Categoryページはアーカイブ作成中です。
{
  "id": 366273915,
  "slug": "internet-services",
  "name": "ネットサービス",
  "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース",
  "posts": [
    {
      "postId": 478082,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 478082,
        "slug": "2022-03-30-tiktok-snapchat-parental-controls-attorneys-general",
        "createdAt": "2022-03-31T07:30:25.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T07:16:16.000Z",
        "title": "米国の州検事総長がTikTokとSnapに対して他社製ペアレンタルコントロールアプリに対応するよう要望",
        "content": "<p>TikTok(ティックトック)とSnapchat(スナップチャット)にはペアレンタルコントロールの強化が必要だとする<a target=\"_blank\" href=\"https://1li23g1as25g1r8so11ozniw-wpengine.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2022/03/NAAG-Final-Letter-Parental-Control-App.pdf\" rel=\"noopener\">書面</a>に、44人の州検事総長が署名した。</p>\n<p>米国時間3月29日、全米検事総長協会(NAAG)は10代の間で広く使われているTikTokとSnapchatに対し、一連の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.naag.org/policy-letter/naag-urges-tiktok-and-snapchat-to-give-parents-more-control/\" rel=\"noopener\">懸念</a>を書面で送った。</p>\n<p>州検事総長のグループはソーシャルメディアアプリに関して、広い意味で子どもの身体、感情、精神の健康に与える悪影響などさまざまな問題点を挙げている。虐待的な性的関係を表現したコンテンツは子どもの健全な関係に対する考え方を著しく傷つけることがあり、家庭内虐待や人身売買の継続を助長する恐れもあると指摘している。そして書面では、TikTokとSnapchatが他社製ペアレンタルコントロールアプリと効果的に連携して保護者がプラットフォーム上での子どもの行動を監視し制限することに努めていないと強調している。</p>\n<p>NAAGは<a target=\"_blank\" href=\"https://www.bark.us/annual-report-2021/\" rel=\"noopener\">Bark</a>というアプリの調査を引き合いに出した。2021年に30種類のアプリで34億通のメッセージを分析したところ、10代の74.6%が自傷や自殺の状況に関わり、90.73%がオンラインでヌードや性的コンテンツに接し、93.31%がドラッグやアルコールについて話したという。</p>\n<p>書面では「ペアレンタルコントロールアプリは保護者や学校に対し、プラットフォーム上のメッセージや投稿が有害で危険な恐れがあることを警告します。子どもが自傷や自殺の願望を示した場合にも保護者に警告できます」と述べられている。</p>\n<p>Snapchatにはすでにアプリ内の<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/instagram-rolls-out-new-safety-tools-for-parents/\" rel=\"noopener\">ペアレンタルコントロール</a>機能があり、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/11/17/tiktok-expands-parental-controls-to-include-search-commenting-and-account-privacy/\" rel=\"noopener\">TikTok</a>にもあるが、州検事総長のグループはプラットフォームに対し他社製ペアレンタルコントロールアプリとの互換性を高めるように要望している。ただし、特定のプロダクトは推奨していない。州検事総長のグループは、ペアレンタルコントロールアプリはプライベートなメッセージなどアプリに内蔵のペアレンタルコントロールでは監視していないソーシャルメディアアプリの機能にもアクセスできることに言及している。さらに他社製アプリは、アプリのメインのフィードに表示されるユーザー生成コンテンツのフィルタリング機能も優れているとしている。</p>\n<p>ただし、他社のコントロールアプリには子どもを監視する方法に関して独自の問題がある。</p>\n<p>TikTokとSnapchatにはペアレンタルコントロール機能があるが、競合のInstagram(インスタグラム)にはなかった。ソーシャルメディアが10代のメンタルヘルスに与える影響に関する一連の上院公聴会の後、Meta(メタ)はようやく<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/instagram-rolls-out-new-safety-tools-for-parents/\" rel=\"noopener\">Instagramにペアレンタルコントロールの導入</a>を開始した。</p>\n<p>しかしペアレンタルコントロールの有無に関わらず、こうしたプラットフォーム上での10代の安全について米国政府は今も懸念を持っている。バイデン大統領は<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/03/2022-03-01-biden-social-media-mental-health-state-of-the-union/\" rel=\"noopener\">一般教書演説</a>でソーシャルメディアが10代のメンタルヘルスに与える脅威に言及した。この一般教書演説にはFacebook(フェイスブック)の元従業員で内部告発をしたFrances Haugen(フランセス・ハウゲン)氏がゲストとして参加していた。</p>\n<p>10代の間ではInstagramよりTikTokの方が人気があり、Instagramはそれに負けじとTikTokによく似た<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/12/2021-11-11-instagram-bonuses-reels-tiktok/\" rel=\"noopener\">リールに投資</a>している。しかしTikTokは急速に成長してソーシャルアプリとして地位を守っているため、Metaは自社の存在感を維持するために驚きの行動に出た。The Washington Postが<a target=\"_blank\" href=\"https://www.washingtonpost.com/technology/2022/03/30/facebook-tiktok-targeted-victory/?request-id=223d214e-1ead-4b0f-80b5-3586e0ed866c&amp;pml=1\" rel=\"noopener\">米国時間3月30日に報じた</a>ところによると、Metaは共和党系コンサルティング企業のTargeted Victoryを使ってTikTokに対する大衆の反感をあおったという。Targeted Victoryが危険なクチコミトレンドがTikTokで始まったと主張して世論に影響を与えようとしたが、それは実際には<a target=\"_blank\" href=\"https://www.insider.com/slap-a-teacher-challenge-tiktok-october-trend-2021-10\" rel=\"noopener\">Facebookで始まった</a>ものだったというケースもあった。TechCrunchも2018年に、FacebookがTargeted Victoryと組んでFacebookプラットフォームの政治広告費に影響を及ぼす法案の進行を遅らせようとしたことを<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2018/11/30/facebook-targeted-victory-definers-gop/\" rel=\"noopener\">報じた</a>。</p>\n<p>Targeted VictoryのCEOであるZac Moffatt(ザック・モファット)氏は声明で「Targeted Victoryの企業活動ではクライアントに代わって両党のチームに対応しています。我々が数年間にわたってMetaと協力しているのは広く知られていることで、我々はこれまでの仕事を誇りに思っています」と述べた。</p>\n<p>いずれにしても、アプリを10代にとって安全なものにするためにペアレンタルコントロールにできることは限られている。アプリそのものが、危険なコンテンツを10代に提供しないように努めなくてはならない。</p>\n<p><small>画像クレジット:Bryce Durbin / TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/30/tiktok-snapchat-parental-controls-attorneys-general/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Amanda Silberling、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/instagram-tiktok-snapchat.webp",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 478082,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 478082,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 478082,
            "tagId": 72646,
            "tag": {
              "id": 72646,
              "slug": "teenager",
              "name": "ティーンエイジャー / 10代(用語)",
              "description": "ティーンエージャー / 10代に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478082,
            "tagId": 81819,
            "tag": {
              "id": 81819,
              "slug": "facebook",
              "name": "Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)",
              "description": "世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス。それを運営する企業。2021年10月に「Meta」に社名変更。"
            }
          },
          {
            "postId": 478082,
            "tagId": 110854,
            "tag": {
              "id": 110854,
              "slug": "snap",
              "name": "Snap(企業)",
              "description": "Snapは、Snapchatを提供する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 478082,
            "tagId": 5938293,
            "tag": {
              "id": 5938293,
              "slug": "tiktok",
              "name": "TikTok(製品・サービス)",
              "description": "TikTok は、中国のByteDanceが開発運営するモバイル向けショートビデオのプラットフォームである。"
            }
          },
          {
            "postId": 478082,
            "tagId": 42653521,
            "tag": {
              "id": 42653521,
              "slug": "instagram",
              "name": "Instagram / インスタグラム(企業)",
              "description": "Instagram(インスタグラム)は、2010年10月にサービス開始した写真特化型SNS。2012年4月、Facebookが同社を10億ドルで買収すると発表。その後も独立して運営されている。日本でも「インスタ」という愛称で親しまれている。"
            }
          },
          {
            "postId": 478082,
            "tagId": 80687524,
            "tag": {
              "id": 80687524,
              "slug": "snapchat",
              "name": "Snapchat(製品・サービス)",
              "description": "Snapchatは、米国のSnapが提供するスマートフォン向け写真共有アプリ。"
            }
          },
          {
            "postId": 478082,
            "tagId": 366273573,
            "tag": {
              "id": 366273573,
              "slug": "mental-health",
              "name": "メンタルヘルス(用語)",
              "description": "メンタルヘルスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478082,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478082,
            "tagId": 692507136,
            "tag": {
              "id": 692507136,
              "slug": "joe-biden",
              "name": "Joe Biden / ジョー・バイデン(人物)",
              "description": "ジョー・バイデン氏に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478082,
            "tagId": 692512284,
            "tag": {
              "id": 692512284,
              "slug": "parental-controls",
              "name": "ペアレンタルコントロール(用語)",
              "description": "ペアレンタルコントロールに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 478041,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 478041,
        "slug": "2022-03-30-people-are-sending-7-billion-voice-messages-on-whatsapp-every-day",
        "createdAt": "2022-03-31T06:15:36.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T05:53:17.000Z",
        "title": "WhatsAppでは毎日70億回のボイスメッセージが送信されている",
        "content": "<p>インドではスマートフォンユーザーの大半がMeta傘下のWhatsAppを使っている。私も多用している。しかし私は誰かにボイスメッセージを送ったことはただの一度もない。ところが、他の人々は送っているのだ。</p>\n<p>米国時間3月30日、WhatsAppは毎日平均で70億回、ボイスメッセージが送信されていると発表した。テキストではなくエンド・ツー・エンドで暗号化されているボイスノートでのコミュニケーションは「表現力豊かな会話」ができるので人気があると、同社は述べた。</p>\n<p>同社は「感情や興奮を声で伝えるのは、テキストで伝えるよりも自然なことです」と述べている。20億人以上が同社のサービスを利用し、<a target=\"_blank\" href=\"/2020/10/30/2020-10-29-whatsapp-is-now-delivering-roughly-100-billion-messages-a-day/\" rel=\"noopener\">毎日1000億回以上のメッセージ</a>が送信されている(最新の数字ではあるが、2020年のものだ)。</p>\n<p>注目すべき、そしてとんでもないことのように思える勢いでボイスメッセージの利用が増えているのは、必ずしも驚きではない。例えば多くの新興市場では、新規スマートフォンユーザーは<a target=\"_blank\" href=\"https://www.wsj.com/articles/the-end-of-typing-the-internets-next-billion-users-will-use-video-and-voice-1502116070\" rel=\"noopener\">文字入力よりも音声を好む</a>傾向があることがわかっている(WhatsAppは各国にわたるボイスメッセージの利用状況について見解を述べていない)。</p>\n<p>今回の節目の数字にあたり、WhatsAppはボイスノート機能に多くの新機能と改善を加えた。これにはボイスノートの録音を一時停止して後で再開する機能や、録音を最大2倍速で聴くオプションなどがある。</p>\n<p>今回の変更点は以下のとおり。</p>\n<ul>\n<li><b>チャット外での再生</b>:チャットから離れてボイスメッセージを聴けるので、特定のチャットウインドウを開いたままにしなくてもマルチタスクで他のことができる</li>\n<li><b>録音の一時停止と再開</b>:ボイスメッセージを録音する際に、一時停止し、準備ができたら再開する</li>\n<li><b>波形の表示</b>:ボイスメッセージの音を視覚化する</li>\n<li><b>録音の確認</b>:ボイスメッセージを送信する前に聴くことができる</li>\n<li><b>再生箇所の保持</b>:ボイスメッセージを聴いているときに一時停止すると、チャットに戻って一時停止した箇所から再生を再開できる</li>\n<li><b>転送メッセージの早送り再生</b>:通常のメッセージでも転送されたメッセージでも、ボイスメッセージを1.5倍速または2倍速で再生できる</li>\n</ul>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-478043 aligncenter\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/whatsapp-voice-messages-playback-resume-2x.webp?w=1000\" alt=\"\" width=\"1000\" height=\"503\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/whatsapp-voice-messages-playback-resume-2x.webp 1000w, /wp-content/uploads/2022/03/whatsapp-voice-messages-playback-resume-2x.webp?resize=300,151 300w, /wp-content/uploads/2022/03/whatsapp-voice-messages-playback-resume-2x.webp?resize=768,386 768w, /wp-content/uploads/2022/03/whatsapp-voice-messages-playback-resume-2x.webp?resize=795,400 795w, /wp-content/uploads/2022/03/whatsapp-voice-messages-playback-resume-2x.webp?resize=400,201 400w, /wp-content/uploads/2022/03/whatsapp-voice-messages-playback-resume-2x.webp?resize=738,371 738w, /wp-content/uploads/2022/03/whatsapp-voice-messages-playback-resume-2x.webp?resize=640,322 640w, /wp-content/uploads/2022/03/whatsapp-voice-messages-playback-resume-2x.webp?resize=240,120 240w, /wp-content/uploads/2022/03/whatsapp-voice-messages-playback-resume-2x.webp?resize=220,111 220w, /wp-content/uploads/2022/03/whatsapp-voice-messages-playback-resume-2x.webp?resize=281,141 281w, /wp-content/uploads/2022/03/whatsapp-voice-messages-playback-resume-2x.webp?resize=250,125 250w, /wp-content/uploads/2022/03/whatsapp-voice-messages-playback-resume-2x.webp?resize=125,63 125w, /wp-content/uploads/2022/03/whatsapp-voice-messages-playback-resume-2x.webp?resize=119,60 119w, /wp-content/uploads/2022/03/whatsapp-voice-messages-playback-resume-2x.webp?resize=600,302 600w, /wp-content/uploads/2022/03/whatsapp-voice-messages-playback-resume-2x.webp?resize=50,25 50w\" sizes=\"(max-width: 1000px) 100vw, 1000px\" /></p>\n<p><small>画像クレジット:Kirill Kudryavtsev / AFP / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/30/people-are-sending-7-billion-voice-messages-on-whatsapp-every-day/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Manish Singh、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1234875399.webp",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 478041,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 478041,
            "tagId": 81819,
            "tag": {
              "id": 81819,
              "slug": "facebook",
              "name": "Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)",
              "description": "世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス。それを運営する企業。2021年10月に「Meta」に社名変更。"
            }
          },
          {
            "postId": 478041,
            "tagId": 350011,
            "tag": {
              "id": 350011,
              "slug": "voice-message",
              "name": "ボイスメッセージ / ボイスメール / 音声メッセージ(用語)",
              "description": "ボイスメッセージ / ボイスメール / 音声メッセージに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478041,
            "tagId": 25699058,
            "tag": {
              "id": 25699058,
              "slug": "whatsapp",
              "name": "WhatsApp(製品・サービス)",
              "description": "WhatsAppは、リアルタイムでメッセージの交換ができる世界最大のスマートフォン向けインスタントメッセンジャーアプリケーション。現在はFacebook傘下。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 478035,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 478035,
        "slug": "2022-03-30-google-rolls-out-a-i-improvements-to-aid-with-search-safety-and-personal-crisis-queries",
        "createdAt": "2022-03-31T05:45:07.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T08:21:42.000Z",
        "title": "グーグルがAIの進化を「個人の危機」の検出と検索結果の安全に役立てる",
        "content": "<p>Google(グーグル)は米国時間3月30日、AIモデルを強化してGoogle検索をより安全にし、自殺や性的暴行、薬物乱用、DVなど扱いに注意を要するクエリを向上させると発表した。同社は、利用者が明確に露骨な内容や挑発的な内容を探しているのではない場合に、AIテクノロジーでそうした好ましくない内容を検索結果から取り除く機能も強化する。</p>\n<p>現在は、利用者が自殺や乱用といった扱いに注意を要する情報を検索すると、Googleは検索結果よりも上に関連する国のホットラインの連絡先情報を表示する。しかし同社は、危険な状況にある人はさまざまな方法で検索することがあり、人間が検索のクエリを見ればフラグが立つとわかるにしても、検索エンジンにとっては検索した人が助けを必要としているかどうかが明らかにわかるとは限らないと説明する。Googleは、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.blog.google/products/search/introducing-MUM/\" rel=\"noopener\">MUM(Multitask Unified Model)</a>と呼ばれる同社の機械学習と最新AIモデルのテクノロジーを利用して、自動でこれまでよりも正確に、広範囲にわたる個人の危険に関する検索を検出できるようになると説明する。MUMは人間の質問やクエリの背後にある意図をこれまで以上に理解できるからだ。</p>\n<p>Googleは2021年に開催したSearch Onイベントで<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/30/2021-09-29-google-is-redesigning-search-using-a-i-technologies-and-new-features/\" rel=\"noopener\">AIテクノロジーを利用して検索を再設計</a>する計画を紹介したが、今回発表した具体的なユースケースには言及していなかった。同社は、検索する人の意図をMUMがもっと理解して、その人が調べていることについてより深いインサイトを提供し、検索の新しい道筋を示すことに力を入れてきた。例を挙げよう。ユーザーが「アクリル絵画」と検索すると、Googleはアクリル絵画について「知っておくべきこと」を示す。さまざまなテクニックやスタイル、描き方のヒント、掃除のヒントなどだ。「日用品でアクリル絵画を描く方法」のように、ユーザーが検索しようとは思っていなかった別のクエリを提示することもある。この例に関してGoogleは、アクリル絵画に関して350種類以上のトピックを特定できると説明した。</p>\n<p>危険な状況にいる人が明らかに助けを求めているとわかる言葉を入力するとは限らないが、そのような人が検索しているかもしれないトピックをもっと理解するために、MUMが前述したアクリル絵画の例と似た方法で今後使われる。</p>\n<p>Googleはブログ記事で「正確に認識できなければ、最も有用な検索結果を表示するシステムを作ることはできません。だから機械学習を利用して言葉を理解することが重要なのです」と説明した。</p>\n<p>例えば、ユーザーが「シドニーの自殺の名所」と検索したとする。Googleのこれまでのシステムでは「名所」が旅行の検索クエリなどでよく使われる言葉であるため、情報を探すクエリだと理解する。しかしMUMはこれをシドニーで身投げをする場所を探している人に関連するクエリであると理解し、危険な状態にある人の検索かもしれないと判断する。そして自殺相談ホットラインなど行動に結びつく情報を表示する。もう1つ、MUMの向上が見られる自殺に関するクエリとしては「自殺の最も一般的な方法」がある。これも、これまでは情報を探す検索としか理解されなかった。</p>\n<p>MUMによって、人間にとっては文脈が明らかでも機械にとっては必ずしもそうではない長い検索クエリもこれまでより理解できるようになる。例えば「私が彼を愛していないと言うと彼が攻撃してくるのはなぜ」のようなクエリはDVを暗示している。しかし、自然言語で長文のクエリは、高度なAIを使用しないGoogleのシステムでは難しかった。</p>\n<p>さらにGoogleは、MUMはそのナレッジをトレーニングしている75言語に移行でき、このようなAIの進化を世界中のユーザーに迅速に拡大できることにも言及した。つまり、前述したような個人の危機に関する検索に対し、現地のホットラインなど信頼できるパートナーの情報を多くの利用者に表示できるようになる。</p>\n<p>MUMがGoogle検索に利用されるのはこれが初めてではない。これまでに<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.google/products/search/how-mum-improved-google-searches-vaccine-information/\" rel=\"noopener\">新型コロナウイルスワクチンの情報</a>に関する検索を向上させるために利用したと同社は述べている。Googleによれば、今後数カ月でスパム保護機能にMUMを使い、トレーニングデータの少ない言語にも拡大していくという。MUMの向上は他にも今後展開される。</p>\n<p>AIテクノロジーによって、検索結果から露骨なコンテンツをフィルタリングする機能も向上する。Googleのセーフサーチのフィルタリングをオフにしても、Googleはわいせつなコンテンツを見つけることが目的ではない検索から好ましくない露骨なコンテンツを減らそうと試みている。そしてユーザーが世界中で何億回も検索をする中で、アルゴリズムによって性能が向上している。</p>\n<p>現在は<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.google/products/search/search-language-understanding-bert/\" rel=\"noopener\">BERT</a>と呼ばれるAIテクノロジーで、ユーザーが露骨なコンテンツを探しているのかどうかを判断できるようになってきている。Googleによれば、ウェブ検索と画像検索のクエリからランダムにサンプルをとり、性的な度合いが高い検索結果かどうかを検索品質評価者が判断して分析した結果、この1年間でBERTによって好ましくないショッキングな検索結果が30%減少したという。分析からは、女性、特に有色人種の女性に不当な影響を与えるとGoogleが述べている「人種、性的指向、ジェンダー」に関連する検索で、このテクノロジーが露骨なコンテンツを減らすのに特に有効だったこともわかった。</p>\n<p>Googleは、今後数週間でMUMの進化したAIを検索に導入するとしている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Jaap Arriens/NurPhoto / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/30/google-rolls-out-a-i-improvements-to-aid-with-search-safety-and-personal-crisis-queries/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1027366886.webp",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 478035,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 478035,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 478035,
            "tagId": 1292,
            "tag": {
              "id": 1292,
              "slug": "google-search",
              "name": "Google検索(製品・サービス)",
              "description": "Google検索に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478035,
            "tagId": 2373,
            "tag": {
              "id": 2373,
              "slug": "search",
              "name": "検索(用語)",
              "description": "検索に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478035,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478035,
            "tagId": 366271062,
            "tag": {
              "id": 366271062,
              "slug": "machine-learning",
              "name": "機械学習 / ML(用語)",
              "description": "機械学習に関連する記事一覧。明示的な指示を用いることなく、その代わりにパターンと推論に依存して、特定の課題を効率的に実行するためにコンピュータシステムが使用するアルゴリズムおよび統計モデルの科学研究。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 478007,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 478007,
        "slug": "2022-03-30-twitters-professional-accounts-profile-setting-available-worldwide",
        "createdAt": "2022-03-31T05:15:41.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T05:07:02.000Z",
        "title": "ツイッター、「Proアカウント」のプロフィール設定を全ユーザーが利用可能に",
        "content": "<p>Twitterの<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/TwitterBusiness/status/1508855707684438016\" rel=\"noopener\">発表</a>によると、同社は「Proアカウント」のプロフィールを、全世界の全ユーザーが設定できるようにした。これまでユーザーは、Proアカウントにするためには申請が必要だったが、今後はプラットフォーム上の誰でも、自分のアカウント設定から直接、Proアカウントになることができる。</p>\n<p>TwitterはProアカウントを「プロフェッショナルのためのTwitter」と呼んでおり、ブランドやクリエイターが特別なツールを使って自分を目立たせ、広告やTwitterの今後の<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/28/twitter-launches-u-s-e-commerce-pilot-that-lets-users-shop-from-profiles/\" rel=\"noopener\">eコマース機能</a>で簡単にコンテンツを宣伝することができる。たとえば「ショップモジュール」機能でブランドや企業やその他のリテイラーは、企業のプロフィール上でダイレクトに自分の製品や商品を紹介できる。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">🌎 Now globally available for everyone, Professional Accounts are a new tool on Twitter that allows you to have a unique and clearly defined presence on the platform.</p>\n<p>&mdash; Twitter Business (@TwitterBusiness) <a href=\"https://twitter.com/TwitterBusiness/status/1508855707684438016?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 29, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<blockquote><p>Twitter Business:この度、全世界で誰もが利用できるようになったProアカウントは、Twitterの新しいツールで、みなさんがプラットフォーム上で、ユニークでわかりやすいプレゼンスを提示することができます。</p></blockquote>\n<p>ユーザーがTwitter for Professionalsのタブを見つけるためには、アプリ上のホームタイムラインからスワイプしてサイドバーを開く。するとプロフィールの設定の下に「Switch to Professional」(プロフェッショナルに切り替える)も現れる。</p>\n<p>Proアカウントの設定をセレクトしたら、プロフィールに表示するカテゴリーの指定を求められる。自動車やアパレル、衣料、広告 / マーケティング、美容など、自分に合ったものを指定する。するとTwitterは、アカウントタイプの設定を求める。タイプはビジネスとクリエイターの2種類だ。Twitterによると「ビジネス」タイプはブランドや小売店、サービスプロバイダー、企業などに最適だ。「クリエイター」タイプは有名人やアーティストやインフルエンサーなど用となる。タイプの設定は、今後気が変わったら変更してもよい。</p>\n<p>Proアカウントに変更したら、トピックのフォローや広告キャンペーンでツイートを宣伝、プロフィールを自分に合ったモジュールでカスタマイズすることなどが奨められる。モジュールには、aboutのモジュールやショップモジュール、そして2021年Twitterが<a target=\"_blank\" href=\"/2021/01/27/2021-01-26-twitter-acquires-revue/\" rel=\"noopener\">買収した</a>ニューズレターサービスRevueのユーザー用の<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/21/2021-08-19-twitter-is-testing-a-feature-that-puts-users-revue-newsletters-on-their-profiles/\" rel=\"noopener\">ニューズレターモジュール</a>などがある。</p>\n<p>Proアカウントが不要になったら、設定で「Edit Professional Profile」(プロフェッショナル・アカウントプロフィールを編集する)を選び「Switch Account Type」(アカウントタイプを変える)をセレクトするとよい。</p>\n<p>同社は、Twitterを仕事に使ってる人なら誰でもプロフェッショナルに分類している。Proアカウントの資格を得るためには、ガイドラインへの違反が複数回ないことや、アカウント名や履歴、プロフィールの画像などがすべて真実であることが必要だ。パロディやファンのアカウントは、Proアカウントを獲得することができない。</p>\n<p><small>画像クレジット:Twitter</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/30/twitters-professional-accounts-profile-setting-available-worldwide/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/tpa.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 478007,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 478007,
            "tagId": 599182,
            "tag": {
              "id": 599182,
              "slug": "twitter",
              "name": "Twitter / ツイッター(企業)",
              "description": "Twitter(ツイッター)は、ソーシャルネットワーキングサービス「Twitter」を提供する米国企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477955,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477955,
        "slug": "2022-03-30-tumblr-tip-jar-feature-monetization",
        "createdAt": "2022-03-31T03:30:09.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T01:51:41.000Z",
        "title": "Tumblrが投げ銭機能を拡張、ブログでのチップも可能に",
        "content": "<p>米国時間3月30日、Tumblrがチップジャー(投げ銭)機能を拡張して、iOSアプリとウェブアプリケーションではブログに対しても投げ銭できるようにすると<a target=\"_blank\" href=\"https://staff.tumblr.com/post/680172684795052032/say-hello-to-blog-level-tipping\" rel=\"noopener\">発表した</a>。同社は投げ銭機能を<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/10/2022-02-09-tumblr-tips-tip-jar-monetization/\" rel=\"noopener\">先月</a>導入し、ユーザーがポストに対してチップを置けるようにしていた。本日の機能拡張で、ユーザーはブログにもチップを置けるようになる。Tumblrによると、個々のポストではなくブログに対してチップできるのでクリエイターにとっては有利だという。今回の機能拡張で、ユーザーはブログにもチップできるようになる。Tumblrは、この拡張は、チップを特定の投稿に結びつけることなく、ブログでのチップを許可するため、クリエイターに利益をもたらすという。</p>\n<p>プロフィールやブログ画面で、ブログでのチップを有効にすることができるようになった。チップに登録すると、ブログ画面のヘッダーにチップボタンが利用できるようになる。ウェブ上のブログでチップをするには「Tip」ボタンを選択し、贈る金額を選択することができる。iOSアプリでは「Support」ボタンを選択することで、チップを送ることができる。Tumblrによると、近日中にAndroidアプリにブログレベルのチップ機能を追加する予定という。</p>\n<p>ユーザーがクリエイターにチップを贈る場合、それといっしょにメモを送ることもできる。匿名での投稿も可能できるが、その場合、投稿者はメッセージを残せない。チップは1人100ドル(約1万1200円)までとなっている。</p>\n<p>Tumblrは手数料などを取らないが、クレジットカードの通常の手数料は取られる。同社が<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/10/2022-02-09-tumblr-tips-tip-jar-monetization/\" rel=\"noopener\">以前</a>、語ったところによると、モバイルのチップ機能はAppleやGoogleの課金システムとは関係ないため、クリエイターが30%の手数料をとられることもない。</p>\n<p>同社の投げ銭機能は、2021年秋の<a target=\"_blank\" href=\"/2021/07/23/2021-07-21-tumblr-debuts-post-a-subscription-service-for-gen-z-creators/\" rel=\"noopener\">Post+</a>の立ち上げに続くもので、それによりユーザーは一部の記事に課金できた。しかしそんな有料ポストは<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/22/tumblr-community-lash-out-post-plus-subscription/\" rel=\"noopener\">あまり歓迎されず</a>、一部のTumblrユーザーは<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/22/tumblr-community-lash-out-post-plus-subscription/\" rel=\"noopener\">TechCrunchに</a>、サブスクよりも投げ銭の方が良いと語っている。Tumblrはクリエイターからのフィードバックを取り入れたようで、結局、Tumblr Tipsの立ち上げに至った。</p>\n<p>Tumblrの他にもいくつかのプラットフォームが投げ銭機能を提供して、ユーザーがクリエイターに一度限りの支払いをできるようにしている。Twitterは2021年5月に投げ銭機能を<a target=\"_blank\" href=\"/2021/05/08/2021-05-06-twitter-tip-jar-lets-you-pay-people-for-good-tweetin/\" rel=\"noopener\">導入して</a>、数回のタップでユーザーがクリエイターにチップを贈れるようにした。またTikTokは10月に、アプリ内チップの機能をテストし始めている。この機能でクリエイターは、TikTok LIVE外にいるファンからもお金を受け取れるようになる。ギフトの提供は、すでにサポートされている。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/10/2022-02-09-tumblr-tips-tip-jar-monetization/\" rel=\"noopener\">Tumblr、ブロガーが小遣い稼ぎできるTip Jar機能を開始</a></p>\n<p><small>画像クレジット:MARTIN BUREAU/AFP/Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/30/tumblr-tip-jar-feature-monetization/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/tip.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477955,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477955,
            "tagId": 599182,
            "tag": {
              "id": 599182,
              "slug": "twitter",
              "name": "Twitter / ツイッター(企業)",
              "description": "Twitter(ツイッター)は、ソーシャルネットワーキングサービス「Twitter」を提供する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477955,
            "tagId": 697773,
            "tag": {
              "id": 697773,
              "slug": "tumblr",
              "name": "Tumblr(企業・サービス)",
              "description": "メディアミックスブログサービス、それを提供する企業。Automattic傘下。"
            }
          },
          {
            "postId": 477955,
            "tagId": 366278631,
            "tag": {
              "id": 366278631,
              "slug": "tips",
              "name": "チップ / 投げ銭 / Tip Jar(用語)",
              "description": "チップ / 投げ銭 / Tip Jarに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477870,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477870,
        "slug": "dinette",
        "createdAt": "2022-03-31T03:00:38.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T00:27:58.000Z",
        "title": "コスメD2Cブランドなど展開するDINETTEが8億円のシリーズB調達、OMO施策で販売チャネル拡大・アジア圏のマーケ推進",
        "content": "<p>コスメD2Cブランド「<a target=\"_blank\" href=\"https://phoebebeautyup.com/\" rel=\"noopener\">PHOEBE BEAUTY UP</a>」(フィービービューティーアップ)と美容メディア事業を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://dinette.me/\" rel=\"noopener\">DINETTE</a>(ディネット)は3月30日、シリーズBラウンドとして、第三者割当増資と融資による総額8億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、大和企業投資、セレス、MTG Ventures。借入先はみずほ銀行。</p>\n<p>調達した資金により、サブスクリプションをメインに販売するPHOEBE BEAUTY UPについて、OMO(Online Merges with Offline)施策に投資を行い販売チャネルを拡大、アジア圏へのマーケティング活動を行う。女性の悩みに寄り添うビューティーカンパニーになるべく、2022年度より多様なブランドを多数創出するために商品開発に投資するという。</p>\n<p>PHOEBE BEAUTY UPは、DINETTEが運営するSNS美容メディアに寄せられた顧客の声を基に誕生した、オリジナルブランド。「今日なりたい『私』を叶える」をブランドミッションとし、プロダクト体験を通じてより多くの顧客の「なりたい」を実現することを目指している。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"img-full aligncenter wp-image-477873 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?w=1024\" alt=\"コスメD2Cブランドなど展開するDINETTEが8億円のシリーズB調達、OMO施策で販売チャネル拡大・アジア圏のマーケ推進\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg 1080w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-34.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477870,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477870,
            "tagId": 366271554,
            "tag": {
              "id": 366271554,
              "slug": "subscription",
              "name": "サブスクリプション(用語)",
              "description": "サブスクリプションに関連する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 477870,
            "tagId": 366271828,
            "tag": {
              "id": 366271828,
              "slug": "beauty",
              "name": "美容(用語)",
              "description": "美容に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477870,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477870,
            "tagId": 366277021,
            "tag": {
              "id": 366277021,
              "slug": "d2c",
              "name": "D2C(用語)",
              "description": "direct-to-consumer。D2Cに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477870,
            "tagId": 366280978,
            "tag": {
              "id": 366280978,
              "slug": "dinette",
              "name": "DINETTE(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477870,
            "tagId": 681519617,
            "tag": {
              "id": 681519617,
              "slug": "makeup",
              "name": "メイクアップ / 化粧(用語)",
              "description": "メイクアップ / 化粧に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477870,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477889,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477889,
        "slug": "2022-03-29-pinecone-announces-28m-series-a-for-purpose-built-database-aimed-at-data-scientists",
        "createdAt": "2022-03-31T02:45:08.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T01:24:30.000Z",
        "title": "データサイエンティストを対象とした専用データベースのPineconeが34億円調達",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"http://pinecone.io/\" rel=\"noopener\">Pinecone</a>(パインコーン)が2021年の創業時に発したメッセージは、データサイエンティストのニーズに特化したサーバーレスベクターデータベースを開発するというものだった。このデータベースは同社が行っていることの中核を成すものだが、同社はAI駆動型検索を中心に、より洗練されたデータベースの用途へと向かっている。「干し草の山の中から針を見つける」データサイエンティストを支援することを目指している。</p>\n<p>Pineconeの創業者でCEOのEdo Liberty(エド・リバティ)氏に2021年、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/01/27/pinecone-lands-10m-seed-for-purpose-built-machine-learning-database/\" rel=\"noopener\">1000万ドル(約12億円)のシードラウンド</a>の際に話を聞いたときはちょうど、同社がデータベースを開発しながらその道を歩んでいるところだった。同氏はAmazon(アマゾン)で、SageMakerというデータベースサービスの構築に携わっていた。それからがずいぶん長い道のりだったと同氏は話した。</p>\n<p>「シードラウンドの発表から、いろいろと変化がありました。まず何よりも10月にきちんとした有料サービス製品を立ち上げました。それ以来、採用数も収益も急増しており、本当に順調です」とリバティ氏は語る。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/01/27/pinecone-lands-10m-seed-for-purpose-built-machine-learning-database/\" rel=\"noopener\">シードラウンド</a>の際、データサイエンティスト向けの専用データベースを用意した理由をこう説明した。</p>\n<blockquote><p>機械学習モデルが期待するデータは、JSONレコードではなく、高次元ベクトルなのです。それは特徴のリストか、エンベッディングと呼ばれる、この世に存在するアイテムやオブジェクトの数値表現です。この形式は、機械学習におけるセマンティックの観点で、豊かで実用的なものです。</p></blockquote>\n<p>現在では、この意味優先のアプローチが顧客にPineconeを利用してもらえる原動力になっているという。「ベクトルデータベースの主な用途は検索で、しかも広い意味での検索です。ドキュメントを検索するわけですが、ここでは検索を、情報入手全般、ディスカバリー、レコメンデーション、異常検知などと考えることができます」と語った。</p>\n<p>システムは、Pineconeデータベースのデータを処理するために設計されたリソースのセットである「ポッド」で構成されている。同社は、顧客が製品に慣れ、簡単な概念実証を行うために、1つのポッドを無償で提供している。その後、ポッドの数に応じて支払いを開始する。</p>\n<p>リバティ氏は、同社が数十億個のオブジェクトに拡張できるよう設計したシステムに自信を持っている。「ソフトウェアが実用に耐え、実際にオーケストレーションできる範囲まで拡張することができるのです。私たちは、インデックスを作成して使用できるデータ量に明確な制限がないようにシステムを設計しました」と同氏は説明した。</p>\n<p>サーバーレスデータベースであるため、顧客はプロビジョニングについて心配する必要はないが、処理を要するデータ量に応じて、毎月いくら使えるかをPineconeに伝える必要がある。</p>\n<p>「ざっくりとした計算に基づき、データ容量と性能の点から、こういう用途にはXポッドで十分だろうという判断が下され、それで完了です」。後はサインアップして、コンソールを数回クリックし、APIを呼び出してインデックスを作成するだけで、すぐに使えるようになる。</p>\n<p>リバティ氏は、成長率や従業員数を明かしたくないとのことだったが、2023年にはスタッフ(それがどういう意味であれ)が2倍になる見込みだという。注目すべきは、シード発表時の同社の従業員数は10人だったことだ。</p>\n<p>多様性に関して<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/01/27/pinecone-lands-10m-seed-for-purpose-built-machine-learning-database/\" rel=\"noopener\">同氏は2021年</a>「リクルーターには積極的に動き(より多様な応募者を見つけるために)、すばらしい候補者を逃さないように、そして多様な候補者を連れてくるように指示しました」と話した。実際には、その結果、2022年の新規技術職採用者の(従業員総数の)50%は女性だという。</p>\n<p>同社は米国時間3月29日、2800万ドル(約34億円)のシリーズAを発表した。Menlo Venturesがリードし、新規投資家からTiger Globalが、また既存投資家から同社のシードラウンドをリードしたWing Venture Capitalなどが参加した。これにより、同社は累計3800万ドル(約46億円)を調達したことになる。</p>\n<p><small>画像クレジット:SAND555 / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/29/pinecone-announces-28m-series-a-for-purpose-built-database-aimed-at-data-scientists/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ron Miller、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Pinecone.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477889,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477889,
            "tagId": 2373,
            "tag": {
              "id": 2373,
              "slug": "search",
              "name": "検索(用語)",
              "description": "検索に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477889,
            "tagId": 366271425,
            "tag": {
              "id": 366271425,
              "slug": "data-science",
              "name": "データサイエンス / データサイエンティスト(用語)",
              "description": "データサイエンス / データサイエンティストに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477889,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477889,
            "tagId": 366273736,
            "tag": {
              "id": 366273736,
              "slug": "database",
              "name": "データベース(用語)",
              "description": "データベースに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477984,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477984,
        "slug": "geolinia-released-two-npm-packages-as-opensource",
        "createdAt": "2022-03-31T02:31:57.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T02:31:57.000Z",
        "title": "Geolonia、ベクトルタイル形式地図開発を支援する2つのツールを国土地理院との契約により開発―オープンソースとして公開",
        "content": "<p>地図、地理空間情報、ロケーションデータの分野で事業を展開する位置情報テクノロジー・スタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://geolonia.com/\" rel=\"noopener\">Geolonia</a>(ジオロニア)は3月29日、ベクトルタイル形式の地図開発を支援する2つのNPMパッケージ「itoma」(イトマ)と「kata」(カタ)を開発し、オープンソースソフトウェアとして公開したと発表した。これは、国土地理院との契約により開発されたもので、国連OpenGISイニシアチブが推進する国連ベクトルタイルツールキットプロジェクトの一部として、MITライセンスで公開されている。同社としては、政府機関からオープンソース化を前提として受注した初めての事例という。</p>\n<p>国連OpenGISイニシアチブとは、国連の平和維持活動に必要なオープンソースのGIS(地理情報システム)を開発するための取り組み。Geoloniaは、2021年11月から、地図デザイン編集ソフトウェア「Charites」(カリテス)を提供し参画している。今回開発された2つのツールは、ベクトルタイル形式の地図データを処理するためのNPMパッケージ(JavaScriptのパッケージ管理システム)となる。</p>\n<p>「<a target=\"_blank\" href=\"https://github.com/unvt/itoma\" rel=\"noopener\">itoma</a>」は、ベクトルタイル形式の地図をプレビューするためのコマンドラインツールだ。データで配信されるベクトルタイルを地図として表示する。これを使うことで、ウェブサイトに地図を表示させたり、地図を使ったアプリケーションの開発が楽に行えるうよになる。</p>\n<p>「<a target=\"_blank\" href=\"https://github.com/unvt/kata\" rel=\"noopener\">kata</a>」は、地図データのデータ形式を他の形式に変換するためのコマンドラインツール。metadata.json形式のファイルを表形式に変換したり、YAML形式のファイルを、地図開発プラットフォーム「Mapbox」がオープンソースで提供するツール「Tippecanoe」の形式に変換するといったことができる。</p>\n<p>Geoloniaは、今後もデジタル地図のオープンソース化を進めるべく活動してゆくとのことだ。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-008-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477984,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477984,
            "tagId": 25,
            "tag": {
              "id": 25,
              "slug": "open-source",
              "name": "オープンソース / Open Source(用語)",
              "description": "オープンソースに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477984,
            "tagId": 457,
            "tag": {
              "id": 457,
              "slug": "javascript",
              "name": "JavaScript(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477984,
            "tagId": 14911,
            "tag": {
              "id": 14911,
              "slug": "developer",
              "name": "開発 / 開発者 / デベロッパー(用語)",
              "description": "開発 / 開発者 / デベロッパーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477984,
            "tagId": 40477,
            "tag": {
              "id": 40477,
              "slug": "map",
              "name": "地図(用語)",
              "description": "地図に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477984,
            "tagId": 362883872,
            "tag": {
              "id": 362883872,
              "slug": "mapbox",
              "name": "mapbox",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477984,
            "tagId": 366134309,
            "tag": {
              "id": 366134309,
              "slug": "location-info",
              "name": "位置情報(用語)",
              "description": "位置情報に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477984,
            "tagId": 692509049,
            "tag": {
              "id": 692509049,
              "slug": "locationtech",
              "name": "ロケーションテック(用語)",
              "description": "モノの位置を可視化、そしてその情報を活用する技術。"
            }
          },
          {
            "postId": 477984,
            "tagId": 692509264,
            "tag": {
              "id": 692509264,
              "slug": "geolonia",
              "name": "Geolonia(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477984,
            "tagId": 692509266,
            "tag": {
              "id": 692509266,
              "slug": "gis",
              "name": "地理情報システム / GIS(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477984,
            "tagId": 692517637,
            "tag": {
              "id": 692517637,
              "slug": "geospatial-information-authority-of-japan",
              "name": "国土地理院(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477900,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477900,
        "slug": "2022-03-30-spotify-expands-its-music-matching-playlist-blend-to-work-with-up-to-10-people-including-select-artists",
        "createdAt": "2022-03-31T02:30:30.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T01:03:18.000Z",
        "title": "Spotifyが2人の音楽の好みを比較して作るBlendプレイリストを最大10人に拡大、人気アーティストとのBlendも作成可能",
        "content": "<p>Spotify(スポティファイ)で人気のあるプレイリスト作成ツールの「Blend」に、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/01/2021-08-31-spotify-officially-launches-blend-allowing-friends-to-match-their-musical-tastes-and-make-playlists-together/\" rel=\"noopener\">2021年の正式公開</a>以来最大のアップデートが実施される。これまでの<a target=\"_blank\" href=\"https://support.spotify.com/jp/article/blend/\" rel=\"noopener\">Blend</a>では2人のユーザーのお気に入りの曲を組み合わせて共通項を探し、音楽の好みが重なり合うところを見つけられる。Blendを作成すると、2人のリスニング傾向に基づいて毎日新しい曲で更新される。米国時間3月30日、SpotifyはBlend機能を進化させ、最大10人と組み合わせて、あるいはお気に入りのアーティストと組み合わせてプレイリストを作れるようにすると<a target=\"_blank\" href=\"https://newsroom.spotify.com/2022-03-30/discover-and-listen-to-music-with-even-more-friends-and-family-plus-some-of-your-favorite-artists-with-spotifys-newest-blend-update/\" rel=\"noopener\">発表した</a>。</p>\n<p>Spotifyは<a target=\"_blank\" href=\"https://spotify.link/Qv0VGA2Poob\" rel=\"noopener\">BTS</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://urldefense.com/v3/__https:/spotify.link/uN3Yj27Roob__;!!BupLon6U!5pn6TPeq6FYiCGO7YlWqwAOgFO8uTbGCMGyNQBPg1PzyHzuVlEHfqGSKsv223ta4w170MRs$\" rel=\"noopener\">Charli XCX</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://urldefense.com/v3/__https:/spotify.link/tUf2Ca2Roob__;!!BupLon6U!5pn6TPeq6FYiCGO7YlWqwAOgFO8uTbGCMGyNQBPg1PzyHzuVlEHfqGSKsv223ta4IPlXQhk$\" rel=\"noopener\">Kacey Musgraves</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://urldefense.com/v3/__https:/spotify.link/8IARIeWSoob__;!!BupLon6U!5pn6TPeq6FYiCGO7YlWqwAOgFO8uTbGCMGyNQBPg1PzyHzuVlEHfqGSKsv223ta4qEhn_4E$\" rel=\"noopener\">Lauv</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://urldefense.com/v3/__https:/spotify.link/UzOMXzpSoob__;!!BupLon6U!5pn6TPeq6FYiCGO7YlWqwAOgFO8uTbGCMGyNQBPg1PzyHzuVlEHfqGSKsv223ta4aS8krns$\" rel=\"noopener\">Megan Thee Stallion</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://urldefense.com/v3/__https:/spotify.link/hMImaPZSoob__;!!BupLon6U!5pn6TPeq6FYiCGO7YlWqwAOgFO8uTbGCMGyNQBPg1PzyHzuVlEHfqGSKsv223ta4NcQjEWs$\" rel=\"noopener\">Mimi Webb</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://urldefense.com/v3/__https:/spotify.link/C4o2PW4Soob__;!!BupLon6U!5pn6TPeq6FYiCGO7YlWqwAOgFO8uTbGCMGyNQBPg1PzyHzuVlEHfqGSKsv223ta4C9XvPy0$\" rel=\"noopener\">Tai Verdes</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://urldefense.com/v3/__https:/spotify.link/xn4scNiToob__;!!BupLon6U!5pn6TPeq6FYiCGO7YlWqwAOgFO8uTbGCMGyNQBPg1PzyHzuVlEHfqGSKsv223ta4LeHckrI$\" rel=\"noopener\">Xamã</a>などのアーティストと提携し、自分の音楽の好みとアーティストの音楽の好みに共通する曲を1つのBlendプレイリストにまとめられるようにする。他のBlendプレイリストと同様に、ユーザーには「テイストマッチ」のスコアが記載されたカードも提供される。スコアは自分のリスニングの好みをBlendの参加者と比較し、どの程度似ているか、あるいは違うかに基づいて計算される。</p>\n<p>このカードは、Facebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)、Snapchat(スナップチャット)、Twitter(ツイッター)などのソーシャルメディアに直接共有できるようになっている。</p>\n<p>アーティストとの連携に加え、SpotifyはBlendをアップデートして家族や友人のグループが独自の共有プレイリストを作れるようにした。Spotify Familyのメンバーはすでに同様のテクノロジーを活用して家族全員が楽しめる曲を集め自動で更新されるFamily Mixプレイリストを<a target=\"_blank\" href=\"/2019/08/21/2019-08-19-spotify-family-accounts-are-getting-parental-controls/\" rel=\"noopener\">利用することができた</a>。しかしこの機能はSpotify Familyのメンバー限定で、個人のユーザーは利用できなかった。SpotifyはBlendに似た<a target=\"_blank\" href=\"https://support.spotify.com/jp/article/duo-mix/\" rel=\"noopener\">Duo Mix</a>というプレイリストも提供しているが、これもDuoのプランのユーザーに限られている。</p>\n<p>ストリーミング事業者が提供するパーソナライズされたプレイリストは、サービスを売り込むための重要なツールだ。Spotifyのライバルである音楽サービスのApple MusicやGoogle(グーグル)のYouTube Musicではそれぞれの企業のスマートフォンやモバイル用ソフトウェアに音楽アプリが含まれているが、Spotifyにはその強みがない。それにもかかわらずSpotifyが音楽ストリーミング市場をリードしている理由の1つが、パーソナライズされたプレイリストだ。エンターテインメント調査会社のMIDiAが2022年1月に公開した<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/22/2022-01-20-spotify-subscription-numbers-up-youtube-music-tidal/\" rel=\"noopener\">レポート</a>によると、Spotifyの音楽サブスク市場における世界でのシェアは31%で、Apple Musicの15%、Amazon Musicの13%などをリードしている。その一因は、Spotifyがユーザーを好きな音楽、そして現在ではポッドキャストで引きつけるためにパーソナライズ機能を大いに活用していることだと考えられる。また、Spotifyは新しい機能やプレイリストをかなり頻繁に公開して、パーソナライズ技術の活用に関して先行していることをユーザーや競合に示している。</p>\n<p>Spotifyは今回の機能強化より前にBlendのマッチング技術を別のところで利用していた。2021年12月に同社は、パーソナライズして1年を振り返る「Spotifyまとめ」で<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/02/2021-12-01-spotifys-wrapped-2021-arrives-with-artist-video-messages-blend-and-even-a-game/\" rel=\"noopener\">Blendを活用した</a>。「Wrapped Blend(まとめブレンド)」と名づけられたこの機能で、自分と友人の「まとめ」を比較することができた。</p>\n<p>今回の新しいBlendは、米国時間3月30日から展開される。</p>\n<p><small>画像クレジット:TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/30/spotify-expands-its-music-matching-playlist-blend-to-work-with-up-to-10-people-including-select-artists/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/spotify-app-icon-iphone-1.webp",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477900,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477900,
            "tagId": 897720,
            "tag": {
              "id": 897720,
              "slug": "streaming-music",
              "name": "音楽ストリーミング(用語)",
              "description": "音楽ストリーミングに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477900,
            "tagId": 2074982,
            "tag": {
              "id": 2074982,
              "slug": "spotify",
              "name": "Spotify / スポティファイ(企業)",
              "description": "Spotifyは音楽ストリーミングサービスを提供するスウェーデンの企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477900,
            "tagId": 366271554,
            "tag": {
              "id": 366271554,
              "slug": "subscription",
              "name": "サブスクリプション(用語)",
              "description": "サブスクリプションに関連する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 477900,
            "tagId": 366273402,
            "tag": {
              "id": 366273402,
              "slug": "personalize",
              "name": "パーソナライズ(用語)",
              "description": "パーソナライズに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477926,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477926,
        "slug": "2022-03-30-clubhouse-adds-new-protected-profile-setting-option-for-all-users",
        "createdAt": "2022-03-31T01:45:12.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T02:24:56.000Z",
        "title": "Clubhouseで「保護されたプロフィール」設定が利用できるように",
        "content": "<p>Clubhouse(クラブハウス)は米国時間3月30日、ユーザーがフォロワーとして承認した人にのみ、自分の完全なプロフィールを公開できる保護プロフィール設定を開始すると<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.clubhouse.com/protected-profiles-post-edit-me/\" rel=\"noopener\">発表した</a>。この変更は、ロシアがウクライナに侵攻を続けていることを受け、プラットフォーム上でユーザーを保護し続けるために実施される。</p>\n<p>「この時代に当社が世界中の人々がつながるための場となっていることに感謝していますが、紛争や激動の時代にあっては、あなたのオンラインプレゼンスとあなたが共有するものに注意することがますます重要になることも知っています」と同社はブログ投稿で述べた。</p>\n<p>保護されたプロフィール機能は、アプリの設定でオンに切り替えられる。オンにすると、フォロワーを承認することができるようになる。あなたのフォロワーだけがあなたのプロフィール上のroom、クラブ、リプレイを見ることができるとClubhouseは説明する。また、この設定により、Clubhouse上では一般的にあなたは目にされにくくなる。あなたがフォロワーとして承認していないユーザーはあなたがオンラインになったときに見ることができず、あなたが知らない人があなたをフォローすることを勧めない、と同社は話す。</p>\n<p>この新機能は、Clubhouseが戦争に反対するロシアの市民が協調するための<a target=\"_blank\" href=\"https://www.protocol.com/bulletins/russia-telegram-clubhouse\" rel=\"noopener\">プラットフォームとなった</a>一方で、ロシアのプロパガンダの本拠地にもなっていることを受けてのものだ。ロシアはInstagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック)をブロックしたため、同国の人々はさまざまなコミュニケーション方法を探しており、その1つがClubhouseだ。</p>\n<p>今日の発表と同時に、Clubhouseは紛争時にユーザーがソーシャルオーディオプラットフォーム上でどのように身を守ることができるかのヒントも提供した。同社は、ウクライナのユーザーに対して、音声を録音できるリプレイ機能をデフォルトでオフにしたものの、サードパーティのアプリやデバイスを使って同意なしにコンテンツを録音し、共有することが可能だと指摘している。口頭とプロフィールの両方で共有する情報については慎重になるようにも呼びかけている。同社はまた、自分の発言や共有内容に気を配ることは重要である一方で、自分の声が識別子になり得ることも忘れてはならないと指摘している。</p>\n<p><small>画像クレジット:NurPhoto / Contributor / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/30/clubhouse-adds-new-protected-profile-setting-option-for-all-users/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Clubhouse.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477926,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477926,
            "tagId": 3053,
            "tag": {
              "id": 3053,
              "slug": "profile",
              "name": "プロフィール(用語)",
              "description": "プロフィールに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477926,
            "tagId": 692508116,
            "tag": {
              "id": 692508116,
              "slug": "clubhouse",
              "name": "Clubhouse(製品・サービス)",
              "description": "音声版Twitterといわれている音声SNS。"
            }
          },
          {
            "postId": 477926,
            "tagId": 692515205,
            "tag": {
              "id": 692515205,
              "slug": "security",
              "name": "セキュリティ(用語)",
              "description": "セキュリティに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477918,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477918,
        "slug": "2022-03-30-youtube-may-be-getting-a-dedicated-podcasts-homepage-audio-ads-and-podcaster-metrics",
        "createdAt": "2022-03-31T00:00:01.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T23:40:32.000Z",
        "title": "YouTubeにポッドキャスト専用ページができるかも",
        "content": "<p>YouTube(ユーチューブ)がポッドキャストに本腰を入れていることは、すでに何度か報じられていた。同社がこの分野での取り組みをリードするために<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theverge.com/2021/10/26/22746466/youtube-podcasting-kai-chuk-amazon-project-mic-live-audio-hot-pod\" rel=\"noopener\">ポッドキャストのエグゼクティブ</a>Kai Chuk(カイ・チュク)氏を雇い、人気配信者に番組の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-03-04/youtube-offers-up-to-300-000-to-get-podcasters-to-make-videos\" rel=\"noopener\">撮影費を提供し始めたことさえ</a>わかったからである。今回、流出した文書により、YouTubeのこの分野での計画に関する詳細が明らかになり、将来的にYouTube.comにポッドキャストのホームページを設置することや、その他の収益化機能があることが指摘されている。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://podnews.net/update/youtube-podcasting-plans\" rel=\"noopener\">Podnews</a>は最近、YouTubeがポッドキャストのロードマップを説明した84ページのプレゼンテーションを手に入れ、その詳細を発表した。その中で同社は、ポッドキャストのRSSフィードを取り込む機能を試験的に導入し、ポッドキャストの取り込みを改善するとしている。また、YouTube.com/podcastsという新しいホームページでPodcastを一元管理する計画であることも述べている。このURLはまだ機能しないが、スラッシュの後にランダムな言葉を入れた場合と異なり、YouTubeのホームページに自動的にリダイレクトされることもない。</p>\n<p>驚くことではないが、Google(グーグル)はポッドキャストをYouTubeでの広告ビジネスを拡大する方法として考えている。この文書は、YouTubeがGoogleや、他のパートナーによって販売されるオーディオ広告を搭載することを示唆している。また、オーディオファーストのクリエイターのために設計された「新しい指標」のサポートや、YouTubeのデータを業界標準のポッドキャスト測定プラットフォームに統合する機能についても言及している。あるページでは、Nielsen(ニールセン)、Chartable(チャリタブル)、Podtrac(ポッドトラック)といったブランドがパートナーとしてリストアップされている。</p>\n<p>YouTubeに新たに「ポッドキャスト」部門を追加することは、同社にとって合理的な次のステップとなるだろう。</p>\n<p>YouTubeは長年にわたり、2015年の<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2015/08/25/youtube-gaming-its-twitch-competitor-set-to-launch-tomorrow/\" rel=\"noopener\">YouTube Gaming</a>や<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2019/09/05/youtube-launches-a-dedicated-fashion-vertical/\" rel=\"noopener\">2019年のYouTube Fashion(現Fashion &amp; Beauty)</a>のように、サービスの大きなコンテンツカテゴリーに独自のホームページを与えて強調してきた。さらに、YouTubeのコンテンツは、Googleの音楽ストリーミングサービスであるYouTube Musicを支えており、Spotify(スポティファイ)などの他のサービスと競合しているため、ポッドキャストが競争力を持っているのだ。</p>\n<p>Spotifyはポッドキャスト広告市場の制覇を目指しており、関連するアドテクを取り込むために何度か買収を繰り返してきた。その結果、Spotifyはその後、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2019/01/10/spotifys-increased-focus-on-podcasts-in-2019-includes-selling-its-own-ads/\" rel=\"noopener\">自社広告の販売</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/01/08/spotify-brings-streaming-ad-insertion-technology-to-podcasts/\" rel=\"noopener\">ストリーミング広告挿入技術</a>の導入、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/02/23/2021-02-22-spotify-to-launch-spotify-audience-network-an-audio-ad-marketplace/\" rel=\"noopener\">独自のオーディオ広告市場</a>の立ち上げを実現し、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/07/2022-01-06-spotify-introduces-a-new-ad-format-for-podcasts-that-puts-clickable-cards-inside-shows/\" rel=\"noopener\">新しい広告フォーマットにも挑戦</a>している。一方、動画中心のプラットフォームであるYouTubeは、この広告市場の成長の多くから取り残されている。</p>\n<p>Podnewsは文書の全文を公開しておらず「2022年」に登場すると記載されているローンチへの言及や、Spotifyが2021年3月に<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/18/2022-02-16-spotify-snaps-up-podcast-measurement-and-analytics-firms-podsights-and-chartable/\" rel=\"noopener\">買収した</a>Chartableへの言及から、この文書がいつ最初に作成・配布されたのかは不明だ。YouTubeはPodnewsの記事に対し、コメントを出していない。コメントが提供されれば更新する。</p>\n<p><small>画像クレジット:Olly Curtis / Future / Getty Images<br />\n</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/30/youtube-may-be-getting-a-dedicated-podcasts-homepage-audio-ads-and-podcaster-metrics/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Yuta Kaminishi)</p>\n",
        "authorId": 191889573,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1149449084.webp",
        "author": {
          "id": 191889573,
          "slug": "yuta-kaminishi",
          "name": "Yuta Kaminishi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477918,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477918,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477918,
            "tagId": 2074982,
            "tag": {
              "id": 2074982,
              "slug": "spotify",
              "name": "Spotify / スポティファイ(企業)",
              "description": "Spotifyは音楽ストリーミングサービスを提供するスウェーデンの企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477918,
            "tagId": 366277609,
            "tag": {
              "id": 366277609,
              "slug": "podcast",
              "name": "ポッドキャスト(用語)",
              "description": "ポッドキャストに関わる記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477918,
            "tagId": 692513087,
            "tag": {
              "id": 692513087,
              "slug": "youtube",
              "name": "YouTube / ユーチューブ(製品・サービス)",
              "description": "YouTube / ユーチューブに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477851,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477851,
        "slug": "2022-03-29-messenger-shortcuts-everyone-feature",
        "createdAt": "2022-03-30T10:45:05.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T10:40:01.000Z",
        "title": "Facebook MessengerにSlackのような「@everyone」機能などの新ショートカット追加",
        "content": "<p>Meta(旧Facebook)は、Messengerアプリにいくつかの<a target=\"_blank\" href=\"https://messengernews.fb.com/2022/03/29/everyone-introducing-shortcuts-on-messenger/\" rel=\"noopener\">新機能とショートカット</a>を導入している。最も注目すべきは、Slackのような「@everyone」機能を追加し、新規のメッセージに関して、チャットの参加者全員に通知できる点だ。Metaは、新機能がグループリマインダー、懇親会、または一刻を争う質問を投げていて、すぐに回答が必要な場合に最適だと説明する。</p>\n<p>一方、同社は「/silent」機能も展開している。グループチャットでメッセージを送信する前に「/silent」と入力すると、そのグループのメンバーにはメッセージの通知が一切届かなくなるという機能だ。Metaは、この機能により、時間帯の異なる相手に割り込む不安を取り除き、ユーザーがゆっくりとメッセージを読むことができるようになるという。</p>\n<p>これら2つの新機能は、本日から利用可能となっている。さらに同社は、今後数週間のうちに展開される予定となっているいくつかのショートカットも示唆した。</p>\n<p>Metaは、1対1のMessengerチャットでの送受信を簡単にする新ショートカット「/pay」を米国で提供開始する予定だ。このショートカットは、iOSとAndroidの両ユーザーに展開される予定となっている。Metaはまた、ユーザーがGIFをすばやく見つけて送信できるようにする「/gif」ショートカットも導入予定だ。iOSユーザーは「/shrug」と「/tableflip」ショートカットを利用できるようになり、それぞれ「 ¯_(ts)_/¯ 」と「 (╯°□°)╯︵ ┻━┻ 」の顔文字を自動的に入力することができる。</p>\n<div id=\"attachment_477858\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477858\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477858 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?resize=1536,1024 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/Pay-Shortcut.webp?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477858\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Meta</p></div>\n<p>この度の新機能の提供開始は、Messengerが先に、米国内のすべてのiOSおよびAndroidユーザーに「分割払い」機能を展開したことを受けてのものだ。同社は、ユーザーがアプリを通じて請求書や経費を分担する方法として、2021年末から同機能のテストを始めていた。Metaはこの新機能を、Messengerを通じて金銭を処理するための「自由で迅速な」方法だと考えている。</p>\n<p>Split Paymentsは、Messengerが新しいボイスメッセージ録音コントロールを開始したというニュースと同時に導入され、ユーザーは送信前にボイスメッセージを一時停止、プレビュー、削除、録音継続することができるようになった。また、ボイスメッセージの録音時間を1分から30分に延長した。</p>\n<p><small>画像クレジット:Meta</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/29/messenger-shortcuts-everyone-feature/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Katsuyuki Yasui)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/messenger-shortcuts.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477851,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477851,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477851,
            "tagId": 6472307,
            "tag": {
              "id": 6472307,
              "slug": "facebook-messenger",
              "name": "Facebook Messenger(製品・サービス)",
              "description": "Facebook Messengerは、Facebookが提供するメッセージング / チャットアプリ。"
            }
          },
          {
            "postId": 477851,
            "tagId": 366273789,
            "tag": {
              "id": 366273789,
              "slug": "messaging-app",
              "name": "メッセージ / メッセージングアプリ(用語)",
              "description": "メッセージ / メッセージングアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477851,
            "tagId": 366278809,
            "tag": {
              "id": 366278809,
              "slug": "%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88",
              "name": "ショートカット",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477800,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477800,
        "slug": "jreast-3",
        "createdAt": "2022-03-30T07:44:27.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T07:44:27.000Z",
        "title": "Google マップから新幹線や特急列車の予約が可能に、経路検索の結果からJR東日本の切符販売サイト「えきねっと」に遷移",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.jreast.co.jp/\" rel=\"noopener\">東日本旅客鉄道</a>(JR東日本)は3月29日、切符販売サイト「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.eki-net.com/personal/top/index\" rel=\"noopener\">えきねっと</a>」と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.google.co.jp/maps/@35.6711235,139.6605155,15z?hl=ja\" rel=\"noopener\">Google マップ</a>が連携開始したことを発表した。JR東日本エリアで完結するルートであれば、Google マップで経路検索したのち即座にえきねっとに遷移し、新幹線や特急券の予約が行なえる。</p>\n<p>えきねっとは、JR東日本が提供する切符購入や指定席の予約が行えるオンラインサービス。今回の連携により、Google マップにおいてJR東日本エリアで完結したルートを検索した際に、えきねっとへのリンクが表示されるようになった。これを経由すれば表示されたルートを保持したままえきねっとに遷移できるため、スムーズに必要な新幹線・特急券の座席予約を含めた切符購入が可能となる。</p>\n<p>予約可能期間は1カ月+1週間後までの乗車分。予約可能時間は5時~翌日1時50分まで(23時50分~0時10分を除く)。条件として、えきねっとへの会員登録とログインが必要。</p>\n<p>注意事項として、現在は福島県沖地震により東北新幹線の一部区間で運転を見合わせているため、 Google マップで案内された経路でもえきねっとでの購入ができない区間がある。また、えきねっとは発着経由情報から利用時間の短い列車を案内するため、検索時の条件などによっては検索結果と別の列車が案内される場合がある。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-010-index.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477800,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477800,
            "tagId": 366272627,
            "tag": {
              "id": 366272627,
              "slug": "%e3%83%81%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e8%b3%bc%e5%85%a5",
              "name": "チケット購入",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477800,
            "tagId": 366275251,
            "tag": {
              "id": 366275251,
              "slug": "jreast",
              "name": "JR東日本 / 東日本旅客鉄道(企業)",
              "description": "JR東日本、東日本旅客鉄道株式会社に関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 477800,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477800,
            "tagId": 692514393,
            "tag": {
              "id": 692514393,
              "slug": "google%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97%ef%bc%88%e8%a3%bd%e5%93%81%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%ef%bc%89",
              "name": "Googleマップ(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477757,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477757,
        "slug": "2022-03-29-twitter-collabs-feature-could-make-it-possible-for-users-to-co-author-tweets-with-brands",
        "createdAt": "2022-03-30T05:15:26.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T06:40:06.000Z",
        "title": "ツイッターの「コラボ」機能でユーザーとブランドの共同投稿が可能になるかも",
        "content": "<p>Instagram(インスタグラム)には、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/20/2021-10-19-instagram-is-adding-collabs-new-music-features-for-reels-desktop-posting-and-more/\" rel=\"noopener\">「コラボ」(共同投稿)機能</a>があるが、Twitter(ツイッター)はどうなのか?同サービスは、複数のユーザーが1つのツイートを共同で投稿する「Collaborations(コラボレーション)」と呼ばれる機能を開発している。まだ一般公開されておらず、別のユーザーからコラボレーションを要求されたユーザーが受け入れた場合に限り有効になるものだ。これは、クリエーターと企業がブランド広告で提携する方法のヒントでもある。YouTube(ユーチューブ)、Instagram、TIkTok(ティックトック)をはじめとするライバルサービスの間ではすでに一般的になっている仕組みだ。</p>\n<p>Twitterのコラボレーション機能が最初に知られたのは、モバイルデベロッパーの<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/alex193a/status/1469472320549003270\" rel=\"noopener\">Alessandro Paluzzi</a>(アレサンドロ・パルッチ)氏が <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/alex193a/status/1469472320549003270\" rel=\"noopener\">2021年12月</a>にアプリのコードを発掘したときで、彼はTwitterが1つのツイートで2人が共同投稿者になれる方法を開発中であることを示す部分を公表した。このシナリオでは、ツイートの先頭に2人のTwitterハンドルと名前が表示される。2022年になってパルッチ氏は、ツイート作成画面にCollaborationボタンが追加されたことを<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/alex193a/status/1497029135201619971\" rel=\"noopener\">報告</a>し、 2人りでツイートした「コラボ」投稿がTwitterタイムラインに表示されたとき、共同投稿者の2枚のプロフィール写真が重なって表示される様子を見せた。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\"><a href=\"https://twitter.com/hashtag/Twitter?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#Twitter</a> continues to work on the Collabs feature 👀</p>\n<p>Here&#39;s how the avatar will look like 👇🏻 <a href=\"https://t.co/pUdQyelGMl\">pic.twitter.com/pUdQyelGMl</a></p>\n<p>&mdash; Alessandro Paluzzi (@alex193a) <a href=\"https://twitter.com/alex193a/status/1497029135201619971?ref_src=twsrc%5Etfw\">February 25, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>米国時間3月29日、パルッチ氏は同機能の開発が進められていることの<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/alex193a/status/1508817665627930642\" rel=\"noopener\">さらなる証拠</a>を再び発見し、Twitter Collaborationsが動作する仕組みを説明するスクリーンショットをツイートした。</p>\n<p>その中でTwitterが説明しているところによると、ユーザーはまず個人あるいはブランドに対してツイートを「co-own(共同所有)」することを持ちかけ、要求が承認されるのを待つ。言い換えると、コラボレーションを強要することはできなくて、誰かをツイートにタグ付けするようなわけにはいかない。相手がリクエストを受け入れると、双方のアカウントがツイートの共同投稿者として表示される、とTwitterがこの紹介画面で説明している。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\"><a href=\"https://twitter.com/hashtag/Twitter?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#Twitter</a> continues to work on the Collabs feature 👀</p>\n<p>Let&#39;s see how it works 👇🏻 <a href=\"https://t.co/Co7uOUVxzN\">pic.twitter.com/Co7uOUVxzN</a></p>\n<p>&mdash; Alessandro Paluzzi (@alex193a) <a href=\"https://twitter.com/alex193a/status/1508817665627930642?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 29, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>バルッチ氏はTechCrunchに、コードの中にこの機能を特定のユーザー、たとえばTwitterのスーパーフォローを使っているクリエイターに制限するようなカ所は見つからなかったと語った。</p>\n<p>いずれにせよ、Collaborations機能の追加は、Twitterが自らのプラットフォームをバーチャルタウンスクエアやリアルタイムニュースネットワーク以上のものに活用する方法を考えていることを示す新たな兆候と言えるだろう。</p>\n<p>Twitterがここ数カ月テストしている数多くの新商品の中の1つは、Twitterをクリエイタープラットフォームにして、フォロワーがお気に入りのアカウントをサブスクライブすることで、写真やビデオなどのメディアやプライベートなツイートなどのファン専用コンテンツをアクセスできるようにする、というアイデアだ。<a target=\"_blank\" href=\"https://help.twitter.com/en/using-twitter/super-follows\" rel=\"noopener\">「スーパーフォロー」</a>と呼ばれるこの機能は、2021年10月に<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/30/2021-10-29-twitter-now-lets-all-ios-users-super-follow-select-creators/\" rel=\"noopener\">全世界のiOSユーザー向けに公開</a>され、 今回の早期テスト期間ではiOSとAndroidユーザーが利用できる。<a target=\"_blank\" href=\"https://help.twitter.com/en/using-twitter/super-follows-creator\" rel=\"noopener\">資格要件</a>によると、ファンにスーパーフォロー・サブスクリプションを提供するためには、クリエイターは米国拠点でフォロワーが1万人以上でなければならない。</p>\n<p>クリエイターたちがTwitterを、サブスクリプションによる収益を生む有効なプラットフォームと見ているのかどうかはまだわからない。しかしTwitterにはこのプラットフォームを使っているブランド広告主や、Twitterインフルエンサーなどと言われる大量のフォロワーをもつ有名ユーザーがたくさんいる。新しいコラボレーション機能には、この2つのグループを結びつけられる可能性がある。</p>\n<p>もちろん、コラボレーション機能にはブランド契約以外にもいろいろな利用場面が考えられる。組織、会社、グループなどの共同声明や、複数の著者や制作者による作品、たとえばポッドキャストやニュースレター、ニュース記事などの宣伝にも使えるだろう。さらには、どんな理由であれ、一緒に何かをしたい人たちが楽しみのために使ってもいい。</p>\n<p>Twitterは、しかし、Twitter Collaborationsの計画について現時点では我々の憶測にまかせている。</p>\n<p>コメント要求に対してTwitter広報担当者は、同機能はTwitterが現在「検討している」ものであることを認めただけで、機能や計画、提供日付などについての情報を明らかにしなかった。</p>\n<p><small>画像クレジット:Bloomberg / Getty Images </small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/29/twitter-collabs-feature-could-make-it-possible-for-users-to-co-author-tweets-with-brands/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a>)</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/gettyimages-503572710.webp",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477757,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477757,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 477757,
            "tagId": 15888,
            "tag": {
              "id": 15888,
              "slug": "collaboration",
              "name": "コラボレーション / コラボレーションツール(用語)",
              "description": "コラボレーション / コラボレーションツールに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477757,
            "tagId": 599182,
            "tag": {
              "id": 599182,
              "slug": "twitter",
              "name": "Twitter / ツイッター(企業)",
              "description": "Twitter(ツイッター)は、ソーシャルネットワーキングサービス「Twitter」を提供する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477757,
            "tagId": 366278632,
            "tag": {
              "id": 366278632,
              "slug": "creator",
              "name": "クリエイター(用語)",
              "description": "クリエイターに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477658,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477658,
        "slug": "2022-03-29-tiktok-partners-with-giphy-on-new-video-creation-tool-tiktok-library",
        "createdAt": "2022-03-30T02:30:07.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T01:39:03.000Z",
        "title": "TikTokが新しい動画作成ツール「TikTok Library」でGIFのコレクションを提供するGIPHYと提携",
        "content": "<p>TikTokは米国時間3月29日、新しいアプリ内作成ツール「<a target=\"_blank\" href=\"https://newsroom.tiktok.com/en-us/tiktok-library\" rel=\"noopener\">TikTok Library</a>」を発表した。クリエイターがエンターテインメントコンテンツにアクセスしたり、トレンドに参加したりしやすくなることを期待している。当初は、GIPHY Clips(ジーフィークリップス)と呼ばれる音声付きGIFのコレクションなど、GIPHY(ジーフィー)から厳選されたコンテンツがライブラリに掲載される予定だ。時間の経過とともに、TikTokは追加のコンテンツソース、オーディオやサウンド、テキストテンプレート、その他のTikTokクリエイターのコンテンツでライブラリを拡張するとしている。</p>\n<p>ただし同社は、そうした取り組みのために将来的にどのようなパートナーと提携するのかについては言及を避けた。</p>\n<p>2019年に<a target=\"_blank\" href=\"https://variety.com/2019/digital/news/giphy-video-launch-universal-pictures-1203430165/\" rel=\"noopener\">GIPHY Videoとして</a>開始された今日のGIPHY <a target=\"_blank\" href=\"https://giphy.com/clips\" rel=\"noopener\">Clips</a>は、テレビや映画のスタジオ、ゲームメーカー、レコードレーベル、スポーツリーグ、ニュースメディアなどのエンターテインメントパートナーが、GIPHYのプラットフォーム上で適切にライセンスされたコンテンツを共有するための手段だ。この機能は時間とともに拡大し、音声付きGIF(短編動画としても知られている)を活用してGIPHYの数億人のデイリーアクティブユーザーにリーチしたいと考える<a target=\"_blank\" href=\"https://giphy.com/clips\" rel=\"noopener\">何千もの</a>コンテンツメーカーが参加するようになった。これらのGIPHY Clipsは、GIPHYの開発者向けツールセットである<a target=\"_blank\" href=\"https://9to5mac.com/2021/06/09/giphy-launches-video-gifs-imessage-app/\" rel=\"noopener\">GIPHY SDK</a>を介して、ウェブ上のリンク、<a target=\"_blank\" href=\"https://9to5mac.com/2021/06/09/giphy-launches-video-gifs-imessage-app/\" rel=\"noopener\">メッセージング</a>アプリ内、Slackなどの職場用ツール、その他のサードパーティアプリケーション内のどこでも共有することが可能だ。</p>\n<div id=\"attachment_477660\" style=\"width: 1546px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477660\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477660 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp\" alt=\"\" width=\"1536\" height=\"1001\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp?resize=300,196 300w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp?resize=768,501 768w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp?resize=1024,667 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp?resize=614,400 614w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp?resize=400,261 400w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp?resize=738,481 738w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp?resize=552,360 552w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp?resize=220,143 220w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp?resize=264,172 264w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp?resize=192,125 192w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp?resize=125,81 125w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp?resize=92,60 92w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp?resize=847,552 847w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp?resize=563,367 563w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok2.webp?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1536px) 100vw, 1536px\" /><p id=\"caption-attachment-477660\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:TikTok</p></div>\n<p>TikTokによると、さし当たってはリアクション、引用、人物、アイコニック・モーメントといったGIPHY Clipsのカテゴリーをサポートする。</p>\n<p>リアクションは、誰かの生の感情をとらえたGIFで、引用は著名人の印象的なキャッチフレーズや格言だ。人物は、有名人やスポーツ選手などファンを抱える人に特化したカテゴリーだ。そしてアイコニック・モーメントは、スポーツの名プレーや授賞式のスピーチなど、大きなイベントでの忘れられない瞬間だ(おそらく、私たちが3月27日にアカデミー賞授賞式で目撃したものなど)。</p>\n<p>TikTokへの統合には、GIPHYの幅広いライブラリからの数百万のGIFに加えて、数万のGIPHY Clipsライブラリの一部が含まれると同社の広報担当者は述べた。</p>\n<p>TikTokはすでにソーシャルビデオアプリで多くのクリエイティブツールを提供しているが、クリエイターの自己表現をサポートする新しい方法を探し続けているという。そこで、GIPHYとの統合が実現した。</p>\n<p>この機能を使うには、TikTokのユーザーはアプリのカメラ画面の垂直サイドバーにある新しい「ライブラリ」アイコンをタップする。ライブラリに入ると、トレンドのコンテンツをスクロールしたり、検索バーを使ってより具体的なものを探したりすることができる。使いたいコンテンツを選んだら、好きな長さにクリップし、撮影画面に戻って動画の撮影を続けることができる。</p>\n<div id=\"attachment_477661\" style=\"width: 1006px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477661\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477661 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp?w=996\" alt=\"\" width=\"996\" height=\"1024\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp 1208w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp?resize=292,300 292w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp?resize=768,790 768w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp?resize=996,1024 996w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp?resize=389,400 389w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp?resize=400,411 400w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp?resize=738,759 738w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp?resize=350,360 350w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp?resize=214,220 214w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp?resize=167,172 167w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp?resize=122,125 122w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp?resize=58,60 58w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp?resize=537,552 537w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp?resize=357,367 357w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp?resize=32,32 32w, /wp-content/uploads/2022/03/TikTok3.webp?resize=50,50 50w\" sizes=\"(max-width: 996px) 100vw, 996px\" /><p id=\"caption-attachment-477661\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:TikTok</p></div>\n<p>TikTokによると、ライブラリ機能はまずAndroidの一部のマーケットで展開され、iOSでは来週、そして今後数週間で世界中のより多くのTikTokユーザーへと拡大される予定だ。</p>\n<p>もちろん、Facebook(フェイスブック)の最大の脅威の1つとなっているTikTokが、<a target=\"_blank\" href=\"https://9to5mac.com/2021/06/09/giphy-launches-video-gifs-imessage-app/\" rel=\"noopener\">Facebookがかつて4億ドル(約490億円)で買収した</a>会社のコンテンツを活用して短編動画アプリを改良しているという皮肉もそこにはある。しかし、Facebook、現在のMeta(メタ)は英国の競争市場庁(CMA)が反競争的との視点で買収取引を調査したため、GIPHYを完全に統合することを阻止されている。CMAは2021年11月、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/30/faecbook-giphy-cma-order/\" rel=\"noopener\">MetaにGIPHYを売却するよう求める</a>判断をした。Metaは現在、その判決を不服として<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/technology/facebook-owner-meta-seeks-appeal-uk-ruling-giphy-2022-01-05/\" rel=\"noopener\">控訴している</a>。しかし、もしMetaがGIPHYを完全に自社に統合することが許されていたら、このようなTikTokの統合は進んでいたのだろうかと思わざるを得ない。</p>\n<p>公平を期して言えば、これはTikTokにとって初めてのGIPHY統合ではない。TikTokは以前、Green Screenで<a target=\"_blank\" href=\"https://newsroom.tiktok.com/en-us/hit-the-woah-were-partnering-with-giphy-to-bring-gifs-to-tiktok/\" rel=\"noopener\">Stickers</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://newsroom.tiktok.com/en-us/new-editing-tools\" rel=\"noopener\">GIFs</a>を立ち上げた。しかし、GIPHYの動画を活用するのは今回が初めてだ。</p>\n<p>TikTokはGIPHY統合をより広範な機能の始まりにすぎないとしているが、考えられる将来のパートナーについての詳細がないため、この追加はまだ初期段階のようだ。「TikTok Library」と呼ぶことで、単純なGIPHY SDKの統合よりもずっと興味深いものに聞こえる。</p>\n<p>さらに、この機能がより完全なものになる前にLibraryを発表することで、TikTokは今週末のアカデミー賞授賞式とそれに付随するハイライトや修羅場といった最新のポップカルチャー・モーメントの勢いにすばやく乗ることができ、これらはすでに数百万回試聴されたTikTokビデオに組み込まれている。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.hk/search/photographer?agreements=pa:96548&amp;assettype=image&amp;family=editorial&amp;photographer=NurPhoto&amp;sort=best#license\" rel=\"noopener\">Nur Photo </a>/ Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/29/tiktok-partners-with-giphy-on-new-video-creation-tool-tiktok-library/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/TikTok-1.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477658,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477658,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477658,
            "tagId": 81819,
            "tag": {
              "id": 81819,
              "slug": "facebook",
              "name": "Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)",
              "description": "世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス。それを運営する企業。2021年10月に「Meta」に社名変更。"
            }
          },
          {
            "postId": 477658,
            "tagId": 239173,
            "tag": {
              "id": 239173,
              "slug": "gif",
              "name": "GIF(用語)",
              "description": "Graphics Interchange Format。GIFに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477658,
            "tagId": 5938293,
            "tag": {
              "id": 5938293,
              "slug": "tiktok",
              "name": "TikTok(製品・サービス)",
              "description": "TikTok は、中国のByteDanceが開発運営するモバイル向けショートビデオのプラットフォームである。"
            }
          },
          {
            "postId": 477658,
            "tagId": 141564739,
            "tag": {
              "id": 141564739,
              "slug": "giphy",
              "name": "GIPHY(企業)",
              "description": "ウェブ上のアニメGIFの検索エンジン、プラットフォームプロバイダー。"
            }
          },
          {
            "postId": 477658,
            "tagId": 366278632,
            "tag": {
              "id": 366278632,
              "slug": "creator",
              "name": "クリエイター(用語)",
              "description": "クリエイターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477658,
            "tagId": 366279947,
            "tag": {
              "id": 366279947,
              "slug": "short-video",
              "name": "ショートビデオ / 短編動画(用語)",
              "description": "ショートビデオ / 短編動画に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477658,
            "tagId": 692510639,
            "tag": {
              "id": 692510639,
              "slug": "video-editing",
              "name": "動画(ビデオ)撮影 / 動画編集 / 動画制作(用語)",
              "description": "動画(ビデオ)撮影 / 動画編集 / 動画制作に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477725,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477725,
        "slug": "hey-stores-paypay",
        "createdAt": "2022-03-30T01:08:46.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T01:08:46.000Z",
        "title": "ECサイト制作サービスのSTORES、開設したネットショップでPayPay決済が可能に―実店舗とECの融合(OMO)実現",
        "content": "<p>商売のデジタル化を支援する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hey.jp/\" rel=\"noopener\">hey</a>(ヘイ)は3月29日、ネットショップ開設サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://stores.jp/ec\" rel=\"noopener\">STORES</a>」(ストアーズ)において、キャッシュレス決済サービスの<a target=\"_blank\" href=\"https://paypay.ne.jp/\" rel=\"noopener\">PayPay</a>と連携したことを発表した。今回の連携により、STORESで開設したネットショップでは、従来のクレジットカード、コンビニ決済、銀行振込、キャリア決済などに加えて、PayPayでの決済も<a target=\"_blank\" href=\"https://stores.jp/ec/functions/payment\" rel=\"noopener\">可能となった</a>。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-477730\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?w=1024\" alt=\"ECサイト制作サービスのSTORES、開設したネットショップでPayPay決済が可能に―実店舗とECの融合(OMO)実現\" width=\"1024\" height=\"651\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg 1690w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?resize=300,191 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?resize=768,489 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?resize=1024,651 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?resize=1536,977 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?resize=629,400 629w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?resize=400,254 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?resize=738,469 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?resize=566,360 566w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?resize=220,140 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?resize=270,172 270w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?resize=197,125 197w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?resize=125,80 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?resize=94,60 94w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?resize=868,552 868w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?resize=577,367 577w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-001b.jpg?resize=50,32 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>heyは、2021年6月に実店舗オーナー・従業員へのアンケート調査を実施(n=444)。その結果「実店舗とネットショップの両方を運営している」「今後、両方を運営していきたい」と回答した事業者は82%に上り、同社は実店舗とネットショップを融合したマルチチャネル化、OMO(Online Merges with Offline)化の動きが進みつつあると指摘。今回、中小規模の店舗でも多数の導入実績を持つPayPayと連携したことで、今後も双方の特性を活かし「実店舗とネットショップの融合」を支援することで、より多くの中小事業者の成長に貢献できるようサービスを展開していきたいという。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-477729 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?w=1024\" alt=\"ECサイト制作サービスのSTORESがPayPayと連携、開設したネットショップでPayPay決済が可能に―実店舗とECの融合(OMO)実現\" width=\"1024\" height=\"614\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?resize=300,180 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?resize=768,461 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?resize=1024,614 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?resize=1536,922 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?resize=667,400 667w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?resize=400,240 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?resize=738,443 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?resize=600,360 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?resize=220,132 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?resize=281,169 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?resize=208,125 208w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?resize=125,75 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?resize=100,60 100w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?resize=920,552 920w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?resize=50,30 50w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-002.jpg?resize=216,130 216w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>PayPayは登録ユーザー数4500万人以上、加盟店数355万カ所以上のキャッシュレス決済サービス(店舗やタクシーなど、PayPay登録カ所数の累計。2021年12月時点)。</p>\n<p>STORESは、ASPカート型のネットショップを開設できるサービス。ひな型となるデザインテンプレートを多数提供し、ウェブサイトデザインやネットワーク関連の知識がなくともECサイトを作ることが可能。商品の予約販売機能、電子チケットの販売機能、顧客管理機能なども備えており、中小事業者を中心に利用されている。</p>\n",
        "authorId": 191889578,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 191889578,
          "slug": "satokosato",
          "name": "Satoko Sato",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477725,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477725,
            "tagId": 366272423,
            "tag": {
              "id": 366272423,
              "slug": "cashless",
              "name": "キャッシュレス決済(用語)",
              "description": "キャッシュレス決済に関連する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 477725,
            "tagId": 366272777,
            "tag": {
              "id": 366272777,
              "slug": "net-shopping",
              "name": "ネットショッピング / eコマース(用語)",
              "description": "ネットショッピングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477725,
            "tagId": 366277489,
            "tag": {
              "id": 366277489,
              "slug": "hey",
              "name": "hey(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477725,
            "tagId": 366279429,
            "tag": {
              "id": 366279429,
              "slug": "paypay",
              "name": "PayPay",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477725,
            "tagId": 692506936,
            "tag": {
              "id": 692506936,
              "slug": "online-merges-with-offline",
              "name": "OMO / Online Merges with Offline(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477725,
            "tagId": 692509752,
            "tag": {
              "id": 692509752,
              "slug": "retail",
              "name": "小売(用語)",
              "description": "小売に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477672,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477672,
        "slug": "2022-03-29-otter-ai-meeting-summary-feature",
        "createdAt": "2022-03-30T01:00:57.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T00:17:52.000Z",
        "title": "Otter.aiがAIによる新しい会議サマリー機能とコラボツールの提供を開始",
        "content": "<p>AIを活用した音声採録サービス<a target=\"_blank\" href=\"https://otter.ai/\" rel=\"noopener\">Otter.ai</a>(オッターエーアイ)は、コラボレーションを促進するための会議に特化した新機能群をリリースすると、米国時間3月29日に<a target=\"_blank\" href=\"https://otter.ai/blog/meet-the-new-otter-the-one-stop-for-meeting-needs-for-the-half-billion-hybrid-work-professionals\" rel=\"noopener\">発表した</a>。最も注目すべきは、Otter独自のAIを利用して会議の概要を自動的に作成する「Automatic Outline(自動アウトライン)」機能を新たに追加することだ。この新機能は、録音を聞いたり、議事録全体を読んだりすることなく、会議中に同僚が何を話したかを把握できるようにすることを目的としている。新しい会議サマリーは、プラットフォーム上の「Outline(アウトライン)」パネルに表示される。</p>\n<p>また、Otter.aiは、会議のアクションアイテム、決定事項、重要な瞬間を記録するための新しい「Meeting Gems(ミーティング・ジェム)」パネルも導入している。このパネルを使って、項目の割り当て、コメントの追加、質問などを行うことができる。ユーザーは、ノート内の断片をハイライトすることで、ミーティングから直接Meeting Gemsを生成することができる。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/vdmHxFwZCCU?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>また、Otter Assistant(オッター・アシスタント)を使って、バーチャルミーティング中に提示されたミーティングスライドやその他の画像をOtterノートに直接追加することもできるようになった。また、ホームフィードでは、会議と会議後の行動を優先的に表示するようになった。再設計されたホームフィードを使用して、共有された会話、ハイライトとコメント、タグ付けされたアクションアイテムにアクセスすることができる。最後に、Google(グーグル)やMicrosoft Outlook(マイクロソフト・アウトルック)のカレンダーをOtterに接続しているユーザーは、カレンダーパネルから直接ミーティングに参加できるようになった。</p>\n<p>「私たちは、会議であまりにも多くの時間を費やしており、私は会議をより生産的にするためのAIの力に本当に興奮しています」と、Otter.aiの共同創設者兼CEOであるSam Liang(サム・リャン)氏は、声明の中で述べている。「新しいOtterは、会議のコラボレーションをより簡単かつ迅速にします。今日のハイブリッド、対面、バーチャル会議でのコミュニケーションを改善したいビジネスチームにとって、必須のツールになります」。</p>\n<p>この新機能は、2021年8月に同サービスが発表した「<a target=\"_blank\" href=\"/2021/05/20/2021-05-19-otter-ais-new-assistant-can-automatically-transcribe-your-zoom-meetings/\" rel=\"noopener\">Otter Assistant</a>」機能をベースにしており、カレンダー上の会議に自動的に参加し、会話を書き起こし、そのメモを他の参加者と共有することができる。このアシスタント機能は、会議の開始時に有効にしたり、終了時に無効にしたりすることを常に覚えておく必要がないように設計されており、また、会議の進行中に参加者が質問や写真の共有など、コラボレーションを行う場所としても機能する。</p>\n<p>アシスタントは、まずZoomで開始され、その後Microsoft Teams(マイクロソフト・チーム)、Google Meet(グーグル・ミート)、Cisco Webex(シスコ・ウェベックス)に拡大された。このツールを使用するには、ユーザーは自分のカレンダーを同サービスと同期させる必要がある。その後、アシスタントは自動的に今後のすべての会議に参加し、透明性を高めるために、別の参加者として会議に表示されるようになる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Otter.ai<br />\n</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/29/otter-ai-meeting-summary-feature/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Yuta Kaminishi)</p>\n",
        "authorId": 191889573,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/otter-ai-meetings.webp",
        "author": {
          "id": 191889573,
          "slug": "yuta-kaminishi",
          "name": "Yuta Kaminishi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477672,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477672,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477672,
            "tagId": 57504,
            "tag": {
              "id": 57504,
              "slug": "voice-recognition",
              "name": "音声認識 / Voice Recognition(用語)",
              "description": "人間の声などをコンピュータに認識させて、言葉を文字列に変換したり、発声している人を識別する技術。\r\n"
            }
          },
          {
            "postId": 477672,
            "tagId": 366273523,
            "tag": {
              "id": 366273523,
              "slug": "video-chat",
              "name": "ビデオ通話 / ビデオチャット / ビデオ会議 / オンライン会議(用語)",
              "description": "オンライン会議 / ビデオ通話(用語)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477672,
            "tagId": 366278985,
            "tag": {
              "id": 366278985,
              "slug": "meeting",
              "name": "会議 / ミーティング(用語)",
              "description": "会議 / ミーティングに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477672,
            "tagId": 692508189,
            "tag": {
              "id": 692508189,
              "slug": "otter-ai",
              "name": "Otter.ai(企業・サービス)",
              "description": "オンラインミーティングやウェビナーの録音に使われているAIを利用した音声文字起こしサービス、それを提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477716,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477716,
        "slug": "2022-03-29-apple-mlb-friday-night-baseball-free",
        "createdAt": "2022-03-30T00:45:06.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T03:51:41.000Z",
        "title": "アップルとMLBが12週にわたり金曜ナイトゲームを無料ライブストリーミング配信、日本でも視聴可能",
        "content": "<p>3月初め、Apple(アップル)はメジャーリーグベースボール(MLB)と初のライブスポーツ契約を締結し、2022年シーズンに向けて多くの試合やその他のMLBコンテンツをApple TV+サービスに提供することを<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/09/2022-03-08-apple-tv-to-stream-weekly-major-league-baseball-games-in-its-first-live-sports-deal/\" rel=\"noopener\">発表</a>した。米国時間3月29日、Appleは「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.apple.com/jp/newsroom/2022/03/apple-and-major-league-baseball-to-offer-friday-night-baseball/\" rel=\"noopener\">Friday Night Baseball</a>(フライデーナイト・ベースボール)」の最初の12週間のダブルヘッダースケジュールを公開し、インターネットにアクセスできる人なら誰でも、Apple TV+のサブスク契約なしで自由に視聴できるようにすると発表した。</p>\n<p>以前Appleは、フライデーナイトゲームのいくつかを「期間限定」で無料提供することを示唆していたが、その数については詳しく述べていなかった。この提供により、より多くのユーザーが、Apple TV+サブスクリプションにコミットする前に試してみるようになる可能性がある。AppleはTechCrunchに対し、消費者が無料でゲームをストリーミングするために、TV+のサブスクリプションや無料トライアルにサインアップする必要がないことを確認した。</p>\n<p>Appleによると「Friday Night Baseball」スケジュールの前半は、4月8日に配信開始される予定。最初の試合は、New York Mets(ニューヨーク・メッツ)とWashington Nationals(ワシントン・ナショナルズ)の対戦で、ワシントンD.C.のNationals Park(ナショナルズ・パーク)から米国東部夏時間午後7時に生中継される。その後、Apple TV+では米国東部夏時間午後9時30分から、Houston Astros(ヒューストン・アストロズ)対Los Angeles Angels(ロサンゼルス・エンゼルス)戦をAngel Stadium(エンゼル・スタジアム)から生中継する。</p>\n<p>その後も「Friday Night Baseball」ダブルヘッダーは、レギュラーシーズン中、Apple TV+で8カ国の野球ファンに向けて配信され続ける予定だ。6月24日までの前半のスケジュールは、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.apple.com/jp/newsroom/2022/03/apple-and-major-league-baseball-to-offer-friday-night-baseball/\" rel=\"noopener\">こちら</a>でご覧いただける。シーズン後半に行われるフライデーナイトゲームもAppleが無料にする予定かどうかについては、まだ不明だ。</p>\n<p>MLBのシーズン開幕は労働争議で<a target=\"_blank\" href=\"https://www.mlb.com/news/mlb-postpones-opening-day-to-april-14\" rel=\"noopener\">延期</a>されていたが、それも解消された。</p>\n<p>米国のファンは、ハイライトや進行中の試合のチェックを中心とした新しいライブ番組「MLB Big Inning」も視聴できるようになり、そちらはレギュラーシーズン中は毎晩放送される予定だ。さらに、米国とカナダのファンは、MLBの試合のリプレイ、ニュース、分析、ハイライト、クラシックゲームなどを含む24時間365日の新しいライブストリームと、ハイライトやその他のMLBオリジナルコンテンツを含むオンデマンド番組にアクセスできるようになる。試合や番組は、Apple TV+サービス全体でストリーミング配信され、地方放送の制限を受けずに視聴できる。</p>\n<p>Appleはまた、4月15日は殿堂入り選手Jackie Robinson(ジャッキー・ロビンソン)のメジャーリーグデビュー75周年となることから、MLBがジャッキー・ロビンソン・デーを記念することにも言及している。</p>\n<p>その夜、Appleの「Friday Night Baseball」では、元アメリカンリーグのジャッキー・ロビンソン新人王Randy Arozarena(ランディ・アロザレーナ)選手、オールスターでショートを務めたTim Anderson(ティム・アンダーソン)選手とChicago White Sox(シカゴ・ホワイトソックス)を訪問する特別中継を実施する予定だ。さらに記念イベントの一環として、2020年のナショナルリーグMVPであるFreddie Freeman(フレディ・フリーマン)選手と彼の新しいDodgers(ドジャーズ)のチームメイトが、昨シーズンのナショナルリーグのジャッキー・ロビンソン新人王Jonathan India(ジョナサン・インディア)選手とCincinnati Reds(シンシナティ・レッズ)をホストとして迎える。</p>\n<p>Appleによると、レギュラーシーズン中の追加試合日程、放送チーム、制作の強化、試合前後の中継など、その他のプレゼンテーションの詳細については後日発表されるとのこと。</p>\n<p>同ストリーミングサービスの「Friday Night Baseball」では、試合前後の関連番組もライブ配信される。</p>\n<p>試合は以下の国でストリーミング配信される予定だ。</p>\n<ul>\n<li>米国</li>\n<li>カナダ</li>\n<li>オーストラリア</li>\n<li>ブラジル</li>\n<li>日本</li>\n<li>メキシコ</li>\n<li>プエルトリコ</li>\n<li>韓国</li>\n<li>英国</li>\n</ul>\n<p>今回の「Friday Night Baseball」は、Appleにとって初のライブスポーツへの参入となるが、かなり以前から同社のストリーミングサービスに追加することを検討していたと<a target=\"_blank\" href=\"https://www.mlb.com/news/mlb-postpones-opening-day-to-april-14\" rel=\"noopener\">いわれるもの</a>だ。しかし、このローンチは、Appleがその市場地位と多額の資金を活用して、他のストリーミング配信業者がなかなかできないようなことを行えるという例でもある。つまり、潜在的な加入者に対するサービスのマーケティング手段として、無料でライブスポーツを提供するというようなことだ。</p>\n<p>試合は、iPhone、iPad、Mac、Apple TV上のApple TVアプリをはじめ、一部のスマートテレビ、ゲーム機、ケーブルTVのセットトップボックスなど、Apple TV+が搭載されているすべてのデバイスで視聴することができる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Apple</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/29/apple-mlb-friday-night-baseball-free/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Apple-TV-plus-MLB-Friday-Night-Baseball-hero.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477716,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477716,
            "tagId": 1374,
            "tag": {
              "id": 1374,
              "slug": "mlb",
              "name": "MLB",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477716,
            "tagId": 610013,
            "tag": {
              "id": 610013,
              "slug": "apple-tv",
              "name": "Apple TV(製品・サービス)",
              "description": "Appleが開発・販売するテレビ用セットトップボックス。"
            }
          },
          {
            "postId": 477716,
            "tagId": 366272091,
            "tag": {
              "id": 366272091,
              "slug": "sports",
              "name": "スポーツ / アスリート(用語)",
              "description": "スポーツ / アスリートに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477716,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477716,
            "tagId": 692509073,
            "tag": {
              "id": 692509073,
              "slug": "baseball",
              "name": "野球(用語)",
              "description": "野球に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477716,
            "tagId": 692509924,
            "tag": {
              "id": 692509924,
              "slug": "apple-tv-plus",
              "name": "Apple TV+(製品・サービス)",
              "description": "アップルの動画配信サービス。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477688,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477688,
        "slug": "ukraine-use-telegram-chatbot-track-russia-troop",
        "createdAt": "2022-03-30T00:30:53.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T21:42:59.000Z",
        "title": "ウクライナ政府がロシア軍の追跡手段をDX、Telegramチャットボットを作成し活用・認証アプリで偽情報をブロック",
        "content": "<div id=\"attachment_477690\" style=\"width: 810px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477690\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-477690\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg?w=800\" alt=\"ウクライナ政府がロシア軍の追跡手段をDX、Telegramチャットボットを作成し活用・認証アプリで偽情報をブロック\" width=\"800\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg 800w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-001.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 800px) 100vw, 800px\" /><p id=\"caption-attachment-477690\" class=\"wp-caption-text\">Thomas Trutschel via Getty Images</p></div>\n<p>ウクライナ政府は、Telegramアプリにチャットボットを作成し、ユーザーがiPhoneを使ってロシア軍が侵入した情報を防衛側に報告できるようにしたと報じられています。</p>\n<p>ロシアのウクライナ侵攻の始まりは、<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/apple-halts-sales-all-products-russia-025100935.html\" rel=\"noopener\">Googleマップやアップルのマップで察知されていました</a>が、今やウクライナ政府が意図的に個人向けテクノロジーを活用する事態にいたっています。</p>\n<p>現地メディアのUkrainian Newsによれば、ウクライナのDX(デジタルトランスフォーメーション)省は「eVororog」または「eBopor」(英訳すると「e-Enemy」)など様々なチャットボットを作成したとのことです。これは独立したアプリではないため、ロシアもかつて(国内の)<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/russia-agents-threatend-apple-google-over-protest-vote-app-091002685.html\" rel=\"noopener\">App Storeから野党支援アプリを削除させた</a>ように簡単にはいかないというわけです。</p>\n<p>このチャットボットはTelegramの@「everog_botチャンネル」になっている&#8212;とミハイル・フェドロフ副首相が自らのTelegramチャンネルで説明しています。</p>\n<p>フェドロフ氏によれば、他にデータを集める方法もあったかもしれないが、破壊工作員が偽の写真やデマを混ぜる恐れがあると示唆。そこでウクライナ国民であることを認証するため、DX省の無料アプリ「Diya」が使われているそうです。</p>\n<p>ユーザーがチャットボットへの投稿を許可されると、目撃したものを正確に詳しく入力するよう求められるとのこと。そこで軍隊を見たか、戦車などの装備を見たかをiPhoneを通じて正確な位置を送信し、可能であれば写真やビデオを添付することになります。</p>\n<p><script async src=\"https://telegram.org/js/telegram-widget.js?18\" data-telegram-post=\"zedigital/1321\" data-width=\"100%\"></script></p>\n<p>Ukrainian Newsは、このチャットボットがどれほどの効果があるのか、まだ詳しく報じていません。しかしTwitter上では、20万人以上のウクライナ人が「eBopor」を使って1万6000人以上のロシア兵士や4000台もの車両の破壊に繋がったと主張しています。</p>\n<p>どちらの陣営であれ人命が失われることは絶対にあってはなりませんが、ハイテクが悲惨な戦火の終結に貢献するよう祈りたいところです。</p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://ukranews.com/news/840221-v-ukraine-sozdali-chatbot-evorog-cherez-kotoryj-mozhno-soobshhit-o-peredvizhenii-okkupanta\" rel=\"noopener\">Ukrainian News</a>。Via <a target=\"_blank\" href=\"https://appleinsider.com/articles/22/03/28/ukrainians-using-telegram-chatbot-to-track-russian-troop-movements-target-attacks/amp/\" rel=\"noopener\">AppleInsider</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/ukraine-use-telegram-chatbot-track-russia-troop-063032654.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-002-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477688,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477688,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477688,
            "tagId": 365103719,
            "tag": {
              "id": 365103719,
              "slug": "telegram",
              "name": "Telegram(企業・サービス)",
              "description": "インスタントメッセージアプリ、開発、提供する米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477688,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477688,
            "tagId": 366273789,
            "tag": {
              "id": 366273789,
              "slug": "messaging-app",
              "name": "メッセージ / メッセージングアプリ(用語)",
              "description": "メッセージ / メッセージングアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477688,
            "tagId": 366276146,
            "tag": {
              "id": 366276146,
              "slug": "chatbot",
              "name": "チャットボット(用語)",
              "description": "チャットボットに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477686,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477686,
        "slug": "2022-03-28-tiktok-is-testing-a-watch-history-feature-to-make-it-easier-to-uncover-lost-videos",
        "createdAt": "2022-03-30T00:00:18.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T23:38:44.000Z",
        "title": "TikTokが保存し損ねた動画を発見しやすくする「視聴履歴」機能をテスト中",
        "content": "<p>TikTok(ティックトック)は「For You(おすすめ)」ページに表示された動画のうち、保存する機会が逃してしまったものを見つけることができる新しい「Watch history(視聴履歴)」機能を、一部のユーザーを対象にテストしている。</p>\n<p>TikTokではコンテンツが常に流れているため、誤って「For You」ページを更新してしまい「いいね」を押す前に動画が消えてしまうことは、ユーザーにとってよくある問題だ。TikTokはこの問題を解決する機能の追加を検討しているようだ。</p>\n<p>同社は、テストを拡大してより多くのユーザーにこの機能を展開する計画があるかという質問に対し、現時点ではテストについてこれ以上発表できることはないと、TechCrunchにメールで回答した。</p>\n<p>「私たちのコミュニティに価値をもたらし、TikTok経験を豊かにするための新しい方法を、私たちは常に考えています」と、コメントを求められたTikTokの広報担当者はTechCrunchに語った。</p>\n<p>この機能は、ソーシャルメディアプラットフォームで現在テスト中の機能を発見することが多いTwitter(ツイッター)ユーザーのHammod Oh(ハモッド・オー)氏が最初に発見し、ソーシャルメディアコンサルタントのMatt Navarra(マット・ナバラ)氏がこれに注目した。ハモッド・オー氏や他のユーザーが投稿したスクリーンショットによると、TikTokユーザーの「Watch history」は、アプリの設定にある「コンテンツとアクティビティ」のセクションからアクセスできるようになるとのこと。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"und\" dir=\"ltr\">NEW! TikTok Watch History <a href=\"https://t.co/vxXy9L0VJb\">https://t.co/vxXy9L0VJb</a></p>\n<p>&mdash; Matt Navarra (@MattNavarra) <a href=\"https://twitter.com/MattNavarra/status/1507779877889613833?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 26, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>今回のテストが実施される前に、TikTokのユーザーの中には、この失われた動画を見つける回避策を見つけた人もいる。2022年1月、TikTokユーザーの「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tiktok.com/@rachforaday/video/7056795140278504710?referer_url=https%3A%2F%2Fwww.cosmopolitan.com%2Fuk%2Fentertainment%2Fa39033419%2Ffind-recently-watched-tiktok-history%2F&amp;referer_video_id=7056795140278504710&amp;refer=embed\" rel=\"noopener\">rachforaday</a>」氏は、同プラットフォーム上で失われたビデオを発見するプロセスをユーザーに説明する動画を投稿した。この動画では、ユーザーに「Discover(トレンド)」ページから検索をクリックし、アスタリスクを入力して、検索フィルタータブで「視聴済み動画」ボタンを切り替えるように指示している。適用をクリックすると、過去7日間に見た動画のリストが表示される。この動画は絶大な支持を集め、3200万回以上再生され、550万以上の「いいね」を獲得している。</p>\n<p>ユーザーが見失ったTikTok動画を発掘する方法は、これだけではない。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.alphr.com/watch-history-tiktok/\" rel=\"noopener\">別の回避策</a>では、アプリからデータ全体をダウンロードするプロセスを通して「動画の閲覧履歴」を見ることができるZipファイルにアクセスするように指示している。</p>\n<p>TikTokの視聴履歴機能が正式導入されれば、ユーザーが見失った動画を見つけるプロセスがずっと簡単になり、上記のような回避策の必要性はなくなるはずだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:TOLGA AKMEN / Contributor / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/tiktok-is-testing-a-watch-history-feature-to-make-it-easier-to-uncover-lost-videos/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1238371359-1.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477686,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477686,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477686,
            "tagId": 49818,
            "tag": {
              "id": 49818,
              "slug": "social-media",
              "name": "ソーシャルメディア(用語)",
              "description": "ソーシャルメディアに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477686,
            "tagId": 5938293,
            "tag": {
              "id": 5938293,
              "slug": "tiktok",
              "name": "TikTok(製品・サービス)",
              "description": "TikTok は、中国のByteDanceが開発運営するモバイル向けショートビデオのプラットフォームである。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477590,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477590,
        "slug": "2022-03-28-pinterest-to-invest-an-additional-1-2-million-in-its-creator-fund-for-underrepresented-groups",
        "createdAt": "2022-03-29T06:00:20.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T05:40:08.000Z",
        "title": "Pinterestがクリエイター向けファンドへの投資を大幅に追加",
        "content": "<p>競合各社がクリエイターに熱を上げる中、Pinterest(ピンタレスト)は米国時間3月28日、Creator Fundへの当初の投資を大幅に増やし、まだ評価を得ていないクリエイター層に対し現金での支援、広告のクレジット、その他のリソースとして追加で120万ドル(約1億4800万円)を投じると<a target=\"_blank\" href=\"http://business.pinterest.com/blog/creator-fund-expansion-2022\" rel=\"noopener\">発表した</a>。同社は2021年に<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/04/07/pinterest-announces-500k-creator-fund-creator-code-content-policy-moderation-tools-and-more/\" rel=\"noopener\">50万ドル(約6200万円)のCreator Fund</a>を開始すること、および新しいコンテンツポリシーとクリエイター向けツールを発表していた。ただ、Pinterestが投資を増やしクリエイターとの関わりを強化するものの、Meta(メタ)やYouTube(ユーチューブ)、TikTok(ティックトック)、Snap(スナップ)といったソーシャル大手の大がかりな取り組みに比べると、その規模はまだ小さい。</p>\n<p>Pinterestは2021年4月にCreator Fundを発表し、同年秋には米国でクリエイターの報酬としてさらに<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/20/pinterest-gets-more-tiktok-like-with-a-watch-tab-for-videos-announces-20m-in-creator-rewards/\" rel=\"noopener\">2000万ドル(約24億6000万円)を投じる</a>と発表した。この報酬は「チャレンジ」への参加に対してクリエイターに直接支払われる。ただしこの取り組みはCreator Fundの一環ではないとされている。同社は、Creator Fundは資金と教育の両方のリソースを提供して、まだ評価を得ていない層のクリエイターを支援することに特化していると説明している(TechCrunchの問い合わせに対し、同社は新たに投資する120万ドル[約1億4800万円]のうちどの程度を現金で支援するのかについて明らかにしなかった)。</p>\n<p>PinterestはCreator Fundの拡張にともない、四半期ごとに5週間のサイクルをコンテンツのテーマを変えてクリエイターに提供する。テーマはファッションとビューティー、ウェルネス、ライフスタイルとホーム、フードが予定されている。2022年の4サイクルのうち最初のサイクルではファッションとビューティーを取り上げ、このサイクルでは初のブランドパートナーとしてL&#8217;Oréal USA(ロレアルUSA)の後援を受ける。Creator Fundの参加者はPinterestが提供するトレーニングを受けられる他、L&#8217;Oréal USAから美容業界のインサイトとこの分野における専門家のサポートも提供される。参加するクリエイターは現在<a target=\"_blank\" href=\"https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdAjOiVIx4rPAPx_YVj-30aJ1zirwSUZss_dwLk_T4ATN-9wQ/viewform\" rel=\"noopener\">募集中</a>だ。</p>\n<p>Creator Fundの参加者は、現金での支援と広告クレジット、機材の提供を受け、さらにブランドパートナーになるチャンスやクリエイター向けカンファレンスへの参加、さらにPinterestのプロダクトをいち早く目にする機会もあると同社は述べている。</p>\n<p>当初のファンド、そして以前に発表された2000万ドル(約24億6000万円)の報酬よりも大幅に増額されたが、それでもクリエイターに対するPinterestの取り組みは競合に遅れをとっている。</p>\n<p>比較のために挙げると、<a target=\"_blank\" href=\"/2020/07/27/2020-07-23-tiktok-creator-fund-200-million-us/\" rel=\"noopener\">TikTok</a>は2020年に独自のクリエイターファンドを2億ドル(約246億円)で立ち上げたが、向こう3年間で10億ドル(約1230億円)以上にまで拡大するとしている。<a target=\"_blank\" href=\"/2021/07/15/2021-07-14-facebook-creator-bonuses/\" rel=\"noopener\">Meta</a>も10億ドル(約1230億円)のクリエイター向けボーナスプログラムを発表した。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/08/03/youtubes-100-million-shorts-fund-to-challenge-tiktok-goes-live/\" rel=\"noopener\">YouTube</a>はTikTokへの対抗策としてYouTubeショートのクリエイター向けとして2021年に1億ドル(約123億円)のファンドを発表したが、過去3年間で合計300億ドル(約3兆6900億円)を超えるクリエイターへの幅広い投資を<a target=\"_blank\" href=\"https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-08-23/youtube-boasts-30-billion-in-payments-as-creator-wars-heat-up\" rel=\"noopener\">喧伝している</a>。そして<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/16/2021-12-14-snap-paid-250-million-to-creators-on-its-tiktok-clone-this-year/\" rel=\"noopener\">Snap</a>も最近、TikTokに似たSpotlightのクリエイターに対し、2021年に2億5000万ドル(約307億5000万円)を支払ったと述べた。</p>\n<p>これらに対し、Pinterestはクリエイターに対する取り組みを始めたばかりだ。この1年間ほど、同社はそのプラットフォームをインスピレーションやアイデア、販売のための画像のピンボードから、動画や<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/27/pinterest-rolls-out-new-features-that-let-creators-make-money-from-pins/\" rel=\"noopener\">動画に関連する収益化</a>の取り組みを通じてクリエイターのコミュニティに資するものにシフトしようと試みている。2021年5月にはクリエイター向け動画ファースト機能でTikTokとストーリーをミックスしたような「<a target=\"_blank\" href=\"/2021/05/19/2021-05-18-pinterest-introduces-idea-pins-a-video-first-feature-aimed-at-creators/\" rel=\"noopener\">アイデアピン</a>」を正式に発表した。Pinterestユーザーは、BGMやトランジション、さまざまなインタラクティブ要素など他のソーシャルプラットフォームと似たツールでクリエイティブなコンテンツを録画し、編集できる。しかしTikTokの動画とは異なり、Pinterestのアイデアピンは、例えばクリエイターがレシピやDIYの製作過程などを共有するページといった動画以外のコンテンツも組み合わせられるようになっている。</p>\n<p>2021年秋にPinterestは、ビデオのピンを簡単にスクロールできる<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/20/pinterest-gets-more-tiktok-like-with-a-watch-tab-for-videos-announces-20m-in-creator-rewards/\" rel=\"noopener\">「Watch」タブ</a>をアプリに追加した。この取り組みがどの程度効果を上げているかは、今のところ明らかにされていない。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theinformation.com/articles/indecision-at-pinterest\" rel=\"noopener\">The Information</a>は最近、PinterestはオンラインショッピングプラットフォームのVerishopを買収しようとしたが、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/21/2021-10-20-paypal-said-to-be-exploring-potential-acquisition-of-pinterest/\" rel=\"noopener\">Pinterestが買収されると取り沙汰</a>される中で決断は先延ばしになったと報じた。Verishopは買収に乗り気ではなかった。</p>\n<p>Pinterestによれば、同社Creator Fundプログラムを修了した参加者は平均で60%フォロワーが増えたという。しかし比較の基準がないので、クリエイターの実際の成果やもっと広い意味でのPinterestへの影響はなかなか理解できない。</p>\n<p>Pinterestは、2022年後半には米国以外にもCreator Fundを拡大する計画であるとしている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Pinterest</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/pinterest-to-invest-an-additional-1-2-million-in-its-creator-fund-for-underrepresented-groups/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/pinterest-creator-fund.webp",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477590,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477590,
            "tagId": 49818,
            "tag": {
              "id": 49818,
              "slug": "social-media",
              "name": "ソーシャルメディア(用語)",
              "description": "ソーシャルメディアに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477590,
            "tagId": 81819,
            "tag": {
              "id": 81819,
              "slug": "facebook",
              "name": "Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)",
              "description": "世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス。それを運営する企業。2021年10月に「Meta」に社名変更。"
            }
          },
          {
            "postId": 477590,
            "tagId": 110854,
            "tag": {
              "id": 110854,
              "slug": "snap",
              "name": "Snap(企業)",
              "description": "Snapは、Snapchatを提供する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477590,
            "tagId": 5938293,
            "tag": {
              "id": 5938293,
              "slug": "tiktok",
              "name": "TikTok(製品・サービス)",
              "description": "TikTok は、中国のByteDanceが開発運営するモバイル向けショートビデオのプラットフォームである。"
            }
          },
          {
            "postId": 477590,
            "tagId": 36592502,
            "tag": {
              "id": 36592502,
              "slug": "pinterest",
              "name": "Pinterest(企業)",
              "description": "Pinterestは、ピンボード風の写真共有ウェブサイト。"
            }
          },
          {
            "postId": 477590,
            "tagId": 366278632,
            "tag": {
              "id": 366278632,
              "slug": "creator",
              "name": "クリエイター(用語)",
              "description": "クリエイターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477590,
            "tagId": 692510639,
            "tag": {
              "id": 692510639,
              "slug": "video-editing",
              "name": "動画(ビデオ)撮影 / 動画編集 / 動画制作(用語)",
              "description": "動画(ビデオ)撮影 / 動画編集 / 動画制作に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477590,
            "tagId": 692513087,
            "tag": {
              "id": 692513087,
              "slug": "youtube",
              "name": "YouTube / ユーチューブ(製品・サービス)",
              "description": "YouTube / ユーチューブに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477590,
            "tagId": 692514358,
            "tag": {
              "id": 692514358,
              "slug": "reward",
              "name": "報奨 / 報奨金 / 報酬(用語)",
              "description": "報奨 / 報奨金 / 報酬に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477590,
            "tagId": 692517088,
            "tag": {
              "id": 692517088,
              "slug": "creator-fund",
              "name": "クリエイターファンド(用語)",
              "description": "クリエイターファンドに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477593,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477593,
        "slug": "2022-03-28-spotify-covid-19-content-advisory-joe-rogan",
        "createdAt": "2022-03-29T05:45:22.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T05:33:17.000Z",
        "title": "Spotify、ジョー・ローガン氏の騒動から2カ月経ってようやく新型コロナの注意喚起機能を追加",
        "content": "<p>わずか数カ月前、ニュースを聞いたり、Twitterを読んだり、保守的な叔父と話をしたりする際には、Spotify(スポティファイ)と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nytimes.com/2022/02/17/arts/music/spotify-joe-rogan-misinformation.html\" rel=\"noopener\">2億ドル(約246億5000万円)以上</a>の独占契約を結んでいるJoe Rogan(ジョー・ローガン)氏の話題に触れずに済ますことはできなかった。1月には、270人の医師と科学者がSpotifyに対する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.rollingstone.com/culture/culture-news/covid-misinformation-joe-rogan-spotify-petition-1282240/\" rel=\"noopener\">公開書簡</a>を発表し、Spotifyの<a target=\"_blank\" href=\"https://podcastcharts.byspotify.com/\" rel=\"noopener\">チャートで上位を占め</a>、ウイルスに関する誤った物語の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.mediamatters.org/joe-rogan-experience/joe-rogan-wrapped-year-covid-19-misinformation-right-wing-myths-and-anti-trans\" rel=\"noopener\">温床として繰り返し機能している</a>ローガン氏のポッドキャストに鑑みて、誤情報対策を講じるよう要求した。その後、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/27/2022-01-26-spotify-neil-young-joe-rogan/\" rel=\"noopener\">Neil Young</a>(ニール・ヤング)や<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/30/2022-01-29-joni-mitchell-joins-neil-young-pulls-her-music-from-spotify-over-vaccine-misinformation/\" rel=\"noopener\">Joni Mitchell</a>(ジョニ・ミッチェル)といった音楽界の大物たちが抗議の意を込めて、このプラットフォームからライブラリを引き上げたため、Spotifyは遅ればせながら<a target=\"_blank\" href=\"https://newsroom.spotify.com/2022-01-30/spotify-platform-rules/\" rel=\"noopener\">プラットフォームのルール</a>を公表することになった。そして今回Spotifyは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について語るポッドキャストに、開始する約束から2カ月経って、コンテンツに関する注意喚起を行う機能をようやく導入した。</p>\n<p>この注意喚起は、新型コロナを取り上げたポッドキャストのエピソードの上に表示される青いバーで、リスナーはクリックして詳細を確認するよう促される。これは、2020年3月に<a target=\"_blank\" href=\"/2020/03/27/2020-03-25-spotify-adds-fundraising-features-and-a-covid-19-news-hub-to-address-the-health-crisis/\" rel=\"noopener\">追加された</a>同社の<a target=\"_blank\" href=\"https://open.spotify.com/genre/corona_news_podcasts-page\" rel=\"noopener\">新型コロナ情報ハブ</a>にユーザーを誘導するものだ。TechCrunchはSpotifyに、どのポッドキャストエピソードが新型コロナを扱っているかをどのように判断しているかを質問した。どうやら、エピソードのタイトル、説明、タグなどのメタデータに「新型コロナ」「coronavirus(コロナウイルス)」「pandemic(パンデミック)」といった単語が出てくると注意が表示されるようだが、Spotifyからはこの機能がどう働くかの回答は返ってきていない。もしこれが単なるメタデータのスキャンだとしたら、新型コロナ情報ハブ内のコンテンツはすでに揃っていたのに、なぜ丸2カ月もの時間を要したのかが不明だ。</p>\n<p>Twitter(ツイッター)といった他のソーシャルプラットフォームは、新型コロナの誤報の拡散に対抗するために、より迅速に行動している。米国でのロックダウンが始まった数日後には、Twitterはウイルスの拡散を助長するようなツイートを<a target=\"_blank\" href=\"/2020-03-18-twitter-coronavirus-covid-19-misinformation-policy\" rel=\"noopener\">禁止した</a>。その2カ月後には、虚偽の情報を含む可能性のあるツイートに対して、新型コロナウイルス注意喚起を行う機能を<a target=\"_blank\" href=\"/2020/05/13/2020-05-11-twitter-to-add-labels-and-warning-messages-to-disputed-and-misleading-covid-19-info/\" rel=\"noopener\">リリース</a>した。競合するApple Podcasts(アップル・ポッドキャスト)のようなストリーミングサービスでは、こうした注意喚起は行われていないが、右翼の陰謀論者とおもしろおかしく話すポッドキャスターに資金を提供しているわけではない。</p>\n<p>Spotifyをボイコットしようという声がソーシャルメディア上でトレンドになるなど、PR上の苦労はあったものの、その反動は<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/02/spotify-backlash-over-joe-rogan-did-little-to-boost-its-streaming-rivals/\" rel=\"noopener\">Spotifyのライバルを押し上げる</a>までには至らなかった。他のプラットフォームから<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/22/2022-01-20-spotify-subscription-numbers-up-youtube-music-tidal/\" rel=\"noopener\">徐々にその勢いを削られて始めてはいるものの</a>、Spotifyは依然として優勢を維持している。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.com/search/photographer?family=creative&amp;photographer=stockcam\" rel=\"noopener\">stockcam </a>/ Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/spotify-covid-19-content-advisory-joe-rogan/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Amanda Silberling、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1048258424.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477593,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477593,
            "tagId": 2074982,
            "tag": {
              "id": 2074982,
              "slug": "spotify",
              "name": "Spotify / スポティファイ(企業)",
              "description": "Spotifyは音楽ストリーミングサービスを提供するスウェーデンの企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477593,
            "tagId": 366273706,
            "tag": {
              "id": 366273706,
              "slug": "fake-news",
              "name": "フェイクニュース / 偽情報 / 誤情報(用語)",
              "description": "フェイクニュース / 偽情報 / 誤情報に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477593,
            "tagId": 366277609,
            "tag": {
              "id": 366277609,
              "slug": "podcast",
              "name": "ポッドキャスト(用語)",
              "description": "ポッドキャストに関わる記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477593,
            "tagId": 692506750,
            "tag": {
              "id": 692506750,
              "slug": "novel-coronavirus",
              "name": "新型コロナウイルス(用語)",
              "description": "新型コロナウイルス(COVID-19)に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477578,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477578,
        "slug": "2022-03-28-paypal-makes-its-happy-returns-service-free-with-paypal-checkout-expands-to-5000-locations",
        "createdAt": "2022-03-29T05:15:28.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T05:06:27.000Z",
        "title": "PayPalが返品サービスHappy Returnsの利用範囲を拡大、全米5000カ所以上で利用可能に",
        "content": "<p>PayPal(ペイパル)は2021年買収した商品返却サービスの<a target=\"_blank\" href=\"https://happyreturns.com/\" rel=\"noopener\">Happy Returns</a>(ハッピー・リターンズ)の利用範囲を<a target=\"_blank\" href=\"https://newsroom.paypal-corp.com/2022-03-28-PayPal-Broadens-Access-to-Its-Post-Purchase-Services-for-Merchants-to-Help-Manage-Increasing-Return-Volumes#:~:text=SAN%20JOSE%2C%20Calif.%2C%20March,at%20no%20additional%20cost1.\" rel=\"noopener\">拡大</a>し、PayPal Checkout(ペイパル・チェックアウト)を利用している売り手は追加費用なしで利用できるようにした。米国時間3月28日にPayPalは、売り手がHappy Returnsの返却・交換ポータル・ソフトウェアを無料で利用できるようにした他、化粧品チェーンのUlta Beauty(アルタ・ビューティー)との提携によって、全米1300カ所以上のUlta店舗に、Return Bars(返品カウンター)を設置すると発表した。</p>\n<p>Ulta Beautyの拡大は、まず一部の店舗から始め、年間を通じて他の場所へも展開していく予定だ。</p>\n<p>これは、ソフトウェア物流サービスのHappy Returnsを<a target=\"_blank\" href=\"/2021/05/14/2021-05-13-paypal-acquires-returns-logistics-business-happy-returns/\" rel=\"noopener\">2021年に買収</a>して以来初めての同社に関する大きな取り組みだ。</p>\n<p>Return Barの設置場所は買収当時の2600カ所から、Ulta Beauty店舗を含めて5000カ所以上へと2倍近くに増えた。Return Barは全米に広く展開されており、PayPalによると、米国人の78%は半径10マイル(約16km)以内にReturn Barがあるという。</p>\n<p>利用者はこの返品サービスを利用するために、別のウェブサイトを訪れる必要はない。売り手がHappy Returnsに対応していれば、販売サイト上で直接返品手続きを進められる。利用者にはQRコードが発行されるので、近くのReturn Barに商品と一緒に持ち込めばよい。商品を箱詰めしたり、箱やラベルを持っていく必要はない。QRコードがスキャンされると、利用者はすぐに返金を受けられる。返品された商品は再利用可能な手提げ袋に、他の返却物と一緒に入れられる。この袋は回収されて処理施設に送られるので、物流の回数を減らすことができるとPayPalは説明する。</p>\n<p>Happy Returnsのパートナー小売店は、店舗の入り口とレジで、顧客に返品サービスのことを知らせる掲示を行う。さらに、返品した顧客にはその店で使えるクーポンが渡され、パートナー店にいる間に買い物をするインセンティブが与えられる。これはAmazon(アマゾン)が同社のパートナー店舗、Kohl(コール)などで行っているのと同様のプロセスだ。</p>\n<p>返品サービスの利用は、この1年間にオンラインショッピングの成長にともなって増加している。PayPalによると、Happy ReturnsのReturn Barでの対面返品の利用は、2021年2月から2022年2月の間に4倍近く増えた。パートナー小売店の数も倍増し、Everlane(エバーレーン)、Rothys(ロジス)、Gym Shark(ジム・シャーク)、Mack Weldon(マック・ウェルドン)他多数が加わった。買い物客は,Ulta Beautyに加え、Staples(ステープルズ)、FedEx(フェデックス)、PaperSource(ペイパーソース)、Cost Plus World Market(コストプラス・ワールドマーケット)その他の対応店舗にも返却する商品を持ち込める。</p>\n<p>PayPalを利用している売り手は、Happy Returnsを追加料金なしで利用できるようになるが、PayPalのチェックアウト手数料はこれまで通りかかる。売り手は、このソフトウェアとポータルを利用して、Returns Barのネットワークを利用せず自身による返品と交換の管理を行うこともできる。ソフトウェアを利用することで、自動化された返品・交換をよりユーザーフレンドリーな体験にすることができる、とPayPalは言い、売り手には返却データの詳細レポートや返品に関する顧客の問い合わせをリアルタイムで見られるダッシュボードも提供している。</p>\n<p>Return Barを利用する売り手は返品ごとに追加費用(金額非公開)をPayPalに支払う。それでも、返品配送をまとめられ、配送料金の割引が受けれらることで売り手は費用を削減できるとPayPalは言っている。</p>\n<p>「消費者のオンラインショッピングの頻度が高まっても、返品は「対面」で行われることが多く、売り手にとっては費用がかさむ面倒な処理です、とHappy Returns by PayPalのDavid Sobie(デビッド・ソビー)副社長は声明で語る。「Ulta Beautyとの提携は、当社の対面持ち込みネットワークを拡大し、オンラインショッパーが返品を完了するための選択肢を増やします。Return Barは、新たな顧客を店舗にもたらし、売り手はより費用効果の高い実用的な方法でリバースロジスティックを管理できます。</p>\n<p>PayPalはHappy Returnsの買収に支払った金額を明らかにしていないが、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/0001633917/000163391722000027/pypl-20211231.htm\" rel=\"noopener\">SEC(証券取引委員会)提出書類</a>には、これは2021年に実施された4件の買収の1つであり(Paldlyを含まない)、合計金額は5億4200万ドル(約669億円)だと書かれている。PayPalはかつてHappy Returnsに<a target=\"_blank\" href=\"https://www.businesswire.com/news/home/20190425005248/en/Happy-Returns-Announces-Strategic-Investment-from-PayPal-to-Accelerate-Sales-and-Product-Development\" rel=\"noopener\">戦略的投資</a>を行っており、2019年のBラウンド後の<a target=\"_blank\" href=\"https://dot.la/happy-returns-valuation-2652977839.html\" rel=\"noopener\">企業価値は550万ドル</a>(約6億9000万円)だった。PitchBook(ピッチブック)のデータによる。</p>\n<p>Happy Returnsのサービスは、小規模な売り手がAmazonやWalmart(ウォルマート)のようなeコマース巨人と戦いやすくために作られている。両巨人とも、AmazonはWhole Foods(ホールフーズ)をはじめとする小売店などのパートナーで、Walmartは同社の小売店舗で、顧客が対面で容易に返品できる手段を持っている。Amazonの返品窓口や店内ロッカーを設置することによる潜在的来客への期待は、Amazonの返品にくる買い物客を取り込むことで、KohlやStein Martといった小売店が敵を利用することへと繋がっている。</p>\n<p>UltaはHappy Returnのサービスをこれまでパイロットテストしてきたが、同様に来客数の増加と購買への転化に魅力を感じていると報じられている。</p>\n<p><small>画像クレジット:PayPal</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/paypal-makes-its-happy-returns-service-free-with-paypal-checkout-expands-to-5000-locations/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a>)</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Customer_at_Ulta_Beauty.webp",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477578,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477578,
            "tagId": 1511,
            "tag": {
              "id": 1511,
              "slug": "paypal",
              "name": "Paypal(企業)",
              "description": "インターネットと電子メールアカウントを利用した決済サービスを提供する米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477578,
            "tagId": 366272777,
            "tag": {
              "id": 366272777,
              "slug": "net-shopping",
              "name": "ネットショッピング / eコマース(用語)",
              "description": "ネットショッピングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477578,
            "tagId": 366272990,
            "tag": {
              "id": 366272990,
              "slug": "returns",
              "name": "返品(用語)",
              "description": "返品に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477578,
            "tagId": 692513492,
            "tag": {
              "id": 692513492,
              "slug": "happy-returns",
              "name": "Happy Returns(企業)",
              "description": "オンライン買い物客に、不要な購入商品を箱詰めして自分で送ることなく小売店に返品する簡単な方法を提供するサンタモニカを拠点の返品ソリューションプロバイダー。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477575,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477575,
        "slug": "2022-03-28-elon-musk-tweets-social-media-twitter",
        "createdAt": "2022-03-29T05:00:38.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T03:52:39.000Z",
        "title": "イーロン・マスク氏が「次のTwitterを作りたい」と熱望しても心配する必要はない",
        "content": "<p>Elon Musk(イーロン・マスク)氏が先週末、地震のソーシャルメディアプラットフォームの構築について「<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/elonmusk/status/1507907130124222471\" rel=\"noopener\">真剣に考えている</a>」とツイートした。</p>\n<p>「Twitterが事実上、公共の広場として機能していることを考えると、言論の自由の原則を守らないことは民主主義を根本的に損なうことになる。では何をすべきでしょうか?」と、TeslaとSpaceXのCEOで億万長者、連続起業家である彼は<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/elonmusk/status/1507777261654605828\" rel=\"noopener\">ツイート</a>した。</p>\n<p>このツイートを読んで血圧が上がった人は、あなただけではない。深呼吸をしよう。彼のDogeSociælXアプリが登場するのは、まだ先の話だ。</p>\n<p>マスク氏はこれまでにも、Teslaに関するばかげたミームや考え、さらには<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2018/09/27/tesla-ceo-elon-musk-responds-to-sec-securities-fraud-charges/\" rel=\"noopener\">重要情報</a>までツイートし、米国の規制当局が眉をひそめる以上の反応を示すと、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/23/2022-03-22-us-regulators-say-someone-really-needs-to-monitor-elon-musks-tweets/\" rel=\"noopener\">ショックを受けたように振る舞った</a>過去がある。しかし、マスク氏がTwitterで彼の奇抜なアイデアを実行に移すとなると彼の実績はあまり芳しいものではない。</p>\n<p>マスク氏が、次のJack Dorsey(ジャック・ドーシー)になるという幻想を公言するのは、これが初めてではない。</p>\n<p>2018年にTeslaのおかしな経営を、ジャーナリストたちに批判されたとき、彼は「Pravda」というウェブサイトを立ち上げると<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/elonmusk/status/999367582271422464\" rel=\"noopener\">明言した</a>。Pravdaはロシア語で「真実」という意味で、ロシアの歴史的共産主義者新聞(旧:ロシア共産党機関紙)の名前だ。マスク氏によるそのウェブサイトでは、読者がジャーナリストや編集者やメディア紙誌の「真実度」や「信頼度」を<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2018/05/23/elon-musk-has-a-very-bad-idea-for-a-website-rating-journalists/\" rel=\"noopener\">格付けできる</a>。ありがたいことに、この彼のアイデアは実現しなかったが、今ではTwitter自身がメディアを評価する場になっており、ジャーナリストたちもそのことをよく知っている。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Musk&#39;s sudden deep and genuine concern about Twitter&#39;s fairness &quot;as the de facto town square&quot; is just like his 2018 concerns about media accuracy/objectivity: a deeply hypocritical ploy to shore up his (and his followers) absurd persecution fantasy. <a href=\"https://t.co/cZIicOVTzb\">https://t.co/cZIicOVTzb</a></p>\n<p>&mdash; E.W. Niedermeyer (@Tweetermeyer) <a href=\"https://twitter.com/Tweetermeyer/status/1508103866599940104?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 27, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<blockquote><p>E.W. Niedermeyer:メディア批評家として有名で、客観的なジャーナリズムの擁護者であるイーロン・マスクは、Washington Postを買えばそれが自分の個人的なPR攻撃部隊になる、考えている。そう考えれば、今回の件も理解できる。</p>\n<p>Faiz Siddiqui:マスクの衝動的で頑固な性格は、他社と違って戦闘的な姿勢を持つ自動車メーカー(Tesla)からの買い埋めを確保するための特別な戦略を必要とした。彼の記事へのコメントの求めに応じてマスクは「これで100回目だが、きみの人形使いによろしく」と言った。</p>\n<p>E.W. Niedermeyer:公共の広場としてのTwitterの公正に関するマスクによる突然の真剣で本気の懸念は、メディアの正確さと客観性に関する2018年の懸念と同じで、彼(と彼のフォロワー)の不条理な迫害幻想を補強するための深い偽善的な策略だ。</p></blockquote>\n<p>マスク氏のTwitter生まれのアイデアが離陸するとき、それは次のSpaceXのような本物になったためしがない。</p>\n<p>また彼の道化ぶりが際立った年である2018年、マスク氏は彼自身の「<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/elonmusk/status/973972643190792193\" rel=\"noopener\">銀河系メディア帝国</a>」を発表した。それは「Thud」と呼ばれる(最後に感嘆符が付いてもよい)コメディカンパニーだ。2021年、イーロン・マスク氏がサタデー・ナイト・ライブでホストを務めたあと、私は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.mic.com/p/elon-musks-first-foray-into-comedy-was-a-strange-satirical-website-called-thud-77009671\" rel=\"noopener\">ユダヤ教的</a>なジャーナリズムの仕事に着手した。マスク氏がコメディメディアへの進出を企てたことを忘れていたThudの元従業員13人全員に連絡を取ったのだ。</p>\n<p>誰もオフレコで話してくれる人はいなかった。「The Onion」の元編集者たちによって運営されたThudは失敗し、その後、履歴書の会話のネタにされました(<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tiktok.com/@leonamarlene/video/7078315399233817899?_t=8R1ARWS97eg&amp;_r=1\" rel=\"noopener\">元Theranos社員</a>なら共感できるはずでだ)。これらのライターやデザイナーが、Thudについて振り返りたくないのも無理はない。同社の<a target=\"_blank\" href=\"https://thud.com/\" rel=\"noopener\">ミニマリスト向けウェブサイト</a>では、Thud(Thudとはモノが落ちるときの「ドサッ」という音のこと)は「短命」で「その名のとおり」といわれている。</p>\n<p>当初、マスク氏ははThudに<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theverge.com/2019/7/2/18701197/elon-musk-thud-satire-startup-onion-launch-failure\" rel=\"noopener\">200万ドル</a>(約2億5000万円)を注ぎ込んだが、彼は突然その会社を去り、残された編集者たちに収益化の計画はなかった。</p>\n<p>当時編集者のCole Bolton(コール・ボルトン)氏はVergeに対して「億万長者がバックにいるプロジェクトが突然、独立のメディアになるんだ。どうなるかわかるだろ」と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theverge.com/2019/7/2/18701197/elon-musk-thud-satire-startup-onion-launch-failure\" rel=\"noopener\">語る</a>。</p>\n<p>これまでにも、ネット上で突拍子もない発言をしてはおもしろがっていたこともあり、マスク氏が突然ソーシャルメディア帝国を作ろうとしていることに慌てる必要はないだろう(この帝国は銀河系でもないのだ!)。さらに、新しいプラットフォームの背後に大物がいる場合でも、それが軌道に乗るという保証はない。Donald Trump(ドナルド・トランプ)自身の新しいアプリ「Truth Social」は、メインストリームである4chanになる準備が整っているように思うかもしれないが、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/22/2022-02-21-trumps-truth-social-app-launch-store-errors/\" rel=\"noopener\">ローンチから数週間</a>経っても、97万6985番目の待ちのままだ。また、一度入場しても、パーティーはあまり盛り上がらないようだ(「<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/kelsaywhat/status/1508185434844766220\" rel=\"noopener\">セクシーな女の子とのゴルフ</a>」が好きな人は別だが)。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">finally got off the waitlist for truth social <a href=\"https://t.co/PaehCYfBTL\">pic.twitter.com/PaehCYfBTL</a></p>\n<p>&mdash; kelsey weekman (@kelsaywhat) <a href=\"https://twitter.com/kelsaywhat/status/1508185434844766220?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 27, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<blockquote><p>kelsey weekman:やっとTruth Socialの待ち行列を抜けたわ。</p></blockquote>\n<p>仮にマスク氏が独自のソーシャルメディアプラットフォームを構築したとしても、Twitterのようなリーチ力はないだろう。彼は7940万人のフォロワーを誇りBarack Obama(バラク・オバマ)やJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)といった人物に負けず劣らず、同サイトで最もフォローされているユーザーのトップ10にしっかりと入っている。しかし、Taylor Swift(テイラー・スウィフト)やKaty Perry(ケイティ・ペリー)と違い、マスク氏はそのフォロワーを利用して<a target=\"_blank\" href=\"https://thehill.com/homenews/594711-elon-musk-blasted-for-tweeting-adolf-hitler-meme\" rel=\"noopener\">ヒトラーのジョーク</a>を口にしたり、Twitterの<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/05/2021-12-03-new-twitter-ceo-parag-agrawal-begins-restructuring-as-two-execs-step-down/\" rel=\"noopener\">新CEOであるParag Agrawal</a>(パラグ・アグラワル)氏をJoseph Stalin(ヨシフ・スターリン)に例えたりしている。注目すべきは、自由に発言することを許されないと不満を漏らしているマスク氏だが、これらの不適切なツイートはプラットフォームによって削除されなかった。ヒトラーのミームは彼自身が<a target=\"_blank\" href=\"https://fortune.com/2022/02/17/elon-musk-tweet-hitler-meme-canada-freedom-convoy/\" rel=\"noopener\">削除</a>し、アグラワル氏への侮辱はまだ公開されている。</p>\n<p>これは言論の自由の問題ではなく、あらゆるかたちの規制を嫌うマスク氏自身の姿勢に他ならない。マスク氏の約8000万人のフォロワーが彼の理論的な新プラットフォームに移行するかどうかは疑問だが、仮に移行したとしても、SECはマスク氏が共有するどのようなインサイダー情報についても責任を問うことができる。</p>\n<p>Twitterは常にマスク氏の最も強力なツールであり、トランプ氏のように、SECがいずれ監視することになる新会社を立ち上げようとしても、何も得るものはないように思われるのだ。</p>\n<p>これは、熱狂的な夢を実現できるほど裕福で自負心が強い権力者による脅威を心配することはない、ということではない。</p>\n<p>結局のところ、マスク氏はトランプ氏より少しばかりビジネスが上手なのだろう。しかし、マスク氏のツイッターでの発言は、偏向的な対話しか生まず、マスク氏のツイートが市場を動かすことがあっても、とには、ただドスンと音を立てて落ちてしまうことを私たちは忘れている。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.com/search/photographer?family=editorial&amp;photographer=Bloomberg\" rel=\"noopener\">Liesa Johannssen-Koppitz/Bloomberg/Getty Images</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/elon-musk-tweets-social-media-twitter/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Amanda Silberling、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/msk.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477575,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477575,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 477575,
            "tagId": 36910,
            "tag": {
              "id": 36910,
              "slug": "sec",
              "name": "米証券取引委員会 / SEC(用語)",
              "description": "米証券取引委員会(SEC)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477575,
            "tagId": 599182,
            "tag": {
              "id": 599182,
              "slug": "twitter",
              "name": "Twitter / ツイッター(企業)",
              "description": "Twitter(ツイッター)は、ソーシャルネットワーキングサービス「Twitter」を提供する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477575,
            "tagId": 1244446,
            "tag": {
              "id": 1244446,
              "slug": "elon-musk",
              "name": "Elon Musk / イーロン・マスク(人物)",
              "description": "イーロン・マスク氏に関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 477575,
            "tagId": 366278135,
            "tag": {
              "id": 366278135,
              "slug": "tesla",
              "name": "Tesla / テスラ(企業)",
              "description": "Tesla(テスラ)は、電気自動車とその関連商品、ソーラーパネルや蓄電池などを開発する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477575,
            "tagId": 366280972,
            "tag": {
              "id": 366280972,
              "slug": "insider-trading",
              "name": "インサイダー取引(用語)",
              "description": "インサイダー取引に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477536,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477536,
        "slug": "2022-03-28-instagrams-latest-test-makes-it-easier-to-support-social-movements-through-hashtags",
        "createdAt": "2022-03-29T01:00:43.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T00:00:46.000Z",
        "title": "Instagram、ハッシュタグを通し社会運動を支援しやすくなる最新機能をテスト中",
        "content": "<p>Instagram(インスタグラム)は、ユーザーがハッシュタグを通じて社会運動を発見し、直接支援することを容易にする新機能をテストしていると、米国時間3月28日<a target=\"_blank\" href=\"https://about.instagram.com/blog/announcements/discover-social-movements-on-instagram/\" rel=\"noopener\">発表</a>した。特定の社会運動に関連するハッシュタグを検索すると、新しいオプションを通じてそれらを支援することができるようになる。</p>\n<p>ハッシュタグのページにアクセスしたら「Support(支援する)」を選択することにより、その運動についてさらに詳しく知ることができる。「Spread the Word(言葉を広める)」ボタンも用意されており、DMでハッシュタグページを友人と共有することができる。さらに「Create a Fundraiser(募金キャンペーンを作成する)」ボタンで募金活動も始められるようになり、より簡単に支援活動を行えるようになるとしている。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Starting today we&#8217;re testing out a new way for people to learn more about social movements and to get the word out.<a href=\"https://t.co/c3jIeIg8u8\">https://t.co/c3jIeIg8u8</a> <a href=\"https://t.co/42g1vVOQ2u\">pic.twitter.com/42g1vVOQ2u</a></p>\n<p>&mdash; Instagram Comms (@InstagramComms) <a href=\"https://twitter.com/InstagramComms/status/1508495621988225033?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 28, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>「本日より、Instagram上で社会運動を見つけ、支援しやすくするための新機能のテストを開始します」と同社は、この発表について<a target=\"_blank\" href=\"https://about.instagram.com/blog/announcements/discover-social-movements-on-instagram/\" rel=\"noopener\">ブログ記事</a>で述べている。「ハッシュタグは以前から、人々がInstagramで新しくサポートしたい活動を発見する場となっていましたが、今回、特定の運動に関連するハッシュタグを検索すると、それを支援するオプションが表示されるようになりました。人々はしばしば、理念に関して声を上げ、それらを高め、コミュニティを1つにするためにInstagramにやってきます。彼らはInstagramで耳にしたテーマをサポートすることを熱望しており、行動を起こすための新しい方法を常に探しています。これらのアップデートにより、より簡単にそれを実行できるようになります」。</p>\n<p>同社は、#BlackLivesMatter、#womensrights、#climatecrisisなど、Instagramでポピュラーな運動に焦点を当てたハッシュタグを選択して新機能を展開していく。Instagramは、NAACP(全米黒人地位向上協会)、GLAAD(グラード、LGBTの人々のイメージに関するメディアモニタリングを行うNGO)、AAJC(アジア系米国人の公民権を擁護するNPO)、Hispanic Heritage Foundation(ヒスパニックヘリテージ財団)、Illuminative(米国社会における先住民の認知度を高め、否定的な見方を覆すことを目的としたNPO)など複数の組織と協議し、初期のハッシュタグのリストを選定したという。Instagramは今後も各方面団体と協力し、機能を強化していく予定とのこと。</p>\n<p><small>画像クレジット:Instagram</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/instagrams-latest-test-makes-it-easier-to-support-social-movements-through-hashtags/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/instagram-support-causes.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477536,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477536,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 477536,
            "tagId": 5386974,
            "tag": {
              "id": 5386974,
              "slug": "hashtag",
              "name": "ハッシュタグ(用語)",
              "description": "ハッシュタグに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477536,
            "tagId": 42653521,
            "tag": {
              "id": 42653521,
              "slug": "instagram",
              "name": "Instagram / インスタグラム(企業)",
              "description": "Instagram(インスタグラム)は、2010年10月にサービス開始した写真特化型SNS。2012年4月、Facebookが同社を10億ドルで買収すると発表。その後も独立して運営されている。日本でも「インスタ」という愛称で親しまれている。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477474,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477474,
        "slug": "2022-03-27-freelancer-marketplace-malt-acquires-consulting-marketplace-comatch",
        "createdAt": "2022-03-29T00:15:54.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T23:33:14.000Z",
        "title": "フリーランサーのマーケットプレイス「Malt」がコンサルタントのマーケットプレイス「Comatch」を買収",
        "content": "<p>フリーランサーのマーケットプレイス業界に、統合の時期がきている。フランスのスタートアップ企業である<a target=\"_blank\" href=\"https://www.malt.fr/\" rel=\"noopener\">Malt</a>(モルト)は、コンサルタントや業界の専門家に特化した競合マーケットプレイスの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.comatch.com/\" rel=\"noopener\">Comatch</a>(コマッチ)を買収すると発表した。Comatchはもともとドイツで始まった会社であるため、Maltはこの買収でドイツ市場も倍増させることになる。買収の条件は非公開だが、株式と現金の混合対価で行われる。</p>\n<p>Maltは、フリーランスの開発者、デザイナーなどの技術者と、人材を求める企業をマッチングするマーケットプレイスとしてスタートした。これまでに同社は<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/05/31/malt-raises-97m-at-a-489m-valuation-for-its-freelance-marketplace-for-developers/\" rel=\"noopener\">かなりの資金を調達</a>し、欧州の複数の国々にわたり34万人のフリーランサーを集めている。</p>\n<p>当初はフランス市場に限定されていたMaltだが、ここ数年でドイツ、スペイン、ベルギー、オランダ、スイスに拡大した。4万社の企業が1人または複数のフリーランサーを見つけるためにMaltを利用している。</p>\n<p>同社のクライアントには、Unilever(ユニリーバ)、Lufthansa(ルフトハンザ)、Bosch(ボッシュ)、BlaBlaCar(ブラブラカー)、L&#8217;Oréal(ロレアル)、Allianz(アリアンツ)などが含まれる。このように、多くの大企業がMaltを利用したことがあるのだ。</p>\n<p>Maltは、新しいプロジェクトが立ち上がった時に足りない分野を埋めることができる高スキルのフリーランスの仕事に特化している。現在では、開発者だけでなく、マーケティングやコミュニケーションの専門家、グラフィックデザイナーなどにも機会を提供するようになっている。</p>\n<p>Maltのようなプラットフォームを使うことは、特にフリーランスとしてスタートしたばかりで、潜在的な顧客との大きなネットワークを持っていない場合に有益だ。また、Maltは経営上の事務処理にも役立つ。フリーランサーはMaltから直接クライアントに請求することができ、もちろん、Maltはわずかな手数料を受け取る。</p>\n<p>Comatchもほぼ同じビジネスモデルを踏襲しているが、こちらは特に経営コンサルタントや業界の専門家に焦点を合わせている。Maltはこれまで、特に経営コンサルタントをターゲットにしていなかった。つまり、この買収によって同社は新しい業種に参入することになる。</p>\n<p>「Comatchは、ビジネスコンサルティングのマーケットプレイスの分野におけるチャンピオンです。Maltの『コミュニティファースト』のアプローチを共有し、才能を製品やビジネスの中核に置いて、仕事の未来に対する我々のビジョンを実現する仲間として、両社の高いスキルを持ったフリーランサーの2つの世界を1つにすることを我々は熱望しており、そうなることに興奮しています」と、Maltの共同創設者でCEOを務めるVincent Huguet(ヴィンセント・ユゲー)氏は声明で述べている。</p>\n<p>Maltは欧州で最も頼りになるフリーランサーのマーケットプレイスになりたいとも考えている。Comatchは9つの市場で1万5000人のフリーランサーを集めており、両社はCAC40とDAX40に選ばれる企業の80%と取引している。ComatchはMaltに興味深い外部成長の機会を提供することになる。</p>\n<p>この買収後に関して、Maltはいくつかの野心的な目標を掲げている。2024年までに10億ユーロ(約1360億円)のビジネスボリュームを見込んでおり、2022年末までに150人の従業員を新たに雇用する予定だという。</p>\n<p><small>画像クレジット:Malt</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/27/freelancer-marketplace-malt-acquires-consulting-marketplace-comatch/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Romain Dillet、翻訳:Hirokazu Kusakabe)a</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Malt-Comatch.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477474,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477474,
            "tagId": 21911,
            "tag": {
              "id": 21911,
              "slug": "marketplace",
              "name": "マーケットプレイス(用語)",
              "description": "マーケットプレイスに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 477474,
            "tagId": 343781,
            "tag": {
              "id": 343781,
              "slug": "freelancer",
              "name": "フリーランス(用語)",
              "description": "フリーランスに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 477474,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477474,
            "tagId": 364066619,
            "tag": {
              "id": 364066619,
              "slug": "europe",
              "name": "ヨーロッパ / 欧州(国・地域)",
              "description": "ヨーロッパ / 欧州に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477474,
            "tagId": 366273777,
            "tag": {
              "id": 366273777,
              "slug": "france",
              "name": "フランス(国・地域)",
              "description": "フランスに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477509,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477509,
        "slug": "2022-03-28-spotify-puts-its-podz-acquisition-to-use-with-test-of-new-podcast-discovery-feature",
        "createdAt": "2022-03-28T23:45:09.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T23:18:51.000Z",
        "title": "Spotifyが買収したPodzの技術を活用した新たなポッドキャスト発見機能をテスト導入",
        "content": "<p>Spotify(スポティファイ)は2021年夏、ポッドキャストへの投資を加速させるため、ポッドキャスト発見プラットフォームであるPodz(ポッズ)を、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1639920/000163992021000016/spot-20210630x6xk.htm\" rel=\"noopener\">証券取引委員会の提出書類</a>によると約4940万ドル(約61億円)で買収した。現在、Spotifyは、ユーザーが気に入るかもしれない新しいPodcastを見つけるのを助けるために、このスタートアップの技術を活用した機能をテストしていることを、同社は認めた。</p>\n<p>Podzはもともと「初のオーディオニュースフィード」と呼ぶもので、ポッドキャスト発見の問題を解決しようと試みていた。つまり、これは、TikTok(ティックトック)のようなソーシャルアプリで普及している形式と同様に、さまざまな番組からの60秒のオーディオクリップを、縦方向のフィードでスクロールしてユーザーに見せるものだった。同社の技術が興味深いのは、フィード用のクリップを独自に制作するために、ポッドキャストの制作者に頼らないことだ。代わりに、10万時間分の音声を学習させた機械学習モデルを使って、紹介するクリップを自動的に選択するのだ。</p>\n<p>当時、Spotifyはこの買収を、アプリ上でより優れた、よりパーソナライズされたポッドキャスト発見体験を構築し、拡大するための手段であると宣伝していた。今回のテストでは、そのような機能がどのようなものかを初めて見ることができる。</p>\n<p>プロダクトデザイナーであり、テクノロジーのアーリーアダプターでもある<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/chrismessina/status/1507764847882080260\" rel=\"noopener\">Chris Messina</a>(クリス・メッシーナ)氏は、Twitter(ツイッター)アカウント<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/SleepwellCap/status/1507751837767774210\" rel=\"noopener\">@SleepwellCap</a>によって初めて明らかになったこの機能のテストについてツイートし、動画を投稿した。ここで、新しい体験が実際に行われている様子を見ることができる。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">HUGE!! <a href=\"https://twitter.com/Spotify?ref_src=twsrc%5Etfw\">@Spotify</a> is adding a dedicated TikTok-style vertical scrolling feed for <a href=\"https://twitter.com/spotifypodcasts?ref_src=twsrc%5Etfw\">@spotifypodcasts</a> to its toolbar!</p>\n<p>h/t <a href=\"https://twitter.com/SleepwellCap?ref_src=twsrc%5Etfw\">@SleepwellCap</a> <a href=\"https://twitter.com/hashtag/NewSpotify?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#NewSpotify</a> <a href=\"https://t.co/0CWolZGJQy\">pic.twitter.com/0CWolZGJQy</a></p>\n<p>&mdash; Chris Messina 🪬 (@chrismessina) <a href=\"https://twitter.com/chrismessina/status/1507764847882080260?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 26, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>専用の「Podcasts」ボタンをクリックすると、垂直方向のフィードに移動し、オーディオクリップを再生しながら番組のカバーアートを見ることができる。また、音声クリップは聞きながら文字起こしされ、クリップ内の単語が強調表示される。再生ボタンで番組を続けて聴くことができ、さらに「+」ボタンでアプリの「Your Episodes(あなたのエピソード)」リストにエピソードを追加することができる。</p>\n<p>これはあくまでテストであることを考えると、この機能は一般公開前に変更される可能性があることに注意する必要がある。また、この機能は、Spotifyが、このようなオプションをユーザーがどのように利用するかを理解し、今後の製品開発に役立てるためのものである可能性もある。つまり、あなたのSpotifyアプリで、すぐに同じようにオーディオクリップの縦型フィードが見られるという保証はない。</p>\n<p>Spotifyは、この体験を通じてPodzの技術をテストしていることを確認したが、発売日や計画については明言しなかった(Podzが機械学習で動いていることを考えると、Spotifyはローンチ前にもっとデータを集めてサービスを改善したいのかもしれない)。</p>\n<p>「Spotifyでは、ユーザー体験を向上させるために、日常的に多くのテストを行っています」と、広報担当者は述べた。「これらのテストの中には、私たちの幅広いユーザー体験への道を開くことになるものもあれば、重要な学習としてのみ機能するものもあります。現時点では、これ以上お伝えすることはありません」。</p>\n<p>Podzは、人々が好きそうなPodcastをもっと見つけられるようにするための新しい方法を構築しているいくつかのスタートアップの1つだった。多くのPodcastは30分以上あり、番組の内容やホストの個性をすばやく簡単に把握することが難しく、この新しい番組の発見という課題を克服するのは困難だった。</p>\n<p>Podzの解決策は機械学習技術に頼ることだったが、他のスタートアップも異なるアイデアを追求している。例えば、Kayak(カヤック)の共同創業者であるPaul English(ポール・イングリッシュ)氏の新スタートアップである<a target=\"_blank\" href=\"/2021/06/28/2021-06-24-kayak-co-founder-paul-english-just-launched-moonbeam-a-podcast-discovery-app/\" rel=\"noopener\">Moonbeam</a>(ムーンビーム)は、TikTokにヒントを得たアプリで、機械学習技術をブレンドした人間による編集キュレーションに依存している。垂直方向のフィード形式は、ポッドキャストに隣接するアプリでも使われている。たとえば番組というより音声ストーリーに近い99秒の音声クリップを提供する<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/18/2021-11-16-racket-social-audio-app/\" rel=\"noopener\">Racket</a>(ラケット)や、Facebook(フェイスブック)の<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/21/2021-04-19-facebook-invests-in-audio-with-short-form-soundbites-feature-podcast-support-and-a-clubhouse-clone/\" rel=\"noopener\">Soundbites</a>(サウンドバイト)でも使われている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Bryce Durbin<br />\n</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/spotify-puts-its-podz-acquisition-to-use-with-test-of-new-podcast-discovery-feature/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Yuta Kaminishi)</p>\n",
        "authorId": 191889573,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/spotify-iphone.webp",
        "author": {
          "id": 191889573,
          "slug": "yuta-kaminishi",
          "name": "Yuta Kaminishi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477509,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477509,
            "tagId": 2074982,
            "tag": {
              "id": 2074982,
              "slug": "spotify",
              "name": "Spotify / スポティファイ(企業)",
              "description": "Spotifyは音楽ストリーミングサービスを提供するスウェーデンの企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477509,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477509,
            "tagId": 366277609,
            "tag": {
              "id": 366277609,
              "slug": "podcast",
              "name": "ポッドキャスト(用語)",
              "description": "ポッドキャストに関わる記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477509,
            "tagId": 692512061,
            "tag": {
              "id": 692512061,
              "slug": "podz",
              "name": "Podz(企業・サービス)",
              "description": "各ポッドキャストの最高の瞬間をハイライトした60秒のポッドキャストクリップで構成された「音声ニュースフィード」を作成、視聴できるようにすることで幅広いタイトルを簡単に試せるようにするサービス、それを開発、提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477518,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477518,
        "slug": "2022-03-27-apple-tv-becomes-the-first-streaming-service-to-win-a-best-picture-oscar-with-coda",
        "createdAt": "2022-03-28T23:30:26.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T23:04:49.000Z",
        "title": "Apple TV+が「コーダ あいのうた」でストリーミングサービスとして初めてアカデミー作品賞を受賞",
        "content": "<p>Apple TV+がNetflix(ネットフリックス)を抑え、前者の「CODA(コーダ あいのうた)」がアカデミー賞授賞式で作品賞を受賞し、ストリーミングサービスとして初の快挙を成し遂げた。</p>\n<p>さらに「CODA」で主人公の父親役を演じたTroy Kotsur(トロイ・コッツアー)氏が助演男優賞を受賞し、男性ろう者の俳優としては初、ろう者の俳優としては「CODA」の共演者であるMarlee Matlin(マーリー・マトリン)氏の1986年の「Children of a Lesser God(愛は静けさの中に)」での受賞以来、2人目となった。脚本・監督のSian Heder(シアン・ヘダー)氏は脚色賞を受賞した。</p>\n<p>これら3部門でのアカデミー賞は、2019年末にサービスを開始したApple TV+にとって初の受賞となる。</p>\n<p>Wall Street Journalの報道によると、Apple(アップル)は、Child of Deaf Adult/s(CODA、映画のタイトルの由来となった、きこえない・きこえにくい親をもつきこえる子どもを指す概念)であるEmilia Jones(エミリア・ジョーンズ)氏が演じるRuby(ルビー)が、家業の漁業に加わる予定だったが、音楽の道に引き込まれていくというストーリーを描く<a target=\"_blank\" href=\"https://www.wsj.com/articles/with-coda-apple-gets-serious-about-the-oscars-11648216800\" rel=\"noopener\">「CODA」のオスカーキャンペーンに推定1000万ドル(約12億3600万円)を費やした</a>という。</p>\n<p>Appleは、Apple TV+で現在ストリーミング配信されている「CODA」の配信権に2500万ドル(約30億8900万円)を支払い、同作は劇場でも限定公開された。同部門の他の候補には、Netflixの「The Power of the Dog(パワー・オブ・ザ・ドッグ)」が含まれていた。Netflixは過去数年の間、Martin Scorsese(マーティン・スコセッシ)監督の「The Irishman(アイリッシュマン)」やAlfonso Cuarón(アルフォンソ・キュアロン)監督の「Roma(ROMA/ローマ)」などで、いくつかの作品賞にノミネートされてきた。</p>\n<p>Netflixはこれまでアカデミー賞の最高賞を獲得することはできなかったものの、監督賞(「ROMA/ローマ」のキュアロン監督「パワー・オブ・ザ・ドッグ」のJane Campion / ジェーン・カンピオン監督)、助演女優賞(「Marriage Story / マリッジ・ストーリー」のLaura Dern / ローラ・ダーン氏)、外国語映画賞(「ROMA/ローマ」)、短編アニメ賞(「If Anything Happens I Love You(愛してるって言っておくね)」)など、合計116回ノミネートされ15部門で受賞した実績を持っている。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/27/apple-tv-becomes-the-first-streaming-service-to-win-a-best-picture-oscar-with-coda/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Catherine Shu、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1239561053.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477518,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477518,
            "tagId": 366272768,
            "tag": {
              "id": 366272768,
              "slug": "video-streaming",
              "name": "動画配信 / 動画ストリーミング(用語)",
              "description": "動画配信 / 動画ストリーミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477518,
            "tagId": 366274727,
            "tag": {
              "id": 366274727,
              "slug": "academy-award",
              "name": "アカデミー賞(用語)",
              "description": "アカデミー賞に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477518,
            "tagId": 692509924,
            "tag": {
              "id": 692509924,
              "slug": "apple-tv-plus",
              "name": "Apple TV+(製品・サービス)",
              "description": "アップルの動画配信サービス。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477492,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477492,
        "slug": "2022-03-28-apple-acm-dating-apps-tenth-fine",
        "createdAt": "2022-03-28T23:15:32.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T22:54:08.000Z",
        "title": "マッチング系アプリの決済に関するオランダにおけるアップルの罰金総額が約68億円に",
        "content": "<p>出会い系アプリの決済方法に関してオランダで独占禁止法上の命令を受けたApple(アップル)に対する罰金の額は、継続的なコンプライアンス違反で規制当局が10回連続で毎週500万ユーロ(約6億8000万円)を科して5000万ユーロ(約68億円)となり、(現時点では)最大額に達した。</p>\n<p>しかし、消費者市場庁(ACM)は現地時間3月28日、Appleが前日に<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/23/2022-03-21-apple-acm-nine-fines/\" rel=\"noopener\">直近の提案</a>を修正したことを受け、修正提案は「出会い系アプリのプロバイダーにとって決定的な条件となるはずだ」と述べ、より前向きにとらえている。</p>\n<p>完全な詳細を受け取り次第、当局は市場のフィードバックを求め、提案が受け入れられるかどうか早急に決定すると述べた。しかし、その評価にどれくらいの時間がかかるか、また修正案自体の詳細については、何ら情報を提供していない。また、修正案が受け入れられないと判断された場合、Appleはさらなる罰則を受ける可能性があるとも警告している。つまり、すでに数カ月に及ぶこの騒動は、まだ終わらないかもしれない。</p>\n<p>Appleによるこれまでの提案は、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/14/acm-fines-apple-again/\" rel=\"noopener\">当該開発者に不合理な摩擦</a>をもたらすとしてACMによって拒否された。</p>\n<p>3月28日発表された声明の中で、オランダの規制当局は次のように述べている。「ACMはAppleの今回の措置を歓迎します。修正された提案は、App Storeの利用を希望する出会い系アプリのプロバイダーにとって決定的な条件となるはずです。最終的な条件についての提案を受け取った後、ACMはそれを市場参加者に提出し、協議を行う予定です。ACMはその後、Appleがこれらの確定条件を実施する際に、出会い系アプリにおいて代替の支払い方法が可能であるべきというACMの要件を遵守しているかどうか、できるだけ早く判断を下す予定です」。</p>\n<p>「先週末までは、AppleはまだACMの要件を満たしていませんでした。そのため、10回目の罰金を支払わなければならず、Appleは最大5000万ユーロの罰金を支払わなければならないことになります」と付け加えた。「Appleが要件を満たしていないという結論に達した場合、ACMはAppleに命令遵守を促すために、定期的な罰金支払いを条件とする別の命令(今回はより高い罰金となり得る)を科す可能性があります」。</p>\n<p>TechCrunchはAppleに対応を問い合わせている。</p>\n<p>ACMの命令は2021年までさかのぼるが(しかしAppleによる法廷闘争により、報道は制限された)、オランダの出会い系アプリが希望すればデジタルコンテンツのアプリ内販売を処理するのにApple以外の決済技術を使用できるようにするというACMが命じた権利の付与をめぐる世論戦は1月から続いている。</p>\n<p>この件は、ACMがこのような命令を出す権限を与えられている欧州の小さな1つの市場内のアプリのサブセットという、ほとんど滑稽なほど小さなものに見えるかもしれない。一方で、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/24/dma-political-agreement/\" rel=\"noopener\">デジタル市場法</a>(DMA)として知られる汎EUデジタル競争法の改正が進行中で、ビジネスユーザーに対するFRAND(公平、妥当、差別のない)条件、相互運用性要件の組み込み、自己参照のような反競争的行為の禁止など、ゲートキーパーである大手の「すべきこと」と「すべきでないこと」といった領域における行動基準を前もって定義することで、近い将来、最も強力なプラットフォームがEU圏内でどのように活動できるかを再構築しようとしている。</p>\n<p>つまり、ACMの命令は、今後予想されるEUの大きな要求の縮図を垣間見せている。</p>\n<p>DMAはAppleのApp Storeにも適用される可能性が高い。そのため、オランダのケースはEU内で高い関心を集めているが、これは少なくとも今秋以降、欧州委員会がゲートキーピングプラットフォームの事前監視に切り替える際に、執行上の大きな課題を突きつけるものだからだ(EU機関は先週、DMAの詳細について政治的に合意したが、正式な採択はまだ先だ)。</p>\n<p>市場改革の下では、欧州委員会が科すことのできる罰則の規模はかなり大きくなり、違反が繰り返される場合には全世界の年間売上高の20%にも達する。したがって、プラットフォーム大手にとっては無視できない体制となりそうだ。</p>\n<p>もう1つの重要な変化は、DMAが積極的に行動し、EUの競争規制当局が変更を命じる前に数カ月あるいは数年かけて遵守していないことをを証明する必要がなく、最初から遵守を求めるようになることだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Chesnot / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/apple-acm-dating-apps-tenth-fine/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Lomas、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Apple-1.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477492,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477492,
            "tagId": 149021,
            "tag": {
              "id": 149021,
              "slug": "payment",
              "name": "決済 / 決済サービス / 決済システム(用語)",
              "description": "決済 / 決済サービス / 決済システムに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477492,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477492,
            "tagId": 366278258,
            "tag": {
              "id": 366278258,
              "slug": "netherlands",
              "name": "オランダ(国・地域)",
              "description": "オランダに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 477492,
            "tagId": 366279875,
            "tag": {
              "id": 366279875,
              "slug": "dating-app",
              "name": "マッチングアプリ / デートアプリ(用語)",
              "description": "マッチングアプリ、デーティングアプリに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477492,
            "tagId": 366281374,
            "tag": {
              "id": 366281374,
              "slug": "eu",
              "name": "EU / 欧州連合(組織)",
              "description": "European Union。EU(欧州連合)に関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 477492,
            "tagId": 674897583,
            "tag": {
              "id": 674897583,
              "slug": "fines",
              "name": "制裁 / 制裁金 / 罰金(用語)",
              "description": "制裁 / 制裁金 / 罰金に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477492,
            "tagId": 692510990,
            "tag": {
              "id": 692510990,
              "slug": "antitrust",
              "name": "独占禁止法 / 反トラスト法(用語)",
              "description": "独占禁止法 / 反トラスト法に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477409,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477409,
        "slug": "work-hero",
        "createdAt": "2022-03-28T09:30:32.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T09:30:32.000Z",
        "title": "スタートアップ特化のクラウド型バックオフィスサービスを展開するWORK HEROが1.4億円のシード調達",
        "content": "<p>シード・アーリーフェーズのスタートアップを中心に、コーポレート専任担当がいない企業に向けたオールインワンのクラウド型バックオフィスサービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://workhero.co.jp/products/\" rel=\"noopener\">WORK HERO</a>」を提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://workhero.co.jp/\" rel=\"noopener\">WORK HERO</a>は3月23日、シードラウンドとして、第三者割当増資による総額1億4000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先はCoral Capital、East Ventures、ニッセイキャピタル。調達した資金は、人材採用およびサービスの開発・広報にあてる。</p>\n<p>WORK HEROは、経営者・コアメンバーが事業に専念できるよう、経理・労務・税務・総務といったバックオフィス業務をオールインワンで引き受け、運用するサービス。顧客の事業内容とバックオフィス状況をヒアリングしたうえで、ベストプラクティスの業務フローを設計し、運用を代行する。各種SaaSツールの設計やメンテナンス業務も含めて対応するほか、専門家や社員との窓口代行も行うため、リソースの限られているスタートアップが、新たにコーポレート専任担当を採用せず利用を開始できるという。顧客企業は、経営資源を戦略策定やプロダクト開発などコア事業の成長に必要な業務に集中できるとしている。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-477412 img-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"564\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg 2214w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=300,165 300w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=768,423 768w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=1024,564 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=1536,846 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=2048,1129 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=726,400 726w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=400,220 400w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=738,407 738w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=640,353 640w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=220,121 220w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=281,155 281w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=227,125 227w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=125,69 125w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=109,60 109w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=1002,552 1002w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=600,331 600w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=337,187 337w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=50,28 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>WORK HERO代表取締役CEOの大坪誠氏は、自身が携わった30社以上のスタートアップの多くにおいて、すべての経営者がバックオフィス業務に課題を感じていたものの、リソース・ノウハウ不足から手を付けられずその成長を妨げてしまっているケースを数多く目の当たりにしたという。高いポテンシャルや強い個性を持つ経営者・企業が、その本領を発揮できていない状況が社会にとって大きな損失だと強く感じ、WORK HEROを2018年9月設立したとしている。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-26.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477409,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477409,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477409,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477409,
            "tagId": 692516126,
            "tag": {
              "id": 692516126,
              "slug": "back-office",
              "name": "バックオフィス業務(用語)",
              "description": "バックオフィス業務に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477409,
            "tagId": 692517612,
            "tag": {
              "id": 692517612,
              "slug": "work-hero",
              "name": "WORK HERO(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477340,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477340,
        "slug": "2022-03-25-hubspot-is-the-latest-saas-company-to-woo-creators",
        "createdAt": "2022-03-27T00:00:31.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-26T23:21:28.000Z",
        "title": "HubSpotがポッドキャスターを支援する新プログラムを発表",
        "content": "<p>最近は買い手の注意を引くことが難しくなってきた。かつてはいくつか広告に費用を払い、ブログ記事をアップすればそれでよかったのだが、これらの経路が効果的でなくなるにつれ、SaaS企業は意図するオーディエンスに到達するために、より<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/21/why-so-many-saas-companies-are-launching-their-own-media-operations/\" rel=\"noopener\">洗練された種類のメディア制作</a>に目を向けるようになっている。</p>\n<p>HubSpot(ハブスポット)は先週、クリエイターに資金とプラットフォームを提供し、制作されたポッドキャストを<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hubspot.com/creators\" rel=\"noopener\">HubSpotのウェブサイト</a>上で配信するという<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hubspot.com/company-news/hubspot-launches-new-hubspot-creators-program-to-invest-millions-in-emerging-talent\" rel=\"noopener\">プログラムを発表した</a>。クリエーターにより幅広い聴取者にリーチする方法を提供しつつ、より多様なコンテンツへのアクセスを持つ利点を活かしたいと、同社は考えている。</p>\n<p>「飽和状態のポッドキャスト市場で突破口を開くことは、特にゼロから始めるクリエイターにとっては非常に難しくなります」と、HubSpotのマーケティング担当SVPであるKieran Flanagan(キーラン・フラナガン)氏は、このニュースを発表した<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hubspot.com/company-news/hubspot-launches-new-hubspot-creators-program-to-invest-millions-in-emerging-talent\" rel=\"noopener\">記事の中で</a>述べている。「このHubSpot Creators(ハブスポット・クリエイターズ)プログラムを通じて、私たちはコンテンツ分野のリーダーとしての当社の立場を活用し、何百万もの組織の成長を支援するという当社のミッションを共有する新進クリエイターの知名度を向上させることができます」。</p>\n<p>クリエイターは、同社のプラットフォームを利用してより広いリーチが期待できることに加え、聴取者の増加に応じて毎月支払われる金額が増額される仕組みになっている。HubSpotは、シード、シリーズA、B、Cというベンチャー投資の概念に準えた4つの成長段階を設定した。また、このシステムを通じて、クリエイターはエディターやプロデューサーといった人的リソースへのアクセスも得ることができる。</p>\n<p>CRM Essentials(CRMエッセンシャル)の創設者で主席アナリストのBrent Leary(ブレント・リアリー)氏は、このアプローチは実に賢明なやり方であると確信している。</p>\n<p>「クリエイターを受け入れ、彼らがストーリーを語るための手助けをすることで、HubSpotはコンテンツのエコシステムを拡張できるだけでなく、より広いクリエイターのエコシステムの一部となることもできます。このアプローチにより、HubSpotは個人やコミュニティと重要な関係を築くことができ、自社のコンテンツ戦略を他のフォーマットやチャネルに展開することにつながります」と、リアリー氏はTechCrunchに語った。</p>\n<p>HubSpotは、2006年にインバウンドマーケティングのプラットフォームとして誕生し、ブログを使って企業の製品やサービスに対する関心を高める働きをしてきた。コンテンツマーケティングの考え方は進化しているものの、フラナガン氏は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/feed/update/urn:li:activity:6912753134855430145/\" rel=\"noopener\">LinkedIn(リンクトイン)に掲載した</a>新プログラム発表の投稿の中で、当初のインバウンドマーケティングの考え方は依然として共鳴を呼び、製品主導による成長の進行とともに重要性が増してきていると書いている。</p>\n<p>もう1つの大きな要素は、これらのコンテンツの周りに、ブランドにとって重要な人々、つまりコミュニティが形成されるということだ。コミュニティは、直接的に(これらの人々の何割かが顧客になる)、あるいは間接的に(少なくともより広い世界でコンテンツを共有してくれる)、関心をさらに高める方法を生み出すと、フラナガン氏は述べている。</p>\n<p>同社は「<a target=\"_blank\" href=\"https://listen.hubspot.com/public/83/Content-Is-Profit-7b15f1b3\" rel=\"noopener\">Content is Profit</a>」や「<a target=\"_blank\" href=\"https://listen.hubspot.com/public/83/(un)sexy-692b20fc\" rel=\"noopener\">(Un)Sexy</a>」といった名称の8つのポッドキャストからこのプログラムを開始する。これらのポッドキャストのテーマは、セールスおよびマーケティングプラットフォームとしてのHubSpotのミッションに何らかの形で関連しており、HubSpotが自社の製品やサービスへの関心を高めると期待するコンテンツを提供していく。</p>\n<p>このようなプログラムを起ち上げているのは、HubSpotだけではないことも注目に値するだろう。LinkedInはクリエイター向けに似たようなアプローチを提供している。<a target=\"_blank\" href=\"https://mailchimp.com/presents/\" rel=\"noopener\">MailChimp</a>(メールチンプ)も同様だ。しかし、これらのプラットフォームに便乗することは、クリエイターにとって聴取者を獲得するための最良の方法なのだろうか? トレードオフとなるものは何だろうか?</p>\n<p>ある情報筋からTechCrunchに提供された非公開のクリエイター規約書によると、HubSpotはクリエイターに対し、どれだけダウンロードされたかという数字に関係なく、毎週ポッドキャストを作成するために最低月1000ドル(約12万円)を支払うとされている。これは新人ポッドキャスターにとって好条件だと思われる。独立系の番組がそれだけの収入を得られるようになるまでには、時間がかかることが多いからだ。この最下段の「シード」層に属するポッドキャスターには、1回限りのマーケティング投資として5000ドル(約60万円)も与えられる。</p>\n<p>しかし、ポッドキャスターは、この手早い資金投入を利用するために、いくつかの権利を放棄しなければならない。HubSpotの<a target=\"_blank\" href=\"https://legal.hubspot.com/hubspot-creators-program-agreement\" rel=\"noopener\">パブリック・クリエイター・プログラム契約</a>によると、このプログラムに参加することによって、クリエイターは番組に対する永久的なライセンス(番組の改変や派生物の作成を含む)をHubSpotに付与することになる。また、番組ホストがその義務を果たせていないとHubSpotが判断した場合、HubSpotはホストを交代させる権利も有している。</p>\n<p>クリエイターが番組の所有者であることは変わらないものの、HubSpotの永久ライセンスは、この資金援助に付随する条件があることを明確に示している。</p>\n<p>「HubSpotはクリエイターの権利を尊重し、クリエイターとHubSpotの間で公平なバランスが維持されると確信しています」と、HubSpotの広報担当者はTechCrunchに語った。「HubSpotは、このプログラムから良好な状態で離脱したクリエイターに対して、独占権の放棄も検討していく予定です」。</p>\n<p>LinkedInも最近、同様のポッドキャストネットワークを起ち上げたが、そのクリエイター契約に関する詳細な情報を公表することは拒否した。LinkedInの担当者はTechCrunch に、ポッドキャストパートナーは「彼らのコンテンツに対する完全な所有権を保持する」と述べたが、ライセンス契約については詳しく語ろうとしなかった。</p>\n<p>ますます多くのSaaS企業が独自のポッドキャストネットワークを起ち上げる中、ポッドキャスターは、クリエイティブコントロール(創作物のクリエイティブ面における最終決定権)の価値と、これらのプログラムが提供する資金を天秤にかけた難しい決断を迫られることになりそうだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Anastasiia Krivenok / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/25/hubspot-is-the-latest-saas-company-to-woo-creators/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ron Miller, Amanda Silberling、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1284472414.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477340,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477340,
            "tagId": 2939952,
            "tag": {
              "id": 2939952,
              "slug": "hubspot",
              "name": "HubSpot(企業)",
              "description": "マーケティングソフトウェアを提供する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477340,
            "tagId": 173267257,
            "tag": {
              "id": 173267257,
              "slug": "advertising-tech",
              "name": "広告 / アドテック(用語)",
              "description": "広告 / アドテックに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477340,
            "tagId": 366277609,
            "tag": {
              "id": 366277609,
              "slug": "podcast",
              "name": "ポッドキャスト(用語)",
              "description": "ポッドキャストに関わる記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477340,
            "tagId": 366278632,
            "tag": {
              "id": 366278632,
              "slug": "creator",
              "name": "クリエイター(用語)",
              "description": "クリエイターに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477303,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477303,
        "slug": "2022-03-25-spotify-testing-car-mode",
        "createdAt": "2022-03-26T03:15:48.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-26T00:37:35.000Z",
        "title": "Spotify、新しいインターフェース「Car Mode」を一部ユーザーでテスト中",
        "content": "<p>Spotify(スポティファイ)が新しいインターフェース「Car Mode」のテストを一部のユーザーで開始したことを、同社は米国時間3月25日、TechCrunchに認めた。このテストは、Spotifyが、運転中に再生コントロールと現在のトラックを表示する「Car View」と呼ばれる簡略化された車載用インターフェースを廃止することを<a target=\"_blank\" href=\"https://community.spotify.com/t5/Android/Car-View-missing/m-p/5280149/highlight/true#M181808\" rel=\"noopener\">発表して</a>から数カ月後に行われた。当時、スポティファイは、車内でのリスニング体験を提供する新しい方法を模索しており、近々新しい機能を発表する予定だと述べていた。</p>\n<p>「Spotifyは、ユーザーに最高のリスニング体験を提供できるよう常に努力しています」と、Spotifyの広報担当者はTechCrunchに語った。「我々は、一部のユーザーに新しいCar Modeをテストしていることを認めます。他のテストと同様に、より広範に変更をロールアウトする前に、我々は常にユーザーからのフィードバックを求めます」。</p>\n<p>新しいインターフェイスは、<a target=\"_blank\" href=\"https://9to5google.com/2022/03/24/spotify-test-drive-car-mode/\" rel=\"noopener\">9to5Google</a>によって最初に発見された。同サイトは、Android版のCar Modeのスクリーンショットを掲載した。Spotifyは、この新しいインターフェースがiOSユーザーにもテストされているかどうかについてはコメントしなかった。</p>\n<p>スクリーンショットを見ると、Car Modeでは、音声操作で音楽をブラウズしたり、検索したりすることができることがわかる。Car Modeのトラックプレイヤー画面には、再生 / 一時停止、スキップ、シャッフル「いいね」ボタンなどのシンプルなコントロールが含まれている。また、マイクボタンもあり、Car Mode中にSpotifyのライブラリを検索することができる。また、音声操作で最近再生した音楽やポッドキャストにアクセスすることも可能だ。レイアウトはSpotifyの通常のインターフェースに似ているが、画面上に通常ある視覚的な煩雑さはあまりない。</p>\n<div id=\"attachment_477305\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477305\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-477305\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"722\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp?resize=300,212 300w, /wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp?resize=768,542 768w, /wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp?resize=1024,722 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp?resize=567,400 567w, /wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp?resize=400,282 400w, /wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp?resize=738,520 738w, /wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp?resize=511,360 511w, /wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp?resize=220,155 220w, /wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp?resize=244,172 244w, /wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp?resize=177,125 177w, /wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp?resize=125,88 125w, /wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp?resize=85,60 85w, /wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp?resize=783,552 783w, /wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp?resize=521,367 521w, /wp-content/uploads/2022/03/spotify-car-mode.webp?resize=50,35 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477305\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:9to5Google</p></div>\n<p>Spotifyはまだ新しいインターフェースをテスト中で、アクセスしたユーザーからのフィードバックを求めている。つまり、Car Modeの最終バージョンは、上で見たスクリーンショットとは異なるものになるかもしれない。</p>\n<p>新しいCar Modeは、シームレスな車内リスニング体験を提供するためのSpotifyの取り組みの一部に過ぎない。2021年4月、同社は「Car Thing(カー・シング)」と呼ばれる初のハードウェア・デバイスを米国で限定発売することを<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/17/2021-04-13-spotify-launches-an-in-car-entertainment-system-car-thing/\" rel=\"noopener\">正式に発表した</a>。このデバイスは、Spotify Premiumの加入者と、Apple(アップル)のCarPlay(カープレイ)やAndroid Auto(アンドロイド・オート)のようにSpotifyに簡単にアクセスできるインフォテインメントシステムを内蔵していないクルマの所有者を対象としている。Spotifyは11月にCar Thingを89.99ドル(約1万円)で<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/23/2022-02-22-spotifys-in-car-entertainment-device-car-thing-is-now-publicly-available/\" rel=\"noopener\">一般販売</a>した。</p>\n<p>Car Thingは、携帯電話のSpotifyモバイルアプリと接続し、携帯電話の携帯電話シグナル(または利用可能な場合はWi-Fi)を使用して、音楽やポッドキャストを車のサウンドシステムでストリーミングする。このデバイスは、USB、Bluetooth、AUXに対応している。このサービスにアクセスするには「Hey Spotify」と話しかけるか、タッチスクリーンをタップするか、ダイヤルを回すか、プレイヤー上部にある4つのプリセットボタンのいずれかを使用する。</p>\n<p>また、SpotifyはGoogleアシスタントと連携し、運転中にハンズフリーで音楽やPodcastを聴くことができる。この機能はGoogleマップとも連携しているので、Spotifyを聴きながらナビゲーションを行うことも可能だ。そのためには、アカウントを連携して「ヘイグーグル、スポティファイを再生して」といえばいい。</p>\n<p><small>画像クレジット:Getty Images<br />\n</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/25/spotify-testing-car-mode/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Yuta Kaminishi)</p>\n",
        "authorId": 191889573,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1048258424.webp",
        "author": {
          "id": 191889573,
          "slug": "yuta-kaminishi",
          "name": "Yuta Kaminishi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477303,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477303,
            "tagId": 90579,
            "tag": {
              "id": 90579,
              "slug": "beta-testing",
              "name": "テスト / ベータテスト(用語)",
              "description": "テスト / ベータテストに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477303,
            "tagId": 897720,
            "tag": {
              "id": 897720,
              "slug": "streaming-music",
              "name": "音楽ストリーミング(用語)",
              "description": "音楽ストリーミングに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477303,
            "tagId": 2074982,
            "tag": {
              "id": 2074982,
              "slug": "spotify",
              "name": "Spotify / スポティファイ(企業)",
              "description": "Spotifyは音楽ストリーミングサービスを提供するスウェーデンの企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477303,
            "tagId": 366270545,
            "tag": {
              "id": 366270545,
              "slug": "automobile",
              "name": "自動車(用語)",
              "description": "自動車に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477313,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477313,
        "slug": "2022-03-25-spotify-will-suspend-its-services-in-russia-in-light-of-free-speech-crackdown",
        "createdAt": "2022-03-26T00:45:20.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T23:42:56.000Z",
        "title": "Spotify、言論弾圧を受けロシアでのサービスを停止へ",
        "content": "<p>Spotify(スポティファイ)は、ロシアで新たに導入された言論の自由に対する劇的な規制を受け、ロシアでの同ストリーミングサービスへのアクセスを停止する予定だ。</p>\n<p>3月上旬、ロシア議会は、ウクライナにおけるロシアの軍事作戦について同政府が「虚偽の情報」と見なすものを共有することを犯罪とする<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nytimes.com/2022/03/04/world/europe/russia-censorship-media-crackdown.html\" rel=\"noopener\">新法を制定</a>した。この新しい規制は「戦争」という言葉を使ってウクライナでの戦争を表現することなどを含め、軍を貶めるような言論も罰するものだ。</p>\n<p>CNN、ABC、BBCなどの西側報道機関は、最大15年の禁固刑を科すことができるこの法律を受けて、ロシア国内での<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nytimes.com/2022/03/04/business/western-media-operations-russia.html\" rel=\"noopener\">放送や事業を取りやめた</a>。Spotifyは主に音楽ストリーミングプラットフォームだが、政治や時事問題を取り入れたポッドキャストへの投資をこのところ増やしており、その方向性はすでに<a target=\"_blank\" href=\"https://variety.com/2022/digital/news/spotify-russia-subscriber-cancel-joe-rogan-1235200533/\" rel=\"noopener\">多くの論争</a>を巻き起こしている。</p>\n<p>Spotifyの広報担当者はTechCrunchにこう述べている。「Spotifyは、ロシアで信頼できる独立系ニュースや情報を提供するために、ロシアでのサービス運用を維持することが極めて重要だと考え続けてきました。残念ながら、最近制定された、情報へのアクセスをさらに制限し、表現の自由を排除し、特定のニュースを犯罪化する法律は、Spotify従業員の安全と、さらにリスナーをも危険にさらす可能性があります」。</p>\n<p>Spotifyはさまざまな道を検討した結果、ロシアでのサービスを「完全に停止」することを選択した。このプロセスは、同社が移転に関連するロジスティクスを確保した後、4月上旬までに完了する予定だ。Spotifyは<a target=\"_blank\" href=\"https://variety.com/2022/digital/news/spotify-russia-subscriber-cancel-joe-rogan-1235200533/\" rel=\"noopener\">以前、ロシアでのプレミアムサブスクリプションを停止</a>したが、無料版アプリは引き続き利用可能だった。</p>\n<p>世界の大部分が恐怖の目で見ている中、クレムリンは情報の流れに対する支配を強め続け、先月からの行動を、一般市民の命を奪う血なまぐさい選択による戦争ではなく、人民解放運動であると偽って伝えている。このような動きとそれにともなう法的取り締まりは、ロシア政府と対立する、侵略であるという観点を共有する国内の人々にとって深刻なリスクとなる。</p>\n<p><small>画像クレジット:TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/25/spotify-will-suspend-its-services-in-russia-in-light-of-free-speech-crackdown/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Taylor Hatmaker、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/spotify-app-icon-iphone.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477313,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477313,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477313,
            "tagId": 897720,
            "tag": {
              "id": 897720,
              "slug": "streaming-music",
              "name": "音楽ストリーミング(用語)",
              "description": "音楽ストリーミングに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477313,
            "tagId": 2074982,
            "tag": {
              "id": 2074982,
              "slug": "spotify",
              "name": "Spotify / スポティファイ(企業)",
              "description": "Spotifyは音楽ストリーミングサービスを提供するスウェーデンの企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477313,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477313,
            "tagId": 366277609,
            "tag": {
              "id": 366277609,
              "slug": "podcast",
              "name": "ポッドキャスト(用語)",
              "description": "ポッドキャストに関わる記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477288,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477288,
        "slug": "2022-03-24-former-tiktok-content-moderators-file-lawsuit-over-psychological-trauma",
        "createdAt": "2022-03-25T23:15:53.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-26T08:35:46.000Z",
        "title": "元TikTokコンテンツモデレーター2人が「精神的トラウマ」で提訴",
        "content": "<p>TikTokのコンテンツレビュワー2人が、TikTokから不快な動画を削除するというひどい心痛をともなう作業に従事する中で、適切なサポートが受けられなかったとして同社を提訴した。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.npr.org/2022/03/24/1088343332/tiktok-lawsuit-content-moderators\" rel=\"noopener\">NPRが最初に報じた</a>この訴訟は、<a target=\"_blank\" href=\"https://s3.documentcloud.org/documents/21508707/reece-young-and-ashley-velez-v-bytedance.pdf\" rel=\"noopener\">米3月24日に連邦裁判所に起こされた</a>。</p>\n<p>原告のAshley Velez(アシュリー・ヴェレス)氏とReece Young(リース・ヤング)氏は、それぞれカナダのハイテク企業Telus International(テルス・インターナショナル)とニューヨークのAtrium(アトリウム)という第三者企業を通じてTikTokのモデレーション作業を請け負っていた。ヴェレス氏とヤング氏は集団訴訟を模索しており、企業の慣行によって悪影響を受けたと主張する他のTikTokコンテンツモデレーターも訴訟に参加できるようになりそうだ。</p>\n<p>訴訟では、ヴェレス氏とヤング氏が日常的に従事させられている「異常に危険な活動」の精神的リスクにもかかわらず、TikTokとByteDanceが適切なメンタルヘルスサポートを提供せず、カリフォルニア労働法に違反したと主張している。また、同社はモデレーターに対して、ノルマを達成するために大量の過激なコンテンツをレビューするよう強制し、さらにモデレーターが見たものについて法的な議論ができないよう秘密保持契約(NDA)にサインさせることによって、その害を増幅させたと主張している。</p>\n<p>「被告は、アプリにアップロードされたフィルタリングされていない不快で攻撃的なコンテンツと、毎日アプリを利用する何億人もの人々との間のゲートキーパーである何千人もの請負業者に安全な職場を提供しなかった」と訴状にはある。TikTokとByteDanceは、このようなトラウマ的なコンテンツに長期間さらされることによる心理的リスクを知っていたにもかかわらず、労働者が過激なコンテンツに対処するための「適切な改善措置」を事後的に提供する努力をしなかった、と主張している。</p>\n<p>訴状では、両原告が勤務日にどのように「児童の性的虐待、レイプ、拷問、残忍な行為、斬首、自殺、殺人」を含む過激で不快なコンテンツのレビューに12時間費やしたかを説明している。また、ヴェレス氏とヤング氏は、生々しいコンテンツ以外にも、ヘイトスピーチや陰謀論に繰り返しさらされ、それが精神衛生に悪影響を及ぼしたと訴えている。TikTokのコンテンツモデレーターであるCandie Frazier(キャンディ・フレイジャー)氏も<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/25/2021-12-24-tiktok-moderator-sues-over-mental-trauma-caused-by-graphic-videos/\" rel=\"noopener\">12月に同様の訴訟を起こした</a>が、NPRの報道によるとこの訴訟はもはや前進していないようだ。</p>\n<p>新しいTikTokの訴訟は、同じ弁護団が<a target=\"_blank\" href=\"/2020/05/13/2020-05-12-facebook-moderators-ptsd-settlement/\" rel=\"noopener\">2018年にFacebook(フェイスブック)に対して起こした</a>集団訴訟に続くものだ。同社は2年後、日常的にコンテンツの選別を任された結果、メンタルヘルスに悩む1万1000人以上のモデレーターに5200万ドル(約63億円)を支払うことで合意し、和解した。</p>\n<p><small>画像クレジット:TOLGA AKMEN / Contributor / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/24/former-tiktok-content-moderators-file-lawsuit-over-psychological-trauma/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Taylor Hatmaker、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/TikTok.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477288,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477288,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 477288,
            "tagId": 5938293,
            "tag": {
              "id": 5938293,
              "slug": "tiktok",
              "name": "TikTok(製品・サービス)",
              "description": "TikTok は、中国のByteDanceが開発運営するモバイル向けショートビデオのプラットフォームである。"
            }
          },
          {
            "postId": 477288,
            "tagId": 366273573,
            "tag": {
              "id": 366273573,
              "slug": "mental-health",
              "name": "メンタルヘルス(用語)",
              "description": "メンタルヘルスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477288,
            "tagId": 366275333,
            "tag": {
              "id": 366275333,
              "slug": "moderation",
              "name": "モデレーション / モデレーター(用語)",
              "description": "モデレーション / モデレーターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477288,
            "tagId": 674897383,
            "tag": {
              "id": 674897383,
              "slug": "lawsuit",
              "name": "訴訟 / 裁判(用語)",
              "description": "訴訟や裁判に関連する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 477288,
            "tagId": 674897523,
            "tag": {
              "id": 674897523,
              "slug": "trauma",
              "name": "トラウマ(用語)",
              "description": "トラウマに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477205,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477205,
        "slug": "2022-03-24-weglot-raises-50-million-to-turn-any-website-into-a-multilingual-site",
        "createdAt": "2022-03-25T03:15:19.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T02:33:32.000Z",
        "title": "あらゆるウェブサイトを多言語化する仏WeglotがシリーズAで約60.6億円を調達",
        "content": "<p>フランスを拠点とするスタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://weglot.com/\" rel=\"noopener\">Weglot</a>は、<a target=\"_blank\" href=\"https://partechpartners.com/\" rel=\"noopener\">Partech</a>を引受先とする4500万ユーロ(約60億5500万円)のシリーズA資金調達ラウンドをクローズした。同社は、ウェブサイト向けの翻訳ソリューションを構築している。この製品により、手間のかかる微調整をすることなく、また別のCMSやECプラットフォームに切り替えることなく、サイトに多くの言語を追加することができる。</p>\n<p>そして、これがWeglotのポジショニングを理解する鍵になる。WordPress(ワードプレス)やShopify(ショッピファイ)の翻訳プラグインは、以前から存在していた。だがWeglotは、あらゆる種類のウェブ体験に対応するユニバーサルな製品を作りたいと考えている。</p>\n<p>Weglotを活用するには、2通りの方法がある。1つ目の方法は、プラグインを使って既存のウェブサイトに追加するやり方だ。これはWordPress、Shopify、Wix、WooCommerceでWeglotが機能する方法だ。小規模の会社を経営していて、専任のウェブ開発者がいない場合は、コードを一行も書かずにWeglotをインストールすることができる。</p>\n<p>もう1つの方法は、ウェブサイトのタグに数行のJavascriptを追加する方法だ。Weglotでは、Webflow、Squarespace、BigCommerceでこのアプローチを使用している。それに加えて、新しい言語用のサブドメインやサブディレクトリを作成するために、DNSレコードを調整する必要がある。</p>\n<p>Weglotのサーバー上で、同社はサイトからコンテンツを自動的に検出し、取り込む。Weglotの顧客は、自動翻訳を利用して、新しい言語への対応を開始することができる。</p>\n<p>また、同社が提供しているダッシュボードを利用することで、コンテンツを掘り下げ、よりよい翻訳を作成することもできる。プロの翻訳者にアクセスを許可し、そのインターフェースから翻訳を管理することができる。</p>\n<p>これで、多言語サイトの完成だ。訪問者があなたのサイトをロードするときはいつでも、ウェブサイトはデフォルトでユーザーの優先言語でロードされる。また、複数のオプションを提供したい場合は、ウェブサイトの隅に言語スイッチャーを追加することができる。</p>\n<p>翻訳はWeglotのサーバーに保存されるが、Weglotは各言語専用のサブディレクトリまたはサブドメインを作成する。こうすることで、Google(グーグル)やその他の検索エンジンは、顧客のウェブサイトの各言語版をインデックスすることができる。メタデータとキーワードも、Weglotで翻訳することができる。</p>\n<p>このスタートアップは、必要な言語と単語の数に応じて、<a target=\"_blank\" href=\"https://weglot.com/pricing/\" rel=\"noopener\">毎月のサブスクリプション</a>を課金している。2021年、Weglotは年間経常収益1000万ユーロ(約13億4600万円)を達成した。2017年のシードラウンド以来、外部資本を調達していなかったスタートアップとしては悪くない。</p>\n<p><small>画像クレジット:Joshua Fuller / Unsplash</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/24/weglot-raises-50-million-to-turn-any-website-into-a-multilingual-site/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Romain Dillet、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/joshua-fuller-TiDa-gEog-s-unsplash.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477205,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477205,
            "tagId": 8349,
            "tag": {
              "id": 8349,
              "slug": "translation",
              "name": "翻訳 / 通訳(用語)",
              "description": "翻訳 / 通訳に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477205,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477205,
            "tagId": 366273777,
            "tag": {
              "id": 366273777,
              "slug": "france",
              "name": "フランス(国・地域)",
              "description": "フランスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477205,
            "tagId": 366273830,
            "tag": {
              "id": 366273830,
              "slug": "multiiingualization",
              "name": "多言語化(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477205,
            "tagId": 366281107,
            "tag": {
              "id": 366281107,
              "slug": "website",
              "name": "ウェブサイト / Website(用語)",
              "description": "ウェブサイト / Websiteに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477217,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477217,
        "slug": "n-technologies-fundraising-2",
        "createdAt": "2022-03-25T02:30:33.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T02:30:33.000Z",
        "title": "会社に届くすべての郵便物を電子化し自宅から一元管理、クラウド郵便サービスのatenaが1.25億円のシリーズA調達",
        "content": "<p>会社に届く郵便物を自宅から管理できる、クラウド郵便サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://atena.life/\" rel=\"noopener\">atena</a>」(アテナ)を提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://n.inc/ja\" rel=\"noopener\">N-Technologies</a>(N Inc.)は3月25日、シリーズAラウンドとして、第三者割当増資による1億2500万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、リード投資家の千葉道場ファンド、また千葉道場ファンド・Scrum Ventures・Coral Capital。2021年9月のプレシリーズAラウンド以来3回目の資金調達にあたり、累計調達額は2億5500万円となった。</p>\n<p>調達した資金は、atenaのマーケティング活動、オペレーション投資の強化にあて、事業の成長スピードを加速する。今後も、郵便物のための出社から社会を解放し、リモートワークの推進や新しい働き方の実現に寄与する。</p>\n<p>atenaは、会社に届く郵便物をすべて電子化することで、PCなどの端末から郵便物の内容を閲覧できるサービス(エンタープライズ企業向けには「<a target=\"_blank\" href=\"https://cloud.atena.life/\" rel=\"noopener\">atena Cloud</a>」を用意)。郵便物の受け取り・管理・スキャニング・不要な郵便物の処理などの作業を、すべてシステムで一元管理が可能で、例えばリモートワークにおいて、「郵便物の確認」のためだけの出社を行うといった必要がなくなるという。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-477219\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?w=792\" alt=\"会社に届くすべての郵便物を電子化し自宅から一元管理、クラウド郵便サービスのatenaが1.25億円のシリーズA調達\" width=\"792\" height=\"698\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg 792w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=300,264 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=768,677 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=454,400 454w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=400,353 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=738,650 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=408,360 408w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=220,194 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=195,172 195w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=142,125 142w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=125,110 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=68,60 68w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=626,552 626w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=416,367 416w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=50,44 50w\" sizes=\"(max-width: 792px) 100vw, 792px\" /></p>\n<p>また、セキュリティ対策も万全に構築しており、国際認証規格「ISO/IES 27001:2013」の取得、生体認証に守られた環境の整備などを実施。国内外の上場企業やスタートアップ企業、税理士事務所などで導入が進んでおり、完全リモート化に成功した顧客が増えているそうだ。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/eJHvA-wAxOE?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/u1hMQBUeb3U?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>&nbsp;</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477217,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477217,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477217,
            "tagId": 366272947,
            "tag": {
              "id": 366272947,
              "slug": "remote-work",
              "name": "リモートワーク / テレワーク(用語)",
              "description": "在宅勤務、テレワークをサポートする、ビデオ会議サービス、IP電話、オンラインのタスク管理システムなど、リモートワークツールやサービスの最新ニュース。"
            }
          },
          {
            "postId": 477217,
            "tagId": 692509863,
            "tag": {
              "id": 692509863,
              "slug": "n-technologies",
              "name": "N-Technologies(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477217,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477056,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477056,
        "slug": "2022-03-23-generaly-availability-google-cloud-now-lets-you-suspend-vms",
        "createdAt": "2022-03-25T02:15:59.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T00:14:23.000Z",
        "title": "Google CloudでVMのサスペンドとレジュームが可能に",
        "content": "<p>米国時間3月23日、Google Cloudは仮想マシンのサスペンド / レジューム(一時停止と再開)機能を一般公開で<a target=\"_blank\" href=\"https://cloud.google.com/blog/products/compute/save-by-suspending-vms-on-google-compute-engine\" rel=\"noopener\">ローンチした</a>。これまでこの機能は2年前にアルファでローンチし、開発者が利用できるオプションはインスタンスの停止とスタートだけだった。Google(グーグル)によると、今度の<a target=\"_blank\" href=\"https://cloud.google.com/compute/docs/instances/suspend-resume-instance\" rel=\"noopener\">サスペンド / レジューム</a>はラップトップのフタを開けたり、閉めたりする感覚に近いという。</p>\n<p>インスタンスがサスペンド中は、それが使っているコアとRAMは課金されない。唯一支払うのはインスタンスのメモリのストレージ費用で、OSのライセンスも減額されるかもしれないとGoogleはいう。</p>\n<p>他のクラウドにも同様の機能はあるが、Googleの主張では同社はACPI S3の標準信号を送り、その信号はデスクトップやラップトップにオペレーティングシステムが送ってスリープにしたり、RAMにサスペンドを送る場合と同じであるため、そのソリューションは非常に多種類のOSイメージと互換性がある。それどころか同社はデベロッパーに、ドキュメントのないカスタムのOSイメージで試してみることを奨めている。それらも、何もしなくても信号に応じた動作をするはずだ。</p>\n<p>さらにGoogleの主張では、そのソリューションは他と違う。なぜならVMがサスペンドしてブートディスクから独立なら、イメージのためのストレージは動的にプロビジョンされる。従ってブートディスクにスペースがないことを心配する必要がないし、サスペンドしたインスタンスはストレージの消費量も少ない。サスペンド中にもインスタンスのIPアドレスはそのままなので、インスタンスがレジュームしたとき、メモリは単純にストレージからインスタンスのメモリに戻り、サイクルが続く。</p>\n<p>ただしイメージのサスペンドは最大60日までで、その後、自動的に終了する。なお、そのサスペンド / レジュームは、GPUインスタンスやメモリが120GBを超えるインスタンス、E2インスタンス、そして<a target=\"_blank\" href=\"https://cloud.google.com/blog/products/identity-security/introducing-google-cloud-confidential-computing-with-confidential-vms\" rel=\"noopener\">コンフィデンシャルVM</a>では無効だ。プリエンプティブルインスタンスはサスペンドできるが、サスペンション処理の間に終了するリスクがある。</p>\n<p>しかしここでのアドバンテージは費用節約だけではない。このようなシステムはまた、必要に応じて、いくつかのインスタンスをスタンバイさせておく水平スケーリングを意味している。新しいVMをプロビジョニングするのは、時間がかかる。あなたのユースケースがそれなら、将来の道はサーバーレスかもしれない。しかし、それもまた長期のプロジェクトであるため、その間はこのようなシステムが役に立つ。</p>\n<p>また、24時間365日稼働する必要のない開発環境にもサスペンド / レジュームを利用している企業もある。BigCommerceのエンジニアリング担当マネージャーであるAaron Humerickhouse(アーロン・ヒューメリックハウス)氏は次のように述べる。「Compute Engineのサスペンド / レジューム機能を活用することで、Compute Engineを中心とした開発環境の運用コストを削減することができました。BigCommerceでは、各エンジニアが自分の環境の『作業時間』をカスタマイズできるようになっており、各作業日の終わりに停止し、翌日の始まりに再開するようになっています。これにより、仮想マシンインスタンスの使用時間が1環境あたり平均で週168時間から週60時間に短縮され、毎月数千ドル(数十万円)のコスト削減が可能になりました。このようなコスト効率の向上は、当社のエンジニアリング組織が成長するにつれて、さらに増加すると考えています」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Sean Gallup/Getty Images/Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/generaly-availability-google-cloud-now-lets-you-suspend-vms/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/gcd.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477056,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477056,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477056,
            "tagId": 6416607,
            "tag": {
              "id": 6416607,
              "slug": "google-cloud",
              "name": "Google Cloud(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477171,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477171,
        "slug": "trimble-rtx-makes-android-gps-more-accurate",
        "createdAt": "2022-03-25T02:00:14.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T23:17:49.000Z",
        "title": "クアルコムとTrimble、AndroidのGPS誤差を1m程度まで向上させる技術Trimble RTXを2022年第2四半期より提供開始",
        "content": "<div id=\"attachment_477177\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477177\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-477177\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?w=1024\" alt=\"クアルコムとTrimble、AndroidのGPS誤差を1m程度に向上させる技術Trimble RTXを2022年第2四半期より提供開始\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg 1100w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-001.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477177\" class=\"wp-caption-text\">Trimble</p></div>\n<p>クアルコムは、Snapdragon 8 Gen 1およびSnapdragon 888を搭載するモバイル端末向け位置情報技術&#8221;Trimble RTX&#8221;を今年第2四半期より提供開始すると発表しました。</p>\n<p>Trimble社とクアルコムは、Trimble RTXのサービスプラットフォームを使用することで当該SoCを搭載するAndroidの位置情報の精度をこれまでの5倍に向上させることができ、モバイル機器の位置情報の精度が誤差が1m程度にまで向上すると主張しています。スマートフォンやモバイル端末の位置情報が正確になることで、サービスプロバイダーや開発者らはアプリケーションやサービス内でこれまでよりも正確な位置情報を利用できるようになります。</p>\n<p>具体的に使用例を考えれば、たとえばカーナビゲーションシステムにおいて自車が走行しているレーンをイメージセンサーなどを使わずとも位置情報で自動的に判定し、車線変更などをドライバーに指示できるようになるかもしれません。実際、Trimbleとクアルコムは自動車OEM企業やそのTier 1サプライヤーにパートナーシップを拡大し、この高度な位置情報技術や自動運転要技術を活用する予定だとGSMArenaは報じています。</p>\n<p>ただ、既存のスマートフォンが、この技術でより正確な位置情報を利用できるようになるかTrimbleもクアルコムも明確に回答していません。ユーザーが肌身離さず持ち歩くスマートフォンの位置情報は、あまり正確になりすぎるとかえってプライバシーに関する問題が発生する可能性があります。トイレに入っているときに、スマートフォンの画面にトイレットペーパーや生理用品の広告が表示されたら、喜ぶよりゾッとする人の方が多そうです。位置情報の利用をアプリやシステム単位でオン/オフしたり、履歴をユーザーが削除できるようになれば良いかもしれないものの、それはOSやアプリ開発者側の対応次第です。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/JRi3KAfE_Wo?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.prnewswire.com/news-releases/qualcomm-and-trimble-introduce-meter-level-location-accuracy-for-smartphones-301507317.html\" rel=\"noopener\">PRNewswire</a>。Via <a target=\"_blank\" href=\"https://www.gsmarena.com/qualcomm_and_trimble_announce_gnss_location_partnership_for_android_flagships_-news-53672.php\" rel=\"noopener\">GSMArena</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/trimble-rtx-makes-android-gps-more-accurate-085025605.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-001-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477171,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477171,
            "tagId": 3169,
            "tag": {
              "id": 3169,
              "slug": "gps",
              "name": "GPS(用語)",
              "description": "GPSに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477171,
            "tagId": 182541,
            "tag": {
              "id": 182541,
              "slug": "qualcomm",
              "name": "Qualcomm / クアルコム(企業)",
              "description": "Qualcomm(クアルコム)は、移動体通信の通信技術および半導体の設計開発を行う米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477171,
            "tagId": 383908,
            "tag": {
              "id": 383908,
              "slug": "snapdragon",
              "name": "Snapdragon(製品・サービス)",
              "description": "QualcommのモバイルSoCのシリーズ。"
            }
          },
          {
            "postId": 477171,
            "tagId": 641922,
            "tag": {
              "id": 641922,
              "slug": "android",
              "name": "Android(製品・サービス)",
              "description": "Androidは、主にスマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーンモバイル機器向けに設計されたオペレーティングシステム。Googleが開発、提供する。"
            }
          },
          {
            "postId": 477171,
            "tagId": 366134309,
            "tag": {
              "id": 366134309,
              "slug": "location-info",
              "name": "位置情報(用語)",
              "description": "位置情報に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477171,
            "tagId": 692517595,
            "tag": {
              "id": 692517595,
              "slug": "trimble",
              "name": "Trimble(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477148,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477148,
        "slug": "2022-03-24-hbo-max-shuffle-button-shows",
        "createdAt": "2022-03-25T00:00:39.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T23:18:25.000Z",
        "title": "HBO Maxが同プラットフォーム上の一部番組に新たにシャッフルボタンを追加",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.hbomax.com/\" rel=\"noopener\">HBO Max</a>は今週、同社のプラットフォームで一部のテレビ番組に新しい「シャッフル」ボタンを導入することを発表した。この新しいボタンは米国時間3月24日から世界中に展開され、ストリーミングサービスのデスクトップ版でのみ利用可能だ。この新機能は、特定のテレビ番組のエピソードをシャッフルする。例えば「フレンズ」を見たいが、どのエピソードを見ればいいかわからない場合、このボタンを使えば、シリーズの中からランダムなエピソードに移動することができる。</p>\n<p>このボタンは「フレンズ」「ラリーのミッドライフ★クライシス」「ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則」「ルーニー・テューンズ」「リック・アンド・モーティ」「ティーン・タイタンズGO!」「Selena + Chef(セリーナ・シェフ)」「Whose Line is it Anyway(フーズ・ライン・イズ・イット・エニーウェイ)」「フレッシュ・プリンス」「トムとジェリー」「ヤングシェルドン」「ジ・オフィス」などの45番組で使用できるようになる。</p>\n<p>「HBO Maxのシャッフルボタンは、他のサービスと異なり、シリーズではなくエピソードをランダムに表示するため、ユーザーに表示されるコンテンツにある程度のコンテキストを与えることができます」と、HBO Maxの広報担当者はTechCrunchにメールで語った。「デスクトップで全世界に提供され、ユーザーはシリーズの詳細ページでシャッフルボタンを選択することで、45の厳選された番組を見ることができます。偶然の発見をする要素が加わり、シャッフルボタンを選択すると、足を蹴り上げて、より早くエピソードを見始めることができます」。</p>\n<p>同社によると、このボタンは要望の多い機能だったとのことだ。HBO Maxは、この機能をプラットフォーム上のより多くのコンテンツに拡大する予定なのか、あるいはモバイルおよびTVアプリケーションに展開するのか、詳細を明らかにしていない。</p>\n<p>この導入は、Netflixが、自分の興味や過去の視聴習慣から気に入りそうな映画やテレビ番組を再生する「ランダム再生」ボタンを<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/04/28/netflix-launches-its-shuffle-feature-now-called-play-something-to-users-worldwide/\" rel=\"noopener\">正式に発表してから</a>、ほぼ1年後のことだ。Netflixの機能は、より幅広いコンテンツ検索が可能で、接続されたテレビ、Android携帯、タブレットで利用できる。<a target=\"_blank\" href=\"https://in.mashable.com/tech/20946/amazon-prime-video-adds-shuffle-button-to-let-you-watch-episodes-of-a-show-at-random\" rel=\"noopener\">Amazon Prime Video</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hollywoodreporter.com/business/digital/hulu-add-yada-yada-yada-button-shuffle-seinfeld-episodes-1222562/\" rel=\"noopener\">Hulu</a>も、それぞれのアプリにシャッフル機能を追加することを検討している。</p>\n<p>新機能の開始は、HBO Maxが最近、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、ハンガリー、モルドバ、モンテネグロ、オランダ、北マケドニア、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、セルビア、スロバキア、スロベニアといった15カ国への<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/02/2022-02-01-hbo-max-is-expanding-to-15-more-countries-in-march/\" rel=\"noopener\">展開を開始</a>したこと重なる。このストリーミングサービスは、本年後半にギリシャとトルコを含むさらに欧州6カ国に拡大する予定だ。</p>\n<p><small>画像クレジット:HBO Max</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/24/hbo-max-shuffle-button-shows/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Yuta Kaminishi)</p>\n",
        "authorId": 191889573,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/HBO-Max-Shuffle-Button-1.webp",
        "author": {
          "id": 191889573,
          "slug": "yuta-kaminishi",
          "name": "Yuta Kaminishi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477148,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477148,
            "tagId": 66659,
            "tag": {
              "id": 66659,
              "slug": "hbo",
              "name": "HBO(企業)",
              "description": "HBOは、アメリカの衛星テレビ / ケーブルテレビ放送局。"
            }
          },
          {
            "postId": 477148,
            "tagId": 366272768,
            "tag": {
              "id": 366272768,
              "slug": "video-streaming",
              "name": "動画配信 / 動画ストリーミング(用語)",
              "description": "動画配信 / 動画ストリーミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477148,
            "tagId": 366278380,
            "tag": {
              "id": 366278380,
              "slug": "drama",
              "name": "ドラマ / テレビドラマ / ドラマ化(用語)",
              "description": "ドラマ / テレビドラマ / ドラマ化に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477132,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477132,
        "slug": "2022-03-24-twitter-search-dms-specific-messages",
        "createdAt": "2022-03-24T23:15:30.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T22:58:55.000Z",
        "title": "ツイッター、DMで特定のメッセージを検索可能に",
        "content": "<p>Twitter(ツイッター)は、ユーザーがDM(ダイレクトメッセージ)で特定のメッセージを検索するオプションを展開するとツイートで<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/TwitterSupport/status/1506723722824232960?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1506723722824232960%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&amp;ref_url=https%3A%2F%2F9to5mac.com%2F2022%2F03%2F24%2Ftwitter-dm-search%2F\" rel=\"noopener\">発表した</a>。これまで、DMを検索できるのは人の名前やグループチャットのみだった。今回のアップデートでは、検索バーを使ってキーワードで特定のメッセージを検索できる。この新しい検索体験は、iOSとAndroidのアプリおよびウェブで利用可能だ。</p>\n<p>同社は、新しい検索アップデートの動作を示すGIFを共有した。検索バーには「レストラン」「本」などと任意のキーワードを入力することができる。入力すると検索結果が「すべて」と「人」「グループ」「メッセージ」の3つのカテゴリーにフィルタリングされる。「メッセージ」タブをクリックすると、そのキーワードが出てきたすべての会話を見ることができる。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">We know you&#8217;ve been waiting for the option to search your DMs…</p>\n<p>Now you can use the search bar in your inbox to find specific messages using keywords and names. <a href=\"https://t.co/A41G8Y45QI\">pic.twitter.com/A41G8Y45QI</a></p>\n<p>&mdash; Twitter Support (@TwitterSupport) <a href=\"https://twitter.com/TwitterSupport/status/1506723722824232960?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 23, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>この新しい検索体験は、iMessageやMessengerといった他のプラットフォームで特定のメッセージを検索する方法と似たような仕組みになっている。</p>\n<p>今回のアップデートは、Twitterが個人ユーザーのツイートを簡単に検索できる機能を<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/06/2021-11-05-twitter-is-rolling-out-a-feature-to-make-it-easier-to-search-a-users-tweets/\" rel=\"noopener\">このほど導入した</a>のに続く動きだ。こちらのアップデートは、11月にiOSユーザーに提供が始まった。当時、Twitterはこの新機能を将来的にAndroidとウェブのアプリに展開する予定だと述べていた。この機能を利用できるユーザーは、ユーザーのプロフィールバナーの画面右上、3つの点のメニューの横に検索アイコンを目にする。そこでユーザーのツイートを検索するのにキーワードを入力することができる。</p>\n<p>このような検索はTwitterでもすでに可能で、<a target=\"_blank\" href=\"https://help.twitter.com/en/using-twitter/twitter-advanced-search\" rel=\"noopener\">高度な検索</a>をどのように行うか知る必要があっただけだ。例えば「from:@TechCrunch Twitter」と検索すれば、新しい検索機能にアクセスできるかどうかにかかわらず「Twitter」という単語を含むすべてのTechCrunchのツイートを見ることができるようになる。新機能は、その作業をよりシンプルにする。</p>\n<p><small>画像クレジット:Bryce Durbin / TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/24/twitter-search-dms-specific-messages/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Twitter.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477132,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477132,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 477132,
            "tagId": 2373,
            "tag": {
              "id": 2373,
              "slug": "search",
              "name": "検索(用語)",
              "description": "検索に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477132,
            "tagId": 599182,
            "tag": {
              "id": 599182,
              "slug": "twitter",
              "name": "Twitter / ツイッター(企業)",
              "description": "Twitter(ツイッター)は、ソーシャルネットワーキングサービス「Twitter」を提供する米国企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477128,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477128,
        "slug": "2022-03-24-chinas-microblogging-giant-weibo-faces-delisting-risks-in-us",
        "createdAt": "2022-03-24T23:00:07.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T22:54:49.000Z",
        "title": "中国版Twitterとして知られる「Weibo」が米国で上場廃止のリスクに直面",
        "content": "<p>米国の規制当局は、会計書類の調査ができない中国企業を上場廃止にする可能性のある法律の適用ペースを速めている。中国のTwitter(ツイッター)に相当するWeibo(ウェイボー、微博)が米証券取引委員会(SEC)の上場廃止監視リストに<a target=\"_blank\" href=\"https://www.sec.gov/hfcaa\" rel=\"noopener\">加えられた</a>ことは、Alibaba(アリババ)やBaidu(バイドゥ)といった他の中国インターネット大手も同じ圧力に直面することが遠くないことを意味する。</p>\n<p>2020年にトランプ政権は外国企業に対する会計基準の厳格化を目的とした<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/05/24/china-roundup-a-blow-to-us-listed-chinese-firms-and-tiktoks-new-global-face/\" rel=\"noopener\">法案を成立させた</a>。この法律は、米国に上場する外国企業、特に中国に拠点を置く企業の帳簿を可視化することを求めるものだが、国家安全保障を脅かす可能性のあるデータの引き渡しを警戒する一部の国では機能していない。</p>\n<p>中国は、米国で株式を取引する外国企業を監査するために設立されたSECの<a target=\"_blank\" href=\"https://pcaobus.org/\" rel=\"noopener\">公開会社会計監視委員会</a>に全面的に協力していない数少ない国の1つだった。しかし、その消極性は薄れつつあり、中国は最近、Alibaba、JD、Baiduといった米国で上場するハイテク大手の寵児たちに、監査の詳細を準備するよう指示したと、ロイター通信が今週<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/business/exclusive-chinese-regulators-ask-some-us-listed-firms-prepare-audit-disclosures-2022-03-23/\" rel=\"noopener\">報じている</a>。</p>\n<p>しかし、報道によるとこれらの監査書類に機密データは含まれないという。</p>\n<p>米国で上場している中国のハイテク企業の多くは、超大国間の緊張が高まる中、すでに<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2019/11/17/china-roundup-alibaba-secondary-listing-tencent-new-businesses/\" rel=\"noopener\">香港での二次上場</a>を追求してきた。しかし、中国政府の最新の措置は、成長志向の強い多くのインターネット企業にとって望ましい米国市場での投資を維持するために、中国政府が譲歩する意思があることを示すものだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/24/chinas-microblogging-giant-weibo-faces-delisting-risks-in-us/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Rita Liao、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Weibo.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477128,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477128,
            "tagId": 36910,
            "tag": {
              "id": 36910,
              "slug": "sec",
              "name": "米証券取引委員会 / SEC(用語)",
              "description": "米証券取引委員会(SEC)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477128,
            "tagId": 2962992,
            "tag": {
              "id": 2962992,
              "slug": "weibo",
              "name": "Weibo",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477128,
            "tagId": 364665489,
            "tag": {
              "id": 364665489,
              "slug": "china",
              "name": "中国(国・地域)",
              "description": "中国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477128,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476839,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476839,
        "slug": "jinjer",
        "createdAt": "2022-03-24T07:53:41.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T07:53:41.000Z",
        "title": "バックオフィス向けクラウド「ジンジャー」を提供するjinjerが51億円調達、開発・マーケティング・採用を強化",
        "content": "<p>バックオフィス業務の効率化を図るクラウドサービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://hcm-jinjer.com/\" rel=\"noopener\">ジンジャー</a>」を開発・提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://jinjer.co.jp/\" rel=\"noopener\">jinjer</a>は3月23日、第三者割当増資による総額51億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、リードインベスターの香港Tybourne Capital Management(タイボーン・キャピタル・マネジメント)、SBIグループ、事業会社1社、VC1社。調達した資金は、ジンジャーシリーズのプロダクト開発とマーケティング投資、エンジニアやセールスなどの採用活動への強化へあてる。</p>\n<p>ジンジャーは、人事労務・勤怠管理・給与計算・ワークフロー・経費精算・電子契約・ウェブ会議などのバックオフィス業務の効率化を支援するクラウドサービス。「ジンジャー勤怠」「ジンジャー人事」などをシリーズとして提供している。バックオフィスに関わるすべてのデータをジンジャーシリーズに集約し、1つのデータベースで管理することで、各システムにおける情報の登録や変更手順の手間を削減する。</p>\n<p>2021年10月設立のjinjerは、「世の中のすべてを『as a Service』へ」をミッションとして掲げ、ジンジャーシリーズを開発・提供。世界が直面する少子高齢化という社会課題に対して、テクノロジーにより様々なサービスを進化させ、課題解決と顧客の発展へ貢献するという。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/MPXF18OJQHU?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>&nbsp;</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-22.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476839,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476839,
            "tagId": 366270961,
            "tag": {
              "id": 366270961,
              "slug": "jinjer",
              "name": "jinjer(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476839,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476839,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476839,
            "tagId": 692516126,
            "tag": {
              "id": 692516126,
              "slug": "back-office",
              "name": "バックオフィス業務(用語)",
              "description": "バックオフィス業務に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476999,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476999,
        "slug": "2022-03-23-twitter-spotted-making-tweetdeck-paid-feature-twitter-blue",
        "createdAt": "2022-03-24T04:15:20.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T04:07:33.000Z",
        "title": "ツイッターがTweetDeckを有料化か",
        "content": "<p>Twitter(ツイッター)は、TweetDeck(ツイートデック)を同社のサブスクリプションサービスであるTwitter Blue(ツイッター・ブルー)のプレミアム機能にしようとしているらしい。モバイルアプリのコードを探索して開発中の新機能や変更を見つけているリバース・アプリ・エンジニアの<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/wongmjane/status/1506135261255958530?s=21\" rel=\"noopener\">Jane Manchun Wong</a>(ジェーン・マンチュン・ウォン)氏によると、現在、ソーシャルメディア巨人はTwitterのプレミアム商品を開発中で、同社のAndroid(アンドロイド)アプリでTwitter Blueに追加しようとしている。</p>\n<p>最近ウォン氏は、Twitterが同社のAndroidアプリのTwitter Blue機能リストに、TweetDeckへの参照を追加していることを発見した。先週ウォン氏は、アプリのコードに、TweetDeckのアクセスをTwitter Blueのサブスクリプション・ユーザーに限定し、購読していない人を登録画面に誘導する部分を見つけた。</p>\n<p>彼女はまた、もしTwitterがTweetDeckをTwitter Blueの有料機能にする計画を進めれば、サブスクリプションを利用できない地域にいる数百万人のユーザーを締め出すことなると指摘した。Twitter Blueは米国、カナダ、オーストラリア、およびニュージーランドでしか提供されていない。現在TweetDeckは無料で広告も入っていないため、Twitterのウェブインターフェースを使いたくない人にとって人気のサービスになっている。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Twitter is working on referencing <a href=\"https://twitter.com/TweetDeck?ref_src=twsrc%5Etfw\">@TweetDeck</a> in <a href=\"https://twitter.com/TwitterBlue?ref_src=twsrc%5Etfw\">@TwitterBlue</a>&#8217;s features list</p>\n<p>This is another indication that TweetDeck might become a paid feature under the subscription service <a href=\"https://t.co/XP6sYtc3UU\">https://t.co/XP6sYtc3UU</a> <a href=\"https://t.co/ciZ2vdBCkT\">pic.twitter.com/ciZ2vdBCkT</a></p>\n<p>&mdash; Jane Manchun Wong (@wongmjane) <a href=\"https://twitter.com/wongmjane/status/1506135261255958530?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 22, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>この変更の可能性についてTwitter広報担当者に尋ねたところ、現時点で公表できることはない、とTechCrunchに話した。</p>\n<p>2021年Twitter Blueが正式公開されたとき、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-02-08/twitter-considers-subscription-fee-for-tweetdeck-unique-content?sref=gni836kR\" rel=\"noopener\">Bloomberg</a>(ブルームバーグ)は、Twitterが今後のサブスクリプション機能でTweetDeckの利用者に課金する可能性を報じた。しかし、実際にTwitter Blueが公開された時、TweetDeckへの言及はなく、ブックマークの整理やスレッドをすっきりした形で読んだり、「Undo Tweet(ツイート取り消し)」機能などのツールがあるだけだった。</p>\n<p>TwitterがTweetDeckを有料にすることを考えたのはこれが初めてではなく、同社は<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2017/03/23/a-brief-history-of-tweetdeck/\" rel=\"noopener\">今を遡る2017年</a>にアプリを有料化する方法を模索していた。当時一部のTwitterユーザーは、TweetDeckにどんな機能が欲しいか、上位バージョンにお金を払うつもりがあるかなどを尋ねるアンケートに答えるよう求められたが、そのコンセプトが実際にテストされることはなかった。</p>\n<p>Twitter Blueはオーストラリアとカナダで2021年6月に<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-06-03-twitter-launches-its-premium-subscription-twitter-blue-initially-in-canada-and-australia/\" rel=\"noopener\">まず公開され</a>、11月に米国とニュージーランドが<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-11-09-twitter-blue-launches-in-the-u-s-and-new-zealand-with-expanded-feature-set/\" rel=\"noopener\">続いた</a>。提供地域の拡大とともに、Twitter Blueは<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-10-28-twitter-blue-introduces-labs-to-give-users-early-access-to-new-features/\" rel=\"noopener\">最近公開されたTwitter Labs</a>(ラボ)を通じて新機能をいち早くアクセスできる仕組みを追加したほか、<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-05-04-twitter-acquires-distraction-free-reading-service-scroll-to-beef-up-its-subscription-product/\" rel=\"noopener\">Twitterが2021年春に買収したScroll</a>(スクロール)経由で、数百種類のパブリッシャーのニュース記事を広告なしで提供開始した。米国でのサブスクリプションサービス料金は月額2.99ドル(約362円)。</p>\n<p>TweetDeckは、サードパーティーアプリとして出発したが、2011年にTwitterが<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2011/05/23/twitter-buys-tweetdeck-for-40-million/\" rel=\"noopener\">4000万ドル</a>(約48億5000万円)で買収した。このサービスは、Twitterの投稿やアカウント管理を容易にし、複数のタイムラインとフィードを1カ所で見る便利な手段を提供している。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-11-09-twitter-blue-launches-in-the-u-s-and-new-zealand-with-expanded-feature-set/\" rel=\"noopener\">さまざまな便利機能が使えるツイッターの有料サブスク「Blue」が米国とニュージーランドでも提供開始</a></p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.com/search/photographer?family=editorial&amp;photographer=Bloomberg\" rel=\"noopener\">David Paul Morris</a> / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/twitter-spotted-making-tweetdeck-paid-feature-twitter-blue/\" rel=\"noopener noreferrer\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a> )</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-180572501.jpg",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476999,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476999,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476999,
            "tagId": 49818,
            "tag": {
              "id": 49818,
              "slug": "social-media",
              "name": "ソーシャルメディア(用語)",
              "description": "ソーシャルメディアに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476999,
            "tagId": 599182,
            "tag": {
              "id": 599182,
              "slug": "twitter",
              "name": "Twitter / ツイッター(企業)",
              "description": "Twitter(ツイッター)は、ソーシャルネットワーキングサービス「Twitter」を提供する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476999,
            "tagId": 641922,
            "tag": {
              "id": 641922,
              "slug": "android",
              "name": "Android(製品・サービス)",
              "description": "Androidは、主にスマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーンモバイル機器向けに設計されたオペレーティングシステム。Googleが開発、提供する。"
            }
          },
          {
            "postId": 476999,
            "tagId": 8451356,
            "tag": {
              "id": 8451356,
              "slug": "tweetdeck",
              "name": "TweetDeck(製品・サービス)",
              "description": "Twitterの公式クライアントアプリの1つ。カラムごとに友達や話題を割り当てて分類して表示できる。"
            }
          },
          {
            "postId": 476999,
            "tagId": 366271554,
            "tag": {
              "id": 366271554,
              "slug": "subscription",
              "name": "サブスクリプション(用語)",
              "description": "サブスクリプションに関連する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 476999,
            "tagId": 692510958,
            "tag": {
              "id": 692510958,
              "slug": "paid",
              "name": "有料 / 有料コンテンツ / 有料サービス(用語)",
              "description": "有料 / 有料コンテンツ / 有料サービスに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476999,
            "tagId": 692515545,
            "tag": {
              "id": 692515545,
              "slug": "twitter-blue",
              "name": "Twitter Blue(製品・サービス)",
              "description": "ツイートの取り消しやブックマークフォルダ機能、Twitterのスレッドを読みやすい長い文章テキストに変換するリーダーモードなどを利用できるTwitterのサブスクリプションサービス。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477009,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 477009,
        "slug": "2022-03-23-google-play-to-pilot-third-party-billing-option-globally-starting-with-spotify",
        "createdAt": "2022-03-24T04:00:51.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T03:59:33.000Z",
        "title": "Google Playがサードパーティによる課金オプションを試験的に導入、まずはSpotifyから",
        "content": "<p>アプリストアとその手数料の仕組みをめぐってグローバルで規制が強化されつつある中、Google(グーグル)は米国時間3月23日、同社が「user billing choice(ユーザーの課金選択)」と呼ぶ機能を検討するためのパイロット事業のローンチを<a target=\"_blank\" href=\"http://android-developers.googleblog.com/2022/03/user-choice-billing.html\" rel=\"noopener\">発表した</a>。このパイロットでは、Spotifyを皮切りに、参加した少数の開発者が、Google Play自体の課金システムに加えて、独自の課金方式を提供できる。Googleはすでに韓国において、新たな法令に従って<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/05/https-techcrunch-com-2021-11-04-google-play-to-support-alternative-billing-systems-in-south-korea-following-new-law/\" rel=\"noopener\">同様のシステム</a>を提供しているが、複数の市場で試すのはこれが初めてだ。</p>\n<p>SpotifyによるとこのパイロットはSpotify Premiumが利用できるすべての市場で展開し、全世界で184の市場になるという。しかしGoogleは、パイロットは選ばれた市場で行い、その後の結果に基づいて作り上げていく、どの地域から始めるかまだ決めていないとしている。</p>\n<p>Spotifyはパイロットのスタートパートナーとして、開始時には独自の課金システムとGoogle Play自身のシステムの両方を導入する。Googleは今後の参加開発者をまだ発表していないが、Spotifyは「グローバルな実績を持つ世界最大のサブスクリプション開発者であり、多様なフォームファクタのデバイスに統合されている点」でも、この取り組みの「最初のパートナーになって当然」だという。</p>\n<p>もちろんSpotifyは、アプリストアの既存の課金システムと構造に対する規制の変更を望む大手開発者の1つであり、この問題について<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/04/21/senate-antitrust-hearing-apple-tile-spotify-match-epic/\" rel=\"noopener\">議会で証言</a>し、ロビー活動にも参加そしてAppleやGoogleなどの企業に既存のアプリストアに代わるものを求める<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/13/2021-08-12-open-app-markets-act-app-stores-apple-google/\" rel=\"noopener\">Open App Markets Act(オープンなアプリの市場法)</a>など、アプリストアの関連法案を支持した。</p>\n<p>この争いは、顧客とのより直接的な関係を求めるためだけでなく、大半はお金の問題でもある。今日のアプリストアはサブスクリプションやアプリ内購入を自分のプラットフォーム上で提供しているアプリに対し、15〜30%の手数料を課している。Googleが代替課金システムの許可を要求されている<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/05/https-techcrunch-com-2021-11-04-google-play-to-support-alternative-billing-systems-in-south-korea-following-new-law/\" rel=\"noopener\">韓国の例でも</a>、自らの課金システムにユーザーを誘導した開発者は、手数料が4%低くなるだけだ。</p>\n<p>コメントを求められたSpotifyは、今度のパイロットでGoogleに支払う手数料について明かさず、合意事項は秘密だという。しかし同社の広報担当者は、その商業的条件がSpotifyの「公正規準」を満たすとほのめかしている。</p>\n<p>Googleも手数料の詳細を明かさなかった。しかし同社によると、韓国のようなユーザー選択課金でも、ユーザーがどの課金システムを選んだかに関係なくサービス料金は課金されるという。</p>\n<p>この新しいシステムは発表の時点ではまだ利用できず、Googleのプロダクトのチームとエンジニアリmグのチームが今後数カ月かけて新しいユーザー体験を作っていくものだ。本稼働後、ユーザーはSpotifyで2種類の課金オプションが並んでいるのを目にするだろう。ユーザーがSpotifyの決済方法を選んだら、Spotify自身の課金システムとそのユーザーインターフェースでチェックアウトを続ける。Google Play Billingを選んだら、Google Play BillingのUXへ進むことになる。</p>\n<p>Spotifyのサブスクリプションに関するユーザーとのコミュニケーションは、変わらずSpotifyの責任だが、Google Play Billingを選んだユーザーは自分のSpotifyのサブスクを、以前と同じくGoogle Play Store Subscription Centerの中で見ることができる。</p>\n<p>Spotifyによると、同社はパイロットの開始を2022年後半と予想している。同社としてはそれを、SpotifyのPremiumサブスクリプションが利用できるすべての市場で提供したいという。</p>\n<p>Spotifyのフリーミアム事業担当チーフであるAlex Norström(アレックス・ノルストレム)氏は<a target=\"_blank\" href=\"https://newsroom.spotify.com/2022-03-23/spotify-and-google-announce-user-choice-billing/\" rel=\"noopener\">声明</a>で次のように述べている。「Spotifyは今、アプリのデベロッパーにイノベーションの自由を保証し、公正な条件で競合できるための数年におよぶ計画に取り組んでいます。今回、Googleと提携して決済の選択制と、開発者およびユーザーとインターネットのエコシステム全体の自由を探求できることに興奮しています。私たちが共同で行う事業で、業界全体の利益となる道を照らすことに期待したい」。</p>\n<p>Googleによると、このパイロットはまだ初期的な段階であり、Spotifyとの今後の経験を通じて細部をつめていきたいという。Spotify以外のパートナーはまだ明かさないが、Googleによると、その目標は国や開発者のタイプが変わっても共通して利用できる課金選択の方式を完成させることだという。多様な国や開発者のタイプという言葉には、今後は小企業もパイロットのテスターになることが含まれているだろう。同社によると、パイロットは数カ国で一定数の開発者からスタートして、国も開発者も増やしていくという。</p>\n<p>すでにGoogleはこの変更以前にGoolge Playの課金システムを利用する開発者の年商が100万ドル(約1億2000万円)以下の企業に対して、<a target=\"_blank\" href=\"/2020/11/18/apple-app-store/\" rel=\"noopener\">Apple</a>にならって手数料を、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/17/2021-03-16-google-play-drops-commissions-to-15-from-30-following-apples-move-last-year/\" rel=\"noopener\">30%から15%に下げている</a>。同社によると、これによって開発者の99%が、15%以下のサービス料金になったという。</p>\n<p>Googleのプロダクト管理担当副社長Sameer Samat(サミール・サマット)氏は、次のように述べている。「Androidは常に、オープンであることとユーザーの選択を重視してきました。今回のステップはモバイルのアプリストアにとって重要な節目であり、Spotifyよりも優れた最初のパートナーは思い浮かびません。同社は、私たちと同じく選択を重視し、エコシステム全体の健全さのためにAndroidとGoogle Playへの投資の継続が重要であることを理解しています。これはエキサイティングな最初の一歩であり、今後、新たなパートナーを加えて学びを深め、最初のモデルをAndroidのプラットフォーム全体に向けて拡張していきたい」。</p>\n<p><small>画像クレジット:SOPA Images/Contributor/Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/google-play-to-pilot-third-party-billing-option-globally-starting-with-spotify/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/aps.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477009,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477009,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477009,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477009,
            "tagId": 14911,
            "tag": {
              "id": 14911,
              "slug": "developer",
              "name": "開発 / 開発者 / デベロッパー(用語)",
              "description": "開発 / 開発者 / デベロッパーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477009,
            "tagId": 2074982,
            "tag": {
              "id": 2074982,
              "slug": "spotify",
              "name": "Spotify / スポティファイ(企業)",
              "description": "Spotifyは音楽ストリーミングサービスを提供するスウェーデンの企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477009,
            "tagId": 32740565,
            "tag": {
              "id": 32740565,
              "slug": "google-play",
              "name": "Google Play(製品・サービス)",
              "description": "Googleが提供するAndroidデバイス向けのアプリ、映画、音楽、書籍などのデジタルコンテンツを配信するサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 477009,
            "tagId": 366277539,
            "tag": {
              "id": 366277539,
              "slug": "fee",
              "name": "手数料 / フィー(用語)",
              "description": "手数料 / フィーに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476879,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476879,
        "slug": "2022-03-22-kickstarters-ceo-stepping-down-in-april",
        "createdAt": "2022-03-24T02:15:21.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T01:40:29.000Z",
        "title": "KickstarterのCEOが4月に辞任",
        "content": "<p>KickstarterのCEOであるAziz Hasan(アジズ・ハサン)氏は、米国時間3月21日に「Moving Forward, With Gratitude(感謝を込めて、前へ進む)」と題した<a target=\"_blank\" href=\"https://www.kickstarter.com/blog/moving-forward-with-gratitude\" rel=\"noopener\">ブログ</a>で、クラウドファンディングプラットフォームのトップの座から退くことを発表した。3年間務めた同氏の最高経営責任者としての任期は、この4月4日が最後となる。取締役会が後任を探す間、同社のCOOであるSean Leow(ショーン・レウ)氏が暫定的にCEOを担う。</p>\n<p>「私たちが一緒にやってきたことを、とても誇らしく思います。これほど情熱的で有能で献身的なチームを、変化と大きな節目と勝利と複雑なチャレンジの厳しい時期に率いたことは、身も縮むほど厳しく、そして得られるものの大きい体験でした」とハサン氏はいう。</p>\n<p>CEOはその決定を<a target=\"_blank\" href=\"https://www.fastcompany.com/90733608/kickstarters-ceo-is-stepping-down-citing-personal-reflection\" rel=\"noopener\">Fast Company</a>に打ち明け「個人的な反省」と、若い家族と過ごす時間を増やしたいことを動機として挙げた。ハサン氏がいうように彼の任期はこのサービスの強力な成長の時期となったが、最後の数年は相応の論争も経験した。</p>\n<p>2020年に<a target=\"_blank\" href=\"/2020/02/19/2020-02-18-kickstarter-workers-vote-to-unionize/\" rel=\"noopener\">Kickstarterのスタッフは組合結成を票決した</a>。それをハサン氏はスタッフ宛の書簡で「本質的に敵対的である」と呼び、こう付け加えた、</p>\n<blockquote><p>その動きは会社としての私たちを反映していない。あるべき対話や決定の方法、あるいは進むべき進路を示していない。むしろ多くの点でそれは私たちを後退させるでしょう。しかも、私たちと彼らという対立ならすでにあります」。</p></blockquote>\n<p>さらに最近では、サービスをブロックチェーンへ移行する計画でクリエイターたちの反発を受けた。激しい批判の渦中で、Kickstarterは「心配にもっと応えることができるように」と、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.kickstarter.com/articles/we-won-t-make-changes-to-kickstarter-without-you\" rel=\"noopener\">ユーザーからのフィードバックに耳を傾けることを約束した</a>。</p>\n<p>レウ氏は声明で、ハサン氏の業績を強調している。</p>\n<blockquote><p>アジズは過去3年間、Kickstarterに対してCEOとして彼のクリエイティブな精神と体験を多く注いできました。彼の貢献に深く感謝するとともに、その後を継ぐ者として、すでに生まれている数々のクリエイティブなプロジェクトを育てていきたいと思います。クリエイティブなプロジェクトの力を固く信じる者として、私は次のリーダーを探す間、Kickstarterを正しい方向に進めることに専念したい」。</p></blockquote>\n<p>共同創業者で前CEOのPerry Chen(ペリー・チェン)氏も、同じ気持ちを述べている。</p>\n<blockquote><p>アジズ・ハサンは会社の危機的な時期にKickstarterのリーダーの座を引き受け、彼の任期全体を通じて思慮深く堅実な手腕を発揮しました。それには、クリエイティブなプロジェクトに対する歴史的で画期的な投資方式や、パンデミックの間のさまざまなチャレンジへの対応もありました。Kickstarterの未来のCEOを探す間、ショーン・レウが会社を率いてくれることは、非常な幸運である。彼はその長いKickstarterの任期において、会社の最も重要な企画のほとんどを一緒になって引っ張り、彼の深い経験と情熱を注いで、クリエイティブなプロジェクトに命を吹き込んできました」。</p></blockquote>\n<p>Kickstarterに参加する前、レウ氏はFacebookに勤務し、ソーシャルメディアアートサイトNeochaを共同設立していた。</p>\n<p><small>画像クレジット:Bryce Durbin</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/22/kickstarters-ceo-stepping-down-in-april/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/kik.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476879,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476879,
            "tagId": 344761,
            "tag": {
              "id": 344761,
              "slug": "kickstarter",
              "name": "Kickstarter(企業・サービス)",
              "description": "クラウドファンディングで資金調達を行う手段を提供する米国の企業。そしてそのサービス名。"
            }
          },
          {
            "postId": 476879,
            "tagId": 366273008,
            "tag": {
              "id": 366273008,
              "slug": "crowdfunding",
              "name": "クラウドファンディング(用語)",
              "description": "クラウドファンディングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476879,
            "tagId": 692513619,
            "tag": {
              "id": 692513619,
              "slug": "leaving-office",
              "name": "退社 / 辞任 / 人事異動(用語)",
              "description": "退社 / 辞任 / 人事異動に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476883,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476883,
        "slug": "2022-03-22-instagram-product-tagging-feature",
        "createdAt": "2022-03-24T01:45:14.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T00:59:15.000Z",
        "title": "Instagramが商品のタグ付け機能を米国の全ユーザーに拡大",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.instagram.com/\" rel=\"noopener\">Instagram</a>(インスタグラム)は米国時間3月22日、今後数カ月間で商品のタグ付け機能を米国の全ユーザーに拡大すると発表した。これまでは投稿に含まれる商品にタグ付けできるのはInstagramのクリエイターだけだった。今後は米国の全ユーザーがInstagramショップに対応している企業の商品にタグ付けできるようになる。同社は、この拡大によりタグ付けした人のフォロワーは紹介されている商品を見つけやすくなり、企業にとってはInstagram上のオーディエンスを増やすことにつながると説明している。</p>\n<p>誰かがInstagramで商品にタグを付けると、その企業に通知が届く。企業は自社のプロフィールからタグ付けされたコンテンツをすべて見ることもできる。さらに、企業がタグ付けできる人を制御する設定もある。</p>\n<p>自分の投稿で商品にタグを付けるには、写真またはビデオを選択し、キャプションを追加してから「次へ」ボタンを選択する。投稿中のブランドをまずタグ付けすると、商品にタグ付けするオプションが表示される。そこから「Tag Products(商品にタグ付け)」をタップして企業を検索し、タグを付けたい商品を見つけて自分の投稿に追加する。1件の投稿で複数の商品にタグを付けられる。</p>\n<p>InstagramはTechCrunch宛のメールで「お気に入りの小さい会社から新しいイヤリングを手に入れたら、フィードの投稿でその商品にタグ付けすると、あなたの友人やフォロワーはそのイヤリングについて詳しく知り、購入できます。人々はトレンドやインスピレーションを共有し、発見するためにInstagramを利用しています。商品のタグ付けにより誰もがお気に入りの小さい会社を応援し、使用した商品とともに自分のスタイルを共有できるようになります」と説明した。</p>\n<div id=\"attachment_476885\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476885\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476885 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"739\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=300,217 300w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=768,554 768w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=1024,739 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=1536,1109 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=554,400 554w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=400,289 400w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=738,533 738w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=499,360 499w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=220,159 220w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=141,102 141w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=238,172 238w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=173,125 173w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=125,90 125w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=83,60 83w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=765,552 765w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=509,367 509w, /wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tags.webp?resize=50,36 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476885\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Instagram</p></div>\n<p>Instagramによれば、アプリ上で平均して160万人が週に1つ以上のブランドにタグ付けをしているという。同社はここ数年、アプリでのショッピングをスムーズにすることに取り組んできた。</p>\n<p>2021年に同社は新機能として米国でアプリの「ショップ」タブ上部に「<a target=\"_blank\" href=\"/2021/05/27/2021-05-26-instagram-launches-a-new-section-for-shopping-product-drops/\" rel=\"noopener\">ドロップ</a>」を追加し、オンラインで買い物をする人と商品を結びつけようとした。消費者はドロップで最新の商品を見つけ、ブラウズし、購入できるほか、近日発売の商品も見られる。興味のある商品のリマインダーを受け取れるように登録したり、Instagramで公開された他のドロップから商品やコレクションを見る機能もある。</p>\n<p>2020年には<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/07/16/instagram-launches-its-redesigned-shop-now-powered-by-facebook-pay/\" rel=\"noopener\">「ショップ」タブが再設計された</a>。Instagramショップは好きなブランドやクリエイターの商品をブラウズできる場所と説明されている。「ショップ」タブでは例えば「ビューティー」や「ホーム」といったカテゴリーで絞り込んでから、アプリ内で直接商品をチェックできる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Instagram</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/22/instagram-product-tagging-feature/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/instagram-product-tagging.webp",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476883,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476883,
            "tagId": 42653521,
            "tag": {
              "id": 42653521,
              "slug": "instagram",
              "name": "Instagram / インスタグラム(企業)",
              "description": "Instagram(インスタグラム)は、2010年10月にサービス開始した写真特化型SNS。2012年4月、Facebookが同社を10億ドルで買収すると発表。その後も独立して運営されている。日本でも「インスタ」という愛称で親しまれている。"
            }
          },
          {
            "postId": 476883,
            "tagId": 366272777,
            "tag": {
              "id": 366272777,
              "slug": "net-shopping",
              "name": "ネットショッピング / eコマース(用語)",
              "description": "ネットショッピングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476883,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476883,
            "tagId": 692514659,
            "tag": {
              "id": 692514659,
              "slug": "instagram-shops",
              "name": "Instagramショップ(製品・サービス)",
              "description": "Instagramのオンラインストア機能。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476927,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476927,
        "slug": "2022-03-23-google-moving-movies-tv-tab-play-store-google-tv",
        "createdAt": "2022-03-24T01:00:09.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T00:32:16.000Z",
        "title": "グーグル、PlayストアからGoogle TVに「映画とテレビ」タブを移動",
        "content": "<p>Google(グーグル)は、Playストアから「映画とテレビ」セクションを削除し、Google TVアプリに移動すると<a target=\"_blank\" href=\"https://support.google.com/googleplay/thread/156571755/play-movies-tv-is-moving-to-google-tv?hl=en\" rel=\"noopener\">ブログ</a>で発表した。この変更は、5月から実施される。Googleによると、Google Playアプリではサポートされなくなるため、Google TVアプリが、ユーザーがAndroidモバイルデバイスやタブレットで映画やテレビ番組を購入、レンタル、視聴する場所となるとのことだ。</p>\n<p>なお、同社は、購入したコンテンツは引き続きGoogle TVアプリで利用できるほか、Google TVアプリでの購入は引き続きファミリー共有やGoogle Playポイントの対象となるとしている。また、Google TVアプリでの購入には、これまで通りPlayクレジットやPlayギフトカードが利用できる。ウィッシュリストも引き続きGoogle TVアプリでアクセス可能。Googleはまた、Google Playで購入した商品の表示や払い戻し請求が引き続き可能であることにも言及している。</p>\n<p>「Google Playはアプリ、ゲーム、書籍のための店であり続けます」と、 同社はブログ投稿で述べている。「Google TVでは最新の新作、レンタル、お得な情報、あなたのためのおすすめといったGoogle Play映画&TVで慣れ親しんだのと同じ経験をすることができます」。</p>\n<p>Googleは2021年、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/27/google-tv-mobile-app-redesign-adds-new-services-and-recommendations/\" rel=\"noopener\">Google TVアプリのデザインを一新し</a>、ユーザーインターフェースの刷新、おすすめの拡大、視聴できるテレビと映画の数を増やした。同社は、アプリの見た目とフィーリングを更新し、新しい16:9ワイドスクリーンの映画やショーのポスターで、アプリをより「映画的」な外観にするとしていた。</p>\n<p>また、アプリのおすすめシステムも一新され、過去に見たもの、Googleアカウントからの興味、地域のトレンドや人気のあるコンテンツに基づいておすすめされるようになった。また、Discovery+、Viki、Cartoon Network、PBS Kids、Boomerangなどの新しいプロバイダーや、YouTube TVはもちろん、PhiloやfuboTVなどのライブTVサービスからのオンデマンドコンテンツを追加し、コンテンツのラインアップを拡充していた。</p>\n<p><small>画像クレジット:Google</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/google-moving-movies-tv-tab-play-store-google-tv/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Yuta Kaminishi)</p>\n",
        "authorId": 191889573,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-11.24.15-AM.webp",
        "author": {
          "id": 191889573,
          "slug": "yuta-kaminishi",
          "name": "Yuta Kaminishi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476927,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476927,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476927,
            "tagId": 32740565,
            "tag": {
              "id": 32740565,
              "slug": "google-play",
              "name": "Google Play(製品・サービス)",
              "description": "Googleが提供するAndroidデバイス向けのアプリ、映画、音楽、書籍などのデジタルコンテンツを配信するサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 476927,
            "tagId": 692515600,
            "tag": {
              "id": 692515600,
              "slug": "google-tv",
              "name": "Google TV(製品・サービス)",
              "description": "Google TVに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476872,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476872,
        "slug": "2022-03-23-youtube-to-stream-free-ad-supported-tv-shows-for-the-first-time",
        "createdAt": "2022-03-24T00:45:02.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T00:26:17.000Z",
        "title": "米YouTubeが無料で広告付きテレビ番組を配信へ",
        "content": "<p>米YouTube(ユーチューブ)は米国時間3月23日、広告付きのテレビ番組を初めて無料で配信することを発表した。これはTubi、Pluto TV、The Roku Channel、IMDb TV、Xumo、Plex、NBCUのPeacockなど、市場で増え続ける無料ストリーミングサービスとの直接対決を可能にする動きとなる。同社によると、まず米国のユーザーに対して、「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.youtube.com/show/SC76ETXKYZoiPWiG6TLxkBLA?season=1&amp;sbp=CgEx\" rel=\"noopener\">ヘルズ・キッチン〜地獄の厨房</a>」、「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.youtube.com/show/SC9Q5Iw_3ORi0St-GNHujM1g?season=1&amp;sbp=CgEx\" rel=\"noopener\">アンドロメダ</a>」「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.youtube.com/show/SCf-7I8BZiYM4tYLO-2IHlDg?season=1&amp;sbp=CgEx\" rel=\"noopener\">ハートランド物語</a>」などの番組から4000以上の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.youtube.com/freeshows\" rel=\"noopener\">テレビエピソードを無料で</a>提供する予定だそうだ。今後は、番組や映画を含め、毎週最大100本の作品を無料ストリーミングに追加していく予定だ。</p>\n<p>YouTubeはすでに広告付きの無料映画を多数配信しているため、今回の無料テレビ配信開始は、同社にとってまったく新しい試みというよりも、既存の無料ストリーミングの取り組みを拡張するものといえるだろう。</p>\n<p>現在YouTubeでは、Disney Media &amp; Entertainment Distribution(ディズニー・メディア&エンタテインメント・ディストリビューション)、Warner Bros.(ワーナー・ブラザーズ), Paramount Pictures(パラマウント・ピクチャーズ)、Lionsgate(Lionsgate)、FilmRise(フィルムライズ)などの企業が提供する1500本以上の映画を配信している。例えば2022年3月には、「60セカンズ」、「プリティ・ブライド」、「キューティ・ブロンド」などの映画が新たに追加されている。</p>\n<p>しかし、広告付きと定額制の両方を含む広範なストリーミング業界は、映画ではなくテレビに引き寄せられる傾向がある。以前の時代であれば、映画か、少なくともミニシリーズになっていたであろう、新しいオリジナルプロジェクトが、<a target=\"_blank\" href=\"https://screenrant.com/tv-better-than-movies-reasons-why/\" rel=\"noopener\">今ではしばしば</a>一気見ができるテレビ番組としてリリースされている。プラットフォームメーカーもこの傾向を好ましく思っている。ユーザーが自社サービス上でコンテンツを視聴する時間が増えていることを意味するからだ。才能と資金も長い間これに続いており、テレビシリーズは、過去数年間ハリウッド映画にしか与えられなかった批評家の注目と称賛の両方を獲得している。</p>\n<div id=\"attachment_476875\" style=\"width: 778px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476875\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476875 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Show-Page.webp?w=768\" alt=\"\" width=\"768\" height=\"458\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Show-Page.webp 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Show-Page.webp?resize=300,179 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Show-Page.webp?resize=671,400 671w, /wp-content/uploads/2022/03/Show-Page.webp?resize=400,239 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Show-Page.webp?resize=738,440 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Show-Page.webp?resize=604,360 604w, /wp-content/uploads/2022/03/Show-Page.webp?resize=220,131 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Show-Page.webp?resize=281,168 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Show-Page.webp?resize=210,125 210w, /wp-content/uploads/2022/03/Show-Page.webp?resize=125,75 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Show-Page.webp?resize=101,60 101w, /wp-content/uploads/2022/03/Show-Page.webp?resize=600,358 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Show-Page.webp?resize=50,30 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Show-Page.webp?resize=216,130 216w\" sizes=\"(max-width: 768px) 100vw, 768px\" /><p id=\"caption-attachment-476875\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:YouTube</p></div>\n<p>一方、無料のテレビストリーミングは、ストリーミング市場全体の成長の大部分を牽引している。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.kantar.com/inspiration/technology/85-per-cent-of-us-households-have-a-video-subscription-service#:~:text=The%20proportion%20of%20US%20households,subscriptions%2C%20as%20of%20December%202021.\" rel=\"noopener\">Kantar(カンター)</a>のデータによると、米国の85%の世帯がなんらかの動画契約を結んでいるが、四半期ごとの成長は主に無料の広告付きテレビと広告付きビデオオンデマンドサービスからもたらされている。2021年第4四半期時点で、米国世帯の18%が少なくとも1つの無料広告付きテレビサービスを利用しており、この数字は前年度第4四半期から2倍以上に増加している。Kantarによると、最終四半期の新規ユーザーのほとんどは、Peacock、IMDb TV、Tubi、The Roku Channelのアカウントにサインアップした人たちだったそうだ。</p>\n<p>一方、YouTubeは、無料テレビとまではいかないまでも、米国でかなりのコネクテッドテレビの足跡を残している。Nielsen(ニールセン)のデータによると、2021年12月にYouTubeは米国のコネクテッドテレビで1億3500万人以上にリーチしているとのことだ。しかし、ユーザーがYouTubeでテレビ番組を検索すると、当該タイトルをレンタルするか購入するように誘導され、無料ストリーミングは選択肢になかった。</p>\n<p>それが、無料テレビサービスの開始で変わることになる。YouTubeによると、新しいナビゲーションと没入感のあるバナーアートを導入し、ユーザーが視聴方法を選択しやすくするとのことだ。従来通りレンタルまたは購入するか、もしくは可能な場合は、広告付きの無料で視聴することができるようになる。一方、CMは視聴者や番組を見ている状況によって頻度が変わるとYouTubeは述べている。広告のほとんどは、YouTube Selectプログラムを通じて販売される。</p>\n<p>ひと握りの有名番組以外にも、無料で視聴できる番組の多くは、「パパは何でも知っている」、「未解決ストーリー」、「21ジャンプストリート」、「キャロル・バーネット」、「ザ ガール 」、「パトカー54 / 応答せよ!」、「ローン・レンジャー」、「ホパロング・キャシディ」、「Laugh-In」、「The Dick Van Dyke Show」などの古いシリーズだ。無料番組の多くは、たとえシリーズが長く続いたとしても、1シーズンか2シーズンしか提供されていない。このライブラリによって、YouTubeがすぐに無料のテレビ番組のトップデスティネーションになるわけではないが、YouTubeの常連ユーザーにとっては、退屈な時間を緩和するのに役立つかもしれない。</p>\n<p>また、YouTubeは、多くの無料テレビ番組が、対応するデバイスで5.1サラウンドサウンド音声付きの高解像度1080pで視聴できることにも言及している。</p>\n<p>これらの番組は、米国のユーザーが本日からウェブブラウザ、モバイルデバイス、YouTube TVアプリを介したコネクテッドテレビで視聴できるようになる予定だ。</p>\n<p><small>画像クレジット:YouTube</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/youtube-to-stream-free-ad-supported-tv-shows-for-the-first-time/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Storefront-AVOD-shelves.webp",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476872,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476872,
            "tagId": 462,
            "tag": {
              "id": 462,
              "slug": "tv",
              "name": "TV / テレビ(用語)",
              "description": "テレビに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476872,
            "tagId": 1827,
            "tag": {
              "id": 1827,
              "slug": "free",
              "name": "無料 / 無償(用語)",
              "description": "無料 / 無償に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476872,
            "tagId": 7701575,
            "tag": {
              "id": 7701575,
              "slug": "smart-tv",
              "name": "スマートテレビ / コネクテッドTV(用語)",
              "description": "スマートテレビ / コネクテッドTVに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476872,
            "tagId": 366272768,
            "tag": {
              "id": 366272768,
              "slug": "video-streaming",
              "name": "動画配信 / 動画ストリーミング(用語)",
              "description": "動画配信 / 動画ストリーミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476872,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476872,
            "tagId": 692513087,
            "tag": {
              "id": 692513087,
              "slug": "youtube",
              "name": "YouTube / ユーチューブ(製品・サービス)",
              "description": "YouTube / ユーチューブに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476906,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476906,
        "slug": "2022-03-22-google-photos-update-adds-a-handy-import-option-alongside-other-organizational-changes",
        "createdAt": "2022-03-23T23:30:32.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T02:38:10.000Z",
        "title": "Googleフォトが新機能発表、iCloudやFacebookから写真を移動、保管する便利なインポートオプションなど追加",
        "content": "<p>米国時間3月22日、Google(グーグル)はモバイル端末向けの人気アプリ「Googleフォト」で今後追加される変更点を多数<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.google/products/photos/get-organized-google-photos-spring-cleaning/\" rel=\"noopener\">発表した</a>。今回のアップデートにより、アルバムの整理、インポート、分類、そして共有コンテンツやスクリーンショットへのアクセスがより簡単になるという。新機能の中には、Googleフォトアプリとデバイス上のフォルダとの連携を強化するものもあれば、年月を経て大きく、扱いにくくなってしまったライブラリの整理に重点を置いたものもある。</p>\n<p>例えば、アプリのライブラリタブのデザインが変更され、写真をグリッドやリストで表示できるようになる。アルバム、共有アルバム、お気に入り、デバイス上のフォルダなどでフィルタリングして、好きなように分類できるようになる。この変更は、ギャラリーが多すぎて把握しきれない人や、写真を探すときに絞り込む方法が必要な人に歓迎されそうだ。</p>\n<div id=\"attachment_476908\" style=\"width: 351px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476908\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476908\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo2.webp?w=200\" alt=\"\" width=\"341\" height=\"512\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo2.webp 680w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo2.webp?resize=200,300 200w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo2.webp?resize=266,400 266w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo2.webp?resize=400,601 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo2.webp?resize=240,360 240w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo2.webp?resize=147,220 147w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo2.webp?resize=115,172 115w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo2.webp?resize=83,125 83w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo2.webp?resize=40,60 40w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo2.webp?resize=368,552 368w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo2.webp?resize=244,367 244w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo2.webp?resize=33,50 33w\" sizes=\"(max-width: 341px) 100vw, 341px\" /><p id=\"caption-attachment-476908\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>もう1つの機能は、写真をGoogleフォトという保管場所で一元管理してもらうというものだ。アルバムグリッドの下に、(<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theverge.com/2021/12/3/22816460/google-photos-locked-folder-sensitive-images-android-phones\" rel=\"noopener\">最新版の</a>)ロックフォルダ、ユーティリティ、アーカイブ、ゴミ箱機能のボタンと並んで、新しく「写真のインポート」セクションが追加される。このインポートオプションにより、iCloud(アイクラウド)、Facebook(フェイスブック)、Pixieset(ピクシセット)などの競合するサービスからの写真のコピー、写真、ビデオ、フィルムのデジタル化、デバイスフォルダからのバックアップ、カメラからGoogleフォトへの写真の移動、Google Photos Scan(グーグル・フォトスキャン)を使った写真のスキャンができるようになる。</p>\n<p>インポートオプションはすべてが新しいわけではない。例えばPhotoScanは、以前はユーティリティの下にあった。また、iOSユーザーは、iPhoneのフォトギャラリーのお気に入りをGoogleフォトのお気に入りと同期することもできる。また、FacebookやiCloud内の他のサービスからGoogleフォトにインポートする方法もある。しかし、Googleフォトアプリ内には、写真をインポートするさまざまな方法を一覧する、専用の場所がなかった。</p>\n<div id=\"attachment_476909\" style=\"width: 336px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476909\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476909\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo3.webp?w=191\" alt=\"\" width=\"326\" height=\"512\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo3.webp 787w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo3.webp?resize=191,300 191w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo3.webp?resize=768,1205 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo3.webp?resize=653,1024 653w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo3.webp?resize=255,400 255w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo3.webp?resize=400,628 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo3.webp?resize=738,1158 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo3.webp?resize=229,360 229w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo3.webp?resize=140,220 140w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo3.webp?resize=110,172 110w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo3.webp?resize=80,125 80w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo3.webp?resize=38,60 38w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo3.webp?resize=352,552 352w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo3.webp?resize=234,367 234w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo3.webp?resize=32,50 32w\" sizes=\"(max-width: 326px) 100vw, 326px\" /><p id=\"caption-attachment-476909\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>一方、アプリの「共有」タブもアップデートされる。パートナーと写真を共有する共有アルバムや会話などのセクションが追加される。これにより、さまざまな共有写真や動画を簡単に検索、表示、管理できるようになるという。このアップデートは、Android(アンドロイド)では米国時間3月22日から、iOSのユーザーには近い将来提供される予定だ。</p>\n<p>Androidユーザーには、Googleフォトでデバイスに保存したスクリーンショットへのアクセスも付与する。Googleフォトのユーザーの多くは、ストレージ容量を節約するためにデバイスのスクリーンショットをバックアップしていないが、それでもそうした写真を見たい場合がある。Googleによると、間もなくメインの写真グリッドの上部に表示される新しいショートカットをタップしスクリーンショットに直接アクセスできるようになるとのことだ。</p>\n<div id=\"attachment_476910\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476910\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476910 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"512\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=300,150 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=768,384 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=1024,512 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=1536,768 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=800,400 800w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=400,200 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=738,369 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=640,320 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=240,120 240w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=220,110 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=281,141 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=250,125 250w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=125,63 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=120,60 120w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=1104,552 1104w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=600,300 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo4.webp?resize=50,25 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476910\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>もう1つのAndroid限定機能は、スクリーンショットを閲覧する際に、テキストのコピー、切り取り、Googleレンズの使用などの文脈的な提案をユーザーに提示するものだ。これは、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/06/08/2021-06-07-apples-live-text-lets-you-interact-with-text-in-your-photos/\" rel=\"noopener\">Apple(アップル)のLive Text(ライブテキスト)機能</a>の開始に続くもので、写真からテキストをコピーして貼り付けることができるようになる。</p>\n<p>Googleフォトは写真を改善する方法を提案することが多いが、そのヒントはユーティリティメニューに埋もれてしまう。普通、スクリーンショットアプリは「整理すべきもの」の対象として削除が推奨される他に焦点が当たることはない。しかし、今回の機能は、ユーザーが実際に何かをしたいからスクリーンショットとして保存しているのであって、必ずしもすべてを使い捨てにするとは考えていないことを認めている。この特別な機能は、Androidに「間もなく登場する」とGoogleは述べている(iOSではすでに導入されている)。</p>\n<p>特に断りのない限り、新機能はiOSとAndroidのGoogleフォトユーザーに今後数週間で徐々に展開される予定だ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Jaap Arriens/NurPhoto / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/22/google-photos-update-adds-a-handy-import-option-alongside-other-organizational-changes/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Google-Photo.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476906,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476906,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476906,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476906,
            "tagId": 1303348,
            "tag": {
              "id": 1303348,
              "slug": "google-photos",
              "name": "Googleフォト(製品・サービス)",
              "description": "Googleが提供する写真データ管理サービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 476906,
            "tagId": 366275623,
            "tag": {
              "id": 366275623,
              "slug": "google-lens",
              "name": "Googleレンズ(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476906,
            "tagId": 692509058,
            "tag": {
              "id": 692509058,
              "slug": "photos",
              "name": "写真(用語)",
              "description": "写真に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476809,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476809,
        "slug": "2022-03-21-with-9-3m-in-fresh-funding-zestworld-plans-a-newsletter-service-for-creator-owned-comics",
        "createdAt": "2022-03-23T02:45:25.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T02:18:44.000Z",
        "title": "クリエイターが所有するデジタルコミック、ニュースレター、IP管理プラットフォーム「Zestworld」",
        "content": "<p>コミック界はインターネットが誕生して以来、デジタル革命を待ち望んでいたように思われる。2007 年に立ち上げられたComiXology(コミクソロジー)は、コミックスというメディアにそうした動きをもたらすのに最も近い存在であったため、当然ながらAmazon(アマゾン)はこのサービスを買収して台無しにした。その最新の変更はサブスクライバーを置き去りにし、その結果、同ブランドは「統合プロセスはシームレスとは程遠い」と認め、ユーザーからのフィードバックに対応することを約束した。</p>\n<p>これはKickstarterが2021年末、ブロックチェーンに関する重大発表の後に受けた反動と似ていなくもない。同サービスは長年クリエイターの間で人気があったが、その層が最近の発表で疎外感を覚えたのだ。最近では、Substack(サブスタック)がコミック分野に参入し、Grant Morrison(グラント・モリソン)やChip Zdarsky(チップ・ズダースキー)などの大物を起用しているが、このサービスにも賛否両論がないわけでもない。</p>\n<p>2021年に発表された<a target=\"_blank\" href=\"https://www.zestworld.com/\" rel=\"noopener\">Zestworld</a>は、独自のカスタムビルドプラットフォームでこの媒体に挑戦しようとしている。コミックメディアに特化して設計されたこのサービスは、すでにReddit(レディット)の共同創業者であるAlexis Ohanian(アレクシス・オハニアン)氏やTwitch(ツイッチ)の共同創業者として知られるKevin Lin(ケビン・リン)氏など、著名な支援者を獲得している。</p>\n<p>オハニアン氏はリリースで「コミッククリエイターが作品をデジタルで公開し、ファンとつながるための現在の状況はひどいものです」と述べている。「Zestworldは、コミッククリエイターのビジネスとコミュニティのあらゆる側面を1つの集中型プラットフォームに集約し、コミッククリエイターがIPを公開し所有する方法を破壊すると同時に、ファンがまったく新しい方法でクリエイターと直接つながることを可能にしています」。</p>\n<p>オハニアン氏とリン氏はともに、General Catalystが主導する937万ドル(約11億3000万円)のシリーズAラウンドに参加した。この資金は、クリエイターにコミックに最適化されたニュースレタープラットフォームとIP管理ツールを提供するという同サービスの計画を実現するために使われる予定だ。もちろん、IPは長い間、主流のコミック業界の飯の種として機能してきた。最高レベルでコミックを売って生計はなんとか立てられるが、正直なところ、この業界で本当に儲かる部分はライセンシングだ。</p>\n<p>「クリエイター主導のプラットフォームを見つけることはコミックにおける真のチャレンジであり、Zestworldが提供するものは新鮮で透明性があります」と、この立ち上げに関わった作家の1人であるAlex Segura(アレックス・セグラ)氏は述べている。「Zestworldは、私のようなクリエイターが自分のスケジュールに合わせて作品を公開し、特典やクリエイティブチームと私が読者と交流する方法をカスタマイズできるようにし、プラットフォームを通じて公開するすべての作品の知的財産権を維持することを可能にします。これほどすばらしいことはありません」。</p>\n<p>セグラ氏は、Amanda Conner(アマンダ・コナー)氏、Jimmy Palmiotti(ジミー・パルミオッティ)氏、Peter J. Tomasi(ピーター・J・トマシ)氏、Eric Canete(エリック・カネテ)氏、Phil Jimenez(フィル・ヒメネス)氏らとともに同プラットフォームに参加する。その他、コミュニティ管理や「NFT / メタバースイベント」などの機能も約束されている。2022年にサービスを開始するには、それらを抜きにしては語れないからだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/21/with-9-3m-in-fresh-funding-zestworld-plans-a-newsletter-service-for-creator-owned-comics/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/comics-tv1.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476809,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476809,
            "tagId": 1719,
            "tag": {
              "id": 1719,
              "slug": "ebook",
              "name": "電子書籍(用語)",
              "description": "電子書籍に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476809,
            "tagId": 18403,
            "tag": {
              "id": 18403,
              "slug": "newsletter",
              "name": "ニュースレター(用語)",
              "description": "ニュースレターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476809,
            "tagId": 365685229,
            "tag": {
              "id": 365685229,
              "slug": "intellectual-property",
              "name": "知的財産 / 知的財産権 / IP(用語)",
              "description": "知的財産 / 知的財産権に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476809,
            "tagId": 366271017,
            "tag": {
              "id": 366271017,
              "slug": "manga",
              "name": "マンガ / コミック / デジタルコミック(用語)",
              "description": "マンガに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476809,
            "tagId": 366278632,
            "tag": {
              "id": 366278632,
              "slug": "creator",
              "name": "クリエイター(用語)",
              "description": "クリエイターに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476801,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476801,
        "slug": "2022-03-22-twitter-gifs-ios-app-feature",
        "createdAt": "2022-03-23T02:15:56.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T01:53:24.000Z",
        "title": "ツイッターのiOS版アプリでGIFが作成可能に",
        "content": "<p>Twitterアプリを使っているときに、iOSのカメラからGIFを作りたいと思ったことがあるなら、今日はラッキーな日だ。Twitterは、今、まさにそれができるようになったと<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/TwitterSupport/status/1506346203310612490\" rel=\"noopener\">発表</a>した。</p>\n<p>iOSで新しいツイートを作成する際に、カメラボタンをクリックすると写真、ビデオ、アニメーションGIFのいずれかを選択することができる。GIFの録画は数秒程度とあまり長くないが、まぁ一度や二度は便利に使えるかもしれない。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Ok GIFs aren&#8217;t new but what *is new* is the option to capture your own using the in-app camera on iOS. <a href=\"https://t.co/3Hl6q78e6s\">pic.twitter.com/3Hl6q78e6s</a></p>\n<p>&mdash; Twitter Support (@TwitterSupport) <a href=\"https://twitter.com/TwitterSupport/status/1506346203310612490?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 22, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>短いGIFを録画したら、ループ再生するか、Instagramのブーメランのように順方向と逆方向をループ再生するか、どちらかを選択できる。2秒以上のGIFを作りたいのでなければ、その可能性は無限大だ。</p>\n<p>GIGを作成すると、データは自動的にカメラロールの画像フォルダに保存される。動画ではなくGIFだからだ。</p>\n<p>最近、Twitterは数多くの新機能をリリースしているため、追跡が難しい。ユーザーが見逃しているであろう最近のアップデートには、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/20/2022-03-18-twitter-clipping-spaces/\" rel=\"noopener\">スペースからクリップ</a>の投稿(Instagramの「<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/twitters-spin-on-the-close-friends-story-might-be-on-its-way-soon/\" rel=\"noopener\">親しい友達</a>」リストといくつかの<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/11/2022-03-10-twitters-latest-update-makes-it-easier-to-escape-its-recommendation-algorithm/\" rel=\"noopener\">タイムラインアルゴリズム</a>のごたごたを再現するかもしれない)がある。Twitterは、このGIF機能がAndroid向けに提供されるのかを明らかにしていないが、いずれいつものようにAndroidユーザーにも<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/21/2022-01-20-twitter-is-rolling-out-its-communities-feature-to-all-android-users/\" rel=\"noopener\">追加</a>されるだろう。近いうちに、あなたも観葉植物のGIFを投稿することもできるはずだ。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">This is a test <a href=\"https://t.co/NfcFgNQLVn\">pic.twitter.com/NfcFgNQLVn</a></p>\n<p>&mdash; amanda silberling (@asilbwrites) <a href=\"https://twitter.com/asilbwrites/status/1506351698725511176?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 22, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p><small>画像クレジット:Bryce Durbin / TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/22/twitter-gifs-ios-app-feature/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Amanda Silberling、翻訳:Katsuyuki Yasui)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/twitter-2021-10-b.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476801,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476801,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 476801,
            "tagId": 239173,
            "tag": {
              "id": 239173,
              "slug": "gif",
              "name": "GIF(用語)",
              "description": "Graphics Interchange Format。GIFに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476801,
            "tagId": 599182,
            "tag": {
              "id": 599182,
              "slug": "twitter",
              "name": "Twitter / ツイッター(企業)",
              "description": "Twitter(ツイッター)は、ソーシャルネットワーキングサービス「Twitter」を提供する米国企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476756,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476756,
        "slug": "russian-court-bans-instagram-facebook",
        "createdAt": "2022-03-23T02:00:04.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-22T22:01:00.000Z",
        "title": "ロシアがMetaを過激派認定、FacebookとInstagramを禁止する一方WhatsAppは除外",
        "content": "<div id=\"attachment_476758\" style=\"width: 810px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476758\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476758 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-001-001.jpg?w=800\" alt=\"ロシアがMetaを過激派認定、FacebookとInstagramを禁止する一方WhatsAppは除外\" width=\"800\" height=\"533\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-001-001.jpg 800w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-001-001.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-001-001.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-001-001.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-001-001.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-001-001.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-001-001.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-001-001.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-001-001.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-001-001.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-001-001.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-001-001.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-001-001.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-001-001.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 800px) 100vw, 800px\" /><p id=\"caption-attachment-476758\" class=\"wp-caption-text\">NurPhoto via Getty Images</p></div>\n<p>モスクワの裁判所が3月21日(現地時間)、米Metaが過激派活動の罪を犯していると認定しました。同社のFacebookとInstagramは、すでにロシアでの活動が禁止されていますが、裁判所がそれを追認した形です。ただし、ロシア国内で人気の高いメッセージングサービスWhatsAppは、除外されるとのこと。これはWhatsAppが広く情報を普及させる能力を有していないからだとする裁判所のコメントをReutersが伝えています。</p>\n<p>米Metaは、通常は攻撃的な内容として削除対象となる「ロシアの侵略者に対する攻撃(死)」に関する投稿を許可するという規約変更を行っており、ロシア当局はこれへの対応として<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/russia-instagram-073023307.html\" rel=\"noopener\">FacebookとInstagramをブロック</a>していました。</p>\n<p>ロシア国営メディアのTASSによると、今回の判決により、Metaはロシアでのオフィス開設やビジネスが事実上禁止されるとのこと。ただし、そのサービスを利用している一般ユーザーがただちに過激派として非難されることはないとも伝えています。ただし、人権活動家のPavel Chikov氏は、ウェブサイトや店の入り口、名刺などにFacebookやInstagramのロゴを記載すると、最大15日間の禁固刑の根拠になり得ると指摘しています。</p>\n<p>また、対象外とされたWhatsAppですが、デジタル著作権グループであるロシアの非政府組織<a target=\"_blank\" href=\"https://roskomsvoboda.org/\" rel=\"noopener\">Roskomsvoboda</a>のSarkis Darbinyan氏は、WhatsAppはロシアで人気があり、政府や国営企業も利用しているために放置された可能性があるものの、一度に閉鎖するのではなく徐々に閉鎖しようとしているのかもしれないと述べています。とはいえ、ユーザーは徐々に離れているようで、ここ数週間でロシア内で最も利用されているメッセージングツールから転落、その座を<a target=\"_blank\" href=\"https://telegram.org/\" rel=\"noopener\">Telegram</a>に明け渡したとのことです。</p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/technology/meta-asks-russian-court-dismiss-proceedings-extremism-case-reports-2022-03-21/\" rel=\"noopener\">Reuters</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/russian-court-bans-instagram-facebook-070031911.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-001-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476756,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476756,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 476756,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476756,
            "tagId": 81819,
            "tag": {
              "id": 81819,
              "slug": "facebook",
              "name": "Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)",
              "description": "世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス。それを運営する企業。2021年10月に「Meta」に社名変更。"
            }
          },
          {
            "postId": 476756,
            "tagId": 25699058,
            "tag": {
              "id": 25699058,
              "slug": "whatsapp",
              "name": "WhatsApp(製品・サービス)",
              "description": "WhatsAppは、リアルタイムでメッセージの交換ができる世界最大のスマートフォン向けインスタントメッセンジャーアプリケーション。現在はFacebook傘下。"
            }
          },
          {
            "postId": 476756,
            "tagId": 42653521,
            "tag": {
              "id": 42653521,
              "slug": "instagram",
              "name": "Instagram / インスタグラム(企業)",
              "description": "Instagram(インスタグラム)は、2010年10月にサービス開始した写真特化型SNS。2012年4月、Facebookが同社を10億ドルで買収すると発表。その後も独立して運営されている。日本でも「インスタ」という愛称で親しまれている。"
            }
          },
          {
            "postId": 476756,
            "tagId": 365103719,
            "tag": {
              "id": 365103719,
              "slug": "telegram",
              "name": "Telegram(企業・サービス)",
              "description": "インスタントメッセージアプリ、開発、提供する米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476756,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476756,
            "tagId": 366273789,
            "tag": {
              "id": 366273789,
              "slug": "messaging-app",
              "name": "メッセージ / メッセージングアプリ(用語)",
              "description": "メッセージ / メッセージングアプリに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476742,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476742,
        "slug": "2022-03-22-shopify-launches-new-linkpop-link-in-bio-tool-with-built-in-ecommerce-features",
        "createdAt": "2022-03-23T01:15:52.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T00:21:14.000Z",
        "title": "Shopify、eコマース機能を組み込んだ新しいリンクインバイオツール「Linkpop」を発表",
        "content": "<p>Shopify(ショッピファイ)は「<a target=\"_blank\" href=\"https://linkpop.com/\" rel=\"noopener\">Linkpop</a>(リンクポップ)」と呼ばれる新しいツールを発表し「link in bio(リンクインバイオ)」市場に参入したと、米国時間3月22日に<a target=\"_blank\" href=\"https://www.shopify.com/blog/link-in-bio\" rel=\"noopener\">発表した</a>。この新サービスはクリエイターを対象としており、クリエイターはLinkpopのページから直接商品を販売することができるようになる。クリエイターやマーチャントは、ページに重要なリンクを掲載できる他、ストアフロントを立ち上げて、フォロワーと関わっているプラットフォームで直接販売することも可能だ。消費者は、Shopifyのマーチャントの商品を閲覧し、使用していたアプリを離れることなく、Linkpop上で直接購入することができる。</p>\n<p>マーチャントは、アカウントを開設し、Shopifyストアにリンクさせ、ページにショッパブルリンクを追加することができる。また、ウェブサイト、記事、ビデオ、プレイリストなどへのリンクも追加することができる。ショッパブルリンクは、販売者の商品カタログと自動的に同期し、顧客が購入する前に必要とするすべての詳細を掲載する。一度アカウントを作成すれば、最大200のリンクをLinkpop上で共有することができる。</p>\n<p>Linkpop には分析ツールも組み込まれており、リンクのクリック数やユニークビジター数といった顧客のページへの関与の度合いをよりよく理解することができる。また、背景色、ロゴ、フォントなど、Linkpopのページのさまざまな部分をカスタマイズすることもできる。また、特定のリンクに付随する写真をアップロードすることもできる。</p>\n<p>「今日、マーチャントやクリエイターは複数のチャネルを使って顧客と関わっており、そのタッチポイントの数は今後も増え続けるでしょう」と、ShopifyのプロダクトディレクターであるAmir Kabbara(アミール・カバラ)氏は、声明で述べた。「Linkpopでは、マーチャントがソーシャルチャネルに投稿するすべてのリンクを一元化するサーフェスを作成しました。さらに、Linkpopで直接商品を購入することが簡単にできるように、そこで買い物できるようにしました。これは、マーチャントとバイヤーの両方にとって利益となるでしょう」。</p>\n<div id=\"attachment_476744\" style=\"width: 810px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476744\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476744 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Linkpop_GIF_4.gif?w=800\" alt=\"\" width=\"800\" height=\"450\" /><p id=\"caption-attachment-476744\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Shopify</p></div>\n<p>このツールは、Shopifyの加盟店であるかどうかにかかわらず、誰でも利用することができる。しかし、ショッパブルリンクを利用できるのはShopifyのマーチャントのみだ。Shopifyは、まだビジネスを始めたばかりのクリエーターや、ビジネスを立ち上げていないクリエイターが、オーディエンスやブランドを育てるためにLinkpopを利用することができると指摘している。Shopifyでストアを立ち上げる準備ができたら、Linkpopのページで直接商品をシェアすることができる。Shopifyは、Linkpopのユーザーが最終的にShopifyの店舗を作り、Linkpopで購入できるようになることを期待している。</p>\n<p>リンクインバイオページは、ここ数年でますます人気が出てきている。ソーシャルメディアのプロフィールやSpotify(スポティファイ)のページ、YouTube(ユーチューブ)のチャンネルへのリンクとして使う人もいれば、オンラインストアへのリンクとして使う人もいて、使い方はさまざまだ。</p>\n<p>Linktree(リンクツリー)は、人気のある「リンクインバイオ」サービスの1つで、最近、Index Ventures(インデックス・べンチャーズ)とCoatue Management(コーチュー・マネジメント)が主導する<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/linktree-link-in-bio-series-c-valuation/\" rel=\"noopener\">1億1千万ドル(約132億円)</a>の全額出資ラウンドを発表した。この資金調達により、Linktreeの評価額は13億ドル(約1568億円)に達した。2021年末、同社は<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/13/2021-11-11-linktree-partners-with-shopify-to-allow-users-to-add-storefronts-on-its-platform/\" rel=\"noopener\">Shopifyとの統合</a>を開始し、ユーザーが自社のプラットフォーム上で直接ビジネスや製品を宣伝する方法を提供するようになった。Shopfyとの連携は、Linktreeが<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/25/2021-08-24-linktree-partners-with-paypal-to-allow-users-globally-to-accept-direct-payments/\" rel=\"noopener\">PayPal(ペイパル)と提携し</a>、Linktreeで直接支払いを行うために最近開始した「Commerce Links(コマース・リンク)」ツールを拡張した数カ月後に実現した。</p>\n<p>Shopifyは今回、Linktreeに直接対抗するための新しいツールを立ち上げた。また、Shorby(ショービー)、Linkin.bio(リンクインバイオ)、Beacons(ビーコンズ)などを含む広範な「リンクインバイオ」市場にも対抗している。</p>\n<p><small>画像クレジット:Shopify</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/22/shopify-launches-new-linkpop-link-in-bio-tool-with-built-in-ecommerce-features/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Yuta Kaminishi)</p>\n",
        "authorId": 191889573,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Linkpop_Image_1.webp",
        "author": {
          "id": 191889573,
          "slug": "yuta-kaminishi",
          "name": "Yuta Kaminishi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476742,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476742,
            "tagId": 366272777,
            "tag": {
              "id": 366272777,
              "slug": "net-shopping",
              "name": "ネットショッピング / eコマース(用語)",
              "description": "ネットショッピングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476742,
            "tagId": 366278632,
            "tag": {
              "id": 366278632,
              "slug": "creator",
              "name": "クリエイター(用語)",
              "description": "クリエイターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476742,
            "tagId": 692508653,
            "tag": {
              "id": 692508653,
              "slug": "shopify",
              "name": "Shopify(企業)",
              "description": "Shopifyは、eコマース用のプラットフォームを提供するカナダ企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476742,
            "tagId": 692512263,
            "tag": {
              "id": 692512263,
              "slug": "link-in-bio",
              "name": "リンクインバイオ / Link In Bio(用語)",
              "description": "リンクインバイオ / Link In Bioに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476764,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476764,
        "slug": "2022-03-22-zoom-animal-avatars",
        "createdAt": "2022-03-22T23:30:10.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T02:07:06.000Z",
        "title": "Zoomの新3Dアバター機能で、ちょっと不気味な動物としてミーティングに参加できるように",
        "content": "<p>百聞は一見にしかず、というが、このZoom(ズーム)の新機能のイメージは次のひと言で言い表せる。「はぁ?」。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/tag/zoom/\" rel=\"noopener\">Zoom</a>は米国時間3月22日、ウサギ(または犬、キツネ、パンダ、馬など)の姿でミーティングに参加できる機能を発表した。アバター機能は、ユーザーの頭の動きや顔の表情をミラーリングするために目、鼻、口の形を認識するが、同社は発表の中で、この機能は顔認識を使用しておらず、生体情報も保存しないことを明らかにしている。</p>\n<p>これらのアバターは、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/22/2021-04-21-this-is-your-brain-on-zoom/\" rel=\"noopener\">Zoom疲れ</a>している人に、実際にカメラに映ることなくボディランゲージや顔の表情を伝える方法を提供することを目的としている。その一方で、あなたが高校の教師だとして、クラスを教えるためにログインしたのに、代わりに25匹のウサギがズラッと画面に並び、まるでパンデミック時代の「ドニー・ダーコ」のリイマジニングの登場人物であるかのように、あなたをぼんやり見つめ返しているとしたら……。</p>\n<p>アバターは、Zoomバージョン5.10.0以降であれば、WindowsとmacOSのデスクトップデバイス、およびiOSモバイルデバイスの両方で利用できる(馬になりたいAndroidユーザーの方、ごめんなさい)。<a target=\"_blank\" href=\"https://support.zoom.us/hc/en-us/articles/4642184011917\" rel=\"noopener\">この機能を使用する</a>には「ビデオの開始 / 停止」ボタンの横にあるキャレット(^)マークをクリックする。「バーチャル背景を選択」または「ビデオフィルターを選択」のどちらかを選択すると「アバター」というタブが表示され、種族間変身を完成させることができる。</p>\n<p>アバターは、バーチャル背景に対応している。しゃべる動物のアバターは、パーカーとTシャツのどちらかを着られるということも重要なポイントだ。</p>\n<p>展開当初は動物アバターのみだが、今後、他の種類のアバターが追加されることは容易に想像できる(ここでまったく根拠のない予想を文章にしてみると、ZoomはUniversal Picturesと提携し、あなたの上司がミニオンに変身することだろう)。</p>\n<p>Zoomは、この機能がバーチャルな小児科受診、子どもの科学教室、または「バーチャルイベント中のアイスブレーカー」として役立つかもしれないと提案している。最後の1つは無理があるかもしれない。しかし、もしZoomが、世界的なパンデミックの2年目に突入した我々のZoom疲れを癒したいのであれば、これをどうしたらもっと盛り上げられるか、いくつかの提案がある。</p>\n<ul>\n<li>ボイスモジュレーターを取り入れる。そしてダース・ベイダーのように話しかけて、同僚を威嚇する</li>\n<li>Zoomにポイントをつけてゲーム化する。ポイントは何の役に立つのかって?私はプロダクトデザイナーではないのでそれは知らない</li>\n<li>タイムリミットのあるZoomルームにHPバーを追加する。時間の終わりに近づくと、画面の横に炎が現れ、会議が終わると爆発gifになる</li>\n<li>Zoomで通話した人の10万人に1人が「トロン」風にコンピューターに吸い込まれることを伝えて、ユーザーベースにアドレナリンを放出させる。自分の肉体を再びコントロールできるようになる唯一の方法は、先延ばしにしていたメールを送ることだけ</li>\n<li>釣りのミニゲーム。企業向けソフトウェアでも、釣りのミニゲームさえあればすべてよりうまくいくものだ</li>\n</ul>\n<p><small>画像クレジット: Zoom</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/22/zoom-animal-avatars/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Amanda Silberling、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/image001.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476764,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476764,
            "tagId": 490,
            "tag": {
              "id": 490,
              "slug": "animal",
              "name": "動物(用語)",
              "description": "動物に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476764,
            "tagId": 2131,
            "tag": {
              "id": 2131,
              "slug": "3d",
              "name": "3D / 3Dモデル(用語)",
              "description": "3D / 3Dモデルに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476764,
            "tagId": 24605,
            "tag": {
              "id": 24605,
              "slug": "zoom",
              "name": "Zoom(製品・サービス)",
              "description": "Zoomは、クラウドコンピューティングを使用したWeb会議サービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 476764,
            "tagId": 126376,
            "tag": {
              "id": 126376,
              "slug": "avatar",
              "name": "アバター(用語)",
              "description": "アバターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476764,
            "tagId": 366273523,
            "tag": {
              "id": 366273523,
              "slug": "video-chat",
              "name": "ビデオ通話 / ビデオチャット / ビデオ会議 / オンライン会議(用語)",
              "description": "オンライン会議 / ビデオ通話(用語)に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476749,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476749,
        "slug": "2022-03-21-apple-acm-nine-fines",
        "createdAt": "2022-03-22T23:15:06.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-22T22:49:42.000Z",
        "title": "出会い系アプリ決済めぐる独禁法違反でアップルがオランダで9回目の罰金、当局に新たな提案も",
        "content": "<p>Apple(アップル)は、出会い系アプリに関連する独占禁止法上の命令をめぐり、オランダで<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/28/apple-sixth-acm-fine/\" rel=\"noopener\">再び</a>罰金を科された。この命令は、AppleのiOS向けアプリ内決済APIしか使えないよう縛るのではなく、開発者が希望すればサードパーティーの決済技術を利用できるようにすることを求めている。</p>\n<p>消費者市場庁(ACM)は1月以来、命令を継続的に遵守していないとしてAppleに対し一連の罰則を(週ごとに)科している。</p>\n<p>今回で9回目となる500万ユーロ(約6億7000万円)の罰金により、この問題に関するAppleに対する罰金総額は4500万ユーロ(約60億円)に達した(来週までに再び規制当局を満足させられなかった場合の最大総額は5000万ユーロ[約67億円]だ)。</p>\n<p>Appleはこの間の一連の罰金に対して、規制当局が明らかに異なる(反対の)見解を示しているにもかかわらず、命令を遵守していると主張している。</p>\n<p>ACMは、Appleの対応を失望するもの、かつ<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/14/acm-fines-apple-again/\" rel=\"noopener\">不合理なもの</a>とし、Apple以外の決済技術を使用してアプリ内決済を処理する法的資格を得ようとする開発者に、単にそうすることを容易に選ばせるのではなく、不必要な障害を作り出していると非難している。</p>\n<p>この争いは何週間も続いていて、また新たに罰金が科せられたにもかかわらず、Appleによるシフトの兆しがあるかもしれない。ACMによると、Appleは現地時間3月21日に「新しい提案」を提出した。ACMはその合否を決定するために精査しているとした。</p>\n<p>「我々は今、これらの提案の内容を評価するところです」とACMの広報担当者は声明で述べた。「そうした状況下で、さまざまな市場参加者と話をする予定です。この評価をできるだけ早く完了させることが目標です」。</p>\n<p>ACMは、Appleがこの修正されたコンプライアンスオファーで提案している内容の詳細を明らかにしていない(そして当局はより詳細な情報の求めには応じなかった)。</p>\n<p>「先週末まで、AppleはまだACMの要件を満たしていなかったことに留意すべきです」と広報担当者は付け加えた。「そのため、同社は9回目の罰金を支払わなければならず、同社が支払わなければならない総額は現在4500万ユーロに達しています」。</p>\n<p>Appleにもこの展開についてコメントを求めたが、本稿執筆時点では回答はない。</p>\n<p><b>更新</b>:Appleはコメントを却下した。</p>\n<p>ACMの独禁法命令はオランダ国内でのみ適用され、アプリの一部(出会い系アプリ)にのみ適用されるため、テック大手の壮大でグローバルなスキームの中ではかなり些細なことに見えるかもしれない。しかし、国の規制当局とプラットフォームの巨人の間の綱引きは、欧州連合(EU)でかなりの注目を集めている。つまり、この法執行は、政策立案者が主要な競争改革の最終的な詳細を打ち出す中で注視されている。</p>\n<p>EUは、デジタル競争政策(<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/12/30/understanding-europes-big-push-to-rewrite-the-digital-rulebook/\" rel=\"noopener\">デジタル市場法</a>、通称DMA)の長年の懸案であった改革を完結させようとしている最中であり、これは最も強力な中間インターネット・プラットフォームのみに適用される予定だ。</p>\n<p>AppleはDMAの下で「ゲートキーパー」に指定されることがほぼ確実であるため、これは関連性がある。DMAでは、デジタル市場をよりオープンで競争しやすいものにすることを意図した、反トラスト法遵守の積極的な体制が導入されることになる。例えば、プラットフォームがアプリケーションを交差結合することを禁止、あるいはロックインを強制し、同時に相互運用性のサポートやサービスの切り替えを義務化する。つまり、Appleは今後、同様の(実際にははるかに広範な)汎EU反トラスト法に基づく命令に直面する可能性があり、第三者に対してどのように行動しなければならないか(してはならないか)を規定されることになる。</p>\n<p>EUの反トラスト部門を統括し、デジタル政策立案を主導するMargrethe Vestager(マルグレーテ・ヴェスタガー)委員は<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/24/2022-02-23-vestager-apple/\" rel=\"noopener\">2022年2月</a>の講演でオランダの事例を取り上げ、Appleが同意できない競争法の判決に従うよりも、定期的な罰金を支払うことを「本質的に」好んでいると非難している。また、AppleのApp Storeにおけるサードパーティアクセスに関する義務について「……DMAに含まれる義務の1つになるだろう」と警告している。</p>\n<p>この来る汎EU法は、重大な効力を持つ。世界の年間売上高の最大10%の罰金を科すことができ、またゲートキーパー解体を命令する構造的救済を適用することによって、欧州連合が組織的なルール違反に対応することができる。</p>\n<p>したがって、DMAの対象となるハイテク企業にとっては「遵守 vs 拒否」の計算は罰則を「ビジネスを行うためのコスト」として帳消しにできる場合にのみ可能であり、再起動したEU競争体制の下では根本的なバランス再調整を模索することになる。500万ユーロ、あるいは5000万ユーロの罰金で事業運営に影響を与えることはできないが、数十億ユーロ(数千億ユーロ)にもなり得る罰金は、法的要件を回避し続けることによって、規制当局が解体用ハンマーを手にせざるを得なくなるリスクと背中合わせで、コンプライアンスとはまったく別次元の話のようだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/21/apple-acm-nine-fines/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Lomas、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Apple.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476749,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476749,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476749,
            "tagId": 324281,
            "tag": {
              "id": 324281,
              "slug": "ios",
              "name": "iOS(製品・サービス)",
              "description": "iOSはAppleが提供するスマートフォン向けオペレーションシステム。"
            }
          },
          {
            "postId": 476749,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476749,
            "tagId": 366278258,
            "tag": {
              "id": 366278258,
              "slug": "netherlands",
              "name": "オランダ(国・地域)",
              "description": "オランダに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 476749,
            "tagId": 366279875,
            "tag": {
              "id": 366279875,
              "slug": "dating-app",
              "name": "マッチングアプリ / デートアプリ(用語)",
              "description": "マッチングアプリ、デーティングアプリに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476749,
            "tagId": 366281374,
            "tag": {
              "id": 366281374,
              "slug": "eu",
              "name": "EU / 欧州連合(組織)",
              "description": "European Union。EU(欧州連合)に関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 476749,
            "tagId": 674897583,
            "tag": {
              "id": 674897583,
              "slug": "fines",
              "name": "制裁 / 制裁金 / 罰金(用語)",
              "description": "制裁 / 制裁金 / 罰金に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476749,
            "tagId": 692510990,
            "tag": {
              "id": 692510990,
              "slug": "antitrust",
              "name": "独占禁止法 / 反トラスト法(用語)",
              "description": "独占禁止法 / 反トラスト法に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476735,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476735,
        "slug": "2022-03-22-apple-podcasts-followers-subscription-features",
        "createdAt": "2022-03-22T23:00:06.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-22T22:34:37.000Z",
        "title": "ポッドキャスターのみなさん、Apple Podcastsでフォロワー数を確認する準備を",
        "content": "<p>Apple Podcasts(アップルポッドキャスト)は、ポッドキャスターがアプリ上でリスナーへの<a target=\"_blank\" href=\"/2021/06/17/2021-06-15-apple-podcasts-subscriptions-go-live-worldwide/\" rel=\"noopener\">有料購読</a>の提供を奨励する新機能を<a target=\"_blank\" href=\"https://podcasters.apple.com/3142-march-2022-creator-updates\" rel=\"noopener\">展開する</a>。これらの機能の1つは、良くも悪くも、Apple Podcastで何人が自分をフォローしているかを、ポッドキャスターのプライベート分析ダッシュボードで明らかにするというものだ。</p>\n<p>Apple PodcastsのConnect(コネクト)ページでは、リスナー数、リスナーが離脱するまでの時間、各エピソードのパフォーマンスなどの統計が表示されるが、なぜだかフォロワー数はクリエイターには示されていなかった。</p>\n<p>しかし、ポッドキャスターの中には、Apple Podcasts Connectでの統計数値が予想より低いことに気づく人もいるかもしれない。<a target=\"_blank\" href=\"/2021-10-27-spotify-says-u-s-podcast-listeners-now-use-its-service-more-than-apple-podcasts\" rel=\"noopener\">米国のポッドキャストリスナーの大半はSpotify(スポティファイ)を使用している</a>ため、Apple Podcastsのリスナーについての情報のみを示すこれらの分析では、クリエイターに番組のパフォーマンスの全体像を示すことはできない(ただし、離脱率はLibsynなどの配信プラットフォームでは得られないデータポイントで有用な情報になり得る)。</p>\n<p>「番組をフォローしているリスナーは、新しいエピソードが入手可能になるとそれを受け取りたがるため、番組フォロワーは購読する可能性のある人々の指標となる」と、Appleは<a target=\"_blank\" href=\"https://podcasters.apple.com/3142-march-2022-creator-updates\" rel=\"noopener\">ブログ投稿</a>で述べている。</p>\n<p>Appleの論理では、あなたがAppleのアプリで多くのフォロワーを抱えていることに気づいた場合、1年弱前に<a target=\"_blank\" href=\"/2021/06/17/2021-06-15-apple-podcasts-subscriptions-go-live-worldwide/\" rel=\"noopener\">始まった</a>Appleのサブスクサービスを通じて有料のコンテンツを投入することを検討するかもしれない。購読者限定のコンテンツを提供するポッドキャスターは、1年目は購読料収入の30%を、2年目は15%をAppleに支払う。しかし、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/05/01/2021-04-27-spotify-launches-paid-podcasts-through-new-anchor-feature/\" rel=\"noopener\">Spotifyで有料コンテンツを</a>リリースする場合、Spotifyは現在、手数料を取っておらず、開始から2年後には5%を取る。その他、Patreon(パトレオン)のようなプラットフォームでファン会員を作り、まったく別の方法で番組を収益化することを選ぶポッドキャスターもいるかもしれない。このアプローチでは、プラットフォーム固有のボーナスコンテンツを提供するだけではなく、番組に興味を持つ人のコミュニティを育成するのに役立つプライベートのDiscord(ディスコード)サーバーへのアクセスなども考えられる。</p>\n<div id=\"attachment_476737\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476737\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476737 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"770\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?resize=300,226 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?resize=768,578 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?resize=1024,770 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?resize=532,400 532w, /wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?resize=400,301 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?resize=738,555 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?resize=479,360 479w, /wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?resize=166,125 166w, /wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?resize=734,552 734w, /wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?resize=488,367 488w, /wp-content/uploads/2022/03/Podcasts2.webp?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476737\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Apple Podcasts</p></div>\n<p>しかしAppleの売りは、iPhoneにアプリがあらかじめダウンロードされていることだ。そのため、新しいPodcastリスナーは、すでに持っているアプリで番組を購読する方が簡単だと思うかもしれない。Appleはポッドキャスターの収益の一部を得ることに熱心で、ポッドキャスターがApple Podcastsチームから直接指導を受け、購読サービスを開発するプログラム「Jump Start」を立ち上げている。しかし、この指導はApple Podcasters Programのメンバー、つまり年間19.99ドル(約2400円)を支払ってすでにApple Podcastsでサブスクを販売することを選択した人たちだけが受けることができる。</p>\n<p>プログラム登録者向けのマイナーアップデートがいくつかある。購読者専用の音声として.mp3ファイルをアップロードできるようになり(以前は.wavと.flacのみだった)、番組に表示される購読バナーのカスタマイズもできるようになった。</p>\n<p>すべてのアップデートは米国3月22日から利用できるようになるが、フォロワー数については、4月にクリエイターのApple Podcasts Connectダッシュボードに表示される。</p>\n<p><small>画像クレジット:TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/22/apple-podcasts-followers-subscription-features/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Amanda Silberling、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Podcasts.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476735,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476735,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476735,
            "tagId": 366277539,
            "tag": {
              "id": 366277539,
              "slug": "fee",
              "name": "手数料 / フィー(用語)",
              "description": "手数料 / フィーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476735,
            "tagId": 366277609,
            "tag": {
              "id": 366277609,
              "slug": "podcast",
              "name": "ポッドキャスト(用語)",
              "description": "ポッドキャストに関わる記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476735,
            "tagId": 366278632,
            "tag": {
              "id": 366278632,
              "slug": "creator",
              "name": "クリエイター(用語)",
              "description": "クリエイターに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476652,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476652,
        "slug": "2022-03-21-match-group-launches-its-latest-dating-app-stir-aimed-at-single-parents",
        "createdAt": "2022-03-22T04:15:23.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-22T04:08:14.000Z",
        "title": "Match Groupがひとり親向け最新デートアプリ「Stir」を米国で提供開始、スケジュール管理機能搭載",
        "content": "<p>Tinder(ティンダー)、Match(マッチ)、OkCupid(オーケーキューピッド)、Hinge(ヒンジ)などを展開している出会い系アプリ大手の<a target=\"_blank\" href=\"https://mtch.com/\" rel=\"noopener\">Match Group</a>(マッチ・グループ)が、米国時間3月21日、その出会い系サービスのラインナップに、シングルペアレント専用アプリ<a target=\"_blank\" href=\"https://www.stir.com/\" rel=\"noopener\">Stir</a>(スター)を新たに追加した。今回のリリースは、既存の出会い系アプリでは十分なサービスを受けられていない、全米<a target=\"_blank\" href=\"https://www.census.gov/newsroom/stories/single-parent-day.html\" rel=\"noopener\">2000万人</a>のシングルペアレントへの対応を目指すという。Stirの最大の特徴は「Stir Time」(スター・タイム)という名のスケジュール管理機能だ。この機能を使えば、デートの時間を調整する際の困難が軽減される。たとえばコペアレント(元配偶者との間で分担する養育)時間や、子どもの習い事、その他の子育て関連に関連する時間だ。</p>\n<p>Match Groupによれば、シングルペアレントの4人に1人(27%)がスケジュールの調整でデートに行けないと回答していることから、Stir Timeを導入したのだという。</p>\n<p>アプリ内の機能として、空いていることが多い曜日や時間帯を「午前」「午後」「夜」という一般的な形で指定することができる。こうすることで、いわゆる「自由時間」が週に数回しかないような親でも、同じようなスケジュールの人とマッチングすることができる。</p>\n<div id=\"attachment_476654\" style=\"width: 306px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476654\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476654\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-03.png?w=335\" alt=\"\" width=\"296\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-03.png 335w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-03.png?resize=148,300 148w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-03.png?resize=197,400 197w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-03.png?resize=178,360 178w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-03.png?resize=109,220 109w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-03.png?resize=85,172 85w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-03.png?resize=62,125 62w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-03.png?resize=30,60 30w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-03.png?resize=272,552 272w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-03.png?resize=181,367 181w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-03.png?resize=25,50 25w\" sizes=\"(max-width: 296px) 100vw, 296px\" /><p id=\"caption-attachment-476654\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Match Group</p></div>\n<p>デートの調整を容易にするだけでなく、Hingeと同様に、ユーザーがどのような関係を求めているのかをよりよく説明し、自分の個性をアピールすることができるように、アプリからの質問に答えるよう促す。</p>\n<p>例えばStirはユーザー登録にあたって、子どものいない夜をどのように楽しみたいか、人間関係にどのように対処するか、週末は何をしているか、大声では言いにくいお気に入りの楽しみはあるか、酒は飲むか、どんなペットを飼っているか、などの質問をしてくる。その後、ユーザーは写真を追加し、残りのプロフィールを記入するよう促される。</p>\n<div id=\"attachment_476655\" style=\"width: 306px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476655\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476655\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-06.png?w=335\" alt=\"\" width=\"296\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-06.png 335w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-06.png?resize=148,300 148w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-06.png?resize=197,400 197w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-06.png?resize=178,360 178w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-06.png?resize=109,220 109w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-06.png?resize=85,172 85w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-06.png?resize=62,125 62w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-06.png?resize=30,60 30w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-06.png?resize=272,552 272w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-06.png?resize=181,367 181w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-12-32-06.png?resize=25,50 25w\" sizes=\"(max-width: 296px) 100vw, 296px\" /><p id=\"caption-attachment-476655\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Match Group</p></div>\n<p>Stirはサブスクリプションで収益を挙げるが、そこに含まれるサービスは、ユーザーが自分に「いいね!」をくれた人を確認したり、マッチングする前にメッセージを送ったり、プライバシー保護のために自分のプロフィールを好きな人にだけ見せるように設定したり、プロフィールを強調したり、誤ってパスしたプロフィールを巻き戻して見たり、目立つために「スーパーいいね!」を送る機能などだ。しかし、シングルペアレントにとって、それも養育費をもらっていないような人たちもいることを考えると、サブスクリプション費はかなり割高感があるかもしれない。テスト期間中のApp Storeのレビューには、この問題に言及するものが多く、アプリの他の機能は気に入っている人でも、価格設定が納得いかないという声があがっていた。</p>\n<p>ユーザーからのフィードバックを受け、Stirはアプリとメッセージは無料で使用でき、オプションでサブスクリプションによる有料機能にアップグレードできるフリーミアムモデルに移行した。Stirは1カ月間、39.99ドル(約4800円)で、メッセージングとプロフィール調整機能のみを提供する。3カ月または6カ月の前払いで月額費用を抑えることができるが、その際にはアップグレードされた機能をフルセットで利用できる3カ月のプレミアムサブスクリプション89.99ドル(約1万1000円、または月額30ドル[約3600円])の利用を促される。</p>\n<p>アプリ自体は、Match GroupのTinderやHingeのような仕組みで、写真中心のプロフィールを閲覧して、マッチング候補の相手を決めていくことに重点を置いている。ただし、スワイプではなく、Xやハートのアイコンをタップして、パスやいいね!を示す。中央のボタンを押すと「スーパーいいね!」のパックを5個入り1.60ドル(約192円)で購入することができる(よりたくさん買うこともできる)。</p>\n<p>Match Groupの新規事業担当副社長のDinh Thi Bui(ディン・ティー・ブイ)氏は、このアプリの正式リリースに関する声明の中で「子どもがいることが、デートの邪魔になってはいけません」と述べている。「シングルペアレントのみなさんが祝福され、自分らしくいられるような出会いを提供することに注力致します。そうすることで、子育てだけでなく、個人的な生活にも目を向けられるようになっていただきたいと思っています」と彼は付け加えた。</p>\n<p>しかし、Stir Time や、このアプリがひとり親に焦点を当てている(少なくとも、子どものいる人とデートすることに興味のない人とマッチするという頭痛の種は解消されている)にもかかわらず、このアプリは親向けの包括的な機能セットは提供していない。</p>\n<p>例えば、性犯罪者が<a target=\"_blank\" href=\"https://community.babycenter.com/post/a42186145/single_parents_and_pedophiles\" rel=\"noopener\">しばしば</a>子どもへの接触手段として、独身女性親を<a target=\"_blank\" href=\"https://www.news.com.au/technology/online/social/australian-federal-police-warn-sex-offenders-target-single-parents-on-dating-apps/news-story/a64bce5c383aa709cca1d2892e676f71\" rel=\"noopener\">ターゲットにする</a>ことを考えると、デートする親にとってかなりの心配事となるマッチ候補の身元確認を行う機会は提供されていない。一方、Match Groupは、身元確認サービスのGarbo(ガルボ)に<a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/17/2021-03-15-match-group-makes-seven-figure-investment-in-background-check-nonprofit-garbo/\" rel=\"noopener\">出資を行い</a>、その後、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/09/tinder-rolls-out-in-app-access-to-background-checks-powered-by-nonprofit-garbo/\" rel=\"noopener\">Tinderに統合した</a>。まもなくMatchの他の出会い系アプリでも同じことを行う予定だ。だが不思議なことにStirには提供されていない。</p>\n<p>また、このアプリは、親が子どもの年齢(あるいは一般的な年齢範囲)を指定することができない。これは、年長の子どもを持つ人との交際には前向きでも、子どもが赤ちゃんの時期は再び経験する決心ができていない人がいることを考えると、もう1つの見落としだ。さらに、他の出会い系アプリ、たとえばBumble(バンブル)が提供するような<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2018/12/18/bumble-now-lets-you-filter-potential-matches-on-bumble-date-bizz-and-bff/#:~:text=On%20the%20dating%20side%20of,plans%2C%20religion%20and%20political%20leaning.\" rel=\"noopener\">高度なフィルタリングオプション</a>がない。</p>\n<p>Stirは、出会い系アプリ大手のMatch Groupが開発したBLK、Chispa、Upwardといったニッチな出会い系アプリの仲間に加わる。これらは、Match Groupの主力アプリ(Match)やその他のニッチな出会い体験の開発をサポートする、Match部門で開発されている。Stirも他と同様、Match社内に専門チームがある。</p>\n<p>新しいアプリは、<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/us/app/stir-single-parents-dating/id1576261708\" rel=\"noopener\" data-saferedirecturl=\"https://www.google.com/url?q=https://apps.apple.com/us/app/stir-single-parents-dating/id1576261708&amp;source=gmail&amp;ust=1647955214780000&amp;usg=AOvVaw1938S58hxKVyS_fINRes0H\">iOS App Store</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=com.match.android.stir&amp;hl=en_US&amp;gl=US\" rel=\"noopener\" data-saferedirecturl=\"https://www.google.com/url?q=https://play.google.com/store/apps/details?id%3Dcom.match.android.stir%26hl%3Den_US%26gl%3DUS&amp;source=gmail&amp;ust=1647955214780000&amp;usg=AOvVaw2n4NIeKdjM-nbG-InrW_xV\">Google Playの</a>両方で利用可能だ。</p>\n<p>編集部注:日本時間3月22日午後の時点で日本のApp Storeには登録されていない、Google Playには登録されているが日本での利用は解禁されていない。</p>\n<p><small>画像クレジット:Match Group</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/21/match-group-launches-its-latest-dating-app-stir-aimed-at-single-parents/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/StirPR_FINAL.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476652,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476652,
            "tagId": 364242529,
            "tag": {
              "id": 364242529,
              "slug": "match-group",
              "name": "Match Group(企業)",
              "description": "TinderやHingeといった出会い系アプリなどを所有する米国のテック企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476652,
            "tagId": 366279875,
            "tag": {
              "id": 366279875,
              "slug": "dating-app",
              "name": "マッチングアプリ / デートアプリ(用語)",
              "description": "マッチングアプリ、デーティングアプリに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476522,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476522,
        "slug": "2022-03-17-amie-is-a-new-calendar-app-with-a-social-twist",
        "createdAt": "2022-03-21T00:15:06.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-20T23:42:44.000Z",
        "title": "ソーシャルな要素を取り入れた新しいカレンダーアプリ「Amie」",
        "content": "<p>個人とチームの両方に向けたまったく新しい生産性向上アプリに取り組むスタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://amie.so/\" rel=\"noopener\">Amie</a>(アミー)を紹介しよう。同社は新たにアプリを発表した。ユーザーはウェイティングリストに登録することができる。Amieは仕事の達成やチームとの連携に役立つ、デザイン性に優れたカレンダーアプリだ。</p>\n<p>Amieは、以前チャレンジャーバンクの<a target=\"_blank\" href=\"https://n26.com/\" rel=\"noopener\">N26</a>でプロダクトマネージャーとして働いていたDennis Müller(デニス・ミューラー)氏が創業した。Creandumをはじめ、Tiny.VCや複数のビジネス・エンジェルが早い段階から<a target=\"_blank\" href=\"/2020/07/13/2020-07-09-amie/\" rel=\"noopener\">投資した</a>ため、同社はあまり大きなプレッシャーもなく製品に取り組むことができた。</p>\n<p>そして、ミューラー氏のデモで筆者が見たものは、忠実なユーザーらを簡単に引き付けることができる洗練されたアプリだった。多くの企業でデフォルトの選択肢となっているGoogleカレンダーよりも、はるかに利便性の高い、細かな工夫がたくさん施されている。</p>\n<p>Amieを開くと、カレンダーのように見える。その点に疑いはない。現在の週とすべての予定を見ることができ、予定をクリックすると詳細が表示され、ある週から別の週へと移動することができる。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-476524 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"666\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp 1080w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp?resize=300,195 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp?resize=768,499 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp?resize=1024,666 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp?resize=615,400 615w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp?resize=400,260 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp?resize=738,480 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp?resize=554,360 554w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp?resize=220,143 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp?resize=265,172 265w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp?resize=192,125 192w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp?resize=125,81 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp?resize=92,60 92w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp?resize=849,552 849w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp?resize=565,367 565w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie2.webp?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>しかし、Amieが凝っているのは持ち合わせている一連の機能、特にToDo項目関連だ。ToDoリストはカレンダーのすぐ横にある列で開くことができる。見るときも同様だ。しかし、サイドバーからドラッグしてメインのカレンダービューにドロップすれば、ToDoに日時を割り当てることも可能だ。</p>\n<p>「何かを達成したいとき、最も簡単な方法は、それをカレンダーに入れ、時間を割り当てることです」とミューラー氏は筆者に語った。確かに、多くの人がすでにカレンダーをTodoリストのように使っている。サイドバーや週表示でToDoを管理できるため、カレンダーに直接ToDoを追加するよりも柔軟性がある。</p>\n<p>左側には、アバターのリストも見ることができる。Slack(スラック)をよく使っている人にとっては、ワークスペースを切り替えるための左側のアイコンにちょっと似ているように見えるだろう。</p>\n<p>Amieの場合、そのアイコンはチームの他の人を表している。インスタントメッセンジャーと同じように、カレンダー上で、その人は現在連絡が取れる状態にあるか、忙しいかを見ることができる。アバターにカーソルを合わせると、その人のカレンダーに切り替わる。例えば、ミーティングのタイミングをいつにすれば良いのかを知ることができる。</p>\n<p>また、1人ひとりにプロフィールが用意されている。この独立したページでは、その人が今何をしているかを見たり、誕生日のリマインダーを受け取ったり、ちょっとしたメモを加えたり、最後に一緒にいたのはいつなのかを見ることができる。また、定期的なリマインダーを設定することも可能で、定期的に他の人と連絡を取り合うことができる手軽な機能だ。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-476525 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"666\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp 1080w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp?resize=300,195 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp?resize=768,499 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp?resize=1024,666 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp?resize=615,400 615w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp?resize=400,260 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp?resize=738,480 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp?resize=554,360 554w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp?resize=220,143 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp?resize=265,172 265w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp?resize=192,125 192w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp?resize=125,81 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp?resize=92,60 92w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp?resize=849,552 849w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp?resize=565,367 565w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie3.webp?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>また、サードパーティーのサービスから情報を得ることも可能だ。例えば、ある人のSpotify(スポティファイ)のアカウントから、現在再生中の曲を見ることができる。そこからTwitter(ツイッター)のプロフィールを開くこともできる。</p>\n<p>「1人の人間にフォーカスしたカレンダーアプリは、とてもクールです。しかし、現在成功している他の製品を見てみると、ネットワーク効果を生み出すには、何らかのプロフィールを構築する必要があることに気づきました」とミューラー氏は筆者に語った。</p>\n<p>カレンダーにソーシャルな要素を加えることで、会社の活動をより簡単に把握することができるようになった。Amieには、アクティビティフィードが表示されるホームビューがある。この画面では、誰かがイベントを作成すると、それを確認することができる。</p>\n<p>情報量が多いので、透明性の高い文化を持つ企業には特に有効かもしれない。「ホームビューは、現代のイントラネットになるかもしれない」とミューラー氏はいう。</p>\n<p>ホームビューでは、すべてのイベントやToDoのリストも見ることができる。このビューから、いろいろチェックすることができる。</p>\n<p>最後に、Amieは現代の生産性向上ツールに期待される多くの強力な機能を備えている。キーボードショートカットを使って、クイックアクションメニューを開いたり、イベントを作成したり、別のビューに移動したりすることができる。</p>\n<p>自分の予定を誰かと共有したいときは、自分のカレンダーからいくつかのスロットを選び、リンクを相手と共有すればいい。Calendlyは必要ない。ビデオ通話があるイベントが近づいてきたら、キーボードショートカットで通話に参加することができる。</p>\n<p>Amieは現在、macOSとWindows上のGoogleアカウントで動作する。また、iPhoneアプリもあり、Androidアプリも開発中とのことだ。モバイルでは、Amieは重要なボタンやジェスチャーをすべて画面の下部付近に配置し、隅にあるボタンまで手を動かす必要がないよう工夫した。</p>\n<p>現在、私たちは「カレンダールネッサンス」を経験している。多くのスタートアップが、Notion時代のカレンダーアプリを再発明するために、適切な方式を見つけようとしている。Amieは<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/29/2022-01-28-rise-is-a-new-calendar-app-with-a-scheduling-engine-for-teams/\" rel=\"noopener\">Rise</a>、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/19/2021-11-18-cron-is-a-new-calendar-app-following-in-sunrises-footsteps/\" rel=\"noopener\">Cron</a>、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/26/2021-10-25-hera-is-a-new-calendar-app-for-people-with-a-lot-of-virtual-meetings/\" rel=\"noopener\">Hera</a>、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/09/2022-02-08-fantastical-lets-you-share-a-link-to-schedule-meetings-no-calendly-required/\" rel=\"noopener\">Fantastical</a>などと競合している。</p>\n<p>これは間違いなく大きな市場だ。だから、この領域でこれだけのイノベーションにお目にかかれるのはすばらしい。「私たちにとって、カレンダーはキャンバスです」とミューラー氏は語る。「あなたが私たちのサービスにサインアップし、二度とGoogleカレンダーを開かないということになれば、私たちが正しい仕事をしているということになります」。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-476526 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"666\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp 1080w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp?resize=300,195 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp?resize=768,499 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp?resize=1024,666 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp?resize=615,400 615w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp?resize=400,260 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp?resize=738,480 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp?resize=554,360 554w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp?resize=220,143 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp?resize=265,172 265w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp?resize=192,125 192w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp?resize=125,81 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp?resize=92,60 92w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp?resize=849,552 849w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp?resize=565,367 565w, /wp-content/uploads/2022/03/Amie4.webp?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p><small>画像クレジット:Amie</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/17/amie-is-a-new-calendar-app-with-a-social-twist/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Romain Dillet、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Amie.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476522,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476522,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476522,
            "tagId": 7155,
            "tag": {
              "id": 7155,
              "slug": "calendar",
              "name": "カレンダー(用語)",
              "description": "カレンダーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476522,
            "tagId": 366272302,
            "tag": {
              "id": 366272302,
              "slug": "todolist",
              "name": "ToDo / ToDoリスト(用語)",
              "description": "ToDo / ToDoリストに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476509,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476509,
        "slug": "2022-03-17-flickr-paywall-nsfw-photos",
        "createdAt": "2022-03-20T23:45:20.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-20T23:33:06.000Z",
        "title": "Flickr、性的な写真のアップロードを有料ユーザーに限定",
        "content": "<p>Flickrは金儲けが得意ではないが、古い格言にあるように、セックスは金になる。そこでFlickrは、より多くの有料会員を引き込むため、Flickr Proユーザー<a target=\"_blank\" href=\"https://www.flickrhelp.com/hc/en-us/articles/4404064374164-Set-the-Safety-Levels-of-Your-Flickr-Content-or-Account\" rel=\"noopener\">のみ</a>が「restricted(制限付き)」または「moderate(適度)」のコンテンツを投稿<a target=\"_blank\" href=\"https://www.flickrhelp.com/hc/en-us/articles/4404064374164-Set-the-Safety-Levels-of-Your-Flickr-Content-or-Account\" rel=\"noopener\">できる</a>ように、コンテンツのガイドラインを変更した。「moderate」とは「胸や下半身を露出するような部分的なヌード」写真のことで「restricted」には「正面からの全裸や性的行為」の写真が含まれる。</p>\n<p>正直に言って、これは悪い動きではない。有料会員に「Flickrにお金を払うように友人を勧誘してくれ」と<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2019/12/19/flickr-owner-smugmug-emails-subscribers-with-an-urgent-request-help-us-find-more-paying-users/\" rel=\"noopener\">頼む</a>よりは効果的かもしれない。</p>\n<p>2018年にSmugMug(スマグマグ)がこの写真ホスティングサービスを<a target=\"_blank\" href=\"/2018/04/21/2018-04-20-smugmug-acquires-flickr/\" rel=\"noopener\">買収した</a>とき、CEOのDon MacAskill(ドン・マカスキル)氏は、このサービスを「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.usatoday.com/story/tech/2018/04/20/smugmug-buys-flickr-verizon-oath/537377002/\" rel=\"noopener\">インターネットの構造全体の中核</a>」と呼び、利益を生めるようにしたいと望んだ。これは単なるCEOの大げさな表現ではなく、マカスキル氏の言葉にも一理ある。Flickrは歴史のアーカイブだ。1つには、実際に歴史的な画像が展示されていること。それだけでなく、2004年以来、何百万人もの人々のレンズを通して、世界の視覚的な歴史が記録されてきたということもある。それがすべて消えてしまうのは残念だ。</p>\n<p>しかし、Flickrはインターネット上に膨大なデータをホストしているため、運営に非常にお金がかかる。しばらくの間、Flickrにお金を払う理由はあまりなかった。すべてのユーザーには、写真のために無料で1テラバイトのストレージが与えられていたからだ。しかし、SmugMugの管理下となってから、Flickrは無料ユーザーが保存できる写真の枚数に制限を設けた。1テラバイトのデータを、わずか1000枚にまで減らしたのだ。さらに、一定期間を過ぎると写真が<a target=\"_blank\" href=\"/2019/02/06/2019-02-05-flickr-deleting-photos-how-to-backup/\" rel=\"noopener\">削除される可能性もある</a>と、ユーザーに警告した。これらの大きな変更は、有料プランにアップグレードして個人的なアーカイブを保存するよう、ユーザーを促すために実施されたものだ。</p>\n<p>これまでのところ、Flickrは実際にアップロードされた画像を一切削除していないと<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.flickr.net/en/2022/03/17/flickr-forever-2022/\" rel=\"noopener\">言っている</a>(Flickrよ、ありがとう。しかしそれは、私がこれまでに投稿したすべての写真のZIPファイルをダウンロードするために、2019年のある日の午後を無駄にしたということでもある)。しかし、依然としてFlickrはまだ儲かってはいない。それゆえ、NSFW(いわゆる職場閲覧注意)な写真のアップロードに誘うように戦略を転換したのだ。</p>\n<p>Flickrの責任者を務めるAlex Seville(アレックス・セヴィル)氏は<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.flickr.net/en/2022/03/17/flickr-forever-2022/\" rel=\"noopener\">ブログ記事</a>で「一部の人から際どいと思われるような作品を制作している写真家たちは、互いに交流し、興味を共有し、そして自分のアートを世界に発信することができる、オンラインの安全な場所を手に入れることができ、それが削除されたり、自分の愛するコミュニティから完全に追放される心配がありません」と書いている。「しかし、私たちは、このような写真家のためのスペースを、きちんと定義することに甘かったのです、今までは」。</p>\n<p>あまりセクシーではないニュースもある。Flickrは引き続き、ユーザーが無料アカウントでできることを制限しようとしており、今回の発表では、無料ユーザーは非公開の写真を50枚までしか投稿できないようになると述べている。</p>\n<p>「私たちは、あなたの写真を預かることが大好きです。しかし、私たちは、それらの写真が、発見され、グループに追加され、写真コンテストに提出されるのを見ることの方が、もっと好きなのです」と、セヴィル氏は説明する。「一生分の画像を保存する安全な場所をお探しなら、私たちは決してあなたを追い出しません。プロ会員になるだけでいいのです」。</p>\n<p>これらのアップデートがいつ、どのように無料アカウントに影響を与えるようになるのかについて、Flickrは今後、無料ユーザーに最新情報の提供を続けていくと述べている。しかし、Flickrがサブスクリプションによる収入を増やすために狙っているこの市場は、非常に特殊なものだ。それはプライベートな写真(ただし、1000枚以下)をアップロードしたい人々や、NSFW写真家たちである。ヌード写真によってインターネットにおけるこの一角が救われることを祈りたい。</p>\n<p><small>画像クレジット:TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/17/flickr-paywall-nsfw-photos/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Amanda Silberling、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/flickr-logo-watercolor.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476509,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476509,
            "tagId": 921,
            "tag": {
              "id": 921,
              "slug": "flickr",
              "name": "flickr",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476509,
            "tagId": 21038,
            "tag": {
              "id": 21038,
              "slug": "nsfw",
              "name": "NSFW(用語)",
              "description": "Not safe for work。職場や学校などで、裸、ポルノグラフィ、卑語、暴力などの要素があるウェブサイトなどの閲覧に注意を促すために使われるスラング。"
            }
          },
          {
            "postId": 476509,
            "tagId": 49818,
            "tag": {
              "id": 49818,
              "slug": "social-media",
              "name": "ソーシャルメディア(用語)",
              "description": "ソーシャルメディアに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476509,
            "tagId": 692509058,
            "tag": {
              "id": 692509058,
              "slug": "photos",
              "name": "写真(用語)",
              "description": "写真に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476509,
            "tagId": 692510958,
            "tag": {
              "id": 692510958,
              "slug": "paid",
              "name": "有料 / 有料コンテンツ / 有料サービス(用語)",
              "description": "有料 / 有料コンテンツ / 有料サービスに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476509,
            "tagId": 692514978,
            "tag": {
              "id": 692514978,
              "slug": "sexual",
              "name": "性的 / セクシャル(用語)",
              "description": "性的 / セクシャルに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476512,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476512,
        "slug": "riding-an-api-to-platform-status",
        "createdAt": "2022-03-20T23:30:16.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-20T23:23:37.000Z",
        "title": "APIをプラットフォーム化せよ",
        "content": "<p>スタートアップとマーケットの週刊ニュースレター、The TechCrunch Exchangeへようこそ。</p>\n<p>みなさんこんにちは!この記事が読まれるころは、私は晴天のニューオリンズを後にし、北東部のいつもの場所に戻っているだろう。そうそう、これから1週間の文章は天気の関係で憂鬱なものになりそうだ。それはともかく、今日は2つの話題があるので、早速始めよう!</p>\n<h2>APIがプラットフォームへ進化するとき</h2>\n<p>先のThe Exchangeでは、Shippo(シッポー)の創業者でCEOの<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/LauraBehrensWu\" rel=\"noopener\">Laura Behrens Wu</a>(ローラ・ベーレンス・ウー)氏に、Shopifyとの<a target=\"_blank\" href=\"https://goshippo.com/news/shippo-for-platforms-and-shopify-partnership/\" rel=\"noopener\">提携発表</a>ついて話を聞いた。</p>\n<p>Shippoは、販売店に対してSaaSを使った出荷サービスを提供している。出荷を一括して行うことで出荷料金も安くなる。2021年には、<a target=\"_blank\" href=\"/2021-02-23-shippo-raises-45m-more-at-495m-valuation-as-ecommerce-booms\" rel=\"noopener\">5億ドル(約595億9000万円)弱の評価額で4500万ドル(約53億6000万円)を調達</a>している(なお、2019年に<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/04/07/shippo-raises-a-30m-series-c-after-posting-rapid-2019-growth/\" rel=\"noopener\">3000万ドル[約35億8000万円]を調達</a>した当時、ベーレンス・ウー氏は、自社の粗利率はSaaS並みだと述べていた)。</p>\n<p>同社は急速に成長し、2020年に出荷量を倍増させ (収益の増加も緩やかにそれを追っていた)、規模も倍増させた。</p>\n<p>前回Shippoをチェックしたのは2021年初頭だが、当時その成長を維持するためのきちんとしたプランが控えていた(強調は筆者による)。</p>\n<blockquote><p>資本金も増えて、Shippoは次にどうするのだろうか?CEOによると、スタートアップはプラットフォーム化(Shippoが組み込まれるマーケットプレイスなど)や海外展開(Shippoは国際配送を「少し」しかしていないという)への投資を強化し、自社のコア顧客基盤と考えているものへの投資を倍増させたいと考えている。</p></blockquote>\n<p>ベーレンス・ウー氏は、プラットフォームとマーケットプレイスの両方にとって、配送を提供することは今や常識であって、個々の売り手は、デジタルストアが提供されるなら、支払いサポートとともに配送のオプションも与えられることも期待するという。Shippoは、各プラットフォームに組み込まれる発送ツールになりたいと考えている。</p>\n<p>CEOによると、約18カ月前にマーケットプレイス側から興味が示されたことで、彼女のチームはShippoのサービスを各社のマーケットプレイスに組み込めるようにするためのAPIを作ることに取り組んだ。</p>\n<p>ベーレンス・ウー氏によれば、この取引にはレベニューシェアが含まれるが、Shopify(ショッピファイ)やその他の潜在的なパートナーから膨大な収益を得ることで、Shippoにとって良い結果に結びつく可能性があるという。なぜなら、そのサービスは量をこなすほど良くなるからだ。多くの荷物の輸送をてがけるほど、世界中の運送会社との間でより良い取引ができるようになる。そして今回、その取引総量を劇的に拡大する方法を手に入れて、おそらくeコマース出荷の世界からより多くの金銭的価値を引き出す能力を身につけることができた。</p>\n<p>数カ月後に様子を見る必要があるが、すべてが強気であるように感じられる。</p>\n<p>ベーレンス・ウー氏は、APIを利用するスタートアップの成長に関する私たちのレポートに注目し、連絡を取ってきたのだ。そして今、同社は全体の成長軌道のカギを握っているAPI を手に入れた。私たちの信じる命題は、SaaSはすばらしいが、将来性があるのはAPIビジネスモデルだというものだ。</p>\n<h2>インシュアテックはまだ死んでいない!</h2>\n<p>年老いた馬に鞭打つわけではないが、インシュアテックはここ数年、浮き沈みが激しかった。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/07/23/understanding-hippos-valuation-in-a-post-lemonade-ipo-world/\" rel=\"noopener\">ネオインシュアランススタートアップの巨額の資金調達</a>から、インシュアテックマーケットプレイスの巨額の資金調達に至るまでまで、デビュー後に価値を維持できないIPOが相次いでいる。これは大変なことだ。</p>\n<p>だがしかし、The Exchangeは2022年に入って、この業界で最も有名な企業たちについての否定的なニュースが相次いだにもかかわらず、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/04/why-2022-insurtech-investment-could-surprise-you/\" rel=\"noopener\">2021年は実際にはインシュアテック向けベンチャーキャピタルの活動は活発だった</a>と書いた。そもそも2020年初頭には「<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/02/02/why-vcs-are-dumping-money-into-insurance-marketplaces/\" rel=\"noopener\">なぜVCが保険マーケットプレイスに資金を投下するのか</a>」を解明しようとしたほど、かつて事態は熱を帯びていたのだ。</p>\n<p>まあ、VCは今でも続けているのだが。先週、Policygenius(ポリシージーニアス)は1億2500万ドル(約149億円円)のラウンドを終了したと<a target=\"_blank\" href=\"https://www.prnewswire.com/news-releases/fintech-leader-policygenius-raises-125-million-series-e-round-301504940.html\" rel=\"noopener\">発表</a>した。同社のソフトウェアは、基本的に消費者がオンラインでさまざまな保険商品を探し、購入することを可能にする。保険市場の規模を考えれば、顧客に適切な商品を提供することは大きなビジネスだ。言ってみれば、Credit Karma(個人ファイナンス管理ソフト)がいかに役に立ったかに少し似ている。</p>\n<p>参考までに、Policygeniusの競合であるThe Zebra(ザ・ゼブラ)は、2021年4月に1億5千万ドル(約178億8000万円)を調達しているので、Policygeniusのラウンドはまったくの驚きではない。このニュースは、公開市場のニュースがスタートアップを加速させることはあっても、消滅させることはできないという事実を浮き彫りにしている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Nigel Sussman</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/19/riding-an-api-to-platform-status/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Alex Wilhelm、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/NSussman_Techcrunch_Exchange-multicolor.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476512,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476512,
            "tagId": 31822,
            "tag": {
              "id": 31822,
              "slug": "delivery-service",
              "name": "配送 / 宅配 / デリバリー(用語)",
              "description": "配送 / 宅配 / デリバリーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476512,
            "tagId": 366273904,
            "tag": {
              "id": 366273904,
              "slug": "venture-capital",
              "name": "VC / ベンチャーキャピタル(用語)",
              "description": "VC / ベンチャーキャピタルに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476512,
            "tagId": 366279709,
            "tag": {
              "id": 366279709,
              "slug": "insurtech",
              "name": "保険 / インシュアテック / InsurTech(用語)",
              "description": "保険分野におけるFinTechのこと。保険(Insurance)とテクノロジー(Technology)をかけ合わせた造語。保険 / インシュアテック / InsurTechに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476512,
            "tagId": 692508946,
            "tag": {
              "id": 692508946,
              "slug": "api",
              "name": "API(用語)",
              "description": "APIに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476512,
            "tagId": 692511890,
            "tag": {
              "id": 692511890,
              "slug": "the-techcrunch-exchange",
              "name": "The TechCrunch Exchange(連載)",
              "description": "The TechCrunch Exchangeの記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476498,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476498,
        "slug": "2022-03-18-twitter-clipping-spaces",
        "createdAt": "2022-03-20T01:00:12.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-19T23:38:06.000Z",
        "title": "ツイッター、スペースの聴きどころ30秒を共有するクリッピングツールをiOSで限定テスト中",
        "content": "<p>Twitter(ツイッター)は米国時間3月17日、スペース(Spaces)用の新しいクリッピングツールのテストを開始したと<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/TwitterSpaces/status/1504611964051410944\" rel=\"noopener\">発表</a>した。iOS版の一部のホストは、録音したスペースから30秒間のオーディオを切り取って、Twitter上で他のユーザーと共有することができるようになった。iOSのすべてのユーザーは現在、タイムライン上でクリップを見たり聴いたりすることができ、Androidとウェブ版のユーザーは、まもなくアクセスできるようになる。また将来的には、ホストだけでなく、すべてのユーザーにクリップ機能を展開する予定だ。</p>\n<p>Twitterの広報担当者は、メールでTechCrunchにこう語った。「作成できるオーディオクリップの数に制限はなく、クリップはプラットフォーム上で30日間動作します。「現在、iOSユーザーはすでにタイムライン上でスペースのクリップを見たり聴いたりすることができ、AndroidやTwitter.comのユーザーも近々アクセスできるようになります。フィードバックを見ながら、近い将来、スペースのクリッピング機能をTwitter上のすべてのユーザーに拡張する予定です」。</p>\n<p>ホストは、録音されたスペースからオーディオクリップを作成し、ツイートで共有できるようになり、クリップはそのスペース全体の録音にもリンクされる。この新ツールは、ホストが自分のスペースへの関心を高めると同時に、録音全体を共有することなく放送の特定の部分を強調するための方法だ。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">ever wish you could capture a moment from a Space? great because we&#8217;re testing clipping!</p>\n<p>certain Hosts on iOS can now clip 30 seconds of audio from recorded Spaces to share, everyone on iOS can see &amp; listen to clips on the Timeline&#8212;coming to Android and web real soon <a href=\"https://t.co/DZcV1dzGaz\">pic.twitter.com/DZcV1dzGaz</a></p>\n<p>&mdash; Spaces (@TwitterSpaces) <a href=\"https://twitter.com/TwitterSpaces/status/1504611964051410944?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 18, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>Twitterスペースの登場を促したソーシャルオーディオアプリClubhouse(クラブハウス)は、2021年9月に<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/01/2021-09-30-clubhouse-adds-clips-replays-for-asynchronous-listening-better-search-and-spatial-audio-for-android/\" rel=\"noopener\">クリッピング機能</a>を展開した。この機能は、パブリックルームにいるライブリスナーが、直近の30秒間のオーディオを切り取って、どこでも共有できるようにするものだ。それらのクリップは、他のソーシャルメディアプラットフォームで共有することができる。</p>\n<p>Twitterは過去数カ月間、スペースの機能を新たにいくつか導入し、サービスの充実を図ってきた。同社は、ホストが過去に録音したスペースの音声をツイートで共有できる機能「Spaces Recordings」に<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/08/2021-12-07-twitter-now-lets-all-ios-android-and-web-users-listen-to-recorded-spaces/\" rel=\"noopener\">取り組んできた</a>。2022年初め、Twitterは録音されたスペースを共有したホストに対して、何人のリスナーがライブ参加したか、また何人がその録音を後から再生したかを確認できる機能を<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/09/2022-01-07-twitter-spaces-continues-testing-podcast-like-features/\" rel=\"noopener\">提供し始めた</a>。</p>\n<p>世界的なパンデミックで人々が家に閉じこもることを強いられていた中、ライブオーディオの人気は高まった。しかし、多くの国で規制が解除され、対面式のイベントが復活したため、TwitterやClubhouseなどライブオーディオルーム機能を提供する企業は、新機能を投入することでユーザーの囲い込みを図ろうとしている。</p>\n<p><small>画像クレジット:</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/18/twitter-clipping-spaces/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/twitter-spaces-clipping.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476498,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476498,
            "tagId": 324281,
            "tag": {
              "id": 324281,
              "slug": "ios",
              "name": "iOS(製品・サービス)",
              "description": "iOSはAppleが提供するスマートフォン向けオペレーションシステム。"
            }
          },
          {
            "postId": 476498,
            "tagId": 599182,
            "tag": {
              "id": 599182,
              "slug": "twitter",
              "name": "Twitter / ツイッター(企業)",
              "description": "Twitter(ツイッター)は、ソーシャルネットワーキングサービス「Twitter」を提供する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476498,
            "tagId": 692511512,
            "tag": {
              "id": 692511512,
              "slug": "twitter-spaces",
              "name": "Twitterスペース / Twitter Spaces(製品・サービス)",
              "description": "Twitterが2020年末に立ち上げた音声によるネットワーキングプロジェクト。"
            }
          },
          {
            "postId": 476498,
            "tagId": 692512099,
            "tag": {
              "id": 692512099,
              "slug": "audio-social-network",
              "name": "音声ソーシャルネットワーク / オーディオソーシャルネットワーク(用語)",
              "description": "音声ソーシャルネットワーク / オーディオソーシャルネットワークに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476432,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476432,
        "slug": "2022-03-18-russian-search-giant-yandex-tells-investors-its-looking-for-a-media-exit",
        "createdAt": "2022-03-19T04:00:10.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-19T00:43:20.000Z",
        "title": "ロシアの検索大手Yandex、メディア事業からの撤退を検討中と投資家に説明",
        "content": "<p>ロシアのインターネット大手Yandex(ヤンデックス)は、同社のメディア製品について「戦略的オプション」を模索していると<a target=\"_blank\" href=\"https://ir.yandex/press-releases?year=2022&amp;id=2022-03-18\" rel=\"noopener\">投資家に語った</a>。その中には、ニュースアグリゲーターのYandex Newsや、ユーザー生成コンテンツの推薦とブログの「インフォテインメント」プラットフォームであるZenの売却の可能性も含まれている。</p>\n<p>このディスクロージャーは、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/russia-yandex-news-vk/\" rel=\"noopener\">米国時間3月16日に報じた</a>、YandexがYandex NewsとZenの売却に向けて協議中であるという情報筋の話を裏付けるものだ。</p>\n<p>この動きは、ウクライナ侵攻開始以来、ロシア国家による表現の自由に対する規制が強化されていることによるリスクと関連していると、情報筋は指摘する。この中には、ロシア軍に関する「偽」情報(クレムリンが好む「特別軍事作戦」という表現ではなく、ウクライナでの「戦争」に言及するなど)を流した者に長期の禁錮刑を科す恐れがある新しい法律が含まれている。</p>\n<p>Yandexは中央ヨーロッパ時間3月18日、投資家向けの声明の中で、「ニュースアグリゲーションサービスとインフォテインメントプラットフォームのZenについて、売却を含むさまざまな戦略的オプションを検討します」と記している。</p>\n<p>「当社は、その他のテクノロジー関連事業および製品(検索、広告、自動運転、クラウドなど)、トランザクションサービス(ライドヘイリング、eコマース、ビデオ / オーディオ、ストリーミングなど)の開発に注力する意向です」と同社は付け加えた。</p>\n<p>Yandexの広報担当者は、Yandex NewsとZenの売却について協議中であることを確認した。</p>\n<p>「ニュースアグリゲーションサービスとインフォテインメントプラットフォームのZenについて、売却を含むさまざまな戦略的オプションを検討していることを確認します」と同担当者は述べた。</p>\n<p>同社はメディア製品の買い手候補について公のコメントを出していないが、内情に詳しい情報筋は先に、ロシアのソーシャルメディア大手VKが有力候補だと話していた。</p>\n<p>Yandexは投資家向けの将来予測に関する声明で、売却プロセスが「初期段階にある」ことを示唆し「買い手の特定、許容できる条件の交渉、取引の締結に成功する保証はない」とも投資家に警告している。</p>\n<p>オランダに籍を置くロシア企業である同社は、時価総額が68億ドル(約8106億円)だった2月25日に<a target=\"_blank\" href=\"https://finance.yahoo.com/quote/YNDX?p=YNDX&amp;.tsrc=fin-srch\" rel=\"noopener\">取引を停止</a>している。</p>\n<p><small>画像クレジット:Alexander RyuminTASS / Getty Images(Image has been modified)</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/18/russian-search-giant-yandex-tells-investors-its-looking-for-a-media-exit/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Lomas、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/yandex-1.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476432,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476432,
            "tagId": 49818,
            "tag": {
              "id": 49818,
              "slug": "social-media",
              "name": "ソーシャルメディア(用語)",
              "description": "ソーシャルメディアに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476432,
            "tagId": 154181,
            "tag": {
              "id": 154181,
              "slug": "yandex",
              "name": "Yandex(企業)",
              "description": "ロシアの大手テクノロジー企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476432,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476432,
            "tagId": 366273902,
            "tag": {
              "id": 366273902,
              "slug": "media",
              "name": "メディア / マスコミ / 報道機関(用語)",
              "description": "メディア / マスコミ / 報道機関に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476371,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476371,
        "slug": "2022-03-16-ukraines-president-just-signed-a-law-to-legalize-crypto-as-digital-donations-roll-in-2",
        "createdAt": "2022-03-19T02:00:46.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-19T01:15:46.000Z",
        "title": "PayPalがウクライナ人への直接送金を可能にするサービスを拡充",
        "content": "<p>PayPal(ペイパル)は、ユーザーがウクライナ人に送金できるようにサービスを拡充すると、米国時間3月17日に<a target=\"_blank\" href=\"https://newsroom.paypal-corp.com/2022-03-Expanding-PayPals-Money-Services-To-Help-Ukraine-Humanitarian-Efforts\" rel=\"noopener\">発表</a>した。この拡充以前は、ウクライナのユーザーはPayPalを使用して国外に送金することしかできなかった。これにより、ウクライナのPayPalアカウント保有者は、世界中の友人や家族と送金し合うことができるようになる。PayPalウォレットでお金を受け取ったウクライナの顧客は、対象となるMastercardまたはVisaのデビットカードやクレジットカードをリンクすることで、自分の銀行口座に資金を移すことができるようになる。</p>\n<p>また、PayPalは、6月30日まで、ウクライナのPayPal口座への送金、またはウクライナのPayPal口座への入金の手数料を一時的に無料にすると発表している。同社の国際送金サービスであるXoom(ズーム)も、ウクライナの受取人に送金する際の取引手数料を無料にする予定だ。</p>\n<p>今回のPayPalの発表は、ウクライナ政府から同国の人々が支払いを受けられるような新サービスを展開するよう同社に要請があったことを受けてのものだ。</p>\n<p>ウクライナの副首相兼デジタル変革担当大臣のMykhailo Fedorov(ミハイロ・フェドロフ)氏は、<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/FedorovMykhailo/status/1504540605703241736\" rel=\"noopener\">Twitterでこの拡大</a>を称賛し、PayPalから受け取った手紙を公開した。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Welcome to Ukraine!  <a href=\"https://twitter.com/PayPal?ref_src=twsrc%5Etfw\">@PayPal</a>, <a href=\"https://twitter.com/Dan_Schulman?ref_src=twsrc%5Etfw\">@Dan_Schulman</a>, thank you for supporting Ukraine and peace! <a href=\"https://t.co/RS632fessN\">pic.twitter.com/RS632fessN</a></p>\n<p>&mdash; Mykhailo Fedorov (@FedorovMykhailo) <a href=\"https://twitter.com/FedorovMykhailo/status/1504540605703241736?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 17, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>PayPalからの手紙には「我々のチームは、PayPalがどうやったらウクライナの人々に最善かつ迅速に追加サービスを提供することができるかを見極めるために集中的に取り組んできました」と書かれている。「このサービスは、ウクライナの人々が世界中の友人や親戚からお金を受け取るために役立つと信じています。また、他の国にいるウクライナ人難民にとっても、現在住んでいる場所でお金を受け取ったり、引き出したりすることができるので、助けになると思います」。</p>\n<p>ウクライナの顧客は、ウクライナのPayPalウォレットからUSD、CAD、GBP、EURで送受信することができるようになる予定だ。顧客がPayPalウォレットから対象のデビットカードやクレジットカードに資金を送金するとすぐに、そのカードに関連する通貨で資金を利用できるようになる。</p>\n<p>今回の発表は、PayPalが今月初めにロシアでのサービスを<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/08/2022-03-07-netflix-paypal-adobe-and-others-join-tech-companies-suspending-business-in-russia/\" rel=\"noopener\">停止</a>したことを受けて行われたものだ。PayPalだけでなく、Mastercard(マスターカード)とVisa(ビザ)もロシアでのネットワークサービスを<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/08/2022-03-07-netflix-paypal-adobe-and-others-join-tech-companies-suspending-business-in-russia/\" rel=\"noopener\">停止</a>しており、同国から撤退した決済企業はPayPalだけでない。</p>\n<p>戦争が始まって以来、人々はウクライナの人々を経済的に支援する方法を探してきた。Airbnb(エアービーアンドビー)のCEOである<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/05/2022-03-04-airbnb-suspends-all-operations-in-russia-and-belarus/\" rel=\"noopener\">Brian Chesky(ブライアン・チェスキー)</a>氏は、世界中の一部の人々が、ウクライナのホストに経済的支援を送るため、宿泊するつもりがなくてもウクライナのAirbnbを予約していると述べた。また、ウクライナは、対ロシア戦の援助を求める人々から数千万ドル(約数十億円)相当の<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/18/2022-03-16-ukraines-president-just-signed-a-law-to-legalize-crypto-as-digital-donations-roll-in/\" rel=\"noopener\">暗号資産による寄付を受けている</a>。</p>\n<p>PayPalのサービス拡充により、ウクライナの人々を支援する、より直接的な方法が促進されることになるだろう。同社によると、これらの新サービスは本日から利用可能になるとのことだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Yichuan Cao/ NurPhoto / Getty Images<br />\n</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/ukraines-president-just-signed-a-law-to-legalize-crypto-as-digital-donations-roll-in/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Connie Loizos、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1184251295.webp",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476371,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476371,
            "tagId": 1511,
            "tag": {
              "id": 1511,
              "slug": "paypal",
              "name": "Paypal(企業)",
              "description": "インターネットと電子メールアカウントを利用した決済サービスを提供する米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476371,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476371,
            "tagId": 366274462,
            "tag": {
              "id": 366274462,
              "slug": "sending-money",
              "name": "送金(用語)",
              "description": "送金に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476435,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476435,
        "slug": "2022-03-18-russia-warns-youtube",
        "createdAt": "2022-03-19T01:45:37.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-19T02:47:27.000Z",
        "title": "ロシア、YouTubeに「反ロシア」広告を止めるよう警告",
        "content": "<p>2月末にウクライナに侵攻して欧州で陸戦を開始したロシアが、外国のソーシャルメディア大手に対する最新の攻撃として、反ロシア的な「情報攻撃」がYouTubeを通じて広まっていると主張し、同国のインターネット検閲当局からGoogle(グーグル)に警告を発した。同国は動画共有プラットフォームの広告がロシア国民への脅しに利用されることをGoogleが許容しているとして、米国のハイテク企業が「テロ行為」に関与していると非難している。</p>\n<p>ロシアの通信情報技術監督庁Roskomnadzorは現地時間3月18日、同庁ウェブサイトに掲載した<a target=\"_blank\" href=\"https://www.rkn.gov.ru/news/rsoc/news74196.htm\" rel=\"noopener\">声明</a>の中で、YouTubeがロシアとベラルーシ間の鉄道接続を遮断するよう人々に呼びかけるターゲティング広告を配信していると主張している。</p>\n<p>「YouTube管理者の行為はテロ行為であり、ロシア国民の生命と健康を脅かすものです」と規制当局は書いている(ロシア語から機械翻訳)。</p>\n<p>「このようなアピールの発信は、米国企業であるGoogle LLCの反ロシア的な立場を明確に示しています」とも。</p>\n<p>規制当局はまた「反ロシア動画」の配信をできるだけ早く停止するよう、Googleに警告した。</p>\n<p>その声明はさらに、米国のIT企業全般、特にテック大手のGoogleとFacebook(フェイスブック)を所有するMeta(メタ)が「ロシア軍、メディア、公人、国家全体の信用を落とす」ことを目的とした「情報攻撃」の標的キャンペーンを展開し、ロシアとの「対立の道」を選んでいると非難している。</p>\n<p>「Meta Platforms Inc.とGoogle LLCによる同様の行為は、ロシアの法律に違反するだけでなく、一般に受け入れられている道的規範にも反しています」とRoskomnadzorは付け加えている。</p>\n<p>Roskomnadzorの警告について、YouTubeからすぐにコメントを得ることはできなかった。</p>\n<p>国家インターネット検閲機関からGoogleへの直接の警告は、ロシアがYouTubeへのアクセスをブロックする前兆である可能性がある。</p>\n<p>最近、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/05/2022-03-04-russia-blocks-facebook/\" rel=\"noopener\">Facebook</a>と<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/15/2022-03-14-instagram-is-now-blocked-in-russia/\" rel=\"noopener\">Instagram</a>(インスタグラム)がRoskomnadzorによってブロックされている。ウクライナ戦争と並行して、ロシア政府がデジタル情報領域への支配を強化しようとしているためだ。</p>\n<p>FacebookとInstagramは、Metaがヘイトスピーチポリシーを緩和し、特定の地域のユーザーがロシアに向けた特定の種類の殺害脅迫を投稿できるようにすると発表した後にブロックされた。Metaのグローバルアフェアーズ担当社長であるNick Clegg(ニック・クレッグ)氏は、これを「自衛の表現としての言論の権利」を<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/nickclegg/status/1502349805221126144\" rel=\"noopener\">守るため</a>に行われた一時的変更だと弁明した。</p>\n<p>ここ数週間、Roskomnadzorは<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/08/2022-03-07-twitter-russia-access/\" rel=\"noopener\">Twitter(ツイッター)にも制限</a>を加えている。</p>\n<p>しかし、YouTubeはウクライナ侵攻以来、同社がロシアでのサービスにいくつかの制限を加えているにもかかわらず、大きな検閲を受けずに済んでいる。例えば<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/11/2022-03-10-google-play-youtube-payment-pause-russia/\" rel=\"noopener\">ユーザーへの支払いサービスを停止する</a>などだ(同社はロシアの銀行に対する西側諸国の制裁の結果、この措置を取った)。</p>\n<p>この状況が変わりつつあることを示す1つのシグナルとして、18日<a target=\"_blank\" href=\"https://ria.ru/20220318/internet-1778898214.html\" rel=\"noopener\">ロシアの報道機関</a>が、Roskomnadzorに近い情報筋の話として、早ければ今日か来週にもYouTubeがブロックされる可能性があると伝えており、ブロックが迫っていることを示唆している。RIA Novostiの情報筋は、来週末までにYouTubeがブロックされる可能性が「最も高い」と述べている。</p>\n<p>ロシアとウクライナの間で激化している<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/28/2022-02-27-ukraine-takes-the-resistance-to-cyberspace-assembling-an-it-army-to-hack-sites-from-russia-and-its-allies-calls-on-tech-leaders-to-get-involved/\" rel=\"noopener\">サイバー戦争</a>のもう1つの小さな指標かもしれないが、今日この記事を執筆していた際、Roskomnadzorウェブサイトの読み込みが著しく遅かった。また、CAPTCHAを導入したようで、DDoS攻撃を防止・軽減しようとしている可能性がある。</p>\n<p><small>画像クレジット:TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/18/russia-warns-youtube/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Lomas、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/youtube-ios-app.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476435,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476435,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476435,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476435,
            "tagId": 173267257,
            "tag": {
              "id": 173267257,
              "slug": "advertising-tech",
              "name": "広告 / アドテック(用語)",
              "description": "広告 / アドテックに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476435,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476435,
            "tagId": 692513087,
            "tag": {
              "id": 692513087,
              "slug": "youtube",
              "name": "YouTube / ユーチューブ(製品・サービス)",
              "description": "YouTube / ユーチューブに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476411,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476411,
        "slug": "2022-03-16-russia-yandex-news-vk",
        "createdAt": "2022-03-19T01:15:21.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-20T03:28:54.000Z",
        "title": "ロシアの「グーグル」Yandex、メディア事業から撤退か",
        "content": "<p>プーチン政権はウクライナでの戦争に関するロシア国内の情報共有について締め付けを続けており、その影響でFacebook(フェイスブック)、Google(グーグル)、Twitter(ツイッター)と同じくメディア分野の主要プレイヤーでもあるロシア国内のハイテク大手がメディア資産の再編に着手している。</p>\n<p>現地時間3月15日のロシアの報道では、往々にして「ロシアのGoogle」と呼ばれる同国の大企業Yandex(ヤンデックス)がメディア部門の売却交渉に入っており、ロシアのソーシャルネットワーキング大手VKが買い手候補に挙がっていると報じている。</p>\n<p>この件に詳しい情報筋はTechCrunch に、ニュースアグリゲータのYandex Newsと、レコメンダーエンジンと連携したブログプラットフォームのYandex Zenを含むメディア部門の売却交渉が「最終段階」にあることを認めている。今後あり得る売却の時期については確認できなかった。Yandexは報道についてのコメントを拒否した。</p>\n<p>この噂は、欧州連合(EU)内部でYandexに制裁を加えるよう<a target=\"_blank\" href=\"https://www.euractiv.com/section/digital/news/pressure-mounts-to-include-russias-tech-giant-yandex-in-the-eu-sanction-list/\" rel=\"noopener\">圧力がかかっている</a>中でのものだ。ニュース部門はすでに、Yandexの主要幹部(現在は元)Tigran Khudaverdyan(ティグラン・フダヴェルディヤン)氏に関連した制裁を通じて、EU規制当局から目をつけられている。</p>\n<p>フダヴェルディヤン氏は3月15日、ロシアのウクライナへの正当な理由なき侵攻に関してEUの制裁を受ける個人リストに<a target=\"_blank\" href=\"https://www.consilium.europa.eu/en/press/press-releases/2022/03/15/fourth-package-of-sanctions-in-view-of-russia-s-military-aggression-against-ukraine-15-additional-individuals-and-9-entities-subject-to-eu-restrictive-measures/\" rel=\"noopener\">加えられた</a>。EUは、Yandexのニュース事業の元責任者であるLev Gershenzon(レフ・ゲルセンゾン)氏の告発を引用し、Yandex Newsがプーチン政権のプロパガンダを広める役割を担っていることを強調した(ゲルセンゾン氏は現在ベルリンを拠点としていて、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/levgershenzon/?originalSubdomain=ru\" rel=\"noopener\">LinkedInのプロフィール</a>によると2013年にYandexを退社している)。</p>\n<p>この発表に続いて、今度はYandexから<a target=\"_blank\" href=\"https://ir.yandex/press-releases?year=2022&amp;id=2022-03-15\" rel=\"noopener\">別の発表</a>があった。フダヴェルディヤン氏は、Yandex NV(オランダに本拠を置き、NASDAQで株式公開しているYandexの親会社)の副CEOおよび取締役を退任する(取締役会は、同氏がEUの制裁対象者となったことを知り「ショックを受け、驚いている」と述べている)。</p>\n<p>EUは「我々は、政権に実質的な収入源を提供している経済部門に関与しているオリガルヒ(新興財閥)や政権所属のエリート、その家族、著名なビジネスパーソンをさらに制裁リストに追加している」と述べた。「この制裁は、プーチン大統領のウクライナ人に対する戦争にともなう誤情報やプロパガンダにおいて主導的な役割を担っている人々も対象としている。我々のメッセージは明確だ。ウクライナへの侵攻を可能にした者は、その行動の代償を払うことになる」。制裁対象者への罰則は、資産の凍結や欧州への渡航禁止などだ。</p>\n<p>フダヴェルディヤン氏が制裁対象個人リストに加えられた理由は2つある。1つは、プーチン政権とその対ウクライナの戦争をほう助したと考えられるYandexと、そのニュース部門の経営監督を行ったこと。もう1つは、2月24日にクレムリンで行われたオリガルヒとロシア高官の会合にフダヴェルディヤン氏が出席し、差し迫った制裁の影響について話し合ったことだ。</p>\n<p>Yandex NVは2月25日に<a target=\"_blank\" href=\"https://finance.yahoo.com/quote/YNDX?p=YNDX&amp;.tsrc=fin-srch\" rel=\"noopener\">取引を停止した</a>が、その時の時価総額は68億ドル(約8110億円)だった。</p>\n<p>「ティグラン・フダヴェルディヤンは、機械学習によるインテリジェントな製品とサービスを専門とする、ロシアを代表するテクノロジー企業であるYandexの執行役員だ」と、EUは<a target=\"_blank\" href=\"https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/PDF/?uri=OJ:L:2022:087I:FULL&amp;from=EN\" rel=\"noopener\">公式通知</a>で述べている。「Yandexの元ニュース部門責任者は、同社がウクライナでの戦争についてロシア人から『情報を隠すための主要な役割』を担っていると非難した」とある。</p>\n<p>EUはまた、Yandexの検索エンジンのユーザーが検索結果に基づいてウクライナに関するより広範なニュースを読むことを抑止しているとほのめかす製品決定にも言及し、こう書いている。「さらに同社は、ロシア政府がロシアメディアの掲載内容に関して脅迫した後、同社の検索エンジンでウクライナに関するニュースを探しているロシア人ユーザーに対して、インターネット上の信頼できない情報について警告している」。</p>\n<p>さらに、2月24日に西側制裁の影響について話し合う会議にフダヴェルディヤン氏が出席したという事実そのものが「同氏がウラジーミル・プーチンに近いオリガルヒの内輪メンバーの1人であり、ウクライナの領土保全、主権、独立、またウクライナの安定と安全を損ねたり脅かす行動や政策を支持または実行している」ことを示していると指摘した。</p>\n<p>これに加え、Yandexの幹部として、フダヴェルディヤン氏はロシアのテック分野でトップ幹部の1人であり、EUは「クリミア併合とウクライナの不安定化に責任を負うロシア連邦政府にかなりの収入源を提供している経済部門」の1人だと説明している。</p>\n<p>フダヴェルディヤン氏が役職から離れることが現実的な動きなのかは明らかではない。同氏はもう国際的に活動できないのか、あるいはYandexがEUの直近の非難から経営陣を遠ざけようとするためにこれを行ったのか。</p>\n<p>同社に関してはここ数週間、国際的にさらに孤立するような動きがいくつもある。NASDAQ市場での取引停止に加え、投資家のEsther Dyson(エスター・ダイソン)氏とスタンフォード大学の経済学者Ilya Strebulaev(イリヤ・ストレブラエフ)氏という、国際的に知名度の高い長年にわたる2人の取締役が3月初めに<a target=\"_blank\" href=\"https://ir.yandex/press-releases?year=2022&amp;id=2022-07-03\" rel=\"noopener\">取締役を辞任した</a>。Yandexは、財務的にも制裁の範囲に関しても同社は安全な状態にあると<a target=\"_blank\" href=\"https://ir.yandex/press-releases?year=2022&amp;id=03-03-2022\" rel=\"noopener\">主張している。</a></p>\n<p>いずれにせよ、ニュース事業を完全に切り離すことは、Yandexをすべてのドラマから遠ざける1つの方法といえるかもしれない。</p>\n<p>その点では、VKは興味深い買い手となるだろう。VKの創業者 Pavel Durov(パーヴェル・ドゥロフ)氏が会社のトップから追い出されようとしていたときのことを思い出して欲しい。クレムリンにつながる企業が支配するMail.ruがソーシャルメディアのプラットフォームを支配下に置いた後(<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2014/09/16/mail-ru-pays-1-47b-to-take-over-vkontake-russias-facebook-settles-durov-suit/\" rel=\"noopener\">現在はVKを所有している</a>)、政府がすでにビジネスにおいて強い役割を果たしているとドゥロフ氏が考えたことが<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2014/04/01/founder-pavel-durov-says-hes-stepped-down-as-head-of-russias-top-social-network-vk-com/\" rel=\"noopener\">内部紛争</a>の一因だった。当時クリミア半島に集中していたウクライナでの紛争勃発が転機となった、とドゥロフ氏は当時述べた。</p>\n<p>Yandexは長年にわたり、国際的な事業展開に意欲を燃やしてきた。実際には、ロシア語圏の国々への進出や、トルコでの事業展開が主なものだった。同社は、法律に則って事業を行わなければならないと主張しているプーチンのロシア内で開発されている「中立的」なプラットフォームであるという姿勢を維持しようとしてきた。</p>\n<p>しかし、現在のロシアの体制下で、Yandexあるいはどの企業も中立であり続けることができるかどうかは疑問だ。</p>\n<h2>中立の幻想</h2>\n<p>オンラインに適用される法的規制には、大規模なニュースアグリゲーターに適用されるメディアライセンス規則が含まれる。つまり、Yandex Newsは国のメディア規制当局が監督する公式登録に記載されたニュースソースしか表示できないため、本質的に「中立」はまだ政府の公式監査人によって認定されたものだ。独立系メディアも、その過程で締め出される。その最新例が、調査報道サイト「Bellingcat」(ウクライナに対する戦争について報道し、プーチンのプロパガンダに長年苦しめられてきた)の国内での<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/christogrozev/status/1504047834911358978\" rel=\"noopener\">禁止</a>だ。</p>\n<p>Yandex NewsとZenの売却計画に詳しい情報筋はTechCrunchに、Yandexは5年も前にメディア部門の売却を検討していたと語った。しかし、これらの製品と他のYandexの資産との統合をほどくことの複雑さが、メディア部門からの撤退に向けた動きを先送りした可能性が高いという。</p>\n<p>それ以来、プーチン政権はロシアのメディアに対する規制を強化し、2021年はニュースアグリゲーターに外国のメディアソースを「外国のエージェント」とラベル付けすることを<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tellerreport.com/news/2021-10-15-yandex-news-began-to-label-media-materials-recognized-by-foreign-agents.HyXPcPbvrt.html\" rel=\"noopener\">要件</a>とするなど、規制強化の動きは明らかだ。</p>\n<p>TechCrunchの情報筋によると、ウクライナに関する言論を制限する新しい規制が導入された後、Yandexのこの分野からの撤退の決定が最終的に加速したという。ロシア議会は2022年3月初め、ロシア軍に関する「虚偽」情報を広めたとみなされた人に最高で15年の懲役刑を科すという新しい法律を承認した。</p>\n<p>この法律は、Yandex Zenのようなプラットフォームのブロガーに明白なリスクをもたらすだけでなく、テックプラットフォーム自体にも、そのアルゴリズムが制裁対象コンテンツを拡散させていると見なされた場合リスクをもたらす。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.rbc.ru/business/15/03/2022/623087019a7947ec823374bd\" rel=\"noopener\">RTB</a>が報じたように、Yandexは近年、ニュースの選別アルゴリズムについてロシアの政治家たちから注目されていて、トップニュースの結果に影響を与えたと非難されている(同社は繰り返し否定している)。</p>\n<p>Yandexは最近、Zenプラットフォームにいくつかの変更を加えた。おそらく、そうした政治的リスク、そしていまや法的リスクを少なくするための措置で、開かれたオープンインターネットからコンテンツを取り込んでいたオープンレコメンデーションモデルから、購読ベースのコンテンツのみを推薦するように変更したが、これはレコメンデーションによる収入に依存しているブロガーの怒りを買った。</p>\n<p>しかし、TechCrunchの情報筋は、Yandexが中立性を主張しながらメディア領域で事業を継続することが実行可能だとはもはや考えておらず、代わりに、メディアの影響をそれほど大きく受けない検索やその他のテックに焦点を当てたサービスに力を注ぐことを示唆した。</p>\n<p>「このような規制への対処は、技術的なものだけでなく非常に難しい仕事です」と売却計画に詳しい情報筋は付け加えた。</p>\n<p>検索大手の同社は、広告収入からの多角化を図るため、他にもさまざまなサービスや事業を行っている。クラウドやeコマースサービス、翻訳技術、自動運転車技術、さらに配車やフードデリバリーサービスなどだ。</p>\n<p>ある人は、Yandexがテックにもっと集中するためにメディアをあきらめ「事業を再構築する方法を再調査」する必要があり、クレムリンの管理強化や対ロ制裁が強まる国際情勢に適応しようとしていると語った。</p>\n<h2>VKの参入</h2>\n<p>ロシアのソーシャルメディア大手VKが、Yandexのメディア資産を購入する可能性があると言われている</p>\n<p>TechCrunchの情報筋3人はVKがYandexのメディア事業買収を交渉している企業の1社であることを認め、VK内部の情報筋によると、同社は2021年もYandexと取引の可能性を議論していたという。</p>\n<p>「2021年、Yandex NewsとZenの買収について議論しました。しかし、Yandexが売却を望んでいるため、今が買収する良い機会です」とこの情報筋は匿名を条件に話した。</p>\n<p>別の情報筋は、VKを現時点でのYandex NewsとZenの「最も近い」買い手候補とし「Yandexにとって時間が重要だ」と述べ「数カ月以内に」取引が行われる可能性も示唆した。</p>\n<p>TechCrunchは、VKがYandex NewsとZenの買収を交渉しているという噂についてVKに公式コメントを求めたが、本稿執筆時点で回答はない。</p>\n<p>VKはすでに、同社の消費者向けソフトウェア製品群の中にニュース製品を持っており、インターネットポータル「Mail.ru」を通じてニュースコンテンツを表示している。</p>\n<p>VKの関係者は、Instagram(インスタグラム)がロシア市場から締め出されたことで生じたソーシャル分野の空白でYandex Zenが成長する可能性を指摘し、ビジネスの観点からすれば、欧米の大手ソーシャルメディアへの規制は、トラフィックを獲得できるため喜ばしいことだと述べている。</p>\n<p>「我々はロシア、ベラルーシ、および他のロシア語圏の国々で唯一のメディアかつソーシャル(プレイヤー)になりたいのです」と情報筋は付け加えた。</p>\n<p>Yandexとは異なり、VKは国際的な事業を拡大する野心を表明しておらず、成長努力を地元市場に集中している(ただし、Yandexが国際的に大きく成長する見込みは、欧米のロシアに対する制裁が強化されるにつれて低くなる可能性がある)。</p>\n<p>一方、Yandex検索は、プーチン政権が好まないウェブサイトやアプリをすべてブロックし、ユーザーに提供できるコンテンツを制限できるインターネット規制の下で運営しなければならない(実際、そうなっている)。</p>\n<p>例えば2021年9月、Yandexは政府の禁止措置に従うため、獄中のクレムリン批判者Alexei Navalny(アレクセイ・ナヴァルニー)氏が作成した戦術的投票アプリを検索結果から<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/world/russian-search-engine-delists-navalnys-tactical-voting-site-after-ban-2021-09-07/\" rel=\"noopener\">排除</a>することを余儀なくされた。</p>\n<p>また、ロシアの裁判所は、Yandexがキーワード検索システムで「スマート投票」というフレーズを使用することを禁止した。つまり、そのフレーズに関連するコンテンツを提案することはできない。だが、Yandexは判決を不服として控訴した。</p>\n<p>クレムリンの規制と欧米の制裁がロシア経済に打撃を与え続ければ、技術系人材の流出につながる可能性がある。ITコミュニティは、数千人のテックワーカーが個人的なリスクを冒して最近の公開嘆願書で戦争反対の意志を公にしたように、最も外向きでグローバルなつながりを持つプロフェッショナルの 1 つであることを考えると特にそうだ。</p>\n<p>そのため、クレムリンが自国のテック企業に対する業務上の制限をどこまで強化するかという問題がある。強化すれば、企業全体が海外に移ることもあるかもしれない(Telegramの創業者ドゥロフ氏が自身の会社だったVKをロシアに残したように)。</p>\n<h2>クローンの攻撃</h2>\n<p>国際的な事業展開を目指すロシアのハイテク企業は、ロシアが世界からますます孤立していく中で、選択肢を考えているに違いない。すでにクレムリンの勢力圏に完全に組み込まれている企業もあれば、制裁によって外国人が残した空白にローカル成長の新たな機会を見出そうとしている企業もある。</p>\n<p>1つだけはっきりしていることは、ウクライナでのロシアの戦争が、ロシア国内のデジタル経済のあり方に大きな影響を及ぼしているということだ。</p>\n<p>西側諸国は、ウクライナ侵攻を受けてプーチン政権に圧力をかけるための重要な手段として、テクノロジーをターゲットにしている。ウクライナのハッカー集団「IT Army」のような草の根活動が、ロシアの多くの機関や企業のウェブサイトやインターネット事業を組織的に狙ってダウンさせる一方で、米国とEUはロシアの銀行や企業幹部、その他Internet Research Agencyとして知られる悪名高い企業などの団体に制限を加えている。</p>\n<p>欧米の制裁ではロシアの決済が崩壊し、サービス撤退を求めるかなりの圧力が強まったため、多くの外国のハイテク大手がロシアから撤退した。</p>\n<p>活動の変化の一部は、ロシア自身によって起こった。Facebook、Instagram、Twitterなどの主要ソーシャルメディアプラットフォームは、ロシアのインターネットおよびメディア検閲機関であるRoskomnadzorによってブロックまたは制限されており、プーチン政権はデジタル情報領域に対する支配を強めている。</p>\n<p>欧米の大手ハイテク企業に対する制限の必然的な帰結として、そのギャップを埋めるためにロシア企業が参入する機会が生まれるということがある。</p>\n<p>例えば、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/technology/russian-developers-launch-photo-sharing-app-after-instagram-blocked-2022-03-16/\" rel=\"noopener\">ロイター</a>は3月16日、InstagramのクローンであるRossgram(ロスグラム)が地元の起業家によって立ち上げられ、3月28日に開始予定だと報じた。ロイターは、この構想のPRディレクターがソーシャルネットワークVKontakteに投稿した文章を引用ている。「我々の開発者グループはすでに準備ができており、我々の同胞に愛される人気のソーシャルネットワークのロシア版アナログを作成する機会を逃さないことにした」。</p>\n<p>一方、戦略イニシアチブ機関(これ自体はロシア政府が設立した非営利団体)が設立したベンチャーファンドのIIDFは、ロシアから撤退したり、事業を禁止されたりしているサービスを代替したり、真似したりする、すでに存在するか構築されているテックサービスの<a target=\"_blank\" href=\"https://accelerator.iidf.ru/localservices\" rel=\"noopener\">登録</a>を開始した。この登録は、IIDFのアクセラレータという形で行われているため、そのギャップを埋めるために、新しいスタートアップに資金を提供するプログラムも展開していることが想像できる。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"http://www.shutterstock.com/pic-216436780/stock-photo-moscow-russia-july-new-headquarter-of-yandex-company-the-building-get-the-best-office.html\" rel=\"noopener\">Lilyana Vynogradova </a>/ <a target=\"_blank\" href=\"http://www.shutterstock.com/\" rel=\"noopener\">Shutterstock</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/russia-yandex-news-vk/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Lomas、Ingrid Lunden、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Yandex.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476411,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476411,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 476411,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476411,
            "tagId": 49818,
            "tag": {
              "id": 49818,
              "slug": "social-media",
              "name": "ソーシャルメディア(用語)",
              "description": "ソーシャルメディアに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476411,
            "tagId": 154181,
            "tag": {
              "id": 154181,
              "slug": "yandex",
              "name": "Yandex(企業)",
              "description": "ロシアの大手テクノロジー企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476411,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476411,
            "tagId": 366273902,
            "tag": {
              "id": 366273902,
              "slug": "media",
              "name": "メディア / マスコミ / 報道機関(用語)",
              "description": "メディア / マスコミ / 報道機関に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476400,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476400,
        "slug": "2022-03-17-meta-test-tools-brands-control-over-ad-placement-platform",
        "createdAt": "2022-03-19T01:00:41.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-18T23:56:56.000Z",
        "title": "Meta、企業が広告の掲載場所をコントロールできる新ツールのテストを2022年後半から開始",
        "content": "<p>Facebook(フェイスブック)から社名を変更したMeta(メタ)は、FacebookとInstagram(インスタグラム)のフィードに表示される広告の位置を、広告主がコントロールできるようにする新しいコンテンツツールのテストを開始すると<a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/business/news/brand_suitability_updates\" rel=\"noopener\">発表した</a>。このツールを使うことで、企業は自社の広告が、政治、悲劇、暴力に関する投稿など、不適切なコンテンツの隣に表示されるのを防ぐことができるようになる。</p>\n<p>同社は2022年後半から、この新しいコンテンツコントロールのテストを開始し、2023年初頭より正式に展開を計画している。Metaによると、テスト段階では主に英語圏の市場に注力するとのこと。2023年中に、ストーリー、ビデオフィード、Instagramのエクスプローラーページなどに設置される広告のコントロールを拡大していき、最終的には他の言語にも展開する予定だ。</p>\n<p>「広告主が広告を表示する場所をコントロールできるように、Meta全体で適合性コントロール機能を開発しています」と、Metaはこの発表に関する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/business/news/brand_suitability_updates\" rel=\"noopener\">ブログ記事</a>に書いている。「私たちは以前、広告がブランドの好みに合わないコンテンツに隣接して表示されるという広告主の懸念に対処するため、コンテンツベースの適合性コントロールを構築するという取り組みを発表しました。我々はGARM(Global Alliance for Responsible Media、責任あるメディアのための世界的同盟)と緊密に協力しながら、GARM Suitability Framework(GARM適合性フレームワーク)に沿ったこれらのコントロールを開発しています」。</p>\n<p>Metaは、企業がブランドの適合性を測定できるプラットフォームのZefr(ゼファー)と提携し、Facebookに表示される広告のコンテクストを監視・報告することも発表。広告が適切なコンテンツの隣にのみ表示されるように検証していく。MetaとZefrは、2022年の第3四半期に小規模なテストの開始を予定している。</p>\n<p>この新ツールは、広告が好ましくないコンテンツに隣接して表示されないように、広告掲載の管理強化を<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theguardian.com/media/2017/jun/22/google-facebook-ads-extremist-content-advertisers-group-m\" rel=\"noopener\">繰り返し求めてきた</a>広告主からの高まる要望に応えるものだ。</p>\n<p>同社はこれまでも、こうした懸念に対応するための取り組みを進めてきた。</p>\n<p>2021年11月、Metaは英語で広告を掲載している広告主に対して、ニュースフィードのコントロールを拡大し「トピック除外コントロール」を利用できるようにすると<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/18/facebook-newsfeed-controls-test/\" rel=\"noopener\">発表した</a>。このトピックとは「ニュースと政治」「社会問題」「犯罪と悲劇」の3つで、広告主がこれらのトピックのいずれかを選択すると、最近これらのトピックに関わった人には広告が表示されないようになる。Metaは当時、このツールでは広告主の抱えるすべての懸念に対応できない可能性があることは認識していると述べ、将来的にはコンテンツベースのコントロールを開発すると約束していた。</p>\n<p>Facebookのアルゴリズムは、扇動的なコンテンツや<a target=\"_blank\" href=\"https://www.washingtonpost.com/technology/2021/09/03/facebook-misinformation-nyu-study/\" rel=\"noopener\">危険な誤報</a>を助長することで悪評が高い。そのため、Metaにはプラットフォームを浄化し、その方法をより透明化するように求める規制当局からの圧力が強まっている。現代のニュースサイクルやオンライン広告の状況では、ブランドが不適切なコンテンツの隣に広告を表示されてしまうことを避けるのは難しい。ほとんどの企業は、広告を作成してMetaの広告オークションに送信するというやり方で広告を購入しているため、広告の配置をコントロールする手段がなかった。これから導入される新しいツールは、そんな状況を変えてくれるはずだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Bryce Durbin / TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/17/meta-test-tools-brands-control-over-ad-placement-platform/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/facebook-meta-rotate-pattern.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476400,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476400,
            "tagId": 81819,
            "tag": {
              "id": 81819,
              "slug": "facebook",
              "name": "Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)",
              "description": "世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス。それを運営する企業。2021年10月に「Meta」に社名変更。"
            }
          },
          {
            "postId": 476400,
            "tagId": 42653521,
            "tag": {
              "id": 42653521,
              "slug": "instagram",
              "name": "Instagram / インスタグラム(企業)",
              "description": "Instagram(インスタグラム)は、2010年10月にサービス開始した写真特化型SNS。2012年4月、Facebookが同社を10億ドルで買収すると発表。その後も独立して運営されている。日本でも「インスタ」という愛称で親しまれている。"
            }
          },
          {
            "postId": 476400,
            "tagId": 173267257,
            "tag": {
              "id": 173267257,
              "slug": "advertising-tech",
              "name": "広告 / アドテック(用語)",
              "description": "広告 / アドテックに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476383,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476383,
        "slug": "parkport",
        "createdAt": "2022-03-18T09:44:59.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-18T09:47:53.000Z",
        "title": "アパレル事業者向けクラウドを展開するpark&portがプレシリーズAファーストクローズとして8000万円調達",
        "content": "<p>アパレル・ライフスタイル製品事業者へ向けた業務クラウド「<a target=\"_blank\" href=\"https://lp.portus.cloud/\" rel=\"noopener\">PORTUS CLOUD</a>」(ポルタスクラウド)を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://parknport.com/\" rel=\"noopener\">park&port</a>は3月17日、プレシリーズAラウンドのファーストクローズとして、第三者割当増資による8000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、新規投資家のHIRAC FUND(マネーフォワードベンチャーパートナーズ)、BDJキャピタル。調達した資金は、プロダクト開発および拡大に向けた人材採用にあてる。引き続きセカンドクローズへ向けて動き、必要資金を調達する予定。</p>\n<p>PORTUS CLOUDでは、アパレル事業者の中心的業務が「商材」にひも付いていることに着目し、商材情報のデジタル化を起点とした業務効率化・フローのデジタル化を実現させたという。park&portによると、アパレル業界は、消費者の趣味嗜好が多様化していることを受け、今後小売企業はより細分化し、商材品種も増えると見ているそうだ。PORTUS CLOUDでは、そうした商材情報をデジタル化することで既存業務を効率化するとともに、リソースの最適が図れるとしている。さらにデジタル化した商材情報をアセットとした、新しいビジネスの可能性も切り開く。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-476386 img-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg\" alt=\"\" width=\"766\" height=\"402\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg 766w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=300,157 300w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=762,400 762w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=400,210 400w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=738,387 738w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=640,336 640w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=220,115 220w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=281,147 281w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=238,125 238w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=125,66 125w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=114,60 114w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=600,315 600w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 766px) 100vw, 766px\" /></p>\n<p>park&portは、「自分のスキを手に取れる世界の実現」をパーパスに据え、「ファッションプロダクトの流通最適化」をミッションとして掲げるスタートアップ。アパレル業界出身の代表とITベンチャー出身の共同創業者により、2019年4月に設立された。PORTUS CLOUDの開発と運営を事業として展開している。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-20.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476383,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476383,
            "tagId": 366271451,
            "tag": {
              "id": 366271451,
              "slug": "fashion",
              "name": "ファッション / 衣料(用語)",
              "description": "ファッション / 衣料に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476383,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476383,
            "tagId": 692509752,
            "tag": {
              "id": 692509752,
              "slug": "retail",
              "name": "小売(用語)",
              "description": "小売に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476383,
            "tagId": 692510393,
            "tag": {
              "id": 692510393,
              "slug": "parknport",
              "name": "park&port(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476383,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476130,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476130,
        "slug": "wireless%ef%bd%b0communication-in-factory-improve-experiment",
        "createdAt": "2022-03-18T06:43:32.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-18T06:43:32.000Z",
        "title": "NICTとトヨタ自動車、工場の無線通信安定化を目指す「製造現場をガッカリさせない無線評価虎の巻」実証実験で有効性確認",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.nict.go.jp/\" rel=\"noopener\">情報通信研究機構</a>(NICT)は3月16日、工場内での無線環境の評価方法「<a target=\"_blank\" href=\"https://www2.nict.go.jp/wireless/ffpj-eval.html\" rel=\"noopener\">製造現場をガッカリさせない無線評価虎の巻</a>」の実証実験を<a target=\"_blank\" href=\"https://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75years/data/automotive_business/production/production/japan/general_status/takaoka.html\" rel=\"noopener\">トヨタ自動車高岡工場</a>の部品搬送工程において実施し、その有効性を確認したと発表した。この評価方法を利用することで、無線システムの導入を検討している現場おいて、本格導入までの検証ステップを短縮できるという。</p>\n<p>工場の部品搬送工程では、複数の無線システムが混在し電波干渉を起こしたり、金属の遮蔽物が多い場所で人や物が動くことにより無線環境が動的に変化したりなど、設計どおりの機能が発揮されないことが多いのだが、その原因の特定には手間がかかる。そうした課題に対処すべく、NICTは2021年6月、「製造現場をガッカリさせない無線評価虎の巻」を策定した。今回の実証実験では、部品搬送機器の自動運転化のために無線システムの導入を計画しているトヨタの工場で、「情報収集」「処理」「制御」の3段階で電波環境を評価し対策を行った。</p>\n<p>まずは「情報収集」の段階として、搬送機器に計測システムを設置し、「搬送機器と工場内のアクセスポイントとの間の電波到達距離と受信信号強度」「通信遅延と通信のパケットロス数」を調査した。すると、「無線システムが現場で必要なスペックを下回っていること」と「適切なアクセスポイントにつながらないことによるパケットロスや通信遅延があること」が明らかになった。次に「処理」の段階として、搬送機から遠いアクセスポイントを除外し、「制御」の段階として、電波強度が大きく変化する状況での通信の自動切り替えを行った。こうして、無線システムが不安定化する要素を1つずつ排除することで、安定化wp実現した。</p>\n<div id=\"attachment_476132\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption alignnone\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476132\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476132 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"423\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png 3350w, /wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png?resize=300,124 300w, /wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png?resize=768,317 768w, /wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png?resize=1024,423 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png?resize=1536,635 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png?resize=2048,846 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png?resize=968,400 968w, /wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png?resize=400,165 400w, /wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png?resize=738,305 738w, /wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png?resize=640,264 640w, /wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png?resize=220,91 220w, /wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png?resize=281,116 281w, /wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png?resize=250,103 250w, /wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png?resize=125,52 125w, /wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png?resize=1336,552 1336w, /wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png?resize=600,248 600w, /wp-content/uploads/2022/03/20220316-02L.png?resize=50,21 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476132\" class=\"wp-caption-text\">通信の遅延時間とパケットロス数を時間ごとに表したグラフ。左は対策前。パケットロスが現れた部分では往復遅延時間が1秒を超えている。右は対策後。遅延時間は1秒以内に収まっている</p></div>\n<p>通信状態を実際に測定してみると、搬送車が走行中に接続するアクセスポイントは、もっとも近くにあるものとは限らず、同じルートを走行する場合でも、毎回同じアクセスポイントを使うわけでないことがわかった。これが、通信品質の劣化を招いていた。今回は「通信遅延1秒以内」という指標を想定して評価を行ったが、通信が不安定になるとパケットロス数が増加し、遅延が1秒を超えることがあった。これは、電波が不安定になっても同じリンクを使い続けようとするローミングの特性ということだ。そこで、遠くのアクセスポイントは選択しないようにフィルタリング設定を行い、不安定なリンクは早めに手放して別のアクセスポイントを選択できるよう安定化機構を有効にするという対策を施した。</p>\n<p>今後は、専門家がいなくても無線環境の把握とシステムの安定運用ができる可視化技術の研究開発を進めてゆくという。また、NICTとトヨタ自動車は、引き続き搬送自動化のための無線通信の安定化に取り組んでゆくとのことだ。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-18-008-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476130,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": []
      }
    },
    {
      "postId": 476262,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476262,
        "slug": "servant-of-the-people",
        "createdAt": "2022-03-18T02:00:07.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T23:07:34.000Z",
        "title": "ウクライナのゼレンスキー大統領主演ドラマ「国民の僕(しもべ)」、米ネットフリックスが再放送",
        "content": "<p>米ネットフリックスが、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が主演を努めた人気ドラマ「国民の僕(Слуга народу:Servant of the People)」の米国における再配信を開始しました。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\">\n<p dir=\"ltr\" lang=\"en\">You asked and it&#8217;s back!</p>\n<p>Servant of the People is once again available on Netflix in The US. The 2015 satirical comedy series stars Volodymyr Zelenskyy playing a teacher who unexpectedly becomes President after a video of him complaining about corruption suddenly goes viral. <a target=\"_blank\" href=\"https://t.co/Pp9f48jutF\" rel=\"noopener\">pic.twitter.com/Pp9f48jutF</a></p>\n<p>&#8212; Netflix (@netflix) <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/netflix/status/1504064948305080327?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">March 16, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>国民の僕(しもべ)は、さえない歴史教師の政治批判が隠し撮りされ、ネットでブームになったことから、あれよあれよという間に大統領に……というストーリーから始まるコメディ・ドラマシリーズです。</p>\n<p>このドラマのストーリーをなぞるように、ゼレンスキー氏は大統領選に出馬して当選し、現在も苦境のウクライナを率いていることは、もはやおなじみかとおもいます。</p>\n<p>この作品はもともと、ウクライナでは2015年から2019年まで放映されていたシリーズ。アメリカのNetflixでも以前に配信が行われていました。今回は、その配信が再開されたかたちとなります。</p>\n<p>一方でネットフリックスは、ロシアにてそのサービスを停止しています。また国民の僕はYouTubeでも視聴することが可能で、こちらでは<a target=\"_blank\" href=\"https://youtu.be/GZ-3YwVQV0M\" rel=\"noopener\">自動翻訳による日本語字幕</a>も利用できます(再生リストは<a target=\"_blank\" href=\"https://www.youtube.com/c/sluga95/playlists\" rel=\"noopener\">こちら</a>)。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/GZ-3YwVQV0M?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>コメディアンから大統領へと転身し、自ら前線に立ちウクライナを鼓舞するゼレンスキー氏の出世作となった本ドラマ、今だからこそチェックしておきたいものです。</p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theverge.com/2022/3/16/22980962/netflix-zelenskyy-servant-of-the-people-president-ukraine-russia\" rel=\"noopener\">the Verge</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/servant-of-the-people-063619884.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-18-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476262,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476262,
            "tagId": 1182,
            "tag": {
              "id": 1182,
              "slug": "netflix",
              "name": "Netflix / ネットフリックス(企業・サービス)",
              "description": "Netflixは動画ストリーミングサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 476262,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476262,
            "tagId": 366272031,
            "tag": {
              "id": 366272031,
              "slug": "politics-and-election",
              "name": "政治 / 選挙 / 投票(用語)",
              "description": "政治 / 選挙 / 投票に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476262,
            "tagId": 692513087,
            "tag": {
              "id": 692513087,
              "slug": "youtube",
              "name": "YouTube / ユーチューブ(製品・サービス)",
              "description": "YouTube / ユーチューブに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476165,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476165,
        "slug": "2022-03-16-facebook-zelensky-deepfake",
        "createdAt": "2022-03-18T00:45:26.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-18T00:32:17.000Z",
        "title": "ウクライナのゼレンスキー大統領が降伏するフェイク動画をMetaが削除",
        "content": "<p>ウクライナ大統領Volodymyr Zelensky(ウォロディミル・ゼレンスキー)氏が軍に降伏を命じているフェイクビデオを、Metaは米国時間3月16日に削除した。動画は、ロシアによる隣国ウクライナへの残忍な侵攻と並行して行われている情報戦争において警戒を要する最新の出来事だが、以前からウクライナ政府とソーシャルメディア企業が予期瞬間でもある。</p>\n<p>MetaのセキュリティポリシーのトップであるNathaniel Gleicher(ナサニエル・グレイチャー)氏の説明によると、そのコンテンツは「操作されたメディア」に対する規則を破っているため削除された。マルチメディアによる偽情報の形式の1つで、公人が実際には口にしていないことを言ってるように編集した動画で表現されている。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">3/ More about our policy against manipulated media in our community standards: <a href=\"https://t.co/y0iEGbdU8D\">https://t.co/y0iEGbdU8D</a> <a href=\"https://t.co/u4IcXZVne7\">pic.twitter.com/u4IcXZVne7</a></p>\n<p>&mdash; Nathaniel Gleicher (@ngleicher) <a href=\"https://twitter.com/ngleicher/status/1504186939750039554?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 16, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<blockquote><p>このビデオは、誤解を招く操作されたメディアに対する、弊社のポリシーに違反しているため迅速に検討して削除し、他のプラットフォームの同僚たちにも通知した。</p></blockquote>\n<p>この誤解を招く動画のMetaによる削除はかなり早かったが、ロシア版FacebookであるVKontakte上ではすでに広まっているようだと<a target=\"_blank\" href=\"https://www.atlanticcouncil.org/blogs/new-atlanticist/russian-war-report-hacked-news-program-and-deepfake-video-spread-false-zelenskyy-claims/\" rel=\"noopener\">Atlantic Councilのデジタル犯罪捜査研究所</a>はいう。同研究所はさらに、Telegramのロシア寄りチャンネルが3月16日にゼレンスキー氏が国の降伏を呼びかけているディープフェイクを掲載したともいう。</p>\n<p>国営テレビネットワークのUkraine 24も、ニュース表示が3月16日に同じ目的でハックされたと報じている。その表示は、Zelenskyからと称するメッセージがウクライナ国民に、ロシアの侵略軍への抵抗をやめるよう呼びかけている。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">❗️ Russian hybrid warfare in action. Ukraine 24 TV channel was hacked: the news ticker started displaying President Zelenskyy&#39;s fake &quot;capitulation&quot; address. <a href=\"https://twitter.com/ZelenskyyUa?ref_src=twsrc%5Etfw\">@ZelenskyyUa</a> has already refuted the fake, stating the only people he can offer to lay down arms is the Russian troops. <a href=\"https://t.co/MaZjk2hGzA\">pic.twitter.com/MaZjk2hGzA</a></p>\n<p>&mdash; Stratcom Centre UA (@StratcomCentre) <a href=\"https://twitter.com/StratcomCentre/status/1504057924217364484?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 16, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<blockquote><p>ロシアのハイブリッド戦争が始動。Ukraine 24のテレビチャンネルがハックされた。ニュース表示がゼレンスキー大統領の偽の降伏宣言を表示されるようになった。@ZelenskyyUaはすでにこのフェイクに反論して、彼が武器を置けと要求できるのはロシア軍に対してだけだと述べている。</p></blockquote>\n<p>ウクライナの大統領は<a target=\"_blank\" href=\"https://t.me/V_Zelenskiy_official/832\" rel=\"noopener\">すばやくその偽情報を否定して</a>、侵攻の開始以来ゼレンスキー氏のコミュニケーションのスタイルとなったセルフィービデオで、Telegram上でメッセージした。</p>\n<p>2022年3月初めにウクライナの戦略的コミュニケーションセンターが、ロシアは変造したビデオを使って侵攻の一般大衆の受け止め方を歪曲するかもしれないと<a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/109146014618721/posts/300254888841165/\" rel=\"noopener\">警告した</a>。そのセンターはウクライナ政府の文化情報政策省に属し「外部の脅威、中でも特にロシア連邦の情報攻撃を阻止する」ことに注力している。</p>\n<p>同センターは3月2日にFacebookページで次のように述べている。「ウォロディミル・ゼレンスキーがテレビで降伏声明を述べているところを、自分が見ていると想像してみよう。姿も見えるし声も聞こえるからそれは事実だが、しかしこれは本当ではない。用心しよう。これはフェイクだ!」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Drew Angerer/Getty Images/Bloomberg, Getty Imagesより/Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/facebook-zelensky-deepfake/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Taylor Hatmaker、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/fak.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476165,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476165,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 476165,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476165,
            "tagId": 81819,
            "tag": {
              "id": 81819,
              "slug": "facebook",
              "name": "Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)",
              "description": "世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス。それを運営する企業。2021年10月に「Meta」に社名変更。"
            }
          },
          {
            "postId": 476165,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476165,
            "tagId": 366273706,
            "tag": {
              "id": 366273706,
              "slug": "fake-news",
              "name": "フェイクニュース / 偽情報 / 誤情報(用語)",
              "description": "フェイクニュース / 偽情報 / 誤情報に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476165,
            "tagId": 674897335,
            "tag": {
              "id": 674897335,
              "slug": "deepfakes",
              "name": "ディープフェイク(用語)",
              "description": "ディープフェイクに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476277,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476277,
        "slug": "figma-japan",
        "createdAt": "2022-03-17T23:37:47.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T23:52:52.000Z",
        "title": "ウェブベースのコラボデザインツールFigmaが日本法人を設立、今後数カ月をめどに日本語版をリリース",
        "content": "<p>ブラウザー上で共同編集できるデザインプラットフォーム「Figma」(フィグマ)を提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.figma.com/\" rel=\"noopener\">Figma,Inc.</a>は3月16日、アジアで初の拠点となる日本法人Figma Japanの設立を発表した。今後数カ月をめどに日本語版をリリースする予定。Figma製品が英語以外で公式に利用できるようになるのは、今回が初。またカントリーマネージャーとして、ブライトコーブのシニアバイスプレジデントおよび日本法人代表を務めていた川延浩彰氏が就任する。</p>\n<p>これまでサンフランシスコとロンドンにオフィス拠点を設けてきたFigmaは、日本国内でも採用活動を強化するという。</p>\n<p>Figmaの日本進出への背景には、2019年末にFigma本社の製品並びに営業チームが日本へ市場調査に訪れたことや、直近1年間で(ユーザーの登録数ベースで)約2倍に拡大した活発なデザイナーコミュニティの存在がある。</p>\n<p>同社によると、日本について、デザインとテクノロジーのグローバルリーダーとしてのポジションだけでなく、デザイン思考を持つ多くの顧客が存在する重要な市場と位置付け。このため、アジア最初の拠点として日本でのFigma Japan設立を決定したという。</p>\n<p>Figma共同創業者兼CEOのDylan Field(ディラン・フィールド)氏は、「日本法人を設立し、日本市場向けのローカライズを行うことにより、この重要なコミュニティにFigmaがより一層普及し、『すべての人がデザインを利用できるようにする』という私たちのビジョンの実現に近づけてくれると考えています」と述べている。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-18-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476277,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476277,
            "tagId": 148,
            "tag": {
              "id": 148,
              "slug": "design",
              "name": "デザイン / デザイナー(用語)",
              "description": "デザイン / デザイナーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476277,
            "tagId": 3288924,
            "tag": {
              "id": 3288924,
              "slug": "figma",
              "name": "Figma(企業・サービス)",
              "description": "プロダクトを一緒に作るチームのためのデザインプラットフォーム、開発、提供する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476277,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476221,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476221,
        "slug": "2022-03-17-amazon-completes-its-8-5-billion-acquisition-of-mgm",
        "createdAt": "2022-03-17T23:30:23.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-18T02:22:07.000Z",
        "title": "アマゾンが約1兆円でMGMの買収を完了、「007」「ロッキー」「ロボコップ」などがプライム・ビデオで配信予定",
        "content": "<p>Amazon(アマゾン)は85億ドル(約1兆円)でのMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)の買収を完了したと、米国時間3月17日に<a target=\"_blank\" href=\"https://www.aboutamazon.com/news/entertainment/mgm-joins-prime-video-and-amazon-studios\" rel=\"noopener\">発表した</a>。この買収完了により、4000本以上の映画と1万7000本以上のテレビ番組が、Amazonのストリーミングサービスであるプライム・ビデオの一部となる予定だ。</p>\n<p>このリストには「007」や「ロッキー」シリーズ「ファーゴ」「ロボコップ」「羊たちの沈黙」などの名作が含まれている。これらの新タイトルは、Netflix(ネットフリックス)、Hulu(フールー)、HBO Maxなどのライバルに対して、プライム・ビデオを優位に立たせることになる。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/2021/05/27/2021-05-26-amazon-is-buying-mgm-studios-for-8-45b/\" rel=\"noopener\">2021年5月</a>に初めて発表されたこの取引は、2日前に欧州連合の反トラスト規制当局から<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/business/media-telecom/amazon-wins-eu-antitrust-nod-85-billion-mgm-acquisition-2022-03-15/\" rel=\"noopener\">認可</a>を受けた。規制当局は、AmazonとMGMの重複が限定的なため、この取引が競争を著しく低下させることはないだろうと判断した。Amazonは、米連邦取引委員会が合併に異議を唱える3月中旬の期限が切れた後、取引を進めている。</p>\n<p>「MGMは、100年近くにわたって優れたエンターテインメントを生み出してきた歴史があり、私たちは、世界中の視聴者に幅広いオリジナル映画やテレビ番組を提供するという彼らの取り組みを共有しています」と、プライム・ビデオおよびAmazon Studioの上級副社長Mike Hopkins(マイク・ホプキンス)氏は声明で述べた。「我々はMGMの社員、クリエイター、タレントをプライム・ビデオとAmazon Studiosに歓迎します。我々のお客様に質の高いストーリーテリングを届けるより多くの機会を創出するためにともに働くことを楽しみにしています」。</p>\n<p>Disney(ディズニー)+のようなスタジオストリーミングプラットフォームの立ち上げに見られるように、この契約により、既存の契約が終了すれば、競合するサービスからコンテンツが引き抜かれる可能性もある。</p>\n<p>「MGMとその象徴的なブランド、伝説的な映画やテレビシリーズ、そして我々のすばらしいチームとクリエイティブパートナーがプライム・ビデオファミリーに加わることに興奮しています」と、MGMの最高執行責任者であるChris Brearton(クリス・ブレアトン)氏は声明で述べた。「MGMは、過去 100年間で最も有名で高い評価を得た映画やテレビシリーズの制作を担ってきました。私たちは、この伝統を引き継ぎ、次の章に向かい、プライム・ビデオとAmazon Studiosのすばらしいチームと協力して、今後何年にもわたって視聴者に最高のエンターテインメントを提供していきたいと考えています」。</p>\n<p>Amazonはここ数年、大きな成功を収めているが、MGMはそれ以上の困難を経験している。2010年、同スタジオは、何度も手を変え品を変え、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.wsj.com/articles/SB10001424052748703506904575592200573445526\" rel=\"noopener\">連邦破産法第11章の適用</a>を申請した。スタジオは再建され、債権者が経営権を握った。</p>\n<p>Amazonは、100年近い歴史を持つこのスタジオが、プライム・ビデオとAmazon Studiosのコンテンツを補完し、両者が協力することで、加入者により質の高いエンターテインメントの選択肢を提供するとしている。</p>\n<p>さらに、Amazonは自社の制作スタジオや配給を通じて、オリジナルコンテンツへの積極的な取り組みを進めている。映画分野では、アカデミー賞脚本賞を受賞した「マンチェスター・バイ・ザ・シー」など注目作を制作している。また、9月2日に公開予定の「ロード・オブ・ザ・リング」を題材にしたシリーズ「ロード・オブ・ザ・リング 力の指輪」にも着手している。このシリーズは、プライム・ビデオが現在提供している「マーベラス・ミセス・メイゼル」「フリーバッグ」「ザ・ボーイズ」「ジャック・ライアン」などの人気テレビ番組と合流する予定。</p>\n<p><small>画像クレジット:Amazon</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/17/amazon-completes-its-8-5-billion-acquisition-of-mgm/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Yuta Kaminishi)</p>\n",
        "authorId": 191889573,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/amazon-mgm.webp",
        "author": {
          "id": 191889573,
          "slug": "yuta-kaminishi",
          "name": "Yuta Kaminishi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476221,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476221,
            "tagId": 6602,
            "tag": {
              "id": 6602,
              "slug": "amazon",
              "name": "Amazon / アマゾン(企業)",
              "description": "Amazonは、アメリカのテクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称。"
            }
          },
          {
            "postId": 476221,
            "tagId": 142313,
            "tag": {
              "id": 142313,
              "slug": "mgm",
              "name": "MGM / メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(企業)",
              "description": "映画やテレビ番組の製作・供給などを行う米国のマスメディア企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476221,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476221,
            "tagId": 366270918,
            "tag": {
              "id": 366270918,
              "slug": "movies",
              "name": "映画(用語)",
              "description": "映画に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476221,
            "tagId": 366272768,
            "tag": {
              "id": 366272768,
              "slug": "video-streaming",
              "name": "動画配信 / 動画ストリーミング(用語)",
              "description": "動画配信 / 動画ストリーミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476221,
            "tagId": 366276170,
            "tag": {
              "id": 366276170,
              "slug": "amazon-prime-video",
              "name": "Amazonプライム・ビデオ(製品・サービス)",
              "description": "Amazonプライムビデオは、Amazonが提供する動画配信サービス。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476218,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476218,
        "slug": "2022-03-16-meta-quest-parental-controls-virtual-reality",
        "createdAt": "2022-03-17T23:15:26.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T23:09:20.000Z",
        "title": "MetaがVRヘッドセット発売から3年近く経ちようやく基本的な保護者向け管理ツールを追加",
        "content": "<p>Meta(当時はFacebook)が<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2019/05/21/oculus-quest-and-rift-s-now-shipping/\" rel=\"noopener\">最初にVRヘッドセットをリリース</a>したのは2019年5月だったが、ここにきてようやくMeta Questに保護者向け管理ツールを<a target=\"_blank\" href=\"https://about.fb.com/news/2022/03/vr-parental-supervision-tools-on-quest/\" rel=\"noopener\">追加</a>する。</p>\n<p>Metaは2021年に<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/29/2021-10-28-facebook-changes-its-corporate-branding-to-meta/\" rel=\"noopener\">驚きのリブランド</a>をして以来、VRへの投資は社名変更の価値があったことを証明しようとしていると注目されている。しかし<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/03/2022-03-01-biden-social-media-mental-health-state-of-the-union/\" rel=\"noopener\">米国政府の最上層部</a>が安全性を重要視する中で、Metaはさまざまな保護者向け管理ツールを公開することで子どもたちにとってより安全なプラットフォームにしようと取り組んでいる。</p>\n<p>Meta Quest 2は2021年の年末商戦で販売数を大きく伸ばし、クリスマス後の2週間でOculus Questのモバイルアプリはおよそ<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/08/2022-01-06-meta-had-a-good-holiday-as-its-oculus-vr-companion-app-gained-2m-downloads-since-christmas/\" rel=\"noopener\">200万回ダウンロード</a>されたと推計される。しかしMetaのヘッドセットが普及するにつれ、ペアレンタルコントロール機能の欠如が<a target=\"_blank\" href=\"https://lifehacker.com/how-to-set-up-your-own-parental-controls-on-oculus-ques-1848617852\" rel=\"noopener\">問題視</a>されるようになった。英国個人情報保護監督機関はこのヘッドセットがオンラインでの子どもの安全規定に<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theguardian.com/technology/2022/jan/09/uk-data-watchdog-seeks-talks-with-meta-over-child-protection-concerns\" rel=\"noopener\">違反している恐れ</a>があるとして圧力を強めている。</p>\n<div id=\"attachment_476223\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476223\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-476223\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"614\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp 1238w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?resize=300,180 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?resize=768,460 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?resize=1024,614 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?resize=667,400 667w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?resize=400,240 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?resize=738,442 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?resize=601,360 601w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?resize=220,132 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?resize=281,168 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?resize=209,125 209w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?resize=125,75 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?resize=100,60 100w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?resize=921,552 921w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?resize=600,360 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?resize=50,30 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.10.06-AM.webp?resize=216,130 216w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476223\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Meta</p></div>\n<p>現在、Questヘッドセットではデバイスへのアクセスに関してパスコードなどのロック解除パターンを設定することができる。Metaによれば、4月にこの機能を拡張して特定のアプリに適用できるようにするという。つまり、保護者が共有使用しているヘッドセットで子どもに特定のゲームをプレイさせたくないなら、そのアプリ専用のロック解除コードを設定できるようになる。</p>\n<p>同社は5月には、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.globalratings.com/\" rel=\"noopener\">IARC</a>(International Age Rating Coalition、国際年齢評価連合)がその年齢層には不適切とみなしたアプリを10代がダウンロードできないように自動でブロックする機能を追加する予定だ(QuestのプロフィールがFacebookアカウントと関連づけられて年齢が判断される)。ティーンが保護者のログイン情報と関連づけられているアカウントを使用している場合は、この保護機能は動作しないかもしれない。</p>\n<p>今後数カ月かけて、MetaはQuestのペアレンタルコントロールを強化していく方針だ。Oculusのモバイルアプリで保護者はペアレントダッシュボードにアクセスし、このダッシュボードで子どものアカウントとリンクする。</p>\n<p>Metaはさらに、ツールや保護者向けリソースを集めた<a target=\"_blank\" href=\"http://meta.com/familycenter\" rel=\"noopener\">ファミリーセンター</a>も<a target=\"_blank\" href=\"https://about.fb.com/news/2022/03/parental-supervision-tools-instagram-vr/\" rel=\"noopener\">公開</a>した。</p>\n<div id=\"attachment_476224\" style=\"width: 620px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476224\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476224\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"610\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp 1154w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=300,295 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=768,756 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=1024,1008 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=406,400 406w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=400,394 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=738,726 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=366,360 366w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=220,217 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=175,172 175w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=127,125 127w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=125,123 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=61,60 61w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=561,552 561w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=373,367 373w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=32,32 32w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=50,50 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=64,64 64w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-16-at-9.09.56-AM.webp?resize=80,80 80w\" sizes=\"(max-width: 610px) 100vw, 610px\" /><p id=\"caption-attachment-476224\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Meta</p></div>\n<p>Metaは<a target=\"_blank\" href=\"https://about.fb.com/news/2022/03/vr-parental-supervision-tools-on-quest/\" rel=\"noopener\">ブログ記事</a>でアカウントのリンクに関し「プロセスを開始するのはティーンで、保護者とティーンの双方がエクスペリエンスに同意する必要があります」と記している。</p>\n<p>モバイルアプリにVR管理ツールを含めるのは、VRヘッドセットよりもモバイルアプリの操作に慣れている保護者にとってはスマートな方法だ。保護者はこのモバイルダッシュボードでティーンのアカウントに対し、例えば全年代向けアプリのダウンロードを事前に承認するというようにレーティングをもとに子どもがダウンロード可能なアプリを管理できる。ティーンが有料アプリを購入したい時に、保護者はそのリクエストを承認または拒否する設定もある。ウェブブラウザや、ヘッドセットをPCのVRゲームに接続する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.oculus.com/blog/oculus-quest-platform-updates-oculus-link-exits-beta-introducing-oculus-move-and-more/\" rel=\"noopener\">Link</a>アプリといった特定のアプリを子どもが利用できないようにブロックする機能もある。さらに、保護者が子どものスクリーンタイム、フレンドリスト、ダウンロード済みアプリを見ることもできる。</p>\n<p>Questヘッドセットは13歳以上のユーザーを対象にしているが、もちろん13歳未満の子どもも必然的にバーチャルリアリティを利用するようになるだろう。ただし13歳以上のティーンであっても、MetaのソーシャルVRアプリである「Horizon Worlds」や「Horizon Venues」など一部のアプリには年齢制限がかけられている。</p>\n<p>「Horizon Worlds」のウェルカムプラザだけは人間のモデレーターがいるが、モデレーターはメタバースでのセルフィーの撮り方に関する質問をするユーザーのサポートに忙しいようだ。</p>\n<p>「Horizon Worlds」はすでにコンテンツモデレーションシステムの不備を悪用されている。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.buzzfeednews.com/article/emilybakerwhite/meta-facebook-horizon-vr-content-rules-test\" rel=\"noopener\">BuzzFeedによれば</a>、Qアノンの陰謀説のようなFacebookやInstagramで禁止されているコンテンツが満載のテスト用のワールドを作っても、Metaのコンテンツモデレーションシステムはガイドラインに違反していないと判断したという。このプラットフォームでセクハラや痴漢行為に遭ったと<a target=\"_blank\" href=\"https://www.technologyreview.com/2021/12/16/1042516/the-metaverse-has-a-groping-problem/\" rel=\"noopener\">報告</a>しているユーザーもいる。この種のハラスメントは残念ながらテキストベースのウェブのフォーラムでも起きるが、没入型の不慣れなバーチャルワールドではことさら強烈に感じられることもあるだろう。これまでMetaはこうした行為を抑制するための試みとして、オプションで他人との距離を一定以上に保つ<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/15/2022-03-14-meta-to-allow-horizon-worlds-users-to-turn-their-avatars-personal-safety-boundary-off-despite-virtual-world-sexual-assaults/\" rel=\"noopener\">個人境界機能</a>を導入した。</p>\n<p>TechCrunchはMetaに対し、<a target=\"_blank\" href=\"https://slate.com/transcripts/eW82bTg3MTBIN2ZVaThoN042U3dmSFNjY2ExT3kxSVN4T21MU0xKMTEybz0=\" rel=\"noopener\">多くのユーザー</a>がすでに子どもたちがこのプラットフォームを<a target=\"_blank\" href=\"https://www.washingtonpost.com/technology/2022/02/07/facebook-metaverse-horizon-worlds-kids-safety/\" rel=\"noopener\">うろついている</a>と報告し、Quest Storeの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.oculus.com/experiences/quest/2532035600194083/\" rel=\"noopener\">アプリのレビュー</a>では行儀の悪い子どもたちにつきまとわれたという苦情が散見されることから、18歳未満のユーザーが「Horizon Worlds」などのアプリを利用できないようにする方法についてコメントを求めた。</p>\n<p>Metaの担当者はTechCrunchに対し「現時点では長いジャーニーの第一歩を踏み出したところであり、今後さらにオプションを増やしていく予定です」と述べた。Metaはアプリごとのロック解除パターンは解決策としてあり得るとしているが、これは保護者に知識と予見があれば18歳以上向けのプラットフォームを子どもが使えないようにするだけのものだ。Metaは「保護者とティーンが当社のプラットフォームに対して何を必要としているかをさらに把握しながら、保護者向け管理ツールの機能を引き続き開発し拡張していきます」と述べた。</p>\n<p>結局のところ、ペアレンタルコントロールは保護者とティーンがそれをきちんと使って初めて効果を発揮する。しかし、こうしたガードレールの設置はMetaにできる最低限のことだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Meta / Facebook</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/meta-quest-parental-controls-virtual-reality/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Amanda Silberling、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/187794296_858275238368523_8495915688859285579_n.webp",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476218,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476218,
            "tagId": 1343,
            "tag": {
              "id": 1343,
              "slug": "children",
              "name": "子ども / 子ども向け(用語)",
              "description": "子ども / 子ども向けに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476218,
            "tagId": 72646,
            "tag": {
              "id": 72646,
              "slug": "teenager",
              "name": "ティーンエイジャー / 10代(用語)",
              "description": "ティーンエージャー / 10代に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476218,
            "tagId": 81819,
            "tag": {
              "id": 81819,
              "slug": "facebook",
              "name": "Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)",
              "description": "世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス。それを運営する企業。2021年10月に「Meta」に社名変更。"
            }
          },
          {
            "postId": 476218,
            "tagId": 364763224,
            "tag": {
              "id": 364763224,
              "slug": "headset",
              "name": "ヘッドセット(用語)",
              "description": "ヘッドセットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476218,
            "tagId": 681520859,
            "tag": {
              "id": 681520859,
              "slug": "horizon",
              "name": "Horizon Worlds(製品・サービス)",
              "description": "ゲーム、イベント、ハングアウトの3つの選択肢が表示。Meta自身が作ったエクスペリエンスに加えて、誰でも作れるコミュニティ生成スペースを探索もできるソーシャル要素のある仮想世界を構築できるMetaが提供するサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 476218,
            "tagId": 692507344,
            "tag": {
              "id": 692507344,
              "slug": "metaverse",
              "name": "メタバース(用語)",
              "description": "メタバースに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476218,
            "tagId": 692508836,
            "tag": {
              "id": 692508836,
              "slug": "vr",
              "name": "仮想現実 / VR(用語)",
              "description": "Virtual Reality。VRに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 476218,
            "tagId": 692510022,
            "tag": {
              "id": 692510022,
              "slug": "oculus-quest",
              "name": "Meta Quest / Oculus Quest (製品・サービス)",
              "description": "Oculusが発表した完全ワイヤレスのVRヘッドセット。Oculus Quest 2は完全ワイヤレスでPCと接続しても、1台だけでも使用することができる。"
            }
          },
          {
            "postId": 476218,
            "tagId": 692512284,
            "tag": {
              "id": 692512284,
              "slug": "parental-controls",
              "name": "ペアレンタルコントロール(用語)",
              "description": "ペアレンタルコントロールに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476183,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476183,
        "slug": "2022-03-16-netflix-tests-a-new-feature-that-will-raise-prices-for-account-sharing",
        "createdAt": "2022-03-17T23:00:29.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T22:59:16.000Z",
        "title": "Netflixが同一世帯以外のアカウント共有に追加料金を試験導入",
        "content": "<p>Netflix(ネットフリックス)は、会員が同一世帯の人以外とサービスを共有する場合、追加料金を支払わせる新しいオプトイン機能のテストを開始する。この機能では、Netflixの正規料金を下回る料金で最大2つの「サブアカウント」を追加できる。この新しいオプションはまずチリ、コスタリカ、ペルーでテストされ、今後数週間かけてこれらの市場で展開される。同社は、この機能が全世界の会員に展開されるかどうか、またいつ展開されるかは明らかにしていない。</p>\n<p>テスト市場のNetflixのスタンダードとプレミアムの会員には、サービス開始時に、同居していない人に対しサブアカウントを追加するオプションが提供される。各サブアカウントは、通常通り独自のプロフィールを持ち、パーソナライズされた「おすすめ」が提供される。しかし、この機能の特徴はサブアカウントにも独自のNetflixのログイン名とパスワードが用意されていることだ。さらに、サブアカウント利用者が自分の名前と請求先情報を使って自分のNetflixサービスを設定する場合、視聴履歴、ウォッチリスト(「マイリスト」)、パーソナライズされた「おすすめ」が引き継がれる。</p>\n<p>この機能を実現するために、NetflixはGPSのような位置情報ベースのデータは使っていない。代わりに、IPアドレス、デバイスID、および家庭内のNetflixアカウントにサインインしているデバイスに関するその他の情報など、現在エンドユーザーにサービスを提供するために使用している情報と同じものを活用する。そうした情報を利用することで、Netflixは同一世帯外で継続してアカウントが共有されている場合、それを特定することができる。</p>\n<p>新しいサブアカウントを有効にするために、メインアカウントの所有者はコードが記載された電子メールを受け取る。そのコードは、追加のデバイスが世帯の一部であることを証明するために必要となる。</p>\n<p>テスト市場において、世帯外の追加ユーザーの料金は、チリで2380ペソ(約350円)、コスタリカで2.99米ドル(約350円)、ペルーで7.9ソル(約250円)だ。これは、Netflixのフルアカウントプランよりも安いが、これまで誰かのNetflixアカウントをタダで共有していた場合はそれより高い。Netflixは、追加ユーザーがサブアカウントの料金をNetflixに対して支払うことはないと述べている。つまり、Netflixからの請求書はこれまで通りメインアカウント所有者に送られる。メインアカウント所有者が追加ユーザーに料金を請求したい場合、その処理と回収はその人次第だ。</p>\n<p>Netflixは以前、ユーザーが自分のNetflixアカウントを肉親以外の友人や家族と共有するという一般的な慣習にほとんど目をつぶっていた。実際、当時CEOだったReed Hastings(リード・ヘイスティングス)氏は、アカウント共有は新しい人々がサービスの魅力を発見するチャンスであり、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2016/01/11/netflix-ceo-says-account-sharing-is-ok/\" rel=\"noopener\">「ポジティブなこと」だと話した</a>こともある。「ストレンジャー・シングス」や「イカゲーム」など、Netflixが提供する番組の多くは世界的な人気を博している。一方、同社の真の課題は競争の激化に直面しながらも、会員と収益を増やし続けることだ。例えば、同社の年末の四半期はここ数年で最も低い会員数の伸びとなり<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/21/2022-01-20-netflix-q4-2021-results-subscriber-numbers/\" rel=\"noopener\">特に厳しかった</a>。</p>\n<p>理論的には、今回の新たな移行オプションによって、追加ユーザーが正規会員になる道を開くことは、Netflixの有料会員数を長期的に増加させることにつながるだろう。しかし、短期的には、他人のアカウントを使用したままでは、追加ユーザーが会員としてカウントされないことに留意する必要がある。</p>\n<p>Netflixはこれまで、アカウント共有を喜んで受け入れてきたが、現在の立場は異なる。Netflixの現在の利用規約では、共有は世帯内で行われるべきものであり、世帯間で行われるものではないとしている。また、同社は2021年3月に<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nytimes.com/2021/03/14/business/media/netflix-password-sharing.html\" rel=\"noopener\">「パスワード共有制限機能」なるもの</a>をテストしており、おそらくより広範な制限措置が課されることを示唆している。</p>\n<p>しかし、Netflixはこの新しいテストを制限だとは考えていないようだ。これは1つのオプションで、会員にとって合理的かどうかを確認したいだけだという。ユーザーから反発を受ければ、同社はこのアイデアを棚上げし、代わりに別の方法を試す可能性もある。あるいは会員がこの機能を取り入れれば、より広範囲に展開すると決めるかもしれない。いずれなのかは後からわかるだろう。</p>\n<p>「私たちは、人々には多くのエンターテインメントの選択肢があることを理解しています。従って、どんな新しい機能であっても、会員にとって柔軟で有用なものにしたいと考えています。なぜなら、会員の購読料が私たちのすばらしいテレビや映画を資金的に支えているからです」とNetflixの製品革新ディレクターのChengyi Long(チェンギ・ロング)氏は<a target=\"_blank\" href=\"https://about.netflix.com/en/news/paying-to-share-netflix-outside-your-household\" rel=\"noopener\">ブログ投稿</a>に書いた。「世界の他の場所で変更を実施する前に、これら3カ国の会員向けに2つの機能が機能するかを理解するべく取り組みます」とロング氏は付け加えた。</p>\n<p><small>画像クレジット:Krisztian Bocsi / Bloomberg / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/netflix-tests-a-new-feature-that-will-raise-prices-for-account-sharing/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Netflix.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476183,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476183,
            "tagId": 1182,
            "tag": {
              "id": 1182,
              "slug": "netflix",
              "name": "Netflix / ネットフリックス(企業・サービス)",
              "description": "Netflixは動画ストリーミングサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 476183,
            "tagId": 366271554,
            "tag": {
              "id": 366271554,
              "slug": "subscription",
              "name": "サブスクリプション(用語)",
              "description": "サブスクリプションに関連する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 476183,
            "tagId": 366272768,
            "tag": {
              "id": 366272768,
              "slug": "video-streaming",
              "name": "動画配信 / 動画ストリーミング(用語)",
              "description": "動画配信 / 動画ストリーミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476183,
            "tagId": 366280829,
            "tag": {
              "id": 366280829,
              "slug": "entertainment",
              "name": "エンターテインメント(用語)",
              "description": "エンターテイメントに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476171,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476171,
        "slug": "stores-coiney",
        "createdAt": "2022-03-17T09:37:18.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T09:37:18.000Z",
        "title": "お店のキャッシュレス決済サービス「STORES 決済」が自動入金の振込手数料を完全無料化",
        "content": "<p>STORES(ストアーズ)プラットフォームを運営する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hey.jp/\" rel=\"noopener\">へイ</a>(hey)は3月16日、お店のキャッシュレス決済サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://coiney.com/\" rel=\"noopener\">STORES 決済</a>」(ストアーズ決済。<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=com.coiney.android&amp;hl=ja\" rel=\"noopener\">Android版</a>・<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/jp/app/id583812107\" rel=\"noopener\">iOS版</a>)において、2022年3月分の売上入金時より、「自動入金」の振込手数料を完全無料化すると発表した。従来売上合計に応じて必要だった振込手数料の完全無料化することで、長引くコロナ禍の影響を受ける事業者の負担を軽減し、より柔軟なキャッシュフローを提供する。</p>\n<p>STORES 決済は、お店の方向けのキャッシュレス決済サービス。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済に対応しており、インターネット環境があれば屋内外問わず、いつでも・どこでも・誰でも利用できる。</p>\n<p>STORES 決済では、「手動入金」「自動入金」の2種類の入金サイクルを提供しており、両サイクルとも売上合計が10万円未満の場合は200円の振込手数料を事業者が負担する必要があったが、今回の対応により「自動入金」の振込手数料が売上合計に関わらず無料になる。</p>\n<p>お店の売上規模や事業状況にあわせて、着金までのサイクルが短い「手動入金」と、振込操作が不要な「自動入金」を効果的に活用することで、さらなるお店のキャッシュフロー改善に役立てることが可能としている。</p>\n<p>また今後も、多様化する店舗・中小事業者のニーズに応え、入金に関する改善を行うことで、お店のキャッシュフロー改善およびデジタル化を促進するとしている。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-476173\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?w=1024\" alt=\"お店のキャッシュレス決済サービス「STORES 決済」が自動入金の振込手数料を完全無料化\" width=\"1024\" height=\"527\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg 1600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?resize=300,154 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?resize=768,395 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?resize=1024,527 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?resize=1536,790 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?resize=778,400 778w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?resize=400,206 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?resize=738,380 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?resize=640,329 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?resize=220,113 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?resize=281,145 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?resize=243,125 243w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?resize=125,64 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?resize=117,60 117w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?resize=1073,552 1073w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?resize=600,309 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-002.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<h3>「自動入金」振込手数料の無料化について</h3>\n<ul>\n<li><strong>対象売上</strong>:2022年3月分の売上から適用(入金日:2022年4月20日)</li>\n<li><strong>対象入金サイクル</strong>:<br />\n・自動入金<br />\n・自動入金の場合、振込手数料が売上合計金額に関わらず無料<br />\n・口座の制限はなく、地方銀行・ゆうちょ銀行を含めた国内すべての金融機関に対応<br />\n(手動入金は、従来通り売上合計が10万円未満の場合200円の振込手数料を事業者が負担)</li>\n<li><strong>入金方法の設定</strong>:初期設定は手動入金。用途に合わせて設定変更が可能</li>\n<li><strong>自動入金への設定変更方法</strong>:手動入金から自動入金に変更する場合は、ウェブ管理画面かアプリで切り替え操作が必要。すでに自動入金を設定している場合は、変更は不要。振込手数料の無料化は自動的に適用される</li>\n<li><strong>詳細</strong>:<a target=\"_blank\" href=\"https://support.coiney.com/hc/ja/articles/115007857348\" rel=\"noopener\">売上の入金について</a></li>\n</ul>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-009-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476171,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476171,
            "tagId": 149021,
            "tag": {
              "id": 149021,
              "slug": "payment",
              "name": "決済 / 決済サービス / 決済システム(用語)",
              "description": "決済 / 決済サービス / 決済システムに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476171,
            "tagId": 366272423,
            "tag": {
              "id": 366272423,
              "slug": "cashless",
              "name": "キャッシュレス決済(用語)",
              "description": "キャッシュレス決済に関連する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 476171,
            "tagId": 366277489,
            "tag": {
              "id": 366277489,
              "slug": "hey",
              "name": "hey(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476171,
            "tagId": 692509752,
            "tag": {
              "id": 692509752,
              "slug": "retail",
              "name": "小売(用語)",
              "description": "小売に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476012,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 476012,
        "slug": "slack-begins-suspending-russian-accounts",
        "createdAt": "2022-03-17T03:00:46.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T17:32:27.000Z",
        "title": "Slackがロシア国内のアカウント停止措置を開始、親会社Salesforceの対応に追従",
        "content": "<div id=\"attachment_476014\" style=\"width: 910px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476014\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-476014\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-001.jpg?w=900\" alt=\"Slackがロシア国内のアカウント停止措置を開始、親会社Salesforceの対応に追従\" width=\"900\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-001.jpg 900w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-001.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-001.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-001.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-001.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-001.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-001.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-001.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-001.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-001.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-001.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-001.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-001.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-001.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-001.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 900px) 100vw, 900px\" /><p id=\"caption-attachment-476014\" class=\"wp-caption-text\">Oscar Wong via Getty Images</p></div>\n<p>業務用コミュニケーションツールのSlackが、ロシア国内のアカウントを停止する措置を開始しました。Slackの親会社であるSalesforceはすでにロシアからの撤退を表明しており、これに準じた対応と考えられます。</p>\n<p>ニュースサイトAxiosによると、Slackのアカウント停止は主に米国からの制裁対象になった会社や組織を対象に予告なく行われており、一切のデータのダウンロードやバックアップの機会も与えられなかったとのこと。</p>\n<p>Slackは数多くの企業に浸透しており、社内におけるコミュニケーションやファイルのやりとりなど、利用する企業にとって重要なデータを多く取り込んでいます。そのためバックアップ手段を講じていない状態で突然利用できなくなった場合、業務への影響は非常に大きなものとなりそうです。</p>\n<p>SlackはAxiosに対し「われわれは、事業を展開する他の国々における米国の制裁規制を遵守することを法律で義務付けられており、状況によっては事前通知なしにアカウントを即時停止するなどの行動を起こすことが求められている」と述べました。そして「法律で許可されている場合には、これらのアクションの影響を受ける顧客と連絡を取っている」とコメントしています。</p>\n<p>なお、Slackとしては遮断した企業のアカウントのデータを削除はしていないものの、制裁によって遮断された組織はそれが解除復旧されるまではデータにアクセスすることもできません。</p>\n<p>ちなみにSalesforceは、撤退は先週から開始しているものの、ロシア国内の顧客はごく少数であり「ロシアには重要な事業はない」と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.salesforce.com/news/stories/standing-with-ukraine/\" rel=\"noopener\">述べています</a>。</p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.axios.com/slack-disconnecting-russia-customers-bbac4f2b-37cf-47a9-bfff-66c41337e47f.html\" rel=\"noopener\">Axios</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/slack-begins-suspending-russian-accounts-095039973.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-001-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476012,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476012,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476012,
            "tagId": 97017,
            "tag": {
              "id": 97017,
              "slug": "salesforce",
              "name": "Salesforce / セールスフォース(企業)",
              "description": "顧客関係管理ソリューションなどを提供する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476012,
            "tagId": 363320167,
            "tag": {
              "id": 363320167,
              "slug": "slack",
              "name": "Slack(企業・サービス)",
              "description": "ビジネス用途のチャットツール、それを提供する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476012,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476012,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475974,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475974,
        "slug": "2022-03-15-well-facebook-has-a-tiktok-now",
        "createdAt": "2022-03-17T00:00:32.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T16:02:07.000Z",
        "title": "おや、TikTokにFacebookが現れた",
        "content": "<p>Facebook(フェイスブック)はTikTok(ティックトック)で何をしているのだろう?競合の偵察?TikTokの人気スター、Charli(チャーリー・ダミリオ)にメッセージを送る?ベータテスターのリクルート?広告を買うの?きっと直にわかるだろう。Facebookは<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tiktok.com/@facebook\" rel=\"noopener\">TikTokのアカウント</a>を作成し、動画をまだ1本も投稿していないのに本記事英語版執筆時点ですでに1万5100人(日本語版翻訳時点では1万8600人)のフォロワーを集めているのだから。このアカウントはTikTokが認証済みで、Facebookもこれが本物であることを認めている。</p>\n<p>ソーシャルメディアコンサルタントの<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/MattNavarra/status/1503151229635121163\" rel=\"noopener\">Matt Navarra</a>(マット・ナバラ)氏が数日前にFacebookのTikTok(妙な言い方ですが)を発見した。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">I hope their first tiktok is a watermarked Reel</p>\n<p>&mdash; Matt Navarra (@MattNavarra) <a href=\"https://twitter.com/MattNavarra/status/1503156073712209924?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 13, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>このアカウントは認証済みであることを示す青いチェックマークをすでに獲得している。しかしコンテンツはなく、プロフィールも「We believe people can do more together, than alone.(一緒ならもっと多くのことができると信じています、1人よりも。)」とコンマも含めてなんだか不思議な感じで、これが本当にFacebookのアカウントなのかどうかと疑ってしまう。しかも、このアカウントのプロフィールに書かれているリンク先はFacebookのアプリだ。Facebookのウェブサイトでも、何らかの公式なコミュニケーションチャネルでもない。</p>\n<p>それに、FacebookはMetaになったはずでは?</p>\n<p>どういうことかというと、Facebookはすでに<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/facebook\" rel=\"noopener\">Twitter.com/Facebook</a>を非公開にしている。Instagram.com/Facebookは存在せず、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.instagram.com/meta/\" rel=\"noopener\">Instagram.com/Meta</a>となっている。</p>\n<p>しかしFacebook、ではなくてMetaは、TechCrunchに対しTikTokのアカウントは本物であると述べた。</p>\n<p>Metaの広報は「ブランドは、当社のソーシャルメディアプラットフォームも含め、さまざまなチャネルを活用して日々自社の製品やサービスを利用する人々に対しリーチし、エンゲージします。ブランドのプレゼンスを確立しTikTokなどのプラットフォーム上でコミュニティを育てようとする当社の意図も同じです」と述べた。</p>\n<div id=\"attachment_475976\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475976\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-475976\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"880\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp 1498w, /wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp?resize=300,258 300w, /wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp?resize=768,660 768w, /wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp?resize=1024,880 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp?resize=465,400 465w, /wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp?resize=400,344 400w, /wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp?resize=738,635 738w, /wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp?resize=419,360 419w, /wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp?resize=220,189 220w, /wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp?resize=200,172 200w, /wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp?resize=145,125 145w, /wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp?resize=125,107 125w, /wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp?resize=70,60 70w, /wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp?resize=642,552 642w, /wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp?resize=427,367 427w, /wp-content/uploads/2022/03/facebooks-tiktok.webp?resize=50,43 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-475976\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:FacebookのTikTok</p></div>\n<p>最近、Facebookは直前の四半期でアクティブユーザー数が横ばいとなり、さらに注目すべきことに<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/03/2022-02-02-facebook-isnt-growing-anymore/\" rel=\"noopener\">1日のアクティブユーザーが初の減少</a>に転じたと報じられた。このことから、FacebookはTikTok(とその広告プラットフォーム)を活用してZ世代のユーザーベースを強化したいと考えている可能性はある。</p>\n<p>大手ブランドがマーケティングやコミュニケーションにさまざまなチャネルを使うのは確かにその通りだが、Facebookが最近TikTokについて重大な競争上の脅威であるとしばしば言及していることを考えれば、FacebookがTikTokに現れたのはちょっと奇妙だ。</p>\n<p>Metaの2021年第4四半期決算発表でCEOのMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏は投資家に対し、こうした点を繰り返し語った。</p>\n<p>同氏は「人々が時間を使う選択肢はたくさんあり、TikTokなどのアプリは急速に成長しています」と述べた。そして「TikTokはすでに巨大な競合であり、極めて大きな基盤からさらに急速な成長を続けています」とも述べた。</p>\n<p>MetaはTikTokでの計画に対し、どのようなコンテンツを準備しているのか、このアカウントに広告を掲載するのかどうかなど、詳しい情報を明らかにしなかった(でも何か見かけたら<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/sarahintampa\" rel=\"noopener\">筆者にメッセージをください</a>!)。</p>\n<p>TikTok上にあるMetaのブランドはFacebookだけではない。Instagram(インスタグラム)が広告を掲載し、Instagram Creatorsも最近アカウントを開設したようだ。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Instagram just launched their creator account on TikTok … with repurposed Reels 😄 <a href=\"https://t.co/MHWaqH25HZ\">pic.twitter.com/MHWaqH25HZ</a></p>\n<p>&mdash; Lia Haberman (@liahaberman) <a href=\"https://twitter.com/liahaberman/status/1503879423627456512?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 15, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>当面、私たちの気持ちとしてはこんな感じ……。</p>\n<blockquote class=\"tiktok-embed\" cite=\"https://www.tiktok.com/@angiebhandal/video/6942989618698587397\" data-video-id=\"6942989618698587397\" style=\"max-width: 605px;min-width: 325px;\" >\n<section> <a target=\"_blank\" title=\"@angiebhandal\" href=\"https://www.tiktok.com/@angiebhandal\">@angiebhandal</a> </p>\n<p><a title=\"howdoyoudofellowkids\" target=\"_blank\" href=\"https://www.tiktok.com/tag/howdoyoudofellowkids\">#howdoyoudofellowkids</a> <a title=\"30rock\" target=\"_blank\" href=\"https://www.tiktok.com/tag/30rock\">#30rock</a> <a title=\"stevebusemi\" target=\"_blank\" href=\"https://www.tiktok.com/tag/stevebusemi\">#stevebusemi</a> <a title=\"meme\" target=\"_blank\" href=\"https://www.tiktok.com/tag/meme\">#meme</a></p>\n<p> <a target=\"_blank\" title=\"♬ original sound - Angie B\" href=\"https://www.tiktok.com/music/original-sound-6942989422820428549\">♬ original sound &#8211; Angie B</a> </section>\n</blockquote>\n<p> <script async src=\"https://www.tiktok.com/embed.js\"></script></p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.com/search/photographer?family=editorial&amp;photographer=NurPhoto\" rel=\"noopener\">NurPhoto / Contributor</a> / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/15/well-facebook-has-a-tiktok-now/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1238243411.webp",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475974,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475974,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 475974,
            "tagId": 81819,
            "tag": {
              "id": 81819,
              "slug": "facebook",
              "name": "Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)",
              "description": "世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス。それを運営する企業。2021年10月に「Meta」に社名変更。"
            }
          },
          {
            "postId": 475974,
            "tagId": 5938293,
            "tag": {
              "id": 5938293,
              "slug": "tiktok",
              "name": "TikTok(製品・サービス)",
              "description": "TikTok は、中国のByteDanceが開発運営するモバイル向けショートビデオのプラットフォームである。"
            }
          },
          {
            "postId": 475974,
            "tagId": 42653521,
            "tag": {
              "id": 42653521,
              "slug": "instagram",
              "name": "Instagram / インスタグラム(企業)",
              "description": "Instagram(インスタグラム)は、2010年10月にサービス開始した写真特化型SNS。2012年4月、Facebookが同社を10億ドルで買収すると発表。その後も独立して運営されている。日本でも「インスタ」という愛称で親しまれている。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475994,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475994,
        "slug": "gva-assist-docx-pdf-doc",
        "createdAt": "2022-03-16T10:14:02.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T10:14:02.000Z",
        "title": "AI契約審査クラウドのGVA assistがdocx形式に加えてdoc形式も対応、Wordファイルの形式を問わず契約審査が可能に",
        "content": "<p>リーガルテックサービスを開発・提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://gvatech.co.jp/\" rel=\"noopener\">GVA TECH</a>は3月16日、AI契約審査クラウドサービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://ai-con-pro.com/\" rel=\"noopener\">GVA assist</a>」(ジーヴァアシスト)がdoc形式のWordファイルにも対応したことを発表した。</p>\n<p>GVA assistは、docx形式のWordファイルとPDFファイルにすでに対応しているが、ユーザー企業からの「doc形式にも対応してほしい」との声に応え、doc形式への対応を実装した。このアップデートにより、doc形式ファイルをGVA assistのウェブブラウザー版にアップロードすることで契約審査が行なえるようになった。</p>\n<p>GVA assistは、契約審査のナレッジを雛形ベースでまとめたノウハウ集「プレイブック」を基に、契約書審査における「読む」「直す」「仕上げる」といった業務の負担を軽減するクラウドサービス。GVA TECH所属の弁護士が作成・監修した200種類以上の「GVAプレイブック」と、ユーザー独自の契約審査ノウハウをまとめた「自社プレイブック」の2つを備え、それぞれのプレイブックを通じてリスク把握、修正例・譲歩案などに活用できる。</p>\n<p>また、フリーワードで参考条文を探せる「条文検索」機能、条番号ずれ・表記揺れを一括修正する「形式チェック」機能、400種類以上の契約書ひな型をダウンロードできる「ドラフト」機能があり、契約書のドラフト作成からレビュー業務までの効率的化をサポートする。</p>\n<p>GVA TECHでは、今後もユーザーからの声を参考にしてプロダクト開発を進め、より早く、より正確な契約審査の実現を望むユーザーを支援するという。</p>\n",
        "authorId": 191889578,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-010-index.jpg",
        "author": {
          "id": 191889578,
          "slug": "satokosato",
          "name": "Satoko Sato",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475994,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475994,
            "tagId": 162,
            "tag": {
              "id": 162,
              "slug": "microsoft-word",
              "name": "Microsoft Word(製品)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475994,
            "tagId": 2283,
            "tag": {
              "id": 2283,
              "slug": "legal",
              "name": "法務 / リーガル(用語)",
              "description": "法務 / リーガルに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475994,
            "tagId": 366279293,
            "tag": {
              "id": 366279293,
              "slug": "gva-tech",
              "name": "GVA TECH(企業)",
              "description": "GVA TECHは、「AI-CON(アイコン)」など、契約や会社登記におけるリーガルテックサービスを開発・運営する日本のスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 475994,
            "tagId": 681520075,
            "tag": {
              "id": 681520075,
              "slug": "contract",
              "name": "契約書(用語)",
              "description": "契約書に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475947,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475947,
        "slug": "marindows",
        "createdAt": "2022-03-16T09:01:12.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T09:01:12.000Z",
        "title": "内航海運の抱える課題を解決するDXソリューションを推進するMarindowsが2億円の追加資金調達",
        "content": "<p>内航海運の抱える課題を解決するDXソリューションを推進する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.marindows.com/\" rel=\"noopener\">Marindows</a>は3月15日、シードラウンドにおいて、第三者割当増資による2億円の追加資金調達を実施したと発表した。引受先は井本商運、東京汽船、古野電気、三菱造船を含む5社。</p>\n<p>調達した資金は、内航海運向けに提供する3つのコア事業「船員働き方改革」「船員と船舶の安全向上」「船員の健康向上」を実現する各種ソリューション開発の加速、人材獲得にあてる。また出資者との事業シナジーを活用し、各種サービスの使い勝手向上、価格低廉化を加速させる。</p>\n<p>日本の基幹物流として国内貨物輸送のおよそ45%を担う内航海運は、「船員高齢化による人材課題」「船舶の事故増大という安全課題」「地球温暖化への対応に伴う環境課題」という3つの課題を抱えている。Marindowsでは、これら課題を解決するサービスを10月より開始するため開発を進めている。具体的には以下のとおり。</p>\n<ul>\n<li>船員働き方改革:船員向けに最適化した業務サポート端末を展開。年齢やスキルに関わらず使えるよう配慮したという。2022年度から施行される改正船員法で求められる労務管理アプリも備える</li>\n<li>船員と船舶の安全向上:通信機能によりネットワークと連携することで安全性と利便性を向上させた内航標準ドライブレコーダーと、内航標準ポータブル電子海図を用意。これら機器により、船舶の安全性の確保と、船主やオペレーション業務との連携強化による業務効率向上にもつなげられる</li>\n<li>船員の健康向上:船員の健康を守るため、遠隔診療、遠隔処方、ストレスチェック、デジタル船員手帳連携を備えたサービスを提供する。船員の医療格差を解消し労働環境の向上を図る</li>\n</ul>\n<p>また同社は、船員向け業務端末に便利な機能を追加提供していく予定という。2022年後半サービス開始予定の衛星ブロードバンド通信を普及させるための取り組みも進めている。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-17.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475947,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475947,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475947,
            "tagId": 692510284,
            "tag": {
              "id": 692510284,
              "slug": "shipping-industry",
              "name": "海運業(用語)",
              "description": "船舶を用いて旅客または貨物を海上輸送するサービスの提供、船舶を貸し渡すことによって収益を得る事業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475947,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475947,
            "tagId": 692517541,
            "tag": {
              "id": 692517541,
              "slug": "marindows",
              "name": "Marindows(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475943,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475943,
        "slug": "mesh-corp-fundraising",
        "createdAt": "2022-03-16T05:03:47.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T05:03:47.000Z",
        "title": "「アプリで注文したら20分以内に商品お届け」デリバリー専門スーパーを手がけるMeshが2億円のシード調達",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-475945\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?w=1024\" alt=\"「アプリで注文したら20分以内に商品お届け」デリバリー専門スーパーを手がけるMeshが2億円のシード調達\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg 1920w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" />ダークストア型スーパーマーケット「Mesh」を開発する<a target=\"_blank\" href=\"https://mesh-corp.com/\" rel=\"noopener\">Mesh</a>は3月16日、シードラウンドとして約2億円を調達したと発表した。引受先は、Coral Capital、Delight Ventures、W ventures、堀井翔太氏(スマートバンク代表取締役CEO、エンジェル投資家)。調達した資金により、「アプリで注文したら20分以内に商品をお届け」するデリバリー専門スーパーを構築し、世界のコマースを次のステージに押し上げるとしている。</p>\n<p>ダークストアとは、英語で「倉庫」を意味し、ユーザーが来店しないデリバリー限定の店舗を指す。同社は、調達した資金を基にMeshの開発を推進する。取り扱い商材は一般のスーパーと同様の食品・飲料・日用品とし、注文はスマートフォンアプリ経由のみ、配達時間は注文後20分以内という業態のスーパーを構築する。また当初は東京23区内でサービス提供を開始し、順次日本全国および海外にエリアを拡大する。</p>\n<p>Meshは「頼んだら、いま、届く」体験を作ることで、生鮮食品をはじめ商材のさらなるEC化を押し進め、次のコマースのインフラを作るという。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475943,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475943,
            "tagId": 243,
            "tag": {
              "id": 243,
              "slug": "grocery",
              "name": "グローサリー / grocery(用語)",
              "description": "グローサリー / groceryに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 475943,
            "tagId": 31822,
            "tag": {
              "id": 31822,
              "slug": "delivery-service",
              "name": "配送 / 宅配 / デリバリー(用語)",
              "description": "配送 / 宅配 / デリバリーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475943,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475943,
            "tagId": 366272777,
            "tag": {
              "id": 366272777,
              "slug": "net-shopping",
              "name": "ネットショッピング / eコマース(用語)",
              "description": "ネットショッピングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475943,
            "tagId": 366276437,
            "tag": {
              "id": 366276437,
              "slug": "food-delivery",
              "name": "食材宅配 / フードデリバリー(用語)",
              "description": "食材宅配 / フードデリバリー"
            }
          },
          {
            "postId": 475943,
            "tagId": 692510038,
            "tag": {
              "id": 692510038,
              "slug": "darkstore",
              "name": "ダークストア(用語)",
              "description": "ダークストアに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475943,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475782,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475782,
        "slug": "2022-03-14-hbo-max-and-discovery-will-be-combined-into-one-service-following-merger",
        "createdAt": "2022-03-16T00:45:57.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-15T23:55:04.000Z",
        "title": "HBO MaxとDiscovery+が合併、1つのサービスに統合される",
        "content": "<p>先週、Discovery(ディスカバリー)の株主がWarnerMedia(ワーナーメディア)との合併を承認し、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nytimes.com/2022/03/11/technology/discoverys-warnermedia-merger.html\" rel=\"noopener\">米国最大のメディア企業の1つ</a>が誕生するというニュースがあったが、この合併が両社の消費者向けストリーミングサービスである<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/05/hbo-including-hbo-max-ends-2021-with-73-8-million-global-subscribers/\" rel=\"noopener\">HBO Max</a>と<a target=\"_blank\" href=\"/2021/01/06/2021-01-04-discovery-plus-launch/\" rel=\"noopener\">Discovery+</a>にどのような影響を与えるのかがわかる、ヒントがある。米国時間3月14日朝、DiscoveryのCFOであるGunnar Wiedenfels(グンナー・ウィーデンフェルス)氏は、両社が2つのストリーミングサービスを1つのサービスに統合する計画であることを明らかにしたのだ。しかし、この変更には時間がかかるため、早急に何らかの暫定的なソリューションを提供する予定だ。</p>\n<p>具体的にどのようなソリューションになるかは、あまり明確ではない。</p>\n<p>ウィーデンフェルス氏は、月曜日に開催されたドイツ銀行の第30回メディア・インターネット・テレコム会議での<a target=\"_blank\" href=\"https://ir.corporate.discovery.com/news-and-events/events-and-presentations/event-details/2022/Discovery-CFO-Gunnar-Wiedenfels-to-Present-at-Deutsche-Banks-30th-Annual-Media-Internet--Telecom-Conference/default.aspx\" rel=\"noopener\">プレゼン</a>で「そのため、すぐにでも、バンドルアプローチを準備し、シングルサインオン、コンテンツを他の製品に取り込むなど、早い段階で何らかの利益を得られるよう取り組んでいます」と述べた。</p>\n<p>「しかし、主な目的は技術的なプラットフォームを調和させ、非常に強力な消費者直結型の製品とプラットフォームを構築することであり、これにはしばらく時間がかかるだろう」と述べた。また、現在大きなコスト要因となっている、サービスのマーケティングを最適化することで、両社はより直接的な利益を得ることができるようになると同氏は述べている。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://variety.com/2022/tv/news/discovery-warnermedia-merger-approvbed-investor-vote-1235201881/\" rel=\"noopener\">430億ドル(約5兆円)規模のこの合併</a>は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theverge.com/2022/2/9/22925327/discovery-warnermedia-att-merger-antitrust-clearance-ftc\" rel=\"noopener\">米国</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://deadline.com/2021/12/discovery-warnermedia-merger-att-european-commission-1234900737/\" rel=\"noopener\">EU</a>の承認を得て第2四半期に完了する予定だが、新しいWarner Bros. Discovery(ワーナー・ブラザース・ディスカバリー)は、HBO/HBO Max、CNN、Warner Bros. (TV and film studios)、DC Films、TBS、TNT、TruTV、Cartoon Network/Adult Swim、Turner Sportsなどと、従来のケーブルテレビ加入者が知っている DiscoveryのHGTV、Discovery Channel、Discovery+、Food Network、TLC、ID、Travel Channel、Animal Planet、Science Channel、OWNなどを統合した、強力なメディア帝国となることが予想される。この取引が完了すると、新メディア会社はDiscoveryのCEOであるDavid Zaslav(デヴィッド・ザスラブ)氏によって運営され、ウィーデンフェルス氏は引き続きCFOとして統合会社で務めることになる。</p>\n<p>今朝のイベントで、ウィーデンフェルス氏は、2つのストリーミングサービスを組み合わせることで、それぞれのサービスが単独で行うよりも、男性と女性の両方の層によりよく届くようになることを示唆した。</p>\n<div id=\"attachment_475790\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475790\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475790 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"361\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg?resize=300,106 300w, /wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg?resize=768,271 768w, /wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg?resize=1024,361 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg?resize=1536,542 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg?resize=1135,400 1135w, /wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg?resize=400,141 400w, /wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg?resize=738,260 738w, /wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg?resize=640,226 640w, /wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg?resize=220,78 220w, /wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg?resize=281,99 281w, /wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg?resize=250,88 250w, /wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg?resize=125,44 125w, /wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg?resize=1566,552 1566w, /wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg?resize=600,212 600w, /wp-content/uploads/2022/03/discovery-plus-devices.jpeg?resize=50,18 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-475790\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Discovery</p></div>\n<p>「HBO Maxはよりプレミアムで男性向けな位置づけにあり、Discoveryは女性向けです。HBO Maxの出来事中心のコンテンツに対して、Discoveryのコンテンツは日常的に楽しんでいただけるものです。これらを合わせると、老若男女を対象とした四象限で最も完成度の高い製品ができることは間違いないと思っています」と述べている。</p>\n<p>また、ウィーデンフェルス氏は、長期的な戦略として、サービスをバンドルするのではなく、組み合わせるという決断に至った同社の考え方について、さらに詳しく説明した。Disney(ディズニー)がこれまでバンドルで成功してきたことを認めながらも、同社は「20万時間のコンテンツポートフォリオ」を含む「完璧な火力」を、価値あるタイトルと迅速に投入する新しいタイトルと、1つのソリューションにまとめることが競争力を高めるための最善の方法だと考えるようになったという。</p>\n<p>この2つのサービスは、2021年末までに<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/05/hbo-including-hbo-max-ends-2021-with-73-8-million-global-subscribers/\" rel=\"noopener\">HBO Maxが全世界で7380万人</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://variety.com/2022/tv/news/discovery-streaming-subscribers-22-million-discovery-plus-1235188590/\" rel=\"noopener\">Discovery+が2200万人</a>に達するなど、すでに単独でも確かな加入者数を誇っている。</p>\n<p>HBO MaxとDiscovery+がすでにそのモデルで成功を収めているように、最終的に登場する統合サービスも、広告サポートと広告なしの層を提供する可能性が高いとCFOは指摘している。</p>\n<p>「これは、我々にとって非常に効果的です。Disneyも同じ結論に達したと聞いてうれしく思いました」とウィーデンフェルス氏は語った。「プレミアム価格を支払ってもいいという層があります。もう1つは、もっと安い価格がいい、広告なんて気にしないという人たちです」このようなユーザーは、驚くことに数分の広告を本当に迷惑なものだとは思っていないという。</p>\n<p>「そのため、私たちが市場に出てくる時は、そのような構造になる可能性が非常に高い」と述べた。</p>\n<p>同社によると、このサービスを市場に投入するタイミングは、数週間ではなく数カ月かかるというが、数年ではなく数カ月で実現したいとのことだ。</p>\n<p>今後のサービスの価格はまだ不明だが、HBO Maxは広告付きで月額9.99ドル(約1170円)、広告なしで月額14.99ドル(約1760円)、Discovery+は広告付きで月額4.99ドル(約580円)、広告なしで月額6.99ドル(約820円)となっている。</p>\n<p>この合併に先立ち、ストリーミングの世界では、エコシステムの競争力向上が既存企業に影響を与えているようで、少しずつ整理がされてきている。例えば、Netflixはここ数年来、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/21/2022-01-20-netflix-q4-2021-results-subscriber-numbers/\" rel=\"noopener\">加入者数の伸びが低下</a>している。同社は現在、加入者を増やし、維持する方法として、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/10/2021-11-09-netflix-launches-games-to-iphone-and-ipad-users-worldwide/\" rel=\"noopener\">モバイルゲームの追加</a>を通じてサービスの付加価値を高めようとしている。一方、Disneyは、Hulu/Disney+/ESPN+のバンドルサービスをより魅力的なものにし、一部の<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/11/hulu-live-tv-to-now-throw-in-an-unlimited-dvr-a-part-of-its-base-plan/\" rel=\"noopener\">高価なアドオン</a>をコアバンドルの一部とすることで<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/19/hulu-live-tv-is-adding-disney-and-espn-to-its-service-for-an-additional-5-per-month/\" rel=\"noopener\">加入を促進</a>している。また、Paramount+は、この夏から<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/16/paramount-to-include-showtime-as-company-bets-on-streaming-future/\" rel=\"noopener\">Showtimeを直販サービスに加え</a>、サービスを統合することを決定した。</p>\n<p><small>画像クレジット:Presley Ann/Getty Images for WarnerMedia</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/14/hbo-max-and-discovery-will-be-combined-into-one-service-following-merger/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1178935742.jpg",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475782,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475782,
            "tagId": 9369,
            "tag": {
              "id": 9369,
              "slug": "discovery",
              "name": "Discovery(企業)",
              "description": "「ディスカバリーチャンネル」や「アニマルプラネット」などケーブルテレビ向けの専門チャンネルを運営する米国のメディア関連企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475782,
            "tagId": 66659,
            "tag": {
              "id": 66659,
              "slug": "hbo",
              "name": "HBO(企業)",
              "description": "HBOは、アメリカの衛星テレビ / ケーブルテレビ放送局。"
            }
          },
          {
            "postId": 475782,
            "tagId": 366270918,
            "tag": {
              "id": 366270918,
              "slug": "movies",
              "name": "映画(用語)",
              "description": "映画に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475782,
            "tagId": 366272768,
            "tag": {
              "id": 366272768,
              "slug": "video-streaming",
              "name": "動画配信 / 動画ストリーミング(用語)",
              "description": "動画配信 / 動画ストリーミングに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475855,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475855,
        "slug": "2022-03-15-meta-faces-prosecution-in-south-africa-for-alleged-antitrust-breach",
        "createdAt": "2022-03-15T23:15:53.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-15T23:06:10.000Z",
        "title": "メタ、南アフリカで独占禁止法違反の疑いで起訴される",
        "content": "<p>Meta(メタ)は、南アフリカの競争規制機関である競争委員会(Competition Commission)が、政府のスタートアップであるGovChatと#LetsTalkが同社のWhatsApp Business APIを使用することを阻止する意図が競争的でないと判断したため、起訴の危機に直面している。</p>\n<p>2021年3月から同社に対する不公正行為の申し立てを調査してきた同委員会は、支配的地位の濫用や制限的慣行に関する苦情を裁定する競争審判所(Competition Tribunal)にMeta(旧Facebook)の起訴を付託した。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.compcom.co.za/wp-content/uploads/2022/03/FACEBOOK-PROSECUTED-FOR-ABUSING-ITS-DOMINANCE.pdf\" rel=\"noopener\">その付託の中で</a>、規制当局はMetaに「最大ペナルティ」である米国企業の現地での売上高の10%の罰金を払わせるよう勧告している。</p>\n<p>同委員会は、Metaが「2020年7月か同時期」に、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.govchat.org/about/\" rel=\"noopener\">GovChat</a>と#LetsTalkが同社のWhatsApp Business APIを使用できないようにすると脅したと主張している。さらに、Metaはスタートアップによるデータ使用について不当な制限を課し、Metaの製品と競合する可能性のある新製品やサービスを革新して開発する能力を制限したと付け加えている。</p>\n<p>「……WhatsApp Business APIへのアクセスを規定する規約は、GovChatがもたらす潜在的な競争や、Facebookが新しいサービスや製品の開発を可能にするために取得した膨大なデータなどの面でFacebookを保護し、競争から遮断するために設計されています」と規制当局は声明で述べている。</p>\n<p>GovChatは、WhatsApp Business APIを使用してリアルタイムのコミュニケーションを促進する市民エンゲージメントプラットフォームとして、南アフリカ政府によって2018年に立ち上げられた。現在、政府のデータによると、870万人のアクティブユーザーを抱え、5億8200万件以上のメッセージを処理している。</p>\n<p>GovChatは、道路の穴などの市民問題に関する警告や苦情の発信源となっているほか、新型コロナのパンデミック時の救難支援など、社会保障の申請処理に政府によって利用されてきた。GovChatのプラットフォームを通じて、これまで1330万件以上の申請が提出されている。</p>\n<p>今回の送検は、南アフリカを含むアフリカ5カ国の競争監督機関が、アフリカのデジタルプラットフォームの出現と拡大を制限する障害に対する共同行動を促進することなどを議題とする覚書に署名した数日後に行われた。この合意の他の締約国は、エジプト、ケニア、モーリシャス、ナイジェリアである。</p>\n<p>MetaはTechCrunchに送った声明の中で「WhatsApp(ワッツアップ)が市場から企業を排除しようとしたり、反競争的行為を行ったことを示す証拠はない」と述べ、一方でGovChatは「当社のオンボーディングプロセスを経ずにWhatsApp APIに組織を登録することにより設定条件に違反した民間企業です。これは、当社サービスの利用を希望するすべての組織に要求されるもので、当社のサービスを誰が利用しているかを把握し、組織が当社のプライバシー保護方針に同意していることを意味します。WhatsAppは、独自のWhatsApp Business APIと世界中のユーザーの利益を守るために、あらゆる合理的な手段を講じる権利を擁護します」と述べている。</p>\n<p>また、南アフリカのWhatsApp広報担当者は次のように述べた。「WhatsAppは、信頼できる情報源から重要な情報を人々に提供するのに役立っており、南アフリカ国民と政府をつなぐ役割を担っていることを認識しています。だからこそ、国際的に認められた規制基準を遵守してGovChatと協力し、このサービスを提供したいのです」。</p>\n<p>「ですが、GovChatは、国民とその情報を保護するために作られた我々のポリシーに従うことを繰り返し拒否し、国民よりも自らの商業的利益を優先させることを好んでいます。我々は、WhatsAppを悪用から守り、ユーザーを保護し続けます」と広報担当者は述べている。</p>\n<p>世界的に見ても、Metaは反競争的な行為の可能性があるとして、さまざまな監視の対象となっている。つい先週、欧州委員会は、MetaとGoogle(グーグル)の間のオンラインディスプレイ広告サービスに関する協定(コードネーム「Jedi Blue」)がEUの競争規則に違反しているかどうかを評価するため、正式な反トラスト調査を開始した。</p>\n<p>2018年9月のJedi Blue契約は、MetaのAudience NetworkがGoogleのオンライン広告枠入札プログラム「Open Bidding」に参加できるようにしたもので、この動きは他のアドテクサービスプロバイダーを排除して「オンラインディスプレイ広告の市場における競争を歪め、パブリッシャー、ひいては消費者に不利益を与える可能性がある」と欧州委員会は指摘している。</p>\n<p>一方、米連邦取引委員会は、ソーシャルメディア大手のMetaが、約10年前にInstagram(インスタグラム)とWhatsAppを買収するなど、反競争的行為によってSNSの独占を違法に維持しているとして、メタを違法独占で提訴している。</p>\n<p>本記事はMetaからのコメントを含め更新された。</p>\n<p><small>画像クレジット:Bryce Durbin / TechCrunch</small></p>\n<p>[原文へ]</p>\n<p>(文:Annie Njanja、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/facebook-meta-surveillance-2.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475855,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475855,
            "tagId": 81819,
            "tag": {
              "id": 81819,
              "slug": "facebook",
              "name": "Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)",
              "description": "世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス。それを運営する企業。2021年10月に「Meta」に社名変更。"
            }
          },
          {
            "postId": 475855,
            "tagId": 25699058,
            "tag": {
              "id": 25699058,
              "slug": "whatsapp",
              "name": "WhatsApp(製品・サービス)",
              "description": "WhatsAppは、リアルタイムでメッセージの交換ができる世界最大のスマートフォン向けインスタントメッセンジャーアプリケーション。現在はFacebook傘下。"
            }
          },
          {
            "postId": 475855,
            "tagId": 366272382,
            "tag": {
              "id": 366272382,
              "slug": "africa",
              "name": "アフリカ(国・地域)",
              "description": "アフリカに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475855,
            "tagId": 674897383,
            "tag": {
              "id": 674897383,
              "slug": "lawsuit",
              "name": "訴訟 / 裁判(用語)",
              "description": "訴訟や裁判に関連する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 475855,
            "tagId": 692508946,
            "tag": {
              "id": 692508946,
              "slug": "api",
              "name": "API(用語)",
              "description": "APIに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475855,
            "tagId": 692510990,
            "tag": {
              "id": 692510990,
              "slug": "antitrust",
              "name": "独占禁止法 / 反トラスト法(用語)",
              "description": "独占禁止法 / 反トラスト法に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475855,
            "tagId": 692511780,
            "tag": {
              "id": 692511780,
              "slug": "south-africa",
              "name": "南アフリカ(国・地域)",
              "description": "南アフリカに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475783,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475783,
        "slug": "2022-03-14-inflation-is-real-google-cloud-raises-its-storage-prices",
        "createdAt": "2022-03-15T11:20:00.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T02:15:42.000Z",
        "title": "Google Cloudが大幅値上げ、2022年10月1日から実施",
        "content": "<p>クラウドインフラのレンタル料金は、通常時間が経つにつれて安くなるが、米国時間3月15日、Google Cloud(グーグル・クラウド)がその流れに逆らって、多くのコアサービスで<a target=\"_blank\" href=\"https://cloud.google.com/blog/products/infrastructure/updates-to-google-clouds-infrastructure-pricing\" rel=\"noopener\">大幅な値上げ</a>を発表した。この値上げは、Googleが「より柔軟な価格モデルとオプション」を提供したいとの名目で発表したもので、2022年10月1日から実施される予定だ。もちろんほとんどの開発者は<a target=\"_blank\" href=\"https://news.ycombinator.com/item?id=30671997\" rel=\"noopener\">喜んでいない</a>。</p>\n<p>悪いニュースばかりでもない。Googleの米国、欧州、アジア地域のアーカイブストレージの一部が値下げされ、より低価格のPersistent Diskアーカイブスナップショットオプションも登場する。また「Always Free Internet」(オールウェイズ・フリー・インターネット)の容量を1GB/月から100GB/月に引き上げる。</p>\n<p>しかし、マルチリージョンの<a target=\"_blank\" href=\"https://cloud.google.com/storage/docs/storage-classes\" rel=\"noopener\">Nearline</a>(ニアライン)ストレージなど、<a target=\"_blank\" href=\"https://cloud.google.com/storage/pricing-announce\" rel=\"noopener\">ストレージの中核機能</a>の多くは50%値上げとなる。Google CloudのColdline Storage Class A(コールドライン・ストレージ・クラスA)の利用料金は、1万オペレーションあたり0.10ドル(約12円)から0.20ドル(約24円)へと倍増となる予定だ。また、複数のリージョンに配置されたCloud Storageバケットから同じ大陸のリージョンにあるサービスのデータを読み出すことはこれまで無料だったが、今後は同じ大陸にあるGoogle Cloudのロケーション間で行われる他のデータ移動と同じように課金対象となる。</p>\n<p>ロードバランシングもまた、0.008ドル(約0.94円)から0.012ドル(約1.42円)の「データ送信処理料金」をGoogleが適用することによる値上げが行われる(地域によって料金は異なる)。Googleは、これで他の主要なクラウドプロバイダーと価格を揃えることができるという。</p>\n<p>同社のFAQにはこう書かれている「Google Cloud は、ビジネスを変革するための革新的なソリューションを、顧客志向の一貫した方法で提供しています。従量制の料金体系により、お客様はご利用になるサービスに合わせたコストでご利用いただけるようになります。また、お客様は主要なクラウドプロバイダーとのサービスをより簡単に比較することができるようになります」。</p>\n<p>他の大手クラウドプロバイダーのマーケティングチームは、この発表に大喜びだろうが、大量のデータを動かすのは大変なことだ。データの重力が話題になるのには理由がある。これは、顧客の流出を恐れることなく価格を引き上げることができる分野の1つだからだ。</p>\n<p>発表の文言はきれいに飾られているが、Googleはこれらの変更がもたらす影響を明確に認識している。FAQに書かれた、顧客は「アプリケーションを新しいビジネスモデルに合わせ、価格変化の影響の一部を和らげるために、現在の利用方法を適応させる必要があります」と書かれていることがそれを物語っている。</p>\n<p>Google(特にGoogle Cloud)は、顧客がサービスに依存しているにもかかわらず、ほとんど無作為に<a target=\"_blank\" href=\"https://news.ycombinator.com/item?id=30675506\" rel=\"noopener\">サービスを停止</a>するという世間の認識にすでに苦しめられている。その認識に、無作為に値上げを行うという認識も新たに加わった。同社が設定した野心的な成長目標を達成するために、セールスチームは残業を余儀なくされそうだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Sean Gallup/Getty Images / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/14/inflation-is-real-google-cloud-raises-its-storage-prices/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1173852317.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475783,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475783,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475783,
            "tagId": 6416607,
            "tag": {
              "id": 6416607,
              "slug": "google-cloud",
              "name": "Google Cloud(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475783,
            "tagId": 692515128,
            "tag": {
              "id": 692515128,
              "slug": "cloud-infrastructure",
              "name": "クラウドインフラストラクチャ(用語)",
              "description": "クラウドインフラストラクチャに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475589,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475589,
        "slug": "shirahama-airport",
        "createdAt": "2022-03-15T10:32:34.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-15T10:32:34.000Z",
        "title": "南紀白浜空港でHoloLens 2利用のスマートメンテナンスや複数ロボットの協調制御による来訪者案内などローカル5G活用実証",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"http://shirahama-airport.jp/company\" rel=\"noopener\">南紀白浜エアポート</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://jpn.nec.com/\" rel=\"noopener\">日本電気</a>(NEC)、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.thk.com/?q=jp\" rel=\"noopener\">THK</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.oriconsul.com/\" rel=\"noopener\">オリエンタルコンサルタンツ</a>は3月14日、和歌山県南紀白浜空港においてローカル5Gなどのテクノロジーを活用し様々な課題解決を図る実証実験を実施すると発表した。</p>\n<p>また、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.microsoft.com/ja-jp\" rel=\"noopener\">日本マイクロソフト</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.toppan.co.jp/\" rel=\"noopener\">凸版印刷</a>が協力し、MR(複合現実。Mixed Reality)やロボットによる新技術・新サービスを試行する。今回の実証実験により、地方の業務環境創出と来訪者増大を目指す。実証期間は2023年3月31日まで。</p>\n<p>実験は3種類あり、南紀白浜空港の空港ターミナル内と航空機の駐機場所(エプロン)、滑走路周りの場周道路を対象に行われる。これらの場所において、4.8~4.9GHzを利用する固定型と可搬型のローカル5G基地局を活用し、高速大容量・低遅延なローカル5Gネットワークを構築する。</p>\n<h2>HoloLens 2を利用したスマートメンテナンス</h2>\n<p>Microsoft HoloLens 2、NECの点群データ活用侵入検知技術、ローカル5Gの大容量通信を組み合わせて制限表面を樹木などが超えていないか分析・検知し、点検者のHoloLens 2に表示を行い点検時の見落としを防ぐ。制限表面とは、航空機の安全な航行を目的として飛行場の周辺空間に設定される面のこと。また路面劣化などの点検時は、HoloLens 2上で現実空間に過去の点検記録を重ね合わせて表示し、目視よりも作業時間を短縮し確認の効率化を目指す。熟練労働者の技術力継承の一助とし、生産性が高い業務環境創出を実現する。</p>\n<div id=\"attachment_475597\" style=\"width: 1010px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475597\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475597 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?w=1000\" alt=\"制限表面を超えた樹木を検知した際のHoloLens 2の映像\" width=\"1000\" height=\"740\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg 1000w, /wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?resize=300,222 300w, /wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?resize=768,568 768w, /wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?resize=541,400 541w, /wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?resize=400,296 400w, /wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?resize=738,546 738w, /wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?resize=474,350 474w, /wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?resize=486,360 486w, /wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?resize=220,163 220w, /wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?resize=232,172 232w, /wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?resize=169,125 169w, /wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?resize=125,93 125w, /wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?resize=81,60 81w, /wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?resize=746,552 746w, /wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?resize=496,367 496w, /wp-content/uploads/2022/03/03-10.jpg?resize=50,37 50w\" sizes=\"(max-width: 1000px) 100vw, 1000px\" /><p id=\"caption-attachment-475597\" class=\"wp-caption-text\">制限表面を超えた樹木を検知した際のHoloLens 2の映像</p></div>\n<h2>複数ロボット協調制御による来訪者案内・デジタルサイネージ広告</h2>\n<p>THKのサイネージロボットとNECの複数ロボット協調制御技術を活用し、空港内を2台のロボットが協調連携しながら分担して来訪者を目的地まで案内する。案内後は移動型デジタルサイネージによる宣伝広告に切り替わる。加えて、ローカル5Gネットワークを利用しロボット搭載カメラから映像を取得することで、オペレーターが遠隔地からロボットを操作し案内することも可能。これにより、案内スタッフのテレワークの実現と、省人化・無人化されたサービスや業務の柔軟かつスピーディーな開発・社会実装に大きな役割を果たすとのこと。</p>\n<div id=\"attachment_475599\" style=\"width: 778px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475599\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475599 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/05-2.jpg?w=768\" alt=\"1台目のロボットから2台目のロボットに案内を引き継ぐ様子\" width=\"768\" height=\"1024\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/05-2.jpg 800w, /wp-content/uploads/2022/03/05-2.jpg?resize=225,300 225w, /wp-content/uploads/2022/03/05-2.jpg?resize=768,1024 768w, /wp-content/uploads/2022/03/05-2.jpg?resize=300,400 300w, /wp-content/uploads/2022/03/05-2.jpg?resize=400,534 400w, /wp-content/uploads/2022/03/05-2.jpg?resize=738,984 738w, /wp-content/uploads/2022/03/05-2.jpg?resize=270,360 270w, /wp-content/uploads/2022/03/05-2.jpg?resize=165,220 165w, /wp-content/uploads/2022/03/05-2.jpg?resize=129,172 129w, /wp-content/uploads/2022/03/05-2.jpg?resize=94,125 94w, /wp-content/uploads/2022/03/05-2.jpg?resize=45,60 45w, /wp-content/uploads/2022/03/05-2.jpg?resize=414,552 414w, /wp-content/uploads/2022/03/05-2.jpg?resize=275,367 275w, /wp-content/uploads/2022/03/05-2.jpg?resize=37,50 37w\" sizes=\"(max-width: 768px) 100vw, 768px\" /><p id=\"caption-attachment-475599\" class=\"wp-caption-text\">1台目のロボットから2台目のロボットに案内を引き継ぐ様子</p></div>\n<h2>MR空間でペイントしたオリジナル飛行機の着陸見学</h2>\n<p>南紀白浜空港では、バックヤードツアーとして、滑走路の間近からの航空機の離発着見学など普段は立ち入ることのできない空港の裏側を巡る<a target=\"_blank\" href=\"http://shirahama-airport.jp/information/backyard-tour\" rel=\"noopener\">体験ツアー</a>を実施している。このツアーのコンテンツ拡充を見据え、ローカル5Gの低遅延・リアルタイム伝送という特徴とMR技術とを活用し、新たな観光体験を提供する新サービスの実証を行う。</p>\n<p>6社は、将来的にHoloLens 2などMRデバイスにおける現実空間とデジタル空間の位置を調整する方法の高度化や、複数ロボットの協調制御機能を空港・他業種のソリューションに応用するなど、今後もローカル5Gを活用し南紀白浜空港の魅力を向上させ、生産性が高く働きがいのある業務環境の創出、来訪者の増加という課題解決を目指す。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-14.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475589,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475589,
            "tagId": 200,
            "tag": {
              "id": 200,
              "slug": "travel",
              "name": "旅行 / 旅行業界 / 観光(用語)",
              "description": "旅行 / 旅行業界 / 観光に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475589,
            "tagId": 62715,
            "tag": {
              "id": 62715,
              "slug": "nec",
              "name": "日本電気 / NEC(企業)",
              "description": "住友グループの電機メーカー。"
            }
          },
          {
            "postId": 475589,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475589,
            "tagId": 361117,
            "tag": {
              "id": 361117,
              "slug": "5g",
              "name": "5G(用語)",
              "description": "5Gに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475589,
            "tagId": 321199463,
            "tag": {
              "id": 321199463,
              "slug": "hololens",
              "name": "Microsoft HoloLens(製品・サービス)",
              "description": "Microsoftが開発するヘッドマウントディスプレイ方式の複合現実ウェアラブルコンピュータ。"
            }
          },
          {
            "postId": 475589,
            "tagId": 366272115,
            "tag": {
              "id": 366272115,
              "slug": "mr",
              "name": "複合現実 / MR(用語)",
              "description": "Mixed Reality。混複合現実 / MRに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475589,
            "tagId": 366276057,
            "tag": {
              "id": 366276057,
              "slug": "airport",
              "name": "空港(用語)",
              "description": "空港に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475589,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475715,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475715,
        "slug": "jst-preprint-server-jxiv",
        "createdAt": "2022-03-15T08:23:44.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T08:29:05.000Z",
        "title": "研究成果の迅速な公開とオープンサイエンス推進に向け、本格的プレプリント(査読前論文)サーバーJxivが3月24日公開",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.jst.go.jp/\" rel=\"noopener\">科学技術振興機構</a>(JST)は3月11日、査読前の研究論文(プレプリント)を公開するためのプレプリントサーバー「Jxiv」(ジェイカイブ。<a target=\"_blank\" href=\"https://jxiv.jst.go.jp/\" rel=\"noopener\">https://jxiv.jst.go.jp/</a>)の運用を、2022年3月24日から開始すると発表した。<a target=\"_blank\" href=\"https://arxiv.org/\" rel=\"noopener\">arXiv</a>(アーカイブ)をはじめ、プレプリントの公開が世界的な流れになっていることから、JSTは、研究成果の迅速な公開と<a target=\"_blank\" href=\"https://rcos.nii.ac.jp/document/openscience/\" rel=\"noopener\">オープンサイエンス</a>の推進を目指してJxivを構築した。</p>\n<p>研究論文を発表するには、学術誌に投稿し、査読や修正を経て掲載され、一般に公開されるという流れになる。しかし、査読や修正には長くて数年の時間がかかることもある。そのため研究成果をいち早く公開して研究コミュニティーに貢献しようと、プレプリントを公開する研究者がいる。それがこのコロナ禍で研究成果の早急な共有が求められるようになり、プレプリントの公開が急増したという。一方、日本にはプレプリントを公開できる本格的なサーバーがなかったため、世界に比べてその公開数は少なかった。</p>\n<p>Jxivには、自然科学、人文学、社会科学、学術融合領域などすべての研究分野のプレプリントを、国内外から投稿できる。論文は日本語でも英語でも構わない。ただし投稿には、研究者のための識別コード「<a target=\"_blank\" href=\"https://orcid.org/\" rel=\"noopener\">ORCD</a>」と、JSTが運営する研究者用情報データベース「<a target=\"_blank\" href=\"https://researchmap.jp/\" rel=\"noopener\">researchmap</a>」のIDを所有していることが条件となる。</p>\n<p>投稿されたプレプリントは、スクリーニングを経て、論文や研究データの国際的な識別子「DOI」(Digital Object Identifier)と、再利用のためのライセンス条件が付与され、オープンコンテンツとして公開される。学術誌から出版されるまでの間に改版することも可能。学術誌で査読付き論文として出版・公開された後もJxivでの公開は継続される。プレプリントの投稿、公開、閲覧はすべて無料(閲覧の際には、専門家の査読を経ていない点に注意)。</p>\n<p>学術誌から出版される前に研究成果を公開できるようにすることで、「研究者自身の研究が加速するだけでなく、研究コミュニティー全体の活性化も期待できます」とJSTは話している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-007-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475715,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475715,
            "tagId": 692517490,
            "tag": {
              "id": 692517490,
              "slug": "japan-science-and-technology-agency",
              "name": "科学技術振興機構 / JST(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475646,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475646,
        "slug": "2022-03-14-instagram-is-now-blocked-in-russia",
        "createdAt": "2022-03-14T23:00:14.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-15T04:25:04.000Z",
        "title": "ロシア、脅迫どおりInstagramのアクセスをブロック",
        "content": "<p>ロシアは現地時間3月14日、Meta(メタ)傘下のInstagram(インスタグラム)をブロックするという<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/12/2022-03-11-russia-instagram-block/\" rel=\"noopener\">脅迫を実行し</a>、同国のユーザー数千万人へのアクセスを遮断した。</p>\n<p>ロシアではInstagramは人気だ。Sensor Towerのデータによると、Metaのアプリの中で、ユビキタスなメッセージングサービスWhatsApp(ワッツアップ)に次いで2番目に人気がある。2014年以降、ロシアのApp StoreとGoogle Playで合わせて1億6600万回インストールされていて、Facebook(フェイスブック)の3倍人気がある。</p>\n<p>ロシア政府は48時間の「移行期間」を経てInstagramへのアクセスを制限すると同国の検閲機関Roskomnadzorが発表した後、InstagramのトップAdam Mosseri(アダム・モセリ)氏は同国の8000万人に影響を与えるロシアの行動を非難した。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">On Monday, Instagram will be blocked in Russia.  This decision will cut 80 million in Russia off from one another, and from the rest of the world as ~80% of people in Russia follow an Instagram account outside their country. This is wrong.</p>\n<p>&mdash; Adam Mosseri (@mosseri) <a href=\"https://twitter.com/mosseri/status/1502431327093604352?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 11, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>「ご存知のように、Meta Platforms Inc.は3月11日、同社のソーシャルネットワークFacebookとInstagramにロシア市民に対する暴力の呼びかけを含む情報の投稿を許可するという、前例のない決定を下しました」とRoskomnadzorは3月11日のブログ記事で、Metaがロシア人に対する暴力を助長したと非難している。</p>\n<p>ロイターは先週、ロシアのウクライナ侵攻を踏まえてMetaがコンテンツポリシーを密かに調整し、ウクライナ国内でのロシア兵に対する暴力の呼びかけを認めていると<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/world/kremlin-says-meta-would-have-cease-work-russia-if-reuters-report-is-true-2022-03-11/\" rel=\"noopener\">報じた</a>。</p>\n<p>同社のグローバル問題担当のNick Clegg(ニック・クレッグ)社長は、このポリシーの変更を「自衛の表現としての言論に対する人々の権利を守る」ための一時的な変更と位置づけ、<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/nickclegg/status/1502349805221126144\" rel=\"noopener\">これを擁護した</a>。</p>\n<p>「事実、もし私たちが何の調整もなしに標準的なコンテンツポリシーを適用した場合、私たちは今、侵攻する軍に対する抵抗と怒りを表現する普通のウクライナ人のコンテンツを削除することになり、それは当然受け入れ難いとみなされるでしょう」とクレッグ氏は書いている。</p>\n<p>ロシア政府によるInstagramの制限は厳しいように聞こえるが、経験豊富なユーザーはブロックされた同アプリにアクセスするためにVPNと<a target=\"_blank\" href=\"https://www.torproject.org/\" rel=\"noopener\">Tor</a>を使って自分の位置情報を隠す方法を見つけることができる。Twitter(ツイッター)は先週、ロシアの規制を考慮して独自の検閲回避策を開始し、ユーザーを<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/11/2022-03-09-twitter-tor-bypass-blocks/\" rel=\"noopener\">専用Torバージョン</a>に誘導している。</p>\n<p><small>画像クレジット:Bryce Durbin/TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/14/instagram-is-now-blocked-in-russia/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Taylor Hatmaker、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Instagram-1.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475646,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475646,
            "tagId": 393,
            "tag": {
              "id": 393,
              "slug": "censorship",
              "name": "検閲(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475646,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 475646,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475646,
            "tagId": 81819,
            "tag": {
              "id": 81819,
              "slug": "facebook",
              "name": "Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)",
              "description": "世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス。それを運営する企業。2021年10月に「Meta」に社名変更。"
            }
          },
          {
            "postId": 475646,
            "tagId": 599182,
            "tag": {
              "id": 599182,
              "slug": "twitter",
              "name": "Twitter / ツイッター(企業)",
              "description": "Twitter(ツイッター)は、ソーシャルネットワーキングサービス「Twitter」を提供する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475646,
            "tagId": 42653521,
            "tag": {
              "id": 42653521,
              "slug": "instagram",
              "name": "Instagram / インスタグラム(企業)",
              "description": "Instagram(インスタグラム)は、2010年10月にサービス開始した写真特化型SNS。2012年4月、Facebookが同社を10億ドルで買収すると発表。その後も独立して運営されている。日本でも「インスタ」という愛称で親しまれている。"
            }
          },
          {
            "postId": 475646,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475575,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475575,
        "slug": "virtualtgc",
        "createdAt": "2022-03-14T06:51:47.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-14T06:51:47.000Z",
        "title": "「東京ガールズコレクション」の世界観を完全再現した公式ファッション・メタバース「バーチャルTGC」が正式公開",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-475577\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg?w=1024\" alt=\"「東京ガールズコレクション」の世界観を完全再現した公式ファッション・メタバース「バーチャルTGC」が正式公開\" width=\"1024\" height=\"471\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg?resize=300,138 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg?resize=768,353 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg?resize=1024,471 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg?resize=1536,706 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg?resize=871,400 871w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg?resize=400,184 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg?resize=738,339 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg?resize=640,294 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg?resize=220,101 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg?resize=281,129 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg?resize=250,115 250w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg?resize=125,57 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg?resize=1201,552 1201w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg?resize=600,276 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-001.jpg?resize=50,23 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><a target=\"_blank\" href=\"https://eex.co.jp/\" rel=\"noopener\">IMAGICA EEX</a>(イマジカ イークス)と、ファッションフェス「東京ガールズコレクション」(TGC)を企画・制作する<a target=\"_blank\" href=\"https://w-tokyo.co.jp/\" rel=\"noopener\">W TOKYO</a>は3月14日、TGC公式メタバース「<a target=\"_blank\" href=\"https://virtualtgc.girlswalker.com/\" rel=\"noopener\">バーチャルTGC</a>」の本格ローンチを発表した。両社共同開発のもと2021年β版として公開していたもので、本日<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tgc.virtualtgc\" rel=\"noopener\">Android版</a>・<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/jp/app/id1579275152\" rel=\"noopener\">iOS版</a>アプリを公開した(開発プラットフォームはLUDUS)。3月21日開催の「<a target=\"_blank\" href=\"https://tgc.girlswalker.com/\" rel=\"noopener\">東京ガールズコレクション 2022 SPRING/SUMMER</a>」をバーチャル空間でも体験できるとしており、生配信などを行う予定。</p>\n<p>バーチャルTGCは、従来リアル会場で公開していたファッションショーやアーティストライブの熱狂、話題のアイテムを試用できるブースなど、TGCの世界観を3Dバーチャル空間に再現したというもの。また、バーチャル空間ならではのアトラクションやスペシャルイベントなど、様々なコンテンツを追加した「リアルより楽しいかもしれない」メタバースアプリとしている。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-475578\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg?w=1024\" alt=\"「東京ガールズコレクション」の世界観を完全再現した公式ファッション・メタバース「バーチャルTGC」が正式公開\" width=\"1024\" height=\"473\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg 1792w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg?resize=300,139 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg?resize=768,355 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg?resize=1024,473 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg?resize=1536,710 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg?resize=866,400 866w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg?resize=400,185 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg?resize=738,341 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg?resize=640,296 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg?resize=220,102 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg?resize=281,130 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg?resize=250,116 250w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg?resize=125,58 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg?resize=1195,552 1195w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg?resize=600,277 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-002.jpg?resize=50,23 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>空間内では、「ロビーエリア」「ステージエリア」「VIPラウンジ」の3エリアを用意。ロビーエリアでは、ブースやSNS映えスポット、アトラクションなど様々な体験コンテンツを設置。ステージエリアには巨大スクリーンが設置され、リアル会場のバーチャルTGC専用カメラによる独自アングル映像で、臨場感の高いスペシャルパブリックビューイング(生配信)を実施するという。またVIPラウンジは、空間内に隠された5つの鍵を集めると入室可能になる。VIPラウンジ限定のイベントも開催。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-475579\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg?w=1024\" alt=\"「東京ガールズコレクション」の世界観を完全再現した公式ファッション・メタバース「バーチャルTGC」が正式公開\" width=\"1024\" height=\"207\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg?resize=300,61 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg?resize=768,155 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg?resize=1024,207 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg?resize=1536,310 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg?resize=1980,400 1980w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg?resize=400,81 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg?resize=738,149 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg?resize=640,129 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg?resize=220,44 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg?resize=281,57 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg?resize=250,51 250w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg?resize=125,25 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg?resize=1735,350 1735w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg?resize=600,121 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-003.jpg?resize=50,10 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>ユーザーは、今季のトレンドを取り入れた、ファッション・メタバースならではのスタイリングやヘアスタイルのアバターから好みのものを選択して参加可能。また今回より、細かく顔のパーツをカスタマイズでき、自分だけのオリジナルアバターを作れるようにした。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-475580\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg?w=1024\" alt=\"「東京ガールズコレクション」の世界観を完全再現した公式ファッション・メタバース「バーチャルTGC」が正式公開\" width=\"1024\" height=\"473\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg 1792w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg?resize=300,139 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg?resize=768,355 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg?resize=1024,473 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg?resize=1536,710 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg?resize=866,400 866w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg?resize=400,185 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg?resize=738,341 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg?resize=640,296 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg?resize=220,102 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg?resize=281,130 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg?resize=250,116 250w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg?resize=125,58 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg?resize=1195,552 1195w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg?resize=600,277 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-004.jpg?resize=50,23 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>毎日のログインや巨大迷路クリア、ブースに設置されたガチャなどで入手できる「デジタルコイン機能」を新たに追加。集めたデジタルコインはロビーエリアに設置されたITEM SHOPで使用可能。アバターの洋服やアクセサリーなどを購入できる。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-475581\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg?w=1024\" alt=\"「東京ガールズコレクション」の世界観を完全再現した公式ファッション・メタバース「バーチャルTGC」が正式公開\" width=\"1024\" height=\"473\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg 1792w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg?resize=300,139 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg?resize=768,355 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg?resize=1024,473 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg?resize=1536,710 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg?resize=866,400 866w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg?resize=400,185 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg?resize=738,341 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg?resize=640,296 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg?resize=220,102 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg?resize=281,130 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg?resize=250,116 250w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg?resize=125,58 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg?resize=1195,552 1195w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg?resize=600,277 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-005.jpg?resize=50,23 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-14-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475575,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475575,
            "tagId": 366271451,
            "tag": {
              "id": 366271451,
              "slug": "fashion",
              "name": "ファッション / 衣料(用語)",
              "description": "ファッション / 衣料に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475575,
            "tagId": 692507344,
            "tag": {
              "id": 692507344,
              "slug": "metaverse",
              "name": "メタバース(用語)",
              "description": "メタバースに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475494,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475494,
        "slug": "2022-03-11-youtube-is-now-blocking-russia-state-affiliated-media-globally",
        "createdAt": "2022-03-13T23:45:08.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-13T22:32:07.000Z",
        "title": "YouTubeがロシア国営メディアを世界的にブロック",
        "content": "<p>ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に対応するポリシーをさらに拡大し、YouTube(ユーチューブ)はクレムリンの支援を受けたメディアを、欧州だけでなく世界的にブロックすると発表した。欧州では現地時間3月2日以降、ロシア国営メディアであるRT(旧ロシア・トゥデイ)とSputnik(スプートニク)、およびその子会社が、欧州連合(EU)による制裁として、放送や配信を<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/04/2022-03-02-eu-rt-sputnik-ban-live/\" rel=\"noopener\">禁じられている</a>。</p>\n<p>このコンテンツをブロックするYouTubeの措置はいかなる法的義務をも上回るものだが、まったく前例がないわけではない。Apple(アップル)はウクライナのMykhailo Fedorov(ミハイロ・フェドロフ)副首相から要請を受け、世界中のApp Store(アップ・ストア)からRTとスプートニクのアプリを引き上げた。フェドロフ副首相はアップルのTim Cook(ティム・クック)CEO宛に、ロシアでのデバイス販売の停止とApp Storeへのアクセスを完全に遮断することを求める<a target=\"_blank\" href=\"https://www.imore.com/ukraine-requests-apple-stop-product-sales-and-access-app-store-russia\" rel=\"noopener\">書簡を送っている</a>(<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/02/2022-03-01-apple-halts-product-sales-in-russia-following-ukraine-invasion/\" rel=\"noopener\">アップルはロシアでの製品販売も停止した</a>)。</p>\n<p>つまり、YouTubeの文言は、EUが制裁した(合計で)6つのRTとスプートニクの事業を禁止するよりも、さらに進んでいく可能性を示唆しているということだ。同社は現在「ロシアの国営メディアとそれに関連するYouTubeチャンネルへのアクセスを、全世界的にブロックしている」と書いている(なお、TechCrunchでは禁止の範囲についての明確化を同社に求めているところだ)。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">2/ In line with that, we are also now blocking access to YouTube channels associated with Russian state-funded media globally, expanding from across Europe. This change is effective immediately, and we expect our systems to take time to ramp up.</p>\n<p>&mdash; YouTubeInsider (@YouTubeInsider) <a href=\"https://twitter.com/YouTubeInsider/status/1502335085122666500?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 11, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>YouTubeが<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/YouTubeInsider/status/1502335085122666500\" rel=\"noopener\">ツイート</a>で発表したポリシーの更新によると、ロシアの国営メディアに対するYouTubeのブロック拡大は「直ちに実施」されるものの、この変更が有効になるまで時間がかかる可能性があると注意を促している。同プラットフォームは「システムの立ち上げには時間がかかることが予想されます」と書いている。</p>\n<p>もう1つの新たなステップとして、YouTubeはそのコミュニティガイドラインにある特定のポリシーから、ウクライナに焦点を当てた執行を実施するという。それは「十分に立証されている暴力事件」を、否定、軽視、または些細なものとして矮小化するコンテンツを禁止する規定だ。「私たちは現在、このポリシーに違反するロシアのウクライナ侵攻に関するコンテンツを削除しています」と、YouTubeは述べている。</p>\n<p>ここまで執行を強化することは、おそらく初めてであり(ポリシー自体は新しいものではないが)、これはウクライナ国内で起こっていると報じられている現実を否定するため量産され、急速に流布されているロシアのプロパガンダに対応することを意図しているものと思われる。</p>\n<p>例えば、ウクライナ南部の港町マリウポルがロシア軍に砲撃され、産科・小児科病院が爆破された最近の事件では、ロシアのメディアはすぐに陰謀論の標的にして、写真や動画に写った犠牲者が俳優であるとか、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.thetimes.co.uk/article/russian-embassy-pushes-conspiracy-theory-about-mariupol-victim-s7wncxcqn?utm_source=twitter&amp;utm_campaign=ukarine&amp;utm_medium=branded_social\" rel=\"noopener\">怪我をした演技をしている</a>と示唆した。さらに、ウクライナ軍兵士の大隊が狙撃位置についたため、病院から患者や職員がいなくなり、病院そのものが正当な標的となったという、同じ様な<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/bellingcat/status/1502199817883238400\" rel=\"noopener\">偽りの主張</a>も行っている。</p>\n<p>TechCrunchは、この執行発表に関するより幅広い背景についても、YouTubeに質問を送っている。</p>\n<p>YouTubeは、ウクライナ関連の措置を講じた最近の更新を実施して以降、ヘイトスピーチポリシー、誤報に関するポリシー、映像コンテンツなど、多くのポリシーに違反しているとして、1000以上のチャンネルと1万5000以上の動画を削除したと発表している。</p>\n<p>また、YouTubeは戦争に関する「質の高い」情報を増幅させる、つまりクレムリンのプロパガンダよりも真実の報道が優先されるようにするという、<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.google/inside-google/company-announcements/helping-ukraine/\" rel=\"noopener\">以前発表した</a>施策の進捗を示したいとも考えている。ユーザーをこのコンテンツに誘導する(ホームページのニュース速報と「トップニュース」セクションを通じて)変更を行って以来、ウクライナの「信頼できるニュースソース」の視聴回数は約1700万回を超えたと述べている。</p>\n<p>ロシアのYouTubeユーザーを対象とするさらなるステップで、YouTubeは同国の<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/05/2022-03-04-google-microsoft-sales-pause-russia/\" rel=\"noopener\">YouTube広告およびGoogle(グーグル)広告を一時的に停止</a>した措置を拡大し、ロシアのユーザーが同プラットフォーム上で収益化できる方法のすべてをカバーするようにした、つまり収益を生み出す機会をすべて断ち切ったことも認めた。これまでYouTubeは、ロシアのユーザーにいくつか収益化するための選択肢を残していた。</p>\n<p>Googleはまた、ロシアの銀行を標的とする西側の制裁措置によって生じた「決済システムの混乱」を理由に、ロシアにおけるGoogle Play(グーグル・プレイ)ストアでの課金や、YouTubeの支払いシステムを一時的に停止すると、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/11/2022-03-10-google-play-youtube-payment-pause-russia/\" rel=\"noopener\">米国時間3月10日に発表している</a>。</p>\n<p><small>画像クレジット:TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/11/youtube-is-now-blocking-russia-state-affiliated-media-globally/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Lomas、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/youtube-ios-app-1.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475494,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475494,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475494,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475494,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475494,
            "tagId": 366272768,
            "tag": {
              "id": 366272768,
              "slug": "video-streaming",
              "name": "動画配信 / 動画ストリーミング(用語)",
              "description": "動画配信 / 動画ストリーミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475494,
            "tagId": 366281374,
            "tag": {
              "id": 366281374,
              "slug": "eu",
              "name": "EU / 欧州連合(組織)",
              "description": "European Union。EU(欧州連合)に関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 475494,
            "tagId": 692513087,
            "tag": {
              "id": 692513087,
              "slug": "youtube",
              "name": "YouTube / ユーチューブ(製品・サービス)",
              "description": "YouTube / ユーチューブに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475460,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475460,
        "slug": "2022-03-11-makers-fund-mew-troph-metaverse-virtual",
        "createdAt": "2022-03-12T23:30:06.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-12T23:29:04.000Z",
        "title": "「アニメとコミックとゲーム」好きのためのバーチャルソーシャルアプリ「MEW」が米国でコミックファンを魅了",
        "content": "<div id=\"attachment_475462\" style=\"width: 740px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475462\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475462 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/mew0.jpg?w=730\" alt=\"\" width=\"730\" height=\"547\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/mew0.jpg 730w, /wp-content/uploads/2022/03/mew0.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/mew0.jpg?resize=534,400 534w, /wp-content/uploads/2022/03/mew0.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/mew0.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/mew0.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/mew0.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/mew0.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/mew0.jpg?resize=230,172 230w, /wp-content/uploads/2022/03/mew0.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/mew0.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/mew0.jpg?resize=490,367 490w, /wp-content/uploads/2022/03/mew0.jpg?resize=50,37 50w\" sizes=\"(max-width: 730px) 100vw, 730px\" /><p id=\"caption-attachment-475462\" class=\"wp-caption-text\">MEWの北京のオフィス。社員たちはアニメとコミックとゲーム(ACG)のファン</p></div>\n<p>Raven Gao(レイヴン・ガオ)氏は、メタバースの波に乗るために「<a target=\"_blank\" href=\"https://mew.fun/\" rel=\"noopener\">MEW</a>」というバーチャルのソーシャルプラットフォームをつくったのではなかった。彼はTencentにいた人と一緒に、2019年半ばにMEWを作り始めたが、それは彼自身のような、人付き合いがヘタで内向的な者のための、バーチャルな安息所を作りたかったからだ。</p>\n<p>MEWのインターフェースを初めて見た人は、戸惑うかもしれない。しかしこのアプリ独特の言葉遣いやグラフィクスは、「アニメと漫画とゲーム(ACG)」好きたちのサブカルチャーに明確にアピールするものだ、とガオ氏はいう。キュートなアニメ風の画像と柔らかい色遣いがアプリを飾り、コマンドボタンの言葉はACGファンにとっておなじみの用語だ。たとえば「signup」(ユーザー登録をする)ではなくて「create your traveling file(あなたの旅のファイルを作る)」となっている。ユーザーは、他のユーザーが管理しているDiscordに似たデザインの「本拠地」と呼ばれる関心別のハブで対話をする。MEWという名称は「Members of the Excellent World(すばらしい世界の仲間たち)」の略だが、ファンタジー好きたちの仲間意識が溢れている。</p>\n<p>MEWの最初のバージョンは2020年の半ばにローンチされ、その広がりは今でも大きくはない。毎日のアクティブユーザーは数万人だが、滞在時間は平均100分間と長い。ゲームや映画やアニメなど、自分の関心のハブに住み着くことになるが、自己改善やフットボールなど、作品の固有名詞ではなく普遍的な話題もある。</p>\n<p>シリコンバレーのMakers Fundが2020年初めにガオ氏に関心を示したが、当時中国の投資家たちの多くは、この創業者のことをTencentのような大手がすでに支配する業界で新たなソーシャルネットワークを作ろうとしている「変人」だと考えていた。2021年にはメタバースが米国でも中国でもブームになり、MEWの親会社であるTrophにも、突然自国の投資家たちが殺到した。</p>\n<p>Trophは2021年末に、中国の5Y CapitalとZoo Capitalから資金を調達し、資金の調達総額が1000万ドル(約11億7000万円)ほどになったが、同社はこれまで資金の額を発表していない。</p>\n<div id=\"attachment_475463\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475463\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475463 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"523\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg?resize=300,153 300w, /wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg?resize=768,392 768w, /wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg?resize=1024,523 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg?resize=784,400 784w, /wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg?resize=400,204 400w, /wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg?resize=738,377 738w, /wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg?resize=640,327 640w, /wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg?resize=220,112 220w, /wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg?resize=281,143 281w, /wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg?resize=245,125 245w, /wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg?resize=125,64 125w, /wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg?resize=118,60 118w, /wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg?resize=1081,552 1081w, /wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg?resize=600,306 600w, /wp-content/uploads/2022/03/mew1-1.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-475463\" class=\"wp-caption-text\">MEWアプリのスクリーンショット</p></div>\n<p>現在、バーチャルな世界とメタバースを作るというスタートアップが氾濫している。しかしながら、それらの一部はリアル世界を模倣する、バターを使ったソーシャルプラットフォームであるにすぎない。そして、それら以外は少しソーシャルな部分があるゲームにすぎないとガオ氏はいう。</p>\n<p>対照的にMEWでは、自分のオンラインにおける分身を誠実、正直かつ快適に生きることが求められる。</p>\n<p>共同創業者のQiang Li(チャン・リ)氏は、中国のPC時代に最も人気のあったソーシャルネットワークであるTencentのQQに5年間在籍し、メッセンジャーのiPad版のフロントエンドチームを率いていた。現在でもQQは、ゲーム化された機能を多く持ち、中国の若者の間で大きな人気を誇っている。</p>\n<p>MEWはまだマネタイズを始めていないが、ガオ氏は、広告やサブスクリプションや寄付といった従来のソーシャルネットワークにおける一般的な収益化のではない方法をとりたいと考えている。ユーザーを巻き込み、収入を共有するような方法が彼の狙いだ。</p>\n<p>「ユーザーが私たちのプロダクトに貢献できて、報酬をシェアできる方式を探求したい」とガオ氏いう。</p>\n<p>そのようなインセンティブの仕組みとして、当然ブロックチェーンがその候補として思い浮かぶが、ガオ氏によると、短期的にはコインの発行やブロックチェーンの採用はしないという。</p>\n<p>Trophの2022年における目標は米国進出で、中国と同じく、ゲームやアニメのファンの心を捉えたいとのこと。現在、中国に約30名のスタッフがいるが、米国のスタッフは現地で精力的に雇いたいという。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/11/makers-fund-mew-troph-metaverse-virtual/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Rita Liao、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/mew0.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475460,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475460,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 475460,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475460,
            "tagId": 364665489,
            "tag": {
              "id": 364665489,
              "slug": "china",
              "name": "中国(国・地域)",
              "description": "中国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475460,
            "tagId": 692507344,
            "tag": {
              "id": 692507344,
              "slug": "metaverse",
              "name": "メタバース(用語)",
              "description": "メタバースに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475442,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475442,
        "slug": "2022-03-11-russia-instagram-block",
        "createdAt": "2022-03-12T06:00:44.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-12T08:57:40.000Z",
        "title": "ロシアがInstagramのブロックを発表",
        "content": "<p>ロシア政府はInstagram(インスタグラム)へのアクセスを制限すると発表した。同国がウクライナ侵攻以来、海外の主流テックプラットフォームを標的とした最新の国家規制となる。</p>\n<p>ロシアは、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/world/europe/exclusive-facebook-instagram-temporarily-allow-calls-violence-against-russians-2022-03-10/\" rel=\"noopener\">ロイター</a>が先に報じた、Meta(メタ)によるヘイトスピーチポリシーの変更が原因だと非難している。</p>\n<p>だがこれは、プーチン氏がデジタル情報圏に対する支配力を強め続け、ロシア市民が国家のプロパガンダを迂回して戦争に関する検閲されていない情報にアクセスするのを阻む動きと一貫している。例えば、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.independent.co.uk/news/world/europe/ukraine-war-latest-russia-law-b2028440.html\" rel=\"noopener\">ロシア軍に関する独立した報道を犯罪とする新法</a>(「偽」の情報を広めた者には最高で15年の懲役の脅威がともなう)が可決されている。</p>\n<p>ロシア政府はInstagramのブロックを発表した<a target=\"_blank\" href=\"https://rkn.gov.ru/news/rsoc/news74176.htm?utm_source=t.co&amp;utm_medium=referral&amp;utm_campaign=t.co&amp;utm_referrer=t.co\" rel=\"noopener\">声明</a>の中で、インターネット規制当局Roskomnadzorが、Meta傘下の写真共有サイトであるInstagramへの「アクセスを制限する」と述べた。このプラットフォームが、兵士を含むロシア国民に対し「暴力行為を行うよう呼びかける内容を含む情報資料」(機械翻訳による翻訳)を広めるために使われているとある。</p>\n<blockquote><p>ロシア連邦検察庁の要求に基づき、ロシア連邦のInstagramソーシャルネットワーク(Meta Platforms, Inc.が所有)へのアクセスが制限されることになりました。</p>\n<p>Instagramのソーシャルネットワークは、兵士を含むロシア連邦の市民に対して暴力行為を行うよう呼びかける内容を含む情報資料を広めています。</p></blockquote>\n<p>本稿執筆時点で、ロシア国内のある関係者は、Instagramのアプリはまだアクセス可能だと話した。しかし、同筋は「すべての携帯電話事業者とインターネットプロバイダーがブロックするまでに、通常数日かかる」と指摘した。</p>\n<p>ロシア国内ではすでに<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/26/2022-02-25-russia-facebook-restricted-censorship-ukraine/\" rel=\"noopener\">Facebook</a>(フェイスブック)と<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/08/2022-03-07-twitter-russia-access/\" rel=\"noopener\">Twitter</a>(ツイッター)が規制の対象となっていたが、同国で非常に人気の高いInstagramはこれまで規制の対象として名前が挙がっていなかった。</p>\n<p>Instagramの<a target=\"_blank\" href=\"https://lb-aps-frontend.statista.com/statistics/1024733/instagram-users-russia/\" rel=\"noopener\">ロシア国内でのユーザー数は約6000万人</a>とみられている。</p>\n<p>Facebookは<a target=\"_blank\" href=\"https://www.google.com/url?q=/2022-02-25-russia-facebook-restricted-censorship-ukraine&amp;sa=D&amp;source=editors&amp;ust=1647078841832273&amp;usg=AOvVaw2WiR1oSKw6PxFDvkqgzKEW\" rel=\"noopener\">2月25日</a>、ロシア国内で「部分的」な規制を受けた。同プラットフォームは以前、多くの国営メディアへのアクセスを制限していた。</p>\n<p>同じ頃、Twitterのユーザーからもサイトへのアクセスに関する問題が報告された。同社はその後、ロシアのユーザーによるサービスへのアクセスが<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/08/2022-03-07-twitter-russia-access/\" rel=\"noopener\">「困難」だという報告があったことを認め</a>、完全なアクセスを回復するために取り組んでいることを明らかにした。</p>\n<p>Twitterは<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/11/2022-03-09-twitter-tor-bypass-blocks/\" rel=\"noopener\">それから</a>専用の「Tor onion」サービスを開始した。国家の検閲を回避して同社のネットワークにアクセスしようとする人のための回避策を提供している。Facebookは2014年から<a target=\"_blank\" href=\"https://facebookcorewwwi.onion/\" rel=\"noopener\">Torサービス</a>を提供している。</p>\n<p>Instagramに対するロシアの動きは、Metaによるポリシー変更に続くものだ。Metaのポリシー変更は、人権上の理由(<a target=\"_blank\" href=\"https://insiderpaper.com/un-slams-facebook-decision-on-violent-messages/\" rel=\"noopener\">国連からの指摘</a>を含む)で多方面からの批判に直面している。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/world/europe/exclusive-facebook-instagram-temporarily-allow-calls-violence-against-russians-2022-03-10/\" rel=\"noopener\">ロイター</a>は米国時間3月11日、Metaがウクライナ戦争を踏まえ、一部の国のユーザーが一部のロシア人に対する暴力を呼びかけることを一時的に許可したことを確認したと報じた。つまり、Metaが標準としているヘイトスピーチに関する規約を一時的に停止したということになる。</p>\n<p>「ロシアのウクライナ侵攻の結果、『ロシアの侵略者に死を』といった暴力的な言論のような、通常は規則に違反する政治的表現を一時的に許可した」と、Metaの広報担当者はロイターに声明を出し、さらに次のように述べた。「ロシアの民間人に対し暴力を求める信憑性をともなう呼びかけは、依然として認めていません」。</p>\n<p>ロイターが確認したコンテンツモデレーターへの内部メールには、ロシアのプーチン大統領やベラルーシのルカシェンコ大統領に向けられた殺害予告も許可される、ただしその予告が他の人も標的にしている、または追加の「信憑性の指標」(場所や方法など)を含んでいる場合は別だと明記されている。</p>\n<p>Instagramの制限を発表したRoskomnadzorの声明は、ヘイトスピーチポリシーの変更に関するMetaの広報担当による発表(ロシア政府は<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/andymstone\" rel=\"noopener\">Andy Stone</a>[アンディ・ストーン]氏を名指しで特定)を引用し、ポリシー変更により多くの国の住民が「軍人を含むロシア市民に対する暴力の要求を含む情報を投稿」できると主張している。</p>\n<p>Meta傘下の別のプラットフォームであるメッセージングアプリのWhatsApp(ワッツアップ)が同様の規制に直面するかどうかは明らかではない。</p>\n<p>WhatsAppはコメントを控えた。しかし、開かれたソーシャルネットワークではないため、ロシア当局の扱いは異なるという<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/rianru/status/1502268900150550529?s=20&amp;t=QV8BIaw4NDepfJoI4ep2oA\" rel=\"noopener\">報道</a>もある。</p>\n<p>しかし、ロシア政府はある点でさらに踏み込んだのは確かだ。これと並行して、国家調査委員会は3月11日、ロシアでMetaとその従業員に対して刑事告訴したと<a target=\"_blank\" href=\"https://en.sledcom.ru/news/item/1663494/\" rel=\"noopener\">発表した</a>。どうやら、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theguardian.com/world/2016/jun/26/russia-passes-big-brother-anti-terror-laws\" rel=\"noopener\">反テロ法</a>を徹底的に活用して、同社を「過激派組織」(「ロシア連邦の市民に対する殺人と暴力の違法な要求」と表現している)に指定するようだ。</p>\n<p>「そうした行為には、ロシア連邦刑法第280条および第205条第1項(過激派活動の公募、テロ活動の援助)に基づく犯罪の兆候も含まれます」と、ロシアの調査委員会は3月11日、Metaの暴力行為を認めるポリシー変更に言及した。</p>\n<p>「刑事事件の一部として、アンディ・ストーン氏とアメリカ企業の他の従業員の行動を法的に検討するため、必要な調査措置が実施されている」と付け加えている。</p>\n<p>ロシアには長い間、プーチン政権の批判者に向けられ、自己検閲を促すような強硬な「反テロ」法がある。</p>\n<p>2016年の改定では「過激派」に対する最高刑が4年から8年に引き上げられた。例えば、ウクライナへのロシアの関与に批判的なソーシャルメディア利用者に対して、この罪がますます問われるようになったと<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theguardian.com/world/2016/jun/26/russia-passes-big-brother-anti-terror-laws\" rel=\"noopener\">Guardian</a>(ガーディアン)は当時報じている。</p>\n<p>ロシアは現在、米国を拠点とするストーン氏、そして潜在的には他の無名のMeta従業員に対して、過激派だとして告発するつもりのようだ。</p>\n<p>明らかに、ロシアにいるMetaのスタッフは、逮捕や拘留の最大のリスクに直面している。主要なグローバルプラットフォームがトップダウンで適用する中央集権的なポリシー決定にともなう、非常に現実的な現場レベルでのリスクが、改めて浮き彫りになった。</p>\n<p>MetaとInstagramに対し、この最新の動きについてコメントを求めている。</p>\n<p>更新:InstagramのAdam Mosseri(アダム・モセリ)CEOは、8000万人のロシア人に影響を及ぼすと示唆した禁止令を「間違っている」とし、<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/mosseri/status/1502431327093604352\" rel=\"noopener\">ツイート</a>で反論した。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">On Monday, Instagram will be blocked in Russia.  This decision will cut 80 million in Russia off from one another, and from the rest of the world as ~80% of people in Russia follow an Instagram account outside their country. This is wrong.</p>\n<p>&mdash; Adam Mosseri (@mosseri) <a href=\"https://twitter.com/mosseri/status/1502431327093604352?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 11, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>MetaのNick Clegg(ニック・クレッグ)社長も、ロシアが同社を過激派組織として指定する計画を非難した。Twitterに投稿した声明で、ウクライナ国内でロシアに対するヘイトスピーチを一定程度認めるポリシー修正は「自国への軍事侵攻に対する自衛の表現としての言論の権利」を守るために必要だと弁明している。</p>\n<p>「私たちは、ロシア恐怖症や、私たちのプラットフォーム上でのロシア人に対するいかなる差別、嫌がらせ、暴力も容認しません」とクレッグ氏と付け加え、ポリシーの変更は「一時的」であり「異常で前例のない状況下で行われた」と述べた。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Responding to reports that the Russian government is considering designating Meta as an extremist organization for its policies in support of speech: <a href=\"https://t.co/Y8sUbZDSML\">pic.twitter.com/Y8sUbZDSML</a></p>\n<p>&mdash; Nick Clegg (@nickclegg) <a href=\"https://twitter.com/nickclegg/status/1502349805221126144?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 11, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p><small>画像クレジット:Bryce Durbin/TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/11/russia-instagram-block/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Lomas、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Instagram.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475442,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475442,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475442,
            "tagId": 81819,
            "tag": {
              "id": 81819,
              "slug": "facebook",
              "name": "Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)",
              "description": "世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス。それを運営する企業。2021年10月に「Meta」に社名変更。"
            }
          },
          {
            "postId": 475442,
            "tagId": 42653521,
            "tag": {
              "id": 42653521,
              "slug": "instagram",
              "name": "Instagram / インスタグラム(企業)",
              "description": "Instagram(インスタグラム)は、2010年10月にサービス開始した写真特化型SNS。2012年4月、Facebookが同社を10億ドルで買収すると発表。その後も独立して運営されている。日本でも「インスタ」という愛称で親しまれている。"
            }
          },
          {
            "postId": 475442,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475369,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475369,
        "slug": "2022-03-10-netflix-says-an-ad-supported-tier-still-isnt-in-its-plans-despite-the-disney-announcement",
        "createdAt": "2022-03-12T02:15:02.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-12T01:40:31.000Z",
        "title": "Netflix、Disney+の発表を受けても広告付きオプションはまだ計画にないと述べる",
        "content": "<p>Disney(ディズニー)は先週、同社のストリーミングサービスのDisney+に広告付きの定額制を導入する<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/05/2022-03-04-disney-is-getting-an-ad-supported-subscription-tier-later-this-year/\" rel=\"noopener\">計画を発表</a>したが、Netflix(ネットフリックス)は、自社の顧客向けに同様のオプションを用意することは当面の間、考えていないとしている。今週開催されたMorgan Stanely(モーガン・スタンリー)のテクノロジー・メディア・テレコム・カンファレンス で、NetflixのCFOであるSpencer Neumann(スペンサー・ノイマン)氏は、Netflixは必ずしも広告に反対しているわけではないが、広告付きモデルに傾倒することは「我々の計画にはない」と説明している。</p>\n<p>この役員に投げかけられた質問は、Netflixがサービスのエントリープライスポイントを下げる方法として、広告の利用を考えられるかどうかというものだった。そうすれば、Netflixが価格に対してより敏感な市場を含む、よりグローバルな市場で地位を確立しようとする際に、Netflixの競争力を高めることができるだろう。例えば、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/14/struggling-to-win-subscribers-netflix-cuts-prices-in-india/\" rel=\"noopener\">Netflixが最近会員価格</a>を下げたインド市場などだ。</p>\n<p>しかし、ノイマン氏は、Netflixは「長期的な収益の最適化」に注力しており「会員にとってすばらしい体験となるような方法でそれを実現したい」と、同社の現在のサブスクリプションモデルを擁護している。</p>\n<p>広告を導入することで、確かにサブスクリプションの料金が下がり、その結果、より多くの登録者が集まるかもしれないが、エンドユーザーの体験が損なわれる可能性もあるというのが、ここでの基本的な考え方のようだ。もちろん、CFOは、Netflixの計画が変更された場合に備えて、少しヘッジをかけ、もし同社が優れたユーザー体験を提供するという目標を達成できる広告付きスペースで活動する方法を見出したら、おそらくそうするだろうとも付け加えた。「決して絶対にないとは言いません」と述べた。</p>\n<p>「今現在、私たちはすばらしいモデルと、グローバルに展開できるサブスクリプションビジネスを持っていると考えています」とノウマン氏はいう。「2年前の売上は200億ドル(約2兆3000万円)程度でしたが、今は300億ドル(約3兆5000万円)です。世界のどの地域でも健全な成長を遂げています」と語る。</p>\n<p>もちろん、この威勢のいい言葉は、Netflixのビジネスの状況を完全に反映しているとは言えないかもしれない。今日の投資家たちは、たとえそれがサービスに広告を追加して価格を下げることであっても、Netflixがどこまで目先の成長を追い求めるべきか議論しているのである。そして、Netflixは2021年第4四半期の決算で、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/21/2022-01-20-netflix-q4-2021-results-subscriber-numbers/\" rel=\"noopener\">加入者数の伸びについてウォール街の予測を下回った</a>ばかりだ。同社は当時、この落ち込みは一時的なもので、人気番組 『ブリジャートン家』 の第2シーズンなど、より期待されている番組のいくつかが四半期後半に開始されたことを反映したものだと主張していた。しかし、同社は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.cnbc.com/2022/01/20/netflix-quietly-admits-streaming-competition-is-eating-into-growth.html\" rel=\"noopener\">株主宛ての手紙の中で</a>、ライバルストリーマーとの競争激化が「当社の限界的な成長に影響を与えている可能性がある」と認めている。</p>\n<p>現在、Netflixは、HuluやPrime Videoといった古くからのライバルに加え、Disney+、HBO Max、Paramount+、NBCU(NBCユニバーサル)のPeacockといった多くの新しい競合に直面している。</p>\n<p>Paramount+とPeacockは、広告付きのオプションでスタートした。HuluはCM付きとCMなしの両方のプランがある。また、HBO Maxは2021年、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/06/02/hbo-max-launches-ad-supported-subscription-for-9-99-per-month/\" rel=\"noopener\">広告付きサブスクリプションを開始</a>した。そして今、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/05/2022-03-04-disney-is-getting-an-ad-supported-subscription-tier-later-this-year/\" rel=\"noopener\">Disney+</a>が参入している。そのため、Netflixは、低価格の広告付きプランを持たないトップストリーマーの中で、ほぼ唯一の存在となっている。Amazon(アマゾン)のPrime Videoが広告を掲載していないのは事実だが、これは非常に異なるビジネスモデルの一部である。Prime Videoは、Amazonの高速配送オプションに代表される他の多くの特典を含む、より大規模で高価な定額制サービスの一部に過ぎないからだ。</p>\n<p>一方、Netflixは、一部の市場で値下げとは正反対のことを行っている。代わりに、価格を上げているのだ。米国では、1月にNetflixは、プランによって1ドル〜2ドル(約1116円〜233円)の<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/14/netflix-raised-its-prices-again/\" rel=\"noopener\">値上げ</a>を行った。今日(米国時間3月10日)、Netflixは英国とアイルランドでも<a target=\"_blank\" href=\"https://variety.com/2022/digital/news/netflix-price-increase-uk-ireland-1235200787/\" rel=\"noopener\">値上げをすると発表</a>した。</p>\n<p>ノイマン氏は、この競争がいずれNetflixの広告に対する考え方に影響を与える可能性があることを認めた。</p>\n<p>「私たちの計画にはないことですが、他社はそこから学んでいます。だから、他社がやっていることを無視することはできません」と認めた。「しかし、今のところ、それは我々にとって道理にかなっていないことなのです」と語る。</p>\n<p>CFOは、カンファレンスでNetflixのビジネスの他の側面についても語った。彼は、ロシアの恐ろしいウクライナ侵攻を受けてNetflixが最近ロシアから撤退したのは、戦争の中で起こっている「本当の人間の苦しみ」を受けてなされた決定であることを最も重要な点として指摘した。しかし、その機会に関連して、ビジネスの観点からは、同国における制裁、規制の問題、決済に関する課題もあり、そこで事業を行うことはあまりにも困難となった。ロシアは、Netflixの収益の1%未満を占めているという。</p>\n<p>Netflixの新興ゲーム事業についても簡単に質問されたが、ノイマン氏は、これを非常に初期の段階にあると特徴づけた。最初の12カ月は、ゲームをホストして世界中のアプリストアに配信するためのインフラという意味で「配管を正しくする」ことに集中していた。現在、同社は、ゲームの定着率やプレイ時間、会員が映画やテレビに対してどのような価値観を持っているかを学ぶことに取り組んでいる。</p>\n<p>また、Netflixは現在までに約14のゲームをサービス上でリリースしているが、年内には「その何倍ものゲーム」をリリースする予定であり、新しいタイトルをより早く展開する計画を示していると述べた。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/10/netflix-says-an-ad-supported-tier-still-isnt-in-its-plans-despite-the-disney-announcement/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/netflix-app-icon-ios.jpg",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475369,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475369,
            "tagId": 1182,
            "tag": {
              "id": 1182,
              "slug": "netflix",
              "name": "Netflix / ネットフリックス(企業・サービス)",
              "description": "Netflixは動画ストリーミングサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 475369,
            "tagId": 173267257,
            "tag": {
              "id": 173267257,
              "slug": "advertising-tech",
              "name": "広告 / アドテック(用語)",
              "description": "広告 / アドテックに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475369,
            "tagId": 366271554,
            "tag": {
              "id": 366271554,
              "slug": "subscription",
              "name": "サブスクリプション(用語)",
              "description": "サブスクリプションに関連する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 475369,
            "tagId": 366272768,
            "tag": {
              "id": 366272768,
              "slug": "video-streaming",
              "name": "動画配信 / 動画ストリーミング(用語)",
              "description": "動画配信 / 動画ストリーミングに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475328,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475328,
        "slug": "reiwatravel",
        "createdAt": "2022-03-11T08:44:58.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-14T01:01:11.000Z",
        "title": "海外旅行予約アプリ「NEWT」を運営する令和トラベル、旅行販売を行う「NEWTメタバース支店」を期間限定オープン",
        "content": "<p>海外旅行予約アプリ「NEWT」(ニュート)を提供する海外旅行代理店の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reiwatravel.co.jp/\" rel=\"noopener\">令和トラベル</a>は3月10日、海外旅行をより身近に感じてもらうため同社初となる店舗「NEWTメタバース支店」をメタバース上に期間限定でオープンすることを発表した。会場は、バーチャルSNS「<a target=\"_blank\" href=\"https://cluster.mu/\" rel=\"noopener\">cluster</a>」の<a target=\"_blank\" href=\"https://corp.cluster.mu/\" rel=\"noopener\">クラスター</a>が開催するゲームクリエイターフェス「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.contest.cluster.mu/gamejam2022spring-home\" rel=\"noopener\">ClusterGAMEJAM 2022 in SPRING</a>」。</p>\n<p>NEWTメタバース支店は、バーチャル空間でリアルの海外旅行を販売する「完全バーチャル旅行代理店」。店舗まで物理的な距離を移動することなく、全国どこからでも気軽に参加できる。</p>\n<p>販売商品例としては、20万円から(大人/1名/諸税込)の「ホノルル5泊7日」、12万円から(大人/1名/諸税込)の「バンコク3泊5日」ほか、ユーザーの要望を受け店舗スタッフが最適なプランを作成するなどの対応も行う。</p>\n<h3>「NEWTメタバース支店」店舗情報</h3>\n<ul>\n<li>店舗名:NEWT(ニュート)メタバース支店</li>\n<li>接客期間:<br />\n3月11日20時~22時(最終受付21時30分)<br />\n3月17日20時~22時(最終受付21時30分)<br />\n店舗自体は、プレイベント期間を含め3月11日から27日まで設置される</li>\n<li>会場:ClusterGAMEJAM 2022 in SPRING</li>\n</ul>\n<p>アクセスするには、まず<a target=\"_blank\" href=\"https://cluster.mu/downloads\" rel=\"noopener\">clusterのアプリ</a>をダウンロード。インストールおよびアカウント作成後、ClusterGAMEJAM 2022 in SPRINGの<a target=\"_blank\" href=\"https://cluster.mu/w/2e5b3324-0b8d-45e4-af03-1587ec0b0438?fbclid=IwAR1Z-PpYE5-T2ivty5iIEIedFhDd0v-AZlDCj95Hky9H9sY0EL96nwIiSHA\" rel=\"noopener\">会場となるワールド</a>に移動する。</p>\n<p>2021年4月設立の令和トラベルは、「あたらしい旅行を、デザインする。」をミッションに掲げ、海外旅行における新しい体験・社会価値の提供を目指すデジタルトラベルエージェンシー。旅行業界における予約や管理業務のDXを最大化し、これまでになかった「かんたん・おトク・えらべる・あんしん」な海外旅行ツアーやアプリを提供する。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-12.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475328,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475328,
            "tagId": 200,
            "tag": {
              "id": 200,
              "slug": "travel",
              "name": "旅行 / 旅行業界 / 観光(用語)",
              "description": "旅行 / 旅行業界 / 観光に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475328,
            "tagId": 9868,
            "tag": {
              "id": 9868,
              "slug": "cluster",
              "name": "クラスター / cluster(企業・サービス)",
              "description": "バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」、それを運営する日本の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475328,
            "tagId": 692507344,
            "tag": {
              "id": 692507344,
              "slug": "metaverse",
              "name": "メタバース(用語)",
              "description": "メタバースに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475328,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475328,
            "tagId": 692514170,
            "tag": {
              "id": 692514170,
              "slug": "reiwatravel",
              "name": "令和トラベル(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475325,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475325,
        "slug": "2022-03-09-tiktok-launches-a-music-distribution-platform-soundon",
        "createdAt": "2022-03-11T06:15:00.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-11T06:02:59.000Z",
        "title": "TikTokが音楽配信プラットフォームのSoundOnを公開",
        "content": "<p>TikTok(ティックトック)は現在の音楽業界にすでに<a target=\"_blank\" href=\"https://haulixdaily.com/2021/07/tiktok-influence\" rel=\"noopener\">多大な影響</a>を<a target=\"_blank\" href=\"https://newsroom.tiktok.com/en-us/new-studies-quantify-tiktoks-growing-impact-on-culture-and-music\" rel=\"noopener\">与えており</a>、アプリ内で人気の曲はチャートの上位にランクインする。今度は自分の音楽をもっと聴いてもらいたいアーティストを支援するために独自の音楽マーケティング・配信プラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://us.soundon.global/\" rel=\"noopener\">SoundOn</a>」を開始する。この新しいプラットフォームでは、アーティストは自分の音楽をTikTokと、TikTokの親会社であるByteDance(バイトダンス)の音楽ストリーミングサービスのRessoに直接アップロードでき、さらにApple Music、Spotify、Pandora、Deezer、Tencent(テンセント)のJooxといったグローバルなストリーミングプラットフォームにもアップロードできる。</p>\n<p>配信に対する課金はなく、プラットフォームは手数料を請求しない。TikTokは、ByteDance傘下のプラットフォームに関しては無期限で使用料の100%をSoundOnから音楽クリエイターに支払うとしている。これにはTikTokでの配信の他、ブラジル、インドネシア、インドの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.resso.com/in/\" rel=\"noopener\">Resso</a>と、ByteDanceの動画編集アプリの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.capcut.net/\" rel=\"noopener\">CapCut</a>の分が含まれる。</p>\n<p>グローバルのストリーミングサービスに関しては、そのアーティストの1年目は100%が支払われるが、2年目以降は90%に下がる。比較のために挙げると、競合のDistroKidは<a target=\"_blank\" href=\"https://support.distrokid.com/hc/en-us/articles/360013648973-How-Much-Does-It-Cost-\" rel=\"noopener\">サブスクリプション</a>ベースでアーティストとレーベルに対して課金し、アーティストは売上の<a target=\"_blank\" href=\"https://support.distrokid.com/hc/en-us/articles/360013649253-How-Much-of-My-Earnings-Does-DistroKid-Keep-\" rel=\"noopener\">100%</a>を受け取れる。一方、TuneCoreは曲またはアルバム単位で<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tunecore.com/pricing\" rel=\"noopener\">配信に対して課金</a>するが、こちらもアーティストはストリーミング売上の100%を受け取れる。</p>\n<p>SoundOnのFAQによれば、アーティストはすべての権利と使用料を保持する。つまりマスターを所持しつつ、さらに使用料の100%(または一定期間後に90%)を受け取れるということだ。</p>\n<div id=\"attachment_475340\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475340\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-475340\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"501\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp?resize=300,147 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp?resize=768,376 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp?resize=1024,501 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp?resize=817,400 817w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp?resize=400,196 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp?resize=738,361 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp?resize=640,313 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp?resize=220,108 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp?resize=281,138 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp?resize=250,122 250w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp?resize=125,61 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp?resize=123,60 123w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp?resize=1127,552 1127w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp?resize=600,294 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-1.10.52-PM.webp?resize=50,24 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-475340\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:TikTok</p></div>\n<p>SoundOnは音楽配信の仕組みだけでなく<a target=\"_blank\" href=\"https://us.soundon.global/faq?group=promotion_profile&amp;question=working_with_soundon_s_experts%2Chow_to_utilize_tiktok_marketing_through_soundon\" rel=\"noopener\">プロモーションのためのツールやサポート</a>も提供する。具体的にはオーディエンスのインサイトと開拓、SoundOnマーケティングチームからのアドバイス、TikTokのミュージックタブの利用(自分のプロフィールページから曲へリンクできる)、TikTokによる認証、RessoとCapCutでの紹介、TikTokプラットフォームのクリエイターマーケティングを活用したプロモーションの支援などだ。</p>\n<p>SoundOnの<a target=\"_blank\" href=\"https://us.soundon.global/faq?group=promotion_profile&amp;question=working_with_soundon_s_experts%2Chow_to_utilize_tiktok_marketing_through_soundon%2Ccreator_marketing%2Ceditorial_placements%2Ctiktok_profile_verification%2Ctiktok_profile_hyperlinks\" rel=\"noopener\">ウェブサイト</a>には、このプラットフォームでリリースするとTikTokクリエイターの目に触れると書かれている。</p>\n<p>ウェブサイトでは以下のように説明されている。「TikTokクリエイターはこのプラットフォームの活力源であり、サウンドがヒットする理由です。あなたがこのプラットフォームでリリースすると、我々は多様なクリエイターがあなたの曲を使って動画を制作するように働きかけます。これによりあなたのファンは広がり、クリエイターたちの新しいコミュニティにリーチできます」。</p>\n<p>SoundOnのバリュープロポジションに対するTikTokのマーケティング面としては、このサービスはキャリアの浅いアーティストに特にアピールするかもしれない。TikTokにはバイラルのトレンドがあり、特別にプッシュされれば自分がブレイクして多くの人へのリーチとにつながると理解されているからだ。その後、ファンは音楽ストリーミングサービスでそのアーティストをフォローし、その売上が自身の収入になる。</p>\n<p>TikTokの音楽担当グローバル責任者のOle Obermann(オーレ・オルバーマン)氏はSoundOnの提供開始に関する<a target=\"_blank\" href=\"https://newsroom.tiktok.com/en-us/sound-on-the-new-platform-for-tiktok-music-marketing-and-global-track-distribution\" rel=\"noopener\">発表</a>の中で「TikTokには新人のアーティストや音楽クリエイターたちの活気に満ちあふれたコミュニティがあり、SoundOnはこうした人々がキャリアの最初の一歩を踏み出せるようにと開発されました。SoundOnチームはクリエイターが大きなステージへと成長するジャーニーをガイドし、TikTokの専門性とパワーをアーティストのために活かします。我々は新しい才能が表に出てきて前進し、SoundOnがますます多様化し成長するグローバルな音楽業界に貢献することをたいへん楽しみにしています」と述べた。</p>\n<p>SoundOnプラットフォームでは2021年秋から<a target=\"_blank\" href=\"https://www.musicbusinessworldwide.com/tiktok-is-evolving-into-a-very-different-kind-of-music-streaming-giant/\" rel=\"noopener\">ベータテスト</a>を実施し、今後は米国、英国、ブラジル、インドネシアで一般に広く使えるようになる。すでにこのサービスを利用しているアーティストとクリエイターの人数は明らかにされていないが、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tiktok.com/@munilong?lang=en\" rel=\"noopener\">Muni Long</a>(マニー・ロング)、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tiktok.com/@gwp\" rel=\"noopener\">Games We Play</a>(ゲームス・ウィ・プレイ)、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tiktok.com/@abbyroberts?lang=en\" rel=\"noopener\">Abby Roberts</a>(アビー・ロバーツ)、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tiktok.com/@chloeadamsmusic?lang=en\" rel=\"noopener\">Chloe Adams</a>(クロエ・アダムズ)らが利用している。</p>\n<p>TikTokが音楽配信分野に参入するのはSoundOnが初めてではない。同社は2020年にUnitedMastersとの提携を<a target=\"_blank\" href=\"https://newsroom.tiktok.com/en-us/tiktok-announces-deal-with-unitedmasters-the-first-distributor-to-be-fully-integrated-into-the-tiktok-platform\" rel=\"noopener\">発表</a>し、これがTikTokと音楽配信企業との初の統合になった。</p>\n<p>ByteDanceが音楽配信を拡大するのはストリーミングサービス事業者としてはよくある流れだ。例えばAppleは2021年に、NBAやESPN、そしてTikTokとも大型契約を交わしているUnitedMastersに<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/01/2021-03-31-apple-invests-50m-into-music-distributor-unitedmasters-alongside-a16z-and-alphabet/\" rel=\"noopener\">投資</a>した。SpotifyはDistroKidに小規模な出資をしているが、2021年秋に<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2018/10/17/spotify-takes-a-stake-in-distrokid-will-support-cross-platform-music-uploads-in-spotify-for-artists/\" rel=\"noopener\">出資分</a>の3分の2を1億6700万ドル(約193億7200万円)で<a target=\"_blank\" href=\"https://musically.com/2021/10/27/spotify-has-just-sold-two-thirds-of-its-stake-in-music-distributor-distrokid/\" rel=\"noopener\">売却</a>した。</p>\n<p>TikTokによれば、SoundOnに関心のあるアーティストは<a target=\"_blank\" href=\"https://us.soundon.global/\" rel=\"noopener\">us.soundon.global</a>または<a target=\"_blank\" href=\"https://www.soundon.global/\" rel=\"noopener\">soundon.global</a>で登録できる。</p>\n<p><small>画像クレジット:TOLGA AKMEN / Contributor / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/09/tiktok-launches-a-music-distribution-platform-soundon/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1238371359.webp",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475325,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475325,
            "tagId": 897720,
            "tag": {
              "id": 897720,
              "slug": "streaming-music",
              "name": "音楽ストリーミング(用語)",
              "description": "音楽ストリーミングに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475325,
            "tagId": 5938293,
            "tag": {
              "id": 5938293,
              "slug": "tiktok",
              "name": "TikTok(製品・サービス)",
              "description": "TikTok は、中国のByteDanceが開発運営するモバイル向けショートビデオのプラットフォームである。"
            }
          },
          {
            "postId": 475325,
            "tagId": 366270981,
            "tag": {
              "id": 366270981,
              "slug": "music",
              "name": "音楽 / 音楽制作(用語)",
              "description": "音楽に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475325,
            "tagId": 366278632,
            "tag": {
              "id": 366278632,
              "slug": "creator",
              "name": "クリエイター(用語)",
              "description": "クリエイターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475325,
            "tagId": 692515449,
            "tag": {
              "id": 692515449,
              "slug": "musician",
              "name": "ミュージシャン(用語)",
              "description": "ミュージシャンに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475325,
            "tagId": 692517512,
            "tag": {
              "id": 692517512,
              "slug": "soundon",
              "name": "SoundOn",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475341,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475341,
        "slug": "2022-03-10-twitters-latest-update-makes-it-easier-to-escape-its-recommendation-algorithm",
        "createdAt": "2022-03-11T06:00:30.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-11T05:59:38.000Z",
        "title": "ツイッター、最新アップデートでレコメンデーションアルゴリズムの回避が容易に",
        "content": "<p>米国時間3月10日、Twitterがアプリをアップデートして、アルゴリズムが集めた「ホーム」のタイムラインと「最新ツイート」を表示するフィードを容易に切り替えられるようにした。これまでは、タイムラインの切り替えは画面右上部にある「<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/twittersupport/status/1075506036818104320\" rel=\"noopener\">火花アイコン</a>(星印の)」をタップし、元に戻るにもそうしていた。しかし、本日からiOSアプリではそのアイコンをタップすると、TwitterのHome(ホーム)ページ上で「ホーム」と「最新」の両方のタイムラインをピン止めして、スワイプするだけで行ったり来たりできる。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">The Home and Latest timelines are now just a swipe away for everyone on iOS, and soon on Android and web.</p>\n<p>Tap the ✨ icon to pin (or unpin) the Latest timeline to your Home tab for easy access. <a href=\"https://t.co/cj7ofY3CZq\">https://t.co/cj7ofY3CZq</a> <a href=\"https://t.co/XR0ALOQ5Y6\">pic.twitter.com/XR0ALOQ5Y6</a></p>\n<p>&mdash; Twitter Support (@TwitterSupport) <a href=\"https://twitter.com/TwitterSupport/status/1501989523588358145?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 10, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>&nbsp;</p>\n<blockquote><p>「ホーム」と「最新」のタイムラインがiOS上ではスワイプで移動できます。もうすぐAndroidとウェブでもそうなります。✨アイコンをタップして、最新ののタイムラインをホームタブにピン止め(または外す)すると、簡単にアクセスができます。</p></blockquote>\n<p>Twitterの説明によると、このアップデートで増えたオプションにより、最近のポストを「もっと目立ち、見やすく」した。また、現在、どっちを見ているのかわからなくなる混乱を少なくしている。</p>\n<p>この変更は、一般的にテクノロジー企業によるアルゴリズムによるレコメンデーションシステムと、その内部的仕組みに関する透明性の欠如に対する規制圧力が増している時期に行われた。たとえば米国国会議員の超党派グループは、テクノロジー企業がユーザーデータを利用したレコメンデーションをしないバージョンを提供することを要求した<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/11/2021-11-09-bipartisan-bill-seeks-to-curb-recommendation-algorithms/\" rel=\"noopener\">「フィルターバブル透明性法案」を提出している</a>。つまりこの法案は、ユーザーにテクノロジー企業のレコメンデーションアルゴリズムを無効にできる選択肢を与えることを求めている。</p>\n<p>それ以降、Instagramは、時系列フィードの選択肢を<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/09/2021-12-08-instagram-head-adam-mosseri-says-the-app-will-offer-a-chronological-feed-option-early-next-year/\" rel=\"noopener\">再導入すると約束した</a>。最新の投稿がトップに表示されるため、逆時系列と呼ぶべきかもしれない。</p>\n<p>しかしTwitterにはすでにそのような選択肢があり、それを知らない人がいるだけで、最新の変更により機能がもっと目立つようになるかもしれない。火花アイコンは以前と同じ場所にあるが、それがTwitter自身にとっても使いやすくなった。</p>\n<p>「最新ツイート」のフィードは、ユーザーの選択をサポートするだけでなく、ニュース速報のような状況で、情報の即時性が重要で、見逃したかもしれない「最高」のコンテンツをアルゴリズムが提案するよりも人々が注目するツールでもある。ロシアとウクライナの戦争が勃発し、現地で起きていることを知るためにソーシャルメディアのアプリを利用する人が増えている現在、特に有効な手段だろう。</p>\n<p>Twitterは2021年10月にこの機能の<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/TwitterSupport/status/1447971179185295364\" rel=\"noopener\">公開テスト</a>を開始、フィードバックが良好だったので一般公開に踏み切った。</p>\n<p>ローンチの時点ではiOSのみだが「近く」Androidとウェブにも展開される。その具体的な日付を確認しようとしたが、Twitterは「数週間後」とだけ述べている。</p>\n<p><small>画像クレジット:TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/10/twitters-latest-update-makes-it-easier-to-escape-its-recommendation-algorithm/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/ttt.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475341,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475341,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 475341,
            "tagId": 3251,
            "tag": {
              "id": 3251,
              "slug": "update",
              "name": "アップデート(用語)",
              "description": "アップデートに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475341,
            "tagId": 599182,
            "tag": {
              "id": 599182,
              "slug": "twitter",
              "name": "Twitter / ツイッター(企業)",
              "description": "Twitter(ツイッター)は、ソーシャルネットワーキングサービス「Twitter」を提供する米国企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475230,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475230,
        "slug": "2022-03-09-formula-1-drive-to-survive-season-4-release-date-trailer-netflix",
        "createdAt": "2022-03-11T01:45:07.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-11T04:23:33.000Z",
        "title": "Netflixは「栄光のグランプリ」でF1を台無しにしたのか",
        "content": "<p>2021年のF1に注目していた人なら、Netflix(ネットフリックス)のドキュメンタリー「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.netflix.com/jp/title/80204890\" rel=\"noopener\">Formula 1:Drive To Survive(Formula 1:栄光のグランプリ)」</a>の最新シーズンはきっとすごいことになると知っている。</p>\n<p>うれしいことに、もう間もなくだ。「栄光のグランプリ」シーズン4が3月11日に公開される。Netflixは米国時間3月9日に予告編を公開した。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/eokeG5lVAWY?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>さて、話はここからだ。</p>\n<p>「栄光のグランプリ」はF1に大きな影響を与えた。スポーツに同じぐらいの影響を与える番組は、もしあるとしてもごくわずかだ。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.theguardian.com/media/2021/dec/17/netflixs-drive-to-survive-americans-f1-fans\" rel=\"noopener\">The Guardian</a>によれば、2021年にF1の総合視聴率は40%以上上昇し、米国でこれまでに最も多くF1が視聴された年になった。同サイトによれば、2021年にF1ファンは世界で7300万人増えたと推計されている。</p>\n<p>米国人にとってモータースポーツといえばNASCARだったが、2022年にはマイアミがF1のカレンダーに追加され米国で2レースが開催されるほどの熱狂となっている。まさにマイアミらしく、コースレイアウト付近にはビーチクラブもあるようだ。</p>\n<p>NetflixのドキュメンタリーシリーズとF1人気を短絡的には語れない。ただ、因果関係ではないにしても、少なくとも相関関係があることはまちがいないだろう。</p>\n<p>しかし、このコインには裏面がある。私自身はNetflixのドキュメンタリーシリーズに引っぱられた新米のF1ファンだが、古くからのF1ファンに共通する思いがあることに気づいた。Netflixの番組がF1をダメにしている、というのだ。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Has <a href=\"https://twitter.com/netflix?ref_src=twsrc%5Etfw\">@netflix</a> ruined <a href=\"https://twitter.com/F1?ref_src=twsrc%5Etfw\">@F1</a> ? The drama seemed a bit manufactured and race decisions seemed swayed to keeping the season close 🤷🏻♂️</p>\n<p>&mdash; Mark J (@WendellRuns) <a href=\"https://twitter.com/WendellRuns/status/1470114839100280832?ref_src=twsrc%5Etfw\">December 12, 2021</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Netflix ruined F1. More like a soap now a days. It&#39;s happened now, we wait till march 20th now.</p>\n<p>&mdash; Kyle Snape (SGT_UK_GBR) (@Kyle_Snape98) <a href=\"https://twitter.com/Kyle_Snape98/status/1470134043266236417?ref_src=twsrc%5Etfw\">December 12, 2021</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>説明のために、2021シーズンを簡単に振り返ろう。</p>\n<p>メルセデスAMG・ペトロナスはここ10年近くF1の覇者だ。このチームは2020年まで7年連続でコンストラクターズ・ワールド・チャンピオンシップ(チームとしての成績)とドライバーズ・ワールド・チャンピオンシップ(ドライバーごとの成績)の両方でタイトルを獲得した。</p>\n<p>予定されている大幅なレギュレーション変更に備え、メルセデスはリソースとエネルギーの大半を2022年シーズンに集中させることを決め、ライバルであるレッドブル・レーシング・ホンダがタイトル争いに加わる余地が生まれた。そして実際にそうなった。</p>\n<p>レッドブルのファーストドライバーでF1界の悪ガキとも呼ばれるMax Verstappen(マックス・フェルスタッペン)と、ドライバーズチャンピオンのタイトルを7回獲得し多くの記録を保持するメルセデスのSir Lewis Hamilton(サー・ルイス・ハミルトン)はシーズンを通して互角に戦い、多くのレースで1位と2位を分け合った。</p>\n<p>最後の4レースを残してハミルトンはドライバーズポイントで遅れをとっていたが、まずはそのうちの3レースで勝った。2021年ドライバーズタイトルの行方は最終戦のアブダビに持ち越された。F1でここまでもつれるシーズンはまれで、ことにメルセデスが絶対王者となってからはそうだった。</p>\n<p>最終戦のほとんどの時間帯でハミルトンが先行するが、レッドブルでフェルスタッペンのチームメイトであるCheco Perez(セルジオ・ペレス、愛称が「チェコ」)がハミルトンの頭を押さえ、フェルスタッペンがオーバーテイクするチャンスを作る。セーフティカーが2回入り(1回はバーチャル、もう1回はリアル)、フェルスタッペンはフレッシュタイヤに交換、一方のハミルトンとメルセデスはトップを維持するために古いタイヤのままコースにとどまる選択をした。</p>\n<p>(セーフティカーはコース上の障害物などのアクシデントが解決するまでの間に導入される。セーフティカーが入っている間、ドライバーはスピードを落とさなくてはならず、オーバーテイクは禁止されている)</p>\n<p>ここで驚きの展開となった。</p>\n<p>2回目のセーフティカーはクラッシュによるものだった。規則では、セーフティカーが入っている間に周回遅れの車はセーフティカーを追い越し、実際の順位の通りに並ぶことになっている(周回遅れやタイヤ交換のピットインのために順番が入り乱れることはよくある)。さらに規則では、周回遅れの車がすべて正しい順位に並んでからセーフティカーは次の周回の終了時点まで走り、レース再開となる。</p>\n<p>FIAレースディレクターのMichael Masi(マイケル・マシ)はこのルールを無視し、トップのハミルトンと2位のフェルスタッペンの間にいる車にだけアンラップを指示した。さらに、1周早くセーフティカーを退かせた。</p>\n<p>つまり、レースはセーフティカー先導のまま終わるべきだった。その終わり方は興ざめではあるが規則通りだ。しかし、そうはならなかった。</p>\n<p>フレッシュタイヤを履いたフェルスタッペンは最終ラップで<a target=\"_blank\" href=\"https://www.youtube.com/watch?v=MTe12fH2xtQ\" rel=\"noopener\">やすやすとハミルトンを抜き去ってこのレースに勝ち</a>、そしてドライバーズタイトルを獲得した。</p>\n<p>Netflixから入った新しいファンをとどめておくために運営が演出したのだと感じるF1ファンがたくさんいても不思議ではない。さらにいうと、ハミルトンとフェルスタッペンを拮抗させるためであるかのように思われる「疑問のある」判断は2021シーズンでこれが初めてではなかった。</p>\n<p>何であれ<a target=\"_blank\" href=\"https://www.motorsportmagazine.com/articles/single-seaters/f1/the-safety-car-regulations-that-michael-masi-ignored-to-go-racing-at-the-end-of-abu-dhabi-gp\" rel=\"noopener\">スポーツの公平性への干渉をうかがわせる</a>ことがあれば、古くからのファンが動揺するのはもっともだ。</p>\n<p>レッドブル・レーシングのChristian Horner(クリスチャン・ホーナー)代表(ちなみに妻はスパイス・ガールズのジンジャー・スパイス)といった人々は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.planetf1.com/news/christian-horner-clarifies-young-girls-drivers-comment/\" rel=\"noopener\">せいぜいが見当違い、ひどい場合には女性に対して嫌悪感を持ちつつも</a>、Netflix効果を享受しているようだ。</p>\n<p>前述したように私は「栄光のグランプリ」がきっかけとなったまさに新しいF1ファンなので、確かに見方は偏っている。しかし私はF1が魅力的で複雑でアドレナリンが出るスポーツであることを知った。そういうふうにオーディエンスを魅了するものは、おそらく良いものだと思う。</p>\n<p>私はストーリーをおもしろくするためにルールを調整したり曲げたりするのが正しいと考えているのか。断じてそれはない。私はそんなことが確かに起きたと言っているのか。それについてはまったく手がかりを持っていない。</p>\n<p>私はただ、3月11日に始まる「栄光のグランプリ」最新シーズンを大量に摂取し、そのエネルギーを2022年のF1にそのまま注ぎ込むつもりだ。ご一緒にいかがですか?</p>\n<p><small>画像クレジット:Netflix</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/09/formula-1-drive-to-survive-season-4-release-date-trailer-netflix/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Jordan Crook、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-09-at-6.15.02-PM.webp",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475230,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475230,
            "tagId": 1182,
            "tag": {
              "id": 1182,
              "slug": "netflix",
              "name": "Netflix / ネットフリックス(企業・サービス)",
              "description": "Netflixは動画ストリーミングサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 475230,
            "tagId": 8105,
            "tag": {
              "id": 8105,
              "slug": "documentary",
              "name": "ドキュメンタリー(用語)",
              "description": "ドキュメンタリーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475230,
            "tagId": 366272768,
            "tag": {
              "id": 366272768,
              "slug": "video-streaming",
              "name": "動画配信 / 動画ストリーミング(用語)",
              "description": "動画配信 / 動画ストリーミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475230,
            "tagId": 692507472,
            "tag": {
              "id": 692507472,
              "slug": "f1",
              "name": "F1 / フォーミュラ1(イベント)",
              "description": "F1 / フォーミュラ1に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475254,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475254,
        "slug": "2022-03-09-twitter-tor-bypass-blocks",
        "createdAt": "2022-03-11T00:15:12.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-10T23:56:03.000Z",
        "title": "ツイッター、ロシアのユーザーがインターネットブロックを回避できるTorサービスを開始",
        "content": "<p>Twitter(ツイッター)は、ウクライナ侵攻後のロシアでブロックされた数日後、Tor(トーア)オニオンサービスを起ち上げた最新の大手テック企業となった。このサービス開始により、ロシアのTwitterユーザーは、国全体で情報の流れを妨げている政府のインターネットブロックを回避できるようになる。</p>\n<p>米国時間3月8日に発表されたこのプロジェクトの背後には、Torネットワークに長く携わってきたサイバーセキュリティ研究者Alec Muffett(アレック・マフェット)氏がいる。Twitterの新しいTorサービスは、マフェット氏が開発した、ウェブサイト所有者が数分で自分のサイトのドメインに「.onion」URLを追加できるEnterprise Onion Toolkit(エンタープライズ・オニオン・キット、EOTK)というツールをベースに、Twitterの「並外れた生産要件」に合わせてカスタマイズされたバージョンとなっている。</p>\n<p>「これはおそらく、私が今まで作成した中で最も重要かつ待望されたツイートです」と、マフェット氏は<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/AlecMuffett/status/1501282223009542151\" rel=\"noopener\">ツイート</a>している。「Twitterに代わって、彼らの新しいTor Projectオニオンサービスを発表できることを、大変うれしく思います」。</p>\n<p>マフェット氏によると、このソーシャルメディアプラットフォームのTor版は、同氏がFacebook(フェイスブック)のTorサービス開始を手伝った2014年から、ゆっくりと開発が進んでいたという。Facebookは2016年の時点で、Torブラウザーを使って同プラットフォームにアクセスする人の数が、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2016/04/22/facebook-usage-over-tor-passes-1m-per-month/\" rel=\"noopener\">100万人を突破した</a>と発表している。</p>\n<p>Torネットワークは「オニオンルーター」とも呼ばれるもので、インターネットトラフィックを暗号化し、世界中にある何千ものサーバーを経由することで、ユーザーに匿名性と、監視や検閲からの自由を提供する。</p>\n<div style=\"width: 1310px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img loading=\"lazy\" src=\"https://techcrunch.com/wp-content/uploads/2022/03/twitter-tor-1.jpg\" alt=\"Twitter in the Tor browser.\" width=\"1300\" height=\"895\" /><p class=\"wp-caption-text\">TorブラウザでTwitterを閲覧したところ(画像クレジット:TechCrunch)</p></div>\n<p>TwitterがTorサービスを開始したのは、ロシアが情報の自由な流れを弾圧し続ける中、同国の通信規制当局であるRoskomnadzor(連邦通信・情報技術・マスコミ分野監督庁)によって同ソーシャルネットワークのサービスがブロックされているようだと<a target=\"_blank\" href=\"https://www.yahoo.com/now/facebook-twitter-blocked-russia-201800747.html\" rel=\"noopener\">報道されてから</a>、わずか数日後のことだった。この報道を受け、TwitterはTechCrunchに対し、ロシアのユーザーが同社のサービスに「ますますアクセスしにくくなっている」ことを<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/08/2022-03-07-twitter-russia-access/\" rel=\"noopener\">認め</a>、調査を行い完全なアクセスを回復するよう取り組んでいると述べていた。</p>\n<p>Twitterは、Torサービスのタイムリーな開始が、ロシアにおける明らかなブロックと直接関係があるかどうかについては言及を避けたが、Twitterの広報担当者は、ユーザーがよりアクセスしやすいサービスを提供するための取り組みは、同社にとって「継続的な優先事項」であると述べ、<a target=\"_blank\" href=\"https://help.twitter.com/en/using-twitter/twitter-supported-browsers\" rel=\"noopener\">Twitterがサポートするブラウザ</a>に、現在はTorが含まれていることも指摘した。</p>\n<p>TwitterのTorバージョンのアドレスは次のとおり。twitter3e4tixl4xyajtrzo62zg5vztmjuricljdp2c5kshju4avyoid.onion</p>\n<p><small>画像クレジット:Bryce Durbin / TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/09/twitter-tor-bypass-blocks/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Carly Page、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/twitter-tor.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475254,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475254,
            "tagId": 22,
            "tag": {
              "id": 22,
              "slug": "internet",
              "name": "インターネット / インターネット接続(用語)",
              "description": "インターネット / インターネット接続に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475254,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 475254,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475254,
            "tagId": 200302,
            "tag": {
              "id": 200302,
              "slug": "tor",
              "name": "Tor Project(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475254,
            "tagId": 599182,
            "tag": {
              "id": 599182,
              "slug": "twitter",
              "name": "Twitter / ツイッター(企業)",
              "description": "Twitter(ツイッター)は、ソーシャルネットワーキングサービス「Twitter」を提供する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475254,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475270,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475270,
        "slug": "2022-03-10-amazon-microsoft-and-google-have-suspended-cloud-sales-in-russia",
        "createdAt": "2022-03-11T00:00:56.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-10T23:47:19.000Z",
        "title": "アマゾン、マイクロソフト、グーグルの3社がロシアでのクラウド販売を停止",
        "content": "<p>ウクライナでの戦争が続く中、Exxon(エクソン)、Visa(ビザ)、McDonald&#8217;s(マクドナルド)、Coca-Cola(コカ・コーラ)などさまざまな企業がロシアでの販売を停止している。<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/08/2022-03-07-netflix-paypal-adobe-and-others-join-tech-companies-suspending-business-in-russia/\" rel=\"noopener\">Adobe(アドビ)、Apple(アップル)、PayPal(ペイパル)</a>といったテック企業も、ここ数週間のうちにこれに加わっている。</p>\n<p>我々はAmazon(アマゾン)、Microsoft(マイクロソフト)、Google(グーグル)、IBM、Cloudflare(クラウドフレア)といった世界トップクラスのクラウドインフラストラクチャベンダーに、ロシアのウクライナ攻撃に対する各社の対応を問い合わせた。各社とも、公開ブログ記事をそのまま伝えたいメッセージとして共有したが、Google Cloudだけは例外で、自社の立場を表明する簡単な声明をTechCrunchに送っている。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.aboutamazon.com/news/community/amazons-assistance-in-ukraine#Feb28\" rel=\"noopener\">AWS</a>は3月4日のブログ記事で、ロシアに同社のデータセンターはなく、方針としてロシア政府とは取引していないことを示した。また、ロシアの顧客はいるが、いずれも本社はロシア国外にあるとし、販売停止には至らなかったと述べていた。しかし3月8日、同社はブログ記事を更新し「ロシアとベラルーシにおけるAWSの新規サインアップを停止した」と変更した。</p>\n<p>Microsoftもロシア向けの販売停止という措置をとった。「本日、ロシアにおけるMicrosoftの製品およびサービスの新規販売をすべて停止することを発表します」と、Brad Smith(ブラッド・スミス)氏はこの措置を発表した<a target=\"_blank\" href=\"https://blogs.microsoft.com/on-the-issues/2022/03/04/microsoft-suspends-russia-sales-ukraine-conflict/\" rel=\"noopener\">3月4日のブログ記事</a>で書いている。その中にはAzureのインフラサービスも含まれていると思われる。</p>\n<p>3大クラウドインフラベンダーの最後を飾るGoogleについては「現時点では、ロシアではGoogle Cloudの新規顧客を受け入れていないことが確認できています。引き続き、動向を注視していきます」と述べている。</p>\n<p>IBMも同様の立場をとっており、Arvind Krishna(アルヴィンド・クリシュナ)CEOが書いた<a target=\"_blank\" href=\"https://newsroom.ibm.com/Update-on-our-actions-War-in-Ukraine\" rel=\"noopener\">3月7日のブログ記事</a>で、ロシアでの販売を停止することを発表している。「先週のウクライナ戦争に関する発表に対し、多くの方からご意見をいただきました。まず、はっきりと申し上げておきたいのは、当社はロシアでのビジネスをすべて停止したということです」とクリシュナ氏は投稿の中で述べた。</p>\n<p>Cloudflareは純粋なクラウドインフラベンダーではなく、ロシアやウクライナを含む世界中の数百のデータセンターを通じて、安全なインターネットアクセスの提供を支援している。インターネットプロバイダーである同社は、ロシアでのサービス停止を求める声がある中で、同国でのインターネットを維持することが重要だと考えている。</p>\n<p>「さらに、ロシア国内におけるCloudflareの全サービスを停止するよう求める声も複数寄せられています。当社はこれらの要請を慎重に検討し、政府や市民社会の専門家と議論を行いました。それらの専門家と協議した結果、ロシアに必要なのはインターネットアクセスの拡大であって、縮小ではないというのが我々の結論です」と同社は<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.cloudflare.com/steps-taken-around-cloudflares-services-in-ukraine-belarus-and-russia/\" rel=\"noopener\">ブログで書いている</a>。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS48928222\" rel=\"noopener\">今週発表されたIDCのレポート</a>によると、これらの措置をとるクラウド企業が受ける経済的影響は、おそらくわずかなものであろうということは注目すべき点だ。「IDCは、ロシアとウクライナのICT支出が急減し、ゆっくりと回復すると予測していますが、この減少による世界的な影響は幾分限定されています。この2カ国を合わせても、欧州の全ICT支出の5.5%、世界の1%を占めるに過ぎません」と同社は報告している。</p>\n<p><small>画像クレジット:Ralwel / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/10/amazon-microsoft-and-google-have-suspended-cloud-sales-in-russia/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ron Miller、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-515973756.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475270,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475270,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475270,
            "tagId": 637,
            "tag": {
              "id": 637,
              "slug": "microsoft",
              "name": "Microsoft / マイクロソフト(企業)",
              "description": "マイクロソフトは、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475270,
            "tagId": 6602,
            "tag": {
              "id": 6602,
              "slug": "amazon",
              "name": "Amazon / アマゾン(企業)",
              "description": "Amazonは、アメリカのテクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称。"
            }
          },
          {
            "postId": 475270,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475270,
            "tagId": 43080522,
            "tag": {
              "id": 43080522,
              "slug": "cloudflare",
              "name": "Cloudflare(企業)",
              "description": "Cloudflareは、コンテンツデリバリーネットワークやインターネットセキュリティサービス、分散型ドメイン名サーバシステムを提供する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475270,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475270,
            "tagId": 692515841,
            "tag": {
              "id": 692515841,
              "slug": "cloud-service",
              "name": "クラウドサービス(用語)",
              "description": "クラウドサービスに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475250,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475250,
        "slug": "2022-03-10-google-play-youtube-payment-pause-russia",
        "createdAt": "2022-03-10T23:15:19.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-10T23:06:53.000Z",
        "title": "グーグル、ロシアでPlayストア課金とYouTubeの決済を停止",
        "content": "<p>Google(グーグル)は、ロシアの銀行に対する西側の制裁措置に関連した「決済システムの混乱」を理由に、ロシアでのモバイルアプリストアPlayでの課金を停止し、YouTube(ユーチューブ)ユーザー向けの決済サービスを一時停止している。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/technology/youtube-google-play-suspend-payment-based-services-russia-2022-03-10/\" rel=\"noopener\">ロイター通信</a>が先に報じたこの事態は、ロシアのウクライナ侵攻と、それに続くロシアの銀行に対する制裁をきっかけに、欧米がプーチン大統領の欧州での戦争に対する経済的対応を選択したことに起因している。</p>\n<p>Android開発者向けウェブサイトの<a target=\"_blank\" href=\"https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/11950272?hl=en\" rel=\"noopener\">サポートノート</a>で、GoogleはPlayの課金停止を認め、こう書いている。</p>\n<blockquote><p>「決済システムの混乱のため、当社は数日内にロシアのユーザーのためのGoogle Playの課金システムを一時停止する予定です。これにより、ユーザーはロシアでGoogle Playを使用してアプリやゲームの購入、サブスクリプションの支払い、デジタル商品のアプリ内購入を行うことができなくなります。無料アプリは引き続きPlayストアで利用できます」</p></blockquote>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/11958934?hl=en#zippy=%2Cmy-bank-has-been-sanctioned-or-has-suspended-their-operations-how-can-i-receive-my-earnings%2Cwhat-is-google-play-doing-with-respect-to-users-in-sanctioned-regions-including-crimea-so-called-donetsk-peoples-republic-dnr-and-luhansk-peoples-republic-lnr\" rel=\"noopener\">別のノート</a>では「最近制定されたPlay開発者に対する国際制裁」に関して、Googleは次のように述べている。</p>\n<blockquote><p>「当社は、適用されるすべての制裁および貿易コンプライアンス法を遵守することを約束し、最新のガイダンスを引き続き監視しています。影響を受ける地域のユーザーは、無料アプリのダウンロードを含め、引き続きGoogle Playを利用することができますが、購入することはできません」</p></blockquote>\n<p>また、FAQ(よくある質問とその回答)では、制裁を受けた地域の既存のサブスクリプションは、請求サイクルの終了時にキャンセルされることをPlayの開発者に警告している。</p>\n<p>「状況は急速に進展しているため、<a target=\"_blank\" href=\"https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/11958934?hl=en#zippy=%2Cmy-bank-has-been-sanctioned-or-has-suspended-their-operations-how-can-i-receive-my-earnings%2Cwhat-is-google-play-doing-with-respect-to-users-in-sanctioned-regions-including-crimea-so-called-donetsk-peoples-republic-dnr-and-luhansk-peoples-republic-lnr%2Cwill-users-be-able-to-access-previously-downloaded-apps-and-in-app-purchases-if-they-live-in-a-region-that-has-been-sanctioned%2Cwhat-will-happen-to-a-users-subscription-if-they-are-from-a-sanctioned-region\" rel=\"noopener\">このページ</a>に戻ってきて最新情報をチェックすることをお勧めします」と付け加えている。</p>\n<p>YouTubeの広報担当者は、ロシア国内での支払いベースのサービスの「一時停止」を認め、以下の声明をTechCrunchに送ってきた。</p>\n<blockquote><p>「当社は最近、ロシアですべてのGoogleとYouTubeの広告を一時停止しました。追加措置として今この一時停止を、ロシアの視聴者向けのYouTubeプレミアム、チャンネルメンバーシップ、スーパーチャット、商品販売を含むすべての収益化機能に拡大しています」</p></blockquote>\n<p>支払いベースのYouTubeサービスの停止が米国太平洋標準時3月9日午後1時時点でロシアで実施されたとTechCrunchは理解している。YouTubeプレミアム会員、チャンネル会員、スーパーチャット、スーパーステッカー、商品販売に影響を及ぼしている。</p>\n<p>今回の措置は、以前発表されたロシア国内でのGoogleのサービスに対する制限を拡大するものだ。</p>\n<p>同社は<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/05/2022-03-04-google-microsoft-sales-pause-russia/\" rel=\"noopener\">3月4日</a>、同国における自社の広告販売の停止を発表した。ただし、ロシア人向けの広告販売を完全に打ち切ったわけではなく、その時点では、同国の事業者がロシア国外で配信される広告を購入することは引き続き許可すると述べている。</p>\n<p>現在、PlayとYouTubeでの決済を妨害している銀行制裁によって、Googleがロシアでの残りの広告販売を停止せざるを得ないかどうかは確認されていない。ロイター通信によると、ロシアのYouTubeチャンネルは、広告や有料機能を通じて国外の視聴者から収入を得ることができるため、完全に遮断されるわけではないとのことだ。しかし、西側の制裁が厳しくなるにつれ、ロシア人が外国企業との間で決済を行ったり、支払いを受け取ったりすることはますます難しくなっているようだ。</p>\n<p>ここ数日で<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/02/2022-03-01-apple-halts-product-sales-in-russia-following-ukraine-invasion/\" rel=\"noopener\">Apple</a>(アップル)、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/05/2022-03-04-airbnb-suspends-all-operations-in-russia-and-belarus/\" rel=\"noopener\">Airbnb</a>(エアビーアンドビー)、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/05/2022-03-04-google-microsoft-sales-pause-russia/\" rel=\"noopener\">Microsoft</a>(マイクロソフト)といった他のハイテク大手も、ロシアでの販売や事業を停止する同様の措置を取っており、プーチン大統領のウクライナでの戦争に対する抗議としてロシアを事実上ボイコットしたり同国から撤退したりする多国籍企業の増えつつあるリストに加わっている。</p>\n<p>また、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/04/2022-03-02-eu-rt-sputnik-ban-live/\" rel=\"noopener\">ロシア政府が支援する国営メディアのRussia TodayとSputnikに対するEUの制裁</a>に対応して、Googleなどが2社の<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/02/2022-03-01-youtube-geoblocks-rt/\" rel=\"noopener\">YouTubeチャンネル</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/02/google-rt-sputnik-apps-play-store/\" rel=\"noopener\">アプリ</a>のジオブロックを発表するなど、テックプラットフォームはロシアの偽情報への対応を調整する措置も取っている。</p>\n<p><small>画像クレジット:TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/10/google-play-youtube-payment-pause-russia/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Lomas、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Google.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475250,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475250,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475250,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475250,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475250,
            "tagId": 32740565,
            "tag": {
              "id": 32740565,
              "slug": "google-play",
              "name": "Google Play(製品・サービス)",
              "description": "Googleが提供するAndroidデバイス向けのアプリ、映画、音楽、書籍などのデジタルコンテンツを配信するサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 475250,
            "tagId": 173267257,
            "tag": {
              "id": 173267257,
              "slug": "advertising-tech",
              "name": "広告 / アドテック(用語)",
              "description": "広告 / アドテックに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475250,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475250,
            "tagId": 692513087,
            "tag": {
              "id": 692513087,
              "slug": "youtube",
              "name": "YouTube / ユーチューブ(製品・サービス)",
              "description": "YouTube / ユーチューブに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475257,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475257,
        "slug": "2022-03-10-google-adds-air-raid-alerts-to-android-phones-in-ukraine",
        "createdAt": "2022-03-10T23:00:12.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-10T23:00:26.000Z",
        "title": "グーグル、ウクライナのAndroid携帯に空襲警報機能を追加",
        "content": "<p>Google(グーグル)は米国時間3月10日、ウクライナのAndroid携帯電話向けに、迅速な空襲警報システムの導入を開始すると<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.google/inside-google/company-announcements/helping-ukraine/\" rel=\"noopener\">発表した</a>。この新機能は、ロシアによる今なお続くウクライナへの侵攻を受けた同社の最新の措置だ。</p>\n<p>「悲劇的なことに、ウクライナの何百万人もの人々は現在、空爆警報に頼って安全な場所に避難しようとしています。ウクライナ政府の要請を受け、そして同政府の協力を得て、当社はウクライナのAndroid携帯電話向けに迅速な空襲警報システムの展開を開始しました」と、グローバルアフェアーズ担当社長のKent Walker(ケント・ウォーカー)氏はこの発表に関する<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.google/inside-google/company-announcements/helping-ukraine/\" rel=\"noopener\">ブログ記事</a>で述べた。</p>\n<p>ウォーカー氏によると、同社のシステムの展開はウクライナの既存の空襲警報システムを補完するもので、ウクライナ政府によってすでに配信されている警報に基づいている。</p>\n<p>Googleのエンジニアリング担当副社長Dave Burke(デイブ・バーク)氏は<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/davey_burke/status/1501996360874135573\" rel=\"noopener\">一連のツイート</a>で、このシステムは、同社が地震警報用に構築した低遅延警報メカニズムを活用していると説明している。また、バーク氏はこのシステムが3月10日から展開されており、今後数日間でウクライナのすべてのAndroid携帯電話を対象とする予定だと述べている。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Tragically, millions of people in Ukraine now rely on air strike alerts to try get to safety. Working with the Ukrainian government, we&#39;re rolling out a rapid Air Raid Alerts system for all Android phones in Ukraine. <a href=\"https://t.co/tCzs0eI9iW\">https://t.co/tCzs0eI9iW</a> 1/3</p>\n<p>&mdash; Dave Burke (@davey_burke) <a href=\"https://twitter.com/davey_burke/status/1501996358412079105?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 10, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>TechCrunchは同システムの詳細についてGoogleに問い合わせており、回答があり次第、この記事を更新する。</p>\n<p>同じブログ投稿でGoogleはまた、同社がプラットフォーム全体で多くのロシア国営メディアのレコメンデーションを制限する取り組みを継続することを発表した。同社はまた、ロシアにおける商業活動のほとんどを一時停止している。</p>\n<p>「ロシアでのGoogle広告を<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/05/2022-03-04-google-microsoft-sales-pause-russia/\" rel=\"noopener\">一時停止する</a>という先週の発表に続き、当社はロシアにおける商業活動の大部分を一時停止しています。ここには、ロシアに拠点を置くすべての広告主を対象にした、当社の世界中のプロパティとネットワークでの広告、クラウドの新規登録、当社サービスのほとんどの決済機能、ロシアのYouTube視聴者向けのマネタイズ機能などの停止が含まれます」。</p>\n<p>Googleによると、検索、Gmail、YouTubeなどの無料サービスはロシアで引き続き展開されている。同社は今後も動向を見守るとしている。</p>\n<p><small>画像クレジット:lex Tai/SOPA Images/LightRocket / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/10/google-adds-air-raid-alerts-to-android-phones-in-ukraine/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Google-air-raid.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475257,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475257,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475257,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475257,
            "tagId": 641922,
            "tag": {
              "id": 641922,
              "slug": "android",
              "name": "Android(製品・サービス)",
              "description": "Androidは、主にスマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーンモバイル機器向けに設計されたオペレーティングシステム。Googleが開発、提供する。"
            }
          },
          {
            "postId": 475257,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475257,
            "tagId": 692513087,
            "tag": {
              "id": 692513087,
              "slug": "youtube",
              "name": "YouTube / ユーチューブ(製品・サービス)",
              "description": "YouTube / ユーチューブに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475153,
      "categoryId": 366273915,
      "post": {
        "id": 475153,
        "slug": "2022-03-09-workbounces-google-meets-slack-product-for-sales-teams-raises-2-7m-from-index-ventures",
        "createdAt": "2022-03-10T04:15:32.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-10T03:46:32.000Z",
        "title": "Workbounceの「GoogleとSlackの融合」B2B営業チーム向けツール、Index Venturesから約3.1億円を調達",
        "content": "<div id=\"attachment_475154\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475154\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475154 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"682\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp 1390w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=1024,682 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=400,266 400w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=829,552 829w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-475154\" class=\"wp-caption-text\">Workbounceの創業者たち(画像クレジット:Workbounce)</p></div>\n<p>商用製品の販売は昨今かなり複雑なプロセスになっており、パンデミックはそれをさらにややこしくした。営業チームは、特にやりとりの多くがバーチャルであるハイブリッドな世界では、自社製品への信頼を築くことの難しさに阻まれがちだ。Highspot、Seismic、Showpadのようなレガシーセールスツールは、異なる時代に作られたということもある。</p>\n<p>英国を拠点とする<a target=\"_blank\" href=\"https://workbounce.com/\" rel=\"noopener\">Workbounce</a>(ワークバウンス)は、複雑な製品に関する膨大な量のコンテンツを検索できるようにし、営業担当者が案件を獲得するために必要な情報を見つけられるようにすることが解決策になると考えている。これは、プラットフォームに依存せず、Googleドライブ、Slack(スラック)、Notion(ノーション)などのツールに接続することで実現される。同社は、この製品を営業チーム向けの「Google meets Slack(グーグルとスラックの融合)」と呼んでいる。</p>\n<p>このたび同社は、Index Venturesとエンジェル投資家のグループから270万ドル(約3億1300万円)の初期段階の資金を調達した。この資金調達はタイムリーなものだ。Crunchbaseによると、セールスイネーブルメントツールへの投資は過去5年間で22倍に成長しており、2017年の2100万ドル(約24億3300万円)から2021年には4億7700万ドル(約552億6500万円)に増加している。</p>\n<p>Rowan Bailey(ローワン・ベイリー)氏とAdam Smith(アダム・スミス)氏(2021年3月にWorkdayが7億ドル / 約811億円で買収した従業員フィードバック企業Peakonの最初の採用者の1人)によって2021年初めに設立されたWorkbounceは、営業チームが使用するすべての異なるナレッジハブへの単一のエントリポイントとして機能するという。</p>\n<p>共同創業者兼CEOのスミス氏は声明でこう述べている。「企業が営業やカスタマーサービスチームを通じて顧客と1対1でエンゲージする方法は変化しており、それは顧客の期待の高まりと、我々の働き方のシフトの両方が原因です。次世代のB2B関係は、単に製品やサービスを販売するだけでなく、ソリューションに向けたコラボレーションが重要になるでしょう」。</p>\n<p>Workbounceは、そのリモートファーストの構造は、ポストパンデミックの世界のために構築されているという。</p>\n<p>「Workbounceは、営業ナレッジにアクセスし、B2Bの顧客関係を改善するための主要なツールになる可能性を秘めています」とIndex Venturesのパートナー、Hannah Seal(ハンナ・シール)氏は付け加えた。「職場が変化するにつれ、適切な情報を適切なタイミングで見つけることがますます困難になっています。Workbounceはこの問題を解決し、営業チームが顧客とエンゲージし、取引を成立させることを支援します」。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/09/workbounces-google-meets-slack-product-for-sales-teams-raises-2-7m-from-index-ventures/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Mike Butcher、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475153,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475153,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475153,
            "tagId": 366272947,
            "tag": {
              "id": 366272947,
              "slug": "remote-work",
              "name": "リモートワーク / テレワーク(用語)",
              "description": "在宅勤務、テレワークをサポートする、ビデオ会議サービス、IP電話、オンラインのタスク管理システムなど、リモートワークツールやサービスの最新ニュース。"
            }
          },
          {
            "postId": 475153,
            "tagId": 366273612,
            "tag": {
              "id": 366273612,
              "slug": "england",
              "name": "イギリス(国・地域)",
              "description": "イギリスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475153,
            "tagId": 681521236,
            "tag": {
              "id": 681521236,
              "slug": "b2b",
              "name": "B2B(用語)",
              "description": "B2Bに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475153,
            "tagId": 692509753,
            "tag": {
              "id": 692509753,
              "slug": "business-efficiency",
              "name": "業務効率化(用語)",
              "description": "業務効率化に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475153,
            "tagId": 692511502,
            "tag": {
              "id": 692511502,
              "slug": "post-pandemic",
              "name": "ポストパンデミック(用語)",
              "description": "ポストパンデミックに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475153,
            "tagId": 692517504,
            "tag": {
              "id": 692517504,
              "slug": "%e5%96%b6%e6%a5%ad",
              "name": "営業",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    }
  ]
}