Tagページはアーカイブ作成中です。
{
  "id": 366272257,
  "slug": "fundraising",
  "name": "資金調達(用語)",
  "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース",
  "posts": [
    {
      "postId": 478062,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 478062,
        "slug": "2022-03-30-can-robotic-hives-save-the-worlds-bees",
        "createdAt": "2022-03-31T06:00:12.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T05:48:11.000Z",
        "title": "Beewiseのロボット巣箱が世界のミツバチを救う?",
        "content": "<p>ここに残念な統計がある。毎年、ミツバチのコロニー(蜂群)の約30%が消滅しているというのだ。科学者たちは、世界のミツバチの個体群における破壊的な継続的傾向を言い表すために「蜂群崩壊症候群(Colony Collapse Disorder、CCD)」という言葉を作った。その原因は特定されていない。しかし、専門家の間では、生息地の破壊や殺虫剤など、多くの人為的な原因が指摘されている。</p>\n<p>そこで、ミツバチの個体数を回復させるために人間ができることはないだろうか、という疑問が浮かび上がってくる。2018年にイスラエルで設立された<a target=\"_blank\" href=\"https://www.beewise.ag/\" rel=\"noopener\">Beewise</a>(ビーワイズ)というスタートアップ企業は、ロボットによる解決策を提供している。同社は、外に設置して一種の自動養蜂場として機能するように設計された箱を製作した。太陽光発電装置を備えたこの箱は、蜂の巣を監視し、気温制御と自動収穫を行う。ペットの侵入といった問題が起きないように監視する一方で、内部の環境を調節して入居者の群れ行動を防ぐように設計されている。</p>\n<div id=\"attachment_478063\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-478063\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-478063\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Beehome-4.webp?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-478063\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Beewise</p></div>\n<p>現在、Beewiseは同製品を月額400ドル(約4万9000円)のRaaS料金+初期配送・設定料2000ドル(約24万円)で養蜂家に提供している。これには24のコロニーと継続的なメンテナンスが含まれる。その見返りとして、この技術は収穫量の向上や、周囲の農作物の受粉といった利益を約束し、さらにうまくいけば、問題となっているミツバチの個体数減少に対しても正味の利益をもたらす。</p>\n<p>同社は今週、8000万ドル(約9億8000万円)のシリーズC資金調達を実施したことを発表した。Insight Partners(インサイト・パートナーズ)が主導し、Fortissimo Capital(フォルティシモ・キャピタル)、Corner Ventures(コーナー・ベンチャーズ)、lool ventures(ロール・ベンチャーズ)、Atooro Fund(アトゥーロ・ファンド)、Meitav Dash Investmentsが(メイタフ・ダッシュ・インベストメント)が参加した今回のラウンドにより、このアグリテック企業がこれまでに調達した資金の総額は、1億2000万ドル(約147億円)を超えた。</p>\n<p>「ミツバチを救い、蜂群崩壊という流れを逆転させようとする私たちの献身、粘り強さ、情熱を理解してくれるすばらしい投資家たちからシリーズCの支援を受けられることに、Beewiseのチームは感激しています」と、Saar Safra(サアー・サフラ)CEOは声明で述べている。「この数カ月だけでも、米国では数千の注文がありました。今回の資金調達により、Beewiseは製造を拡大して市場の大きな需要に応え、さらなる製品の改良を行い、受粉の環境をさらに改善することが可能になります」。</p>\n<div id=\"attachment_478064\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-478064\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-478064\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/20220222_12083.webp?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-478064\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Beewise</p></div>\n<p>今回、同社は資金調達のニュースとともに、その「Beehome(ビーホーム)」と呼ばれるシステムの新バージョンも公開した。新しい筐体は従来のものより32%小さく、20%軽くなっており、より迅速な収穫と、改良された給餌・暖房システムを特徴としている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Beewise</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/30/can-robotic-hives-save-the-worlds-bees/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Beehome.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 478062,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 478062,
            "tagId": 955433,
            "tag": {
              "id": 955433,
              "slug": "honey-bee",
              "name": "ミツバチ / 蜂(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 478062,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478062,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 478062,
            "tagId": 366274193,
            "tag": {
              "id": 366274193,
              "slug": "automation",
              "name": "オートメーション / 自動化(用語)",
              "description": "オートメーション / 自動化に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 478031,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 478031,
        "slug": "space-walker-fundraising-2",
        "createdAt": "2022-03-31T04:35:17.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T04:35:17.000Z",
        "title": "SPACE WALKERが5.5億円の資金調達、サブオービタルスペースプレーンの開発や複合材事業の体制強化",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.space-walker.co.jp/\" rel=\"noopener\">SPACE WALKER</a>(スペースウォーカー)は3月31日、シードラウンドとして、コンバーティブル・エクイティおよび社債などによる5億5000万円の資金調達を2022年3月に完了したと発表した。引受先は個人投資家など。累計資金調達金額は12.16億円となった。</p>\n<p>調達した資金により、サブオービタルスペースプレーン(有翼式再使用型ロケット)の技術実証、商用機開発、および新たに立ち上げた複合材事業への設備投資、これらに伴う人員強化、広告宣伝費などの運転資金などにあて、さらなる事業拡大を目指す。</p>\n<p>スペースウォーカーは、誰でも飛行機に乗るように自由に地球と宇宙を往来する未来を目指し、持続可能な宇宙輸送手段を提供するために、サブオービタルスペースプレーンの研究・開発を行っている東京理科大学発スタートアップ。</p>\n<p>また、2021年7月には複合材事業も立ち上げている。同社が宇宙開発において培われた軽量な複合材製容器は、宇宙のみならず、陸海空にまたがる脱炭素化社会に向けた水素サプライチェーン・プラットフォームの構築において、特に重要な要素である水素の貯蔵容器としても注目されているという。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-011-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 478031,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 478031,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 478031,
            "tagId": 366272678,
            "tag": {
              "id": 366272678,
              "slug": "rocket",
              "name": "ロケット(用語)",
              "description": "ロケットに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478031,
            "tagId": 366279005,
            "tag": {
              "id": 366279005,
              "slug": "space-walker",
              "name": "SPACE WALKER(企業)",
              "description": "SPACE WALKERは、サブオービタルスペースプレーン(小型衛星の打ち上げ)の設計・開発、運航サービスの提供などを行う日本のスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 478031,
            "tagId": 692507639,
            "tag": {
              "id": 692507639,
              "slug": "space-plane",
              "name": "スペースプレーン / 有翼式宇宙船(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 478031,
            "tagId": 692512041,
            "tag": {
              "id": 692512041,
              "slug": "hydrogen",
              "name": "水素(用語)",
              "description": "水素に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478031,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 478031,
            "tagId": 692515811,
            "tag": {
              "id": 692515811,
              "slug": "tokyo-university-of-science",
              "name": "東京理科大学(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 478009,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 478009,
        "slug": "xpression-camera",
        "createdAt": "2022-03-31T03:39:48.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T03:39:48.000Z",
        "title": "Zoom・Teams・TikTok対応、AIで自分の外観をDXできる「xpression camera」正式版リリース―1.5億円の資金調達も",
        "content": "<p>「学習し模倣するAI」を「想像し創造するAI」へ進化させることをミッションに掲げるテック企業<a target=\"_blank\" href=\"https://embodyme.com/ja/\" rel=\"noopener\">EmbodyMe</a>(エンボディーミー)は、ビデオ会議などで自分の映像を別のものに置き換えられる「<a target=\"_blank\" href=\"https://xpressioncamera.com/\" rel=\"noopener\">xpression camera</a>」(エクスプレッションカメラ)の正式版をリリースした。WindowsとMacに対応し、無料で使うことができる。アプリは<a target=\"_blank\" href=\"https://xpressioncamera.com/\" rel=\"noopener\">こちらからダウンロード</a>できる。</p>\n<p>また同社は、FreakOut Shinsei Fund、DEEPCORE、キャナルベンチャーズ、山口キャピタルを引受先として、1億5000万円の資金調達を実施したことも発表した。</p>\n<p>xpression cameraは、使いたい画像が1枚あれば、それをAIにより自分の外観と置き換えて、リアルタイムでコミュニケーションができるようになるというツール。Zoomのほかに、Teams、YouTube、TikTokなどあらゆるビデオアプリで利用できる。たとえばパジャマ姿でも、スーツを着た自分の画像に置き換えてリモート会議に参加するということが可能になる。自分だけでなく、顔として認証されるものなら、絵画や動物の写真を使うこともできる。</p>\n<p>&nbsp;</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/EyAChGobtw0?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>2020年9月からベータ版を提供していたが、AIのコアエンジンを一新してクオリティーを高め、バーチャル背景などの機能も追加した。映像の録画・読み込み・画像検索・バーチャル背景の編集が可能な有料版の「Pro Plan」もある。さらに、企業向けの「Enterprise Plan」の提供も予定しており、現在はパイロットプログラムへの参加企業を募集している。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-478016 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?w=597\" alt=\"\" width=\"597\" height=\"1024\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png 1200w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?resize=175,300 175w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?resize=768,1316 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?resize=597,1024 597w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?resize=896,1536 896w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?resize=1195,2048 1195w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?resize=233,400 233w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?resize=400,686 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?resize=738,1265 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?resize=210,360 210w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?resize=128,220 128w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?resize=100,172 100w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?resize=73,125 73w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?resize=35,60 35w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?resize=322,552 322w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?resize=214,367 214w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-8.png?resize=29,50 29w\" sizes=\"(max-width: 597px) 100vw, 597px\" /></p>\n<p>EmbodyMeは、「最終的にはAIで目に見えるあらゆるものを誰もが自由自在に作り出せるツールになることを目標とし、今まで想像もできなかったようなまったく新しいメディア、業界をも創造していきます」と話している。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/subagif_1a.gif",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 478009,
            "categoryId": 366275726,
            "category": {
              "id": 366275726,
              "slug": "ai",
              "name": "人工知能・AI",
              "description": "人工知能(AI:Artificial Intelligence)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 478009,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478009,
            "tagId": 24605,
            "tag": {
              "id": 24605,
              "slug": "zoom",
              "name": "Zoom(製品・サービス)",
              "description": "Zoomは、クラウドコンピューティングを使用したWeb会議サービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 478009,
            "tagId": 5938293,
            "tag": {
              "id": 5938293,
              "slug": "tiktok",
              "name": "TikTok(製品・サービス)",
              "description": "TikTok は、中国のByteDanceが開発運営するモバイル向けショートビデオのプラットフォームである。"
            }
          },
          {
            "postId": 478009,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 478009,
            "tagId": 366273260,
            "tag": {
              "id": 366273260,
              "slug": "microsoft-teams",
              "name": "Microsoft Teams(製品・サービス)",
              "description": "Microsoft Teamsは、マイクロソフトがWindows、macOS、Linux、iOS及びAndroid向けに開発・提供するコラボレーションプラットフォーム。"
            }
          },
          {
            "postId": 478009,
            "tagId": 366273523,
            "tag": {
              "id": 366273523,
              "slug": "video-chat",
              "name": "ビデオ通話 / ビデオチャット / ビデオ会議 / オンライン会議(用語)",
              "description": "オンライン会議 / ビデオ通話(用語)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478009,
            "tagId": 366273892,
            "tag": {
              "id": 366273892,
              "slug": "video",
              "name": "動画 / ビデオ(用語)",
              "description": "動画 / ビデオに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478009,
            "tagId": 692510639,
            "tag": {
              "id": 692510639,
              "slug": "video-editing",
              "name": "動画(ビデオ)撮影 / 動画編集 / 動画制作(用語)",
              "description": "動画(ビデオ)撮影 / 動画編集 / 動画制作に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478009,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 478009,
            "tagId": 692513087,
            "tag": {
              "id": 692513087,
              "slug": "youtube",
              "name": "YouTube / ユーチューブ(製品・サービス)",
              "description": "YouTube / ユーチューブに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478009,
            "tagId": 692517639,
            "tag": {
              "id": 692517639,
              "slug": "embodyme-2",
              "name": "EmbodyMe(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 478022,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 478022,
        "slug": "ex-fusion-inc-fundraising-2",
        "createdAt": "2022-03-31T03:12:52.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T03:12:52.000Z",
        "title": "レーザー核融合商用炉の実用化を目指す大阪大学発EX-Fusionが3100万円調達、装置開発・技術実証を推進",
        "content": "<p>レーザー核融合商用炉の実用化を目指す<a target=\"_blank\" href=\"https://ex-fusion-inc.com/\" rel=\"noopener\">EX-Fusion</a>は3月31日、第三者割当増資による3100万円の資金調達を実施したことを発表した。引受先は、OUVC2号投資事業有限責任組合(大阪大学ベンチャーキャピタル。OUVC)。調達した資金を活用して、連続的に核融合反応を発生させるための装置開発および技術実証を進める。</p>\n<p>EX-Fusionは、レーザーにより発生させた核融合反応によって発電する「核融合発電」の実現に挑戦する大阪大学発のスタートアップ企業。長年にわたりレーザー核融合を研究してきた大阪大学レーザー科学研究所や光産業創成大学院大学の研究者らによって設立されており、レーザー核融合発電の実現に向けた課題である、連続的・効率的に核融合反応を発生させる技術を活用した核融合商用炉の開発を進めている。</p>\n<p>同社は、日本を拠点とするレーザー核融合エネルギーのスタートアップとして、実用化に必要な技術開発を加速していきながら、商用炉実現を目指す過程で得られる最先端の光制御技術・知見等を活用し、エネルギー分野にとどまらず、様々な産業分野の技術開発に貢献するとしている。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-31-009-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 478022,
            "categoryId": 692506924,
            "category": {
              "id": 692506924,
              "slug": "enviro-tech",
              "name": "EnviroTech",
              "description": "環境不可の低減技術、リサイクル技術、再生可能エネルギー開発、省エネルギー、海洋汚染や土壌汚染の浄化技術など、環境問題を解決し、持続可能な(サスティナブル)未来のための環境技術(Environmental Technology)、グリーンテック(Green Tech) / クリーンテック(Clean Tech)に関する最新ニュース\r\nEnviroTech(エンバイロ・テック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 478022,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 478022,
            "tagId": 366280039,
            "tag": {
              "id": 366280039,
              "slug": "osaka-university",
              "name": "大阪大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 478022,
            "tagId": 681519722,
            "tag": {
              "id": 681519722,
              "slug": "nuclear-fusion",
              "name": "核融合(用語)",
              "description": "核融合に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478022,
            "tagId": 692507969,
            "tag": {
              "id": 692507969,
              "slug": "electrical-grid",
              "name": "電力 / 電力網 / 発電(用語)",
              "description": "電力 / 電力網に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 478022,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 478022,
            "tagId": 692515218,
            "tag": {
              "id": 692515218,
              "slug": "ex-fusion",
              "name": "EX-Fusion(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 478022,
            "tagId": 692515679,
            "tag": {
              "id": 692515679,
              "slug": "laser-fusion",
              "name": "レーザー核融合(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477870,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477870,
        "slug": "dinette",
        "createdAt": "2022-03-31T03:00:38.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T00:27:58.000Z",
        "title": "コスメD2Cブランドなど展開するDINETTEが8億円のシリーズB調達、OMO施策で販売チャネル拡大・アジア圏のマーケ推進",
        "content": "<p>コスメD2Cブランド「<a target=\"_blank\" href=\"https://phoebebeautyup.com/\" rel=\"noopener\">PHOEBE BEAUTY UP</a>」(フィービービューティーアップ)と美容メディア事業を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://dinette.me/\" rel=\"noopener\">DINETTE</a>(ディネット)は3月30日、シリーズBラウンドとして、第三者割当増資と融資による総額8億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、大和企業投資、セレス、MTG Ventures。借入先はみずほ銀行。</p>\n<p>調達した資金により、サブスクリプションをメインに販売するPHOEBE BEAUTY UPについて、OMO(Online Merges with Offline)施策に投資を行い販売チャネルを拡大、アジア圏へのマーケティング活動を行う。女性の悩みに寄り添うビューティーカンパニーになるべく、2022年度より多様なブランドを多数創出するために商品開発に投資するという。</p>\n<p>PHOEBE BEAUTY UPは、DINETTEが運営するSNS美容メディアに寄せられた顧客の声を基に誕生した、オリジナルブランド。「今日なりたい『私』を叶える」をブランドミッションとし、プロダクト体験を通じてより多くの顧客の「なりたい」を実現することを目指している。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"img-full aligncenter wp-image-477873 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?w=1024\" alt=\"コスメD2Cブランドなど展開するDINETTEが8億円のシリーズB調達、OMO施策で販売チャネル拡大・アジア圏のマーケ推進\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg 1080w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/02-30.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-34.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477870,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477870,
            "tagId": 366271554,
            "tag": {
              "id": 366271554,
              "slug": "subscription",
              "name": "サブスクリプション(用語)",
              "description": "サブスクリプションに関連する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 477870,
            "tagId": 366271828,
            "tag": {
              "id": 366271828,
              "slug": "beauty",
              "name": "美容(用語)",
              "description": "美容に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477870,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477870,
            "tagId": 366277021,
            "tag": {
              "id": 366277021,
              "slug": "d2c",
              "name": "D2C(用語)",
              "description": "direct-to-consumer。D2Cに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477870,
            "tagId": 366280978,
            "tag": {
              "id": 366280978,
              "slug": "dinette",
              "name": "DINETTE(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477870,
            "tagId": 681519617,
            "tag": {
              "id": 681519617,
              "slug": "makeup",
              "name": "メイクアップ / 化粧(用語)",
              "description": "メイクアップ / 化粧に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477870,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477852,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477852,
        "slug": "abcash",
        "createdAt": "2022-03-31T03:00:35.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T01:11:30.000Z",
        "title": "金融教育サービス「ABCash」などを展開するABCash Technologiesが約12億円のシリーズC調達",
        "content": "<p>金融教育サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://service.abcash.co.jp/\" rel=\"noopener\">ABCash</a>」を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://company.abcash.co.jp/\" rel=\"noopener\">ABCash Technologies</a>(エービーキャッシュテクノロジーズ)は3月30日、シリーズCラウンドとして、第三者割当増資による総額約12億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は三菱UFJイノベーション・パートナーズ、SBIインベストメント、Aflac Ventures LLC(Aflac Ventures Japan)、SV-FINTECH Fund、Hamagin DG Innovation投資事業有限責任組合(横浜銀行、デジタルガレージ)、マネックスグループ、FFGベンチャービジネスパートナーズ。</p>\n<p>調達した資金は、データ・テクノロジーの活用強化、ブランディング強化、FinTechサービス拡大にあてる。2022年4月より高等学校で金融教育が開始されるなど社会全体での金融教育のニーズの高まりを背景に、金融教育FinTech事業の推進強化を目的とする資金調達を実施したという。金融機関や親和性の高い株主と事業レベルの連携を深めつつ「貯蓄から投資へ」という流れを加速していくとのこと。</p>\n<p>2018年2月設立のABCash Technologiesは、「お金の不安に終止符を打つ」をミッションとして掲げるFinTechスタートアップ。個人向けのお金のパーソナルトレーニングサービスのABCashと、法人向けお金の福利厚生サービス<a target=\"_blank\" href=\"https://biz.abcash.co.jp/\" rel=\"noopener\">ABCare</a>を2本の柱にしてサービスを提供している。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-33.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477852,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477852,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477852,
            "tagId": 366280963,
            "tag": {
              "id": 366280963,
              "slug": "fintech",
              "name": "FinTech / フィンテック(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477852,
            "tagId": 692508910,
            "tag": {
              "id": 692508910,
              "slug": "abcash-technologies",
              "name": "ABCash Technologies(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477852,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477889,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477889,
        "slug": "2022-03-29-pinecone-announces-28m-series-a-for-purpose-built-database-aimed-at-data-scientists",
        "createdAt": "2022-03-31T02:45:08.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-31T01:24:30.000Z",
        "title": "データサイエンティストを対象とした専用データベースのPineconeが34億円調達",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"http://pinecone.io/\" rel=\"noopener\">Pinecone</a>(パインコーン)が2021年の創業時に発したメッセージは、データサイエンティストのニーズに特化したサーバーレスベクターデータベースを開発するというものだった。このデータベースは同社が行っていることの中核を成すものだが、同社はAI駆動型検索を中心に、より洗練されたデータベースの用途へと向かっている。「干し草の山の中から針を見つける」データサイエンティストを支援することを目指している。</p>\n<p>Pineconeの創業者でCEOのEdo Liberty(エド・リバティ)氏に2021年、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/01/27/pinecone-lands-10m-seed-for-purpose-built-machine-learning-database/\" rel=\"noopener\">1000万ドル(約12億円)のシードラウンド</a>の際に話を聞いたときはちょうど、同社がデータベースを開発しながらその道を歩んでいるところだった。同氏はAmazon(アマゾン)で、SageMakerというデータベースサービスの構築に携わっていた。それからがずいぶん長い道のりだったと同氏は話した。</p>\n<p>「シードラウンドの発表から、いろいろと変化がありました。まず何よりも10月にきちんとした有料サービス製品を立ち上げました。それ以来、採用数も収益も急増しており、本当に順調です」とリバティ氏は語る。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/01/27/pinecone-lands-10m-seed-for-purpose-built-machine-learning-database/\" rel=\"noopener\">シードラウンド</a>の際、データサイエンティスト向けの専用データベースを用意した理由をこう説明した。</p>\n<blockquote><p>機械学習モデルが期待するデータは、JSONレコードではなく、高次元ベクトルなのです。それは特徴のリストか、エンベッディングと呼ばれる、この世に存在するアイテムやオブジェクトの数値表現です。この形式は、機械学習におけるセマンティックの観点で、豊かで実用的なものです。</p></blockquote>\n<p>現在では、この意味優先のアプローチが顧客にPineconeを利用してもらえる原動力になっているという。「ベクトルデータベースの主な用途は検索で、しかも広い意味での検索です。ドキュメントを検索するわけですが、ここでは検索を、情報入手全般、ディスカバリー、レコメンデーション、異常検知などと考えることができます」と語った。</p>\n<p>システムは、Pineconeデータベースのデータを処理するために設計されたリソースのセットである「ポッド」で構成されている。同社は、顧客が製品に慣れ、簡単な概念実証を行うために、1つのポッドを無償で提供している。その後、ポッドの数に応じて支払いを開始する。</p>\n<p>リバティ氏は、同社が数十億個のオブジェクトに拡張できるよう設計したシステムに自信を持っている。「ソフトウェアが実用に耐え、実際にオーケストレーションできる範囲まで拡張することができるのです。私たちは、インデックスを作成して使用できるデータ量に明確な制限がないようにシステムを設計しました」と同氏は説明した。</p>\n<p>サーバーレスデータベースであるため、顧客はプロビジョニングについて心配する必要はないが、処理を要するデータ量に応じて、毎月いくら使えるかをPineconeに伝える必要がある。</p>\n<p>「ざっくりとした計算に基づき、データ容量と性能の点から、こういう用途にはXポッドで十分だろうという判断が下され、それで完了です」。後はサインアップして、コンソールを数回クリックし、APIを呼び出してインデックスを作成するだけで、すぐに使えるようになる。</p>\n<p>リバティ氏は、成長率や従業員数を明かしたくないとのことだったが、2023年にはスタッフ(それがどういう意味であれ)が2倍になる見込みだという。注目すべきは、シード発表時の同社の従業員数は10人だったことだ。</p>\n<p>多様性に関して<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/01/27/pinecone-lands-10m-seed-for-purpose-built-machine-learning-database/\" rel=\"noopener\">同氏は2021年</a>「リクルーターには積極的に動き(より多様な応募者を見つけるために)、すばらしい候補者を逃さないように、そして多様な候補者を連れてくるように指示しました」と話した。実際には、その結果、2022年の新規技術職採用者の(従業員総数の)50%は女性だという。</p>\n<p>同社は米国時間3月29日、2800万ドル(約34億円)のシリーズAを発表した。Menlo Venturesがリードし、新規投資家からTiger Globalが、また既存投資家から同社のシードラウンドをリードしたWing Venture Capitalなどが参加した。これにより、同社は累計3800万ドル(約46億円)を調達したことになる。</p>\n<p><small>画像クレジット:SAND555 / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/29/pinecone-announces-28m-series-a-for-purpose-built-database-aimed-at-data-scientists/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ron Miller、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Pinecone.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477889,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477889,
            "tagId": 2373,
            "tag": {
              "id": 2373,
              "slug": "search",
              "name": "検索(用語)",
              "description": "検索に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477889,
            "tagId": 366271425,
            "tag": {
              "id": 366271425,
              "slug": "data-science",
              "name": "データサイエンス / データサイエンティスト(用語)",
              "description": "データサイエンス / データサイエンティストに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477889,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477889,
            "tagId": 366273736,
            "tag": {
              "id": 366273736,
              "slug": "database",
              "name": "データベース(用語)",
              "description": "データベースに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477825,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477825,
        "slug": "purec",
        "createdAt": "2022-03-30T09:25:03.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T09:25:03.000Z",
        "title": "高純度間葉系幹細胞を開発する島根大学発バイオスタートアップPuRECが総額7億円調達、製品開発を加速",
        "content": "<p>島根大学発の細胞医薬スタートアップ「<a target=\"_blank\" href=\"http://www.purec.jp/\" rel=\"noopener\">PuREC</a>」は3月29日、第三者割当増資による総額7億円の資金調達を実施したことを発表した。引受先は持田製薬、山陰合同銀行、ごうぎんキャピタル、中内啓光氏(スタンフォード大学教授)。累計調達額は13億7000万円となった。</p>\n<p>調達した資金は、製品開発をより加速することにあてる。それによりこれまで十分な医療効果が得られなかった疾病に対し、少しでも早く高純度間葉系幹細胞RECを活用した再生医療を届けることを目指す。</p>\n<p>2016年1月設立のPuRECは、島根大学発のバイオ領域スタートアップ。独自開発した手法で得られた高純度間葉系幹細胞「REC」(Rapidly Expanding Cells)の臨床応用を進めている。間葉系幹細胞が持つ細胞機能の増殖能と分化能、またその均一性や遊走能を利用して、安全かつ効果的な幹細胞治療を実現することを目指しているという。これまでに日本医療研究開発機構(AMED)、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、富士フイルム、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング、持田製薬などと連携し、低ホスファターゼ症、関節疾患、脊椎関連疾患など様々な疾患を対象とした細胞医薬品開発を進めている。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-012-index.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477825,
            "categoryId": 6297388,
            "category": {
              "id": 6297388,
              "slug": "biotech",
              "name": "バイオテック",
              "description": "バイオテック(BioTech)、アグリテック(AgriTech)、遺伝子工学などに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477825,
            "tagId": 366270781,
            "tag": {
              "id": 366270781,
              "slug": "medical",
              "name": "医療 / 治療 / MedTech / メドテック(用語)",
              "description": "医療 / 治療 / MedTech / メドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477825,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477825,
            "tagId": 692511134,
            "tag": {
              "id": 692511134,
              "slug": "regenerative-medicine",
              "name": "再生医学・再生医療(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477825,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477825,
            "tagId": 692514367,
            "tag": {
              "id": 692514367,
              "slug": "msc",
              "name": "MSC / 間葉系幹細胞(用語)",
              "description": "mesenchymal stem cell"
            }
          },
          {
            "postId": 477825,
            "tagId": 692517372,
            "tag": {
              "id": 692517372,
              "slug": "shimane-university",
              "name": "島根大学(組織)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477781,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477781,
        "slug": "2022-03-29-cloaked-series-a",
        "createdAt": "2022-03-30T08:00:25.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T07:50:02.000Z",
        "title": "プライバシーに配慮したIDを生成するCloakedが30.4億円のシリーズA調達",
        "content": "<p>オンラインアカウント作成時に、ユニークな電子メールアドレスと電話番号を生成できるようにする、ボストンのスタートアップCloaked(クロークド「覆い隠す」という意味)が、シリーズAラウンドで2500万ドル(約30億4000万円)を調達した。</p>\n<p>Arjun(アージュン)とAbhijay Bhatnagar(アブジェイ・バトナガー)の兄弟が2020年に設立したCloakedは、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/privacy/\" rel=\"noopener\">プライバシーを気にする</a>個人が、ユニークなIDを作成できるようにする。アプリやブラウザの拡張機能として提供されるこのサービスは、任意のオンラインサービスに対して、電子メール、電話番号、パスワード、クレジットカード番号などの、ユニークな「覆面」IDを作成することができる。Cloakedは<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2018/12/25/cybersecurity-101-guide-password-manager/\" rel=\"noopener\">パスワード管理ソフト</a>のように振る舞うが、ユーザーのパスワードを保存するのではなく、生成した「覆面」データで個人情報を置き換えるプラットフォームだ。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/2021/06/08/2021-06-07-apple-announces-icloud-with-privacy-focused-features/\" rel=\"noopener\">Apple(アップル)のHide My Email(ハイド・マイ・Eメール)</a>のような、識別子を生成するタイプのサービスとは異なり、Cloakedのスマートな設定を使うことで、各識別子がどのように機能するかを簡単にパーソナライズおよびカスタマイズすることが可能だ。例えば、個人が何を、いつ、どこで、誰と情報を共有するかを選択できるし、メールアドレスや電話番号ごとにオン/オフ、スヌーズ(一時無効化)、期限切れ、漏洩した場合の自動更新などが可能となる。また、個人宛のメールや電話番号にメッセージを自動転送するか、Cloakedの中にとどめておくかをユーザーが選択することができる。</p>\n<p>Cloakedは、個人情報を最初から非公開にしているという。すべてのユーザーは、個人情報のすべてが保存されている暗号化されたデータベースを所有し、いつでも管理・削除できるキーが与えられる。</p>\n<p>「みんな、この『知られているけれども監視されているわけではない』という考え方が好きなのです」と、アブジェイ・バトナガー氏はTechCrunchに語っている。現在、初期プレビュー版のCloakedを使っている人たちは、オンラインバンキングから<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/tag/online-dating/\" rel=\"noopener\">オンラインデート</a>に至るさまざまなIDを作っているという。「私たちは、人々とデータの関係だけでなく、テクノロジー全体との関係も再構築したいと心から願っています」と彼はいう。</p>\n<div id=\"attachment_477784\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477784\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477784 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"801\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg 2190w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?resize=300,235 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?resize=768,601 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?resize=1024,801 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?resize=1536,1202 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?resize=2048,1603 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?resize=511,400 511w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?resize=400,313 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?resize=738,578 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?resize=460,360 460w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?resize=220,172 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?resize=160,125 160w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?resize=125,98 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?resize=77,60 77w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?resize=705,552 705w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?resize=469,367 469w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-13-33-15.jpg?resize=50,39 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477784\" class=\"wp-caption-text\">Cloakedは、パスワード管理ソフトのようなサービスだが、オンライン上のIDを生成するためのサービスだ(画像クレジット:Cloaked)</p></div>\n<p>Cloakedは現在は無料サービスだが、フリーミアムモデルへの移行を計画している。同社がTechCrunchに語ったところでは、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/tag/lux-capital/\" rel=\"noopener\">Lux Capital</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/tag/human-capital/\" rel=\"noopener\">Human Capital</a>が共同で主導した今回のシリーズA資金調達によって、製品の開発を進め、ベータ版を終了できるだろうという。スタートアップは、現在26名のフルリモート社員で構成されており、採用活動も行っている。「この先もリモートファーストにこだわるつもりです」とアージュン・バトナガー氏はいう。「そうすることで、世界中のどこからも、最高の人材を採用できる可能性が広がりますし、チームを最高の人材で固めたいのです」。</p>\n<p>Cloakedは、バトナガー兄弟が設立した2社目のスタートアップだ。彼らは、今回のベンチャーを立ち上げる前に、「Hey! HeadsUp(ヘイ!ヘッズアップ)」というオンラインプラットフォームを創業して売却している。Hey! HeadsUpは、複数のカレンダーを共有したりイベントの招待状を送ることなく、他の人のスケジュールにタスクを追加できるオンラインプラットフォームだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Cloaked提供</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/29/cloaked-series-a/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Carly Page、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/cloaked_founders.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477781,
            "categoryId": 8520589,
            "category": {
              "id": 8520589,
              "slug": "security",
              "name": "セキュリティ",
              "description": "情報セキュリティ、コンピュータセキュリティ、プライバシー保護などセキュリティ関連の最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477781,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477781,
            "tagId": 366272222,
            "tag": {
              "id": 366272222,
              "slug": "privacy",
              "name": "プライバシー(用語)",
              "description": "プライバシーに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477781,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477781,
            "tagId": 692512930,
            "tag": {
              "id": 692512930,
              "slug": "identity-management",
              "name": "ID / アイデンティティ / アイデンティティ管理(用語)",
              "description": "ID / アイデンティティ / アイデンティティ管理に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477768,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477768,
        "slug": "2022-03-29-nreal-200-million",
        "createdAt": "2022-03-30T05:00:02.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T04:39:57.000Z",
        "title": "日本でも販売されているスマートグラスのNrealが1年間で約244.2億円を調達",
        "content": "<p>中国のARスタートアップ「Nreal」(エンリアル)が好調だ。軽量で明るいスマートグラスを作ってARの普及を目指す同社はシリーズC拡張ラウンドで6000万ドル(約73億2600万円)を調達し、この1年間で2億ドル(約244億2000万円)の大型調達を果たした。</p>\n<p>今回のラウンドを主導したのはAlibaba(アリババ)だ。Alibabaは投資に関しては<a target=\"_blank\" href=\"/2021/01/10/2021-01-07-tencent-investment-2020/\" rel=\"noopener\">最大のライバルであるTencent</a>(テンセント)よりも、これまでずっと実用性を重視しつつTencentほど積極的ではなかった。Alibabaは、その巨大な小売エコシステムを補完するピースになり得るスタートアップの経営権に関わる持分を獲得すると言われている。</p>\n<p>しかしNrealに対するAlibabaの投資は純粋に資金面でのことだ。理論的には、両者が戦略的なシナジーを生み出す可能性はある。Alibabaが自社のゲームやビデオのストリーミング部門とNrealの協業に乗り出したり、最近<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/21/2022-02-20-end-of-chinese-food-delivery-platforms-runaway-growth/\" rel=\"noopener\">音声コントロール付きヘルメットを着用</a>するようになった膨大な数のフードデリバリーのライダー向けにスマートグラスをNrealに開発してもらうことは容易に想像できる。しかし中国では独占禁止法の取り締まりが厳しくなり、中国のテック大手が不公正な競争を助長すると受け取られかねない投資に注意を払うようになっていることは間違いない。</p>\n<p>それに、Magic Leap(マジックリープ)の従業員だった<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/12/08/china-watches-and-learns-from-the-us-in-ar-vr-competition/\" rel=\"noopener\">Chi Xu(徐驰、カイ・シュイ)氏が創業</a>したNrealには、すでに注目すべきパートナーたちがいる。Nrealの戦略的投資家には、中国の新興EV企業のNio(ニーオ)、TikTok(ティックトック)の中国での最大のライバルであるショートビデオアプリのKuaishou(快手)、Baidu(百度)が支援するビデオストリーミングプラットフォームのiQIYI(爱奇艺)などがある。Qualcomm(クアルコム)は投資はしていないが最先端のSnapdragonプロセッサを供給し、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.qualcomm.com/news/onq/2020/07/28/mixed-reality-developers-get-more-tools-and-resources-nreal-ups-its-game\" rel=\"noopener\">開発者エコシステムの構築</a>に関して緊密に連携している。著名な機関投資家であるSequoia Capital China(セコイアキャピタルチャイナ)、Jack Ma(ジャック・マー)氏のYunfeng Capital(雲鋒基金)、Xiaomi(シャオミ)の創業者Lei Jun(レイ・ジュン)氏のShunwei Capital(順為資本)の他、プライベートエクイティ大手のHillhouse(高瓴資本)、CPE(CPE源峰)、CICC Capital(中金資本)もNrealを支援している。</p>\n<p>Nrealは中国を拠点としているが、中国市場をターゲットにするのではなく、消費者の購入意欲を日本や米国など海外の6カ国で最初にテストした。同社はデバイスの販売に関して各国の通信事業者の協力を得ている。例えば米国ではVerizon(ベライゾン)がNrealの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nreal.ai/light/\" rel=\"noopener\">複合現実グラスであるNrealLight</a>の販売に協力している。NrealLightは600ドル(約7万3000円、日本ではauオンラインショップで6万9799円)と比較的手頃な価格で、5G対応のAndroidデバイスに接続できる。</p>\n<p>Nrealは今回調達した資金で、ついに2022年に中国での事業に乗り出す。また今回の資金は研究開発や、ユーザー獲得に欠かせないコンテンツやアプリのエコシステムの成長にも使われる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Nreal</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/29/nreal-200-million/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Rita Liao、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/nreal-1.webp",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477768,
            "categoryId": 366280198,
            "category": {
              "id": 366280198,
              "slug": "vr-ar-mr",
              "name": "VR / AR / MR",
              "description": "VR(Virtual Reality / バーチャルリアリティ:仮装現実)、AR(Augmented Reality / オーグメンテッド・リアリティ:拡張現実)、MR(Mixed Reality / ミクスド・リアリティ:複合現実)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477768,
            "tagId": 364665489,
            "tag": {
              "id": 364665489,
              "slug": "china",
              "name": "中国(国・地域)",
              "description": "中国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477768,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477768,
            "tagId": 366274618,
            "tag": {
              "id": 366274618,
              "slug": "smart-glass",
              "name": "スマートグラス(用語)",
              "description": "スマートグラスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477768,
            "tagId": 366278519,
            "tag": {
              "id": 366278519,
              "slug": "alibaba",
              "name": "Alibaba / アリババ(企業)",
              "description": "Alibaba(アリババ)は企業間電子商取引のオンラインマーケットを運営する中国企業。1999年創業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477768,
            "tagId": 692509730,
            "tag": {
              "id": 692509730,
              "slug": "nreal",
              "name": "Nreal(企業)",
              "description": "中国で最も注目されているMR(複合現実)のスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 477768,
            "tagId": 692512787,
            "tag": {
              "id": 692512787,
              "slug": "ar-glasses",
              "name": "ARグラス(用語)",
              "description": "ARグラスに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477751,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477751,
        "slug": "linkage-inc-fundraising",
        "createdAt": "2022-03-30T02:17:41.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T02:17:41.000Z",
        "title": "職域向けオンライン診療など健康支援プログラムを提供するリンケージが約5.5億円のシリーズA調達、上場準備室も設置",
        "content": "<p>予防医療テックで職域向けにオンライン診療などの健康支援プログラムを提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://linkage-inc.co.jp/\" rel=\"noopener\">リンケージ</a>は3月30日、第三者割当増資による資金調達を実施した。引受先は、マイナビ、Medical Development Support 1号投資事業有限責任組合、個人投資家の竹内真氏、上沢仁氏など。これにより、シリーズAラウンドの累計調達額は約5億5000万円、また累計調達額は8億円となった。調達した資金は、主にプロダクトの機能拡充、質の高いサービス提供のための人材採用にあてる予定。</p>\n<p>また同社は、さらなる企業成長を見据え、上場準備室を設置した。ヘルスケアスタートアップとしてのノウハウを活かした事業展開で健康総合支援企業となるビジョンを体現し、次のステージへの到達を目指す。</p>\n<p>「テクノロジーとのつながりで健康意識の温度をあげる」をミッションに掲げるリンケージは、2011年6月の設立以来、「オンライン禁煙診療」や、オンライン問診を起点に従業員の心身の健康課題を可視化し、必要な医療へのアクセスや組織の生産性向上につなげる「<a target=\"_blank\" href=\"https://rasika.linkage-inc.co.jp/\" rel=\"noopener\">Rasika</a>」「<a target=\"_blank\" href=\"https://femcle.linkage-inc.co.jp/\" rel=\"noopener\">FEMCLE</a>」などの企業向けヘルスケアサービスを展開。のべ174組合、企業1550社への健康サポート実績があり、加入者数約600万人以上のネットワークを有している。</p>\n<p>Rasikaは、テレワークなどの新しい働き方にも対応したメンタルウェルネスサービス。東京大学医学部附属病院心療内科との共同研究により開発した独自ストレスチェックの質問項目により、テレワークや生活習慣との相関を含め、従業員のストレス要因を多角的に分析可能という。またFEMCLEは、働く女性の健康課題を可視化し、専門医のフォローで労働生産性を改善する法人向け女性ヘルスケアサービス。NPO法人日本子宮内膜症啓発会議(JECIE)、豊富な経験・実績を持つ約100名の専門医のサポートのもと展開する、働く女性の健康課題に着目したサービスとなっている。</p>\n<p>同社が考える「健康」とは、「自分らしくあることを阻害する、こころとからだの不調がないこと」という。あらゆるネットワークを活用し、企業コミュニティを通じて人々の健康意識を高めており、厚生労働省「国民医療費の概況」にある医科診療費の傷病別内訳では、生活習慣病、老化に伴う疾患、精神疾患、その他(腎不全など)の順となっており、リンケージではこれらの領域のほとんどをカバーしているとした。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-477755\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?w=1024\" alt=\"職域向けオンライン診療など健康支援プログラムを提供するリンケージが約5.5億円のシリーズA調達、上場準備室も設置\" width=\"1024\" height=\"536\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg 1920w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?resize=300,157 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?resize=768,402 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?resize=1024,536 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?resize=1536,804 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?resize=764,400 764w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?resize=400,209 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?resize=738,386 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?resize=640,335 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?resize=220,115 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?resize=281,147 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?resize=239,125 239w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?resize=125,65 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?resize=115,60 115w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?resize=1055,552 1055w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?resize=600,314 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-002.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477751,
            "categoryId": 337,
            "category": {
              "id": 337,
              "slug": "healthtech",
              "name": "ヘルステック",
              "description": "ヘルステック(HealthTech)。医療、健康、ヘルスケア、介護の分野におけるテクノロジーに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477751,
            "tagId": 366271869,
            "tag": {
              "id": 366271869,
              "slug": "healthcare",
              "name": "健康 / 健康管理 / ヘルスケア(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477751,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477751,
            "tagId": 692511107,
            "tag": {
              "id": 692511107,
              "slug": "linkage-inc",
              "name": "リンケージ(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477751,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477654,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477654,
        "slug": "2022-03-28-shoreline-scores-35m-series-b-to-build-automated-incident-response-platform",
        "createdAt": "2022-03-30T02:15:54.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T01:33:36.000Z",
        "title": "自動インシデント対応プラットフォームを構築するShorelineがシリーズBで約43億円を調達",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"http://shoreline.io/\" rel=\"noopener\">Shoreline</a>の創業者でCEOのAnurag Gupta(アヌラグ・グプタ)氏は、同社を創業する前は8年間、AWSでインフラストラクチャに携わっていた。AWSのシステムがスローダウンしたり停止したりするインシデントに対応するシステムの責任者を務めていた。</p>\n<p>これは大仕事で、同氏はインシデント対応を自動化する社内システムの構築に関わっていたが、マーケットプレイスには他社がそうした自動化に役立つツールが不足していることに気づいた。ソフトウェアのテストと導入、本番システムの監視、インシデントが起きた時の対応をするツールはあるが、同氏は欠けているものがあると見ていた。</p>\n<p>同氏は、インシデントのチケットが発行され必要な人が対応を始めると、何がおかしいかをつきとめて修復するのは通常は手作業が極めて多いプロセスになると指摘する。システムがダウンすると1分ごとにコストがかさむ。ソフトウェアとシステムが複雑になり、こうした問題に対処する責任者であるSRE(サイト信頼性エンジニア、Site Reliability Engineer)が根本原因をつきとめて修復するのはさらに難しくなっている。</p>\n<p>グプタ氏は「ほぼすべてのケースで手作業のプロセスとなり、人間は消耗してミスをします。たくさんの人手に頼る作業です。そして人間は機械よりも長い時間を要するのでダウンタイムが発生するのです」と説明する。</p>\n<p>同社はジュピタースタイルのノートブックを作ってシステムによくある問題への対応を記録し、自動化する。問題を解決するためのステップ・バイ・ステップの手順を示し、可能な場合には対応を自動化するのだ。狙いは問題が起きた時に対応する負荷を軽減することだ。</p>\n<p>グプタ氏は、システムの問題が発生した時にそれを解決する必要性が高まりSREの役割は急速に大きくなっているが、問題に体当たりしていくのは持続可能なアプローチではないと語る。</p>\n<p>Shorelineに投資しているInsight PartnersのマネージングパートナーであるGeorge Mathew(ジョージ・マシュー)氏は、機械と人との協力で問題の解決を早めるのだという。</p>\n<p>マシュー氏はShorelineに投資した理由を「ハイレベルの役割を人間が果たし、ローレベルの役割を機械学習のアルゴリズムで自動化できれば、この分野においてはたいへん魅力的なチャンスです」と説明する。</p>\n<p>Shorelineが創業したのは2019年だが、このような自動化ソリューションを構築するのに2年半かかり、シリーズAでは2200万ドル(約27億600万円)を調達した。このプロダクトを発売してからすでに約半年が経ち、従業員はすでに50人近くいる。</p>\n<p>グプタ氏は創業に関し、自社が事業をしている世界を反映した従業員を有することが自分にとって重要なゴールであると語る。</p>\n<p>同氏は「当社の従業員はテックの世界ではなく社会全般と同じようでなくてはならないと強く確信しています。テックの世界には組織的なバイアスがすでにあるからです」と語る。つまり、従業員の比率を実際の人口比に一致させようとしている。</p>\n<p>「私が変わることなく信じているのは、雇用のプロセスに多様性を取り入れれば、結果として企業は多様になるということです」と同氏はいう。</p>\n<p>米国時間3月28日、ShorelineはInsight Partnersが主導し、Dawn Capitalが参加した3500万ドル(約43億500万円)のシリーズBを発表した。Shorelineによれば、今回のラウンドでこれまでの調達金額の合計は5700万ドル(約70億1100万円)となった。</p>\n<p><small>画像クレジット:Dansin / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/shoreline-scores-35m-series-b-to-build-automated-incident-response-platform/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ron Miller、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-172161828.webp",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477654,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477654,
            "tagId": 66619,
            "tag": {
              "id": 66619,
              "slug": "incident",
              "name": "インシデント(用語)",
              "description": "インシデントに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477654,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477654,
            "tagId": 366274193,
            "tag": {
              "id": 366274193,
              "slug": "automation",
              "name": "オートメーション / 自動化(用語)",
              "description": "オートメーション / 自動化に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477654,
            "tagId": 366281355,
            "tag": {
              "id": 366281355,
              "slug": "system-down",
              "name": "システムダウン / システム障害(用語)",
              "description": "システムダウン / システム障害に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477654,
            "tagId": 692517626,
            "tag": {
              "id": 692517626,
              "slug": "shoreline",
              "name": "Shoreline",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477643,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477643,
        "slug": "2022-03-28-smart-electric-panel-company-span-gets-a-90m-jolt-of-cash",
        "createdAt": "2022-03-30T01:45:18.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T01:31:26.000Z",
        "title": "スマート配電盤で一般家庭の電化を進めるSpanが約110億円調達",
        "content": "<p>あの地味なブレーカーパネルは、特に愛されることもなくすでにまるまる1世紀存在しているが、そこに登場したのが<a target=\"_blank\" href=\"https://www.span.io/\" rel=\"noopener\">Span</a>だ。同社は現代的でスマート、そして魅力的な配電盤を作っており、その進化を継続するために、このほど9000万ドル(約110億円)を調達した。同社は電化とマイクログリッドの均衡化という問題の解決を目指しており、それにより未来のスマートホームが自らの電力消費の状況をもっとよく把握できるようにする。</p>\n<p>Spanは<a target=\"_blank\" href=\"/2020/05/13/2020-05-12-ex-tesla-product-exec-raises-10-million-for-his-mission-to-upgrade-the-lowly-fuse-box/\" rel=\"noopener\">2年前に1000万ドル(約12億円)を調達</a>し、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/01/28/2021-01-26-span-the-smart-fusebox-replacement-founded-by-an-ex-tesla-engineer-gets-an-alexa-upgrade/\" rel=\"noopener\">Alexaを統合して</a>、さらに2022年初めにはスマートパネルと相性がいい<a target=\"_blank\" href=\"/2021/11/18/2021-10-29-span-drive/\" rel=\"noopener\">よりスマートなEV充電器</a>をローンチした。</p>\n<p>SpanのCEOで創業者のArch Rao(アーチ・ラオ)氏は、2022年初めのインタビューで次のように語っている。「初期のTeslaに入って、後にTesla Energyになるもの設計に最初から関われたことは、とてもラッキーでした。私は、Energy Groupの初期のリーダーの1人でした。みんながよく知っているのはPowerwallバッテリーだと思いますが、私はそのプロダクトチームのリーダーで、一般住宅用製品や産業用製品、それに公益企業が使うような規模の製品をハードとソフトの両面で設計、開発そしてデプロイしていました。また、ソーラールーフや太陽光発電の導入など、ガラス屋根の製品も担当しました」。</p>\n<p>「家庭用バッテリーやソーラーシステム、電気自動車の充電システムを世界中で展開する中、私が直接目にしたことの1つに、インフラと結びついた根本的な問題があることです。特に、電化が私たちの目指す『脱化石燃料』の重要な一部であると考えるのであれば、インフラは分散型クリーンエネルギー導入の足かせになってしまいます。化石燃料を使用した家電製品を優れた電気製品に置き換えるには、家庭用電気パネルから始まるインフラの大規模なアップグレードが必要になるのです」。</p>\n<p>「私たちは家庭の電化を実現するために、拡張性のある方法の中核となる配電盤を再発明することから始めました。しかし消費者はそれ以上のものを求めています。新しい資本を投入して、家庭の脱炭素化を実現する製品を拡大し、Spanが独自に提供する家庭のエネルギー管理という比類のないアプローチを開発し続けられることに興奮しています。」とラオ氏は語る。</p>\n<p>SpanのシリーズBをリードしたのは<a target=\"_blank\" href=\"https://fifthwall.com/\" rel=\"noopener\">Fifth Wall Climate Tech</a>とWellington Managementだ。その他の投資家はAngeleno Group、FootPrint Coalition、Obsidian Investment Partners、そしてA/O PropTechとなる。同社の説明によると、資金は主にSpan Homeシリーズのエネルギー製品およびソリューションの開発の継続により、同社の商業的成功を引っ張り家庭の新しい電化を加速していくことに向けられる。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.span.io/\" rel=\"noopener\">Span</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/smart-electric-panel-company-span-gets-a-90m-jolt-of-cash/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Haje Jan Kamps、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/spa.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477643,
            "categoryId": 692506924,
            "category": {
              "id": 692506924,
              "slug": "enviro-tech",
              "name": "EnviroTech",
              "description": "環境不可の低減技術、リサイクル技術、再生可能エネルギー開発、省エネルギー、海洋汚染や土壌汚染の浄化技術など、環境問題を解決し、持続可能な(サスティナブル)未来のための環境技術(Environmental Technology)、グリーンテック(Green Tech) / クリーンテック(Clean Tech)に関する最新ニュース\r\nEnviroTech(エンバイロ・テック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477643,
            "tagId": 135609,
            "tag": {
              "id": 135609,
              "slug": "battery",
              "name": "バッテリー / 電池(用語)",
              "description": "蓄電池。エネルギーによって直流の電力を生み出す電力機器。"
            }
          },
          {
            "postId": 477643,
            "tagId": 697740,
            "tag": {
              "id": 697740,
              "slug": "smart-home",
              "name": "スマートホーム(用語)",
              "description": "スマートホームに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477643,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477643,
            "tagId": 366273283,
            "tag": {
              "id": 366273283,
              "slug": "solar-photovoltaics",
              "name": "太陽光 / 太陽光発電 / ソーラー発電 / 太陽電池(用語)",
              "description": "太陽光 / 太陽光発電 / 太陽電池に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477643,
            "tagId": 366279713,
            "tag": {
              "id": 366279713,
              "slug": "co2",
              "name": "炭素 / 二酸化炭素(用語)",
              "description": "carbon dioxide。化学式はCO2。地球上における代表的な炭素の酸化物。"
            }
          },
          {
            "postId": 477643,
            "tagId": 692508476,
            "tag": {
              "id": 692508476,
              "slug": "span",
              "name": "Span(企業)",
              "description": "スマート配電盤を開発、提供するスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 477643,
            "tagId": 692513004,
            "tag": {
              "id": 692513004,
              "slug": "fossil-fuel",
              "name": "化石燃料 / 石油 / 石炭 / 天然ガス(用語)",
              "description": "化石燃料 / 石油 / 石炭 / 天然ガスに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477736,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477736,
        "slug": "harvestx-fundraising-2",
        "createdAt": "2022-03-30T01:34:42.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T01:34:42.000Z",
        "title": "HarvestXが1.5億円調達、植物工場での実証実験に向け開発加速―実証結果踏まえた製品バージョンのベータリリースも計画",
        "content": "<p>農業用ロボットを手がける<a target=\"_blank\" href=\"https://harvestx.jp/\" rel=\"noopener\">HarvestX</a>は3月30日、総額1億5000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、ANRI 4号投資事業有限責任組合(ANRI)、オープンイノベーション推進 1号投資事業有限責任組合(東京大学協創プラットフォーム。東大IPC)、DEEPCORE TOKYO 2号投資事業有限責任組合(ディープコア)。</p>\n<p>レタスなどの葉物類の植物工場が展開を広げる一方、イチゴのような果実類の生産にはハチ・ハエを媒介とした虫媒受粉または人の手による授粉が必要で、収量の不安定さ、高コスト、ハチの短いサイクルでの使い捨てが課題となっているという。そこでHarvestXは、ハチに代わるロボットを活用した授粉技術の開発に取り組み、世界で初めてロボットによるイチゴの授粉の実証に成功した。社内の研究施設「HarvestX Lab」内で実証試験機「XV-1」「XV-2」による授粉の実証実験を実施しており、ハチや人間を超える精度での授粉を行えるそうだ。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/DlU6DxsywdY?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>また現在は、HarvestX Labに植物工場と同等の栽培設備を導入し、植物工場事業会社での授粉ロボットおよびソフトウェアシステムの実証実験に向けたプロトタイプの開発を進めているという。</p>\n<p>調達した資金により、パートナーである植物工場事業会社との実証実験に向けたハードウェア・ソフトウェアの開発、および実際の植物工場での実証実験を通じてオペレーションの検証やさらなる授粉精度の向上を進める。さらに、その実証実験の結果を踏まえた製品バージョンのベータリリースを計画している。</p>\n<p>さらに、日本初の取り組みとして<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tokuyama.ac.jp/\" rel=\"noopener\">徳山工業高等専門学校</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://harvestx.jp/news/20220330_2/\" rel=\"noopener\">提携</a>。高専内に事業所を開設し、授粉・収穫用ロボットの共同研究を行う。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-30-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477736,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477736,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477736,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477736,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477736,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477736,
            "tagId": 692508691,
            "tag": {
              "id": 692508691,
              "slug": "foods",
              "name": "食品 / 食料品 / 食材 / 食品加工(用語)",
              "description": "食品に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477736,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477736,
            "tagId": 692514013,
            "tag": {
              "id": 692514013,
              "slug": "plant-factory",
              "name": "植物工場(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477736,
            "tagId": 692514068,
            "tag": {
              "id": 692514068,
              "slug": "harvestx",
              "name": "HarvestX(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477664,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477664,
        "slug": "2022-03-29-lambdatest-raises-45-million-to-build-aws-for-testers",
        "createdAt": "2022-03-30T01:15:48.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-30T00:30:43.000Z",
        "title": "「テスターのためのAWS」構築を目指すLambdaTestが55.2億円を調達",
        "content": "<p>ウェブ開発者は何百ものタスクを実行しなければならないが、それらを自分のマシンで実行することができる。しかし、開発会社が(大規模に)同様の活動を行う場合には、ローカルにタスクを実行するために必要なコンピューティングパワーをいつでも自由に確保できるとは限らないし、日頃から持っていたいとも思わないものだ。</p>\n<p>「開発者やその会社が、普通なら4〜5時間かかる作業を10分に短縮できるようなプラットフォームを、構築できるでしょうか?」とAsad Khan(アサド・カーン)氏はいう。</p>\n<p>カーン氏は10年かけてこの問題を解決しようと努力を重ねてきた。彼は、最新のベンチャー企業である<a target=\"_blank\" href=\"https://www.lambdatest.com\" rel=\"noopener\">LambaTest</a>(ラムダテスト)で、そのソリューションを製品化した。</p>\n<p>創業4年のスタートアップである同社のクラウドベースのサービスを利用することで、ユーザーは自分のウェブサイトやアプリを、ブラウザー、OS、デバイス、そしてそれらの異なるバリエーションの3000種類以上の組み合わせでテストすることができる。</p>\n<p>彼はTechCrunchのインタビューに対して「テスターのためのAWSを構築しました」と語っている。「私たちは単なるテストツール企業ではなく、開発者があらゆる言語やフレームワークで書かれたあらゆる種類のテストを実行できるようなエコシステムを実現する会社です。このプラットフォームは、いつでもどこからでも、どんな規模のタスクでも実行できるようにします」。</p>\n<p>そして、急成長するスタートアップにはありがちだが、LambdaTestの有効性は、投資家の関心を集めている。</p>\n<p>インド時間3月29日には、Premji Investが主導するシリーズC資金調達ラウンドで4500万ドル(約55億2000万円)を調達したことを発表した。既存の投資家であるSequoia Capital India、Telstra Ventures、Blume Ventures、Leo Capitalに加え、ソフトウェアテスト会社Tricentis(トリセンティス)の元最高経営責任者Sandeep Johri(サンディープ・ジョリ)氏も参加し、スタートアップのこれまでの資金調達額は7000万ドル(約85億7000万円)に達した。</p>\n<p>LambdaTestによれば、現在130カ国で500社以上の企業、100万人の開発者とテスターが同社のプラットフォームを利用しているという。またこれを使った同社の顧客は1億回以上のテストを実施し、市場投入までの時間を95%短縮し、リリースの生産性を62%向上させ、ローンチ前に67%の問題を特定することに成功したという。LambdaTestのホームページには、Microsoft(マイクロソフト)、Apple(アップル)、Xerox(ゼロックス)、Postman(ポストマン)、Yale(イエール)、Directi(ディレクティ)などの顧客が名を連ねている。</p>\n<p>カーン氏は、このパンデミックも、多くの潜在顧客をLambdaTestに引きつける上で重要な役割を果たしたのだという。スタートアップは2021年、ビジネスを300%成長させたという。</p>\n<p>カーン氏はいう「私たちは、テストのオーケストレーションと実行に関して、開発者とQAチームの仕事をより簡単にすることに強い重点を置いています。ほんの数カ月前、私たちは、企業がエンド・ツー・エンドの自動テストを可能な限り最速で実行できるよう支援する、次世代スマートテストオーケストレーションプラットフォームの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.lambdatest.com/intl/en-in/hypertest\" rel=\"noopener\">HyperExecute</a>(ハイパーエクスキュート)をリリースしました。私たちは間もなく、テスト情報プラットフォームの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.lambdatest.com/intl/en-in/test-at-scale\" rel=\"noopener\">Test-at-Scale</a>(TAS)をローンチする予定です。すでにベータ版として運用中です。また、当社の中核となる実行プラットフォームの能力も継続的に強化しています」。</p>\n<p>LambdaTestの提供するサービスの一部は、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/06/16/bonds-200-million-led-investment-values-software-testing-platform-browserstack-at-4-billion/\" rel=\"noopener\">評価額40億ドル(約4901億6000万円)</a>のスタートアップBrowserStack(ブラウザースタック)と競合している。競合の名前は挙げなかったが、カーン氏によれば、LambdaTestの製品ははるかに包括的であり、スケーリングに対するアプローチもユニークだという(一方、BrowserStack側は確かにLambdaTestをライバルと見ているようだ。例えばLambdaTestをGoogleで検索すると、先週はBrowserStackがスポンサーリンクとしてトップに表示された)。</p>\n<p>同社は今後、提供するサービスをさらに拡大し、従業員数も増やしていく予定だ。現在、インドと米国を中心に約250人の従業員が働いている。今回の資金調達で、カーン氏はベイエリアでのチーム拡大を積極的に進めるという。</p>\n<p>Premji InvestのパートナーであるAtul Gupta(アトゥルグプタ)氏は声明の中で「LambdaTestは、コスト効率と拡張性に優れたソリューションを提供することで、企業がテスト実行をオーケストレーションできるよう支援するとともに、既存のインフラに対する追加を行うことなくコントロール性を向上させます。彼らは、テスト実行のスピード、信頼性、パフォーマンスの境界を押し広げているのです。テスト実行のあり方を変えようとする、この超野心的なLambdaTestチームと協力できることをうれしく思います」と語っている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/29/lambdatest-raises-45-million-to-build-aws-for-testers/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Manish Singh、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/lambdatest-funding.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477664,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477664,
            "tagId": 90579,
            "tag": {
              "id": 90579,
              "slug": "beta-testing",
              "name": "テスト / ベータテスト(用語)",
              "description": "テスト / ベータテストに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477664,
            "tagId": 365840503,
            "tag": {
              "id": 365840503,
              "slug": "india",
              "name": "インド(国・地域)",
              "description": "インドに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477664,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477664,
            "tagId": 692515841,
            "tag": {
              "id": 692515841,
              "slug": "cloud-service",
              "name": "クラウドサービス(用語)",
              "description": "クラウドサービスに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477617,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477617,
        "slug": "susten",
        "createdAt": "2022-03-29T10:35:22.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T10:35:22.000Z",
        "title": "個人向け自動資産運用サービス「SUSTEN」のsustenキャピタル・マネジメントが15億円調達、利便性向上や新サービス開発",
        "content": "<p>個人向け資産運用サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://susten.jp/\" rel=\"noopener\">SUSTEN</a>」を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://susten.jp/company/\" rel=\"noopener\">sustenキャピタル・マネジメント</a>(サステン・キャピタル・マネジメント)は3月28日、第三者割当増資による総額15億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、マネーフォワード、NOWが運用するファンド、東京理科大学ベンチャーファンド。調達した資金は、既存サービスの利便性向上をはかる改良、個人投資家のニーズに応える新サービス開発、本格的なマーケティング活動にあてる。</p>\n<p>SUSTENは、利用者がアプリ上で質問に答えるだけで、利用者ごとに適した運用ポートフォリオを診断し運用まで自動で行うという資産運用サービス。投資の知識がない人でも、金融工学理論と機械学習を融合させた分散投資を利用できるとしている。世界の株式に投資する従来型の運用だけでなく、株式以外の収益源を活用する絶対収益追求型戦略も用意しているそうだ。</p>\n<p>また同社は、完全成果報酬型の費用体系を導入。資産が増える時のみ費用が発生し、相場が軟調な間は、同社に対する費用は発生しない。顧客の投資資産を保全する信託銀行に支払う受託者報酬、投資対象上場投資信託に支払う経費など、投資金額に対して年率0.022~0.099%(税込)程度の実質的な費用は発生する。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-29.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477617,
            "categoryId": 254561114,
            "category": {
              "id": 254561114,
              "slug": "fintech",
              "name": "フィンテック",
              "description": "フィンテック(Fintech)、ファイナンス・テクノロジー、金融商品・サービスにおけるテクノロジーの最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477617,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477617,
            "tagId": 692508684,
            "tag": {
              "id": 692508684,
              "slug": "asset-management",
              "name": "資産管理 / 資産運用(用語)",
              "description": "資産管理、資産運用に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477617,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477617,
            "tagId": 692517623,
            "tag": {
              "id": 692517623,
              "slug": "susten-capital-management",
              "name": "sustenキャピタル・マネジメント(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477551,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477551,
        "slug": "synspective-fundraising",
        "createdAt": "2022-03-29T01:25:40.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T01:25:40.000Z",
        "title": "衛星データ解析によるソリューション提供や小型SAR衛星の開発・運用を行うSynspectiveが119億円のシリーズB調達",
        "content": "<div id=\"attachment_477553\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477553\" loading=\"lazy\" class=\"size-large wp-image-477553\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?w=1024\" alt=\"衛星データ解析によるソリューション提供や小型SAR衛星の開発・運用を行うSynspectiveが119億円のシリーズB調達\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-001.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477553\" class=\"wp-caption-text\">2022年3月1日に2機目の小型SAR衛星打上げ成功</p></div>\n<p>衛星データ解析によるソリューション提供および小型SAR衛星の開発・運用を行う<a target=\"_blank\" href=\"https://synspective.com/jp/\" rel=\"noopener\">Synspective</a>(シンスペクティブ)は3月29日、シリーズBラウンドとして、第三者割当増資および融資による119億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、損害保険ジャパン、野村スパークス・インベストメント、シンガポールPavilion Capital Pte. Ltd.など。累計調達額は228億円となった。</p>\n<p>調達した資金は、主に小型SAR衛星の開発・製造・打上・運用、量産施設の準備、衛星データソリューションの開発とグローバル展開などにあて、さらなる事業拡大を目指す。</p>\n<p>2018年2月設立のSynspectiveは、小型SAR衛星の開発・運用と衛星による観測データを活用したソリューションサービスの提供をワンストップで行う企業。2026年前後に、小型SAR衛星30機からなるコンステレーションを構築することで、広範囲、高頻度の地上観測を可能にするシステムの構築・運用を目指す。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477551,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477551,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477551,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477551,
            "tagId": 366280181,
            "tag": {
              "id": 366280181,
              "slug": "synspective",
              "name": "Synspective(企業)",
              "description": "衛星データ解析によるソリューション提供および小型SAR(合成開口レーダー)衛星の開発・運用を行う日本の宇宙スタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 477551,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          },
          {
            "postId": 477551,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477478,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477478,
        "slug": "2022-03-28-pixxel-takes-orbital-imagery-hyperspectral-with-25m-a-round",
        "createdAt": "2022-03-29T01:15:20.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T00:46:00.000Z",
        "title": "ハイパースペクトル衛星画像提供するPixxel、衛星コンステレーションの打ち上げに向けて約31億円調達",
        "content": "<p>軌道上から撮影する人工衛星画像は、新しい宇宙産業で注目されている分野の1つだが、それには(人間の)目に見えるもの以上のものがある。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.pixxel.space/\" rel=\"noopener\">Pixxel</a>(ピクセル)は、地球のハイパースペクトル画像を提供する衛星コンステレーションの打ち上げに向け2500万ドル(約31億円)を調達した。ハイパースペクトル画像は、通常のカメラでは見えないあらゆる種の細部を明らかにすることができる、より広いスライスの電磁スペクトルだ。</p>\n<p>基本的に、地球を数キロ上空から見下ろすことができるということは、あらゆる可能性を提供する。しかし、研究室では基本的なデジタルカメラ以上のものが必要なのと同じように、軌道上の画像もまた基本的なもの以上が必要だ。</p>\n<p>研究室でよく見かける別のツールが分光器だ。これは、物体や物質に放射線を当て、どの周波数がどれだけ吸収されたか、あるいは反射されたかを記録するものだ。すべての物には異なるスペクトルの特徴があり、例えば同じ鉱物の2つのタイプなど、密接に関連した物質であっても互いに区別することができる。</p>\n<p>ハイパースペクトル画像は、これと同様の処理をカメラで行ったもので、宇宙からこれを行うことで、1枚の画像から地域全体のスペクトルの特徴を見つけることができる。米航空宇宙局(NASA)などの機関は、惑星観測のためにハイパースペクトルを使用しているが、Pixxelはこれまでの研究を基に、ハイパースペクトルをオンデマンドで提供する人工衛星コンステレーションを打ち上げようとしている。</p>\n<div id=\"attachment_477480\" style=\"width: 410px\" class=\"wp-caption alignright\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477480\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477480\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?w=300\" alt=\"\" width=\"400\" height=\"400\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=150,150 150w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=300,300 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=400,400 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=738,738 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=360,360 360w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=380,380 380w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=220,220 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=172,172 172w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=125,125 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=60,60 60w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=552,552 552w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=367,367 367w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=32,32 32w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=50,50 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=64,64 64w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=96,96 96w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=128,128 128w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel2.webp?resize=80,80 80w\" sizes=\"(max-width: 400px) 100vw, 400px\" /><p id=\"caption-attachment-477480\" class=\"wp-caption-text\">Pixxelの衛星のCGレンダリング画像</p></div>\n<p>創業者でCEOのAwais Ahmed(アウェイス・アーメッド)氏は、他の新興の宇宙産業と同様、小型化の技術力と頻繁かつ安価な打ち上げの組み合わせが、このビジネスを可能にしたと語る。アーメッド氏は、NASAのおかげであることを率直に認めたが、Pixxelは税金で開発された技術を単に再利用しているわけではない。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nas.nasa.gov/SC21/research/project26.html\" rel=\"noopener\">EO-1ミッションとHyperionハイパースペクトルデータセット</a>を初期の市場調査だと考えてもいい。</p>\n<p>「Hyperionの解像度は約30メートル(1ピクセルあたり)ほどで、科学的な目的には最適です。しかし、5メートル程度まで下げないと、私たちがやっていることには意味がありません」とアーメッド氏は説明した。</p>\n<p>Pixxelの衛星コンステレーションは、2022年後半の打ち上げ時には6機と決して多くはないが、約48時間ごとに地球の大部分で5メートルの解像度を提供できるようになる。すでに試験衛星がサンプル画像を送っており、来月には第2世代の衛星が打ち上げられる予定だ。量産型はより大きく、撮影画像の質と量を向上させるべくより多くの機器が内蔵されている。</p>\n<p>アーメッド氏によると、テスト衛星から送られてくる画像だけでなく、最終的に提供されるデータに対して、すでに数十の顧客を抱えているとのことだ。これらの企業は、農業、鉱業、石油・ガス産業など、広大な土地の定期的な調査が事業にとって重要である場合が多い。</p>\n<p>5メートルの解像度は、小さなスケールでは失われたり平均化されたりしてしまうような地形を捉えるのに有効だ。大陸をマッピングするのであれば、30メートルの解像度はやりすぎだが、湖の縁に有害な化学物質がないか、田畑が乾燥状態かどうかをチェックするのであれば、できる限り正確に把握したいと考えるだろう。</p>\n<div id=\"attachment_477481\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477481\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477481 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp 1057w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel3.webp?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477481\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Pixxel</p></div>\n<p>ハイパースペクトル画像では、可視光線がメタンなどの排出物を通過したり、まったく異なる物質が同じような色に見えることから、より多くのことを明らかにすることができる。湖の端が黒く変色している場合、それは藻類か水面下の棚かそれとも工業製品の流出か、「青」と「紺」だけだと判断が難しい。しかし、ハイパースペクトル画像は、はるかに多くのスペクトルをカバーしていて、人間には直感的に理解しがたい豊かな画像を生成する。鳥や蜂が紫外線を見ることで世界の見え方が変わるように、1900ナノメートルの波長を見ることができれば、世界がどのように見えるのか、我々には想像するのは難しい。</p>\n<p>このスケールを示す簡単な例として、NASAが提供するこのチャートは、3つの鉱物の波長0〜3000ナノメートルのスペクトルの特徴を示している。</p>\n<div id=\"attachment_477482\" style=\"width: 539px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477482\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477482 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp?w=529\" alt=\"\" width=\"529\" height=\"184\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp 529w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp?resize=300,104 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp?resize=400,139 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp?resize=220,77 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp?resize=281,98 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp?resize=250,87 250w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp?resize=125,43 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Pixxel4.webp?resize=50,17 50w\" sizes=\"(max-width: 529px) 100vw, 529px\" /><p id=\"caption-attachment-477482\" class=\"wp-caption-text\">Robert Simmon / NASA</p></div>\n<p>見てわかるとおり、テーブルはたくさんのことを意味している。</p>\n<p>「何百もの色を使って遊ぶことができるのです。特定の栄養素を含む土壌で、それが飽和状態なのか、そうでないのか見るのに役立ちます。ハイパースペクトル画像では、こうしたことが滑らかなスペクトルのわずかな変化として表れます。しかし、RGBでは目に見えません」とアーメッド氏は話した。</p>\n<p>Pixxelのセンサーは、通常のカメラが赤、青、緑の3色しかとらえられないスペクトルを、数百の「スライス」として収集する。衛星はさらに有用なスライスをいくつか持っており、マルチスペクトル画像と呼ばれるものを作成している。しかし、何十、何百ものスライスを組み合わせると、より複雑で特性を伝える画像を得ることができる。上のチャートでは、スライスの数が多いほど、カーブの精度が高くなり、より正確である可能性が高いことを意味する。</p>\n<p>軌道からのハイパースペクトル画像を追求している企業は他にもあるが、現在データを送信している稼働中の衛星を打ち上げた企業はなく、Pixxelが行っている5メートルの解像度とスペクトルスライスの範囲を達成した企業もない。そのため、この分野ではいずれ競争が起こるだろうが、Pixxelのコンステレーションは先陣を切ることになりそうだ。</p>\n<p>「当社のデータの質は最高です。しかも、より安価な方法でそれを実現しています」とアーメッド氏は話す。「最初のコンステレーションを通じて資金を完全に調達しています」。</p>\n<p>2500万ドルのシリーズAはRadical Venturesがリードし、Jordan Noone、Seraphim Space Investment Trust Plc、Lightspeed Partners、Blume Ventures、Sparta LLCが参加した。</p>\n<p>調達した資金はもちろん衛星の製作と打ち上げに使われるが、顧客がゼロからハイパースペクトル分析スタックを構築する必要がないよう、Pixxelはソフトウェアプラットフォームにも取り組んでいる。今あるものを再利用するだけではダメだ。このようなデータは文字通りこれまでなかったものだ。そこでPixxelは「モデルや分析を組み込んだ汎用的なプラットフォーム」を構築しているのだと、アーメッド氏は語った。しかし、まだ公にできる段階ではない。</p>\n<p>宇宙関連に付き物の不確実性にもよるが、Pixxelは2023年の第1四半期か第2四半期の運用開始が見込まれている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Pixxel</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/pixxel-takes-orbital-imagery-hyperspectral-with-25m-a-round/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Pixxel.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477478,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477478,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477478,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477478,
            "tagId": 692509444,
            "tag": {
              "id": 692509444,
              "slug": "pixxel",
              "name": "Pixxel(企業)",
              "description": "2020年後半にインド初の地球観測衛星の打ち上げを目指すバンガロールを拠点とするスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 477478,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          },
          {
            "postId": 477478,
            "tagId": 692516874,
            "tag": {
              "id": 692516874,
              "slug": "satellite-imaging",
              "name": "衛星画像(用語)",
              "description": "衛星画像に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477478,
            "tagId": 692516875,
            "tag": {
              "id": 692516875,
              "slug": "hyperspectral-imaging",
              "name": "ハイパースペクトルイメージング(用語)",
              "description": "さまざまな波長において波長の違いを識別する能力で対象物の反射光を撮影し、可視化する技術。"
            }
          },
          {
            "postId": 477478,
            "tagId": 692517616,
            "tag": {
              "id": 692517616,
              "slug": "%e8%a1%9b%e6%98%9f",
              "name": "衛星",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477532,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477532,
        "slug": "2022-03-28-treeswift-is-using-drones-to-monitor-forests",
        "createdAt": "2022-03-29T00:45:57.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T23:48:20.000Z",
        "title": "ドローンを使って森林をモニタリングするTreeswiftが約5.9億円のシードラウンド調達",
        "content": "<p>過去10年間で、ドローンは森林モニタリングの重要なツールになりつつある。自然のバランスを大きく崩すことなく、多くのデータを一度に収集できる、迅速で効果的な方法だからだ。2020年にペンシルバニア大学のGRASP(General Robotics, Automation, Sensing and Perception)研究所からスピンオフして設立されたTreeswift(ツリースイフト)は、その可能性を推進するために活動してきた。</p>\n<p>共同創業者のSteven Chen(スティーブン・チェン)氏、Elizabeth Hunter(エリザベス・ハンター)氏、Michael Shomin(マイケル・ショミン)氏、Vaibhav Arcot(ヴァイバヴ・アーコット)氏は、ドローン群と林業に関する専門知識を結集し、フライスルーで広範囲のデータを収集できるシステムを構築した。搭載カメラやセンサーで収集された情報は、森林減少のモニタリング、二酸化炭素回収の測定、森林火災の防止など、さまざまな用途に活用することが可能だ。</p>\n<p>「私たちのミッションは、自然界のためのデータエコシステムを構築することであり、森林の林冠の下から重要なデータを取得することでそれを達成します」と、このスタートアップのCEOであるチェン氏はリリースで述べている。「より透明性が高く検証可能、かつ正確な地球の姿を底辺から観るのにTreeswiftの技術が役立つと期待しています」。</p>\n<p>今週、同社は、それにふさわしく、シードラウンドを発表した。Pathbreaker Venturesが主導したこの480万ドル(約5億9400万円)の資金調達で、累計調達額は640万ドル(約7億9200万円)になった。</p>\n<div id=\"attachment_477534\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477534\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-477534 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?resize=1536,1024 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_9830.webp?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477534\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Treeswift</p></div>\n<p>「Treeswiftのソリューションは、これまで不可能だった方法で自然界を測定することができます」とPathbreaker VenturesのRyan Gembala(ライアン・ジェンバラ)氏はいう。「商業林業や二酸化炭素回収などに大きな影響を与えるでしょう。彼らの技術導入から得られたデータは、今後数十年にわたり自然ベースのソリューションとマネジメントにおける最大のチャンスの基盤となると考えています」。</p>\n<p>フィラデルフィアを拠点とする同スタートアップの主要製品は「SwiftCruise」で、樹木単位でメトリックを収集することができるハードウェアとソフトウェアの組み合わせのソリューションである。この情報は、搭載された機械学習(ML)アルゴリズムによって処理され、クラウドベースのデータダッシュボードに収集される。これは、従来、衛星や飛行機の画像で収集されていたものよりも、より詳細な画像である。</p>\n<p><small>画像クレジット:Treeswift</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/28/treeswift-is-using-drones-to-monitor-forests/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/IMG_9819.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477532,
            "categoryId": 66692582,
            "category": {
              "id": 66692582,
              "slug": "drone",
              "name": "ドローン",
              "description": "ドローン関連のスタートアップや技術開発などの最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477532,
            "tagId": 366271015,
            "tag": {
              "id": 366271015,
              "slug": "drone",
              "name": "ドローン(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477532,
            "tagId": 366271062,
            "tag": {
              "id": 366271062,
              "slug": "machine-learning",
              "name": "機械学習 / ML(用語)",
              "description": "機械学習に関連する記事一覧。明示的な指示を用いることなく、その代わりにパターンと推論に依存して、特定の課題を効率的に実行するためにコンピュータシステムが使用するアルゴリズムおよび統計モデルの科学研究。"
            }
          },
          {
            "postId": 477532,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477532,
            "tagId": 366279713,
            "tag": {
              "id": 366279713,
              "slug": "co2",
              "name": "炭素 / 二酸化炭素(用語)",
              "description": "carbon dioxide。化学式はCO2。地球上における代表的な炭素の酸化物。"
            }
          },
          {
            "postId": 477532,
            "tagId": 692511739,
            "tag": {
              "id": 692511739,
              "slug": "forestry",
              "name": "林業(用語)",
              "description": "林業に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477532,
            "tagId": 692516098,
            "tag": {
              "id": 692516098,
              "slug": "forest-2",
              "name": "森林(用語)",
              "description": "森林に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477541,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477541,
        "slug": "arkedgespacefundraising",
        "createdAt": "2022-03-29T00:42:30.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-29T00:42:30.000Z",
        "title": "衛星コンステレーション構築を目指すアークエッジ・スペースがシリーズA追加クローズとして約6.3億円調達",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-477543\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?w=1024\" alt=\"衛星コンステレーション構築を目指すアークエッジ・スペースがシリーズA追加クローズとして約6.3億円調達\" width=\"1024\" height=\"542\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=300,159 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=768,407 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=1024,542 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=1536,813 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=755,400 755w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=400,212 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=738,391 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=640,339 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=220,116 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=281,149 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=236,125 236w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=125,66 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=113,60 113w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=1042,552 1042w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=600,318 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-001.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" />超小型衛星の開発・運用などを手がける<a target=\"_blank\" href=\"https://arkedgespace.com/\" rel=\"noopener\">アークエッジ・スペース</a>は3月29日、シリーズA追加クローズとして6億3500万円を調達したと発表した。引受先は、新規株主のスパークス・イノベーション・フォー・フューチャー、シンガポールのPavilion Capital、既存株主のインキュベイトファンド、三井住友海上キャピタル。</p>\n<p>同社は、シリーズAラウンドとして、リード・インベスターのインキュベイトファンド、またリアルテックファンド、三井住友海上キャピタルを引受先として、約17億円の調達を2022年1月に実施している。シリーズAラウンドにおける調達額は累計23億円となった。シードラウンドからこれまでに調達した資金調達は累計総額で約27億円となっている。</p>\n<p>今回の調達した資金は、採用などにより衛星開発体制の構築・強化を加速させ、すでに着手しているSDGs対応向けのIoT通信、地球観測、海洋VDES衛星などの6U衛星コンステレーションの構築を確実に実現する。また2025年をめどに、月面活動にむけた衛星コンステレーション構築に必要となる超小型衛星の開発・実証に取り組む。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-477544\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?w=1024\" alt=\"衛星コンステレーション構築を目指すアークエッジ・スペースがシリーズA追加クローズとして約6.3億円調達\" width=\"1024\" height=\"550\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg 1200w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=300,161 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=768,413 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=1024,550 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=744,400 744w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=400,215 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=738,397 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=640,344 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=220,118 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=281,151 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=233,125 233w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=125,67 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=112,60 112w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=1027,552 1027w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=600,323 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-002.jpg?resize=50,27 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-29-003-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477541,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477541,
            "tagId": 4701,
            "tag": {
              "id": 4701,
              "slug": "moon",
              "name": "月(用語)",
              "description": "月に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477541,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477541,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477541,
            "tagId": 692511329,
            "tag": {
              "id": 692511329,
              "slug": "satellite-constellation",
              "name": "衛星コンステレーション(用語)",
              "description": "複数の人工衛星の群、システム。個々の衛星はシステム設計された軌道に投入され、協調した動作を行わせて目的を果たす。"
            }
          },
          {
            "postId": 477541,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477541,
            "tagId": 692516791,
            "tag": {
              "id": 692516791,
              "slug": "arkedgespace",
              "name": "アークエッジ・スペース(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477485,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477485,
        "slug": "2022-03-23-datagen-raises-50-million-series-b-to-empower-computer-vision-teams",
        "createdAt": "2022-03-29T00:00:17.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T23:24:27.000Z",
        "title": "コンピュータビジョンチームに合成データを提供するDatagenが約61.7億円のシリーズB資金調達を実施",
        "content": "<p>イスラエルで設立された<a target=\"_blank\" href=\"https://datagen.tech/\" rel=\"noopener\">Datagen</a>(データジェン)は、コンピュータビジョン(CV)チームのために合成データソリューションを提供するスタートアップ企業だ。同社はその事業の成長を促進するため、5000万ドル(約61億7000万円)のシリーズBラウンドを実施し、これまでの資金調達総額が7000万ドル(約86億4000万円)を超えたと発表した。今回のラウンドは新たに投資家となった<a target=\"_blank\" href=\"http://www.scalevp.com/\" rel=\"noopener\">Scale Venture Partners</a>(スケール・ベンチャー・パートナーズ)が主導し、パートナーのAndy Vitus(アンディ・ヴィータス)氏がDatagenの取締役に就任した。</p>\n<p>テルアビブとニューヨークにオフィスを構えるDatagenは「実世界の環境をシミュレートすることによってわずかなコストで機械学習モデルを迅速に訓練し、AIの進歩を推進する完全なCVスタックを構築している」と、ヴィータス氏は述べている。このパロアルトに拠点を置くVCは「これはCVアプリケーションの開発とテストの方法を根本的に変えるだろう」と予測する。</p>\n<p>11カ月前にDatagenが<a target=\"_blank\" href=\"https://www.finsmes.com/2021/03/datagen-raises-18-5m-in-funding.html\" rel=\"noopener\">1850万ドル(約22億8000万円)を調達したシリーズAラウンド</a>を支援した投資家たちも、この新たなラウンドに参加した。その中にはVCの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tlv.partners/\" rel=\"noopener\">TLV Partners</a>(TLVパートナーズ)と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.spidercapital.com/\" rel=\"noopener\">Spider Capital</a>(スパイダー・キャピタル)が含まれる。シリーズAを主導した<a target=\"_blank\" href=\"https://www.viola-group.com/\" rel=\"noopener\">Viola Ventures</a>(ヴィオラ・ベンチャーズ)も、今回はその成長部門である<a target=\"_blank\" href=\"https://www.viola-group.com/fund/violagrowth/\" rel=\"noopener\">Viola Growth</a>(ヴィオラ・グロース)を通じて参加した。さらに、コンピューター科学者のMichael J. Black(マイケル・J・ブラック)氏や、Trevor Darrell(トレバー・ダレル)氏、NVIDIA(エヌビディア)のAI担当ディレクターであるGal Chechik(ガル・チェチック)氏、Kaggle(カグル)のAnthony Goldbloom(アンソニー・ゴールドブルーム)CEOなど、AIやデータ分野の高名な人物も倍賭けを決めている。</p>\n<p>投資家の名簿はもっと長くなる可能性があると、Datagenの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/ofir-chakon/\" rel=\"noopener\">Ofir Zuk</a>(オフィール・ズク)CEOはTechCrunchに語った。このラウンドは数週間前に終了したが、同スタートアップは、確認が取れていない数名の名前とともに「クローズを延期した少しの余地」を残しているという。</p>\n<p>シリーズA以降のDatagenの主なマイルストーンの1つは、ターゲットユーザーが初期のフィードバックで要求した<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/ofir-chakon/\" rel=\"noopener\">セルフサービス・プラットフォーム</a>の構築だったと、ズク氏は語る。これによってDatagenは、顧客がCVアプリケーションのトレーニングに必要なビジュアルデータを生成するための、より拡張性の高い方法を提供することができるようになった。</p>\n<p>Datagenのソリューションは、フォーチュン100社や「ビッグテック」企業を含む、さまざまな組織内のCVチームや機械学習エンジニアに使用されている。その用途は多岐にわたるが、中でも特に加速している分野が4つあるとズク氏はいう。AR/VR/メタバース、車内および自動車全般、スマート会議、ホームセキュリティだ。</p>\n<p>車内への応用は、Datagenが行っていることをより良く理解するための好例といえるだろう。これはつまり、乗員がシートベルトを着用しているかどうかなど、車内の状況を意味する。乗員やクルマの形状はさまざまであるため、そこでAIが活躍するわけだ。最初に現実世界から作成した3Dモーションキャプチャをベースに、Datagenの顧客は、例えばエアバッグの展開する位置を正確に決めるためなどに必要な膨大なデータを生成することができる。</p>\n<p>Datagenは、ビジュアルデータに特化しているものの、特定の分野に縛られているわけではない。もし、小売業やロボット工学のユースケースが軌道に乗れば、倉庫のモーションキャプチャなど、特定の現実世界のデータを収集するだけでよい。その上のアルゴリズムや技術は、分野にとらわれないとズク氏はいう。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2018/07/10/scale-venture-partners-has-a-new-400-million-fund-to-invest-in-enterprise-companies/\" rel=\"noopener\">20年以上の歴史を持つ企業向けVC</a>のScale Venture Partnersは、すでに<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2018/10/17/cognata-raises-18-5m-as-race-to-deploy-autonomous-vehicles-quickens/\" rel=\"noopener\">自動車運転シミュレーション・プラットフォームのCognata</a>(コグナタ)に投資しており、シミュレーションデータの分野に関しては強気だ。ズク氏も同様で「合成データは現実のデータを凌駕しつつある」という言葉でまとめた。</p>\n<p><small>画像クレジット:Andriy Onufriyenko / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/datagen-raises-50-million-series-b-to-empower-computer-vision-teams/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Anna Heim、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1303435492.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477485,
            "categoryId": 366275726,
            "category": {
              "id": 366275726,
              "slug": "ai",
              "name": "人工知能・AI",
              "description": "人工知能(AI:Artificial Intelligence)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477485,
            "tagId": 366271062,
            "tag": {
              "id": 366271062,
              "slug": "machine-learning",
              "name": "機械学習 / ML(用語)",
              "description": "機械学習に関連する記事一覧。明示的な指示を用いることなく、その代わりにパターンと推論に依存して、特定の課題を効率的に実行するためにコンピュータシステムが使用するアルゴリズムおよび統計モデルの科学研究。"
            }
          },
          {
            "postId": 477485,
            "tagId": 366271656,
            "tag": {
              "id": 366271656,
              "slug": "israel",
              "name": "イスラエル(国・地域)",
              "description": "イスラエルに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477485,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477485,
            "tagId": 366274530,
            "tag": {
              "id": 366274530,
              "slug": "computer-vision",
              "name": "コンピュータービジョン(用語)",
              "description": "コンピュータビジョンに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477485,
            "tagId": 692515452,
            "tag": {
              "id": 692515452,
              "slug": "synthetic-data",
              "name": "合成データ / シンセティックデータ(用語)",
              "description": "合成データ / シンセティックデータに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477409,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477409,
        "slug": "work-hero",
        "createdAt": "2022-03-28T09:30:32.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T09:30:32.000Z",
        "title": "スタートアップ特化のクラウド型バックオフィスサービスを展開するWORK HEROが1.4億円のシード調達",
        "content": "<p>シード・アーリーフェーズのスタートアップを中心に、コーポレート専任担当がいない企業に向けたオールインワンのクラウド型バックオフィスサービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://workhero.co.jp/products/\" rel=\"noopener\">WORK HERO</a>」を提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://workhero.co.jp/\" rel=\"noopener\">WORK HERO</a>は3月23日、シードラウンドとして、第三者割当増資による総額1億4000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先はCoral Capital、East Ventures、ニッセイキャピタル。調達した資金は、人材採用およびサービスの開発・広報にあてる。</p>\n<p>WORK HEROは、経営者・コアメンバーが事業に専念できるよう、経理・労務・税務・総務といったバックオフィス業務をオールインワンで引き受け、運用するサービス。顧客の事業内容とバックオフィス状況をヒアリングしたうえで、ベストプラクティスの業務フローを設計し、運用を代行する。各種SaaSツールの設計やメンテナンス業務も含めて対応するほか、専門家や社員との窓口代行も行うため、リソースの限られているスタートアップが、新たにコーポレート専任担当を採用せず利用を開始できるという。顧客企業は、経営資源を戦略策定やプロダクト開発などコア事業の成長に必要な業務に集中できるとしている。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-477412 img-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"564\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg 2214w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=300,165 300w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=768,423 768w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=1024,564 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=1536,846 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=2048,1129 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=726,400 726w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=400,220 400w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=738,407 738w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=640,353 640w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=220,121 220w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=281,155 281w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=227,125 227w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=125,69 125w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=109,60 109w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=1002,552 1002w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=600,331 600w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=337,187 337w, /wp-content/uploads/2022/03/02-26.jpg?resize=50,28 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>WORK HERO代表取締役CEOの大坪誠氏は、自身が携わった30社以上のスタートアップの多くにおいて、すべての経営者がバックオフィス業務に課題を感じていたものの、リソース・ノウハウ不足から手を付けられずその成長を妨げてしまっているケースを数多く目の当たりにしたという。高いポテンシャルや強い個性を持つ経営者・企業が、その本領を発揮できていない状況が社会にとって大きな損失だと強く感じ、WORK HEROを2018年9月設立したとしている。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-26.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477409,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477409,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477409,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477409,
            "tagId": 692516126,
            "tag": {
              "id": 692516126,
              "slug": "back-office",
              "name": "バックオフィス業務(用語)",
              "description": "バックオフィス業務に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477409,
            "tagId": 692517612,
            "tag": {
              "id": 692517612,
              "slug": "work-hero",
              "name": "WORK HERO(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477418,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477418,
        "slug": "aculys-pharma-fundraising",
        "createdAt": "2022-03-28T05:35:55.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T05:35:55.000Z",
        "title": "アキュリスファーマが28億円のシリーズB調達、てんかん発作用経鼻投与スプレー製剤の臨床開発や上市に向けた諸活動推進",
        "content": "<p>神経・精神疾患領域における新薬の開発と商業化を推進する<a target=\"_blank\" href=\"https://aculys.com/\" rel=\"noopener\">アキュリスファーマ</a>(Aculys Pharma)は3月27日、シリーズBラウンドにおいて、総額28億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、新規投資家のJICベンチャー・グロース・インベストメンツ、三菱UFJキャピタル、Spiral Capital、既存投資家のVision Pacific LifeSciences Capital I, II (DE) LLC 1、HBM Healthcare Investments、Global Founders Capital、三井住友トラスト・インベストメント、ANRI。累計調達額は96億円となった。</p>\n<p>調達した資金は、第2パイプラインであるてんかん発作に対する経鼻投与スプレー製剤(主成分ジアゼパム)の臨床開発や上市に向けた諸活動にあてる。</p>\n<p>ジアゼパムは、注射剤などの剤形でてんかん発作時の治療薬として60年以上日本の医療現場で使用されているという。また、医療機関外においても患者や介護者などの医療関係者以外の方が坐剤として使用してきた薬剤となっているそうだ。経鼻投与スプレー製剤としては、2020年1月に米国において「6歳以上のてんかん患者における通常の発作パターンとは異なる間欠性の典型的な発作頻発(群発発作、急性群発発作)のエピソード」を効果・効能として米国Neurelisが米国食品医薬品局(FDA)の承認を得ているという。</p>\n<p>アキュリスファーマは、同薬剤が貢献しうる患者に新しい治療手段を早く届けられるよう、日本国内での臨床試験を実施し、開発を進める。同時に、てんかん発作が患者とその家族の日常生活に及ぼす影響を軽減するための包括的な取り組みとして、急な発作時に迅速に治療薬にアクセスできるコミュニティ構築、AIやデジタルを活用した発作の予測システムなどに関する研究を外部パートナーと連携し、進める。また、てんかんに関して正しい理解が広まるよう、啓発活動への貢献にも取り組むという。</p>\n<p>2021年1月設立のアキュリスファーマは、「Catalyst to Access」(革新的な医療への橋渡しを担う)を理念とする日本発のバイオ領域スタートアップ。神経・精神疾患領域において革新的な医療手段への橋渡し役となり、患者とその家族、医療関係者、社会により良い医療を届けるため、欧米諸国から革新的で優れた医薬品を導入し、開発・販売を担い、さらに疾患を取り巻く様々な課題に対するソリューションを提供するとしている。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-007-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477418,
            "categoryId": 6297388,
            "category": {
              "id": 6297388,
              "slug": "biotech",
              "name": "バイオテック",
              "description": "バイオテック(BioTech)、アグリテック(AgriTech)、遺伝子工学などに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477418,
            "tagId": 366270781,
            "tag": {
              "id": 366270781,
              "slug": "medical",
              "name": "医療 / 治療 / MedTech / メドテック(用語)",
              "description": "医療 / 治療 / MedTech / メドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477418,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477418,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477418,
            "tagId": 692517611,
            "tag": {
              "id": 692517611,
              "slug": "aculys-pharma",
              "name": "アキュリスファーマ(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477394,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477394,
        "slug": "qunasys-fundraising-2",
        "createdAt": "2022-03-28T01:29:45.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T01:29:45.000Z",
        "title": "量子コンピューター向けアルゴリズム・ソフトウェア開発のQunaSysが12.4億円のシリーズB調達、海外事業展開を加速",
        "content": "<p>量子コンピューター向けアルゴリズム・ソフトウェア開発を手がける<a target=\"_blank\" href=\"https://qunasys.com/\" rel=\"noopener\">QunaSys</a>は3月28日、シリーズBラウンドとして、第三者割当増資による計12億4000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、リードインベスターのJICベンチャー・グロース・インベストメンツ、またANRI、HPCシステムズ、Global Brain、科学技術振興機構(JST) 出資型新事業創出支援プログラム、新生企業投資、日本ゼオン、富士通ベンチャーズファンド、三菱UFJキャピタル。</p>\n<p>また、HPCシステムズ、日本ゼオン、富士通の各社と、同資金調達に伴い資本業務提携に向けて合意したと明らかにした。</p>\n<p>調達した資金により、日本での事業拡大に加えて、海外での事業展開を加速させる。これまでの実績を礎としつつ、調達資金を活用し、圧倒的に便利でパワフルな、量子コンピューター上での化学計算用ソフトウェアの開発・欧州拠点の開設などを進める。また、数年以内に到来するとされる量子コンピューターの実応用を見据えて、QunaSysの量子コンピューター向け量子計算クラウドサービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://qunasys.com/services/qamuy\" rel=\"noopener\">Qamuy</a>」の世界的なデファクト化を目指す。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-28-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477394,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477394,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477394,
            "tagId": 366280493,
            "tag": {
              "id": 366280493,
              "slug": "quantum-computer",
              "name": "量子コンピューター(用語)",
              "description": "量子コンピューターに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477394,
            "tagId": 681521490,
            "tag": {
              "id": 681521490,
              "slug": "qunasys",
              "name": "QunaSys",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477394,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477357,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477357,
        "slug": "2022-03-26-are-we-about-to-see-a-unicorn-selloff",
        "createdAt": "2022-03-27T23:00:13.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T00:28:52.000Z",
        "title": "ユニコーンの投げ売りがそろそろ始まる?",
        "content": "<p>スタートアップとマーケットの週刊ニュースレター、The TechCrunch Exchangeへようこそ。</p>\n<p>今日はいろいろなことをお話しする。コーヒーを入れて、落ち着いて、一緒に楽しもう。</p>\n<h2>投げ売りか?</h2>\n<p>Amplitude(アンプリチュード)が<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/29/what-amplitudes-direct-listing-says-about-ipo-pops-and-how-startups-can-avoid-them/\" rel=\"noopener\">直接上場</a>し、取引を開始して、2021年第4四半期の決算を発表したときには<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/18/for-startups-the-message-is-clear-grow-fast-or-die/\" rel=\"noopener\">壁にぶつかっていたことを</a>覚えているだろうか?2022年初頭に資産価値を減じたのは、上場しているハイテク企業の中で同社だけではなかったが、その再評価の規模は際立っていた。現在、Instacart(インスタカート)が非公開市場で<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/25/as-instacart-looks-to-cut-its-valuation-will-it-kick-off-a-trend/\" rel=\"noopener\">似たような事態</a>に陥っている。</p>\n<p>多くの非公開企業は、新入社員の入社意欲と既存社員の定着意欲を高めるために、株価の評価方法を見直すべきなのだろうか。おそらくは。GGVのJeff Richards(ジェフ・リチャーズ)氏は、<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/jrichlive/status/1507350034622271491\" rel=\"noopener\">金曜日(米国時間3月25日)に議論の種を投稿した</a>。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-477359 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-27-23-54-39.png?w=591\" alt=\"\" width=\"591\" height=\"388\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-27-23-54-39.png 591w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-27-23-54-39.png?resize=300,197 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-27-23-54-39.png?resize=400,263 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-27-23-54-39.png?resize=548,360 548w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-27-23-54-39.png?resize=220,144 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-27-23-54-39.png?resize=262,172 262w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-27-23-54-39.png?resize=190,125 190w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-27-23-54-39.png?resize=125,82 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-27-23-54-39.png?resize=91,60 91w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-27-23-54-39.png?resize=559,367 559w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-27-23-54-39.png?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 591px) 100vw, 591px\" /></p>\n<blockquote><p>未上場企業の評価は上がるだけで、上下することはありえないと考えるのは不合理です。未上場期間が長い企業は、相関関係を正規化する必要があります……。</p></blockquote>\n<p>その通りだ。市場を避けては通れない。再度ベンチャーキャピタルから調達して再評価を目にするまでは、現実を先送りすることができる。もちろんだ。しかし、もし潤沢な資金を持つ後期ステージのユニコーンだったとしたら、新たな資金の調達なしに、どうやって市場価値を把握すればよいのだろうか?</p>\n<p>もしInstacartがこのトレンドの始まりなら、スタートアップの評価額は、本当に<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2017/05/30/flat-is-the-new-up/\" rel=\"noopener\">もう一度</a>、横ばいになる可能性がある。</p>\n<h2>新しい住処を見つけたTechnori</h2>\n<p>ささいなことだが、私はシカゴの学校に通っていたので、駆け出しジャーナリストの頃はシカゴのテック業界に出入りしていた。そのため、地域のイベントに出向き、現状を把握することに努めていた。私が<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/justyn\" rel=\"noopener\">Justyn Howard</a>(ジャスティン・ハワード)氏と出会ったのは、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2019/12/13/chicagos-sprout-social-prices-ipo-mid-range-at-17-per-share-raising-150m/\" rel=\"noopener\">現在は公開企業になった</a>Sprout Social(スプラウト・ソーシャル)がスタートアップだった頃で、街で開催されたUberのローンチディナーに参加したときだった(そこで初めてTechCrunchの記者に出会い、後に初の就職に協力してもらえた)。</p>\n<p>当時は<a target=\"_blank\" href=\"https://technori.com/\" rel=\"noopener\">Technori(テクノリ)</a>というコミュニティ活動が立ち上がりつつある時期で、コミュニティの手によって地域の技術力をアピールするイベントが開催されていた。楽しかった。</p>\n<p>その後、Technoriは、ポッドキャストやピッチイベントなどを擁する、一種のメディア業態へと<a target=\"_blank\" href=\"https://technori.com/about/\" rel=\"noopener\">進化し</a>、エクイティクラウドファンディングによるスタートアップの資金調達を支援するようになった。CEOの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/kitun\" rel=\"noopener\">Scott Kitun</a>(スコット・キトゥン)氏がその<a target=\"_blank\" href=\"https://technori.com/2021/09/21021-alex-wilhelm/fiske/\" rel=\"noopener\">ポッドキャスト</a>に私を呼んでくれたことがきっかけとなって、再び交流が始まった。そして今、Technoriは、オンラインプラットフォームで資金調達を行うスタートアップを、審査・評価するサービスの<a target=\"_blank\" href=\"https://kingscrowd.com/\" rel=\"noopener\">KingsCrowd</a>(キングスクラウド)に売却され、再び私たちの取材範囲に入った。Technoriがコミュニティ仲間の資金調達を支援するプラットフォームとして進化してきたことを考えると、今回の提携は合理的だと思う。</p>\n<p>この取引は全額株式で行われたとキトゥン氏は語る。KingsCrowdもメディア戦略も持っているので、両社には少なからず重なる部分がある。</p>\n<p>キトゥン氏はThe Exchangeとのインタビューで、TechnorとKingsCrowdの提携により、エクイティクラウドファンディングを希望するスタートアップの審査が、彼の直感ではなく、よりデータに基づいたものになるため、期待していると述べている。この2社がやがて資金調達の仕組みを通じてスタートアップ市場により多くの資金をを送り込むことができるかどうか、そして、そのうちのどれだけがシカゴに定着するかを見守る必要がある。</p>\n<p>ちょっと視野を広げて、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/09/public-buys-otis-bringing-fractional-ownership-of-alternative-assets-to-its-platform/\" rel=\"noopener\">Public(パブリック)が最近Otis(オーティス)を買収したこと</a>を思い出して欲しい。プラットフォームに投資の多様性を追加するのがその狙いだ。TechnoriとKingsCrowdの取引も同様のものとみなすことができる。両社も新しい投資のための手段の1つを普通の人の手に渡したいと考えているからだ。</p>\n<p>キトゥン氏は、別会社である<a target=\"_blank\" href=\"https://www.songfinch.com/\" rel=\"noopener\">SongFinch</a>(ソングフィンチ)の共同創業者でもあるので、彼の名前を聞くことがこれで最後にはならないだろう。</p>\n<h2>Expertsプログラムの変更</h2>\n<p>今週、私はTechCrunchでの役割が変わり、フルタイムのレポーターからTechCrunch+の編集長になった。The Exchangeの<a target=\"_blank\" href=\"/tag/the-techcrunch-exchange/\" rel=\"noopener\">サイト投稿やニュースレター</a>を長く読んでくださっている方は、ここ数年の私の仕事の多くが有料記事だったことをご存知だと思う。個人的な執筆を完全に止めるわけではないが、TechCrunch+のチームを積極的に拡大していく予定だ。まだ会員でない方は、ぜひ<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/subscribe\" rel=\"noopener\">ご入会を</a>(米国在住の方なら、申し込み時に優待コード『EICEXCHANGE』を入れていただくと25%オフとなる)。2022年はとんでもない年になりそうだ。</p>\n<p>数年間実施してきた「Experts」プログラムの終了を含め、いくつかの変更を行う。このスタートアップ向けサービス企業を活動別に(たとえば<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/16/growth-marketing-roundup-seo-for-2021-pitch-tactics-reviews-and-more/\" rel=\"noopener\">SEO</a>とか)データベース化する取り組みは、創業者を支援したいという私たちの志の一部だった。しかし今後は、単にベンダー候補のリストを作るよりも、市場のさまざまな事業者から知見を引き出すことに重点を置いた取り組みに進化させていくつもりだ。</p>\n<p>とはいえ、こうすることで少しばかりブドウの木に実を残すことになる。そこで、Expertsの最後のエントリー業者に関するメモをここに記そう。<a target=\"_blank\" href=\"http://growthcurve.co\" rel=\"noopener\">Growthcurve</a>(グロースカーブ)が、これまでの形式でご紹介する最後の企業だ。その旧来の形式の中で、人々が推薦を書き込んでくれた。<a target=\"_blank\" href=\"https://anna.money/\" rel=\"noopener\">ANNA Money</a>(アンナ・マネー)のMariam Danielova(マリアム・ダニエロバ)氏は、Growthcurveについて「信頼性が高く、結果を重視し、データを重視する」と書いている。これは、グロースマーケティングチームに期待できるすべてだ。</p>\n<p>TechCrunch+のこれまでの記事を整理し、古いインタビューファイルなどを読み返しながら学んだことは、SEOの重要性がまだまだ残っているということだ。私が以前解析したGrowthcurve創業者<a target=\"_blank\" href=\"https://www.crunchbase.com/person/mulenga-agley\" rel=\"noopener\">Mulenga Agley</a>(ムレンガ・アグレー)氏のメモに書かれていたが、私たちが住む新しいiOS 14の世界では、これがもっと重要になるのだろうか?(現在の最新はiOS 15)もしそうなら、Google(グーグル)へのイジメだろう。</p>\n<p>以上のような変化はあるものの、The Exchangeの<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/abracarioca\" rel=\"noopener\">Anna Heim</a>(アンナ・ハイム)記者が、外部の専門家を起用したハウツー記事を担当することに変わりはない。ただ、2022年は少し違う様子となるだろう。過去に取り上げたみなさん、そしてリストの最後のエントリーとなったGrowthcurveに感謝する。</p>\n<p>さあ未来へ!</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nigelsussman.com/\" rel=\"noopener\">Nigel Sussman</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/26/are-we-about-to-see-a-unicorn-selloff/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Alex Wilhelm、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/NSussman_Techcrunch_Exchange-multicolor.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477357,
            "categoryId": 366273877,
            "category": {
              "id": 366273877,
              "slug": "fundings-vc-angel",
              "name": "VC / エンジェル",
              "description": "VC(ベンチャー・キャピタル)やエンジェルなど、資金調達、投資関連の最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477357,
            "tagId": 1958,
            "tag": {
              "id": 1958,
              "slug": "seo",
              "name": "SEO / 検索エンジン最適化(用語)",
              "description": "Search Engine Optimization。SEO / 検索エンジン最適化に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477357,
            "tagId": 364312649,
            "tag": {
              "id": 364312649,
              "slug": "unicorn",
              "name": "ユニコーン企業(用語)",
              "description": "ユニコーン企業に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477357,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477357,
            "tagId": 692511890,
            "tag": {
              "id": 692511890,
              "slug": "the-techcrunch-exchange",
              "name": "The TechCrunch Exchange(連載)",
              "description": "The TechCrunch Exchangeの記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477357,
            "tagId": 692513528,
            "tag": {
              "id": 692513528,
              "slug": "equity-crowdfunding",
              "name": "エクイティクラウドファンディング(用語)",
              "description": "クラウドファンディング投資に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477335,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477335,
        "slug": "2022-03-25-bigblue-raises-15-million-for-its-d2c-order-fulfillment-service",
        "createdAt": "2022-03-26T23:30:46.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-26T23:11:47.000Z",
        "title": "D2Cの注文処理サービスを代行する仏Bigblueが18.3億円調達",
        "content": "<p>フランスの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.bigblue.co\" rel=\"noopener\">Bigblue</a>が、1500万ドル(約18億3000万円)のシリーズA資金調達ラウンドを実施した。同社は、D2C(Direct to Consumer)ブランド向けのオーダーフルフィルメントプラットフォームを運営している。これによりD2Cブランドは、Bigblueに物流に関するあらゆることをアウトソースすることができ、製品やマーケティングに集中できるようになる。</p>\n<p>ラウンドはRuna Capitalがリードし、LPVが「セカンダリーリーインベスター」になった。既存の投資家であるSamaipataも、再び投資に参加している。</p>\n<p>現在、同社はフランス、スペイン、英国3カ国で事業を展開しており、6万平方メートル以上の保管スペースを持つ5つの倉庫と提携している。顧客は、これらの倉庫に直接製品を発送し、Bigblueが保管・管理する。</p>\n<p>Bigblueの顧客である企業や店に注文が入ると、商品はBigblueの配送ネットワークから客に送られる。同社が契約している配送業者は20社ほどで、ヨーロッパ全域に配達できる。グローバルな発送もできるが、の他の市場ではそれぞれの国でD2Cのためのフルフィルメントパートナーを見つけるのが賢明だろう。</p>\n<p>Bigblueでは、パッケージをカスタマイズしたり、パッケージ内にチラシを入れたりして、エンドユーザーの体験をパーソナライズすることもできます。また、何か問題があった場合、顧客はブランドの返品ポータルで返品リクエストを提出するよう促される。返金だけでなく、ストアクレジットにも対応している。</p>\n<p>共同創業者でCEOのTim Dumain(ティム・デュメイン)氏は声明で「新しい資金で、ユーザーであるマーチャントの増加に合わせて、私たちのサービスも拡大したい。社員を増やすとともに、会社をD2Cのフルフィルメント分野のリーダーになりたい」と言っている。</p>\n<p>結果は実に単純だ。BigblueはAmazonのような体験を提供したいが、しかしそれをサードパーティのロジスティクスの業態でやろうというのだ。そこでBigblueはShopifyやWooCommerce、PrestaShop、Wixなどさまざまな販売チャンネルと、CdiscountやFnac、そして、そうAmazonのような多様なマーケットプレイスとの統合を進めている。</p>\n<p>そうすることによって、さまざまなマーケットプレイスが無料で同日または翌日の配達を提供できるようになる。しかも、オンラインのマーケットプレイスの商品ページで自分が真っ先に選ばれるためには、その点が鍵になる。そしてまた顧客は、そのブランドの追跡メールを受け取る。</p>\n<p>D2Cのロジスティクスサービスで同社が競合しているのは、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.cubyn.com\" rel=\"noopener\">Cubyn</a>や<a target=\"_blank\" href=\"https://www.hive.app\" rel=\"noopener\">Hive</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.huboo.com\" rel=\"noopener\">Huboo</a>などとなる。全体としてBigblueは、<a target=\"_blank\" href=\"https://en.fromfuture.com\" rel=\"noopener\">From Future</a>や<a target=\"_blank\" href=\"https://unbottled.co\" rel=\"noopener\">Unbottled</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://wearejolies.com\" rel=\"noopener\">We Are Jolies</a>などの顧客を惹きつけることに成功している。同社の2022年の目標出荷数は400万だ。そのためには同社は今後1年間で社員を100名増員し、西ヨーロッパ全域に拡張しなければならない。</p>\n<p><small>画像クレジット:Bigblue</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/25/bigblue-raises-15-million-for-its-d2c-order-fulfillment-service/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Romain Dillet、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/bbb.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477335,
            "categoryId": 366280209,
            "category": {
              "id": 366280209,
              "slug": "others",
              "name": "その他",
              "description": ""
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477335,
            "tagId": 366270916,
            "tag": {
              "id": 366270916,
              "slug": "logistics",
              "name": "物流 / ロジスティクス / 運輸(用語)",
              "description": "物流業界に変革を起こすスタートアップ / テクノロジーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477335,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477335,
            "tagId": 366272777,
            "tag": {
              "id": 366272777,
              "slug": "net-shopping",
              "name": "ネットショッピング / eコマース(用語)",
              "description": "ネットショッピングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477335,
            "tagId": 366273777,
            "tag": {
              "id": 366273777,
              "slug": "france",
              "name": "フランス(国・地域)",
              "description": "フランスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477335,
            "tagId": 366277021,
            "tag": {
              "id": 366277021,
              "slug": "d2c",
              "name": "D2C(用語)",
              "description": "direct-to-consumer。D2Cに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477297,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477297,
        "slug": "2022-03-25-remote-work-boom-powers-firstbase-to-50m-series-b",
        "createdAt": "2022-03-26T02:45:26.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-26T00:30:30.000Z",
        "title": "リモートで働く新入社員向けのハードウェア選択・配布を支援するFirstbaseが約60億円調達",
        "content": "<p>Firstbase(ファーストベース)は米国時間3月25日、Kleiner Perkins(クライナー・パーキンス)が主導するシリーズBラウンドの資金調達を発表した。TechCrunchが同社のシリーズAを取材したのは1年前、世の中のリモートワークシフトが本格化した頃だった。</p>\n<p>現在、よりハイブリッドな世界で、大小の企業がオフィス内の社員と在宅勤務の社員のバランスをどのようにとるかを考えており、我々はFirstbaseがどのように将来計画を立てているかに興味があった。</p>\n<p>このスタートアップは、遠隔地にいるスタッフの入社を支援し、必要なハードウェアを必要なときに受け取れるようにするための支援を行っている。パンデミック時に転職した人なら、テクノロジー製品を新入社員に届けるのは必ずしも簡単なプロセスではないことを知っているだろう。この問題は、オフィスと個人の物理的な距離が遠くなる程、より複雑になる。</p>\n<p>前回話したときから、同社は機能の幅を広げている。Firstbaseは、現在も顧客の新入社員がハードウェアを選ぶのを手伝い、出荷や回収、管理を担当している。そして、その提供内容に融資が加わった。現在、Firstbaseは、顧客が通常料金で、新入社員のハードウェアや、家具など遠隔地にあるオフィス周辺機器の購入代金を支払うことができるようにしている。</p>\n<h2>ハイブリッド時代の成長</h2>\n<p>Firstbaseにとって重要なのは、部分的にオフィスに戻りつつある世の中にどう適合していくかということだ。2021年4月以降の16倍の収益成長、同様の期間での7倍の顧客増加など、最近の四半期でスタートアップ級の指標を掲げた後、市場はFirstbaseの遠隔従業員サービス製品を以前より歓迎しなくなるのだろうか。</p>\n<p>創業者兼CEOのChris Herd(クリス・ハード)氏はTechCrunchに、ハイブリッドな労働力を持つ企業は、Firstbaseを、オフィス内の従業員だけでなく、自宅から働く従業員にもハードウェアを供給していると語った。TechCrunchは、平均的な企業がどこに向かっているのかをより良く把握するために、リモートファーストの企業とハイブリッドスタイルの企業の間の顧客分布について同社に尋ねた。ハード氏によると、Firstbaseの顧客構成はかなり均等であるが、ハイブリッド型と言われる企業の中には、依然としてリモートワークが大半を占めている企業もあるという。</p>\n<p>仕事の未来はまだ流動的だ。</p>\n<p>しかし、Firstbaseが構築しているものは、オフィスの世界にきちんと適合する可能性がある。このスタートアップは、米国、英国、ヨーロッパで倉庫を拡張することを計画している。この物理的なフットプリントによって、同社は従業員との間でのデバイスの流れを管理し、必要性から納品までのタイムラグを抑えることができる。世界的なチップ不足の中、重要なサプライチェーン業務を第三者に任せることは、より多くのオフィスなど現実世界での労働力を求める企業にとっても魅力的であることがわかる。</p>\n<p>TechCrunchは、Firstbaseが現在の活動に加えて、モバイルデバイス管理(MDM)ビジネスに参入する計画があるかどうかに興味があった。Jamf(ジャムフ)のようなMDMは、現在公開されているが、デバイスの物理的な配送やケアに関わるよりも、デバイス上でより多くの仕事をする。ハード氏は、2年前、MDM機能の構築は検討事項であったと述べている。しかし、その間にFirstbaseは、顧客が既存のMDM製品やHRIS(人事情報システム)ソフトウェアシステムを置き換えるのではなく、それらのシステムにプラグインすることを望んでいることを知った、と彼はいう。</p>\n<p>もしFirstbaseがMDMツールを持たない中小企業に十分な販売をすれば、やがて小規模な顧客向けにシンプルなものを構築できるかもしれない。</p>\n<p>とはいえ、シリーズAやBステージのスタートアップ企業との取引を想定していた同社は、数百人、数千人の従業員を雇用する顧客へと成熟度を高めていると、ハード氏は述べている。これは、5桁の取引ではなく、6桁の取引を意味すると、彼は言った。非公開企業は通常、このような一般的な指標以上のものを共有しないが、このケースでは、会社の最近の成長率を説明するのに役立っている。</p>\n<p>Firstbaseは、ソフトウェア、ハードウェア、金融技術を巧みに組み合わせた企業だ。そのため、粗利やその他の経済的な詳細を推測するのは困難だ。誰かがデッキをリークするか、あるいはできるだけ早く会社が公開され、我々がデータを覗き見ることができるようになることを願う。</p>\n<p><small>画像クレジット:filmstudio / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/25/remote-work-boom-powers-firstbase-to-50m-series-b/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Alex Wilhelm、翻訳:Yuta Kaminishi)</p>\n",
        "authorId": 191889573,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1264977878.webp",
        "author": {
          "id": 191889573,
          "slug": "yuta-kaminishi",
          "name": "Yuta Kaminishi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477297,
            "categoryId": 303576,
            "category": {
              "id": 303576,
              "slug": "hardware",
              "name": "ハードウェア",
              "description": "ガジェット、ハードウェアに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477297,
            "tagId": 315,
            "tag": {
              "id": 315,
              "slug": "office",
              "name": "オフィス / 事務所(用語)",
              "description": "オフィス / 事務所に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477297,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477297,
            "tagId": 366272947,
            "tag": {
              "id": 366272947,
              "slug": "remote-work",
              "name": "リモートワーク / テレワーク(用語)",
              "description": "在宅勤務、テレワークをサポートする、ビデオ会議サービス、IP電話、オンラインのタスク管理システムなど、リモートワークツールやサービスの最新ニュース。"
            }
          },
          {
            "postId": 477297,
            "tagId": 692513315,
            "tag": {
              "id": 692513315,
              "slug": "firstbase",
              "name": "Firstbase(企業)",
              "description": "オフィスに戻らず遠隔地から働き続ける従業員らを支援するために、ソフトウェアとハ​​ードウェアのソリューションを開発する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 477297,
            "tagId": 692513998,
            "tag": {
              "id": 692513998,
              "slug": "hybrid-work",
              "name": "ハイブリッドワーク(用語)",
              "description": "ハイブリッドワークに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477284,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477284,
        "slug": "2022-03-24-too-much-email-try-gated-which-asks-unknown-senders-to-make-a-donation-first",
        "createdAt": "2022-03-26T02:15:57.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-28T00:29:13.000Z",
        "title": "知らない送信者からのメールに寄付を求めるGatedでメール削減",
        "content": "<p>もしあなたが最近、電子メールの山に埋もれたことがないとしたら、電子メールのアカウントを持っていないか、マーケティング担当者がまだ気づいていない若い人かのどちらかだろう(彼らはいずれ気づく)。</p>\n<p>このような状況を打開するため、ベイエリアを拠点とする設立10カ月の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gated.com/\" rel=\"noopener\">Gated</a>(ゲーテッド)というスタートアップが登場した。同社は、メールに圧倒されている人を助け、できれば社会全体に利益をもたらすようなアプローチをとる。もし見知らぬ送信者が、あなたの受信トレイにメールを送りたいなら、あなたが選んだ非営利団体に寄付をしなければならない、というのがその構想だ。まったく知らない人に、来月のイベントや、会社の売り込みや、機器のセールスをしたいなら構わない。でも、それにはコストがかかる。誰にリーチするかにもよるが、かなりのコストがかかるだろう。</p>\n<p>Gatedは、エンジェル投資家で、直近では従業員エンゲージメントのスタートアップCultureAmp(カルチャーアンプ)で成長事業担当副社長を務めていたAndy Mowat(アンディ・モワッ卜)氏が創業した。Gatedは、Gmailアカウントにフォルダを作成すると機能する。モワッ卜氏によると、このソフトウェアは、メール所有者が以前にやり取りをした人の情報から「許可した送信者」のリストを自動的に作成する。見知らぬ送信者が接触してきた場合は、作成した別フォルダにメールが移され、メール受信者が選んだ慈善事業に寄付をした場合のみ受信箱に届くよう設定される。メール1通あたり2ドル(約244円)からで、その70%が非営利団体に支払われ、残りはGatedに流れる。同社のソフトウェアは無料だ。</p>\n<p>当然のことながら、毎日何百もの売り込みのターゲットになるベンチャーキャピタリストらは、このアイデアを気に入っている。実際、Corazon Capitalがリードし、Precursor Ventures、Burst Capital、Tuesday Capital、その他のアーリーステージのファンドが参加したシードラウンドで330万ドル(約4億円)を調達したとGatedは発表した。</p>\n<p>もちろん、このコンセプトは潜在的なユーザーの共感を得るかもしれないが(手を振って)、何よりもまずプライバシーの問題を含め、疑問も投げかけている。</p>\n<p>それについてGatedは、同社がメッセージの中身を読むことはないという。「私たちが見ているのはメタデータ、『to』と『from』だけです」とモワット氏は話す。とはいえ、知らない人からの依頼が殺到している人は非常に多数にのぼるため、Gmailのフィルターでは不十分だ。その中には、自らのやり方で影響力を及ぼす人もいるはずで、Gatedが時間をかけて自身の連絡先をマッピングしていくことを好まない人もいるかもしれない。</p>\n<p>もう1つの課題は、<a target=\"_blank\" href=\"https://findstack.com/gmail-statistics/\" rel=\"noopener\">誰もがGmailを使っているわけではない</a>ことだ。Gmailは、これまでGatedのソフトウェアの使用を承認した唯一のプラットフォームだ(モワット氏によると、同社はMicrosoftと「次の審査」を進めているという。また、いくつかの電子メールプラットフォームが「過去に他のパートナーのせいで損害を受けた」ため「すべてのパートナーをセキュリティ審査の対象としている」とも指摘した)。</p>\n<p>Gatedはまた、儲かるビジネスとしてスタートしていない。ほとんどのスタートアップがそうであるように、もちろん変わる可能性がある。モワット氏が語るように、Gatedが受け取る収益の大部分は、取引にかかる決済手数料に充てられることになりそうだ。モワット氏と彼の小さなチームは、Gatedがマイクロペイメントの仕組みをすでに考えており、クレジットカードの手数料に取って食われないようにと思っているが、まだそこまでには至っていない。</p>\n<p>Gatedがどのように成長していくかについては、この記事のような紹介以外では、まず口コミ的要素に頼っているようだ。モワット氏によれば、2週間前の時点で、Gatedはまだ公開されていないにもかかわらず、すでに2500人のウェイティングリストを抱えていたというから、このアプローチは合理的なものだと思われる。</p>\n<p>今後、GatedはB2B(法人向け)の製品も開発する予定だ。マーケティング担当者がGatedと協力して財源を確保し、営業チームが月に一定数のメールを送信できるようにするのだという。</p>\n<p>ちなみに、気になる方にお伝えすると、Gatedを利用するメール受信者は、誰かが金を払ってGmailアカウントに侵入してきたとしても、メールに返信する義務はない。</p>\n<p>モワット氏によれば、利用し始めたユーザーからの回答率は平均よりも高いという。「寄付の対象となったメールの40〜60%が返信されています。中には、自分の時間を大切にしてくれる人に感謝して、すべてのメールに返信するユーザーもいます」。「ただし」と同氏は付け加え「非常にまれにしか」返信しないユーザーもいるという。</p>\n<p>また「寄付者」は、メール受信者の受信トレイに永遠に自由なアクセスが与えられるわけではないことも注目すべき点だ。「それについては微妙なところがあります」とモワッ卜氏は話す。しかし、基本的には、受信者がメールに返信すると、そのメール送信者はデフォルトで既知の送信者グループに分類される。ただ、その送信者をいつでもGatedフォルダに戻すことができ、また『ミュート』モードにすることもできる。</p>\n<p>モワット氏はいう。「これは基本的に、『もうチャレンジメールを送らないで欲しい。私の受信トレイにも入れないでください』という意味です」。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.in/search/photographer?family=creative&amp;photographer=erhui1979\" rel=\"noopener\">erhui1979 </a>/ Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/24/too-much-email-try-gated-which-asks-unknown-senders-to-make-a-donation-first/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Connie Loizos、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Gated.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477284,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477284,
            "tagId": 163,
            "tag": {
              "id": 163,
              "slug": "email",
              "name": "Eメール(用語)",
              "description": "Eメールに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477284,
            "tagId": 1110,
            "tag": {
              "id": 1110,
              "slug": "gmail",
              "name": "Gmail(製品・サービス)",
              "description": "Gmailは、Googleが提供するEメールサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 477284,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477284,
            "tagId": 692507758,
            "tag": {
              "id": 692507758,
              "slug": "donate",
              "name": "寄付(用語)",
              "description": "寄付に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477292,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477292,
        "slug": "2022-03-24-rental-car-delivery-startup-kyte-is-growing-200m-loan-goldman-sachs-ares-global-management",
        "createdAt": "2022-03-26T00:15:21.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T23:30:35.000Z",
        "title": "レンタカーを顧客の元まで届けるKyteが保有車両を1万台まで増やすことを計画中",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"/2021/01/06/2021-01-05-kyte-raises-9-million-to-deliver-rental-cars-to-your-doorstep/\" rel=\"noopener\">レンタカーを顧客の元まで届けるビジネスを起こしたスタートアップ企業</a>のKyte(カイト)は、Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)とAres Global Management(アレス・グローバル・マネジメント)から2億ドル(約244億円)の資産担保金融を調達した。この資金は事業拡大に向けて新たな車両の購入費に充てられる。</p>\n<p>Kyteは現在、米国内の13の市場で事業を行っており、今週にはオレゴン州ポートランドで営業開始を予定している。同社は今後1年間で保有車両を約1万台まで増やす計画だという。現在のところ、Kyteの保有車両に、電気自動車や先進運転支援システム(ADAS)を搭載した車両が(もしあったとしても)占める割合はそれほど高くないものの、同社は将来的に、顧客にこのような車両を優先的に提供したいと考えている。</p>\n<p>「私たちにとって核となる原動力は、常にユーザーエクスペリエンスです」と、Kyteの共同創業者であるLudwig Schoenack(ラディック・シェーナック)氏は、TechCrunchにメールで語った。「ADAS機能そして最終的には完全な自動運転は、私たちが道路を移動する方法に大規模な変化をもたらすでしょう。【略】そして、センサーや認識技術を搭載したクルマは、たまにしか乗らない人にとって自分で所有するには高価になり過ぎるため、郊外へ出掛ける移動手段としては、Kyteが一番の選択肢となるでしょう。そういうクルマは、自分で所有する代わりにレンタカー会社が導入するようになると、私たちは確信しています。それが、Kyteが目指している未来です」。</p>\n<p>2021年10月、Kyteは<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/06/kyte-wants-to-build-the-foundation-for-autonomous-rental-car-delivery/\" rel=\"noopener\">3000万ドル(約36億5000万円)のシリーズA資金を調達</a>した際に、同社の長期的な目標は、遠隔操作や自動運転システムでクルマを配送できるプラットフォームを構築することだと述べていた。だが、それにはまず、今のビジネスモデルを拡大する必要があるだろう。同社は現在、ユーザーにクルマを届け、使用後に引き取る作業を「Kyte Surfers(カイト・サーファーズ)」と呼ばれる提携ドライバーに頼っており、その間の移動にはしばしばマイクロモビリティを使っている。クールな新技術に手を出す前に、ユニットエコノミクスを高め、ユースケースを証明する必要がある。</p>\n<p>Kyteは以前、2022年に遠隔操作によってレンタカー車両を配送するテストを開始するとTechCrunchに語っていたが、このオンデマンドレンタカーのスタートアップ企業が、まだ統合する遠隔操作システムのプロバイダーを決めていないため、この目標は遠退いたようだ。</p>\n<p>シェーナック氏によると、Kyteは複数のプロバイダーと「話し合い中」とのことだが、現在のところ、いずれの会社も公道で大量展開が可能なソリューションを持っていないとのこと。</p>\n<p>同社には、テスト運用を行うために、なぜ「大量展開が可能なソリューション」が必要なのかと尋ねたのだが、現時点で説明は得られなかった。</p>\n<p>また、近い将来、どのメーカーからクルマを調達したいのかという質問や、新たに導入する車両に自動運転機能を搭載したものや電気自動車があるのかという質問に対しても、同社は明確に答えなかった。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://drivekyte.com/\" rel=\"noopener\">同社のウェブサイト</a>を見ると、Nissan Versa(日産ヴァーサ)、Toyota Corolla(トヨタ・カローラ)、Hyundai Tuscons(ヒョンデ・ツーソン)が、各市場に導入されていることがわかる。料金は借りる曜日や時間によって異なる。例えば、日産ヴァーサは平日の1日レンタルで保険、配送、税金別で62ドル(約7600円)だが、週末に借りると72ドル(約8800円)に跳ね上がる。期待通り、長期間借りれば1日あたりの料金は下がる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Kyte</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/24/rental-car-delivery-startup-kyte-is-growing-200m-loan-goldman-sachs-ares-global-management/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Rebecca Bellan、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Image-1.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477292,
            "categoryId": 313688348,
            "category": {
              "id": 313688348,
              "slug": "mobility",
              "name": "モビリティ",
              "description": "交通、運輸、自動車などモビリティ(Mobility)に関するテクノロジーの最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477292,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477292,
            "tagId": 681520591,
            "tag": {
              "id": 681520591,
              "slug": "car-rental",
              "name": "レンタカー(用語)",
              "description": "レンタカーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477292,
            "tagId": 692511537,
            "tag": {
              "id": 692511537,
              "slug": "kyte-2",
              "name": "Kyte(企業)",
              "description": "ユーザーがアプリやウェブサイトを通じて車両をレンタル、借り手の自宅まで届けてくれるサービスを提供するスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477279,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477279,
        "slug": "fingervision-fundraising",
        "createdAt": "2022-03-25T11:07:39.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-26T08:36:48.000Z",
        "title": "カーネギーメロン大学発先進「触覚センシング技術」の社会実装を推進するFingerVisionが1億円のシード調達",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.fingervision.jp/\" rel=\"noopener\">FingerVision</a>は3月23日、シードラウンドとして、第三者割当増資による総額1億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、慶應イノベーション・イニシアティブ(KII2号投資事業有限責任組合)。大学発の「視触覚」技術の実用化を通じロボット・機械の適用範囲を広げ、様々な社会課題を解決することを目指しており、調達した資金により経営・開発体制を強化し、触覚センシングデバイスやロボットハンド、業界向けソリューションを実用化するという。</p>\n<p>今後、様々な分野においてロボット化・AI化の流れがさらに加速すると予想されるものの、「触覚」の⽋如が実世界におけるロボット・機械の適⽤範囲を限定されているという。そこでFingerVisionは、同社の触覚技術でロボットの⾏動⽣成能⼒を向上させることで、⼈⼿をかけて対応せざるを得なかったタスク(特に過酷・劣悪な労働環境、危険な作業など)をロボットが担えるようにする。</p>\n<p>同社は、ロボットの活⽤範囲を広げることについて、社会システムにおける人の役割・ロボットの役割を再定義することにつながると指摘。より良い社会のあり方を実現するための具体的な解決策の1つとして、革新的かつ実用性の高い触覚技術・ロボット技術を提示し続けるとしている。</p>\n<p>FingerVisionは、コア技術のコンセプトとして「画像(カメラ)をベースに触覚を再現する」を採用。ロボットハンドなどの指先に搭載することで、触覚(力や滑りの分布など)を知覚できるようになり、あたかも人が「手のひら」の感覚を使って物体を扱うような制御をロボットで実現できるという。</p>\n<p>この技術は、カーネギーメロン大学において、同社取締役の⼭⼝明彦氏がロボットAIやAIベースドロボットマニピュレーションの研究を進める中で、食品など従来のロボットが扱うことが難しかった対象物を操作する研究の過程で、Christopher Atkeson教授とともに生み出したものがベースという。基礎的なアルゴリズムなどを研究をしつつ、実用性も強く意識し研究を進めた経緯から、高機能(高分解能・マルチモダリティ)でありながら、経済性に優れる実用性の高さを特徴とするそうだ。</p>\n<p>「触覚」センサーとはいいつつも把持対象物を見る(視覚)モダリティも備えた、まったく新しいコンセプトの「視触覚センサー」であり、ロボットと組み合わせたプロセス自動化だけでなく、無限の応用可能性を持つとしている。<br />\n<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-477282\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-010-gif.gif?w=500\" alt=\"カーネギーメロン大学発先進「触覚センシング技術」の社会実装を推進するFingerVisionが1億円のシード調達\" width=\"500\" height=\"281\" /></p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-010-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477279,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477279,
            "tagId": 12374,
            "tag": {
              "id": 12374,
              "slug": "ai-artificial-intelligence",
              "name": "AI / 人工知能(用語)",
              "description": "人工知能に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477279,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477279,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477279,
            "tagId": 674897390,
            "tag": {
              "id": 674897390,
              "slug": "carnegie-mellon-university",
              "name": "カーネギーメロン大学 / CMU(組織)",
              "description": "CMU。カーネギーメロン大学に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477279,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477279,
            "tagId": 692515934,
            "tag": {
              "id": 692515934,
              "slug": "sense-of-touch",
              "name": "触覚(用語)",
              "description": "触覚に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477279,
            "tagId": 692516683,
            "tag": {
              "id": 692516683,
              "slug": "%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%ef%bc%88%e7%94%a8%e8%aa%9e%ef%bc%89",
              "name": "センサー(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477259,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477259,
        "slug": "2022-03-24-samsara-eco-wants-to-help-end-global-plastic-crisis-with-enzyme-based-technology",
        "createdAt": "2022-03-25T09:15:40.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T08:44:17.000Z",
        "title": "酵素ベースの独自技術でプラスチック汚染の終結を目指す豪Samsara Eco",
        "content": "<p>世界中で使用されるプラスチックの量は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.awe.gov.au/sites/default/files/documents/national-plastics-plan-2021.pdf\" rel=\"noopener\">2040年までに倍増する</a>と予想されている。そのほとんどが廃棄される際には埋立地に送られ、リサイクルされるのはわずか13%に過ぎない。CIEL(国際環境法センター)によると、プラスチックの生産と焼却は、2050年まで<a target=\"_blank\" href=\"https://www.ciel.org/project-update/plastic-climate-the-hidden-costs-of-a-plastic-planet/#:~:text=By%202050%2C%20plastic%20production%20and,in%20the%20atmosphere%20over%20time.\" rel=\"noopener\">毎年2.8ギガトンの二酸化炭素を発生させる</a>可能性があるという。</p>\n<p>世界的なプラスチック汚染をなくすために、オーストラリアの環境技術スタートアップ企業である<a target=\"_blank\" href=\"https://www.samsaraeco.com/\" rel=\"noopener\">Samsara Eco</a>(サムサラ・エコ)は、プラスチック(ポリマー)を分解して、その分子構成要素(モノマー)に分解する酵素ベースの技術を開発した。この技術を活用すれば、再び(何度も)新品のプラスチックに作り直したり、より価値のある商品にアップサイクルすることが可能になるとSamsara Ecoの創業者でCEOのPaul Riley(ポール・ライリー)氏は語る。</p>\n<p>Samsaraの技術によって、プラスチックはもはや化石燃料や植物(どちらも環境に大きな影響を与える)から作られる必要はなくなり、埋立地や海に行き着くこともなくなると、ライリー氏はいう。</p>\n<p>「この研究の動機となったのは、環境、特に炭素排出とプラスチック廃棄物に関する懸念と、我々の酵素工学に対する愛着です。これを製造技術に適用することで、地球規模の問題を解決し、システムを変え、真の循環経済を生み出すことができます」と、ライリー氏はインタビューで語っている。</p>\n<p>今回、600万ドル(約7億3000万円)の資金を調達したSamsaraは、2022年末に最初のリサイクル工場を建設し、2023年に本格的な生産を開始する予定だ。</p>\n<p>同社の投資家には、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.cefc.com.au/\" rel=\"noopener\">Clean Energy Finance Corporation</a>(クリーン・エナジー・ファイナンス・コーポレーション)や、シドニーに拠点を置くスーパーマーケット大手<a target=\"_blank\" href=\"https://www.woolworthsgroup.com.au/\" rel=\"noopener\">Woolworths</a>(ウールワース)のベンチャーキャピタルファンドで以前から出資していた<a target=\"_blank\" href=\"https://www.w23.vc/\" rel=\"noopener\">W23</a>、そして<a target=\"_blank\" href=\"https://www.mseq.vc/\" rel=\"noopener\">Main Sequence</a>(メイン・シーケンス)が含まれる。</p>\n<p>「このプロセスでプラスチック1トンをリサイクルするごとに、推定3トンの二酸化炭素排出量が削減されることになります」と、ライリー氏は語っている。</p>\n<p>酵素を使ってプラスチックを分解する企業は他にも世界中にあるが、Samsaraは異なるプロセスと酵素を使っていると主張する。ライリー氏の説明によると、他のほとんどの酵素プロセスは12時間以上かかるのに対し、同社は1時間でプラスチックの完全な解重合を行うことができるという。</p>\n<p>「現在のリサイクルの方法は、単純に非効率的で、私たちが現在直面しているプラスチック汚染の危機に対応するには不十分です」と、ライリー氏は声明で述べている。「新しいプラスチックを作るために化石燃料を採掘したり、実際にリサイクルされるのは9%だけという現在のリサイクル方法に頼るのではなく、私たちはすでに存在するプラスチックを、無限にリサイクルすることができるのです」。</p>\n<p>他の代替リサイクルソリューションとは異なり、Samsaraのプロセスは室温で行われ、真にカーボンニュートラルで、持続可能な方法で運用されていると、ライリー氏は同社の声明で述べている。</p>\n<p>ライリー氏がTechCrunchに語ったところによると、Samsaraはさらなる資金調達も視野に入れており、年間2万トンの廃棄プラスチックをリサイクルする最初の商業規模の生産を行うために、2022年後半にはオーストラリアや海外の投資家から約5000万ドル(約6億1000万円)の資金を調達することを目指しているという。</p>\n<p>Samsaraの潜在的な顧客は、小売業者、FMCG(Fast-Moving Consumer、日用消費財)ブランド、リサイクル業者など、基本的にプラスチックに関わるすべての人であると、ライリー氏は述べている。</p>\n<p>同社はWoolworthsグループと提携しており、Samsaraが最初にリサイクルする5000トンの再生プラスチックを、Woolworthsは自社ブランド商品のパッケージに使用すると約束し、2022年末までにその在庫を確保することを目指している。さらにSamsaraは、Tennis Australia(テニス・オーストラリア)とも提携し、全豪オープンで使用されたペットボトル5000本をリサイクルすることになっている。</p>\n<p>2021年に設立されたこのスタートアップ企業は、科学者やエンジニア、そしてキャンベラにあるオーストラリア国立大学の研究者を中心に、13人のチームで構成されている。</p>\n<p>「私たちの長期的なビジョンは、当社の技術力を拡張して、ポリエステルやナイロンでできた衣服のような他の石油由来のプラスチック製品を無限にリサイクルし、二度と化石燃料を使用して新しいプラスチックを作らないようにすることです」とライリー氏は語る。</p>\n<p><small>画像クレジット:Samsara Eco</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/24/samsara-eco-wants-to-help-end-global-plastic-crisis-with-enzyme-based-technology/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Kate Park、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Samsara-infinite-recycling.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477259,
            "categoryId": 692506924,
            "category": {
              "id": 692506924,
              "slug": "enviro-tech",
              "name": "EnviroTech",
              "description": "環境不可の低減技術、リサイクル技術、再生可能エネルギー開発、省エネルギー、海洋汚染や土壌汚染の浄化技術など、環境問題を解決し、持続可能な(サスティナブル)未来のための環境技術(Environmental Technology)、グリーンテック(Green Tech) / クリーンテック(Clean Tech)に関する最新ニュース\r\nEnviroTech(エンバイロ・テック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477259,
            "tagId": 60614,
            "tag": {
              "id": 60614,
              "slug": "plastic",
              "name": "プラスチック(用語)",
              "description": "プラスチックに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477259,
            "tagId": 365221979,
            "tag": {
              "id": 365221979,
              "slug": "recycling",
              "name": "リサイクル(用語)",
              "description": "リサイクルに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477259,
            "tagId": 366271491,
            "tag": {
              "id": 366271491,
              "slug": "environmental-issues",
              "name": "環境 / 環境問題 / 環境保護(用語)",
              "description": "環境 / 環境問題 / 環境保護に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477259,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477259,
            "tagId": 366276375,
            "tag": {
              "id": 366276375,
              "slug": "australia",
              "name": "オーストラリア(国・地域)",
              "description": "オーストラリアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477259,
            "tagId": 366279713,
            "tag": {
              "id": 366279713,
              "slug": "co2",
              "name": "炭素 / 二酸化炭素(用語)",
              "description": "carbon dioxide。化学式はCO2。地球上における代表的な炭素の酸化物。"
            }
          },
          {
            "postId": 477259,
            "tagId": 681519822,
            "tag": {
              "id": 681519822,
              "slug": "carbon-footprint",
              "name": "二酸化炭素排出量 / カーボンフットプリント(用語)",
              "description": "二酸化炭素排出量 / カーボンフットプリントに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477259,
            "tagId": 692515113,
            "tag": {
              "id": 692515113,
              "slug": "enzyme-engineering",
              "name": "酵素 / 酵素工学(用語)",
              "description": "酵素 / 酵素工学に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477265,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477265,
        "slug": "2022-03-23-island-unicorn-series-b",
        "createdAt": "2022-03-25T09:00:26.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T08:53:42.000Z",
        "title": "セキュリティが強化されたエンタープライズ向けブラウザのIslandが約140億円調達",
        "content": "<p>ダラスのIslandは、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/enterprise/\" rel=\"noopener\">エンタープライズ</a>のための安全なブラウザを開発している。同社はこのほどシリーズBで1億1500万ドル(約140億円)を調達した。それは同社が最初の資金調達として1億ドル(約121億円)を獲得して、<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/02/2022-02-01-island-stealth-enterprise-browser/\" rel=\"noopener\">ステルスを脱して</a>からわずか数週間後のことだが、同社の評価額は13億ドル(約1579億円)に達していた。</p>\n<p>この驚くべきスピードの資金調達は、これまでのリード投資家である<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/tag/insight-partners/\" rel=\"noopener\">Insight Partners</a>が主導し、ニューヨークに拠点を置くベンチャーキャピタルが12番目の旗艦ファンドとして<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/24/with-new-20b-fund-insight-partners-has-as-stunning-90b-in-assets-under-management/\" rel=\"noopener\">200億ドル</a>(約2兆4287億円)以上を調達したわずか数週間後に行われたものだ</p>\n<p>2020年に創業されたIslandは、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/tag/chromium/\" rel=\"noopener\">Chromium</a>をベースとして、エンタープライズ向けにセキュリティを強化したブラウザを作っている。そのエンタープライズブラウザはコピー&ペーストやスクリーンショットなどの機能を無効にして、重要なデータが企業の外へ出ないようにし、契約社員や自機持ち込み労働者にも安全なアクセスを提供する。さらにそのブラウザは、ウェブのフィルタリングや隔離、エクスプロイト防止、スマートネットワークルーティング、<a target=\"_blank\" href=\"/tag/zero-trust/\" rel=\"noopener\">ゼロトラスト</a>アクセスなど独自のセキュリティ機能を揃えている。</p>\n<p>IslandのCEOであるMichael Fey(マイケル・フェイ)氏はTechCrunchに「今回の投資は2月にローンチして以降の『極めて幸運な』需要の結果だ」と語っている。</p>\n<p>「私たちのチームは、いろいろな分野と規模の企業や組織のセキュリティに貢献できました。それは、市場のニーズとプロダクトのスケーラビリティ、それら両方のおかげでありとても感謝している。今度の調達に最初の投資家たちが参加していることは、顧客の間での評判がとても良いことを彼らが実際に見聞きしていることを物語っている。このような活気ある投資は、私たちにスケールとイノベーションを可能にし、もっと多くの顧客の問題を解決して、私たちをこの分野のトップに押し上げるだろう」とフェイ氏はいう。</p>\n<p>「エンタープライズブラウザを立ち上げるという私たちのミッションは、ステルスを脱したときから、セキュリティのプロフェッショナルたちに価値をご提供することだった。その目標を、こんなに短い時間で達成できたことは、とてもエキサイティングです」。</p>\n<p>この巨額な調達はStripesやSequoia Capitalなど既存の投資家も支えており、また<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/11/2022-02-09-vc-cybersecurity-startups-record-year/\" rel=\"noopener\">サイバーセキュリティへのVCの投資が記録的だった年の続き</a>でもある。Momentum Cyberの最近のデータによると、サイバーセキュリティのスタートアップは2021年に295億ドル(約3兆5841億円)という「記録破りの」額のベンチャー資本を調達し、2020年の120億ドル(約1兆4579億円)の倍を超え、2年分を合わせた額よりも大きくなった。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2022/02/02/2022-02-01-island-stealth-enterprise-browser/\" rel=\"noopener\">元Symantec・McAfee幹部によるIsland、セキュリティ重視のエンタープライズ向けブラウザで脱ステルス</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/island-unicorn-series-b/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Carly Page、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/isd.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477265,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477265,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477265,
            "tagId": 692507074,
            "tag": {
              "id": 692507074,
              "slug": "browser",
              "name": "ウェブブラウザ(用語)",
              "description": "ウェブブラウザに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 477265,
            "tagId": 692515205,
            "tag": {
              "id": 692515205,
              "slug": "security",
              "name": "セキュリティ(用語)",
              "description": "セキュリティに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477265,
            "tagId": 692517121,
            "tag": {
              "id": 692517121,
              "slug": "island",
              "name": "Island(企業・サービス)",
              "description": "既存のコンシューマー向けブラウザと、ますます複雑化するエンタープライズのIT・セキュリティ要件との間にあるギャップを解消することを目的にChromiumベースのエンタープライズ向けブラウザを開発するダラス拠点のスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477205,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477205,
        "slug": "2022-03-24-weglot-raises-50-million-to-turn-any-website-into-a-multilingual-site",
        "createdAt": "2022-03-25T03:15:19.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T02:33:32.000Z",
        "title": "あらゆるウェブサイトを多言語化する仏WeglotがシリーズAで約60.6億円を調達",
        "content": "<p>フランスを拠点とするスタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://weglot.com/\" rel=\"noopener\">Weglot</a>は、<a target=\"_blank\" href=\"https://partechpartners.com/\" rel=\"noopener\">Partech</a>を引受先とする4500万ユーロ(約60億5500万円)のシリーズA資金調達ラウンドをクローズした。同社は、ウェブサイト向けの翻訳ソリューションを構築している。この製品により、手間のかかる微調整をすることなく、また別のCMSやECプラットフォームに切り替えることなく、サイトに多くの言語を追加することができる。</p>\n<p>そして、これがWeglotのポジショニングを理解する鍵になる。WordPress(ワードプレス)やShopify(ショッピファイ)の翻訳プラグインは、以前から存在していた。だがWeglotは、あらゆる種類のウェブ体験に対応するユニバーサルな製品を作りたいと考えている。</p>\n<p>Weglotを活用するには、2通りの方法がある。1つ目の方法は、プラグインを使って既存のウェブサイトに追加するやり方だ。これはWordPress、Shopify、Wix、WooCommerceでWeglotが機能する方法だ。小規模の会社を経営していて、専任のウェブ開発者がいない場合は、コードを一行も書かずにWeglotをインストールすることができる。</p>\n<p>もう1つの方法は、ウェブサイトのタグに数行のJavascriptを追加する方法だ。Weglotでは、Webflow、Squarespace、BigCommerceでこのアプローチを使用している。それに加えて、新しい言語用のサブドメインやサブディレクトリを作成するために、DNSレコードを調整する必要がある。</p>\n<p>Weglotのサーバー上で、同社はサイトからコンテンツを自動的に検出し、取り込む。Weglotの顧客は、自動翻訳を利用して、新しい言語への対応を開始することができる。</p>\n<p>また、同社が提供しているダッシュボードを利用することで、コンテンツを掘り下げ、よりよい翻訳を作成することもできる。プロの翻訳者にアクセスを許可し、そのインターフェースから翻訳を管理することができる。</p>\n<p>これで、多言語サイトの完成だ。訪問者があなたのサイトをロードするときはいつでも、ウェブサイトはデフォルトでユーザーの優先言語でロードされる。また、複数のオプションを提供したい場合は、ウェブサイトの隅に言語スイッチャーを追加することができる。</p>\n<p>翻訳はWeglotのサーバーに保存されるが、Weglotは各言語専用のサブディレクトリまたはサブドメインを作成する。こうすることで、Google(グーグル)やその他の検索エンジンは、顧客のウェブサイトの各言語版をインデックスすることができる。メタデータとキーワードも、Weglotで翻訳することができる。</p>\n<p>このスタートアップは、必要な言語と単語の数に応じて、<a target=\"_blank\" href=\"https://weglot.com/pricing/\" rel=\"noopener\">毎月のサブスクリプション</a>を課金している。2021年、Weglotは年間経常収益1000万ユーロ(約13億4600万円)を達成した。2017年のシードラウンド以来、外部資本を調達していなかったスタートアップとしては悪くない。</p>\n<p><small>画像クレジット:Joshua Fuller / Unsplash</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/24/weglot-raises-50-million-to-turn-any-website-into-a-multilingual-site/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Romain Dillet、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/joshua-fuller-TiDa-gEog-s-unsplash.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477205,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477205,
            "tagId": 8349,
            "tag": {
              "id": 8349,
              "slug": "translation",
              "name": "翻訳 / 通訳(用語)",
              "description": "翻訳 / 通訳に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477205,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477205,
            "tagId": 366273777,
            "tag": {
              "id": 366273777,
              "slug": "france",
              "name": "フランス(国・地域)",
              "description": "フランスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477205,
            "tagId": 366273830,
            "tag": {
              "id": 366273830,
              "slug": "multiiingualization",
              "name": "多言語化(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477205,
            "tagId": 366281107,
            "tag": {
              "id": 366281107,
              "slug": "website",
              "name": "ウェブサイト / Website(用語)",
              "description": "ウェブサイト / Websiteに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477211,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477211,
        "slug": "2022-03-24-oslo-based-unleash-nabs-14m-series-a-to-build-open-source-feature-management-tool",
        "createdAt": "2022-03-25T03:00:17.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T02:33:39.000Z",
        "title": "オープンソースの機能管理ツールを構築するためオスロのUnleashが約17億円調達",
        "content": "<p>ソフトウェアに新しい機能を加えていくときは、それが既存の機能を壊さないよう注意しなければならない。そのため、展開はゆっくりになりがちで、コード中にフィーチャーフラグ(機能フラグ)を置くなどして、新機能によって何が起きるのか確かめようとする。これは新機能の展開をコントロールする実証されている方法だが、管理のレベルが一段あがってしまう。そこで、オスロの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.getunleash.io/\" rel=\"noopener\">Unleash</a>の出番となる。</p>\n<p>同社の共同創業者でCTOのIvar Østhus(イヴァル・オストフス)氏は、次のように説明する。「Unleashは機能管理のためのソリューションです。ユーザーをセグメントするルールを定義して、新しい機能を有効にする方法を完全にコントロールできるようにします」。彼によると、この方法であればより多くの実験ができるようになり、プロダクションのコードベースに、大きな問題を起こす何かが紛れ込むリスクを減らすことができる。</p>\n<p>2014年にオストフス氏は、そのとき仕事をしていたFinnという企業で、この機能管理という問題に直面した。そこで彼は余暇の時間に、ソリューションの開発に取り組んだ。翌年、彼はUnleashを<a target=\"_blank\" href=\"https://github.com/Unleash/unleash\" rel=\"noopener\">GitHub上のオープンソース</a>でリリースし、その後数年間、エンジニアとして昼間の仕事をしながらそのプロジェクトを育てていった。</p>\n<p>そして彼は、企業がそのツールにエンタープライズ機能をリクエストし始めていることに気づき、Unleashを企業化する可能性を見つけた。2019年にイヴァル氏と弟のEgil(エギル)氏は一緒に会社を作ることに決め、イヴァル氏が開発したオープンソースプロダクト上に商用化のレイヤーを作っていくことになった。</p>\n<p>「2018年の終わり頃には、オープンソースの採用がとても活発になり、エンタープライズ的な機能を求める声も大きくなってきました。ある企業はメールで、自分でやるのは面倒なのでそっちでホストしてくれといってきました。その言葉に触発された私は、エギルと一緒に会社を興すことにしたのです」とオストフス氏はいう。</p>\n<p>同社は最初の商用プロダクトであるUnleashのホステッドバージョンを2019年の春に立ち上げ、徐々に会社らしくなってきた。2人は昼間の仕事を辞めて、同社にフルタイムで関わるようになった。</p>\n<p>CEOになったエギル氏は管理職や経営者の経験があり、2人の兄弟はいろいろな企業を訪ねて、ビジネスとしてのUnleashの売り込みを開始した。「毎日の時間の90%は顧客と話をして私たちの競合企業をよく理解し、またユーザーのニーズを理解することに費やされました」とエギル氏は語る。</p>\n<p>今日、同社は純粋なオープンソースから徐々に離れてオープンコアモデルへ移行し、セキュリティのレイヤーを求める顧客には有料でシングルサインオンを提供するなどエンタープライズ向けの機能を充実している。</p>\n<p>エギル氏によると、2人が同社を創業するときにはダイバーシティが重要な課題であり、彼らの中心的なKPIの1つだった。彼によるとそれはリーダーシップの課題でもあり、その責任は常に自分たちにある。取締役会への報告は月例ベースで行っており、採用候補者を抱えている者の視点で求職者について報告している。</p>\n<p>「そこで、私たちが本当に重要だと判断したのは、候補者パイプラインの多様性について、毎月取締役会に報告することです。つまり候補者パイプラインが埋まるたびに、その数字と、その多様性の数字の内側か外側かを報告する必要があるのです」とエギル氏はいう。</p>\n<p>同社の有料顧客は120社で、その約40%は米国とカナダの企業で、40%がEU、残りが世界各国となる。社員は16名だが年内に倍増する。</p>\n<p>米国時間3月23日に発表した1400万ドル(約17億円)のシリーズAで、同社はビジネスとしての離陸できるだろう。今回の投資をリードしたのはSpark Capitalで、Frontline Venturesとfirstminute capital、Alliance Venture、そしてArkwright Xが参加している。</p>\n<p><small>画像クレジット:AndreyPopov/Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/24/oslo-based-unleash-nabs-14m-series-a-to-build-open-source-feature-management-tool/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ron Miller、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/uns.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477211,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477211,
            "tagId": 25,
            "tag": {
              "id": 25,
              "slug": "open-source",
              "name": "オープンソース / Open Source(用語)",
              "description": "オープンソースに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477211,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477211,
            "tagId": 692513551,
            "tag": {
              "id": 692513551,
              "slug": "oslo",
              "name": "オスロ(国・地域)",
              "description": "オスロに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477217,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477217,
        "slug": "n-technologies-fundraising-2",
        "createdAt": "2022-03-25T02:30:33.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T02:30:33.000Z",
        "title": "会社に届くすべての郵便物を電子化し自宅から一元管理、クラウド郵便サービスのatenaが1.25億円のシリーズA調達",
        "content": "<p>会社に届く郵便物を自宅から管理できる、クラウド郵便サービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://atena.life/\" rel=\"noopener\">atena</a>」(アテナ)を提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://n.inc/ja\" rel=\"noopener\">N-Technologies</a>(N Inc.)は3月25日、シリーズAラウンドとして、第三者割当増資による1億2500万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、リード投資家の千葉道場ファンド、また千葉道場ファンド・Scrum Ventures・Coral Capital。2021年9月のプレシリーズAラウンド以来3回目の資金調達にあたり、累計調達額は2億5500万円となった。</p>\n<p>調達した資金は、atenaのマーケティング活動、オペレーション投資の強化にあて、事業の成長スピードを加速する。今後も、郵便物のための出社から社会を解放し、リモートワークの推進や新しい働き方の実現に寄与する。</p>\n<p>atenaは、会社に届く郵便物をすべて電子化することで、PCなどの端末から郵便物の内容を閲覧できるサービス(エンタープライズ企業向けには「<a target=\"_blank\" href=\"https://cloud.atena.life/\" rel=\"noopener\">atena Cloud</a>」を用意)。郵便物の受け取り・管理・スキャニング・不要な郵便物の処理などの作業を、すべてシステムで一元管理が可能で、例えばリモートワークにおいて、「郵便物の確認」のためだけの出社を行うといった必要がなくなるという。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-477219\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?w=792\" alt=\"会社に届くすべての郵便物を電子化し自宅から一元管理、クラウド郵便サービスのatenaが1.25億円のシリーズA調達\" width=\"792\" height=\"698\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg 792w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=300,264 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=768,677 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=454,400 454w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=400,353 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=738,650 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=408,360 408w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=220,194 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=195,172 195w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=142,125 142w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=125,110 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=68,60 68w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=626,552 626w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=416,367 416w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-001.jpg?resize=50,44 50w\" sizes=\"(max-width: 792px) 100vw, 792px\" /></p>\n<p>また、セキュリティ対策も万全に構築しており、国際認証規格「ISO/IES 27001:2013」の取得、生体認証に守られた環境の整備などを実施。国内外の上場企業やスタートアップ企業、税理士事務所などで導入が進んでおり、完全リモート化に成功した顧客が増えているそうだ。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/eJHvA-wAxOE?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/u1hMQBUeb3U?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>&nbsp;</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477217,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477217,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477217,
            "tagId": 366272947,
            "tag": {
              "id": 366272947,
              "slug": "remote-work",
              "name": "リモートワーク / テレワーク(用語)",
              "description": "在宅勤務、テレワークをサポートする、ビデオ会議サービス、IP電話、オンラインのタスク管理システムなど、リモートワークツールやサービスの最新ニュース。"
            }
          },
          {
            "postId": 477217,
            "tagId": 692509863,
            "tag": {
              "id": 692509863,
              "slug": "n-technologies",
              "name": "N-Technologies(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477217,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477139,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477139,
        "slug": "2022-03-24-pix-moving-chassis-skateboard-11-million",
        "createdAt": "2022-03-25T02:30:27.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T00:20:35.000Z",
        "title": "中国のEVシャシーメーカーPIXがスマート車両の自社製造で約14億円調達",
        "content": "<p>中国では過去2年間、機関投資家と企業投資家の両方がドライバーレスの未来に資金を注ぎ込み、自律走行産業が<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/10/china-autonomous-driving-2021/\" rel=\"noopener\">活況を呈している。</a><a target=\"_blank\" href=\"/2022/01/25/2022-01-14-2021-robotaxi-china/\" rel=\"noopener\">ロボタクシーサービスの提供</a>やロボバスの運行、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/05/26/2021-05-25-meituan-jd-com-and-neolix-begin-autonomous-deliveries-in-beijing/\" rel=\"noopener\">配達ボット</a>の展開など、下流で成功している企業は特に投資家に人気があり、数億ドル(数百億円)を調達し巨額の評価額に達している。</p>\n<p>現金が豊富になり、有名になる見込みがあるため、上流のサプライヤーもエンドソリューションの構築に着手するようになった。こうした野心的な自動運転ハードウェアサプライヤーの1社が、自動車用スケートボードに特化している中国のPIX Moving(ピックスムービング)だ。この種のシャシーは、バッテリーや駆動ユニットなどの主要コンポーネントを格納し、モジュール式アーキテクチャのためさまざまな種類の自動運転シナリオに適応することができる。<a target=\"_blank\" href=\"/2020/08/19/2020-08-18-electric-vehicle-startup-canoo-to-go-public-via-spac/\" rel=\"noopener\">Canoo</a>(カヌー)が手がけているものと似ている。</p>\n<p>2014年に元建築家の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/chuanyu/details/experience/\" rel=\"noopener\">Chuan Yu</a>(チュアン・ユ)氏によって設立されたPIXはこのほどプレAラウンドで7200万元(約14億円)を確保し、TechCrunchに語ったところによると調達した資金総額は2000万ドル(約24億円)になった。</p>\n<p>同社はハードウェアアクセラレータHAXの第2陣の1社で、ドローンソリューションの構築からスタートした。5年前に自動車分野に進出し、以来、中国、欧州、北米、オーストラリアでひと握りの顧客を獲得した。その中には同社のスケートボードシャシーを採用するAlibaba(アリババ)やBaidu(バイドゥ)、そして守秘義務契約により名前を明かせないが、すぐに使えるロボ車両を購入するドイツのティア1自動車部品メーカーなどが含まれている。</p>\n<p>PIXはホワイトラベルのサプライヤーでは満足できなくなり、最近、<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/thepixmoving/status/1504095190432116739\" rel=\"noopener\">自社名を冠した自動運転車の提供</a>を開始した。今回の資金調達の一部は、自社ブランドのロボバスやスケートボードのシャシープラットフォームの量産に充て、残りは顧客向けの生産増強、海外展開、採用などに注ぐ。生産能力は2022年中に1200~2500台に達する見込みだ。</p>\n<p>PIXは、今回の資金調達における単独出資者の名前を明らかにせず「全国に1万以上の機器を配備している中国の大手衛生ソリューションプロバイダー」とだけ述べた。今回の出資は戦略的シナジーを生み出すことを目的としていて、PIXと出資者は、ゴミ拾いから道路清掃までを意味する「環境オペレーションシナリオ」に対応するサービスロボットを共同開発する予定だ。</p>\n<p>PIXの国際事業ディレクターNancy Lee(ナンシー・リー)氏は、ますます混み合う自動運転業界でどのように競争していくかについて、同社が<a target=\"_blank\" href=\"https://www.3dprintingmedia.network/pix-moving-waam-to-reshape-the-future-of-e-mobility/\" rel=\"noopener\">3Dプリンターを使って</a>従来のメーカーよりも低コストかつ短時間でカスタマイズされたシャシーを製造していると述べた。</p>\n<p>同社は現在、収益の30〜40%を海外で得ているが、今後2年間でその比率は50%に達すると見込んでいる。中国は自律走行技術の推進者だったかもしれないが、中国の都市の「複雑な」交通事情もドライバーレス車両の大量展開を困難にしているとリー氏は主張した。</p>\n<p>PIXは、不思議なことに中国南西部の中心地、貴州省に拠点を置いている。この地域は、Appleのような企業のデータセンターの主要拠点として知られている。また、PIXは北京、上海、深センに研究開発・事業開発チームを抱える。中国以外では、米国でパートタイマー2人が営業と技術サポートに従事しており、ドイツに製造と研究開発を行う子会社を設立中だ。</p>\n<p><small>画像クレジット:PIX&#8217;s skateboard chassis</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/24/pix-moving-chassis-skateboard-11-million/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Rita Liao、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/PIX.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477139,
            "categoryId": 313688348,
            "category": {
              "id": 313688348,
              "slug": "mobility",
              "name": "モビリティ",
              "description": "交通、運輸、自動車などモビリティ(Mobility)に関するテクノロジーの最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477139,
            "tagId": 364665489,
            "tag": {
              "id": 364665489,
              "slug": "china",
              "name": "中国(国・地域)",
              "description": "中国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477139,
            "tagId": 366073455,
            "tag": {
              "id": 366073455,
              "slug": "autonomous-driving",
              "name": "自動運転 / 自律走行(用語)",
              "description": "自動運転 / 自律走行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477139,
            "tagId": 366271109,
            "tag": {
              "id": 366271109,
              "slug": "electric-vehicles",
              "name": "電気自動車 / EV(用語)",
              "description": "電気自動車に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477139,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477208,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477208,
        "slug": "civitas-fundraising-2",
        "createdAt": "2022-03-25T00:50:08.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-25T00:50:08.000Z",
        "title": "リーガルテックのキビタスが8000万円調達、すべての人々への司法アクセス実現に向けα版プロダクトの早期リリース目指す",
        "content": "<p>「すべての人々への司法アクセス実現」に向けたアプリ開発を行う<a target=\"_blank\" href=\"https://www.civitas.co.jp/\" rel=\"noopener\">キビタス</a>は3月25日、第三者割当増資による総額8000万円の資金調達を実施した。引受先は、リード投資家のXTech Ventures、ANOBAKA、クオンタムリープベンチャーズ(既存投資家)。累計資金調達額は1億5000万円となった(金融機関からの借入含む)。</p>\n<p>調達した資金により、俗にいうプロバイダ責任制限法(特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律)の、発信者情報開示命令制度に関する法改正施行に合わせ、2022年中のプロダクト正式ローンチに向けた開発を加速させ、α版プロダクトの早期リリースを目指す。法務省からの解決サポート(ADR)認証も現在最終審査段階にあるという。</p>\n<p>キビタスは、「司法サービスをもっと身近に」をミッションに、国内最大手損害保険会社との共同研究・実証実験をはじめ、身近に発生する法律トラブル解決を実現するサービスの研究開発を進めてきた。法律トラブルを経験した人のうち弁護士相談経験のある人は約2割という状況(日本弁護士連合会「<a target=\"_blank\" href=\"https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000031954.html\" rel=\"noopener\">法的な課題をかかえる人たちに関する意識調査</a>」)を揶揄し「2割司法」と評される日本では、法律関連のサービスはまだ敷居が高く、高単価というイメージがある。</p>\n<p>同社が狙う市場は、海外では「Online Legal Service」や「Alternative Legal Service」と呼ばれる領域で、弁護士事務所ではなく株式会社が主体となり、エンドユーザーへ直接サービスを提供する。米国ではすでに社会実装が進み、2021年6月に上場したLegalZoomや、近年急成長を遂げるDoNotPayなど様々なサービスが拡がりつつあるが、日本国内ではまだ黎明期にある。</p>\n<p>SDGs(持続可能な開発目標)における目標16「持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する」に照らし、誰でも安価に法律サービスを受けることができる社会を作りたいという信念から、同社はスマートフォン用アプリでアクセスできる法律関連サービスの開発を進め、最初のプロダクトとして、インターネット上で発生する匿名ユーザーからの誹謗中傷対策(投稿記事削除・発信者情報開示請求)に焦点を絞って開発を進めている。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-25-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477208,
            "categoryId": 692507159,
            "category": {
              "id": 692507159,
              "slug": "legaltech",
              "name": "リーガルテック",
              "description": "法務書類や契約書作成などをITでサポートするリーガルテック(LegalTech)の最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477208,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477208,
            "tagId": 681521453,
            "tag": {
              "id": 681521453,
              "slug": "civitas",
              "name": "キビタス(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477208,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477079,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477079,
        "slug": "2022-03-23-ruggeds-construction-layout-robots-land-9-4m",
        "createdAt": "2022-03-25T00:45:58.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T23:27:28.000Z",
        "title": "建設現場にロボットでレイアウトを描くRugged Roboticsが約11.4億円を調達",
        "content": "<p>我々が<a target=\"_blank\" href=\"/2021/09/01/2021-08-30-rugged-showcases-its-layout-printing-construction-robots/\" rel=\"noopener\">最初にRugged Robotics(ラギド・ロボティクス)という会社に注目</a>してから、1年近く経った。ヒューストンに拠点を置くこのスタートアップは、建設現場の床に建物のレイアウトを印刷するロボットを開発し、作業員がどこに建設すればよいか(そしてどこに建設してはいけないか)を知ることができるようにした。同社はこのロボットを「レイアウト・ルンバ」と称している。当時、同社は2019年のシードラウンドで250万ドル(約3億円)を調達していた。</p>\n<p>もちろん、それはこの2~3年の間に起きた新型コロナウイルス感染流行にともなう自動化が加速する前のことだ。今、建設業はロボット工学の主要なターゲットになっているようだ。ウイルスの感染流行は起こり、人々は病になる。しかし、建設は決して止まることはないらしい。Ruggedの技術は、現場の人間に取って代わるものではなく、むしろ精度を高めるために設計されたものだ。それでも、同社は自動化への関心の高まりから恩恵を受けているようだ。</p>\n<div id=\"attachment_477080\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477080\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-477080\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=1536,1024 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/Leo4-Dallas.webp?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477080\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Paul Valle / Rugged</p></div>\n<p>米国時間3月23日、同社はシリーズAラウンドで940万ドル(約11億4000万円)の資金を調達したと発表した。このラウンドはBOLD Capital Partners(ボールド・キャピタル・パートナーズ)とBrick &amp; Mortar Ventures(ブリック&amp;モーター・ベンチャーズ)が主導し、Riot Ventures(ライオット・ベンチャーズ)、Morpheus(モーフィアス)、Embark(エンバーク)、Consigli Construction Company(コンシーリ・コンストラクション・カンパニー)、Suffolk Technologies(サフォーク・テクノロジーズ)が参加した。これにより、同社が現在までに調達した資金の総額は約1200万ドル(約14億6000万円)になった。</p>\n<p>「私たちは建設業界の近代化を目指し、建設業者が毎日苦労している痛点を解決するための実用的なソリューションを構築したいと考えています」と、Derrick Morse(デリック・モーズ)CEOは声明で述べている。「レイアウトは理想的なその出発点であると確信しています。レイアウトは、建設の自動化のための足がかりになります。デジタルと物理の世界の交差点に位置し、大きな問題を解決でき、非常に有意義な方法でロボットを現場に配備することが可能です」。</p>\n<p>今回調達した資金は、ロボットの配備を加速させるとともに、人材雇用の拡大にも充てられる予定だ。直近では、同社はAuris Health(オーリス・ヘルス)でメカニカル・エンジニアリング部門のディレクターを務めていたMason Markee(メイソン・マーキー)氏を迎え入れた。Rugged Roboticsが参入したフィールドプリンターの分野には、2021年夏に1650万ドル(約20億円)のシリーズA資金を調達したDusty(ダスティ)などの企業がいる。Ruggedは、最小限のセットアップで複数のロボットを同時に操作できるようにする「自己完結型ソリューション」によって、他社との差別化を図ることを目指しているという。</p>\n<p>また、同社はより自律性を高める方向にも取り組んでいる。「Rugged Roboticsは、そのエンド・ツー・エンドのシステムをさらに洗練させ、配備を簡素化し、最終的には無人で夜間作業を可能にすることを計画している」と、同社は記している。</p>\n<p><small>画像クレジット:Paul Valle / Rugged</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/ruggeds-construction-layout-robots-land-9-4m/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/String-lights.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477079,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477079,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 477079,
            "tagId": 366274320,
            "tag": {
              "id": 366274320,
              "slug": "construction",
              "name": "建設 / 建築(用語)",
              "description": "建設、建築に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477079,
            "tagId": 692514987,
            "tag": {
              "id": 692514987,
              "slug": "rugged-robotics",
              "name": "Rugged Robotics(企業)",
              "description": "ルンバのように動いて建築現場にレイアウトをプリントするロボットを開発、提供するヒューストンの企業。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476839,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476839,
        "slug": "jinjer",
        "createdAt": "2022-03-24T07:53:41.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T07:53:41.000Z",
        "title": "バックオフィス向けクラウド「ジンジャー」を提供するjinjerが51億円調達、開発・マーケティング・採用を強化",
        "content": "<p>バックオフィス業務の効率化を図るクラウドサービス「<a target=\"_blank\" href=\"https://hcm-jinjer.com/\" rel=\"noopener\">ジンジャー</a>」を開発・提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://jinjer.co.jp/\" rel=\"noopener\">jinjer</a>は3月23日、第三者割当増資による総額51億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、リードインベスターの香港Tybourne Capital Management(タイボーン・キャピタル・マネジメント)、SBIグループ、事業会社1社、VC1社。調達した資金は、ジンジャーシリーズのプロダクト開発とマーケティング投資、エンジニアやセールスなどの採用活動への強化へあてる。</p>\n<p>ジンジャーは、人事労務・勤怠管理・給与計算・ワークフロー・経費精算・電子契約・ウェブ会議などのバックオフィス業務の効率化を支援するクラウドサービス。「ジンジャー勤怠」「ジンジャー人事」などをシリーズとして提供している。バックオフィスに関わるすべてのデータをジンジャーシリーズに集約し、1つのデータベースで管理することで、各システムにおける情報の登録や変更手順の手間を削減する。</p>\n<p>2021年10月設立のjinjerは、「世の中のすべてを『as a Service』へ」をミッションとして掲げ、ジンジャーシリーズを開発・提供。世界が直面する少子高齢化という社会課題に対して、テクノロジーにより様々なサービスを進化させ、課題解決と顧客の発展へ貢献するという。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/MPXF18OJQHU?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>&nbsp;</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-22.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476839,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476839,
            "tagId": 366270961,
            "tag": {
              "id": 366270961,
              "slug": "jinjer",
              "name": "jinjer(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476839,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476839,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476839,
            "tagId": 692516126,
            "tag": {
              "id": 692516126,
              "slug": "back-office",
              "name": "バックオフィス業務(用語)",
              "description": "バックオフィス業務に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 477026,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 477026,
        "slug": "2022-03-23-tome-livens-up-slide-decks-with-real-time-data-flexible-layouts",
        "createdAt": "2022-03-24T07:30:32.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T05:03:42.000Z",
        "title": "柔軟なレイアウト機能を備えたスライドデッキ制作ツール「Tome」が一般公開",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://beta.tome.app/\" rel=\"noopener\">Tome</a>(トウム)の共同設立者、Keith Peiris(キース・ピーリス)氏とHenri Liriani(ヘンリ・リリアニ)氏は、元Instagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック)のプロダクトリーダーを務めていた。彼らはその独創的なひねりを、忌まわしいスライドデッキに注ぎ込むことにした。</p>\n<p>スライドデッキを、より簡単に作れて、より楽しく座って見ていられるものにようにしようと、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2012/12/05/9slides/\" rel=\"noopener\">9Slides</a>(ナインスライズ)や<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2013/11/21/death-by-swipe/\" rel=\"noopener\">Swipe</a>(スワイプ)、そして最近では<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/10/28/gamma-brings-in-7m-to-bring-the-slide-deck-into-the-21st-century/\" rel=\"noopener\">Gamma</a>(ガンマ)や<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/05/20/pitch-a-platform-for-making-and-sharing-presentations-raises-85m-on-a-600m-valuation/\" rel=\"noopener\">Pitch</a>(ピッチ)など、多くのスタートアップが長年にわたって挑戦してきたものの、過去30年間、スライドデッキがそれほど改良されていないことは事実だ。</p>\n<p>ピーリス氏とリリアニ氏がTomeを作ろうと思った理由は、ステッカーや拡張現実、レイヤーなどを使った表現ツールを作るのに時間を費やしても、それがPowerPoint(パワーポイント)のプレゼンテーションのような分野には反映されるのを見たことがなかったからだ。</p>\n<p>また、彼らが見たところ、デザインされたパッケージは見た目の美しさにばかり力が注がれていて、その人が伝えようとしているストーリーにはあまり力が注がれていなかった。</p>\n<p>「私にはいつもそれが不満でした。制作者に否応なく素晴らしいストーリーを語らせ、非の打ちどころのないものが出来上がるまで、仕組みにとらわれることがないツールがあればいいのにと思っていたからです」と、ピーリス氏はTechCrunchに語った。「ツールが行動を誘発するのです。Google Slides(グーグル・スライド)やPowerPointを初めて開いた人には、それがまるでデザインツールのように見えます。私たちは、それとは正反対のものを作りたかったのです」。</p>\n<div id=\"attachment_477027\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption alignnone\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-477027\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-477027\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"556\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp 6000w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=300,163 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=768,417 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=1024,556 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=1536,833 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=2048,1111 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=737,400 737w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=400,217 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=738,400 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=640,347 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=220,119 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=281,152 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=230,125 230w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=125,68 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=111,60 111w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=1018,552 1018w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=600,326 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Tome-Founders-e1647987332344.webp?resize=50,27 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-477027\" class=\"wp-caption-text\">Tome共同設立者のKeith Peiris氏とHenri Liriani氏 画像クレジット:Tome</p></div>\n<p>Tomeの魔法は、数時間ではなく数分で作れることだと、ピーリス氏は信じている。ユーザーは、デスクトップまたはモバイルのアプリを使って、Figma(フィグマ)のプロトタイプや、スプレッドシート、動画、ツイート、GIFなど、インターネット上のあらゆるものを簡単に埋め込み、これらに3Dモデルや自動的に更新されるライブデータ表を組み合わせることができる。しかも、Tomeのページは追加したいものに合わせて流動的に変化するので、言いたいことややりたいことをページに合わせて調整する必要がない。このようなプロセスの中で、いつでもユーザーはTomeを同僚と共有し、編集やコメントを得ることができる。</p>\n<p>Tomeは、米国時間3月23日に一般公開された。それに併せて、同社はGreylock Partners(グレイロック・パートナーズ)とCoatue Management(コーチュー・マネジメント)、およびZoom(ズーム)、Airtable(エアテーブル)、Adobe(アドビ)などの企業の幹部であるエンジェル投資家グループから3230万ドル(約39億1700万円)の資金を調達したことを発表した。</p>\n<p>この資金は、昨年12月にGreylockのReid Hoffman(レイド・ホフマン)氏が主導した630万ドル(約7億6400万円)のシードキャピタルと、シリーズA資金調達の2600万ドル(約31億5300万円)を合わせたものだ。追加の資金調達は、より強固なチャネル製品と、モバイル編集・描画機能を開発するために行われた。</p>\n<p>ピーリス氏は、Tomeがこれらすべてに取り組み、成功させるための時間とチームを確保したいと考えている。そのため、今回の資金は「製品開発のみ」に使用する計画で、特にモバイルアプリの構築を継続するために使われる。製品の完成度が高まったら、次は市場参入チームにさらに投資するつもりだという。</p>\n<p>同社は23日にステルス状態から脱したばかりなので、成長指標について話すことはあまりなかったが、ピーリス氏は「Tomeをたくさん使って、うまくいっているチームがたくさんある」と語っている。</p>\n<p>「私たちは皆、大企業で素晴らしいアイディアがあっても、うまく表現できる人がいなかったり、アイディアが適切な方法で構築されていなかったために、失敗する例を見てきました」と、ピーリス氏は続けた。「アイディアをうまくスライドデッキに転換する方法を学ぶ必要があるのです。しかし、私たちはそのような学習や作業をすべて取り除き、どんなアイデアでも楽に伝えることができ、誰もが優れたストーリーテラーになれるようにしたいと考えているのです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Tome</small><br />\n[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/tome-livens-up-slide-decks-with-real-time-data-flexible-layouts/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]<br />\n(文:Christine Hall、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GIF-3Dinteraction-tome.gif",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 477026,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 477026,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477026,
            "tagId": 9402,
            "tag": {
              "id": 9402,
              "slug": "presentation",
              "name": "プレゼンテーション(用語)",
              "description": "プレゼンテーションに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 477026,
            "tagId": 40296,
            "tag": {
              "id": 40296,
              "slug": "powerpoint",
              "name": "PowerPoint(製品・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 477026,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476997,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476997,
        "slug": "2022-03-22-web3-digital-identity-startup-unstoppable-domains-said-to-seek-funding-at-1-billion-valuation",
        "createdAt": "2022-03-24T03:15:20.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T02:04:08.000Z",
        "title": "Web3のデジタルIDスタートアップ、Unstoppable Domainsが約1211億円のユニコーン評価額で資金調達を交渉中",
        "content": "<p>ブロックチェーンのネーミングシステムプロバイダーとして人気のUnstoppable Domainsが、10億ドル(約1211億円)の評価額で資金調達ラウンドを実施する交渉をまとめていると、この件に詳しい3人の関係者がTechCrunchに語った。</p>\n<p>同スタートアップは、Draper Associates、Coinbase Ventures、Protocol Labs、Naval Ravikantを含む多くの新規および既存投資家と、新たな資金調達ラウンドで約6000万ドル(約72億6300万円)を調達すべく交渉していると、検討中かつ非公開であるため匿名を希望した情報筋は語った。</p>\n<p>このラウンドはまだクローズしていないので条件が変わる可能性がある、と彼らは注意を促している。同社は米国時間3月22日にはコメントを控えた。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://unstoppabledomains.com/\" rel=\"noopener\">Unstoppable Domains</a>は、人々が暗号のためのユーザー名を作成し、分散型デジタルIDを構築するためのサービスを提供している。同社は、特定のTLDを持つドメインを5ドル(約605円)という低価格で販売しており、これまでに210万以上のドメインを登録する手助けをしてきたと、そのウェブサイトで述べている。提供する人気のTLDには、.crypto、.coin、.bitcoin、.x、.888、.nft、.daoなどがある。</p>\n<p>Amazon(アマゾン)のAWS、Uber(ウーバー)、Slack(スラック)などの企業で働いたメンバーを含むUnstoppable Domainsは、分散化された各ドメイン名をEthereumブロックチェーン上のNFTとして鋳造し、オーナーにより広範なコントロールと所有権を与えている。</p>\n<p>ドメイン名を持つことで、ユーザーは無意味に長いウォレットアドレスを友人や企業とわざわざ共有する煩わしさから解放される。</p>\n<p>Unstoppable Domainsはまた、OpenSea(オープンシー)、Coinbase Wallet(コインベースウォレット)、Rainbow Wallet、Chainlink、Brave browser、ETHMailなど140以上のアプリケーションと統合されている。90以上のDAppsが、EthereumとPolygonのためのシングルサインオンサービスである同社の製品「Login with Unstoppable」をサポートしており、暗号コミュニティを苦しめる経験の1つに対処している。</p>\n<p>投資家へのピッチデッキで、同スタートアップは「分散WebのCoinbase」を構築しようとしていると述べた。その幅広いサービスのおかげで現在では、ENS、Solana Bonfida、Tezos、Handshakeと競合している。</p>\n<p>同社は24万人以上の顧客を集め、2021年は5300万ドル(約64億1800万円)の収益を計上したと、2人の情報筋が語っている。また、利益も出ているという。TechCrunchが入手したピッチデッキによると、同社は2022年、企業と提携して自社のTLDを立ち上げる予定だという。</p>\n<p><small>画像クレジット:Unstoppable Domains</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/22/web3-digital-identity-startup-unstoppable-domains-said-to-seek-funding-at-1-billion-valuation/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Manish Singh、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/unstoppable-domains-1.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476997,
            "categoryId": 365397055,
            "category": {
              "id": 365397055,
              "slug": "blockchain",
              "name": "ブロックチェーン",
              "description": "ブロックチェーン、デジタル通貨、暗号資産 / 仮想通貨に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476997,
            "tagId": 364312649,
            "tag": {
              "id": 364312649,
              "slug": "unicorn",
              "name": "ユニコーン企業(用語)",
              "description": "ユニコーン企業に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476997,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476997,
            "tagId": 692509054,
            "tag": {
              "id": 692509054,
              "slug": "non-fungible-token",
              "name": "NFT / 非代替性トークン / クリプトアート(用語)",
              "description": "Non-Fungible Tokens(非代替性トークン)。仮想空間の土地やアート作品など有形・無形のさまざまなデジタル資産。"
            }
          },
          {
            "postId": 476997,
            "tagId": 692513964,
            "tag": {
              "id": 692513964,
              "slug": "digital-identity",
              "name": "デジタルID / eID(用語)",
              "description": "デジタルID / eIDに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476997,
            "tagId": 692516201,
            "tag": {
              "id": 692516201,
              "slug": "web3",
              "name": "Web3 / Web 3.0(用語)",
              "description": "ブロックチェーンを中心とした一連のプロトコル。インターネットのバックエンド機能に改革を起こすことを意図する。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476948,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476948,
        "slug": "2022-03-23-skyline-scores-6-5m-to-wash-windows-with-robot-arms",
        "createdAt": "2022-03-24T03:00:23.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-24T01:56:34.000Z",
        "title": "ロボットアームを使った高層ビル窓ガラス掃除のSkylineが7.9億円調達",
        "content": "<p>自動化する意義がある仕事のリストで、筆者は窓掃除をかなり上位に入れたい。実際、この仕事は汚くて危険なものだ。そして驚くことに、危険手当がそれほど支払われない。何百フィートもの高さで空中にぶら下がるような仕事には、当然支払われるべきものだと思うのだが。</p>\n<p>Skyline(スカイライン)は2021年に、高層ビルの側面にある手の届きにくい場所を清掃する(ファサードメンテナンスと呼ばれる)ロボットシステム<a target=\"_blank\" href=\"https://www.skylinerobotics.com/meet-ozmo\" rel=\"noopener\">Ozmo</a>(オズモ)を納入して話題になった。このシステムでは、Kukaの産業用ロボットアーム2本が吊り下げられたプラットフォームに据えられている。</p>\n<p>清掃するガラスの位置を確認するのにLiDARを使い、作業中はガラスを割らないよう力センサーに頼っている。また、アルゴリズムが組み込まれているため、風が強い状況でも安定したロボットハンドを実現し、最適な清掃経路を1分間に数百回再計算することが可能だという。</p>\n<p>ニューヨークを拠点とするSkylineは3月23日「プレシリーズA」と称するラウンドで650万ドル(約7億9000万円)の調達を発表した(正直なところ、こうした資金調達ラウンドのラベルは、これまで持っていた意味を失いつつある)。Skyline Standard Holdingsがこのラウンドをリードし、Skylineの資金調達総額は900万ドル(約10億9000万円)に達した。</p>\n<p>「このラウンドと初のOzmo展開の成功は、我々の製品とサービスに対する需要が目に見えて投資家に伝わっているだけでなく、Skylineの前に大きなビジネスチャンスがあることを示しています」とCEOのMichael Brown(マイケル・ブラウン)氏は話した。「私たちのチームの信念は、投資家のみなさんのものと一致しています」。</p>\n<p>確かに、ニューヨーク市だけでも数千万枚の窓ガラスが清掃を必要としており、そこにはチャンスがたっぷりある。</p>\n<p><small>画像クレジット:Skyline Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/skyline-scores-6-5m-to-wash-windows-with-robot-arms/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Skyline.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476948,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476948,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476948,
            "tagId": 366273340,
            "tag": {
              "id": 366273340,
              "slug": "lidar",
              "name": "LiDAR(用語)",
              "description": "光を用いたリモートセンシング技術で距離や方向を測定する。またはこの技術を使った装置のこと。"
            }
          },
          {
            "postId": 476948,
            "tagId": 692515871,
            "tag": {
              "id": 692515871,
              "slug": "robot-arm",
              "name": "ロボットアーム(用語)",
              "description": "ロボットアームに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476957,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476957,
        "slug": "2022-03-23-nothings-first-phone-will-be-released-this-summer",
        "createdAt": "2022-03-24T00:15:10.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T23:46:25.000Z",
        "title": "Nothing初のスマホは今夏発売予定、クラウドファンディングで追加資金調達へ",
        "content": "<p>誰がなんと言おうと、Nothing(ナッシング)はティーザーをさらにもったいぶる方法を知っている。同ハードウェアスタートアップの弁明として、同社は<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/10/2022-03-09-money-for-nothing-and-chips-from-a-series-b/\" rel=\"noopener\">米国時間3月23日朝に行われたイベント</a>は「ロードマップ」の公開であるとし、具体的には、同社のラインアップに加わる別のデバイスに言及したが、その製品に関する情報はあまり提供しなかった。しかし同社は少なくとも、噂されていた2番目のハードウェア「Nothing Phone(1)」の発売予定を確認した。</p>\n<p>我々は3月初め、Mobile World Congress(MWC)において、創業者のCarl Pei(カール・ペイ)氏が企業幹部たちとミーティングを行い、ワイヤレスイヤフォンのEar(1) と同様に透明感を強調したデザインを特徴とするバージョンのデバイスを披露していたことを紹介し、この<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/04/2022-03-02-nothing-smartphone-carl-pei/\" rel=\"noopener\">デバイスの存在を確認</a>した。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-476960 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp 1920w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Lock-Screen-First-Iteration-not-final.webp?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>今回のオンラインイベントで同社は、製品にSnapdragonチップが搭載されることを含め、いくつかの詳細を発表した。Qualcomm(クアルコム)がNothingに出資していることを考えれば、驚くことではない。同じくペイ氏が設立したOnePlusに似て、このデバイスはAndroidを独自に改良したNothing OSを搭載し「Nothing製品や他の世界トップブランドの製品を簡単に接続、統合するオープンでシームレスなエコシステム上に構築される」という。</p>\n<p>エコシステムは常にNothingの戦略の中核にあり、その統合がどのようなものなのか興味深いところだ。Apple(アップル)やSamsung(サムスン)などがモバイルを中心としたソーラーシステムを構想しているのと同じように、同社は携帯電話がそのシステムのハブとして機能することを思い描いているのは間違いないだろう。Nothingは4月、OSのプレビューを提供するつもりだという。</p>\n<div id=\"attachment_476959\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476959\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476959 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"592\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp 2318w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=300,173 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=768,444 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=1024,592 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=1536,888 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=2048,1184 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=692,400 692w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=400,231 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=738,427 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=623,360 623w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=220,127 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=281,162 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=216,125 216w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=125,72 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=104,60 104w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=955,552 955w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=600,347 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-23-at-10.23.07-AM.webp?resize=50,29 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476959\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Nothing</p></div>\n<p>ソフトウェアは、OnePlusがOxygenOSで提供しようと取り組んできたもの、つまり、あまり多くの追加ソフトウェアを追加せずに、Androidに手を加える形に似ているようだ。外観的には、同社の「アナログ」デザイン言語を踏襲することになる。同社は、(Androidを土台にするとはいえ)ハードウェアとともにOSレイヤーを開発することで、Appleのような道を歩もうとしているのだ。同社のヘッドフォンはすぐに対応し、AirPodsやTesla(テスラ)などの自動車を含むサードパーティ製品のサポートに取り組んでいる最中だとペイ氏はいう。</p>\n<p>Nothingは、携帯電話のOSアップデートを3年間、セキュリティアップデートを4年間提供することを約束している。</p>\n<p>というわけで、同社はEar(1)が確立したパターンを踏襲し、今後数カ月のあいだ、次期スマホのより詳細な情報をチラ見せしていくことになるのだろう。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-476958 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp 1920w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Widgets-First-Iteration-not-final.webp?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>携帯電話のニュースとともに、同社は、わずか2週間前に実施された7000万ドル(約84億8000万円)の<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/10/2022-03-09-money-for-nothing-and-chips-from-a-series-b/\" rel=\"noopener\">シリーズB</a>に続いて、さらにクラウドファンディングで資金を調達することを発表した。同社が目指しているのは1000万ドル(約12億1000万円)で、VCが支援したラウンドと同じ評価額で募集される。現在、事前登録を受け付けており、4月5日に正式公開される予定だ。ファンに金銭的な利益を与えることで、コミュニティの関与を促進しようとするこの戦略は、これまで同社にとって成功を収めてきた。</p>\n<p>このデバイスは、モバイル関連のスタートアップ企業にとって厳しい、しかし期待が集まる時期に登場することになる。初代iPhoneが発売されてから15年が経ち、携帯電話への関心は薄れている。パンデミック以前から売り上げは横ばい、低迷していたが、その後のサプライチェーンの制約やチップ不足とともに、この傾向はさらに悪化している。LGやHTCのようなかつての主要プレイヤーは、この業界から完全に撤退するか、劇的に規模を縮小している。</p>\n<p>Nothingは、Essentialの失敗から生まれたプライバシー重視の<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/05/2022-03-03-osom-talks-its-first-phone-ahead-of-a-q4-release/\" rel=\"noopener\">OSOM</a>を含む、新しいモバイルスタートアップ各社の小さなムーブメントに加わることになる。ちなみにペイ氏とNothingは、EssentialのIPを買収したが、同社は最終的にその名前を使って何もしていない。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/23/nothings-first-phone-will-be-released-this-summer/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Home-Screen-First-Iteration-not-final.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476957,
            "categoryId": 303576,
            "category": {
              "id": 303576,
              "slug": "hardware",
              "name": "ハードウェア",
              "description": "ガジェット、ハードウェアに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476957,
            "tagId": 182541,
            "tag": {
              "id": 182541,
              "slug": "qualcomm",
              "name": "Qualcomm / クアルコム(企業)",
              "description": "Qualcomm(クアルコム)は、移動体通信の通信技術および半導体の設計開発を行う米国企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476957,
            "tagId": 383908,
            "tag": {
              "id": 383908,
              "slug": "snapdragon",
              "name": "Snapdragon(製品・サービス)",
              "description": "QualcommのモバイルSoCのシリーズ。"
            }
          },
          {
            "postId": 476957,
            "tagId": 641922,
            "tag": {
              "id": 641922,
              "slug": "android",
              "name": "Android(製品・サービス)",
              "description": "Androidは、主にスマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーンモバイル機器向けに設計されたオペレーティングシステム。Googleが開発、提供する。"
            }
          },
          {
            "postId": 476957,
            "tagId": 366271722,
            "tag": {
              "id": 366271722,
              "slug": "smartphones",
              "name": "スマートフォン(用語)",
              "description": "スマートフォンに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476957,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476957,
            "tagId": 366273008,
            "tag": {
              "id": 366273008,
              "slug": "crowdfunding",
              "name": "クラウドファンディング(用語)",
              "description": "クラウドファンディングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476957,
            "tagId": 692512162,
            "tag": {
              "id": 692512162,
              "slug": "nothing-2",
              "name": "Nothing(企業)",
              "description": "OnePlusの共同創業者であるCarl Pei(カール・ペイ)氏が立ち上げたスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 476957,
            "tagId": 692512163,
            "tag": {
              "id": 692512163,
              "slug": "carl-pei",
              "name": "Carl Pei / カール・ペイ(人物)",
              "description": "OPPO傘下スマートフォンメーカーOnePlusの共同創業者。Nothingを設立。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476915,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476915,
        "slug": "2022-03-22-japans-terra-drone-lands-70m-series-b-funding-to-accelerate-global-expansion",
        "createdAt": "2022-03-23T23:15:09.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T22:50:58.000Z",
        "title": "日本のテラドローンがシリーズBで80億円調達、グローバル展開を加速",
        "content": "<p>ドローン、電動垂直離着陸機、無人航空機などの航空機の利用が本格化する中、日本のスタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://www.terra-drone.net/\" rel=\"noopener\">Terra Drone</a>(テラドローン)は、空のトラフィックが見落とされないようにしたいと考えている。</p>\n<p>テラドローンのCEOで創業者、そして電気自動車を開発するTerra Motors(テラモーターズ)のCEOも兼務している<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/toru-tokushige-6384a652/?originalSubdomain=jp\" rel=\"noopener\">徳重徹氏</a>は「空域はこれまで以上に混雑していきますが、今日のほとんどの企業はハードウェアの開発だけに注力しています。安全かつ効率的なドローンやアーバンエアモビリティ(UAM)の運用を可能にするグローバルな航空交通管理ソリューションに対する差し迫ったニーズがあり、テラドローンは空のデジタルインフラを構築する主要プレイヤーになることを目指しています」と述べた。</p>\n<p>2016年に設立されたテラドローンは、ドローンのソフトウェア、ハードウェア、無人航空機システムのトラフィック管理ソリューションを手がけている。同社は3月23日に三井物産が主導した80億円のシリーズBラウンドを完了したと発表した。2021年2月にシリーズAで1440万ドル(約17億円)を調達してから約1年、今回のラウンドで調達総額は8300万ドル(約100億円)となった。</p>\n<p>SBIインベストメント、東急不動産HD、九州電力送配電、西華産業、JOIN(海外交通・都市開発事業支援機構)、既存投資家のベンチャーラボインベストメントが今回のラウンドに参加した。</p>\n<p>テラドローンのCOO、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/teppeiseki1107/\" rel=\"noopener\">関鉄平氏</a>はTechCrunchとのインタビューで、シリーズB資金を人員増強と欧州、米国、東南アジアへのグローバル展開に使うと述べた。また、これらの地域での企業買収にも使われるという。同社の評価額については明らかにしなかった。</p>\n<p>テラドローンは2018年にオランダのドローン会社<a target=\"_blank\" href=\"https://www.terra-inspectioneering.com/\" rel=\"noopener\">Terra Inspectioneering</a>を買収し、2016年にはベルギーのドローン会社Uniflyに投資している。</p>\n<p>さらにテラドローンは調達した資金を、無人航空機システムの交通管理ソリューションを通じて、ドローンやエアタクシー運航のための目視外自律飛行技術の支援や、自社のUAMサービスの開発強化に充てるという。</p>\n<p>シリーズB後の次の計画について尋ねられた関氏は、テラドローンは株式公開を検討しているという。また、IPOの前にさらに資金調達する可能性もあると付け加えた。</p>\n<p>テラドローンはShell(シェル)、Chevron(シェブロン)、BP、ExxonMobil(エクソンモービル)、ConocoPhillips(コノコフィリップス)、Vopak(ボパック)、日本のインペックスといった石油・ガス会社、そしてBASFや関西電力といった化学会社を含む約500の顧客を抱える。テラドローンはまた、食品会社Bunge(バンジ)に検査サービスを、建設会社に調査サービスを提供していると関氏は語った。</p>\n<p>注目すべきは、2022年2月に発表されたFortune Business Insightsのレポートによると、安全性と性能向上のために主にリグ点検に注力している石油・ガス業界は、陸上・海上パイプラインの監視に年間で<a target=\"_blank\" href=\"https://www.fortunebusinessinsights.com/industry-reports/drone-surveillance-market-100511\" rel=\"noopener\">約507億6000万ドル(約6兆1280億円)を投じている</a>ことだ。テラドローンは、構造物の腐食、コーティングの不具合、その他あらゆる構造物の損傷などの欠陥を特定することができると関氏は話す。世界のドローン監視市場は、2021年の1億4200万ドル(約171億円)から<a target=\"_blank\" href=\"https://www.globenewswire.com/news-release/2022/02/22/2389408/0/en/Drone-Surveillance-Market-to-Worth-476-5-Million-by-2021-2028-Drone-Surveillance-Industry-Registering-a-CAGR-of-18-9.html\" rel=\"noopener\">2028年には4億7650万ドル(約575億円)に成長する</a>と予想されている。テラのIR資料によると、世界のUAM市場は2040年までに1兆5000億ドル(約181兆円)まで拡大すると予測されている。</p>\n<p>テラドローンは、東京電力ホールディングス、日本航空、大手通信会社KDDI、INPEX、国土交通省など、多くの日本企業や政府とのプロジェクトに取り組んでいる。また、有人・無人の航空機の飛行管理調整で宇宙航空研究開発機構(JAXA)とも連携している。</p>\n<div id=\"attachment_476917\" style=\"width: 1024px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476917\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476917 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp?w=1014\" alt=\"\" width=\"1014\" height=\"572\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp 1014w, /wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp?resize=768,433 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp?resize=709,400 709w, /wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp?resize=400,226 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp?resize=738,416 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp?resize=638,360 638w, /wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp?resize=281,159 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp?resize=125,71 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp?resize=106,60 106w, /wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp?resize=979,552 979w, /wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Terra2.webp?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1014px) 100vw, 1014px\" /><p id=\"caption-attachment-476917\" class=\"wp-caption-text\">テラドローンの無人交通管理</p></div>\n<p>関氏は、テラドローンの重要な特化・差別化ポイントは、足場がなくてもドローンが超音波探傷器(あるいは超音波厚み測定器)を表面に押し当て、壁の厚みを測定できる特許技術だと明かした。</p>\n<p>「Terra LiDAR(光検出・測距)やTerra LiDAR Cloudなどの測量グレードのハードウェアソフトウェアの販売による経常収益の拡大、(子会社の)Terra Inspectioneeringによるドローンを使った超音波厚み(UT)測定や非破壊検査(NDT)などの専門サービスの提供、そして海外事業の戦略的整理によって、成功のための態勢が整いました」と徳重氏は述べた。「我々は事業とイノベーションをより速く拡大することができます」。</p>\n<p>テラドローンは英国のSky-Futures、CyberHawk、マレーシアのAerodyneなど、世界のドローン会社と競合している。AirMapや、ドローン用のUAVライダーシステムを開発するフランスのYellowScanも競合相手だと関氏は言及した。</p>\n<p>テラドローンの従業員は60人で、子会社の従業員は全世界で約500人だ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Terra Drone</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/22/japans-terra-drone-lands-70m-series-b-funding-to-accelerate-global-expansion/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Kate Park、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Terra.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476915,
            "categoryId": 66692582,
            "category": {
              "id": 66692582,
              "slug": "drone",
              "name": "ドローン",
              "description": "ドローン関連のスタートアップや技術開発などの最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476915,
            "tagId": 366271015,
            "tag": {
              "id": 366271015,
              "slug": "drone",
              "name": "ドローン(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476915,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476915,
            "tagId": 366281101,
            "tag": {
              "id": 366281101,
              "slug": "terra-drone",
              "name": "テラドローン(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476915,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476915,
            "tagId": 692512269,
            "tag": {
              "id": 692512269,
              "slug": "urban-air-mobility",
              "name": "Urban Air Mobility / UAM / アーバン・エア・モビリティ(用語)",
              "description": "都市や郊外で乗客や貨物を低高度で運ぶことができる高度に自動化された航空機。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476855,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476855,
        "slug": "wogo",
        "createdAt": "2022-03-23T13:33:59.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T13:33:59.000Z",
        "title": "スマートフォンで3Dスキャン&データ編集が行えるスマホアプリ「WIDAR」を手がけるWAGOが1.1億円のシード調達",
        "content": "<p>3Dを活用するための技術開発・提供を行う<a target=\"_blank\" href=\"https://www.wogo.ai/\" rel=\"noopener\">WOGO</a>は3月22日、シードラウンドとして、第三者割当増資による1億1000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、Coral Capital。</p>\n<p>また、スマートフォンで3Dスキャン&3D編集が行えるアプリ「<a target=\"_blank\" href=\"https://widar.io/\" rel=\"noopener\">WIDAR</a>」(<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=com.wogo.widar.android\" rel=\"noopener\">Android版</a>・<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/jp/app/id1574012258\" rel=\"noopener\">iOS版</a>)の正式版を3月5日にリリースしたことを明らかにした。</p>\n<p>調達した資金により、同アプリの編集ツールの追加リリースを継続的に行う。また、コミュニティー機能を充実させ、3Dデータの蓄積とともに、これらデータが素材として活用されるようなコラボ制作の流れを作り出し、3Dコンテンツ作成のハードルを下げる。さらに、3Dデータの活用を促進し、メタバースにより多くのコンテンツを供給することを実現すべく、データの外部接続APIの開発と提供も図る。</p>\n<p>WIDARは、スマートフォンのカメラ機能でスキャンした対象を3Dモデル化し、編集できるアプリ。3D編集機能は、初回リリースとして複数データ配置機能、背景変更機能と動画像出力機能をアプリ内に新規追加した。また、自身の作品を投稿できるコミュニティー画面を用意し、3Dデータが共有、再利用されていく土台を用意した。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-476857 img-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/02-23.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>現在、メタバース市場の成長と同時に、バーチャル空間のゲームも盛り上がっている。また、モバイルデバイスの高性能化が進み、個人がスマホで手軽に3Dコンテンツを作り出せる下地も整いつつある。</p>\n<p>ただ、メタバース向けコンテンツ創出において利用されている「Blender」などの既存3D制作ツールは、プロ向けであることから、一般的なユーザーには難易度が高いという状況にある。</p>\n<p>その中でWOGOは、2021年にはアプリのベータ版をリリース。3Dスキャンの実装をスマホに落とし込んだ。さらにWIDAR正式版では、3D編集機能を搭載。これにより、従来3D制作ツールでは数時間かかっていたゼロから形状を構築する作業が、WIDARでは3Dスキャンと編集の組み合わせにより10分程度に短縮させたという。</p>\n<p>WOGOは、東京大学情報理工学系研究科所属のメンバーを中心として、2021年1年に設立されたスタートアップ。「3D制作の民主化」をビジョンとして掲げており、WIDARによって3Dコンテンツ作成のハードルを引き下げ、創出された3Dデータの活用を促進しメタバースへ多くのコンテンツ供給を目指している。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-23.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476855,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476855,
            "tagId": 2131,
            "tag": {
              "id": 2131,
              "slug": "3d",
              "name": "3D / 3Dモデル(用語)",
              "description": "3D / 3Dモデルに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476855,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476855,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476855,
            "tagId": 366276817,
            "tag": {
              "id": 366276817,
              "slug": "blender",
              "name": "Blender(製品)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476855,
            "tagId": 692507344,
            "tag": {
              "id": 692507344,
              "slug": "metaverse",
              "name": "メタバース(用語)",
              "description": "メタバースに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476855,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476855,
            "tagId": 692517587,
            "tag": {
              "id": 692517587,
              "slug": "wogo",
              "name": "WOGO(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476683,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476683,
        "slug": "medicalforce",
        "createdAt": "2022-03-23T11:44:52.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T11:44:52.000Z",
        "title": "美容クリニック向けSaaS「medicalforce」を展開するメディカルフォースが1億円調達、サービス開発および採用を強化",
        "content": "<p>美容クリニック向けSaaS「<a target=\"_blank\" href=\"https://service.medical-force.com/\" rel=\"noopener\">medicalforce</a>」を提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://corp.medical-force.com/\" rel=\"noopener\">メディカルフォース</a>は3月18日、プレシリーズAラウンドにて総額1億円の資金調達を実施したことを発表した。引受先はDNX Ventures、ANRI、個人投資家2名。調達した資金は、medicalforceの開発とチームの採用強化にあてる。また、シードラウンドおよびデットでのファイナンスを含めた累計調達額は約1億3000万円となった。</p>\n<p>medicalforceは、美容クリニックの現場業務のデジタル化および経営支援を目指すサービス。予約、問診、カルテ、会計といった日常業務をすべて一元管理することが可能。「予約はGoogleカレンダーで、カルテは保険診療向け電子カルテ」など個別のシステムを使っている場合に発生する、情報がバラバラなためにダブルチェックの手間や集計が煩雑になるという課題を解決できる。また、予約・カルテ・会計の集約情報を基にLINEやメールでのメッセージ発信も行なえる。経営管理ダッシュボード、リマインド・ステップ配信などのCRM機能を搭載しており、経営面においても効率化を図れる。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"img-full aligncenter wp-image-476687 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?w=1024\" alt=\"美容クリニック向けSaaS「medicalforce」を展開するメディカルフォースが1億円調達、サービス開発および採用を強化\" width=\"1024\" height=\"571\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=300,167 300w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=768,429 768w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=1024,571 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=1536,857 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=717,400 717w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=400,223 400w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=738,412 738w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=950,530 950w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=640,357 640w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=220,123 220w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=281,157 281w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=224,125 224w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=108,60 108w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=989,552 989w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=600,335 600w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=337,187 337w, /wp-content/uploads/2022/03/02-20.jpg?resize=50,28 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/001-1.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476683,
            "categoryId": 337,
            "category": {
              "id": 337,
              "slug": "healthtech",
              "name": "ヘルステック",
              "description": "ヘルステック(HealthTech)。医療、健康、ヘルスケア、介護の分野におけるテクノロジーに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476683,
            "tagId": 366271828,
            "tag": {
              "id": 366271828,
              "slug": "beauty",
              "name": "美容(用語)",
              "description": "美容に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476683,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476683,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476683,
            "tagId": 692514985,
            "tag": {
              "id": 692514985,
              "slug": "medical-force",
              "name": "メディカルフォース(企業・サービス)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476683,
            "tagId": 692515618,
            "tag": {
              "id": 692515618,
              "slug": "electronic-medical-record",
              "name": "電子カルテ(用語)",
              "description": "電子カルテに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476709,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476709,
        "slug": "plantio",
        "createdAt": "2022-03-23T02:13:33.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T02:13:33.000Z",
        "title": "シェアリングIoT農園を展開するプランティオが1.3億円調達、大手町エリア・渋谷区・多摩田園都市エリアに農園設置",
        "content": "<p>シェアリングIoT農園を展開する<a target=\"_blank\" href=\"http://plantio.co.jp/\" rel=\"noopener\">プランティオ</a>は3月22日、第三者割当増資による総額1億3000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先はジェネシア・ベンチャーズ、大広、MS-Japan、iSGSインベストメントワークス、そのほか既存投資家。</p>\n<p>調達した資金により、大手町エリア・渋谷区・多摩田園都市エリアにシェアリングIoT農園を設置するほか、年内には東京以外の主要都市にも随時設置し、行政・民間らと共創を行い、コレクティブ・インパクトを加速する。コレクティブ・インパクトとは、社会課題に対して、行政・企業・NPO・基金・市民などがセクターを越え、互いに強みやノウハウを持ち寄ると同時に働きかけを行い、課題解決や大規模な社会変革を目指すアプローチ(<a target=\"_blank\" href=\"https://ssir.org/articles/entry/channeling_change_making_collective_impact_work\" rel=\"noopener\">Channeling Change: Making Collective Impact Work</a>)。</p>\n<p>また、農業をDX化する次世代型アグリテインメントプラットフォーム「grow」において、農業的な活動がどれだけ環境に貢献しているかを可視化する機能を強化するという。既存農業と比較した場合のCO2削減量、生ゴミ削減量、ヒートアイランド現象にどの程度貢献できているのかなどを可視化する。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"img-full aligncenter wp-image-476714 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/03-13.jpg\" alt=\"\" width=\"567\" height=\"317\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/03-13.jpg 567w, /wp-content/uploads/2022/03/03-13.jpg?resize=300,168 300w, /wp-content/uploads/2022/03/03-13.jpg?resize=400,224 400w, /wp-content/uploads/2022/03/03-13.jpg?resize=220,123 220w, /wp-content/uploads/2022/03/03-13.jpg?resize=281,157 281w, /wp-content/uploads/2022/03/03-13.jpg?resize=224,125 224w, /wp-content/uploads/2022/03/03-13.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/03-13.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/03-13.jpg?resize=337,187 337w, /wp-content/uploads/2022/03/03-13.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/03-13.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 567px) 100vw, 567px\" /></p>\n<p>growとは、IoTセンサー「grow CONNECT」とスマートフォンアプリを組み合わせることで野菜栽培をナビゲーションするプラットフォーム。家庭のベランダやビルの屋上、マンションの屋内といった様々な場所で野菜栽培を可能にするという。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"img-full aligncenter wp-image-476719 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"672\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg 1677w, /wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?resize=300,197 300w, /wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?resize=768,504 768w, /wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?resize=1024,672 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?resize=1536,1008 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?resize=609,400 609w, /wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?resize=400,263 400w, /wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?resize=738,485 738w, /wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?resize=548,360 548w, /wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?resize=220,144 220w, /wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?resize=262,172 262w, /wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?resize=190,125 190w, /wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?resize=125,82 125w, /wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?resize=91,60 91w, /wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?resize=841,552 841w, /wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?resize=559,367 559w, /wp-content/uploads/2022/03/02-21.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>2015年6月設立のプランティオは、「持続可能な食と農をアグリテインメントな世界へ」をビジョンとして掲げるスタートアップ。育てる楽しさ、食べる喜び、人との関わり合いなどをICT×エンタテインメントの力でエンパワーメントすることを目指している。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-21.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476709,
            "categoryId": 281470120,
            "category": {
              "id": 281470120,
              "slug": "sharing-economy",
              "name": "シェアリングエコノミー",
              "description": "シェアリングエコノミー(Sharing Economy:共有経済)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476709,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476709,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476709,
            "tagId": 681519701,
            "tag": {
              "id": 681519701,
              "slug": "plantio",
              "name": "プランティオ(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476709,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476794,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476794,
        "slug": "2022-03-22-bored-apes-nft-startup-yuga-labs-raises-at-monster-4-billion-valuation",
        "createdAt": "2022-03-23T01:45:05.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T01:13:30.000Z",
        "title": "Bored ApesのNFTスタートアップYuga Labs、約4836億円のモンスター評価額でシードラウンドを調達",
        "content": "<p>NFTに懐疑的な人々が嫌いがちな数百万ドル(数億円)もする「サルのJPEG」メーカー<a target=\"_blank\" href=\"http://yugalabs.io/\" rel=\"noopener\">Yuga Labs</a>は、Andreessen Horowitzから40億ドル(約4836億円)の評価額で4億5000万ドル(約544億円)の資金調達をしたと米国時間3月23日に発表した。</p>\n<p>Bored Apes Yacht Clubを運営するこのマイアミのNFT企業は、これまで資金調達を行っていなかったが、以前からNFTブームの主要企業を支援しようとするVCからの注目を集めていた。このラウンドにはAnimoca Brands、LionTree、Sound Ventures、Thrive Capital、FTX、MoonPayなどの投資家も参加している。</p>\n<p>Yuga Labsはその地位をますます強めている。2022年2月初め、同スタートアップはLarva Labsから人気のNFTプロジェクトCryptoPunksとMeebitsの資産を買収したことを発表した。また同社は、創業者と幹部が実質的な出資を行っているApeCoinを立ち上げたばかりでもある。このトークンは、取引初日に数十億ドルの時価総額を集めた。Yuga Labsは間もなく、この勢いを「<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/yugalabs/status/1505014986556551172?s=20&amp;t=gVnX2ufA0DEPI-BD3UCtKg\" rel=\"noopener\">Otherside</a>」と呼ばれるメタバースの独自バージョンにつなげようとしており、他の多くのNFTプロジェクトのアバターも統合する予定だ。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/17/2022-03-16-bored-apes-nft-project-gets-official-apecoin-token/\" rel=\"noopener\">Bored ApesのNFTプロジェクトに公式の「ApeCoin」トークンができた</a></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/22/bored-apes-nft-startup-yuga-labs-raises-at-monster-4-billion-valuation/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Lucas Matney、翻訳:Katsuyuki Yasui)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/nWay-BAYC-blockchain-game-1-e1647461653135.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476794,
            "categoryId": 365397055,
            "category": {
              "id": 365397055,
              "slug": "blockchain",
              "name": "ブロックチェーン",
              "description": "ブロックチェーン、デジタル通貨、暗号資産 / 仮想通貨に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476794,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476794,
            "tagId": 692509054,
            "tag": {
              "id": 692509054,
              "slug": "non-fungible-token",
              "name": "NFT / 非代替性トークン / クリプトアート(用語)",
              "description": "Non-Fungible Tokens(非代替性トークン)。仮想空間の土地やアート作品など有形・無形のさまざまなデジタル資産。"
            }
          },
          {
            "postId": 476794,
            "tagId": 692516493,
            "tag": {
              "id": 692516493,
              "slug": "bored-ape-yacht-club",
              "name": "Bored Ape Yacht Club / BAYC(製品・サービス)",
              "description": "Yuga Labsが提供するNFTプロジェクト。"
            }
          },
          {
            "postId": 476794,
            "tagId": 692516494,
            "tag": {
              "id": 692516494,
              "slug": "yuga-labs",
              "name": "Yuga Labs(企業)",
              "description": "NFTプロジェクトBored Ape Yacht Club / BAYCを制作する企業。\r\n"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476702,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476702,
        "slug": "2022-03-21-plotlogic-scoops-up-18m-to-put-hyperspectral-imaging-to-work-in-the-mines",
        "createdAt": "2022-03-23T01:00:37.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T00:12:29.000Z",
        "title": "ハイパースペクトルイメージングで鉱石を現場で見分けるPlotlogicが約21.8億円調達",
        "content": "<p>鉱業は今ある産業の中で最古の産業に属するが、需要の増大とともにハイテク化が進んでいる。<a target=\"_blank\" href=\"https://www.plotlogic.com/\" rel=\"noopener\">Plotlogic</a>は、ハイパースペクトルイメージングと呼ばれる、実験室や人工衛星でよく使われている技術を使って、重要だが古めかしい仕事に新しいデータ層と自動化をもたらす。</p>\n<p>ハイパースペクトルイメージングは、基本的に可視域外の光を捉える写真で、人間の目には同じように見える物質を識別できる。他のほとんどのものと同様、「自然」が最初に到達した。鳥や昆虫は、私たちが見ることのできない波長を見ることができ、それが彼らの世界全体の見方を変える。</p>\n<p>ハイパースペクトルはは結局、分光分析の一種で、放射線を物体に当てて、その反射や吸収を見るものだ。皮膚、セメント、レアアースなど、あらゆる物質にはそれぞれ固有のスペクトルがある。Plotlogicが目指しているのは、明らかに後者のカテゴリーだ。</p>\n<p>2018年にオーストラリアのブリスベーンで創業したPlotlogicは、多重スペクトル+LiDAR画像という組み合わせで、山積みになった大量の鉱山の砕石から「リチウムが少々ある、銀も少しある、硫黄もややある」などという(これらが同じ砕石の山にあることは、実際にはないだろうが)。</p>\n<p>もちろん、鉱山ではこんな分析を以前から何らかの方法で行っているはずだ。そうでなければ、精錬場へ行くトラックと廃棄場へ行くトラックを見分けられない。しかしそのような分析は通常、ラボにサンプルを送って、そこでスペクトル分析を行ってもらう方法だ。しかしPlotlogicは、この重要な分析を現場で行い、効率化する。</p>\n<div id=\"attachment_476704\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476704\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476704 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"795\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg?resize=300,233 300w, /wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg?resize=768,596 768w, /wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg?resize=1024,795 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg?resize=515,400 515w, /wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg?resize=400,310 400w, /wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg?resize=738,573 738w, /wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg?resize=464,360 464w, /wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg?resize=220,171 220w, /wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg?resize=222,172 222w, /wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg?resize=161,125 161w, /wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg?resize=125,97 125w, /wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg?resize=77,60 77w, /wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg?resize=711,552 711w, /wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg?resize=473,367 473w, /wp-content/uploads/2022/03/plg1.jpg?resize=50,39 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476704\" class=\"wp-caption-text\">鉱石サンプルをスキャンする定置型OreSenseと、そのサンプルの分析例(画像クレジット:Plotlogic)</p></div>\n<p>CEOで創業者のAndrew Job(アンドリュー・ジョブ)氏によると「分析を採掘工程と一体化して、現場のスタッフがリアルタイムの情報でやる気になることが、本当のイノベーション」という。</p>\n<p>同社がこのOreSenseと呼ばれるマシンを開発したのは2019年で、それ以降、現場で何度も使われ、主な鉱山企業からのフィードバックも得た。可動方式と据え付け型の両方で使うことができ、スキャンを採掘現場でも、あるいはどこかに砕石を集めてからでもできる。踏み板を使うバージョンは、人が安全に行けない場所にも行ける。</p>\n<p>そのシステムは鉱業の既存の工程と合うように設計されているため、鉱石の掘り出し方を従来のものから変える必要はない。ジョブ氏によると、変更が必要な場合は効率アップで正当化されるという。</p>\n<div id=\"attachment_476705\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476705\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476705 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"710\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?resize=300,208 300w, /wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?resize=768,533 768w, /wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?resize=1024,710 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?resize=577,400 577w, /wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?resize=400,277 400w, /wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?resize=738,512 738w, /wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?resize=519,360 519w, /wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?resize=220,153 220w, /wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?resize=248,172 248w, /wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?resize=180,125 180w, /wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?resize=125,87 125w, /wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?resize=87,60 87w, /wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?resize=796,552 796w, /wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?resize=529,367 529w, /wp-content/uploads/2022/03/plg2.jpg?resize=50,35 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476705\" class=\"wp-caption-text\">Plotlogicの創設者でCEOであるアンドリュー・ジョブ氏(画像クレジット:Sarah Keayes/The Photo Pitch)</p></div>\n<p>「経済的なメリット、環境維持のメリット、安全性のメリットの3つがあると考えています」とジョブ氏はいう。「より多くの鉱石を処理し、廃棄物を減らすことができるため、より収益性が高くなります。より正確に、より多くの岩石をその場に残し、燃料や温室効果ガスを廃棄物の移動に費やさないようにすることができるのです。そして、それは鉱山での人間の被曝時間も減らします」。</p>\n<p>肺が黒くなる鉱山での病は過去のものかもしれないが、それでも鉱業は今なお、基本的に困難で危険な仕事だ。重機の側にいたり、閉鎖空間内にいたり、粉塵が充満した空間にいることは少ない方が良い。信頼性の高い情報豊富な画像が得られれば、鉱業の自動化も近くなるとジョブ氏はいう。</p>\n<p>1800万ドル(約21億8000万円)のシリーズAは、Innovation EndeavorsがリードしBHP VenturesとTouchdown Venturesが参加した。どちらも、大手鉱業グループのベンチャー部門だ。さらに、DCVCとBaidu VenturesとGrids Venturesも参加。資金は、商用展開の拡張と国際化努力の開始に充てられるという。</p>\n<p><small>画像クレジット:Plotlogic</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/21/plotlogic-scoops-up-18m-to-put-hyperspectral-imaging-to-work-in-the-mines/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/plg0.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476702,
            "categoryId": 303576,
            "category": {
              "id": 303576,
              "slug": "hardware",
              "name": "ハードウェア",
              "description": "ガジェット、ハードウェアに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476702,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476702,
            "tagId": 366276375,
            "tag": {
              "id": 366276375,
              "slug": "australia",
              "name": "オーストラリア(国・地域)",
              "description": "オーストラリアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476702,
            "tagId": 692510543,
            "tag": {
              "id": 692510543,
              "slug": "mineral",
              "name": "鉱物 / 鉱山 / 鉱業(用語)",
              "description": "鉱物 / 鉱山に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476795,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476795,
        "slug": "terra-drone-fundraising-2",
        "createdAt": "2022-03-23T01:00:04.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-23T01:24:12.000Z",
        "title": "産業向けドローンサービスを提供するTerraDorneが80億円のシリーズB調達、「空のプラットフォーム」運航管理技術開発",
        "content": "<p>産業向けドローンサービスなどを提供し、空飛ぶクルマとドローンで「世界No.1」を目指す<a target=\"_blank\" href=\"https://www.terra-drone.net/\" rel=\"noopener\">Terra Drone</a>(テラドローン)は3月23日、シリーズBラウンドとして、総額80億円の資金調達を発表した。</p>\n<p>引受先は、新規投資家の三井物産、SBIインベストメント、東急不動産HD、九州電力送配電、西華産業の5社、既存投資家のベンチャーラボインベストメント。また、国土交通省傘下の官民ファンドである海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)より、特別目的会社を通じ同社の関係会社Unifly N.V.(ユニフライ)への共同出資枠を確保。JOINにとって、エアモビリティ含む航空インフラ領域スタートアップへの初出資という。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-476796\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?w=1024\" alt=\"産業向けドローンサービスなど提供のTerraDorneが80億円のシリーズB調達、「空のプラットフォーム」運航管理技術開発\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png 1920w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-4.png?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-476797\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-004-005.jpg?w=990\" alt=\"産業向けドローンサービスなど提供のTerraDorneが80億円のシリーズB調達、「空のプラットフォーム」運航管理技術開発\" width=\"990\" height=\"426\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-004-005.jpg 990w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-004-005.jpg?resize=300,129 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-004-005.jpg?resize=768,330 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-004-005.jpg?resize=930,400 930w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-004-005.jpg?resize=400,172 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-004-005.jpg?resize=738,318 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-004-005.jpg?resize=640,275 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-004-005.jpg?resize=220,95 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-004-005.jpg?resize=281,121 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-004-005.jpg?resize=250,108 250w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-004-005.jpg?resize=125,54 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-004-005.jpg?resize=600,258 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-004-005.jpg?resize=50,22 50w\" sizes=\"(max-width: 990px) 100vw, 990px\" /></p>\n<p>2016年3月設立のTerra Droneは、東京本社含め全国に拠点を構え、海外においても欧州・東南アジアを中心に事業展開する産業用ドローンソリューションプロバイダーだ。「空から、世界を進化させる」をミッションに掲げ、世界各地域でドローンや空飛ぶクルマなどのエアモビリティにおけるハードウェア、ソフトウェア、サービスと、事業横断的な開発およびソリューションを提供。</p>\n<p>またエアモビリティを用いて、石油ガス、化学、建設業界などにおける現場作業のデジタル化や、遠隔地・被災地における物流の効率化など多岐にわたる産業のDX化を進め、人力の限界である非効率・危険な作業の解消を進めている。</p>\n<p>ドローンや空飛ぶクルマの社会実装において基盤となる、エアモビリティの運航管理分野では、世界で国家レベル含む導入数1位というUniflyの筆頭株主となり、世界8カ国にわたる「空の運航管理プラットフォーム」を構築。国内では、JAXAより一部技術移転を行い、ドローンや空飛ぶクルマの運航管理の実証実験を重ねているという。加えて、大阪府の公募に対し、三井物産、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)、朝日航洋と共同で「エアモビリティ統合運航管理プラットフォーム事業」に事業採択されている。</p>\n<p>エアモビリティの世界市場は、2040年には160兆円規模への成長が予測されている。日本国内でも、2022年度level4(ドローンによる有人地帯における目視外飛行)解禁を迎える予定だ。創業から4期目で黒字化し、CAGR87%(5年平均)、売上営業利益ベースで毎年増収増益と、堅調な事業成長を続ける同社。事業の次期フェーズとしては、多種多様なエアモビリティの安全性や効率性が不可欠となり、エアモビリティ同士の衝突回避や、住民保護のための交差点・ 信号機の役割を果たす「空のプラットフォーム」(空域および運航管理システム)の整備が急務と考える。今回の調達により、「空のプラットフォーム」運航管理技術の開発、各事業成長資金、同活動を実現するための採用活動への投資を行うという。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-23-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476795,
            "categoryId": 66692582,
            "category": {
              "id": 66692582,
              "slug": "drone",
              "name": "ドローン",
              "description": "ドローン関連のスタートアップや技術開発などの最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476795,
            "tagId": 366271015,
            "tag": {
              "id": 366271015,
              "slug": "drone",
              "name": "ドローン(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476795,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476795,
            "tagId": 366281101,
            "tag": {
              "id": 366281101,
              "slug": "terra-drone",
              "name": "テラドローン(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476795,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476724,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476724,
        "slug": "2022-03-21-french-aerospace-company-gama-raises-2m-to-develop-a-solar-sail-spacecraft",
        "createdAt": "2022-03-23T00:15:51.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-22T23:30:01.000Z",
        "title": "フランスの航空宇宙企業Gamaが太陽帆宇宙船開発のために約2.4億円を調達",
        "content": "<p>地球の洋上で海風がヨットを推進するように、太陽放射が宇宙船を星から星まで推進する日が来るかもしれない。少なくとも、フランスのスタートアップ企業である<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gamaspace.com/\" rel=\"noopener\">Gama</a>(ガマ)はそう期待している。</p>\n<p>2020年にLouis de Gouyon Matignon(ルイ・ド・グヨン・マティニョン)氏、Thibaud Elziere(ティボー・エルジエール)氏、Andrew Nutter(アンドリュー・ナッター)氏が設立したこの航空宇宙企業は、宇宙船の推進手段として光を利用した低コストのソーラーセイル(太陽帆)を開発することを目標としている。同社はフランス公共投資銀行(BPI)、フランス宇宙庁(CNES)、エンジェル投資家から200万ドル(約2億4000万円)の資金を集め、10月にその技術を宇宙で実証することになっている。このミッションでは、SpaceX(スペースX)のFalcon 9(ファルコン9)ロケットでキューブサット(小型人工衛星)を打ち上げ、高度550キロメートルで73.3平方メートルのソーラーセイルを展開する予定だ。</p>\n<p>「地上でも多くのことをテストできますが、このような大きさの展開テストは、宇宙の無重力の中でしかできません」と、ナッター氏はTechCrunchに語った(このソーラーセイルは1辺が10メートル近い大きさになるはずだ)。</p>\n<p>ソーラーセイルは決して新しい発明ではない。1608年に天文学者Johannes Kepler(ヨハネス・ケプラー)が、天文学者仲間のGalileo Galilei(ガリレオ・ガリレイ)に宛てた手紙の中で、初めて理論化した。しかし、ソーラーセイルの展開に初めて成功したのは、2010年になってからのこと。日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した宇宙ヨット「<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2010/06/18/ikaros-photos-of-solar-powered-space-yacht-in-outer-space/\" rel=\"noopener\">IKAROS</a>(イカロス)」がそれだ。同年、NASAが「NanoSail-D(ナノセイルD)」を打ち上げ、2019年には非営利宇宙支援団体のPlanetary Society(惑星協会)が「LightSail 2(ライトセイル2号)」の試験を成功させた。</p>\n<p>現在はGama以外にも複数の組織が、新たなソーラーセイルミッションを開発している。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/04/29/nasa-will-test-a-new-spacecraft-solar-sail-using-a-nanoavionics-satellite/\" rel=\"noopener\">NASAのAdvanced Composite Solar Sail System</a>(ACS3、先進複合材料ソーラーセイルシステム)は、イリノイ州のNanoAvionics(ナノアビオニクス)が設計した宇宙機に800平方フィート(約74.3平方メートル)のソーラーセイルとして搭載される予定だ。</p>\n<p>Breakthrough Initiatives(ブレイクスルー・イニシアチブ)の<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2016/04/12/russian-billionaire-yuri-milner-invests-100m-to-send-a-fleet-of-spacecraft-to-alpha-centauri/\" rel=\"noopener\">Breakthrough Starshot</a>(ブレイクスルー・スターショット)プロジェクトでは、1億ドル(約120億円)の資金提供を受け、4.7光年の距離にあるケンタウルス座α星系に、小さなソーラーセイルを取り付けた超小型宇宙機群を送り込むことを計画している。</p>\n<p>Gamaは、これら過去や現在のミッションと2つの点で異なっている。「第一に、Gamaのチームは反復と極めて迅速な展開に努め、多くのソーラーセイルを記録的な速さで打ち上げていく」と、ナッター氏はいう。「第二に、我々は衛星を静かに回転させ、その結果生じる遠心力を利用してセイルを花びら状に展開させます。これによって構造的な重量を軽減し、より大きな面積を展開することができます」。</p>\n<p>最初の打ち上げに先立ち、同社はすでに2回目のミッションを構想している。それはより高い高度で展開し「セイルを操舵できることを実証して、従来の推進技術に代わる信頼性の高い低コストの技術を提供できることを示します」と、ナッター氏は語っている。</p>\n<p>ソーラーセイルは、風を構成する空気分子ではなく、光子を推進力として利用することを除けば、従来の帆とほとんど同じように動作する。光子は質量を持たないが、宇宙空間を移動する時の勢いを、マイラーやポリアミドでできたソーラーセイルという反射面に伝えることで、宇宙船を推進させることができるという仕組みだ。その力はわずかなものだが、真空の宇宙空間ではすぐに累積する。時間はかかるものの、ソーラーセイルで宇宙船を光速の20%まで推進させることができる可能性がある。</p>\n<p>そうすれば、宇宙船に積まなければならない推進剤が不要になり(あるいは、少なくとも量を減らすことができ)、その分の重量を他の用途に使えるようになる。また、ソーラーセイルを使えば、理論的には宇宙船を無限に推進させることができるので、宇宙船の飛行期間を延ばすこともできる。これは、長期の深宇宙ミッションに不可欠な技術であり、それがこの技術のさらなる開発に注目が集まる理由でもある。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gamaspace.com/\" rel=\"noopener\">Gama</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/21/french-aerospace-company-gama-raises-2m-to-develop-a-solar-sail-spacecraft/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Stefanie Waldek、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/gama-solar-sail.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476724,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476724,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476724,
            "tagId": 366273777,
            "tag": {
              "id": 366273777,
              "slug": "france",
              "name": "フランス(国・地域)",
              "description": "フランスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476724,
            "tagId": 681520148,
            "tag": {
              "id": 681520148,
              "slug": "space-ship",
              "name": "宇宙船(用語)",
              "description": "宇宙船に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476675,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476675,
        "slug": "pfrobotics-fundraising",
        "createdAt": "2022-03-22T07:07:09.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-22T07:07:09.000Z",
        "title": "Preferred Roboticsが6億円調達、旭化成ホームズと家庭向け自律移動ロボ開発や三井住友銀行と自律移動ロボの決済機能開発",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.pfrobotics.jp/\" rel=\"noopener\">Preferred Robotics</a>(プリファードロボティクス。PFRobotics)は3月22日、第三者割当増資による約6億円の資金調達を3月18日に実施したと発表した。引受先は、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.asahi-kasei.co.jp/j-koho/index.html/\" rel=\"noopener\">旭化成ホームズ</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.smbc.co.jp/\" rel=\"noopener\">三井住友銀行</a>。</p>\n<p>調達した資金により、財務基盤の強化、優秀な人材の確保、ロボットの開発および製造のための投資を行う。</p>\n<p>同時にPFRoboticsは、親会社<a target=\"_blank\" href=\"https://www.preferred.jp/ja/\" rel=\"noopener\">Preferred Networks</a>(PFN)と旭化成ホームズが実施した実証研究を引き継ぎ、今後PFRoboticsと旭化成ホームズで家庭向けの自律移動ロボットの共同開発を行う予定。また三井住友銀行とは、自律移動ロボットの決済機能や金融サービス提供機能などの共同開発を目指すとともに、同社のネットワークを活用して、顧客ニーズに基づく新たなロボットを多様な事業者などと共創する。</p>\n<p>PFRoboticsは、PFNおよび協業企業との連携を強化し、共同開発および自社開発の自律移動ロボットの販売を年内に開始する計画という。</p>\n<p>Preferred Roboticsは、PFN子会社として 2021年11月に設立。PFNと共に掲げるビジョン「すべての人にロボットを」の実現に向け、自律移動ロボットの研究開発を行っている。また同社は、PFNの機械学習・深層学習技術を応用し、様々な用途の自律移動ロボットの製造・販売を目指している。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-22-008-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476675,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476675,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476675,
            "tagId": 149021,
            "tag": {
              "id": 149021,
              "slug": "payment",
              "name": "決済 / 決済サービス / 決済システム(用語)",
              "description": "決済 / 決済サービス / 決済システムに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476675,
            "tagId": 366271410,
            "tag": {
              "id": 366271410,
              "slug": "preferred-networks",
              "name": "Preferred Networks(企業)",
              "description": "Preferred Networksは、ディープラーニング技術の研究と開発を行う日本のスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 476675,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476675,
            "tagId": 692510825,
            "tag": {
              "id": 692510825,
              "slug": "smbc",
              "name": "三井住友銀行(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476675,
            "tagId": 692516296,
            "tag": {
              "id": 692516296,
              "slug": "preferred-robotics",
              "name": "Preferred Robotics(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476675,
            "tagId": 692517577,
            "tag": {
              "id": 692517577,
              "slug": "asahi-kasei-homes",
              "name": "旭化成ホームズ(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476591,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476591,
        "slug": "scrumventures-femtech",
        "createdAt": "2022-03-22T01:30:43.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-22T02:08:51.000Z",
        "title": "パンデミック下で成長する多種多様なフェムテック企業、従業員への福利厚生としても注目が集まる",
        "content": "<p>女性の健康とウェルネスを支える技術「フェムテック」。McKinsey &amp; Companyによると、2021年のフェムテック領域の資金調達総額は、25億ドル(約2830億円)に到達し、過去最高を記録した。</p>\n<div id=\"attachment_476592\" style=\"width: 520px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476592\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476592 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/01.png?w=510\" alt=\"\" width=\"510\" height=\"512\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/01.png 510w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=150,150 150w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=300,300 300w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=398,400 398w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=400,402 400w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=359,360 359w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=380,380 380w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=220,220 220w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=171,172 171w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=125,125 125w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=60,60 60w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=366,367 366w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=32,32 32w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=50,50 50w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=64,64 64w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=96,96 96w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=128,128 128w, /wp-content/uploads/2022/03/01.png?resize=80,80 80w\" sizes=\"(max-width: 510px) 100vw, 510px\" /><p id=\"caption-attachment-476592\" class=\"wp-caption-text\"><a target=\"_blank\" href=\"https://www.mckinsey.com/industries/healthcare-systems-and-services/our-insights/the-dawn-of-the-femtech-revolution\" rel=\"noopener\">The dawn of the FemTech revolutio</a> Published by McKinsey &amp; Company(2022/2/14)</p></div>\n<p><br />\n女性の健康とウェルネスに特化したVCであるCoyote Venturesと、フェムテック領域の情報配信やスタートアップサポートを行うNPO団体である<a target=\"_blank\" href=\"https://femtechfocus.org/wp-content/uploads/2021/08/FemTech-Landscape-2021_v2-2.pdf\" rel=\"noopener\">Femtech Focusの予測</a>によれば、フェムテック市場は2027年までに1兆1860億ドル(約138兆円)の市場規模にまで成長するという。</p>\n<p>そんなフェムテック業界だが、その注目領域も変化している。<a target=\"_blank\" href=\"https://news.crunchbase.com/news/femtech-vc-investment-startups-womens-health/\" rel=\"noopener\">Crunchbaseによると</a>、過去5年間は妊娠と子育てがVCの資金調達の最大のシェアを占めていたが、2021年に最も投資を集めたのは、プライマリ・ケアや予防医療領域だった。不妊や更年期など、困った時に頼るフェムテックから、すべての女性が常に自分の健康を守るために必要不可欠な技術になりつつあることがわかる。</p>\n<p>欧米での盛り上がりを受け、日本でも注目が集まる領域だが、今回は、パンデミック後も続くと予測されるフェムテック業界のトレンドと注目領域について解説する。</p>\n<h2>新型コロナの影響で広まった手軽にできる自宅検査・治療</h2>\n<p>パンデミックによって、病院に行きづらくなったことを受け、遠隔医療や自宅検査キットが注目を集めた。これまで当たり前に診察や検査のために病院に行っていた人々が、パンデミックによって自宅でもできるという便利さを経験した。安全に病院に行けるようになっても、人々がこの便利さを捨てるとは考えにくい。実際に、2021年の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.mckinsey.com/industries/healthcare-systems-and-services/our-insights/telehealth-a-quarter-trillion-dollar-post-covid-19-reality\" rel=\"noopener\">McKinsey &amp; Companyの調査</a>によると、調査対象の消費者の約40%が、今後も遠隔医療を利用すると回答しており、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)以前の遠隔医療利用者の11%から上昇している。</p>\n<h3>膣内マイクロバイオーム検査キットEvvy</h3>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.evvy.com/\" rel=\"noopener\">Evvy</a>は、膣内のマイクロバイオームの状態を分析し、健康状態の把握とライフスタイル改善アドバイスなどを提供する。General Catalyst、Box Groupなどから500万ドル(約5億7000万円)を調達している。</p>\n<p>筆者も2021年末実際に試してみた。下記のように、検査キットが送られてくる。採取は簡単で、インストラクションを見ながら3分程度で終わった。</p>\n<div id=\"attachment_476611\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476611\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476611 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"737\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg 1391w, /wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?resize=300,216 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?resize=768,553 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?resize=1024,737 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?resize=556,400 556w, /wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?resize=400,288 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?resize=738,531 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?resize=500,360 500w, /wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?resize=220,158 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?resize=141,102 141w, /wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?resize=239,172 239w, /wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?resize=174,125 174w, /wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?resize=125,90 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?resize=83,60 83w, /wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?resize=767,552 767w, /wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?resize=510,367 510w, /wp-content/uploads/2022/03/Press_4_1390x1000.jpg?resize=50,36 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476611\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Evvy</p></div>\n<p>箱には「The female body shouldn&#8217;t be a medical mystery(女性の身体は、医療で解明できないミステリーであるべきではない)」と記されており、現状研究段階ではあるものの、マイクロバイオーム分析を通して女性の不調を改善したいという気概が感じられた。</p>\n<p>次に、オンラインで質問に回答する。生理サイクル、健康の悩み、感染症歴や今回の検査で知りたいことなどを回答する。10分ほどの割と長い質問票だった。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter wp-image-476597\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-19.jpg?w=277\" alt=\"\" width=\"416\" height=\"450\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-19.jpg 1000w, /wp-content/uploads/2022/03/02-19.jpg?resize=277,300 277w, /wp-content/uploads/2022/03/02-19.jpg?resize=768,832 768w, /wp-content/uploads/2022/03/02-19.jpg?resize=946,1024 946w, /wp-content/uploads/2022/03/02-19.jpg?resize=369,400 369w, /wp-content/uploads/2022/03/02-19.jpg?resize=400,433 400w, /wp-content/uploads/2022/03/02-19.jpg?resize=738,799 738w, /wp-content/uploads/2022/03/02-19.jpg?resize=332,360 332w, /wp-content/uploads/2022/03/02-19.jpg?resize=203,220 203w, /wp-content/uploads/2022/03/02-19.jpg?resize=159,172 159w, /wp-content/uploads/2022/03/02-19.jpg?resize=115,125 115w, /wp-content/uploads/2022/03/02-19.jpg?resize=55,60 55w, /wp-content/uploads/2022/03/02-19.jpg?resize=510,552 510w, /wp-content/uploads/2022/03/02-19.jpg?resize=339,367 339w, /wp-content/uploads/2022/03/02-19.jpg?resize=46,50 46w\" sizes=\"(max-width: 416px) 100vw, 416px\" /><br />\n採取したサンプルを送付すると、2週間ほどで結果がメールで送られてくる。結果を解説してくれるマイクロバイオーム専門家とのビデオコールも追加コストなしでリクエストできる。ビデオコールでは、自分の悩みを伝え、結果を見ながら改善方法などを教えてくれた。結果を見てもどのように実生活に活用すれば良いのか、わかりにくかったので、マイクロバイオーム初心者の筆者からするとありがたかった。</p>\n<p>ユーザーは、3カ月ごとの定期検査のサブスクリプションモデルと1回のみの検査キット購入が選べる。定期的に検査することで、自分の健康状態を見てみたかったので、筆者はサブスクリプションを選択した。</p>\n<p>細菌性腟症などの感染症は、一度なると再発しやすい。実際、一部のユーザーは、膣内感染症の再発を防ぐためのヒントを求めてEvvyにたどり着く。また、早産、不妊の可能性や予防法をマイクロバイオームから知りたいというユーザーもいる。</p>\n<p>筆者が最も注目しているのは、同社のビジョンだ。まだ研究段階のマイクロバイオームだが、同社は今後、膣内マイクロバイオームと不妊、子宮頸がん、早産などとの関連を調査し解明するというビジョンを持っている。マイクロバイオームから自分の身体の状態を把握するという未来がくるのかもしれない。</p>\n<h3>カップルの唾液から遺伝疾患リスクを解明する出生前唾液検査キット</h3>\n<div id=\"attachment_476598\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476598\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476598 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"640\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg 2880w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=300,188 300w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=768,480 768w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=1024,640 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=1536,960 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=2048,1280 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=640,400 640w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=400,250 400w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=738,461 738w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=576,360 576w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=220,138 220w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=275,172 275w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=200,125 200w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=125,78 125w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=96,60 96w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=883,552 883w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=405,253 405w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=587,367 587w, /wp-content/uploads/2022/03/03-12.jpg?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476598\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Orchid ウェブサイトより</p></div>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.orchidhealth.com/\" rel=\"noopener\">Orchid</a>は、パートナー両方の唾液サンプルを送付するだけで60億ものゲノムを解析し、子どもが遺伝性疾患を発症するリスクが高いかどうかを判定する唾液検査キットを提供している。2021年4月、シードラウンドで450万ドル(約5億3000万円)を調達。遺伝子キットを開発、販売する23 and Meの創業者も出資している。</p>\n<p>対象となる遺伝性疾患は、乳がん・前立腺がん・心臓病・心房細動・脳卒中・1型糖尿病・2型糖尿病・炎症性腸疾患・統合失調症・アルツハイマー病の10種類。唾液を送ると、カップル向け、女性・男性の各パートナー向けの3種類のレポートが送付される。</p>\n<p>子どもを作る前に、遺伝リスクを検査するというアプローチをとる同社。心配な結果が出たとしても、遺伝カウンセラーと、リスクを最小限に抑える方法などを相談できる。</p>\n<p>2020年にシリーズDラウンドで1億2100万ドル(約143億円)の大型調達を発表した<a target=\"_blank\" href=\"https://sema4.com/\" rel=\"noopener\">Sema4</a>も、出生前検査・遺伝性がん検査を手がける企業だ。同社は、2020年フェムテック領域の中で最大額を調達した企業だった。</p>\n<h3>テレヘルスユニコーンRoが買収、精子分析・保存キット</h3>\n<div id=\"attachment_476599\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476599\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476599 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"743\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg 8257w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=300,218 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=768,557 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=1024,743 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=1536,1115 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=2048,1486 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=551,400 551w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=400,290 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=738,536 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=496,360 496w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=220,160 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=141,102 141w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=237,172 237w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=172,125 172w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=125,91 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=83,60 83w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=761,552 761w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=506,367 506w, /wp-content/uploads/2022/03/Press-Kit-16-&#8211;-Ro-Sperm-Kit.jpg?resize=50,36 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476599\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://ro.co/\" rel=\"noopener\">Ro</a></p></div>\n<p>フェムテックではないが、精子を自宅で採取し、分析結果を送ってくれるサービスを提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://ro.co/spermkit\" rel=\"noopener\">Dadi</a>を紹介する。同社は、2022年3月にテレヘルスユニコーンのRoに買収されている。米国の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.nichd.nih.gov/health/topics/infertility/conditioninfo/common#:~:text=About%209%25%20of%20men%20and,States%20have%20experienced%20fertility%20problems.&amp;text=In%20one%2Dthird%20of%20infertile,both%20the%20man%20and%20woman\" rel=\"noopener\">国保健社会福祉省によると</a>、不妊症の約3分の1は男性の不妊症に関連しているため、精液の分析と保存は重要な不妊治療サービスだ。自宅で精子を採取した後、採取キットと保存カプセルの両方が、温度変化や提携ラボへの輸送中の障害などから精子を保護・保存するように設計されている。サンプルの分析が完了すると、精子の数、濃度、運動性の評価を含む個人別の報告書が送付される。また、採取した精子は提携ラボで冷凍保存される。</p>\n<p>Roは、コアビジネスである勃起不全治療テレヘルスプラットフォームから、テレヘルス全体へ事業拡大を進めるため、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/15/existing-investors-double-down-on-ro-at-boosted-7-billion-valuation/\" rel=\"noopener\">過去12カ月に3社(Workpath, Kit, Modern Fertility)を買収</a>している。</p>\n<h3>成功の鍵は、丁寧なインストラクションと行動に落とし込める分析結果表示</h3>\n<p>ここまで自宅検査のスタートアップを解説してきた。筆者自身、自宅検査を複数試して感じたのは、自宅検査ビジネスをグロースさせる上で重要なのは「わかりやすい検査のインストラクション」と「ユーザーが行動に落とし込める分析結果を提示する」という点だ。家庭で正しく検査するためには、動画や簡単なイラストなどで、わかりやすいインストラクションが必要だ。</p>\n<p>また、検査を受けて良かったと感じてもらうためには、明日からできる行動の変化を促す分析結果を提示することが重要だろう。自分の状態を把握するだけでは、一度きりの購入で終わってしまう。消費者は「xxのサプリを毎日飲む」「○○の栄養素を避ける」「有酸素運動を30分する」など改善のための方法を知りたいのだ。</p>\n<p>この満足感が、安定的な収益を達成するためのサブスク顧客獲得に繋がる。現状、専門カウンセラーとのビデオコールを提供し、テスト結果を解説することでこの部分を補う企業が出てきている。専門家たちは、医学的・生物学的な専門知識がない一般消費者をガイドする役割を担っている。ここでの問題点は、スケールだ。ユーザー数が増えるごとに、専門家の数を増やさなければいけない状況では、スケールは難しい。技術を活用し、ある程度自動化をしながら満足度も担保するようなサービスが、今後伸びていくと考える。</p>\n<h2>人材獲得戦争時代、さらに重要視される企業の充実した福利厚生</h2>\n<p>米国では現在、労働者が大量に仕事を辞めている。この現象は、大規模離職を意味する「グレイト・レジグネーション(大退職時代)」と呼ばれ、メディアで頻繁に報道されている。Fortuneが2000人以上の米国人労働者を対象に行った調査によると、80%が新しい仕事に就くことを考える際に柔軟なスケジュールが重要であると回答している。また、約70%の労働者がリモートワークの選択肢を重要視している。優秀な人材プールを惹きつけるためには、働きやすい環境を作ることが必須だ。そのため、企業は、福利厚生にこれまで以上に投資している。</p>\n<p>パンデミックで完全リモートを経験した労働者たちは、今後も働きやすさを求めている。この流れは、B to B to E(Employee)モデルと呼ばれるかたちで、企業向けに福利厚生としてのソリューションを提供するフェムテック企業にとって追い風となる。</p>\n<p>働く親のための福利厚生プラットフォーム</p>\n<div id=\"attachment_476600\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476600\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476600 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"640\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg 2880w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=300,188 300w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=768,480 768w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=1024,640 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=1536,960 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=2048,1280 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=640,400 640w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=400,250 400w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=738,461 738w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=576,360 576w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=220,138 220w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=275,172 275w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=200,125 200w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=125,78 125w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=96,60 96w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=883,552 883w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=405,253 405w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=587,367 587w, /wp-content/uploads/2022/03/04-7.jpg?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476600\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Cleoウェブサイトより</p></div>\n<p>従業員は、<a target=\"_blank\" href=\"https://hicleo.com\" rel=\"noopener\">Cleo</a>を通して、育休からの復職時に悩みを相談できる専門家や、子どもの健康の専門家、助産師や産後うつ専門家などにアクセスできる。同社は、Pinterest、Uber、Upwork、Salesforceなどを含む、55カ国以上の100社を超える多様な企業に導入されている。実際、産休・育休後の復職率は、全米での平均が60%であるのに対し、Cleo会員は92%と改善している。</p>\n<p>妊娠・出産のサポートから始まった同社のサービスだが、現在は、5歳から12歳の子どもを対象とするCleo Kids、ティーンエイジャーの子どもを対象とするCleo Teensにも拡大している。</p>\n<p>多様なニーズに応える福利厚生の変化</p>\n<div id=\"attachment_476601\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476601\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476601 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"640\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg 2880w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=300,188 300w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=768,480 768w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=1024,640 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=1536,960 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=2048,1280 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=640,400 640w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=400,250 400w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=738,461 738w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=576,360 576w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=220,138 220w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=275,172 275w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=200,125 200w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=125,78 125w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=96,60 96w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=883,552 883w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=405,253 405w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=587,367 587w, /wp-content/uploads/2022/03/05-3.jpg?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476601\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.get-carrot.com\" rel=\"noopener\">Carrot Fertility</a>ウェブサイトより</p></div>\n<p>これまで対面での不妊治療を中心に提供してきた福利厚生プロバイダーも、パンデミックを受け、そのサービス提供内容と方法をユーザーの求める形に変化させている。</p>\n<p>企業の従業員向けに不妊治療を提供する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.get-carrot.com/\" rel=\"noopener\">Carrot Fertility</a>は、SlackやBox groupなど北米、アジア、ヨーロッパ、南米、中東の50カ国以上で、約200社の企業を顧客に抱える。これまで約135億円($115M)を調達している。同社は、パンデミックで通院を避けたい患者のニーズを受け、2020年8月に遠隔医療プラットフォームの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.prnewswire.com/news-releases/carrot-fertility-raises-24-million-to-accelerate-growth-as-the-leading-global-fertility-benefits-solution-for-multinational-employers-301113899.html\" rel=\"noopener\">Carrot at Homeを開始</a>した。また、2021年12月には、自宅で排卵誘発ホルモンや関連バイオマーカーをモニタリングできる自宅検査キットの提供も開始している。2022年2月には、更年期障害向けのプランも追加した。</p>\n<p>従業員それぞれのニーズが異なる点に注目し、福利厚生をパーソナライズできるプラットフォームも登場してきている。</p>\n<div id=\"attachment_476608\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476608\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476608 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"640\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg 2880w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=300,188 300w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=768,480 768w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=1024,640 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=1536,960 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=2048,1280 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=640,400 640w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=400,250 400w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=738,461 738w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=576,360 576w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=220,138 220w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=275,172 275w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=200,125 200w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=125,78 125w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=96,60 96w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=883,552 883w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=405,253 405w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=587,367 587w, /wp-content/uploads/2022/03/06-2.jpg?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476608\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://nayya.com\" rel=\"noopener\">Nayyaウェブサイト</a>より</p></div>\n<p>2022年2月にシリーズCラウンドで<a target=\"_blank\" href=\"https://www.prnewswire.com/news-releases/nayya-raises-11m-series-a-led-by-felicis-ventures-to-optimize-personalized-healthcare-decisions-301208502.html\" rel=\"noopener\">5500万ドル(約64億円)を調達</a>した<a target=\"_blank\" href=\"https://nayya.com\" rel=\"noopener\">Nayya</a>は、企業の人事福利厚生システムに組み込んで、従業員のための福利厚生をパーソナライズするツールを提供している。</p>\n<p>RPAを使って、従業員がプランをより良く選択し、節約する方法を見つけ、より良い支払いオプションを提供し、保険などの福利厚生を総合的にナビゲートできるようにしている。</p>\n<div id=\"attachment_476609\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476609\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476609 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"630\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp 3018w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=300,184 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=768,472 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=1024,630 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=1536,945 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=2048,1259 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=650,400 650w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=400,246 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=738,454 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=585,360 585w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=220,135 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=281,172 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=203,125 203w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=125,77 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=98,60 98w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=898,552 898w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=597,367 597w, /wp-content/uploads/2022/03/Forma-Marketplace.webp?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476609\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Forma</p></div>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.joinforma.com/life-benefits\" rel=\"noopener\">Forma</a>は、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/08/forma-raises-new-funding-to-make-employee-benefits-more-flexible/\" rel=\"noopener\">裁量型福利厚生管理プラットフォームを提供</a>している。同社も2022年2月、シリーズBラウンドで4000万ドル(約47億50000万円)を調達した。同社は、人事担当者が、従業員による福利厚生ベンダーの選定、払い戻し手続き、デジタルウォレットによるプラン利用をチェックできるようなシステムを構築している。</p>\n<p>同社によると、企業の福利厚生は通常、企業が従業員に必要なものを決定するトップダウン・モデルで展開されており、これは雇用者と従業員の双方にとって非効率的だという。Formaの使命は、従業員ファーストの福利厚生プログラムを設計することによって、この関係を逆転させることだ。</p>\n<p>Formaはプロバイダーと提携し、家族・人間関係、教育・キャリア、ウェルビーイング・ライフスタイル、基礎健康・保護、資産運用、仕事・パフォーマンスの6つの大きなカテゴリーで福利厚生を提供する。Formaの顧客は、社内の予算と戦略に基づいて、これらのカテゴリーから提供するものを選び、従業員に提供したい福利厚生プログラムを設計することができる。</p>\n<p>Twitch、Stripe、Zoom、Lululemon、Palo Alto Networks、Squareなど、前年比330%の125社を顧客に抱えており、定着率は99%だという。この1年間で同社は収益を4倍に増やした。</p>\n<p>優秀な人材を惹きつけ、繋ぎ止めるために、今後も企業の従業員への投資は、続いていくだろう。上記のパーソナライズ福利厚生が成功していることからも、従業員それぞれニーズが異なっており、企業がそのニーズに応えようとしている姿勢が感じられる。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"size-medium wp-image-476610 alignright\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?w=300\" alt=\"\" width=\"300\" height=\"225\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg 2560w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=768,577 768w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=1024,769 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=1536,1154 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=2048,1538 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=479,360 479w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=166,125 166w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=735,552 735w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/CF019833-2.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 300px) 100vw, 300px\" />編集部注:本稿の執筆者は大嶋紗季(Saki Oshima)。日本企業と海外スタートアップの新規事業創出を手がける<a target=\"_blank\" href=\"https://scrum.vc/ja/studio/\" rel=\"noopener\">スクラムスタジオ</a>で、大企業とスタートアップのオープンイノベーションを支援するスタジオ事業部門に所属し、既存プログラムの運営や新規プログラムの立ち上げに従事する。各プログラムで培った日本企業とスタートアップをつなぐ経験を生かし、米国スタートアップ情報プラットフォームScrum Connect Onlineの立ち上げ、運営を担当する。欧米のフェムテックトレンドやサービスを日本語で配信。日本初のフェムテックコミュニティ<a target=\"_blank\" href=\"https://www.femtechjapan.org/\" rel=\"noopener\">Femtech Community Japan</a>創立メンバー。UCサンディエゴ大学院修了(MBA)。</p>\n<p>&nbsp;</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/IMG_8373.jpg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476591,
            "categoryId": 692506904,
            "category": {
              "id": 692506904,
              "slug": "fem-tech",
              "name": "フェムテック",
              "description": "女性特有の悩み解決や、女性の健康・美容にまつわるテクノロジー「FemTech(フェムテック)」の最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476591,
            "tagId": 27135,
            "tag": {
              "id": 27135,
              "slug": "dna",
              "name": "DNA / 遺伝子(用語)",
              "description": "DNA / 遺伝子に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476591,
            "tagId": 366270781,
            "tag": {
              "id": 366270781,
              "slug": "medical",
              "name": "医療 / 治療 / MedTech / メドテック(用語)",
              "description": "医療 / 治療 / MedTech / メドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476591,
            "tagId": 366270995,
            "tag": {
              "id": 366270995,
              "slug": "employee-benefits",
              "name": "福利厚生(用語)",
              "description": "福利厚生に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476591,
            "tagId": 366271762,
            "tag": {
              "id": 366271762,
              "slug": "infertility",
              "name": "不妊 / 不妊治療(用語)",
              "description": "不妊 / 不妊治療に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476591,
            "tagId": 366271869,
            "tag": {
              "id": 366271869,
              "slug": "healthcare",
              "name": "健康 / 健康管理 / ヘルスケア(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476591,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476591,
            "tagId": 366273441,
            "tag": {
              "id": 366273441,
              "slug": "pregnancy",
              "name": "妊娠(用語)",
              "description": "妊娠に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476591,
            "tagId": 366274023,
            "tag": {
              "id": 366274023,
              "slug": "telemedicine",
              "name": "遠隔医療 / テレヘルス / バーチャルクリニック(用語)",
              "description": "遠隔医療 / テレヘルス / バーチャルクリニックに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476591,
            "tagId": 366278139,
            "tag": {
              "id": 366278139,
              "slug": "woman",
              "name": "女性(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476591,
            "tagId": 366279918,
            "tag": {
              "id": 366279918,
              "slug": "scrum-ventures",
              "name": "スクラムベンチャーズ / Scrum Ventures(企業)",
              "description": "スポーツ、フード、スマートシティテックに特化したアクセラレータープログラムで知られるサンフランシスコと東京に本社を置くアーリーステージのベンチャーキャピタル。"
            }
          },
          {
            "postId": 476591,
            "tagId": 692510808,
            "tag": {
              "id": 692510808,
              "slug": "recruitment",
              "name": "人材採用 / 人材確保 / 人材獲得 / 人材紹介(用語)",
              "description": "人材採用に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476591,
            "tagId": 692514584,
            "tag": {
              "id": 692514584,
              "slug": "menopause",
              "name": "更年期(用語)",
              "description": "更年期に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476591,
            "tagId": 692515765,
            "tag": {
              "id": 692515765,
              "slug": "femtech",
              "name": "フェムテック(用語)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476483,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476483,
        "slug": "2022-03-19-whale-dynamics-autonomous-delivery-2-5-million",
        "createdAt": "2022-03-20T00:00:12.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-19T23:21:59.000Z",
        "title": "中国のドライバーレス配達スタートアップWhale Dynamicが約3億円調達、米国市場を狙う",
        "content": "<p>Nuro(ニューロ)に挑む中国の新進気鋭のスタートアップは米国の配達市場に照準を合わせており、その野望を前進させるためにシード資金を調達した。</p>\n<p>Baidu(百度、バイドゥ)のベテラン社員David Chang(デイビッド・チャン)氏が設立した深センの自律配達スタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"http://www.whaledynamic.com/\" rel=\"noopener\">Whale Dynamic</a>(ホエール・ダイナミック)は、約250万ドル(約3億円)のシードラウンドをクローズしたと発表した。中国の大手金融機関出身のベテランが運営する北京の投資会社Qianchuang Capitalがラウンドをリードし、不動産デベロッパーが出資する中国のファンドShangbang Huizhongが参加した。</p>\n<p>2018年に設立されたWhale Dynamicは、ハンドルと運転席をなくすことを目的としたNuroのようなドライバーレスの配達バンを開発している。そして、配達ボットが<a target=\"_blank\" href=\"https://en.byd.com/news/byd-partners-with-nuro-to-manufacture-all-electric-autonomous-delivery-vehicle/\" rel=\"noopener\">BYD製である</a>Nuroと同様、自動運転車の生産を中国のメーカーと契約しているが、契約が確定していないためメーカー名はまだ明かせない。</p>\n<p>Baiduの知能運転グループでプロダクトマネージャーを務めたチャン氏は、Whale DynamicがNuroにわずかに勝るのはコスト面だと指摘する。Nuroは米国で部品を組み立てているが、Whale Dynamicは製造から組み立てまですべて中国で行っているため、価格面で優位に立つことができる。価格は1台約2万ドル(約240万円)だ。</p>\n<p>今回の資金投入により、Whale Dynamicは現在30人の従業員からなるチームを拡大し、中国と米国での製品使用例を検討することが可能になる。Huawei(ファーウェイ)出身のエンジニアリングディレクター、Qi Wei(チー・ウェイ)氏をリーダーに、5月に中国のいくつかの都市で最初のプロトタイプ車のテスト走行を実施することを目指している。</p>\n<p>中国ではWhale Dynamicは、Meituan(メイトゥアン)やJD.com(JDドットコム)などの小売テック大手との競争に直面しており、これらの企業は2021年、独自の商品専用配達車の<a target=\"_blank\" href=\"/2021/05/26/2021-05-25-meituan-jd-com-and-neolix-begin-autonomous-deliveries-in-beijing/\" rel=\"noopener\">テストを開始した。</a>チャン氏は、車輪のついた箱を直接製造するのではなく、乗用車の研究開発とテストを行うという、より時間とコストのかかる方法をとる同社の技術は時の試練に耐えることができると考えている。</p>\n<div id=\"attachment_476485\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476485\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476485 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Whale2.webp?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476485\" class=\"wp-caption-text\">乗用車を使っているWhale Dynamicのテスト車両</p></div>\n<p>チャン氏は、最終的には米国を拠点にして、速達サービスやスーパーマーケットをターゲットにしたいと考えている。「中国なら、もっと早く、低コストでテストができます」とチャン氏は中国からスタートした理由を説明する。</p>\n<p>中国と米国の規制当局が、国家安全保障上のリスクがあるとしてハイテク企業への監視を強化しているため、2つの国にまたがる企業はより大きな規制に従うか、どちらかの国を選ばなければならなさそうだ。<a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/26/2021-03-24-tusimple-overseas-roadblocks/\" rel=\"noopener\">中国のソーシャルメディア大手Sina(新浪)の関連会社が出資する</a>カリフォルニア州の自律型トラック運送会社TuSimple(トゥシンプル)は中国部門の売却を検討している、と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.reuters.com/technology/exclusive-tusimple-explores-sale-china-unit-after-pact-with-us-authorities-2022-03-16/\" rel=\"noopener\">ロイター通信は報じた。</a></p>\n<p>TuSimpleの車両のほとんどは米国で稼働しており、中国で動いている車両はわずかだ。しかし、米国の規制当局は同社の中国との関わりや中国支社のデータへのアクセスについて<a target=\"_blank\" href=\"/2021/03/26/2021-03-24-tusimple-overseas-roadblocks/\" rel=\"noopener\">懸念を示しており</a>、これがTuSimpleの中国部門を売却する決断につながったと報じられている。</p>\n<p>Whale Dynamicではセキュリティ・コンプライアンスを最優先しているとチャン氏は話す。米国市場に参入する際には、AWSやGoogle Cloudといった米国のクラウドサービスを利用し、中国のチームはハードウェアの開発のみを担当する予定だ。LiDARはOster(オスター)とイスラエル拠点で米国にもオフィスを持つInnoviz(イノビズ)、チップはNVIDIA(エヌビディア)、Intel(インテル)と、主要サプライヤーも米国系だ。自社で車両を運用するNuroとは異なり、Whale Dynamicはすぐに使える車両とSaaSのみを提供し、運用部分は顧客に任せる予定であるため、同社が取得できる機密データの量は制限されるはずだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Whale Dynamic&#8217;s delivery bot</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/19/whale-dynamics-autonomous-delivery-2-5-million/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Rita Liao、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Whale.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476483,
            "categoryId": 313688348,
            "category": {
              "id": 313688348,
              "slug": "mobility",
              "name": "モビリティ",
              "description": "交通、運輸、自動車などモビリティ(Mobility)に関するテクノロジーの最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476483,
            "tagId": 31822,
            "tag": {
              "id": 31822,
              "slug": "delivery-service",
              "name": "配送 / 宅配 / デリバリー(用語)",
              "description": "配送 / 宅配 / デリバリーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476483,
            "tagId": 364665489,
            "tag": {
              "id": 364665489,
              "slug": "china",
              "name": "中国(国・地域)",
              "description": "中国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476483,
            "tagId": 366073455,
            "tag": {
              "id": 366073455,
              "slug": "autonomous-driving",
              "name": "自動運転 / 自律走行(用語)",
              "description": "自動運転 / 自律走行に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476483,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476483,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476373,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476373,
        "slug": "2022-03-17-upstash-snags-1-9m-seed-to-build-serverless-data-platform-for-redis-and-kafka",
        "createdAt": "2022-03-19T01:30:33.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-19T00:15:33.000Z",
        "title": "RedisとKafkaのためのサーバーレスデータプラットフォーム構築のためにUpstashが約2.3億円のシード資金獲得",
        "content": "<p>データ集約的なアプリケーションは、インフラストラクチャのセットアップが高く付き、時間もかかる。特にクラウドでは、実際には使わないリソースに料金を支払っていることもある。そしてそんなとき、サーバーレスのメリットが生きる。使っているリソースにだけ払えばよいし、寝ているリソースに払う必要はない。</p>\n<p>アーリーステージのスタートアップである<a target=\"_blank\" href=\"https://upstash.com/\" rel=\"noopener\">Upstash</a>は、リソースの消費量をベースとする料金モデルにより、データインテンシブなアプリケーション開発者のためのサーバーレスのデータプラットフォームを開発している。手始めに、人気の高いオープンソースプロジェクトである<a target=\"_blank\" href=\"https://redis.io/\" rel=\"noopener\">Redis</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://kafka.apache.org/\" rel=\"noopener\">Kafka</a>をサポートしている。</p>\n<p>Upstashの創業者でCEOのEnes Akar(エネス・アカール)氏によると、クラウドにただデータベースのインフラストラクチャをセットアップするだけでは、実際にデータを自分のシステムから移送し始める前から、月額数百ドル(数万円)の費用が生じる。そうしたサービスのマネージドバージョンも存在するが、アカール氏がやりたいのは、運用時のもっと多くのオーバヘッドを抽象化してしまうことだ。</p>\n<p>「私たちのシステムは何百ものRedisのデータベースやKafkaのクラスターを扱えますが、リクエストがないときは一銭も払わなくてよいものです」とアカール氏はいう。</p>\n<p>サーバーレスは、サーバーがないという意味ではない。サーバーはあるが、開発者は自分の需要に合わせるためのプロビジョニングで悩む必要がない。サーバーレスのプロバイダーは、正確に必要な量だけリソースを供給する。少なくとも、そういう理論だ。</p>\n<p>さらにUpstashは、データのメモリの要量とストレージの要量のバランスを取ることによっても費用を下げる。アカール氏によると「私たちのやり方では、データをメモリとディスクの両方におき、アクセスのないデータはメモリから外してディスクにおきます。私たちの料金に大きな柔軟性があるのは、そのような秘密のソースがあるためです」。</p>\n<p>トルコに本社のある同社は2020年に創業し、2021年にプロダクトが登場した。すでに1万3000の顧客の開発者がプロダクトを使っている。1日に最大1万リクエストまでという無料版もあり、毎秒のリクエストが1000コミットを超えたらエンタープライズ料金になる有料版もある。</p>\n<p>有料ユーザーはまだそれほど多くないが、中小のデベロッパーか、大きなエンタープライズか、どちらを主力にするかそろそろ決めたいとアカール氏はと考えている。後者であれば、従来からの営業で対応できる。いずれにしても、まだ検討中の段階だという。</p>\n<p>現在、社員は7名で全員が技術者だが、年内に10名に増やしたいとのこと。2023年はその倍を考えている。現在は全員男だが、ダイバーシティが重要であることは認識している。「それは重要なことです。投資家は企業文化もみます。今の7名は残念ながら全員男です。今後はダイバーシティを意識しなければなりません」とアカール氏はいう。</p>\n<p>同社は米国時間3月17日、190万ドル(約2億3000万円)のシードラウンドを発表した。投資家はMango Capital、AngelList、ScaleX Venturesそして個人の業界エンジェルたちとなる。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/20/2021-10-19-cockroach-labs-announces-serverless-version-of-sql-database/\" rel=\"noopener\">Cockroach Labsがサーバーレス版SQLデータベースを発表</a></p>\n<p><small>画像クレジット:Yuichiro Chino/Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/17/upstash-snags-1-9m-seed-to-build-serverless-data-platform-for-redis-and-kafka/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ron Miller、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/ups.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476373,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476373,
            "tagId": 1148,
            "tag": {
              "id": 1148,
              "slug": "turkey",
              "name": "トルコ(国・地域)",
              "description": "トルコに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476373,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476373,
            "tagId": 366278807,
            "tag": {
              "id": 366278807,
              "slug": "serverless",
              "name": "サーバーレス(用語)",
              "description": "サーバーレスに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476383,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476383,
        "slug": "parkport",
        "createdAt": "2022-03-18T09:44:59.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-18T09:47:53.000Z",
        "title": "アパレル事業者向けクラウドを展開するpark&portがプレシリーズAファーストクローズとして8000万円調達",
        "content": "<p>アパレル・ライフスタイル製品事業者へ向けた業務クラウド「<a target=\"_blank\" href=\"https://lp.portus.cloud/\" rel=\"noopener\">PORTUS CLOUD</a>」(ポルタスクラウド)を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://parknport.com/\" rel=\"noopener\">park&port</a>は3月17日、プレシリーズAラウンドのファーストクローズとして、第三者割当増資による8000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、新規投資家のHIRAC FUND(マネーフォワードベンチャーパートナーズ)、BDJキャピタル。調達した資金は、プロダクト開発および拡大に向けた人材採用にあてる。引き続きセカンドクローズへ向けて動き、必要資金を調達する予定。</p>\n<p>PORTUS CLOUDでは、アパレル事業者の中心的業務が「商材」にひも付いていることに着目し、商材情報のデジタル化を起点とした業務効率化・フローのデジタル化を実現させたという。park&portによると、アパレル業界は、消費者の趣味嗜好が多様化していることを受け、今後小売企業はより細分化し、商材品種も増えると見ているそうだ。PORTUS CLOUDでは、そうした商材情報をデジタル化することで既存業務を効率化するとともに、リソースの最適が図れるとしている。さらにデジタル化した商材情報をアセットとした、新しいビジネスの可能性も切り開く。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-476386 img-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg\" alt=\"\" width=\"766\" height=\"402\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg 766w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=300,157 300w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=762,400 762w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=400,210 400w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=738,387 738w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=640,336 640w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=220,115 220w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=281,147 281w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=238,125 238w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=125,66 125w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=114,60 114w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=600,315 600w, /wp-content/uploads/2022/03/02-18.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 766px) 100vw, 766px\" /></p>\n<p>park&portは、「自分のスキを手に取れる世界の実現」をパーパスに据え、「ファッションプロダクトの流通最適化」をミッションとして掲げるスタートアップ。アパレル業界出身の代表とITベンチャー出身の共同創業者により、2019年4月に設立された。PORTUS CLOUDの開発と運営を事業として展開している。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-20.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476383,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476383,
            "tagId": 366271451,
            "tag": {
              "id": 366271451,
              "slug": "fashion",
              "name": "ファッション / 衣料(用語)",
              "description": "ファッション / 衣料に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476383,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476383,
            "tagId": 692509752,
            "tag": {
              "id": 692509752,
              "slug": "retail",
              "name": "小売(用語)",
              "description": "小売に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476383,
            "tagId": 692510393,
            "tag": {
              "id": 692510393,
              "slug": "parknport",
              "name": "park&port(企業)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476383,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476326,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476326,
        "slug": "foodtech-capital",
        "createdAt": "2022-03-18T08:19:27.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-18T08:19:27.000Z",
        "title": "飲食店向けSaaS「delico」を手がけるフードテックキャピタルが1.4億円のシード調達、事業強化と加盟開発事業加速",
        "content": "<p>飲食店向けSaaS「<a target=\"_blank\" href=\"https://delico.co.jp/\" rel=\"noopener\">delico</a>」(デリコ)をはじめ飲食店向けテック事業を展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://foodtech-capital.com/\" rel=\"noopener\">フードテックキャピタル</a>は3月16日、シードラウンドとして合計1億4000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、西山知義氏(ダイニングイノベーション創業者)など複数の投資家。調達した資金は、主力事業であるdelicoの開発や、加盟開発事業の成長にあてる。主にシステム開発と人材採用に充当するという。</p>\n<p>delicoは、フードデリバリーサービスの注文一元管理サービス。コロナ禍もあって、飲食店から「各店舗の業態を増やしたい」「導入プラットフォームを増やしたい」というニーズが増えているものの、フードデリバリーごとに管理端末が必要となってしまう「タブレット地獄」や、現場・本部における管理が煩雑になるという課題により実行が難しくなっている。</p>\n<p>delicoはその課題解決策を目指しており、1台のタブレットですべてのプラットフォームからオーダーを受注可能となる。同様に、1台の専用プリンターでオーダー伝票の印字を行え、配達スタッフへの受け渡しまでがスムーズに進められる。マネージャー機能により、一元管理された売上の可視化も可能となっており、スピード感のある業態改善などを実現する。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-476328\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-17.jpg?w=650\" alt=\"飲食店向けSaaS「delico」を手がけるフードテックキャピタルが1.4億円のシード調達、事業強化と加盟開発事業加速\" width=\"650\" height=\"450\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-17.jpg 650w, /wp-content/uploads/2022/03/02-17.jpg?resize=300,208 300w, /wp-content/uploads/2022/03/02-17.jpg?resize=578,400 578w, /wp-content/uploads/2022/03/02-17.jpg?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2022/03/02-17.jpg?resize=400,277 400w, /wp-content/uploads/2022/03/02-17.jpg?resize=520,360 520w, /wp-content/uploads/2022/03/02-17.jpg?resize=220,152 220w, /wp-content/uploads/2022/03/02-17.jpg?resize=248,172 248w, /wp-content/uploads/2022/03/02-17.jpg?resize=181,125 181w, /wp-content/uploads/2022/03/02-17.jpg?resize=125,87 125w, /wp-content/uploads/2022/03/02-17.jpg?resize=87,60 87w, /wp-content/uploads/2022/03/02-17.jpg?resize=530,367 530w, /wp-content/uploads/2022/03/02-17.jpg?resize=50,35 50w\" sizes=\"(max-width: 650px) 100vw, 650px\" /></p>\n<p>加盟開発事業は、同社がダイニングイノベーションと「七宝麻辣湯」(チーパオマーラータン)のフランチャイズ加盟開発を目的とする業務提携を行っていることから進めているもの。七宝⿇辣湯の加盟店候補先との相談窓口として、物件審査および出店に関わる事業計画の策定・加盟契約締結をサポートしている。</p>\n<p>2020年12月設立のフードテックキャピタルは、「テクノロジーで食の未来をつくる」をミッションに掲げ、食業界のプロ、テクノロジーのプロ、ビジネスのプロが三位一体となって飲食業界を変革すべく事業を展開。テクノロジーとデザインを融合し、30年後の日本の食がより良いものになるために、食の未来を作るとしている。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-19.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476326,
            "categoryId": 681521447,
            "category": {
              "id": 681521447,
              "slug": "food-tech",
              "name": "フードテック",
              "description": "食料、食品、飲食業界に関するテクノロジーの最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476326,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476326,
            "tagId": 366276437,
            "tag": {
              "id": 366276437,
              "slug": "food-delivery",
              "name": "食材宅配 / フードデリバリー(用語)",
              "description": "食材宅配 / フードデリバリー"
            }
          },
          {
            "postId": 476326,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476326,
            "tagId": 692517557,
            "tag": {
              "id": 692517557,
              "slug": "foodtech-capital",
              "name": "フードテックキャピタル(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476310,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476310,
        "slug": "2022-03-17-melibios-seed-honey-production-minus-the-bee",
        "createdAt": "2022-03-18T04:30:45.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-18T04:30:59.000Z",
        "title": "ミツバチを飼わずに精密発酵と植物科学で本物のハチミツを生産するMeliBio",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.melibio.com/\" rel=\"noopener\">MeliBio</a>は、9000年の歴史があるハチミツの生産方法を一変させようとしている。同社の生産方法はハチをいっさい使わず、精密発酵と植物科学を利用する。</p>\n<p>ハチミツ企業の役員だったDarko Mandich(ダーコ・マンディッチ)氏と、科学者でアマチュアのシェフでもあるAaron Schaller(アーロン・シャラー)氏は、全世界で100億ドル(約1兆1878億円)のハチミツ市場にサステナビリティを導入することを狙って、2020年にサンフランシスコで同社を立ち上げた。マンディッチ氏によるとこれまでのハチミツ産業は「サプライチェーンと品質管理が破綻している、最も持続可能性を欠く農業分野」だ。</p>\n<p>マンディッチ氏の説明によると、彼の着想は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.wired.com/story/why-some-ecologists-worry-about-rooftop-honey-bee-programs/\" rel=\"noopener\">Wiredの記事</a>でハチを巣箱で飼うやり方は、これまで2万種のハチの野生在来種を断ち、ハチの集団の多様性(ダイバーシティ)を失わせてきたという指摘を読んだときに生まれた。</p>\n<p>「食べ物を持続可能にし、もっと栄養豊富にし、ハチたちをはじめ愛すべき動物たちを犠牲にしないようにするために、食品産業を変えたい」とマンディッチ氏はいう。</p>\n<p>ただしハチの分野ではすでにBeewiseのような企業が精密なロボットを使って巣箱を自動化したり、またハチの健康管理をする<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/08/2021-10-06-beeheros-precision-pollination-platform-wings-its-way-to-15m-in-new-funding/\" rel=\"noopener\">BeeHero</a>のような企業もある。</p>\n<p>関連記事:<a target=\"_blank\" href=\"/2021/10/08/2021-10-06-beeheros-precision-pollination-platform-wings-its-way-to-15m-in-new-funding/\" rel=\"noopener\">IoTでミツバチの動きや健康状態をリアルタイムで追跡するBeeHeroの精密受粉プラットフォーム</a></p>\n<p>イスラエルのBee-ioは、同社が特許を持つバイオ技術を用いるハチを使わないハチミツ生産方法を追究しているが、しかしマンディッチ氏によるとMeliBioは、ハチを使わずに本物のハチミツを生産する最初の企業だ。製品はニューヨークの4つのレストランでテストを行い好評だった。</p>\n<p>MeliBioのハチのいないハチミツ生産方法は、二段階になっている。まず植物科学により、ハチがどのように植物にアクセスして、蜜をつくるために何を得ているのかを理解する。</p>\n<p>第2段階では、分子の組成を改良して製品とその大量生産を可能にする。そこに登場するのが、精密発酵だ。この精密発酵が、目的を達成するために役に立つ有機物を特定することで、食べ物にかけるだけでなく、パンなどでオーブンで焼けるようにするなどいろいろな使い方ができるようにする。</p>\n<p>同社はこのほど570万ドル(約6億8000万円)のシード資金を調達して、外食産業やB2Bアプリケーションへの市場拡大に努めている。マンディッチ氏によると、すでにMeliBioは30社と提携しており、製品の評価事業に参加しているという。</p>\n<p>シードラウンドをリードしたのはAstanor Venturesで、これにSkyview CapitalやXRC Labs、Collaborative Fund、Midnight Venture Partners、Alumni Ventures、Big Idea VenturesそしてHack Venturesらが参加した。</p>\n<div id=\"attachment_476312\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476312\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476312 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"575\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg 1535w, /wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?resize=300,168 300w, /wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?resize=768,431 768w, /wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?resize=1024,575 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?resize=712,400 712w, /wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?resize=738,414 738w, /wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?resize=223,125 223w, /wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?resize=983,552 983w, /wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?resize=600,337 600w, /wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/bio1.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476312\" class=\"wp-caption-text\">MeliBioのチーム。左からMattie Ellis(マティー・エリス)氏、アーロン・シャラー氏、ダーコ・マンディッチ氏、Benjamin Masons(ベンジャミン・メイソン)氏(画像クレジット:MeliBio)</p></div>\n<p>Astanor VenturesのパートナーであるChristina Ulardic(クリスティーナ・ウラルディック)氏は次のように述べている。「MelBioの、植物科学と精密発酵を結びつけて次世代の食品技術を開発していくアプローチはすばらしい。ハチミツの商業的な生産のサプライチェーンから負担を取り除き、授粉者のダイバーシティを回復することに、ダーコとアーロンは情熱を燃やしている。そんな彼らの最初の製品にはとても感動しました」。</p>\n<p>新たな資金は研究開発の継続と、微生物を利用する発酵工程の規模拡大、そして4月に予定している製品の正式な立ち上げに使われる。またマンディッチ氏は、正社員を年内に現在の4名から10名に増やそうとしている。14名の契約社員は現状のままだ。</p>\n<p>同社はまだ売上を計上していないが、マンディッチ氏は製品が発売され、大手食品企業やレストランなどとの契約が実現すれば状況も変わると信じている。</p>\n<p>次にマンディッチ氏が構想しているのは、市場規模5000億ドル(約59兆3760億円)の原材料市場に進出して、同社の精密発酵技術で未来の市場のマーケットシェアを獲得することだ。</p>\n<p>「私たちは科学とオルタナティブな方法を利用して野生在来種のハチの負担を減らしています。ハチミツの需要は伸びていますが、私たちの方法ならハチの生物多様性を保全することができます。米国の企業は世界中からハチミツを輸入していますが、その過程はますます複雑になっており、品質も保証されていません。本物のハチミツでないこともありえます。しかし国内生産ができればサプライチェーンを単純化でき、サプライヤーは国内だけなので、納品の遅れや品質の問題もありません。MeliBioはハチミツを1日3交替、365日の稼働で生産するため、市場の他の製品と価格でも十分競合できるでしょう」とマンディッチ氏はいう。</p>\n<p><small>画像クレジット:MeliBio</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/17/melibios-seed-honey-production-minus-the-bee/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Christine Hall、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/bio0.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476310,
            "categoryId": 681521447,
            "category": {
              "id": 681521447,
              "slug": "food-tech",
              "name": "フードテック",
              "description": "食料、食品、飲食業界に関するテクノロジーの最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476310,
            "tagId": 1093,
            "tag": {
              "id": 1093,
              "slug": "san-francisco",
              "name": "サンフランシスコ(国・地域)",
              "description": "サンフランシスコに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476310,
            "tagId": 6877,
            "tag": {
              "id": 6877,
              "slug": "sustainability",
              "name": "持続可能性 / サステナビリティ(用語)",
              "description": "持続可能性 / サステナビリティに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476310,
            "tagId": 26990,
            "tag": {
              "id": 26990,
              "slug": "microbe",
              "name": "微生物(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476310,
            "tagId": 955433,
            "tag": {
              "id": 955433,
              "slug": "honey-bee",
              "name": "ミツバチ / 蜂(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476310,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476310,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476310,
            "tagId": 692510079,
            "tag": {
              "id": 692510079,
              "slug": "fermentation",
              "name": "発酵(用語)",
              "description": "発酵に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476294,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476294,
        "slug": "2022-03-17-arcol-aims-to-do-for-building-design-what-figma-did-for-ui-design",
        "createdAt": "2022-03-18T01:15:09.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-18T01:04:32.000Z",
        "title": "FigmaがUIデザインにもたらしたものを建築デザインで実現したいと考える「Arcol」",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://arcol.io/\" rel=\"noopener\">Arcol</a>は、ブラウザ上で動作する設計・文書化ツールの構築の初期段階にある。</p>\n<p>Paul O&#8217;Carroll(ポール・オキャロル)氏は、建築家である彼の父親が、建物の設計に使えるデジタルツールが不足していることに不満を抱いているのを見て、2021年1月に同社を立ち上げた。彼は、父親が鉛筆と紙を持って机に向かい、6カ月後に実現し始める建物をスケッチしているのを見て育った。</p>\n<p>Arcolに入社する前、オキャロル氏はデジタルデザインスタジオで、大企業向けのデザインツールを作っていた。彼は、使われている技術が何十年も前のものであることを知り、Autodesk(オートデスク)のようなレガシーツールに挑戦したいと考えた。</p>\n<p>「このような中で、建物の設計に使われるツールがいかにひどいものかを身をもって知り、建築家、エンジニア、請負業者のためにもっと良いツールがあるべきだと思ったのです」とオキャロル氏はTechCrunchに語った。「FigmaがUIデザインの分野で成し遂げたことを、建築デザインでやりたいのです」。</p>\n<p>Arcolの創業ストーリーについては、<a target=\"_blank\" href=\"https://medium.com/@PaulO_Carroll/the-arcol-manifesto-fa59d9ec2354\" rel=\"noopener\">オキャロル氏のブログ</a>でより詳しく知ることができる。同社は2Dスケッチを3Dモデルに変換するウェブベースのツールを開発中で、これにより、小さなビルから超高層ビルまで、クリエイティブでコラボレイティブなキャンバスを使って設計することが可能になる。</p>\n<p>この製品は現在開発中で、2022年後半に発売される予定だ。オキャロル氏によると、ウェイティングリストは8000人を超えたところだという。彼は、この技術は構築が複雑で、製品は今後数カ月でクローズドアルファに入り、5月頃に20件の顧客を対象にプライベート展開される予定だと語った。年末までには、一般に公開する予定だという。</p>\n<div id=\"attachment_476295\" style=\"width: 270px\" class=\"wp-caption alignright\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476295\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476295 size-medium\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?w=260\" alt=\"\" width=\"260\" height=\"300\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp 590w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=260,300 260w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=347,400 347w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=400,461 400w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=312,360 312w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=191,220 191w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=149,172 149w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=108,125 108w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=52,60 52w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=479,552 479w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=318,367 318w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_4366.webp?resize=43,50 43w\" sizes=\"(max-width: 260px) 100vw, 260px\" /><p id=\"caption-attachment-476295\" class=\"wp-caption-text\">Arcolの創業者ポール・オキャロル氏(画像クレジット:Arcol)</p></div>\n<p>この勢いを維持するため、同社はCowboy Ventures、FigmaのCEOであるDylan Field(ディラン・フィールド)氏、Figmaの企業開発・戦略責任者であるLauren Martin(ローレン・マーティン)氏、元MozillaのCEOでFigmaの取締役でもある投資家John Lilly(ジョン・リリー)氏、ProcoreのCEOであるToey Courtemanche(トワ・コートマンシュ)氏、元AutodeskのCEOであるAmar Hanspal(アマル・ハンスパール)氏、Not Boring Capitalの創業者でエンジェル投資家のPacky McCormick(パッキー・マコーミック)氏が支援する360万ドル(約4億2700万円)のシード資金を調達した。これにより同社は、2021年150万ドル(約1億7800万円)のプレシード資金を獲得したのを含め、累計500万ドル(約5億9300万円)強の資金を調達したことになる。</p>\n<p>今回の資金調達は、経営陣の充実と現在5名のArcolの従業員の増員に充てられる予定だ。</p>\n<p>オキャロル氏はこう述べている。「市場の不満がピークに達しているため、製品を迅速に構築する必要があります。建築家にとって実現されていなかったことであり、そのためにクリエイティブな側面が失われてしまいました。私たちは、魔法をよみがえらせたいのです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/17/arcol-aims-to-do-for-building-design-what-figma-did-for-ui-design/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Christine Hall、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/3d.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476294,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476294,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476294,
            "tagId": 366274320,
            "tag": {
              "id": 366274320,
              "slug": "construction",
              "name": "建設 / 建築(用語)",
              "description": "建設、建築に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476294,
            "tagId": 692516189,
            "tag": {
              "id": 692516189,
              "slug": "design-2",
              "name": "設計(用語)",
              "description": "設計に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476204,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476204,
        "slug": "2022-03-16-iunu-uses-robots-to-keep-an-eye-on-greenhouse-crops",
        "createdAt": "2022-03-18T00:15:35.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T23:58:50.000Z",
        "title": "温室栽培の作物を見守るロボットを開発したIUNU(ユーノウ)が約28.4億円を調達",
        "content": "<p>正直なところ、<a target=\"_blank\" href=\"https://iunu.com/\" rel=\"noopener\">IUNU</a>(「ユーノウ」と発音)という社名はわかりやすいとは言えない(さらに同社の「LUNA(ルナ)」と呼ばれるロボットの存在が問題を余計に混乱させている)。しかし、このアグリテック企業は堅実な事業に取り組んでおり、シリーズBラウンドで見事な信任を得たばかりだ。米国時間3月16日のニュースでは、シアトルに拠点を置く同社が、2400万ドル(約28億4000万円)の資金を獲得したことが明らかになった。このラウンドは、Lewis &amp; Clark Ventures(ルイス&クラーク・ベンチャーズ)が主導し、S2G Ventures(S2Gベンチャーズ)、Ceres Partners(セレス・パートナーズ)、Astanor Ventures(アスタナー・ベンチャーズ)などが参加した。</p>\n<p>IUNUがターゲットにしているのは温室の世界だ。同社のLUNAロボットシステムは、温室の屋根の上を移動し、コンピュータビジョンを使って作物をチェックする。このシステムが問題のある場所や収穫可能な場所を検出できるので、農家は農作物の上を歩いたりしゃがんだりする必要がない。これは農場の規模が大きくなると問題になり始めることだ。</p>\n<p>これまで我々が見てきたこの種のシステムは、より大規模な自律型ロボットの一部として、より一般的な農場に展開されるケースが多かった。しかし、確かに温室はこのような技術にとって理に適っている。屋根の上に設置したレールの上を効果的に行き来することができるからだ。</p>\n<p>IUNUによると、同社は現在、米国の温室栽培の葉物野菜生産者の4分の1と取引しているという。従業員は現在60名で、この半年間で1.5倍に増加した。今回調達した資金は、グローバルな事業の拡大や、新製品の研究開発を強化するために使われる予定だ。</p>\n<p>「今回の投資ラウンドは、機関投資家の当社に対する信頼を反映したものです」と、Adam Greenberg(アダム・グリーンバーグ)CEOはリリースで述べている。「この1年で農作物栽培の自動化に関する話は加速しており、我々はその先頭を走っていることを誇りに思っています」。</p>\n<p>この手の技術では常にデータが大きな役割を果たすが、IUNUは現在、既存の展開に基づく「業界最大の生産データセット」を持っていると主張する。このような大きな資産は、作物にとって大きな問題となる前に潜在的な問題を特定するアルゴリズムを作成するために重要だ。</p>\n<p>2021年9月、同社は2015年のStartup Battlefield(スタートアップ・バトルフィールド)で優勝した<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2019/05/22/agtech-startup-agrilyst-is-now-artemis-raises-8m-series-a/\" rel=\"noopener\">Agrilyst(アグリリスト)、後に社名を変えてArtemis(アルテミス)</a>となったアグリテックのスタートアップ企業を買収し、データ収集能力を強化した。</p>\n<p><small>画像クレジット:IUNU</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/iunu-uses-robots-to-keep-an-eye-on-greenhouse-crops/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-15-at-6.11.15-PM.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476204,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476204,
            "tagId": 4800,
            "tag": {
              "id": 4800,
              "slug": "seattle",
              "name": "シアトル(国・地域)",
              "description": "シアトルに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476204,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476204,
            "tagId": 366270965,
            "tag": {
              "id": 366270965,
              "slug": "greenhouse",
              "name": "温室(用語)",
              "description": "温室に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476204,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476204,
            "tagId": 366274530,
            "tag": {
              "id": 366274530,
              "slug": "computer-vision",
              "name": "コンピュータービジョン(用語)",
              "description": "コンピュータビジョンに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476096,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476096,
        "slug": "2022-03-16-clockwork-raises-21m-to-keep-server-clocks-in-sync",
        "createdAt": "2022-03-17T04:30:13.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T04:20:19.000Z",
        "title": "サーバーのクロックを同期するClockworkがその技術の応用プロダクトをローンチ",
        "content": "<p>膨大な数のサーバー隊列のクロックの同期は、解決済みの問題と思われるかもしれないが、実は今なお難しい問題で、特に要求がナノ秒クラスの精度という場合は難しい。そしてこのことはまた「クロックの時間に基づくシステムを作ってはならない」という命題が、コンピューターサイエンスの公理であり続けている理由でもある。米国時間3月16日、2100万ドル(約25億円)のシリーズAの資金調達ラウンドを発表した<a target=\"_blank\" href=\"https://www.clockwork.io/\" rel=\"noopener\">Clockwork.io</a>はこれを、ハードウェアのタイムスタンプでは5ナノ秒、ソフトウェアのタイムスタンプでは数百ナノ秒という同期精度でこの状況を変えようとしている。</p>\n<p>その技術に基づいて同社は本日、ユーザーにクラウド上やオンプレミスそしてハイブリッドの環境で、レイテンシーが極めて地裁データを提供する最初のプロダクトLatency Senseiをローンチした。ユーザーはそのようなデータを使って自分のネットワークのボトルネックを見つけ、チューンナップすることができる。同社の顧客にはすでにNASDAQやWells Fargo、RBCなどがいる。</p>\n<div id=\"attachment_476100\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476100\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476100 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"676\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=300,198 300w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=768,507 768w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=1024,676 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=606,400 606w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=400,264 400w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=738,487 738w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=545,360 545w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=220,145 220w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=261,172 261w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=189,125 189w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=91,60 91w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=836,552 836w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=556,367 556w, /wp-content/uploads/2022/03/cw1.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476100\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Clockwork</p></div>\n<p>同スタートアップはYilong Geng(イーロン・ゲン)氏とDeepak Merugu(ディーパック・メルグ)氏、そしてスタンフォード大学の「VMwareの創業者たちのコンピューターサイエンス教授」と呼ばれるBalaji Prabhakar(バーラージー・プラバカール)氏らが創業し、VMwareの共同創業者でスタンフォードのコンピューターサイエンス教授であるMendel Rosenblum(メンデル・ローゼンブラム)氏が取締役およびチーフサイエンティストになっている。この由緒正しい顔ぶれからもわかるように、Clockworkのシステムは、チームがスタンフォードで行った学術的な基礎研究がベースとなっている。</p>\n<p>今日の多くのコンピューターがクロックの同期に使っているNetwork Time Synchronization Protocol(NTP)と呼ばれる標準形式は至るところで使われているが、あまり正確ではない。その改良はこれまでも行われており、たとえばFacebookは2021年、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/08/13/2021-08-11-facebook-engineers-develop-new-open-source-time-keeping-appliance/\" rel=\"noopener\">ハードウェアによるソリューション</a>をOpen Compute Projectに寄贈したが、Clockworkのチームは、それよりもはるかに高い精度を自負している。</p>\n<p>プラバカール氏の説明によると「データセンターの中で1秒の違いが生じることもある。私のスマートフォンとこのベースステーションの秒はおそらく合っているでしょう。しかし、もっと細かく、マイクロ秒やナノ秒になると、それらを合わせることは難易度は上がります。2つのクロックが指す時刻を、ナノ秒まで正しくすることは、とても難しいことです。しかも、同期は一瞬実現するだけでなく、両者の同期を維持しなければなりません。気温の変化や振動の影響を受けない高精度のクロックをサーバーに装備することは可能ですが、そんなクロックはすぐにサーバー本体よりも高価なものになります」。</p>\n<div id=\"attachment_476101\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-476101\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-476101 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"644\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=300,189 300w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=768,483 768w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=1024,644 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=636,400 636w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=400,252 400w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=738,464 738w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=145,90 145w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=572,360 572w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=220,138 220w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=273,172 273w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=199,125 199w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=125,79 125w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=95,60 95w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=878,552 878w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=584,367 584w, /wp-content/uploads/2022/03/cw2.jpg?resize=50,31 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-476101\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Clockwork</p></div>\n<p>この問題を解決するためにチームは、タイムスタンプが任意のサーバーに到着するのに要する時間を極めて正確に計測できるシステムと機械学習のモデルを開発した。NTPとそれほど違わないものだったが、チームはさまざまなタイムスタンプ使って改良し、さらにクロックのオフセットと周波数の相対的な違いも考慮に入れた。そして、それらすべてを機械学習のモデルに入れる。そしてチームは、異なるクロックが互いに会話して、同期してないことや自分たちが正しいことを検出できるシステムも開発した。</p>\n<div class=\"embed-vimeo\" style=\"text-align: center;\"><iframe loading=\"lazy\" src=\"https://player.vimeo.com/video/687579799\" width=\"600\" height=\"338\" frameborder=\"0\" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen></iframe></div>\n<p>信頼できるタイムスタンプがないため、これまでの分散システムはクロックのない設計に依存してきた。しかしそれによって、複雑なシステムがさらに一層複雑になった。Clockworkのチームは、彼らの仕事によって研究者たちが、データベースの一貫性とか、イベントの正しい順序、コンセンサスのプロトコル、各種の台帳など、多くの問題領域で時間をベースとする新しいアルゴリズムを実験できるようになる、と期待している。ローゼンブラム氏とプラバカール氏のチームによる最初の研究は、分散システムでクロックを信頼できるなら何ができるか、という問題に集中していた。</p>\n<p>「現在、GoogleのSpannerやCockroachDBなど、あるいは一部のデータベース関連の仕事をしている人以外は時間を使っていない。しかし、今後は時間が重要な課題があちこちで出てくるでしょう。それらにうまく対応するためには時間の同期が重要であり、正しく行う方法を私たちは研究開発しています。そこで私たちは、このようなシステムを別の方法でプログラミングするようになるのではと考えています」。</p>\n<div class=\"embed-vimeo\" style=\"text-align: center;\"><iframe loading=\"lazy\" src=\"https://player.vimeo.com/video/687580386\" width=\"600\" height=\"338\" frameborder=\"0\" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen></iframe></div>\n<p>同期化の問題を解決したと信じているClockworkは、今度のLatency Senseiを嚆矢として、それを利用するプロダクトを作ろうとしている。しかしプラバカール氏が念を押すのは、チームはすでに、データセンター内の渋滞を容易に検出できるプロジェクトに取りかかっているということだ。彼によると、TCPはワイドエリアネットワーク(WAN)には向いているが、データセンターの中で使うのはまったくの浪費だ。しかしネットワークとそのレイテンシーについてもっとよく知れば、データセンターの中でパケットをルートする最良の方法を同社のシステムで見つけて、TCPプロトコルにヒントを与えることができるかもしれない。同社のシリーズAをリードしたのはNEAで、さらに著名なエンジェル投資家であるMIPSの共同創業者John Hennessey(ジョン・ヘネシー)氏、初期のGoogleの投資家Ram Shriram(ラム・シュリラム)氏、そしてYahooの共同創業者Jerry Yang(ジェリー・ヤン)氏が参加した。</p>\n<p><small>画像クレジット:MirageC/Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/16/clockwork-raises-21m-to-keep-server-clocks-in-sync/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Frederic Lardinois、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/cw0.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476096,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476096,
            "tagId": 366271566,
            "tag": {
              "id": 366271566,
              "slug": "datacenter",
              "name": "データセンター(用語)",
              "description": "データセンターに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476096,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476120,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476120,
        "slug": "kyash-fundraising",
        "createdAt": "2022-03-17T02:56:35.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T02:59:12.000Z",
        "title": "ウォレットアプリのKyashが49億円のシリーズD調達、累計資金調達額約128億円に",
        "content": "<p>ウォレットアプリ「<a target=\"_blank\" href=\"https://kyash.co/\" rel=\"noopener\">Kyash</a>」(<a target=\"_blank\" href=\"https://apps.apple.com/JP/app/id1084264883\" rel=\"noopener\">iOS版</a>・<a target=\"_blank\" href=\"https://play.google.com/store/apps/details?id=co.kyash\" rel=\"noopener\">Android版</a>)提供の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.kyash.co/company\" rel=\"noopener\">Kyash</a>は3月17日、シリーズDラウンドにおいて、第三者割当増資による49億円の資金調達を実施したと発表した。累計資金調達額は約128億円となった。引受先は、JPインベストメント、米Block(旧Square)、英Greyhound Capital、米Altos Ventures、Goodwater Capital、StepStone Group(旧Greenspring Associates)、香港Yitu Capital、SMBC日興証券、三井住友海上キャピタル、AGキャピタル、ジャフコ グループ、SMBCベンチャーキャピタル、W venturesのそれぞれが運営するファンド。</p>\n<p>調達した資金により、さらなる人材採用による組織拡充を行い、事業領域の拡大・サービス運用体制を強化する。</p>\n<p>「Kyash」アプリは、インストールすると誰でもすぐにバーチャルカード(Visa)を発行可能。銀行口座やクレジットカード、デビットカードをアプリに登録すると、Visaオンライン加盟店で買い物が行える。Apple PayやGoogle Payにも対応しており、QUICPay+加盟店の決済もサポート。「Kyash Card」、「Kyash Card Lite」を発行すると実店舗でも利用できる。カードの利用限度額上限や利用可能場所はカスタマイズに対応しており、ICチップによるサインレス決済も可能。</p>\n<p>2015年1月設立のKyashは、「価値移動」のサービス・インフラを開発・提供するテクノロジー・カンパニー。人々のライフスタイルに寄り添いながら、人々の価値観や想いが自由に届けられる「新しいお金の文化」を創造することを目指している。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-17-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476120,
            "categoryId": 254561114,
            "category": {
              "id": 254561114,
              "slug": "fintech",
              "name": "フィンテック",
              "description": "フィンテック(Fintech)、ファイナンス・テクノロジー、金融商品・サービスにおけるテクノロジーの最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476120,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476120,
            "tagId": 366275241,
            "tag": {
              "id": 366275241,
              "slug": "kyash",
              "name": "Kyash",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 476120,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 476057,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 476057,
        "slug": "2022-03-15-bear-robotics-targets-restaurant-staffing-shortages-with-another-81m-raise",
        "createdAt": "2022-03-17T01:00:12.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-17T00:45:09.000Z",
        "title": "外食産業の労働力不足を狙い配膳ロボットを手がけるBear Roboticsが約96億円調達",
        "content": "<p>数年前からフードロボットのスタートアップ企業を追いかけていて最も興味深いことの1つは、下ごしらえから配達まで、各社が自動化を目指しているさまざまな作業を見ることだ。ベイエリアに拠点を置くBear Robotics(ベア・ロボティクス)は、ロボットをカウンターの前に連れ出そうとしている唯一の企業というわけではないが、近年、最も注目を浴びる企業の1つとなっている。</p>\n<p>Bearは、日本でより多くのレストランに同社のシステムを導入しようとするなど、最近の展開で成功を収めている。これには、同社に出資しているSoftBank(ソフトバンク)の後援や、日本では労働力不足が続いているという事情がある。日本は以前から、高齢化社会の中で事業を継続させるための方法としてロボットに注目しており、近年の新型コロナウイルス感染流行がそのニーズを加速させた。一方、米国では、同社はChili&#8217;s(チリズ)、Compass Group(コンパス・グループ)、Denny&#8217;s(デニーズ)、Marriott(マリオット)、Pepsi(ペプシ)と提携している。</p>\n<p>同社のビジネスモデルが、ソフトバンクから多大な信頼を得ていることは間違いない。ソフトバンクは最近、ロボットに対してさらに強気になっており、2020年にはBearのシリーズAを主導した。そして米国時間3月15日、新たな投資家としてIMMが、Cleveland Avenue(クリーブランド・アベニュー)などの既存投資家とともに、同社の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.bearrobotics.ai/blog/the-road-to-success-is-paved-in-solutions\" rel=\"noopener\">8100万ドル(約96億円)のシリーズB</a>を主導するために参入した。この最新のラウンドにより、Bearの資金調達総額は、これまでに約1億1700万ドル(約139億円)に達している。</p>\n<p>Bearは、全自動化にははっきりと慎重な姿勢を示している。同社はこれまで、レストランが人間の給仕スタッフに取って代わるのではなく、それを補うための手段として自社を位置づけてきた。これは、同社の機械がロボット・ウェイターというよりも自走型テーブルに近いものであり、A地点からB地点まで注文を載せて運ぶだけという事実が一因であることは間違いないだろう。</p>\n<p>「数年前に自分のレストランを始めたことで、私はその難しさを身をもって知りました」と、創業者兼CEOのJohn Ha(ジョン・ハー)氏はリリースで語っている。「そこで私は、レストランの良さを失うことなく、繰り返しの作業を自動化する方法はないものかと考えました。だから私たちはServi(サーヴィ)を作ったのです。これは、お客様、従業員、そして経営者の体験を向上させることを目的としたソリューションです。他の企業が仕事を完全に自動化しようとしている一方で、私たちは毎日この業界を支えている利害関係者のために、仕事の未来を向上させようとしているのです」。</p>\n<p>Bearによると、同社のServiロボットは、これまでに総計33万5000マイル(53万9100キロメートル)を移動して、2800万食を配膳してきたとのことだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Bear Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/15/bear-robotics-targets-restaurant-staffing-shortages-with-another-81m-raise/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Servi_hw55_4.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 476057,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 476057,
            "tagId": 1662,
            "tag": {
              "id": 1662,
              "slug": "restaurant",
              "name": "レストラン(用語)",
              "description": "レストランに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476057,
            "tagId": 90436,
            "tag": {
              "id": 90436,
              "slug": "robot",
              "name": "ロボット(用語)",
              "description": "ロボットに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 476057,
            "tagId": 2632011,
            "tag": {
              "id": 2632011,
              "slug": "softbank",
              "name": "ソフトバンク / SoftBank(企業)",
              "description": "ソフトバンクは、日本で携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)を提供する企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 476057,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 476057,
            "tagId": 692510231,
            "tag": {
              "id": 692510231,
              "slug": "bear-robotics",
              "name": "Bear Robotics(企業)",
              "description": "Googleの元幹部エンジニアがファウンダーのサンフランシスコ地区のロボットスタートアップ。レストランで配膳を行うロボット、Serviを開発。"
            }
          },
          {
            "postId": 476057,
            "tagId": 692515919,
            "tag": {
              "id": 692515919,
              "slug": "robot-restaurant",
              "name": "ロボットレストラン(用語)",
              "description": "ロボットレストランに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475947,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475947,
        "slug": "marindows",
        "createdAt": "2022-03-16T09:01:12.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T09:01:12.000Z",
        "title": "内航海運の抱える課題を解決するDXソリューションを推進するMarindowsが2億円の追加資金調達",
        "content": "<p>内航海運の抱える課題を解決するDXソリューションを推進する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.marindows.com/\" rel=\"noopener\">Marindows</a>は3月15日、シードラウンドにおいて、第三者割当増資による2億円の追加資金調達を実施したと発表した。引受先は井本商運、東京汽船、古野電気、三菱造船を含む5社。</p>\n<p>調達した資金は、内航海運向けに提供する3つのコア事業「船員働き方改革」「船員と船舶の安全向上」「船員の健康向上」を実現する各種ソリューション開発の加速、人材獲得にあてる。また出資者との事業シナジーを活用し、各種サービスの使い勝手向上、価格低廉化を加速させる。</p>\n<p>日本の基幹物流として国内貨物輸送のおよそ45%を担う内航海運は、「船員高齢化による人材課題」「船舶の事故増大という安全課題」「地球温暖化への対応に伴う環境課題」という3つの課題を抱えている。Marindowsでは、これら課題を解決するサービスを10月より開始するため開発を進めている。具体的には以下のとおり。</p>\n<ul>\n<li>船員働き方改革:船員向けに最適化した業務サポート端末を展開。年齢やスキルに関わらず使えるよう配慮したという。2022年度から施行される改正船員法で求められる労務管理アプリも備える</li>\n<li>船員と船舶の安全向上:通信機能によりネットワークと連携することで安全性と利便性を向上させた内航標準ドライブレコーダーと、内航標準ポータブル電子海図を用意。これら機器により、船舶の安全性の確保と、船主やオペレーション業務との連携強化による業務効率向上にもつなげられる</li>\n<li>船員の健康向上:船員の健康を守るため、遠隔診療、遠隔処方、ストレスチェック、デジタル船員手帳連携を備えたサービスを提供する。船員の医療格差を解消し労働環境の向上を図る</li>\n</ul>\n<p>また同社は、船員向け業務端末に便利な機能を追加提供していく予定という。2022年後半サービス開始予定の衛星ブロードバンド通信を普及させるための取り組みも進めている。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-17.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475947,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475947,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475947,
            "tagId": 692510284,
            "tag": {
              "id": 692510284,
              "slug": "shipping-industry",
              "name": "海運業(用語)",
              "description": "船舶を用いて旅客または貨物を海上輸送するサービスの提供、船舶を貸し渡すことによって収益を得る事業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475947,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475947,
            "tagId": 692517541,
            "tag": {
              "id": 692517541,
              "slug": "marindows",
              "name": "Marindows(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475971,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475971,
        "slug": "2022-03-15-talent-com-raises-120m-to-take-on-indeed-and-ziprecruiter-in-mass-market-job-search",
        "createdAt": "2022-03-16T09:00:05.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T08:56:08.000Z",
        "title": "リクルーターが直接投稿した求人と求人サイトの広告を集約、既存サービスと対抗する求人情報ポータルTalent.comが約141億調達",
        "content": "<p>オンライン採用は、第一次インターネットブームの初期の大ヒット商品の1つだった。しかし、より多くのビジネスプロセスがオンラインに移行する中、オンライン求人検索はただ与え続け贈り物のような存在だ。そこで米国時間3月16日、この分野の別のポータルが、より革新的で確かな技術でこの分野の既存企業に対抗するために、大規模な資金調達を行ったというニュースが飛び込んできた。リクルーターが直接投稿した求人広告と、サードパーティの求人サイトの広告の両方を集約するポータルサイトのTalent.com(タレントドットコム)は、シリーズ Bラウンドの1億2000 万ドル(約141億9800万円)を調達した。同社はこの資金を、国際展開を続け、このプログラム検索プラットフォームにさらに投資し、ユーザー向けの新しい製品とサービスを導入するために使用する予定である。</p>\n<p>Talent.comはかなり国際的なプロフィールを持っている。現在、78カ国、29言語にわたって100万社の約3000万件の求人情報を掲載し、その範囲内で毎月2800万人以上のアクティブな訪問者があるのだ。しかし、このスタートアップ自体はモントリオールを拠点とし、今回のラウンドではカナダのVC、Inovia Capital(イノヴィア・キャピタル)がリードし、以前の支援者 Caisse de depôt et placement du Québec (ケベック州金融公社/CDPQ) と新しい投資者 Investissement Québec(インベストメント・ケベック)、Climb Ventures(クライム・ベンチャーズ)、BDC Capital(ビーディーシー・キャピタル)、Fondaction(フォンダクション)およびHarbourVest Partners(ハーバーべスト・パートナー)も参加している。この1億2000万ドル(約141億9800万円)の株式と同時に、BMO Financial Group(ビーエムオー・ファイナンシャル・グループ)のTechnology &amp; Innovation Banking Group(テクノロジー&イノベーション・バンキング・グループ)から新たに3000万ドル(約35億5000万円)の負債性資金も調達している。</p>\n<p>Talent.comの共同創業者で共同CEOのLucas Martínez(ルーカス・マルティネス)氏は、Maxime Droux(マキシム・ドルー)氏、Benjamin Philion(ベンジャミン・フィリオン)氏と共同で同社を設立した。同士はインタビューの中で、この資金を使って、消費者が探しているものにもっと関連した結果を見るための技術をさらに構築し、広告の反応性を測定するツールやクリックされた人に応じて料金を請求するツールを使って、雇用主にとってより魅力あるプラットフォームとすることが目的だと語っている。</p>\n<p>(コンテンツに興味を持ってもらうためには、適切な表現が必要であることを、同社自身が身をもって知っている。同社は以前、フィンランド語で「アドバイス」を意味するNeuvooという社名だったのだが、収益性は高かったものの、その単語の発音につまずく人が多く、またその意味が大衆市場とは特に関係がないこともあり、あまり急成長しなかった。そこでNeuvooは2019年に社名を見直すことを決め、Talent.comが売りに出されているのを見ると、それに飛びつき、ブランドを変更したのだ。このドメインには130万ドル[約1億5000万円]を支払ったが、不思議なことに残りの詳細は3年間NDAの対象であり、誰が売却を行ったのかは不明である。マルティネス氏は「Google?」と私が聞くと、笑って「違う」と答えたが、それ以上詳しくは語らなかった)</p>\n<p>また、同社はこの資金をさらなる国際展開のために投資している。マルティネス氏は、同社が欧州の新たなハブ拠点を設立しているバルセロナから取材に応じた。</p>\n<p>現在、この市場には、Indeed.com(時価総額660億ドル[約7兆8090億円]、SimplyHiredなどのブランドを所有する日本の人材大手Recruit Holdingsが所有)や、2021年上場したZipRecruiter(ジップリクルーター)、LinkedIn(リンクトイン)、検索大手Google(グーグル)などのビッグプレイヤーがいる。しかし、今日、新しいテクノロジーと市場からの期待の変化を活用して、新たな競争戦線を導入し、これらの老舗企業に真っ向から立ち向かうスタートアップが数多く存在する。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/22/2021-04-21-remote-hiring-startup-deel-raises-156m-at-a-1-25b-valuation-after-20x-growth-in-2020/\" rel=\"noopener\">Deel(ディール)</a>や<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/13/remote-raises-150m-on-a-1b-valuation-to-manage-payroll-and-more-for-organizations-global-workforces/\" rel=\"noopener\">Remote(リモート)</a>のように、自らをリモート従業員の雇用を支援するプラットフォームと位置づける企業もあれば、<a target=\"_blank\" href=\"/2021/12/21/2021-12-20-turing-books-87m-at-a-1-1b-valuation-to-help-source-hire-and-manage-engineers-remotely/\" rel=\"noopener\">Turing(テューリング)</a>のように、リモートという概念を取り入れ、エンジニアという特定の人材プールに焦点を絞っている企業もある。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/20/smartrecruiters-raises-110m-at-a-1-5b-valuation-to-expand-its-end-to-end-recruitment-platform/\" rel=\"noopener\">SmartRecruiters(スマートリクルーターズ)</a>は、人材紹介の「Salesforce(セールスフォース)」になることを目指しており、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/06/17/beamery-raises-138m-for-its-end-to-end-crm-for-recruitment/\" rel=\"noopener\">Beamery(ビームリー)</a>のような他の企業もこの目標を追いかけている。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/07/19/dover-raises-20m-to-bring-the-concept-of-orchestration-to-recruitment/\" rel=\"noopener\">Dover(ドーバー)</a>は、別の企業分野からコンセプトを借りて(そのバズワードはオーケストレーション)、採用プラットフォームを構築している。そして<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/01/jobandtalent-series-e/\" rel=\"noopener\">Jobandtalent(ジョブアンドタレント)</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/08/26/workstreams-text-based-recruitment-tool-gets-a-48m-bet-from-bond-and-beyond/\" rel=\"noopener\">Workstream(ワークストリーム)</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2019/10/29/fountain-a-platform-for-recruiting-gig-and-hourly-workers-raises-23m/\" rel=\"noopener\">Fountain(ファウンテン)</a>は、カジュアル、ギグ、時間給労働者をターゲットにしたビジネスモデルを持っている。</p>\n<p>Talent.comは、後者3社と同様に、時間給労働者やギグワーカー、熟練労働者を含む市場を主なターゲットとしている。求人広告のプログラムアプローチに加え、雇用主向けのその他のツールとしては、既存の応募者追跡システムやCRMを統合する機能がある。消費者向けには、基本的な求人情報の検索に加え、給与の調査、居住地の税金を差し引いた給与の計算、検索結果をより適切にするためのプロフィール質問への回答などの機能が提供されている。これは、この製品が将来どのように発展していくかという道筋を示すものでもあるだろう。</p>\n<p>「これは非常に重要なことです」とマルティネス氏はいう。「就職活動は意欲的なものです。多くの人が、応募している仕事に適性がありません。そこで私たちは、経験と教育を組み合わせ、ユーザーが例えばエンジニアになりたいのであれば、そうすべきであると導いているのです。私たちは、あなたが誰であるかを知り、あなたの履歴書を私たちのプラットフォーム上に置き、その分野の教育プログラムをオンラインで紹介します。これが、ユーザーに対してより多くの価値を提供することになるのです」。と語った。</p>\n<p>投資家の興味をそそったのは、ユーザーからより多くの収入を得るための幅広いサービス群に対する取り組みだ。</p>\n<p>「人材獲得競争は、企業が今直面している大きな課題によって、さらに激化しています。Talent.comは、雇用主が人材を調達し、採用するための最大かつ最も国際的なプラットフォームの1つになるまで急成長しました。このパートナーシップは、真の求職者中心のプラットフォームとなるための一連の付加価値製品を立ち上げ、成長の新たな段階を促すものです」とInovia CapitalのパートナーであるChris Arsenault(クリス・アーセノー)氏は声明の中で語っている。</p>\n<p><small>画像クレジット:Patrick Strattner / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/15/talent-com-raises-120m-to-take-on-indeed-and-ziprecruiter-in-mass-market-job-search/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ingrid Lunden、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-93192840.jpg",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475971,
            "categoryId": 674897242,
            "category": {
              "id": 674897242,
              "slug": "hr-tech",
              "name": "HRテック",
              "description": "HR(Human Resources)。人材育成や採用活動、人事評価などの人事業務関連のテクノロジーの最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475971,
            "tagId": 3558,
            "tag": {
              "id": 3558,
              "slug": "jobs",
              "name": "求人 / 求職(用語)",
              "description": "求人 / 求職に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475971,
            "tagId": 80962,
            "tag": {
              "id": 80962,
              "slug": "linkedin",
              "name": "LinkedIn(製品・サービス)",
              "description": "世界最大規模のビジネス特化型SNSおよび同サービスを提供する企業。Microsoftの子会社。"
            }
          },
          {
            "postId": 475971,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475971,
            "tagId": 692510808,
            "tag": {
              "id": 692510808,
              "slug": "recruitment",
              "name": "人材採用 / 人材確保 / 人材獲得 / 人材紹介(用語)",
              "description": "人材採用に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475943,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475943,
        "slug": "mesh-corp-fundraising",
        "createdAt": "2022-03-16T05:03:47.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T05:03:47.000Z",
        "title": "「アプリで注文したら20分以内に商品お届け」デリバリー専門スーパーを手がけるMeshが2億円のシード調達",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-475945\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?w=1024\" alt=\"「アプリで注文したら20分以内に商品お届け」デリバリー専門スーパーを手がけるMeshが2億円のシード調達\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg 1920w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-001.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" />ダークストア型スーパーマーケット「Mesh」を開発する<a target=\"_blank\" href=\"https://mesh-corp.com/\" rel=\"noopener\">Mesh</a>は3月16日、シードラウンドとして約2億円を調達したと発表した。引受先は、Coral Capital、Delight Ventures、W ventures、堀井翔太氏(スマートバンク代表取締役CEO、エンジェル投資家)。調達した資金により、「アプリで注文したら20分以内に商品をお届け」するデリバリー専門スーパーを構築し、世界のコマースを次のステージに押し上げるとしている。</p>\n<p>ダークストアとは、英語で「倉庫」を意味し、ユーザーが来店しないデリバリー限定の店舗を指す。同社は、調達した資金を基にMeshの開発を推進する。取り扱い商材は一般のスーパーと同様の食品・飲料・日用品とし、注文はスマートフォンアプリ経由のみ、配達時間は注文後20分以内という業態のスーパーを構築する。また当初は東京23区内でサービス提供を開始し、順次日本全国および海外にエリアを拡大する。</p>\n<p>Meshは「頼んだら、いま、届く」体験を作ることで、生鮮食品をはじめ商材のさらなるEC化を押し進め、次のコマースのインフラを作るという。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475943,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475943,
            "tagId": 243,
            "tag": {
              "id": 243,
              "slug": "grocery",
              "name": "グローサリー / grocery(用語)",
              "description": "グローサリー / groceryに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 475943,
            "tagId": 31822,
            "tag": {
              "id": 31822,
              "slug": "delivery-service",
              "name": "配送 / 宅配 / デリバリー(用語)",
              "description": "配送 / 宅配 / デリバリーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475943,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475943,
            "tagId": 366272777,
            "tag": {
              "id": 366272777,
              "slug": "net-shopping",
              "name": "ネットショッピング / eコマース(用語)",
              "description": "ネットショッピングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475943,
            "tagId": 366276437,
            "tag": {
              "id": 366276437,
              "slug": "food-delivery",
              "name": "食材宅配 / フードデリバリー(用語)",
              "description": "食材宅配 / フードデリバリー"
            }
          },
          {
            "postId": 475943,
            "tagId": 692510038,
            "tag": {
              "id": 692510038,
              "slug": "darkstore",
              "name": "ダークストア(用語)",
              "description": "ダークストアに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475943,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475939,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475939,
        "slug": "impact-circle-fundraising",
        "createdAt": "2022-03-16T04:42:04.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T04:42:04.000Z",
        "title": "社会インパクト可視化システム・社会インパクト投資プラットフォームのインパクトサークルが8000万円のシード調達",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://impact-circle.co.jp/\" rel=\"noopener\">インパクトサークル</a>は3月16日、シードラウンドとして、第三者割当増資による約8000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、インクルージョン・ジャパン、Relicなど。調達した資金は、国内外事業展開の加速にあてる。</p>\n<p>2021年7月設立のインパクトサークルは、社会インパクト可視化システムと、社会インパクト投資プラットフォームを構築するFinTechスタートアップ企業。「インパクト×リターン」を実現するマイクロファイナンス・リースを自ら運用し、また投資によって生み出される社会インパクトを可視化することで、新たな社会インパクト投資の機会を創出するプラットフォームを構築する。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-16-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475939,
            "categoryId": 254561114,
            "category": {
              "id": 254561114,
              "slug": "fintech",
              "name": "フィンテック",
              "description": "フィンテック(Fintech)、ファイナンス・テクノロジー、金融商品・サービスにおけるテクノロジーの最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475939,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475939,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475939,
            "tagId": 692514900,
            "tag": {
              "id": 692514900,
              "slug": "microfinance",
              "name": "マイクロファイナンス(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475939,
            "tagId": 692517540,
            "tag": {
              "id": 692517540,
              "slug": "impact-circle",
              "name": "インパクトサークル(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475842,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475842,
        "slug": "2022-03-15-copper-labs-series-a",
        "createdAt": "2022-03-16T01:15:19.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-16T00:51:04.000Z",
        "title": "電力会社のメーターをスマート化するCopper Labsが6.5億円調達",
        "content": "<p>電力会社は問題を抱えている。電力会社の「スマートグリッド」は10年前の請求問題を解決するために作られたもので、電気自動車、ソーラーパネル、そしてリアルタイムデータへのこだわりを持つ2022年の消費者のニーズや期待に応えるためのものではないからだ。この問題を解決すべく、処理能力の低いスマートメーターと消費者のインターネット接続の間を橋渡しする、エレガントで小さなハードウェアデバイスを展開する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.copperlabs.com/\" rel=\"noopener\">Copper Labs</a>(コッパーラボ)が550万ドル(約6億5000万円)を調達した。</p>\n<p>「問題は、現在最も洗練されたSmart Grid(スマートグリッド)でさえ、昨日起こったことを15分間隔でしか電力会社に伝えられないことです」とCopper LabsのCEOであるDan Forman(ダン・フォーマン)氏はいう。「多くの電力会社は、30日に1回しかそのデータを取得できません。電力だけでなく、ガスや水道の場合も、30日に1回しかデータにアクセスできないところがほとんどです。送電網のディスラプションのペースは、技術革新のペースに見合っていません。当社は、電力会社が必要なソリューションを提供するために、より費用対効果の高い方法を見つける手助けをしています」。</p>\n<p>Copper Labsは、アーリーステージの気候に特化した技術革新に資金を提供するベンチャーキャピタル<a target=\"_blank\" href=\"https://cleanenergyventures.com/\" rel=\"noopener\">Clean Energy Ventures (CEV)</a>がリードしたラウンドで550万ドルを調達した。同ラウンドには既存投資家の<a target=\"_blank\" href=\"https://ngpartners.com/\" rel=\"noopener\">National Grid Partners</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://bluebearcap.com/\" rel=\"noopener\">Blue Bear Capital</a>も参加した。新たに調達した資金により、Copper Labsは2023年にかけて営業、エンジニアリング、マーケティングの各チームを増強し、公益事業全域での浸透を加速させる計画だ。今回の資金調達に加え、同社はClean Energy Venturesのベンチャーパートナーで米連邦エネルギー規制委員会の元コミッショナーの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/nora-mead-brownell-3360387/\" rel=\"noopener\">Nora Mead Brownell</a>(ノラ・ミード・ブロウネル)氏を取締役に迎える。</p>\n<p>ブラウネル氏は「Copper Labsのチームは、電力会社が逼迫し限られた資源で将来を計画し、目的に合った供給システムを再構築できるよう支援することを使命としています」と述べた。「このチームが顧客に力を与え、より持続可能な未来のために急速に変化する外部性に適応している成熟した産業と提携するのをサポートすることを楽しみにしています」。</p>\n<p>Copper Labsは基本的に、電力会社がこれまでアクセスできなかったデータの宝庫を解き放つ。リアルタイムデータが行動の変化の潜在的推進力となる世界では、特に重要なことだ。例えば、11日前のピーク時にTesla(テスラ)車両を充電していたと消費者に伝えても、その時点ではエンドユーザーはなぜ車を接続したのか思い出すことができず、意味がない。充電時点で、電気代や環境に対するダメージはすでに終わっている。</p>\n<p>「これまで家庭用の需要管理プログラムは、主にスマートサーモスタットに接続し、ピーク時の負荷を軽減することを目的としていました。そうすることで、電力会社は高価で汚れたガスで稼働する<a target=\"_blank\" href=\"https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%A0%AD%E8%B2%A0%E8%8D%B7%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80\" rel=\"noopener\">尖頭負荷発電所</a>(電力需要が急激に高まったピーク時にだけ運転する発電所)への依存を減らすことができます。しかし、スマートサーモスタットが設置されているのは米国の家庭の20%未満であり、そのうちの半数程度がこうした制御プログラムに申し込んでいるのが現状です」とフォーマン氏は説明する。「スマートサーモスタットは例えばEVの充電器など、今後発生するであろう他の問題をすべてカバーできるわけではありません。グリッドエッジのリアルタイムな情報だけでなく、ターゲットとなるユーザーを引き込むチャンネルが必要です。例えば、ピーク時に誰がEV充電器を使っているかがわかれば、電力会社にとっては価値の高い情報です。そして、その人をターゲットにして、負荷を抑えるインセンティブを与えることができます」。</p>\n<div id=\"attachment_475844\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475844\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475844 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"447\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp 2047w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=300,131 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=768,335 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=1024,447 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=1536,671 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=916,400 916w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=400,175 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=738,322 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=640,280 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=220,96 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=281,123 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=250,109 250w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=125,55 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=1264,552 1264w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=600,262 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Copper2.webp?resize=50,22 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-475844\" class=\"wp-caption-text\">Copper Labsのモバイルアプリは、住宅所有者に電力消費の最新情報を提供し、電力・水・ガスを節約するための実行可能な洞察とインセンティブを提供する(画像クレジット:Copper Labs)</p></div>\n<p>既存のスマートメーターをインターネットに接続する家庭内ブリッジや、数十軒から数千軒の住宅に対応する近隣規模のソリューションなど、いくつかのソリューションがある。</p>\n<p>「スマートグリッドのメーターには、ZigBeeホームエリアネットワークが内蔵されているものがあります。当社は安全なハンドシェイクを行い、翌日まで待つことなく約30秒間隔でデータを取り戻すことができます。設置するには、電力会社から郵送でデバイスが送られてきます。Copperのモバイルアプリをインストールし、すべてを接続します」とフォーマン氏は説明する。「これを壁に差し込むだけで、すべてをワイヤレスで行えます」。</p>\n<p>近隣型ソリューションも同様で、有線または既存の無線ネットワークによる独自のインターネット接続が必要だ。電柱に設置し、より多くの家庭にサービスを提供することができる。</p>\n<p>「当社の近隣レベルの装置では、1台の装置で数百軒の家庭から約1分間隔のデータを取得します」とフォーマン氏は話す。「その価値は、明らかに家庭のハードウェアコストを劇的に削減することです。消費者に何もしてもらう必要はなく、専用のブロードバンドやワイヤレスネットワークがあるので、消費者のWi-Fiに頼る必要もありません」。</p>\n<p>クールなのは、Copperのデバイスは、太陽光発電メーターを追跡し、どのような電気が発電されグリッドに供給されているかを示すこともできる点だ。分散型の屋根上の太陽光発電アレイを可視化できない電力会社にとって、これは特に強力な独自の視点だと同社は主張する。また、このアプリは異常検知、使用状況データ、さらなる洞察をも可能にする。</p>\n<p>「スマートメーターの有無にかかわらず、Copper Labsは迅速な意思決定を可能にすべく消費者、電力会社、スマートホームプロバイダーにとって高頻度データの宝庫を開きます」とBlue Bear Capitalのパートナー、Carolin Funk(キャロリン・ファンク)博士は述べた。</p>\n<p>つまり、Copper Labsが解決しようとしている課題は、メーターベンダーの遅いイノベーションサイクルを回避して、古いグリッドを最先端のスマートグリッドよりも賢くすることだ。さらに、同社のソリューションは電柱に設置するため、、家庭レベルでまったく問題なく使用できる100個の電力メーターを交換するよりもはるかに安く、早く、そして環境にも配慮したものだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://merrickchasephotography.com/\" rel=\"noopener\">Copper Labs (Merrick Chase Photography) </a>under a license.</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/15/copper-labs-series-a/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Haje Jan Kamps、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Copper-.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475842,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475842,
            "tagId": 2121118,
            "tag": {
              "id": 2121118,
              "slug": "iot",
              "name": "IoT(用語)",
              "description": "Internet of Things。さまざまなモノがインターネットに接続され、情報交換することによって相互に制御する仕組み。"
            }
          },
          {
            "postId": 475842,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475842,
            "tagId": 366276477,
            "tag": {
              "id": 366276477,
              "slug": "the-united-states",
              "name": "アメリカ(国・地域)",
              "description": "米国に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475842,
            "tagId": 692507969,
            "tag": {
              "id": 692507969,
              "slug": "electrical-grid",
              "name": "電力 / 電力網 / 発電(用語)",
              "description": "電力 / 電力網に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475775,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475775,
        "slug": "4th-valley",
        "createdAt": "2022-03-15T09:09:51.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-15T09:09:51.000Z",
        "title": "IT中心にグローバル人材の獲得支援を行うフォースバレーが約3億円調達、SaaS事業を強化",
        "content": "<p>日本企業が世界中の優秀な人材を獲得する支援を行う<a target=\"_blank\" href=\"https://www.4th-valley.com/company\" rel=\"noopener\">フォースバレー・コンシェルジュ</a>は3月14日、第三者割当増資による総額3億円の資金調達を行ったと発表した。引受先は、ベネッセホールディングス、日本管理センター、Orchestra Investment、ザ・スタンド、アリストテレスパートナーズ、佐々木食品工業、琉球インタラクティブ、古庄秀樹氏、そのほか事業会社多数と個人投資家多数。調達した資金は、同社が運営する「<a target=\"_blank\" href=\"https://workers.connectiu.com/\" rel=\"noopener\">Connect Job WORKERS</a>」と「<a target=\"_blank\" href=\"https://studyabroad.connectiu.com/school_top\" rel=\"noopener\">Connect Study ABROAD</a>」のソフトウェアへの開発投資、マーケティング投資、運営体制の強化へあてる。</p>\n<p>これまでフォースバレーは、世界と企業をつなぐ国境を越えたグローバル採用支援事業「<a target=\"_blank\" href=\"https://job.connectiu.com/for-employers\" rel=\"noopener\">Connect Job</a>」を運営してきた。そこで培った豊富なネットワークを基に2021年にリリースされたのが、特定技能外国人と日本企業を結びつけるConnect Job WORKE、外国人留学生と日本の教育機関を結び付けるConnect Study ABROADというふたつの紹介プラットフォームとなる。</p>\n<p>さらに同社では、コロナ禍により外国人の受け入れが厳しくなっている中で事業のSaaS化を進めると同時に、オンラインの日本語教育や人材のリモート採用、越境のクラウドソーシングなど、コロナ禍の再拡大を見据えこれら新規事業モデルをリリースする準備をしてきたという。今後は、外国人の採用支援のみならず、留学から進学・就職・転職に加え来日に向けたビザの獲得から生活の開始まで共通DXプラットフォーム上でサポートし、拡大する外国人経済圏向け事業のさらなるスケールを目指すという。</p>\n<p>2007年11月設立のフォースバレー・コンシェルジュは、Connect Jobのブランドのもと、世界中の人材と企業をつなぐグローバル採用支援事業を営む企業。同社データベースには186の国と地域、累計約40万人の人材が登録されており、日本の大手グローバル企業、IT企業を中心に地方や中小企業まで約400社と取引実績を持つという。また、経済産業省・沖縄県・富山県・静岡県・長野県など、省庁・地方自治体からの事業を受託している。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-15.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475775,
            "categoryId": 674897242,
            "category": {
              "id": 674897242,
              "slug": "hr-tech",
              "name": "HRテック",
              "description": "HR(Human Resources)。人材育成や採用活動、人事評価などの人事業務関連のテクノロジーの最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475775,
            "tagId": 17927,
            "tag": {
              "id": 17927,
              "slug": "saas",
              "name": "SaaS(用語)",
              "description": "SaaS(Software as a Service)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475775,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475775,
            "tagId": 366276842,
            "tag": {
              "id": 366276842,
              "slug": "%e6%b5%b7%e5%a4%96%e4%ba%ba%e6%9d%90",
              "name": "海外人材",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475775,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475775,
            "tagId": 692517534,
            "tag": {
              "id": 692517534,
              "slug": "4th-valley",
              "name": "フォースバレー・コンシェルジュ(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475762,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475762,
        "slug": "2022-03-14-supplant-series-b",
        "createdAt": "2022-03-15T04:45:52.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-15T04:44:58.000Z",
        "title": "「Internet of Trees」で乾燥地帯で育つ作物の灌漑の必要性を劇的に低減させるSupPlant",
        "content": "<p>アグリテックのスタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://supplant.me/\" rel=\"noopener\">SupPlant</a>は植物のための<a target=\"_blank\" href=\"https://hitchhikers.fandom.com/wiki/Babel_Fish\" rel=\"noopener\">Babel fish</a>のようであり、一連のセンサーのデータから植物の給水状態とその過不足を知る。</p>\n<p>作物は通常、潅水の過剰よりも水不足の被害のほうが大きいため、農家は必要以上の水やりを行い、貴重な水資源を浪費してしまいがちだ。しかし植物の状態を注意深く観測し、それに天候や土壌のデータを合わせると、潅水の必要量を精密に知ることができる。同社はこのほど、同社自身の成長のための施肥および潅水として2700万ドル(約32億円)を調達した。</p>\n<p>農業革命が起きた1万2000年前に農家は、天候による作物の生育の違いに気づき、天候の変化を大まかに予報できるようになった。しかしそれらのパターンの多くは、気候変動によって破壊された。</p>\n<p>SupPlantのCEOで創業者であり、農家の3世代目でもあるOri Ben Ner(オリ・ベン・ネル)氏は次のように語る。「天候の季節性に基づく決定は、完全に無効になりました。それが、私たちの出発点です。季節に関わりなく、植物をセンシングすれば、何を必要としているかわかります」。彼によると、現在91歳で玉ねぎやスイカ、とうもろこしを育てている彼の祖父は、自分がやってることを農業だとは思ってないだろうという。</p>\n<p>同社には、ソフトウェアだけのプロダクトと、ハードウェアとソフトウェアを合わせたプロダクトがある。ハードウェアの方は1エーカーほどの範囲の作物を観測し、そのデータを畑全体の作物のニーズを把握する。そのために、センサーが深層土壌と表面土壌、樹幹部、葉、そして果実の5つの部分をセンシングする。センサーのデータをアルゴリズムが処理し、それは天候のパターンや天気予報、土壌の情報およびその他の独自のデータに基づいて、次の10〜14日間における潅水方式をアドバイスする。</p>\n<p>「私たちが農家に推奨する潅水の量や方式は、作物の樹幹部に現れるパターンや、後に果実に現れるパターンに基づいています。システムはそれらのパターンと、植物や果実の成長が最大になるような水量や潅水方式を理解しています。そして成長の後期には、糖度を最大化する方法に切り替えます。たとえばワイン用のぶどうなら、特定の時期に植物にストレスを与えたい。するとその後の3週間で植物は糖分を蓄積します。ぶどうの糖分が多ければ、良いワインができます。最終結果として、収穫量が劇的に増加するのです。私たちのメインとなる目標は収穫量の増加ですが、その副産物として大量の水を節約することもできます」とベン・ネル氏はいう。</p>\n<p>今回の2700万ドルのラウンドは<a target=\"_blank\" href=\"https://red-dot.capital/\" rel=\"noopener\">Red Dot Capital</a>がリードし、フィランソロピー(社会的事業)の戦略的投資家である<a target=\"_blank\" href=\"https://menomadinfoundation.com/\" rel=\"noopener\">Menomadin Foundation</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://smartagrofund.com/en/home-page-english/\" rel=\"noopener\">Smart Agro Fund</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://maorinvestments.com/\" rel=\"noopener\">Maor Investments</a>などが参加した。これでSupPlantsの総調達額は約4600万ドル(約54億円)となる。現在の社員数は70名程度だが、年内に100名ほどにしたいという。</p>\n<p>同社は、センサーハードウェアを利用するプロダクトに加えて、最近ではAPIをプロダクトとしてローンチした。このセンサーのないプロダクトを、昨シーズンにケニアの50万のメイズ農家が利用した。それらの小規模な農家たちはSupPlantの技術によって潅水とその正しいやり方を意識するようになっている。新しい技術は、主にアフリカとインドの4億5000万の小規模農家の役に立つだろう。同社は2022には、そのうち100万以上を同社プラットフォームのユーザーにしたいと考えている。</p>\n<div id=\"attachment_475765\" style=\"width: 643px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475765\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475765 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sup1.jpg?w=633\" alt=\"\" width=\"633\" height=\"360\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sup1.jpg 633w, /wp-content/uploads/2022/03/sup1.jpg?resize=300,171 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sup1.jpg?resize=400,227 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sup1.jpg?resize=220,125 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sup1.jpg?resize=281,160 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sup1.jpg?resize=125,71 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sup1.jpg?resize=106,60 106w, /wp-content/uploads/2022/03/sup1.jpg?resize=600,341 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sup1.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/sup1.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 633px) 100vw, 633px\" /><p id=\"caption-attachment-475765\" class=\"wp-caption-text\">SupPlantのアプリを利用すると悪天候の年でも農家は作物がなるべくよく育つやり方を工夫できるようになる(画像クレジット:SupPlant)</p></div>\n<p>ベン・ネル氏の説明によると「創業2年間で私たちは数千台のセンサーを設置し、数百万件の潅水作業を支援し、33種の作物に対応しました。すべての地域を合わせると200あまりの品種とありとあらゆる気候条件に対応しています。私たちのプロダクトの基本的な価値は、地球上の潅水に関する最ももっともユニークなデータベースを持っているということです。センサー・ハードウェアがそのデータの収集を可能におり、今後も収集していきます」。</p>\n<p>もちろん、ハードウェアはソフトウェアだけのものと比べるとより正確なソリューションになるが、同社のようにデータの量が増えてくると、データに対する処理によって今後の作物の成長具合を予測できるようになる。</p>\n<p>「私たちが営業を行っている主な市場は、オーストラリアとメキシコ、南アフリカそしてアルゼンチンとなります。アラブ首長国連邦でも最近、概念実証事業を終えたばかりで、今後はこの国のデーツのすべてに弊社の潅水技術が適用されます。作付け総数は210万本です。これにより、同国における水の消費の70%が節約されるでしょう。1本のデーツの木の水消費の節約量は、世界で最も乾燥した土地である同国において10人の年間水消費量に等しいものです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:SupPlant</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/14/supplant-series-b/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Haje Jan Kamps、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/sup0.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475762,
            "categoryId": 692506924,
            "category": {
              "id": 692506924,
              "slug": "enviro-tech",
              "name": "EnviroTech",
              "description": "環境不可の低減技術、リサイクル技術、再生可能エネルギー開発、省エネルギー、海洋汚染や土壌汚染の浄化技術など、環境問題を解決し、持続可能な(サスティナブル)未来のための環境技術(Environmental Technology)、グリーンテック(Green Tech) / クリーンテック(Clean Tech)に関する最新ニュース\r\nEnviroTech(エンバイロ・テック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475762,
            "tagId": 14157,
            "tag": {
              "id": 14157,
              "slug": "water",
              "name": "水(用語)",
              "description": "水に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475762,
            "tagId": 366270896,
            "tag": {
              "id": 366270896,
              "slug": "agriculture",
              "name": "農業 / アグリテック(用語)",
              "description": "農業 / アグリテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475762,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475650,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475650,
        "slug": "2022-03-10-safebase-bags-18m-series-a-to-speed-up-vendor-security-auditing-process",
        "createdAt": "2022-03-15T01:15:32.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-14T23:52:44.000Z",
        "title": "SafeBaseはソフトウェア販売のセキュリティ監査プロセスを迅速化するポータルを提供",
        "content": "<p>どんな企業でも、購入を決めるサインをする前にソフトウェア・ベンダーのセキュリティ認定を確認する必要がある。そのためには通常、NDA(秘密保持契約書)に署名し、侵入テストレポートやSOC-2コンプライアンス認証などの文書を要求するという、非デジタルで面倒なプロセスをともなう。このプロセスは、潜在顧客がベンダーのセキュリティ姿勢をチェックする間、販売を遅らせてしまう可能性がある。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://safebase.io/\" rel=\"noopener\">SafeBase</a>(セーフベース)の共同設立者兼CEOであるAl Yang(アル・ヤン)氏によると、同社は営業チームと協力し、販売プロセスにおける従来のボトルネックとなっていた部分を迅速化したいと考えているという。「私たちの目標は、ベンダーとバイヤーの間の相互信頼を高めることです。販売サイクルを短縮するために、私たちはベンダーに焦点を合わせています」とヤン氏は説明する。</p>\n<p>ヤン氏は、自分の会社をセキュリティの要約書と考えている。同社が、ベンダーとなる会社のセキュリティ姿勢を、バイヤーとなる企業に提示することで、プロセスをより前向きかつ透明性の高いものにし、最終的には販売を促進させることができると、同氏は語っている。SafeBaseは、セキュリティ監査の全ステップを1カ所で行うことができるポータルを関係者たちに提供することによって、これを実現している。</p>\n<p>それは一種の自動化されたワークフローとして機能する。最初のステップはNDAへの署名だが、これはポータルで行うことができ、法的な承認と電子署名を1カ所で得ることができる。これが文書確認のトリガーとなる。プロセスを進めていくと、ダッシュボードに進捗状況やまだやるべきことが表示される。</p>\n<div id=\"attachment_475651\" style=\"width: 690px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475651\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475651 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/image.webp?w=680\" alt=\"\" width=\"680\" height=\"479\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/image.webp 680w, /wp-content/uploads/2022/03/image.webp?resize=300,211 300w, /wp-content/uploads/2022/03/image.webp?resize=568,400 568w, /wp-content/uploads/2022/03/image.webp?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2022/03/image.webp?resize=400,282 400w, /wp-content/uploads/2022/03/image.webp?resize=511,360 511w, /wp-content/uploads/2022/03/image.webp?resize=220,155 220w, /wp-content/uploads/2022/03/image.webp?resize=244,172 244w, /wp-content/uploads/2022/03/image.webp?resize=177,125 177w, /wp-content/uploads/2022/03/image.webp?resize=125,88 125w, /wp-content/uploads/2022/03/image.webp?resize=85,60 85w, /wp-content/uploads/2022/03/image.webp?resize=521,367 521w, /wp-content/uploads/2022/03/image.webp?resize=50,35 50w\" sizes=\"(max-width: 680px) 100vw, 680px\" /><p id=\"caption-attachment-475651\" class=\"wp-caption-text\">SafeBaseのセキュリティ監査ポータル(画像クレジット:SafeBase)</p></div>\n<p>ヤン氏によれば、彼らは<a target=\"_blank\" href=\"http://securityscorecard.com/\" rel=\"noopener\">SecurityScorecard</a>(セキュリティスコアカード)のようなセキュリティスコアリング会社と競合することはあまりなく、一緒に仕事をしているという。セキュリティスコアは、企業がベンダーのセキュリティを判断する際に利用できる情報の1つだが、SafeBaseはそのスコアの背後にある詳細を提供すると、ヤン氏は述べている。</p>\n<p>SafeBaseのアイデアは人気を博している。2020年に起ち上げた会社でありながら、すでに100社以上が同社の製品を利用しており、ヤン氏によれば、ARR(年間経常収益)はこの半年で7倍に成長したという。同社の顧客にはLinkedIn(リンクトイン)、Snyk(スニーク)、Instacart(インスタカート)などが含まれている。</p>\n<p>このスタートアップ企業の従業員数は最近、ほぼ倍増して15人になったが、新たな資本調達でさらに雇用を増やす計画があるという。多様性は成長企業にとって単なるチェックボックスではなく、コアバリューであると、ヤン氏はいう。多くの企業がシリーズBに入るまで人事部長を雇用しないのに対し、SafeBaseは早期にその役割に投資したことで、多様な人材の採用を推進することができたと、ヤン氏は語っている。</p>\n<p>同社のマーケティングを担当するMacy Mody(メイシー・モディ)氏は、多様性は採用から始まると語る。「私たちの場合、採用候補者のパイプラインに起因するところが大きいと思います。私たちはその役割に最適な人材を採用する必要がありますが、その役割に最適な人材とは誰でもあり得るのです。では、どうすればさまざまな種類の候補者を引き寄せることができるでしょうか。私たちはそのために、さまざまな場所に求人情報を掲載することに力を入れ、偏りのない採用を心がけています」と、モディ氏は説明する。</p>\n<p>同社は米国時間3月10日、1800万ドル(約21億3000万円)のシリーズA資金調達を発表した。この投資ラウンドはNew Enterprise Associates(ニュー・エンタープライズ・アソシエイツ)が主導し、Y Combinator(Yコンビネーター)とComcast Ventures(コムキャスト・ベンチャーズ)が参加した。</p>\n<p><small>画像クレジット:Golden Sikorka / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/10/safebase-bags-18m-series-a-to-speed-up-vendor-security-auditing-process/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ron Miller、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1054970084.webp",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475650,
            "categoryId": 8520589,
            "category": {
              "id": 8520589,
              "slug": "security",
              "name": "セキュリティ",
              "description": "情報セキュリティ、コンピュータセキュリティ、プライバシー保護などセキュリティ関連の最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475650,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475650,
            "tagId": 366273910,
            "tag": {
              "id": 366273910,
              "slug": "enterprise",
              "name": "法人 / エンタープライズ(用語)",
              "description": "エンタープライズに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475505,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475505,
        "slug": "2022-03-11-byju-raveendran-invests-400-million-in-his-edtech-startup",
        "createdAt": "2022-03-14T00:45:30.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-13T22:57:28.000Z",
        "title": "インドのEdTech大手Byju’sが約940億円調達、その半分を創業者が出資",
        "content": "<p>インドの大手EdTech企業Byju&#8217;s(バイジューズ)の共同創業者兼CEOで、社名にもなっているByju Raveendran(バイジュー・ラヴェンドラン)氏が、このスタートアップ企業に4億ドル(約470億円)を出資したと、両者が現地時間3月11日に発表した。</p>\n<p>この出資は、Byju&#8217;sが確保した8億ドル(約940億円)規模の資金調達ラウンドの一部であると、ベンガルールに本社を置く同スタートアップは述べている。</p>\n<p>Sumeru Ventures(スメル・ベンチャーズ)、Vitruvian Partners(ヴィトルヴィアン・パートナーズ)、BlackRock(ブラックロック)もこの(同社が名前を明かしていない)ラウンドに出資。このラウンドにおけるByju&#8217;sの企業価値評価は約220億ドル(約2兆7000億円)になると、この件に詳しい人物は述べている。この資金調達は、Byju&#8217;sが新規株式公開を申請すると広く予想されている時期に行われた。</p>\n<p>この新たな出資により、ラヴェンドラン氏とその家族の持ち株比率は25%になる。これはインドのスタートアップコミュニティでは珍しい例だ。</p>\n<p>「私たちは、有機的および無機的なルートで、インドと国際市場で加速度的な成長に立ち会い続けています」と、ラヴェンドラン氏は語っている。</p>\n<p>「私たちは、学ぶ人々の生涯価値を創造するという長期目標を達成することに、ずっと重点を置いています。そのために私たちは、学生が将来どのような学び、学んだことを忘れ、再び学び直すかを、想像したり想像し直したりしています。私たちの願望は、何十年も続くものを構築することです」。</p>\n<p>Byju&#8217;sは、大学や大学院レベルのコースを目指す学生向けに設立されたが、近年は学校に通うすべての学生を対象にサービスを拡大している。ユーザー数は、2021年初めに公表された約8000万人から増加し、現在は1億5000万人を集めているという。同社によれば、年更新率は86%、NPS(ネットプロモータースコア、顧客ロイヤルティ、顧客の継続利用意向を数値化したもの)は76を示すという。</p>\n<p>新型コロナウイルス感染流行が始まって以来、25億ドル(約2900億円)以上を調達してきたByju&#8217;sは、最近調達した資金のかなりの部分を企業買収に投じている。2021年は、200以上のセンターを持つ高校生向け受験指導機関最大手の<a target=\"_blank\" href=\"/2021/04/06/2021-04-05-byjus-acquires-indian-tutor-aakash-for-nearly-1-billion/\" rel=\"noopener\">Aakash(アーカシュ)を10億ドル(1170億円)近い金額で買収</a>した。また、Great Learning(グレート・ラーニング)、米国を拠点とする<a target=\"_blank\" href=\"/2021/07/22/2021-07-21-byjus-acquires-reading-platform-epic-for-500-million-in-us-expansion-push/\" rel=\"noopener\">Epic</a>(エピック)、子ども向けコーディングプラットフォームの<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/16/byjus-acquires-coding-platform-tynker-for-200-million-in-us-expansion-push/\" rel=\"noopener\">Tynker</a>(ティンカー)を、現金と株式取引で合わせて12億ドル(約1400億円)超で買収している。</p>\n<p><small>画像クレジット:Paul Yeung / Bloomberg / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/11/byju-raveendran-invests-400-million-in-his-edtech-startup/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Manish Singh、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/10/Byjus.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475505,
            "categoryId": 681521882,
            "category": {
              "id": 681521882,
              "slug": "edtech",
              "name": "EdTech",
              "description": "ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)、VR(仮想現実)などを活用する新しい教育サービスや、タブレット端末などを使った教育プログラムなど、教育に関するテクノロジーの最新ニュース。EdTech(エドテック)"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475505,
            "tagId": 365840503,
            "tag": {
              "id": 365840503,
              "slug": "india",
              "name": "インド(国・地域)",
              "description": "インドに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475505,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475505,
            "tagId": 681519953,
            "tag": {
              "id": 681519953,
              "slug": "byjus",
              "name": "Byju’s(企業)",
              "description": "オンライン学習プラットフォームを運営するインドのスタートアップ。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475497,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475497,
        "slug": "2022-03-10-slingshot-aerospace-raises-25m-to-help-satellite-operators-navigate-space-traffic",
        "createdAt": "2022-03-14T00:00:27.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-13T22:41:58.000Z",
        "title": "Slingshot Aerospaceは宇宙ごみなどの状況情報をリアルタイムで提供、衛星打ち上げ・運用業者を支援",
        "content": "<p>地球低軌道が少々混雑してきた。小規模な人工衛星の急増や、SpaceX(スペースX)の「Starlink(スターリンク)」のような大規模な衛星コンステレーション、そして増え続ける宇宙ごみの間を抜けて、軌道上に衛星を打ち上げ・運用することは、まるでゲームの「フロッガー」をプレイしているように感じられるかもしれない。国際宇宙ステーションでさえ、定期的に「回避行動」をとらなければならないのだ。</p>\n<p>宇宙にはまだ、たくさんのスペースがある。しかし、10億ドル(約1170億円)もする人工衛星を運用するのであれば、衝突しないように全力を尽くしたいと思うだろう。</p>\n<p>そこで、<a target=\"_blank\" href=\"https://slingshotaerospace.com/\" rel=\"noopener\">Slingshot Aerospace</a>(スリングショット・エアロスペース)の出番となるわけだ。同社は複数のソースからのデータを統合し、デジタルで構成した宇宙の全体的状況をリアルタイムで提供することで、宇宙事業者がその資産をより良く管理・保護できるようにする。2017年にMelanie Stricklan(メラニー・ストリックラン)氏、David Godwin(デイヴィッド・ゴドウィン)氏、Thomas Ashman(トーマス・アッシュマン)氏によって設立され、現在はテキサス州オースティンとカリフォルニア州エルセグンドを拠点とするこの会社は、2部構成のシリーズA投資ラウンドで3460万ドル(約40億6000万円)を調達。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/10/29/slingshot-aerospace-raises-8-million-to-help-it-expand-to-new-verticals-beyond-aerospace-and-defense/\" rel=\"noopener\">2020年10月に調達した約800万ドル(約9億4000万円)</a>に続き、第2回目となる2500万ドル(約29億3000万円)相当の資金調達を、米国時間3月10日に発表した。</p>\n<p>「宇宙には無限のチャンスがあります。しかし、我々は宇宙飛行の運用と軌道上の資産管理を最適化するために、デジタル革命を起こさなければなりません」と、ストリックラン氏は同社のプレスリリースで述べている。「宇宙を利用するすべての組織に、よりアクセスしやすく、タイムリーで、正確なリスク軽減を提供するためには、リアルタイムの調整が必要です」。</p>\n<p>今回の2回目のラウンドは、Draper Associates(ドラッパー・アソシエイツ)とATX Venture Partners(ATXベンチャー・パートナーズ)が主導し、Edison Partners(エジソン・パートナーズ)、Embedded Ventures(エンベデッド・ベンチャーズ)、Valor Equity Partners(ヴァロー・エクイティ・パートナーズ)、Lockheed Martin Ventures(ロッキード・マーティン・ベンチャーズ)などが追加出資した。Slingshot Aerospaceの顧客には、NASA、Boeing(ボーイング)、Lockheed Martin(ロッキード・マーティン)、U.S. Space Force(米国宇宙軍)、U.S. Air Force(米国空軍)、OneWeb(ワンウェブ)などが含まれる。</p>\n<p>「宇宙状況認識という分野は今、破壊的革新を起こすための機が熟しています。現在のところ、衛星オペレーターが実用的な情報をもとにリアルタイムで通信・協力し、軌道上のコンジャンクションを解決したり、グローバルな宇宙認識を最適化するための共通プラットフォームは存在していません」と、とEdison PartnersのDaniel Herscovici(ダニエル・ハースコビッチ)氏は述べている。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"/2021/06/04/2021-06-03-leolabs-raises-65m-series-b-for-its-satellite-monitoring-and-collision-detection-service/\" rel=\"noopener\">LeoLabs</a>(レオラブズ)や<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/10/13/kayhan-space-wants-to-be-the-air-traffic-control-service-for-satellites-in-space/\" rel=\"noopener\">Kayhan Space</a>(カイハン・スペース)など、他の宇宙関連のスタートアップ企業は、この評価に同意しないかもしれないが、Slingshotが魅力的なプラットフォームを構築していることは確かだ。</p>\n<p>「Slingshot Beacon(スリングショット・ビーコン)」は「商業、政府、民間の顧客を1つのプラットフォームで結びつけ、衛星やその他の資産をより良く設計、管理、保護できるようにし、リスクを軽減し、すべての宇宙飛行事業者が安全で信頼できる運用を確実に行えるようにする」軌道衝突回避プログラムだ。その試験運用プログラムは、現在地球低軌道にある衛星コンステレーションの半分以上を占める資産を所有する参加者たちとともに、2021年8月に開始された。</p>\n<p>同社が新たに調達した資金は、Slingshot Beaconをはじめとする製品の商業化のために使われる他、今後1年間で40人の従業員を新規雇用するために充てられる予定だ。2030年までに約11万5000個の衛星が打ち上げられると予想される中で、これはかなり良い、そしてかなり必要とされるアイデアだろう。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://slingshotaerospace.com/\" rel=\"noopener\">Slingshot Aerospace</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/10/slingshot-aerospace-raises-25m-to-help-satellite-operators-navigate-space-traffic/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Stefanie Waldek、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Slingshot-Beacon-screenshot.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475497,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475497,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475497,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475497,
            "tagId": 692506797,
            "tag": {
              "id": 692506797,
              "slug": "space-debris",
              "name": "スペースデブリ / 宇宙ごみ(用語)",
              "description": "スペースデブリ / 宇宙ごみに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475497,
            "tagId": 692514344,
            "tag": {
              "id": 692514344,
              "slug": "leo",
              "name": "LEO / 地球低軌道(用語)",
              "description": "Low Earth Orbit"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475484,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475484,
        "slug": "2022-03-12-the-startup-growth-paradox",
        "createdAt": "2022-03-13T23:00:21.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-14T01:00:27.000Z",
        "title": "スタートアップ成長のパラドックス",
        "content": "<p>スタートアップとマーケットの週刊ニュースレター、The TechCrunch Exchangeへようこそ。</p>\n<p>ようこそ!やっと週末を迎えることができた。ゆっくり休んで充電できただろうか。今回の内容はかなりリラックスしたものなので、コーヒーをもう1杯注いで、始めることにしよう。</p>\n<h2>スタートアップ成長のパラドックス</h2>\n<p>先週、The Exchangeは<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/11/a-rough-draft-of-the-teetering-startup-landscape-heading-into-q2/\" rel=\"noopener\">スタートアップ市場の変化に注目して</a>、多くの時間を費やした。要約すると、投資家によってテック系企業の価値が見直されつつあり、2020年、2021年のスタートアップの業績を牽引した投機的な熱意が一部消滅したように見える。</p>\n<p>多くの企業にとって、目先の市場の変化は大きな問題ではない。スタートアップの中には、十分な資金力を持ち、持続的な成長によって収益率の低下を回避できる企業もある。これを<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/17/as-databricks-reaches-800m-arr-a-fresh-look-at-its-last-private-valuation/\" rel=\"noopener\">Databricks(データブリックス)戦略</a>と呼ぼう。</p>\n<p>しかし、かなりの数のスタートアップ企業にとっては、状況は違っているようだ。ここで、いくつかのスタートアップ企業が現在置かれている状況を紹介する。</p>\n<ul>\n<li>市場が投機資金で潤っていたおかげで、2020 / 2021年には歴史的な大型ラウンドを行えた</li>\n<li>採用や成長目標に多額の費用を投じ、2021年末までの厳しいバーンレートを招いた</li>\n</ul>\n<p>2022年を乗り切るだけの資金があるスタートアップならば、これはそれほど悪い状況ではない。そのころには、テック系企業に対する評価額も多少回復しているかもしれない。しかし、2021年かつてないほどのスピードで資金調達が行われた(時には1年で3回も資金調達が行われた!)一部のスタートアップは、どうしても現金消費型の成長目標に縛られることになった。つまり、多くの企業にとって、2020年、2021年の調達だけでは、この1年を乗り切れないということだ。</p>\n<p>つまり、タイミングはどうであれ、もう一度調達しなければならないということになる。</p>\n<p>そのため、一部の新興ハイテク企業は、2つの選択肢に迫られている。すなわち、よりゆっくりと成長してキャッシュを節約するか、キャッシュを気にせずペダルを踏み続けるかだ。厄介なのは、どちらを選んでもうまくいかない可能性があることだ。それはなぜか?</p>\n<ul>\n<li>急成長を期待されて多額の資金を調達したにもかかわらず、その期待に応えられないまま次のラウンド評価に向かおうとしているスタートアップの場合は、現金を節約するために成長を制限することができる。これにより、次の資金調達までの時間稼ぎをすることができる。しかし、このやり方では成長率が損なわれ、株式の価値が大きく下がり、資金調達の選択肢が狭まり、長期的な存続が疑問視されることになる</li>\n<li>一方、急成長を期待されて多額の資金を調達したにもかかわらず、その期待に応えられないまま次のラウンド評価に向かおうとしているスタートアップが、現金残高を逼迫させながら、成長のための支出を続ける可能性もある。キャッシュの持続時間は短くなるが、成長率は比較的高く保たれる。しかし、投資家が収益性を重要視している以上、単に成長するための支出は、悪魔に魂を売ることになってしまうかもしれない</li>\n</ul>\n<p>これが、スタートアップの成長パラドックスだ。過去にさかのぼって、より少額の資金調達を行うか、あるいはより限定的な成長計画を立てることができればこの問題は解決できる。しかし、2021年はスタートアップの資金調達が量的にも価格的にも記録的だったことを考えると、もはや少々手遅れだろう。</p>\n<p>スタートアップがこの課題にどのように対処するかが、2022年の重要なシナリオになると思われる。</p>\n<p>良いこともある。投資家は、既存の投資先企業に対して、フラットな価格で追加ラウンドへ資金提供を行うことができる。スタートアップにとっては希釈化になるが、致命的なものではない。そして、スタートアップは、製品主導の成長など、よりコストの低い成長方法を活用することで、恐ろしい営業損失を出さずに良好な収益拡大を達成することを期待できる。</p>\n<p>しかし、たとえそのような市場参入の方法を最初から念頭に置いて設立された企業であっても、そうした成長形態を追求することは容易ではない。販売スタッフを増やしたり広告費を増やしたりせずに新しいトップラインを獲得する方法をすぐにでも見つけたいスタートアップにとって、これまでの販売方法から転換する方法ははっきりしない。</p>\n<p>最近、悪いニュースばかりで申し訳ないが、2021年のパーティーへの強壮剤だと思って欲しい。これが二日酔いというものだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Nigel Sussman</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/12/the-startup-growth-paradox/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Alex Wilhelm、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2021/12/NSussman_Techcrunch_Exchange-multicolor.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475484,
            "categoryId": 366273877,
            "category": {
              "id": 366273877,
              "slug": "fundings-vc-angel",
              "name": "VC / エンジェル",
              "description": "VC(ベンチャー・キャピタル)やエンジェルなど、資金調達、投資関連の最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475484,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475484,
            "tagId": 366276736,
            "tag": {
              "id": 366276736,
              "slug": "investor",
              "name": "投資家 / エンジェル投資家(用語)",
              "description": "投資家 / エンジェル投資家に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475484,
            "tagId": 692511890,
            "tag": {
              "id": 692511890,
              "slug": "the-techcrunch-exchange",
              "name": "The TechCrunch Exchange(連載)",
              "description": "The TechCrunch Exchangeの記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475449,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475449,
        "slug": "2022-03-11-diamond-age-series-a",
        "createdAt": "2022-03-12T09:15:35.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-12T09:02:32.000Z",
        "title": "1カ月ほどで家を建てる住宅建築ロボットのDiamond Ageが58.6億円を調達",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"/2021-08-19-diamond-age-raises-8m-to-speed-up-home-construction-with-3d-printing-and-robot-arms\" rel=\"noopener\">ほんの数カ月前に800万ドル(約9億4000万円)の資金調達</a>行ったばかりの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.diamondage3d.com/\" rel=\"noopener\">Diamond Age</a>(ダイアモンド・エイジ)が、シリーズAで5000万ドル(約58億6000万円)を追加調達した。3Dプリントとロボット技術を利用して住宅建設を大幅に安くすることで、住宅購入をより手頃なものにするというのが同社のミッションだ。</p>\n<p>自らを「フルスタックロボットスタートアップ」と称する同社は、新しい家を建てる際の半分以上の手作業を置き換えるためのツール群を開発している。ロボットという要素を加えることで、これまで9カ月かかっていた住宅建築が、1カ月ほどで可能になるという副次的な効果もある。同社は現在、外装、内装、屋根構造のコンクリートをプリントできる3Dプリントシステムに加えて、26種類のエンドオブアーム型ロボットツール(ロボットアームの末端に装着してさまざまな仕事をこなすアタッチメント)を開発している。</p>\n<p>今回の資金調達ラウンドは、科学駆動型イノベーションに注力する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.primemoverslab.com/\" rel=\"noopener\">Prime Movers Lab</a>が主導した。Prime Movers Labは特にエネルギー、交通、インフラ、製造、人間能力拡大、アグテック(アグリテック)などを革新するスタートアップに注目している。シード投資家のAlpaca VC、Dolby Family Ventures、Timber Grove Ventures、Gaingelsは予定以上の投資を行い、Signia Venture Partnersも加わった。創業者たちにとって最も心強いのは、このラウンドの20%が住宅建設業者や土地開発業者であったことだろう。潜在顧客がスタートアップに投資するのは、常に良い兆候だ。</p>\n<p>前回の資金調達以来、 Diamond Age は技術を大幅に進歩させ、今では2000平方フィート(約190平方メートル、約56.2坪)の平屋をプリントして建てることができるようになった。それが投資家たちを感心させ、評価額の火種に油を注いだことは間違いない。同社は最初のスケールアップ版システムと、フルスケールの3ベッドルーム+2バスルームの住宅を、予定より4カ月早く11カ月で納入した。このことによって、同社はとある全国規模の住宅メーカーと初めて契約を結んだ。この契約について、創業者たちは今のところ詳細を明らかにしていないが、この発表も近いうちに行われることだろう。</p>\n<p>Diamond Ageの共同創業者Jack Oslan(ジャック・オスラン)CEOは次のように語る。「手頃な価格の住宅建設は、世界規模で人々に影響を与えています。初めて家を購入する人の平均年齢が20歳代半ばから30歳代半ばに移行したことで、賃貸物件に対する需要が高まりました。このため『質の高い住宅』を求めて賃貸市場の競争がますます激化しています。次世代の住宅購入者が最初の家に早く住めるようにすることは、住宅のエコシステム全体に貢献することができます」。</p>\n<p>Diamond Ageは、ロボットプラットフォームの拡張を継続し、住宅建設に関する初の商業契約を締結するために調達した資金を使用する。同社はすでに規模を2倍に拡大し、さらにエンジニアリングと製作の人材を加える予定だ。これにより、Diamond Ageは住宅メーカーやデベロッパーと提携し、住宅建築をオンデマンド商品化し、住宅購入者が住宅を設計する際に、より多くの選択肢を提供することができるようになる。</p>\n<p>Prime Movers LabのジェネラルパートナーであるSuzanne Fletcher(スザンヌ・フレッチャー)氏は「Diamond AgeのFactory in the Field(ファクトリー・イン・ザ・フィールド、現場の工場)システムは、建設現場に自動化をもたらし、住宅建設業界における大規模な労働力不足を補うものです」と述べている。「ジャックと彼のチームは、予定より早く重要なマイルストーンを達成し、分譲住宅の建設方法を変革していましたので、Prime Movers Labが同社のシリーズAを主導することは容易に決断できました」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Diamond Age</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/11/diamond-age-series-a/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Haje Jan Kamps、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/DIAMOND_AGE_20210472.2_larger.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475449,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475449,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475449,
            "tagId": 366274320,
            "tag": {
              "id": 366274320,
              "slug": "construction",
              "name": "建設 / 建築(用語)",
              "description": "建設、建築に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475449,
            "tagId": 692509048,
            "tag": {
              "id": 692509048,
              "slug": "3d-printing",
              "name": "3Dプリント / 積層造形 / 3Dプリンター(用語)",
              "description": "3Dプリント / 3Dプリンターに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475449,
            "tagId": 692511185,
            "tag": {
              "id": 692511185,
              "slug": "housing",
              "name": "住宅(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475449,
            "tagId": 692514804,
            "tag": {
              "id": 692514804,
              "slug": "diamond-age",
              "name": "Diamond Age(企業)",
              "description": "ロボットと3Dプリントを組み合わせて利用し、住宅建設の工期と工数を大幅に減らすことを目指すベイエリアの企業。"
            }
          },
          {
            "postId": 475449,
            "tagId": 692515871,
            "tag": {
              "id": 692515871,
              "slug": "robot-arm",
              "name": "ロボットアーム(用語)",
              "description": "ロボットアームに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475392,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475392,
        "slug": "2022-03-10-100ms-secures-20m-to-power-next-generation-of-live-video-apps",
        "createdAt": "2022-03-12T02:45:43.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-12T02:07:01.000Z",
        "title": "次世代ライブビデオアプリを強化する100msが約23.3億円を調達",
        "content": "<p>インドと米国を拠点とするライブビデオ会議インフラのスタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://www.100ms.live/\" rel=\"noopener\">100ms(ハンドレットエムエス)</a>は、次世代のライブビデオアプリを強化するため、シードラウンドの完了からわずか5カ月でシリーズA資金として2000万ドル(約23億3900万円)を調達した。</p>\n<p>この最新ラウンドは、Falcon Edge(ファルコン・エッジ)のAlpha Wave Incubation(アルファ・ウェーブ・インキュベーション)が主導し、Matrix Partners India(マトリックス・パートナーズ・インド)とLocalGlobe(ローカルグローブ)が参加、既存の投資家であるAccel(アクセル)とStrive.vc(ストライブ・ドット・ブイシー)が参加した。これにより、スタートアップが調達した資金の総額は2450万ドル(約28億6400万円)に達した。</p>\n<p>同スタートアップは2020年、創業者らがインド最大のストリーミングプラットフォームの1つであるDisney+ Hotstar(ディズニープラス・ホットスター)で、インドの人々が試合のライブ中継を見られるようにする機能を開発していたときに設立された。</p>\n<p>「アプリで試合を観戦し、友人とビデオ通話をして試合を楽しめる機能を構築することにしたのです。私たちは、世の中にあるソリューションを調査し、既存のビデオSDKプロバイダーの1つを選びました。その製品を動かすのに4カ月かかりました」。と100msの共同設立者でCEOの<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/guptakshi/?originalSubdomain=in\" rel=\"noopener\">Kshitij Gupta(クシティジ・グプタ)</a>氏は、TechCrunchの取材で語っている。</p>\n<p>「ほとんどの体験がライブ動画で行われるようになっているこの新しい世界で、このようなプラットフォームを構築するのに4カ月もかかるべきではない」と、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/aniketbehera/\" rel=\"noopener\">Aniket Behera(アニケット・ベヘラ)</a>氏と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.linkedin.com/in/sarveshdvd/\" rel=\"noopener\">Sarvesh Dwivedi(サルベシュ・ドゥイヴェディ)</a>氏と共同でこのスタートアップを設立したグプタ氏は付け加えた。</p>\n<p>彼らは、アプリを構築する際に経験した課題から、Edtech、フィットネス、エンターテインメントなどの企業が、アプリ内にZoomのようなビデオ会議を追加し、YouTubeやFacebookなどのプラットフォームでアプリをライブ配信できるようなライブビデオインフラを構築することを思いついたのだそうだ。</p>\n<p>この新製品は約9カ月かけて構築され、企業が1週間以内に統合、テスト、本稼働できるようにした。</p>\n<p>「この技術は非常に複雑なため、ほとんどの企業が構築を敬遠しています。私たちは、アプリケーションにビデオを埋め込もうとするすべての企業をターゲットにしています。オンライン授業を行うEdtech企業、医師と患者の間で遠隔健康診断を行う医療技術企業、ライブコマースで何かを販売する企業などです」と、Disney+ Hotstarに参加する前にMeta(メタ)でライブ映像インフラのプロダクトマネージャーとして働いていたグプタ氏は語っている。</p>\n<div id=\"attachment_475393\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475393\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475393 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"575\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=300,168 300w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=768,431 768w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=1024,575 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=1536,863 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=712,400 712w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=738,414 738w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=223,125 223w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=983,552 983w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=600,337 600w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/100ms-App-Screenshot-5.png?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-475393\" class=\"wp-caption-text\">100msは、アプリケーションに動画を埋め込むことを検討しているEdtech、遠隔医療企業、フィットネススタジオなどの企業をターゲットにしている(画像クレジット:100ms)</p></div>\n<p>同スタートアップは、前四半期に20倍の成長を遂げた。ライブ体験が主流になりつつある現在でも、製品に対する需要は増え続けている。2021年8月以降、EdtechプラットフォームのFrontRow(フロントロウ)とWhiteHat Jr(ホワイトハット・ジュニア)、クリエイターとブランドのためのプラットフォームCircle(サークル)、ライブイベントプラットフォームのPaytm Insider(ペイティーエム・インサイダー)、コミュニティアプリのKutumb(クトゥンブ)など、2200以上の企業が100msのライブ動画インフラを使ってきた。</p>\n<p>「このような加速が起こったのは、私たちが統合時間を短縮したためだと思います。また、企業がライブイベントをカスタマイズして、よりリアルな体験ができるようなテンプレートモデルを構築したいと考えています。【略】私たちにとって、これはメタバースの旅の始まりになると感じています」。と、銀行員としてキャリアをスタートさせた後、技術者としてのキャリアに転向したベヘラ氏は語った。</p>\n<p>この資金をもとに、ビデオエンジニアを増員するなどしてチームを拡大し、製品にさらなる機能を追加していく予定だ。</p>\n<p>Falcon EdgeのAlpha Wave IncubationのマネージングディレクターであるAnirudh Singh(アニルード・シン)氏は、100msへの投資について「オンラインジムは、トレーニング者に怪我の報告を求めています。オンライン・スクールは、ライブラリを追加し、1対1のヘルプ・セッションを可能にしています。オンラインデート・アプリは、より良いバーチャル・ミーティング体験を再現しようとしています。100msは、ビデオストリーミングの複雑さを抽象化することで、製品メーカーが洗練されたライブエンゲージメントを想像し、追加することを可能にします」。と語っている。</p>\n<p><small>画像クレジット:100ms</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/10/100ms-secures-20m-to-power-next-generation-of-live-video-apps/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Annie Njanja、翻訳:Akihito Mizukoshi)</p>\n",
        "authorId": 191889571,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/100ms-Founders-2.jpg",
        "author": {
          "id": 191889571,
          "slug": "akihito-mizukoshi",
          "name": "Akihito Mizukoshi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475392,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475392,
            "tagId": 365840503,
            "tag": {
              "id": 365840503,
              "slug": "india",
              "name": "インド(国・地域)",
              "description": "インドに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475392,
            "tagId": 366270802,
            "tag": {
              "id": 366270802,
              "slug": "fitness",
              "name": "フィットネス / エクササイズ / ワークアウト(用語)",
              "description": "フィットネスやエクササイズ、ワークアウトに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475392,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475392,
            "tagId": 366273896,
            "tag": {
              "id": 366273896,
              "slug": "education",
              "name": "教育 / EdTech / エドテック(用語)",
              "description": "教育 / EdTech / エドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475392,
            "tagId": 366273970,
            "tag": {
              "id": 366273970,
              "slug": "livestreaming",
              "name": "ライブ動画配信 / ライブストリーミング(用語)(用語)",
              "description": "ライブ動画配信 / ライブストリーミング(用語)に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475392,
            "tagId": 366280829,
            "tag": {
              "id": 366280829,
              "slug": "entertainment",
              "name": "エンターテインメント(用語)",
              "description": "エンターテイメントに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475408,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475408,
        "slug": "2022-03-10-zeta-surgical-comes-out-of-stealth-with-a-5-75m-raise-for-image-guided-surgery",
        "createdAt": "2022-03-12T01:30:21.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-12T00:42:44.000Z",
        "title": "新たな画像誘導手術システムを開発するZeta Surgicalがステルス状態から脱して約6億円調達",
        "content": "<p>ボストンを拠点とするZeta Surgical(ゼータ・サージカル)は先日、ステルス状態から脱して520万ドル(約6億800万円)のシード資金調達を発表した。Innospark Ventures(イノスパーク・ベンチャーズ)が主導したこのラウンドは、Y Combinator(Yコンビネーター)とPlug and Play Ventures(プラグ・アンド・プレイ・ベンチャーズ)による25万ドル(約2900万円)のプレシードに続くものだ。</p>\n<p>同社はハーバード大学の卒業生であるJose Maria Amich(ホセ・マリア・アミチ)氏とRaahil Sha(ラーヒル・シャ)氏によって設立された。2人は現在、それぞれCEOとCTOを務めており、ハーバード大学医学部脳神経外科のWilliam Gormley(ウィリアム・ゴームリー)准教授が、同社の最高医学責任者を務めている。同チームのミッションは、手術室の外で行われる非侵襲的な手術のために、正確な医用画像ガイダンスを提供することだ。</p>\n<p>脳室開窓術や神経調節療法のような手術を手始めに、Zetaは同社の技術で精度を上げ、参入障壁が低くなることによって、このような手術の民主化に貢献できると信じている。</p>\n<p>「現在、我々が行う手術には、一方では精度が高くても、もう一方に属する手術では技術や精度がまったく欠如しているという、大きな断絶があるのです」とゴームリー氏は語る。「その理由は、これらの手術の多くが緊急手術であり、そのような患者を治療するための技術が開発されていないためです。アミチ氏とシャ氏がもたらすものは、そんな技術です。この技術は、覚醒していて実際に動き回る患者に対し、外科医チームをほとんど必要とせず、非常に迅速に適用することができます。私たちがやっていることとどれだけ違うか、言葉で言い表すのは難しいですが、このような患者にとっては、すべてがまったく変わるということです」。</p>\n<div id=\"attachment_475409\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475409\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-475409\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=1536,1024 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/IMG_0307.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-475409\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Zeta Surgical</p></div>\n<p>Zetaシステムには、外科医が低侵襲な脳外科手術をピンポイントで行えるように支援するために開発された複合現実(MR)オーバーレイが含まれている。これに組み合わて使用できるオプションのロボットシステムは、市販のDoosan(ドゥサン)製ロボットアームを独自のツールと組み合わせて活用している。同チームは、医用画像の表示にヘッドセットも検討したが、このような手術にはまだ十分な精度がないと判断したという。</p>\n<p>「ARとVRの両方のシステムを検討しましたが、現時点では標準的な画面ベースのナビゲーションを採用することにしました」と、シャ氏は語る。「その理由のいくつかは技術的なものです。ARシステムには、外科手術に必要な精度が足りません。ARのオーバーレイは可能ですが、脳外科手術に必要なほどの精度は得られません」。</p>\n<p>このスタートアップ企業は、北米とアジア市場を視野に入れ、ボストンとシンガポールで非臨床試験を完了させている。2022年前半にはFDA(米国食品医薬品局)への承認申請を予定しており、承認が計画通りに進めば、夏の終わりから秋の初めには製品版を発売する予定だ。</p>\n<p>「今回のラウンドでは、2つの主要な成果物に焦点を合わせています。1つは、装置の初期臨床試験を完了させることです」と、アミチ氏は説明する。「そしてもう1つは、FDAの認可を受け、認可後に最初の臨床パートナーたちとともに実用を開始することです。それには何よりもまず、システムの完全な開発を完了させなくてはなりません。そのためにはチームを拡大し、新しいエンジニアを雇用することが必要になります」。</p>\n<p><small>画像クレジット:Zeta Surgical</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/10/zeta-surgical-comes-out-of-stealth-with-a-5-75m-raise-for-image-guided-surgery/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/08-Zeta-FRONT-SIDE-Black-BKG.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475408,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475408,
            "tagId": 8225,
            "tag": {
              "id": 8225,
              "slug": "boston",
              "name": "ボストン(国・地域)",
              "description": "ボストンに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475408,
            "tagId": 366270781,
            "tag": {
              "id": 366270781,
              "slug": "medical",
              "name": "医療 / 治療 / MedTech / メドテック(用語)",
              "description": "医療 / 治療 / MedTech / メドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475408,
            "tagId": 366272115,
            "tag": {
              "id": 366272115,
              "slug": "mr",
              "name": "複合現実 / MR(用語)",
              "description": "Mixed Reality。混複合現実 / MRに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475408,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475408,
            "tagId": 366274199,
            "tag": {
              "id": 366274199,
              "slug": "harvard-university",
              "name": "ハーバード大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475408,
            "tagId": 366279702,
            "tag": {
              "id": 366279702,
              "slug": "surgery",
              "name": "手術(用語)",
              "description": "手術に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475318,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475318,
        "slug": "smg",
        "createdAt": "2022-03-11T08:20:06.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-11T08:20:06.000Z",
        "title": "メタバース・現実世界で企業・個人を問わず収入を得られるプラットフォームを開発するSuper Massive Globalが1.1億円調達",
        "content": "<p>メタバース空間・現実世界でNFTを誰もが活用し価値を発揮できるプラットフォーム開発を目指す<a target=\"_blank\" href=\"http://www.supermassiveglobal.com/\" rel=\"noopener\">Super Massive Global</a>(スーパー マッシブ グローバル)は3月10日、シードラウンドとして、第三者割当増資による1億1000万円の資金調達を2月18日に行ったことを発表した。引受先はCBCなど合計8社。2021年にZero-Tenなどから2回にわたる資金調達を受けており、累計調達額は2億5000万円となった。今回調達した資金は、プラットフォーム開発とパートナー企業との業務環境の整備にあてる。</p>\n<p>2020年9月設立のSuper Massive Globalは、「バーチャルと現実の境界線を無くす」ことをビジョンに掲げるスタートアップ企業。同社は、国境や人種・性別・文化、そして空間を超えて企業とユーザーといった誰もが楽しく生活をしながら収入や権利を持つことができる「Play to Earn」という世界観の実現を目指しているという。</p>\n<p>そのために、メタバース空間内でNFTを発行し、現実世界また誰でも活用可能とすることで、企業・個人どちらも収入を得られる新たなプラットフォームの開発を進めている。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-11-007-index.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475318,
            "categoryId": 365397055,
            "category": {
              "id": 365397055,
              "slug": "blockchain",
              "name": "ブロックチェーン",
              "description": "ブロックチェーン、デジタル通貨、暗号資産 / 仮想通貨に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475318,
            "tagId": 366270834,
            "tag": {
              "id": 366270834,
              "slug": "blockchain",
              "name": "ブロックチェーン(用語)",
              "description": "ブロックチェーンに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475318,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475318,
            "tagId": 692507344,
            "tag": {
              "id": 692507344,
              "slug": "metaverse",
              "name": "メタバース(用語)",
              "description": "メタバースに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475318,
            "tagId": 692509054,
            "tag": {
              "id": 692509054,
              "slug": "non-fungible-token",
              "name": "NFT / 非代替性トークン / クリプトアート(用語)",
              "description": "Non-Fungible Tokens(非代替性トークン)。仮想空間の土地やアート作品など有形・無形のさまざまなデジタル資産。"
            }
          },
          {
            "postId": 475318,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475318,
            "tagId": 692517516,
            "tag": {
              "id": 692517516,
              "slug": "super-massive-global",
              "name": "Super Massive Global(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475323,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475323,
        "slug": "cate-inc-fundraising",
        "createdAt": "2022-03-11T03:47:48.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-11T03:47:48.000Z",
        "title": "心臓リハビリ治療用アプリなどを開発するCaTeが1億円のシード調達、プロダクト開発と臨床研究を加速",
        "content": "<p>心臓リハビリ治療用アプリなどの開発を行う<a target=\"_blank\" href=\"https://cate.co.jp/\" rel=\"noopener\">CaTe</a>は3月10日は、シードラウンドとして、J-KISS型新株予約権の発行による1億円の資金調達を2021年12月に実施したと発表した。引受先はCoral Capital。調達した資金は、プロダクトの開発と臨床研究にあてる。また2022年3月、東京都より第二種医療機器製造販売業の許可を取得したと明らかにした。</p>\n<p>心疾患患者は超高齢化社会において年々増加する中、再入院・死亡率の減少のためには、心臓リハビリテーション(心臓リハビリ)が有効であることが知られている。実際に心臓リハビリを行うことで、例えば心不全患者における再入院率が約30%低下すると報告されているという。</p>\n<p>しかし日本では、心臓リハビリを実施可能な医療機関が限られていることや患者の通院負担などから、外来心臓リハビリへの参加率は約7%と低い。結果として心不全患者の多くが再入院を繰り返し、医療費負担が発生しているという。この課題を解決するため、遠隔心臓リハビリシステムの早期社会実装が望まれている。</p>\n<p>CaTeは、2020年3月の設立時から教育事業におけるiOS・Andoridアプリを含めたシステムを開発。その知見を活かし、外来心臓リハビリを自宅で行える心臓リハビリ治療用アプリの開発に取り組んでいる。同社アプリには、運動療法に加えて、日々のバイタルデータ共有、生活食事管理、AIによる通知・チャット機能などの行動変容を促す機能も採用しており、包括的心臓リハビリテーションを提供できるという。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-11-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475323,
            "categoryId": 337,
            "category": {
              "id": 337,
              "slug": "healthtech",
              "name": "ヘルステック",
              "description": "ヘルステック(HealthTech)。医療、健康、ヘルスケア、介護の分野におけるテクノロジーに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475323,
            "tagId": 4213,
            "tag": {
              "id": 4213,
              "slug": "apps",
              "name": "アプリ / モバイルアプリ(用語)",
              "description": "アプリ / モバイルアプリに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475323,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475323,
            "tagId": 366276352,
            "tag": {
              "id": 366276352,
              "slug": "heart",
              "name": "心臓(用語)",
              "description": "心臓に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475323,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475323,
            "tagId": 692517511,
            "tag": {
              "id": 692517511,
              "slug": "cate-inc",
              "name": "CaTe(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475200,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475200,
        "slug": "yuurea-fundraising",
        "createdAt": "2022-03-10T09:48:05.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-10T09:48:05.000Z",
        "title": "栄養価不足などを調べられる即時尿検査サービス開発のユーリアが5500万円調達、6月の製品リリース目指す",
        "content": "<p>尿検査キットと専用アプリで栄養価不足などを調べる「即時尿検査サービス」を開発中の<a target=\"_blank\" href=\"https://yuurea.com/\" rel=\"noopener\">ユーリア</a>は3月10日、第三社割当増資により約5500万円の資金調達を実施したことを発表した。引受先は、ミレイズ、秀インターなど。</p>\n<p>調達した資金は、2022年6月のサービスリリースを目指し、研究開発およびシステム開発の強化、それに伴う人材の採用を強化にあてる。またまずは今春、スポーツチームやアスリートに向けた検査キットのリリースを予定しているという。</p>\n<p>ユーリアは、「すぐわかるを、もっと身近に」をビジョンに掲げ、尿検査で体の状態を即時に解析することを目的に、東京大学との共同研究により起ち上げられたヘルスケア領域スタートアップ。独自バイオマーカーの研究による解析・計測技術、検出したデータをモニタリングするスマートフォンアプリを開発している。</p>\n<p>現在開発を進める尿検査サービスでは、尿中の成分に応答するバイオマーカーを編み出し、検査キットとスマートフォンアプリを使い3ステップでアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの成分を検出できるという。誰もが「低コスト・簡便・迅速」に尿から体の状態をモニタリングできる世界を実現するとしている。<img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-475202\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub1-2.png?w=1024\" alt=\"栄養価不足などを調べられる即時尿検査サービス開発のユーリアが5500万円調達、6月の製品リリース目指す\" width=\"1024\" height=\"266\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub1-2.png 1048w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-2.png?resize=300,78 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-2.png?resize=768,199 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-2.png?resize=1024,266 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-2.png?resize=400,104 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-2.png?resize=738,192 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-2.png?resize=640,166 640w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-2.png?resize=220,57 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-2.png?resize=281,73 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-2.png?resize=250,65 250w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-2.png?resize=125,32 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-2.png?resize=600,156 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub1-2.png?resize=50,13 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n",
        "authorId": 191889578,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 191889578,
          "slug": "satokosato",
          "name": "Satoko Sato",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475200,
            "categoryId": 337,
            "category": {
              "id": 337,
              "slug": "healthtech",
              "name": "ヘルステック",
              "description": "ヘルステック(HealthTech)。医療、健康、ヘルスケア、介護の分野におけるテクノロジーに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475200,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475200,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 475200,
            "tagId": 692517508,
            "tag": {
              "id": 692517508,
              "slug": "yuurea",
              "name": "ユーリア(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475167,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475167,
        "slug": "2022-03-09-menlo-micro-series-c",
        "createdAt": "2022-03-10T06:15:58.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-10T06:03:22.000Z",
        "title": "トランジスタ以来の大発明?Menlo Microsystemsのスイッチはあなたが触れる全デバイスの電力供給を変える",
        "content": "<p>従来の電気技術者は、信頼性が低くて遅い大電力スイッチか、大電力は扱えないが高速・高精度なスイッチのどちらかを選択しなければならなかった。<a target=\"_blank\" href=\"https://menlomicro.com/\" rel=\"noopener\">Menlo Microsystems</a>(メンロー・マイクロシステムズ)のIdeal Switch(アイデアル・スイッチ)は、そのような従来の電子設計のパラダイムを完全に覆す新しいタイプのスイッチだ。同社は、自らが「トランジスタ以来の大発明」と呼ぶものを開発し、さらなる変革を遂げるべく準備を進めている。ずいぶん大胆な主張だが、1億5千万ドル(約174億2000万円)の新規投資を集めたということは、少なくとも投資家の一部は同社が何かを掴んでいると考えているのだろう。</p>\n<p>電気技術者でなければ、この会社の技術革新がどれほど大きなものかを理解するのは難しいだろうし、この技術がどれほど重要なものになるかを誇張して話すことも難しいだろう。このスイッチは、ある種の回路を100倍小さく100倍効率的にするという、非常に大きなインパクトを持っている。スマートライトのスイッチを自宅に設置したことがある人は、使われている電子機器が巨大で、力技とワセリンを使い悪態をつきながらでないと壁にスイッチを埋め込めないことにお気づきだと思う。これは、電源のON / OFFをリレーに頼っているためだ。同社の技術があれば、こうしたライトのスイッチを、大きさもコストもはるかに小さなものにすることができる。実際、同社の技術があと少し値下がりすれば、あなたが足を踏み入れるすべての設備、建物、車両に、同社のスイッチあるいはそれに相当するものが使われるようになる可能性がある。</p>\n<p>フットプリントがはるかに小さいことに加え、Ideal Switchは作動に要する電力が大幅に少なく(1ミリワット未満)、通電時の消費電力も少なく、スイッチング速度がとても速く(10マイクロ秒未満)、数百万回の作動で故障することが多い通常のスイッチと比較して、数十億回の作動に耐えられるといわれている。つまり、これまでのコンポーネントとは大きく異なるタイプのコンポーネントなのだ。さらに同社は、それが数千ワット相当の電力を扱える部品であるとしている。</p>\n<p>同社は米国時間3月9日、1億5000万ドル(約174億2000万円)のシリーズCを発表し、Menlo Microの累計資金調達額は2億2500万ドル(約261億3000万円)超に達した。<a target=\"_blank\" href=\"https://vvp.vc/\" rel=\"noopener\">Vertical Venture Partners</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://www.futureshapellc.com/\" rel=\"noopener\">Future Shape</a>が、このラウンドを主導し、既存投資家に加えて新規投資家として<a target=\"_blank\" href=\"https://www.fidelity.com/\" rel=\"noopener\">Fidelity Management &amp; Research Company</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.dbl.vc/\" rel=\"noopener\">DBL Partners</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.adagecapital.com/\" rel=\"noopener\">Adage Capital Management</a>が参加した。今回の投資は、国内の製造とサプライチェーンの拡大に充てられる。</p>\n<p>Menlo MicroのRuss Garcia(ラス・ガルシア)CEOは「今回の資金調達は、あらゆるものの電化を促進し、1000億ドルを超える21世紀のRF通信、電力スイッチング、保護デバイス市場を近代化する、Menlo Microの変革的技術に対する投資家のみなさまからの信頼を裏付けるものです」という。「今回の調達で、米国での生産を拡大し、世界の喫緊の課題を解決するためのパワーロードマップの開発を加速させることができるようになります。私たちは、世界の老朽化した電力網のアップグレード、スマートビルや工場の近代化、従来の電力インフラの非効率性を解消できる立場にいるのです」。</p>\n<p>毎年200億台以上の配電盤が出荷されており、同社はこの広大な市場での変革を促進するための地位を得ようと躍起になっている。</p>\n<p>「Ideal Switchは、電力を分配するすべてのスイッチに取って代わるものです」と、Future Shapeの立場でラウンド主導した<a target=\"_blank\" href=\"https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%87%E3%83%AB\" rel=\"noopener\">Tony Fadell</a>(トニー・ファデル)氏は語る。彼はスイッチについては良く知っている。彼はしばしば「iPodの父」と呼ばれ、Nestの創業者および前CEOでもあった人物だ。「単純な話です。Ideal Switchは、都市、ビル、家庭、電気自動車から照明器具に至るまでの電力供給に関する基本的な計算を変えてしまうのです。また、エネルギー効率に優れているため、コスト削減、長寿命、スマートな動作、気候変動の原因となる排出物の削減が期待できます。Menlo Microは、現代最大の既存技術破壊者の1つなのです」。</p>\n<p>世界が電化に向かう中、大幅な効率向上を約束する技術は、大きなインパクトを与えることができる。同社は、そのインパクトをある例で説明している:天井ファンは全世界に10億台以上ある。既存のファンコントローラーをIdeal Switchに置き換えることで、約17基の発電所が不要になるほどの省エネが実現できるのだ。</p>\n<p>「ご想像の通り、これは最も普遍的なデバイスです。速度、コスト、性能の面で桁違いの向上が可能なデバイスを手にしたときには、スケーリングが最大の課題となります。今後2〜3年で非常に大きな成長を見込んでいます」とガルシア氏は予測する。「最初の成長は、ワイヤレスが中心に行われました。これはもっとも手を出しやすい分野でしたが、スマートな電力管理や制御の分野では、はるかに多くの普及が見込まれます」。</p>\n<div id=\"attachment_475169\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475169\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475169 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"702\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg 1500w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?resize=300,206 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?resize=768,527 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?resize=1024,702 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?resize=583,400 583w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?resize=400,274 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?resize=738,506 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?resize=525,360 525w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?resize=220,151 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?resize=251,172 251w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?resize=182,125 182w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?resize=125,86 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?resize=87,60 87w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?resize=805,552 805w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?resize=535,367 535w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-10-14-33-11.jpg?resize=50,34 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-475169\" class=\"wp-caption-text\">Menlo Micro CEOのラス・ガルシア氏。画像クレジット:Menlo Microsystems</p></div>\n<p>このデバイスは、他のコンポーネントを単純に置き換えるものではないので、回路基盤は再考され再設計されなければならないが、同社の創業者たちは、そもそもサイズが違うために、既存の技術のピン配置に合わせて置き換えることには意味がないと主張している。</p>\n<p>「Ideal Switchは、ほとんどの場合、大幅に小型化されたデバイスとなります。20アンペア、240ボルトの電気機械式デバイス、あるいは半導体デバイスと比較しても、かなり大きな違いがあることがわかります。同じ機能を10×20mmのプラスチックパッケージに組み込むことができるのです」とガルシア氏は説明する。「当社の製品を古いパッケージに入れて、エンドユーザーが信頼性と性能を活用できるようにしているお客様もいらっしゃいます」。</p>\n<p>Menlo Microsystemsが生産を拡大し、競合他社が参入してくる中で、同社のボトルネックが何になるのかは興味深いところだが、1つだけ確かなことがある。それは消費者(ひいては環境)が最大の勝者になる可能性が高いということだ。</p>\n<p><small>画像クレジット:Menlo Microsystems</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/09/menlo-micro-series-c/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Haje Jan Kamps、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/IdealSwitch-cropped.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475167,
            "categoryId": 303576,
            "category": {
              "id": 303576,
              "slug": "hardware",
              "name": "ハードウェア",
              "description": "ガジェット、ハードウェアに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475167,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475167,
            "tagId": 692507969,
            "tag": {
              "id": 692507969,
              "slug": "electrical-grid",
              "name": "電力 / 電力網 / 発電(用語)",
              "description": "電力 / 電力網に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475153,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475153,
        "slug": "2022-03-09-workbounces-google-meets-slack-product-for-sales-teams-raises-2-7m-from-index-ventures",
        "createdAt": "2022-03-10T04:15:32.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-10T03:46:32.000Z",
        "title": "Workbounceの「GoogleとSlackの融合」B2B営業チーム向けツール、Index Venturesから約3.1億円を調達",
        "content": "<div id=\"attachment_475154\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475154\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475154 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"682\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp 1390w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=1024,682 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=400,266 400w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=829,552 829w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-475154\" class=\"wp-caption-text\">Workbounceの創業者たち(画像クレジット:Workbounce)</p></div>\n<p>商用製品の販売は昨今かなり複雑なプロセスになっており、パンデミックはそれをさらにややこしくした。営業チームは、特にやりとりの多くがバーチャルであるハイブリッドな世界では、自社製品への信頼を築くことの難しさに阻まれがちだ。Highspot、Seismic、Showpadのようなレガシーセールスツールは、異なる時代に作られたということもある。</p>\n<p>英国を拠点とする<a target=\"_blank\" href=\"https://workbounce.com/\" rel=\"noopener\">Workbounce</a>(ワークバウンス)は、複雑な製品に関する膨大な量のコンテンツを検索できるようにし、営業担当者が案件を獲得するために必要な情報を見つけられるようにすることが解決策になると考えている。これは、プラットフォームに依存せず、Googleドライブ、Slack(スラック)、Notion(ノーション)などのツールに接続することで実現される。同社は、この製品を営業チーム向けの「Google meets Slack(グーグルとスラックの融合)」と呼んでいる。</p>\n<p>このたび同社は、Index Venturesとエンジェル投資家のグループから270万ドル(約3億1300万円)の初期段階の資金を調達した。この資金調達はタイムリーなものだ。Crunchbaseによると、セールスイネーブルメントツールへの投資は過去5年間で22倍に成長しており、2017年の2100万ドル(約24億3300万円)から2021年には4億7700万ドル(約552億6500万円)に増加している。</p>\n<p>Rowan Bailey(ローワン・ベイリー)氏とAdam Smith(アダム・スミス)氏(2021年3月にWorkdayが7億ドル / 約811億円で買収した従業員フィードバック企業Peakonの最初の採用者の1人)によって2021年初めに設立されたWorkbounceは、営業チームが使用するすべての異なるナレッジハブへの単一のエントリポイントとして機能するという。</p>\n<p>共同創業者兼CEOのスミス氏は声明でこう述べている。「企業が営業やカスタマーサービスチームを通じて顧客と1対1でエンゲージする方法は変化しており、それは顧客の期待の高まりと、我々の働き方のシフトの両方が原因です。次世代のB2B関係は、単に製品やサービスを販売するだけでなく、ソリューションに向けたコラボレーションが重要になるでしょう」。</p>\n<p>Workbounceは、そのリモートファーストの構造は、ポストパンデミックの世界のために構築されているという。</p>\n<p>「Workbounceは、営業ナレッジにアクセスし、B2Bの顧客関係を改善するための主要なツールになる可能性を秘めています」とIndex Venturesのパートナー、Hannah Seal(ハンナ・シール)氏は付け加えた。「職場が変化するにつれ、適切な情報を適切なタイミングで見つけることがますます困難になっています。Workbounceはこの問題を解決し、営業チームが顧客とエンゲージし、取引を成立させることを支援します」。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/09/workbounces-google-meets-slack-product-for-sales-teams-raises-2-7m-from-index-ventures/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Mike Butcher、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/WorkbounceFounders.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475153,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475153,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475153,
            "tagId": 366272947,
            "tag": {
              "id": 366272947,
              "slug": "remote-work",
              "name": "リモートワーク / テレワーク(用語)",
              "description": "在宅勤務、テレワークをサポートする、ビデオ会議サービス、IP電話、オンラインのタスク管理システムなど、リモートワークツールやサービスの最新ニュース。"
            }
          },
          {
            "postId": 475153,
            "tagId": 366273612,
            "tag": {
              "id": 366273612,
              "slug": "england",
              "name": "イギリス(国・地域)",
              "description": "イギリスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475153,
            "tagId": 681521236,
            "tag": {
              "id": 681521236,
              "slug": "b2b",
              "name": "B2B(用語)",
              "description": "B2Bに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475153,
            "tagId": 692509753,
            "tag": {
              "id": 692509753,
              "slug": "business-efficiency",
              "name": "業務効率化(用語)",
              "description": "業務効率化に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475153,
            "tagId": 692511502,
            "tag": {
              "id": 692511502,
              "slug": "post-pandemic",
              "name": "ポストパンデミック(用語)",
              "description": "ポストパンデミックに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475153,
            "tagId": 692517504,
            "tag": {
              "id": 692517504,
              "slug": "%e5%96%b6%e6%a5%ad",
              "name": "営業",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 475096,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 475096,
        "slug": "2022-03-09-money-for-nothing-and-chips-from-a-series-b",
        "createdAt": "2022-03-10T00:45:31.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-09T23:34:43.000Z",
        "title": "NothingがSnapdragon搭載のスマートフォンを3月23日発表か、約81億円のシリーズB調達",
        "content": "<p>Nothing(ナッシング)にとって、Mobile World Congress(MWC)は序曲だった。この若いハードウェアのスタートアップは、ミーティングルームで、舞台裏で、次に何が来るかを議論しながら<a target=\"_blank\" href=\"/2022/03/04/2022-03-02-nothing-smartphone-carl-pei/\" rel=\"noopener\">ショーを過ごした</a>。会期中に述べたように、すぐに出る答えはスマートフォンであり、創業者のCarl Pei(カール・ペイ)氏は主要なモバイル企業幹部たちとの内密なミーティングで、このデバイスを喜んで披露していた。</p>\n<p>英国時間3月9日、Nothingは3月23日に開催されるライブストリーミングイベントで、今後の動きについて説明すると発表した。このタイミングは、我々が最近の記事で指摘した「来月までに」というタイムラインと確かに一致しており、来るべきAndroidデバイスの最初の実物を垣間見ることができることを大いに暗示している。</p>\n<div id=\"attachment_475097\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-475097\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-475097 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp 1920w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=1536,864 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/Nothing_event.webp?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-475097\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Nothing</p></div>\n<p>また、EQT VenturesとC Venturesの共同出資による7000万ドル(約81億1000万円)の新たな資金調達もその方向性を示している。同社はリリースで「この資金は、Qualcomm Technologies(クアルコム テクノロジーズ)とそのSnapdragonプラットフォームとの提携による新しい製品カテゴリーの創出、および元Dyson(ダイソン)のデザイン責任者Adam Bates(アダム・ベイツ)氏が率いる新しいLondon Design Hubでの事業の拡大に使用されます」と述べている。</p>\n<blockquote class=\"twitter-tweet\" data-width=\"500\" data-dnt=\"true\">\n<p lang=\"en\" dir=\"ltr\">We&#39;ve got a lot to catch up on Carl 😉</p>\n<p>&mdash; Android (@Android) <a href=\"https://twitter.com/Android/status/1493730251167309829?ref_src=twsrc%5Etfw\">February 15, 2022</a></p></blockquote>\n<p><script async src=\"https://platform.twitter.com/widgets.js\" charset=\"utf-8\"></script></p>\n<p>Qualcommは2021年10月、Nothingが5000万ドル(約57億9000万円)のシリーズAエクステンションラウンドを調達した際に、同社の戦略的パートナーとして発表された。</p>\n<p>「今回の資金調達により、シームレスなデジタル未来という当社のビジョンの次の段階を実現するための燃料を得ることができました」とペイ氏は発表で述べている。「コミュニティと投資家のみなさまのご支援に感謝しています。当社の最初の年はウォームアップでした。今度のイベントで、Nothingで何を作っているのかを明らかにするのが待ち遠しいです」。</p>\n<p>ペイ氏は、先週バルセロナで開催されたイベントでも、Qualcommの幹部らと一緒に写真を撮られている。もちろん、このチップメーカーは最近では携帯電話以外の部品も製造しているが、ペイ氏とSnapdragon、およびAndroidのアカウントとのTwitterでのやり取りで、さらなる裏付けを得られる。</p>\n<p>この製品は、2021年のEar(1)ワイヤレスイヤフォンに続く、Nothingの第2弾となる。初報で述べたように、このスマートフォンは、筐体の一部に透明性を持たせるなど、前モデルとデザイン的な要素を共有することになる見込みだ。</p>\n<p>「THE TRUTH」発表会は、米国東部標準時3月23日午前9時(日本時間午後11時)にキックオフされる。</p>\n<p><small>画像クレジット:Brian Heater</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/09/money-for-nothing-and-chips-from-a-series-b/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:Den Nakano)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/CMC_9598.webp",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 475096,
            "categoryId": 303576,
            "category": {
              "id": 303576,
              "slug": "hardware",
              "name": "ハードウェア",
              "description": "ガジェット、ハードウェアに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 475096,
            "tagId": 366271722,
            "tag": {
              "id": 366271722,
              "slug": "smartphones",
              "name": "スマートフォン(用語)",
              "description": "スマートフォンに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 475096,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 475096,
            "tagId": 692512162,
            "tag": {
              "id": 692512162,
              "slug": "nothing-2",
              "name": "Nothing(企業)",
              "description": "OnePlusの共同創業者であるCarl Pei(カール・ペイ)氏が立ち上げたスタートアップ。"
            }
          },
          {
            "postId": 475096,
            "tagId": 692512163,
            "tag": {
              "id": 692512163,
              "slug": "carl-pei",
              "name": "Carl Pei / カール・ペイ(人物)",
              "description": "OPPO傘下スマートフォンメーカーOnePlusの共同創業者。Nothingを設立。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474936,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474936,
        "slug": "elevation-space-raised-310m-jpy",
        "createdAt": "2022-03-09T08:57:39.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-09T08:57:39.000Z",
        "title": "国際宇宙ステーションに代わる宇宙環境利用プラットフォームを開発するElevationSpaceが3.1億円のシード調達",
        "content": "<p>国際宇宙ステーション(ISS)に代わって宇宙での実験や製造が行える宇宙環境利用プラットフォーム「ELS-R」を開発する宇宙スタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://elevation-space.com/\" rel=\"noopener\">ElevationSpace</a>(エレベーションスペース)は3月9日、シードラウンドとして、第三者割当増資による約3億1000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、Genesia Venture Fund 3号投資事業有限責任組合(ジェネシア・ベンチャーズ)をはじめとする6社。これにより補助金なども含めた累積調達額は3億5000万円となった。また、新たな社外取締役に、ジェネシア・ベンチャーズのPartnerおよびChief ESG Officerの河合将文氏が就任した。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-475011\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?w=640\" alt=\"国際宇宙ステーションに代わる宇宙環境利用プラットフォームを開発するElevationSpaceが3.1億円のシード調達\" width=\"640\" height=\"426\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg 640w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=601,400 601w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=400,266 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=541,360 541w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=220,146 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-002.jpg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 640px) 100vw, 640px\" />ElevationSpaceは、東北大学吉田・桒原研究室で10基以上の小型人工衛星を開発してきた技術を基に、2021年2月に設立した東北大学発の宇宙領域スタートアップ。宇宙空間での実験・研究・製造などが行える小型宇宙環境利用プラットフォーム「ELS-R」の開発を行っている。2023年後半には技術実証機「ELS-R100」を打ち上げ、2026年にはサービス提供機「ELS-R1000」を打ち上げる予定だ。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-474938\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"484\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png 1051w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=300,142 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=768,363 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=1024,484 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=846,400 846w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=400,189 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=738,349 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=640,303 640w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=220,104 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=281,133 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=250,118 250w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=125,60 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=600,284 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub2-2.png?resize=50,24 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>ELS-Rでは、宇宙の微小重力環境を活かした研究、試験、製造が行える。実験などを行ったペイロードは地球に帰還させ、回収することができる。何かと利用が難しく、2030年には退役が予定されているISSに代わって、安価に素早く利用できるのが特徴だ。想定される利用例としては、基礎研究フェーズの他、創薬分野の高品質なたんぱく質結晶の生成といった応用研究フェーズから、宇宙旅行を見据えた化粧品・食品・家電品などの開発に関連する実証や試験フェーズ、地上では作れない新素材の宇宙製造といった量産フェーズなどが考えられている。技術実証機では、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.euglena.jp/\" rel=\"noopener\">ユーグレナ</a>が、宇宙での食糧やエネルギー源となるミドリムシの培養実験を行うことが決まっている。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-474939\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"576\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png 1280w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=300,169 300w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=768,432 768w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=1024,576 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=711,400 711w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=400,225 400w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=738,415 738w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=640,360 640w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=220,124 220w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=281,158 281w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=222,125 222w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=125,70 125w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=107,60 107w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=981,552 981w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=600,338 600w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/sub6-1.png?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>今回調達した資金は、ELS-R100の開発促進、さらにELS-R1000の研究開発と事業開発に向けた組織体制の構築に使われるとのこと。また今回、科学技術分野の企画、研究、コンサルティングを行う<a target=\"_blank\" href=\"https://lne.st/\" rel=\"noopener\">リバネスグループ</a>との業務提携も発表された。同社が持つビジネスと科学領域の知見と産官学のネットワークを活かして、宇宙での新規材料製造マーケットの創出に取り組むという。</p>\n<p>引受先6社は、ジェネシア・ベンチャーズ、みらい創造機構、既存投資家のMAKOTOキャピタル、リバネスキャピタル、東北大学ベンチャーパートナーズ、Plug and Play Japanとなっている。</p>\n",
        "authorId": 136751393,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-006-index.jpg",
        "author": {
          "id": 136751393,
          "slug": "tetsuokanai",
          "name": "tetsuokanai",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474936,
            "categoryId": 366270451,
            "category": {
              "id": 366270451,
              "slug": "space-tech",
              "name": "宇宙",
              "description": "宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474936,
            "tagId": 365182320,
            "tag": {
              "id": 365182320,
              "slug": "satellite",
              "name": "人工衛星(用語)",
              "description": "人工衛星に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474936,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474936,
            "tagId": 674897097,
            "tag": {
              "id": 674897097,
              "slug": "tohoku-university",
              "name": "東北大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474936,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474936,
            "tagId": 692514388,
            "tag": {
              "id": 692514388,
              "slug": "elevationspace",
              "name": "ElevationSpace(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474925,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474925,
        "slug": "toregem-fundraising",
        "createdAt": "2022-03-09T02:25:43.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-09T02:25:43.000Z",
        "title": "歯の再生治療薬の研究・開発加速、歯科領域創薬の京大発スタートアップ「トレジェムバイオファーマ」が4.5億円調達",
        "content": "<p>歯科領域創薬の京大発スタートアップ企業「<a target=\"_blank\" href=\"https://toregem.co.jp/\" rel=\"noopener\">トレジェムバイオファーマ</a>」(Toregem Biopharma)は3月8日、第三者割当増資による総額4億5000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、京都大学イノベーションキャピタル、Astellas Venture Management LLC、Gemseki、フューチャーベンチャーキャピタル、京信ソーシャルキャピタル、京都市スタートアップ支援2号ファンド。</p>\n<p>調達した資金により、USAG-1中和抗体の非臨床安全性試験と治験用製剤の製造準備を進め、世界初の歯の再生治療薬の研究開発を一層加速させ、2023年度内の治験開始を目指す。</p>\n<p>トレジェムバイオファーマは、京都大学大学院医学研究科口腔外科学分野の髙橋克准教授(現、同客員研究員、公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院歯科口腔外科主任部長)による長年の研究成果に基づき、2020年5月に設立。</p>\n<p>骨形成たんぱく質であるBMPなどの働きを阻害する分子「USAG-1」が歯の発生過程に関与し、USAG-1を抑制する中和抗体によって無歯症モデル動物で欠損歯が回復することを明らかにした。</p>\n<p>一般的な歯の治療法である義歯やインプラントの人工歯に対し、抗体製剤(注射薬)など医薬品による自己歯の再生は根治的な治療法となりえる可能性があり、同社は、同研究で得られた中和抗体を新規医薬品として上市を目指すとしている。</p>\n<p>また現在、先天性無歯症を最初の適応疾患として研究開発を進めているという。先天性無歯症では、患者が未成年で顎骨が発達期にあるため義歯やインプラントの適用が困難であり、成人するまで根治的な治療法の無い希少疾患となっている。現状は成人するまでの長期間を温存療法で耐えるしかなく、歯の欠損が栄養確保と成長に悪い影響を及ぼすため、根治的な治療法の開発が強く望まれている。</p>\n<p>そこでトレジェムバイオファーマの開発物質により、先天性無歯症患者の自己歯を再生してQOLの改善を提供するという。さらに、USAG-1の中和抗体は永久歯の後の第三生歯を発生させることも期待されており、将来的には高齢者のオーラルフレイル(口腔内の虚弱)改善まで展開し、歯科治療に広く貢献したいと考えているそうだ。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-09-004-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474925,
            "categoryId": 337,
            "category": {
              "id": 337,
              "slug": "healthtech",
              "name": "ヘルステック",
              "description": "ヘルステック(HealthTech)。医療、健康、ヘルスケア、介護の分野におけるテクノロジーに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474925,
            "tagId": 366270781,
            "tag": {
              "id": 366270781,
              "slug": "medical",
              "name": "医療 / 治療 / MedTech / メドテック(用語)",
              "description": "医療 / 治療 / MedTech / メドテックに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474925,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474925,
            "tagId": 674897098,
            "tag": {
              "id": 674897098,
              "slug": "kyoto-university",
              "name": "京都大学(組織)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474925,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474925,
            "tagId": 692517495,
            "tag": {
              "id": 692517495,
              "slug": "toregem-biopharma",
              "name": "トレジェムバイオファーマ(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474787,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474787,
        "slug": "2022-03-07-opaper-takes-the-friction-out-of-social-commerce",
        "createdAt": "2022-03-09T00:45:43.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-08T22:00:16.000Z",
        "title": "ソーシャルコマースの「摩擦」を取り除くスタートアップOpaper",
        "content": "<p><a target=\"_blank\" href=\"https://www.opaper.app/\" rel=\"noopener\">Opaper</a>の創業者であるJoan McIntosh(ジョアン・マッキントッシュ)氏は、大学院在学中にオンラインベーカリーを経営していた。「朝3時、4時に起きて業務用のキッチンに行き、家々を回ってパンを届けたり食料品店に納めたりしていました」。大学院修了後はハイテクの道へ進んだ。データと機械学習プラットフォームのシニアプロダクトマネージャーとしてStreetlight Dataで、次にLacuna Technologiesでキャリアを重ねた。インドネシアで生まれ育った同氏は、東南アジアでソーシャルコマースが台頭したり、InstagramやWhatsAppなどのソーシャルメディアを使って人々が販売をしたりする様子を目にした。そして何年も前に自分がオンラインベーカリーを経営していた頃と変わらずに、何もかも手作業で運営されていることに驚いた。</p>\n<p>「すべて、私がやっていた頃と同じです。何年もテック業界で働いた後だけに、当惑しました。なぜ誰もプロセスを改善しないのだろう?なぜ今もこんなにも手作業なんだろう?なぜ支払いをした後で、その証明として銀行振込のスクリーンショットなどを送信するんだろう?」とマッキントッシュ氏は語る。</p>\n<p>Streetlight DataとLacunaに在職していた頃、マッキントッシュ氏は価格の最適化、物流とサプライチェーン、そして同氏が「物事を適切な方法で、適切なスピードで、適切なペースで運んでいくためのあれこれ」と説明するプロダクトに携わっていた。そしてソーシャルコマースの販売者にも同じ利便性を提供するためにOpaperを創業した。ソーシャルコマースの販売者がオンラインストアを開設できるMinimum Viable Product(実用最小限の製品)を作った後、同氏はユーザーのオンボーディングを開始し、シードラウンドで予定を超える100万ドル(約1億1500万円)を調達した。</p>\n<p>投資したのはPrecursor Ventures、Ratio Ventures、OnDeck、そしてエンジェル投資家で、エンジェル投資家にはGFT VenturesマネージングパートナーのJay Eum(ジェイ・ウム)氏、Bill.com最高エクスペリエンス責任者のBora Chung(ボラ・チャン)氏、Googleに買収されたTenorの創業者で現在はGoogle幹部のFrank Nawabi(フランク・ナワビ)氏が名を連ねる。その後、1年経たずに27人のフルリモートチームとなった。</p>\n<p>現在、OpaperはAndroidとiOSの両方で利用でき、公開後わずか4カ月で約100都市、1万9000の販売者に利用されている。</p>\n<p>ターゲットとしているのは、たいてい1人か2人で運営していて現時点での販売額が2000〜5000ドル(約23万〜58万円)程度、これを成長させたいがWhatsAppで問い合わせに答えたり注文を取ったりするのに忙しくて成長できずにいる小規模事業者だ。マッキントッシュ氏は次のように語る。「小規模事業者には、商品に集中したりオフラインストアの開設やフランチャイズについて考えたりする時間が必要です。我々は最近、そのような顧客にさらに力を入れています。すでに3店舗を構えている人たちではありません。事業を始め、どうすれば成長できるかと苦闘している人たちです」。</p>\n<p>Opaperは特定の分野に的を絞っているわけではないが、同氏によれば利用している事業者の多くは食品や飲料関係で、他社デリバリーアプリの高額な手数料を嫌う事業者もいる。販売者が購入者に対して提示できるように13社の配送業者と提携し、決済に関しては電子ウォレットや銀行振込にも対応している。</p>\n<p>購入者にとっては、販売者と何度もメッセージをやり取りして購入したい製品を選んだり決済と配送の方法を調整したりする必要がなくなる。その代わりに、販売者のプロフィールに書かれているOpaperのリンク先に飛べば、他のオンラインストアと同様に商品を買い物カゴに追加できる。しかしOpaperは単にソーシャルメディアで商品を注文しやすくするものではない。販売者が「D2Cのエクスペリエンスを自分のものに」できるのだとマッキントッシュ氏はいう。</p>\n<p>Opaperを利用することで販売者は購入者のデータを追跡できるため、これを利用してリエンゲージメントやリターゲティングができる。ソーシャルコマースでの販売の多くが予約注文であるため、今後は販売者向けにサプライチェーンや在庫管理のツールも構築していく予定だ。同氏は「私はベーカリーのオーナーだった頃、クーポンやポイントでリターゲットするために購入者ごとの購入金額を知りたいと思っていました。それは(他社の)マーケットプレイスでは容易に知ることができないのです」と述べた。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.opaper.app/\" rel=\"noopener\">Opaper</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/07/opaper-takes-the-friction-out-of-social-commerce/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Catherine Shu、翻訳:Kaori Koyama)</p>\n",
        "authorId": 152198896,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Opaper_TCImage.webp",
        "author": {
          "id": 152198896,
          "slug": "kkoyama2012",
          "name": "kkoyama2012",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474787,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474787,
            "tagId": 469882,
            "tag": {
              "id": 469882,
              "slug": "social-commerce",
              "name": "ソーシャルコマース(用語)",
              "description": "eコマースにおけるマーケティング手法の1つ。SNS、ブログといったソーシャルメディアと電子商取引を組み合わせて販売を促進する手法。"
            }
          },
          {
            "postId": 474787,
            "tagId": 366271634,
            "tag": {
              "id": 366271634,
              "slug": "indonesia",
              "name": "インドネシア(国・地域)",
              "description": "インドネシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474787,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474787,
            "tagId": 692517493,
            "tag": {
              "id": 692517493,
              "slug": "opaper",
              "name": "Opaper",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474803,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474803,
        "slug": "2022-03-07-uks-thirdfort-nabs-20m-for-tools-to-help-with-id-verification-and-detect-money-laundering-and-payment-fraud",
        "createdAt": "2022-03-09T00:30:08.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-08T21:53:09.000Z",
        "title": "身元確認、マネーロンダリング、詐欺の検知ツールを開発する英ThirdFortが22.7億円調達",
        "content": "<p>英国では最近、マネーロンダリング(資金洗浄)が話題だ。同国は圧力に直面している。国内の一等地の不動産のような、巨額の資産に費やされた資金の出所を追跡するために規則を厳格にするだけでなく、ここ数週間のロシアへの制裁を受け、そうした規則を実際に適用すべきだという圧力だ。この国の首都は一部で「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.ft.com/content/cfb74ef3-13d2-492a-b8da-c70b6340ccdd\" rel=\"noopener\">ロンドンの洗濯屋</a>」と呼ばれている。</p>\n<p>ロンドンのスタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://www.thirdfort.com/\" rel=\"noopener\">Thirdfort</a>(サードフォート)が現地時間3月7日、1500万ポンド(約22億7000万円)の資金調達を発表した。同社は、プロフェッショナルサービス企業がより徹底したデューデリジェンスを行い、不審な点があれば警告できるようなプラットフォームを開発している。</p>\n<p>今回の資金調達はシリーズAでBreegaがリードし、B2Bフィンテックに特化したElement Venturesの他、ComplyAdvantage、Tessian、Fenergo、R3、Funding Circle、Fidelの創業者らも出資した。</p>\n<p>社長のOlly Thornton-Berry(オリー・ソーントン・ベリー)氏によると、同氏とJack Bidgood(ジャック・ビッドグッド)氏がThirdfortのアイデアを思いついたのは、友人がロンドンでアパートを購入する際にフィッシング攻撃を受けて2万5000ポンド(約380万円)を失ったことがきっかけだった。詐欺師が取引に関するデータを入手し、友人が購入手続きに使っていた法律事務所と似たようなドメインを作成し、友人の弁護士になりすまし、リンクを介して金額を送金するよう求めるメールを送ってきた。数週間後、その友人は同じ金額を、今度は本物の弁護士から要求されたため、皆は不正を疑い始めた。その友人がお金を取り戻すことはなかった。</p>\n<p>ソーントン・ベリー氏は、この事件が、顧客が取引に入る前に専門サービス企業が要求する情報がいかに少なく、より巧妙な詐欺の試みに対して顧客がいかに保護されていないかを浮き彫りにしたと話す。</p>\n<p>これがThirdfortという姿で結実した。同社は、LexisNexis、ComplyAdvantage、Companies Houseなど複数のリソースのビッグデータツールキットを提供する。ツールキットによって、複数のリソースを比べ(顧客が選び)、個人とその資金源に関するさまざまなデータポイントを提供できる。同社は、法律と不動産市場の企業のニーズに対応するツールをまず開発した。</p>\n<p>現在の製品は2つの部分がある。まず、法人顧客向けに開発された「リスクエンジン」があり、これはKYC(know your customer)チェックだけでなく、企業がマネーロンダリング防止規制に準拠するためにも使用することができる。法律事務所のDAC Beachcroft、Penningtons Manches Cooper、Mishcon de Reya、不動産業のKnight Frank、Strutt &amp; Parker、Winkworthなど、すでに約700社がこのプラットフォームを利用している。</p>\n<p>第2に、そうした企業の消費者顧客向けに作られたアプリがある。このアプリは、オープンバンキングのインフラを利用して作られており、銀行自身の銀行アプリを経由して、企業と顧客の銀行を接続し、安全な方法で取引の決済を行うことができる。このアプリは、これまで約50万回ダウンロードされた。</p>\n<p>米国の<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/30/alloy-raises-100m-at-a-1-35b-valuation-to-help-banks-and-fintechs-fight-fraud-with-its-api-based-platform/\" rel=\"noopener\">Alloy</a>(この会社とThirdfortのどちらかが、もう片方の市場に参入すると、AlloyはThirdfortの競争相手となる)と同様、Thirdfortの売り文句はこうだ。しっかりやろうとすれば、本人確認や資金源調査にはもっと時間がかかり、多くは手作業になり、金もかかるというものだ。というのも、残念なことに、企業にとっては多くの場合、できるだけ早く取引を成立させることだけが利益となるからだ。そのため、資金が実際に届いたかどうかを確認する以上の徹底したデリジェンスを実行する意欲が失われてしまう。これが、決められたプロセスをきちんと実行させるための規制が重要となる理由の1つだ。</p>\n<p>英国では長年にわたり規制強化が<a target=\"_blank\" href=\"https://finance.yahoo.com/news/clampdown-on-russian-dirty-money-in-uk-faces-serious-issues-164528139.html\" rel=\"noopener\">検討され、何度も押し戻されてきた</a>が、世界情勢や<a target=\"_blank\" href=\"https://www.independent.co.uk/news/uk/politics/russia-sanctions-uk-jacob-rees-mogg-b2030024.html\" rel=\"noopener\">世間の監視の目</a>が厳しくなり、時代は変化しつつあるようだ。つまり、企業はより多くの業務をこなさなければならなくなり、Thirdfortのような企業にはチャンスとなる。</p>\n<p>以前は、身元(ID)チェックは、大規模なIDデータベースのうちの1つを選択し、そのデータと一致することを確認していたが、ごまかすことは可能だった。また、銀行取引明細書が必要な場合、専門サービス会社にはファックスやPDFで送れば済んだが、偽物はオンラインで簡単に入手することができる(ここにサイトのリンクを貼ることはしない)。</p>\n<p>「今、求められているのは、もっと多くのことです」とソーントン・ベリー氏は話す。「銀行から入手した明細で入出金の動きを見たり、顧客に具体的な質問をしたり、贈与された金額が明記されている場合には、それを精査をしたりと、徹底したデューデリジェンスを行う必要があるのです。AML(マネーロンダリング対策)の要求水準が高くなり、まったく新しい種類のワークフローが誕生しつつあります」。</p>\n<p>Thirdfortは現在、主に詐欺の発見に焦点を当てているが(顧客の関わる約12件の疑わしい取引を止めることができたとソーントン・バリー氏はいう)、それはまた、AMLディリジェンスとコンプライアンス規制のために開発されたものでもある。もっと広く利用されれば、特に国際的な資金が絡む大きな取引で本領発揮する可能性がある。</p>\n<p>「消費者とプロフェッショナルサービス双方にとって、詐欺のリスクとコンプライアンスの必要性は大きな負担となっています」とBreegaのプリンシパルであるMaxence Drummond(マクセンス・ドラモンド)氏はいう。「消費者は取引のたびに認証を受ける必要があり、規制を順守するプロフェッショナルらは顧客の確認とコンプライアンスに貴重な時間を費やしすぎているからです」。</p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/07/uks-thirdfort-nabs-20m-for-tools-to-help-with-id-verification-and-detect-money-laundering-and-payment-fraud/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ingrid Lunden、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Thirdfort.webp",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474803,
            "categoryId": 8520589,
            "category": {
              "id": 8520589,
              "slug": "security",
              "name": "セキュリティ",
              "description": "情報セキュリティ、コンピュータセキュリティ、プライバシー保護などセキュリティ関連の最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474803,
            "tagId": 10679,
            "tag": {
              "id": 10679,
              "slug": "identity-verification",
              "name": "個人認証 / 本人確認 / 身元確認(用語)",
              "description": "個人認証 / 本人確認 / 身元確認に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474803,
            "tagId": 26037,
            "tag": {
              "id": 26037,
              "slug": "scam",
              "name": "詐欺(用語)",
              "description": "詐欺に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474803,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474803,
            "tagId": 366273612,
            "tag": {
              "id": 366273612,
              "slug": "england",
              "name": "イギリス(国・地域)",
              "description": "イギリスに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474803,
            "tagId": 681521507,
            "tag": {
              "id": 681521507,
              "slug": "anti-money-laundering",
              "name": "マネーロンダリング防止 / 資金洗浄防止 / AML",
              "description": "Anti-Money Laundering。犯罪で得た収益などの出所を偽装するために行われる資金洗浄を防止するための対策"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474807,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474807,
        "slug": "2022-03-07-esggo-series-a",
        "createdAt": "2022-03-09T00:15:07.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-08T21:49:23.000Z",
        "title": "ESGgoは企業のESG(環境、社会、ガバナンス)測定・分析を容易にするツールを提供",
        "content": "<p>最近では、いくら倫理的に調達され、地元で生産され、持続的に育てられた魚の肉でも、ESG(環境・社会・ガバナンス)目標を達成せずに、企業の取締役会や年次報告書で振る舞うことはできない。しかし、目標を掲げて宣伝することは簡単だが、その目標に対して企業がどのような成果を上げているかを、実際に測定し、追跡することはずっと難しい。熱い空気と空約束に疲れた企業が、設定された目標を実際に実行することを容易にするために、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.esggo.com/\" rel=\"noopener\">ESGgo</a>は登場した。同社はこのような状況を変えるためのソフトウェア群を開発し、700万ドル(約8億1000万円)を調達してランニングシューズを履き、本格的な活動を始めたところだ。</p>\n<p>「ターゲットとしている顧客は企業です。基本的にはすでに株式を公開している会社や、あるいはこれから公開しようと考えている会社です」と、ESGgoのCEOで共同設立者のOrly Glick(オーリー・グリック)氏は説明する。</p>\n<p>製品自体は、データ収集に焦点を当てたものだ。ESGgoは最初に話を聞いた50社から、そのために利用できるツールがないことを学んだからだ。現在、ほとんどのESGトラッキングは、スプレッドシートや共同のデータベースなど、非常に内密なシステムで行われていることがわかった。もちろん、外部の格付け機関は独自のツールを持っているかもしれないが、社内での使用には役に立たない。</p>\n<p>「今のところ、ESGは口だけで行動がともわないという見方もある。ESGの重要性を説く経営者は何百人もいるが、いまだにESGのパフォーマンスを明確に理解するための普遍的なものさしがない」と、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/07/4-signs-to-look-for-when-evaluating-esg-investments/?Channel=ms-library-ds&amp;field_video_type_grctv=All&amp;search_keys_grctv&amp;field_event_type_target_id=All&amp;field_event_date_value_1=All&amp;field_product_type_target_id=All&amp;search_keys_insights_searchfooter\" rel=\"noopener\">Bruce Dahlgren(ブルース・ダールグレン)氏は、2022年初めにTechCrunch+の記事の中で書いている</a>。「それがなければ、何が正しくて何が間違っているのか、何が近視眼的な投資で何が有望な投資なのかを判断することは難しい」。</p>\n<p>事業全体のESGに与える影響を完全に把握するために、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.globalreporting.org/standards/\" rel=\"noopener\">GRI</a>スタンダードや<a target=\"_blank\" href=\"https://www.sasb.org/\" rel=\"noopener\">SASB</a>スタンダードでは、組織全体で数百のデータポイントを追跡することを推奨している。データ収集は、だから特に重要であり、さまざまなデータソースから情報を収集し、照合、分析、報告することが必要だ。このデータを収集し、それを企業の目標に照らし合わせて測定することが、ESGgoの活動する領域となる。</p>\n<p>「データ収集の人的側面、つまり、部門を越えて人の家をノックするところから情報を求めることを始めなければならないのは、楽しいことではありません。そこで、私たちのツールには、データそのものに加え、ワークフローを管理する機能も搭載しました。最終的に、私たちはすべてのデータの分析を行い、企業のESGの現状と過去のパフォーマンスを比較します。ギャップ分析や業界とのベンチマーキングを行うことで、同業他社や競合他社に対し、どのようにすればより良くなるかを確認できます。特に後者に関しては、AIによる最適化を行います」。</p>\n<p>ESGgoは、イスラエルのベンチャー投資会社である<a target=\"_blank\" href=\"https://glilotcapital.com/\" rel=\"noopener\">Glilot Capital</a>(グリオット・キャピタル)の主導で、700万ドルの資金を非公開の評価額で調達した。</p>\n<div id=\"attachment_474808\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474808\" loading=\"lazy\" class=\"size-full wp-image-474808\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"527\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg 1984w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=300,155 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=768,396 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=1024,527 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=1536,791 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=777,400 777w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=400,206 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=738,380 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=640,330 640w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=220,113 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=281,145 281w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=243,125 243w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=125,64 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=116,60 116w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=1072,552 1072w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=600,309 600w, /wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-03-at-13.59.50.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-474808\" class=\"wp-caption-text\">ESGgoアプリのダッシュボードのスクリーンショット</p></div>\n<p>「Glilotはイスラエルでトップクラスのファンドであるだけでなく、優秀でグローバルなファンドです。運用経験、しかも厳格な運用経験を持つ、本当に剛毅な人々です。女性を登用し、驚異的な価値創造チームを擁しています」と、グリック氏は語る。「また、シリコンバレーから本当に非常に興味深いエンジェル投資家や、気候変動を本当に案じているトップテック企業も参加してくれました」。</p>\n<p>現在、イスラエルとカリフォルニアにまたがる10人ほどのチームを率いているグリック氏は、Ido Green(イド・グリーン)氏と共同でこの会社を設立した。グリーン氏は、Google(グーグル)、 Netflix(ネットフリックス)、そして直近ではFacebook(フェイスブック)で、シニアレベルのエンジニアとして経験を積んできた人物だ。</p>\n<p>「私たちは、ESGgoの初期のサポーターになれたことに興奮しています。オーリーはESG報告を改善するテクノロジーの使用についてすばらしい実績とビジョンを持っています。持続可能性と社会的責任への関心が、企業や投資家がリスクと機会を評価する方法を変えつつある今は、この破壊的ソリューションにとって絶好の時期です」と、Glilot Capitalの共同設立者兼マネージングパートナーであるKobi Samboursky(コビ・サンボアスキー)氏は述べている。「企業がESG姿勢を改善できるように支援することは、これまで以上に重要であり、オーリーは必要な変化を起こすのに絶好の人材です」。</p>\n<p>今回調達したシード資金で、ESGgoはまず、イスラエルを拠点とするエンジニアリングチームから、雇用を加速させ、提供する製品の開発をさらに推進していくという。</p>\n<p><small>画像クレジット:ESGgo</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/07/esggo-series-a/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Haje Jan Kamps、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/ESGgo_GroupPhoto.jpeg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474807,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474807,
            "tagId": 1337,
            "tag": {
              "id": 1337,
              "slug": "california",
              "name": "カリフォルニア(国・地域)",
              "description": "カリフォルニアに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474807,
            "tagId": 366271656,
            "tag": {
              "id": 366271656,
              "slug": "israel",
              "name": "イスラエル(国・地域)",
              "description": "イスラエルに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474807,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474807,
            "tagId": 692512444,
            "tag": {
              "id": 692512444,
              "slug": "esg",
              "name": "ESG(用語)",
              "description": "Environmental, Social and corporate Governance(環境、社会、ガバナンス)。多様性、取締役会の構成、労働者関係、サプライチェーン、データ倫理、環境への影響や法的要件といった問題に関する原則をまとめたもの。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474736,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474736,
        "slug": "gu-tech",
        "createdAt": "2022-03-08T11:37:42.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-08T11:37:42.000Z",
        "title": "イーサリアム互換ブロックチェーン構築クラウドなどを手がけるG.U.テクノロジーズがプレシリーズAで2.6億円の追加調達",
        "content": "<p>イーサリアム(Ethereum)互換ブロックチェーン構築クラウドサービスなどを手がける<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gu-tech.com/ja/\" rel=\"noopener\">G.U.テクノロジーズ</a>は3月8日、プレシリーズAとして第三者割当増資による2億6000万円の追加調達を実施し、総額3億6100万円の資金調達を完了したと発表した。</p>\n<p>引受先は、Coral Capitalと自然キャピタル。調達した資金は、NFTなどWeb3種の領域、エンタープライズ・ブロックチェーン領域、ステープルコインなどフィンテック領域におけるソリューション提供へ向けた開発強化にあてる。</p>\n<p>G.U.テクノロジーズは、金融やフィンテックのバックグラウンドを持つ稲葉大明氏と、ウェブブラウザーLunascape創始者の近藤秀和氏が、親会社<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gulabs.com/ja/\" rel=\"noopener\">G.U.Labs</a>で進めていたブロックチェーン研究の成果を元に、2020年10月にスピンアウトする形で設立したスタートアップ。</p>\n<p>同社は、独自のイーサリアム互換Layer2ブロックチェーンを構築できるソリューション「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.bccloud.net/ja/\" rel=\"noopener\">G.U.Blockchain Cloud</a>」、DApps対応のイーサリアム用ウォレット「<a target=\"_blank\" href=\"https://www.lunascape.org/wallet\" rel=\"noopener\">Lunascape Wallet Extension</a>」を提供。Lunascape Wallet Extensionは、Google Chrome拡張機能として利用する。また、ブロックチェーン関連の情報サイト「<a target=\"_blank\" href=\"https://gu.net/ja/\" rel=\"noopener\">G.U.net</a>」も運営している。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"img-full aligncenter wp-image-474739 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg\" alt=\"\" width=\"834\" height=\"604\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg 834w, /wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg?resize=300,217 300w, /wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg?resize=768,556 768w, /wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg?resize=552,400 552w, /wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg?resize=400,290 400w, /wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg?resize=738,534 738w, /wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg?resize=497,360 497w, /wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg?resize=220,159 220w, /wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg?resize=141,102 141w, /wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg?resize=237,172 237w, /wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg?resize=173,125 173w, /wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg?resize=125,91 125w, /wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg?resize=83,60 83w, /wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg?resize=762,552 762w, /wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg?resize=507,367 507w, /wp-content/uploads/2022/03/02-7.jpg?resize=50,36 50w\" sizes=\"(max-width: 834px) 100vw, 834px\" /></p>\n<div id=\"attachment_474740\" style=\"width: 548px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474740\" loading=\"lazy\" class=\"img-full wp-image-474740 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/03-3.jpg\" alt=\"DApps対応のイーサリアム用ウォレット「Lunascape Wallet Extension」\" width=\"538\" height=\"452\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/03-3.jpg 538w, /wp-content/uploads/2022/03/03-3.jpg?resize=300,252 300w, /wp-content/uploads/2022/03/03-3.jpg?resize=476,400 476w, /wp-content/uploads/2022/03/03-3.jpg?resize=400,336 400w, /wp-content/uploads/2022/03/03-3.jpg?resize=428,360 428w, /wp-content/uploads/2022/03/03-3.jpg?resize=220,185 220w, /wp-content/uploads/2022/03/03-3.jpg?resize=205,172 205w, /wp-content/uploads/2022/03/03-3.jpg?resize=149,125 149w, /wp-content/uploads/2022/03/03-3.jpg?resize=125,105 125w, /wp-content/uploads/2022/03/03-3.jpg?resize=71,60 71w, /wp-content/uploads/2022/03/03-3.jpg?resize=437,367 437w, /wp-content/uploads/2022/03/03-3.jpg?resize=50,42 50w\" sizes=\"(max-width: 538px) 100vw, 538px\" /><p id=\"caption-attachment-474740\" class=\"wp-caption-text\">DApps対応のイーサリアム用ウォレット「Lunascape Wallet Extension」</p></div>\n<p>今後は、エンタープライズ向けのイーサリアム互換Layer2コンソーシアム・ブロックチェーンの運営をはじめ、Web3時代を見据えたステーブルコイン、DeFi、NFTを含む様々な実証実験を提携企業と進める。また、顧客のブロックチェーンビジネスを支援するためのインフラやツール提供、コンサルティングや開発支援を強化していく予定。</p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-7.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474736,
            "categoryId": 365397055,
            "category": {
              "id": 365397055,
              "slug": "blockchain",
              "name": "ブロックチェーン",
              "description": "ブロックチェーン、デジタル通貨、暗号資産 / 仮想通貨に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474736,
            "tagId": 364493814,
            "tag": {
              "id": 364493814,
              "slug": "ethereum",
              "name": "Ethereum / イーサリアム(製品・サービス)",
              "description": "暗号資産イーサリアム(Ethereum)関連のニュース。"
            }
          },
          {
            "postId": 474736,
            "tagId": 366270834,
            "tag": {
              "id": 366270834,
              "slug": "blockchain",
              "name": "ブロックチェーン(用語)",
              "description": "ブロックチェーンに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474736,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474736,
            "tagId": 366280283,
            "tag": {
              "id": 366280283,
              "slug": "stablecoin",
              "name": "ステーブルコイン(用語)",
              "description": "ステーブルコインに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474736,
            "tagId": 692509054,
            "tag": {
              "id": 692509054,
              "slug": "non-fungible-token",
              "name": "NFT / 非代替性トークン / クリプトアート(用語)",
              "description": "Non-Fungible Tokens(非代替性トークン)。仮想空間の土地やアート作品など有形・無形のさまざまなデジタル資産。"
            }
          },
          {
            "postId": 474736,
            "tagId": 692509659,
            "tag": {
              "id": 692509659,
              "slug": "defi",
              "name": "DeFi / 分散型金融(用語)",
              "description": "decentralized finance。DeFi / 分散型金融に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474736,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474699,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474699,
        "slug": "2022-03-07-cayena-delivers-inventory-marketplace-for-food-preparation-businesses",
        "createdAt": "2022-03-08T03:30:43.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-08T03:30:21.000Z",
        "title": "レストランなどの食品調理業向け在庫管理マーケットプレイスを提供するブラジルのCayena",
        "content": "<p>ラテンアメリカでは、商店の品揃えは楽な仕事ではない。発注は今でも、紙の伝票や電話で行われることが多く、お店の主人が卸屋まで車を運転して品物を手に入れることもある。</p>\n<p>Cayenaを創業したGabriel Sendacz(ガブリエル・センダツ)氏とPedro Carvalho(ペドロ・カルヴァーリョ)氏、そしてRaymond Shayo(レイモンド・シャヨ)氏は、材料の確保にテクノロジーを利用すれば、彼らの母国であるブラジルやその他の地域で、レストランやバー、ベーカリー、ホテル、そしてダークキッチンなどの食品調理調製業がもっと楽になると考えた。</p>\n<p>「ラテンアメリカのB2Bは巨大な市場ですが、その需要と供給は細分化しています。私たちの顧客も、約90%が中小の家族経営の独立店です。供給の側も、何千もの流通業者が、それぞれいろいろな品物を扱っていますが、マーケットシェアが1%に満たないところばかりです」とシャヨ氏はいう。</p>\n<p>対照的に米国には、SyscoやU.S. Foods、Gordon Food Serviceのような大きなフードサービス企業がそれぞれおよそ<a target=\"_blank\" href=\"https://msourceideas.com/explaining-food-industry-wholesale-distributors/#:~:text=Types%20of%20Food%20Distributors&amp;text=In%20the%20US%2C%20the%20industry,host%20of%20smaller%2C%20regional%20players.\" rel=\"noopener\">10%のマーケットシェアを握り</a>、食品から洗剤に至るまでのあらゆるもののワンストップショップを提供している。</p>\n<div id=\"attachment_474702\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474702\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474702 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"506\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?resize=300,148 300w, /wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?resize=768,380 768w, /wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?resize=1024,506 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?resize=809,400 809w, /wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?resize=400,198 400w, /wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?resize=738,365 738w, /wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?resize=640,316 640w, /wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?resize=240,120 240w, /wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?resize=220,109 220w, /wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?resize=281,139 281w, /wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?resize=250,125 250w, /wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?resize=125,62 125w, /wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?resize=121,60 121w, /wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?resize=1117,552 1117w, /wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?resize=600,296 600w, /wp-content/uploads/2022/03/cay1.jpg?resize=50,25 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-474702\" class=\"wp-caption-text\">Cayenaの共同創業者。左からペドロ・カルヴァーリョ氏、ガブリエル・センダツ氏、レイモンド・シャヨ氏(画像クレジット:Cayena)</p></div>\n<p>そこで、シャヨ氏によれば、いくつかの問題が生じる。まず、ベンダー20社ぐらいで同じ品目の価格が最大で40〜50%も違う。クレジットカードがレストランに払うために30日かかることもあるが、一方レストランは自分の原料等の注文に前金を支払うため、運転資本の問題が生じ、特にレストランは材料費が最大のコストなので資金繰りが苦しくなる。</p>\n<p>つまり、ラテンアメリカではレストランが慢性的に経営難を抱えることになる。そこで同社はB2Bのマーケットプレイスを構築し、年商1000億ドル(約11兆5400億円)といわれるラテンアメリカの食品卸業界を狙った。それによりユーザーは原材料などを一度に複数のサプライヤーからまとめて仕入れることができ、翌日に配達してもらえる。また、後払い販売(BNPL)といった新たな金融サービスを提供することもできる。</p>\n<p>ユーザーは必要な品目の卸価格を複数の卸店にわたって比較でき、その品目の現在の相場を知ることができる。Cayenaのアルゴリズムは、サプライヤーの在庫品目と価格、ユーザーの予算を比較対照して、ベストマッチをユーザーにアナウンスする。配達には直送方式を利用して、注文が成立したら、そのオーダーを顧客に配達するようサプライヤーに通知が届く。</p>\n<p>このマーケットプレイスを立ち上げた2020年以降は、顧客数が1年で10倍に増え、レストランの原材料の調達が困難になるにともない1回の購入単位額は4倍になり、Cayenaでの顧客の平均購入回数は1カ月で5回になった。</p>\n<p>この急速な成長で資金が必要になった同社は、2021年後期にPicus Capitalがリードする<a target=\"_blank\" href=\"https://latamlist.com/cayena-foodtech-raises-3-5m-series-a-funding-round/\" rel=\"noopener\">350万ドル(約4億円)のラウンド</a>を調達し、それが、その前にCanaryのリードで調達した55万ドル(約6300万円)に追加されることになった。</p>\n<p>事業は順調で9月のシードラウンドのすぐ後にCayenaはそれまでの倍に成長し、2カ月で倍増というペースが続いたため、年商1億レアル(約22億6000万円)のマイルストーンに達した。同社の現在の商圏は、サンパウロ州の50都市となる。</p>\n<p>こうした加速度的な成長が投資家の関心を集め、同社はVine Venturesが主導し、MSA Capital、Picus Capital、Canaan Partners、Clocktower Ventures、FJ Labs、Femsa Ventures、Gilgamesh、Astella、EndeavorおよびGraoVCの参加も得て、1750万ドル(約22億2000万円)のシリーズA投資を先取りすることになった。これにより、Cayenaは総額2100万ドル(約24億2000万円)強の資金を調達したことになる。</p>\n<p>「今のところ極めてホットな市場ですが、世界中の投資家が成長企業を探している現状ではそれは良いことです。数年前、私たちは比較の対象にもなりませんでしたが、今ではどこが新しいアプローチと戦略で成長しているのか、誰の目にも明らかです」とシャヨ氏はいう。</p>\n<p>Cayenaのビジネスモデルでは、倉庫やトラックや流通への投資はなくテクノロジーのみであるため、資金の多くが雇用に使われる。シャヨ氏の予想では年内に社員数は倍増して60名になるという。また、プロダクトとテクノロジーにもフォーカスしており、新たな金融プロダクトを作り、サプライヤーの地理的範囲も広げたいとのこと。</p>\n<p>また、創業者たちはラテンアメリカ全体が商機だと捉えており、トラックなど1台も所有することなく次のステップでまず1〜3年後にブラジルで最大のフードサービスサプライヤーに、その次のステップでラテンアメリカ全体への拡張を考えているという。</p>\n<p><small>画像クレジット:Cayena</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/07/cayena-delivers-inventory-marketplace-for-food-preparation-businesses/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Christine Hall、翻訳:Hiroshi Iwatani)</p>\n",
        "authorId": 46898863,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/cay0.jpg",
        "author": {
          "id": 46898863,
          "slug": "tcjpiwatani",
          "name": "Hiroshi Iwatani",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474699,
            "categoryId": 366280209,
            "category": {
              "id": 366280209,
              "slug": "others",
              "name": "その他",
              "description": ""
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474699,
            "tagId": 1662,
            "tag": {
              "id": 1662,
              "slug": "restaurant",
              "name": "レストラン(用語)",
              "description": "レストランに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474699,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474699,
            "tagId": 366279615,
            "tag": {
              "id": 366279615,
              "slug": "brazil",
              "name": "ブラジル(国・地域)",
              "description": "ブラジルに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 474699,
            "tagId": 366281293,
            "tag": {
              "id": 366281293,
              "slug": "latin-america",
              "name": "中南米 / ラテンアメリカ(国・地域)",
              "description": "中南米に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474699,
            "tagId": 681521236,
            "tag": {
              "id": 681521236,
              "slug": "b2b",
              "name": "B2B(用語)",
              "description": "B2Bに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474699,
            "tagId": 692508691,
            "tag": {
              "id": 692508691,
              "slug": "foods",
              "name": "食品 / 食料品 / 食材 / 食品加工(用語)",
              "description": "食品に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474699,
            "tagId": 692512291,
            "tag": {
              "id": 692512291,
              "slug": "bnpl",
              "name": "後払い販売 / BNPL(用語)",
              "description": "BNPLは「Buy Now, Pay Later」の頭文字をとったもの。後払い、ツケ払い。商品やサービスの提供を先に受けてから(先に買ってから)、後で代金を支払う。"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474626,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474626,
        "slug": "2022-03-03-yc-backed-blocknom-wants-to-become-the-coinbase-earn-of-southeast-asia",
        "createdAt": "2022-03-08T00:45:22.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-07T22:50:51.000Z",
        "title": "YCが支援するBlocknomは「東南アジアのCoinbase Earn」を目指す",
        "content": "<p>Y Combinator(Yコンビネーター)の2022年冬バッチに参加した<a target=\"_blank\" href=\"https://www.blocknom.com/\" rel=\"noopener\">Blocknom</a>(ブロックノム)は「東南アジアのCoinbase Earn(コインベース・アーン)」になることを志す暗号資産稼ぎプラットフォームだ。同社は米国時間3月4日、Y Combinator、Number Capital(ナンバー・キャピタル)、Magic Fund(マジック・ファンド)からプレシード資金として50万ドル(約5800万円)を調達したと発表した。</p>\n<p>Blocknomの共同設立者であるFransiskus Raymond(フランシスカス・レイモンド)氏とGhuniyu Fattah Rozaq(グニュ・ファタ・ロザク)氏によると、このアプリはユーザーに、年率最大13%の安定した高利回りの利息を得るための安全な方法を提供するという。同アプリは暗号資産インフラ企業のFireblocks(ファイアブロックス)と提携しており、ユーザーはいつでも手数料なしでお金を引き出すことができる。</p>\n<p>2人の創業者は、新型コロナウイルス感染流行が始まった頃、2020年にオープンソースプロジェクトに取り組んでいるときに出会ったという。「ウイルス感染が流行している間に、私たちはインドネシアで暗号資産市場が活況であることに気づきました。その一方で、私たち2人はすでに暗号資産投資家でした」と、レイモンド氏はTechCrunchに語った。</p>\n<p>「しかし、ユーザーと話してみると、誰もが取引でうまくいっているわけではないことがわかりました」。2人はDeFi(分散型金融)が安定的で高利回りの暗号資産による利得方法であることに気づいたものの、インドネシアには競合する製品がなかったため、自分たちで作ることにした。同社がDeFiで提携しているパートナーは、Compound(コンパウンド)、AAVE(アーベ)、Terra(テラ)、Cake(ケイク)などだ。</p>\n<p>Blocknomにサインアップすると、銀行口座を持つユーザーはStablecoins(ステーブルコイン)を預金することができる。Stablecoinsは従来の銀行預金と最も同等であるため、新しい暗号資産ユーザーがアクセスしやすいように、同社の創業者たちが選んだ。</p>\n<p>レイモンド氏によると、Blocknomが投資アプリと異なるのは、Stablecoinを保有して長期的に保持することを推奨している点であるという。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.hk/search/photographer?family=creative&amp;photographer=DBenitostock\" rel=\"noopener\">DBenitostock </a>/ Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/03/yc-backed-blocknom-wants-to-become-the-coinbase-earn-of-southeast-asia/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Catherine Shu、翻訳:Hirokazu Kusakabe)</p>\n",
        "authorId": 191889557,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1300750034.jpg",
        "author": {
          "id": 191889557,
          "slug": "hkusakabe",
          "name": "Hirokazu Kusakabe",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474626,
            "categoryId": 365397055,
            "category": {
              "id": 365397055,
              "slug": "blockchain",
              "name": "ブロックチェーン",
              "description": "ブロックチェーン、デジタル通貨、暗号資産 / 仮想通貨に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474626,
            "tagId": 53622,
            "tag": {
              "id": 53622,
              "slug": "southeast-asia",
              "name": "東南アジア(国・地域)",
              "description": "東南アジアに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474626,
            "tagId": 366271634,
            "tag": {
              "id": 366271634,
              "slug": "indonesia",
              "name": "インドネシア(国・地域)",
              "description": "インドネシアに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474626,
            "tagId": 366272226,
            "tag": {
              "id": 366272226,
              "slug": "cryptocurrency",
              "name": "暗号資産 / 仮想通貨(用語)",
              "description": "暗号資産(仮想通貨)に関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474626,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474626,
            "tagId": 692509158,
            "tag": {
              "id": 692509158,
              "slug": "y-combinator",
              "name": "Y Combinator(企業)",
              "description": "カリフォルニア州マウンテンビューのシードアクセラレーター。"
            }
          },
          {
            "postId": 474626,
            "tagId": 692509659,
            "tag": {
              "id": 692509659,
              "slug": "defi",
              "name": "DeFi / 分散型金融(用語)",
              "description": "decentralized finance。DeFi / 分散型金融に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474579,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474579,
        "slug": "alma",
        "createdAt": "2022-03-07T11:56:08.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-07T11:56:08.000Z",
        "title": "名刺・ウェブサイトから採用時のオンボーディングまで、様々なデザインの事例を集めたCocoda運営のalmaが1.3億円調達",
        "content": "<p>デザインプロセスとデザインチームが集まるプラットフォーム「<a target=\"_blank\" href=\"https://cocoda.design/\" rel=\"noopener\">Cocoda</a>」(ココダ)を運営する<a target=\"_blank\" href=\"https://alma-inc.co.jp/\" rel=\"noopener\">alma</a>(アルマ)は3月7日、第三者割当増資により総額1億3000万円の資金調達を実施したことを発表した。引受先は坂田一倫氏(Mentally CEO)、関口裕氏(SmartHR コミュニケーションディレクター)、山下あか理氏(フリーランスデザイナー)といったエンジェル投資家。調達した資金は、プロダクト強化とマーケティング強化に向けた組織拡大にあてる。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-474582 img-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"514\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=300,150 300w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=768,385 768w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=1024,514 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=1536,770 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=798,400 798w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=400,201 400w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=738,370 738w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=640,321 640w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=240,120 240w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=220,110 220w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=281,141 281w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=250,125 250w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=125,63 125w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=120,60 120w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=1101,552 1101w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=600,301 600w, /wp-content/uploads/2022/03/02-5.jpg?resize=50,25 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>Cocodaは、普段は見えにくい「デザインの裏側」をデザインケース(デザインの事例)として明らかにするプラットフォーム。2022年2月時点でのユーザー数は約3万4000人。掲載事例はウェブサイトや名刺のデザインをはじめ、採用時のオンボーディングデザイン、社内で運用するデザインシステムなど、見た目のデザインに限らない事例まで集まっているという。</p>\n<p>デザインチームやプロダクトチームが利用者として参加しており、実際の設計過程やデザインの裏側をデザインケースとしてまとめ発信しているため、普段の業務における試行錯誤や制作プロセス、組織体制といった事例も知ることができるとしている。</p>\n<p>また、チームのデザイン活動を支える新たなプロダクトも実験しているそうだ。そのうちの1つ「Cocoda Board」は、ユーザー情報をまとめ、ユーザーからの声や要望を集約し整理と可視化が行える管理するツールとなっている。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"alignnone size-full wp-image-474584 img-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"536\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg?resize=300,157 300w, /wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg?resize=768,402 768w, /wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg?resize=1024,536 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg?resize=1536,804 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg?resize=764,400 764w, /wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg?resize=400,209 400w, /wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg?resize=738,386 738w, /wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg?resize=640,335 640w, /wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg?resize=220,115 220w, /wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg?resize=281,147 281w, /wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg?resize=239,125 239w, /wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg?resize=125,65 125w, /wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg?resize=115,60 115w, /wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg?resize=1054,552 1054w, /wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg?resize=600,314 600w, /wp-content/uploads/2022/03/04-2.jpg?resize=50,26 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/01-5.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474579,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474579,
            "tagId": 148,
            "tag": {
              "id": 148,
              "slug": "design",
              "name": "デザイン / デザイナー(用語)",
              "description": "デザイン / デザイナーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474579,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474579,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474579,
            "tagId": 692517483,
            "tag": {
              "id": 692517483,
              "slug": "alma-inc",
              "name": "alma(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474560,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474560,
        "slug": "tieups-fundraising",
        "createdAt": "2022-03-07T07:00:34.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-07T07:00:34.000Z",
        "title": "プロフィールサイト「lit.link」やコミュニティSNS「WeClip」を運営するTieUpsが1億円のシード調達",
        "content": "<p><img loading=\"lazy\" class=\"aligncenter size-large wp-image-474562\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?w=1024\" alt=\"プロフィールサイト「lit.link」やコミュニティSNS「WeClip」を運営するTieUpsが1億円のシード調達\" width=\"1024\" height=\"768\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg 2000w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=300,225 300w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=768,576 768w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=1024,768 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=1536,1152 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=533,400 533w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=400,300 400w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=738,554 738w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=210,158 210w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=220,165 220w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=480,360 480w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=80,60 80w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=229,172 229w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=167,125 167w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=125,94 125w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=736,552 736w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=489,367 489w, /wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-001.jpg?resize=50,38 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" />プロフィールサイト「<a target=\"_blank\" href=\"https://lit.link/\" rel=\"noopener\">lit.link</a>」(リットリンク)、コミュニティSNS「<a target=\"_blank\" href=\"https://weclip.link/\" rel=\"noopener\">WeClip</a>」(ウィークリップ)の開発・運営をする<a target=\"_blank\" href=\"https://tieups.com/\" rel=\"noopener\">TieUps</a>は3月7日、シードラウンドとして、J-KISS型新株予約権の発行による資金調達を実施したと発表した。引受先は、Headline Asia、ANOBAKA、吉川徹氏(マイベスト代表取締役)。デットファイナンスを合わせ、シードラウンドでの資金調達は総額1億円となった。調達した資金は、lit.linkおよびWeClipの機能拡充、採用と社内体制の強化にあてる予定。</p>\n<p>TieUpsは2020年4月に設立のスタートアップ。東日本大震災をきっかけに、SNSが日本のコミュニケーションインフラになるなど、ピンチの時こそ飛躍するサービスが誕生しやすい時だと認識していたので、世論の心理変化によるゲームチェンジが起きると確信し会社を設立したという。</p>\n<p>2021年1月リリースのlit.linkは、現在ユーザー数70万人・月間アクセス数4500万PV超に到達。2021年10月リリースのWeClipは現在1000個以上のコミュニティが存在。2022年内にiOSアプリとビジネス機能をリリース予定としている。</p>\n",
        "authorId": 188033725,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-07-003-index.jpg",
        "author": {
          "id": 188033725,
          "slug": "takashihiga",
          "name": "Takashi Higa",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474560,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474560,
            "tagId": 1884,
            "tag": {
              "id": 1884,
              "slug": "sns",
              "name": "SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)",
              "description": "SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連する記事一覧。SNSとは、Web上で社会的ネットワークを構築可能にするサービス。"
            }
          },
          {
            "postId": 474560,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474560,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474560,
            "tagId": 692517480,
            "tag": {
              "id": 692517480,
              "slug": "tieups",
              "name": "TieUps(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474496,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474496,
        "slug": "2022-02-03-amira-yahyaoui-wants-mos-to-be-a-radical-fintech-startup",
        "createdAt": "2022-03-06T23:45:58.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-06T21:22:13.000Z",
        "title": "「秀才1000人の信頼ではなく学生2000万人の納得が必要」Mosは急進的なフィンテックスタートアップを目指す",
        "content": "<p>大学に進学する金銭的余裕がなかった人権活動家で<a target=\"_blank\" href=\"https://www.mos.com/\" rel=\"noopener\">Mos(モス)</a>の創業者である<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/Mira404\" rel=\"noopener\">Amira Yahyaoui(アミラ・ヤヒアウイ)氏</a>は、学生と奨学金との橋渡しをするプラットフォームを立ち上げたとき、取り組んでいたイノベーションにひと区切りがついたと感じた。2017年の創業以来、Mosはコミュニティ内の40万人以上の学生に対し、1600億ドル(約18兆5000億円)以上になる学資援助プールへの自由なアクセスを提供している。</p>\n<p>現在、ヤヒアウイ氏は、自身が直面したもう1つの金融の障壁を壊すことを目指し、Mosをチャレンジャーバンクへと拡大している。これは、Mosが、学生の大学受験や進学を支援するEdTech事業から、同じユーザー層の生活における複雑な要望をサポートするフィンテック事業へと進化したものだ。</p>\n<p>「当社は、自分たちが行っていることとその理由について、かなり急進的に考えている」と同氏はいう。「エリート主義でもなく、ごく限られた人たちのためにやっているわけでもない。米国に根ざす銀行になりたいと真剣に考えている」とし、まずは学生を対象に「それを目標としている」と語る。</p>\n<p>この目標は多くの投資家の共感を呼び、Mosの最新の資金調達ラウンドへの参加が競われた。今回のシリーズBでは、評価額が2020年5月時点の5000万ドル(約57億7000万円)から4億ドル(約461億円)に引き上げられ、4000万ドル(約46億1000万円)を調達した。ヤヒアウイ氏によると、このラウンドは、Tiger Global(タイガー・グローバル)の主導のもと、Sequoia(セコイア)、Lux Capital(ラックス・キャピタル)、Emerson Collective(エマーソン・コレクティブ)、Plural VC(プルーラルVC)などが24時間以内に集まり、複数の条件規定書を断ることもあったし、プレゼンのスライドも必要なかったという。</p>\n<p>Mosの最初のデビットカードには、当座貸越料、遅延損害金、ネットワーク内ATM手数料が不要などいくつかの主な特徴がある。また、Mosの口座を開設するために最低残高も必要ない。</p>\n<div id=\"attachment_474498\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474498\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474498 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"700\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png 3072w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=300,205 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=768,525 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=1024,700 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=1536,1050 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=2048,1400 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=585,400 585w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=400,273 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=738,504 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=527,360 527w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=220,150 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=252,172 252w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=183,125 183w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=125,85 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=88,60 88w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=807,552 807w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=537,367 537w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-1.png?resize=50,34 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-474498\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Mos</p></div>\n<p>「学生はお金をあまり持っていないため、当座貸越や詐欺など、あらゆる不利な条件に直面している」と同氏はいう。確かに、他のフィンテック企業も、学生の多くが卒業後も銀行を変えないことに着目し、脆弱ではあるものの定着性のある顧客層に同様のサービスを提供する機会があると考えているだろう。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/12/02/stride-series-a/\" rel=\"noopener\">Stride Funding(ストライド・ファウンディング)</a>と<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/05/27/leveredge-wants-to-get-you-and-your-friends-a-volume-discount-on-student-loans/\" rel=\"noopener\">LeverEdge(レバーエッジ)</a>は学生ローン業界に参入しており、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/04/08/thrive-launches-to-fund-students-based-on-summer-internships-not-credit-scores/\" rel=\"noopener\">Thrive Cash(スライブ・キャッシュ)は合格通知に基づいて資金を提供</a>し、学生向けの資金援助ツールであるFrank(フランク)は<a target=\"_blank\" href=\"https://www.cnbc.com/2021/09/21/jpmorgan-chase-is-buying-college-financial-aid-platform-frank.html\" rel=\"noopener\">JPMorgan Chase(JPモルガン・チェース)に買収</a>されたばかりだ。</p>\n<p>「JPモルガンをはじめとするすべての銀行は、自分たちの未来が過去とは異なることを認識しているのだろう。銀行は学生との関係を強めようとしているが、学生は既存の銀行経由では奨学金を利用しない」と同氏は述べる。一方、Mosは、2021年までに15億ドル(約1730億円)以上の奨学金を学生に提供してきた。</p>\n<p>Mosはこれまで、奨学金を通じて学生の購買力を高めることで、学生との信頼関係を築いてきたが、この関係が他のフィンテック企業との競争に有利に働くとヤヒアウイ氏は考えている。つまり、自分を信頼し、認めてくれる人たちのユーザー基盤を構築し、その人たちに響く言葉で商品やサービスを紹介するというものだ。</p>\n<p>「当社は大人になったばかりの顧客にサービスを提供しているが、将来的には顧客が大学を卒業してアパートを借り、家賃を払うようになるため、当社も顧客と一緒に成長していくのだ」と付け加える。</p>\n<div id=\"attachment_474499\" style=\"width: 310px\" class=\"wp-caption alignright\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474499\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474499\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Amira-Yahyaoui_.jpeg?w=225\" alt=\"\" width=\"300\" height=\"400\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Amira-Yahyaoui_.jpeg 1152w, /wp-content/uploads/2022/03/Amira-Yahyaoui_.jpeg?resize=225,300 225w, /wp-content/uploads/2022/03/Amira-Yahyaoui_.jpeg?resize=768,1024 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Amira-Yahyaoui_.jpeg?resize=300,400 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Amira-Yahyaoui_.jpeg?resize=400,533 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Amira-Yahyaoui_.jpeg?resize=738,984 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Amira-Yahyaoui_.jpeg?resize=270,360 270w, /wp-content/uploads/2022/03/Amira-Yahyaoui_.jpeg?resize=165,220 165w, /wp-content/uploads/2022/03/Amira-Yahyaoui_.jpeg?resize=129,172 129w, /wp-content/uploads/2022/03/Amira-Yahyaoui_.jpeg?resize=94,125 94w, /wp-content/uploads/2022/03/Amira-Yahyaoui_.jpeg?resize=45,60 45w, /wp-content/uploads/2022/03/Amira-Yahyaoui_.jpeg?resize=414,552 414w, /wp-content/uploads/2022/03/Amira-Yahyaoui_.jpeg?resize=275,367 275w, /wp-content/uploads/2022/03/Amira-Yahyaoui_.jpeg?resize=38,50 38w\" sizes=\"(max-width: 300px) 100vw, 300px\" /><p id=\"caption-attachment-474499\" class=\"wp-caption-text\">Mosの創業者であるアミラ・ヤヒアウイ氏(写真提供者:Cayce Clifford)</p></div>\n<p>今回のラウンドに参加したラックス・キャピタルのDeena Shakir(ディーナ・シャキール)氏は、銀行事業は常にMosの「ミッシングピース」だったと述べる。もともとMosは、情報公開の他の側面を担ったり、学生に特化した他の金融商品のプラットフォームになったりと、さまざまな方法で拡大できると考えていたという。今では、この最初の数年間に築いたネットワーク効果により、当然のように次のステップに進んでいると同氏は考えている。</p>\n<p>「Mosは、金融アクセスや金融包摂の側面から関わるのではなく、学生にとってのメインバンク、クレジットカード、そしてホームとなるユニークな機会を得たと認識している」と同氏はいう。</p>\n<p>当初のミッションを超え、このスタートアップの新しい目標は、確かな収益をもたらす可能性がある。Mosはもともと、奨学金へのアクセス料で収益を上げていた。現在、Mosは仲介手数料で収益を上げているが、その知識は口座を開設すれば誰でも無料で得られる。ヤヒアウイ氏は、Mosが以前のビジネスモデルで「数百万ドル(数億円)」の年間収益を得ていたと述べたが、現在の収益については語らなかった。しかし、チャレンジャーバンク路線を追求したことで、有効な市場が爆発的に拡大したといい「当社の時価総額は、以前の10倍になっている」と語る。</p>\n<p>将来的にMosは、学生がお金を支払ってアクセスできる商品セットを作り、アドバイザーとのより実践的な相談や特定の銀行機能などを提供する予定だ。</p>\n<p>最近のPayPal(ペイパル)の業績からも明らかなように、すべてのフィンテック企業にとって問題となるのは、長期的なユーザーの質だ。Mosは、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-09-01/sequoia-backed-financial-aid-startup-mos-debuts-new-debit-card\" rel=\"noopener\">デビットカード事業を開始してから数カ月後</a>の11月頃に、成長率が大幅に上昇した。競争の激しいフィンテック業界であるため具体的な成長指標については明らかにしていないが、カードの開始後、最初の四半期に10万人以上の学生がMosに口座を開設したことを紹介する。同氏は、この成長によりMosが米国で10番目に大きなネオバンクになったと推定している。</p>\n<p>その学生たちが固定客となるのか、それとも大学に通っている間の一時的な顧客なのかはまだわからない。景品や紹介ボーナスには魅力を感じるが、それは同社にとって長期的な利益につながるのだろうか。</p>\n<p>Mosの第一期生となった大学生のJulieta Silva(ジュリエッタ・シルバ)さんは、テキサス州の小さな町で育った。彼女が通う500人規模の学校には、大学進学のためのカウンセラーが1人しかいなかったため、進学に関する相談は、ほとんどMosからTikTok(ティックトック)を介して行っていた(実際、Mosのソーシャルメディアプラットフォームのアカウントには、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.tiktok.com/@mosdotcom\" rel=\"noopener\">5万2000人以上のフォロワー</a>がいる)。最初にこのプラットフォームに参加したのは2020年8月で、奨学金を申請するためだったが、このプラットフォームは「複雑な銀行システムの簡易版」を目指して成長してきた。現在、ノースイースタン大学の1年生である彼女は、今でもBank of America(バンク・オブ・アメリカ)のカードを使っているが、日々の生活ではMosのカードに頼っている。友達に登録してもらえば、紹介料を得ることもできるという。</p>\n<p>「学内で使われているのはまだあまり目にしないが、私がカードを使うたびに[カードについて]聞かれる。だから、ちょっとした特典を全部教えてあげるが、実際に皆の関心を集めるのはMosのファイナンシャルアドバイザーと、学費のための資金援助だ」と彼女は話す。</p>\n<div id=\"attachment_474500\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474500\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474500 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"700\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png?resize=300,205 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png?resize=768,525 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png?resize=1024,700 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png?resize=585,400 585w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png?resize=400,273 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png?resize=738,504 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png?resize=527,360 527w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png?resize=220,150 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png?resize=252,172 252w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png?resize=183,125 183w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png?resize=125,85 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png?resize=88,60 88w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png?resize=807,552 807w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png?resize=537,367 537w, /wp-content/uploads/2022/03/Mos-Banking-Scholarships.png?resize=50,34 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-474500\" class=\"wp-caption-text\">画像クレジット:Mos</p></div>\n<p>一方、創業者のヤヒアウイ氏は、NFT(非代替性トークン)やしゃれたロゴ(と重さ!)を施したクレジットカードなど、話題性に気を使ってきた。しかし、ベンチャーキャピタルの支援を得て、大衆向けの事業に乗り出すことにした。</p>\n<p>「1000人の秀才の信頼が得られればよいと思っていた」と同氏は述べ、そして続けた。「しかし実際には、2000万人の学生を納得させる必要がある」。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.gettyimages.co.jp/search/photographer?family=creative&amp;photographer=BreakingTheWalls\" rel=\"noopener\">BreakingTheWalls</a> / Getty Images</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/02/03/amira-yahyaoui-wants-mos-to-be-a-radical-fintech-startup/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Natasha Mascarenhas、翻訳:Dragonfly)</p>\n",
        "authorId": 176261049,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/GettyImages-1161990255.jpeg",
        "author": {
          "id": 176261049,
          "slug": "katsuyukiyasui",
          "name": "katsuyukiyasui",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474496,
            "categoryId": 254561114,
            "category": {
              "id": 254561114,
              "slug": "fintech",
              "name": "フィンテック",
              "description": "フィンテック(Fintech)、ファイナンス・テクノロジー、金融商品・サービスにおけるテクノロジーの最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474496,
            "tagId": 364065523,
            "tag": {
              "id": 364065523,
              "slug": "scholarships",
              "name": "奨学金(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474496,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474496,
            "tagId": 366279218,
            "tag": {
              "id": 366279218,
              "slug": "debit-cards",
              "name": "デビットカード / debit card(用語)",
              "description": "預金口座と紐づけられた決済用カード。"
            }
          },
          {
            "postId": 474496,
            "tagId": 692515097,
            "tag": {
              "id": 692515097,
              "slug": "university",
              "name": "大学(用語)",
              "description": "大学に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474496,
            "tagId": 692516968,
            "tag": {
              "id": 692516968,
              "slug": "university-student",
              "name": "大学生(用語)",
              "description": "大学生に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474445,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474445,
        "slug": "2022-03-04-me-terro-seed-funding",
        "createdAt": "2022-03-06T01:30:38.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-05T23:20:34.000Z",
        "title": "ビールの醸造かすを生分解性フィルムに変えるMi Terroが1.7億円調達",
        "content": "<p>あるやり手の起業家が、ビール醸造大手<a target=\"_blank\" href=\"https://www.ab-inbev.com/\" rel=\"noopener\">AB Inbev</a>(ABインベブ)と家庭用品の大手<a target=\"_blank\" href=\"https://www.unilever.com/\" rel=\"noopener\">Unilever</a>(ユニリーバ)が主催する1<a target=\"_blank\" href=\"https://www.100accelerator.com/\" rel=\"noopener\">00以上のアクセラレータープログラム</a>に参加し、あるパターンを発見した。醸造所には大量の醸造かすがあり、家庭用消費財にはプラスチック問題がある。この2つの問題の架け橋となるべく登場したのが、農業廃棄物をタンパク質に加工し、プラスチック代替品や飼料などとして利用できるようにする<a target=\"_blank\" href=\"https://www.miterro.com/\" rel=\"noopener\">Mi Terro</a>(ミテロ)だ。同社は、生産規模を拡大するために150万ドル(約1億7000万円)を調達した。</p>\n<p>Mi Terroの創業者Robert Luo(ロバート・ルオ)氏は「洗濯洗剤ポッドTide Podsを思い浮かべてみてください」と話す。「私たちの製品は、Tide Podsで使われている<a target=\"_blank\" href=\"https://www.greenlivingdetective.com/how-green-is-it-to-use-detergent-pods\" rel=\"noopener\">ポリビニルアルコール</a>に似ています。唯一Tide Podsと違うのは、マイクロプラスチックが含まれていないことです。私たちの製品は水溶性で、室温で水に分解することができます。また、生分解性を有してもいます。当社のデータでは、自然分解には1年ほどかかるとされています。工業用堆肥化施設では、180日以内に分解できます」と説明する。</p>\n<p>ルオ氏は2018年に、中国の叔父の酪農場を訪れたことがきっかけで、会社を立ち上げた。そこでは大量の牛乳が廃棄されていた。そして、腐った牛乳をただ捨てるのではなく、何か価値のあるものを作れないか、と興味を持った。最初に開発したのは、牛乳の搾りかすを使った繊維製品だ。この繊維は10万ドル(約1100万円)分ほど売れ、今でも日本に顧客がいる。しかし、この分野ではB2Cモデルは非常に難しいことが分かった。そこで、アクセラレータに参加し、同様のプロセスで産業用途があることを発見した。</p>\n<p>「中国のBudweiser(バドワイザー)とつながりができ、価値の低い醸造かすを大量に抱えていることを知りました。彼らは、メタンや地球温暖化の間接的な原因となる牛の飼料として処理するよりも、もっと良い利用方法を考案したいと思っていました」とルオ氏は説明する。「そこで、私たちが以前開発した方法を用いることで、農業廃棄物を堆肥化できる包装材に変える新しい解決策を導き出すことができました。そして、これが当社が2020年からやっていることです」。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/11/19/astanor-ventures-launches-325m-impact-fund-aimed-at-foodtech-and-agtech-startups/\" rel=\"noopener\">Astanor</a>がMi Terroの150万ドルラウンドのリードインベスターで、同社の価値を1000万ドル(約11億円)と評価した。Astanorは少し前に食品と農業技術を専門者とする<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2020/11/19/astanor-ventures-launches-325m-impact-fund-aimed-at-foodtech-and-agtech-startups/\" rel=\"noopener\">ファンドを立ち上げ</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/11/17/autonomous-tractor-maker-monarch-raises-61-million/\" rel=\"noopener\">自律走行トラクター</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/22/calyxia-bags-17-6m-to-tackle-the-global-microplastics-problem/\" rel=\"noopener\">マイクロプラスチックの除去</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/09/02/stockeld-dreamery-loves-cheese-so-much-that-it-raised-20m-to-make-it-out-of-legumes/\" rel=\"noopener\">植物由来の食品</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/05/20/climate-risk-platform-cervest-raises-30m-series-a-led-by-draper-esprit/\" rel=\"noopener\">気候リスクの脅威分析</a>、そして今週初めには<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/01/source-seed-funding/\" rel=\"noopener\">温室用のAI技術</a>など、さまざまな企業への投資でこの分野において急速にその名を知られるようになってきている。</p>\n<p>Mi Terroの従業員は現在5人で、この中には中国にいる製品専門家も含まれる。同社は中国に製造拠点を設け、また米国にオフィスを設置する計画だ。今回の投資は主に生産規模の拡大に使われる予定で、ラボでのやり方に若干の変更を加えることになる。</p>\n<div id=\"attachment_474447\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474447\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474447 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"682\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg 2269w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=768,511 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=1024,682 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=1536,1023 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=2048,1364 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=601,400 601w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=400,266 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=738,491 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=541,360 541w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=188,125 188w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=829,552 829w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=551,367 551w, /wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro2.jpeg?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-474447\" class=\"wp-caption-text\">プラスチックに代わる生分解性フィルムに入っているMi Terroのプロトタイプの洗剤ポッド(画像クレジット:Mi Terro)</p></div>\n<p>「生産規模を拡大するためには、加工の方法が変わり、設備も変わってきます。そしてもう1つ、ビール醸造所から当社の施設まで醸造かすを配送するための物流コストも考慮しなければなりません」とルオ氏はいう。「そのために最適な場所を探す必要があり、生産拡大に向けてはその点も考慮しなければなりません。輸送費がかさみ過ぎないように、慎重にならざるを得ないのです」。</p>\n<p>Mi Terroのプロセスには2つのステップがある。農業廃棄物からタンパク質、繊維、デンプンなどのポリマーを抽出し、ポリマーを分離した後、モノマーを結合して他の製造工程で使用できるポリマーにするというグラフト化で改良を行う。このようにしてできた素材は、パスタを作るのと同じように、液体のような素材をスリットから押し出し、形成できるため、現在プラスチックが使われている多くの用途に使用することができる。ストローや容器、箱などを作ることが可能だ。同社が最初に作る製品は、ビールのラベルやTide Podsなどのパッケージのようなフレキシブルフィルムだ。</p>\n<p>「現在、顧客向けに2つのソリューションを開発しています。1つは水溶性で、水溶性が必要な用途に適しています。もう1つは耐水性です」とルオ氏は話した。</p>\n<p><small>画像クレジット:<a target=\"_blank\" href=\"https://www.miterro.com/\" rel=\"noopener\">Mi Terro</a></small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/04/me-terro-seed-funding/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Haje Jan Kamps、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Mi-Terro.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474445,
            "categoryId": 6297388,
            "category": {
              "id": 6297388,
              "slug": "biotech",
              "name": "バイオテック",
              "description": "バイオテック(BioTech)、アグリテック(AgriTech)、遺伝子工学などに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474445,
            "tagId": 1917,
            "tag": {
              "id": 1917,
              "slug": "beer",
              "name": "ビール(用語)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474445,
            "tagId": 366270951,
            "tag": {
              "id": 366270951,
              "slug": "alcoholic-beverages",
              "name": "酒 / アルコール飲料(用語)",
              "description": "酒 / アルコール飲料に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474445,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474445,
            "tagId": 681520732,
            "tag": {
              "id": 681520732,
              "slug": "protein",
              "name": "タンパク質 / プロテイン(用語)",
              "description": "タンパク質 / プロテインに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474445,
            "tagId": 692515174,
            "tag": {
              "id": 692515174,
              "slug": "agricultural-waste",
              "name": "農業廃棄物(用語)",
              "description": "農業廃棄物に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474450,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474450,
        "slug": "2022-03-04-fetch-raises-3-5m-for-its-self-service-truck-rental-marketplace",
        "createdAt": "2022-03-06T01:00:25.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-05T23:12:08.000Z",
        "title": "セルフ型トラックレンタルマーケットプレイスFetchが事業拡大で約4億円調達",
        "content": "<p>昔、筆者はトラックを所有していた。そのトラックが大好きだった。しかし、実際にトラックとして使うことはさほどなく、結局、そのトラックを売って、もっと日常的なニーズに合ったものを購入した。より「実用的」なものだ。今でもあのトラックが恋しい。</p>\n<p>現在、年に数回、トラックをトラックとして使う必要があり、その場合、友達を説得して34回目の借用をさせてもらうか、大型ハードウェア店でレンタルを試みるしかない。店に着くまでに使えるトラックがあることを願い、列に並び、書類に記入し、保険証を忘れたために車まで走っていき、また列に並び直す。</p>\n<p><a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2017/06/20/fetch-launches-self-service-truck-rentals-to-help-you-move-the-big-stuff/\" rel=\"noopener\">数年前</a>にTechCrunchが初めて紹介した<a target=\"_blank\" href=\"https://fetchtruck.com/v2/\" rel=\"noopener\">Fetch</a>(フェッチ)は、このプロセスを少し簡単にする。近くにあるトラック(またはバン!)を探し、アプリで予約し、歩いて行って携帯電話からロックを解除すれば、すぐに出発することができる。今週、Fetchはチームと事業を拡大するために350万ドル(約4億円)を調達したことを発表した。Fetchを実現するために、とも言える(編集部注:Fetchは行って取ってくる、の意)。</p>\n<p>Fetchは今のところ、いくつかの都市で事業を展開しているが、そのリストは急速に増え始めている。最初に地元アトランタで開始し、最近ではボルチモア、フィラデルフィア、ダラス、ワシントンDCに事業を拡大している。Fetchの共同創業者Adam Steinberg(アダム・スタインバーグ)氏によると、2022年末までに「さらに12都市」に進出する予定だという。</p>\n<p>同社のビジネスモデルも、前回取り上げたときからかなり拡大している。以前は、Fetchで利用できるトラックはすべてFetchが所有していたが、最近は、空きトラックを持つ人なら誰でも貸し出せるマーケットプレイスとなっている(車両を抱える企業でも、空き車両を持つ個人でも、週7日レンタルに貸し出せれば利用できる)。</p>\n<p>登録を済ませると、トラックの所有者は、承認された借り手が車両のロックを解除し、トラックを使えるようにするためにFetchのハードウェアを取り付ける。借り手は自分で保険に加入する必要があるが、Fetchはその保険契約を補うための二次保険も提供している。</p>\n<p>レンタル料金は、サイズや運転距離など求めるものによって若干異なり、時間や日単位、あるいは必要な期間に応じて借りることもできる。例えば、アトランタで全長6フィート(182センチ)のピックアップトラックは、現在サイトでは1時間19ドル(約2200円)で、あるいは走行距離50マイル(80キロメートル)までなら1日70ドル(約8000円)で提供されている。</p>\n<p>他にオンデマンドレンタカーサービスがある中で、なぜこのようなサービスを立ち上げたのだろう。理由はターゲット層だ。重量1000ポンド(約453キロ)の木材を動かしたり、古い机をオフィスから運び出したりしたいときに、休暇用のレンタカーアプリに飛びつくのは、ちょっと変な感じがする。「私たちの理想の顧客は、中小企業の経営者です」とスタインバーグ氏はいう。「ケータリング業者やイベントプランナーなど、定期的にトラックを必要とする中小企業です」。</p>\n<p>スタインバーグ氏によると、同社は「レンタル1台あたりの収益性も達成」している。そして、現在「数百台のトラックをマーケットプレイスで稼働させていて」、その約半数がアトランタ地域にあるとのことだ。また、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.fetchtruck.com/homedepot/\" rel=\"noopener\">Home Depot(ホームデポ)とも提携し</a>、一部の地域で同社のレンタル業務を受託している。</p>\n<p>次の動きは?チームの拡大だ。同社の従業員は現在12人で、今後3カ月ほどで倍増させる計画だ。</p>\n<p>今回の資金調達ラウンドはNextView Venturesがリードし、Knoll Ventures、Zeno Ventures、Nassau Street Ventures、その他多くのエンジェル投資家が参加した。</p>\n<p><small>画像クレジット:Fetch</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/04/fetch-raises-3-5m-for-its-self-service-truck-rental-marketplace/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Greg Kumparak、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Fetch.png",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474450,
            "categoryId": 366273915,
            "category": {
              "id": 366273915,
              "slug": "internet-services",
              "name": "ネットサービス",
              "description": "インターネット・サービス全般における最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474450,
            "tagId": 21911,
            "tag": {
              "id": 21911,
              "slug": "marketplace",
              "name": "マーケットプレイス(用語)",
              "description": "マーケットプレイスに関する記事一覧。"
            }
          },
          {
            "postId": 474450,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474450,
            "tagId": 366277040,
            "tag": {
              "id": 366277040,
              "slug": "truck",
              "name": "トラック / 貨物自動車(用語)",
              "description": "トラック / 貨物自動車に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474450,
            "tagId": 681520180,
            "tag": {
              "id": 681520180,
              "slug": "atlanta",
              "name": "アトランタ(国・地域)",
              "description": "アトランタに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474450,
            "tagId": 681521391,
            "tag": {
              "id": 681521391,
              "slug": "rental",
              "name": "レンタル / リース(用語)",
              "description": "レンタルに関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474416,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474416,
        "slug": "2022-03-04-assembly-ai-snags-28m-for-all-in-one-api-to-transcribe-summarize-and-moderate-audio",
        "createdAt": "2022-03-05T09:00:36.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-05T08:44:15.000Z",
        "title": "音声の文字起こし、要約、モデレートを行うオールインワンAPIのAssemblyAIが32.1億円を調達",
        "content": "<p>ここ数年、音声や動画のコンテンツやインターフェースが爆発的に増えているのは明らかだが、それらのメディアを扱う方法はまだ発展途上だ。そんな中、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.assemblyai.com/\" rel=\"noopener\">AssemblyAI</a>が2800万ドル(約32億1000万円)の新たな資金調達により、音声解析のための主要なソリューションとなることを目指す。同社の超シンプルなAPIを利用することで、一度に数千の音声ストリームの文字起こし、要約、その他何が起きているのかを把握することができる。</p>\n<p>電話や会議がビデオ通話になり、ソーシャルメディアの投稿が10秒のクリップ動画になり、チャットボットが発話し、音声を理解するようになるなど、マルチメディアは信じられないほど短期間に多くのものの標準となった。数え切れないほどの新しいアプリケーションが登場してきているが、他の新しい成長産業と同様に、アプリケーションを適切に実行したり、アプリケーションの上に新しいものを構築したりするためには、アプリケーションが生成するデータを操作できる必要がある。</p>\n<p>問題は、音声はもともと簡単に扱えるものではないことだ。音声ストリームの「検索」はどのように行えば良いだろう。波形を見たり、通して聴いたりすることもできるが、それよりもまずは文字に書き起こして、その結果得られたテキストを検索する方が良いだろう。そこでAssemblyAIの出番となる。音声文字起こしサービスは数多くあるものの、自社のアプリや業務プロセスには簡単に組み込めない場合が多い。</p>\n<p>AssemblyAIのCEOで共同創業者のDylan Fox(ディラン・フォックス)氏は「音声コンテンツのモデレーションや検索、要約を行う場合には、データをより柔軟で、その上に機能やビジネスプロセスを構築できる形式に変換する必要があります」と語る。「そこで、Twilio(トゥイリオ)やStripe(ストライプ)のように、たとえハッカソンの場でも使えるような、誰でも使える超高精度の音声分析APIを作ろうということになったのです。こうした機能を組み上げるためには多くの支援が必要ですが、その際にあまりにも多くのサービスプロバイダーを組合せたくはありません」。</p>\n<p>AssemblyAIは、極めてシンプルに(1、2行のコードで)呼び出せる数種類のAPIを提供しているが、そのAPIを利用することで「このポッドキャスト中に禁止されている内容がないかチェックする」「この会話の話者を特定する」「この会議を100文字以内に要約する」などのタスクを実行することができる。</p>\n<div id=\"attachment_2279180\" class=\"wp-caption aligncenter\">\n<div id=\"attachment_474420\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><a target=\"_blank\" href=\"/wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png\" rel=\"noopener\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474420\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474420 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"728\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png 1440w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=300,213 300w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=768,546 768w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=1024,728 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=563,400 563w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=100,70 100w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=400,284 400w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=738,525 738w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=506,360 506w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=220,156 220w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=242,172 242w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=176,125 176w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=125,89 125w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=84,60 84w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=776,552 776w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=516,367 516w, /wp-content/uploads/2022/03/Desktop-1-2.png?resize=50,36 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></a><p id=\"caption-attachment-474420\" class=\"wp-caption-text\">コードして、コールして完了(画像クレジット:AssemblyAI)</p></div>\n<p>だが、私もそうだったが、この仕事が一歩踏み込めばどれだけ複雑な作業になるかと考えると、果たして小さな会社がこれだけ多くのことを簡単にこなせる道具を作れるのかどうかと疑問に思うだろう。フォックス氏は、これが困難な課題であることを認めつつも「技術は短期間で大きく進歩したのです」と語った。</p>\n<p>「特にここ数年で、こうしたモデルの精度が急速に向上しています。要約、勘定識別……どれも本当に良くなりました。そして、私たちは実際に最先端の技術を推進しています。私たちは大規模なディープラーニング研究を行っている数少ないスタートアップの1つですので、私たちのモデルは、世間一般のものよりも優れているのです。研究開発やトレーニングのためのGPUや計算資源には、今後数カ月間だけでも100万ドル(約1億1500万円)以上を投入します」。</p>\n<p>簡単にはデモンストレーションできないので、直感的に理解するのは難しいかもしれないが、画像生成(「このXXは存在しません」の類)やコンピュータービジョン(顔認証、防犯カメラ)と同様に、言語モデルも進歩してきている。もちろん、GPT-3はその身近な例だが、フォックス氏は、書き言葉を理解し生成することと、会話やくだけた話し方を分析することは、実質的にまったく別の研究領域であると指摘する。よって機械学習技術の進歩(トランスフォーマーや新しい効率的なトレーニングのフレームワーク)は両者に貢献してきたが、多くの意味ではそれらはリンゴとオレンジの関係(同じ果物というだけで、それ以外の属性は異なっている)のようなものだ。</p>\n<p>いずれにせよ、数秒から1時間程度の音声でも、APIを呼び出すだけで効果的なモデレーションや要約処理を行うことができるようになった。これは、ショートビデオのような機能を開発したり統合したりする際などにとても有効だ。たとえば1時間に10万件ものクリップがアップロードされることを想定した場合、それらがポルノや詐欺、パクリでないことを確認する最初のスクリーニングはどうすれば良いだろう?また、そのスクリーニングプロセスを構築するためにローンチがどれくらい遅れるだろう?</p>\n<p>フォックス氏は、このような立場にある企業が、ちょうど決済プロセスの追加に直面したときと同様に、簡単で効果的な方法を選ぶことができるようになることを希望している。つまり機能をゼロから自分で構築することもできるし、15分で「Stripe」を追加することもできるということだ。これは、根本的に望ましいものだというだけでなく、Microsoft(マイクロソフト)やAmazon(アマゾン)などの大手プロバイダーが提供する、複雑でマルチサービスなパッケージの中の音声分析製品とは明らかに一線を画している。</p>\n<div id=\"attachment_474421\" style=\"width: 1034px\" class=\"wp-caption aligncenter\"><img aria-describedby=\"caption-attachment-474421\" loading=\"lazy\" class=\"wp-image-474421 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?w=1024\" alt=\"\" width=\"1024\" height=\"683\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp 2048w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=300,200 300w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=768,512 768w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=1024,683 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=1536,1025 1536w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=600,400 600w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=400,267 400w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=738,492 738w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=540,360 540w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=220,147 220w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=258,172 258w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=187,125 187w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=125,83 125w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=90,60 90w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=828,552 828w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=550,367 550w, /wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-ceo-dylan-fox.webp?resize=50,33 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /><p id=\"caption-attachment-474421\" class=\"wp-caption-text\">インタビューに答えるフォックス氏(画像クレジット:Jens Panduro)</p></div>\n<p>同社はすでに数百の有料顧客を数え、2021年1年間で売上を3倍に伸ばし、現在は1日100万件のオーディオストリームを処理している。フォックス氏はいう「100%ライブストリーム処理です。大きな市場と大きなニーズがあり、お客様からの支払いもあります」とフォックス氏はいう。</p>\n<p>2800万ドル(約32億1000万円)のラウンドAは、Accelが主導し、Y Combinator、John(ジョン)とPatrick(パトリック・コリソン)氏 (Stripe)、Nat Friedman(ナット・フリードマン)氏 (GitHub)、そしてDaniel Gross(ダニエル・グロス)氏(Pioneer)が参加している。全額を、採用、研究開発インフラ、製品パイプラインの構築などに振り向ける計画だ。フォックス氏が指摘したように、同社は今後数カ月の間にGPUとサーバーに100万ドル(約1億1500万円)を投入する(大量のNVIDIA A100が、信じられないほど計算集約型の研究とトレーニングのプロセスを支えることになる)。もしそうしなければ、クラウドサービスにお金を払い続けることになるのだから、間借り生活から早めに脱却したほうが良いのだ。</p>\n<p>採用に関しては、音声解析関連技術に力を入れているGoogleやFacebookと直接競合するため、苦労するのではないかと質問してみた。しかし、フォックス氏は楽観的だった。そうした大企業の文化が遅く窮屈なものであると感じているからだ。</p>\n<p>「本当に優秀なAI研究者やエンジニアには、最先端で仕事をしたいという願望が間違いなくあると思います。そして同時に実用化の最先端にも関わりたいという願望です」と彼はいう。「革新的なことを思いついたら、数週間後には製品化できる…そんなことができるのはスタートアップ企業だけです」。</p>\n<p><small>画像クレジット:AssemblyAI</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/04/assembly-ai-snags-28m-for-all-in-one-api-to-transcribe-summarize-and-moderate-audio/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Devin Coldewey、翻訳:sako)</p>\n</div>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/assembly-ai-laptop2.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474416,
            "categoryId": 674897241,
            "category": {
              "id": 674897241,
              "slug": "software",
              "name": "ソフトウェア",
              "description": "OSやアプリケーションに関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474416,
            "tagId": 57504,
            "tag": {
              "id": 57504,
              "slug": "voice-recognition",
              "name": "音声認識 / Voice Recognition(用語)",
              "description": "人間の声などをコンピュータに認識させて、言葉を文字列に変換したり、発声している人を識別する技術。\r\n"
            }
          },
          {
            "postId": 474416,
            "tagId": 64217,
            "tag": {
              "id": 64217,
              "slug": "transcribe",
              "name": "文字起こし / Transcribe(用語)",
              "description": "人間の声などをコンピュータに認識させて、発言をテキストデータにすること。"
            }
          },
          {
            "postId": 474416,
            "tagId": 366272174,
            "tag": {
              "id": 366272174,
              "slug": "deeplearning",
              "name": "ディープラーニング / 深層学習(用語)",
              "description": "ディープラーニングに関連する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474416,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474416,
            "tagId": 366277609,
            "tag": {
              "id": 366277609,
              "slug": "podcast",
              "name": "ポッドキャスト(用語)",
              "description": "ポッドキャストに関わる記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474416,
            "tagId": 692508946,
            "tag": {
              "id": 692508946,
              "slug": "api",
              "name": "API(用語)",
              "description": "APIに関連する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474424,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474424,
        "slug": "2022-03-04-infrastructure-is-broken-gecko-is-using-robotics-to-help-fix-it",
        "createdAt": "2022-03-05T08:45:49.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-05T08:37:56.000Z",
        "title": "インフラの保守を助けるGeckoのロボットとソフトウェア",
        "content": "<p>Gecko Robotics(ゲッコー・ロボティクス)のミッションステートメントは「今日の重要インフラを守り、明日のインフラをカタチにする」ことだ。スタートアップの本拠地ピッツバーグでは、1月下旬にバイデン大統領がインフラについて話をするために訪れた日に、ファーン・ホロー橋が5台のクルマの重さで崩壊した。</p>\n<p>Geckoが提供するロボットとソフトウェアソリューションは、ひび割れやその他の問題がもっと大きな問題になる前に発見できるように設計されている。具体的には、石油・ガス、電力、製造、防衛などの産業構造物を検査するための技術だ。これにはパイプラインから船舶、タンクに至るまで、あらゆるものが含まれている。</p>\n<p>今週同社は、技術開発と展開を加速させるために、<a target=\"_blank\" href=\"https://blog.geckorobotics.com/en/press_and_news/73-million-series-c-funding-will-bring-infrastructure-into-the-21st-century\" rel=\"noopener\">7300万ドル(約83億8000万円)の資金調達</a>を発表した。このラウンドはXN LPが主導し、Founders Fund、Drive Capital、Snowpoint Ventures、Joe Lonsdale、Mark Cuban、Gokul Rajaramが参加している。<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2019/12/16/robotic-safety-inspectors-net-gecko-robotics-40-million/\" rel=\"noopener\">2019</a>年に行われた4000万ドル(約46億円)のラウンドに加えて、今回の調達で同社の総資金調達額は約1億2200万ドル(約140億円)に達した。</p>\n<p><span class=\"embed-youtube\" style=\"text-align:center; display: block;\"><iframe loading=\"lazy\" class=\"youtube-player\" width=\"640\" height=\"360\" src=\"https://www.youtube.com/embed/bdeUbFv78dM?version=3&#038;rel=1&#038;showsearch=0&#038;showinfo=1&#038;iv_load_policy=1&#038;fs=1&#038;hl=en-US&#038;autohide=2&#038;wmode=transparent\" allowfullscreen=\"true\" style=\"border:0;\" sandbox=\"allow-scripts allow-same-origin allow-popups allow-presentation\"></iframe></span></p>\n<p>XNのパートナーであるTim Brown(ティム・ブラウン)氏はリリースの中で「Geckoのロボット、ソフトウェア、AIのユニークな組み合わせは、重要インフラの検査、保護、効率的なメンテナンス能力を根本的に改善します」と語る。「Geckoと提携することで、その強力なテクノロジーを新しい地域や業界に拡大し、顧客のみなさまが物理データを収集して解析し、資産の安全性とパフォーマンスを最適化できるよう支援できるお手伝いができることをうれしく思っています」。</p>\n<p>この技術は、オートメーションの中でも特にダーティで危険な部類として知られている。極めて過酷で困難な環境下で、構造物の規模に対応できるように設計されているのだ。人間の目では確認できないような微細な損傷も、ロボットが発見し、Geckoのソフトウェアが潜在的な問題カ所を特定する手助けをする。</p>\n<p><small>画像クレジット:Gecko Robotics</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/04/infrastructure-is-broken-gecko-is-using-robotics-to-help-fix-it/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Brian Heater、翻訳:sako)</p>\n",
        "authorId": 10108719,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Screen-Shot-2022-03-04-at-4.51.38-PM.jpg",
        "author": {
          "id": 10108719,
          "slug": "ardbeg1958",
          "name": "sako",
          "description": "Software Engineering Consultant, Technical Translator, and Whisky Lover."
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474424,
            "categoryId": 4481464,
            "category": {
              "id": 4481464,
              "slug": "robotics",
              "name": "ロボティクス",
              "description": "ロボティクス(Robotics:ロボット工学)に関する最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474424,
            "tagId": 32,
            "tag": {
              "id": 32,
              "slug": "infrastructure",
              "name": "インフラ / インフラストラクチャー(用語)",
              "description": "インフラ / インフラストラクチャーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474424,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474364,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474364,
        "slug": "2022-03-04-volocopter-raises-170m-now-valued-at-1-87b-to-fuel-the-first-commercial-launches-of-its-flying-taxi-fleet",
        "createdAt": "2022-03-05T03:00:37.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-04T23:50:16.000Z",
        "title": "2024年のエアタクシーサービス開始に向けVolocopterが195億円調達",
        "content": "<p>南ドイツ(ブルッフザール)で創業したスタートアップ<a target=\"_blank\" href=\"https://www.volocopter.com/q\" rel=\"noopener\">Volocopter</a>(ボロコプター)は、電動の垂直離着陸機(VTOL)の開発と、この機体を都市部でタクシー形式で運用するビジネスモデルを推し進めてきた。商業展開に近づく中、同社はまたしても大型の資金調達を行った。1億7000万ドル(約195億5000万円)を調達し、この資金で同社初のエアタクシーサービスを開始し、おそらくシンガポール、ローマ、パリなどの都市での提供となると発表した。</p>\n<p>広報担当者によると、サービス開始時期は、取得する認証の種類と認証をいつ取得できるか次第だ。2023年後半から暮れの間にすべてが完了すれば、最初の都市での商業開始は2024年になる可能性が高い。VolocopterのCEO、Florian Reuter(フロリアン・ロイター)氏は<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2021/03/02/flying-taxi-startup-volocopter-picks-up-another-241m-says-service-is-now-two-years-out/\" rel=\"noopener\">2021年3月</a>に「サービス開始は2年後(つまり2023年)」と話していた。</p>\n<p>「当社の目標は、2024年のパリオリンピックまでに商業運航を開始することです」と広報担当者は述べた。</p>\n<p>調達した資金はシリーズEの一部で、Volocopterはこれが最初のクロージングだと表現している。プレマネーのバリュエーションは17億ドル(約1955億円)、ポストマネーでは18億7000万ドル(約2150億円5000万円)になるという。同社は筆者に、シリーズEの最終的な調達目標は3億〜5億ユーロ(381億〜635億円)だと認めた。「デューデリジェンス段階にある他の投資家もいますが、次のサイニングラウンドの時期も額もまだわかりません」と広報担当者は述べた。</p>\n<p>今回の最初のトランシェは韓国からの新たな投資家であるWP Investmentがリードし、戦略的投資家のHoneywell(こちらも新規投資家)、既存投資家からはAtlantia、Whysol、btov Partnersなどが参加した。現在までにVolocopterは総額5億7900万ドル(約666億円)を調達していて、他の投資家にはGeely、Mercedes-Benz Group、Intel Capital、BlackRockが含まれる。</p>\n<p>Volocopterは2017年、Intel(インテル)などの大企業の支援を受け、ドバイで初の<a target=\"_blank\" href=\"https://www.volocopter.com/newsroom/volocopter-as-an-autonomous-air-taxi-in-dubai/\" rel=\"noopener\">自律型の空飛ぶ車</a>のテストを実施し、自動運転車の分野で大きな注目を集めた(IntelもVolopterの自律飛行機能を導入し、自社の大げさなイベントで<a target=\"_blank\" href=\"https://spectrum.ieee.org/volocopters-ceo-drinks-own-koolaid-by-riding-in-prototype-air-taxi\" rel=\"noopener\">披露した</a>)。</p>\n<p>注目すべきは、現地時間3月4日の資金調達の発表では、自律性や自動運転機能については一言も触れられていないことだ。これは、Volocopterのサービスが開始に近づいていく中で、より現実的なフレームワークがあることを裏付けている。</p>\n<p>同社は筆者に、最初の商業サービスが試験的に実施されることを認めた。「VoloCityは、商用サービス開始時に、クルーが乗り込んでの飛行、遠隔操縦、および自律飛行の技術的能力を備えていることになります」と広報担当者は話した。「しかし、パイロットによる飛行の方が、一般に受け入れられやすいと思います。アーバンエアモビリティ(UAM)が浸透し、都市がクルーなしの飛行形態を認める規制を設ければ、徐々に遠隔操縦や自律飛行に移行していくでしょう」。これも、各都市の規制次第だろう。</p>\n<p>「今回の資金調達は、非常に魅力的な新興市場において、Volocopterが主導的な立場にあることを証明するものです。我々は、世界中の都市で大規模なUAMを実現するために、技術的にも商業的にも大きな前進を続けています」とロイター氏は声明で述べた。</p>\n<p>Volocopterは現在、同社のエアタクシーに使われる3種の機体、VoloCity、VoloConnect、VoloDroneに注力している。欧州連合航空安全局(EASA)から設計組織承認(DOA)を取得した「最初で唯一の」電動垂直離着陸(eVTOL)企業だという。つまり、この分野での成功を狙う<a target=\"_blank\" href=\"https://lilium.com/\" rel=\"noopener\">Lilium</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.kittyhawk.aero/\" rel=\"noopener\">Kitty Hawk</a>、<a target=\"_blank\" href=\"https://www.jobyaviation.com/\" rel=\"noopener\">Joby Aviation</a>などの競合他社が参入する前に、うまくすれば単独ブランドの商業プロバイダーとして、あるいは他の都市交通企業のパートナーとして、市場参入できる可能性があるということだ。</p>\n<p>今回のシリーズEはすべて株式による調達だが、Volocopterはより大きな航空機の建造のために多くを負債によっても調達している。2022年初めには、Aviation Capital Group(ACG)と10億ドル(約1150億円)の契約を結び、Volocopterの航空機の販売とリース運用のための資金調達を行った(時機が来れば最大10億ドル=約1150億円を借りられることを意味する)。これは、同社が航空機の完全な認証を取得した後に開始する。</p>\n<p>これまでに同社は約1000回の公的および私的な試験飛行を終えている。</p>\n<p>また、同社は今回の発表の中で、調達した資金調達で商業運転開始だけでなく、最終的には株式公開を目指す計画だと述べた。</p>\n<p>「Volocopterには世界中からすばらしい投資家が集まっており、上場への道を歩み出す前に、いち早く認証を受け、いち早く市場に出るという戦略に集中できるすばらしい立場にあります」とVolocopterのCCO、Christian Bauer(クリスチャン・バウアー)氏は声明で述べた。</p>\n<p>この先行者としての優位性と、過去10年間にわたる「空飛ぶ車」の開発努力が、まだ製品の市場性を証明していないにもかかわらず、投資家から今、多くの信用を得ている2つの要因のようだ。</p>\n<p>「Volocopterは2021年、ソウルでUAMを飛ばし、世界の都市にいち早くUAMを導入することができると確信しています。ESG投資のリーダーとして、Volocopterを通じて都市の持続可能性を高められることをうれしく思います」と、WP Investmentの会長Lei Wang(レイ・ワン)博士は声明で述べた。また、同社の共同会長であるTiffany Park(ティファニー・パク)氏は、韓国も商業運転開始の一翼を担うことになると付け加えた。</p>\n<p><small>画像クレジット:Volocopter</small></p>\n<p>[<a target=\"_blank\" href=\"https://techcrunch.com/2022/03/04/volocopter-raises-170m-now-valued-at-1-87b-to-fuel-the-first-commercial-launches-of-its-flying-taxi-fleet/\" rel=\"noopener\">原文へ</a>]</p>\n<p>(文:Ingrid Lunden、翻訳:<a target=\"_blank\" href=\"https://twitter.com/pressnote55\" rel=\"noopener\">Nariko Mizoguchi</a>)</p>\n",
        "authorId": 138115512,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/Volocopter.jpeg",
        "author": {
          "id": 138115512,
          "slug": "nmizoguchi",
          "name": "Nariko Mizoguchi",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474364,
            "categoryId": 313688348,
            "category": {
              "id": 313688348,
              "slug": "mobility",
              "name": "モビリティ",
              "description": "交通、運輸、自動車などモビリティ(Mobility)に関するテクノロジーの最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474364,
            "tagId": 362710992,
            "tag": {
              "id": 362710992,
              "slug": "flying-car",
              "name": "フライングカー / 空飛ぶクルマ / 空飛ぶバイク(用語)",
              "description": "フライングカー / 空飛ぶクルマに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474364,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474364,
            "tagId": 366278203,
            "tag": {
              "id": 366278203,
              "slug": "air-taxi",
              "name": "エアタクシー(用語)",
              "description": "エアタクシーに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474364,
            "tagId": 681520380,
            "tag": {
              "id": 681520380,
              "slug": "volocopter",
              "name": "Volocopter(企業)",
              "description": "ドイツの電動航空機メーカー。"
            }
          },
          {
            "postId": 474364,
            "tagId": 681520492,
            "tag": {
              "id": 681520492,
              "slug": "evtol",
              "name": "eVTOL / 電動垂直離着陸機(用語)",
              "description": "正式名称は「電動垂直離着陸型無操縦者航空機」(eVTOL。electric Vertical Take-Off and Landing)。eVTOL / 電動垂直離着陸機に関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474364,
            "tagId": 692514660,
            "tag": {
              "id": 692514660,
              "slug": "vtol",
              "name": "VTOL / 垂直離着陸機(用語)",
              "description": "Vertical Take-Off and Landing aircraft。VTOL / 垂直離着陸機に関する記事一覧"
            }
          }
        ]
      }
    },
    {
      "postId": 474145,
      "tagId": 366272257,
      "post": {
        "id": 474145,
        "slug": "lifehub",
        "createdAt": "2022-03-04T07:14:32.000Z",
        "updatedAt": "2022-03-04T07:14:32.000Z",
        "title": "次世代いす型モビリティを手がけるLIFEHUBが1億円調達、進行方向を向いたままエスカレーターを利用可能など目指す",
        "content": "<p>二輪起立構造を実装した次世代型電動車いすを開発する<a target=\"_blank\" href=\"https://www.lifehub.co.jp/\" rel=\"noopener\">LIFEHUB</a>は3月1日、シードラウンドとして、第三者割当増資による約1億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、新規投資家のサイバーエージェント・キャピタル、既存株主のインキュベイトファンド。調達した資金は、「次世代のいす型モビリティ」の製品開発、経営基盤強化に向けた人材採用にあてる予定。また、2023年7月にイニシャルモデルの一般販売をスタートし、その後2024年中にも量産型の市販モデルを投入する予定。</p>\n<p>2021年1月設立のLIFEHUBは、ロボティクスなど最先端テクノロジーを駆使し、すべての人が自由で豊かな生活を送ることをためらわない世界を作る「人類の身体的な制約からの解放」というミッション・経営理念を掲げるスタートアップ。</p>\n<p>代表取締役CEOの中野裕士氏は、「日本市場および世界市場の車いすユーザーの方々に向けて、モビリティに搭乗したまま立ち上がって屋内や屋外を移動することができ、さらに進行方向を向いたまま健常者が利用するのと同じようにエスカレータを利用できる、電動車いすの少し未来の姿を提示したいと考えています。これは、人体の脚の機能をモビリティで再現するという、技術的にもビジネス的にも大きなチャレンジとなります」と述べている。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"img-full aligncenter wp-image-474147 size-full\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-4.jpg\" alt=\"次世代いす型モビリティを開発するLIFEHUBが1億円調達、進行方向を向いたままエスカレーターを利用可能など「少し未来」目指す\" width=\"847\" height=\"248\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/02-4.jpg 847w, /wp-content/uploads/2022/03/02-4.jpg?resize=300,88 300w, /wp-content/uploads/2022/03/02-4.jpg?resize=768,225 768w, /wp-content/uploads/2022/03/02-4.jpg?resize=400,117 400w, /wp-content/uploads/2022/03/02-4.jpg?resize=738,216 738w, /wp-content/uploads/2022/03/02-4.jpg?resize=640,187 640w, /wp-content/uploads/2022/03/02-4.jpg?resize=220,64 220w, /wp-content/uploads/2022/03/02-4.jpg?resize=281,82 281w, /wp-content/uploads/2022/03/02-4.jpg?resize=250,73 250w, /wp-content/uploads/2022/03/02-4.jpg?resize=125,37 125w, /wp-content/uploads/2022/03/02-4.jpg?resize=600,176 600w, /wp-content/uploads/2022/03/02-4.jpg?resize=50,15 50w\" sizes=\"(max-width: 847px) 100vw, 847px\" /></p>\n<p>同社が、次世代いす型モビリティの第1弾プロダクトとしてリリースを目指しているのは、二輪起立構造を実装した次世代型電動車いす「TRANSELLA」(トランセラ。仮称)。一般的な電動車いすに用意されているレバーやボタン、リモコンによる基本的な操作機能を備えるほか、重心移動による操作にも対応するよう研究を進めているという。</p>\n<p>また、既存の車いすでは不可能な「歩く、立ち上がる、乗り越える」という動作の実現を目指しているそうだ。例えば起立機能では、車いすユーザーが店舗内の陳列された商品を眺める時や、レジやカウンターで用事を済ませたい時に、座ったままの状態で約60~80cm立ち上がれるようにする。この立ち上がりの実装については、周囲の人や物とぶつからないようレーザーによる接触防止機能や、転倒時にユーザーの身を守るエアバック機能、転倒を検知してスマートフォンに緊急アラートを通知する機能など、もしもの時に備えた安全装備についても実現できるよう準備を進めているという。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"img-full aligncenter wp-image-474150 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?w=1024\" alt=\"次世代いす型モビリティを開発するLIFEHUBが1億円調達、進行方向を向いたままエスカレーターを利用可能など「少し未来」目指す\" width=\"1024\" height=\"580\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg 1304w, /wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?resize=300,170 300w, /wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?resize=768,435 768w, /wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?resize=1024,580 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?resize=706,400 706w, /wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?resize=400,227 400w, /wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?resize=738,418 738w, /wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?resize=635,360 635w, /wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?resize=220,125 220w, /wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?resize=281,159 281w, /wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?resize=221,125 221w, /wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?resize=125,71 125w, /wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?resize=106,60 106w, /wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?resize=974,552 974w, /wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?resize=600,340 600w, /wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?resize=50,28 50w, /wp-content/uploads/2022/03/03-1.jpg?resize=250,141 250w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n<p>さらに、テーブルや机の間といった狭いスペースで移動する際に、約1mの道幅でも360度自由に方向転換できる移動性能を持たせるとしている。</p>\n<p><img loading=\"lazy\" class=\"img-full aligncenter wp-image-474151 size-large\" src=\"/wp-content/uploads/2022/03/04-1.jpg?w=1024\" alt=\"次世代いす型モビリティを開発するLIFEHUBが1億円調達、進行方向を向いたままエスカレーターを利用可能など「少し未来」目指す\" width=\"1024\" height=\"448\" srcset=\"/wp-content/uploads/2022/03/04-1.jpg 1490w, /wp-content/uploads/2022/03/04-1.jpg?resize=300,131 300w, /wp-content/uploads/2022/03/04-1.jpg?resize=768,336 768w, /wp-content/uploads/2022/03/04-1.jpg?resize=1024,448 1024w, /wp-content/uploads/2022/03/04-1.jpg?resize=914,400 914w, /wp-content/uploads/2022/03/04-1.jpg?resize=400,175 400w, /wp-content/uploads/2022/03/04-1.jpg?resize=738,323 738w, /wp-content/uploads/2022/03/04-1.jpg?resize=640,280 640w, /wp-content/uploads/2022/03/04-1.jpg?resize=220,96 220w, /wp-content/uploads/2022/03/04-1.jpg?resize=281,123 281w, /wp-content/uploads/2022/03/04-1.jpg?resize=250,109 250w, /wp-content/uploads/2022/03/04-1.jpg?resize=125,55 125w, /wp-content/uploads/2022/03/04-1.jpg?resize=1261,552 1261w, /wp-content/uploads/2022/03/04-1.jpg?resize=600,263 600w, /wp-content/uploads/2022/03/04-1.jpg?resize=50,22 50w\" sizes=\"(max-width: 1024px) 100vw, 1024px\" /></p>\n",
        "authorId": 191889577,
        "featuredMediaUrl": "/wp-content/uploads/2022/03/2022-03-04-005-index.jpg",
        "author": {
          "id": 191889577,
          "slug": "hisashishibata",
          "name": "Hisashi Shibata",
          "description": ""
        },
        "categories": [
          {
            "postId": 474145,
            "categoryId": 313688348,
            "category": {
              "id": 313688348,
              "slug": "mobility",
              "name": "モビリティ",
              "description": "交通、運輸、自動車などモビリティ(Mobility)に関するテクノロジーの最新ニュース"
            }
          }
        ],
        "tags": [
          {
            "postId": 474145,
            "tagId": 366270626,
            "tag": {
              "id": 366270626,
              "slug": "wheelchair",
              "name": "車いす(用語)",
              "description": "車いすに関する記事一覧"
            }
          },
          {
            "postId": 474145,
            "tagId": 366272257,
            "tag": {
              "id": 366272257,
              "slug": "fundraising",
              "name": "資金調達(用語)",
              "description": "国内外スタートアップの資金調達に関する最新ニュース"
            }
          },
          {
            "postId": 474145,
            "tagId": 692512142,
            "tag": {
              "id": 692512142,
              "slug": "japan",
              "name": "日本(国・地域)",
              "description": ""
            }
          },
          {
            "postId": 474145,
            "tagId": 692517475,
            "tag": {
              "id": 692517475,
              "slug": "lifehub",
              "name": "LIFEHUB(企業)",
              "description": ""
            }
          }
        ]
      }
    }
  ]
}