Categoryページはアーカイブ作成中です。
{
  "id": 4481464,
  "slug": "robotics",
  "name": "ロボティクス",
  "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース",
  "posts": [
    {
      "postId": 478062,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 478062,
        "slug": "2022-03-30-can-robotic-hives-save-the-worlds-bees",
        "createdAt": "2022-03-31T06:00:12.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T05:48:11.000Z",
        "title": "Beewiseのロボット巣箱が世界のミツバチを救う?",
        "content": "<p>ここに残念な統計がある。毎年、ミツバチのコロニー(蜂群)の約30%が消滅しているというのだ。科学者たちは、世界のミツバチの個体群における破壊的な継続的傾向を言い表すために「蜂群崩壊症候群(Colony Collapse Disorder、CCD)」という言葉を作った。その原因は特定されていない。しかし、専門家の間では、生息地の破壊や殺虫剤など、多くの人為的な原因が指摘されている。</p>\n<p>そこで、ミツバチの個体数を回復させるために人間ができることはないだろうか、という疑問が浮かび上がってくる。2018年にイスラエルで設立された<a target=\"_blank\" href=\"https://www.beewise.ag/\" rel=\"noopener\">Beewise</a>(ビーワイズ)というスタートアップ企業は、ロボットによる解決策を提供している。同社は、外に設置して一種の自動養蜂場として機能するように設計された箱を製作した。太陽光発電装置を備えたこの箱は、蜂の巣を監視し、気温制御と自動収穫を行う。ペットの侵入といった問題が起きないように監視する一方で、内部の環境を調節して入居者の群れ行動を防ぐように設計されている。</p>\n<div id=\"attachment_478063\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-478063\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-478063\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-478063\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Beewise</p></div>\n<p>現在、Beewiseは同製品を月額400ドル(約4万9000円)のRaaS料金+初期配送・設定料2000ドル(約24万円)で養蜂家に提供している。これには24のコロニーと継続的なメンテナンスが含まれる。その見返りとして、この技術は収穫量の向上や、周囲の農作物の受粉といった利益を約束し、さらにうまくいけば、問題となっているミツバチの個体数減少に対しても正味の利益をもたらす。</p>\n<p>同社は今週、8000万ドル(約9億8000万円)のシリーズC資金調達を実施したことを発表した。Insight Partners(インサイト・パートナーズ)が主導し、Fortissimo Capital(フォルティシモ・キャピタル)、Corner Ventures(コーナー・ベンチャーズ)、lool ventures(ロール・ベンチャーズ)、Atooro Fund(アトゥーロ・ファンド)、Meitav Dash Investmentsが(メイタフ・ダッシュ・インベストメント)が参加した今回のラウンドにより、このアグリテック企業がこれまでに調達した資金の総額は、1億2000万ドル(約147億円)を超えた。</p>\n<p>「ミツバチを救い、蜂群崩壊という流れを逆転させようとする私たちの献身、粘り強さ、情熱を理解してくれるすばらしい投資家たちからシリーズCの支援を受けられることに、Beewiseのチームは感激しています」と、Saar Safra(サアー・サフラ)CEOは声明で述べている。「この数カ月だけでも、米国では数千の注文がありました。今回の資金調達により、Beewiseは製造を拡大して市場の大きな需要に応え、さらなる製品の改良を行い、受粉の環境をさらに改善することが可能になります」。</p>\n<div id=\"attachment_478064\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-478064\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-478064\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-478064\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Beewise</p></div>\n<p>今回、同社は資金調達のニュースとともに、その「Beehome(ビーホーム)」と呼ばれるシステムの新バージョンも公開した。新しい筐体は従来のものより32%小さく、20%軽くなっており、より迅速な収穫と、改良された給餌・暖房システムを特徴としている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Beewise</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/30/can-robotic-hives-save-the-worlds-bees/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Beehome.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 478062,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 478062,
            "tagId": 955433,
            "tag": {
              "id": 955433,
              "slug": "honey-bee",
              "name": "ミツバチ / 蜂(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 478062,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478062,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 478062,
            "tagId": 366274193,
            "tag": {
              "id": 366274193,
              "slug": "automation",
              "name": "オートメーション / 自動化(用語)",
              "description": "オートメーション / 自動化に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477908,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 477908,
        "slug": "2022-03-30-boston-dynamics-logistics-robot-is-available-for-purchase",
        "createdAt": "2022-03-30T23:30:36.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T23:24:09.000Z",
        "title": "ボストン・ダイナミクスが物流用ロボットStretchの販売予約受け付けを開始",
        "content": "<p>Stretchはこれまで、Spotほどには注目されてこなかった。当然といえば当然なのだが。というのも、1つにはBoston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)が数十年にわたる研究開発を経て、初めて商品化したロボットではなかったからだ。また、人目につかないところで箱を移動させるなど、舞台裏で活躍することを想定して設計されているからでもある。有名なSpotは、Hyundai(現代自動車)傘下のロボットメーカーBoston Dynamicsにとって、世間の注目を集め、ちょっとした論争を巻き起こす一種のブランドアンバサダー的な存在となっている。</p>\n<p>同社のHandleプロジェクトから生まれたStretchは、ここ数カ月で限られた顧客に試験的に使用されている。同社はまた、1月にDHLと1500万ドル(約18億円)相当という大規模なロボット購入契約を締結した。その他、衣料品チェーンのGapやH&amp;Mも初期の顧客だ。</p>\n<p>3月30日、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.bostondynamics.com/stretch-robot-now-available-commercial-purchase\" rel=\"noopener\">このシステムの販売が始まった</a>。2023年か2024年まで納品されないので、予約受付中といった方が正確かもしれない。予想通り、同社はこの新型ロボットへの関心の主な要因として、現在進行中の労働問題を挙げている。</p>\n<div id=\"attachment_477910\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477910\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477910 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Stretch2.gif?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" /><p id=\"caption-attachment-477910\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Boston Dynamics</p></div>\n<p>「人手不足とサプライチェーンの混乱は、モノの流れを維持するための課題を生み出し続けています」と、CEOのRobert Playter(ロバート・プレイター)は話す。「Stretchは物流業務をより効率的かつ予測可能なものにし、倉庫内で最も身体的負荷の大きな作業を担うことで安全性を向上させることができます。当社のアーリーアダプターの顧客の多くは、すでにこのロボットの大規模な導入を決定しており、Stretchが間もなくより広範囲に活用され、小売業者や物流会社が継続的に急増する商品需要に対応できるようになることを期待しています」。</p>\n<p>これらのシステムが世界で活躍するのを見るのは興味深い。これまで私たちは主に、制御された環境下でのBoston Dynamicsの動画を見てきた。Stretchは厳しい競争に直面している。企業がAmazon(アマゾン)の巨大な自動化軍団に対抗するための足がかりを探す中で、倉庫や物流は近年ロボティクスで最も注目されている分野の1つとなっている。直近では、そうした企業は雇用のギャップを埋めるのに役立つシステムを探している。</p>\n<p><small>画像クレジット:Boston Dynamics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/30/boston-dynamics-logistics-robot-is-available-for-purchase/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Stretch.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477908,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477908,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477908,
            "tagId": 2586675,
            "tag": {
              "id": 2586675,
              "slug": "boston-dynamics",
              "name": "Boston Dynamics / ボストン・ダイナミクス(企業)",
              "description": "Boston Dynamicsは米国のロボティクス企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477908,
            "tagId": 366270916,
            "tag": {
              "id": 366270916,
              "slug": "logistics",
              "name": "物流 / ロジスティクス / 運輸(用語)",
              "description": "物流業界に変革を起こすスタートアップ / テクノロジーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477908,
            "tagId": 366275483,
            "tag": {
              "id": 366275483,
              "slug": "hyundai",
              "name": "Hyundai / ヒョンデ / 現代自動車(企業)",
              "description": "韓国の自動車メーカー。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477764,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 477764,
        "slug": "pikohan-robot-kit",
        "createdAt": "2022-03-30T06:36:21.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T06:36:21.000Z",
        "title": "小学生向け競プロ「ゼロワングランドスラム2021年度大会」公式キットに採用、「ユカイなピコハンロボットキット」発売",
        "content": "<p>「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、コミュニケーションロボットなどの開発販売を行う<a target=\"_blank\" href=\"https://www.ux-xu.com/\" rel=\"noopener\">ユカイ工学</a>は3月30日、ピコピコハンマーを振り下ろす楽しいロボット「<a target=\"_blank\" href=\"https://store.ux-xu.com/products/pikohan-kit\" rel=\"noopener\">ユカイなピコハンロボットキット</a>」の販売を開始した。価格は9900円(税込)。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-477805\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?w=1024\" alt=\"小学生向け競プロ「ゼロワングランドスラム2021年度大会」公式キットに採用された「ユカイなピコハンロボットキット」発売開始\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-002.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<h3>「ユカイなピコハンロボットキット」概要</h3>\n<ul>\n<li><strong>価格</strong>:9900円(税込)</li>\n<li><strong>完成ロボットサイズ</strong>:W250×D150×H200mm</li>\n<li><strong>完成ロボット重量</strong>:約260g(電源を含まず)</li>\n<li><strong>内容物</strong>:ピコピコハンマー(1個)、本体フレームパーツ(16種。計17個)、タイヤ(2個)、回転モーター(2個)、角度モーター(1個)、ココロキット+(1個)、スイッチ(1個)、コネクター(3個)、腕シート(4枚)、カプセル(2個)、結束バンド(長4+短20)、両面テープ(6枚)、ねじ(長6+短3)、ドライバー(1本)、目シール(1枚)、Welcome Guide(1枚)</li>\n<li><strong>電源</strong>:単4乾電池3本(電池は別売)</li>\n</ul>\n<p>ピコハンロボットは、ユカイ工学の教育向けの製品やプログラミング環境を提供する「<a target=\"_blank\" href=\"https://kurikit.ux-xu.com/\" rel=\"noopener\">Kurikit</a>」(クリキット)シリーズから発売される。簡単に組み立てることができ、特別な専門知識がなくともロボットを動かすソフトウェア開発に挑戦できる。小学生を対象とした競技プログラミング大会「ゼロワングランドスラム2021年度大会」の公式競技用ロボットに採用されたものだ。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-477769 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/subagif_1.gif?w=1024\" alt=\"小学生向け競プロ「ゼロワングランドスラム2021年度大会」公式キットに採用された「ユカイなピコハンロボットキット」発売開始\" width=\"1024\" height=\"576\" /></p>\n<p>組み立て後は、タブレットのリモコン画面で操作できる。本体前面には何かが当たるとカウントされるセンサーがあるため、これを利用すれば2台のロボットで対戦して得点を競うことができる。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-477770 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/subagif_2.gif\" alt=\"小学生向け競プロ「ゼロワングランドスラム2021年度大会」公式キットに採用された「ユカイなピコハンロボットキット」発売開始\" width=\"384\" height=\"216\" /></p>\n<p>リモコン操作のほかに、Scratch 3.0(スクラッチ)互換のソフトウェアをロボット専用にカスタマイズしたビジュアルプログラミング環境でプログラムすることもできる。ハードウェアだけでなく、ロボット制御のソフトウェア開発も体験できるということだ。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-477771 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?w=1024\" alt=\"小学生向け競プロ「ゼロワングランドスラム2021年度大会」公式キットに採用された「ユカイなピコハンロボットキット」発売開始\" width=\"1024\" height=\"578\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png 2560w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=768,433 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=1024,578 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=1536,866 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=2048,1155 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=709,400 709w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=400,226 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=738,416 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=638,360 638w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=281,159 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=125,71 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=106,60 106w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=979,552 979w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-5.png?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>今回のピコハンロボットの原型は、高専ロボコン出身エンジニアの和田義久氏が開発したものだ。ユカイ工学が毎年実施している学生インターンプログラムに2016年に参加した和田氏は、そこで100円ショップで買える素材でロボットを作ってバトルするという課題に挑んだ。そのとき製作されたものをベースに、ハードウェアエンジニアの高岡亜輝氏が設計した。ビジュアルに関わるデザインはデザイナーの水落裕氏が担当。和田氏はこれを「自分が一番作りたかったロボット」だと話す。「ゼロから創造するのは得意ではないけれど、ロボットやプログラミングに興味がある」という子どもたちに向けたものだという。</p>\n<div id=\"attachment_477767\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477767\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477767 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?w=1024\" alt=\"小学生向け競プロ「ゼロワングランドスラム2021年度大会」公式キットに採用された「ユカイなピコハンロボットキット」発売開始\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg 5442w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=1536,1024 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=2048,1365 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/sub11.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477767\" class=\"wp-caption-text\">左が原型。中央が開発途中のもの。右が製品版</p></div>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-008-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477764,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477764,
            "tagId": 15939,
            "tag": {
              "id": 15939,
              "slug": "scratch",
              "name": "Scratch(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477764,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477764,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477764,
            "tagId": 366276052,
            "tag": {
              "id": 366276052,
              "slug": "yukai-engineering-inc",
              "name": "ユカイ工学(企業)",
              "description": "「一家に一台ロボットのいる社会」の実現を目指す日本のロボティクスベンチャー。"
            }
          },
          {
            "postId": 477764,
            "tagId": 692512009,
            "tag": {
              "id": 692512009,
              "slug": "competitive-programming",
              "name": "競技プログラミング / 競プロ",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477681,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 477681,
        "slug": "public-private-cooperation-to-deploy-prepared-food-serving-robots",
        "createdAt": "2022-03-30T02:00:49.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T21:28:46.000Z",
        "title": "経産省、ロボットを導入しやすい「ロボットフレンドリーな環境」実現を目指す取組みで惣菜盛り付けロボの実用化開始",
        "content": "<div id=\"attachment_477684\" style=\"width: 810px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477684\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-477684\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-001-001.jpg?w=800\" alt=\"経産省、ロボットを導入しやすい「ロボットフレンドリーな環境」実現を目指す取組みで惣菜盛り付けロボの実用化開始\" width=\"800\" height=\"533\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-001-001.jpg 800w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-001-001.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-001-001.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-001-001.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-001-001.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-001-001.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-001-001.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-001-001.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-001-001.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-001-001.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-001-001.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-001-001.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-001-001.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-001-001.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 800px) 100vw, 800px\" /><p id=\"caption-attachment-477684\" class=\"wp-caption-text\">RT Corporation</p></div>\n<p>経済産業省は、官民一体の取り組みとしてロボットフレンドリーな環境の構築を目指し、惣菜工場への惣菜盛り付けロボットの配備を開始したと発表しました。</p>\n<p>経産省のリリースによると「人手不足やコロナ禍の影響により、今後の日本社会における自動化、無人化、非接触へのニーズはますます高まって」いることを背景に、2019年より「ロボットを導入しやすい&#8220;ロボットフレンドリーな環境&#8221;の実現に向けた取組」を進めてきたとのこと。</p>\n<p>とくに食品製造の分野ではいまだ人手のかかる作業が多くを占めており、なかでも惣菜の製造現場、特にパックなどへの盛り付けの工程における人手が多く必要とされているため、これをいかに自動化するかが課題となっています。</p>\n<p>今回の発表ではロボット実装モデル構築推進タスクフォース(TF)のメンバーである一般社団法人日本惣菜協会が指揮をとり、マックスバリュ東海、イチビキ、ヒライ、藤本食品、グルメデリカ、デリカスイト、ニッセーデリカの7社に惣菜盛付ロボットやシフト計算最適化システムなどを開発導入したことが報告されました。</p>\n<p>Japan Ready-made Meal Association<br />\nなかでも絵面的に興味が引かれるのは、イチビキ、ヒライ、藤本食品に導入された(株)アールティの惣菜盛り付けロボット「Foodly」で、本体ボックスの上に人の上半身が生えたような、まるでケンタウロスのような風体が非常にわかりやすい未来的デザイン。この形状は単にステレオタイプなロボットを作ったからではなく、比較的小柄な人型とすることで生身の従業員が立つ製造ラインに並んで配備することができ、人と人の間に配置すればソーシャルディスタンスの目安としても有効です。</p>\n<p>さらに人用の作業着を着せられるため本体の汚れを最小限に抑えられ、清掃の手間を省略できます。両手は複数種類のトングを付け替えて使用でき、まるで人間のように惣菜をつまんではトレイに乗せていくことが可能。髪の毛もなく喋ることもないので、惣菜への異物混入の可能性も大きく減らせるとメーカーは説明しています。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/htJ2uQhdlxQ?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/GIr3qiWldDw?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>その他の盛り付けロボットやシフト管理システムの導入も、惣菜製造現場の煩雑な作業の軽減、人手不足の解消に役立つことが期待されるもので、経済産業省はこのような成果を他のTF関係者にも共有し、中小企業を含めた多くの惣菜製造現場にも導入可能な低価格な盛付ロボットの開発を進めていくと述べています。</p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.meti.go.jp/press/2021/03/20220329006/20220329006.html\" rel=\"noopener\">METI(経済産業省)</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nsouzai-kyoukai.or.jp/news/20220329/\" rel=\"noopener\">Japan Ready-made Meal Association</a>。Coverage:<a target=\"_blank\" href=\"https://rt-net.jp/service/foodly/\" rel=\"noopener\">RT Corporation</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/public-private-cooperation-to-deploy-prepared-food-serving-robots-080033797.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-001-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477681,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477681,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477681,
            "tagId": 366275435,
            "tag": {
              "id": 366275435,
              "slug": "ministry-of-economy-trade-and-industry",
              "name": "経済産業省 / METI(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477681,
            "tagId": 692508691,
            "tag": {
              "id": 692508691,
              "slug": "foods",
              "name": "食品 / 食料品 / 食材 / 食品加工(用語)",
              "description": "食品に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477681,
            "tagId": 692517627,
            "tag": {
              "id": 692517627,
              "slug": "rt-corporation",
              "name": "アールティ(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477736,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 477736,
        "slug": "harvestx-fundraising-2",
        "createdAt": "2022-03-30T01:34:42.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T01:34:42.000Z",
        "title": "HarvestXが1.5億円調達、植物工場での実証実験に向け開発加速―実証結果踏まえた製品バージョンのベータリリースも計画",
        "content": "<p>農業用ロボットを手がける<a target=\"_blank\" href=\"https://harvestx.jp/\" rel=\"noopener\">HarvestX</a>は3月30日、総額1億5000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、ANRI 4号投資事業有限責任組合(ANRI)、オープンイノベーション推進 1号投資事業有限責任組合(東京大学協創プラットフォーム。東大IPC)、DEEPCORE TOKYO 2号投資事業有限責任組合(ディープコア)。</p>\n<p>レタスなどの葉物類の植物工場が展開を広げる一方、イチゴのような果実類の生産にはハチ・ハエを媒介とした虫媒受粉または人の手による授粉が必要で、収量の不安定さ、高コスト、ハチの短いサイクルでの使い捨てが課題となっているという。そこでHarvestXは、ハチに代わるロボットを活用した授粉技術の開発に取り組み、世界で初めてロボットによるイチゴの授粉の実証に成功した。社内の研究施設「HarvestX Lab」内で実証試験機「XV-1」「XV-2」による授粉の実証実験を実施しており、ハチや人間を超える精度での授粉を行えるそうだ。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/DlU6DxsywdY?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>また現在は、HarvestX Labに植物工場と同等の栽培設備を導入し、植物工場事業会社での授粉ロボットおよびソフトウェアシステムの実証実験に向けたプロトタイプの開発を進めているという。</p>\n<p>調達した資金により、パートナーである植物工場事業会社との実証実験に向けたハードウェア・ソフトウェアの開発、および実際の植物工場での実証実験を通じてオペレーションの検証やさらなる授粉精度の向上を進める。さらに、その実証実験の結果を踏まえた製品バージョンのベータリリースを計画している。</p>\n<p>さらに、日本初の取り組みとして<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tokuyama.ac.jp/\" rel=\"noopener\">徳山工業高等専門学校</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://harvestx.jp/news/20220330_2/\" rel=\"noopener\">提携</a>。高専内に事業所を開設し、授粉・収穫用ロボットの共同研究を行う。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477736,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477736,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477736,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477736,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477736,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477736,
            "tagId": 692508691,
            "tag": {
              "id": 692508691,
              "slug": "foods",
              "name": "食品 / 食料品 / 食材 / 食品加工(用語)",
              "description": "食品に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477736,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477736,
            "tagId": 692514013,
            "tag": {
              "id": 692514013,
              "slug": "plant-factory",
              "name": "植物工場(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477736,
            "tagId": 692514068,
            "tag": {
              "id": 692514068,
              "slug": "harvestx",
              "name": "HarvestX(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477639,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 477639,
        "slug": "2022-03-28-sarcos-buying-fellow-robotics-firm-re2-in-100m-deal",
        "createdAt": "2022-03-29T23:45:16.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T23:28:48.000Z",
        "title": "Sarcos Roboticsが遠隔操作可能な移動式マニピュレーションシステムのRE2を約124億円で買収すると発表",
        "content": "<p>ユタ州に本拠を置くSarcos Robotics(サーコス・ロボティクス)が、同じロボット工学の会社であるRE2を買収する計画を、米国時間3月28日朝に発表した。買収額は1億ドル(約124億円)で、現金3000万ドル(約37億円)とSarcosの株式7000万ドル(約87億円)の混合で支払われる。同社によると、3000万ドルは手持ちの現金で支払うという。これは2021年、同社が<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/07/2021-04-06-robotic-exoskeleton-maker-sarcos-announces-spac-plans/\" rel=\"noopener\">SPACを通じて株式公開</a>を決定したことから得たものであることは間違いない。</p>\n<p>ピッツバーグに本社を置くRE2は、遠隔操作可能な移動式マニピュレーションシステムでよく知られているが、これは将来の親会社が得意とする分野の1つである。潜在的な余剰労働力になるにも関わらず、RE2の100人を超える従業員は移行期間中も引き続き在籍することになると、Sarcosは述べている。その中には、CEOのJorgen Pedersen(ヨルゲン・ペダーセン)氏も含まれており、同氏は合併後の新会社のCOOに就任する予定だ。</p>\n<p>「RE2のチームは、Sarcosの一員となり、インテリジェントロボットシステムの開発と採用を加速させることを楽しみにしています」と、ペダーセン氏はリリースで述べている。「特に熟練労働者の不足が深刻化している現在、世界中でロボット技術は、複雑で時に危険な作業をともなう労働者の仕事のやり方を変えつつあります。両社が統合することによって、Sarcosはより幅広い顧客層に向けてさまざまなロボットソリューションを提供できるようになります」。</p>\n<div id=\"attachment_477640\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477640\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-477640\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"928\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp?resize=300,272 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp?resize=768,696 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp?resize=1024,928 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp?resize=1536,1392 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp?resize=441,400 441w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp?resize=400,363 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp?resize=738,669 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp?resize=397,360 397w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp?resize=220,199 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp?resize=190,172 190w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp?resize=138,125 138w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp?resize=125,113 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp?resize=66,60 66w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp?resize=609,552 609w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp?resize=405,367 405w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.46-AM.webp?resize=50,45 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477640\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:RE2</p></div>\n<p>現在、産業および防衛(つまり軍事)用途に特化しているSarcosの製品ラインナップは、今回の買収によって拡大することになる。その中には海中や水中での用途や、ロボット産業にとって大きく可能性が開かれている医療市場も含まれる。おそらく、買収完了後には提供する製品の統合が行われるだろうが、Sarcosは今回の移転により、エンジニアリング部門の人数が実質的に2倍になると言及している。</p>\n<p>「今回の買収により、補完的かつ相加的な製品群を持つ革新的な企業がSarcosファミリーに加わり、顧客のニーズに対応したより幅広いソリューションを提供できるようになります」と、SarcosのKiva Allgood(キヴァ・オールグッド)CEOは述べている。「また、これによって私たちは、医療や海底など新しい産業へ向けた製品提供の拡大、ロボティクス専門家チームの深化、非構造化環境で使用するAIや機械学習技術の開発推進が可能になります」。</p>\n<p>この買収は、第2四半期中に完了する予定だ。</p>\n<p><small>画像クレジット:RE2</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/sarcos-buying-fellow-robotics-firm-re2-in-100m-deal/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-28-at-10.16.26-AM.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477639,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477639,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477639,
            "tagId": 363301732,
            "tag": {
              "id": 363301732,
              "slug": "remote-control",
              "name": "遠隔操作 / リモートコントロール(用語)",
              "description": "遠隔操作 / リモートコントロールに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477639,
            "tagId": 692509678,
            "tag": {
              "id": 692509678,
              "slug": "sarcos",
              "name": "Sarcos Robotics(企業)",
              "description": "1980年代初頭に創設。ロボットデバイスの開発などを行う米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477639,
            "tagId": 692510135,
            "tag": {
              "id": 692510135,
              "slug": "utah",
              "name": "ユタ(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477279,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 477279,
        "slug": "fingervision-fundraising",
        "createdAt": "2022-03-25T11:07:39.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-26T08:36:48.000Z",
        "title": "カーネギーメロン大学発先進「触覚センシング技術」の社会実装を推進するFingerVisionが1億円のシード調達",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.fingervision.jp/\" rel=\"noopener\">FingerVision</a>は3月23日、シードラウンドとして、第三者割当増資による総額1億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、慶應イノベーション・イニシアティブ(KII2号投資事業有限責任組合)。大学発の「視触覚」技術の実用化を通じロボット・機械の適用範囲を広げ、様々な社会課題を解決することを目指しており、調達した資金により経営・開発体制を強化し、触覚センシングデバイスやロボットハンド、業界向けソリューションを実用化するという。</p>\n<p>今後、様々な分野においてロボット化・AI化の流れがさらに加速すると予想されるものの、「触覚」の⽋如が実世界におけるロボット・機械の適⽤範囲を限定されているという。そこでFingerVisionは、同社の触覚技術でロボットの⾏動⽣成能⼒を向上させることで、⼈⼿をかけて対応せざるを得なかったタスク(特に過酷・劣悪な労働環境、危険な作業など)をロボットが担えるようにする。</p>\n<p>同社は、ロボットの活⽤範囲を広げることについて、社会システムにおける人の役割・ロボットの役割を再定義することにつながると指摘。より良い社会のあり方を実現するための具体的な解決策の1つとして、革新的かつ実用性の高い触覚技術・ロボット技術を提示し続けるとしている。</p>\n<p>FingerVisionは、コア技術のコンセプトとして「画像(カメラ)をベースに触覚を再現する」を採用。ロボットハンドなどの指先に搭載することで、触覚(力や滑りの分布など)を知覚できるようになり、あたかも人が「手のひら」の感覚を使って物体を扱うような制御をロボットで実現できるという。</p>\n<p>この技術は、カーネギーメロン大学において、同社取締役の⼭⼝明彦氏がロボットAIやAIベースドロボットマニピュレーションの研究を進める中で、食品など従来のロボットが扱うことが難しかった対象物を操作する研究の過程で、Christopher Atkeson教授とともに生み出したものがベースという。基礎的なアルゴリズムなどを研究をしつつ、実用性も強く意識し研究を進めた経緯から、高機能(高分解能・マルチモダリティ)でありながら、経済性に優れる実用性の高さを特徴とするそうだ。</p>\n<p>「触覚」センサーとはいいつつも把持対象物を見る(視覚)モダリティも備えた、まったく新しいコンセプトの「視触覚センサー」であり、ロボットと組み合わせたプロセス自動化だけでなく、無限の応用可能性を持つとしている。<br />\n<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-477282\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-010-gif.gif?w=500\" alt=\"カーネギーメロン大学発先進「触覚センシング技術」の社会実装を推進するFingerVisionが1億円のシード調達\" width=\"500\" height=\"281\" /></p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-010-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477279,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477279,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477279,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477279,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477279,
            "tagId": 674897390,
            "tag": {
              "id": 674897390,
              "slug": "carnegie-mellon-university",
              "name": "カーネギーメロン大学 / CMU(組織)",
              "description": "CMU。カーネギーメロン大学に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477279,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477279,
            "tagId": 692515934,
            "tag": {
              "id": 692515934,
              "slug": "sense-of-touch",
              "name": "触覚(用語)",
              "description": "触覚に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477279,
            "tagId": 692516683,
            "tag": {
              "id": 692516683,
              "slug": "%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%ef%bc%88%e7%94%a8%e8%aa%9e%ef%bc%89",
              "name": "センサー(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477030,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 477030,
        "slug": "robotic-experiments-to-discover-multi-components-electrolyte",
        "createdAt": "2022-03-25T09:49:10.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T09:49:10.000Z",
        "title": "自動実験ロボとデータ科学により人の100倍以上の速度でリチウム空気電池の電解液の調合・電池性能評価を実施、充放電サイクル寿命が2倍に",
        "content": "<div id=\"attachment_477276\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477276\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477276 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?w=1024\" alt=\"自動実験ロボとデータサイエンスにより人の100倍以上の速度で蓄電池の電解液の調合・電池性能評価を実施、充放電サイクル寿命が2倍に\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg 1056w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-001.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477276\" class=\"wp-caption-text\">各種探索手法を用いた際の、発見した電解液性能の経時変化。ランダム探索(黒線)に比べて、局所最適値法(赤線)やベイズ最適化(青線)を用いた場合の方が、より効率的に高性能電解液を発見できる</p></div>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.nims.go.jp/\" rel=\"noopener\">物質・材料研究機構</a>(NIMS。松田翔一氏、Guillaume Lambard氏、袖山慶太郎氏)は3月23日、リチウム空気電池の電解液材料の材料探索において、独自の電気化学自動実験ロボットと、ベイズ最適化に代表されるデータサイエンス的手法を組み合わせた新しい手法を確立し、充放電サイクル寿命を2倍に向上させる電解液材料の開発に<a target=\"_blank\" href=\"https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2666386422001023\" rel=\"noopener\">成功した</a>と発表した。次世代蓄電池の開発を加速する、有力な手法になることが期待される。</p>\n<p>車載用やスマートグリッド用など、蓄電池の需要が高まっていが、現在多く使われているリチウムイオン電池の性能は限界に達している。そこで革新的な蓄電池のいち早い実現が求められているが、その候補となっているのがエネルギー密度がリチウムイオン電池の2倍から5倍というリチウム空気電池だ。しかし、リチウム空気電池は充放電サイクル寿命が短いことがネックとなり、実用化が進んでいない。そこを改善するには、正極と負極での反応効率が高い電解液材料を開発する必要がある。それには、膨大な数の化合物の候補の選定や組み合わせを行わなければならず、研究者の勘と経験を頼り試行錯誤されているのが現状だ。</p>\n<div id=\"attachment_477031\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477031\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477031 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/nimsroboticexperiment.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"364\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/nimsroboticexperiment.jpg 1179w, /wp-content/uploads/2022/03/nimsroboticexperiment.jpg?resize=300,107 300w, /wp-content/uploads/2022/03/nimsroboticexperiment.jpg?resize=768,273 768w, /wp-content/uploads/2022/03/nimsroboticexperiment.jpg?resize=1024,364 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/nimsroboticexperiment.jpg?resize=1126,400 1126w, /wp-content/uploads/2022/03/nimsroboticexperiment.jpg?resize=400,142 400w, /wp-content/uploads/2022/03/nimsroboticexperiment.jpg?resize=738,262 738w, /wp-content/uploads/2022/03/nimsroboticexperiment.jpg?resize=640,227 640w, /wp-content/uploads/2022/03/nimsroboticexperiment.jpg?resize=220,78 220w, /wp-content/uploads/2022/03/nimsroboticexperiment.jpg?resize=281,100 281w, /wp-content/uploads/2022/03/nimsroboticexperiment.jpg?resize=250,89 250w, /wp-content/uploads/2022/03/nimsroboticexperiment.jpg?resize=125,44 125w, /wp-content/uploads/2022/03/nimsroboticexperiment.jpg?resize=600,213 600w, /wp-content/uploads/2022/03/nimsroboticexperiment.jpg?resize=50,18 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477031\" class=\"wp-caption-text\">電気化学自動実験ロボットの(a)注液部、(b)全体像、(c)電極部</p></div>\n<p>研究チームは、独自に開発した電気化学自動実験ロボットとデータサイエンス的手法を組み合わせて、この問題に取り組んだ。このロボットは、電解液の調合と電池性能評価を人の100倍の速度で行える。そこでアミド系電解液に的を絞り、その弱点である負極の反応効率の低さを解消する電解液の添加剤を探すことにした。添加剤の候補の組み合わせは1000万通り以上あり、そこからランダムに選び出した4320種類のサンプルの負極反応効率を評価した。その結果、86.1%まで反応効率を高める添加剤の組み合わせを発見できた。これに対して、局所最適値法とベイズ最適化といったデータサイエンス的手法を採り入れて探索を効率化すると、最大で92.8%まで反応効率を高める組み合わせが見つかった。この添加剤を導入した電解液を使用すると、リチウム空気電池の充放電サイクル寿命は約2倍に増大した。</p>\n<p>この研究は、「試行錯誤的に行われてきた電解液材料の開発に対して、大きなインパクトを与えるもの」だという。またこの手法は、ナトリウムイオン電池やマグネシウム電池などの蓄電池用電解液の材料開発への適用も期待されるとのことだ。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-009-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477030,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477030,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477030,
            "tagId": 135609,
            "tag": {
              "id": 135609,
              "slug": "battery",
              "name": "バッテリー / 電池(用語)",
              "description": "蓄電池。エネルギーによって直流の電力を生み出す電力機器。"
            }
          },
          {
            "postId": 477030,
            "tagId": 366271425,
            "tag": {
              "id": 366271425,
              "slug": "data-science",
              "name": "データサイエンス / データサイエンティスト(用語)",
              "description": "データサイエンス / データサイエンティストに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477030,
            "tagId": 366276225,
            "tag": {
              "id": 366276225,
              "slug": "lithium-ion-battery",
              "name": "リチウム / リチウムイオン電池(用語)",
              "description": "リチウム / リチウムイオン電池に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477030,
            "tagId": 692515620,
            "tag": {
              "id": 692515620,
              "slug": "nims",
              "name": "物質・材料研究機構 / NIMS(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477030,
            "tagId": 692517604,
            "tag": {
              "id": 692517604,
              "slug": "lithium-air-battery",
              "name": "リチウム空気電池(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477230,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 477230,
        "slug": "2022-03-24-such-great-heights",
        "createdAt": "2022-03-25T06:15:09.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T06:14:49.000Z",
        "title": "農地をスキャンし、壁を作り、窓を掃除するロボットたち",
        "content": "<p>私のGmail受信箱は、アグリテック(農業技術)の売り込みでいっぱいになり、正直なところ、最後の2通のニュースレターで話題にしたことを少々後悔している(といいつつ、またやっているわけだが)。あれはいつ始まったのだろう?私の住む半球では、ちょうど東海岸時刻午前11時33分に正式に春が訪れたためだ。花は咲き、鳥はさえずり、私たちはみな、どうやってロボットを導入しようか考えている。</p>\n<p>そして(おそらくは関連する事実として)World Agri-Tech Innovation Summit(世界農業技術イノベーション・サミット)が今週サンフランシスコで始まったことが、少なくとも部分的には、宣伝メールが大気を埋め尽くす大量の花粉のように増えた理由だろ。別に私は腹を立てているわけでもなんでもない(もしそう聞こえたなら、今私の脳内の半分を占めている花粉のせいだ)。事実、それはこの分野の大きなトレンドへの興味深い洞察を与えてくれた。</p>\n<p>以前私は、アグリテックロボティクスが期待されたほど普及していないことに言及し、今も変わっていない。しかしそれは、努力が足りていないからではない。今この分野で最も重要なのは、農作物監視、特に潜在的問題に備えた監視だ。何度も引き合いに出しているが、米国の農業従事者の平均年齢は57.5歳で、日本ではさらに約10歳高い。ここ米国で、約40年間この年齢は上がり続けている。</p>\n<p>この話を持ち出す理由は、農業が著しく困難な仕事であり、多くの人々が(少なくとも理論的には)引退を考えている年齢で、彼らは日の出から農地に出ている。伝統的な監視は、日中の多くの時間を独占する退屈な作業だ。そして、正しく行わないと、問題のある場所が実際の問題になる前に見つけることは困難だ。</p>\n<div id=\"attachment_477234\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477234\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477234 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"555\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.jpg?resize=300,163 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.jpg?resize=768,416 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.jpg?resize=1024,555 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.jpg?resize=738,400 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.jpg?resize=400,217 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.jpg?resize=640,347 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.jpg?resize=220,119 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.jpg?resize=281,152 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.jpg?resize=231,125 231w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.jpg?resize=125,68 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.jpg?resize=111,60 111w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.jpg?resize=1019,552 1019w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.jpg?resize=600,325 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.jpg?resize=50,27 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477234\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Growmark/Solinftec</p></div>\n<p>私が思いつく新しい監視方法は4つ、衛星画像、IoTデバイス、ドローン調査そして<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2022-03-22-a-new-ag-tech-robot-enters-the-crop-monitoring-category/\" rel=\"noopener\">Growmark(グローマーク)とSolinftec(ソリンフテック)の名前のないデバイス</a>をはじめとするロボティクスだ。農作物監視は、農業にロボットを導入する重要な第一ステップだが、それ以外の果実収穫、除草、耕耘(こううん)などの作業にその機能を組み合わせたいっそう魅力的なモデルもある。これらのデバイスの多くが効率的にレンタルされていることから考えると、農業従事者は費用に見合う最大の価値を求めているのだろう。</p>\n<p>さて、今週はずいぶんとたくさん農業の話をしてきた。ロボティクス普及の未来について少し考えてみよう。2021年の終わり頃、私はCMU(カーネギーメロン大学)の新しいディレクターと<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-11-11-cmus-new-robotics-institute-director-on-the-future-of-robot-research/\" rel=\"noopener\">今後の目標について話した</a>。彼はインタビューの最後をこう締めくくった「工場の現場などに行けばロボットを見ることができるでしょうし、家にはロボット掃除機があるかもしれませんが、私は窓の外を見るとロボットがいるというレベルにしたいと思っています」。</p>\n<p>ここでSkyline Robotics(スカイライン・ロボティクス)について少し話そう。最近の記事に書いたように、私は自動化したい仕事リストの上位にビルの窓掃除を置いている。この仕事が比較的危険であることを考えると、ロボット化はかなり進んでいると思っていたが、私の見た数字はそれを反映していなかった。</p>\n<p>統計的にみて、世界で最も危険な職業ではないかもしれないが、路上数百メートルの空中に宙ぶらりんになるのは、最も恐ろしい状態の1つではあるだろう。Skylineは2021年遅くに<a target=\"_blank\" href=\"https://www.skylinerobotics.com/meet-ozmo\" rel=\"noopener\">Ozmo</a>(オズモ)システムを披露して、何度かマスコミに登場した。具体的には、ロボティック・アームのKuka(クカ)を2台、吊り下げられたプラットフォームに載せたものだ。3月24日、同社は<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2022-03-23-skyline-scores-6-5m-to-wash-windows-with-robot-arms/\" rel=\"noopener\"> 650万ドル(約7億9000万円)の資金調達</a>を発表し、総調達額は900万ドル(約10億9000万円)に達した。</p>\n<p>「このラウンドと初のOzmo展開の成功は、我々の製品とサービスに対する需要が目に見えて投資家に伝わっているだけでなく、Skylineの前に大きなビジネスチャンスがあることを示しています」とCEOのMichael Brown(マイケル・ブラウン)氏は話した。「私たちのチームの信念は、投資家のみなさんのものと一致しています」。</p>\n<div id=\"attachment_477233\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477233\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477233 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"637\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=300,187 300w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=768,478 768w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=1024,637 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=643,400 643w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=400,249 400w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=738,459 738w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=579,360 579w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=220,137 220w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=277,172 277w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=201,125 201w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=125,78 125w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=97,60 97w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=888,552 888w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=405,253 405w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=590,367 590w, /wp-content/uploads/2022/03/OTTO-Family-with-attachments.png?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477233\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:OTTO</p></div>\n<p>危険な職業と言えば、先週書いたように、フォークリフトも実はかなり危険だ。当然多くの企業がこの作業の自動化を目指しており、カナダ・オンタリオ州拠点のOTTO(オットー)もその1つだ。今週同社は、新しい自動パレットムーバーであるOTTO Lifter(オットー・リフター)を発表した。</p>\n<div id=\"attachment_477232\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477232\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477232 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"710\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?resize=300,208 300w, /wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?resize=768,533 768w, /wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?resize=1024,710 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?resize=577,400 577w, /wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?resize=400,277 400w, /wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?resize=738,512 738w, /wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?resize=519,360 519w, /wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?resize=220,153 220w, /wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?resize=248,172 248w, /wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?resize=180,125 180w, /wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?resize=125,87 125w, /wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?resize=87,60 87w, /wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?resize=796,552 796w, /wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?resize=529,367 529w, /wp-content/uploads/2022/03/plotlogic-andrew-job-oresense.jpg?resize=50,35 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477232\" class=\"wp-caption-text\">Plotlogicの創業者でCEOのAndrew Job(アンドリュー・ジョブ)氏(画像クレジット:Sarah Keayes/The Photo Pitch)</p></div>\n<p>ちなみに、最近同僚のDevin Coldweyが<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2022-03-21-plotlogic-scoops-up-18m-to-put-hyperspectral-imaging-to-work-in-the-mines/\" rel=\"noopener\">Plotlogic(プロトロジック)の1800万ドル(約21億8000万円)の資金調達</a>について記事を書いている。オーストラリア、ブリスベーン拠点のスタートアップはハイパースペクトルイメージングと呼ばれる手法を用いて、土壌から検出困難な元素を見つける。</p>\n<p>CEOのAndrew Job(アンドリュー・ジョブ)氏は次のように話している。</p>\n<blockquote><p>「経済的なメリット、環境維持のメリット、安全性のメリットの3つがあると考えています」とジョブ氏はいう。「より多くの鉱石を処理し、廃棄物を減らすことができるため、より収益性が高くなります。より正確に、より多くの岩石をその場に残し、燃料や温室効果ガスを廃棄物の移動に費やさないようにすることができるのです。そして、それは鉱山での人間の被曝時間も減らします」。</p></blockquote>\n<div id=\"attachment_477231\" style=\"width: 1010px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477231\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477231 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Jetson-AGX-Orin-Dev-News-Blog-Image-1000X600.jpeg?w=1000\" alt=\"\" width=\"1000\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Jetson-AGX-Orin-Dev-News-Blog-Image-1000X600.jpeg 1000w, /wp-content/uploads/2022/03/Jetson-AGX-Orin-Dev-News-Blog-Image-1000X600.jpeg?resize=300,180 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Jetson-AGX-Orin-Dev-News-Blog-Image-1000X600.jpeg?resize=768,461 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Jetson-AGX-Orin-Dev-News-Blog-Image-1000X600.jpeg?resize=667,400 667w, /wp-content/uploads/2022/03/Jetson-AGX-Orin-Dev-News-Blog-Image-1000X600.jpeg?resize=400,240 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Jetson-AGX-Orin-Dev-News-Blog-Image-1000X600.jpeg?resize=738,443 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Jetson-AGX-Orin-Dev-News-Blog-Image-1000X600.jpeg?resize=600,360 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Jetson-AGX-Orin-Dev-News-Blog-Image-1000X600.jpeg?resize=220,132 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Jetson-AGX-Orin-Dev-News-Blog-Image-1000X600.jpeg?resize=281,169 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Jetson-AGX-Orin-Dev-News-Blog-Image-1000X600.jpeg?resize=208,125 208w, /wp-content/uploads/2022/03/Jetson-AGX-Orin-Dev-News-Blog-Image-1000X600.jpeg?resize=125,75 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Jetson-AGX-Orin-Dev-News-Blog-Image-1000X600.jpeg?resize=100,60 100w, /wp-content/uploads/2022/03/Jetson-AGX-Orin-Dev-News-Blog-Image-1000X600.jpeg?resize=920,552 920w, /wp-content/uploads/2022/03/Jetson-AGX-Orin-Dev-News-Blog-Image-1000X600.jpeg?resize=50,30 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Jetson-AGX-Orin-Dev-News-Blog-Image-1000X600.jpeg?resize=216,130 216w\" sizes=\"(max-width: 1000px) 100vw, 1000px\" /><p id=\"caption-attachment-477231\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:NVIDIA</p></div>\n<p>今週GTC 2022カンファレンスで、NVIDIAは<a target=\"_blank\" href=\"https://www.NVIDIA.com/en-us/autonomous-machines/embedded-systems/jetson-orin/\" rel=\"noopener\">Jetson AGX Orin</a>(ジェットソン・エージーエックス・オーリン)を発表してロボット開発分野への参入を印象づけた。2000ドル(約24万円)の開発キットは、先行機種と比べてコンピューティング・パワーが大幅に強化されている。製品版の発売は第4四半期になる。</p>\n<p>オートメーションは、10兆ドル(約1218兆円)の建設産業に今後5年以内に革命を起こす態勢にある。そこで、<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2022-03-23-ruggeds-construction-layout-robots-land-9-4m/\" rel=\"noopener\">Rugged Robotics</a>(ラギド・ロボティクス)は、さらなる自動化を目指している。同社は、フィールドプリンターを完全自立型にして24時間運転を可能にすることを発表した。同社のシステムは床に建物のレイアウトを印刷し、作業者に正確な建設位置を教える。</p>\n<p>今週同社は940万ドル(約11億円)を調達し、資金総額は約1200万ドル(約14億6000万円)になった。「私たちは建設業界の近代化を目指し、建設業者が毎日苦労している痛点を解決するための実用的なソリューションを構築したいと考えています」と、Derrick Morse(デリック・モーズ)CEOは声明で述べている。「レイアウトは理想的なその出発点であると確信しています。レイアウトは、建設の自動化のための足がかりになります。デジタルと物理の世界の交差点に位置し、大きな問題を解決でき、非常に有意義な方法でロボットを現場に配備することが可能です」。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Today is our tenth birthday! 🎂 On this special occasion, we take a look back at all we&#39;ve accomplished and the community that has made it all possible.<a href=\"https://t.co/DoSJ5plIyx\">https://t.co/DoSJ5plIyx</a> <a href=\"https://t.co/gSF6bXRf21\">pic.twitter.com/gSF6bXRf21</a></p>\n<p>&mdash; Open Robotics (@OpenRoboticsOrg) <a href=\"https://twitter.com/OpenRoboticsOrg/status/1506343037827309570?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 22, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>そうそう、今週お別れする前にこれを言っておかなくてはならない。Open Robotics(オープン・ロボティクス)<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/OpenRoboticsOrg/status/1506343037827309570\" rel=\"noopener\">10歳の誕生日おめでとう</a>。私はまだ、何でも持っているこのRobot Operating System(ROS、ロボット・オペレーティング・システム)管理者に何をプレゼントすればよいかわからないので、ちょっとしたコラムのスペースで我慢してもらおう。</p>\n<p><small>画像クレジット:Skyline Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/24/such-great-heights/\" rel=\"noopener noreferrer\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a> )</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Skyline_Robotics_photo2.jpg",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477230,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477230,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477230,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477230,
            "tagId": 366278626,
            "tag": {
              "id": 366278626,
              "slug": "industrial-robot",
              "name": "産業用ロボット(用語)",
              "description": "産業用ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477230,
            "tagId": 674897390,
            "tag": {
              "id": 674897390,
              "slug": "carnegie-mellon-university",
              "name": "カーネギーメロン大学 / CMU(組織)",
              "description": "CMU。カーネギーメロン大学に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477079,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 477079,
        "slug": "2022-03-23-ruggeds-construction-layout-robots-land-9-4m",
        "createdAt": "2022-03-25T00:45:58.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T23:27:28.000Z",
        "title": "建設現場にロボットでレイアウトを描くRugged Roboticsが約11.4億円を調達",
        "content": "<p>我々が<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/01/2021-08-30-rugged-showcases-its-layout-printing-construction-robots/\" rel=\"noopener\">最初にRugged Robotics(ラギド・ロボティクス)という会社に注目</a>してから、1年近く経った。ヒューストンに拠点を置くこのスタートアップは、建設現場の床に建物のレイアウトを印刷するロボットを開発し、作業員がどこに建設すればよいか(そしてどこに建設してはいけないか)を知ることができるようにした。同社はこのロボットを「レイアウト・ルンバ」と称している。当時、同社は2019年のシードラウンドで250万ドル(約3億円)を調達していた。</p>\n<p>もちろん、それはこの2~3年の間に起きた新型コロナウイルス感染流行にともなう自動化が加速する前のことだ。今、建設業はロボット工学の主要なターゲットになっているようだ。ウイルスの感染流行は起こり、人々は病になる。しかし、建設は決して止まることはないらしい。Ruggedの技術は、現場の人間に取って代わるものではなく、むしろ精度を高めるために設計されたものだ。それでも、同社は自動化への関心の高まりから恩恵を受けているようだ。</p>\n<div id=\"attachment_477080\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477080\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-477080\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=1536,1024 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477080\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Paul Valle / Rugged</p></div>\n<p>米国時間3月23日、同社はシリーズAラウンドで940万ドル(約11億4000万円)の資金を調達したと発表した。このラウンドはBOLD Capital Partners(ボールド・キャピタル・パートナーズ)とBrick &amp; Mortar Ventures(ブリック&amp;モーター・ベンチャーズ)が主導し、Riot Ventures(ライオット・ベンチャーズ)、Morpheus(モーフィアス)、Embark(エンバーク)、Consigli Construction Company(コンシーリ・コンストラクション・カンパニー)、Suffolk Technologies(サフォーク・テクノロジーズ)が参加した。これにより、同社が現在までに調達した資金の総額は約1200万ドル(約14億6000万円)になった。</p>\n<p>「私たちは建設業界の近代化を目指し、建設業者が毎日苦労している痛点を解決するための実用的なソリューションを構築したいと考えています」と、Derrick Morse(デリック・モーズ)CEOは声明で述べている。「レイアウトは理想的なその出発点であると確信しています。レイアウトは、建設の自動化のための足がかりになります。デジタルと物理の世界の交差点に位置し、大きな問題を解決でき、非常に有意義な方法でロボットを現場に配備することが可能です」。</p>\n<p>今回調達した資金は、ロボットの配備を加速させるとともに、人材雇用の拡大にも充てられる予定だ。直近では、同社はAuris Health(オーリス・ヘルス)でメカニカル・エンジニアリング部門のディレクターを務めていたMason Markee(メイソン・マーキー)氏を迎え入れた。Rugged Roboticsが参入したフィールドプリンターの分野には、2021年夏に1650万ドル(約20億円)のシリーズA資金を調達したDusty(ダスティ)などの企業がいる。Ruggedは、最小限のセットアップで複数のロボットを同時に操作できるようにする「自己完結型ソリューション」によって、他社との差別化を図ることを目指しているという。</p>\n<p>また、同社はより自律性を高める方向にも取り組んでいる。「Rugged Roboticsは、そのエンド・ツー・エンドのシステムをさらに洗練させ、配備を簡素化し、最終的には無人で夜間作業を可能にすることを計画している」と、同社は記している。</p>\n<p><small>画像クレジット:Paul Valle / Rugged</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/ruggeds-construction-layout-robots-land-9-4m/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/String-lights.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477079,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477079,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477079,
            "tagId": 366274320,
            "tag": {
              "id": 366274320,
              "slug": "construction",
              "name": "建設 / 建築(用語)",
              "description": "建設、建築に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477079,
            "tagId": 692514987,
            "tag": {
              "id": 692514987,
              "slug": "rugged-robotics",
              "name": "Rugged Robotics(企業)",
              "description": "ルンバのように動いて建築現場にレイアウトをプリントするロボットを開発、提供するヒューストンの企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476948,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 476948,
        "slug": "2022-03-23-skyline-scores-6-5m-to-wash-windows-with-robot-arms",
        "createdAt": "2022-03-24T03:00:23.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T01:56:34.000Z",
        "title": "ロボットアームを使った高層ビル窓ガラス掃除のSkylineが7.9億円調達",
        "content": "<p>自動化する意義がある仕事のリストで、筆者は窓掃除をかなり上位に入れたい。実際、この仕事は汚くて危険なものだ。そして驚くことに、危険手当がそれほど支払われない。何百フィートもの高さで空中にぶら下がるような仕事には、当然支払われるべきものだと思うのだが。</p>\n<p>Skyline(スカイライン)は2021年に、高層ビルの側面にある手の届きにくい場所を清掃する(ファサードメンテナンスと呼ばれる)ロボットシステム<a target=\"_blank\" href=\"https://www.skylinerobotics.com/meet-ozmo\" rel=\"noopener\">Ozmo</a>(オズモ)を納入して話題になった。このシステムでは、Kukaの産業用ロボットアーム2本が吊り下げられたプラットフォームに据えられている。</p>\n<p>清掃するガラスの位置を確認するのにLiDARを使い、作業中はガラスを割らないよう力センサーに頼っている。また、アルゴリズムが組み込まれているため、風が強い状況でも安定したロボットハンドを実現し、最適な清掃経路を1分間に数百回再計算することが可能だという。</p>\n<p>ニューヨークを拠点とするSkylineは3月23日「プレシリーズA」と称するラウンドで650万ドル(約7億9000万円)の調達を発表した(正直なところ、こうした資金調達ラウンドのラベルは、これまで持っていた意味を失いつつある)。Skyline Standard Holdingsがこのラウンドをリードし、Skylineの資金調達総額は900万ドル(約10億9000万円)に達した。</p>\n<p>「このラウンドと初のOzmo展開の成功は、我々の製品とサービスに対する需要が目に見えて投資家に伝わっているだけでなく、Skylineの前に大きなビジネスチャンスがあることを示しています」とCEOのMichael Brown(マイケル・ブラウン)氏は話した。「私たちのチームの信念は、投資家のみなさんのものと一致しています」。</p>\n<p>確かに、ニューヨーク市だけでも数千万枚の窓ガラスが清掃を必要としており、そこにはチャンスがたっぷりある。</p>\n<p><small>画像クレジット:Skyline Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/skyline-scores-6-5m-to-wash-windows-with-robot-arms/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Skyline.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476948,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476948,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476948,
            "tagId": 366273340,
            "tag": {
              "id": 366273340,
              "slug": "lidar",
              "name": "LiDAR(用語)",
              "description": "光を用いたリモートセンシング技術で距離や方向を測定する。またはこの技術を使った装置のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 476948,
            "tagId": 692515871,
            "tag": {
              "id": 692515871,
              "slug": "robot-arm",
              "name": "ロボットアーム(用語)",
              "description": "ロボットアームに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476818,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 476818,
        "slug": "2022-03-22-a-new-ag-tech-robot-enters-the-crop-monitoring-category",
        "createdAt": "2022-03-23T04:30:34.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T04:04:01.000Z",
        "title": "農作物監視の分野に新しいロボットが参入",
        "content": "<p>最近、自分が<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/17/to-servi-man/\" rel=\"noopener\">アグリテック(農業テック)の記事</a>を多く書いていることに、ふと気づいた。春になったからか、あるいは差し迫る厄介な環境破壊について頻繁に考えるからだろう。</p>\n<p>いずれにしても、この分野のロボットは全般に牽引力に欠けることを筆者は憂いている。だから新しい有力なプレイヤーが出てくると、いつもうれしい気持ちになる。</p>\n<p>米国時間3月22日〜23日にサンフランシスコでWorld Agri-Tech Innovation Summit 2022が開催されており、ロボットも気になるところだ。米国時間3月22日、このイベントで<a target=\"_blank\" href=\"https://www.growmark.com/\" rel=\"noopener\">Growmark</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.solinftec.com/en-us/\" rel=\"noopener\">Solinftec</a>がまだ名前の決まっていないアグリテックのロボットの発売に向けた提携を発表した。このプロダクトは2022年に実地試験が実施され、両社は2023年中の発売を計画し、目指している。</p>\n<p>このロボットの機能は、他社の多くのプロダクトと似ている。最近でいうと、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/24/2022-02-22-verdant-aims-to-be-the-robotic-king-of-carrot-weeders/\" rel=\"noopener\">Verdant</a>や農業機械大手のJohn Deereが買収している多くのスタートアップなどが、可能性の大きい市場に向けて取り組んでいるプロダクトだ。ロボットは畑を効率よく自律運転で動き回り、農作物の健康や栄養の状態を調べ、害虫や雑草などの問題が発生しそうな範囲を見つける。収集された情報は、対策のために農家に送られる。</p>\n<p>SolinftecのCOOであるDaniel Padrão(ダニエル・パドラン)氏は発表の中で「我々のロボットを畑に持ち込み、実用化します。最先端のテクノロジーによって農業のソリューションを構築し持続可能な農業の実践を支援します。Growmarkという革新的なパートナーを得て最初の発売に向けて前進できることを光栄に思い、農家が農業のチャンスをつかめるよう引き続き支援していきます」と述べた。</p>\n<p>基本的な機能としては納得できるものだと思う。広大な農地をミクロレベルで監視するのは極めて難しく、多くの場合は問題がある範囲に事前に適切な対処をするのではなく、実際に問題が発生してから見つけることになる。監視にはロボットやドローン、衛星画像などさまざまな方法がある。除草や収穫、耕作などをしながら農作物の監視をするロボットとも競合することになる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Growmark/Solinftec</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/22/a-new-ag-tech-robot-enters-the-crop-monitoring-category/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-22-at-9.31.35-AM.webp",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476818,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476818,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476675,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 476675,
        "slug": "pfrobotics-fundraising",
        "createdAt": "2022-03-22T07:07:09.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-22T07:07:09.000Z",
        "title": "Preferred Roboticsが6億円調達、旭化成ホームズと家庭向け自律移動ロボ開発や三井住友銀行と自律移動ロボの決済機能開発",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.pfrobotics.jp/\" rel=\"noopener\">Preferred Robotics</a>(プリファードロボティクス。PFRobotics)は3月22日、第三者割当増資による約6億円の資金調達を3月18日に実施したと発表した。引受先は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.asahi-kasei.co.jp/j-koho/index.html/\" rel=\"noopener\">旭化成ホームズ</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.smbc.co.jp/\" rel=\"noopener\">三井住友銀行</a>。</p>\n<p>調達した資金により、財務基盤の強化、優秀な人材の確保、ロボットの開発および製造のための投資を行う。</p>\n<p>同時にPFRoboticsは、親会社<a target=\"_blank\" href=\"https://www.preferred.jp/ja/\" rel=\"noopener\">Preferred Networks</a>(PFN)と旭化成ホームズが実施した実証研究を引き継ぎ、今後PFRoboticsと旭化成ホームズで家庭向けの自律移動ロボットの共同開発を行う予定。また三井住友銀行とは、自律移動ロボットの決済機能や金融サービス提供機能などの共同開発を目指すとともに、同社のネットワークを活用して、顧客ニーズに基づく新たなロボットを多様な事業者などと共創する。</p>\n<p>PFRoboticsは、PFNおよび協業企業との連携を強化し、共同開発および自社開発の自律移動ロボットの販売を年内に開始する計画という。</p>\n<p>Preferred Roboticsは、PFN子会社として 2021年11月に設立。PFNと共に掲げるビジョン「すべての人にロボットを」の実現に向け、自律移動ロボットの研究開発を行っている。また同社は、PFNの機械学習・深層学習技術を応用し、様々な用途の自律移動ロボットの製造・販売を目指している。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-008-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476675,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476675,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476675,
            "tagId": 149021,
            "tag": {
              "id": 149021,
              "slug": "payment",
              "name": "決済 / 決済サービス / 決済システム(用語)",
              "description": "決済 / 決済サービス / 決済システムに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476675,
            "tagId": 366271410,
            "tag": {
              "id": 366271410,
              "slug": "preferred-networks",
              "name": "Preferred Networks(企業)",
              "description": "Preferred Networksは、ディープラーニング技術の研究と開発を行う日本のスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 476675,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476675,
            "tagId": 692510825,
            "tag": {
              "id": 692510825,
              "slug": "smbc",
              "name": "三井住友銀行(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476675,
            "tagId": 692516296,
            "tag": {
              "id": 692516296,
              "slug": "preferred-robotics",
              "name": "Preferred Robotics(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476675,
            "tagId": 692517577,
            "tag": {
              "id": 692517577,
              "slug": "asahi-kasei-homes",
              "name": "旭化成ホームズ(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476204,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 476204,
        "slug": "2022-03-16-iunu-uses-robots-to-keep-an-eye-on-greenhouse-crops",
        "createdAt": "2022-03-18T00:15:35.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T23:58:50.000Z",
        "title": "温室栽培の作物を見守るロボットを開発したIUNU(ユーノウ)が約28.4億円を調達",
        "content": "<p>正直なところ、<a target=\"_blank\" href=\"https://iunu.com/\" rel=\"noopener\">IUNU</a>(「ユーノウ」と発音)という社名はわかりやすいとは言えない(さらに同社の「LUNA(ルナ)」と呼ばれるロボットの存在が問題を余計に混乱させている)。しかし、このアグリテック企業は堅実な事業に取り組んでおり、シリーズBラウンドで見事な信任を得たばかりだ。米国時間3月16日のニュースでは、シアトルに拠点を置く同社が、2400万ドル(約28億4000万円)の資金を獲得したことが明らかになった。このラウンドは、Lewis &amp; Clark Ventures(ルイス&クラーク・ベンチャーズ)が主導し、S2G Ventures(S2Gベンチャーズ)、Ceres Partners(セレス・パートナーズ)、Astanor Ventures(アスタナー・ベンチャーズ)などが参加した。</p>\n<p>IUNUがターゲットにしているのは温室の世界だ。同社のLUNAロボットシステムは、温室の屋根の上を移動し、コンピュータビジョンを使って作物をチェックする。このシステムが問題のある場所や収穫可能な場所を検出できるので、農家は農作物の上を歩いたりしゃがんだりする必要がない。これは農場の規模が大きくなると問題になり始めることだ。</p>\n<p>これまで我々が見てきたこの種のシステムは、より大規模な自律型ロボットの一部として、より一般的な農場に展開されるケースが多かった。しかし、確かに温室はこのような技術にとって理に適っている。屋根の上に設置したレールの上を効果的に行き来することができるからだ。</p>\n<p>IUNUによると、同社は現在、米国の温室栽培の葉物野菜生産者の4分の1と取引しているという。従業員は現在60名で、この半年間で1.5倍に増加した。今回調達した資金は、グローバルな事業の拡大や、新製品の研究開発を強化するために使われる予定だ。</p>\n<p>「今回の投資ラウンドは、機関投資家の当社に対する信頼を反映したものです」と、Adam Greenberg(アダム・グリーンバーグ)CEOはリリースで述べている。「この1年で農作物栽培の自動化に関する話は加速しており、我々はその先頭を走っていることを誇りに思っています」。</p>\n<p>この手の技術では常にデータが大きな役割を果たすが、IUNUは現在、既存の展開に基づく「業界最大の生産データセット」を持っていると主張する。このような大きな資産は、作物にとって大きな問題となる前に潜在的な問題を特定するアルゴリズムを作成するために重要だ。</p>\n<p>2021年9月、同社は2015年のStartup Battlefield(スタートアップ・バトルフィールド)で優勝した<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2019/05/22/agtech-startup-agrilyst-is-now-artemis-raises-8m-series-a/\" rel=\"noopener\">Agrilyst(アグリリスト)、後に社名を変えてArtemis(アルテミス)</a>となったアグリテックのスタートアップ企業を買収し、データ収集能力を強化した。</p>\n<p><small>画像クレジット:IUNU</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/iunu-uses-robots-to-keep-an-eye-on-greenhouse-crops/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-15-at-6.11.15-PM.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476204,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476204,
            "tagId": 4800,
            "tag": {
              "id": 4800,
              "slug": "seattle",
              "name": "シアトル(国・地域)",
              "description": "シアトルに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476204,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476204,
            "tagId": 366270965,
            "tag": {
              "id": 366270965,
              "slug": "greenhouse",
              "name": "温室(用語)",
              "description": "温室に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476204,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476204,
            "tagId": 366274530,
            "tag": {
              "id": 366274530,
              "slug": "computer-vision",
              "name": "コンピュータービジョン(用語)",
              "description": "コンピュータビジョンに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476256,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 476256,
        "slug": "2022-03-16-flippy-meet-chippy-chipotles-new-tortilla-chip-cooking-robot-arm",
        "createdAt": "2022-03-18T00:00:07.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T23:46:28.000Z",
        "title": "ハンバーガー調理ロボットに続き、Miso Roboticsからトルティーヤチップスを調理するロボットが登場",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"/2018/02/16/2018-02-15-miso-scores-10-million-to-bring-its-hamburger-flipping-robot-to-more-restaurants/\" rel=\"noopener\">ハンバーガーを調理するロボットアーム「Flippy(フリッピー)」</a>を開発した会社から、トルティーヤチップスを調理するロボットアーム「Chippy(チッピー)」が登場した。Miso Robotics(ミソ・ロボティクス)は米国時間3月16日、ファストフードのメキシコ料理レストランチェーン「Chipotle(チポトレ)」と提携し、トルティーヤチップスを揚げて味付けするシステムを開発すると発表した。もっとも、同社の「<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/03/2021-11-02-flippy-the-hamburger-cooking-robogets-a-more-capable-successor/\" rel=\"noopener\">Flippy 2</a>(フリッピー2)」が2021年、ファストフードチェーン「White Castle(ホワイト・キャッスル)」のフライドポテトを調理する方法を発見したことを考えれば、それほど大層なこととは思わないが。</p>\n<p>この新しいロボット / AIシステムは現在、オレンジ郡にある同チェーンの食品研究所「Cultivate Center(カルティベイト・センター)」でテストされている。2022年後半には、南カリフォルニアのレストランで試験運用を開始する予定だ。その前に展開されたFlippyの時と同様に、Chippyのメーカーはこの試験期間中に、従業員や顧客にとって何が有効で、何が有効でないかを見極めることになるだろう。</p>\n<p>このシステムは、バスケットを高温の油槽に浸すだけでなく、塩とライム汁でチップスに味付けもできるように設計されている。Chipotleは、ちょっとしたカオスが、調理に人間らしさを取り戻す鍵になるという。</p>\n<p>「誰もがチップスに、ほんの少し塩味が濃い方がいいとか、もう少しライムを効かせて欲しいとか、注文を付けたくなるものです」と、Chipotleの料理担当バイスプレジデントであるNevielle Panthaky(ネヴィール・パンタキー)氏は語る。「当社の料理体験の背後にある人間性を失わないように、私たちはChippyを広範囲に訓練し、当社の現在の製品を反映した、お客様が期待する味の微妙なバリエーションを提供できるようにしています」。</p>\n<p>Miso RoboticsのChippyは、ハンバーガー調理ロボットのFlippyと、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/06/23/2021-06-22-hamburger-flipping-robotics-maker-miso-introduces-automated-beverage-dispenser/\" rel=\"noopener\">ソフトドリンクディスペンサーの「Sippy(シッピー)」</a>に加わることになる。この先、給仕ロボットの「Tippy(ティッピー)」や、マリファナ調合ロボット「Trippy(トリッピー)」なども登場するのだろうか?</p>\n<p><small>画像クレジット:Miso Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/flippy-meet-chippy-chipotles-new-tortilla-chip-cooking-robot-arm/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-15-at-5.37.45-PM.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476256,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476256,
            "tagId": 1662,
            "tag": {
              "id": 1662,
              "slug": "restaurant",
              "name": "レストラン(用語)",
              "description": "レストランに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476256,
            "tagId": 692510747,
            "tag": {
              "id": 692510747,
              "slug": "miso-robotics",
              "name": "Miso Robotics(企業)",
              "description": "ロサンゼルスの近郊のパサデナに本拠を置くハードウェアスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 476256,
            "tagId": 692516131,
            "tag": {
              "id": 692516131,
              "slug": "kitchen-robot",
              "name": "調理ロボット / キッチンロボット(用語)",
              "description": "調理ロボット / キッチンロボットに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476084,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 476084,
        "slug": "2022-03-16-ford-is-now-using-robots-to-operate-3d-printers-without-human-help",
        "createdAt": "2022-03-17T01:45:17.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T01:20:22.000Z",
        "title": "フォードが人の助けなしにロボットだけで3Dプリンターを操作することに成功、生産ラインのボトルネックを解決",
        "content": "<p>Ford(フォード)のAdvanced Manufacturing Center(先端技術製造センター)は、異なるサプライヤーの機械同士が同じ言語で会話し、生産ラインの一部を自律的に操作できるようにするインターフェースを開発した。</p>\n<p>自動車メーカーは何十年も前から、コスト削減と効率化のために製造工程にロボティクスを取り入れてきた。しかし、フォードの特許出願中のシステムは、ロボットが夜通し人手を介さずに3Dプリンターを操作することで、生産ラインの重要なボトルネックを解決するものだ。</p>\n<p>この<a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/20/2021-03-18-robotics-roundup-4/\" rel=\"noopener\">自律システム</a>は、Carbonの3DプリンターとKUKA製ロボットが初めて同じ言語で会話できるようになり、生産工程に関わる他の機械とのコラボレーションの可能性を限りなく広げる。</p>\n<p>これまでこの試みは、パフォーマンスパッケージを装着したMustang Shelby GT500(マスタング シェルビーGT500)スポーツカー用のブレーキラインブラケットなど、少量生産のカスタムカー部品の生産に役立っている。</p>\n<p>「この新しいプロセスは、当社の製造施設におけるロボティクスの使い方を変える力を秘めています」と、グローバル製造技術開発ディレクターのJason Ryska(ジェイソン・リスカ)氏は述べている。</p>\n<p>サプライヤーであるKUKAの車輪付きロボット「Javier」は、従業員が夜間に帰宅した後も、人間の介入なしに3Dプリンターを継続的に稼働させることができる。Fordによると、ロボットはプリンターのデータから常に学習し続け、自動車メーカーがより高い精度を達成し、誤差を減らすのに役立っているという。</p>\n<p>「Fordの先端技術製造センターでは、Javierは完全に1人で3Dプリンターを操作する任務を負っています」とFordは声明の中で述べている。「彼は常に時間を守り、非常に正確な動作をし、充電のために短い休憩を取るだけで、ほぼ1日中働いています」。</p>\n<p>通常、異なるサプライヤーの機器は、別々の通信インターフェースを使用しているため、相互作用することができない。Fordのシステムでは、異なるサプライヤーの機器同士が会話し、リアルタイムでコマンドやフィードバックを送ることが可能になる。</p>\n<p>Carbon 3DプリンターがJavierに印刷物の準備ができたことを伝えると、Javierはそれを回収し、後で人間のオペレーターが回収できるように置いておく。</p>\n<p>Fordは、通信インターフェースとロボットの正確な位置決めを支える技術について、複数の特許を申請している。このプロセスは自律的に行われるが、人間のオペレーターが3Dデザインをプリンターにアップロードし、機械のメンテナンスを行う必要がある。</p>\n<p><small>画像クレジット:Ford</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/ford-is-now-using-robots-to-operate-3d-printers-without-human-help/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Jaclyn Trop、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/AMC_AutonomousRobotAnd3Dprinter_3F9A84161.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476084,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476084,
            "tagId": 19071,
            "tag": {
              "id": 19071,
              "slug": "ford",
              "name": "Ford / フォード(企業)",
              "description": "Ford Motor Company。米国の自動車メーカー。"
            }
          },
          {
            "postId": 476084,
            "tagId": 692509048,
            "tag": {
              "id": 692509048,
              "slug": "3d-printing",
              "name": "3Dプリント / 積層造形 / 3Dプリンター(用語)",
              "description": "3Dプリント / 3Dプリンターに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476084,
            "tagId": 692515871,
            "tag": {
              "id": 692515871,
              "slug": "robot-arm",
              "name": "ロボットアーム(用語)",
              "description": "ロボットアームに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476057,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 476057,
        "slug": "2022-03-15-bear-robotics-targets-restaurant-staffing-shortages-with-another-81m-raise",
        "createdAt": "2022-03-17T01:00:12.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T00:45:09.000Z",
        "title": "外食産業の労働力不足を狙い配膳ロボットを手がけるBear Roboticsが約96億円調達",
        "content": "<p>数年前からフードロボットのスタートアップ企業を追いかけていて最も興味深いことの1つは、下ごしらえから配達まで、各社が自動化を目指しているさまざまな作業を見ることだ。ベイエリアに拠点を置くBear Robotics(ベア・ロボティクス)は、ロボットをカウンターの前に連れ出そうとしている唯一の企業というわけではないが、近年、最も注目を浴びる企業の1つとなっている。</p>\n<p>Bearは、日本でより多くのレストランに同社のシステムを導入しようとするなど、最近の展開で成功を収めている。これには、同社に出資しているSoftBank(ソフトバンク)の後援や、日本では労働力不足が続いているという事情がある。日本は以前から、高齢化社会の中で事業を継続させるための方法としてロボットに注目しており、近年の新型コロナウイルス感染流行がそのニーズを加速させた。一方、米国では、同社はChili&#8217;s(チリズ)、Compass Group(コンパス・グループ)、Denny&#8217;s(デニーズ)、Marriott(マリオット)、Pepsi(ペプシ)と提携している。</p>\n<p>同社のビジネスモデルが、ソフトバンクから多大な信頼を得ていることは間違いない。ソフトバンクは最近、ロボットに対してさらに強気になっており、2020年にはBearのシリーズAを主導した。そして米国時間3月15日、新たな投資家としてIMMが、Cleveland Avenue(クリーブランド・アベニュー)などの既存投資家とともに、同社の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.bearrobotics.ai/blog/the-road-to-success-is-paved-in-solutions\" rel=\"noopener\">8100万ドル(約96億円)のシリーズB</a>を主導するために参入した。この最新のラウンドにより、Bearの資金調達総額は、これまでに約1億1700万ドル(約139億円)に達している。</p>\n<p>Bearは、全自動化にははっきりと慎重な姿勢を示している。同社はこれまで、レストランが人間の給仕スタッフに取って代わるのではなく、それを補うための手段として自社を位置づけてきた。これは、同社の機械がロボット・ウェイターというよりも自走型テーブルに近いものであり、A地点からB地点まで注文を載せて運ぶだけという事実が一因であることは間違いないだろう。</p>\n<p>「数年前に自分のレストランを始めたことで、私はその難しさを身をもって知りました」と、創業者兼CEOのJohn Ha(ジョン・ハー)氏はリリースで語っている。「そこで私は、レストランの良さを失うことなく、繰り返しの作業を自動化する方法はないものかと考えました。だから私たちはServi(サーヴィ)を作ったのです。これは、お客様、従業員、そして経営者の体験を向上させることを目的としたソリューションです。他の企業が仕事を完全に自動化しようとしている一方で、私たちは毎日この業界を支えている利害関係者のために、仕事の未来を向上させようとしているのです」。</p>\n<p>Bearによると、同社のServiロボットは、これまでに総計33万5000マイル(53万9100キロメートル)を移動して、2800万食を配膳してきたとのことだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Bear Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/15/bear-robotics-targets-restaurant-staffing-shortages-with-another-81m-raise/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Servi_hw55_4.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476057,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476057,
            "tagId": 1662,
            "tag": {
              "id": 1662,
              "slug": "restaurant",
              "name": "レストラン(用語)",
              "description": "レストランに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476057,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476057,
            "tagId": 2632011,
            "tag": {
              "id": 2632011,
              "slug": "softbank",
              "name": "ソフトバンク / SoftBank(企業)",
              "description": "ソフトバンクは、日本で携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)を提供する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476057,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476057,
            "tagId": 692510231,
            "tag": {
              "id": 692510231,
              "slug": "bear-robotics",
              "name": "Bear Robotics(企業)",
              "description": "Googleの元幹部エンジニアがファウンダーのサンフランシスコ地区のロボットスタートアップ。レストランで配膳を行うロボット、Serviを開発。"
            }
          },
          {
            "postId": 476057,
            "tagId": 692515919,
            "tag": {
              "id": 692515919,
              "slug": "robot-restaurant",
              "name": "ロボットレストラン(用語)",
              "description": "ロボットレストランに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475875,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 475875,
        "slug": "2022-03-15-the-elliq-eldercare-robot-is-finally-available",
        "createdAt": "2022-03-16T01:45:44.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T01:04:43.000Z",
        "title": "Intuition Roboticsの高齢者ケアコンパニオンロボット「ElliQ」がいよいよ発売開始",
        "content": "<p>鋭いTechCrunch読者なら、我々がIntuition Robotics(イントゥイション・ロボティクス)を5年前から取材していることにすぐに気がつくだろう。遡ること2017年2月の、高齢者ケアロボットの<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2017/02/14/intuition-robotics-6m/\" rel=\"noopener\">クラウドファンディングキャンペーン</a>からである。それ以来の取材のほとんどは、イスラエルを拠点とする同社が<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/02/13/intuition-robotics-raises-36m-for-its-empathetic-digital-companion/\" rel=\"noopener\">さまざまなラウンドで</a>さらに多くの資金を調達していることについてで、最も重要な質問である「いつ」に答えることはなかった。具体的には、ElliQ(エリキュー)ロボットはいつ販売されるのだろうか?</p>\n<p>ようやくプライムタイムの準備が整ったようだ。ロボットを作るのは時間がかかるもので、同社は数年かけてベータテストを行ってきた。Intuitionは、ElliQを米国時間3月15日より正式に販売することを、製品<a target=\"_blank\" href=\"https://www.intuitionrobotics.com/\" rel=\"noopener\">サイト</a>を通じて発表した。2022年のロボット業界がたいていそうであるように、このデバイスはサブスクリプションプラン、いわばRaaS(Robotics as a Service)を通じて提供される。年間契約の場合、初期費用250ドル(約2万9570円)、月額30ドル(約3550円)で利用できる。</p>\n<p>高齢者ケアは、日本では長い間ロボティクスの中心的存在だったが、他の地域ではなかなか足場を固めることができなかった。米国では、Labrador Systems(ラブラドールシステムズ)をはじめとするスタートアップが参入しており、Amazon(アマゾン)やGoogle(グーグル)といったスマートホーム機器メーカーも関連機能を自社システムに組み込み始めている。</p>\n<div id=\"attachment_475879\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475879\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475879 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/ElliQ7.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"1024\" /><p id=\"caption-attachment-475879\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Intuition Robotics</p></div>\n<p>ElliQは、惜しまれつつも生産終了したKuri(クリ)やJibo(ジーボ)のような、高齢者ユーザー向けに特化した製品だ。Labradorのように実際に雑用を手伝うのとは異なり、シニア層の参加を持続させるように設計されている。同社によると、平均的なユーザーは1日に20回、合わせて20分ほどこの製品と関わりを持つそうだ。つまり、テレビのようなエンゲージメントレベルではなく、もっと頻繁に、短い時間でチェックインできるように設計されているといえる。</p>\n<p>共同設立者でありCEOのDor Skuler(ドール・スクーラー)氏はリリースでこう述べている。「長年の努力の末、ついにこの日がやってきました。パンデミックの間中、私たちは孤独が高齢者層にもたらす破壊的な影響を目の当たりにしました。同時に、ElliQがベータ版ユーザーに信じられないほど役立ち、笑顔をもたらすのも目の当たりにしてきました」。</p>\n<p>エクササイズ、Mayo Clinic(メイヨー・クリニック)からの健康情報、家族とのチェックイン、Uber Healthによる交通手段の提供など、デバイスを通じて利用できるコンテンツは多岐にわたる。つまり、普段は1人暮らしでも大丈夫なくらい自立しているが、もう少し手助け・サポートが必要な人のために、サポートとエンゲージメントという2つの要素が用意されているのだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Intuition Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/15/the-elliq-eldercare-robot-is-finally-available/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/ElliQ10.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475875,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475875,
            "tagId": 79116,
            "tag": {
              "id": 79116,
              "slug": "elderly",
              "name": "高齢者 / 高齢者施設(用語)",
              "description": "高齢者に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475875,
            "tagId": 697740,
            "tag": {
              "id": 697740,
              "slug": "smart-home",
              "name": "スマートホーム(用語)",
              "description": "スマートホームに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475875,
            "tagId": 366271656,
            "tag": {
              "id": 366271656,
              "slug": "israel",
              "name": "イスラエル(国・地域)",
              "description": "イスラエルに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475768,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 475768,
        "slug": "mzfund-groove-x-lovot",
        "createdAt": "2022-03-15T03:21:10.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T02:16:54.000Z",
        "title": "前澤友作氏が家庭用ロボット事業に参入、前澤ファンドが家族型ロボ「LOVOT」のGROOVE X株式の過半数を取得",
        "content": "<p>ロボットスタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://groove-x.com/\" rel=\"noopener\">GROOVE X</a>は3月15日、前澤友作氏率いる<a target=\"_blank\" href=\"https://www.mzfund.co.jp/\" rel=\"noopener\">前澤ファンド</a>が2022年3月15日時点においてGROOVE X株式の過半数を取得したと発表した。2022年4月5日時点に前澤ファンドがGROOVE X株式の全株式を取得する予定。</p>\n<p>GROOVE Xが手がける家族型ロボット「<a target=\"_blank\" href=\"https://lovot.life/\" rel=\"noopener\">LOVOT</a>」を通じ、前澤氏が家庭用ロボット事業に参入する。また、同社代表取締役社長の林要氏は職務を継続し、前澤氏とともに日本発の世界に誇れる新産業として「LOVOT」事業を推進する。</p>\n<p>前澤氏は、「掃除したり仕事したりするロボットではないけれど、こんな時代だからこそ、人をほっこり幸せな気持ちにさせてくれる存在に、大きな可能性を感じています」とコメント。また林氏は、「さらなる飛躍のために、ファッションやアートに造詣の深い前澤さんを株主にお迎えできたことは、大変嬉しく思います。前澤さんの豊富なご経験、人脈、資金力の元で、引き続き日本発の新産業である『LOVOT』を世界に発信し、テクノロジーの平和利用を促進してまいります」と述べている。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475768,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475768,
            "tagId": 692492062,
            "tag": {
              "id": 692492062,
              "slug": "groove-x",
              "name": "GROOVE X",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475768,
            "tagId": 692517533,
            "tag": {
              "id": 692517533,
              "slug": "maezawafund",
              "name": "前澤ファンド(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475449,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 475449,
        "slug": "2022-03-11-diamond-age-series-a",
        "createdAt": "2022-03-12T09:15:35.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-12T09:02:32.000Z",
        "title": "1カ月ほどで家を建てる住宅建築ロボットのDiamond Ageが58.6億円を調達",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"/2021-08-19-diamond-age-raises-8m-to-speed-up-home-construction-with-3d-printing-and-robot-arms\" rel=\"noopener\">ほんの数カ月前に800万ドル(約9億4000万円)の資金調達</a>行ったばかりの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.diamondage3d.com/\" rel=\"noopener\">Diamond Age</a>(ダイアモンド・エイジ)が、シリーズAで5000万ドル(約58億6000万円)を追加調達した。3Dプリントとロボット技術を利用して住宅建設を大幅に安くすることで、住宅購入をより手頃なものにするというのが同社のミッションだ。</p>\n<p>自らを「フルスタックロボットスタートアップ」と称する同社は、新しい家を建てる際の半分以上の手作業を置き換えるためのツール群を開発している。ロボットという要素を加えることで、これまで9カ月かかっていた住宅建築が、1カ月ほどで可能になるという副次的な効果もある。同社は現在、外装、内装、屋根構造のコンクリートをプリントできる3Dプリントシステムに加えて、26種類のエンドオブアーム型ロボットツール(ロボットアームの末端に装着してさまざまな仕事をこなすアタッチメント)を開発している。</p>\n<p>今回の資金調達ラウンドは、科学駆動型イノベーションに注力する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.primemoverslab.com/\" rel=\"noopener\">Prime Movers Lab</a>が主導した。Prime Movers Labは特にエネルギー、交通、インフラ、製造、人間能力拡大、アグテック(アグリテック)などを革新するスタートアップに注目している。シード投資家のAlpaca VC、Dolby Family Ventures、Timber Grove Ventures、Gaingelsは予定以上の投資を行い、Signia Venture Partnersも加わった。創業者たちにとって最も心強いのは、このラウンドの20%が住宅建設業者や土地開発業者であったことだろう。潜在顧客がスタートアップに投資するのは、常に良い兆候だ。</p>\n<p>前回の資金調達以来、 Diamond Age は技術を大幅に進歩させ、今では2000平方フィート(約190平方メートル、約56.2坪)の平屋をプリントして建てることができるようになった。それが投資家たちを感心させ、評価額の火種に油を注いだことは間違いない。同社は最初のスケールアップ版システムと、フルスケールの3ベッドルーム+2バスルームの住宅を、予定より4カ月早く11カ月で納入した。このことによって、同社はとある全国規模の住宅メーカーと初めて契約を結んだ。この契約について、創業者たちは今のところ詳細を明らかにしていないが、この発表も近いうちに行われることだろう。</p>\n<p>Diamond Ageの共同創業者Jack Oslan(ジャック・オスラン)CEOは次のように語る。「手頃な価格の住宅建設は、世界規模で人々に影響を与えています。初めて家を購入する人の平均年齢が20歳代半ばから30歳代半ばに移行したことで、賃貸物件に対する需要が高まりました。このため『質の高い住宅』を求めて賃貸市場の競争がますます激化しています。次世代の住宅購入者が最初の家に早く住めるようにすることは、住宅のエコシステム全体に貢献することができます」。</p>\n<p>Diamond Ageは、ロボットプラットフォームの拡張を継続し、住宅建設に関する初の商業契約を締結するために調達した資金を使用する。同社はすでに規模を2倍に拡大し、さらにエンジニアリングと製作の人材を加える予定だ。これにより、Diamond Ageは住宅メーカーやデベロッパーと提携し、住宅建築をオンデマンド商品化し、住宅購入者が住宅を設計する際に、より多くの選択肢を提供することができるようになる。</p>\n<p>Prime Movers LabのジェネラルパートナーであるSuzanne Fletcher(スザンヌ・フレッチャー)氏は「Diamond AgeのFactory in the Field(ファクトリー・イン・ザ・フィールド、現場の工場)システムは、建設現場に自動化をもたらし、住宅建設業界における大規模な労働力不足を補うものです」と述べている。「ジャックと彼のチームは、予定より早く重要なマイルストーンを達成し、分譲住宅の建設方法を変革していましたので、Prime Movers Labが同社のシリーズAを主導することは容易に決断できました」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Diamond Age</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/11/diamond-age-series-a/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Haje Jan Kamps、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/DIAMOND_AGE_20210472.2_larger.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475449,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475449,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475449,
            "tagId": 366274320,
            "tag": {
              "id": 366274320,
              "slug": "construction",
              "name": "建設 / 建築(用語)",
              "description": "建設、建築に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475449,
            "tagId": 692509048,
            "tag": {
              "id": 692509048,
              "slug": "3d-printing",
              "name": "3Dプリント / 積層造形 / 3Dプリンター(用語)",
              "description": "3Dプリント / 3Dプリンターに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475449,
            "tagId": 692511185,
            "tag": {
              "id": 692511185,
              "slug": "housing",
              "name": "住宅(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475449,
            "tagId": 692514804,
            "tag": {
              "id": 692514804,
              "slug": "diamond-age",
              "name": "Diamond Age(企業)",
              "description": "ロボットと3Dプリントを組み合わせて利用し、住宅建設の工期と工数を大幅に減らすことを目指すベイエリアの企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475449,
            "tagId": 692515871,
            "tag": {
              "id": 692515871,
              "slug": "robot-arm",
              "name": "ロボットアーム(用語)",
              "description": "ロボットアームに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475408,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 475408,
        "slug": "2022-03-10-zeta-surgical-comes-out-of-stealth-with-a-5-75m-raise-for-image-guided-surgery",
        "createdAt": "2022-03-12T01:30:21.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-12T00:42:44.000Z",
        "title": "新たな画像誘導手術システムを開発するZeta Surgicalがステルス状態から脱して約6億円調達",
        "content": "<p>ボストンを拠点とするZeta Surgical(ゼータ・サージカル)は先日、ステルス状態から脱して520万ドル(約6億800万円)のシード資金調達を発表した。Innospark Ventures(イノスパーク・ベンチャーズ)が主導したこのラウンドは、Y Combinator(Yコンビネーター)とPlug and Play Ventures(プラグ・アンド・プレイ・ベンチャーズ)による25万ドル(約2900万円)のプレシードに続くものだ。</p>\n<p>同社はハーバード大学の卒業生であるJose Maria Amich(ホセ・マリア・アミチ)氏とRaahil Sha(ラーヒル・シャ)氏によって設立された。2人は現在、それぞれCEOとCTOを務めており、ハーバード大学医学部脳神経外科のWilliam Gormley(ウィリアム・ゴームリー)准教授が、同社の最高医学責任者を務めている。同チームのミッションは、手術室の外で行われる非侵襲的な手術のために、正確な医用画像ガイダンスを提供することだ。</p>\n<p>脳室開窓術や神経調節療法のような手術を手始めに、Zetaは同社の技術で精度を上げ、参入障壁が低くなることによって、このような手術の民主化に貢献できると信じている。</p>\n<p>「現在、我々が行う手術には、一方では精度が高くても、もう一方に属する手術では技術や精度がまったく欠如しているという、大きな断絶があるのです」とゴームリー氏は語る。「その理由は、これらの手術の多くが緊急手術であり、そのような患者を治療するための技術が開発されていないためです。アミチ氏とシャ氏がもたらすものは、そんな技術です。この技術は、覚醒していて実際に動き回る患者に対し、外科医チームをほとんど必要とせず、非常に迅速に適用することができます。私たちがやっていることとどれだけ違うか、言葉で言い表すのは難しいですが、このような患者にとっては、すべてがまったく変わるということです」。</p>\n<div id=\"attachment_475409\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475409\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-475409\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=1536,1024 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-475409\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Zeta Surgical</p></div>\n<p>Zetaシステムには、外科医が低侵襲な脳外科手術をピンポイントで行えるように支援するために開発された複合現実(MR)オーバーレイが含まれている。これに組み合わて使用できるオプションのロボットシステムは、市販のDoosan(ドゥサン)製ロボットアームを独自のツールと組み合わせて活用している。同チームは、医用画像の表示にヘッドセットも検討したが、このような手術にはまだ十分な精度がないと判断したという。</p>\n<p>「ARとVRの両方のシステムを検討しましたが、現時点では標準的な画面ベースのナビゲーションを採用することにしました」と、シャ氏は語る。「その理由のいくつかは技術的なものです。ARシステムには、外科手術に必要な精度が足りません。ARのオーバーレイは可能ですが、脳外科手術に必要なほどの精度は得られません」。</p>\n<p>このスタートアップ企業は、北米とアジア市場を視野に入れ、ボストンとシンガポールで非臨床試験を完了させている。2022年前半にはFDA(米国食品医薬品局)への承認申請を予定しており、承認が計画通りに進めば、夏の終わりから秋の初めには製品版を発売する予定だ。</p>\n<p>「今回のラウンドでは、2つの主要な成果物に焦点を合わせています。1つは、装置の初期臨床試験を完了させることです」と、アミチ氏は説明する。「そしてもう1つは、FDAの認可を受け、認可後に最初の臨床パートナーたちとともに実用を開始することです。それには何よりもまず、システムの完全な開発を完了させなくてはなりません。そのためにはチームを拡大し、新しいエンジニアを雇用することが必要になります」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Zeta Surgical</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/10/zeta-surgical-comes-out-of-stealth-with-a-5-75m-raise-for-image-guided-surgery/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/08-Zeta-FRONT-SIDE-Black-BKG.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475408,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475408,
            "tagId": 8225,
            "tag": {
              "id": 8225,
              "slug": "boston",
              "name": "ボストン(国・地域)",
              "description": "ボストンに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475408,
            "tagId": 366270781,
            "tag": {
              "id": 366270781,
              "slug": "medical",
              "name": "医療 / 治療 / MedTech / メドテック(用語)",
              "description": "医療 / 治療 / MedTech / メドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475408,
            "tagId": 366272115,
            "tag": {
              "id": 366272115,
              "slug": "mr",
              "name": "複合現実 / MR(用語)",
              "description": "Mixed Reality。混複合現実 / MRに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475408,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475408,
            "tagId": 366274199,
            "tag": {
              "id": 366274199,
              "slug": "harvard-university",
              "name": "ハーバード大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475408,
            "tagId": 366279702,
            "tag": {
              "id": 366279702,
              "slug": "surgery",
              "name": "手術(用語)",
              "description": "手術に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474968,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 474968,
        "slug": "exabase-robotics-data-analysis-platform",
        "createdAt": "2022-03-10T06:52:16.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-10T06:52:16.000Z",
        "title": "エクサウィザーズと日本製鉄、ロボットAIソリューションで熟練作業の効率的な技能伝承を目指すデータ解析基盤を検証",
        "content": "<p>AIを活用したサービスで産業革新と社会課題の解決を目指すAIスタートアップ「<a target=\"_blank\" href=\"https://exawizards.com/\" rel=\"noopener\">エクサウィザーズ</a>」は3月9日、マルチモーダルなロボットAIソリューション「exaBase ロボティクス」を使い、重機操業の作業状況を可視化し、熟練作業の効率的な技能伝承を可能にするデータ解析基盤を構築。2022年2月から、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nipponsteel.com/index.html\" rel=\"noopener\">日本製鉄</a>の東日本製鉄君津地区にて検証を行っている。</p>\n<p>製鉄所では、鉄を融解した際に発生する副産物であるスラグを分離する作業が必要になる。スラグは1000度を超える高温溶融物であるため、作業員は遠隔で重機を操作し、変化するスラグの状態を見ながら、知識と経験を活かして作業を行う。だが、その技能やノウハウは形式知化することが難しいため、技術の伝承が困難になっている。そこで、エクサウィザーズと日本製鉄は、スラグ分離作業における重機操作をデジタル化するプロジェクトを進め、その一環として、exaBase ロボティクスを使った熟練作業の技能伝承のためのデータ解析基盤を構築し、検証を行うことにした。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-474973 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/exasub2.png?w=922\" alt=\"\" width=\"922\" height=\"428\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/exasub2.png 922w, /wp-content/uploads/2022/03/exasub2.png?resize=300,139 300w, /wp-content/uploads/2022/03/exasub2.png?resize=768,357 768w, /wp-content/uploads/2022/03/exasub2.png?resize=862,400 862w, /wp-content/uploads/2022/03/exasub2.png?resize=400,186 400w, /wp-content/uploads/2022/03/exasub2.png?resize=738,343 738w, /wp-content/uploads/2022/03/exasub2.png?resize=640,297 640w, /wp-content/uploads/2022/03/exasub2.png?resize=220,102 220w, /wp-content/uploads/2022/03/exasub2.png?resize=281,130 281w, /wp-content/uploads/2022/03/exasub2.png?resize=250,116 250w, /wp-content/uploads/2022/03/exasub2.png?resize=125,58 125w, /wp-content/uploads/2022/03/exasub2.png?resize=600,279 600w, /wp-content/uploads/2022/03/exasub2.png?resize=50,23 50w\" sizes=\"(max-width: 922px) 100vw, 922px\" /></p>\n<p>その結果、これまでデジタル化ができなかった様々なデータの可視化と熟練要素の解析を実現し、勤続10年以上の作業員の操作技術を明確にすることができた。同時に、熟練作業員と同じ操作を新人作業員でも行えるようAIが指導するソフトウェアを導入。作業の効率化と均質化が期待されるという。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-474974 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"538\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg 1200w, /wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg?resize=300,158 300w, /wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg?resize=768,403 768w, /wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg?resize=1024,538 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg?resize=762,400 762w, /wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg?resize=400,210 400w, /wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg?resize=738,387 738w, /wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg?resize=640,336 640w, /wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg?resize=220,116 220w, /wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg?resize=281,148 281w, /wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg?resize=238,125 238w, /wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg?resize=125,66 125w, /wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg?resize=114,60 114w, /wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg?resize=1051,552 1051w, /wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg?resize=600,315 600w, /wp-content/uploads/2022/03/exsub3.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>データ解析と可視化は、センサーデータ、動画データ、操業情報について行われた。センサデータは、重機の操作位置や速度に関する情報だが、制御板の操作情報なども含め、リアルタイムに取得したデータから作業傾向を解析した。動画データは、操業エリアに設置したカメラで撮影したスラグ分離作業の様子や溶融物の状態だが、これを用いてスラグ分離状況を解析した。</p>\n<p>そして、処理日時や作業者情報などの操業情報から、作業員と対象作業の難度を紐付け、総合的な解析を行った。</p>\n<p>exaBase ロボティクスは、様々な種類の(マルチモーダルな)データを活用して、工程の自動化や最適化を行うロボットAIソリューション。重機を操作する熟練者の動作の再現も、その得意分野の1つだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:<br />\n<a target=\"_blank\" href=\"https://unsplash.com/@rozetsky?utm_source=unsplash&amp;utm_medium=referral&amp;utm_content=creditCopyText\" rel=\"noopener\">Ant Rozetsky</a> on <a target=\"_blank\" href=\"https://unsplash.com/s/photos/factory-steel?utm_source=unsplash&amp;utm_medium=referral&amp;utm_content=creditCopyText\" rel=\"noopener\">Unsplash</a><br />\n</small></p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474968,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474968,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474968,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474968,
            "tagId": 366277876,
            "tag": {
              "id": 366277876,
              "slug": "exawizards",
              "name": "エクサウィザーズ(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474968,
            "tagId": 692517505,
            "tag": {
              "id": 692517505,
              "slug": "nippon-steel-corporation",
              "name": "日本製鉄(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475063,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 475063,
        "slug": "2022-03-08-ges-worm-robot-sports-roach-style-whiskers-to-remove-fat-deposits-from-sewage-pipes",
        "createdAt": "2022-03-09T23:45:56.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-09T22:55:54.000Z",
        "title": "GEのミミズ型ロボット、下水管に付着した固形廃棄物を除去するためにゴキブリ型ヒゲを採用",
        "content": "<p>Dull(退屈)、Dirty(汚い)、Dangerous(危険)と言われる「3D」の仕事で、自動化について語る時に一般的に取り上げられるのは「退屈」と「危険」という分野だ。ロボットは人間を危険から遠ざけ、極めて退屈な反復作業を代替する上で重要な役割を果たす。しかし「汚い」という部分についてはどうだろうか?今回ご紹介するロボットほど、真ん中のDに適したものを、筆者は今まで記事にした覚えがない。</p>\n<p>もちろん、ヘビ型ロボットは特に新しいものではない。従来のシステムでは不可能だった狭い場所での作業を可能にする賢いフォームファクターだ。カーネギーメロン大学もNASAも、長い間このようなロボットを開発している。一方、この巨大ミミズ型ロボットは、実はDARPA(国防高等研究計画局)が軍のトンネル掘削作業を開発するために実施した「Underminer(アンダーマイナー)」プログラムの一環として誕生したものだ。</p>\n<p>現在はGE(ゼネラル・エレクトリック)のもとで「Pipe-worm」(Programmable Worm for Irregular Pipeline Exploration、不規則なパイプラインを探索するためのプログラム可能なミミズ)と呼ばれているこのロボットは、流体で動く筋肉と、ゴキブリにヒントを得たヒゲのシステムを組み合わせ、狭く曲がりくねったパイプの中を通り抜けることができる。触覚フィードバックを使って、パイプの直径、継ぎ目、曲がり角などを判断することも可能だ。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/NmJIuns9nRk?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>このロボットは最近、GEの研究拠点に配備され、業務に大きな影響を与えることなく配管内を運行している。</p>\n<p>「このAI搭載の自律型ロボットは、パイプラインを単独で検査したり、さらに可能性としては修復する能力も備えており、我が国の下水道システムの多くで現在問題となっているファットバーグ(下水管の中で固形化し、流れなくなった塊)のような固形廃棄物の形成を打破することができるでしょう」と、GEのロボット研究者であるDeepak Trivedi(ディーパック・トリヴェディ)氏は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.ge.com/research/newsroom/fatbergs-beware-ge-research-demonstrates-autonomous-pipe-worm-robot-can-demolish-hard\" rel=\"noopener\">プレスリリース</a>で述べている。「私たちは、このロボットの体にゴキブリのようなヒゲを付けました。これによって、急なカーブを曲がったり、パイプラインのネットワークの暗くて内部がわからない部分を通り抜けたりするための知覚が、大幅に強化されました」。</p>\n<p>同社はこのロボットが、発電所から光ファイバーケーブルまで、あらゆる施設の地下の点検に活用できると確信している。</p>\n<p><small>画像クレジット:GE</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/08/ges-worm-robot-sports-roach-style-whiskers-to-remove-fat-deposits-from-sewage-pipes/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/pipe-worm.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475063,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475063,
            "tagId": 55871,
            "tag": {
              "id": 55871,
              "slug": "darpa",
              "name": "DARPA / 米国防高等研究計画局(組織)",
              "description": "Defense Advanced Research Projects Agency。軍隊使用のための新技術開発、研究を行う国防総省の機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 475063,
            "tagId": 217997,
            "tag": {
              "id": 217997,
              "slug": "general-electric",
              "name": "General Electric / ゼネラルエレクトリック(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475063,
            "tagId": 366274604,
            "tag": {
              "id": 366274604,
              "slug": "tunnel",
              "name": "トンネル / トンネル掘削(用語)",
              "description": "トンネル / トンネル掘削に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475040,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 475040,
        "slug": "2022-03-08-nvidia-invests-10m-in-sidewalk-robot-delivery-company-serve-robotics",
        "createdAt": "2022-03-09T23:00:30.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-09T22:44:23.000Z",
        "title": "NVIDIA、歩道配送ロボのServe Roboticsに11.6億円投資",
        "content": "<p>チップメーカー大手のNVIDIA(エヌビディア)は、UberからスピンアウトしたServe Robotics(サーブロボティクス)に1000万ドル(約11億6000万円)を投資する。Serve Roboticsはこの資金により、歩道配送ロボットサービスをロサンゼルスとサンフランシスコ以外にも拡大する。</p>\n<p>NVIDIAにとっては歩道配送分野での初めての投資となる。両社の長期的な協力関係の一環であり、それぞれのロボット関連技術を発展させるために協働する。</p>\n<p>「NVIDIAの投資は、Serveとの長年の提携が根底にあります。Serveは、エッジからクラウドベースの技術まで、当社のさまざまな技術を利用しています」とNVIDIAのロボティクス担当シニアプロダクトマーケティングマネージャーGerard Andrews(ジェラルド・アンドリューズ)氏はTechCrunchに話した。「私たちがうれしく思っているのは、ラストマイルデリバリーの問題に関して可能なことの限界を押し広げるために、Serveと密接に協力できるということです」。</p>\n<p>Serveのロボットは、同社によると、特定のジオフェンス領域(仮想的な地理的境界で囲まれた領域)の中で、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/14/2022-01-13-serve-robotics-new-autonomous-sidewalk-delivery-robots-dont-require-human-assist/\" rel=\"noopener\">安全のための遠隔操作者なし</a>で動作が可能だ。現在はNVIDIAの「Jetson」エッジAIプラットフォーム、ハードウェア、あるいは計算モジュールに依存している。いずれもロボット内部にあり、自律動作に力を与える。同社は、NVIDIAの認識・マッピングツールも利用している。これは、ロボットが実世界の環境のどこにいて、どこに行く必要があるのかを理解するのに役立つ。</p>\n<p>多くの自動運転車メーカーと同様、Serveも道路を走る前にシミュレーションでモデルをテストしている。そのために、NVIDIAは認識モデルをトレーニングするための合成データ生成ツールを提供している。</p>\n<p>これらのツールは、ロボット開発者に、シミュレーションからロボットフリートマネジメントに至るさまざまなソフトウェア技術を提供するNVIDIAのツール群(愛称:Isaac)の一部として提供される。NVIDIAは、Serveとの提携から得た教訓を、新進のロボット分野での技術向上に役立てたいと考えている、とアンドリューズ氏はいう。</p>\n<p>「私たちは、自動運転のリーディングカンパニーだと考えています。実世界で本物の自動運転ロボットをスケールアップしています」とServeの共同創業者でCEOのAli Kashani(アリ・カシャニ)氏はTechCrunchに話した。「NVIDIAは、ロボット業界全体にとって最も重要な企業の1つです。NVIDIAはツールにも投資しています。発展途上の分野であることを考えれば、両社が協力することは理にかなっています」。</p>\n<p>歩道配送の商業化には現在、さまざまなアプローチが試みられている。<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/06/2022-01-04-driveu-auto-to-power-remote-piloting-of-easymiles-autonomous-shuttles-cocos-sidewalk-robots/\" rel=\"noopener\">Coco</a>(ココ)や最近までは<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/04/tortoise-pivots-away-from-robotic-delivery-towards-mobile-stores/\" rel=\"noopener\">Tortoise</a>(トータス)のような企業は、ロボットを目的地まで運転するために遠隔オペレーターを活用し、完全な自動運転に比べ、迅速かつ容易に市場に参入する道を開いてきた。</p>\n<p>Serveは最初から、技術的により困難な、完全自動運転への道を選んだ。それはつまり、リアルタイムのデータ処理のために、最高の計算能力を必要としているということを意味する。</p>\n<p>「歩道は道路よりも混沌としています」とカシャニ氏は話す。「私たちはヤギに遭遇したこともあります。歩道で直面するランダム性は、道路よりも1桁高いのです。車線変更、ブレーキ、アクセルなど、道路を走る車の動作ははっきりしています。歩道では、いつ何が起きてもおかしくないわけで、そのための準備が必要です。ここがおもしろいところで、だからこそ歩道の方がチャレンジングなのです。もちろん、利点は物事がゆっくり進むことです。そのため、対応する時間が持てます」。</p>\n<p>Serveがここ数カ月で受け入れた戦略的投資は、これが初めてではない。12月には<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/08/2021-12-06-uber-spinout-serve-robotics-gets-13m-seed-round-to-expand-sidewalk-robot-deliveries/\" rel=\"noopener\">シードラウンドで1300万ドル(約15億円)を調達</a>し、Delivery Hero(デリバリーヒーロー)に投資したDX Ventures(DXベンチャーズ)、7-Eleven(セブンイレブン)のコーポレートVC部門である7-Ventures(セブンベンチャーズ)、Uber Eatsの配達サービスパートナーとしてServeを起用するUber(ウーバー)など、商業化に向けServeの進む道を支援する投資家が参加した。</p>\n<p><small>画像クレジット:Serve Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/08/NVIDIA-invests-10m-in-sidewalk-robot-delivery-company-serve-robotics/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Rebecca Bellan、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Nvidia.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475040,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475040,
            "tagId": 35186,
            "tag": {
              "id": 35186,
              "slug": "nvidia",
              "name": "NVIDIA(企業)",
              "description": "デスクトップパソコンやノートパソコン向けのGPU「GeForce」シリーズなどのGPUを開発、販売する米国の半導体メーカー。"
            }
          },
          {
            "postId": 475040,
            "tagId": 366273914,
            "tag": {
              "id": 366273914,
              "slug": "investment",
              "name": "投資(用語)",
              "description": "投資に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475040,
            "tagId": 366274583,
            "tag": {
              "id": 366274583,
              "slug": "the-last-mile",
              "name": "ラストマイル / ラストワンマイル(用語)",
              "description": "ラストマイル / ラストワンマイルに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475040,
            "tagId": 366280135,
            "tag": {
              "id": 366280135,
              "slug": "robot-delivery",
              "name": "ロボット配達(用語)",
              "description": "ロボット配達に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475040,
            "tagId": 692512378,
            "tag": {
              "id": 692512378,
              "slug": "serve-robotics",
              "name": "Serve Robotics(企業)",
              "description": "パイロット運用した歩道を自動走行するロボットを活用するオンデマンド配達企業。UberがPostmatesを買収、その後、2021年3月にスピンアウトして誕生。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474758,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 474758,
        "slug": "2022-03-07-zoox-acqui-hires-team-from-robotic-strawberry-picking-startup-strio-ai",
        "createdAt": "2022-03-08T23:15:38.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-08T20:46:07.000Z",
        "title": "ロボタクシーZooxがイチゴ収穫ロボットのStrio.AIを買収、知覚技術の取得が目的",
        "content": "<p>Amazon傘下のロボタクシー企業Zooxが<a target=\"_blank\" href=\"https://zoox.com/journal/strio-ai-joins-zoox/\" rel=\"noopener\">今週</a>、Strio.AIを買収したことを発表した。このボストンのロボティクス企業は2020年にMIT出身者らが創業し、イチゴの収穫と剪定を自動化する。同社はパンデミックの間に短期間で立ち上がり、6カ月のうちに最初のプロトタイプをカリフォルニアとフロリダの農家に納めた。</p>\n<p>今回の買収は人材獲得が主な目的で、Strioの共同創業者でCEOだったRuijie He(ルイジエ・ヒー)氏がパーセプション(知覚)部長としてZooxに参加し4人の上級エンジニアがチームに加わる。Strioのチームの獲得は、ベイエリアのZooxにとって初めてのイーストコーストの研究開発サイトの招聘になる。</p>\n<p>Zooxはブログで次のように述べている。「RJやStrioの他のメンバーと話をするたびに、彼らの技術力と起業家精神と高度な知覚システムを開発するアプローチに感銘を受けました。彼らを迎えることで私たちの自動化技術の前進を継続できることに喜んでいます」。</p>\n<p>この買収でStrioのアグリテックの部分は、Zooxの幅広いロボタクシーのプランにそれの知覚技術などが統合されるというよりむしろ、縮小されるだろう。この買収の数週間前には<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/16/following-acquisition-by-bowery-traptics-strawberry-picking-robotics-move-into-vertical-farming/\" rel=\"noopener\">Bowery FarmingがTrapticのイチゴ収穫ロボットを買収</a>し、それを屋内の垂直農場に組み込むことになった。Zooxの場合と同じくBoweryの買収も、Trapticのロボットを農場から奪った。</p>\n<p>一般的には、自動化ロボットはアグテックにいろいろな活躍の機会があると思われているが、その主な選手たちの多くがあまり前進していない。<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/04/2022-02-02-abundants-new-owner-looks-to-revive-the-apple-picking-robot-through-equity-crowdfunding/\" rel=\"noopener\">Abundant</a>のリンゴ収穫ロボットも、もう1つの見逃せない例だ。しかしそれでも、一般的にロボットというカテゴリーは、むしろ買収に活路を見出す例が多い。Strioのような若い企業では特にそうだ。</p>\n<p>一方、Zooxにとって今回の買収は人材を獲得しボストンのロボティクス研究ハブに座を得る機会になる。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/04/2022-02-02-abundants-new-owner-looks-to-revive-the-apple-picking-robot-through-equity-crowdfunding/\" rel=\"noopener\">りんご収穫ロボットを復活させるために、Abundantの新オーナーがエクイティクラウドファンディングを計画</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Zoox</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/07/zoox-acqui-hires-team-from-robotic-strawberry-picking-startup-strio-ai/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/zox.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474758,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474758,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474758,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474758,
            "tagId": 366273349,
            "tag": {
              "id": 366273349,
              "slug": "zoox",
              "name": "Zoox(企業)",
              "description": "自動走行車両テクノロジーを開発する米国のスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 474758,
            "tagId": 681521641,
            "tag": {
              "id": 681521641,
              "slug": "robotaxi",
              "name": "ロボタクシー / 無人タクシー(用語)",
              "description": "ドライバーレスで自動運転、電気自動車を利用するタクシーサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 474758,
            "tagId": 692510039,
            "tag": {
              "id": 692510039,
              "slug": "vertical-farming",
              "name": "垂直農業 / 垂直栽培(用語)",
              "description": "垂直農業 / 垂直栽培に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474549,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 474549,
        "slug": "telexistence-new-robot-experiment",
        "createdAt": "2022-03-07T08:02:44.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-07T12:42:57.000Z",
        "title": "遠隔操作・AIロボのTelexistence、物流施設の低温エリアなどで自律制御・遠隔操作による新型ハイブリッドロボの実証実験",
        "content": "<p>遠隔操作・AIロボットの開発・事業を手がける<a target=\"_blank\" href=\"https://tx-inc.com/ja/top/\" rel=\"noopener\">Telexistence</a>(テレイグジスタンス。TX)は3月4日、独自AIシステムによる自動制御と人による遠隔操作のハイブリッド制御ロボット技術を核とした新たな物流オペレーションの開発を目的に、実証実験を開始した。</p>\n<p>実証実験を行うのは、低温物流の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nichirei-logi.co.jp/\" rel=\"noopener\">ニチレイロジグループ本社</a>と、物流事業を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.senko.co.jp/jp/\" rel=\"noopener\">センコー</a>の2社。第1弾として、ニチレイロジグループの物流施設にある冷蔵エリアにおいて、遠隔操作ロボットがカゴ台車にさまざまな荷物を積み込む(混載積み付け)実験を行った。2022年秋には、センコーの大手小売業向け物流施設にて実験を行う予定だ。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/CdIYSjFbHXg?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>実験に使用されたロボットは、協働用ロボットアーム、自律走行搬送ロボット(AGV)、エンドエフェクター、遠隔操作機構で構成されたもの(協働用ロボットアームとAGVは他社製を採用)。</p>\n<p>パレットへの積み付けや積み下ろし(パレタイズ、デパレタイズ)を行うロボットは、一般には床に固定される。そのため稼働範囲が限定され、ロボット作業の前後の工程にその他の移動用機器(マテハン機器)を準備する必要がある。これに対してTX製ロボットは、電源を搭載しているため移動をともなう作業にも対応し、また時間帯に応じて作業場所を変えるなどの柔軟性がある。同時に、オペレーターが遠隔で荷物や積み付け場所を目視で確認するため、保冷カバー付きのカゴ台車への積み付けのような複雑な作業を要する場面でも、最適な形で効率よく荷物を扱うことができる。</p>\n<div id=\"attachment_474566\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474566\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-474566\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?w=1024\" alt=\"遠隔操作・AIロのTelexistence、物流施設の低温エリアなどで自律制御・遠隔操作による新型ハイブリッドロボの実証実験\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-002.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-474566\" class=\"wp-caption-text\">段ボールを側面から把持した状態でのカゴ台車への積み付け</p></div>\n<div id=\"attachment_474567\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474567\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-474567\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?w=1024\" alt=\"遠隔操作・AIロのTelexistence、物流施設の低温エリアなどで自律制御・遠隔操作による新型ハイブリッドロボの実証実験\" width=\"1024\" height=\"601\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg 1896w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?resize=300,176 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?resize=768,450 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?resize=1024,601 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?resize=1536,901 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?resize=682,400 682w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?resize=400,235 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?resize=738,433 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?resize=614,360 614w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?resize=220,129 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?resize=281,165 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?resize=213,125 213w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?resize=125,73 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?resize=102,60 102w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?resize=941,552 941w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?resize=600,352 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-003.jpg?resize=50,29 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-474567\" class=\"wp-caption-text\">遠隔操作オペレーターとコックピットビュー</p></div>\n<p>この実証実験は、「労働者からすべての身体的労働作業を解放する」というミッションに合致するものだとTXは話す。これは、身体への負担が大きい冷蔵エリアでの作業や重たいケースの運搬をロボットに代替させ、労働環境の改善と生産性の向上を目指す実験だとしている。</p>\n<p>またニチレイロジグループは、人手不足への対応や作業者の負担軽減、さらには現場作業の「誰でもできる化」を目的とした業務革新に注力。人間と機械の双方の特性を活かした最適な作業体制の構築を進めている。冷蔵エリアの作業を人が事務所から遠隔で行うことで、「物流センター作業におけるリモートワークとストレスフリーな作業環境構築の可能性」を検証するという。</p>\n<p>秋に実証実験を予定しているセンコーは、すでに2014年にパレタイズアームロボットを導入し、その後もAGVや省人化、省力化機器の導入を積極的に進めているが、TX製ロボットに期待するのは、その移動性だ。</p>\n<p>時間帯や業務の都合に合わせて移動できるため「ロボットの稼働時間が飛躍的にアップする」という。また遠隔操作で人が常時監視するため、トラブル発生時に迅速な対応が可能になる点も挙げている。夏場の作業などをロボットに担わせ、「ワークライフバランスを図りながら、時間や場所に限定されない働き方をより多くの人々に提供すること」を目指すということだ。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474549,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474549,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474549,
            "tagId": 363301732,
            "tag": {
              "id": 363301732,
              "slug": "remote-control",
              "name": "遠隔操作 / リモートコントロール(用語)",
              "description": "遠隔操作 / リモートコントロールに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474549,
            "tagId": 366270916,
            "tag": {
              "id": 366270916,
              "slug": "logistics",
              "name": "物流 / ロジスティクス / 運輸(用語)",
              "description": "物流業界に変革を起こすスタートアップ / テクノロジーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474549,
            "tagId": 692509943,
            "tag": {
              "id": 692509943,
              "slug": "agv",
              "name": "無人搬送車 / AGV(用語)",
              "description": "Automatic Guides Vehicle"
            }
          },
          {
            "postId": 474549,
            "tagId": 692513996,
            "tag": {
              "id": 692513996,
              "slug": "telexistence",
              "name": "Telexistence(企業)",
              "description": "遠隔操作ロボットを開発する日本の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 474549,
            "tagId": 692514004,
            "tag": {
              "id": 692514004,
              "slug": "telexistence2",
              "name": "テレイグジスタンス / 遠隔臨場感 / 遠隔存在感(用語)",
              "description": "テレイグジスタンス / 遠隔臨場感 / 遠隔存在感に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474549,
            "tagId": 692517481,
            "tag": {
              "id": 692517481,
              "slug": "nichirei-logistics-group",
              "name": "ニチレイロジグループ(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474549,
            "tagId": 692517482,
            "tag": {
              "id": 692517482,
              "slug": "senko",
              "name": "センコー(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474424,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 474424,
        "slug": "2022-03-04-infrastructure-is-broken-gecko-is-using-robotics-to-help-fix-it",
        "createdAt": "2022-03-05T08:45:49.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-05T08:37:56.000Z",
        "title": "インフラの保守を助けるGeckoのロボットとソフトウェア",
        "content": "<p>Gecko Robotics(ゲッコー・ロボティクス)のミッションステートメントは「今日の重要インフラを守り、明日のインフラをカタチにする」ことだ。スタートアップの本拠地ピッツバーグでは、1月下旬にバイデン大統領がインフラについて話をするために訪れた日に、ファーン・ホロー橋が5台のクルマの重さで崩壊した。</p>\n<p>Geckoが提供するロボットとソフトウェアソリューションは、ひび割れやその他の問題がもっと大きな問題になる前に発見できるように設計されている。具体的には、石油・ガス、電力、製造、防衛などの産業構造物を検査するための技術だ。これにはパイプラインから船舶、タンクに至るまで、あらゆるものが含まれている。</p>\n<p>今週同社は、技術開発と展開を加速させるために、<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.geckorobotics.com/en/press_and_news/73-million-series-c-funding-will-bring-infrastructure-into-the-21st-century\" rel=\"noopener\">7300万ドル(約83億8000万円)の資金調達</a>を発表した。このラウンドはXN LPが主導し、Founders Fund、Drive Capital、Snowpoint Ventures、Joe Lonsdale、Mark Cuban、Gokul Rajaramが参加している。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2019/12/16/robotic-safety-inspectors-net-gecko-robotics-40-million/\" rel=\"noopener\">2019</a>年に行われた4000万ドル(約46億円)のラウンドに加えて、今回の調達で同社の総資金調達額は約1億2200万ドル(約140億円)に達した。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/bdeUbFv78dM?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>XNのパートナーであるTim Brown(ティム・ブラウン)氏はリリースの中で「Geckoのロボット、ソフトウェア、AIのユニークな組み合わせは、重要インフラの検査、保護、効率的なメンテナンス能力を根本的に改善します」と語る。「Geckoと提携することで、その強力なテクノロジーを新しい地域や業界に拡大し、顧客のみなさまが物理データを収集して解析し、資産の安全性とパフォーマンスを最適化できるよう支援できるお手伝いができることをうれしく思っています」。</p>\n<p>この技術は、オートメーションの中でも特にダーティで危険な部類として知られている。極めて過酷で困難な環境下で、構造物の規模に対応できるように設計されているのだ。人間の目では確認できないような微細な損傷も、ロボットが発見し、Geckoのソフトウェアが潜在的な問題カ所を特定する手助けをする。</p>\n<p><small>画像クレジット:Gecko Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/04/infrastructure-is-broken-gecko-is-using-robotics-to-help-fix-it/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-04-at-4.51.38-PM.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474424,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474424,
            "tagId": 32,
            "tag": {
              "id": 32,
              "slug": "infrastructure",
              "name": "インフラ / インフラストラクチャー(用語)",
              "description": "インフラ / インフラストラクチャーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474424,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474097,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 474097,
        "slug": "weight-shift-social-mediator-robot",
        "createdAt": "2022-03-04T11:37:43.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-04T11:37:43.000Z",
        "title": "ロボットの発話に「重み」を加えるとイライラするユーザーに許しの気持ちが芽生える",
        "content": "<p>筑波大学は3月1日、ロボットやAIが話すときに、ユーザーの手に「重み」を伝えることで話相手に与える影響を調査した。その結果、ユーザーがロボットに対して感じる真剣さの度合いが有意に高まることが確認され、イライラした感情た抑制される効果も認められたと<a target=\"_blank\" href=\"https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/frobt.2022.790209/full\" rel=\"noopener\">明らかにした</a>。</p>\n<p>ロボットやAIの話し方は平坦で、メッセージ内容について感情や意図が伝わりにくい。そこで、人と人のコミュニケーションを仲介する社会的仲介ロボットを研究する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.eis.tsukuba.ac.jp/\" rel=\"noopener\">筑波大学システム情報系</a>知能機能工学域の田中文英准教授らは、会話に合わせて内部の重りを動かして、ユーザーの手に運動を伝える小型ロボットを開発した。手に持って使用する小さなロボットに、250gのタングステンの重りをいろいろな軌道や速度で2次元運動させられる機構を内蔵し、会話の内容に合わせて重りが動くようにした。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-474098 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"566\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png 1680w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=300,166 300w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=768,424 768w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=1024,566 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=1536,848 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=724,400 724w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=400,221 400w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=738,408 738w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=640,354 640w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=220,122 220w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=281,155 281w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=226,125 226w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=125,69 125w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=109,60 109w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=999,552 999w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=600,331 600w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=337,187 337w, /wp-content/uploads/2022/03/スクリーンショット-2022-03-03-11.48.42.png?resize=50,28 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><br />\n<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-474319 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?w=1024\" alt=\"AIやロボットの発話に「重み」を加えるとイライラするユーザーに許しの気持ちが芽生える\" width=\"1024\" height=\"543\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg 2034w, /wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?resize=300,159 300w, /wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?resize=768,407 768w, /wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?resize=1024,543 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?resize=1536,814 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?resize=755,400 755w, /wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?resize=400,212 400w, /wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?resize=738,391 738w, /wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?resize=640,339 640w, /wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?resize=220,117 220w, /wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?resize=281,149 281w, /wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?resize=236,125 236w, /wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?resize=125,66 125w, /wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?resize=113,60 113w, /wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?resize=1042,552 1042w, /wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?resize=600,318 600w, /wp-content/uploads/2022/03/p20220301141500b.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><br />\n研究グループは、このロボットを用いて、筑波大学校内で募集した94人の成人を対象に実験を行った。対話シナリオは、社会心理学の既存研究にもとづいて設計された、ユーザーが怒りやフラストレーションを感じる場面、具体的には、待ち合わせに友人が遅刻してくる場面が使われた。ロボットは、友人からの連絡メッセージを伝えるとき、重りが動く場合と動かない場合の両方を被験者に体験してもらい、その効果を聞き取った。</p>\n<p>それによると、重りが動くと、ユーザーはロボットに対して感じる真剣さの度合いが有意に高まることがわかった。そして、ユーザーの怒りの度合いが平均で23%抑制された。また。加害者に報復しようとする思いである「報復的動機づけ」と、加害者を避けようとする思いである「回避的動機づけ」の両方も有意に抑えられた。これらは、他人を許す思いに大きく関わるとされている。このことから、「ユーザーが他人に対して感じる許しの気持ちを促進する可能性」が示唆されたという。</p>\n<p>研究グループは、この研究を含め提案している社会的仲介ロボットは「人と人の間に立ち、人と人の関係をより良い形にしていくための仲介を行う能力を備えたもの」だと話している。</p>\n<p><small>画像クレジット:<br />\n<a target=\"_blank\" href=\"https://unsplash.com/@contrastband?utm_source=unsplash&amp;utm_medium=referral&amp;utm_content=creditCopyText\" rel=\"noopener\">Craig Sybert</a> on <a target=\"_blank\" href=\"https://unsplash.com/s/photos/robot-toy?utm_source=unsplash&amp;utm_medium=referral&amp;utm_content=creditCopyText\" rel=\"noopener\">Unsplash</a><br />\n</small></p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-04-007-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474097,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474097,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474097,
            "tagId": 692513118,
            "tag": {
              "id": 692513118,
              "slug": "tsukuba",
              "name": "筑波大学(組織)",
              "description": "筑波大学に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473860,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 473860,
        "slug": "cugov3-complete-kit",
        "createdAt": "2022-03-02T04:31:44.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-02T04:31:44.000Z",
        "title": "CuBoRex、届いてから30分で遠隔走査型移動ロボットを開発できる「CuGoV3遠隔操作コンプリートキット」発売",
        "content": "<p>動力内蔵型タイヤやクローラの開発・販売を行う<a target=\"_blank\" href=\"https://cuborex.com/\" rel=\"noopener\">CuBoRex</a>(キューボレックス)は2月28日、遠隔操作のためのコントローラー部分とバッテリーをあらかじめ装着し、約30分で遠隔操作型移動ロボットの開発が可能となるテスト用電動クローラーユニット「<a target=\"_blank\" href=\"https://cuborex.base.shop/items/59218791\" rel=\"noopener\">CuGoV3遠隔操作コンプリートキット</a>」の販売を開始した。直販価格は32万9780円(税込)。</p>\n<p>CuBoRexでは、農地や建築現場などの不整地での作業を効率化する一輪車の電動化キット「<a target=\"_blank\" href=\"https://cuborex.com/e-cat-kit/\" rel=\"noopener\">E-cat kit</a>」を販売しているが、同時に、移動ロボットの開発を支援する動力内蔵クローラーユニット「<a target=\"_blank\" href=\"https://cuborex.base.shop/items/39457737\" rel=\"noopener\">CuGo V3版 遠隔操作ロボットキット</a>」も提供してきた。これは、研究開発用に留まらず、スマート農業やスマートコンストラクションの現場ですでに活躍している。累計販売500台を超える中で、「CuGo」にバッテリーや配線類を収納する専用ボックスが欲しいという要望があった。そこで、本来のミッションである「作りたいモノを早く、安く、簡単に、テスト機をスピーディに制作できる」を実現するために、あらかじめ専用ボックスにコントローラーとバッテリーを搭載したこの製品を開発した。</p>\n<p>CuGoV3遠隔操作コンプリートキットの特徴は、届いてすぐに開発が可能なこと、高い走破性で農地や瓦礫での走行ができること、コンパクトなので1人で持ち運べること、動力機構がFA用アルミフレームの車体に取り付けられていること、フレーム構造やモーター交換などカスタムしやすいことなどが挙げられている。</p>\n<p>今後は、大学・高等専門学校などの教育機関や研究機関への普及、災害現場などでの活用、あらゆる不整地作業での移動ロボット化に対応するため「日本製モーターを利用した高耐久な新型開発」を進めるという。「不整地産業において、利用者自身が欲しいものを作り、利用することが当たり前となった社会の実現」を目指すと、CuBoRexは話している。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/lwbMaX63Rlg?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<h3>「CuGoV3遠隔操作コンプリートキット」概要</h3>\n<ul>\n<li>サイズ:L430×D516×H268mm</li>\n<li>重量:13kg</li>\n<li>定格出力:100W×2台</li>\n<li>電源:DC24V</li>\n<li>耐荷重:〜80kg</li>\n<li>速度:3km/h</li>\n</ul>\n<h3>キット内容</h3>\n<ul>\n<li>電動クローラユニット「CuGo V3」組立済×2台</li>\n<li>制御ボックス(バッテリー、モータードライバー、受信機、配線など)</li>\n<li>アルミフレーム2020 500mm✕2</li>\n<li>ブラケット・ネジ類</li>\n<li>コントローラー</li>\n</ul>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-02-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473860,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473860,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473860,
            "tagId": 692513671,
            "tag": {
              "id": 692513671,
              "slug": "cuborex",
              "name": "CuboRex(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473565,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 473565,
        "slug": "2022-02-23-righthand-cashes-in-on-the-white-hot-warehouse-robotics-space-with-a-66m-raise",
        "createdAt": "2022-03-01T00:45:31.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-01T00:10:46.000Z",
        "title": "RightHandが約76億円を調達、白熱する倉庫ロボティクス分野に資金投入",
        "content": "<p>新型コロナウイルス、サプライチェーン問題、人手不足、Amazon(アマゾン)。物流ロボット化に興奮する理由は数多く、そして今も増えている。<a target=\"_blank\" href=\"/2018/12/18/2018-12-17-righthand-robotics-grabs-23-million-in-funding/\" rel=\"noopener\">RightHand Robotics</a>(ライトハンド・ロボティクス)は、ウイルス感染流行によって事態が加速するかなり前から注目を集め、GV、Menlo(メンロ)、Playground Global(プレイグラウンド・グローバル)などの投資家からかなりの資金を調達していた。</p>\n<p>そして多くの新規参入者とは異なり、ボストンを拠点とする同社は、そのピック&プレース・システムですでに多くの実働時間を記録している。その中で最も新しいシステムである「RightPick 3(ライトピック3)」は、日本の卸売業者であるPaltac(パルタック)や、欧州でオンライン薬局を展開するapo.com Group(アポ・ドットコム・グループ)を、国際的な顧客として抱えている。</p>\n<p>同社は先週、6600万ドル(約76億円)のシリーズC資金調達を発表した。Safar Partners(サファー・パートナーズ)、Thomas H. Lee Partners, L.P.(トーマス・H・リー・パートナーズ)、SoftBank Vision Fund(ソフトバンク・ビジョン・ファンド)が主導したこの新ラウンドで、同社がこれまで調達した資金総額は約1億ドル(約115億円)となった。今回のラウンドには、GVとMenloも再び参加した他、Zebra Technologies(ゼブラ・テクノロジーズ)、Epson(エプソン)、Global Brain F-Prime Capital(グローバル・ブレイン・Fプライム・キャピタル)、Matrix Partners(マトリックス・パートナーズ)、そしてTony Fadell(トニー・ファデル)氏の会社であるFuture Shape(フューチャー・シェイプ)が出資に加わった。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/LUgCjuDcn7E?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>なかでもゼブラは興味深いパートナーだ。同社は自社開発のロボットを提供していることに加え、2021年の中頃には<a target=\"_blank\" href=\"/2021/07/02/2021-07-01-zebra-technologies-is-acquiring-warehouse-robotics-company-fetch/\" rel=\"noopener\">倉庫ロボットのスタートアップ企業であるFetch Robotics(フェッチ・ロボティクス)を2億9000万ドル(約335億円)で買収</a>している。</p>\n<p>「Zebra Technologiesは、世界中の企業がサプライチェーンをデジタル化・自動化して、現場の労働者を補強できるよう、積極的に投資とソリューションの提供を行ってきました」と、同社のZebra Ventures(ゼブラ・ベンチャーズ)部門でマネージング・ディレクターを務めるTony Palcheck(トニー・パルチェック)氏は述べている。「消費財、小売、物流などの業界の顧客にとって、重要なのは、速く、正確に、安全に、コストを抑えて、注文を処理できることです。RightHand Roboticsは、これらの効率化の達成を支援します」。</p>\n<p>今回調達した資金は、雇用、オフィススペースの確保、世界規模でのさらなる拡大など、一般的な用途に充てられる予定だ。</p>\n<p><small>画像クレジット:RightHand Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/23/righthand-cashes-in-on-the-white-hot-warehouse-robotics-space-with-a-66m-raise/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-02-23-at-3.36.17-PM.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473565,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473565,
            "tagId": 366270916,
            "tag": {
              "id": 366270916,
              "slug": "logistics",
              "name": "物流 / ロジスティクス / 運輸(用語)",
              "description": "物流業界に変革を起こすスタートアップ / テクノロジーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473565,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 473565,
            "tagId": 366279182,
            "tag": {
              "id": 366279182,
              "slug": "warehouse",
              "name": "倉庫(用語)",
              "description": "倉庫に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473565,
            "tagId": 692514215,
            "tag": {
              "id": 692514215,
              "slug": "zebra-technologies",
              "name": "Zebra Technologies(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 472842,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 472842,
        "slug": "2022-02-22-verdant-aims-to-be-the-robotic-king-of-carrot-weeders",
        "createdAt": "2022-02-23T23:30:44.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-23T23:04:14.000Z",
        "title": "ニンジン除草機の(ロボット)キングを目指すVerdant Robotics",
        "content": "<p>アグリテック(農業テクノロジー)は、ロボットによって破壊されたくてうずうずしている巨大な産業だ。さまざまな問題に対して多くの解決策が必要とされる大きなカテゴリーだが、近頃は多くの不正スタートが見られる。例えば、りんご収穫ロボットの<a target=\"_blank\" href=\"/tag/abundant-robotics/\" rel=\"noopener\">Abundant Robotics</a>(アバンダント・ロボティクス)は事業に行き詰まってしまったが、現在はその知的財産を買い取った企業が、エクイティクラウドファンディングを利用してブランドを復活させようとしているところだ。一方で、イチゴを収穫する<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/16/following-acquisition-by-bowery-traptics-strawberry-picking-robotics-move-into-vertical-farming/\" rel=\"noopener\">Traptic</a>(トラプティック)は、文字通り自ら外へ出て、垂直農法への応用を目指すBowery(バワリー)に買収された。</p>\n<p>2018年にイーストベイで設立されたVerdant Robotics(ヴァーダント・ロボティクス)は、2019年に実施した1150万ドル(約13億円)のシリーズAを含め、これまでに2150万ドル(約25億円)の資金を調達している。かなり広い範囲に網を張っているように見える同社だが、まずはニンジンの収穫から始め、RaaS(サービスとしてのロボット)のビジネスモデルとして、選ばれた農家にシステムを提供している。</p>\n<p>このようなビジネスモデルは、少なくとも初期の段階においては、これらのシステムにとって最も理に適ったものだと思われる。</p>\n<p>Verdantのような企業にとっておそらく最も重要なのは、そのロボットシステムをできるだけ多く農場に持ち込み、実際にテストしたりデータを収集したりすることだろう。それには、販売するよりもレンタルした方がはるかに容易だ。特にこれはまだ初期の技術であるため、システムを実行する(あるいは少なくとも監視する)技術者が必要になるからだ。</p>\n<p>この「自律型農場ロボット」は、散布とレーザー除草という2つの作業をこなしながら、AIを活用した作物モデルを構築し、植物が何を欲しているのかを、農家により具体的に伝えることができる。</p>\n<p>「農家の方々からは、もっと多くのデータが欲しいわけではない、すでに持っている山のようなデータを使って何をすべきかを考えて欲しい、むしろそれをやって欲しいと言われました」と、Verdantの共同創業者兼CEOであるGabe Sibley(ゲイブ・シブリー)氏は語っている。「彼らが求めているのは、リアルタイムで行動を起こせて、農家が常に状況を把握でき、かつ収益性を向上させ、危険で骨の折れる現場作業を自動化することができる完全なソリューションです」。</p>\n<p>同社は2021年の間に「数千時間」を費やしてきた「果樹園用の精密マルチアクションマシン」を、来年には本格的に商品化する計画を立てているという。</p>\n<p><small>画像クレジット:Verdant</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/22/verdant-aims-to-be-the-robotic-king-of-carrot-weeders/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-22-at-5.59.18-PM.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 472842,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 472842,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472842,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 472711,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 472711,
        "slug": "2022-02-22-automata-expands-its-lab-automation-ambitions-with-50m-b-round",
        "createdAt": "2022-02-23T00:45:16.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-23T00:44:52.000Z",
        "title": "Automataがラボオートメーションの野望を拡大、ラウンドBで57.5億円を調達",
        "content": "<p>現在世界中のラボ(実験施設)は、新型コロナウイルス感染症(COVID)のためだけではなく、成長するバイオテクノロジーや医薬品開発の分野から、より多くのテストや材料の処理を行う必要に迫られている。自動化はそのために必要となる道筋だ。Automata(オートマタ)は、個々の作業を扱うロボットアームの製造からスタートした企業だが、研究室のプロセス全体を最初から最後まで自動化するために、新たに5000万ドル(約57億5000万円)を調達した。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2019/03/19/uks-automata-raises-7-4m-for-its-lightweight-industrial-desktop-robot/\" rel=\"noopener\">前回Automataと話したのは2019年だったが</a>、当時同社は740万ドル(約8億5000万円)のラウンドAを実施したばかりで、ガラス容器を移動させたり、簡単なサンプリングを実行したりといった、さまざまな一般的なタスクに使用できるEva(エバ)ロボットアームの開発と展開に注力していた。しかし彼らはすぐに、独自性の高い小規模なプロジェクトや研究室向けにロボットを提供するという事業が、ビジネスモデルとして成り立たないことに気づいた。</p>\n<p>共同創業者でCEOのMostafa ElSayed(ムスタファ・エルセイード)氏は「ある段階で顧客と関わるだけでは十分ではありません。例えば『市場で最も手頃な価格のロボットアームがあります。あとは幸運を祈ります!』と売り込んで、お客さんが1〜2台のロボットを購入しても、ある程度のプロセスの最適化は行われますが、その企業の動きに革命を起こすことはありません。そこでここ数年は、当社の技術を大規模に採用してもらうにはどうすればよいかを検討してきました」と語っている。</p>\n<p>彼らは、ほどなく自動化ブームが到来すると考えられる3つの大きな市場を特定した。それは、診断、創薬、そして合成生物学(特定の目的のための微生物の発見や合成培養)だった。</p>\n<p>同社が最初の数百台のEvaアームを設置して発見したことは、これらの分野の企業には「部分的な自動化」が多いということだった。エルセイード氏は、これをキッチンにある食洗機にたとえた。たしかに食器を手で洗う必要はなくなったが、食器の出し入れ、洗剤の追加、設定操作などの作業が相変わらず必要なのだ。もちろん食洗機は便利だが、動作するためには完全に人間の作業に依存していることには変わりがない。</p>\n<p>こうした部分的な自動化の限界は、パンデミックによって浮き彫りになった。特にPCRテストを行うラボは、最大の能力で稼働していたものの、それでも需要を満たすことはできなかった。同様に、医薬品開発や合成生物学の分野では、1つのプロセスの実行頻度に制限があるため、実行スパンが5〜7年に及ぶこともある。部分的な自動化から完全な自動化へと移行することで、大幅な時間短縮とスループットの向上を実現することができる。しかし、それは数少ないロボットアームだけでは実現できなかった。</p>\n<div id=\"attachment_472714\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-472714\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-472714 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"595\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg 1744w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?resize=300,174 300w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?resize=768,446 768w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?resize=1024,595 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?resize=1536,892 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?resize=689,400 689w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?resize=400,232 400w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?resize=738,429 738w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?resize=620,360 620w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?resize=220,128 220w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?resize=281,163 281w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?resize=215,125 215w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?resize=125,73 125w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?resize=103,60 103w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?resize=950,552 950w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?resize=600,349 600w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-50.jpg?resize=50,29 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-472714\" class=\"wp-caption-text\">Automata Labsの操作コンテナならびに、その横に並ぶEvaロボットアーム</p></div>\n<p>「このような自動化を可能にするために、まったく新しいハードウェア群を開発しなければなりませんでした」とエルセイード氏は述べている。2021年末、彼らは新しいハードウェアプラットフォーム<a target=\"_blank\" href=\"https://automata.tech/products/automata-labs/\" rel=\"noopener\">Automata Labs</a>(オートマタラボ)を発表した。これは、内部の機械を連続的に動作させ、その結果を次のステップに渡すことができるように作られた、一種のモジュラーコンテナだ。「この作業台は、実際にあらゆるラボにある標準的なユニットですので、基本的には、自動化に対応した総合ラボ作業台なのです」。</p>\n<p>同社の最も顕著な成功例は、NHS(英国国民保健サービス)の検査施設だ、現在は可能な限り自動化され(つまり、人間はまだそこにいるものの、膨大な量の作業がロボットによって行われている)、現在では100万以上のサンプルが処理されている。エルセイード氏は、この数字が大きいということも指摘しつつ、より重要なのは、自動化によって結果が出るまでの時間が半分に短縮されたことだという。ご想像の通り、これは時間的成約の厳しい検査には重要だ。それは、臨床医がロボットを一晩中働くように設定し、朝には結果が出るようにできるレベルまで自動化されていることに大きく依っている。</p>\n<p>実験的な環境では、タイムラインを25〜40%削減することができた。これは大きな成果だが、製造業などの分野で生産性が大幅に向上したことを知っている人には控えめな数字に聞こえるかもしれない。エルセイード氏によれば、特定の数値をさらに向上させるためには、NHSの迅速ラボを可能にした「lights out laboratories(完全自動ラボ)」のような道が他にもあるという。</p>\n<div id=\"attachment_472715\" style=\"width: 377px\" class=\"wp-caption alignright\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-472715\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-472715\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-55.jpg?w=453\" alt=\"\" width=\"367\" height=\"550\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-55.jpg 453w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-55.jpg?resize=200,300 200w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-55.jpg?resize=267,400 267w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-55.jpg?resize=400,600 400w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-55.jpg?resize=240,360 240w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-55.jpg?resize=147,220 147w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-55.jpg?resize=115,172 115w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-55.jpg?resize=83,125 83w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-55.jpg?resize=40,60 40w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-55.jpg?resize=368,552 368w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-55.jpg?resize=245,367 245w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-23-00-16-55.jpg?resize=33,50 33w\" sizes=\"(max-width: 367px) 100vw, 367px\" /><p id=\"caption-attachment-472715\" class=\"wp-caption-text\">ムスタファ・エルセイードCEO</p></div>\n<p>しかし、同時にエルセイード氏は、多くの研究者にとっては精度や再現性も重要な課題だと語る。</p>\n<p>「そうしたユーザーの間には、明確なニーズがありました」と彼はいう。「基本は、ラボでの単純な作業を減らしながらスループットを向上させることが目標です……が、私たちは気が付いていなかったのですが、ラボには再現性の問題もあったのです。研究チームは研究論文を発表しますが、その結果を再現しようとしても失敗します。なぜなら、研究室でのプロセスは複雑な手作業であり、変動するからです」。</p>\n<p>そのため、自動化によって得られる大きな利点は、体系的な追跡と実行、そしてエラーが少ないことだ。その目的のために、Automataはラボ装置やロボットを管理・運用するためのソフトウェアに投資してきた。</p>\n<p>「これらの組織の科学者、特に将来大切になる自動化を担当する科学者の方は、単に私たちを呼んで自動化作業を依頼なさるのではなく、自分たちでシステムをプログラムし、自分たちでスクリーニングを設計できる能力を本当に求めていられるのです」とエルセイード氏は語る。科学者と交渉したことのある人ならわかると思うが、科学者の多くは、外部機関に主導権を奪われるくらいなら、従来のやり方を続けたいと考えている。そのため、現場のスタッフが展開・調整することを前提としたシステムを開発することに重点が置かれてきた。</p>\n<p>彼は続ける「当社のハードウェアを採用なさっているラボの中には、ご自身でコンフィグレーションやデプロイメントを行ったり、エコシステムをご自身のデータシステムに接続したりすための、デジタルソリューションを求められるところが増えています」。</p>\n<p>新世代のハードウェアが、パートナー企業との限定的なテストを経て、年内に公開される予定だ。また、Automataは、米国やヨーロッパの広い市場への進出の準備も進めている。この拡大のために必要となる膨大な雇用、製造、販売、サポートなどが、今回の5000万ドル(約57億5000万円)のラウンドBの理由だ。このラウンドは、Octopus Venturesが主導し、Hummingbird、Latitude Ventures、ABB Technology Ventures、Isomer Capital、In-Q-Telなどが参加した。</p>\n<p><small>画像クレジット:Perchpeek app</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/22/automata-expands-its-lab-automation-ambitions-with-50m-b-round/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/automata-eva-1.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 472711,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 472711,
            "tagId": 366274193,
            "tag": {
              "id": 366274193,
              "slug": "automation",
              "name": "オートメーション / 自動化(用語)",
              "description": "オートメーション / 自動化に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472711,
            "tagId": 692513847,
            "tag": {
              "id": 692513847,
              "slug": "experiment",
              "name": "実験(用語)",
              "description": "実験に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472711,
            "tagId": 692515871,
            "tag": {
              "id": 692515871,
              "slug": "robot-arm",
              "name": "ロボットアーム(用語)",
              "description": "ロボットアームに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 472248,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 472248,
        "slug": "2022-02-17-one-day-soon-a-robot-will-make-you-a-salad",
        "createdAt": "2022-02-19T02:00:10.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-19T00:04:32.000Z",
        "title": "ロボットが昼食のサラダボウルを調理してくれるようになる日は近い",
        "content": "<p>Hyphen(ハイフン)という企業については、8月に同社がステルス状態から脱した際に、筆者の<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/14/2021-08-12-robotics-roundup-24/\" rel=\"noopener\">ニュースレター</a>(翻訳されているので是非ご覧いただきたい)で簡単に紹介した。食事の準備を自動化することは、今後、大きな意味を持つことになるだろう。新型コロナウイルス感染症が流行し始めた初期の頃、多くの人がそう予想した。外出自粛要請やウイルス感染への不安が拡がった時、多くのレストランオーナーは、最終的にどの程度のプロセスを自動化できるだろうかと考えていた。</p>\n<p>だが、多くの人がそれは一時的な問題になると考えていたのではないだろうか。ウイルス感染拡大から2年が経過した今、人々の「一時的なもの」に対する予想は、多少変化したと言ってもいいだろう。しかし、一部の地域では感染拡大が収まっているものの、低賃金であることが多い外食産業の人材確保は、依然として問題となっている。</p>\n<p>このような理由により、業務用厨房の自動化を実現する企業には、多くの投資家から関心が集まっている。数年前から盛り上がっていたロボットによるフードデリバリーに、この分野も追いつきつつあるようだ。当初は、自動化が比較的容易な食品に、特に注目が集まるだろう。ピザは、そのシンプルさと、そして多くの人がピザを好むという事実から、当面は間違いなく最初に選ばれる対象となるはずだ。</p>\n<p>サラダボウルも有力な候補だ。サラダボウルは完結型の料理で、コンピューターの画面から離れられる時間がますます減っている労働者にとって、手軽なランチの選択肢として人気が高まっている。</p>\n<p>Hyphenが提供する「Makeline(メイクライン)」は、カウンターの下で行われるベルトコンベアのようなプロセスを通して、ボウルの調理を自動化するモジュール式のソリューションだ。そのカウンターの下に収められているという仕様は、とりわけ興味深い。このような企業の多くは、自動化を外に向けて見せるものと位置づけているからだ。見方によっては、ロボットが自分のランチを作ってくれるというのは、クールな、あるいは少なくとも斬新な、アイデアだと思われるかもしれない。しかし、Hyphenのシステムは、人間が顔を出して顧客と対話するというような、人間を前面に出すことを前提としている。</p>\n<p>サンノゼを拠点とするHyphenは先日、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.businesswire.com/news/home/20220213005037/en/Hyphen-Raises-24-Million-Series-A-Led-by-Tiger-Global-to-Automate-the-Foodservice-Industry\" rel=\"noopener\">2400万ドル(約27億6000万円)のシリーズA資金調達を実施したことを発表</a>した。Tiger Global(タイガー・グローバル)が主導したこのラウンドによって、Hyphenの資金調達総額は3440万ドル(約39億6000万円)に達した。この新たな資金は、研究開発の強化、生産設備の増強、市場の拡大など、ロボット関連の資金調達に予想されるとおりの用途に使われる。同社は、今後2年間でMakelineシステムを5つの市場に展開することを想定しているというが、具体的な内容についてはまだ発表していない。</p>\n<p><small>画像クレジット:Hyphen</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/17/one-day-soon-a-robot-will-make-you-a-salad/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Makeline-Ghost-Kitchen-1.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 472248,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 472248,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 472248,
            "tagId": 366274824,
            "tag": {
              "id": 366274824,
              "slug": "%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%80",
              "name": "サラダ",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 472248,
            "tagId": 692516131,
            "tag": {
              "id": 692516131,
              "slug": "kitchen-robot",
              "name": "調理ロボット / キッチンロボット(用語)",
              "description": "調理ロボット / キッチンロボットに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471991,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 471991,
        "slug": "qibitech-2",
        "createdAt": "2022-02-17T11:30:50.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-17T11:30:50.000Z",
        "title": "ロボット遠隔制御サービスHATSを開発するキビテクが1.5億円調達、システム開発や実証実験推進・エンジニア採用強化",
        "content": "<p>ロボット遠隔制御サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://qibitech.com/hats/\" rel=\"noopener\">HATS</a>」などを開発している<a target=\"_blank\" href=\"https://qibitech.com/\" rel=\"noopener\">キビテク</a>は2月16日、第三者割当増資による1億5000万円の資金調達を2022年1月に行ったと明らかにした。引受先は、リード投資家のSpiral Capital Japan Fund 2号投資事業有限責任組合、また九州オープンイノベーション1号投資事業有限責任組合。</p>\n<p>調達した資金は、システムの開発推進とともに、エンジニア採用の強化と実証実験にあて、さらなる事業の加速化を図る。コロナ禍により、非対面・非接触や遠隔操作での搬送ニーズの需要が高まっていることから、ロボット導入DX化の課題解決、ロボットのマーケット拡大に貢献するという。</p>\n<p>キビテクが開発中のHATS(Highly Autonomous Teleoperation Service)は、様々なロボットにアドオンすることで遠隔制御を実現するサービス。各ロボットにキビテクが開発した装置をアドオンしたうえでシステムに接続することで、遠隔オペレーターがロボットを制御可能となる。</p>\n<p>自律ロボットの場合、予想外の出来事に対応できず、頻繁な停止で作業効率が低下するなどの課題があることから、ロボット導入に踏み切ることができない現場や、導入後のロボット運用に課題を感じている現場に役立つサービスを目指すという。</p>\n<p>またHATSの場合、現場ごとに違う様々な課題・状況に応じて人がロボットを補完する半自動化が実現でき、現場フローに沿った柔軟な対応が行える。人ならではとされていた、ロボットでは難しい作業や業界の解決に取り組むとしている。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"img-full aligncenter wp-image-471993 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg 1920w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/02/02-17.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/kJhKz-N7o8U?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>知能ロボットの開発を行うスタートアップ「キビテク」は、東京大学の人型ロボット研究室JSK(情報システム工学研究室)出身者が主となり、2011年11月に設立。ロボット遠隔制御システムの開発・販売やロボットシステム受注開発を事業として手がけている。また、ロボティクス技術の活用とロボット遠隔オペレーターという新しいリモートでの働き方を提案し、社会課題の解決とともに、現場の人手不足といった課題の解決を目指している。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/01-20.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471991,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471991,
            "tagId": 363301732,
            "tag": {
              "id": 363301732,
              "slug": "remote-control",
              "name": "遠隔操作 / リモートコントロール(用語)",
              "description": "遠隔操作 / リモートコントロールに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471991,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 471991,
            "tagId": 366272947,
            "tag": {
              "id": 366272947,
              "slug": "remote-work",
              "name": "リモートワーク / テレワーク(用語)",
              "description": "在宅勤務、テレワークをサポートする、ビデオ会議サービス、IP電話、オンラインのタスク管理システムなど、リモートワークツールやサービスの最新ニュース。"
            }
          },
          {
            "postId": 471991,
            "tagId": 692508534,
            "tag": {
              "id": 692508534,
              "slug": "tokyo-university",
              "name": "東京大学(組織)",
              "description": "東京大学に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471991,
            "tagId": 692509991,
            "tag": {
              "id": 692509991,
              "slug": "qibitech",
              "name": "キビテク(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 471991,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471765,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 471765,
        "slug": "selective-assist-strategy",
        "createdAt": "2022-02-17T09:34:48.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-17T09:34:48.000Z",
        "title": "理化学研究所、機械学習・最適制御技術により人の動作意図を推定し運動を精度よく支援する装着型アシストロボット",
        "content": "<div id=\"attachment_471996\" style=\"width: 810px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471996\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-471996\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg?w=800\" alt=\"理化学研究所、機械学習・最適制御技術により人の動作意図を推定し運動を精度よく支援する装着型アシストロボット\" width=\"800\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg 800w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-001.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 800px) 100vw, 800px\" /><p id=\"caption-attachment-471996\" class=\"wp-caption-text\">開発した装着型アシストロボット(黒の部分)をマネキンの両足に装着</p></div>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://grp.riken.jp/\" rel=\"noopener\">理化学研究所情報統合本部ガーディアンロボットプロジェクト</a>人間機械協調研究チーム(古川淳一朗氏、森本淳氏)は2月15日、膝の関節に装着する軽量な「装着型アシストロボット」を開発した。機械学習により装着者の動作の意図を推定して、適切な運動支援を行うというものだ。</p>\n<p>カーボン樹脂のフレームに空気圧人工筋アクチュエーターを内蔵した、片足わずか810gという軽量なアシストロボットだが、装着者の意図を推定することにより、様々な身体の動きに対応して、適切に目的の動作だけを支援できるようになっている。例えば、椅子に座った状態から立ち上がる場合、従来の方法でも立ち上がる動作を支援できたが、腰を浮かして遠くのものを取ろうとしたり、座り直したりといった「紛らわしい」動作の場合も、立ち上がりと判断して作動してしまう可能性がある。そこで理化学研究所は、様々な動きの中から、いくつかの動きだけを選択して支援するアルゴリズムを提案した。</p>\n<p>機械学習では、学習の手本となるラベルを使う。たとえば、立ち座り動作のみを支援するロボットの場合は、座った状態のラベルと、立ち上がろうとして体幹が傾き始め、ロボットの支援が必要になる状態に「立位動作」とラベルを付けて学習させればよい。ただし、これでは「紛らわしい」動作のときもロボットが作動してしまう恐れがある。それを避けるには、あらゆる動作に正確なラベル付けをしなければならないが、それは不可能だ。できるだけ少ないラベルで正確な推定を行う必要がある。</p>\n<p>理化学研究所は、立ち上がりの動作にのみラベルを付け、その他の動作にはラベルを付けずに学習させる方法をとった。そして、機械学習を使い、筋活動と関節運動のセンサー信号から支援対象の動作意図を精度よく推定する技術と、対象動作に対して個人に合わせた適切な量で支援する制御の法則(制御則)を導き出す「最適制御技術」を組み合わせて、提案アルゴリズムを実現させた。</p>\n<div id=\"attachment_471997\" style=\"width: 810px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471997\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-471997\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg?w=800\" alt=\"理化学研究所、機械学習・最適制御技術により人の動作意図を推定し運動を精度よく支援する装着型アシストロボット\" width=\"800\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg 800w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-002.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 800px) 100vw, 800px\" /><p id=\"caption-attachment-471997\" class=\"wp-caption-text\">装着者の動作意図を推定し適切な運動を支援するアルゴリズムの概要。PU-ラーニング(Positive and Unlabeled learning)で構築された動作分類(PU-分類器)から適切な制御戦略を選択する。支援対象の動作に関しては、最適制御技術iLQG(iterative Linear-Quadratic-Gaussian)を用いて制御戦略を算出する。装着者の動作意図がポジティブと推定された場合は、支援対象動作に対する「πtarget」でロボットを空気弁コントローラーにより駆動させる。ポジティブではないと推定された場合は、装着者の動きを妨げないようにロボットの重さを常に打ち消す「πother」で駆動させる</p></div>\n<p>数名の被験者の協力で、このシステムの動作支援実験を行った。支援対象をイスからの「立ち上がり」とし、その他「脚を組む」「少し離れた物を手を伸ばして取る」「座り直す」という動作を想定し、ロボットの装着者から取得した筋活動と関節角度のデータに基づき、提案アルゴリズムでロボットを駆動させた。その結果、立ち上がりには100%の確率で支援動作の制御則が選択され、その他の動作では83.4%の確率で支援対象以外の制御則が選択された。</p>\n<p>また、ロボットが装着者の動作を妨げたかを、ロボットの軌道と本来の関節の軌道との誤差で比較したところ、従来手法に比べて提案方法では誤差が小さいこともわかった。これらの結果から、理化学研究所が提案した手法は「精度よく装着者の動作意図を推定」していることがわかったとのことだ。このアルゴリズムを使えば、「一部のデータに対してだけ分類情報が整理されている状況」でも適切に運動を支援できるため、ウェアラブルセンサーが普及して多様な運動データが収集できるようになれば、ロボットによるさらなる支援技術に貢献できると理化学研究所は話している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471765,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471765,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471765,
            "tagId": 366271062,
            "tag": {
              "id": 366271062,
              "slug": "machine-learning",
              "name": "機械学習 / ML(用語)",
              "description": "機械学習に関連する記事一覧。明示的な指示を用いることなく、その代わりにパターンと推論に依存して、特定の課題を効率的に実行するためにコンピュータシステムが使用するアルゴリズムおよび統計モデルの科学研究。"
            }
          },
          {
            "postId": 471765,
            "tagId": 692506281,
            "tag": {
              "id": 692506281,
              "slug": "powered-suit",
              "name": "エクソスケルトン / 外骨格 / パワードスーツ(用語)",
              "description": "外骨格(エクソスケルトン)やパワードスーツに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471765,
            "tagId": 692515381,
            "tag": {
              "id": 692515381,
              "slug": "institute-of-physical-and-chemical-research",
              "name": "理化学研究所 / 理研(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 471765,
            "tagId": 692517361,
            "tag": {
              "id": 692517361,
              "slug": "control-engineering",
              "name": "制御工学(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471281,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 471281,
        "slug": "kenrobo-tech-fundraising",
        "createdAt": "2022-02-14T02:02:39.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-14T02:02:39.000Z",
        "title": "建設現場の省人化・省力化を実現するロボットソリューションを手がける建ロボテックが2.7億円のシリーズA調達",
        "content": "<p>「世界一ひとにやさしい現場を創る」をミッションに、建設現場の省人化・省力化を実現するロボットソリューションを提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://kenrobo-tech.com/\" rel=\"noopener\">建ロボテック</a>は2月14日、シリーズAラウンドとして、第三者割当増資による総額2億7000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、リード投資家のリアルテックファンド3号投資事業有限責任組合(リアルテックジャパン)、またMICイノベーション5号投資事業有限責任組合(モバイル・インターネットキャピタル)、いよベンチャーファンド6号投資事業有限責任組合(いよぎんキャピタル)、ちゅうぎんインフィニティファンド1号投資事業有限責任組合(中銀リース)、エンジェル投資家3名。</p>\n<p>調達した資金により、鉄筋結束作業領域以外のロボットの新規開発・製造を加速させる。より多くの建設現場で働く方の安全向上と負担軽減を図り、建設現場の生産性向上と建設業界のDX化に貢献することを目的とした開発費用とその製造や販売、コンサルティングを担う人材採用等に充当する計画。</p>\n<p>建ロボテックは、建設現場出身の創業者が2013年に設立したスタートアップ企業で、建設現場の状況やニーズに則した、「実践的な省力化・省人化ソリューション」を独自開発している。人とともに働く協働型ロボット「<a target=\"_blank\" href=\"https://kenrobo-tech.com/tomorobo/rebartying/\" rel=\"noopener\">トモロボ</a>」、鉄筋工事の省力化製品「<a target=\"_blank\" href=\"https://kenrobo-tech.com/sokutetsu/\" rel=\"noopener\">速鉄</a>」など、建設現場の 「生産性向上」と作業者の「安全確保と負担軽減」を促すソリューションを通じて、建設産業の健全な進化・発展に貢献するとしている。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-471283\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?w=1024\" alt=\"建設現場の省人化・省力化を実現するロボットソリューションを手がける建ロボテックが2.7億円のシリーズA調達\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg 1920w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-002.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/C_yVjul21Gw?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>&nbsp;</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-14-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471281,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471281,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471281,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 471281,
            "tagId": 366274320,
            "tag": {
              "id": 366274320,
              "slug": "construction",
              "name": "建設 / 建築(用語)",
              "description": "建設、建築に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471281,
            "tagId": 692509886,
            "tag": {
              "id": 692509886,
              "slug": "kenrobo-tech",
              "name": "建ロボテック(企業)",
              "description": "協働型ロボット「トモロボ」など建設現場の省力化ソリューションを提供する日本の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 471281,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470571,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 470571,
        "slug": "becco-emo-new-features",
        "createdAt": "2022-02-09T08:52:35.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-09T08:52:35.000Z",
        "title": "高齢者などの見守りロボ「BOCCO emo LTEモデル Powered by ネコリコ」に離れた家族の見守りを支援する4つの新機能",
        "content": "<p>家庭向けIoTサービス事業などを展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.necolico.co.jp/\" rel=\"noopener\">ネコリコ</a>は、コミュニケーションロボット「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.necolico.co.jp/emo/\" rel=\"noopener\">BOCCO emo LTEモデル Powered by ネコリコ</a>」(emo。エモ)に4つの新機能を追加し、サービスの提供を開始した。新機能は、すでにemoを利用している人も無料で利用できる。</p>\n<p>emoは、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.ux-xu.com/\" rel=\"noopener\">ユカイ工学</a>による共感型コミュニケーションロボット「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.bocco.me/\" rel=\"noopener\">BOCCO emo</a>」(ボッコエモ)のバリエーションモデルとして、家族と離れて暮らす高齢者の見守り機能&LTE通信機能を搭載した製品。2021年5月に提供を開始した。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/OzQbzHY7dI8?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>専用アプリを使った家族同士の遠隔コミュニケーション機能の他にも、センサー情報から熱中症やインフルエンザの危険性を注意したり換気を促す「おせっかい通知」のような能動的な機能も備えている。LTE内蔵のため、WiFi環境への接続などの手間がかからず、簡単に利用できる。</p>\n<p>ネコリコでは、これまでにユーザーから寄せられた要望をもとに、次の4つの新機能を開発した。</p>\n<h3>おかえり機能</h3>\n<p>おかえり機能は、内蔵の人感センサーで同居人を見守る機能。しばらく見かけないとき、何をしていたのか、体調に変化はないか、声かけをする。メッセージを録音すれば、アプリに音声メッセージが届く。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/HrxyJkUD3NI?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<h3>長期不在通知機能</h3>\n<p>長期不在通知機能は、12時間、24時間、48時間以上同居人を見かけなかったときにアプリに通知する。</p>\n<h3>おへんじ機能</h3>\n<p>おへんじ機能では、emoに「おはよう」「おやすみ」などとあいさつをすると返事をしてくれる。あいさつをすると、それがアプリに通知される。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/BKVPzLcNfKI?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<h3>記念日でおしゃべり機能</h3>\n<p>記念日でおしゃべり機能は、記念日を設定しておくことで、その日になるとemoがメッセージを話してくれるというもの。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/Etcw6XbHoOo?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>「おかえり機能」と「長期不在通知機能」には、同居人の起床や帰宅を検知したときにemoが声かけすることで、emoと見守られる人とのコミュニケーションの頻度を高めるという狙いもある。スマートフォンのアプリで見守っている人たちは、相手の生活リズムをより細かく感じられるようになり、声かけを必要とするタイミングを把握しやすくなるということだ。「おへんじ機能」と「記念日でおしゃべり機能」には、emoへの愛着を高めてもらい、関わりを増やしてもらう目的がある。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-007-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 470571,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 470571,
            "tagId": 79116,
            "tag": {
              "id": 79116,
              "slug": "elderly",
              "name": "高齢者 / 高齢者施設(用語)",
              "description": "高齢者に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470571,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470571,
            "tagId": 2121118,
            "tag": {
              "id": 2121118,
              "slug": "iot",
              "name": "IoT(用語)",
              "description": "Internet of Things。さまざまなモノがインターネットに接続され、情報交換することによって相互に制御する仕組み。"
            }
          },
          {
            "postId": 470571,
            "tagId": 366276052,
            "tag": {
              "id": 366276052,
              "slug": "yukai-engineering-inc",
              "name": "ユカイ工学(企業)",
              "description": "「一家に一台ロボットのいる社会」の実現を目指す日本のロボティクスベンチャー。"
            }
          },
          {
            "postId": 470571,
            "tagId": 692517253,
            "tag": {
              "id": 692517253,
              "slug": "necolico",
              "name": "ネコリコ(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470542,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 470542,
        "slug": "switch-science-mypalletizer",
        "createdAt": "2022-02-09T02:33:43.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-09T10:45:06.000Z",
        "title": "Elephant RoboticsとM5Stackが共同開発したコンパクトな4軸ロボットアームmyPalletizerをスイッチサイエンスが発売",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://info.switch-science.com/\" rel=\"noopener\">スイッチサイエンス</a>は2月8日、中国深センの産業用ロボットメーカー<a target=\"_blank\" href=\"https://www.elephantrobotics.com/introduction/\" rel=\"noopener\">Elephant Robotics</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://m5stack.com/\" rel=\"noopener\">M5Stack</a>が共同開発したロボットアーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.switch-science.com/catalog/7910/\" rel=\"noopener\">myPalletizer</a>」と、そのエンドエフェクター2種の販売を同日開始した。myPalletizerの価格は6万9454円(税込)。すでにスイッチサイエンスから発売されているElephant Roboticsの6軸ロボットアーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.switch-science.com/catalog/7141/\" rel=\"noopener\">myCobot 280</a>」をさらにコンパクトにしたもので、エンドエフェクターには、一部myCobotと互換性がある。</p>\n<p>myPalletizerは重量960g、作業半径260mmという大変にコンパクトなロボットアーム。制御システムとして開発モジュール「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.switch-science.com/catalog/7362/\" rel=\"noopener\">M5Stack Basic</a>」を搭載し、アーム部にはM5Stackシリーズの最小ユニット「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.switch-science.com/catalog/6260/\" rel=\"noopener\">ATOM Matrix</a>」が装備されている。開発環境としては、Python、ROS、Arduino、Roboflowなどに対応。アーム先端と本体底部には著名ブロック玩具互換のコネクターも装備されている。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone wp-image-470546 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub5-2.png\" alt=\"\" width=\"1690\" height=\"540\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub5-2.png 1690w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-2.png?resize=300,96 300w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-2.png?resize=768,245 768w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-2.png?resize=1024,327 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-2.png?resize=1536,491 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-2.png?resize=1252,400 1252w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-2.png?resize=400,128 400w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-2.png?resize=738,236 738w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-2.png?resize=640,204 640w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-2.png?resize=220,70 220w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-2.png?resize=281,90 281w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-2.png?resize=250,80 250w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-2.png?resize=125,40 125w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-2.png?resize=600,192 600w, /wp-content/uploads/2022/02/sub5-2.png?resize=50,16 50w\" sizes=\"(max-width: 1690px) 100vw, 1690px\" /></p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/w7pfBoCfUXc?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>アームの先端に取り付けるエンドエフェクターは、今回、「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.switch-science.com/catalog/7929/\" rel=\"noopener\">myPalletizer用グリッパー</a>」と「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.switch-science.com/catalog/7930/\" rel=\"noopener\">myCobot 280/myPalletizer用カメラフランジ</a>」が同時発売されたが、myCobot 280の「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.switch-science.com/catalog/7143/\" rel=\"noopener\">myCobot 280用Gベース(クランプ)</a>」や「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.switch-science.com/catalog/7145/\" rel=\"noopener\">myCobot 280用吸引ポンプ</a>」も使える。</p>\n<p>エンドエフェクターのmyPalletizer用グリッパーは、小さな箱やボールを掴むことができる。ROS、Arduino、UIFlow、RoboFlowなど、あらゆる開発環境で使用可能。myPalletizer専用。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-medium wp-image-470545\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?w=300\" alt=\"\" width=\"300\" height=\"300\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png 650w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=150,150 150w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=300,300 300w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=400,400 400w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=360,360 360w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=380,380 380w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=220,220 220w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=172,172 172w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=125,125 125w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=60,60 60w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=552,552 552w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=367,367 367w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=32,32 32w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=50,50 50w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=64,64 64w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=96,96 96w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=128,128 128w, /wp-content/uploads/2022/02/sub2-4.png?resize=80,80 80w\" sizes=\"(max-width: 300px) 100vw, 300px\" /></p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/q6YtlqGdBBU?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>myCobot 280/myPalletizer用カメラフランジは、顔認証、スマートディスプレイ、スマートデリバリー、自動販売機、コードのスキャン、アクセス管理などの用途に使えるカメラパーツ。「myCobot 280」でも使用可能。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-medium wp-image-470544\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub1-2.jpg?w=300\" alt=\"\" width=\"300\" height=\"200\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/sub1-2.jpg 1000w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-2.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-2.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-2.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-2.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-2.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-2.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-2.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-2.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-2.jpg?resize=187,125 187w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-2.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-2.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-2.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-2.jpg?resize=550,367 550w, /wp-content/uploads/2022/02/sub1-2.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 300px) 100vw, 300px\" /></p>\n<h3>「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.switch-science.com/catalog/7910/\" rel=\"noopener\">myPalletizer</a>」概要</h3>\n<ul>\n<li>型番:MYCOBOT-MYPALLETIZER-PSE</li>\n<li>軸数:4軸</li>\n<li>ペイロード:300g</li>\n<li>作業半径:260mm</li>\n<li>精度:±0.5mm</li>\n<li>重量:900g</li>\n<li>モーター:高精度磁気エンコーダー式サーボモーター</li>\n<li>作動速度:120°/s</li>\n<li>電源:8~12 V 5A(12VのACアダプターを同封)</li>\n<li>コネクター:USB Type-C(M5Stack Basic本体)</li>\n<li>価格:6万9454円(税込)</li>\n</ul>\n<h3>「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.switch-science.com/catalog/7929/\" rel=\"noopener\">myPalletizer用グリッパー</a>」概要</h3>\n<ul>\n<li>型番:MYCOBOT-MP-GRIPPER-AG-WH</li>\n<li>サイズ:110×90×60mm</li>\n<li>重量:88g</li>\n<li>クランプ幅:20~45 mm</li>\n<li>最大クランプ重量:150g</li>\n<li>価格:1万6445円(税込)</li>\n</ul>\n<h3>「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.switch-science.com/catalog/7930/\" rel=\"noopener\">myCobot 280/myPalletizer用カメラフランジ</a>」概要</h3>\n<ul>\n<li>型番:MYCOBOT-CAMERAFLANGE</li>\n<li>USBレンズ(歪みなし)<br />\n・サイズ:18×18×20 mm<br />\n・最大ピクセル:100万(1280×720)<br />\n・対応画像フォーマット:YUV、MJPEG<br />\n・ピクセルサイズ:3.4um×3.4um<br />\n・最大フレームレート:1280×[email protected]<br />\n・USBプロトコル:USB 2.0 HS/FS<br />\n・対応解像度:1280×720、640×480、320×240<br />\n・電源:DC5 V 90mA<br />\n・レンズ焦点距離:標準1.7mm<br />\n・FOV角:≈60°<br />\n・対応OS:Windows、Linux、MacOS</li>\n<li>エンドフランジ<br />\n・材質:感光性レジン<br />\n・仕上げ:塗装<br />\n・サイズ:80×40×20 mm<br />\n・重量:60g</li>\n<li>価格:1万4465円(税込)</li>\n</ul>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-002-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 470542,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 470542,
            "tagId": 832,
            "tag": {
              "id": 832,
              "slug": "python",
              "name": "Python(製品・サービス)",
              "description": "グイド・ヴァン・ロッサム氏が開発したプログラミング言語。"
            }
          },
          {
            "postId": 470542,
            "tagId": 134289,
            "tag": {
              "id": 134289,
              "slug": "arduino",
              "name": "Arduino(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 470542,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470542,
            "tagId": 366276830,
            "tag": {
              "id": 366276830,
              "slug": "electronic-kit",
              "name": "電子工作(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 470542,
            "tagId": 692510818,
            "tag": {
              "id": 692510818,
              "slug": "switch-science",
              "name": "スイッチサイエンス(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 470542,
            "tagId": 692511312,
            "tag": {
              "id": 692511312,
              "slug": "m5stack",
              "name": "M5Stack",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 470542,
            "tagId": 692513666,
            "tag": {
              "id": 692513666,
              "slug": "ros",
              "name": "ROS(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 470542,
            "tagId": 692513667,
            "tag": {
              "id": 692513667,
              "slug": "elephant-robotics",
              "name": "Elephant Robotics(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 470542,
            "tagId": 692515871,
            "tag": {
              "id": 692515871,
              "slug": "robot-arm",
              "name": "ロボットアーム(用語)",
              "description": "ロボットアームに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470287,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 470287,
        "slug": "2022-02-05-q5d-is-using-robots-to-automate-electronic-wiring-during-manufacturing",
        "createdAt": "2022-02-07T23:15:29.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-07T22:53:16.000Z",
        "title": "Q5Dは手作業で行われてきた電子機器製造工程の配線作業をロボットで自動化",
        "content": "<p>Q5Dの提案はシンプルだ。「ロボットを使って電子機器用ワイヤーハーネスの製造工程を自動化する」こと。電子機器用ワイヤーハーネスの製造は、その全体的な複雑さゆえに、意外にもいまだに手作業で行われていることが多い。この工程は前世紀からあまり変わっていないと、同社は事あるごとに指摘する。これらを機械に任せることで、製造工程のスピードアップ(現在のような遅れの中では絶対的なプラス要因)、コスト削減、ヒューマンエラーの減少につながる。</p>\n<p>英国ブリストルに本拠を置くこのスタートアップ企業は、Cella Energy(セラエネルギー)やCEL-UK(セルUK)に携わっていたSteve Bennington(スティーブ・ベニントン)氏とChris Elsworthy(クリス・エルスワーシー)氏が、2019年に設立した。現在はそれぞれCEOとCTOを務めている。実はこの会社は、Robox(ロボックス)ブランドを含む3Dプリンターを製造しているCEL-UKと、電子機器製造用の工作機械を製造しているM-Solv(Mソルブ)のジョイントベンチャーなのだ。</p>\n<div id=\"attachment_470288\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-470288\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-470288\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg 2048w, /wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg?resize=1536,1024 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/02/Q5D_heads_rear_close-Copy.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-470288\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Q5D</p></div>\n<p>Q5Dは、ハードテックのベンチャープログラムであるHAXの卒業生であり、今回発表されたシードラウンドには、HAXを運営するSOSVも参加している。「製品の内部に配線を施すことは、製造工程の中で最も手作業が多く、うんざりする作業です。Q5Dのプロセスと製品は、先進的な製造業において自動化を完結するために必須のものです」と、HAXのパートナーであるDuncan Hunter(ダンカン・ハンター)氏は、今回の資金調達に関するリリースで述べている。</p>\n<p>今回の270万ドル(約3億1000万円)の資金調達は、Chrysalix Venture Capital(クリサリックス・ベンチャー・キャピタル)が主導し、Rainbow Seed Fund(レインボー・シード・ファンド)も参加した。この資金は、同社の技術をさらに拡大するために使用される予定だ。現在はSafran(サフラン)やOxford Space Systems(オックスフォード・スペース・システムズ)など、主に航空宇宙分野の顧客に使用されているが、この技術は民生用電子機器や自動車、特に配線システムが内蔵された電子機器など、非常に幅広い分野で展開が可能であることを、同社は即座に強調する。</p>\n<p>「今は大きな変化の時代です。交通機関の急速な電化や、洗濯機から携帯電話まであらゆる機器の高機能化により、配線はさらに複雑で手間のかかるものになっています」と、ベニントン氏はリリースの中で述べている。「この世界で過去80年間行われてきた配線のやり方は、変わらなければなりません」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Q5D</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/05/q5d-is-using-robots-to-automate-electronic-wiring-during-manufacturing/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Q5D_HEADS_toolstore_composite.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 470287,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 470287,
            "tagId": 9675,
            "tag": {
              "id": 9675,
              "slug": "manufacturing",
              "name": "製造業(用語)",
              "description": "製造業に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470287,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 470287,
            "tagId": 366273612,
            "tag": {
              "id": 366273612,
              "slug": "england",
              "name": "イギリス(国・地域)",
              "description": "イギリスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470287,
            "tagId": 366274193,
            "tag": {
              "id": 366274193,
              "slug": "automation",
              "name": "オートメーション / 自動化(用語)",
              "description": "オートメーション / 自動化に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470287,
            "tagId": 366278626,
            "tag": {
              "id": 366278626,
              "slug": "industrial-robot",
              "name": "産業用ロボット(用語)",
              "description": "産業用ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470287,
            "tagId": 692517221,
            "tag": {
              "id": 692517221,
              "slug": "q5d",
              "name": "Q5D(企業)",
              "description": "ロボットを使って電子機器用ワイヤーハーネスの製造工程を自動化する英国の企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 469799,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 469799,
        "slug": "2022-02-02-abundants-new-owner-looks-to-revive-the-apple-picking-robot-through-equity-crowdfunding",
        "createdAt": "2022-02-04T02:30:22.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-04T02:00:43.000Z",
        "title": "りんご収穫ロボットを復活させるために、Abundantの新オーナーがエクイティクラウドファンディングを計画",
        "content": "<p>2021年夏、ヘイワードに拠点を置くAbundant Robotics(アバンダント・ロボティクス)は、突然閉鎖してしまった。<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/30/2021-12-27-remembering-the-startups-we-lost-in-2021/\" rel=\"noopener\">多くのスタートアップ企業が失敗</a>しているが、これは難しいことで知られるロボット工学の世界にも当てはまる現象だ。しかし、新型コロナウイルス感染流行は、この2年間で、特に従業員の補充が難しい農業のような分野を中心に、ロボット関連企業の資金調達に恩恵をもたらした。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/30/2021-12-27-remembering-the-startups-we-lost-in-2021/\" rel=\"noopener\">2021年に倒産した米国スタートアップを振り返る</a></p>\n<p>明らかにWavemaker Labs(ウェーブメーカー・ラブズ)は、同社のりんご収穫技術に可能性を見出していた。Miso(ミソ)やFuture Acres(フューチュー・エーカーズ)といったロボット関連のスタートアップに関わったこの投資会社は、2021年10月に<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/18/2021-10-07-actuator-7/\" rel=\"noopener\">Abundantの知的財産を買い取った</a>。TechCrunchでは当時、Future Acresにこの技術が統合される可能性が高いと指摘した。しかし現在、Wavemaker LabsはAbundantブランドを再構築する準備に取りかかっているようだ。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/18/2021-10-07-actuator-7/\" rel=\"noopener\">【ロボティクス】パンデミックの影響、看護支援ロボットDiligent Robotics CEOとの興味深い話</a></p>\n<p>MisoとWavemakerの両方を設立した(両社のCEOでもある)Buck Jordan(バック・ジョーダン)氏は、新たに復活したAbundanceのCEOを務めることになった。また、Piestro(ピエストロ)の共同創業者であり、MisoおよびWavemakerのCFOであるKevin Morris(ケヴィン・モリス)氏は、新会社でもCFOの役職に就く。2人は「業界のリーダーたちと協力して、残りの経営陣を構築しているところだ」と述べている。</p>\n<p>これらの要素がほぼ揃ったところで、次のステップは資金調達、特に<a target=\"_blank\" href=\"https://waxinvest.com/projects/abundant-robots\" rel=\"noopener\">エクイティクラウドファンディング</a>となる。Abundanceは2000万ドル(約23億円)のシードキャンペーンを実施するために、WAXと話し合っている。2022年の10月まで行われるこのキャンペーンから得た資金は、Abundantの既存の知的財産を利用した新しいりんご収穫ロボットの開発に使用されるという。</p>\n<div id=\"attachment_469800\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-469800\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-469800\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg 1280w, /wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-3-03.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-469800\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Abundant Robotics</p></div>\n<p>「私たちが『資金使途』に記載されている上限額を調達できた場合、買収した広範な製品開発の取り組みを用いて、ロボット工学者とエンジニアリングの専門家で構成される当社のチームが、まずはデモやパイロット用の完全に機能するプロトタイプを構築します。その後は商業的な予約注文を受けて、最小単位の製品の生産を開始します」と、ジョーダン氏はTechCrunchに語った。「今回の資金調達で、私たちは製品計画の実行にともない、市場の牽引力や企業とのパートナーシップを生かすことができるため、この事業のためにさらなる追加資金を調達する必要はないと考えています」。</p>\n<p>Wavemakerは、明らかにAbundantのブランドにも価値を見出している。6年前に設立されたこの会社は、最終的に市場に適合するものを見つけることはできなかったものの、約1200万ドル(約14億円)の資金を調達し、急成長中の農業ロボット分野でそれなりに高い知名度を獲得した。今回の新たに復活した体制では、以前のシリーズAで調達した金額の2倍に近いシードラウンドを実施して、事業を始めようとしている。計画通りに進めば、Wavemakerが2021年買い取った知的財産の現金と合わせて、かなりのランウェイを確保することになる。</p>\n<p>「私たちは、Abundant Roboticsがこれまでに開発してきたコンピュータビジョンや機械学習などの画期的な技術に大きな価値を見出しましたが、そのプロトタイプは過剰に設計されており、製造コストも高かった」と、ジョーダン氏は語る。「買収した知的財産、ソフトウェア製品、そして製品を納得のいくコストで市場に投入する方法を知っている実績あるチームを活用して、私たちは現在の製造コストの数分の一で完全に機能するプロトタイプを再設計し、事業開発と財源確保を行うために、今回調達する資金を使用する予定です」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Abundant Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/02/abundants-new-owner-looks-to-revive-the-apple-picking-robot-through-equity-crowdfunding/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/AR-Prototype-Stills-1-16.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 469799,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 469799,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469799,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 469799,
            "tagId": 692513528,
            "tag": {
              "id": 692513528,
              "slug": "equity-crowdfunding",
              "name": "エクイティクラウドファンディング(用語)",
              "description": "クラウドファンディング投資に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469799,
            "tagId": 692517164,
            "tag": {
              "id": 692517164,
              "slug": "apple-2",
              "name": "りんご / リンゴ(用語)",
              "description": "りんご / リンゴに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469799,
            "tagId": 692517165,
            "tag": {
              "id": 692517165,
              "slug": "abundant-robotics",
              "name": "Abundant Robotics(企業)",
              "description": "りんご収穫技術を開発するロボティクス企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 469684,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 469684,
        "slug": "2022-02-02-homeland-security-eyes-robot-dogs-to-patrol-the-southern-border",
        "createdAt": "2022-02-03T08:00:24.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-04T02:36:46.000Z",
        "title": "米国土安全保障省、四足方向のロボット犬が南部国境をパトロール",
        "content": "<p>米国土安全保障省が今週、同省科学技術局が進めていた米国南部の国境で、犬の形をした四足歩行ロボットを使用する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.dhs.gov/science-and-technology/news/02/01/feature-article-robot-dogs-take-another-step-towards-deployment\" rel=\"noopener\">研究の詳細</a>を明らかにした。Boston DynamicsのSpotのようなロボットに、人間の政府職員に対して友好的でない地域をパトロールさせるつもりだ。</p>\n<p>このニュースに付随する声明で、国土安全保障省のBrenda Long(ブレンダ・ロング)氏は「南部国境は人間や動物にとって敵対的な場所である可能性もあるため、マシンの方が有効だと考えられる。科学技術局による研究開発事業は、地上監視用自動走行車両(Automated Ground Surveillance Vehicles、AGSV)と呼ばれ、基本的にはロボット犬だ」と述べている。</p>\n<p>この事業はフィラデルフィアのロボット企業Ghost Robotsと協同で行われる。同社は過去に、Verizonなどの大企業の仕事も経験している。最近、同社が<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/04/2021-10-21-guns-on-robots/\" rel=\"noopener\">新聞の見出しを飾った</a>のは、ある見本市に登場した、SWORD Defense Systemsの特殊用途無人ライフル(Special Purpose Unmanned Rifle、SPUR)というリモコン狙撃手のロボットだ。それは四足歩行ロボットで最も有名なBoston Dynamicsが、DARPAの話を一応聞いたが、結局越えなかった一線(ロボットの軍事利用)だ。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/04/2021-10-21-guns-on-robots/\" rel=\"noopener\">ロボットにスナイパーライフルを装着させるという一連の問題</a></p>\n<p>公式にアナウンスされているこのロボットの用途は、国境のパトロールだ。そのシステムは自律的に歩き回ったり、リモートでコントロールされてリアルタイムのビデオフィードをオペレーターに送る。武装については触れられていないが、それがあるとより多くの人やメディアの関心を集めただろう。</p>\n<p>Ghost自身は、米政府との提携は名誉なことであり、ペイロードなどについてはあらゆる可能性に対応したいと述べている。</p>\n<p>CEOのJiren Parikh(ジレン・パリク)氏は、2021年のインタビューで次のように述べている。「私たちはペイロードを作りません。武装について宣伝や広告も、おそらく行いません。武装は答えにくい問題でもあります。しかし軍に渡すため、軍が何をするのかわかりません。政府に、ロボットの使い方を指示することはできません。売る・売らないを決める線引きはない。私たちとしては単純に、米国とその同盟国の政府に販売するだけです。敵対的な国の市場の企業に私たちのロボットを販売する気はありません。弊社ロボットへの、ロシアや中国からの引き合いはたくさんあります。しかし、それが弊社のエンタープライズ顧客のためでもそちらには販売しません」。</p>\n<p>国土安全保障省は、危険な国境地域の問題に限らず、テクノロジーに関心を持つ理由をたくさん挙げている。</p>\n<p>米国税関国境警備局のBrett Becker(ブレット・ベッカー)捜査官は「他の国と同じように通常の犯罪行為もありますが、国境沿いでは、人間の密輸、麻薬の密輸、銃器や大量破壊兵器を含むその他の禁制品の密輸もあります。これらの活動は、個人のものから国際犯罪組織、テロリスト、敵対する政府まで、あらゆる人によって行われる可能性があります」と投稿している</p>\n<p>国境ロボットの開発や配備に関するスケジュールへの言及はないが、すでにチームは、暗視装置を装備したロボットの現場テストを行い、屋外や居住用建物内などを想定したテストも行っている。</p>\n<p>「空中や地上、水中などで使用する半自律ドローンは、すでに至るところで効果的に利用されており、ロボット犬もそれらと同様です」とロング氏はいう。しかし、米国政府のドローン利用のこれまでの流れを見るかぎり、国土安全保障省がロボットに現場仕事をさせることを賞賛するのは、無理がありそうだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Ghost Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/02/homeland-security-eyes-robot-dogs-to-patrol-the-southern-border/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/gho.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 469684,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 469684,
            "tagId": 488,
            "tag": {
              "id": 488,
              "slug": "military",
              "name": "軍事(用語)",
              "description": "軍事に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469684,
            "tagId": 366274647,
            "tag": {
              "id": 366274647,
              "slug": "dhs",
              "name": "米国土安全保障省 / DHS(組織)",
              "description": "United States Department of Homeland Security。公共の安寧の保持を所掌事務とする米国の行政機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 469684,
            "tagId": 366275192,
            "tag": {
              "id": 366275192,
              "slug": "military-robot",
              "name": "軍事ロボット(用語)",
              "description": "軍事ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469684,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469684,
            "tagId": 692508407,
            "tag": {
              "id": 692508407,
              "slug": "quadruped-walking-robot",
              "name": "四足歩行ロボット(用語)",
              "description": "四足歩行ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469684,
            "tagId": 692515953,
            "tag": {
              "id": 692515953,
              "slug": "ghost-robotics",
              "name": "Ghost Robotics(企業)",
              "description": "軍事、国土、産業、エネルギー、鉱業市場向けのアジャイルな地上ドローンを開発する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 469511,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 469511,
        "slug": "2022-02-01-mongodbs-founder-is-trying-to-universalize-robotic-deployment",
        "createdAt": "2022-02-02T23:45:17.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-02T23:19:06.000Z",
        "title": "MongoDB創業者のViam Roboticsはロボット導入のユニバーサル化を目指す",
        "content": "<p>このカテゴリーを追っている人にとっては、おなじみの問題だ。投資家と企業は、ロボットと自動化に関してほぼ同じ考えを持っている。このような技術は、将来の競争力を維持するために必須のものとなるだろう。また、短期的には、広範な人材不足を解消する鍵になると広く考えられている。</p>\n<p>しかし、導入の問題が残る。自動車メーカーやAmazon(アマゾン)などの大企業は、こうした技術を製造やフルフィルメントの現場に導入することにあまり問題はない、リソースが無限にあると思われる企業にとっては容易なことなのだ。しかし、ロボットを稼働させるためのフルタイムの開発者やコーダーを雇用できない企業の場合はどうだろうか?</p>\n<p>多くの企業がこの問題に取り組みたいと考えている。この問題に対して、ニューヨークを拠点とする<a target=\"_blank\" href=\"https://www.viam.com/\" rel=\"noopener\">Viam Robotics</a>(ビアム・ロボティクス)は、独自のソリューションを準備している。ある人はこのソリューションを、こうしたシステムの導入と監視をより標準化したアプローチで提供するものだと説明している。スタートアップのウェブサイトには次のように書かれている。</p>\n<blockquote><p>Viamはこれらの問題に、カスタムコードではなく、標準化されたビルディングブロックを使ってロボットを直感的かつ迅速に作成、構成、制御できる、新しいロボットプラットフォームの構築に取り組んでいます。私たちは、意欲的で経験豊富なエンジニアが、私たちの革新的なソフトウェアツールを使って、業界を問わず複雑な自動化の問題を解決することを支援していきます。</p></blockquote>\n<p>MongoDBの共同創業者で元CTOだったEliot Horowitz(エリオット・ホロウィッツ)氏が2020年に設立したこのViamは、資金調達にもあまり苦労せずに、ほぼステルス状態で運営されてきた。米国時間2月1日、同社はTiger Globalが主導する3000万ドル(約34億4000万円)のシリーズAを発表した。今回のラウンドには、2021年6月に行われた1200万ドル(約13億8000万円)のシードラウンドにも参加したUnion Square Ventures(USV)とBattery Venturesも参加している。</p>\n<div id=\"attachment_469514\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-469514\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-469514\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg 1920w, /wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?resize=1536,1024 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/02/Eliot_Headshot-1.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-469514\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Viam</p></div>\n<p>USVのマネージングパートナーであるAlbert Wenger(アルバート・ウェンガー)氏は、2021年のシードに関連した投稿の中でこう言っている「彼らの目標は、ロボットの構築とプログラミングを、ウェブサービスを組み立てるように簡単にすることです。この目的のために、彼らは物体認識、ナビゲーション(移動)、グリッピング(掴むこと)などの一連のコアコンポーネントを開発しています。「さらにViamは、新しいロボットアプリケーションを開発者がオンデマンドでテストできるオンラインテストベッドを提供しています(高価なロボットのハードウェアを事前に取得する必要がありません)」。</p>\n<p>ホロウィッツ氏は次のようにいう「シードラウンド以来、私たちは優秀な人材を採用し、プラットフォームを構築、テスト、ローンチし、簡単かつ直感的にロボットを作ることができるという期待に満ちた外部の方々と連携してきました」。</p>\n<p>順調に資金集めができているとしても、物事はまだ初期の段階だ。現在、このプラットフォームは「プライベート・アルファ」として公開されているが、2022年後半のある時点で、より広範にサービスの提供を開始する予定だ。確かにタイミングは良い。Viamの創業と成長がパンデミックと重なったのは偶然ではないだろう。パンデミックによって、自動化に対する関心と投資が大きく高まったからだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.com/search/photographer?family=creative&amp;photographer=rozdemir01\" rel=\"noopener\">rozdemir01 </a>/ Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/01/mongodbs-founder-is-trying-to-universalize-robotic-deployment/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/GettyImages-1160976646.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 469511,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 469511,
            "tagId": 21954763,
            "tag": {
              "id": 21954763,
              "slug": "mongodb",
              "name": "MongoDB(企業・サービス)",
              "description": "Server Side Public License(SSPL)で提供されるドキュメント指向データベース。MongoDB Inc.が開発、サポート。"
            }
          },
          {
            "postId": 469511,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 469511,
            "tagId": 366278626,
            "tag": {
              "id": 366278626,
              "slug": "industrial-robot",
              "name": "産業用ロボット(用語)",
              "description": "産業用ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469511,
            "tagId": 692517138,
            "tag": {
              "id": 692517138,
              "slug": "viam-robotics",
              "name": "Viam Robotics(企業)",
              "description": "ロボットシステムの導入と監視をより標準化したアプローチで提供するニューヨーク拠点の企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 468811,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 468811,
        "slug": "2022-01-27-laparoscopic-surgery-performed-by-a-robot-without-human-assistance",
        "createdAt": "2022-01-28T05:30:55.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-28T21:02:19.000Z",
        "title": "ロボットが人の手を借りずに豚の腹腔鏡手術に成功",
        "content": "<p>Johns Hopkins(ジョンズ・ホプキンズ大学)の研究者たちは今週、彼らが開発した「Smart Tissue Autonomous Robot(STAR、スマート組織自律ロボット)」システムが、人間の誘導なしにブタの組織の腹腔鏡手術を完了したことを記した<a target=\"_blank\" href=\"https://hub.jhu.edu/2022/01/26/star-robot-performs-intestinal-surgery/\" rel=\"noopener\">レポートを発表</a>した。この手術は、2つの腸管端部を縫合するもので、動物での手術に成功し、人間が行った場合よりも「格段に良い」結果が得られたと、研究者チームは述べている。</p>\n<p>このような手術を完全に自動化するためには、いくつか越えなければならないハードルがある。その筆頭には、人間や豚などの組織は柔軟であり、予測不可能な性質を持っているため、プログラムを組むのが非常に難しいという事実がある。</p>\n<p>人間の外科医は長い時間をかけて組織を扱う方法を学んできたが、ロボットの外科医にとってはさらに大変な仕事になる。今回のロボットシステムは、2016年に開発されたシステムがベースになっており、すでに豚の手術を上手くやり遂げたことがあるものの、これまでは人間の手による誘導や大きな切開などの補助が必要だった。STARの誘導システムのアルゴリズム構築には、3次元マシンビジョンが使用されている。</p>\n<p>本論文の筆頭著者であるHamed Saeidi(ハメド・サエディ)氏は「STARが特別なのは、人間の介入を最小限に抑えながら軟部組織での手術計画を立案し、適応し、実行した初めてのロボットシステムだということです」と、リリースの中で述べている。</p>\n<p>システムの開発者たちは、この技術がさらに高い精度と再現性を持って、このような手術に使えるようになると確信している。ロボット手術は、これまで高度に専門的な技術が必要とされた手術を、より多くの人が均等に受けられるようになるために役立つ可能性があるとして、ここ数十年の間に多くの関心と資金を集めるようになっている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Johns Hopkins, Axel Krieger, Jin Kang</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/27/laparoscopic-surgery-performed-by-a-robot-without-human-assistance/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/Screen-Shot-2022-01-27-at-2.51.30-PM.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 468811,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 468811,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468811,
            "tagId": 366270781,
            "tag": {
              "id": 366270781,
              "slug": "medical",
              "name": "医療 / 治療 / MedTech / メドテック(用語)",
              "description": "医療 / 治療 / MedTech / メドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468811,
            "tagId": 366279702,
            "tag": {
              "id": 366279702,
              "slug": "surgery",
              "name": "手術(用語)",
              "description": "手術に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468811,
            "tagId": 692509616,
            "tag": {
              "id": 692509616,
              "slug": "johns-hopkins-university",
              "name": "ジョンズ・ホプキンズ大学(組織)",
              "description": "ジョンズ・ホプキンズ大学に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 468617,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 468617,
        "slug": "2022-01-26-vecna-gets-65m-to-replace-forklifts-with-robots",
        "createdAt": "2022-01-27T06:00:53.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-27T05:57:12.000Z",
        "title": "倉庫のフォークリフトをロボットで自動化するVecnaが74.5億円調達",
        "content": "<p>倉庫の自動化を急ぐ中で、フォークリフトの存在を無視することはできない。重い荷物を持ち上げるためにはもちろん重機が必要だが、こうしたシステムは事故に巻き込まれることで有名で、米国だけでも毎年数万件のフォークリフト事故が報告されている。</p>\n<p>マサチューセッツ州に本社を置くVecna Robotics(ベクナ・ロボティクス)は、パレット移動などのフォークリフト中心の倉庫作業に自動化を導入しようとしている企業の1つだ。パンデミックが米国で流行する直前の2020年1月に実施したシリーズBですでに5000万ドル(約57億2000万円)を調達し、結果資金調達額は6000万ドル(約68億7000万円)を超えていた。この数字は今回のシリーズCで倍以上となった。</p>\n<p>(ということで、もちろん)Tiger Global Managementが6500万ドル(約74億5000万円)のラウンドをリードし、既存の投資家であるBlackhorn Ventures、Highland Capital Partners、Tectonic Ventures、Drive Capital、Fontinalis Partnersに加え、新たにLineage Logistics、Proficio Capital Partners、Impulseなどが参加した。</p>\n<p>同社は前回のラウンドの資金で、CEOのCraig Malloy(クレイグ・マロイ)氏やCMOのJosh Kivenko(ジョシュ・キベンコ)氏を含むかなりの数の人材を採用していた。この新たな資金が何に使われるのかについて、キベンコ氏は次のように語っている。</p>\n<blockquote><p>世界中で50億台以上のパレットが500万台以上のフォークリフトと500万人近くの手動オペレーターによって動かされているので、自動化された資材ハンドリングには成長の余地が十分にあるのです。今回のような著名で支援的な投資家グループが主導するこの投資を使うことで、工場や倉庫のような資材ハンドリング環境におけるスループット向上への飽くなき要求に応えるために、ロードマップを加速しより迅速に市場にソリューションを提供することが可能になります。</p></blockquote>\n<p>Vecnaによれば、今回の資金はソフトウェアおよびハードウェアの研究開発、注文の確実な処理、事業の拡大に使用されるという。同社が、新型コロナウイルスのパンデミックと広がる人材不足のために、投資家から関心が高まっているロボット企業の1つであることは間違いない。</p>\n<p><small>画像クレジット:Vecna Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/26/vecna-gets-65m-to-replace-forklifts-with-robots/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater 、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/pallet-jack.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 468617,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 468617,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 468617,
            "tagId": 366279182,
            "tag": {
              "id": 366279182,
              "slug": "warehouse",
              "name": "倉庫(用語)",
              "description": "倉庫に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468617,
            "tagId": 681520644,
            "tag": {
              "id": 681520644,
              "slug": "labor",
              "name": "労働 / 労働問題(用語)",
              "description": "労働 / 労働問題に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468617,
            "tagId": 692517026,
            "tag": {
              "id": 692517026,
              "slug": "forklift",
              "name": "フォークリフト(用語)",
              "description": "フォークリフトに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468617,
            "tagId": 692517027,
            "tag": {
              "id": 692517027,
              "slug": "working-force",
              "name": "労働力(用語)",
              "description": "労働力に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468617,
            "tagId": 692517028,
            "tag": {
              "id": 692517028,
              "slug": "vecna-robotics",
              "name": "Vecna Robotics(企業)",
              "description": "パレット移動などのフォークリフト中心の倉庫作業に自動化を導入しようとするマサチューセッツ州に本社を置く企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 468594,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 468594,
        "slug": "2022-01-26-boston-dynamics-warehouse-robot-gets-a-15m-gig-working-for-dhl",
        "createdAt": "2022-01-27T05:15:48.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-27T05:13:05.000Z",
        "title": "ボストン・ダイナミクスの倉庫ロボットがDHLから約17.2億円の業務を受注",
        "content": "<p>2021年3月、Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)は同社2番目の商用ロボット「<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-03-29-this-is-boston-dynamics-next-commercial-robot/\" rel=\"noopener\">Stretch</a>(ストレッチ)」を発表した。箱を動かす見事な<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2019-03-28-boston-dynamics-puts-its-wheeled-robot-handle-to-work-in-a-warehouse/\" rel=\"noopener\">Handleコンセプト</a>を元に作られたこのシステムは、同社の先進ロボティクス技術を倉庫・物流の舞台へと推し進めるために作られた。現在、ロボティクスで最も注目されている分野だ。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2019/03/29/2019-03-28-boston-dynamics-puts-its-wheeled-robot-handle-to-work-in-a-warehouse/\" rel=\"noopener\">Boston Dynamicsが恐竜的2輪ロボットで倉庫業務をデモ</a></p>\n<p>米国時間1月26日、Hyundai(現代、ヒョンデ)傘下のBoston Dyanamicsは、同社初の法人顧客となる大物企業との提携を発表した。物流の巨人DHL(ディー・エイチ・エル)は、Boston Dynamicsのロボットを北米の事業所に配置する、1500万ドル(約17億2000万円)の複数年契約(両社にいわせると「投資」)を完了した。購入されるロボットの台数は明らかにされていないが、Boston Dynamicsは、今後3年間にわたり、DHL物流センターにロボット「集団」を納入するという。</p>\n<p>Stretchは、トラックから積荷を降ろす作業から始める。発表時に製作者たちが主要な部分として強調していた機能だ。その後、他の作業も加えていき荷物処理システムの自動化を推進していく予定だ。</p>\n<p>CEOのRobert Plater(ロパート・プレーター)氏は次のように語った。「StretchはBoston Dynamicsの最新型ロボットで、倉庫内の課題解決に特化して作られています。DHL Supply Chain(DHLサプライ・チェーン)とともに当社のロボット集団を展開し、倉庫作業の自動化を進め、そこで働く人たちの安全性を高める取り組みができることを大変うれしく思っています。私たちはStretchがDHLの事業活動に意味のある影響を与えると信じており、大規模なロボット集団が仕事をするところを見るのを楽しみにしています。</p>\n<p>この提携は、Boston Dynamicsが現在推進している四足歩行ロボットSpot(スポット)を超えるビジネス目標の土台を築く鍵となる。荷物処理は労働集約的で極めて反復の多い重労働であり、長時間の緊張を強いられ障害点も多い。これは、商業化推進を目論むHyundai傘下の同社にとって大きな試金石だ。</p>\n<p>一方、DHLにとっては、肉体労働力確保が困難な時期に、物流作業の一部を自動化できる好機だ。これは、配送事業を侵食しつつあるAmazon(アマゾン)らと競合する中、同社が完全オートメーション化を進めるチャンスでもある。</p>\n<p><small>画像クレジット:Boston Dymamics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/26/boston-dynamics-warehouse-robot-gets-a-15m-gig-working-for-dhl/\" rel=\"noopener noreferrer\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a> )</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/bd_dhl-final.jpeg",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 468594,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 468594,
            "tagId": 2586675,
            "tag": {
              "id": 2586675,
              "slug": "boston-dynamics",
              "name": "Boston Dynamics / ボストン・ダイナミクス(企業)",
              "description": "Boston Dynamicsは米国のロボティクス企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 468594,
            "tagId": 366270916,
            "tag": {
              "id": 366270916,
              "slug": "logistics",
              "name": "物流 / ロジスティクス / 運輸(用語)",
              "description": "物流業界に変革を起こすスタートアップ / テクノロジーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468594,
            "tagId": 366275483,
            "tag": {
              "id": 366275483,
              "slug": "hyundai",
              "name": "Hyundai / ヒョンデ / 現代自動車(企業)",
              "description": "韓国の自動車メーカー。"
            }
          },
          {
            "postId": 468594,
            "tagId": 366279182,
            "tag": {
              "id": 366279182,
              "slug": "warehouse",
              "name": "倉庫(用語)",
              "description": "倉庫に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468594,
            "tagId": 692507315,
            "tag": {
              "id": 692507315,
              "slug": "dhl",
              "name": "DHL(企業)",
              "description": "国際宅配便、運輸、ロジスティクスサービスを提供するドイツの国際輸送物流企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 468594,
            "tagId": 692517027,
            "tag": {
              "id": 692517027,
              "slug": "working-force",
              "name": "労働力(用語)",
              "description": "労働力に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 468525,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 468525,
        "slug": "2022-01-25-electric-sheep-raises-21-5m-to-make-off-the-shelf-lawnmowers-autonomous",
        "createdAt": "2022-01-26T23:30:39.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-26T23:24:20.000Z",
        "title": "Electric Sheepが、既製の芝刈り機をロボット化するシステムを発売",
        "content": "<p>iRobot(アイロボット)がTerra(テラ)を発表したのは、<a target=\"_blank\" href=\"/2019/01/30/2019-01-29-irobots-robotic-lawnmower-was-10-years-in-the-making/\" rel=\"noopener\">3年前のちょうど今頃</a>だった。2020年に<a target=\"_blank\" href=\"/2020/04/29/2020-04-28-irobots-terra-lawnmower-will-not-launch-in-2020-as-company-reprioritizes/\" rel=\"noopener\">発売を延期する</a>という厳しい社内決定が下された後、このロボット芝刈り機は未だMIA(作戦行動中行方不明)だ。草がたくさん生えていて時間があまりない人のために、他にもロボット芝刈り機は業務用と消費者用の両方で、いくつか販売されている。</p>\n<p>しかし、Electric Sheep Robotics(エレクトリック・シープ・ロボティクス)という、Philip K. Dick(フィリップ・K・ディック)の小説を思い出させる会社のこの分野に対するアプローチは、John Deer(ジョン・ディア)傘下の<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/09/2021-08-05-john-deere-buys-autonomous-tractor-startup-bear-flag-robotics/\" rel=\"noopener\">Bear Flag Robotics</a>(ベア・フラッグ・ロボティクス)がトラクターに対して行っているのと同様に、少々斬新だ。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.businesswire.com/news/home/20220125005186/en/\" rel=\"noopener\">米国時間1月25日より一般販売が開始された</a>「Dexter(デクスター)」は、既存の業務用芝刈り機に、自律走行機能を搭載することができる。</p>\n<p>芝刈り機にこの機械を取り付けた後、ユーザーはシステムを訓練するために、通常の草刈りのルートを一度通る。その後はシステムがLiDARやカメラ、GPSなど、搭載されたさまざまなセンサーを使って、衝突を避けながらナビゲーションを行う。Dexterは現在、RaaS(サービスとしてのロボット)モデルとして造園業者に提供されている。つまり、これはシステムを購入するのではなく、実質的にレンタルするという形だ。</p>\n<div id=\"attachment_468526\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption alignnone\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-468526\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-468526\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"577\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg 2048w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=768,433 768w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=1024,577 1024w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=1536,866 1536w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=710,400 710w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=738,416 738w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=106,60 106w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=980,552 980w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/01/DSC3229-1.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-468526\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Electric Sheep Robotics</p></div>\n<p>CEOのNaganand Murty(ナガナンド・マーティー)氏は、この機会に「米国にはたくさんの芝生がある」ということを強調した。</p>\n<blockquote><p>芝生のために使われている土地と水は、小麦とトウモロコシの合計よりも多く、米国では4000万エーカー(約16万2000平方キロメートル)を超える土地に何らかの形で芝生が敷かれていて、芝生の刈り込みだけで年間200億ドル(約2兆3000億円)が費やされています。Electric Sheep社のDexterロボットのようなソリューションは、お客様の需要を満たし、すでに不足している労働力をより効率よく配分するのに役立ちます。</p></blockquote>\n<p>今回の一般販売開始に合わせて、同社は2150万ドル(約24億6000万円)という大規模なシリーズA資金調達を実施し、現在までに調達した資金の総額は2570万ドル(約29億4000万円)となったことを発表した。このラウンドは、Tiger Global(タイガー・グローバル)が主導し(他に誰がいるだろうか?)、このベイエリアに拠点を置く会社が400万ドル(約4億6000万円)を調達したシードラウンドを主導したFoundation Capital(ファウンデーション・キャピタル)も参加した。</p>\n<p><small>画像クレジット:Electric Sheep Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/25/electric-sheep-raises-21-5m-to-make-off-the-shelf-lawnmowers-autonomous/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/DSC2808.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 468525,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 468525,
            "tagId": 366073455,
            "tag": {
              "id": 366073455,
              "slug": "autonomous-driving",
              "name": "自動運転 / 自律走行(用語)",
              "description": "自動運転 / 自律走行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468525,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 468525,
            "tagId": 366273340,
            "tag": {
              "id": 366273340,
              "slug": "lidar",
              "name": "LiDAR(用語)",
              "description": "光を用いたリモートセンシング技術で距離や方向を測定する。またはこの技術を使った装置のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 468525,
            "tagId": 366273481,
            "tag": {
              "id": 366273481,
              "slug": "landscaping",
              "name": "造園 / 造園業(用語)",
              "description": "造園 / 造園業に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468525,
            "tagId": 366280791,
            "tag": {
              "id": 366280791,
              "slug": "mower",
              "name": "芝刈り / 芝刈り機 / ロボット芝刈り機(用語)",
              "description": "芝刈り / 芝刈り機 / ロボット芝刈り機に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468525,
            "tagId": 692516683,
            "tag": {
              "id": 692516683,
              "slug": "%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%ef%bc%88%e7%94%a8%e8%aa%9e%ef%bc%89",
              "name": "センサー(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 468525,
            "tagId": 692517018,
            "tag": {
              "id": 692517018,
              "slug": "electric-sheep-robotics",
              "name": "Electric Sheep Robotics(企業)",
              "description": "既存の業務用芝刈り機に、自律走行機能を搭載することができる「Dexter」などを開発する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 468447,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 468447,
        "slug": "2022-01-25-wandelbots-raises-another-84-million-to-teach-robots-without-code",
        "createdAt": "2022-01-26T05:30:42.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-26T05:18:24.000Z",
        "title": "産業用ロボットのノーコードプログラミングを実現する独Wandelbotsが新たに約95.7億円調達",
        "content": "<p>ドイツのドレスデンを拠点とするWandelbotsは、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2017/12/04/wandelbots-wants-to-reinvent-the-way-we-program-robots/\" rel=\"noopener\">2017年</a>にDisrupt Berlinのステージに登場して以来、数年の間に健全な額を調達してきた。ノーコードのロボットソフトウェア企業である同社は<a target=\"_blank\" href=\"/2018/12/15/2018-12-12-wandelbots-raises-6-8m-to-make-programming-a-robot-as-easy-as-putting-on-a-jacket/\" rel=\"noopener\">2018年には680万ドル</a>(約7億7000万円)を調達し、コロナ禍が製造業を一気にスローダウンさせたことで自動化への期待が高まっていた2020年6月には、<a target=\"_blank\" href=\"/2020/06/17/2020-06-15-no-code-industrial-robotics-programming-startup-wandelbots-raises-30-million-series-b/\" rel=\"noopener\">3000万ドル</a>(約34億2000万円)を調達した。</p>\n<p>中央ヨーロッパ時間1月25日、同社は8400万ドル(約95億7000万円)のシリーズCを調達したことを発表し、これにより累計資金調達額は1億ドル(約113億9000万円)を軽く超えた。今回のラウンドはInsight Partnersがリードし、83North、Microsoft(マイクロソフト)、Next47、Paua、Atlantic Labs、EQTなどの既存の投資家が参加している。</p>\n<p>Wandelbotsのミッションは一見シンプルなもので、多くの企業がこの分野での解決を目指している。ロボットのソフトウェアレイヤーは、工場でロボットを導入する際の参入障壁をどうしたら下げられるのか。具体的には、多くの外部サポートや多額の資金、ロボットのコーディングノウハウを必要とせずに、企業がロボット軍団を実装するにはどうすればよいのか。同社のソリューションは「TracePen」と呼ばれるインタラクティブなティーチングシステムで、このツールを使い人間のインストラクターが模倣すべき動作をデモンストレーションし、ロボットを訓練する。その後、ソフトウェア上で動作を微調整することができ、コーディングは不要だ。</p>\n<p>「Wandelbotsのミッションが現実のものとなったことを大変誇りに思います」と、共同設立者兼CEOのChristian Piechnick(クリスチャン・ピエニック)氏はリリースで述べている。「当社のプラットフォームは、人間中心のロボットソリューションを業界で加速させるのに役立っていくことでしょう」。</p>\n<div id=\"attachment_468449\" style=\"width: 310px\" class=\"wp-caption alignright\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-468449\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-468449 size-medium\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/Wandelbots-Team-Photo.jpeg?w=300\" alt=\"\" width=\"300\" height=\"134\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/Wandelbots-Team-Photo.jpeg 404w, /wp-content/uploads/2022/01/Wandelbots-Team-Photo.jpeg?resize=300,134 300w, /wp-content/uploads/2022/01/Wandelbots-Team-Photo.jpeg?resize=400,178 400w, /wp-content/uploads/2022/01/Wandelbots-Team-Photo.jpeg?resize=220,98 220w, /wp-content/uploads/2022/01/Wandelbots-Team-Photo.jpeg?resize=281,125 281w, /wp-content/uploads/2022/01/Wandelbots-Team-Photo.jpeg?resize=250,111 250w, /wp-content/uploads/2022/01/Wandelbots-Team-Photo.jpeg?resize=125,56 125w, /wp-content/uploads/2022/01/Wandelbots-Team-Photo.jpeg?resize=50,22 50w\" sizes=\"(max-width: 300px) 100vw, 300px\" /><p id=\"caption-attachment-468449\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Wandelbots</p></div>\n<p>今回の資金調達は、同社がロボットティーチングソフトウェアの開発者コミュニティの構築に取り組んでいる中で実施された。具体的には、開発者がWandelbotsプラットフォーム上で独自のティーチングアプリケーションを作成できるようにすることを目指している。Wandelbotsは現在、BMWやVWなどの顧客にロボットを提供しているUniversal RobotsやYaskawaを含む、より幅広いシステムとの相互運用性の実現にも取り組んでいるという。</p>\n<p>またWandelbotsは、追加の雇用を行い、米国やアジアなどの市場にグローバルな事業を拡大する予定だ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Wandelbots</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/25/wandelbots-raises-another-84-million-to-teach-robots-without-code/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/Unified-Robotics-Software.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 468447,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 468447,
            "tagId": 1014919,
            "tag": {
              "id": 1014919,
              "slug": "germany",
              "name": "ドイツ(国・地域)",
              "description": "ドイツに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468447,
            "tagId": 366270974,
            "tag": {
              "id": 366270974,
              "slug": "programming",
              "name": "プログラミング(用語)",
              "description": "プログラミングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468447,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 468447,
            "tagId": 366278626,
            "tag": {
              "id": 366278626,
              "slug": "industrial-robot",
              "name": "産業用ロボット(用語)",
              "description": "産業用ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468447,
            "tagId": 366280246,
            "tag": {
              "id": 366280246,
              "slug": "wandelbots",
              "name": "Wandelbots(企業)",
              "description": "Wandelbotsは、非プログラマーが産業用ロボットに簡単にタスクを「教える」ことができるようにすることを目指すドイツのスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 468447,
            "tagId": 692509750,
            "tag": {
              "id": 692509750,
              "slug": "no-code",
              "name": "ノーコード(用語)",
              "description": "ノーコード開発に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 468287,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 468287,
        "slug": "2022-01-25-starship-technologies-picks-up-e50m-from-the-eus-investment-arm-to-expand-its-fleet-of-autonomous-delivery-robots",
        "createdAt": "2022-01-26T00:30:55.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-26T00:26:42.000Z",
        "title": "Starship Technologiesが自律型配送ロボットの拡充に向けEUの投資部門から約64.3億円獲得",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.starship.xyz/\" rel=\"noopener\">Starship Technologies(スターシップ・テクノロジーズ)</a>は、自律型配送ロボット(都市を自動運転する小さなカボチャのような箱型の配送車)の世界では大物の1社である。新型コロナウイルス(COVID-19)の間、消費者がウイルスの拡散を最小限に抑えるために自宅待機をしたり、あるいは外出が消極的だった時に、店舗やレストランと消費者の間で食品やその他の商品を配送するための(無人の)力を提供し、絶好調だった。現在、同社はさらなる成長のために、欧州の支持とともにいくつかの資金を手にしている。</p>\n<p>このスタートアップは、欧州連合の資金調達部門である欧州投資銀行(EIB)から5000万ユーロ(約64億3900万円)の資金を受け取った。Starship Technologiesは、これを「準株式発行枠」と表現しており、ベンチャーローンが混じっていることを意味する。</p>\n<p>今回の投資による評価額は公表していないが、Alastair Westgarth(アラステア・ウェストガース)氏は、これで投資家からさらに資金を調達することを否定するものではないとしている。Starshipは2019年に<a target=\"_blank\" href=\"/2019/08/21/2019-08-20-starship-technologies-raises-40m-crosses-100k-deliveries-and-plans-to-expand-to-100-new-universities/\" rel=\"noopener\">Morpheus Ventures(モーフィアス・ベンチャー)主導で4000万ドル(約45億6500万円)のシリーズA</a>を調達し、Pitchbook(ピッチブック)のデータによると2021年1月にも、戦略的支援者で日本の大手電機メーカーの投資部門であるTDK Ventures(TDKベンチャーズ)とGoodyear Ventures(グッドイヤー・ベンチャーズ)を出資者に迎え、<a target=\"_blank\" href=\"https://my.pitchbook.com/profile/167093-02/company/profile#board-members\" rel=\"noopener\">さらに1700万ドル(約19億4000万円)</a>を調達している。現在、250万台以上の商用配送を行い(2021年10月の200万台から増加)、世界で300万マイル(約482万km)以上を走行している。ウェストガース氏によると、同社の車両は平均して1日に1万件の配送を行っているという。</p>\n<p>サンフランシスコを拠点とする同社は当初、2017年に米国の配送会社であるDoordash(ドアダッシュ)とPostmates(ポストメイツ、現在はUberの一部)とパイロット運用を行い、その後、大学キャンパス環境内での導入を行って、その名を轟かせた。同じロボット配送のスタートアップであるMarble(マーブル)は、その頃、市の規制当局と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.wired.com/2017/05/san-francisco-wants-ban-delivery-robots-squash-someones-toes/\" rel=\"noopener\">対立</a>し、皮肉にもその影響から、Starshipはまだホームの都市でローンチしていない。(Marbleは現在、<a target=\"_blank\" href=\"https://roboticsandautomationnews.com/2020/06/24/caterpillar-acquires-delivery-robot-maker-marble/33385/\" rel=\"noopener\">Caterpillarの傘下</a>に入っている)。</p>\n<p>Marbleはヨーロッパでも大きな存在感を示しており、エストニアのタリンに主要な研究開発拠点を置き(そのためEUから財政的な支持を受けている)、英国のミルトン・キーンズにて初の本格的な都市展開を開始した。サービスの価格は都市や場所によって異なるが、例えばミルトン・キーンズにある食料品チェーン店Coop(コープ)に提供するサービスは、一律99ペンス(約150円)で設定されている。</p>\n<p>この2年間、 Starshipの名前は、配達員の数が減り、人々が移動を控え、人との接触が少なくなった時代に、企業が注文した食品を顧客に届けるための配達パートナーとして、よく耳にするようになった。ミルトン・キーンズのサービスだけでも数十万件の配達があり、Starshipは重要なパートナーと契約を開始するようになった。英国では、食料品チェーンのTesco(テスコ)、Coop、Budgens(バドジェンヌ)がそのリストに含まれている。同社は主に、メガ食料品店ではなく、中心部に位置する小型店舗の配送手段として提携しており、Starshipが狭い範囲に配送する商品をストックする「ダークストア」の役割を担っている。配達は、<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/tc/app/starship-food-delivery/id1278308166\" rel=\"noopener\">iOS</a>や<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=xyz.starship.deliveries&amp;hl=en_US&amp;gl=US\" rel=\"noopener\">Android</a>のアプリで依頼する。</p>\n<p>現在、同社のビジネスの大部分(約70%)はキャンパス内での展開によるものだが、変調の兆しが見えてきているとウェストガース氏は述べている。</p>\n<p>「1年~1年半後には、食料品の規模は大きくなっているでしょう」と彼はいう。Starshipのサービスを利用する可能性のあるキャンパスの市場規模は400〜500程度だが「食料品は数十億ドル(数千億円)規模になります。我々は、世界中のデリバリーサービスを追いかけています。自転車やスクーター、クルマに乗っている人と同じように配達できますが、私たちの方が安く、ロボットは年々安くなっています」と同氏はいう。ロボットの平均的なバッテリー寿命は18時間で、典型的なロボットは1日に約40km走行することができる。</p>\n<p>現在、同社は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nhtsa.gov/technology-innovation/automated-vehicles-safety\" rel=\"noopener\">レベル4</a>の自律型システムとして車両を運用している。つまり、人間がオペレーションセンターで問題を監視し、車両が予期せぬトラブルに見舞われた場合には、必要であれば引き継ぐことができるということだ。だが、それはデフォルトではない。</p>\n<p>「私たちのロボットは99%、誰も関与していません。私たちは多くの配達を、誰も関与することなく行っています」とウェストガース氏はいう。</p>\n<p>EIBからの資金提供は、EUにとって2つの異なる条件を満たすものである。第1に、EUはより持続可能な輸送手段を推進し、排出量の削減と道路交通の低減を図ろうとしている。第2に、デジタル経済におけるEUの地位をさらに高めるために、テック系スタートアップ企業を支援するという長期的な目標がある。</p>\n<p>EIBの副総裁 Thomas Östros(トーマス・エストロス)氏は「あらゆる形やサイズの電気自動車が、私たちの未来の一部となり、持続可能な輸送手段というパズルにおいて重要な役割を果たすことができます」と、声明の中で述べている。「Starshipの配送ロボットはすでにその価値を証明しており、同社が技術開発を続け、生産規模を拡大できるよう支援できることをうれしく思います」。と語っている。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/25/starship-technologies-picks-up-e50m-from-the-eus-investment-arm-to-expand-its-fleet-of-autonomous-delivery-robots/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ingrid Lunden、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/Starship-Technologies-2.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 468287,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 468287,
            "tagId": 366073455,
            "tag": {
              "id": 366073455,
              "slug": "autonomous-driving",
              "name": "自動運転 / 自律走行(用語)",
              "description": "自動運転 / 自律走行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468287,
            "tagId": 366271276,
            "tag": {
              "id": 366271276,
              "slug": "starship-technologies",
              "name": "Starship Technologies(企業)",
              "description": "小型の自動運転ロボット配送車を開発するサンフランシスコ拠点の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 468287,
            "tagId": 366280135,
            "tag": {
              "id": 366280135,
              "slug": "robot-delivery",
              "name": "ロボット配達(用語)",
              "description": "ロボット配達に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468287,
            "tagId": 692508691,
            "tag": {
              "id": 692508691,
              "slug": "foods",
              "name": "食品 / 食料品 / 食材 / 食品加工(用語)",
              "description": "食品に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468287,
            "tagId": 692516717,
            "tag": {
              "id": 692516717,
              "slug": "level-4",
              "name": "レベル4 / L4(用語)",
              "description": "特定条件下においてシステムがすべての運転、タスクを実施する自動運転。"
            }
          },
          {
            "postId": 468287,
            "tagId": 692517000,
            "tag": {
              "id": 692517000,
              "slug": "eib",
              "name": "欧州投資銀行 / EIB(組織)",
              "description": "European Investment Bank。欧州投資銀行 / EIBに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467976,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 467976,
        "slug": "2022-01-20-mitsubishi-partners-with-cartken-to-break-into-the-robotic-delivery-world",
        "createdAt": "2022-01-24T05:45:50.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-24T05:33:38.000Z",
        "title": "三菱電機がCartkenの自律走行ロボットを使った配送サービスの実証実験をイオンモールで開始",
        "content": "<p>Mitsubishi Electric(三菱電機)が、自律走行ロボットの価値を探るための実証実験を日本で開始した。同社の⾃動⾞機器事業部は、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/04/2021-03-30-google-spinoff-cartken-and-reef-technologies-launch-miamis-first-delivery-robots/\" rel=\"noopener\">2021年3月にステルス状態から脱却したGoogle出身のスタートアップ企業Cartken(カートケン)</a>と協力し、少数のCartken製配送ロボットを愛知県にあるショッピングモールに導入。店舗内や敷地屋外でフードデリバリーサービスを提供する。まずは同モール内のStarbucks(スターバックス)から商品の配達を行う。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/04/2021-03-30-google-spinoff-cartken-and-reef-technologies-launch-miamis-first-delivery-robots/\" rel=\"noopener\">元Googleのエンジニアによる自動運転ロボットがマイアミで料理配達業務を開始</a></p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.e-logit.com/loginews/2022:011905.php\" rel=\"noopener\">三菱電機によると</a>、ショッピングモールの来店客はスターバックスのアプリを使ってロボットによる配達を選択でき、Cartkenのロボットがモールの内外に設置された配達ポイントのいずれかで、顧客に注文の品を届けるという。CartkenのCOO(最高執行責任者)兼共同創業者であるAnjali Jindal Naik(アンジャリ・ジンダル・ナイク)氏によると、この実証実験は1月11日から「イオンモール常滑」で行われ、2022年4月まで実施される予定で、今後は他の買い物客のためのカーブサイド・ピックアップに似たポーター・サービスに拡大していく計画だという。</p>\n<p>今回のCartkenとの共同試験は、三菱電機にとって初となる配送ロボットの実証実験であり、日本における自律走行ロボット配送の市場を開拓しながら、この技術を使った他のユースケースを模索するのに役立つ。</p>\n<p>「三菱電機は、Cartkenのロボットを使って、日本に新しいロボット配送市場を作りたいと考えています」と、三菱電機のモビリティイノベーション推進部を統括する藤田氏は語った。「これは我々にとってまったく新しい試みであり、この過程において、我々の知識、技術、さらには三菱のさまざまな事業部のお客様との関係を活用し、このプログラムの開発を成功させることで、この技術を使用できる新しい市場に拡大していくことができます」。</p>\n<p>このパートナーシップの第一段階では、三菱はCartkenの技術の配給業者となるが、将来的には両社が協力して、三菱の将来のパートナーシップを支援するためのさらなる技術を開発していく予定だ。例えば、Cartkenのロボットがエレベーターと連携できるような設備技術の開発を検討していると、藤田氏は語る。</p>\n<p>Cartkenは2021年、REEF Technology(リーフ・テクノロジー)と提携し、マイアミのダウンタウンで自動運転ロボットによるフードデリバリーを開始している。同社にとって今回の提携は、三菱の電気機器に関する専門知識を得られるだけでなく、このスタートアップ企業が日本においてプレゼンスを確立するためにも役立つはずだ。</p>\n<p>Aeon Mall(イオンモール)で実証実験を始めるということも、その一助となるだろう。イオンはアジア最大級の小売企業で、数百カ所のショッピングモールのみならず、コンビニエンスストアやスーパーマーケットにまで小売ネットワークを広げている。</p>\n<p>「イオンモールを選択した理由は、大規模な商業環境でロボットの成功を試すのに最適なエコシステムだからです」と、藤田氏は語った。「また、イオンモールでは、さまざまなユースケースを調査することもできます。より多くの来場者に配達サービスを体験してもらうために迅速にロボットを追加し、2022年中に規模を拡大することを目指しています」。</p>\n<p>Cartkenのロボット「モデルC」が三菱電機に採用されたのは、屋内外の両方における安全性と信頼性が高く評価されたからだと、藤田氏は述べている。Cartkenによれば、同社のロボットはショッピングモールの内外を自律的に運行することができるが、すべてのロボットには遠隔監視システムが搭載されており、必要に応じて人間が操作できるようになっているという。</p>\n<p>「これまでのところ、緊急の遠隔支援が必要な状況は数えるほどしかありません」と、ナイク氏は語る。「ロボットの代替ルートが必要になる新築工事などは、遠隔オペレーターが関与する例です。同様に、遠隔支援はセットアップの段階でも使用されます。これによってロボットはサービスエリアの地図を学習し、わずか数日で展開することが可能になります」。</p>\n<p>最近では、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/14/2022-01-13-serve-robotics-new-autonomous-sidewalk-delivery-robots-dont-require-human-assist/\" rel=\"noopener\">Uber(ウーバー)のスピンアウト企業であるServe Robotics(サーブ・ロボティクス)が、同レベルの自律性を備えたロボットを発表した</a>。同社によると、ジオフェンスで囲まれた特定の運用領域では、同社のロボットは完全な自律性を発揮できるという。Cartkenと同様、Serve Roboticのロボットでも、緊急時に備えて遠隔オペレーターが待機している。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/14/2022-01-13-serve-robotics-new-autonomous-sidewalk-delivery-robots-dont-require-human-assist/\" rel=\"noopener\">Serve Roboticsの新しい自律型歩道配達ロボットは遠隔オペレーターの助けも必要としない</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Cartken</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/20/mitsubishi-partners-with-cartken-to-break-into-the-robotic-delivery-world/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Rebecca Bellan、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/Cartken-in-AM_square.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467976,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467976,
            "tagId": 366280135,
            "tag": {
              "id": 366280135,
              "slug": "robot-delivery",
              "name": "ロボット配達(用語)",
              "description": "ロボット配達に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467976,
            "tagId": 674897514,
            "tag": {
              "id": 674897514,
              "slug": "aeon",
              "name": "イオン(企業)",
              "description": "14カ国2万1000カ所で衣料チェーン、コンビニエンスストア、総合小売店で構成されるイオングループ。それを統括展開する日本の純粋持株会社。"
            }
          },
          {
            "postId": 467976,
            "tagId": 692506839,
            "tag": {
              "id": 692506839,
              "slug": "cartken",
              "name": "Cartken(企業)",
              "description": "自動運転とロボット工学のスタートアップ企業。GoogleでBookbotの開発に携わっていたエンジニア達が2019年に設立。"
            }
          },
          {
            "postId": 467976,
            "tagId": 692506984,
            "tag": {
              "id": 692506984,
              "slug": "mitsubishi-electric",
              "name": "三菱電機(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 467976,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467716,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 467716,
        "slug": "2022-01-20-anymals-quadrupedal-robot-takes-a-hike",
        "createdAt": "2022-01-21T05:45:53.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-21T05:45:32.000Z",
        "title": "チューリッヒ工科大学の四足歩行ロボットANYmalがハイキングに挑戦",
        "content": "<p>ここ数年、ロボット研究者たちが有脚ロボットで実現した成果は驚くべきものばかりだ。2021年7月にオレゴン州立大学は<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/01/2021-07-27-cassie-the-bipedal-robot-runs-a-5k/\" rel=\"noopener\">Cassie</a>を5km走らせたのは記憶に新しいところだが、今週、チューリッヒ工科大学の研究者たちは、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/23/2021-04-21-the-anymal-inspection-robot-gives-spot-some-four-legged-competition/\" rel=\"noopener\">ANYmalロボット</a>が近くの<a target=\"_blank\" href=\"https://ethz.ch/en/news-and-events/eth-news/news/2022/01/how-robots-learn-to-hike.html\" rel=\"noopener\">山を登る訓練</a>でその身体能力を伸ばしたと発表した。</p>\n<p>訓練した四足ロボット(Boston Dynamicsの製品をどうしても連想させる形状の)は、近くのエッツェル山という標高1098メートルの山頂を歩くように訓練されている。このロボットは、120メートルの標高差がある山道を31分間で歩くことができたという。これは、人間のハイカーの標準的な歩行時間よりも4分も速い。さらにつまずいたり、踏み外したりすることなく、このロボットがタスクを達成したということは、多くの人間が思う以上にすばらしいものだ。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/0e40Umfnl_w?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>研究者たちによると、この偉業は制御方式の変更で達成できたとのことで、科学誌でも紹介された。方式は、画像による視覚と触覚のフィードバックを組み合わせたというもので、この組み合わせにより、ロボットはハイキングではよくある視野が限られた凹凸のある地面を楽に歩けるようになる。このフィードバックをもとに、ロボットはどの程度慎重に歩けばいいのかなどを判断する。この技術は、四足歩行ロボットが山を登る前に、まず仮想環境で試された。</p>\n<p>研究リーダーのMarco Hutter(マルコ・フッター)氏は、「このロボットは、視覚による環境認識と、脚の直接接触に基づく固有感覚(触覚)を組み合わせることを学びました。これにより、より速く、より効率的に、そして何よりも堅固に悪路に望むことができるのです」という。ANYmalは将来、人間にとって危険な場所や、他のロボットでは通れないような場所でも使用できるようになるだろう。</p>\n<p>不整地での安定した歩行は、四足歩行ロボットにおける重要な研究開発課題だ。このようなリアルタイム処理の活用は、最終的には、人間を危険から守るために危険な状況に送り込まれるロボットに役立つと考えられている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Takahiro Miki/ETH Zurich</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/20/anymals-quadrupedal-robot-takes-a-hike/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/any.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467716,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467716,
            "tagId": 363483710,
            "tag": {
              "id": 363483710,
              "slug": "eth-zurich",
              "name": "チューリッヒ工科大学 / ETHZ(組織)",
              "description": "ETHZに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467716,
            "tagId": 366280605,
            "tag": {
              "id": 366280605,
              "slug": "anymal",
              "name": "ANYmal(製品)",
              "description": "スイス・チューリッヒ工科大学が開発した四足歩行ロボット。"
            }
          },
          {
            "postId": 467716,
            "tagId": 692508407,
            "tag": {
              "id": 692508407,
              "slug": "quadruped-walking-robot",
              "name": "四足歩行ロボット(用語)",
              "description": "四足歩行ロボットに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467708,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 467708,
        "slug": "2022-01-19-french-robotic-exoskeleton-maker-eyes-us-expansion-courtesy-of-a-45m-series-c",
        "createdAt": "2022-01-21T03:15:47.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-21T02:39:49.000Z",
        "title": "車いすユーザーや運動障害を持つ人々の自立歩行を支援する外骨格ロボットメーカー「Wandercraft」",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.wandercraft.eu/\" rel=\"noopener\">Wandercraft</a>(ワンダークラフト)は2012年、車いすユーザーのモビリティを向上させることを目指して設立された。同社のソリューションは、ロボットエクソスケルトン(外骨格)によってもたらされ、着用者にロボットの助けを借りて歩く能力を提供できる。2019年、パリに拠点をおく同社は、12の自由度を持ち、歩行アルゴリズムに依存してユーザーの足取りを決定する自己バランス外骨格「Atalante」を発表した。</p>\n<p>米国時間1月19日、同社は、これまでに調達した3050万ドル(約34億8000万円)の倍以上となる4500万ドル(約51億3500万円)のシリーズCをクローズしたと発表した。今回のラウンドは、既存の投資家であるBpifranceに加え、米国を拠点とするQuadrant Managementが主導した。特にQuadrantの参加は、WandercraftがAtalanteを欧州だけでなく、米国にも展開することになるという点で注目される。</p>\n<p>同社のMatthieu Masselin(マチュー・マセリン)CEOは、リリースの中で次のように述べている。「当社の開発プログラムを進めるために、米国と欧州から世界トップクラスの投資家を引きつけることができ、非常に興奮しています。患者、医療関係者、ディープテックコミュニティの支援を得て、Wandercraftのチームは、リハビリケアを向上させる独自の技術を生み出しました。近い将来、車いすに乗っている人々が自立性を取り戻し、日々の健康を向上させることを可能にするでしょう」。</p>\n<p>米国には、ReWalk Robotics、Ekso、SuitX、Sarcosなど、名の知れた外骨格企業で市場が混雑しており、これらの企業はこれまでに多額の資金を調達し、注目度の高いパートナーシップを発表している。しかし、Wandercraftが他と異なる点のひとつは、競合他社の多くが力仕事をする労働者や軍事用途を対象としているのに対し、ユーザーのモビリティーを重視していることだ。</p>\n<p>この場合それは、病院やその他の医療機関との提携の可能性を意味する。</p>\n<p><small>画像クレジット:Wandercraft</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/19/french-robotic-exoskeleton-maker-eyes-us-expansion-courtesy-of-a-45m-series-c/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/SFavUhmk.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467708,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467708,
            "tagId": 364488835,
            "tag": {
              "id": 364488835,
              "slug": "hospital",
              "name": "病院 / 医療機関(用語)",
              "description": "病院に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467708,
            "tagId": 366270626,
            "tag": {
              "id": 366270626,
              "slug": "wheelchair",
              "name": "車いす(用語)",
              "description": "車いすに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467708,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 467708,
            "tagId": 366273777,
            "tag": {
              "id": 366273777,
              "slug": "france",
              "name": "フランス(国・地域)",
              "description": "フランスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467708,
            "tagId": 692506281,
            "tag": {
              "id": 692506281,
              "slug": "powered-suit",
              "name": "エクソスケルトン / 外骨格 / パワードスーツ(用語)",
              "description": "外骨格(エクソスケルトン)やパワードスーツに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467708,
            "tagId": 692514548,
            "tag": {
              "id": 692514548,
              "slug": "walking",
              "name": "歩行(用語)",
              "description": "歩行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467708,
            "tagId": 692516937,
            "tag": {
              "id": 692516937,
              "slug": "wandercraft",
              "name": "Wandercraft(企業)",
              "description": "車いすユーザーのモビリティを向上させることを目指して設立。着用者にロボットの助けを借りて歩く能力を提供するロボットエクソスケルトン(外骨格)を開発するフランスの企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 467708,
            "tagId": 692516938,
            "tag": {
              "id": 692516938,
              "slug": "movement-disorder",
              "name": "運動障害(用語)",
              "description": "運動障害に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467429,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 467429,
        "slug": "2022-01-18-aigen-fund-round",
        "createdAt": "2022-01-19T23:45:37.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-19T23:41:43.000Z",
        "title": "畑を走り回るAigenの農業ロボットは二酸化炭素排出量のマイナス化を目指す",
        "content": "<p>そのロボットは今のところ、雑草を抜くことしかできないが、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.aigen.io/\" rel=\"noopener\">Aigen</a>(アイジェン)は「雑草を抜くロボットを作っているわけではない」と断固主張する。同社のミッションは惑星規模の土壌再生であり、農業をカーボンネガティブにするための道筋を作っているのだという。</p>\n<p>そんな主張には説得力があったに違いない。なぜなら、同社はシードラウンドで400万ドル(約4億6000万円)を調達したと発表したばかりだからだ。このラウンドは<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nea.com/\" rel=\"noopener\">NEA</a>が主導し、<a target=\"_blank\" href=\"https://agfunder.com/\" rel=\"noopener\">AgFunder</a>(アグファンダー)、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.globalfounderscapital.com/\" rel=\"noopener\">Global Founders Capital</a>(グローバル・ファウンダーズ・キャピタル)、<a target=\"_blank\" href=\"https://regen.vc/\" rel=\"noopener\">ReGen Ventures</a>(リジェン・ベンチャーズ)が参加した。</p>\n<p>Aigenは太陽電池を搭載した自律型ロボットを開発している。このロボットは、コンピュータビジョンを利用して、敵か味方か、作物か雑草かを見分けながら、畑を走り回ることができる。その最初のバージョンは、1日に最大3エーカー(約1万2000平方メートル)の農地を、ただひたすら歩き回っている。</p>\n<p>「私の親戚がミネソタ州で農業を営んでいるのですが、彼らとは以前から話をしてきました。農家は従来の農業のやり方では問題があることを実感しています。化学薬品を進んで使い、土壌の耕起を愛し、何千年にもわたって大気中に炭素を放出してきた農法を愛する保守的な人々でさえ、他の方法に目を向けるべきなのではないかと気づき始めているのです」と、AigenのCEOであるRichard Wurden(リチャード・ウルデン)氏は語る。そんな話を聞いてきた同氏は、農業の炭素排出量をマイナスに逆転させることに、特に情熱を注いでいる。「現在、農業は炭素排出量の約16%を占めています。将来的には、ディーゼルの排出ガス、土壌の圧縮、化学薬品の使用、耕す回数を減らすことで、マイナスにできる可能性があります」。</p>\n<p>このスタートアップ企業が根拠としているのは、光合成は全体ではカーボンネガティブであるということだ。植物は空気中のCO2を取り込んで糖(正確には炭水化物)に変える。つまり、実質的には空気中の二酸化炭素を大地に戻しているのだ。Aigenは、テクノロジーと農業のやり方を変えれば、カーボンニュートラル、あるいはネガティブな状態にすることも可能だと主張している。この草取りロボットは、会社が進むべき道の第一歩にすぎない。今、本当に価値がある物を作り、プラットフォームを拡大して、将来的にはより多くのミッションを遂行できるようにするというのが、同社創業者たちの主張だ。</p>\n<p>「私たちは画像によるデータ収集を行っています。このロボットには複数のカメラが搭載されており、あらかじめ学習させたAIを使って植物やさまざまな物体を識別しています。見ているものが何だかわかったら、ロボットの下に備わる2本のアームを使って、植物を取り除くか、増殖させるかを判断します」と、同社COOのKenny Lee(ケニー・リー)氏は説明し、その小型軽量ロボットの価値をアピールする。「重機は土壌を圧縮するため、根が下ではなく横に伸びてしまいます。これが問題なのです。なぜなら、これでは植物が取り込んだ炭素を地中深くに送ることができないからです。トラクターや大型の農業機械を減らすことができれば、農業の仕組みを変えられます」。</p>\n<div id=\"attachment_467431\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-467431\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-467431 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"682\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg 1390w, /wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg?resize=1024,682 1024w, /wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg?resize=400,266 400w, /wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg?resize=829,552 829w, /wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/01/robot_wideshot.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-467431\" class=\"wp-caption-text\">Aigenの小さな太陽電池ロボットは、クルージングしながら自分の仕事をこなしている(画像クレジット:Aigen)</p></div>\n<p>「Aigenの技術は、クラス最高のAIとロボット工学を活用し、人類最大の問題にエレガントなソリューションを提供します」と、NEAのパートナーであるAndrew Schoen(アンドリュー・ショーン)氏は述べている。「彼らの製品は、惑星規模で相当な量の大気中の炭素を封じ込める自然の強大な力を解放させるものです」。</p>\n<p>同社は、今回の資金調達の評価額を公表していない。</p>\n<p><small>画像クレジット:Aigen</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/18/aigen-fund-round/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Haje Jan Kamps、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/robot1.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467429,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467429,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467429,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 467429,
            "tagId": 366273283,
            "tag": {
              "id": 366273283,
              "slug": "solar-photovoltaics",
              "name": "太陽光 / 太陽光発電 / ソーラー発電 / 太陽電池(用語)",
              "description": "太陽光 / 太陽光発電 / 太陽電池に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467429,
            "tagId": 366279713,
            "tag": {
              "id": 366279713,
              "slug": "co2",
              "name": "炭素 / 二酸化炭素(用語)",
              "description": "carbon dioxide。化学式はCO2。地球上における代表的な炭素の酸化物。"
            }
          },
          {
            "postId": 467429,
            "tagId": 681519822,
            "tag": {
              "id": 681519822,
              "slug": "carbon-footprint",
              "name": "二酸化炭素排出量 / カーボンフットプリント(用語)",
              "description": "二酸化炭素排出量 / カーボンフットプリントに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467429,
            "tagId": 692516913,
            "tag": {
              "id": 692516913,
              "slug": "aigen",
              "name": "Aigen(企業)",
              "description": "コンピュータビジョンを利用して、敵か味方か、作物か雑草かを見分けながら、畑を走り回る太陽電池を搭載した自律型ロボットを開発する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467365,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 467365,
        "slug": "solaris-raised-160m-jpy",
        "createdAt": "2022-01-19T07:51:49.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-19T10:20:19.000Z",
        "title": "ミミズ型ロボや蠕動運動ポンプロボなどソフトロボットを手がけるソラリスが1.6億円調達、累積調達額3.7億円に",
        "content": "<p>生物に学んだ柔らかいロボット(ソフトロボット)を開発する<a target=\"_blank\" href=\"https://solaris-inc.com/\" rel=\"noopener\">ソラリス</a>は1月19日、第三者割当投資による1億6000万円の資金調達を発表した。引受先は、三菱UFJキャピタル6号投資事業有限責任組合(三菱UFJキャピタル)、MSIVC2020V投資事業有限責任組合(三井住友海上キャピタル)、科学技術振興機構。累積調達額は3億7000万円となった。</p>\n<p>2017年9月設立のソラリスは、中央大学バイオメカトロ二クス研究室の研究成果をベースとする大学発スタートアップ。高出力で軽量・柔軟な軸方向線維強化型の空気圧人工筋肉をコア技術とし、蠕動運動ポンプロボット、ミミズ型ロボット、パワーアシスト装置を開発している。</p>\n<h2>粘度の高い固液混合体の混合や搬送が行える「蠕動運動ポンプ」</h2>\n<p>「<a target=\"_blank\" href=\"https://solaris-inc.com/technology/pump\" rel=\"noopener\">蠕動運動ポンプ</a>」は、独自開発の人工筋肉を使い、腸管の蠕動運動を再現するロボット。粘度の高い固液混合体の混合や搬送が行える。土砂や粉体の搬送、ロケット用個体燃料の生成装置などに応用できる。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/kyqG7LHXZ8k?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<h2>人間や他のロボット機構では侵入が困難な細い管の中を進める「ミミズ型ロボット」</h2>\n<p>「<a target=\"_blank\" href=\"https://solaris-inc.com/technology/earthworm\" rel=\"noopener\">ミミズ型ロボット</a>」は、ミミズの蠕動運動を模したもの。移動に必要な空間が非常に小さく、人間や他のロボット機構では侵入が困難な細い管の中などを進むことができる。内部は空洞になっているため、カメラやメンテナンス装置を装備することが可能。インフラやビル配管の点検、清掃などが行える。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/qL3lwDqYn1Q?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<h2>腕を長時間上げたままで行う作業を支援、電源不要のパワーアシスト装置「Tasuki」</h2>\n<p>パワーアシスト装置「<a target=\"_blank\" href=\"https://solaris-inc.com/technology/taski\" rel=\"noopener\">Tasuki</a>」は、農業・建設業・保守点検など腕を長時間上げたままで行う作業(上向き作業や腕上げ作業)を支援する。バネの力を利用した機械式自重補償という仕組みのため電源を必要としない。ロボット技術を応用した装置で、スマート農業に貢献する。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/S5q8aWi4qNY?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>ソラリスは、調達した資金により、複雑な細管を可視化・点検するミミズ型ロボット、防爆性に優れ固液混相流体の混錬・搬送を行う蠕動運動ポンプロボットの製品化を促進し、インフラ・工場・プラント・ビル配管の点検・清掃や、化学品・食品製造現場や土木・建設現場の省人化など、ソフトロボットの実用化を目指すとしている。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-19-008-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467365,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467365,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 467365,
            "tagId": 366278131,
            "tag": {
              "id": 366278131,
              "slug": "soft-robotics",
              "name": "ソフトロボティクス(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 467365,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 467365,
            "tagId": 692512950,
            "tag": {
              "id": 692512950,
              "slug": "chuo-university",
              "name": "中央大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 467365,
            "tagId": 692516902,
            "tag": {
              "id": 692516902,
              "slug": "solaris-inc",
              "name": "ソラリス(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467368,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 467368,
        "slug": "2022-01-18-could-humanlike-behavior-make-smart-devices-more-engaging-mit-researchers-think-so",
        "createdAt": "2022-01-19T07:45:46.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-19T07:25:02.000Z",
        "title": "「人間のような振る舞いが、スマートデバイスをもっと魅力にするかも」というMITの研究",
        "content": "<p>2019年にJiboのロボットは最後の息を引き取ったのかもしれないが、MITの研究者は、このソーシャルロボットは何かを掴んでいたかもしれないと考えている。確かに数年前、世界は高価なソーシャルロボットに対する準備ができていなかったが、だからといって、その経験から得られたポジティブな要素がないわけではない。スマートホームの製品に、より人間らしい特性を持たせることには価値があるかもしれない。</p>\n<p>MITのメディアラボチームは最近、スマートホームのインターフェースに人間の簡単なジェスチャーを付けることの価値について研究した<a target=\"_blank\" href=\"https://news.mit.edu/2022/hey-alexa-are-you-trustworthy-0114\" rel=\"noopener\">論文を発表</a>した。Jiboの前CEOであるCynthia Breazeal(シンシア・ブリジール)氏は現在、メディアラボに勤務しているが、本研究の共同執筆者4人の1人で往年の家庭用ロボットとGoogle NestやAmazon Echoを比較している。</p>\n<p>この研究によると、ユーザーが何らかのかたちでソーシャルなヒントを提示することで、ユーザーとデバイスはお互いにより深く関わりを持つようになるという。これは、デバイスの顔 / スクリーンが回転して話者の視線に合うようになるという単純なことでもいい。</p>\n<p>MITによると「最初の実験では、参加者はJiboのロボット、Amazon Echo、Google Homeと、何の変更も行わず対話しました。その結果、Jiboの方がより積極的で頼もしく、親しみやすいという意見が多くありました。ユーザーはJiboがより人間らしい人格を持っていると認識したため、Jiboと対話する可能性が高くなったと研究助手のAnastasia Ostrowski(アナスタシア・オストロフスキー)は説明する」という。</p>\n<div id=\"attachment_467378\" style=\"width: 410px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-467378\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-467378 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/jibo.gif?w=400\" alt=\"\" width=\"400\" height=\"225\" /><p id=\"caption-attachment-467378\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Jibo</p></div>\n<p>将来の研究では、ロボットが追加される可能性がある。AmazonのAstroは、人格を持ったローリングEchoのような存在で、有力な候補になると思われる。しかし、ロボットの機能をフルに発揮させるには、より高いコストがかかることは明らかだ。1500ドル(約17万1000円)のロボットは、大成功を収めたEchoシリーズにすぐに取って代わることはないだろう。</p>\n<p>Echo Show 10のように、オブジェクトトラッキングを使って部屋の中でユーザーの後をついて回るデバイスもある。しかし、この技術は、Wall-Eのようなロボットと同じような温かみのある感情を呼び起こすものではない。「ユーザーは、改良されたAmazon Echo SpotがAmazon Echo Showよりも魅力的でないことに気づき、社会的な要素をともなわない反復的な動きは、ユーザーエンゲージメントを高める効果的な方法ではない可能性を示唆しています」とこの研究は指摘している。</p>\n<p>また、ブランディングも、ユーザーのデバイスに対する認知に影響を与えることがわかった。</p>\n<p><small>画像クレジット:Amazon</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/18/could-humanlike-behavior-make-smart-devices-more-engaging-mit-researchers-think-so/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Katsuyuki Yasui)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/Astro-Home-2.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467368,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467368,
            "tagId": 6602,
            "tag": {
              "id": 6602,
              "slug": "amazon",
              "name": "Amazon / アマゾン(企業)",
              "description": "Amazonは、アメリカのテクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称。"
            }
          },
          {
            "postId": 467368,
            "tagId": 43886,
            "tag": {
              "id": 43886,
              "slug": "mit",
              "name": "マサチューセッツ工科大学 / MIT(組織)",
              "description": "マサチューセッツ工科大学に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467368,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467368,
            "tagId": 366276378,
            "tag": {
              "id": 366276378,
              "slug": "smart-device",
              "name": "スマートデバイス(用語)",
              "description": "スマートデバイスに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467231,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 467231,
        "slug": "2022-01-18-toyota-ventures-agtonomy-tractors-autonomous-vehicles",
        "createdAt": "2022-01-18T23:15:35.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-18T22:51:12.000Z",
        "title": "トヨタベンチャーズ、トラクターを自律走行車に変えるAgtonomyのシード拡張をリード",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"http://agtonomy.com/\" rel=\"noopener\">Agtonomy</a>(アグトノミー)の共同創業者でCEOのTim Bucher(ティム・ブッチャー)氏は農場で生まれ育ち、自らも農場経営に深く関わっていたが、カリフォルニア大学デービス校在学中にコンピューターのコースを取り、その魅力にとりつかれた。</p>\n<p>その農業とテクノロジーのパラレルキャリアが、Agtonomyの起業につながった。同社は自律と遠隔アシストのハイブリッド型サービスのスタートアップで、トラクターやその他の装備を自律型マシンに変え、そうしたマシンを管理するための労働力を、テクノロジーを駆使して低コストで地方の農場に提供する。</p>\n<p>同社は2021年9月にGrit Ventures、GV、Village Globalを含む支援者グループから400万ドル(約4億5000万円)のシード資金を得て、ステルスモードから脱却した。</p>\n<p>GritとGVは、南サンフランシスコに拠点を置くAgtonomyに再び投資すべく、500万ドル(約5億7000万円)のシードエクステンション(追加拡張投資)に出資した。Toyota Ventures(トヨタ・ベンチャーズ)がシードエクステンションをリードし、Flybridge、Hampton VC、E²JDJ、Momenta Venturesも参加した。今回の資金調達により、Agtonomyの累計調達額は900万ドル(約10億円)になった。</p>\n<p>資金調達をしたばかりだったため、ブッチャー氏はこんなに早く再び資金を調達するとは思っていなかったが、2022年の展望として、アグテックが2022年以降の「ホットな分野」としてトップになると、追加の資金調達に踏み切った。</p>\n<p>「5年前は、アグテック関連のVCはなかなか注目されませんでしたが、ちょうど投資家から圧倒的な関心が寄せられました。当社はまだスタートしたばかりですが、地方の農業は今、助けを必要としています」と同氏は付け加えた。「今回の資金調達は、試験やパートナーの追加を加速させ、チームの拡大も含めた取り組みのスピードを倍増させる活動や能力を増強します」。</p>\n<p>ブッチャー氏は、今後数カ月の間に50の試験を行い、20人の従業員を倍増させることを期待している。</p>\n<p>Agtonomyは、Uberドライバーを呼ぶくらい簡単なものだと同氏は話す。携帯電話のアプリを使って、農家はトラクターに畑の草刈りなどの仕事を割り当てることができる。このような自動運転技術や、John Deere(ジョンディア)のような他社が行っていることは、世界中の農場が直面している数十年にわたる労働力不足を解消するのに役立つ、と同氏は考えている。</p>\n<p>Agtonomyは、ブッチャー氏が「概念実証」と呼ぶ電動車両を少台数保有し、自身のTrattore Farmsで1年間稼働させている。同氏の農場での農作業は、ほとんどこれらの車両で行われているという。</p>\n<p>ブッチャー氏は2023年に商業展開を見込んでいて、差し当たっては数百台のトラクターでスタートする予定だ。参考までに、トラクターは毎年30万台ほど販売されている、と同氏は付け加えた。トラクターの価格は50万〜100万ドル(約5700万〜1億1500万円)で、John Deereのような企業は通常、大規模農場を狙っている。</p>\n<p>これに対し、Agronomyの自律走行車両の価格は5万ドル(約570万円)程度で、この価格設定により大規模農場は24時間稼働し、環境にやさしく、土地を荒らさない小型機械を購入するようになるとブッチャー氏は考えている。</p>\n<p>トヨタ・ベンチャーズの創業マネージングディレクターで、Toyota Research Institute(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)のエグゼクティブアドバイザーであるJim Adler(ジム・アドラー)氏は「完全自律走行車は、都会の道路で実現するよりもずっと早く、より切実に必要とされている農場で現実のものとなるでしょう」と書面で述べている。</p>\n<p>同様に、ブッチャー氏は、今日の自律走行車の多くは、より「便利な技術」に対応している一方で、アグテック分野の企業は同氏が「必要な技術」と呼ぶもので同様の車を作っていると信じている。</p>\n<p>「消費者の需要、気候変動、電動化、農業分野における労働力不足など、一種のパーフェクトストームです」と同氏は付け加えた。「我々は、他の種類の自律走行技術を生活に取り入れるよりも、アグテックでこうした問題をずっと早く解決することができるのです。当社の技術で、私たちみんながおいしいものを食べることができるのです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.flickr.com/photos/anne-cathrine_nyberg/\" rel=\"noopener\">AnneCN </a>/ <a target=\"_blank\" href=\"https://www.flickr.com/\" rel=\"noopener\">Flickr </a>under a <a target=\"_blank\" href=\"http://creativecommons.org/licenses/by/2.0/\" rel=\"noopener\">CC BY 2.0 </a>license.</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/18/toyota-ventures-agtonomy-tractors-autonomous-vehicles/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Christine Hall、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/Agtonomy.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467231,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467231,
            "tagId": 366073455,
            "tag": {
              "id": 366073455,
              "slug": "autonomous-driving",
              "name": "自動運転 / 自律走行(用語)",
              "description": "自動運転 / 自律走行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467231,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467231,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 467231,
            "tagId": 692508728,
            "tag": {
              "id": 692508728,
              "slug": "toyota",
              "name": "TOYOTA / トヨタ自動車(企業)",
              "description": "トヨタ自動車は、日本の大手自動車メーカー。"
            }
          },
          {
            "postId": 467231,
            "tagId": 692514073,
            "tag": {
              "id": 692514073,
              "slug": "toyota-research-institute",
              "name": "Toyota Research Institute / トヨタ・リサーチ・インスティテュート / TRI(企業)",
              "description": "トヨタ自動車が設立した人工知能技術に関する先端研究、商品企画を行う研究所。"
            }
          },
          {
            "postId": 467231,
            "tagId": 692516711,
            "tag": {
              "id": 692516711,
              "slug": "tractor",
              "name": "トラクター(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 467231,
            "tagId": 692516887,
            "tag": {
              "id": 692516887,
              "slug": "agtonomy",
              "name": "Agtonomy(企業)",
              "description": "自律と遠隔アシストのハイブリッド型サービスのスタートアップ。トラクターやその他の装備を自律型マシンに変え、そうしたマシンを管理するための労働力を、テクノロジーを駆使して低コストで地方の農場に提供する南サンフランシスコ拠点の企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467073,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 467073,
        "slug": "2022-01-16-warehouse-robotics-system-exotec-raises-335-million",
        "createdAt": "2022-01-18T01:15:45.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-18T00:58:21.000Z",
        "title": "倉庫のストレージ密度を高めるロボットシステムExotecが約383億円を調達",
        "content": "<p>フランスのスタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://www.exotec.com/en/home/\" rel=\"noopener\">Exotec</a>(エグゾテック)は、Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)のGrowth Equity事業がリードするシリーズDラウンドで3億3500万ドル(約383億円)を調達した。これによりExotecの評価額は20億ドル(約2292億円)に達した。</p>\n<p>Exotecは、通常の倉庫を部分的に自動化された物流プラットフォームに変えるための完全なエンド・ツー・エンド・ソリューションを販売している。人による作業の一部を代替するハードウェアとソフトウェアのソリューションだ。</p>\n<p>83NorthとDell Technologies Capitalも資金調達ラウンドに参加した。Exotecのこれまでの投資家には、Bpifrance、Iris Capital、360 Capital Partners、Breegaが含まれる。BreegaやBpifranceのLarge Venture fund、Iris Capitalなどは2回目の投資となった。</p>\n<div id=\"attachment_467076\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-467076\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-467076 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"575\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg 2048w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=300,168 300w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=768,431 768w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=1024,575 1024w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=1536,863 1536w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=712,400 712w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=738,414 738w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=223,125 223w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=983,552 983w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=600,337 600w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/01/Exotec2.jpeg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-467076\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Exotec</p></div>\n<p>Exotecシステムの主要コンポーネントは、Skypodsと呼ばれるものだ。この目立たないロボットは自律的に床を動き回る。目指している棚に近づくと、棚を登って容器を取り、それを持って降りてくることができる。地上数メートルの場所に商品を保管できるため、倉庫のストレージ密度を高めるのに特に有効だ。</p>\n<p>その後、Skypodは人間のオペレーターが容器から正しい製品をピックアップできるよう、容器をピッキングステーションまで運ぶ。そしてロボットは棚に行き、容器を元のところに戻すことができる。</p>\n<p>このシナリオでは、人間はもう倉庫内を歩き回る必要はない。ピッキング、パッキング、そして製品の入出庫の確認に集中することができる。新製品、新しい棚、新しいSkypodを追加する場合、Exotecは可能な限り柔軟に対応するよう心がけている。</p>\n<p>新しいラックを追加したい場合、もう一度ゼロから始めることなくインフラを拡張することができる。同様に、ExotecではシステムにSkypodを追加することが可能だ。そして、商品の配送を受けるとExotecはここでもSkypodsを頼りにフルフィルメントセンターに商品を保管する。</p>\n<h2>SkypodsからSkypickersへ</h2>\n<p>標準化された容器システムにより、Exotecは1つの容器に複数の製品を収納することができる。その容器の中には18個の商品が入っているかもしれないが、顧客はおそらく全部ではなくその中の1個、2個、3個を求めている。Exotecは注文をまとめるために大きな容器の中の小さな容器を単純に空にすることができないのはそのためだ。</p>\n<p>Exotecは、注文プロセスのもう1つのステップから人間を排除するために、新しいロボットを作った。Exotecの顧客はSkypickersを使って、在庫の容器から商品を自動的にピックアップし、出荷準備の整った容器に入れることができる。</p>\n<p>動作は以下の動画で確認できる。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/lbZhrjB3U0I?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>「現代における最も重大なサプライチェーンの崩壊を受け、イノベーションの余地しか残されていません」と、共同創業者でCEOのRomain Moulin(ロマン・ムーラン)氏は声明で述べた。「ロジスティクス分野全体に不確実性が満ちている中、最も一般的な課題の1つは継続的な労働力不足です。Exotecは新しい道を切り開きます。それは、人とロボットのエレガントなコラボレーションによって、耐久性のある、はるかに持続可能な方法で倉庫の生産性を実現することです」。</p>\n<p>Exotecは、自社製品を人間に完全に取って代わることのできないサービスとして常に位置づけている。同社の倉庫は、人間とロボットの組み合わせで運営されている。しかし、Skypickersのおかげで同社は厳しい労働市場においてロジスティクスで優位性を持っている。</p>\n<p>今回の資金調達で、同社は2025年までにエンジニア500人を雇用し、引き続き北米事業を推進する予定だ。最近、GapやGeodisなど北米地域の大口顧客8社と契約した。DecathlonもモントリオールのフルフィルメントセンターでExotecを使用している。</p>\n<p><small>画像クレジット:Exotec</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/16/warehouse-robotics-system-exotec-raises-335-million/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Romain Dillet、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/Exotec.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467073,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467073,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467073,
            "tagId": 366270916,
            "tag": {
              "id": 366270916,
              "slug": "logistics",
              "name": "物流 / ロジスティクス / 運輸(用語)",
              "description": "物流業界に変革を起こすスタートアップ / テクノロジーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467073,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 467073,
            "tagId": 366273777,
            "tag": {
              "id": 366273777,
              "slug": "france",
              "name": "フランス(国・地域)",
              "description": "フランスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467073,
            "tagId": 366279182,
            "tag": {
              "id": 366279182,
              "slug": "warehouse",
              "name": "倉庫(用語)",
              "description": "倉庫に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467073,
            "tagId": 692510256,
            "tag": {
              "id": 692510256,
              "slug": "exotec",
              "name": "Exotec(企業)",
              "description": "倉庫用ロボットを開発するフランスのスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467003,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 467003,
        "slug": "2022-01-16-furhat-buys-misty",
        "createdAt": "2022-01-17T09:00:19.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-17T08:49:42.000Z",
        "title": "ソーシャルロボティクスFurhatがSpheroのスピンアウト企業Misty Roboticsを買収",
        "content": "<p>Misty(ミスティ)はとんでもない旅をしてきた。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2017/06/20/sphero-spinoff-misty-robotics-gets-11-5-mil-to-create-a-mainstream-robot-for-the-home/\" rel=\"noopener\">Foundry(ファウンドリ)とVenrock(ヴェンロック)から1150万ドル(約13億1600万円)を調達</a>し、自社の<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2018/05/02/misty-is-crowfunding-its-personal-robot/\" rel=\"noopener\">パーソナルロボットでクラウドファンディング</a>をした後、同社は一連の難題にぶつかった。現地時間1月17日、スウェーデンのソーシャルロボット企業である<a target=\"_blank\" href=\"https://furhatrobotics.com/\" rel=\"noopener\">Furhat Robotics(ファーハット・ロボティクス)</a>は、同社によると、全額現金での取引で、この低迷するスタートアップに安らかな終着点を提供する。Furhatはこの買収の金銭的詳細について口を閉ざしているが、この買収は Furhatにハードウェア面での優位性を与え、同社のソーシャルロボティクスソフトウェアを新しいプラットフォームで活用することを可能にするためのものだという。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://furhatrobotics.com/blog/whats-in-a-name-the-story-behind-furhat-robotics\" rel=\"noopener\">Furhat Robotics</a>という不思議な名前の会社は、Misty Roboticsがあるコロラド州を米国での事業拠点とする予定で、2つの技術を統合する方法を模索するため、同社のシニアスタッフ8人を残しておくそうだ。</p>\n<p>Furhat RoboticsのCEOで共同設立者のSamer Al Moubayed(サマー・アル・モバイード)氏は「我々はシニアチームを維持し、オペレーション、エンジニアリング、ビジネス開発、そしてシニアソフトウェア開発者の責任者が参加します。Mistyは、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jetta.com.hk/\" rel=\"noopener\">中国の有名なパートナー</a>によって製品を製造し、非常にスケーラブルな生産オペレーションを構築する上ですばらしい仕事をしてくれました」と語っている。</p>\n<p>両社は「統一されたビジョン」に基づいて運営されていると主張し、Furhat RoboticsがMisty Roboticsブランドを引き続きサポートし、製品群の開発と拡大を支援するとともに、FurhatとMistyの機能を統合して将来のソーシャルロボットを強化すると語っている。</p>\n<p>「ソーシャルロボットの世界では、買収は非常に珍しいことです。実は歴史上初めてのことかもしれません。まだ業界の初期段階ですから」とアル・モバイード氏はいう。「この会社は、Sphero(スフィロ)からスピンアウトした会社です。このロボットのユニークなところは、おもちゃのように見えるかもしれませんが、とても好感が持て、親しみやすいところです。それでいて、非常に高度な機能を持っています。Misty Roboticsが成功したのは、世界最高の技術を、非常に親しみやすいロボットに搭載したことです」。</p>\n<p>Furhatチームは、自社の背面投影型アニメーション顔のロボットが、空港や駅、医療用途など、大人の人格を必要とするソーシャルロボットに最適であると提案している。Mistyが加えるのは、はるかに拡張性があり、小さな腕と表情でより表現力のあるものだ。しかし、Furhatのチームは、この2つのロボットは見た目はまったく違うが、共通点も多いと説明する。</p>\n<p>「Mistyは、私たちに欠けていたパズルのピースなのです。例えば、教育分野に特化したより大きな市場にアクセスするのに役立ちます」と、アル・モバイード氏は買収の経緯を説明しながら語っている。「技術は非常によく似ています。しかし、Mistyはハードウェアに強く、私たちはソフトウェアに強いのです。教育用に新しいロボットを作るのではなく、Furhatは別のソリューションを探し始めることにしたのです」。</p>\n<p>「Furhat Roboticsはこの分野における真のパイオニアです」。とMisty Roboticsの創業者で製品責任者のIan Bernstein(イアン・バーンスタイン)氏はコメントしている。「私たちは、ロボットアプリケーションの未来を現在にもたらすために力を合わせます。私たちの専門分野の組み合わせにより、近い将来、このすばらしい技術の実生活におけるさらに驚くべき応用を目にすることになるでしょう。ソーシャルロボットはすでに私たちの生活の中で重要な役割を果たしており、私たちの専門知識を組み合わせて現実世界の問題を解決することで、まさに無限大の可能性を秘めているのです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Furhat Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/16/furhat-buys-misty/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Haje Jan Kamps、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/Furhat-Misty-2-e1642208405659.jpg",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467003,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467003,
            "tagId": 3055,
            "tag": {
              "id": 3055,
              "slug": "sweden",
              "name": "スウェーデン(国・地域)",
              "description": "スウェーデンに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467003,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467003,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467003,
            "tagId": 49197503,
            "tag": {
              "id": 49197503,
              "slug": "sphero",
              "name": "Sphero(企業)",
              "description": "個人向け、学習用のロボットを開発する米国のロボット企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 467003,
            "tagId": 366272355,
            "tag": {
              "id": 366272355,
              "slug": "humanoid-robot",
              "name": "ヒューマノイド / 人型ロボット(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 467003,
            "tagId": 681520561,
            "tag": {
              "id": 681520561,
              "slug": "misty",
              "name": "Misty Robotics(企業)",
              "description": "Spheroからスピンアウトして誕生した米国・コロラド州のロボット企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 466839,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 466839,
        "slug": "2022-01-14-singapore-based-sesto-robotics-targets-international-expansion-with-5-7m-raise",
        "createdAt": "2022-01-15T03:45:38.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-15T03:02:48.000Z",
        "title": "シンガポールを拠点とするSesto Roboticsが6.5億円を調達して世界展開を目指す",
        "content": "<p>シンガポールを拠点とする産業用ロボット企業Sesto(セスト)は、今週、TRIVE、WTI GmbH、SEEDS Capital(Enterprise SingaporeのVC部門)が参加した570万ドル(約6億5000万円)の資金調達を発表した。今回のラウンドは、2018年に実施された同規模の400万ドル(約4億6000万円)のシリーズAに続くものだ。</p>\n<p>パンデミックの影響で自動化を目指す企業が増えたこともあり、産業用ロボットの分野で多くの企業がそうであるように、Sestoも前回のラウンド以降多忙な日々を送ってきた。2020年5月には、ここ数年で見られるようになったUV-C(紫外線)システムを先取りした消毒ロボットHealthGUARD(ヘルスガード)を発売した。</p>\n<p>2020年8月には、AMR(自律型移動ロボット)のラインナップにMagnus(マグナス)を加えた。このシステムは、多くの自律型倉庫ロボットと同じように動作し、(現在はAmazon傘下の)Kiva(キバ)が開発したシステムによく似ている。また、モジュール化されているため、ロボットの上にさまざまな付属品を取り付けて機能を追加することができる、これは自律型アシスタントの一群を迅速に展開したい企業にとっては好都合だ。その中には、半導体製造に特化して設計された7軸ロボットアームSesto Prime(セスト・プライム)も含まれているが、この分野の製造業は間違いなく自動化の拡大に熱心に取り組んでいる。</p>\n<p>2021年5月、Sestoはヨーロッパ、具体的にはオーストリア、ドイツ、スイスへ進出した。このことが、今回のEU拠点の企業からの投資意欲につながっているのだ。CEOのChor-Chen Ang(チョウチェン・アン)氏は今回のラウンドについて、GMDの調査を引用しながら次のように述べている「ヨーロッパにおける自律型移動ロボットの拡大に参入できることをうれしく思っています。ヨーロッパでは、現在の44億米ドルから今後4年間で年平均11.8%の成長率で拡大すると予測されています」。</p>\n<p>今回の資金調達は、こうした国際的なパートナーシップの拡大、市場の拡大、さらには同社の提供する製品の開発や既存のロボットの汎用性の向上などに活用される予定だ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Sesto Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/14/singapore-based-sesto-robotics-targets-international-expansion-with-5-7m-raise/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/TeamPhoto2021.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 466839,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 466839,
            "tagId": 366270944,
            "tag": {
              "id": 366270944,
              "slug": "singapore",
              "name": "シンガポール(国・地域)",
              "description": "シンガポールに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466839,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 466839,
            "tagId": 366278626,
            "tag": {
              "id": 366278626,
              "slug": "industrial-robot",
              "name": "産業用ロボット(用語)",
              "description": "産業用ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466839,
            "tagId": 692516829,
            "tag": {
              "id": 692516829,
              "slug": "sesto-robotics",
              "name": "Sesto Robotics(企業)",
              "description": "シンガポールを拠点とする産業用ロボット企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 466657,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 466657,
        "slug": "2022-01-13-serve-robotics-new-autonomous-sidewalk-delivery-robots-dont-require-human-assist",
        "createdAt": "2022-01-14T00:45:31.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-14T00:29:36.000Z",
        "title": "Serve Roboticsの新しい自律型歩道配達ロボットは遠隔オペレーターの助けも必要としない",
        "content": "<p>Uber(ウーバー)からの<a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/03/2021-03-02-uber-spins-out-delivery-robot-startup-as-serve-robotics/\" rel=\"noopener\">スピンアウト企業で、歩道を走行する配達ロボットを製造している</a>Serve Robotics(サーブロボティクス)は、一部の商業配達を人間が介入することなく完了できる次世代ロボットを配備すると発表した。特定の運用領域(ジオフェンスで囲まれた地域)において、Serveはロボットを遠隔操作するオペレーターや、安全のためにロボットの後をついていくスタッフに頼ることはない。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/06/2022-01-04-driveu-auto-to-power-remote-piloting-of-easymiles-autonomous-shuttles-cocos-sidewalk-robots/\" rel=\"noopener\">Coco</a>(ココ)、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/11/2021-08-10-starship-technologies-is-bringing-food-delivery-robots-to-four-more-us-college-campuses-this-year/\" rel=\"noopener\">Starship Technologies</a>(スターシップ・テクノロジーズ)、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/08/10/kiwibot-partners-with-hospitality-giant-sodexo-to-bring-food-delivery-robots-to-college-campuses/\" rel=\"noopener\">Kiwibot</a>(キウィボット)など、この業界のほとんどの企業は、自律走行による配達を監視し、ロボットが停止したり助けが必要な場合に走行を引き継ぐのに遠隔オペレーターに頼っている。なので、Serveのマイルストーンは、まさにロボット配達の進歩への一歩だ。</p>\n<p>同社の共同創業者でCEOのAli Kashani(アリ・カシャニ)氏はTechCrunchに「我々が解決した問題は、安全のために遠隔操作に頼るということは、100%信頼できるLTEネットワークと100%ミスのないオペレーターに頼らなければならないということであり、どちらも絶対の確保は不可能です」と語った。「安全のために人間の注意が必要なのに、映像が遅れたり、接続が切れたりする場合を考えてみてください。レベル4ロボットがあれば、安全を確保するために人間がループに入る必要はありません」。</p>\n<p>Serveは2021年12月に次世代ロボットの展開を開始し、最近、レベル4の自律性で最初の配達を完了したという。レベル4について自動車技術協会(SAE)は、一定の条件を満たす限り自律的に走行でき、人間が運転を引き継ぐ必要がないシステムと<a target=\"_blank\" href=\"https://www.sae.org/news/press-room/2018/12/sae-international-releases-updated-visual-chart-for-its-%E2%80%9Clevels-of-driving-automation%E2%80%9D-standard-for-self-driving-vehicles\" rel=\"noopener\">定義している</a>。現在、Serveが2018年から事業展開しているハリウッドなど、ロサンゼルスの一部の地域で使われているロボットがレベル4機能を備えていると、カシャニ氏はいう。</p>\n<p>「レベル4が有効な所定エリアにロボットがいるとき、遠隔ビデオフィードはオフになり、ロボットはループ内の人間を必要とすることなく自律的にナビゲートし続けます」と同氏は説明する。「ロボットは、何か予期せぬことに遭遇した場合など、いつでも支援を要請することができます。また、交差点を横断する際には、ビデオをオンにすることもできます。しかし、大半の時間は自律的に動作しています」。</p>\n<p>自律走行車両がレベル5に到達し、あらゆる状況で人間がいなくても操作できるようになるまでは、ロボットが不慣れな特殊ケースが常につきまとう。そのような場合に人間に頼ることは、安全面でも商業化の面でも理に適っている、とカシャニ氏はいう。</p>\n<p>Serveの新型ロボットには、 Ouster(オースター)の超音波センサーやライダーセンサーなどのアクティブセンサーと、交通量の多い歩道を誘導するためのカメラなどのパッシブセンサーが搭載されている。Serveは自動衝突防止、車両衝突回避、フェイルセーフ緊急ブレーキなど、ボットのために特別な機能を開発したという。これらの機能をリアルタイムで実現するために必要な計算には、チップメーカーNVIDIAのJetsonプラットフォームが使用されている。同プラットフォームはロボットやその他の自律型機械向けに特別に設計されているものだ。</p>\n<p>Serveは12月に<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/08/2021-12-06-uber-spinout-serve-robotics-gets-13m-seed-round-to-expand-sidewalk-robot-deliveries/\" rel=\"noopener\">1300万ドル(約14億円)の拡張シードラウンド</a>を実施し、調達した資金は新しい顧客層や地域への拡大計画の加速に充てられるという。そうした目標に沿って、同社の次のステップは、次世代ロボットをより多くの地域に配備することで、まずはロサンゼルスでの拡大を目指すとカシャニ氏は述べた。</p>\n<p><small>画像クレジット:Serve Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/13/serve-robotics-new-autonomous-sidewalk-delivery-robots-dont-require-human-assist/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Rebecca Bellan、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/Serve.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 466657,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 466657,
            "tagId": 217609,
            "tag": {
              "id": 217609,
              "slug": "uber",
              "name": "Uber(企業)",
              "description": "Uber(ウーバー・テクノロジーズ)は、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリを展開する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 466657,
            "tagId": 40762027,
            "tag": {
              "id": 40762027,
              "slug": "geofence",
              "name": "ジオフェンス(用語)",
              "description": "ジオフェンスに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466657,
            "tagId": 363301732,
            "tag": {
              "id": 363301732,
              "slug": "remote-control",
              "name": "遠隔操作 / リモートコントロール(用語)",
              "description": "遠隔操作 / リモートコントロールに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466657,
            "tagId": 366073455,
            "tag": {
              "id": 366073455,
              "slug": "autonomous-driving",
              "name": "自動運転 / 自律走行(用語)",
              "description": "自動運転 / 自律走行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466657,
            "tagId": 366280135,
            "tag": {
              "id": 366280135,
              "slug": "robot-delivery",
              "name": "ロボット配達(用語)",
              "description": "ロボット配達に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466657,
            "tagId": 692512378,
            "tag": {
              "id": 692512378,
              "slug": "serve-robotics",
              "name": "Serve Robotics(企業)",
              "description": "パイロット運用した歩道を自動走行するロボットを活用するオンデマンド配達企業。UberがPostmatesを買収、その後、2021年3月にスピンアウトして誕生。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 465727,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 465727,
        "slug": "2022-01-05-doosan-announces-33-7m-raise-as-it-introduces-a-robotic-camera-system-at-ces",
        "createdAt": "2022-01-07T02:15:40.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-07T02:03:47.000Z",
        "title": "韓国Doosanがコンテンツクリエイター向けロボットカメラを発表、さらに約39億円を調達",
        "content": "<p>Doosan Robotics(斗山ロボティクス)は韓国時間1月4日、Praxis Capital PartnersとKorea Investment Partnersが主導して3370万ドル(約39億円)を調達したことを発表した。この資金調達のニュースは、ソウルを拠点とする同社が、ラスベガスで開催中のCESに新製品を出展するのと時を合わせ発表された。</p>\n<p>同社はこの資金調達により、研究開発を強化し、新しいパートナーを獲得して、世界的な事業拡大を目指すとしている。また、Doosanはリリースの中で、同社の協働ロボットシステム(コボット)が年間販売台数1000台に達し、韓国以外の地域(主に北米と西ヨーロッパ)での販売がその約70%を占めるようになったと述べている。同社はIPOも視野に入れているとのこと。</p>\n<p>Junghoon Ryu(リュウ・ジョンフン)CEOはリリースでこう述べている。「今回の資金調達により、事業の成長を加速させたいと考えています。当社独自の技術を搭載した新製品やソフトウェアの競争力をさらに高め、世界のコボット市場でシェアNo.1の地位を獲得することを目指します」。</p>\n<p>Doosanは協働ロボット(collaborative robot=cobot)で知られており、その用途は製造業や研究機関から、2021年末にデビューしたコーヒーを作るバリスタロボット「Dr. Presso」まで多岐にわたる。</p>\n<p>今回の発表では、資金調達の他に「NINA(New Inspiration. New Angle)」カメラシステムも発表された。数週間前にCESイノベーションアワードを受賞した際の記事で言及したが、今週、3月に発売予定の同ロボットシステムの情報をさらに得られた。</p>\n<p>同社はNINAを「プロシューマー」システムと呼んでいるが、複雑な撮影を比較的簡単にボタン操作だけで行えるようにするためだろう。その一部は、オブジェクトトラッキングなどの機能に加え、ユーザーがさまざまなショットをプログラムできるオープンプラットフォームによるものだ。</p>\n<p>リュウCEOは別の声明で、次のように述べた。「NINAは、Doosanがエンターテインメントとコンテンツのジャンルにラインアップを拡大していく中で、当社にとってまったく新しい時代の到来を告げるものです。私たちの目標は、エンターテインメント、広告、ソーシャルメディア、その他の関連業界のプロのコンテンツクリエイターに、親しみやすく、かつ革新的なものを提供することでした。NINAはそれらすべての面で大きな成果を上げてくれると確信しています」。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/tag/ces-2022/\" rel=\"noopener\"><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-462864 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"141\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg 3200w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=300,41 300w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=768,106 768w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1024,141 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1536,211 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=2048,282 2048w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=400,55 400w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=738,101 738w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=640,88 640w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=220,30 220w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=281,39 281w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=250,34 250w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=125,17 125w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1735,239 1735w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=600,83 600w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=50,7 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></a></p>\n<p><small>画像クレジット:Doosan Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/05/doosan-announces-33-7m-raise-as-it-introduces-a-robotic-camera-system-at-ces/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/CES-PR_NINA-1.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 465727,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 465727,
            "tagId": 34493,
            "tag": {
              "id": 34493,
              "slug": "ces",
              "name": "CES(イベント)",
              "description": "CESは、毎年1月にネバダ州ラスベガスで開催される電子機器の見本市だ。"
            }
          },
          {
            "postId": 465727,
            "tagId": 366131084,
            "tag": {
              "id": 366131084,
              "slug": "camera",
              "name": "カメラ(用語)",
              "description": "カメラに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 465727,
            "tagId": 366271514,
            "tag": {
              "id": 366271514,
              "slug": "korea",
              "name": "韓国(国・地域)",
              "description": "韓国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 465727,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 465727,
            "tagId": 366278632,
            "tag": {
              "id": 366278632,
              "slug": "creator",
              "name": "クリエイター(用語)",
              "description": "クリエイターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 465727,
            "tagId": 366281193,
            "tag": {
              "id": 366281193,
              "slug": "cobot",
              "name": "協働ロボット / collaborative robot / cobot(用語)",
              "description": "協働ロボット / collaborative robot / cobotに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 465727,
            "tagId": 692516492,
            "tag": {
              "id": 692516492,
              "slug": "ces-2022",
              "name": "CES 2022(イベント)",
              "description": "Edit | Quick Edit | Delete | View\r\nConsumer Technology Association(CTA)主催。米国時間2022年1月5日〜8日までラスベガスとオンラインで開催される。"
            }
          },
          {
            "postId": 465727,
            "tagId": 692516748,
            "tag": {
              "id": 692516748,
              "slug": "doosan-robotics",
              "name": "Doosan Robotics / 斗山ロボティクス",
              "description": "協働ロボットで知られる韓国のロボット工学企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 465727,
            "tagId": 692516749,
            "tag": {
              "id": 692516749,
              "slug": "robotic-camera",
              "name": "ロボットカメラ(用語)",
              "description": "ロボットカメラに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 465408,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 465408,
        "slug": "2022-01-04-hyundai-plans-to-incorporate-robots-into-the-metaverse-to-help-users-reach-out-and-touch-someone",
        "createdAt": "2022-01-05T23:20:19.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-06T10:21:49.000Z",
        "title": "現代自動車、メタバースにボストンダイナミクスのロボット「Spot」を送り込む",
        "content": "<p>現代自動車(Hyundai)がロボット開発に壮大な野心を抱いていることは確かだ。これまで現代自動車は積極的に資金を投入していて、特にロボットのパイオニアであるBoston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)の買収には10億ドル(約1160億円)以上を費やした。</p>\n<p>今週開催される同社のCESにおけるプレゼンテーションでは、予想どおり、ロボットが中心的な役割を果たしている。2021年12月、現代自動車は、4輪モジュラーモビリティプラットフォームのスニークプレビューをMobile Eccentric Droid(モバイル・エキセントリック・ドロイド)という形で公開した。そして米国時間1月4日は、新しい「メタモビリティ」コンセプトに基づいて、将来に向けたより幅広い計画を発表した。</p>\n<p>現代自動車は今後、その戦略についてより多くの情報を公開する予定であり、私たちは実際にどのようなものになるのかを知るために、何人かの幹部に話を聞くことを予定している。とりあえず、今回は「Expanding Human Reach」(人間の手の届く範囲を拡大する)という表題のもとに、バーチャルリアリティのメタバースにおけるモビリティとロボティクスの役割を模索するという大枠のアイデアが提示された。この早期の段階では、宣伝用コンセプトと実用性を切り離すのは難しいが、主な要素は、VRインタラクションの世界でハードウェアに現実世界へのプロキシのような役割を果たさせることようだ。</p>\n<div id=\"attachment_465410\" style=\"width: 810px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-465410\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-465410\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-02.gif?w=800\" alt=\"\" width=\"800\" height=\"330\" /><p id=\"caption-attachment-465410\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:現代自動車</p></div>\n<p>現段階では、ずっとVRアプリケーションの根本的な問題となっていた、タンジビリティー(可触知性、実際に触った感覚を得ること)の欠如に関係する大きな成果がありそうだと言っておこう。現代自動車グループのChang Song(チャン・ソン)社長はこう語る。</p>\n<blockquote><p>「メタモビリティ」の考え方は、空間、時間、距離がすべて無意味なものになるというものです。ロボットをメタバースに接続することで、私たちは現実世界と仮想現実の間を自由に行き来できるようになります。メタバースが提供する「そこにいる」ような没入型の体験からさらに一歩進んで、ロボットが人間の身体感覚の延長となりメタモビリティによって日常生活を再構築し、豊かにすることができるようになります。</p></blockquote>\n<p>近い将来には、このような技術を利用して遠隔操作で製造ロボットを制御することが十分考えられる。これは、トヨタが以前から取り組んでいる「T-HR3」というシステム探求しているものだ。現代自動車によると、Microsoft Cloud for Manufacturing(マイクロソフト・クラウド・フォー・マニュファクチャリング)は、このような遠隔操作のためのゲートウェイとして利用することが可能で、このような実用的な機能を果たすシステムを想像するのは難しくないという。</p>\n<div id=\"attachment_465411\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-465411\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-465411\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"577\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg 5815w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=1024,577 1024w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=1536,865 1536w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=2048,1153 2048w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=710,400 710w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=738,416 738w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=980,552 980w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-18.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-465411\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:現代自動車</p></div>\n<p>他のアプリケーションは、まだ先のことになる。現代自動車のプレスリリースによると「例えばユーザーが外出先からメタバース上の自宅のデジタルツインにアクセスすることで、アバターロボットを使って韓国にいるペットに餌をあげたり、抱きしめたりすることができるようになります。これにより、ユーザーはVRを通じて現実世界の体験を楽しむことができます」とのことだ。</p>\n<p>このような考えは現時点ではほとんど概念的なもののようだが、現代自動車は今週開催されるCESで、最終的にはどのように見えるかのデモを提供している。新型コロナウイルスが急増する中で、TechCrunchだけでなく多くの人たちがバーチャルで展示会に参加していることを考えると、少なくとも将来的にリモートオペレーションがどのように役立つかを想像するのは簡単だ。</p>\n<h2>無生物や移動にロボットを導入する</h2>\n<p>現代自動車は、CESですべての時間をメタバースに費やしたわけではない。また「New Mobility of Things」(ニューモビリティオブシングス、モノの新しい移動方式)と題して、ロボットを使って大小の無生物を自律的に移動させるコンセプトを紹介した。</p>\n<p>この「New Mobility of Things」のコンセプトのもとに発表されたのが「Plug &amp; Drive」(プラグアンドドライブ、PnD)という製品だ。この一輪ユニットには、インテリジェントなステアリング、ブレーキ、インホイール電気駆動機構、サスペンションのハードウェアに加えて、物体を検知して周囲を移動するためのLiDARとカメラのセンサーが搭載されている。</p>\n<p>このPnDモジュールは、例えばオフィスのテーブルのようなものに取り付けられるようになっている。ユーザーは、こうしたテーブルに対して自分の近くに移動するように命令したり、オフィスでより多くのスペースを必要とする特定の時間にそのテーブルを移動するようにスケジュールすることができる。</p>\n<p>現代自動車の副社長でロボット研究所長のDong Jin Hyun(ドン・ジン・ヒョン)氏は「PnDモジュールは、人間のニーズに合わせて適応・拡張が可能です。というのも、これからの世界では、あなたがモノを動かすのではなく、モノがあなたの周りを動き回るようになるからです」と語る。「PnDは、通常は動かない無生物をモバイル化します。この能力があるからこそ、実質的にあらゆる空間を変えることができるのです。必要に応じて空間を構成することができます」。</p>\n<p>現代自動車は、待っているバスへ人を運ぶためのパーソナルトランスポートシステムなど、PnDのさまざまな応用例を紹介した。4つの5.5インチ(約14センチ)PnDモジュールを搭載したこのポッドは、そのままこの「マザーシャトル」に合体する。</p>\n<div id=\"attachment_465412\" style=\"width: 810px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-465412\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-465412\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-20-27-24.gif?w=800\" alt=\"\" width=\"800\" height=\"800\" /><p id=\"caption-attachment-465412\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:現代自動車</p></div>\n<p>理論的には、バスが止まると、(中に座っている人間を乗せた)ポッドが目的地までの最後の移動を行うことになる。</p>\n<p>現代自動車がビデオで紹介したアイデアは、高齢の女性がポッドに乗り込んで待っているバスに移動する前に、1台のPnDが杖を彼女に届けるというもので、高齢者を直接ターゲットにしている。しかし、もしこれが仮に実現したとすれば、車道に1人乗りの大きな車を大量に増やすことなく、ファーストマイルとラストマイルの公共交通機関を提供するために使用することができる。</p>\n<p>また現代自動車は「Drive &amp; Lift」(ドライブアンドリフト、DnL)と呼ばれる、モノを持ち上げるためのモジュールも披露した。現代自動車は、DnLをそのMobED(Mobile Eccentric Droid)というロボットと組み合わせた。DnLはModEDの各ホイールに取り付けられており、上下に持ち上げることができ、ロボットが段差やスピードバンプなどの低い障害物上を移動しても水平を保つことができる。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/tag/ces-2022/\" rel=\"noopener\"><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-462864 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"141\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg 3200w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=300,41 300w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=768,106 768w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1024,141 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1536,211 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=2048,282 2048w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=400,55 400w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=738,101 738w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=640,88 640w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=220,30 220w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=281,39 281w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=250,34 250w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=125,17 125w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1735,239 1735w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=600,83 600w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=50,7 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></a></p>\n<p><small>画像クレジット:Hyundai</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/04/hyundai-plans-to-incorporate-robots-into-the-metaverse-to-help-users-reach-out-and-touch-someone/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/CES2022-KV_1.-Main-Visual.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 465408,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 465408,
            "tagId": 34493,
            "tag": {
              "id": 34493,
              "slug": "ces",
              "name": "CES(イベント)",
              "description": "CESは、毎年1月にネバダ州ラスベガスで開催される電子機器の見本市だ。"
            }
          },
          {
            "postId": 465408,
            "tagId": 2586675,
            "tag": {
              "id": 2586675,
              "slug": "boston-dynamics",
              "name": "Boston Dynamics / ボストン・ダイナミクス(企業)",
              "description": "Boston Dynamicsは米国のロボティクス企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 465408,
            "tagId": 363301732,
            "tag": {
              "id": 363301732,
              "slug": "remote-control",
              "name": "遠隔操作 / リモートコントロール(用語)",
              "description": "遠隔操作 / リモートコントロールに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 465408,
            "tagId": 366271299,
            "tag": {
              "id": 366271299,
              "slug": "mobility",
              "name": "モビリティ(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 465408,
            "tagId": 366273030,
            "tag": {
              "id": 366273030,
              "slug": "spot",
              "name": "Spot(製品・サービス)",
              "description": "Boston Dynamicsが開発、提供する四足歩行ロボット。"
            }
          },
          {
            "postId": 465408,
            "tagId": 366275483,
            "tag": {
              "id": 366275483,
              "slug": "hyundai",
              "name": "Hyundai / ヒョンデ / 現代自動車(企業)",
              "description": "韓国の自動車メーカー。"
            }
          },
          {
            "postId": 465408,
            "tagId": 692507344,
            "tag": {
              "id": 692507344,
              "slug": "metaverse",
              "name": "メタバース(用語)",
              "description": "メタバースに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 465408,
            "tagId": 692508836,
            "tag": {
              "id": 692508836,
              "slug": "vr",
              "name": "仮想現実 / VR(用語)",
              "description": "Virtual Reality。VRに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 465408,
            "tagId": 692514004,
            "tag": {
              "id": 692514004,
              "slug": "telexistence2",
              "name": "テレイグジスタンス / 遠隔臨場感 / 遠隔存在感(用語)",
              "description": "テレイグジスタンス / 遠隔臨場感 / 遠隔存在感に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 465408,
            "tagId": 692516492,
            "tag": {
              "id": 692516492,
              "slug": "ces-2022",
              "name": "CES 2022(イベント)",
              "description": "Edit | Quick Edit | Delete | View\r\nConsumer Technology Association(CTA)主催。米国時間2022年1月5日〜8日までラスベガスとオンラインで開催される。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 465334,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 465334,
        "slug": "2022-01-04-labrador-set-to-deliver-a-robotic-helping-hand-to-homes-in-2023",
        "createdAt": "2022-01-05T06:30:39.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-05T06:30:15.000Z",
        "title": "Labrador Systems、高齢者や不自由がある人を助ける支援ロボットの手を2023年までに家庭へ",
        "content": "<p>CES 2020の会場で、Labrador Systemsの共同創業者でCEOのMike Dooley(マイク・ドゥーリー)氏は、「今年は(展示会で)偽物のロボットが少なくなっていると思う」と話していた。ここ数年、CESではロボットを目新しいものとしてではなく、本格的なホームデバイスとして扱い始めている。当時、同社はスイートルームを借りて、後に「Retriever」と呼ばれることになるシステムの初期バージョンを展示していた。</p>\n<p>2021年初め、初のバーチャルCESの開催後、同社は一部のユーザーにプロトタイプの配布を始めた。この度の展示会では、その初期テストの成果を、体験談動画という形で見ることができる。Retrieverは、私が2年前に見たものをより洗練させたものだが、基本的には同じ原理で動作する。高齢者や移動に不自由のある人を支援するロボットバーカートのようなものだ。</p>\n<div id=\"attachment_465336\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-465336\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-465336 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg 2048w, /wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?resize=1536,1024 1536w, /wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/01/Kitchen-Scene-Press.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-465336\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Labrador Systems</p></div>\n<p>高齢化が進む日本では、ロボットによる高齢者介護が大きなビジネスになっていることは、この業界を見てきた人なら知っているだろう。しかし、米国ではそれほどでもないようだが、それに続く企業が出始めている。Retrieverは、このように人々を支援するために目的を持ってロボットを製造している米国の企業としては、私がこれまで見た中で最も良い例の1つだ。自立した生活を送れるが、ロボットハンドを追加することで恩恵を受けることができる人々を主な対象としている。</p>\n<p>ドゥーリー氏は、ニュースに関連したリリースで「私たちの社会には、十分なサービスを受けていない人がたくさんいます。痛みや他の健康上の問題で、自分自身が動けなくなると、たとえ短い距離でも、自立や生活の質、健康全般に大きな影響を与える可能性があります。Retrieverは、そのギャップの一部を物理的に埋め、個人がより活動的になり、より多くのことを自分で行えるようにすることを目的としています」と述べている。</p>\n<div id=\"attachment_465335\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-465335\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-465335 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg 2048w, /wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?resize=1536,1024 1536w, /wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/01/Laundry-Room-Scene-Press.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-465335\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Labrador Systems</p></div>\n<p>このシステムは最大25ポンド(約11.3kg)まで運ぶことが可能で、洗濯物や食事といった家の中にある荷物を運ぶのに使用できる。カウンターや棚、同社が提供を予定しているという特注の冷蔵庫などから、カートの上に物を移動できる開閉式のトレイシステムを搭載している。その下には、食品や薬などの収納スペースと、携帯電話を充電するためのポートがある。</p>\n<p>本システムはAlexaによる音声コントロールにも対応している。SOSV/HAX、iRobot、全米科学財団とともに、Amazon Alexa Fundが同スタートアップの支援者の1つだ。次のベータテスト期間を経て、Labradorは2023年後半までに、機能に応じてさまざまな価格帯で商用販売を開始する計画だ。アーリーアダプターはRetrieverを1500ドル(約17万4000円)で購入することができ、月額サービス料は資金調達次第で99〜149ドル(約1万1500〜1万7300円)になる。</p>\n<p>また、Labrador Systemsは、Alexa FundとiRobot Venturesが共同リードする310万ドル(約3億6000万円)のシードラウンドも発表している。この資金は、エンジニアリングの人員増強と生産の加速に充てられる予定だ。</p>\n<p>Alexa FundのPaul Bernard(ポール・バーナード)氏は、このニュースに関連した声明の中で、「Labradorは、高齢で移動に困難を抱える人々に支援を提供することの意味について、最先端の技術を進歩させています。彼らは、私たちの社会における重要な問題に取り組んでおり、消費者向けロボット工学における数十年の経験を生かし、人々がより良い生活を送るための力を与える製品を提供しています」と述べた。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/tag/ces-2022/\" rel=\"noopener\"><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-462864 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"141\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg 3200w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=300,41 300w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=768,106 768w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1024,141 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1536,211 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=2048,282 2048w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=400,55 400w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=738,101 738w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=640,88 640w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=220,30 220w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=281,39 281w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=250,34 250w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=125,17 125w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1735,239 1735w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=600,83 600w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=50,7 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></a></p>\n<p><small>画像クレジット:Labrador Systems</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/04/labrador-set-to-deliver-a-robotic-helping-hand-to-homes-in-2023/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Katsuyuki Yasui)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/Living-Room-Scene-Press.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 465334,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 465334,
            "tagId": 34493,
            "tag": {
              "id": 34493,
              "slug": "ces",
              "name": "CES(イベント)",
              "description": "CESは、毎年1月にネバダ州ラスベガスで開催される電子機器の見本市だ。"
            }
          },
          {
            "postId": 465334,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 465334,
            "tagId": 366273866,
            "tag": {
              "id": 366273866,
              "slug": "elderly-care",
              "name": "介護 / 高齢者介護(用語)",
              "description": "介護に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 465334,
            "tagId": 366281395,
            "tag": {
              "id": 366281395,
              "slug": "nursing-robot",
              "name": "介護ロボット(用語)",
              "description": "介護ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 465334,
            "tagId": 692516492,
            "tag": {
              "id": 692516492,
              "slug": "ces-2022",
              "name": "CES 2022(イベント)",
              "description": "Edit | Quick Edit | Delete | View\r\nConsumer Technology Association(CTA)主催。米国時間2022年1月5日〜8日までラスベガスとオンラインで開催される。"
            }
          },
          {
            "postId": 465334,
            "tagId": 692516710,
            "tag": {
              "id": 692516710,
              "slug": "labrador-systems",
              "name": "Labrador Systems(企業)",
              "description": "高齢者や移動に不自由のある人を支援するロボットバーカート「Retriever」を開発、提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 465018,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 465018,
        "slug": "2021-12-30-yukai-engineerings-cute-stuffed-animal-robot-will-nibble-on-your-finger",
        "createdAt": "2021-12-31T01:00:23.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-02T03:30:13.000Z",
        "title": "指を「はむはむ」噛ってくれるユカイ工学のかわいいぬいぐるみ型ロボ",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"/tag/ces-2022/\" rel=\"noopener\">CESのシーズン</a>には、少なくとも2台の風変わりなロボットが登場しなくてはならない。しっぽクッション「<a target=\"_blank\" href=\"/tag/qoobo/\" rel=\"noopener\">Qoobo</a>」のメーカーである<a target=\"_blank\" href=\"https://www.ux-xu.com/\" rel=\"noopener\">ユカイ工学</a>は、ユーザーの指先をかじるソフトロボットを公開した。この「ちょっと気持ちいい感覚」が、ユーザーの1日を明るくしてくれることを同社は、期待している。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://hamham.ux-xu.com/jp\" rel=\"noopener\">甘噛みハムハム</a>(Amagami Ham Ham)は「Hamgorithm」と呼ばれるアルゴリズムによって、20種類のかじり方のパターンから1つを選択するため、ロボットの口に指を突っ込んだときに何を感じるかはわからない。ユカイ工学は、赤ちゃんやペットが自分の指を齧る感触を再現するために「Tasting Ham」「Massaging Ham」「Suction Ham」などのパターンをデザインした。</p>\n<div id=\"attachment_465019\" style=\"width: 684px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-465019\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-465019 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/dims.gif?w=674\" alt=\"\" width=\"674\" height=\"379\" /><p id=\"caption-attachment-465019\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Yukai Corporation</p></div>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://livheart.jp/\" rel=\"noopener\">株式会社りぶはあと</a>のぬいぐるみ「ねむねむ」シリーズのキャラクターをベースに、ユカイ工学はロボットの外側をつくった。指でムシャムシャ食べるモデルは、三毛猫と柴犬の2種類を用意される予定だ。</p>\n<p>「ほとんどの人はかじる感覚が好きですが、子どもやペットにそれを止めることを教える必要があることを知っています。そうしないと、最終的には、子どもや動物が強い力で噛むようになるからです」と、2021年初めに行われたハッカソンでこのロボットを生み出したユカイ工学のCMOである冨永翼氏はいう。「甘噛みハムハムは、『噛る』という禁断の快楽を『追求するか、しないか』という難問から人類を解放するロボットなのです」。</p>\n<p>価格は未定だが、ユカイ工学とりぶはあとは2022年春にクラウドファンディングを実施する予定だという。それまで、CESに足を運ぶ人は、会場で甘噛みハムハムをチェックし、ユカイ工学のブースから少し柔らかな指になって帰ることができるかもしれない。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/_GiQswlhps4?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>ユカイ工学がCESで発表する他のデバイスの中に、Bocco Emoがある。同社は、<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/jp-2015-05-12-bocco-kickstarter.html\" rel=\"noopener\">オリジナルのロボットBocco</a>をスマートな医療機器として機能するようにアップデートした。ユカイ工学によれば、日本の病院では、パルスオキシメーターや体温計などのセンサーを接続して患者のバイタルをモニターし、看護師に患者の状態を通知するために使用されているという。</p>\n<p>また、試験運用期間中は、患者家族への連絡にも利用された。さらには看護師が来るのを待つ間、効果音や表情、ジェスチャーで、患者とコミュニケーションをとることも可能だ。</p>\n<p>編集部注:本稿の初出は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/yukai-engineering-amagami-ham-ham-soft-robot-finger-nibble-160043421.html\" rel=\"noopener\">Engadget</a>。執筆者の<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/krisholt\" rel=\"noopener\">Kris Holt</a>は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/\" rel=\"noopener\">Engadget</a>の寄稿ライター。</p>\n<p><small>画像クレジット:Yukai Engineering</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/30/yukai-engineerings-cute-stuffed-animal-robot-will-nibble-on-your-finger/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Kris Holt、翻訳:Katsuyuki Yasui)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/FH3h7jLWYA8Ce3C.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 465018,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 465018,
            "tagId": 34493,
            "tag": {
              "id": 34493,
              "slug": "ces",
              "name": "CES(イベント)",
              "description": "CESは、毎年1月にネバダ州ラスベガスで開催される電子機器の見本市だ。"
            }
          },
          {
            "postId": 465018,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 465018,
            "tagId": 366276052,
            "tag": {
              "id": 366276052,
              "slug": "yukai-engineering-inc",
              "name": "ユカイ工学(企業)",
              "description": "「一家に一台ロボットのいる社会」の実現を目指す日本のロボティクスベンチャー。"
            }
          },
          {
            "postId": 465018,
            "tagId": 692516492,
            "tag": {
              "id": 692516492,
              "slug": "ces-2022",
              "name": "CES 2022(イベント)",
              "description": "Edit | Quick Edit | Delete | View\r\nConsumer Technology Association(CTA)主催。米国時間2022年1月5日〜8日までラスベガスとオンラインで開催される。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 464599,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 464599,
        "slug": "2021-12-23-dinner-is-servoed",
        "createdAt": "2021-12-25T01:30:45.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-25T00:44:23.000Z",
        "title": "夕食はロボットにお任せ、レストランロボットと風変わりなドロイド",
        "content": "<p>私は2022年初めのCESに向けて計画を進めてきたが、おそらく今週中には白紙に戻りそうだ。呆れるほど多数の紫外線消毒ロボットの売り込みがなくなることに奇妙な寂しさも感じるものの、一方では最新変異株(オミクロン)の急増の中で、ショーに直接参加することの是非を検討していたのだ。最終的には、今回はラスベガスに参加しないことにしたが、数週間以内にはお伝えすることがたくさん出てくると思う。</p>\n<p>ほぼ2年前のCESとそれに続く私たちのロボットセッションが、私が直接参加した最後のイベントであったことに気づいて、とても奇妙な心持ちがしている。ロボットセッションをオーガナイズして、TechCrunchのCESへの取り組みを主導する役割を果たしてきた私は、これらの決定を軽く考えることはとてもできない。</p>\n<p>そして、特にロボットの評価に関しては、直接会議に参加することにはまだ個人的なメリットがあると感じている。Zoom(ズーム)を通してロボットの見栄えを良くしようとしても限界があるからだ。</p>\n<p>どちらかといえば、こうしたことすべてが、ロボットシステムの本格的な採用が、非常に近くて同時にまだ遠いものだということを痛感させる。ちなみに私は、来年のCESに向けて、本当に多数のロボットの売り込みを受けたと言っても構わない。今回のショーは、来年の動き全体を占うものになるようにデザインされている。それらは、消費者向けから産業用途まで、そしてその間のすべてのものをも幅広く含んでいる。</p>\n<p>パンデミックが業界の興奮と投資を加速させたことは間違いないが、実際の導入スピードはカテゴリーによって大きく異なる。年末の他の記事でこれまで見てきた2つの例は、かなり進んでいる。これまでの製品と同様に、倉庫ならびにフルフィルメントのロボットは現在とても現実的なものだ。最近オンラインで何かを購入したのなら、ロボットがラインのどこかの時点で製品の入手を手伝ってくれた可能性がかなり大きい。</p>\n<p>配達ロボットはさらに難しい。たくさんのパイロットプロジェクトが存在しているが、住んでいる地域によっては(特に大学キャンパスの近くにいる場合には)、そのうちの1台が自分向けの出前でなくても近くを走っているのを見たことがあるかもしれない。一般に、歩道は倉庫よりも管理されていない場所であり、規制上の煩雑な手続きを経て世に出す必要があるため、資金調達の成否にかかわらず、明日の朝ロボットで歩道が溢れかえっているようなことはないだろう。</p>\n<p>今週は、そうしたロボットが配達しているかどうかはともかく、対象となる食べ物を、実際に作っているのは誰なのか、あるいは「何」なのかについて話したいと思う。</p>\n<div id=\"attachment_464602\" style=\"width: 809px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-464602\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-464602 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-24-21-03-23.jpg?w=799\" alt=\"\" width=\"799\" height=\"533\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-24-21-03-23.jpg 799w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-24-21-03-23.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-24-21-03-23.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-24-21-03-23.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-24-21-03-23.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-24-21-03-23.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-24-21-03-23.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-24-21-03-23.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-24-21-03-23.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-24-21-03-23.jpg?resize=187,125 187w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-24-21-03-23.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-24-21-03-23.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-24-21-03-23.jpg?resize=550,367 550w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-24-21-03-23.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 799px) 100vw, 799px\" /><p id=\"caption-attachment-464602\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Paul Marotta / Getty Images for TechCrunch</p></div>\n<p>細かい話に入る前に、iRobot(アイロボット)の共同創業者でCEOのColin Angle(コリン・アングル)に、過去1年間のロボット業界を振り返り、来年の予測をしてもらえるようお願いした。</p>\n<p><strong>2021年のロボット / AI / 自動化のトレンドを定義したのは何でしたか?</strong>2021年には、倉庫の自動化、自動運転技術、そして<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/09/actuator-4/\" rel=\"noopener\">もちろん排泄物検出</a>がブレークスルーをもたらしました。2021年は、自動化への大規模な投資が功を奏し、2020年をほぼ超えたオンラインショッピングの驚異的な増加が、目覚ましい年となりました。中米をターゲットにした自動運転トラックのテレビコマーシャルを実際に見ました。これは本当に起こっていることなのでしょうか?そして私は、ロボットの真空掃除機にまつわる汚くてめったに議論されない課題の1つが、手頃な価格で信頼性の高い視覚的物体認識の出現によって、過去のものになったと言えることを誇りに思っています。2021年はロボットにとって変革の年だったといっても過言ではないでしょう。</p>\n<p><strong>2022年はこれらのカテゴリーで何が起きるのでしょう?</strong>2022年に入ってからは、人々が待ち望んでいたスマートホームの本当の進歩を目にできたらと思います。現在のバージョンのスマートホームでは、複雑過ぎますし、使いやすさが貧弱過ぎます。しかし、経験を最優先するエコシステムを生み出し、能力とシステムのシンプルさにも優れ、成長を始めることができるツールが登場しつつあります。そこで私は、2022年が、一般の人々の間で業界が加速し続ける年になるだけでなく、私たちの日常生活へのロボットの思慮深い統合に重要な前進が見られる年になることを期待しています。非常に多くの面で勢いが増しているのを見られるのはエキサイティングです!</p>\n<p>さて、私の長年の輝かしいキャリアの中では最も不快な話題転換ではあるが、排泄物の検出から食事の準備に話題を移すことにしよう(会社が「読者が減ったのは何故だ」と聞いてきたときのためにここにメモとして残しておく)。</p>\n<div id=\"attachment_464633\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-464633\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-464633 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"689\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg 2400w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=300,202 300w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=768,517 768w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=1024,689 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=1536,1034 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=2048,1378 2048w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=594,400 594w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=400,269 400w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=738,497 738w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=535,360 535w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=220,148 220w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=256,172 256w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=186,125 186w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=125,84 125w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=89,60 89w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=820,552 820w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=545,367 545w, /wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-566066679.jpg?resize=50,34 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-464633\" class=\"wp-caption-text\">Los Angeles Timesのテストキッチンで2009年3月11日に撮影された、レンガのオーブンから取り出されたマルゲリータピザの画像(写真クレジット:Anne Cusack/Los Angeles Times via Getty Images)</p></div>\n<p>この1年はロボットによる食品調理にとって大きな年だった。パンデミックが発生する前は、この分野に関与した著名なスタートアップは極めて稀だった。特に<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/17/zume-kills-plastics/\" rel=\"noopener\">Zume Robotics</a>(ズームロボティックス)などを含む一部の企業は、業界から去っていった。しかし、ロボット分野対するベンチャーキャピタルの大規模な流入に伴って、レストランビジネスの自動化が進んでいる。その主な2つ理由は、この2年で骨身に沁みて理解できているはずだ。第一に、米国では人材が大幅に不足しているということ。第二に、ロボットは病気になることはなく、人びとを病気にすることもないということだ。</p>\n<p>もし私が、食品ロボットの現状を4ワードで要約しなければならないとすると、次のようになる。</p>\n<ul>\n<li>ピザ</li>\n<li>ボウル(日本でいうどんぶり物)</li>\n<li>ファーストフード(1ワードにまとめてズルをした)</li>\n<li>キオスク(売店)</li>\n</ul>\n<div id=\"attachment_464634\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-464634\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-464634 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg 1390w, /wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?resize=534,400 534w, /wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?resize=738,553 738w, /wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?resize=490,367 490w, /wp-content/uploads/2021/12/Precision.jpeg?resize=50,37 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-464634\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Picnic</p></div>\n<p>最初の2つがリストの一番上にあるのは同じ理由だ。食品を自動化する場合には、人気があって、比較的均一なものである必要がある。もちろん、さまざまなトッピングはあるものの、ロボットにとっては、ピザを作ることは、生地、ソース、チーズ、トッピング、調理、繰り返しといった、かなり簡単な経験なのだ。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/05/18/pizza-robot-maker-picnic-raises-another-13-3m/\" rel=\"noopener\">Picnic</a>(ピクニック)や<a target=\"_blank\" href=\"/2020/09/03/2020-09-02-xrobotics-is-keeping-the-dream-of-pizza-robots-alive/\" rel=\"noopener\">XRobotics</a>(エックスロボティックス)のような企業は、Zumeが中断したものを引き継ごうとしている。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2020/09/03/2020-09-02-xrobotics-is-keeping-the-dream-of-pizza-robots-alive/\" rel=\"noopener\">XRoboticsはピザロボットの夢を諦めず正式発表に漕ぎ着ける、1時間で最大150枚、20種類以上のトッピングに対応</a></p>\n<div id=\"attachment_464635\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-464635\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-464635 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"954\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg 2048w, /wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?resize=300,279 300w, /wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?resize=768,716 768w, /wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?resize=1024,954 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?resize=1536,1431 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?resize=429,400 429w, /wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?resize=400,373 400w, /wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?resize=738,688 738w, /wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?resize=386,360 386w, /wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?resize=220,205 220w, /wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?resize=185,172 185w, /wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?resize=134,125 134w, /wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?resize=125,116 125w, /wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?resize=64,60 64w, /wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?resize=593,552 593w, /wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?resize=394,367 394w, /wp-content/uploads/2021/12/Spyce-Restaurant-Boston-Infinite-Kitchen-Front.jpeg?resize=50,47 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-464635\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Spyce</p></div>\n<p>ボウルはピザ同様の領域を埋める。それらは近年人気が高まっていて、かなり基本的なテンプレートが確立している。サラダやキノア(食用の実)などのトッピングやベースのバリエーションがあるとしても原理はかなり単純だ。したがって、カリフォルニアを拠点とするファストカジュアルサラダチェーンのSweetgreens(スイートグリーンス)が、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/26/2021-08-25-salad-chain-sweetgreen-buys-kitchen-robotics-startup-spyce/\" rel=\"noopener\">MITのスピンアウトであるSpyce(スパイス)を買収して、</a>先の8月に登場したことはおそらく驚くようなことではない。この動きは、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/02/09/2021-02-08-doordash-acquires-salad-making-robotics-startup-chowbotics/\" rel=\"noopener\">2月にサラダ製造ロボット会社Chowbotics</a>(チャウボティックス)を買収したDoorDash(ドアダッシュ)による類似の買収に続いたものだ。</p>\n<p>Miso(ミソ)は<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/03/2021-11-02-flippy-the-hamburger-cooking-robogets-a-more-capable-successor/\" rel=\"noopener\">現在ファーストフードレースをリードしていて</a>、数多くの大きなパートナーシップが発表されている。同社のハンバーガーフリッピング(パテ焼)ならびにフライクッキング(揚げ物)ロボットは、まだ人間のキッチンスタッフを完全に置き換えることはできないものの、世代を重ねるにつれて、ますます能力を高めている。</p>\n<div id=\"attachment_464636\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-464636\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-464636 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg 1920w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/12/Nommi-bowl-in-conveyor-belt.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-464636\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット: Nommi</p></div>\n<p>一方、キオスクは、主に人間を作業工程から外すように設計されている。この解決策は、前述の労働力不足のおかげで、ますます勢いを増している。システムと人間の相互作用は、主に材料投入、メンテナンス、および注文に限定されている。しかし、適切な技術があれば、Nommi(ノミー)のようにボタンを押すだけで簡単に新鮮な食材を調理することができる。たとえば最近行われた<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/03/2021-11-02-flippy-the-hamburger-cooking-robogets-a-more-capable-successor/\" rel=\"noopener\">NommiとC3との提携</a>では、Iron Chef(料理の鉄人)の森本正治氏の料理が、24時間年中無休の調理マシンに採用されている。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/03/2021-11-02-flippy-the-hamburger-cooking-robogets-a-more-capable-successor/\" rel=\"noopener\">ハンバーガーをひっくり返すロボット「Flippy」の能力が向上、調理前後の作業を追加</a></p>\n<p>今週は、クリスマスということもあり、ニュースの流れは多少ゆっくりとしている。とはいえ私たちは、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/16/2021-12-15-hyundais-mobile-eccentric-droid-tries-hard-to-live-up-to-its-name/\" rel=\"noopener\">Hyundai(ヒョンデ、現代自動車)がCESのために何を準備しているのか</a>を垣間見ることができた。Hyundaiは、Boston Dynamics(ボストンダイナミクス)の買収を含め、ロボットへの取り組みを実際に倍増させている。新しいMobile Eccentric Droid(MobED、モバイルエキセントリックドロイド)は、あらゆる意味でプラットフォームだ。それは文字通りのもので、中央に台になる部分を備えた四輪移動装置だ。また、電話会議から荷物の配達、スマートな乳母車まで、さまざまな機能を収容することができる。</p>\n<div id=\"attachment_464637\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-464637\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-464637 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"569\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg 1266w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?resize=300,167 300w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?resize=768,427 768w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?resize=1024,569 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?resize=719,400 719w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?resize=400,222 400w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?resize=738,410 738w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?resize=640,356 640w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?resize=220,122 220w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?resize=281,156 281w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?resize=225,125 225w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?resize=108,60 108w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?resize=993,552 993w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?resize=600,334 600w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?resize=337,187 337w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications-1.jpeg?resize=50,28 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-464637\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Hyundai</p></div>\n<p>その安定化技術について、Hyundaiは次のようにいう。</p>\n<blockquote><p>偏心機構による姿勢制御システムは、地表状態に応じて各車輪の高さを調整することで、体の姿勢も安定させます。MobEDの12インチ空気タイヤは、さらに衝撃や振動を吸収するのに役立ちます。</p></blockquote>\n<p>一方、Tiger Globalはその派手な支出を続けている。今週同社は、カリフォルニア州パサデナを拠点とするElementary(エレメンタリー)のために3000万ドル(約34億3000万円)のシリーズBを主導した。Fika Ventures、Fathom Capital、Riot VC、Toyota Venturesも参加した<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/16/tiger-global-leads-cash-infusion-into-elementary-for-automated-manufacturing-inspection/\" rel=\"noopener\">このラウンド</a>によって、このマシンビジョンスタートアップの総資本は4750万ドル(約54億3000万円)になった。創業者のArye Barnehama(アーリエ・バーナハマ)CEOはTechCrunchに次のように語った。</p>\n<blockquote><p>製造業と物流は、パンデミックの前にすでに始まっていて、パンデミックの最中に大幅に増加した大規模な人手不足を経験しています。企業が、高価で見つけるのが難しいエンジニアリング人材に頼らずに、自動化を続けようとする中で、ノーコードAIソリューションを提供できる私たちのビジネスは拡大してきました。</p></blockquote>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">1/ Unbox Robotics raised $7M to expand their supply chain robotics technology into new geographies <a href=\"https://t.co/6uPBKd5ut2\">https://t.co/6uPBKd5ut2</a> <a href=\"https://twitter.com/RoboticsUnbox?ref_src=twsrc%5Etfw\">@RoboticsUnbox</a> <a href=\"https://twitter.com/hashtag/BackedBySOSV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#BackedBySOSV</a> <a href=\"https://twitter.com/hax_co?ref_src=twsrc%5Etfw\">@hax_co</a> <a href=\"https://twitter.com/yourstory?ref_src=twsrc%5Etfw\">@YourStory</a> <a href=\"https://twitter.com/3one4Capital?ref_src=twsrc%5Etfw\">@3one4Capital</a></p>\n<p>&mdash; SOSV (@SOSV) <a href=\"https://twitter.com/SOSV/status/1473748472285257731?ref_src=twsrc%5Etfw\">December 22, 2021</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"550\" data-dnt=\"true\">\n<p dir=\"ltr\" lang=\"en\">1/Unbox Robotics(アンボックス・ロボティクス)は、サプライチェーンロボットテクノロジーを新しい地域に拡大するために700万ドル(約8億円)を調達しました。</p>\n</blockquote>\n<p>インドを拠点とするロジスティクスロボティクス企業Unbox Roboticsの700万ドルのシリーズAラウンドは、3one4 Capitalによって主導された。Sixth Sense VenturesとRedstart Labsもラウンドに参加し、SOSVを含む多くの既存の投資家も参加した。同社によれば、調達した資金は採用、技術開発、そして新しい領域への拡大に向けられるとのことだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/23/dinner-is-servoed/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文: Brian Heater、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-913931820.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 464599,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 464599,
            "tagId": 1662,
            "tag": {
              "id": 1662,
              "slug": "restaurant",
              "name": "レストラン(用語)",
              "description": "レストランに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464599,
            "tagId": 34493,
            "tag": {
              "id": 34493,
              "slug": "ces",
              "name": "CES(イベント)",
              "description": "CESは、毎年1月にネバダ州ラスベガスで開催される電子機器の見本市だ。"
            }
          },
          {
            "postId": 464599,
            "tagId": 621554,
            "tag": {
              "id": 621554,
              "slug": "irobot",
              "name": "iRobot(企業)",
              "description": "マサチューセッツ州ベッドフォードを拠点とする産業用、家庭用ロボットを設計、開発する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 464599,
            "tagId": 697740,
            "tag": {
              "id": 697740,
              "slug": "smart-home",
              "name": "スマートホーム(用語)",
              "description": "スマートホームに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464599,
            "tagId": 366270916,
            "tag": {
              "id": 366270916,
              "slug": "logistics",
              "name": "物流 / ロジスティクス / 運輸(用語)",
              "description": "物流業界に変革を起こすスタートアップ / テクノロジーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464599,
            "tagId": 366275483,
            "tag": {
              "id": 366275483,
              "slug": "hyundai",
              "name": "Hyundai / ヒョンデ / 現代自動車(企業)",
              "description": "韓国の自動車メーカー。"
            }
          },
          {
            "postId": 464599,
            "tagId": 366275978,
            "tag": {
              "id": 366275978,
              "slug": "pizza",
              "name": "ピザ(製品・サービス)",
              "description": "ピザに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464599,
            "tagId": 692515919,
            "tag": {
              "id": 692515919,
              "slug": "robot-restaurant",
              "name": "ロボットレストラン(用語)",
              "description": "ロボットレストランに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464599,
            "tagId": 692516131,
            "tag": {
              "id": 692516131,
              "slug": "kitchen-robot",
              "name": "調理ロボット / キッチンロボット(用語)",
              "description": "調理ロボット / キッチンロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464599,
            "tagId": 692516492,
            "tag": {
              "id": 692516492,
              "slug": "ces-2022",
              "name": "CES 2022(イベント)",
              "description": "Edit | Quick Edit | Delete | View\r\nConsumer Technology Association(CTA)主催。米国時間2022年1月5日〜8日までラスベガスとオンラインで開催される。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 463396,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 463396,
        "slug": "2021-12-15-stanfords-gecko-inspired-robot-hand-sets-its-sights-on-fruit-picking",
        "createdAt": "2021-12-16T15:00:14.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-17T04:18:17.000Z",
        "title": "スタンフォード大学のヤモリに着想を得たロボットハンドがゆで卵や果物をつぶさずに掴む",
        "content": "<p>スタンフォード大学は、ヤモリに着想を得たロボットハンドを開発し、長年かけて大きく進化させてきた。2021年5月には、この「ヤモリグリッパー」の1つのバージョンが国際宇宙ステーションにも送られ、デブリの収集や衛星の修理などの作業を行う能力がテストされた。</p>\n<p>米国時間12月15日の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.science.org/doi/10.1126/scirobotics.abi9773\" rel=\"noopener\">「Science Robotics(サイエンス・ロボティクス)」に掲載された論文</a>で、同大学の研究者たちは、この技術の地球向け応用例として、潰れやすい物体を掴むという能力を実証している。</p>\n<p>硬いロボットハンドにとって、このような作業は長年の課題であり、柔らかいロボットグリッパーなど、これまでさまざまなソリューションが生み出されてきた。</p>\n<p>今回発表された「FarmHand(農場労働者)」は、人間の手の器用さとヤモリのユニークな把持能力の両方からヒントを得た4本指のグリッパーだ。後者に関して、スタンフォード大学は、その吸着力のある手足の表面では「分子の外側にある電子の位置の微妙な違いから生じる弱い分子間力であるファンデルワールス力という微小なはためきを介して、強い保持力を生み出している」と述べている。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/km_M9KyTpsY?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>同大学のチームでは、この問題を「エアルームトマト問題」と呼んでいる。一般的なグリッパーは、同じような大きさの硬い物体を次々と拾い上げる反復作業に適しているが、今回のテストで、FarmHandはブドウの房、ゆで卵、バスケットボール、皿などを掴み上げることに成功した。</p>\n<p>「ロボットの手が握力把持と精密把持をするのなら、その間にあるすべてのことができるということを示しているわけです」と「生物模倣と器用なマニピュレーションに関する研究室」の卒業生であるWilson Ruotolo(ウィルソン・ルオトロ)氏は語る。「私たちが取り組みたかったのは、器用さと強さを同時に兼ね備えたマニピュレーター(ロボットハンド)をどうやって作るか、ということです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Stanford University</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/15/stanfords-gecko-inspired-robot-hand-sets-its-sights-on-fruit-picking/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/egg.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 463396,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 463396,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463396,
            "tagId": 692509468,
            "tag": {
              "id": 692509468,
              "slug": "stanford-university",
              "name": "スタンフォード大学(組織)",
              "description": "スタンフォード大学に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 463264,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 463264,
        "slug": "2021-12-15-hyundais-mobile-eccentric-droid-tries-hard-to-live-up-to-its-name",
        "createdAt": "2021-12-16T05:15:05.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-17T08:42:18.000Z",
        "title": "現代自動車のモバイル・エキセントリック・ドロイドは奇抜なロボットプラットフォーム",
        "content": "<p>私はHyundai(ヒョンデ)を褒めようとしている。この会社は一風変わったロボットを作っていて、非常にハマっている。通常の自動車生産に加えて、自動車の巨人は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hyundai.com/worldwide/en/brand/technology-with-a-human-heart\" rel=\"noopener\">ウォーキングカーロボット</a>や<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-02-09-hyundai-shrinks-its-walking-car-robot-to-carry-cargo-get-rides-from-drones/\" rel=\"noopener\">ドローン</a>から<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hyundainews.com/en-us/releases/3242\" rel=\"noopener\">よくわからないもの</a>までいろいろ開発している。</p>\n<p>関連記事<br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/02/10/2021-02-09-hyundai-shrinks-its-walking-car-robot-to-carry-cargo-get-rides-from-drones/\" rel=\"noopener\">ヒュンダイがドローンで運べる荷物運搬用小型「ウォーキングカー」ロボットを発表</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/06/22/2021-06-21-hyundai-completes-deal-for-controlling-interest-in-boston-dynamics/\" rel=\"noopener\">現代自動車がソフトバンクからBoston Dynamicsの支配権取得を完了「歩くクルマ」に向け前進</a></p>\n<p>結局のところ、ロボティックの実験という観点から見て、<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-06-21-hyundai-completes-deal-for-controlling-interest-in-boston-dynamics/\" rel=\"noopener\">Boston Dynamics</a>(ボストン・ダイナミクス)は悪くないところに着地したといえるだろう。</p>\n<div id=\"attachment_463267\" style=\"width: 410px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-463267\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-463267\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/Large-49093-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?w=683\" alt=\"\" width=\"400\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/Large-49093-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49093-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=200,300 200w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49093-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=768,1152 768w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49093-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=683,1024 683w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49093-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=267,400 267w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49093-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=400,600 400w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49093-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=738,1107 738w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49093-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=240,360 240w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49093-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=147,220 147w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49093-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=115,172 115w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49093-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=83,125 83w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49093-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=40,60 40w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49093-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=368,552 368w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49093-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=245,367 245w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49093-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=33,50 33w\" sizes=\"(max-width: 400px) 100vw, 400px\" /><p id=\"caption-attachment-463267\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Hyundai</p></div>\n<p>そして今度は、Mobile Eccentric Droid(MobED、モバイル・エキセントリック・ドロイド)だ。この4輪のセグウェイ風装置は、厳密な意味でプラットフォームだ。つまり、広範囲の異なるアプリケーションに開放されているだけでなく、文字どおり、上にモノを置くことができる。いうなれば、さまざまな環境のためにデザインされたモバイル台車であり、この上で自立型あるいは制御されたロボティック応用装置を構築できる。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/_BI8usSuo7I?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>同社がCES(このシステムが展示される予定)に先だって公開した<a target=\"_blank\" href=\"https://youtu.be/_BI8usSuo7I\" rel=\"noopener\">色鮮やかなYouTubeビデオ</a>から判断するに、考えられる用途として、荷物配達、小さな子どもの移動、遠隔会議などがありそうだ。MobEDのその他の応用例としては、歩行が困難な人たちの移動手段も考えられる。</p>\n<p>「MobEDプラットフォームは、既存の室内用ガイドあるいはサービスロボットの限界を克服するとともに、プラットフォームの可動性を劇的に向上することで、都市における有用性を最大限に高めるために開発しました」とHyundai Motor Group(現在自動車グループ)ロボティクスラボ責任者のDong Jin Hyun(ドン・ジンヒョン)氏はリリースで語った。「私たちは、MobEDの潜在ユーザーが、この種のテクノロジーのニーズと利用をどのように拡大していくかを見守っていきます」。</p>\n<div id=\"attachment_463266\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-463266\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-463266 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2021/12/Large-49095-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-463266\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Hyundai</p></div>\n<p>システムの重量は50kgで最大30km/hで移動することができる。内蔵バッテリーは約4時間使用できる、とHyundaiは推定している。名称の「エキセントリック(奇抜な)」はシステムの制御メカニズムに由来している。</p>\n<p>Hyundaiは次のように述べている。</p>\n<blockquote><p>このエキセントリックメカニズムに基づく姿勢制御システムは、地面の状態に応じてそれぞれの車輪の高さを調節することによって車体の姿勢も安定させます。MobEDの12インチ空気入タイヤが、バウンドや振動の吸収にさらに役立ちます。</p></blockquote>\n<p>同システム、およびその他のHyundaiロボットについては、2022年1月のCESで続報する予定だ。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/tag/ces-2022/\" rel=\"noopener\"><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-462864 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"141\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg 3200w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=300,41 300w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=768,106 768w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1024,141 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1536,211 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=2048,282 2048w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=400,55 400w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=738,101 738w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=640,88 640w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=220,30 220w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=281,39 281w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=250,34 250w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=125,17 125w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1735,239 1735w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=600,83 600w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=50,7 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></a></p>\n<p><small>画像クレジット:Hyundai</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/15/hyundais-mobile-eccentric-droid-tries-hard-to-live-up-to-its-name/\" rel=\"noopener noreferrer\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a> )</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/Large-49097-HyundaiMotorGroupRevealMobileEccentricDroidMobEDanAll-NewMobilityPlatformforVersatileApplications.jpg",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 463264,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 463264,
            "tagId": 34493,
            "tag": {
              "id": 34493,
              "slug": "ces",
              "name": "CES(イベント)",
              "description": "CESは、毎年1月にネバダ州ラスベガスで開催される電子機器の見本市だ。"
            }
          },
          {
            "postId": 463264,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463264,
            "tagId": 366275483,
            "tag": {
              "id": 366275483,
              "slug": "hyundai",
              "name": "Hyundai / ヒョンデ / 現代自動車(企業)",
              "description": "韓国の自動車メーカー。"
            }
          },
          {
            "postId": 463264,
            "tagId": 692516492,
            "tag": {
              "id": 692516492,
              "slug": "ces-2022",
              "name": "CES 2022(イベント)",
              "description": "Edit | Quick Edit | Delete | View\r\nConsumer Technology Association(CTA)主催。米国時間2022年1月5日〜8日までラスベガスとオンラインで開催される。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 462944,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 462944,
        "slug": "2021-12-13-forwardx-warehoue-robot-series-c1",
        "createdAt": "2021-12-15T00:00:24.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-14T23:47:55.000Z",
        "title": "倉庫用ロボットのスタートアップForwardXがシリーズCで約35億円調達",
        "content": "<div id=\"attachment_462950\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-462950\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-462950 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/1.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"682\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/1.jpg 1390w, /wp-content/uploads/2021/12/1.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2021/12/1.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2021/12/1.jpg?resize=1024,682 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/1.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2021/12/1.jpg?resize=400,266 400w, /wp-content/uploads/2021/12/1.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2021/12/1.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2021/12/1.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2021/12/1.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2021/12/1.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2021/12/1.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2021/12/1.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2021/12/1.jpg?resize=829,552 829w, /wp-content/uploads/2021/12/1.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2021/12/1.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-462950\" class=\"wp-caption-text\">倉庫内に設置されたForwardXのAMRロボット</p></div>\n<p>北京に本社を置き、自律移動型ロボット(AMR)を製造する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.forwardx.com/\" rel=\"noopener\">ForwardX Robotics(フォワードX・ロボティクス)</a>は、世界的な事業拡大を目指し、シリーズC資金調達ラウンドの最初のトランシェをクローズしたことを米国時間12月14日に発表した。</p>\n<p>同社の最高執行責任者(COO)であるYaxin Guan(ヤクシン・グァン)は、TechCrunchのインタビューの中で、投資家が中国の倉庫業や製造業のロボットメーカーに声をかけている時期に、同社はシリーズCラウンドの残りの資金を調達していると述べた。</p>\n<p>今回の新たな投資により、Oracle(オラクル)の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/nicolas-chee-0352502a/\" rel=\"noopener\">元副社長であるNicolas Chee(ニコラス・チー)</a>氏が2016年に同社を設立して以来、ForwardXの調達総額は約1億ドル(約113億円)に達した。同社は、資金調達後の評価額や、シリーズC全体でいくらかき集める予定なのかについては明らかにしていない。</p>\n<p>C1ラウンドは、中国の保険会社であるTaikang Life Insurance(泰康人寿)が主導し、Qualcomm Ventures(クアルコム・ベンチャーズ)と、業界のアップグレードに焦点を当てた中国のアーリーステージの投資会社であるStarlight Capital(スターライト・キャピタル)が参加した。</p>\n<p>2014年、Qalcommは、インターネット、eコマース、半導体、健康、教育などのモバイル技術を推進する中国のスタートアップ企業に1億5000万ドル(約170億円)を出資することを<a target=\"_blank\" href=\"https://www.qualcomm.com/news/releases/2014/07/23/qualcomm-commits-150-million-strategic-venture-fund-china\" rel=\"noopener\">発表</a>している。</p>\n<p>ForwardXは現在、別の大手サプライヤーのチップを使用しているが、チップメーカーの大手が参加することで「5G技術のリーダーと協力して、スマート倉庫や製造プロジェクトでの5Gの使用をさらに進めることができる」と同社は述べている。</p>\n<p>今回の資金調達により、中国のスタートアップ企業は、研究開発のタイムラインを加速し、米国などの「主要市場」での展開能力を高め、新しい市場での販売を拡大する計画だ。</p>\n<p>現在、同社の収益の大部分は中国からのもので、eコマース大手のJD.com(JDドットコム)や、DHLと提携している物流大手のSF Supply Chain China(SFサプライ・チェーン・チャイナ)が主な顧客となっている。グァン氏によると、このロボットメーカーはこれまでに、JD.comの倉庫で500万件以上のピッキングを行ってきたという。</p>\n<p>他の<a target=\"_blank\" href=\"/2020/12/31/2020-12-30-flexiv-100-million-series-b/\" rel=\"noopener\">中国のロボットベンチャー企業</a>と同様に、ForwardXも海外市場への進出を着実に進めている。すでに東京にオフィスを開設し、米国支社の設立を予定している他、2022年にはヨーロッパへの進出も計画している。</p>\n<p>つまり、Locus Robotics(ローカス・ロボティクス)や6 River Systems(6リバー・システムズ)などの米国企業を狙っているのだ。競合するために、同社のソリューションは「競争力のあるハードウェアコストと、そのソリューションにおける1人当たりに必要なロボット数」により、競合他社よりも少ない初期投資で済むと主張している。同社のロボットは、1台あたり最大1200kgの荷物を運ぶことができる。</p>\n<p>ForwardXは、AMRソリューションを販売するだけでなく、自動車送迎のプラットフォームがドライバーの生産性を最適化するために使用しているアルゴリズムのように、ロボットが倉庫内をどのように歩き回るかを決定できるフリート管理システムも売りにしている。</p>\n<p>LiDARとディープラーニングを搭載したロボットのおかげで、作業員は歩き回るよりもピッキングに時間を割くことができ、新入社員は倉庫内のどこに何があるかを覚える必要がなくなるとグァン氏は説明してくれた。</p>\n<p>中国のハイテク企業は、海外で規制当局の監視を受けることが多くなっている。「ビジネスの観点」から見ると、同氏は米中関係の悪化が同社の米国進出の足かせになるとは考えていない。</p>\n<p>「米国では人手がさらに少なくなっているので、物流の顧客が米国で必要としているのはロボットなのです」と語った。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/13/forwardx-warehoue-robot-series-c1/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Rita Liao、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/1.jpg",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 462944,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 462944,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462944,
            "tagId": 364665489,
            "tag": {
              "id": 364665489,
              "slug": "china",
              "name": "中国(国・地域)",
              "description": "中国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462944,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 462944,
            "tagId": 366279182,
            "tag": {
              "id": 366279182,
              "slug": "warehouse",
              "name": "倉庫(用語)",
              "description": "倉庫に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462944,
            "tagId": 692512888,
            "tag": {
              "id": 692512888,
              "slug": "forwardx-robotics",
              "name": "ForwardX Robotics(企業)",
              "description": "中国・北京を拠点とするロボティクス企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 462902,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 462902,
        "slug": "sony-6wheel-robot",
        "createdAt": "2021-12-14T12:10:18.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-15T02:49:18.000Z",
        "title": "ソニーが整地・不整地を安全かつ効率的に移動できる6輪ロボを開発、清水建設と建設現場で共同実証実験",
        "content": "<p>ソニーは、アクチュエーターを備えた6本の脚それぞれに車輪を配した、6輪ロボットを発表した。平地では車輪で走行し、階段などの段差では脚移動と車輪移動を併用する。そのため、整地と不整地が混在する場所でも、安全かつ効率的に移動が可能となる。ソニーグループの研究開発組織であるR&Dセンターが開発した。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/sorw7o73ydc?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>このロボットには、ソニーがロボット関連の国際学会「IROS 2021」で発表した4脚歩行ロボットの設計思想が継承されている。作動中・停止中の脚部にかかる負荷を分散することで、最大20kgの重量物を、高いエネルギー効率で運搬できるほか、静止時は自重を支えるために必要なエネルギー消費量も削減できるという。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-462964\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg\" alt=\"ソニーが整地・不整地を安全かつ効率的に移動できる6輪ロボを開発、清水建設と建設現場で共同実証実験\" width=\"793\" height=\"798\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg 793w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=150,150 150w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=298,300 298w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=768,773 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=397,400 397w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=400,403 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=738,743 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=358,360 358w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=220,220 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=171,172 171w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=124,125 124w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=125,125 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=60,60 60w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=549,552 549w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=365,367 365w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=32,32 32w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=50,50 50w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=64,64 64w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=96,96 96w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=128,128 128w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-005.jpg?resize=80,80 80w\" sizes=\"(max-width: 793px) 100vw, 793px\" /></p>\n<p>脚の間接部にかかる力は、ソニー独自の全身協調制御システムにより柔軟に制御され、不安定な路面でも動作を安定させられる。また外部から力を受けたときは、衝撃を最小限に抑えるための自律的な回避行動がとれる。さらに、移動時に瞬間的な大電流が必要になった場合に、電気二重層キャパシタ(EDLC)がピーク電流に対応するため、バッテリーを小さく抑えることができ、機体が小型化できた。ソニーでは、さらなる小型化を進めると話している。このロボットは、清水建設と共同で、工事現場での実証実験が行われる。期間は2021年11月から2022年6月(予定)。</p>\n<p>同実証実験は、清水建設が施工中の虎ノ門・麻布台プロジェクト(虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業) A街区のタワービルにおいて、ソニーの移動ロボットの検証機を動作させるというもの。従来は管理者が行っていた施工現場の巡回・監視業務、工事の出来高確認検査業務などの代替を想定し、歩行性能、監視(撮影)性能、操作性能を検証する。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/7dYIkPHj1Vg?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<h3>仕様</h3>\n<ul>\n<li>サイズ:<br />\n全高720〜1220mm(500mmの可変ストローク)<br />\n全長912mm<br />\n全幅672mm<br />\n総重量(バッテリーを含む):89kg</li>\n<li>可搬重量:最大20kg</li>\n<li>移動速度:最大1.7m/s</li>\n<li>移動可能段差:最大30cm</li>\n<li>連続稼動時間:約4時間(動作パターンにより変動)</li>\n<li>自由度:<br />\n駆動軸16軸(直動6軸、Hip回転6軸、駆動輪4軸)<br />\n受動軸2軸(独自開発シングルオムニホイール)</li>\n</ul>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-14-009-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 462902,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 462902,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462902,
            "tagId": 366274320,
            "tag": {
              "id": 366274320,
              "slug": "construction",
              "name": "建設 / 建築(用語)",
              "description": "建設、建築に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462902,
            "tagId": 366274402,
            "tag": {
              "id": 366274402,
              "slug": "sony",
              "name": "Sony / ソニー(企業)",
              "description": "ソニー(Sony)は、日本の多国籍コングロマリット。"
            }
          },
          {
            "postId": 462902,
            "tagId": 692516505,
            "tag": {
              "id": 692516505,
              "slug": "shimizu-corporation",
              "name": "清水建設(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 462908,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 462908,
        "slug": "2021-12-01-if-we-cant-design-autonomous-robots-maybe-they-can-design-themselves",
        "createdAt": "2021-12-14T07:00:23.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-14T06:59:30.000Z",
        "title": "【コラム】私たちが自律型ロボットを設計できなくても、ロボットが自らを設計できるかもしれない",
        "content": "<p>Elon Musk(イーロン・マスク)氏が先に発表した、人間型で「人間レベルの手」と特徴的に楽観的な納期を備えた<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/20/2021-08-19-musk-the-tesla-bot-is-coming/\" rel=\"noopener\">Tesla Bot</a>(テスラ・ボット)は、当然のことながら<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theverge.com/2021/8/20/22633958/tesla-bot-elon-musk-ai-day\" rel=\"noopener\">それなりの批判</a>を集めている。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/20/2021-08-19-musk-the-tesla-bot-is-coming/\" rel=\"noopener\">テスラはロボット「Tesla Bot」を開発中、2022年完成予定</a></p>\n<p>このロボットは最終的に、単独で食料品店に行くなどの用事をこなすことができるようになるとマスク氏は述べている。Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)は、これまでで最も高度なヒューマノイドロボットを開発中だが、Atlas(アトラス)プラットフォームへの取り組みに10年以上を費やしてきた。Atlasは、何千万人ものYouTube視聴者の前で走ったり、ジャンプしたり、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.youtube.com/watch?v=fn3KWM1kuAw\" rel=\"noopener\">踊ったり</a>するなど、目覚ましい進歩を遂げているものの、同社はこのロボットが複雑なタスクを自律的に実行するにはまだ長い道のりがあることを即座に認めている。</p>\n<p>ロボットの進化のポテンシャル、そして果されていない約束に関する最も良い例の1つが、2010年に<a target=\"_blank\" href=\"https://journals.plos.org/plosbiology/article?id=10.1371/journal.pbio.1000292\" rel=\"noopener\">PLOS Biology(プロス・バイオロジー)誌</a>に発表された研究である。この研究の執筆者たちは、モーターとセンサーを搭載した物理的なロボットを使って(単なるシミュレーションではなく)、衝突のないナビゲーション、ホーミング、捕食者と被食者間の共進化など、いくつかの進化モデルとフィットネス目標を実行した。</p>\n<p>彼らは結論の中で「これらのロボットによる実験的進化の例は突然変異、組み換え、自然選択による進化の力を証明している。すべての場合において、ロボットはそのゲノムにランダムな値があるために、最初は完全に非協調的な行動を示した」と記している。</p>\n<p>要約すると、この研究は「広範囲の環境条件下で効率的な行動の進化を促進するには、数百世代にわたるランダムな突然変異と選択的複製が必要にして十分である」と結論づけている。</p>\n<p>この非常に多くの世代にわたる進化の必要性は、Alphabet(アルファベット)が最近リリースした、Google(グーグル)のオフィスの清掃作業を行う100台を超えるEveryday Robot(エブリデイ・ロボット)のプロトタイプに示されている。そのぎこちなく、たどたどしい動きは、依然として<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theverge.com/2021/11/19/22791267/alphabet-google-everyday-robot-project-cleaning-office-prototype\" rel=\"noopener\">進歩途上の域を出ない</a>。</p>\n<h2>「進歩」対「完全」</h2>\n<p>マスク氏がロボティクスのフィールドで競争に勝つことは実際にあり得るかもしれないが、ロボット自身の助けが必要になるだろう。進化的コンピューター分野の多くの専門家によれば、一定のフィードバックや学習ループを必要とする複雑なタスクを実行できるロボットは、人間が自ら直接設計するには複雑すぎるという。それよりむしろ、ロボットによる開発と設計の未来は、特定の結果に最も役立つ機能をロボットが選定する「進化」の産物になる可能性を秘めている。</p>\n<p>進化的ロボティクスはSFのように聞こえるが、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.morningbrew.com/emerging-tech/guides/your-guide-to-robotics\" rel=\"noopener\">新しいコンセプトではない</a>。1950年代初頭でさえ、Alan Turing(アラン・チューリング)氏が、インテリジェントな機械の創造は人間の設計者には複雑すぎるだろうと考え、より良い方法はそのプロセスに「突然変異」と選択的複製を導入することかもしれないと仮定していた。もちろん、進化的ロボティクスの背景にあるアイデアはかなり前から形になっていたが、そのコンセプトを実行に移すために必要なツールが利用できるようになったのは最近のことにすぎない。</p>\n<p>現代史上初めて、私たちは進化的ロボティクスを促進する上で必要なあらゆるビルディングブロックを手にしている。3Dプリンティングを使った迅速なプロトタイピングと物理的な複製、学習と訓練のためのニューラルネットワーク、改善されたバッテリー寿命と安価な材料などだ。</p>\n<p>例えば、NASAはすでに人工進化技術を使って<a target=\"_blank\" href=\"https://ti.arc.nasa.gov/m/pub-archive/1244h/1244%20%28Hornby%29.pdf\" rel=\"noopener\">衛星用アンテナを開発</a>している。それ以上にエキサイティングなのは、バーモント大学とタフツ大学のクリエイターが2020年に<a target=\"_blank\" href=\"https://www.uvm.edu/news/story/scientists-create-next-generation-living-robots\" rel=\"noopener\">「xenobot(ゼノボット)」を発表</a>したことだ。これは「進化的ロボティクスの技術を使ったコンピューターシミュレーションで初めて設計された小さな生物機械」である。</p>\n<p>この自己修復型の生物機械はカエルの幹細胞を使って作られたもので、ペイロードを動かしたり押したりする能力を示している。この「ナノロボット」は、いつの日か血流に注入されて薬を運ぶことに使えるようになると考えられている。</p>\n<p>しかし、これらすべてのブレークスルーが存在するとしても、物理的ロボットの進化的反復は依然として時間を要するものであり、その理由の一部は、それにともなうリスクに起因している。食料品を買いに行くような作業でさえ、信じられないほど複雑で、クルマが往来する道路を横断してしまうようなロボットのさまざまなミスが人間を危険にさらしかねない。</p>\n<h2>多くの可能性</h2>\n<p>マスク氏が既存のTesla(テスラ)車を単なる車輪付きロボットだとするのは間違ってはいないが、あまりにも単純化しすぎている。Teslaは1つのタスクに特化しており、直接的な監督なしでは複雑な世界をナビゲートする自己学習はできない。同氏はスーパーコンピューターを自由に使えるようにし、すでに高度なロボットと驚異的なAI専門家チームを手に入れているかもしれないが、独立して人前に出ることのできるヒューマノイドロボットの実現はまだ遠い先のことだろう。</p>\n<p>自力で動けるロボットを作るためには、ロボットが突然変異を起こし、2つの異なる親の最も望ましい特性を組み合わせていく、数百「世代」の進化が必要となるであろう。</p>\n<p>有用な現実世界のアプリケーションを空想するなら、セキュリティと偵察のラインに沿って想定してみよう。安全検査やコードコンプライアンスの構築、消防支援、さらには捜索救助支援なども考えらえる。</p>\n<p>2021年6月、フロリダ州サーフサイドのビーチフロントにあるコンドミニアムの塔が崩壊し、100人近い命が奪われた。ドローンの大群が有用であることを示す好例は、建物の建築とコード検査かもしれない。老朽化したマンションの最上階から最下部、内部、外部まで、センサーやカメラを使って防水性の問題、コンクリートのはく離やひび割れ、沈下などの問題をチェックする、より定期的で頻度の高い検査を行うことができる。これは、人間のエンジニアチームの何分の1かのコストで実現可能である。</p>\n<p>他にも、警備や医療支援など、イベントに役立つアプリケーションがある。ヒューストンのアストロワールドの悲劇を思い出して欲しい。10万人規模のイベントでは、人間の警備員が広大で混雑した地帯をカバーするのは難しいことが多い。ドローンやロボットの群れは、セキュリティ上の問題や闘争、発作を起こしている人あるいはその他の医療上の緊急事態を監視したり、自動体外式除細動器のような医療機器を人間のスタッフよりもはるかに迅速に運んだりするといった点で、極めて有用である。</p>\n<p>なぜドローンは群れを成し、1機ではないのか。多くの理由があるが、主としてレジリエンスと冗長性が挙げられる。1機のドローンが故障しても、オペレーションは途切れることなく継続する。これは「ミッション」を中断できない高リスクの状況で特に有用である。</p>\n<h2>より良いロボットの創造</h2>\n<p>「進化的ロボティクス」という用語は、有機的な進化から学んだプロセスを非有機的なデバイスに複製することを意味しているため、少し誤解を招きやすい。より良い記述子は「人為的進化」あるいは「具現化進化」かもしれない。ロボットが進化しているというよりも、プロセスそのものが進化を生み出しているのである。</p>\n<p>同じアプローチは、2つ以上の親由来の突然変異とそれに続く組み換えの両方を介して「子孫」を生成するニューラルネットワークと進化アルゴリズムを装備可能な、任意のエンティティに適用することができる。実際、進化には物理的な形さえ必要ない。これらと同様のプロセスをスーパーコンピューターの内部に配置して、大規模な問題を解決することもできる。進化のより良い理解は、私たちが何を成し遂げるのに役立つだろうか?</p>\n<p>1つは、自律的な現実世界のインタラクションである。進化的ロボティクスは、複雑かつ自律的な現実世界でのインタラクションを可能にする唯一の方法だ。そのようなロボットの利点は列挙するには長すぎるが、ユースケースは、ロボット消防士、捜索救助ロボットから、核廃棄物浄化ロボットや在宅介護ロボットなどにまで及ぶ可能性がある。</p>\n<p>私たちはまた、有機的進化についてもさらに理解を深めることができる。進化についてのより微細な知識は、推し量るのが難しいほど幅広いアプリケーションを生み出す可能性がある。病気の治療や免疫の確立、寿命の延長、生態系へのインパクトの軽減など、地球上の未来をより正確に把握するための最善の方法について、信じられないほどの洞察を得られるかもしれない。</p>\n<p>生命の起源を知る手がかりを得る可能性も秘めている。人工的な進化を研究し、習得することにより、他の惑星で生命が形成され進化し得るあらゆる方法について理解を深めることができるだろう。科学の専門家の多くは、宇宙の他の場所に生命が存在する可能性は低いとしているが、進化に関するより深い理解と、ミクロスケールで大進化を再現する能力は、地球外生命の探索の指針となることは間違いない。</p>\n<h2>もろ刃の剣</h2>\n<p>最後に太陽系の探査について考えてみよう。完全に自動化され、自己複製し、進化するロボットがあれば、これまでの想定をはるかに超える距離で、宇宙の奥深くまで無人ミッションを送ることが可能になる。これらのロボットは、着地した惑星に適応し、コンポーネントを再利用し、環境に応じて進化し、最終的にはデータや子孫を地球に送り返すことができるかもしれない。</p>\n<p>ロボットが街を歩き回るというアイデアが「ターミネーター」のようなロボットの蜂起のイメージを想起させるのであれば学習、再生、環境観察、進化が可能なロボットが現実からまだ遠いという事実に慰めを得ることができる。</p>\n<p>むしろ、複雑な現実世界のインタラクションが可能で真に自律的なロボットを習得する上での最大の難点は、人間のワークフォースが必然的に移動することだ。マスク氏は、この問題の解決策はベーシックインカムの普及であり、将来の仕事は完全に任意だと考えている。</p>\n<p>同意できそうにない。人間は仕事と創造から自尊心と価値を得ており、それを取り除くことは、潜在的な経済的影響に加えて、広範囲にわたる心理的インパクトが生じる可能性がある。これは複雑な問題だが、進化的ロボティクスは、最大の成果の1つとなり得るとともに、人類が直面しなければならない最大の課題にもなり得るだろう。</p>\n<p>編集部注:本稿の執筆者Gideon Kimbrell(ギデオン・キンブレル)氏は、<a target=\"_blank\" href=\"http://inlist.com/\" rel=\"noopener\">InList</a>の共同設立者兼CEO。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.com/search/photographer?family=creative&amp;photographer=NanoStockk\" rel=\"noopener\">NanoStockk</a> / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/01/if-we-cant-design-autonomous-robots-maybe-they-can-design-themselves/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Gideon Kimbrell、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/GettyImages-1303811813.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 462908,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 462908,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462908,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462908,
            "tagId": 1244446,
            "tag": {
              "id": 1244446,
              "slug": "elon-musk",
              "name": "Elon Musk / イーロン・マスク(人物)",
              "description": "イーロン・マスク氏に関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 462908,
            "tagId": 366272355,
            "tag": {
              "id": 366272355,
              "slug": "humanoid-robot",
              "name": "ヒューマノイド / 人型ロボット(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462908,
            "tagId": 366273907,
            "tag": {
              "id": 366273907,
              "slug": "column",
              "name": "コラム(用語)",
              "description": "コラム記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462908,
            "tagId": 366278135,
            "tag": {
              "id": 366278135,
              "slug": "tesla",
              "name": "Tesla / テスラ(企業)",
              "description": "Tesla(テスラ)は、電気自動車とその関連商品、ソーラーパネルや蓄電池などを開発する米国企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 462827,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 462827,
        "slug": "2021-12-13-walmart-supported-symbotic-set-to-go-public-via-softbank-spac",
        "createdAt": "2021-12-14T05:15:03.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-14T04:41:05.000Z",
        "title": "ウォルマート提携のロボット企業SymboticがソフトバンクSPAC経由で株式公開へ",
        "content": "<p>Walmart(ウォルマート)は、Amazon(アマゾン)のオンライン支配に対抗するためにあらゆる優位性を追求し、ロボティクス分野で浮き沈みを繰り返してきた。巨大な小売企業のWalmartは2021年7月、マサチューセッツ州を拠点とするオートメーション企業<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/13/walmart-will-be-bringing-symbotic-robots-to-25-distribution-centers/\" rel=\"noopener\">Symbotic(シンボティック)と契約を結び</a>、同社との関係をさらに強化した。この新しい契約は、2017年に初めて試験的に実施された、Walmartの25の地域配送センターにロボットを導入するという提携を拡大した。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/07/15/2021-07-13-walmart-will-be-bringing-symbotic-robots-to-25-distribution-centers/\" rel=\"noopener\">ウォルマートが25の配送センターにSymboticのロボットを導入</a></p>\n<p>完成までには「数年」を要する予定のこの提携は、Albertsons(アルバートソンズ)やC&amp;S Wholesale Grocers(C&amp;Sホールセールグローサーズ)とのパートナーシップに続くものだ。Symboticによると、現在導入しているのは「16州とカナダの8つの州の1400超の店舗」で、これはおそらく配送センターの影響を直接受ける場所を指している。同社の自律型ロボットシステムは、既存の倉庫構造を増強する。当然のことながら、同社は現在も続くサプライチェーンの問題に影響を与える方法にも積極的に取り組んでいる。</p>\n<p>同社は米国時間12月13日、SoftBank Investment Advisers(ソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズ)のSVF Investment Corp.3との合併により、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.symbotic.com/news/symbotic-to-become-a-public-company-in-partnership-with-softbank\" rel=\"noopener\">SPAC経由で株式公開する計画を発表した</a>。この取引により、Symboticのプロフォーマの株式価値は約55億ドル(約6250億円)となり、ソフトバンクからの2億ドル(約230億円)を含む7億2500万ドル(約820億円)の総資金を調達することができる。また、ソフトバンクにとっては、ロボットへの投資が非常に実り多い年として2021年を締めくくるものになる。</p>\n<p>CEOのRick Cohen(リック・コーエン)氏は、リリースの中で次のように述べている。「ソフトバンクは、最先端の人工知能やロボティクスのイノベーターに投資してきたすばらしい経験を持っています。彼らとの提携は、当社の可能性を最大限に実現するための新たな洞察力、関係性、資本を提供してくれるでしょう。ソフトバンクとともに、Symboticがサプライチェーンの近代化において強力かつ長期的な力を発揮し、すべての人に利益をもたらすことを確信しています」。</p>\n<p>想定どおり2022年上半期に取引が完了すれば、Walmartはロボット・AI企業の9%を所有することになる。Amazon Robotics(アマゾン・ロボティクス)の基盤となったKiva Systems(キヴァ・システムズ)のような企業の全面的な買収とまではいかないが、ロボットを使ったフルフィルメントセンターへの取り組みは将来に向けて不可欠なステップだとWalmartが判断したことは明らかだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Symbotic</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/13/walmart-supported-symbotic-set-to-go-public-via-softbank-spac/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/Symbotic.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 462827,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 462827,
            "tagId": 15387,
            "tag": {
              "id": 15387,
              "slug": "walmart",
              "name": "Walmart / ウォルマート(企業)",
              "description": "世界最大の米国のスーパーマーケットチェーン。"
            }
          },
          {
            "postId": 462827,
            "tagId": 366274193,
            "tag": {
              "id": 366274193,
              "slug": "automation",
              "name": "オートメーション / 自動化(用語)",
              "description": "オートメーション / 自動化に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462827,
            "tagId": 366275604,
            "tag": {
              "id": 366275604,
              "slug": "fulfillment",
              "name": "フルフィルメント(用語)",
              "description": "フルフィルメントに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462827,
            "tagId": 692509513,
            "tag": {
              "id": 692509513,
              "slug": "spac",
              "name": "SPAC / 特別買収目的会社(用語)",
              "description": "Special Purpose Acquisition Company。主に未公開会社・事業を買収することを目的とした特別な業務形態の会社のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 462827,
            "tagId": 692509879,
            "tag": {
              "id": 692509879,
              "slug": "group-softbank",
              "name": "ソフトバンクグループ / Softbank Group(企業)",
              "description": "携帯電話といった電気通信事業者やインターネット関連会社などを傘下に置く日本の持株会社。"
            }
          },
          {
            "postId": 462827,
            "tagId": 692514350,
            "tag": {
              "id": 692514350,
              "slug": "symbotic",
              "name": "Symbotic(企業)",
              "description": "自律型ロボティクスプラットフォームを開発、提供するマサチューセッツの企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 462847,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 462847,
        "slug": "2021-12-13-german-bionic-debuts-a-new-exoskeleton-with-upper-and-lower-body-assistance",
        "createdAt": "2021-12-14T05:00:35.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-14T04:51:32.000Z",
        "title": "German Bionicが第5世代のパワースーツ「Cray X」を発表、持ち上げと歩行の両方を支援可能に",
        "content": "<p>German Bionic(ジャーマン・バイオニック)は2020年末、Samsung Catalyst Fund(サムスン・カタリスト・ファンド)が共同主導したシリーズAラウンドで2000万ドル(約22億7000万円)を調達したことを<a target=\"_blank\" href=\"/2020/12/21/2020-12-14-german-bionic-raises-20m-led-by-samsung-for-exoskeleton-tech-to-supercharge-human-labor/\" rel=\"noopener\">発表した</a>。サムスンが独自にロボティクス外骨格技術を披露していることを考えると、この提携は不思議に思えた。筆者は数年前のCESで、<a target=\"_blank\" href=\"/2019/01/11/2019-01-10-taking-a-stroll-with-samsungs-robotic-exoskeleton/\" rel=\"noopener\">サムスンの「GEMS(Gait Enhancing and Motivation System、歩行の強化と動機付けシステム)」を試したことがある</a>が、機能は限られているものの、歩行補助には十分な効果があった。</p>\n<p>関連記事<br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2020/12/21/2020-12-14-german-bionic-raises-20m-led-by-samsung-for-exoskeleton-tech-to-supercharge-human-labor/\" rel=\"noopener\">力仕事をサポートする外骨格テクノロジーのGerman Bionicがサムスン主導で20.7億円調達</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2019/01/11/2019-01-10-taking-a-stroll-with-samsungs-robotic-exoskeleton/\" rel=\"noopener\">Samsungの障害者用外骨格製品を試着して歩いてみた</a></p>\n<p>もちろん、サムスンのロボティックスに対する野望をどれだけ真剣に受け止めればいいのか、全面的に明らかになっているわけではない。これまでのところ、同社の製品は主にショーのために作られているように見える。その一方で、German Bionicは以前からこの分野に取り組んできた。実際に同社はその外骨格パワースーツ「Cray X(クレイ・エックス)」の第5世代を発表したばかりで、数週間後に開催される来年のCESで展示されることになっている。</p>\n<p>2022年初頭より出荷開始が予定されているこのシステムは、Hardware-as-a-Service(サービスとしてのハードウェア)のサブスクリプションモデルとして提供される。料金は月額499ドル(5万7000円)から。とはいえ、家の中で家具を動かすためにこのシステムを借りる人はいないだろう。</p>\n<div id=\"attachment_462848\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-462848\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-462848\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg 2048w, /wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg?resize=1536,1025 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg?resize=187,125 187w, /wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg?resize=550,367 550w, /wp-content/uploads/2021/12/gND6peg.jpeg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-462848\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:German Bionic</p></div>\n<p>この新モデルでは、1回の持ち上げ時に最大約30㎏の支援が可能だ。さらに、歩行支援機能も追加されている。これはCray Xシリーズ初のことであり、通常は別々の装置に分かれている支援機能が組み合わされている。これにより、第5世代のCray Xは「荷物をaからbに移動させる際に、脚を前方に優しく押し出すことで、荷物の持ち上げと歩行の両方を行う作業者の早期疲労を軽減し、エネルギーレベルを維持することができます」と、同社では述べている。</p>\n<p>新モデルのCray XはIP54の防塵・防滴性能を備え、継続的なサポートのためにホットスワップ可能なバッテリーが新たに採用された。この分野ではGerman Bionicだけでなく、大小さまざまな企業が、人間とロボット作業者の境界線を曖昧にするために、肉体的に過酷な労働を機械的に支援する仕組みに取り組んでいる。しかし、German Bionicは、Ikea(イケア)やBMWをはじめとする企業からの多大な支持を受けている。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/tag/ces-2022/\" rel=\"noopener\"><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-462864 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"141\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg 3200w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=300,41 300w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=768,106 768w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1024,141 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1536,211 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=2048,282 2048w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=400,55 400w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=738,101 738w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=640,88 640w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=220,30 220w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=281,39 281w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=250,34 250w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=125,17 125w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=1735,239 1735w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=600,83 600w, /wp-content/uploads/2021/12/ces-2022-banner.jpg?resize=50,7 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></a></p>\n<p><small>画像クレジット:German Bionic</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/13/german-bionic-debuts-a-new-exoskeleton-with-upper-and-lower-body-assistance/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/3_jX_oUQ.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 462847,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 462847,
            "tagId": 34493,
            "tag": {
              "id": 34493,
              "slug": "ces",
              "name": "CES(イベント)",
              "description": "CESは、毎年1月にネバダ州ラスベガスで開催される電子機器の見本市だ。"
            }
          },
          {
            "postId": 462847,
            "tagId": 692506281,
            "tag": {
              "id": 692506281,
              "slug": "powered-suit",
              "name": "エクソスケルトン / 外骨格 / パワードスーツ(用語)",
              "description": "外骨格(エクソスケルトン)やパワードスーツに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462847,
            "tagId": 692508931,
            "tag": {
              "id": 692508931,
              "slug": "german-bionic",
              "name": "German Bionic(企業)",
              "description": "German Bionicは、工業向けエクソスケルトン(外骨格)/パワードスーツ開発メーカー。"
            }
          },
          {
            "postId": 462847,
            "tagId": 692516492,
            "tag": {
              "id": 692516492,
              "slug": "ces-2022",
              "name": "CES 2022(イベント)",
              "description": "Edit | Quick Edit | Delete | View\r\nConsumer Technology Association(CTA)主催。米国時間2022年1月5日〜8日までラスベガスとオンラインで開催される。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 462703,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 462703,
        "slug": "2021-11-28-fj-dynamics-70-million-funding",
        "createdAt": "2021-12-13T06:30:58.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-13T06:21:25.000Z",
        "title": "肉体労働を支える、ロボティクススタートアップFJDynamicsが約79億円調達",
        "content": "<p>DJIの元チーフサイエンティストであるWu Di(ウー・ディ)氏が設立した<a target=\"_blank\" href=\"https://www.fjdynamics.com/jp/\" rel=\"noopener\">FJDynamics</a>が、過酷な環境下で働く人々にロボティクステクノロジーを提供するという目標を推進すべく、シリーズBラウンドで7000万ドル(約79億円)を調達した。</p>\n<p>同社の農業用ロボットの特徴を尋ねたところ、ウー氏は広報担当者が冷や汗をかきそうな答えを返してきた。「当社のテクノロジーはさほど特別なものではありません」。多大な労力のかかる産業のために、便利かつ安価なロボットを作ることが同社のビジョンだと同氏は話す。</p>\n<p>「最先端のAIアルゴリズムを持っていても、業界での経験がないためにその技術が生産ラインや農場で活用できなければ、人々にとって何のメリットもありません」と同氏。</p>\n<p>ウー氏がFJDynamicsを始める前に携わっていたテクノロジーは、あらゆる意味で最先端のものだった。ドローン大手のDJIではチーフサイエンティストを務め、そこで同氏は2017年にスウェーデンのフォーマットカメラメーカーであるVictor Hasselblad ABの買収を監督している。中国に戻る前の10年間をスウェーデンで過ごしており、その間にドメインスペシフィック・プロセッサーデザインの博士号を取得。また、ファブレス半導体メーカーのCoresonic ABで副社長、スウェーデンの高級スポーツカーメーカーKoenigsegg ABでディレクターを務めた経歴を持つ。</p>\n<p>「これだけの一流技術を目の当たりにした後で、FJDynamicsをハイテク企業と呼ぶのはおこがましい」と語る創業者。色あせたチェックのシャツに細縁の眼鏡という姿で取材に応じてくれた。</p>\n<p>私たちが座っていたのは数台のデスクが置かれた仮設のミーティングルームだ。オープンプランのオフィスが可動式の壁で仕切られている。テクノロジーの中心地である深圳にある同社は急速に事業を拡大しており、従業員も1000人に近づいている。</p>\n<div id=\"attachment_462704\" style=\"width: 352px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-462704\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-462704\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2391637833861_.pic_hd.jpg?w=205\" alt=\"\" width=\"342\" height=\"500\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2391637833861_.pic_hd.jpg 1051w, /wp-content/uploads/2021/12/2391637833861_.pic_hd.jpg?resize=205,300 205w, /wp-content/uploads/2021/12/2391637833861_.pic_hd.jpg?resize=768,1122 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2391637833861_.pic_hd.jpg?resize=701,1024 701w, /wp-content/uploads/2021/12/2391637833861_.pic_hd.jpg?resize=274,400 274w, /wp-content/uploads/2021/12/2391637833861_.pic_hd.jpg?resize=400,585 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2391637833861_.pic_hd.jpg?resize=738,1079 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2391637833861_.pic_hd.jpg?resize=246,360 246w, /wp-content/uploads/2021/12/2391637833861_.pic_hd.jpg?resize=151,220 151w, /wp-content/uploads/2021/12/2391637833861_.pic_hd.jpg?resize=118,172 118w, /wp-content/uploads/2021/12/2391637833861_.pic_hd.jpg?resize=86,125 86w, /wp-content/uploads/2021/12/2391637833861_.pic_hd.jpg?resize=41,60 41w, /wp-content/uploads/2021/12/2391637833861_.pic_hd.jpg?resize=378,552 378w, /wp-content/uploads/2021/12/2391637833861_.pic_hd.jpg?resize=251,367 251w, /wp-content/uploads/2021/12/2391637833861_.pic_hd.jpg?resize=34,50 34w\" sizes=\"(max-width: 342px) 100vw, 342px\" /><p id=\"caption-attachment-462704\" class=\"wp-caption-text\">FJDynamicsの 創業者兼CEOのウー・ディ氏</p></div>\n<p>2019年、ウー氏はDJIを離れ、FJDynamicsを創設した。同社は当初より農業用ロボットに焦点を当て、無人の芝刈り機や果樹園の噴霧器、飼料押し出し機などのツールを作っているが、徐々に建設業や製造業など、肉体労働に大きく依存するその他の分野にも進出している。</p>\n<p>北京が国内の伝統産業のデジタル化を推進する中、FJDynamicsのような中国企業は投資家から熱い視線を浴びており、FJDynamicsにもTencentや国有自動車メーカーのDongfeng Asset Managementなどの<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/12/14/tencent-invests-in-dji-backed-agritech-startup-fj-dynamics/\" rel=\"noopener\">有力な投資家が名を連ねている</a>。DJIは初期の段階で同社に出資していたものの、その後株式を売却している。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2020/12/16/2020-12-14-tencent-invests-in-dji-backed-agritech-startup-fj-dynamics/\" rel=\"noopener\">アグリテック企業FJ DynamicsにTencentが投資</a></p>\n<p>同社は今回のシリーズBラウンドにおける単独投資家名を明かしておらず、中国の大手インターネット企業であるとのみ伝えている。今回の資金調達により、同社は「農業、施設管理、建設、園芸などの分野で、ロボットによる自動化テクノロジーを成長させるとともに、60カ国以上で提供している同社のESG製品の需要拡大をサポートする」ことができると話している。</p>\n<p>これまでに多くの技術系の人材が、自分の会社を立ち上げたり他のスタートアッププロジェクトに移籍したりするためにDJIを離れている。ポータブルバッテリーメーカーのEcoFlow、ヘアドライヤーのZuvi、電動歯ブラシブランドのEvoweraなどはその代表的な例である。ウー氏は世界最大のドローン企業であるDJIの名誉あるポジションを去った理由として「高級品」を作ることへの違和感を挙げている。</p>\n<p>「ロボティクステクノロジーは、多くの企業によってドローンや自律走行車に活用されていますが、 地球上の大多数の人はその恩恵を受けていません」。</p>\n<p>「農業、建設業、園芸業といった分野の労働条件は肉体的に厳しく、このような仕事をしている人はまだ大勢います。ロボティクステクノロジーを使って彼らの労働環境をいかに改善するかということが問題であり、また単にロボットに置き換えるということでは解決しません」と創業者は話している。</p>\n<div id=\"attachment_462706\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-462706\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-462706 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"507\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png 1386w, /wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?resize=300,148 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?resize=768,380 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?resize=1024,507 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?resize=808,400 808w, /wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?resize=400,198 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?resize=738,365 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?resize=640,317 640w, /wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?resize=240,120 240w, /wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?resize=220,109 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?resize=281,139 281w, /wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?resize=250,125 250w, /wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?resize=125,62 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?resize=121,60 121w, /wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?resize=1115,552 1115w, /wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?resize=600,297 600w, /wp-content/uploads/2021/12/2471637834885_.pic_hd-e1638006983737.png?resize=50,25 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-462706\" class=\"wp-caption-text\">買収したスウェーデンの農業会社SveaverkenのロゴがプリントされたFJDynamicsの牛用フィードプッシャー</p></div>\n<p>FJDynamicsの人気製品の1つに自動フィードプッシャーがある。高品質な牛乳を生産するためには1日に約10回の給餌が必要となり、そのためには24時間体制でスタッフを配置する必要がある。例えば500頭の牛を飼っている牧場なら牧草を与える人が交代制で3人ほど必要になるが、貧しい国ではそれほど多くのスタッフを配置することができず、寒い季節でも1日中牛の世話をすることになる。</p>\n<p>FJDynamicsは農家の仕事を少しでも楽にしたいと考えている。1台約2万ユーロ(約255万円)のビジョンガイド式フィーダーは、1日に最大500頭の牛に餌を与えることができる。2019年、同社は110年の歴史を持つスウェーデンの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.vinge.se/en/mandates/vinge-advises-fj-dynamics-on-its-acquisition-of-sveaverken-svea-agri/\" rel=\"noopener\">農業会社Sveaverken</a>を買収しており、これがFJDynamicsの飼料押し出しロボットの実用化に貢献した。</p>\n<p>「当社のお客様とは、テクノロジーについてお話ししたことがありません。農家の人々は、作物の収穫量を向上させるのに役立つかどうかという点により関心があるのです。農家さんは皆、経済家なんです」。</p>\n<p>「テクノロジーを手の届きやすい価格で」というビジョンを掲げているため、利益率は「控えめ」で、そのため経営陣は運用コストに対して慎重だ。</p>\n<p>現在、売上の約40%が中国以外の約60カ国で展開されている同社。海外に進出する中国企業の多くは「中国」と名の付くものへの反感を恐れてその出自に対して用心深くなっているのだが、ウー氏はより積極的なアプローチをとっている。</p>\n<p>「10年間ヨーロッパに住んでいようと、自分のアイデンティティを変えることはできません。そんなことは重要ではなく、中国人でも米国人でもスウェーデン人でも、顧客の利益となる優れた製品を作り続けていれば、ユーザーは必ずい続けてくれるのです」。</p>\n<p>特に企業のグローバル展開においては、データのコンプライアンスが重要な鍵となる。FJDynamicsはハードウェアとソフトウェアを提供し、現地のパートナーがデータを使った「システム」の展開を支援する。中国国外ではMicrosoft Azureが主なクラウドパートナーとなっており、それにより「GDPRなどのデータプライバシー要件を満たしながら、弾力的な展開が可能に」なっているという。</p>\n<p>「データを欲しないというのが我々の企業文化です」とウー氏。</p>\n<p>高度なプロセッサーを必要とするスマートフォンやドローンとは異なり、FJDynamicsの製品には中国で手に入る比較的シンプルなチップが使用されているため、昨今のサプライチェーンの混乱の影響を受けにくいと創業者は考えている。</p>\n<p>現在は最先端のテクノロジーを開発しているわけではないが、自身の知識を伝える方法を模索しているウー氏。農業ロボットを開発する合間に、深圳の南方科技大学で講義を受け持つこともある。</p>\n<p>「私は製品(FJDynamics)と教育という2つのことにフォーカスしながら、シンプルな生活を営んでいます。さまざまなことを目にしてきましたが、人はお金で変わることはできず、また幸せになることもできません。シンプルな目標を持つことが重要で、そういったシンプルな目標の達成が人を幸せにしてくれるのです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:FJDynamics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/28/fj-dynamics-70-million-funding/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Rita Liao、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2421637834861_.pic_hd-e1638163752386.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 462703,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 462703,
            "tagId": 364665489,
            "tag": {
              "id": 364665489,
              "slug": "china",
              "name": "中国(国・地域)",
              "description": "中国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462703,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462703,
            "tagId": 681520644,
            "tag": {
              "id": 681520644,
              "slug": "labor",
              "name": "労働 / 労働問題(用語)",
              "description": "労働 / 労働問題に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462703,
            "tagId": 692511307,
            "tag": {
              "id": 692511307,
              "slug": "fjdynamics",
              "name": "FJDynamics(企業)",
              "description": "スマートトラクターや田植え機など農業を自動化するソリューションや港や工場用の無人車を販売する中国のスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 461942,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 461942,
        "slug": "2021-12-06-uber-spinout-serve-robotics-gets-13m-seed-round-to-expand-sidewalk-robot-deliveries",
        "createdAt": "2021-12-08T01:00:16.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-08T00:47:23.000Z",
        "title": "Uberからスピンアウトした歩道走行ロボットServe Roboticsが約15億円獲得",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/03/2021-03-02-uber-spins-out-delivery-robot-startup-as-serve-robotics/\" rel=\"noopener\">Uber(ウーバー)傘下のPostmates(ポストメイツ)から3月にスピンアウトした</a>自動運転によるサイドウォークデリバリー(宅配)会社のServe Robotics(サーブ・ロボティクス)が、拡張シードラウンドを1300万ドル(約15億円)で完了した。得た資金で、成長に向け歩道走行ロボットを増産し、新たな顧客層や地域への拡大計画を加速する。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/03/2021-03-02-uber-spins-out-delivery-robot-startup-as-serve-robotics/\" rel=\"noopener\">Uberが配達ロボット事業を独立会社Serve Roboticsとしてスピンアウト</a></p>\n<p>「当社の目標は、今後2~3年のうちに、米国の主要都市すべてにロボットを配備することです」と、Serveの共同創業者でCEOのAli Kashani(アリ・カシャニ)氏はTechCrunchに語った。</p>\n<p>今回のラウンドには、Uberが戦略的投資家として参加した。また、Delivery Heroが出資するDX Ventures、セブン-イレブンのコーポレートベンチャー部門である7-Ventures、Wavemaker Partners傘下で、フードオートメーションのベンチャースタジオであるWavemaker Labsも参加した。本ラウンドは、Serveが<a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/03/2021-03-02-uber-spins-out-delivery-robot-startup-as-serve-robotics/\" rel=\"noopener\">3月に実施したシードラウンド</a>を拡大したもので、ベンチャーキャピタルのNeoやWestern Technology Investmentなどの既存投資家に加え、起業家や、エンジェル投資家のScott Banister(スコット・バニスター)氏も参加した。</p>\n<p>Serveは2018年から、ロサンゼルスの複数の地域でPostmatesの顧客に配達を行ってきた。その頃同社は、まだ「Postmates X」という社名で、配達プラットフォームPostmatesのロボット部門だった。2020年に商用サービスを開始した。同社のロボットは、ロサンゼルスとサンフランシスコの100以上の加盟店から、非接触型の配達を数万件実施したという。同社は11月の発表で、2022年初めから<a target=\"_blank\" href=\"https://www.prnewswire.com/news-releases/serve-robotics-and-uber-expand-partnership-to-bring-robotic-delivery-to-uber-eats-301418245.html\" rel=\"noopener\">LAでUber Eats(ウーバーイーツ)の顧客に対し、オンデマンドのロボット配達サービスを提供する</a>と明らかにした。</p>\n<p>カシャニ氏は、シリーズAラウンドの前に新たな戦略的投資家を迎えることは意味のあることで、参加した投資家の顔ぶれに同社の2022年の動きに関するヒントが隠されていると述べた。</p>\n<p>「Uber Eatsの顧客やPostmatesの顧客以外にも浸透しつつあります。2022年はLAで営業地域を拡大するとともに、新たな都市にも進出する予定です」とカシャニ氏は話す。「セブン-イレブンとDelivery Heroが出資しました。彼らとのコラボレーションについて今後ご紹介できると思います。他にも数多くのパートナーと協議中であり、準備が整い次第お伝えします」。</p>\n<p>コンビニ大手のセブン-イレブンは、自動運転による配送に馴染みがある。同社は最近、Nuroと共同で、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/02/2021-12-01-nuro-draft/\" rel=\"noopener\">Nuroの自動運転車を使った商業配送の小規模試験</a>を開始した。また、韓国のセブン-イレブンの運営会社が、同国のスタートアップNeubilityが開発した歩道走行ロボットの実験を開始した。2016年には、セブン-イレブンはネバダ州リノで、ドローン企業Flirteyと共同で自動運転配送の実験を行った。Delivery Heroも過去に歩道走行ロボットの実験を行った。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.deliveryhero.com/blog/lessons-one-year-robot-food-delivery/\" rel=\"noopener\">2018年にはStarship Technologiesを起用して、デリバリー会社Foodoraの顧客にサービスを提供した</a>。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/02/2021-12-01-nuro-draft/\" rel=\"noopener\">セブン-イレブンとNuroがカリフォルニアで自律走行による配送サービスを試験的に開始</a></p>\n<p>「Serve Roboticsは、米国の主要都市に自動運転による配送をもたらし、最先端の自動技術でロボット分野をリードしています」と、DX VenturesのパートナーBrendon Blacker(ブレンドン・ブラッカー)氏は声明で述べた。「この革命的な技術は、配送の未来を再構築する可能性を秘めています。私たちはアリ氏のビジョンと彼が集めたワールドクラスのチームに投資します」。</p>\n<p>カシャリ氏によると、シードラウンドの完了以外にも、Serveは自主性の向上についてのニュースをいくつか予定しているが、具体的な内容には触れないという。<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/03/2021-12-02-segway-makes-its-first-foray-into-sidewalk-robot-delivery-with-coco-partnership/\" rel=\"noopener\">Segwayのロボットプラットフォームを自社の将来の車両に採用する契約を締結したばかりのCoco</a>のように、自動運転のためには人間の関与が重要だと主張する競合他社もある。一方Serveは、可能な限りリモートパイロットを方程式から排除することを目指している。</p>\n<p>「私たちのロボットは、ほとんどの場合、自動運転モードで独立して動くことができます」とカシャニ氏はいう。「このことは、安全性と経済性に非常に重要な意味を持ち、当社の車両を商業運用できる理由の1つでもあります」。</p>\n<p>人間が関与すると、海外のリモートオペレーターを使ったとしても、経済的にはうまくいかないとカシャニ氏はいう。ただし同氏は、人間に頼ることが合理的ではないケースは、1対1の関係、つまり1人の人間が1台のロボットをモニターするということを1つ1つ行う場合だけだと認めた。CoCoと同様、Serveの問題は、街中に配置した複数のロボットを、1人の人間がモニターするというところまで自律性を高めるにはどうすればよいかということだ。</p>\n<p>「ロボットには、ネットワークが切断されたときや誰かがミスをしそうになったときに、自分自身を安全に保つためのオンボード機能が必要です」とカシャニ氏は話す。「ロボットが道路を横断するときなどは、ロボットを見守っていただきたいのです。それは単に、安全の観点から、そういう時に人間とクルマが関わるからです。ロボットが理解できない場合、人間にバトンタッチすることもあれば、そうでないこともあります。通常は、ロボットが自分で状況を把握しようと試み、それができなければ人間が介入します。そうするのは、1つには時間がかかるからです。時間に追われていると、待ちたくないですからね」。</p>\n<p>歩道走行ロボットによる配達は、業界としての盛り上がりと、最も洗練された技術と最良の市場戦略を持つ企業間の競争が始まったばかりだ。今回の資金調達と、それにともなうパートナー企業の登場により、Serveはすでに規模拡大に向けて準備を整えつつある。</p>\n<p>「セブン-イレブンは私たちと協業できるコンビニエンスストアの代表であり、Delivery Heroは私たちが協業できる配送プラットフォームだといえます」と、Serveの広報部長であるAduke Thelwell(アデューク・テルウェル)氏はTechCrunchに話した。「私たちは、レストランチェーンとの提携、将来的には医療品の配送、薬、アルコール、大麻なども視野に入れています。このように、私たちはさまざまな分野でパートナーシップを築いています」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Serve Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/06/uber-spinout-serve-robotics-gets-13m-seed-round-to-expand-sidewalk-robot-deliveries/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Rebecca Bellan、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/Serve.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 461942,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 461942,
            "tagId": 31822,
            "tag": {
              "id": 31822,
              "slug": "delivery-service",
              "name": "配送 / 宅配 / デリバリー(用語)",
              "description": "配送 / 宅配 / デリバリーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461942,
            "tagId": 217609,
            "tag": {
              "id": 217609,
              "slug": "uber",
              "name": "Uber(企業)",
              "description": "Uber(ウーバー・テクノロジーズ)は、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリを展開する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 461942,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 461942,
            "tagId": 366273248,
            "tag": {
              "id": 366273248,
              "slug": "postmates",
              "name": "Postmates(企業)",
              "description": "Postmatesは米国のフードデリバリー企業。2020年7月にUberが同社を買収した。"
            }
          },
          {
            "postId": 461942,
            "tagId": 366280135,
            "tag": {
              "id": 366280135,
              "slug": "robot-delivery",
              "name": "ロボット配達(用語)",
              "description": "ロボット配達に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461942,
            "tagId": 692512378,
            "tag": {
              "id": 692512378,
              "slug": "serve-robotics",
              "name": "Serve Robotics(企業)",
              "description": "パイロット運用した歩道を自動走行するロボットを活用するオンデマンド配達企業。UberがPostmatesを買収、その後、2021年3月にスピンアウトして誕生。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 461101,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 461101,
        "slug": "kawasaki-k-racer-proof-of-concept",
        "createdAt": "2021-12-03T11:09:28.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-03T11:09:28.000Z",
        "title": "川崎重工、無人VTOL機K-RACERと配送ロボットの連携による完全無人物資輸送の概念実証に成功",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.khi.co.jp/\" rel=\"noopener\">川崎重工</a>は11月29日、無人VTOL機「K-RACER」と配送ロボットを連携させた無人物資輸送の概念実証に成功したと発表した。無人VTOL機に配送ロボットを搭載して飛行して、着陸後に配送ロボットが目的地へ荷物を届ける一連の作業を実施し、人の手を介さない完全無人による荷物の配送を確認できた。</p>\n<p>K-RACERは、2020年に飛行試験を行った機体を改修し、100kgのペイロードを実現したもの。カワサキモータース「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninjah2r/\" rel=\"noopener\">Ninja H2R</a>」のスーパーチャージャー付きエンジンを搭載している。無人VTOL機は今後、長野県伊那市から委託を受けて実施する「無人VTOL機による物資輸送プラットフォーム構築事業」でも使用する予定という。</p>\n<p>配送ロボットは、無人VTOL機に搭載可能で、荒れた路面や段差のある道路でも走行できるように開発された電動車両。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/Dgs79EmjoJY?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/wmLv828u5sQ?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>概念実証は、以下の流れで行われた。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-461432\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?w=1024\" alt=\"川崎重工、無人VTOL機K-RACERと配送ロボットの連携による完全無人物資輸送の概念実証に成功\" width=\"1024\" height=\"520\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg 1680w, /wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?resize=300,152 300w, /wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?resize=768,390 768w, /wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?resize=1024,520 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?resize=1536,780 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?resize=788,400 788w, /wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?resize=400,203 400w, /wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?resize=738,375 738w, /wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?resize=640,325 640w, /wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?resize=220,112 220w, /wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?resize=281,143 281w, /wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?resize=246,125 246w, /wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?resize=125,63 125w, /wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?resize=118,60 118w, /wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?resize=1087,552 1087w, /wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?resize=600,305 600w, /wp-content/uploads/2021/12/news_211129-1-1.jpg?resize=50,25 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<ol>\n<li>手動積み込み:有人での配送ロボットへの積み込み</li>\n<li>ロボ自動乗り込み:配送ロボットが自動走行で駐機中の無人VTOL機へ接近し、自動で乗り込む</li>\n<li>自動離陸:無人VTOL機が配送ロボットの乗り込み後に自動で離陸</li>\n<li>自動飛行:無人VTOL機があらかじめ定められた経路を自動で飛行</li>\n<li>自動着陸:無人VTOL機があらかじめ定められた着陸地点に自動で着陸</li>\n<li>ロボ自動離脱:無人VTOL機が着陸後、配送ロボットが自動で無人VTOL機から離脱し、配送目的地へ自動走行</li>\n<li>手動取り出し:配送ロボットが自動走行で配送目的地へ到達後、有人で荷物を取り出し</li>\n</ol>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/IU5luXpU37I?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>川崎重工では今後、物流業界の労働者不足、道路状況や地形に左右されない物資輸送、山小屋や離島などへの安定した物資輸送のためのシステム開発といった社会課題の解決に貢献したいと話している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 461101,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 461101,
            "tagId": 31822,
            "tag": {
              "id": 31822,
              "slug": "delivery-service",
              "name": "配送 / 宅配 / デリバリー(用語)",
              "description": "配送 / 宅配 / デリバリーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461101,
            "tagId": 366270916,
            "tag": {
              "id": 366270916,
              "slug": "logistics",
              "name": "物流 / ロジスティクス / 運輸(用語)",
              "description": "物流業界に変革を起こすスタートアップ / テクノロジーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461101,
            "tagId": 366271907,
            "tag": {
              "id": 366271907,
              "slug": "%e8%b2%a8%e7%89%a9%e8%bc%b8%e9%80%81",
              "name": "貨物輸送",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 461101,
            "tagId": 681520168,
            "tag": {
              "id": 681520168,
              "slug": "%e8%87%aa%e5%be%8b%e8%bc%b8%e9%80%81",
              "name": "自律輸送",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 461101,
            "tagId": 681521698,
            "tag": {
              "id": 681521698,
              "slug": "%e8%87%aa%e5%8b%95%e9%85%8d%e9%80%81",
              "name": "自動配送",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 461101,
            "tagId": 692514660,
            "tag": {
              "id": 692514660,
              "slug": "vtol",
              "name": "VTOL / 垂直離着陸機(用語)",
              "description": "Vertical Take-Off and Landing aircraft。VTOL / 垂直離着陸機に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461101,
            "tagId": 692516380,
            "tag": {
              "id": 692516380,
              "slug": "khi",
              "name": "川崎重工(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 461070,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 461070,
        "slug": "microscopic-crystalline-flapper",
        "createdAt": "2021-12-03T10:23:31.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-03T10:23:31.000Z",
        "title": "北海道大学が水中を泳ぐ1ミリ以下の分子ロボットの創出に成功、光をエネルギー源に屈曲運動で自立遊泳",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.hokudai.ac.jp/\" rel=\"noopener\">北海道大学</a>は11月29日、動物のように体を動かして水中を泳ぐ、大きさが1mm以下という微小な分子ロボットを作り出すことに成功したと<a target=\"_blank\" href=\"https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/smll.202105302\" rel=\"noopener\">発表した</a>。変形を繰り返す、水中を泳ぐという分子ロボットの2つの大きな課題を克服した、世界初の研究成果とのこと。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-461398\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg?w=1024\" alt=\"北海道大学、水中を泳ぐ1ミリ以下の微小な分子ロボットの創出に成功\" width=\"1024\" height=\"331\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg 1923w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg?resize=300,97 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg?resize=768,248 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg?resize=1024,331 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg?resize=1536,496 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg?resize=1239,400 1239w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg?resize=400,129 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg?resize=738,238 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg?resize=640,207 640w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg?resize=220,71 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg?resize=281,91 281w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg?resize=250,81 250w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg?resize=125,40 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg?resize=1709,552 1709w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg?resize=600,194 600w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-002.jpg?resize=50,16 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www2.sci.hokudai.ac.jp/faculty/\" rel=\"noopener\">北海道大学大学院理学研究院</a>の景山義之助教らの研究グループが今回作り出したのは、青色の光をエネルギー源として体を動かし、体の一部をヒレのように使って水中を泳ぐという分子ロボット。化学的に合成した分子「アゾベンゼン」とオレイン酸を混合した結晶からできている。大きさは、縦が数十µm(マイクロメートル)、横が数百µm、高さが1µm(1µmは、0.001mm)。同グループは、2016年、すでに「「屈曲を自ずから繰り返す分子ロボット」を発表している。今回の課題はそれを「泳がせる」ことだった。</p>\n<p>分子ロボットのサイズの世界では、人が泳ぐときとはまったく異なる力が作用する。いちばんの要素は水の粘性。人間のように体重を活かして勢いをつけて進むことができない。体を動かして移動できても、元の形に戻すと、位置も元の場所に戻ってしまう。ボートをこぐときに、オールを水中から出さずに前後に動かしているようなものだと研究グループでは表現している。そのため、微小なものは屈伸運動では泳げないというのが定説になっていた。</p>\n<p>同グループは、遊泳方向を決める因子、遊泳速度と遊泳距離を決める因子について力学計算を行った。その結果、分子ロボットの上下運動が制約される平面状の狭い空間なら泳げることが示された。今回作られた分子ロボットには、ヒレが前にある「犬かき型」とヒレが後ろにある「バタ足型」の2種類がある。遊泳速度は、秒速10µmほど(1秒間に体長の1/10ほど進む)。速いものでは秒速15µm(時速500mに相当)と、定説を覆す結果となった。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-461401\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg?w=1024\" alt=\"北海道大学、水中を泳ぐ1ミリ以下の微小な分子ロボットの創出に成功\" width=\"1024\" height=\"816\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg 1524w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg?resize=300,239 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg?resize=768,612 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg?resize=1024,816 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg?resize=502,400 502w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg?resize=400,319 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg?resize=738,588 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg?resize=452,360 452w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg?resize=220,175 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg?resize=216,172 216w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg?resize=157,125 157w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg?resize=125,100 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg?resize=75,60 75w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg?resize=692,552 692w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg?resize=460,367 460w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-003.jpg?resize=50,40 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-461403\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg?w=1024\" alt=\"北海道大学、水中を泳ぐ1ミリ以下の微小な分子ロボットの創出に成功\" width=\"1024\" height=\"287\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg 2004w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg?resize=300,84 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg?resize=768,215 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg?resize=1024,287 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg?resize=1536,430 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg?resize=1429,400 1429w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg?resize=400,112 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg?resize=738,207 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg?resize=640,179 640w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg?resize=220,62 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg?resize=281,79 281w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg?resize=250,70 250w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg?resize=125,35 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg?resize=1735,486 1735w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg?resize=600,168 600w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-004.jpg?resize=50,14 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>今回の成果は、血管などの狭い空間を移動できる自動運転型分子ロボットの開発につながるほか、小さな生命体の狭い空間での動き方に関する理解が深まる可能性もあるということだ。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-03-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 461070,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 461070,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461070,
            "tagId": 692513804,
            "tag": {
              "id": 692513804,
              "slug": "hokkaido-university",
              "name": "北海道大学(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 461241,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 461241,
        "slug": "2021-12-02-segway-makes-its-first-foray-into-sidewalk-robot-delivery-with-coco-partnership",
        "createdAt": "2021-12-03T00:15:12.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-02T23:56:21.000Z",
        "title": "セグウェイがCocoとの提携で歩道走行型ロボットによる配達に初進出",
        "content": "<p>Segway(セグウェイ)は歩道を走行する配達ロボットに将来性を見出し、この急成長中の業界の主要メーカーとなるべく準備を進めている。</p>\n<p>同社は、マイクロモビリティシェアリングのほぼすべての主要事業者に電動スクーターを供給しているが、ロサンゼルスに拠点を置く配達ロボットのスタートアップCoco(ココ)と提携し、部分的に自動化された、遠隔操作で操縦される歩道用ロボット1000台を製作する。Cocoは、2022年第1四半期に、ロサンゼルスおよび米国の他の2都市でロボットを展開する予定だ。</p>\n<p>Coco Oneと命名したロボットの導入は、Cocoがビジネスモデルを実証するために最初に製作した「車輪付きの箱」である100台のCoco Zeroに続くものだ。同社の車両担当SVP、Sahil Sharma(サヒル・シャルマ)氏によると、同社はさらに1200台の車両を発注しており、これはまだ保留中の契約だが2022年5月または6月までに導入できる見込みだ。</p>\n<p>Segwayは何年も前から<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2017/01/05/segways-first-robot-launches-to-developer-partners/\" rel=\"noopener\">ロボティクス</a>の研究開発を行っており、2016年には専門部門を設立した。同社が<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2016/01/07/segway-has-created-a-robot-that-connects-to-your-two-wheeled-scooter/?_ga=2.8494518.2079559952.1638140599-1924998620.1609789053\" rel=\"noopener\">ロボットLoomoを発表した</a>のも同じ年で、基本的にはスクーターのベースに、IntelのRealSense RGB-Dカメラ、音声認識、自動運転機能を備えた小さなロボットヘッドを搭載している。</p>\n<p>今回のCocoとの提携は、Segwayが「ロボティックモバイルプラットフォーム」を大規模に展開して配送する初めての試みだ。Segwayのグローバル事業開発担当副社長のTony Ho(トニー・ホー)氏は、今回の提携はロボットによる配達分野への長期的なシフトを示唆するものでもある、と話す。</p>\n<p>「これは、我々のパートナーシップの始まりにすぎません」とホー氏はTechCrunchに語った。「私たちはプロダクト面にとどまり、Cocoはオペレーターになります。これは、マイクロモビリティの分野で、当社が車両やハードウェアを提供し、オペレーターが市やスタッフとの関係や運営全体を担うのと似ています。今は、2017年のスクーターの時のように、業界全体が盛り上がっている状態です。これは土地の奪い合いです」。</p>\n<p>Segwayのeスクーターとeバイクの事業は好調で、車両について学んだこととサプライチェーンのリソースを共有することで、ロボティクスの成長を拡大するためのレバレッジになるとホー氏は話す。</p>\n<p>「Cocoは非常に若い企業であり、自分たちが得意とすることに集中し、サプライチェーンの拡張をSegwayに委託するという賢い選択をしました」とホー氏は指摘し、Cocoとのパートナーシップは独占的なものではないと述べた。「我々はこの件に非常に真剣に取り組んでおり、迅速に事業拡大できる勝ち馬を支援するのが当社の戦略です」。</p>\n<p>自律型配達ロボットの市場規模は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.globenewswire.com/en/news-release/2021/10/04/2308122/0/en/Autonomous-Delivery-Robots-Market-size-worth-236-59-Million-Globally-by-2027-at-34-30-CAGR-Verified-Market-Research.html\" rel=\"noopener\">2027年までに世界で2億3659万ドル(約267億円)に達すると予想されており</a>、最近ではそのパイの一部を支配しようとするさまざまなプレイヤーが登場している。歩道走行分野で競合する<a target=\"_blank\" href=\"/2021/01/28/2021-01-27-starship-technologies-raises-17m-to-roll-out-more-delivery-bots/\" rel=\"noopener\">Starship Technologies</a>(スターシップ・テクノロジーズ)は資金として総額1億200万ドル(約115億円)を調達し、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/08/10/kiwibot-partners-with-hospitality-giant-sodexo-to-bring-food-delivery-robots-to-college-campuses/\" rel=\"noopener\">Kiwibot</a>(キウィボット)は最近、大学のキャンパスでの展開を拡大した。そして、車道で活動するNuro(ニューロ)は<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/02/nuro-lands-investment-from-google-tiger-global-in-new-600-million-round/\" rel=\"noopener\">6億ドル(約678億円)を調達し</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/01/nuro-draft/\" rel=\"noopener\">セブン-イレブンとの提携</a>を発表したばかりだ。Cocoは8月に<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/30/2021-08-25-last-mile-robotic-delivery-firm-coco-raises-36m/\" rel=\"noopener\">3600万ドル(約40億円)のシリーズA資金を調達して</a>累計調達額は4300万ドル(約48億円)となり、調達した資金の一部はSegwayの車両に使用した。</p>\n<p>関連記事<br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/01/28/2021-01-27-starship-technologies-raises-17m-to-roll-out-more-delivery-bots/\" rel=\"noopener\">自動運転ロボのStarship Technologiesが17.7億円調達、今夏までに100の大学で事業展開へ</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/02/2021-12-01-nuro-draft/\" rel=\"noopener\">セブン-イレブンとNuroがカリフォルニアで自律走行による配送サービスを試験的に開始</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/30/2021-08-25-last-mile-robotic-delivery-firm-coco-raises-36m/\" rel=\"noopener\">ロボット配達スタートアップCocoが年内に従業員数と事業展開地域の拡大を計画</a></p>\n<p>Segwayは、歩道走行ロボットが特にラッシュアワー時の人口密度の高い都市部において、ファーストマイルとラストマイルの配達を実現する最も効率的な方法となると期待しているという。</p>\n<p>「製品の観点からいえば、よりシンプルなデザインは、オペレーションの信頼性を高め、故障を減らし、初期の設備投資を抑えることができます」とホー氏は話す。「パンデミックによる労働力不足は、ロボットの普及に拍車をかけました。また、動きが遅く、積載量の少ない車両は、歩道を歩く歩行者にも優しいため、都市部では歓迎されています」。</p>\n<p>ロボット配達のスタートアップの多くは実際にはまだ自律型ではなく、Cocoも例外ではない。カメラ、GPS、コンピュータなどを搭載した同社の車両は遠隔操作で操縦されるが、基本的な自律走行機能は備えている。例えば、直線走行が可能で、障害物があれば停止することができる。これにより、1人のパイロットが同時に複数の配達を監視したり、横断歩道のような厄介な場所では操作を引き受けたりすることができる。</p>\n<p>Cocoの共同創業者でCEOのZach Rash(ザック・ラッシュ)氏はTechCrunchに対し「私たちは、非常にビジネス優先のアプローチをとっています」と述べ、完全な自律性の実現を待っていては市場参入が遅れるだけだと指摘した。「多くの人がL4やL5、90%の自律性について話しています。私たちは、この地域で一定量の配達を行うために、何人のパイロットが必要なのかを本当に理解したいと思っています。『自動運転車をいかにシンプルにするか』ではなく、『私たちのビジネスにとって何が理にかなうのか』『それをサポートするためにどのような技術を構築すべきか』を一から考えて構築しました。パイロットは我々のオペレーションの中心であり、今後も中心であり続けるでしょう。だからこそ、彼らを中心に製品を構築し、可能な限り効率化を図っていきます」。</p>\n<p>Cocoのシステムは、さまざまなルートから収集したデータを使い、その情報をもとに自動運転ソフトウェア内の機械学習アルゴリズムをトレーニングする。しかし、大規模なフリートを持つことの本当の利点は、コミュニティのより多くのエリアをマッピングし、ロボットにとってより速く、より簡単なルートを見つけることができることだとラッシュ氏は話す。</p>\n<p>「私たちは配達の1秒1秒を大切にしているので、最も効率的なルートを作るために街をマッピングし、接続性、歩道のインフラ、歩行者の通行量、車の通行量を考慮しています。フリート全体から多くのことを学んでいます。これは自律走行に限ったことではありません。私たちは、可能な限り効率的に街をナビゲートできるように、これらの情報をすべて収集しています」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Coco</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/02/segway-makes-its-first-foray-into-sidewalk-robot-delivery-with-coco-partnership/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Rebecca Bellan、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/Coco.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 461241,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 461241,
            "tagId": 31822,
            "tag": {
              "id": 31822,
              "slug": "delivery-service",
              "name": "配送 / 宅配 / デリバリー(用語)",
              "description": "配送 / 宅配 / デリバリーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461241,
            "tagId": 117674,
            "tag": {
              "id": 117674,
              "slug": "segway",
              "name": "Segway / セグウェイ(企業・製品)",
              "description": "Segway / セグウェイに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461241,
            "tagId": 366280135,
            "tag": {
              "id": 366280135,
              "slug": "robot-delivery",
              "name": "ロボット配達(用語)",
              "description": "ロボット配達に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461241,
            "tagId": 692514929,
            "tag": {
              "id": 692514929,
              "slug": "coco-2",
              "name": "Coco(企業)",
              "description": "ロサンゼルス拠点の配達ロボットスタートアップ企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 460526,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 460526,
        "slug": "2021-11-29-aws-launches-new-robotics-programs",
        "createdAt": "2021-11-30T00:00:22.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-29T23:47:50.000Z",
        "title": "AWSが新しいロボットフリート管理支援プログラム、ロボティクスアクセラレーターを開始",
        "content": "<p>AWSのフラッグシップカンファレンス「<a target=\"_blank\" href=\"https://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/2021/reinvent/\" rel=\"noopener\">re:Invent</a>」の開幕にあたり、クラウドコンピューティングの巨人である同社は米国時間11月29日、大規模なロボットフリートの共同作業を支援するアプリケーションを構築するための新サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://aws.amazon.com/jp/roborunner/\" rel=\"noopener\">AWS IoT RoboRunner</a>(IoTロボランナー)」を<a target=\"_blank\" href=\"https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/preview-aws-iot-roborunner-for-building-robot-fleet-management-applications/\" rel=\"noopener\">発表</a>した。この新サービスは、Amazon(アマゾン)が自社の倉庫で利用しているようなロボットフリートを運用するために必要な、作業およびフリート管理アプリケーションを構築するためのインフラを提供することを目指している。</p>\n<p>また、同社は新しいロボティクスアクセラレータープログラムを発表した。</p>\n<p>RoboRunnerは、さまざまなメーカーのロボットと統合するアプリケーションの構築や、アプリケーションのライフサイクルの管理を支援する。AWSは、現在、異なるベンダーのロボットを単一のシステムに統合することは困難であり、企業はロボットを管理するために多くのサイロを抱えていると論じている。</p>\n<div id=\"attachment_460527\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-460527\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-460527 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"312\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png 2360w, /wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?resize=300,92 300w, /wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?resize=768,234 768w, /wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?resize=1024,312 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?resize=1536,469 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?resize=2048,625 2048w, /wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?resize=1311,400 1311w, /wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?resize=400,122 400w, /wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?resize=738,225 738w, /wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?resize=640,195 640w, /wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?resize=220,67 220w, /wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?resize=281,86 281w, /wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?resize=250,76 250w, /wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?resize=125,38 125w, /wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?resize=1735,529 1735w, /wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?resize=600,183 600w, /wp-content/uploads/2021/11/product-page-diagram_AWS-IoT-RoboRunner-2x.dae616d7c802e5df460275ad86cfa485eecf31aa.png?resize=50,15 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-460527\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:AWS</p></div>\n<p>RoboRunnerは開発者に対して、フリート全体の集中的なデータリポジトリを提供するとともに、特定の施設内のすべての目的地をモデル化するためのレジストリや、これらのロボットが実行するすべてのタスクを記録するためのレジストリを提供する。</p>\n<p>このサービスがターゲットとしているのは、無人搬送車、移動ロボット、ロボットアームなどのフリートを運用している大規模な産業企業だ。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/q8POXvJ4nMI?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>RoboRunnerに加えて、AWSは<a target=\"_blank\" href=\"https://www.massrobotics.org/project/awsroboticsaccelerator/\" rel=\"noopener\">MassRobotics</a>(マスロボティクス)と共同で、新しいロボティクススタートアップ・アクセラレーター「AWS Robotics Startup Accelerator」を<a target=\"_blank\" href=\"https://www.allthingsdistributed.com/2021/11/announcing-the-aws-robotics-startup-accelerator.html\" rel=\"noopener\">発表</a>した。</p>\n<p>AWSのCTOであるWerner Vogels(ワーナー・ヴォゲルス)氏は、29日の発表で次のように述べた。「今日、成功している商業用ロボット企業は数えるほどしかありませんが、これにはいくつかの大きな理由があります。第一に、実世界の環境はダイナミックで予測不可能であるため、適切なニッチ分野と適切な能力を組み合わせることが難しく、ロボット製品市場に適合する企業を見つけることがなかなかできません。第二に、高度な自律性と知能を備えたロボットを作るには、多分野にわたるスキルが必要であり、そのようなスキルを持った人材の確保は困難です。第三に、ロボティクスは資本集約的であり、センサーやアクチュエーター、機械的なハードウェアがすでに市販されている場合でも、多額の先行投資が必要となります」。</p>\n<p>この新しいプログラムは、アーリーステージのスタートアップ企業(売上高1000万ドル / 約11億4000万円未満、調達額1億ドル / 約114億円未満)を対象としている。選ばれた企業は、ロボティクスのエキスパートによる専門的なトレーニングやメンターシップを受けられる他、最大1万ドル(約114万円)のAWSクレジットを獲得できる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Westend61 / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/29/aws-launches-new-robotics-programs/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/GettyImages-1282121809.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 460526,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 460526,
            "tagId": 6602,
            "tag": {
              "id": 6602,
              "slug": "amazon",
              "name": "Amazon / アマゾン(企業)",
              "description": "Amazonは、アメリカのテクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称。"
            }
          },
          {
            "postId": 460526,
            "tagId": 236160,
            "tag": {
              "id": 236160,
              "slug": "amazon-web-services",
              "name": "Amazon Web Services / AWS(製品・サービス)",
              "description": "Amazon Web Servicesとは、Amazon.comにより提供されているクラウドコンピューティングサービスである。"
            }
          },
          {
            "postId": 460526,
            "tagId": 967989,
            "tag": {
              "id": 967989,
              "slug": "fleet-management",
              "name": "フリート / フリートマネジメント(用語)",
              "description": "フリート / フリートマネジメントに関連記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460526,
            "tagId": 2121118,
            "tag": {
              "id": 2121118,
              "slug": "iot",
              "name": "IoT(用語)",
              "description": "Internet of Things。さまざまなモノがインターネットに接続され、情報交換することによって相互に制御する仕組み。"
            }
          },
          {
            "postId": 460526,
            "tagId": 366279182,
            "tag": {
              "id": 366279182,
              "slug": "warehouse",
              "name": "倉庫(用語)",
              "description": "倉庫に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460526,
            "tagId": 692508650,
            "tag": {
              "id": 692508650,
              "slug": "aws-reinvent",
              "name": "AWS re:invent(イベント)",
              "description": "AWS re:inventとは、Amazon Web Servicesの年次イベント。"
            }
          },
          {
            "postId": 460526,
            "tagId": 692516312,
            "tag": {
              "id": 692516312,
              "slug": "aws-iot-roborunner",
              "name": "AWS IoT RoboRunner(製品・サービス)",
              "description": "Amazonが自社の倉庫で利用しているようなロボットフリートを運用するために必要な、作業およびフリート管理アプリケーションを構築するためのインフラを提供することを目指すサービス。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 460369,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 460369,
        "slug": "preferred-robotics-launched",
        "createdAt": "2021-11-29T02:52:26.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-29T02:52:26.000Z",
        "title": "Preferred Networks、自律移動ロボットの開発・販売を行うPreferred Roboticsを設立し20億円調達",
        "content": "<div id=\"attachment_460370\" style=\"width: 810px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-460370\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-460370\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/202111_robotics_1.jpg?w=800\" alt=\"Preferred Networks、自律移動ロボットの開発・販売を行うPreferred Roboticsを設立し20億円を調達\" width=\"800\" height=\"325\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/202111_robotics_1.jpg 800w, /wp-content/uploads/2021/11/202111_robotics_1.jpg?resize=300,122 300w, /wp-content/uploads/2021/11/202111_robotics_1.jpg?resize=768,312 768w, /wp-content/uploads/2021/11/202111_robotics_1.jpg?resize=400,163 400w, /wp-content/uploads/2021/11/202111_robotics_1.jpg?resize=738,300 738w, /wp-content/uploads/2021/11/202111_robotics_1.jpg?resize=640,260 640w, /wp-content/uploads/2021/11/202111_robotics_1.jpg?resize=220,89 220w, /wp-content/uploads/2021/11/202111_robotics_1.jpg?resize=281,114 281w, /wp-content/uploads/2021/11/202111_robotics_1.jpg?resize=250,102 250w, /wp-content/uploads/2021/11/202111_robotics_1.jpg?resize=125,51 125w, /wp-content/uploads/2021/11/202111_robotics_1.jpg?resize=600,244 600w, /wp-content/uploads/2021/11/202111_robotics_1.jpg?resize=50,20 50w\" sizes=\"(max-width: 800px) 100vw, 800px\" /><p id=\"caption-attachment-460370\" class=\"wp-caption-text\">アマノのロボット床洗浄機「EGrobo」(イージーロボ)</p></div>\n<p>深層学習とロボティクスのスタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://www.preferred.jp/ja/\" rel=\"noopener\">Preferred Networks</a>(プリファードネットワークス。PFN)は11月26日、自律移動ロボットの研究、開発、製造、販売を専門に行う<a target=\"_blank\" href=\"https://www.pfrobotics.jp/\" rel=\"noopener\">Preferred Robotics</a>(プリファードロボティクス。PFRobotics)の、会社分割による設立を発表した。またPFRoboticsは、普通株式を新規に発行し、そのすべてを<a target=\"_blank\" href=\"https://www.amano.co.jp/\" rel=\"noopener\">アマノ</a>に割り当てることで20億円の資金調達を実施する。</p>\n<p>「すべての人にロボットを」の実現を目指すPFNは、ロボット事業を迅速に展開できる最適な組織作り、適切なパートナーとの協業の推進、資金需要への柔軟な対応を加速する目的で、ロボット部門をPFRoboticsとして独立させた。</p>\n<p>精密機器メーカーのアマノとのパートナーシップにより、アマノの顧客基盤、営業力、サポート力を活かして早期にロボット製品の販売体制を整えると同時に、業務用清掃ロボットを共同開発するという。アマノは、AIを活用したロバスト性の高いSLAM技術を採用し、自律移動性能を高めた次世代型業務用清掃ロボットをPFRoboticsと共同で開発し、両社で年間1000台以上の販売を狙うとしている。</p>\n<p>2022年中には、PFRoboticsが単独で開発を進めている、さまざまな分野向けの自律移動ロボットも発売を開始するとのこと。</p>\n<p>PFNは、今後もロボット関連基礎技術の開発と既存パートナーとの関連事業は継続し、「あらゆる場面でロボットが活躍する未来の実現を目指します」と話している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-29-002-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 460369,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 460369,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460369,
            "tagId": 366271410,
            "tag": {
              "id": 366271410,
              "slug": "preferred-networks",
              "name": "Preferred Networks(企業)",
              "description": "Preferred Networksは、ディープラーニング技術の研究と開発を行う日本のスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 460369,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 460369,
            "tagId": 692509959,
            "tag": {
              "id": 692509959,
              "slug": "slam",
              "name": "SLAM(用語)",
              "description": "Simultaneous Localization and Mapping"
            }
          },
          {
            "postId": 460369,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 460369,
            "tagId": 692516296,
            "tag": {
              "id": 692516296,
              "slug": "preferred-robotics",
              "name": "Preferred Robotics(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 460369,
            "tagId": 692516297,
            "tag": {
              "id": 692516297,
              "slug": "amano",
              "name": "アマノ(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 460369,
            "tagId": 692516298,
            "tag": {
              "id": 692516298,
              "slug": "%e8%87%aa%e5%be%8b",
              "name": "自律",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 460329,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 460329,
        "slug": "2021-11-11-cmus-new-robotics-institute-director-on-the-future-of-robot-research",
        "createdAt": "2021-11-28T00:30:40.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-03T10:25:25.000Z",
        "title": "【インタビュー】CMUロボティクス研究所の新ディレクターが語るロボット研究の未来",
        "content": "<p>カーネギーメロン大学のロボティクス研究所では、2年間にわたって暫定的にポストを担ったSrinivasa Narasimhan(スリニヴァサ・ナラシマン)教授が退任し、この度<a target=\"_blank\" href=\"https://www.cs.cmu.edu/news/2021/new-robotics-institute-director\" rel=\"noopener\">6人目となるディレクター</a>、Matthew Johnson-Roberson(マシュー・ジョンソン=ロバーソン)氏が着任した。2005年にカーネギーメロン大学コンピュータサイエンス学部を卒業した同氏は、ミシガン大学の海軍建築・海洋工学部および電気工学・コンピュータサイエンス部の准教授を経て同ポジションに就任することとなった。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/17/2021-03-16-ford-expands-robotics-research-with-75-million-u-m-facility/\" rel=\"noopener\">フォードがロボティクス研究でミシガン大学に研究者やエンジニアら100人を配置</a></p>\n<p>ジョンソン=ロバーソン氏は<a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/17/2021-03-16-ford-expands-robotics-research-with-75-million-u-m-facility/\" rel=\"noopener\">UM Ford Center for Autonomous Vehicles(ミシガン大学自動運転車Fordセンター)</a>の共同ディレクターも務めており、今回はそのオフィスから新しい役職における今後の計画や、ロボット研究の将来像について語ってくれた。</p>\n<p><strong>TC:今はミシガンでFord(フォード)関連に取り組んでいる最中なのですか?</strong></p>\n<p>MJR:そうですね。数人の生徒とともにロボット関連の研究をして楽しんでいますよ。</p>\n<p><strong>TC:そこでの主な取り組みは何でしょうか。</strong></p>\n<p>とても多くのことを進めています。Fordのための長期的で既成概念にとらわれない研究です。Argo(アルゴ)のように、できれば半年から3年以内に道路を走れるようになる予定のものを対象に多くの研究を行っています。道路を走れるようになるのが5年から10年先のようなものに対しても長く取り組んでいます。新タイプの奇妙なセンサーから人間の予測や安全性の保証まで、あらゆることに非実際的なアプローチをとることができるのが大学の良いところです。</p>\n<p><strong>TC:Fordとミシガン大学がとっているような連携システムは、多くの大学にとっての手本のような存在になるのだと感じます。特にCMU(カーネギーメロン大学)のような大学には、裕福な資金提供者との長い歴史があります。こういったパートナーシップは今後大学研究のモデルになっていくとお考えですか?</strong></p>\n<p>これは、過去20年間にわたってロボット工学が通り抜けてきた変革を反映しています。90年代、00年代に開発された技術の多くが成熟して商用製品として展開されるようになり、多くの産業の未来に大きな変化をもたらしています。企業と大学が徐々に関係を持ち始めるようになったというのは、自然な流れだと思います。ピッツバーグという街を見ても、天然資源や鉄鋼を中心とした重工業からの転換が進んでいますが、この転換はさらに加速するでしょう。</p>\n<p>関係性を継続し、新しい関係を築いていくことが私の目標の1つです。産業界だけでなく政府や政策など、これからのロボット工学に関連するあらゆることを考慮し、そうした関係を築いて研究所ですでに行われている技術的な仕事の強みを生かしていきたいと思っています。これは私が特に楽しみにしていることです。</p>\n<p><strong>TC:ピッツバーグでは地元スタートアップ企業が数多く存在する一方で、Google(グーグル)のような大企業も研究や法廷を学んだ卒業生の近くに進出してきています。このような関係をさらに深めるため、CMUはどう取り組んでいるのでしょうか。</strong></p>\n<p>CMUのある教授と共同するためにWaymo(ウェイモ)のオフィスを開設しています。このような関係は、教員とだけでなく学生に対しても見られます。高度な訓練を受けた新しい従業員こそがこういった企業の生命線です。採用活動で優位に立ち、人々が来たいと思うような文化を築くためにできることは、これらの企業にとって大きな利点となります。また、企業が共同研究を行ったり、研究のスポンサーになったりして、新しいプロジェクトを開発したり、入学してくる学生との新しい関係を築いたりしています。大学の最もすばらしい点は、毎年世界で最も賢い人々が新たに入ってきてくれるという点です。</p>\n<p><strong>TC:大学という幅広い文脈の中で、これらのスタートアップ企業の成長を支援するというのはあなたのタスクの1つとお考えですか。</strong></p>\n<p>そうですね。私自身、スタートアップを立ち上げる機会がありましたし、知識に大きなギャップがあることを知りました。非常に賢く、世界に対して大きな野心を持っている学生が大勢いるため、彼らがそれを実現できるように支援する方法を考えることが私の役割だと思っています。今あなたが強調したのもスタートアップですし、エコシステムという言葉がよく聞かれます。その地域に他のスタートアップ企業があるということもありますが、それに加えて一緒に何かをしたり、何かを作ったりする気の合う仲間を見つけることができるコミュニティがあるということです。</p>\n<p><strong>TC:現在ミシガン大学にいらっしゃるので、デトロイトで起きている変革を目の当たりにしていると思います。スタートアップコミュニティの育成という点でデトロイトはピッツバーグほど進んでいないかもしれませんが、そこには多くのチャンスがあります。CMUが惹きつけた人材を維持するために、学校はどういった役割を果たせるでしょうか?</strong></p>\n<p>いくつかのことがあります。近年ますます重要だと感じることの1つは、まずチャンスがそこにあることを認識するということです。ロボット産業のスピードと規模は、私たちの誰もが予想できないほどの速さで加速しています。そのために重要なのは、そのことを認め、じっとしていようとしないことです。業界は変化し、ロボットを取り巻くエコシステムが変化し、またこれらの企業を取り巻く規模やスケールも変化しています。これを実現するための方法をともに考えていきたいのです。</p>\n<p><strong>TC:ロボット工学は歴史的に最もインクルーシブな分野ではありません。その中でCMUはどのような役割を果たしていけるでしょうか? CMUのようなところに入学する多くの人は、入学する前からロボット工学に慣れ親しんでいる人たちなのではないでしょうか。</strong></p>\n<p>今回私はCMUにいる間に2つのことを残したいと思っています。1つ目は機会を増やし、参加者の幅を広げ、各分野における多様性を高めるということです。そして2つ目はもっと重要なことだと思います。大学は若い人たちの心を形成するのに適した場所です。私がロボット工学に多様性と包括性を持たせるための変革を起こすためには、第一級のロボット研究機関にいるということ以上に効果的な方法はありません。次世代のロボット工学者の誕生の場にいるということなのですから。</p>\n<p><strong>TC:あなたはCMUに入学した当初、ロボット工学を専攻していたわけではないので、良い例ですね。</strong></p>\n<p>まったくその通りです。さらにもう一歩踏み込むと、CMUに入学したとき私はとても苦労しました。みんなが自分よりも賢いという場所に足を踏み入れたのは初めてのことでした。それこそがあの場所の特別なところだと思います。何があってもロボット工学を辞めることにはなりませんでした。それは当時も今も、あの場所にいる人々のおかげだと私は思います。</p>\n<p><strong>TC:最近のロボット工学において最も楽しみにしていることは何ですか?</strong></p>\n<p>世界各地で展開されている大規模なロボット工学分野のシステムは、現在まさに変曲点に来ています。いつか、米国や世界のどこにいても、窓の外を見ればロボットが何か役に立つことをしているという状況になって欲しいと思っています。今の世界はそうではありません。工場の現場などに行けばロボットを見ることができますし、もしかしたらロボット掃除機を持っているかもしれませんが、私は窓の外を見るとロボットがいるというレベルにしたいと思っています。</p>\n<p><small>画像クレジット:CMU</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/11/cmus-new-robotics-institute-director-on-the-future-of-robot-research/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-11-at-12.33.40-PM.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 460329,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 460329,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460329,
            "tagId": 366274934,
            "tag": {
              "id": 366274934,
              "slug": "interviews",
              "name": "インタビュー(用語)",
              "description": "インタビュー記事の一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460329,
            "tagId": 366281386,
            "tag": {
              "id": 366281386,
              "slug": "inclusion",
              "name": "インクルージョン / インクルーシブ(用語)",
              "description": "インクルージョン / インクルーシブに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460329,
            "tagId": 674897390,
            "tag": {
              "id": 674897390,
              "slug": "carnegie-mellon-university",
              "name": "カーネギーメロン大学 / CMU(組織)",
              "description": "CMU。カーネギーメロン大学に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 460101,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 460101,
        "slug": "2021-11-24-robots-and-ai-assist-in-designing-and-building-swiss-universitys-hanging-gardens",
        "createdAt": "2021-11-25T23:30:30.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-27T02:07:15.000Z",
        "title": "ロボットとAIが「空中庭園」の設計と建設をサポート、チューリッヒ工科大学による実験プロジェクト",
        "content": "<p>建築や建設は、常に技術や素材のトレンドの最先端を静かに進んできた。チューリッヒ工科大学のような著名な工科大学で、AIやロボットを使った新しいアプローチのプロジェクトに取り組んでいても何ら不思議ではない。そこで行われている設計と建設を自動化する実験は、10年後に住宅やオフィスがどのように作られるかを示している。</p>\n<p>このプロジェクトで作られているのは、古代都市バビロンの伝説的な建造物にヒントを得た「空中庭園」、つまり巨大なプランターの彫刻物だ(ちなみに、バビロン遺跡の有名な「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.livescience.com/43036-ishtar-gate.html\" rel=\"noopener\">イシュタル門</a>」を発掘・盗掘したロバート・コールドウェイは私の祖先である)。</p>\n<p>2019年に始まった「Semiramis(セミラミス)」(伝説的なバビロンの女王にちなんで名づけられた)は、人間とAIのデザイナーによるコラボレーションだ。もちろん全体的なアイデアは、プロジェクトの生みの親である建築学教授の<a target=\"_blank\" href=\"https://gramaziokohler.arch.ethz.ch/web/d/projekte/409.html\" rel=\"noopener\">Fabio Gramazio(ファビオ・グラマジオ)氏とMatthias Kohler(マティアス・コーラー)氏</a>のクリエイティブな頭脳から生まれたものだ。しかし、そのデザインは、大きさ、水やりの必要性、建造の様式などの基本的な要件を、コンピューターモデルと機械学習アルゴリズムに入力することで生み出された。</p>\n<p>例えば、デザインの過程で、チームはこの20メートルを超える建造物を構成する大きな「ポッド」の位置を微調整したり、表面を構成するパネルのレイアウトを変更したりすることがある。そうすると、彼らが作成したソフトウェアは、その変更に合わせて全体の位置関係や他のパネルの形状を即座に調整し、自重に安全に耐えられることを確認する。</p>\n<div id=\"attachment_460102\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-460102\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-460102 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"689\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg 2048w, /wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?resize=300,202 300w, /wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?resize=768,517 768w, /wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?resize=1024,689 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?resize=1536,1034 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?resize=594,400 594w, /wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?resize=400,269 400w, /wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?resize=738,497 738w, /wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?resize=535,360 535w, /wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?resize=220,148 220w, /wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?resize=256,172 256w, /wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?resize=186,125 186w, /wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?resize=125,84 125w, /wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?resize=89,60 89w, /wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?resize=820,552 820w, /wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?resize=545,367 545w, /wp-content/uploads/2021/11/semiramis-render.jpg?resize=50,34 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-460102\" class=\"wp-caption-text\">セミラミス空中庭園のCGによる完成予想図(画像クレジット:Gramazio Kohler Research)</p></div>\n<p>もちろん、建築業界ではすでに多くの自動化されたプロセスが取り入れられているが、このプロジェクトでは、最終的なコントロールをAIに任せるという点でにおいて、これまでの限界を押し広げる試みだ。何といっても重要なのは、全体が崩壊しないように建築的なスペルチェックをAIにやらせるのではなく、人間とAIによる真のコラボレーションを実現するということである。</p>\n<p>「コンピューターモデルを使うことで、従来の設計プロセスを逆に辿ることができ、プロジェクトの設計範囲をすべて探求することが可能になります。その結果、今までに見たこともない、しばしば驚くような形状が生まれるのです」と、<a target=\"_blank\" href=\"https://ethz.ch/en/news-and-events/eth-news/news/2021/11/robots-build-new-hanging-gardens.html\" rel=\"noopener\">コーラー氏はチューリッヒ工科大学ニュースの記事で述べている</a>。</p>\n<p>最終的な設計に到達すると、建設はもう1つの人間と自動化の混成チームによって行われる。4本のロボットアームが一心不乱に作動して、複数の重い部品(1つのポッドには数十個の部品がある)を固定し、人間がそれらを結合するための樹脂を塗布する。この手法は、<a target=\"_blank\" href=\"/2018/03/23/2018-03-22-hold-this-beam-for-me-friend-robot-and-let-us-construct-a-house-together/\" rel=\"noopener\">数年前に同じチームが使用した</a>、ロボットを自動化されたアシスタントとして使用するやり方よりも一歩進んだものだ。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2018/03/23/2018-03-22-hold-this-beam-for-me-friend-robot-and-let-us-construct-a-house-together/\" rel=\"noopener\">大工ロボットと一緒に家を建てよう</a></p>\n<p>セミラミスはこのワークショップで製作された後、最終的にはTech Cluster Zug(テッククラスター・ツーク)に向けて1個ずつ輸送される。2022年の春には完全に組み立てられ、土や種を受け入れる準備ができるはずなので、近くに行かれる際には是非、立ち寄ってみてはいかがだろうか。</p>\n<p><small>画像クレジット:ETH Zurich</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/24/robots-and-ai-assist-in-designing-and-building-swiss-universitys-hanging-gardens/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Semiramis_RFL_DSC_7692.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 460101,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 460101,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460101,
            "tagId": 363483710,
            "tag": {
              "id": 363483710,
              "slug": "eth-zurich",
              "name": "チューリッヒ工科大学 / ETHZ(組織)",
              "description": "ETHZに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460101,
            "tagId": 366271062,
            "tag": {
              "id": 366271062,
              "slug": "machine-learning",
              "name": "機械学習 / ML(用語)",
              "description": "機械学習に関連する記事一覧。明示的な指示を用いることなく、その代わりにパターンと推論に依存して、特定の課題を効率的に実行するためにコンピュータシステムが使用するアルゴリズムおよび統計モデルの科学研究。"
            }
          },
          {
            "postId": 460101,
            "tagId": 366274320,
            "tag": {
              "id": 366274320,
              "slug": "construction",
              "name": "建設 / 建築(用語)",
              "description": "建設、建築に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 459097,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 459097,
        "slug": "2021-11-17-machina-labs-emerges-from-stealth-with-16m-raised-for-on-demand-manufacturing-robotics",
        "createdAt": "2021-11-19T05:45:03.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-19T05:36:26.000Z",
        "title": "AIオンデマンド製造ロボットで設計反復の迅速化、Machina Labsが累計約18.6億円を調達し脱ステルス",
        "content": "<p>ロボットとAIを活用した製造プラットフォームを提供するMachina Labsは米国時間11月17日、1400万ドル(約16億円)のシリーズAを調達したと発表した。このラウンドは、Innovation Endeavorsがリードし、Congruent VenturesとEmbark Venturesが参加したもので、ロサンゼルスにある同社の累計資金調達額は1630万ドル(約18億6000万円)となった。</p>\n<p>今回の資金調達により、同社は、NASAおよび米国空軍とのパイロット契約に続き、事実上ステルス状態を脱したことになる。ロボットプラットフォームの初期段階では、政府(特に国防総省)との契約が重要な役割を果たしてきたが、Machina Labsもその点では特別な存在ではない。</p>\n<p>しかし、新たなラウンドで同社はさらなる成長を目指し、商業パートナーの受け入れを開始している。パンデミックの影響でグローバルサプライチェーンの多くがきしるように停止している中、米国内の製造業がさらに苦境に立たされていることを考えると、確かにタイミングは良いと言える。</p>\n<div id=\"attachment_459098\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-459098\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-459098 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"624\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg 3150w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=300,183 300w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=768,468 768w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=1024,624 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=1536,935 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=2048,1247 2048w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=657,400 657w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=400,244 400w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=738,449 738w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=591,360 591w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=220,134 220w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=281,172 281w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=205,125 205w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=125,76 125w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=99,60 99w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=907,552 907w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=600,365 600w, /wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.43.51-PM.jpg?resize=50,30 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-459098\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Machina Labs</p></div>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/02/08/2022-02-05-q5d-is-using-robots-to-automate-electronic-wiring-during-manufacturing/\">Q5Dは手作業で行われてきた電子機器製造工程の配線作業をロボットで自動化</a></li><li><a href=\"/2022/01/26/2022-01-25-ainnovation-kai-fu-lee-china-ai-industrial-automation/\">中国のスマート製造業に注力するAInovationが香港でIPOを申請、李開復氏やソフトバンクも支援</a></li><li><a href=\"/2022/01/25/safie-eaglys-ai-image-analysis/\">クラウド録画のセーフィーと秘密計算・AI開発のEAGLYSが製造現場の生産ライン不具合検知に向けAI画像解析サービス開発</a></li></ul></div>Machinaの最初の取り組みは、シートメタル加工を中心としたもので、戦車の部品を設計したり、NASAの宇宙空間での製造の可能性を探ったりしているが、後者の部分は、明らかな理由からまだ先の話だ。現在、同社は地元ロサンゼルスの工場で、オンデマンドのMaaS(Manufacturing as a Service)を提供している。</p>\n<p>共同設立者兼CEOのEdward Mehr(エドワード・メア)氏は声明の中で、次のように述べた。「この競争の激しい市場の変化のスピードに対応するためには、製造業を改革しなければなりません。当社のプラットフォームは、最新のロボット工学と人工知能(AI)を組み合わせたもので、優れたアイデアを持つ誰もが、迅速に、効率的に、低コストで部品を製造できるよう、ラピッドマニュファクチャリングへのアクセスを民主化します。このようなソフトウェアで定義されたロボット設備は未来の工場であり、その実現に向けて投資家のみなさまにご協力いただけることを大変うれしく思います」。</p>\n<p>今回の新たな資金調達は、ロサンゼルスでの人員増強と、プラットフォームのさらなる研究開発に充てられる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Machina Labs</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/17/machina-labs-emerges-from-stealth-with-16m-raised-for-on-demand-manufacturing-robotics/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-16-at-1.42.34-PM.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 459097,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 459097,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 459097,
            "tagId": 9675,
            "tag": {
              "id": 9675,
              "slug": "manufacturing",
              "name": "製造業(用語)",
              "description": "製造業に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459097,
            "tagId": 11189,
            "tag": {
              "id": 11189,
              "slug": "factory",
              "name": "工場(用語)",
              "description": "工場に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459097,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459097,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 459097,
            "tagId": 366279439,
            "tag": {
              "id": 366279439,
              "slug": "dod",
              "name": "米国防総省 / ペンタゴン / DOD(組織)",
              "description": "United States Department of Defense(DoD)。米国の国防省。ペンタゴンとも呼ばれている。"
            }
          },
          {
            "postId": 459097,
            "tagId": 692516178,
            "tag": {
              "id": 692516178,
              "slug": "machina-labs",
              "name": "Machina Labs(企業)",
              "description": "ロボットとAIを活用した製造プラットフォームを提供するスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 459024,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 459024,
        "slug": "2021-11-18-irobot-is-buying-air-purifier-maker-aeris",
        "createdAt": "2021-11-19T00:15:45.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-18T23:50:23.000Z",
        "title": "掃除ロボ「ルンバ」のiRobotがスマート空気清浄機メーカーAerisを買収",
        "content": "<p>ちょうど1週間前、我々はiRobot(アイロボット)のAmazon(アマゾン)との協業に関連して、同社のスマートホームの野望について<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/11/home-star-trucker/\" rel=\"noopener\">議論</a>していた。iRobotは、スマートホームのミッシングリンクとしてのRoomba(ルンバ)の可能性を引き出すことを目指して、過去2、3年の間に少しずつその計画を明らかにしてきた。</p>\n<p>そして米国時間11月18日、同社はHEPA空気清浄機で知られるスイスのAeris Cleantec AGを買収するという、ちょっと意外な次のステップを踏み出した。この買収は、最初のロボット掃除機を発表してから約20年が経過した今、家庭内の清掃という同社の中核を成すフォーカスに合致したものと言える。</p>\n<p>CEOのColin Angle(コリン・アングル)氏はリリースでこう述べている。「本日発表されたAerisの買収は、iRobotの戦略における重要なステップであり、対応可能なマーケット全体を拡大し、製品ポートフォリオを多様化することで、消費者のみなさまに家をより清潔で健康的に保つための新しい方法を提供するものです。特に、パンデミックによって、より清潔で健康的な家庭を維持することの価値に対する消費者意識が高まっていることから、Aerisの製品の成長ポテンシャルを高く評価しています。また、当社のGenius Home Intelligenceプラットフォームと家庭用ロボットの既存のエコシステムを活用して、iRobotの体験を空気清浄機にもたらすことができる可能性にも期待しています」。</p>\n<p>先週話していたように、iRobotのルンバ以外の成功したラインのほとんどが、2012年にBraava(ブラーバ)、2019年にRoot(ルート)を買収したことを含め、買収から派生していることは特筆すべき点だ。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2021/12/25/2021-12-23-dinner-is-servoed/\">夕食はロボットにお任せ、レストランロボットと風変わりなドロイド</a></li><li><a href=\"/2021/11/19/2021-11-18-irobot-is-buying-air-purifier-maker-aeris/\">掃除ロボ「ルンバ」のiRobotがスマート空気清浄機メーカーAerisを買収</a></li><li><a href=\"/2021/09/10/2021-09-08-the-newest-roomba-gets-smarter-as-it-vacuums/\">さらに賢くなったロボット掃除機「ルンバ」、ペットの排泄物は避けて飼い主に報告</a></li></ul></div>空気清浄機は、パンデミックの影響で、この2年間で非常に重視されるようになったトピックであることは間違いない。しかし、それ以前にも、コネクテッドホームフィルターなどの登場により、このカテゴリーは活況を呈していた。Aerisの主力製品である「Lite」と「3-in-1 Pro」には、デバイスの状態を監視したり、複数の接続された機器を制御したりするためのスマートフォンアプリが搭載されている。</p>\n<p>最後の部分には、iRobotの大きな計画を垣間見ることができる。独自のスマートスピーカーを持たないiRobotは、接続されたビーコンとしての役割を果たす、何らかのスマートホームデバイスを探していることは間違いない。それは、高価ではあるが、空気清浄機のようなものになるかもしれない。将来的には、ルンバのドッキングステーションにAerisの浄化技術が組み込まれるかもしれない。</p>\n<p>iRobotによると、この取引はすでに終了しており、同社はAerisに7200万ドル(約82億2000万円)の現金を支払ったという。「この最初の現金対価に加えて、取引には、Aerisが2022年に一定の目標を達成した場合、ささやかな業績ベースのアーンアウト条項が含まれています」とのこと。</p>\n<p><small>画像クレジット:iRobot</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/18/irobot-is-buying-air-purifier-maker-aeris/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/airpro_roomba.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 459024,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 459024,
            "tagId": 518109,
            "tag": {
              "id": 518109,
              "slug": "roomba",
              "name": "Roomba / ルンバ(製品・サービス)",
              "description": "iRobotが製造、販売するロボット掃除機。"
            }
          },
          {
            "postId": 459024,
            "tagId": 621554,
            "tag": {
              "id": 621554,
              "slug": "irobot",
              "name": "iRobot(企業)",
              "description": "マサチューセッツ州ベッドフォードを拠点とする産業用、家庭用ロボットを設計、開発する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 459024,
            "tagId": 697740,
            "tag": {
              "id": 697740,
              "slug": "smart-home",
              "name": "スマートホーム(用語)",
              "description": "スマートホームに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459024,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459024,
            "tagId": 366281289,
            "tag": {
              "id": 366281289,
              "slug": "vacuum-cleaner",
              "name": "掃除機 / ロボット掃除機(用語)",
              "description": "掃除機 / ロボット掃除機に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 458810,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 458810,
        "slug": "2021-11-17-fieldin-buys-fellow-agtech-firm-midnight-robotics",
        "createdAt": "2021-11-18T04:45:22.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-18T04:41:09.000Z",
        "title": "農家のDXを支援するFieldinがアグリテック仲間のMidnight Roboticsを買収",
        "content": "<p>新型コロナが注目される以前から、農業ロボットにとってこの2年間は大きな意味を持っていた。人口増加と環境問題は、将来的に人々に食料を供給する方法を考える上で大きな原動力となってきた。またパンデミックは、多くの農家が現場作業員の確保に苦労していることから、その懸念に拍車をかけている。</p>\n<p>2016年にテルアビブで行われたピッチオフ(投資家への売り込みコンペ)で優勝して、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2016/06/22/tel-aviv-meetup-winners/\" rel=\"noopener\">TechCrunchにでも紹介した</a>Fieldinが米国時間11月17日、Midnight Roboticsを買収する計画を発表した。外野からすると、お似合いのカップルだ。イスラエルとオーストラリアを経由し、現在はカリフォルニアを拠点とするFieldinは、農家のデータ収集と自動化を支援する。一方、Midnightはトラクターなどの農業機械にLiDARを利用したセンサー技術をもたらす。</p>\n<p>Fieldinによると、同社の技術は1日程度で立ち上がるという。他の多くのサービスと同様に、同社は技術者を農場に派遣し、農家をサポートしている。少なくとも、新しい技術を手に入れなければならない既存の多くの技術に比べると、コスト的に楽だ。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/03/31/2022-03-30-can-robotic-hives-save-the-worlds-bees/\">Beewiseのロボット巣箱が世界のミツバチを救う?</a></li><li><a href=\"/2022/03/31/2022-03-29-urban-greenhouse-firm-gotham-greens-set-to-double-its-footprint-this-year/\">都市型温室のGotham Greensが2022年中に設置面積の倍増を計画</a></li><li><a href=\"/2022/03/30/harvestx-fundraising-2/\">HarvestXが1.5億円調達、植物工場での実証実験に向け開発加速―実証結果踏まえた製品バージョンのベータリリースも計画</a></li></ul></div>この買収によって、Midnightの技術がFieldinの既存のソリューションに統合される。</p>\n<p>Fieldinの共同創業者でCEOのBoaz Bachar(ボアズ・バチャー)氏は、プレスリリースで次のように述べている。「過去8年間、私たちは数百の農場と1万台以上のトラクターと、その他の農業機械をデジタル化してきました。大規模農業の世界ではどこよりも多いと自負しています。またその間、農場管理のベストプラクティスを伝えることができる大量の貴重なデータを集積しました。Midnight Roboticsを買収することで、農家はデータから得る洞察を自律的なアクションに結びつけるループを閉じることができます。農家は、自分が何をやるべきかを正確に知り、すべてを同じプラットフォーム上で、自律的に実行できます」。</p>\n<p>Midnight Roboticsの共同創業者であるYonatan Horovitz(ヨナタン・ホロビッツ)氏とEdo Reshef(エド・レシェフ)氏はFieldinに移り、それぞれ自律担当最高責任者(chief autonomy office)とCTOになる。またこの買収により、両人はFieldinの共同創業者に名を連ねることになる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Midnight Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/17/fieldin-buys-fellow-agtech-firm-midnight-robotics/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/mid.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 458810,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 458810,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458810,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458810,
            "tagId": 366276584,
            "tag": {
              "id": 366276584,
              "slug": "dx",
              "name": "DX / デジタルトランスフォーメーション(用語)",
              "description": "DX / デジタルトランスフォーメーションに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458810,
            "tagId": 692516163,
            "tag": {
              "id": 692516163,
              "slug": "fieldin",
              "name": "Fieldin(企業)",
              "description": "農家のデータ収集と自動化を支援するアグリテック企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 458521,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 458521,
        "slug": "2021-11-16-nommi-announces-plans-for-rollout-of-its-food-bowl-making-kitchen-robot",
        "createdAt": "2021-11-17T05:30:48.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-17T05:18:47.000Z",
        "title": "Nommiがフードボウルを作るキッチンロボットを展開、「料理の鉄人」森本氏と提携も",
        "content": "<p>レストラン業界で人手不足が続く中、オーナーらは今後、自動化への期待をますます募らせるはずだ。また、世界的なパンデミックの影響で食品の取り扱いが厳しくなっていることもあり、食品ロボットの会社を経営するには間違いなく最高のタイミングだと言える。</p>\n<p>LAに拠点を置くNommi(ノミ)は、レストランブランドのC3(Creating Culinary Communities)との提携を発表し、世界中の不動産や大学キャンパスのパートナーに、最大1000台のロボットキオスクを展開する予定だ。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-458523 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg 1920w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi2.jpeg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>自動化が可能な食品の種類は、まだ比較的少ない。Nommiが注目しているのは、ピザのように比較的均一で自己完結型の食品配送システムであるフードボウルで、ロボットに最適なものだ。同社を代表する製品は、基本的に細長いキオスクで、客が自分の食事をカスタマイズできるタッチスクリーンがビルトインされている。</p>\n<p>このマシンは、麺類、穀物、サラダなどのボウルを最短3分で作ることができる。最大330個のボウルと蓋を収納でき、一度に複数のボウルを作ることが可能だ。完成したボウルを最大21個「ロッカー」にキープし、料理を取り出すにはQRコードを使う。C3との契約には、料理の鉄人である森本正治氏とのパートナーシップも含まれており、森本氏の「Sa&#8217;Moto」ブランドのプロダクトがマシンに導入され、24時間365日稼働することになる。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-458524 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg 2048w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/11/Nommi3.jpeg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>「Nommiの秘密のソースは、ブランドと消費者の両方の視点から見て、比類のない汎用性にあることは間違いありません」と、社長で共同創業者のBuck Jordan(バック・ジョーダン)氏はリリースで述べている。「C3のような革新的なプラットフォームと提携することで、多くの収入源とユニークな顧客へのアクセスが可能になります。両社とも食品業界に変革をもたらしており、我々のパートナーシップは最高のタイミングで実現しました」と話した。</p>\n<p>Nommiは、MisoやFuture Acresといったロボット企業のインキュベーターであるWavemaker Labsの支援を受け、最大2000万ドル(約23億円)の資金調達に取り組んでいる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Nommi</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/16/nommi-announces-plans-for-rollout-of-its-food-bowl-making-kitchen-robot/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Nommi.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 458521,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 458521,
            "tagId": 1662,
            "tag": {
              "id": 1662,
              "slug": "restaurant",
              "name": "レストラン(用語)",
              "description": "レストランに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458521,
            "tagId": 366270486,
            "tag": {
              "id": 366270486,
              "slug": "kitchen",
              "name": "キッチン(用語)",
              "description": "キッチンに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458521,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 458521,
            "tagId": 692515919,
            "tag": {
              "id": 692515919,
              "slug": "robot-restaurant",
              "name": "ロボットレストラン(用語)",
              "description": "ロボットレストランに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458521,
            "tagId": 692516131,
            "tag": {
              "id": 692516131,
              "slug": "kitchen-robot",
              "name": "調理ロボット / キッチンロボット(用語)",
              "description": "調理ロボット / キッチンロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458521,
            "tagId": 692516132,
            "tag": {
              "id": 692516132,
              "slug": "nommi",
              "name": "Nommi(企業)",
              "description": "LAに拠点を置く食品ロボット企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 457336,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 457336,
        "slug": "2021-11-09-these-tiny-robots-inspired-by-starfish-larva-move-courtesy-of-ultrasound",
        "createdAt": "2021-11-11T02:00:17.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-10T23:45:42.000Z",
        "title": "スイス大研究チームがヒトデの幼生から着想を得たマイクロロボットを超音波で動かすことに成功",
        "content": "<p>マイクロロボットは、業界の多くの人々にとって長年の関心事だった。このようなテクノロジーは、最終的に多くのアプリケーションを提供できる可能性があり、その中にはヘルスケア分野における有用な機能も含まれる。例としてよく挙げられるのが、薬の薬物送達やマイクロサージャリーなどだ。</p>\n\n<p>このテクノロジーで生じる最大の疑問は、移動性をどうやって確保するかだ。具体的にいうと、バッテリーやその他の技術を搭載せずに、どうやってロボットを動かすかということである。よく提案されるのは磁石を使う方法だが、<a target=\"_blank\" href=\"https://ethz.ch/en/news-and-events/eth-news/news/2021/11/finding-inspiration-in-starfish-larva.html\" rel=\"noopener\">スイス連邦工科大学チューリッヒ校のチームは、超音波を使ったまったく別の方法を研究</a>している。</p>\n<p>髪の毛の直径よりも小さいこのロボットは、 写真現像技術を応用して微細なパターンを生成するフォトリソグラフィーという技術によって作られた。その外部は、ヒトデの幼生を覆っている繊毛を人工的に模したもので覆われている。ヒトデの幼生は、この超微細な毛のような構造体が、周囲の水を叩いて小さな渦を作ることによって、水の中を移動する。つまり、この構造は、実質的に水を押し出すか引き込むか、そのどちらかを行うのだ。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/Jn30ct9u1UY?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>研究チームによると、超音波を当てることでこの小さなロボットに同様の推進力を生み出し、直線的に泳がせることに成功したという。画像や動画の中でロボットの周りに見えるものは、プラスチック製のマイクロビーズを水に入れ、ロボットの周りでどのように円状に動くかを表したものだ。</p>\n<p>薬物送達は、ここで最も広く議論されている応用法である。具体的には、胃の腫瘍などの部位にマイクロロボットを使って直接薬物を送達できるようにする。そうすれば、薬をより効率的に使用でき、潜在的な副作用も軽減できる。</p>\n<p>「しかし、このビジョンを実現するためには、イメージングという大きな課題が残っています」と、同校は書いている。「小さな機械を適切な場所に誘導するには、鮮明な画像がリアルタイムで生成される必要があります。研究者たちは、超音波による医療用画像処理ですでに使用されているような造影剤を組み込むことで、マイクロロボットをもっと見えやすくすることを計画しています」。</p>\n<p><small>画像クレジット:ETH Zurich</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/09/these-tiny-robots-inspired-by-starfish-larva-move-courtesy-of-ultrasound/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/image.imageformat.fullwidth.1414584439.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 457336,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 457336,
            "tagId": 72479,
            "tag": {
              "id": 72479,
              "slug": "ultrasound",
              "name": "超音波(用語)",
              "description": "超音波に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 457336,
            "tagId": 363483710,
            "tag": {
              "id": 363483710,
              "slug": "eth-zurich",
              "name": "チューリッヒ工科大学 / ETHZ(組織)",
              "description": "ETHZに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 457336,
            "tagId": 366270781,
            "tag": {
              "id": 366270781,
              "slug": "medical",
              "name": "医療 / 治療 / MedTech / メドテック(用語)",
              "description": "医療 / 治療 / MedTech / メドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 457336,
            "tagId": 366271869,
            "tag": {
              "id": 366271869,
              "slug": "healthcare",
              "name": "健康 / 健康管理 / ヘルスケア(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 457336,
            "tagId": 692516028,
            "tag": {
              "id": 692516028,
              "slug": "micro-robot",
              "name": "マイクロロボット(用語)",
              "description": "マイクロロボットに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 456728,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 456728,
        "slug": "2021-11-05-teaching-robots-to-socialize",
        "createdAt": "2021-11-07T00:00:11.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-06T23:21:54.000Z",
        "title": "ロボットに社会性を与えるMITの実験",
        "content": "<p>あなたがAからBまで行くことをプログラミングされているのなら、丁寧であることはあまり必要とされない。しかしロボットが人間社会で果たす役割が増えるにともって、彼らはどうやって人間たちと正しくうまくやっていくのか、という問題が生まれてくる。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/03/03/2022-03-01-mit-spinoff-opt-ramps-up-production-of-its-3d-printed-nasal-swab/\">MITスピンオフ企業OPT Industriesが3Dプリントによる鼻腔用綿棒の生産拡大に向けて約17億円を調達</a></li><li><a href=\"/2022/03/02/2022-02-28-terahertz-waves/\">テラヘルツ波で人間も「透視」する画像センサー</a></li><li><a href=\"/2022/01/19/2022-01-18-could-humanlike-behavior-make-smart-devices-more-engaging-mit-researchers-think-so/\">「人間のような振る舞いが、スマートデバイスをもっと魅力にするかも」というMITの研究</a></li></ul></div>MITのCSAIL(コンピューター科学人工知能研究所)の研究員Boris Katz(ボリス・カッツ)氏が、<a target=\"_blank\" href=\"https://openreview.net/pdf?id=3HZLte8gMYS\" rel=\"noopener\">最近の研究論文</a>で「ロボットはもうじき私たちの世界の住人になるため、私たちと人間のようにコミュニケーションをとることができるようになる必要がある」という。「彼らは、いつ自らが手伝うのか、いつ自らが何かを防ぐために何ができるのかを理解する必要があります」。</p>\n<p>彼のチームはその研究論文を「人間と機械が社会的に対話するとはどういうことかを理解するための、初めてで極めて真剣な試み」と呼んでいる。このような主張の正当性をめぐって議論はあるだろうが、彼らが極めて初期的な段階として解こうとしている問題は疑いもなく、人間の生活の中でロボットの役割がすごく大きくなろうとしている今日、ロボット研究者たちが今後ますます真剣に考慮すべき問題だ。</p>\n<p>研究者たちが行ったシミュレーションテストでは、ロボット同士の「リアルで予測可能な」対話を開発した。そのシミュレーションでは、1人のロボットがもう1人の仕事ぶりをウォッチし、その目標を知ろうとし、その後両者は仕事をしながら目標達成に進んだり、それを妨げたりする。</p>\n<p>プロジェクトのリーダーでフェローのRavi Tejwani(ラヴィ・テジュワニ)氏は次のように述べている。「私たちは、2つのエージェント間の社会的な対話のモデルを作るための数学的枠組みを公開しました。あなたがロボットで、X地点に行きたいとします。そのとき私はもう1つのロボットで、あなたがX地点へ行こうとしていることを見ます。私はあなたに協力して、あなたがX地点に速く到着できるように助けます。それは、Xを動かしてあなたに近くすることかもしれません。もう1つの、もっと良いXを見つけることかもしれません。あるいはあなたがXに到着するためにやるべき何らかのアクションを、やってあげることかもしれません。私たちの公式では「how(どうやって)」を見つけるための計画ができます。また「what(何)」は、ソーシャルな対話の数学的な意味に基づいて指定します。</p>\n<p>そのモデルは現在、比較的単純な2Dのシミュレーションだ。チームは現在、3Dバージョンに移行しようとしており、また、ニューラルネットワークを使ったロボットのプランナーを加えて、ロボットがこれらのアクションから学ぶスピードを速めようとしている。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.in/search/photographer?family=creative&amp;photographer=charles+taylor\" rel=\"noopener\">charles taylor</a>/Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/05/teaching-robots-to-socialize/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/csa.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 456728,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 456728,
            "tagId": 1214,
            "tag": {
              "id": 1214,
              "slug": "communication",
              "name": "コミュニケーション(用語)",
              "description": "コミュニケーションに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456728,
            "tagId": 43886,
            "tag": {
              "id": 43886,
              "slug": "mit",
              "name": "マサチューセッツ工科大学 / MIT(組織)",
              "description": "マサチューセッツ工科大学に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456728,
            "tagId": 366051832,
            "tag": {
              "id": 366051832,
              "slug": "csail",
              "name": "CSAIL / MITコンピュータ科学・人工知能研究所(組織)",
              "description": "MIT Computer Science and Artificial Intelligence Laborator、MITコンピュータ科学・人工知能研究所に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456728,
            "tagId": 366187520,
            "tag": {
              "id": 366187520,
              "slug": "neural-network",
              "name": "ニューラルネットワーク(用語)",
              "description": "ニューラルネットワークに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456728,
            "tagId": 692515979,
            "tag": {
              "id": 692515979,
              "slug": "sociality",
              "name": "社会性(用語)",
              "description": "社会性に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 456338,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 456338,
        "slug": "ai-lab-robot-service-experiment",
        "createdAt": "2021-11-04T10:05:21.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-04T10:05:21.000Z",
        "title": "サイバーエージェントAI Lab・大阪大学・東急ハンズが操作者4名ロボット20体による自律・遠隔ハイブリット接客の実証実験",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-456340\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_03_0.png\" alt=\"サイバーエージェントAI Lab・大阪大学・東急ハンズが操作者4名・ロボット20体による自律・遠隔ハイブリット接客の実証実験\" width=\"824\" height=\"464\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_03_0.png 824w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_03_0.png?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_03_0.png?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_03_0.png?resize=710,400 710w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_03_0.png?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_03_0.png?resize=738,416 738w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_03_0.png?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_03_0.png?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_03_0.png?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_03_0.png?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_03_0.png?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_03_0.png?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_03_0.png?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_03_0.png?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_03_0.png?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 824px) 100vw, 824px\" /><a target=\"_blank\" href=\"https://www.cyberagent.co.jp/\" rel=\"noopener\">サイバーエージェント</a>は11月4日、同社研究開発組織AI Lab、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.es.osaka-u.ac.jp/ja/\" rel=\"noopener\">大阪大学大学院基礎工学研究科</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tokyu-hands.co.jp/company/\" rel=\"noopener\">東急ハンズ</a>と共同で、東急ハンズ心斎橋店(大阪市中央区)にて、操作者4名が遠隔対話ロボット20体による接客を行い、店舗における顧客満足度を向上できるかを検証すると発表した。実証実験は、2021年11月18日から11月29日まで行われる。調査結果については、2022年2月以降に発表の場を設ける予定。</p>\n<p>これは、内閣府が主導するムーンショット型研究開発事業の一環である「ロボットによる次世代サービスの実現」をテーマにした実証プロジェクトの第3弾。第1弾と第2弾では、市役所でのコミュニケーション活性や空港での顧客体験創出の検証を行っており、今回は東急ハンズ心斎橋店において、遠隔対話ロボットによる「多接点での迅速な質問対応」「きっかけの提供」が、顧客の満足度や新しい体験価値につながるかどうかが検証される。つまり、「商品の場所がわからない」とか「おすすめの商品を知りたい」といった顧客の「困った!」に迅速に対応できるかが調査される。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-456339\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png\" alt=\"\" width=\"968\" height=\"610\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png 968w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png?resize=300,189 300w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png?resize=768,484 768w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png?resize=635,400 635w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png?resize=400,252 400w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png?resize=738,465 738w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png?resize=571,360 571w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png?resize=220,139 220w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png?resize=273,172 273w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png?resize=198,125 198w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png?resize=125,79 125w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png?resize=95,60 95w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png?resize=876,552 876w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png?resize=582,367 582w, /wp-content/uploads/2021/11/26814_ext_24_2.png?resize=50,32 50w\" sizes=\"(max-width: 968px) 100vw, 968px\" /></p>\n<p>具体的な調査内容は次の4つ。</p>\n<ol>\n<li>複数体のロボットを4人のオペレーターが操作することで、顧客に対し迅速な質問対応ときっかけの提供をどれだけ遂行できるか</li>\n<li>複数体のロボットを4人のオペレーターが操作することで、顧客の満足度を高めることができるか</li>\n<li>東急ハンズのスタッフではないオペレーター4人によるロボット接客が、東急ハンズの熟練スタッフに比べてどの程度パフォーマンスを発揮できるか</li>\n<li>複数体のロボットを4人のオペレーターが操作する際に生じる利点や課題</li>\n</ol>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-04-010-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 456338,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 456338,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456338,
            "tagId": 126376,
            "tag": {
              "id": 126376,
              "slug": "avatar",
              "name": "アバター(用語)",
              "description": "アバターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456338,
            "tagId": 20523509,
            "tag": {
              "id": 20523509,
              "slug": "cyberagent",
              "name": "サイバーエージェント(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 456338,
            "tagId": 366280039,
            "tag": {
              "id": 366280039,
              "slug": "osaka-university",
              "name": "大阪大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 456338,
            "tagId": 692509752,
            "tag": {
              "id": 692509752,
              "slug": "retail",
              "name": "小売(用語)",
              "description": "小売に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456338,
            "tagId": 692515958,
            "tag": {
              "id": 692515958,
              "slug": "tokyu-hands",
              "name": "東急ハンズ(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 456373,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 456373,
        "slug": "2021-10-21-guns-on-robots",
        "createdAt": "2021-11-04T09:15:56.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-05T02:22:40.000Z",
        "title": "ロボットにスナイパーライフルを装着させるという一連の問題",
        "content": "<p>ロボットに銃を装備させるというのは、実用的な四足歩行ロボットが登場して以来、我々が追い続けてきたトピックだ。先の展示会で、SWORD(スワード)と呼ばれる企業が設計した遠隔操作可能な狙撃銃がGhost Robotics(ゴースト・ロボティクス)のシステムに装着されているものがお披露目されたため、この問題がさらに重要性を増してしまった。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/02/03/2022-02-02-homeland-security-eyes-robot-dogs-to-patrol-the-southern-border/\">米国土安全保障省、四足方向のロボット犬が南部国境をパトロール</a></li><li><a href=\"/2022/01/21/2022-01-20-anymals-quadrupedal-robot-takes-a-hike/\">チューリッヒ工科大学の四足歩行ロボットANYmalがハイキングに挑戦</a></li><li><a href=\"/2021/11/04/2021-10-21-guns-on-robots/\">ロボットにスナイパーライフルを装着させるという一連の問題</a></li></ul></div>これはBoston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)がどうにかして自らを遠ざけようとしていた問題である。当然のことながら戦争マシンを作っているという事実は、一般的に見て企業イメージにもよろしくない。しかし、多くのロボット産業がそうであるように、DARPA(国防高等研究計画局)の資金援助を受けたBoston Dynamicsが恐ろしいSF映画のようなロボットを生み出しているという事実は事態を複雑にしている。</p>\n<p>先の<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/15/https-techcrunch-com-2021-10-14-actuator-8/\" rel=\"noopener\">コラム</a>では、威嚇や暴力を目的としたSpotの使用に対するBoston Dynamicsのアプローチについて話をした。また、ロボットの背中に銃を取り付けることについての筆者自身の考えも少し述べたつもりだ(繰り返しいうが、私は銃やデスマシン全般に反対である)。記事を書く前にGhost Roboticsに連絡を取ったものの、返事をもらったのは記事が公開された後だった。</p>\n<p>筆者はその後、同社のCEOであるJiren Parikh(ジレン・パリク)氏に、同氏が「歩く三脚」と呼ぶこのシステムについて話を聞くことができた。Ghostはペイロード、この場合はすなわちSWORD Defense Systemsの特殊用途無人ライフル(SPUR)を設計していないため、こういった呼び方をするのだろう。しかしここには重要な倫理的疑問が詰まっている。歩く三脚と同社は呼ぶが、実際の責任はどこに置かれているのだろうか。ロボット開発会社なのか、ペイロードを製造する会社なのか。またはエンドユーザー(例えば軍隊)なのか、はたまたこれらすべてなのか。</p>\n<p>銃を装備したロボット犬の軍隊が誕生し得るという可能性があるのだから、これは非常に重要な問題である。</p>\n<p><strong>自律性の観点からお話を伺いたいと思います。</strong></p>\n<p>ロボット自体には、武器のターゲティングシステムのための自律性やAIを一切使っていません。システムを作っているSWORDについては、私からはお話しできませんが、私の知っている限りでは、武器は手動で発射されるトリガー式であり、ターゲティングも裏で人間が行っています。トリガーの発射は完全に人間がコントロールしているのです。</p>\n<p><strong>完全な自律性というのは、越えるべきでない一線だとお考えですか。</strong></p>\n<p>我々はペイロードを開発していません。兵器システムを宣伝したり広告したりするつもりがあるかと聞かれれば、おそらくないでしょう。これは難しい質問ですね。私たちは軍に販売しているので、軍がこれらの兵器をどのように使用しているのかはわかりません。政府のお客様にロボットの使い方を指図するつもりはありません。</p>\n<p>ただし販売先に関しては境界線を設けています。米国および同盟国政府にのみに販売しています。敵対関係にある市場には、企業顧客にさえロボットを販売しません。ロシアや中国のロボットについての問い合わせは多いですね。企業向けであっても、こういった国には出荷しません。</p>\n<p><strong>貴社が望まない方法でロボットが使われないようにするための権利を留保していますか?</strong></p>\n<p>ある意味ではそうですね。弊社にはコントロール権があります。全員がライセンス契約にサインしなければなりませんし、我々が望まない企業にはロボットを売りません。弊社が納得できる米国および同盟国の政府にのみロボットを販売しています。ただし軍の顧客は、彼らが行っていることすべてを開示しないということを認識しなければなりません。国家安全保障のため、あるいは兵士を危険から守るために、特定の目的でロボットを使用する必要があるのであれば、私たちはそれに賛成します。</p>\n<div id=\"attachment_456374\" style=\"width: 591px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-456374\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-456374\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png?w=300\" alt=\"\" width=\"581\" height=\"500\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png 1395w, /wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png?resize=300,258 300w, /wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png?resize=768,661 768w, /wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png?resize=1024,881 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png?resize=465,400 465w, /wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png?resize=400,344 400w, /wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png?resize=738,635 738w, /wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png?resize=419,360 419w, /wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png?resize=220,189 220w, /wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png?resize=200,172 200w, /wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png?resize=145,125 145w, /wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png?resize=125,108 125w, /wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png?resize=70,60 70w, /wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png?resize=642,552 642w, /wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png?resize=427,367 427w, /wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.png?resize=50,43 50w\" sizes=\"(max-width: 581px) 100vw, 581px\" /><p id=\"caption-attachment-456374\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:SWORD</p></div>\n<p><strong>ロボットを使って何をするかではなく、誰がロボットを購入するかというのが審査対象という事ですか。</strong></p>\n<p>その通りです。このロボットを使って格闘技のビデオを作ったり、ロボットがとんでもないことをするリアリティ番組を作ったりしたいという声が寄せられています。しかし誰が使うかわからなければお断りしています。ロボットはあくまでも道具です。検査やセキュリティ、そしてあらゆる軍事的用途のためのツールなのです。</p>\n<p><strong>先に見た写真に関してですが、タイムラインはあるのでしょうか。</strong></p>\n<p>2022年の第1四半期後半には、スナイパーキットのフィールドテストを行う予定だそうです。</p>\n<p><strong>このケースにおける契約内容は何ですか?国防総省は御社やSWORDと個別に契約をしているのでしょうか。</strong></p>\n<p>契約はありません。彼らは市場機会があると信じているただのロングガン企業で、彼らは自分たちのお金で開発し、我々はそれが魅力的なペイロードだと思った。顧客がいるわけではありません。</p>\n<div id=\"attachment_456377\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-456377\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-456377 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"582\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png 1256w, /wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png?resize=300,171 300w, /wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png?resize=768,437 768w, /wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png?resize=1024,582 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png?resize=704,400 704w, /wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png?resize=400,227 400w, /wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png?resize=738,420 738w, /wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png?resize=633,360 633w, /wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png?resize=220,125 220w, /wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png?resize=281,160 281w, /wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png?resize=125,71 125w, /wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png?resize=106,60 106w, /wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png?resize=971,552 971w, /wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png?resize=600,341 600w, /wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/11/where-did-the-pilot-go.png?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-456377\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Reliable Robotics</p></div>\n<p>さて、(少なくとも今回)軍用犬ロボットの話はここまでにしよう。陸上での案件から、海や空へと話を移したい。まずはベイエリアに拠点を置く自律型貨物機企業、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/14/reliable-robotics-going-up-in-the-world/\" rel=\"noopener\">Reliable Robotics(リライアブル・ロボティクス)</a>が1億ドル(約114億円)を調達した。設立4年目の同社の総資金額は、今回のシリーズCラウンドにより1億3000万ドル(約148億円)となり、自律型トラック輸送モデルを空へと移行させるべく計画を進めている。</p>\n<p>無人航空機といえば、Alphabet(アルファベット)の子会社であるWing(ウイング)が米国でのドローン配送を本格的に開始することを<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/20/walgreens-will-deploy-wing-drone-deliveries-in-the-dallas-fort-worth-area/\" rel=\"noopener\">発表</a>した。オーストラリアとバージニア州の小さな町でパイロット版に成功した同社。その後ダラス・フォートワース都市圏で自律走行による配達を開始するべく、Walgreens(ウォルグリーンズ)とのパートナーシップを発表したのである。</p>\n<div id=\"attachment_456378\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-456378\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-456378 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg 2048w, /wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?resize=1536,1024 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2021/11/WalgreensWing_14.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-456378\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Alphabet</p></div>\n<p>Wingは規制面での取り組みについて次のように話してくれた。</p>\n<blockquote><p>2019年4月、Wingはドローン事業者として初めて米連邦航空局から航空事業者としての認定を受け、数マイル先にいる受取人に商材を届けることができるようになりました。この認定の拡大版として、2019年10月にバージニア州でローンチすることができました。現在この拡大版の許可に向けて作業を進めており、その一環として、今後数週間のうちにテストフライトを行い、この地域で新しい機能を実証する予定です。ダラス・フォートワース都市圏でのサービス開始に先立ち、私たちは地元、州、連邦レベルの当局と協力して、すべての適切な許可を確保してまいります。</p></blockquote>\n<div id=\"attachment_456379\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-456379\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-456379 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg 1504w, /wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2021/11/saildrone-fleet.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-456379\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Saildrone</p></div>\n<p>水上はというと、こちらでも1億ドル規模のシリーズCが行われている。科学的なデータ収集を目的とした<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/19/2021-10-18-saildrone-catches-a-100m-c-breeze-to-build-more-robo-boats/\" rel=\"noopener\">自律航行船を開発するSaildrone(セイルドローン</a>)は、すでにかなりの数の無人水上飛行機(USV)を配備しており、その総走行距離は約50万マイル(約80万Km)に達しているという。</p>\n<p>最後に、パンデミックによる人手不足の中、ロボットウェイターを採用するという<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nytimes.com/2021/10/19/business/restaurants-robots-workers.html\" rel=\"noopener\">The New York Times(ニューヨーク・タイムズ)</a>の興味深い記事を紹介したい。ロボットウェイターというのは大して興味深いわけでもないのだが、おもしろいことに、この結果人間のウェイターが受け取るチップが増えたと報告されたのである。</p>\n<blockquote><p>Serviによってウェイターがキッチンを往復する手間が省かれ、常に忙しいウェイターは客と会話する時間を増やし、より多くのテーブルにサービスを提供することができたため、ウェイターはより高いチップを得ることができたのである。</p></blockquote>\n<p>自律型システムは既存の仕事を置き換えるのではなく、企業が現在の人員では補えない部分を補うものであるという、ロボット関連企業が以前から主張してきたことが、このニュースで裏付けられた形になった。自律型システムが既存の仕事を完全に取って代わる事はなく、現在の人員では補えない部分を補完するのだということがよく分かる。これが完全な自動化への一歩となるかどうかは疑問だが、人間がより人間的な仕事に専念できるようになることに、大きな意味があるのではないだろうか。</p>\n<p><small>画像クレジット:SWORD</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/21/guns-on-robots/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/SPUR-5.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 456373,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 456373,
            "tagId": 488,
            "tag": {
              "id": 488,
              "slug": "military",
              "name": "軍事(用語)",
              "description": "軍事に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456373,
            "tagId": 11141,
            "tag": {
              "id": 11141,
              "slug": "guns",
              "name": "銃(用語)",
              "description": "銃に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456373,
            "tagId": 55871,
            "tag": {
              "id": 55871,
              "slug": "darpa",
              "name": "DARPA / 米国防高等研究計画局(組織)",
              "description": "Defense Advanced Research Projects Agency。軍隊使用のための新技術開発、研究を行う国防総省の機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 456373,
            "tagId": 2586675,
            "tag": {
              "id": 2586675,
              "slug": "boston-dynamics",
              "name": "Boston Dynamics / ボストン・ダイナミクス(企業)",
              "description": "Boston Dynamicsは米国のロボティクス企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 456373,
            "tagId": 362823203,
            "tag": {
              "id": 362823203,
              "slug": "alphabet",
              "name": "Alphabet / アルファベット(企業)",
              "description": "Alphabetは、2015年にGoogleおよびグループ企業の持株会社として設立された企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 456373,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 456373,
            "tagId": 366274934,
            "tag": {
              "id": 366274934,
              "slug": "interviews",
              "name": "インタビュー(用語)",
              "description": "インタビュー記事の一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456373,
            "tagId": 366275192,
            "tag": {
              "id": 366275192,
              "slug": "military-robot",
              "name": "軍事ロボット(用語)",
              "description": "軍事ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456373,
            "tagId": 366278839,
            "tag": {
              "id": 366278839,
              "slug": "wing",
              "name": "Wing(企業)",
              "description": "Alphabetのドローン配送子会社。"
            }
          },
          {
            "postId": 456373,
            "tagId": 692508407,
            "tag": {
              "id": 692508407,
              "slug": "quadruped-walking-robot",
              "name": "四足歩行ロボット(用語)",
              "description": "四足歩行ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456373,
            "tagId": 692509639,
            "tag": {
              "id": 692509639,
              "slug": "reliable-robotics",
              "name": "Reliable Robotics(企業)",
              "description": "空港に新たなインフラや技術を設置することなく、飛行機が農村部や遠隔地の小規模な滑走路での自動着陸を行うことできるシステムを開発するカリフォルニア州マウンテンビュー拠点の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 456373,
            "tagId": 692511634,
            "tag": {
              "id": 692511634,
              "slug": "saildrone",
              "name": "Saildrone(企業)",
              "description": "乗組員をまったく必要とせず、作業する海洋環境にほとんど影響を与えないたくさんのマッピングを行える自律探査船を開発することに焦点を当てるアメリカ・カリフォルニアのスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 456373,
            "tagId": 692515953,
            "tag": {
              "id": 692515953,
              "slug": "ghost-robotics",
              "name": "Ghost Robotics(企業)",
              "description": "軍事、国土、産業、エネルギー、鉱業市場向けのアジャイルな地上ドローンを開発する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 456373,
            "tagId": 692515954,
            "tag": {
              "id": 692515954,
              "slug": "sword",
              "name": "SWORD(企業)",
              "description": "SWORDに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 456197,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 456197,
        "slug": "2021-11-02-flippy-the-hamburger-cooking-robogets-a-more-capable-successor",
        "createdAt": "2021-11-03T08:30:27.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-03T08:03:31.000Z",
        "title": "ハンバーガーをひっくり返すロボット「Flippy」の能力が向上、調理前後の作業を追加",
        "content": "<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/03/18/2022-03-16-flippy-meet-chippy-chipotles-new-tortilla-chip-cooking-robot-arm/\">ハンバーガー調理ロボットに続き、Miso Roboticsからトルティーヤチップスを調理するロボットが登場</a></li><li><a href=\"/2021/11/03/2021-11-02-flippy-the-hamburger-cooking-robogets-a-more-capable-successor/\">ハンバーガーをひっくり返すロボット「Flippy」の能力が向上、調理前後の作業を追加</a></li><li><a href=\"/2021/06/23/2021-06-22-hamburger-flipping-robotics-maker-miso-introduces-automated-beverage-dispenser/\">ハンバーガーのパテをひっくり返すロボットで有名なMiso Roboticsが自動飲料マシンを発表</a></li></ul></div>Miso Roboticsは米国時間11月2日、ファストフードチェーン<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/07/14/white-castle-becomes-the-first-fast-food-chain-to-test-out-the-robot-fry-cook-flippy-from-miso-robotics/\" rel=\"noopener\">White Castle(ホワイト・キャッスル)の一部店舗</a>でのパイロット運用に続き、ハンバーガー調理ロボット「Flippy」の新バージョンを発表した。新バージョンのロボットは「Flippy 2」と名づけられ、ファストフード店での簡単な調理作業をさらに自動化することを目的としている。</p>\n<p>Misoのプレスリリースによると、オリジナルバージョンに対するスタッフからのフィードバックは、Flippyの主な調理作業の前後に人間の助けが必要すぎるというものだった。それには、調理されていない食材を最初に扱うことと、調理された食材をホールディングエリアに置くことが含まれる。基本的にFlippyは、調理中の食材を常に監視し、調整する必要がある部分の作業を置き換えていたが、その前や後の段階ではあまり助けになっていなかった。</p>\n<div id=\"attachment_456199\" style=\"width: 810px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-456199\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-456199 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Flippy-2-Dispensing-and-Placing-Fries-17s.2021-10-29-17_34_41.gif?w=800\" alt=\"\" width=\"800\" height=\"450\" /><p id=\"caption-attachment-456199\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Miso Robotics</p></div>\n<p>MisoのMike Bell(マイク・ベル)CEOはこう述べている。</p>\n<blockquote><p>すべてのテクノロジーがそうであるように、Flippy 2は前作から大幅に進化しています。実際のレストラン環境で開発を推進するために、White Castleから得た知見に非常に感謝しています。Flippy 2は前ほどキッチンのスペースを取らず、新しいバスケットを充填し、空け、戻す機能により、生産量を飛躍的に向上させます。Flippyが誕生して以来、当社の目標は、どんな厨房にも調和し、混乱なく機能するカスタマイズ可能なソリューションを提供することでした。</p></blockquote>\n<p>Misoは、よりコンパクトになったFlippyは、従来のロボットに比べてスループットを3割近く向上させることができ、人間の手を煩わせることが大幅に減ったと述べている。2代目のFlippyは、パンデミックの影響でレストラン業界が深刻な人手不足に直面している中で発表された。</p>\n<p><small>画像クレジット:Miso Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/02/flippy-the-hamburger-cooking-robogets-a-more-capable-successor/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Flippy-2-Complete-System.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 456197,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 456197,
            "tagId": 1662,
            "tag": {
              "id": 1662,
              "slug": "restaurant",
              "name": "レストラン(用語)",
              "description": "レストランに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456197,
            "tagId": 6096,
            "tag": {
              "id": 6096,
              "slug": "cooking",
              "name": "料理 / クッキング(用語)",
              "description": "料理 / クッキングに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456197,
            "tagId": 366277601,
            "tag": {
              "id": 366277601,
              "slug": "flippy",
              "name": "Flippy(製品・サービス)",
              "description": "Miso Roboticsが開発、提供する調理ロボット。"
            }
          },
          {
            "postId": 456197,
            "tagId": 692510746,
            "tag": {
              "id": 692510746,
              "slug": "white-castle",
              "name": "White Castle(企業)",
              "description": "米国のファストフードチェーン店、その運営企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 456197,
            "tagId": 692510747,
            "tag": {
              "id": 692510747,
              "slug": "miso-robotics",
              "name": "Miso Robotics(企業)",
              "description": "ロサンゼルスの近郊のパサデナに本拠を置くハードウェアスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 456197,
            "tagId": 692514084,
            "tag": {
              "id": 692514084,
              "slug": "fast-food",
              "name": "ファストフード(用語)",
              "description": "ファストフードに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456197,
            "tagId": 692515941,
            "tag": {
              "id": 692515941,
              "slug": "hamburger",
              "name": "ハンバーガー(用語)",
              "description": "ハンバーガーに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 456168,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 456168,
        "slug": "2021-11-02-iron-ox-launches-a-new-robot-for-moving-and-monitoring-indoor-crops",
        "createdAt": "2021-11-03T07:30:50.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-03T07:28:46.000Z",
        "title": "自動化農業Iron Oxが従来の温室で使える移動・モニタリングロボットを発表",
        "content": "<p>米国時間11月2日、Iron Oxはハウス栽培をアシストする移動式ロボットGroveを<a target=\"_blank\" href=\"https://www.prnewswire.com/news-releases/iron-ox-launches-grover-an-all-new-autonomous-mobile-robot-301413565.html\" rel=\"noopener\">発表した</a>。同社はベイエリアの屋内農業のアグリテック企業だが、この移動ロボットは最大450kgの荷物を持ち上げて運ぶことができるという。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2021/11/03/2021-11-02-iron-ox-launches-a-new-robot-for-moving-and-monitoring-indoor-crops/\">自動化農業Iron Oxが従来の温室で使える移動・モニタリングロボットを発表</a></li><li><a href=\"/2021/09/28/2021-09-23-robotic-farming-firm-iron-ox-raises-53m/\">Iron Oxのロボット温室は農業の環境負荷を大幅に減らす</a></li><li><a href=\"/2020/09/10/2020-09-09-iron-ox-raises-20-million-for-its-robotic-farms/\">完全自動化農場のIron OXが約21億円調達、全米配達も計画</a></li></ul></div>Iron Oxでの主な積み荷は、180cm四方の屋内水耕栽培用のモジュールだ。そのモジュールをマシンのところに持って行き成長をチェックし、さらに、その他のケアや収穫の工程へ運ぶ。システムはLiDAR(ライダー)を搭載し、前方用と上方用のカメラが栽培スペースを上手にナビゲートする。</p>\n<p>CEOのBrandon Alexander(ブランドン・アレクサンダー)氏は、プレスリリースで次のように述べている。「私たちはテクノロジーを利用して土地と水とエネルギーの使用量を減らし、増加する未来の人口を養おうとしています。短期的な目標は、農業系に対する気候変動の影響を抑えることです。そのための努力は、地球上の農産物生産部門がカーボンネガティブになるまで続けます」。</p>\n<p>このロボットは、屋内農業への関心が高まり、スタートアップたちがもっと持続可能な方法で爆発的な人口増を養える農業を探している時期に登場した。この分野では<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/27/bowery-tc1-origin/\" rel=\"noopener\">垂直栽培</a>が最もバズっているキーワードだが、Iron Oxのソリューションはより従来的な温室が対象となっている。ただし、最初から全面的な自動化を目指している。</p>\n<p>カリフォルニアに本社のあるIron Oxは最近、テキサスに5万平方メートルの屋内農場を立ち上げた。2021年9月に同社は<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/28/2021-09-23-robotic-farming-firm-iron-ox-raises-53m/\" rel=\"noopener\">5300万ドル(約60億4000万円)のシリーズC</a>を調達し、調達総額が9800万ドル(約111億6000万円)になっている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Iron OX</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/02/iron-ox-launches-a-new-robot-for-moving-and-monitoring-indoor-crops/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/ion.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 456168,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 456168,
            "tagId": 16897,
            "tag": {
              "id": 16897,
              "slug": "climate-change",
              "name": "気候変動(用語)",
              "description": "気候変動に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456168,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456168,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456168,
            "tagId": 366273340,
            "tag": {
              "id": 366273340,
              "slug": "lidar",
              "name": "LiDAR(用語)",
              "description": "光を用いたリモートセンシング技術で距離や方向を測定する。またはこの技術を使った装置のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 456168,
            "tagId": 366273496,
            "tag": {
              "id": 366273496,
              "slug": "hydroponics",
              "name": "水耕栽培(用語)",
              "description": "水耕栽培に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456168,
            "tagId": 366279599,
            "tag": {
              "id": 366279599,
              "slug": "iron-ox",
              "name": "Iron Ox(企業)",
              "description": "自動化農業の開発を手がけるベイエリアを拠点のスタートアップ企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 455849,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 455849,
        "slug": "2021-11-01-stanford-engineers-team-up-with-michelin-star-chef-to-build-modular-restaurants",
        "createdAt": "2021-11-02T00:15:42.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-01T23:18:53.000Z",
        "title": "スタンフォード大学エンジニアがミシュランシェフが作ったロボットレストラン、グレインボウルなどを提供",
        "content": "<p>スタンフォード大学でエンジニアリングを専攻していたAlex Kolchinski(アレックス・コルチンスキー)氏、Alex Gruebele(アレックス・グルーベレ)氏、Max Perham(マックス・パーハム)氏の3人は、キャンパス内の食事の選択肢の少なさと高コストに対する不満で意見が一致した。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/03/18/2022-03-16-flippy-meet-chippy-chipotles-new-tortilla-chip-cooking-robot-arm/\">ハンバーガー調理ロボットに続き、Miso Roboticsからトルティーヤチップスを調理するロボットが登場</a></li><li><a href=\"/2022/03/17/2022-03-15-bear-robotics-targets-restaurant-staffing-shortages-with-another-81m-raise/\">外食産業の労働力不足を狙い配膳ロボットを手がけるBear Roboticsが約96億円調達</a></li><li><a href=\"/2022/03/08/2022-03-07-cayena-delivers-inventory-marketplace-for-food-preparation-businesses/\">レストランなどの食品調理業向け在庫管理マーケットプレイスを提供するブラジルのCayena</a></li></ul></div>コルチンスキー氏はTechCrunchの取材に対し「補助金付きの食事プランでも、昼食は10ドル(約1140円)、夕食はそれ以上かかりました」と語った。「私は、昼食を2回食べるために、食堂で座って仕事をしていました。アレックス(グルーベレ)はChipotleに行って、そこで奨学金を使っていました」。</p>\n<p>美味しい食事をより安い価格で提供するにはどうしたらいいかを考えているうちに、ロボット工学の博士号を取得していたコルチンスキー氏とグルーベレ氏は、食事の準備などの作業をロボットが手助けできるのではないかと考えるようになった。</p>\n<p>コルチンスキー氏は「10ドルのブリトーボウルにかかる食費は3ドル(約340円)で、残りは人件費、諸経費、不動産などに使われていることがわかりました。もし私たちが自己完結型のレストランを作れば、本当においしい食べ物の価格を下げることができ、しかもそれが近くにあるのです」。</p>\n<div id=\"attachment_455851\" style=\"width: 560px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-455851\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-455851\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Mezli2.gif?w=1024\" alt=\"\" width=\"550\" height=\"550\" /><p id=\"caption-attachment-455851\" class=\"wp-caption-text\">Mezliのボウルができ上がる過程のアニメーション(画像クレジット:Mezli)</p></div>\n<p>3人は、ミシュランの星を獲得しているシェフ、Eric Minnich(エリック・ミニッヒ)氏の協力を仰ぎ、完全自律型のモジュール式レストランを建設する会社<a target=\"_blank\" href=\"https://www.mezli.com/\" rel=\"noopener\">Mezli</a>(メズリ)を立ち上げた。ミニッヒ氏はサンフランシスコのスペイン料理レストラン「The Commissary」の創業時の料理チームの一員で、エグゼクティブシェフでもある。会社設立の計画の大部分は2020年練られ、2021年1月にY Combinatorでスタートした。</p>\n<p>Mezliが開発したロボットレストランのプロトタイプは、現在、サンマテオにある同社のKitchenTown店舗で稼働しており、顧客にサービスを提供している。マシーンは、10×20フィート(3×6メートル)のスペースを取り、自立型だ。手始めに、地中海スタイルのグレインボウル(穀物や豆、野菜などを使ったサラダ)、副菜、飲み物を提供している。</p>\n<p>ボウルの価格は4.99ドル(約570円)からだ。客はレストランで直接注文することも、オンラインで注文してスマートロッカーで受け取ることもでき、あるいは配達してもらうこともできる。テスト店舗ではすでに有望な成果があがっており、ロボットレストランの料理を食べた客の44%がリピーターになっている、とコルチンスキー氏は話す。</p>\n<p>同社は現在、2022年の一般提供に向けて、試作品の第3バージョンの開発を進めている。この勢いは、Metaplanet、ロボット工学者のPieter Abbeel(ピーター・アビール)氏、レストラン経営者のZaid Ayoub(ザイド・アユーブ)氏、Y Combinatorなどの投資家からの300万ドル(約3億4000万円)のシードラウンド資金によって支えられている。この新たな資金調達でMezliは人材、部品、食料、運営費をまかなうことができる。</p>\n<p>会社の規模が大きくなれば、Mezliは何千ものモジュール式レストランを3Dプリントでき、従来のレストランが営業開始するまでにかかる時間と費用の何分の1かで展開できるようになる、とコルチンスキーは付け加えた。</p>\n<p>また「私たちは、店舗を数カ所に増やした後、大量生産する予定です。大量生産により、他のレストランよりも早く1000店舗に到達すると見込んでいます」とも同氏は話した。</p>\n<p>Mezliの出資者の1人であるピーター・アビール氏は、カリフォルニア大学バークレー校の教授であり、GradescopeとCovariantの創業チームに参加している起業家でもある。同氏は、創業チームのクラスメートからMezliのことを聞き、ぜひ関わりたいと考えた。</p>\n<p>同氏は、健康的な食品をより手頃な価格で提供するという会社のビジョンにひかれた。また、自身、科学者として、ビジネスとエンジニアリングを駆使して、食べ物が人々の手に渡るまでや、食べ物の提供方法でのボトルネックを減らすという「<a target=\"_blank\" href=\"https://fs.blog/first-principles/\" rel=\"noopener\">第一原理</a>」のアプローチにも好感を持った。</p>\n<p>「これは、私の心に響くものでした。物理的なことは何でも思った以上に難しいものです。なので、第一原理で解決する方法を思いつかなければ、難しいのです。加えて、初日から料理が提供されたのは説得力があります」と同氏は述べた。</p>\n<p><small>画像クレジット:Mezli</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/01/stanford-engineers-team-up-with-michelin-star-chef-to-build-modular-restaurants/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Christine Hall、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Mezli.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 455849,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 455849,
            "tagId": 1662,
            "tag": {
              "id": 1662,
              "slug": "restaurant",
              "name": "レストラン(用語)",
              "description": "レストランに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 455849,
            "tagId": 366270486,
            "tag": {
              "id": 366270486,
              "slug": "kitchen",
              "name": "キッチン(用語)",
              "description": "キッチンに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 455849,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 455849,
            "tagId": 692515919,
            "tag": {
              "id": 692515919,
              "slug": "robot-restaurant",
              "name": "ロボットレストラン(用語)",
              "description": "ロボットレストランに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 455849,
            "tagId": 692515920,
            "tag": {
              "id": 692515920,
              "slug": "mezli",
              "name": "Mezli(企業)",
              "description": "完全自律型のモジュール式レストランを建設する会社。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 456018,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 456018,
        "slug": "2021-11-01-facebook-researchers-build-better-skin-and-fingertips-for-softer-more-sensitive-robots",
        "createdAt": "2021-11-01T23:30:02.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-02T11:10:02.000Z",
        "title": "フェイスブックの研究者がロボットに触覚を与える皮膚と指先を開発",
        "content": "<p>Facebook AI Research(フェイスブックAIリサーチ)によると、次世代のロボットは「感じる」性能がより向上するという。ここでいう「感じる」とは、もちろん、感情という意味ではない。感触のことだ。AIとロボット研究においては比較的新しいこの分野を前進させるため、同社とそのパートナーは、安価で耐久性があり、信頼できる基本的な触覚を提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://ai.facebook.com/blog/reskin-a-versatile-replaceable-low-cost-skin-for-ai-research-on-tactile-perception\" rel=\"noopener\">新しい種類の電子皮膚</a>と指先を、我々の機械の友人たちのために作り上げた。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2021/11/02/2021-11-01-facebook-researchers-build-better-skin-and-fingertips-for-softer-more-sensitive-robots/\">フェイスブックの研究者がロボットに触覚を与える皮膚と指先を開発</a></li><li><a href=\"/2021/10/30/2021-10-14-facebook-researchers-collect-thousands-of-hours-of-first-person-video-to-train-ai/\">フェイスクブックの研究者がAIの訓練のために何千時間もの一人称視点の動画を収集</a></li><li><a href=\"/2021/07/26/2021-07-15-robotics-roundup-20/\">より安価な義手を求めて</a></li></ul></div>なぜFacebookがロボットの皮膚を研究しているのかという疑問は、AI責任者のYann LeCun(ヤン・ルカン)氏が新しいプロジェクトを紹介するメディアコールで真っ先に取り上げたことで明らかだろう。</p>\n<p>おもしろいことに、ルカン氏は「会社がロボット工学に取り組む理由はないようだ」とZuckerberg(ザッカーバーグ)氏が指摘したことから始まったと振り返った。ルカン氏はこれを挑戦と捉えて、ロボット工学に取り組み始めたらしい。しかし、やがて明確な答えが浮かび上がってきた。Facebookがインテリジェントなエージェントを提供するビジネスを展開するのであれば(自尊心のあるテクノロジー企業であれば、そうするのではないだろうか?)、そのエージェントは、カメラやマイクで捉えられる情報を超えた世界を認識する必要がある。</p>\n<p>触覚は、それが猫の絵なのか犬の絵なのか、あるいは部屋の中で誰が話しているのかを判断するのにはあまり役に立たないが、ロボットやAIが現実世界と交流しようとするならば、それ以上のものが必要になる。</p>\n<p>「私たちはピクセルや外見を認識することに関しては得意になってきました」と、FAIRの研究員であるRoberto Calandra(ロベルト・カランドラ)氏はいう。「しかし、世界を認識するには、それだけでは不十分です。そのためには物体を物理的に認識できるようになる必要があります」。</p>\n<p>カメラやマイクは安価で、そのデータを効率的に処理するツールもたくさんあるが、触覚に関しては同じようなわけにはいかない。高度な圧力センサーは一般消費者向けには普及していないため、有用なものは研究室や業務用に留まっている。</p>\n<p>2020年にオープンソースとして公開されたDIGIT(ディジット)は、パッドに向けられた小さなカメラを使って、タッチしているアイテムの詳細な画像を生成する。トップ画像はこの「指先」自体が写っているが、これは非常に敏感で、下の画像で見られるように、さまざまな物に触れて詳細なマップを作成することができる。</p>\n<div id=\"attachment_456020\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-456020\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-456020\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"351\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg 1818w, /wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg?resize=300,103 300w, /wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg?resize=768,263 768w, /wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg?resize=1024,351 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg?resize=1536,526 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg?resize=1167,400 1167w, /wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg?resize=400,137 400w, /wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg?resize=738,253 738w, /wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg?resize=640,219 640w, /wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg?resize=220,75 220w, /wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg?resize=281,96 281w, /wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg?resize=250,86 250w, /wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg?resize=125,43 125w, /wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg?resize=1611,552 1611w, /wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg?resize=600,206 600w, /wp-content/uploads/2021/11/DIGIT_collage.jpeg?resize=50,17 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-456020\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Facebook</p></div>\n<p>この「ReSkin(リスキン)」プロジェクトの起源は2009年にさかのぼる。TechCrunchでは、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2014/09/19/a-unique-fingertip-sensor-helps-robots-touch-the-world-around-them/\" rel=\"noopener\">2014年</a>に「GelSight(ゲルサイト)」と呼ばれるMITのプロジェクトについて紹介し、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/07/13/mit-creates-a-soft-fingered-robotic-gripper-than-could-eventually-tie-knots-and-sew-stitches/\" rel=\"noopener\">2020年にも再び</a>記事にした。この会社はスピンアウトし、現在は我々が記事で紹介したこの触覚アプローチにおける製造パートナーとなっている。基本的にその仕組みは、柔らかいゲル表面に磁性粒子を浮遊させ、その下にある磁力計で粒子の変位を感知し、その動きを引き起こしている圧力の正確なフォースマップにこれを変換するというものだ。</p>\n<p>GelSightタイプのシステムの利点は、磁力計が組み込まれたチップやロジックボードなどのハードな部分と、磁気粒子を埋め込んだ柔軟なパッドであるソフトな部分が、完全に分離されていることである。つまり、表面は汚れたり傷ついたりしても簡単に交換でき、繊細な部分はその下に安全に隠しておくことができるというわけだ。</p>\n<p>ReSkinの場合は、任意の形状にチップを多数接続し、その上に磁性エラストマーの板を敷き、各々の信号を統合することで、全体から触覚情報を得ることができるというものだ。較正が必要なので、それほど単純というわけではないが、数平方インチというスケールを超えて動作を可能にする他の人工皮膚システムに比べれば、はるかに単純とも言える。</p>\n<p>下の画像のように、小さな犬用の靴に組み込むこともできる。</p>\n<div id=\"attachment_456019\" style=\"width: 778px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-456019\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-456019\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/ReSkin-dog-shoe.gif\" alt=\"\" width=\"768\" height=\"432\" /><p id=\"caption-attachment-456019\" class=\"wp-caption-text\">足に圧力を感知するパッドを付けた犬と、そこら読み取った数値のアニメーション画像(画像クレジット:Facebook)</p></div>\n<p>このような感圧面を備えていれば、ロボットなどの機器は、物体や障害物の存在をより簡単に感知することができる。その際、例えば、その方向に力を加える関節の摩擦の増加に頼る必要はない。これによって介護ロボットは、より優しく敏感に触覚を検知できるようになる可能性がある。介護ロボットが普及していない理由の1つは、触覚を検知できないため、人やモノを押しつぶすことが絶対にないと信頼できないからだ。</p>\n<p>この分野におけるFacebookの仕事は、新しいアイデアではなく、効果的なアプローチをより使いやすく、手頃な価格で提供することである。ソフトウェアのフレームワークは公開されており、デバイスもかなり安価に購入できるものばかりなので、他の研究者もこの分野に参入しやすくなるだろう。</p>\n<p><small>画像クレジット:Facebook</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/01/facebook-researchers-build-better-skin-and-fingertips-for-softer-more-sensitive-robots/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/DIGIT-on-hand.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 456018,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 456018,
            "tagId": 81819,
            "tag": {
              "id": 81819,
              "slug": "facebook",
              "name": "Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)",
              "description": "世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス。それを運営する企業。2021年10月に「Meta」に社名変更。"
            }
          },
          {
            "postId": 456018,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 456018,
            "tagId": 366278369,
            "tag": {
              "id": 366278369,
              "slug": "mark-zuckerberg",
              "name": "Mark Zuckerberg / マーク・ザッカーバーグ(人物)",
              "description": "Facebookの創業者。"
            }
          },
          {
            "postId": 456018,
            "tagId": 692509432,
            "tag": {
              "id": 692509432,
              "slug": "facebook-ai-research",
              "name": "Facebook AI Research(団体)",
              "description": "FAIR。Facebook内にあるAI研究組織。"
            }
          },
          {
            "postId": 456018,
            "tagId": 692515934,
            "tag": {
              "id": 692515934,
              "slug": "sense-of-touch",
              "name": "触覚(用語)",
              "description": "触覚に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 455546,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 455546,
        "slug": "2021-10-29-could-this-be-the-worlds-first-all-robot-dog-rolling-stones-tribute-act",
        "createdAt": "2021-10-30T02:45:30.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-30T00:41:27.000Z",
        "title": "世界初、Boston Dynamicsロボット犬によるローリング・ストーンズの名曲MVカバー",
        "content": "<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/03/31/2022-03-30-boston-dynamics-logistics-robot-is-available-for-purchase/\">ボストン・ダイナミクスが物流用ロボットStretchの販売予約受け付けを開始</a></li><li><a href=\"/2022/01/27/2022-01-26-boston-dynamics-warehouse-robot-gets-a-15m-gig-working-for-dhl/\">ボストン・ダイナミクスの倉庫ロボットがDHLから約17.2億円の業務を受注</a></li><li><a href=\"/2022/01/10/2022-01-06-at-ces-2022-metaverses-metaversed-the-metaverse/\">【コラム】CES 2022で、メタバースはメタバースをメタバースした</a></li></ul></div>Spotは、よく働き、よく遊ぶ。最新のビデオでBoston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)は、ローリング・ストーンズのアルバム「Tattoo You(刺青の男 )」の40周年を記念して、4足歩行ロボットがジャガーさながらの動きを見せる様子を披露した。「Spot Me Up 」では、Spotロボットのカルテットが、1981年にリリースされた「Start Me Up(スタート・ミー・アップ)」のミュージックビデオを全力で真似ている。</p>\n<p>もちろん、バイラルビデオはBoston Dynamicsの重要なマーケティングツールであり、ロボットがより洗練されたものになればなるほど、そのパフォーマンスはより印象的なものになっている。ストーンズもまた、テクノロジーマーケティングに昔から関わってきた。実際にストーンズは、90年代半ばに<a target=\"_blank\" href=\"https://www.youtube.com/watch?v=P0AJM6HMYjM\" rel=\"noopener\">Windows 95のキャンペーン</a>で「Start Me Up」の使用をライセンス契約している。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/XnZH4izf_rI?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>分割画面では、ロボットがビデオの再生に合わせてそれぞれ動き、ストーンズは最高のスパンデックス姿で登場している(RIP、チャーリー・ワッツは常にベストドレッサーだった)。「Start Me Up」は、ストーンズが6時間かけてレコーディングしたと言われているが、ローリング・スポットの振り付けにどれだけの時間がかかったかは不明だ。しかし、これまで見てきたように、ミックのように動くかどうかに関わらず、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/18/2021-08-17-atlas-slugged/\" rel=\"noopener\">1分半のビデオには多くの準備が必要とされる</a>。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/18/2021-08-17-atlas-slugged/\" rel=\"noopener\">あまり見ることがないBoston Dynamics人型ロボAtlasのずっこけNGシーン、失敗が成功を生む</a></p>\n<p>このビデオは、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/21/guns-on-robots/\" rel=\"noopener\">自律型ロボットシステムがより厳しい目で見守られている中</a>で公開された。</p>\n<p><small>画像クレジット:Boston Dynamics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/29/could-this-be-the-worlds-first-all-robot-dog-rolling-stones-tribute-act/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-29-at-9.17.15-AM.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 455546,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 455546,
            "tagId": 2586675,
            "tag": {
              "id": 2586675,
              "slug": "boston-dynamics",
              "name": "Boston Dynamics / ボストン・ダイナミクス(企業)",
              "description": "Boston Dynamicsは米国のロボティクス企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 455546,
            "tagId": 366270981,
            "tag": {
              "id": 366270981,
              "slug": "music",
              "name": "音楽 / 音楽制作(用語)",
              "description": "音楽に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 455546,
            "tagId": 366273030,
            "tag": {
              "id": 366273030,
              "slug": "spot",
              "name": "Spot(製品・サービス)",
              "description": "Boston Dynamicsが開発、提供する四足歩行ロボット。"
            }
          },
          {
            "postId": 455546,
            "tagId": 692508407,
            "tag": {
              "id": 692508407,
              "slug": "quadruped-walking-robot",
              "name": "四足歩行ロボット(用語)",
              "description": "四足歩行ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 455546,
            "tagId": 692515449,
            "tag": {
              "id": 692515449,
              "slug": "musician",
              "name": "ミュージシャン(用語)",
              "description": "ミュージシャンに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 453246,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 453246,
        "slug": "2021-10-18-saildrone-catches-a-100m-c-breeze-to-build-more-robo-boats",
        "createdAt": "2021-10-19T05:15:14.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-19T05:08:40.000Z",
        "title": "自律航行して海洋データを収集するロボットボート開発Saildroneが約114億円調達",
        "content": "<p>海洋経済の重要性は増しており、それにともなって海洋そのものをマッピング、理解、追跡する必要性が高まっている。Saildrone(セールドローン)は、自律航行する科学実験船を使ってそうした活動を展開してきたが、ロボットボートの開発をさらに進めるために<a target=\"_blank\" href=\"https://www.saildrone.com/press-release/saildrone-announces-series-c-funding\" rel=\"noopener\">1億ドル(約114億円)という巨大なラウンドC</a>を実施した。</p>\n<p>Saildroneの船は何年も継続して使用されており、人間の乗組員には危険すぎたり、退屈すぎたりするようなあらゆる種類の興味深い航海を行っている。例えば、2021年10月初めには、ますます頻繁に発生するようになっている激しい嵐をより深く理解するためのNOAA(米海洋大気庁)のプロジェクトで、同社の船1隻が<a target=\"_blank\" href=\"https://pmel.noaa.gov/news-story/when-saildrone-met-hurricane-sam\" rel=\"noopener\">ハリケーンの中を航行した</a>。ロボットは<a target=\"_blank\" href=\"https://saildrone.mediavalet.com/portals/2021-hurricane-mission\" rel=\"noopener\">50フィート(15メートル)の波と120MPH(時速193km)の風</a>に耐えてデータを収集することができる。</p>\n<p>Saildroneの船は、合計で50万マイル(約80万km)を旅した経験を持つ、最も経験豊富な自律型ボートだ。これにより、海洋情報の重要性が高まる中、魅力的な市場ポジションを得ることができた。ある場所の海の状態を知ることは、科学的に、そして嵐の際の船の操作など予想される目的のために役立つだけではない。体系的に収集された膨大な量のデータは、気候変動や持続可能な養殖への移行の際に、複雑な水生生態系の新たな基本的理解を構築するのに役立つ。</p>\n<p>自律型の科学ボートといえばSaildroneが知られているが、他にも別の方向から新しいブルーエコノミーにアプローチしている企業がある。Sea Machinesの自律型タグボートや商業用ボート(このほど<a target=\"_blank\" href=\"https://sea-machines.com/sea-machines-uses-biofuel-to-power-tug-nellie-bly-on-long-haul-autonomous-journey\" rel=\"noopener\">約1610kmの航行を実証した</a>)があり、<a target=\"_blank\" href=\"https://oceansunmanned.org/eco-drone/\" rel=\"noopener\">EcoDrone</a>や<a target=\"_blank\" href=\"http://www.seaproven.com/\" rel=\"noopener\">Sea Proven</a>はより小型でカスタマイズ可能な船で勝負しようとしている。また、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/06/2021-08-19-bedrock-modernizes-seafloor-mapping-with-autonomous-sub-and-cloud-based-data/\" rel=\"noopener\">Bedrockのもの</a>のように海底をマッピングする水中ドローンというまったく異なる世界もある。</p>\n<p>関連記事<br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/06/2021-08-19-bedrock-modernizes-seafloor-mapping-with-autonomous-sub-and-cloud-based-data/\" rel=\"noopener\">自律型潜水機とクラウドベースのデータでBedrockは海底マッピングを近代化</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/01/13/2021-01-11-saildrone-launches-a-72-foot-autonomous-seabed-mapping-boat/\" rel=\"noopener\">Saildroneが水深7000メートルまで自律して海底をマッピングする全長22メートルの無人水上艇を発表</a></p>\n<p>しかし、Saildroneは立ち止まっているわけではなく、むしろ深く掘り下げている。<a target=\"_blank\" href=\"/2021/01/13/2021-01-11-saildrone-launches-a-72-foot-autonomous-seabed-mapping-boat/\" rel=\"noopener\">最新の船であるSurveyor(サーベイヤー)号</a>は、1年間航海し、水深2マイル(約3.2km)以上の海底をマッピングすることができる。しかしこの船は安くはない。Saildroneが「海洋領域のインテリジェンス」分野でできるだけ多くのシェアを獲得したいのなら、迅速に規模を拡大する必要がある。そのために1億ドル調達したはずだ。</p>\n<p>今回のCラウンドはBONDがリードし、XN、Standard Investments、Emerson Collective、Crowley Maritime Corporation、CapricornのTechnology Impact Fund、Lux Capital、Social Capital、Tribe Capitalが参加した。「データ・インサイト・チーム」が組まれ、その資金を「GTM戦略機能」に活用する。</p>\n<p>プレスリリースの中で、SaildroneのCEO兼創業者であるRichard Jenkins(リチャード・ジェンキンス)氏は「最も試行錯誤された自律型海洋技術と、世界で最も経験豊富なベンチャーキャピタリストたちとの提携の組み合わせは、業界における当社のリーダーシップを強化し、顧客のニーズを満たすための急速な成長路線を可能にします」と述べた。今後、注目度が高まるにつれ、同社のミッションについてこれまでよりも耳にするようになるのは間違いない。</p>\n<p><small>画像クレジット:Saildrone</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/18/saildrone-catches-a-100m-c-breeze-to-build-more-robo-boats/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/Saildrone.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 453246,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 453246,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 453246,
            "tagId": 366276615,
            "tag": {
              "id": 366276615,
              "slug": "autonomous-navigation",
              "name": "自律航行(用語)",
              "description": "自律航行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 453246,
            "tagId": 366281015,
            "tag": {
              "id": 366281015,
              "slug": "ship",
              "name": "船 / 船舶 / ボート(用語)",
              "description": "船 / 船舶 / ボートに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 453246,
            "tagId": 692510454,
            "tag": {
              "id": 692510454,
              "slug": "sea",
              "name": "海 / 海底 / 深海(用語)",
              "description": "海 / 海底 / 深海に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 453246,
            "tagId": 692511634,
            "tag": {
              "id": 692511634,
              "slug": "saildrone",
              "name": "Saildrone(企業)",
              "description": "乗組員をまったく必要とせず、作業する海洋環境にほとんど影響を与えないたくさんのマッピングを行える自律探査船を開発することに焦点を当てるアメリカ・カリフォルニアのスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 452968,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 452968,
        "slug": "2021-10-07-actuator-7",
        "createdAt": "2021-10-18T02:00:08.000Z",
        "updatedAt": "2021-10-18T01:46:30.000Z",
        "title": "【ロボティクス】パンデミックの影響、看護支援ロボットDiligent Robotics CEOとの興味深い話",
        "content": "<p>筆者はここ数日、大きなプロジェクトに関わっていた(詳細については近日公開予定)ため、残念ながら最新ニュースにしばらく目を通しておらず、ロボティクスに関する今週の大きなニュースについてまったく把握していなかった。そこで、このコラムでその遅れを少し取り戻したいと思う。</p>\n<p>そのニュースを取り上げる前に、少し別の話を紹介しよう。筆者は、パンデミックの期間中にユニークな経験をした興味深いロボティクス企業と対談する機会があった。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.diligentrobots.com/\" rel=\"noopener\">Diligent Robotics(ディリジェント・ロボティクス)</a>がシリーズAを発表したとき、世界はそれまでとはまったく違ってしまったと言っていいだろう。2020年3月は今からそれほど遠い昔ではないが、現在に至るまでパンデミックによって世界中の医療機関は非常に大きな負担を強いられ続けており、その影響がこれほどまでに広範囲かつ長期間に及ぶとはほとんど誰も予想していなかった。病院スタッフの過労と人手不足の傾向は、新型コロナウイルス感染症の流行以前にも見られたが、流行後にはその傾向が顕著になり、同社の看護支援ロボットMoxi(モキシー)の需要が急激に増加した。</p>\n<p>2020年実施された1000万ドル(約11億円)の資金投入がディリジェントの成長に貢献したことは間違いないが、同社は在宅勤務に移行する際に誰もが遭遇する課題に対処しながら、生産能力を高めるという難しいタスクに取り組んでいた。</p>\n<p>2017年にVivian Chu(ヴィヴィアン・チュー)氏とともにディリジェントを設立した、Interactive Computing at Georgia Tech(ジョージア工科大学インタラクティブ・コンピューティング学部)のAndrea Thomaz(アンドレア・トマス)准教授は筆者たちと今週会い、2020年経験したユニークな課題と機会について話してくれた。</p>\n<p><strong>ロボティクス業界とディリジェントが、パンデミックによって受けた影響の度合いは?</strong></p>\n<p>さまざまな業界で労働市場が実に劇的に変化した。これはロボティクス業界とディリジェントの両方に言えることだが、この劇的な変化は、多くの従業員が退職しようとしていること、すなわち何か別のことを始めようとしていることと関係しているように思える。そして実際、多くの人が職を変えている。この傾向はあらゆる技術的な職業に見られ、我々の業界や医療業界で多くの事例が上がっている。とにかく、多くの人が何か別のことを始めようと考えている。パンデミックが始まる前も労働力に関する課題はあったが、今やそれが危機的なレベルになりつつある。</p>\n<p><strong>技術的な仕事に就きたいと思う人は常に少ないが、技術的な仕事の需要は常に高い。これはある意味、危機的な状況と言えるだろう。</strong></p>\n<p>この傾向はパンデミック前から始まっていた。パンデミックでそれが顕著になったに過ぎない。この傾向は、医療保険改革法(オバマケア)に端を発している。より多くの人が医療を受けられるようになったということは、病院に行って医療を受けられる人が増えたことを意味する。これが高齢化と相まって、必要な医療を提供するスタッフのさらなる不足を引き起こしている。</p>\n<p><strong>パンデミック発生の時点でロボットを採用していた病院の件数と、需要がその後どのように急増したかという観点から、需要を把握することはできるか?</strong></p>\n<p>我々はまだその情報を公開していない。来年の前半までには、その規模についてより具体的な数値を発表できるだろう。ただし、四半期ごとにロボットの出荷台数を2倍に増やしていることは確かだ。</p>\n<p><strong>そのようなロボットの運用に至るプロセスはどのようなものか?</strong></p>\n<p>これは、病院市場に関して非常に興味深いテーマであると考えている。このプロセスは、倉庫や製造における従来の自動化とは異なる。ロボットを運用する環境では、看護師や臨床医が働いている。ロボットは、そのような環境で人と一緒に作業をしなければならない。我々は、まず初めにワークフローを評価する。つまり、その環境で現在どのように業務が行われているかを評価するのだ。</p>\n<div id=\"attachment_452978\" style=\"width: 760px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-452978\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-452978 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/10/Moxiteammatesinhallway.jpg?w=750\" alt=\"\" width=\"750\" height=\"500\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/10/Moxiteammatesinhallway.jpg 750w, /wp-content/uploads/2021/10/Moxiteammatesinhallway.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2021/10/Moxiteammatesinhallway.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2021/10/Moxiteammatesinhallway.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2021/10/Moxiteammatesinhallway.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2021/10/Moxiteammatesinhallway.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2021/10/Moxiteammatesinhallway.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2021/10/Moxiteammatesinhallway.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2021/10/Moxiteammatesinhallway.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2021/10/Moxiteammatesinhallway.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2021/10/Moxiteammatesinhallway.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2021/10/Moxiteammatesinhallway.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2021/10/Moxiteammatesinhallway.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 750px) 100vw, 750px\" /><p id=\"caption-attachment-452978\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Diligent Robotics</p></div>\n<p><strong>パンデミックは企業の成長にどのような影響を与えたか?</strong></p>\n<p>パンデミック前は、製品の市場適合性が満たされていた。我々の研究開発チームの作業は、製品に変更をわずかに加えるだけの非常に小規模なものだった。製品を顧客に見せて価値を示すだけでよかった。しかし現在は契約の締結と納入が重要で、最短期間で導入し、耐久性を最大限高めることを考えることが必要だ。特にハードウェアの面では、製造プロセスと信頼性に関してどのように設計すべきかが大切だ。現在、当社のロボットが現場で1年以上稼働しており、以前と比べて信頼性が高まっている。今や、ロボティクスのロングテール現象が起こりつつあり、今後が楽しみだ。</p>\n<p><strong>パンデミックによって、ロボティクスの分野で驚くべき機能や需要が生まれたか?</strong></p>\n<p>当社の顧客のどの現場でも「そのロボットはコーヒーを持ってこられるようになるか」と看護師は口を揃えていう。モキシーがロビーのStarbucks(スターバックス)に行き、みんなのためにコーヒーを買ってくることを看護師たちは期待している。自分たちはスターバックスに行って並ぶ時間がないから、時間の節約になるというわけだ。実現できないわけではないが、積極的に試してみようとは考えていない。</p>\n<p><strong>つまり、モキシーにエスプレッソマシンを搭載する計画はないということか?</strong></p>\n<p>その計画が来年のうちに実現することはないだろう。</p>\n<p><strong>近い将来、資金をさらに調達する予定はあるか?</strong></p>\n<p>現在、増資の計画中だ。今のところ順調だが、顧客からの需要が非常に高まっているため、チームを増強してロボットの出荷台数を増やすのは、やぶさかではない。</p>\n<p><strong>現時点では米国市場に注力するつもりか?</strong></p>\n<p>当面はその予定だ。当社では、世界的に展開する戦略について検討を始めている。2022年中に当社の製品が世界中に行き渡るとは考えていないが、すでに多くの引き合いが来ている。現在、販売パートナーを選定中だ。世界各地のクライアントから、1カ月に何件も問い合わせが来ている。今のところ、それらのクライアントと積極的に進めているプロジェクトはない。</p>\n<div id=\"attachment_452977\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-452977\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-452977 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"653\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png 1060w, /wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png?resize=300,191 300w, /wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png?resize=768,490 768w, /wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png?resize=1024,653 1024w, /wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png?resize=627,400 627w, /wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png?resize=400,255 400w, /wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png?resize=738,471 738w, /wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png?resize=564,360 564w, /wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png?resize=220,140 220w, /wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png?resize=270,172 270w, /wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png?resize=196,125 196w, /wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png?resize=125,80 125w, /wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png?resize=94,60 94w, /wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png?resize=866,552 866w, /wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png?resize=575,367 575w, /wp-content/uploads/2021/10/Safeway-Tortoise.png?resize=50,32 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-452977\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Tortoise / Albertsons</p></div>\n<p>資金調達とコーヒーの配達については、別の機会に取り上げよう。今週は、配送関連で注目の話題がいくつかあるので紹介しよう。まず、過去に何度も取り上げたTortoise(トータス)だが、同社のリモート制御による配達ロボットのチームに<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/05/tortoise-expands-remote-operated-robotic-delivery-to-convenience-stores-across-the-us/\" rel=\"noopener\">追い風が吹いてきた</a>。米国アイダホ州を拠点とするKing Retail Solutions(キングリテールソリューションズ)との取引によって、ラストワンマイル配送用に500台を超えるトータスのロボットが米国内の歩道に導入される。</p>\n<p>CEOのDmitry Shevelenko(ドミトリー・シェベレンコ)氏は「未来の姿がニューノーマルになるというこの新しい現実に、誰もが気づき始めている。ラストワンマイル配送で時給20ドル(約2300円)稼ぐスタッフを動員しても、想定されるどんな状況でも消費者の期待に応え続けるということはできない。単純計算は通用しないのだ」と語る。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/LsBABo5JkFo?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>先に、<a target=\"_blank\" href=\"https://wing-prod.blogspot.com/2021/10/check-out-worlds-first-rooftop-drone.html\" rel=\"noopener\">Google(グーグル)のWing(ウィング)は、同社による提携を発表した</a>。ウィングは、オーストラリアの小売店舗不動産グループであるVicinity Centres(ビシニティ・センターズ)と提携し、ドローンを使用した配達プログラムの範囲をさらに拡大する。ウィングは、10万件の配達を達成したという先日の発表に続き、オーストラリアのローガン市にあるグランドプラザショッピングセンターの屋上からの配達件数が、過去1カ月間に2500件に達したと発表した。</p>\n<p>ローガン市の住民は、タピオカティー、ジュース、寿司を受け取ることができる。今や美容と健康に関する製品まで配達できるようになった。ウィングは「一般的な企業の建物には屋上があるため、当社の新しい屋上配達モデルによって、ほんの少しの出費とインフラ整備だけで、さらに多くの企業がドローン配達サービスを提供できるようになる」と語る。</p>\n<div id=\"attachment_452976\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-452976\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-452976 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"769\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png 2048w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=1024,769 1024w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=1536,1153 1536w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2021/10/JambaBlendid_Stonewood1-2048x1537-1.png?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-452976\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Jamba / Blendid</p></div>\n<p>ジュースといえば(といっても、まとめ記事で筆者がよく使う前振りではない)、米国サンフランシスコのベイエリアを拠点とするスムージーロボットメーカーのBlendid(ブレンディド)は先に、Jamba(ジャンバ)のモールキオスク2号店に同社の製品を導入すると発表した。このキオスクは、米国カリフォルニア州ロサンゼルス郡のダウニー市のモールに今週オープンした。ちなみにダウニー市は、現在営業しているMcDonald&#8217;s(マクドナルド)の最も古い店舗がある都市でもある(Wikipediaより)。</p>\n<p>これは時代の波だろうか。それとも何かのトリックだろうか。答えはどちらも「イエス」だ。</p>\n<p>ジャンバの社長であるGeoff Henry(ジェフ・ヘンリー)氏は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.blendid.com/jamba-and-blendid-announce-the-opening-of-second-robotic-smoothie-kiosk-at-the-stonewood-center-in-downey-california/\" rel=\"noopener\">プレスリリース</a>で「Jamba by Blendid(ジャンバ・バイ・ブレンディド)のキオスク1号店オープン後に、Stonewood Center(ストーンウッド・センター)に試験的にキオスク2号店をオープンして、モールの買い物客に新鮮なブレンドスムージーを販売できることをうれしく思います。ジャンバ・バイ・ブレンディドでは最新の非接触式食品提供技術を採用しているため、当社の現地フランチャイズ店は、ジャンバ好きのファンにスムージーを簡単に提供できます」と述べている。</p>\n<div id=\"attachment_452975\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-452975\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-452975 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"682\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg 2400w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=1024,682 1024w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=1536,1023 1536w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=2048,1364 2048w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=829,552 829w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2021/10/Abundant-Robotics-at-TG-Global-02-1.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-452975\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Abundant Robotics</p></div>\n<p>ここで、フルーツに関するビジネスの果樹園サイドに注目しよう。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.therobotreport.com/wavemaker-labs-acquires-ip-from-agtech-startup-abundant-robotics/\" rel=\"noopener\">Robot Report(ロボットレポート)に今週掲載された記事</a>には、Wavemaker Labs(ウェーブメーカーラボ)が今夏に廃業したAbundant Robotics(アバンダント・ロボティクス)のIPを取得したことが紹介されている。残念ながら、アバンダントのリンゴ収穫ロボットが復活するわけではなさそうだ。どうやら、ウェーブメーカーのポートフォリオスタートアップ企業であるFuture Acres(フューチャー・エーカーズ)のロボティクスシステムに、このIPが組み込まれるようだ。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/iqehzw_aLc0?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>最後に、アームに搭載されたRFアンテナとカメラを使用して紛失物を探す、<a target=\"_blank\" href=\"https://news.mit.edu/2021/robot-finds-items-camera-antenna-1005\" rel=\"noopener\">MITが研究しているロボット</a>を簡単に紹介しよう。以下はMITの発表からの引用文だ。</p>\n<blockquote><p>このロボットアームは、機械学習を使用して対象物の正確な位置を自動で特定し、対象物の上にある物を移動させ、対象物をつかみ、目標とする物体を拾い上げたかどうかを確認する。RFusionにはカメラ、アンテナ、ロボットアーム、AIが包括的に統合されており、どんな環境でも的確に機能する。特別な設定は不要だ。</p></blockquote>\n<p><small>画像クレジット:Diligent Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/07/actuator-7/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/Diligent_2021-team-photos_Andrea_solo-w-Moxi2.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 452968,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 452968,
            "tagId": 137140799,
            "tag": {
              "id": 137140799,
              "slug": "drone-delivery",
              "name": "ドローン配送 / ドローン配達(用語)",
              "description": "ドローン配送 / ドローン配達に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452968,
            "tagId": 364488835,
            "tag": {
              "id": 364488835,
              "slug": "hospital",
              "name": "病院 / 医療機関(用語)",
              "description": "病院に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452968,
            "tagId": 366270781,
            "tag": {
              "id": 366270781,
              "slug": "medical",
              "name": "医療 / 治療 / MedTech / メドテック(用語)",
              "description": "医療 / 治療 / MedTech / メドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452968,
            "tagId": 366271015,
            "tag": {
              "id": 366271015,
              "slug": "drone",
              "name": "ドローン(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 452968,
            "tagId": 366274934,
            "tag": {
              "id": 366274934,
              "slug": "interviews",
              "name": "インタビュー(用語)",
              "description": "インタビュー記事の一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452968,
            "tagId": 366278839,
            "tag": {
              "id": 366278839,
              "slug": "wing",
              "name": "Wing(企業)",
              "description": "Alphabetのドローン配送子会社。"
            }
          },
          {
            "postId": 452968,
            "tagId": 366280135,
            "tag": {
              "id": 366280135,
              "slug": "robot-delivery",
              "name": "ロボット配達(用語)",
              "description": "ロボット配達に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452968,
            "tagId": 692506750,
            "tag": {
              "id": 692506750,
              "slug": "novel-coronavirus",
              "name": "新型コロナウイルス(用語)",
              "description": "新型コロナウイルス(COVID-19)に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452968,
            "tagId": 692507588,
            "tag": {
              "id": 692507588,
              "slug": "pandemic",
              "name": "パンデミック(用語)",
              "description": "パンデミックに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452968,
            "tagId": 692508648,
            "tag": {
              "id": 692508648,
              "slug": "tortoise",
              "name": "Tortoise(企業)",
              "description": "Tortoiseは、電動スクーターなどを開発する米国スタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 452968,
            "tagId": 692515666,
            "tag": {
              "id": 692515666,
              "slug": "fruits",
              "name": "フルーツ / 果物(用語)",
              "description": "フルーツ / 果物に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 452657,
      "categoryId": 4481464,
      "post": {
        "id": 452657,
        "slug": "2021-10-14-actuator-8",
        "createdAt": "2021-10-15T04:30:43.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-04T08:57:42.000Z",
        "title": "【ロボティクス】軍用犬、ぶどう畑そしてお金",
        "content": "<p>ロボットの背中に銃を固定することについて話をする。私は好きではない(立場を明確にしておきたいので)。2021年2月に<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-02-22-mschf-mounted-a-remote-control-paintball-gun-to-spot/\" rel=\"noopener\">MSCHFがSpotでそれをやったとき</a>、あれは自律型ロボットとともに社会がどこへ向かっていくのかに関する思考実験であり展示会であり声明だった。そして何より重要だったのは、載っていたのがペイントボール銃だったことだ。Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)は不快感を示して次のように語った。</p>\n<blockquote><p>本日当社は、あるアートグループが当社の産業用ロボットSpotの挑発的な使い方に注目を集めるイベントを計画しているという情報を入手しました。誤解のないように申し上げますが、当社は、暴力や危害、脅迫を助長するような方法で当社の技術を表現することを非難します。</p></blockquote>\n<p>これは同社が何よりも大切にしている事柄であることが明らかだ。数十年にわたる殺人ロボットSFの歴史を経て、高度なロボットがそこに関わると人々が考えることは想像に難くない。これはオートマトン版のルール34(アシモフのロボット工学第1原則に対する明確な反逆)だ。もしロボットが存在するなら、誰かが兵器化する。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/20/2021-02-22-mschf-mounted-a-remote-control-paintball-gun-to-spot/\" rel=\"noopener\">MSCHFがSpotにリモコン式ペイントボール銃搭載、ボストン・ダイナミクスは嫌な顔</a></p>\n<p>これまで私がこのコラムで言ってきたように、私はここでこうした会話をしていることを喜んでいるし、NYPD(ニューヨーク市警察)がSpotのブランド付きバージョンの話を持ち出したことに人々が懐疑的だったことをうれしく思う。一方で私は、たとえば警察が爆発物探知などの危険な作業にロボットを長年使ってきたことを指摘するのも重要だと考えている。大部分の人々は、人間を爆発から救うことはロボットの有効な利用方法であるという意見に賛成だろう。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Latest lethality 6.5 <a href=\"https://twitter.com/hashtag/creedmoor?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#creedmoor</a> sniper payload from <a href=\"https://twitter.com/SWORDINT?ref_src=twsrc%5Etfw\">@SWORDINT</a>. Check out the latest partner payloads <a href=\"https://twitter.com/AUSAorg?ref_src=twsrc%5Etfw\">@AUSAorg</a> Wash DC. Keeping US and allied <a href=\"https://twitter.com/hashtag/sof?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#sof</a> <a href=\"https://twitter.com/hashtag/warfighter?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#warfighter</a> equipped with the latest innovations.  <a href=\"https://twitter.com/USSOCOM?ref_src=twsrc%5Etfw\">@USSOCOM</a> <a href=\"https://twitter.com/hashtag/defense?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#defense</a> <a href=\"https://twitter.com/hashtag/defence?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#defence</a> <a href=\"https://twitter.com/hashtag/NationalSecurity?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#NationalSecurity</a> <a href=\"https://twitter.com/hashtag/drone?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#drone</a> <a href=\"https://twitter.com/hashtag/robotics?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#robotics</a> <a href=\"https://t.co/Dvk6OvL3Bu\">pic.twitter.com/Dvk6OvL3Bu</a></p>\n<p>&mdash; Ghost Robotics (@Ghost_Robotics) <a href=\"https://twitter.com/Ghost_Robotics/status/1447699250570203137?ref_src=twsrc%5Etfw\">October 11, 2021</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>Boston Dynamicsがロボットを危害のために使用することに対して反対の声を上げ続けていることをうれしく思う(頭脳を持たない四足ロボットに関して何をもって脅威とするかは、別の議論である)。Spotのメーカーである同社は、ロボティクス産業の多くの会社とともに、DARPA(国防高等研究計画局)出資プロジェクトで経験を積んでいる。荷運びラバのロボットを作ることと、移動兵器を作ることの間にはかなり大きな溝があると私は言いたいが、それはまさしく、会社のミッション・ステートメントに盛り込むべきことがらだ。</p>\n<p>今週ワシントンD.C.で行われたAssociation of the U.S. Army(米陸軍協会)大会で展示されたGhost Robotics(ゴースト・ロボティクス)の犬型ロボットに関して言わせてもらえば、脅迫と言えるのは最良のシナリオの場合だ。ライフル銃メーカーのSWORD Defense Systemsに自ら語ってもらおう。</p>\n<blockquote><p>SWORD Defense Systems Special Purpose Unmanned Rifle(特殊目的無人ライフル)は、Ghost Roboticsの四足ロボット、Vision-60などの無人プラットフォームから精密射撃を行うように設計されています。兵器システムの安全で信頼性の高い配備を可能にする安全、装填、排出、および発射能力を備えており、操作者が遠隔から兵器を装填し安全に使用することが可能です。</p></blockquote>\n<p>もしこれがあなたの背筋を凍らせないのなら、他に何を言えばよいのか私にはわからない。軍隊が数十年空爆作戦に使っている攻撃ドローンと倫理的にかけ離れたものだろうか?違うかもしれない。しかし、私はドローン攻撃のファンでもない。</p>\n<blockquote class=\"instagram-media\" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink=\"https://www.instagram.com/p/CU-qYMVPsPH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading\" data-instgrm-version=\"14\" style=\" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:500px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);\">\n<div style=\"padding:16px;\"> <a href=\"https://www.instagram.com/p/CU-qYMVPsPH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading\" style=\" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;\" target=\"_blank\"> </p>\n<div style=\" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;\">\n<div style=\"background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;\"></div>\n<div style=\"display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;\">\n<div style=\" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;\"></div>\n<div style=\" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;\"></div>\n</div>\n</div>\n<div style=\"padding: 19% 0;\"></div>\n<div style=\"display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;\"><svg width=\"50px\" height=\"50px\" viewBox=\"0 0 60 60\" version=\"1.1\" xmlns=\"https://www.w3.org/2000/svg\" xmlns:xlink=\"https://www.w3.org/1999/xlink\"><g stroke=\"none\" stroke-width=\"1\" fill=\"none\" fill-rule=\"evenodd\"><g transform=\"translate(-511.000000, -20.000000)\" fill=\"#000000\"><g><path d=\"M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631\"></path></g></g></g></svg></div>\n<div style=\"padding-top: 8px;\">\n<div style=\" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;\">View this post on Instagram</div>\n</div>\n<div style=\"padding: 12.5% 0;\"></div>\n<div style=\"display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;\">\n<div>\n<div style=\"background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);\"></div>\n<div style=\"background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;\"></div>\n<div style=\"background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);\"></div>\n</div>\n<div style=\"margin-left: 8px;\">\n<div style=\" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;\"></div>\n<div style=\" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)\"></div>\n</div>\n<div style=\"margin-left: auto;\">\n<div style=\" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);\"></div>\n<div style=\" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);\"></div>\n<div style=\" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);\"></div>\n</div>\n</div>\n<div style=\"display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;\">\n<div style=\" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;\"></div>\n<div style=\" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;\"></div>\n</div>\n<p></a></p>\n<p style=\" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;\"><a href=\"https://www.instagram.com/p/CU-qYMVPsPH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading\" style=\" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;\" target=\"_blank\">A post shared by 𝗦.𝗪.𝗢.𝗥.𝗗. 𝗜𝗻𝘁𝗲𝗿𝗻𝗮𝘁𝗶𝗼𝗻𝗮𝗹, 𝗜𝗻𝗰. (@swordinternational)</a></p>\n</div>\n</blockquote>\n<p><script async src=\"//platform.instagram.com/en_US/embeds.js\"></script></p>\n<p>&nbsp;</p>\n<p>Ghost Roboticsが軍とのつながりを曖昧にしていることはもちろん責められない。会社のウェブサイトを訪れた人が最初に見るのはGhost Visionシステムと一緒に歩き回っている兵隊だ。しかし、DoDの予算と防衛費は、歴史的にロボット企業を存続させている主要部分であり、それはVCがこの分野に資金を注入するずっと前からだ。Ghostのサイトには、防衛、国土、および企業に分類した記述がある。Verizon(ベライゾン)との<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/technology/verizon-shows-off-5g-connected-robots-barcelona-conference-2021-06-28/\" rel=\"noopener\">最近大きく取り上げられた5G契約</a>は最後の分類に入る。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.washingtonpost.com/technology/2020/12/07/robit-dogs-patrol-tyndall/\" rel=\"noopener\">2020年12月の報道</a>で、ロボット犬の戦場パトロールへの使用が取り上げられた。この場合Spotの機能とあまり変わらない。しかし、ロボットに銃を装備させることは大きく意味を変える。そこにはたくさんの疑問がある。私はGhost Roboticvsにいくつか基本的質問を投げかけた。しかし、この状況について質問するのはもちろんこれが最後ではない。</p>\n<div id=\"attachment_452661\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-452661\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-452661 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg?resize=768,513 768w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg?resize=599,400 599w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg?resize=539,360 539w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg?resize=187,125 187w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg?resize=827,552 827w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg?resize=550,367 550w, /wp-content/uploads/2021/10/Screen-Shot-2021-10-12-at-5.31.42-PM.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-452661\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Dexterity</p></div>\n<p>無人ライフル以外のニュース。Dexterity(デクステリティー)は新たな大型資金調達で波を起こし続けている。ステルス状態から5620万ドル(約64億円)を獲得して表舞台に登場してからわずか1年あまり、ベイエリア拠点のスタートアップは、パンデミック下で自動フルフィルメントへの関心が急速に高まる中、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/13/warehouse-robotics-firm-dexterity-raises-140m/\" rel=\"noopener\">鉄は熱いうちに打て</a>を体現している。設立から4年、新たに1億4000万ドル(約160億円)を評価額14億ドル(約1595億円)で調達した。</p>\n<p>この会社は自社システムを実世界で2年にわたって稼働させており、運ぶ商品は「ゆるく詰められた変形しやすいポリバッグから繊細なホットドッグ用パン、柔らかなトーティラチップス、下手にに詰められた段ボール箱、袋入のミミズ、消費者向け食品のトレイや木箱、さらにはとろけるバーデーケーキ」まで実に多岐にわたる。Dexterityは獲得した資金を、最初のロボット1000台の配置を続けるために使用する計画だ。</p>\n<div id=\"attachment_452660\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-452660\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-452660 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg 1200w, /wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/10/unnamed-4.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-452660\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Yanmar</p></div>\n<p>最後に紹介するのはYanmar(ヤンマー) YV01、ぶどう畑に特化して設計された自律型噴霧ロボットだ。</p>\n<p>「YV01は最先端自律テクノロジーを提供し、柔軟、軽量で、高い精度でぶどうに噴霧するため環境に負荷をあたえません」とYanmar EuropeのプレジデントであるPeter Aarsen(ピーター・アーセン)氏がリリース文で言った。「身近な管理者によって安全、簡単に操作が可能で、通路が狭く<br />\nつるがあまり高く伸びていないぶどう畑に最適です」。</p>\n<p>現在、シャンパン産出地であるフランスのエペルネ(他にどこで?)でテスト中で、システムは2022年に販売される予定だ。</p>\n<p><small>画像クレジット:SWORD</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/14/actuator-8/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a> )</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/SWORD.jpg",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 452657,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 452657,
            "tagId": 488,
            "tag": {
              "id": 488,
              "slug": "military",
              "name": "軍事(用語)",
              "description": "軍事に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452657,
            "tagId": 2586675,
            "tag": {
              "id": 2586675,
              "slug": "boston-dynamics",
              "name": "Boston Dynamics / ボストン・ダイナミクス(企業)",
              "description": "Boston Dynamicsは米国のロボティクス企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 452657,
            "tagId": 366275192,
            "tag": {
              "id": 366275192,
              "slug": "military-robot",
              "name": "軍事ロボット(用語)",
              "description": "軍事ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452657,
            "tagId": 366279439,
            "tag": {
              "id": 366279439,
              "slug": "dod",
              "name": "米国防総省 / ペンタゴン / DOD(組織)",
              "description": "United States Department of Defense(DoD)。米国の国防省。ペンタゴンとも呼ばれている。"
            }
          },
          {
            "postId": 452657,
            "tagId": 692506786,
            "tag": {
              "id": 692506786,
              "slug": "u-s-army",
              "name": "米陸軍(組織)",
              "description": "米陸軍に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 452657,
            "tagId": 692508407,
            "tag": {
              "id": 692508407,
              "slug": "quadruped-walking-robot",
              "name": "四足歩行ロボット(用語)"