Categoryページはアーカイブ作成中です。
{
  "id": 366270451,
  "slug": "space-tech",
  "name": "宇宙",
  "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース",
  "posts": [
    {
      "postId": 478031,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 478031,
        "slug": "space-walker-fundraising-2",
        "createdAt": "2022-03-31T04:35:17.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T04:35:17.000Z",
        "title": "SPACE WALKERが5.5億円の資金調達、サブオービタルスペースプレーンの開発や複合材事業の体制強化",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.space-walker.co.jp/\" rel=\"noopener\">SPACE WALKER</a>(スペースウォーカー)は3月31日、シードラウンドとして、コンバーティブル・エクイティおよび社債などによる5億5000万円の資金調達を2022年3月に完了したと発表した。引受先は個人投資家など。累計資金調達金額は12.16億円となった。</p>\n<p>調達した資金により、サブオービタルスペースプレーン(有翼式再使用型ロケット)の技術実証、商用機開発、および新たに立ち上げた複合材事業への設備投資、これらに伴う人員強化、広告宣伝費などの運転資金などにあて、さらなる事業拡大を目指す。</p>\n<p>スペースウォーカーは、誰でも飛行機に乗るように自由に地球と宇宙を往来する未来を目指し、持続可能な宇宙輸送手段を提供するために、サブオービタルスペースプレーンの研究・開発を行っている東京理科大学発スタートアップ。</p>\n<p>また、2021年7月には複合材事業も立ち上げている。同社が宇宙開発において培われた軽量な複合材製容器は、宇宙のみならず、陸海空にまたがる脱炭素化社会に向けた水素サプライチェーン・プラットフォームの構築において、特に重要な要素である水素の貯蔵容器としても注目されているという。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-011-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 478031,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 478031,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 478031,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478031,
            "tagId": 366279005,
            "tag": {
              "id": 366279005,
              "slug": "space-walker",
              "name": "SPACE WALKER(企業)",
              "description": "SPACE WALKERは、サブオービタルスペースプレーン(小型衛星の打ち上げ)の設計・開発、運航サービスの提供などを行う日本のスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 478031,
            "tagId": 692507639,
            "tag": {
              "id": 692507639,
              "slug": "space-plane",
              "name": "スペースプレーン / 有翼式宇宙船(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 478031,
            "tagId": 692512041,
            "tag": {
              "id": 692512041,
              "slug": "hydrogen",
              "name": "水素(用語)",
              "description": "水素に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478031,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 478031,
            "tagId": 692515811,
            "tag": {
              "id": 692515811,
              "slug": "tokyo-university-of-science",
              "name": "東京理科大学(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477830,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 477830,
        "slug": "space-walker-goi",
        "createdAt": "2022-03-31T02:00:27.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T23:21:17.000Z",
        "title": "スペースプレーン開発を手がけるSpace Walkerがガンダム×未来技術の新構想「ガンダムオープンイノベーション」に採択",
        "content": "<p>持続可能な宇宙輸送手段となるスペースプレーンを開発する東京理科大学発ベンチャー企業<a target=\"_blank\" href=\"https://www.space-walker.co.jp/\" rel=\"noopener\">Space Walker</a>(スペースウォーカー)は3月29日、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.bandainamco.co.jp/\" rel=\"noopener\">バンダイナムコグループ</a>による「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.bandainamco.co.jp/guda/goi/\" rel=\"noopener\">ガンダムオープンイノベーション</a>」に採択されたと発表した。同社は3月28日、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tokyo-kosha.or.jp/\" rel=\"noopener\">東京都中小企業振興公社</a>による「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2022/03/17/17.html\" rel=\"noopener\">令和3年度TOKYO戦略的イノベーション促進事業</a>」にも採択されている。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/dL2_9JlnJLI?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>ガンダムオープンイノベーションは、ガンダムの舞台となった時代「宇宙世紀」を現代に捉え直し、さまざまな社会課題を解決し、人類が望む未来社会を築くために、未来に向けたアイデアや技術を掛け合わせて夢や希望の現実化を目指すというバンダイナムコグループのプログラム。2021年6月に発表され、パートナーを募集していた。Space Walkerは、このガンダムオープンイノベーションで「エンターテインメント業界の皆さまと持続可能な社会に向けて共創することにより、社会にとってのより良い相乗効果を期待しています」と話している。</p>\n<p>令和3年度TOKYO戦略的イノベーション促進事業では、「タイプ4超高圧複合容器蓄圧器の開発」を研究開発テーマに設定している。これは水素などの気体を高圧で保存するためのタンクで、金属を使わず、軽量な複合材料で作られる。Space Walkerでは、宇宙開発から生まれた高圧ガス複合技術を地上で展開する研究も行っている。具体的には、水素ステーションなどの超高圧水素ガスの貯蔵と移送のための技術だ。この事業では、低コストでの設置と使用が可能な水素ステーション用蓄圧器の開発を進めるとしている。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-003-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477830,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477830,
            "tagId": 15506,
            "tag": {
              "id": 15506,
              "slug": "gundam",
              "name": "ガンダム(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477830,
            "tagId": 366279005,
            "tag": {
              "id": 366279005,
              "slug": "space-walker",
              "name": "SPACE WALKER(企業)",
              "description": "SPACE WALKERは、サブオービタルスペースプレーン(小型衛星の打ち上げ)の設計・開発、運航サービスの提供などを行う日本のスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 477830,
            "tagId": 681520148,
            "tag": {
              "id": 681520148,
              "slug": "space-ship",
              "name": "宇宙船(用語)",
              "description": "宇宙船に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477830,
            "tagId": 692514912,
            "tag": {
              "id": 692514912,
              "slug": "gundam-open-innovation",
              "name": "ガンダムオープンイノベーション",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477830,
            "tagId": 692515811,
            "tag": {
              "id": 692515811,
              "slug": "tokyo-university-of-science",
              "name": "東京理科大学(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477568,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 477568,
        "slug": "successful-launch-ob-lamp-misshon",
        "createdAt": "2022-03-29T07:55:23.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T07:55:23.000Z",
        "title": "オーロラ観測ロケット「LAMP」が高速に明滅する「脈動オーロラ」に突入、電子・光・磁場の詳細な観測に成功",
        "content": "<div id=\"attachment_477628\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477628\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-477628\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg?w=1024\" alt=\"2022年3月4日(現地時間)、打ち上げ場所のアラスカ州・ポーカーフラットで観測された脈動オーロラ\" width=\"1024\" height=\"682\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg 1408w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg?resize=1024,682 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg?resize=400,266 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg?resize=829,552 829w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-001.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477628\" class=\"wp-caption-text\">2022年3月4日(現地時間)、打ち上げ場所のアラスカ州・ポーカーフラットで観測された脈動オーロラ</p></div>\n<p>名古屋大学は3月29日、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.isee.nagoya-u.ac.jp/\" rel=\"noopener\">名古屋大学宇宙地球環境研究所</a>をはじめとする研究グループが、アメリカのアラスカ州よりNASAのオーロラ観測ロケット「LAMP」を明滅するオーロラに向けて打ち上げ、オーロラの中の電子、光、磁場の詳細な観測に3月5日(現地時間)に成功したと発表した。</p>\n<p>これは、名古屋大学(三好由純教授、能勢正仁准教授)、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jaxa.jp/\" rel=\"noopener\">宇宙航空研究開発機構</a>(JAXA。浅村和史准教授)、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tohoku.ac.jp/japanese/\" rel=\"noopener\">東北大学</a>(坂野井健准教授)、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/index.html\" rel=\"noopener\">東京大学</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.uec.ac.jp/\" rel=\"noopener\">電気通信大学</a>(細川敬祐教授)、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/\" rel=\"noopener\">九州大学</a>からなる共同研究によるもの。ロケット実験にはこの他に、NASA、ニューハンプシャー大学、ドートマス大学、アイオワ大学の研究者も参加している。</p>\n<p>オーロラは、宇宙から降り込んだ電子が地球の超高層大気と衝突して発光する現象だが、その中に、高速に明滅する「脈動オーロラ」というものがある。近年では日本の人工衛星「れいめい」「あらせ」による観測などで脈動オーロラの研究が進んでいるが、その発光層の広がりや、明滅と電子との関係、脈動オーロラにともなって降ってくる電子の上限エネルギーについては解明されていない。</p>\n<div id=\"attachment_477573\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477573\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477573 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?w=1024\" alt=\"脈動オーロラといっしょに降り込むキラー電子の想像図\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg 1921w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=1536,1151 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=534,400 534w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=738,553 738w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=490,367 490w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp1.jpg?resize=50,37 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477573\" class=\"wp-caption-text\">脈動オーロラといっしょに降り込むキラー電子の想像図</p></div>\n<p>研究グループは2020年、脈動オーロラが起きているときは「キラー電子」と呼ばれる数百キロ電子ボルトの超高エネルギー電子が降り注ぐ現象(マイクロバースト)も同時に起きているという仮説を示したが、脈動オーロラとキラー電子を同時に観測した例はなかった。そこで研究グループは、アメリカの研究者とともに「LAMP」(Loss through Aurora Microburst Pulsation)計画をNASAに提案。採択されると、日米の研究機関でロケットに搭載する観測装置の開発を行った。日本側は、名古屋大学が磁力計、東北大学が光学観測系、JAXAが電子観測系を担当した。</p>\n<div id=\"attachment_477572\" style=\"width: 939px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477572\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477572 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/lamp4.jpg\" alt=\"ロケットに搭載されたオーロラカメラ\" width=\"929\" height=\"607\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/lamp4.jpg 929w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp4.jpg?resize=300,196 300w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp4.jpg?resize=768,502 768w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp4.jpg?resize=612,400 612w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp4.jpg?resize=400,261 400w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp4.jpg?resize=738,482 738w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp4.jpg?resize=551,360 551w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp4.jpg?resize=220,144 220w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp4.jpg?resize=263,172 263w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp4.jpg?resize=191,125 191w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp4.jpg?resize=125,82 125w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp4.jpg?resize=92,60 92w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp4.jpg?resize=845,552 845w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp4.jpg?resize=562,367 562w, /wp-content/uploads/2022/03/lamp4.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 929px) 100vw, 929px\" /><p id=\"caption-attachment-477572\" class=\"wp-caption-text\">ロケットに搭載されたオーロラカメラ</p></div>\n<p>2022年2月24日、アラスカ州ポーカーフラットリサーチレンジの射場にロケットをセットし、同時に、アラスカ北方のベネタイとフォートユーコンにもオーロラ高速撮像用のカメラ群を展開すると、脈動オーロラの出現を待った。そして待機すること10日目の3月5日、大きなオーロラ爆発が起こり、それに続いて脈動オーロラが発生すると、ロケットが打ち上げられた。LAMPロケットは脈動オーロラに突入。すべての機器が順調に作動し、「理想的な状態」で観測が行われ、観測データの取得が確認された。今後の詳細な解析により、脈動オーロラの変調機構、キラー電子との関係が明らかになることが期待されている。</p>\n<p>現在研究グループは、スウェーデンの次世代型三次元大型大気レーダー「EISCAT-3D」が2023年に稼働を開始するのに合わせて、その視野内に観測ロケットを打ち上げる「LAMP-2」の検討を進めている。</p>\n<p><small><br />\n画像クレジット:©脈動オーロラプロジェクト<br />\n</small></p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477568,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477568,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 477568,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477568,
            "tagId": 366276136,
            "tag": {
              "id": 366276136,
              "slug": "jaxa",
              "name": "JAXA / 宇宙航空研究開発機構(組織)",
              "description": "J宇宙航空研究開発機構。日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。"
            }
          },
          {
            "postId": 477568,
            "tagId": 366281252,
            "tag": {
              "id": 366281252,
              "slug": "nagoya-university",
              "name": "名古屋大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477568,
            "tagId": 674897097,
            "tag": {
              "id": 674897097,
              "slug": "tohoku-university",
              "name": "東北大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477568,
            "tagId": 692508534,
            "tag": {
              "id": 692508534,
              "slug": "tokyo-university",
              "name": "東京大学(組織)",
              "description": "東京大学に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477568,
            "tagId": 692514697,
            "tag": {
              "id": 692514697,
              "slug": "the-university-of-electro-communications",
              "name": "電気通信大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477568,
            "tagId": 692517618,
            "tag": {
              "id": 692517618,
              "slug": "aurora",
              "name": "オーロラ(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477595,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 477595,
        "slug": "2022-03-28-spacex-will-not-be-making-any-more-new-crew-dragon-capsules",
        "createdAt": "2022-03-29T05:30:56.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T05:16:08.000Z",
        "title": "SpaceXが有人宇宙船「Crew Dragon」の新規製造を終了、今後は製造済み機体の再利用に注力",
        "content": "<p>SpaceX(スペースX)は、国際宇宙ステーション(ISS)に宇宙飛行士を送迎する宇宙船「Crew Dragon(クルー・ドラゴン)」の新規製造を終了し、代わりにすでに製造済みの4機を再利用することに注力すると、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/lifestyle/science/exclusive-spacex-ending-production-flagship-crew-capsule-executive-2022-03-28/\" rel=\"noopener\">Reuters(ロイター)が米国時間3月28日に報じた</a>。</p>\n<p>SpaceXでは、改修用にCrew Dragonのコンポーネントの製造を継続する予定であり、必要があればこの宇宙飛行士カプセルをさらに製造することも可能であると、SpaceXのGwynne Shotwell(グウィン・ショットウェル)社長は、ロイターに語った。</p>\n<p>Crew DragonはSpaceX<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/05/27/take-a-look-inside-crew-dragon-spacexs-first-human-spacecraft-ahead-of-its-historic-launch/\" rel=\"noopener\">初の有人宇宙船</a>で、ISSへの物資輸送サービスに使用されているDragon(ドラゴン)貨物カプセルの設計を流用している。Crew Dragonは2020年のデビュー以来、5つのミッションで人間を宇宙に連れて行った。その中には、億万長者のJared Isaacman(ジャレッド・アイザックマン)氏が出資した初の<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/16/2021-09-15-inspiration4-crew-meet-outer-space-spacexs-first-all-civilian-mission-launches-to-orbit/\" rel=\"noopener\">民間人のみによる有人飛行ミッション</a>「Inspiration4(インスピレーション4)」も含まれる。</p>\n<p>また、Crew Dragonは、NASAがISSとの間で宇宙飛行士を往復させるために使用する唯一の再利用可能な乗り物でもある。SpaceXは2014年に同機関と「Commercial Crew Transportation Capability(CCtCap、商業乗員輸送能力)」契約を締結し、6つのミッションを受注していたが、2022年2月にはNASAがSpaceXにCrew Dragonを使う3つのミッションを追加発注している。SpaceXは合計9回のミッションで総額約35億ドル(約4300億円)を手にすることになる。</p>\n<p>現在、ISSへの有人宇宙飛行はSpaceXの独占状態にある。Boeing(ボーイング)もNASAからCCtCap契約を獲得しているが、同社の提案する有人宇宙船「Starliner(スターライナー)」は<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/19/nasa-and-boeing-confirm-starliner-wont-fly-until-first-half-of-2022-as-valve-investigation-continues/\" rel=\"noopener\">技術的な遅延に悩まされ</a>、テスト飛行さえ中止されている。</p>\n<p>SpaceXは、Crew Dragonの生産を終了する一方で、超重量級の次世代ロケットシステム「Starship(スターシップ)」の開発に引き続き力を注いでいく。SpaceXのElon Musk(イーロン・マスク)CEOはTwitter(ツイッター)で、この新型宇宙船の最初の軌道飛行試験を5月に実施することを目指していると語ったが、同社はその前に米連邦航空局から重要な規制上の承認が得られるのを待っているところだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/spacex-will-not-be-making-any-more-new-crew-dragon-capsules/spacex.com\" rel=\"noopener\">SpaceX</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/spacex-will-not-be-making-any-more-new-crew-dragon-capsules/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/KSC-20190225-PH_SPX01_0001large.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477595,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477595,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 477595,
            "tagId": 186334,
            "tag": {
              "id": 186334,
              "slug": "iss",
              "name": "ISS / 国際宇宙ステーション(用語)",
              "description": "ISS / 国際宇宙ステーションに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477595,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 477595,
            "tagId": 366280607,
            "tag": {
              "id": 366280607,
              "slug": "crew-dragon",
              "name": "Crew Dragon(製品・サービス)",
              "description": "SpaceXが開発する有人宇宙船。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477551,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 477551,
        "slug": "synspective-fundraising",
        "createdAt": "2022-03-29T01:25:40.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T01:25:40.000Z",
        "title": "衛星データ解析によるソリューション提供や小型SAR衛星の開発・運用を行うSynspectiveが119億円のシリーズB調達",
        "content": "<div id=\"attachment_477553\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477553\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-477553\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?w=1024\" alt=\"衛星データ解析によるソリューション提供や小型SAR衛星の開発・運用を行うSynspectiveが119億円のシリーズB調達\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477553\" class=\"wp-caption-text\">2022年3月1日に2機目の小型SAR衛星打上げ成功</p></div>\n<p>衛星データ解析によるソリューション提供および小型SAR衛星の開発・運用を行う<a target=\"_blank\" href=\"https://synspective.com/jp/\" rel=\"noopener\">Synspective</a>(シンスペクティブ)は3月29日、シリーズBラウンドとして、第三者割当増資および融資による119億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、損害保険ジャパン、野村スパークス・インベストメント、シンガポールPavilion Capital Pte. Ltd.など。累計調達額は228億円となった。</p>\n<p>調達した資金は、主に小型SAR衛星の開発・製造・打上・運用、量産施設の準備、衛星データソリューションの開発とグローバル展開などにあて、さらなる事業拡大を目指す。</p>\n<p>2018年2月設立のSynspectiveは、小型SAR衛星の開発・運用と衛星による観測データを活用したソリューションサービスの提供をワンストップで行う企業。2026年前後に、小型SAR衛星30機からなるコンステレーションを構築することで、広範囲、高頻度の地上観測を可能にするシステムの構築・運用を目指す。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477551,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477551,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477551,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477551,
            "tagId": 366280181,
            "tag": {
              "id": 366280181,
              "slug": "synspective",
              "name": "Synspective(企業)",
              "description": "衛星データ解析によるソリューション提供および小型SAR(合成開口レーダー)衛星の開発・運用を行う日本の宇宙スタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 477551,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          },
          {
            "postId": 477551,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477478,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 477478,
        "slug": "2022-03-28-pixxel-takes-orbital-imagery-hyperspectral-with-25m-a-round",
        "createdAt": "2022-03-29T01:15:20.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T00:46:00.000Z",
        "title": "ハイパースペクトル衛星画像提供するPixxel、衛星コンステレーションの打ち上げに向けて約31億円調達",
        "content": "<p>軌道上から撮影する人工衛星画像は、新しい宇宙産業で注目されている分野の1つだが、それには(人間の)目に見えるもの以上のものがある。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.pixxel.space/\" rel=\"noopener\">Pixxel</a>(ピクセル)は、地球のハイパースペクトル画像を提供する衛星コンステレーションの打ち上げに向け2500万ドル(約31億円)を調達した。ハイパースペクトル画像は、通常のカメラでは見えないあらゆる種の細部を明らかにすることができる、より広いスライスの電磁スペクトルだ。</p>\n<p>基本的に、地球を数キロ上空から見下ろすことができるということは、あらゆる可能性を提供する。しかし、研究室では基本的なデジタルカメラ以上のものが必要なのと同じように、軌道上の画像もまた基本的なもの以上が必要だ。</p>\n<p>研究室でよく見かける別のツールが分光器だ。これは、物体や物質に放射線を当て、どの周波数がどれだけ吸収されたか、あるいは反射されたかを記録するものだ。すべての物には異なるスペクトルの特徴があり、例えば同じ鉱物の2つのタイプなど、密接に関連した物質であっても互いに区別することができる。</p>\n<p>ハイパースペクトル画像は、これと同様の処理をカメラで行ったもので、宇宙からこれを行うことで、1枚の画像から地域全体のスペクトルの特徴を見つけることができる。米航空宇宙局(NASA)などの機関は、惑星観測のためにハイパースペクトルを使用しているが、Pixxelはこれまでの研究を基に、ハイパースペクトルをオンデマンドで提供する人工衛星コンステレーションを打ち上げようとしている。</p>\n<div id=\"attachment_477480\" style=\"width: 410px\" class=\"wp-caption alignright\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477480\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477480\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?w=300\" alt=\"\" width=\"400\" height=\"400\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=150,150 150w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=300,300 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=400,400 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=738,738 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=360,360 360w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=380,380 380w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=220,220 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=172,172 172w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=125,125 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=60,60 60w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=552,552 552w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=367,367 367w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=32,32 32w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=50,50 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=64,64 64w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=96,96 96w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=128,128 128w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=80,80 80w\" sizes=\"(max-width: 400px) 100vw, 400px\" /><p id=\"caption-attachment-477480\" class=\"wp-caption-text\">Pixxelの衛星のCGレンダリング画像</p></div>\n<p>創業者でCEOのAwais Ahmed(アウェイス・アーメッド)氏は、他の新興の宇宙産業と同様、小型化の技術力と頻繁かつ安価な打ち上げの組み合わせが、このビジネスを可能にしたと語る。アーメッド氏は、NASAのおかげであることを率直に認めたが、Pixxelは税金で開発された技術を単に再利用しているわけではない。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nas.nasa.gov/SC21/research/project26.html\" rel=\"noopener\">EO-1ミッションとHyperionハイパースペクトルデータセット</a>を初期の市場調査だと考えてもいい。</p>\n<p>「Hyperionの解像度は約30メートル(1ピクセルあたり)ほどで、科学的な目的には最適です。しかし、5メートル程度まで下げないと、私たちがやっていることには意味がありません」とアーメッド氏は説明した。</p>\n<p>Pixxelの衛星コンステレーションは、2022年後半の打ち上げ時には6機と決して多くはないが、約48時間ごとに地球の大部分で5メートルの解像度を提供できるようになる。すでに試験衛星がサンプル画像を送っており、来月には第2世代の衛星が打ち上げられる予定だ。量産型はより大きく、撮影画像の質と量を向上させるべくより多くの機器が内蔵されている。</p>\n<p>アーメッド氏によると、テスト衛星から送られてくる画像だけでなく、最終的に提供されるデータに対して、すでに数十の顧客を抱えているとのことだ。これらの企業は、農業、鉱業、石油・ガス産業など、広大な土地の定期的な調査が事業にとって重要である場合が多い。</p>\n<p>5メートルの解像度は、小さなスケールでは失われたり平均化されたりしてしまうような地形を捉えるのに有効だ。大陸をマッピングするのであれば、30メートルの解像度はやりすぎだが、湖の縁に有害な化学物質がないか、田畑が乾燥状態かどうかをチェックするのであれば、できる限り正確に把握したいと考えるだろう。</p>\n<div id=\"attachment_477481\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477481\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477481 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp 1057w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477481\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Pixxel</p></div>\n<p>ハイパースペクトル画像では、可視光線がメタンなどの排出物を通過したり、まったく異なる物質が同じような色に見えることから、より多くのことを明らかにすることができる。湖の端が黒く変色している場合、それは藻類か水面下の棚かそれとも工業製品の流出か、「青」と「紺」だけだと判断が難しい。しかし、ハイパースペクトル画像は、はるかに多くのスペクトルをカバーしていて、人間には直感的に理解しがたい豊かな画像を生成する。鳥や蜂が紫外線を見ることで世界の見え方が変わるように、1900ナノメートルの波長を見ることができれば、世界がどのように見えるのか、我々には想像するのは難しい。</p>\n<p>このスケールを示す簡単な例として、NASAが提供するこのチャートは、3つの鉱物の波長0〜3000ナノメートルのスペクトルの特徴を示している。</p>\n<div id=\"attachment_477482\" style=\"width: 539px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477482\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477482 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp?w=529\" alt=\"\" width=\"529\" height=\"184\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp 529w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp?resize=300,104 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp?resize=400,139 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp?resize=220,77 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp?resize=281,98 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp?resize=250,87 250w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp?resize=125,43 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp?resize=50,17 50w\" sizes=\"(max-width: 529px) 100vw, 529px\" /><p id=\"caption-attachment-477482\" class=\"wp-caption-text\">Robert Simmon / NASA</p></div>\n<p>見てわかるとおり、テーブルはたくさんのことを意味している。</p>\n<p>「何百もの色を使って遊ぶことができるのです。特定の栄養素を含む土壌で、それが飽和状態なのか、そうでないのか見るのに役立ちます。ハイパースペクトル画像では、こうしたことが滑らかなスペクトルのわずかな変化として表れます。しかし、RGBでは目に見えません」とアーメッド氏は話した。</p>\n<p>Pixxelのセンサーは、通常のカメラが赤、青、緑の3色しかとらえられないスペクトルを、数百の「スライス」として収集する。衛星はさらに有用なスライスをいくつか持っており、マルチスペクトル画像と呼ばれるものを作成している。しかし、何十、何百ものスライスを組み合わせると、より複雑で特性を伝える画像を得ることができる。上のチャートでは、スライスの数が多いほど、カーブの精度が高くなり、より正確である可能性が高いことを意味する。</p>\n<p>軌道からのハイパースペクトル画像を追求している企業は他にもあるが、現在データを送信している稼働中の衛星を打ち上げた企業はなく、Pixxelが行っている5メートルの解像度とスペクトルスライスの範囲を達成した企業もない。そのため、この分野ではいずれ競争が起こるだろうが、Pixxelのコンステレーションは先陣を切ることになりそうだ。</p>\n<p>「当社のデータの質は最高です。しかも、より安価な方法でそれを実現しています」とアーメッド氏は話す。「最初のコンステレーションを通じて資金を完全に調達しています」。</p>\n<p>2500万ドルのシリーズAはRadical Venturesがリードし、Jordan Noone、Seraphim Space Investment Trust Plc、Lightspeed Partners、Blume Ventures、Sparta LLCが参加した。</p>\n<p>調達した資金はもちろん衛星の製作と打ち上げに使われるが、顧客がゼロからハイパースペクトル分析スタックを構築する必要がないよう、Pixxelはソフトウェアプラットフォームにも取り組んでいる。今あるものを再利用するだけではダメだ。このようなデータは文字通りこれまでなかったものだ。そこでPixxelは「モデルや分析を組み込んだ汎用的なプラットフォーム」を構築しているのだと、アーメッド氏は語った。しかし、まだ公にできる段階ではない。</p>\n<p>宇宙関連に付き物の不確実性にもよるが、Pixxelは2023年の第1四半期か第2四半期の運用開始が見込まれている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Pixxel</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/pixxel-takes-orbital-imagery-hyperspectral-with-25m-a-round/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Pixxel.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477478,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477478,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477478,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477478,
            "tagId": 692509444,
            "tag": {
              "id": 692509444,
              "slug": "pixxel",
              "name": "Pixxel(企業)",
              "description": "2020年後半にインド初の地球観測衛星の打ち上げを目指すバンガロールを拠点とするスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 477478,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          },
          {
            "postId": 477478,
            "tagId": 692516874,
            "tag": {
              "id": 692516874,
              "slug": "satellite-imaging",
              "name": "衛星画像(用語)",
              "description": "衛星画像に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477478,
            "tagId": 692516875,
            "tag": {
              "id": 692516875,
              "slug": "hyperspectral-imaging",
              "name": "ハイパースペクトルイメージング(用語)",
              "description": "さまざまな波長において波長の違いを識別する能力で対象物の反射光を撮影し、可視化する技術。"
            }
          },
          {
            "postId": 477478,
            "tagId": 692517616,
            "tag": {
              "id": 692517616,
              "slug": "%e8%a1%9b%e6%98%9f",
              "name": "衛星",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477541,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 477541,
        "slug": "arkedgespacefundraising",
        "createdAt": "2022-03-29T00:42:30.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T00:42:30.000Z",
        "title": "衛星コンステレーション構築を目指すアークエッジ・スペースがシリーズA追加クローズとして約6.3億円調達",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-477543\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?w=1024\" alt=\"衛星コンステレーション構築を目指すアークエッジ・スペースがシリーズA追加クローズとして約6.3億円調達\" width=\"1024\" height=\"542\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=300,159 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=768,407 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=1024,542 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=1536,813 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=755,400 755w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=400,212 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=738,391 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=640,339 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=220,116 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=281,149 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=236,125 236w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=125,66 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=113,60 113w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=1042,552 1042w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=600,318 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" />超小型衛星の開発・運用などを手がける<a target=\"_blank\" href=\"https://arkedgespace.com/\" rel=\"noopener\">アークエッジ・スペース</a>は3月29日、シリーズA追加クローズとして6億3500万円を調達したと発表した。引受先は、新規株主のスパークス・イノベーション・フォー・フューチャー、シンガポールのPavilion Capital、既存株主のインキュベイトファンド、三井住友海上キャピタル。</p>\n<p>同社は、シリーズAラウンドとして、リード・インベスターのインキュベイトファンド、またリアルテックファンド、三井住友海上キャピタルを引受先として、約17億円の調達を2022年1月に実施している。シリーズAラウンドにおける調達額は累計23億円となった。シードラウンドからこれまでに調達した資金調達は累計総額で約27億円となっている。</p>\n<p>今回の調達した資金は、採用などにより衛星開発体制の構築・強化を加速させ、すでに着手しているSDGs対応向けのIoT通信、地球観測、海洋VDES衛星などの6U衛星コンステレーションの構築を確実に実現する。また2025年をめどに、月面活動にむけた衛星コンステレーション構築に必要となる超小型衛星の開発・実証に取り組む。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-477544\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?w=1024\" alt=\"衛星コンステレーション構築を目指すアークエッジ・スペースがシリーズA追加クローズとして約6.3億円調達\" width=\"1024\" height=\"550\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg 1200w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=300,161 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=768,413 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=1024,550 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=744,400 744w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=400,215 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=738,397 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=640,344 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=220,118 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=281,151 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=233,125 233w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=125,67 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=112,60 112w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=1027,552 1027w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=600,323 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=50,27 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477541,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477541,
            "tagId": 4701,
            "tag": {
              "id": 4701,
              "slug": "moon",
              "name": "月(用語)",
              "description": "月に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477541,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477541,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477541,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          },
          {
            "postId": 477541,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477541,
            "tagId": 692516791,
            "tag": {
              "id": 692516791,
              "slug": "arkedgespace",
              "name": "アークエッジ・スペース(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477389,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 477389,
        "slug": "kosen-1-first-experiment-in-space",
        "createdAt": "2022-03-28T02:10:41.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T02:10:41.000Z",
        "title": "高専10校が共同開発した人工衛星「KOSEN-1」で初の宇宙技術実証に成功、Raspberry Pi CM1を衛星の心臓部に採用",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-477400\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?w=1024\" alt=\"高専10校が共同開発した人工衛星「KOSEN-1」で初の宇宙技術実証に成功、Raspberry Pi CM1を衛星の心臓部に採用\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-001.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><a target=\"_blank\" href=\"https://www.kochi-ct.ac.jp/\" rel=\"noopener\">高知工業専門学校</a>(高知高専)を中心とする10校の高専が開発した超小型人工衛星「KOSEN-1」が、市販のLinuxマイコンボード「Raspberry Pi Compute Module 1」(CM1)を衛星の制御に使うオンボードコンピューター(OBC)として常時運用するという宇宙技術実証に成功した。</p>\n<p>KOSEN-1は、10センチ四方の立方体を2つ重ねた大きさで、重量は2.6kgという超小型人工衛星(2Uキューブサット。サイズ10×10×23cm)。以下に挙げる10校が共同で開発した、木星が放射する自然電波の観測のための最新技術の実証を目的とした木星電波観測技術実証衛星だ。2018年にJAXAの革新的衛星技術実証2号機の実証テーマに選定され、50名以上の高専生が参加して2年半をかけて開発。2021年11月、JAXAのイプシロンロケット5号機で打ち上げられた。</p>\n<h3>開発参加校</h3>\n<p>・<a target=\"_blank\" href=\"https://www.kochi-ct.ac.jp/\" rel=\"noopener\">高知高専</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gunma-ct.ac.jp/\" rel=\"noopener\">群馬高専</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tokuyama.ac.jp/\" rel=\"noopener\">徳山高専</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gifu-nct.ac.jp/\" rel=\"noopener\">岐阜高専</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"https://www.kagawa-nct.ac.jp/\" rel=\"noopener\">香川高専</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"https://www.yonago-k.ac.jp/\" rel=\"noopener\">米子高専</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"https://www.niihama-nct.ac.jp/\" rel=\"noopener\">新居浜高専</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"https://www.akashi.ac.jp/\" rel=\"noopener\">明石高専</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"https://www.kagoshima-ct.ac.jp/\" rel=\"noopener\">鹿児島高専</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tomakomai-ct.ac.jp/\" rel=\"noopener\">苫小牧高専</a></p>\n<p>今回実証に成功したのは、超小型で省電力な市販のLinuxマイコンボード「Raspberry Pi Compute Module 1」(CM1)を衛星の心臓部となるOBCに使い、宇宙で運用するというもの。このOBCと連動したカメラによる地球の写真撮影にも成功した。</p>\n<div id=\"attachment_477390\" style=\"width: 802px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477390\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477390 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/main-7.jpg?w=792\" alt=\"\" width=\"792\" height=\"972\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/main-7.jpg 792w, /wp-content/uploads/2022/03/main-7.jpg?resize=244,300 244w, /wp-content/uploads/2022/03/main-7.jpg?resize=768,943 768w, /wp-content/uploads/2022/03/main-7.jpg?resize=326,400 326w, /wp-content/uploads/2022/03/main-7.jpg?resize=400,491 400w, /wp-content/uploads/2022/03/main-7.jpg?resize=738,906 738w, /wp-content/uploads/2022/03/main-7.jpg?resize=293,360 293w, /wp-content/uploads/2022/03/main-7.jpg?resize=179,220 179w, /wp-content/uploads/2022/03/main-7.jpg?resize=140,172 140w, /wp-content/uploads/2022/03/main-7.jpg?resize=102,125 102w, /wp-content/uploads/2022/03/main-7.jpg?resize=49,60 49w, /wp-content/uploads/2022/03/main-7.jpg?resize=450,552 450w, /wp-content/uploads/2022/03/main-7.jpg?resize=299,367 299w, /wp-content/uploads/2022/03/main-7.jpg?resize=41,50 41w\" sizes=\"(max-width: 792px) 100vw, 792px\" /><p id=\"caption-attachment-477390\" class=\"wp-caption-text\">KOSEN-1から撮影された地球</p></div>\n<p>CM1のプログラムには、プログラミング言語Pythonを利用しているという。そのCM1とPythonの組み合わせには、いくつもの利点がある。まずはCM1のOSがオープンソースソフトウェアのLinuxで、OS本体だけでなくソフトウェアなどの膨大なリソースが自由に使えること。CM1は安価な市販のマイコンボードなので、ハードウェアのシミュレーションが容易に行えること。さらに、やはりオープンソースのプログラミング言語Pythonを使うため、インターネットで共有しながらプログラム開発が行えること。これらにより、多くの高専生が参加する画期的な「分散型OBCソフト開発」が実現できた。</p>\n<div id=\"attachment_477392\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477392\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477392 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg 3128w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=2048,1536 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477392\" class=\"wp-caption-text\">OBCに使用された「Raspberry Pi Compute Module 1」</p></div>\n<p>今後KOSEN-1では、「デュアルリアクションホイールによる超高精度姿勢制御」と「木星電波観測用6.6m長ダイポールアンテナ展開技術」の実証を宇宙で行うことにしている。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477389,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477389,
            "tagId": 25,
            "tag": {
              "id": 25,
              "slug": "open-source",
              "name": "オープンソース / Open Source(用語)",
              "description": "オープンソースに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477389,
            "tagId": 610,
            "tag": {
              "id": 610,
              "slug": "linux",
              "name": "Linux(製品・サービス)",
              "description": "狭義にはLinuxカーネル、広義にはそれをカーネルとして用いたOS。"
            }
          },
          {
            "postId": 477389,
            "tagId": 832,
            "tag": {
              "id": 832,
              "slug": "python",
              "name": "Python(製品・サービス)",
              "description": "グイド・ヴァン・ロッサム氏が開発したプログラミング言語。"
            }
          },
          {
            "postId": 477389,
            "tagId": 49695267,
            "tag": {
              "id": 49695267,
              "slug": "raspberry-pi",
              "name": "Raspberry Pi(組織・製品)",
              "description": "英国のラズベリーパイ財団で開発されているArmプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータ。"
            }
          },
          {
            "postId": 477389,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477389,
            "tagId": 366276136,
            "tag": {
              "id": 366276136,
              "slug": "jaxa",
              "name": "JAXA / 宇宙航空研究開発機構(組織)",
              "description": "J宇宙航空研究開発機構。日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。"
            }
          },
          {
            "postId": 477389,
            "tagId": 692514706,
            "tag": {
              "id": 692514706,
              "slug": "national-institute-of-technology-kochi-college",
              "name": "高知高専 / 高知工業高等専門学校(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477356,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 477356,
        "slug": "2022-03-25-spacex-northrop-grumman-to-resupply-the-iss-through-2026",
        "createdAt": "2022-03-27T23:15:25.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-27T23:03:18.000Z",
        "title": "SpaceXとノースロップ・グラマンが2026年までISSへの商業補給サービスを行うことに",
        "content": "<p>NASAがSpaceX(スペースX)に新たな注文を出した。</p>\n<p>同局は米国時間3月23日、商業補給サービス2(CRS-2)契約に基づく補給ミッション6件を、SpaceXに追加発注したと発表した。</p>\n<p>NASAは、ISS(国際宇宙ステーション)への補給サービスを請け負うもう1つの主要プロバイダーで、航空宇宙産業の主要企業であるNorthrop Grumman(ノースロップ・グラマン)にも、さらに6つのミッションを発注している。</p>\n<p>NASAは2016年、SpaceXとノースロップの両社に、2024年までの商業補給契約を付与した。3番目に選ばれたサプライヤーはSierra Nevada Corporation(シエラ・ネヴァダ・コーポレーション)だ。CRS-2では、各サプライヤーに最低6回のミッションを保証し、さらにNASAが必要に応じて追加ミッションを発注するオプションが設けられている。3社が獲得した契約の潜在的最大値はそれぞれ140億ドル(約1兆7000億円)だが、NASAが支払う最終的な金額は発注数によって異なると、同局は述べていた。</p>\n<p>今回の受注によって、CRS-2のミッションは、ノースロップが14ミッション、SpaceXが15ミッション、シエラ・ネヴァダが3ミッションとなり、合計32ミッションとなった。</p>\n<p>現在までに、SpaceXはこのようなフライトにかなり慣れている。同社は以前のCRS契約であるCRS-1で、20の補給ミッションを完了させた。<a target=\"_blank\" href=\"https://oig.nasa.gov/docs/IG-18-016.pdf\" rel=\"noopener\">NASAの監察官によると</a>、これらのミッションのためにSpaceXに支払われた総額は30億4000万ドル(約3700億円)で、1ミッションあたり約1億5200万ドル(約185億円)になるという。</p>\n<p>SpaceXは、同社の「Dragon(ドラゴン)」宇宙貨物船と「Falcon 9(ファルコン9)」ロケットを使ってISSに物資を届けており、2012年にISSへの最初の補給ミッションを実施して以来、これを続けている。地球を出発した後、Dragon貨物船はISSとランデブーし、自律的にステーションにドッキングする。</p>\n<p>SpaceXは、貨物船のDragonをベースにした有人宇宙船「Crew Dragon(クルー・ドラゴン)」を使って、ISSへの商業乗員輸送サービスも提供している。</p>\n<p><small>画像クレジット:SpaceX</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/25/spacex-northrop-grumman-to-resupply-the-iss-through-2026/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/dragon-separation.gif",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477356,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477356,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 477356,
            "tagId": 186334,
            "tag": {
              "id": 186334,
              "slug": "iss",
              "name": "ISS / 国際宇宙ステーション(用語)",
              "description": "ISS / 国際宇宙ステーションに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477356,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 477356,
            "tagId": 681520210,
            "tag": {
              "id": 681520210,
              "slug": "northrop-grumman",
              "name": "Northrop Grumman / ノースロップ・グラマン(企業)",
              "description": "戦闘機、軍用輸送機、人工衛星、ミサイル、軍艦などを製造する米国の軍需メーカー。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476977,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 476977,
        "slug": "2022-03-23-nasa-is-looking-for-a-second-company-to-develop-a-human-moon-lander-alongside-spacex",
        "createdAt": "2022-03-24T02:30:37.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T01:51:00.000Z",
        "title": "NASAがSpaceXと並んで有人月着陸船を開発する第2の企業を募集",
        "content": "<p>NASAは、企業に月着陸船を送り込む新たなチャンスを与える計画を発表した。SpaceXがBlue Origin、Boeing(ボーイング)らのライバルを破ってから1年近く後のことだ。</p>\n<p>新しい計画の下、NASAは着陸システムの2度目の競争入札を、SpaceXを除く全米国企業に開放する。第2の着陸船の打ち上げは2026年または2027年を目標にしている。Sustaining Lunar Development(持続的月開発)契約と呼ばれるこの2回目の競争の勝者は、SpaceXとともに「月面に立つ宇宙飛行士のための将来の繰り返し可能な月輸送サービスへの道を開く」とNASAは言っている。</p>\n<p>これは競争参加者にとって良いニュースであるだけではない。同局はさらに、既存のSpaceXとの契約を拡大し、もう1機の着陸船を製作する計画も発表した。2020年代後半に、無人および友人のデモンストレーション飛行ミッションを実施する。</p>\n<p>NASAの3月23日の発表は、アポロ計画以来初めて人類を月に送り出す同局による一連のミッションであるArtemis(アルテミス)プログラムの大がかりな拡張だ。</p>\n<p>これは、大きな方向転換でもある。NASAは<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-04-16-spacex-wins-nasa-contract-to-develop-human-landing-system-for-returning-to-the-moon/\" rel=\"noopener\">2021年4月にSpaceX</a>と28億9000万ドル(約3500億円)の単独契約を結んだ後、民間産業、議会の両方から集中砲火を浴び、Blue Originが<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-11-04-federal-judge-quashes-bezos-lawsuit-against-nasa-over-spacex-contract/\" rel=\"noopener\">連邦裁判所</a>でNASAを訴えるところまできている(これは、Blue Originと防衛契約業者のDynetics[ダイネティクス]が、政府説明責任局とともに、異議を唱え、<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-08-10-feds-dismantle-blue-origin-and-dynetics-protests-of-nasas-spacex-lunar-lander-award/\" rel=\"noopener\">後に棄却された</a>あとのことだ)。しかし今回、NASAのBill Nelson(ビル・ネルソン)長官は、同局が重視するのは競争を育てることだけだと発言した。</p>\n<p>「NASAそして議会も、競争はより優れたより信頼性の高い結果と全員にとっての利益を生むと考えています」と同氏は述べた。「それはNASAの利益であり、米国民の利益です。これは間違いなく、競争が生み出す利益です」。</p>\n<p>同局は3月末に暫定提案依頼を公開する、と月着陸プログラム責任者のLisa Watson-Morgan(リサ・ワトソン=モーガン)氏が23日に記者団に語った。これには今春末の最終提案依頼が続き、SpaceXを除くすべての米国企業に参加資格がある。</p>\n<p>これまでNASAは、費用がいくらになるのかについて、固定金額契約になること以外は口をつぐんでいる。これは重要であり、なぜなら同局は2021年の月着陸システムの契約に1社のみを選んだ理由の1つは予算の制約のためだとしているからだ。契約金額の詳細は、来週バイデン大統領が会計2023年度予算を発表したあと明らかにされる、とネルソン長官は付け加えた。</p>\n<p>「私たちは議会およびバイデン政権両方の支持を得られることを期待しています」と同氏は語った。</p>\n<p><strong>更新:</strong>Blue Originの広報担当者はTechCrunchに次のように語った「Blue Originは競争に参加する準備が整っており、今後もArtemis計画の成功に全力を注いでいきます。当社はNASAと協力して、できるだけ早い月への帰還という米国の目標を達成するために努力していきます」。</p>\n<p><small>画像クレジット:</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/nasa-is-looking-for-a-second-company-to-develop-a-human-moon-lander-alongside-spacex/\" rel=\"noopener noreferrer\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a> )</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/hls-eva-apr2020.jpg",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476977,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476977,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 476977,
            "tagId": 4701,
            "tag": {
              "id": 4701,
              "slug": "moon",
              "name": "月(用語)",
              "description": "月に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476977,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 476977,
            "tagId": 728166,
            "tag": {
              "id": 728166,
              "slug": "blue-origin",
              "name": "Blue Origin(企業)",
              "description": "Amazon.comの設立者であるジェフ・ベゾスが設立した航空宇宙企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476977,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476977,
            "tagId": 366276530,
            "tag": {
              "id": 366276530,
              "slug": "astronaut",
              "name": "宇宙飛行士(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476977,
            "tagId": 674897814,
            "tag": {
              "id": 674897814,
              "slug": "manned-space-flight",
              "name": "有人宇宙飛行(用語)",
              "description": "有人宇宙飛行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476977,
            "tagId": 692507767,
            "tag": {
              "id": 692507767,
              "slug": "artemis-program",
              "name": "アルテミス計画 / Artemis Program(用語)",
              "description": "2024年までに有人宇宙飛行(月面着陸)を目標とした米国政府が出資する計画。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476920,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 476920,
        "slug": "2022-03-23-spacexs-starlink-prices-are-going-up-across-the-board",
        "createdAt": "2022-03-24T00:00:09.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T23:29:13.000Z",
        "title": "SpaceX、Starlinkのハードウェアとサービス料金を全面的に値上げ",
        "content": "<p>SpaceX(スペースエックス)は、Starlink(スターリンク)のハードウェアキット自体の価格とサービス月額料金を含め、値上げを実施する。キットの価格はすでに予約している場合でも上昇するが、新規注文ではさらに跳ね上がる。</p>\n<p>Starlinkのハードウェアは、予約に対して50ドル(約6000円)追加され、価格は499ドル(約6万円)から549ドル(約6万6000円)になる。まだ予約していない人はStarlink受信アンテナ、モデム、ルーターを含むキットに599ドル(約7万2000円)払うことになる。サービス月額料金は99ドル(約1万2000円)から110ドル(約1万3000円)へと11ドル(約1300円)アップする。ここに記載している価格はすべて米国の料金だが、その他の地域でも値上げされる。</p>\n<p>SpaceXは、新しい料金体系の背景にはインフレがあるとしている。「この価格調整の唯一の目的は、インフレ率上昇に対応することです」と既存顧客に送った電子メールには書かれている。同社はまた、サービスを利用して1年未満の顧客がハードウェアの返品をともなう解約をした場合、200ドル(約2万4000円)返金し、30日以内であれば全額返金するとしている。</p>\n<p>電子メールでは、Starlinkが打ち上げ以来、軌道上衛星の数を3倍に、接続を中継する地上局の数を4倍に増やすなど、インフラを大幅に拡張したことも指摘されている。</p>\n<p>経済状況の変化で製品の予約に対しても価格を引き上げる企業はSpaceXが初めてではない。Rivian(リビアン)は<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/03/rivian-ceo-walks-back-price-hike-for-any-customers-who-pre-ordered-before-march-1/\" rel=\"noopener\">2022年3月初めに予約者向けに価格を戻す前に、電気自動車R1TとR1Sの大幅な値上げを発表した。</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Starlink</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/spacexs-starlink-prices-are-going-up-across-the-board/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Darrell Etherington、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Starlink.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476920,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476920,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 476920,
            "tagId": 366279954,
            "tag": {
              "id": 366279954,
              "slug": "starlink",
              "name": "Starlink / スターリンク(製品・サービス)",
              "description": "スターリンクは、スペースXが開発を進めている衛星コンステレーション計画。"
            }
          },
          {
            "postId": 476920,
            "tagId": 692514986,
            "tag": {
              "id": 692514986,
              "slug": "satellite-communication",
              "name": "衛星通信 / 衛星インターネットアクセス(用語)",
              "description": "衛星通信に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476920,
            "tagId": 692516958,
            "tag": {
              "id": 692516958,
              "slug": "inflation",
              "name": "インフレーション(用語)",
              "description": "インフレーションに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476835,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 476835,
        "slug": "amphibious-autonomous-ship-experiment",
        "createdAt": "2022-03-23T12:35:09.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T12:35:09.000Z",
        "title": "ポーラ・オルビスとANAによるCosmoSkinプロジェクトが開発中のスキンケア化粧品、JAXAの生活用品アイデア募集に選定",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.po-holdings.co.jp/\" rel=\"noopener\">ポーラ・オルビスホールディングス</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.ana.co.jp/group/\" rel=\"noopener\">ANAホールディングス</a>は3月22日、JAXAの「<a target=\"_blank\" href=\"https://humans-in-space.jaxa.jp/biz-lab/news/detail/002031.html\" rel=\"noopener\">第2回宇宙生活/地上生活に共通する課題を解決する生活用品アイデア募集</a>」において、両社が「CosmoSkin」(コスモスキン)プロジェクトとして開発している宇宙で使えるスキンケア化粧品が選定されたと発表した。国際宇宙ステーション(ISS)の搭載を目指し、開発を進めるとのこと。</p>\n<p>CosmoSkinで開発されているのは、宇宙船内の特殊な環境を想定したスキンケア製品。極度に乾燥していること、水が貴重であること、微小重量といった環境に対応するために、スキンケア製品にはこれまでにない機能性や使用法が求められるという。宇宙の生活では、全身にさまざまな変化が起き、精神的な健康の維持も重要になる。そのため、肌を美しく保つ機能だけでなく、「スキンケア行為を通して心も健やかに保つ体験価値」の追究を目指す。</p>\n<p>また、資源が極端に限られ、ゴミを最小限にしなければならないといった制約に合わせて技術開発を行えば、それがそのまま地上でのサステナビリティー向上にもつながるとポーラ・オルビスホールディングスは話す。</p>\n<p>両社は、それぞれ宇宙に目を向けている。ポーラ・オルビスホールディングスは、2018年に化粧品の枠を超えた新価値創出のための「マルチプルインテリジェンスリサーチセンター」(MIRC)を発足し、宇宙への取り組みを開始した。2020年からは、JAXAが推進する宇宙生活の課題から宇宙と地上双方の暮らしをより良くするビジネス創出プラットフォーム「THINK SPACE LIFE」での活動を開始している。</p>\n<p>ANAホールディングスは、2018年に宇宙事業化プロジェクトを発足し、衛星データ活用事業、宇宙物資輸送事業、宇宙旅行事業といった宇宙事業の検討を開始している。</p>\n<p>CosmoSkinでは、ポーラ・オルビスホールディングスが「肌の知見や製剤技術を活かし宇宙ライフに適した化粧品の研究開発」と、ANAホールディングスが「地上よりも宇宙環境に近いとされる航空機内を実証実験の場として提供」することになっている。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-010-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476835,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476835,
            "tagId": 186334,
            "tag": {
              "id": 186334,
              "slug": "iss",
              "name": "ISS / 国際宇宙ステーション(用語)",
              "description": "ISS / 国際宇宙ステーションに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476835,
            "tagId": 366271828,
            "tag": {
              "id": 366271828,
              "slug": "beauty",
              "name": "美容(用語)",
              "description": "美容に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476835,
            "tagId": 366276136,
            "tag": {
              "id": 366276136,
              "slug": "jaxa",
              "name": "JAXA / 宇宙航空研究開発機構(組織)",
              "description": "J宇宙航空研究開発機構。日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。"
            }
          },
          {
            "postId": 476835,
            "tagId": 681519617,
            "tag": {
              "id": 681519617,
              "slug": "makeup",
              "name": "メイクアップ / 化粧(用語)",
              "description": "メイクアップ / 化粧に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476835,
            "tagId": 681521128,
            "tag": {
              "id": 681521128,
              "slug": "wellness",
              "name": "ウェルネス / メンタルウェルネス / マインドウェルネス(用語)",
              "description": "ウェルネス / メンタルウェルネス / マインドウェルネスに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476835,
            "tagId": 692508598,
            "tag": {
              "id": 692508598,
              "slug": "ana",
              "name": "ANA / 全日本空輸(企業)",
              "description": "ANA(全日本空輸)は、日本の国内規模最大の航空会社。"
            }
          },
          {
            "postId": 476835,
            "tagId": 692509839,
            "tag": {
              "id": 692509839,
              "slug": "%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%ab%e3%83%93%e3%82%b9%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9",
              "name": "ポーラ・オルビスホールディングス",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476724,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 476724,
        "slug": "2022-03-21-french-aerospace-company-gama-raises-2m-to-develop-a-solar-sail-spacecraft",
        "createdAt": "2022-03-23T00:15:51.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-22T23:30:01.000Z",
        "title": "フランスの航空宇宙企業Gamaが太陽帆宇宙船開発のために約2.4億円を調達",
        "content": "<p>地球の洋上で海風がヨットを推進するように、太陽放射が宇宙船を星から星まで推進する日が来るかもしれない。少なくとも、フランスのスタートアップ企業である<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gamaspace.com/\" rel=\"noopener\">Gama</a>(ガマ)はそう期待している。</p>\n<p>2020年にLouis de Gouyon Matignon(ルイ・ド・グヨン・マティニョン)氏、Thibaud Elziere(ティボー・エルジエール)氏、Andrew Nutter(アンドリュー・ナッター)氏が設立したこの航空宇宙企業は、宇宙船の推進手段として光を利用した低コストのソーラーセイル(太陽帆)を開発することを目標としている。同社はフランス公共投資銀行(BPI)、フランス宇宙庁(CNES)、エンジェル投資家から200万ドル(約2億4000万円)の資金を集め、10月にその技術を宇宙で実証することになっている。このミッションでは、SpaceX(スペースX)のFalcon 9(ファルコン9)ロケットでキューブサット(小型人工衛星)を打ち上げ、高度550キロメートルで73.3平方メートルのソーラーセイルを展開する予定だ。</p>\n<p>「地上でも多くのことをテストできますが、このような大きさの展開テストは、宇宙の無重力の中でしかできません」と、ナッター氏はTechCrunchに語った(このソーラーセイルは1辺が10メートル近い大きさになるはずだ)。</p>\n<p>ソーラーセイルは決して新しい発明ではない。1608年に天文学者Johannes Kepler(ヨハネス・ケプラー)が、天文学者仲間のGalileo Galilei(ガリレオ・ガリレイ)に宛てた手紙の中で、初めて理論化した。しかし、ソーラーセイルの展開に初めて成功したのは、2010年になってからのこと。日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した宇宙ヨット「<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2010/06/18/ikaros-photos-of-solar-powered-space-yacht-in-outer-space/\" rel=\"noopener\">IKAROS</a>(イカロス)」がそれだ。同年、NASAが「NanoSail-D(ナノセイルD)」を打ち上げ、2019年には非営利宇宙支援団体のPlanetary Society(惑星協会)が「LightSail 2(ライトセイル2号)」の試験を成功させた。</p>\n<p>現在はGama以外にも複数の組織が、新たなソーラーセイルミッションを開発している。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/04/29/nasa-will-test-a-new-spacecraft-solar-sail-using-a-nanoavionics-satellite/\" rel=\"noopener\">NASAのAdvanced Composite Solar Sail System</a>(ACS3、先進複合材料ソーラーセイルシステム)は、イリノイ州のNanoAvionics(ナノアビオニクス)が設計した宇宙機に800平方フィート(約74.3平方メートル)のソーラーセイルとして搭載される予定だ。</p>\n<p>Breakthrough Initiatives(ブレイクスルー・イニシアチブ)の<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2016/04/12/russian-billionaire-yuri-milner-invests-100m-to-send-a-fleet-of-spacecraft-to-alpha-centauri/\" rel=\"noopener\">Breakthrough Starshot</a>(ブレイクスルー・スターショット)プロジェクトでは、1億ドル(約120億円)の資金提供を受け、4.7光年の距離にあるケンタウルス座α星系に、小さなソーラーセイルを取り付けた超小型宇宙機群を送り込むことを計画している。</p>\n<p>Gamaは、これら過去や現在のミッションと2つの点で異なっている。「第一に、Gamaのチームは反復と極めて迅速な展開に努め、多くのソーラーセイルを記録的な速さで打ち上げていく」と、ナッター氏はいう。「第二に、我々は衛星を静かに回転させ、その結果生じる遠心力を利用してセイルを花びら状に展開させます。これによって構造的な重量を軽減し、より大きな面積を展開することができます」。</p>\n<p>最初の打ち上げに先立ち、同社はすでに2回目のミッションを構想している。それはより高い高度で展開し「セイルを操舵できることを実証して、従来の推進技術に代わる信頼性の高い低コストの技術を提供できることを示します」と、ナッター氏は語っている。</p>\n<p>ソーラーセイルは、風を構成する空気分子ではなく、光子を推進力として利用することを除けば、従来の帆とほとんど同じように動作する。光子は質量を持たないが、宇宙空間を移動する時の勢いを、マイラーやポリアミドでできたソーラーセイルという反射面に伝えることで、宇宙船を推進させることができるという仕組みだ。その力はわずかなものだが、真空の宇宙空間ではすぐに累積する。時間はかかるものの、ソーラーセイルで宇宙船を光速の20%まで推進させることができる可能性がある。</p>\n<p>そうすれば、宇宙船に積まなければならない推進剤が不要になり(あるいは、少なくとも量を減らすことができ)、その分の重量を他の用途に使えるようになる。また、ソーラーセイルを使えば、理論的には宇宙船を無限に推進させることができるので、宇宙船の飛行期間を延ばすこともできる。これは、長期の深宇宙ミッションに不可欠な技術であり、それがこの技術のさらなる開発に注目が集まる理由でもある。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gamaspace.com/\" rel=\"noopener\">Gama</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/21/french-aerospace-company-gama-raises-2m-to-develop-a-solar-sail-spacecraft/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Stefanie Waldek、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/gama-solar-sail.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476724,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476724,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476724,
            "tagId": 366273777,
            "tag": {
              "id": 366273777,
              "slug": "france",
              "name": "フランス(国・地域)",
              "description": "フランスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476724,
            "tagId": 681520148,
            "tag": {
              "id": 681520148,
              "slug": "space-ship",
              "name": "宇宙船(用語)",
              "description": "宇宙船に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476692,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 476692,
        "slug": "2022-03-21-nasas-ingenuity-helicopter-will-keep-flying-on-mars-through-at-least-september",
        "createdAt": "2022-03-22T08:15:43.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-22T08:05:41.000Z",
        "title": "NASAが火星ヘリコプターの任務を9月まで延長",
        "content": "<p>火星で多忙な1年を過ごしたNASAのヘリコプター「<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/20/2021-04-19-nasa-makes-history-by-flying-a-helicopter-on-mars-for-the-first-time/\" rel=\"noopener\">Ingenuity</a>(インジェニュイティ、創意工夫という意味)」だが、今後もその勢いが衰えることはなさそうだ。21回の飛行を行った後も、依然として機体は良好な状態にあるため、NASAはその任務を少なくとも9月まで延長することにした。</p>\n<p>Ingenuityは2021年2月18日に、NASAの探査車「<a target=\"_blank\" href=\"/2021/02/19/2021-02-18-perseverance-lands-safely-on-mars-and-sends-back-its-first-images-of-the-surface/\" rel=\"noopener\">Perseverance</a>(パーサヴィアランス、忍耐という意味)」とともに赤い惑星に到着した。その元々のミッションは、単に火星の薄い大気圏でヘリコプターを飛ばす能力を実証することだった。3回の飛行でその技術を証明し、地球以外の惑星における初の動力飛行を達成した後、NASAはIngenuityを運用モードに移行させ、さらに2回の飛行を行った。以来、このヘリコプターは16回の飛行を行い、その能力をさらに試しながら、PerseveranceがJezero(ジェゼロ)クレーターを運航するのを支援した。しかし、今は新しいミッションに取り掛かっている。ジェゼロ川の三角州の探索だ。</p>\n<p>「ジェゼロ川の三角州探査は、火星における初飛行以来、Ingenuityチームが直面する最大の挑戦となるでしょう」と、NASAジェット推進研究所のIngenuityチーム責任者を務めるTeddy Tzanetosの(テディ・ツァネトス)はプレスリリースで述べている。</p>\n<p>この地域は、IngenuityとPerseveranceの両方にとって危険な場所だ。「ギザギザの崖、角度のある地面、突き出た巨礫、砂で満ちたポケット」がたくさんあり、探査車の進路を止めたり、着陸時にヘリコプターをひっくり返す」可能性があると、リリースには述べられている。しかし、これはIngenuityがその偵察能力を証明する大きな機会だ。このヘリコプターによる観測は、Perseveranceがこれから進むべきルートに影響を与えるだけでなく、火星に微生物が生息していた証拠を探し、やがて地球に持ち帰ることができるコアサンプルを採取するという科学ミッションにも関わってくる。さらに、Ingenuityの飛行で得られたデータは、次世代の火星探査機の設計に活かされるだろう。</p>\n<p>「1年近く前には、火星での動力制御飛行が可能かどうかさえ、私たちにはわかりませんでした」と、NASAの科学ミッション本部のThomas Zurbuchen(トーマス・ズルブチェン)副本部長は述べている。「今、私たちはIngenuityがPerseveranceの2回目の科学研究活動に参加することを楽しみにしています」。</p>\n<p>Ingenuityは現在、当初の飛行区域からSéítah(セイタ)と呼ばれる地域を横断し、それからジェゼロ川の三角州を探索するするために、少なくとも3回は必要なフライトの1回目を終えたところだ。次のフライトはいつになるか、現時点では未定となっている。</p>\n<p>「私にとって今度のフライトは、我々の運航日誌への22回目の書き込みとなります」と、NASAジェット推進研究所のチーフパイロットであるHåvard Grip(ホーバード・グリップ)氏は、プレスリリースで語っている。「最初にこのプロジェクトが始まった時、3回も飛べたらラッキー、5回も飛べたら大変な幸運だと思ったのを覚えています。この調子でいけば、2冊目の日誌が必要になりそうです」。</p>\n<p>おそらく、NASAはそれほど驚いていないだろう。同航空宇宙局の火星探査機はすべて、当初のミッション期間を大幅に上回る驚異的な寿命を備えている。時にそれは火星の周期で数千日分にもなるほどだ。Ingenuityもそれに倣っているのは当然のことだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:NASA/JPL-Caltech</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/21/nasas-ingenuity-helicopter-will-keep-flying-on-mars-through-at-least-september/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Stefanie Waldek、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/helicopter-laureate-side-by-side.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476692,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476692,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 476692,
            "tagId": 366273498,
            "tag": {
              "id": 366273498,
              "slug": "mars",
              "name": "火星(用語)",
              "description": "火星に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476692,
            "tagId": 674897834,
            "tag": {
              "id": 674897834,
              "slug": "helicopter",
              "name": "ヘリコプター(用語)",
              "description": "ヘリコプターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476692,
            "tagId": 692508262,
            "tag": {
              "id": 692508262,
              "slug": "ingenuity",
              "name": "Ingenuity / インジェニュイティー(製品・サービス)",
              "description": "火星探査用ヘリコプター型ロボット。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476561,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 476561,
        "slug": "japans-self-defense-forces-established-the-new-space-operations-group",
        "createdAt": "2022-03-22T03:00:15.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T02:32:43.000Z",
        "title": "航空自衛隊「宇宙作戦群」発足、宇宙領域の指揮統制・監視能力を強化しスペースデブリや人工衛星への妨害行為など監視",
        "content": "<div id=\"attachment_476563\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476563\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-476563\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-001.jpg?w=1024\" alt=\"防衛省が航空自衛隊「宇宙作戦群」発足、宇宙領域の指揮統制・監視能力を強化しスペースデブリや人工衛星への妨害行為など監視\" width=\"1024\" height=\"682\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-001.jpg 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-001.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-001.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-001.jpg?resize=601,400 601w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-001.jpg?resize=400,266 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-001.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-001.jpg?resize=541,360 541w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-001.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-001.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-001.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-001.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-001.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-001.jpg?resize=829,552 829w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-001.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-001.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476563\" class=\"wp-caption-text\">Japan Ministry of Defence</p></div>\n<p>3月18日、防衛省は航空自衛隊宇宙作戦隊の能力を強化し、宇宙領域での活動を指揮、統制する「宇宙作戦群」を発足、東京都府中市の府中基地で発足記念行事を開催しました。</p>\n<p>日本政府は防衛力の新しい軸になる分野として宇宙・サイバー・電磁波の3領域を重視しており、17日の<a target=\"_blank\" href=\"https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220317/k10013537521000.html\" rel=\"noopener\">「自衛隊サイバー防衛隊」発足</a>に続いて宇宙分野の能力強化も進めていく方針です。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\">\n<p dir=\"ltr\" lang=\"ja\">【鬼木防衛副大臣の動静】<br />\n3月18日、<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/%E9%AC%BC%E6%9C%A8%E9%98%B2%E8%A1%9B%E5%89%AF%E5%A4%A7%E8%87%A3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#鬼木防衛副大臣</a> は、自衛隊唯一の宇宙領域専門部隊である、<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%87%E5%AE%99%E4%BD%9C%E6%88%A6%E7%BE%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#宇宙作戦群</a> の新編行事に出席し、隊員に <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/%E8%88%AA%E7%A9%BA%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#航空自衛隊</a> の従来の枠を超えて一層大きな飛躍を遂げられるよう、一丸となって任務に邁進してほしい旨を訓示しました。 <a target=\"_blank\" href=\"https://t.co/OGqoj5tCwH\" rel=\"noopener\">pic.twitter.com/OGqoj5tCwH</a></p>\n<p>&#8212; 防衛省・自衛隊 (@ModJapan_jp) <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/ModJapan_jp/status/1504792184834658318?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">March 18, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>宇宙作戦群の拠点は府中基地に置かれ、発足当初は70人という比較的少人数で構成され、本部20人、自衛隊(陸海空)との連携をとる宇宙作戦指揮所運用隊に30人、2020年に設置された既存の宇宙作戦隊20人という編成になります。</p>\n<p>また2022年度には府中基地に装備の維持管理をする「宇宙システム管理隊」を10人編成で設置し、宇宙作戦隊を40人に倍増して「第1宇宙作戦隊」に改名、さらに山口県の航空自衛隊防府北基地に「第2宇宙作戦隊」を新設する予定です。</p>\n<p>第1および第2宇宙作戦隊の役割分担は、主に第1作戦隊が宇宙状況(スペースデブリなど)の監視任務、第2作戦隊は電磁波による日本の人工衛星への妨害行為などの監視にあたるとのこと。現在山口県に建設中の宇宙監視レーダーは第1作戦隊が遠隔で運用します。また、2026年度までに監視用の人工衛星を打ち上げ予定で、レーダーと衛星などを組み合わせた宇宙監視システムを構成するとのこと。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/y1nvqwtJToE?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>近年は世界各国が再び月への有人探査を目指し、火星への進出なども計画される一方で、宇宙空間の監視体制を強化する動きも目立っています。最も話題になったのは<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-27-aehf-6.html\" rel=\"noopener\">米国が2019年に陸・海・空軍および海兵隊などに並ぶ軍種として設置した宇宙軍</a>ですが、2020年にはフランスも空軍の活動領域を宇宙にまで拡大、防衛力強化を目的として「航空宇宙軍」に改名しています。そして日本でも先に述べたとおり2020年に「宇宙領域における部隊運用の検討、宇宙領域の知見を持つ人材の育成、米国との連携体制の構築」を目的とした宇宙作戦隊を編成しており、これが今回の宇宙作戦群発足の基礎になっています。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\">\n<p dir=\"ltr\" lang=\"ja\"><a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/%E9%98%B2%E8%A1%9B%E7%9C%81%E3%83%BB%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#防衛省・自衛隊</a> における宇宙領域の取組は、宇宙作戦隊という小さな部隊からスタートしましたが、着実に体制が構築されてきました。今後も、第2宇宙作戦隊の新編やSSA衛星の整備などが予定されており、一層大きな飛躍を遂げられるよう、引き続き、宇宙領域の能力強化に取り組んでいきます!</p>\n<p>&#8212; 防衛省・自衛隊 (@ModJapan_jp) <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/ModJapan_jp/status/1504792189859405825?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">March 18, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye6008490.html\" rel=\"noopener\">TBS</a>。coverage:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2021/pdf/R03030103.pdf\" rel=\"noopener\">防衛省</a>(PDF)、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/300/462453.html\" rel=\"noopener\">NHK</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/japans-self-defense-forces-established-the-new-space-operations-group-205032886.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-003-indexb.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476561,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476561,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476561,
            "tagId": 366274515,
            "tag": {
              "id": 366274515,
              "slug": "radar",
              "name": "レーダー(用語)",
              "description": "レーダーに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476561,
            "tagId": 692506797,
            "tag": {
              "id": 692506797,
              "slug": "space-debris",
              "name": "スペースデブリ / 宇宙ごみ(用語)",
              "description": "スペースデブリ / 宇宙ごみに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476561,
            "tagId": 692510243,
            "tag": {
              "id": 692510243,
              "slug": "ministry-of-defense",
              "name": "防衛省(組織)",
              "description": "自衛隊の管理、運営、日米安全保障条約に係る事務等を所管する日本の行政機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 476561,
            "tagId": 692510375,
            "tag": {
              "id": 692510375,
              "slug": "ussf",
              "name": "米宇宙軍 / USSF(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476561,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476561,
            "tagId": 692517569,
            "tag": {
              "id": 692517569,
              "slug": "japan-air-self-defense-force",
              "name": "航空自衛隊 / JASDF(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476090,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 476090,
        "slug": "2022-03-15-astra-reaches-orbit-in-first-mission-for-new-customer-spaceflight-inc",
        "createdAt": "2022-03-17T02:15:33.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T01:35:33.000Z",
        "title": "Astraが新規顧客であるSpaceflightの初ミッションで軌道に到達",
        "content": "<p>宇宙スタートアップから今は上場企業となったAstra(アストラ)は、同社の新規顧客であるSpaceflight Inc.のためのデビューミッションで、2度目の軌道到達を果たした。</p>\n<p>これは同ロケット打ち上げ企業にとっては大きな収穫だ。Astraは2021年11月に<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/21/2021-11-20-astra-successfully-reaches-orbit-for-the-first-time-with-latest-rocket-launch/\" rel=\"noopener\">初めて軌道に乗った</a>が、それ以来、その偉業を再現できていなかった。今までは。</p>\n<p>Astra-1ミッションは、アラスカ州のコディアック宇宙港から打ち上げられた。LV0009と名付けられたロケット3.3号機は、教科書通りの(つまり特筆すべきことのない、というのは打ち上げビジネスでは良いことだ)リフトオフとステージ分離を行った。今回の打ち上げでは、アマチュアのロケット愛好家グループであるPortland State Aerospace Society(PSAS、ポートランド州航空宇宙協会)の超小型衛星CubeSatやNearSpace Launchの衛星間通信システムなど、Spaceflightの3組の顧客のペイロードを軌道に乗せた。3番目の顧客は公表されていない。</p>\n<div id=\"attachment_476093\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476093\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476093 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp 1200w, /wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/flightpath-1.webp?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476093\" class=\"wp-caption-text\">Astra-1のミッションの飛行経路(画像クレジット:Astra)</p></div>\n<p>同社は、打ち上げライブ配信の終了までに、顧客のペイロード展開を確認することはできなかった。展開が確認され次第、TechCrunchは記事を更新する。</p>\n<p>【更新】Astraは<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/Astra/status/1503789060938092544\" rel=\"noopener\">Twitter</a>(ツイッター)で、衛星が正常に展開されたことを確認した。</p>\n<p>米国時間3月16日に行われた本日の打ち上げは、2025年まで続くSpaceflightとの契約における一連のミッションの最初のものであると、両社は14日に発表した。</p>\n<p>Astraは2021年7月、SPAC合併によりNASDAQに上場し、従来のIPOプロセスを回避して株式市場へ参入する宇宙関連企業が増えている中、その仲間入りをした。その後、同社の株価は下落の一途をたどり、2月の<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/14/2022-02-10-astras-first-rocket-launch-from-florida-goes-awry/\" rel=\"noopener\">直近の打ち上げ失敗</a>の後、26%も下落することとなった。</p>\n<p>同社は3月初め、失敗した打ち上げに関する<a target=\"_blank\" href=\"https://astra.com/news/post-launch-investigation-what-we-found-and-next-steps/\" rel=\"noopener\">予備的な事後報告を発表</a>した。Astraのミッションマネジメント&アシュアランス担当シニアディレクターであるAndrew Griggs(アンドリュー・グリッグス)氏は、失敗の原因は、フェアリング分離機構の問題でステージ分離に異常をきたしてしまったことと、推力ベクトル制御システムのソフトウェアに問題があったことの2点であると述べていた。</p>\n<p>「絶え間ないイテレーションと広範なテストを通じ行った変更により、LV0008で発生した不具合は解消され、ソフトウェア群はより安定しました」と同氏は述べた。</p>\n<p>Astraには大きな計画がある。同社は2021年、投資家らに対して、2023年までに週1回、さらに2020年代半ばまでに1日1回の打ち上げを行うことを目標としていると語っている。</p>\n<p>打ち上げの様子はこちらでご覧いただける。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/zYNXoC1qTLo?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/15/astra-reaches-orbit-in-first-mission-for-new-customer-spaceflight-inc/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/astra-lv0009-2.gif",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476090,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476090,
            "tagId": 7987,
            "tag": {
              "id": 7987,
              "slug": "launch",
              "name": "打ち上げ(用語)",
              "description": "打ち上げに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476090,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476090,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476090,
            "tagId": 692509091,
            "tag": {
              "id": 692509091,
              "slug": "astra",
              "name": "Astra(企業)",
              "description": "カリフォルニア州アラミーダのロケット打ち上げ企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475889,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 475889,
        "slug": "takaratomy-sora-q",
        "createdAt": "2022-03-16T04:04:04.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T04:04:04.000Z",
        "title": "タカラトミーとJAXAなどが共同開発した変形型月面ロボSORA-Qが月着陸実証機SLIMに搭載決定",
        "content": "<div id=\"attachment_475928\" style=\"width: 810px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475928\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-475928\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg?w=800\" alt=\"タカラトミーとJAXAなどが共同開発した変形型月面ロボSORA-Qが月着陸実証機SLIMに搭載決定\" width=\"800\" height=\"600\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg 800w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 800px) 100vw, 800px\" /><p id=\"caption-attachment-475928\" class=\"wp-caption-text\">変形型月面ロボット「SORA-Q」。画像中央部分左側が変形前、右側が変形後</p></div>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.takaratomy.co.jp/\" rel=\"noopener\">タカラトミー</a>は3月15日、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jaxa.jp/\" rel=\"noopener\">JAXA</a>などと共同開発した超小型変形型月面ロボットが、JAXAの小型月着陸実証機「SLIM」に搭載され、月面でのデータ取得を行うことになったと発表した。これでこのロボットは、<a target=\"_blank\" href=\"https://ispace-inc.com/\" rel=\"noopener\">ispace</a>(アイスペース)の月着陸船「HAKUTO-R」による月面探査と合わせて、計2回の月面ミッションを実施することになる。またこれまでのLEV-2という名称に代えて、「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.takaratomy.co.jp/products/sora-q/\" rel=\"noopener\">SORA-Q</a>」(ソラキュー)という愛称が与えられた。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-475891 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/soraq2.jpg\" alt=\"\" width=\"435\" height=\"289\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/soraq2.jpg 435w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq2.jpg?resize=300,199 300w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq2.jpg?resize=400,266 400w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq2.jpg?resize=220,146 220w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq2.jpg?resize=259,172 259w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq2.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq2.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq2.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq2.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 435px) 100vw, 435px\" /></p>\n<p>SORA-Qは、運搬時(変形前)は直径約8cm、重量約250gの球体だが、月面の放出されるとすぐに、走行可能な形態に変形する。球体が左右に開いて車輪となり、中央には前方撮影用カメラがせり上がり、後方には後方撮影用カメラと尻尾のようなスタビライザーが展開される。車軸を偏心させることで、レゴリス(月面の細かい砂)に覆われた傾斜地も乗り越えることができ、転倒しても起き上がれるようになっている。撮影した画像はSORA-Q自身が選別して、ペアで行動するもう1つの小型ロボット「LEV-1」にBluetoothで送られ、着陸船を介さず、そこから直接地球に送信される。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-475892 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/soraq3.jpg\" alt=\"\" width=\"460\" height=\"325\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/soraq3.jpg 460w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq3.jpg?resize=300,212 300w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq3.jpg?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq3.jpg?resize=400,283 400w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq3.jpg?resize=220,155 220w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq3.jpg?resize=243,172 243w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq3.jpg?resize=177,125 177w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq3.jpg?resize=125,88 125w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq3.jpg?resize=85,60 85w, /wp-content/uploads/2022/03/soraq3.jpg?resize=50,35 50w\" sizes=\"(max-width: 460px) 100vw, 460px\" /></p>\n<p>ミッションは、レゴリス上を移動して走行ログを取得して保存すること、着陸機周辺を撮影して画像を保存すること、画像データ、走行ログ、ステータスを「LEV-1」経由で地球に送ることなどとなっている。将来の月面有人自動運転技術や走行技術の検討に必要な月面データを集めることが狙いだ。ミッション実行時間は、1〜2時間が予定されている。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/BW5U_XO-Mm4?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-475934\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-001-gif.gif?w=500\" alt=\"タカラトミーとJAXAなどが共同開発した変形型月面ロボSORA-Qが月着陸実証機SLIMに搭載決定\" width=\"500\" height=\"281\" />SORA-Qという名前には、宇宙を意味する「宙」(そら)に、Question(問い)、Quest(探求)を表す「Q」をつなげているが、「Q」には「球」の意味もある。運搬時の体積を最小限にでき、着陸の衝撃に耐え、どの角度に放出されても展開できることから、球体が選ばれた。そこから月面活動ができる形態に変形させる技術には、変身ロボットやメカニズムの小型化といったオモチャの開発で蓄積されてきたタカラトミーの知見が活かされている。JAXAと共同で20回以上もの試作を重ねた末、ようやく完成させた。そもそもこのプロジェクトは、JAXAの「宇宙探査イノベーションハブ」共同研究提案公募の枠組みで2016年に開始したものだが、2021年には<a target=\"_blank\" href=\"https://www.sony.com/ja/\" rel=\"noopener\">ソニーグループ</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.doshisha.ac.jp/\" rel=\"noopener\">同志社大学</a>も参加している。</p>\n<p><small>画像クレジット:<br />\nJAXA<br />\nタカラトミー<br />\nソニー<br />\n同志社大学</small></p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475889,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475889,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475889,
            "tagId": 364903014,
            "tag": {
              "id": 364903014,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙(用語)",
              "description": "宇宙に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475889,
            "tagId": 366274402,
            "tag": {
              "id": 366274402,
              "slug": "sony",
              "name": "Sony / ソニー(企業)",
              "description": "ソニー(Sony)は、日本の多国籍コングロマリット。"
            }
          },
          {
            "postId": 475889,
            "tagId": 366276136,
            "tag": {
              "id": 366276136,
              "slug": "jaxa",
              "name": "JAXA / 宇宙航空研究開発機構(組織)",
              "description": "J宇宙航空研究開発機構。日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。"
            }
          },
          {
            "postId": 475889,
            "tagId": 681520366,
            "tag": {
              "id": 681520366,
              "slug": "%e5%ae%87%e5%ae%99%e6%8e%a2%e6%9f%bb",
              "name": "宇宙探査",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475889,
            "tagId": 692513758,
            "tag": {
              "id": 692513758,
              "slug": "takaratomy",
              "name": "タカラトミー(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475889,
            "tagId": 692513760,
            "tag": {
              "id": 692513760,
              "slug": "doshisha-university",
              "name": "同志社大学(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475817,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 475817,
        "slug": "2022-03-14-nasas-mega-expensive-moon-rocket-will-make-its-public-debut-thursday",
        "createdAt": "2022-03-15T23:00:49.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T02:16:06.000Z",
        "title": "NASAの超高額な月ロケットが18日に発射場へ移動",
        "content": "<p>最初に発表されてから12年、NASAの巨大な「Space Launch System(スペース・ローンチ・システム)」がついに公に姿を現すことになる。この超重量級ロケットと「Orion(オリオン)」宇宙船は、米国時間3月17日に、フロリダ州ケネディ宇宙センターの発射場へ向けて搬入が開始される予定だ。遅延と費用高騰に悩まされてきた打ち上げシステムにとって、待望の進展だ。</p>\n<p>11時間かかると予想される木曜日のロールアウト(移動作業)後、NASAはソフトウェアシステムの検証やブースターの整備など、打ち上げ準備のための多くのテストを実施することになっている。その後、NASAは推進剤を充填した「ウェット・ドレス・リハーサル」と呼ばれる一連の打ち上げ前試験を行う予定だ。Artemis(アルテミス)計画の打ち上げディレクターを務めるCharlie Blackwell-Thompson(チャーリー・ブラックウェル-トンプソン)氏は、米国時間3月14の記者会見で、予定通りにロールアウトが進めば、ウェット・ドレスは4月3日に実施される可能性があると語った。</p>\n<p>ここまで長い年月がかかった。米国議会は2010年に、NASAの最初の宇宙輸送システムだったSpace Shuttle(スペースシャトル)に代わるものとして、SLSの開発を同局に指示した。NASAのアルテミス計画の一環として、SLSは人類を再び月に送り込み、さらに将来的には太陽系探査に向かうことも見据えた乗り物として構想されている。</p>\n<p>しかし、それ以来、このプロジェクトは度重なる挫折と技術的な問題に直面してきた。1年前、NASAの監察官室は、SLS計画に関連するコストと契約にまつわる<a target=\"_blank\" href=\"https://oig.nasa.gov/docs/IG-20-012.pdf\" rel=\"noopener\">厳しい報告書</a>を発表し「コスト上昇と遅延」によってプロジェクトの全体予算が当初の範囲をはるかに超えていることを明らかにした。この混乱で最大の勝者となったのは、間違いなく航空宇宙産業の主要企業だ。特にSLSの開発を指揮するBoeing(ボーイング)や、Northrop Grumman(ノースロップ・グラマン)、Aerojet(アエロジェット)は、監察官室によれば、2019年にSLSの全契約に費やされた総資金の71%を、これらの企業の契約が占めているという。</p>\n<p>このようなことがすべて積み重なり、非常にコストのかかるプロジェクトになってしまった。3月初め、NASAの監査役は、最初の4回のアルテミスミッションの運用経費がそれぞれ41億ドル(約4850億円)になると報告した。4回の合計ではなく、1回ずつそれだけかかるのだ。</p>\n<p>SLS1基の建設費はその約半分の22億ドル(約2600億円)。NASAの探査システム開発担当副長官であるTom Whitmeyer(トム・ウィットマイヤー)は、この金額について、プロジェクトは「国家的投資」であると記者団に語り、暗黙のうちに見解を示したようだ。</p>\n<p>「私の観点から言えば、それは強力な国家的投資で、我々の経済への国際的関与である」と、同氏は語った。</p>\n<p>SLSのコストが高いのは、第1段、第2段とも再利用できないため、それぞれのミッションに専用のロケットが必要になることも一因だ。SLSとは対照的に、SpaceX(スペースX)のElon Musk(イーロン・マスク)CEOは2022年2月、同社の超重量級完全再利用型ロケットである「Starship(スターシップ)」の打ち上げコストは、今後数年以内に1回あたり1000万ドル(約11億8000万円)以下になると推定している。SpaceXは2021年29億ドル(約3400億円)の契約を獲得した後、アルテミス計画の一環としてNASAのためにこのロケットの月着陸船バージョンを開発している。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/14/nasas-mega-expensive-moon-rocket-will-make-its-public-debut-thursday/www.nasa.gov\" rel=\"noopener\">NASA</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/14/nasas-mega-expensive-moon-rocket-will-make-its-public-debut-thursday/?guccounter=1&amp;guce_referrer=aHR0cHM6Ly93d3cuZ29vZ2xlLmNvbS8&amp;guce_referrer_sig=AQAAAFeFfcTDhsC1AuZSrYBy2vZc0PgnWfrnliMBwXkPlmNd6BCNAPbHBKSqZnDk67_xKzvYAMY91J4vp6EC8bGQ35VPcvq7ez72vFCNeoRRAvnwcqmBuj7zYF62Pvc4UTrqBqvVHCHIWMKP5sxZ-9TfAqLxI-lshdIChvnl78gX0QO5\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/second-stage-sls.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475817,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475817,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 475817,
            "tagId": 4701,
            "tag": {
              "id": 4701,
              "slug": "moon",
              "name": "月(用語)",
              "description": "月に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475817,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475817,
            "tagId": 692507767,
            "tag": {
              "id": 692507767,
              "slug": "artemis-program",
              "name": "アルテミス計画 / Artemis Program(用語)",
              "description": "2024年までに有人宇宙飛行(月面着陸)を目標とした米国政府が出資する計画。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475757,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 475757,
        "slug": "interstellartechnologies-nippon-travel-new-partnership",
        "createdAt": "2022-03-15T09:53:48.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-15T09:53:48.000Z",
        "title": "インターステラテクノロジズと日本旅行、宇宙開発の現場を活かした観光と教育事業でパートナーシップ協定を締結",
        "content": "<p>北海道広尾郡大樹町を拠点にロケット打ち上げ事業を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.istellartech.com/\" rel=\"noopener\">インターステラテクノロジズ</a>は3月14日、ロケットの開発と製造という「圧倒的現場感のあるコンテンツ」を軸とした観光と教育の新事業創出を目指し、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nta.co.jp/\" rel=\"noopener\">日本旅行</a>と新たなパートナーシップを締結したと発表した。</p>\n<p>インターステラテクノロジズは、観測ロケット「MOMO」、2023年度の初号機打上げを目指す超小型人工衛星打ち上げロケット「ZERO」の開発、製造、打ち上げを行う宇宙スタートアップ。技術開発から打ち上げまでを1社で行うことを特徴とし、国内で初めて、民間企業単独開発でロケットを高度100キロの宇宙空間に飛ばした実績を持つ。また、「みんなのロケット」という価値観を重視し、オープンなロケット開発を志向している。一方、日本旅行は、宇宙開発に関連する観光事業や宇宙を通じた学びができる学校向け探求体験プログラム「ミライ塾」など、宇宙利用のための専門部署を構え、「旅行会社という概念にとらわれない試み」で新たな価値の提供を目指している。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-475802 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?w=1024\" alt=\"インターステラテクノロジズと日本旅行が宇宙開発の現場を活かした観光と教育事業でパートナーシップ協定を締結\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-002.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>この2社は、2018年にもロケットの打ち上げに関連した旅行商品の提供やイベント開催などを共同で行っているが、今回は宇宙開発を間近で見られるコンテンツや、ロケット工場や射場を活かした観光、教育、地方創生関連事業を共創し、さらなる事業展開を図るためのパートナーシップを結んだ。</p>\n<p>観光では、インターステラテクノロジズのロケット開発や製造の現場を中心に、航空宇宙、星空、地域資源を使った観光コンテンツを企画開発し、販売する。開発したコンテンツは、ツアー主催会社など旅行会社に販売し、事業化することを目指す。</p>\n<p>教育では、ロケットの開発と製造の現場を体感するほか、牛の糞尿由来のメタンガスから製造した液体バイオメタンをロケット燃料に使うことで、宇宙開発と地球環境問題と地域課題解決とを考える取り組みを教育コンテンツ化して、日本旅行の「ミライ塾」に提供する。</p>\n<p>地方創生では、打ち上げ見学場や観光施設で、国内外の観光客やビジネス関係者の受け入れ体制を整える。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-475804 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-003.jpg?w=640\" alt=\"インターステラテクノロジズと日本旅行が宇宙開発の現場を活かした観光と教育事業でパートナーシップ協定を締結\" width=\"640\" height=\"360\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-003.jpg 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-003.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-003.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-003.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-003.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-003.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-003.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-003.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-003.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-003.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-003.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 640px) 100vw, 640px\" /></p>\n<p>「宇宙のまちづくり」を推進する大樹町を起点に、両社は、大人のロマンを満たす観光コンテンツと、子どもが関心を持ち挑戦できる教育コンテンツの開発を進めるとしている。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-15-010-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475757,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475757,
            "tagId": 200,
            "tag": {
              "id": 200,
              "slug": "travel",
              "name": "旅行 / 旅行業界 / 観光(用語)",
              "description": "旅行 / 旅行業界 / 観光に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475757,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475757,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475757,
            "tagId": 681519949,
            "tag": {
              "id": 681519949,
              "slug": "interstellar-technologies",
              "name": "インターステラテクノロジズ(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475757,
            "tagId": 692517535,
            "tag": {
              "id": 692517535,
              "slug": "nippon-travel-agency",
              "name": "日本旅行(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475677,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 475677,
        "slug": "2022-03-14-blue-origin-will-fly-snls-pete-davidson-to-space-on-march-23",
        "createdAt": "2022-03-15T00:45:43.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-14T23:48:05.000Z",
        "title": "人気コメディアンのピート・デヴィッドソン氏が3月23日にブルーオリジンのロケットで宇宙旅行へ",
        "content": "<p>Blue Origin(ブルーオリジン)は、New Shepard(ニューシェパード)の亜軌道宇宙への飛行に向けた次のメンバーを発表した。「Saturday Night Live(SNL、サタデー・ナイト・ライブ)」レギュラーのPete Davidson(ピート・デヴィッドソン)氏をはじめ、エンジェル投資家のMarty Allen(マーティ・アレン)氏、非営利団体SpaceKids Globalの創設者Sharon Hagle(シャロン・ヘーグル)氏、彼女の夫でTricorのCEOであるMarc Hagle(マーク・ヘーグル)氏、起業家のJim Kitchen(ジム・キッチン)氏、Commercial Space Technologies創設者のGeorge Nield(ジョージ・ニールド)博士が含まれている。</p>\n<p>ピート・デヴィッドソン氏は、2021年、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/tag/william-shatner/\" rel=\"noopener\">William Shatner</a>(ウィリアム・シャトナー)氏が商業宇宙企業である同社の宇宙飛行に搭乗したのに続き、Blue Originにとって2人目のスター乗客となる。デイヴィッドソン氏は3月初め、Jeff Bezos(ジェフ・ベゾス)氏が所有する同社と宇宙へ行くための話し合いを行っていると<a target=\"_blank\" href=\"https://people.com/human-interest/pete-davidson-flying-to-space-with-jeff-bezos-reports/\" rel=\"noopener\">報じられていた</a>。彼にとって10分間の旅は少なくとも、キムやカニエとのひっきりなしのドラマから解放されるつかの間の休息となるだろう。</p>\n<p>今回デイヴィッドソン氏とともに搭乗するクルーは、より伝統的な富裕層や、STEAM・宇宙教育につながりのある慈善家たちだ。ニールド博士は以前、商業宇宙飛行の認可と規制を担当するFAAの部署に勤務していたこともあり、個人的にかつての仕事の成果を体験する興味深い機会でもある。</p>\n<p>Blue Originの打ち上げは米国時間3月23日。暫定的な離陸時間は米国中央部夏時間の午前8時30分(東部夏時間午前9時30分)で、テキサス州西部にある同社の発射場から行われる予定だ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Blue Origin</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/14/blue-origin-will-fly-snls-pete-davidson-to-space-on-march-23/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Darrell Etherington、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Pete-Davidson-e1647262645632.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475677,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475677,
            "tagId": 728166,
            "tag": {
              "id": 728166,
              "slug": "blue-origin",
              "name": "Blue Origin(企業)",
              "description": "Amazon.comの設立者であるジェフ・ベゾスが設立した航空宇宙企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475677,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475677,
            "tagId": 366272831,
            "tag": {
              "id": 366272831,
              "slug": "new-shepard",
              "name": "New Shepard(製品・サービス)",
              "description": "Blue Originの再利用可能な準軌道ロケット。"
            }
          },
          {
            "postId": 475677,
            "tagId": 692508038,
            "tag": {
              "id": 692508038,
              "slug": "private-space-flight",
              "name": "民間宇宙飛行(用語)",
              "description": "民間宇宙飛行に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475497,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 475497,
        "slug": "2022-03-10-slingshot-aerospace-raises-25m-to-help-satellite-operators-navigate-space-traffic",
        "createdAt": "2022-03-14T00:00:27.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-13T22:41:58.000Z",
        "title": "Slingshot Aerospaceは宇宙ごみなどの状況情報をリアルタイムで提供、衛星打ち上げ・運用業者を支援",
        "content": "<p>地球低軌道が少々混雑してきた。小規模な人工衛星の急増や、SpaceX(スペースX)の「Starlink(スターリンク)」のような大規模な衛星コンステレーション、そして増え続ける宇宙ごみの間を抜けて、軌道上に衛星を打ち上げ・運用することは、まるでゲームの「フロッガー」をプレイしているように感じられるかもしれない。国際宇宙ステーションでさえ、定期的に「回避行動」をとらなければならないのだ。</p>\n<p>宇宙にはまだ、たくさんのスペースがある。しかし、10億ドル(約1170億円)もする人工衛星を運用するのであれば、衝突しないように全力を尽くしたいと思うだろう。</p>\n<p>そこで、<a target=\"_blank\" href=\"https://slingshotaerospace.com/\" rel=\"noopener\">Slingshot Aerospace</a>(スリングショット・エアロスペース)の出番となるわけだ。同社は複数のソースからのデータを統合し、デジタルで構成した宇宙の全体的状況をリアルタイムで提供することで、宇宙事業者がその資産をより良く管理・保護できるようにする。2017年にMelanie Stricklan(メラニー・ストリックラン)氏、David Godwin(デイヴィッド・ゴドウィン)氏、Thomas Ashman(トーマス・アッシュマン)氏によって設立され、現在はテキサス州オースティンとカリフォルニア州エルセグンドを拠点とするこの会社は、2部構成のシリーズA投資ラウンドで3460万ドル(約40億6000万円)を調達。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/10/29/slingshot-aerospace-raises-8-million-to-help-it-expand-to-new-verticals-beyond-aerospace-and-defense/\" rel=\"noopener\">2020年10月に調達した約800万ドル(約9億4000万円)</a>に続き、第2回目となる2500万ドル(約29億3000万円)相当の資金調達を、米国時間3月10日に発表した。</p>\n<p>「宇宙には無限のチャンスがあります。しかし、我々は宇宙飛行の運用と軌道上の資産管理を最適化するために、デジタル革命を起こさなければなりません」と、ストリックラン氏は同社のプレスリリースで述べている。「宇宙を利用するすべての組織に、よりアクセスしやすく、タイムリーで、正確なリスク軽減を提供するためには、リアルタイムの調整が必要です」。</p>\n<p>今回の2回目のラウンドは、Draper Associates(ドラッパー・アソシエイツ)とATX Venture Partners(ATXベンチャー・パートナーズ)が主導し、Edison Partners(エジソン・パートナーズ)、Embedded Ventures(エンベデッド・ベンチャーズ)、Valor Equity Partners(ヴァロー・エクイティ・パートナーズ)、Lockheed Martin Ventures(ロッキード・マーティン・ベンチャーズ)などが追加出資した。Slingshot Aerospaceの顧客には、NASA、Boeing(ボーイング)、Lockheed Martin(ロッキード・マーティン)、U.S. Space Force(米国宇宙軍)、U.S. Air Force(米国空軍)、OneWeb(ワンウェブ)などが含まれる。</p>\n<p>「宇宙状況認識という分野は今、破壊的革新を起こすための機が熟しています。現在のところ、衛星オペレーターが実用的な情報をもとにリアルタイムで通信・協力し、軌道上のコンジャンクションを解決したり、グローバルな宇宙認識を最適化するための共通プラットフォームは存在していません」と、とEdison PartnersのDaniel Herscovici(ダニエル・ハースコビッチ)氏は述べている。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/2021/06/04/2021-06-03-leolabs-raises-65m-series-b-for-its-satellite-monitoring-and-collision-detection-service/\" rel=\"noopener\">LeoLabs</a>(レオラブズ)や<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/10/13/kayhan-space-wants-to-be-the-air-traffic-control-service-for-satellites-in-space/\" rel=\"noopener\">Kayhan Space</a>(カイハン・スペース)など、他の宇宙関連のスタートアップ企業は、この評価に同意しないかもしれないが、Slingshotが魅力的なプラットフォームを構築していることは確かだ。</p>\n<p>「Slingshot Beacon(スリングショット・ビーコン)」は「商業、政府、民間の顧客を1つのプラットフォームで結びつけ、衛星やその他の資産をより良く設計、管理、保護できるようにし、リスクを軽減し、すべての宇宙飛行事業者が安全で信頼できる運用を確実に行えるようにする」軌道衝突回避プログラムだ。その試験運用プログラムは、現在地球低軌道にある衛星コンステレーションの半分以上を占める資産を所有する参加者たちとともに、2021年8月に開始された。</p>\n<p>同社が新たに調達した資金は、Slingshot Beaconをはじめとする製品の商業化のために使われる他、今後1年間で40人の従業員を新規雇用するために充てられる予定だ。2030年までに約11万5000個の衛星が打ち上げられると予想される中で、これはかなり良い、そしてかなり必要とされるアイデアだろう。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://slingshotaerospace.com/\" rel=\"noopener\">Slingshot Aerospace</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/10/slingshot-aerospace-raises-25m-to-help-satellite-operators-navigate-space-traffic/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Stefanie Waldek、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Slingshot-Beacon-screenshot.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475497,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475497,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475497,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475497,
            "tagId": 692506797,
            "tag": {
              "id": 692506797,
              "slug": "space-debris",
              "name": "スペースデブリ / 宇宙ごみ(用語)",
              "description": "スペースデブリ / 宇宙ごみに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475497,
            "tagId": 692514344,
            "tag": {
              "id": 692514344,
              "slug": "leo",
              "name": "LEO / 地球低軌道(用語)",
              "description": "Low Earth Orbit"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475294,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 475294,
        "slug": "2022-03-09-spacex-launches-48-more-starlink-satellites-on-an-american-broomstick",
        "createdAt": "2022-03-11T02:15:08.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-11T02:29:49.000Z",
        "title": "スペースXが「米国のほうき」でさらに48基のスターリンク衛星を打ち上げ",
        "content": "<p>SpaceX(スペースX)のStarlink(スターリンク)ミッションがまた1つ、高く高く遠くへ飛んでいった。米国太平洋標準時3月9日の午前5時45分、フロリダ州ケープカナベラルの宇宙軍施設第40発射施設からFalcon 9(ファルコン9)ロケットが打ち上げられ、地球を周回してインターネットを提供しているSpaceXの2000基に及ぶ衛星群に、新たに48基の衛星が追加された。</p>\n<p>今回の打ち上げはブースターにとって4回目で、ミッション開始から数分後に大西洋に浮かぶ無人のドローン船「A Shortfall of Gravitas(厳粛さが足りない)」に着陸した。</p>\n<p>2022年に入ってから7つのStarlinkミッションに加え、他の3つのミッションも打ち上げているSpaceXにとって、今回の飛行は目新しいものではなかったが、打ち上げのシークエンスにおいて、おもしろい一節が含まれていた。</p>\n<p>「米国のほうきを飛ばし、自由の音を聞く時が来ました」と、SpaceXの打ち上げディレクターは打ち上げの「ゴー」を出す前に呼びかけた。</p>\n<p>このコメントは、ロシアの国営宇宙機関Roscosmos(ロスコスモス)を率いるDmitry Rogozin(ドミトリー・ロゴージン)氏が先週、両国間の緊張が高まる状況を受けて、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/04/2022-03-03-russia-halts-rocket-engine-sales-to-u-s-suggests-flying-to-space-on-their-broomsticks/\" rel=\"noopener\">米国へのロシアのロケットエンジンの販売を禁止</a>した後に述べた嫌味にちなんでいる。同氏は国営放送で「何か他のもの、自分たちのほうきにでも乗せて飛ばせばいい」と語っていた。</p>\n<p>Falcon 9はSpaceXが開発したMerlinエンジンを搭載しているが、米国の他のロケット(United Launch AlliancesのAtlas VとNorthrop GrummanのAntares)はロシアのエンジンを搭載している。ULAは今後の打ち上げに十分なエンジンの在庫があると発表しているが、Northrop Grummanは、禁輸措置が同社のミッションにどのような影響を与えるかについて声明を出していない。</p>\n<p>いずれにせよ、米国のロケット打ち上げの大半を占めるのはSpaceXであり、9日の打ち上げが示したように、同社のほうきも好調だ。</p>\n<p>SpaceXの次の打ち上げは、Starlinkのミッションではなく、有人ミッションだ。3月30日に打ち上げられる予定のAxiom-1ミッションは、国際宇宙ステーション(ISS)への初の民間飛行となる。SpaceXは、すでにNASAのクルーを4人ISSに送り込み、民間人だけのクルーがCrew Dragonカプセルで数日間地球を周回したInspiration 4ミッションも行っており、有人ミッションの分野ではかなりの経験を積んでいるといえる。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.flickr.com/photos/spacex/51924933910/\" rel=\"noopener\">SpaceX</a> / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.flickr.com/\" rel=\"noopener\">Flickr</a> under a <a target=\"_blank\" href=\"https://creativecommons.org/licenses/by-nc/2.0/\" rel=\"noopener\">CC BY-NC 2.0</a> license.</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/09/spacex-launches-48-more-starlink-satellites-on-an-american-broomstick/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Stefanie Waldek、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/51924933910_9627ae096e_o.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475294,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475294,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 475294,
            "tagId": 9601187,
            "tag": {
              "id": 9601187,
              "slug": "falcon-9",
              "name": "Falcon 9(製品・サービス)",
              "description": "米国の民間企業であるSpaceX(スペースX)が開発、打ち上げている2段式の商業用打ち上げロケット。"
            }
          },
          {
            "postId": 475294,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475294,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475294,
            "tagId": 366279954,
            "tag": {
              "id": 366279954,
              "slug": "starlink",
              "name": "Starlink / スターリンク(製品・サービス)",
              "description": "スターリンクは、スペースXが開発を進めている衛星コンステレーション計画。"
            }
          },
          {
            "postId": 475294,
            "tagId": 692514986,
            "tag": {
              "id": 692514986,
              "slug": "satellite-communication",
              "name": "衛星通信 / 衛星インターネットアクセス(用語)",
              "description": "衛星通信に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475175,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 475175,
        "slug": "gakushuin-spacebd-space-utilization-theory",
        "createdAt": "2022-03-10T07:50:39.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-10T07:50:39.000Z",
        "title": "学習院大学が全学共通科目「宇宙利用論」を2023年度から開講、宇宙商社Space BDとの産学連携カリキュラム",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.univ.gakushuin.ac.jp/\" rel=\"noopener\">学習院大学</a>は、2023年度より全学部生を対象とした「宇宙利用論」を開講する。これは、日本の宇宙ビジネスの発展を目指す「宇宙商社」<a target=\"_blank\" href=\"https://space-bd.com/\" rel=\"noopener\">Space BD</a>との産学連携で開発するカリキュラムにより、宇宙ビジネスを牽引する人材を育成するというものだ。</p>\n<p>この講座の重要なテーマとしているのが、学習院大学が提供する「文理融合の学びの場」と、Space BDによる「実践の場の提供」だ。学習院大学は、法学部、経済学部、文学部、理学部、国際社会学部の5学部と大学院を1つのキャンパスに集めて異なる分野の学生や研究者が一緒に過ごせる環境を整え、「文理両分野にわたる広義の基礎教育と多様な専門教育を有機的につなげる教育」に力を入れてきた。</p>\n<p>一方Space BDは、2018年にJAXAの民間開放案件「国際宇宙ステーション『きぼう』日本実験棟からの超小型衛星放出事業」に選定された後、宇宙ビジネスプランの検討から技術的な運用支援までを提供するとともに、クラーク記念国際高等学校・東京大学と共同で高校生対象「宇宙教育プログラム」を実施するなど、教育分野の活動も行っている。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-475177\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"307\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png 2362w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png?resize=300,90 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png?resize=768,231 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png?resize=1024,307 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png?resize=1536,461 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png?resize=2048,615 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png?resize=1333,400 1333w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png?resize=400,120 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png?resize=738,222 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png?resize=640,192 640w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png?resize=220,66 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png?resize=281,84 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png?resize=250,75 250w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png?resize=125,38 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png?resize=1735,521 1735w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png?resize=600,180 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub3-3.png?resize=50,15 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>学習院大学では、2021年に3日間の課外特別授業「宇宙ベンチャー概論」を実施するなど、すでにSpace BDとともに宇宙利用論の開講に向けた取り組みを開始している。2022年度は、カリキュラムの開発を進めつつ、宇宙ベンチャー概論の継続開講に加え、宇宙領域スタートアップ企業での国内研修プログラムを実施する。実際の現場でコミュニケーション、リーダーシップ、意志決定などの数値化できない能力の習得を目指すという。2023年度には宇宙利用論を開講し、国内研修に加えて、海外研修プログラムもスタートさせる予定だ。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/sub4-4.png",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475175,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475175,
            "tagId": 364903014,
            "tag": {
              "id": 364903014,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙(用語)",
              "description": "宇宙に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475175,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475175,
            "tagId": 692516346,
            "tag": {
              "id": 692516346,
              "slug": "space-bd",
              "name": "Space BD(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475175,
            "tagId": 692517506,
            "tag": {
              "id": 692517506,
              "slug": "gakushuin-university",
              "name": "学習院大学(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474936,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 474936,
        "slug": "elevation-space-raised-310m-jpy",
        "createdAt": "2022-03-09T08:57:39.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-09T08:57:39.000Z",
        "title": "国際宇宙ステーションに代わる宇宙環境利用プラットフォームを開発するElevationSpaceが3.1億円のシード調達",
        "content": "<p>国際宇宙ステーション(ISS)に代わって宇宙での実験や製造が行える宇宙環境利用プラットフォーム「ELS-R」を開発する宇宙スタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://elevation-space.com/\" rel=\"noopener\">ElevationSpace</a>(エレベーションスペース)は3月9日、シードラウンドとして、第三者割当増資による約3億1000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、Genesia Venture Fund 3号投資事業有限責任組合(ジェネシア・ベンチャーズ)をはじめとする6社。これにより補助金なども含めた累積調達額は3億5000万円となった。また、新たな社外取締役に、ジェネシア・ベンチャーズのPartnerおよびChief ESG Officerの河合将文氏が就任した。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-475011\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?w=640\" alt=\"国際宇宙ステーションに代わる宇宙環境利用プラットフォームを開発するElevationSpaceが3.1億円のシード調達\" width=\"640\" height=\"426\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=601,400 601w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=400,266 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=541,360 541w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=220,146 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 640px) 100vw, 640px\" />ElevationSpaceは、東北大学吉田・桒原研究室で10基以上の小型人工衛星を開発してきた技術を基に、2021年2月に設立した東北大学発の宇宙領域スタートアップ。宇宙空間での実験・研究・製造などが行える小型宇宙環境利用プラットフォーム「ELS-R」の開発を行っている。2023年後半には技術実証機「ELS-R100」を打ち上げ、2026年にはサービス提供機「ELS-R1000」を打ち上げる予定だ。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-474938\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"484\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png 1051w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=300,142 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=768,363 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=1024,484 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=846,400 846w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=400,189 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=738,349 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=640,303 640w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=220,104 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=281,133 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=250,118 250w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=125,60 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=600,284 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=50,24 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>ELS-Rでは、宇宙の微小重力環境を活かした研究、試験、製造が行える。実験などを行ったペイロードは地球に帰還させ、回収することができる。何かと利用が難しく、2030年には退役が予定されているISSに代わって、安価に素早く利用できるのが特徴だ。想定される利用例としては、基礎研究フェーズの他、創薬分野の高品質なたんぱく質結晶の生成といった応用研究フェーズから、宇宙旅行を見据えた化粧品・食品・家電品などの開発に関連する実証や試験フェーズ、地上では作れない新素材の宇宙製造といった量産フェーズなどが考えられている。技術実証機では、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.euglena.jp/\" rel=\"noopener\">ユーグレナ</a>が、宇宙での食糧やエネルギー源となるミドリムシの培養実験を行うことが決まっている。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-474939\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png 1280w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>今回調達した資金は、ELS-R100の開発促進、さらにELS-R1000の研究開発と事業開発に向けた組織体制の構築に使われるとのこと。また今回、科学技術分野の企画、研究、コンサルティングを行う<a target=\"_blank\" href=\"https://lne.st/\" rel=\"noopener\">リバネスグループ</a>との業務提携も発表された。同社が持つビジネスと科学領域の知見と産官学のネットワークを活かして、宇宙での新規材料製造マーケットの創出に取り組むという。</p>\n<p>引受先6社は、ジェネシア・ベンチャーズ、みらい創造機構、既存投資家のMAKOTOキャピタル、リバネスキャピタル、東北大学ベンチャーパートナーズ、Plug and Play Japanとなっている。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474936,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474936,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474936,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474936,
            "tagId": 674897097,
            "tag": {
              "id": 674897097,
              "slug": "tohoku-university",
              "name": "東北大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474936,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474936,
            "tagId": 692514388,
            "tag": {
              "id": 692514388,
              "slug": "elevationspace",
              "name": "ElevationSpace(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474572,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 474572,
        "slug": "2022-03-03-spacex-successfully-launches-47-starlink-satellites",
        "createdAt": "2022-03-08T00:30:32.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-07T22:50:19.000Z",
        "title": "スペースXがさらに47基のスターリンク衛星打ち上げに成功",
        "content": "<p>SpaceX(スペースX)は2022年に、過去のどの年よりも多くのロケットを打ち上げることを目指している。米国時間3月3日にStarlink(スターリンク)の打ち上げを成功させたことは、その目標達成に向けて順調に進んでいることを示している。</p>\n<p>今回のStarlink 4-9ミッションは、米国東部標準時の午前9時25分にフロリダ州にあるケネディ宇宙センターの39A発射施設から打ち上げられた。これは、同社が2022年打ち上げを予定している52回のミッションのうち、9回目にあたる。この1週間に1回という驚異的なペースは、SpaceXのElon Musk(イーロン・マスク)CEOが力を入れている「迅速な再利用性」によるものだ。</p>\n<p>今回のミッションでは「B1060」とナンバリングされたFalcon 9(ファルコン9)ブースター(1段目ロケット)が使われた。B1060は打ち上げから約9分後に、大西洋に浮かぶ「Just Read the Instructions(説明書を読め)」と名付けられた無人のドローン船に着地した。今回の打ち上げと着陸の成功により、B1060は2020年6月の初打ち上げ以来、SpaceXのロケット再利用回数で最多タイとなる11回の飛行を完了した。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/ypb2sDdUkRo?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>B1060は今回、47基のStarlink衛星を軌道に乗せ、地球を周回している他の2000基を超える第一世代衛星群に加えることに成功した。これらの衛星コンステレーションは、地球の遠隔地にも高速・低遅延のインターネット接続サービスを提供することを目的としている。Starlinkの衛星は、現時点で1万2000基まで拡張することが承認されているが、SpaceXはさらに3万基の打ち上げを申請している。</p>\n<p>4-9ミッションは、SpaceXによる2022年6回目のStarlinkの打ち上げだが、そのすべてのミッションが完全に成功したわけではない。2月3日の打ち上げでは、49基のStarlink衛星が打ち上げられたが、そのうち38基が<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/10/2022-02-09-spacex-loses-40-starlink-satellites-to-a-geomagnetic-storm/\" rel=\"noopener\">地磁気嵐のために</a>目的の軌道に到達できず、地球の大気圏に再突入した際に燃え尽きてしまった。SpaceXでは、この問題は大きな後退ではないと主張している。</p>\n<p>同社は2月22日、Starlinkの持続可能性と安全性について発表した声明の中で「当社には1週間に最大45基の衛星を製造する能力があり、1カ月で最大240基の衛星を打ち上げています」と述べている。</p>\n<p>というわけで、SpaceXによる次のStarlinkの打ち上げは、3月8日にケープカナベラル宇宙軍基地の第40発射施設でから予定されている。</p>\n<p><small>画像クレジット:SpaceX / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.flickr.com/\" rel=\"noopener\">Flickr </a>under a <a target=\"_blank\" href=\"http://creativecommons.org/licenses/by/2.0/\" rel=\"noopener\">CC BY 2.0 </a>license.</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/03/spacex-successfully-launches-47-starlink-satellites/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Stefanie Waldek、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/51870446669_f94575721f_o.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474572,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474572,
            "tagId": 7987,
            "tag": {
              "id": 7987,
              "slug": "launch",
              "name": "打ち上げ(用語)",
              "description": "打ち上げに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474572,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 474572,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474572,
            "tagId": 366279954,
            "tag": {
              "id": 366279954,
              "slug": "starlink",
              "name": "Starlink / スターリンク(製品・サービス)",
              "description": "スターリンクは、スペースXが開発を進めている衛星コンステレーション計画。"
            }
          },
          {
            "postId": 474572,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474137,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 474137,
        "slug": "2022-03-02-without-sustainable-practices-orbital-debris-will-hinder-spaces-gold-rush",
        "createdAt": "2022-03-04T01:15:32.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-04T00:59:22.000Z",
        "title": "持続可能な方法でなければ軌道上のゴミは宇宙のゴールドラッシュの妨げになる",
        "content": "<p>空を見上げれば、何百もの廃棄された衛星、使用済みロケットの上段部、ミッション関連の物体が地球を回り、1兆ドル(約115兆円)規模の宇宙経済を支えるであろう宇宙をベースとするサービスや将来のミッションに危険を及ぼしていることがわかる。</p>\n<p>欧州宇宙機関(ESA)によると、現在、10cm以上の物体が<a target=\"_blank\" href=\"https://www.esa.int/Safety_Security/Space_Debris/Space_debris_by_the_numbers\" rel=\"noopener\">3万6500個以上</a>、1cm未満の物体が数百万個、地球を周回しているという。当然ながら、軌道上での衝突は壊滅的な被害をもたらす。弾丸よりも速い毎秒7kmの速さで移動するデブリは、1cmの破片でも宇宙船に大きな損傷を与え、ミッション全体を終了させる可能性があるのだ。</p>\n<p>今日の宇宙における持続可能性の危機は、60年にわたる探査と利用が、宇宙活動が環境に与える影響をほとんど無視し、人工衛星やその他の宇宙資産を単一用途のものとして扱ってきた結果である。</p>\n<p>このようなアプローチの結果、持続不可能なモデルが生まれ、コストが増大し、宇宙経済の壮大な将来性が危険にさらされることになったのである。地球低軌道はすでに人口が多いため、衛星オペレーターは交差を評価し、貴重な資源を消費したり、サービスに支障をきたしうるデブリ回避機動を行うことを余儀なくされている。</p>\n<h2>誰が責任を取るのか?</h2>\n<p>技術的な対策だけでは、宇宙の持続可能性の問題を解決することはできない。軌道上の衛星整備市場は、国の宇宙政策と衛星整備を直接支援する国際標準によって推進されなければならない。国の規制政策は、技術の進歩、衛星人口の増加、軌道上での新しい活動の展開に追いつくのに苦労している。</p>\n<p>1967年の宇宙条約や2019年の宇宙活動の長期的持続可能性のためのガイドラインなど、多国間の国連規定は大枠でのガイダンスを提供しているが、具体的なライセンス実務は個々の国の規制機関によって作成・実施されなければならないのだ。</p>\n<p>これらのガイドラインや大枠での協定を国際的に協調して実施するためのテンプレートはなく、世界の宇宙活動は単一の国や国際機関の管理下にはない。したがって、世界の宇宙活動を統制する共通の規則も、宇宙ミッションの終了時にハードウェアの適切な廃棄を保証するメカニズムも存在しない。また、軌道上にすでに蓄積された何十年ものスペースデブリを一掃するための協調的な努力も存在しない。</p>\n<p>しかし、意識は変わりつつあり、過去1年間で、この問題をめぐる緊急性に大きな変化が見られ始めている。2021年6月、G7加盟国は、軌道上デブリを宇宙分野が直面する最大の課題の1つとして確認し、宇宙の安全かつ持続可能な利用にコミットすることを約束する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gov.uk/government/news/g7-nations-commit-to-the-safe-and-sustainable-use-of-space\" rel=\"noopener\">声明を発表</a>した。</p>\n<p>この声明は、宇宙の持続可能性に関する問題の範囲を認識する貴重なものである一方で、正しい方向への一歩に過ぎない。各国政府から民間の商業企業に至るまで、国際社会全体の主要なプレイヤーは、宇宙交通と環境管理の開発および調整に着手しなければならないのだ。</p>\n<h2>軌道上サービス、持続可能な未来への鍵</h2>\n<p>これまで衛星オペレーターは、軌道上にある衛星のリスクを低減するための選択肢を持っていなかった。しかし、軌道上でのサービスは、このリスクシナリオを変えつつある。D-Orbit(ディー・オービット)、Astroscale(アストロスケール)、ClearSpace(クリア・スペース)は、宇宙分野を持続可能な時代に移行させるために力を合わせ、軌道上サービスを新たな現実のものにしようとしている。</p>\n<p>軌道上サービスは、地球上の路上での自動車サービスに匹敵する。燃料タンクが空になったり、バッテリーの充電が切れたからといって、高速道路の真ん中に車を乗り捨てる人はいないだろう。しかし、宇宙時代の幕開け以来、ほとんどの衛星オペレーターがまさにこの方法で仕事をしてきたため、この比喩的な「軌道上の高速道路」はより混雑したままになっているのだ。</p>\n<p>米国連邦通信委員会や国際電気通信連合に提出された申請書によると、地球低軌道にある衛星の数は2030年までに<a target=\"_blank\" href=\"https://docs.fcc.gov/public/attachments/FCC-20-188A1.pdf\" rel=\"noopener\">1万から4万個まで増加する</a>と予測されており、最近では30万個を超える衛星の単一システムが提案された。このような増加により、深刻な問題を指数関数的に悪化させることが約束されている。</p>\n<p>静止衛星の配備には、通常1億5千万ドル(約173億円)から5億ドル(約578億円)の費用がかかる。今後15年間で、100機以上の静止衛星が予定されている引退年齢に達するため、衛星運用会社は、単に交換するのではなく、その資産の価値を延ばすための選択肢を追求する必要に迫られている。衛星の寿命を延ばすことで、商業運営者や機関運営者は、資本の使い方をより慎重に考えることができるようになる。</p>\n<p>衛星オペレーター、特に大規模な衛星郡を構築しているオペレーターは、打ち上げ前に低コストのインターフェースを衛星にインストールし、将来必要となるかもしれないサービスのコストと複雑さを軽減することができる。衛星が故障したり寿命がきたりした場合、レッカー車が道路で故障した車を運ぶように、サービス衛星がその衛星を撤去することで、軌道を確保し、同じ衛星群に属する他の衛星との衝突のリスクを低減することができるのだ。</p>\n<p>また、衛星の撤去から軌道上での点検まで行うことで、衛星に異常が発生した場合、オペレーターは衛星の状態をより詳細に把握することができるようになる。軌道上リロケーションサービスを利用すれば、衛星の初期配置から運用軌道への投入、自然減衰を補うための調整、カバレッジの問題を解決するための衛星の再配置、不具合を補うための衛星の再配置を、燃料費をかけずに実施することができるのだ。</p>\n<p>1950 年代の宇宙開発競争のように、研究開発に多額の投資を必要とする長期計画と同様に、持続可能な軌道インフラストラクチャーを飛躍的に発展させるためには、国家政府の役割が不可欠である。欧州宇宙機関や宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、ClearSpaceやAstroscaleなどの民間企業と共同で、地球低軌道でのデブリ除去ミッションに資金を提供し、積極的にデブリ除去サービスを開始する予定である。</p>\n<p>この地球規模の問題を解決するためには、官民の多大な投資と業界のシステム改革が必要だが、その潜在的な報酬は事実上無限大だ。宇宙経済、つまり新しい、制限のない競技場は、私たちの惑星の生命に影響を与え、私たちの太陽系とその向こう側に新しいフロンティアを開く可能性を持っているのだ。</p>\n<p>編集部注:本稿の執筆者<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/D_Orbit\" rel=\"noopener\">Luca Rossettini</a>(ルカ・ロッセッティーニ)氏は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.dorbit.space/\" rel=\"noopener\">D-Orbit</a>の創設者兼CEO。<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/nobuokada\" rel=\"noopener\">Nobu Okada</a>(岡田光信)氏は<a target=\"_blank\" href=\"https://astroscale.com/ja/\" rel=\"noopener\">Astroscale</a>の創業者兼CEO。<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/lucpiguet\" rel=\"noopener\">Luc Piguet</a>(リュックピゲ)氏は<a target=\"_blank\" href=\"https://clearspace.today/\" rel=\"noopener\">ClearSpace</a>の共同設立者兼CEO。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.in/search/photographer?family=creative&amp;photographer=janiecbros\" rel=\"noopener\">janiecbros </a>/ Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/02/without-sustainable-practices-orbital-debris-will-hinder-spaces-gold-rush/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Luca Rossettini、Nobu Okada、Luc Piguet、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1125629273.jpg",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474137,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474137,
            "tagId": 6877,
            "tag": {
              "id": 6877,
              "slug": "sustainability",
              "name": "持続可能性 / サステナビリティ(用語)",
              "description": "持続可能性 / サステナビリティに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474137,
            "tagId": 28582,
            "tag": {
              "id": 28582,
              "slug": "esa",
              "name": "ESA / 欧州宇宙機関(用語)",
              "description": "ESAは欧州の宇宙開発機関"
            }
          },
          {
            "postId": 474137,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474137,
            "tagId": 366276136,
            "tag": {
              "id": 366276136,
              "slug": "jaxa",
              "name": "JAXA / 宇宙航空研究開発機構(組織)",
              "description": "J宇宙航空研究開発機構。日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。"
            }
          },
          {
            "postId": 474137,
            "tagId": 692506797,
            "tag": {
              "id": 692506797,
              "slug": "space-debris",
              "name": "スペースデブリ / 宇宙ごみ(用語)",
              "description": "スペースデブリ / 宇宙ごみに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474240,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 474240,
        "slug": "2022-03-03-russia-halts-rocket-engine-sales-to-u-s-suggests-flying-to-space-on-their-broomsticks",
        "createdAt": "2022-03-04T00:45:48.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-04T11:43:31.000Z",
        "title": "ロシアが米国向けロケットエンジン販売禁止、「自分たちのほうき」で宇宙へ飛ぶことを提案",
        "content": "<p>ロシアと米国の間で(他の国はいうに及ばず)緊張が高まる中、ロシアの国営宇宙機関Roscosmos(ロスコスモス)は米国へのロケットエンジンの出荷を<a target=\"_blank\" href=\"https://tass.com/science/1415893\" rel=\"noopener\">停止</a>すると発表した。Roscosmoを率いるDmitry Rogozin(ドミトリー・ロゴージン)氏は、国営放送でこう述べた。「何か他のもの、自分たちのほうきにでも乗せて飛ばせばいい、何になるかは知らないがね」。幸いなことに、我々にはほうきよりも良い方法がある。</p>\n<p>今回影響を受ける2つのロシア製エンジンは、ULA(United Launch Alliance)のAtlas V(アトラスV)やAntares(アンタレス)ロケットの主推力として20年間使われてきた信頼性の高い強力なエンジンだ。しかし、ここ数年、AtlasとAntaresの打ち上げ、特に90年代に開発されたエンジンを使った打ち上げは、打ち上げ量と能力において非常に少数派になっていることは、ご存じのとおりだ。</p>\n<p>長い時間軸を持つ産業に属するということは、このような事態に前もって備えるということであり、米国はかなり以前からロシアのハードウェアへの依存度を下げる努力をしてきた。具体的には、ULAは2018年に、次世代ロケットVulcan(ヴァルカン)のために、ロシアのRD-180エンジンの代替品を開発するようBlue Origin(ブルーオリジン)に依頼した。</p>\n<p>このBE-4エンジンはまだ準備が整っていないが(Blue Originが実証した宇宙旅行フライトは、打ち上げプロファイルがまったく異なる)、ULAのトップであるTory Bruno(トリー・ブルーノ)氏は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theverge.com/2022/3/3/22959691/russia-roscosmos-rocket-engines-ula-northrop-grumman-rd-180-181\" rel=\"noopener\">The VergeのLoren Grush(ローレン・グラッシュ)氏に対し</a>、ULAはその方向に向かっており、何にしろ移行期間を乗り切るのに必要なRD-180を十分に持っていると語った(同組織にコメントを求めたので、返答が得られたら更新する)。Northrop Grumman(ノースロップ・グラマン)は、今後数年間、RD-181(同じく禁輸となった)を使用するCygnus(シグナス)の飛行を計画していたため、より大きな影響を受けるかもしれない。</p>\n<p>しかし、米国のレガシーロケットプロバイダーの備えよりも重要なのは、新しいロケットプロバイダーの急増だ。もちろんSpaceX(スペースX)は誰もが知っているし、Rocket Lab(ロケット・ラブ)も急速にお馴染みの社名になりつつある(あなたの家庭が軌道サービス産業に隣接している場合)。しかし2022年は、Relativityの「Terran 1」3Dプリントロケットの初飛行も見られるだろうし、Astra(アストラ)などの新興企業は、迅速、頻繁かつシンプルな打ち上げを行うことでコストを最低限に抑えようとしている。</p>\n<p>さらに、米国政府はハイプロファイルで機密性の高いミッションに、こうしたより新しい商業打ち上げ業者を利用することに急速に抵抗がなくなってきている。国家偵察局(NRO)や国防総省が最新のスパイ衛星を民間のロケットでは軌道に乗せない、あるいは乗せられないという時代は終わりを告げようとしているのだ。</p>\n<p>また、広く捉えると、打ち上げの世界は、ロシアとの新たな冷戦が始まらなかったとしても、RD-180が持続可能な選択肢であった時代からすでに脱却しているということだ。Ford(フォード)に辻馬車を売らないぞと脅している馬車メーカーと言ったら言い過ぎかもしれないが、ロケット、カプセル、発射台、インフラに至るまで、ロシアの最新鋭の宇宙技術はすでに市場から見放されていた感がある。</p>\n<p>米国が設計し、米国が打ち上げる新世代ロケットや宇宙船に民間や政府の資金が大量に投入されたことは、政治情勢が悪化しなかったとしても、さまざまな面で現実的な判断であったといえるだろう。その投資の成果は今、明らかになりつつある。10年後、ロシアは米国のほうきに乗りたがっているかもしれない。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"http://www.flickr.com/photos/usnavy/9320933063\" rel=\"noopener\">Official U.S. Navy Page</a> / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.flickr.com/\" rel=\"noopener\">Flickr</a> under a <a target=\"_blank\" href=\"https://creativecommons.org/licenses/by/2.0/\" rel=\"noopener\">CC BY 2.0</a> license.</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/03/russia-halts-rocket-engine-sales-to-u-s-suggests-flying-to-space-on-their-broomsticks/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/launch.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474240,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474240,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474240,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474240,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474240,
            "tagId": 366276900,
            "tag": {
              "id": 366276900,
              "slug": "engine",
              "name": "エンジン(用語)",
              "description": "エンジンに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474002,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 474002,
        "slug": "2022-03-01-satellite-vu-prepares-to-launch-its-thermal-imaging-satellite-constellation-with-21m-a-round",
        "createdAt": "2022-03-03T00:30:16.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-02T23:58:33.000Z",
        "title": "Satellite Vuが熱画像撮影のための衛星コンステレーション打ち上げに向けて約24億円調達",
        "content": "<p>2100万ドル(約24億円)の新たな資金を得たSatellite Vu(サテライト・ヴュー)は、2023年に最初の7基の衛星によるコンステレーションを打ち上げ、計画通り地球の熱監視を開始することがほぼ決定している。Lockheed Martin(ロッキード・マーチン)とIn-Q-Tel(イン・キュー・テル)が投資家に加わっていることからもわかるように、同社による軌道上からの暑さと寒さの監視は、重大な経済的洞察と、さらにそれ以外の種類の洞察にもつながる可能性がある。</p>\n<p>Satellite Vuは、急速に進化している地球観測画像の製品群に興味深い機能を追加する。例えばPlanet(プラネット)のような可視光や、ICEYE(アイスアイ)のようなレーダーによる3D構造に焦点を当てたプロダクトが多いが、Satellite Vuは熱画像を収集し、幅広い産業に応用することを目指している。</p>\n<p>創業者兼CEOのAnthony Baker(アンソニー・ベイカー)氏が、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/25/2021-04-22-satellite-vus-5m-seed-round-will-fuel-the-launch-of-its-thermal-imaging-satellites/\" rel=\"noopener\">2021年のシードラウンド</a>の際に説明したように、熱画像を見れば、建物に人が住んでいるか、都市のどの部分に交通量が多いか、工場の熱や冷却水が漏れているか、地下水が消失しているか増加しているかなどを知ることができるのだ。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/25/2021-04-22-satellite-vus-5m-seed-round-will-fuel-the-launch-of-its-thermal-imaging-satellites/\" rel=\"noopener\">産業や気候変動モニタリングで重要な赤外線と熱放射を観測する衛星画像のSatellite Vuが5.4億円調達、2022年に衛星打ち上げへ</a></p>\n<p>「私たちの技術は、建物の熱的フットプリントを監視し、経済活動の洞察と効率を導き出すことができます。また、水路の廃棄物汚染を発見したり、災害救助を支援するためにも役立ちます」と、ベイカー氏はTechCrunchにメールで語った。</p>\n<p>英国を拠点とする同社はこれまで、製品の需要を検証するために、高高度飛行で撮影した写真と、独自の画像処理ハードウェアを使って、敷地や都市全体をスキャンしてきた。この実証飛行が非常に好評であることが証明されたため、同社は実際に衛星が打ち上げられるまで定期的な運用を計画している。</p>\n<p>衛星の打ち上げは2023年の初頭になる予定だ。同社はSpaceX(スペースエックス)と契約し、この打ち上げ会社のライドシェア機で、最初の衛星コンステレーションとなる7基の衛星を軌道へ運ぶ。Satellite Vuの「秘伝のタレ」である光学技術は、大気圏内飛行の時代からアップグレードされ、より鮮明な昼間の画像を提供できるようになっている。衛星自体もより機動力が増しており、1パスあたりより多くのショットを撮影できるようになった。</p>\n<div id=\"attachment_474003\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474003\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474003 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"662\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?resize=300,194 300w, /wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?resize=768,497 768w, /wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?resize=1024,662 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?resize=1536,993 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?resize=619,400 619w, /wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?resize=400,259 400w, /wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?resize=738,477 738w, /wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?resize=557,360 557w, /wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?resize=220,142 220w, /wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?resize=266,172 266w, /wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?resize=193,125 193w, /wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?resize=125,81 125w, /wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?resize=93,60 93w, /wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?resize=854,552 854w, /wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?resize=568,367 568w, /wp-content/uploads/2022/03/SSTL-satellite-vu.jpg?resize=50,32 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-474003\" class=\"wp-caption-text\">Satellite Vuの画像処理衛星のイメージ画像(画像クレジット:Satellite Vu)</p></div>\n<p>この技術が諜報活動や防衛に応用できることは明らかだ。しかし、1ピクセルあたり約3.5メートルという解像力では、衛星に1人ひとりの人間を見る分ける能力はないと、ベイカー氏は断言する。もちろん、自動車や人の集団など、人間がいることを示す大きな特徴は見えるかもしれないが、これは戦術的に有用なものではない(比較のために挙げると、他社の衛星熱画像の解像度は1ピクセルあたり100メートル程度である)。</p>\n<p>そうは言っても、これが商業的に価値ある情報源であることは明らかだ。同社がA2ラウンドと称する投資機会に、ロッキードとIn-Q-Telが誘い込まれたことからもそれはわかる。</p>\n<p>「このラウンドは1500万ポンド(約23億円)で完全にコミットされていました」と、10月にベイカー氏は書いている。「しかし、ロッキード・マーチン、In-Q-Tel、Contrarian(コントラリアン)はもう少し時間を必要としていたので、このラウンドに参加させたかったのです。経営陣と現在の投資家は、シリーズBでコンステレーションに資金を供給する強力なシンジケートを持つことの重要性を理解し、これらの新しい参加者を高く評価しました」。</p>\n<p>もちろん、複数の衛星を使うコンステレーションのコストは些細なものではないが、Satellite Vuは用心深く動いて、すべての正しいボックスにチェックマークを入れているようだ。</p>\n<p>防衛用途と、気候変動や公害の追跡や対策に役立つ可能性を組み合わせることは、現時点において、このビジネスで得られる成功に最も近いと思われる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Satellite Vu</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/01/satellite-vu-prepares-to-launch-its-thermal-imaging-satellite-constellation-with-21m-a-round/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/satvu2.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474002,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474002,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474002,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          },
          {
            "postId": 474002,
            "tagId": 692513224,
            "tag": {
              "id": 692513224,
              "slug": "satellite-vu",
              "name": "Satellite Vu(企業)",
              "description": "産業や気候変動モニタリングにとって重要なものである赤外線と熱放射を観測する人工衛星を開発、運用する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 474002,
            "tagId": 692516874,
            "tag": {
              "id": 692516874,
              "slug": "satellite-imaging",
              "name": "衛星画像(用語)",
              "description": "衛星画像に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473944,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 473944,
        "slug": "2022-02-28-nasa-extends-spacexs-commercial-crew-contract-by-three-missions-for-900-million",
        "createdAt": "2022-03-02T09:30:52.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-02T09:17:38.000Z",
        "title": "NASAがSpaceXの商業乗員輸送契約を延長、3ミッション追加で約1036億円",
        "content": "<p>NASAは米国時間3月1日、国際宇宙ステーション(ISS)への乗員輸送サービスを、SpaceX(スペースエックス)にCrew-7、Crew-8、Crew-9ミッションとして正式に追加発注したことを発表した。これによって、SpaceXが受注した商業乗員輸送能力(CCtCap)契約の総額は34億9000万2904ドル(約4018億円)となる。</p>\n<p>当初の26億ドル(約3000億円)の契約は、Space Shuttle(スペースシャトル)の退役に伴い2011年に終了した米国の乗員輸送能力を開発するために、2014年にSpaceXが獲得したものだ。この民間宇宙航空会社は、2020年以降、Crew Dragon(クルードラゴン)宇宙船とFalcon 9(ファルコン9)ロケットで、ISSへ向けてCrew-1からCrew-3(+有人試験飛行1回)まで、3回の乗員輸送ミッションを行い、打ち上げを成功させている。</p>\n<p>修正前の契約では、SpaceXは2022年にCrew-4とCrew-5、2023年にCrew-6と、さらに3つのISSへの飛行ミッションを受注していた。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nasa.gov/feature/nasa-awards-spacex-additional-crew-flights-to-space-station\" rel=\"noopener\">NASAの声明</a>によると、今回の延長契約は「固定価格、無期限納入/無期限数量」であるとのこと。SpaceXの契約期間は2028年3月31日までとなり、成長中の打ち上げ・宇宙事業会社にとってはうれしい定期収入となった。</p>\n<p>NASAの宇宙オペレーション本部副長官を務めるKathy Lueders(キャシー・リーダース)氏は、2021年12月に発表されたSpaceXの契約修正を<a target=\"_blank\" href=\"https://blogs.nasa.gov/commercialcrew/2021/12/03/nasa-to-secure-additional-commercial-crew-transportation/\" rel=\"noopener\">意向する通知</a>の中で「宇宙ステーションにおける米国の存在感を維持するために必要になったときにすぐに準備が整うように、ステーションへの追加フライトの確保を今すぐ始めておくことが重要です」と述べている。「米国の有人打ち上げ能力は、私たちが軌道上における安全な運用を継続し、地球低軌道で経済を構築するために不可欠です」。</p>\n<p>NASAはこの通知の中で、SpaceXが現在ISSに乗員を輸送するために認定されている唯一の米国企業であることを認めた。Boeing(ボーイング)も、2014年にNASAから6回のミッションで総額42億ドル(約4800億円)のCCtCap契約企業として選定されたが、同社のStarliner(スターライナー)宇宙船はまだ人を乗せずに行う無人の試験段階だ。2022年5月に予定されている次のテスト飛行では、Atlas V(アトラスV)ロケットで打ち上げられ、ISSとランデブーする計画になっている。</p>\n<p>最終的にNASAは、SpaceXとボーイングの商業乗員輸送プログラムを連携させ、ISSに宇宙飛行士を送り込むことを考えている。スペースシャトルの退役からSpaceXの商業乗員輸送プログラム認定までの間、NASAはステーションへの乗員輸送をロシアの国営宇宙機関であるRoscosmos(ロスコスモス)だけに依存してきた。NASAの監察総監室(OIG)による<a target=\"_blank\" href=\"https://oig.nasa.gov/docs/IG-20-005.pdf\" rel=\"noopener\">2019年の報告書</a>によると、NASAは2006年から2020年の間に、RoscosmosのSoyuz(ソユーズ)打ち上げシステムに、1席あたり平均5540万ドル(約63億8000万円)を支払っている。このコストは年々上昇し、2020年には1席あたり8600万ドル(約99億円)になっていたという。同じOIGの報告書では、SpaceXの1席あたりの平均コストは5500万ドル(約63億3000万円)、ボーイングでは9000万ドル(103億6000万円)になると推定されている。</p>\n<p><small>画像クレジット:NASA</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/28/nasa-extends-spacexs-commercial-crew-contract-by-three-missions-for-900-million/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Stefanie Waldek、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/51635283717_002bc854e4_o.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473944,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473944,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 473944,
            "tagId": 186334,
            "tag": {
              "id": 186334,
              "slug": "iss",
              "name": "ISS / 国際宇宙ステーション(用語)",
              "description": "ISS / 国際宇宙ステーションに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473944,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473786,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 473786,
        "slug": "2022-02-28-rocket-labs-neutron-will-be-built-launched-and-landed-at-wallops-island-virginia",
        "createdAt": "2022-03-02T00:15:31.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-01T23:48:56.000Z",
        "title": "Rocket Labのロケット「Neutron」、製造から着陸までを米バージニア州ワロップス島で",
        "content": "<p>Rocket Lab(ロケットラボ)は、同社のロケット製造・発射施設の拡張について最新の状況を<a target=\"_blank\" href=\"https://www.businesswire.com/news/home/20220228006048/en/Rocket-Lab-Selects-Virginia-for-Neutron-Launch-Site-Extensive-Manufacturing-Complex\" rel=\"noopener\">発表した</a>。ニュージーランドと米国にある既存の発射場には、引き続き同社の小型ロケット「Electron(エレクトロン)」を配備する。一方、バージニア州では、将来打ち上げる、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/02/rocket-lab-reimagines-rocket-design-with-its-neutron-launch-vehicle/\" rel=\"noopener\">はるかに大型のロケット「Neutron(ニュートロン)」</a>を格納する新しい施設を建設する予定だ。</p>\n<p>Nettronを製造する新しい施設は、NASAのワロップス飛行施設の中にある。施設の28エーカー(約11万3300平方メートル)の敷地には、約25万平方フィート(約2万3000平方メートル)の屋内空間がある。これは大きなスペースだが、当然ロケットも大きい。同社は多数のロケットを製造する予定だ。</p>\n<p>ロケットの組み立てだけでなく、それを構成する特殊な炭素複合材もここで製造される。炭素複合材のロールは、いわば「温めたオーブン」から取り出してすぐ、Neutronの周囲23フィート(約7メートル)の胴体を包むことになる。</p>\n<p>「ロケット全体をこの施設で製造することを意図しています」とRocket LabのCEOで創業者のPeter Beck(ピーター・ベック)氏は、米国時間2月28日のメディアブリーフィングで述べた。「ステージの直径は非常に大きい。私たちはその意思決定を本当に早く行いました。ワロップスとカリフォルニアの間にある一番大きい橋で直径を測るというようなことはしたくなかったのです」。</p>\n<p>ベック氏は、Neutronの仕様が最初に公開された12月に、この大口径の利点を語った。</p>\n<p>再利用を前提にゼロから設計されたロケットであるNeutronは、ペイロードを運んだ後にワロップスに戻り、生まれた場所と同じ施設で改修される。打ち上げと軌道上運用センターを含むオールインワンの複合施設は、この地域に何百もの仕事を提供し、宇宙産業におけるワロップスの長年の重要性をさらに強固なものにするはずだ。</p>\n<p>バージニア州はワロップスNASAの施設の拡張と改善のために約4500万ドル(約52億円)の資金を計上済みだが、まだ議会で審議中だと、バージニア商業宇宙飛行局の代表Ted Mercer(テッド・マーサー)氏(米空軍少将、退役)は電話で述べた。</p>\n<p>「もし議会で承認されれば、1500万ドル(約17億円)は施設の建設に、3000万ドル(約35億円)は新しい発射台の建設に充てられます」とマーサー氏は述べ、発射台はNeutron専用ではなく、多目的であることに言及した。</p>\n<p>当然、早く建設すればそれだけ早く試せるため、ベック氏は「我々はすぐにでもにこの地で着工することを望んでいます」と述べた。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/28/rocket-labs-neutron-will-be-built-launched-and-landed-at-wallops-island-virginia/www.rocketlabusa.com\" rel=\"noopener\">Rocket Lab</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/28/rocket-labs-neutron-will-be-built-launched-and-landed-at-wallops-island-virginia/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Rocket-Lab.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473786,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473786,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 473786,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473786,
            "tagId": 366280227,
            "tag": {
              "id": 366280227,
              "slug": "rocket-lab",
              "name": "Rocket Lab(企業)",
              "description": "Rocket Labは、アメリカのロサンゼルスを拠点とする航空宇宙企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473467,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 473467,
        "slug": "elon-musk-says-he-will-send-starlink-devices-to-ukraine-to-help",
        "createdAt": "2022-02-28T07:46:17.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-02T09:58:54.000Z",
        "title": "イーロン・マスク氏率いるスペースX、ウクライナの要請に応じスターリンク通信と端末提供―ただし有効性に疑問の声も",
        "content": "<p>ロシア軍が侵攻してその動向が世界に注目されているウクライナ情勢に絡んで、イーロン・マスク氏はSpaceXの衛星インターネットサービスStarlinkをウクライナに導入したことを明らかにしました。マスク氏いわく「すでにウクライナでStarlinkサービスは有効になっている」「さらに多くの端末を送る用意がある」とのこと。</p>\n<p>ウクライナではロシアによるサイバー攻撃でインターネット環境が利用できなくなるとの観測が出ており、ウクライナ副首相兼デジタル担当相のムィハーイロ・フョードロフ氏はTwitterでマスク氏にStarlinkによる支援を呼びかけていました。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\">\n<p dir=\"ltr\" lang=\"en\">Starlink service is now active in Ukraine. More terminals en route.</p>\n<p>&#8212; Elon Musk (@elonmusk) <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/elonmusk/status/1497701484003213317?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">February 26, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\">\n<p dir=\"ltr\" lang=\"en\">ℹ️Update: Tech entrepreneur <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/elonmusk?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">@ElonMusk</a> reports that the <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/Starlink?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#Starlink</a> satellite internet service is now active in <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/Ukraine?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#Ukraine</a> and terminals are en route.</p>\n<p>National telecoms infrastructure has been significantly disrupted by the Russian invasion.</p>\n<p>📰 Background: <a target=\"_blank\" href=\"https://t.co/S0qJQ7kAoV\" rel=\"noopener\">https://t.co/S0qJQ7kAoV</a></p>\n<p>&#8212; NetBlocks (@netblocks) <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/netblocks/status/1497704249802645505?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">February 26, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>実際にすでにStarlinkはウクライナで利用可能になっており、この動きに対して、熱狂的なマスクファンなど一部の人々は反射的にSNSで称賛しているようすです。しかしその一方、専門家らからは、Starlinkの有効性について疑問の声もあがっています。</p>\n<p>The VergeはStarlinkをレビューした際、安定した通信を得るにはヒマワリのようにアンテナを衛星の方に向け、さらに間に遮蔽物がないようにしなければならず「誇大に宣伝されたミリ波5Gと同様」に建物はおろか電柱や立木ですら、簡単に信号を遮断してしまうと<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theverge.com/22435030/starlink-satellite-internet-spacex-review\" rel=\"noopener\">報告していました</a>。つまり、人々がインターネット環境を利用したいであろう都市部は、遮蔽物がそこかしこにあり、衛星インターネットが効果を発揮するのは難しいだろうということです。</p>\n<p>また「さらに多くの端末を」とは言っても、それをどうやってキエフなど都心に持ち込むのかが問題です。ウクライナの主要な都市にはロシア軍が集結しており、持ち込む途中で奪われ、逆に利用される可能性も否定できません。</p>\n<p>インターネットの通信状況を監視するサイバーセキュリティ企業NetBlocksは、ウクライナのバックボーンプロバイダーGigaTransの通信状況をTwitterで報告し、一時的にそのトラフィックが20%程度にまで落ち込んだと伝えました。しかしその直後には通常レベルまで復旧したことも報じているため、少なくともウクライナ国内ではまだインターネット通信は生きており、大規模な停電なども発生していない模様です。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\">\n<p dir=\"ltr\" lang=\"en\">⚠️ Update: Some connectivity has returned to <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/Ukraine?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#Ukraine</a> internet backbone provider GigaTrans but service remains intermittent at present. The incident comes amid fighting around capital city <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/Kyiv?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#Kyiv</a>. It is unclear if connectivity will be sustained.</p>\n<p>📰 Report: <a target=\"_blank\" href=\"https://t.co/S0qJQ7CbNv\" rel=\"noopener\">https://t.co/S0qJQ7CbNv</a> <a target=\"_blank\" href=\"https://t.co/aoByXRMJLg\" rel=\"noopener\">pic.twitter.com/aoByXRMJLg</a></p>\n<p>&#8212; NetBlocks (@netblocks) <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/netblocks/status/1497417004319481858?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">February 26, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>もちろんStarlinkのサポートも、ないよりはあるに越したことはありません(<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/world/asia-pacific/musks-starlink-connects-remote-tonga-villages-still-cut-off-after-tsunami-2022-02-23/\" rel=\"noopener\">トンガでもStarlinkが離島で開通したと報じられています</a>。ただ<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/tonga-back-online-190835711.html\" rel=\"noopener\">海底ケーブルもすでに復旧しています</a>が)。いずれにしても、ウクライナの人々が家族や大切な人々と連絡を取り合うのが困難になるかわからない状況に変わりはなさそうです。</p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/elonmusk/status/1497701484003213317\" rel=\"noopener\">Elon Musk(Twitter)</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/elon-musk-says-he-will-send-starlink-devices-to-ukraine-to-help-030052853.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://unsplash.com/@lanirudhreddy?utm_source=unsplash&amp;utm_medium=referral&amp;utm_content=creditCopyText\" rel=\"noopener\">ANIRUDH</a> on <a target=\"_blank\" href=\"https://unsplash.com/s/photos/spacex?utm_source=unsplash&amp;utm_medium=referral&amp;utm_content=creditCopyText\" rel=\"noopener\">Unsplash</a><br />\n</small></p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-007-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473467,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473467,
            "tagId": 3385,
            "tag": {
              "id": 3385,
              "slug": "network",
              "name": "ネットワーク / モバイルネットワーク / インターネット(用語)",
              "description": "ネットワーク / モバイルネットワーク / インターネットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473467,
            "tagId": 22735,
            "tag": {
              "id": 22735,
              "slug": "ukraine",
              "name": "ウクライナ(国・地域)",
              "description": "ウクライナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473467,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 473467,
            "tagId": 1244446,
            "tag": {
              "id": 1244446,
              "slug": "elon-musk",
              "name": "Elon Musk / イーロン・マスク(人物)",
              "description": "イーロン・マスク氏に関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 473467,
            "tagId": 366279954,
            "tag": {
              "id": 366279954,
              "slug": "starlink",
              "name": "Starlink / スターリンク(製品・サービス)",
              "description": "スターリンクは、スペースXが開発を進めている衛星コンステレーション計画。"
            }
          },
          {
            "postId": 473467,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          },
          {
            "postId": 473467,
            "tagId": 692514986,
            "tag": {
              "id": 692514986,
              "slug": "satellite-communication",
              "name": "衛星通信 / 衛星インターネットアクセス(用語)",
              "description": "衛星通信に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 473356,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 473356,
        "slug": "roscosmos-president-threatens-us-on-iss-operations",
        "createdAt": "2022-02-27T22:30:35.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-27T21:59:44.000Z",
        "title": "ロシア宇宙機関ロスコスモスCEO、対ロシア制裁がISS運用に深刻な影響及ぼすと脅迫的ツイート―地上への落下示唆",
        "content": "<div id=\"attachment_473361\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-473361\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-473361\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?w=1024\" alt=\"ロシア宇宙機関ロスコスモスCEO、対ロシア制裁がISS運用に深刻な影響及ぼすと脅迫的ツイート―地上への落下示唆\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-001.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-473361\" class=\"wp-caption-text\">3DSculptor via Getty Images</p></div>\n<p>ロシアの宇宙機関Roscosmosを率いるドミトリー・ロゴージン氏は、米国政府がロシアに対する制裁を厳しくするとの報道を受けてTwitterで激しくそれを非難、バイデン米大統領が木曜日に、制裁が「ロシアの宇宙計画を含む航空宇宙産業を衰退させる」と発言したことに対して、ロシアの宇宙産業に打撃を与えるようなことがあれば、ISSが米国、欧州、インド、中国に落下することになるかもしれないと述べています。</p>\n<p>ロゴージン氏は「バイデン大統領は理解していないかもしれないから、ISSの軌道修正や某国のビジネスマンが軌道上にまき散らしているスベースデブリとの接近を回避するのにはロシアのプログレス補給船のエンジンで行われていると誰か説明してやってくれ」「もし我々との協力関係を損なえば、誰がISSを制御不能にして米国や欧州に落下させるのか、インドや中国に500tもある構造物を落とすのか。ISSはロシア上空を飛ばないからリスクを負うのはお前たちだけだ」とツイートを連投しました。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\">\n<p dir=\"ltr\" lang=\"ru\">Так вы это уже делаете, ограничивая обмены между нашими центрами подготовки космонавтов и астронавтов. Или вы хотите самостоятельно управлять МКС? Может президент Байден не в теме, так объясните ему, что коррекция орбиты станции, ее уклонение от опасных сближений с космическим..</p>\n<p>&#8212; РОГОЗИН (@Rogozin) <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/Rogozin/status/1496933973817425920?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">February 24, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>まるで某SFアニメにある&#8221;コロニー落とし&#8221;を地で行くようなことをするのかとも思える発言ではあるものの、これがまったくの絵空事かといえばそうでもありません。ISSは低軌道に浮かんではいるものの、地球の重力にゆっくりと引き寄せられており、定期的に軌道を押し上げる必要があります。現状ではその押し上げ操作が、ISSにドッキングしたプログレス補給船のエンジンを使って行われているため、ISSはその巨体を軌道にとどめるためにロシアに頼らざるを得ないのが実際のところです。</p>\n<p>このことに対して、SNSではSpaceXのドラゴン宇宙船やノースロップ・グラマンのシグナス補給船を利用してプログレスと同じことができないかとの意見が出ています。現在、ISSにはシグナス補給船がドッキングしており、4月にはこれを使った軌道修正のためのテストも計画されています。ただ、そうしたオプションはあくまでオプション以上の、長期的な解決策としての機能を持つものではありません。</p>\n<p>ただ、ロシアもロシアで、ISSでの活動はNASAに大きく依存しています。NASAはISSの電力供給を一手に引き受けており、軌道上の位置制御もNASAの協力の上で成り立っています。つまり、ISSにおいてはロシアも米国も、互いに互いの力を必要としているわけです。</p>\n<p>もちろんどちらかが一方的にISSを放棄してしまえばそれを維持することはできなくなりますが、いまのところはバイデン大統領が発表したロシアへの制裁措置も、米露の宇宙での協力関係を崩すことがないように組まれており「RoscosmosとNASAの現場はISSの安全な運用のために各国のパートナーとともに協力を継続している」とNASA広報は述べています。</p>\n<p>さらに、もし今後もISSに関する計画が予定どおり行われるならば、やはり米露は協力関係を維持し続ける必要があります。3月18日にはソユーズ宇宙船が3人のロシア人飛行士を乗せてISSへと向かう予定であり、現在ISSに滞在するロシア人飛行士2名、NASA飛行士4名、ESAのドイツ人飛行士1名に合流します。そして、3月30日にはNASA飛行士1名とロシア飛行士2名が地上に帰還します。</p>\n<p>ちなみに、ISSはすでに2030年での退役を見据えた時期に入っており、最近では<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/how-to-incinerate-international-space-station-160038987.html\" rel=\"noopener\">ISSをいかにして安全に大気圏に降下させるか</a>という計画の概要も発表されていました。ただ、その計画はプログレス補給船の推進力を利用することを念頭に作られており、仮に一方的にロシアがISSを放棄してしまった場合は、NASAはシグナスを利用する方向に計画を練り直すことになりそうです。</p>\n<p>バイデン大統領は、今後米露関係の「完全な断絶」もあり得ると発言しており、そうなったときはロゴージン氏もISSに関ししかるべき対応を打ち出してくると考えられます。今後しばらくはウクライナで起きていることの一方で、軌道の上にいる人たちのことも頭の片隅に覚えておく必要がありそうです。</p>\n<p>蛇足。ロゴージン氏は米国の制裁において金融資産凍結対象とされるロシアの重要人物リストに個人として名前が掲載されているとのことです。</p>\n<p>(Source:Via <a target=\"_blank\" href=\"https://www.theverge.com/2022/2/25/22950498/russia-nasa-international-space-station-dmitry-rogozin-roscosmos-ukraine-iss\" rel=\"noopener\">the Verge</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/roscosmos-president-threatens-us-on-iss-operations-072045369.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-28-003-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 473356,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 473356,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 473356,
            "tagId": 186334,
            "tag": {
              "id": 186334,
              "slug": "iss",
              "name": "ISS / 国際宇宙ステーション(用語)",
              "description": "ISS / 国際宇宙ステーションに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473356,
            "tagId": 364665489,
            "tag": {
              "id": 364665489,
              "slug": "china",
              "name": "中国(国・地域)",
              "description": "中国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473356,
            "tagId": 365840503,
            "tag": {
              "id": 365840503,
              "slug": "india",
              "name": "インド(国・地域)",
              "description": "インドに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473356,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473356,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 473356,
            "tagId": 366279888,
            "tag": {
              "id": 366279888,
              "slug": "roscosmos",
              "name": "ロスコスモス(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 473356,
            "tagId": 366281374,
            "tag": {
              "id": 366281374,
              "slug": "eu",
              "name": "EU / 欧州連合(組織)",
              "description": "European Union。EU(欧州連合)に関する記事一覧。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471695,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 471695,
        "slug": "u3satellite-astarisc",
        "createdAt": "2022-02-17T08:39:24.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-17T09:37:21.000Z",
        "title": "千葉工業大学の宇宙塵探査衛星ASTARISC、大面積膜型ダストセンサーを展開し軌道上実証に成功",
        "content": "<div id=\"attachment_471980\" style=\"width: 970px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471980\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-471980\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg?w=960\" alt=\"展開した膜型ダストセンサーをオンボードカメラで撮影した自撮り画像。センサーが固定されたパドル面には、千葉工業大学の校章とPERCのロゴが印字されている\" width=\"960\" height=\"720\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg 960w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-012.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 960px) 100vw, 960px\" /><p id=\"caption-attachment-471980\" class=\"wp-caption-text\">展開した膜型ダストセンサーをオンボードカメラで撮影した自撮り画像。センサーが固定されたパドル面には、千葉工業大学の校章とPERCのロゴが印字されている</p></div>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"http://www.perc.it-chiba.ac.jp/\" rel=\"noopener\">千葉工業大学惑星探査研究センター</a>(PERC)は2月15日、宇宙塵探査実証衛星「ASTARISC」(アスタリスク)がJAXAのイプシロンロケット5号機で高度約570kmの地球周回軌道に打ち上げられ、初期運用に移行したことを発表した。</p>\n<p>ASTARISCは、宇宙塵や微小なスペースデブリを観測するための、サイズが30×10×10cmというU3超小型衛星。世界初の方式による、展開すると30×30cmになる膜状の粒子観測装置(ダストセンサー)を搭載している。ダストセンサーは、ポリイミド製の膜に圧電素子を接着したもの。この膜に宇宙塵やスペースデブリが衝突すると、そのとき発生する弾性波を電気信号としてとらえ、独自の信号処理によりリアルタイムで粒子を観測できる。粒子が膜に衝突しさえすれば検出できるので「膜の面積を大きくするだけで大面積のセンサーを容易に実現できる画期的な技術」とのことだ。</p>\n<div id=\"attachment_471977\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471977\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-471977\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg?w=1024\" alt=\"千葉工業大学の宇宙塵探査衛星ASTARISC、大面積膜型ダストセンサーを展開し軌道上実証に成功\" width=\"1024\" height=\"341\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg 1846w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg?resize=300,100 300w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg?resize=768,255 768w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg?resize=1024,341 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg?resize=1536,511 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg?resize=1203,400 1203w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg?resize=400,133 400w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg?resize=738,245 738w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg?resize=640,213 640w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg?resize=220,73 220w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg?resize=281,93 281w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg?resize=250,83 250w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg?resize=125,42 125w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg?resize=1660,552 1660w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg?resize=600,200 600w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-010.jpg?resize=50,17 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-471977\" class=\"wp-caption-text\">ASTERISC外観写真。写真左は、展開前の衛星外観。写真右は、30×30cmの膜型ダストセンサー(左方向に広げられたオレンジ色の膜)展開後の衛星外観。膜型ダストセンサーの膜面には、受信用の8個の圧電素子と2個の試験信号用の圧電素子が接着されている</p></div>\n<p>&nbsp;</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-471978\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-011.jpg?w=1024\" alt=\"千葉工業大学の宇宙塵探査衛星ASTARISC、大面積膜型ダストセンサーを展開し軌道上実証に成功\" width=\"1024\" height=\"380\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-011.jpg 1330w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-011.jpg?resize=300,111 300w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-011.jpg?resize=768,285 768w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-011.jpg?resize=1024,380 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-011.jpg?resize=1079,400 1079w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-011.jpg?resize=400,148 400w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-011.jpg?resize=738,274 738w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-011.jpg?resize=640,237 640w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-011.jpg?resize=220,82 220w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-011.jpg?resize=281,104 281w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-011.jpg?resize=250,93 250w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-011.jpg?resize=125,46 125w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-011.jpg?resize=600,222 600w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-011.jpg?resize=50,19 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" />ダストセンサーは、センサーの健全性と展開実施の要件を確認したあと、ニュージーランド上空付近で展開された。タイマーコマンドにより自律的に展開されたが、オンボードカメラの映像などによって、設計通りの形状で展開されたことが確認できた。すでに「真の粒子観測イベント」と判定できるデータが得られているとのこと。観測された粒子は、0.1〜1μm(マイクロメートル)程度のサイズと推定され、センサーが設計通りの感度を有していることも実証された。今後は、長期的な観測により、軌道上の粒子の量・飛来方向・運動量などを明らかにできるとしている。</p>\n<p>宇宙塵は、太陽系の形成に大きく関わる重要な微粒子で、原始の地球に降り注いだ宇宙塵由来の有機物が生命の起源ともいわれている。また、スペースデブリの定量的な観測と評価も、今後の宇宙開発において重要な意味を持つ。しかし、宇宙塵や微小なスペースデブリを地上から観察することはきわめて難しく、その分布や量などの特性を調べるには、直接宇宙で観測しなければならない。</p>\n<p>ただ、宇宙空間での宇宙塵や微小スペースデブリは存在が大変に希薄であるため、それらを観測するには大きな検出面積を持つダストセンサーが必要となるが、これまでの方式ではコストの面などで大型化が困難だった。そこで惑星探査研究センターは、容易に大面積化できるこのダストセンサーを開発した。</p>\n<p>ASTARISCは、惑星探査研究センターと<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tohoku.ac.jp/japanese/\" rel=\"noopener\">東北大学</a>が共同で開発したもの。今回は同時に、将来のミッションを視野に入れた国産の衛星バス技術(電源系、通信系、データ処理制御系、姿勢系)の軌道実証も行い、成功している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-17-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471695,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471695,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471695,
            "tagId": 366276136,
            "tag": {
              "id": 366276136,
              "slug": "jaxa",
              "name": "JAXA / 宇宙航空研究開発機構(組織)",
              "description": "J宇宙航空研究開発機構。日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。"
            }
          },
          {
            "postId": 471695,
            "tagId": 674897097,
            "tag": {
              "id": 674897097,
              "slug": "tohoku-university",
              "name": "東北大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 471695,
            "tagId": 681520366,
            "tag": {
              "id": 681520366,
              "slug": "%e5%ae%87%e5%ae%99%e6%8e%a2%e6%9f%bb",
              "name": "宇宙探査",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 471695,
            "tagId": 692506797,
            "tag": {
              "id": 692506797,
              "slug": "space-debris",
              "name": "スペースデブリ / 宇宙ごみ(用語)",
              "description": "スペースデブリ / 宇宙ごみに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471695,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 471695,
            "tagId": 692517332,
            "tag": {
              "id": 692517332,
              "slug": "chiba-institute-of-technology",
              "name": "千葉工業大学(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471812,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 471812,
        "slug": "2022-02-15-virgin-galactic-will-sell-you-a-450k-ticket-to-space-starting-february-16",
        "createdAt": "2022-02-16T23:00:45.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-16T23:51:57.000Z",
        "title": "Virgin Galacticの宇宙観光旅行チケットは約5200万円、2月16日から発売中",
        "content": "<p>宇宙に行きたくって45万ドル(約5200万円)持ってる人は、米国時間2月16日からチケットを手に入れることができる。Virgin Galacticが同社の準軌道スペースプレーンの予約席を販売するのだが、同社によるとそれは「完全会員制」であり「お金では買えない体験」にアクセスできるという。ただしその料金は45万ドルだ。</p>\n<p>今のところ、予約で購入できるのは最大で1000席までらしい。あるいはそれは、Virgin GalacticのCEO、Michael Colglazier(マイケル・コルグラジエ)氏の宇宙観光企業が、2022年の後半に開業したときに揃える席数かもしれない。またVirgin Galacticの約束では、50万ドル(約5800万円)近くをポンと払って席を予約した人には、ニューメキシコ州のSpaceport Americaに宿泊施設を用意し「特製の旅行案内」と「ワールドクラスのアメニティ」を提供するとのこと。</p>\n<p>これらにさらに、90分間のフライトがプラスされる。それは搬送用の航空機に縛り付けられたフェリーに乗ることに始まり、あなたが実際に体重ゼロになって宇宙の端から地球を見る「数分間」が含まれる。でも、今はたまたま15万ドル(約1700万円)しかお金がない人も大丈夫。それだけで予約は確実に取れるし、残りはフライトの直前に払えばよい。</p>\n<p>すごい、これなら宇宙は本当にみんなのものだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Virgin Galactic</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/15/virgin-galactic-will-sell-you-a-450k-ticket-to-space-starting-february-16/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Darrell Etherington、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/vgg.gif",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471812,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471812,
            "tagId": 1321469,
            "tag": {
              "id": 1321469,
              "slug": "virgin-galactic",
              "name": "Virgin Galactic(企業)",
              "description": "Virginグループの宇宙旅行ビジネス会社。"
            }
          },
          {
            "postId": 471812,
            "tagId": 692508038,
            "tag": {
              "id": 692508038,
              "slug": "private-space-flight",
              "name": "民間宇宙飛行(用語)",
              "description": "民間宇宙飛行に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471464,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 471464,
        "slug": "2022-02-14-spacex-plans-its-first-commercial-spacewalk-for-this-year",
        "createdAt": "2022-02-15T00:45:14.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-15T02:31:13.000Z",
        "title": "スペースX、初の商業宇宙遊泳を年内に計画",
        "content": "<p>SpaceX(スペースX)は、初の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/watch-spacex-inspiration4-splashdown-live-stream-214529012.html\" rel=\"noopener\">民間人のみによる宇宙飛行</a>を開始するだけでなく、近い将来、本格的な民間宇宙プログラムの本拠地となる見込みだ。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.washingtonpost.com/technology/2022/02/14/jared-isaacman-polaris-spacex-starship-inspiration4/\" rel=\"noopener\">The Washington Postによると</a>、Shift4(シフト4ペイメンツ)の創業者でInspiration4ミッションのリーダーを務めたJared Isaacman(ジャレッド・アイザックマン)氏は、SpaceXによる「最大3回」の有人飛行を含むPolaris Program(ポラリスプログラム)の構想を<a target=\"_blank\" href=\"https://www.businesswire.com/news/home/20220214005225/en/Polaris-Program-Will-Undertake-a-Series-of-Pioneering-SpaceX-Dragon-Missions-Demonstrating-New-Technologies-and-Culminating-in-the-First-Human-Spaceflight-on-Starship\" rel=\"noopener\">発表</a>した。最初のフライトである「Polaris Dawn(ポラリスの夜明け)」は2022年の第4四半期に予定されており、初の商業宇宙遊泳が含まれるはずだ。この取り組みは理想的には、人間が乗った最初の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/spacex-shows-starship-launch-050753751.html\" rel=\"noopener\">Starship</a>(スターシップ)の飛行で終わる。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/2018-09-18-who-is-yusaku-maezawa-spacexs-first-lunar-tourist.html\" rel=\"noopener\">月旅行</a>を期待していた方たちには申し訳ない。</p>\n<p>Polaris Dawnチームは、史上最高の地球周回軌道を目指し、健康研究を行い、レーザーを使った<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/space-x-reveals-premium-starlink-tier-with-500-mbps-speeds-for-500-a-month-112815004.html\" rel=\"noopener\">Starlink</a>(スターリンク)通信のテストも実施する予定だ。アイザックマン氏はミッションコマンダーとして復帰し、Inspiration4のミッションディレクターで空軍経験者のScott Poteet(スコット・ポティート)氏がパイロットを務める。また、SpaceXのリードオペレーションエンジニアであるAnna Menon(アナ・メノン)氏とSarah Gillis(サラ・ギリス)氏の2名も搭乗する。メノン氏の役割は、昨今の民間宇宙飛行へのシフトを象徴している。彼女の夫であるAnil Menon(アニル・メノン)米空軍中佐はNASAの宇宙飛行士に選ばれているが、彼女はその配偶者よりも先に宇宙に到達する可能性が高いのだ。</p>\n<p>このプログラムの実現は、SpaceXとパートナー企業がいくつかの問題を解決することにかかっている。SpaceXは宇宙遊泳に必要な宇宙服を開発中であり、アイザックマン氏のグループはクルーのうち何人が宇宙船の外に出るかをまだ決めていない。また、Starshipには不確定要素もある。十分なテストが行われ、多くの進歩を遂げているが、この次世代ロケットシステムの開発は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/spacex-high-altitude-test-flight-232643680.html\" rel=\"noopener\">必ずしも計画通りには進んでいない</a>。Polaris Programは、比較的緩やかなスケジュールで、場合によってはいくつかの挫折を経験することになるだろう。</p>\n<p>それにしても、これは民間宇宙飛行の常態化を意味する。Polaris Programは、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/in-2021-billionaires-headed-to-the-stars-210013764.html\" rel=\"noopener\">億万長者が率いる</a>民間宇宙飛行の最近の「慣習」を引き継ぐものだが(アイザックマン氏も例外ではない)、宇宙遊泳や新しい宇宙船のテストなど、これまで政府の宇宙飛行士だけが行っていたことが商業化されることも見込まれる(<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/nasa-spacex-crew-dragon-demo-2-return-161350834.html\" rel=\"noopener\">SpaceXのDemo-2</a>は、NASAの宇宙飛行士が操縦した)。近い将来、民間宇宙飛行士が他の役割を果たすようになっても不思議ではない。</p>\n<p>編集部注:本稿の初出は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/spacex-all-civilian-spacewalk-starship-flight-165202465.html\" rel=\"noopener\">Engadget</a>。著者Jon Fingas(ジョン・フィンガス)氏は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/\" rel=\"noopener\">Engadget</a>の寄稿ライター。</p>\n<p><small>画像クレジット:Polaris Program / John Kraus</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/14/spacex-plans-its-first-commercial-spacewalk-for-this-year/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Jon Fingas、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/FLkm0tUWYAMJQCt.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471464,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471464,
            "tagId": 4701,
            "tag": {
              "id": 4701,
              "slug": "moon",
              "name": "月(用語)",
              "description": "月に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471464,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 471464,
            "tagId": 366279954,
            "tag": {
              "id": 366279954,
              "slug": "starlink",
              "name": "Starlink / スターリンク(製品・サービス)",
              "description": "スターリンクは、スペースXが開発を進めている衛星コンステレーション計画。"
            }
          },
          {
            "postId": 471464,
            "tagId": 366280541,
            "tag": {
              "id": 366280541,
              "slug": "starship",
              "name": "Starship(製品・サービス)",
              "description": "StarshipはSpaceXが開発する宇宙船。"
            }
          },
          {
            "postId": 471464,
            "tagId": 674897814,
            "tag": {
              "id": 674897814,
              "slug": "manned-space-flight",
              "name": "有人宇宙飛行(用語)",
              "description": "有人宇宙飛行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471464,
            "tagId": 681520148,
            "tag": {
              "id": 681520148,
              "slug": "space-ship",
              "name": "宇宙船(用語)",
              "description": "宇宙船に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471464,
            "tagId": 692508038,
            "tag": {
              "id": 692508038,
              "slug": "private-space-flight",
              "name": "民間宇宙飛行(用語)",
              "description": "民間宇宙飛行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471464,
            "tagId": 692517321,
            "tag": {
              "id": 692517321,
              "slug": "spacewalk",
              "name": "宇宙遊泳 / 船外活動(用語)",
              "description": "宇宙遊泳 / 船外活動に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471334,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 471334,
        "slug": "2022-01-26-epsilon3-lines-up-2-8m-seed-round-to-modernize-space-and-launch-operations",
        "createdAt": "2022-02-14T06:45:04.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-14T06:36:20.000Z",
        "title": "打ち上げオペレーションを軸に宇宙事業を近代化するEpsilon3が約3.2億円のシード資金を調達",
        "content": "<p>数億ドル(数百億円)のミッションを抱えているのに、なぜ90年代に作られたソフトウェアを使ってそれを設計し、打ち上げているのだろうか?それは多くの新規宇宙企業が問うている問題であり、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.epsilon3.io/\" rel=\"noopener\">Epsilon3</a>(エプシロンスリー)は、こうした企業のオペレーションを、スプレッドシートやWord文書から現代的で協調的な作業プラットフォームへと導く手助けをしようとしている。</p>\n<p>TechCrunchは2021年、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/20/2021-03-18-co-founded-by-a-leader-of-spacexs-missions-operations-epsilon3-wants-to-be-the-os-for-space-launches/\" rel=\"noopener\">Epsilon3がデビューしたときに記事</a>にしていた。それ以来同社は、打ち上げオペレーション用のOSをプロトタイプからプロダクトへと移行し、顧客と契約することに熱心に取り組んできており、現在ではその数は数十社になっている。そしてこのたび、プレシードで280万ドル(約3億2000万円)を調達した。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/20/2021-03-18-co-founded-by-a-leader-of-spacexs-missions-operations-epsilon3-wants-to-be-the-os-for-space-launches/\" rel=\"noopener\">ロケット打ち上げ用OSを元SpaceXエンジニアの企業Epsilon3が開発</a></p>\n<p>「2021年は、初期の顧客にMVP(実用最小限の製品)を提供することに尽力していました」とEpsilon3の共同創業者でCEOのLaura Crabtree(ローラ・クラブツリー)氏は語っている。「新規のプラットフォームに乗り出すことをためらう人もいましたが、新しいやり方に適応しようとする意欲が感じられたことは、うれしい驚きでした」。</p>\n<p>同社はまた、Y Combinator(Yコンビネーター)の2021年夏の<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/02/tracking-startup-focus-in-the-latest-y-combinator-cohort/\" rel=\"noopener\">コホート</a>の一環として、自らの適応プロセスにも時間を費やした。</p>\n<p>「私は航空宇宙の出身ですので、顧客のことは理解しています」と、SpaceX(スペースX)とNorthrop Grumman(ノースロップ・グラマン)で働いた経験を有するクラブツリー氏は語る。「ビジネスの構築とその運営方法について学ぶために、YCに参加しました。自社が構築したいと考えるものから顧客が必要とするものへと移行し、構築すべきことの優先順位を設定するプロセスを開始することにおいて、YCの支援は大変有益なものでした」。</p>\n<p>Epsilon3のプラットフォームは元来、打ち上げや衛星の継続的なオペレーションを行うための近代的手段として意図されていたが、それ以上の用途があることが、初期の顧客からも示されていた。</p>\n<p>「このソフトウェアがさまざまな業界で幅広いユースケースを生み出していることに驚いています」と同社のCOOであるMax Mednik(マックス・メドニック)氏はいう。「実際に多くの顧客が、新しいハードウェアや統合、テスト手順のために当社のソフトウェアを使用しています。こうした企業は、チームが成長し、野心的な目標を達成しようとしているときに、WordやConfluence、Wikipediaを使ってもうまくいかないと感じているのです」。</p>\n<div id=\"attachment_471337\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471337\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471337 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"532\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg 1800w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?resize=300,156 300w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?resize=768,399 768w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?resize=1024,532 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?resize=1536,798 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?resize=770,400 770w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?resize=400,208 400w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?resize=738,383 738w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?resize=640,332 640w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?resize=220,114 220w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?resize=281,146 281w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?resize=241,125 241w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?resize=125,65 125w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?resize=116,60 116w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?resize=1063,552 1063w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?resize=600,312 600w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-5.jpeg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-471337\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Epsilon3</p></div>\n<p>「【略】のように、情報へのリンクが付いた巨大なスプレッドシートや、すべてのファイルが保存された共有ドライブ上の巨大なフォルダでなんとかやっていくことはできますし、当社が支援している一部の企業もそのようにしています。しかし、間違いを犯しやすいのです」と同氏は続けた。「何かをテストする際にデータを書き出したり、過去のすべての実行にアクセスしたり、監査履歴を保持したりすることが頻繁にあるような状況では、他のツールはうまく機能しません。同じデータのコピーを何百万も保持することになります。何らかの問題が発生した場合、膨大な時間を失う可能性があります」。</p>\n<p>Epsilon3は、テスト中にデータを追跡して記録するライブテレメトリ用のAPIを有しており、等しく堅牢でありながら脆弱さが少ないテスト方法を実現している。また、多重オペレーターのサインオフなどの機能も備えており、これは複数の人がデータポイントやフローをチェックして検証する必要がある航空宇宙や防衛産業では必須の要件といえよう。</p>\n<p>他のサービスやプラットフォームを統合することも、ユーザーフレンドリーであるためには重要である。全体として、宇宙関連事業の開発用ソフトウェアプラットフォームであるFirst Resonance(ファースト・レゾナンス)に似ているように聞こえるかもしれない。これらの企業は、軌道上に乗る資産の構築と打ち上げという、長く複雑なプロセスの異なる部分にそれぞれ適合しているため、競争相手ではなく仲間であることは理に適っている。</p>\n<div id=\"attachment_471336\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471336\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471336 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg 1200w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-6.jpeg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-471336\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Epsilon3</p></div>\n<p>「私たちは(First Resonanceと)データのやり取りについてすでに話をしています」とクラブツリー氏。「彼らは設計とハードウェア部分に、私たちはその後のテストとオペレーションに関わっていますので、ユーザーにそのループバックを提供できればと思っています。他のツールからのデータ統合に向けた足がかりを築きたいと考えており、そこに生まれる大きな付加価値を見据えています」。</p>\n<p>「多くの人がより充実した自動化サポート、そしてJiraのようなツールやインフラ、メトリクス、分析用の統合を求めています。当社のAPIの隣にネイティブ統合を構築することで、相互運用が可能になります」とメドニック氏は付け加えた。</p>\n<p>同社にはまだやるべきことが数多くあるが、顧客はすでに手に入れているものに喜んでお金を支払っているようである。メドニック氏によると、同社は2021年からARR(年間経常収益)を50倍に拡大し、顧客数も3倍以上になったという。その中にはFirefly(ファイアフライ)、Astrobotic(アストロボティック)、OrbitFab(オービットファブ)、Venus(ヴィーナス)、Gilmour Space(ギルモア・スペース)、Stoke Space(ストーク・スペース)、その他まだ公表されていない企業も含まれている。</p>\n<div id=\"attachment_471335\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471335\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471335 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"532\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg 1200w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg?resize=300,156 300w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg?resize=768,399 768w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg?resize=1024,532 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg?resize=770,400 770w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg?resize=400,208 400w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg?resize=738,383 738w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg?resize=640,332 640w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg?resize=220,114 220w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg?resize=281,146 281w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg?resize=241,125 241w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg?resize=125,65 125w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg?resize=116,60 116w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg?resize=1063,552 1063w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg?resize=600,312 600w, /wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-1.jpeg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-471335\" class=\"wp-caption-text\">像クレジット:Epsilon3</p></div>\n<p>「インフラサイドでは多くのレベルアップがなされました」と同氏は振り返る。「これほど大勢の人たちとテストしたことがあるだろうか、という感じでした。そう、私たちはベストを尽くしました。順調にいったと思います」。</p>\n<p>「それ以上のものでしたよ、マックス。成功裏に進んだと思います」とクラブツリー氏は応じた。</p>\n<p>「本当に、すばらしい成果が得られました」。</p>\n<p>今回の資金調達の焦点は、プロダクトとチームの拡張を継続することに置かれている。同社は当初の3人の創業者チーム(Aaron Sullivan[アーロン・サリバン]氏が共同創業者兼チーフエンジニア)から計21人に成長した。まだ規模は小さいが、このようなスタートアップにとっては「ガレージ」段階をはるかに超えている。</p>\n<p>280万ドルのシードラウンドには、プレシード投資家のStage Venture Partners(ステージ・ベンチャー・パートナーズ)とMaC Venture Capital(マック・ベンチャー・キャピタル)の他に、新たな投資家としてLux Capital(ラックス・キャピタル)、Village Global(ヴィレッジ・グローバル)、Y Combinator、Pioneer Fund(パイオニア・ファンド)、Soma Capital(ソマ・キャピタル)、Broom Ventures(ブルーム・ベンチャーズ)が参加した。</p>\n<p><small>画像クレジット:Epsilon3</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/26/epsilon3-lines-up-2-8m-seed-round-to-modernize-space-and-launch-operations/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/epsilon3-4.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471334,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471334,
            "tagId": 7987,
            "tag": {
              "id": 7987,
              "slug": "launch",
              "name": "打ち上げ(用語)",
              "description": "打ち上げに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471334,
            "tagId": 364903014,
            "tag": {
              "id": 364903014,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙(用語)",
              "description": "宇宙に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471334,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 471334,
            "tagId": 366276584,
            "tag": {
              "id": 366276584,
              "slug": "dx",
              "name": "DX / デジタルトランスフォーメーション(用語)",
              "description": "DX / デジタルトランスフォーメーションに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471334,
            "tagId": 692512643,
            "tag": {
              "id": 692512643,
              "slug": "epsilon3",
              "name": "Epsilon3(企業)",
              "description": "ロケット打ち上げ会社やそのペイロードとなる衛星会社に向けて、ミッション管理ソフトウェアを製作する企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471250,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 471250,
        "slug": "2022-02-10-astras-first-rocket-launch-from-florida-goes-awry",
        "createdAt": "2022-02-13T23:45:08.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-13T23:34:30.000Z",
        "title": "Astra、フロリダからの初ロケット打ち上げに失敗",
        "content": "<p>Astra(アストラ)は米国時間2月10日、フロリダ州の「スペースコースト」から初となるロケットの打ち上げを行った。これは当初、2月7日に予定されていたが、技術的な問題で中止されていた。二度目の試みとなった今回、ケープカナベラル宇宙軍基地のスペースローンチコンプレックス46から打ち上げられたロケットは、発射台を離れたものの、残念ながらペイロードは軌道に乗らなかった。</p>\n<p>同社によると、ロケットは飛行中に問題が発生し、ペイロードを目的地に届ける機会が得られなかったという。これはロケットに積まれていたNASAの4基のCubeSat(キューブサット)が失われたことを意味する。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nasa.gov/press-release/nasa-awards-venture-class-launch-services-demonstration-2-contract\" rel=\"noopener\">NASAのLaunch Services Program</a>(ローンチ・サービス・プログラム)に基づきこの契約を獲得したAstraは、小型のペイロードを宇宙に届ける低コストの軽負荷ロケットという代替手段の有効性を示すことを目標としていた。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">We experienced an issue during today&#39;s flight that resulted in the payloads not being delivered to orbit.</p>\n<p>We are deeply sorry to our customers <a href=\"https://twitter.com/NASA?ref_src=twsrc%5Etfw\">@NASA</a> and the small satellite teams. More information will be provided after we complete a data review.</p>\n<p>&mdash; Astra (@Astra) <a href=\"https://twitter.com/Astra/status/1491868134713671684?ref_src=twsrc%5Etfw\">February 10, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<blockquote><p>本日の飛行中に問題が発生し、ペイロードを軌道上に届けられなくなってしまいました。</p>\n<p>お客様であるNASAおよび小型衛星チームのみなさまに深くお詫び申し上げます。より詳細な情報は、データの確認が完了した後にお知らせします。</p>\n<p>Astra</p></blockquote>\n<p>Astraによる打ち上げライブ中継では、ロケットのメインエンジンが切り離され、ブースターと上段が分離した直後に、何か問題が発生したように見えた。上段が制御不能な状態で転回しているように見えたが、その後、映像は切断された。</p>\n<p>Astraのアプローチは、スピードと効率を重視し、業界の競合他社よりも大量に小型ロケットを生産することに重点を置いている。以前、AstraのChris Kemp(クリス・ケンプ)CEOは、より低コストのアプローチには、トレードオフとして競合他社よりも高い故障率を負う可能性があることを十分に認識しており、そのことはビジネスモデルに織り込み済みであると、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/02/06/why-astra-built-a-space-startup-and-rocket-factory-in-silicon-valley/\" rel=\"noopener\">TechCrunchの取材に対してコメントしている</a>。</p>\n<p>しかし、これでAstraは、比較的近い時期に二度の失敗を経験したことになり、いずれもSPAC(特別買収目的会社)合併によってニューヨーク証券取引所に上場した後に起きている。前回の失敗は2021年8月、同社の<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/31/2021-08-30-astras-first-commercial-launch-fails-to-reach-orbit/\" rel=\"noopener\">最初の公式な商業打ち上げ(米国宇宙軍のためのテストペイロード輸送)で問題が発生し、軌道に到達することができなかった</a>。しかし、Astraはそれから3カ月後の11月、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/21/2021-11-20-astra-successfully-reaches-orbit-for-the-first-time-with-latest-rocket-launch/\" rel=\"noopener\">商業ペイロードの軌道投入に成功</a>している。</p>\n<p>関連記事<br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/31/2021-08-30-astras-first-commercial-launch-fails-to-reach-orbit/\" rel=\"noopener\">上場ロケット企業Astra初の商業打ち上げは軌道に到達せず、エンジントラブルで</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/21/2021-11-20-astra-successfully-reaches-orbit-for-the-first-time-with-latest-rocket-launch/\" rel=\"noopener\">小型ロケット専門のAstraが前回の失敗を乗り越え初の軌道到達に成功</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Astra / John Kraus</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/10/astras-first-rocket-launch-from-florida-goes-awry/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Darrell Etherington、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/FLPZL9VXEAAdNTi-e1644524962600.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471250,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471250,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 471250,
            "tagId": 7987,
            "tag": {
              "id": 7987,
              "slug": "launch",
              "name": "打ち上げ(用語)",
              "description": "打ち上げに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471250,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471250,
            "tagId": 366279234,
            "tag": {
              "id": 366279234,
              "slug": "florida",
              "name": "フロリダ(国・地域)",
              "description": "フロリダに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471250,
            "tagId": 692509091,
            "tag": {
              "id": 692509091,
              "slug": "astra",
              "name": "Astra(企業)",
              "description": "カリフォルニア州アラミーダのロケット打ち上げ企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471213,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 471213,
        "slug": "2022-02-11-the-james-webb-space-telescope-takes-a-selfie-and-a-big-step-towards-its-first-real-image",
        "createdAt": "2022-02-13T00:15:44.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-13T00:01:31.000Z",
        "title": "ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が初めて星を撮影、「自撮り」画像も披露",
        "content": "<p>ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡のような複雑な装置は、稼働するまでに少々時間がかかる。2022年1月末に軌道に乗ったものの、まだ起動プロセスの途中にある。米国時間2月11日には、その中で<a target=\"_blank\" href=\"https://blogs.nasa.gov/webb/2022/02/11/photons-received-webb-sees-its-first-star-18-times/\" rel=\"noopener\">大きなマイルストーンに到達した</a>。ウェッブが初めて星を捉えたのだ。18回も。そしてそれを祝うためにセルフィー(自撮り)を行った。</p>\n<p>この巨大な軌道望遠鏡の長年に渡る開発、組み立て、展開についての報道をご覧になってきた方はご存知かと思うが、ウェッブ望遠鏡は基本的に18枚の鏡をハニカム(蜂の巣)型に組み合わせた形状をしており、これが目標物からの大量の赤外線を取り込むのに役立つ。</p>\n<p>しかし、それぞれの鏡(さらに前面の副鏡やその他多くの部品)は、反射した像が他の鏡に映る像と一致して重なるように、正確に調整する必要がある。</p>\n<p>「主鏡のセグメントが揃っていないので、実際には18個の別々の望遠鏡のように機能しています。現時点では何も調整していないし、焦点も合わせていないため、少しぼやけています」と、ウェッブ望遠鏡の光学素子担当マネージャーであるLee Feinberg(リー・ファインバーグ)氏は、NASAのビデオで語っている(このビデオを見ると、筆者の説明よりもよくわかるはずだ)。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/QlwatKpla8s?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>それはちょうど、アニメでよく見るような、意識を失ったキャラクターが目を覚ますと、世界が2重、4重に見えていて、それらの画像を徐々に重なり合って像を結ぶ場面を思い浮かべればよいだろう。この場合、もちろん、望遠鏡は宇宙の中にあるので、よく見えてくるものは(おそらく)星だけだ。</p>\n<p>この調整を行うためには、同じような明るさの星に囲まれていない、際立った星が必要だった。そこでチームは、おおぐま座にあるHD 84406と呼ばれる星をターゲットに選んだ。ちょうど宇宙に浮かぶクマの首輪の上に位置する星だ。北斗七星のひしゃくの口にあたる2つの星を思い浮かべて欲しい。HD 84406は、その線を右に伸ばして同じくらいの距離の位置にある。</p>\n<p>ウェッブ望遠鏡は、このHD84406の方向に向けて、156通りの方向から10枚ずつ撮影し、合計1560枚、54ギガバイトのRAWデータを取得した。</p>\n<div id=\"attachment_471214\" style=\"width: 810px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471214\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-471214\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/webb-array.gif\" alt=\"\" width=\"800\" height=\"715\" /><p id=\"caption-attachment-471214\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:NASA</p></div>\n<p>「セグメントの各ドットが空に広がってしまう可能性もあったため、この最初の探索では満月ほどの大きさの領域をカバーしました」と、ウェッブ望遠鏡チームの科学者であるMarshall Perrin(マーシャル・ペリン)氏は、NASAのニュースリリースで述べている。「私たちは探索の初期段階で18個のセグメントすべてからの光を中心部のすぐ近くで発見することができました!これは、鏡の位置合わせとしてはすばらしい出発点です」。</p>\n<p>6時間の処理の後、チームは望遠鏡の18枚の鏡でそれぞれ同じ星を捜し出し、それらを1つの画像(上)に組み立て、鏡の位置をどれだけ再調整する必要があるかを示すことができた。ペリン氏がいうように、これらのうちの1つまたは複数が中心から大きく離れていた可能性は十分にあり、その場合はより長く、より大変な鏡の補正作業が必要になる。しかし、これらはすべて中心付近に集まっており、ミラーの展開が非常にうまくいっているということを意味する。</p>\n<p>ウェッブ望遠鏡に搭載されているカメラシステムはこれだけではなく、セットアッププロセスもこれだけではない。しかし、今回の成功は、赤外線カメラと主鏡が計画通りに機能していることを示している(まだすべての能力を発揮できているわけではないが)。</p>\n<p>幸いなことに、もう1つの機器は十分に機能していたので、最も重要なコンテンツを得ることに成功した。「自撮り」だ。</p>\n<div id=\"attachment_471215\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-471215\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-471215 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"1024\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg 1448w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=150,150 150w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=300,300 300w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=768,768 768w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=1024,1024 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=400,400 400w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=738,738 738w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=360,360 360w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=380,380 380w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=220,220 220w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=172,172 172w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=125,125 125w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=60,60 60w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=552,552 552w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=367,367 367w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=32,32 32w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=50,50 50w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=64,64 64w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=96,96 96w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=128,128 128w, /wp-content/uploads/2022/02/webb-selfie.jpg?resize=80,80 80w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-471215\" class=\"wp-caption-text\">ウェッブ望遠鏡の18枚の鏡を撮影した「自撮り」(画像クレジット:NASA)</p></div>\n<p>TechCrunchでは、今回のような大きなステップについては今後も取り上げていく予定だが、ウェッブ望遠鏡のすべての動きを追いかけていきたい人は、<a target=\"_blank\" href=\"https://blogs.nasa.gov/webb/\" rel=\"noopener\">専用のミッションブログ</a>を常にチェックしておこう。</p>\n<p><small>画像クレジット:NASA</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/11/the-james-webb-space-telescope-takes-a-selfie-and-a-big-step-towards-its-first-real-image/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/webb-alignment.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471213,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471213,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 471213,
            "tagId": 5668226,
            "tag": {
              "id": 5668226,
              "slug": "selfie",
              "name": "セルフィー / 自撮り(用語)",
              "description": "セルフィー / 自撮りに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471213,
            "tagId": 681520885,
            "tag": {
              "id": 681520885,
              "slug": "telescope",
              "name": "望遠鏡 / 宇宙望遠鏡(用語)",
              "description": "望遠鏡 / 宇宙望遠鏡に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 471169,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 471169,
        "slug": "2022-02-11-elon-musks-spacex-starship-event-leaves-a-lot-of-questions-around-the-companys-big-rocket",
        "createdAt": "2022-02-11T23:45:30.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-13T23:51:11.000Z",
        "title": "イーロン・マスク氏のSpaceX Starshipイベントで残る大型ロケットをめぐる多くの疑問",
        "content": "<p>Elon Musk(イーロン・マスク)氏は、テキサス州ボカチカにあるStarship(スターシップ)開発現場から、同社の次世代打ち上げ宇宙船Starshipの進捗と計画について最新情報を提供した。StarshipとSuper Heavyブースターを組み合わせた高さ約400フィート(約121メートル)の打ち上げ機について、これまで印象的な説明があった。しかし今回、同氏がStarshipについて語ったことの多くは目新しいものではなかった。飛行試験と開発の次のステップに関してプロジェクトが置かれている実際の状況について同氏が共有できたことは、新しいコンセプトビデオに描かれた、空想上の惑星に向かうというビジョンに現状からどうやってたどり着くのかという疑問をいくつか投げかけた。</p>\n<h2>「ノアの方舟」の正当化</h2>\n<p>マスク氏は、人類を火星やその先に恒久的に到達させるというミッション実存の正当性に繰り返し言及してきたが、今回のアップデートでは、その目標に、地球の幅広い種の保存を中心とする補足を加えた。同氏はノアの方舟に触れなかったが、以下の通り、この類推は外れていない。</p>\n<blockquote><p>人類だけでなく、地球上のすべての生命を本当に大切に思う人たちにとって、長期的には、私たちが複数の惑星を持つ種になり、最終的には太陽系を越えて生命をもたらすことが非常に重要です。私たちは生命の管理人であり、生命の後見人です。私たちが愛する生物たちは宇宙船を作ることができませんが、私たちは彼らを連れて行くことができるのです。それは、環境を大切にする人、地球上のすべての生き物を大切にする人にとって、とても重要なことだと思います。</p></blockquote>\n<p>SpaceX(スペースエックス)のCEOであるマスク氏は、究極的にはこのプロジェクトの正当化を軽視し、第2の理由であるインスピレーションをより重要視している。同氏は以前、SpaceXの野心について語った際に、Starshipと文明の多惑星化は、人々を「未来について興奮」させることができるものの1つだと述べた。これは、マスク氏とSpaceXが地球上の問題解決に費やした方がよいはずの膨大な資金をプロジェクトに注いでいるという批判に対する長い回答の一部だった。批判に対して同氏は「リソースの99%超は地球上の問題解決に向けられるべき」ということに同意し、それはすでに行われていると述べた。</p>\n<h2>Starshipの打ち上げプロセスと迅速な再利用性</h2>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/-Oox2w5sMcA?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>SpaceXは、これまでもStarshipの打ち上げプロセスについて語り、コンセプトアニメーションも公開してきたが、今回のアップデートでは、同社がイメージする最新のバージョンを映し出した。上に掲載した短い映像は、現在ボカチカに設置されている実際の打ち上げ施設をより忠実に再現しているが、タワーにブレードランナーの雰囲気を漂わせるビジュアルが施されている。</p>\n<p>このアニメーションでは、2つのStarship宇宙船が軌道上でドッキングする様子も描かれている。これは、SpaceXが以前にモデル化したものではないが、火星への旅のために宇宙で燃料を補給する方法について同社は議論してきた。マスク氏は、ドッキングプロセスの詳細について同社がまだ解決しなければならないことだとしながらも、実際には「自分自身とドッキングするよりも宇宙ステーションとドッキングする方がずっと難しい」はずだと語り、SpaceXの宇宙船が常に宇宙ステーションとドッキングしていることに言及した。</p>\n<h2>打ち上げ場所と必要なクリアランス</h2>\n<p>もう1つの話題は、これまで共有された情報との相違が明確になった、Starshipの打ち上げ施設についてだ。マスク氏によると、打ち上げ場所の周辺には比較的人口の少ない広大なエリアが必要で、さらに人々をすばやく避難させることができること、打ち上げ傾斜角や宇宙船が宇宙に入る際の適切な位置取りが必要なことから、Starshipの打ち上げには2つのオプションしかないという。イベントが行われたテキサス州のStarship開発施設と、フロリダ州のケープカナベラルだ。</p>\n<p>テキサスでの打ち上げのための米連邦航空局(FAA)による現場審査がどういう状況なのか、マスク氏は実際には把握していなかったが、3月中には承認が得られると予想しているという。とはいえ、ケープカナベラルには予備のためのStarshipの建設現場と発射台があり、テキサスで環境審査とFAAの審査が通らなければ、ケープカナベラルが第一の場所になる可能性もある。SpaceXが最初からフロリダのスペースコースト(ケネディ宇宙センターとケープカナベラル基地周辺)に決めてStarshipを打ち上げようとしなかった理由の1つは、そこではすでに多くのロケット打ち上げが行われており、既存のオペレーションを中断させたくなかったからだと、マスク氏は述べた。</p>\n<p>質疑応答のセッションでマスク氏は、最終的にはSpaceXが古い石油プラットフォームを使って現在開発しているような、海上に浮かぶ宇宙港が「おそらく」いくつもできると考えている、と繰り返した。これは、ロケット発射が「かなりうるさい」こと、また混乱を最小限に抑えるために少なくとも「主要都市から20~30マイル(約32〜48キロメートル)」離れたところで発射を行わなければならないことに対処するためだ。このことは、地球を拠点としたポイント・ツー・ポイントの移動にとって重要なことだと同氏は話した。</p>\n<h2>軌道到達のタイムラインは不明</h2>\n<p>Starshipに関して次に期待されているのは、何といっても最初の軌道上テスト飛行だ。プロトタイプはすでに(Super Heavy除く)民間旅客機が飛行する高度まで飛んでいるが、地球の大気圏を超えたものはまだない。過去の発言でマスク氏はいつも楽観的なスケジュールを示してきた。例えば<a target=\"_blank\" href=\"/2019/10/01/2019-09-28-elon-musk-says-starship-should-reach-orbit-within-six-months-and-it-could-even-fly-with-a-crew-next-year/\" rel=\"noopener\">2019年9月</a>の最初のStarship情報アップデートで同氏は、6カ月以内に軌道に到達し、2020年中には人を乗せることもできると予想していた。</p>\n<p>明白だが、それは実現しなかった。</p>\n<p>その代わり、タイムラインは<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/23/2021-10-22-elon-musk-says-starship-should-be-ready-for-first-orbital-launch-next-month-pending-regulatory-approval/\" rel=\"noopener\">2021年末</a>から<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/18/2021-11-17-spacex-aims-to-conduct-first-orbital-flight-of-starship-in-january-musk-says/\" rel=\"noopener\">2022年1月</a>に、そして現在は3月になる可能性もあるなど絶えず変化しており、マスク氏は実際に軌道テストに成功するいう点に関して「2022年中に軌道に到達すると強く確信している」とだけ発言している。</p>\n<p>Starshipアップデートのプレゼンテーションの全容は、下の動画で閲覧できる。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/3N7L8Xhkzqo?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p><small>画像クレジット:SpaceX</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/11/elon-musks-spacex-starship-event-leaves-a-lot-of-questions-around-the-companys-big-rocket/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Darrell Etherington、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/SpaceX-1.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 471169,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 471169,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 471169,
            "tagId": 1244446,
            "tag": {
              "id": 1244446,
              "slug": "elon-musk",
              "name": "Elon Musk / イーロン・マスク(人物)",
              "description": "イーロン・マスク氏に関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 471169,
            "tagId": 366273498,
            "tag": {
              "id": 366273498,
              "slug": "mars",
              "name": "火星(用語)",
              "description": "火星に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 471169,
            "tagId": 366280541,
            "tag": {
              "id": 366280541,
              "slug": "starship",
              "name": "Starship(製品・サービス)",
              "description": "StarshipはSpaceXが開発する宇宙船。"
            }
          },
          {
            "postId": 471169,
            "tagId": 681520216,
            "tag": {
              "id": 681520216,
              "slug": "super-heavy",
              "name": "Super Heavy(製品・サービス)",
              "description": "Starship宇宙船を軌道に乗せるための次世代の超大型ロケットブースター。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470798,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 470798,
        "slug": "starlink-working-to-restore-tongas-internet",
        "createdAt": "2022-02-10T04:00:45.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-10T02:41:09.000Z",
        "title": "スペースX、スターリンク衛星コンステレーションによるサービスをインターネット断絶のトンガに提供すべく活動中",
        "content": "<div id=\"attachment_470802\" style=\"width: 685px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-470802\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-470802\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/a40b2ea0-89cd-11ec-b5d5-b6bf7636b848.jpg?w=675\" alt=\"SpaceXがStarlink衛星コンステレーションによるサービスをインターネット断絶のトンガに提供すべく活動中\" width=\"675\" height=\"450\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/a40b2ea0-89cd-11ec-b5d5-b6bf7636b848.jpg 675w, /wp-content/uploads/2022/02/a40b2ea0-89cd-11ec-b5d5-b6bf7636b848.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/02/a40b2ea0-89cd-11ec-b5d5-b6bf7636b848.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/02/a40b2ea0-89cd-11ec-b5d5-b6bf7636b848.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/02/a40b2ea0-89cd-11ec-b5d5-b6bf7636b848.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/02/a40b2ea0-89cd-11ec-b5d5-b6bf7636b848.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/02/a40b2ea0-89cd-11ec-b5d5-b6bf7636b848.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/02/a40b2ea0-89cd-11ec-b5d5-b6bf7636b848.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/02/a40b2ea0-89cd-11ec-b5d5-b6bf7636b848.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/02/a40b2ea0-89cd-11ec-b5d5-b6bf7636b848.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/02/a40b2ea0-89cd-11ec-b5d5-b6bf7636b848.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/02/a40b2ea0-89cd-11ec-b5d5-b6bf7636b848.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 675px) 100vw, 675px\" /><p id=\"caption-attachment-470802\" class=\"wp-caption-text\">New Zealand Defense Force via Getty Images</p></div>\n<p>SpaceXは、<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/tongas-internet-will-be-cut-off-for-weeks-after-eruption-090036083.html\" rel=\"noopener\">1月15日に発生した大規模噴火で甚大な被害を受けたトンガのインターネット環境</a>回復のために、Starlinkの衛星コンステレーションによるブロードバンドサービスを提供すべく協力していると報じられています。</p>\n<p>現在、SpaceXはフィジーに衛星インターネット通信局を設置している最中で、ここを中継点としてトンガへインターネット回線を延伸させようとしているとのこと。インターネットが通じたとしてトンガの人々がどのようなサービスを期待すれば良いかはよくわかりませんが、現在世界25か国でパブリックベータサービスを提供しているStarlinkサービスにとって、トンガやフィジーへの接続は、回線敷設の手間が大きく省ける衛星ブロードバンドの利点を広く宣伝する良い機会になると考えられます。</p>\n<p>噴火で途切れた海底インターネットケーブルの復旧にはまだ数週間ほどかかるとされており、トンガ政府にそれまで通信環境の回復を待てない事情があるのであれば、SpaceXにさらなる支援を求めることもありそうです。また海底ケーブル復旧後も今回の災害のような不測の事態に備えるためのバックアップとして、衛星インターネット環境はトンガのような絶海の島国でこそ求められるインフラとも言えそうです。</p>\n<p>ただし、トンガは1月下旬に契約の解釈のもつれからサービスを提供していなかった衛星通信企業Kacific Broadband Satellitesに対して通信開通の許可を出しており、SpaceXがそこへ割り込む格好になることであらぬ競争が発生することになる可能性もないわけではありません。</p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.wsj.com/articles/elon-musks-spacex-seeks-to-reconnect-tonga-to-internet-11644410232\" rel=\"noopener\">Wall Street Journal</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/starlink-working-to-restore-tongas-internet-215037597.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-10-002-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 470798,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 470798,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 470798,
            "tagId": 366270836,
            "tag": {
              "id": 366270836,
              "slug": "natural-disasters",
              "name": "自然災害 / 火災(用語)",
              "description": "自然災害 / 火災に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470798,
            "tagId": 366279954,
            "tag": {
              "id": 366279954,
              "slug": "starlink",
              "name": "Starlink / スターリンク(製品・サービス)",
              "description": "スターリンクは、スペースXが開発を進めている衛星コンステレーション計画。"
            }
          },
          {
            "postId": 470798,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470757,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 470757,
        "slug": "2022-02-09-spacex-loses-40-starlink-satellites-to-a-geomagnetic-storm",
        "createdAt": "2022-02-09T23:45:48.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-10T10:15:51.000Z",
        "title": "スペースX、地磁気嵐でスターリンク衛星40基を失う",
        "content": "<p>SpaceX(スペースX)のFalcon 9ロケットで米国時間2月3日に大気圏外に運ばれたインターネット衛星<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/space-x-reveals-premium-starlink-tier-with-500-mbps-speeds-for-500-a-month-112815004.html\" rel=\"noopener\">Starlink</a>(スターリンク)のほぼすべてが、目的の軌道に<a target=\"_blank\" href=\"https://www.cnet.com/news/spacex-starlink-satellites-doomed-after-geomagnetic-storm-hits-earth/#ftag=CAD590a51e\" rel=\"noopener\">達しない</a>。SpaceXは、打ち上げの翌日に発生した地磁気嵐により衛星に深刻な影響があり、最大で40基が地球の大気圏に再突入するか、すでに突入していることを<a target=\"_blank\" href=\"https://www.spacex.com/updates/\" rel=\"noopener\">明らかにした</a>。米地質調査所は、地磁気嵐を、一般的に太陽風の強いうねりによって引き起こされる「急激に磁場が変動する」期間と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.usgs.gov/faqs/what-magnetic-storm\" rel=\"noopener\">説明している</a>。</p>\n<p>こうした嵐は、電子機器や軌道上の人工衛星にダメージを与える可能性がある。今回のケースでは、大気が暖み、大気抵抗(衛星の動きに対する摩擦)がこれまでの打ち上げに比べて最大で50%増えた。SpaceXの説明によると、Starlinkチームは、新たに配備された衛星を救おうと、抵抗を最小限に抑えるためにセーフモード(紙のように飛ぶよう動きを調整するモード)にした。しかし、抵抗が増し、セーフモードを終了できなくなった。</p>\n<p>軌道から外れた衛星は衝突の危険はなく、大気圏に再突入する際に完全に燃え尽き、軌道上のデブリも発生しない、とSpaceXは説明している。また、衛星の部品が地上に落下することもない見込みだ。「この特殊な状況は、Starlinkのチームが、軌道上のデブリ軽減の最先端を行くシステムを確実なものにするために、多大な努力を払ってきたことを示しています」と同社は発表文に書いている。</p>\n<p>SpaceXは2022年1月時点で、第1世代のStarlink衛星を2000基以上打ち上げている。Starlink衛星をペイロードとする打ち上げは、同社にとって日常的なものとなっていて、世界をカバーするインターネット提供を目的とした最大3万個の衛星からなる第2のコンステレーション形成が承認されれば、さらに頻繁に行われるようになるはずだ。</p>\n<p>Starlinkは遠隔地にいる人々にもインターネット接続を提供することができるが、天文学者たちは、巨大なコンステレーションは都市の光害よりも研究にとって深刻な脅威になっているという。実際、国際天文学連合は「衛星コンステレーションの干渉から暗くて静かな空を守るためのセンター」を<a target=\"_blank\" href=\"https://www.space.com/iau-center-protect-astronomy-megaconstellation-threat\" rel=\"noopener\">設立した</a>ばかりだ。望遠鏡が衛星コンステレーションによって反射された光を拾い、宇宙の観測を困難にすることが大きな問題であるため、センターは観測所が実行できるソフトウェアや技術的な緩和策に焦点を当てることにしている。SpaceXは2020年にStarlink衛星に「サンシェード」を追加し、明るさを抑えている。<a target=\"_blank\" href=\"https://skyandtelescope.org/astronomy-news/starlink-satellites-fainter-but-still-visible/\" rel=\"noopener\">Sky &amp; Telescope</a>によると、現在は確かに暗く見えるが、望遠鏡ではまだ見えるという。</p>\n<p>編集部注:本稿の初出は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/spacex-loses-40-starlink-satellites-geomagnetic-storm-112059901.html\" rel=\"noopener\">Engadget</a>。執筆者のMariella Moonは<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/\" rel=\"noopener\">Engadget</a>の共同編集者。</p>\n<p><small>画像クレジット:Starlink</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/09/spacex-loses-40-starlink-satellites-to-a-geomagnetic-storm/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Mariella Moon、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/SpaceX.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 470757,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 470757,
            "tagId": 7987,
            "tag": {
              "id": 7987,
              "slug": "launch",
              "name": "打ち上げ(用語)",
              "description": "打ち上げに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470757,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 470757,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470757,
            "tagId": 366270836,
            "tag": {
              "id": 366270836,
              "slug": "natural-disasters",
              "name": "自然災害 / 火災(用語)",
              "description": "自然災害 / 火災に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470757,
            "tagId": 366279954,
            "tag": {
              "id": 366279954,
              "slug": "starlink",
              "name": "Starlink / スターリンク(製品・サービス)",
              "description": "スターリンクは、スペースXが開発を進めている衛星コンステレーション計画。"
            }
          },
          {
            "postId": 470757,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          },
          {
            "postId": 470757,
            "tagId": 692514986,
            "tag": {
              "id": 692514986,
              "slug": "satellite-communication",
              "name": "衛星通信 / 衛星インターネットアクセス(用語)",
              "description": "衛星通信に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470757,
            "tagId": 692517259,
            "tag": {
              "id": 692517259,
              "slug": "geomagnetic-storm",
              "name": "地磁気嵐(用語)",
              "description": "地磁気嵐に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470757,
            "tagId": 692517260,
            "tag": {
              "id": 692517260,
              "slug": "solar-wind",
              "name": "太陽風(用語)",
              "description": "太陽風に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470588,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 470588,
        "slug": "nasa-signs-lockheed-martin-to-develop-spacecraft-for-mars-sample-return",
        "createdAt": "2022-02-09T02:46:42.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-09T02:46:42.000Z",
        "title": "NASA、火星からサンプルを持ち帰る宇宙機MAVの開発に向けロッキード・マーティンと契約",
        "content": "<div id=\"attachment_470593\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-470593\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-470593\" src=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?w=1024\" alt=\"NASA、火星からサンプルを持ち帰る宇宙機MAVの開発に向けロッキード・マーティンと契約\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-001.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-470593\" class=\"wp-caption-text\">NASA/ESA/JPL-Caltech</p></div>\n<p>火星探査ローバーのPerseveranceには、火星の地表にある岩石や堆積物、大気を含むサンプルを採取してパッキングする役割があります。しかしNASAにはまだそれを地球へと持ち帰る手段がありません。NASAはそのサンプルを手に地球へ持ち帰る宇宙機Mars Ascent Vehicle (MAV)の開発製造企業としてロッキード・マーティンを選定しました。</p>\n<p>これはNASAの火星サンプルリターン計画において、無人機で地球にサンプルを持ち帰る最初の往復ミッションになります。このミッションではMAVを搭載するサンプル回収用着陸機(Sample Retrieval Lander)がジェゼロクレーター近辺に着陸、Perseveranceが残したサンプルを拾いあつめてMAVに積み込み、発射台としてMAVを地球に向け打ち上げます。</p>\n<p>ロッキードマーティンは複数のMAVプロトタイプを用意しテストします。NASAは、ロケットの地上支援装置の設計と開発に加えて、MAV統合システムの設計、開発、テスト、評価を請け負っています。</p>\n<p>言葉で説明すればこれだけのことですが、いざ実行に移すとなるとそれは非常に困難なミッションになると予想されます。MAVは、火星の過酷な環境に耐えるべく堅牢に作られ、他のNASAの宇宙機と完璧に連携する必要があります。さらにMAVは2026年までに打ち上げられる予定のサンプル回収用着陸機に搭載できるぐらいのコンパクトさに仕上げられなければなりません。</p>\n<p>契約は1億9400万ドルで2月25日からオプション基幹含め6年の契約期間になるとのこと。火星からのサンプルリターンは、地球以外の惑星からの初のリターンミッションになる予定で、成功すれば生命が存在した可能性もある初期からの火星の歴史を明らかにする重要な資料が得られると考えられています。</p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nasa.gov/press-release/nasa-selects-developer-for-rocket-to-retrieve-first-samples-from-mars\" rel=\"noopener\">NASA</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/nasa-signs-lockheed-martin-to-develop-spacecraft-for-mars-sample-return-015530673.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-09-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 470588,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 470588,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 470588,
            "tagId": 267078,
            "tag": {
              "id": 267078,
              "slug": "lockheed-martin",
              "name": "Lockheed Martin / ロッキード・マーティン(企業)",
              "description": "米国の航空機・宇宙船メーカー。"
            }
          },
          {
            "postId": 470588,
            "tagId": 366273498,
            "tag": {
              "id": 366273498,
              "slug": "mars",
              "name": "火星(用語)",
              "description": "火星に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470588,
            "tagId": 692515095,
            "tag": {
              "id": 692515095,
              "slug": "perseverance",
              "name": "Perseverance",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470492,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 470492,
        "slug": "2022-02-07-wyvern-adds-4m-in-new-non-equity-funding-for-its-in-demand-hyperspectral-imaging-tech",
        "createdAt": "2022-02-09T00:30:04.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-09T00:29:03.000Z",
        "title": "ハイパースペクトル衛星画像技術Wyvernが新たに約4.6億円獲得、スマートファーム施設での実験でも使用される",
        "content": "<p>カナダのスタートアップ企業で、衛星画像技術を手がけるWyvern(ワイバーン)は2021年12月、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/18/2022-01-17-space-startup-wyvern-raises-4-5m-and-joins-ycs-latest-cohort/\" rel=\"noopener\">450万ドル(約5億2000万円)のシードラウンド</a>(新たな取り組みが発表されたおかげで終盤にほぼ倍増した)を実施し、Y Combinator(Yコンビネーター)への参加を発表したばかりだが、さらに今回、カナダのSustainable Development Technology(SDTC、持続可能な開発技術)プログラムを通じて、新たに400万ドル(約4億6000万円)の資金を獲得したことを明かした。</p>\n<p>SDTCプログラムは、シード期、グロース期、スケールアップ期の各段階にあるスタートアップ企業に対し、官民の機関や企業とのパートナーシップを通じて、クリーンテックに革新を起こす可能性のあるプロジェクトへの資金提供を行うというもの。SDTCが提供する資金は、スタートアップ企業に株式の譲渡を要求するものではなく、また返済義務のあるローンでもない。その代わり、SDTCとそのパートナーが設定した測定可能な結果と成果物をもとに契約を結び、その目標を達成することで資金を得られる。</p>\n<p>Wyvernの場合、SDTCは、BASFのxardio digital farming(ザルビオ・デジタルファーミング)、Olds College(オールズ大学)、SkyWatch(スカイウォッチ)、MetaSpectral(メタスペクトラル)、Wild + Pine(ワイルド+パイン)のコンソーシアムと協力。この3年間におよぶプロジェクトの概要は、オールズ大学にある2800エーカー(約11.3平方キロメートル)の「スマートファーム」施設を使って、Wyvernのハイパースペクトル衛星画像をテストするというものだ。</p>\n<p>Wyvernは現在、自社の技術を実際に宇宙へ持って行くことに取り組んでいるため、資金が豊富にあることは非常に重要だ。同社は今後数年内に、最初の観測衛星「DragonEye(ドラゴンアイ)」を打ち上げることを計画している。</p>\n<p><small>画像クレジット:Olds College</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/07/wyvern-adds-4m-in-new-non-equity-funding-for-its-in-demand-hyperspectral-imaging-tech/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Darrell Etherington、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Olds-College-1.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 470492,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 470492,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470492,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 470492,
            "tagId": 366275485,
            "tag": {
              "id": 366275485,
              "slug": "canada",
              "name": "カナダ(国・地域)",
              "description": "カナダに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470492,
            "tagId": 681519645,
            "tag": {
              "id": 681519645,
              "slug": "wyvern",
              "name": "Wyvern(企業)",
              "description": "人間の目や従来のレンズでは見られなかった地球の画像データをとらえる手法を用いて、地球低軌道から撮影されるハイパースペクトル画像に、比較的低コストでアクセスできるサービス提供するカナダの衛星画像技術企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 470492,
            "tagId": 692516874,
            "tag": {
              "id": 692516874,
              "slug": "satellite-imaging",
              "name": "衛星画像(用語)",
              "description": "衛星画像に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470492,
            "tagId": 692516875,
            "tag": {
              "id": 692516875,
              "slug": "hyperspectral-imaging",
              "name": "ハイパースペクトルイメージング(用語)",
              "description": "さまざまな波長において波長の違いを識別する能力で対象物の反射光を撮影し、可視化する技術。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470361,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 470361,
        "slug": "institute-for-q-shu-pioneers-of-space-fundraising",
        "createdAt": "2022-02-08T03:11:55.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-08T03:11:55.000Z",
        "title": "100kg級小型SAR(合成開口レーダー)衛星の開発・運用を行うQPS研究所がシリーズBセカンドクローズとして10.5億円調達",
        "content": "<p>世界トップレベルの100kg級小型SAR(合成開口レーダー)衛星の開発・運用を行う<a target=\"_blank\" href=\"https://i-qps.net/\" rel=\"noopener\">QPS研究所</a>は2月8日、シリーズBラウンドセカンドクローズとして、第三者割当増資による約10億5000万円の資金調達を完了したと発表した。</p>\n<p>引受先は、未来創生3号ファンド(スパークス・アセット・マネジメント)、SMBC日興証券、みずほ成長支援第4号投資事業有限責任組合(みずほキャピタル)、UNICORN 2号ファンド投資事業有限責任組合(山口キャピタル)、大分ベンチャーキャピタルが運営する「おおいた中小企業成長ファンド投資事業有限責任組合」「大分VCサクセスファンド 6号投資事業有限責任組合」の計5社。2021年12月9日に公表した同ファーストクローズ38億5000万円とあわせ、シリーズBラウンドとしては総額49億円の資金調達を実施したことになる。また累計資金調達額は約82.5億円となった。</p>\n<p>今回のセカンドクローズで調達した資金は、ファーストクローズに続き、2022年打ち上げ予定の衛星3号機~6号機、また7号機以降の開発・運用にあてる予定。</p>\n<p>QPS研究所は従来のSAR衛星の1/20の質量、1/100のコストで100kg級高精細小型SAR衛星の開発に成功し、夜間や天候不良時でも高分解能・高画質で観測できるSAR画像を提供。今後は衛星を毎年複数機打ち上げ、2025年以降を目標に36機の小型SAR衛星のコンステレーションを構築し、平均10分ごとの準リアルタイム地上観測データサービスの提供を目指している。同プロジェクトを早期実現すべくシリーズB資金調達に至ったという。</p>\n<p>QPS研究所は、九州の地に宇宙産業を根差すことを目指し、九州大学名誉教授の八坂哲雄氏と桜井晃氏、三菱重工業のロケット開発者であった舩越国弘氏が2005年に設立。九州大学での小型衛星開発の20年以上の技術をベースに、国内外で衛星開発や宇宙ゴミ(スペースデブリ)への取り組みに携わってきたパイオニア的存在である名誉教授陣と若手技術者・実業家が幅広い経験と斬新なアイデアを基に、「宇宙の可能性を広げ、人類の発展に貢献すること」を企業ミッションとして、現在は世界トップレベルの衛星データビジネスの創出に取り組んでいるという。また創業以前より宇宙技術を伝承し、育成してきた約20社の九州の地場企業とともに人工衛星をはじめ、世界にインパクトを与える数々の宇宙技術開発を行っている。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-08-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 470361,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 470361,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470361,
            "tagId": 366273122,
            "tag": {
              "id": 366273122,
              "slug": "kyushu-university",
              "name": "九州大学(組織)",
              "description": "九州大学に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470361,
            "tagId": 692510849,
            "tag": {
              "id": 692510849,
              "slug": "i-qps",
              "name": "QPS研究所(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 470361,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 470053,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 470053,
        "slug": "2022-02-03-iceyes-new-136m-in-funding-points-to-a-white-hot-space-based-remote-sensing-market",
        "createdAt": "2022-02-05T02:30:42.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-05T00:59:58.000Z",
        "title": "白熱化する衛星リモートセンシング市場、合成開口レーダーを活用する衛星画像のICEYEが約157億円調達",
        "content": "<p>合成開口レーダー(SAR)を用いた衛星画像を提供するスタートアップ企業のICEYE(アイスアイ)は、新たなシリーズD投資ラウンドで1億3600万ドル(約157億円)を調達、これまでの資金調達総額は3億400万ドル(約350億円)となり、SpaceX(スペースX)を除く宇宙関連スタートアップ企業の中では最も資本力のある企業の1つとなった。ICEYEは、宇宙から地球の画像を撮影するリモートセンシングに注力する企業で、そのために同社が用いる技術は、従来の画像ベースの観測では難しかった雲やその他の障害物で覆われた場所も容易に覗き込むことができるため、利益率の高い国防産業を含む、幅広い顧客を惹き付けている。</p>\n<p>防衛産業といえば、ICEYEは米国時間1月20日に米国家偵察局(NRO)と契約を結び、同局によるSARの商業リモートセンシングの評価に参加することになった。ICEYEはまた、すでに軌道に乗せた16基の衛星に加え、2022年にはさらに10基の新しい衛星の打ち上げも計画している。</p>\n<p>ICEYEは当初、フィンランドのヘルシンキで設立されたが、その後は米国にも子会社を設立するなど事業の足場を拡げ、2021年からは独自の製造施設も稼働させている。米国内で衛星を製造・運用できるということは、ICEYEが米国の国防に関わる重要な案件を請け負うことができるという意味だ。</p>\n<p>その一方で、同社は、保険、海運、海上監視、災害対応、さらには金融など、さまざまな業界の顧客にサービスを提供し続けている。夜間や悪天候など、従来の障害に邪魔されずに地表を頻繁に撮影できることに価値を見出す顧客は後を絶たない。</p>\n<p>今回の1億3600万ドルの資金調達は、既存投資家であるSeraphim Space(セラフィム・スペース)が主導し、新たな戦略的投資家や、既存の顧客であるBAE Systems(BAEシステムズ)、Kajima Ventures(カジマ・ベンチャーズ)も参加した。</p>\n<p><small>画像クレジット:ICEYE</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/03/iceyes-new-136m-in-funding-points-to-a-white-hot-space-based-remote-sensing-market/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Darrell Etherington、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/ICEYE-X2_ICEYE_SAR_Satellite_Concept_Art_top_view.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 470053,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 470053,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470053,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 470053,
            "tagId": 692510657,
            "tag": {
              "id": 692510657,
              "slug": "remote-sensing",
              "name": "リモートセンシング(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 470053,
            "tagId": 692516874,
            "tag": {
              "id": 692516874,
              "slug": "satellite-imaging",
              "name": "衛星画像(用語)",
              "description": "衛星画像に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 470053,
            "tagId": 692517189,
            "tag": {
              "id": 692517189,
              "slug": "iceye",
              "name": "ICEYE(企業)",
              "description": "合成開口レーダー(SAR)を用いた衛星画像を提供するフィンランド・ヘルシンキの企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 469614,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 469614,
        "slug": "2022-02-02-spacex-reveals-500-monthly-premium-starlink-service-with-speeds-up-to-500-mbps",
        "createdAt": "2022-02-03T00:15:26.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-02T23:40:13.000Z",
        "title": "SpaceXが月額約5.7万円の「プレミアム」Starlinkプランを発表、最大500Mbpsの速度を実現",
        "content": "<p>SpaceX(スペースX)は、同社の衛星インターネットサービスStarlink(スターリンク)において、より高いパフォーマンスと目を疑うような価格の新サービスプランを発表したと<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theverge.com/2022/2/2/22913921/spacex-starlink-premium-satellite-internet-faster-speed-expensive\" rel=\"noopener\">The Verge</a>が報じた。「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.starlink.com/premium\" rel=\"noopener\">Starlink Premium</a>(スターリンクプレミアム)」と名づけられたこのサービスは、150〜500Mbpsの速度を20〜40msの遅延で提供するとのこと。従来の50〜250Mbpsから速度はアップし、同じ遅延ということになる。アップロード速度も、標準プランの10〜20Mbpsから、プレミアムでは20〜40Mbpsに向上している。</p>\n<p>だが約2倍のパフォーマンスアップのためには、5倍の料金を支払わなければならない。標準プランの月額99ドル(約1万1300円)に対し、Starlink Premiumプランは月額500ドル(約5万7200円)となる。また、アンテナなどのハードウェアには、標準プランの499ドル(約5万7100円)に対し、2500ドル(約28万6000円)が必要となり、Premiumアンテナの予約には500ドル(約5万7200円)の保証金が必要となる。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Starlink high performance antenna <a href=\"https://t.co/83kIQSNV3l\">https://t.co/83kIQSNV3l</a></p>\n<p>&mdash; Elon Musk (@elonmusk) <a href=\"https://twitter.com/elonmusk/status/1488746173498212353?ref_src=twsrc%5Etfw\">February 2, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>SpaceXによると、この新サービスは「極端な気象条件」でもより確実に機能し、顧客は優先的に24時間年中無休のサポートを受けることができるという。このサービスは、多くの遠隔地で利用できる高速インターネットの唯一の選択肢となる可能性が高く、そうした環境で優れた耐候性は重宝されるだろう。</p>\n<p>SpaceXは、2021年10月にStarlinkのベータ版を発表し、同年11月には、オリジナルの円形衛星アンテナよりもはるかに小さく薄い長方形の新しい衛星アンテナを<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/starlink-rectangular-terminal-satellite-internet-112330512.html\" rel=\"noopener\">発表</a>した。新しいPremiumアンテナはそれよりも大きく「ネットワークの使用量がピークに達したときでも、重要な業務のための帯域幅を確保するのに役立つ」とSpaceXは述べている。</p>\n<p>Starlinkは、1月中旬時点で2000基以上の衛星を打ち上げており、<a target=\"_blank\" href=\"https://spacenews.com/spacex-passes-2000-starlink-satellites-launched/\" rel=\"noopener\">約1500基</a>が運用軌道に乗っている。現行システムでは、現在の約3倍となる最大4408基の衛星運用が認められている。Premiumプランは2022年第2四半期に納入開始を予定しており、現在注文受付中だ。</p>\n<p>編集部注:本稿の初出は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/space-x-reveals-premium-starlink-tier-with-500-mbps-speeds-for-500-a-month-112815004.html\" rel=\"noopener\">Engadget</a>。著者Steve Dent(スティーブ・デント)氏は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/\" rel=\"noopener\">Engadget</a>のアソシエイトエディター。</p>\n<p><small>画像クレジット:Starlink</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/02/spacex-reveals-500-monthly-premium-starlink-service-with-speeds-up-to-500-mbps/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Steve Dent、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/Premium_Module_01.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 469614,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 469614,
            "tagId": 22,
            "tag": {
              "id": 22,
              "slug": "internet",
              "name": "インターネット / インターネット接続(用語)",
              "description": "インターネット / インターネット接続に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469614,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 469614,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469614,
            "tagId": 366271389,
            "tag": {
              "id": 366271389,
              "slug": "communication-network",
              "name": "通信 / 通信網(用語)",
              "description": "通信 / 通信網に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469614,
            "tagId": 366279954,
            "tag": {
              "id": 366279954,
              "slug": "starlink",
              "name": "Starlink / スターリンク(製品・サービス)",
              "description": "スターリンクは、スペースXが開発を進めている衛星コンステレーション計画。"
            }
          },
          {
            "postId": 469614,
            "tagId": 692514986,
            "tag": {
              "id": 692514986,
              "slug": "satellite-communication",
              "name": "衛星通信 / 衛星インターネットアクセス(用語)",
              "description": "衛星通信に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 469299,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 469299,
        "slug": "tenchijin-water-leakage-judgment",
        "createdAt": "2022-02-01T09:13:56.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-01T09:13:56.000Z",
        "title": "JAXA認定宇宙ベンチャー天地人、衛星画像から水道管の漏水可能性区域を判定する実証実験を開始",
        "content": "<p>JAXA認定の宇宙ベンチャー企業であり、宇宙ビッグデータを活用して土地の価値を見出すスタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://tenchijin.co.jp/\" rel=\"noopener\">天地人</a>は、衛星画像を使って水道が漏水していると思われる箇所の推定を行う実証実験を開始する。これは、愛知県の豊田市上下水道局、漏水検査や地中探査事業を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.fuji-si.co.jp/\" rel=\"noopener\">フジ地中情報</a>と共同で実施されるもので、豊田市全域を対象として、2022年2月1日から2023年3月下旬まで行われる。</p>\n<p>この実証実験で天地人は、衛星画像をAIで高精度解析して水道管の漏水可能性区域を判定し、フジ地中情報が実施する路面音聴調査のデータをもとに、AIによる漏水可能性判定の分析と精度向上を行うことにしている。「最新の衛星データでどこまで漏水可能性区域を判定できるかを検証」すると天地人は話している。</p>\n<p>同様の調査は、2021年8月、豊田市の一部地域を対象に行っているが、そのときの推定的中率は約3割だった(556の漏水可能性区域のうち154区域で漏水が判明)。このときは、判定区域の直径を200mとしていた。今回は、直径100m以内に狭め、的中率約6割を目指すという。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/02/2022-02-01-009-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 469299,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 469299,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 469299,
            "tagId": 366271482,
            "tag": {
              "id": 366271482,
              "slug": "bigdata",
              "name": "ビッグデータ(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 469299,
            "tagId": 366276136,
            "tag": {
              "id": 366276136,
              "slug": "jaxa",
              "name": "JAXA / 宇宙航空研究開発機構(組織)",
              "description": "J宇宙航空研究開発機構。日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。"
            }
          },
          {
            "postId": 469299,
            "tagId": 692512919,
            "tag": {
              "id": 692512919,
              "slug": "tenchijin",
              "name": "天地人(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 468402,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 468402,
        "slug": "arkedge-space-raised-1670m-jpy",
        "createdAt": "2022-01-26T06:30:43.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-26T06:30:43.000Z",
        "title": "月面活動に向け衛星コンステレーション構築を目指すアークエッジ・スペースがシリーズAファーストクローズとして16.7億円調達",
        "content": "<p>超小型衛星の開発運用などを手がける<a target=\"_blank\" href=\"https://arkedgespace.com/\" rel=\"noopener\">アークエッジ・スペース</a>は1月26日、シリーズAファーストクローズとして、第三者割当増資による16億7000万円の資金調達を実施したことを発表した。引受先には、インキュベイトファンドをリードインベスターに、リアルテックファンド、MSIVC2021V投資事業有限責任組合(三井住友海上キャピタル)などが加わっている。累積調達額は約21億円となった。</p>\n<p>アークエッジ・スペースは、経済産業省の「超小型衛星コンステレーション技術開発実証事業」に採択(2021年8月)され、JAXAの「⽉⾯活動に向けた測位・通信技術開発」の委託先にも採択(2021年12月)されている。さらにJAXAの公募型企画競争「Comet Interceptor ミッションにおける超小型探査機システムの概念検討」の委託先にも選定された(2021年8月)。またルワンダ政府より、同国初の人工衛星の製造開発を受注し、2019年にはISSの「きぼう」日本実験棟から放出を成功させるなどの実績を持つ。</p>\n<p>今回調達した資金で、アークエッジ・スペースは、月面活動に必要となる通信と測位の衛星コンステレーション構築、6U衛星による衛星コンステレーションの実現、人材採用による組織力の強化を目指すという。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-468404\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg 3120w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=1536,1024 1536w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=2048,1365 2048w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/01/sub3-1.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>月面活動に関しては、「⽉⾯活動に向けた測位・通信技術開発」に関連し、2025年を目途に、月と地球間の超長距離通信システムの構築に必要となる超小型衛星の開発と実証を行う。また、月面活動向け通信・測位システムを担う超小型宇宙機の開発・打ち上げ実証を着実に実施するとしている。「日本の持続的な月、月以遠の深宇宙探査や月面産業の構築」に貢献するという。</p>\n<p>6U衛星コンステレーションは、「超小型衛星コンステレーション技術開発実証事業」の一環。「IoT通信」「地球観測」「海洋DX(VDES)」「高精度姿勢制御ミッション」の4テーマに対応した6U衛星7機からなる衛星コンステレーションの開発と軌道上運用を2025年までに実現させる。この衛星により、世界中の政府や研究機関、民間事業者に6U衛星プラットフォームを提供し、「SDGs達成、地球課題解決、海洋のデジタルトランスフォーメーション、持続可能な宇宙産業の創出」に貢献するという。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-26-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 468402,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 468402,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 468402,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 468402,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          },
          {
            "postId": 468402,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 468402,
            "tagId": 692516791,
            "tag": {
              "id": 692516791,
              "slug": "arkedgespace",
              "name": "アークエッジ・スペース(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 468291,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 468291,
        "slug": "2022-01-24-nasa-celebrates-private-sector-deployments-of-space-born-tech-in-its-latest-spinoff",
        "createdAt": "2022-01-26T02:15:12.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-27T02:41:27.000Z",
        "title": "NASAの雑誌「Spinoff」は宇宙生まれの技術の民間企業転用例を紹介",
        "content": "<p>NASA(米航空宇宙局)の「Spinoff」は、筆者が毎年楽しみに読んでいる雑誌の1つだ。NASAの研究は、驚くべき、そして興味深い方法で世界に浸透しており、その内容が年に1度発刊される雑誌の中で追跡・収集されている。2022年も、ハイキング用のガジェットから重工業、そしておもしろいことに宇宙まで、あらゆるところでNASAの技術に出会うことができる。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://spinoff.nasa.gov/Spinoff-2022-release\" rel=\"noopener\">2022年度版</a>でも、さまざまな場所で日常的に使われるようになった技術が多数紹介されており、<a target=\"_blank\" href=\"https://spinoff.nasa.gov/sites/default/files/2022-01/Spinoff.2022.pdf\" rel=\"noopener\">こちらから閲覧できる</a>(約60ページあるので、コーヒーでも飲みながら、ゆっくりご覧いただきたい)。</p>\n<p>筆者は、NASAの技術移転プログラムの責任者であるDaniel Lockney(ダニエル・ロックニー)氏に話を聞いた。同氏は、NASAの技術や研究を有効活用しようとする地上の企業に展開する活動を統括している。</p>\n<p>「一般的には、次のようなことが起こります。NASAが何かを開発すると、私のオフィスに報告します。私たちはそれを見て、まず、それがうまくいくかどうかを考えます。そして次に、誰がそれを使うのか、もし使える人がいれば、その人に届ける方法を考えるのです」とロックニー氏は説明した。「私は、できる限り無料で提供するよう試みます。収益を上げるとか、米財務省に何かを還元するとか、そういう方針は持っていません。1958年にNASAが制定した法律には、我々の仕事を普及させるようにと書かれていますが、そこには金儲けについては何も書かれていません」。</p>\n<p>その結果、コンパクトで長持ちする浄水器や珍しい機械部品など、宇宙や打ち上げのために必要だったが、地上で再利用できるかもしれない興味深い技術が、安価または無料で利用を許諾されることになった。</p>\n<p>ロックニー氏は、最新のライセンス契約の中で、特に興味深いと思ったものを2つ紹介した。</p>\n<p>「GM(ゼネラルモーターズ)との提携で『Robo-Glove(ロボグローブ)』を開発しました。これは、宇宙飛行士が着用する機能性グローブで、反復作業時の負担を軽減し、握力を高めます」と同氏は語った。「宇宙遊泳で何かを握ったりするのは、2、3回ならできますが、午後ずっと工具を握っているとなれば負担になります。そうした作業を補助するためにこのグローブを開発しました。今では世界中の工場で使われています」。</p>\n<div id=\"attachment_468293\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-468293\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-468293 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"502\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg 1249w, /wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg?resize=300,147 300w, /wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg?resize=768,376 768w, /wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg?resize=1024,502 1024w, /wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg?resize=816,400 816w, /wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg?resize=400,196 400w, /wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg?resize=738,362 738w, /wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg?resize=640,314 640w, /wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg?resize=220,108 220w, /wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg?resize=281,138 281w, /wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg?resize=250,122 250w, /wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg?resize=125,61 125w, /wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg?resize=122,60 122w, /wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg?resize=1127,552 1127w, /wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg?resize=600,294 600w, /wp-content/uploads/2022/01/NASA2.jpeg?resize=50,24 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-468293\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Bioservo Technologies</p></div>\n<p>スイスのBioservo(ビオサーボ)は、ロボグローブのNASA特許のライセンス供与を受け、何年も前からそのコンセプトに基づき試行錯誤を重ね、2021年夏には最新版のアイアンハンドを発表した。その最も一般的な使用例は、手に怪我を負ったために仕事を失うかもしれない従業員が、この手袋を使うことでより早く仕事に復帰でき、また痛み止め薬の服用も減らせるというものだ。</p>\n<p>技術供与を受けるのが1社だけとは限らない。ロックニー氏は、NASAが完全に人工的な条件下での精密農業における問題を調べた最初の組織だと指摘した。</p>\n<p>「NASAは、長距離宇宙飛行でクルーの健康を維持するために、多くの実験を行っています。その1つが、自分たちの食べ物を育てることです。植物を見ることによる心理的なメリットもあります」と同氏はいう。「しかし、土や水耕栽培のような重い培地を使わずに作物を栽培する方法を見つける必要がありました。水はかなり重く、大変貴重なものです。また、照明も適切でなければなりませんが、エネルギーを使いすぎるのもよくありません。そこで私たちは、小さなスペースでたくさんの植物を栽培するための農業技術を開発しました。植物のストレスをコントロールすれば、生育条件を正確に調整でき、収穫量も向上します。実際に、根を覆う栄養フィルム、適切なスペクトルの光を照射するLED、そしてもちろん、あらゆるところにセンサーを設置しています」。</p>\n<p>「都市部でも同じような状況です。農地の資源を浪費せずに、どうやってこの人口に食料を供給するのでしょうか。しかし、私たちがこの研究を主導したのは、誰もその必要性を感じていなかったからです。結局、宇宙飛行での必要性が直接のきっかけとなったのです。そして今、都会の密集地で垂直農法を行い、実際に野菜を食料品店に提供している会社がいくつかあります」と同氏は続けた。</p>\n<p>ここで実際に取り上げた例は、取り組みが始まってまだ日が浅い。しかし、消費者と投資家の双方にとって、海外から何千キロもかけて輸送されたものよりも、数ブロック以内で効率的に栽培された食品を手に入れたいという欲求は明らかに存在する。</p>\n<p>NASAの仕事は、生命維持のための産業だけでなく、レジャーにも道を開いている。2022年の「Spinoff」に掲載されたもののうち、少なくとも3つのアイテムは、ハイキングやキャンプなどのアウトドア活動に関連している。1つは、もともと宇宙船の外壁に使われていた薄膜の放射防止材が、超軽量の断熱層として<a target=\"_blank\" href=\"https://13-one.com/\" rel=\"noopener\">13-One</a>などのジャケットに採用された。90年代に研究されたエアロジェルは、シアトルに本社を置くOutdoor Research(このブランドは、店の前を通るとついつい買ってしまう)の新しいギアに採用された。また、NanoCeram(ナノセラム)と呼ばれる素材は、新しい<a target=\"_blank\" href=\"https://nkdlife.com/\" rel=\"noopener\">携帯用浄水器ボトル</a>に使用されている。</p>\n<p>スピンオフした技術に関する出版物に載っているとは思えないような新しい応用例として、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/04/13/spacexs-falcon-heavy-rocket-to-deliver-an-astrobotic-lander-and-nasa-water-hunting-rover-to-the-moon-in-2023/\" rel=\"noopener\">Astrobotic(アストロボティック)の月着陸船「Peregrine」</a>がある。これまで、このような技術は国が支援するプログラムに限定されていたが、商業宇宙分野が急速に拡大する中、NASAの技術は宇宙を目指す企業にとっても貴重なものになっている。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/14/2021-04-13-spacexs-falcon-heavy-rocket-to-deliver-an-astrobotic-lander-and-nasa-water-hunting-rover-to-the-moon-in-2023/\" rel=\"noopener\">月へNASAの水探索車を届けるためにスペースXがFalcon Heavyロケットの打ち上げを2023年に予定</a></p>\n<p>新しいものばかりではない。中には、何十年も前に開発され、今もなお新しい用途やライセンス先が見つかっていないものもある。</p>\n<p>「私たちがすべての作業を終え、商業的なもの、製造やマーケティング、または次の新しい何かを行うパートナーを見つけるまでに、10年はかかります」とロックニー氏はいう。「研究開発のタイムラインは長く、商品化のタイムラインも長いのです。</p>\n<p>しかしそれは、たとえ何年も前の論文や材料であっても、常に新鮮なものが出てくることを意味する。2022年の「Spinoff」には、さらに多くの注目すべき技術や企業が掲載されているので、ぜひ一読して欲しい。そして、時間があれば、<a target=\"_blank\" href=\"https://spinoff.nasa.gov/spinoff/archives\" rel=\"noopener\">アーカイブもどうぞ</a>。</p>\n<p><small>画像クレジット:NASA/nkd Life</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/24/nasa-celebrates-private-sector-deployments-of-space-born-tech-in-its-latest-spinoff/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/NASA.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 468291,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 468291,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 468355,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 468355,
        "slug": "jwst-arrives-at-its-final-orbit",
        "createdAt": "2022-01-26T00:24:00.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-27T10:35:15.000Z",
        "title": "ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡がラグランジュ点L2軌道に到着、光学機器の調整へ",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-468357\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg\" alt=\"Steve Sabia/NASA Goddard\" width=\"1024\" height=\"559\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg 1828w, /wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg?resize=300,164 300w, /wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg?resize=768,419 768w, /wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg?resize=1024,559 1024w, /wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg?resize=1536,839 1536w, /wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg?resize=733,400 733w, /wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg?resize=400,218 400w, /wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg?resize=738,403 738w, /wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg?resize=640,349 640w, /wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg?resize=220,120 220w, /wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg?resize=281,153 281w, /wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg?resize=229,125 229w, /wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg?resize=125,68 125w, /wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg?resize=110,60 110w, /wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg?resize=1011,552 1011w, /wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg?resize=600,328 600w, /wp-content/uploads/2022/01/trajectoryMapping2.41-NoText-1800px.jpg?resize=50,27 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>打ち上げから1か月を経て、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)がラグランジュ点L2に到着しました。この地球から約150万km離れた軌道で宇宙望遠鏡はこれから約3か月かけて光学系の調整など観測の準備を行います。</p>\n<p>L2軌道は太陽からの光が地球の影によって遮られるため、機体を超低温に保つことができます。そのため赤外線機器への熱干渉が発生しにくく、観測に最適な環境が得られます。</p>\n<p>観測の邪魔になる要素が少なくなれば、非常に遠い宇宙の観測にノイズが入り込みにくく、地球周回軌道から観測していたハッブル宇宙望遠鏡では得られなかった高精度な観測データの取得が期待されます。JWSTは大きなサンシールドも備えており、機体はマイナス230℃という低温で観測を行うことになります。</p>\n<p>計画の変更やトラブルの数々に悩まされ、さらには新型コロナによって開発が幾度となく延期されてきたJWSTですが、打ち上げ以降はこれまでのところ目立ったトラブルもなく、順調に観測に向けた準備が進められているのは喜ばしいことと言えるでしょう。</p>\n<p>ハッブル宇宙望遠鏡はそろそろ機器としての寿命が近づいているため、その後継的な立場としてのJWSTには期待が高まっています。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\">\n<p dir=\"ltr\" lang=\"en\">🏠 Home, home on Lagrange! We successfully completed our burn to start <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/NASAWebb?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#NASAWebb</a> on its orbit of the 2nd Lagrange point (L2), about a million miles (1.5 million km) from Earth. It will orbit the Sun, in line with Earth, as it orbits L2. <a target=\"_blank\" href=\"https://t.co/bsIU3vccAj\" rel=\"noopener\">https://t.co/bsIU3vccAj</a> <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/UnfoldTheUniverse?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#UnfoldTheUniverse</a> <a target=\"_blank\" href=\"https://t.co/WDhuANEP5h\" rel=\"noopener\">pic.twitter.com/WDhuANEP5h</a></p>\n<p>&#8212; NASA Webb Telescope (@NASAWebb) <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/NASAWebb/status/1485695028622209032?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">January 24, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://blogs.nasa.gov/webb/2022/01/24/orbital-insertion-burn-a-success-webb-arrives-at-l2/\" rel=\"noopener\">NASA</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/jwst-arrives-at-its-final-orbit-030049221.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-26-001-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 468355,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 468355,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467778,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 467778,
        "slug": "2022-01-20-the-first-movie-studio-in-space-could-be-attached-to-the-iss-in-2024",
        "createdAt": "2022-01-22T00:00:41.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-21T12:19:20.000Z",
        "title": "ISSに宇宙初の映画スタジオを2024年までに接続する計画を米エンターテインメント会社が発表",
        "content": "<p>国際宇宙ステーションに、映画スタジオやスポーツアリーナを備えたモジュールが、2024年12月までに接続される可能性が出てきた。このプロジェクトは、<a target=\"_blank\" href=\"/2020/05/06/2020-05-05-nasa-confirms-work-on-a-tom-cruise-movie-to-be-shot-aboard-the-international-space-station/\" rel=\"noopener\">宇宙で一部撮影を行う</a>Tom Cruise(トム・クルーズ)の映画を共同制作しているSpace Entertainment Enterprise(スペース・エンターテインメント・エンタープライズ、SEE)が発表したものだ。<a target=\"_blank\" href=\"https://variety.com/2022/film/news/film-studio-space-1235157521/\" rel=\"noopener\">Variety</a>(バラエティ)によると、このSEE-1と呼ばれるモジュールが稼働すれば、テレビや映画の制作だけでなく、音楽イベントやある種のスポーツなどを開催し、それらを撮影したりライブ配信することができるようになる計画だという。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2020/05/06/2020-05-05-nasa-confirms-work-on-a-tom-cruise-movie-to-be-shot-aboard-the-international-space-station/\" rel=\"noopener\">NASAがトム・クルーズの映画に協力、ISS宇宙ステーションで撮影</a></p>\n<p>実際にこのモジュールを建造するのは、2年前にNASAからISS初の商用モジュールの建造を<a target=\"_blank\" href=\"/2020/01/28/2020-01-27-nasa-taps-startup-axiom-space-for-the-first-habitable-commercial-module-for-the-space-station/\" rel=\"noopener\">受注した</a>Axiom Space(アクシオム・スペース)が担当することになっている。すべてが順調に進めば、SEE-1はISSのAxiom Spaceが建造したアームに接続される。Axiom社のステーションは、SEE-1を取り付けたまま、2028年にISSから分離する予定だ。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2020/01/28/2020-01-27-nasa-taps-startup-axiom-space-for-the-first-habitable-commercial-module-for-the-space-station/\" rel=\"noopener\">国際宇宙ステーションの商用化に向けてNASAが居住モジュールの設計をAxiom Spaceに発注</a></p>\n<p>SEEとAxiomがこの計画を実行できるかどうかはまだわからない。なぜなら、SEEは施設の建造費用を明らかにしておらず、現在はその資金調達を計画している段階だからだ。</p>\n<p>2021年、ロシアのクルーが初めて<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/06/russian-crew-shooting-the-first-feature-film-on-the-iss/\" rel=\"noopener\">宇宙で長編フィクション映画を撮影</a>し、トム・クルーズやDoug Liman(ダグ・ライマン)監督を出し抜いた。その映画「The Challenge(ザ・チャレンジ)」は2022年中に公開が予定されている。一方、クルーズとライマン監督は、2022年後半にISSで映画の撮影を行う予定だ。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/06/russian-crew-shooting-the-first-feature-film-on-the-iss/\" rel=\"noopener\">ロシアの映画監督と女優がISSに到着、12日間滞在し軌道上での映画撮影に挑戦</a></p>\n<p>編集部注:本記事の初出は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/film-studio-space-iss-could-launch-in-2024-174613732.html\" rel=\"noopener\">Engadget</a>。執筆者のKris Holtは、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/\" rel=\"noopener\">Engadget</a>の寄稿ライター。</p>\n<p><small>画像クレジット:Space Entertainment Enterprise</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/20/the-first-movie-studio-in-space-could-be-attached-to-the-iss-in-2024/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Kris Holt、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/FJkDzyUXoAIuncg.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467778,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467778,
            "tagId": 186334,
            "tag": {
              "id": 186334,
              "slug": "iss",
              "name": "ISS / 国際宇宙ステーション(用語)",
              "description": "ISS / 国際宇宙ステーションに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467778,
            "tagId": 366270918,
            "tag": {
              "id": 366270918,
              "slug": "movies",
              "name": "映画(用語)",
              "description": "映画に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467778,
            "tagId": 692506582,
            "tag": {
              "id": 692506582,
              "slug": "axiom-space",
              "name": "Axiom Space(企業)",
              "description": "宇宙ステーションでの民間向けサービス提供やステーションの運営を提供しようとする企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 467778,
            "tagId": 692508038,
            "tag": {
              "id": 692508038,
              "slug": "private-space-flight",
              "name": "民間宇宙飛行(用語)",
              "description": "民間宇宙飛行に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467575,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 467575,
        "slug": "2022-01-18-rocket-lab-acquires-solaero-holdings-for-80m-to-boost-space-solar-cell-production",
        "createdAt": "2022-01-20T09:30:04.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-20T09:19:02.000Z",
        "title": "Rocket Labが宇宙用太陽光電池を手がけるSolAeroを約91.6億円で買収",
        "content": "<p>Rocket Lab(ロケット・ラボ)は、宇宙ソリューションの垂直統合というミッションに取り組んでいる。米国時間1月18日、この打ち上げ・宇宙システム企業は、宇宙用太陽光発電製品および精密航空宇宙構造物のサプライヤーであるSolAero Holdings(ソルエアロ・ホールディングス)を現金8000万ドル(約91億6000万円)で買収完了したことを発表した。</p>\n<p>1998年に創立されたニューメキシコ州に本拠を置くSolAeroを買収したことで、Rocket Labは衛星製造のための重要なサプライヤーを社内に持つことになる。同時に、Rocket Labのリソースを利用することができるようになったSolAeroは、大量生産と規模拡大に必要な製造能力を得ることができ、他の顧客への供給を強化することが可能になる。</p>\n<p>今回の買収は、宇宙市場のさらなる獲得を目指すRocket Labを支援し、その長期的なビジョンを後押すると、広報責任者のMorgan Bailey(モーガン・ベイリー)氏はTechCrunchに語った。</p>\n<p>「例えば、Rocket LabがElectron(エレクトロン)やNeutron(ニュートロン)で特定の宇宙機を打ち上げることはないかもしれませんが、ソーラーパネルや、スタートラッカー、リアクションホイール、フライトソフトウェア、分離システムなどのコンポーネントを供給することによって、収益を得ることができ、ミッションの一翼を担うことができます」と、ベイリー氏はいう。「もちろん、SolAeroの技術は、Rocket Lab自身ののPhoton(フォトン)宇宙船にも組み込まれ、当社の垂直統合戦略をさらに後押しすることになります」。</p>\n<p>今回の買収は2021年12月に一定の閉鎖条件を前提に発表されたもので、Rocket Labはその数カ月前に、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/13/2021-10-12-rocket-lab-acquires-spaceflight-software-and-mission-simulation-company-asi-for-40m/\" rel=\"noopener\">コロラド州のAdvanced Solutions, Inc. (ASI、アドバンスト・ソリューションズ)という宇宙用ソフトウェア会社を4000万ドル(約45億8000万円)で買収することを発表</a>している。ASIの買収は、Rocket Labが宇宙システム部門を構築し、宇宙船の製造、衛星のサブシステム、フライトソフトウェア、地上運用、打ち上げまでを網羅した「エンド・ツー・エンド」の宇宙企業になるという目標の達成を支援することが目的だという。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/13/2021-10-12-rocket-lab-acquires-spaceflight-software-and-mission-simulation-company-asi-for-40m/\" rel=\"noopener\">Rocket Labが宇宙飛行ソフトウェア・ミッションシミュレーション企業ASIを45億円超で買収</a></p>\n<p>SolAeroの合併は、Rocket Labが2021年12月に買収した宇宙機分離システム会社のPlanetary Systems Corporation(プラネタリー・システムズ・コーポレーション)と、2020年4月に買収した衛星部品メーカーのSinclair Interplanetary(シンクレア・インタープラネタリー)に続くものだ。</p>\n<p>「SolAeroは、Rocket Labの垂直統合型ビジネスモデルを高度に補完するものであり、我々の顧客に完全な宇宙ミッションソリューションを提供することを可能にします」と、Rocket LabのCEOで創業者のPeter Beck(ピーター・ベック)氏は声明の中で述べている。「これまで1000回以上のミッションを成功させた経験を持つSolAeroのチームは、James Webb(ジェイムズ・ウェッブ)宇宙望遠鏡や、InSight(インサイト)とIngenuity(インジェニュイティ)を含む火星でのミッションに、宇宙太陽光発電ソリューションを提供するなど、先駆的なミッションを実現してきました」。</p>\n<p>InSight火星探査機は、火星表面に展開された史上最大の太陽電池アレイであり、Ingenuityは2021年4月に火星での飛行に初めて成功したヘリコプターである。</p>\n<p>SolAeroの製品は、NASAのParker Solar Probe(パーカー・ソーラー・プローブ)宇宙探査機や、国際宇宙ステーションへのCygnus(シグナス)補給ミッションに電力を供給してきた。また、OneWeb(ワンウェブ)のブロードバンド衛星コンステレーションにも電力を供給しており、NASAのArtemis(アルテミス)月面探査計画では、将来の火星探査を可能にするSolar Power Modules(ソーラー・パワー・モジュール)の供給元に選ばれている。</p>\n<p>SolAeroで働く425名のチームがRocket Labに加わることで、同社ではカリフォルニア、バージニア、コロラド、メリーランド、トロント、ニュージーランド、そして今後は(SolAeroの)アルバカーキの施設をを含め、合計1100名以上の従業員が働くことになる。SolAeroチームは引き続き、社長兼CEOのBrad Clevenger(ブラッド・クレベンジャー)氏が指揮を執る。</p>\n<p><small>画像クレジット:Rocket Lab</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/18/rocket-lab-acquires-solaero-holdings-for-80m-to-boost-space-solar-cell-production/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Rebecca Bellan、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/rocket-lab-photon.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467575,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467575,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467575,
            "tagId": 366273283,
            "tag": {
              "id": 366273283,
              "slug": "solar-photovoltaics",
              "name": "太陽光 / 太陽光発電 / ソーラー発電 / 太陽電池(用語)",
              "description": "太陽光 / 太陽光発電 / 太陽電池に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467575,
            "tagId": 366280227,
            "tag": {
              "id": 366280227,
              "slug": "rocket-lab",
              "name": "Rocket Lab(企業)",
              "description": "Rocket Labは、アメリカのロサンゼルスを拠点とする航空宇宙企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 467112,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 467112,
        "slug": "2022-01-17-space-startup-wyvern-raises-4-5m-and-joins-ycs-latest-cohort",
        "createdAt": "2022-01-18T04:00:14.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-18T03:54:57.000Z",
        "title": "地球低軌道で撮影されるハイパースペクトル画像を提供するWyvernが約5.2億円調達、2022年に同社初の打ち上げを予定",
        "content": "<p>衛星画像技術の最先端を行くカナダの<a target=\"_blank\" href=\"https://wyvern.space\" rel=\"noopener\">Wyvern</a>が、450万ドル(約5億2000万円)を調達した。そのうち225万ドル(約2億6000万円)はシードラウンドで、残る225万ドルはプレシードと政府投資の合計となる。同社はハイパースペクトルイメージング(可視光線を含むさまざまな波長において波長の違いを識別する能力で対象物の反射光を撮影し、可視化する技術)に特化して取り組んでいる。同社はまた、Y Combinatorの2022冬季に参加している。</p>\n<p>TechCrunchは過去にも、インキュベーターCreative Destruction Lab(CDL)の2019年に行われた学会のような<a target=\"_blank\" href=\"/2019/06/24/2019-06-21-space-startup-wyvern-wants-to-make-data-about-earths-health-much-more-accessible/\" rel=\"noopener\">デモデーに参加したとき</a>など、同社を取り上げてきた。その後、同社は資金調達以外の面でも急速な成長を遂げ、社員は18名となり、航空宇宙業界のベテランで元Airbus(エアバス)のCTOだったChristine Tovee(クリスティン・トビー)氏を招いている。さらにWyvernは、2022年に同社初となる衛星の打ち上げを行う。</p>\n<p>共同創業者でCEOのChristopher Robson(クリストファー・ロブソン)氏は次のように語る。「打ち上げは、私たちが楽しみにしている次の大きな事業です。これは私たちの最初の画像製品になります。これは超高解像度のハイパースペクトルを得るための最初のステップとなります。超高解像度のものはまだ数年先ですが、登場すれば、かなりすばらしいものになり、ゲームを変えるものになるでしょう」。</p>\n<p>宇宙から捉えたハイパースペクトル画像へのアクセスを商用の顧客に提供できるようになれば、Wyvernの最初のターゲットである農業をはじめ、既存の産業の効率を大幅に上げるだけでなく、まったく新しい事業や産業にも実現の機会を提供する。ハイパースペクトル画像は、例えば捉えたシーンの化学的組成など、これまで隠れていた情報を詳細に提供することができる。</p>\n<p>シードラウンドをリードしたMaC Venture Capitalは、ハイパースペクトルの広大なポテンシャルを認識しており、ロブソン氏によると、同VCとこの度新たにWyvernの取締役会に加わったAdrian Fenty(エイドリアン・フェンティ)氏は、若い同社に完璧にマッチしているという。</p>\n<p>「最初の会議のときから、両社は波長が合っていました。またそれ以上に重要なことは、MaCにはすでに宇宙産業への投資経験があったことです。同社は、宇宙市場に対して極めて積極的です。彼らは非常に戦略レベルで考えるため、投資に臨む視点の中に顧客と投資家とパートナーからの見方が共存しています。またそれは、宇宙に限定されず、その他の私たちの顧客市場対しても同様です」とフェンティ氏はいう。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/BtyYxDZJEeM?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>若い起業家とエンジニアと科学者たちのチームが創業したWyvernは、その戦略的な利点に加えて最近、トビー氏を招いた。ロブソン氏は、同社のその重要なリーダーシップチームチームメンバーの招聘について、次のように語った。</p>\n<p>「クリスティン(・トビー)はかなり前から私たちの技術顧問団の1人です。また両者は、CDLのころからの強固な関係があります。それに、一緒に仕事をすることが楽しい。クリスティンと我々チームとの間には、お互いに対する深い尊敬があります。私たちとしては航空宇宙のベテランを役員が必要で、宇宙産業に対する私たちの理解を深めてもらいたかった。だから彼女が来たことは、戦略的な面でとてもすばらしいことです」。</p>\n<p>Tovee氏はまた、ジェンダーのダイバーシティがおそろしく遅れている業界で、同社の2人目の女性上級管理職として迎えられる。2021年のTechCrunch主催セッション<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/events/tc-sessions-space-2021/\" rel=\"noopener\">TC Sessions:Space</a>に出てくれた、Wyvernの共同創業者でCOOのCallie Lissinna氏は、ダイバーシティは最初から同社のプライオリティであり、そのことは投資家や入社志望者たちとの会話でも良い効果を生んでいるという。</p>\n<p>「投資家たちはほとんどみんな、宇宙産業で創業時から50 / 50のダイバーシティ、役員チームでは66%の女性上位を実現していることに言及しとてもユニークだといいます。そしてこのことは雇用や募集にも影響を与えています。学生たちは、私たちの創業チームや社内のダイバーシティがとても気に入った、といってくれます。だからこれは、人材獲得と投資調達の両方の面で、私たちの魅力になっているようです」とトビー氏はいう。</p>\n<p><small>画像クレジット:Wyvern</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/17/space-startup-wyvern-raises-4-5m-and-joins-ycs-latest-cohort/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Darrell Etherington、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/wyv.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 467112,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 467112,
            "tagId": 47458,
            "tag": {
              "id": 47458,
              "slug": "diversity",
              "name": "ダイバーシティ / 多様性(用語)",
              "description": "ダイバーシティ / 多様性に関する記事一覧\r\n"
            }
          },
          {
            "postId": 467112,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 467112,
            "tagId": 366275485,
            "tag": {
              "id": 366275485,
              "slug": "canada",
              "name": "カナダ(国・地域)",
              "description": "カナダに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 467112,
            "tagId": 681519645,
            "tag": {
              "id": 681519645,
              "slug": "wyvern",
              "name": "Wyvern(企業)",
              "description": "人間の目や従来のレンズでは見られなかった地球の画像データをとらえる手法を用いて、地球低軌道から撮影されるハイパースペクトル画像に、比較的低コストでアクセスできるサービス提供するカナダの衛星画像技術企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 467112,
            "tagId": 692509158,
            "tag": {
              "id": 692509158,
              "slug": "y-combinator",
              "name": "Y Combinator(企業)",
              "description": "カリフォルニア州マウンテンビューのシードアクセラレーター。"
            }
          },
          {
            "postId": 467112,
            "tagId": 692516874,
            "tag": {
              "id": 692516874,
              "slug": "satellite-imaging",
              "name": "衛星画像(用語)",
              "description": "衛星画像に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 466718,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 466718,
        "slug": "infostellar-fundraising",
        "createdAt": "2022-01-14T03:24:07.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-14T11:12:56.000Z",
        "title": "周回衛星向け地上セグメントサービスプロバイダーのインフォステラが総額12億円でシリーズB調達完了",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-466720\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?w=1024\" alt=\"周回衛星向け地上セグメントサービスプロバイダーのインフォステラが総額12億円でシリーズB調達完了、2022年中に米法人立ち上げ\" width=\"1024\" height=\"682\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?resize=1024,682 1024w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?resize=1536,1024 1536w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-001.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" />周回衛星向け地上セグメントサービスプロバイダーの<a target=\"_blank\" href=\"https://infostellar.net/infostellar-jp\" rel=\"noopener\">インフォステラ</a>は1月14日、シリーズBラウンドにおいて、総額12億円の資金調達を完了したと発表した。2021年10月実施のファーストクローズ時に7億円、また今回ファイナルクローズとして5億円を調達した。累積資金調達金額は総額24億4000万円となった。</p>\n<p>ファイナルクローズの引受先は、既存株主の三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合(三菱UFJキャピタル)、新規投資家のシンガポール政府系投資会社Temasek Holdings傘下のPavilion Capital PTE. LTD.、ICMG共創ファンド1号投資事業有限責任組合(ICMG Partners)、QB第二号投資事業有限責任組合(QBキャピタル、NCBベンチャーキャピタル)。</p>\n<p>宇宙ビジネスの成長に向けて、周回衛星の事業者に地上セグメントのトータルサービスを提供するため、シリーズBで調達した資金により以下領域に注力する。</p>\n<h3>シリーズBラウンド調達資金の用途</h3>\n<ul>\n<li><strong>通信エリアの拡大</strong>:通信可能エリアの拡大に向けてStellarStationへの地上局の接続を進める。2021年6月に提携した「AWS Ground Station」の地上局を含め、2022年中早期に世界中で20カ所前後の地上局をStellarStation経由で利用可能となる状態を目指す</li>\n<li><strong>衛星オペレーター向け規制対応やライセンス取得サポートの充実</strong>:衛星の打ち上げ前に必要となる規制への対応やライセンスの取得のサポートについて、サービスの強化とキャパシティ充実のために体制を強化</li>\n<li><strong>国内での地上局ホスティングサービスの開始</strong>:日本国内での通信のために、日本での地上局設置に関するニーズがあり、これに応えるため2022年中に日本国内にサイトを準備し、ホスティングサービスを開始することを目指す</li>\n<li><strong>米国への事業拡大</strong>:海外の衛星オペレーターから、地上局ネットワークについて問い合わせを受ける機会が増えていることから、特に北米でのサービス提供強化のため、2022年中に米国法人を立ち上げる</li>\n<li><strong>人材採用・組織力の強化</strong>:上記施策の実行に向け、Business Development、Software Development、Operationチームの採用を加速し、組織強化を進める</li>\n</ul>\n<p>2016年設立のインフォステラは、周回衛星向けGround Segment as a Service(GSaaS)プロバイダー。「We connect Earth and Space to empower the future」(地球と宇宙をつなげ未来をエンパワーする)をビジョンに掲げ、その実現に向けて「Be the most effective enabler of space business by providing the best access to satellite」(衛星への最高のアクセスを提供し、宇宙ビジネスを最も効果的に実現する)をミッションとしている。</p>\n<p>同社は、地上局ネットワークを仮想化するクラウドプラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.stellarstation.com/\" rel=\"noopener\">StellarStation</a>」を通じて、柔軟性と拡張性に優れた地上局ネットワークを提供。StellarStationでは、衛星運用者側は一度セットアップを行うだけで、世界中の地上局にアクセスできるようになる。地上局オーナー側は、地上局非稼働時間を他の衛星運用者に貸し出すことで、収益につなげられるとしている。</p>\n<p>また、無線ライセンス取得や周波数調整業務など、衛星運用を行うにあたり必要となる地上セグメント側の業務サポートも実施。地上セグメント構築の難易度を下げることで、衛星を活用した新しいビジネスに取り組む企業のミッション開発とサービス改善を支援している。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-14-003-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 466718,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 466718,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 466718,
            "tagId": 366272833,
            "tag": {
              "id": 366272833,
              "slug": "infostellar",
              "name": "インフォステラ(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 466718,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 466718,
            "tagId": 692514986,
            "tag": {
              "id": 692514986,
              "slug": "satellite-communication",
              "name": "衛星通信 / 衛星インターネットアクセス(用語)",
              "description": "衛星通信に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 466439,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 466439,
        "slug": "2022-01-11-orbit-fabs-on-orbit-fuel-shuttle-will-top-up-astroscales-servicing-satellites",
        "createdAt": "2022-01-13T00:15:39.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-12T23:54:03.000Z",
        "title": "宇宙のガソリンスタンドOrbit Fabが地球静止軌道にあるAstroscaleのサービス衛星に燃料供給する契約を締結",
        "content": "<p>軌道上における持続可能な運用のための新境地を開くようなパートナーシップが誕生した。「宇宙のガソリンスタンド」を標榜するスタートアップ企業のOrbit Fab(オービット・ファブ)は、稼働衛星の寿命延長サービスに取り組むAstroscale(アストロスケール)と提携し、同社が保有する寿命延長衛星「LEXI(Life Extension In-Orbit、レキシー)に地球静止軌道(GEO)上で燃料補給を行うサービスを提供する。</p>\n<p>AstroscaleとOrbit Fabは、どちらも人工衛星の活動期間を延ばすことを目的とした技術を中心に提供する企業だ。Orbit Fabは、衛星が宇宙で燃料を容易に補給できるようにするための技術をてがけており、そのために軌道上で他の宇宙船が簡単に着脱可能な燃料移送インターフェイスを設計した。Astroscaleは、LEXI衛星を使って、静止軌道(GEO)上にある既存の衛星に接続し、コースを修正したり、新たな目標傾斜にリロケーションすることで、ミッションを拡張するサービスを提供する。</p>\n<p>AstroscaleはLEXIを「燃料補給できるように設計された最初の衛星」と謳っている。これによってLEXIは、Orbit Fabの燃料移送インターフェース(Rapidly Attachable Fluid Transfer Interface、略してRAFTI)と軌道上燃料タンカーにとって完璧なターゲットカスタマーとなる。計画通りに進めば、2026年にはAstroscaleのLEXIの1号機が宇宙で活躍することになり、Orbit FabはLEXIに最大1000kgのキセノン推進剤を補給する契約を結んでいる。</p>\n<p>Orbit Fabによると、同社では今後5年から10年以内に数十の燃料タンカーと燃料運搬船を打ち上げ、地球低軌道(LEO)とGEO、そしてNASAのアルテミス計画に伴って活発化するはずの地球と月の間のシスルナ空間に、これらの宇宙機を戦略的に配備する予定だという。計画通りに進めば、2023年にはOrbit Fabの最初の燃料運搬船2隻が、LEOで試運転を行うことになる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Astroscale / Orbit Fab</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/11/orbit-fabs-on-orbit-fuel-shuttle-will-top-up-astroscales-servicing-satellites/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Darrell Etherington、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/ORBIT-FAB_ASTROSCALE_Partnership.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 466439,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 466439,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466439,
            "tagId": 366280179,
            "tag": {
              "id": 366280179,
              "slug": "astroscale",
              "name": "アストロスケールホールディングス / Astroscale(企業)",
              "description": "軌道上サービスとロジスティクスを提供する日本の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 466439,
            "tagId": 681520931,
            "tag": {
              "id": 681520931,
              "slug": "orbit-fab",
              "name": "Orbit Fab(企業)",
              "description": "軌道上でのサービス提供を目指す宇宙スタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 466342,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 466342,
        "slug": "arkedgespace-jaxa-consortium",
        "createdAt": "2022-01-12T09:41:57.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-12T09:41:57.000Z",
        "title": "アークエッジ・スペースがJAXA「『⽉⾯活動に向けた測位・通信技術開発』に関する検討」委託先に選定",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://arkedgespace.com/\" rel=\"noopener\">アークエッジ・スペース</a>は1月11日、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jaxa.jp/\" rel=\"noopener\">JAXA</a>の公募型企画競争(コンペ)「『⽉⾯活動に向けた測位・通信技術開発』に関する検討」の委託先に2021年12月22日に選定されたこと、同時にKDDIや東京大学などとコンソーシアムを組織し、月探査のための測位・通信システムの総合アーキテクチャーなどの開発検討を行うことを発表した。</p>\n<p>アークエッジ・スペースは、超小型衛星の製作運用などを行う東京大学発の宇宙企業。コンソーシアムのメンバーは、アークエッジ・スペースの他、<a target=\"_blank\" href=\"https://ispace-inc.com/\" rel=\"noopener\">ispace</a>、AAI-GNSS技術士事務所、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.koptic.co.jp/opt/index.html\" rel=\"noopener\">清原光学</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.kddi.com/english/\" rel=\"noopener\">KDDI</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.kddi-research.jp/\" rel=\"noopener\">KDDI総合研究所</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.t.u-tokyo.ac.jp/soe/\" rel=\"noopener\">東京大学大学院工学系研究科</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.mpcnet.co.jp/\" rel=\"noopener\">三菱プレシジョン</a>の7団体となっている。そこで、2022年1月初旬から3月25日まで、月探査の基盤となる測位・通信システムの総合アーキテクチャー、月測位衛星システム、月と地球を結ぶ超長距離通信システムなどの開発計画を検討する。これを通して、国際的な技術調整の場で提案できるアーキテクチャーの設定や、そのアークテクチャーに必要なキー要素技術の研究開発を加速するという。</p>\n<p>アメリカが中心となって進められている国際宇宙探査計画「アルテミス計画」の中で、日本は測位や通信といった基盤を「早期に整備し、リードしていく」ことが求められているとのこと。産官学連携でスピーディに技術開発や実証を推進し、「日本の持続的な月・月以遠の深宇宙探査や月面産業の構築に貢献していきます」とアークエッジ・スペースは話している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-12-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 466342,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 466342,
            "tagId": 4701,
            "tag": {
              "id": 4701,
              "slug": "moon",
              "name": "月(用語)",
              "description": "月に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466342,
            "tagId": 324139,
            "tag": {
              "id": 324139,
              "slug": "kddi",
              "name": "KDDI(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 466342,
            "tagId": 366271389,
            "tag": {
              "id": 366271389,
              "slug": "communication-network",
              "name": "通信 / 通信網(用語)",
              "description": "通信 / 通信網に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466342,
            "tagId": 681520096,
            "tag": {
              "id": 681520096,
              "slug": "ispace",
              "name": "ispace(企業)",
              "description": "iSpaceは日本の宇宙開発スタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 466342,
            "tagId": 681520366,
            "tag": {
              "id": 681520366,
              "slug": "%e5%ae%87%e5%ae%99%e6%8e%a2%e6%9f%bb",
              "name": "宇宙探査",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 466342,
            "tagId": 692508534,
            "tag": {
              "id": 692508534,
              "slug": "tokyo-university",
              "name": "東京大学(組織)",
              "description": "東京大学に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466342,
            "tagId": 692513923,
            "tag": {
              "id": 692513923,
              "slug": "kddi-research",
              "name": "KDDI総合研究所(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 466342,
            "tagId": 692516791,
            "tag": {
              "id": 692516791,
              "slug": "arkedgespace",
              "name": "アークエッジ・スペース(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 466342,
            "tagId": 692516792,
            "tag": {
              "id": 692516792,
              "slug": "mitsuibishi-precision",
              "name": "三菱プレシジョン(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 466342,
            "tagId": 692516793,
            "tag": {
              "id": 692516793,
              "slug": "kiyohara-optics",
              "name": "清原光学(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 466320,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 466320,
        "slug": "2022-01-11-chinas-change-5-probe-finds-on-site-evidence-of-water-on-the-moons-surface",
        "createdAt": "2022-01-12T01:30:29.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-12T03:04:03.000Z",
        "title": "世界初、中国の探査機「嫦娥5号」が月面に水が存在する証拠を直接確認",
        "content": "<p>中国の月探査機<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/china-change-5-lunar-mission-234824988.html\" rel=\"noopener\">Chang&#8217;e-5</a>(嫦娥5号)が、月面で水の存在を確認するデータを観測した。これは、地球の衛星に水が存在することを現地で確認した初めての例になる。中国の研究者は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.science.org/doi/10.1126/sciadv.abl9174\" rel=\"noopener\">Science Advances</a>に掲載された研究論文で、探査機がH2Oや水酸基(H2Oに近い化学物質)の兆候を検出したと主張している。嫦娥5号は、着陸地点の近くにあるレゴリスの組成をスペクトロメーターで分析した。その結果、ほとんどの土壌のスペクトル観測による水の濃度推定値は120ppm以下で、月面は地球の表面よりもはるかに乾燥していることがわかった。</p>\n<div id=\"attachment_466323\" style=\"width: 685px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-466323\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-466323 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/dims.jpeg?w=675\" alt=\"\" width=\"675\" height=\"513\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/01/dims.jpeg 675w, /wp-content/uploads/2022/01/dims.jpeg?resize=300,228 300w, /wp-content/uploads/2022/01/dims.jpeg?resize=526,400 526w, /wp-content/uploads/2022/01/dims.jpeg?resize=400,304 400w, /wp-content/uploads/2022/01/dims.jpeg?resize=474,360 474w, /wp-content/uploads/2022/01/dims.jpeg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/01/dims.jpeg?resize=220,167 220w, /wp-content/uploads/2022/01/dims.jpeg?resize=226,172 226w, /wp-content/uploads/2022/01/dims.jpeg?resize=164,125 164w, /wp-content/uploads/2022/01/dims.jpeg?resize=125,95 125w, /wp-content/uploads/2022/01/dims.jpeg?resize=79,60 79w, /wp-content/uploads/2022/01/dims.jpeg?resize=483,367 483w, /wp-content/uploads/2022/01/dims.jpeg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 675px) 100vw, 675px\" /><p id=\"caption-attachment-466323\" class=\"wp-caption-text\">Honglei Lin他。</p></div>\n<p>中国の科学者たちは、これらの分子のほとんどが太陽風移植と呼ばれるプロセスによって月にもたらされたと考えている。太陽からの荷電粒子が水素原子を月面に追いやり、後に酸素イオンと結合して水と水酸基を形成したという説だ。今回の研究は、NASAが<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/nasa-moon-sunlight-water-sofia-artemis-162600047.html\" rel=\"noopener\">2018年に発表</a>した、空中赤外線望遠鏡を用いて月の太陽に照らされた表面に水が存在する証拠を発見した知見に基づいている。何十年もの間、科学者たちは、月には大気がほとんど存在しないため、月は完全に乾燥していると考えていた。大気がないということは、太陽の厳しい放射線から水分子を守るものがないと考えられていたのだ。</p>\n<p>編集部注:本稿の初出は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/china-finds-on-site-evidence-water-moon-174108765.html\" rel=\"noopener\">Engadget</a>。著者Igor Bonifacic(イゴール・ボニファシッチ)氏は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/\" rel=\"noopener\">Engadget</a>の寄稿ライター。</p>\n<p><small>画像クレジット:China Daily CDIC / Reuters</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/01/11/chinas-change-5-probe-finds-on-site-evidence-of-water-on-the-moons-surface/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Igor Bonifacic、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/FI1sdGmXMAIFTWA.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 466320,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 466320,
            "tagId": 4701,
            "tag": {
              "id": 4701,
              "slug": "moon",
              "name": "月(用語)",
              "description": "月に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466320,
            "tagId": 14157,
            "tag": {
              "id": 14157,
              "slug": "water",
              "name": "水(用語)",
              "description": "水に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466320,
            "tagId": 364665489,
            "tag": {
              "id": 364665489,
              "slug": "china",
              "name": "中国(国・地域)",
              "description": "中国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 466320,
            "tagId": 692511108,
            "tag": {
              "id": 692511108,
              "slug": "change-5",
              "name": "嫦娥5号 / Chang'e-5(製品・サービス)",
              "description": "中国の月探査機。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 465523,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 465523,
        "slug": "amazons-alexa-goes-to-space-on-artemis-i",
        "createdAt": "2022-01-06T02:09:05.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-06T10:19:31.000Z",
        "title": "NASAが「アルテミス1号」にAlexaおよびCiscoのWebex統合、音声操作でテレメトリー読上げやビデオ通話なども可能に",
        "content": "<div id=\"attachment_465525\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-465525\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-465525\" src=\"/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-001-001.jpg\" alt=\"NASAが「アルテミス1号」にAlexaおよびCiscoのWebexを統合、音声操作でテレメトリー読上げやビデオ通話なども可能に\" width=\"1024\" height=\"576\" /><p id=\"caption-attachment-465525\" class=\"wp-caption-text\">Amazon</p></div>\n<p>NASAは、Amazon、Cisco、ロッキード・マーティンと協力して宇宙飛行士がAI音声アシスタントなど商用技術によって、その活動に利益を得られるかどうかを確認する実験計画「Callisto」を発表しました。</p>\n<p>Callistoでは、Amazonの音声アシスタントAlexaおよびCiscoのWebex技術をOrion宇宙船に組み込み、音声アシスタントやビデオ通話およびホワイトボード機能といった商用コミュニケーション技術の宇宙空間での有効性を確認します。</p>\n<p>音声アシスタントにビデオ通話といえば、映画『インターステラー』でマシュー・マコノヒー演じるクーパーが、宇宙船に届いた家族からのビデオメッセージを見るシーンが思い出されます。あの場面ではクーパーが「数十年分のビデオメッセージがたまっている」と言うコンピューターに対して「最初から再生しろ」と音声で指示を出し、それを視聴します。</p>\n<p>実験ではそれと同じようなことを、AmazonやCiscoの商用技術で実現できないか探ってみようというわけです。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/aWv0l4YPS1E?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>最初の試験飛行は、無人のOrion宇宙船が月を周回したのちに地球に戻るアルテミス1号ミッションで実施されます。無人で行われるため、ヒューストンの宇宙センターにいるオペレーターが、仮想の乗組員として宇宙船に音声コマンドを送信、それが船内のスピーカーで再生され、Alexaがそれに対して期待するように動作するか、Webexを使用できるかなどを確かめるとのこと。Alexaは宇宙船のテレメトリーを監視できるように組み込まれ、飛行士は宇宙船の移動速度や月まで残りの距離をたずねたりすることができるようになるでしょう。</p>\n<p>また、ホワイトボードの機能は機内の複数のカメラを使用してテストされ、地上管制からの書き込みが機内できちんと表示されるかを確認します。地上と宇宙で落書きを送りあうのにかかる時間は、管制センターが通信の遅れに対処するための方法を検討することにも役立ちます。</p>\n<p>深宇宙ではインターネット接続など利用できるべくもありませんが、AlexaやWebexが機能するには代替の通信ネットワークが必要になります。そのため、惑星間ミッション中の通信に使用されるNASAのDeep Space Network(DSN)が使用されます。</p>\n<p>Amazonは、Artemis I の実験で得た知見を元に、将来のミッションのため、また地上のインターネット接続環境がほとんど利用できない人々のためにAlexaに改良を加えるとしています。また<a target=\"_blank\" href=\"https://www.amazonfutureengineer.com/space\" rel=\"noopener\">仮想乗組員として音声コマンドの送信などを体験する機会を、将来の宇宙飛行士である学生らへのSTEM教育の一環として提供</a>することも考えています。</p>\n<p>ゆくゆくは、宇宙船に統合された音声AIアシスタントが、長い深宇宙の旅で暇を持て余した飛行士の会話相手になることも想像できます。しかし飛行士には「<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/alexa-presents-a-potentially-deadly-challenge-to-a-10-year-old-girl-095100886.html\" rel=\"noopener\">何か面白いチャレンジを教えて、とだけは聞くな</a>」とアドバイスしておくべきかもしれません。</p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.aboutamazon.com/news/devices/alexa-take-me-to-the-moon\" rel=\"noopener\">Amazon</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/amazons-alexa-goes-to-space-on-artemis-i-221058474.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-06-001-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 465523,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 465523,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 465523,
            "tagId": 6602,
            "tag": {
              "id": 6602,
              "slug": "amazon",
              "name": "Amazon / アマゾン(企業)",
              "description": "Amazonは、アメリカのテクノロジー企業、並びに同社が運営するECサイトの名称。"
            }
          },
          {
            "postId": 465523,
            "tagId": 28532,
            "tag": {
              "id": 28532,
              "slug": "cisco",
              "name": "Cisco Systems / シスコシステムズ(企業)",
              "description": "米国に本社を置く世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社。Cisco(シスコ)と呼ばれることも多い。"
            }
          },
          {
            "postId": 465523,
            "tagId": 74875,
            "tag": {
              "id": 74875,
              "slug": "webex",
              "name": "Webex(製品・サービス)",
              "description": "Cisco Systemsのビデオ会議、オンラインミーティング、画面共有、ウェビナーを提供するエンタープライズソリューション。"
            }
          },
          {
            "postId": 465523,
            "tagId": 153122,
            "tag": {
              "id": 153122,
              "slug": "alexa",
              "name": "Amazon Alexa(製品・サービス)",
              "description": "Amazon Alexaは、Amazonが開発したAIアシスタント。"
            }
          },
          {
            "postId": 465523,
            "tagId": 267078,
            "tag": {
              "id": 267078,
              "slug": "lockheed-martin",
              "name": "Lockheed Martin / ロッキード・マーティン(企業)",
              "description": "米国の航空機・宇宙船メーカー。"
            }
          },
          {
            "postId": 465523,
            "tagId": 692511344,
            "tag": {
              "id": 692511344,
              "slug": "voice-operation",
              "name": "音声操作 / 音声コントロール(用語)",
              "description": "音声操作 / 音声コントロールに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 465327,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 465327,
        "slug": "hroshima-univ-sapphires",
        "createdAt": "2022-01-05T09:22:03.000Z",
        "updatedAt": "2022-01-05T09:22:03.000Z",
        "title": "暗黒物質の候補となりうるアクシオンなど未知素粒子を探索する国際共同実験「SAPPHIRES」が始動",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.hiroshima-u.ac.jp/\" rel=\"noopener\">広島大学</a>は、国際共同実験「SAHHPIRES」(サファイアズ)において、2色の強力なレーザーを用いた暗黒物質の探索を始動したことを発表した。目標とするのは、暗黒物質の候補となりうるアクシオンなどの未知の素粒子。波長の異なる強力な2つのレーザー光を真空中で混ぜ合わせることで、未知粒子(アクシオン的粒子)を介した散乱を誘導し、未知粒子を生成、崩壊させるという実験を開始し、その探索結果を公表した。</p>\n<p>実験では、真空容器内に波長の異なる2つのレーザー光を照射し光子を衝突させ、そこで起きる未知粒子の生成と崩壊を介した散乱から生じる信号光を観測した。真空容器内に残る原子を排除するために徐々に圧力を下げながら信号光の有無を検証したところ、大気圧の10万分の1以下で残余原子からの寄与が消失し、さらに圧力を下げると信号光が見えなくなった。今回の探索では未知粒子の介在は確認されなかったものの、その結果から、未知粒子の質量と結合に対する棄却領域(反対の仮説が正しくないとされる領域)の提示が可能になったという。</p>\n<p>SAHHPIRESは、Search for Axion-like Particles via optical Parametric effects with HighIntensity laseRs in Empty Space(真空中の高強度レーザーによる光学的パラメトリック効果を通じたアクシオン的粒子の探索)の略。拠点はルーマニアの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.eli-np.ro/\" rel=\"noopener\">Extreme-Light-Infrastructure原子核部門</a>(ELI-NP)。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hiroshima-u.ac.jp/adse\" rel=\"noopener\">広島大学大学院先進理工系科学研究科</a>物理学プログラムの本間謙輔准教授らによる研究チームが参加している。ちなみにチタン・サファイアが、高強度レーザーの増幅媒体に使われている。複数の高強度レーザー施設を渡り歩く国際共同研究であるため、この名前が冠されたという。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/01/2022-01-05-007-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 465327,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 465327,
            "tagId": 160533,
            "tag": {
              "id": 160533,
              "slug": "laser",
              "name": "レーザー(用語)",
              "description": "レーザーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 465327,
            "tagId": 366273963,
            "tag": {
              "id": 366273963,
              "slug": "dark-matter",
              "name": "ダークマター / 暗黒物質(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 465327,
            "tagId": 692514761,
            "tag": {
              "id": 692514761,
              "slug": "hiroshima-university",
              "name": "広島大学(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 464706,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 464706,
        "slug": "nasa-has-finally-launched-the-james-webb-space-telescope",
        "createdAt": "2021-12-27T00:29:18.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-27T03:05:58.000Z",
        "title": "14年に及ぶ開発期間を経てジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が打上げ成功、太陽電池パネルも展開",
        "content": "<div id=\"attachment_464709\" style=\"width: 810px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-464709\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-464709 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-27-001-001.jpg\" alt=\"14年に及ぶ開発期間を経てジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が打上げ成功、太陽電池パネルも展開\" width=\"800\" height=\"520\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-27-001-001.jpg 800w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-27-001-001.jpg?resize=300,195 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-27-001-001.jpg?resize=768,499 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-27-001-001.jpg?resize=615,400 615w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-27-001-001.jpg?resize=400,260 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-27-001-001.jpg?resize=738,480 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-27-001-001.jpg?resize=554,360 554w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-27-001-001.jpg?resize=220,143 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-27-001-001.jpg?resize=265,172 265w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-27-001-001.jpg?resize=192,125 192w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-27-001-001.jpg?resize=125,81 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-27-001-001.jpg?resize=92,60 92w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-27-001-001.jpg?resize=565,367 565w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-27-001-001.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 800px) 100vw, 800px\" /><p id=\"caption-attachment-464709\" class=\"wp-caption-text\">alex-mit via Getty Images</p></div>\n<p>12月25日、NASAはジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)を打ち上げました。14年におよぶ開発期間、JWSTと呼ばれるようになる前のコンセプト段階を含めると25年もの歳月をかけて製作された次世代宇宙望遠鏡が、ようやく宇宙へと旅経ちました。</p>\n<p>JSWTは、地球から150万kmほど離れた、地球と太陽のラグランジュ点(L2)に近い太陽の軌道を周回する予定です。機体は打ち上げのために折りたたまれた状態から、太陽光発電のパネルを展開し、通常運用形態へと変化します。機体には「これまでにない解像度」の高感度赤外線検出器を備えた4つの科学機器を搭載しており、反射鏡を形成する18ものセグメントの背面には、曲率を調整するための小さなモーターが備えられています。</p>\n<p>試運転は6か月におよびますが、その試運転の最後には、最初の観測画像を地上に送信してくる予定です。配信します。</p>\n<p>NASA長官のビル・ネルソン氏は「まだ非常に多くのことが動いており、それらが完璧に機能しなければならない。しかし大きな報酬を得るには大きなリスクがあることを私たちは知っている」と打ち上げに際して述べました。</p>\n<p>JWSTは幅6.5mの巨大なミラーや4つの超高感度観測機器により、これまで以上に遠くの(言い換えれば時間をさかのぼった昔の)宇宙の観測が可能になるはずです。重要なのは135億年以上も前に起こったビッグバン直後から最初に現れ始めた頃の天体を観測すること。このごく初期の宇宙の天体では核反応により生命に必要不可欠な炭素、窒素、酸素、リン、硫黄といった重元素が作られたとされ、その痕跡をさぐります。</p>\n<p>また、もうひとつの大きな目標は遠方の惑星の大気を調査することです。これは、これらの惑星が生命が存在可能か、居住できるかどうかを研究者が評価するのに役立ちます。</p>\n<p>また機体はマイナス233℃という著しい低温環境で機能しなければなりません。この非常に低い温度になることで、この望遠鏡が機能するために必要な赤外線の波長で機体が(赤外光で)光らなくなり、非常に遠くから届いた赤外線を高感度にとらえることを可能にします。</p>\n<p>なお、記事執筆時点ではすでにJWSTは太陽光パネルの展開を完了しており、電源状況は良好、6つのリアクションホイールも正常に機能して太陽に対する姿勢制御も正しく実行されているとのことです。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/7nT7JGZMbtM?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://blogs.nasa.gov/webb/\" rel=\"noopener\">NASA(1)</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nasa.gov/press-release/nasas-webb-telescope-launches-to-see-first-galaxies-distant-worlds\" rel=\"noopener\">(2)</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/nasa-has-finally-launched-the-james-webb-space-telescope-223054581.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-27-001-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 464706,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 464706,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 464706,
            "tagId": 364903014,
            "tag": {
              "id": 364903014,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙(用語)",
              "description": "宇宙に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 464288,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 464288,
        "slug": "launch-of-jwst-postponed-to-dec-25",
        "createdAt": "2021-12-23T02:29:08.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-23T02:29:08.000Z",
        "title": "ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡、悪天候のため打ち上げ予定を日本時間12月25日21時20分からに変更",
        "content": "<div id=\"attachment_464290\" style=\"width: 685px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-464290\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-464290\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/7582cd40-6376-11ec-97bf-2d164aab5356.jpg\" alt=\"ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡、悪天候のため打上げを日本時間12月25日21時20分からに変更\" width=\"675\" height=\"431\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/7582cd40-6376-11ec-97bf-2d164aab5356.jpg 675w, /wp-content/uploads/2021/12/7582cd40-6376-11ec-97bf-2d164aab5356.jpg?resize=300,192 300w, /wp-content/uploads/2021/12/7582cd40-6376-11ec-97bf-2d164aab5356.jpg?resize=626,400 626w, /wp-content/uploads/2021/12/7582cd40-6376-11ec-97bf-2d164aab5356.jpg?resize=400,255 400w, /wp-content/uploads/2021/12/7582cd40-6376-11ec-97bf-2d164aab5356.jpg?resize=564,360 564w, /wp-content/uploads/2021/12/7582cd40-6376-11ec-97bf-2d164aab5356.jpg?resize=220,140 220w, /wp-content/uploads/2021/12/7582cd40-6376-11ec-97bf-2d164aab5356.jpg?resize=269,172 269w, /wp-content/uploads/2021/12/7582cd40-6376-11ec-97bf-2d164aab5356.jpg?resize=196,125 196w, /wp-content/uploads/2021/12/7582cd40-6376-11ec-97bf-2d164aab5356.jpg?resize=125,80 125w, /wp-content/uploads/2021/12/7582cd40-6376-11ec-97bf-2d164aab5356.jpg?resize=94,60 94w, /wp-content/uploads/2021/12/7582cd40-6376-11ec-97bf-2d164aab5356.jpg?resize=575,367 575w, /wp-content/uploads/2021/12/7582cd40-6376-11ec-97bf-2d164aab5356.jpg?resize=50,32 50w\" sizes=\"(max-width: 675px) 100vw, 675px\" /><p id=\"caption-attachment-464290\" class=\"wp-caption-text\">NASA / MSFC / David Higginbotham</p></div>\n<p>NASAは、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)の打ち上げを予定していた12月24日から25日に1日遅らせることを決定しました。理由は、今回打ち上げを行うフランス領ギアナ・ギアナ宇宙センター周辺の天候が悪いため。</p>\n<p>すでにNASAは打ち上げ準備のレビューをクリア、打ち上げ準備完了の記者会見も済ませており、あとは予定の日時を迎えるだけの状態でしたが、悪天候にはどうしても逆らうことはできません。</p>\n<p>新しい打ち上げ予定日時は日本時間で12月25日の21時20分~21時52分の間。ただし現地の天気状況によってはさらに延期になる可能性ももちろんあります。</p>\n<p>打ち上げ後、JWSTは地球と太陽からの光(赤外線)を同時に遮光できるラグランジュ点(L2)に配置される予定。世界の天文学研究者らは、そこから宇宙の最も初期の銀河や天体を眺め、ブラックホールを調べ、そして地球にそっくりな、生命が存在するかもしれない太陽系外惑星を探してそれを評価できるようになるのをいまかいまかと待ちわびています。</p>\n<p>すでにJWSTはアリアン5ロケットに搭載され、組み立て棟で発射台への移動を待っている状況とのこと。今回の打ち上げまでには<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/james-webb-space-telescope-033021196.html\" rel=\"noopener\">かなりの紆余曲折</a>があり、さらに新型コロナのパンデミックでも遅延を余儀なくされたJWSTだけに、天候もすべて万全の状態で軌道へと送り届けてほしいものです。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\">\n<p dir=\"ltr\" lang=\"en\">UPDATE: <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/NASA?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">@NASA</a>, <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/esa?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">@ESA</a>, and <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/Arianespace?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">@Arianespace</a> have confirmed a targeted launch date of Dec. 25 at 7:20 am ET (12:20 UTC) for the James Webb Space Telescope. The <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/ariane5?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">@Ariane5</a> rocket is set to roll out to the launchpad on Dec. 23: <a target=\"_blank\" href=\"https://t.co/O9R4KRlfQW\" rel=\"noopener\">https://t.co/O9R4KRlfQW</a> <a target=\"_blank\" href=\"https://t.co/VbNKWs48je\" rel=\"noopener\">pic.twitter.com/VbNKWs48je</a></p>\n<p>&#8212; NASA Webb Telescope (@NASAWebb) <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/NASAWebb/status/1473762199617388551?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">December 22, 2021</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://blogs.nasa.gov/webb/2021/12/21/james-webb-space-telescope-launch-update/\" rel=\"noopener\">NASA</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/launch-of-jwst-postponed-to-dec-25-225035023.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-23-001-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 464288,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 464288,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 464179,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 464179,
        "slug": "ryugu-returned-sample",
        "createdAt": "2021-12-22T12:07:09.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-23T01:00:22.000Z",
        "title": "「はやぶさ2」が持ち帰った試料の初期記載データが公表、リュウグウは水と有機物に富む原始的な小惑星だった",
        "content": "<p>2020年12月に小惑星リュウグウから帰還した「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hayabusa2.jaxa.jp/\" rel=\"noopener\">はやぶさ2</a>」が持ち帰った試料の初期記載(カタログ化)に関する論文が、12月21日、イギリスのオンライン科学雑誌「Nature Astronomy」に掲載された(「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nature.com/articles/s41550-021-01550-6\" rel=\"noopener\">Preliminary analysis of the Hayabusa2 samples returned from C-type asteroid Ryugu</a>」「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nature.com/articles/s41550-021-01549-z\" rel=\"noopener\">First compositional analysis of Ryugu samples by the MicrOmega hyperspectral microscope</a>」)。同試料から、リュウグウが水と有機物に富む原始的な小惑星であることがわかってきたという。</p>\n<p>リュウグウが、炭素、有機化合物、水を含む炭素質のC型小惑星であることは、地上からの観測でわかっていた。この小惑星を探ることで、原始的な太陽系の様子がわかり、今の地球の成り立ちや生命の発生に関する手がかりがつかめる。地球には、炭素質コンドライトというC型小惑星とほぼ同じ組成の隕石が少数飛来していて、それを調べて太陽系形成期のプロセスを解明しようとする研究がなされている。だが、炭素質コンドライトはC型小惑星から飛来したと考えられるものの、物的証拠はこれまで得られていない。「はやぶさ2」ミッションの目的は、それを確かめるために、C型小惑星のリュウグウから直接試料を採取してくることだった。</p>\n<p>JAXAでは、リュウグウの2カ所の表層から採取した計5.4gの試料を、フランス宇宙天体物理学研究所(IAS)で開発された赤外分光顕微鏡マイクロオメガを使って分析した。近赤外線の波長帯で試料を観察することで、それを構成する鉱物や、そこに存在する分子を調べることができるというものだ。それによると、地上観測で得られていた小惑星全体の特徴が反映されていることがわかった。リュウグウは、水や有機物に富む原始的な小惑星だったということだ。だが既知の隕石との比較では、炭素質コンドライトの中のCIコンドライトにもっとも似ていたが、密度が小さいことと反射率が低い点で異なっていたという。</p>\n<p>この帰還試料は「実験室で入手できる最も始原的な試料の一つであり、太陽系の起源と進化の概念を再考させることになるであろう、唯一で貴重なコレクションである」とJAXAでは話している。今後は、初期分析、2次キュレーション分析、公募分析とより詳細な分析が行われる予定だ。<br />\n<small><br />\n画像クレジット:JAXA<br />\n</small></p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-22-010-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 464179,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 464179,
            "tagId": 366276136,
            "tag": {
              "id": 366276136,
              "slug": "jaxa",
              "name": "JAXA / 宇宙航空研究開発機構(組織)",
              "description": "J宇宙航空研究開発機構。日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。"
            }
          },
          {
            "postId": 464179,
            "tagId": 674897008,
            "tag": {
              "id": 674897008,
              "slug": "hayabusa-2",
              "name": "はやぶさ2(製品・サービス)",
              "description": "日本のJAXAで開発された小惑星探査機、そのプロジェクト名。小惑星リュウグウへの着陸およびサンプルリターンを行う。"
            }
          },
          {
            "postId": 464179,
            "tagId": 681520366,
            "tag": {
              "id": 681520366,
              "slug": "%e5%ae%87%e5%ae%99%e6%8e%a2%e6%9f%bb",
              "name": "宇宙探査",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 464013,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 464013,
        "slug": "jams-kirara-3",
        "createdAt": "2021-12-21T11:23:56.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-21T11:25:25.000Z",
        "title": "国際宇宙ステーションで高校や学習塾が科学実験、SpaceXのFalcon 9でJAMSS実験装置Kirara 3号機を本日打ち上げ",
        "content": "<p>国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」の運用・利用支援などを行う<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jamss.co.jp/\" rel=\"noopener\">有人宇宙システム</a>(JAMSS。ジャムス)は米国時間12月21日、SpaceXのドラゴン補給船に宇宙工場モデル「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jamss.co.jp/kirara/\" rel=\"noopener\">Kirara</a>」3号機を搭載しFalcon 9ロケットで打ち上げる(CRS-24・SpX-24ミッション。記事掲載時点では打ち上げ成功)。Kiraraは主に、創薬分野で利用される高品質タンパク質結晶生成を宇宙で行うサービスのための実験装置として、複数の企業や団体からの宇宙実験を請け負っているのだが、今回新たに「Kiraraシェアサービス」を開始し、初めての試みとして、日本国内の学校や学習塾から募った宇宙教育ミッションも行うことになっている。</p>\n<p>今回の打ち上げに参加する団体は、東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部、欧州コンフォーカルサイエンス、静岡大学電子工学研究所、米国のBayer、ハンガリーのInnoStudio、フランスのInstitut Laue-Langevin、スペインのCSISとIACT、そして教育関連では、茨進、日本旅行(ミライ塾)、柳川高等学校、東京都立小石川中等教育学校、みどりの学園義務教育学校、Nikkei宇宙プロジェクト。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-464015\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/sub7-2.png\" alt=\"\" width=\"906\" height=\"782\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/sub7-2.png 906w, /wp-content/uploads/2021/12/sub7-2.png?resize=300,259 300w, /wp-content/uploads/2021/12/sub7-2.png?resize=768,663 768w, /wp-content/uploads/2021/12/sub7-2.png?resize=463,400 463w, /wp-content/uploads/2021/12/sub7-2.png?resize=400,345 400w, /wp-content/uploads/2021/12/sub7-2.png?resize=738,637 738w, /wp-content/uploads/2021/12/sub7-2.png?resize=417,360 417w, /wp-content/uploads/2021/12/sub7-2.png?resize=220,190 220w, /wp-content/uploads/2021/12/sub7-2.png?resize=199,172 199w, /wp-content/uploads/2021/12/sub7-2.png?resize=145,125 145w, /wp-content/uploads/2021/12/sub7-2.png?resize=125,108 125w, /wp-content/uploads/2021/12/sub7-2.png?resize=70,60 70w, /wp-content/uploads/2021/12/sub7-2.png?resize=640,552 640w, /wp-content/uploads/2021/12/sub7-2.png?resize=425,367 425w, /wp-content/uploads/2021/12/sub7-2.png?resize=50,43 50w\" sizes=\"(max-width: 906px) 100vw, 906px\" /></p>\n<p>なかでも、市進教育グループの茨進では、JAMSSと共同でISSでの宇宙実験教育を実施する予定となっており、その材料の準備を子どもたちが行った。柳商学園柳川高等高校は、高校主催による宇宙でのタンパク質結晶生成実験を行う。みどりの学園義務教育学校は、持続可能な社会の実現に向けて学んだ成果であるデータやメッセージをSDカードに納めて宇宙に打ち上げる。</p>\n<p>Kirara 3号機を載せたSpaceXのFalcon 9は、米国時間12月21日にケネディー宇宙センターから打ち上げられ、翌22日午前4時半ごろ(米国東部標準時間)にISSにドッキングする予定。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\">\n<p dir=\"ltr\" lang=\"ja\">★「Kirara」打ち上げ成功!<br />\n2021年12月21日19時06分(日本時間)、高品質タンパク質結晶生成サービス「Kirara」3号機は、SpaceX社のドラゴン補給船24号機(SpX-24)に搭載され、国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられました。<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/ISS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#ISS</a> <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%95%99%E8%82%B2?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#宇宙教育</a> <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%87%E5%AE%99?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#宇宙</a> <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%9F%E9%A8%93?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#実験</a> <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/JAMSS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#JAMSS</a></p>\n<p>&#8212; 有人宇宙システム(JAMSS) (@JAMSS_official) <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/JAMSS_official/status/1473240355776925698?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">December 21, 2021</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\">\n<p dir=\"ltr\" lang=\"en\">Liftoff! <a target=\"_blank\" href=\"https://t.co/z9NvqaTz73\" rel=\"noopener\">pic.twitter.com/z9NvqaTz73</a></p>\n<p>&#8212; SpaceX (@SpaceX) <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/SpaceX/status/1473233806349926403?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">December 21, 2021</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-21-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 464013,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 464013,
            "tagId": 186334,
            "tag": {
              "id": 186334,
              "slug": "iss",
              "name": "ISS / 国際宇宙ステーション(用語)",
              "description": "ISS / 国際宇宙ステーションに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464013,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 464013,
            "tagId": 9601187,
            "tag": {
              "id": 9601187,
              "slug": "falcon-9",
              "name": "Falcon 9(製品・サービス)",
              "description": "米国の民間企業であるSpaceX(スペースX)が開発、打ち上げている2段式の商業用打ち上げロケット。"
            }
          },
          {
            "postId": 464013,
            "tagId": 364903014,
            "tag": {
              "id": 364903014,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙(用語)",
              "description": "宇宙に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464013,
            "tagId": 366275213,
            "tag": {
              "id": 366275213,
              "slug": "students",
              "name": "学生(用語)",
              "description": "学生に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464013,
            "tagId": 692507586,
            "tag": {
              "id": 692507586,
              "slug": "drug-discovery",
              "name": "創薬(用語)",
              "description": "創薬に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 464013,
            "tagId": 692516604,
            "tag": {
              "id": 692516604,
              "slug": "jamss",
              "name": "有人宇宙システム(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 463925,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 463925,
        "slug": "2021-12-20-max-q-spacex-launches-two-falcon-9s-in-one-day-for-the-first-time",
        "createdAt": "2021-12-21T02:30:52.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-21T02:06:30.000Z",
        "title": "【Max Q】SpaceXが初めて1日に2回Falcon 9を打ち上げ",
        "content": "<p>TechCrunchは、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/events/tc-sessions-space-2021/\" rel=\"noopener\">Space 2021</a>イベントを終えたばかりが、宇宙ビジネスに限っては、年末だからといってニュースのペースが落ちることはない。</p>\n<h2>SpaceXがロケット再利用の新記録を達成、初の1日に2回の打ち上げ</h2>\n<p>SpaceX(スペースエックス)は、同社のStarlink(スターリンク)衛星の新たな一群を、ヴァンデンバーグ空軍基地の発射施設から米国時間12月18日に打ち上げ、続いてその日の夜遅くにトルコの通信衛星をフロリダ州ケープカナベラルから打ち上げた。これはSpaceXが1日に2回の打ち上げを行った初めての事例だ。また、このStarlinkミッションでは打ち上げロケットのFalcon 9を11回にわたって発射・回収し、SpaceXの打ち上げシステム再利用記録を更新した。</p>\n<p>それだけでも十分目覚ましいが、現在SpaceXは、同社の商業再補給サービス(CRS)ミッションの一環として国際宇宙ステーション(ISS)に補給品と実験材料を届けることになっている。予定では米国時間12月21日午前にケープカナベラルから飛び立つ。</p>\n<div id=\"attachment_463927\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-463927\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-463927 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/spacex-launch.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"473\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/spacex-launch.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/spacex-launch.jpg?resize=300,138 300w, /wp-content/uploads/2021/12/spacex-launch.jpg?resize=768,355 768w, /wp-content/uploads/2021/12/spacex-launch.jpg?resize=1024,473 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/spacex-launch.jpg?resize=867,400 867w, /wp-content/uploads/2021/12/spacex-launch.jpg?resize=400,185 400w, /wp-content/uploads/2021/12/spacex-launch.jpg?resize=738,341 738w, /wp-content/uploads/2021/12/spacex-launch.jpg?resize=640,295 640w, /wp-content/uploads/2021/12/spacex-launch.jpg?resize=220,102 220w, /wp-content/uploads/2021/12/spacex-launch.jpg?resize=281,130 281w, /wp-content/uploads/2021/12/spacex-launch.jpg?resize=250,115 250w, /wp-content/uploads/2021/12/spacex-launch.jpg?resize=125,58 125w, /wp-content/uploads/2021/12/spacex-launch.jpg?resize=1196,552 1196w, /wp-content/uploads/2021/12/spacex-launch.jpg?resize=600,277 600w, /wp-content/uploads/2021/12/spacex-launch.jpg?resize=50,23 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-463927\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:SpaceX</p></div>\n<h2>2021年を宇宙投資家の目で振り返る</h2>\n<p>上に書いたように、我々は<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/events/tc-sessions-space-2021/\" rel=\"noopener\">TC Sessions:Space 2021</a>イベントを終えたところだが、その中でもスタートアップコミュニティにとって特に興味深かったに違いない話題が、宇宙分野に関心のあるアーリーステージ投資家のパネルとTechCrunchが行ったディスカッションだろう。たとえばSpace Capital(スペース・キャピタル)のファウンダーであるChad Anderson(チャド・アンダーソン)氏は、長年スタートアップに早期投資する中で、宇宙産業が著しく進化してきたことについて語り、現在業界で起きている大きな転換に言及した。Assembly Ventures(アセンブリー・ベンチャーズ)のJessica Robinson(ジェシカ・ロビンソン)氏は、スペーステック(宇宙技術)が他のあらゆる分野に影響を与えその逆も起きていることについて話した。</p>\n<p>ディスカッションは<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/17/in-2021-space-investors-watched-stars-form-in-real-time/\" rel=\"noopener\">TC+サブスクライバー専用サイト</a>でその他の会話とともに公開されている。</p>\n<div id=\"attachment_463926\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-463926\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-463926 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/12/Render-Axiom-Station.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-463926\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Axiom Space</p></div>\n<h2>その他のニュース</h2>\n<p>Voyager Space(ボイジャー・スペース)はBlue Origin(ブルー・オリジン)のグローバル販売担当VPを新たな最高収益責任者(CRO)として雇った。Clay Mowry(クレイ・モーリー)氏はBlue Originチームのかなり有力なメンバーであり、その以前はArianespace(アリアンスペース)の会長兼社長を務めていた。</p>\n<p>NASA(米国航空宇宙局)と各国の提携機関は、民間有人宇宙飛行計画、Axiom(アクシオム)Mission 1の国際宇宙ステーションへの飛行を承認し、2022年2月28日に実施されることが決まった。</p>\n<p>ジョージア州カムデン郡のSpaceport Camden(スペースポート・カムデン)は、FAAから正式な打ち上げ許可を受けた。運用に入るまでにはまだいくつかハードルが残っているが、民間打ち上げ会社の新たな打ち上げ場所の選択肢としての役割が期待される。</p>\n<p>Rocket Lab(ロケットラボ)は太陽電池、ソーラーパネルその他の宇宙拠点インフラの構成要素のメーカー、SolAero Holdings(ソロエアロ・ホールディングス)を買収する。TechCrunchは先に<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/events/tc-sessions-space-2021/videos/?promo=leftrailpromo&amp;video=2247295\" rel=\"noopener\">Rocket LabのPeter Beck(ピーター・ベック)氏と、同社の最近の買収ラッシュについて話した</a>(要サブスクリプション)。</p>\n<p>The U.S. Space Force(米国宇宙軍)が2歳に!よちよち歩きの武官組織になった。</p>\n<p>NASAはJames Web(ジェームズ・ウェッブ)宇宙望遠鏡を米国時間12月24日に打ち上げる予定で、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nasa.gov/press-release/nasa-sets-coverage-invites-public-to-view-webb-telescope-launch\" rel=\"noopener\">目標打ち上げ時刻は東海岸標準時午前7時20分</a>(日本時間12月24日午後9時20分)だ。フランス領ギアナ、クールーにある宇宙センターから発射され、Arianespaceのロケット、Ariane 5をESA(欧州宇宙機関)との提携で搭載する。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/20/max-q-spacex-launches-two-falcon-9s-in-one-day-for-the-first-time/\" rel=\"noopener noreferrer\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Darrell Etherington、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a> )</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/tc-space-stars.gif",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 463925,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 463925,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 463925,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 463925,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463925,
            "tagId": 674897814,
            "tag": {
              "id": 674897814,
              "slug": "manned-space-flight",
              "name": "有人宇宙飛行(用語)",
              "description": "有人宇宙飛行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463925,
            "tagId": 692508038,
            "tag": {
              "id": 692508038,
              "slug": "private-space-flight",
              "name": "民間宇宙飛行(用語)",
              "description": "民間宇宙飛行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463925,
            "tagId": 692511015,
            "tag": {
              "id": 692511015,
              "slug": "voyager-space-holdings",
              "name": "Voyager Space Holdings(企業)",
              "description": "宇宙探査産業を専門とする米国の航空・航空宇宙企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 463925,
            "tagId": 692516593,
            "tag": {
              "id": 692516593,
              "slug": "max-q",
              "name": "Max Q(連載)",
              "description": "Max Qの記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 463811,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 463811,
        "slug": "jaxa-astronote-recruit-starts",
        "createdAt": "2021-12-20T07:29:31.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-20T10:36:36.000Z",
        "title": "JAXAが13年ぶりの宇宙飛行士候補者募集の応募受け付けを本日開始、学歴は問わず",
        "content": "<p>以前<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/22/jaxa-recruit-astronaut/\" rel=\"noopener\">お伝えした</a>とおり、JAXAは13年ぶりとなる<a target=\"_blank\" href=\"https://astro-mission.jaxa.jp/astro_selection/\" rel=\"noopener\">宇宙飛行士候補者の募集</a>の受け付けを12月20日正午から開始した。今回は、月面有人探査ミッションへの参加も予定されている。募集要項は以前に比べて大幅に緩和され、学歴も問われない。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\">\n<p dir=\"ltr\" lang=\"ja\">/<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%87%E5%AE%99%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E5%A3%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#宇宙飛行士</a> 候補者の応募受付が開始!<br />\n\</p>\n<p>応募受付期間は本日から2022年3月4日正午(JST)までとなっております!<br />\n詳細はリンク先をご参照ください。<br />\n皆様からのご応募お待ちしております!<br />\n🧑🚀🌕🧑🚀<a target=\"_blank\" href=\"https://t.co/KMZGAQ74dM\" rel=\"noopener\">https://t.co/KMZGAQ74dM</a><a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/HelloExplorers?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#HelloExplorers</a><a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%87%E5%AE%99%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E5%A3%AB%E3%81%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%81%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#宇宙飛行士に転職だ</a></p>\n<p>&#8212; JAXA(宇宙航空研究開発機構) (@JAXA_jp) <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/JAXA_jp/status/1472765122842345476?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">December 20, 2021</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>選抜は、書類選考、第0次選抜から第3次選抜まで行われる。その中では、英語、一般教養、STEM(理工系)分野の試験、小論文、適正検査、医学検査、面接、資質特性検査などの審査が行われる。JAXAが宇宙飛行士に求める人物像は、国際共同事業で多様性を尊重しつつリーダーシップがとれる人、極限環境でも柔軟な思考と着眼点で適時的確な判断ができる人、ミッションで得た経験を人々に伝える発信力のある人。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/1tXms_L2XGg?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>選抜で評価されるポイントは、明確な目的意識と達成意欲、任務と訓練に耐えうる健康状態、STEM分野の知識と論理的思考力、英語力、実務経験から得られた専門性、緊急事態にも的確に対処できるミッション遂行能力、環境や技術の変化に適用できる身体能力、精神的適応性、強靱性、未経験の知識や技量を速やかに習得できる能力などとなっている。</p>\n<p>予定されている宇宙活動には、ISSでのシステム操作や保全・実験研究・船外活動、月周回ステーション「ゲートウェイ」での操作保全・実験研究・船外活動・月面での滞在・実験研究・船外活動などが含まれる。</p>\n<div id=\"attachment_460678\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-460678\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-460678\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg\" alt=\"カシオ計算機とJAXA、月面基地建設に向け高精度位置測位システムpicalicoによる位置測位の実験を開始\" width=\"1024\" height=\"575\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=1024,575 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=1536,863 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=712,400 712w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=982,552 982w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=600,337 600w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-460678\" class=\"wp-caption-text\">月面基地イメージ ©JAXA</p></div>\n<p>申し込みには、エントリーシートの入力と健康診断書の提出が必要となる。</p>\n<h3>募集および選抜の実施概要</h3>\n<ul>\n<li>採用人数:若干名</li>\n<li>受付期間:2021年12月20日から2022年3月4日まで</li>\n<li>選抜結果発表:2023年2月ごろ</li>\n</ul>\n<p>12月1日に行われたオンライン説明会の様子は、<a target=\"_blank\" href=\"https://humans-in-space.jaxa.jp/event/detail/001880.html\" rel=\"noopener\">こちら</a>から見ることができる。</p>\n<p>詳細は<a target=\"_blank\" href=\"https://astro-mission.jaxa.jp/astro_selection/\" rel=\"noopener\">こちら</a>を。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/E4i9tuLqAoo?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/WsmbYPRPXy4?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>&nbsp;</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-20-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 463811,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 463811,
            "tagId": 186334,
            "tag": {
              "id": 186334,
              "slug": "iss",
              "name": "ISS / 国際宇宙ステーション(用語)",
              "description": "ISS / 国際宇宙ステーションに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463811,
            "tagId": 364903014,
            "tag": {
              "id": 364903014,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙(用語)",
              "description": "宇宙に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463811,
            "tagId": 366271999,
            "tag": {
              "id": 366271999,
              "slug": "space-exploration",
              "name": "宇宙開発(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 463811,
            "tagId": 366276136,
            "tag": {
              "id": 366276136,
              "slug": "jaxa",
              "name": "JAXA / 宇宙航空研究開発機構(組織)",
              "description": "J宇宙航空研究開発機構。日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。"
            }
          },
          {
            "postId": 463811,
            "tagId": 366276530,
            "tag": {
              "id": 366276530,
              "slug": "astronaut",
              "name": "宇宙飛行士(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 463811,
            "tagId": 674897814,
            "tag": {
              "id": 674897814,
              "slug": "manned-space-flight",
              "name": "有人宇宙飛行(用語)",
              "description": "有人宇宙飛行に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 463556,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 463556,
        "slug": "2021-12-02-rocket-lab-reimagines-rocket-design-with-its-neutron-launch-vehicle",
        "createdAt": "2021-12-17T09:45:31.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-17T09:38:43.000Z",
        "title": "Rocket LabがNeutron打ち上げ機でロケット設計を再考、打ち上げの常識に挑戦",
        "content": "<p>Rocket Lab(ロケットラボ)がついにNeutron(ニュートロン)ロケットの覆いを外した。ニュートロンは、CEOのPeter Beck(ピーター・ベック)氏が「2050年のロケット」と呼ぶ中型機である。Rocket Labは、現在SpaceX(スペースX)が支配する打ち上げ市場でシェア拡大を目指している。</p>\n<p>今回、3月のニュートロンのアナウンス以来、同社のプロジェクトに関する最初のメジャーアップデートである。3月以来、Rocket Labは、特別買収目的会社を使った<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/06/2021-08-25-peter-beck-on-rocket-labs-public-listing-debut-space-spacs-and-the-neutron-rocket/\" rel=\"noopener\">合併による株式公開</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/17/rocket-labs-electron-booster-splashes-down-in-the-pacific-ocean/\" rel=\"noopener\">Electron(エレクトロン)再利用計画</a>の開発継続、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/16/2021-11-15-rocket-lab-acquires-planetary-systems-corporation-in-cash-and-stock-deal/\" rel=\"noopener\">宇宙サービス部門</a>の拡大で忙しい。その間ずっと、今に至るまで、ニュートロンに関しては沈黙を保ってきた。</p>\n<p>関連記事<br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/06/2021-08-25-peter-beck-on-rocket-labs-public-listing-debut-space-spacs-and-the-neutron-rocket/\" rel=\"noopener\">Rocket Lab CEOインタビュー、宇宙開発のキャリアで学んだ教訓は「絶対にやらないとは絶対に言わない」こと</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/16/2021-11-15-rocket-lab-acquires-planetary-systems-corporation-in-cash-and-stock-deal/\" rel=\"noopener\">Rocket Labが宇宙船分離システム開発のPlanetary Systems Corporationを現金と株式で買収</a></p>\n<h2>炭素複合材</h2>\n<p>ニュートロンの特徴は、運用と開発の両面で同クラスの他のロケットとは異なる、いくつかの意外なイノベーションにある。まず素材である。約40メートルのロケットは、姉妹機のエレクトロン同様、特別な炭素複合材で作られる。</p>\n<p>これは興味深い選択である。特に、周知のようにスペースXがStarship(スターシップ)システムで炭素複合材を捨ててステンレス鋼を取ったことを考えるとそうである。しかし、Rocket Labが炭素複合材を使うのはこれが初めてではない。ベック氏は、ニュージーランド政府の研究施設でキャリアをスタートさせて以来、エレクトロンロケットの大部分で使うだけでなく、高度な複合材や素材に取り組んできた。</p>\n<p>「金属の扱いに慣れてきた場合、実際に複合材をてがけるのは本当に困難です。でも、ずっと複合材と関わりがあって経験があるなら、実際のところ、複合材はシンプルな素材です」とベック氏はTechCrunchに語った。</p>\n<p>金属の構造体は重くてパフォーマンスが低い。高パフォーマンスエンジンで補うことはできるが、再利用の点で大きな余裕や高い信頼性にはつながらない、と氏は付け加えた。構造体が軽くなれば、氏が「ロケットの破綻のスパイラル」と呼んだものを避けることができる。構造体が重くなると必要な推進剤が増え、推進剤が増えると必要な推進剤タンクが大きくなり、タンクが大きくなると重量が増えて必要な推進剤がさらに増える、という終わりのないせめぎ合いだ。際限がない。</p>\n<p>「これは、私のキャリアで破綻のスパイラルが逆転する最初の時です。軽量の構造体で破綻のスパイラルが逆転します。このことは、打ち上げの観点から重要なだけでなく、実際のところ再突入の観点からも本当に重要です」と氏は言った。なぜなら、ベック氏によれば、約7メートルというニュートロンの大きな直径と軽い重量によって、弾道係数、つまり空気抗力に対する物体の抵抗の大きさが大きくなるからだ。それで、構造体を重視することで、再突入で消費する推進剤は少なくなり、空気抗力は小さくなり(結果として熱も少なくなり)、エンジンはシンプルになる。</p>\n<p>また、ニュートロンは新しいタイプのグラファイト複合材で仕上げられるので、耐熱性が向上する。これは、今後のエレクトロンロケットにも新たに導入される。</p>\n<h2>「口を大きく開けたカバ」</h2>\n<p>従来のロケット設計と大きく異なる別の点はニュートロンのフェアリングだ。この機材は、ノーズコーンのように伝統的にロケットの先端に取り付けられ、内部のペイロードを保護する。歴史的には、フェアリングは分離されて地球に落下し、使い捨てになるものと一般に見なされている。もっとも、スペースXでは、修理調整して再利用するために海から回収している。</p>\n<p>Rocket Labではその代わりに、4枚のフェアリングが1段目に装着され、機械的に開く(ロボットのような風変わりな花を想像して欲しい)。これもまた、複合素材の使用によって導かれた設計上の決断であるとベック氏は述べた。</p>\n<div id=\"attachment_463562\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-463562\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-463562 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg 2048w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=1536,863 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=712,400 712w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=982,552 982w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=600,337 600w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/12/Neutron-Stage-2-deploying.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-463562\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"http://rocketlabusa.com/\" rel=\"noopener\">Rocket Lab</a></p></div>\n<p>「通常、フェアリングを付けたままにしたり、それと似たようなことをしたりする質量上の余裕はない。フェアリングはできるだけ早く切り離さねばならない。そのような寄生質量を抱えている余裕はないからだ。しかし、寄生質量が本当に小さければ、この種のことができる」。</p>\n<p>ニュートロンは、最大1万5000キログラムのペイロードを低地球軌道に運ぶことができ、ちょうどスペースXのFalcon 9(ファルコン9)やRelativity Space(レラティビティースペース)が開発中のTerran R(テランR)ロケットと競合する。</p>\n<h2>しかし、2段目はどうだろうか?</h2>\n<p>Rocket Labは、ペイロードのノーズコーンフェアリングを無くすだけでなく、2段目も徹底的に見直すことにした。従来のロケットの設計では、1段目とペイロードの間に2段目を入れる。しかし、ニュートロンでは、2段目は1段目の中に置かれる。ロケットがペイロードを展開するときになると「口を大きく開けたカバ」のようなフェアリングが開いて、2段目とペイロードの両方を軌道に送り出す。</p>\n<p>Rocket Labは、有人宇宙飛行を含むさまざまなタイプのミッションにニュートロンを使うことを意図している。ベック氏によれば、有人打ち上げの場合は、ただフェアリングを取り外して、クルーを乗せたカプセルを打ち上げることができるということだ。</p>\n<p>2段目は使い捨ての設計である。他のロケット企業は完全な再利用に取り組んでいるが、ベック氏によれば、2段目の再利用が理に適っているかどうか、まだ結論は出ていないとのことである。特に、再利用にともなう質量要件の増大と回復に関連する運用コストを考えるとそうである。</p>\n<h2>地球への帰還</h2>\n<p>2段目が展開されると、1段目は地球に帰還し、正確に発射台に戻る。つまり、洋上のはしけに降りるのではない。この選択もまた、運用コストを節約するものになる、とベック氏は言った。</p>\n<p>ニュートロンは、Rocket Labが開発した7基の新しいエンジンを使って軌道に上がり、戻ってくる。Rocket LabはこのエンジンをArchimedes(アルキメデス)と呼んでいる。この低圧エンジンは液体酸素(LOX)とケロシンではなくLOXとメタンで作動する。ちょうど1段目を打ち上げ場に戻すという決断と同様、推進剤の選択はミッション間のターンアラウンド時間が最小になるように行われた。</p>\n<p>「これまで、エンジンには通常膨大な修理調整が必要とされてきました。また、推進剤としてLOXとケロシンが選ばれることから、膨大な修理調整が必要です。ケロシンからは大量のすすとコークスが発生するんです。それで、メタンを使う決定をしました。メタンでエンジンを作動させることは可能で、そうすればエンジンはまったくクリーンで、燃焼後もまだピカピカです」とベック氏は語った。</p>\n<p>ニュートロンは結局、米国内のどこかから打ち上げられるだろう。Rocket Labは、打ち上げ場と製造所の選定をめぐる競争のさなかにある。多くのことが行われてきたが、ニュートロン打ち上げの具体的な期日は不明だ。Rocket Labは以前、2024年だと言ったが、今回のアップデートでは言及がなかった。しかし、ベック氏によれば、それは意図的なものではないとのことだ。</p>\n<p>「私たちは、2024年にニュートロンを発射台に載せ、2025年に企業顧客を宇宙へ送るつもりです。しかし、私たちはこれがロケットの計画であることも認めています。膨大な仕事ですが、懸命に努力を続けること、それが私たちの計画です」とベック氏は断言した。</p>\n<p>ここで、Rocket Labのニュートロンに関するアップデートをもう一度視聴してみよう。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/7kwAPr5G6WA?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/02/rocket-lab-reimagines-rocket-design-with-its-neutron-launch-vehicle/www.rocketlabusa.com\" rel=\"noopener\">Rocket Lab</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/02/rocket-lab-reimagines-rocket-design-with-its-neutron-launch-vehicle/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/Neutron-on-the-pad.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 463556,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 463556,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463556,
            "tagId": 366280227,
            "tag": {
              "id": 366280227,
              "slug": "rocket-lab",
              "name": "Rocket Lab(企業)",
              "description": "Rocket Labは、アメリカのロサンゼルスを拠点とする航空宇宙企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 463531,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 463531,
        "slug": "istellartech-fundraising",
        "createdAt": "2021-12-17T07:45:05.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-17T07:45:05.000Z",
        "title": "インターステラテクノロジズが17.7億円のシリーズD調達、超小型人工衛星打上げロケットZEROの開発を加速",
        "content": "<p>「低価格で便利な、選ばれるロケット」をミッションに、観測ロケット「<a target=\"_blank\" href=\"http://www.istellartech.com/technology/momo\" rel=\"noopener\">MOMO</a>」と超小型人工衛星打上げロケット「<a target=\"_blank\" href=\"http://www.istellartech.com/technology/zero\" rel=\"noopener\">ZERO</a>」を独自開発・製造しているロケット開発ベンチャー「<a target=\"_blank\" href=\"http://www.istellartech.com/\" rel=\"noopener\">インターステラテクノロジズ</a>」は12月17日、シリーズDラウンドとして、第三者割当増資による総額17億7000万円の資金調達を実施したと発表した。</p>\n<p>引受先は、藤田誠氏(INCLUSIVE代表取締役社長)、INCLUSIVE、サイバーエージェント、シリアルインキュベート、セブンスターズキャピタル1号投資事業有限責任組合、サンコーインダストリー、中島瑞木氏(coly 代表取締役社長)、中島杏奈氏(coly 代表取締役副社長)、山本博士氏(スマレジ 代表取締役)</p>\n<p>同社「ねじのロケット(MOMO7号機)」「TENGAロケット(MOMO6号機)」は2021年7月に2機連続で宇宙空間に到達。2019年5月の「宇宙品質にシフト MOMO3号機」を含め、3度の宇宙空間到達を達成した。国内民間単独での宇宙空間到達は唯一となっている。MOMOは実証から事業化の段階に入り、並行して2023年度の打上げを目指すZEROの開発を本格化させている。</p>\n<p>今回調達した資金は、ZEROの開発をさらに加速させるための研究開発・設備投資・人材採用・材料費などにあてる。「誰もが宇宙に手が届く未来をつくる」というビジョンの実現に向け、今後も低価格、高頻度な宇宙輸送の観点から日本の宇宙産業をリードするとしている。</p>\n<p>同社ZEROについては、一般的には複雑で高額となるエンジンシステムを独自設計するなどコア技術を自社で開発。設計から製造、試験・評価、打上げ運用までを自社で一気通貫させた国内唯一の開発体制、アビオニクス(電子装置)への民生品活用などにより、低価格で競争力のあるロケットを実現するという。</p>\n<p>ZEROの燃料には低価格で性能が高く、環境にも優しい液化メタンを選定。エア・ウォーターと協力し、牧場から買い取ったメタンガスで製造した液化バイオメタンをロケットに使うことを計画している。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-463533\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg\" alt=\"インターステラテクノロジズが17.7億円のシリーズD調達、超小型人工衛星打上げロケットZEROの開発を加速\" width=\"1024\" height=\"575\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg 1210w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg?resize=1024,575 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg?resize=712,400 712w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg?resize=982,552 982w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg?resize=600,337 600w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-002.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>また東と南が海に開かれた世界有数の好立地、かつ本社から7.5kmの近距離に射場を有することも、世界的に見て大きなアドバンテージとしている。2021年1月には人工衛星開発の100%子会社「Our Stars」を設立しており、日本初の「ロケット×人工衛星」の垂直統合による、革新的な衛星サービスの開発を目指す。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/4toKmsVw_8w?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/SFRFqp1kmuU?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>&nbsp;</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-17-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 463531,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 463531,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463531,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 463531,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 463531,
            "tagId": 681519949,
            "tag": {
              "id": 681519949,
              "slug": "interstellar-technologies",
              "name": "インターステラテクノロジズ(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 463531,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 462682,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 462682,
        "slug": "path-of-ion-wave-in-space",
        "createdAt": "2021-12-13T12:14:37.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-14T02:02:07.000Z",
        "title": "宇宙で発生した電磁波が地上に伝わる5万キロにおよぶ「通り道」が世界で初めて解明される",
        "content": "<div id=\"attachment_462748\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-462748\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-462748\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?w=1024\" alt=\"「電磁波の通り道」を同時多地点観測する様子 ©ERGサイエンスチーム\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-001.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-462748\" class=\"wp-caption-text\">「電磁波の通り道」を同時多地点観測する様子 ©ERGサイエンスチーム</p></div>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.se.kanazawa-u.ac.jp/information/\" rel=\"noopener\">金沢大学理工研究域電子情報通信学系</a>の<a target=\"_blank\" href=\"http://ridb.kanazawa-u.ac.jp/public/detail.php?id=11357&amp;page=21&amp;org1_cd=34\" rel=\"noopener\">松田昇也准教授</a>らからなる国際研究チームは12月10日、複数の科学衛星と地上観測拠点で同時観測された電磁波とプラズマ粒子データなどから、電磁波の通り道の存在を世界で初めて突き止め、電磁波が地上へ伝わる仕組みを解明したと<a target=\"_blank\" href=\"https://agupubs.onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1029/2021GL096488\" rel=\"noopener\">発表した</a>。</p>\n<p>地球周辺の宇宙空間では、自然発生した電磁波が地球を取り巻く放射線帯を形成したりオーロラを光らせるなどの物理現象を引き起こしているが、1つの衛星や観測地点からの観測では、電磁波の伝搬経路全体を三次元的に捉えることができなかった。そこで研究グループは、日本のジオスペース探査衛星「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.isas.jaxa.jp/missions/spacecraft/current/erg.html\" rel=\"noopener\">あらせ</a>」、アメリカの科学衛星「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nasa.gov/mission_pages/rbsp/mission/index.html\" rel=\"noopener\">Van Allen Probes</a>」、そして日本が世界に展開する地上観測拠点「PWING 誘導磁力計ネットワーク」とカナダが北米に展開する「CARISMA 誘導磁力計ネットワーク」を連携させて、同時に観測を行った。</p>\n<p>それにより、宇宙空間の特定の場所で電磁波(イオン波)が生まれ、その一部だけが宇宙の遠く離れた場所や地上に届いていることがわかり、そのおよそ5万キロの旅の途中で宇宙のプラズマ環境変動を引き起こし、やがて地上に到達していることを解明した。</p>\n<p>宇宙空間には冷たいプラズマが存在し、それが電磁波によって温められると、地上の大気の寒暖の変化のように、宇宙の環境が変化する。特に大規模な太陽フレアによる宇宙嵐が起きると大量の電磁波が発生し、人工衛星の故障、宇宙飛行士の放射線被曝、地上の送電網の障害など、多くの影響をもたらす。電磁波の通り道がわかれば、プラズマ環境変化が様々な場所で同時に発生する仕組みもわかる。</p>\n<div id=\"attachment_462686\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-462686\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-462686\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"644\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png 1500w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png?resize=300,189 300w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png?resize=768,483 768w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png?resize=1024,644 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png?resize=636,400 636w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png?resize=400,251 400w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png?resize=738,464 738w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png?resize=573,360 573w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png?resize=220,138 220w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png?resize=274,172 274w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png?resize=199,125 199w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png?resize=125,79 125w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png?resize=95,60 95w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png?resize=878,552 878w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png?resize=584,367 584w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure2.png?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-462686\" class=\"wp-caption-text\">イオン波を4つの拠点で同時に捉えた観測結果</p></div>\n<p>だがそれを解明するには、イオン波が発生している時間帯の、2つの科学衛星と2つの地上観測拠点の位置関係が大変に重要になる。研究グループは、そのタイミングを予測しつつイオン波の観測を続けたところ、2019年4月18日に4つの拠点でのイオン波の同時観測が達成され、同一のイオン波が地磁気赤道から地上に伝搬する「電磁波の通り道」が同定された。それによると、イオン波は5万キロの距離を移動するが、経路の断面はその1/1000ほどと小さい、細長いストロー状であり、広い宇宙空間で、きわめて局所的に伝搬経路が形成されていることもわかった。</p>\n<div id=\"attachment_462685\" style=\"width: 1010px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-462685\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-462685\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure3.png\" alt=\"\" width=\"1000\" height=\"830\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure3.png 1000w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure3.png?resize=300,249 300w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure3.png?resize=768,637 768w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure3.png?resize=482,400 482w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure3.png?resize=400,332 400w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure3.png?resize=738,613 738w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure3.png?resize=434,360 434w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure3.png?resize=220,183 220w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure3.png?resize=207,172 207w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure3.png?resize=151,125 151w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure3.png?resize=125,104 125w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure3.png?resize=72,60 72w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure3.png?resize=665,552 665w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure3.png?resize=442,367 442w, /wp-content/uploads/2021/12/211210_Figure3.png?resize=50,42 50w\" sizes=\"(max-width: 1000px) 100vw, 1000px\" /><p id=\"caption-attachment-462685\" class=\"wp-caption-text\">あらせ、Van Allen Probesの衛星軌道と地上観測拠点の位置関係</p></div>\n<p>「電磁波の通り道」が解明され、電磁波がどこで発生し、どう伝わるかがわかったことで、安全な宇宙利用に向けた「宇宙天気予報」の精度向上が期待されるという。同研究グループは「地球以外の惑星でも電磁波が発生し伝わっていく仕組みを解明し、宇宙環境変動の網羅的な理解と普遍性の解明へと歩みを進めていきたい」と話している。</p>\n<p>この研究には、金沢大学の他、名古屋大学、東北大学、コロラド大学、ミネソタ大学、JAXA宇宙科学研究所、京都大学、九州工業大学、ロスアラモス国立研究所、ニューハンプシャー大学、情報通信研究機構、国立極地研究所、アルバータ大学などが参加している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-007-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 462682,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 462682,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462682,
            "tagId": 366276136,
            "tag": {
              "id": 366276136,
              "slug": "jaxa",
              "name": "JAXA / 宇宙航空研究開発機構(組織)",
              "description": "J宇宙航空研究開発機構。日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。"
            }
          },
          {
            "postId": 462682,
            "tagId": 366281252,
            "tag": {
              "id": 366281252,
              "slug": "nagoya-university",
              "name": "名古屋大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462682,
            "tagId": 674897097,
            "tag": {
              "id": 674897097,
              "slug": "tohoku-university",
              "name": "東北大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462682,
            "tagId": 674897098,
            "tag": {
              "id": 674897098,
              "slug": "kyoto-university",
              "name": "京都大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462682,
            "tagId": 692510646,
            "tag": {
              "id": 692510646,
              "slug": "%e6%83%85%e5%a0%b1%e9%80%9a%e4%bf%a1%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%a9%9f%e6%a7%8b%ef%bc%88nict%ef%bc%89",
              "name": "情報通信研究機構(NICT)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462682,
            "tagId": 692515701,
            "tag": {
              "id": 692515701,
              "slug": "kanazawa-university",
              "name": "金沢大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462682,
            "tagId": 692516481,
            "tag": {
              "id": 692516481,
              "slug": "kyushu-institute-of-technology",
              "name": "九州工業大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462682,
            "tagId": 692516482,
            "tag": {
              "id": 692516482,
              "slug": "national-institute-of-polar-research",
              "name": "国立極地研究所(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 462709,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 462709,
        "slug": "gitai-robot-arm-for-luna-cruiser",
        "createdAt": "2021-12-13T08:14:43.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-13T08:14:43.000Z",
        "title": "宇宙ロボットのGITAI、トヨタの月面モビリティ「有人与圧ローバ」向けロボットアームの開発に着手",
        "content": "<p>宇宙ロボットスタートアップの<a target=\"_blank\" href=\"https://gitai.tech/\" rel=\"noopener\">GITAI</a>(ギタイ)は12月13日、<a target=\"_blank\" href=\"https://toyota.jp/index.html\" rel=\"noopener\">トヨタ</a>が開発を進めている月面用モビリティ「有人与圧ローバ」(<a target=\"_blank\" href=\"/2019/07/18/2019-07-16-japan-aerospace-exploration-agency-and-toyota-sign-3-year-deal-to-develop-a-fuel-cell-moon-rover/\" rel=\"noopener\">Luna Cruiser</a>。ルナ・クルーザー)向けのロボットアームの開発に着手したことを発表し、開発中の試作機を公開した。</p>\n<p>GITAIとトヨタは、2021年6月25日にLuna Cruiser向けロボットアームの開発を進める共同研究契約を締結している。今回公開されたのは、ロボットアームの先端ツールを着脱するシステム「グラップルエンドエフェクタ」(本体側インターフェイス)と「グラップルフィクスチャ」(受け手)のブレッドボードモデル(宇宙機における初期段階の設計実証用試作機)。</p>\n<div id=\"attachment_462715\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-462715\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-462715 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"749\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg 2844w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=300,220 300w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=768,562 768w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=1024,749 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=1536,1124 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=2048,1499 2048w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=547,400 547w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=400,293 400w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=738,540 738w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=492,360 492w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=380,278 380w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=220,161 220w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=141,102 141w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=235,172 235w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=171,125 171w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=125,91 125w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=82,60 82w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=754,552 754w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=502,367 502w, /wp-content/uploads/2021/12/sub1.jpg?resize=50,37 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-462715\" class=\"wp-caption-text\">グラップルエンドエフェクタ</p></div>\n<div id=\"attachment_462714\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-462714\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-462714 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"678\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg 2800w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=300,199 300w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=768,509 768w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=1024,678 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=1536,1017 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=2048,1356 2048w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=604,400 604w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=400,265 400w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=738,489 738w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=544,360 544w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=220,146 220w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=260,172 260w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=189,125 189w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=91,60 91w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=834,552 834w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=554,367 554w, /wp-content/uploads/2021/12/sub2-1.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-462714\" class=\"wp-caption-text\">グラップルフィクスチャ</p></div>\n<p>月面での探査・点検・メンテナンスを行うためには、ロボットには複数の仕事を行う「タスク性能」と、広範囲での作業を可能にする「移動性能」が求められる。この2つの課題を解決するのが、グラップルエンドエフェクタを両端に装着したロボットアームだ。ロボットアームは、片側のグラップルエンドエフェクタを有人与圧ローバ壁面のグラップルフィクスチャに固定して、反対側のグラップルエンドエフェクタに様々なツールを着脱して、いくつもの仕事をこなすことになる。移動は、ローバー壁面の別のグラップルフィクスチャにアームの先端を嵌合(かんごう。軸と軸受けがはまり合っていること。はめ合わせるといった意味)し、反対側を切り離すことで行う。フラップルフィクスチャをローバー以外の建造物などに設置すれば、移動範囲は無限に広がる。</p>\n<div id=\"attachment_462723\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-462723\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-462723\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg?w=1024\" alt=\"床や壁面に設置されたグラップルフィクスチャと嵌合(かんごう)することで移動するロボットアーム\" width=\"1024\" height=\"475\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg?resize=300,139 300w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg?resize=768,356 768w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg?resize=1024,475 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg?resize=1536,712 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg?resize=863,400 863w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg?resize=400,185 400w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg?resize=738,342 738w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg?resize=640,297 640w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg?resize=220,102 220w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg?resize=281,130 281w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg?resize=250,116 250w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg?resize=125,58 125w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg?resize=1191,552 1191w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg?resize=600,278 600w, /wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-005.jpg?resize=50,23 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-462723\" class=\"wp-caption-text\">床や壁面に設置されたグラップルフィクスチャと嵌合(かんごう)することで移動するロボットアーム</p></div>\n<p>グラップルエンドエフェクタとグラップルフィクスチャは、嵌合すると、機械結合、電力結合、通信結合がなされる。またアームには充電器があり、グラップルフィクスチャに充電機能を備えれば、移動しながらの充電も可能となる。</p>\n<p>今後は、2029年のLuna Cruiserの打ち上げを目指し、自律制御技術と、低重力・真空・極低温~高温・レゴリスといった月面特有の過酷な環境への対応に取り組んでゆくという。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/k2UY2wsWOIM?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>&nbsp;</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-13-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 462709,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 462709,
            "tagId": 4701,
            "tag": {
              "id": 4701,
              "slug": "moon",
              "name": "月(用語)",
              "description": "月に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462709,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462709,
            "tagId": 366271299,
            "tag": {
              "id": 366271299,
              "slug": "mobility",
              "name": "モビリティ(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462709,
            "tagId": 366271999,
            "tag": {
              "id": 366271999,
              "slug": "space-exploration",
              "name": "宇宙開発(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462709,
            "tagId": 366276136,
            "tag": {
              "id": 366276136,
              "slug": "jaxa",
              "name": "JAXA / 宇宙航空研究開発機構(組織)",
              "description": "J宇宙航空研究開発機構。日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。"
            }
          },
          {
            "postId": 462709,
            "tagId": 674896758,
            "tag": {
              "id": 674896758,
              "slug": "gitai-japan",
              "name": "GITAI Japan(企業)",
              "description": "日本の宇宙ロボットスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 462709,
            "tagId": 681520001,
            "tag": {
              "id": 681520001,
              "slug": "luna-cruiser",
              "name": "有人与圧ローバ(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462709,
            "tagId": 692508728,
            "tag": {
              "id": 692508728,
              "slug": "toyota",
              "name": "TOYOTA / トヨタ自動車(企業)",
              "description": "トヨタ自動車は、日本の大手自動車メーカー。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 462367,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 462367,
        "slug": "2021-12-09-spacex-launches-a-nasa-telescope-that-will-observe-black-holes",
        "createdAt": "2021-12-09T23:15:01.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-09T22:56:49.000Z",
        "title": "SpaceX、ブラックホールを観測するNASAのX線偏光望遠鏡を打ち上げ",
        "content": "<p>SpaceX(スペースX)のFalcon 9ロケットが、NASAのX線偏光観測衛星「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.technologyreview.com/2021/12/08/1041469/nasa-x-ray-telescope-black-holes-galaxy/\" rel=\"noopener\">Imaging X-ray Polarimetry Explorer</a>(IXPE)」を搭載して飛び立った。2017年に最初に<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/2017-01-04-nasa-ixpe-explorer-black-holes-cosmic-x-rays.html\" rel=\"noopener\">発表</a>されたIXPEは、ブラックホールや中性子星などの宇宙線源から飛来するX線偏光を測定できる初めての衛星だ。</p>\n<p>冷蔵庫サイズのこの衛星には、光の方向、到達時間、エネルギー、偏光を追跡・測定できる3つのX線偏光望遠鏡が搭載されている。それらすべての望遠鏡からのデータを組み合わせることで、NASAはX線を放出する謎の天体がどのように機能しているのかをより深く知ることができる画像を形成することが可能になる。例えば、超新星残骸の中心で中性子星が高速回転している「Crab Nebula(かに星雲)」の構造をより詳しく知ることができるのではないかと期待されている。</p>\n<p>ブラックホールを観測することで、人類がまだほとんど知らない宇宙の領域について、IXPEは科学者の知見を深めることができる。ブラックホールがなぜ回転しているのか、どのように宇宙の物質を飲み込んでいるのかなどの手がかりを得られるかもしれないとともに、新たな発見につながる可能性もある。今回のミッションの主任研究員であるMartin Weisskopf(マーティン・ワイスコフ)博士は、ブリーフィングで次のように述べている。「IXPEは、宇宙がどのように機能しているかについての現在の理論を検証し、磨きをかけるのに役立ちます。また、これらのエキゾチックな天体について、これまでの仮説よりもエキサイティングな理論を発見できるかもしれません」。</p>\n<p>SpaceXは今回の打ち上げに、前回のミッションで使用したFalcon 9ロケットを使用した。順調にいけば、ロケットの第1段はIXPEを宇宙に運んだ後、同社のドローン船「Just Read the Instructions(つべこべ言わず説明書を読め)」に着陸する。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/CpmHsN5GUn8?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>編集部注:本稿の初出は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/space-x-launches-nasa-ixpe-060812924.html\" rel=\"noopener\">Engadget</a>。著者Mariella Moon(マリエラ・ムーン)氏は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/\" rel=\"noopener\">Engadget</a>のアソシエイトエディター。</p>\n<p><small>画像クレジット:NASA</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/09/spacex-launches-a-nasa-telescope-that-will-observe-black-holes/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Mariella Moon、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/FGJRVlTXsAYB1AU.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 462367,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 462367,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 462367,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 462367,
            "tagId": 9601187,
            "tag": {
              "id": 9601187,
              "slug": "falcon-9",
              "name": "Falcon 9(製品・サービス)",
              "description": "米国の民間企業であるSpaceX(スペースX)が開発、打ち上げている2段式の商業用打ち上げロケット。"
            }
          },
          {
            "postId": 462367,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462367,
            "tagId": 674897078,
            "tag": {
              "id": 674897078,
              "slug": "black-hole",
              "name": "ブラックホール(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 462275,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 462275,
        "slug": "riken-ixpe-launch",
        "createdAt": "2021-12-09T10:48:14.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-10T01:03:49.000Z",
        "title": "理化学研究所ら日本の研究グループが参加するX線偏光観測衛星IXPE打ち上げ、ブラックホールの詳細な観測が可能に",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.riken.jp/\" rel=\"noopener\">理化学研究所</a>(理研)は12月8日、X線偏光観測衛星「<a target=\"_blank\" href=\"https://ixpe.msfc.nasa.gov/\" rel=\"noopener\">IXPE</a>」(Imaging X-ray Polarimetry Explorer)がケネディー宇宙センターから打ち上げられることを発表した(日本時間9日午後3時に打ち上げられた)。ブラックホールに落ち込む物質の形、ブラックホール周辺の空間の歪み具合、中性子星の強い磁場で歪められた特異な真空などの「これまでの観測とはまったく質の異なるデータが得られる」と期待されている。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/9VgSkMDaFNk?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>これは、理化学研究所開拓研究本部玉川高エネルギー宇宙物理研究室の<a target=\"_blank\" href=\"https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000020333312/\" rel=\"noopener\">玉川徹</a>主任研究員、山形大学学術研究院の<a target=\"_blank\" href=\"https://yudb.kj.yamagata-u.ac.jp/html/171_ja.html\" rel=\"noopener\">郡司修一</a>教授、名古屋大学大学院理学研究科の<a target=\"_blank\" href=\"https://profs.provost.nagoya-u.ac.jp/html/100007755_ja.html\" rel=\"noopener\">三石郁之</a>講師、広島大学宇宙科学センターの<a target=\"_blank\" href=\"https://seeds.office.hiroshima-u.ac.jp/profile/ja.ec8e42ef5abd5ba1520e17560c007669.html\" rel=\"noopener\">水野恒史</a>准教授らからなる共同研究。アメリカとイタリアとの国際プロジェクトである「IXPE」衛星に、理研がX線偏光計の心臓部である「ガス電子増幅フォイル」を、名古屋大学が X線望遠鏡の「受動型熱制御薄膜フィルター」を提供している。またプロジェクトには日本から20名を超える研究者が参加している。これによりIPXEは、観測例が極めて少ないX線偏光を捉え「誰も見たことがない新しい宇宙の姿」を明らかにするという。</p>\n<p>偏光とは、電磁波の偏りのこと。偏光サングラスは、この光の性質を利用して眩しい光をカットし、風景がはっきり見えるようにしている。同じように、X線偏光を利用することで、X線を放射する天体の詳細な観測が可能となる。X線は大気に遮られてしまうため、宇宙で観測するしかない。そのためX線天文学が始まったのは、人工衛星での観測が可能になった1960年代からのこと。日本ではJAXAの宇宙化学研究所を中心に研究が進められていて、X線天文学は「日本のお家芸」ともいわれている。</p>\n<div id=\"attachment_462277\" style=\"width: 643px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-462277\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-462277 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/IXPE1.jpg\" alt=\"\" width=\"633\" height=\"553\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/IXPE1.jpg 633w, /wp-content/uploads/2021/12/IXPE1.jpg?resize=300,262 300w, /wp-content/uploads/2021/12/IXPE1.jpg?resize=458,400 458w, /wp-content/uploads/2021/12/IXPE1.jpg?resize=400,349 400w, /wp-content/uploads/2021/12/IXPE1.jpg?resize=412,360 412w, /wp-content/uploads/2021/12/IXPE1.jpg?resize=220,192 220w, /wp-content/uploads/2021/12/IXPE1.jpg?resize=197,172 197w, /wp-content/uploads/2021/12/IXPE1.jpg?resize=143,125 143w, /wp-content/uploads/2021/12/IXPE1.jpg?resize=125,109 125w, /wp-content/uploads/2021/12/IXPE1.jpg?resize=69,60 69w, /wp-content/uploads/2021/12/IXPE1.jpg?resize=420,367 420w, /wp-content/uploads/2021/12/IXPE1.jpg?resize=50,44 50w\" sizes=\"(max-width: 633px) 100vw, 633px\" /><p id=\"caption-attachment-462277\" class=\"wp-caption-text\">試験中の「IXPE」衛星</p></div>\n<p>そんな中で、X線偏光観測の手段として本命視されているのが、NASAマーシャル宇宙飛行センターが中心となって提案されたIXPEだ。この衛星のX線偏光観測能力によって観測できるものには、たとえば、恒星とブラックホールが互いの周りを回っている連星系で、恒星から流れ出した物質がブラックホールが吸い込まれる際に形成されるプラズマの円盤「降着円盤」がある。降着円盤はブラックホールに近づくほど高温になり、ブラックホールの近くではX線を放出する。そのX線の偏光を観測できれば、どんなに高性能な望遠鏡でも観測できない遠くにある円盤の構造が「まるでその場にいるように」観測できるという。</p>\n<p>IXPEは、SpaceXのFalcon 9ロケットで打ち上げられ、赤道上空高度600kmの軌道を周回する。最初の1カ月で機能や性能の評価を行った後に観測が開始される。運用期間は2年間となっているが、衛星の機能が維持されているかぎり延長されるとのことだ。</p>\n<p>IXPEを載せたFalcon 9は、日本時間9日午後3時、ケネディー宇宙センターから打ち上げら、3時34分ごろに衛星を無事、切り離した。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\">\n<p dir=\"ltr\" lang=\"en\">🚀 Go <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/IXPE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#IXPE</a>! Our newest X-ray observatory blasted off at 1:00am EST.</p>\n<p>This begins a new quest to unlock the secrets of some of the most energetic objects in our universe, from black holes to neutron stars. <a target=\"_blank\" href=\"https://t.co/Cx6HCb5rFS\" rel=\"noopener\">https://t.co/Cx6HCb5rFS</a> <a target=\"_blank\" href=\"https://t.co/G6Yt7snD3N\" rel=\"noopener\">pic.twitter.com/G6Yt7snD3N</a></p>\n<p>&#8212; NASA (@NASA) <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/NASA/status/1468823824883924993?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">December 9, 2021</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\">\n<p dir=\"ltr\" lang=\"en\">Separation confirmed! <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/hashtag/IXPE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">#IXPE</a> is flying free from its <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/SpaceX?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">@SpaceX</a> Falcon 9 rocket as it spreads its solar panels and looks to communicate with Earth. <a target=\"_blank\" href=\"https://t.co/0YgDGqyc4R\" rel=\"noopener\">pic.twitter.com/0YgDGqyc4R</a></p>\n<p>&#8212; NASA (@NASA) <a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/NASA/status/1468832888380698626?ref_src=twsrc%5Etfw\" rel=\"noopener\">December 9, 2021</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/JGij0x0PA_Q?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p><small>画像クレジット:NASA / BallAerospace</small></p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-09-007-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 462275,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 462275,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 462275,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462275,
            "tagId": 366281252,
            "tag": {
              "id": 366281252,
              "slug": "nagoya-university",
              "name": "名古屋大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462275,
            "tagId": 674897078,
            "tag": {
              "id": 674897078,
              "slug": "black-hole",
              "name": "ブラックホール(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462275,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462275,
            "tagId": 692514761,
            "tag": {
              "id": 692514761,
              "slug": "hiroshima-university",
              "name": "広島大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462275,
            "tagId": 692515381,
            "tag": {
              "id": 692515381,
              "slug": "institute-of-physical-and-chemical-research",
              "name": "理化学研究所 / 理研(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462275,
            "tagId": 692516444,
            "tag": {
              "id": 692516444,
              "slug": "yamagata-university",
              "name": "山形大学(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 462308,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 462308,
        "slug": "i-qps-fundraising",
        "createdAt": "2021-12-09T08:16:16.000Z",
        "updatedAt": "2022-02-08T03:06:09.000Z",
        "title": "小型SAR衛星の開発・運用を手がける九州大学発QPS研究所がシリーズBファーストクローズとして38.5億円調達",
        "content": "<p>小型SAR(合成開口レーダー)衛星の開発・運用を行う<a target=\"_blank\" href=\"https://i-qps.net/\" rel=\"noopener\">QPS研究所</a>は12月9日、シリーズBラウンドのファーストクローズにおいて、総額38億5000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、リードインベスターのスカパーJSAT、またスパークス・グループ運営の未来創生ファンド、日本工営、リアルテックファンド、三井住友海上キャピタル、FFGベンチャービジネスパートナーズ、三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルの計8社。累計調達額は約72億円となった。</p>\n<p>QPS研究所、自社開発した小型衛星用の収納式大型軽量アンテナにより、従来のSAR衛星の1/20の質量、1/100のコストで100kg 級高精細小型SAR衛星の開発に成功。現在は2025年以降を目標に36機の小型SAR衛星を打ち上げてコンステレーションを構築し、約10分ごとの準リアルタイム地上観測データサービスの提供を目指している。</p>\n<p>このプロジェクトの実現に向け、2017年10月・2018年2月のシリーズA調達にて総額24億5000万円の資金調達を行い、2020年11月に総額8億6500万円の追加資金調達を実施した。これにより、当初のプラン通り衛星「イザナギ」「イザナミ」の2機の開発・製造・打ち上げに取り組んだ結果、2021年5月にはイザナミによる70cm分解能という民間の小型SAR衛星として日本で最高精細の画像取得に成功。衛星データビジネスの構築に向けた活動を本格化させた。</p>\n<p>シリーズBで調達した資金は、2022年打ち上げ予定の衛星3号機~6号機の開発・運用の資金として使用する予定。同社が目指す小型SAR衛星36機のコンステレーションの実現に向け、着実に取り組むとしている。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-09-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 462308,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 462308,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462308,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 462308,
            "tagId": 366273122,
            "tag": {
              "id": 366273122,
              "slug": "kyushu-university",
              "name": "九州大学(組織)",
              "description": "九州大学に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462308,
            "tagId": 692510849,
            "tag": {
              "id": 692510849,
              "slug": "i-qps",
              "name": "QPS研究所(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 462308,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          },
          {
            "postId": 462308,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 462133,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 462133,
        "slug": "2021-12-07-ursa-major-raises-85m-to-disrupt-the-vertically-integrated-launch-sector",
        "createdAt": "2021-12-09T00:00:35.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-08T23:51:27.000Z",
        "title": "ロケットエンジン分野における「インテル」的企業を目指すUrsa Major",
        "content": "<p>ロケット打ち上げの分野には、ますます多くの参入が続いている。大手企業の多くは自社でロケットエンジンを製造しているが、宇宙関連スタートアップ企業の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.ursamajor.com/\" rel=\"noopener\">Ursa Major</a>(ウルサ・メジャー)は、多くの新規打ち上げ事業者が自社でエンジンを製造するよりも外注したいと考えていることに賭けている。</p>\n<p>SpaceX(スペースX)やBlue Origin(ブルー・オリジン)で推進機関エンジニアを務めてきたJoe Laurienti(ジョー・ラウリエンティ)氏が設立してから6年が経過したUrsa Majorは、事業規模を拡大する準備が整っている。そのために過去最大の資金調達をクローズしたばかりだ。8500万ドル(約96億5000万円)を集めたこのシリーズCラウンドは、主導したBlackRock(ブラックロック)が運用するファンドやアカウントに加え、XN、Alsop Louie(アルソップ・ルーイ)、Alpha Edison(アルファ・エジソン)、Dolby Family Ventures(ドルビー・ファミリー・ベンチャーズ)、KCK、Space Capital(スペース・キャピタル)、Explorer 1(エクスプローラー・ワン)、Harpoon Ventures(ハープーン・ベンチャーズ)などが参加した。</p>\n<p>「私たちが市場に投入しようとしているものの多くは、その次のステップです」とラウリエンティ氏は説明する。「私たちは、この産業をより速いライフサイクルへと進化させたいと考えています」。</p>\n<p>そのためにUrsa Majorは、迅速にエンジンを製造したいと考えており、2022年には週に1基、さらにその後は週に2基のペースでエンジンを製造することを目指している(現在は1人の従業員が1基のエンジンを組み立てるのに約5日、顧客への出荷準備には最大で数週間を要する)。同社はPhantom Space(ファントム・スペース)やStratolaunch(ストラトローンチ)など、いくつか民間企業の顧客を獲得し、政府と研究開発契約を結んでいるが、まだそのエンジンは宇宙に出ていない。</p>\n<p>「宇宙には非常に多くのアクセスビリティが必要になるため、打ち上げにはかなり複雑なエコシステムが必要になるだろうということは、6年前からわかってました」と、ラウリエンティ氏はいう。</p>\n<p>打ち上げコストが下がっていく一方で、宇宙への打ち上げサービスに対する需要は、この10年の間に増える一方であることが予想される。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.fortunebusinessinsights.com/industry-reports/space-launch-services-market-101931\" rel=\"noopener\">Fortune Business Insights</a>(フォーチュン・ビジネス・インサイト)では、打ち上げ事業の世界市場規模が、2019年の126億7000万ドル(約1兆4400億円)から、2027年には最大261億6000万ドル(約2兆9700億円)に拡大すると予測している。</p>\n<p>しかし、ロケットエンジンは最も開発が困難な装置の1つだ。Blue OriginがUnited Launch Alliance(ユナイテッド・ローンチ・アライアンス)のためにBE-4エンジンを開発した際の労苦や、Elon Musk(イーロン・マスク)氏が従業員に宛てた「ラプター生産の危機」に関する手紙を見るだけでも、エンジン開発が簡単な仕事ではないことがわかる。</p>\n<p>Ursa Majorは2つの製品を持っている。現在生産に入っている推力5000ポンドの液体酸素/ケロシンエンジン「Hadley(ハドレー)」と、その10倍の推力5万ポンドを発生する次世代エンジン「Ripley(リプリー)」だ。2022年には50基以上のHadleyエンジンを納入する予約を受けており、Ripleyエンジンは今後2、3年のうちに生産を開始すると、ラウリエンティ氏は語っている。</p>\n<p>同氏はUrsa Majorを、常によりパワフルなプロセッサーを開発し、その専門知識をDell(デル)やLenovo(レノボ)などのブランドに供給しているIntel(インテル)のような企業に例えている。「私たちは、自分たちが技術開発の会社であるという考え方を好んでいます。現在ロケットを飛ばしている企業は、自分たちが10年前に設計したロケットと同じエンジンを飛ばすべきではなかったはずです。それが垂直統合のパラダイムなのです」。</p>\n<p>同社はコロラド州にエンジンを製造する施設を持っているが、そのエンジンの大部分は3Dプリントで作られている。施設には3つのテストスタンドが併設されており、各々のエンジンは顧客に納品する前にそこでテストされる。</p>\n<p>Ursa Majorは新たに調達した資金を使って、製造規模の拡大とさらなるエンジン開発に取りかかることを計画している。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/07/ursa-major-raises-85m-to-disrupt-the-vertically-integrated-launch-sector/www.ursamajor.com\" rel=\"noopener\">Ursa Major</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/07/ursa-major-raises-85m-to-disrupt-the-vertically-integrated-launch-sector/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/hadley_darkroom.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 462133,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 462133,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 462133,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462133,
            "tagId": 366276900,
            "tag": {
              "id": 366276900,
              "slug": "engine",
              "name": "エンジン(用語)",
              "description": "エンジンに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462133,
            "tagId": 692516435,
            "tag": {
              "id": 692516435,
              "slug": "ursa-major",
              "name": "Ursa Major(企業)",
              "description": "ロケットエンジンを開発する宇宙関連スタートアップ企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 462082,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 462082,
        "slug": "synspective-rocket-lab",
        "createdAt": "2021-12-08T11:06:17.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-08T11:06:17.000Z",
        "title": "SynspectiveとRocket Labが小型SAR衛星2号機「StriX-β」の打ち上げで契約締結、2022年初旬に打ち上げ予定",
        "content": "<p>小型SAR衛星による観測データを活⽤したワンストップソリューション事業を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://synspective.com/jp/\" rel=\"noopener\">Synspective</a>(シンスペクティブ)は12月8日、SAR(合成開口レーダー)衛星の実証2号機「StriX-β」の打ち上げ契約を、再利用型ロケットの開発と打ち上げを行うアメリカ企業<a target=\"_blank\" href=\"https://www.rocketlabusa.com/\" rel=\"noopener\">Rocket Lab</a>(ロケットラボ)と締結したことを発表した。2022年初旬の打ち上げを予定している。また、StriX-βに続くStriXシリーズ2機の打ち上げ契約も同時に締結している。</p>\n<p>Synspectiveは、2020年12月にRocket LabのElectron(エレクトロン)ロケットにより「StriX-α」を打ち上げ、民間小型SAR衛星としては日本で初めて、衛星画像の取得に成功している。StriX-βは、地表のミリ単位の変動を観測する技術「干渉SAR」(InSAR)のための軌道制御機能を搭載した小型衛星で、今回は軌道上でその実証実験を行う。Synspectiveでは、2023年までに6機の衛星を打ち上げ、2020年代後半までには30機を打ち上げコンステレーションを構築する計画を立てている。</p>\n<p>StriX-βはもともとドイツの衛星打ち上げサービスを行う企業<a target=\"_blank\" href=\"https://exolaunch.com/\" rel=\"noopener\">Exolaunch</a>(エクソローンチ)を通じてSoyuz-2(ソユーズ2)ロケットで2021年内に打ち上げられるはずだったが、打ち上げスケジュールが変更されたことにより、Electronロケットに切り替えられた。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-08-009-001.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 462082,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 462082,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 462082,
            "tagId": 366280181,
            "tag": {
              "id": 366280181,
              "slug": "synspective",
              "name": "Synspective(企業)",
              "description": "衛星データ解析によるソリューション提供および小型SAR(合成開口レーダー)衛星の開発・運用を行う日本の宇宙スタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 462082,
            "tagId": 366280227,
            "tag": {
              "id": 366280227,
              "slug": "rocket-lab",
              "name": "Rocket Lab(企業)",
              "description": "Rocket Labは、アメリカのロサンゼルスを拠点とする航空宇宙企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 462082,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 461934,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 461934,
        "slug": "2021-12-06-astra-will-launch-a-rocket-from-cape-canaveral-in-florida-for-the-first-time-in-january",
        "createdAt": "2021-12-07T23:45:16.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-07T23:36:36.000Z",
        "title": "Astraが2022年1月に初めてフロリダ州ケープカナベラルからロケットの打ち上げを行うと発表",
        "content": "<p>Astra(アストラ)はこれまで、初期のロケット数機をアラスカ州コディアックで打ち上げてきたが、今後は打ち上げ場所を拡大する予定だ。同社は米国時間12月6日朝、クライアントであるNASAから請け負ったミッションを、2022年1月にフロリダ州のケープ・カナベラルから打ち上げると<a target=\"_blank\" href=\"https://astra.com/news/astra-announces-cape-canaveral/\" rel=\"noopener\">発表した</a>。</p>\n<p>この打ち上げは、ケープ・カナベラル宇宙軍基地の広大な敷地内にあるSpace Launch Complex 46 (スペース・ローンチ・コンプレックス46)で行われる予定だ。この施設は、かつてミサイル試験用基地として使われていたが、しばらく使用が停止されていた後、1997年に商業宇宙事業のために再開された。以降は2019年に実施された直近のミッションまで、散発的に使用されている。</p>\n<p>Astraが計画している打ち上げは、同社にとってだけでなく、米国からの打ち上げに尽力している米宇宙軍のSpace Launch Delta 45(第45宇宙航空団)にとっても大きな価値がある。これまでの宇宙開発では、打ち上げに必要な承認には数年を要していたが、今回のミッションはわずか「数カ月」で承認を得ることができた。</p>\n<p>Astraにとっては、打ち上げのために利用可能な選択肢が増えることになり、顧客のペイロードを届ける軌道の幅を広げるという意味でも重要だ。また、フロリダという土地は歴史的に天候が比較的安定していることもあり、打ち上げ場所として人気が高い。</p>\n<p>Astraのコアバリュープロポジションの1つは、ロケットが小型であり、現場における打ち上げ業務に必要な装備も軽量であるため、最小限の人員と準備だけでさまざまな場所から効果的に打ち上げを展開できることだ。ゆえに、それを証明するためにも、打ち上げ場所を多様化することは重要になる。</p>\n<p>AstraのBenjamin Lyon(ベンジャミン・リオン)氏とKelyn Brannon(ケリン・ブラノン)氏は、来週の「<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/events/tc-sessions-space-2021/?display=TRUE\" rel=\"noopener\">TC Sessions:Space 2021</a>」に講演者として参加する予定なので、2022年の計画についてはそこでより詳しく知ることができるだろう。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.johnkrausphotos.com/\" rel=\"noopener\">Astra / John Kraus</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/06/astra-will-launch-a-rocket-from-cape-canaveral-in-florida-for-the-first-time-in-january/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Darrell Etherington、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Astra.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 461934,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 461934,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 461934,
            "tagId": 7987,
            "tag": {
              "id": 7987,
              "slug": "launch",
              "name": "打ち上げ(用語)",
              "description": "打ち上げに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461934,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461934,
            "tagId": 366279234,
            "tag": {
              "id": 366279234,
              "slug": "florida",
              "name": "フロリダ(国・地域)",
              "description": "フロリダに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461934,
            "tagId": 692509091,
            "tag": {
              "id": 692509091,
              "slug": "astra",
              "name": "Astra(企業)",
              "description": "カリフォルニア州アラミーダのロケット打ち上げ企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 461934,
            "tagId": 692510375,
            "tag": {
              "id": 692510375,
              "slug": "ussf",
              "name": "米宇宙軍 / USSF(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 461323,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 461323,
        "slug": "2021-12-02-nasa-awards-blue-origin-nanoracks-northrop-grumman-over-400m-in-contracts-to-avoid-space-station-gap",
        "createdAt": "2021-12-03T06:30:01.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-03T05:36:30.000Z",
        "title": "宇宙ステーションの運用ギャップ回避のためにNASAがBlue Origin、Nanoracks、Northrop Grummanと450億円以上の契約を締結",
        "content": "<p>NASAは、2030年までに国際宇宙ステーション(ISS)を商用ステーションに置き換える予定であることを公式に(かつ静かに)認めてからわずか2日後に、今度は民間ステーションの計画のさらなる推進のために、3社と4億ドル(約450億円)以上の契約を結んだ。</p>\n<p>NASAと商用低軌道(LEO)目的地プログラムの下で契約を結んだ3社は以下のとおりだ。</p>\n<ul>\n<li>Nanoracks(ナノラックス)、1億6000万ドル(約180億5000万円)</li>\n<li>Blue Origin(ブルーオリジン)、1億3000万ドル(約146億7000万円)</li>\n<li>Northrop Grumman(ノースロップ・グラマン)、1億2560万ドル(約141億7000万円)</li>\n</ul>\n<p>NASA商用宇宙飛行のディレクターであるPhil McAlister(フィル・マカリスター)氏は米国時間12月2日に、NASAは合計11件の提案書を受けとったと語った。彼は、選択された3つの提案には、多様な技術的概念と、ロジスティックならびに打ち上げロケットのオプションが提供されていると付け加えた。「この多様性は、NASAの戦略の成功の可能性を高めるだけでなく、高度なイノベーションにもつながります。それは、宇宙に対するほとんどの商用の取り組みの中で重要なのです」と彼はいう。</p>\n<p>3社はすでに、提案に関わるいくつかの詳細を発表している。Blue Originは、そのステーションコンセプトを「<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/26/2021-10-25-blue-origin-boeing-and-others-join-sierra-space-to-build-commercial-space-station/\" rel=\"noopener\">Orbital Reef</a>(オービタル・リーフ)」と呼び、Boeing(ボーイング)やSierra Space(シエラ・スペース)、その他と共同で設計している。チームは、2027年にステーションを打ち上げたいと述べている。一方Nanoracksは、親会社のVoyager Space(ボイジャースペース)ならびに航空宇宙業界の雄Lockheed Martin(ロッキード・マーティン)と共同で開発中のステーションを「<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/22/voyager-nanoracks-and-lockheeds-starlab-is-the-latest-sign-that-the-low-earth-orbit-economy-is-coming/\" rel=\"noopener\">Starlab(スターラボ)</a>」と呼んでいる。Northropはステーションの提案に派手な名前を付けていなかったが、Dynetics(ダイネティクス)と協力して、Cygnus(シグナス)宇宙船をベースにしたモジュラー設計を提供しようとしている。</p>\n<p>関連記事<br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/26/2021-10-25-blue-origin-boeing-and-others-join-sierra-space-to-build-commercial-space-station/\" rel=\"noopener\">ブルーオリジン、ボーイングなどがシエラスペースとの民間商業宇宙ステーション建造を発表</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/24/2021-10-22-voyager-nanoracks-and-lockheeds-starlab-is-the-latest-sign-that-the-low-earth-orbit-economy-is-coming/\" rel=\"noopener\">民間宇宙ステーション「Starlab」は地球低軌道経済の到来を予感させる</a></p>\n<p>NASAがISSの廃止と新しいステーションの導入の間にギャップがないようにしようとしている中で、今回の重要な契約は2フェーズプロセスの最初のフェーズに相当する。NASAは、議会ならびに最近の<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/01/2021-11-30-nasa-details-intent-to-replace-the-international-space-station-with-a-commercial-space-station-by-2030/\" rel=\"noopener\">監察総監室の報告書</a>の両方で、LEOにおける経済的繁栄の全体的な成功は、このギャップを回避することにかかっていると繰り返し強調してきた。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/01/2021-11-30-nasa-details-intent-to-replace-the-international-space-station-with-a-commercial-space-station-by-2030/\" rel=\"noopener\">NASA、2030年までに国際宇宙ステーションを民間に置き換える意図を詳述</a></p>\n<div id=\"attachment_461325\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-461325\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-461325 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg 2048w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/12/Orbital-Reef-Underneath.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-461325\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"http://www.blueorigin.com\" rel=\"noopener\">Blue Origin</a></p></div>\n<p>NASAは報告書の中で「ISSが廃止された後に、低軌道(LEO)に居住可能な商用目的地がない場合、NASAは、月と火星への長期にわたる人間の探査ミッションに必要な、微小重力健康研究と技術実証を実施できなくなり、それらのミッションのリスクが高まったり遅延したりするだろう」と述べている。</p>\n<p>この潜在的なシナリオを回避するために、NASAは、1つ以上の商用LEO「目的地」(ステーションと呼ばれることもある)を2028年までに運用可能にすることを提案した。これによって2030年に引退する予定のISSと2年間の並行運用期間が生じる。その報告書はそのタイムラインを達成できる可能性についての疑問は投げかけているものの、今回の3社とNASAの幹部はそれぞれ、ステーションの運用ギャップを回避できることに自信を持っていた。</p>\n<p>「商用貨物便が打ち上げられてから10年経った今でも、人びとは商用航路の堅牢性とアイデアと柔軟性に疑問を抱いています」とNanoracks CEOのJeffrey Manber(ジェフリー・マンバー)氏は述べている。「確かに、今後の課題は残っています、【略】しかし私たちには堅牢性があり、一緒に取り組んでいるプロバイダーが多数います。これは、リスクの軽減を進め、商用航路に複数のプロバイダーを配置するためのまさに正しい方法なのです」。</p>\n<p>この最初の一連の契約は、2025年まで続くと予想される設計や作業を各企業が遂行するのに役立つだろう。</p>\n<p>NASAは、2026年の開始を目標とするプログラムの第2フェーズでは、このグループの企業または他の参加企業から人間が使用するステーションを1つ以上認定し、最終的には軌道上サービスを購入しステーションを利用する多くの顧客の1つになる予定だ。NASAは声明の中で、これにより、人間を再び月に送り、最終的には有人宇宙飛行を火星に送り込むことを目的とするArtemis(アルテミス)計画に集中できるようになると述べている。</p>\n<p>今回のフェーズにいないことで目立っているのはAxiom Space(アキソム・スペース)だ、同社はISSに取り付けるためのモジュール(自社のステーションとして自己軌道を回り分離する)を打ち上げるための別契約を獲得しているが、今回のプログラムには参加しなかったことを明かしている。</p>\n<p>もちろん、大きな問題は、これらのステーションの最終コストがどれだけになるか、そしてNASAが最終的に全体のコストのどれ位を支払うかということだ。マカリスター氏は、NASAが「入札の方々がこれらの活動への財政的貢献を最大化することを奨励しています」と述べ、現在NASA以外の投資が約60%を占め、NASAの貢献は40%未満であると述べた。しかし、3社とNASAは、ステーションの設計、立ち上げ、運用にどれだけの資本の投下が必要なのかと予想しているのかという点はあまり語ろうとしなかった。</p>\n<p><small>画像クレジット:Nanoracks</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/02/nasa-awards-blue-origin-nanoracks-northrop-grumman-over-400m-in-contracts-to-avoid-space-station-gap/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文: Aria Alamalhodaei、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/Starlab.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 461323,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 461323,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 461323,
            "tagId": 186334,
            "tag": {
              "id": 186334,
              "slug": "iss",
              "name": "ISS / 国際宇宙ステーション(用語)",
              "description": "ISS / 国際宇宙ステーションに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461323,
            "tagId": 728166,
            "tag": {
              "id": 728166,
              "slug": "blue-origin",
              "name": "Blue Origin(企業)",
              "description": "Amazon.comの設立者であるジェフ・ベゾスが設立した航空宇宙企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 461323,
            "tagId": 366274427,
            "tag": {
              "id": 366274427,
              "slug": "nanoracks",
              "name": "Nanoracks(企業)",
              "description": "商用宇宙船の開発と展開の実績を誇る民間の宇宙企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 461323,
            "tagId": 681520210,
            "tag": {
              "id": 681520210,
              "slug": "northrop-grumman",
              "name": "Northrop Grumman / ノースロップ・グラマン(企業)",
              "description": "戦闘機、軍用輸送機、人工衛星、ミサイル、軍艦などを製造する米国の軍需メーカー。"
            }
          },
          {
            "postId": 461323,
            "tagId": 692508038,
            "tag": {
              "id": 692508038,
              "slug": "private-space-flight",
              "name": "民間宇宙飛行(用語)",
              "description": "民間宇宙飛行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461323,
            "tagId": 692514344,
            "tag": {
              "id": 692514344,
              "slug": "leo",
              "name": "LEO / 地球低軌道(用語)",
              "description": "Low Earth Orbit"
            }
          },
          {
            "postId": 461323,
            "tagId": 692515789,
            "tag": {
              "id": 692515789,
              "slug": "private-space-station",
              "name": "民間宇宙ステーション(用語)",
              "description": "民間宇宙ステーション(用語)"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 461230,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 461230,
        "slug": "2021-12-01-phase-four-aims-to-roll-out-its-next-gen-plasma-thruster-in-the-first-half-of-2022",
        "createdAt": "2021-12-03T02:00:47.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-03T01:50:32.000Z",
        "title": "小型宇宙機メーカーPhase Fourが次世代プラズマスラスターを発表、約85%の性能向上を実現",
        "content": "<p>宇宙スタートアップ企業の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.phasefour.io/\" rel=\"noopener\">Phase Four</a>(フェーズ・フォー)は、次世代の高周波プラズマ推進システム「Maxwell(マックスウェル)」を、2022年の上半期に発売する予定だ。同社によれば、このシステムは軌道上における宇宙船の操縦性をより広範囲に向上させるための重要な性能改善が施されているという。</p>\n<p>一般的に、真空の宇宙空間で衛星を動かす場合、推力と「比推力(ISP)」という2つの重要な性能指標が重視される。比推力とは、単位重量の推進剤あたりどれだけの推力を得られるかというシステムの効率を示す指標だ。</p>\n<p>これらのトレードオフは、小型宇宙機メーカーにとって特に重要だ。推力が大きいシステムでは、大量の燃料を搭載する必要があり、ミニ冷蔵庫程度の大きさの衛星ではコストがかかり過ぎる。しかし、特に衛星がライドシェアミッションで宇宙に向かい、自力で最終軌道に到達しなければならない場合には、ISPの高い推進技術が理想的というわけでもない。従来の電気式スラスターは、比推力を最大化すると推力が犠牲になることが多く、スラスタの効率は高くても、移動に数カ月かかることさえある。</p>\n<p>Phase FourのMaxwellスラスターは、このトレードオフを解消し、顧客が比較的高い推力モードまたは高いISPで運用できるようにしたと、CTOのUmair Siddiqui(ウマイール・スィディキ)氏は説明する。つまり、必要に応じて高速な移動を行うことも、推進剤を節約するために高ISPモードにすることもできるということだ。</p>\n<p>同社はこれらの革新技術を最初の製品である「Maxwell Block 1(マックスウェル・ブロックワン)」スラスターに導入した。Maxwellスラスターの新型となる「Maxwell Block 2(マックスウェル・ブロックツー)」は、これらの指標において約85%の性能向上を実現している。「これは重要なことです」と、スィディキ氏はいう。「ISPや推力が85%向上するということは、推進剤の使用量や軌道上での移動時間が大幅に減ることを意味します」。</p>\n<p>Phase FourのMaxwellスラスターには、他にもいくつかの革新的な技術が見られる。ホール効果型と呼ばれる従来のプラズマスラスターは、製造が困難な陰極材料を用いて推力を発生させる。また、システムが大きく重くなるため、多くの顧客にとって理想的とはいえなかった。これらの問題を解決するために、Phase Fourのスラスターは、陰極と陽極ではなく、高周波のプラズマ源を使って推力を発生させる。そのため、より小型で製造が容易であり、キセノンやクリプトンなどの高価なホール効果型スラスターの推進剤だけでなく、あらゆる気体の推進剤に対応できる。</p>\n<p>Block 2では、Block 1で初めて達成した4カ月以内の生産を維持することを目指している。このような短納期が可能になるのは、製品のモジュラーデザインに一因がある。Maxwellエンジンでは、(少なくとも考え方としては)自動車産業を参考にした「シャシー」という方式を採用している。「同じ生産ラインを使ったままで、次世代の開発に対応できることが、この製品には求められています」と、スィディキ氏は述べている。「これは最初から生産性を考えたプラズマスラスターです」。</p>\n<p>2015年に設立されたPhase Fourは、これまでに10台のMaxwell Block 1システムを顧客に納入している。2021年の夏、同社はNew Science Ventures LLC(ニュー・サイエンス・ベンチャーズ)が主導するシリーズBで2600万ドル(約29億円)の資金を調達した。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.phasefour.io/\" rel=\"noopener\">Phase Four</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/01/phase-four-aims-to-roll-out-its-next-gen-plasma-thruster-in-the-first-half-of-2022/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/3Maxwell_b1.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 461230,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 461230,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461230,
            "tagId": 681520148,
            "tag": {
              "id": 681520148,
              "slug": "space-ship",
              "name": "宇宙船(用語)",
              "description": "宇宙船に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 461230,
            "tagId": 692516369,
            "tag": {
              "id": 692516369,
              "slug": "phase-four",
              "name": "Phase Four(企業)",
              "description": "次世代の高周波プラズマ推進システム「Maxwell」などを開発する宇宙スタートアップ企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 460865,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 460865,
        "slug": "spacebd-raised-10b-jpy",
        "createdAt": "2021-12-01T09:00:52.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-01T09:00:52.000Z",
        "title": "宇宙商社Space BDが10.4億円調達、SpaceX「Falcon9」ロケット衛星打上げ枠の利用権確保など宇宙輸送手段拡大",
        "content": "<p>宇宙産業における総合的なサービスを展開する「宇宙商社」<a target=\"_blank\" href=\"https://space-bd.com/\" rel=\"noopener\">Space BD</a>は12月1日、第三者割当増資による総額10億4000万円の資金調達完了を発表した。引受先は、既存株主であるインキュベイトファンド、アニヴェルセルHOLDINGS、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、これに新規株主として、シンガポール政府系投資会社Temasek Holdings傘下のPavilion Capital PTE. LTD.が加わっている。融資も含めた累計調達金額は、18億9000万円となった。</p>\n<p>2017年設立のSpace BDは、JAXAの初の民間開放案件「国際宇宙ステーション『きぼう』日本実験棟からの衛星放出事業」に採択されたことを機に、船外プラットフォーム利用事業、微小重力環境を活用するライフサイエンス事業、H-ⅡA/H3ロケット相乗り打上げ事業と、JAXAとのパートナーシップを軸にした事業を進めてきた。現在は、衛星打上げ事業のほか、宇宙をテーマとした地域産業振興、教育および人材育成事業、技術プロジェクトマネージメントなどを展開している。</p>\n<p>今回調達した資金で、Space BDは「国内外の多様な打上げ手段の確保による衛星打上げサービスの拡大」と、人材採用と組織力の強化を行うとしている。特に打ち上げ手段に関しては、2021年11月にSpaceXのFalcon9ロケットの利用権を確保するなど、調達の幅を広げている。</p>\n<p>「プロジェクトごとに異なる課題・目的に対し、ゼロからの事業立案・実行と技術的な支援をワンストップで提供することで、当社の設立理念である『宇宙を日本発で世界を代表する産業にする』に向けて邁進してまいります」とSpace BDは話している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/2021-12-01-007-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 460865,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 460865,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 460865,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 460865,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 460865,
            "tagId": 692516346,
            "tag": {
              "id": 692516346,
              "slug": "space-bd",
              "name": "Space BD(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 460798,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 460798,
        "slug": "2021-11-30-nasa-details-intent-to-replace-the-international-space-station-with-a-commercial-space-station-by-2030",
        "createdAt": "2021-12-01T02:30:14.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-01T02:06:46.000Z",
        "title": "NASA、2030年までに国際宇宙ステーションを民間に置き換える意図を詳述",
        "content": "<p>NASAのOffice of Audits(内部監査室)は、国際宇宙ステーション(ISS)が退役した後、ISSを1つまたは複数の商業宇宙ステーションに置き換えるというNASAの取り組みについて、詳細な報告書を作成した。ISSの運用終了は2024年に予定されているにもかかわらず、すべて2030年まで延長されることを示している。つまりそれが、軌道上で人間が滞在するための科学施設を民間企業に引き継ぐことができる時期であると、NASAでは想定しているようだ。</p>\n<p>今回の監査では、基本的に現在のISSの維持・運用コストを詳細に説明するとともに、人間が長期間宇宙に滞在するための実験場となる研究施設や、月面における恒久的な駐留の確立や火星探査を含む深宇宙探査の鍵となる技術を開発・実証するための施設が、今後も必要不可欠であると考えている理由を説明している。</p>\n<p>結論として、NASAは2028年までに商業宇宙ステーションの運用を開始し、予想されるISSの退役・離脱の前に2年間のオーバーラップ期間を設けたいと考えている。しかし、このスケジュールには明らかなリスクがある。NASAによれば、それは「市場の需要が限られていること、資金が不足していること、コスト見積もりが信頼できないこと、まだ要求条件が進化し続けていること」などだ。</p>\n<p>一方、良いニュースも報告されている。それは最近、多くの企業が軌道上の商業ステーションの開発に興味を持っているようだということだ。Nanoracks(ナノラックス)とその親会社であるVoyager Space(ボイジャー・スペース)、そしてLockheed Martin(ロッキード・マーチン)のパートナーシップは、2027年までに商業宇宙ステーションを製造し、運用開始することを<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/22/2021-10-21-nanoracks-lockheed-martin-and-voyager-space-plan-to-launch-crewed-commercial-space-station-by-2027/\" rel=\"noopener\">目指している</a>。Blue Origin(ブルーオリジン)はSierra Space(シエラ・スペース)とBoeing(ボーイング)とともに、遅くとも2030年までにOrbital Reef(オービタル・リーフ)と名付けられたステーションを打ち上げたいと<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/26/2021-10-25-blue-origin-boeing-and-others-join-sierra-space-to-build-commercial-space-station/\" rel=\"noopener\">望んでいる</a>。Axiom Space(アクシオム・スペース)では、退役前のISSに取り付けるモジュールを打ち上げ、それを2028年までにISSから分離させ、独自のステーションとして自力で軌道に乗せるという計画を<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/17/2021-11-02-the-googler-who-came-to-monetize-space/\" rel=\"noopener\">すでに進めている</a>。</p>\n<p>関連記事<br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/22/2021-10-21-nanoracks-lockheed-martin-and-voyager-space-plan-to-launch-crewed-commercial-space-station-by-2027/\" rel=\"noopener\">Nanoracksなど民間3社が2027年までの商業宇宙ステーション立ち上げを計画</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/26/2021-10-25-blue-origin-boeing-and-others-join-sierra-space-to-build-commercial-space-station/\" rel=\"noopener\">ブルーオリジン、ボーイングなどがシエラスペースとの民間商業宇宙ステーション建造を発表</a><br />\n・<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/17/2021-11-02-the-googler-who-came-to-monetize-space/\" rel=\"noopener\">グーグラーが宇宙をマネタイズ、Axiom Spaceの民間宇宙ステーションが提供するさまざまなサービス</a></p>\n<p>NASA Office of Auditsによる報告書の全文は以下で読むことができる。</p>\n<iframe class=\"scribd_iframe_embed\" src=\"https://www.scribd.com/embeds/543603446/content?start_page=1&view_mode&access_key=key-bodS6TJZU09Ke837MeWn\"  data-auto-height=\"true\" scrolling=\"no\" id=\"scribd_543603446\" width=\"100%\" height=\"500\" frameborder=\"0\"></iframe>\n<div style=\"font-size:10px;text-align:center;width:100%\"><a href=\"https://www.scribd.com/doc/543603446\" rel=\"noopener noreferrer\" target=\"_blank\">View this document on Scribd</a></div>\n<p><small>画像クレジット:Axiom Space</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/30/nasa-details-intent-to-replace-the-international-space-station-with-a-commercial-space-station-by-2030/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Darrell Etherington、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Render-Axiom-Station.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 460798,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 460798,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 460798,
            "tagId": 186334,
            "tag": {
              "id": 186334,
              "slug": "iss",
              "name": "ISS / 国際宇宙ステーション(用語)",
              "description": "ISS / 国際宇宙ステーションに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460798,
            "tagId": 692515789,
            "tag": {
              "id": 692515789,
              "slug": "private-space-station",
              "name": "民間宇宙ステーション(用語)",
              "description": "民間宇宙ステーション(用語)"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 460571,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 460571,
        "slug": "casio-jaxa-moon-base-construction",
        "createdAt": "2021-11-30T09:49:51.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-30T09:49:51.000Z",
        "title": "カシオ計算機とJAXA、月面基地建設に向け高精度位置測位システムpicalicoによる測位実験を開始",
        "content": "<div id=\"attachment_460678\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-460678\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-460678\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?w=1024\" alt=\"カシオ計算機とJAXA、月面基地建設に向け高精度位置測位システムpicalicoによる位置測位の実験を開始\" width=\"1024\" height=\"575\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=1024,575 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=1536,863 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=712,400 712w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=982,552 982w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=600,337 600w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-001.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-460678\" class=\"wp-caption-text\">月面基地イメージ ©JAXA</p></div>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.casio.co.jp/\" rel=\"noopener\">カシオ計算機</a>は11月29日、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jaxa.jp/\" rel=\"noopener\">JAXA</a>と共同で月面基地建設を想定した高精度位置測位システム「<a target=\"_blank\" href=\"https://picalico.casio.com/ja/\" rel=\"noopener\">picalico</a>」(ピカリコ)による測位実験を実施すると発表した。神奈川県相模原市のサーティーフォー相模原球場で、グラウンドを月のクレーターに見立てて行われる。</p>\n<p>これは、JAXAの宇宙探査イノベーションハブによる「第6回研究提案募集」で課題解決型の共同研究テーマとして採択されたもの。JAXAは、2030年代以降に月面にインフラを構築し、持続的な探査を目指す構想を掲げている。ただ当面は、月にはGPSなどの衛星測位システム(GNSS)がないため、月面探査車などの位置の正確な把握方法が求められている。これに、カシオ計算機は独自技術である「<a target=\"_blank\" href=\"https://picalico.casio.com/ja/\" rel=\"noopener\">picalico</a>」を提案した。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-460575\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/sub1-7.png\" alt=\"\" width=\"810\" height=\"473\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/sub1-7.png 810w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-7.png?resize=300,175 300w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-7.png?resize=768,448 768w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-7.png?resize=685,400 685w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-7.png?resize=400,234 400w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-7.png?resize=738,431 738w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-7.png?resize=616,360 616w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-7.png?resize=220,128 220w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-7.png?resize=281,164 281w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-7.png?resize=214,125 214w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-7.png?resize=125,73 125w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-7.png?resize=103,60 103w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-7.png?resize=600,350 600w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-7.png?resize=50,29 50w\" sizes=\"(max-width: 810px) 100vw, 810px\" /></p>\n<p>picalicoは、LEDの発光色を赤・緑・青の3色に変化させて構成される信号をカメラで捉え、その信号に紐付けられた座標から現在位置を算出するというもの。</p>\n<p>信号は24回または12回切り替える色変化のパターンで構成され、そのパターンがひとつのID情報となる。信号パターンの組み合わせは100万通り(106万2882通り)以上あり、カメラ1台で100個の信号を同時に受信できる。カシオはこのシステムの提供を2019年3月より開始し、現在は工場や倉庫の自動搬送車やフォークリフトの作業動線の分析や所在管理などに利用されている。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-460576\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"833\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg 1251w, /wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg?resize=300,244 300w, /wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg?resize=768,625 768w, /wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg?resize=1024,833 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg?resize=492,400 492w, /wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg?resize=400,325 400w, /wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg?resize=738,601 738w, /wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg?resize=442,360 442w, /wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg?resize=220,179 220w, /wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg?resize=211,172 211w, /wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg?resize=154,125 154w, /wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg?resize=125,102 125w, /wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg?resize=74,60 74w, /wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg?resize=678,552 678w, /wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg?resize=451,367 451w, /wp-content/uploads/2021/11/sub4-1.jpg?resize=50,41 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>&nbsp;</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/N691-7dS_Uc?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>実験は、11月29日から12月3日にかけて行われる。野球場のグラウンドを月面のクレーターに見立て、スタンドに複数のLED灯を配置。産業用カメラを搭載したトラクターを月面探査車に見立てて、フィールドを走らせる。</p>\n<p>また実験自体は一般には非公開だが、その様子は<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/JAXA_TansaX\" rel=\"noopener\">JAXA宇宙探査イノベーションハブのTwitterアカウント</a>に投稿される。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 460571,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 460571,
            "tagId": 47745,
            "tag": {
              "id": 47745,
              "slug": "casio",
              "name": "カシオ計算機(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 460571,
            "tagId": 366271999,
            "tag": {
              "id": 366271999,
              "slug": "space-exploration",
              "name": "宇宙開発(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 460571,
            "tagId": 366276136,
            "tag": {
              "id": 366276136,
              "slug": "jaxa",
              "name": "JAXA / 宇宙航空研究開発機構(組織)",
              "description": "J宇宙航空研究開発機構。日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 460614,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 460614,
        "slug": "mars-ambient-noise-to-map-the-subsurface-layers",
        "createdAt": "2021-11-30T03:21:18.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-30T03:21:18.000Z",
        "title": "NASA、InSight探査機の地震計から火星の「環境音」データを生成し地下構造を分析",
        "content": "<div id=\"attachment_460617\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-460617\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-460617\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?w=1024\" alt=\"NASA、InSight探査機の地震計から火星の「環境音」データを生成し地下構造を分析\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-001.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-460617\" class=\"wp-caption-text\">ETH Zurich</p></div>\n<p>今から3年前の11月16日に火星のエリシウム平原に降り立ったNASAの探査機InSightが送ってきた火星の環境騒音データから、科学者らは地殻からマントル、核に至るまでの最初の数十mの状態を分析し、画像化しました。</p>\n<p>我々の住む地球では、環境騒音といえば海、人間などの活動、風、そして大地そのものなど、多様な音源からのごちゃ混ぜの音になっています。しかし、大気がほとんどなく水の海もない火星では、上に挙げたなかの&#8221;大地そのもの&#8221;からの音が環境騒音の大部分を占めます。</p>\n<p>InSightは搭載する地震計のデータから火星の環境騒音データを生成しており、それをスイス地震局(SED)とスイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH)が定期的に分析することで、火星内部がどのように積層しているかを調べました。SEDはこれまで数年のあいだ、地球上の地質構造を調べるために環境騒音データを分析してきており、その手法を火星に応用した格好です。</p>\n<p>SEDによると、InSightが降りた場所の足もとから深さ3mまでは砂の層で、そのすぐ下には過去の隕石の衝突によって火星表面から巻き上げられて堆積した可能性が高い、約15m厚の岩石帯があるとのこと。さらに堆その下には、火星が冷え、乾燥した状態になった約17億年前ごろの溶岩層があり、その下にはさらに堆積物で分断された古い溶岩流の層があるとのこと。</p>\n<p>この古い層は、地球もまだ火山活動が非常に活発だった約36億年前にまでさかのぼると見られており、太陽系の兄弟である地球と火星がその頃までは同じように成長の道を歩んでいたことが推測されます。</p>\n<p>地球と火星はかつては同じように大きな海や大気層を持っていたと考えられます。しかし、その後なぜか火星だけは大気を保護する役割を持つ磁場を失い、太陽から放出される荷電粒子の太陽風が、保護を失った火星の大気を徐々に剥ぎ取っていったその結果、いまや地球と火星は見た目にも対照的な星となってしまっています。</p>\n<p>今回の論文著者であるCedric Schmelzbach氏は、地球上で開発された手法を使用して、火星の地層構造が解析できることが証明できたと述べています。地球内部を知るための技術は他にもあり、それらを応用すれば、いつか我々の2番目のふるさとになるかもしれない赤い星についての理解がさらに深まるかもしれません。</p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/13886\" rel=\"noopener\">Nature Communications</a>。Via <a target=\"_blank\" href=\"https://www.space.com/mars-subsurface-map-from-insight-wind-sound\" rel=\"noopener\">Space.com</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/mars-ambient-noise-to-map-the-subsurface-layers-103059194.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-30-001-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 460614,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 460614,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 460614,
            "tagId": 43760,
            "tag": {
              "id": 43760,
              "slug": "earthquake",
              "name": "地震(用語)",
              "description": "地震に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460614,
            "tagId": 366273498,
            "tag": {
              "id": 366273498,
              "slug": "mars",
              "name": "火星(用語)",
              "description": "火星に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 460138,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 460138,
        "slug": "2021-11-25-astroscale-raises-109m-for-its-on-orbit-services-technology",
        "createdAt": "2021-11-26T00:15:58.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-26T00:04:59.000Z",
        "title": "スペースデブリ除去に取り組む軌道上サービスのAstroscaleがシリーズFで約125.7億円調達",
        "content": "<p>日本の宇宙ベンチャー企業であるAstroscale(アストロスケール)は、新たなシリーズFラウンドで1億900万ドル(約125億7500万円)の資金を調達し、同社の累計調達額は3億ドル(約346億円)に達した。Astroscaleは軌道上サービス技術を専門としており、軌道上でのビジネスをより持続可能なものにする手段として、軌道上の運用高度に存在するデブリの量を減らし、また、既存の衛星の寿命を延ばすことを目的としている。</p>\n<p>日本のTHE FUNDが主導し、Seraphim Spaceなどの投資家の参加を得た今回のラウンドにより、Astroscaleの資金調達総額は3億ドル(約346億円)となった。Astroscaleの創業者兼CEOである岡田光信氏は、プレスリリースの中で、今回の資金調達により、事業規模の拡大と「2030年までに軌道上でのサービス提供を日常的に行う能力を劇的に加速させる」ことが可能になると述べている。</p>\n<p>Astroscaleにとって、2021年は大きな年だった(ちなみに岡田氏は、米国時間12月15日に開催される<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/events/tc-sessions-space-2021/?guccounter=1&amp;guce_referrer=aHR0cHM6Ly93d3cuZ29vZ2xlLmNvbS8&amp;guce_referrer_sig=AQAAAL5fb8xAiw2k3zgvdb5qacvfitrBmeHyPiKqy0Z9UbQBUXt0MyqNULLcLzpjDwtf1p1b0gyhxOOtgnk0KF2bAFKh4XLjwhur7TRCL07FOJvQmEQ9nmFs41kYDrdHsYO_auHC1k6r1LyLym5ZwiSu_YfqDbbDHHLR6QEN3O5tf6ox\" rel=\"noopener\">TC Sessions: Space 2021</a>のメインステージに参加する予定だ)。同社は、8月にはデブリ除去技術実証衛星「ELSA-d (エルサディー、End-of-Life Services by Astroscale &#8211; demonstrationの略)」の技術デモを成功させた。年内にその次のフェーズとなるミッションを控えており、また、2022年初頭に予定されている宇宙航空研究開発機構(JAXA)向けのミッションでも、軌道上デブリ除去のデモンストレーションを行う計画が進んでいる。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/2020/10/14/2020-10-13-astroscale-raises-51-million-in-series-e-funding-to-fuel-its-orbital-sustainability-ambitions/\" rel=\"noopener\">Astroscale社が前回5100万ドル(約55億円)を調達したのは2020年10月</a>で、その年に同社は、 地球上の主要な通信インフラである大型静止衛星のサービスに注力しているEffective Space Solutionsを買収した。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2020/10/14/2020-10-13-astroscale-raises-51-million-in-series-e-funding-to-fuel-its-orbital-sustainability-ambitions/\" rel=\"noopener\">Astroscaleが約54億円を調達、静止衛星長寿命化や軌道上デブリ除去など業務を多様化</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Astroscale</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/25/astroscale-raises-109m-for-its-on-orbit-services-technology/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Darrell Etherington、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/astroscale-ELSA-d.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 460138,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 460138,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 460138,
            "tagId": 366280179,
            "tag": {
              "id": 366280179,
              "slug": "astroscale",
              "name": "アストロスケールホールディングス / Astroscale(企業)",
              "description": "軌道上サービスとロジスティクスを提供する日本の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 460138,
            "tagId": 692506797,
            "tag": {
              "id": 692506797,
              "slug": "space-debris",
              "name": "スペースデブリ / 宇宙ごみ(用語)",
              "description": "スペースデブリ / 宇宙ごみに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460138,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 460138,
            "tagId": 692514344,
            "tag": {
              "id": 692514344,
              "slug": "leo",
              "name": "LEO / 地球低軌道(用語)",
              "description": "Low Earth Orbit"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 460071,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 460071,
        "slug": "astroscale-fundraising",
        "createdAt": "2021-11-25T10:31:58.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-25T10:31:58.000Z",
        "title": "スペースデブリ・宇宙ごみ問題に取り組むアストロスケールが約124億円のシリーズF調達、累計調達額約334億円を達成",
        "content": "<p>持続可能な宇宙環境を目指し、スペースデブリ(宇宙ごみ。デブリ)除去サービスを含む軌道上サービスに取り組む<a target=\"_blank\" href=\"https://astroscale.com/ja/\" rel=\"noopener\">アストロスケールホールディングス</a>(アストロスケール)は11月25日、シリーズFラウンドにおいて、第三者割当増資による約124億円の資金調達を発表した。過去最大額の調達額という。また6回目となる今回の資金調達により、累計調達額は約334億円となった。</p>\n<p>調達した資金により、グローバルに開発するミッションとサービスを躍進させる。安全で費用対効果の高い軌道上サービスに関わる技術開発、日本、英国、米国における量産に向けた自社施設の拡張など、グローバルでの成長が可能になるとしている。</p>\n<p>引受先は、日本のTHE FUND投資事業有限責任組合(THE FUND)、日本グロースキャピタル投資法人などをはじめ、英国のセラフィム・スペースインベストメント・トラスト(Seraphim)、フランスDNCAファイナンス傘下の DNCAインベストメント・ビヨンド・グローバル・リーダーズを含む海外投資家グループなど。詳細は以下の通り(50音順)。</p>\n<ul>\n<li>DNCAインベストメント・ビヨンド・グローバル・リーダーズ(DNCA Invest Beyound Global Leaders)</li>\n<li>EEI4号イノベーション&インパクト投資事業有限責任組合</li>\n<li>THE FUND投資事業有限責任組合</li>\n<li>アクサ生命保険</li>\n<li>イノベーション・エンジンが運営する3ファンド(IEファスト&エクセレント投資事業有限責任組合、イノベーション・エンジンNew Space投資事業有限責任組合、イノベーション・エンジンPOC第2号投資事業有限責任組合)</li>\n<li>オプス</li>\n<li>セラフィム・スペースインベストメント・トラスト(Seraphim Space Investment Trust plc)</li>\n<li>ソラリス ESG マスターファンド(Solaris ESG Master Fund LP)</li>\n<li>千葉道場2号投資事業有限責任組合</li>\n<li>日本グロースキャピタル投資法人</li>\n<li>プレリュード・ストラクチャード・オルタナティブズ・マスターファンド(Prelude Structured Alternatives Master Fund, LP)</li>\n<li>ヤマウチ・ナンバーテン・ファミリー・オフィス(Yamauchi-No.10 Family Office)</li>\n<li>ワイズ・インベストメント(Y&#8217;s Investment Pte. Ltd.)</li>\n</ul>\n<p>アストロスケールは、宇宙機の安全航行の確保を目指し、次世代へ持続可能な軌道を継承するため、デブリ除去サービスの開発に取り組む世界初の民間企業。2013年の創業以来、軌道上で増加し続けるデブリの低減・除去策として、今後打ち上がる人工衛星が寿命を迎えた際や恒久故障の際に除去を行うEOL(End of Life)サービスや、既存デブリを除去するためのADR(Active Debris Removal)サービス、稼働衛星の寿命延命措置(LEX。Life EXtension)、宇宙空間上での宇宙状況把握(ISSA。In Situ Space Situational Awareness)、軌道上サービスの実現を目指し技術開発を進めてきた。</p>\n<p>また、長期に渡り安全で持続可能な宇宙環境を目指すため、技術開発に加え、ビジネスモデルの確立、複数の民間企業や団体、行政機関と協働し、規範やベストプラクティスの策定に努めている。</p>\n<p>同社は2021年8月、デブリ除去技術実証衛星「ELSA-d」(エルサディー。End-of-Life Services by Astroscale &#8211; demonstration)の実証において、模擬デブリの再捕獲に成功。現在は、2021年内実施予定となっている次のフェーズとして、捕獲機(サービサー)の自律制御機能を用いた「自動捕獲」に向けて準備を進めている。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/qCt7q5BKVlo?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>日本では、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の商業デブリ除去実証プロジェクト(CRD2プロジェクト。CRD2はCommercial Removal of Debris Demonstrationの略称)フェーズⅠの契約相手方として選定されている、商業デブリ除去実証衛星「ADRAS-J」(アドラスジェー。Active Debris Removal by Astroscale-Japan)の組立作業を2022年前半に開始予定。英国においては、英国宇宙庁による軌道上衛星2機の除去研究プログラムにアストロスケールが選定され、2024年の商用化に向けてEOLサービスの機能充足に努めているそうだ。また、米国・イスラエルのチームはLEXIの開発マイルストーンを順調に達成し、主要な試験を実施している。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-25-007-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 460071,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 460071,
            "tagId": 364903014,
            "tag": {
              "id": 364903014,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙(用語)",
              "description": "宇宙に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460071,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460071,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 460071,
            "tagId": 366280179,
            "tag": {
              "id": 366280179,
              "slug": "astroscale",
              "name": "アストロスケールホールディングス / Astroscale(企業)",
              "description": "軌道上サービスとロジスティクスを提供する日本の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 460071,
            "tagId": 692506797,
            "tag": {
              "id": 692506797,
              "slug": "space-debris",
              "name": "スペースデブリ / 宇宙ごみ(用語)",
              "description": "スペースデブリ / 宇宙ごみに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 460071,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 459905,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 459905,
        "slug": "2021-11-22-astra-moves-full-steam-ahead-after-successful-orbital-launch-looks-to-test-rocket-4-0-next-year",
        "createdAt": "2021-11-24T23:45:27.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-24T23:16:03.000Z",
        "title": "初の軌道打ち上げに成功したAstraが新型ロケットの試験に向けて本格的に動き出す",
        "content": "<p>ロケット開発スタートアップから株式公開企業となったAstra Space(アストラ・スペース)は、米国時間11月19日の夜、同社初の軌道打ち上げに成功。11月22日朝に株式市場が開くと、株価が42%も急上昇した。しかし、本当の仕事が始まるのはこれからだ。商業運行の開始を目指す同社は、2022年の飛行試験に向けて新しい仕様のロケットを準備している。</p>\n<p>アラスカ州コディアックの<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/21/2021-11-20-astra-successfully-reaches-orbit-for-the-first-time-with-latest-rocket-launch/\" rel=\"noopener\">Pacific Spaceport Complex(パシフィック・スペースポート・コンプレックス)から打ち上げられた</a>「Rocket 3.3(ロケット3.3)」または「LV0007」ロケットは、米国宇宙軍の宇宙試験プログラムの一環であるペイロード輸送に成功した。これはAstraにとって、軌道に到達したごく少数の民間企業の仲間入りを果たす大きな躍進だ。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/21/2021-11-20-astra-successfully-reaches-orbit-for-the-first-time-with-latest-rocket-launch/\" rel=\"noopener\">小型ロケット専門のAstraが前回の失敗を乗り越え初の軌道到達に成功</a></p>\n<p>「これは本当に難しく、1つ間違えるだけですべてが上手くいきません」と、Chris Kemp(クリス・ケンプ)CEOは、米国時間11月22日の会見で記者たちに語った。</p>\n<p>Astraでは、機敏かつ反復的なアプローチでテストを行っており、打ち上げ用ロケット(シリアルナンバーによる命名規則がある)を迅速に製造し、比較的短期間で試験飛行を実施している。その結果、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/31/2021-08-30-astras-first-commercial-launch-fails-to-reach-orbit/\" rel=\"noopener\">最近の「LV0006」の飛行試験</a>では、エンジンの異常により高度約50kmに到達する前にロケットが横に流れてしまうなどの失敗も経験している。</p>\n<p>「多くのことは、実際に飛行している状態でないとテストするのが非常に難しいのです」と、ケンプ氏は説明する。「この反復アプローチにより、私たちは記録的な速さで(軌道打ち上げを)達成できました。他の方法では、このスケジュールで達成できなかったと思います」。</p>\n<p>今回の打ち上げに向けて、Astraではフライトシミュレーションからではなく、同社が打ち上げ施設を構えるアラスカ州コディアックの氷点下の自然環境から、多くの有益なデータを得たと、チーフエンジニアのBenjamin Lyon(ベンジャミン・ライオン)氏は語っている。</p>\n<p>「このような氷点下の環境で運用したことは、今まで一度もありませんでした」と、ケンプ氏は付け加えた。</p>\n<p>2人の幹部は、次のRocket 3.3である「LV0008」が打ち上げ可能な状態に近づいていることを認めたが、打ち上げを行う日時や場所などの詳細については、今後発表すると述べるに留まった。</p>\n<p>しかし、LV0007の打ち上げが支障なく行われたため、今後の3.3バージョンの変更にはこれ以上あまり力を注がないだろうと、ケンプ氏は述べている。代わりに、Rocket 3.3で運べる50kgのペイロード容量よりも重いペイロードを搭載可能な新バージョン「Rocket 4.0」に集中するという。同社は2022年に、Rocket 4.0の試験飛行を開始する予定だ。</p>\n<p>Astraが目指しているのは、この小型ロケットシステムを使って、ゆくゆくは<a target=\"_blank\" href=\"https://astra.com/news/qa-with-dr-adam-london-astra-cto-and-co-founder/\" rel=\"noopener\">毎日宇宙への打ち上げを行う</a>ことである。この目標が最終的に達成できるかどうかはまだわからないが、ケンプ氏によると打ち上げの需要は時が経つに連れて増す一方であるという。</p>\n<p>「Astraが上場して以来、宇宙技術企業と呼ばれる会社が10社以上も上場しています」と、ケンプ氏は語る。「これによって各社は、宇宙船や衛星のさらなる開発や反復設計を行うためのリソースが得られます。ここ2、3年で見てきたように、需要は今後も増え続けることが予想されます。そこでAstraは間違いなく、正確なスケジュールで正確な軌道にペイロードを届けることができるようになる立場にあると思います」。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Orbit. ✅ Astra successfully completed its first commercial orbital launch for the <a href=\"https://twitter.com/SpaceForceDoD?ref_src=twsrc%5Etfw\">@SpaceForceDoD</a> late Friday night, November 19, 2021, PST: <a href=\"https://t.co/FakPzAvfxI\">https://t.co/FakPzAvfxI</a> <a href=\"https://twitter.com/hashtag/AdAstra?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#AdAstra</a> <a href=\"https://t.co/icWXvAKjAn\">pic.twitter.com/icWXvAKjAn</a></p>\n<p>&mdash; Astra (@Astra) <a href=\"https://twitter.com/Astra/status/1462783873381593089?ref_src=twsrc%5Etfw\">November 22, 2021</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<blockquote><p>軌道到達。✅Astraは、太平洋標準時2021年11月19日(金)深夜、米国宇宙軍のための最初の商業軌道打ち上げを成功させました。</p></blockquote>\n<p><small>画像クレジット:John Kraus / Astra</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/22/astra-moves-full-steam-ahead-after-successful-orbital-launch-looks-to-test-rocket-4-0-next-year/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Vertical.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 459905,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 459905,
            "tagId": 7987,
            "tag": {
              "id": 7987,
              "slug": "launch",
              "name": "打ち上げ(用語)",
              "description": "打ち上げに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459905,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459905,
            "tagId": 692509091,
            "tag": {
              "id": 692509091,
              "slug": "astra",
              "name": "Astra(企業)",
              "description": "カリフォルニア州アラミーダのロケット打ち上げ企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 459723,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 459723,
        "slug": "2021-11-23-armageddon-now-nasas-asteroid-deflecting-dart-mission-launches-tonight",
        "createdAt": "2021-11-24T02:45:42.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-24T09:35:49.000Z",
        "title": "NASAのリアル「アルマゲドン」ミッション、小惑星軌道変更「DART」が11月24日13時すぎに打ち上げ",
        "content": "<p>NASA(米国航空宇宙局)にとって、ここ数年で最も刺激的で風変わりなミッションである<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-10-04-nasas-armageddon-style-asteroid-deflection-mission-takes-off-in-november/\" rel=\"noopener\">Double Asteroid Redirection Test</a>(DART、二重小惑星方向転換試験)は、地球から数百万km離れたところからやってくる巨大隕石に衝突し方向転換させるべく米国時間11月23日夜(日本時間11月24日13時すぎ)に打ち上げられる。飛行の様子はライブで見ることができるが、実際に大衝突が起きるまでにはしばらく時間がかかる。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/06/2021-10-04-nasas-armageddon-style-asteroid-deflection-mission-takes-off-in-november/\" rel=\"noopener\">NASAが「アルマゲドン」のような小惑星軌道変更ミッションの打ち上げを11月23日に予定</a></p>\n<p>DARTは、宇宙を旅する生物にとって、飛来する小惑星の経路を意図的に変える初めての試みだ。心配はいらない、今回のケースは我らの貴重な惑星に危害を加えるものではく、将来そんな危機が訪れた時に必要となる介入の理想的な実験台だ。</p>\n<p>「惑星防衛組織はこの問題に、実際、数十年にわたって取り組んできました」とNASAのThomas Zurbuchen(トーマス・ザブーケン)科学局長が説明した。「一連のツールを合体させるときがきました。このミッションはあらゆる利害関係者にとってますます重要になっています。本プログラムへの支持が高まったのはわずかこの5年間に過ぎません。そして、標的はその5年以上前から存在しています。地上から成功を見届けることができるこの完璧な機会について人々は語り合っています。追加調査は必要ありません」。</p>\n<p>問題の小惑星は、太陽系を新婚カップルのように旅する二重小惑星の小さい方だ。大きい方の小惑星Didymos(ディディモス)は直径約780mで惑星キラーというわけではないが、近所に落ちてほしくないことに変わりはない。そしてディディモスを周回しているのが今回の標的、Dimorphos(ディモルフォス)で、長辺170mほどのピーナツ型をしている。ちょうど自由の女神がボルダリングするくらいの大きさだ。</p>\n<p>DARTがやろうとしているのは、ディモルフォスがディディモスの向こう側から回ってきたその時を狙って飛んで行き、できる限り強く衝突することだ。宇宙船は<a target=\"_blank\" href=\"https://dart.jhuapl.edu/Mission/Impactor-Spacecraft.php\" rel=\"noopener\">質量約550 kg</a> で、新しいイオンエンジンが秒速約6.6kmという目から涙が出るような(宇宙船に目があって空気があったとすれば)速度で飛ぶことを考えると、相当に強い衝突だ(衝撃の大きさを計算するのは専門家にまかせておく)。</p>\n<div id=\"attachment_459726\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-459726\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-459726 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"599\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg?resize=300,175 300w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg?resize=768,449 768w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg?resize=1024,599 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg?resize=684,400 684w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg?resize=400,234 400w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg?resize=738,431 738w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg?resize=616,360 616w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg?resize=220,129 220w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg?resize=281,164 281w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg?resize=214,125 214w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg?resize=125,73 125w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg?resize=103,60 103w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg?resize=944,552 944w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg?resize=600,351 600w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-infographic_v4.jpg?resize=50,29 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-459726\" class=\"wp-caption-text\">ディモルフォスの軌道が衝突後にどう変わるかを表す模式図(画像クレジット:NASA/JHUAPL)</p></div>\n<p>ディモルフォスが爆発して当たり一面に破片を飛ばすようなことはない。むしろその正反対で、影響はほとんど目に見えない。しかし、衝撃はディディモスを周回する軌道周期にわずかな影響を与え、速度を落とし、強力な望遠鏡で観察できる程度に周期を拡大する。この変化を観察することによって、科学者らは対象物の質量を知り、重い物体に別の物体を衝突させるこの精緻な技術がどれほど効果的だったかを知ることができる。</p>\n<div id=\"attachment_459725\" style=\"width: 344px\" class=\"wp-caption alignright\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-459725\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-459725\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/DART-Encapsulation-in-Payload-Fairing-1200x1799-1.jpg?w=454\" alt=\"\" width=\"334\" height=\"500\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/DART-Encapsulation-in-Payload-Fairing-1200x1799-1.jpg 454w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-Encapsulation-in-Payload-Fairing-1200x1799-1.jpg?resize=200,300 200w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-Encapsulation-in-Payload-Fairing-1200x1799-1.jpg?resize=267,400 267w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-Encapsulation-in-Payload-Fairing-1200x1799-1.jpg?resize=400,599 400w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-Encapsulation-in-Payload-Fairing-1200x1799-1.jpg?resize=240,360 240w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-Encapsulation-in-Payload-Fairing-1200x1799-1.jpg?resize=147,220 147w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-Encapsulation-in-Payload-Fairing-1200x1799-1.jpg?resize=115,172 115w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-Encapsulation-in-Payload-Fairing-1200x1799-1.jpg?resize=83,125 83w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-Encapsulation-in-Payload-Fairing-1200x1799-1.jpg?resize=40,60 40w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-Encapsulation-in-Payload-Fairing-1200x1799-1.jpg?resize=369,552 369w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-Encapsulation-in-Payload-Fairing-1200x1799-1.jpg?resize=245,367 245w, /wp-content/uploads/2021/11/DART-Encapsulation-in-Payload-Fairing-1200x1799-1.jpg?resize=33,50 33w\" sizes=\"(max-width: 334px) 100vw, 334px\" /><p id=\"caption-attachment-459725\" class=\"wp-caption-text\">ロケットに搭載される前の防護壁の中にいるDART(画像クレジット:NASA/Johns Hopkins APL/Ed Whitman)</p></div>\n<p>それがわかれば、将来たとえば2倍の大きさの小惑星が衝突コースに現れたとき、何が必要になるかを情報に基づいて判断することができる。「この」大きさの力を「この」角度で「この」時間と距離(できる限り遠く、とメンバーの1人が私にいった)から加えることで、地球に衝突しないために必要なだけ惑星の方向を変えられる。DARTはこうした惑星防衛技術の基盤となるだろう。できれば必要にならないことを願うが、石油掘削員を集めて土壇場で小惑星を爆発させるよりも、準備を整えておいたほうがいいことには誰も異論はない。これは、TechCrunchの貴重な年長読者を掴んでおくための「アルマゲドン」への言及だ。</p>\n<p>「私たちが今回本当にやりたいのは、迫りくる脅威のサイズに応じてインパクター(衝突体)のサイズを決める方法を知ることです。高い精度をもった衝突体モデルが必要なのです」とザブーケン氏は言った。1回のミッションでは足りないかもしれないし、次の衝突ミッションの計画はまだないが「別のタイプの小惑星に向けた追跡試験が計画されることは容易に想像できます」と同氏は語った。</p>\n<p>衝突は比較的小さいかもしれないが、それでもワクワクする。そのために、NASAは衝突前にDARTから分離されるキューブサット、LICACube(リシアキューブ)を送り込んで近くから観察し、宇宙の山にアタックするところのデータと大衆受けするビデオを記録する。それは一陣の埃か瓦礫かソーラーパネルの破片のようなものかもしれないが、見るまでわからない。小惑星には何かが暮らしているかもしれない。もしそうであっても、1094万kmの彼方のことなので差し迫った危険はない。いずれにせよ、小惑星に宇宙船をぶつけるところをカメラに収め「ない」ことなど想像できない。</p>\n<p>「これはリスクも衝撃も大きい探査です」とザブーケンしがキューブサットについて言った。キューブサットは衝突の瞬間を綿密に監視するための理想的な位置に置かれる。「これがなくても成功を確認することはできますが、あの映画を見たいんですよ、そりゃあ」。</p>\n<p>DARTはSpaceX(スペースエックス)のFalcon 9(ファルコン・ナイン)ロケットを使って、米国太平洋標準時11月23日午後10時20分(日本時間11月24日13時20分)頃からの打ち上げ予定で、ヴァンデンバーグ空軍基地の天候は最新予報で90%良好だ。打ち上げ後、宇宙船がディモルフォスと破壊ランデブーを行うまでには1年近くかかる。衝突は2022年9月末に起こる見込みだが、正確な時間はさまざまな要因が確定するまでわからない。</p>\n<p>打ち上げ前中継はNASA Liveで1日中行われるが、直前準備とカウントダウンは午後7時(日本時間24日正午)頃が見どころだ。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nasa.gov/feature/nasa-invites-public-to-share-excitement-of-dart-launch\" rel=\"noopener\">こちらのリンク</a>から見ることができる。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/21X5lGlDOfg?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p><small>画像クレジット:NASA/JHUAPL</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/23/armageddon-now-nasas-asteroid-deflecting-dart-mission-launches-tonight/\" rel=\"noopener noreferrer\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a> )</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/dart-illustration.jpg",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 459723,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 459723,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 459723,
            "tagId": 7987,
            "tag": {
              "id": 7987,
              "slug": "launch",
              "name": "打ち上げ(用語)",
              "description": "打ち上げに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459723,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459723,
            "tagId": 366279492,
            "tag": {
              "id": 366279492,
              "slug": "asteroid",
              "name": "小惑星 / アステロイド(用語)",
              "description": "小惑星 / アステロイドに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 459719,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 459719,
        "slug": "2021-11-23-rocket-lab-aims-to-catch-electron-rocket-booster-mid-air-with-a-helicopter-next-year",
        "createdAt": "2021-11-24T02:30:28.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-24T02:09:48.000Z",
        "title": "Rocket Labは2022年にヘリコプターでElectronロケットブースターの空中キャッチを目指す",
        "content": "<p>Rocket Labが3回目のブースター回収に成功したことを受けて、CEOのPeter Beck(ピーター・ベック)氏は、次のステップとして、2022年前半にヘリコプターを使ってブースターを空中でキャッチすることを目指していると語った。</p>\n<p>Rocket Labは先に、地理空間画像衛星「BlackSky」2基を低地球軌道に運んだあとで<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/17/rocket-labs-electron-booster-splashes-down-in-the-pacific-ocean/\" rel=\"noopener\">洋上に着水した</a>Electron打ち上げ機の第1段を回収した。そのミッションの間、同社はヘリコプターを着水領域の近くに配置したが、その目的は偵察だけだった。一貫して、同社の再利用化計画の究極の目標はブースターを空中でキャッチすることであり、それが今や近づいている。</p>\n<p>ベック氏は米国時間11月23日の記者との電話会見で現在からそれまでの間に行われる主な作業は、ヘリコプターの準備だと述べている。空中キャッチに使われる航空機は、先の打ち上げ時に存在したものよりもかなり重く、積載量もかなり多いものになる(第1段の重量は約980kg)。</p>\n<p>「また、非常に忙しいスケジュールの中で、フライトのスケジュールを組むことも重要な仕事のひとつです。最優先事項は、常にお客様を時間どおりにお届けすることです。それが次の課題ですが、2022年前半、もしくは可能な限り早くフライトを実現したいと考えています」。</p>\n<p>同社は、現在から空中回収を試みるまでの間に、いくつかの商業飛行を計画しているが、これらは回収を目的としないミッションだ。Rocket Labにとって次の大きな学習のチャンスとなるのは、ブースターをキャッチして濡れていない状態で工場に戻すことができたときだとベック氏は付け加えた。</p>\n<p>2022年に向けて、ベック氏はRocket Labにとって忙しい年になると予想している。その理由の1つは、ニュージーランドで新型コロナウイルスの規制が続いているため、2021年の同社打ち上げ回数が制限されていたからだ。来年の打ち上げ数については言及していないが、2022年はこれまでで最も忙しい年になるだろうという。</p>\n<p><small>画像クレジット:Rocket Lab</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/23/rocket-lab-aims-to-catch-electron-rocket-booster-mid-air-with-a-helicopter-next-year/\" rel=\"noopener\">原文</a>]</p>\n<p>(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/rlab.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 459719,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 459719,
            "tagId": 7987,
            "tag": {
              "id": 7987,
              "slug": "launch",
              "name": "打ち上げ(用語)",
              "description": "打ち上げに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459719,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459719,
            "tagId": 366277335,
            "tag": {
              "id": 366277335,
              "slug": "electron",
              "name": "Electron(製品・サービス)",
              "description": "Rocket Labが開発を進める宇宙ロケット。"
            }
          },
          {
            "postId": 459719,
            "tagId": 366280227,
            "tag": {
              "id": 366280227,
              "slug": "rocket-lab",
              "name": "Rocket Lab(企業)",
              "description": "Rocket Labは、アメリカのロサンゼルスを拠点とする航空宇宙企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 459676,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 459676,
        "slug": "2021-11-23-blue-origin-sets-six-person-tourist-trip-to-space-for-michael-strahan-laura-shepard-churchley-and-first-parent-child-duo",
        "createdAt": "2021-11-24T01:45:51.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-24T01:28:52.000Z",
        "title": "ブルーオリジン、初の親子を含む乗客6人の宇宙飛行を12月9日に設定",
        "content": "<p>Blue Origin(ブルーオリジン)は、次の有人宇宙飛行を発表した。米国時間12月9日に6人を乗せて実施する。同社が再使用可能なロケットNew Shepardとカプセルに最大定員となる乗客6人を乗せて飛行するのは今回が初めてだ。搭乗するのは、「Good Morning America(グッドモーニング・アメリカ)」の共同司会者であるMichael Strahan(マイケル・ストレイハン)氏、ロケットの名前の由来であるAlan Shepard(アラン・シェパード)氏の娘Laura Shepard Churchley(ローラ・シェパード・チャーチリー)氏、Voyager SpaceのCEOであるDylan Taylor(ディラン・テイラー)氏、Dick Holdingsの業務執行社員Evan Dick(エバン・ディック)氏、そして父子であるLane Bess(レイン・ベス)氏とCameron Bess(キャメロン・ベス)氏だ。</p>\n<p>Blue Originは、有人宇宙飛行ミッションで歴史的な「初」体験を好む傾向にあるが、今回は親子が一緒に宇宙に行くのは初となる。Bess Venturesのプリンシパルで創業者のレイン・ベス氏と、コンテンツクリエイターでソフトウェア開発者であるキャメロン・ベス氏がともに搭乗する。</p>\n<div id=\"attachment_459678\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-459678\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-459678 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"785\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg 1200w, /wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?resize=300,230 300w, /wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?resize=768,589 768w, /wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?resize=1024,785 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?resize=522,400 522w, /wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?resize=400,307 400w, /wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?resize=738,566 738w, /wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?resize=470,360 470w, /wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?resize=220,169 220w, /wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?resize=224,172 224w, /wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?resize=163,125 163w, /wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?resize=125,96 125w, /wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?resize=78,60 78w, /wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?resize=720,552 720w, /wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?resize=479,367 479w, /wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin2.jpeg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-459678\" class=\"wp-caption-text\">上段左から右へ、レイン・ベス氏、 キャメロン・ベス氏、エバン・ディック氏。下段左から右へ、ディラン・テイラー氏、ローラ・シェパード・チャーチリー氏、マイケル・ストレイハン氏</p></div>\n<p>今回の有人宇宙飛行は、Blue Originにとって3回目であり、また2021年3回目のものでもある。New Shepardはこれまでに、各回とも4人が乗り込んだ有人宇宙飛行を2回実施した。最初の打ち上げにはBlue OriginとAmazonの創業者であるJeff Bezos(ジェフ・ベゾス)氏も搭乗し、10月にはWilliam Shatner(ウィリアム・シャトナー)氏をはじめ、Blue OriginのAudrey Powers(オードリー・パワーズ)氏、DCVCのパートナーであるChris Boshuizen(クリス・ボシュイゼン)氏、Medidata共同創業者であるGlen de Vries(グレン・デ・ヴリーズ)氏を宇宙に送った。デ・ヴリーズ氏は宇宙飛行の数週間後に飛行機事故で悲劇的に亡くなった。</p>\n<p>Blue Originがこうしたペースで打ち上げを行っていることは、特に搭乗券が高価なことを考えると、ものすごいことだ。6人の搭乗となったことで、Blue Originはおそらく利益率を向上させ、その結果、この後に続く人たちにはもう少し手頃価格の座席が提供されるかもしれないが、それでも非常に贅沢なものであることは間違いない。</p>\n<p>Blue OriginのNew Shepardは、乗客を宇宙の端まで連れて行き、準軌道上の滞在となるが、数分間の無重力状態と比類のない地球の眺めを提供する。その後、カプセルはパラシュートで減速して西テキサスの砂漠に着陸する。</p>\n<p><small>画像クレジット:Blue Origin</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/23/blue-origin-sets-six-person-tourist-trip-to-space-for-michael-strahan-laura-shepard-churchley-and-first-parent-child-duo/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Darrell Etherington、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Blue-Origin.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 459676,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 459676,
            "tagId": 7987,
            "tag": {
              "id": 7987,
              "slug": "launch",
              "name": "打ち上げ(用語)",
              "description": "打ち上げに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459676,
            "tagId": 728166,
            "tag": {
              "id": 728166,
              "slug": "blue-origin",
              "name": "Blue Origin(企業)",
              "description": "Amazon.comの設立者であるジェフ・ベゾスが設立した航空宇宙企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 459676,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459676,
            "tagId": 366272831,
            "tag": {
              "id": 366272831,
              "slug": "new-shepard",
              "name": "New Shepard(製品・サービス)",
              "description": "Blue Originの再利用可能な準軌道ロケット。"
            }
          },
          {
            "postId": 459676,
            "tagId": 674897814,
            "tag": {
              "id": 674897814,
              "slug": "manned-space-flight",
              "name": "有人宇宙飛行(用語)",
              "description": "有人宇宙飛行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459676,
            "tagId": 692508038,
            "tag": {
              "id": 692508038,
              "slug": "private-space-flight",
              "name": "民間宇宙飛行(用語)",
              "description": "民間宇宙飛行に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 459446,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 459446,
        "slug": "kao-space-laundry-sheet-3d-space-shampoo-sheet",
        "createdAt": "2021-11-22T12:42:48.000Z",
        "updatedAt": "2021-12-01T16:11:40.000Z",
        "title": "花王の衣類用洗浄シートと洗髪シートが国際宇宙ステーション・ISSに搭載決定、水を使わず清潔に",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.kao.com/jp/\" rel=\"noopener\">花王</a>は11月22日、衣類の汚れや匂いを取る衣類用洗浄シート「Space Laundry Sheet」(スペースランドリーシート)と、簡単に頭皮や髪の汚れを拭き取れる洗髪シート「3D Space Shampoo Sheet」(スリーディースペースシャンプーシート)が、JAXAの「宇宙生活/地上生活に共通する課題テーマ・解決策のアイデア募集」に採用され、2022年頃に国際宇宙ステーション(ISS)に搭載されることになったと発表した。</p>\n<p>水が貴重な宇宙ステーションでは、衣類の洗濯ができず、宇宙飛行士は同じ服を何日も着ることになる。汚れがひどい衣類は廃棄するしかない。また洗髪も、ごくわずかな水と特別なシャンプーを使い、シャンプーが飛散しないよう注意しながら行う必要がある。こうした状況を改善しようと、花王はこれらの製品を開発した。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-459448\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"766\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg 4214w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=300,224 300w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=768,574 768w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=1024,766 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=1536,1149 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=2048,1531 2048w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=535,400 535w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=400,299 400w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=738,552 738w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=481,360 481w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=230,172 230w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=125,93 125w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=491,367 491w, /wp-content/uploads/2021/11/sub2-2.jpg?resize=50,37 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>Space Laundry Sheetは、衣類用の洗浄液を染み込ませた不織布シート。水を使わず、汚れや匂いのある場所を拭き取ることができる。部分的ながら、洗濯機で洗ったときと同等の洗浄力があるという。抗菌、消臭成分も含まれている。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-459449\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"825\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg 3586w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=300,242 300w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=768,619 768w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=1024,825 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=1536,1238 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=2048,1651 2048w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=496,400 496w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=400,322 400w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=738,595 738w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=447,360 447w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=220,177 220w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=213,172 213w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=155,125 155w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=125,101 125w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=74,60 74w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=685,552 685w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=455,367 455w, /wp-content/uploads/2021/11/sub1-5.jpg?resize=50,40 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>3D Space Shampoo Sheetは、洗髪用の洗浄液を染み込ませた、凹凸のある不織布シート。凸部で頭皮をマッサージしながら、頭皮と毛根部分の汚れを拭き取ることができる。水を使わないため、飛散の心配がない。「さわやかなみずみずしい香り」が付いている。</p>\n<p>試作段階に宇宙飛行士に使ってもらいアンケートをとったところ、「地上より期待度を下げて適応していたISSでのやや不便な生活を、本品は快適にしてくれる可能性が高い」「運動後、短時間でリフレッシュするには効果的」などといった良好な反応が得られた。</p>\n<p>この開発から得られた知見は、宇宙空間のみならず、「被災時や入院時、さらには水不足の国や地域への応用も期待されます」と花王では話している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-008-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 459446,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 459446,
            "tagId": 186334,
            "tag": {
              "id": 186334,
              "slug": "iss",
              "name": "ISS / 国際宇宙ステーション(用語)",
              "description": "ISS / 国際宇宙ステーションに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459446,
            "tagId": 366276136,
            "tag": {
              "id": 366276136,
              "slug": "jaxa",
              "name": "JAXA / 宇宙航空研究開発機構(組織)",
              "description": "J宇宙航空研究開発機構。日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。"
            }
          },
          {
            "postId": 459446,
            "tagId": 366276530,
            "tag": {
              "id": 366276530,
              "slug": "astronaut",
              "name": "宇宙飛行士(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 459446,
            "tagId": 692511571,
            "tag": {
              "id": 692511571,
              "slug": "kao-corporation",
              "name": "花王(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 459446,
            "tagId": 692513290,
            "tag": {
              "id": 692513290,
              "slug": "public-health",
              "name": "公衆衛生(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 459355,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 459355,
        "slug": "jaxa-recruit-astronaut",
        "createdAt": "2021-11-22T08:37:55.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-23T09:44:19.000Z",
        "title": "JAXAが宇宙飛行士候補者の募集を開始、応募資格を大幅に緩和",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-full wp-image-459453\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg\" alt=\"JAXAが宇宙飛行士候補者の募集を開始、応募資格を大幅に緩和\" width=\"1024\" height=\"585\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg?resize=300,171 300w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg?resize=768,439 768w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg?resize=1024,585 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg?resize=1536,878 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg?resize=700,400 700w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg?resize=400,229 400w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg?resize=738,422 738w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg?resize=630,360 630w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg?resize=220,126 220w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg?resize=281,161 281w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg?resize=219,125 219w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg?resize=125,71 125w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg?resize=105,60 105w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg?resize=966,552 966w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg?resize=600,343 600w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-001.jpg?resize=50,29 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>現在、日本の宇宙飛行士7名の平均年齢は51歳。今のままでは月周回ステーション「ゲートウェイ」の搭乗が開始される2025年には、定年退職のために人数は4人となり、月面活動が本格化する2030年には2人に減る。そこでJAXAでは、月面探査などの新たなミッションに備えて、宇宙飛行士を<a target=\"_blank\" href=\"https://astro-mission.jaxa.jp/astro_selection/\" rel=\"noopener\">若干名募集</a>することになった。だが今回は、これまでと応募資格が大きく緩和された。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-459455\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?w=1024\" alt=\"JAXAが宇宙飛行士候補者の募集を開始、応募資格を大幅に緩和\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-002.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-459456\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?w=1024\" alt=\"JAXAが宇宙飛行士候補者の募集を開始、応募資格を大幅に緩和\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-004.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>申し込みには、エントリーシートの入力と健康診断書の提出が必要となる。</p>\n<h3>募集および選抜の実施概要</h3>\n<ul>\n<li><strong>採用人数</strong>:若干名</li>\n<li><strong>募集開始</strong>:2021年11月19日</li>\n<li><strong>受付期間</strong>:2021年12月20日から2022年3月4日まで</li>\n<li><strong>選抜結果発表</strong>:2023年2月ごろ</li>\n</ul>\n<h3>応募資格</h3>\n<ul>\n<li>2021年度末(2022年3月末)の時点で3年以上の実務経験を有すること。ただし、修士号取得者は1年、博士号取得者は3年の実務経験とみなす</li>\n<li>以下の医学的特性を有すること<br />\n<strong>身長</strong>:149.5〜190.5cm<br />\n<strong>視力、遠距離視力</strong>:両眼とも矯正視力1.0以上<br />\n<strong>色覚</strong>:正常(石原式による)<br />\n<strong>聴力</strong>:正常(背後2メートルの距離で普通の会話可能)</li>\n</ul>\n<p>JAXAが宇宙飛行士に求める人物像は要約するとこうなる。</p>\n<ul>\n<li>国際共同事業において多様性を尊重しつつ協調性とリーダーシップを発揮できる人</li>\n<li>国際宇宙探査ミッションに備えて、適応能力があり、極限環境でも柔軟な思考と着眼点で適時的確な判断ができる人</li>\n<li>ミッションで得た経験を世界中の人々と共有する表現力や発信力があり、人類の持続的な発展に貢献できる人。</li>\n</ul>\n<p>選抜において評価されるポイントは次の8つ。</p>\n<ul>\n<li>宇宙飛行士の職務に対して、明確な目的意識と達成意欲の強さ</li>\n<li>宇宙飛行士に求められる任務・訓練に耐えうる健康状態</li>\n<li>STEM分野の知識や論理的思考力、円滑な意思の疎通が図れる英語能力とともに、教育や実務経験等の中で取り組んできたことにおける専門性</li>\n<li>ミッション遂行能力(自己管理、コミュニケーション、状況認識、リーダーシップ、問題解決、チームワーク、マルチタスクなど)とともに、緊急事態にも迅速かつ的確に対処する能力</li>\n<li>業務環境、技術、社会の急速な進歩や変化に適用する身体能力、精神心理的適応性、強靭性を有し、未経験の知識や技量を速やかに習得する能力、未経験の作業に知識や技量を柔軟に活用して対応する能力</li>\n<li>日本人としての誇りを持ち、人文科学や社会科学分野を含む広範な素養と知識を有し、異文化、伝統、価値観に敬意を払う国際的なチームの一員にふさわしい態度</li>\n<li>自らの体験や成果などを外部に伝える豊かな表現力と発信力</li>\n<li>国内外で求められる高いコンプライアンス意識</li>\n</ul>\n<p>今回の宇宙飛行士候補者募集に向けて、JAXAでは一般から意見を募った。そこでは、学歴、専門性を問わないでほしい、女性枠を設けてほしい、任期制やクロスアポイントメントなど働き方を多様化してほしい、選考過程を透明化してほしい、落選者への対応がほしいといった意見が寄せられ、これらを反映しつつ、募集の方針は次のように決められた。</p>\n<ul>\n<li>学歴、専門は問わない。泳力、自動車運転免許証などは応募資格から除外</li>\n<li>募集人数が少ないので女性枠は設けず、女性応募奨励のための広報関連施策を行う</li>\n<li>働き方の多様性は、訓練の従事割合がほぼ100%、海外での訓練もあり難しい</li>\n<li>選考過程の透明性は、個人情報保護などを考慮しつつ、可能なものは積極的に公開する</li>\n<li>落選者へのフィードバックを検討する</li>\n</ul>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-459458\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?w=1024\" alt=\"JAXAが宇宙飛行士候補者の募集を開始、応募資格を大幅に緩和\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-006.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>選抜は、書類選考、第0次選抜から第3次選抜まで行われる。その中では、英語、一般教養、STEM(理工系)分野の試験、小論文、適正検査、医学検査、面接、資質特性検査など数々の審査が行われる。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-459459\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?w=1024\" alt=\"JAXAが宇宙飛行士候補者の募集を開始、応募資格を大幅に緩和\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-007.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<h3>選抜後の予定</h3>\n<ul>\n<li>JAXA入社、基礎訓練開始:2023年4月</li>\n<li>JAXA宇宙飛行士の認定: 2024年度末ごろ(2025年3月ごろ)</li>\n</ul>\n<p>選抜された宇宙飛行士候補者は、次の流れで訓練を行うようになる。</p>\n<ul>\n<li>国内を中心に宇宙飛行士候補者訓練を受け、宇宙飛行士に必要となる科学や技術の知識、ISS「きぼう」システムの概要などを学ぶ。英語、ロシア語も習得する</li>\n<li>候補者訓練の修了後、これらの訓練結果の評価によりJAXA宇宙飛行士に認定される</li>\n<li>ISS計画に参加する日本、米国、ロシア、欧州、カナダの宇宙機関にてISSの各システムとその操作技術などを学ぶ</li>\n<li>ISS搭乗が決定すれば、ミッション遂行に必要なISS操作手順、実験操作手順などの訓練と、有人輸送機の操作訓練などを行う</li>\n<li>米国が提案する国際宇宙探査(アルテミス計画)、有人輸送機(米国新型宇宙船)、ゲートウェイに関連した訓練を行う</li>\n</ul>\n<p>宇宙飛行士として予定されている宇宙活動は、以下のようなものだ。</p>\n<ul>\n<li>米国商業宇宙船などへの搭乗、 ISSでの滞在(長期)、ISSおよ「きぼう」システムの操作保全、実験研究、船外活動</li>\n<li>米国新型宇宙船への搭乗、ゲートウェイでの滞在(短期)、操作保全、実験研究、船外活動</li>\n<li>月面着陸船への搭乗、月面での滞在(短期)、月面での実験研究、月面での船外活動</li>\n</ul>\n<p>募集説明会が、「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.youtube.com/channel/UCAhnRoLLxjp7saH0xsH9yxQ\" rel=\"noopener\">JAXA公式YouTubeチャンネル</a>」において、2021年12月1日18:00〜20:20(予定)に行われる(ライブ配信後はアーカイブ配信)。<br />\n<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-459460\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg?w=1024\" alt=\"JAXAが宇宙飛行士候補者の募集を開始、応募資格を大幅に緩和\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg 1200w, /wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2021/11/event01_astro_selection.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-22-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 459355,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 459355,
            "tagId": 186334,
            "tag": {
              "id": 186334,
              "slug": "iss",
              "name": "ISS / 国際宇宙ステーション(用語)",
              "description": "ISS / 国際宇宙ステーションに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459355,
            "tagId": 364903014,
            "tag": {
              "id": 364903014,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙(用語)",
              "description": "宇宙に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459355,
            "tagId": 366271999,
            "tag": {
              "id": 366271999,
              "slug": "space-exploration",
              "name": "宇宙開発(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 459355,
            "tagId": 366276136,
            "tag": {
              "id": 366276136,
              "slug": "jaxa",
              "name": "JAXA / 宇宙航空研究開発機構(組織)",
              "description": "J宇宙航空研究開発機構。日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。"
            }
          },
          {
            "postId": 459355,
            "tagId": 366276530,
            "tag": {
              "id": 366276530,
              "slug": "astronaut",
              "name": "宇宙飛行士(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 459355,
            "tagId": 674897814,
            "tag": {
              "id": 674897814,
              "slug": "manned-space-flight",
              "name": "有人宇宙飛行(用語)",
              "description": "有人宇宙飛行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459355,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 459266,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 459266,
        "slug": "2021-11-20-astra-successfully-reaches-orbit-for-the-first-time-with-latest-rocket-launch",
        "createdAt": "2021-11-20T23:30:23.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-21T23:33:59.000Z",
        "title": "小型ロケット専門のAstraが前回の失敗を乗り越え初の軌道到達に成功",
        "content": "<p>軌道に到達した少数の(しかし増えつつある)ロケット打ち上げ会社に、新たに数えられるようになったスタートアップがある。Astra(アストラ)だ。アラメダに拠点を置くこのロケットスタートアップは、現地時間11月19日午後9時過ぎに、アラスカ州コディアックにある発射場からロケットを離陸させ、成功を収めた。</p>\n<p>Astraの「LV0007」ミッションは、8月に行われた試みに続くものだ。前回は、離陸直後に短いホバリングと横方向へのストゥレイフ運動という不安定なスタートを切り、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/31/2021-08-30-astras-first-commercial-launch-fails-to-reach-orbit/\" rel=\"noopener\">軌道に到達することなく終了した</a>。その後、同社は<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/12/astra-completes-investigation-into-august-launch-failure-aims-for-next-attempt-in-october/\" rel=\"noopener\">失敗の原因(エンジンの早期停止)</a>を調査し、LV0007の打ち上げを2021年10月末に設定した。しかし、天候の影響で打ち上げは延期された。</p>\n<p>今回の打上ちげと初の軌道到達の1年弱前に、同社はRocket 3.2の試験打上げで宇宙に到達した。そのミッションでは軌道の手前までいき、Astraのチームを含むすべての人を驚かせた。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">Astra just reached orbit! 7.61km/sec at our targeted 86.0 degree inclination at an altitude of 500km. The team worked hard for this. We&#8217;re just getting started, folks. <a href=\"https://twitter.com/hashtag/AdAstra?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw\">#AdAstra</a> <a href=\"https://t.co/NiMhCEsuCI\">pic.twitter.com/NiMhCEsuCI</a></p>\n<p>&mdash; Chris Kemp (@Kemp) <a href=\"https://twitter.com/Kemp/status/1461960864391598088?ref_src=twsrc%5Etfw\">November 20, 2021</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>迅速な対応と大量生産というAstraのロケット産業へのアプローチは、まだ満たされていないニッチな分野に適している。SpaceX(スペースエックス)のFalcon 9のような大型ロケットのライドシェアモデルに頼ったり、Rocket Lab(ロケットラボ)のElectronのようなものに比較的高い価格を支払ったりするのではなく、より多くの企業が専用のミッションで貨物を宇宙に運ぶことができるような価格設定で、小さなペイロードのロケットを製造することができる、とAstraは主張している。</p>\n<p>AstraのチーフエンジニアであるBenjamin Lyon(ベンジャミン・ライオン)氏は、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/events/tc-sessions-space-2021/#tickets\" rel=\"noopener\">2021年のTC SessionsのSpace部門</a>に参加する。今回のマイルストーンとなる成功について、話しが聞けるはずだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.johnkrausphotos.com/\" rel=\"noopener\">Astra / John Kraus</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/20/astra-successfully-reaches-orbit-for-the-first-time-with-latest-rocket-launch/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Darrell Etherington、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Astra.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 459266,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 459266,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 459266,
            "tagId": 692509091,
            "tag": {
              "id": 692509091,
              "slug": "astra",
              "name": "Astra(企業)",
              "description": "カリフォルニア州アラミーダのロケット打ち上げ企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 458801,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 458801,
        "slug": "tohoku-univ-kidney-in-space",
        "createdAt": "2021-11-18T07:32:25.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-18T08:50:38.000Z",
        "title": "東北大学、ISS日本実験棟「きぼう」に31日間滞在したネズミから宇宙で血圧や骨の厚みが変化する仕組みを解明",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.tohoku.ac.jp/japanese/\" rel=\"noopener\">東北大学</a>は11月17日、国際宇宙ステーション(ISS)に1カ月滞在したマウスを解析し、宇宙旅行の際には、腎臓が中心となって血圧や骨の厚さなどを変化させることを発見した。また1カ月の宇宙旅行では血中の脂質が増え、腎臓で余った脂質の代謝や排泄に関わる遺伝子が活性化していることもわかった。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/03/30/linkage-inc-fundraising/\">職域向けオンライン診療など健康支援プログラムを提供するリンケージが約5.5億円のシリーズA調達、上場準備室も設置</a></li><li><a href=\"/2022/03/25/2022-03-23-nvidias-clara-holoscan-mgx-means-to-bring-high-powered-ai-to-the-doctors-office/\">NVIDIAが高性能AIを医療の現場にもたらす、AI搭載の医療機器開発プラットフォーム「Clara Holoscan MGX」を発表</a></li><li><a href=\"/2022/03/22/scrumventures-femtech/\">パンデミック下で成長する多種多様なフェムテック企業、従業員への福利厚生としても注目が集まる</a></li></ul></div>東北大学大学院医学系研究科の鈴木教郎准教授と山本雅之教授らの研究グループは、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jaxa.jp/\" rel=\"noopener\">JAXA</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tsukuba.ac.jp/\" rel=\"noopener\">筑波大学</a>と共同で<a target=\"_blank\" href=\"https://iss.jaxa.jp/kiboexp/news/180511.html\" rel=\"noopener\">この実験</a>を実施した。同グループは、ISS日本実験棟「きぼう」に31日間滞在した12匹のマウスの腎臓を解析したところ、血圧と骨量の調整に関わる遺伝子群の発現量が変化していることを突き止めた。また、血液中の脂質が増加していて、腎臓で脂質代謝に関係する遺伝子の発現が増加していることもわかった。</p>\n<p>地上では、重力に逆らって姿勢を保ったり血液を体中に押し出す必要があるが、それらを必要としない微小重力環境では、体の基礎的なエネルギー消費量が低下する。これまで、宇宙では重力の変化により、血圧と骨の厚さに変化が起きることはわかっていたが、その仕組みは明らかになっていなかった。今回の研究で、そこに腎臓の遺伝子群が関わっていることが判明したわけだ。</p>\n<p>この結果から、宇宙旅行の際には、腎臓の健康状態を確認したり、薬剤などで腎臓の機能を調整するなどの腎臓の管理が重要になるとことが示された。今回得られたデータは、東北メディカル・メガバンク機構とJAXAが共同で整備する<a target=\"_blank\" href=\"https://humans-in-space.jaxa.jp/kibouser/pickout/72216.html\" rel=\"noopener\">公開データベース</a>に登録され、世界中の研究者がアクセスできるようになっている。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-18-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 458801,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 458801,
            "tagId": 186334,
            "tag": {
              "id": 186334,
              "slug": "iss",
              "name": "ISS / 国際宇宙ステーション(用語)",
              "description": "ISS / 国際宇宙ステーションに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458801,
            "tagId": 366270781,
            "tag": {
              "id": 366270781,
              "slug": "medical",
              "name": "医療 / 治療 / MedTech / メドテック(用語)",
              "description": "医療 / 治療 / MedTech / メドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458801,
            "tagId": 366271869,
            "tag": {
              "id": 366271869,
              "slug": "healthcare",
              "name": "健康 / 健康管理 / ヘルスケア(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 458801,
            "tagId": 366276136,
            "tag": {
              "id": 366276136,
              "slug": "jaxa",
              "name": "JAXA / 宇宙航空研究開発機構(組織)",
              "description": "J宇宙航空研究開発機構。日本の航空宇宙開発政策を担う国立研究開発法人。"
            }
          },
          {
            "postId": 458801,
            "tagId": 674897097,
            "tag": {
              "id": 674897097,
              "slug": "tohoku-university",
              "name": "東北大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 458801,
            "tagId": 692513118,
            "tag": {
              "id": 692513118,
              "slug": "tsukuba",
              "name": "筑波大学(組織)",
              "description": "筑波大学に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 458805,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 458805,
        "slug": "2021-11-17-spacex-aims-to-conduct-first-orbital-flight-of-starship-in-january-musk-says",
        "createdAt": "2021-11-18T04:20:29.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-18T12:03:51.000Z",
        "title": "マスク氏、人類を他の惑星に送り出す大規模打ち上げシステム「Starship」の初軌道飛行は2022年1月が目標",
        "content": "<p>SpaceXは、史上最大の超重量級打ち上げシステムStarshipの開発を、驚異的なペースで進めている。そして同社CEOのElon Musk(イーロン・マスク)氏は、2022年中に軌道に達するあろうことに「安心」している。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/02/15/2022-02-14-spacex-plans-its-first-commercial-spacewalk-for-this-year/\">スペースX、初の商業宇宙遊泳を年内に計画</a></li><li><a href=\"/2022/02/12/2022-02-11-elon-musks-spacex-starship-event-leaves-a-lot-of-questions-around-the-companys-big-rocket/\">イーロン・マスク氏のSpaceX Starshipイベントで残る大型ロケットをめぐる多くの疑問</a></li><li><a href=\"/2021/11/18/2021-11-17-spacex-aims-to-conduct-first-orbital-flight-of-starship-in-january-musk-says/\">マスク氏、人類を他の惑星に送り出す大規模打ち上げシステム「Starship」の初軌道飛行は2022年1月が目標</a></li></ul></div>マスク氏は、全米アカデミー初のSpace Studies Board(宇宙研究委員会)およびBoard on Physics and Astronomy(物理・天文学委員会)の合同バーチャル会議で、いつも哲学的方向に脱線しがちなコメントの数々を披露した。シンプルに「SpaceX Starship Discussion(SpaceX Starshipに関する議論)」と題された講演とその後の質疑応答で、同社の次世代システムの技術、運用面の詳細についてアカデミー会員からの質問に答えた。</p>\n<p>マスク氏は、テキサス州ボカチカにある同社の広大な施設、Starbase(スターベース)の発射台と発射タワーを2021年11月中に完成させ、最初の軌道投入を2022年1月に行うことを目指している。その後、2022年中に10回あるいはそれ以上の打ち上げが続くだろうとマスク氏は述べた。</p>\n<p>ただしそれは、Starshipが1月に軌道に到達するという意味ではないことをマスク氏が慎重に補足した。「最初の打ち上げには多くのリスクがともないます。成功する可能性が高いというつもりはありませんが、大きな進歩を遂げるだろうと私は考えています」と彼はいう。</p>\n<p>1月の打ち上げを阻むもう1つの障壁は、当局の認可だ。SpaceXのStarbaseにおける打ち上げ事業は、現在、連邦航空局(FAA)の環境評価を受けている。FAAは今週、12月31日までに審査を終える予定だと語っているため、すべてがマスク氏の計画どおりに進めば、1月打ち上げは最速実行可能日となる。</p>\n<p>マスク氏は、Starshipの打ち上げを約2年以内にFalcon 9よりも安い価格で販売開始することも予測した。これは、NASAの有人月面着陸システム(HLS)に関するSpaceXの提案に書かれた日程よりさらに早い(HLSはNASAのアルテミス計画の一環として、アボロ計画以来初めて人間を月に送り込むプログラムで、<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-04-16-spacex-wins-nasa-contract-to-develop-human-landing-system-for-returning-to-the-moon/\" rel=\"noopener\">SpaceXが単独指名を勝ち取った</a>。Artemis 3と呼ばれるその打ち上げは、<a target=\"_blank\" href=\"/archives/2021-11-09-crewed-artemis-moon-landing-pushed-back-to-2025-nasa-says/\" rel=\"noopener\">現在、2025年に予定されている</a>)。</p>\n<h2>Starshipの歩みは速い</h2>\n<p>Starshipのスケールを大げさに語ることは難しい。宇宙船Starshipと打ち上げロケットSuper Heavy(スーパーヘビー)からなる同システムは、歴史上どの打ち上げシステムよりも大規模だ。完成時の高さは<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/08/06/spacex-stacks-the-full-starship-launch-system-for-the-first-time-standing-nearly-400-feet-tall/\" rel=\"noopener\">120メートル</a>になる(NASAが開発中のSpace Launch Systemと宇宙船Orionはフル装備で98メートル)。Starshipは100トン以上の積載物を繰り返し軌道に送り込む能力があり、マスク氏がいう「太陽系のための汎用輸送機構」として機能する。</p>\n<p>しかしマスク氏の目標Starshipを1台か2台、いや10台作ることでもない。講演の中で同氏は、真に複数惑星の生活を送るためには、人類は約1000基の打ち上げシステムを必要とするだろうと推計した。そしてSpaceXは、それを大量(あるいは限りなくそれに近く)生産するための工場を作っている。</p>\n<p>同社はStarshipの開発を高速で進めている。去る2021年5月、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/05/05/spacex-successfully-launches-and-lands-its-starship-prototype-rocket/\" rel=\"noopener\">SpaceXはStarshipの15番目のプロトタイプを打ち上げ</a>、ロケットは高度約9.1kmに達した後、垂直着陸に成功した。それは打ち上げ機が無傷のうちに終えた初めてのテストだった。</p>\n<p>「SpaceXの最重要目標は、宇宙テクノロジーを進化させ、人間が複数惑星種に、究極的には宇宙を旅する文明となり、SFで読んだものごとを実現しフィクションではないものにすることです」と、マスク氏は全米アカデミー会員に語った。</p>\n<p>「これは意識の光を長期的に維持するために、非常に重要なことだと思っています」。</p>\n<p>マスク氏のトークは以下で確認することができる。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/rLydXZOo4eA?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.youtube.com/channel/UCC0ACVS3eVMjiq093H5KR2w\" rel=\"noopener\">National Academies</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/17/spacex-aims-to-conduct-first-orbital-flight-of-starship-in-january-musk-says/\" rel=\"noopener noreferrer\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Nob Takahashi / <a target=\"_blank\" href=\"https://www.facebook.com/nobuotakahashi\" rel=\"noopener\">facebook</a> )</p>\n",
        "authorId": 46898867,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Screen-Shot-2021-11-17-at-18.06.15.png",
        "author": {
          "id": 46898867,
          "slug": "tcjpnobuo",
          "name": "Nobuo Takahashi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 458805,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 458805,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 458805,
            "tagId": 1244446,
            "tag": {
              "id": 1244446,
              "slug": "elon-musk",
              "name": "Elon Musk / イーロン・マスク(人物)",
              "description": "イーロン・マスク氏に関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 458805,
            "tagId": 366280541,
            "tag": {
              "id": 366280541,
              "slug": "starship",
              "name": "Starship(製品・サービス)",
              "description": "StarshipはSpaceXが開発する宇宙船。"
            }
          },
          {
            "postId": 458805,
            "tagId": 681520148,
            "tag": {
              "id": 681520148,
              "slug": "space-ship",
              "name": "宇宙船(用語)",
              "description": "宇宙船に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458805,
            "tagId": 681520963,
            "tag": {
              "id": 681520963,
              "slug": "planets",
              "name": "惑星(用語)",
              "description": "惑星に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 458701,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 458701,
        "slug": "2021-11-16-hydrosat-closes-another-10m-in-funding-for-ground-temperature-analytics-product",
        "createdAt": "2021-11-18T00:15:53.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-17T23:43:16.000Z",
        "title": "人工衛星で地表温度データを収集・解析するHydrosatがさらに11.4億円の資金調達",
        "content": "<p>地理空間データのスタートアップである<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hydrosat.com/\" rel=\"noopener\">Hydrosat</a>(ハイドロサット)は、地表温度分析製品の商業化を加速するため、シードラウンドで1000万ドル(約11億4000万円)を確保した。</p>\n<p>Hydrosatは、赤外線センサーを搭載した人工衛星を使って地表の温度データを収集することを目指している。同社がサブスクデータ分析プロダクトとして販売する予定の温度データでは、水ストレス、山火事の脅威、干ばつに関する理解を深めることができる。カリフォルニア州での記録的な干ばつの年、米国西部で歴史的な火災シーズンが終わる今、その3つが将来も起こると予想することは極めてやさしい。</p>\n<p>Hydrosatは、継続的な情報収集を計画している。各衛星が地球上のあらゆる範囲を継続的に監視するため、それぞれの衛星に特定の地域を監視させる必要がないという意味だ。</p>\n<p>「環境モニタリングや農林業における多くの利用例で、そのことが非常に有益になっています。我々はデータを、将来のためにライブラリに保存しているため、その日、翌週、翌々年など、いつでも使えるのです」と同社のCEOであるPieter Fossel(ピーター・フォッセル)氏は最近のインタビューで語っている。</p>\n<p>6月に<a target=\"_blank\" href=\"/2021/06/18/2021-06-17-hydrosat-raises-5m-seed-round-to-deliver-ground-temperature-data-to-customers/\" rel=\"noopener\">500万ドル(約5億7000万円)の資金調達を完了</a>後、またすぐに資金調達を行うことにしたのは「チャンスがあった」からだとフォッセル氏はいう。「我々は、ヨーロッパに拠点を置くすばらしいグループであるOTB Venturesと繋がりをもちました。同社はレーダー衛星のICEYEをはじめ、この分野の先進的な企業に出資してきました」。</p>\n<p>「これまで既存の投資家シンジケートから得たサポートもありましたが、それに加え、この新しい投資家と一緒に仕事をする機会に恵まれたのです」とフォッセル氏は付け加えた。</p>\n<p>今回の追加資金は、商用のサブスクリプション向けアナリティクス製品の2022年初頭の発売や、同年後半に宇宙サービスプロバイダーのLoft Orbitalと共同で実施する最初の衛星ミッションを十分に検討するために使用される。また、同社は、市場投入までの時間短縮のために従業員を大幅に増やすことできる。</p>\n<div id=\"attachment_458703\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-458703\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-458703 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"575\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png 2048w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=300,168 300w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=768,431 768w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=1024,575 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=1536,862 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=713,400 713w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=400,224 400w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=738,414 738w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=220,123 220w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=223,125 223w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=984,552 984w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=600,337 600w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat2.png?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-458703\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Hydrosat</p></div>\n<p>同社は、資金調達のニュースと同時に、スイスの多国籍テクノロジー企業であるABBと協力し、宇宙で使う熱赤外機器を製造することを明らかにした。ABBは、これまでにNASA(米航空宇宙局)、カナダ宇宙庁、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)、および民間企業向けにイメージャーやセンサーを製造してきた。ABBが製造した赤外線イメージャーは現在、同名の会社が運営する温室効果ガスの排出量を検出・測定する宇宙機「GHGSat」に搭載されている。</p>\n<p>また、Hydrosatは、NASAのランドサットプログラムの熱赤外データの調整を行っているロチェスター工科大学と提携している。同社が政府機関との取引を成功させるには、すでに政府機関と取引実績がある企業や機関との契約の確保が鍵となりそうだ。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/03/29/synspective-fundraising/\">衛星データ解析によるソリューション提供や小型SAR衛星の開発・運用を行うSynspectiveが119億円のシリーズB調達</a></li><li><a href=\"/2022/03/29/2022-03-28-pixxel-takes-orbital-imagery-hyperspectral-with-25m-a-round/\">ハイパースペクトル衛星画像提供するPixxel、衛星コンステレーションの打ち上げに向けて約31億円調達</a></li><li><a href=\"/2022/03/29/arkedgespacefundraising/\">衛星コンステレーション構築を目指すアークエッジ・スペースがシリーズA追加クローズとして約6.3億円調達</a></li></ul></div>Hydrosatは、すでに欧州宇宙機関との契約と、米空軍および国防総省との3つのSBIR(Small Business Innovation Research)契約を獲得した。空軍との契約の一環として、同社はニューメキシコ州の高高度気球に第1世代のイメージャーを搭載し、宇宙との境界まで飛行させた。同社にとって重要な技術的マイルストーンとなった。熱赤外画像を収集し、その処理と調整が正確に行えるようになったからだ。</p>\n<p>また、同社は商業分野にも目を向ける。フォッセル氏は、農業や環境分野の企業とすでに契約を結んでいると付け加えたが、詳細は明らかにしなかった。</p>\n<p>中期的な目標として、同社は16機の衛星を打ち上げたいと考えている。フォッセル氏によると、衛星群の数は、同社が提供できるデータの頻度ほど重要ではないという。中期目標を理解するには、データ収集の頻度が鍵となる。同社は、地球上のあらゆる場所で毎日熱赤外画像を撮影できるようにしたいと考えている。「それが中期的な目標であり、衛星群の規模は単にそれを実現する手段にすぎません」。</p>\n<p>今回の資金調達ラウンドはOTB Venturesがリードし、Freeflow Ventures、Cultivation Capital、Santa Barbara Venture Partners、Expon Capitalも参加した。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hydrosat.com/\" rel=\"noopener\">Hydrosat</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/16/hydrosat-closes-another-10m-in-funding-for-ground-temperature-analytics-product/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Hydrosat.png",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 458701,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 458701,
            "tagId": 16897,
            "tag": {
              "id": 16897,
              "slug": "climate-change",
              "name": "気候変動(用語)",
              "description": "気候変動に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458701,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458701,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458701,
            "tagId": 366271491,
            "tag": {
              "id": 366271491,
              "slug": "environmental-issues",
              "name": "環境 / 環境問題 / 環境保護(用語)",
              "description": "環境 / 環境問題 / 環境保護に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458701,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 458701,
            "tagId": 366281204,
            "tag": {
              "id": 366281204,
              "slug": "infrared",
              "name": "赤外線(用語)",
              "description": "赤外線に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458701,
            "tagId": 692514036,
            "tag": {
              "id": 692514036,
              "slug": "ground-temperature",
              "name": "地表温度 / 地温(用語)",
              "description": "地表温度 / 地温に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458701,
            "tagId": 692514037,
            "tag": {
              "id": 692514037,
              "slug": "hydrosat",
              "name": "Hydrosat(企業)",
              "description": "熱赤外センサーを搭載した衛星を使って地表温度データを収集する地理空間データ分析スタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 458604,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 458604,
        "slug": "2021-11-02-the-googler-who-came-to-monetize-space",
        "createdAt": "2021-11-17T08:30:11.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-17T08:06:03.000Z",
        "title": "グーグラーが宇宙をマネタイズ、Axiom Spaceの民間宇宙ステーションが提供するさまざまなサービス",
        "content": "<p>次期国際宇宙ステーションを建設するAxiom Space(アクシオム・スペース)は、2021年初めに10億ドル(約1148億6000万円)規模の評価を受けた後、Google(グーグル)出身のTejpaul Bhatia(テジポール・バティア)氏を同社初のCRO(最高収益責任者)に採用した。同氏は宇宙エコシステムの成長と収益化を担うことになる。</p>\n<p>2017年、バティア氏はCiti Ventures(シティ・ベンチャーズ)でエグゼクティブ・イン・レジデンスを務めていた際にAxiomを紹介され、同社がNASAとの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nasa.gov/press-release/nasa-selects-first-commercial-destination-module-for-international-space-station\" rel=\"noopener\">1億4000万ドル(約159億円)</a>の契約を獲得した後の2020年にエンジェル投資家として投資。その後7月、リーダーシップチームの一員として参加することになった。</p>\n<div id=\"attachment_458610\" style=\"width: 310px\" class=\"wp-caption alignleft\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-458610\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-458610 size-medium\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?w=300\" alt=\"\" width=\"300\" height=\"300\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg 750w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=150,150 150w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=300,300 300w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=400,400 400w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=738,738 738w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=360,360 360w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=380,380 380w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=220,220 220w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=172,172 172w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=125,125 125w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=60,60 60w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=552,552 552w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=367,367 367w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=32,32 32w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=50,50 50w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=64,64 64w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=96,96 96w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=128,128 128w, /wp-content/uploads/2021/11/Tejpaul-Bhatia.jpg?resize=80,80 80w\" sizes=\"(max-width: 300px) 100vw, 300px\" /><p id=\"caption-attachment-458610\" class=\"wp-caption-text\">Axiom SpaceのCRO(最高収益責任者)であるTejpaul Bhatia(テジポール・バティア)氏(画像クレジット:Axiom Space)</p></div>\n<p>しかし、宇宙分野におけるパイオニアはAxiomだけではない。NASAとの契約金<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/24/2021-10-22-voyager-nanoracks-and-lockheeds-starlab-is-the-latest-sign-that-the-low-earth-orbit-economy-is-coming/\" rel=\"noopener\">4億ドル(約454億円)</a>をめぐって、宇宙空間に進出しようと目論む宇宙ベンチャー企業のゴールドラッシュは始まっている。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.geekwire.com/2019/blue-origin-boeing-space-stations/\" rel=\"noopener\">十数社のコントラクター</a>がこの競争への参加を表明しており、2021年10月には2社が発表された。10月22日には、Lockheed Martin(ロッキード・マーティン)がVoyager Space(ボイジャー・スペース)およびNanoracks(ナノラックス)と提携して2027年までに<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/22/2021-10-21-nanoracks-lockheed-martin-and-voyager-space-plan-to-launch-crewed-commercial-space-station-by-2027/\" rel=\"noopener\">宇宙ステーション「Starlab」</a>を打ち上げるという入札を行っており、また10月25日には、Blue Origin(ブルーオリジン)がSierra Space(シエラ・スペース)およびBoeing(ボーイング)と提携して、2025年から2030年の間に<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/26/2021-10-25-blue-origin-boeing-and-others-join-sierra-space-to-build-commercial-space-station/\" rel=\"noopener\">宇宙ステーション「Orbital Reef」</a>を打ち上げるという計画をJeff Bezos(ジェフ・ベゾス)氏が発表している。</p>\n<p>Axiomの役割はというと、2028年に退役する予定のISSからシームレスに移行するために、ISSに増築を行いながら段階的にAxiom Stationを建設するという計画をNASAが承認している。</p>\n<p>最初のモジュールである「Hub 1」は2024年にドッキングする予定で、研究施設と4人のクルーのための居住区があり、タッチスクリーンの通信パネルと大きな窓が設置される予定だ。2025年には同様の設備を備えた2番目のモジュール「Hub 2」が計画されている。2026年には微小重力実験室の建設が続くという。そして2027年には、太陽電池アレイを搭載したパワータワーが3つのモジュールに取り付けられ、ISSのキャパシティを2倍にするAxiom Stationが形成される。2028年にはAxiom Stationが切り離され、自己軌道に乗り始めるという計画である。</p>\n<p>WeWorkの地球外リトリート施設や研究機関の研究ハブとして機能するだけでなく、小国が独自の宇宙プログラムを立ち上げるための手段になる巨大な工業施設を今後7~10年の間に地球低軌道上に建設するという野望について、TechCrunchはバティア氏に話を伺った。</p>\n<p>これが同氏の考える、Googleの戦略を見習った最後のフロンティアをマネタイズする方法だ。</p>\n<div id=\"attachment_458609\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-458609\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-458609 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg 1600w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-Timeline.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-458609\" class=\"wp-caption-text\">Axiom Stationのタイムライン(画像クレジット:Axiom Space)</p></div>\n<h2>究極の旅を予約</h2>\n<p>Axiom Spaceは、国際宇宙ステーションの元マネージャーであるMichael Suffredini(マイケル・スフレディーニ)氏とIntuitive Machines(インテュイティブ・マシンズ)の共同創業者であるKam Ghaffarian(カム・ガファリアン)氏によって2016年に設立された。2月にはC5 Capital(C5キャピタル)が主導する<a target=\"_blank\" href=\"/2021/02/17/2021-02-16-axiom-space-raises-130-million-for-its-commercial-space-station-ambitions/\" rel=\"noopener\">1億3000万ドル(約147億7000万円)</a>のシリーズBラウンドをクローズし、リードインベスターであるBlue Originの元社長Rob Meyerson(ロブ・マイヤーソン)氏が取締役に就任。これまでに総額1億5000万ドル(約170億4000万円)を調達している。同社はヒューストンに本社を置き、300人以上の従業員を擁している。</p>\n<p>Axiomの主な収入源は、ISSでの短期滞在向けのエンド・ツー・エンドのミッションプロバイダーとなることによるものだ。つまり宇宙飛行士訓練とSpaceX(スペースエックス)による往復輸送(食料、水、酸素、通信、データ、電源などの必需品を含む)をパッケージ化し、7~10日間のオールインクルーシブ滞在を民間に販売するというわけだ。また、ISSの微小重力実験室で行う実験のためのリサーチミッションを販売する他、コンテンツやメディアのスポンサーシップの販売にいたってはすでに開始されている。</p>\n<p>2022年には2つのミッションが予定されている。NASAの元宇宙飛行士でAxiomの副社長であるMichael López-Alegria(マイケル・ロペス=アレグリア)氏が、<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/Axiom_Space/status/1442504464758284289?s=20\" rel=\"noopener\">2月21日</a>に予定されている最初のミッション<a target=\"_blank\" href=\"https://www.axiomspace.com/ax1\" rel=\"noopener\">「Ax1」</a>を指揮し、投資家のLarry Connor(ラリー・コナー)氏、Mark Pathy(マーク・パシー)氏、Eytan Stibbe(エイタン・スティッベ)氏がクルーを務めるという。ワシントン・ポスト紙は、チケット価格を乗客1人当たり<a target=\"_blank\" href=\"https://www.washingtonpost.com/technology/2021/01/26/private-space-flight-axiom/\" rel=\"noopener\">5500万ドル(約62億5000万円)</a>と報じている。</p>\n<p>2つ目のミッション<a target=\"_blank\" href=\"https://www.axiomspace.com/press-release/ax2\" rel=\"noopener\">「Ax2」</a>は2022年後半に計画されており、宇宙滞在時間の米国最長記録を持つNASAの引退宇宙飛行士Peggy Whitson(ペギー・ウィットソン)氏と、米国の投資家でレーシングカーのドライバーおよびパイロットでもあるJohn Shoffner(ジョン・ショフナー)氏が参加する予定だ。まだ2つの席が空いているはずだが、Elon Musk(イーロン・マスク)氏とともに<a target=\"_blank\" href=\"https://www.newsweek.com/elon-musk-helping-tom-cruise-go-space-movie-nasa-1533780\" rel=\"noopener\">2億ドル(約227億1000万円)のユニバーサル映画</a>を製作中で、<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/JimBridenstine/status/1257752395750289409?s=20\" rel=\"noopener\">NASA</a>からも飛行すると噂されているTom Cruise(トム・クルーズ)氏がこのフライトに参加するのか否かは、Axiomは明らかにしていない。</p>\n<p>3回目と4回目のミッションは2023年に計画されており、いずれかのミッションにはDiscovery Channel(ディスカバリーチャンネル)の競争型リアリティテレビ番組<a target=\"_blank\" href=\"/2020/09/18/2020-09-17-contestants-will-compete-for-a-spacex-trip-to-the-international-space-station-in-new-reality-tv-show/\" rel=\"noopener\">「Who Wants To Be An Astronaut?」</a>の優勝者が参加する予定だ。</p>\n<p>この分野におけるAxiomの競合他社には、1998年にBOLD Capital(ボールドキャピタル)のPeter Diamandis(ピーター・ディアマンディス)氏が共同設立した<a target=\"_blank\" href=\"https://spaceadventures.com/\" rel=\"noopener\">Space Adventures(スペース・アドベンチャーズ)</a>がある。同社はこれまでに、Cirque du Soleil(シルク・ドゥ・ソレイユ)の共同創設者であるGuy Laliberté(ギー・ラリベルテ)氏を含む7人の民間人を、ロシアの宇宙機関Roscosmos(ロスコスモス)を通じてISSに輸送してきた。2023年に予定されている同社2回目のISSへのミッションは宇宙遊泳だ。SpaceNews(スペースニュース)によると、同社は2021年後半にSpaceXによる軌道旅行を計画していたものの、需要の少なさのために<a target=\"_blank\" href=\"https://spacenews.com/space-adventures-no-longer-planning-crew-dragon-flight/\" rel=\"noopener\">キャンセル</a>されている。</p>\n<p>億万長者のRichard Branson(リチャード・ブランソン)氏、Jeff Bezos(ジェフ・ベゾス)氏、Elon Musk(イーロン・マスク)氏が、スタートレックのWilliam Shatner(ウィリアム・シャトナー)氏などの民間人を宇宙の果てまで連れて行くという話がここ数カ月湧いていたが、実際市場はチケット代を払える人に限られている。</p>\n<p>幸いなことに、億万長者らはAxiomのターゲットではない。</p>\n<div class=\"slideshow slideshowify\">\n    <ol><li>\n            <div class=\"image\"><img data-thumb=\"/wp-content/uploads/2021/11/Render-Axiom-Station.jpg?w=80&amp;h=60&amp;crop=1\" data-trigger-notification=\"1\" data-scalable=\"false\" alt=\"\" data-src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Render-Axiom-Station.jpg?w=1024\" data-tc-lazyload=\"deferred\" src=\"/wp-content/themes/techcrunch-jp-2015/assets/images/1x1.png\" /></div>\n            <h3 class=\"title\">Render-Axiom-Station</h3>\n            <div class=\"caption\">画像クレジット:Axiom Space</div>\n            <div class=\"credit\"></div>\n        </li><li>\n            <div class=\"image\"><img data-thumb=\"/wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-rendering-2.jpg?w=80&amp;h=60&amp;crop=1\" data-trigger-notification=\"1\" data-scalable=\"false\" alt=\"\" data-src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-rendering-2.jpg?w=1024\" data-tc-lazyload=\"deferred\" src=\"/wp-content/themes/techcrunch-jp-2015/assets/images/1x1.png\" /></div>\n            <h3 class=\"title\">Axiom-Station-rendering-2</h3>\n            <div class=\"caption\">画像クレジット:Axiom Space</div>\n            <div class=\"credit\"></div>\n        </li><li>\n            <div class=\"image\"><img data-thumb=\"/wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-rendering.jpg?w=80&amp;h=60&amp;crop=1\" data-trigger-notification=\"1\" data-scalable=\"false\" alt=\"\" data-src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Axiom-Station-rendering.jpg?w=1024\" data-tc-lazyload=\"deferred\" src=\"/wp-content/themes/techcrunch-jp-2015/assets/images/1x1.png\" /></div>\n            <h3 class=\"title\">Axiom-Station-rendering</h3>\n            <div class=\"caption\">画像クレジット:Axiom Space</div>\n            <div class=\"credit\"></div>\n        </li><li>\n            <div class=\"image\"><img data-thumb=\"/wp-content/uploads/2021/11/Axiom-featured-1.jpg?w=80&amp;h=60&amp;crop=1\" data-trigger-notification=\"1\" data-scalable=\"false\" alt=\"\" data-src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Axiom-featured-1.jpg?w=1024\" data-tc-lazyload=\"deferred\" src=\"/wp-content/themes/techcrunch-jp-2015/assets/images/1x1.png\" /></div>\n            <h3 class=\"title\">Axiom-featured</h3>\n            <div class=\"caption\">画像クレジット:Axiom Space</div>\n            <div class=\"credit\"></div>\n        </li></ol>\n    <div class=\"enter-wrapper\">\n        <a class=\"enter\" href=\"#\">&nbsp;<span class=\"enter-text\">View Slideshow</span></a>\n    </div>\n    <div class=\"controls\">\n        <a class=\"prev icon-arrow-left\" href=\"#\"><span class=\"is-vishidden\">Previous</span></a>\n        <a class=\"next icon-arrow\" href=\"#\"><span class=\"is-vishidden\">Next</span></a>\n        <a class=\"exit\" href=\"#\">Exit</a>\n    </div>\n</div>\n<p>&nbsp;</p>\n<p>&nbsp;</p>\n<h2>スカイシティへようこそ</h2>\n<p>ネオン輝く天空のビルの周りをスペースカーが疾走するThe Jetsons(宇宙家族ジェットソン)のようにはいかないかもしれないが、2024年にAxiomが最初の居住施設をISSにドッキングさせるとき、事態はかなりおもしろくなるだろう。</p>\n<p>バティア氏によるとAxiomは今後ISSの容量制限を受けなくなるため、さらに多くの部屋や研究施設を建設することができ、より多くのミッションを提供できるようになるという。Axiomは需要に応じて、Boeingの<a target=\"_blank\" href=\"https://blogs.nasa.gov/commercialcrew/2021/10/08/nasa-boeing-update-starliner-orbital-flight-test-2-status/\" rel=\"noopener\">Starliner</a>を含む、SpaceXのような他のロケットプロバイダーとの協力も承認さえおりれば考慮したいと考えている。</p>\n<p>バティア氏は2024年が収益成長の重要な変曲点になると考えている。</p>\n<p>「Axiomステーションが稼働し始めれば、企業や機関、政府が物理的スぺースやデジタルスペースをカスタムメイドで構築、購入、リースできるハイブリッドモデルになるでしょう」と同氏。</p>\n<p>「私たちの物理的スペースのクールな点は、ラボ、データセンター、居住スペースなどのモジュールが、レゴのように切り離され飛び回り、再構築できるということです」。</p>\n<p>しかしバティア氏は、アプリで部屋を予約できるような宇宙ホテルなどとは決して呼ばれたくないようだ。Axiom Stationは独自の宇宙プログラムを構築しようとしている政府から、微小重力実験室やコロケーション製造施設を必要としている企業や機関まで、さまざまな顧客を想定した巨大な産業用宇宙施設であると同氏は考えている。</p>\n<p>「私たちは食料、水、酸素、生命維持システム、帯域幅、データ、インサイト、エッジコンピューティング、通信、電力など、あらゆる企業、機関、政府が軌道上で運営するために必要なものが完備された物理的スペースを提供します」と同氏。</p>\n<p>「さらにエキサイティングなことに、iPhoneのセンサーを使ってアプリケーションを開発するのと同じように、開発者が船上のセンサーやその他の機器を使ってビジネスを構築することができる、インフラストラクチャ・アズ・ア・サービスとして販売するデジタルプラットフォームを提供することもできます」。</p>\n<div id=\"attachment_458608\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-458608\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-458608 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"640\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg 1600w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=300,188 300w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=768,480 768w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=1024,640 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=1536,960 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=640,400 640w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=400,250 400w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=738,461 738w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=576,360 576w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=220,138 220w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=275,172 275w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=200,125 200w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=125,78 125w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=96,60 96w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=883,552 883w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=405,253 405w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=587,367 587w, /wp-content/uploads/2021/11/crew-station-quarters2.jpg?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-458608\" class=\"wp-caption-text\">Axiomのクルーステーション・クォーターのレンダリング画像(画像クレジット:Axiom Space)</p></div>\n<p>Axiom StationのOSをサードパーティが開発できるようなソフトウェア開発キットを実際に制作するかどうかは不明だが、バティア氏はAxiom Stationのセンサーの用途として、スペースデブリや地球の気候のモニタリングが考えられると話している。</p>\n<p>またバティア氏は、宇宙開発の予算がある国とまだ予算がない国の両方の市場を想定している。</p>\n<p>「私たちの目標は、ISSが寿命を迎えたときに、すべての人のための完全なサービスと機能を備えたプライベートステーションを提供してギャップが生じないようにすることです。ある国の予算が数十億ドルであろうと、その数分の一であろうと、私たちはその国のニーズに合ったソリューションを作ることができるでしょう」。</p>\n<p>NASA、ESA(欧州宇宙機関)、JAXA(宇宙航空研究開発機構)、Canadian Space Agency(カナダ宇宙庁)、Roscosmosが、ISSの後継機として年間<a target=\"_blank\" href=\"https://oig.nasa.gov/docs/IG-18-021.pdf\" rel=\"noopener\">20億ドル(約2256億7000万円)から30億ドル(約3385億5000万円)の収益</a>をAxiom Stationに移すことをバティア氏は期待している。Morgan Stanley(モルガン・スタンレー)のレポートによると、商業宇宙部門は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.morganstanley.com/ideas/investing-in-space\" rel=\"noopener\">2020年に3500億ドル(約39兆4683億円)、2040年には1兆ドル(約112兆7370億円)</a>になると予想されており、Axiomとしては長期的にこの数千億ドル規模の市場にサービスを提供できるようになりたいと考えている。</p>\n<h2>グーグラーの出番</h2>\n<p>シリアルアントレプレナー、投資家、そしてGoogle Cloud(グーグルクラウド)のスタートアップエコシステムの構築に貢献した技術者として、バティア氏は宇宙経済にはベンチャーキャピタルの考え方が必要だと伝えている。</p>\n<p>「最高収益責任者である私の使命は、今後7年から10年の間にビジネス、産業、市場が飛躍的に成長するための発射台となる超成長ビジネスプラットフォームを構築することです。これは、政府の税金で運営されてきたこれまでの宇宙産業とはまったく異なるモデルであり、民間企業の方がこれを達成するのにはるかに適しています」。</p>\n<p>バティア氏はStarlabやOrbital Reefとの競争を歓迎すると同時に、Axiomがこれらの数年先を行っていると同氏は確信を持っている。</p>\n<div id=\"attachment_458607\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-458607\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-458607 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg 1600w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2021/11/Fabrication-of-Axiom-plant.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-458607\" class=\"wp-caption-text\">イタリア、トリノのThales Alenia(TASI)の工場でAxiom Hub 1を製作中(画像クレジット:Axiom Space)</p></div>\n<p>「仕事を始めて100日ちょっとですが、このプロジェクトが理屈上の話だけではないことがわかりました。金属が曲げられ、人々が集まり、契約が結ばれています。最初のモジュールはすでにイタリアのThales Alenia(タレス・アレーニア)の工場で建設中です。これはサイエンスフィクションではなく、実際に起こっていることなのです」。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/01/22/2022-01-20-the-first-movie-studio-in-space-could-be-attached-to-the-iss-in-2024/\">ISSに宇宙初の映画スタジオを2024年までに接続する計画を米エンターテインメント会社が発表</a></li><li><a href=\"/2021/11/17/2021-11-02-the-googler-who-came-to-monetize-space/\">グーグラーが宇宙をマネタイズ、Axiom Spaceの民間宇宙ステーションが提供するさまざまなサービス</a></li><li><a href=\"/2021/07/19/2021-07-15-thales-alenia-space-to-develop-pressurized-modules-for-axioms-private-space-station/\">Axiom Spaceの民間宇宙ステーション加圧モジュール開発は仏伊Thales Alenia Spaceが担当</a></li></ul></div>また当分の間、収益性については心配する必要がないという。</p>\n<p>「資金調達は非常に重要です。私たちは世界で最も価値のある5つの企業(Facebook、Apple、Amazon、Microsoft、Google)が創業時に赤字で運営していたことをモデルにしています。できるだけ多くの株主価値を創造し、必要不可欠なインフラを構築するために資本を得て、安全性に焦点を当てながらスピード感を持って革新していくというのが計画です」。</p>\n<p>編集部注:本記事の執筆者Martine Paris(マルティーヌ・パリ)氏はフリーランスの技術レポーターとして、宇宙、電気自動車、気候変動対策、ロボット、AI、コンシューマーテック、eコマース、ストリーミング、ゲーム、ベンチャーキャピタル、スタートアップカルチャーなどを取材している。</p>\n<p><small>画像クレジット:Axiom Space</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/02/the-googler-who-came-to-monetize-space/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Martine Paris、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Axiom-featured.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 458604,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 458604,
            "tagId": 81,
            "tag": {
              "id": 81,
              "slug": "google",
              "name": "Google / グーグル(企業)",
              "description": "Googleは、インターネット関連のサービスと製品に特化した米国の企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 458604,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 458604,
            "tagId": 8143,
            "tag": {
              "id": 8143,
              "slug": "monetization",
              "name": "収益化 / マネタイズ(用語)",
              "description": "収益化 / マネタイズに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458604,
            "tagId": 186334,
            "tag": {
              "id": 186334,
              "slug": "iss",
              "name": "ISS / 国際宇宙ステーション(用語)",
              "description": "ISS / 国際宇宙ステーションに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458604,
            "tagId": 692506582,
            "tag": {
              "id": 692506582,
              "slug": "axiom-space",
              "name": "Axiom Space(企業)",
              "description": "宇宙ステーションでの民間向けサービス提供やステーションの運営を提供しようとする企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 458604,
            "tagId": 692508038,
            "tag": {
              "id": 692508038,
              "slug": "private-space-flight",
              "name": "民間宇宙飛行(用語)",
              "description": "民間宇宙飛行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458604,
            "tagId": 692515789,
            "tag": {
              "id": 692515789,
              "slug": "private-space-station",
              "name": "民間宇宙ステーション(用語)",
              "description": "民間宇宙ステーション(用語)"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 458571,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 458571,
        "slug": "2021-11-16-northrop-grumman-leads-team-to-design-an-astronaut-transportation-vehicle-for-the-lunar-surface",
        "createdAt": "2021-11-17T06:30:20.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-17T06:09:23.000Z",
        "title": "月面で宇宙飛行士が乗る車両の設計チームをノースロップ・グラマンがリード",
        "content": "<p>航空宇宙最大手企業のNorthrop Grumman(ノースロップ・グラマン)は、AVL、Intuitive Machines(インテュイティブ・マシンズ)、Lunar Outpost(ルナ・アウトポスト)、Michelin(ミシュラン)を含むチームを率いて、Artemis(アルテミス)計画の宇宙飛行士が月面で移動するための車両を設計する。このLunar Terrain Vehicle(月面地形車、LTV)は、まだ人類が一度も訪れたことのない月の南極地域における探査の重要な鍵となる。</p>\n<div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/03/14/high-throughput-field-phenotyping-rover/\">農作物の生育状態を高速・定量的に測定するフェノタイピング用ローバー開発、設計などをオープンソースとして公開</a></li><li><a href=\"/2021/11/17/2021-11-16-northrop-grumman-leads-team-to-design-an-astronaut-transportation-vehicle-for-the-lunar-surface/\">月面で宇宙飛行士が乗る車両の設計チームをノースロップ・グラマンがリード</a></li><li><a href=\"/2021/09/16/2021-09-14-spacex-blue-origin-awarded-nasa-contracts-to-develop-moon-lander-concepts-for-future-artemis-missions/\">NASAがアルテミス計画の月着陸機コンセプト開発でSpaceXやBlue Originなど5社と契約</a></li></ul></div>\n<p>ノースロップは、各システムの統合と宇宙機の設計を担当する。チームの他の企業は、LTVの設計に重要な幅広い能力を持っており、それぞれの得意分野に注力する。AVLは自動車のパワートレインや先進運転支援・自動運転システムの開発・試験を行っており、Intuitive Machinesは自社の「Nova-D(ノヴァD)」宇宙船でペイロード輸送の経験がある。Lunar Outpostは地球外の地表を走る無人探査機の開発に取り組んでいる。フランスの多国籍企業であるミシュランは過去に月面探査車のタイヤをNASAと共同開発した実績がある。</p>\n<p>チームはほぼ間違いなく、近々NASAから通達される提案要求の一部として、NASAに設計を提出することになるだろう。これはNASAがHuman Landing System(有人着陸システム)契約の下で、月着陸機の開発をてがける企業を選定した際に用いたプロセスと同様だ。NASAはまだLTVの提案依頼書を発表していないが、ノースロップ・グラマンでは来年初めになるのではないかと予想していると、広報担当者はTechCrunchに語った。</p>\n<p>しかし、契約募集がまだ発表されていないにもかかわらず、同宇宙機関はすでに車両の開発に影響を与える要求を開示し始めている。NASAは、このプロジェクトに関連する文書の中で、落札者に求めるものとして、月面で最大20kmの距離を充電なしで移動できること、長い月の夜に耐えられる可能性があること、最低でも800kgの輸送能力があること、などの詳細を示している。</p>\n<p>NASAの発表によると、この月面車の打ち上げは2027年頃の打ち上げを想定しているとのこと。つまりこれは、アルテミス計画が始動してから月に送られることを示唆している。NASAの代表者は先日、人類を数十年ぶりに月に送ることを目的とした同プログラムの最初の有人ミッションが、2025年に延期されることを<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/11/2021-11-09-crewed-artemis-moon-landing-pushed-back-to-2025-nasa-says/\" rel=\"noopener\">認めた</a>。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://northropgrumman.com/\" rel=\"noopener\">Northrop Grumman</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/16/northrop-grumman-leads-team-to-design-an-astronaut-transportation-vehicle-for-the-lunar-surface/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/northrop-grumman.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 458571,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 458571,
            "tagId": 1836,
            "tag": {
              "id": 1836,
              "slug": "nasa",
              "name": "NASA(組織)",
              "description": "NASA(米国航空宇宙局)は、米国政府の宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関。"
            }
          },
          {
            "postId": 458571,
            "tagId": 4701,
            "tag": {
              "id": 4701,
              "slug": "moon",
              "name": "月(用語)",
              "description": "月に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458571,
            "tagId": 681520210,
            "tag": {
              "id": 681520210,
              "slug": "northrop-grumman",
              "name": "Northrop Grumman / ノースロップ・グラマン(企業)",
              "description": "戦闘機、軍用輸送機、人工衛星、ミサイル、軍艦などを製造する米国の軍需メーカー。"
            }
          },
          {
            "postId": 458571,
            "tagId": 692506731,
            "tag": {
              "id": 692506731,
              "slug": "rover-2",
              "name": "探査車 / ローバー(用語)",
              "description": "探査車 / ローバーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458571,
            "tagId": 692507767,
            "tag": {
              "id": 692507767,
              "slug": "artemis-program",
              "name": "アルテミス計画 / Artemis Program(用語)",
              "description": "2024年までに有人宇宙飛行(月面着陸)を目標とした米国政府が出資する計画。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 458361,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 458361,
        "slug": "russian-asat-test-threatening-international-space-station",
        "createdAt": "2021-11-16T07:24:38.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-16T07:24:38.000Z",
        "title": "ロシアの対衛星兵器実験により追跡可能なだけでも1500個以上のデブリが発生、ロシア人飛行士も滞在のISSに襲来",
        "content": "<div id=\"attachment_458363\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-458363\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-458363\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg\" alt=\"ロシアの対衛星兵器実験により追跡可能なだけでも1500個以上のデブリが発生、ロシア人飛行士も滞在のISSに襲来\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg 2048w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg?resize=1536,1024 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-001.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-458363\" class=\"wp-caption-text\">NASA</p></div>\n<p>11月15日、国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士はスペースデブリの接近のためステーションにドッキング中の帰還用カプセルに避難しなければなりませんでした。ISSは90分周期でこのデブリ空域を通過したため、飛行士は何度も退避を余儀なくされたとのこと。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/03/22/japans-self-defense-forces-established-the-new-space-operations-group/\">航空自衛隊「宇宙作戦群」発足、宇宙領域の指揮統制・監視能力を強化しスペースデブリや人工衛星への妨害行為など監視</a></li><li><a href=\"/2022/03/14/2022-03-10-slingshot-aerospace-raises-25m-to-help-satellite-operators-navigate-space-traffic/\">Slingshot Aerospaceは宇宙ごみなどの状況情報をリアルタイムで提供、衛星打ち上げ・運用業者を支援</a></li><li><a href=\"/2022/03/04/2022-03-02-without-sustainable-practices-orbital-debris-will-hinder-spaces-gold-rush/\">持続可能な方法でなければ軌道上のゴミは宇宙のゴールドラッシュの妨げになる</a></li></ul></div>このようなデブリが発生したことに関して、米国国務省はロシアがミサイル実験によって同国の人工衛星を破壊し、ISSが通過する低軌道上に追跡可能なだけで1500個以上のデブリを撒き散らしたことだとしています。国務省のネッド・プライス報道官は「ロシアの行為はISSに滞在する宇宙飛行士やその他の有人宇宙飛行へのリスクを著しく高めるものだ」と述べ「ロシアの危険で無責任な行動は宇宙空間における長期的持続可能性を危機にさらし、宇宙の平和利用を掲げるロシアの声が弱々しくしかも偽善であることを明確にしている」と<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/thesheetztweetz/status/1460330386085531649\" rel=\"noopener\">非難しました</a>。</p>\n<p>一方、NASAのビル・ネルソン長官は、ロシアの対衛星兵器事件で発生したデブリのために、ISS滞在中の飛行士は安全確保の緊急手順の実施を強いられた。アントニー・ブリンケン国務省長官とともに「私もこの無責任かつ危険な動きに憤慨している。有人飛行の長い歴史を持つロシアがISSに滞在中の米国やパートナー国、さらに自国の飛行士までもを危険に晒すことは考えられない。彼らの行動は無謀でなおかつ危険であり、中国の宇宙ステーションやそこに滞在する飛行士までも脅かしている」と強く批判。さらに「あらゆる国は対衛星兵器によるデブリの意図的な発生を防止し、安全で持続可能な宇宙環境を育成する責任がある」としました。</p>\n<p>米国はこの事態に対応するため、同盟国と協力していくと述べています。一方ロシアはこの件について沈黙したままです。</p>\n<p>NASAとRoscosmosは、2007年にも中国がミサイルの実験のために破壊した人工衛星の破片を避けるために、ISSの位置をずらすなどの対応をさせられてきました。普段我々はその存在を忘れてはいるものの、当時に発生した破片はいまも継続して追跡されており、先週にはそのうちのひとつがISSに衝突する可能性があることがわかり、やはりISSを移動させる措置を強いられています。現在追跡されているデブリの数は約2万個に及んでいます。</p>\n<p>今回のロシアの行為もこうした継続監視しなければならないデブリを大量に発生させる行為であり、ISSに自国の飛行士を滞在させている国として理解に苦しむ行動と言うほかありません。</p>\n<p>(Source:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/world/us-military-reports-debris-generating-event-outer-space-2021-11-15/\" rel=\"noopener\">Reuters</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://apnews.com/article/space-exploration-science-business-697f5aa719331ab6e74102ebb06b52d8\" rel=\"noopener\">AP</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nasa.gov/press-release/nasa-administrator-statement-on-russian-asat-test\" rel=\"noopener\">NASA</a>。<a target=\"_blank\" href=\"https://japanese.engadget.com/russian-asat-test-threatening-international-space-station-032035389.html\" rel=\"noopener\">Engadget日本版</a>より転載)</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-16-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 458361,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 458361,
            "tagId": 186334,
            "tag": {
              "id": 186334,
              "slug": "iss",
              "name": "ISS / 国際宇宙ステーション(用語)",
              "description": "ISS / 国際宇宙ステーションに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458361,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458361,
            "tagId": 366271694,
            "tag": {
              "id": 366271694,
              "slug": "russia",
              "name": "ロシア(国・地域)",
              "description": "ロシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458361,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458361,
            "tagId": 692506797,
            "tag": {
              "id": 692506797,
              "slug": "space-debris",
              "name": "スペースデブリ / 宇宙ごみ(用語)",
              "description": "スペースデブリ / 宇宙ごみに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 458282,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 458282,
        "slug": "2021-11-15-rocket-lab-acquires-planetary-systems-corporation-in-cash-and-stock-deal",
        "createdAt": "2021-11-16T05:00:51.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-16T04:56:47.000Z",
        "title": "Rocket Labが宇宙船分離システム開発のPlanetary Systems Corporationを現金と株式で買収",
        "content": "<p>買収戦略が相変わらず止まないRocket Labは、キャッシュと株の両方を投じてPlanetary Systems Corporation(PSC)を手に入れた。</p>\n<p>このニュースが発表されたのは同社の2021年第3四半期の決算報告の直前だ。Rocket Labによると、同社は4200万ドル(約47億9000万円)の現金と普通株172万841株を支払ったが、株式は今後の業績により増える可能性がある。</p>\n<p>PSCは宇宙船の分離システムを開発しているメリーランド州の企業だ。これまで100ほどのミッションが同社の機械式分離システムと衛星ディスペンサーを使用した。同社の「キャニスター型衛星ディスペンサー」は、宇宙船をロケットから分離し、打ち上げ時にはそれを保護する機構だ。PSCのハードウェアは、SpaceX、United Launch Alliance、かつてのNASA Space Shuttle、米国以外ではArianespace、Japan Aerospace Exploration Agencyといった主要各社の打ち上げ機がこぞって装備している。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/03/31/space-walker-fundraising-2/\">SPACE WALKERが5.5億円の資金調達、サブオービタルスペースプレーンの開発や複合材事業の体制強化</a></li><li><a href=\"/2022/03/29/successful-launch-ob-lamp-misshon/\">オーロラ観測ロケット「LAMP」が高速に明滅する「脈動オーロラ」に突入、電子・光・磁場の詳細な観測に成功</a></li><li><a href=\"/2022/03/17/2022-03-15-astra-reaches-orbit-in-first-mission-for-new-customer-spaceflight-inc/\">Astraが新規顧客であるSpaceflightの初ミッションで軌道に到達</a></li></ul></div>この買収は、Rocekt Labの企業ビジョンが単なる打ち上げ屋ではなく、また衛星などをペイロードとして軌道へ運ぶだけでもなく、宇宙船本体を軌道に乗せることも含むフルの宇宙サービス企業であることの表れだ。Rocket Labは声明で、そのハードウェアは同社のSpace Systems事業部全体で使用、それにはPhoton衛星バスや、宇宙船の部位製品も含まれると述べている。</p>\n<p>今回の買収は、Rocket Labの過去18カ月で3度目のものとなる。2021年10月、同社はコロラドの<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/13/2021-10-12-rocket-lab-acquires-spaceflight-software-and-mission-simulation-company-asi-for-40m/\" rel=\"noopener\">Advanced Solutions, Inc.</a>を買収したが、同社は宇宙船の飛行ソフトウェアを開発している。2020年には<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/03/16/rocket-lab-to-acquire-satellite-hardware-maker-sinclair-interplanetary/\" rel=\"noopener\">Sinclair Interplanetaryを買収</a>、同社は宇宙ハードウェアのメーカーだ。</p>\n<p>PSCのトップは現在のCEOであるMike Whalen(マイク・ホレン)氏のままだ。買収の完了は2021年第4四半期を予定している。</p>\n<p><small>画像クレジット:Rocket Lab</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/15/rocket-lab-acquires-planetary-systems-corporation-in-cash-and-stock-deal/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/lab.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 458282,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 458282,
            "tagId": 10731863,
            "tag": {
              "id": 10731863,
              "slug": "merger-and-acquisition",
              "name": "買収 / 合併 / M&A(用語)",
              "description": "買収と合併(M&amp;A)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 458282,
            "tagId": 366280227,
            "tag": {
              "id": 366280227,
              "slug": "rocket-lab",
              "name": "Rocket Lab(企業)",
              "description": "Rocket Labは、アメリカのロサンゼルスを拠点とする航空宇宙企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 458282,
            "tagId": 681520148,
            "tag": {
              "id": 681520148,
              "slug": "space-ship",
              "name": "宇宙船(用語)",
              "description": "宇宙船に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 457982,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 457982,
        "slug": "2021-10-11-to-continue-exploring-space-sustainably-we-must-act-now",
        "createdAt": "2021-11-14T03:30:59.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-14T00:08:17.000Z",
        "title": "【コラム】持続的な宇宙開発のために、宇宙ゴミ問題に今すぐ取り組まなければならない",
        "content": "<p>億万長者を宇宙に送り込む競争は、ブランソン対ベゾス、ロケット対ロケットだった。</p>\n<p>Blue Origin(ブルーオリジン)は6月7日に、7月20日に予定されている同社初の有人飛行に、創業者のJeff Bezos(ジェフ・ベゾス)が搭乗することを<a target=\"_blank\" href=\"/2021/06/08/2021-06-07-jeff-bezos-and-his-brother-will-fly-on-blue-origins-first-human-spaceflight-with-auction-winner/\" rel=\"noopener\">発表した</a>。同日、<a target=\"_blank\" href=\"http://www.parabolicarc.com/2021/06/07/virgin-galactics-richard-branson-aims-to-fly-to-space-before-jeff-bezos/\" rel=\"noopener\">Parabolic Arc</a>は、Virgin Galacticが7月11日にRichard Branson(リチャード・ブランソン)を弾道飛行に送る<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/01/branson-aims-to-beat-bezos-to-orbit-in-final-stretch-of-billionaire-space-race/\" rel=\"noopener\">予定</a>であると報じた。そしてどちらも、宇宙飛行を行う3人目の億万長者であるElon Musk(イーロン・マスク)を打ち負かすことを目指していた。</p>\n<p>アポロ11号の月面着陸から半世紀以上が経過し、宇宙開発は明らかに再び盛り上がりを見せている。しかし、今日のミッションには、億万長者の野望以上のものが反映されている。たとえ、マスク、ベゾス、ブランソンが個人的な宇宙計画で最も大きな見出しを躍らせていたとしてもだ。</p>\n<p>真の宇宙経済が出現している。この新しい分野は指数関数的な成長段階にあり、現在の商業プロジェクトに共通しているのは、新しい技術とインフラへの投資の到来だ。</p>\n<p>今日の探検家たちは、他の惑星への旅行や火星の植民地化といった私たちの想像力の限界を超えた拡張計画に始まり、何千もの通信衛星、全地球航法衛星システム、地球観測衛星の打ち上げに至るまで、巨額の投資を行っている。</p>\n<p>衛星サービスと地上設備、政府の宇宙予算、全球測位衛星システムの設備を合わせた<a target=\"_blank\" href=\"https://www.faa.gov/about/office_org/headquarters_offices/ast/media/2018_ast_compendium.pdf\" rel=\"noopener\">世界の宇宙経済</a>の規模は、約3450億ドル(約39兆4250億4700万円)と推定されている。2019年のスタートアップの宇宙ベンチャー企業の<a target=\"_blank\" href=\"https://brycetech.com/reports/report-documents/Bryce_Start_Up_Space_2020.pdf\" rel=\"noopener\">収益は57億ドル(約6513億5600万円)</a>で、2018年の35億ドル(約4000億3075万円)の記録を簡単に更新した。2040年までに、世界の宇宙産業は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.morganstanley.com/ideas/investing-in-space\" rel=\"noopener\">1兆ドル(約114兆3575億円)以上</a>の収益を上げることができるとモルガン・スタンレーは推定する。</p>\n<p>つまり、宇宙でのゴールド・ラッシュが始まっているのだが、ゴールドラッシュにおける環境の持続的な発展という点では、これまであまり目立った実績は見受けられない。</p>\n<h2>宇宙空間での壊滅的な衝突の脅威が高まっている</h2>\n<p>私たちは、宇宙における新たなビジネスチャンスを安全かつ持続的に発展させるための重要な転換点に立っている。これらの活動の多くは、地球の軌道と同じ領域を利用しており、これは無限の空間ではない。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nasa.gov/mission_pages/station/news/orbital_debris.html\" rel=\"noopener\">NASA</a>によれば、約1mm以上の宇宙ゴミ(デブリ)が1億個以上、国防総省のグローバルな宇宙監視ネットワーク(SSN)のセンサーによって追跡されている。地球近傍の宇宙環境には、小さすぎて追跡できないものの、有人宇宙飛行やロボットミッションを脅かすほどの大きさの宇宙ゴミがもっとたくさん存在している。</p>\n<p>地球低軌道上では、宇宙ゴミと宇宙船の両方が時速約25,266kmを超える速度で移動しているため、たとえ5mmのナッツでも太陽電池パネルを紙のように切り刻むことができる。実際、NASAの報告によると、地球低軌道で運用されているほとんどの宇宙ロボットにとって、ミリサイズの宇宙ゴミはミッション終了に対する最も高いリスクとなっている。宇宙空間がますます混雑していく中で、誰か1人でも安全でない、あるいは無責任な行動をとれば、壊滅的な結果を招く可能性がある。</p>\n<p>再利用可能なロケットの開発により、1kgの衛星を軌道に乗せるためのコストが下がったことや、人工衛星の小型化が進んだことで、地球の軌道上に渋滞が発生する恐れが出てきた。現在、地球上の軌道上には<a target=\"_blank\" href=\"https://www.weforum.org/agenda/2020/10/visualizing-easrth-satellites-sapce-spacex/\" rel=\"noopener\">約3000個の能動衛星</a>があるが、この数は今後数年間で急増すると考えられている。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.marketwatch.com/story/space-infrastructure-is-the-next-investment-frontier-and-spacs-are-a-launch-pad-11618294752#:~:text=By%202025%2C%20experts%20predict%20a,applied%20to%20fly%2040%2C000%20satellites.\" rel=\"noopener\">MarketWatchによると</a>、2025年までに年間の衛星打ち上げ数は230%増加すると予想されており、現在2万4000機の衛星打ち上げが計画されている。しかもこの数字には、SpaceXやOneWeb、Kuiperによる打ち上げは含まれていない。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.technologyreview.com/f/613591/spacexs-starlink-satellites-are-clearly-visible-in-the-skyand-astronomers-arent-happy/\" rel=\"noopener\">SpaceX</a>のStarlinkだけでも4万個の衛星の打ち上げを申請している。</p>\n<p>再使用型ロケットのおかげで、地球低軌道に22トンの衛星を打ち上げるコストは、2億ドル(約228億7200万円)から約6千万ドル(約68億6100万円)に<a target=\"_blank\" href=\"https://www.ibm.com/blogs/blockchain/2019/06/space-tech-transforming-satellite-launches-with-blockchain/\" rel=\"noopener\">下がった</a>。かつては数億ドル(数百億円)のコストがかかる巨大な高性能衛星を1機必要とした衛星アプリケーションも、今では100万ドル(約1億1400万円)の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.washingtonpost.com/technology/2021/04/06/small-satellites-growth-space/#:~:text=It%20says%20it%20can%20build,able%20to%20endure%20for%20years.\" rel=\"noopener\">安価</a>・小型の低性能衛星コンステレーションが登場し、グローバルなサービスを提供できるようになった。</p>\n<p>小型の衛星1基では、大型の衛星1基に比べると性能が劣るが、複数の衛星のデータを利用することで同等の結果が得られることが多い。さらに、衛星コンステレーションのアーキテクチャは拡張性が高いため、新しい世代の衛星が打ち上げられるようになれば、インフラ全体のパフォーマンスが飛躍的に向上する。</p>\n<h2>持続可能な開発には、新しい技術とより良いガバナンスが必要</h2>\n<p>持続的な経済発展のためには、ミッションの要件を慎重に分析するところから寿命が尽きるまでの宇宙ミッションのライフサイクルの間中、従来の顧客と新しい顧客をサポートできる革新的なソリューションが必要となる。</p>\n<p>これらのソリューションの中には、打ち上げ、運用、廃棄を効率化できるようなまったく新しい宇宙ベースのインフラが必要になるものもある。例えば、D-OrbitのION Satellite Carrierは、複数の衛星を搭載して軌道上まで輸送し、それぞれの衛星を別々の軌道に投入することができる宇宙輸送機だ。この展開サービスは、最も戦略的な軌道のみを対象とする打上げ業者が提供するサービスを補完するもので、衛星運用事業者はラストマイルを大幅に短縮し、宇宙船のあらゆるリソースを活用してミッション自体の期間を延長することができる。</p>\n<p>これは、宇宙船をある軌道から別の軌道に移動させたり、古い機体の寿命を延ばしたり、修理を行ったり、難破した衛星や残骸などを回収したりできる恒久的な宇宙物流インフラの構築に向けた第一歩だ。</p>\n<p>宇宙経済の持続的な成長をめぐる問題は、一企業や一国に任せておくにはあまりにも重要・重大なものだ。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/03/22/japans-self-defense-forces-established-the-new-space-operations-group/\">航空自衛隊「宇宙作戦群」発足、宇宙領域の指揮統制・監視能力を強化しスペースデブリや人工衛星への妨害行為など監視</a></li><li><a href=\"/2022/03/14/2022-03-10-slingshot-aerospace-raises-25m-to-help-satellite-operators-navigate-space-traffic/\">Slingshot Aerospaceは宇宙ごみなどの状況情報をリアルタイムで提供、衛星打ち上げ・運用業者を支援</a></li><li><a href=\"/2022/03/04/2022-03-02-without-sustainable-practices-orbital-debris-will-hinder-spaces-gold-rush/\">持続可能な方法でなければ軌道上のゴミは宇宙のゴールドラッシュの妨げになる</a></li></ul></div>国際協力を強化し、基本的なルールを確立するためには、各国の合意に基づき、共通の基準を持つ新しい宇宙統治モデルが必要だ。例えば、デブリを捕獲する宇宙船の技術はすでに実現しているが、ある国に拠点を置く事業者が、他の国が打ち上げた宇宙物体に接近・捕獲して除去することを認めるには法的な課題がある。このような運用に対応するためのグローバルな規制の策定は、新しい市場とビジネスチャンスを開くために不可欠なステップだ。</p>\n<p>D-Orbitを含む48の団体およびその他の政府や業界の関係者は、2019年に<a target=\"_blank\" href=\"https://spacesafety.org/\" rel=\"noopener\">Space Safety Coalition</a>(宇宙安全連合、SSC)を結成し、宇宙事業の長期的な持続可能性のためのベストプラクティスを積極的に推進している。SSCは、宇宙事業全体の長期的な持続可能性のためのベストプラクティスとして、打ち上げ時や軌道上での衝突の回避、宇宙船やデブリの再突入による人的被害の最小化、無線周波数妨害(RFI)イベントの影響の最小化などのガイドラインを策定した。</p>\n<p>この業界主導の持続可能性への取り組みは、すべての宇宙関係者が採用する必要がある。宇宙経済の発展や規制の方法は、長期的な影響を及ぼすことになり、失敗を避けるためのタイムリミットは急速に迫っている。</p>\n<p>人類の宇宙での活動能力を向上させ、私たち全員にまだ想像もつかない機会をもたらすためには、インフラ、ベストプラクティス、ガバナンスの整備を早急に進める必要がある。</p>\n<p>編集部注:本稿の執筆者<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/lucarossettini\" rel=\"noopener\">Luca Rossettini</a>(ルカ・ロッセッティーニ)氏は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.dorbit.space/\" rel=\"noopener\">D-Orbit</a>の創業者兼CEO。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.com/search/photographer?family=creative&amp;photographer=Bernt+Ove+Moss++EyeEm\" rel=\"noopener\">Bernt Ove Moss / EyeEm</a> / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/11/to-continue-exploring-space-sustainably-we-must-act-now/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Luca Rossettini、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/GettyImages-1176555906.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 457982,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 457982,
            "tagId": 6877,
            "tag": {
              "id": 6877,
              "slug": "sustainability",
              "name": "持続可能性 / サステナビリティ(用語)",
              "description": "持続可能性 / サステナビリティに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 457982,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 457982,
            "tagId": 366271999,
            "tag": {
              "id": 366271999,
              "slug": "space-exploration",
              "name": "宇宙開発(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 457982,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 457982,
            "tagId": 366273907,
            "tag": {
              "id": 366273907,
              "slug": "column",
              "name": "コラム(用語)",
              "description": "コラム記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 457982,
            "tagId": 692506797,
            "tag": {
              "id": 692506797,
              "slug": "space-debris",
              "name": "スペースデブリ / 宇宙ごみ(用語)",
              "description": "スペースデブリ / 宇宙ごみに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 457982,
            "tagId": 692508038,
            "tag": {
              "id": 692508038,
              "slug": "private-space-flight",
              "name": "民間宇宙飛行(用語)",
              "description": "民間宇宙飛行に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 457904,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 457904,
        "slug": "2021-11-12-starlinks-new-rectangular-satellite-broadband-dish-is-smaller-and-lighter-than-before",
        "createdAt": "2021-11-13T03:30:10.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-13T02:41:14.000Z",
        "title": "SpaceXの衛星ブロードバンドStarlinkが従来より小型・軽量化された長方形アンテナを発売",
        "content": "<p>SpaceX(スペースX)の衛星インターネット事業である<a target=\"_blank\" href=\"https://www.starlink.com/\" rel=\"noopener\">Starlink</a>(スターリンク)は、顧客がスターターキットで入手できる新しいユーザー端末を導入した。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.theverge.com/2021/11/11/22776563/spacex-starlink-rectangular-dish-router-mounting-internet-satellites\" rel=\"noopener\">The Verge</a>が最初に報じたところによると、同社は、当初の円形モデルよりも小型・軽量化された<a target=\"_blank\" href=\"https://api.starlink.com/public-files/Accessories_Guide_Rectangular.pdf\" rel=\"noopener\">長方形のオプション</a>(PDF)を提供開始した。Starlinkの衛星インターネットサービスを利用するには、屋根の上など、空がよく見える場所にアンテナを設置する必要がある。</p>\n<p><div class=\"aside aside-related-articles\"><h2>関連記事</h2><ul><li><a href=\"/2022/03/24/2022-03-23-spacexs-starlink-prices-are-going-up-across-the-board/\">SpaceX、Starlinkのハードウェアとサービス料金を全面的に値上げ</a></li><li><a href=\"/2022/03/17/2022-03-15-ukraines-mykhailo-fedorov-talks-about-corporate-sanctions-and-running-a-government-during-wartime/\">ウクライナの副首相が語る企業制裁と戦時中の政府運営について</a></li><li><a href=\"/2022/03/11/2022-03-09-spacex-launches-48-more-starlink-satellites-on-an-american-broomstick/\">スペースXが「米国のほうき」でさらに48基のスターリンク衛星を打ち上げ</a></li></ul></div>オリジナルバージョンは幅23インチ(約58.4cm)の標準的なパラボラアンテナだが、新型の長方形バージョンは幅12インチ(約30.5cm)、長さ19インチ(約48.3cm)しかない。また、重さも9.2ポンド(4.2kg)と、円形モデルに比べて約半分になっている。小型化されたことで、ユーザーは設置場所の選択肢が増えた。また、長方形の端末には、地面に刺すだけでアンテナを屋上に設置する必要がない長いポールなど、アクセサリーのオプションも増えている。</p>\n<p>SpaceXは2020年末にベータサービスとしてStarlinkを<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/spacex-starlink-internet-service-99-a-month-045831110.html\" rel=\"noopener\">開始</a>し、月額99ドル(約1万1300円)で同社の衛星インターネットへのアクセスを顧客に提供した。ただし、アンテナ、スタンド、電源ユニット、WiFiルーターを含むハードウェアキットには、499ドル(約5万6800円)の追加費用がかかる。SpaceXのGwynne Shotwell(グウィン・ショットウェル)社長は8月、オリジナルバージョンのアンテナの製造コストは当初3000ドル(約34万1600円)で、それを1300ドル(約14万8000円)にまで下げることができたものの、それでもキットの販売は赤字だったと<a target=\"_blank\" href=\"https://sea.pcmag.com/networking/45600/spacex-prepares-to-cut-starlink-dish-cost-by-half-later-this-year\" rel=\"noopener\">語っていた</a>。</p>\n<p>ショットウェル氏は当時、2021年発売する端末は、現在のユーザー端末の「およそ半分の価格になる」とも述べ、同社はそれを再び半額にすることができるかもしれないと語っていた。だがVergeは、ハードウェアキットが長方形アンテナをつけても以前と同じ499ドルで販売されていることを指摘しており、SpaceXは将来的により低価格で販売するかどうかをまだ明らかにしていない。同じ値段を払っても構わないという潜在的な新規顧客は、米国内であれば、キットを注文する際に長方形の端末を選ぶことができる。</p>\n<p>編集部注:本稿の初出は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/starlink-rectangular-terminal-satellite-internet-112330512.html\" rel=\"noopener\">Engadget</a>。著者Mariella Moon(マリエラ・ムーン)氏は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.engadget.com/\" rel=\"noopener\">Engadget</a>のアソシエイトエディター。</p>\n<p><small>画像クレジット:Starlink</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/12/starlinks-new-rectangular-satellite-broadband-dish-is-smaller-and-lighter-than-before/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Mariella Moon、翻訳:Aya Nakazato)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Marketing_LandingHighspeed_Next.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 457904,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 457904,
            "tagId": 103655,
            "tag": {
              "id": 103655,
              "slug": "antenna",
              "name": "アンテナ(用語)",
              "description": "アンテナに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 457904,
            "tagId": 371748,
            "tag": {
              "id": 371748,
              "slug": "spacex",
              "name": "SpaceX / スペースX(企業)",
              "description": "SpaceXは、ロケット・宇宙船の開発 、宇宙輸送業務を行うアメリカ合衆国の企業。2002年にPayPalの創設者イーロン・マスクにより設立された。"
            }
          },
          {
            "postId": 457904,
            "tagId": 366279954,
            "tag": {
              "id": 366279954,
              "slug": "starlink",
              "name": "Starlink / スターリンク(製品・サービス)",
              "description": "スターリンクは、スペースXが開発を進めている衛星コンステレーション計画。"
            }
          },
          {
            "postId": 457904,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          },
          {
            "postId": 457904,
            "tagId": 692514986,
            "tag": {
              "id": 692514986,
              "slug": "satellite-communication",
              "name": "衛星通信 / 衛星インターネットアクセス(用語)",
              "description": "衛星通信に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 457771,
      "categoryId": 366270451,
      "post": {
        "id": 457771,
        "slug": "2021-10-14-regher-solar-is-ready-to-meet-the-new-space-industrys-demand-for-cheaper-better-solar-panels",
        "createdAt": "2021-11-12T08:45:32.000Z",
        "updatedAt": "2021-11-12T08:36:26.000Z",
        "title": "より安価で優れた太陽電池パネルを開発するRegher Solar、激増する宇宙産業からの需要に応えられるか?",
        "content": "<p>質問自体には簡単に答えられる。今後10年間で打ち上げられる人工衛星は何機か?人工衛星に必要な太陽電池パネルの枚数は?現状人工衛星に使える太陽電池パネルは何枚あるのか?その答えは「たくさん」「ものすごくたくさん」「まったく足りない」である。<a target=\"_blank\" href=\"https://regher.com/\" rel=\"noopener\">Regher Solar(レガーソーラー)</a>は、製造コストを90%削減しつつ、桁違いに多くの人工衛星用太陽電池パネルを製造して名を成そうとしている。</p>\n<p>「控えめな目標」とはいえないが、幸い同社は科学的にも市場的にも有利な状況にあり、追い風に乗っている。問題は、コストと性能のバランスを取りながら、なるべく簡単にこれを実現することである。もちろん、簡単に答えが出る問題であれば、すでに誰かがそれをやっているはずだ。</p>\n<p>宇宙で使用される太陽電池と地上の太陽電池は大きく異なる。地上では大きさや質量の制約があまりないので、より大きく、より重く、そして安価な太陽電池を作ることができる。効率が悪くても問題はない。一方、宇宙で使用する太陽電池は、効率が良く、非常に軽く、放射線や温度変化などのさまざまな危険に耐えるものでなければならない。小さな規模で高価な材料を使用して製造するトップクラスの製品で、地上用の太陽電池と比較して5~10倍のコストがかかる。</p>\n<p>Regher Solarが開発した太陽電池パネルは、宇宙用としての最高品質ではないものの「まあまあ良い」レベルは満たしている。しかも、コストは(高品質の製品の)数分の一で、一般的なプロセスで大規模に製造することができる。20億円の静止衛星に最高品質の太陽電池パネルを利用できるのは、全体のコスト(200億円)に占める太陽電池のコストの割合が少ないからである。しかし、寿命の短い小型衛星を1万機展開する場合はどうだろうか。総コストに占める太陽電池パネルのコストの割合を抑えるためなら、性能が20%低下しても許容できるはずだ。</p>\n<p>Regher Solarの共同設立者かつCEOのStanislau Herasimenka(スタニスラウ・ヘラシメンカ)氏は、同社の製品は簡単に開発できたものではなく、新しい宇宙経済にとって何が重要かを理解し、繰り返し改良を重ねてきたものだと説明する。</p>\n<p>「(宇宙用太陽電池パネルの)技術は、小規模かつ高コストを前提に進化してきました」「宇宙用のパネルは、ゲルマニウムやガリウムヒ素などの非常に高価な基板上で、高額な加工が数多く行われます。そして宇宙での使用に耐える接合、高価なガラスや炭素繊維、アルミニウムの基盤、手作業による組み立て&#8230;&#8230;最高の性能と低劣化性は実現されますが、まったく拡張性がありません。10倍の量を生産したいと思っても不可能なのです」。</p>\n<p>それでも、今後打ち上げられる衛星の数は確実に2倍、3倍、そして10倍になるだろう。地上用のパネルをそのまま宇宙に持って行くわけにはいかないし(すぐに壊れる)、ガリウムヒ素などの化合物でセル(太陽電池の素子)を製造しているメーカーの在庫ではまったく足りない。そこでRegher Solarが開発したのが、宇宙用、地上用の両方の長所を取り入れた、宇宙用でありながら安価で簡単に製造できるセルである。</p>\n<div id=\"attachment_457773\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-457773\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-457773 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg 2500w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=2048,1536 2048w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_1.jpeg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-457773\" class=\"wp-caption-text\">20ミクロンのシリコン基板を使用し、柔軟性のあるRegher Solarのシリコン太陽電池パネル(画像クレジット:Regher Solar)</p></div>\n<p>ヘラシメンカ氏は次のように話す。「現在、私たちは研究開発用のパイロットラインを運用して、少量のパネルを製造しています。50kW、つまり宇宙用太陽電池パネルの約5%のサイズです」「私たちはシリコン基板で自動生産可能な製品を設計しました。1年後にはパイロットラインを離れ、現在のパネルの10倍に相当する10メガワットまで規模を拡大できるはずです」。</p>\n<p>新しい製品とはいえ、特別な技術や新開発の技術を使用しているわけではないので、ヘラシメンカ氏がいうような増産も可能かもしれない。同氏は、宇宙用レベルの性能を地上用並みの価格で実現するために行った改良をいくつか紹介してくれた。</p>\n<p>まず、シリコン基板の厚さを大幅に薄くしたことで、逆説的に放射線の吸収が少なくなり、耐放射線性が向上した。また、添加する不純物を変え、低温で硬化するようにして、ダメージを受けても80℃に加熱するだけで修復できるようにした。コーティング、接合、ボンディングを空間的に安定させた。ベゼルを細くして、太陽光に反応するセルが占める面積を増やした。さらに同社は、(この画像のように)パネルに柔軟性を持たせることで、一般的ではない形状にも対応可能で、物理的な耐久性が向上した製品も計画している。</p>\n<div id=\"attachment_457774\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-457774\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-457774 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg 2500w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=2048,1536 2048w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2021/11/Regher_Photo_2.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-457774\" class=\"wp-caption-text\">Regher Solarの「solar blanket(太陽の毛布の意味)」の柔らかさを示す研究室の技術者(画像クレジット:Regher Solar)</p></div>\n<p>どこまで開発を進めるべきかは、衛星コンステレーション(衛星を複数機協調させることで機能するシステム)に属する衛星のコストと計画寿命という動く目標に依存する。意外かもしれないが、Starlink(スターリンク)のようなコンステレーション企業にとっては、衛星の性能が良すぎるのは有害である。何千機もの衛星で構成される衛星コンステレーションでは経済性が問われる。打ち上げから5年後に交換する予定であれば、必要以上に性能を上げたり、コストをかけたりするべきではない。もし、5年後にまだ100%の性能を有しているのであれば、どこかでかなりの費用を節約することができたはずだ。</p>\n<p>「コンステレーションの設計者は、指定された軌道で一定期間衛星が機能することを想定して設計しています」とヘラシメンカ氏。「衛星の寿命は2週間でも15年でも不適切です。ほとんどの衛星は徐々に軌道を下げて地球に近づき、5~7年で寿命を終えます。だから、私たちはこの条件を満たすようにパネルを設計したのです。5~7年以上経ってパネルが劣化するとしても、クライアントにとって問題ではありません。つまり、私たちも気にかける必要はないのです」。</p>\n<p>Regher Solarはこの新しい市場に挑戦し、2019年にTechstars(テックスターズ)のプログラムに参加。その後、メーカーとの対話を開始し、取引の計画を立てた。さらに、米国国家航空宇宙局(NASA)の中小企業技術革新制度(SBIR)フェーズIと米国国立科学財団(NSF)のSBIRフェーズIIで、総額110万ドル(約1億3000万円)を獲得している。ヘラシメンカ氏によれば、プロトタイプと検証資金を獲得したRegher Solarは、夏の間に3300万ドル(約38億円)分の基本合意書を取り交わし、さらに5000万ドル(約58億円)分の合意に向けて調整中だという。</p>\n<p>有望な市場が故に、迅速に行動しないと他の企業が参入してパイを奪われてしまうかもしれない。「たった数年ですべてが変わってしまい、業界がそれに気づいたときには市場のチャンスはなくなっていることすらあるのです」とヘラシメンカ氏はいう。Regher Solarがこの機会を逃したくないのは当然のことだが、彼らは現在、まずは試験的な製造ラインを立ち上げ、次にフルスケールの製造ラインを立ち上げるために多額の投資を必要としている。具体的な内容はまだ明かされていないが、ヘラシメンカ氏によると、機関投資家による500万ドル(約5億8000万円)のシードラウンドが年内に完了する予定で、個人投資家からも90万ドル(約1億円)の投資を受けるという。</p>\n<p>既存の航空宇宙企業が関心を示し、NASAやNSFにも(SBIRで)認められたRegher Solarの活躍の場は広がりそうだ。しかし、難しいのは新しいパネルの設計なのか?それとも実際に製造することなのか?それは今後明らかになるだろう。</p>\n<p><small>画像クレジット:Regher Solar</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/14/regher-solar-is-ready-to-meet-the-new-space-industrys-demand-for-cheaper-better-solar-panels/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/11/Regher_Picture_1.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 457771,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 457771,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 457771,
            "tagId": 366273283,
            "tag": {
              "id": 366273283,
              "slug": "solar-photovoltaics",
              "name": "太陽光 / 太陽光発電 / ソーラー発電 / 太陽電池(用語)",
              "description": "太陽光 / 太陽光発電 / 太陽電池に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 457771,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          },
          {
            "postId": 457771,
            "tagId": 692516064,
            "tag": {
              "id": 692516064,
              "slug": "regher-solar",
              "name": "Regher Solar(企業)",
              "description": "製造コストを90%削減しつつ、桁違いに多くの人工衛星用太陽電池パネルの製造を目指す企業。"
            }
          }
        ]
      }
    }
  ]
}