Categoryページはアーカイブ作成中です。
{
  "id": 674897241,
  "slug": "software",
  "name": "ソフトウェア",
  "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース",
  "posts": [
    {
      "postId": 478067,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 478067,
        "slug": "2022-03-30-apple-to-now-allow-reader-apps-like-streaming-music-books-video-and-more-to-use-external-links-if-approved",
        "createdAt": "2022-03-31T06:30:09.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T06:17:45.000Z",
        "title": "アップルが「リーダー」アプリの外部リンク使用を許可、ただし承認が必要",
        "content": "<p>Apple(アップル)は米国時間3月30日、App Store(アップストア)で販売される一部のアプリケーションが、外部ウェブサイトにリンクし、ユーザーがアプリデベロッパーのアカウントを作成したり管理したりできるようにすることを許可すると<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.apple.com/jp/news/?id=grjqafts\" rel=\"noopener\">発表した</a>。このApple App Storeレビューガイドラインの変更は、同社が「reader(リーダー)」アプリと呼んでいるカテゴリーのみに適用される。すなわち雑誌、書籍、オーディオ、音楽、ビデオなどある種のデジタルコンテンツへのアクセスを提供することを主として作られたアプリだ。Appleの計画が最初に発表されたのは、2021年9月に日本の規制機関であるJapan Fair Trade Commision(JFTC、公正取引委員会)と<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/02/2021-09-01-apple-announced-new-settlement-with-japan-allowing-developers-to-link-to-external-website/\" rel=\"noopener\">和解</a>したときのことで、2022年初頭に実施されるとされていた。</p>\n<p>以前同社は、この変更が有効になる時には全世界のリーダーアプリが対象になると言ったが、正確な実施日付は明らかにしなかった。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/02/2021-09-01-apple-announced-new-settlement-with-japan-allowing-developers-to-link-to-external-website/\" rel=\"noopener\">アップルが日本の公正取引委員会と和解、アプリ内の外部リンクを承認</a></p>\n<p>3月30日、AppleのApp Store Reviewガイドラインは<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.apple.com/jp/app-store/review/guidelines/\" rel=\"noopener\">改定され</a>、リーダーアプリがこの機能を実装する方法を説明する新たな記述が加わった。</p>\n<p>具体的に、Appleはデベロッパーに対し、この機能を自社アプリで提供するために必要な同社が <a target=\"_blank\" href=\"https://developer.apple.com/support/reader-apps/\" rel=\"noopener\">External Link Account Entitlement</a>(エクスターナル・リンク・アカウント・エンタイトルメント)と呼ぶものを申請するよう指示している。この資格は、特定の機能をどのデベロッパーが実装可能であるかどうかに関して、Appleが支配を維持するために用いられる。つまり、App Storeのルールを単に変更して、対応するカテゴリーの全アプリに対してこの種の振る舞いを認めるのではなく、この資格取得プロセスでは、デベロッパーが特殊な利用形態として申請し、承認を得ることが必要になる。こうしてAppleは、リンクの追加を許可されたアプリをアプリ・レビュー・チームに任せきりにするのではなく、会社として入念に検査することができる。</p>\n<p>さらに同社は、外部リンク・オプションの使用を許可されたデベロッパーのために、 <a target=\"_blank\" href=\"https://developer.apple.com/support/reader-apps/\" rel=\"noopener\">Usage Guidelineおよび実装の詳細</a>を公開した。その中でAppleは、デジタル・コンテンツへのアクセスを提供しているアプリすべてが承認されるのではないことを説明している。デジタル・コンテンツのアクセスがアプリの「主要な機能』でなければならない、とAppleは述べた。例えばソーシャルネットワークアプリ(例えばFacebook)のように動画のストリーミングもできるアプリには適用されない。</p>\n<p>Appleはまた、資格を得るためにはアプリがユーザーに、以前そのアプリ以外で購入したコンテンツやサービスどアクセスもできるようにしなくてはならず、家庭教師、フィットネスインストラクション、不動産内見ツアー、医療コンサルテーションなどの個人対個人サービスは実施できない。</p>\n<div id=\"attachment_478068\" style=\"width: 690px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-478068\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-478068 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-3.24.15-PM.webp?w=680\" alt=\"\" width=\"680\" height=\"449\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-3.24.15-PM.webp 680w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-3.24.15-PM.webp?resize=300,198 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-3.24.15-PM.webp?resize=606,400 606w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-3.24.15-PM.webp?resize=400,264 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-3.24.15-PM.webp?resize=545,360 545w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-3.24.15-PM.webp?resize=220,145 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-3.24.15-PM.webp?resize=260,172 260w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-3.24.15-PM.webp?resize=189,125 189w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-3.24.15-PM.webp?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-3.24.15-PM.webp?resize=91,60 91w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-3.24.15-PM.webp?resize=556,367 556w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-3.24.15-PM.webp?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 680px) 100vw, 680px\" /><p id=\"caption-attachment-478068\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Apple</p></div>\n<p>Appleが、External Link Account Entitlementの利用を選択したアプリは、iPhone、iPadいずれにおいてもアプリ内購入を提供できなくなると言っていることは注目に値する。二者択一の状況だ。</p>\n<p>Appleの解説には、リンクがどのように動作すべきか、たとえば新規にブラウザーウィンドウを開かなくてはならず、アプリ内のWebViewではいけないことや、リンクの表示方法などが詳細に書かれている。デベロッパーのウェブページでは、App Store以外で提供される価格を宣伝することも禁止されている。書けるのは「example.comへ行ってアカウントの作成・管理をおこなってください」などごく簡単なことだけだ。他にもいくつか技術的制約がある。</p>\n<p>もう1つ注目すべきなのは、この変更が政府の規制のために実施されただけのものであり、AppleがこれをApp Storeのあるべき姿だと信じたからではないことだ。このサポートの高圧的なやり方や利用に関する規則からみても、Appleがこれを最終的にApp Storeの収益減少につながる危険な坂道であると見ていることは明白だ。</p>\n<p>今回の変更は、反競争的行為に対する訴えを受けた議会や規制当局がアプリストア提供者であるAppleとGoogle(グーグル)に圧力をかける中で起きた。戦いは法廷でも行われており、AppleとGoogleは現在、「Fortnite(フォートナイト)」の開発元であるEpic Gamesと係争中で、Appleは<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/09/2021-12-08-apple-wont-have-to-make-the-app-store-changes-ordered-in-epic-ruling-while-case-is-appealed/\" rel=\"noopener\">現在上訴中</a>だ。他にもデベロッパーがアプリ内で収集した連絡先情報を使って、支払い方法について顧客と連絡を取ることを許すよう<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/23/2021-10-22-apple-updates-its-app-store-guidelines-to-permit-developers-to-contact-customers-about-other-payment-methods/\" rel=\"noopener\">Appleに圧力をかける</a>集団訴訟も起きている。</p>\n<p>この日のリーダーアプリに関する変更に加えて、韓国ではAppleとGoogleがデベロッパーに対してそれぞれの独自決済システムの使用を強制することを禁止する<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/01/2021-08-31-south-korea-passes-anti-google-law-bill-to-curb-google-apple-in-app-payment-commission/\" rel=\"noopener\">法案が通過</a>している。さらに、超党派によるAppleとGoogleを標的にしたアプリストア法案が上院司法委員会で承認され、法制化が近いことを示している。しかし、先行してアップストアの運用を全面見直しする代わりに、Appleは規制を遵守しようとする中でさえ、最後までその支配力にしがみついている。この姿勢は悪化の一途をたどっており、オランダではデートアプリのサードパーティー決済対応に関する新ルールの不履行を巡って<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/29/2022-03-28-apple-acm-dating-apps-tenth-fine/\" rel=\"noopener\">Appleは10回にわたって罰金を課せられた</a>。</p>\n<p>Appleは本日、External Link Account Entitlementの申請受付を開始したが、リーダーアプリの開発・テストに必要なAPIが利用可能になるのは近日提供予定のiOSおよびiPadOSのベータ版だと同社は言っている。</p>\n<p><small>画像クレジット:TechCrunch </small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/30/apple-to-now-allow-reader-apps-like-streaming-music-books-video-and-more-to-use-external-links-if-approved/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a>)</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/apple-app-store-ios-2021.webp",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 478067,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 478067,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 478067,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478067,
            "tagId": 14911,
            "tag": {
              "id": 14911,
              "slug": "developer",
              "name": "開発 / 開発者 / デベロッパー(用語)",
              "description": "開発 / 開発者 / デベロッパーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478067,
            "tagId": 324281,
            "tag": {
              "id": 324281,
              "slug": "ios",
              "name": "iOS(製品・サービス)",
              "description": "iOSはAppleが提供するスマートフォン向けオペレーションシステム。"
            }
          },
          {
            "postId": 478067,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 478067,
            "tagId": 692508863,
            "tag": {
              "id": 692508863,
              "slug": "ipados",
              "name": "iPadOS(製品・サービス)",
              "description": "iPadOSは、アップルが開発するタブレット端末のiPad向けに提供されているオペレーションシステム。"
            }
          },
          {
            "postId": 478067,
            "tagId": 692508933,
            "tag": {
              "id": 692508933,
              "slug": "app-store",
              "name": "App Store(製品・サービス)",
              "description": "App Storeはアップルが自社製品向けに展開するアプリケーションのマーケットプレイス。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 478011,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 478011,
        "slug": "2022-03-30-iphone-to-ipad-copy-paste-hidden-gesture",
        "createdAt": "2022-03-31T05:30:19.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T09:12:07.000Z",
        "title": "知らなかった、iPhoneからiPadへ魔法のように画像をコピーできるなんて",
        "content": "<p>iOSは、各メジャーリリースごとにたくさんたくさんの機能を導入するが、その中には残念ながら明らかではないものもある。そういったものがTikTok上で「あなたの知らないiPhoneの機能」というネタを生み出しているのだ。例題#4123131。この動画を見てみよう。</p>\n<blockquote class=\"tiktok-embed\" cite=\"https://www.tiktok.com/@initialfocus/video/7080555829400882478\" data-video-id=\"7080555829400882478\" style=\"max-width: 605px;min-width: 325px;\" >\n<section> <a target=\"_blank\" title=\"@initialfocus\" href=\"https://www.tiktok.com/@initialfocus\">@initialfocus</a> </p>\n<p><a title=\"stitch\" target=\"_blank\" href=\"https://www.tiktok.com/tag/stitch\">#stitch</a> with @partyshirt I am way too late to this party 😅<a title=\"apple\" target=\"_blank\" href=\"https://www.tiktok.com/tag/apple\">#apple</a> <a title=\"iphonetricks\" target=\"_blank\" href=\"https://www.tiktok.com/tag/iphonetricks\">#iphonetricks</a> <a title=\"iphone\" target=\"_blank\" href=\"https://www.tiktok.com/tag/iphone\">#iphone</a></p>\n<p> <a target=\"_blank\" title=\"♬ original sound - michael\" href=\"https://www.tiktok.com/music/original-sound-7080555807225498414\">♬ original sound &#8211; michael</a> </section>\n</blockquote>\n<p> <script async src=\"https://www.tiktok.com/embed.js\"></script></p>\n<p>Appleの昔からある<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2014/07/23/apple-os-x-yosemite-beta/\" rel=\"noopener\">Continuity</a>(コンティニュイティ)機能や新しい<a target=\"_blank\" href=\"/2021-06-07-macos-12-monterey-upgrades-continuity-with-universal-control\" rel=\"noopener\">Universal Control</a>(ユニバーサルコントロール)については、もうご存知だろう。スマートフォンからノートパソコンにリンクをコピー&amp;ペーストすることは、特に画期的なことではない。しかし、上に示したように、元Apple社員でさえ、ピンチジェスチャー(指3本使用)を使ってiPhoneとiPadの間で、まるで技術通の魔法使いがタロットカードの上でダイスをふるように、画像をコピー&amp;ペーストすることができることを知らなかった。すでに何カ月も前からある機能を、よりクールに、より魔法使いっぽくしたものだ。同じApple IDを持つタッチスクリーン式のAppleデバイスを、2台使っていれば実行できる。</p>\n<p>すでにご存知だった方、おめでとう。しかし、TechCrunch内のSlack(スラック)上の息抜きチャンネルでは、たむろしていたポッドキャストライター5人全員が、こんなことができるなんて知らなかったのだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.com/search/photographer?family=creative&amp;photographer=PM+Images\" rel=\"noopener\">PM Images </a>/ Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/30/iphone-to-ipad-copy-paste-hidden-gesture/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Amanda Silberling、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-686932273.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 478011,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 478011,
            "tagId": 106595,
            "tag": {
              "id": 106595,
              "slug": "iphone",
              "name": "iPhone(製品・サービス)",
              "description": "iPhoneは、アップルが展開するスマートフォンブランド。"
            }
          },
          {
            "postId": 478011,
            "tagId": 324281,
            "tag": {
              "id": 324281,
              "slug": "ios",
              "name": "iOS(製品・サービス)",
              "description": "iOSはAppleが提供するスマートフォン向けオペレーションシステム。"
            }
          },
          {
            "postId": 478011,
            "tagId": 580102,
            "tag": {
              "id": 580102,
              "slug": "ipad",
              "name": "iPad(製品・サービス)",
              "description": "iPadは、アップル製のタブレット型コンピュータ。"
            }
          },
          {
            "postId": 478011,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477964,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 477964,
        "slug": "2022-03-30-google-adds-limited-markdown-support-to-google-docs",
        "createdAt": "2022-03-31T02:15:42.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T00:49:47.000Z",
        "title": "グーグル、GoogleドキュメントにMarkdownの限定サポートを追加",
        "content": "<p>Google(グーグル)は、Google Workspaceの利用者に向けて、Markdown(マークダウン)ファンにとって朗報となる<a target=\"_blank\" href=\"https://workspaceupdates.googleblog.com/2022/03/compose-with-markdown-in-google-docs-on.html\" rel=\"noopener\">ブログ記事</a>を発表した。Googleドキュメントは<a target=\"_blank\" href=\"https://en.wikipedia.org/wiki/Markdown\" rel=\"noopener\">Markdown</a>フォーマットを自動的にリッチテキストに変換することができるようになった。</p>\n<p>Markdownに馴染みのない方のために説明すると、このマークアップ言語は構造化されたドキュメント、特にウェブコンテンツを書きたい場合、ここ数年で非常に人気が出てきている。例えば、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.notion.so/ja-jp\" rel=\"noopener\">Notion</a>(ノーション)や<a target=\"_blank\" href=\"https://bear.app/\" rel=\"noopener\">Bear</a>(ベアー)のような人気のメモ取りツールはMarkdown記法に対応している。WordPressのようなコンテンツ管理システムでも、新しい投稿を書く方法として<a target=\"_blank\" href=\"https://wordpress.com/support/wordpress-editor/blocks/markdown-block/\" rel=\"noopener\">Markdownを有効にする</a>ことができる。</p>\n<p>Googleドキュメントのこの新機能は、デフォルトではオフになっている。まず、設定の中で手動でオンにする必要がある。この記事を書いているのはそのためだ。Markdownサポートを有効にしたい場合は、Googleドキュメントでドキュメントを開き、画面上部にある「ツール」から「設定」を選択し「Automatically detect Markdown(マークダウンを自動的に検出)」を有効にする。これで準備完了だ。今日(米国時間3月30日)、この機能がまだ表示されなくても、それは正常なことなので慌てずに。同社は、今後数日間にわたって新機能を順次展開していくとのことだ。</p>\n<p>ここで、Markdownの広範なサポートを期待してはいけない。Googleドキュメントは依然としてリッチテキストエディタであり、Markdown機能を有効にしたところで、魔法のように変わるわけではない。</p>\n<p>代わりに、Googleドキュメントは、一般的なMarkdown構文をリッチテキストに置き換える。例えば、丸括弧と角括弧を使用して「[この](https://techcrunch.com)」ようなリンクを作成することができる。または「*」記号でテキストを囲むことによって、イタリックにできる。</p>\n<p>Googleドキュメントは、異なるレベルの見出し、ボールド、イタリック、取り消し線とリンクをサポートしている。番号付きリストと箇条書きリストは、以前のように自動的に書式設定される。</p>\n<p>つまり、この新機能は、いくつかのキーボードショートカットを補完するものだ。また、他のアプリケーションからGoogleドキュメントにMarkdownコンテンツをコピーすることが容易になり、<a target=\"_blank\" href=\"https://ulysses.app/\" rel=\"noopener\">Ulysses</a>(ユリシーズ)のようなMarkdownエディタを使用している場合、特に便利である。</p>\n<p>だが……それは逆方向では動作しない。Markdownのすばらしいところは、複数のアプリやサービスと互換性のあるプレーンテキスト形式であることだ。</p>\n<p>例えば、Googleドキュメントは、現在のドキュメントをMarkdownとしてネイティブにエクスポートし、Markdownがサポートされている場所であれば、すぐにコピー&ペーストできるようにするべきだ。そのためのプラグインがあることは知っている。しかし、すべての企業がプラグインを快く思っているわけではない。</p>\n<p>ねぇ Google、これはすばらしい最初のステップだが、イタレーションして、より多くのMarkdown機能を提供してくれ、プリーズ。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-477973 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-6.51.04-PM-1.webp?w=994\" alt=\"\" width=\"994\" height=\"1024\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-6.51.04-PM-1.webp 1118w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-6.51.04-PM-1.webp?resize=291,300 291w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-6.51.04-PM-1.webp?resize=768,791 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-6.51.04-PM-1.webp?resize=994,1024 994w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-6.51.04-PM-1.webp?resize=388,400 388w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-6.51.04-PM-1.webp?resize=400,412 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-6.51.04-PM-1.webp?resize=738,760 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-6.51.04-PM-1.webp?resize=349,360 349w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-6.51.04-PM-1.webp?resize=214,220 214w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-6.51.04-PM-1.webp?resize=167,172 167w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-6.51.04-PM-1.webp?resize=121,125 121w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-6.51.04-PM-1.webp?resize=58,60 58w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-6.51.04-PM-1.webp?resize=536,552 536w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-6.51.04-PM-1.webp?resize=356,367 356w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-30-at-6.51.04-PM-1.webp?resize=32,32 32w\" sizes=\"(max-width: 994px) 100vw, 994px\" /></p>\n<p><small>画像クレジット:Jaap Arriens/NurPhoto / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/30/google-adds-limited-markdown-support-to-google-docs/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Romain Dillet、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/gettyimages-887454272.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477964,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477964,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477964,
            "tagId": 1707588,
            "tag": {
              "id": 1707588,
              "slug": "google-document",
              "name": "Googleドキュメント / Google Docs(製品・サービス)",
              "description": "Googleドキュメントに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477945,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 477945,
        "slug": "2022-03-30-chrome-os-gets-a-new-launcher-for-its-100th-birthday",
        "createdAt": "2022-03-31T00:45:30.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T02:26:47.000Z",
        "title": "Chrome OSがバージョン100の誕生日に新ランチャーを搭載、簡単GIF作成や音声入力改善",
        "content": "<p>Chrome OSチームは、本日、その軽量オペレーティングシステムのバージョン100を発表し、それにともない、プラットフォームにかなりの興味深い変更をもたらした。最もわかりやすいのは画面の左下から横に広がる新しいランチャーで、さらにいくつかの新機能が追加されている。内蔵カメラアプリでは、作成したメディアをGIFとして保存できるようになり、Chrome OSの音声入力機能では、テキストの編集がより簡単にできるようになった。また、新たに登場した<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/16/2022-02-15-google-wants-to-bring-chrome-os-to-your-pc-or-mac/\" rel=\"noopener\">Chrome OS Flex</a>は、100以上のデバイスが追加サポートされる。開発者向けには、Google(グーグル)はデザインを一新した<a target=\"_blank\" href=\"https://chromeos.dev/en\" rel=\"noopener\">ChromeOS.dev</a>サイトを立ち上げた。</p>\n<p>ランチャーは、おそらくユーザーが最初に気づく部分だろう。もっとも、タスクバーそのものが移動するわけではなく、Chrome OSのWindowsスタートメニューに相当する部分について話しているだけである。Googleは、開いている他のウィンドウのためにスペースを確保することが目的だと述べている。ユーザーは、アプリの表示順を名前や色(それが好みなら)で整理したり、手動で納得のいく順番に並べることができる(あるいは、筆者のようにカオスにしておいてもいい)。</p>\n<div id=\"attachment_477948\" style=\"width: 610px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477948\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477948 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Launcher.gif?w=600\" alt=\"\" width=\"600\" height=\"400\" /><p id=\"caption-attachment-477948\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>そのランチャー内部で、Googleは検索機能を更新した(これまでは、検索結果の簡単なプレビューが表示されていた)。このアップデート後は、ブラウザに入っていく前にも、かなり多くの情報を見ることができるようになる。ショートカットもこの検索体験に統合され、例えばスクリーンショットを簡単に撮ることができるようになった。</p>\n<div id=\"attachment_477949\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477949\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477949 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"782\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp 1228w, /wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?resize=300,229 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?resize=768,587 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?resize=1024,782 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?resize=524,400 524w, /wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?resize=400,306 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?resize=738,564 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?resize=471,360 471w, /wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?resize=220,168 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?resize=225,172 225w, /wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?resize=164,125 164w, /wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?resize=125,95 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?resize=79,60 79w, /wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?resize=723,552 723w, /wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?resize=480,367 480w, /wp-content/uploads/2022/03/Text-Dictation-Editing.webp?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477949\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>音声入力による編集に関しては、期待通りの体験だ。例えば「delete(消去)」と言えば最後に入力した文字を削除でき、「move to next character(次の文字に移動)」でカーソルを移動させることができるようになった。なぜ今までこのような機能がなかったのかと思うほど、とても率直だが、音声入力に頼っているユーザーにとっては非常に便利な機能追加であることは間違いない(利用するには[設定]で「音声入力」を有効にする必要がある)。</p>\n<p>ChromebookカメラのGIF作成は、かなり簡単だ。動画撮影の際に新しくトグルが追加され、それをオンにすると、最長5秒のGIFを作成することができるようになった。</p>\n<div id=\"attachment_477951\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477951\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477951 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Gif-maker.gif?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"676\" /><p id=\"caption-attachment-477951\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p><small>画像クレジット:aluxum / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/30/chrome-os-gets-a-new-launcher-for-its-100th-birthday/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-171370559.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477945,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477945,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477945,
            "tagId": 239173,
            "tag": {
              "id": 239173,
              "slug": "gif",
              "name": "GIF(用語)",
              "description": "Graphics Interchange Format。GIFに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477945,
            "tagId": 22536748,
            "tag": {
              "id": 22536748,
              "slug": "chrome-os",
              "name": "Chrome OS(製品・サービス)",
              "description": "Googleが設計、提供するOS。"
            }
          },
          {
            "postId": 477945,
            "tagId": 692517334,
            "tag": {
              "id": 692517334,
              "slug": "chrome-os-flex",
              "name": "Chrome OS Flex(製品・サービス)",
              "description": "Chrome OS Flexに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477654,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 477654,
        "slug": "2022-03-28-shoreline-scores-35m-series-b-to-build-automated-incident-response-platform",
        "createdAt": "2022-03-30T02:15:54.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T01:33:36.000Z",
        "title": "自動インシデント対応プラットフォームを構築するShorelineがシリーズBで約43億円を調達",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"http://shoreline.io/\" rel=\"noopener\">Shoreline</a>の創業者でCEOのAnurag Gupta(アヌラグ・グプタ)氏は、同社を創業する前は8年間、AWSでインフラストラクチャに携わっていた。AWSのシステムがスローダウンしたり停止したりするインシデントに対応するシステムの責任者を務めていた。</p>\n<p>これは大仕事で、同氏はインシデント対応を自動化する社内システムの構築に関わっていたが、マーケットプレイスには他社がそうした自動化に役立つツールが不足していることに気づいた。ソフトウェアのテストと導入、本番システムの監視、インシデントが起きた時の対応をするツールはあるが、同氏は欠けているものがあると見ていた。</p>\n<p>同氏は、インシデントのチケットが発行され必要な人が対応を始めると、何がおかしいかをつきとめて修復するのは通常は手作業が極めて多いプロセスになると指摘する。システムがダウンすると1分ごとにコストがかさむ。ソフトウェアとシステムが複雑になり、こうした問題に対処する責任者であるSRE(サイト信頼性エンジニア、Site Reliability Engineer)が根本原因をつきとめて修復するのはさらに難しくなっている。</p>\n<p>グプタ氏は「ほぼすべてのケースで手作業のプロセスとなり、人間は消耗してミスをします。たくさんの人手に頼る作業です。そして人間は機械よりも長い時間を要するのでダウンタイムが発生するのです」と説明する。</p>\n<p>同社はジュピタースタイルのノートブックを作ってシステムによくある問題への対応を記録し、自動化する。問題を解決するためのステップ・バイ・ステップの手順を示し、可能な場合には対応を自動化するのだ。狙いは問題が起きた時に対応する負荷を軽減することだ。</p>\n<p>グプタ氏は、システムの問題が発生した時にそれを解決する必要性が高まりSREの役割は急速に大きくなっているが、問題に体当たりしていくのは持続可能なアプローチではないと語る。</p>\n<p>Shorelineに投資しているInsight PartnersのマネージングパートナーであるGeorge Mathew(ジョージ・マシュー)氏は、機械と人との協力で問題の解決を早めるのだという。</p>\n<p>マシュー氏はShorelineに投資した理由を「ハイレベルの役割を人間が果たし、ローレベルの役割を機械学習のアルゴリズムで自動化できれば、この分野においてはたいへん魅力的なチャンスです」と説明する。</p>\n<p>Shorelineが創業したのは2019年だが、このような自動化ソリューションを構築するのに2年半かかり、シリーズAでは2200万ドル(約27億600万円)を調達した。このプロダクトを発売してからすでに約半年が経ち、従業員はすでに50人近くいる。</p>\n<p>グプタ氏は創業に関し、自社が事業をしている世界を反映した従業員を有することが自分にとって重要なゴールであると語る。</p>\n<p>同氏は「当社の従業員はテックの世界ではなく社会全般と同じようでなくてはならないと強く確信しています。テックの世界には組織的なバイアスがすでにあるからです」と語る。つまり、従業員の比率を実際の人口比に一致させようとしている。</p>\n<p>「私が変わることなく信じているのは、雇用のプロセスに多様性を取り入れれば、結果として企業は多様になるということです」と同氏はいう。</p>\n<p>米国時間3月28日、ShorelineはInsight Partnersが主導し、Dawn Capitalが参加した3500万ドル(約43億500万円)のシリーズBを発表した。Shorelineによれば、今回のラウンドでこれまでの調達金額の合計は5700万ドル(約70億1100万円)となった。</p>\n<p><small>画像クレジット:Dansin / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/shoreline-scores-35m-series-b-to-build-automated-incident-response-platform/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ron Miller、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-172161828.webp",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477654,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477654,
            "tagId": 66619,
            "tag": {
              "id": 66619,
              "slug": "incident",
              "name": "インシデント(用語)",
              "description": "インシデントに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477654,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477654,
            "tagId": 366274193,
            "tag": {
              "id": 366274193,
              "slug": "automation",
              "name": "オートメーション / 自動化(用語)",
              "description": "オートメーション / 自動化に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477654,
            "tagId": 366281355,
            "tag": {
              "id": 366281355,
              "slug": "system-down",
              "name": "システムダウン / システム障害(用語)",
              "description": "システムダウン / システム障害に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477654,
            "tagId": 692517626,
            "tag": {
              "id": 692517626,
              "slug": "shoreline",
              "name": "Shoreline",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477664,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 477664,
        "slug": "2022-03-29-lambdatest-raises-45-million-to-build-aws-for-testers",
        "createdAt": "2022-03-30T01:15:48.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T00:30:43.000Z",
        "title": "「テスターのためのAWS」構築を目指すLambdaTestが55.2億円を調達",
        "content": "<p>ウェブ開発者は何百ものタスクを実行しなければならないが、それらを自分のマシンで実行することができる。しかし、開発会社が(大規模に)同様の活動を行う場合には、ローカルにタスクを実行するために必要なコンピューティングパワーをいつでも自由に確保できるとは限らないし、日頃から持っていたいとも思わないものだ。</p>\n<p>「開発者やその会社が、普通なら4〜5時間かかる作業を10分に短縮できるようなプラットフォームを、構築できるでしょうか?」とAsad Khan(アサド・カーン)氏はいう。</p>\n<p>カーン氏は10年かけてこの問題を解決しようと努力を重ねてきた。彼は、最新のベンチャー企業である<a target=\"_blank\" href=\"https://www.lambdatest.com\" rel=\"noopener\">LambaTest</a>(ラムダテスト)で、そのソリューションを製品化した。</p>\n<p>創業4年のスタートアップである同社のクラウドベースのサービスを利用することで、ユーザーは自分のウェブサイトやアプリを、ブラウザー、OS、デバイス、そしてそれらの異なるバリエーションの3000種類以上の組み合わせでテストすることができる。</p>\n<p>彼はTechCrunchのインタビューに対して「テスターのためのAWSを構築しました」と語っている。「私たちは単なるテストツール企業ではなく、開発者があらゆる言語やフレームワークで書かれたあらゆる種類のテストを実行できるようなエコシステムを実現する会社です。このプラットフォームは、いつでもどこからでも、どんな規模のタスクでも実行できるようにします」。</p>\n<p>そして、急成長するスタートアップにはありがちだが、LambdaTestの有効性は、投資家の関心を集めている。</p>\n<p>インド時間3月29日には、Premji Investが主導するシリーズC資金調達ラウンドで4500万ドル(約55億2000万円)を調達したことを発表した。既存の投資家であるSequoia Capital India、Telstra Ventures、Blume Ventures、Leo Capitalに加え、ソフトウェアテスト会社Tricentis(トリセンティス)の元最高経営責任者Sandeep Johri(サンディープ・ジョリ)氏も参加し、スタートアップのこれまでの資金調達額は7000万ドル(約85億7000万円)に達した。</p>\n<p>LambdaTestによれば、現在130カ国で500社以上の企業、100万人の開発者とテスターが同社のプラットフォームを利用しているという。またこれを使った同社の顧客は1億回以上のテストを実施し、市場投入までの時間を95%短縮し、リリースの生産性を62%向上させ、ローンチ前に67%の問題を特定することに成功したという。LambdaTestのホームページには、Microsoft(マイクロソフト)、Apple(アップル)、Xerox(ゼロックス)、Postman(ポストマン)、Yale(イエール)、Directi(ディレクティ)などの顧客が名を連ねている。</p>\n<p>カーン氏は、このパンデミックも、多くの潜在顧客をLambdaTestに引きつける上で重要な役割を果たしたのだという。スタートアップは2021年、ビジネスを300%成長させたという。</p>\n<p>カーン氏はいう「私たちは、テストのオーケストレーションと実行に関して、開発者とQAチームの仕事をより簡単にすることに強い重点を置いています。ほんの数カ月前、私たちは、企業がエンド・ツー・エンドの自動テストを可能な限り最速で実行できるよう支援する、次世代スマートテストオーケストレーションプラットフォームの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.lambdatest.com/intl/en-in/hypertest\" rel=\"noopener\">HyperExecute</a>(ハイパーエクスキュート)をリリースしました。私たちは間もなく、テスト情報プラットフォームの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.lambdatest.com/intl/en-in/test-at-scale\" rel=\"noopener\">Test-at-Scale</a>(TAS)をローンチする予定です。すでにベータ版として運用中です。また、当社の中核となる実行プラットフォームの能力も継続的に強化しています」。</p>\n<p>LambdaTestの提供するサービスの一部は、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/06/16/bonds-200-million-led-investment-values-software-testing-platform-browserstack-at-4-billion/\" rel=\"noopener\">評価額40億ドル(約4901億6000万円)</a>のスタートアップBrowserStack(ブラウザースタック)と競合している。競合の名前は挙げなかったが、カーン氏によれば、LambdaTestの製品ははるかに包括的であり、スケーリングに対するアプローチもユニークだという(一方、BrowserStack側は確かにLambdaTestをライバルと見ているようだ。例えばLambdaTestをGoogleで検索すると、先週はBrowserStackがスポンサーリンクとしてトップに表示された)。</p>\n<p>同社は今後、提供するサービスをさらに拡大し、従業員数も増やしていく予定だ。現在、インドと米国を中心に約250人の従業員が働いている。今回の資金調達で、カーン氏はベイエリアでのチーム拡大を積極的に進めるという。</p>\n<p>Premji InvestのパートナーであるAtul Gupta(アトゥルグプタ)氏は声明の中で「LambdaTestは、コスト効率と拡張性に優れたソリューションを提供することで、企業がテスト実行をオーケストレーションできるよう支援するとともに、既存のインフラに対する追加を行うことなくコントロール性を向上させます。彼らは、テスト実行のスピード、信頼性、パフォーマンスの境界を押し広げているのです。テスト実行のあり方を変えようとする、この超野心的なLambdaTestチームと協力できることをうれしく思います」と語っている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/29/lambdatest-raises-45-million-to-build-aws-for-testers/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Manish Singh、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/lambdatest-funding.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477664,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477664,
            "tagId": 90579,
            "tag": {
              "id": 90579,
              "slug": "beta-testing",
              "name": "テスト / ベータテスト(用語)",
              "description": "テスト / ベータテストに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477664,
            "tagId": 365840503,
            "tag": {
              "id": 365840503,
              "slug": "india",
              "name": "インド(国・地域)",
              "description": "インドに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477664,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477664,
            "tagId": 692515841,
            "tag": {
              "id": 692515841,
              "slug": "cloud-service",
              "name": "クラウドサービス(用語)",
              "description": "クラウドサービスに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477582,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 477582,
        "slug": "picsart",
        "createdAt": "2022-03-29T04:00:35.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T05:21:18.000Z",
        "title": "スマホ1台で完結する写真・動画加工アプリ「Picsart」はデジタル化が進むこれからのクリエイティブを支えるツールになる",
        "content": "<p>YouTubeやSNSの成熟が進み、クリエイターが個人として活動する機会が増えている。それまで無名だったクリエイターがひと晩で有名になるといった話も珍しくない。インターネットの世界で一旗揚げたい若い世代のクリエイターに選ばれるサービスが<a target=\"_blank\" href=\"https://picsart.com/ja\" rel=\"noopener\">Picsart</a>(ピクスアート)だ。</p>\n<p>Picsartは写真や動画の編集、加工ができ、サービス上で作品のシェアも可能。さらに他のSNSで投稿することができるサービスだ。すべてを<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/jp/app/picsart-%E5%86%99%E7%9C%9F-%E5%8B%95%E7%94%BB%E7%B7%A8%E9%9B%86%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id587366035\" rel=\"noopener\">スマホ</a><a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=com.picsart.studio&amp;hl=ja&amp;gl=US\" rel=\"noopener\">アプリ</a>(もしくは<a target=\"_blank\" href=\"https://picsart.com/ja\" rel=\"noopener\">ウェブブラウザ</a>)上で完結するのが特徴であり、AIにより誰でも簡単に作品づくりができるだけでなく、他のクリエイターの作品を「Remix(再編集)」して自分の作品をつくることもできる。</p>\n<p>現在もZ世代を中心にユーザー数を増やしているPicsartを提供する同社の日本・韓国担当のゼネラルマネージャー石田直樹氏にサービスの現在、そしてクリエイターを支えるサービスであるPicsartのこれからについて話を聞いた。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-477584 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"623\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg 3497w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=300,183 300w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=768,467 768w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=1024,623 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=1536,935 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=2048,1246 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=657,400 657w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=400,243 400w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=738,449 738w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=592,360 592w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=220,134 220w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=281,172 281w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=205,125 205w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=125,76 125w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=99,60 99w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=907,552 907w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=600,365 600w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=50,30 50w, /wp-content/uploads/2022/03/02-27.jpg?resize=216,130 216w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p><strong>現在、Picsartはどのような時期になるのでしょうか?新型コロナウイルスの影響は受けましたか?</strong></p>\n<p>「アプリは2011年に登場、日本には2019年に上陸しており、現在は成長フェーズ、投資モードにあります。新型コロナの影響もあり、アクティブユーザーが増えました。メインはやはり趣味のためのユーザーですが、クリエイターやインフルエンサーをはじめオンラインビジデスでビジュアルが必要な方も増えました。また、美容師の方がInstagramにアップする写真をPicsartでつくるといった例もあります。ビジネス目的で利用される方が増えており、戦略的にはそんな『プロシューマー』を取り込もうとしています」。</p>\n<p><strong>ビジネス目的ではあれば、有料ユーザーも増えているのですか?</strong></p>\n<p>「そうですね、たしかに有料率は上がっています。しかし、無料であってもPicsartのメインコンテンツであるパワフルな写真や動画編集のツール、そしてフリー画像やテンプレートが使えるためそれで満足している方がやはりほとんどですが、さらに豊富なストック画像を利用でき、ライセンスも増やすことができる有料版にバリューを感じていただき契約していただいている方も増えています」。</p>\n<div id=\"attachment_477585\" style=\"width: 685px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477585\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477585\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"675\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg 2250w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=300,267 300w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=768,683 768w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=1024,911 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=1536,1366 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=2048,1821 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=450,400 450w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=400,356 400w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=738,656 738w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=405,360 405w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=220,196 220w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=193,172 193w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=141,125 141w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=125,111 125w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=67,60 67w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=621,552 621w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=413,367 413w, /wp-content/uploads/2022/03/03-16.jpg?resize=50,44 50w\" sizes=\"(max-width: 675px) 100vw, 675px\" /><p id=\"caption-attachment-477585\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Picsart</p></div>\n<p><strong>写真・動画加工アプリはたくさん存在していますが、強み、選ばれる理由は何でしょうか?</strong></p>\n<p>「Picsartには3つの特徴があります。1つはテクノロジー。背景除去や人物のキリヌキ、レタッチなど現在、AIを利用した機能が3000以上も用意されています。会社には800名以上の社員がいますが、その70%となる大量のエンジニアが、日々、スピード感を持って新しいツールや機能を開発しています。</p>\n<p>2つ目がコンテンツ数で、Picsartにはすでに3億以上もの作品があります。それらは眺めて楽しいのはもちろんですが、ただ参照してアイデアの素にするだけでなく「Replay(リプレイ)」で、その編集手順を自動で再現できるので、次々に新たな作品が作れます。ユーザーが簡単にその作品をベースにした自分の作品をつくれるので、ブームも起きやすい。さらにステッカーやテンプレートも豊富です。</p>\n<p>3つ目がコミュニティ。Picsartはコンテンツを共有する場でもあり、そのままシェアできます。ユーザー数も増えているので、反響も大きい。もちろん他のSNSなどに作品を投稿することができます」。</p>\n<p><strong>どのようなツールが人気ですか?</strong></p>\n<p>「人物や顔、服、空など、AIを活用し対象を指定するだけできれいに処理される自動切り抜きツールはよく使われています。フィルターは100以上も用意されており人気です。また、フォントも人気ですね。日本語フォントはかっちりしたものから手書きっぽいものまで、30種類以上用意されています。色を変更したり立体感を出したり、文字列をカーブさせたりする機能などもあり、こちらも人気です」。</p>\n<p><strong>やはりZ世代のユーザー向けのサービスなのでしょうか。</strong></p>\n<p>「たしかにZ世代はコンテンツの消費と生産の垣根が低い人たちで、スマホ1台で制作から共有まで完結するPicsartは親和性が高いサービスだと思います。そのためZ世代のユーザーも多い。しかしPicsartは『Z世代ありき』のではありません。私たちは、もっと広くビジュアルコミュニケーションで使われるサービスでありたいと考えています。モバイルアプリだけでなくウェブブラウザも提供しています。ビジネスでコンテンツを作る人「プロシューマー」に支持してもらえるツールを目指しています」、</p>\n<p><strong>日本と海外でユーザーに違いはあるのでしょうか。</strong></p>\n<p>「InstagramやYouTube、TikTokiがあるのでユーザーの情報量も同程度になり、流行の時差はほぼありません。ただし国が違えば好みも違うため、例えば一時、被写体の顔を隠すためにうずまき加工を行うというブームがありましたが、これは日本だけのものでした」。</p>\n<div id=\"attachment_477586\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477586\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477586 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"640\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg 1200w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=300,188 300w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=768,480 768w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=1024,640 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=640,400 640w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=400,250 400w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=738,461 738w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=576,360 576w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=220,138 220w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=275,172 275w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=200,125 200w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=125,78 125w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=96,60 96w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=883,552 883w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=405,253 405w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=587,367 587w, /wp-content/uploads/2022/03/04-11.jpg?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477586\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Picsart</p></div>\n<p><strong>写真・動画編集アプリ、サービスは今後、どう進化していくのでしょうか?</strong></p>\n<p>「人々の活動は現在よりもさらにオンライン上に移っていきます。そこで生まれるのではデジタルな写真・動画へのニーズであり、クリエイターへの需要も増え、その数も増えていくと思います。NFTなど新たな技術の上にあるサービスも登場し、デジタルなビジュアルがマネタイズできる機会も増加します。そこで活躍するクリエイターにPicsartは選んでもらえるツールになっていければと考えております。</p>\n<p>Picsartが得意なことはもっと得意に。機能の豊富さがPicsartの特徴ですが、それらはさらに増やしていき、寄せられるユーザーからのニーズは大量のエンジニアたちの力で迅速に応えていきます。また、AIに注力しているため、今後、AIで強化された機能が増えていくでしょう。</p>\n<p>たくさんの機能があれば、私たちが意図していなかった使い方をしてもらい新たなクリエイティブが生まれる機会も増えます。Z世代を含む、これからのクリエイターを支えるサービスを提供していきます」。</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-28.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477582,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477582,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477582,
            "tagId": 6263,
            "tag": {
              "id": 6263,
              "slug": "creative",
              "name": "クリエイティブ(用語)",
              "description": "クリエイティブに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477582,
            "tagId": 366276066,
            "tag": {
              "id": 366276066,
              "slug": "image-editing",
              "name": "画像編集 / 写真編集(用語)",
              "description": "画像編集 / 写真編集に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477582,
            "tagId": 366278632,
            "tag": {
              "id": 366278632,
              "slug": "creator",
              "name": "クリエイター(用語)",
              "description": "クリエイターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477582,
            "tagId": 674897019,
            "tag": {
              "id": 674897019,
              "slug": "picsart",
              "name": "PicsArt(企業)",
              "description": "コンシューマーとプロ両方に向けて、写真やビデオ編集をより楽しく、親しみやすいものにするためのさまざまなデジタル制作・編集ツールを提供するデジタルクリエイションプラットフォームの企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477430,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 477430,
        "slug": "2022-03-23-scratchpad-adds-deal-alerts-to-help-identify-most-promising-prospects",
        "createdAt": "2022-03-28T07:00:40.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T06:32:46.000Z",
        "title": "ノイズを排除し営業担当者が最も有望な見込み客に注力できるようにする支援ツールをScratchpadが発表",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"http://scratchpad.com/\" rel=\"noopener\">Scratchpad</a>(スクラッチパッド)は、人気の高いCRM(顧客関係管理)アプリケーションであるSalesforce(セールスフォース)の上位レイヤーとして機能することによって、Salesforceに情報を簡単に入力できる方法を提供する製品として誕生した。しかし、同社の創業者たちは、Scratchpadが単なる営業支援ツールに留まるべきではないことを認識していた。同社は米国時間3月23日、Scratchpadを営業担当者の中心的なワークスペースにするために、インテリジェンスを活用して取引を成立させる可能性の高い見込み客を探し出すことができる新機能を発表した。</p>\n<p>Scratchpadの共同設立者でCEOのPouyan Salehi(プーヤン・サレイ)氏によれば、同社は営業担当者とその働き方を観察することに、多くの時間を費やしてきたという。それによって、Salesforceに案件データを入力する方法を簡略化するというアイデアが生まれたわけだが、彼らの中には、営業担当者が日々経験している通知に関するノイズを軽減する方法を見出したいという思いが高まってきた。</p>\n<div id=\"attachment_477432\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477432\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477432 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"640\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=300,188 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=768,480 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=1024,640 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=640,400 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=400,250 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=738,461 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=576,360 576w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=220,138 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=275,172 275w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=200,125 200w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=125,78 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=96,60 96w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=883,552 883w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=405,253 405w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=587,367 587w, /wp-content/uploads/2022/03/Scratchpad-Inbox-and-Deal-Alert-System.webp?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477432\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Scratchpad</p></div>\n<p>「営業担当者の人々は、通知やアラートに追いかけられて、仕事の流れが乱れたり、途切れたりします。それが、なかなか仕事が進まない原因となっているのです」と、サレイ氏は説明する。そこで同社は、このようなノイズを排除し、営業担当者にとって最も重要な情報を表示する方法を検討し始めたという。通常、それは最も早く成約できる案件であり、そのためには、どこに最も力を入れるのが合理的なのか、次に何をすべきなのかを、はっきりさせるということだ。</p>\n<p>「私たちは、営業のための最優先受信箱というコンセプトを思いつきました。つまり、重要な通知やアラートをすべて収納するコンテナです。そして、大きな差別化要因は、ユーザーにそれらの通知を与えるだけでなく、それに対して非常に迅速かつ簡単にアクションを起こす方法を提供することです」と、サレイ氏は語る。</p>\n<p>営業担当者が見る通知は、カスタマイズが可能であり「Scratchpad通知ビルダー」と呼ばれるシンプルなワークフローエンジンで、通知を作成できる。サレイ氏はこれを、営業チームが自分たちの働き方に適ったワークフローを構築するための最初のステップと位置づけている。</p>\n<p>同社は1月に<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/25/scratchpad-nabs-33m-series-b-to-continue-building-sales-workspace/\" rel=\"noopener\">3300万ドル(約40億7000万円)のシリーズB資金調達</a>を発表している。今回の発表は、少なくともその資金の一部を投入し、同社が製品の機能を拡張して、よりプラットフォーム的な感覚を持たせようとしていることの表れだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Westend61 / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/scratchpad-adds-deal-alerts-to-help-identify-most-promising-prospects/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ron Miller、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1251796151.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477430,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477430,
            "tagId": 97017,
            "tag": {
              "id": 97017,
              "slug": "salesforce",
              "name": "Salesforce / セールスフォース(企業)",
              "description": "顧客関係管理ソリューションなどを提供する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477430,
            "tagId": 366273912,
            "tag": {
              "id": 366273912,
              "slug": "crm",
              "name": "CRM / 顧客関係管理 / 顧客管理(用語)",
              "description": "Customer Relationship Management。顧客関係管理または顧客関係性マネジメント。"
            }
          },
          {
            "postId": 477430,
            "tagId": 681520535,
            "tag": {
              "id": 681520535,
              "slug": "salestech",
              "name": "Sales Tech / セールステック / 営業",
              "description": "Sales Tech / セールステック / 営業に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477430,
            "tagId": 692511969,
            "tag": {
              "id": 692511969,
              "slug": "scratchpad",
              "name": "Scratchpad(企業・サービス)",
              "description": "Salesforce上にノーテーションのレイヤーを配置し、営業担当者がSalesforceに情報を簡単に入力できるようにするサービス、それを提供するスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477394,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 477394,
        "slug": "qunasys-fundraising-2",
        "createdAt": "2022-03-28T01:29:45.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T01:29:45.000Z",
        "title": "量子コンピューター向けアルゴリズム・ソフトウェア開発のQunaSysが12.4億円のシリーズB調達、海外事業展開を加速",
        "content": "<p>量子コンピューター向けアルゴリズム・ソフトウェア開発を手がける<a target=\"_blank\" href=\"https://qunasys.com/\" rel=\"noopener\">QunaSys</a>は3月28日、シリーズBラウンドとして、第三者割当増資による計12億4000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、リードインベスターのJICベンチャー・グロース・インベストメンツ、またANRI、HPCシステムズ、Global Brain、科学技術振興機構(JST) 出資型新事業創出支援プログラム、新生企業投資、日本ゼオン、富士通ベンチャーズファンド、三菱UFJキャピタル。</p>\n<p>また、HPCシステムズ、日本ゼオン、富士通の各社と、同資金調達に伴い資本業務提携に向けて合意したと明らかにした。</p>\n<p>調達した資金により、日本での事業拡大に加えて、海外での事業展開を加速させる。これまでの実績を礎としつつ、調達資金を活用し、圧倒的に便利でパワフルな、量子コンピューター上での化学計算用ソフトウェアの開発・欧州拠点の開設などを進める。また、数年以内に到来するとされる量子コンピューターの実応用を見据えて、QunaSysの量子コンピューター向け量子計算クラウドサービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://qunasys.com/services/qamuy\" rel=\"noopener\">Qamuy</a>」の世界的なデファクト化を目指す。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477394,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477394,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477394,
            "tagId": 366280493,
            "tag": {
              "id": 366280493,
              "slug": "quantum-computer",
              "name": "量子コンピューター(用語)",
              "description": "量子コンピューターに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477394,
            "tagId": 681521490,
            "tag": {
              "id": 681521490,
              "slug": "qunasys",
              "name": "QunaSys",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477394,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477284,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 477284,
        "slug": "2022-03-24-too-much-email-try-gated-which-asks-unknown-senders-to-make-a-donation-first",
        "createdAt": "2022-03-26T02:15:57.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T00:29:13.000Z",
        "title": "知らない送信者からのメールに寄付を求めるGatedでメール削減",
        "content": "<p>もしあなたが最近、電子メールの山に埋もれたことがないとしたら、電子メールのアカウントを持っていないか、マーケティング担当者がまだ気づいていない若い人かのどちらかだろう(彼らはいずれ気づく)。</p>\n<p>このような状況を打開するため、ベイエリアを拠点とする設立10カ月の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gated.com/\" rel=\"noopener\">Gated</a>(ゲーテッド)というスタートアップが登場した。同社は、メールに圧倒されている人を助け、できれば社会全体に利益をもたらすようなアプローチをとる。もし見知らぬ送信者が、あなたの受信トレイにメールを送りたいなら、あなたが選んだ非営利団体に寄付をしなければならない、というのがその構想だ。まったく知らない人に、来月のイベントや、会社の売り込みや、機器のセールスをしたいなら構わない。でも、それにはコストがかかる。誰にリーチするかにもよるが、かなりのコストがかかるだろう。</p>\n<p>Gatedは、エンジェル投資家で、直近では従業員エンゲージメントのスタートアップCultureAmp(カルチャーアンプ)で成長事業担当副社長を務めていたAndy Mowat(アンディ・モワッ卜)氏が創業した。Gatedは、Gmailアカウントにフォルダを作成すると機能する。モワッ卜氏によると、このソフトウェアは、メール所有者が以前にやり取りをした人の情報から「許可した送信者」のリストを自動的に作成する。見知らぬ送信者が接触してきた場合は、作成した別フォルダにメールが移され、メール受信者が選んだ慈善事業に寄付をした場合のみ受信箱に届くよう設定される。メール1通あたり2ドル(約244円)からで、その70%が非営利団体に支払われ、残りはGatedに流れる。同社のソフトウェアは無料だ。</p>\n<p>当然のことながら、毎日何百もの売り込みのターゲットになるベンチャーキャピタリストらは、このアイデアを気に入っている。実際、Corazon Capitalがリードし、Precursor Ventures、Burst Capital、Tuesday Capital、その他のアーリーステージのファンドが参加したシードラウンドで330万ドル(約4億円)を調達したとGatedは発表した。</p>\n<p>もちろん、このコンセプトは潜在的なユーザーの共感を得るかもしれないが(手を振って)、何よりもまずプライバシーの問題を含め、疑問も投げかけている。</p>\n<p>それについてGatedは、同社がメッセージの中身を読むことはないという。「私たちが見ているのはメタデータ、『to』と『from』だけです」とモワット氏は話す。とはいえ、知らない人からの依頼が殺到している人は非常に多数にのぼるため、Gmailのフィルターでは不十分だ。その中には、自らのやり方で影響力を及ぼす人もいるはずで、Gatedが時間をかけて自身の連絡先をマッピングしていくことを好まない人もいるかもしれない。</p>\n<p>もう1つの課題は、<a target=\"_blank\" href=\"https://findstack.com/gmail-statistics/\" rel=\"noopener\">誰もがGmailを使っているわけではない</a>ことだ。Gmailは、これまでGatedのソフトウェアの使用を承認した唯一のプラットフォームだ(モワット氏によると、同社はMicrosoftと「次の審査」を進めているという。また、いくつかの電子メールプラットフォームが「過去に他のパートナーのせいで損害を受けた」ため「すべてのパートナーをセキュリティ審査の対象としている」とも指摘した)。</p>\n<p>Gatedはまた、儲かるビジネスとしてスタートしていない。ほとんどのスタートアップがそうであるように、もちろん変わる可能性がある。モワット氏が語るように、Gatedが受け取る収益の大部分は、取引にかかる決済手数料に充てられることになりそうだ。モワット氏と彼の小さなチームは、Gatedがマイクロペイメントの仕組みをすでに考えており、クレジットカードの手数料に取って食われないようにと思っているが、まだそこまでには至っていない。</p>\n<p>Gatedがどのように成長していくかについては、この記事のような紹介以外では、まず口コミ的要素に頼っているようだ。モワット氏によれば、2週間前の時点で、Gatedはまだ公開されていないにもかかわらず、すでに2500人のウェイティングリストを抱えていたというから、このアプローチは合理的なものだと思われる。</p>\n<p>今後、GatedはB2B(法人向け)の製品も開発する予定だ。マーケティング担当者がGatedと協力して財源を確保し、営業チームが月に一定数のメールを送信できるようにするのだという。</p>\n<p>ちなみに、気になる方にお伝えすると、Gatedを利用するメール受信者は、誰かが金を払ってGmailアカウントに侵入してきたとしても、メールに返信する義務はない。</p>\n<p>モワット氏によれば、利用し始めたユーザーからの回答率は平均よりも高いという。「寄付の対象となったメールの40〜60%が返信されています。中には、自分の時間を大切にしてくれる人に感謝して、すべてのメールに返信するユーザーもいます」。「ただし」と同氏は付け加え「非常にまれにしか」返信しないユーザーもいるという。</p>\n<p>また「寄付者」は、メール受信者の受信トレイに永遠に自由なアクセスが与えられるわけではないことも注目すべき点だ。「それについては微妙なところがあります」とモワッ卜氏は話す。しかし、基本的には、受信者がメールに返信すると、そのメール送信者はデフォルトで既知の送信者グループに分類される。ただ、その送信者をいつでもGatedフォルダに戻すことができ、また『ミュート』モードにすることもできる。</p>\n<p>モワット氏はいう。「これは基本的に、『もうチャレンジメールを送らないで欲しい。私の受信トレイにも入れないでください』という意味です」。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.in/search/photographer?family=creative&amp;photographer=erhui1979\" rel=\"noopener\">erhui1979 </a>/ Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/24/too-much-email-try-gated-which-asks-unknown-senders-to-make-a-donation-first/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Connie Loizos、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Gated.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477284,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477284,
            "tagId": 163,
            "tag": {
              "id": 163,
              "slug": "email",
              "name": "Eメール(用語)",
              "description": "Eメールに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477284,
            "tagId": 1110,
            "tag": {
              "id": 1110,
              "slug": "gmail",
              "name": "Gmail(製品・サービス)",
              "description": "Gmailは、Googleが提供するEメールサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 477284,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477284,
            "tagId": 692507758,
            "tag": {
              "id": 692507758,
              "slug": "donate",
              "name": "寄付(用語)",
              "description": "寄付に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477265,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 477265,
        "slug": "2022-03-23-island-unicorn-series-b",
        "createdAt": "2022-03-25T09:00:26.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T08:53:42.000Z",
        "title": "セキュリティが強化されたエンタープライズ向けブラウザのIslandが約140億円調達",
        "content": "<p>ダラスのIslandは、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/enterprise/\" rel=\"noopener\">エンタープライズ</a>のための安全なブラウザを開発している。同社はこのほどシリーズBで1億1500万ドル(約140億円)を調達した。それは同社が最初の資金調達として1億ドル(約121億円)を獲得して、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/02/2022-02-01-island-stealth-enterprise-browser/\" rel=\"noopener\">ステルスを脱して</a>からわずか数週間後のことだが、同社の評価額は13億ドル(約1579億円)に達していた。</p>\n<p>この驚くべきスピードの資金調達は、これまでのリード投資家である<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/tag/insight-partners/\" rel=\"noopener\">Insight Partners</a>が主導し、ニューヨークに拠点を置くベンチャーキャピタルが12番目の旗艦ファンドとして<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/24/with-new-20b-fund-insight-partners-has-as-stunning-90b-in-assets-under-management/\" rel=\"noopener\">200億ドル</a>(約2兆4287億円)以上を調達したわずか数週間後に行われたものだ</p>\n<p>2020年に創業されたIslandは、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/tag/chromium/\" rel=\"noopener\">Chromium</a>をベースとして、エンタープライズ向けにセキュリティを強化したブラウザを作っている。そのエンタープライズブラウザはコピー&ペーストやスクリーンショットなどの機能を無効にして、重要なデータが企業の外へ出ないようにし、契約社員や自機持ち込み労働者にも安全なアクセスを提供する。さらにそのブラウザは、ウェブのフィルタリングや隔離、エクスプロイト防止、スマートネットワークルーティング、<a target=\"_blank\" href=\"/tag/zero-trust/\" rel=\"noopener\">ゼロトラスト</a>アクセスなど独自のセキュリティ機能を揃えている。</p>\n<p>IslandのCEOであるMichael Fey(マイケル・フェイ)氏はTechCrunchに「今回の投資は2月にローンチして以降の『極めて幸運な』需要の結果だ」と語っている。</p>\n<p>「私たちのチームは、いろいろな分野と規模の企業や組織のセキュリティに貢献できました。それは、市場のニーズとプロダクトのスケーラビリティ、それら両方のおかげでありとても感謝している。今度の調達に最初の投資家たちが参加していることは、顧客の間での評判がとても良いことを彼らが実際に見聞きしていることを物語っている。このような活気ある投資は、私たちにスケールとイノベーションを可能にし、もっと多くの顧客の問題を解決して、私たちをこの分野のトップに押し上げるだろう」とフェイ氏はいう。</p>\n<p>「エンタープライズブラウザを立ち上げるという私たちのミッションは、ステルスを脱したときから、セキュリティのプロフェッショナルたちに価値をご提供することだった。その目標を、こんなに短い時間で達成できたことは、とてもエキサイティングです」。</p>\n<p>この巨額な調達はStripesやSequoia Capitalなど既存の投資家も支えており、また<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/11/2022-02-09-vc-cybersecurity-startups-record-year/\" rel=\"noopener\">サイバーセキュリティへのVCの投資が記録的だった年の続き</a>でもある。Momentum Cyberの最近のデータによると、サイバーセキュリティのスタートアップは2021年に295億ドル(約3兆5841億円)という「記録破りの」額のベンチャー資本を調達し、2020年の120億ドル(約1兆4579億円)の倍を超え、2年分を合わせた額よりも大きくなった。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/02/2022-02-01-island-stealth-enterprise-browser/\" rel=\"noopener\">元Symantec・McAfee幹部によるIsland、セキュリティ重視のエンタープライズ向けブラウザで脱ステルス</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/island-unicorn-series-b/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Carly Page、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/isd.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477265,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477265,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477265,
            "tagId": 692507074,
            "tag": {
              "id": 692507074,
              "slug": "browser",
              "name": "ウェブブラウザ(用語)",
              "description": "ウェブブラウザに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 477265,
            "tagId": 692515205,
            "tag": {
              "id": 692515205,
              "slug": "security",
              "name": "セキュリティ(用語)",
              "description": "セキュリティに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477265,
            "tagId": 692517121,
            "tag": {
              "id": 692517121,
              "slug": "island",
              "name": "Island(企業・サービス)",
              "description": "既存のコンシューマー向けブラウザと、ますます複雑化するエンタープライズのIT・セキュリティ要件との間にあるギャップを解消することを目的にChromiumベースのエンタープライズ向けブラウザを開発するダラス拠点のスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477223,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 477223,
        "slug": "2022-03-24-mozilla-launches-mdn-plus-paid-subscriptions-for-its-developer-network",
        "createdAt": "2022-03-25T05:30:52.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T05:29:41.000Z",
        "title": "Mozilla、同デベロッパーネットワークのサブスク有料会員募集を開始",
        "content": "<p>Mozilla(モジラ)は米国時間3月24日、既存のMozilla Developer Network(MDN、モジラ・デベロッパー・ネットワーク)上に、サブスクリプションサービス<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.mozilla.org/en-US/plus/\" rel=\"noopener\">MDN Plus</a>を<a target=\"_blank\" href=\"https://hacks.mozilla.org/2022/03/introducing-mdn-plus-make-mdn-your-own/\" rel=\"noopener\">発表</a>した。MDNは、ウェブ上でCSS、HTML、JavaScriptなどのウェブ技術に関するドキュメントやコードサンプルを見つけるための、最も人気のある場所の1つだ。なおMDNは<a target=\"_blank\" href=\"https://hacks.mozilla.org/2022/03/a-new-year-a-new-mdn/\" rel=\"noopener\">最近デザインを一新</a>している。</p>\n<p>新しいサブスクリプションサービスが提供するのは、<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.mozilla.org/en-US/plus/docs/features/notifications\" rel=\"noopener\">通知</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.mozilla.org/en-US/plus/docs/features/collections\" rel=\"noopener\">コレクション</a>(保存したい記事のリストなど)、利用者がオンラインでないときにMDNにアクセスしたいときのための<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.allizom.org/en-US/plus/feature/offline\" rel=\"noopener\">MDNオフライン</a>などだ。</p>\n<p>サブスクリプションは3つの階層に分かれる。有料プランの無料限定版である「MDN core」、通知、コレクション、MDNオフラインへのアクセスが月5ドル(約610円)、年50ドル(約6100円)で提供される「MDN Plus 5」、そしてMDNチームへの直接のフィードバックチャネル(と「誇りと喜び」)に加えて、プラットフォームのサポートにもう少しお金を払ってもいい人たち向けの「MDN Supporter 10」だ。その名のとおり、最後の高価なプランは、月々10ドル(約1220円)、年間契約では100ドル(約1万2200円)が課金される。</p>\n<div id=\"attachment_477225\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477225\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477225 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"581\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg 1084w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg?resize=300,170 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg?resize=768,436 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg?resize=1024,581 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg?resize=705,400 705w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg?resize=400,227 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg?resize=738,419 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg?resize=635,360 635w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg?resize=220,125 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg?resize=281,159 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg?resize=125,71 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg?resize=106,60 106w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg?resize=973,552 973w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg?resize=600,340 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-21.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477225\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Mozilla</p></div>\n<p>MDN Web Docsの内容に変更はない。それらは今後も無償で利用できる。「私たちは今後も無料で、誰でもアクセスできるウェブドキュメントの執筆・保守を続けていきます。これは将来変わりません。さらに、MDN Plusから得られる利益の一部を再投資し、ドキュメントやウェブサイト全体のユーザーエクスペリエンスを改善する予定ですので、MDN Web Docsも恩恵を受けることができると考えています」と、Mozillaの<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.mozilla.org/en-US/plus/docs/faq\" rel=\"noopener\">FAQ</a>は説明している。</p>\n<div id=\"attachment_2288980\" class=\"wp-caption aligncenter\">\n<div id=\"attachment_477226\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477226\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-477226\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"598\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?resize=300,175 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?resize=768,448 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?resize=1024,598 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?resize=1536,896 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?resize=686,400 686w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?resize=400,233 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?resize=738,431 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?resize=617,360 617w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?resize=220,128 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?resize=281,164 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?resize=214,125 214w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?resize=125,73 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?resize=103,60 103w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?resize=946,552 946w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?resize=600,350 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-23.png?resize=50,29 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477226\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Mozilla</p></div>\n<p>MDN Plusは、米国時間3月24日、米国とカナダでローンチする。今後数カ月のうちに、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ベルギー、オーストリア、オランダ、アイルランド、英国、スイス、マレーシア、ニュージーランド、シンガポールで展開される予定だ(グローバルなサブスクリプションサービスの立ち上げには、多数の弁護士の関与が必要だ)。</p>\n<p>今回、MDN Plusがローンチされたのは、決して予想外ではない。Mozillaは2021年、この動きに向けての探りを入れ始めていた。そのときは、Mozillaが5ドルと10ドルの2種類の価格をA/Bテストしていたため、価格設定に少し混乱が起きたが、MDNがもたらす価値の大きさから、ほとんどの開発者はこの取り組みに<a target=\"_blank\" href=\"https://news.ycombinator.com/item?id=27302702\" rel=\"noopener\">賛同した</a>。</p>\n<div id=\"attachment_2289003\" class=\"wp-caption aligncenter\">\n<div id=\"attachment_477227\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477227\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477227 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"598\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?resize=300,175 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?resize=768,448 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?resize=1024,598 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?resize=1536,896 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?resize=686,400 686w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?resize=400,233 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?resize=738,431 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?resize=617,360 617w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?resize=220,128 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?resize=281,164 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?resize=214,125 214w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?resize=125,73 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?resize=103,60 103w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?resize=946,552 946w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?resize=600,350 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-11-51-27.png?resize=50,29 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477227\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Mozilla</p></div>\n<p>また、Mozillaは2020年に行ったレイオフでMDNのスタッフをかなり<a target=\"_blank\" href=\"https://hacks.mozilla.org/2020/08/an-update-on-mdn-web-docs/\" rel=\"noopener\">削減</a>したものの、中核となるエンジニアリングチームはほとんど手つかずのままにしておいたことも注目に値する。Mozillaの歴史を振り返ると、MDN のような無料のサービスを提供することが、Mozilla のミッションステートメントにはっきりと謳われ、他の収入源から容易に補助を受けることができていた時期もあった。今回の有料プランによって、Mozillaはやがて自立できることを望んでいるに違いない。現段階では、この収益の使い道についてMozillaがいっているのは「Mozillaの中にとどまる」ということだけだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.flickr.com/photos/bkerensa/14991996713/in/photolist-oQMUiX-8NuDhi-biJ6fk-biJ6fv-c5Wd39-8RJQ6f-9sMHW2-p7kjGs-bVP92b-8RJGa1-abGkok-drXLTi-p9kxsG-8RFFpc-c5X9fq-4fJ48b-gYiWME-kqgmsG-4tZvzs-kqgWe8-kq8Qkk-hXHozJ-4X2cxX-dssYvz-fUUJhP-dspgoU-6AMyKj-dsbQd2-ds8ytj-ds8o6e-6sAHhu-hXHSfH-bpd6cF-bpd4Zc-bpd3eF-bpd258-bpcYMk-bpcXyx-bpcWhr-bpcUfc-bpcTa8-bpcQYT-bpcPEn-bpcNSB-bpcMYF-bpcMir-bpcLy2-bpcJWR-bpcGD6-bpcFqB\" rel=\"noopener\">Benjamin Kerens </a>/<a target=\"_blank\" href=\"https://www.flickr.com/\" rel=\"noopener\">Flickr</a> under a <a target=\"_blank\" href=\"http://creativecommons.org/licenses/by/2.0/\" rel=\"noopener\">CC BY 2.0</a> license.</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/24/mozilla-launches-mdn-plus-paid-subscriptions-for-its-developer-network/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:sako)</p>\n</div>\n</div>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/mozilla-black-white.png",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477223,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477223,
            "tagId": 24,
            "tag": {
              "id": 24,
              "slug": "mozilla",
              "name": "Mozilla(企業)",
              "description": "Mozillaに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477223,
            "tagId": 25,
            "tag": {
              "id": 25,
              "slug": "open-source",
              "name": "オープンソース / Open Source(用語)",
              "description": "オープンソースに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477223,
            "tagId": 14911,
            "tag": {
              "id": 14911,
              "slug": "developer",
              "name": "開発 / 開発者 / デベロッパー(用語)",
              "description": "開発 / 開発者 / デベロッパーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477223,
            "tagId": 366271554,
            "tag": {
              "id": 366271554,
              "slug": "subscription",
              "name": "サブスクリプション(用語)",
              "description": "サブスクリプションに関連する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 477223,
            "tagId": 692510958,
            "tag": {
              "id": 692510958,
              "slug": "paid",
              "name": "有料 / 有料コンテンツ / 有料サービス(用語)",
              "description": "有料 / 有料コンテンツ / 有料サービスに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477211,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 477211,
        "slug": "2022-03-24-oslo-based-unleash-nabs-14m-series-a-to-build-open-source-feature-management-tool",
        "createdAt": "2022-03-25T03:00:17.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T02:33:39.000Z",
        "title": "オープンソースの機能管理ツールを構築するためオスロのUnleashが約17億円調達",
        "content": "<p>ソフトウェアに新しい機能を加えていくときは、それが既存の機能を壊さないよう注意しなければならない。そのため、展開はゆっくりになりがちで、コード中にフィーチャーフラグ(機能フラグ)を置くなどして、新機能によって何が起きるのか確かめようとする。これは新機能の展開をコントロールする実証されている方法だが、管理のレベルが一段あがってしまう。そこで、オスロの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.getunleash.io/\" rel=\"noopener\">Unleash</a>の出番となる。</p>\n<p>同社の共同創業者でCTOのIvar Østhus(イヴァル・オストフス)氏は、次のように説明する。「Unleashは機能管理のためのソリューションです。ユーザーをセグメントするルールを定義して、新しい機能を有効にする方法を完全にコントロールできるようにします」。彼によると、この方法であればより多くの実験ができるようになり、プロダクションのコードベースに、大きな問題を起こす何かが紛れ込むリスクを減らすことができる。</p>\n<p>2014年にオストフス氏は、そのとき仕事をしていたFinnという企業で、この機能管理という問題に直面した。そこで彼は余暇の時間に、ソリューションの開発に取り組んだ。翌年、彼はUnleashを<a target=\"_blank\" href=\"https://github.com/Unleash/unleash\" rel=\"noopener\">GitHub上のオープンソース</a>でリリースし、その後数年間、エンジニアとして昼間の仕事をしながらそのプロジェクトを育てていった。</p>\n<p>そして彼は、企業がそのツールにエンタープライズ機能をリクエストし始めていることに気づき、Unleashを企業化する可能性を見つけた。2019年にイヴァル氏と弟のEgil(エギル)氏は一緒に会社を作ることに決め、イヴァル氏が開発したオープンソースプロダクト上に商用化のレイヤーを作っていくことになった。</p>\n<p>「2018年の終わり頃には、オープンソースの採用がとても活発になり、エンタープライズ的な機能を求める声も大きくなってきました。ある企業はメールで、自分でやるのは面倒なのでそっちでホストしてくれといってきました。その言葉に触発された私は、エギルと一緒に会社を興すことにしたのです」とオストフス氏はいう。</p>\n<p>同社は最初の商用プロダクトであるUnleashのホステッドバージョンを2019年の春に立ち上げ、徐々に会社らしくなってきた。2人は昼間の仕事を辞めて、同社にフルタイムで関わるようになった。</p>\n<p>CEOになったエギル氏は管理職や経営者の経験があり、2人の兄弟はいろいろな企業を訪ねて、ビジネスとしてのUnleashの売り込みを開始した。「毎日の時間の90%は顧客と話をして私たちの競合企業をよく理解し、またユーザーのニーズを理解することに費やされました」とエギル氏は語る。</p>\n<p>今日、同社は純粋なオープンソースから徐々に離れてオープンコアモデルへ移行し、セキュリティのレイヤーを求める顧客には有料でシングルサインオンを提供するなどエンタープライズ向けの機能を充実している。</p>\n<p>エギル氏によると、2人が同社を創業するときにはダイバーシティが重要な課題であり、彼らの中心的なKPIの1つだった。彼によるとそれはリーダーシップの課題でもあり、その責任は常に自分たちにある。取締役会への報告は月例ベースで行っており、採用候補者を抱えている者の視点で求職者について報告している。</p>\n<p>「そこで、私たちが本当に重要だと判断したのは、候補者パイプラインの多様性について、毎月取締役会に報告することです。つまり候補者パイプラインが埋まるたびに、その数字と、その多様性の数字の内側か外側かを報告する必要があるのです」とエギル氏はいう。</p>\n<p>同社の有料顧客は120社で、その約40%は米国とカナダの企業で、40%がEU、残りが世界各国となる。社員は16名だが年内に倍増する。</p>\n<p>米国時間3月23日に発表した1400万ドル(約17億円)のシリーズAで、同社はビジネスとしての離陸できるだろう。今回の投資をリードしたのはSpark Capitalで、Frontline Venturesとfirstminute capital、Alliance Venture、そしてArkwright Xが参加している。</p>\n<p><small>画像クレジット:AndreyPopov/Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/24/oslo-based-unleash-nabs-14m-series-a-to-build-open-source-feature-management-tool/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ron Miller、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/uns.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477211,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477211,
            "tagId": 25,
            "tag": {
              "id": 25,
              "slug": "open-source",
              "name": "オープンソース / Open Source(用語)",
              "description": "オープンソースに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477211,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477211,
            "tagId": 692513551,
            "tag": {
              "id": 692513551,
              "slug": "oslo",
              "name": "オスロ(国・地域)",
              "description": "オスロに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477100,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 477100,
        "slug": "2022-03-23-servicenow-overhauls-user-experience-introduces-native-rpa-integrations",
        "createdAt": "2022-03-25T01:15:32.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T23:44:35.000Z",
        "title": "ServiceNowがユーザーエクスペリエンスを一新、ネイティブのRPAと組み合わせて使えるAutomation Engineも登場",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.servicenow.com/\" rel=\"noopener\">ServiceNow</a>(サービスナウ)は米国時間3月23日、まったく新しくなったアプリのデザインを公開し、企業がオートメーションを短時間で作れるように開発されネイティブのRPAとも統合できるツールのAutomation Engineも発表した。どちらも米国時間3月23日に公開された新しいSan Diegoリリースに含まれている。</p>\n<p>ServiceNowの最高イノベーション責任者であるDave Wright(デイブ・ライト)氏は、今回のリリースは効率とシンプルさを狙ったと説明している。同氏は「新しいデザインで重要なポイントの1つは『次世代エクスペリエンス』のコンセプト、つまりユーザーエクスペリエンスのあり方の刷新です」と述べた。</p>\n<p>ServiceNowのSVP兼デザイン担当グローバル責任者であるAmy Lokey(エイミー・ローキー)氏は2年半前に入社し、同社のツールをデザインの観点から体系的に見直した。同氏はモバイルに関しては良い感触を持ったが、ウェブアプリはしばらくアップデートされていなかったため効率化とモダン化をしようと考えた。</p>\n<p>ローキー氏は「当社のプラットフォームは多数のツールとアプリを含むウェブベースのアプリですが、深く探っていくうちにこのエクスペリエンスには革新とモダン化の両方について大きなチャンスがあると強く感じました」と語った。</p>\n<p>同氏によれば、細心の注意をはらってデザイン全体を変更する必要があったという。ユーザーがServiceNowを使う際の中心であり、長く使っているユーザーを戸惑わせることなく使いやすくしたいと考えたからだ。</p>\n<div id=\"attachment_477102\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477102\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-477102\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Next-Experience-1200x675-1.webp?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477102\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:ServiceNow</p></div>\n<p>ローキー氏は「これはIT、人事、カスタマーサービス部門にわたって担当者が使うものです。ユーザーは業務のために1日8時間以上このアプリを使うこともあります。そのため、生産性を向上し、エクスペリエンスにインテリジェンスが組み込まれ、一体感があり簡単に使えて、使う人の力になると感じられるように変更する必要がありました」と説明する。</p>\n<p>こうした考えから、デザイン変更には3つの重点が置かれた。操作の効率化、インテリジェントな検索、シンプルなパーソナライズだ。仕事のやり方に影響を与えることなく、仕事の効率を上げてもっとスマートにすることを目指してデザインが変更された。</p>\n<p>また、ワークスペースの高度なカスタマイズ、メニュー操作による目的の機能への移動、そしてサービス技術者にとって優れたエクスペリエンスとなりそうな夜間や暗い環境で仕事をするためのダークモードもある。</p>\n<p>今回のリリースにおけるもう1つの大きな変更点はAutomation Engineだ。これは以前に発表されたIntegrationHubと、2021年の<a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/24/2021-03-23-servicenow-takes-rpa-plunge-by-acquiring-india-based-startup-intellibot/\" rel=\"noopener\">Intellibot(インテリボット)買収</a>で獲得したRPA機能をまとめるものだ。ライト氏は「Automation EngineはIntegrationHubとRPA Hubの組み合わせです。これにより標準的な統合に加え、統合した上でbotのプロセスを実行することもできます」と述べている。</p>\n<p>Automation Engineにより、人間が介在しない、またはタスクの一部に人間が必要なbotが可能になるだろう。このツールはオートメーションを追加することでServiceNowのワークフローをシンプルにするために設計されているが、実装には組織のワークフローを理解して構築できる専門知識を有する人、あるいは適切に構築できる他社コンサルタントの助けが必要かもしれない。</p>\n<p><small>画像クレジット:Eugene Mymrin / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/servicenow-overhauls-user-experience-introduces-native-rpa-integrations/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ron Miller、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1360338793.webp",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477100,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477100,
            "tagId": 93925,
            "tag": {
              "id": 93925,
              "slug": "bot",
              "name": "bot / ボット(用語)",
              "description": "bot / ボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477100,
            "tagId": 366274193,
            "tag": {
              "id": 366274193,
              "slug": "automation",
              "name": "オートメーション / 自動化(用語)",
              "description": "オートメーション / 自動化に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477100,
            "tagId": 366277507,
            "tag": {
              "id": 366277507,
              "slug": "rpa",
              "name": "RPA / ロボティック・プロセス・オートメーション(用語)",
              "description": "RPAに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477100,
            "tagId": 692506597,
            "tag": {
              "id": 692506597,
              "slug": "servicenow",
              "name": "ServiceNow(企業)",
              "description": "クラウドベースのITサービスを提供する米国の企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477045,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 477045,
        "slug": "2022-03-23-arizona-becomes-first-state-to-offer-drivers-license-and-state-id-in-apple-wallet",
        "createdAt": "2022-03-24T08:45:30.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T08:40:41.000Z",
        "title": "米アリゾナ州がApple Walletに運転免許証と州IDを登録できる最初の州に",
        "content": "<p>米国時間3月23日、Apple(アップル)はアリゾナ州が、運転免許証や州IDをApple Walletアプリに<a target=\"_blank\" href=\"https://learn.wallet.apple/id\" rel=\"noopener\">デジタル保存</a>できる機能を住民に提供する米国初の州となることを<a target=\"_blank\" href=\"https://www.apple.com/newsroom/2022/03/apple-launches-the-first-drivers-license-and-state-id-in-wallet-with-arizona/\" rel=\"noopener\">発表</a>した。同社はすでに<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/02/2021-09-01-apple-digital-licenses-privacy/\" rel=\"noopener\">2021年秋</a>に、この新機能を最初に提供する州を確定したと発表していた。今回のサービス開始により、Appleデバイスの所有者は、フェニックス・スカイハーバー国際空港の一部のTSAセキュリティチェックポイントから、iPhoneまたはApple WatchをタップしてIDを提示できるようになる。</p>\n<p>Appleの説明によると、この機能を使い始めるには、アリゾナ州在住の人は、iPhoneのWalletアプリの画面上部にあるプラス「+」ボタンをタップし「運転免許証または州ID」を選択し、画面の指示に従ってセットアップと認証プロセスを開始する。本人はカメラで自撮りした後、既存の運転免許証または州IDの裏と表の両方をスキャンすることで認証を受ける(つまり、これはそもそも陸運局でIDや免許を取得することの代替にはならないということだ)。</p>\n<p>また、セットアップの過程で、顔や頭の一連の動作を行うようユーザーに求める不正防止ステップも追加されている。このアプリでは、ユーザーがカメラに写真をかざすなどして不正を行っていないことを確認する手段として、頭を横に向ける必要があるカメラ映像が表示される。</p>\n<p>これらのスキャン画像とユーザーの写真は、発行州に安全に提供され、確認される。さらにAppleは、IDを提示した人がそのIDの所有者であることを確認するための数値コードも送信する。なお、認証の際に要求された、提示者が頭を動かしている映像は送信されない。</p>\n<p>承認プロセスは通常数分で完了し、クレジットカードを追加するときと同様に、IDがWalletで利用可能になるとユーザーに通知される。</p>\n<div id=\"attachment_477047\" style=\"width: 496px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477047\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477047 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-add-card-1.webp?w=486\" alt=\"\" width=\"486\" height=\"680\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-add-card-1.webp 486w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-add-card-1.webp?resize=214,300 214w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-add-card-1.webp?resize=286,400 286w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-add-card-1.webp?resize=400,560 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-add-card-1.webp?resize=257,360 257w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-add-card-1.webp?resize=157,220 157w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-add-card-1.webp?resize=123,172 123w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-add-card-1.webp?resize=89,125 89w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-add-card-1.webp?resize=43,60 43w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-add-card-1.webp?resize=395,552 395w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-add-card-1.webp?resize=262,367 262w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-add-card-1.webp?resize=36,50 36w\" sizes=\"(max-width: 486px) 100vw, 486px\" /><p id=\"caption-attachment-477047\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Apple</p></div>\n<p>IDや免許証がWalletに追加されると、ユーザーは対応するTSAチェックポイントでIDや免許証にアクセスすることができるようになる。ユーザーは、どのような情報が要求されているかを確認し、Face IDまたはTouch IDで情報を提供することに同意することができる。これはApple Payと同様の仕組みで、ユーザーはこの機能を使うためにiPhoneのロックを解除する必要もない。そして、同意を得た情報は暗号化された通信でIDリーダーに送信されることになる。</p>\n<p>情報はデジタルで共有されるため、ユーザーは物理的なIDカードを渡す必要はなく、デバイスを渡す必要もないとAppleは述べている。TSAのリーダーは、さらなる確認のために旅行者の写真も撮影する(これは、TSAの職員が免許証を見てから、顔を見てその人物が本人かどうかを判断するのと同じことだ)。</p>\n<div id=\"attachment_477048\" style=\"width: 496px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477048\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477048 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-Face-ID_carousel.jpg.large_2x.webp?w=486\" alt=\"\" width=\"486\" height=\"680\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-Face-ID_carousel.jpg.large_2x.webp 486w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-Face-ID_carousel.jpg.large_2x.webp?resize=214,300 214w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-Face-ID_carousel.jpg.large_2x.webp?resize=286,400 286w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-Face-ID_carousel.jpg.large_2x.webp?resize=400,560 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-Face-ID_carousel.jpg.large_2x.webp?resize=257,360 257w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-Face-ID_carousel.jpg.large_2x.webp?resize=157,220 157w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-Face-ID_carousel.jpg.large_2x.webp?resize=123,172 123w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-Face-ID_carousel.jpg.large_2x.webp?resize=89,125 89w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-Face-ID_carousel.jpg.large_2x.webp?resize=43,60 43w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-Face-ID_carousel.jpg.large_2x.webp?resize=395,552 395w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-Face-ID_carousel.jpg.large_2x.webp?resize=262,367 262w, /wp-content/uploads/2022/03/Apple-State-ID-availability-update-Face-ID_carousel.jpg.large_2x.webp?resize=36,50 36w\" sizes=\"(max-width: 486px) 100vw, 486px\" /><p id=\"caption-attachment-477048\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Apple</p></div>\n<p>Appleによると、まもなくコロラド州、ハワイ州、ミシシッピ州、オハイオ州、プエルトリコの領土などでもこの機能が提供されるようになるという。そしてアリゾナ州に加え、コネチカット州、ジョージア州、アイオワ州、ケンタッキー州、メリーランド州、オクラホマ州、ユタ州の7州が搭載予定であることを以前から<a target=\"_blank\" href=\"https://www.apple.com/newsroom/2021/09/apple-announces-first-states-to-adopt-drivers-licenses-and-state-ids-in-wallet/\" rel=\"noopener\">発表</a>していた。</p>\n<p>Appleは2021年の開発者会議で、Apple Walletで運転免許証やIDをサポートする計画を初めて<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/apple-wallet-drivers-license-ios-15-tsa-174600256.html?guccounter=1&amp;guce_referrer=aHR0cHM6Ly9qcC50ZWNoY3J1bmNoLmNvbS93cC1hZG1pbi9wb3N0LW5ldy5waHA&amp;guce_referrer_sig=AQAAAGaWWcDE9LdaeUqdJSZSL7aLn4QSfugoyLrz0-yzqTxxeVubBdDMAKbK_yjMysUCyn6kj4ZJ8YMx7eZcb0koohCZUwcpPEc4FQAjK-c2sqB6xtEMtOp7Fsmre3FryLMXbSE5VrMAW6xVgNlkPCP7_8auLPhPwqmfvthxm-sYirw8\" rel=\"noopener\">紹介</a>していた。しかし、11月にiOS 15のウェブサイトで公開されたアップデートで、Appleはこの機能が2022初頭まで延期されることを静かに<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/24/2021-11-23-apple-delays-release-of-digital-id-cards-to-2022/\" rel=\"noopener\">明かしている</a>。同社はもちろん、ユーザーのIDを確認しなければならないことを考えると、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/02/2021-09-01-apple-digital-licenses-privacy/\" rel=\"noopener\">州政府の意向</a>もこのような機能の実現に影響する。</p>\n<div id=\"attachment_477049\" style=\"width: 778px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477049\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477049 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-11.34.54-AM.webp?w=768\" alt=\"\" width=\"768\" height=\"485\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-11.34.54-AM.webp 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-11.34.54-AM.webp?resize=300,189 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-11.34.54-AM.webp?resize=633,400 633w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-11.34.54-AM.webp?resize=400,253 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-11.34.54-AM.webp?resize=738,466 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-11.34.54-AM.webp?resize=570,360 570w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-11.34.54-AM.webp?resize=220,139 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-11.34.54-AM.webp?resize=272,172 272w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-11.34.54-AM.webp?resize=198,125 198w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-11.34.54-AM.webp?resize=125,79 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-11.34.54-AM.webp?resize=95,60 95w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-11.34.54-AM.webp?resize=581,367 581w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-11.34.54-AM.webp?resize=50,32 50w\" sizes=\"(max-width: 768px) 100vw, 768px\" /><p id=\"caption-attachment-477049\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Apple</p></div>\n<p>この機能を利用するには、ユーザーはApple Walletの利用規約と、州が要求する可能性のある追加の利用規約に同意する必要がある。ただし、それらの条件が何であるかは、州レベルで決定される。</p>\n<p>スマートフォンにIDを保存することを警戒する人もいるかもしれないが、AppleはIDデータを検証のためにアリゾナ州に送る際に暗号化し、Appleのサーバーに一時的にでも保存することはないと顧客に保証している。IDがデバイスに追加されると、そこでも暗号化されている。</p>\n<p>つまり、デバイスのSecure Enclaveプロセッサに関連付けられたハードウェアキーによって暗号化され、保護されているのだ。Face IDやTouch IDを使っている顧客、またはその顧客のパスコードを持ってWalletにアクセスできる人だけが、IDの詳細を見ることができる。</p>\n<p>また、セキュアエレメントにはハードウェアキーが関連付けられており、ユーザーがAppleデバイスを介してTSAにIDを提示する際に使用される。そして、デバイスが運転免許証やIDのデータに署名し、依拠当事者(TSA)はデバイスの署名だけでなく州の署名も調べることで、これが有効な州のIDであることを暗号的に検証することができる。これは、もし誰かがユーザーのデバイスからID情報を取得できたとしても、デバイスのハードウェアと結びついているため、提示できないことを意味している。</p>\n<p>この新機能は、iOS 15.4を搭載したiPhone 8以降のデバイスと、watchOS 8.4以降を搭載したApple Watch Series 4以降でサポートされている。当面は、フェニックス空港を皮切りに、一部のTSAチェックポイントのみがこの機能をサポートし、順次追加していく予定だ。Appleは、法執行機関との提携を含め、将来的には他のユースケースにも取り組んでいくとしている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Apple</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/arizona-becomes-first-state-to-offer-drivers-license-and-state-id-in-apple-wallet/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/apple-wallet-id.webp",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477045,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477045,
            "tagId": 10679,
            "tag": {
              "id": 10679,
              "slug": "identity-verification",
              "name": "個人認証 / 本人確認 / 身元確認(用語)",
              "description": "個人認証 / 本人確認 / 身元確認に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477045,
            "tagId": 106595,
            "tag": {
              "id": 106595,
              "slug": "iphone",
              "name": "iPhone(製品・サービス)",
              "description": "iPhoneは、アップルが展開するスマートフォンブランド。"
            }
          },
          {
            "postId": 477045,
            "tagId": 36265994,
            "tag": {
              "id": 36265994,
              "slug": "apple-watch",
              "name": "Apple Watch(製品・サービス)",
              "description": "Apple Watchは、アップルが展開するスマートウォッチブランド。"
            }
          },
          {
            "postId": 477045,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477045,
            "tagId": 366275130,
            "tag": {
              "id": 366275130,
              "slug": "arizona",
              "name": "アリゾナ(国・地域)",
              "description": "アリゾナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477045,
            "tagId": 692513877,
            "tag": {
              "id": 692513877,
              "slug": "apple-wallet",
              "name": "Apple Wallet(製品・サービス)",
              "description": "Apple Walletに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477026,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 477026,
        "slug": "2022-03-23-tome-livens-up-slide-decks-with-real-time-data-flexible-layouts",
        "createdAt": "2022-03-24T07:30:32.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T05:03:42.000Z",
        "title": "柔軟なレイアウト機能を備えたスライドデッキ制作ツール「Tome」が一般公開",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://beta.tome.app/\" rel=\"noopener\">Tome</a>(トウム)の共同設立者、Keith Peiris(キース・ピーリス)氏とHenri Liriani(ヘンリ・リリアニ)氏は、元Instagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック)のプロダクトリーダーを務めていた。彼らはその独創的なひねりを、忌まわしいスライドデッキに注ぎ込むことにした。</p>\n<p>スライドデッキを、より簡単に作れて、より楽しく座って見ていられるものにようにしようと、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2012/12/05/9slides/\" rel=\"noopener\">9Slides</a>(ナインスライズ)や<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2013/11/21/death-by-swipe/\" rel=\"noopener\">Swipe</a>(スワイプ)、そして最近では<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/28/gamma-brings-in-7m-to-bring-the-slide-deck-into-the-21st-century/\" rel=\"noopener\">Gamma</a>(ガンマ)や<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/05/20/pitch-a-platform-for-making-and-sharing-presentations-raises-85m-on-a-600m-valuation/\" rel=\"noopener\">Pitch</a>(ピッチ)など、多くのスタートアップが長年にわたって挑戦してきたものの、過去30年間、スライドデッキがそれほど改良されていないことは事実だ。</p>\n<p>ピーリス氏とリリアニ氏がTomeを作ろうと思った理由は、ステッカーや拡張現実、レイヤーなどを使った表現ツールを作るのに時間を費やしても、それがPowerPoint(パワーポイント)のプレゼンテーションのような分野には反映されるのを見たことがなかったからだ。</p>\n<p>また、彼らが見たところ、デザインされたパッケージは見た目の美しさにばかり力が注がれていて、その人が伝えようとしているストーリーにはあまり力が注がれていなかった。</p>\n<p>「私にはいつもそれが不満でした。制作者に否応なく素晴らしいストーリーを語らせ、非の打ちどころのないものが出来上がるまで、仕組みにとらわれることがないツールがあればいいのにと思っていたからです」と、ピーリス氏はTechCrunchに語った。「ツールが行動を誘発するのです。Google Slides(グーグル・スライド)やPowerPointを初めて開いた人には、それがまるでデザインツールのように見えます。私たちは、それとは正反対のものを作りたかったのです」。</p>\n<div id=\"attachment_477027\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption alignnone\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477027\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-477027\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"556\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp 6000w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=300,163 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=768,417 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=1024,556 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=1536,833 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=2048,1111 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=737,400 737w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=400,217 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=738,400 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=640,347 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=220,119 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=281,152 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=230,125 230w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=125,68 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=111,60 111w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=1018,552 1018w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=600,326 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=50,27 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477027\" class=\"wp-caption-text\">Tome共同設立者のKeith Peiris氏とHenri Liriani氏 画像クレジット:Tome</p></div>\n<p>Tomeの魔法は、数時間ではなく数分で作れることだと、ピーリス氏は信じている。ユーザーは、デスクトップまたはモバイルのアプリを使って、Figma(フィグマ)のプロトタイプや、スプレッドシート、動画、ツイート、GIFなど、インターネット上のあらゆるものを簡単に埋め込み、これらに3Dモデルや自動的に更新されるライブデータ表を組み合わせることができる。しかも、Tomeのページは追加したいものに合わせて流動的に変化するので、言いたいことややりたいことをページに合わせて調整する必要がない。このようなプロセスの中で、いつでもユーザーはTomeを同僚と共有し、編集やコメントを得ることができる。</p>\n<p>Tomeは、米国時間3月23日に一般公開された。それに併せて、同社はGreylock Partners(グレイロック・パートナーズ)とCoatue Management(コーチュー・マネジメント)、およびZoom(ズーム)、Airtable(エアテーブル)、Adobe(アドビ)などの企業の幹部であるエンジェル投資家グループから3230万ドル(約39億1700万円)の資金を調達したことを発表した。</p>\n<p>この資金は、昨年12月にGreylockのReid Hoffman(レイド・ホフマン)氏が主導した630万ドル(約7億6400万円)のシードキャピタルと、シリーズA資金調達の2600万ドル(約31億5300万円)を合わせたものだ。追加の資金調達は、より強固なチャネル製品と、モバイル編集・描画機能を開発するために行われた。</p>\n<p>ピーリス氏は、Tomeがこれらすべてに取り組み、成功させるための時間とチームを確保したいと考えている。そのため、今回の資金は「製品開発のみ」に使用する計画で、特にモバイルアプリの構築を継続するために使われる。製品の完成度が高まったら、次は市場参入チームにさらに投資するつもりだという。</p>\n<p>同社は23日にステルス状態から脱したばかりなので、成長指標について話すことはあまりなかったが、ピーリス氏は「Tomeをたくさん使って、うまくいっているチームがたくさんある」と語っている。</p>\n<p>「私たちは皆、大企業で素晴らしいアイディアがあっても、うまく表現できる人がいなかったり、アイディアが適切な方法で構築されていなかったために、失敗する例を見てきました」と、ピーリス氏は続けた。「アイディアをうまくスライドデッキに転換する方法を学ぶ必要があるのです。しかし、私たちはそのような学習や作業をすべて取り除き、どんなアイデアでも楽に伝えることができ、誰もが優れたストーリーテラーになれるようにしたいと考えているのです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Tome</small><br />\n[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/tome-livens-up-slide-decks-with-real-time-data-flexible-layouts/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]<br />\n(文:Christine Hall、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GIF-3Dinteraction-tome.gif",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477026,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477026,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477026,
            "tagId": 9402,
            "tag": {
              "id": 9402,
              "slug": "presentation",
              "name": "プレゼンテーション(用語)",
              "description": "プレゼンテーションに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477026,
            "tagId": 40296,
            "tag": {
              "id": 40296,
              "slug": "powerpoint",
              "name": "PowerPoint(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477026,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476855,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 476855,
        "slug": "wogo",
        "createdAt": "2022-03-23T13:33:59.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T13:33:59.000Z",
        "title": "スマートフォンで3Dスキャン&データ編集が行えるスマホアプリ「WIDAR」を手がけるWAGOが1.1億円のシード調達",
        "content": "<p>3Dを活用するための技術開発・提供を行う<a target=\"_blank\" href=\"https://www.wogo.ai/\" rel=\"noopener\">WOGO</a>は3月22日、シードラウンドとして、第三者割当増資による1億1000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、Coral Capital。</p>\n<p>また、スマートフォンで3Dスキャン&3D編集が行えるアプリ「<a target=\"_blank\" href=\"https://widar.io/\" rel=\"noopener\">WIDAR</a>」(<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=com.wogo.widar.android\" rel=\"noopener\">Android版</a>・<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/jp/app/id1574012258\" rel=\"noopener\">iOS版</a>)の正式版を3月5日にリリースしたことを明らかにした。</p>\n<p>調達した資金により、同アプリの編集ツールの追加リリースを継続的に行う。また、コミュニティー機能を充実させ、3Dデータの蓄積とともに、これらデータが素材として活用されるようなコラボ制作の流れを作り出し、3Dコンテンツ作成のハードルを下げる。さらに、3Dデータの活用を促進し、メタバースにより多くのコンテンツを供給することを実現すべく、データの外部接続APIの開発と提供も図る。</p>\n<p>WIDARは、スマートフォンのカメラ機能でスキャンした対象を3Dモデル化し、編集できるアプリ。3D編集機能は、初回リリースとして複数データ配置機能、背景変更機能と動画像出力機能をアプリ内に新規追加した。また、自身の作品を投稿できるコミュニティー画面を用意し、3Dデータが共有、再利用されていく土台を用意した。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-476857 img-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>現在、メタバース市場の成長と同時に、バーチャル空間のゲームも盛り上がっている。また、モバイルデバイスの高性能化が進み、個人がスマホで手軽に3Dコンテンツを作り出せる下地も整いつつある。</p>\n<p>ただ、メタバース向けコンテンツ創出において利用されている「Blender」などの既存3D制作ツールは、プロ向けであることから、一般的なユーザーには難易度が高いという状況にある。</p>\n<p>その中でWOGOは、2021年にはアプリのベータ版をリリース。3Dスキャンの実装をスマホに落とし込んだ。さらにWIDAR正式版では、3D編集機能を搭載。これにより、従来3D制作ツールでは数時間かかっていたゼロから形状を構築する作業が、WIDARでは3Dスキャンと編集の組み合わせにより10分程度に短縮させたという。</p>\n<p>WOGOは、東京大学情報理工学系研究科所属のメンバーを中心として、2021年1年に設立されたスタートアップ。「3D制作の民主化」をビジョンとして掲げており、WIDARによって3Dコンテンツ作成のハードルを引き下げ、創出された3Dデータの活用を促進しメタバースへ多くのコンテンツ供給を目指している。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-23.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476855,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476855,
            "tagId": 2131,
            "tag": {
              "id": 2131,
              "slug": "3d",
              "name": "3D / 3Dモデル(用語)",
              "description": "3D / 3Dモデルに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476855,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476855,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476855,
            "tagId": 366276817,
            "tag": {
              "id": 366276817,
              "slug": "blender",
              "name": "Blender(製品)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476855,
            "tagId": 692507344,
            "tag": {
              "id": 692507344,
              "slug": "metaverse",
              "name": "メタバース(用語)",
              "description": "メタバースに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476855,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476855,
            "tagId": 692517587,
            "tag": {
              "id": 692517587,
              "slug": "wogo",
              "name": "WOGO(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476547,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 476547,
        "slug": "asahi-linux-alpha-released",
        "createdAt": "2022-03-22T00:30:42.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-21T15:03:31.000Z",
        "title": "アップルM1チップ搭載Macで動くLinuxディストリビューション「Asahi Linux」のパブリックアルファ版が公開",
        "content": "<div id=\"attachment_476549\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476549\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476549 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?w=1024\" alt=\"アップルM1チップ搭載Macで動くLinuxディストリビューション「Asahi Linux」のパブリックアルファ版が公開\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-001.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476549\" class=\"wp-caption-text\">Asahi Linux</p></div>\n<p>M1チップ搭載Macでの動作を目指すLinuxディストリビューション「Asahi Linux」が、初のパブリックアルファをリリースしました。アルファ版ということもあって、まだまだハードウェアの機能にすべてアクセスできるわけではありませんが、それでもまずはベータ版、そして正式リリースに向けての重要なチェックポイントに到達したと言えるでしょう。</p>\n<p>Asahi Linuxプロジェクトはいまから約1年前、アップルが開発したM1チップシリーズを搭載したMacでの動作を目指し、Arch LinuxのARM版をベースに開発をスタートしました。ようやくのアルファ版ということで、興味のある(そして多少なりとLinuxをセットアップした経験のある)M1 Macユーザーなら誰でも(自己責任で)この新しいディストリビューション(とたくさん表示される警告メッセージ)を試すことができます。</p>\n<p>インストールはApple SiliconとmacOS 12.3以降を搭載するMac、具体的にはMac Studioを除く、M1、M1 Pro、M1 Max搭載のMacなら、簡単なターミナルコマンドを入力するだけでインストールが可能です。インストールは管理者権限が必要ですが、デュアルブートにできるので、あくまでお試しにとどめたいニーズにも対応が可能。</p>\n<p>現在のところはオンラインインストールのみが可能で、アンインストーラーはなく、パーティションの削除でアンインストールするとのこと。</p>\n<p>また盛んに宣伝されているM1チップの統合GPUによる3Dアクセラレーション、Neural Engineをはじめ、DisplayPort、Thunderbolt、またはHDMIポート、カメラにタッチバーといった部分はすべて未サポート。一方USB3、スピーカーなどのサポートは間もなく追加予定とのこと。</p>\n<p>M1 Macを手に自らすすんで人柱になりたい方は、Asahi Linuxのウェブサイトにある説明を熟読の上、自己責任でコマンドを入力、実行してみてください。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\">\n<p dir=\"ltr\" lang=\"ja\">日本の皆さんから多くの反応を頂いています。ありがとうございます!<br />\nその中でもよく見かけるのが、「Asahi Linuxを試したいから、もう一台M1を買わないといけない」といった内容のものです。</p>\n<p>実は、Asahi Linuxはデュアルブートでの使用を想定しています!ですから、どうぞお気軽にお試しください!</p>\n<p>&#8212; Asahi Linux (@AsahiLinux) <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/AsahiLinux/status/1505543831441506307?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">March 20, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://asahilinux.org/2022/03/asahi-linux-alpha-release/\" rel=\"noopener\">Asahi Linux</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/asahi-linux-alpha-released-092009129.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-001-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476547,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476547,
            "tagId": 25,
            "tag": {
              "id": 25,
              "slug": "open-source",
              "name": "オープンソース / Open Source(用語)",
              "description": "オープンソースに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476547,
            "tagId": 610,
            "tag": {
              "id": 610,
              "slug": "linux",
              "name": "Linux(製品・サービス)",
              "description": "狭義にはLinuxカーネル、広義にはそれをカーネルとして用いたOS。"
            }
          },
          {
            "postId": 476547,
            "tagId": 808,
            "tag": {
              "id": 808,
              "slug": "mac",
              "name": "Mac (製品・サービス)",
              "description": "Macは、アップルが開発および販売を行っているパーソナルコンピュータ。"
            }
          },
          {
            "postId": 476547,
            "tagId": 5495,
            "tag": {
              "id": 5495,
              "slug": "operating-system",
              "name": "OS / オペレーティングシステム(用語)",
              "description": "OS / オペレーティングシステムに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476547,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476547,
            "tagId": 692510899,
            "tag": {
              "id": 692510899,
              "slug": "apple-m1",
              "name": "Apple M1(製品・サービス)",
              "description": "Apple M1に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476547,
            "tagId": 692512563,
            "tag": {
              "id": 692512563,
              "slug": "asahi-linux",
              "name": "Asahi Linux",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476373,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 476373,
        "slug": "2022-03-17-upstash-snags-1-9m-seed-to-build-serverless-data-platform-for-redis-and-kafka",
        "createdAt": "2022-03-19T01:30:33.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-19T00:15:33.000Z",
        "title": "RedisとKafkaのためのサーバーレスデータプラットフォーム構築のためにUpstashが約2.3億円のシード資金獲得",
        "content": "<p>データ集約的なアプリケーションは、インフラストラクチャのセットアップが高く付き、時間もかかる。特にクラウドでは、実際には使わないリソースに料金を支払っていることもある。そしてそんなとき、サーバーレスのメリットが生きる。使っているリソースにだけ払えばよいし、寝ているリソースに払う必要はない。</p>\n<p>アーリーステージのスタートアップである<a target=\"_blank\" href=\"https://upstash.com/\" rel=\"noopener\">Upstash</a>は、リソースの消費量をベースとする料金モデルにより、データインテンシブなアプリケーション開発者のためのサーバーレスのデータプラットフォームを開発している。手始めに、人気の高いオープンソースプロジェクトである<a target=\"_blank\" href=\"https://redis.io/\" rel=\"noopener\">Redis</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://kafka.apache.org/\" rel=\"noopener\">Kafka</a>をサポートしている。</p>\n<p>Upstashの創業者でCEOのEnes Akar(エネス・アカール)氏によると、クラウドにただデータベースのインフラストラクチャをセットアップするだけでは、実際にデータを自分のシステムから移送し始める前から、月額数百ドル(数万円)の費用が生じる。そうしたサービスのマネージドバージョンも存在するが、アカール氏がやりたいのは、運用時のもっと多くのオーバヘッドを抽象化してしまうことだ。</p>\n<p>「私たちのシステムは何百ものRedisのデータベースやKafkaのクラスターを扱えますが、リクエストがないときは一銭も払わなくてよいものです」とアカール氏はいう。</p>\n<p>サーバーレスは、サーバーがないという意味ではない。サーバーはあるが、開発者は自分の需要に合わせるためのプロビジョニングで悩む必要がない。サーバーレスのプロバイダーは、正確に必要な量だけリソースを供給する。少なくとも、そういう理論だ。</p>\n<p>さらにUpstashは、データのメモリの要量とストレージの要量のバランスを取ることによっても費用を下げる。アカール氏によると「私たちのやり方では、データをメモリとディスクの両方におき、アクセスのないデータはメモリから外してディスクにおきます。私たちの料金に大きな柔軟性があるのは、そのような秘密のソースがあるためです」。</p>\n<p>トルコに本社のある同社は2020年に創業し、2021年にプロダクトが登場した。すでに1万3000の顧客の開発者がプロダクトを使っている。1日に最大1万リクエストまでという無料版もあり、毎秒のリクエストが1000コミットを超えたらエンタープライズ料金になる有料版もある。</p>\n<p>有料ユーザーはまだそれほど多くないが、中小のデベロッパーか、大きなエンタープライズか、どちらを主力にするかそろそろ決めたいとアカール氏はと考えている。後者であれば、従来からの営業で対応できる。いずれにしても、まだ検討中の段階だという。</p>\n<p>現在、社員は7名で全員が技術者だが、年内に10名に増やしたいとのこと。2023年はその倍を考えている。現在は全員男だが、ダイバーシティが重要であることは認識している。「それは重要なことです。投資家は企業文化もみます。今の7名は残念ながら全員男です。今後はダイバーシティを意識しなければなりません」とアカール氏はいう。</p>\n<p>同社は米国時間3月17日、190万ドル(約2億3000万円)のシードラウンドを発表した。投資家はMango Capital、AngelList、ScaleX Venturesそして個人の業界エンジェルたちとなる。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/20/2021-10-19-cockroach-labs-announces-serverless-version-of-sql-database/\" rel=\"noopener\">Cockroach Labsがサーバーレス版SQLデータベースを発表</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Yuichiro Chino/Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/17/upstash-snags-1-9m-seed-to-build-serverless-data-platform-for-redis-and-kafka/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ron Miller、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/ups.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476373,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476373,
            "tagId": 1148,
            "tag": {
              "id": 1148,
              "slug": "turkey",
              "name": "トルコ(国・地域)",
              "description": "トルコに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476373,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476373,
            "tagId": 366278807,
            "tag": {
              "id": 366278807,
              "slug": "serverless",
              "name": "サーバーレス(用語)",
              "description": "サーバーレスに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476319,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 476319,
        "slug": "2022-03-17-reface-exits-russia",
        "createdAt": "2022-03-18T07:15:18.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-18T07:14:26.000Z",
        "title": "ウクライナ発の顔交換アプリ「Reface」が反戦キャンペーンに対するロシアユーザーの反発を受け同国から撤退",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/05/2022-03-04-russia-blocks-facebook/\" rel=\"noopener\">Facebook</a>(フェイスブック)、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/15/2022-03-14-instagram-is-now-blocked-in-russia/\" rel=\"noopener\">Instagram</a>(インスタグラム)などの主要ソーシャルネットワークが最近ロシア当局にブロックされ、ロシア政府がウクライナ戦争に関わる会話を完全制御しようとする中、ウクライナ発の顔交換アプリ<a target=\"_blank\" href=\"https://reface.app/\" rel=\"noopener\">Reface</a>(リフェイス)は、自発的にロシアから撤退した。</p>\n<p>プーチン大統領が2月末にウクライナ侵攻を軍隊に命じて以来、同スタートアップは、自社アプリをロシア政府による<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/01/2022-02-27-reface-a-viral-face-swap-app-from-ukraine-adds-anti-war-push-notifications/\" rel=\"noopener\">メディア検閲を回避する</a>ために使う試みを早々に決定し、ユーザーに反戦メッセージをプッシュ送信し、ロシアに対する制裁を支持するよう呼びかけた他、ウクライナで起きている荒廃の画像をアプリで表示した。さらにRefaceは、ロシア人ユーザーに向けて位置ターゲットされたメッセージを送り、戦争に反対する運動に参加するよう呼びかけた。</p>\n<p>この反戦キャンペーンの結果、数百万件という反戦メッセージがロシアのRefaceユーザーに届けられた。米国時間3月15日の<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.reface.ai/reface-stands-with-ukraine/\" rel=\"noopener\">ブログ記事</a>で、約1300万件の反戦プッシュ通知が送られたとスタートアップは語った(同社によるとロシアの同アプリのユーザーは200万人程度)。</p>\n<p>しかし、その反戦コンテンツはロシアのユーザーから直ちにネガティブな反応を受け、キャンペーンは中止され、アプリは星1つのレビューで埋め尽くされた。以下にブログ記事のグラフを載せた。</p>\n<div id=\"attachment_476323\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476323\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476323 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"672\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp 1482w, /wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp?resize=300,197 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp?resize=768,504 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp?resize=1024,672 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp?resize=610,400 610w, /wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp?resize=400,262 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp?resize=738,484 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp?resize=549,360 549w, /wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp?resize=220,144 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp?resize=262,172 262w, /wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp?resize=191,125 191w, /wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp?resize=125,82 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp?resize=91,60 91w, /wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp?resize=842,552 842w, /wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp?resize=560,367 560w, /wp-content/uploads/2022/03/Screenshot-2022-03-17-at-16.06.16.webp?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476323\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Reface</p></div>\n<p>Refaceのブログには、同社はロシアのユーザーのネガティブな反応を、彼らがウクライナで壊された家屋や殺された女性や子どものことを気にかけていないことの証だと解釈しつつ、中には完全に否定的とは言えない言葉もあったことを指摘した(ただし、ほとんどがネガティブであるとも言っている)。</p>\n<p>「私たちの努力が、ロシアの国を上げてのプロパガンダと争うには不十分であったことを認識し、当社はRefaceアプリをロシアのApp Store(アップ・ストア)およびGoogle Play(グーグル・プレイ)から削除することを決定しました」と同社は書いている。3月10日以前にアプリをダウンロードした人は今も使用できるが、新規のダウンロードとサブスクリプションは無効になっている。</p>\n<p>「ロシアの市場やロシアと何らかの関わりのあるものから、いかなる利益を上げることも当社は望んでいません。この国によるウクライナに対する残酷な戦争のために起きている経済制裁や技術的孤立の影響を、すべてのロシア人が感じるべきです」とRefaceは付け加えた。</p>\n<p>同社CEOで共同ファウンダーのDima Shvets(ディマ・シュベッツ)氏は、ロシアからアプリを撤退する決定はRefaceだけの判断であることを明言した。</p>\n<p>「当社はロシアのインターネット検閲による制限は受けていません」と同氏がTechCrunhに話した。「ロシアの巨大な情報キャンペーンの後、撤退を決めました。ロシアとは一切接点を持ちたくなかったからです。</p>\n<div id=\"attachment_476321\" style=\"width: 358px\" class=\"wp-caption alignright\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476321\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476321\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/IMG_6746.webp?w=394\" alt=\"\" width=\"348\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/IMG_6746.webp 394w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_6746.webp?resize=174,300 174w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_6746.webp?resize=232,400 232w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_6746.webp?resize=209,360 209w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_6746.webp?resize=127,220 127w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_6746.webp?resize=100,172 100w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_6746.webp?resize=72,125 72w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_6746.webp?resize=35,60 35w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_6746.webp?resize=320,552 320w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_6746.webp?resize=213,367 213w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_6746.webp?resize=29,50 29w\" sizes=\"(max-width: 348px) 100vw, 348px\" /><p id=\"caption-attachment-476321\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Natasha Lomas/TechCrunch(スクリーンキャプチャー)</p></div>\n<p>これはロシアにおけるインターネット体験がウェブの主流から取り残されつつあることを示す小さな兆候の1つであり、それはロシアの銀行、著名な企業幹部、その他の組織(たとえば悪名高いInternet Research Agencyという名の荒らし軍団)に対する西側諸国の正式な制裁措置によるだけでなく、 <a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/02/2022-03-01-apple-halts-product-sales-in-russia-following-ukraine-invasion/\" rel=\"noopener\">大企業</a>から<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/02/2022-03-01-jolla-cut-ties-russia/\" rel=\"noopener\">小企業</a>までさまざまなテック企業が自主的に市場を離れたことによるものだ。</p>\n<p>RefaceアプリのAI利用の顔交換エフェクトは元々純粋なエンターテインメント目的であり、ユーザーは自分の顔を有名な映画シーンのセレブと交換したりしていたが、開発チームの母国ウクライナで起きた戦争は、 穏やかな気持でアプリ運用するための状況を明確かつ著しく変化させた。</p>\n<p>「以前、Refaceユーザーは自分をジャック・スパロウやアイアンマンと入れ替えて楽しんでいました。今私たちは、自分たちをゼレンスキー大統領と入れ替え、ウクライナ国歌とともに写真に息を吹き込むよう働きかけています。今やゼレンスキー氏には カニエ・ウェストより多くのInstagramフォロワーがいます。何というタイムラインでしょう!」とRefaceは消費者の状況の変化ぶりをブログ記事に要約した。</p>\n<p>現在同社は自社アプリを使って、ロシア外でのウクライナ支援を呼びかけるために使い続け、ユーザーに、ウクライナ大統領、Volodymyr Zelensky(ヴォルディミル・ゼレンスキー)氏の人気ビデオクリップや、ユーザーがアップロードしたウクライナ兵士の画像と顔交換できるようにしている。</p>\n<p>Refaceは作成された親ウクライナ合成メディアに、#StandWithUkraine(ウクライナ支持)のハッシュタグを付加して、こうした支持のビジュアルメッセージをソーシャルネットワークで拡散するようユーザーに呼びかけている。</p>\n<p>ウクライナ国土で進行している実際の戦争とともに、オンラインで同時進行する情報戦争で起きた最近の出来事として、ウクライナ大統領がオンラインで自国の戦争努力を傷つけているように見せかけるディープフェイク映像が出現した。最近、ゼレンスキー氏が降伏しているように見せる改ざん動画が、Telegram(テレグラム)、およびFacebook(フェイスブック)とロシアのライバルサービスであるVKontakte(ヴィー・コンタクテ)などのソーシャルネットワークに出回っていることがわかった。</p>\n<p>これらの偽動画の出どころがどこなのかははっきりしていない。しかし2022年3月、ウクライナの戦略コミュニケーションセンターは、ロシアが改ざん動画を流布して、自らの侵攻に対する一般大衆の認識を操作しようとしていると<a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/109146014618721/posts/300254888841165/\" rel=\"noopener\">警告した</a>。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/18/2022-03-16-facebook-zelensky-deepfake/\" rel=\"noopener\">ウクライナのゼレンスキー大統領が降伏するフェイク動画をMetaが削除</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Efrem Lukatsky / AP</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/17/reface-exits-russia/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Lomas、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a>)</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/AP22058610048688.webp",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476319,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476319,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476319,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476319,
            "tagId": 32740565,
            "tag": {
              "id": 32740565,
              "slug": "google-play",
              "name": "Google Play(製品・サービス)",
              "description": "Googleが提供するAndroidデバイス向けのアプリ、映画、音楽、書籍などのデジタルコンテンツを配信するサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 476319,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476319,
            "tagId": 692508933,
            "tag": {
              "id": 692508933,
              "slug": "app-store",
              "name": "App Store(製品・サービス)",
              "description": "App Storeはアップルが自社製品向けに展開するアプリケーションのマーケットプレイス。"
            }
          },
          {
            "postId": 476319,
            "tagId": 692513553,
            "tag": {
              "id": 692513553,
              "slug": "reface",
              "name": "Reface(企業・サービス)",
              "description": "人工知能を使った顔交換動画アプリ、それを開発、提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476299,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 476299,
        "slug": "2022-03-17-google-launches-new-tools-to-help-businesses-optimize-their-delivery-operations",
        "createdAt": "2022-03-18T01:30:20.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-18T01:15:31.000Z",
        "title": "グーグル、EC企業の配送業務の最適化を支援する2つの新ツールを提供開始",
        "content": "<p>Google(グーグル)は米国時間3月17日、大規模な配送車両を運用する企業向けの2つの新しいツール、Last Mile Fleet SolutionとCloud Fleet Routing APIを<a target=\"_blank\" href=\"https://cloud.google.com/blog/products/maps-platform/introducing-last-mile-fleet-solution-maximize-what-your-fleet-can-do-start-finish\" rel=\"noopener\">発表</a>した。Google Maps Platformの一部である新しいLast Mile Fleet Solutionは、注文から配送までのラストマイル配送プロセスの各ステップを最適化することに重点を置いている。その名の通り、Google Cloudの一部である新しいRouting APIは、配送車両のフリート全体のルートプランニングに重点を置いている。</p>\n<p>Last Mile Fleet Solutionは、現在パブリックプレビュー中だ。Cloud Fleet Routing API は2022年の第2四半期に一般利用が可能になる予定とのこと。どちらも企業向けサービスであるため、価格情報は公開されておらず、どちらの製品も潜在的な顧客はGoogleの営業チームと連絡を取る必要がある。</p>\n<p>「パンデミックは、すでに急増していたeコマースと配送件数の両方をさらに加速させました。配送ネットワークへの負担の増加に加え、ドライバー不足、住所データの不備、工場の閉鎖、燃料価格の上昇など、多くの要因が配送時間や成功率に影響を与えました」と、Google Cloudのグローバルサプライチェーン&物流業担当マネージングディレクターであるHans Thalbauer(ハンス・タルバウアー)氏は述べている。「Google Maps PlatformのLast Mile Fleet SolutionとCloud Fleet Routing APIにより、配送フリート事業者がこれらの問題に対処し、消費者、ドライバー、フリートマネージャーにシームレスな体験を提供することが容易になります」とも。</p>\n<div id=\"attachment_476301\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476301\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476301 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"590\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?resize=300,173 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?resize=768,442 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?resize=1024,590 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?resize=1536,884 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?resize=695,400 695w, /wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?resize=400,230 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?resize=738,425 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?resize=625,360 625w, /wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?resize=220,127 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?resize=281,162 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?resize=217,125 217w, /wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?resize=125,72 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?resize=104,60 104w, /wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?resize=959,552 959w, /wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?resize=600,345 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Last-Mile-Fleet-Solution-fleet-tracking-illustration.webp?resize=50,29 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476301\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>Google Maps Platformは、企業がオンデマンドでドライバーを派遣するためのソリューション「<a target=\"_blank\" href=\"https://mapsplatform.google.com/solutions/transportation-and-logistics/\" rel=\"noopener\">On-demand Rides &amp; Delivery</a>」をすでに提供している。同社は、新しいLast Mile Fleet Solutionは、このサービスをベースにしていると述べている。</p>\n<p>一方、Fleet Routing APIは、企業のルートプランニングを支援するまったく新しいGoogle Cloudサービスだ。ユーザーはこれを使って社内の車両管理システム用のツールを構築し、時間帯、荷物の重量、車両の容量など特定の制約条件に基づいてシステムが配送ルートを最適化させるために利用できる。その過程で、サステナビリティの目標達成に向けたルートの最適化も可能になるという。</p>\n<p>英国を拠点とする宅配便サービス、<a target=\"_blank\" href=\"https://paack.co/\" rel=\"noopener\">Paack</a>のCTO兼CPOであるOlivier Colinet(オリヴィエ・コリネ)氏はこう語る。「Paackでは、欧州で最大級のeコマース小売業者が毎月受け取る数百万件の注文に対して、優れた配送体験を実現するための支援にこだわっています。迅速にスケールアップするために、Last Mile Fleet SolutionとCloud Fleet Routingを採用しました。これにより、ドライバーとフリートマネージャーは最高の効率を維持し、98%の定時・初回配達率を超えることができました」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Bruce Bennett/Getty Images / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/17/google-launches-new-tools-to-help-businesses-optimize-their-delivery-operations/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1220403507.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476299,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476299,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476299,
            "tagId": 31822,
            "tag": {
              "id": 31822,
              "slug": "delivery-service",
              "name": "配送 / 宅配 / デリバリー(用語)",
              "description": "配送 / 宅配 / デリバリーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476299,
            "tagId": 366272777,
            "tag": {
              "id": 366272777,
              "slug": "net-shopping",
              "name": "ネットショッピング / eコマース(用語)",
              "description": "ネットショッピングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476299,
            "tagId": 692514393,
            "tag": {
              "id": 692514393,
              "slug": "google%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97%ef%bc%88%e8%a3%bd%e5%93%81%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%ef%bc%89",
              "name": "Googleマップ(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476294,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 476294,
        "slug": "2022-03-17-arcol-aims-to-do-for-building-design-what-figma-did-for-ui-design",
        "createdAt": "2022-03-18T01:15:09.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-18T01:04:32.000Z",
        "title": "FigmaがUIデザインにもたらしたものを建築デザインで実現したいと考える「Arcol」",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://arcol.io/\" rel=\"noopener\">Arcol</a>は、ブラウザ上で動作する設計・文書化ツールの構築の初期段階にある。</p>\n<p>Paul O&#8217;Carroll(ポール・オキャロル)氏は、建築家である彼の父親が、建物の設計に使えるデジタルツールが不足していることに不満を抱いているのを見て、2021年1月に同社を立ち上げた。彼は、父親が鉛筆と紙を持って机に向かい、6カ月後に実現し始める建物をスケッチしているのを見て育った。</p>\n<p>Arcolに入社する前、オキャロル氏はデジタルデザインスタジオで、大企業向けのデザインツールを作っていた。彼は、使われている技術が何十年も前のものであることを知り、Autodesk(オートデスク)のようなレガシーツールに挑戦したいと考えた。</p>\n<p>「このような中で、建物の設計に使われるツールがいかにひどいものかを身をもって知り、建築家、エンジニア、請負業者のためにもっと良いツールがあるべきだと思ったのです」とオキャロル氏はTechCrunchに語った。「FigmaがUIデザインの分野で成し遂げたことを、建築デザインでやりたいのです」。</p>\n<p>Arcolの創業ストーリーについては、<a target=\"_blank\" href=\"https://medium.com/@PaulO_Carroll/the-arcol-manifesto-fa59d9ec2354\" rel=\"noopener\">オキャロル氏のブログ</a>でより詳しく知ることができる。同社は2Dスケッチを3Dモデルに変換するウェブベースのツールを開発中で、これにより、小さなビルから超高層ビルまで、クリエイティブでコラボレイティブなキャンバスを使って設計することが可能になる。</p>\n<p>この製品は現在開発中で、2022年後半に発売される予定だ。オキャロル氏によると、ウェイティングリストは8000人を超えたところだという。彼は、この技術は構築が複雑で、製品は今後数カ月でクローズドアルファに入り、5月頃に20件の顧客を対象にプライベート展開される予定だと語った。年末までには、一般に公開する予定だという。</p>\n<div id=\"attachment_476295\" style=\"width: 270px\" class=\"wp-caption alignright\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476295\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476295 size-medium\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?w=260\" alt=\"\" width=\"260\" height=\"300\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp 590w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=260,300 260w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=347,400 347w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=400,461 400w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=312,360 312w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=191,220 191w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=149,172 149w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=108,125 108w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=52,60 52w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=479,552 479w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=318,367 318w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=43,50 43w\" sizes=\"(max-width: 260px) 100vw, 260px\" /><p id=\"caption-attachment-476295\" class=\"wp-caption-text\">Arcolの創業者ポール・オキャロル氏(画像クレジット:Arcol)</p></div>\n<p>この勢いを維持するため、同社はCowboy Ventures、FigmaのCEOであるDylan Field(ディラン・フィールド)氏、Figmaの企業開発・戦略責任者であるLauren Martin(ローレン・マーティン)氏、元MozillaのCEOでFigmaの取締役でもある投資家John Lilly(ジョン・リリー)氏、ProcoreのCEOであるToey Courtemanche(トワ・コートマンシュ)氏、元AutodeskのCEOであるAmar Hanspal(アマル・ハンスパール)氏、Not Boring Capitalの創業者でエンジェル投資家のPacky McCormick(パッキー・マコーミック)氏が支援する360万ドル(約4億2700万円)のシード資金を調達した。これにより同社は、2021年150万ドル(約1億7800万円)のプレシード資金を獲得したのを含め、累計500万ドル(約5億9300万円)強の資金を調達したことになる。</p>\n<p>今回の資金調達は、経営陣の充実と現在5名のArcolの従業員の増員に充てられる予定だ。</p>\n<p>オキャロル氏はこう述べている。「市場の不満がピークに達しているため、製品を迅速に構築する必要があります。建築家にとって実現されていなかったことであり、そのためにクリエイティブな側面が失われてしまいました。私たちは、魔法をよみがえらせたいのです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/17/arcol-aims-to-do-for-building-design-what-figma-did-for-ui-design/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Christine Hall、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/3d.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476294,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476294,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476294,
            "tagId": 366274320,
            "tag": {
              "id": 366274320,
              "slug": "construction",
              "name": "建設 / 建築(用語)",
              "description": "建設、建築に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476294,
            "tagId": 692516189,
            "tag": {
              "id": 692516189,
              "slug": "design-2",
              "name": "設計(用語)",
              "description": "設計に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476273,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 476273,
        "slug": "2022-03-17-google-launches-android-13-developer-preview-2-psuh-notifications-opt-in",
        "createdAt": "2022-03-17T23:45:32.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T23:40:33.000Z",
        "title": "Android 13ではプッシュ通知がオプトインに、グーグルが開発者プレビュー第2弾を公開",
        "content": "<p>最近のAndroid開発は月単位で行われているため、Google(グーグル)がAndroid 13の最初の開発者プレビュー(コードネーム「Tiramisu」と開発者向けドキュメントでは<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.android.com/reference/android/content/Context#RECEIVER_NOT_EXPORTED\" rel=\"noopener\">時折</a>呼ばれている)を発表してから約1カ月後に、開発者向けプレビュー第2弾をリリースしたのは驚くことではない。</p>\n<p>これらのプレビューは通常まだ多くの粗削りな部分を持ち、<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.android.com/about/versions/13/get\" rel=\"noopener\">開発者向け</a>であるため、最初のプレビューと同様に、無線インストールオプションはない(ただし、最初のプレビューをインストールした場合は、無線アップデートとして2番目のプレビューを入手することができる)。Googleは、Pixel 6 Pro、Pixel 6、Pixel 5a 5G、Pixel 5、Pixel 4a(5G)、Pixel 4a、Pixel 4 XL、Pixel 4と、Android Emulator向けに<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.android.com/about/versions/13/download\" rel=\"noopener\">システムイメージ</a>を公開した。</p>\n<p>最初のプレビューではAndroid 13でのユーザーエクスペリエンスを少し垣間見ることができたが、米国時間3月17日のアップデートは、開発者向けの機能が中心となっている。</p>\n<div id=\"attachment_476275\" style=\"width: 310px\" class=\"wp-caption alignright\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476275\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476275 size-medium\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?w=300\" alt=\"\" width=\"300\" height=\"300\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp 512w, /wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?resize=150,150 150w, /wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?resize=300,300 300w, /wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?resize=400,400 400w, /wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?resize=360,360 360w, /wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?resize=380,380 380w, /wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?resize=220,220 220w, /wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?resize=172,172 172w, /wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?resize=125,125 125w, /wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?resize=60,60 60w, /wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?resize=367,367 367w, /wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?resize=32,32 32w, /wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?resize=50,50 50w, /wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?resize=64,64 64w, /wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?resize=96,96 96w, /wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?resize=128,128 128w, /wp-content/uploads/2022/03/android-13-hero_720-1.webp?resize=80,80 80w\" sizes=\"(max-width: 300px) 100vw, 300px\" /><p id=\"caption-attachment-476275\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>その中でユーザーが気づくであろう例外は、アプリが通知を送信する許可を求めなければならなくなったことだ(ただし、Googleは今日これを強調しているが、以前からAndroid 13の機能として<a target=\"_blank\" href=\"https://www.androidpolice.com/heres-what-android-13s-new-notification-permissions-look-like-in-action/\" rel=\"noopener\">知られていた</a>ものだ)。他のパーミッションと同様に、アプリは通知を送信できるかどうかをユーザーに尋ねる必要があり、これはオプトインプロセスだ。もしあなたが今までアプリをインストールして、そのアプリがすぐに大量の通知を送ってきた経験があったら、これを気に入ることだろう。一方、開発者は、オプトインしてもらうために、ユーザーに対して十分なコントロールとコンテクストを提供する必要がある。</p>\n<p>パーミッションに関しては、開発者はアプリのパーミッションが不要になった場合、ダウングレードすることもできるようになった。Android 13には、これを簡単に実行できる新しいAPIが搭載される予定だ。</p>\n<p>また、新バージョンのOSでは、開発者が明確に望んでいない限り、アプリが他のアプリからメッセージを受信できないようにする新機能が導入される。</p>\n<p>今回のプレビューでは、MIDI 2.0規格のサポート(ミュージシャンにはうれしい)により、MIDI 2.0ハードウェアをUSB経由でAndroidデバイスに接続できるようになる。さらに、Bluetooth LE Audioのサポートにより、オーディオの共有や放送、情報およびアクセシビリティのための公共放送へのサブスクリプションといった機能がもたらされる。そしてその名の通り、消費電力が少なくなる(LE=Low Energy)。</p>\n<p>Android 13は、COLRv1フォーマットに準拠したベクターフォントもサポートし、Googleはシステム絵文字もこのフォーマットに移行する予定だ。これらはベクターであるため、ファイルサイズがより小さく、どのようなサイズでもピクセル化されることなくレンダリングできる。</p>\n<div id=\"attachment_476274\" style=\"width: 479px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476274\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476274 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Untitled-17.webp?w=469\" alt=\"\" width=\"469\" height=\"245\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Untitled-17.webp 469w, /wp-content/uploads/2022/03/Untitled-17.webp?resize=300,157 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Untitled-17.webp?resize=400,209 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Untitled-17.webp?resize=220,115 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Untitled-17.webp?resize=281,147 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Untitled-17.webp?resize=239,125 239w, /wp-content/uploads/2022/03/Untitled-17.webp?resize=125,65 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Untitled-17.webp?resize=115,60 115w, /wp-content/uploads/2022/03/Untitled-17.webp?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 469px) 100vw, 469px\" /><p id=\"caption-attachment-476274\" class=\"wp-caption-text\">COLRv1ベクター絵文字(左)とビットマップ絵文字(画像クレジット:Google)</p></div>\n<p>非ラテン文字を使用する人のために、Android 13ではタミル語、ビルマ語、テルグ語、チベット語などの言語の表示を改善し、各言語の行の高さを適応してクリッピングを防止するようにしてある。また、日本語や中国語などの表音文字の入力メソッドを使用するユーザーのために、Android 13では新しい<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.android.com/reference/android/view/inputmethod/TextAttribute\" rel=\"noopener\">テキスト変換API</a>が導入され、日本語ユーザーはひらがなを入力するとすぐに漢字の検索結果が表示されるようになり、現在のような複雑な4ステップのプロセスを省略することができる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Wanwisa Hernandez / EyeEm / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/17/google-launches-android-13-developer-preview-2-psuh-notifications-opt-in/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-563471937.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476273,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476273,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476273,
            "tagId": 14911,
            "tag": {
              "id": 14911,
              "slug": "developer",
              "name": "開発 / 開発者 / デベロッパー(用語)",
              "description": "開発 / 開発者 / デベロッパーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476273,
            "tagId": 641922,
            "tag": {
              "id": 641922,
              "slug": "android",
              "name": "Android(製品・サービス)",
              "description": "Androidは、主にスマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーンモバイル機器向けに設計されたオペレーティングシステム。Googleが開発、提供する。"
            }
          },
          {
            "postId": 476273,
            "tagId": 2523687,
            "tag": {
              "id": 2523687,
              "slug": "emoji",
              "name": "絵文字 / Emoji(用語)",
              "description": "絵で表現した文字。"
            }
          },
          {
            "postId": 476273,
            "tagId": 692516110,
            "tag": {
              "id": 692516110,
              "slug": "typing",
              "name": "文字入力 / タイピング(用語)",
              "description": "文字入力 / タイピングに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476273,
            "tagId": 692517301,
            "tag": {
              "id": 692517301,
              "slug": "android-13",
              "name": "Android 13(製品・サービス)",
              "description": "Android 13に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476096,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 476096,
        "slug": "2022-03-16-clockwork-raises-21m-to-keep-server-clocks-in-sync",
        "createdAt": "2022-03-17T04:30:13.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T04:20:19.000Z",
        "title": "サーバーのクロックを同期するClockworkがその技術の応用プロダクトをローンチ",
        "content": "<p>膨大な数のサーバー隊列のクロックの同期は、解決済みの問題と思われるかもしれないが、実は今なお難しい問題で、特に要求がナノ秒クラスの精度という場合は難しい。そしてこのことはまた「クロックの時間に基づくシステムを作ってはならない」という命題が、コンピューターサイエンスの公理であり続けている理由でもある。米国時間3月16日、2100万ドル(約25億円)のシリーズAの資金調達ラウンドを発表した<a target=\"_blank\" href=\"https://www.clockwork.io/\" rel=\"noopener\">Clockwork.io</a>はこれを、ハードウェアのタイムスタンプでは5ナノ秒、ソフトウェアのタイムスタンプでは数百ナノ秒という同期精度でこの状況を変えようとしている。</p>\n<p>その技術に基づいて同社は本日、ユーザーにクラウド上やオンプレミスそしてハイブリッドの環境で、レイテンシーが極めて地裁データを提供する最初のプロダクトLatency Senseiをローンチした。ユーザーはそのようなデータを使って自分のネットワークのボトルネックを見つけ、チューンナップすることができる。同社の顧客にはすでにNASDAQやWells Fargo、RBCなどがいる。</p>\n<div id=\"attachment_476100\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476100\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476100 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"676\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=300,198 300w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=768,507 768w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=1024,676 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=606,400 606w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=400,264 400w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=738,487 738w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=545,360 545w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=220,145 220w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=261,172 261w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=189,125 189w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=91,60 91w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=836,552 836w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=556,367 556w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476100\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Clockwork</p></div>\n<p>同スタートアップはYilong Geng(イーロン・ゲン)氏とDeepak Merugu(ディーパック・メルグ)氏、そしてスタンフォード大学の「VMwareの創業者たちのコンピューターサイエンス教授」と呼ばれるBalaji Prabhakar(バーラージー・プラバカール)氏らが創業し、VMwareの共同創業者でスタンフォードのコンピューターサイエンス教授であるMendel Rosenblum(メンデル・ローゼンブラム)氏が取締役およびチーフサイエンティストになっている。この由緒正しい顔ぶれからもわかるように、Clockworkのシステムは、チームがスタンフォードで行った学術的な基礎研究がベースとなっている。</p>\n<p>今日の多くのコンピューターがクロックの同期に使っているNetwork Time Synchronization Protocol(NTP)と呼ばれる標準形式は至るところで使われているが、あまり正確ではない。その改良はこれまでも行われており、たとえばFacebookは2021年、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/13/2021-08-11-facebook-engineers-develop-new-open-source-time-keeping-appliance/\" rel=\"noopener\">ハードウェアによるソリューション</a>をOpen Compute Projectに寄贈したが、Clockworkのチームは、それよりもはるかに高い精度を自負している。</p>\n<p>プラバカール氏の説明によると「データセンターの中で1秒の違いが生じることもある。私のスマートフォンとこのベースステーションの秒はおそらく合っているでしょう。しかし、もっと細かく、マイクロ秒やナノ秒になると、それらを合わせることは難易度は上がります。2つのクロックが指す時刻を、ナノ秒まで正しくすることは、とても難しいことです。しかも、同期は一瞬実現するだけでなく、両者の同期を維持しなければなりません。気温の変化や振動の影響を受けない高精度のクロックをサーバーに装備することは可能ですが、そんなクロックはすぐにサーバー本体よりも高価なものになります」。</p>\n<div id=\"attachment_476101\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476101\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476101 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"644\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=300,189 300w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=768,483 768w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=1024,644 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=636,400 636w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=400,252 400w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=738,464 738w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=572,360 572w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=220,138 220w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=273,172 273w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=199,125 199w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=125,79 125w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=95,60 95w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=878,552 878w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=584,367 584w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476101\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Clockwork</p></div>\n<p>この問題を解決するためにチームは、タイムスタンプが任意のサーバーに到着するのに要する時間を極めて正確に計測できるシステムと機械学習のモデルを開発した。NTPとそれほど違わないものだったが、チームはさまざまなタイムスタンプ使って改良し、さらにクロックのオフセットと周波数の相対的な違いも考慮に入れた。そして、それらすべてを機械学習のモデルに入れる。そしてチームは、異なるクロックが互いに会話して、同期してないことや自分たちが正しいことを検出できるシステムも開発した。</p>\n<div class=\"embed-vimeo\" style=\"text-align: center;\"><iframe loading=\"lazy\" src=\"https://player.vimeo.com/video/687579799\" width=\"600\" height=\"338\" frameborder=\"0\" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen></iframe></div>\n<p>信頼できるタイムスタンプがないため、これまでの分散システムはクロックのない設計に依存してきた。しかしそれによって、複雑なシステムがさらに一層複雑になった。Clockworkのチームは、彼らの仕事によって研究者たちが、データベースの一貫性とか、イベントの正しい順序、コンセンサスのプロトコル、各種の台帳など、多くの問題領域で時間をベースとする新しいアルゴリズムを実験できるようになる、と期待している。ローゼンブラム氏とプラバカール氏のチームによる最初の研究は、分散システムでクロックを信頼できるなら何ができるか、という問題に集中していた。</p>\n<p>「現在、GoogleのSpannerやCockroachDBなど、あるいは一部のデータベース関連の仕事をしている人以外は時間を使っていない。しかし、今後は時間が重要な課題があちこちで出てくるでしょう。それらにうまく対応するためには時間の同期が重要であり、正しく行う方法を私たちは研究開発しています。そこで私たちは、このようなシステムを別の方法でプログラミングするようになるのではと考えています」。</p>\n<div class=\"embed-vimeo\" style=\"text-align: center;\"><iframe loading=\"lazy\" src=\"https://player.vimeo.com/video/687580386\" width=\"600\" height=\"338\" frameborder=\"0\" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen></iframe></div>\n<p>同期化の問題を解決したと信じているClockworkは、今度のLatency Senseiを嚆矢として、それを利用するプロダクトを作ろうとしている。しかしプラバカール氏が念を押すのは、チームはすでに、データセンター内の渋滞を容易に検出できるプロジェクトに取りかかっているということだ。彼によると、TCPはワイドエリアネットワーク(WAN)には向いているが、データセンターの中で使うのはまったくの浪費だ。しかしネットワークとそのレイテンシーについてもっとよく知れば、データセンターの中でパケットをルートする最良の方法を同社のシステムで見つけて、TCPプロトコルにヒントを与えることができるかもしれない。同社のシリーズAをリードしたのはNEAで、さらに著名なエンジェル投資家であるMIPSの共同創業者John Hennessey(ジョン・ヘネシー)氏、初期のGoogleの投資家Ram Shriram(ラム・シュリラム)氏、そしてYahooの共同創業者Jerry Yang(ジェリー・ヤン)氏が参加した。</p>\n<p><small>画像クレジット:MirageC/Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/clockwork-raises-21m-to-keep-server-clocks-in-sync/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/cw0.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476096,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476096,
            "tagId": 366271566,
            "tag": {
              "id": 366271566,
              "slug": "datacenter",
              "name": "データセンター(用語)",
              "description": "データセンターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476096,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476008,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 476008,
        "slug": "2022-03-15-adobes-customer-journey-analytics-gets-new-experimentation-options",
        "createdAt": "2022-03-17T01:30:05.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T01:08:44.000Z",
        "title": "アドビが「Experience Cloud」のカスタマージャーニー分析に新たな実験機能を追加",
        "content": "<p>Adobe(アドビ)は米国時間3月15日、同社の「Experience Cloud(エクスペリエンス・クラウド)」製品群に含まれる、プラットフォーム全体で顧客を追跡するツール「<a target=\"_blank\" href=\"https://business.adobe.com/products/experience-platform/customer-journey-analytics.html\" rel=\"noopener\">Customer Journey Analytics</a>(カスタマージャーニー分析)」に導入された多数の新機能を発表した。</p>\n<p>新型コロナウイルス感染流行から、より多くのブランドとその顧客がオンラインショッピングへの移行を加速させる中、チャンネル(ウェブ、モバイル、店舗など)をまたいでユーザー体験を管理し、パーソナライズできるようにする必要性も高まっている。しかし、これらのデータをすべて追跡してダッシュボードにプロットすることと、その実用価値を高めることは、また別の話だ。</p>\n<div id=\"attachment_476009\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476009\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-476009\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"764\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp 2004w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=300,224 300w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=768,573 768w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=1024,764 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=1536,1147 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=536,400 536w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=400,299 400w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=738,551 738w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=220,164 220w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=482,360 482w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=230,172 230w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=125,93 125w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=739,552 739w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=492,367 492w, /wp-content/uploads/2022/03/AA-Panel.webp?resize=50,37 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476009\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Adobe</p></div>\n<p>小さな変化でも、さまざまなプロパティをまたがってカスタマージャーニー全体にどのような影響を与えるかを、企業がより理解しやすくするために、アドビは企業が現実のシナリオをテストして、その結果を分析できる新しい実験機能の提供を開始した。例えば、モバイルアプリに変更を加えることによってコールセンターへの問い合わせが減少するかどうかを確認したり、ウェブサイトを変更するとモバイルアプリのダウンロードが増加するかどうかなどを確認することができる。これは基本的に、カスタマージャーニー全体を対象とするA/Bテストだが、さらに企業はこのデータを使って、個々のユーザーや大規模なユーザーセグメントに向けて、ユーザー体験を正確にパーソナライズできるという利点もある。</p>\n<p>これらはすべて機械学習モデルによって行われるもので、膨大なデータセットから相関関係を容易に見つけ出すことができる。アドビによると、このアルゴリズムは「過去のデータ、比較可能なキャンペーン、進行中のベンチマークなど」を参照するということだ。</p>\n<p>「現在、人々はしばしばデジタルを使って、以前にはやらなかったかもしれないようなことを始めています。彼らは1つの結果を得るために、複数のデバイスを通じて複数のチャネルに関与しているのです」と、Adobe Analytics(アドビ・アナリティクス)のプロダクトマーケティング担当ディレクターを務めるNate Smith(ネイト・スミス)氏は筆者に語った。「このことは、生涯価値と顧客保持に力を入れる多くのブランドにとって、オムニチャネル分析の優先順位を押し上げることになりました。問題になっているのは、そのような分析を行っている方法です」。</p>\n<p>スミス氏は、従来のアプローチ、すなわちデータウェアハウスやデータレイクへのデータパイプラインとか、SQLレイヤーとその上の可視化ツールといったやり方では、一見シンプルだがコード化するのが難しい質問に対する迅速な答えを関係者が必要としている環境では、あまりにも複雑で効率が悪いと主張する。</p>\n<p>「私たちのカスタマージャーニー分析では、Adobe Experience Platform(アドビ・エクスペリエンス・プラットフォーム)に用意されている多くの専用コンポーネントを利用できます。このプラットフォームは、当社がこの分野で買収した企業がネイティブに接続できるように、この数年間で完全にネイティブに構築されています」と、スミス氏は語る。「他の多くのベンダーが、マーケティング・クラウド・ポートフォリオを構築するために大規模な買収を行っていますが、当社はそのためのプラットフォームを実際に開発しました。なぜなら、これらをすべて機能させるためのダクトテープや針金は、ある時点でなくなってしまうからです」。</p>\n<p>このカスタムプラットフォームがあるからこそ、新たな実験機能にチームはデータを送り込むことができる。スミス氏が指摘するように、これは開発者が既存のあらゆるツールを使って、これらのテストを構築できることも意味する。</p>\n<p>アドビはまた、カスタマージャーニー分析が持つ顧客セグメントの発見機能と「<a target=\"_blank\" href=\"https://business.adobe.com/products/real-time-customer-data-platform/RTCDP.html\" rel=\"noopener\">Customer Data Platform</a>(カスタマーデータプラットフォーム、CDP)」との間の新たな統合も構築した。「カスタマージャーニー分析で発見したオーディエンスをCDPで実際に共有し、どのシステムでもそれに対するアクションを起こすことができます」と、スミス氏は説明する。「私たちにとって、インサイトを発見するだけでなく、インサイトを最終的に活性化できるというのが、本当にエキサイティングな瞬間なのです」。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/4ex4-qExFjs?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p><small>画像クレジット:David Paul Morris/Bloomberg / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/15/adobes-customer-journey-analytics-gets-new-experimentation-options/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2018/04/gettyimages-117107663.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476008,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476008,
            "tagId": 29691,
            "tag": {
              "id": 29691,
              "slug": "adobe",
              "name": "Adobe / アドビ(企業)",
              "description": "Adobe IllustratorやPhotoshopをはじめとしたクリエイティブのためのソフトウェアを開発、提供する米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476008,
            "tagId": 366272777,
            "tag": {
              "id": 366272777,
              "slug": "net-shopping",
              "name": "ネットショッピング / eコマース(用語)",
              "description": "ネットショッピングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476008,
            "tagId": 366273402,
            "tag": {
              "id": 366273402,
              "slug": "personalize",
              "name": "パーソナライズ(用語)",
              "description": "パーソナライズに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476008,
            "tagId": 366279515,
            "tag": {
              "id": 366279515,
              "slug": "customer-experience",
              "name": "カスタマーエクスペリエンス / 顧客体験(用語)",
              "description": "カスタマーエクスペリエンス / 顧客体験に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476008,
            "tagId": 692510334,
            "tag": {
              "id": 692510334,
              "slug": "adobe-experience-cloud",
              "name": "Adobe Experience Cloud(製品・サービス)",
              "description": "Adobeが提供するオンラインマーケティングお、ウェブ分析プロダクト。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476062,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 476062,
        "slug": "https-techcrunch-com-2022-03-16-google-docs-now-lets-you-draft-emails-with-others-and-export-them-to-gmail",
        "createdAt": "2022-03-16T23:30:55.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T23:14:36.000Z",
        "title": "Googleドキュメントでメール下書きの共同作成が可能に、ワンクリックでGmailにエクスポート",
        "content": "<p>Google(グーグル)は米国時間3月16日、下書きメールでの共同作業を容易にすることを目的とした新機能をGoogleドキュメントに導入すると<a target=\"_blank\" href=\"https://workspaceupdates.googleblog.com/2022/03/new-email-draft-template-in-google-docs.html\" rel=\"noopener\">発表</a>した。新しいGoogleドキュメントのEメール下書きテンプレートは、ユーザーがメールの下書きをし、それをGmailにエクスポートすることができる。</p>\n<p>今回の発表は、Googleによるユーザーがすばやくアクションを実行できる「@メニュー」を活用したSmart Canvas(スマートキャンバス)のプッシュ戦略の一部だ。メールドラフトテンプレートは、Googleドキュメントの中で「@email」と入力することでアクセスできる。そうすると、To、Cc、Bcc、件名を含むテンプレートが表示される。メールを送信する準備ができたら、Gmailのアイコンを選択して、メールサービスに下書きをエクスポートできる。するとGmailのメール作成ウィンドウが表示され、すべてのメールフィールドに、Googleドキュメントのメールドラフトに入力した情報が自動的に入力される。</p>\n<div id=\"attachment_476066\" style=\"width: 650px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476066\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476066 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/SC-Email-draft.gif?w=640\" alt=\"\" width=\"640\" height=\"422\" /><p id=\"caption-attachment-476066\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>「新しいメールドラフトテンプレートにより、Googleドキュメントで下書きメールを簡単に共同作成できるようになりました」と、Googleは新機能についての<a target=\"_blank\" href=\"https://workspaceupdates.googleblog.com/2022/03/new-email-draft-template-in-google-docs.html\" rel=\"noopener\">ブログ投稿</a>で述べている。「メールアドレスを覚えていなくても@メニューを使って受信者フィールドに名前をメンションしたり、コメントや提案を使ってメッセージ本文を共同作成できます」。</p>\n<p>この機能は、2月に最初に<a target=\"_blank\" href=\"https://9to5google.com/2022/02/15/google-docs-ai-summaries/\" rel=\"noopener\">予告</a>され、現在、すべてのGoogle Workspaceの顧客だけでなく、レガシーG SuiteのBasicおよびBusinessプラン顧客にロールアウトし始めている。Googleは個人使用については言及していないが、TechCrunchは詳細を知るために同社に問い合わせている。Gmailの機能は、一般消費者向けに提供される前に、まずG Suiteの顧客向けに展開されることが多い。例えば、企業顧客はコンシューマーよりも先にGmailのチャット、ミーティング、ルームとの<a target=\"_blank\" href=\"/2020/07/17/2020-07-15-gmail-for-g-suite-gets-deep-integrations-with-chat-meet-rooms-and-more/\" rel=\"noopener\">より深い統合</a>を利用できるようになった。</p>\n<p>新しいEメール下書きテンプレートは、チームで一緒にメールを共同作成する必要がある場合に便利だろう。GoogleドキュメントやGmailからテキストをコピー&ペーストすることももちろん可能だが、この新しい統合により、これら2つの製品を1つの場所で簡単に使用できるようになり、より速く作業を完了させることができる。</p>\n<p><small>画像クレジット:TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/google-docs-now-lets-you-draft-emails-with-others-and-export-them-to-gmail/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/gmail-icon-2020-ios.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476062,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476062,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476062,
            "tagId": 163,
            "tag": {
              "id": 163,
              "slug": "email",
              "name": "Eメール(用語)",
              "description": "Eメールに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476062,
            "tagId": 1110,
            "tag": {
              "id": 1110,
              "slug": "gmail",
              "name": "Gmail(製品・サービス)",
              "description": "Gmailは、Googleが提供するEメールサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 476062,
            "tagId": 1707588,
            "tag": {
              "id": 1707588,
              "slug": "google-document",
              "name": "Googleドキュメント / Google Docs(製品・サービス)",
              "description": "Googleドキュメントに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476062,
            "tagId": 692510460,
            "tag": {
              "id": 692510460,
              "slug": "google-workspace",
              "name": "Google Workspace(製品・サービス)",
              "description": "Gmail、Drive、Docs、Meetなどを含むサブスクリプション形式で提供する企業向けのクラウドコンピューティング生産性向上グループウェアツール(旧G Suite)。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475959,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 475959,
        "slug": "2022-03-15-adobe-updates-its-experience-cloud-with-a-focus-on-personalization",
        "createdAt": "2022-03-16T09:15:47.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T09:16:01.000Z",
        "title": "Adobe、パーソナライゼーションに注力してExperience Cloudをアップデート",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://business.adobe.com/\" rel=\"noopener\">Experience Cloud</a>(エクスペリエンス・クラウド)は、Adobe(アドビ)のデジタルエクスペリエンスソリューションのための包括的なブランドだ。含まれる代表的な機能は、データと分析サービス、コンテンツ管理ツール、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2018/05/21/adobe-to-acquire-magento-for-1-6-b/\" rel=\"noopener\">コマースプラットフォーム</a>、そして<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/11/09/adobe-acquires-marketing-workflow-startup-workfront-for-1-5b/\" rel=\"noopener\">2020年のWorkfront(ワークフロント)の買収</a>によって取り込まれた、完全なマーケティングワークフロー管理サービスなどだ。Experience Cloudブランドは、同社の<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2017/03/20/adobe-unifies-digital-businesses-under-single-experience-cloud/\" rel=\"noopener\">2017 Digital Marketing Summit</a>(デジタル・マーケティング・サミット2017)でデビューした。このイベントは現在Adobe Summit(アドビ・サミット)と呼ばれていて、ちょうどCreative Cloud(クリエイティブ・クラウド)を中心とするAdobe MAXカンファレンスを、Experience Cloudを中心にしたものに相当すると考えることができる。米国時間3月15日、同社は2022年の(仮想)カンファレンスで同社のデジタルエクスペリエンスプラットフォームの新製品やアップデートを多数発表したことは驚きではない。</p>\n<p>今回の発表の焦点は、ブランドとそのために働く開発者たちが、よりパーソナライズされた体験を構築し、Experience Cloud内の異なるサービス間のより深い統合を提供することを助ける新しいツールを提供すること、そして長年要望されていたAdobeのCreative Cloudとの統合も提供することだ。</p>\n<p>Adobeの戦略・製品担当副社長であるLoni Stark(ロニ・スターク)氏は「私たちがお手伝いする企業は、その顧客によりパーソナライズされた体験を提供する必要があり、このデジタル経済で成功するためのツールを従業員に提供する必要があると考えています」と語る。「コンテンツとコマースに関する革新において私たちが焦点を合わせているのは、ショッピングとコマース体験をパーソナライズするための機能を提供して、顧客体験を開発する組織内のすべての人が、それを行うために必要な最も豊かな資産と洞察を得ることができるようにすることです。私たちの強みは、最高の技術を提供する一方で、開発者が想像するものを構築することを可能にできることであることを認識しながら、私たち消費者が恩恵を受けることができる、より大きなビジネス成長とエキサイティングな体験を推進する手助けができることです」。</p>\n<p>とはいえ、おそらく今回の発表会の目玉は、新しい<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.adobe.com/app-builder/\" rel=\"noopener\">Adobe App Builder </a>for Commerce(アドビ・アップ・ビルダー・フォー・コマース)かもしれない。Adobeは、これを使って、クラウドネイティブのコンテンツおよびコマースアプリケーションを構築するためのツールを開発者に提供する。これは、開発者が一連の開発者用ツールとSDKを通じて、Adobeのコマースソリューションの機能を拡張することを支援するというものだ。これによって、開発者は新しいユーザー体験だけでなく、企業のITスタックの残りの部分との統合を行うためのマイクロサービスも構築することができる。これは<a target=\"_blank\" href=\"https://experienceleague.adobe.com/docs/adobe-developers-live-events/events/2021/oct2021/introduction-app-builder.html?lang=en\" rel=\"noopener\">2021年末</a>にローンチされたApp Builder for Experience Manager(アップ・ビルダー・フォー・エクスペリエンス・マネージャー)プラットフォームを補完するものだ。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/mkgpeWbHrjA?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>「開発者がExperience Cloudにアプローチする際に、構築のために多すぎるツールを持たせないようにしたいのです。APIゲートウェイで統一されたエクスペリエンスを提供する必要があります」とスターク氏はいう。このApp Builderによって、開発者はより簡単にユニークなストアを構築したり、既存のeコマースツールを拡張してストア内での選択を可能にしたりすることができると指摘した。</p>\n<div id=\"attachment_475961\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475961\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475961 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"514\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png 2664w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=300,151 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=768,386 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=1024,514 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=1536,771 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=2048,1029 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=796,400 796w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=400,201 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=738,371 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=640,321 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=240,120 240w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=220,110 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=281,141 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=250,125 250w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=125,63 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=119,60 119w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=1099,552 1099w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=600,301 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-54.png?resize=50,25 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-475961\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Adobe</p></div>\n<p>統合機能としては、同社のマーケティングワークフロー管理サービスAdobe Workfront(アドビ・ワークフロント)」が、マーケターによるオムニチャネルキャンペーンの管理・分析を支援する<a target=\"_blank\" href=\"https://business.adobe.com/products/journey-optimizer/adobe-journey-optimizer.html\" rel=\"noopener\">Journey Optimizer</a>(ジャーニー・オプティマイザー)と連携するようになった。また、企業内のより多くの従業員がキャンペーンや体験の構築に積極的な役割を果たすようになる中で、同社はCreative Cloudとのより深いつながりを構築して、組織間のサイロを打破し、Adobe Experience Manager Assets(アドビ・エクスペリエンス・マネージャー・アセット) とAssets Essentials(アセット・エッセンシャル)サービス内にあるCreative Cloudライブラリのコンテンツへのアクセスをより多くのユーザーに提供するようになる。</p>\n<p>ここでのアイデアは、同社が「エクスペリエンス・フラグメント」と呼ぶものを構築することだとスターク氏は指摘する。これは基本的に企業のコンテンツライブラリを構成する最小単位のことで、これをさまざまなチャネルで再利用することで、ユーザー自身の好みや使用しているプラットフォームに基づいて高度にパーソナライズされたコンテンツを提供することができる。</p>\n<div id=\"attachment_475962\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475962\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475962 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-57.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"396\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-57.png 1436w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-57.png?resize=300,116 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-57.png?resize=768,297 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-57.png?resize=1024,396 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-57.png?resize=1035,400 1035w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-57.png?resize=400,155 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-57.png?resize=738,285 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-57.png?resize=640,247 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-57.png?resize=220,85 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-57.png?resize=281,109 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-57.png?resize=250,97 250w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-57.png?resize=125,48 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-57.png?resize=1428,552 1428w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-57.png?resize=600,232 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-15-11-57.png?resize=50,19 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-475962\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Adobe</p></div>\n<p>パーソナライズ化への注力の一環として、Adobeは本日(米国時間3月15日)、B2CやB2Bブランドが顧客行動や製品売上、人気トレンドに基づいてより良いレコメンデーションを提供できるようにする、AI主導の新しい製品レコメンデーション機能をAdobe Commerce(アドビ・コマース)内に組み込んだことも発表した。同社は、この新製品をすでに試用している企業では、受注額が25%以上増加したと主張している。同様に、Adobe Sensei AI(アドビ・センセイAI)プラットフォームを採用した同社の新しいLive Search(ライブ・サーチ)機能は、コンシューマーブランドに、より高速でよりパーソナライズされ、より適切な検索結果を提供するのに役立つ(検索結果がしばしば笑ってしまうほどナンセンスなAmazon[アマゾン]も、おそらくこれを試した方がよいだろう)。</p>\n<p><small>画像クレジット:halbergman / Getty Images </small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/15/adobe-updates-its-experience-cloud-with-a-focus-on-personalization/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475959,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475959,
            "tagId": 29691,
            "tag": {
              "id": 29691,
              "slug": "adobe",
              "name": "Adobe / アドビ(企業)",
              "description": "Adobe IllustratorやPhotoshopをはじめとしたクリエイティブのためのソフトウェアを開発、提供する米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475959,
            "tagId": 366272777,
            "tag": {
              "id": 366272777,
              "slug": "net-shopping",
              "name": "ネットショッピング / eコマース(用語)",
              "description": "ネットショッピングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475959,
            "tagId": 692508946,
            "tag": {
              "id": 692508946,
              "slug": "api",
              "name": "API(用語)",
              "description": "APIに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475959,
            "tagId": 692510334,
            "tag": {
              "id": 692510334,
              "slug": "adobe-experience-cloud",
              "name": "Adobe Experience Cloud(製品・サービス)",
              "description": "Adobeが提供するオンラインマーケティングお、ウェブ分析プロダクト。"
            }
          },
          {
            "postId": 475959,
            "tagId": 692513265,
            "tag": {
              "id": 692513265,
              "slug": "adobe-manager-essentials",
              "name": "Adobe Manager Essentials(製品・サービス)",
              "description": "Adobeが提供する膨大なデジタル資産を利用するチーム用のより簡単な企業向け資産管理ツール。\r\n"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475842,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 475842,
        "slug": "2022-03-15-copper-labs-series-a",
        "createdAt": "2022-03-16T01:15:19.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T00:51:04.000Z",
        "title": "電力会社のメーターをスマート化するCopper Labsが6.5億円調達",
        "content": "<p>電力会社は問題を抱えている。電力会社の「スマートグリッド」は10年前の請求問題を解決するために作られたもので、電気自動車、ソーラーパネル、そしてリアルタイムデータへのこだわりを持つ2022年の消費者のニーズや期待に応えるためのものではないからだ。この問題を解決すべく、処理能力の低いスマートメーターと消費者のインターネット接続の間を橋渡しする、エレガントで小さなハードウェアデバイスを展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.copperlabs.com/\" rel=\"noopener\">Copper Labs</a>(コッパーラボ)が550万ドル(約6億5000万円)を調達した。</p>\n<p>「問題は、現在最も洗練されたSmart Grid(スマートグリッド)でさえ、昨日起こったことを15分間隔でしか電力会社に伝えられないことです」とCopper LabsのCEOであるDan Forman(ダン・フォーマン)氏はいう。「多くの電力会社は、30日に1回しかそのデータを取得できません。電力だけでなく、ガスや水道の場合も、30日に1回しかデータにアクセスできないところがほとんどです。送電網のディスラプションのペースは、技術革新のペースに見合っていません。当社は、電力会社が必要なソリューションを提供するために、より費用対効果の高い方法を見つける手助けをしています」。</p>\n<p>Copper Labsは、アーリーステージの気候に特化した技術革新に資金を提供するベンチャーキャピタル<a target=\"_blank\" href=\"https://cleanenergyventures.com/\" rel=\"noopener\">Clean Energy Ventures (CEV)</a>がリードしたラウンドで550万ドルを調達した。同ラウンドには既存投資家の<a target=\"_blank\" href=\"https://ngpartners.com/\" rel=\"noopener\">National Grid Partners</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://bluebearcap.com/\" rel=\"noopener\">Blue Bear Capital</a>も参加した。新たに調達した資金により、Copper Labsは2023年にかけて営業、エンジニアリング、マーケティングの各チームを増強し、公益事業全域での浸透を加速させる計画だ。今回の資金調達に加え、同社はClean Energy Venturesのベンチャーパートナーで米連邦エネルギー規制委員会の元コミッショナーの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/nora-mead-brownell-3360387/\" rel=\"noopener\">Nora Mead Brownell</a>(ノラ・ミード・ブロウネル)氏を取締役に迎える。</p>\n<p>ブラウネル氏は「Copper Labsのチームは、電力会社が逼迫し限られた資源で将来を計画し、目的に合った供給システムを再構築できるよう支援することを使命としています」と述べた。「このチームが顧客に力を与え、より持続可能な未来のために急速に変化する外部性に適応している成熟した産業と提携するのをサポートすることを楽しみにしています」。</p>\n<p>Copper Labsは基本的に、電力会社がこれまでアクセスできなかったデータの宝庫を解き放つ。リアルタイムデータが行動の変化の潜在的推進力となる世界では、特に重要なことだ。例えば、11日前のピーク時にTesla(テスラ)車両を充電していたと消費者に伝えても、その時点ではエンドユーザーはなぜ車を接続したのか思い出すことができず、意味がない。充電時点で、電気代や環境に対するダメージはすでに終わっている。</p>\n<p>「これまで家庭用の需要管理プログラムは、主にスマートサーモスタットに接続し、ピーク時の負荷を軽減することを目的としていました。そうすることで、電力会社は高価で汚れたガスで稼働する<a target=\"_blank\" href=\"https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%A0%AD%E8%B2%A0%E8%8D%B7%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80\" rel=\"noopener\">尖頭負荷発電所</a>(電力需要が急激に高まったピーク時にだけ運転する発電所)への依存を減らすことができます。しかし、スマートサーモスタットが設置されているのは米国の家庭の20%未満であり、そのうちの半数程度がこうした制御プログラムに申し込んでいるのが現状です」とフォーマン氏は説明する。「スマートサーモスタットは例えばEVの充電器など、今後発生するであろう他の問題をすべてカバーできるわけではありません。グリッドエッジのリアルタイムな情報だけでなく、ターゲットとなるユーザーを引き込むチャンネルが必要です。例えば、ピーク時に誰がEV充電器を使っているかがわかれば、電力会社にとっては価値の高い情報です。そして、その人をターゲットにして、負荷を抑えるインセンティブを与えることができます」。</p>\n<div id=\"attachment_475844\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475844\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475844 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"447\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp 2047w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=300,131 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=768,335 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=1024,447 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=1536,671 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=916,400 916w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=400,175 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=738,322 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=640,280 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=220,96 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=281,123 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=250,109 250w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=125,55 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=1264,552 1264w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=600,262 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=50,22 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-475844\" class=\"wp-caption-text\">Copper Labsのモバイルアプリは、住宅所有者に電力消費の最新情報を提供し、電力・水・ガスを節約するための実行可能な洞察とインセンティブを提供する(画像クレジット:Copper Labs)</p></div>\n<p>既存のスマートメーターをインターネットに接続する家庭内ブリッジや、数十軒から数千軒の住宅に対応する近隣規模のソリューションなど、いくつかのソリューションがある。</p>\n<p>「スマートグリッドのメーターには、ZigBeeホームエリアネットワークが内蔵されているものがあります。当社は安全なハンドシェイクを行い、翌日まで待つことなく約30秒間隔でデータを取り戻すことができます。設置するには、電力会社から郵送でデバイスが送られてきます。Copperのモバイルアプリをインストールし、すべてを接続します」とフォーマン氏は説明する。「これを壁に差し込むだけで、すべてをワイヤレスで行えます」。</p>\n<p>近隣型ソリューションも同様で、有線または既存の無線ネットワークによる独自のインターネット接続が必要だ。電柱に設置し、より多くの家庭にサービスを提供することができる。</p>\n<p>「当社の近隣レベルの装置では、1台の装置で数百軒の家庭から約1分間隔のデータを取得します」とフォーマン氏は話す。「その価値は、明らかに家庭のハードウェアコストを劇的に削減することです。消費者に何もしてもらう必要はなく、専用のブロードバンドやワイヤレスネットワークがあるので、消費者のWi-Fiに頼る必要もありません」。</p>\n<p>クールなのは、Copperのデバイスは、太陽光発電メーターを追跡し、どのような電気が発電されグリッドに供給されているかを示すこともできる点だ。分散型の屋根上の太陽光発電アレイを可視化できない電力会社にとって、これは特に強力な独自の視点だと同社は主張する。また、このアプリは異常検知、使用状況データ、さらなる洞察をも可能にする。</p>\n<p>「スマートメーターの有無にかかわらず、Copper Labsは迅速な意思決定を可能にすべく消費者、電力会社、スマートホームプロバイダーにとって高頻度データの宝庫を開きます」とBlue Bear Capitalのパートナー、Carolin Funk(キャロリン・ファンク)博士は述べた。</p>\n<p>つまり、Copper Labsが解決しようとしている課題は、メーターベンダーの遅いイノベーションサイクルを回避して、古いグリッドを最先端のスマートグリッドよりも賢くすることだ。さらに、同社のソリューションは電柱に設置するため、、家庭レベルでまったく問題なく使用できる100個の電力メーターを交換するよりもはるかに安く、早く、そして環境にも配慮したものだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://merrickchasephotography.com/\" rel=\"noopener\">Copper Labs (Merrick Chase Photography) </a>under a license.</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/15/copper-labs-series-a/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Haje Jan Kamps、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Copper-.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475842,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475842,
            "tagId": 2121118,
            "tag": {
              "id": 2121118,
              "slug": "iot",
              "name": "IoT(用語)",
              "description": "Internet of Things。さまざまなモノがインターネットに接続され、情報交換することによって相互に制御する仕組み。"
            }
          },
          {
            "postId": 475842,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475842,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475842,
            "tagId": 692507969,
            "tag": {
              "id": 692507969,
              "slug": "electrical-grid",
              "name": "電力 / 電力網 / 発電(用語)",
              "description": "電力 / 電力網に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475660,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 475660,
        "slug": "2022-03-14-mask-unlock-is-finally-live-on-iphone-as-ios-15-4-arrives",
        "createdAt": "2022-03-14T23:15:42.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-15T04:10:10.000Z",
        "title": "iOS 15.4公開、iPhoneでマスク姿でのロック解除がついに利用可能に",
        "content": "<p>Apple(アップル)の<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/09/2022-03-08-apple-peek-performance-event-recap/\" rel=\"noopener\">ビッグイベントから1週間弱</a>、同社は3つのOSの最新バージョンをドロップした。米国時間3月14日、 iOS / iPadOS 15.4とmacOS 12.3がついに公開された。<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/28/2022-01-27-latest-apple-os-betas-deliver-face-id-with-a-mask-and-universal-control/\" rel=\"noopener\">ベータテスト</a>に参加していない人たちにとって、これはマスクを着用したままで使えるFace IDによるロック解除や、iPadとMac間のさらにシームレスな統合を提供する<a target=\"_blank\" href=\"/2021/06/08/2021-06-07-macos-12-monterey-upgrades-continuity-with-universal-control/\" rel=\"noopener\">ユニバーサルコントロール</a>などの主要機能の数々を意味する。</p>\n<p>これらのOSは、新しいiPhone SE(<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/14/the-iphone-se-is-the-platonic-ideal-of-a-smartphone/\" rel=\"noopener\">先にレビューした</a>)とMac Studioに先駆けて登場した。マスク着用時のロック解除の件は、過去2年ほどの間、かなり大きな悩みの種となっていた。AppleはApple Watchでロックを解除するという応急処置としては悪くないソリューションを提供していたが、この新バージョンでより多くのユーザーが利用しやすいものになる(しかし再び、SEで親指にこだわり続けるのももちろんアリだ)。</p>\n<div id=\"attachment_475662\" style=\"width: 1007px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475662\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475662 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/universal-control.webp?w=997\" alt=\"\" width=\"997\" height=\"566\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/universal-control.webp 997w, /wp-content/uploads/2022/03/universal-control.webp?resize=300,170 300w, /wp-content/uploads/2022/03/universal-control.webp?resize=768,436 768w, /wp-content/uploads/2022/03/universal-control.webp?resize=705,400 705w, /wp-content/uploads/2022/03/universal-control.webp?resize=400,227 400w, /wp-content/uploads/2022/03/universal-control.webp?resize=738,419 738w, /wp-content/uploads/2022/03/universal-control.webp?resize=634,360 634w, /wp-content/uploads/2022/03/universal-control.webp?resize=220,125 220w, /wp-content/uploads/2022/03/universal-control.webp?resize=281,160 281w, /wp-content/uploads/2022/03/universal-control.webp?resize=125,71 125w, /wp-content/uploads/2022/03/universal-control.webp?resize=106,60 106w, /wp-content/uploads/2022/03/universal-control.webp?resize=972,552 972w, /wp-content/uploads/2022/03/universal-control.webp?resize=600,341 600w, /wp-content/uploads/2022/03/universal-control.webp?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/universal-control.webp?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 997px) 100vw, 997px\" /><p id=\"caption-attachment-475662\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Apple</p></div>\n<p>筆者はベータ版を数週間使ってみたが、満足のいく結果が得られている。マスクとメガネを着用しても問題なく動作するので、パンデミックが始まってから初めて行った本格的な旅行では役に立った。もちろん、メガネが曇ったときは苦労したが、それはおそらくHoneywell(マスク)とWarby Parker(メガネ)のせいだろう。OSは、当然ながら顔全体に頼った方が安全であることを警告しつつ、このオプトイン機能のセットアップ過程を案内してくれる。</p>\n<p>また、携帯電話側の新機能として、カードリーダーを介さず、iPhoneユーザーがNFCチップを介して支払いを受けられる「Tap to Pay」機能が搭載されている。また、新しい絵文字は全部で37種類。とろけるような顔や、覗き込むような顔が収録されている。先週のイベント「Peek Performance」の名前は、まさかこれからインスパイアされたものではないだろうが(訳註:Peek=覗き見、チラ見を「Peak」とかけていた)、誰も確かなことは言えない。</p>\n<p>もうひとつの大きなニュースは、iPadOS / MacOSサイドにある。AppleはこれをSidecarキラーと位置づけているわけではないが、多くのユーザーにとってその役割を果たすことは間違いないだろう。この機能により、MacとiPadの間でキーボード、トラックパッド、マウスを同期させることが可能になる。つまり、デバイスとOSの間でファイルをドラッグ&ドロップでき、よりシームレスなバージョンのAirDropを効果的に使用することができるのだ。</p>\n<p>どちらのオペレーティングシステムも、対応するデバイスで現在配信が開始されている。</p>\n<p>編集部注:ベータ版と同様であれば「マスク姿でFace ID解除」が可能なのは、TrueDepthカメラの性能が改善されたiPhone 12と13に限られる。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/tag/apple-event-2022-march8/\" rel=\"noopener\"><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter\" src=\"https://techcrunch.com/wp-content/uploads/2022/03/apple-march-2022-event-banner1.jpg\" alt=\"Read more about the Apple March 2022 event on TechCrunch\" width=\"3200\" height=\"440\" /></a></p>\n<p><small>画像クレジット:Nora Tam/South China Morning Post / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/14/mask-unlock-is-finally-live-on-iphone-as-ios-15-4-arrives/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1094013776.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475660,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475660,
            "tagId": 106595,
            "tag": {
              "id": 106595,
              "slug": "iphone",
              "name": "iPhone(製品・サービス)",
              "description": "iPhoneは、アップルが展開するスマートフォンブランド。"
            }
          },
          {
            "postId": 475660,
            "tagId": 324281,
            "tag": {
              "id": 324281,
              "slug": "ios",
              "name": "iOS(製品・サービス)",
              "description": "iOSはAppleが提供するスマートフォン向けオペレーションシステム。"
            }
          },
          {
            "postId": 475660,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475660,
            "tagId": 692513876,
            "tag": {
              "id": 692513876,
              "slug": "ios-15",
              "name": "iOS 15(製品・サービス)",
              "description": "iOS 15に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475392,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 475392,
        "slug": "2022-03-10-100ms-secures-20m-to-power-next-generation-of-live-video-apps",
        "createdAt": "2022-03-12T02:45:43.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-12T02:07:01.000Z",
        "title": "次世代ライブビデオアプリを強化する100msが約23.3億円を調達",
        "content": "<p>インドと米国を拠点とするライブビデオ会議インフラのスタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://www.100ms.live/\" rel=\"noopener\">100ms(ハンドレットエムエス)</a>は、次世代のライブビデオアプリを強化するため、シードラウンドの完了からわずか5カ月でシリーズA資金として2000万ドル(約23億3900万円)を調達した。</p>\n<p>この最新ラウンドは、Falcon Edge(ファルコン・エッジ)のAlpha Wave Incubation(アルファ・ウェーブ・インキュベーション)が主導し、Matrix Partners India(マトリックス・パートナーズ・インド)とLocalGlobe(ローカルグローブ)が参加、既存の投資家であるAccel(アクセル)とStrive.vc(ストライブ・ドット・ブイシー)が参加した。これにより、スタートアップが調達した資金の総額は2450万ドル(約28億6400万円)に達した。</p>\n<p>同スタートアップは2020年、創業者らがインド最大のストリーミングプラットフォームの1つであるDisney+ Hotstar(ディズニープラス・ホットスター)で、インドの人々が試合のライブ中継を見られるようにする機能を開発していたときに設立された。</p>\n<p>「アプリで試合を観戦し、友人とビデオ通話をして試合を楽しめる機能を構築することにしたのです。私たちは、世の中にあるソリューションを調査し、既存のビデオSDKプロバイダーの1つを選びました。その製品を動かすのに4カ月かかりました」。と100msの共同設立者でCEOの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/guptakshi/?originalSubdomain=in\" rel=\"noopener\">Kshitij Gupta(クシティジ・グプタ)</a>氏は、TechCrunchの取材で語っている。</p>\n<p>「ほとんどの体験がライブ動画で行われるようになっているこの新しい世界で、このようなプラットフォームを構築するのに4カ月もかかるべきではない」と、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/aniketbehera/\" rel=\"noopener\">Aniket Behera(アニケット・ベヘラ)</a>氏と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/sarveshdvd/\" rel=\"noopener\">Sarvesh Dwivedi(サルベシュ・ドゥイヴェディ)</a>氏と共同でこのスタートアップを設立したグプタ氏は付け加えた。</p>\n<p>彼らは、アプリを構築する際に経験した課題から、Edtech、フィットネス、エンターテインメントなどの企業が、アプリ内にZoomのようなビデオ会議を追加し、YouTubeやFacebookなどのプラットフォームでアプリをライブ配信できるようなライブビデオインフラを構築することを思いついたのだそうだ。</p>\n<p>この新製品は約9カ月かけて構築され、企業が1週間以内に統合、テスト、本稼働できるようにした。</p>\n<p>「この技術は非常に複雑なため、ほとんどの企業が構築を敬遠しています。私たちは、アプリケーションにビデオを埋め込もうとするすべての企業をターゲットにしています。オンライン授業を行うEdtech企業、医師と患者の間で遠隔健康診断を行う医療技術企業、ライブコマースで何かを販売する企業などです」と、Disney+ Hotstarに参加する前にMeta(メタ)でライブ映像インフラのプロダクトマネージャーとして働いていたグプタ氏は語っている。</p>\n<div id=\"attachment_475393\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475393\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475393 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"575\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=300,168 300w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=768,431 768w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=1024,575 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=1536,863 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=712,400 712w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=738,414 738w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=223,125 223w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=983,552 983w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=600,337 600w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-475393\" class=\"wp-caption-text\">100msは、アプリケーションに動画を埋め込むことを検討しているEdtech、遠隔医療企業、フィットネススタジオなどの企業をターゲットにしている(画像クレジット:100ms)</p></div>\n<p>同スタートアップは、前四半期に20倍の成長を遂げた。ライブ体験が主流になりつつある現在でも、製品に対する需要は増え続けている。2021年8月以降、EdtechプラットフォームのFrontRow(フロントロウ)とWhiteHat Jr(ホワイトハット・ジュニア)、クリエイターとブランドのためのプラットフォームCircle(サークル)、ライブイベントプラットフォームのPaytm Insider(ペイティーエム・インサイダー)、コミュニティアプリのKutumb(クトゥンブ)など、2200以上の企業が100msのライブ動画インフラを使ってきた。</p>\n<p>「このような加速が起こったのは、私たちが統合時間を短縮したためだと思います。また、企業がライブイベントをカスタマイズして、よりリアルな体験ができるようなテンプレートモデルを構築したいと考えています。【略】私たちにとって、これはメタバースの旅の始まりになると感じています」。と、銀行員としてキャリアをスタートさせた後、技術者としてのキャリアに転向したベヘラ氏は語った。</p>\n<p>この資金をもとに、ビデオエンジニアを増員するなどしてチームを拡大し、製品にさらなる機能を追加していく予定だ。</p>\n<p>Falcon EdgeのAlpha Wave IncubationのマネージングディレクターであるAnirudh Singh(アニルード・シン)氏は、100msへの投資について「オンラインジムは、トレーニング者に怪我の報告を求めています。オンライン・スクールは、ライブラリを追加し、1対1のヘルプ・セッションを可能にしています。オンラインデート・アプリは、より良いバーチャル・ミーティング体験を再現しようとしています。100msは、ビデオストリーミングの複雑さを抽象化することで、製品メーカーが洗練されたライブエンゲージメントを想像し、追加することを可能にします」。と語っている。</p>\n<p><small>画像クレジット:100ms</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/10/100ms-secures-20m-to-power-next-generation-of-live-video-apps/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Annie Njanja、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/100ms-Founders-2.jpg",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475392,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475392,
            "tagId": 365840503,
            "tag": {
              "id": 365840503,
              "slug": "india",
              "name": "インド(国・地域)",
              "description": "インドに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475392,
            "tagId": 366270802,
            "tag": {
              "id": 366270802,
              "slug": "fitness",
              "name": "フィットネス / エクササイズ / ワークアウト(用語)",
              "description": "フィットネスやエクササイズ、ワークアウトに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475392,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475392,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475392,
            "tagId": 366273970,
            "tag": {
              "id": 366273970,
              "slug": "livestreaming",
              "name": "ライブ動画配信 / ライブストリーミング(用語)(用語)",
              "description": "ライブ動画配信 / ライブストリーミング(用語)に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475392,
            "tagId": 366280829,
            "tag": {
              "id": 366280829,
              "slug": "entertainment",
              "name": "エンターテインメント(用語)",
              "description": "エンターテイメントに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475238,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 475238,
        "slug": "2022-03-10-googles-message-app-can-now-handle-imessage-reactions-challenges-apple-with-new-features",
        "createdAt": "2022-03-11T00:30:25.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-11T00:20:33.000Z",
        "title": "グーグルのメッセージアプリがiMessageのリアクションに対応、新機能でアップルに挑戦",
        "content": "<p>米国時間3月10日に、Google(グーグル)は、同社のデフォルトのメッセージングアプリを大幅にアップグレードすることを<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.google/products/messages/updates-march-2022/\" rel=\"noopener\">発表した</a>。ほとんどのAndroid携帯にプリインストールされている<a target=\"_blank\" href=\"https://messages.google.com/\" rel=\"noopener\">メッセージアプリ</a>は、今回のアップデートで多くの新機能を獲得することになる。最も顕著なのは、iMessageの「<a target=\"_blank\" href=\"https://support.apple.com/en-us/HT206894\" rel=\"noopener\">背面タップ</a>」が絵文字の反応として配信されず、別のメッセージとして送信されていた長年の問題に対処することだ。この問題は、AndroidとiPhoneユーザーの間のチャットを混乱させ、乱雑にし、あまりにもうるさいものにしている。</p>\n<p>他のアップデートは、返信を忘れたメッセージに返信することを思い出させるナッジ、ビジネスと個人的なメッセージのための別々のタブ、お祝いしたい誕生日のリマインダー、Googleフォト統合を介するより鮮明なビデオのサポート、絵文字マッシュアップの拡張セットなどが含まれている。</p>\n<p>アップデート後は、iPhoneユーザーからのリアクションが、Android上のテキストメッセージに絵文字として送信されるようになる。iMessageと同様にライク、笑い、混乱、興奮などの絵文字のリアクションがメッセージの右側に表示される(Androidでは、右下に表示)。この機能は、まず英語に設定されたAndroidデバイスで展開されるが、他の言語でも順次展開される予定だ。</p>\n<div id=\"attachment_475241\" style=\"width: 690px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475241\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-475241\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp\" alt=\"\" width=\"680\" height=\"678\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp 680w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=150,150 150w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=300,300 300w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=401,400 401w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=400,399 400w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=361,360 361w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=380,380 380w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=220,220 220w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=173,172 173w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=125,125 125w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=60,60 60w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=554,552 554w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=368,367 368w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=32,32 32w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=50,50 50w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=64,64 64w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=96,96 96w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=128,128 128w, /wp-content/uploads/2022/03/google-messsages-1.webp?resize=80,80 80w\" sizes=\"(max-width: 680px) 100vw, 680px\" /><p id=\"caption-attachment-475241\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>これらの改良されたリアクションは、メッセージアプリのベータユーザーには<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/google-messages-imessage-reactions-emoji-134015919.html\" rel=\"noopener\">すでに提供されていた</a>が、Googleはまだ一般にいつ提供されるようになるかについては述べていなかった。しかし、どの絵文字を使うかについてのAndroidの解釈は、iPhoneと若干異なることが<a target=\"_blank\" href=\"https://9to5google.com/2022/01/31/android-messages-imessage-reactions/\" rel=\"noopener\">テスターによって指摘されていた</a>。例えば、Androidでは「ハート」のリアクションが「ハートの目をした顔」の絵文字になる。また、iMessageの感嘆符のリアクションは「口を開けた顔」の絵文字になる。</p>\n<p>また、Googleは、ビデオ共有のエクスペリエンスを向上させるために、メッセージアプリにGoogleフォトを統合する。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2019/12/15/rcs-messaging-has-rolled-out-to-android-users-in-the-us/\" rel=\"noopener\">最新のRCS規格</a>では、Android端末を持つ人同士で高品質のビデオを共有することができるが、iMessageはRCSをサポートしていないため、同じビデオをiPhoneの人と共有するとぼやけて表示される。そこで、Googleフォトを経由して動画のリンクを送信することで、iPhoneユーザーも同じように高画質で動画を視聴できるようになる。この機能は、後に写真にも対応する予定だ。</p>\n<p>この追加機能は、ビデオの品質に関してAppleを恥じ入らせることで、業界標準を採用するように仕向けることを目的としている。</p>\n<p>Googleはこれまで、AppleがRCSをサポートしないという決定について<a target=\"_blank\" href=\"https://www.androidpolice.com/googles-rcs-drama-with-apple-explained/\" rel=\"noopener\">非常に大きな声を上げてきた</a>。RCSを採用すればGoogleがAppleのiMessageとよりよく競争できるようになるというのがその主な理由だ。しかし、AppleがiMessageを安全性の低い古い規格であるSMSに戻したことで、自社の顧客にあまり良いサービスを提供できていないと指摘するGoogleは間違ってはいない(これは、Appleが主張するようなプライバシー重視の企業としては、奇妙な選択だ)。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">iMessage should not benefit from bullying. Texting should bring us together, and the solution exists. Let&#8217;s fix this as one industry. 💚💙 <a href=\"https://t.co/18k8RNGQw4\">https://t.co/18k8RNGQw4</a></p>\n<p>&mdash; Android (@Android) <a href=\"https://twitter.com/Android/status/1479875457667448837?ref_src=twsrc%5Etfw\">January 8, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>サポートの欠如はまた、メッセージングの際にさまざまな矛盾を引き起こす。例えば、他のiPhoneユーザーにテキストを送る際、iMessageユーザーはタイピングインジケータを見たり、既読レシートを使ったり、高解像度のメディアを見たりすることができる。iMessageがRCSをサポートしていれば、Androidユーザーとのコミュニケーションでも<a target=\"_blank\" href=\"https://9to5google.com/2022/03/02/heres-what-you-can-do-with-rcs-and-google-messages-and-why-its-worth-trying/\" rel=\"noopener\">これらの機能が使えるはずだが</a>、Appleはそうしないことを選択したため、自社の顧客にとって劣った体験になってしまっている。</p>\n<p>Appleは、SMSを「より悪い」体験にすることで、エコシステムを<a target=\"_blank\" href=\"https://www.wsj.com/articles/why-apples-imessage-is-winning-teens-dread-the-green-text-bubble-11641618009\" rel=\"noopener\">ロックイン</a>することができるため、ある程度は利益を得ている。しかし、このような決定によって、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.macworld.com/article/606152/imessage-green-bubbles-sms-rcs-reactions.html\" rel=\"noopener\">iMessage</a>はグローバルなメッセージングチャンピオンになることに失敗したと批判する議論もある。世界中のユーザーがWeChat(ウィーチャット)、Messenger(メッセンジャー)、Telegram(テレグラム)、WhatsApp(ワッツアップ)などのサードパーティのメッセージングアプリに移行したのは、AppleがAndroidに対抗しない、あるいは現代のメッセージングの基本機能に追いつくことさえしないことを選択したことも一因となっているのだ。</p>\n<p>一方、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.fastcompany.com/90636950/googles-turning-point\" rel=\"noopener\">Google</a>の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.cnbc.com/2018/01/31/google-facebook-data-privacy-concerns-out-of-control-commentary.html\" rel=\"noopener\">場合</a>は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.washingtonpost.com/technology/2021/09/23/google-privacy-settings/\" rel=\"noopener\">ユーザーのプライバシー</a>を保護するための<a target=\"_blank\" href=\"https://www.cnbc.com/2018/09/25/google-to-acknowledge-privacy-mistakes-as-us-seeks-input.html\" rel=\"noopener\">努力が必要</a>なものの、少なくとも消費者の利便性という点では、メッセージのアップグレードは、デフォルトのメッセージングアプリがどのように機能し得るかについての基準を上げている。それでも、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/2016-05-19-why-google-cant-stop-making-messaging-apps.html\" rel=\"noopener\">以前</a>の<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2018/04/19/google-changes-its-messaging-strategy-again-goodbye-to-allo-double-down-on-rcs/\" rel=\"noopener\">同社</a>の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theverge.com/2021/6/21/22538240/google-chat-allo-hangouts-talk-messaging-mess-timeline\" rel=\"noopener\">散漫な</a>メッセージング<a target=\"_blank\" href=\"https://arstechnica.com/gadgets/2021/08/a-decade-and-a-half-of-instability-the-history-of-google-messaging-apps/\" rel=\"noopener\">戦略</a>の場合のように、さらに別のアプリを展開するのではなく、たった1つのアプリに着実な改善を見るのは良いことだ。</p>\n<div id=\"attachment_475242\" style=\"width: 690px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475242\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-475242\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.45.33-PM-1.webp\" alt=\"\" width=\"680\" height=\"447\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.45.33-PM-1.webp 680w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.45.33-PM-1.webp?resize=300,197 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.45.33-PM-1.webp?resize=609,400 609w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.45.33-PM-1.webp?resize=400,263 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.45.33-PM-1.webp?resize=548,360 548w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.45.33-PM-1.webp?resize=220,145 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.45.33-PM-1.webp?resize=262,172 262w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.45.33-PM-1.webp?resize=190,125 190w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.45.33-PM-1.webp?resize=125,82 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.45.33-PM-1.webp?resize=91,60 91w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.45.33-PM-1.webp?resize=558,367 558w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.45.33-PM-1.webp?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 680px) 100vw, 680px\" /><p id=\"caption-attachment-475242\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>AppleがSMSを使い続けていることに関連する問題の解決に焦点を当てた上記の修正に加え、メッセージはアプリ内でメッセージを個人用とビジネス用のタブに自動的に分類するようになり、必要なメッセージをより簡単に見つけることができるようになった。さらに、乱雑さを減らすために、ワンタイムパスワードのメッセージは24時間後に自動的に消えるように設定することも可能だ。この機能はインドですでに提供されており、今回、米国でも提供される。</p>\n<p>このアプリはまた、テキストに返信するのを忘れているのを知らせたり、友人の誕生日を思い出させることによって、より良い関係を維持するのに役立つ(連絡先アプリに誕生日情報を保存した場合にのみ有効)。このナッジは、まず世界中の英語圏のユーザーに対して展開される。</p>\n<p>メッセージで送信されたYouTubeのリンクには、会話中にビデオのプレビューが表示されるようになった。</p>\n<p>ついにGoogleは、<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.inputmethod.latin\" rel=\"noopener\">Gboardキーボード</a>に搭載されている、2種類の絵文字をマッシュアップして自分だけの絵文字を作ることができる機能「<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.google/products/android/feeling-all-the-feels-theres-an-emoji-sticker-for-that/\" rel=\"noopener\">Emoji Kitchen</a>」をアップデートした。この機能では、2000種類以上の絵文字がステッカーとして利用できるようになり、選択の幅が広がった。Gboardのデバイス上での文法訂正機能も、Pixelデバイスで最初に開始された後、すべてのAndroidに提供される。</p>\n<div id=\"attachment_475243\" style=\"width: 683px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475243\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-475243\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp\" alt=\"\" width=\"673\" height=\"680\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp 673w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=297,300 297w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=396,400 396w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=400,404 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=356,360 356w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=218,220 218w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=170,172 170w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=124,125 124w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=125,125 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=59,60 59w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=546,552 546w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=363,367 363w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=32,32 32w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=50,50 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=64,64 64w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=96,96 96w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=128,128 128w, /wp-content/uploads/2022/03/Google-Messages-Update5.46.19-PM.webp?resize=80,80 80w\" sizes=\"(max-width: 673px) 100vw, 673px\" /><p id=\"caption-attachment-475243\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>メッセージアプリの新機能は、Androidウィジェット、Google TV、Googleフォト、Nearby Share、Android Auto、アクセシビリティ機能などの改善を含む、今回配信される他の多くのGoogle製品のアップデートにおけるハイライトの1つだ。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/10/googles-message-app-can-now-handle-imessage-reactions-challenges-apple-with-new-features/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Yuta Kaminishi)</p>\n",
        "authorId": 191889573,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/messages.webp",
        "author": {
          "id": 191889573,
          "slug": "yuta-kaminishi",
          "name": "Yuta Kaminishi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475238,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475238,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475238,
            "tagId": 324281,
            "tag": {
              "id": 324281,
              "slug": "ios",
              "name": "iOS(製品・サービス)",
              "description": "iOSはAppleが提供するスマートフォン向けオペレーションシステム。"
            }
          },
          {
            "postId": 475238,
            "tagId": 641922,
            "tag": {
              "id": 641922,
              "slug": "android",
              "name": "Android(製品・サービス)",
              "description": "Androidは、主にスマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーンモバイル機器向けに設計されたオペレーティングシステム。Googleが開発、提供する。"
            }
          },
          {
            "postId": 475238,
            "tagId": 2523687,
            "tag": {
              "id": 2523687,
              "slug": "emoji",
              "name": "絵文字 / Emoji(用語)",
              "description": "絵で表現した文字。"
            }
          },
          {
            "postId": 475238,
            "tagId": 50874977,
            "tag": {
              "id": 50874977,
              "slug": "imessage",
              "name": "iMessage(製品・サービス)",
              "description": "iMessageに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475238,
            "tagId": 366273789,
            "tag": {
              "id": 366273789,
              "slug": "messaging-app",
              "name": "メッセージ / メッセージングアプリ(用語)",
              "description": "メッセージ / メッセージングアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475238,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475060,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 475060,
        "slug": "2022-03-08-mozilla-rolls-out-new-features-for-firefox-focus-on-android-and-firefox-on-ios",
        "createdAt": "2022-03-09T23:30:13.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-09T22:52:36.000Z",
        "title": "MozillaがAndroid版Firefox FocusとiOS版Firefoxに新機能を導入、ピクサー映画の壁紙も",
        "content": "<p>Mozilla(モジラ)は米国時間3月8日、Android版「Firefox Focus」とiOS版「Firefox」に新機能を導入すると<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.mozilla.org/en/products/disney-and-pixars-turning-red-movie-browser-mobile-wallpapers/\" rel=\"noopener\">発表した</a>。Android向けのプライバシーを重視したモバイルブラウザであるFirefox Focusには「HTTPSオンリーモード」が追加される。このモードでは、訪問するすべてのウェブサイトで、アプリが自動的にHTTPSによる安全で暗号化された接続を確立するようになる。</p>\n<p>「シンプルでプライバシーをデフォルトで重視するコンパニオンアプリとして、私たちはFirefox Focusをユーザーにとってより安全にするためにもっとできることはないかと考え、HTTPS専用モードを思いつきました」と、Mozillaはこの発表についての<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.mozilla.org/en/products/disney-and-pixars-turning-red-movie-browser-mobile-wallpapers/\" rel=\"noopener\">ブログ記事</a>で述べている。「これは、Firefox Focusに自然にフィットするように感じられました。Android版Firefox Focusは現在、利用できる最高のセキュリティとプライバシーのために、自動的にHTTPSを選んで接続し、気が散ったり心配したりすることなく、あなたが迅速な検索を行いたいと思う瞬間をサポートします」。</p>\n<p>今回の発表から2カ月ほど前、MozillaはAndroid版Firefox Focusに「Total Cookie Protection(トータル・クッキー・プロテクション)」と呼ばれるプライバシー保護機能も<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.mozilla.org/en/mozilla/new-privacy-protection-for-firefox-focus-on-android/\" rel=\"noopener\">導入している</a>。その目的は、毎日訪れるサイトや検索している製品など、複数のサイトでクッキーを共有して企業がユーザーに関する情報を収集するクロスサイトトラッキングを制限することだ。</p>\n<p>iOS版Firefoxアプリの方は、画面の上部だけでなく下部にも配置できる新しい調整可能な検索バーが追加された。このわずかな変更により、ユーザーがオンラインで訪問したい場所にすばやくアクセスできるようになると、Mozillaでは述べている。この新しいオプションは、Apple(アップル)が「Safari(サファリ)」ブラウザに採用した調整可能な検索バーと似ている。</p>\n<p>なお、Mozillaは今回の発表に合わせて、Disney(ディズニー)とPixar(ピクサー)の映画<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.mozilla.org/en/products/firefox/true-colors-with-firefox-pixar-animation-studios-turning-red/\" rel=\"noopener\">「私ときどきレッサーパンダ(原題:Turning Red)」にちなんだ</a>モバイル壁紙を、米国内の全ユーザーに展開することも発表した。この壁紙は、Firefoxモバイルアプリを開き、ホームページのFirefoxロゴをダブルクリックするか「ホームページをカスタマイズ」から見つけることができ、さまざまな壁紙の中から好きなものを選んで設定できる。Mozillaによると、今後数カ月のうちには新しい壁紙も用意され、グローバルにも展開する予定だという。</p>\n<p><small>画像クレジット:Mozilla</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/08/mozilla-rolls-out-new-features-for-firefox-focus-on-android-and-firefox-on-ios/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/firefox-mozilla-wallpapers.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475060,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475060,
            "tagId": 24,
            "tag": {
              "id": 24,
              "slug": "mozilla",
              "name": "Mozilla(企業)",
              "description": "Mozillaに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475060,
            "tagId": 45,
            "tag": {
              "id": 45,
              "slug": "firefox",
              "name": "Firefox(製品・サービス)",
              "description": "Mozilla Foundationおよびその傘下のMozilla Corporationが開発するオープンソースの無料ウェブブラウザー。"
            }
          },
          {
            "postId": 475060,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475060,
            "tagId": 324281,
            "tag": {
              "id": 324281,
              "slug": "ios",
              "name": "iOS(製品・サービス)",
              "description": "iOSはAppleが提供するスマートフォン向けオペレーションシステム。"
            }
          },
          {
            "postId": 475060,
            "tagId": 641922,
            "tag": {
              "id": 641922,
              "slug": "android",
              "name": "Android(製品・サービス)",
              "description": "Androidは、主にスマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーンモバイル機器向けに設計されたオペレーティングシステム。Googleが開発、提供する。"
            }
          },
          {
            "postId": 475060,
            "tagId": 366272222,
            "tag": {
              "id": 366272222,
              "slug": "privacy",
              "name": "プライバシー(用語)",
              "description": "プライバシーに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475060,
            "tagId": 692507074,
            "tag": {
              "id": 692507074,
              "slug": "browser",
              "name": "ウェブブラウザ(用語)",
              "description": "ウェブブラウザに関する記事一覧。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474943,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 474943,
        "slug": "2022-03-08-metas-npe-team-launches-a-new-app-task-for-group-organization-and-to-dos",
        "createdAt": "2022-03-09T05:00:46.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-09T04:57:47.000Z",
        "title": "Metaの社内研究開発グループNPE TeamがグループのためのToDoアプリ「Move」を発表",
        "content": "<p>Metaの社内的な研究開発グループ「NPE Team」が、「<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/us/app/move-task-with-friends/id1578531828\" rel=\"noopener\">Move</a>」という新しいソーシャルアプリをローンチした。これは個人とグループ両用のToDoリストで、ユーザーはこのアプリで、個人でもグループでも何かしらのプロジェクトのために集まり、ToDoリストを作成し、まだ終わってない作業に関する注意や催促などすることができる。従来のToDoアプリと異なるのは、全体がゲーム化されている点で、終わった作業に対してユーザーがポイントを得たり、またアルパカで表現されるアバターに帽子や服、サングラスなどを着せてカスタマイズすることもできる。</p>\n<p>その狙いはどうやら、グループへの参加を促すことにありそうだ。たとえばアバターのカスタム化では、グループのどのメンバーが生産性が高かったかを表現できる。たとえばアバターが何もアクセサリーを付けていなかったら、その人はグループのプロジェクトにまだ参加していないといった感じで。それを軽いプレッシャーにして、参加を促すこともできそうだ。</p>\n<p>Metaによると、Moveは同社のNew Product Experimentation(NPE)の、まだ小規模の初期テスト段階であり、完成したらコミュニティの事業やクラスのプロジェクトで使われるだろうと考えている。彼らによると、これは一種の「ソーシャルタスキング」ツールであり、グループのToDoがアクセスしやすく、より透明になる。アプリはローンチの前に、コミュニティのリーダーたちにテストしてもらい、フィードバックを得ている。</p>\n<p>Moveは、学生のグループプロジェクトや婦人会 / 女子会、同好会、ルームメートたちのToDoリスト、地区会、コミュニティのプロジェクト、あるいは個人のToDoリストや家族の雑用にも使えると同社は提案している。</p>\n<p>MetaのNPE Teamは最近<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/14/2021-12-02-metas-npe-team-takes-a-global-focus-with-seed-stage-investments-offices-in-emerging-markets/\" rel=\"noopener\">フォーカスを変えて</a>、次世代の新しいソーシャル体験を作るよりも、もっとグローバルな視野を持っている。Metaがこれまで<a target=\"_blank\" href=\"https://fortune.com/2021/11/08/who-would-take-venture-dollars-from-facebook-right-now/\" rel=\"noopener\">投資してきた</a>のは、AIでバーチャルキャラクターを作るデベロッパープラットフォームInworld AIや、元服役者の社会復帰やこれから親になるLGBTQの家族を助ける、特にソーシャルではないアプリだ。同社によると、このようなNPEの方針変更には、小規模な起業家チームへの投資も含まれるという。</p>\n<p>Moveの立ち上げは、このグループがソーシャルのプロジェクトを完全に放棄したのではないことを示しているようだ。しかしこのアプリは、12月からのNPEの<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/14/2021-12-02-metas-npe-team-takes-a-global-focus-with-seed-stage-investments-offices-in-emerging-markets/\" rel=\"noopener\">方針転換</a>よりも前に開発されていた。</p>\n<p>アプリは現在、米国の<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/us/app/move-task-with-friends/id1578531828\" rel=\"noopener\">Apple App Store</a>で無料でダウンロードできる。アプリ内支払いやサブスクリプションはない。Metaによると、このファーストリリースからより多くを学びたいという。</p>\n<p><small>画像クレジット:Meta</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/08/metas-npe-team-launches-a-new-app-task-for-group-organization-and-to-dos/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、加筆:Manish Singh、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/mov.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474943,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474943,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474943,
            "tagId": 81819,
            "tag": {
              "id": 81819,
              "slug": "facebook",
              "name": "Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)",
              "description": "世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス。それを運営する企業。2021年10月に「Meta」に社名変更。"
            }
          },
          {
            "postId": 474943,
            "tagId": 126376,
            "tag": {
              "id": 126376,
              "slug": "avatar",
              "name": "アバター(用語)",
              "description": "アバターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474943,
            "tagId": 366272302,
            "tag": {
              "id": 366272302,
              "slug": "todolist",
              "name": "ToDo / ToDoリスト(用語)",
              "description": "ToDo / ToDoリストに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474943,
            "tagId": 681521340,
            "tag": {
              "id": 681521340,
              "slug": "npe",
              "name": "NPE(組織)",
              "description": "New Product Experimentation。Facebookの新プロダクトの国際的研究開発グループ\r\n。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474807,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 474807,
        "slug": "2022-03-07-esggo-series-a",
        "createdAt": "2022-03-09T00:15:07.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-08T21:49:23.000Z",
        "title": "ESGgoは企業のESG(環境、社会、ガバナンス)測定・分析を容易にするツールを提供",
        "content": "<p>最近では、いくら倫理的に調達され、地元で生産され、持続的に育てられた魚の肉でも、ESG(環境・社会・ガバナンス)目標を達成せずに、企業の取締役会や年次報告書で振る舞うことはできない。しかし、目標を掲げて宣伝することは簡単だが、その目標に対して企業がどのような成果を上げているかを、実際に測定し、追跡することはずっと難しい。熱い空気と空約束に疲れた企業が、設定された目標を実際に実行することを容易にするために、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.esggo.com/\" rel=\"noopener\">ESGgo</a>は登場した。同社はこのような状況を変えるためのソフトウェア群を開発し、700万ドル(約8億1000万円)を調達してランニングシューズを履き、本格的な活動を始めたところだ。</p>\n<p>「ターゲットとしている顧客は企業です。基本的にはすでに株式を公開している会社や、あるいはこれから公開しようと考えている会社です」と、ESGgoのCEOで共同設立者のOrly Glick(オーリー・グリック)氏は説明する。</p>\n<p>製品自体は、データ収集に焦点を当てたものだ。ESGgoは最初に話を聞いた50社から、そのために利用できるツールがないことを学んだからだ。現在、ほとんどのESGトラッキングは、スプレッドシートや共同のデータベースなど、非常に内密なシステムで行われていることがわかった。もちろん、外部の格付け機関は独自のツールを持っているかもしれないが、社内での使用には役に立たない。</p>\n<p>「今のところ、ESGは口だけで行動がともわないという見方もある。ESGの重要性を説く経営者は何百人もいるが、いまだにESGのパフォーマンスを明確に理解するための普遍的なものさしがない」と、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/07/4-signs-to-look-for-when-evaluating-esg-investments/?Channel=ms-library-ds&amp;field_video_type_grctv=All&amp;search_keys_grctv&amp;field_event_type_target_id=All&amp;field_event_date_value_1=All&amp;field_product_type_target_id=All&amp;search_keys_insights_searchfooter\" rel=\"noopener\">Bruce Dahlgren(ブルース・ダールグレン)氏は、2022年初めにTechCrunch+の記事の中で書いている</a>。「それがなければ、何が正しくて何が間違っているのか、何が近視眼的な投資で何が有望な投資なのかを判断することは難しい」。</p>\n<p>事業全体のESGに与える影響を完全に把握するために、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.globalreporting.org/standards/\" rel=\"noopener\">GRI</a>スタンダードや<a target=\"_blank\" href=\"https://www.sasb.org/\" rel=\"noopener\">SASB</a>スタンダードでは、組織全体で数百のデータポイントを追跡することを推奨している。データ収集は、だから特に重要であり、さまざまなデータソースから情報を収集し、照合、分析、報告することが必要だ。このデータを収集し、それを企業の目標に照らし合わせて測定することが、ESGgoの活動する領域となる。</p>\n<p>「データ収集の人的側面、つまり、部門を越えて人の家をノックするところから情報を求めることを始めなければならないのは、楽しいことではありません。そこで、私たちのツールには、データそのものに加え、ワークフローを管理する機能も搭載しました。最終的に、私たちはすべてのデータの分析を行い、企業のESGの現状と過去のパフォーマンスを比較します。ギャップ分析や業界とのベンチマーキングを行うことで、同業他社や競合他社に対し、どのようにすればより良くなるかを確認できます。特に後者に関しては、AIによる最適化を行います」。</p>\n<p>ESGgoは、イスラエルのベンチャー投資会社である<a target=\"_blank\" href=\"https://glilotcapital.com/\" rel=\"noopener\">Glilot Capital</a>(グリオット・キャピタル)の主導で、700万ドルの資金を非公開の評価額で調達した。</p>\n<div id=\"attachment_474808\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474808\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-474808\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"527\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg 1984w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=300,155 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=768,396 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=1024,527 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=1536,791 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=777,400 777w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=400,206 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=738,380 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=640,330 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=220,113 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=281,145 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=243,125 243w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=125,64 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=116,60 116w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=1072,552 1072w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=600,309 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-474808\" class=\"wp-caption-text\">ESGgoアプリのダッシュボードのスクリーンショット</p></div>\n<p>「Glilotはイスラエルでトップクラスのファンドであるだけでなく、優秀でグローバルなファンドです。運用経験、しかも厳格な運用経験を持つ、本当に剛毅な人々です。女性を登用し、驚異的な価値創造チームを擁しています」と、グリック氏は語る。「また、シリコンバレーから本当に非常に興味深いエンジェル投資家や、気候変動を本当に案じているトップテック企業も参加してくれました」。</p>\n<p>現在、イスラエルとカリフォルニアにまたがる10人ほどのチームを率いているグリック氏は、Ido Green(イド・グリーン)氏と共同でこの会社を設立した。グリーン氏は、Google(グーグル)、 Netflix(ネットフリックス)、そして直近ではFacebook(フェイスブック)で、シニアレベルのエンジニアとして経験を積んできた人物だ。</p>\n<p>「私たちは、ESGgoの初期のサポーターになれたことに興奮しています。オーリーはESG報告を改善するテクノロジーの使用についてすばらしい実績とビジョンを持っています。持続可能性と社会的責任への関心が、企業や投資家がリスクと機会を評価する方法を変えつつある今は、この破壊的ソリューションにとって絶好の時期です」と、Glilot Capitalの共同設立者兼マネージングパートナーであるKobi Samboursky(コビ・サンボアスキー)氏は述べている。「企業がESG姿勢を改善できるように支援することは、これまで以上に重要であり、オーリーは必要な変化を起こすのに絶好の人材です」。</p>\n<p>今回調達したシード資金で、ESGgoはまず、イスラエルを拠点とするエンジニアリングチームから、雇用を加速させ、提供する製品の開発をさらに推進していくという。</p>\n<p><small>画像クレジット:ESGgo</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/07/esggo-series-a/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Haje Jan Kamps、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/ESGgo_GroupPhoto.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474807,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474807,
            "tagId": 1337,
            "tag": {
              "id": 1337,
              "slug": "california",
              "name": "カリフォルニア(国・地域)",
              "description": "カリフォルニアに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474807,
            "tagId": 366271656,
            "tag": {
              "id": 366271656,
              "slug": "israel",
              "name": "イスラエル(国・地域)",
              "description": "イスラエルに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474807,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474807,
            "tagId": 692512444,
            "tag": {
              "id": 692512444,
              "slug": "esg",
              "name": "ESG(用語)",
              "description": "Environmental, Social and corporate Governance(環境、社会、ガバナンス)。多様性、取締役会の構成、労働者関係、サプライチェーン、データ倫理、環境への影響や法的要件といった問題に関する原則をまとめたもの。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474826,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 474826,
        "slug": "2022-03-07-instagrams-boomerang-and-hyperlapse-apps-disappear-from-app-stores",
        "createdAt": "2022-03-08T23:30:45.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-08T21:04:51.000Z",
        "title": "Instagramのアプリ「Boomerang」と「Hyperlapse」がアプリストアから姿を消す",
        "content": "<p>Instagram(インスタグラム)が「Reels(リール)」などの新しい取り組みに注力するため、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/01/2022-02-28-instagram-is-shutting-down-its-standalone-igtv-app/\" rel=\"noopener\">独立した動画アプリ「IGTV」を終了</a>する計画を明らかにしてから1週間後、同社がさらに2つの古いアプリをアプリストアから引き上げたことが確認された。2014年に初めて登場した<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2014/08/26/instagram-hyperlapse/\" rel=\"noopener\">タイムラプス動画アプリ「Hyperlapse(ハイパーラプス)」</a>と、2015年にリリースされた<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2015/10/22/instagram-boomerang/\" rel=\"noopener\">ループ動画アプリ「Boomerang(ブーメラン)」</a>だ。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://apptopia.com/\" rel=\"noopener\">Apptopia</a>(アップトピア)からTechCrunchに提供されたデータによると、HyperlapseとBoomerangが削除される前のアプリストアにおける最後の日付は、2022年3月1日だったという。</p>\n<p>この2本のアプリのうち、インストール数が多かったのはBoomerangの方だ。Apptopiaのデータによると、Boomerangの通算グローバルダウンロード数が3億100万であるのに対し、Hyperlapseはわずか2300万に留まっている。さらに、Boomerangは削除された時点においても1日平均2万6000件のダウンロードがあったと、Apptopiaは言及している。しかし、BoomerangはApple(アップル)のApp Store(アップ・ストア)とGoogle Play(グーグル・プレイ)の両方で提供されていたが、HyperlapseはiOSでのみ利用可能だった。</p>\n<p>Instagramは<a target=\"_blank\" href=\"https://about.instagram.com/blog\" rel=\"noopener\">ブログ</a>で削除を正式に発表してはいないものの、ソーシャルメディアコンサルタントの<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/MattNavarra\" rel=\"noopener\">Matt Navarra</a>(マット・ナヴァラ)氏や、Twitter(ツイッター)ユーザーの<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/KenSchillinger/status/1500801126316322822\" rel=\"noopener\">@KenSchillinger</a>氏、<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/WFBrother/status/1500849837763624960?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1500850849077424130%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es2_&amp;ref_url=https%3A%2F%2Ftechcrunch.com%2Fwp-admin%2Fpost-new.php\" rel=\"noopener\">@WFBrother</a>氏など数名が、アプリが削除されたことについてツイートしている。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Instagram has removed its standalone Boomerang and Hyperlapse apps <a href=\"https://t.co/ovoSOLuPKr\">https://t.co/ovoSOLuPKr</a></p>\n<p>&mdash; Matt Navarra (@MattNavarra) <a href=\"https://twitter.com/MattNavarra/status/1500846821391978498?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 7, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Direct link is still working! <a href=\"https://t.co/VMKdQjvsoF\">https://t.co/VMKdQjvsoF</a> <a href=\"https://t.co/z7Lewt4n8d\">pic.twitter.com/z7Lewt4n8d</a></p>\n<p>&mdash; ㆅ (@WFBrother) <a href=\"https://twitter.com/WFBrother/status/1500850849077424130?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 7, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>この2つのアプリが廃止されても驚きはない。どちらも元々は、Instagramの旗艦アプリを停頓させることなく、Instagramユーザーに新たなクリエイティブツールを提供するためのものだった。しかし、そのメインアプリに、あまりにも多くの機能を詰め込みすぎることに対する同社の懸念は、すでに過去のものとなっている。現在、Instagramでは、写真や動画の投稿、Stories(ストーリーズ)、TikTokのような<a target=\"_blank\" href=\"/2020/07/17/2020-07-16-instagram-confirms-its-tiktok-rival-reels-will-launch-in-the-us-in-early-august/\" rel=\"noopener\">短い動画コンテンツ</a>(Reelsのことだ)、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/27/tiktok-expands-live-platform-with-new-features-for-creators-and-fans/\" rel=\"noopener\">ライブ動画</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/07/16/instagram-launches-its-redesigned-shop-now-powered-by-facebook-pay/\" rel=\"noopener\">オンラインショッピング</a>、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/05/27/2021-05-26-instagram-launches-a-new-section-for-shopping-product-drops/\" rel=\"noopener\">限定商品を紹介するDrops(ドロップ)</a>などさまざまな機能が提供されている。実際、現在はInstagram内で多くのことが行われており、同社がメインの投稿作成ツールである「コンポーズ」ボタンを、画面中央下から右上の届きにくい場所に<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/11/12/instagram-redesign-puts-reels-and-shop-tabs-on-the-home-screen/\" rel=\"noopener\">移設した</a>ほどだ。</p>\n<p>一方、Instagramにとって、クリエイティブエフェクト用アプリの必要性も、もはや意味がない。もうかなり前に、クリエイティブツール一式がInstagramカメラに統合されてしまっているからだ。例えば、Instagramが数年前に<a target=\"_blank\" href=\"/2020/01/12/2020-01-10-boomerang-filters/\" rel=\"noopener\">Boomerangに新しいエフェクトを追加</a>した際には、SloMo(スローモ)やEcho(エコー)、Duo(デュオ)のように、直接Instagram自体に導入された。そして今、Instagramがユーザーにクリエイティブな動画作成を望む場合、同社はそのような機能をReelsに追加する。</p>\n<p>さらに、IGTVの停止を確認した際に<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/01/2022-02-28-instagram-is-shutting-down-its-standalone-igtv-app/\" rel=\"noopener\">Instagramが言ったように</a>、今はメインアプリの中から、できるだけシンプルに、動画を発見したり作成したりできるようにしたいと、同社では考えているのだ。</p>\n<p>また、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/06/2021-11-05-phhhoto-sues-meta-facebook-antitrust/\" rel=\"noopener\">「Phhhoto(フォート)」というアプリで知られるかつてのInstagramのライバルが、2021年11月にMeta(メタ)を訴えた</a>ことも注目に値するだろう。Phhhotoは、当時のFacebook(フェイスブック、現在のMeta)が、PhhhotoをInstagramのソーシャルグラフから切り離し、その上、Phhhotoの中核機能であるループ動画をコピーしてBoomerangを展開したとして、反トラスト法違反の疑いで訴えている。</p>\n<p>HyperlapseとBoomerangがアプリストアから消された一方で、写真からコラージュを作成できるInstagramの「<a target=\"_blank\" href=\"https://about.instagram.com/blog/announcements/introducing-layout-photo-app-from-instagram\" rel=\"noopener\">Layout</a>(レイアウト)」アプリは、当分の間、利用可能のままになるようだ。InstagramはLayoutを削除しないことを認め、Boomerangの機能は引き続きアプリでサポートするとしている。</p>\n<p>「私たちはメインアプリにより力を注ぐため、スタンドアロンのBoomerangとHyperlapseアプリのサポートを廃止しました」と、広報担当者は述べている。「私たちは、Instagramで人々が創造的になり、楽しむことができる新しい方法に、引き続き取り組んで参ります」と、彼らは続けた。</p>\n<p><small>画像クレジット:Jaap Arriens/NurPhoto / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/07/instagrams-boomerang-and-hyperlapse-apps-disappear-from-app-stores/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/07/instagram-app-icon.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474826,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474826,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474826,
            "tagId": 49818,
            "tag": {
              "id": 49818,
              "slug": "social-media",
              "name": "ソーシャルメディア(用語)",
              "description": "ソーシャルメディアに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474826,
            "tagId": 81819,
            "tag": {
              "id": 81819,
              "slug": "facebook",
              "name": "Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)",
              "description": "世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス。それを運営する企業。2021年10月に「Meta」に社名変更。"
            }
          },
          {
            "postId": 474826,
            "tagId": 42653521,
            "tag": {
              "id": 42653521,
              "slug": "instagram",
              "name": "Instagram / インスタグラム(企業)",
              "description": "Instagram(インスタグラム)は、2010年10月にサービス開始した写真特化型SNS。2012年4月、Facebookが同社を10億ドルで買収すると発表。その後も独立して運営されている。日本でも「インスタ」という愛称で親しまれている。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474693,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 474693,
        "slug": "simulation-experiments-of-a-rich-phased-array-weather-radar-network",
        "createdAt": "2022-03-08T10:52:23.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-08T10:52:23.000Z",
        "title": "フェーズドアレイ気象レーダーの複数展開で線状降水帯の予測精度を大きく改善できることを富岳のシミュレーションで確認",
        "content": "<div id=\"attachment_474786\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474786\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-474786\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?w=1024\" alt=\"理研、フェーズドアレイ気象レーダーを使うことで線状降水帯の予測精度を大きく改善できると富岳によるシミュレーションで確認\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg 1600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-001.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-474786\" class=\"wp-caption-text\">仮想的なフェーズドアレイ気象レーダーネットワーク。赤点はフェーズドアレイ気象レーダーが設置された17の地点(九州の地方気象台と特別地域気象観測所)。オレンジ色部分はレーダーの観測範囲を示す</p></div>\n<p>理化学研究所(理研)は、もし九州全土に最新鋭のフェーズドアレイ気象レーダーを配置した場合、2020年7月の線状降水帯による豪雨の予測に役立ったかを調べるため、スーパーコンピューター「富岳」を使ってシミュレーションを実施。その結果、予測精度が大幅に上がることが<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jstage.jst.go.jp/article/sola/18/0/18_2022-005/_article\" rel=\"noopener\">示された</a>と3月7日に発表した。</p>\n<p>年々脅威を増す線状降水帯による豪雨に備えるには、観測強化や観測データを高度に活用する予測技術を開発し、シミュレーションによる気象予測(数値天気予報)の精度を高めることが重要となる。その候補となる技術の有用性を事前に評価できれば、効果的な観測予測システムの設計に役立つ。理研<a target=\"_blank\" href=\"http://www.data-assimilation.riken.jp/\" rel=\"noopener\">計算科学研究センターデータ同化研究チーム</a>(三好建正氏、前島康光氏)は、これまでにゲリラ豪雨の予測方法をスーパーコンピューター「京」で開発し、その手法に基づき、埼玉県のマルチパラメータ・フェーズドアレイ気象レーダー(MP-PAWR)による30秒ごとの雨雲の観測データとスーパーコンピューター「Oakforest-PACS」による首都圏の超高速降水予測のリアルタイム実験を行うなど、研究を重ねてきた。</p>\n<p>そして今回、三好氏を中心とする理研の研究グループは、これまでに培ってきたフェーズドアレイ気象レーダーの観測ビッグデータを活かして、線状降水帯の予測精度の向上に取り組んだ。まずは、九州の地方気象台と特別地域気象観測所の計17カ所にフェーズドアレイ気象レーダーを設置したと仮定し、観測データのシミュレーションを行った。ここでは2020年7月に熊本県に豪雨被害をもたらした線状降水帯の観測データを使い、九州を中心とする600km四方のシミュレーションを「富岳」で行い、その結果を「正解データ」とした。</p>\n<p>次に、線状降水帯をうまく再現しないシミュレーション実験(NO-DA)を行い、さらにフェーズドアレイ気象レーダーを使った30秒ごとのデータを用いた実験(30SEC)と、通常のレーダーで5分ごとデータを用いた実験(5MIN)を行った。その結果、NO-DAと5MINは線状降水帯は大きく南にずれてしまったのに対して、30SECは大きく改善し、正解データに近づいた。</p>\n<div id=\"attachment_474695\" style=\"width: 780px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474695\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474695 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/20220307_1_fig2.jpeg\" alt=\"2020年7月4日午前4時(日本時間)を初期時刻とした1時間先の雨粒量の水平分布。(a)線状降水帯をうまく再現しないシミュレーション結果(NO-DA)。(b)通常の気象レーダーによる、5分ごとの観測データを用いた実験(5MIN)。予測は改善されなかった。(c)フェーズドアレイ気象レーダーによる、30秒ごとの観測データを用いた実験(30SEC)。予測が改善された。(d)今回の研究における正解データ。赤・紫になるほど強い雨を表す\" width=\"770\" height=\"226\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/20220307_1_fig2.jpeg 770w, /wp-content/uploads/2022/03/20220307_1_fig2.jpeg?resize=300,88 300w, /wp-content/uploads/2022/03/20220307_1_fig2.jpeg?resize=768,225 768w, /wp-content/uploads/2022/03/20220307_1_fig2.jpeg?resize=400,117 400w, /wp-content/uploads/2022/03/20220307_1_fig2.jpeg?resize=738,217 738w, /wp-content/uploads/2022/03/20220307_1_fig2.jpeg?resize=640,188 640w, /wp-content/uploads/2022/03/20220307_1_fig2.jpeg?resize=220,65 220w, /wp-content/uploads/2022/03/20220307_1_fig2.jpeg?resize=281,82 281w, /wp-content/uploads/2022/03/20220307_1_fig2.jpeg?resize=250,73 250w, /wp-content/uploads/2022/03/20220307_1_fig2.jpeg?resize=125,37 125w, /wp-content/uploads/2022/03/20220307_1_fig2.jpeg?resize=600,176 600w, /wp-content/uploads/2022/03/20220307_1_fig2.jpeg?resize=50,15 50w\" sizes=\"(max-width: 770px) 100vw, 770px\" /><p id=\"caption-attachment-474695\" class=\"wp-caption-text\">2020年7月4日午前4時(日本時間)を初期時刻とした1時間先の雨粒量の水平分布。(a)線状降水帯をうまく再現しないシミュレーション結果(NO-DA)。(b)通常の気象レーダーによる、5分ごとの観測データを用いた実験(5MIN)。予測は改善されなかった。(c)フェーズドアレイ気象レーダーによる、30秒ごとの観測データを用いた実験(30SEC)。予測が改善された。(d)今回の研究における正解データ。赤・紫になるほど強い雨を表す</p></div>\n<p>このことから、そもそも狭い領域で発生するゲリラ豪雨の予測を目的としたフェーズドアレイ気象レーダーだが、複数の積乱雲からなる線状降水帯の大規模な現象にも対応できることが示された。これは「地球規模の温暖化により脅威を増す線状降水帯の予測精度の向上や被害の軽減に向けた新しい予測技術や観測システムの提案」につながると研究グループは話している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-08-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474693,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474693,
            "tagId": 4494,
            "tag": {
              "id": 4494,
              "slug": "weather",
              "name": "天気・天候・気象(用語)",
              "description": "天気・天候・天気予報に関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 474693,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474693,
            "tagId": 692515208,
            "tag": {
              "id": 692515208,
              "slug": "fugaku",
              "name": "富岳(製品)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474693,
            "tagId": 692515381,
            "tag": {
              "id": 692515381,
              "slug": "institute-of-physical-and-chemical-research",
              "name": "理化学研究所 / 理研(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474734,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 474734,
        "slug": "2022-03-07-googles-android-12l-officially-launches-will-come-to-select-devices-this-year",
        "createdAt": "2022-03-08T09:30:24.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-08T09:20:47.000Z",
        "title": "グーグルがタブレットや折りたたみスマホに最適化した「Android 12L」を正式発表、2022年中に対応機種に提供",
        "content": "<p>Google(グーグル)は米国時間3月7日、Android OSの大画面端末向けに最適化したバージョンとなる「Android 12L」を<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.google/products/android/12l-larger-screens/\" rel=\"noopener\">正式発表した</a>。2021年10月に<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/28/2021-10-27-google-announces-android-12l-a-feature-drop-for-large-screen-devices/\" rel=\"noopener\">プレビューが公開されていた</a>このAndroid 12Lでは、タブレット端末でAndroidをより使いやすくする機能が提供される。Googleによれば、このソフトウェアは2022年後半から、Samsung(サムスン)、Lenovo(レノボ)、Microsoft(マイクロソフト)の対応デバイスに提供が開始されるという。</p>\n<p>Android 12Lの発想は、画面が600dp以上のタブレットや折りたたみ式デバイスのユーザー向けに、ユーザーインターフェースの最適化、マルチタスクの強化、互換性サポートの改善を行うことによって、より大きな画面のデバイスでアプリを実行したときに、デフォルトでより良い体験が得られるように、Androidを調整することだった。</p>\n<p>例えば、Android 12Lでは、<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.android.com/about/versions/12/12L/summary#system-ui\" rel=\"noopener\">拡大されたスペースを活かし</a>、通知シェードにクイック設定パネルと通知を2列に並べて表示できる。ロック画面でも2列のレイアウトで、通知と時計が表示される。設定画面も大きな画面に合わせて最適化されているので、それぞれのセクションに入ったり出たりすることなく、各種の変更を行うことができる。暗証番号の入力やロック画面のパターンも、手が届きやすいように画面の横に配置されるなど、いくつかの重要な操作も変更されている。</p>\n<div id=\"attachment_474735\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474735\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-474735\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"821\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png?resize=300,240 300w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png?resize=768,616 768w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png?resize=1024,821 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png?resize=499,400 499w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png?resize=400,321 400w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png?resize=738,591 738w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png?resize=449,360 449w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png?resize=220,176 220w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png?resize=215,172 215w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png?resize=156,125 156w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png?resize=125,100 125w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png?resize=75,60 75w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png?resize=689,552 689w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png?resize=458,367 458w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-split-screen.png?resize=50,40 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-474735\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>Android 12Lは折りたたみ式デバイスにも対応し、最適化されたホーム画面のグリッドと、折りたたみ時 / 展開時の洗練された移行により、ユーザーはたたんだ状態の外側画面から、開いた状態の大画面へ、シームレスに移動して使えると、Googleは述べている。</p>\n<p>さらに12Lでは、新たにアプリを起動したり切り替えることができる<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.android.com/about/versions/12/12L/summary#multitasking\" rel=\"noopener\">タスクバーも、画面下部に追加された</a>。これは画面長押しで、いつでも表示したり隠したりできる。ジェスチャーナビゲーションで最近使ったアプリをめくるようにすばやく切り替えたり、分割画面モードにしたり、上にスワイプしてホームに戻ったりすることもできる。</p>\n<p>Android 12Lのユーザーは、直接タスクバーから別のアプリを画面にドラッグ&ドロップするか、概要で新たに加わった「分割」アクションを使うことで、分割画面を開始することが可能になった。つまり、例えばニュースを読みながらYouTube(ユーチューブ)の動画を見たり、Chrome(クローム)ブラウザでウェブ検索したり、Google Maps(グーグル マップ)を使ったりすることができるというわけだ(画面分割モード自体は目新しいものではないが、Android 12Lではよりアクセスしやすくなり、開発者がこのモードをサポートするためにオプトインする必要もなくなった)。</p>\n<p>12Lでは、まだ大画面のデバイスに最適化されていないアプリのための互換モードでも、視覚および安定性が<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.android.com/about/versions/12/12L/summary#compatibility\" rel=\"noopener\">改善されている</a>。</p>\n<div id=\"attachment_474737\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474737\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-474737\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"821\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png?resize=300,240 300w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png?resize=768,616 768w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png?resize=1024,821 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png?resize=499,400 499w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png?resize=400,321 400w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png?resize=738,591 738w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png?resize=449,360 449w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png?resize=220,176 220w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png?resize=215,172 215w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png?resize=156,125 156w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png?resize=125,100 125w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png?resize=75,60 75w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png?resize=689,552 689w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png?resize=458,367 458w, /wp-content/uploads/2022/03/12L-compatibility-mode.png?resize=50,40 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-474737\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>このアップデート版Androidは、Googleが近年、Androidタブレットに対して行ってきたいくつかの改良に続くものだ。2020年には、タブレットに子ども向けモードの「<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.google/technology/families/kids-space/\" rel=\"noopener\">Kids Space</a>(キッズスペース)」が追加された。2021年開始した「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.blog.google/products/android/entertainment-space/\" rel=\"noopener\">Entertainment Space</a>(エンターテインメントスペース)」では、映画、テレビ番組、電子書籍、ゲーム、動画など、あらゆるコンテンツがまとめられ、すべてに一カ所から簡単にアクセスできるようになった。</p>\n<p>Android 12Lは、タブレット所有者のニーズに対応することを目的とするという点で、Apple(アップル)のiPadOSと似ているが、アップルがiOSとiPadOSで行ったような、Androidを分岐させて別のOSにするという方法を、Googleは実際には取らなかった。</p>\n<p>Android 12Lの公式発表と同時に、Googleは自社デバイスの「Pixel(ピクセル)」に新機能セットをもたらすアップデート<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/08/2022-03-07-googles-latest-pixel-update-includes-a-feature-that-lets-you-type-responses-during-calls-and-more/\" rel=\"noopener\">「Pixel Feature Drop(ピクセル・フィーチャー・ドロップ)」の最新版</a>も発表した。この10回目のFeature Dropでは、Snapchat(スナップチャット)がNight Sight(夜景)モードに対応したり、リアルタイムで話し声を文字起こしするLive Caption(ライブキャプション)が電話中でも使えるようになったり、リアルタイム翻訳機能のLive Translate(ライブトランスレート)で対応言語が拡張されたりなどの機能が追加されている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Google</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/07/googles-android-12l-officially-launches-will-come-to-select-devices-this-year/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Untitled-6.png",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474734,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474734,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 474734,
            "tagId": 641922,
            "tag": {
              "id": 641922,
              "slug": "android",
              "name": "Android(製品・サービス)",
              "description": "Androidは、主にスマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーンモバイル機器向けに設計されたオペレーティングシステム。Googleが開発、提供する。"
            }
          },
          {
            "postId": 474734,
            "tagId": 692509304,
            "tag": {
              "id": 692509304,
              "slug": "tablet",
              "name": "タブレット(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474734,
            "tagId": 692509872,
            "tag": {
              "id": 692509872,
              "slug": "foldable-smartphone",
              "name": "折りたたみスマートフォン / フォルダブルスマートフォン(用語)",
              "description": "折りたたみスマートフォン、フォルダブルスマートフォンに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474718,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 474718,
        "slug": "2022-03-07-googles-latest-pixel-update-includes-a-feature-that-lets-you-type-responses-during-calls-and-more",
        "createdAt": "2022-03-08T06:30:45.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-08T06:16:55.000Z",
        "title": "Google Pixel、最新アップデートで通話中に返事を入力できる機能など搭載",
        "content": "<p>Google Pixelで、通話中に文字入力して話すことができるようになる機能を含む<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.google/products/pixel/feature-drop-march-2022/?_ga=2.151001913.1078161396.1646676920-194483381.1641577022\" rel=\"noopener\">アップデートが配</a>信される。このアップデートは、Pixel 3a~Pixel 5a 5G端末には本日、米国時間3月7日から、Pixel 6とPixel 6 Pro端末には2022年3月末から配信される予定だ。</p>\n<p>最も注目すべき新機能は、通話中に話すことができない、あるいは話したくないという人に向けたものだとGoogleはいう。通話中に、相手が話していることの文字になったキャプションを見ることができ、相手側で読み上げられる返事を文字入力で行うことができるようになる。またこの際、独自のメッセージを入力するだけでなく、あらかじめ用意された返事を選ぶこともできる。このアップデートは、Googleのライブキャプション機能を拡張したもので、デバイス上の音声に自動的にキャプションを付けることができる。</p>\n<div id=\"attachment_474720\" style=\"width: 610px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474720\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474720\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/google-live-caption-type.gif?w=300\" alt=\"\" width=\"600\" height=\"600\" /><p id=\"caption-attachment-474720\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>またアップデートで、Snapchat向けの「Night Sight」という夜間撮影モードもPixelに追加される。この新モードは、フラッシュを使わなくても、光量の少ない写真や動画を簡単かつクリアに撮影できるようにするためのものだ。</p>\n<p>Googleはさらに、これまでPixel 6専用だった<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/21/2021-10-19-google-makes-calling-businesses-less-painful-with-features-for-seeing-wait-times-phone-tree-options-and-more/\" rel=\"noopener\">「Direct My Call」と「Wait Times」機能</a>を、Pixel 3a以降の機種でも利用できるようにすることも発表ている。Direct My Call機能は、企業に電話をかける際に複雑な電話網を切り抜けられるようにする機能だ。提示された多くの選択肢(例えば「営業時間と場所は1を押してください」など)を聞いておぼえなくても、Googleアシスタントが自動メッセージを翻訳してくれる。一方、Wait Times機能は、フリーダイヤルに電話をかけたときに、相手につながるまでの予測時間を表示する機能だ。</p>\n<p>2022年2月に<a target=\"_blank\" href=\"https://www.blog.google/products/android/GalaxyUnpacked2022/\" rel=\"noopener\">発売</a>されたGalaxy S22に続き、Google Duoの共同視聴とライブ共有機能がPixel端末にも搭載される。この新機能により、友人や家族とビデオ通話でつながりやすくなり、YouTubeの視聴会を開いたり、アプリを共有したりといったことができるようになるという。</p>\n<p>そして、Gboardは、言語が米国英語に設定されている場合、カスタムテキストを含むステッカーが提供されるようになる。</p>\n<p>GoogleのプロダクトマネージャーChris Breithaupt氏は<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.google/products/pixel/feature-drop-march-2022/?_ga=2.151001913.1078161396.1646676920-194483381.1641577022\" rel=\"noopener\">ブログ</a>で「百聞は一見に如かず、です。ユーザーはメッセージングアプリで入力すると、Gboardはあなたの言葉を正確なテキストで構築されたカラフルなステッカーに変換することができます。絵文字やemoji kitchen、カスタムステッカーの提案をPixelに入力すると、自分の気持ちを正確に表現できます」と述べている。</p>\n<div id=\"attachment_474721\" style=\"width: 610px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474721\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474721\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/google-custom-stickers-gboard.gif?w=300\" alt=\"\" width=\"600\" height=\"600\" /><p id=\"caption-attachment-474721\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>またGoogleは、スマートフォンやPixel Budsなどの接続デバイスに関する最新情報を表示するためのPixelバッテリーウィジェットも新たに導入する。</p>\n<p>Googleの通訳モードは対面での会話を翻訳するように設計されているが、スペイン語、イタリア語、フランス語もサポートするようになる。さらにPixel 6とPixel 6 Pro端末であれば、Recorderアプリがイタリア語とスペイン語を書き起こせるようになったことも発表している。アシスタントのクイックフレーズのサポートも、Pixel 6と6 Proでスペイン語、イタリア語、フランス語に対応する。</p>\n<p>Pixelの最新機能は、大画面デバイス用に設計された<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/07/googles-android-12l-officially-launches-will-come-to-select-devices-this-year/\" rel=\"noopener\">Android 12Lと同時に</a>リリースされた。このソフトウェアは、2022年後半からSamsung(サムスン)、Lenovo(レノボ)、Microsoft(マイクロソフト)の対応デバイスで提供開始される予定だ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Google</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/07/googles-latest-pixel-update-includes-a-feature-that-lets-you-type-responses-during-calls-and-more/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Katsuyuki Yasui)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/pixel-6-and-woman.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474718,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474718,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 474718,
            "tagId": 3251,
            "tag": {
              "id": 3251,
              "slug": "update",
              "name": "アップデート(用語)",
              "description": "アップデートに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474718,
            "tagId": 64217,
            "tag": {
              "id": 64217,
              "slug": "transcribe",
              "name": "文字起こし / Transcribe(用語)",
              "description": "人間の声などをコンピュータに認識させて、発言をテキストデータにすること。"
            }
          },
          {
            "postId": 474718,
            "tagId": 641922,
            "tag": {
              "id": 641922,
              "slug": "android",
              "name": "Android(製品・サービス)",
              "description": "Androidは、主にスマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーンモバイル機器向けに設計されたオペレーティングシステム。Googleが開発、提供する。"
            }
          },
          {
            "postId": 474718,
            "tagId": 366272790,
            "tag": {
              "id": 366272790,
              "slug": "google-pixel",
              "name": "Google Pixel(製品・サービス)",
              "description": "Google Pixelはグーグルが開発するスマートフォン。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474469,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 474469,
        "slug": "2022-03-05-ukraine-api-startups-and-startup-valuations",
        "createdAt": "2022-03-06T23:00:34.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-06T20:17:44.000Z",
        "title": "ウクライナ、APIスタートアップ、スタートアップの評価額",
        "content": "<p>スタートアップとマーケットの週刊ニュースレター、The TechCrunch Exchangeへようこそ。</p>\n<p>みなさん、こんにちは!このメールのために残しておいた話題があったのだが、予定がずれ込んでしまったので、それは数日後にご紹介する。ということで、本日の分に少し余裕が出たのは良い点だ。</p>\n<p>では、ウクライナに対するテック業界の反応、APIスタートアップ、スタートアップの評価額について話すことにしよう。おもしろい内容だと思う。</p>\n<h2>勇気を見せるテック業界</h2>\n<p>ロシアがウクライナに侵攻したとき、世界はその泥沼に関わろうとしないのではないかと心配していた。しかし幸いなことに、事態はほぼその逆の様相を見せている。そしてさらに、テック業界が立ち上がった。</p>\n<p>しかも、滑稽で悲劇的な今回の侵略に対する、ポジショニングや言葉だけの対応ではなく、ビジネスに影響を与えるような対応だ。<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/05/2022-03-04-google-microsoft-sales-pause-russia/\" rel=\"noopener\">Microsoft(マイクロソフト)などがロシアでの販売を中止</a>したり、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/05/2022-03-04-airbnb-suspends-all-operations-in-russia-and-belarus/\" rel=\"noopener\">Airbnb(エアビーアンドビー)が撤退</a>したり、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/05/2022-03-04-apple-maps-now-displays-crimea-as-part-of-ukraine-to-viewers-outside-of-russia/\" rel=\"noopener\">大小さまざまなハイテク企業が騒ぎ立てて</a>いたりしていることには、励まされる。</p>\n<p>その行動の積み重ねは、どのような結果になるのだろうか?その答はまだわからないが、ロシアも同じように、国民が実際に何が起こっているのかを把握するために利用するかもしれない国内のソーシャルサービスを禁止している。そのため、ロシア国内外からの技術製品・サービスのブラックアウトが起きているのだ。ロシアが、地理的にも経済的にも世界のどれほどの地域と関わっているかを考えると、私たちは実験的な状況を見ていることになる。</p>\n<p>おそらく、このテック業界の動きは、より大きな国際的制裁の推進を補完するものとなるだろう。しかしこうした動きは、軍事力を行使して小国を壊滅させようと考えている他の国に対しても、そのような侵略行動への反応は国民国家からだけ起こされるものではないことを示していて、好戦的な国家に少しばかり冷水を浴びせる役目を果たしているかもしれない。</p>\n<p>テック業界が、独裁的な帝国主義と手を切りつつあるというニュースを、この先も聞き続けられることを期待したい。</p>\n<h2>APIスタートアップ</h2>\n<p>やれやれ。今週は、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/01/as-api-first-startups-multiply-ggv-builds-an-index/\" rel=\"noopener\">GGVの新しいAPIスタートアップインデックスについての記事を書いた</a>。それはGGVの新しいプロジェクトだが、好感が持てた。簡単に言えば、GGVは、クールな非公開APIスタートアップのデータベースのようなものを構築しているのだ。当然、VC(GGV)はAPIの話題の中心にいたいので、この取り組みはリサーチプロジェクトであると同時に、ある種のコンテンツマーケティングでもある。</p>\n<p>しかし、約8392社のAPIスタートアップ、または自身のモデルに強力なAPIコンポーネントを持つスタートアップを、リストアップする良いきっかけになっている。そして、さらに多くのスタートアップが追加され続けている。そのようなスタートアップの1つがHighnote(ハイノート)だ。同社は他社がカード発行サービスを自社製品に組み込めるようなAPIを開発している。</p>\n<p>私は、先の記事を書く際にすべてのリンクを探すために腱鞘炎を患ってしまったので、記事で紹介したAPIスタートアップに新しい名前を追加するつもりはなかったのが、<a target=\"_blank\" href=\"https://highnoteplatform.com/\" rel=\"noopener\">Highnote</a>の特性の一部が私の目を引いた。同社のウェブサイトでは、同社のサービスを利用することで、カード発行の迅速な立ち上げが可能になると説明されている。そう、それこそが、APIによって提供されるサービスのポイントであり、(問題ではなく)製品が必要とされる場所での複雑さを取り除いた簡潔さを提供するのだ、</p>\n<p>そう、そして2日間かけて企業ベンチャーの世界を掘り下げているうちに、ここには似たような部分があることに気が付いた。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/15/airbase-teams-up-with-amex-on-corporate-spend-raises-a-little-capital-from-the-giant/\" rel=\"noopener\">Airbase(エアベース)がAmex Venturesから資金を調達</a>し、同社のソフトウェアをAmexの顧客に提供する契約を結んだ際、Amexの関心の1つは、基本的に市場投入までの時間だった。Airbaseがすでに作り上げていたものを独自に開発するよりも、提携・出資した方がより迅速に進めることができたからだ。</p>\n<p>どこかで聞いたような話では?ある意味、APIスタートアップは、あらゆる企業がこれまで以上に迅速に製品を生み出しテストすることを可能にしている。これは、作るべきか買うべきかの議論を、これまで以上に迅速かつ明確に進められるようになったということも意味する。つまり、中小企業にとってのAPI製品は、既存企業にとってのコーポレートベンチャーキャピタルということだろうか?まあそんな部分もあるということで!</p>\n<p>週末に考えたことだが、気になったので共有しよう思った。</p>\n<h2>みんながやられた</h2>\n<p>締めくくりは、悪いニュースだ。SaaSの成長率は、中堅企業でも1桁台まで<a target=\"_blank\" href=\"https://cloudedjudgement.substack.com/p/clouded-judgement-3422?s=w\" rel=\"noopener\">圧縮されてしまった</a>。このことが意味するのは、スタートアップが2桁の収益(ARRなど)伸び率を目標とするならば、ほぼすべての同業他社よりも速く成長しなければならないことを意味する。新型コロナウイルス(COVID-19)の時にソフトウェア会社が得た利益を、株式市場は基本的に失ってしまったのだ。評価額の観点からは、以前もしくはより悪化している。</p>\n<p>ARRの100倍に達するリッチラウンドを調達できたスタートアップのみなさん、ご健闘を。</p>\n<p><small>画像クレジット:Nigel Sussman</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/05/ukraine-api-startups-and-startup-valuations/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Alex Wilhelm、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/NSussman_Techcrunch_Exchange-multicolor.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474469,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474469,
            "tagId": 3934,
            "tag": {
              "id": 3934,
              "slug": "war",
              "name": "戦争(用語)",
              "description": "戦争に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474469,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474469,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474469,
            "tagId": 692508946,
            "tag": {
              "id": 692508946,
              "slug": "api",
              "name": "API(用語)",
              "description": "APIに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474469,
            "tagId": 692511890,
            "tag": {
              "id": 692511890,
              "slug": "the-techcrunch-exchange",
              "name": "The TechCrunch Exchange(連載)",
              "description": "The TechCrunch Exchangeの記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474436,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 474436,
        "slug": "2022-03-04-samsung-says-it-will-release-an-update-to-address-app-throttling-issues",
        "createdAt": "2022-03-05T23:30:35.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-05T22:59:49.000Z",
        "title": "サムスン 、アプリのスロットリング問題に対処するアップデートをリリースへ",
        "content": "<p>Samsung(サムスン)は同社のAndroidスマートフォンの一部で、何千ものアプリのパフォーマンスを制限しているという苦情に対応した。TechCrunch宛の声明で同社の広報担当者は、Samsungはソフトウェアをアップデートして、ユーザーがスロットリングをよりコントロールできるようにするという。ただし、このアップデートが配信されるスケジュールは明らかになれていない。</p>\n<p>「私たちの優先事項は、消費者に最高のモバイル体験を提供することです。製品について寄せられるフィードバックを大切にし、慎重に検討した結果、ユーザーがゲームアプリの実行中にパフォーマンスを制御できるように、近日中にソフトウェアアップデートを展開する予定です」と、Samsungの広報担当者は電子メールで述べている。</p>\n<p>Samsungのこの約束は、同社のスマートフォンがおよそ1万のアプリのパフォーマンスを制限しているという報告に応じたものだ。その報告は最初<a target=\"_blank\" href=\"https://www.androidauthority.com/samsung-gos-throttling-apps-3125885/?utm_source=feedly&amp;utm_medium=webfeeds\" rel=\"noopener\">Android Authority</a>に掲載され、<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/GaryeonHan/status/1499009797035008002\" rel=\"noopener\">Twitter</a>上の<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/GaryeonHan/status/1499009797035008002\" rel=\"noopener\">苦情</a>にもなり、さらにSamsungの韓国の<a target=\"_blank\" href=\"https://r1.community.samsung.com/t5/%EA%B0%A4%EB%9F%AD%EC%8B%9C-s/gos-%EC%82%AC%ED%83%9C-%ED%95%B4%EA%B2%B0%ED%95%B4%EC%A3%BC%EC%84%B8%EC%9A%94/m-p/15537807\" rel=\"noopener\">コミュニティ</a>の<a target=\"_blank\" href=\"https://r1.community.samsung.com/t5/%EA%B0%A4%EB%9F%AD%EC%8B%9C-s/gos-%EC%A0%95%EB%A7%90-%EC%B6%A9%EA%B2%A9%EC%9D%B4%EB%84%A4-%E3%84%B7%E3%84%B7%E3%84%B7%E3%84%B7/m-p/15538133\" rel=\"noopener\">フォーラム</a>にも載った。同社のGame Optimizing Service(GOS)ソフトウェアはCPUとGPUのパフォーマンスを最適化してゲームを長時間プレイしたときの過熱を防ぐが、それがこの問題の核心のようだが、影響が及んだアプリはゲームだけではない。</p>\n<p>しかしながらSamsungは、GOSがゲーム以外のアプリの制限をしているという苦情を否定している。</p>\n<p>「GOSはデバイスの温度を有効に管理しながらゲームアプリがすばらしいパフォーマンスを達成できるように設計されています。GOSはゲーム以外のアプリのパフォーマンスを管理しません」という。</p>\n<p>ユーザーの報告によると、Samsungは、TikTokやInstagramのようなゲームでないアプリを、ゲームアプリと同じように帯域制限していたというが、Samsungはそれを断固否定している。ただし、それ以上の詳しい説明はない。報告によると、影響が及んだのがベンチマークアプリだけではないことを、ユーザーが<a target=\"_blank\" href=\"https://www.youtube.com/watch?v=Vtt2g3BlwM8\" rel=\"noopener\">目撃している</a>。それによると、テスト時にはパフォーマンスが実際よりも良かったようなこともある。しかしこれに関してもSamsungの説明はない。</p>\n<p>アプリの制限が発覚したメーカーはSamsungだけではない。2021年はOnePlusが、OnePlus 9と9 Proで、バッテリー寿命を改善するために多くの人気アプリを<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/geekbench/status/1412433598200823810?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1412433598200823810%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&amp;ref_url=https%3A%2F%2Fwww.xda-developers.com%2Foneplus-9-pro-performance-throttling-popular-apps%2F\" rel=\"noopener\">制限した</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.xda-developers.com/oneplus-9-pro-performance-throttling-popular-apps/\" rel=\"noopener\">認めた</a>。Samsungと同様に最適化機能をユーザーがもっと強力にコントロールできるようにするという。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.hk/search/photographer?family=creative&amp;photographer=georgeclerk\" rel=\"noopener\">georgeclerk</a>/Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/04/samsung-says-it-will-release-an-update-to-address-app-throttling-issues/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/sam.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474436,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474436,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474436,
            "tagId": 32518,
            "tag": {
              "id": 32518,
              "slug": "samsung",
              "name": "Samsung / サムスン(企業)",
              "description": "Samsung(サムスン)は、韓国最大の財閥で電子機器などを製造する企業グループ。"
            }
          },
          {
            "postId": 474436,
            "tagId": 641922,
            "tag": {
              "id": 641922,
              "slug": "android",
              "name": "Android(製品・サービス)",
              "description": "Androidは、主にスマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーンモバイル機器向けに設計されたオペレーティングシステム。Googleが開発、提供する。"
            }
          },
          {
            "postId": 474436,
            "tagId": 366271722,
            "tag": {
              "id": 366271722,
              "slug": "smartphones",
              "name": "スマートフォン(用語)",
              "description": "スマートフォンに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474416,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 474416,
        "slug": "2022-03-04-assembly-ai-snags-28m-for-all-in-one-api-to-transcribe-summarize-and-moderate-audio",
        "createdAt": "2022-03-05T09:00:36.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-05T08:44:15.000Z",
        "title": "音声の文字起こし、要約、モデレートを行うオールインワンAPIのAssemblyAIが32.1億円を調達",
        "content": "<p>ここ数年、音声や動画のコンテンツやインターフェースが爆発的に増えているのは明らかだが、それらのメディアを扱う方法はまだ発展途上だ。そんな中、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.assemblyai.com/\" rel=\"noopener\">AssemblyAI</a>が2800万ドル(約32億1000万円)の新たな資金調達により、音声解析のための主要なソリューションとなることを目指す。同社の超シンプルなAPIを利用することで、一度に数千の音声ストリームの文字起こし、要約、その他何が起きているのかを把握することができる。</p>\n<p>電話や会議がビデオ通話になり、ソーシャルメディアの投稿が10秒のクリップ動画になり、チャットボットが発話し、音声を理解するようになるなど、マルチメディアは信じられないほど短期間に多くのものの標準となった。数え切れないほどの新しいアプリケーションが登場してきているが、他の新しい成長産業と同様に、アプリケーションを適切に実行したり、アプリケーションの上に新しいものを構築したりするためには、アプリケーションが生成するデータを操作できる必要がある。</p>\n<p>問題は、音声はもともと簡単に扱えるものではないことだ。音声ストリームの「検索」はどのように行えば良いだろう。波形を見たり、通して聴いたりすることもできるが、それよりもまずは文字に書き起こして、その結果得られたテキストを検索する方が良いだろう。そこでAssemblyAIの出番となる。音声文字起こしサービスは数多くあるものの、自社のアプリや業務プロセスには簡単に組み込めない場合が多い。</p>\n<p>AssemblyAIのCEOで共同創業者のDylan Fox(ディラン・フォックス)氏は「音声コンテンツのモデレーションや検索、要約を行う場合には、データをより柔軟で、その上に機能やビジネスプロセスを構築できる形式に変換する必要があります」と語る。「そこで、Twilio(トゥイリオ)やStripe(ストライプ)のように、たとえハッカソンの場でも使えるような、誰でも使える超高精度の音声分析APIを作ろうということになったのです。こうした機能を組み上げるためには多くの支援が必要ですが、その際にあまりにも多くのサービスプロバイダーを組合せたくはありません」。</p>\n<p>AssemblyAIは、極めてシンプルに(1、2行のコードで)呼び出せる数種類のAPIを提供しているが、そのAPIを利用することで「このポッドキャスト中に禁止されている内容がないかチェックする」「この会話の話者を特定する」「この会議を100文字以内に要約する」などのタスクを実行することができる。</p>\n<div id=\"attachment_2279180\" class=\"wp-caption aligncenter\">\n<div id=\"attachment_474420\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><a target=\"_blank\" href=\"/wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png\" rel=\"noopener\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474420\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474420 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"728\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png 1440w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=300,213 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=768,546 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=1024,728 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=563,400 563w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=400,284 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=738,525 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=506,360 506w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=220,156 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=242,172 242w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=176,125 176w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=125,89 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=84,60 84w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=776,552 776w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=516,367 516w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=50,36 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></a><p id=\"caption-attachment-474420\" class=\"wp-caption-text\">コードして、コールして完了(画像クレジット:AssemblyAI)</p></div>\n<p>だが、私もそうだったが、この仕事が一歩踏み込めばどれだけ複雑な作業になるかと考えると、果たして小さな会社がこれだけ多くのことを簡単にこなせる道具を作れるのかどうかと疑問に思うだろう。フォックス氏は、これが困難な課題であることを認めつつも「技術は短期間で大きく進歩したのです」と語った。</p>\n<p>「特にここ数年で、こうしたモデルの精度が急速に向上しています。要約、勘定識別……どれも本当に良くなりました。そして、私たちは実際に最先端の技術を推進しています。私たちは大規模なディープラーニング研究を行っている数少ないスタートアップの1つですので、私たちのモデルは、世間一般のものよりも優れているのです。研究開発やトレーニングのためのGPUや計算資源には、今後数カ月間だけでも100万ドル(約1億1500万円)以上を投入します」。</p>\n<p>簡単にはデモンストレーションできないので、直感的に理解するのは難しいかもしれないが、画像生成(「このXXは存在しません」の類)やコンピュータービジョン(顔認証、防犯カメラ)と同様に、言語モデルも進歩してきている。もちろん、GPT-3はその身近な例だが、フォックス氏は、書き言葉を理解し生成することと、会話やくだけた話し方を分析することは、実質的にまったく別の研究領域であると指摘する。よって機械学習技術の進歩(トランスフォーマーや新しい効率的なトレーニングのフレームワーク)は両者に貢献してきたが、多くの意味ではそれらはリンゴとオレンジの関係(同じ果物というだけで、それ以外の属性は異なっている)のようなものだ。</p>\n<p>いずれにせよ、数秒から1時間程度の音声でも、APIを呼び出すだけで効果的なモデレーションや要約処理を行うことができるようになった。これは、ショートビデオのような機能を開発したり統合したりする際などにとても有効だ。たとえば1時間に10万件ものクリップがアップロードされることを想定した場合、それらがポルノや詐欺、パクリでないことを確認する最初のスクリーニングはどうすれば良いだろう?また、そのスクリーニングプロセスを構築するためにローンチがどれくらい遅れるだろう?</p>\n<p>フォックス氏は、このような立場にある企業が、ちょうど決済プロセスの追加に直面したときと同様に、簡単で効果的な方法を選ぶことができるようになることを希望している。つまり機能をゼロから自分で構築することもできるし、15分で「Stripe」を追加することもできるということだ。これは、根本的に望ましいものだというだけでなく、Microsoft(マイクロソフト)やAmazon(アマゾン)などの大手プロバイダーが提供する、複雑でマルチサービスなパッケージの中の音声分析製品とは明らかに一線を画している。</p>\n<div id=\"attachment_474421\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474421\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474421 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=1536,1025 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=187,125 187w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=550,367 550w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-474421\" class=\"wp-caption-text\">インタビューに答えるフォックス氏(画像クレジット:Jens Panduro)</p></div>\n<p>同社はすでに数百の有料顧客を数え、2021年1年間で売上を3倍に伸ばし、現在は1日100万件のオーディオストリームを処理している。フォックス氏はいう「100%ライブストリーム処理です。大きな市場と大きなニーズがあり、お客様からの支払いもあります」とフォックス氏はいう。</p>\n<p>2800万ドル(約32億1000万円)のラウンドAは、Accelが主導し、Y Combinator、John(ジョン)とPatrick(パトリック・コリソン)氏 (Stripe)、Nat Friedman(ナット・フリードマン)氏 (GitHub)、そしてDaniel Gross(ダニエル・グロス)氏(Pioneer)が参加している。全額を、採用、研究開発インフラ、製品パイプラインの構築などに振り向ける計画だ。フォックス氏が指摘したように、同社は今後数カ月の間にGPUとサーバーに100万ドル(約1億1500万円)を投入する(大量のNVIDIA A100が、信じられないほど計算集約型の研究とトレーニングのプロセスを支えることになる)。もしそうしなければ、クラウドサービスにお金を払い続けることになるのだから、間借り生活から早めに脱却したほうが良いのだ。</p>\n<p>採用に関しては、音声解析関連技術に力を入れているGoogleやFacebookと直接競合するため、苦労するのではないかと質問してみた。しかし、フォックス氏は楽観的だった。そうした大企業の文化が遅く窮屈なものであると感じているからだ。</p>\n<p>「本当に優秀なAI研究者やエンジニアには、最先端で仕事をしたいという願望が間違いなくあると思います。そして同時に実用化の最先端にも関わりたいという願望です」と彼はいう。「革新的なことを思いついたら、数週間後には製品化できる…そんなことができるのはスタートアップ企業だけです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:AssemblyAI</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/04/assembly-ai-snags-28m-for-all-in-one-api-to-transcribe-summarize-and-moderate-audio/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:sako)</p>\n</div>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-laptop2.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474416,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474416,
            "tagId": 57504,
            "tag": {
              "id": 57504,
              "slug": "voice-recognition",
              "name": "音声認識 / Voice Recognition(用語)",
              "description": "人間の声などをコンピュータに認識させて、言葉を文字列に変換したり、発声している人を識別する技術。\r\n"
            }
          },
          {
            "postId": 474416,
            "tagId": 64217,
            "tag": {
              "id": 64217,
              "slug": "transcribe",
              "name": "文字起こし / Transcribe(用語)",
              "description": "人間の声などをコンピュータに認識させて、発言をテキストデータにすること。"
            }
          },
          {
            "postId": 474416,
            "tagId": 366272174,
            "tag": {
              "id": 366272174,
              "slug": "deeplearning",
              "name": "ディープラーニング / 深層学習(用語)",
              "description": "ディープラーニングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474416,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474416,
            "tagId": 366277609,
            "tag": {
              "id": 366277609,
              "slug": "podcast",
              "name": "ポッドキャスト(用語)",
              "description": "ポッドキャストに関わる記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474416,
            "tagId": 692508946,
            "tag": {
              "id": 692508946,
              "slug": "api",
              "name": "API(用語)",
              "description": "APIに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474378,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 474378,
        "slug": "2022-03-04-apple-maps-now-displays-crimea-as-part-of-ukraine-to-viewers-outside-of-russia",
        "createdAt": "2022-03-05T00:00:41.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-05T23:50:06.000Z",
        "title": "Appleマップ、ロシア以外のユーザーにはクリミアをウクライナの一部として表示するように",
        "content": "<p>Appleマップは、新しい静かなアップデートと思われる変更で、ロシア国外から見たときにクリミアがウクライナの一部であると表示するようになった。この変更は、ロシアがウクライナへの侵攻を続けている中で、<a target=\"_blank\" href=\"https://mashable.com/article/apple-maps-russia-ukraine-crimea\" rel=\"noopener\">Mashable</a>が最初に報じている。現在、クリミアを検索したりクリックすると、ウクライナ領として表示されるようになっている。Apple(アップル)は、この変更に関するTechCrunchのコメント要請に応じておらず、この件に関して公には触れていない。</p>\n<p>ロシアは2014年、ウクライナ南部クリミア半島に侵攻して<a target=\"_blank\" href=\"https://www.britannica.com/place/Ukraine/The-crisis-in-Crimea-and-eastern-Ukraine\" rel=\"noopener\">併合</a>し、国際的な非難を浴びた。この侵攻を受け、ロシアはG8からの参加停止と制裁を受けた。</p>\n<div id=\"attachment_474379\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474379\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474379 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"615\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png 1876w, /wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?resize=300,180 300w, /wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?resize=768,461 768w, /wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?resize=1024,615 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?resize=1536,922 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?resize=666,400 666w, /wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?resize=400,240 400w, /wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?resize=738,443 738w, /wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?resize=600,360 600w, /wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?resize=220,132 220w, /wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?resize=281,169 281w, /wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?resize=208,125 208w, /wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?resize=125,75 125w, /wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?resize=100,60 100w, /wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?resize=920,552 920w, /wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?resize=50,30 50w, /wp-content/uploads/2022/03/apple-maps-crimea.png?resize=216,130 216w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-474379\" class=\"wp-caption-text\">Appleマップのスクリーンショット</p></div>\n<p>過去にAppleは、ほとんどの地域で閲覧される際にクリミアをどの国の一部としても表示しないことで、中立的な立場を取ろうとした。しかし、2019年、Appleは<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2019/11/27/apple-and-google-maps-accommodate-russias-annexation-of-crimea/\" rel=\"noopener\">マップアプリをアップデート</a>し、ロシア国内の閲覧者に対してはクリミアをロシア領とマークするようにした。当時、ロシア当局は、Appleがアプリをロシアの法律の要件に適合させることで「義務を果たした」と述べていた。この決定は、ウクライナ当局から大きく批判された。</p>\n<p>Appleは現在、米国を含む他の国から地図を見たときに、クリミアはウクライナの一部であると表示することで、異なる姿勢をとっている。新しいマップの変更は、同社がロシアでの製品販売を停止したことを<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/02/2022-03-01-apple-halts-product-sales-in-russia-following-ukraine-invasion/\" rel=\"noopener\">確認</a>した数日後に行われた。ハードウェアの巨人はまた、App StoreからSputnik(スプートニク)とRT Newsアプリを排除し、同国でのApple Payサービスの一部を<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/02/2022-03-01-apple-pulls-russian-state-owned-media-outlets-rt-and-sputnik-from-global-app-stores/\" rel=\"noopener\">停止</a>した。</p>\n<p>「ロシアのウクライナ侵攻を深く憂慮しており、暴力の結果として苦しんでいるすべての人と共に歩む」と、Appleの広報担当者はその際、TechCrunchに語っていた。「侵攻に対してさまざまな行動を起こしています。状況を評価し続け、当社が取っている行動について関係各国政府と連絡を取り合っています。我々は、世界中の人々と共に平和を求めます」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Apple</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/04/apple-maps-now-displays-crimea-as-part-of-ukraine-to-viewers-outside-of-russia/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aisha Malik、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/apple-maps.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474378,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474378,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474378,
            "tagId": 40477,
            "tag": {
              "id": 40477,
              "slug": "map",
              "name": "地図(用語)",
              "description": "地図に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474378,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474378,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 474378,
            "tagId": 692508868,
            "tag": {
              "id": 692508868,
              "slug": "apple-maps",
              "name": "Appleマップ(製品・サービス)",
              "description": "Appleマップに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474144,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 474144,
        "slug": "2022-03-02-knative-becomes-a-cncf-project",
        "createdAt": "2022-03-04T01:30:52.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-04T01:13:30.000Z",
        "title": "KnativeがCNCFのプロジェクトになった",
        "content": "<p>Cloud Native Computing Foundation(CNCF)は、今日の最も重要なオープンソースプロジェクトのホームであり、Kubernetesもその1つだ。米国時間3月2日、CNCFの技術監督委員会(Technical Oversight Committee)が、<a target=\"_blank\" href=\"https://knative.dev/docs/\" rel=\"noopener\">Knative</a>をCNCFのインキュベーションプロジェクトとして受け入れたことを発表した。</p>\n<p>CNCFのCTOであるChris Aniszczyk(クリス・アニシュチェク)氏は「Knativeはクラウドネイティブのエコシステムに良質に統合された強力な技術であり、サーバーレスのコンテナを容易に動かせるようにしてくれる。このプロジェクトは当財団のオープンガバナンスモデルの下でさらに成長し、新たなコントリビューターやエンドユーザーに到達するだろう。Knativeのコミュニティと一緒に仕事をすることが楽しみであり、チームのコントリビューションを歓迎する」と述べている。</p>\n<p>Knativeは「ケイネイティヴ」と読み、<a target=\"_blank\" href=\"https://cloud.google.com/blog/products/gcp/bringing-the-best-of-serverless-to-you\" rel=\"noopener\">2018年</a>にGoogleが開発したが、その後IBMやRed Hat、VMware、TriggerMesh、SAPなど業界の重鎮たちも貢献した。このプロジェクトの基本的な考え方は、Kubernetes上で<a target=\"_blank\" href=\"/2018/12/17/2018-12-15-the-business-case-for-serverless/\" rel=\"noopener\">サーバーレス</a>およびイベントドリブンのアプリケーションを容易に構築、デプロイ、そして管理できるようにすることだ。今は多くのエンタープライズがデジタルトランスフォーメーションの一環として新しいアプリケーションを開発したり、既存のアプリケーションをモダナイズするとき、まさにその方向に進んでいる。そしてKnativeは今なお極めて若いプロジェクトだが、すでにBloombergやAlibaba Cloud、IBM、VMwarenなどはプロダクションでそれを使っており、またGoogleは<a target=\"_blank\" href=\"https://cloud.google.com/blog/products/serverless/knative-based-cloud-run-services-are-ga\" rel=\"noopener\">Knativeを使って</a>Google Cloudのサーバーレスコンピューティングプラットフォームを運用している。</p>\n<p>関連記事<br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2018/12/17/2018-12-15-the-business-case-for-serverless/\" rel=\"noopener\">サーバーレスコンピューティングの使いどころ</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2019/05/24/2019-05-23-serverless-and-containers-two-great-technologies-that-work-great-together/\" rel=\"noopener\">サーバーレスとコンテナは両者を一緒に使うのがベストプラクティスだ</a></p>\n<p>このプロジェクトは2021年11月に<a target=\"_blank\" href=\"https://opensource.googleblog.com/2021/11/announcing-knative-10_0887375769.html\" rel=\"noopener\">バージョン1.0の節目に</a>達し、その直後にGoogleが、プロジェクトをCNCFに検討のために付託したと<a target=\"_blank\" href=\"https://opensource.googleblog.com/2021/11/Knative-applies-to-become-CNCF-incubating-project.html\" rel=\"noopener\">発表した</a>。現在、その段階が完了したためGoogleはKnativeの商標とIPとコードをCNCFに寄贈することになる。</p>\n<p>Knative推進委員会とDOCS-UXのリードであるCarlos Santana(カルロス・サンタナ)氏は次のように述べている。「Knative 1.0で安定に達したこのプロジェクトを、特定のベンダーに偏らないホームへ寄贈することは、プロジェクトの今後の成長とコミュニティの自己統治を可能にする次のステップです。私たちの信ずるところによれば、CNCFこそがそのベンダー不偏の団体であり、そこがKnativeを受け入れたことで今後多くの企業が採用する気になり、プロジェクトの寄与貢献や宣伝もしてくれるでしょう。また、Knativeのコミュニティが、自身が利用しているすべてのプロジェクトに限らず、このエコシステム内のその他のクラウドネイティブプロジェクトにも接近して、フィードバックと機能の善循環を確立するでしょう」。</p>\n<p><small>画像クレジット:bugphai/Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/02/knative-becomes-a-cncf-project/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/knt.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474144,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474144,
            "tagId": 25,
            "tag": {
              "id": 25,
              "slug": "open-source",
              "name": "オープンソース / Open Source(用語)",
              "description": "オープンソースに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474144,
            "tagId": 182564,
            "tag": {
              "id": 182564,
              "slug": "containers",
              "name": "コンテナ(用語)",
              "description": "コンテナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474144,
            "tagId": 46713213,
            "tag": {
              "id": 46713213,
              "slug": "kubernetes",
              "name": "Kubernetes(製品・サービス)",
              "description": "コンテナ化したアプリのデプロイ、スケーリング、管理を行うための、オープンソースのコンテナオーケストレーションシステム。"
            }
          },
          {
            "postId": 474144,
            "tagId": 366276339,
            "tag": {
              "id": 366276339,
              "slug": "cncf",
              "name": "CNCF(組織)",
              "description": "Cloud Native Computing Foundation。コンテナ技術の発展と、その進化に関連するテクノロジ業界の連携を支援するための財団。"
            }
          },
          {
            "postId": 474144,
            "tagId": 366278807,
            "tag": {
              "id": 366278807,
              "slug": "serverless",
              "name": "サーバーレス(用語)",
              "description": "サーバーレスに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474193,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 474193,
        "slug": "2022-03-02-three-salesforce-ai-pioneers-launch-faros-ai-to-bring-order-to-engineering-operations",
        "createdAt": "2022-03-04T01:00:16.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-04T00:47:21.000Z",
        "title": "SalesforceのAI開発に携わった3人がエンジニアリング業務に秩序をもたらすFaros AIを設立",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.faros.ai/\" rel=\"noopener\">Faros AI</a>(ファロスAI)の創業者3人は、<a target=\"_blank\" href=\"http://salesforce.com/\" rel=\"noopener\">Salesforce</a>(セールスフォース)で働いていた頃、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2016/09/18/salesforce-turns-its-attention-to-artificial-intelligence-with-salesforce-einstein/\" rel=\"noopener\">同社の人工知能「Einstein(アインシュタイン)」の開発</a>に携わった。Einsteinの目的は、企業がよりデータを活用できるように支援することだが、それを構築するエンジニアリングチームは、他の企業と同じように、エンジニアリングの運用データをトラッキングすることの苦しみを経験した。</p>\n<p>Faros AIのCEO兼共同創業者であるVitaly Gordon(ヴァイタリー・ゴードン)氏は、Salesforceの膨大なリソースにもかかわらず、データの不足とそれを収集するための適切なツールがないことに悩まされていたと語る。「私たちはSalesforce内でその業務を拡大し、1万近い顧客と取引していたと思いますが、実は(データの活用に関して)私たちが技術組織として主張していることを、実践できていないと気づいたのです」と、ゴードン氏はいう。</p>\n<p>営業やマーケティングチームがデータを活用するために、エンジニアリングチームが作っているようなツールが、エンジニアリングチームにはない、ということはまさに目からウロコだった。彼らは、サイドプロジェクトとしてこの問題に取り組み始めたが、これは誰にとっても大きな問題であると認識するようになった。</p>\n<p>創業者の3人、つまりゴードン氏に加え、Salesforce Einsteinに携わっていたMatthew Tovbin(マシュー・トヴビン)氏とShubha Nabar(シュバ・ナバール)氏は、2019年に同社を辞め、この問題を解決するためにFaros AIを設立した。彼らは、開発者がコーディングを終えた時点から、その更新されたコードが顧客の前に製品として着地するまで、どれくらい時間がかかるかといったことなどを、エンジニアリングマネジメントがデータを見て簡単に把握できるようにしたいと考えた。</p>\n<p>彼らは、Jira(ジラ)、Jenkins(ジェンキンス)、GitHub(ギットハブ)などのエンジニアリングシステムに接続するための製品を作り始めた。これには、データ間の論理的な接続を行い、ダッシュボードで顧客に提供できるようなインテリジェンスレイヤーが含まれる。このシステムは、例えば、GitHubにサインインしているエンジニアとJiraにサインインしているエンジニアが同じであることを確認したり、複数のシステムにわたってエンジニアリングプロジェクトの履歴や動きをトレースしたりすることができる。</p>\n<div id=\"attachment_474194\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474194\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474194 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"551\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png?resize=300,162 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png?resize=768,414 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png?resize=1024,551 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png?resize=743,400 743w, /wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png?resize=400,215 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png?resize=738,397 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png?resize=640,345 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png?resize=220,118 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png?resize=281,151 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png?resize=232,125 232w, /wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png?resize=125,67 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png?resize=111,60 111w, /wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png?resize=1025,552 1025w, /wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png?resize=600,323 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Faros2.png?resize=50,27 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-474194\" class=\"wp-caption-text\">Faros AIエンジニアリングオペレーションのダッシュボード(画像クレジット:Faros AI)</p></div>\n<p>彼らは一般的なツールにすぐに接続できる50以上のコネクタを構築したが、Faros社がネイティブにサポートしているかどうかにかかわらず、エンジニアリングチームがあらゆるシステムに接続できるように、このコネクタ技術をオープンソース化することを決めた。最終的に、Faros CE(Community Editionの略)と呼ばれる製品全体のオープンソース版を開発することも決定し、米国時間3月2日より、一般に<a target=\"_blank\" href=\"https://community.faros.ai/docs\" rel=\"noopener\">ダウンロードとインストール</a>ができるようにした。</p>\n<p>そのエンタープライズ版は、完全にホストされたSaaS製品であり、セキュリティコントロール、ロールベースアクセス、Oktaなどのエンタープライズ認証システムとの接続など、企業顧客に求められる種類の追加機能が備わっている。この製品は現在、Box(ボックス)、Coursera(コーセラ)、GoFundMe(ゴーファンドミー)など、多くの顧客に利用されている。</p>\n<p>Faros AIの従業員数は現在20名だが、2022年中に倍増する見込みだという。すでに男女比50%ずつの多様な経営陣がいて、より幅広く多様なチーム作りを目指している。ゴードン氏によると、多様性のあるチームだったSalesforce Einsteinチームのネットワークや、それ以前に働いていたLinkedIn(リンクトイン)での経験が、そのために役立っているという。</p>\n<p>同社は今回、1600万ドル(約18億5000万円)のシードラウンドについても発表した。起ち上げ直後の2019年10月に、同社は最初の375万ドル(約4億3000万円)を受け取っている。投資家との間で取り決めたいくつかのマイルストーンを達成した後、さらに300万ドル(約3億5000万円)ほど受け取り、最近になって残りを獲得したという。この資金調達は、SignalFire(シグナルファイア)、Salesforce Ventures(セールスフォース・ベンチャーズ)、Global Founders Capital(グローバル・ファウンダーズ・キャピタル)が主導し、複数の業界エンジェル投資家が参加した。</p>\n<p>なお、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/04/15/pinpoint-releases-dashboard-to-bring-visibility-to-software-engineering-operations/\" rel=\"noopener\">Pinpoint</a>(ピンポイント)や<a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/02/2021-02-24-acumen-nabs-7m-seed-to-keep-engineering-teams-on-\" rel=\"noopener\">Acumen</a>(アキュメン)など、他のスタートアップも同じ問題に取り組んでいることは注目に値するだろう。</p>\n<p><small>画像クレジット:PeopleImages / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/02/three-salesforce-ai-pioneers-launch-faros-ai-to-bring-order-to-engineering-operations/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ron Miller、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1249211550.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474193,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474193,
            "tagId": 25,
            "tag": {
              "id": 25,
              "slug": "open-source",
              "name": "オープンソース / Open Source(用語)",
              "description": "オープンソースに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474193,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474193,
            "tagId": 17927,
            "tag": {
              "id": 17927,
              "slug": "saas",
              "name": "SaaS(用語)",
              "description": "SaaS(Software as a Service)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474193,
            "tagId": 97017,
            "tag": {
              "id": 97017,
              "slug": "salesforce",
              "name": "Salesforce / セールスフォース(企業)",
              "description": "顧客関係管理ソリューションなどを提供する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 474193,
            "tagId": 366271611,
            "tag": {
              "id": 366271611,
              "slug": "engineer",
              "name": "エンジニア(用語)",
              "description": "エンジニアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474193,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474061,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 474061,
        "slug": "onedrive-updates-m1-mac-native-support",
        "createdAt": "2022-03-03T00:39:05.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-03T02:26:26.000Z",
        "title": "Mac版OneDrive同期アプリがついにAppleシリコンにネイティブ対応、一般公開開始",
        "content": "<div id=\"attachment_474067\" style=\"width: 810px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474067\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-474067\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg?w=800\" alt=\"Mac版OneDrive同期アプリがついにAppleシリコンにネイティブ対応、一般公開開始\" width=\"800\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg 800w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-001.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 800px) 100vw, 800px\" /><p id=\"caption-attachment-474067\" class=\"wp-caption-text\">Microsoft</p></div>\n<p>マイクロソフトは昨年末、macOS版クラウドストレージOneDrive同期アプリがM1 Mac向けにパブリックプレビューとして利用可能になったと<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/onedrive-sync-public-preview-m1-mac-043003362.html\" rel=\"noopener\">発表していました</a>。それから約3ヶ月を経て、ついにM1、M1 ProおよびM1 MaxといったAppleシリコン(アップル独自開発プロセッサ)上でネイティブ動作する一般公開版がリリースしたと明らかにされています。</p>\n<p>説明では、Appleシリコン用のOneDrive同期アプリが「GA(Generally Available)」版として利用できるようになったとのこと。MS的に「GA」とは、ベータテスター以外の誰でも利用できる一般公開版のこと。具体的にはバージョン22.022であり、最新版がインストールされているかどうかはアプリの環境設定で確認できます。</p>\n<p>MSいわく、ネイティブ対応版は「OneDriveがAppleシリコンのパフォーマンス向上をフルに活用できる」とのことです。これまでも非ネイティブ対応版、すなわちインテル製チップ向けアプリもAppleシリコンMac上で動かせましたが、あくまで<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/m1chip-mac-bigsur-compatible-223549875.html\" rel=\"noopener\">Rosetta2</a>経由であり、電力やRAM消費が最適化されていませんでした。</p>\n<p>一般にM1ほかAppleシリコンは「消費電力が控えめのわりに高パフォーマンス」の傾向があることが好評です。ネイティブ対応したOneDriveアプリ最新版では、その恩恵が十分に受けられることになりそうです。</p>\n<p>最初のM1チップ搭載Macが2020年末に登場してから、はや1年以上も経ちました。OneDriveアプリのネイティブ対応はようやくの感もありますが、他のクラウドストレージアプリも対応が遅れぎみです。<a target=\"_blank\" href=\"https://support.google.com/a/answer/7577057\" rel=\"noopener\">Googleドライブの正式対応も昨年10月のこと</a>であり、<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/dropbox-test-native-apple-silicon-support-042528362.html\" rel=\"noopener\">Dropboxも今年はじめにベータテストを始めた</a>ものの、まだ一般公開には至っていません。</p>\n<p>ともあれ各社クラウドストレージアプリのネイティブ対応が進めば、Appleシリコン搭載のMacBook各種が内蔵バッテリーだけで稼働できる時間も長くなるはず。今月のイベントで登場すると<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/m-2-macbookpro-specification-sheet-and-design-leak-040047159.html\" rel=\"noopener\">噂の「M2」搭載13インチMacBook Pro</a>は現行モデルよりバッテリー持ちが良くなるとの予想もあり、出先での作業がいっそうはかどるかもしれません。</p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://techcommunity.microsoft.com/t5/microsoft-onedrive-blog/apple-silicon-support-in-ga-and-kfm-for-macos-in-public-preview/ba-p/3215671\" rel=\"noopener\">Microsoft OneDrive Blog</a>。Via <a target=\"_blank\" href=\"https://9to5mac.com/2022/02/28/onedrive-update-brings-native-m1-support-for-all-mac-users/amp/\" rel=\"noopener\">9to5Mac</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/onedrive-updates-m1-mac-native-support-065009836.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-03-001-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474061,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474061,
            "tagId": 637,
            "tag": {
              "id": 637,
              "slug": "microsoft",
              "name": "Microsoft / マイクロソフト(企業)",
              "description": "マイクロソフトは、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 474061,
            "tagId": 808,
            "tag": {
              "id": 808,
              "slug": "mac",
              "name": "Mac (製品・サービス)",
              "description": "Macは、アップルが開発および販売を行っているパーソナルコンピュータ。"
            }
          },
          {
            "postId": 474061,
            "tagId": 81002136,
            "tag": {
              "id": 81002136,
              "slug": "onedrive",
              "name": "Microsoft OneDrive(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474061,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 474061,
            "tagId": 692510899,
            "tag": {
              "id": 692510899,
              "slug": "apple-m1",
              "name": "Apple M1(製品・サービス)",
              "description": "Apple M1に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474061,
            "tagId": 692513302,
            "tag": {
              "id": 692513302,
              "slug": "cloud-storage",
              "name": "クラウドストレージ(用語)",
              "description": "クラウドストレージに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474044,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 474044,
        "slug": "2022-03-02-google-rt-sputnik-apps-play-store",
        "createdAt": "2022-03-02T23:15:39.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-02T23:15:30.000Z",
        "title": "グーグルがPlayストアからロシア国営メディアアプリを削除、EU禁止措置が迫るなか",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/technology/exclusive-google-blocks-rt-sputnik-play-app-store-europe-2022-03-02/\" rel=\"noopener\">Reuters</a>(ロイター)によると、Google(グーグル)はApple(アップル)に続き、同社のPlayモバイルアプリストアからRT(旧ロシア・トゥデイ)とSputnik(スプートニク)のアプリを削除した。</p>\n<p>クレムリンとつながりのあるこれら2つのメディアは、ロシアのウクライナ侵攻を受け、欧州連合(EU)で制裁を受けていた。</p>\n<p>ロシア国営メディアのアプリに対するPlayストア禁止措置がEUに限定されたものかどうかは、すぐには明らかでない。両社に対する禁止措置は、本日(米国時間3月2日)から施行される予定だ。</p>\n<p>Googleはこれ以前に、ウクライナ政府の要請により、同国ではRT Newsアプリを<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/technology/google-blocks-russias-rt-app-downloads-ukrainian-territory-says-rt-2022-02-27/\" rel=\"noopener\">禁止</a>していた。</p>\n<p>【更新】グーグルの広報担当者は、今回のブロックは「ヨーロッパ」に限定されているとしている。</p>\n<p>声明の中で、Googleは次のように述べた。</p>\n<blockquote><p>我々がこれまでに説明していた、レコメンデーションを減らし、収益化を一時停止し、ロシア国営メディアのリーチを制限する取り組みと一貫して、ロシアのニュースチャンネルRTとSputnikのモバイルアプリは、ヨーロッパ全域のPlayストアで利用できなくなりました。当社のチームは迅速な行動を取るために、24時間体制で状況を監視し続けます。</p></blockquote>\n<p>Googleは、EU加盟国および英国、ウクライナ、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイスで、これらのアプリがブロックされていることを確認した。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"http://apptopia.com/\" rel=\"noopener\">Apptopia</a>のデータによると、Android版のRT Newsアプリはこれまでに全世界で750万回インストールされており、iOS版の250万インストールよりもはるかにフットプリントが大きい。Android版のSputnik Newsアプリは全世界で289万ダウンロードと、これもiOS版のインストール数96万を上回る数字である。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/02/2022-03-01-apple-pulls-russian-state-owned-media-outlets-rt-and-sputnik-from-global-app-stores/\" rel=\"noopener\">アップル、ロシア国営メディアアプリを世界のApp Storeで入手不可能に</a></p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/28/eu-rt-ban-extends-online/\" rel=\"noopener\">先に報じた</a>ように、EUによるRTとSputnikの法的禁止は、オンラインプラットフォームを含む全配信経路を対象とするものだ。そして、RT、Sputnikおよびその子会社に対して、プラットフォーム大手が行動を起こすための厳しい期限を設定している。</p>\n<p>EU加盟国の中には、3月初めに<a target=\"_blank\" href=\"https://www.msn.com/en-us/news/world/russias-rt-channel-blocked-by-german-regulators/ar-AATp4A6\" rel=\"noopener\">ドイツ語版RTの放送を禁止</a>したドイツのように、自国内でロシア国営メディアを一足先に禁止しているところもあるが、汎EU制裁の導入により、まもなく地域全体でより広範な包括的禁止が行われることになる。</p>\n<p>EUの制裁措置の発効に先立ち、米国時間3月1日、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/01/youtube-geoblocks-rt/\" rel=\"noopener\">GoogleはRTとSputnikのYouTubeチャンネルをブロックすることを発表</a>した。</p>\n<p>ただし、その措置においては、同社は全世界で両社のアカウントを停止するのではなく、法的制裁が適用されるEU域内でそれらYouTubeチャンネルへのアクセスをジオブロックしているのみだ。</p>\n<p>そのため、Googleはロシアのプロパガンダを部分的にしかブロックしていないという批判にさらされている。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">EU <a href=\"https://twitter.com/hashtag/sanctions?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#sanctions</a> stopping Russian propaganda. But  in the rest of the world <a href=\"https://twitter.com/hashtag/Google?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#Google</a> won&#8217;t stop making money with Russian lies about Ukrainans fighting for their lives and their freedom. Shame on you. <a href=\"https://twitter.com/hashtag/StandingWithUkraine?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#StandingWithUkraine</a> <a href=\"https://twitter.com/hashtag/UkraineKrieg?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#UkraineKrieg</a> <a href=\"https://twitter.com/hashtag/Zelenskiy?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#Zelenskiy</a> <a href=\"https://twitter.com/hashtag/DSA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#DSA</a> <a href=\"https://t.co/2bEnwVD5zu\">https://t.co/2bEnwVD5zu</a></p>\n<p>&mdash; Alexandra Geese (@AlexandraGeese) <a href=\"https://twitter.com/AlexandraGeese/status/1498647904516558848?ref_src=twsrc%5Etfw\">March 1, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>また、Googleは他のプラットフォームと比較して、ウクライナ危機への対応がやや遅かったように見受けられる。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/02/2022-03-01-apple-pulls-russian-state-owned-media-outlets-rt-and-sputnik-from-global-app-stores/\" rel=\"noopener\">Apple</a>は1日、ロシア以外のすべての市場において、iOSのApp StoreからRTとSputnik Newsアプリを削除することを確認した。</p>\n<p>一方、Microsoft(マイクロソフト)もすでにWindowsアプリストアからRTを排除し、同社の検索エンジンBing(ビング)で両ニュースソースをランキングから外したという一連の措置を2月28日に<a target=\"_blank\" href=\"https://blogs.microsoft.com/on-the-issues/2022/02/28/ukraine-russia-digital-war-cyberattacks/\" rel=\"noopener\">発表</a>している。</p>\n<p>他のテック企業もウクライナ侵攻を受け、必死にロシア国営メディアに対する規制を打ち出そうとしている。<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/01/2022-02-28-twitter-will-mark-tweets-with-links-to-russian-state-backed-media-and-limit-their-reach/\" rel=\"noopener\">Twitter</a>(ツイッター)は今週初め、ロシア政府系メディアのコンテンツへのリンクを含むツイートにフラグを立て、コンテンツ自体の可視性を下げるラベリングポリシーを拡大した。</p>\n<p>Twitterは、欧州の指導者たちから、アカウント自体をブロックしていないことに対する<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/BFMTV/status/1498591944796262401\" rel=\"noopener\">批判を受けていた</a>。しかし同社は1日、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/technology/twitter-comply-with-eu-sanctions-russian-state-media-2022-03-02/\" rel=\"noopener\">Reuters</a>に対し、EUの制裁措置が発効した際にはそれに従うと述べ、次のように付け加えた。「欧州連合の制裁によりおそらく、EU加盟国において特定のコンテンツを表示制限することが法的に要求されることになるでしょう」。</p>\n<p>今週初めに発表されたさらなる限定的措置として、Facebook(フェイスブック)は、TikTok(ティックトック)と同様に、EU域内でRTとSputnikを<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/28/eu-rt-ban-extends-online/\" rel=\"noopener\">ジオブロック</a>していると発表した。</p>\n<p>先週木曜日に始まったロシアのウクライナ侵攻以来、欧州の政治指導者と欧州委員会の議員たちは、欧州委員長が日曜日にロシアの「有毒なメディアマシン」と表現したものに対処するため、主流のテックプラットフォームに対して高レベルの圧力をかけており、同委員長はそれをRTとSputnikに対する「未曾有の」制裁とも<a target=\"_blank\" href=\"https://ec.europa.eu/commission/presscorner/detail/en/statement_22_1441\" rel=\"noopener\">表現</a>している。</p>\n<p>欧州委員会の評価では、クレムリンとつながりのある2つのメディアは、プーチンの戦争マシンの重要な戦略的要素であるとされている。</p>\n<p>【編集部注】この記事は、Googleからのコメントを追加して更新された。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/02/google-rt-sputnik-apps-play-store/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Lomas、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/google-play-logo-angled-1.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474044,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474044,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 474044,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474044,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474044,
            "tagId": 32740565,
            "tag": {
              "id": 32740565,
              "slug": "google-play",
              "name": "Google Play(製品・サービス)",
              "description": "Googleが提供するAndroidデバイス向けのアプリ、映画、音楽、書籍などのデジタルコンテンツを配信するサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 474044,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474044,
            "tagId": 366273902,
            "tag": {
              "id": 366273902,
              "slug": "media",
              "name": "メディア / マスコミ / 報道機関(用語)",
              "description": "メディア / マスコミ / 報道機関に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474044,
            "tagId": 366281374,
            "tag": {
              "id": 366281374,
              "slug": "eu",
              "name": "EU / 欧州連合(組織)",
              "description": "European Union。EU(欧州連合)に関する記事一覧。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473871,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 473871,
        "slug": "skymatics-raised-1300m-jpy",
        "createdAt": "2022-03-02T08:34:36.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-02T08:34:36.000Z",
        "title": "リモートセンシング技術のスカイマティクスが13億円のシリーズB調達、セールス・マーケティング・人材採用を強化",
        "content": "<p>「リモートセンシングで、新しい社会を創る」をミッションとする<a target=\"_blank\" href=\"https://skymatix.co.jp/\" rel=\"noopener\">スカイマティクス</a>は3月1日、シリーズBラウンドとして、第三者割当増資による総額約13億円の資金調達を実施したことを発表した。引受先は、既存投資家のフェムトグロースファンド2.0投資事業有限責任組合、新規投資家のミライトロン、ジャパン・コインベスト(三井住友トラスト・インベストメント)、農林中央金庫の4社。累積調達額は約29億円となった。調達した資金は、同社サービスのセールスとマーケティングに「集中投下」し、同時に人材採用も強化するとのことだ。特に、GISエンジニア、ウェブエンジニア、画像処理解析エンジニア、さらにR&D人材、セールス、カスタマーサクセス人材を拡充する。</p>\n<p>リモートセンシングとは、遠く離れた場所からセンサーを用いて対象物を調べる技術のことをいう。この技術を柱とするスカイマティクスは、人工衛星やドローンなどから収集したあらゆる地理空間情報(GIS)と時系列情報を処理解析する「時空間解析プラットフォーム」を構築し、農業・建設・測量・整備点検・防災といった幅広い業界のDXを推進している。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-473874 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub1.jpg\" alt=\"\" width=\"650\" height=\"520\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub1.jpg 650w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1.jpg?resize=300,240 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1.jpg?resize=500,400 500w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1.jpg?resize=400,320 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1.jpg?resize=450,360 450w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1.jpg?resize=220,176 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1.jpg?resize=215,172 215w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1.jpg?resize=156,125 156w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1.jpg?resize=125,100 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1.jpg?resize=75,60 75w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1.jpg?resize=459,367 459w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1.jpg?resize=50,40 50w\" sizes=\"(max-width: 650px) 100vw, 650px\" /></p>\n<p>スカイマティクスが提供するサービスには、以下のものがある。</p>\n<h3>ドローン測量・現地管理DXクラウド「<a target=\"_blank\" href=\"https://smx-kumiki.com/\" rel=\"noopener\">くみき</a>」</h3>\n<p>ドローン測量データから現場の画像や動画データを駆使した「現場データ丸ごと管理」サービス。あらゆるデータを地図上に統合し、データ管理を効率化する。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-473876 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"544\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub3.png 1999w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?resize=300,159 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?resize=768,408 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?resize=1024,544 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?resize=1536,815 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?resize=754,400 754w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?resize=400,212 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?resize=738,392 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?resize=640,340 640w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?resize=220,117 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?resize=281,149 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?resize=236,125 236w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?resize=125,66 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?resize=113,60 113w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?resize=1040,552 1040w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?resize=600,318 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3.png?resize=50,27 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<h3>施設・設備情報管理システム「<a target=\"_blank\" href=\"https://smx-kumiki.com/psv/\" rel=\"noopener\">くみきスコープ</a>」</h3>\n<p>施設や設備に関する画像、テキスト、ファイルなどの情報を、屋内外を360度パノラマ化した画像で可視化し、スマートに管理するサービス。独自AIによる画像処理で、錆びや腐食の検出なども行える。<br />\n<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-473877 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub4.png\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"424\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub4.png 1088w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4.png?resize=300,124 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4.png?resize=768,318 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4.png?resize=1024,424 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4.png?resize=967,400 967w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4.png?resize=400,165 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4.png?resize=738,305 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4.png?resize=640,265 640w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4.png?resize=220,91 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4.png?resize=281,116 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4.png?resize=250,103 250w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4.png?resize=125,52 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4.png?resize=600,248 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub4.png?resize=50,21 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<h3>農家向けスマート農業サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://smx-iroha.com/top.html\" rel=\"noopener\">いろは</a>」</h3>\n<p>画像解析技術と地理情報技術で、農地へ行かなくても農地全体の状況を把握できるようにするサービス。全国の農地に採用され、都道府県普及率100パーセントを達成した。<br />\n<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-473878 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub5.jpg?w=1000\" alt=\"\" width=\"1000\" height=\"640\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub5.jpg 1000w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5.jpg?resize=300,192 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5.jpg?resize=768,492 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5.jpg?resize=625,400 625w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5.jpg?resize=400,256 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5.jpg?resize=738,472 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5.jpg?resize=563,360 563w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5.jpg?resize=220,141 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5.jpg?resize=269,172 269w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5.jpg?resize=195,125 195w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5.jpg?resize=125,80 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5.jpg?resize=94,60 94w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5.jpg?resize=863,552 863w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5.jpg?resize=573,367 573w, /wp-content/uploads/2022/03/sub5.jpg?resize=50,32 50w\" sizes=\"(max-width: 1000px) 100vw, 1000px\" /></p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/ZfFzz_6nvzA?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<h3>自治体向け農業管理DXソリューション「<a target=\"_blank\" href=\"https://smx-iroha.com/mapper/\" rel=\"noopener\">いろはMapper</a>」</h3>\n<p>自治体による経営所得安定対策と中山間地域等直接支払いのための現地調査を効率化するサービス。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-473879 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub6.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"392\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub6.png 1999w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6.png?resize=300,115 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6.png?resize=768,294 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6.png?resize=1024,392 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6.png?resize=1536,588 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6.png?resize=1045,400 1045w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6.png?resize=400,153 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6.png?resize=738,282 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6.png?resize=640,245 640w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6.png?resize=220,84 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6.png?resize=281,108 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6.png?resize=250,96 250w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6.png?resize=125,48 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6.png?resize=1442,552 1442w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6.png?resize=600,230 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6.png?resize=50,19 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/BFb0NWoHDZ4?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>&nbsp;</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-02-008-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473871,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473871,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473871,
            "tagId": 366271015,
            "tag": {
              "id": 366271015,
              "slug": "drone",
              "name": "ドローン(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 473871,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 473871,
            "tagId": 692509180,
            "tag": {
              "id": 692509180,
              "slug": "skymatix",
              "name": "スカイマティクス(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 473871,
            "tagId": 692509266,
            "tag": {
              "id": 692509266,
              "slug": "gis",
              "name": "地理情報システム / GIS(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 473871,
            "tagId": 692510657,
            "tag": {
              "id": 692510657,
              "slug": "remote-sensing",
              "name": "リモートセンシング(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 473871,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473896,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 473896,
        "slug": "2022-03-01-jolla-cut-ties-russia",
        "createdAt": "2022-03-02T06:00:21.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-02T06:53:10.000Z",
        "title": "Sailfish OSを開発するフィンランドのJollaはロシアとの関係を断ち切ろうとしている",
        "content": "<p>GoogleのAndroidに代わるLinuxベースのモバイルシステムを開発しているフィンランドのJollaは、その一部をロシア政府も利用していたが、このほどその事業を再構築して同国との関係を断つことにした。</p>\n<p>今週初め、JollaにEUの今後のロシアに対する制裁を気にしているのか確認した。というのも<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.jolla.com/new-strategic-investor-joins-sailfish-family/\" rel=\"noopener\">2018年以降</a>、ロシアの通信企業Rostelecomが同社の戦略的投資家であるためだ。</p>\n<p>CEOで共同創業者のSami Pienimäki(サミ・ペニマキ)氏は、TechCrunchの取材に対して「すでに2021年からロシア相手のビジネスと輸出は減らしています。そのためテクノロジー業界からの制裁が今後行われても、Jollaのビジネスにはそれ以上の影響はありません。Jollaでは自動車部門が急速に成長しており、それが2021年の売上の大きな部分を占めています」と語る。</p>\n<p>「投資家が持つ企業の所有権は確かに問題ですが、それについても年内に解決を目指したい」。</p>\n<p>同社のSailfish OSは2016年以来、ロシアの政府と企業の利用が<a target=\"_blank\" href=\"/2016/11/30/20161129jollas-sailfish-os-now-certified-as-russias-first-android-alternative/\" rel=\"noopener\">認められている</a>。</p>\n<p>その翌年からSailfish OSの市場におけるローカルなライセンスはOpen Mobile Platformと呼ばれ、同年のMobile World Congressカンファレンスではロシア市場向けのSailfishデバイスが「Googleから完全に自由」をスローガンに、誇らしく嬉々としてデビューした。</p>\n<p>その後<a target=\"_blank\" href=\"https://together.jolla.com/question/178875/rostelecom-acquiring-votron-the-majority-owner-in-jolla/\" rel=\"noopener\">2018年には</a>、RostelecomがOpen Mobile Platformの75%の所有権の買収を申請し、それをVotronと呼んだ。同社は、Jollaの株式の過半数を保有していると報じられた。また、その取引によって、部分的に国有でもあるロシアの通信企業がJollaの筆頭株主であるらしいことも、明らかとなった。</p>\n<p>しかし所有権のそのような構造は、今Jollaがもはや無効と決定し、現状のままでは同社のヨーロッパにおける成長が阻害されるほどの「困難な状況」が生じると見なした。</p>\n<p>それでも<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2019/03/09/the-other-smartphone-business/\" rel=\"noopener\">2019年には</a>、Jollaはロシア市場に全力を注いでいた。そうなった大きな契機は所有権レベルでのロシアとの関係だろう。だからそれは、わずか数年後にすべての関係を断つという同社の方針の大きな逆転でもある。</p>\n<p>Jollaは2021年、2020年が<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/07/2021-08-25-jolla-hits-profitability-ahead-of-turning-ten-eyes-growth-beyond-mobile/\" rel=\"noopener\">黒字だった</a>と発表した。そしてペニマキ氏によると、2021年はロシア市場以外での成長が大きかったという。</p>\n<p>米国時間3月1日、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/posts/samulisimojoki_putinin-hyökkäys-ukrainaan-pakottaa-meistä-activity-6904001201180934144-lb4d/\" rel=\"noopener\">LinkedIn</a>にフィンランド語でポストした声明で、Jollaの取締役会会長Samuli Simojoki(サムリ・シモジョキ)氏が、同社のロシア離れについて具体的に述べている。そして、Rostelecomの持ち株を自動車業界のどこかが買ってくれることを期待しているようだ。また、フィンランド政府からの援助の可能性についても言及している。</p>\n<p>「プーチンのウクライナ侵攻によって、私たちはみんなロシアとの関係と今後の行動について、再検討せざるを得なくなった」とシモジョキ氏は述べている。</p>\n<p>「ロシアが大株主の企業では働きたくないというのは簡単だ。Jollaはここしばらく、株式所有の構造として、均衡ある所有権の構造を模索し、その努力の一環としてロシアの所有権を大幅に減らしてきた。しかし現在の新たな状況では、ロシアの所有権を完全に処分しなければ会社の未来がないことは明らかである」。</p>\n<p>シモジョキ氏はさらに続けて「Jollaはすでに2021年からロシアの事業を積極的に縮小してきた。【略】今後はロシアからの収益はゼロになる」ともいう。</p>\n<p>「唯一のつながりがが所有権だ。弊社は自動車業界とオペレーティングシステムの両方をビジネス機会とするおもしろい事業構造であり、以前からヨーロッパの数社が、所有権の構造が是正されれば協力関係に入ってもよいといっている」。</p>\n<p>「フィンランド政府とはこれらの問題について前向きの対話が行われている。Jolla Oyの重要なパートナーの1つがDaimlerで、Jollaの取締役会にはDaimlerの代表者がいる。同社とも状況をめぐる対話を初めており、取締役会の同社の席は維持される。したがって狙いは、上述の所有権構造で会社を救うことだ」。</p>\n<p>Jollaが自動車業界の関心を集めている理由の1つは、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/08/25/jolla-hits-profitability-ahead-of-turning-ten-eyes-growth-beyond-mobile/\" rel=\"noopener\">2021年にローンチした</a>同社の新製品で、それは自動車メーカーなど組み込み型Linux互換のプラットフォームを使っている業界がターゲットだ。AppSupport for Linux Platformsと呼ばれるプロダクトは、そんなシステムが、Google自身の自動車関連提供物のライセンスなしでAndroidアプリを動かすことができる。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/07/2021-08-25-jolla-hits-profitability-ahead-of-turning-ten-eyes-growth-beyond-mobile/\" rel=\"noopener\">設立10周年を前に黒字化を達成した元Nokiaスタッフが企業したJolla、モバイル以外の展開も視野に</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Jolla</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/01/jolla-cut-ties-russia/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Lomas、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/jolla.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473896,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473896,
            "tagId": 610,
            "tag": {
              "id": 610,
              "slug": "linux",
              "name": "Linux(製品・サービス)",
              "description": "狭義にはLinuxカーネル、広義にはそれをカーネルとして用いたOS。"
            }
          },
          {
            "postId": 473896,
            "tagId": 387748,
            "tag": {
              "id": 387748,
              "slug": "sailfish",
              "name": "Sailfish OS(製品・サービス)",
              "description": "フィンランドのJollaが開発、提供するLinuxベースのOS。"
            }
          },
          {
            "postId": 473896,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473896,
            "tagId": 692515080,
            "tag": {
              "id": 692515080,
              "slug": "jolla",
              "name": "Jolla(企業)",
              "description": "Nokiaのスタッフ数人が、GoogleのAndroidに代わるLinuxベースのモバイルOSを開発するために設立したフィンランドのスタートアップ企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473882,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 473882,
        "slug": "2022-03-01-apple-pulls-russian-state-owned-media-outlets-rt-and-sputnik-from-global-app-stores",
        "createdAt": "2022-03-02T02:15:59.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-02T02:29:24.000Z",
        "title": "アップル、ロシア国営メディアアプリを世界のApp Storeで入手不可能に",
        "content": "<p>ウクライナへの侵攻を受けたロシアに対し、さらなる措置を取るようテック企業に対する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.washingtonpost.com/technology/2022/02/26/apple-youtube-ukraine-russia-pressure/\" rel=\"noopener\">圧力</a>が高まっているが、Apple(アップル)は米国時間3月1日、ロシア以外のすべての市場において、クレムリンに拠点を置くメディア、RT News(ロシア・トゥデイ)とSputnik NewsをApp Storeから削除することを<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/01/apple-halts-product-sales-in-russia-following-ukraine-invasion/\" rel=\"noopener\">確認</a>した。この変更は、EUや世界各地でこの2つの国営メディアに対して取られた<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/28/eu-rt-sputnik-ban-social-media-pressure/\" rel=\"noopener\">他の措置に続く</a>ものだ。</p>\n<p>Microsoft(マイクロソフト)はここ数日、WindowsのアプリストアでRT Newsを<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/business/media-telecom/microsoft-remove-rt-apps-ban-russian-state-owned-media-ads-2022-02-28/\" rel=\"noopener\">禁止</a>し、検索エンジンBingの両ニュースソースのランクを下げた。Google(グーグル)は、キエフの政府による要請により、ウクライナでRT Newsアプリを<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/technology/google-blocks-russias-rt-app-downloads-ukrainian-territory-says-rt-2022-02-27/\" rel=\"noopener\">禁止</a>した。Rokuは同社のストリーミングプラットフォームでRT Newsを禁止。Twitterは、両メディアの<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/01/2022-02-28-twitter-will-mark-tweets-with-links-to-russian-state-backed-media-and-limit-their-reach/\" rel=\"noopener\">ツイートに警告のフラグを立て</a>、ランク付けを解除した。Facebookは、TikTokと同様に、EU圏内ではサイトへの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.imore.com/facebook-kicks-rt-and-sputniks-suspected-russian-propaganda-pages-its-platform\" rel=\"noopener\">アクセスを制限</a>し、利用できないようにしている。そしてGoogleもYouTubeからそれらを削除した。</p>\n<p>AppleがRT NewsとSputnik NewsをグローバルのApp Storeから引き上げたのは、ウクライナのMykhailo Fedorov(ミハイロ・フョードロフ)副首相からの要請を受けたもので、同副首相はAppleのTim Cook(ティム・クック)CEOにロシアでのデバイス販売の停止とApp Storeへのアクセスの完全遮断を求める<a target=\"_blank\" href=\"https://www.imore.com/ukraine-requests-apple-stop-product-sales-and-access-app-store-russia\" rel=\"noopener\">書簡を書いている</a>。</p>\n<p>アプリ情報企業Sensor TowerとApptopiaのデータによると、ロシアの2つのメディアアプリは昨日の時点で、全世界において数百万回もダウンロードされていた。</p>\n<p>Sensor Towerによると、米国のApp Storeでは、2月28日の時点で、RT NewsはNewsカテゴリで42位、Sputnikは85位にランクインしていたとのこと。また、iOS向けRT Newsの全世界でのインストール数は、直近の7日間で7日前と比較して241%増加した。そして、iOS向けSputnikのインストールは同期間に163%増加したと同社は指摘している。</p>\n<p>しかし、2つのアプリストアの情報会社は、ロシアのアプリの足跡について異なる推定値を報告している。</p>\n<p>Sensor Towerは、RT Newsが2013年5月の発売以来、世界中で570万回インストールされ、そのうち170万回はiOSのApp Storeでインストールされたと報告している。Sputnikは2015年3月のリリース以来、全世界で200万インストールされ、そのうち約47万がiOSでのものとなる。</p>\n<p>一方、Apptopiaのデータでは、アプリがより広い範囲に及んでいたことを示しています。RT Newsは全世界で総インストール数1000万、そのうちiOSは250万だった。また、Sputnik Newsは385万ダウンロードされ、そのうち96万ダウンロードがiOSだった。</p>\n<p>両社ともApp Storeのデータに直接アクセスできないため、正確な数字は不明だ(本当のインストール数はAppleとアプリのパブリッシャーだけが知っている)。その代わり、両社は統計モデルを用いて推定値を算出している。</p>\n<p>ロシア・ウクライナ戦争に関連するアプリで影響を受けたのは、ニュースサイトだけではない。Googleの<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/01/2022-02-28-google-disables-maps-live-traffic-tools-in-ukraine/\" rel=\"noopener\">同様の措置</a>を受けて、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/01/apple-halts-product-sales-in-russia-following-ukraine-invasion/\" rel=\"noopener\">Apple</a>はウクライナ国民に対する安全対策および予防措置として、ウクライナの「マップ」でのトラフィックとライブインシデントの両方を無効にしたとのこと。</p>\n<p><small>画像クレジット:TechCrunch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/01/apple-pulls-russian-state-owned-media-outlets-rt-and-sputnik-from-global-app-stores/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Katsuyuki Yasui)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/apple-app-store-ios-2021.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473882,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473882,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473882,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473882,
            "tagId": 324281,
            "tag": {
              "id": 324281,
              "slug": "ios",
              "name": "iOS(製品・サービス)",
              "description": "iOSはAppleが提供するスマートフォン向けオペレーションシステム。"
            }
          },
          {
            "postId": 473882,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473882,
            "tagId": 366273902,
            "tag": {
              "id": 366273902,
              "slug": "media",
              "name": "メディア / マスコミ / 報道機関(用語)",
              "description": "メディア / マスコミ / 報道機関に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473882,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 473882,
            "tagId": 692508933,
            "tag": {
              "id": 692508933,
              "slug": "app-store",
              "name": "App Store(製品・サービス)",
              "description": "App Storeはアップルが自社製品向けに展開するアプリケーションのマーケットプレイス。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473771,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 473771,
        "slug": "2022-02-28-rakuten-symphony-acquires-kubernetes-platform-robin-io",
        "createdAt": "2022-03-02T01:45:21.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-02T01:00:01.000Z",
        "title": "楽天シンフォニーがKubernetesプラットフォーム「Robin.io」を買収",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%BD%E5%A4%A9%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97\" rel=\"noopener\">楽天</a>の<a target=\"_blank\" href=\"https://global.rakuten.com/corp/news/press/2021/0804_04.html\" rel=\"noopener\">通信事業</a>プラットフォーム<a target=\"_blank\" href=\"https://symphony.rakuten.com/\" rel=\"noopener\">楽天シンフォニー</a>は、米国時間2月28日、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.robin.io/\" rel=\"noopener\">Robin.io</a>を買収したことを発表した。このスタートアップは、ストレージソリューションと複雑なネットワークアプリケーション向けに最適化されたKubernetesプラットフォームを提供している。同社の初期の顧客の1つが楽天モバイルで、楽天キャピタルがRobin.ioの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.robin.io/press/robin-io-to-capitalize-on-rapid-adoption-of-cloud-native-technology-across-5g-and-enterprise-with-38-million-series-c-led-by-rakuten-capital/\" rel=\"noopener\">シリーズCの投資ラウンド</a>をリードした。楽天は、Robin.ioのマルチクラウドモビリティやオートメーションのためのツールを楽天シンフォニーのポートフォリオに統合することを計画している。</p>\n<p>立ち上げ時のRobin.ioは主に<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/10/20/robin-io-launches-a-free-edition-of-its-cloud-native-kubernetes-storage-solution/\" rel=\"noopener\">ストレージのソリューション</a>がメインだったが、その後、拡張して完全な機能を持つKubernetesプラットフォームを提供するようになった。同社のマーケティングは対象が常に大手の通信事業者で、Kubernetes上の5Gサービスアプリケーションを自動化するソリューションと、またプライベートな5GとLTEのデプロイのオーケストレーションなどを提供してきた。一方、楽天シンフォニーは、まさにこれらのクラウドネイティブなオープンインフラストラクチャのデプロイとサービスが事業の主力だ。またRobin.ioが保有する70件の特許と世界中の多くのFortune 1000企業の顧客も魅力的だ。通信業界の、天国のような組み合わせだ。</p>\n<p>Robin.ioのCEOであるPartha Seetala(パルタ・シータラ)氏は次のように述べている。「 Robin.ioが数年かけて築いてきたテクノロジーのイノベーションが今回もっと大きなキャンバスの上で、業界のクラウドネイティブへの転換のビジョンを率先していけることは、喜ばしいことです。シンプルで使いやすくハイパースケールなオートメーションを容易にデプロイできる弊社のビジョンは、その転換と非常に良好にマッチしている。Robin.ioの顧客は、Robin.ioのクラウドネイティブテクノロジーのイノベーションと、楽天シンフォニーのオープンで競合に強いインフラストラクチャのソリューションとグローバルなスケールの、両者から大きな利益を得るでしょう。これはまったくのところ私たちが迎えた極めてエキサイティングなタイミングとして、共にもっと大きなエコシステムを導入し、私どものグローバルな顧客により高い価値を提供していけるフェーズだといえます」。</p>\n<p>買収額は双方から発表されていない。本日の前までにRobin.ioは、合計8600万ドル(約98億9000万円)のベンチャー資金を調達。楽天キャピタルの他にUSAA、Hasso Plattner Ventures、DN Capital、Clear Ventures、Raine Next-Gen Communications、そしてEmory University(エモリー大学)が投資している。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2020/10/22/2020-10-20-robin-io-launches-a-free-edition-of-its-cloud-native-kubernetes-storage-solution/\" rel=\"noopener\">Robin.ioがクラウドネイティブのKubernetesストレージソリューションに無料版を追加</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Tomohiro Ohsumi/Getty Images/<a target=\"_blank\" href=\"http://commons.wikimedia.org/wiki/Main_Page\" rel=\"noopener\">Wikimedia Commons</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/28/rakuten-symphony-acquires-kubernetes-platform-robin-io/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/rob.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473771,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473771,
            "tagId": 1713139,
            "tag": {
              "id": 1713139,
              "slug": "rakuten",
              "name": "楽天 / Rakuten(企業)",
              "description": "インターネット関連のサービスを中心に展開している日本の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 473771,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473771,
            "tagId": 46713213,
            "tag": {
              "id": 46713213,
              "slug": "kubernetes",
              "name": "Kubernetes(製品・サービス)",
              "description": "コンテナ化したアプリのデプロイ、スケーリング、管理を行うための、オープンソースのコンテナオーケストレーションシステム。"
            }
          },
          {
            "postId": 473771,
            "tagId": 692510675,
            "tag": {
              "id": 692510675,
              "slug": "robin-io",
              "name": "Robin.io(企業)",
              "description": "クラウドネイティブのアプリケーションとデータ管理ソリューションを提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473797,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 473797,
        "slug": "2022-02-28-orkes-from-the-creators-of-netflixs-open-source-conductor-workflow-orchestration-tool-comes-out-of-stealth-with-9-3m",
        "createdAt": "2022-03-02T00:45:19.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-02T00:07:20.000Z",
        "title": "Netflixのオープンソースツール「Conductor」の開発者たちがその運用・管理を支援する「Orkes」を発表",
        "content": "<p>Netflix(ネットフリックス)は「Conductor(コンダクター)」というツールを開発・アウトソースすることで、マイクロサービスを取り巻く状況を一変させることに貢献した。このツールは当初、自社の大規模なマルチチャネルでオンデマンドのビデオ・トラフィック(およびそれに対応する複雑なコードベース)をグローバルに扱うために作られたものだったが、後にTesla(テスラ)やAmerican Express(アメリカン・エクスプレス)、GitHub(ギットハブ)、Deutsche Telekom(ドイツテレコム)、VMware(VMウェア)をはじめとする<a target=\"_blank\" href=\"https://github.com/Netflix/conductor\" rel=\"noopener\">約150社もの大規模な組織など</a>が、自社のサービスを管理するために採用するようになった。そして現在、Conductorを開発したチームは、Conductorをベースにしたツールのクラウドホスティング版である「<a target=\"_blank\" href=\"https://orkes.io/\" rel=\"noopener\">Orkes</a>(オーケス「オーケストレーション」の短縮形)」を発表し、同時にこのミッションを推進して、オープンソースのConductorコミュニティの継続的成長をサポートするために、930万ドル(約1億700万円)の資金調達を実施した。</p>\n<p>このラウンドは、Battery Ventures(バッテリー・ベンチャーズ)とVertex Ventures(バーテックス・ベンチャーズ)が共同で主導し、Mahendra Ramsinghani(マヘンドラ・ラムシンガニ)氏とや Gokul Rajaram(ゴクル・ラジャラム)氏などのエンジェル投資家や、Amazon(アマゾン)やFacebook(フェースブック)を含むさまざまなテック系企業の名前を明かしていない幹部が参加している。</p>\n<p>Orkesは、CEOのJeu George(ジョー・ジョージ)氏、共同CTOのViren Baraiya(ヴィレン・バライヤ)氏 とBoney Sekh(ボニー・セク)氏、CPOのDilip Lukose(ディリップ・ルコセ)氏が共同で設立した会社だ。最初の3人は、NetflixでConductorを一緒に作ったが、その後は別々の道を歩んでいた。ジョージ氏はUber(ウーバー)でシニアエンジニアとして働き、バライヤ氏はGoogle(グーグル)でFirebase(ファイアベース)のエンジニアリングを率い、セク氏はRobinhood(ロビンフッド)で決済の責任者を務めていた。2021年、この3人が再結集し、Microsoft Azure(マイクロソフト・アジュール)の卒業生で、ジョージ氏と一緒に働いていたルコス氏も加わり、Orkesを起ち上げた。</p>\n<p>Conductorに戻って、その上に乗るツール群を構築した理由は、ジョージ氏がいうように、非常に明確な市場のシグナルがあったからだ。</p>\n<p>「私たちはConductorを汎用エンジンとして構築し、多くの企業がこれを使い始めると予想しました。現在、この分野は変曲点にあり、組織はマイクロサービス・アーキテクチャに移行しています」と、ジョージ氏はインタビューに答えている。「しかし、より広い今のアイデアは、その運用を支援し、その上における規模の管理を支援することです」。組織はしばしばハイブリッドクラウド環境で、複数のコーディング言語にわたって作業するため、Orkesのアイデアは管理を支援するための「すぐに使える」一連のツールを提供することだと、同氏は付け加えた。</p>\n<p>実際、Orkesが登場する前にHacker News(ハッカー・ニュース)で行われたConductorの長所と短所に関する議論では、一部の環境における実装の難しさが<a target=\"_blank\" href=\"https://news.ycombinator.com/item?id=24214735\" rel=\"noopener\">強調され</a>、それを解決する機会も指摘されている。</p>\n<p>「企業がマイクロサービスを構築するとき、彼らは選択した言語で構築するわけですが、概して複数の言語を使用することがあります」とジョージ氏は述べ、一般的には少なくとも3つの言語が使用され、時にはそれ以上の場合もあると語った。「ConductorとOrkesのユニークな点は、まったく言語に依存しないことです」。</p>\n<p>クラウドサービスに注力したクローズド・アルファ版が好評を得ているため、今回調達した資金は、引き続きOrkesのエンジニアリング・チームと市場参入戦略チームの増強に使用される予定だ。</p>\n<p>Orkesの台頭は、オープンソースツールの最近よくあるルートを浮き彫りにする。開発者やエンジニアは、既存の組織で、あるいはプロジェクトとして、自らの実体験に基づく非常に直接的なニーズを解決するための、画期的なツールを構築することに多大な力を注ぐ。そして、それをどのように運用するべきかという開発者の倫理観から、これらのツールを長期的にサポートする幅広いコミュニティを構築するために、オープンソース化するのだ。</p>\n<p>同じ開発者が、オープンソース版を使いやすく実装するためのリソースや人材を持たない多くの組織でもより簡単に使えるようにするために、結局は開発に舞い戻り、最も明白で有用なカスタマイズを行うこともよくある。</p>\n<p>もちろん、誰でもオープンソースツールの商用版を作ることはできる(非常に成熟した技術では、その上に競合する商用製品が作られることもある)が、そのようなスタートアップ企業の創設者は、概して最初にオープンソースツールの構築をてがけた人物と同じであることが多い。彼らは誰よりも時間と力を注ぎ込んでいて、誰よりもそのツールの可能性と落とし穴を知っている。</p>\n<p>そして、投資家も同じ理由からそのような企業を支持したがるものだ。同じテーマに沿った最近の例では、Great Expectations(グレート・エクスペクテーションズ)の開発者たちによる<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/10/superconductive-creators-of-great-expectations-raises-40m-to-launch-a-commercial-version-of-its-open-source-data-quality-tool/\" rel=\"noopener\">Superconductive</a>(スーパーコンダクティブ)が、先ごろ4000万ドル(約46億円)を調達した。</p>\n<p>Conductorの場合、このオープンソースツールには熟した既存ユーザーがいて、それはOrkesにとって当然ながら顧客となる。しかし、このスタートアップの台頭は、新たな見込みのあるユーザー層への扉も開くことになる、あるいはそう考えることができる。</p>\n<p>「Conductorの普及曲線は、私が見た中で最も速いものの1つです。そして、オリジナルの開発チームによる商品化をサポートできることは、私たちにとってすばらしい機会です」と、Battery Venturesのジェネラル・パートナーであるDharmesh Thakker(ダルメシュ・サッカー)氏は声明の中で述べている。「Orkesには、この活気あるコミュニティに、企業レベルのサポートとクラウドサービスを提供するための最適なチームが揃っています」。VertexのパートナーであるSandeep Bhadra(サンディープ・バドラー)氏は、このラウンドで同社の取締役会にも加わっている。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.flickr.com/photos/wwworks/14237987317/in/photolist-nGapzX-2fk2dx5-yYYEL9-pKJzn2-PruKGb-GRqSAH-nzaf3C-M3TSxN-oMWDH5-aShu8r-HVRihK-9FTxph-qU62Aq-72Uck7-oXNMbM-29b35JE-SMwX6Q-VkWCVs-27WRWnZ-5SnsPF-LoN1bZ-9MnArQ-27WRWxi-7RuP4w-zNbadY-nVFAfz-dWaD6i-9mKpjg-6m1vE5-YrN3fG-7GMMbZ-2ixbYTu-54FDH2-DqzWxm-dshboN-qPhGLb-JWmZRm-V5FcMq-e3Y8jp-LVJKBR-VFfPZU-2het98A-Qe3hnW-eDU1QN-Mc1KpY-SUqq2w-aricHw-2mtGoYp-29a8LJ5-fuLkc4\" rel=\"noopener\">woodleywonderworks </a>/ <a target=\"_blank\" href=\"https://www.flickr.com/\" rel=\"noopener\">Flickr </a>under a <a target=\"_blank\" href=\"http://creativecommons.org/licenses/by/2.0/\" rel=\"noopener\">CC BY 2.0 </a>license.</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/28/orkes-from-the-creators-of-netflixs-open-source-conductor-workflow-orchestration-tool-comes-out-of-stealth-with-9-3m/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ingrid Lunden、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/14237987317_31940850be_k.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473797,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473797,
            "tagId": 25,
            "tag": {
              "id": 25,
              "slug": "open-source",
              "name": "オープンソース / Open Source(用語)",
              "description": "オープンソースに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473797,
            "tagId": 1182,
            "tag": {
              "id": 1182,
              "slug": "netflix",
              "name": "Netflix / ネットフリックス(企業・サービス)",
              "description": "Netflixは動画ストリーミングサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 473797,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473527,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 473527,
        "slug": "2022-02-24-finary-wants-to-reimagine-private-banking",
        "createdAt": "2022-03-01T01:15:58.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-01T00:37:26.000Z",
        "title": "フランスのFinaryは新たな創業理念でプライベートバンクの構築を目指す",
        "content": "<p>フランスのスタートアップ企業である<a target=\"_blank\" href=\"https://finary.com/\" rel=\"noopener\">Finary</a>(フィナリー)が、800万ユーロ(約10億300万円)のシリーズA資金調達ラウンドを実施した。この会社は、富裕層が資産をトラッキングする際に全体像を把握できる包括的なアグリゲータを構築している。そしてそれは、Finaryが銀行口座に限定されないことを意味する。つまり、不動産から暗号資産や株式まで、多くの資産をトラッキングすることができるということだ。</p>\n<p>そして、このスタートアップのビジョンは、筆者が<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/05/18/finary-wants-to-create-the-wealth-management-dashboard-for-the-next-generation/\" rel=\"noopener\">初めてこの会社について記事を書いた</a>ときからあまり変わっていない。データの集約は、同社にとって最初の一歩に過ぎない。Finaryは、これまでと異なる創業理念でゼロからプライベートバンクを作りたいと考えている。</p>\n<p>現在のプライベートバンキング業界について考えてみると、顧客と銀行の間にズレがあることがわかる。銀行は顧客から直接収益を得るのではなく、金融商品を販売し、その商品から収益を得ようとする。彼らはファイナンシャルアドバイスと称しているが、それは単なる胡散臭いセールスだ。</p>\n<p>「当社は独立企業だから、何でも話せます。既存の業者は、自分たちに手数料が発生するようなソリューションしか提案しません」と、共同創業者でCEOのMounir Laggoune(ムーニエ・ラグーン)氏は筆者に語った。</p>\n<p>次世代の富裕層はこれまでとは異なる体験を求めると、Finaryは確信している。彼らは情報を直接見て、自分自身で十分な知識を得た上で意思決定をしたいと思うだろう。つまり、もはや家族に送金するために銀行員に電話しなくても済むようになったように、Finaryは富裕層に適切なツールと情報を提供したいと考えているのだ。</p>\n<p>Finaryの今回の資金調達ラウンドは、既存投資家のSpeedinvest(スピードインベスト)とY Combinator(Yコンビネーター)が主導した。また、Qonto(コント)の創業者であるSteve Anavi(スティーヴ・アナヴィ)氏や、Alexandre Prot(アレクサンドル・プロット)氏、Bitpanda(ビットパンダ)のEric Demuth(エリック・デムス)氏などのエンジェル投資家も参加した。</p>\n<p>しかし、それですべてではない。Finaryは、新しいプライベートバンクを作るということは、最も活動的な顧客が同社の株式を所有できるようにすることだとも考えている。このスタートアップ企業は、まもなく株式のクラウドファンディングキャンペーンを開始する予定だ。</p>\n<p>具体的には、フランスで近々立ち上げられるエクイティクラウドファンディング(株式投資型クラウドファンディング)プラットフォームを通じて、人々は10ユーロ(約1300円)から投資して株式や端株を購入することができるようになる予定だ。</p>\n<p>「私たちは50万ユーロ(約6400万円)を割り当てましたが、多少のオーバーファンディングはOKです」と、ラグーン氏は言っている。</p>\n<p>筆者が前回の記事を書いた以降、FinaryはiOSとAndroidの両方でモバイルアプリの提供を開始した。このアプリは現在、同社のサービスにアクセスするための一般的な方法となっており、ユーザーは平均して週に9回、つまり1日に1回以上、Finaryの口座をチェックする傾向があるという。</p>\n<p>その後も同社はさらに統合機能を追加し、フランス、米国、カナダ、スペイン、イタリア、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグで1万種類の資産をトラッキングできるようになった。例えば、ユーザーは複数の銀行口座、株式取引口座を接続し、不動産、金、暗号資産ウォレットの公開アドレスなどを追加することができる。</p>\n<p>Finaryは、<a target=\"_blank\" href=\"https://plaid.com/\" rel=\"noopener\">Plaid</a>(プレイド)や<a target=\"_blank\" href=\"https://www.budget-insight.com/en/\" rel=\"noopener\">Budget Insight</a>(バジェット・インサイト)など、いくつかのAPIベースのアグリゲータを使って口座をトラッキングしており、また、bitcoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)のノードを動かしてウォレットアドレスをトラッキングしている。</p>\n<p>このスタートアップ企業は、全体で3万人のユーザーを集め、100億ユーロ(1兆3000億円)相当の資産をトラッキングしている。つまり、同社のユーザーは平均するとそれぞれが30万ユーロ(約3900万円)以上の資産をトラッキングしていることになる。同社は現在、月額10ユーロ(約1300円)のサブスクリプション料金で収益を上げている。</p>\n<p>そして、これがこの製品の興味深いところなのだが、Finaryはデータを集約するだけでなく、レコメンデーション(推薦)もできる。例えば、投資信託の隠れた手数料を明らかにしたりする。ユーザーはパフォーマンスレポートを生成し、異なる地理的配分、セクター、リスクプロファイルなど、どのように投資を分散させることができるかを学べる。</p>\n<p>今回調達した資金を使って、同社は英国、ドイツ、スイスの金融機関を完全にカバーすることを計画している。同社は他に、新たな追加機能の開発にも取り組んでいる。今後はファミリーモードや、より効率よくRSU(譲渡制限付株式ユニット、フランスではBSPCE)をトラッキングする方法、個人資産と職業資産を分離する機能などが加わる見込みだ。</p>\n<p>Finaryはさらに25人の新規雇用も予定している。この先、多くの製品拡張も計画されており、例えばこのプラットフォームから、暗号資産を直接購入できるようになることもあり得るだろう。税務申告を支援するサービスも考えられる。Finaryは2022年末までにユーザーベースを10倍に拡大し、30万人のユーザーに到達することを目指している。</p>\n<p><small>画像クレジット:Finary</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/24/finary-wants-to-reimagine-private-banking/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Romain Dillet、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Finary-Plateforme-Web-.png",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473527,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473527,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473527,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 473527,
            "tagId": 366273777,
            "tag": {
              "id": 366273777,
              "slug": "france",
              "name": "フランス(国・地域)",
              "description": "フランスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473527,
            "tagId": 692508684,
            "tag": {
              "id": 692508684,
              "slug": "asset-management",
              "name": "資産管理 / 資産運用(用語)",
              "description": "資産管理、資産運用に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473399,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 473399,
        "slug": "2022-01-19-dovetail-raises-63m-to-grow-its-researcher-focused-software-business",
        "createdAt": "2022-02-28T01:30:49.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-28T01:28:14.000Z",
        "title": "Dovetail、顧客調査に特化したソフトウェア事業の拡大に向けて71.6億円調達",
        "content": "<p>オーストラリアの顧客調査ソフトウェア企業である<a target=\"_blank\" href=\"https://dovetailapp.com/\" rel=\"noopener\">Dovetail(ダブテイル)</a>は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.accel.com/\" rel=\"noopener\">Accel(アクセル)</a>が主導する6300万ドル(約71億6000万円)のシリーズAラウンドを完了したと発表した。これにより、同社は総額7000万ドル(約80億円)強の資金を調達したことになり、同社が「7億ドル(約797億円)以上」とする評価額に新たな資金を加えたことになる。</p>\n<p>この数字からもわかるように、これは一般的なシリーズAではなく、Accelによる、いわばレイターステージ(後期段階)の投資である。Accelはこれまでも、資金調達額が少なく、自己資金で運営していたテクノロジー企業が成長して大きな収益を上げるまで、<a target=\"_blank\" href=\"/2020/09/07/2020-09-05-how-one-vc-firm-wound-up-with-no-code-startups-as-part-of-its-investing-thesis/\" rel=\"noopener\">大規模な投資を行ってきた</a>。</p>\n<p>通常のシリーズAとは異なる今回のDovetailのラウンドについて、ここでは同社の初期の歴史と、同社が作っているものから説明する。</p>\n<h2>ゼロからの起業であったDovetail</h2>\n<p>TechCrunchは、Dovetailの共同創業者でCEOである<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/humphreybc?originalSubdomain=au\" rel=\"noopener\">Benjamin Humphrey(ベンジャミン・ハンフリー)</a>氏に、今回の増資について、会社の創業当初にさかのぼって話を聞いた。ニュージーランド出身のハンフリー氏は、ベイエリアのテクノロジー企業で勤務した後、オーストラリアのAtlassian(アトラシアン)に入社して数年間在籍。その後、ベンチャーキャピタルに頼らずにDovetailを共同創業した同氏は、Buffer(バッファ)やBasecamp(ベースキャンプ)といった有名なテクノロジー企業のように、自己資金で会社を成長させていくことを計画したという。</p>\n<p>ニッチに聞こえるかもしれない顧客調査市場向けのソフトウェア開発だが、Dovetailは創業当初から十分な支持を得て、チームを6人に拡大し、年間約50万ドル(約7000万円)の売上を自力で達成するまでに成長した。その時点でベンチャー投資家からのアプローチがあり、2019年に約500万豪ドル(約4億円)というごく小さなラウンドを完了した、と同氏は話す。</p>\n<p>そのラウンドに参加したFelicis Ventures(フェリシスベンチャーズ)は、2020年末に向けてさらに資本を投入したいと考えていたという。ハンフリー氏によれば、資金は十分だったので、市場でのポジションを示すために1億ドル(約114億円)を超える評価額で1回目のシードラウンドを完了した(教訓:資金調達に関しては、利益を上げて成長していることが真に「おいしい」スタートアップである)。</p>\n<p>現在もこの調子である。新しい投資家であるAccelのRich Wong(リッチ・ウォン)氏とArun Mathew(アルン・マシュー)氏によると、DovetailはAccelが投資する機会を得るまで、調達した資金総額の半分しか使っていなかったという。</p>\n<p>市場に「ソフトウェア企業は資金を消費せずに成長できる」という傾向はない。つまり、Dovetailが作っているものを買いたいという顧客がすでに存在したということである。</p>\n<h2>Dovetailが販売しているもの</h2>\n<p>前述のAccelの2人は、Dovetailが構築しているものを「顧客調査のための記録システム」という新しいカテゴリーで表現する。</p>\n<p>ハンフリー氏はもっと平凡な言葉で、自社の製品を「リサーチャーのための生産性向上ツール」と称し、エンジニアにはGitHubがあり、デザイナーにはFigmaがあるが、顧客のリサーチャーには独自のソフトウェアが必要だと指摘する。同氏はさらに、シリコンバレーやもっと規模の大きいスタートアップ企業は、R&amp;Dの「開発」部分のツール開発には力を入れてきたが「研究」部分はそうではなかった、と付け加えた。</p>\n<p>Dovetailの製品は、NPS(ネットプロモータースコア)調査、音声、動画、テキストの回答からユーザーのフィードバックデータを収集し、それをチームでタグ付けして機械で分析し、組織全体で共有することができるソフトウェアである。ハンフリー氏によると、顧客に関する組織的な知識を蓄積し、より迅速な意思決定を行えるようにするための企業向けのリレーショナルデータベースを構築することが目標だ。</p>\n<p>例えば、プロダクトマネージャー(PM)が会社を辞めると、彼らと同時にかなりの量の知識がなくなってしまう。新しいPMは知識がないので、仕事を回すために会社中を質問して回らなければならない。Dovetailの製品を使えば、調査から得たデータや知識を永続的に保存して利用することができる。</p>\n<h2>成長</h2>\n<p>筆者はDovetailの活動について学んでいる最中なので、同社が顧客調査ソフトウェア市場を開拓していく中で、より多くのことが達成されることを期待している。現段階でいえることは、Dovetailは雑草のように成長しているということだろうか。ハンフリー氏によると、同社は2021年、収益と顧客数を3倍にしたという。すべてセルフサービスで、数カ月前に初めてアカウントエグゼクティブを採用した企業が、である。まさしく製品が主導する成長だ。</p>\n<p>製品主導の成長とは、実際のサービスや商品が顧客を引き寄せるという考え方で、本質的にはプロダクトマーケットフィット(PMF、顧客を満足させることのできる製品が適切な市場で受け入れられている状態)の概念を再構築したものである(あるいはPMFの本来の意味をさらに純粋にしたものかもしれない)。いずれにしても、投資家によれば、Dovetailはまだ創業からそれほど時間が経っていないにもかかわらず、2022年も前年と同じ成長率を達成するか、少なくともそれに近くなるという。同社はすでにユニコーンに近い存在なのだ。</p>\n<p>ハンフリー氏自らが、今後数カ月間に新たな資本のニュースを教えてくれることはないだろう。2022年の後半に同社の成長について彼を質問攻めにしようと思う。</p>\n<p><small>画像クレジット:Vladyslav Bobuskyi / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/19/dovetail-raises-63m-to-grow-its-researcher-focused-software-business/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Alex Wilhelm、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/GettyImages-1136667866.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473399,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473399,
            "tagId": 17573,
            "tag": {
              "id": 17573,
              "slug": "report",
              "name": "調査 / 市場調査 / 世論調査(用語)",
              "description": "調査 / 市場調査 / 世論調査に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473399,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 473399,
            "tagId": 366275560,
            "tag": {
              "id": 366275560,
              "slug": "productivity-improvement",
              "name": "生産性 / 生産性向上ツール(用語)",
              "description": "生産性向上ツールに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473399,
            "tagId": 366276375,
            "tag": {
              "id": 366276375,
              "slug": "australia",
              "name": "オーストラリア(国・地域)",
              "description": "オーストラリアに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473331,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 473331,
        "slug": "2022-02-25-cococart-seed-e-commerce-orders",
        "createdAt": "2022-02-28T00:15:28.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-28T00:11:03.000Z",
        "title": "簡単にネット販売ストアを立ち上げて注文を受けられるツールを開発するCococart",
        "content": "<p>2年前、起業家のDerek Low(デレク・ロウ)氏は、自身が所有するバリ島のホテルを失い、生活費を稼ぐために手作りのチーズケーキのネット販売を始めた。しかし、すぐに立ち上げて注文を受けることができる簡単なeコマースツールを見つけるのは、難しいことがわかった。</p>\n<p>ロウ氏は、2億もの事業主が注文を取るために電話やWhatsApp(ワッツアップ)やInstagram(インスタグラム)などのメッセージングアプリに頼っており、注文の追跡が困難であることが、代金回収を難しくしていることに気づいた。また、プロフェッショナルなeコマースサイトは立ち上げに数週間かかり、新規ビジネスには高額な費用が必要になることも知った。</p>\n<div id=\"attachment_473332\" style=\"width: 310px\" class=\"wp-caption alignright\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-473332\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-473332 size-medium\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/derek.jpg?w=300\" alt=\"\" width=\"300\" height=\"215\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/derek.jpg 680w, /wp-content/uploads/2022/02/derek.jpg?resize=300,215 300w, /wp-content/uploads/2022/02/derek.jpg?resize=559,400 559w, /wp-content/uploads/2022/02/derek.jpg?resize=400,286 400w, /wp-content/uploads/2022/02/derek.jpg?resize=503,360 503w, /wp-content/uploads/2022/02/derek.jpg?resize=220,158 220w, /wp-content/uploads/2022/02/derek.jpg?resize=141,102 141w, /wp-content/uploads/2022/02/derek.jpg?resize=240,172 240w, /wp-content/uploads/2022/02/derek.jpg?resize=175,125 175w, /wp-content/uploads/2022/02/derek.jpg?resize=125,90 125w, /wp-content/uploads/2022/02/derek.jpg?resize=84,60 84w, /wp-content/uploads/2022/02/derek.jpg?resize=512,367 512w, /wp-content/uploads/2022/02/derek.jpg?resize=50,36 50w\" sizes=\"(max-width: 300px) 100vw, 300px\" /><p id=\"caption-attachment-473332\" class=\"wp-caption-text\">Cococart共同創業者兼CEOのデレク・ロウ氏(画像クレジット:Cococart)</p></div>\n<p>ロウ氏はZhicong Lim(ジコン・リム)氏とパートナーを組み、シンガポールを拠点に<a target=\"_blank\" href=\"https://www.cococart.co/\" rel=\"noopener\">Cococart</a>(ココカート)を設立した。同社のツールは、商品を販売する人が数分でオンラインストアを立ち上げることができ、コードもデザインもアプリのダウンロードも不要だ。このストアには、注文管理からモバイル決済ソリューションまで、あらゆる機能が搭載されている。販売者は、持続不可能な手数料を請求するアプリやマーケットプレイスを利用することなく、自分たちの販売を管理することができる、とロウ氏は付け加えた。</p>\n<p>「率直に言って、受注管理は大変です」と、ロウ氏は語る。「ほとんどの地方事業者は、未だにWhatsAppで注文を受け、スプレッドシートを使って注文を管理しています。それでは事業を成長させるために使うべき多くの時間が吸い取られてしまいます。私たちは、地方起業家たちの新しい波の最前線にいます。キッチンで作った料理を販売するところからスタートし、今では業務用キッチンを備えた小売店を経営しているような当社の加盟店のストーリーから、私たちは日々インスピレーションを受けています。私たちのミッションは、地域の事業を変革し、ビジネスオーナーに情熱を追求する力を与えることです」。</p>\n<p>Cococartの加盟店の多くは、まさにロウ氏と同じような人々だと、同氏はいう。新型コロナウイルス感染流行から生まれた新世代の個人事業主は、eコマースで急成長しているセグメントを代表する存在となっている。また、人々がオンラインで注文することに慣れたことも、ロウ氏はこの動きがなくならない要因と見ている。</p>\n<p>「私のように、職を失った多くの人がネットで副業を始め、それが主な収入源になりました」と、ロウ氏は続けた。「このような起業家は、他人のために働くよりも、自分のビジネスを運営する方が収益性が高く、充実感が得られることに気づいたのです」。</p>\n<p>Cococartは設立当初から収益性の高い会社であり、サービスの立ち上げ以来、90カ国で2万人以上の商店主が契約し、合計50万件以上の注文を受け、1500万ドル(約17億円)以上を稼ぎ出している。</p>\n<p>例えば、同社のトップマーチャントの1つである<a target=\"_blank\" href=\"https://indocinfood.com/\" rel=\"noopener\">INDOCIN</a>(インドシン)は、オンデマンドで職人によるインドネシア料理を提供している会社だ。ロウ氏の話によると、同社のオーナーが1年前にCococartで商売を始めた当時は、自宅のキッチンで手作りの料理を売っていたそうだ。現在では24人の従業員を雇用し、自分の店舗を経営している。</p>\n<p>ロウ氏によると、2021年だけでCococartは契約店数を30倍、顧客数を46倍に伸ばしたという。同じ期間に、同社は創業者2人だけのチームから、12カ国にまたがる22人のチームに成長を遂げた。</p>\n<p>この勢いを維持するため、CococartはForerunner Ventures(フォアランナー・ベンチャーズ)とSequoia(セコイア)から420万ドル(約4億8500万円)を調達した。他にも、Y Combinator(Yコンビネータ)、Uncommon Capital(アンコモン・キャピタル)、Soma Capital(ソマ・キャピタル)、Liquid 2 Ventures(リキッド・ツー・ベンチャーズ)、Fitbit(フィットビット)CEOのJames Park(ジェームズ・パーク)氏、Curated(キュレイテッド)CEOのEduardo Vivas(エデュアルド・ヴィヴァス)氏などの投資家が出資した。</p>\n<p>ロウ氏は、この新たに調達した資金を使って、雇用と顧客獲得を継続していく意向だ。</p>\n<p>「私たちはまだ始まったばかりです」と、同氏は続けた。「私たちの目標は、商取引の次世代を定義することです。事業を始めて運営していくには、配送からサプライチェーン、資金調達に至るまで、まだまだ私たちで解決したい課題が山積しています。私たちは目の前に大きな機会を見出しています。Cococartを世界中の2億の事業主に届けたいと思っています」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Cococart</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/25/cococart-seed-e-commerce-orders/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Christine Hall、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Cococart-x-a.oven_-1.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473331,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473331,
            "tagId": 17927,
            "tag": {
              "id": 17927,
              "slug": "saas",
              "name": "SaaS(用語)",
              "description": "SaaS(Software as a Service)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473331,
            "tagId": 366270944,
            "tag": {
              "id": 366270944,
              "slug": "singapore",
              "name": "シンガポール(国・地域)",
              "description": "シンガポールに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473331,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 473331,
            "tagId": 366272777,
            "tag": {
              "id": 366272777,
              "slug": "net-shopping",
              "name": "ネットショッピング / eコマース(用語)",
              "description": "ネットショッピングに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473271,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 473271,
        "slug": "2022-02-24-harness-brings-gitops-to-its-software-delivery-platform",
        "createdAt": "2022-02-26T02:30:42.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-26T01:22:38.000Z",
        "title": "Harness、ソフトウェアデリバリープラットフォームにGitOpsを導入",
        "content": "<p>AppDynamicsの共同創業者であるJyoti Bansal(ジョティ・バンサル)氏が率いる、MLで強化したソフトウェアデリバリープラットフォーム<a target=\"_blank\" href=\"https://harness.io/\" rel=\"noopener\">Harness</a>は今、<a target=\"_blank\" href=\"https://harness.io/products/continuous-delivery/\" rel=\"noopener\">GitOpsのバスに乗り遅れまい</a>と頑張っている。</p>\n<p>同サービスは継続的デリバリー(CD)にフォーカスしてスタートし、その後の機能拡張で、スタートアップやエンタープライズが利用するフルスタックのDevOpsプラットフォームになった。現在の同社の主なサービスは、継続的インテグレーション(CI)、クラウドのコスト管理、<a target=\"_blank\" href=\"https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B0%E3%83%AB\" rel=\"noopener\">機能フラグ</a>などとなる。</p>\n<p>バンサル氏によると、同社の全体的なミッションは変わっていない。「Harnessは高い志を持ってスタートしました。今ではあらゆる企業が実質的にソフトウェア企業になろうとしています。それに対して私たちは、彼らのソフトウェア技術者たちに、GoogleやFacebookやAmazon、Netflixなどと同レベルの高度なツールを提供できるだろうか、と考えました。挙げたような企業は、他の企業が持ってないような、非常に良くできたソフトウェアエンジニアリングのやり方とツールを備えています」という。</p>\n<p>同社は現在、600名の社員を抱えており、今回はそのプロダクトリストにGitOpsサービスのローンチで新たな機能を加えようとしている。伝統的なエンタープライズでもKubernetesの利用がますます増えている現在では、アプリケーションをそのクラスターへと開発する方法として、GitOpsの採用が増えている。そこで世界最大のリテイラーや銀行を顧客に抱えるHarnessが、このモデルをサポートしたくなるのも当然だ。</p>\n<p>HarnessはそのGitOpsプラットフォームを<a target=\"_blank\" href=\"https://argoproj.github.io/cd/\" rel=\"noopener\">ArgoCD</a>の上に構築している。それは最初、その後2018年にIntuitに買収されたApplatixが開発し、今ではCloud Native Computing Foundationの傘下にある、Kubernetes用の宣言的GitOpsツールだ。Bansal氏によれば「それはとても強力ですが、軽量であることが好まれています。これを使ってデベロッパーのワークフローと、デプロイの仕組みの多くを自動化できます。しかしGitOpsの難点は、実際の複雑なエンタープライズ環境で運用していくことが、非っ常に難しいことです」。</p>\n<p>しかし、そのことがまさにHarnessの出番となる要因だ。同社はSaaSのような形でGitOpsサービスを提供し、ArgoCDの上にエンタープライズの能力を載せていく。</p>\n<p>「私たちはGitOpsを、アクセスしやすく、すべてのエンタープライズにとって実用性に富んだものにしています。いわばそれは、エンタープライズ級のGitOpsです。GitOpsは今、多くの人に好まれていますが、でもそれを実用化するには、たくさんのバンドエイドやガムテープが必要でした。しかしこれからは、本物のエンタープライズソリューションと、GitOpsの初めてのSaaSがあるのです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Cavan Images/Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/24/harness-brings-gitops-to-its-software-delivery-platform/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/har.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473271,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473271,
            "tagId": 14911,
            "tag": {
              "id": 14911,
              "slug": "developer",
              "name": "開発 / 開発者 / デベロッパー(用語)",
              "description": "開発 / 開発者 / デベロッパーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473271,
            "tagId": 28070474,
            "tag": {
              "id": 28070474,
              "slug": "devops",
              "name": "DevOps(用語)",
              "description": "「開発(Development)」と「運用(Operations)」を組み合わせた用語。開発者と運用者が連携、協力するソフトウェア開発手法の1つ。"
            }
          },
          {
            "postId": 473271,
            "tagId": 366280262,
            "tag": {
              "id": 366280262,
              "slug": "harness",
              "name": "Harness(企業・サービス)",
              "description": "継続的デリバリーをサービスとして提供するツール、それを開発、提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473173,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 473173,
        "slug": "2022-02-24-siri-gains-a-new-gender-neutral-voice-option-in-latest-ios-update",
        "createdAt": "2022-02-25T23:15:16.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-25T23:04:07.000Z",
        "title": "アップル、Siriに「性別の区別が明確につかない声」を追加",
        "content": "<p>Apple(アップル)が、男性とも女性とも明らかな区別がつかない新しいSiri(シリ)の音声を開発した。このSiriの声は、iOS 15.4のベータ版で、言語を「英語(アメリカ合衆国)にすると利用可能になる。アップルは歴史的に、同社のデジタルアシスタントが<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nytimes.com/2019/05/22/world/siri-alexa-ai-gender-bias.html\" rel=\"noopener\">不当な性差の固定観念を強化してきた</a>という批判を受けてきた。今回のジェンダーニュートラルな音声を導入するという決定は、この大手テクノロジー企業がその批判から、また一歩距離を取るためのものと見ることができる。</p>\n<p>長年にわたり、業界のオブザーバーや専門家は、Alexa(アレクサ)、Siri、Cortana(コルタナ)といった女性っぽい名前の音声アシスタントが作られ、それも女性っぽい声で話すことは、女性がいつでも言いなりになり、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.vox.com/future-perfect/2019/6/12/18660353/siri-alexa-sexism-voice-assistants-un-study\" rel=\"noopener\">虐待さえ甘んじて受ける</a>べきという考え方を暗示するものだと<a target=\"_blank\" href=\"https://www.brookings.edu/research/how-ai-bots-and-voice-assistants-reinforce-gender-bias/\" rel=\"noopener\">主張してきた</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://unesdoc.unesco.org/ark:/48223/pf0000367416.locale=en\" rel=\"noopener\">国連の研究</a>では、女性の声のアシスタントが従順で、時には媚びるようにさえ感じられることを指摘している。</p>\n<p>さらに問題なのは、多くのバーチャルアシスタントをデフォルトで女性に設定するという決定は、私たちの日常的なテクノロジーの構築を担うチームに多様性が欠けているために行われている可能性が高いということだ。この問題は、AI音声の軽率な選択につながるだけでなく、女性にとって便利なツールの進化を遅らせる原因にもなってきた。例えば、人類の約半数に関連する健康指標であるにもかかわらず、アップルが「ヘルスケア」アプリに<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2015/06/09/apple-stops-ignoring-womens-health-with-ios-9-healthkit-update-now-featuring-period-tracking/\" rel=\"noopener\">生理日追跡機能を搭載すべき</a>だと気づくまでに何年もかかったのだ。</p>\n<p>アップルは2021年、その信用を得るために、Siriの声に関する<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/01/2021-03-31-apple-adds-two-siri-voices/\" rel=\"noopener\">懸念に対処</a>し、より多様な声を追加したアップデートを配信した際に、Siriの声がデフォルトで女性に設定されないようにした。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/01/2021-03-31-apple-adds-two-siri-voices/\" rel=\"noopener\">アップルが英語圏のSiriに2つの新たな声を追加、「女性」の声のデフォルト設定は廃止に</a></p>\n<p>しかし、AIの音声アシスタントの性別について、まったく考えなくて済むとしたらどうだろう?</p>\n<p>それは明らかに、今回Siriに5番目の声を追加した意図である。アップルはまだそうはっきりと明言しているわけではないが。</p>\n<p>しかし、iOSソフトウェアのコードを見れば、アップルの考え方を知るためのいくつかのヒントを得ることができる。</p>\n<p>開発者のSteve Mosser(スティーブ・モッサー)氏は、iOS 15.4ベータ版の初期のバージョンで、性的区別のないSiriの声への<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/SteveMoser/status/1486884240180621314/photo/1\" rel=\"noopener\">参照</a>を見つけ、今週には米国向けに用意された5番目のSiriの声が「Quinn(クイン)」というファイル名でベータ4に追加されたことを<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/SteveMoser/status/1496213308311015426\" rel=\"noopener\">指摘した</a>。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">iOS 15.4 Beta 4 changes 🧵: Apple adds a 5th American Siri voice with filename &#8216;Quinn&#8217; <a href=\"https://t.co/HFQZV1oF0I\">pic.twitter.com/HFQZV1oF0I</a></p>\n<p>&mdash; Steve Moser (@SteveMoser) <a href=\"https://twitter.com/SteveMoser/status/1496213308311015426?ref_src=twsrc%5Etfw\">February 22, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>Quinnは<a target=\"_blank\" href=\"https://www.verywellfamily.com/quinn-name-meaning-5180362\" rel=\"noopener\">アイルランドを起源とする名前</a>で、性別にとらわれない名前として知られ、長年にわたって男の子にも女の子にも使われてきた。これが新しいSiriの声にもなっているのは、偶然ではないだろう(ただし、アップルは音声ファイル名をエンドユーザーには表示しておらず、ユーザーインターフェース上では「声 1」「声 2」「声 3」等と表示される)。</p>\n<p>Quinnの声は聞く人によって、少し女性っぽく、あるいは男性っぽく聞こえるかもしれない。だが、男性か女性かどちらかに決めて聞くようにすれば、その通りに解釈されるようになるだろう。</p>\n<p>しかも、この新しい声は、ひと昔前のようなロボット的な調子に戻ることなく、性別を超えて聞こえるのだ。以前から他のSiriの声で聞かれるような<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/01/2021-03-31-apple-adds-two-siri-voices/\" rel=\"noopener\">自然な抑揚と滑らかな移行</a>があり、人間らしい声であることに変わりはない。</p>\n<p>アップルはTechCrunchに、新しい声はLGBTQ+コミュニティのメンバーによって録音されたと述べている。その自然な音声には、Neutral Text to Speech(ニューラル・テキスト・トゥ・スピーチ、Neural TTS)技術が活用されている。英語圏の音声はすべてNeural TTSを使用しており、他の6言語(フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、日本語、韓国語)の音声も同様だ。ユーザーは、デバイスの設定とSiriの音声を選択する際に、合計16の言語から選択することができる。</p>\n<p>インクルージョンに関してアップルは、Siriの音声だけでなく、デジタルアシスタントの発言にも力を注いできたた。過去数年の間に、アップルは「Black Lives Matter(ブラック・ライブズ・マター)」や「Stop Asian Hate(ストップ・アジアン・ヘイト)」に関するSiriの応答を追加し、ジェンダーやセクシュアリティに基づく暴言に対する強い応答を導入してきた。同社はまた、Speak Screen(スピークスクリーン、画面を読み上げ)、Dictation(ディクテーション、音声によるテキスト入力)、Voice Control(ボイスコントロール、音声コントロール)といった、数々の音声アクセシビリティ機能も導入してきた。</p>\n<p>「私たちは、英語を話す人向けに新しいSiriの声を導入し、ユーザーが自分に話しかける声を、より多くの選択肢の中から選べるようにできることを大変うれしく思います」と、アップルの広報担当者は、新しいSiriの声について問い合わせた我々に答えた。「私たちが住む世界の多様性をより良く反映した製品とサービスを開発するというアップルの長年のコミットメントの一環として、私たちは2021年、2つの新しい音声を導入し、音声のデフォルト設定を廃止しました。世界中の何百万人もの人々が、毎日何かをするためにSiriを頼りにしています。そのため、私たちはできるだけパーソナライズされた体験が感じられるようにしようと力を入れています」と、アップルの広報では述べている。</p>\n<p>新しい音のオプションは、3月中に配信が予想されるiOS 15.4で、英語話者向けに導入される予定だ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Thomas Trutschel / Contributor / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/24/siri-gains-a-new-gender-neutral-voice-option-in-latest-ios-update/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/GettyImages-1237878984.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473173,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473173,
            "tagId": 324281,
            "tag": {
              "id": 324281,
              "slug": "ios",
              "name": "iOS(製品・サービス)",
              "description": "iOSはAppleが提供するスマートフォン向けオペレーションシステム。"
            }
          },
          {
            "postId": 473173,
            "tagId": 749755,
            "tag": {
              "id": 749755,
              "slug": "siri",
              "name": "Siri(製品・サービス)",
              "description": "Siriは、アップルが開発したiOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOS、HomePod向けのAIアシスタント。"
            }
          },
          {
            "postId": 473173,
            "tagId": 364732156,
            "tag": {
              "id": 364732156,
              "slug": "gender-gap",
              "name": "性差 / ジェンダーギャップ(用語)",
              "description": "性差 / ジェンダーギャップに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473173,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 473173,
            "tagId": 366276419,
            "tag": {
              "id": 366276419,
              "slug": "voice-assistant",
              "name": "音声アシスタント / Voice Assistant(用語)",
              "description": "ユーザーが話す内容を音声認識技術や自然言語処理などで理解し、要求や指示に対して回答や処理を行うサービスや機能。"
            }
          },
          {
            "postId": 473173,
            "tagId": 692513876,
            "tag": {
              "id": 692513876,
              "slug": "ios-15",
              "name": "iOS 15(製品・サービス)",
              "description": "iOS 15に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473105,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 473105,
        "slug": "2022-02-23-quantrolox-uses-machine-learning-to-control-qubits",
        "createdAt": "2022-02-25T01:45:46.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-25T01:05:50.000Z",
        "title": "オックスフォード大からスピンアウトした英QuantrolOxは機械学習で量子ビットを制御する",
        "content": "<p>2021年にオックスフォード大学からスピンアウトした新しいスタートアップ、<a target=\"_blank\" href=\"https://quantrolox.com/\" rel=\"noopener\">QuantrolOx</a>は、量子コンピュータ内部の量子ビットを機械学習(ML)で制御しようとしている。オックスフォード大学の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/andrew-briggs-23263737/\" rel=\"noopener\">Andrew Briggs</a>(アンドリュー・ブリッグス)教授、テック起業家の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/vishalchatrath/\" rel=\"noopener\">Vishal Chatrath</a>(ヴィシャール・チャトラス)氏、同社のチーフサイエンティストのNatalia Ares(ナタリア・アレス)博士、量子技術責任者の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/dominic-lennon-276666145/\" rel=\"noopener\">Dominic Lennon</a>(ドミニク・レノン)博士が共同で設立した同社は西ヨーロッパ時間2月23日、Nielsen VenturesとHoxton Venturesが主導して140万ポンド(約2億1700万円)のシードラウンドを調達したと発表した。Voima Ventures、Remus Capital、Arm(アーム)の共同創業者であるHermann Hauser(ハーマン・ハウザー)博士、Laurent Caraffa(ローラン・カラファ)氏もこのラウンドに投資している。</p>\n<p>同社の技術はテクノロジー非依存型で、標準的な量子コンピューティング技術のすべてに適用できる。QuantrolOxのシステムは、手動調整の代わりに、量子ビットの調整、安定化、最適化を大幅に高速化することができるというものだ。QuantrolOxのCEOであるチャトラス氏は、既存の方法はスケーラブルではないと主張し、特にこれらのマシンが改良され続ける限りはそうだと語る。</p>\n<p>「ある米国の投資家と話していた時のことです。彼は、量子コンピュータが有用であるために収益を得るのを待つ必要はないという点で、我々は量子業界のスコップやつるはしのようなものだと言いました」とチャトラス氏。「5個の量子ビットから、願わくば数百万個の量子ビットになっていく中で、デバイス特性評価と量子ビットの調整を行うために、毎日私たちのソフトウェアが必要になります」。</p>\n<p>同社は当面は、固体量子ビットに焦点を当てるという。フィンランドの研究所との緊密な連携など、同社がアクセスできるシステムであることも理由の1つだが、同社はそのパートナーシップについてはまだ公表する準備ができていない。すべての機械学習の問題と同様に、QuantrolOxは効果的な機械学習モデルを構築するために十分なデータを収集する必要がある。</p>\n<p>チャトラス氏も述べているように、我々はまだ量子コンピューティングの非常に初期の段階にいる。しかし、QuantrolOxのようなツールが研究者のデバイステストのプロセスを加速するのに役立つなら、それは業界全体にとって恩恵となる。業界ではすでに多くの企業が、同社の制御ソフトウエアの利用を打診していると同氏は指摘した。</p>\n<p>同社は現在7人の正社員を擁しているが、近い将来、さらに10人程度を採用する予定だという。だがチャトラス氏は、今後2年間で人数がそれ以上増えることはないだろうと述べている。「ニッチな分野に特化しているため、大きなチームは必要ありません」と彼はいう。「フルスタックにするつもりはありません。スタックの上位には行きたくないし、スタックの下位はハードウェアですから、そこにも行けません。当社がフォーカスしているのは非常に狭いエリアです」。</p>\n<p>今のところQuantrolOxは、量子コンピュータの開発者とより多くのパートナーシップを構築することに注力している。チームは物理的なマシンだけでなく、これらのシステムと統合できるように、それらを制御するソースコードにもアクセスする必要があるため、かなり深いパートナーシップとなるからだ。</p>\n<p>もちろん、今の業界には標準規格がほとんどないという問題があり、チャトラス氏はそれを痛感している。「量子産業が成功するためには、我々のようにある特定の分野に超特化したスタートアップがたくさん必要です。超特化した企業でなければ、規模の経済が得られないからです」と彼はいう。「フルスタックの(1つですべてなし得るという)ストーリーを語るのは、遅かれ早かれ止めなければならないと思います。人々は、企業のエコシステムを構築し始める必要があります」。</p>\n<p><small>画像クレジット:hh5800 / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/23/quantrolox-uses-machine-learning-to-control-qubits/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/GettyImages-1350668583.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473105,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473105,
            "tagId": 366271062,
            "tag": {
              "id": 366271062,
              "slug": "machine-learning",
              "name": "機械学習 / ML(用語)",
              "description": "機械学習に関連する記事一覧。明示的な指示を用いることなく、その代わりにパターンと推論に依存して、特定の課題を効率的に実行するためにコンピュータシステムが使用するアルゴリズムおよび統計モデルの科学研究。"
            }
          },
          {
            "postId": 473105,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 473105,
            "tagId": 366273612,
            "tag": {
              "id": 366273612,
              "slug": "england",
              "name": "イギリス(国・地域)",
              "description": "イギリスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473105,
            "tagId": 366280493,
            "tag": {
              "id": 366280493,
              "slug": "quantum-computer",
              "name": "量子コンピューター(用語)",
              "description": "量子コンピューターに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473105,
            "tagId": 692510618,
            "tag": {
              "id": 692510618,
              "slug": "oxford-university",
              "name": "オックスフォード大学(組織)",
              "description": "オックスフォード大学に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473027,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 473027,
        "slug": "2022-02-23-stop-guessing-your-kpis-varos-shows-e-commerce-saas-companies-how-you-compare-to-peers",
        "createdAt": "2022-02-25T01:00:50.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-25T00:28:45.000Z",
        "title": "Varosは自社のパフォーマンス指標を他社と比較できるデータ共有ツール",
        "content": "<p>ある分野で上場企業の1社が厳しい四半期を報告すると、同じ分野の他の企業の株価が下がる傾向にある。しかし、非上場企業の場合、なぜ先週のコストが増加したのか、それは自社の遂行能力によるものなのか、それとも他の企業でも起こっていることなのか、正確に把握することは難しい。</p>\n<p>サンフランシスコとテルアビブに拠点を置く<a target=\"_blank\" href=\"http://varos.io/\" rel=\"noopener\">Varos</a>(ヴァロス)は、顧客獲得コストなどの主要なパフォーマンス指標について、その企業が同業他社と比較してどうなのかということを解明している。</p>\n<p>CEOのYarden Shaked(ヤーデン・シャケッド)氏は、CTOのLior Chen(ライオー・チェン)氏と父親のGil Shaked(ジル・シャケッド)氏とともに2021年にVarosを設立し、Y Combinator(Yコンビネーター)の2021年夏のバッチに参加した。彼らは、顧客の技術スタックとのAPI統合を通じて、データをクラウドソースするデータ共有ツールを作り上げた。チェン氏によると、データはリアルタイムで取得され、顧客によるメンテナンスは必要ないという。</p>\n<p>「eコマース企業はデータを重視しますが、一般的には自社の過去のデータを参照することしかできません」と、ヤーデン・シャケッド氏はTechCrunchに語った。</p>\n<p>「無視界飛行しているようなものです。自社のパフォーマンスが良いのか悪いのかわからず、KPI(重要業績評価指標)が良いのか悪いのかも答えることができず、何が問題なのかわからないため、どのレバーを引けばよいのかもわからないのです」と、同氏は続けた。「その一方では、トレンドもあります。顧客獲得コストが急上昇した場合、それは市場のトレンドである可能性があります。私たちは、データ連携を通してその解決策を提供します。人々が入力したデータを、我々は匿名化して、洞察のために顧客に返します」。</p>\n<p>Varosでは、すべてがセルフサービスだ。顧客がデータを接続すると、データはさまざまな階層に分類され、さまざまな方法でタグ付けされる。ユーザーはダッシュボードを使って、例えば月に10万ドル(約1150万円)をデジタルマーケティングに費やしているアパレル企業の一定期間の平均受注額と比較し、その期間の推移をグラフで見ることができる。</p>\n<div id=\"attachment_473029\" style=\"width: 522px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-473029\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-473029 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Varos-Founders.png?w=512\" alt=\"\" width=\"512\" height=\"414\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Varos-Founders.png 512w, /wp-content/uploads/2022/02/Varos-Founders.png?resize=300,243 300w, /wp-content/uploads/2022/02/Varos-Founders.png?resize=495,400 495w, /wp-content/uploads/2022/02/Varos-Founders.png?resize=400,323 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Varos-Founders.png?resize=445,360 445w, /wp-content/uploads/2022/02/Varos-Founders.png?resize=220,178 220w, /wp-content/uploads/2022/02/Varos-Founders.png?resize=213,172 213w, /wp-content/uploads/2022/02/Varos-Founders.png?resize=155,125 155w, /wp-content/uploads/2022/02/Varos-Founders.png?resize=125,101 125w, /wp-content/uploads/2022/02/Varos-Founders.png?resize=74,60 74w, /wp-content/uploads/2022/02/Varos-Founders.png?resize=454,367 454w, /wp-content/uploads/2022/02/Varos-Founders.png?resize=50,40 50w\" sizes=\"(max-width: 512px) 100vw, 512px\" /><p id=\"caption-attachment-473029\" class=\"wp-caption-text\">Varos創業者。左からジル・シャケッド氏、ヤーデン・シャケッド氏、ライオー・チェン氏(画像クレジット:Varos)</p></div>\n<p>その中でも特に人気が高いのが、月曜日の朝に提示されるVarosのトレンドレポートで、ユーザーは週ごとのデータと週ごとのベンチマークを比較することができる。「これは、ユーザーが自社のパフォーマンスを直接の競争相手と比較して理解するのに役立つ、新しいカテゴリーのデータ分析です」と、ヤーデン・シャケッド氏は付け加えた。</p>\n<p>同氏によると、この種のデータ連携は、農業や旅行、そして競合他社のデータに基づいて評価を行うレイトステージ投資など、他の業界では行われているが、eコマースやSaaSの分野では比較的新しいものだという。Varosは2021年8月にソフトローンチして以来、すでに大きな支持を得ており、現在は250以上のユーザーが、Varosにマーケティングデータを入力し、同業他社との比較を行っている。</p>\n<p>Varosは、データのマーケットプレイスを構築するとともに、無料でサービスを提供してきたが、複数の有料顧客も抱えている。この需要に対応するため、同社はIbex Investors(イベックス・インベスターズ)が主導する400万ドル(約4億6000万円)のシード資金調達を実施した。このラウンドには、Y Combinatorの他、元Thomson Reuters(トムソン・ロイター)CEOのTom Glocer(トム・グローサー)氏、Bonobos(ボノボ)共同創業者のAndy Dunn(アンディ・ダン)氏、Farmers Business Network(ファーマーズ・ビジネス・ネットワーク)共同創業者のAmol Deshpande(アモル・デスパンデ)氏、Crossbeam(クロスビーム)CEOのBob Moore(ボブ・ムーア)氏、Connectifier(コネクティファイア)共同創業者のJohn Jersin(ジョン・ジャーシン)氏などの個人投資家が参加した。</p>\n<p>米国時間2月23日に正式にローンチしたVarosは、マーケティングKPIからスタートしたが、それだけに留まるつもりはない。Shopify(ショッピファイ)、Google(グーグル)、TikTok(ティックトック)の統合など、収益の伸びやコンバージョン率を追加していくだけでなく、金融、製造、販売など、他の分野にも拡大していく予定だと、ヤーデン・シャケッド氏は述べている。</p>\n<p>同社は1カ月前まで創業者3人だけだったが、現在はプロダクトとデザインを中心に7人のチームで運営している。2022年末までに人員の倍増を計画しているという。</p>\n<p>「私たちの仮説が機能していることをうれしく思います」と、ヤーデン・シャケッド氏は語っている。「以前、Varosがなかった頃は、何かを見つけたり変更したりすると、どこがうまくいっていないのかを理解するための学習期間が必要になる傾向にありました。現在は、Varosがあれば、自分の目で見たものに基づきながら、創造性に集中することができます」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Varos</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/23/stop-guessing-your-kpis-varos-shows-e-commerce-saas-companies-how-you-compare-to-peers/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Christine Hall、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Varos-Product-Chart.png",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473027,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473027,
            "tagId": 17927,
            "tag": {
              "id": 17927,
              "slug": "saas",
              "name": "SaaS(用語)",
              "description": "SaaS(Software as a Service)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473027,
            "tagId": 366272777,
            "tag": {
              "id": 366272777,
              "slug": "net-shopping",
              "name": "ネットショッピング / eコマース(用語)",
              "description": "ネットショッピングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473027,
            "tagId": 366273452,
            "tag": {
              "id": 366273452,
              "slug": "data-analysis",
              "name": "データ分析(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473058,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 473058,
        "slug": "2022-02-23-thatdot-launches-quine-a-streaming-graph-engine",
        "createdAt": "2022-02-24T23:15:24.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-24T22:40:51.000Z",
        "title": "thatDotがオープンソースのストリーミンググラフエンジン「Quine」を発表",
        "content": "<p>米国オレゴン州ポートランドを拠点とする<a target=\"_blank\" href=\"https://www.thatdot.com/\" rel=\"noopener\">thatDot</a>(ザットドット)は、イベントのストリーミング処理を専門とするスタートアップ企業だ。同社は米国時間2月23日、データエンジニアのための新しいMITライセンスに基づくオープンソースプロジェクト「<a target=\"_blank\" href=\"https://quine.io/\" rel=\"noopener\">Quine</a>(クワイン)」の立ち上げを発表した。これはイベントストリーミングとグラフデータを組み合わせ、同社が「ストリーミンググラフ」と呼ぶものを作成する。</p>\n<p>そう聞くと、複雑なものだと思われるかもしれない。それは確かにその通りであり、また比較的新しいコンセプトでもあるからだ。Quineの背景にあるアイデアは、DARPA(米国防総省)の支援を受けた長年の研究に基づき、大容量のデータストリームを、ステートフルなグラフ、すなわち処理状態を把握するためのグラフとして構築するというものだ。論理学者の<a target=\"_blank\" href=\"https://plato.stanford.edu/entries/quine/\" rel=\"noopener\">Willard Van Orman Quine</a>(ウィラード・ヴァン・オーマン・クワイン)にちなんで名付けられたQuineは、チームが「<a target=\"_blank\" href=\"https://quine.io/docs/getting-started/writing-standing-queries\" rel=\"noopener\">スタンディング・クエリ</a>」と呼ぶものを使って、このグラフにクエリを実行する。基本的には入力されたデータをリアルタイムで計算し、それをQuineが他のアプリケーションに配信する。</p>\n<p>「私たちは、現在の業界が抱える問題、つまり私たちが置かれている板挟みの状況に焦点を当てて、ストリーミンググラフを開発しました」と、Quineの生みの親であり、thatDot社のCEO兼共同設立者である<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/wrightryan/\" rel=\"noopener\">Ryan Wright</a>(ライアン・ライト)氏は筆者に語った。「一方では、膨大な量のデータがあります。この10年間、ビッグデータは当たり前のものとなり、ますます大きくなっています。しかし、その一方で、我々はこれらのデータをどのように解釈すればよいのでしょうか?」。</p>\n<p>最近ではかつて以上に、そのデータが動いており、多くの作業負荷ではレイテンシー(遅延時間)が重要になる。オープンソースのイベントストリーミングプラットフォームであるApache Kafka(アパッチ・カフカ)と、そのストリーミングデータを分析するApache Fink(アパッチ・フィンク)を組み合わせたような既存のソリューションでは、企業はデータプラットフォームとパイプラインを構築してこれらの入力データをすべて分析するために、何十人ものエンジニアを割かなければならないと、ライト氏は主張する。他の現代的なアプローチとしては、Neo4j(ネオフォージェイ)とTigerGraph(タイガーグラフ)のようなツールがあり、開発者の間にグラフデータベースを普及させてきたが、これらのツールはいずれもデータベースの観点からこの問題にアプローチするものだと、ライト氏は主張する。</p>\n<div id=\"attachment_473059\" style=\"width: 810px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-473059\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-473059\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/quine_gif-2.gif\" alt=\"\" width=\"800\" height=\"494\" /><p id=\"caption-attachment-473059\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:thatDot</p></div>\n<p>「このような考え方では、技術的な詳細や、高速化、簡単化、拡張化の難しさなど、旧来の問題に悩まされることになります。そのため、この業界では大量のデータが入ってきても、速度が遅すぎてグラフソリューションをきちんと検討できないということがよく起こるのです」と、ライト氏はいう。同氏の主張によれば、現在のほとんどのソリューションは、1秒間に数千件のイベントを処理できる程度だが、Dot社が対象としているような顧客は、1秒間に25万件のイベントを処理できるソリューションを必要としているという。ライト氏は、Quineがそれに応えられる、あるいはそれ以上の処理能力を持っていると確信している。</p>\n<p>「私はQuineを使用することによって、複雑なカスタムロジックとSQLクエリのページを、基礎となるイベントが変更されるたびに更新されるストリーム計算されたロールアップ値へのシンプルなクエリに置き換えることができました」と、Tripwire(トリップワイア)社の上級エンジニアであるMatt Splett(マット・スプレット)氏は語る。</p>\n<p>同社のユーザーは、セキュリティ企業、オブザーバビリティ企業、ログ処理企業、フィンテック企業、広告企業、不正検知企業など、多岐にわたると、ライト氏と彼の共同設立者でCOOの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/robertmalnati/\" rel=\"noopener\">Rob Malnati</a>(ロブ・マルナティ)氏は指摘する。他のオープンソース企業と同様、thatDotの使命は、膨大なQuineの企業ユーザーをサポートすることだが、同社はQuineをプラットフォームとして利用し、その上に新しいソリューションを構築することにも取り組んでいる。</p>\n<p>同社は2020年に、<a target=\"_blank\" href=\"https://oregonventurefund.com/companies\" rel=\"noopener\">Oregon Venture Fund</a>(オレゴン・ベンチャー・ファンド)の主導で200万ドル(約2億3000万円)を超えるシード資金を調達しており、2022年後半にはシリーズAラウンドの資金調達を見込んでいる。</p>\n<p><small>画像クレジット:KTSDESIGN/SCIENCE PHOTO LIBRARY / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/23/thatdot-launches-quine-a-streaming-graph-engine/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/GettyImages-1148109695.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473058,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473058,
            "tagId": 25,
            "tag": {
              "id": 25,
              "slug": "open-source",
              "name": "オープンソース / Open Source(用語)",
              "description": "オープンソースに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473058,
            "tagId": 366271611,
            "tag": {
              "id": 366271611,
              "slug": "engineer",
              "name": "エンジニア(用語)",
              "description": "エンジニアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473058,
            "tagId": 366273452,
            "tag": {
              "id": 366273452,
              "slug": "data-analysis",
              "name": "データ分析(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 472817,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 472817,
        "slug": "2022-02-22-semi-technologies-search-engine-data",
        "createdAt": "2022-02-23T23:45:27.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-23T23:11:16.000Z",
        "title": "SeMI TechnologiesのAI検索エンジンはデータを照会する新しい方法を提供する",
        "content": "<div id=\"attachment_472821\" style=\"width: 810px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-472821\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-472821 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg?w=800\" alt=\"\" width=\"800\" height=\"449\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg 800w, /wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg?resize=300,168 300w, /wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg?resize=768,431 768w, /wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg?resize=713,400 713w, /wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg?resize=738,414 738w, /wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg?resize=220,123 220w, /wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg?resize=223,125 223w, /wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg?resize=600,337 600w, /wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 800px) 100vw, 800px\" /><p id=\"caption-attachment-472821\" class=\"wp-caption-text\">ベルリンで開催されたGraphQLミーティングでデモをを行うSeMi Technologies CEOのボブ・ファン・ラウト氏(画像クレジット:SeMi Technologies)</p></div>\n<p>企業は大量の非構造化データを保有しているが、そのデータから多くのことを得ることはできていない。</p>\n<p>例えば、保有しているデータに対して「ABC社が当社と初めて契約したのはいつ?」とか「青い空が映っているビデオを探して」といった質問を、実際にできるようになることを想像してみて欲しい。</p>\n<p>それこそが、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.semi.technology/\" rel=\"noopener\">SeMI Technologies</a>(セミ・テクノロジーズ)が開発しているベクター検索エンジンWeaviate(ウィビエイト)だ。SeMIの共同創業者でCEOのBob van Luijt(ボブ・ファン・ラウト)氏によれば、それはエンベッディングとも呼ばれる、ベクトルを出力する機械学習モデルを用いたユニークなタイプのAIファーストデータベースであり、それゆえにベクトル検索エンジンと名付けられたのだという。</p>\n<p>彼によれば、ベクトル検索エンジンは新しいものではなく、ベクトル検索エンジンの上に構築されたソリューションの例としてGoogle Search(グーグルサーチ)があることを説明した。しかし、SeMIはこの技術のコモディティ化を目標としており、誰でも使えるようにオープンソースのビジネスモデルを採用している。</p>\n<p>ファン・ラウト氏は2021年、私の同僚であるAlex Wilhelm(アレックス・ビルヘルム)記者に、2021年のTechcrunchの記事に対して質問応答を行えるセマンティック検索エンジンを示しながら、その<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/13/2021-12-11-2246180/\" rel=\"noopener\">技術の詳細</a>を紹介している。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/13/2021-12-11-2246180/\" rel=\"noopener\">ビッグニュースに関するささやかなメモ</a></p>\n<p>「誰もがこの技術を使うことができますし、それを必要とする企業のためのツールやサービスも用意しています」とファン・ラウト氏は付け加えた。「私たちは実際のモデルを作成したり配布したりはしません。それはHuggingface(ハギングフェイス)やOpenAI(オープンAI)のような企業が行っていることですし、企業自身がモデルを作成していることもあります。しかし、モデルを持っていることと、検索やレコメンデーションシステムを実際に稼働させるためにそれらを使うことは別のことです。Weaviateが解決するのはまさにその部分なのです」。</p>\n<p>2019年にCTOのEtienne Dilocker(エティエンヌ・ディロッカー)氏ならびにCOOのMicha Verhagen(マイカ・バーハゲン)氏とともに会社を創業して以来、ファン・ラウト氏は、SeMIの技術がKeenious(キーニアス)や<a target=\"_blank\" href=\"/2021/02/18/2021-02-16-zencastr-raises-4-6m-as-its-video-offering-goes-live-for-all/\" rel=\"noopener\">Zencastr</a>(ゼンキャスター)のようなスタートアップを含む100以上のユースケースに影響を与え、ベクトル検索エンジンが与える新しい可能性に基づいて新しいビジネスを創造し、Weaviateによって提供された結果がたとえば医療分野で人々を直接助ける場面で利用されているのを眺めてきた。</p>\n<p>ファン・ラウト氏が個人的に気に入っているのは、より「難解」なものだ。例えばヒトゲノムをベクトル化して検索したり、全世界をベクトルでマッピングしたり、Weaviateを使って簡単に検索できるいわゆるグラフエンベディングと呼ばれるものだ。Meta Researches(メタ・リサーチ)のグラフエンベディング上にSeMIが作成した<a target=\"_blank\" href=\"https://github.com/semi-technologies/biggraph-wikidata-search-with-weaviate\" rel=\"noopener\">デモ</a>がその例だ。</p>\n<p>SeMIは、2020年8月にZetta Venture PartnersとING Venturesから120万ドル(約1億4000万円)のシード資金を調達し、それ以降VCの目に留まるようになった。以来、同社のソフトウェアは75万回近くダウンロードされており、その数は毎月約30%増加している。ファン・ラウト氏は、同社の成長指標の具体的な内容については言及しなかったが、ダウンロード数は企業向けライセンスやマネージドサービスの売上と相関関係があると述べている。また、Weaviateの利用者が急増し、付加価値が理解されたことで、すべての成長指標が上昇し、シード資金を使い果たすことになった。</p>\n<p>だがシード資金はなくなったものの、会社は新たな資金調達には積極的ではなかった。しかし、SeMIの共同創業者たちが、元Datarobotの創業者たちが設立したCortical Venturesや、New Enterprise Associates(NEA)と会談をした際に、両社が自分たちの事業をどのように支援できるかを示してくれたのだとファン・ラウト氏はいう。</p>\n<p>「まさに『ふいを突いてびっくりさせる』ような凄さでした」と彼は付け加えた。「過去に彼らが行ってきたこと、そして私たちをサポートしてくれているチームは、まさに私たちが求めていたもので、私にとっては初めての経験ではありますが、すべての驚くべき話が真実であると言えます」。</p>\n<p>そうした会談の結果、NEAとCorticalがともに主導したシリーズAにつながり、このたび1600万ドル(約18億4000万円)の新規資金が調達された。</p>\n<p>SeMIは今回の資金をアメリカとヨーロッパの人材採用に投入し、Weaviateとベクトル検索全般のためにオープンソースのコミュニティを強化しようとしている。また、オープンソースのコアを中心とした市場進出戦略や製品への取り組みを強化するとともに、機械学習がコンピュータサイエンスと重なる部分の研究にも第一歩を踏み出す。</p>\n<p>一方、ファン・ラウト氏は、データベース技術の次の波を見ている。彼はデータベース技術はOracle(オラクル)やMicrosoft(マイクロソフト)のような大成功をもたらしたSQLの波から始まり、MongoDB(モンゴDB)やRedis(レディス)のような成功を収めた非SQLデータベースが第2の波だったと考えている。</p>\n<p>「私たちは今、新世代のデータベース、つまりAIファーストのデータベースの入り口に立っています。Weaviateはその一例です」と付け加えた。「Weaviateだけでなく、ベクトル検索データベース、あるいはAIファーストのデータベースを市場を啓蒙していく必要があります。機械学習が新たにもたらすすばらしい可能性に、興奮を押さえられません。例えば何百万、いや何十億ものドキュメントに対して自然言語で質問してデータベースに答えさせたり、何百万もの写真やビデオに含まれている内容を『理解』させたりするのです」。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/22/semi-technologies-search-engine-data/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Christine Hall、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Bob-presenting-Weaviate-GraphQL-API-during-GraphQL-meetup-Berlin.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 472817,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 472817,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472817,
            "tagId": 366271062,
            "tag": {
              "id": 366271062,
              "slug": "machine-learning",
              "name": "機械学習 / ML(用語)",
              "description": "機械学習に関連する記事一覧。明示的な指示を用いることなく、その代わりにパターンと推論に依存して、特定の課題を効率的に実行するためにコンピュータシステムが使用するアルゴリズムおよび統計モデルの科学研究。"
            }
          },
          {
            "postId": 472817,
            "tagId": 366271593,
            "tag": {
              "id": 366271593,
              "slug": "search-engine",
              "name": "検索エンジン(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 472817,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 472839,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 472839,
        "slug": "2022-02-22-alloy-automation-raises-20m-to-scale-its-e-commerce-automation-tech",
        "createdAt": "2022-02-23T23:15:28.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-23T22:57:19.000Z",
        "title": "さまざまなeコマースツールを接続、自動化するAlloy Automationが約23億円調達",
        "content": "<p>Y Combinator(Yコンビネーター)の卒業生で、異なるさまざまなeコマースツールの接続に力を入れる<a target=\"_blank\" href=\"https://runalloy.com/\" rel=\"noopener\">Alloy Automation</a>(アロイ・オートメーション)は米国時間2月22日朝、a16zが主導する2000万ドル(約23億円)のシリーズAをクローズしたことを発表した。同社にとってこの資金調達イベントは、資金確保が困難だった2021年とは対照的に、活発なものとなった。</p>\n<p>TechCrunchは、ちょうど<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/02/02/alloy-raises-4m-to-build-out-its-e-commerce-automation-service/\" rel=\"noopener\">1年前にAlloyのシードラウンドを取り上げた</a>が、このスタートアップは当時、事前評価1600万ドル(約18億4000万円)で400万ドル(約4億6000万円)を調達し、調達後企業評価額が2000万ドルだった。つまり、Alloyは1年前の企業価値と同じだけの資本を調達したことになる。</p>\n<p>TechCrunchは、Alloyの共同創業者兼CEOの<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/saraduit\" rel=\"noopener\">Sara Du</a>(サラ・ドゥ)氏とCTOの<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/greggmojica\" rel=\"noopener\">Gregg Mojica</a>(グレッグ・モジカ)氏に、今回のラウンドと、この1年間で自社のピッチがどのように洗練されたかについて話を聞いた。</p>\n<h2>Alloy AutomationのシリーズA</h2>\n<p>資金調達を行った際に、Alloyは同規模の他の企業よりも、キャッシュバーン(資金燃焼率)の面でやや保守的であったことに気づいたと、共同創業者は語っている。ベンチャー市場が価格、つまり支出の自制を見直し始めている中で、この事実は同スタートアップの資金調達の見通しにとってマイナスではなかった。また、Alloyの第4四半期は好調であり、これも悪くなかったと、ドゥ氏とモジカ氏はTechCrunchに語った。</p>\n<p>なぜ、同社はより多くの資金を調達したのだろうか? いくつかの理由があるが、創業者たちは次のように述べている。もちろん、成長中の事業において、現金は多くあるに越したことはない。しかし、Alloyにとって同じくらい重要だったのは、多くの出資を集めたことと、その資本政策にa16zの名前が入ったというシグナルだった。この2つの要素が、会社の地位を築くために役立ち、パートナーシップの確保につながると、共同創業者たちは説明する。また、人材コストが高騰している現在、総資金額が多ければ、目先の資金繰りに悩まされることなく、必要な人材を確保することができる。</p>\n<p>Alloyは、自社の自動化技術(企業が多くのアプリケーションをリンクさせ、自動化されたワークフローの構築を可能にする方法)をeコマース市場に応用しているが、この分野に注力しているのは、初期の顧客からの要望によるものだ。現在、Alloyは複数のアプリケーション間のコントロールパネル、つまりeコマースを同調するためのオペレーティング・システムとしての役割を担うと、自らを謳っている。</p>\n<p>自動化の市場は決して小さくない。ワークフローとオートメーションの分野に属する別の企業であるAppian(アピアン)は、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/21/2022-02-19-when-to-pivot-your-product-and-a-tale-of-two-earnings-calls/\" rel=\"noopener\">最近の上場ソフトウェア企業の傾向に反して</a>、投資家が実際に好むような成長を報告している。つまり、長期間にわたって成長を加速させているということだ。Alloyにとって、Appianの最近の成功は、創業者や投資家が切望するTAM(獲得できる可能性のある最大の市場規模)の増加を意味する。</p>\n<p>ドゥ氏とモジカ氏はインタビューの中で、かつてeコマース企業は独自の技術スタックを構築する傾向があったと語る。しかし現在では、それとは対照的に、サードパーティのソフトウェアが主流になっている。このような変化が、Alloyの構築しているものに対する需要を生み出したのだろう。eコマース企業が利用するソフトウェアサービスが増えれば増えるほど、それらを統合し、相互に補完することが求められるようになるからだ。</p>\n<p>Alloyの従業員数は現在20人を超えるほどだが、当然のことながら同社は積極的な雇用計画を立てている。2022年中にはスタッフを倍増することを漠然と予期しているという。</p>\n<p>Alloyは、eコマースソフトウェアの世界では中立的な立場に近く、eコマースサイトのすべての構成要素を自ら作り出すのではなく、その中心に位置することを望んでいる。そう考えると、TechCrunchが創業チームを取材したとき、モジカ氏がテキサス州で開催されたBigCommerce(ビッグコマース)のイベントに参加していたことにも驚きはなかった。BigCommerceは、ヘッドレスのeコマースソフトウェアをてがける企業で、顧客の選択に大きく依存しないという点でAlloyと精神的に共通している。</p>\n<p>このようなオープンなモデルは、決済のようなファーストパーティのソリューションで収益を上げている他の企業とはやや対照的だ。eコマースの世界では、Shopify(ショッピファイ)がその典型例である。</p>\n<p>Alloyが今後、パートナーと顧客それぞれの観点から中心性を高める努力をしながら、その中立性をどのように管理していくのか、興味深いところだ。確かにこのスタートアップ企業は、次の4〜6四半期を運営するだけの資金をすでに確保している。次のベンチャー資金調達に戻る前に、同社がどこまで行けるか、見守ることにしよう。</p>\n<p><small>画像クレジット:Visual Generation / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/22/alloy-automation-raises-20m-to-scale-its-e-commerce-automation-tech/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Alex Wilhelm、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/GettyImages-1133790798.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 472839,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 472839,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 472839,
            "tagId": 366272777,
            "tag": {
              "id": 366272777,
              "slug": "net-shopping",
              "name": "ネットショッピング / eコマース(用語)",
              "description": "ネットショッピングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472839,
            "tagId": 366274193,
            "tag": {
              "id": 366274193,
              "slug": "automation",
              "name": "オートメーション / 自動化(用語)",
              "description": "オートメーション / 自動化に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472839,
            "tagId": 692513250,
            "tag": {
              "id": 692513250,
              "slug": "alloy-automation",
              "name": "Alloy Automation(企業・サービス)",
              "description": "オンラインストアの運営作業を一元管理して、細かいタスクの自動化を可能にするツール、それを開発、提供するスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 472816,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 472816,
        "slug": "2022-02-22-googles-area-120-debuts-checks-an-ai-powered-privacy-compliance-solution-for-mobile-apps",
        "createdAt": "2022-02-23T08:15:09.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-23T08:01:50.000Z",
        "title": "GoogleのArea 120がモバイルアプリ開発者のプライバシーコンプライアンス対応を支援するプロダクト「Checks」を発表",
        "content": "<p>米国時間2月22日、Google(グーグル)内のあるチームが、モバイルアプリ開発者向けの新製品「<a target=\"_blank\" href=\"https://checks.area120.google.com/\" rel=\"noopener\">Checks</a>(チェックス)」を発表した。これは現在のようにアプリに対する規制やポリシーが急速に変化する状況の中で、AI技術を活用してアプリ内で起こりうるプライバシーやコンプライアンス上の問題を特定することができるというものだ。</p>\n<p>Checksはフリーミアムなソリューションとして、AndroidおよびiOSのあらゆる規模のアプリ開発者に提供される。開発者はChecksを使うことで、自分のアプリを分析し、発見された問題に対処するための実用的な洞察を含むレポートを受け取ることができる。</p>\n<p>Checksは、ジェネラル・マネージャーのFergus Hurley(ファーガス・ハーレー)氏と、法務リーダーのNia Castelly(ニア・カステリー)氏が共同で設立したプロジェクトで、Googleの社内インキュベーターである<a target=\"_blank\" href=\"https://area120.google.com/\" rel=\"noopener\">Area 120</a>(エリア120)内で、過去2年間にわたり開発を行ってきた。Checksのチームはこれまで、開発者の技術的課題に対処するAndroid Vitals(アンドロイド・ヴァイタルズ)などのツールを構築してきたが、AIを使ってプライバシーコンプライアンスの課題に対応するというアイデアも持っていた。</p>\n<p>現代のアプリ開発者は、欧州のGDPR(一般データ保護規則)要件から、アプリストア自体が施行する新ルールまで、さまざまな新しい規制やポリシーに対応しなければならない。一方で、消費者はフリーソフトウェアを使用する際のトレードオフについても理解を深めており、アプリがどの程度まで自分のプライバシーを尊重しているか、自分のデータがどのようにアクセス、保存、共有されているかといったことを、知りたがるようになってきた。また、開発したアプリがすべてのルールを守っていても、その開発者が使用しているSDKがルールを守っていない場合や、SDKのデータ共有のあり方が時間の経過とともに変わる場合もあり、これも別のコンプライアンス上の課題となっている。</p>\n<div id=\"attachment_472819\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-472819\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-472819\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"631\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg 1308w, /wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg?resize=300,185 300w, /wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg?resize=768,473 768w, /wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg?resize=1024,631 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg?resize=649,400 649w, /wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg?resize=400,246 400w, /wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg?resize=738,455 738w, /wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg?resize=584,360 584w, /wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg?resize=220,136 220w, /wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg?resize=279,172 279w, /wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg?resize=203,125 203w, /wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg?resize=125,77 125w, /wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg?resize=97,60 97w, /wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg?resize=896,552 896w, /wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg?resize=596,367 596w, /wp-content/uploads/2022/02/checks-2.jpg?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-472819\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>Checksは、アプリ開発者が現在よりも簡単に、コンプライアンスを達成できるようにすることを目的としている。開発者は自分のアプリを提出して、プライバシーコンプライアンス分析を受ける。この分析には、自動化されたレビューの他、一部のサービス面では人間によるレビューも行われる。</p>\n<p>Checksの利用を開始するためには、まずAndroidアプリの開発者は、自分のGoogleアカウントでログインし、Google PlayアプリのIDを入力する。その後、いくつかの質問に答えてアクセスを確認する。Checksは、アプリのプライバシーポリシー、SDK情報、ネットワークトラフィックなど、複数の情報源をスキャンしてレポートを作成する。このソリューションでは、自然言語処理を活用してアプリのプライバシー開示情報をスキャンするという、先進的な手法も採用されている。スキャンが完了すると、開発者には、発見された問題についての明確で実用価値のある洞察と、リソースのリストを含むレポートが提示される。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/58MfbbVIqP4?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>無料版では、自分が開発しているアプリを、Google Playの新しい「<a target=\"_blank\" href=\"https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/10787469?hl=en\" rel=\"noopener\">データ・セーフティ・セクション</a>」に合致させるために使用できる。<a target=\"_blank\" href=\"https://checks.area120.google.com/about/pricing/\" rel=\"noopener\">有料版</a>のCore(コア)、Premium(プレミアム)、Enterprise(エンタープライズ)は、プロの開発者や、iOS向けの開発も含む大規模な企業のニーズに合わせて設計されている。</p>\n<p>物理デバイスと仮想デバイスの両方で分析を行うChecksの利用には、技術的要件や前提条件はない。</p>\n<p>月額249ドル(約2万9000円)の「Core」では、GDPRやCCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)などの規制に対するコンプライアンスモニタリングや、今後のコンプライアンス要件に関するプロアクティブな通知機能が追加される。月額499ドル(約5万7000円)の「Premium」ユーザーは、自分の開発したアプリ内で行われるデータ共有行為のモニタリングを自動化し、SDK、パーミッション、アプリでデータ共有が行われている場所などを把握することができる。5つ以上のアプリをてがける顧客向けの「Enterprise」はカスタム価格となっており、より頻繁に、高度で詳細なプライバシーチェックが受けられる。さらに人間のレビュー担当者を含むコンプライアンスレビューチームの力を借りたり、カスタマイズされた分析やテストフローなども利用できる。</p>\n<p>なお、Checksは、生成したデータやレポートをGoogle Playチームと共有することはないと<a target=\"_blank\" href=\"https://checks.area120.google.com/about/faq/\" rel=\"noopener\">述べている</a>。</p>\n<p>チームは数百人のアプリ開発者からフィードバックを集めてChecksを構築した後、40人(社)のアーリーアダプターと協力して、発表前に製品をテストした。テスターには、Headspace(ヘッドスペース)、Sesame Workshop(セサミ・ワークショップ)、StoryToys(ストーリー・トイズ)、Carb Manager(カーブ・マネージャー)、Homer(ホーマー)、Lose It(ルーズ・イット)などの企業が名を連ねている。</p>\n<p>現在、Checksはより多くの人々が利用できるようになっている。興味のある開発者は、<a target=\"_blank\" href=\"https://checks.area120.google.com/\" rel=\"noopener\">Checksのウェブサイト</a>でオンラインフォームに記入して、早期アクセスに申し込むことができる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Google</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/22/googles-area-120-debuts-checks-an-ai-powered-privacy-compliance-solution-for-mobile-apps/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/checks-1.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 472816,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 472816,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 472816,
            "tagId": 14911,
            "tag": {
              "id": 14911,
              "slug": "developer",
              "name": "開発 / 開発者 / デベロッパー(用語)",
              "description": "開発 / 開発者 / デベロッパーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472816,
            "tagId": 366272222,
            "tag": {
              "id": 366272222,
              "slug": "privacy",
              "name": "プライバシー(用語)",
              "description": "プライバシーに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472816,
            "tagId": 366274664,
            "tag": {
              "id": 366274664,
              "slug": "compliance",
              "name": "コンプライアンス / 倫理法令遵守(用語)",
              "description": "コンプライアンスに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 472816,
            "tagId": 366275448,
            "tag": {
              "id": 366275448,
              "slug": "area-120",
              "name": "Area 120(組織)",
              "description": "Googleの社内スタートアップインキュベーター。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 472655,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 472655,
        "slug": "2022-02-21-sydney-based-startup-upflowy-raises-4m-to-optimize-web-experiences-with-its-no-code-solution",
        "createdAt": "2022-02-22T07:00:20.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-22T06:59:29.000Z",
        "title": "その企業にとって価値の高いユーザーフローをノーコードで作れる豪Upflowyが約4.6億円調達",
        "content": "<p>新型コロナウイスルによるパンデミックが消費者の行動と購入パターンに影響を与え、この不確実性の時代にはデータドリブンな意思決定が、プロダクトやサービスがユーザーにとって本当に利益になるために重要になってきた。<a class=\"editor-rtfLink\" target=\"_blank\" href=\"https://www.upflowy.com/\" rel=\"noopener\">Upflow</a>のCEOである<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/guillaumeang/\" rel=\"noopener\">Guillaume Ang</a>(ギヨーム・アン)氏によると、その上でオンラインのトランザクションを行えるSaaSプロダクトの需要が激増しているという。</p>\n<p>Upflowyには、企業が価値の高いユーザーフローを作り出すためのツールがある、と同社は考えている。このオーストラリアのスタートアップは、最近400万ドル(約4億6000万円)を調達したばかりで、ドラッグ&ドロップでA/Bテストができるツールや、企業は利用に際してコーディングを一切行わなくていいウェブやモバイル上の個人化ツールを提供ししている。上記最新の投資はCounterpart Venturesがリードし、これまでの投資家であるTidalやGlobal Founders Capital、Black Nova、およびAntlerが参加した。</p>\n<p>ウェブサイトやアプリ上で売上に結びつくサインアップを獲得するためには相当な時間と費用を要し、そのために多くの企業が苦労している、とアン氏は語る。起業家やマーケター、そして特にスタートアップがコンバージョン率とユーザーフローを上げるために、アン氏と2人の共同創業者<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/brownematthew/\" rel=\"noopener\">Matthew Browne</a>(マシュー・ブラウン)氏と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/girardalexandre/\" rel=\"noopener\">Alexandre Girard</a>(アレクサンドル・ジラール)氏は2020年にUpflowyを創業した。同社によると、これまでの企業は、開発チームや技術者チームに頼んでプロダクトを改良することに追われ、マーケティングに力を入れることがお留守になっていたという。</p>\n<div id=\"attachment_472662\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-472662\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-472662 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/02/fup1.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-472662\" class=\"wp-caption-text\">Upflowyの創業者。左からCTOのアレクサンドル・ジラール氏、CIOのマシュー・ブラウン氏、CEOのギヨーム・アン氏。</p></div>\n<p>新たな資金の大部分は、予測的個人化など、主にデータサイエンス方面の能力拡大や新機能の開発に充てたいとのこと。さらにまた、人員を増やし、フルタイムの社員を30人以上にしたいという。</p>\n<p>「エンゲージメントの貧しいフォームがコンバージョン率を60%も下げ、広告費の大きな無駄遣いになってることに気がつけば、そこから上昇が始まる。それが、最初のステップです。ユーザーの見込み客としての選別をもっと効果的に行っていけば、勧める製品や個人化もより適切になり、見込み客が購入客になります(コンバージョンする)。Upflowのデータ視覚化とA/Bテストを利用すれば、客離れのような行動がどこで起こるのか明確に把握することができ、その後の実験や最適化もより効果的になります」とアン氏は語る。</p>\n<p>アン氏によると、現在のUpflowのユーザーは数百社で、ファッションのブランドやスポーツチームなど消費者対象だけでなくB2BやSaaS、ヘルスケア方面の企業もいる。過去数週間で毎週、ユーザー数が増え、アクティベーション率が40%増加し、月間ユーザー数は倍増している。</p>\n<p>「オーストラリアのテクノロジー業界は世界のイノベーションを動かしている」とアン氏は声明で語っている。「私たちもすでに、活動もテストも世界レベルで行いプラットフォームの有効性を確信しています。見込み客が企業で最初に行うことはサインアップのフオーですが、私たちは初めて、そのフローを作りやすく、そしてライブにすることができました。そのためには情報の流れを改善し、見込み客があらゆるルートをスマートに動き回れるようにしています」。</p>\n<p>パンデミックのおかげでUpflowは、最初からリモート企業としてスタートすることができた。初期の2020年には、リモートファーストの企業はまだ珍しいコンセプトだったが、それでも世界中から人材が集まった。2022年は米国に進出して、そこでのプレゼンスを大きくしたいとアン氏はいう。</p>\n<p>Upflowyに投資しているAPAC OptimizelyのsoマネージングディレクターであるDan Ross(ダン・ロス)氏は次のように語る。「Upflowは、ほとんどすべての企業が直面している問題を解決しました。完全なサインアップフローを迅速に作って、何回もテストしながら改良していけるツールは他にはありません。しかも、他のプラットフォームへデータを供給して、ビジターを顧客にコンバートする過程を見ることもできます」。</p>\n<p>また、Counterpart VenturesのゼネラルパートナーPatrick Eggen(パトリック・エゲン)氏は、声明で次のように述べている。「現代の企業は、データ収集と顧客体験の間にある摩擦を取り除くシンプルなノーコードのソリューションを必要としています。技術者がウェブ体験を作り出す、テストも改良もできない雑なソリューションが市場に多い中で、Upflowyはこの市場の見方を変えて、消費者が求めるウェブ体験をチームが作れるようにしています」。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/21/sydney-based-startup-upflowy-raises-4m-to-optimize-web-experiences-with-its-no-code-solution/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Kate Park、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/fup0.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 472655,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 472655,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 472655,
            "tagId": 366276375,
            "tag": {
              "id": 366276375,
              "slug": "australia",
              "name": "オーストラリア(国・地域)",
              "description": "オーストラリアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472655,
            "tagId": 692509750,
            "tag": {
              "id": 692509750,
              "slug": "no-code",
              "name": "ノーコード(用語)",
              "description": "ノーコード開発に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472655,
            "tagId": 692515328,
            "tag": {
              "id": 692515328,
              "slug": "sydney",
              "name": "シドニー(国・地域)",
              "description": "シドニーに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 472487,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 472487,
        "slug": "2022-02-17-subskribe-revamps-quote-to-revenue-approach-for-new-post-subscription-saas-world",
        "createdAt": "2022-02-21T23:00:15.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-21T22:31:40.000Z",
        "title": "新たな「ポストサブスクリプションSaaS」の時代に向けて見積から収益へのアプローチを改善するSubskribe",
        "content": "<p>ほとんどのサブスクリプション型SaaSの価格戦略では、一定のシート数のみ使える無料版、より多くのシート数が使えるプロ版、そして大企業を対象としたエンタープライズ版が用意されている。</p>\n<p>しかし、その中間に位置する企業、つまり、無料版の10シートの範囲を少しだけ超えるが、プロ版を使う価値があるほどの急成長は望めない企業はどうすればいいのだろうか?</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.subskribe.com/\" rel=\"noopener\">Subskribe</a>(サブスクライブ)は「見積りから収益まで」のプロセスに柔軟性をもたらすスタートアップ企業だ。これまで営業担当者は、ソフトウェアの見積を作成する際に、情報がさまざまな場所に散らばっていると、それらを調整して、サブスクリプションや単発のサービスを請求することが難しい時があった。</p>\n<p>同社は、Google(グーグル)に勤務していたDurga Pandey(デュルガ・パーンデー)氏が、元Zuora(ズオラ)のエンジニアリングディレクターだったYibin Guo(イーピン・グオ)氏、元Okta(オクタ)ビジネステクノロジー担当シニアディレクターだったPrakash Raina(プラカシュ・ライナ)氏とともに、2020年に設立した。</p>\n<p>「誰もがリカーリングの収益モデルを好みますが、顧客は月額10ドル(約1150円)払えるなら5000ドル(約57万円)のライセンス料を払いたいとは思いません」と、パーンデーCEOはTechCrunchに語った。「この10年間で、SaaSのビジネスモデルは大きく変わりました。以前は、Netflix(ネットフリックス)のサブスクリプションに似ていました。現在のソフトウェアの販売方法は、400分で毎月40ドル(約4600円)を支払う携帯電話のプランによく似ています」。</p>\n<p>これに対し、Subskribeのテクノロジーは、適応性の高い見積 &#8211; 収益システムとして設計されており、営業担当者は、使用量の増加に応じて割引率を高めたり、創造的なアップセルやクロスセルを追加して、より効果的な取引を構成することができる。</p>\n<div id=\"attachment_472488\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-472488\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-472488\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"760\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png 1766w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=300,223 300w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=768,570 768w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=1024,760 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=1536,1139 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=539,400 539w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=400,297 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=738,547 738w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=485,360 485w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=220,163 220w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=232,172 232w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=169,125 169w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=125,93 125w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=81,60 81w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=744,552 744w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=495,367 495w, /wp-content/uploads/2022/02/Ramp-Deal-New.png?resize=50,37 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-472488\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Subskribe</p></div>\n<p>見積もりから請求までのプロセスの各部分は、ダイナミックオーダーの同じリポジトリーを参照するため、端から端まで統一された体験となる。その結果、企業は自社の成長に合わせて最適化された取引を得ることができ、結局より少ない費用で済むようにもなると、パーンデー氏は続けた。</p>\n<p>同社は米国時間2月17日、少数の顧客とともに正式にサービスを開始した。同社は8VCが主導したシリーズAラウンドと、Slow Ventures(スロー・ベンチャーズ)が主導したシードラウンドで、1840万ドル(約21億1000万円)の資金を調達している。このラウンドには、Amplitude(アンプリチュード)、Asana(アサナ)、Coupa(クーパ)、Dialpad(ダイアルパッド)、Okta(オクタ)、Plaid(プレイド)、UiPath(ユニパス)などの企業の財務・業務担当上級幹部が参加した。</p>\n<p>パーンデー氏は、この新たな資金をエンジニアリングチームの拡大に充てる他、顧客基盤の拡大と製品開発にも注力することを計画している。</p>\n<p>Subskribeは販売開始からまだ4カ月しか経っていないため、同氏は成長の指標についてあまり語ることができなかったが、しかし顧客のパイプラインには契約間近の大手企業がいくつかあると述べている。</p>\n<p>「私たちの目標は、この分野におけるデファクトプレイヤーとしての地位を確立し、お客様がお金を稼ぐためのプロセスをあまり気にしなくて済むようになる製品を提供することです」と、パーンデー氏は付け加えた。</p>\n<p><small>画像クレジット:Subskribe / Subskribe co-founders Prakash Raina, Durga Pandey and Yibin Guo</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/17/subskribe-revamps-quote-to-revenue-approach-for-new-post-subscription-saas-world/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Christine Hall、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Cofounders1.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 472487,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 472487,
            "tagId": 17927,
            "tag": {
              "id": 17927,
              "slug": "saas",
              "name": "SaaS(用語)",
              "description": "SaaS(Software as a Service)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472487,
            "tagId": 366271554,
            "tag": {
              "id": 366271554,
              "slug": "subscription",
              "name": "サブスクリプション(用語)",
              "description": "サブスクリプションに関連する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 472487,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 472487,
            "tagId": 366273910,
            "tag": {
              "id": 366273910,
              "slug": "enterprise",
              "name": "法人 / エンタープライズ(用語)",
              "description": "エンタープライズに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 472395,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 472395,
        "slug": "bluage-canary-yahoo",
        "createdAt": "2022-02-21T01:46:34.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-21T01:46:34.000Z",
        "title": "部屋探しプラットフォーム「カナリー」がYahoo!不動産と業務提携拡大、賃貸物件情報約50万件をカナリーに掲載へ",
        "content": "<p>不動産仲介業者の業務をデジタル化する業務効率化ソリューションと、部屋探しプラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://web.canary-app.jp/chintai/\" rel=\"noopener\">カナリー</a>」(CANARY。<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=com.bluage.canary\" rel=\"noopener\">Android版</a>・<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/jp/app/id1436484080\" rel=\"noopener\">iOS版</a>)を開発・運営する<a target=\"_blank\" href=\"https://bluage.co.jp/\" rel=\"noopener\">BluAge</a>は2月21日、ヤフー提供の不動産・住宅情報サイト「Yahoo!不動産」との業務提携を拡大し、賃貸物件情報掲載における連携を開始したと発表した。</p>\n<p>ヤフーとBluAgeは、売買物件情報掲載における業務提携を2020年7月より開始しており、「Yahoo!不動産」取り扱いの売買物件情報約30万件がカナリーにすでに掲載されている。今回の業務提携拡大により、約50万件の賃貸物件情報がカナリーに掲載されることになり、ユーザーの利便性が向上するとしている。</p>\n<p>カナリーは、賃貸および売買物件を探すお部屋探しプラットフォーム。アプリの新規ダウンロード数は月10万件、累計ダウンロード数は100万件を達成しているという(2021年10月時点)。</p>\n<p>従来のお部屋探しにおいては、消費者がウェブサイトや広告を通じて複数店舗へ直接来店しているが、昨今では、スマートフォンの普及やコロナ禍により、来店することなくモバイルアプリを通じて物件を探す消費者が増えている。また、カナリーは透明性・利便性の高さを重視し、いわゆる「おとり物件」を含む募集終了物件や重複した情報を大きく削減。ユーザーは正確かつ最新の情報を基に部屋探しを行えるという。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 472395,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 472395,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472395,
            "tagId": 366276617,
            "tag": {
              "id": 366276617,
              "slug": "proptech",
              "name": "不動産 / 不動産テック(用語)",
              "description": "不動産、PropTech (不動産テック)に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472395,
            "tagId": 681519673,
            "tag": {
              "id": 681519673,
              "slug": "bluage",
              "name": "BluAge(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 472356,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 472356,
        "slug": "specs-run-android-apps-windows11",
        "createdAt": "2022-02-21T00:30:03.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-21T10:29:36.000Z",
        "title": "Windows 11でAndroidアプリを動かせる最小要件が公開―第8世代Core i3・Ryzen 3000以上、8GBメモリー以上",
        "content": "<div id=\"attachment_472357\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-472357\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-472357\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?w=1024\" alt=\"Windows 11でAndroidアプリを動かせる最小要件が公開―第8世代Core i3・Ryzen 3000以上、8GBメモリー以上\" width=\"1024\" height=\"577\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg 1924w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=768,433 768w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=1024,577 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=1536,865 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=710,400 710w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=738,416 738w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=106,60 106w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=980,552 980w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-20-001-001.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-472357\" class=\"wp-caption-text\">Microsoft</p></div>\n<p>米マイクロソフトは今週、Windows 11の最新アップデートを配信し、米国にてAndroidアプリサポートをプレビュー版として<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/windows11-android-app-preview-045024361.html\" rel=\"noopener\">一般提供を開始</a>しました。それに続いて、Androidアプリを動かせるWindows 11 PCの最小要件が公式に明らかにされました。</p>\n<p>本機能はAmazon Appstoreを通じて、Windows 11ユーザーがAndroidアプリダウンロードや利用できるようにするもの。2022年2月現在ではKindleやAudibleのほか、ロードモバイルやKhan Academy Kidsなど約1000本のアプリが提供されています。とはいえ、Windows 11が動くすべてのPCでAndroidアプリ動作がサポートされるわけではありません。</p>\n<p>そこでMSは新たなサポートページを公開し、Androidアプリを使うため必要なPCの最小要件を以下の通り詳しく説明しています。</p>\n<ul>\n<li><strong>RAM(メモリー)</strong>:8GB(最小) 16 GB(推奨)</li>\n<li><strong>ストレージ</strong>:ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)</li>\n<li><strong>プロセッサ</strong>:Intel Core i3 第8世代(最小)以上、AMD Ryzen 3000(最小)以上、Qualcomm Snapdragon 8c(最小)以上</li>\n<li><strong>プロセッサアーキテクチャ</strong>:x64またはARM64</li>\n<li><strong>仮想マシンプラットフォーム</strong>:この設定を有効にする必要あり。詳しくは<a target=\"_blank\" href=\"https://support.microsoft.com/ja-jp/windows/11-%E5%8F%B0%E3%81%AE-pc-windows%E4%BB%AE%E6%83%B3%E5%8C%96%E3%82%92%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B-c5578302-6e43-4b4b-a449-8ced115f58e1\" rel=\"noopener\">こちら</a></li>\n</ul>\n<p>これらは過去3年のうちに10~15万円程度のPCを購入していれば、さほど厳しい条件とは思われません。</p>\n<p>注意すべき点があるとすれば、インテルとAMDプロセッサでの「どれだけ古くても許容されるか」という違いでしょう。インテル製の場合は第8世代Core i、つまり5年前(2017年)の製品がサポートされているのに対して、AMD製は3年前(2019年)のRyzen 3000で線引きされています。</p>\n<p>もっともRAMは8GB、ストレージはSSDであればいいという緩さであり、排除されるユーザーはあまり多くはなさそうです。あとはプレビュー版であれ、速やかに日本向けの一般提供を望みたいところです。</p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://support.microsoft.com/ja-JP/windows/install-mobile-apps-and-the-amazon-appstore-f8d0abb5-44ad-47d8-b9fb-ad6b1459ff6c\" rel=\"noopener\">Microsoft</a>。Via <a target=\"_blank\" href=\"https://support.microsoft.com/en-us/windows/install-mobile-apps-and-the-amazon-appstore-f8d0abb5-44ad-47d8-b9fb-ad6b1459ff6c\" rel=\"noopener\">WindowsLatest</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://9to5google.com/2022/02/18/microsoft-minimum-specs-android-apps-windows-11/\" rel=\"noopener\">9to5Google</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/specs-run-android-apps-windows11-051503912.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-22-001-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 472356,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 472356,
            "tagId": 637,
            "tag": {
              "id": 637,
              "slug": "microsoft",
              "name": "Microsoft / マイクロソフト(企業)",
              "description": "マイクロソフトは、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 472356,
            "tagId": 800,
            "tag": {
              "id": 800,
              "slug": "windows",
              "name": "Windows(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 472356,
            "tagId": 3572,
            "tag": {
              "id": 3572,
              "slug": "amd",
              "name": "AMD(企業)",
              "description": "Advanced Micro Devices(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)。1969年に創業した米国の半導体メーカー。2017年に独自CPUであるAMD Ryzenプロセッサーを市場に投入した。"
            }
          },
          {
            "postId": 472356,
            "tagId": 5495,
            "tag": {
              "id": 5495,
              "slug": "operating-system",
              "name": "OS / オペレーティングシステム(用語)",
              "description": "OS / オペレーティングシステムに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472356,
            "tagId": 6602,
            "tag": {
              "id": 6602,
              "slug": "amazon",
              "name": "Amazon / アマゾン(企業)",
              "description": "Amazonは、アメリカのテクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称。"
            }
          },
          {
            "postId": 472356,
            "tagId": 12068,
            "tag": {
              "id": 12068,
              "slug": "intel",
              "name": "Intel / インテル(企業)",
              "description": "Intel(インテル)は、米国に本社を置く半導体素子メーカー。"
            }
          },
          {
            "postId": 472356,
            "tagId": 641922,
            "tag": {
              "id": 641922,
              "slug": "android",
              "name": "Android(製品・サービス)",
              "description": "Androidは、主にスマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーンモバイル機器向けに設計されたオペレーティングシステム。Googleが開発、提供する。"
            }
          },
          {
            "postId": 472356,
            "tagId": 692514129,
            "tag": {
              "id": 692514129,
              "slug": "windows-11",
              "name": "Windows 11(製品・サービス)",
              "description": "Windows 11に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 472297,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 472297,
        "slug": "2022-02-18-coatue-backs-kubercosts-goal-of-supply-data-to-millions-of-kubernetes-developers",
        "createdAt": "2022-02-20T08:00:58.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-20T07:39:50.000Z",
        "title": "Kubernetes利用システムのリソース支出を視覚化し管理とインサイトを与えるKubecost",
        "content": "<div id=\"attachment_472298\" style=\"width: 740px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-472298\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-472298 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/kc0.jpg?w=730\" alt=\"\" width=\"730\" height=\"410\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/kc0.jpg 730w, /wp-content/uploads/2022/02/kc0.jpg?resize=300,168 300w, /wp-content/uploads/2022/02/kc0.jpg?resize=712,400 712w, /wp-content/uploads/2022/02/kc0.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/02/kc0.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/02/kc0.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/02/kc0.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/02/kc0.jpg?resize=223,125 223w, /wp-content/uploads/2022/02/kc0.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/02/kc0.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/02/kc0.jpg?resize=600,337 600w, /wp-content/uploads/2022/02/kc0.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/02/kc0.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 730px) 100vw, 730px\" /><p id=\"caption-attachment-472298\" class=\"wp-caption-text\">ウェッブ・ブラウン氏とアジェイ・トリパシー氏(画像クレジット:Kubecost)</p></div>\n<p>2021年はKubernetesの採用が爆発的に増え、このクラウドネイティブツールを今では<a target=\"_blank\" href=\"https://www.cncf.io/blog/2021/12/20/new-slashdata-report-5-6-million-developers-use-kubernetes-an-increase-of-67-over-one-year/\" rel=\"noopener\">560万ほどのデベロッパー</a>が使っている。前年に比べ67%の増加だ。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://ja.wikipedia.org/wiki/Kubernetes\" rel=\"noopener\">Kubernetes</a>はオープンソースのコンテナプロジェクトで、アプリケーションを自動化しモニターし実行するために2014年にGoogleが作ったシステムだ。</p>\n<p>Kubernetesはクラウドネイティブのデベロッパーが最も多く使っているツールの1つで、企業が大きくなると扱いが難しくなることもあるが、しかし<a target=\"_blank\" href=\"https://www.kubecost.com/\" rel=\"noopener\">Kubecost</a>はそんな成長痛の一部を、Kubernetesの大きな支出をモニターし、管理し、最適化するオープンソースのツールで軽減しようとする。</p>\n<p>同社は2019年に2人の元Google社員、Webb Brown(ウェッブ・ブラウン)氏とAjay Tripathy(アジェイ・トリパシー)氏が創業した。どちらもGoogleのインフラストラクチャーやGoogle Cloudのための、インフラストラクチャモニタリングの仕事をしていた。</p>\n<p>「インフラモニターの分野には、コンテナへの本格的な移行に要する費用とパフォーマンスと信頼性をめぐって問題があった。それらのチームは優遇されていたが、支出の可視性は完全に犠牲にされていた。それを数百万人ぶんの給与に例えると、どれだけの額がどの部やどのチームに行くのか分からない、という状態だった」とブラウン氏はいう。</p>\n<p>Brown氏の説明では、そういう可視性がなければ、ダウンストリームに起きることも往々にして無駄と見なされる。彼が実際に見た例では、チームが80%も過大支出をしていて、しかもプロダクトの正しいコストを誰も知らなかった。</p>\n<p>チームに支出の安全ネットがあって、今後のショックを和らげられるために、Kubecostはリアルタイムの費用可視性と、Kubernetes関連の何百万ドル(何億円)ものクラウド費用を継続的にモニターして軽減するために必要な、インサイトを提供する。</p>\n<p>同社のコアプロダクトはオープンソースで、チームが自由に使える。ブラウン氏がいうのだから真実だろう。またエンタープライズ向けの商用プロダクトもあり、その機能は数分でインストールできて、セールスに持ち込まなくても試用や現用ができる。</p>\n<p>顧客は情報をKubecostと共有しなくてもよいが、その代わりにその技術はオープンソースの情報を使い、それを顧客の環境に持ち込み、それをクラウドやオンプレミスのデータセンターに統合する。</p>\n<p>そこから、情報はリアルタイムで集められて、企業がリソースに支出しているすべての領域と、費用の高騰やその理由を示すインサイトが提供される。それからKubecostは、費用を削減する方法のインサイトを提供し、アラートを送ったり、今後の長期的管理を可能にするポリシーを設定する。</p>\n<div id=\"attachment_472299\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-472299\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-472299 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/kc1.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"421\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/kc1.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/kc1.jpg?resize=300,123 300w, /wp-content/uploads/2022/02/kc1.jpg?resize=768,316 768w, /wp-content/uploads/2022/02/kc1.jpg?resize=1024,421 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/kc1.jpg?resize=974,400 974w, /wp-content/uploads/2022/02/kc1.jpg?resize=400,164 400w, /wp-content/uploads/2022/02/kc1.jpg?resize=738,303 738w, /wp-content/uploads/2022/02/kc1.jpg?resize=640,263 640w, /wp-content/uploads/2022/02/kc1.jpg?resize=220,90 220w, /wp-content/uploads/2022/02/kc1.jpg?resize=281,115 281w, /wp-content/uploads/2022/02/kc1.jpg?resize=250,103 250w, /wp-content/uploads/2022/02/kc1.jpg?resize=125,51 125w, /wp-content/uploads/2022/02/kc1.jpg?resize=1344,552 1344w, /wp-content/uploads/2022/02/kc1.jpg?resize=600,246 600w, /wp-content/uploads/2022/02/kc1.jpg?resize=50,21 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-472299\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Kubecost</p></div>\n<p>Kubecostはすでに2000社以上と仕事をしており、そのうち、エンタープライズ級は100社ほどとなる。それは2021年の1年間で3倍になり、エンゲージメントの数は5倍になった。同社が現在管理しているKubernetesの支出は総額20億ドル(約2300億円)ほどに達する。同社の年間経常収益は、前年比で3倍だ。ブラウン氏はKubecostの評価額を明らかにしないが、2021年の5倍だという。</p>\n<p>同社を採用する企業がこれまでのペースで増えていくという想定で、同社は2500万ドル(約28億7000万円)のシリーズAを調達した。これをリードしたのはCoatue Management、そしてシード投資家からの参加としてFirst Round CapitalとAfore Capitalの名がある。Coatueのパートナー、David Cahn(デビッド・カーン)氏がKubecostの取締役会に加わる。</p>\n<p>この新たな資金は全社的な雇用増に充てられる。Kubecostのルーツはオープンソースだが、ブラウン氏の計画では、そのコミュニティへの相当な投資により、機能をもっと増やしたいという。また、そのエコシステムのその他のプロダクトの統合や、インサイトと最適化の開発も進めたいとのこと。</p>\n<p>さらに、Kubecostの管理を他に任せたい顧客企業やチームのために、その付加価値バージョンである「Hosted Kubecost」も開始する。</p>\n<p>「全体的にいえるのは、これまではクラウドからコンテナへの本質的で重要な変革の波があり、それはデータセンターからクラウドへの変化よりも大きな変化だと私は認識しています。だからそれは、これからも続くだろう」とブラウン氏はいう。「Kubernetesは今や、モダンなエンタープライズのテクノロジースタックの心臓部です。私たちの計画は、そこに深入りすることによって移行を興し、すべてのアプリケーションをそこから動かせるような高スケールのプロダクトに到達したい」。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/18/coatue-backs-kubercosts-goal-of-supply-data-to-millions-of-kubernetes-developers/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Christine Hall、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/kc0.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 472297,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 472297,
            "tagId": 14911,
            "tag": {
              "id": 14911,
              "slug": "developer",
              "name": "開発 / 開発者 / デベロッパー(用語)",
              "description": "開発 / 開発者 / デベロッパーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472297,
            "tagId": 44111,
            "tag": {
              "id": 44111,
              "slug": "visualization",
              "name": "視覚化(用語)",
              "description": "視覚化に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472297,
            "tagId": 46713213,
            "tag": {
              "id": 46713213,
              "slug": "kubernetes",
              "name": "Kubernetes(製品・サービス)",
              "description": "コンテナ化したアプリのデプロイ、スケーリング、管理を行うための、オープンソースのコンテナオーケストレーションシステム。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 472117,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 472117,
        "slug": "2022-02-17-voltron-data-grabs-110m-to-build-startup-based-on-apache-arrow-project",
        "createdAt": "2022-02-18T04:00:09.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-18T03:51:30.000Z",
        "title": "Apache Arrowを商用化するデータ多用化企業Voltron Dataが約127億円調達",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://voltrondata.com/\" rel=\"noopener\">Voltron Data</a>は2021年、NVIDIAとUrsa ComputingおよびBlazingSQLの元社員たちと、<a target=\"_blank\" href=\"https://arrow.apache.org/\" rel=\"noopener\">Apache Arrow</a>の共同創業者がローンチした。このグループが集まったのは、Arrowをサービスとする企業を作って、オープンソースのプロジェクトを自分で管理するのが難しい企業を助けるためだ。</p>\n<p>Voltron Dataの共同創業者でCEOのJosh Patterson(ジョシュ・パターソン)氏によると、同社はスタンダードを広めるための企業であり、Apache Arrowで、データとアナリティクスを標準化することの威力とその認識を広めていきたい、という。</p>\n<p>「私たちの目標は、データアナリティクスのこれまでのエコシステムに取り付いて、それをスタンダードに基づいて改善することです。これまで私たちが他の業界で何度も見てきたのは、彼ら自身がアクセラレータになってより効率的な方法を普及し、共通のビルディングブロックで業界全体を改善していく動きです。私たちが特に普及したいのも、データアナリティクスのエコシステムにおけるモジュール化と組み立て構成方式の技術です」とパターソン氏はいう。</p>\n<p>このスタンダードの部分が、Apache Arrowの重要な役割だ。このプロジェクトの<a target=\"_blank\" href=\"https://arrow.apache.org/faq/\" rel=\"noopener\">ウェブサイトのFAQ</a>には、「Apache Arrowは、大きなデータセットを処理したり転送するハイパフォーマンスアプリケーションを作るためのソフトウェア開発プラットフォームで、分析アルゴリズムの性能と、異なるシステム間やプログラミング言語間でデータを移送するときの効率の両方の改善を目指している」とある。</p>\n<p>パターソン氏によると、データとアナリティクスが進化すると開発者は、日に日に増えていく、さまざまな言語を用いた多数のシステムを互いに接続しなければならない。その巨大な難題をArrowは解決する。「このシステムとあのシステムを接続したいとき、一体何をするのか。そのためのグルーコードのリライトなんて、誰もやりたくない。そしてそんなときが、Arrowの出番だ。Arrowは今、複数のシステムを接続するためのデファクトスタンダードになっている」とパターソン氏はいう。</p>\n<p>このオープンソースツールの人気はとても大きくて、同社によるとこれまで、毎月4200万回ダウンロードされている。SnowflakeやDatabricks、Google、Microsoftなども採用している。オープンソースのプロジェクトにしてはすごい人気であるため、Voltronのようにこれの商用化を目指す企業が現れても不思議ではない。</p>\n<p>それに、VCたちがこのプロジェクトにお金を投じているのも当然だ。同社はシードとAラウンドで1億1000万ドル(約126億7000万円)を獲得したが、いくら投資インフレと言われる時代であっても、それはすごい額だ。</p>\n<p>パターソン氏によると、それは明確な実用目的のあるお金だ。同社が解決を目指す問題は相当な難題であり、どれも複数の顔を持っている。そこで同社としては、それをできるだけ速くやるために投資が必要だ。</p>\n<p>「このオープンソースプロジェクトは、パワーユーザーやエキスパートしか使わない沈滞状態になってほしくない。次の世代のユーザーやシステムビルダーやライブラリビルダーにも、その魅力が伝わって欲しい。私たちは問題点を解明して、もっと多くのツールとライブラリを作り、誰でもすぐ使えるという状態をもっと完成させたい」とパターソン氏は語る。</p>\n<p>同社は現在、最初の商用製品を作っている。現時点で詳細はあまり語られないが、それはApache Arrowのマネージドバージョンで、オープンソース本体には触りたくないユーザーが対象だ。</p>\n<p>同社のワークフォースは世界中に分散していて、現在100名近くの被雇用者がおり、求人も積極的に行っている。パターソン氏自身も黒人で、ダイバーシティとインクルージョンの完備した企業にしたいという。「インクルーシブは我が社にとってとても重要で、これまでのように、人種やジェンダーや性的指向がさまざまな人が入ってきて欲しい。私たちでは、誰もが認めてもらえるし誰もが力を発揮できるんだ」と。</p>\n<p>現状は、同社従業員の20%がアフリカ系米国人、15%がヒスパニック、15%がアジア系、そしておよそ20%が女性だ。今後の成長とともに、さらにダイバーシティを充実していきたいという。</p>\n<p>調達した資金は、2200万ドル(約25億3000万円)がシードラウンド、8800万ドル(約101億3000万円)がシリーズAだ。AラウンドをリードしたのはWalden Catalyst、これにBlackRockやAnthos Capital、Battery Ventures、Coatue、GV、Lightspeed Venture Partners、Nepenthe Capital、Redline、The Factoryが参加した。シードはBlack RockとWaldenがリードし、LightspeedとGVとThe Factoryが参加している。</p>\n<p><small>画像クレジット:myshkovsky/Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/17/voltron-data-grabs-110m-to-build-startup-based-on-apache-arrow-project/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ron Miller、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/arr.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 472117,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 472117,
            "tagId": 361997455,
            "tag": {
              "id": 361997455,
              "slug": "databricks",
              "name": "Databricks(企業)",
              "description": "ビッグデータ分析を行うデータ+AIの企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 472117,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 472117,
            "tagId": 366273914,
            "tag": {
              "id": 366273914,
              "slug": "investment",
              "name": "投資(用語)",
              "description": "投資に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472117,
            "tagId": 692507958,
            "tag": {
              "id": 692507958,
              "slug": "snowflake",
              "name": "Snowflake(企業)",
              "description": "データに特化したクラウドサービスを提供する米国の企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 472063,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 472063,
        "slug": "2022-02-17-via-competitor-rideco-raises-16m-to-expand-on-demand-transit-software",
        "createdAt": "2022-02-18T02:00:11.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-18T00:08:16.000Z",
        "title": "自治体にオンデマンド輸送のテックを提供するカナダのRideCoがソフトウェアの拡張へ約18億円調達",
        "content": "<p>自治体にオンデマンド輸送のテックを提供しているカナダの<a target=\"_blank\" href=\"https://rideco.com/\" rel=\"noopener\">RideCo</a>(ライドコー)は、2000万カナダドル(約18億円)のシリーズAラウンドをクローズした。RideCoの共同創業者でCEOのPrem Gururajan(プレム・グルラジャン)氏によると、新たに調達したこの資金は製品のさらなる開発に充てられ、エンジニアリングチーム、顧客サービス、営業とマーケティングチームの大幅拡大にも使われる。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/21/via-files-confidentially-to-go-public/\" rel=\"noopener\">Via</a>(ビア)を最大の競合相手とするRideCoは、ソフトウェア・アズ・ア・サービスのビジネスモデルを展開している。自前の車両と、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/03/09/via-buys-mapping-startup-remix-for-100-million/\" rel=\"noopener\">Remix買収で獲得した輸送プラニングのテック</a>を提供しているViaとは異なり、RideCoは輸送機関や運行オペレーターに基本的なソフトウェアとアプリを提供し、そうした機関やオペレーターがRideCoの最大の顧客である自治体にオンデマンドの輸送オプションを提供できるようにする。RideCoはまた、従業員の送迎をダイナミックに行う方法を探している企業にもサービスを提供している。</p>\n<p>このソフトウェアは、バスやその他の車両のためにダイナミックルートを作成し、需要に応じて次のピックアップ場所とドロップ場所に向かわせる。サンアントニオ、ロサンゼルス、そして直近ではラスベガスといった都市が、こうした機能を利用して、ファーストマイルとラストマイルの輸送へのアクセス問題に取り組んでいる。これは、いまだに固定ルート輸送システムが中心となっているほとんどの都市に共通する問題だ。</p>\n<p>「例えば、サンアントニオでは、人口密度が高いため交通の便が良い地域がある一方で、人口密度が低い地域も多く、そうしたところではファーストマイルとラストマイルへのアクセスに問題があります。そうした場合、固定ルート輸送はうまく機能しません」とグルラジャン氏はTechCrunchに語った。</p>\n<p>ダイナミックシャトルやバスは、人々が乗車をオーダーする場所や降ろして欲しい場所に実際に行くことでそうした問題を解決し、都市にこれまでよりもモビリティを生み出すことができる。</p>\n<p>「当社のサービスを利用している自治体では、ライトレールや高速バスレーンがあり、バスが満員になるような需要がある高頻度コリドーにつながる中・低密度地域でダイナミックトランジットを利用することができます」。</p>\n<p>乗客はアプリで車両を確認でき、事前予約やリアルタイムでの乗車予約、あるいは出勤日の毎日午前9時といった定期的な乗車予約も可能だ。</p>\n<p>Eclipse VenturesがリードしたRideCoのシリーズAは、創業以来7年間で初の機関投資家からの資金調達だ。グルラジャン氏によると、これはいくつかの要因のためで、まずRideCoは最初の数年間、中核となるテクノロジーの構築と、特定のユースケースを解決するためのベータ版顧客とのテストに注力していた。</p>\n<p>RideCoは、製品を市場に投入する準備ができたとき、まだ製品と市場の適合性がないことに気がついた。</p>\n<p>「市場に出てみると、この製品に興味を持つ顧客はいましたが、全体として市場はまだ準備ができていませんでした」と同氏は話した。「アプリ主導の交通機関であるものにはまだ不安があったようですが、2018年末ごろからすべてが変わり始めました。サンアントニオのような大都市との契約がいくつかあり、それらはコスト削減と住民のモビリティ向上の観点で大成功を収めました」。</p>\n<p>それ以来、RideCoはカルガリーやヒューストンのような大都市からオンタリオ州コブールのような小さな町まで、米国とカナダのあちこちの都市に進出している。パンデミックで交通機関が、乗客の需要パターンの変化に柔軟に対応することや、近代的ですぐに反応するネットワークへの要望に応える新しい方法を考え始めたことも、RideCoの成長を加速させたとグルラジャン氏はいう。</p>\n<p>この1年間で、RideCoの顧客数は2倍になったが、同社はその成長の基盤を明らかにしていない。</p>\n<p>主要な競合相手であるViaが、オンデマンド輸送のプロバイダーというよりも、総合的な輸送技術プロバイダーとして提供するサービスを多様化させている中で、RideCoはオンデマンド輸送の提供を強化している。技術の類似性から2021年に互いに<a target=\"_blank\" href=\"https://www.prnewswire.com/news-releases/rideco-brings-patent-infringement-claims-against-via-transportation-and-responds-to-vias-meritless-lawsuit-301342574.html\" rel=\"noopener\">特許侵害訴訟</a>を起こしたこの2社は同じ年に設立されたが、ViaはRideCoよりもはるかに多くの市場シェアを獲得している。</p>\n<p>RideCoは、黎明期にあるこの業界で、まだシェアを切り開くことができるかもしれない。<a target=\"_blank\" href=\"https://cdn.masstransitmag.com/files/base/cygnus/mass/document/2021/02/MobilityReport2021_finalonline.602c399f0db9b.pdf\" rel=\"noopener\">米国とカナダの交通機関の約16%がすでにオンデマンド交通を提供しており</a>、この数値は他の共有モビリティの形態とともに増え続けると予想される。RideCoは、現在の勢いを維持する必要がある。</p>\n<p><small>画像クレジット:RideCo</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/17/via-competitor-rideco-raises-16m-to-expand-on-demand-transit-software/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Rebecca Bellan、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/RideCo.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 472063,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 472063,
            "tagId": 22998,
            "tag": {
              "id": 22998,
              "slug": "on-demand",
              "name": "オンデマンド(用語)",
              "description": "オンデマンドに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472063,
            "tagId": 54571,
            "tag": {
              "id": 54571,
              "slug": "via",
              "name": "Via(企業)",
              "description": "ニューヨーク拠点のオンデマンドシャトルサービスおよびソフトウェアの会社。"
            }
          },
          {
            "postId": 472063,
            "tagId": 366270782,
            "tag": {
              "id": 366270782,
              "slug": "transportation",
              "name": "交通(用語)",
              "description": "交通に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 472063,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471950,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 471950,
        "slug": "2022-02-16-google-wants-to-bring-its-privacy-sandbox-to-android",
        "createdAt": "2022-02-17T07:00:00.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-17T04:36:09.000Z",
        "title": "グーグルが広告の重要性を強調し、AndroidにPrivacy Sandboxを導入する計画を発表",
        "content": "<p>Google(グーグル)のChrome(クローム)ブラウザに導入されたPrivacy Sandbox(プライバシー・サンドボックス)のイニシアチブは、必ずしも完璧な成功を収めているわけではないものの、オンライン・プライバシーに関して、そして広告エコシステムにおけるGoogle自身の役割について、健全な議論を巻き起こしたことは間違いない。現在、Chromeにおけるこの取り組みの多くは依然として流動的だが、Googleはこれらのツールの多くをAndroid OSにも<a target=\"_blank\" href=\"https://www.privacysandbox.com/android/\" rel=\"noopener\">拡大する</a>ことを計画している。これは広告業界に重大な影響を与えることになるだろう。</p>\n<p>とはいえ、まだ広告エコシステムに関わっている人たちが絶望する必要はない。Googleによると、これらの新しいシステムをテストする間、現行のシステムは「少なくとも」あと2年間は有効のままになるとのこと。</p>\n<p>通常、Androidでは、広告主はGoogleの広告IDを利用して、パーソナライズされた広告を提供したり、アプリケーション間でユーザーの行動を追跡したりする。これによって広告主は、例えば、あなたが商品を購入したのは、あなたがクリックした広告によるものだと、判断することができるというわけだ。簡単に言えば、広告IDはAndroid版のCookieと考えてよいだろう。ユーザーはAndroidの「広告」設定から、広告IDを削除することにより、この機能をオフにして、パーソナライズされた広告を拒否することができる。広告IDを削除すると、Googleは親切にも、広告が多くのサービスの無料化に貢献していることを気づかせてくれる。そしてそれこそが、Googleが今回の変更を行う理由でもある。</p>\n<p>この発表に先立って行われたブリーフィングで、GoogleのAndroidセキュリティ/プライバシー担当プロダクトマネジメントVPは、特に広告の重要性を強調した(もちろん、広告はGoogle自身の収益においても大部分を占めている)。</p>\n<p>「このエコシステムにとって重要な機能を強調することは有益なことです」と、VPは語った。「広告IDのようなツールは、より適切な広告体験の提供や不正行為への対処などに役立ちます。また、現在私たちがモバイルアプリで楽しんでいる無料コンテンツやサービスの多くを可能にするためにも役立っています。ですから、次世代のモバイル技術を構築する際には、こうした機能が確実にサポートされるようにすることが重要なのです」。</p>\n<p>ここで問題となるのは、もちろんApple(アップル)だ。アップルは、Googleのチームが極めて露骨な手段と見なすようなものを使って、本質的にトラッキングを不可能にしている。これはプライバシーにとっては好都合だが、広告主は絶望の中から必死に這い上がって、あなたの行動やデバイスを追跡する新しい方法を考え出し、有益なトラッキングデータを手に入れようとするだろうと、Googleは主張する。しかし、Meta(メタ)が、アップルのポリシー変更によって、2022年には100億ドル(約1兆1500億円)の広告収入を失うだろうと述べたという事実は、Googleの主張を否定するようにも感じられる。Metaがこの問題を回避する良い方法を見つけられないのであれば、他の誰が見つけられるというのだろう?</p>\n<p>そこで、Chromeと同様に、Googleはユーザーのプライバシー保護と広告エコシステムの維持という両方を実現しようとしているのだ。念の為にはっきりさせておくと、Googleは自社の広告システムも、サードパーティの広告主と同じルールに従うとしている。</p>\n<p>今回の提案の中には、GoogleがChromeで行ってきたことをベースとするものがある。その中には、FLoC(フロック、コホートの連合学習)に代わって最近導入された<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/26/2022-01-25-google-kills-off-floc-replaces-it-with-topics/\" rel=\"noopener\">Topics</a>(トピックス)や、個体識別子に依存することなく、広告主が独自に定義した「カスタムオーディエンス」に基づいて広告を表示することができるシステムのFLEDGE(フレッジ)が含まれる。</p>\n<p>アトリビューションレポートなくして現代の広告エコシステムはありえないため、Googleはここでも<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.android.com/design-for-safety/ads/attribution\" rel=\"noopener\">新しいシステム</a>を提案し、広告主が必要とするデータを提供し続けながらも、ユーザーのプライバシーを改善することを約束している。</p>\n<p>また、<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.android.com/design-for-safety/ads/sdk-runtime\" rel=\"noopener\">開発者向けのSDK</a>では、サードパーティの広告コードを分離し、アプリ自体のコードとは別に実行されるようにする予定だ。現時点では、これはAndroid 13のみの機能になるようだ。なぜなら、これらの新しいプライバシー機能に加えて、あらゆるSDKに追加のセキュリティ保証を提供するという両方を重視した、全体的に異なるSDKアーキテクチャが必要だからだ。</p>\n<p>Googleは、この新しいシステムについて、広告業界と連携していきたいと述べている。これまでのところ、これをサポートする意見は、広告エコシステムではなくアプリ開発者から多く寄せられている。</p>\n<p><small>画像クレジット:rylan9 / Getty Images</small><br />\n[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/16/google-wants-to-bring-its-privacy-sandbox-to-android/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]<br />\n(文:Frederic Lardinois、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/GettyImages-1143927987.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471950,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471950,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 471950,
            "tagId": 641922,
            "tag": {
              "id": 641922,
              "slug": "android",
              "name": "Android(製品・サービス)",
              "description": "Androidは、主にスマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーンモバイル機器向けに設計されたオペレーティングシステム。Googleが開発、提供する。"
            }
          },
          {
            "postId": 471950,
            "tagId": 692516915,
            "tag": {
              "id": 692516915,
              "slug": "targeted-advertising",
              "name": "ターゲティング広告(用語)",
              "description": "ターゲティング広告に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471794,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 471794,
        "slug": "2022-02-15-appboxo-raises-7m-to-turn-any-app-into-a-super-app",
        "createdAt": "2022-02-16T08:15:43.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-16T08:05:31.000Z",
        "title": "あらゆるアプリを「スーパーアプリ」に変えるAppboxoが約8億円を調達",
        "content": "<p>ミニアプリとは、より大きなアプリの中で動作する軽量のプログラムのことで、ユーザーのエンゲージメントと収益の追加的な源泉として機能する。ミニアプリは、WeChat、Alibaba、Grabなどの「スーパーアプリ」によって普及した。しかし、すべての開発者がこれらのハイテク企業のリソースを持っているわけではない。シンガポールを拠点とするAppboxo(アプボクス)は、この競争の場を均等にしたいと考えている。このスタートアップのプラットフォームでは、ミニアプリを自分で作ったり、サードパーティの開発者向けマーケットプレイスであるAppboxo Showroomからミニアプリにアクセスしたりして、開発者は自分のアプリをスーパーアプリに変えることができるのだ。</p>\n<p>GCash(ジーキャッシュ)、Paytm(ペイティーエム)、VodaPay(ボダペイ)などを顧客に持つAppboxoは、米国時間2月16日、RTP Global(RTPグローバル)が主導するシリーズA資金調達で700万ドル(約8億円)を調達したことを発表した。その他、最初の投資家であるAntler(アントラー)と500 Southeast Asia(500ソースイースト・アジア)に加え、SciFi VC(サイファイ・VC)、Gradient Ventures(グラディエント・ベンチャーズ)(GoogleのAIに特化したベンチャーファンド)、エンジェル投資家のHuey Lin(ヒュー・リン)氏とKayvon Deldar(ケイボン・デルダー)氏といった新しい支援者が参加した。</p>\n<p>Appboxoは、2019年にCEOのKaniyet Rayev(カニエト・レイエフ)氏、CTOのNursultan Keneshbekov(ヌルスルタン・ケネシュベコフ)氏によって設立された。TechCrunchが最初に取り上げたのは<a target=\"_blank\" href=\"/2021/01/21/2021-01-19-wechat-2020/\" rel=\"noopener\">2020年12月でシード資金を発表したとき</a>だった。現在、東南アジア、インド、南アフリカの10のスーパーアプリに採用され、400以上のミニアプリの統合をサポートしており、その大半はサードパーティの開発者によって構築されたものである。同社によると、統合されたユーザー数は5億人以上とのこと。</p>\n<p>同社は、主に2つの製品を提供している。1つは、ミニアプリを構築・起動するためのSDKやAPIを備えたSaaSプラットフォーの「Miniapp」例えば、モバイルウォレットは、フードデリバリー、ショッピング、レストラン予約などのミニアプリを統合することができる。</p>\n<p>2つ目は、約1年前に登場した「Shopboxo」で、企業はモバイルデバイスを通じてカスタマイズ可能なオンラインストアを30秒以内に立ち上げることができる。</p>\n<p>Shopboxoで作成したミニアプリは、Appboxoを通じてスーパーアプリに統合することができる。レイエフ氏は、中小企業の幅広い加盟店ベースにリーチできることで「特にAppboxoの顧客はすでにeコマースを中心に同社のプラットフォームを使用しているため、2022年はミニアプリの数が数千に拡大する」と予想している。「金融系スーパーアプリは、新しい垂直方向への多様化を望んでおり、現在の状況では、eコマースが最も明白な機会であり、最も実行しやすいように見えます」と語る。</p>\n<p>レイエフ氏は、AppBoxoの新たな資金調達は、Shopboxoをさらに発展させ、同時に加盟店エコシステムを拡大し、国際的なプレゼンスを構築するために使われるとTechCrunchに語っている。当初は、スーパーアプリが最も優勢なアジア太平洋地域に焦点を当てるが、ヨーロッパと米国にも進出したいという。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://appboxo.com/\" rel=\"noopener\">AppBoxo</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/15/appboxo-raises-7m-to-turn-any-app-into-a-super-app/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Catherine Shu、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Appboxo-Image-1.png",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471794,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471794,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471794,
            "tagId": 366270944,
            "tag": {
              "id": 366270944,
              "slug": "singapore",
              "name": "シンガポール(国・地域)",
              "description": "シンガポールに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471794,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 471794,
            "tagId": 692511366,
            "tag": {
              "id": 692511366,
              "slug": "appboxo",
              "name": "Appboxo(企業)",
              "description": "開発者が自分のアプリを「スーパーアプリ」に変えられるようにすることで、ミニアプリへのアクセスを容易にしようとするシンガポールを拠点とするスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 471794,
            "tagId": 692514540,
            "tag": {
              "id": 692514540,
              "slug": "super-apps",
              "name": "スーパーアプリ(用語)",
              "description": "スーパーアプリに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471755,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 471755,
        "slug": "2022-02-15-asanas-new-workflow-tools-help-companies-coordinate-work-across-teams",
        "createdAt": "2022-02-16T08:00:50.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-16T07:44:48.000Z",
        "title": "チーム内とチーム間での作業を自動化して進めるAsanaの新ワークフローツール群「Asana Flow」",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"http://asana.com\" rel=\"noopener\">Asana</a>(アサナ)は常にチームのプロジェクト調整を支援してきたが、その歴史の大部分は、個々のチームに特定のタスクセットを完了まで管理するためのツールを提供することだった。米国時間2月15日、Asanaは、チーム内およびチーム間で作業を自動化して進める新しいワークフローツール群「Asana Flow(アサナフロー)」を発表した。</p>\n<p>ワークフローツールは、プロジェクトを完了に導く手順を定義するプロジェクト計画ツールとは異なり、作業を論理的に進めるためのツールだ。Asanaの最高製品責任者であるAlex Hood(アレックス・フード)氏によれば、このツールでプロジェクトマネージャーは、単純にタスクを割り当てるのではなく、プロジェクトを完了および承認するためのすべてのステップ、データ、ツールを含む再利用可能なワークフローを作成できるという。</p>\n<p>フード氏は、Asanaの核心はプロジェクト管理ツールであり、ワークフローとは、ある意味、繰り返し行われるプロジェクトのことだという。とはいえ、新製品では、その機能を拡張し、プロジェクト内での作業の流れを自動化しようとしている。</p>\n<p>「今回発表するのは、プロジェクトを単に繰り返し実行するだけではない、テーラーメイドのワークフロー機能です。実際には、チーム内でのワークフローの受け渡しを計画するためのUIですが、クロスファンクショナルチーム間でのすべての受け渡しを含む、さまざまな人が使用するすべての統合機能が含まれています」とフード氏はいう。</p>\n<div id=\"attachment_471758\" style=\"width: 689px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471758\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471758 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-13-32-27.png?w=679\" alt=\"\" width=\"679\" height=\"355\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-13-32-27.png 679w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-13-32-27.png?resize=300,157 300w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-13-32-27.png?resize=400,209 400w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-13-32-27.png?resize=640,335 640w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-13-32-27.png?resize=220,115 220w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-13-32-27.png?resize=281,147 281w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-13-32-27.png?resize=239,125 239w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-13-32-27.png?resize=125,65 125w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-13-32-27.png?resize=115,60 115w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-13-32-27.png?resize=600,314 600w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-13-32-27.png?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 679px) 100vw, 679px\" /><p id=\"caption-attachment-471758\" class=\"wp-caption-text\">ワークフロービルダーのUI(画像クレジット:Asana)</p></div>\n<p>新しいワークフロービルダーを使えば、プロジェクトの担当者はコンポーネントをドラッグ&amp;ドロップすることでワークフローを作成し、チーム間で流れる自動化されたプロセスのセットを構築することができる。また、ユーザーがワークフロー内のデータや受け渡しポイントを定義することで、仕事をよりスムーズに進め、仕事に関する議論を減らし、自動化された方法で進めることができるようになる。</p>\n<p>ワークフローには、Salesforce(セールスフォース)、Slack(スラック)、PowerBI(パワーBI)、Zoom(ズーム)などの一般的なツールや、Dropbox(ドロップボックス)、Adobe Creative Cloud(アドビクリエイティブクラウド)などのコンテンツソースと連動するコンポーネントを含めることができる。また、必要に応じてカスタムアプリを作成し、標準の統合機能に含まれていない社内システムやカスタムツールを使って仕事を進めることも可能だ。</p>\n<p>Asanaは一般的なワークフローテンプレートのライブラリを作成しているのでそれを基にワークフローを作成することもできるが、自身で自由にワークフローのテンプレートを作成して、社内の誰でも使用できるようにライブラリに追加することもできる。将来的には、企業がこれらのテンプレートを組織外で共有できるようになるかもしれない。</p>\n<p>作業はワークフロー内で進行するにつれて、その作業を実行しなければならない個々の従業員に割り当てられる。また、各従業員用のページが作成され、進行中、完了済み、または処理が遅れているといった、注意が必要な作業が確認できるようになっている。フード氏は「ホーム画面は、会社の目標に基づいて、何が緊急で重要かを判断するのに役立ちます。また、自分が関与しているワークフローの緊急性も判断できます」という。</p>\n<p>新しいワークフローツールは、同社が構築してきたAsana Work Graph(アサナワークグラフ)の論理的拡張であり、人、データ、仕事、あるいはミーティングのメモや文書のような仕事の構成要素などのあらゆる要素の組織内でのつながりを理解し、利用することを可能にする。</p>\n<p><small>画像クレジット:Rudzhan Nagiev / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/15/asanas-new-workflow-tools-help-companies-coordinate-work-across-teams/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ron Miller、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/GettyImages-1341934263.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471755,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471755,
            "tagId": 11929,
            "tag": {
              "id": 11929,
              "slug": "integration",
              "name": "統合 / インテグレーション(用語)",
              "description": "統合 / インテグレーションに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471755,
            "tagId": 182667,
            "tag": {
              "id": 182667,
              "slug": "asana",
              "name": "Asana(企業・サービス)",
              "description": "仕事を整理し、チームが何をすべきか、なぜそれが重要か、そしてどのようにそれを成し遂げるかを明確にするチームのためのワークマネージャ、それを提供する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 471755,
            "tagId": 365016313,
            "tag": {
              "id": 365016313,
              "slug": "workflow",
              "name": "ワークフロー(用語)",
              "description": "ワークフローに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471766,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 471766,
        "slug": "2022-02-15-shortwave-gets-9m-to-bring-back-google-inbox",
        "createdAt": "2022-02-16T07:15:17.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-18T02:27:12.000Z",
        "title": "グーグルのInboxを復活させてSlackも混ぜたメールクライアント「Shortwave」",
        "content": "<p>Google(グーグル)による「Inbox」の実験は、それが続いていた間は輝かしいものだった。2014年に招待制のサービスとして開始されたInboxは、同社の次世代のメールクライアントだった。あまりにも優れていたため、Googleが<a target=\"_blank\" href=\"/2018/09/13/2018-09-12-say-goodbye-to-inbox-by-gmail/\" rel=\"noopener\">2019年にサービスを終了させた</a>ことも意外ではなかった。しかし、ありがたいことに、Google / Firebase(ファイアベース)の元従業員グループが現在、Inboxの体験を復活させている……Slack(スラック)のユーザー体験も少し混ぜて。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"http://shortwave.com/\" rel=\"noopener\">Shortwave</a>(ショートウェーブ)のAndrew Lee(アンドリュー・リー)CEO、Jacob Wenger(ジェイコブ・ウェンガー)CPO、Jonny Dimond(ジョニー・ダイモンド)CTOは、全員が以前、GoogleでFirebaseを担当していた。同社の初期から働く社員たちの多くも同じだ。</p>\n<div class=\"slideshow slideshowify\">\n    <ol><li>\n            <div class=\"image\"><img data-thumb=\"/wp-content/uploads/2022/02/conversation.png?w=80&amp;h=60&amp;crop=1\" data-trigger-notification=\"1\" data-scalable=\"false\" alt=\"\" data-src=\"/wp-content/uploads/2022/02/conversation.png?w=1024\" data-tc-lazyload=\"deferred\" src=\"/wp-content/themes/techcrunch-jp-2015/assets/images/1x1.png\" /></div>\n            <h3 class=\"title\">conversation</h3>\n            <div class=\"caption\">画像クレジット:Shortwave</div>\n            <div class=\"credit\"></div>\n        </li><li>\n            <div class=\"image\"><img data-thumb=\"/wp-content/uploads/2022/02/channel-1.png?w=80&amp;h=60&amp;crop=1\" data-trigger-notification=\"1\" data-scalable=\"false\" alt=\"\" data-src=\"/wp-content/uploads/2022/02/channel-1.png?w=1024\" data-tc-lazyload=\"deferred\" src=\"/wp-content/themes/techcrunch-jp-2015/assets/images/1x1.png\" /></div>\n            <h3 class=\"title\">channel</h3>\n            <div class=\"caption\">画像クレジット:Shortwave</div>\n            <div class=\"credit\"></div>\n        </li><li>\n            <div class=\"image\"><img data-thumb=\"/wp-content/uploads/2022/02/inbox-1.png?w=80&amp;h=60&amp;crop=1\" data-trigger-notification=\"1\" data-scalable=\"false\" alt=\"\" data-src=\"/wp-content/uploads/2022/02/inbox-1.png?w=1024\" data-tc-lazyload=\"deferred\" src=\"/wp-content/themes/techcrunch-jp-2015/assets/images/1x1.png\" /></div>\n            <h3 class=\"title\">inbox</h3>\n            <div class=\"caption\">画像クレジット:Shortwave</div>\n            <div class=\"credit\"></div>\n        </li></ol>\n    <div class=\"enter-wrapper\">\n        <a class=\"enter\" href=\"#\">&nbsp;<span class=\"enter-text\">View Slideshow</span></a>\n    </div>\n    <div class=\"controls\">\n        <a class=\"prev icon-arrow-left\" href=\"#\"><span class=\"is-vishidden\">Previous</span></a>\n        <a class=\"next icon-arrow\" href=\"#\"><span class=\"is-vishidden\">Next</span></a>\n        <a class=\"exit\" href=\"#\">Exit</a>\n    </div>\n</div>\n<p>Inbox for Gmailと同様に、Shortwaveは基本的にGmailを中核とするメールクライアントであり、ユーザーは両者を簡単に行き来することができる。しかし、それ以上のものでもある。それは2022年に向けて再考されたInboxのようなものだと考えればよい。</p>\n<p>リー氏が筆者に話してくれたように、同社のチームはInboxから2つの重要なインスピレーションを得た。「1つは、メールをグループ分けして処理するべきという考え方です」と、リー氏は述べ、Inboxのトピックごとにメールを束ねる機能を引き合いに出した。「受信箱の中でメールの量が増えると、すべてのメールに目を通すのは現実的ではありません。キーボードショートカットを駆使し、アプリが高度に最適化されていたとしても、すべてのメールに目を通すだけで長い時間がかかります」。例えば、カレンダーの通知のような自動化されたメールが届いても、招待はカレンダーですでに受け入れている場合があるだろう。そこで、数回のクリックですべてのメールを既読にしたり、スヌーズして後で見るようにしたりすれば、時間を大幅に節約できる。</p>\n<div id=\"attachment_471773\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption alignnone\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471773\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-471773\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/faster-2.gif\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"352\" /><p id=\"caption-attachment-471773\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Shortwave</p></div>\n<p>さらに、チームは「受信箱は、好むと好まざるとにかかわらず、ToDoリストである」という考えのもと、Shortwaveを開発した。「そうすると、ユーザーにToDoリストのように管理するツールを提供するか、あるいは頭の中で管理することを強要するかのどちらかになります」と、リー氏は説明する。「彼ら(Inboxの開発者たち)は、Inboxに文字通りチェックマークを追加して、『これは完了したものとしてマークされているよ』ということを表現するなど、ToDoリスト型の機能を追加しました。我々も同じことをしました」。</p>\n<div id=\"attachment_471775\" style=\"width: 243px\" class=\"wp-caption alignright\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471775\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471775\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/DSC07757.jpg\" alt=\"\" width=\"233\" height=\"350\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/DSC07757.jpg 300w, /wp-content/uploads/2022/02/DSC07757.jpg?resize=200,300 200w, /wp-content/uploads/2022/02/DSC07757.jpg?resize=267,400 267w, /wp-content/uploads/2022/02/DSC07757.jpg?resize=240,360 240w, /wp-content/uploads/2022/02/DSC07757.jpg?resize=147,220 147w, /wp-content/uploads/2022/02/DSC07757.jpg?resize=115,172 115w, /wp-content/uploads/2022/02/DSC07757.jpg?resize=83,125 83w, /wp-content/uploads/2022/02/DSC07757.jpg?resize=40,60 40w, /wp-content/uploads/2022/02/DSC07757.jpg?resize=245,367 245w, /wp-content/uploads/2022/02/DSC07757.jpg?resize=33,50 33w\" sizes=\"(max-width: 233px) 100vw, 233px\" /><p id=\"caption-attachment-471775\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Shortwave</p></div>\n<p>Shortwaveでは、例えばメールを受信箱の一番上に固定することができる。筆者にとって、これはGmailのスター機能を使うよりも良い方法だが、これは個人的な好みの問題かもしれない(私はよくメールにスターを付けるが、その後、そのメールに戻ることはまずない)。また、必要に応じて受信箱内のメッセージを並べ替えたり、自分で作成したバンドルに整理したりすることもできる。</p>\n<p>現代のメールクライアントに期待されるような、メッセージをスヌーズする機能も備えている。</p>\n<p>Inboxのユーザー体験に加えて、チームはSlackのような最新のチャットクライアントの機能も実装した。例えば、GIFや絵文字を使って返信することができるなど、ShortwaveにはSlack風のリアクション機能が搭載されている。また、グループ会話用のチャンネルや通常の@メンションなど、特にビジネスシーンでのグループ会話を容易にするためのさまざまな機能も用意されている。</p>\n<p>会話に参加している全員がShortwaveを利用している場合は、入力中を伝える通知も届き、他の人がオンラインにいるかどうかも確認できる。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/zKVIwhtP52E?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>筆者は数日前からShortwaveを試しているが、確かにこれは初期のInboxを思い出させる(ただし、iOSアプリとは異なり、Androidアプリはまだ少し粗い部分があり、チームもそれを認識している)。</p>\n<p>リー氏の話によると、チームは主にビジネスユーザーをターゲットにしているという。また、誰でも無料でサービスを利用できるが、90日以上のメール履歴をサービスに残したい場合は有料になるという、Slackのようなマネタイズモデルを採用している。</p>\n<div id=\"attachment_471776\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption alignnone\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471776\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-471776\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/better.gif\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"767\" /><p id=\"caption-attachment-471776\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Shortwave</p></div>\n<p>Shortwaveは米国時間2月15日、シリーズAラウンドで900万ドル(約10億4000万円)の資金を調達したことも発表した。このラウンドは、実はチームが製品開発に着手した直後の2020年4月にクローズしており、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.usv.com/\" rel=\"noopener\">USV</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://lsvp.com/\" rel=\"noopener\">Lightspeed</a>(ライトスピード)が主導し、共同創業者たちも出資した他、Flybridge Capital(フライブリッジ・キャピタル)とAfore Capital(アフォア・キャピタル)が参加した。また、Mercury(マーキュリー)のCEOであるImmad Akhund(イマド・アクンド)氏、Segment(セグメント)の創業者であるPeter Reinhardt(ピーター・ラインハート)氏とIlya Volodarsky(イリヤ・ヴォロダースキー)氏、Voyage(ボヤージュ)の創業者であるOliver Cameron(オリバー・キャメロン)氏など、多くのエンジェル投資家も出資している。</p>\n<p><small>画像クレジット:SKrow / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/15/shortwave-gets-9m-to-bring-back-google-inbox/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/GettyImages-174802568.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471766,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471766,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 471766,
            "tagId": 163,
            "tag": {
              "id": 163,
              "slug": "email",
              "name": "Eメール(用語)",
              "description": "Eメールに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471766,
            "tagId": 1110,
            "tag": {
              "id": 1110,
              "slug": "gmail",
              "name": "Gmail(製品・サービス)",
              "description": "Gmailは、Googleが提供するEメールサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 471766,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471766,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 471766,
            "tagId": 366272302,
            "tag": {
              "id": 366272302,
              "slug": "todolist",
              "name": "ToDo / ToDoリスト(用語)",
              "description": "ToDo / ToDoリストに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471717,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 471717,
        "slug": "2022-02-15-akamai-acquires-linode-for-900m",
        "createdAt": "2022-02-16T03:45:47.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-16T03:15:29.000Z",
        "title": "AkamaiがLinodeを1040億円で買収",
        "content": "<p>米国時間2月15日、コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)のプロバイダーとして知られ、セキュリティやエッジコンピューティングのサービスも提供している<a target=\"_blank\" href=\"https://www.akamai.com/\" rel=\"noopener\">Akamai</a>(アカマイ)が、Linode(リノード)の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linode.com/press-release/akamai-to-acquire-linode/\" rel=\"noopener\">買収</a>を<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linode.com/blog/linode/linode-and-akamai/\" rel=\"noopener\">発表</a>した。買収金額は9億ドル(約1040億円)で、AkamaiはLinodeが2022年の会計年度中に約1億ドル(約115億6000万円)の収益をもたらすと予想している。</p>\n<p>2003年にローンチした<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linode.com/\" rel=\"noopener\">Linode</a>は、手頃な価格で仮想プライベートサーバー(VPS)をレンタルできるサービスとして、瞬く間にその名を広めた。それは、AWSがクラウドコンピューティングを流行語にする少し前のことだが、当時は自分のウェブサイトや基本的なウェブアプリをホストするには、VPSが適していたのだ。それ以来、ハイパークラウドやDigitalOcean(デジタルオーシャン)のような競合他社が出現し始めたため、Linodeは提供するサービスを拡大し続けた。競合他社とは異なり、Linodeは自己資金で創業し、外部からの資金調達を一切行わなかった。</p>\n<p>現在、Linodeは開発者が期待するようなすべてのコアクラウドサービスを提供している(初期のVPSプロバイダーのほとんどがそうしている)。これには、計算処理だけでなく、ブロックおよびオブジェクトストレージ、マネージドデータベース、ロードバランサー、そして最近では、コンテナ化されたアプリケーションを実行するための<a target=\"_blank\" href=\"/2019/11/20/2019-11-19-linode-launches-its-kubernetes-engine-into-beta/\" rel=\"noopener\">マネージドKubernetesサービス</a>も含まれている。</p>\n<div id=\"attachment_471720\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471720\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471720 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"538\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg 1944w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?resize=300,158 300w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?resize=768,403 768w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?resize=1024,538 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?resize=1536,807 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?resize=762,400 762w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?resize=400,210 400w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?resize=738,388 738w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?resize=640,336 640w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?resize=220,116 220w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?resize=281,148 281w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?resize=238,125 238w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?resize=125,66 125w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?resize=114,60 114w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?resize=1051,552 1051w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?resize=600,315 600w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-16-11-52-14.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-471720\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Linode</p></div>\n<p>Akamaiによれば、この買収は「クラウドからエッジまで、世界で最も分散されたコンピュートプラットフォームになる」ためだという。</p>\n<p>AkamaiのCEOで共同創業者であるTom Leighton(トム・レイトン)博士は発表の中で「Linodeの開発者フレンドリーなクラウドコンピューティング能力と、市場をリードするAkamaiのエッジプラットフォームおよびセキュリティサービスを組み合わせる機会は、Akamaiに変革をもたらします」と述べている。さらに彼は「Akamaiは20年以上にわたってエッジコンピューティング事業のパイオニアでしたが、本日クラウドからエッジまでのアプリケーションを構築、実行、および確保するための独自のクラウドプラットフォームを生み出すことで、弊社の歴史に新しいページを加えられることに興奮しています。これは開発者にとって大きな勝利です。開発者は、これまでにないスケール、リーチ、パフォーマンス、信頼性、セキュリティを提供するプラットフォーム上で、次世代のアプリケーションを構築することができるようになるのです」と続ける。</p>\n<p>Linodeは当面はこれまで通りの運営を続ける予定で「私たちを成功に導いたものを(Akamaiは)変えるつもりはありません」と述べている。</p>\n<p>Linodeの創業者、Christopher Aker(クリストファー・エイカー)氏はこう語る「AkamaiとLinode の間には、互いの使命や文化だけでなく、持ち寄れる強みを組み合わせることで生まれる自然な相乗効果があります。Linode のコンピュートおよびストレージ製品と、アカマイのサーバーレス、CDN、およびセキュリティソリューションを組み合わせることで、お客様は次世代のアプリケーションを構築、更新、拡張するための幅広いサービスを利用できるようになるのです」。</p>\n<p>Linodeとは異なり、Akamaiはこれまで開発者向けのセルフサービス型 SaaS 製品をあまり提供してこなかったが、いまや市場ではかなり期待されている。今回の買収によって、Akamaiは、過去に多少のセキュリティ上のミスはあったものの、多くの開発者から長年にわたり本業・副業を問わず利用されてきた高評価の企業を手に入れ、この分野の足場を固めることになる。</p>\n<p>今後の計画については、両社に問い合わせているところだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Suzanne Kreiter/The Boston Globe via Getty Images / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/15/akamai-acquires-linode-for-900m/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/GettyImages-1202322660.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471717,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471717,
            "tagId": 467160,
            "tag": {
              "id": 467160,
              "slug": "akamai",
              "name": "Akamai Technologies(企業)",
              "description": "クラウドセキュリティー事業やコンテンツデリバリー事業を行う米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 471717,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471607,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 471607,
        "slug": "2022-02-15-to-protect-consumers-congress-should-secure-the-app-store-supply-chain",
        "createdAt": "2022-02-16T02:15:38.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-16T01:34:31.000Z",
        "title": "消費者を守るために、米国議会はアプリストアのサプライチェーンを保護するべきだ",
        "content": "<p>2022年2月上旬、ユーザーの携帯端末に未審査のアプリケーションをインストールできるようにすることなどを端末メーカーに義務づける法案「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.congress.gov/bill/117th-congress/senate-bill/2710?s=1&amp;r=92\" rel=\"noopener\">Open App Markets Act</a>」が、米国上院司法委員会で<a target=\"_blank\" href=\"https://www.cnbc.com/2022/02/03/senate-committee-advances-open-app-markets-act.html\" rel=\"noopener\">承認された</a>。</p>\n<p>この法案は、スマートフォン黎明期から続く、公式アプリストアからしかアプリケーションをインストールできない「壁に囲まれた庭」のようなアプリ流通モデルに対峙する。多くの人が、アプリストアの競争によって消費者にもたらされる潜在的な利益に注目しているが、本法案の一部は、監視されていないルートでのアプリ配信を可能にすることで、意図しない、しかし潜在的に重大なデバイスセキュリティのリスクを導入するものだ。</p>\n<p>今日の「壁に囲まれた庭」モデルからの脱却は、ユーザーに新たなセキュリティリスクをもたらし、ユーザーはより多くの悪質なアプリが存在するストアを利用することになるかもしれない。Apple(アップル)、Microsoft(マイクロソフト)、Google(グーグル)などの大手ソフトウェア企業が運営するアプリストアでは、販売するアプリにマルウェアや脆弱性がないかどうかを審査している。</p>\n<p>このような審査は、特に人による審査がない場合、不完全である可能性があるが、これらのストアの管理された性質は、悪意のあるサイバーアクターがアプリを使用してユーザデータを盗んだり詐欺を行ったりする能力を大幅に低下させる。</p>\n<p>これに対し、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.zdnet.com/article/report-identifies-the-most-dangerous-mobile-app-store-on-the-internet/\" rel=\"noopener\">中国に多く存在するような</a>規制の緩いアプリストアは、マルウェアを含む危険なアプリの温床となる。最も基本的なセキュリティチェックが行われていない規制の不十分なアプリストアは、データを盗んだり詐欺にあったりする危険なアプリをユーザーが簡単にダウンロードできるようになるため、消費者のリスクが増大する。</p>\n<p>アプリストアは、現代のソフトウェアサプライチェーンの中心的な役割を担っている。アプリストアが消費者に提供するアプリは、私たちの日常生活に欠かせないものであると同時に、非常に機密性の高いデータと結びついている金融、健康、個人向けサービスなどを含んでいる。</p>\n<p>個人および中小企業は、大企業が自社のデバイスにインストールできるソフトウェアを管理するためにつかうのリソースを持たないため、悪意のあるアプリによってデータを盗まれたり、詐欺にあったりするリスクが高くなる。</p>\n<p>例えば、最近の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theguardian.com/technology/2021/aug/20/australians-hit-by-flubot-malware-that-arrives-by-text-message\" rel=\"noopener\">Flubotマルウェア</a>攻撃は、標的型テキストメッセージを利用して受信者に不正アプリをダウンロードさせ、攻撃者が金融情報を盗み出したりメッセージを傍受したりすることを可能にするものだった。このマルウェアは、Googleのアプリストア以外からのアプリのインストールを許可するようユーザに要求するもので、不正アプリが無防備なユーザにいかに大損害を与えるかを示す例になっている。</p>\n<p>Flubotは、危険なソフトウェアを使用して機密データを盗んだり、データの身代金を要求したりする、より大きなトレンドの一部に過ぎない。このような傾向の危険性は、公式ストアのようなアプリ審査やセキュリティスクリーニングがない無規制のマーケットプレイスへの移行によってさらに拡大します。</p>\n<p>アプリの自由な「サイドローディング」(公式アプリストア以外からアプリをインストールすること)を許可すると、ウェブ上のどこからでもアプリをインストールできるようになり、さらに大きなリスクが生じる。これにより、ユーザはより多くの無料アプリにアクセスできるようになるかもしれないが、同時に、ユーザを騙してマルウェアが仕込まれたアプリをインストールさせる攻撃の重大な機会を生み出すことにもなる。そのインストールの結果が銀行口座が空っぽの銀行口座であれば、無料アプリは無料とは言えない。</p>\n<p>幸いなことに、米国議会は、消費者であるエンドユーザーを保護するために、新しいアプリストアに対してセキュリティ基準を課すことができる。</p>\n<p>まず、アプリストアに対して、人間によるレビューを含む、基本レベルのセキュリティレビューとアプリの監視を義務付けることができる。人間による審査は、アプリが使用する権限がアプリの広告を反映していることを確認するのに役立ち、悪意のあるアプリが想定外のことを行うのを防ぐのに不可欠なステップとなる。</p>\n<p>第二に、米国やその他の政府は、無制限の「サイドローディング」を義務付ける計画を断念すべきだ。一般的なエンドユーザが、付随するセキュリティリスクを理解しないまま、数回のクリックで未知のアプリをインストールできるとしたら、そのリスクはあまりにも大きすぎる。</p>\n<p>最後に、悪意のあるアプリをインストールするリスクを減らすために、公式アプリストアにこだわることを選択するユーザもいるかもしれないが、これらのストア以外からアプリをインストールすることにしたユーザは、信頼できないソースからのアプリのインストールをブロックし、オープンウェブや信頼できないアプリストアからのアプリを避けることによって、リスクを減らすために、デバイスの衛生状態をよく保たねばならない。</p>\n<p>悪意のあるアプリがもたらすリスクは常に存在するが、政策立案者とユーザは、競争が激化するアプリストア空間がユーザの個人データへの脅威を最小限に抑えることを保証するために、より多くのことを行うことができる。上記のような基本的なセキュリティ基準を既存の提案に追加することで、アプリストアの新たな選択肢がもたらすセキュリティリスクを最小化することができる。</p>\n<p>編集部注:執筆者のMichael Chertoff(マイケル・チェルトフ)氏は元国土安全保障長官で、「Exploding Data:Reclaiming Our Cyber Security in the Digital Age」の著者。現在はテクノロジー分野を顧客とするセキュリティおよびリスク管理会社<a target=\"_blank\" href=\"https://www.chertoffgroup.com/\" rel=\"noopener\">Chertoff Group</a>(チェルトフ・グループ)の会長。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.com/search/photographer?family=creative&amp;photographer=Jorg+Greuel\" rel=\"noopener\">Jorg Greuel</a> / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/15/to-protect-consumers-congress-should-secure-the-app-store-supply-chain/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Michael Chertoff、翻訳:Yuta Kaminishi)</p>\n",
        "authorId": 191889573,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/GettyImages-608877629.jpg",
        "author": {
          "id": 191889573,
          "slug": "yuta-kaminishi",
          "name": "Yuta Kaminishi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471607,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471607,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471607,
            "tagId": 32740565,
            "tag": {
              "id": 32740565,
              "slug": "google-play",
              "name": "Google Play(製品・サービス)",
              "description": "Googleが提供するAndroidデバイス向けのアプリ、映画、音楽、書籍などのデジタルコンテンツを配信するサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 471607,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471607,
            "tagId": 366278366,
            "tag": {
              "id": 366278366,
              "slug": "malware",
              "name": "マルウェア(用語)",
              "description": "マルウェアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471607,
            "tagId": 692508933,
            "tag": {
              "id": 692508933,
              "slug": "app-store",
              "name": "App Store(製品・サービス)",
              "description": "App Storeはアップルが自社製品向けに展開するアプリケーションのマーケットプレイス。"
            }
          },
          {
            "postId": 471607,
            "tagId": 692515205,
            "tag": {
              "id": 692515205,
              "slug": "security",
              "name": "セキュリティ(用語)",
              "description": "セキュリティに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471607,
            "tagId": 692515213,
            "tag": {
              "id": 692515213,
              "slug": "cyber-%e2%80%8b%e2%80%8brisk",
              "name": "サイバーリスク(用語)",
              "description": "サイバーリスクに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471672,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 471672,
        "slug": "2022-02-15-microsoft-rolls-out-access-to-the-amazon-appstore-preview-in-windows-11",
        "createdAt": "2022-02-16T01:30:18.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-16T02:19:48.000Z",
        "title": "Windows 11でAndroidアプリを実行可能に、米国でAmazon Appstoreプレビュー提供開始",
        "content": "<p>2021年10月、Microsoft(マイクロソフト)はAmazon(アマゾン)との提携によって、Windows 11パソコンで<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-10-20-microsoft-starts-testing-android-apps-on-windows-11/\" rel=\"noopener\">Android(アンドロイド)アプリを実行するテスト</a>を開始した。ただし、その機能を利用できるのはWindows 11 Insider Program(インサイダー・プログラム)に<a target=\"_blank\" href=\"https://blogs.windows.com/windows-insider/2021/10/20/introducing-android-apps-on-windows-11-to-windows-insiders/\" rel=\"noopener\">参加</a>しているベータテスターのみで、アプリは50種類ほどに限られていた。そして米国時間2月15日、同社は利用範囲を拡大し、Microsoft StoreにあるAmazon Appstore Previewで1000種類以上のアプリやゲームを提供開始した。</p>\n<p>この公開と合わせて、MicrosoftはWindows 11のTaskbar(タスクバー)の改善およびMedia Player(メディア・プレイヤー)とNotepad(メモ帳)アプリのデザイン変更も行っている。</p>\n<p>当初、Androidアプリのベータテスターは、AmazonのKindle(キンドル)アプリ、The Washington Post(ワシントン・ポスト)、Clash of Kings(クラッシュ・オブ・キングス)、Coin Master(コインマスター)、Lego Duplo World(レゴ・デュプロ・ワールド)などのアプリを試すことができた。この体験は、新しいWindows Subsystem for Android(ウィンドウズ・サブシステム・フォー・アンドロイド)を利用したAndroidプラットフォーム上に構築されており、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.intel.com/content/www/us/en/newsroom/news/intel-tech-unleashes-windows-experience.html#gs.dldf2i\" rel=\"noopener\">IntelのBridge Technology</a>(ブリッジ・テクノロジー)を基盤としている。AMDとIntel両方のデバイスに対応しているが、Windows 11の動作<a target=\"_blank\" href=\"https://www.microsoft.com/en-us/windows/windows-11-specifications?r=1\" rel=\"noopener\">要件</a>を満たしていることが条件だ。</p>\n<p>Amazon Appstore Previewの利用可能範囲拡大は、技術面の準備作業が必要だったため2月15日午前から公開が始まっている。ただし、完全に統合された体験はまだ提供されていない。</p>\n<p>これで米国のWindows 11ユーザーは、Amazon Appstore PreviewをアクセスしてAmazonと提携している1000種類以上のアプリとゲームをダウンロードできるようになる。Audible(オーディブル)、Subway Surfers(サブウェイサーファーズ)、Lords Mobile(ロードモバイル)、Khan Academy Kids(カーン・アカデミー・キッズ)などだ。利用するためには、まずMicrosoft Storeを開き、アップデートする必要がある(Microsoft Store &gt; LibraryからGet Updatesをクリック)。そこでお気に入りのアプリやゲームを検索して、Amazon Appstore経由でダウンロードできる。アプリはWindowsの一部と感じられるように動作するというコンセプトなので、Windowsの入力やスナップ機能などのウィンドウ操作とも統合される。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/K6SpHPF40Ik?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>&nbsp;</p>\n<p>タスクバーの改善も本日公開される。Windows 11でデザイン変更されたタスクバーは、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.windowslatest.com/2021/12/28/microsoft-is-trying-to-fix-windows-11-taskbar-issues/\" rel=\"noopener\">数多く</a>の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.pcmag.com/news/the-10-worst-things-about-windows-11\" rel=\"noopener\">苦情</a>を<a target=\"_blank\" href=\"https://www.techradar.com/news/microsoft-is-finally-fixing-the-windows-11-taskbars-biggest-flaw\" rel=\"noopener\">受け</a>ており、ユーザーは画面の下に固定され、ユーザー独自のショートカットを追加できないタスクバーに不満をもっている。Microsoftはフィードバックに耳を傾け、その問題を修正する<a target=\"_blank\" href=\"https://windowsreport.com/windows-11-taskbar-drag-and-drop/\" rel=\"noopener\">予定</a>だが、この日のアップデートは別の問題に対応するためのものだ。</p>\n<p>第2モニター上のタスクバーにも時刻と日付が表示され、タスクバーの左端にライブの天気情報が表示されるようになった。Microsoft Teams(マイクロソフト・チームズ)のユーザーは、タスクバーからミュート / ミュート解除やウィンドウ共有ができるようになり、ビデオ会議がスムーズに行えるようになる。</p>\n<p>これらの機能は当初、2022年2月のセキュリティ以外のプレビューリリースで提供される予定だった。</p>\n<p>一方、Media Playerは、キーボード愛好家のためにショートカットキーとアクセスキーが強化された他、アクセシビリティ機能が改善された。NotepadアプリにはWindows 11のDark Mode(ダーク・モード)機能を受け継いだ新しいユーザーインターフェースが加わり、メニューの簡易化、複数レベルのundo(やり直し)、カラフル絵文字対応、検索・置換の体験改善などが行われた。</p>\n<p>こちらのアップデートは、Settings &gt; Update &amp; Security &gt; Windows UpdateからCheck for Update(更新の確認)で要求できる。</p>\n<p>Microsoftは、2022年にはWindows 11を、年次更新に加えて、今以上に更新頻度を高めると言っている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Microsoft</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/15/microsoft-rolls-out-access-to-the-amazon-appstore-preview-in-windows-11/\" rel=\"noopener noreferrer\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a> )</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/HomePage-1600x900-1.png",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471672,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471672,
            "tagId": 637,
            "tag": {
              "id": 637,
              "slug": "microsoft",
              "name": "Microsoft / マイクロソフト(企業)",
              "description": "マイクロソフトは、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 471672,
            "tagId": 800,
            "tag": {
              "id": 800,
              "slug": "windows",
              "name": "Windows(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 471672,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471672,
            "tagId": 5495,
            "tag": {
              "id": 5495,
              "slug": "operating-system",
              "name": "OS / オペレーティングシステム(用語)",
              "description": "OS / オペレーティングシステムに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471672,
            "tagId": 641922,
            "tag": {
              "id": 641922,
              "slug": "android",
              "name": "Android(製品・サービス)",
              "description": "Androidは、主にスマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーンモバイル機器向けに設計されたオペレーティングシステム。Googleが開発、提供する。"
            }
          },
          {
            "postId": 471672,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471672,
            "tagId": 692514129,
            "tag": {
              "id": 692514129,
              "slug": "windows-11",
              "name": "Windows 11(製品・サービス)",
              "description": "Windows 11に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471618,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 471618,
        "slug": "2022-02-15-google-wants-to-bring-chrome-os-to-your-pc-or-mac",
        "createdAt": "2022-02-15T23:00:02.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-17T02:13:48.000Z",
        "title": "グーグル、PCやMacをChromebookに変える「Chrome OS Flex」を発表",
        "content": "<p>Google(グーグル)は米国時間2月15日、事実上すべてのPC(および古いIntelベースのMac)にChrome OSを導入することを目的とした、新戦略の<a target=\"_blank\" href=\"https://support.google.com/chromeosflex/answer/11552529?p=flex_ent_form_install&amp;visit_id=637805414597833888-1621280209&amp;rd=1\" rel=\"noopener\">早期プレビュー</a>となる<a target=\"_blank\" href=\"https://chromeenterprise.google/os/chromeosflex\" rel=\"noopener\">Chrome OS Flex</a>を発表した。Googleが2020年に買収したCloudReadyの上に構築されているChrome OS Flexは、既存のデバイスの寿命を延ばしたい企業や教育機関のユーザーをターゲットとしているが、USBドライブにアクセスできる人なら誰でも古いPC、あるいは低消費電力の新しいPCの寿命を伸ばすために使用することができる。そこには、明らかに持続可能性(サステナビリティ)という視点がある。</p>\n<p>このアイデアは、Chrome OSの完全な体験を事実上すべてのコンピュータに提供するというものだ。しかし現在のところ、PCのコンフィグレーションは無数に存在するため、すべてのコンピュータでChrome OS体験を実現させることはできない。Googleは<a target=\"_blank\" href=\"https://support.google.com/chromeosflex/answer/11513094\" rel=\"noopener\">認証されたマシン</a>(ほとんどがノートパソコン)のリストを公開しているが、他のマシンでも動作する可能性はある。そして、これを試すのは、Chrome OSが明らかにベースとしている最新のLinuxディストリビューションを試すのと同じくらい難しいことだ。</p>\n<p>GoogleのChrome OS製品管理ディレクター、Thomas Riedl(トーマス・リードル)氏は、BIOS(基本出入力システム)にアクセスしてUSBドライブから起動するようにマシンを設定しなければならない場合、消費者にとって<a target=\"_blank\" href=\"https://support.google.com/chromeosflex/answer/11552529?p=flex_ent_form_install&amp;visit_id=637805414597833888-1621280209&amp;rd=1\" rel=\"noopener\">インストール体験</a>はまだ少し面倒なものかもしれないと述べている。</p>\n<div id=\"attachment_471620\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471620\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471620 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"640\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Google2.png 2048w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=300,188 300w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=768,480 768w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=1024,640 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=1536,960 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=640,400 640w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=400,250 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=738,461 738w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=576,360 576w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=220,138 220w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=275,172 275w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=200,125 200w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=125,78 125w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=96,60 96w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=883,552 883w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=405,253 405w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=587,367 587w, /wp-content/uploads/2022/02/Google2.png?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-471620\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>Chrome OSとChrome OS Flexは同じコードベースを使用し、同じサイクルでリリースされる予定だ。ユーザーにとっては、両システムは見た目も使い勝手もほぼ同じになるはずだ。ただし、これはまだ非常に初期のリリースであり、ユーザーはすべてがすぐに完璧に動作することを期待すべきではない、とGoogleは明言している。</p>\n<p>Androidアプリについてはどうか。Googleの広報担当者が筆者に語ったように、チームは現在、中核のユーザーエクスペリエンスをできるだけ強固なものにすることに注力しているが、Chrome OS FlexでGoogle Play StoreとAndroidアプリのサポートを追加する予定はない。「ですが、もちろん我々は将来のためにChrome OS Flexを改善する方法を継続的に評価しています」と広報担当者は述べた。</p>\n<div id=\"attachment_471621\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471621\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471621 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"531\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg 1260w, /wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg?resize=300,155 300w, /wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg?resize=768,398 768w, /wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg?resize=1024,531 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg?resize=772,400 772w, /wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg?resize=400,207 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg?resize=738,382 738w, /wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg?resize=640,332 640w, /wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg?resize=220,114 220w, /wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg?resize=281,146 281w, /wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg?resize=241,125 241w, /wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg?resize=125,65 125w, /wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg?resize=116,60 116w, /wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg?resize=1065,552 1065w, /wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg?resize=600,311 600w, /wp-content/uploads/2022/02/Google3.jpeg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-471621\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>もしあなたが最新のMacやMacBookを使っているなら、Apple独自のハードウェアがそうしたマシン、特にM1を採用している新しいデバイスにLinuxディストリビューションをインストールすることをほぼ不可能にしているのと同じように、残念ながら対象外となる。ただ、2016年以前のほとんどのデバイスは問題なく動作するはずだ。もし白いMacBookをどこかにまだ持っているなら、今がそのMacBookの上に積もった埃を払う時かもしれない。</p>\n<p>CloudReadyに基づいているため、Chrome OS Flexには企業向けのコンポーネントもある。Chrome OSに適用される通常のIT管理能力はすべて、Chrome OS Flexにも適用される。企業は、Chrome OSのライセンスをChrome OS Flexのデバイスに適用することもできる(一方で、以前はCloudReadyは別のライセンス体系を採用していた)。</p>\n<p>CloudReadyのメーカーNeverware(ネバーウェア)の元製品担当ディレクターで、現在はGoogleでCloudReadyの製品マネージャーを務めるForrest Smith(フォレスト・スミス)氏は、2016年ごろから、企業がデバイスの寿命を延ばすのにNeverwareのサービスを利用するという考えに注意を向け始めたと語った。</p>\n<p>「デバイスの寿命を12カ月延ばしたいという人がたくさんいて、彼らはどんな取引もいとわなかったのです。そして、Chrome OSのエコシステムが本格的に導入された2015年、2016年、2017年の3年間は本当にすさまじく、顧客は『Chromebookが思うように手に入らない』とNeverwareに来ていました」という。</p>\n<p>リードル氏は「私にとって本当にエキサイティングなことは、非常に興味深いが独立したソリューションであったCloudReadyとその管理サービスをなんとか手に入れ、今ではシームレスに統合したことです」と話した。「ですので、これらのChrome OS Flexのデバイスは、過去にWindowsあるいはMacを動かしていたとしても、アドミンコンソールに表示されます。つまり、Chromebook、Chromebox、Flexデバイスなど、すべてのデバイスを統一されたインターフェースで管理できます。管理者にとって、ずいぶん簡単になります」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Google</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/15/google-wants-to-bring-chrome-os-to-your-pc-or-mac/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Google.gif",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471618,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471618,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 471618,
            "tagId": 5495,
            "tag": {
              "id": 5495,
              "slug": "operating-system",
              "name": "OS / オペレーティングシステム(用語)",
              "description": "OS / オペレーティングシステムに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471618,
            "tagId": 6877,
            "tag": {
              "id": 6877,
              "slug": "sustainability",
              "name": "持続可能性 / サステナビリティ(用語)",
              "description": "持続可能性 / サステナビリティに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471618,
            "tagId": 4645587,
            "tag": {
              "id": 4645587,
              "slug": "chromebook",
              "name": "Chromebook(製品・サービス)",
              "description": "Chromebookは、Googleが開発するオペレーティングシステム「Google Chrome OS」を搭載するノートパソコンの名称。"
            }
          },
          {
            "postId": 471618,
            "tagId": 22536748,
            "tag": {
              "id": 22536748,
              "slug": "chrome-os",
              "name": "Chrome OS(製品・サービス)",
              "description": "Googleが設計、提供するOS。"
            }
          },
          {
            "postId": 471618,
            "tagId": 692517334,
            "tag": {
              "id": 692517334,
              "slug": "chrome-os-flex",
              "name": "Chrome OS Flex(製品・サービス)",
              "description": "Chrome OS Flexに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471529,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 471529,
        "slug": "2022-02-14-snapchat-will-introduce-revenue-sharing-on-ads-in-creators-stories",
        "createdAt": "2022-02-15T05:00:49.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-15T04:53:03.000Z",
        "title": "Snapchatがクリエイターのストーリーにミッドロール広告を導入する計画を発表",
        "content": "<p>刹那的なメッセージングアプリだったSnapchat(スナップチャット)は、クリエイターが利益を上げられるプラットフォームとしての地位を確立しようとしている。米国時間2月14日、同社はSnapStar(スナップスター)と呼ばれる(そのためには申請して資格を得る必要がある)<a target=\"_blank\" href=\"https://support.snapchat.com/ja-JP/article/snap-stars\" rel=\"noopener\">最大のクリエイター</a>たちを対象に、Snapchatのストーリーの中にミッドロール広告を導入する計画を発表した。</p>\n<p>Snapchatの広報担当者がTechCrunchに語ったところによると、この機能は、米国を拠点とする少数のクリエイターに向けてごく初期のベータ版がすでに導入されているが、今後数カ月のうちに、Snap Starsを対象にもっと広く展開していく予定だという。これらの広告は、ストーリーの中にミッドロール広告として表示され、クリエイターは広告収入の一部を得ることができる。その報酬は、投稿頻度や視聴者のエンゲージメントなどの要素を加味した支払い計算式によって決定される。Snapchatはこれらの支払いの仕組みなどについて、それ以上の詳細なコメントを控えている。</p>\n<p>Snapchatは、TikTok(ティックトック)の類似品的なSpotlight(スポットライト)だけで、2021年に<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/16/2021-12-14-snap-paid-250-million-to-creators-on-its-tiktok-clone-this-year/\" rel=\"noopener\">2億5000万ドル</a>(約289億円)をクリエイターに支払っている。クリエイターは、アプリ内の<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/06/snapchat-revamps-creator-payouts-by-offering-chance-to-win-prizes-with-spotlight-challenges/\" rel=\"noopener\">ギフト機能</a>や、企業がAR開発者やインフルエンサーとより簡単に提携できる<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/05/06/snap-to-launch-a-new-creator-marketplace-this-month-initially-focused-on-lens-creators/\" rel=\"noopener\">クリエイターマーケットプレイス</a>を通じて、Spotlightでも利益を得ることができる。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/16/2021-12-14-snap-paid-250-million-to-creators-on-its-tiktok-clone-this-year/\" rel=\"noopener\">Snapはこの1年間でTikTok風動画のクリエイターに約284.5億円を支払っている</a></p>\n<p>今回のテストは、クリエイターファンドの支払いとレベニューシェアの違いについて、クリエイターの間で<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/31/2022-01-25-maybe-creator-funds-are-bad/\" rel=\"noopener\">継続的に行われている議論</a>を受けて、実施されるものだ。長年YouTuber(ユーチューバー)として活躍し、Vidcon(ビドコン)の共同設立者であるHank Green(ハンク・グリーン)氏は先月、TikTokのクリエイターファンドの規模がユーザー数と同じペースで成長していないことを<a target=\"_blank\" href=\"https://www.youtube.com/watch?v=jAZapFzpP64&amp;feature=emb_title\" rel=\"noopener\">指摘した</a>。つまり、TikTokのクリエイターがプラットフォームへの貢献に対して得られる収入は、時間の経過とともに少なくなっているということだ。しかも、TikTokの親会社であるByteDance(バイトダンス)が、1年で<a target=\"_blank\" href=\"https://nypost.com/2022/01/21/tiktok-owner-bytedance-sees-growth-slow-despite-70-revenue-jump/\" rel=\"noopener\">580億ドル</a>(約6兆7000億円)もの利益を上げていることを考えれば、<a target=\"_blank\" href=\"/2020/07/27/2020-07-23-tiktok-creator-fund-200-million-us/\" rel=\"noopener\">2億ドル</a>(約231億円)のクリエイターファンドの規模は(それがたとえ10億ドル[1154億円]に<a target=\"_blank\" href=\"/2020/07/27/2020-07-23-tiktok-creator-fund-200-million-us/\" rel=\"noopener\">成長することになっていた</a>としても)わずかなものに感じられる。一方、YouTubeは過去3年間に広告収入から100億ドル(約1兆1540億円)の分配を支払っている。しかしそれと同時に、TikTokやSnapchat Spotlightのような短い動画形式のプラットフォームに、YouTubeと同じくらい多くの広告が入ったら、とても使っていられないと感じるだろう。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/31/2022-01-25-maybe-creator-funds-are-bad/\" rel=\"noopener\">「クリエイターファンド」はそれほど褒められたものじゃない</a></p>\n<p>Snapchatはこのテストで、クリエイターファンドとレベニューシェアの両方のモデルを組み合わせようとしている。しかし、この機能がクリエイターにとってどれほど有益なものになるかは、支払いの仕組みが謎のままでは何とも言えない。</p>\n<p><small>画像クレジット:Snapchat</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/14/snapchat-will-introduce-revenue-sharing-on-ads-in-creators-stories/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Amanda Silberling、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Snapchat-Creator-Story.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471529,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471529,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 471529,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471529,
            "tagId": 8143,
            "tag": {
              "id": 8143,
              "slug": "monetization",
              "name": "収益化 / マネタイズ(用語)",
              "description": "収益化 / マネタイズに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471529,
            "tagId": 110854,
            "tag": {
              "id": 110854,
              "slug": "snap",
              "name": "Snap(企業)",
              "description": "Snapは、Snapchatを提供する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 471529,
            "tagId": 80687524,
            "tag": {
              "id": 80687524,
              "slug": "snapchat",
              "name": "Snapchat(製品・サービス)",
              "description": "Snapchatは、米国のSnapが提供するスマートフォン向け写真共有アプリ。"
            }
          },
          {
            "postId": 471529,
            "tagId": 173267257,
            "tag": {
              "id": 173267257,
              "slug": "advertising-tech",
              "name": "広告 / アドテック(用語)",
              "description": "広告 / アドテックに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471529,
            "tagId": 366272759,
            "tag": {
              "id": 366272759,
              "slug": "revenue-share",
              "name": "レベニューシェア(用語)",
              "description": "レベニューシェアに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471529,
            "tagId": 366278632,
            "tag": {
              "id": 366278632,
              "slug": "creator",
              "name": "クリエイター(用語)",
              "description": "クリエイターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471529,
            "tagId": 692514459,
            "tag": {
              "id": 692514459,
              "slug": "creator-economy",
              "name": "クリエイターエコノミー / Creator Economy(用語)",
              "description": "クリエイターエコノミー / Creator Economyに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471529,
            "tagId": 692517088,
            "tag": {
              "id": 692517088,
              "slug": "creator-fund",
              "name": "クリエイターファンド(用語)",
              "description": "クリエイターファンドに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471430,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 471430,
        "slug": "2022-02-14-databook-sales-customer",
        "createdAt": "2022-02-15T02:30:58.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-15T02:18:50.000Z",
        "title": "営業担当者がその顧客のエキスパートになるための洞察を提供するDatabookが約57億円を調達",
        "content": "<div id=\"attachment_471431\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471431\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471431 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"575\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg 1390w, /wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?resize=1024,575 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?resize=712,400 712w, /wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?resize=982,552 982w, /wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?resize=600,337 600w, /wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-471431\" class=\"wp-caption-text\">Databookの共同設立者でCEOのアナンド・シャー氏(画像クレジット:Databook)</p></div>\n<p>2021年4月に<a target=\"_blank\" href=\"https://www.businesswire.com/news/home/20210427005449/en/Databook-Raises-16-Million-Series-A-to-Fuel-Go-to-market-Activity\" rel=\"noopener\">シリーズAで1600万ドル(約18億円)</a>を獲得した、AIを活用したコンサルティング型セールスインテリジェンス企業である<a target=\"_blank\" href=\"https://trydatabook.com/\" rel=\"noopener\">Databook</a>(データブック)が、今度はシリーズBで5000万ドル(約57億円)を獲得した。</p>\n<p>パンデミック3年目でリモートワークが続く中、<a target=\"_blank\" href=\"https://c1.sfdcstatic.com/content/dam/web/en_us/www/documents/research/Salesforce-State-of-Sales-4th-Ed.pdf\" rel=\"noopener\">営業担当者の88%</a>が「現在の経済状況では顧客のニーズを予測することが重要」と感じているとSalesforce(セールスフォース)は指摘する。しかし、営業担当者は、経営幹部へのセールスに必要な戦略的洞察、関連するビジネスユースケース、パーソナライズされたコンテンツが不足していることが多い。</p>\n<p>そこでDatabookの出番だ。同社は、営業担当者が顧客の専門家になれるようなツールを、ボタンをクリックするだけという形で提供している。Databookの顧客基盤は現在、毎年3000億ドル(約34兆円)超の売上高を生み出しており、Salesforce、Microsoft(マイクロソフト)、Databricks(データブリックス)などのエンタープライズ企業がこの技術を利用して顧客の購買体験を向上させ、結果として収益獲得を増やしている。</p>\n<p>「Databookのプラットフォームは、営業担当者のビジネスセンスを高め、アカウントの優先順位付けを支援し、営業活動全体を解決しようとするビジネス上の問題に正面から取り組むためのものにする強制機能です」と、Salesforceのエンタープライズセールス担当AVP、Frank Perkins(フランク・パーキンス)氏は文書で述べた。「Databookは、アカウントプランニングの方法と、担当者がアカウントに売り込むための準備に革命をもたらします。そして、これらすべてを一般的な営業担当者が完全にアクセスできる方法で行います。ゲームチェンジャーです」。</p>\n<p>MicrosoftのベンチャーファンドM12はシリーズAをリードし、Bessemer Venture Partnersが主導する今回の応募者多数のシリーズBラウンドにも参加した。さらに、DFJ Growth、既存投資家であるThreshold Ventures、Salesforce Ventures、Haystackが参加している。</p>\n<p>Databookの共同設立者でCEOのAnand Shah(アナンド・シャー)氏は、こんなに早く追加資金を調達するつもりはなかった、と電子メールを通じて語った。実際、同社は過去4年間で3倍の売上成長を見せており、その多くはマーケティング費用をほとんどかけずに得た需要だ。</p>\n<p>「当社の財務内容は健全で、当社の規模とステージとしてはユニークで強固なものですが、イノベーションと新規顧客開拓のスピードを支えるべく採用を加速させるために、今すぐ追加資金を調達することにしました」とシャー氏は付け加えた。</p>\n<p>同ラウンドの主導権を争う投資家が多数いたにもかかわらず、Databookが以前から知っているBessemerを選んだ理由について「優れた実績を持つナンバーワンのクラウドSaaS投資家」であり「当社の今後をかなり支援できる広範な投資およびポートフォリオ運用チームを抱えています」とシャー氏は述べた。</p>\n<p>同氏は、今回の資金を3つの方法で活用する意向だ。1つ目は、製品、エンジニアリング、営業、マーケティング、カスタマーサクセスなど、事業の全部門での雇用だ。2つ目は、銀行、生命科学、小売、消費財などの新しい業界への進出だ。これらの業界はすべてデジタル化の影響を受けており、顧客関係管理への投資を行い、営業担当者が顧客について十分な情報を持ち、効果的に販売するために十分な時間が必要だと考えていると、同氏は指摘する。</p>\n<p>Databookの顧客は、官民4万4000社のグローバルデータセットを活用している。このため、3つ目の資金活用分野として、欧州とアジア太平洋地域への事業拡大、営業およびマーケティングチームへの投資を行う。これは元アクセンチュアのPeter Zuyderduyn(ピーター・ザイダーダイン)氏を2021年に欧州地域のゼネラルマネージャーに任命したことを補完するものだ。</p>\n<p>今回の資金調達は、同社にさまざまな変化が起きている中で行われた。シリーズAラウンドから評価額は5.5倍になり、従業員数も2倍に増えた。さらに、同社は2021年を売上高350%増で終え、第4四半期は複数の7桁の取引成立を受けてこれまでで最も好調な四半期となった、とシャー氏は述べた。</p>\n<p>「これは、当社のビジネスと顧客基盤の急成長を直接証明するものです」と同氏は付け加えた。「当社の従業員の38%はこれまで過小評価されてきたコミュニティ出身者で、今後も採用を続けるなかで、多様性、公平性、包括性にいて高い水準を保つことを約束します」。</p>\n<p>従業員の増加は役員レベルにも及んでいる。元Google社員のNeil Smith(ニール・スミス)氏が最高技術責任者に、Tamar Shor(タマール・ショア)氏がTreasure Dataを経て製品担当上級副社長に、そして元SalesforceのBruno Fonzi(ブルーノ・フォンジ)氏がエンジニアリング担当副社長に就任した。</p>\n<p>一方、Databookはコンサルティング型セールスインテリジェンスのパイオニアであり「今、企業のB2Bセールスが優先している」この新しいカテゴリーのリーダーであり続けている、とシャー氏は話す。アカウントベースのテクノロジーやセールストレーニングに莫大な投資を行っているにもかかわらず、法人向けソフトウェアは依然として非効率で、収益の平均41%が営業とマーケティングのチームに費やされている。シャー氏は、Databookを使用する営業チームは、平均して3倍のパイプラインを達成し、2倍近くの案件を生み出し、サイクルタイムを1.5倍速くしていると推定している。</p>\n<p>「企業は将来に向けて、企業におけるデジタル販売の役割を見直す必要があります」と同氏は話した。「顧客価値と信頼を生み出すには、市場開拓チームのメンバー全員が、特定のビジネス成果を解決する完全なソリューションで買い手と売り手を調整することで、戦略的なコンサルタントとして機能する必要があります」。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/14/databook-sales-customer/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Christine Hall、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Databook.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471430,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471430,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 471430,
            "tagId": 681520535,
            "tag": {
              "id": 681520535,
              "slug": "salestech",
              "name": "Sales Tech / セールステック / 営業",
              "description": "Sales Tech / セールステック / 営業に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471430,
            "tagId": 692517325,
            "tag": {
              "id": 692517325,
              "slug": "databook",
              "name": "Databook(企業)",
              "description": "営業担当者が顧客の専門家になれるようなツールを、ボタンをクリックするだけという形で提供するAIを活用したコンサルティング型セールスインテリジェンス企業"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471273,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 471273,
        "slug": "2022-02-10-the-first-developer-preview-of-android-13-has-arrived",
        "createdAt": "2022-02-14T02:15:44.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-14T01:54:41.000Z",
        "title": "グーグル、最初のAndroid 13開発者プレビュー版をリリース",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"/2021/02/19/2021-02-18-google-launches-the-first-developer-preview-of-android-12/\" rel=\"noopener\">スケジュールどおり</a>、Googleは米国時間2月10日、Android 13の最初の開発者向けリリースを発表した。この超初期リリースは、開発者向けのものであり、OTAアップデートでは利用できず、一般的にユーザー向けの変更はあまり多くない。今回もそうだが、この初期リリースでもAndroidスマートフォンの使い方に影響を与えるいくつかの変更が行われている。</p>\n<p>Android 12と異なり、Googleは2回の開発者向けリリースを実施した後、2021年よりも1カ月早い4月にベータ版をリリースする予定だ。同社のロードマップによると、Android 12は10月初旬にリリースされたが、最終リリースは8月になる可能性がある。</p>\n<p>これらはすべて、大画面デバイス向けのAndroidリリースであるAndroid 12 Lもまだ開発中の間に行われているが、Googleはこれらの機能の一部(Chromebook上でのタブレット、フォルダブルアプリ、Androidアプリのサポートの改善が含まれる)をAndroid 13にも搭載する予定だという。</p>\n<div id=\"attachment_471275\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471275\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471275 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Untitled-10.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"234\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Untitled-10.png 1578w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-10.png?resize=300,68 300w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-10.png?resize=768,175 768w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-10.png?resize=1024,234 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-10.png?resize=1536,350 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-10.png?resize=400,91 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-10.png?resize=738,168 738w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-10.png?resize=640,146 640w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-10.png?resize=220,50 220w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-10.png?resize=281,64 281w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-10.png?resize=250,57 250w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-10.png?resize=125,29 125w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-10.png?resize=600,137 600w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-10.png?resize=50,11 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-471275\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>Android 13で最も目に付く変更点の1つは、Googleが「Material You」のダイナミックカラー機能をすべてのアプリアイコンに導入することだ。デフォルトでは、この機能はホーム画面の画像からヒントを得る。開発者は、この機能を動作させるために<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.android.com/about/versions/13/features#themed-app-icon-specs\" rel=\"noopener\">モノクロのアプリアイコン</a>を提供する必要があるが、多くの開発者は、テーマ付きとテーマなしのアイコンが混在する今の状況は見栄えが良いものではないため、提供が望まれている。現時点ではPixel端末でのみ利用可能だが、Googleはパートナーと協力してより多くのデバイスで利用できるようにするとしている。</p>\n<div id=\"attachment_471276\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471276\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471276 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"747\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png 1153w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=300,219 300w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=768,560 768w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=1024,747 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=548,400 548w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=400,292 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=738,538 738w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=494,360 494w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=380,278 380w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=220,160 220w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=141,102 141w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=236,172 236w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=171,125 171w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=125,91 125w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=82,60 82w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=757,552 757w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=503,367 503w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-14.png?resize=50,36 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-471276\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>これまでのリリースと同様、Googleはプライバシーとセキュリティを重視している。例えば、システム全体に適用される新しい写真とビデオのピッカーを使えば、ローカルデバイスやクラウド上の写真をアプリと共有することができる。すでにAndroidにはドキュメントピッカーが搭載されているが、写真と動画の専用ピッカーは搭載されていない。この機能を利用したい開発者は、新しいAPIを利用することで、アプリがデバイス上のすべてのメディアを表示する許可を求める必要がなくなる。</p>\n<div id=\"attachment_471277\" style=\"width: 295px\" class=\"wp-caption alignright\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471277\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471277\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Untitled-4.gif?w=142\" alt=\"\" width=\"285\" height=\"600\" /><p id=\"caption-attachment-471277\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>同様にGoogleは、アプリが<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.android.com/about/versions/13/features/nearby-wifi-devices-permission\" rel=\"noopener\">位置情報の許可を求めることなく</a>近くにあるWi-Fiデバイスのリストを簡単に求めることができるようにしている。これまで、この2つは相互に関連しており、位置情報の許可を求めないと近くのアクセスポイントの情報を得ることはできなかった。</p>\n<p>Googleは、このAndroid 13で「Project Mainline」を中心とした取り組みを続けている。Project MainlineはGoogle Playのシステムアップデートを通じて、Androidポイントのアップデートをベンダーがユーザーに提供するのを待たずに、同OSをより多くアップデートできるようにするプロジェクトとなる。「既存のモジュールをアップデートすることで、フォトピッカーやOpenJDK 11といった新機能を古いバージョンのAndroidユーザに直接プッシュできるようになりました。また、BluetoothやUltraワイドバンドモジュールといった新しいモジュールも追加し、Androidのアップデート可能なコア機能の範囲をさらに拡大しました」と今回の発表で説明されている。</p>\n<p>また、多言語話者向けに、Android 13では<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.android.com/about/versions/13/features/app-languages\" rel=\"noopener\">アプリごとに言語設定</a>ができるように、少なくともアプリがシステム言語とは異なる言語を選択できるようになる。そのためのAPIが用意され、GoogleのJetpackライブラリにも同様のAPIが用意される予定だ。</p>\n<p>Android 13では、Googleは開発者がQuick Settingタイルを提供していることを簡単に強調できるようにする。これまでにもアプリはカスタムのクイック設定を提供していたが、ユーザーが知らない限り見たことがないだろう。開発者は、この「Quick Settings」メニューにカスタムタイルを直接追加するようユーザーに促す新しいAPIを入手できるようになる。</p>\n<div id=\"attachment_471278\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471278\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471278 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"620\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png 1334w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?resize=300,182 300w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?resize=768,465 768w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?resize=1024,620 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?resize=660,400 660w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?resize=400,242 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?resize=738,447 738w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?resize=594,360 594w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?resize=220,133 220w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?resize=281,170 281w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?resize=206,125 206w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?resize=125,76 125w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?resize=99,60 99w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?resize=911,552 911w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?resize=600,363 600w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?resize=50,30 50w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-11.png?resize=216,130 216w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-471278\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>その他の新機能として、<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.android.com/reference/android/graphics/RuntimeShader\" rel=\"noopener\">プログラマブルシェーダ</a>のOpenJDK 11 LTSリリースに合わせたAndroidコアライブラリの更新、ハイプされた高速ハイフネーションなどがある。「Android 13ではハイフネーションのパフォーマンスが200%も最適化されているため、レンダリングのパフォーマンスにほとんど影響を与えることなくTextViewsでハイフネーションを有効にできます」とGoogleは説明する。</p>\n<div id=\"attachment_471279\" style=\"width: 260px\" class=\"wp-caption alignleft\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471279\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471279\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?w=300\" alt=\"\" width=\"250\" height=\"250\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png 512w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?resize=150,150 150w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?resize=300,300 300w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?resize=400,400 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?resize=360,360 360w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?resize=380,380 380w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?resize=220,220 220w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?resize=172,172 172w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?resize=125,125 125w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?resize=60,60 60w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?resize=367,367 367w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?resize=32,32 32w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?resize=50,50 50w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?resize=64,64 64w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?resize=96,96 96w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?resize=128,128 128w, /wp-content/uploads/2022/02/Untitled-15.png?resize=80,80 80w\" sizes=\"(max-width: 250px) 100vw, 250px\" /><p id=\"caption-attachment-471279\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>Android 13におけるオプトインの変更の多くについて、Googleは今回も、デベロッパーオプションや<a target=\"_blank\" href=\"https://developer.android.com/studio/command-line/adb\" rel=\"noopener\">adb(Android Debug Bridge)</a>からオン / オフを切り替えるトグルのリストを提供し、容易にテストできるようにしている。</p>\n<p>いつものように、これらの初期リリースはダウンロードでしか入手できないので、それらを試す場合はシステムイメージをスマートフォンにフラッシュする必要がある(その後、OTAアップデートが提供される)。今回のリリースでGoogleは、Pixel 6 Pro、Pixel 6、Pixel 5 a 5G、Pixel 5、Pixel 4a(5G)、Pixel 4a、Pixel 4 XL、Pixel 4をサポートしている(Pixel 3オーナーのみなさん、すいません)。また、Android StudioのAndroidエミュレーター用のシステムイメージと、それをテストしたいベンダー向けの<a target=\"_blank\" href=\"https://source.android.com/setup/build/gsi\" rel=\"noopener\">ジェネリックシステムイメージ</a>(つまり、ピュアなAndroid)も用意される。</p>\n<p><small>画像クレジット:BigPappa / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/10/the-first-developer-preview-of-android-13-has-arrived/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:Katsuyuki Yasui)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/GettyImages-182672544.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471273,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471273,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 471273,
            "tagId": 641922,
            "tag": {
              "id": 641922,
              "slug": "android",
              "name": "Android(製品・サービス)",
              "description": "Androidは、主にスマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーンモバイル機器向けに設計されたオペレーティングシステム。Googleが開発、提供する。"
            }
          },
          {
            "postId": 471273,
            "tagId": 692517301,
            "tag": {
              "id": 692517301,
              "slug": "android-13",
              "name": "Android 13(製品・サービス)",
              "description": "Android 13に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471159,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 471159,
        "slug": "2022-02-11-redroute-wants-answering-customer-service-calls-to-be-as-easy-as-using-alexa",
        "createdAt": "2022-02-13T01:15:12.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-13T00:50:42.000Z",
        "title": "カスタマーサービスの電話応対をAlexaを使うようにするRedRouteが約7.5億円調達",
        "content": "<div id=\"attachment_471160\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471160\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471160 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"575\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg 1390w, /wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?resize=1024,575 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?resize=712,400 712w, /wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?resize=982,552 982w, /wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?resize=600,337 600w, /wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-471160\" class=\"wp-caption-text\">RedRouteの創業者。左からCROのサム・クルット氏、CEOのブライアン・シフ氏、CTOのジェイコブ・クーパー氏(画像クレジット:RedRoute)</p></div>\n<p>音声によるカスタマーサービス体験と会話型人工知能のスタートアップである<a target=\"_blank\" href=\"https://redroute.com/\" rel=\"noopener\">RedRoute(レッドルート)</a>は、訪れる<a target=\"_blank\" href=\"https://www.speechtechmag.com/Articles/ReadArticle.aspx?ArticleID=131809\" rel=\"noopener\">3500億ドル(約40兆円)規模のカスタマーサービス自動化分野</a>を狙っている。</p>\n<p>Brian Schiff(ブライアン・シフ)氏、Sam Krut(サム・クルット)氏、Jacob Cooper(ジェイコブ・クーパー)氏が2015年に同社を設立したとき、彼らはまだコーネル大学の学部生で、当初は大手交通会社が営業していない大学キャンパス内での乗り物を探すための、Uberのようなソーシャルな交通用アプリであったという。</p>\n<p>シフ氏はTechCrunchに、多くのタクシー会社と仕事をする中で、ビジネスの多くが電話でタクシーサービスに入ってきており、リクエストが多すぎて電話担当者が足りなくなっていることに気づいたと語っている。そこで、カスタマーサービスやコンタクトセンターのバックエンドチャネルを改善する機会があることに気づいたのだ。</p>\n<p>多くの人がAmazon(アマゾン)のAlexaやGoogle Home、音声操作のテレビを家に備え付けるようになり、音声技術の現代の世界を見て、3人は2017年に事業を変更し、カスタマーサービスの世界でも同様の体験を実現することにしたのだ。</p>\n<div id=\"attachment_471161\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471161\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471161 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"380\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png 2294w, /wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?resize=300,111 300w, /wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?resize=768,285 768w, /wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?resize=1024,380 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?resize=1536,570 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?resize=2048,761 2048w, /wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?resize=1077,400 1077w, /wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?resize=400,149 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?resize=738,274 738w, /wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?resize=640,238 640w, /wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?resize=220,82 220w, /wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?resize=281,104 281w, /wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?resize=250,93 250w, /wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?resize=125,46 125w, /wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?resize=1486,552 1486w, /wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?resize=600,223 600w, /wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-8.33.51-AM.png?resize=50,19 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-471161\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:RedRoute</p></div>\n<p>その仕組みはこうだ。カスタマーサービスに電話をかけると、音声操作の「Alexaのような体験」で挨拶をしてくれるのを想像してみて欲しい。そこで電話をかけてきた人とやり取りをし、簡単な要望を解決する手助けをしてくれる、とシフ氏は説明してくれた。</p>\n<p>シフ氏によると、RedRouteのセットアップは30分程度で完了し、顧客は初期費用ゼロでソフトウェアを試すことができる。リスクフリーでパフォーマンスベースの価格設定は業界初だという。同氏は、RedRouteのAIは、平均して50%のリクエストを完全にこの製品で処理できると見積もっている。残りの50%の複雑な電話については、RedRouteが情報を取得し、それらの電話対に費やせる時間が増えたエージェントに繋いでくれる。</p>\n<p>彼らは1年間製品に取り組み、2018年初めに市場に参入し、運送業の顧客と連携している。2020年にパンデミックが発生すると、RedRouteはコンタクトセンターの領域にさらに進出し、現在ではBrooklinen(ブルックリネン)、UNTUCKit(アンタックイット)、Pair Eyewear(ペアアイウェア)、GNCなどの顧客と連携している。</p>\n<p>「eコマースに進出するタイミングでした。パイロットで成功した最初の顧客と一緒に入り、規模を拡大し始めました。そして、その努力を倍加させるために、資金調達に踏み切ったのです」とシフ氏は語った。</p>\n<p>彼のいう資金調達ラウンドとは、Scoop Venture Capital(スクープ・ベンチャー・キャピタル)とBullpen Capital(ブルペン・キャピタル)が主導し、エンジェル投資家のグループも参加した650万ドル(約7億5300万円)のシード資金調達のことだ。RedRouteは以前、200万ドル(約2億3100万円)のプレシードラウンドを調達している。</p>\n<p>シフ氏は、この新しい資金を、全面的な事業の成長、製品開発、主要なリーダーシップに使う予定だ。</p>\n<p>RedRouteの競合他社と比較すると、初期費用ゼロなのと、顧客とインテリジェントに関わり、会話をし、自身で要求を完了するコールオートメーション技術を提供することによって、自社が差別化されると彼は見ている。また、同社は小規模なコンタクトセンターもターゲットにしており、そこではコールオートメーション技術の採用がまったくと言っていいほど進んでいないとシフ氏はいう。</p>\n<p>「これらの企業は、既存の技術スタックにあらかじめ統合され、エンジニアリングや大規模な先行投資を必要としない既製品を購入しようとしています。私たちは、初期費用なしで、30日間無料で、30分ほどで起動し、初日から結果を見ることができるようなソリューションを提供しています」と彼は付け加えた。</p>\n<p>一方、RedRouteは現在100社の顧客を抱え、第4四半期には売上が10倍となり、3倍の成長を遂げている。第4四半期には売上が10倍になり、3倍になった。eコマースの方は「すごい勢いで伸びている」といい、運送の方も「回復している」と付け加えた。</p>\n<p>シフ氏は「我々は、製品と市場の適合性が確立された位置にいると感じています。我々は大きな月に強力な牽引力を発揮し、その成長のさせ方を理解しており、今がその規模を拡大するチャンスです。これが、私たちが毎日考え、取り組んでいることなのです」と語った。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/11/redroute-wants-answering-customer-service-calls-to-be-as-easy-as-using-alexa/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Christine Hall、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/team-pic.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471159,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471159,
            "tagId": 361908455,
            "tag": {
              "id": 361908455,
              "slug": "call-center",
              "name": "コールセンター(用語)",
              "description": "コールセンターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471159,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 471159,
            "tagId": 366272372,
            "tag": {
              "id": 366272372,
              "slug": "customer-service",
              "name": "カスタマーサービス / カスタマーサポート(用語)",
              "description": "カスタマーサービスに関連する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 471159,
            "tagId": 366274193,
            "tag": {
              "id": 366274193,
              "slug": "automation",
              "name": "オートメーション / 自動化(用語)",
              "description": "オートメーション / 自動化に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471159,
            "tagId": 366276419,
            "tag": {
              "id": 366276419,
              "slug": "voice-assistant",
              "name": "音声アシスタント / Voice Assistant(用語)",
              "description": "ユーザーが話す内容を音声認識技術や自然言語処理などで理解し、要求や指示に対して回答や処理を行うサービスや機能。"
            }
          },
          {
            "postId": 471159,
            "tagId": 692517297,
            "tag": {
              "id": 692517297,
              "slug": "redroute",
              "name": "RedRoute(企業)",
              "description": "カスタマーサービスの電話応対をAlexaを使うようにすることを目指す、音声によるカスタマーサービス体験と会話型人工知能のスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471201,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 471201,
        "slug": "2022-02-10-apple-to-address-airtag-stalking-problem-with-upcoming-features",
        "createdAt": "2022-02-13T01:00:41.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-13T23:50:43.000Z",
        "title": "アップル、AirTagを悪用したストーカー問題に次期アップデートで対応",
        "content": "<p>Apple(アップル)は米国2月10日、AirTagアクセサリが個人または人の所有物を密かに、あるいは同意なしにストーキングするために使用されているという問題に対処すべく、AirTagおよびFind Myネットワークに関する一連の今後のアップデートを発表した。2021年春のAirTagリリース後、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theguardian.com/technology/2022/jan/20/apple-airtags-stalking-complaints-technology\" rel=\"noopener\">多くのメディア報道</a>や地元警察からの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nbcnews.com/news/apple-airtag-showing-up-crimes-rcna9416\" rel=\"noopener\">最新情報で</a>、AirTagが人や貴重品(例えば泥棒が盗むつもりのクルマ)などの不要な追跡に使用されている事例が警告された。その結果、消費者のプライバシーを重視する企業として自らを位置づけていたAppleにとって、PR上の悪夢が広がることになった。</p>\n<p>Appleは米国時間2月10日、AirTagの仕組みを変更する計画で消費者、安全の専門家、法執行機関からのフィードバックに応えた。</p>\n<p>同社は、AirTagsとFind My(探す)ネットワークの両方で、一連のアップデートを間もなく実施すると発表した。まず、新しいプライバシー警告、アラート、文書の提示から始める。また、新しい精密な発見ツールやAirTagのアラートと音の調整など、他の機能の導入についても今後のリリースに向けて「調査中」だ。</p>\n<p>まず、Appleのデバイスは、今後のソフトウェアアップデートにより、AirTagの設定プロセスにおいて、新しいプライバシーに関する警告を表示するようになる。この警告は、本来の目的である持ち物の追跡以外の用途でのAirTag使用を抑止することを目的としている。この警告は、同意なしに人を追跡することは犯罪であり、警察当局はAirTagの所有者の識別情報を要求できることをユーザーに知らせる。</p>\n<div id=\"attachment_471203\" style=\"width: 260px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471203\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471203\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Apple2.png?w=531\" alt=\"\" width=\"250\" height=\"482\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Apple2.png 768w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple2.png?resize=156,300 156w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple2.png?resize=531,1024 531w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple2.png?resize=207,400 207w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple2.png?resize=400,771 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple2.png?resize=738,1423 738w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple2.png?resize=187,360 187w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple2.png?resize=114,220 114w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple2.png?resize=89,172 89w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple2.png?resize=65,125 65w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple2.png?resize=31,60 31w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple2.png?resize=286,552 286w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple2.png?resize=190,367 190w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple2.png?resize=26,50 26w\" sizes=\"(max-width: 250px) 100vw, 250px\" /><p id=\"caption-attachment-471203\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Apple</p></div>\n<p>Appleはまた、受け取ったすべてのAirTag関連の要請について<a target=\"_blank\" href=\"https://www.apple.com/legal/privacy/law-enforcement-guidelines-us.pdf\" rel=\"noopener\">法執行機関</a>と積極的に協業していると述べ、召喚状やその他の有効な法執行機関の要請に応えて、アカウントの詳細を提供することができると指摘した。これが可能なのは、すべてのAirTagがApple IDに関連付けられた固有のシリアル番号を持っているためだ。同社は、この情報を提供することで、多くの場合、警察当局はAirTagの所有者を突き止めることができ、そうした所有者は捕まり、起訴されている、と述べた。しかしAppleは何件のケースに関与したのかについては言及を避けた。</p>\n<p>さらにAppleは、ストーカー被害に遭っているのではないかという人々の不安を和らげるために、紛らわしい警告の1つを変更する予定だ。同社はユーザーから、見知らぬAirTagが自分を追跡していると思わせた「持ち主不明のアクセサリが検出された」というアラートをどのように受け取ったか、話を聞いた。しかし、Appleはこのアラートが近くにある持ち主不明のAirTagには表示されず、AirPods(第3世代)、AirPods Pro、AirPods Maxまたはサードパーティ製のFind Myネットワークアクセサリのみであることを確認した。Appleは今後、このアラートを更新し「持ち主不明のアクセサリ」ではなく「AirPods」がユーザーと一緒に移動していることを示すようにする。</p>\n<div id=\"attachment_471204\" style=\"width: 260px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471204\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471204\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Apple3.png?w=156\" alt=\"\" width=\"250\" height=\"482\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Apple3.png 768w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple3.png?resize=156,300 156w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple3.png?resize=531,1024 531w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple3.png?resize=207,400 207w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple3.png?resize=400,771 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple3.png?resize=738,1423 738w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple3.png?resize=187,360 187w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple3.png?resize=114,220 114w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple3.png?resize=89,172 89w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple3.png?resize=65,125 65w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple3.png?resize=31,60 31w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple3.png?resize=286,552 286w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple3.png?resize=190,367 190w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple3.png?resize=26,50 26w\" sizes=\"(max-width: 250px) 100vw, 250px\" /><p id=\"caption-attachment-471204\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Apple</p></div>\n<p>Appleはまた、不要な追跡に関するサポート<a target=\"_blank\" href=\"https://support.apple.com/en-us/HT212227\" rel=\"noopener\">ドキュメント</a>を更新し、Find Myアクセサリとその追跡アラートに関するより詳しい情報を掲載する予定だ。アラートの具体例を示す画像が提供され、ドキュメントでは、ストーカー行為の被害者になった場合にどうすればよいか、さらなる説明が示される。</p>\n<p>しかし、AirTagとFind Myの大きな変更はまだ取り組んでいる最中だ。</p>\n<p>その中には、アラートを受信した後、近くにいる持ち主不明のAirTagの位置を特定することができる新しい精密検索機能が含まれている。AirTagを使ったストーカー被害では、AirTagが一緒に移動しているという警告を受けたとき、検索しても見つからないという<a target=\"_blank\" href=\"https://www.insideedition.com/atlanta-woman-cant-find-apple-airtag-on-her-car-thats-tracking-her-every-move-72629\" rel=\"noopener\">苦情が多く寄せられた。</a>そのため、被害者はAirTagがまだ近くにあるのかどうかわからず、無防備な状態だと感じた。</p>\n<div id=\"attachment_471205\" style=\"width: 310px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471205\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471205\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Apple4.png?w=210\" alt=\"\" width=\"300\" height=\"429\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Apple4.png 1075w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple4.png?resize=210,300 210w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple4.png?resize=768,1097 768w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple4.png?resize=717,1024 717w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple4.png?resize=280,400 280w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple4.png?resize=400,572 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple4.png?resize=738,1054 738w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple4.png?resize=252,360 252w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple4.png?resize=154,220 154w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple4.png?resize=120,172 120w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple4.png?resize=87,125 87w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple4.png?resize=42,60 42w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple4.png?resize=386,552 386w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple4.png?resize=257,367 257w, /wp-content/uploads/2022/02/Apple4.png?resize=35,50 35w\" sizes=\"(max-width: 300px) 100vw, 300px\" /><p id=\"caption-attachment-471205\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Apple</p></div>\n<p>iPhone 11、iPhone 12、iPhone 13のユーザーは、精密検索機能を活用することで、自分のAirTagデバイスと同じように、持ち主不明のAirTagが範囲内にあるときに、方向と距離の両方を確認することができるようになる。この機能は、カメラ、ARKit、加速度計、ジャイロスコープからのインプットを使って、音、触覚、視覚フィードバックとともにAirTagに誘導する。</p>\n<p>AirTagストーカー事例から出てきた別の不満は、ストーキング目的で持ち主不明のAirTagが仕組まれてから、被害者のデバイスが実際に警告を出すまでにどれだけの遅延があるかということだ。ソフトウェアによって警告される前に、AirTagは何時間も街中を一緒に移動していたと<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nytimes.com/2021/12/30/technology/apple-airtags-tracking-stalking.html\" rel=\"noopener\">指摘した</a>人もいた。</p>\n<p>Appleは、持ち主不明のAirTagやFind Myネットワークアクセサリ(<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/05/2022-01-04-chipolo-takes-on-tile-with-a-new-lost-wallet-tracker-that-works-with-apples-find-my/\" rel=\"noopener\">Chipolo</a>などのAirTag代替品を含む)が一緒に移動している可能性があることを「より早くユーザーに通知する」ように警告ロジックを更新する予定だと述べた。しかし、同社は、ユーザーがこれらの警告をどの程度早く受け取れるかについては示さなかった。</p>\n<p>Appleはまた、警告の仕組みを後で調整する予定だ。持ち主不明のAirTagが検出された場合、iPhone、iPad、iPod touchにビジュアルアラートを表示し、同時にサウンドを出すようにする。このアラートは、精密検索ツールを使ってAirTagの位置を特定するためのさらなる支援にユーザーを誘導するか、または、AirTagから音が出るようにする予定だ。この機能は、アラートが聞き取りにくいところにAirTagがある場合に役立つ。また、ストーカー事例で問題となっている、AirTagのスピーカーに細工が施された場合にも、発見ツールが役立つ。実際、スピーカーが無効化された<a target=\"_blank\" href=\"https://uk.pcmag.com/mobile-phone-accessories/138509/silent-airtags-with-speakers-removed-pop-up-on-etsy-ebay\" rel=\"noopener\">AirTagがeBayやEtsyで売られているのがここ数週間で発見されてもいる</a>。</p>\n<p>Appleは、持ち主不明のAirTagをより簡単に見つけられるよう、トーンシーケンスを調整してより大きなトーンを使用すると述べた。</p>\n<p>このニュースを発表するにあたり、Appleはテクノロジーを使ってストーカー行為をすることは社会問題であり、そしてAirTagsは良い方向にも使われている、という主張を展開した。この件は、他のデバイスメーカーもAppleに続いて自社の製品にこのような積極的な機能を追加するよう働きかけた。例えば、AirTagのライバルであるTileは、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/13/2021-10-12-tile-unveils-its-new-product-lineup-including-its-upcoming-apple-airtag-rival-tile-ultra/\" rel=\"noopener\">安全機能に取り組んでいる</a>と述べたが、まだ提供していない。同社は最近、家族追跡・コミュニケーションアプリのLife360に<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/24/2021-11-22-family-locator-service-life360-to-acquire-tile-for-205-million/\" rel=\"noopener\">買収された</a>。</p>\n<p>National Network to End Domestic Violence(ドメスティック・バイオレンス撲滅全国ネットワーク)やNational Center for Victims of Crime(全米犯罪被害者センター)など安全問題に取り組む団体は、Appleの取り組みを称賛した。National Network to End Domestic Violenceは、ディレクターのErica Olsen(エリカ・オルセン)氏を通じて「Appleが被害者の安全についての会話に関与している」ことを喜び、同社が「セーフガードの改善を続けている」と述べた。National Center for Victims of Crimeは、エグゼクティブディレクターのRenee Williams(レニー・ウィリアムズ)氏を通じて、もう少し冷静な声明を発表した。</p>\n<p>「これらの不要な追跡の警告が私たちに示していることは、Appleのシステムが動作しているということです。同時に、この問題を啓発しています」とウィリアムズ氏は述べた。「テクノロジーによる虐待、ストーカー行為、または嫌がらせを経験している場合、我々は、法執行機関に加えて、被害者のためのリソースになることができます」と同氏は付け加えた。</p>\n<p>望まない追跡の問題に対処するために、Appleがこの分野の他の企業よりもはるかに多くのことを行っているというのは正しいかもしれないが、より高い基準が要求されるのも事実だ。同社はより徹底した製品開発に投資する資金とリソースを持っているだけでなく、アプリの<a target=\"_blank\" href=\"https://support.apple.com/en-us/HT212025\" rel=\"noopener\">アンチトラッキング機能</a>のような最近の発表も含め、消費者のプライバシーに配慮する企業として自社を位置づけてきた。</p>\n<p>AirTagがどのように悪用されるかを考慮する先見性をAppleがなぜ持たなかったのかは不明だ。そして、多くの女性を雇用することにテック業界が苦戦していることが、ここで問題になった可能性があるのではという疑問が生じる。ストーカー被害者の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.stalkingawareness.org/wp-content/uploads/2019/01/SPARC_StalkngFactSheet_2018_FINAL.pdf\" rel=\"noopener\">大半を占める</a>女性は、AirTagの機能に関する問題を容易に認識できたかもしれない。</p>\n<p>Appleにコメントを求めたところ、アップデートがいつ実施されるのか、どのソフトウェアのバージョンにこの変更が含まれるのか、同社は言及を避けたが、これは新機能で保護されるかどうか、いつ保護されるのかを知りたい消費者にとっては有益な情報だろう。</p>\n<p><small>画像クレジット:Apple</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/10/apple-to-address-airtag-stalking-problem-with-upcoming-features/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Apple.png",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471201,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471201,
            "tagId": 366272222,
            "tag": {
              "id": 366272222,
              "slug": "privacy",
              "name": "プライバシー(用語)",
              "description": "プライバシーに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471201,
            "tagId": 366273903,
            "tag": {
              "id": 366273903,
              "slug": "apple",
              "name": "Apple / アップル(企業)",
              "description": "Apple(アップル)は、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 471201,
            "tagId": 674897850,
            "tag": {
              "id": 674897850,
              "slug": "tracker",
              "name": "トラッカー / スマートタグ(用語)",
              "description": "トラッカーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471201,
            "tagId": 692507314,
            "tag": {
              "id": 692507314,
              "slug": "airtag",
              "name": "AirTag(製品・サービス)",
              "description": "Appleデバイス所有者が同社の「Find My」アプリを通じて紛失したものを見つけられるようにするロケーション追跡ビーコン。"
            }
          },
          {
            "postId": 471201,
            "tagId": 692515205,
            "tag": {
              "id": 692515205,
              "slug": "security",
              "name": "セキュリティ(用語)",
              "description": "セキュリティに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471201,
            "tagId": 692517006,
            "tag": {
              "id": 692517006,
              "slug": "stalker",
              "name": "ストーカー / ストーキング(用語)",
              "description": "ストーカー / ストーキングに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471210,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 471210,
        "slug": "2022-02-10-tinder-introduces-a-way-for-members-to-go-on-virtual-blind-dates",
        "createdAt": "2022-02-13T00:45:53.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-13T00:17:56.000Z",
        "title": "Tinderも写真やプロフィールを見る前に会話をするバーチャルのブラインドデートを導入",
        "content": "<p>米国時間2月10日、Tinderは新たなアプリ内機能で「ブラインドデート」を復活する。ただし今回は、2人の会員を一緒にブラインドデートに送り出すのではなく、お互いをソーシャルなチャットで紹介しあい、相手のプロフィールを見る前に対話とチャットができる。この機能は、写真ではなくお互いの人柄や会話に基づいて第一印象を得ることを狙っている。</p>\n<p>Tinderの親会社であるMatch Groupは先に行われた決算報告でこの機能を追加する計画をちらつかせ、まだ新しい「Explore」セクションで新しい体験を試すことができ、ユーザーのエンゲージを継続できるようになったと述べた。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/09/tinder-adds-a-new-home-for-interactive-social-features-with-launch-of-tinder-explore/\" rel=\"noopener\">2021年9月に導入した</a>Exploreは今では、Tinderのさまざまな対話的機能のホームであり、ビデオシリーズの<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/12/2021-08-11-tinders-interactive-swipe-night-stories-return-after-a-20-million-user-turnout/\" rel=\"noopener\">「スワイプナイト」</a>の他、互いの関心事項でマッチを見つけたり、マッチングの前に気軽なチャットを始めるなどの機能もある。後者をTinderは「ファストチャット」と呼んでおり、それがブラインドデート機能のベースでもある。</p>\n<p>ブラインドデートを利用するためには、会員はまず、少々の肩慣らしの質問に答えてから、共通性に基づいて誰かとペアになる。2人は時間制限があるチャットを開始するが、相手の詳細はわからず、選択式の質問に答えるだけだ。軽い質問ばかりで、中には馬鹿らしいのもある。</p>\n<p>・シャツを洗わずに__回着られます。<br />\n・ケチャップは___にもかけます。</p>\n<p>時間が来たら、互いのプロフィールを見ることができる。そして気に入ったら、もっと相手のことを知ることができる。</p>\n<p>Tinderによると、この新たな体験は、本物性を重視するZ世代のデート文化を反映している。同社によると、ブラインドデートのテストは大成功で、同じファストチャットを使った機能でも、最初からプロフィールを見られるものと比べてマッチの成立率が40%高かった。そこでTinderは今回、展開に踏み切ったのだ。</p>\n<p>もちろん、Tinderのようなデートアプリの最大手が、写真に頼らない紹介方法を導入したのはちょっと皮肉だ。Tinderをはじめ、今のデートアプリはデートを表層的な環境に変えてしまったと批判されている。そこでは人間に関する決定が、写真の魅力だけに基づいて<a target=\"_blank\" href=\"https://neurosciencenews.com/dating-apps-superficial-psychology-17980/\" rel=\"noopener\">1秒にも満たない時間で行われてしまう</a>。そのため近年は新種のデートアプリが勃興し「反表層的」で真実性があると謳っている。そんなアプリは、ルックスよりも人柄を重視して、写真を隠したり、音声チャットで互いを結びつけたりしている。<a target=\"_blank\" href=\"/2021/01/28/2021-01-26-smore-seed-funding/\" rel=\"noopener\">S&#8217;More</a>や<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/07/swoonme-uses-avatars-and-audio-for-its-less-superficial-dating-app/\" rel=\"noopener\">SwoonMe</a>、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/02/16/2021-02-15-jigsaw-scores-3-7m-to-slow-down-your-dating-swipes/\" rel=\"noopener\">Jigsaw</a><a target=\"_blank\" href=\"https://mashable.com/article/best-dating-app-alternatives-to-tinder\" rel=\"noopener\">など</a>が、そのようなアプリの例だ。</p>\n<p>しかしTinderは、本物的で人間的な出会いのためにわざわざまったく新しいアプリを作らなくても、自分たちが提供するブラインドデートで十分だと信じているのだ。</p>\n<p>Tinderのプロダクトイノベーション担当副社長Kyle Miller(カイル・ミラー)氏は、Fast Chat:Blind Date(ファストチャット:ブラインドデート)の立ち上げの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tinderpressroom.com/2022-02-10-Tinder-Brings-Back-The-Blind-Date-With-New-In-App-Experience\" rel=\"noopener\">発表</a>で次のように述べている。「写真で先入観を作らずに、会話で人柄を紹介することには、何か本当に特別の感覚があります。Tinderのブラインドデートは、意外なほど楽しくて、冗談なども言い合えるような、対話と結びつきを作れるTinderにとってもまったく新しい機能だ」。</p>\n<p>英語圏では、今日からExploreの中でブラインドデートが展開される。グローバルな展開は数週間後だ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Tinder</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/10/tinder-introduces-a-way-for-members-to-go-on-virtual-blind-dates/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Sarah Perez、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/tin.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471210,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471210,
            "tagId": 7434380,
            "tag": {
              "id": 7434380,
              "slug": "tinder",
              "name": "Tinder(企業・サービス)",
              "description": "位置情報を使った出会い系サービスを提供するマッチング、デートアプリ。"
            }
          },
          {
            "postId": 471210,
            "tagId": 364242529,
            "tag": {
              "id": 364242529,
              "slug": "match-group",
              "name": "Match Group(企業)",
              "description": "TinderやHingeといった出会い系アプリなどを所有する米国のテック企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 471210,
            "tagId": 366279644,
            "tag": {
              "id": 366279644,
              "slug": "generation-z",
              "name": "Z世代(用語)",
              "description": "1990年代中盤(または2000年代序盤)以降に生まれた世代のこと。生まれた時にはインターネットが利用可能で、真のデジタルネイティブ世代として最初の世代となる。"
            }
          },
          {
            "postId": 471210,
            "tagId": 366279875,
            "tag": {
              "id": 366279875,
              "slug": "dating-app",
              "name": "マッチングアプリ / デートアプリ(用語)",
              "description": "マッチングアプリ、デーティングアプリに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471063,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 471063,
        "slug": "2022-02-09-china-born-audio-networking-app-tiya-sets-up-singapore-headquarters",
        "createdAt": "2022-02-11T01:00:57.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-11T00:49:22.000Z",
        "title": "中国生まれの音声ネットワーキングアプリ「Tiya」、国際的な事業展開を進めるべくシンガポールに本社を設立",
        "content": "<p>TikTok(ティックトック)は、おそらく中国から生まれた最も成功したアプリであり、国際市場への印象的な進出を果たしている。しかし、中国で開発されたより小規模なエンターテインメントアプリにも、海外で事業を展開しているものが数多くある。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/us/app/tiya-online-voice-chat-room/id1470581257\" rel=\"noopener\">Tiya</a>(ティヤ)もその1つだ。中国のポッドキャスティングプラットフォームであるLizhi(リーチ)から生まれたこのアプリは、音声ベースのリアルタイムなネットワーク体験を提供する。その名前に聞き覚えがあるかもしれない。そう、TiyaはよくClubhouse(クラブハウス)と比較されているのだ。そして、そのClubhouseが2021年流行したおかげで、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/technology/lizhi-shares-soar-citron-expects-stock-nearly-triple-2021-03-16/\" rel=\"noopener\">2021年春に</a>Lizhiの株価は急上昇した。</p>\n<p>しかし、Tiyaの背後にあるアイデアは、Clubhouseの隆盛(と没落)よりも先行していた。2019年にローンチしたこのアプリは、Clubhouseとはかなり違った人々を魅了しており、その多くは一緒にゲームをしながらチャットをするために利用している。2013年に設立された親会社のLizhiは、早くから音声コンテンツに<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/08/28/lizhi-podcast-profile/\" rel=\"noopener\">インタラクティブな機能を取り入れ</a>、リスナーがクリエイターにメッセージを送ったり、バーチャルギフトを購入したりできるようにした。バーチャルアイテムを販売するというビジネスモデルは、すぐに<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/08/28/lizhi-podcast-profile/\" rel=\"noopener\">収益の柱となった</a>。</p>\n<p>Tiyaはこの3年間、デビューした米国で着実に人気を博してきたが、さらに海外展開を進めようとしている。同社は現地時間2月7日、シンガポールの中央ビジネス地区に、Yahoo(ヤフー)やGoldman Sachs(ゴールドマン・サックス)などの大手企業と並び、1万平方フィート(約930平方メートル)の本社を設立したことを発表した。</p>\n<p>このオフィスの開設にともない、早ければ2022年の第1四半期にはシンガポールで同アプリのダウンロードが可能になる予定だ。Tiyaは全世界で約2000万件のダウンロードを記録しているものの、そのうちアクティブユーザーがどれほどいるかは明らかにされていない。</p>\n<p>中国のテック企業が、国際的な事業展開を進める中で、海外に拠点を置くことは自然な流れだ。例えば、TikTokは世界的に普及が進むにつれて、中国国外での運営体制を大幅に強化し始めた。TikTokは、ユーザーのデータをシンガポールに保存しているというが、これは西側の規制当局がデータセキュリティへの懸念を強めているためだ。<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/21/2021-12-20-the-long-haul-of-microsofts-china-localization/\" rel=\"noopener\">中国の新しいデータセキュリティ法</a>では、企業が海外にデータを移動する方法についても規制を厳しくしているため、企業にとっては国内外のデータを分離することが得策となる。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/21/2021-12-20-the-long-haul-of-microsofts-china-localization/\" rel=\"noopener\">長きにわたるマイクロソフトの中国ローカライズの結果</a></p>\n<p>Tiyaのシンガポール本社には、ビッグデータ、人事、ユーザーリサーチ、管理、運営などの機能を担当する部署が置かれ「技術プラットフォームと製品開発計画」を支援するチームになると、同社は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nasdaq.com/press-release/real-time-social-networking-company-tiya-establishes-global-headquarters-in-singapore\" rel=\"noopener\">今回の発表で</a>述べている。同社は、2022年末までにこの都市国家で「完全に運用可能なチーム」を持つことを目指しており「最新バージョンのアプリを世界各地で順次展開する」計画を立てているという。採用活動の一環としては、南洋理工大学とパートナーシップを結び、新卒者を募集する。</p>\n<p>Tiyaの会長であり、Lizhiの創業者でもあるMarco Laii(マルコ・ライ)氏は「Tiyaをシンガポールに導入し、世界に通用する才能を持った現地のチームと協力することで、我々はこの地域でより大きな成功を収めることができると確信しています」と語っている。</p>\n<p><small>画像クレジット:The Tiya app. Photo:App Store</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/09/china-born-audio-networking-app-tiya-sets-up-singapore-headquarters/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Rita Liao、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Screen-Shot-2022-02-09-at-5.15.01-PM.png",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471063,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471063,
            "tagId": 315,
            "tag": {
              "id": 315,
              "slug": "office",
              "name": "オフィス / 事務所(用語)",
              "description": "オフィス / 事務所に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471063,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471063,
            "tagId": 364665489,
            "tag": {
              "id": 364665489,
              "slug": "china",
              "name": "中国(国・地域)",
              "description": "中国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471063,
            "tagId": 366270944,
            "tag": {
              "id": 366270944,
              "slug": "singapore",
              "name": "シンガポール(国・地域)",
              "description": "シンガポールに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471063,
            "tagId": 692512099,
            "tag": {
              "id": 692512099,
              "slug": "audio-social-network",
              "name": "音声ソーシャルネットワーク / オーディオソーシャルネットワーク(用語)",
              "description": "音声ソーシャルネットワーク / オーディオソーシャルネットワークに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471063,
            "tagId": 692517282,
            "tag": {
              "id": 692517282,
              "slug": "tiya",
              "name": "Tiya(企業・サービス)",
              "description": "ゲームをしながら音声ベースのリアルタイムの音声チャットなどができるサービス、それを提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470736,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 470736,
        "slug": "2022-02-08-endgame-grabs-another-cash-infusion-as-product-led-growth-momentum-builds",
        "createdAt": "2022-02-10T01:15:51.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-10T01:01:47.000Z",
        "title": "製品主導の成長機運が高まる中、製品の使用状況と販売機会を結びつけるEndgameが再び資金注入を受ける",
        "content": "<p>「製品主導の販売と成長」は2021年の大きなバズワードであり、スタートアップ企業はそのアプローチを発展させるために新たな資本を調達し続けている。</p>\n<p>例えば<a target=\"_blank\" href=\"https://www.endgame.io/\" rel=\"noopener\">Endgame(エンドゲーム)</a>は、米国時間2月8日にシリーズBで3000万ドル(約34億6200万円)の資金調達を完了したと発表した。同社は自らを「世界初の製品主導型セールスプラットフォーム」と称し、ソフトウェア会社が顧客観察を市場参入戦略に転換することを可能にしている。</p>\n<p>Endgameの製品は、基本的に製品の使用状況と販売機会を結びつけるもので、ソフトウェアを経営陣に売り込み、それを使用しない従業員に流していくのではなく、従業員自身が運転席に座り、最初は無料でソフトウェアを試し、気に入ったものを購入できるようにする。収益チームは、このようなコンバージョン行動を利用して、より適切な販売ターゲットを設定することができるのだ。</p>\n<p>CEOのAlex Bilmes(アレックス・ビルメス)氏は「製品主導型の成長の推進力は、資本を追うビジネスの間で強く、当社にとっては、LaunchDarkly(ローンチダークリー)、Airbyte(エアバイト)、Retool(リトール)、Algolia(アルゴリア)、Grain(グレイン)、Shortcut(ショートカット)など、初期の強力な顧客獲得につながっています。もう1つは、製品主導の販売カテゴリーをより明確にしたことで、これが非常にうまくいったので、どうすればうまくいくのかと聞かれるようになりました」。と述べている。</p>\n<p>今回の新ラウンドは、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/13/product-led-sales-startup-endgame-raises-over-17m/\" rel=\"noopener\">2021年7月に行われた同社の1700万ドル(約19億6100万円)のラウンド</a>からの早い転換で、Endgameは、1年前にビルメス氏によって設立されて以来、4750万ドル(約54億8000万円)の総資金調達となった。EQT Ventures(EQTベンチャーズ)がこのラウンドを主導し、Lachy Groom(レイチー・グルーム)と既存の投資家であるMenlo Ventures(メンロ・ベンチャーズ)、Upfront Ventures(アップフロント・ベンチャーズ)、Unusual Ventures(アンユージュアル・ベンチャーズ)が参加した。</p>\n<p>ビルメス氏はTechCrunchに、同社は資金調達を計画していなかったが、初期のデザインパートナーが顧客に転換し、その結果、予想よりも早く製品の支払いを申し出る勢いを見て、Endgameの資金を追加する決断をしたと語った。</p>\n<p>ビルメス氏は成長率や評価額を明かさなかったが、2021年には数人だった会社が15人になり、今回の資金調達でチーム規模が3倍になると述べた。同氏によると、Endgameはデータセットを活用した「野心的な製品ロードマップ」を持っており、研究開発、データサイエンティスト、エンジニアリング、製品管理、市場参入の分野でチームの規模を拡大する必要があるとのことだ。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.alliedmarketresearch.com/crm-software-market#:~:text=The%20CRM%20market%20size%20was,for%20engaging%20new%20customers%20rapidly.\" rel=\"noopener\">顧客関係管理市場</a>は年率11%で成長しており、2027年には960億ドル(約11兆円)に達すると予想されている。製品主導の成長市場がどのように推移しているかを見るのは、興味深かったとビルメス氏はいう。</p>\n<p>「Figma(フィグマ)、Notion(ノーション)、Airtable(エアーテーブル)など、資金調達を行う企業には魅力的なダイナミクスがあります。そのような企業が、成長という点で期待される向上をもって資金を調達すれば、その数字は我々にとって大きなものとなります」と述べる。</p>\n<p>シリーズBラウンドのリードインベスターで、EQT VenturesのパートナーであるLaura Yao(ローラ・ヤオ)氏は、製品主導のビジネスに魅力を感じているという。このモデルは、10年前のDropbox(ドロップボックス)のように、しばらく前から存在していたが、彼女は、特にベンチャーキャピタルのエコシステムにおいて、そのモデルが再び人気を博しているのを見ている。</p>\n<p>最近、彼女が特に注目しているのは、製品主導のセールスが増えていることだ。多くの人が多くのソフトウェアを持っているが、営業チームはその人が特定のソフトウェアを何回使ったか言えないことが多い。より効率的なセールスを行うには、企業がすでに持っているユーザーからリードを獲得するための別のツールが必要だ。そこで、Endgameの出番となるわけだ。</p>\n<p>ヤオ氏は「私たちが期待するところでは、企業はそのような機会に対して非常に積極的でなければなりません」と付け加えた。「Endgameは、製品主導のセールスのためのツールスタックを提供しています。同社は、これはSalesforce(セールスフォース)など他の企業では解決できないようなデータの問題だということを理解しています。Endgameは、SaaSアプリケーションの顧客利用や課金に関するこれらの煩雑なデータを整理し、意味のあるものに変えているのです」と述べている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/08/endgame-grabs-another-cash-infusion-as-product-led-growth-momentum-builds/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Christine Hall、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/GettyImages-1227029231.jpg",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 470736,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 470736,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 470736,
            "tagId": 681520535,
            "tag": {
              "id": 681520535,
              "slug": "salestech",
              "name": "Sales Tech / セールステック / 営業",
              "description": "Sales Tech / セールステック / 営業に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470736,
            "tagId": 692517263,
            "tag": {
              "id": 692517263,
              "slug": "endgame",
              "name": "Endgame(企業)",
              "description": "「世界初の製品主導型セールスプラットフォーム」と称し、ソフトウェア会社が顧客観察を市場参入戦略に転換することを可能にする企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470782,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 470782,
        "slug": "2022-02-09-samsung-google-expand-wear-os-partnership-with-the-arrival-of-assistant-and-play-apps",
        "createdAt": "2022-02-09T23:00:08.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-09T22:51:39.000Z",
        "title": "サムスンとグーグル、GoogleアシスタントとPlayアプリの到来でWear OS提携を拡大",
        "content": "<p>Google(グーグル)とSamsung(サムスン)が、圧倒的なシェアを誇るApple(アップル)に対抗するため、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/12/2021-08-11-samsung-returns-to-wear-os-with-the-galaxy-watch-4/\" rel=\"noopener\">共同でウェアラブル製品を開発</a>すると発表してから1年弱が経った。このような取り組みが一朝一夕に達成されるものではないことは、当初から明らかだった。2021年8月には、Galaxy Watch 4の発表の一環として「Wear OS Powered by Samsung(Samsungの新しいWear OS)」を初めて見ることができた。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/12/2021-08-11-samsung-returns-to-wear-os-with-the-galaxy-watch-4/\" rel=\"noopener\">サムスンは「Galaxy Watch 4」でWear OSに回帰、ヘルスケアにもフォーカス</a></p>\n<p>米国時間2月9日に開催されたUnpackedイベントでは、Samsungのウェアラブル製品はあまりハイライトされなかったが、同社はモビリティ分野で十分な話題を提供した。しかし、Samsungが現在開発しているTizen / Wear OSハイブリッドのウェアラブル製品については、今後の展開がもう少し見えてきた。</p>\n<p>9日、Googleは、Samsungの最新のウェアラブルにGoogleアシスタントが「数カ月後」に搭載されることを発表した。これはおそらく、同社の「Bixby」の野望がゆっくりと悲しい終わりを迎えることを示す最新のデータポイントと言えるだろう(ただし、このアシスタントはデバイスの中で生き続けている)。しかし、率直に言って、はるかに強力でユビキタスなGoogleアシスタントを採用することは、ハードウェアメーカーであるSamsungのプラットフォーム全体で非常に理に適っている。</p>\n<div id=\"attachment_470783\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-470783\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-470783 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/6.-Google-Assistant-on-Wear-OS.gif?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"1024\" /><p id=\"caption-attachment-470783\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Google</p></div>\n<p>Galaxy Watch 4では「Hey Google(日本では『OK Google』)」と声をかけて音楽を再生したり、タイマーを設定したりすることができる。このアプリは、Galaxy Watch 4ではGoogle Playストア経由でアクセスできる。統合の一環として、接続されたAndroid端末にダウンロードされたPlayアプリは、Galaxy Watchにも表示されるようになる。そこからユーザーは、アプリをタップしてスマートウォッチにインストールできる。</p>\n<p>現在、Galaxy Watch 4はオンラインでのYouTube Music Premiumに対応しているが、今回のアップデートでは、Wi-Fiおよびセルラーでの楽曲配信が可能になるため、ユーザーは携帯電話を家に置いたままでも新しい曲を聴くことができるようになる。この機能は、Galaxy Watch 4およびその他のWear OSデバイスにも搭載される予定だ(時期は未定)。</p>\n<p>今回の統合はまだ小さな一歩であり、このカテゴリーにおけるAppleの優位性をすぐに打ち破ることはできない。しかし、GoogleとSamsungの提携、前者によるFitbit(フィットビット)の買収とWear OSのさらなる拡大計画など、ウェアラブル分野にとっておもしろい1年になりそうだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Brian Heater</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/09/samsung-google-expand-wear-os-partnership-with-the-arrival-of-assistant-and-play-apps/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/CMC_9863.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 470782,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 470782,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 470782,
            "tagId": 32518,
            "tag": {
              "id": 32518,
              "slug": "samsung",
              "name": "Samsung / サムスン(企業)",
              "description": "Samsung(サムスン)は、韓国最大の財閥で電子機器などを製造する企業グループ。"
            }
          },
          {
            "postId": 470782,
            "tagId": 32740565,
            "tag": {
              "id": 32740565,
              "slug": "google-play",
              "name": "Google Play(製品・サービス)",
              "description": "Googleが提供するAndroidデバイス向けのアプリ、映画、音楽、書籍などのデジタルコンテンツを配信するサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 470782,
            "tagId": 65357388,
            "tag": {
              "id": 65357388,
              "slug": "tizen",
              "name": "Tizen(製品・サービス)",
              "description": "Tizenプロジェクトによるスマホ、タブレット、ノートパソコンなど用のオープンソースのOS。"
            }
          },
          {
            "postId": 470782,
            "tagId": 366270982,
            "tag": {
              "id": 366270982,
              "slug": "smartwatch",
              "name": "スマートウォッチ(用語)",
              "description": "スマートウォッチに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470782,
            "tagId": 366272050,
            "tag": {
              "id": 366272050,
              "slug": "wearable",
              "name": "ウェアラブルデバイス(用語)",
              "description": "ウェアラブルデバイスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470782,
            "tagId": 366272850,
            "tag": {
              "id": 366272850,
              "slug": "google-assistant",
              "name": "Googleアシスタント(製品・サービス)",
              "description": "Google アシスタントはGoogleが開発したAIアシスタント。"
            }
          },
          {
            "postId": 470782,
            "tagId": 366278164,
            "tag": {
              "id": 366278164,
              "slug": "wear-os",
              "name": "Wear OS(製品・サービス)",
              "description": "Googleが開発、提供するAndroidベースのスマートウォッチ向けOS。"
            }
          },
          {
            "postId": 470782,
            "tagId": 366280796,
            "tag": {
              "id": 366280796,
              "slug": "samsung-galaxy",
              "name": "Samsung Galaxy(製品・サービス)",
              "description": "Samsung Galaxyは、Samsungが展開するスマートフォンブランド。"
            }
          },
          {
            "postId": 470782,
            "tagId": 366280988,
            "tag": {
              "id": 366280988,
              "slug": "bixby",
              "name": "Bixby",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 470782,
            "tagId": 692509349,
            "tag": {
              "id": 692509349,
              "slug": "galaxy-watch",
              "name": "Galaxy Watch(製品・サービス)",
              "description": "サムスン製のスマートウォッチ、Galaxy Watchに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470549,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 470549,
        "slug": "2022-02-08-fantastical-lets-you-share-a-link-to-schedule-meetings-no-calendly-required",
        "createdAt": "2022-02-09T02:30:17.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-09T02:24:02.000Z",
        "title": "カレンダーアプリ「Fantastical」がプライバシーファーストのミーティングスケジュールのリンク共有を可能に",
        "content": "<p>人気のカレンダーアプリ、<a target=\"_blank\" href=\"https://flexibits.com/fantastical\" rel=\"noopener\">Fantastical</a>(ファンタスティカル)の開発元である<a target=\"_blank\" href=\"https://flexibits.com\" rel=\"noopener\">Flexibits</a>(フレクシビッツ)は、スケジューリングを便利にする新機能をいくつか追加した。この分野は、<a target=\"_blank\" href=\"https://calendly.com\" rel=\"noopener\">Calendly</a>(カレンドリー)が支配しているようだが、Flaxbitsはアプリの「Opening(オープニング)」機能を、プライバシーファーストのスケジューリング機能だと強調している。そして、もちろん新機能はFantasticalに直接組み込まれ、別のツールやサービス、サブスクリプションなどは不要だ。</p>\n<p>Fantasticalアプリをバージョン3.6にアップデートすると、設定パネルにいくつか新しいオプションが追加されている。これらの新機能はmacOS、iOS、およびiPadOSで利用できる。標準設定では、Openingは有効になっていない。使用するためには自分で設定する必要がある。</p>\n<p>「オプトインするのはあなた自身であるべきです、データはあなたがコントロールします」とFlexbitsの共同ファウンダーであるMichael Simmons(マイケル・シモンズ)氏が私に話した。</p>\n<p>Opening機能を有効にすると、Fantasticalに設定済みのカレンダーアカウントに直接つながる。自分の予定が空いているかいないかを決める真の情報源として使うカレンダーを選ぶことができる。</p>\n<p>「アプリはあなたのFantasticalデータベースを調べて、日付と時刻だけを取ってきます」とシモンズ氏は言った。Flexibitsはイベントの名前や招待客のリストには触れない、なぜなら機能を果たすために必要のない情報だからだ。</p>\n<p>その後、ユーザーはさまざまなイベントのタイプを設定する。例えば、月曜日と水曜日の午前に営業電話の予定を入れたければ、その日の午前9時から午前11時までの間に営業電話をかけるイベントテンプレートを作る。</p>\n<p>イベントタイプには、タイトル、説明、所要時間、リンクなどいくつかのオプションがある。また、Fantasticalのミーティングリクエストを自動的に承認するか手動で承認するかも設定できる。</p>\n<p>ご想像のどおり、イベントのリンクを取得してメールやWhatsAppメッセージ、ウェブサイトでもシェアすることができる。そのリンクをクリックした人は、いつあなたの予定が空いているかを見て、時刻を選んでミーティングをリクエストできる。</p>\n<div id=\"attachment_470552\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-470552\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-470552 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"640\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=300,188 300w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=768,480 768w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=1024,640 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=640,400 640w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=400,250 400w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=738,461 738w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=576,360 576w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=220,138 220w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=275,172 275w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=200,125 200w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=125,78 125w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=96,60 96w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=883,552 883w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=405,253 405w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=587,367 587w, /wp-content/uploads/2022/02/openings-web-2-window.jpeg?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-470552\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Flexibits</p></div>\n<p>自動承認を有効にしておくと、ミーティングをリクエストした人のカレンダーに招待状が届く。ミーティングをリクエストするためにFantasticalを使う必要はなく、アカウントを作る必要もない。</p>\n<p>スケジュール調整はウェブではなくアプリ内で行われる。誰かがあなたとのミーティングをリクエストすると、Fantasticalアプリがミーティング(のイベント)を作成し、他の出席者を招待する。</p>\n<p>もし、あなたがCalndlyなどの類似ツールをすでに使っていたら、今まで通りのワークフローを続けたいに違いない。しかし、もしあなたがFantasticalユーザーで、Calendlyライクなリンクを使いたいなら、FantasticalのOpeningを使うほうがずっと簡単だろう。</p>\n<h2>その他の改善点</h2>\n<p>Fantasticalは「Proposals(プロポーザル、提案)」と呼ばれるスケジューリング機能も提供している。アプリ内で複数回数、複数日時のイベントを作れる機能だ。会社はこの機能を密かに改善し、<a target=\"_blank\" href=\"https://doodle.com\" rel=\"noopener\">Doodle</a>(ドゥードゥル)の対抗品へと作り変えた。</p>\n<p>これからはイベントプロポーザルを複数の招待者に送ることができる。招待者はウェブページで投票できる。あなたはアプリを使って最適な日付と時刻を確認し、コメントを読んでプロポーザルをカレンダー・イベントに転換できる。スクリーンショットを見てもらうほうがずっと簡単だろう。</p>\n<div id=\"attachment_470551\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-470551\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-470551 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"640\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=300,188 300w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=768,480 768w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=1024,640 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=640,400 640w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=400,250 400w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=738,461 738w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=576,360 576w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=220,138 220w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=275,172 275w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=200,125 200w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=125,78 125w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=96,60 96w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=883,552 883w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=405,253 405w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=587,367 587w, /wp-content/uploads/2022/02/proposal_invitees_window.jpeg?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-470551\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Flexibits</p></div>\n<p>スケジューリング機能に加え、Fantastical 3.6には新たに四半期ビューができた。四半期ビューは、好みによって四半期の最初の日から始めることも、現在の週から始めることもできる。</p>\n<p>数年前、Flexibitsはフリーミアムモデルに切り替え、全機能のロックを解除する有料サブスクリプションを提供した。OpeningsやProposalsなど高度な機能のほとんどは、利用にサブスクリプションが必要だ。現行の料金は年額39.99ドル(約4600円)、月額4.99ドル(約576円)。</p>\n<p>Flexibitsは、App Storeで多くのネガティブコメントをつけられたことがあるが、プロダクトとビジネスの転換はうまく行っているようだ。</p>\n<p>チームは6人から18人へと3倍に増えた。これまでに同社は、かなりの数の<a target=\"_blank\" href=\"https://flexibits.com/fantastical/releasenotes\" rel=\"noopener\">アップデート</a>を発行しており、サブスクリプションには<a target=\"_blank\" href=\"https://flexibits.com/cardhop\" rel=\"noopener\">Cardhop</a>(カードホップ)アプリが加わった。</p>\n<p>マイケル・シモンズ氏は売上数値を明らかにしなかったが「数百万の人たち」がFlexibitsアカウントを作って無料トライアルを始めたと語った。もちろん、この中でサブスクリプションのアクティブ利用者はこのユーザーベースのごく一部だけだ。</p>\n<p>Flexibitsは、さまざまなタイプのマーケットに対応する方法についても考えている。たとえば同社はチーム向けのFlexibitsを開発している。第一に、多人数のグループや従業員向けにライセンスを購入できるチーム・アカウントが導入される。アプリにはチーム向け機能のための場所も用意されているが、まだ完成していない。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-01-26-how-atlantas-calendly-turned-a-scheduling-nightmare-into-a-3b-startup/\" rel=\"noopener\">悪夢のようなビデオ会議の日程調整を評価額約3165億円のスタートアップCalendlyに変えた方法</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Flexibits</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/08/fantastical-lets-you-share-a-link-to-schedule-meetings-no-calendly-required/\" rel=\"noopener noreferrer\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Romain Dillet、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a> )</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/openings_event_details_windowed.jpeg",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 470549,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 470549,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470549,
            "tagId": 7155,
            "tag": {
              "id": 7155,
              "slug": "calendar",
              "name": "カレンダー(用語)",
              "description": "カレンダーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470549,
            "tagId": 464101,
            "tag": {
              "id": 464101,
              "slug": "schedule",
              "name": "スケジュール調整 / スケジュール管理(用語)",
              "description": "スケジュール調整 / スケジュール管理に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470549,
            "tagId": 362642792,
            "tag": {
              "id": 362642792,
              "slug": "fantastical",
              "name": "Fantastical(製品・サービス)",
              "description": "Flexibitsが開発するカレンダーアプリ。"
            }
          },
          {
            "postId": 470549,
            "tagId": 366272222,
            "tag": {
              "id": 366272222,
              "slug": "privacy",
              "name": "プライバシー(用語)",
              "description": "プライバシーに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470549,
            "tagId": 692517245,
            "tag": {
              "id": 692517245,
              "slug": "flexibits",
              "name": "Flexibits(企業)",
              "description": "人気カレンダーアプリ「Fantastical」を開発、提供する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470483,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 470483,
        "slug": "2022-02-08-m3ter-comes-out-of-stealth-with-17-5m-for-usage-based-pricing-technology-used-by-saas-companies",
        "createdAt": "2022-02-09T02:05:03.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-09T02:02:15.000Z",
        "title": "SaaS企業向け使用ベース価格設定技術のm3terが約20億円調達、定額制サブスクリプションからの移行需要に対応",
        "content": "<p>SaaS製品の多くは定額制のサブスクリプションで販売されている。しかし、特に価格に敏感な顧客の間では、よりきめ細かい価格設定を求める傾向が強まっており、現在はデータサイエンス、予測分析、クラウドコンピューティングを組み合わせることで実現可能な世の中になっている。こうした需要に応えるツールを開発している企業の1つ、m3terというスタートアップが現地時間2月8日、ステルス状態から登場した。市場の状況を示すように、同社はすでに顧客を持ち、まとまった額の資金を調達している。</p>\n<p>ロンドンを拠点とするm3terは、製品の開発を続け、さらに顧客を増やしていくための資金として、Kindred Capital、Union Square Ventures、Insight Partnersから1750万ドル(約20億円)を調達した。顧客には<a target=\"_blank\" href=\"https://sift.com/\" rel=\"noopener\">Sift</a>、<a target=\"_blank\" href=\"http://www.stedi.com/\" rel=\"noopener\">Stedi</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.redcentricplc.com/\" rel=\"noopener\">Redcentric</a>、そしてm3terと提携して自社の顧客にこの技術を効果的に販売している話題の課金スタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://paddle.com/\" rel=\"noopener\">Paddle</a>といった企業が含まれている。</p>\n<p>m3terは2月8日にステルス状態から登場したが、いきなり出てきたわけではない。同社の創業者であるGriffin Parry(グリフィン・パリー)氏とJohn Griffin(ジョン・グリフィン)氏は、以前GameSparksという、利用ベースの料金設定に基づいたバックエンドゲーム・アズ・ア・サービスのエンジンを設立したが、AmazonのAWSに静かに売却し、ゲームの世界のためのツールを構築するという、クラウド界の巨人の野心的な戦略に組み込まれた(補足:こ<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2017/07/28/amazon-reportedly-acquired-gamesparks-for-10m-to-build-out-its-gaming-muscle/\" rel=\"noopener\">の買収を筆者はスクープした</a>。当時は、この2人よりもエリザベス女王1世に話しかけるのを試みる方が簡単だったかもしれず、今やっと追いつくことができて良かった)。</p>\n<p>AWSにとってこのゲーム戦略は、おそらく最も慈善的な、非常に長期的な遊びだった(Gamesparksベースの製品を出す計画があったようだが、5年後の現在もまだ実現していない)。しかし、その場に居合わせたことで、利用ベースのサービスのコンセプトを他の場所に適用する方法についてインスピレーションを得た、とパリー氏とグリフィン氏は話す。</p>\n<p>「心強いことに、利用ベースの料金設定については、Amazonも我々と同じような問題意識を持っていました」。しかし、Amazonがすでにこのコンセプトに基づいて提供しているものは非常に多く、例えばクラウドインスタンスの販売方法の中核をなしている。「彼らが構築しているカスタムツールを見る機会がありました。我々は、良いものがどのように見えるかを目にしました」と2人は続けた。</p>\n<p>2人の結論はこうだ。SaaSサービスは活況を呈しており、これらのビジネスには、Amazonが自社のために構築しているものと同等のツールを提供する価値がある。</p>\n<p>m3terの初期の牽引役は企業だった。急速に成長するSaaSビジネスが、今度は企業顧客に利用量に応じた料金設定を提供するようになった。パリー氏は、この市場自体がサービスの多様性に富んだ巨大な市場であり、この市場にのみ注力する価値は十分にあると確信している。しかし、通信事業者や公益事業者など、使用量に応じた料金体系を採用してきたレガシーな分野では、システムのアップグレードが進んでおり、請求方法もアップグレードする予定であるため、明らかにチャンスがある。同様に、消費者は今日、ストリーミング、ブロードバンド、クラウドストレージ、eコマースのポイントクラブ(Primeなど)、その他多くのものに定額料金を支払うことに満足しているようだ。しかし、破壊者が現れ、人々が欲しいものを消費し、実際に使用するものだけに金を支払う、より安価で公平な別の方法を提供するのは時間の問題だ。消費者もまた、m3terの潜在的な顧客となる可能性がある。</p>\n<p>あるいは、そうでない人も顧客となる可能性がある。先週、利用ベース料金設定を導入したMetronomeが<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/02/2022-02-01-metronome-raises-30m-to-help-software-companies-shift-to-usage-based-pricing-models/\" rel=\"noopener\">資金調達ラウンドを発表したばかりだ</a>。パリー氏は、Metronomeが市場に出てきたことをこの上なく喜んでいる、と述べた。</p>\n<p>「彼らは我々の正当性を証明しているし、競争は良いことです」とパリー氏は述べ、世の中には多くのユースケースに対応する複数のプレイヤーが存在する余地があると指摘した。「当社は、高いレベルの複雑性とスケールをサポートできるよう注力しています。スタックには隙間があり、多くの優れた既存ツールは使用ベース価格設定では機能しません。つまり、我々には大きな可能性があるのです」。</p>\n<p>「m3terの共同創業者は、使用ベースの料金設定に関する苦労を深く、直接的に理解している起業家たちです」と、Kindred Capitalからの投資を主導したChrysanthos Chrysanthou(クリサントス・クリサントス)氏は声明で述べた。「彼らの技術力と商業実績により、SaaSビジネスが価格に関する悩みの解決策を模索する中で急速に形成されつつある市場において、リーダーとしての地位を確立するためのユニークな位置につけています」。</p>\n<p>「m3terは、より多くのソフトウェア企業が摩擦のない利用ベースの価格設定によってその真価を発揮し、SaaS業界を活性化させる可能性を持っています」とUnion Square VenturesのパートナーであるRebecca Kaden(レベッカ・ケーデン)氏は付け加えた。「グリフィンとジョンはすばらしいチームを作り上げ、世界中のSaaS企業の価格設定を再定義していくために協業することを楽しみにしています」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Bet_Noire / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/08/m3ter-comes-out-of-stealth-with-17-5m-for-usage-based-pricing-technology-used-by-saas-companies/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ingrid Lunden、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/m3ter.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 470483,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 470483,
            "tagId": 1618,
            "tag": {
              "id": 1618,
              "slug": "london",
              "name": "ロンドン(国・地域)",
              "description": "ロンドンに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470483,
            "tagId": 17927,
            "tag": {
              "id": 17927,
              "slug": "saas",
              "name": "SaaS(用語)",
              "description": "SaaS(Software as a Service)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470483,
            "tagId": 236160,
            "tag": {
              "id": 236160,
              "slug": "amazon-web-services",
              "name": "Amazon Web Services / AWS(製品・サービス)",
              "description": "Amazon Web Servicesとは、Amazon.comにより提供されているクラウドコンピューティングサービスである。"
            }
          },
          {
            "postId": 470483,
            "tagId": 366271554,
            "tag": {
              "id": 366271554,
              "slug": "subscription",
              "name": "サブスクリプション(用語)",
              "description": "サブスクリプションに関連する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 470483,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 470483,
            "tagId": 366272723,
            "tag": {
              "id": 366272723,
              "slug": "flat-rate",
              "name": "定額 / 定額サービス(用語)",
              "description": "定額 / 定額サービスに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470483,
            "tagId": 692517243,
            "tag": {
              "id": 692517243,
              "slug": "m3ter",
              "name": "m3ter(企業)",
              "description": "定額制サブスクリプションを採用するSaaS企業向け使用ベース価格設定技術を提供するロンドンの技術。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470478,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 470478,
        "slug": "2022-02-08-artiphon-drops-the-hardware-requirement-for-its-musical-camera-app-orbacam",
        "createdAt": "2022-02-09T01:40:30.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-09T01:35:37.000Z",
        "title": "Artiphonのビデオ編集アプリ「Orbacam」、同社製インターフェースなしで音楽制作もできる機能を追加",
        "content": "<p>TechCrunchはここ何年もArtiphon(アーティフォン)を密着的に追ってきた。2020年後半、筆者はこの音楽スタートアップの最新のスマート楽器Orbaを<a target=\"_blank\" href=\"/2020/12/08/2020-11-18-this-99-gadget-helps-you-make-music-no-skill-required/\" rel=\"noopener\">気に入った</a>。決して複雑な楽器ではないが、楽しい小さな携帯型サンプル / MIDIインターフェースとして、世界的なパンデミック時にクリエイティブに時間をつぶすには最適な方法だ。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2020/12/08/2020-11-18-this-99-gadget-helps-you-make-music-no-skill-required/\" rel=\"noopener\">専門的な知識なしで音楽が作れる1万円のガジェットが楽しい</a></p>\n<p>2021年10月には、ハードウェアインターフェースを利用してクリエイティブなビデオ編集ができるアプリ<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/19/orba-music-video-making-tools/\" rel=\"noopener\">Orbacam</a>を追加し、Orbaの芸の幅を広げた。</p>\n<p>「音楽は常に多感な体験であると信じています。誰でもすぐに遊べるよう、聴覚、視覚、触覚に訴えるようOrbacamをデザインしました」と、同社の創業者でCEOのMike Butera(マイク・ブテーラ)氏は当時述べた。「音楽をソーシャルコンテンツと同期させることの威力を目の当たりにしてきましたが、そのほとんどは他人の曲を動画に貼り付けているだけです。今、人々は完全に自分自身のものである音楽ビデオを作成することができます」。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/BgBIvsHXOeE?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>同社は米国時間2月8日、アプリの2.0バージョンをリリースした。数多くの新たなアップグレードがあり、 特に画面上の演奏機能の追加が目を引く。これは小さな機能だが、Orbaのハードウェアデバイスに類似したアプリ内機能を提供するもので、このサービスを試すための障壁となる99ドル(約1万1000円)を取り除く。画面上のレイアウトは、Orbaの円形8キーレイアウトを模倣している。</p>\n<p>「音楽制作も、他のメディアと同じように、すぐにアクセスできるようにしたいのです。私たちはためらうことなく1日中、写真やビデオを撮影しています。そして今、Orbacamでどこにいてもすぐに音楽制作ができるようになりました。表現力豊かで美しいものを作るのに必要なのは携帯電話と少しの時間だけです」とブテーラ氏は話す。</p>\n<p>画面上のインターフェースにより、ユーザーはiOSデバイスでソーシャルメディア用の楽譜をリアルタイムにすばやく作成することができる。また、80年代のVHSにインスパイアされたGlitchフィルターなど、ビデオ用の新しいエフェクトも多数用意されている。Artiphonは、この新しいインターフェースが、同社のハードウェアへの入り口となることを期待しているに違いない。そして、もしあなたがすぐに使ってもいい99ドルを持っているのなら、それは楽しいものだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Artiphon</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/08/artiphon-drops-the-hardware-requirement-for-its-musical-camera-app-orbacam/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Artiphon.jpg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 470478,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 470478,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470478,
            "tagId": 366270981,
            "tag": {
              "id": 366270981,
              "slug": "music",
              "name": "音楽 / 音楽制作(用語)",
              "description": "音楽に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470478,
            "tagId": 366273417,
            "tag": {
              "id": 366273417,
              "slug": "musical-instrument",
              "name": "楽器(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 470478,
            "tagId": 681521528,
            "tag": {
              "id": 681521528,
              "slug": "artiphon",
              "name": "Artiphon(企業)",
              "description": "ギターとピアノのハイブリッドスタイルのデバイスや電子ギター、携帯型サンプル / MIDIインターフェースやそのアプリなどを開発、提供するナッシュビル拠点の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 470478,
            "tagId": 692510639,
            "tag": {
              "id": 692510639,
              "slug": "video-editing",
              "name": "動画(ビデオ)撮影 / 動画編集 / 動画制作(用語)",
              "description": "動画(ビデオ)撮影 / 動画編集 / 動画制作に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470127,
      "categoryId": 674897241,
      "post": {
        "id": 470127,
        "slug": "2022-02-03-acho-takes-in-seed-funding-to-build-super-app-for-data-workers",
        "createdAt": "2022-02-07T00:00:06.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-06T23:44:06.000Z",
        "title": "データワーカーのためのスーパーアプリを構築するAcho、シード資金調達を実施",
        "content": "<p>Vincent Jiang(ヴィンセント・ジャン)氏がソフトウェア開発者として働いていた頃、同氏の毎日の仕事は、金融アナリストが取引戦略における財務報告諸表を作成するためのテーブルを構築することだった。</p>\n<p>同氏はしかし、この作業をエンジニアに頼るのではなく、アナリスト自身が行うことも可能ではないかと考えた。それには、きちんと機能する適切なツールが必要だ。</p>\n<p>それが、データワーカーのためのスーパーアプリ「<a target=\"_blank\" href=\"https://acho.io/\" rel=\"noopener\">Acho</a>(アチョ)」のアイデアの始まりだった。</p>\n<p>ジャン氏は、共同創業者のSamuel Liu(サミュエル・リュウ)氏と協力して、2020年5月に会社を設立。Y Combinator(Yコンビネーター)の2020年夏のバッチを通過し、今回220万ドル(約2億5000万円)のシード資金を調達した。このラウンドはGoat Capital(ゴート・キャピタル)が主導し、Liquid2 Ventures(リキッド2ベンチャーズ)とCapital X(キャピタルX)が参加した。</p>\n<p>Achoは、既存のデータインフラやITリソースの助けを借りずに、企業のデータ資産をパフォーマンスダッシュボード、プロジェクト管理、ウェブアプリなどのビジネスアプリケーションに変える。</p>\n<p>「データチームが現在直面している最大の問題は、リテラシーです」と、ジャン氏はTechCrunchに語った。「何年もSQLを書いていない人は、SQLを使いこなせないでしょう。だからこそ、Achoを使えば、チームのために共同データベースを構築でき、深い技術的知識がなくてもデータを利用できるようにしようと、我々は考えたのです。リアルタイムデータベースのためのGoogle Sheet(グーグル・スプレッドシート)のようなものです」。</p>\n<div id=\"attachment_470128\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-470128\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-470128 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/Product-Photo.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"585\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/Product-Photo.png 2048w, /wp-content/uploads/2022/02/Product-Photo.png?resize=300,171 300w, /wp-content/uploads/2022/02/Product-Photo.png?resize=768,439 768w, /wp-content/uploads/2022/02/Product-Photo.png?resize=1024,585 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/Product-Photo.png?resize=1536,878 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/Product-Photo.png?resize=700,400 700w, /wp-content/uploads/2022/02/Product-Photo.png?resize=400,229 400w, /wp-content/uploads/2022/02/Product-Photo.png?resize=738,422 738w, /wp-content/uploads/2022/02/Product-Photo.png?resize=630,360 630w, /wp-content/uploads