関連部活の活性化に向け支援を検討開始、パソコン部・プログラミング部・ロボット部・AI部など\" width=\"969\" height=\"528\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/09/sub2-1.jpg 969w, /wp-content/uploads/2021/09/sub2-1.jpg?resize=300,163 300w, /wp-content/uploads/2021/09/sub2-1.jpg?resize=768,418 768w, /wp-content/uploads/2021/09/sub2-1.jpg?resize=734,400 734w, /wp-content/uploads/2021/09/sub2-1.jpg?resize=400,218 400w, /wp-content/uploads/2021/09/sub2-1.jpg?resize=738,402 738w, /wp-content/uploads/2021/09/sub2-1.jpg?resize=640,349 640w, /wp-content/uploads/2021/09/sub2-1.jpg?resize=220,120 220w, /wp-content/uploads/2021/09/sub2-1.jpg?resize=281,153 281w, /wp-content/uploads/2021/09/sub2-1.jpg?resize=229,125 229w, /wp-content/uploads/2021/09/sub2-1.jpg?resize=125,68 125w, /wp-content/uploads/2021/09/sub2-1.jpg?resize=110,60 110w, /wp-content/uploads/2021/09/sub2-1.jpg?resize=600,327 600w, /wp-content/uploads/2021/09/sub2-1.jpg?resize=50,27 50w\" sizes=\"(max-width: 969px) 100vw, 969px\" /><p id=\"caption-attachment-450139\" class=\"wp-caption-text\">産業界に対するアンケート結果(「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2020FY/000236.pdf\" rel=\"noopener\">中学・高等学校等の IT 関連部活への支援に関する調査研究</a>」報告書)</p></div>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-30-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 450084,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 450084,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 450084,
            "tagId": 14911,
            "tag": {
              "id": 14911,
              "slug": "developer",
              "name": "開発 / 開発者 / デベロッパー(用語)",
              "description": "開発 / 開発者 / デベロッパーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 450084,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 450084,
            "tagId": 363277264,
            "tag": {
              "id": 363277264,
              "slug": "school",
              "name": "学校(用語)",
              "description": "学校に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 450084,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 450084,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 450084,
            "tagId": 366275435,
            "tag": {
              "id": 366275435,
              "slug": "ministry-of-economy-trade-and-industry",
              "name": "経済産業省 / METI(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 449896,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 449896,
        "slug": "2021-07-20-numerade-lands-100m-valuation-for-short-form-stem-videos",
        "createdAt": "2021-09-30T01:45:11.000Z",
        "updatedAt": "2021-09-30T00:46:37.000Z",
        "title": "アルゴリズムで学習者の理解度に合ったSTEM教育を行うNumeradeのショート動画サービス",
        "content": "<p>現在、注目を集めるEdTech分野の起業家たちは、テストの技術や情報保持の在り方など、現代の学習に関連するほぼすべての要素について、その構造や影響を再定義しようとしている。しかし、最も人気のある製品は、一見シンプルなもの、つまり、オールマイティな個別指導なのかもしれない。2018年に設立されたEdTech企業、Numerade(ヌーマレイド)は、拡張可能かつ高品質な個別指導に挑戦し、1億ドル(約110億円)の評価を受けたばかりだ。</p>\n<p>方程式や実験の仕組みを解説する短編動画のサブスクリプションを販売する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.numerade.com/home/\" rel=\"noopener\">Numerade</a>は、アルゴリズムを使って学習者の理解の仕方に合わせた説明を行う。共同設立者であるCEOの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/nhon-ma-622bb922\" rel=\"noopener\">Nhon Ma(エヌホン・マ)</a>氏によると、コンテキストで説明する非同期型のコンテンツに焦点を当てることで、高品質な個別指導を手頃な価格で提供することが可能になるという。</p>\n<p>「本当の教育には、視覚と聴覚だけでなく、生徒が実際に学習する際の言葉で伝えるというコンテキストも含まれます」とマ氏。Numeradeは、Wolfram AlphaのようなロボットQ&amp;Aやステップバイステップの回答プラットフォームではなく、実際に科学をソリューションに統合してユーザーに伝えるプラットフォームにしたいと考えている。</p>\n<p>7月下旬、NumeradeはIDG Capital(アイデージーキャピタル)、General Catalyst(ゼネラルカタリスト)、Mucker Capital(マッカーキャピタル)、Kapor Capital(カパーキャピタル)、Interplay Ventures(インタープレイベンチャーズ)などの投資家や、Margo Georgiadis(マーゴ・ジョージアディス、Ancestry(アンセストリー)の元CEO)、Khaled Helioui(ハレド・ヒリオリ、Bigpoint Games(ビッグポイントゲームズ)の元CEOでUber(ウーバー)のエンジェル投資家)、Taavet Hinrikus(ターベット・ヒンリクス、Wise(ワイズ)の創業者)などの戦略的投資家が参加するラウンドで、評価額1億ドル(約110億円)で2600万ドル(約28億7000万円)を調達したことを発表した。</p>\n<p>マ氏は「同期型の個別指導には需要と供給のメカニズムの縛りがあります。優秀な家庭教師の時間は限られていて、割増料金を要求されることもあり、全体的に市場の供給側の制約になっています」と説明する。一部の企業では、効率化のために複数の生徒を1人の教師に割り当てるグループレッスンオプションも採用されているが、マ氏は「これは本当に時代遅れで、教師の質を損なうものだ」と考えている。</p>\n<p>ライブ授業やWolfram Alphaのような答えを教えるだけのシステムを避けてきたNumeradeだが、第3の選択肢として動画を採用した。動画はEdTechの分野では目新しいものではなく、現在は主に、CourseraやUdemyなどの大規模オープンオンラインコースのプロバイダーや、MasterClassやOutschoolなどの「エデュテインメント(エデュケーションとエンターテインメントを合わせた造語)」プラットフォームが動画を利用している。Numeradeは、教師または教育者主導で「Fundamentals of Physics(物理学の基礎)」の第2章にある問題を中心に動画を作成しようと考えている。</p>\n<div id=\"attachment_449897\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-449897\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-449897 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png 1200w, /wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/09/Numerade_image_for-Techcrunch_7.15.21.png?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-449897\" class=\"wp-caption-text\">Numeradeの動画で学ぶ学生(画像クレジット:Numerade)</p></div>\n<p>Numeradeには、基礎的な知識を得るためのブートキャンプの動画、手順に焦点を当ててその知識をスキルに変えるステップバイステップの動画、これらの情報がどれだけ理解できたかを評価するクイズという3つの主要製品がある。</p>\n<p>しかし、このスタートアップの真の狙いは、どの学生にどの動画を見せるかを決定するアルゴリズムにある。マ氏は「深層学習」や「コンピュータビジョン」「オントロジー」といった言葉を使ってアルゴリズムの仕組みを説明するが、つまりは教育動画にTikTok並みの特殊性を持たせ、ユーザーの過去の行動を利用して、学習スタイルに合うコンテンツを適切に提供したい、ということだ。</p>\n<p>Numeradeは、ステップ・バイ・ステップの動画で脳が問題のパターンや多様性を理解することで、最終的には答えをよりよく理解できるようになると考えている。同社のアルゴリズムは主にクイズで利用され、あるトピックに対する学生の成績を確認し、その結果をモデルに入力して、新しいブートキャンプやクイズをより適切に提供できるようにする。</p>\n<p>「当社のモデルでは、まず学生の強みと弱みを理解し、次に関連する概念的、実践的、評価的なコンテンツを表示して、主題に対する学生の知識を構築して学生の成長と学習をサポートします。アルゴリズムは、動画の構造化データを解析し、学生ごとのニーズに合わせた教育スタイルを提供することができます」とマ氏。</p>\n<p>現在のところ、Numeradeのアルゴリズムは予備的なもののようだ。ユーザーが自分に合うコンテンツの恩恵を受けるためには、有料会員になって、十分な利用履歴を稼ぐ必要がある。それができたとしても、学生が前回のクイズで間違えたコンセプトを再表示する以外に、このアルゴリズムがどのようにその学生に合うコンテンツを提供できるのかは明らかではない。</p>\n<p>Numeradeの計画も野心的な前提の上に成り立っている。すなわち、学生はコンセプトを学びたいのであって、先延ばしにしていた宿題を終わらせるために急いで答えを知りたいのではない、というものだ。マ氏は、Numeradeの動画の視聴時間はその動画の長さの2~3倍にもなり、これは学生が単にスキップして答えにたどり着くだけでなく、コンテンツと向き合っていることを意味している、と説明する。</p>\n<p>Wolfram Alphaに対抗しようとしているのはNumeradeだけではない。過去1年間、Quizlet(クイズレット)やCourse Hero(コースヒーロー)といったEdTechのユニコーン企業は、AIを搭載したチャットボットやライブ電卓に多額の投資を行ってきたが、Course Heroの手法は主にNumeradeのような企業を買収することだった。これらのプラットフォームは、テクノロジーを駆使した個別指導のセッションでは、人間関係の構築や時間ではなく、スピードとシンプルさを優先すべきだという考えに基づいて構築されている。週に一度、数学の家庭教師のところに行くことを嫌がる学生でも、数学試験の数時間前の真夜中に、丁寧に答えを説明してくれるプラットフォームを利用するかもしれない、という考えだ。</p>\n<p>アルゴリズムの進化があまり進んでいるとはいえず、競争も激しい分野にもかかわらず、Numeradeの新しい投資家と、収益をもたらす能力は期待がもてる。具体的な内容は明かされていないが、マ氏によると、同社は年間経常収益が8桁(日本円では10億円)目前だという。現在の加入者ベースで少なくとも1000万ドル(約11億5000万円)以上の年間収益を上げていることだ。マ氏は、Numeradeの最大の競争力は「視点」だと考えている。</p>\n<p>「商業的なSTEM(Science:科学、Technology:技術、Engineering:工学、Mathematics:数学)教材に対するよくある批判は、モジュール化されすぎている、というものです。教科書では物理を単独で教えています」とマ氏は話す。「私たちのアルゴリズムはそうではありません。私たちはSTEMを連動したエコシステムとして扱います。数学、物理、化学、生物学の概念は全面的に関連しているのです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Westend61 / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/20/numerade-lands-100m-valuation-for-short-form-stem-videos/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Mascarenhas、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/09/GettyImages-1175885065.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 449896,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 449896,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449896,
            "tagId": 104624,
            "tag": {
              "id": 104624,
              "slug": "stem",
              "name": "STEM教育(用語)",
              "description": "Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)を統合した教育手法。Arts(美術)を追加し、STEAM教育とすることもある。"
            }
          },
          {
            "postId": 449896,
            "tagId": 366271554,
            "tag": {
              "id": 366271554,
              "slug": "subscription",
              "name": "サブスクリプション(用語)",
              "description": "サブスクリプションに関連する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 449896,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 449896,
            "tagId": 366272174,
            "tag": {
              "id": 366272174,
              "slug": "deeplearning",
              "name": "ディープラーニング / 深層学習(用語)",
              "description": "ディープラーニングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449896,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 449896,
            "tagId": 366274530,
            "tag": {
              "id": 366274530,
              "slug": "computer-vision",
              "name": "コンピュータービジョン(用語)",
              "description": "コンピュータビジョンに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449896,
            "tagId": 366279947,
            "tag": {
              "id": 366279947,
              "slug": "short-video",
              "name": "ショートビデオ / 短編動画(用語)",
              "description": "ショートビデオ / 短編動画に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449896,
            "tagId": 692515430,
            "tag": {
              "id": 692515430,
              "slug": "%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%83%bc",
              "name": "オントロジー",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 449752,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 449752,
        "slug": "2021-09-27-edsights-gets-a-5-million-series-a-for-student-retention-services",
        "createdAt": "2021-09-29T05:15:49.000Z",
        "updatedAt": "2021-09-29T05:07:14.000Z",
        "title": "コロナ禍で加速する大学中退をチャットボットで防ぐサービスのEdSightsが約5.6億円を調達",
        "content": "<p>Claudia(クラウディア)とCarolina(キャロライナ)のRecchi(レッキ)姉妹が<a target=\"_blank\" href=\"https://www.edsights.io/\" rel=\"noopener\">EdSights</a>を創業したとき、2人は道しるべとなるような大きな問いかけを自分たちにした。</p>\n<p>「自分の指先でどんなデータでも集められる魔法の杖がある申し分のない世界で、大学生が中退しないようにするために私たちは何を理解すればいいのでしょうか」。クラウディアはそう語る。共同創業者の2人は最初の数年間をかけてデータポイントを理解しようとした。学生を適切なリソースに結びつける手助けをするのか、あるいは心配事を聞いてそれを意思決定者に伝えるのかといったことだ。そして結局、大学生との効果的な関わりとタイムリーなデータ収集の両方ができるサービスとして、チャットボットを活用することにした。</p>\n<p>このチャットボットは、コロナ禍におけるもろさから大きな影響を受けた。2020年、EdSightsは学生を引き止める方法を模索する大学に対してこのサービスの販売を開始した。特に、コロナ禍でキャンパスがロックダウンされ、学生が以前よりも孤独になってしまったという事情からだ。</p>\n<p>2020年にEdSightsのプロダクトはチャットボットによってそのあり方が明らかになった。学校のマスコットを使ったチャットボットは相手に合わせた質問やメッセージを学生に送信し、学生の最大のストレスは何かを把握する。その後、金銭や食料の支援、警備といった大学のさまざまなリソースにつなげる。EdSightsはコロナ禍で基本的なコミュニケーションができなくなってしまった世界各地の大学にこのサービスを販売した。</p>\n<p>米国時間9月27日、EdSightsはAlbum VCが主導するシリーズAで500万ドル(約5億5700万円)を調達したと発表した。Album VCはPodium、Andela、Degreedの初期の投資も主導したVCだ。EdSightsの今回のラウンドには他にLakehouse、Good Friends、CheggのCEOであるDan Rosensweig(ダン・ローゼンズヴァイク)氏、GSV VenturesのDeborah Quazzo(デボラ・クアゾ)氏も参加した。今回の調達で、これまでに発表されているEdSightsの調達額は800万ドル(約8億9100万円)となった。</p>\n<p>新たな資金は勢いがある中で調達された。EdSightsは具体的な数字を明らかにしていないが、年間の売上が6倍に成長したと発表している。2020年5月時点の顧客数は16だったが、現在は大学や教育機関など70になっている。創業した姉妹の1人のキャロライナは、同社は「黒字化が目前」でこれ以上従業員を雇用しなくても黒字になるだろうと述べた。同氏は、成長の新たなゴールを考えるとあと1年2カ月で黒字になるだろうと予測している。</p>\n<div id=\"attachment_449762\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-449762\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-449762 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"701\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg 2048w, /wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?resize=300,205 300w, /wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?resize=768,526 768w, /wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?resize=1024,701 1024w, /wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?resize=1536,1052 1536w, /wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?resize=584,400 584w, /wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?resize=400,274 400w, /wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?resize=738,505 738w, /wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?resize=526,360 526w, /wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?resize=220,151 220w, /wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?resize=251,172 251w, /wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?resize=183,125 183w, /wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?resize=125,86 125w, /wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?resize=88,60 88w, /wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?resize=806,552 806w, /wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?resize=536,367 536w, /wp-content/uploads/2021/09/Screen-Shot-2021-09-16-at-12.04.21-AM.jpeg?resize=50,34 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-449762\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:EdSights</p></div>\n<p>EdSightsにとっては、同社が提供する可視化の機能をベースにしてアクションを起こさせることができるかというのが常に課題だ。よく知られているように大学はお役所仕事で新しい取り組みや迅速な行動が妨げられ、このことがEdSightsの投資収益率に悪影響を及ぼす恐れがある。共同創業者の2人は、学生のデータを得ることで大学は学生の需要に応じてリソースを効果的に使い、的外れの別のサービスに費やすコストを削減できると反論する。</p>\n<p>キャロライナは「大学はお金の使い方が非効率で、どういうときに非効率な使い方が発生するかを私たちがまさに明らかにしていると思います。これが、データが重要であると私が考える理由です。高等教育を最適化する新たな段階に来ています」と述べた。</p>\n<p>しかしEdSightsの計画は相談に乗ることだけではない。最終的には、メンタルヘルスの専門家や金銭面のリソース、就職支援など需要の多いサービスも提供したいと考えている。</p>\n<p>キャロライナは「ある程度の規模に達しきちんと理解した後で、教育機関では支援できない分野について我々は何をすればいいでしょうか。何かができる人は他にいるでしょうか。そして私たちにそれができるでしょうか」と述べた。</p>\n<p><small>画像クレジット:Bryce Durbin</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/27/edsights-gets-a-5-million-series-a-for-student-retention-services/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Mascarenhas、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/09/edtech-campus-experience.jpeg",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 449752,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 449752,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 449752,
            "tagId": 366276146,
            "tag": {
              "id": 366276146,
              "slug": "chatbot",
              "name": "チャットボット(用語)",
              "description": "チャットボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449752,
            "tagId": 692508638,
            "tag": {
              "id": 692508638,
              "slug": "edsights",
              "name": "EdSights(企業・サービス)",
              "description": "学校のマスコットを使ったチャットボットで、学生に個人的な質問やメッセージを送り、自身の最大のストレスを理解させる。そして彼らを、経済、食事、メンタルヘルスを支援する大学の制度につなげていくサービス、それを提供する企業"
            }
          },
          {
            "postId": 449752,
            "tagId": 692515097,
            "tag": {
              "id": 692515097,
              "slug": "university",
              "name": "大学(用語)",
              "description": "大学に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 449793,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 449793,
        "slug": "shibuya-supports-codegym-academy",
        "createdAt": "2021-09-29T02:40:47.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-02T10:43:06.000Z",
        "title": "学生に無償でプログラミングを教えるLABOTの「CODEGYM Academy」に渋谷区も後援を表明",
        "content": "<p>プログラミング学習サービスCODEGYM(コードジム)を運営する<a target=\"_blank\" href=\"https://labot.inc/\" rel=\"noopener\">LABOT</a>(ラボット)とNPO法人<a rel=\"noopener\">CLACK</a>は9月28日、2021年5月より福岡市などの後援で実施してきた学生向け無償プログラミング教育支援プロジェクト「<a target=\"_blank\" href=\"https://academy.codegym.jp/\" rel=\"noopener\">CODEGYM Academy</a>」(コードジムアカデミー)に、新たに渋谷区が後援を表明したことを発表した。また、現在第2次募集を行っている。</p>\n<p>LABOTは、日本で初めてISA(学資ローンに代わる所得分配契約。在学中は授業料の支払いが免除され、就職後に所得に応じた支払いを行う制度)を採り入れたコンピューターサイエンスとプログラミングのオンラインスクール。2021年5月からはNPO法人CLACKと共同で、コロナ禍で勉学や就職に苦悩する高校生、大学生を対象に「CODEGYM Academy 2021年コロナ学生緊急支援」を実施。<a target=\"_blank\" href=\"https://academy.codegym.jp/during_classes/elementor-4027/\" rel=\"noopener\">同社によると</a>、無償のプログラミング教育を提供し、現在503名の学生が受講しているという。</p>\n<p>教材には、ハーバード大学が提供するコンピュータ・サイエンス科目「CS50&#8217;s Introduction to Computer Science」を使用している(LABOTは、翻訳コントリビューターとして<a target=\"_blank\" href=\"https://cs50.jp/\" rel=\"noopener\">ハーバード大学CS50の日本語版翻訳プロジェクト</a>をCC BY-NC-SA 4.0ライセンスのもと日本語化・無償公開)。またこのプロジェクトには、GMOインターネットグループやスマレジをはじめ、アクセンチュア、HR Brain、Googleなど17社ほど企業の協賛がある。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-449796\" src=\"/wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"591\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg 1200w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg?resize=300,173 300w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg?resize=768,444 768w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg?resize=1024,591 1024w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg?resize=693,400 693w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg?resize=400,231 400w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg?resize=738,426 738w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg?resize=623,360 623w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg?resize=220,127 220w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg?resize=281,162 281w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg?resize=216,125 216w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg?resize=125,72 125w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg?resize=104,60 104w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg?resize=956,552 956w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg?resize=600,347 600w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-6.jpg?resize=50,29 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>第2次募集の概要は以下のとおり。</p>\n<ul>\n<li>募集人数:最大1000名(最少催行人数150名)</li>\n<li>受講料:スポンサー企業による支援により無償。PC、インターネット接続環境、副教材などの実費は受講者が負担。入校にあたり1万円の保証金の支払いが必要だが、退校・卒業時に全額返金する。また修了確定者は199ドル(約2万2200円)を支払うことで「CS50」履修証明書が取得できる</li>\n<li>応募期間:2021年9月1日〜9月30日午後11時59分59秒</li>\n<li>適正検査:2021年10月2日実施。高校数Ⅰ/ 数A相当の知識水準の論理思考問題を含むウェブテスト</li>\n<li>内定通知:2021年10月9日予定</li>\n</ul>\n<p>開催期間は2021年11月6日から2022年3月末。毎週土曜日の9時から19時にオンライン授業が行われる。</p>\n<p>応募対象は、家庭環境、学歴、性別、人種、国籍に関わらず、プログラミング学習と新たなキャリア習得に強い意欲のある日本全国の学生。ただし外国人は日本国内での就労資格を持つ人。コロナ禍で学業、進路、キャリアに影響を受けている、また家庭環境などの経済的事情を抱えている2023年卒、2024年卒予定の大学生、短大生、高専生、専門学校生、高校生など。2020年3月以降2021年9月末までに新型コロナによる経済的理由で退学した、または進学を諦めた人も含まれる。また10月2日のテスト、10月16日の入学オリエンテーションも参加必須となっている。</p>\n<p>締め切りまであと1日。<a target=\"_blank\" href=\"https://academy.codegym.jp/\" rel=\"noopener\">詳しくはこちら</a>をどうぞ(ページ下部にまとめられている)。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-29-003-001.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 449793,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 449793,
            "tagId": 5043,
            "tag": {
              "id": 5043,
              "slug": "computer-science",
              "name": "コンピューターサイエンス(用語)",
              "description": "コンピューターサイエンスに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449793,
            "tagId": 14911,
            "tag": {
              "id": 14911,
              "slug": "developer",
              "name": "開発 / 開発者 / デベロッパー(用語)",
              "description": "開発 / 開発者 / デベロッパーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449793,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449793,
            "tagId": 366274199,
            "tag": {
              "id": 366274199,
              "slug": "harvard-university",
              "name": "ハーバード大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 449793,
            "tagId": 681521565,
            "tag": {
              "id": 681521565,
              "slug": "labot",
              "name": "LABOT(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 449613,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 449613,
        "slug": "2021-09-27-amazon-launches-computer-science-education-program-future-engineer-in-india",
        "createdAt": "2021-09-29T01:30:48.000Z",
        "updatedAt": "2021-09-29T01:08:43.000Z",
        "title": "アマゾンがコンピュータサイエンス教育プログラム「Future Engineer」をインドで開始",
        "content": "<p>Amazon(アマゾン)は、コンピュータサイエンスプログラム「Future Engineer(フューチャー・エンジニア)」をインドに拡大する。これにより、世界第2位のインターネット市場であるインドは、同社が「子どもからキャリアまでのコミュニティプログラム」を提供する5番目の市場となる。</p>\n<p>Amazonは、現地時間9月28日に開催されたバーチャルカンファレンスで、インドの学生にコンピュータサイエンスのコース(ロボット工学、人工知能、機械学習など)を教えるための教材、奨学金、インターンシップ、メンターを提供するとともに、教師にもリソースを提供すると発表した。</p>\n<p>同社はこのフューチャーエンジニアプログラムを通じて、Code.org(コード.org)などのプレイヤーと提携し、十分な教育を受けられていない、あるいは過小評価されている子どもたちや若者にCS(コンピュータサイエンス)教育の機会を提供する。Amazonによると、このプログラムは主に6年生から12年生までの生徒を対象としている。</p>\n<p>「インドでは年間100万人の学生がCSエンジニアリングコースに登録していますが、十分な教育を受けていない、過小評価されているコミュニティの学生の貢献度は比較的低いです。その理由としては、CS関連の仕事に触れる機会が少ないこと、コミュニティ内に刺激的なロールモデルがいないこと、興味深いカリキュラムにアクセスするための言語の障壁などが挙げられます。また、政府系の学校では、CS教育を行うためのリソースが限られています」と同社は述べている。</p>\n<p>Amazonは、インドの教師や学生のコミュニティに合わせて調整し、複数の地域言語で提供しているというこのフューチャーエンジニアを、1年以内に7つの州の900以上の公立学校で10万人以上の学生に提供することを期待している。</p>\n<p>TechCrunchは12月に、Amazonが世界第2位のインターネット市場で<a target=\"_blank\" href=\"/2020/12/31/2020-12-30-amazon-computer-science-education-program-future-engineer-in-india/\" rel=\"noopener\">このプログラムを開始する予定</a>であると報じた。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2020/12/31/2020-12-30-amazon-computer-science-education-program-future-engineer-in-india/\" rel=\"noopener\">アマゾンがインドでコンピュータサイエンス教育プログラムの開始を計画</a></p>\n<p>「インドでは、十分な教育を受けていないコミュニティの学生は、特にコンピュータサイエンスの分野の教育を受けることにおいて、不公平な障壁に直面しています。すべての若者が、そのバックグラウンドにかかわらず、質の高いコンピュータサイエンス教育を受けられる環境にあるべきだと考えているため、アマゾン・フューチャー・エンジニアの構想をインドで実施できることを大変うれしく思います」。と、Amazon India(アマゾン・インディア)のグローバルシニアバイスプレジデント兼カントリーヘッドであるAmit Agarwal(アミット・アガルヴァル)氏は述べている。</p>\n<p>「私たちは、コンピュータサイエンスのカリキュラムを、生徒が使いやすい言語で身近に感じられるようにし、適切なスキルとツールを身につけてもらうことで、生徒のキャリアの可能性を広げることを目指しています。学生たちが自信とスキルを身につけて、テクノロジーソリューションの責任ある創造者となり、自分自身と周囲のコミュニティのために、より良い未来を築いてくれることを願っています」と述べている。</p>\n<p>これまでに<a target=\"_blank\" href=\"/2020/01/16/2020-01-14-amazon-to-invest-1-billion-to-digitize-small-businesses-in-india/\" rel=\"noopener\">65億ドル(約7200億円)以上をインドに投資</a>してきた米国の大手eコマース企業Amazonは、数年前からインドの教育分野を開拓してきた。2年前には、インドの名門技術系教育機関への入学を目指す学生の支援を目的としたアプリ「JEE Ready(JEEレディ)」を発表した。JEE Readyは、現在は「<a target=\"_blank\" href=\"https://academy.amazon.in/\" rel=\"noopener\">Amazon Academy(アマゾンアカデミー)</a>」に改称されているが、無料のオンライン授業を提供し、模擬テストで生徒の成績を分析している。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2020/01/16/2020-01-14-amazon-to-invest-1-billion-to-digitize-small-businesses-in-india/\" rel=\"noopener\">Amazonがインドのスモールビジネスのデジタル化促進のため約1100億円を投資</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Dhiraj Singh / Bloomberg / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/27/amazon-launches-computer-science-education-program-future-engineer-in-india/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Manish Singh、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/09/GettyImages-1169387081.jpg",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 449613,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 449613,
            "tagId": 5043,
            "tag": {
              "id": 5043,
              "slug": "computer-science",
              "name": "コンピューターサイエンス(用語)",
              "description": "コンピューターサイエンスに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449613,
            "tagId": 6602,
            "tag": {
              "id": 6602,
              "slug": "amazon",
              "name": "Amazon / アマゾン(企業)",
              "description": "Amazonは、アメリカのテクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称。"
            }
          },
          {
            "postId": 449613,
            "tagId": 365840503,
            "tag": {
              "id": 365840503,
              "slug": "india",
              "name": "インド(国・地域)",
              "description": "インドに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449613,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 449444,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 449444,
        "slug": "papamo-fundraising",
        "createdAt": "2021-09-27T09:18:16.000Z",
        "updatedAt": "2021-09-27T19:12:51.000Z",
        "title": "児童向けオンラインスポーツ事業「へやすぽ」を展開するPAPAMOが5600万円調達、コンテンツやマーケティング強化",
        "content": "<p>児童向けのオンラインスポーツ事業「<a target=\"_blank\" href=\"https://papamo.net/official/\" rel=\"noopener\">へやすぽ</a>」を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://papamo.net/official/about/\" rel=\"noopener\">PAPAMO</a>は9月27日、シードラウンドにおいて、第三者割当増資および金融機関からの融資による総額5600万円の資金調達を発表した。引受先は、リード投資家のW ventures、また三井住友海上キャピタル(MSIVC2020V投資事業有限責任組合)、個人投資家複数名。</p>\n<p>調達した資金は、コンテンツ強化やマーケティング強化、「youtube時間を運動時間に」をコンセプトとする運動動画見放題の新サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://papamo.net/official/heyasupotv/\" rel=\"noopener\">へやすぽTV</a>」(月額980円)の開発にあてる。今後は、年齢・ステップに応じたクラスの新設や、種目特化ニーズに応じたコースの拡充を行うとともに、児童たちがよりのめり込んで参加できるサービスに仕立てるという。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/bMIC3TzzUOE?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>2021年4月設立のPAPAMOは、「運動との出会いを最高にする」をミッションに、へやすぽを提供している。へやすぽは、週に1回30分の児童向けオンライン運動教室という。鉄棒や球技など児童がつまずきやすい種目の基礎力や運動感覚を、おうちにいながらゲーム感覚で育めるとしている。</p>\n<p>へやすぽでは、「運動神経」を分解し、誰でも「できた!」を味わえる300種類以上の豊富なメニューと、キャラクターからのミッションをクリアするとストーリーが前に進むゲーミフィケーションが組み込まれたレッスンで、成功体験を積みながら、運動能力を育むという。また、親子で参加することで、親子関係の構築騒音にも配慮しており、マンションの方も安心して参加できるとしている。<img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-449446\" src=\"/wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png\" alt=\"児童向けオンラインスポーツ事業「へやすぽ」を展開するPAPAMOが5600万円調達、コンテンツやマーケティング強化し事業展開加速\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png 1920w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-14.png?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>幼少期の運動体験は、生涯の運動習慣・健康に影響することから、へやすぽとへやすぽTVは、どんな児童も運動習慣をつけられ、運動が好きになれる、そんな運動との出会いを届けるという。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-27-009-001.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 449444,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 449444,
            "tagId": 1343,
            "tag": {
              "id": 1343,
              "slug": "children",
              "name": "子ども / 子ども向け(用語)",
              "description": "子ども / 子ども向けに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449444,
            "tagId": 366270802,
            "tag": {
              "id": 366270802,
              "slug": "fitness",
              "name": "フィットネス / エクササイズ / ワークアウト(用語)",
              "description": "フィットネスやエクササイズ、ワークアウトに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449444,
            "tagId": 366272091,
            "tag": {
              "id": 366272091,
              "slug": "sports",
              "name": "スポーツ / アスリート(用語)",
              "description": "スポーツ / アスリートに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449444,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 449444,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 449444,
            "tagId": 692515389,
            "tag": {
              "id": 692515389,
              "slug": "papamo",
              "name": "PAPAMO(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 449083,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 449083,
        "slug": "monoxer-along-with-memory",
        "createdAt": "2021-09-24T09:47:50.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-24T10:49:42.000Z",
        "title": "学習支援プラットフォームMonoxerの「小テスト機能」がアップデート、記憶定着から確認テスト実施までのフローを一元化",
        "content": "<div class=\"slideshow slideshowify\">\n    <ol><li>\n            <div class=\"image\"><img data-thumb=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-001.jpg?w=80&amp;h=60&amp;crop=1\" data-trigger-notification=\"1\" data-scalable=\"false\" alt=\"\" data-src=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-001.jpg?w=1024\" data-tc-lazyload=\"deferred\" src=\"/wp-content/themes/techcrunch-jp-2015/assets/images/1x1.png\" /></div>\n            <h3 class=\"title\">学習プラットフォームMonoxerの「小テスト機能」がアップデート、記憶定着から確認テストの実施までのフローが一元化</h3>\n            <div class=\"caption\"></div>\n            <div class=\"credit\"></div>\n        </li></ol>\n    <div class=\"enter-wrapper\">\n        <a class=\"enter\" href=\"#\">&nbsp;<span class=\"enter-text\">View Slideshow</span></a>\n    </div>\n    <div class=\"controls\">\n        <a class=\"prev icon-arrow-left\" href=\"#\"><span class=\"is-vishidden\">Previous</span></a>\n        <a class=\"next icon-arrow\" href=\"#\"><span class=\"is-vishidden\">Next</span></a>\n        <a class=\"exit\" href=\"#\">Exit</a>\n    </div>\n</div>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://corp.monoxer.com/\" rel=\"noopener\">モノグサ</a>は9月22日、記憶定着のための学習プラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://corp.monoxer.com/service/\" rel=\"noopener\">Monoxer</a>」(<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=com.monoxer\" rel=\"noopener\">Android版</a>・<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/jp/app/id1288435689\" rel=\"noopener\">iOS版</a>)の「小テスト機能」をアップデートしたと発表した。Monoxer上で作成したBook(問題集)をそのまま小テストとして使えるため、記憶定着からテストにおける確認まで、Monoxer上で完全に一元化できる。</p>\n<p>これまでのMonoxerでは、先生が児童・生徒に憶えてもらいたい項目をBook(問題集)として作成し、その確認のための小テストは別途作成をする必要があった。今回のアップデートにより、学校や塾の先生方にとってより手間がない形で、記憶定着から確認テストの実施までのフローをサポート可能となった。</p>\n<p>2021年4月に正式リリースした小テスト機能は、児童・生徒が学んだ内容をMonoxer上で小テストにし、AIが自動採点するという機能。多くの学校・塾では、先生が紙のテストをプリントアウトおよびコピーし、生徒に解かせた後に採点して、点数を集計している。膨大な時間が割かれていることから、同社は、このプロセスをMonoxerを活用し小テスト機能としてデジタル化した。</p>\n<p>Monoxerでは、手書き入力や音声認識など機能を利用することで先生は様々な形式のテストを作成し、採点をすべてAIに任せられるという。作成する小テストは、配点・制限時間・難易度の設定が可能。択一問題から英単語や漢字を入力する問題まで、これまで紙でできていたテストから、デジタルならではのもの作ることも作成できる。</p>\n<p>また、Monoxerにおける学習履歴・記憶度と小テストの結果を比べることで、一夜漬けなのか、日々の学習の成果なのかわかるため、長期の目標に対しても正しく進捗を把握できるという。学習履歴とテスト結果を紐付けることで、生徒や保護者に対して、結果だけでなく、プロセスも共有可能となっており、先生、保護者、児童・生徒の三者間でより強固な関係性を構築できるとしている。<img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-449087\" src=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg\" alt=\"学習プラットフォームMonoxerの「小テスト機能」がアップデート、記憶定着から確認テストの実施までのフローが一元化\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg 3200w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=2048,1152 2048w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-002.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>Monoxerは、児童・生徒におぼえてほしい内容を先生が登録するだけで、その内容を定着させるために必要な問題が自動で作成されるという、記憶定着のための学習プラットフォーム。生徒は作成された問題をスマホ・タブレットのアプリで学習可能な上、個別の習熟度・忘却度に応じて、リアルタイムで問題の出題頻度や難易度が調整される。このため、児童・生徒それぞれのレベルにあった学習が実現できるとしている。</p>\n<p>また、遠隔でも生徒の学習状況・定着度がわかるため、通学・通塾が困難な状況でも、きめ細やかな指導を行うことが可能という。</p>\n<div class=\"embed-vimeo\" style=\"text-align: center;\"><iframe loading=\"lazy\" src=\"https://player.vimeo.com/video/473293772\" width=\"600\" height=\"338\" frameborder=\"0\" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen></iframe></div>\n<p>&nbsp;</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-24-010-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 449083,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 449083,
            "tagId": 264,
            "tag": {
              "id": 264,
              "slug": "learning",
              "name": "学習(用語)",
              "description": "学習に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449083,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449083,
            "tagId": 363277264,
            "tag": {
              "id": 363277264,
              "slug": "school",
              "name": "学校(用語)",
              "description": "学校に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449083,
            "tagId": 366275213,
            "tag": {
              "id": 366275213,
              "slug": "students",
              "name": "学生(用語)",
              "description": "学生に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 449083,
            "tagId": 366280637,
            "tag": {
              "id": 366280637,
              "slug": "monoxer-corp",
              "name": "モノグサ(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 449083,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 447768,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 447768,
        "slug": "studyplus-studyplus-book",
        "createdAt": "2021-09-17T01:32:32.000Z",
        "updatedAt": "2021-09-17T01:32:32.000Z",
        "title": "学習管理アプリ「Studyplus」が月額980円で電子参考書200冊以上が使い放題になる「Studyplusブック読み放題」発表",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-447770\" src=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg\" alt=\"学習管理アプリ「Studyplus」が月額980円で電子参考書200冊以上が読み放題になる「Studyplusブック読み放題」開始\" width=\"1024\" height=\"538\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg?resize=300,158 300w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg?resize=768,403 768w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg?resize=1024,538 1024w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg?resize=1536,806 1536w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg?resize=762,400 762w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg?resize=400,210 400w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg?resize=738,387 738w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg?resize=640,336 640w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg?resize=220,116 220w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg?resize=281,148 281w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg?resize=238,125 238w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg?resize=125,66 125w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg?resize=114,60 114w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg?resize=1051,552 1051w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg?resize=600,315 600w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-001.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><a target=\"_blank\" href=\"https://info.studyplus.co.jp/\" rel=\"noopener\">スタディプラス</a>は9月15日、勉強記録・学習管理サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.studyplus.jp/\" rel=\"noopener\">Studyplus</a>」(<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.studyplus.android.app\" rel=\"noopener\">Android版</a>・<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/jp/app/apple-store/id505410049\" rel=\"noopener\">iOS版</a>)において、学習参考書など電子教材が使えるデジタル教材プラットフォーム「Studyplusブック」を発表した。同プラットフォームでは、月額980円(税込)で参考書200冊以上を利用できる「Studyplusブック読み放題」、紙版を購入すると電子版を提供する「<a target=\"_blank\" href=\"https://book-code.studyplus.jp/\" rel=\"noopener\">Studyplusブックコード</a>」の2サービスを提供する。提供開始時期は、2022年1月(一部サービスは2021年11月より先行リリース予定)。</p>\n<h2>「Studyplusブック」プラットフォーム</h2>\n<p>Studyplusブックでは、Studyplusの本棚に並ぶ書影から、そのまま電子教材ビューアを開くことが可能。ビューアは目次機能、ページめくり、見開き表示、拡大縮小など標準的な機能を搭載。ビューアの利用を終了すると、ビューアを開いていた時間をそのまま勉強時間として記録できる。</p>\n<p>また通常のビューア以外に、一問一答形式の教材に対応する「暗記チェック機能」も提供予定(一部の教材のみ対応予定)。問題に対する回答が確認できるほか、問題ごとに正誤記録を残せるため、「間違えた問題だけをやり直す」「正答率から自分の理解度をチェックする」といった使い方も可能。音声再生機能、しおり機能も採用している。</p>\n<p>対応環境(2021年9月時点)としては、iOS 13.0以上、Android 7.0以上としているが、ウェブブラウザー対応も予定しているという。<img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-447771\" src=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg\" alt=\"学習管理アプリ「Studyplus」が月額980円で電子参考書200冊以上が読み放題になる「Studyplusブック読み放題」開始\" width=\"1024\" height=\"477\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg?resize=300,140 300w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg?resize=768,358 768w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg?resize=1024,477 1024w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg?resize=1536,715 1536w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg?resize=859,400 859w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg?resize=400,186 400w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg?resize=738,344 738w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg?resize=640,298 640w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg?resize=220,102 220w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg?resize=281,131 281w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg?resize=250,116 250w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg?resize=125,58 125w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg?resize=1186,552 1186w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg?resize=600,279 600w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-002.jpg?resize=50,23 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>またStudyplusブックは、個人はじめ学校や塾などでの法人利用にも対応し、教育機関向け学習管理プラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://for-school.studyplus.co.jp/\" rel=\"noopener\">Studyplus for School</a>」と合わせて利用可能。これにより、学校や塾をはじめとする教室で「Studyplusブック」のスタディログに基づいた指導を実現できるとしている。</p>\n<p>なお、スタディプラスが2019年9月から提供している電子参考書サービス「ポルト」は、Studyplusブックに統合する。単独サービスとしてのポルトは段階的にサービスを終了する予定(スケジュールはサービス内で告知予定)。</p>\n<h2>月額980円で参考書200冊以上が使い放題の「Studyplusブック読み放題」</h2>\n<p>Studyplusブック読み放題は、月額980円(税込)で電子版の学習参考書200冊以上が使い放題になるサービス。前身である「ポルト」から引き続いて18の出版社が参画する予定。</p>\n<p>提携出版社(2021年9月時点)は、アルク、旺文社、学研プラス、KADOKAWA、河合出版、かんき出版、京都書房、研究社、講談社、新興出版社啓林館、水王舎、スタディカンパニー、世界思想社教学社、Z会ソリューションズ、第一学習社、東京書籍、ブックマン社、山川出版社。<img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-447772\" src=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg\" alt=\"学習管理アプリ「Studyplus」が月額980円で電子参考書200冊以上が読み放題になる「Studyplusブック読み放題」開始\" width=\"1024\" height=\"453\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg 1620w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg?resize=300,133 300w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg?resize=768,339 768w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg?resize=1024,453 1024w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg?resize=1536,679 1536w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg?resize=905,400 905w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg?resize=400,177 400w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg?resize=738,326 738w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg?resize=640,283 640w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg?resize=220,97 220w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg?resize=281,124 281w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg?resize=250,110 250w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg?resize=125,55 125w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg?resize=1249,552 1249w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg?resize=600,265 600w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-003.jpg?resize=50,22 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<h2>対象の紙版参考書を購入すると、電子版も利用可能となる「Studyplusブックコード」</h2>\n<p>Studyplusブックコードは、出版社と共同で電子版教材の普及に取り組むサービスで、対象の紙版参考書を購入すると、Studyplus上で利用できる電子版(Studyplusブック教材)を提供する。Studyplusブックコードを導入することで、これにより、デジタル参考書と紙版とを用途によって使い分けられるようになる。<img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-447773\" src=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg\" alt=\"学習管理アプリ「Studyplus」が月額980円で電子参考書200冊以上が読み放題になる「Studyplusブック読み放題」開始\" width=\"1024\" height=\"289\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg?resize=300,85 300w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg?resize=768,217 768w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg?resize=1024,289 1024w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg?resize=1536,434 1536w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg?resize=1416,400 1416w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg?resize=400,113 400w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg?resize=738,208 738w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg?resize=640,181 640w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg?resize=220,62 220w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg?resize=281,79 281w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg?resize=250,71 250w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg?resize=125,35 125w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg?resize=1735,490 1735w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg?resize=600,170 600w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-004.jpg?resize=50,14 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>これまでの発行コード数は30万コード以上で、全国約550の学校がブックコードを利用しているそうだ(前身であるポルトコードからの実績。2021年9月時点)。Studyplusブックコード提携出版社(2021年9月時点)は、京都書房、Z会ソリューションズ、第一学習社、山川出版社。2022年度にさらに提携出版社を拡大予定。<img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-447774\" src=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg\" alt=\"学習管理アプリ「Studyplus」が月額980円で電子参考書200冊以上が読み放題になる「Studyplusブック読み放題」開始\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg 1920w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-005.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-17-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 447768,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 447768,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 447768,
            "tagId": 18458,
            "tag": {
              "id": 18458,
              "slug": "textbook",
              "name": "教科書(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 447768,
            "tagId": 23641248,
            "tag": {
              "id": 23641248,
              "slug": "studyplus",
              "name": "スタディプラス(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 447768,
            "tagId": 363277264,
            "tag": {
              "id": 363277264,
              "slug": "school",
              "name": "学校(用語)",
              "description": "学校に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 447057,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 447057,
        "slug": "2021-09-10-microsoft-acquires-takelessons-an-online-and-in-person-tutoring-platform-to-ramp-up-its-edtech-play",
        "createdAt": "2021-09-13T23:30:23.000Z",
        "updatedAt": "2021-09-13T23:24:48.000Z",
        "title": "マイクロソフトがEdTech戦略の強化を目指してオンラインと対面の個別指導プラットフォーム「TakeLessons」を買収",
        "content": "<p>Microsoft(マイクロソフト)は2021年1月に同社のオンラインコラボレーションプラットフォームであるTeamsについて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で多くの学校が一部、または完全にリモートになったことにより利用者の増加が加速し、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.businessinsider.com/microsoft-education-google-chromebooks-teams-2021-1?op=1&amp;scrolla=5eb6d68b7fedc32c19ef33b4\" rel=\"noopener\">1億人以上の学生に利用されている</a>ことを公表した。そしてここにきて、教育市場における地位を今後も拡大するために買収を実施した。</p>\n<p>Microsoftは<a target=\"_blank\" href=\"https://takelessons.com/\" rel=\"noopener\">TakeLessons</a>を買収した。TakeLessonsは学生が音楽や語学、学術的なテーマ、職業訓練、趣味といった分野の個人教師とつながり、個人教師はオンラインや対面で提供するレッスンの予約や管理をするプラットフォームだ。</p>\n<p>買収の条件は不明で、TechCrunchは取材を続けている。サンディエゴに拠点を置くTakeLessonsはこれまでに、LightBank、Uncork Capital、Crosslink Capitalなどの<a target=\"_blank\" href=\"https://my.pitchbook.com/profile/52618-87/company/profile#investors\" rel=\"noopener\">VCや個人投資家から</a>少なくとも2000万ドル(約22億円)を調達した。TakeLessonsは自社サイト上でこの買収を認めるQ&amp;A形式の<a target=\"_blank\" href=\"https://takelessons.com/microsoft-student\" rel=\"noopener\">短い記事を公開した</a>。この記事によると、当面はこれまで通り運営し、これまで以上に多くの世界中の対象者に向けてプラットフォームを提供するとしている。</p>\n<p>買収の時点でTakeLessonsを利用しているアクティブな学生や個人教師の人数は不明だが、関連する数字を挙げると、オンライン個別指導大手の1つであるヨーロッパの<a target=\"_blank\" href=\"http://gostudent.org/\" rel=\"noopener\">GoStudent</a>は2021年前半に17億ドル(約1870億円)の評価額で2億4400万円(約268億4000万円)を調達した。<a target=\"_blank\" href=\"/2020/12/21/2020-12-17-brainly-raises-80m-as-its-platform-for-crowdsourced-homework-help-balloons-to-350m-users/\" rel=\"noopener\">Brainly</a>などのオンライン指導企業も数億ドル単位の評価額となっている。</p>\n<p>TakeLessonsの調達額がそれほど大きくないところを見ると、評価額はもっと低かったと思われる。買収はMicrosoftにとってインフラを手に入れ、マスマーケットのオンライン教育にもっと積極的に参入する準備のきっかけとなるものだが、他の大手プラットフォームと直接対決していく可能性もある。</p>\n<p>現在TakeLessonsは音楽(これが同社のスタートだった)、語学、学術的なテーマ、テスト対策、コンピュータのスキル、手芸など幅広いジャンルの指導を提供している。2006年に創業し、地元で対面指導をする個人教師とつながるためのプラットフォームとして出発した。その後、オンラインレッスンにも進出し、ビジネスを補完している。</p>\n<p>新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大でオンラインレッスンに大きくシフトし、現在では同社のプラットフォームで提供されているサービスの大半がオンラインでの指導のようだ。レッスンは引き続き1対1で提供されているが、学生は同社の<a target=\"_blank\" href=\"https://takelessons.com/live\" rel=\"noopener\">ライブ</a>プラットフォームを利用してオンラインのグループレッスンにも参加できる。</p>\n<p>世界中で起きているオンライン教育へのシフトが、Microsoftが大きなチャンスがあると見る理由だろう。</p>\n<p>世界中の多くの学校が外出禁止や隔離中になんとかリモート学習をしようと急遽オンライン学習のプラットフォームを求め、教育者と家族、学生はさまざまなツールを使うように(そしてお金を払うように)なった。そうした中でMicrosoftはTeamsをこの分野のトップにすべく躍起になっている。</p>\n<p>マーケットにおけるMicrosoftの牽引力(と多くの投資や<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2019/02/04/microsoft-acquires-datasense-management-from-brightbytes-to-step-up-its-education-play-in-azure/\" rel=\"noopener\">買収</a>)がすでに長年あった中で、こうした動きが続いてきた。</p>\n<p>しかし現在の状況下で新たな激しい競争が起きている。例えばGoogle Classroomや、ビデオレッスンのような特定の目的に絞ったソリューション(Zoomが顕著な例)などの台頭だ。他にもレッスンや宿題の計画を立てるアプリ、数学や語学、科学といった特定のジャンルに関してクラスでの学習を補強するオンラインのオンデマンド指導などもある。</p>\n<p>プラットフォームにできるだけ多くの機能を取り入れて囲い込み、ユーザーが他のアプリに行かないようにして多くの価値を提供するのがMicrosoftのやり方だ。したがって筆者は、同社がさらに買収をしてもっと多くの機能を提供し、同社の教育用ツールでまだ提供されていないサービスをすべてカバーしようとするだろうと予測している。</p>\n<p>(例を挙げよう。筆者の子どもの学校ではオンラインレッスンにTeamsを使っている。その理由の1つは、学校のメールシステムにOutlookを使用しているからだ。学校は宿題の計画に別のアプリを使わないと発表した。先生は宿題を出したり管理したりするのに、これからはTeamsを使う。この学校のように予算が厳しければ、1つのアプリでできることなのに2つのアプリに支払いをしないのは当然だ。子どもたちには評判が良くない。これが、Microsoftが推進するプラットフォーム戦略だ)</p>\n<p>TakeLessonsは学校を対象とした教育の戦略と近い位置にある。確かに、個別指導のクロスセルのチャンスがあると思われる学生とその家族は大勢いる。しかしTakeLessonsはマスマーケットを対象としたサービスも提供し、何かを学びたい人すべてに開かれている。Microsoftの教育関連製品をすでに使っている人たちだけが対象というわけではない。</p>\n<p>オンライン学習を補完したい学生(これはオンライン個別指導の市場として大きい)だけでなく、何か新しいことを学びたい生涯学習者や消費者、プロフェッショナルも対象になるという点に注目だ。1人で家で過ごす時間が増えたこの1年半は特に学びへの関心が高まっている。</p>\n<p>こうしたことから、TakeLessonsにはMicrosoftの世界における新たなチャンスも考えられる。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/12/2021-09-09-linkedin-doubles-down-on-development-with-new-learning-hub-free-courses-and-new-search-fields-for-hybrid-working/\" rel=\"noopener\">米国時間9月9日</a>、MicrosoftのCEOであるSatya Nadella(サティア・ナデラ)氏とMicrosoft傘下のLinkedInのCEOであるRyan Roslansky(ライアン・ロスランスキー)氏が今後についてオンラインプレゼンテーションを配信した。このプレゼンでは教育、特に職能開発が強調して語られ、LinkedInが新しいラーニングハブを導入することが明らかにされた。</p>\n<p>LinkedInは教育ビジネスの構築に長年取り組んでいるだけでなく、自社プラットフォームにもっと囲い込んでビデオが活用されるようにすることも目指している。</p>\n<p>TakeLessonsのようなサービスは一石二鳥になるかもしれない。LinkedInのこれまでの教育コンテンツは「ライブ」のオンラインレッスンに特に結びつくものではなかったが、今回の買収はLinkedInが次にしようとしていることとの橋渡しになることも考えられる。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/12/2021-09-09-linkedin-doubles-down-on-development-with-new-learning-hub-free-courses-and-new-search-fields-for-hybrid-working/\" rel=\"noopener\">LinkedInが新ラーニングハブ、ハイブリッドワーキングのための検索フィールドなどを導入し変化する時代を先取り</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Imgorthand / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/10/microsoft-acquires-takelessons-an-online-and-in-person-tutoring-platform-to-ramp-up-its-edtech-play/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ingrid Lunden、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/09/sign-language-computer.jpeg",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 447057,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 447057,
            "tagId": 637,
            "tag": {
              "id": 637,
              "slug": "microsoft",
              "name": "Microsoft / マイクロソフト(企業)",
              "description": "マイクロソフトは、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 447057,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 447057,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 447057,
            "tagId": 366273260,
            "tag": {
              "id": 366273260,
              "slug": "microsoft-teams",
              "name": "Microsoft Teams(製品・サービス)",
              "description": "Microsoft Teamsは、マイクロソフトがWindows、macOS、Linux、iOS及びAndroid向けに開発・提供するコラボレーションプラットフォーム。"
            }
          },
          {
            "postId": 447057,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 447057,
            "tagId": 692515200,
            "tag": {
              "id": 692515200,
              "slug": "takelessons",
              "name": "TakeLessons(企業・サービス)",
              "description": "学生が音楽や語学、学術的なテーマ、職業訓練、趣味といった分野の個人教師とつながり、個人教師はオンラインや対面で提供するレッスンの予約や管理をするプラットフォーム、それを提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 446807,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 446807,
        "slug": "2021-09-10-quizlet-plans-for-ipo-over-a-year-after-hitting-unicorn-status",
        "createdAt": "2021-09-12T23:45:06.000Z",
        "updatedAt": "2021-09-12T23:35:50.000Z",
        "title": "ユニコーン企業のオンライン学習プラットフォームQuizletがIPOを準備中",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"/2020/05/18/2020-05-13-quizlet-valued-at-1-billion-as-it-raises-millions-during-a-global-pandemic/\" rel=\"noopener\">10億ドル(約1099億円)と評価されてから約1年</a>、人工知能で動く個別指導プラットフォームに変わったフラッシュカードツールの<a target=\"_blank\" href=\"https://quizlet.com/\" rel=\"noopener\">Quizlet</a>(クイズレット)は新規株式公開を計画している。この件に詳しい人物によると、Quizletの株式公開の準備はかなり進んでいる。<a target=\"_blank\" href=\"https://jobs.lever.co/quizlet-2/19d49435-66df-42a8-b35f-fdddc40f25ae\" rel=\"noopener\">直近の求人情報</a>では、同社は「IPOを目指すのにともない、財務システムとプロセスの構築をサポートする」上級職の人材を求めている。</p>\n<p>関連記事<br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2020/05/18/2020-05-13-quizlet-valued-at-1-billion-as-it-raises-millions-during-a-global-pandemic/\" rel=\"noopener\">リモート学習の急拡大でオンライン記憶カードのQuizletが評価額1000億円越えでユニコーンに</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2018/10/26/2018-10-25-quizlet-hits-50m-monthly-users/\" rel=\"noopener\">Quizletの月間アクティブユーザーが5000万人を突破</a></p>\n<p>TechCrunchへの電子メールで、サンフランシスコ拠点のQuizletはコメントを却下した。同社は具体的な売上高や、収益をあげているかどうかなどについて多くを語らなかった。まだ未公開である同社は2020年、売上高は年100%成長していると述べた。ウェブサイトでは、月間の学習者は6000万人で、<a target=\"_blank\" href=\"/2018/10/26/2018-10-25-quizlet-hits-50m-monthly-users/\" rel=\"noopener\">2018年の総数から1000万人増えた</a>としている。</p>\n<p>Quizletはシェアするのも使うのも簡単なプロダクトで大規模なビジネスを構築した。同社の無料のフラッシュカードメーカーでは学生が試験に備えるためにトピックの学習参考書を回すことができる。そうした知見はQuizlet Plusにつながっている。Quizlet Plusは同社のサブスクプロダクトで、年額47.88ドル(約5300円)で個別指導サービスを含むその他の機能にアクセスできる。</p>\n<p>同社の<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/01/07/the-tech-powered-wave-of-smart-not-slow-tutoring-sessions/\" rel=\"noopener\">CEOであるMatthew Glotzbach(マシュー・グロッツバッハ)氏によると</a>、Quizlet LearnというQuizletの個別指導部門は最も人気のサービスだ。学習者がシステムを使っているとき、Quizlet Learnは学習者がどこで間違えたのか、そしてどこで進歩したのかを常に査定する。</p>\n<p>「明らかにこれは人間に取って代わっておらず、またそこに近づいてもいませんが、参考書を提供して正しい方向を示し、正しい場所で時間を費やせるようにサポートできます」とグロッツバッハ氏は話す。「目標を定めるのをサポートすることでさえ、学習における重要なステップです」。</p>\n<p>直近では同社は、人気の教科書の問題セット向けのステップバイステップの解答ガイドを提供する「説明」の立ち上げを発表した。この機能は「専門家によって書かれ、検証されて」おり、「学生が演習し、学習したことを自分で応用できるよう、練習問題で根拠と思考過程の理解」をサポートすることを目的としていると声明文で説明した。全面的なブランド変更の中で、同社はまた<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/10/21/quibi-rip/\" rel=\"noopener\">不運な前任者からQを取り戻した</a>。</p>\n<p>Quizletの新規株式公開に向けた静かな歩みは、ゆっくりとしたものだが着実だった。同社は15歳だったAndrew Sutherland(アンドリュー・サザーランド)氏によって2005年に創業された。2015年までは事業は自己資金で賄われた。その後、YouTubeの幹部だったグロッツバッハ氏が2016年に加わった。同社にはまだCFO(最高財務責任者)がいないようだが、これは株式公開しようとしている企業にとっては珍しいことだ。</p>\n<p>Quizletはベンチャーキャピタル6200万ドル(約68億円)の大半をグロッツバッハ氏のもとで調達した。現在、同社の投資家にはGeneral Atlantic、Owl Ventures、Union Square Ventures、Costanoa Ventures、Altos Venturesなどがいる。</p>\n<p>Quizletの株式公開の追求は、他のEdTech企業が市場の受容性をこの部門で示している中でのものだ。例えばDuolingo(デュオリンゴ)も消費者向け教育の会社だ。ただしQuizletが幅広い学習内容になっているのに対し、Duolingoは1つの分野にフォーカスしている。Duolingoは7月に株式公開し、現在は始値を上回る1株あたり169.75ドル(約1万8660円)で取引されている。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/06/29/2021-06-28-duolingo-s-1/\" rel=\"noopener\">EdTechユニコーンDuolingoが株式公開を申請</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Bryce Durbin / TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/10/quizlet-plans-for-ipo-over-a-year-after-hitting-unicorn-status/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Mascarenhas、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/09/Quizlet.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 446807,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 446807,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 446807,
            "tagId": 364312649,
            "tag": {
              "id": 364312649,
              "slug": "unicorn",
              "name": "ユニコーン企業(用語)",
              "description": "ユニコーン企業に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 446807,
            "tagId": 366271609,
            "tag": {
              "id": 366271609,
              "slug": "e-learning",
              "name": "オンライン学習 / eラーニング / オンラインレッスン(用語)",
              "description": "主にインターネットを利用した学習形態のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 446807,
            "tagId": 692509510,
            "tag": {
              "id": 692509510,
              "slug": "ipo",
              "name": "新規上場 / IPO(用語)",
              "description": "新規上場 / IPOに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 446807,
            "tagId": 692515188,
            "tag": {
              "id": 692515188,
              "slug": "quizlet",
              "name": "Quizlet(企業・サービス)",
              "description": "人工知能で動く個別指導プラットフォーム、それを提供するサンフランシスコ拠点の企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 446440,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 446440,
        "slug": "unity-ros-robot-education-materials",
        "createdAt": "2021-09-09T09:36:07.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T21:07:59.000Z",
        "title": "ユニティとアールティが「UnityとROSで学ぶ移動ロボット入門 UI作成編」を開発、10月より無料公開予定",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-446467\" src=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg\" alt=\"ユニティとアールティが「UnityとROSで学ぶ移動ロボット入門 UI作成編」を開発、10月より無料公開予定\" width=\"1024\" height=\"577\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg 1999w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=768,433 768w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=1024,577 1024w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=1536,865 1536w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=710,400 710w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=738,416 738w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=980,552 980w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-001.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" />リアルタイム3Dプラットフォーム「Unity」を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://unity.com/ja\" rel=\"noopener\">ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン</a>、ロボット分野の技術開発と高度人材育成を行う<a target=\"_blank\" href=\"https://rt-net.jp/\" rel=\"noopener\">アールティ</a>は9月9日、ロボット入門者向け教材「UnityとROSで学ぶ移動ロボット入門 UI作成編」を開発したと発表した。「Unity」上でROS(ロボット・オペレーティングシステム)対応ロボットの操作性を高めることを目的としたもの。ユニティの産業向けサイト<a target=\"_blank\" href=\"https://industry.unity3d.jp/\" rel=\"noopener\">Unity for Industry</a>において、2021年10月上旬に無料公開する予定。</p>\n<p>この教材では、UnityからROS対応ロボットへの指令の出し方や、ロボットに搭載された各種センサーの値やロボットの状態の可視化の方法などが学べ、ロボット操作用のUI開発の足がかりになる。入門用としてわかりやすい解説を行うために、アールティが培ってきたエンジニア教育教材や研修のノウハウなどが活かされているとのことだ。学習後は、Unity Asset Storeなどで公開されているアセットを使って、オリジナルのUI制作にも活用できるという。</p>\n<p>教材中のシミュレーションでは、アールティが開発し製造・販売しているRaspberry Pi搭載の左右独立二輪方式小型移動プラットフォームロボット「<a target=\"_blank\" href=\"https://rt-net.jp/products/raspberrypimousev3/\" rel=\"noopener\">Raspberry Pi Mouse</a>」のデータが使われている。将来は、この実機の操作が行える教材も公開される予定。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-446442\" src=\"/wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg\" alt=\"\" width=\"600\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg 600w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=150,150 150w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=300,300 300w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=400,400 400w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=360,360 360w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=380,380 380w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=220,220 220w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=172,172 172w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=125,125 125w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=60,60 60w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=552,552 552w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=367,367 367w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=32,32 32w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=50,50 50w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=64,64 64w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=96,96 96w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=128,128 128w, /wp-content/uploads/2021/09/sub1-4.jpg?resize=80,80 80w\" sizes=\"(max-width: 600px) 100vw, 600px\" /></p>\n<p>Unityは、ゲームなどのリアルタイム3Dコンテンツの開発運用に広く使われているが、製造業やロボット産業でも活用されている。ロボット開発のためのシミュレーションでは、リアルな周辺環境やロボットの動きが求められるが、Unityは、そうしたリアリティある環境が特徴となっている。</p>\n<p>同社は、これまでにも<a target=\"_blank\" href=\"https://github.com/Unity-Technologies/Unity-Robotics-Hub\" rel=\"noopener\">Unity Robotics Hub</a>を通じて、ROSとUnityを接続するための各種のパッケージやサンプルをオープンソースソフトウェアとして提供することで、ロボット開発の効率化に取り組んできたという。</p>\n<p>今回この教材を通して、「ハードウェアになじみの薄かったソフトウェアエンジニアにはハードウェアを身近に感じてもらえることを、ハードウェアエンジニアにはUnityによる可視化やUIの広がりを体験し、より使いやすいインターフェイスをロボットに装備できるようになることを期待しています」とユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは話している。</p>\n<p>UnityとROSで学ぶ移動ロボット入門 UI作成編は、一般公開に先立ち、2021年9月16日に東京都墨田区で開催されるROS開発者会議「<a target=\"_blank\" href=\"https://roscon.jp/\" rel=\"noopener\">ROSCon JP 2021</a>」のアールティ出展ブースにおいて、開発画面の一部が公開される予定(チケット販売は終了)。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 446440,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 446440,
            "tagId": 14911,
            "tag": {
              "id": 14911,
              "slug": "developer",
              "name": "開発 / 開発者 / デベロッパー(用語)",
              "description": "開発 / 開発者 / デベロッパーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 446440,
            "tagId": 33094,
            "tag": {
              "id": 33094,
              "slug": "unity",
              "name": "Unity Technologies(企業・サービス)",
              "description": "クロスプラットフォームに対応するゲームエンジン、Unity(Unity3D)を開発しているソフトウェア開発企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 446440,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 446440,
            "tagId": 49695267,
            "tag": {
              "id": 49695267,
              "slug": "raspberry-pi",
              "name": "Raspberry Pi(組織・製品)",
              "description": "英国のラズベリーパイ財団で開発されているArmプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータ。"
            }
          },
          {
            "postId": 446440,
            "tagId": 692513666,
            "tag": {
              "id": 692513666,
              "slug": "ros",
              "name": "ROS(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 446440,
            "tagId": 692514699,
            "tag": {
              "id": 692514699,
              "slug": "unity%ef%bc%88%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%ef%bc%89",
              "name": "Unity(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 446440,
            "tagId": 692517627,
            "tag": {
              "id": 692517627,
              "slug": "rt-corporation",
              "name": "アールティ(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 446418,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 446418,
        "slug": "dwango-nnn-ed-quantum-computer",
        "createdAt": "2021-09-09T05:17:53.000Z",
        "updatedAt": "2021-09-10T03:27:02.000Z",
        "title": "N予備校が量子計算入門を9月15日19時開講、高校生以上からすべての者が量子コンピューターのアルゴリズムを無料で学べる",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://dwango.co.jp/index.html\" rel=\"noopener\">ドワンゴ</a>は9月8日、教材・生授業・Q&amp;Aをスマートフォンに最適化したオールインワン学習アプリ「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nnn.ed.nico/\" rel=\"noopener\">N予備校</a>」(<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=nico.ed.nnn.zane\" rel=\"noopener\">Android版</a>・<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/jp/app/n-yu-bei-xiao/id1082669389\" rel=\"noopener\">iOS版</a>)において、「量子計算入門」を2021年9月15日に開講すると発表した。料金は無料。講師は、社会人のための数学教室「<a target=\"_blank\" href=\"https://sugakubunka.com/\" rel=\"noopener\">すうがくぶんか</a>」の内場崇之氏。また監修を<a target=\"_blank\" href=\"https://www.uec.ac.jp/\" rel=\"noopener\">電気通信大学</a>教授の西野哲朗氏が行っている。</p>\n<p>受講の際は、N予備校にログイン後、ホームのサイドメニューの課外授業欄から<br />\n「数理科学」→「量子計算入門」→「量子計算入門」の順に選択する。</p>\n<h3>「量子計算入門」の特徴</h3>\n<ul>\n<li><strong>数学的側面を重視</strong>:量子コンピューターに関心があるものの、数学的な部分にハードルを感じて取り組めなかった人のために、生放送での授業や補講を通じ、数学的側面について、必要な部分を基礎的なところから丁寧に解説する。難しいものは具体的な例を挙げることで親しみを持てるようにするなど、数学に苦手意識がある人にも取り組めるような構成を採用</li>\n<li><strong>トピックを基本的な部分に限定</strong>:量子コンピューターについては多くの話題がある中で、代表的な話題に絞って基本的なトピックを解説</li>\n<li><strong>電気通信大学の西野哲朗先生が監修</strong>:日本における量子コンピューター研究の先駆者の1人である西野哲朗教授が監修。また、生放送授業の初回と最終回には、特別ゲストとして登壇する</li>\n</ul>\n<h3>「量子計算入門」の授業スケジュール(授業は各回とも19時開始)</h3>\n<ul>\n<li><strong>初回特別講義(9月15日)</strong>:「量子計算入門」ガイダンス(特別ゲスト:西野哲朗先生)</li>\n<li><strong>第1講(9月22日)</strong>: 量子ビットとは?</li>\n<li><strong>第2講(9月29日)</strong>:量子ゲートとは?その1</li>\n<li><strong>第3講(10月6日)</strong>:量子ゲートとは?その2</li>\n<li><strong>第4講(10月13日)</strong>:量子回路で足し算しよう</li>\n<li><strong>第5講(10月20日)</strong>:量子計算のテクニック(量子フーリエ変換)</li>\n<li><strong>第6講(10月27日)</strong>:15を素因数分解してみよう!その1</li>\n<li><strong>第7講(11月10日)</strong>:15を素因数分解してみよう!その2</li>\n<li><strong>第8講(11月17日)</strong>:量子機械学習に親しみを持とう</li>\n<li><strong>第9講(11月24日)</strong>:量子アニーリングとは?</li>\n<li><strong>第10講(12月1日)</strong>:量子アニーリングを使って最適化をしてみよう!</li>\n<li><strong>最終回特別講義(12月8日)</strong>:今後の展開について(特別ゲスト:西野哲朗先生)</li>\n</ul>\n<p>従来のコンピューターでは計算量が多く解くことが難しかった問題を、短時間で解けるようになる可能性を秘めた次世代コンピュータとして、量子コンピュータの開発が世界各国で進んでいる。</p>\n<p>量子コンピューターは、その計算原理に「量子力学」で扱われる微小な領域での物理現象を利用しており、現在のコンピューターの情報の最小単位である「ビット」とは異なる「量子ビット」と呼ばれる新しい情報単位を使って計算している。</p>\n<p>2019年のGoogleの研究チームによる実証実験では、53量子ビットの量子コンピューターが用いられ、現在も実用化に向けたさまざまな取り組みが多くの企業や研究機関によって進行している。今回の「量子計算入門」では、このような量子コンピューターが実行するアルゴリズムの入門的な部分を、高校生でも取り組めるような形で提供する。</p>\n<p>N予備校は、ドワンゴが独自開発した、授業、教材(問題集・参考書)、Q&amp;Aシステムが1つになった学習アプリ。通常時の学費(料金)は、クレジットカード・キャリア決済の場合月額1100円(税込)となっている。</p>\n<p>インターネットを活用することで、いつでもどこでも学習を進めることが可能。ライブ配信の生授業では、コメント機能を使って挙手や質問が行えるなど双方向の参加型授業を受けることができる。またアーカイブされた映像授業では、ノートを取る時に一時停止したり、わからなかった所は何度も見返すことができたりと、自分のペースで学べるとしている。また大学受験の授業では、実力派予備校講師陣、プログラミングでは、現役エンジニアが講師を務めるという。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/09/2021-09-09-002-001.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 446418,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 446418,
            "tagId": 366270844,
            "tag": {
              "id": 366270844,
              "slug": "algorithm",
              "name": "アルゴリズム(用語)",
              "description": "アルゴリズムに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 446418,
            "tagId": 366272141,
            "tag": {
              "id": 366272141,
              "slug": "math",
              "name": "数学(用語)",
              "description": "数学に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 446418,
            "tagId": 366278039,
            "tag": {
              "id": 366278039,
              "slug": "%e3%83%89%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b4",
              "name": "ドワンゴ",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 446418,
            "tagId": 366280493,
            "tag": {
              "id": 366280493,
              "slug": "quantum-computer",
              "name": "量子コンピューター(用語)",
              "description": "量子コンピューターに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 446418,
            "tagId": 692514697,
            "tag": {
              "id": 692514697,
              "slug": "the-university-of-electro-communications",
              "name": "電気通信大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 446418,
            "tagId": 692515139,
            "tag": {
              "id": 692515139,
              "slug": "nnn-ed",
              "name": "N予備校(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 446272,
      "categoryId": 681521882,
      "post": {
        "id": 446272,
        "slug": "2021-09-07-leap-finance-raises-55-million-to-help-indian-students-study-abroad-plans-international-expansion",
        "createdAt": "2021-09-09T01:45:49.000Z",
        "updatedAt": "2021-09-09T01:19:18.000Z",
        "title": "100万人以上の学生が参加するインドの海外留学プラットフォームLeapが約61億円調達",
        "content": "<p>サンフランシスコとベンガルールに本社を置き、インドの学生が海外で適切な大学を見つけたり、入学試験の準備をしたり、またビザやローンの確保を支援している創業2年目のスタートアップ企業Leap(リープ)は、米国時間9月8日に、複数の著名なEdtech支援者から新たな資金調達ラウンドで5500万ドル(約60億6200万円)を調達したと発表した。</p>\n<p>Leapは、Owl Ventures(オウル・ベンチャーズ)が主導する新しい資金調達ラウンドで5500万ドル(約60億6200万円)を調達した。今回のシリーズCラウンドには、ベンチャーファンドの出資者として有名なHarvard Management Company(ハーバード・マネジメント・カンパニー)も参加している。既存の投資家であるSequoia Capital India(セコイヤ・キャピタル・インディア)とJungle Ventures(ジャングル・ベンチャーズ)もこのラウンドに参加しており、2021年3月のシリーズBに続くもので、Leapの累計調達額は7500万ドル(約82億7000万円)を超えることとなった。</p>\n<p>Leapの共同創業者であるArnav Kumar(アルナブ・クマール)氏は、TechCrunchの取材に対し、同社が、EdtechとFintechが交差するカテゴリーに位置づけられると語ってくれた。Leapは、インドの学生が海外で入学するのに適した大学を見つけるのを支援し、さらに、留学して生活するためのビザと資本を確保することも支援している。</p>\n<p>このスタートアップが開拓しているのは、とてつもなく巨大な市場だ。</p>\n<p>毎年、何十万人ものティーンエイジャーや若者が、高等教育を受けるためにインドから異国の地へと旅立っている。Sequoia Capital IndiaのマネージングディレクターであるAshish Agrawal(アシシュ・アグラワル)氏は「インドの学生の海外で勉強したいという願望は、これまで以上に強くなっています」と述べている。</p>\n<p>しかし、彼らはさまざまな問題に直面している。その中には、異国の地に降り立った後に現れる問題も含まれている。</p>\n<p>彼らは現地でのクレジットヒストリーがないため、ローンやクレジットカードなどのさまざまな金融サービスを利用することができない。もしくは、少なくとも割増料金を支払うことを強いられている。銀行などの金融機関にとっては、外国人客を相手にするとリスクが高まるため、料金が高くなるのだ。例えば、米国に留学しているインド人学生は、13%以上の金利でお金を借りており、これは、現地の学生の2倍近い金利を支払っていることになる。</p>\n<p>Leapは、彼らが生成したインド国内でのデータ(代替データと派生データ)を評価し、学生に適正な金利でローンを付与することで、その金融面での問題に取り組んでいる。</p>\n<p>しかし、金融は同社が提供するサービスの1つに過ぎない。このスタートアップは、学生が国際的な高等教育を受けられるようにするための、より広範なインフラとも呼ぶべきものを提供できるよう積極的にサービスの拡大を進めている。</p>\n<p>Leapは、100万人以上の学生が参加し、学生同士がアドバイスをしたり、方法を模索したりすることができるコミュニティを構築している。Leapによると、コミュニティが過去1年半の間に6万人以上の学生の留学を手助けし、秋には最も好調なシーズンを迎えたばかりだ。</p>\n<div id=\"attachment_446282\" style=\"width: 2058px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-446282\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-446282 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2021/09/leap_finance.jpg\" alt=\"\" width=\"2048\" height=\"1296\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/09/leap_finance.jpg 2048w, /wp-content/uploads/2021/09/leap_finance.jpg?resize=300,190 300w, /wp-content/uploads/2021/09/leap_finance.jpg?resize=768,486 768w, /wp-content/uploads/2021/09/leap_finance.jpg?resize=1024,648 1024w, /wp-content/uploads/2021/09/leap_finance.jpg?resize=1536,972 1536w, /wp-content/uploads/2021/09/leap_finance.jpg?resize=632,400 632w, /wp-content/uploads/2021/09/leap_finance.jpg?resize=400,253 400w, /wp-content/uploads/2021/09/leap_finance.jpg?resize=738,467 738w, /wp-content/uploads/2021/09/leap_finance.jpg?resize=569,360 569w, /wp-content/uploads/2021/09/leap_finance.jpg?resize=220,139 220w, /wp-content/uploads/2021/09/leap_finance.jpg?resize=272,172 272w, /wp-content/uploads/2021/09/leap_finance.jpg?resize=198,125 198w, /wp-content/uploads/2021/09/leap_finance.jpg?resize=125,79 125w, /wp-content/uploads/2021/09/leap_finance.jpg?resize=95,60 95w, /wp-content/uploads/2021/09/leap_finance.jpg?re